青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「十一月~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

区~ ~区別 区別~ 医~ 医学~ 医師~ ~医者 医者~ ~十 十~
十一月~
十二月~ ~十分 十分~ 十月~ 十郎~ 千~ 千代~ 千鶴子~ 升~ 午~

「十一月~」 2017, 22ppm, 5282位

▼ 十一月~ (405, 20.1%)

6 末から, 末に 5 ある日 4 はじめに, 末の 3 ことである, 三日の, 初めには, 声を, 山の, 末だ, 末で, 末まで, 終りの, 雨の

2 [24件] ことで, ことでございます, その金曜日, 下旬の, 中の, 中旬に, 事で, 二十三日に, 二十二日に, 二十日に, 五日, 五日には, 候であります, 初めごろに, 初めである, 初めの, 初旬で, 半ばという, 夜は, 或る, 末であった, 末には, 空気の, 節に

1 [302件] あるものさびしい, ある午, ある恐ろしい, ある日漱石, ある晩, ある金曜日, おだやかな, おわり, お火焼き神事, お祭り, かかりで店屋, ことだ, ことであった, ことであります, ことでございまし, ころまでを, ごときは, すえ客の, せっぱ詰まった一日, なかばが, なかばごろに, なかばである, なかばに, なかば過ぎから, なかば過ぎに, はじめから, はじめで, はじめの, はじめ夜遅く, はじめ大町へ, はじめ庭の, はじめ青木は, はじめ鹽原へ, びつしりと凍えた, ような, ガスと, ニジュウソの, パリ会議以後である, プカさん, プランに, ペリーにたいする, 一日に, 丁度二十日でございます, 七日の, 三日が, 三日ごろから, 三日という, 三日に, 三日天長節の, 三日明治節の, 上には, 上旬で, 上旬と, 上旬に, 上旬潤年の, 下旬から, 下旬だった, 下旬なり, 下旬には, 下旬まで, 中ごろの, 中央公論に, 中旬である, 中旬には, 中旬を, 中旬東北地方は, 中間物として, 中頃, 中頃に, 中頃の, 事である, 事なりき, 二を, 二十一日, 二十一日の, 二十一日頃迄は, 二十七日に, 二十七日には, 二十三日すなわち, 二十三日であった, 二十三日の, 二十三日新嘗祭の, 二十九日, 二十二日の, 二十五日の, 二十五日三河の, 二十八日, 二十八日常陸国上根本村の, 二十六日から, 二十四日であった, 二十日の, 二十日は, 二十日前後には, 二日に, 五日から, 五日で, 五日に, 五日または, 五日めいめいこし, 五日大村益次郎は, 今時分に, 休戦の, 会社では, 何日かに, 何日であった, 候例の, 儒者の, 光線も, 入りかけに, 八日の, 八日勢至丸は, 冬天も, 冬至を, 冷たい雨, 出しもの, 出しものが, 出来事である, 初の, 初めだった, 初めでした, 初めです, 初めに, 初めにかけては, 初め鬼舐, 初午にも, 初寅, 初旬であった, 初旬に, 初旬には, 初旬の, 初旬日本の, 前十月, 北風に, 北風の, 十一日に, 十七日, 十七日に, 十三日であった, 十三日の, 十二日だ, 十五日まで, 十五日を, 十五日七五三の, 十五日霏, 十八日には, 十八日土浦へ, 十六日でありました, 十六日と, 十六日の, 十六日首領の, 十四日に, 十日ごろまで, 十日な, 十日に, 十日にも, 十日過ぎを, 十日過ぎ私が, 午後の, 半ごろでした, 半ばから, 半ばごろ, 半ばすぎに, 半ばで, 半ばである, 半ば過ぎる, 半ば頃まで, 半まで, 四日に, 四日は, 四日迄, 声の, 夕には, 夕空の, 夕風に, 夜って, 夜に, 夜を, 夜霜より, 大阪の, 大震災に, 天気も, 天長節の, 始めで, 始めの, 婦女界が, 子の日を, 寒々と, 寒い雨, 寒さ, 寒烈はかぶと, 寝犬, 小説から, 山神祭に, 常会で, 幾日であった, 廿七日かに, 征長にたいする, 後半から, 御文籍, 懸賞の, 或る晴れた, 或夜, 或小雨, 或晴れた, 打合せを, 改訂プラン配役の, 文芸時評で, 文部省思想局に, 新作ものの, 新嘗, 新甞祭, 方の, 日の, 日付の, 日記の, 晦日の, 晦日以来行方不明である, 晴れた空, 暁途中から, 曇った寒い, 月が, 月の, 月も, 月初めの, 朔日か, 朔日も, 朔日頃には, 朝の, 末かなりの, 末が, 末だった, 末である, 末という, 末はじめて, 末より, 末以来常陸へ, 末又は, 末和田左衛門尉義盛以下将卒の, 末女が, 末私は, 末終に, 末自分は, 末裾縫の, 末頃とも, 末頃までには, 末頼遠, 条に, 条にも, 条約, 某夜, 條に, 水の, 氷雨がちの, 浜辺には, 海が, 海の, 海を, 火事に, 灰色の, 父の, 特別号へ, 狂言は, 狂言決定の, 空, 空を, 空気を, 第二, 紀には, 終, 終り突然, 終り頃, 終わりから, 終わり麦, 脆い陽ざし, 芝居の, 芝居島津保次郎演出といふもの, 草堂集は, 行事にな, 街, 街頭は, 視野に, 講談クラブまで, 路ほど, 近いた, 酉の, 酉の町には, 野良で, 釜山方魚津甘, 鈍い午後, 長州服罪までの, 間にかけて, 間を以て, 雨中に, 電話, 霜の, 革命記念日には, 革命記念祝祭など, 頃でした, 頃には, 顔見世狂言からは, 風に, 風の

▼ 十一月~ (170, 8.4%)

11 なって 7 入って 6 なると 5 入ると 4 なった 2 あり, なってから, はいった, 九ヶ度十二月には, 始めて, 本領安堵が, 発表された, 行は

1 [121件] いちど和歌の, かかって, かかれ複雑, この世を, その統計, なったと, なったの, なつた, なつて, なりぬ, なりましては, なりますると, なり自分, なれば, はいり月, ぽつ, また東京, もとの, やっと出来上った, ウクライナ共和国首府ハリコフで, ガルレンベルク伯爵と, シャモの, スタンレーが, ブルクセルに, ブロートとともに, ベートーヴェンが, 三十五歳で, 任命せられ, 伊那を, 保雄は, 入ったばかりの, 入ってから, 入ってからの, 入ってからは, 入っても, 入つた日, 入つた頃, 入つて, 入つて間, 入りては, 入り新年, 入り都会, 六年目で, 内人, 出て, 刊行した, 十四日を, 又吉岡書籍店, 向柳原, 向象賢, 咲くの, 喉頭癌の, 大崎の, 大阪朝日新聞社が, 夫人は, 失踪した, 始て, 定めてを, 帰つ, 帰県した, 当時の, 彼は, 成って, 支那を, 支那水仙を, 故国の, 新築開場式を, 日本へ, 智行僧九人を, 暦が, 書いた手紙, 書き上げた最後, 朝廷は, 東京に, 東京の, 榛軒が, 榛軒の, 榛軒信厚は, 歌舞伎座が, 此道を, 死んだ, 歿した, 段祺瑞内閣から, 永機を, 浅間山が, 満百号, 物故され, 玄亭が, 生れたから, 生れたるおの, 発表した, 福岡城の, 福州より, 私が, 第一版, 第一高等中學校教諭, 第八巻, 終った, 群臣始め, 義尚は, 自伝的な, 至りては, 蒙古, 行われた, 裁可を, 西町奉行にな, 親父白猿の, 記して, 赤ん坊が, 越前にも, 越後の, 這入つたから, 這入ると, 遣唐大使藤原清河ら, 長女が, 長崎の, 開会せられ, 開催せられた, 雲龍寺で, 駿河甲斐相模武蔵に, 麦蒔き

▼ 十一月には~ (56, 2.8%)

4 いって, いると 2 いってからは, 国民家計が, 西の

1 [42件] あがった丸公, いってから, お逢, ひると, ふたたび赤十字会議, ケプロンの, コレラで, 一同東京居住を, 一番目, 京都ばかりの, 佐渡に, 例年の, 全部開通する, 労働者ソヴェトの, 十一日の, 半蔵が, 古くて, 品川の, 国民の, 大著, 天部領小稲荷の, 完全に, 家を, 山城大和和泉河内摂津三河伊勢尾張美濃飛騨近江越前加賀讃岐の, 岩代の, 左団次一座に, 昔は, 木枯らしが, 本田の, 武蔵に, 生れて, 禁裏から, 筑摩県権令永山盛輝の, 美しい子供, 茶山の, 菊五郎が, 赤痢にも, 越後同, 鎌倉に, 陽が, 雪が, 黒字が

▼ 十一月三日~ (40, 2.0%)

2 に発布, の夜

1 [36件] だつた, だね, という, という日, と元日, には消され, に六十七歳, に婚礼, に安, に小倉, に左中弁長房朝臣, に広島, に松本町, に梅, に棠軒, に至り, に観, に郷里, のほとんど, の前後, の夕方, の宮中授賞式, の感銘そのもの, の文化, の日記, の明治節, の暮れ方, の記, の開票日, はこちら, はめづらし, は明治以来天皇制支配, を祝う, 仮平和条約, 迄印, 迄謹印シ

▼ 十一月から~ (36, 1.8%)

2 十二月の, 翌年の

1 [32件] あとは, お帰り, ことしの, この前日, さっぱりお, ずっと寒い, ずーっと家, たよりが, 一日一人二十五匁ずつの, 一月の, 三〇年の, 三年四月に, 三月までの, 二月の, 二月までを, 二月半ばまで, 伊之助が, 休刊の, 來年の, 十二月と, 十二月頃に, 同十六年十二月, 奈良で, 山に, 常盤座に, 日本で, 正月が, 由比ヶ濱の, 病床に, 節約に, 郡吏を, 雑誌

▼ 十一月~ (30, 1.5%)

52 に書いた

1 [23件] から, から私, が来る, である, でしたか, ではエマソン, で上田, にあなた, にかく, にのった, には岡本かの子, に出た, に極めて, に獅子文六, のはめ絵当選, の作品, の小説公園, の巻頭言, の書いた, の遅れた, やその他, を開い, 両誌

▼ 十一月一日~ (29, 1.4%)

2 のリスボン

1 [27件] から, からさ, からすっかり, からそちら, からの分, からボカシ, から七日, から三日, から二十一日, から二十何日間, から実施, から通常道會, で私, で薩摩, に六郎左衛門, に叔母, に各, に生れた, のお, のこと, のところ, の分, の各, の朝, の朝日, 各被告人, 少し霧

▼ 十一月~ (28, 1.4%)

2 のこと

1 [26件] から, からこの, からである, からの事, からふっ, から塾, から春, から絶え, そうだ, であったと, でしたかな, です, でその, でそれ, と思う, になっ, になったら, に定家自ら九条家, に急, に突然, に開店, の冷た, の手紙, ふと風邪, より, 全く製作

▼ 十一月二十三日~ (27, 1.3%)

4 の晩 2 の事, の直前

1 [19件] からさう, からの稲祭, から二十四日, ださうで諸書, と日附, と書し, には引っ越す, には武蔵, に先生, に撰集, に棠軒, に茶山, に菅茶山, のバクハツ, の出来事, の御, の書牘, の木曜, より後

▼ 十一月四日~ (25, 1.2%)

2 の第

1 [23件] ついにこの世, で手帳, と二年十一月二日, には幼児三郎, に先頃他, に初めて, に後れ, に慶応義塾, に継い, の, の公判廷, の午前, の地震, の寒い, の海嘯, の記, の諸, はたまたま, より明治四年四月十一日, より溯る, 初めて霜, 及び同, 打続いての

▼ 十一月二十五日~ (24, 1.2%)

2 に町年寄, に頼山陽, の夜

1 [18件] からサンジョェ, が来る, づけの, であった, であるの, で午前十時頃, になっ, に作られた, に押込ん, に新, に書, に至る, のところ, の審問, の晩, の朝蘭領, の条, 第四議会

▼ 十一月十五日~ (24, 1.2%)

2 の夜, の火災

1 [20件] その川, であったが, である, で丁度, なの, には堺, には宮様, には棠軒, に五十二歳, に四世道陸, に旧, に福山, に陥ちた, に陸軍, のこと, のほか, の例祭, の条, の記事, ほとんど三面全部

▼ 十一月十一日~ (23, 1.1%)

3 の夜

1 [20件] だったと, にさしも, には妻定, には果してまたもや, にフランス, に一子辞安, に六十四歳, に徳, に生れた, の両者, の休戦布告後, の十一時, の当日, の終戦日, は彼女, は赤裂地尊, は赤裂地神, を期し, 満鉄総裁後藤新平, 第二十回

▼ 十一月~ (23, 1.1%)

1 [23件] か十二月, ちょうど私, という, というの, にさし, にどれ, にはすべて, にはまたも, には江戸, に始まり, に富士山, に東京, に退院, のいじけ切った, のこと, のほんに, の吹きっ曝し, の夜, の日, の昼, の船, の頃, までベルリン

▼ 十一月~ (21, 1.0%)

2 末に, 末の

1 [17件] すでに半ば以上, そろそろ末, なかばを, まだ初旬, 中旬に, 僅に, 半ばを, 同じく過ぎ, 晦日の, 晩く, 最早二日, 末ごろの, 末だった, 末であった, 深い夜, 終り頃, 終る頃

▼ 十一月二十一日~ (21, 1.0%)

2 の夜

1 [19件] いきなりフォード, から開場, ごく狭い, その部将フンク, で一ヵ月, となる, にあの, にお, にはまた, にトヨタ自動車, に今年一月十一日, に常陸, に治之, に福岡, のこと, の日記, の朝七時すぎ, の短期期限附, より開場

▼ 十一月二十日~ (21, 1.0%)

1 [21件] お園, から十日間, だった, だと, だなぞと, です, ですから, と云った, には爲替相場, に出版, に朝日講堂, に脳血管, のころ, の晩, の朝, の輸入超過額, は甲子, わが手, を以て半月刊, 激しい頭痛, 迄に記者宛

▼ 十一月~ (20, 1.0%)

1 [20件] あなたの, こっちへ, ふさがりますし, まだ農事, プラークに, 上半を, 中ノ郷十一月は, 今月三十日初日で, 全体物忌みの, 冬の, 勿論十二月, 北東貿易風, 女流作家短篇特輯を, 日本の, 日本晴の, 未だ日清戰爭中, 燈火管制あり, 私一度も, 給料を, 飛んで

▼ 十一月二十四日~ (18, 0.9%)

2 の未

1 [16件] にその, にはさらに, には痛烈, にイギリス船, にローヤル・ソサイテー, に一人, に七十八歳, に六十三歳, に友人バウム宅, に棠軒, に歿, に神辺, の事, の前, の午前四時, の夜

▼ 十一月まで~ (17, 0.8%)

1 [17件] かかった, この職, まる二年七ヵ月, 七十人が, 五ヶ月の, 入れなかったの, 凡そ七ヵ月に, 十一月に, 各地を, 引きつづいて, 待つん, 秋川製紙株式会社の, 続く, 蚊帳の, 警視庁で, 追, 雪の

▼ 十一月二十二日~ (17, 0.8%)

3 の夜 2 に七十一歳

1 [12件] この日先づ白石, には鉱山監督署, にふたたび, に正方, に江戸, に臨終正念, に至っ, のぬかるみ, の晩, また大分, をもって旅順, をもって訊問

▼ 十一月二日~ (16, 0.8%)

2 の夜

1 [14件] づけの, におこなわれた, には大学, には自由法曹団, に竹内被告, に進歩党出身, のお, の事ゆえ, の二回, の日, の昼, の正午, 第一回講演会, 記す

▼ 十一月七日~ (15, 0.7%)

2 の夜

1 [13件] である, とか太洋丸, と書い, に九尺二間, の午後, の朝, の条, の車駕, は人類, より顔見世, を勇敢, 働く者, 第一次卒業試験

▼ 十一月八日~ (15, 0.7%)

2 のこと

1 [13件] に夫, に寺社奉行, に横浜, に生れた, に神田弁慶橋, の朝, の木曜, の条, の條, の紙上, の鞴祭り, よりいずれ, 書出しましたこと

▼ 十一月十二月~ (15, 0.7%)

1 [15件] かけての, それから寒, だ, とかかれた, となります, となる, とみ, になっ, には雪, に俵, のこの, の二回, はたたまっ, もつと, も終り

▼ 十一月九日~ (14, 0.7%)

3 のこと

1 [11件] から七日間, となった, と葉書, にはドルセット街, に光厳院, に死んだ, に歿, に至つて, の前日, の朝, の頃

▼ 十一月十三日~ (14, 0.7%)

2 の夜

1 [12件] から四十八夜, であつ, である, で翌, なり, にお, に徳川家定, に浦和県, の, のもの, の晩, の烈風

▼ 十一月三十日~ (13, 0.6%)

2 のこと

1 [11件] づけの, で同じく, には小山田, には荒巻, には除隊, に九十一歳, に出, に夢, の午前十時半ごろ, の壁評論, の夜

▼ 十一月下旬~ (13, 0.6%)

1 [13件] から十二月はじめ, から十二月上旬, だから, でもこんな, になっ, には千二百圓臺, に井戸沢, に始まる, に至り, のある, のはじめ, の午後, の大雪

▼ 十一月二十九日~ (13, 0.6%)

1 [13件] ぐらいと見, である, には王侯たち, にも開かれ, に半蔵, に小島宝素, に興行, の同紙三號, の夜, の日, の日附, の書, の議会

▼ 十一月六日~ (13, 0.6%)

3 のこと 1 から十五日, とした, と書し, なり, に山本良吉氏, に神田紺屋町鉄物問屋山内忠兵衛妹五百, に至つて, の下, の夜, の浅草中

▼ 十一月十六日~ (13, 0.6%)

1 [13件] だから, づけの, である, に四十二歳, に東武線, に榛軒, に終つた, のこと, のまだ, の宿題一, の最後, の木曜, より十八日

▼ 十一月十日~ (13, 0.6%)

1 [13件] あまりにや, その日, で, で新年, にナポリ, に東京, に森枳園, に蘭軒, に評定衆, の事, の書, の朝, の条

▼ 十一月~ (12, 0.6%)

1 [12件] おぼえて, すこしは, なる, なると, なれば, はなつた, プランを, 丁度半歳に, 三月の, 二月ばかり, 徒らな, 過ぎましたが

▼ 十一月二十八日~ (12, 0.6%)

1 [12件] から一週間, づけ, である, では, にこれ, にショッタリ, に榛軒, に歿, に矢島優善, の, の夜, の弟

▼ 十一月五日~ (12, 0.6%)

2 のこと 1 である, という日付, には氏郷, にマクスウェル, に備中国, に出帆, に横浜, に次男優善, の紙上, 却って赤兄

▼ 十一月十二日~ (12, 0.6%)

4 に歿 2 で今 1 である, に果て, に稿, の夜, まで一箇月間, まで繼續

▼ 十一月~ (11, 0.5%)

3 あつた 1 その時長男, ちよつと, 一年に, 一年の, 今度の, 天気は, 釘を, 銀子も

▼ 十一月中旬~ (11, 0.5%)

1 [11件] が最も, にとどこおり, には東京, のこと, のまだ, の吉日, の夜, の新嘗祭, の麗, はじめて当今主上近親, より山梨県北都留郡

▼ 十一月十四日~ (11, 0.5%)

1 [11件] に五十一歳, に京水瑞英, に師池田京水, に挙げられた, に敷香, に池田京水, に里恵, の外, の暁, より後, を以て幸徳

▼ 十一月~ (10, 0.5%)

2 と思った 1 から今年中, しすぐ, ぜ, つたに, という, と云う, なと思つて, よ本当に

▼ 十一月~ (10, 0.5%)

1 に塩田, 一, 七, 三, 九, 二, 五, 八, 六, 四

▼ 十一月十八日~ (10, 0.5%)

2 の第 1 その彼等, その日私, に前, に結願, の夜, は小林検事, より一月二十三日, より一週間

▼ 十一月ごろ~ (9, 0.4%)

1 からそろそろ, でないと, に始まった, のよい, の作, の寒気, の快晴, までいた, まで初夏

▼ 十一月より~ (9, 0.4%)

1 やらうと, 一三一四年の, 一寸悪い, 三十六年七月まで, 二月に, 五ヵ月ばかり, 十二年, 本年二月までに, 翌年七月まで

▼ 十一月二十七日~ (9, 0.4%)

1 だそう, であつ, で正式, と日, に中津川, に遂に, の出来事, の夜, は朝

▼ 十一月初旬~ (9, 0.4%)

1 から江戸前, から翌年, この遺稿, で, には帰郷, のしぐれ, の或, の日, まで日

▼ 十一月~ (8, 0.4%)

1 來た, 大阪十二月は, 定った, 宝塚と, 晴れて, 盛んである, 過ぎると, 鳥の

▼ 十一月十七日~ (8, 0.4%)

1 にお許し, に四十九歳, に忠之, に榛軒, に発せられた, のこと, の行幸, は宇都宮監獄

▼ 十一月歌舞伎座~ (8, 0.4%)

1 が新た, で, で坪内逍遥博士, にて, にて団十郎, にて新作, にて日清戦争劇, の中幕

▼ 十一月はじめ~ (7, 0.3%)

2 の時雨れかかった 1 だから, にマルセーユ, の土曜日, の霽, 只ひとり

▼ 十一月一杯~ (7, 0.3%)

1 で卒業, というの, などでやめよう, には散っ, はかからず, はよく, または十二月

▼ 十一月十九日~ (7, 0.3%)

2 のこと 1 に至る, は亡き, は京水瑞英, も, 同十二月二十一日

▼ 十一月という~ (5, 0.2%)

1 ことである, のが, 日づけ, 極寒の, 記事が

▼ 十一月とは~ (5, 0.2%)

1 いえマニラ, なったもの, 云へ, 何という, 思えぬ夜風

▼ 十一月~ (5, 0.2%)

1 もう過ぎた, 又大阪, 起点と, 迎えるころ, 迎えるよう

▼ 十一月上旬~ (5, 0.2%)

1 にまた, に至り, の光, の日, の野辺

▼ 十一月~ (5, 0.2%)

1 に日, に第, の神事とき, の重要, は申込

▼ 十一月新富座~ (5, 0.2%)

1 でも少年劇, にて円朝, にて化物芝居, の二番目, は大

▼ 十一月興行~ (5, 0.2%)

21 にいずれ, の中幕, の蓋

▼ 十一月いっぱい~ (4, 0.2%)

1 ぐらい居たい, つづいた, でパリ, でモスク

▼ 十一月です~ (4, 0.2%)

1 からこッ, から筑波颪, もの, ものね

▼ 十一月にな~ (4, 0.2%)

2 つてから 1 つては, つて日光の

▼ 十一月までの~ (4, 0.2%)

1 ことであった, 父の, 調査だ, 間にも

▼ 十一月二十六日~ (4, 0.2%)

1 から四年半近く, の午後, の未明, の記

▼ 十一月初め~ (4, 0.2%)

1 でなくこの, に江戸, の木曜日, の申

▼ 十一月~ (4, 0.2%)

1 と二日, に任官, に医官成田玄琳, に起っ

▼ 十一月~ (4, 0.2%)

21 か十二月號, には紙數

▼ 十一月であった~ (3, 0.1%)

1 がこの, が当時大学, と覚えます

▼ 十一月なかば~ (3, 0.1%)

1 に江戸, の夜, の宵

▼ 十一月にかけて~ (3, 0.1%)

1 だんだん枯れた, 団子坂の, 晴天十日の

▼ 十一月八日今年~ (3, 0.1%)

2 はやや 1 は稍温暖

▼ 十一月廿七日~ (3, 0.1%)

1 だと, の所, の生活記録

▼ 十一月~ (3, 0.1%)

1 の愛弟, は浅草, は漸く

▼ 十一月日本~ (3, 0.1%)

1 に帰った, の党, の黨

▼ 十一月晦日~ (3, 0.1%)

1 にはこの, に三度目, の暁

▼ 十一月狂言~ (3, 0.1%)

1 のこと, の予想, の打合せ

▼ 十一月~ (3, 0.1%)

1 一回公演を, 一次大戦は, 二議会の

▼ 十一月~ (2, 0.1%)

1 十二月頃また, 君は

▼ 十一月である~ (2, 0.1%)

1 がそれ, が本

▼ 十一月でした~ (2, 0.1%)

1 か, が丁度

▼ 十一月にも~ (2, 0.1%)

1 ドテラ, 電流を

▼ 十一月~ (2, 0.1%)

1 かけても, 入って

▼ 十一月までが~ (2, 0.1%)

1 絢爛たる, 開業期間で

▼ 十一月までに~ (2, 0.1%)

1 ただの, 三千七百社を

▼ 十一月までは~ (2, 0.1%)

1 それ迄の, ローヤル・ソサイテーの

▼ 十一月らしい~ (2, 0.1%)

1 空を, 芳香を

▼ 十一月を以て~ (2, 0.1%)

1 機関誌, 社會主義協會の

▼ 十一月下旬朝~ (2, 0.1%)

2 ふと眼

▼ 十一月中頃~ (2, 0.1%)

1 から五月初旬, の寒い

▼ 十一月二十三日条~ (2, 0.1%)

1 に, にみえ

▼ 十一月二十二日条~ (2, 0.1%)

1 には, に相国寺領北畠

▼ 十一月二十五日これ~ (2, 0.1%)

1 がこの, が例

▼ 十一月二十六日生~ (2, 0.1%)

1 で致仕, の三女棠

▼ 十一月二十日すぎ~ (2, 0.1%)

1 に英国, に記事解禁

▼ 十一月五日父~ (2, 0.1%)

1 の喜壽, の喜寿

▼ 十一月~ (2, 0.1%)

2 が日韓協約締結

▼ 十一月大阪~ (2, 0.1%)

1 でオマケ的, に帰る

▼ 十一月市村座~ (2, 0.1%)

1 にて, の新築落成

▼ 十一月廿三日~ (2, 0.1%)

1 の, 御能有

▼ 十一月廿二日~ (2, 0.1%)

1 の下, の夜芝赤羽根勝手ヶ原中根兵藏方

▼ 十一月廿八日~ (2, 0.1%)

1 なるが, はその

▼ 十一月廿六日~ (2, 0.1%)

1 の事, 第二議会

▼ 十一月明治座~ (2, 0.1%)

1 で再演, に久し振り

▼ 十一月某日自分~ (2, 0.1%)

2 は朝

▼ 十一月~ (2, 0.1%)

1 が出, が郷里

▼ 十一月~ (2, 0.1%)

2 若座

▼ 十一月~ (2, 0.1%)

2 にはもう

▼ 十一月発行~ (2, 0.1%)

2

▼ 十一月皇紀二千六百年~ (2, 0.1%)

2 を記念

▼ 十一月~ (2, 0.1%)

1 は, はわずか

▼ 十一月~ (2, 0.1%)

1 渓流魚は, 農繁期です

▼ 十一月開通~ (2, 0.1%)

2 した

▼1* [416件]

十一月○日午前二時大統領私室に於, 十一月あと二回として来年一月, 十一月あらためて申すまでも, 十一月および万延元年十月の, 十一月お下げになりました, 十一月かに新劇協会の, 十一月からのムリが, 十一月からは日本プロレタリア文化連盟に, 十一月この老将, 十一月ころからはたり, 十一月ころ俄かに病気, 十一月ごろ一度葉子をここ, 十一月ごろ天気のよい, 十一月すえに伊香保温泉, 十一月すべての草木, 十一月それから第十三集, 十一月だったかそれ, 十一月だつたが東京, 十一月っていやな, 十一月でございましたな, 十一月でさえ一月の, 十一月といふ季節を, 十一月とに勧進帳を, 十一月との差こそは, 十一月ともなれば, 十一月とを比べると, 十一月のです, 十一月なかば妻茂太を伴, 十一月なかば頃まで探しました, 十一月なくなりましたよ, 十一月にあたるそれだけの, 十一月にかけどうしても気, 十一月にかけてはましに, 十一月にとり越して, 十一月のみだから, 十一月ばかりに八十六歳にて, 十一月へとユリの, 十一月まだバラツクが, 十一月までといふ長期である, 十一月までも待って, 十一月もはや末だ, 十一月よってに, 十一月アルジェリヤテュニス埃及への旅, 十一月エレベーター付五階建の, 十一月カールほか二人の同志, 十一月ストーヴを組み立てる, 十一月スヴォーリン宛の手紙, 十一月ハリコフにおける国際革命作家同盟国際会議, 十一月パリに向っ, 十一月ペテルスブルグでまた, 十一月ミュンヘンのゴルツ書店, 十一月モ今日デ十日ダ, 十一月ラガー船隊が休養, 十一月ロンドンに開かれた, 十一月一ぱいはつづく, 十一月一日フリント市共同墓地でのエヴアリン・ダンカン嬢暴行絞殺事件, 十一月一日九時過ぎ出立行くこと二里, 十一月一日日本橋区久松町に新築中, 十一月一日早暁に豊後, 十一月一日東京の中村舜二氏, 十一月一日熱田丸船上にて書, 十一月一日発行の, 十一月一日越後国頸城郡高田へ国替, 十一月七八両日数艘の船, 十一月七十五名の頭立った, 十一月七日これは秋晴れ, 十一月七日のには, 十一月七日ドイツの無条件降伏, 十一月七日一月二十一日には労働者たち, 十一月七日付福沢英之助への書翰, 十一月七日出生僅か一年, 十一月七日又一札幌に向う, 十一月七日時刻は略, 十一月七日生幼名浅岡益寿贈ところ, 十一月七日英国船一艘那覇へ来着, 十一月七日進歩党代議士会で政府, 十一月七日革命第十五周年記念日, 十一月七百戸全戸に病人, 十一月三つきめにやつ, 十一月三十九年めでそこ, 十一月三十日ジェー・ジェー・タムソンの司会, 十一月三十日四五十疋の驢馬, 十一月三十日夜常念, 十一月三十日私が一艘, 十一月三日オスチアの港, 十一月三日亭主番人喜助に毒酒, 十一月三日今日は天長節, 十一月三日付そのとき, 十一月三日八ツ半時と申す, 十一月三日公布一九四七年五月三日に施行, 十一月三日外務大臣井上侯爵が皇帝陛下, 十一月三日天は青々, 十一月三日帝国ホテルに開かれし, 十一月三日年九十五で大, 十一月三日当日の内達, 十一月三日征長御出馬御供, 十一月三日明治天皇の天長節, 十一月三日明治節の朝, 十一月三日森立之妻, 十一月三日芳野村看梅作歌, 十一月三日菊の佳き, 十一月三日長谷川町の番人喜助, 十一月三日頃に来る, 十一月三田八は十三代目守田勘弥, 十一月上申の日件, 十一月卯すなわち, 十一月下弦の頃, 十一月下旬カルカッタの方, 十一月下旬具さに怠慢, 十一月下旬前にお話, 十一月下旬勤め先を出奔, 十一月下旬新聞が集めた, 十一月下旬秋の物, 十一月下旬高時の子, 十一月丑の日の山の神祭, 十一月両度に被, 十一月中旬佐世保の消印, 十一月中旬彼等夫妻は住家, 十一月中旬此山から初雪, 十一月中旬頃でございますから, 十一月中旬黒海艦隊の, 十一月中浅草寺の裏, 十一月九州に遊んだ, 十一月九日家宣は白石, 十一月九日年に一度, 十一月九日朝より夜, 十一月九日正造は島田三郎, 十一月九日金曜日の夜, 十一月九日附の私宛, 十一月二十一日東京芝浦自動車ホテルで發表, 十一月二十一日裁判長の法廷, 十一月二十七二十八の両日, 十一月二十七日夜六時頃先輩の生駒君, 十一月二十七日発のニュース, 十一月二十七日群馬県会では荒川高三郎, 十一月二十三日ひそかに供, 十一月二十三日午前にこの, 十一月二十三日夜の国巡り, 十一月二十九日フランクフルテル・ツァイトゥングにフリッツ・シュトリヒ, 十一月二十九日ブラッセルで客死, 十一月二十九日丸橋忠弥らの処刑, 十一月二十九日以来夢之助, 十一月二十九日出生場所は米国ペンシルバニア州, 十一月二十九日午後四時四十五分新橋発神戸行の直通, 十一月二十九日彼をし, 十一月二十九日日本橋区数寄屋町より失火, 十一月二十二日例年通り山下の館, 十一月二十二日文芸協会第二回公演, 十一月二十二日晩餐としるされ, 十一月二十五日ロンドンなる一書林, 十一月二十五日午前九時四十分の発信になっ, 十一月二十五日学習院輔仁会において述, 十一月二十五日帝国議会が始め, 十一月二十五日日比谷の大神宮, 十一月二十五日西賀茂の神光院, 十一月二十八日午後の六時, 十一月二十八日夜どうやら私, 十一月二十八日宿房の大黒, 十一月二十八日押入つたのは八名川町, 十一月二十八日敵の摘発, 十一月二十六日京都守護の任, 十一月二十六日号までにわたって連載, 十一月二十六日年七十一歳でこれ, 十一月二十六日正行は和田助氏, 十一月二十六日管区長フライ・アロンゾ・デ・メンチェダ神父によって修道服, 十一月二十六日管区長フライ・アロンゾ・メンチエダ神父によつて修道服, 十一月二十六日須崎を立っ, 十一月二十四日イタリー人エロニモ師や嘗て, 十一月二十四日リンダのランゲナウ, 十一月二十四日七十二歳で歿, 十一月二十四日南京に於ける, 十一月二十四日磐が五十七歳, 十一月二十日付の夫人, 十一月二十日夜に乗じ, 十一月二十日發行の一面, 十一月二日オスチアの港, 十一月二日全国三千の同志, 十一月二日夜更て門, 十一月二日彼は當時他人, 十一月二日明治座の初日, 十一月二日横浜を出帆, 十一月二日江戸出立の時, 十一月二日渡瀬村大字下早川田の雲龍寺, 十一月二日福岡へ飛ぶ, 十一月五六日もまだ, 十一月五日二万二千の兵力, 十一月五日以後というもの, 十一月五日吏民仍旧致祭日加午天甚美晴仰観山峰, 十一月五日室戸岬へ, 十一月五日岩倉右大臣邸で持たれた, 十一月五日船はリスボン, 十一月井上正夫は新派, 十一月京軍の先鋒陳暉, 十一月王桂暴虐民を, 十一月以來つまり下田談判, 十一月以後ロマ書の講義, 十一月以来各県下, 十一月以来生産的公益的労働によって生計, 十一月伊井蓉峰水野好美らが済美団, 十一月休職故郷の大村市, 十一月佐竹岩城以下七将の三万余騎, 十一月何者とも知らず, 十一月余り年下だった, 十一月倭彦命を身挟桃花坂, 十一月先生は田中正造翁, 十一月児厚挙女子第七八註, 十一月鹿は, 十一月入院すること, 十一月八日付近探索中の蕃地警察官, 十一月八日午後三時ごろだつた, 十一月八日多くの弟子達, 十一月八日山県内閣が組織, 十一月八日疑問の憤死, 十一月公演のため, 十一月六日マルセーユ出帆の太洋丸, 十一月六日七日と, 十一月六日作とあった, 十一月六日条に, 十一月六日道を東南, 十一月分裂を, 十一月冬祭りを十二月, 十一月板三木愛花著, 十一月出版の小, 十一月の月給, 十一月刊行谷至道さんの著, 十一月初めて奈良に, 十一月初旬彼とひとしく, 十一月加納に第, 十一月北国の旅, 十一月十一十二の両日, 十一月十一日こうさんした, 十一月十一日やつとドイツ, 十一月十一日ニューヨークの小さな, 十一月十一日七代目市川団蔵死す七十六歳, 十一月十一日以来昼夜とろとろと, 十一月十一日折から時雨, 十一月十一日日比谷東洋軒に於, 十一月十一日藩邸から本丸, 十一月十一日赤裂地神の祭日, 十一月十七八日のこと, 十一月十七日妾はロダンさん, 十一月十七日日本軍は全線, 十一月十七日病死仕候, 十一月十三日寒波しきりに到つ, 十一月十三日寛三郎様御嫡子御願之通被為蒙仰候依之為祝儀若殿様, 十一月十三日崩りたま, 十一月十三日彼はザンジバル港, 十一月十九日夜夢中に現, 十一月十九日寄手の軍, 十一月十九日己酉天陰ル時々小雨, 十一月十九日陸軍大演習, 十一月十二日こんどは日本政府そのもの, 十一月十二日ボルトメン利権を強引, 十一月十二日レーとのあいだ, 十一月十二日付で, 十一月十二日八代目市川海老蔵死す四十二歳, 十一月十二日芽出度い往生, 十一月十二月中に彼ら, 十一月十二月僕はこの, 十一月十二月史學雜誌第貳拾壹編第拾號第拾壹號, 十一月十二月正月二月これだけの月, 十一月十二月皆好きだ, 十一月十五日きょうは七五三, 十一月十五日七・五・三の祝い日, 十一月十五日余再び航西, 十一月十五日千島艦事件が横浜英国領事裁判所, 十一月十五日午後栗林弁護士と府中刑務所, 十一月十五日夜かならず参上, 十一月十五日巴里に生れた, 十一月十五日法住寺の変, 十一月十五日霧の旅会, 十一月十八日アインシュタイン教授夫妻は東京駅, 十一月十八日仁和寺法親王延暦寺座主明雲亦武士, 十一月十八日内裏にて肆宴, 十一月十八日条には, 十一月十八日潜伏教師をかく, 十一月十八日筑波山に登り, 十一月十八日郵船淺間丸でアメリカ, 十一月十六日三十一歳で死ん, 十一月十六日夜の十時, 十一月十六日朝九時かねて, 十一月十四日尊氏はひがし, 十一月十四日病歿す, 十一月十四日自分は不, 十一月十日ごろ迄とか云っ, 十一月十日以降のをお送り, 十一月十日夜半より御, 十一月十日定刻に主人, 十一月十日川にそつ, 十一月十日文芸協会は第, 十一月十日条などにも見え, 十一月十日特命全権の重大, 十一月十日過ぎから乞い, 十一月千歳座にて, 十一月半ばから一月中旬, 十一月半ば菊池寛の郷里, 十一月半頃になっ, 十一月即ち近衛家の, 十一月号全部宮本百合子と署名, 十一月号座談会の, 十一月号所載の三浦環女史, 十一月号所載北村謙次郎の創作, 十一月四十五年二月, 十一月同所發行の眞筆版, 十一月両国の, 十一月四代目沢村源之助を襲名, 十一月四十三号まで出し, 十一月四日五日六日にわたる地震, 十一月四日十八日二十一日二十五日二十八日と三鷹事件, 十一月四日卒戒名は円立院花橘日松信士, 十一月四日歿といふ事, 十一月四日法廷にはニュース映画, 十一月四日淺間丸に乘, 十一月四日養家に引移, 十一月国際民主婦人連盟が各国, 十一月日本の, 十一月塹壕に飛び込んだ, 十一月大内政弘や畠山義就, 十一月大村由巳の著した, 十一月大石田を立つ, 十一月天皇様が史記, 十一月夫婦になりました, 十一月は十五荷, 十一月孕み十二月に, 十一月孝経彙註に序す, 十一月学習院で講演, 十一月守田座にて, 十一月定家は家重代, 十一月宮中で盛大, 十一月寒風の吹き荒む, 十一月は六日帰塲, 十一月山崎の宝寺城, 十一月岩倉大使一行に随, 十一月の寒氣, 十一月帝国劇場にて市川高麗蔵, 十一月帝衡山に至りた, 十一月帝都の新興街, 十一月幸徳は愈々, 十一月廃止された, 十一月廿一日常陸の国, 十一月廿七日土曜日の有, 十一月廿七日父富造翁死去の電報, 十一月廿三日厄介女梅事此度自分養女に致し, 十一月廿九日霜白き曉, 十一月廿二日公上不諱, 十一月廿六日夜道友会に於, 十一月廿六日神田青柳にて古書即売会, 十一月廿四日夕方平塚さんが見える, 十一月廿四日浪華出帆同廿六夕上, 十一月弘前県を廃, 十一月弥次郎は馬拉加, 十一月に, 十一月後のでなくては, 十一月後半の頃ローマ, 十一月法事の, 十一月御坂の寒気, 十一月徳島縣中學校教員に赴任, 十一月が父, 十一月文芸戦線同人となった, 十一月嘗六月神今, 十一月旅順で戦死, 十一月日本學術協會で大嶽君, 十一月日本新劇史上画期的と称せられる, 十一月春木座で円朝物, 十一月に長崎, 十一月朔日御前髪, 十一月朔日江戸表へつき, 十一月末カルル・アウグスト公が昵近, 十一月末政府と議会, 十一月末日といえ, 十一月末日以後ニ非レバ開封スベカラズ, 十一月末日修善寺へ, 十一月末運賃材木を積ん, 十一月東京座で彼, 十一月武田信虎八千を率い, 十一月歳々の恒例, 十一月法律第八号, 十一月洛内の動揺, 十一月浜町の千歳座, 十一月海軍のSS航空船, 十一月瀧川左近一益が有岡城, 十一月無理を通し, 十一月焼土の上, 十一月牧野植物学全集を完成, 十一月特に値安興行を, 十一月の枳園, 十一月生まれだから, 十一月発表するに, 十一月百目筒三挺を買, 十一月眼疾いよいよ昂じ, 十一月石巻の船頭, 十一月社用で神戸, 十一月福島市の公会堂創立, 十一月箱根へ大名行列, 十一月米國桑港に至り, 十一月終りは冷たき, 十一月維納等に赴く, 十一月羅馬に至る, 十一月自分より年上, 十一月自序を附し, 十一月蘇我赤兄に欺かれ, 十一月諸井三郎を訪, 十一月迄の御辛抱, 十一月迄は暖に, 十一月進歩党の事務所, 十一月進歩党提携を断ち, 十一月過ぎても上京, 十一月選ばれて皇帝, 十一月還りたもう, 十一月郷里から持っ, 十一月酉の市で人混み, 十一月革命を過ぎ, 十一月頃出版されて, 十一月頃受験して, 十一月頃百円の月給, 十一月高師冬大挙して