青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「内儀~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

具体~ ~具体的 ~具合 具合~ 兼~ 兼ね~ ~内 内~ 内々~ 内側~
内儀~
内地~ 内外~ ~内容 内容~ 内心~ ~内部 内部~ 内閣~ 円~ 円い~

「内儀~」 2934, 28ppm, 4136位

▼ 内儀さん~ (1214, 41.4%)

13 とお 12 のお 119 の部屋 7 の方 6 が死んだ, の姿, を殺した 5 が, がお, が亡くなっ, が出, ですよ, の前

4 [18件] がある, が来, が物, だ, というの, と一緒, になっ, の心, の話, の遠縁, の顔, はいつ, はいつた, はお, はその, は勘次, もお, やお

3 [20件] え, がそんな, が亡くな, が殺された, が種, であった, という人, に三下り半, の声, の手, の眼, の針, はと阿, はもう, は巡査, は微笑, は時々, もあれ, もよく, も御健勝

2 [90件] あの櫓, からこう, がいつも, がこの, が亡くなる, が何, が元, が出た, が半, が可哀想, が大きな, が委細, が嫁, が帳場, が床, が悪い, が花火, が苦しみ出した, が落ちた, が離屋, が飛ん, だけは駕籠, である, では, でも, とお雪さん, とは仲, と仲, と娘, と若い, と話し, にいいつけられた, に助けられ, に怨, に死なれ, に私, に融通, に連れられ, に頼ん, のお供, のこと, のこんな, のところ, の不運, の御, の思召, の機嫌, の死んだ, の気, の肩, の親類, の言葉, の身体, の頭髪, の首, はそう, はそれ, はふい, はまた, はよく, は二杯, は人, は傭人, は先, は反覆, は変, は家, は寢, は平常, は情け深く, は此處, は決して, は浅吉さん, は物, は自分, は若, は親切, もしっかり, もわたし, も幕切れ, も斯, も私, も言つて, や若い, よ, らしいの, らしい人, を憎い, を殺さう, を突き落せる

1 [802件 抜粋] あの千兩箱, あぶない, いふから, え間違, お力落し, お蝶, かお, からいいつけられた, からこの, からその, からまでやかましく, からもお, からもやかましく, から場所, から私, から話, があっ, があの, があります, があれ, がいきなり, がいねえ, がいる, がおして, がかんた, がこんな, がさっき, がすぐ, がちょっと, がつまり, がとかく, がなつかし, がにっこり, がねどうも, がはいっ, がひどく, がまだ, がもう, がわが, がゲラゲラ, がコルク, が一人, が一寸, が三年前, が不憫, が予期, が井戸, が亡くなられ, が今日, が仰し, が余程, が促した, が入らっし, が出来たら, が分け, が前, が力, が十両, が台所, が喚んだ, が塩梅, が変っ, が夕方, が夜半, が子供, が客, が寢酒, が小僧相手, が帰つて, が店先, が座蒲団, が御, が忙しき, が思い悩ん, が悋気, が慌て, が戸, が手助け, が昨夜, が有頂天, が朝, が来る, が正直, が死な, が毒害, が泣い, が浴衣, が無理, が猫, が甥, が留守, が目, が眼, が矢部さん, が私, が窓際, が素裸, が肥った, が花, が裾, が見えない, が見廻つた, が訴え, が誠に, が近所, が針, が隱, が食膳, が鳶頭, この土藏, この節, こら運, さうえ錢, さえ悋気, じゃあるまい, じゃない, その夢, その男, だから, だけ殘, ださ, だったという, だと, だとか, だの市場, って何, で, でございます尾張焼, でごぜ, でしょう, で夫婦, で客, で澄し, という, というもの, といわせ, といわれる, とき, とし, とすれ, との約束, とは一年越, とは若い, とも話, と一番仲, と亭主, と千登世, と呼ばせる, と女, と来たら, と真実思合, と秋田, と血, と親しい, と言った, と顔, どうかさ, どの位, なぞが女, なぞは生きた, などが通りがかり, などに家賃, なの, なれども, なんて鬼婆, にあまり, にいたし, にお, にお返し, にこの, にご用, にし, にそつ, にそつくり, にだけ訊き, にでも聞かねえ, にときどき, にとってはお初, にならはった, になり代っ, になれたら, にはよく, には一目, には気, には氣, には良夫, には色々, にぶつぶつ, にもう, にもうすうす, にもちろん, にも意見, にも氣, に云, に似, に來らツ, に依頼, に加勢, に取りつぐ, に合せる, に向き, に告げた, に喚ばれ, に声, に奢っ, に寄り添う, に対して大西徳藏斯, に対する立場, に就い, に心當, に感謝, に成なら, に拜まれ, に會, に會つて, に満座, に火, に相談, に繼娘殺し, に聞いてん, に聞け, に能, に萬一, に見, に言いました, に訊く, に話, に譯, に逢いたいてえ, に酒, の, のいる, のおっしゃる, のお金さん, のここ, のその, のよう, のカット, の一番, の云う, の供, の傍, の優しい, の力, の劬, の口, の口惜し, の名, の味方, の命令, の喉, の外, の好き, の妹, の家, の尖つた, の従弟, の徳, の念, の思い過ごしでございます, の思案, の愚痴, の手許, の指さき, の數, の最後, の機轉, の死骸, の汲ん, の深切, の湯たんぽ, の災難, の片付く, の甘い, の疵, の病室, の百ヶ日, の筆蹟, の肺疾, の膝, の自白, の行方, の視線, の賃仕事, の身體, の辯解, の返事, の連れ子, の頭, の髪, の鬼, はああ, はあんな, はいっそう, はいよいよ, はいろ, はおいで, はかぞえかけ, はこう, はこの, はしかし, はすぐ, はすごい, はそれから又, はそれでは, はてれ, はとうとう, はどんな, はなん, はひどい, はふと, はまあ, はよんどころない, はゲッゲーッ, はランプ, は一体, は一應被害者, は丁度火, は上州辺, は不意, は不慮, は両手, は事もなげ, は二階, は五兵衛さま, は什, は仕方, は何ん, は何處, は偶然, は僅か, は冷たく, は分った, は別, は叔母, は同情, は呉, は垣根越し, は夜ごと宵ごと, は夢中, は大概妾, は好い, は姙娠, は家附, は少し, は居なかつた, は座, は庭, は引き受け, は強盗, は後, は復, は怒鳴った, は思案, は恐るべき, は息, は意外, は愛相, は慰め, は懇, は成, は持っ, は昔, は昨夜, は暫く, は曇り, は木綿, は枕, は棒立ち, は樟脳, は櫛巻, は武助さん, は毎晩旦那, は氣, は注意, は溜息, は漸く, は熟, は爺さん, は獨, は男, は病身, は益々, は直に, は真赤, は眼, は知つて, は私, は種, は窘める, は篤と, は素直, は継子, は綺麗, は縫つて, は聲, は聳然, は胆吹, は背, は能, は腹の中, は膝, は苦, は薄い, は蝋燭, は裸, は訊ねた, は話した, は請負師, は質素, は遂, は酒, は随分権式, は障子, は頭痛, は首, は馬鹿正直, は驚き, は骨, は齒, ばっか可愛, ぴんぴん生きた, への一種, への感謝, へ宜しく, へ義理, まことに失礼, までがいつの間にか, もあった, もありました, もい, もいよいよ, もお前, もこの, もその, もそんな, もそんなに, もよもや, も主人, も偶, も働き, も元気, も利巧, も在っ, も大きな, も心配, も息子, も成, も折々, も持たない, も有っ, も武助さん, も永い, も皆んな, も種, も言った, も静岡, も面白, やふん, や勝気, や娘, や嫂さん, や阿部, より親切, らしいエプロン姿, わっし, を, をお湯, をにらんだ, をもらったら, を一人世, を一寸, を可愛がれ, を困らし, を引立て, を思い切れない, を慕い, を持ちましょう, を殺し, を煽い, を狙, を縛つて, を縛る, を裝, を見殺し, を貰う, を起し, を追, を連れ, を顧つて, 出したつけ, 又わしこと面倒, 呆れたもの, 少し訊きたい, 待って, 御当人, 承ま, 本當, 直にお, 言ってたからね

▼ 内儀~ (606, 20.7%)

18 お紺 16 お縫 14 お町 13 お春 12 お余野, お角, お輝, 妹の 9 お杉, お種 8 お延, お淺, お絹 7 お留 6 お常, お舟, お駒, 弟の 5 お富, お篠, お貞, お酉

4 [13件] お仲, お元, お八尾, お島さん, お時さん, お染, お滝, お篠さん, お米, お通, お駒さん, 死んだの, 死骸を

3 [21件] おもよ, お光, お加奈, お妻, お春さん, お浪, お濱, お瀧, お直さん, お紋, お菊, お袖さん, お豐, ような, 位に, 方は, 時代の, 死んで, 葬ひ, 顔が, 首に

2 [46件] お世乃, お世乃さん, お乃枝, お伊勢, お兼, お兼さん, お島, お徳, お染さん, お染殿, お源, お照, お町さん, お皆, お縫さん, お艶さん, お蔦, お蔦は, お袖, お輝さん, お酉さん, そんな我儘, やうな, 位は, 声が, 妹若く, 姿を, 子な, 床は, 手紙を, 櫛を, 死に, 死んだ時, 死體は, 殺された晩, 玉江を, 肩に, 肩の, 自害を, 若い時, 言葉は, 遠縁とか, 頭を, 顏は, 顏を, 顔を

1 [197件] あとを, あるうち, いひつけ, うつむいて, おえいどん, おもよとの, お余野さん, お作, お供で, お俊, お俊さん, お元もつれ, お前は, お加奈さん, お千, お千世, お定, お専, お常さん, お徳さん娘, お栄さん, お榮さん, お浅, お淺ぢ, お淺はちよ, お滝さん, お瀧さん, お照さん, お留さん, お種さん, お紺さん, お絹さん, お絹中心, お美乃, お美乃さん, お若さん, お菊さん, お菊殿, お袖殺し, お貞さん, お輝一人, お通さん, ことで, ことまでは, この美しい, さした日傘, すがた, ためには, つかう塗櫛, つれて, へやが, ほうに, まえに, もとの, ように, 一存でも, 不心得です, 世話程にこそ, 事で, 二人だけ, 云い付け, 云う言葉, 仇討を, 仰向, 仰向けに, 仲だ, 余野は, 作った座敷牢, 作つた座敷牢言葉を, 信仰に, 傷が, 全快祝ひで, 内職の, 初七日, 前から, 前に, 前を, 千浪様という, 半生の, 卯木さまでした, 口は, 叩くらしいぽんぽん, 右下がりの, 名は, 吐いた言葉, 吭を, 味方で, 喉笛が, 喉笛を, 地味な, 妹, 妹と, 姪の, 姪二人は, 娘で, 嫉妬は, 小遣帳といふ, 左の, 布團の, 帶揚に, 形代を, 後から, 心盡し, 思惑を, 愚痴です, 愛嬌は, 手から, 手を, 手紙で, 拳を, 持って, 持つて, 指さしたの, 挨拶散歩の, 操が, 敬吉どんを, 方から, 方で, 日傘の, 日和と, 時の, 時代が, 時代さんが, 時代さんの, 時代との, 時代は, 時代を, 時代一人で, 来る客, 樣子が, 機嫌取りに, 次ぎに, 死にやう, 死体は, 死骸から, 片腕にな, 物の, 玉江様に, 玉江樣に, 生んだ子, 癇高い, 癖を, 白味がちな, 目には, 眼か, 眼が, 眼に, 眼の, 細くて, 美しさ, 美色に, 美艶な, 耳に, 背すじを, 色つ, 葬い騒ぎ, 藥は, 行衛を, 見立てか, 視線の, 言つた, 言づけ, 言ひなり, 言ふ, 言伝を, 言葉に, 話に, 話は, 説明は, 貞操は, 身だしなみ部屋の, 身に, 身許を, 身體にも, 身體を, 部屋で, 部屋といふ, 部屋の, 部屋へ, 部屋らしく, 醜くさ, 里が, 里江さんは, 里江と, 里江は, 里江樣で, 銀簪二分か, 間に, 隣りに, 項を, 頬を, 顏が, 顏と, 顏に, 顔だった, 顔は, 顔色を

▼ 内儀~ (194, 6.6%)

2 [18件] あるが, お吉お雪, お皆さん, さう, そういう, その時, 主人の, 二階で, 夜半に, 心の, 既う, 病身で, 確り者, 私に, 突き落された時, 綺麗過ぎ賢こ, 良人の, 賊の

1 [158件] あの通り, ありや, いかにも申し訳, いちども, うさん臭そう, うつむきながら, おるか, お勝手, お客を, お色, お菊さん, お近, きまってこういう, ぐうの, この光景, ご存じない, さっきから, すぐあいさつ, すつかり, せつなき呼吸, そう言つて, そこで恐ろし, そのたび, その孝心, そんな力, た, ちょいと, ていねいに, どうして居る, どうなすった, どこへ, なお暴ら, なか, ひどい女, ひどい痛風, まさか眞, もはや事, やはりそれ者, ゆっくり笑った, ようやく気がついた, ケタケタ笑った, ゴクリと, フト言ひ過ぎた, ヨロヨロした, 一流の, 三十五六娘は, 三十八の, 下手人ぢや, 下手人なんか, 主人と, 二人の, 二人を, 五十がらみの, 五十近く娘が, 今更らしく, 低い声, 何べ, 何處に, 先年死ん, 先生が, 兩國の, 内か, 内儀だけに, 内儀で, 出て, 初めて聲, 初め馬の, 十分ほど, 十手を, 厭な, 唐紙を, 唯しどろもどろ, 土塀つづき, 在るや, 坐ったまま子供, 垣の, 堀の, 堺の, 妙な, 妙に, 娘と, 子の, 子供を, 宵の, 家つきの, 宿屋の, 小用場から, 少し後ずさっ, 島五六郎が, 左右太を, 店の, 心持顫へて, 心掛けの, 心掛の, 必死の, 思ひの, 思ひも, 思も, 恐々手を, 恐ろしそう, 悧巧な, 惣菜の, 愛相を, 手拭で, 手燭八五郎は, 掃除に, 改まって, 料理し, 斯う, 斯んな, 新之助の, 日頃の, 昔宇古木樣の, 暗い裏町, 椽側から, 毒で, 環を, 生涯人に, 白無垢鉄火の, 白糸の, 眉を, 眼の, 私達を, 空々しく笑, 笑うのみ, 笑ひ, 筑前の, 納得した, 絞め殺された上, 綺麗だった, 綺麗だつた, 繊い, 群集の, 義弟といつても, 肝を, 腰を, 腹の, 腹立たしさうに, 自分の, 若い頃, 襖の, 見かけは, 親爺の, 覺束ない, 言った, 詮方な, 近頃でも, 道を, 違ひます, 遠慮し, 邪推深い, 金の, 釣られた樣子, 面白さうに笑, 顏を, 驚きあわてて, 驚く色, 魂魄も

▼ 内儀~ (182, 6.2%)

3 人の, 目の

2 [14件] あれほど, お有, それだ, 一方ならぬ, 出て, 品吉の, 店から, 死ぬ少し, 死んだこと, 死んで, 死んでからは, 殺されて, 殺されてから, 老木屋の

1 [148件] あつて, いうの, いった懸人, いぶかしん, いや番頭, いよいよ店, おなじく赤い, お由利さん, きりやうよし, きりょうよしで娘が, これを, しごきを, じやら, それは, それを, そんな虐, そんな馬鹿, たって, ちかづくと, ちょっと八重垣流, でて, ときには浅草草履, どうやら甲賀家, ふとんの, まことし, もう何時の間にか来, もとは, やかましいので, やかましく言つて, やって来た, やつて, やられるか, ゆうべ自殺した, よくなる, ニコや, 一人老眼鏡を, 一番だ, 上方で, 下谷一番綺麗な, 二三年前に, 二人を, 亡くなつたので, 亡くなつて, 人知れず宵, 何か, 何だか言つて, 何を, 何んにも, 何年間つけた, 使つたといふ, 來る, 倒れて, 先刻た, 先刻とう, 入って, 入つて, 出刃庖丁を, 出迎え貞之進, 切廻し先妻, 博奕風情の, 去った表通り, 口を, 口惜しが, 可哀想だ, 叶は, 喪な, 喪なった, 嘸かし失望, 堺の, 塔の, 夕方近くから, 夜具の, 大きい声, 大きい聲, 妾を, 嫉妬が, 寢込む, 居るうち, 居れば, 帰ッて, 庇つたのは, 庭番の, 引つ込んだ後, 引込んだ後, 彼を, 怪我を, 息を, 意気込むの, 意氣込む, 我慢し, 手を, 持ちかけましたよ, 普段大事に, 曲者に, 来たとさ, 来て, 桃子を, 此の, 此邊には, 殺されかけました, 殺されそれから, 殺されたといふ, 殺されたり, 殺された時, 殺されなかつたの, 気に, 気味わるく, 泊めては, 潜つた大洋の, 火鉢の, 煙管を, 爾云, 物騷が, 珠運様との, 町内の, 病人の, 百兩と, 眼を, 礼に, 私が, 笑いながら, 繼娘殺しの, 自害した, 芸者と, 藏の, 藥を, 藥違ひ, 言ったとおり, 言って, 言つて居る, 話した, 變ぢや, 足を, 迎いに, 迷惑と, 速に, 遅い夜食, 酒の, 金や, 銭形の, 閉口し, 隣の, 顏を, 顔を, 驚くの, 髪に, 髪結いに, 髮に

▼ 内儀~ (101, 3.4%)

3 可愛がられはじめ, 毒を 2 うんと油, 会って, 声を, 引取られ, 番所まで, 訊くと, 話を, 送られて

1 [79件] あやまらせたくない気持, あやまりに, いいつけられたるなるべし, きいた, きくと, こっそりと, こんな素晴らしい, されたと, さんざ叱られた, したていねい, しては, たのんだので, なって, なつて, なりてえとか, なり翌年, コソコソ耳うち, チヨツカイを, 一寸, 上げたもの, 乳を, 乳母の, 事情を, 云つた, 会い申そう, 会った最後, 会わせて, 似合わずタシナミ, 侮辱され, 取つて, 夢中に, 導かれて, 帳場格子の, 平か, 心を, 思いの, 思ひの, 手渡しました, 持が, 支拂つたわづかな, 教えて, 斯う, 横戀慕し, 死なれた主人, 死なれて, 気休みを, 注意された, 父を, 男爵令嬢は, 異いなかった, 異存なく, 目を, 直すという, 相手に, 相談的に, 私が, 組みつくと, 続いて, 緒を, 縄を, 續い, 聲を, 見付かつて, 言付かって, 言伝を, 言告ます, 訊いた, 訊す, 話して, 迎いに, 迎えよう, 迎えられること, 逢ったらこれ, 逢はう, 邪推されやしないだろう, 附き纒つて, 頼んで, 飛脚を, 騷が

▼ 内儀~ (88, 3.0%)

9 殺したの 4 殺して 3 殺した後 2 呼んで, 女神に, 始め誰も, 殺したといふ, 物干, 突き落して, 見て

1 [58件] かきのけて, そつと, とおして, ながめながら, まごつかせた, 一寸と, 一度は, 三人四人で, 下手人に, 二階から, 初め四五人の, 初め家族一同が, 口説いたの, 呼び寄せそれ, 困らせたこと, 庇に, 引っ叩きゃ, 引つ掻いたの, 強引に, 御歸, 怨む筋, 怨んで, 投り出さう, 招きました所ろ, 招くべしとも, 拝借もうす, 捕虜と, 搜し, 未だ返さぬ, 枕許に, 殺さうと, 殺しかけたり, 殺した, 殺したさ, 殺したんで, 殺した細引, 殺した證據, 殺しては, 殺すほどの, 殺そうと, 毒害した, 狙つて念入りに, 相手に, 矢木家の, 突き落した人間, 突き落した相手, 突落した, 窓から, 絞めた後, 縛つ, 縛つた, 縛めんとて, 訪ねようと, 調べるん, 起して, 迎えたか, 追出すと, 顧みて

▼ 内儀~ (72, 2.5%)

4 娘が 2 勘三郎から, 娘の, 弦之, 手代の, 種々生計向, 米吉が, 見せたの, 金之助を

1 [52件] いっしょに, お会い申した, お六, お嬢さんが, お孃さん, お紋, ぐるにな, したの, その娘, ちがって, どんなに仲, なって, わけが, 一太刀交える, 一所に, 一緒に, 一言二言話し, 三五郎と, 三人鉢合せする, 三人鉢合せを, 下女お, 下女お嬢さんは, 乳母の, 仲が, 伜の, 入れちがいに, 同じく眼, 啀み, 堀の, 女中と, 嬰ン坊の, 子供達は, 小声で, 左隣の, 息子の, 手代風の, 打合わせたの, 敬吉と, 敬吉の, 敬吉は, 番頭へ, 相談した, 眼配を, 矢並樣との, 石田を, 納さんは, 親しい男, 言って, 言つた小, 話して, 話を, 間違えて

▼ 内儀~ (44, 1.5%)

2 あまりの, 今でも, 綺麗だ

1 [38件] あの晩きり, お氣, さすがに, そのかみは, それは, それへ, そんなめそめそ, だんだん隙, まだ若い, よう考え, わからなかったそう, わからなかつたさ, 一生大道の, 三郎兵衛も, 三郎兵衞も, 久助も, 亡くなり, 何気ない顔, 八五郎も, 喜びますよ, 大した年増, 安心し, 小姑も, 少し困つ, 帰すよう, 幾らか同情, 從へて, 惡い, 捜しつかれて, 気丈な, 穏かな, 總領吉之助不身持の, 薄化粧を, 見て, 評判者です, 這入つて, 酷く心, 驚きくさるだろう

▼ 内儀~ (34, 1.2%)

4 安の, 駒の 2 めえ, 染, 染の, 縫は

1 [18件] 光殿にて, 内儀, 内儀何を, 加奈さんが, 富に, 徳の, 徳殺しの, 民だ, 浪の, 留の, 篠は, 絹は, 舟の, 舟を, 貞の, 輝に, 輝の, 通が

▼ 内儀~ (19, 0.6%)

2 まだ充分, 娘の, 既に他家

1 [13件] いらっしゃいますか, お加奈さん, お君, お梅さん, この家, ござりましょう, せうそれ, その目, やはり町人づくり, わたしの, 勝手と, 暮したいと, 眉の

▼ 内儀~ (19, 0.6%)

1 [19件] が御, が気イ, が色々, そう取りつめ, です, では, とお, と云われる, につい, に命乞, の御, はこない, はハア, は女, は昨日, へ知らせねえだ, も息子, を, を斬殺

▼ 内儀さま~ (16, 0.5%)

3 が袖口, に笑 1 おめずらしい, お眼ざめですか, が川崎, と見る, に新吉さん, のおっしゃる, の高音様, へもよう, も, 大きに無沙汰

▼ 内儀らしい~ (14, 0.5%)

2 丸髷の, 年増の 1 のが, 上品な, 中年女, 四十前後の, 女が, 女中が, 態度で, 扮装で, 氣色は, 細心さや

▼ 内儀さんたち~ (10, 0.3%)

1 あるいは三井, がやれ, が家, のかたまり, の着, の背中, は右, は嫁, もそう, を呼ん

▼ 内儀には~ (10, 0.3%)

2 繼しい 1 いずれとっくりこの, ちとお, ちょっと港, 何んか, 何んと, 何んの, 遠国へ, 非の

▼ 内儀とは~ (8, 0.3%)

1 どうもしつくり行かない, よっぽど仲, 乳姉妹の, 大變, 御姉妹, 敵同士だ, 知らなかった, 繼しい

▼ 内儀から~ (7, 0.2%)

2 宿泊の 1 すがらせて, 何んか, 拝見した, 書面を, 買う方

▼ 内儀です~ (7, 0.2%)

32 が夫 1 がこの, が人殺し

▼ 内儀さん達~ (6, 0.2%)

21 が三階, が待っ, と二三, にも沢山

▼ 内儀~ (6, 0.2%)

1 女中までが, 娘は, 娘らしい, 娘達の, 子供の, 溝浚

▼ 内儀~ (6, 0.2%)

3 の女 1 にその, のしゃんと, の若い

▼ 内儀さん處~ (5, 0.2%)

1 ささう云つて來, の甘藷, へは閾, へも不義理, へも小作

▼ 内儀さん風~ (5, 0.2%)

1 なので, のまだ, の人, の四十あまり, の女

▼ 内儀~ (5, 0.2%)

1 かお, つたのです, と思ひました, と言, よ八

▼ 内儀より~ (5, 0.2%)

3 身體の 2 輕い

▼ 内儀~ (5, 0.2%)

2 も息子 1 が, はよく, 少し胡亂

▼ 内儀さんお前さん~ (4, 0.1%)

1 が菓子, の前, はよく, もこの

▼ 内儀さん私~ (4, 0.1%)

1 し共, はあなた, はこの, はなに

▼ 内儀だけ~ (4, 0.1%)

1 この二人, だ, ぢや, 奥に

▼ 内儀~ (4, 0.1%)

1 お頼み, 喰い付きそう, 喰ひ付き, 義理が

▼ 内儀~ (3, 0.1%)

1 めずらしいのう, 綺麗な, 船の

▼ 内儀さんわし~ (3, 0.1%)

1 どんな形, も又, や卯平ことみじめ

▼ 内儀だった~ (3, 0.1%)

1 かもしれません, のだろう, ので厶

▼ 内儀では~ (3, 0.1%)

1 あるまい, ない, ないな

▼ 内儀といふ~ (3, 0.1%)

1 のは, 人も, 境遇をも

▼ 内儀として~ (3, 0.1%)

1 人に, 当家の, 申し分は

▼ 内儀などは~ (3, 0.1%)

2 品吉さんの 1 急に

▼ 内儀姿どこ~ (3, 0.1%)

3 やら素人

▼ 内儀殺し~ (3, 0.1%)

1 の下手人, の疑い, はそれ

▼ 内儀飛んだ~ (3, 0.1%)

2 御世話 1 所から

▼ 内儀かしらと~ (2, 0.1%)

2 最初は

▼ 内儀さんあなた~ (2, 0.1%)

1 がどうか, は死神

▼ 内儀さんそれ~ (2, 0.1%)

1 をおっしゃらない, 返して

▼ 内儀さんだつ~ (2, 0.1%)

1 たさうだね, て默つて

▼ 内儀さんどちら~ (2, 0.1%)

2 へおいで

▼ 内儀さん今日~ (2, 0.1%)

1 の晝過ぎ, は何

▼ 内儀さん始め奉公人~ (2, 0.1%)

2 まで並ん

▼ 内儀さん旦那様~ (2, 0.1%)

1 がそう, の御

▼ 内儀そこ~ (2, 0.1%)

1 の壁, の筆

▼ 内儀でございます~ (2, 0.1%)

1 お比丘尼様, よねえ

▼ 内儀との~ (2, 0.1%)

1 問答を, 間に

▼ 内儀とんだ~ (2, 0.1%)

1 客で, 災難だった

▼ 内儀にも~ (2, 0.1%)

1 でくわす, 好し権妻

▼ 内儀はん~ (2, 0.1%)

1 と楽, を自分

▼ 内儀白粉~ (2, 0.1%)

2 も紅

▼ 内儀相手~ (2, 0.1%)

2 にお

▼ 内儀~ (2, 0.1%)

1 に皮肉られた, は大いに

▼1* [166件]

内儀あの阿彌陀樣の, 内儀あれも敵, 内儀いつも景気が, 内儀いや奥様, 内儀いやお妾だ, 内儀お湯加減はよろしかっ, 内儀かは存じませんが, 内儀からが評判し, 内儀いひあんせん, 内儀これはどう, 内儀さだめし驚いたこと, 内儀さんあれなら大丈夫, 内儀さんあんたの事, 内儀さんいふ通にし, 内儀さんお気にかけられ, 内儀さんお湯に入っし, 内儀さんお迎えに参りました, 内儀さんこうちつとで, 内儀さんここらは朝, 内儀さんこちらにおい, 内儀さんこれが弟, 内儀さんさへ死ん, 内儀さんたち二三人に囲まれ, 内儀さんちよいと通し, 内儀さんつてあの赤ら顔の, 内儀さんなんどいるもん, 内儀さんぶりを見せ, 内儀さんわたしや飛んだ, 内儀さんわたし等また明け, 内儀さん下手人は名, 内儀さん今度は銭形, 内儀さん他人の錢, 内儀さん何うしたら, 内儀さん例の大下組, 内儀さん先刻わっし, 内儀さん先刻のがなお, 内儀さん兩方へ附けんだ, 内儀さん其れ丈, 内儀さん其女つ子, 内儀さん其盲目奇態で麥搗, 内儀さん十手には十手, 内儀さん卯平は幾つ, 内儀さん同様賃仕事を分け, 内儀さん嚊おつ殺し, 内儀さん夜伐つて, 内儀さん大変でございます, 内儀さん大概にしなせえ, 内儀さん夫婦揃つてなくつ, 内儀さん奇態に汚しあんせん, 内儀さん心当りは御座, 内儀さん恁うして, 内儀さん惡く思はねえ, 内儀さん所ではありません, 内儀さん文治が醫者, 内儀さん方もひ, 内儀さん昨夜の火事, 内儀さん村の年寄, 内儀さん此処へ来なせ, 内儀さん此處に居た, 内儀さん殺しには下手人, 内儀さん毎度申しまする通り, 内儀さん気をたしかに, 内儀さん気取りでいた, 内儀さん法恩寺の関取, 内儀さん濟まねえが, 内儀さん盲目が錢叩, 内儀さん碌でなしです, 内儀さん等何にも心配なんざ, 内儀さん等喰べる, 内儀さん等家からなんぞ見た, 内儀さん綺麗な小菊, 内儀さん聽きたくないの, 内儀さん自分の女, 内儀さん自転車に乗っ, 内儀さん船を洗, 内儀さん若い衆などが大八車, 内儀さん若旦那様も御, 内儀さん處さ行くべと, 内儀さん親不孝だなん, 内儀さん變なこと, 内儀さん貴方人が善い, 内儀さん連の寄っ, 内儀さん連中が縄, 内儀さん週旋屋さん女の浪速節語りさん, 内儀さん金蔵どのはまだ, 内儀さん間合ねえ, 内儀さん隱さずに, 内儀そいつは言, 内儀たちも交っ, 内儀だけに考えた, 内儀だけを殘し, 内儀だろうのう, 内儀やありません, 内儀でありこういうエゲツ, 内儀でござったか, 内儀でしょうが結髪, 内儀でなく客引の, 内儀でなければお, 内儀でも女学校の, 内儀で御座るか, 内儀というものの, 内儀といった態で, 内儀とが互に片肌抜, 内儀としか見えなかつた, 内儀としての品位を, 内儀どのか, 内儀などといったあわれみ深い, 内儀などとは滅多に, 内儀などに對する, 内儀ならわたしは, 内儀なんかと取っくむよりゃずっと, 内儀なんて特別の, 内儀にでもなりすました気分, 内儀にまで變な, 内儀に対しては忠義一途人々に, 内儀はん斯ういう, 内儀はん是はお嬢様, 内儀ふうに装った知らず, 内儀ぶりです, 内儀まであゝ云う, 内儀までが廊下に, 内儀みずから出て, 内儀もう此邊で, 内儀もはや真正の, 内儀よい知恵は, 内儀らしくなりましたね, 内儀を通して文治の, 内儀テルヨさんは女中, 内儀一人だけで, 内儀一方に, 内儀不思議なこと, 内儀久しいなあ, 内儀をこれしき, 内儀其樣に逆み, 内儀其許はと云, 内儀又は妓家の, 内儀同様のお, 内儀でした, 内儀又下女下人, 内儀の来る, 内儀御新造と連立っ, 内儀必ず我を, 内儀所望は冷飯一膳, 内儀振りです, 内儀昨夜のお, 内儀本人がかうこぼす, 内儀様お嬢様が飛んだ, 内儀様こんどもやはり, 内儀様此間お寺へ墓参り, 内儀様義理も人情, 内儀様谷中の長安寺, 内儀樣一文貰の袖乞, 内儀決して貴女を, 内儀淋しく靜かで, 内儀源藏と申, 内儀犯罪の夜, 内儀痛み入りますなお, 内儀禿げ頭の, 内儀粗忽な事, 内儀老人の殺された, 内儀も立, 内儀自身の甥, 内儀花嫁中嫁御, 内儀花菊さんは働きもの, 内儀見事な羽二重, 内儀と不義