青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「到着~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

利害~ ~利用 利用~ ~利益 利益~ ~到る 到る~ ~到底 到底~ ~到着
到着~
~到達 到達~ 到頭~ 制~ 制度~ 制限~ 刹那~ ~刺戟 刺戟~ ~刻

「到着~」 1368, 14ppm, 7867位

▼ 到着した~ (326, 23.8%)

35 のは 12 のである 6 のであった 5 のだ, のを, 時には 4 ことを, 時に, 時は 3 がその, ときに, ときには, ときは, のが, のです, 時の

2 [14件] という, ということ, ときお前たちは, ところであった, に相違, のだった, のであります, ので二人, ばかりで, までのこと, ものと, んだ, 夜は, 晩の

1 [197件] か, かといえ, かも知れません, からこれから, からです, からにちがい, から懇ろ, から戦は, か分りません, か如何, か明らか, がこの, がロードスター, が例, が呉八段, が支那人, が若い, が解剖, けども会議, ことが, ことだった, ことだろう, ことであった, ことと, ことの, ころから, ころは, ころ彼について, さうである, すぐ翌, そうである, その日, その時, その翌, ちょうどその, でもあろう, というその, という知らせ, という通知, という風, といったら, といふの, といふ事, とき, ときと, ときむろん, ときインドの, ときジャックリーヌは, とき彼は, とき待合室で, とき成就の, とき逮捕の, ところが, ところだ, ところで, ところは, ところを, としてその, とする, となれ, との報告, との知らせ, とは考えない, とほぼ, と云, と云う, と告げた, と報じ, と新聞, と聞い, と見える, なぞとは知り, なぞの, なと直覚的, についてはアタワルパ陛下, に違, のさ, のだろう, のちは, のでお伴申, のでした, のでそれから, のでそろそろ, のでたちまち, ので中途, ので危く難, ので牌, ので私達, ので筆者等, ので群集, ので諸, ので隣り, ので青年団, ので鬼, はずである, ばかりの, ばかりのココア, ばかりのベルナドット将軍, ばかりの十四冊物百数十部, ばかりの田鍋課長, ほんの少し, もので, ものに, ものは, やうな, よ, わ, わけで, カルパセア号によって, スクータリーの, スペイン政府の, セエラ附の, タイキの, ダイヤモンド数顆を, ピルヒ一世ブリューヘル自ら率いた, 与力四人とを, 久子は, 事を, 二組の, 人が, 人の, 人間山に対し, 今日の, 会葬者も, 先で, 八二年には, 六千の, 六波羅勢じゃ, 列車の, 判検事の, 判検事一行の, 各列車, 吾, 土地は, 地点を, 地點は, 報に, 夢の, 山田写真師は, 当然の, 彼は, 御身の, 救援隊は, 新土地, 新種の, 方は, 日の, 日私達は, 旨を, 時から, 時そこでは, 時に対する, 時ピサロの, 時信長は, 時分には, 時刻とを, 時多少, 時巴里は, 時建物は, 時船員反抗する, 時間や, 晩に, 最も重大, 最初の, 松平伊豆守は, 栄誉は, 根気と, 榊や, 槍から, 機械の, 次第であっ, 次第である, 気配らしい, 渡し船に, 男である, 登山者と, 私が, 窪田備前守麾下の, 第一日, 結論では, 結論に, 結論は, 翌々日だ, 翌日ゴーリキイの, 者が, 荷物の, 警官が, 警官の, 譯である, 輸入品では, 錫張りの, 長谷戸検事一行を, 際に, 頃には, 頃は, 順に, 鴎丸の

▼ 到着する~ (285, 20.8%)

13 ことが 11 のを 7 事が 6 のは 5 と同時に 4 のであります 3 ことは, ことを, ごとに, とその, と間もなく, のが, のだ, 筈の

2 [18件] かしない, ことに, ことも, ために, とすぐ, と彼, に違, のだった, のです, のに, までの時間, や否, ように, ペンクラブの, 人々を, 前に, 必要が, 時分には

1 [179件] かが理論, かということ, かもしれない, かを一目, か分らなかつた, が, がする, がひどい, が田舎, が神通川, けしきも, ことさえ, ことでしょう, ことと, ことによって, ころである, ころには, ずっと前, その間に, ためには, と, という仕組, という段取り, という沙汰, という消息, という知らせ, という電話, といったよう, といふ, とからカテリーナ・リヴォーヴナ, とこの, ところだ, ところの, とさ, とします, とすでに, とともに姿, とにわかに, とまた, とまもなく, とようやく, とわざわざ, と一々, と一行, と三吉, と中央部, と佐々警部補, と先鋒, と名前, と大きな, と大勢, と奇襲弾薬, と妙庵, と婦人記者, と川手氏, と御霊屋びらき, と戦線, と支那, と明るく, と時信家, と板垣派, と楽屋, と現場, と番, と直ぐに, と確信, と素早く, と考える, と言つた態度, と鍬形台五郎, と雲霞, にはなお, には永い, には解くべき, に五時間, に及び, に従って島, に相違, のかね, のだつた, のであつ, のである, のでここ, ので私, の道, はずで, はずなり, ほどの行程, までうまく, までにはどうにか, までには普通以上, までには未だ未だ, までに彼女, までに登っ, までに通例数十分, までの出来事, までの径路, までの数日間, までの種々, までの道行き, までぶつぶつ, までも知りませんでした, まで引き留め, まで継続, まで読本巻, まで車, もので, やいきなり, やいなや二人, やいなや前, やいなや彼, やうに, やひとり, やも計られず, や幾つ, や思ひ, や急, や某地, を堰, 一時間も, 予定が, 予定を, 事の, 事を, 二日前から, 二日前に, 二箇月前から, 二箇月前に, 以前から, 以前に, 以前には, 以前既に, 位置に, 先験的な, 八時四十五分か, 処は, 列車の, 前において, 前橋から, 前琉球島を, 勘定である, 十時間前に, 単純な, 夢を, 想像上の, 新しい外国人, 日にすら, 早々彼, 時に, 時には, 時分よ, 時刻の, 死の, 毎に, 気遣いは, 汽笛を, 直前ちょっと, 筈だ, 筈で, 筈であった, 筈であり, 筈です, 約束, 自動車が, 貨幣の, 辻馬車の, 迄あらゆる, 迄に僕, 迄に犬田博士, 迄の二時間余り, 迄の時間, 途は, 過程は, 間際に, 電車でも, 頃だ, 頃である, 頃に, 頃我が

▼ 到着~ (227, 16.6%)

12 ていた 11 ている 6 てみる 5 ていない 4 てゐた, て後 3 てい, て見る 2 ていなかった, ておりました, てすぐ, てなつかしき, てもらいたい, てゐない, てゐる, て彼, て来る, 愈々決戦

1 [159件] ある時点, いつもの, ここで, これを, さうにも, さえすれ, さへ, すぐ見受ける, そうである, そこから, そのうち, その中, それから, それが, それより, たり, たりする, たるの, たるも, ていたなら, ていました, ています, ていますでしょう, ていれ, ておられる, ております, ておりません, てかえりみ, てから, てからつまり十一時四十五分, てからの半年, てからはどんな, てからは下田, てから主要動, てから九分, てから十日後, てから洗面所, てから私, てくる, てこと, てこの, てこれ, てさっそく, てしまいました, てしまう, てしまった, てしまへ, てすなわち, てその, てどうやら, てのち, てのち看護人なにがし, ての上, てまっすぐ, てみなけれ, てみれ, てもいい, てもその, てもっぱら, てもよい, てもよさ, ても到着, ても車内, てガラガラ, て一応, て一息, て一浴, て七時, て三日, て三日後, て三日目, て上国, て京都, て今, て付近四五軒, て休養, て伯爵, て何だか, て使命, て信長公, て元, て其夜, て出迎え, て切支丹屋敷, て前, て動物, て十三日, て地殻, て垂れ幕, て城, て大学, て大物, て天上界, て妾ら, て家, て居た, て居らず, て居ります, て居る, て山形屋, て御, て息, て所謂新大陸, て扉, て支配人, て日比谷, て明け方, て枯枝, て次, て甲板, て発見, て碇, て竿, て美奈子, て群, て群集, て自分, て菓子, て西山, て見ました, て解剖台, て警視庁, て警視総監, て賑やか, て遂に, て銀行, て防寨, て首尾, ながらこの, はせまい, インド経営に, パリーは, レガスピは, ヴェスヴィオを, 一ツ橋勢の, 七時に, 三千あまりの, 予期に, 他方から, 先ず其処, 八十八度五十分の, 凄い見幕, 又し, 司令官更迭に対する, 夏から, 大使は, 実験所として, 息も, 慎重に, 明日の, 書を, 検事局からは, 無限主義, 現在の, 砲兵が, 葬式も, 鉱夫長屋の, 飛行甲板に, 骨上げの

▼ 到着~ (95, 6.9%)

14 待って 5 待った, 待つて 3 待つこと 2 待ちうけて, 待ち受けて, 知って, 知らせるベル, 迎へる

1 [58件] いくら権威赫々, した, しるす者, とり兵, まつて, 今まで, 出迎えた, 否定した, 告ぐる人々, 喜ばる, 報じたくちゃくちゃ, 報せずに, 報せた, 報ぜず瓢, 報告した, 婚家と共に, 届けて, 弟へ, 待たずして, 待たずに, 待ちあ, 待ちかねた, 待ちかまえて, 待ちたり, 待ちながら, 待ちわびる人, 待つところ, 待つのみ, 待つ心, 披露し, 枕の, 歎い, 浅虫家の, 物々しく待ちかまえ, 知つたのである, 知つたら, 知らして, 知らせたが, 知らせたという, 知らせて, 知らせました, 知らせましょう, 知らせる大, 知らせる競技場, 祝すため, 祝つて小銃で, 聞いたとき, 聞かされたので, 見なかった, 見高氏, 観察した, 記念すべく開かれた, 認めて, 農鳥山で, 迎えさせる計略, 迎えるため広島駅, 遽かに, 長引かしても

▼ 到着~ (71, 5.2%)

3 ことを, 挨拶を, 時と 2 上は, 挨拶に, 日に, 日の, 日を, 時間は, 知らせが

1 [48件] あいさつに, あとで, おりに, しるしの, しるしを, せつは, その翌々日, どさくさ紛れに, はずなり, 一時間も, 上にて, 予定, 予定が, 人を, 人員は, 信号は, 光景と, 光景を, 分の, 印象は, 叔母と, 夜より, 夜父上の, 夢を, 届け出でには, 帳へ, 当時豊後は, 御挨拶, 思召に, 日から, 日などは, 日附の, 時刻からも, 時刻に, 最初から, 期待だ, 期限は, 模様を, 正確な, 武士どもは, 段取りと, 當日もとゐた, 筈で, 翌日ダルメイダは, 翌日領主大友義鎮を, 葉書が, 雜誌一まとめを, 電報を

▼ 到着~ (24, 1.8%)

2 から始められね, 或いは結果

1 [20件] が必ずしも, が旅, たるべき場所, たる道得, であった, であらなけれ, であります, でで, でなければ, ということ, としてのリズム, となす, とのあいだ, とを指定, の死, の目, の認め, は心霊, も明らか, をも

▼ 到着~ (19, 1.4%)

1 [19件] いつ迄, いま一足早かっ, すこしくるっ, すでに近づい, もう一足, 一時間も, 三月五日一月なら, 九時四十五分, 五分も, 今まで, 傳へ, 六年の, 実現せられる, 敏感な, 早いの, 早すぎる, 気に, 表から, 近づきましたネ

▼ 到着~ (19, 1.4%)

1 [19件] お前が, して, ひまが, もはや間, 三十分位ひ, 僕の, 十一月二十日以後であった, 十二時五分, 午後二時であった, 午後四時までと, 唯々, 夜半か, 必ず数月, 急であった, 早くも, 時間の, 海岸防備の, 犯人見物の, 究竟の

▼ 到着しない~ (13, 1.0%)

2 うちに

1 [11件] がという電信, そうである, とせっかく, と分る, ものは, 以前から, 先に, 前に, 方が, 筈は, 管区長ヌネスの

▼ 到着すれ~ (9, 0.7%)

1 ばこれ, ばそこ, ばみんな鎌倉あたり, ばマドロス氏, ば七月十四日, ば何, ば急坂険路, ば涌谷, ば直ちに

▼ 到着~ (9, 0.7%)

1 ござります, なって, ならず, ならぬという, びっくりし, 先だってエセックスに, 早くから, 気がつかない, 筆を

▼ 到着~ (9, 0.7%)

1 には直ちに, に発射, の事業, の活躍, は万事, もなお, も鎮まらず, 約三月, 間もなく上流

▼ 到着すべき~ (8, 0.6%)

1 ところに, ところは, ものと, ケエプ・タウンと, ゴールは, 一つの, 目的地を, 運命を

▼ 到着~ (8, 0.6%)

1 いふと, 何が, 同時にもう家, 同時に早く, 同時に汽車, 披露し, 聞いても, 言った方

▼ 到着いたしました~ (6, 0.4%)

1 か, からなにとぞ, から早速, のが, んでオヤジ, 者は

▼ 到着された~ (6, 0.4%)

1 のである, はずである, ものと, 日一士官を, 當初は, 頃には

▼ 到着しなけれ~ (5, 0.4%)

5 ばならない

▼ 到着しました~ (5, 0.4%)

1 がいざ, けれどお, しそれから, にし, 時の

▼ 到着しよう~ (5, 0.4%)

2 とし 1 としてゐる, とする, と手

▼ 到着せる~ (5, 0.4%)

1 ときこれを, 器械を, 救援隊と共に, 救援隊より, 旅客ただちに

▼ 到着という~ (5, 0.4%)

1 ことが, ことは, のは, 事件は, 約束に

▼ 到着~ (5, 0.4%)

1 には雄, に御, に興奮, に英軍, のこと

▼ 到着いたし~ (4, 0.3%)

1 その翌, たるに, て丞相, 滯在五年の

▼ 到着~ (4, 0.3%)

1 この賑, やりかけに, 日向ぼっこを, 私は

▼ 到着いたした~ (3, 0.2%)

1 のであります, ばかりな, ばっかりでございます

▼ 到着したる~ (3, 0.2%)

2 時は 1 先生の

▼ 到着します~ (3, 0.2%)

1 が慰問, と私, と美留藻

▼ 到着せざる~ (3, 0.2%)

1 こと確かなり, を以て別に, を得ない

▼ 到着せし~ (3, 0.2%)

1 はあたかも, は黄昏, 時には

▼ 到着せぬ~ (3, 0.2%)

1 ことに, ということ, ので京橋口

▼ 到着できる~ (3, 0.2%)

1 かを疑っ, 来, 熱海駅へも

▼ 到着まで~ (3, 0.2%)

1 七八カ月も, 丹羽文雄の, 外へ

▼ 到着~ (3, 0.2%)

1 なる石動, は日本海沿岸, を待ちきれず

▼ 到着直ちに~ (3, 0.2%)

1 余, 書店へ, 東京に

▼ 到着~ (3, 0.2%)

3 やの店

▼ 到着致し~ (3, 0.2%)

1 て御座います, 候事と, 老中披見に

▼ 到着~ (3, 0.2%)

1 とあっ, の前後混乱甚, を見る

▼ 到着~ (3, 0.2%)

1 が旅, も問題, をこし

▼ 到着いたしまし~ (2, 0.1%)

1 てございます, てね

▼ 到着いたす~ (2, 0.1%)

1 筈であります, 筈に

▼ 到着から~ (2, 0.1%)

1 八十余日後の, 実演室への

▼ 到着させる~ (2, 0.1%)

1 ということ, にはどう

▼ 到着される~ (2, 0.1%)

1 ことに, 予定に

▼ 到着しかけ~ (2, 0.1%)

2 ていた

▼ 到着したら~ (2, 0.1%)

1 ぜひ一夜, また書きかえる

▼ 到着したらしい~ (2, 0.1%)

1 ざわめきが, 騒ぎを

▼ 到着し得る~ (2, 0.1%)

1 筈であり, 筈であるだろう

▼ 到着せね~ (2, 0.1%)

2 ばならぬ

▼ 到着せり~ (2, 0.1%)

1 此町の, 行旅は

▼ 到着せん~ (2, 0.1%)

1 とする, 事を

▼ 到着です~ (2, 0.1%)

1 って, よ

▼ 到着とともに~ (2, 0.1%)

1 かねて連盟, 英幕危機を

▼ 到着以前~ (2, 0.1%)

1 にジャンジャン, に生

▼ 到着~ (2, 0.1%)

1 一であった, 一日から

▼ 到着~ (2, 0.1%)

1 はこの, は一初

▼ 到着致します~ (2, 0.1%)

1 と同時に, までは

▼ 到着點或~ (2, 0.1%)

2 ひは

▼1* [116件]

到着あってお待ち, 到着あるいは少なくも近づく, 到着いたところであった, 到着いたしましたならば何卒, 到着いたしますのでさ, 到着かと思ったのに, 到着ごとに, 到着この日ボルトリは, 到着これは寄贈用, 到着されないとのこと, 到着しうるというヒント, 到着しえたところを, 到着しえなかったがそれ, 到着したいと思っ, 到着したくてたまらな, 到着したらしくウォッという, 到着したらしく思ったのは, 到着しつと覺しきさま, 到着しなかったので我々, 到着しまするも間, 到着しませぬか, 到着しませんが間もなく, 到着しゐたれば加朱夜半, 到着し得た分化の, 到着可き, 到着すべきであつた, 到着すべく余儀なくされた, 到着すべく仕組まれていた, 到着するだろうと考えられる, 到着するならば人々, 到着するまえにいろいろ, 到着しか必ず, 到着せざりしことも, 到着せずにバケツリレー, 到着せずんば休せざるなり, 到着せられて最初居住, 到着せられた場合嶺外節度使が, 到着せられたる支那の, 到着その水先案内を, 到着時から, 到着づけはじめましてござります, 到着であり一歩は, 到着であるが駒井, 到着できないという危険, 到着との時刻を, 到着どうもありがとう, 到着なさいまして去月二十七日京都, 到着なさらないうちに, 到着なされた時には, 到着なし滑川の, 到着にも風呂を, 到着によって事態は, 到着までに右命令の, 到着までにはまだ相当, 到着までの時間稼ぎに, 到着もう歩きつ, 到着ホームへやって来る, 到着マダ時刻ガ早過, 到着一休みして, 到着一日前に行われ, 到着一日目に街, 到着乃至歸還する, 到着に命じ, 到着五年後の元, 到着仕り候母様大へん, 到着以来はじめてほんとう, 到着以来あなたをひどく, 到着以来一馬先生の寝室, 到着以来小山が気, 到着候時三斎公は御, 到着候節当時松向寺殿は御, 到着停車場前の太平旅館, 到着は浅間, 到着出来そうも, 到着出来さうもない, 到着出来るのだ, 到着匆々重ね重ね敵, 到着匆々小山田に抱きすくめられ, 到着匆々椅子から出る, 到着即日から犯罪, 到着国旗掲揚式と同時に, 到着宿泊して, 到着層雲を手, 到着山風凉しき階上に香, 到着帰還の二字, 到着に記, 到着当夜の歓迎宴, 到着後ナルトキハ日割ヲ以テ精算, 到着後七八日で口, 到着後四カ月の八月十六日, 到着から金品交換, 到着早々僕は, 到着早々一本参ったと, 到着早々彼は決定的, 到着早々病臥して, 到着早々誰もそれ, 到着のカゴ, 到着東莱の宿舎, 到着機嫌よく来られた, 到着次第印鑑証明をお送り, 到着済みのこと, 到着澄太君の友情そのもの, 到着からも井師, 到着簿第一, 到着致した旨を, 到着致したならすぐ召捕っ, 到着荷物の順, 到着行長は直に, 到着持ちこたえる策, 到着退国は, 到着遺骸を荼毘, 到着陳弁だら, 到着青巌寺を仮, 到着風景はむろん, 到着で私, 到着をかん