青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「医師~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~北 北~ 北条~ 北海道~ 匹~ 区~ ~区別 区別~ 医~ 医学~
医師~
~医者 医者~ ~十 十~ 十一月~ 十二月~ ~十分 十分~ 十月~ 十郎~

「医師~」 2527, 27ppm, 4281位

▼ 医師~ (593, 23.5%)

10 診断に 9 ところへ 8 診察を 6 家は 5 下に, 手を, 治療を, 診断を 4 もとへ, 前に, 手に, 検案に, 言葉を, 部に, 鑑定に, 顔を 3 忠告を, 意見では, 薬を, 診断では, 診断は, 話では, 車と, 顔が

2 [42件] もとに, 上に, 健康診断書を, 免状を, 加藤と, 勧めに従って, 姓, 家で, 家の, 往診を, 意見でも, 手によって, 手当てを, 手当に, 手当を, 手術に, 方は, 方を, 正文は, 注意を, 玄関に, 班に, 薬局生であった, 言われるには, 言を, 言葉に, 許へ, 許を, 診察に, 診察によりて, 診断書を, 話に, 話は, 話を, 説に, 説を, 説明を, 車に, 連れの, 門を, 静かな, 顔は

1 [400件] あとについて, あること, いいつけ, いうほど, いへば, いやに, いる時間, うちの, お嬢さんで, お父さんが, お蔭だ, ことが, ことさ, ことである, ことに, ことについて, ことばか, ことばでは, ごときは, ご注意, さしず, するまま, そう言い出した, その家, それらしい, ために, つめたい指, とおり一遍の, ところから, ところに, とめるの, にまじり合い, はからざる出現, はんらんと, もとまで, やうな, よく知る, らしい男, アドレスを, スタールツェフその, スピーア博士と共に, バーシー・クライドから, フェリラ氏と, ブラウンが, ヘボンに, リヴジー先生や, 三人づれだった, 三雪と, 不注意から, 不行届から, 不養生, 与えた催眠剤, 世話も, 中から, 主張は, 乙骨耕安が, 二頭立てが, 云う所, 云う通り, 介抱によりまして, 仔猫連は, 仕事に, 令嬢は, 住つて居た, 住んで, 住処氏名を, 住居の, 何と, 何某が, 例, 供述観察は, 俊良, 俊良が, 保証で, 倅で, 候補者が, 健康診断に, 健康診断の, 側の, 兄の, 先刻云う, 先刻云ふ, 免状も, 冷淡な, 処へ, 処を, 処方を, 出入する, 出来損いです, 切なる, 判断よりも, 前を, 前島さんが, 力に, 力よりも, 加療に, 助力である, 勧めで, 勧めに, 勧めによって, 勧告に, 匕の, 医院は, 千斎だけは, 友人に, 友達は, 口から, 口添え右から, 右の, 右手に, 右手には, 合田氏は, 名が, 名は, 名前は, 吐雲斎で, 命じる方法, 命ぜし如く早速, 命をだに, 命令で, 命令に従い, 唇は, 商売は, 嚥下した, 地位を, 報告は, 報酬や, 塾である, 多数を, 大きな玄関, 大変な, 大家を, 大石正文が, 奥二階にて, 奥野俊良, 女で, 奴これはと, 如く薬餌, 妻, 妻が, 妻は, 妻君だった, 姪とかに, 姿が, 姿は, 姿を, 娘が, 子が, 子を, 宅に, 宅へ, 宅まで, 実妹ケリイ・ジュッドという, 宣告に, 宣告を, 室まで, 家, 家が, 家では, 家と, 家としては, 家に, 家へ, 家を, 家庭の, 家族か, 家族を, 寝室であっ, 寮へ, 寺井玄渓など, 専門的技術信用程度素行婦人関係等に, 尋ぬる, 小島拙, 屍体が, 屍体検案書の, 市川楽翁が, 帰りたる後十分, 広告も, 後を, 微笑をも, 心が, 応急手当てで, 応急手当で, 応急手当を, 忠告で, 忠告によって, 忠告も, 患者に対する, 悪口を, 情婦であった, 意見と, 意見は, 意見も, 意見を, 態度が, 態度だ, 態度には, 戒めを, 戸は, 所から, 所で, 所に, 所へ, 所マダム塚本の, 所在を, 手が, 手で, 手には, 手当てによって, 手当で, 手当によって, 手当によりまして, 手当の, 手当は, 手当も, 手紙によ, 手落ちで, 手術を, 手記である, 手記は, 手許の, 投薬の, 折紙が, 持つ大きな, 持つ鑿, 持論に, 指は, 指図で, 指図を, 指定し, 指示により, 控邸だった, 推定では, 援助を, 操縦する, 政枝に対する, 救護を, 方で, 方に, 書生が, 書生の, 服装の, 未だ経験, 未亡人が, 村尾氏は, 来りし時, 来るの, 来診が, 某君, 検査に, 検案の, 検案書が, 検案書を, 検案通り他殺である, 検診及応急の, 楽翁どのが, 楽翁は, 標札の, 橇と, 欄を, 次男坊で, 正文の, 死亡検案書が, 死体検案書に, 死体検案書には, 死後これを, 気持は, 気持も, 注, 注射は, 注意により, 浪花医院と, 涙語りだ, 父にも, 特別の, 犠牲, 独り息子で, 玄達を, 玄関を, 生活ぶりを, 申し立てに, 申請は, 留守に, 療治を, 癖で, 発言で, 白上っぱりが, 白須法印は, 目は, 看板を, 看護を, 眼は, 瞳の, 矢部君が, 知らぬ弱い, 確言する, 秘蔵の, 立ち会い診断でも, 立場から, 立場として, 立場としては, 立場に, 策動だ, 簡単な, 糾や, 組は, 経営する, 義勇奉仕団の, 義務だ, 考では, 考へも, 耳にて, 耳へ, 聴機穎敏ならずし, 肝煎で, 肩が, 腕に, 自宅が, 良心に対する, 蘚伯が, 蘚伯に, 行動だった, 行方は, 表情に, 裏の, 見立てが, 見解を, 見込みは, 見込よりは, 親戚が, 言う通り, 言えるが, 言ったよりも, 言では, 言に, 言は, 言葉が, 言葉で, 言葉では, 言葉に従って, 言葉の, 言葉は, 許しが, 許しを, 許などにも, 許に, 許可が, 許可を, 許可次第ひとまず, 許容を, 診察せる, 診察の, 診察室で, 診察家具衣服の, 診断であった, 診断書に, 診断書一枚が, 証明が, 話しを, 話じゃった, 話の, 語ろうと, 誤まった鑑定, 説は, 誰もが, 誹謗が, 責任は, 身の上も, 身体は, 身柄を, 身知らずを, 輩と, 近くへ, 返事であった, 返答, 返答を, 通弊な, 進言の, 道三が, 道三も, 邸の, 金丸恭順が, 金田氏を, 鈴音が, 銃を, 鎮静剤冠拡張剤の, 門口まで, 開業し, 頭には, 頭を, 顔だけが, 顔とを, 顔に, 顔ばかり, 類では, 食卓で, 馬車, 馬車行列の, 駈けつけた時分, 高天という

▼ 医師~ (539, 21.3%)

5 それを, 言った 4 僕の, 私の, 脈を 3 不機嫌に, 云った, 妻の

2 [29件] いかにも自分, そこで, そのころ麹町, ちょッと, びっくりし, メスを, レントゲン写真の, 事もなげに, 切に忠告, 前後の, 容易に, 屍体の, 彼の, 急いで, 急に, 患者を, 手早くその, 死に対する, 注射の, 目を, 直ぐその, 相当の, 眼鏡を, 答えた, 腰を, 遉に, 重井と, 驚いて, 驚きながら

1 [450件] あきれて, あのお, あの夜, あの攻撃, あらかじめ自分, ある女, ある日, いう, いうたであろう, いかにも自然, いった, いつの間にか引き入れられ, いつも上機嫌, うなずいた, うなつた, おいおいと, おごそかに, お世辞, かけつけた時, かすかに, かねて, きいきいいう, くれぐれも産後, くれた, こう言った, この住居, この時, この時人々, この病気, この研究所, この絵, この街道筋, これにも, これまた, こんどは, さぞ喜び, さりげなく言う, しきりに同感, じっと耳, すうと, すぐに, すっかり打ちひしがれた, すっかり神経質, ずっと会社, そういっ, そう言っ, そのうち帰っ, そのときメス, そのとく子, そのフィルム, その場, その声, その妻子, その封緘, その柄杓, その比, その水, その耳, その脳, その言葉, そもそもだれ, それぞれ手を, それにも, それによって, それ以外に, ただちにさだ子, ただ黙っ, ちょうどそこ, ちょっと滑稽, ちょっと顔色, ぢつと, とうに匙, とく子の, ところどころ術語, とりあえず解毒剤, とんでもない, どうした, どうしたであろう, どうも可, どう思っ, どこだ, なおも胸腔, なんと言わしゃれた, のんきな, はやったという, ひどく親切, ふと目, へんな, ほとんど興味, まず屍体, まず解剖器械, またその, まもなく院長, むくむくと, もう船長, もちろんクロスレイ夫人, もちろん弁護士, もっとよく, もはや自分, やがてお, やって来た, やっぱり胃腸, やはり妻, ようやく気, わたくしを, アリスを, イスにかけて, ガーゼを, キビキビした, クリストフが, ケースを, コップに, ジョセフ, ツァン州において, テノールの, バラック式であった, パキパキした, ビールに, ピカピカ光る, ピンセット, ピンセットの, ヘンリーに, ポトンポトンと, レントゲン像を, 一人一人に, 一寸首, 一応診察, 一時の, 一瞬の, 一診し, 一週間目に, 三十七八の, 三名を, 不安と, 不興気に, 両手で, 中将に, 丸太小屋へ, 乳房の, 事も無げに, 二服とも, 云いました, 五人で, 五十ばかりの, 五十を, 亭主関白といった, 人力車に, 人命を, 今も, 今何を, 今度は, 他人の, 以前どんな, 仮髪, 伏兵の, 体の, 何も, 何故に, 何等かの, 余に, 余り捜査の, 側を, 先年放射線を, 光る眼玉, 入口の, 内心不思議に, 切り開いた頭部, 別段わるびれた, 制して, 前の, 前後も, 前述の, 力を, 助手を, 勿論周囲, 医師で, 医術上の, 卓子を, 去年都会地から, 友人の, 反対した, 叔父に, 口が, 口で, 口中医某という, 叫んだ, 叮嚀に, 各々の, 合羽を, 含鉛ゴム製の, 周章て眼, 唸った, 喉の, 営養欠乏の, 嘘を, 四十五六の, 四十八歳の, 回診の, 困惑しきっ, 固い片ら, 国手を, 土間の, 在宅し, 堪らなくなったらしく駈け出して, 声を, 夕方自分を, 外から, 外出した, 大きなひっそり, 大きな鞄, 大喝一声右腕を, 夫人の, 奥座敷の, 妊娠の, 妙な, 始め私が, 威厳を, 子供専門な, 客の, 寛いだ身, 小さい包, 小松原一人, 小生に, 少し考えた, 尖った顔, 屈託なし, 巡査が, 巡査や, 工事場について, 帰って, 庭の, 廓の, 張が, 当分事なかるべき, 彼にだけ, 彼を, 彼等に, 彼自身の, 往珍に, 後ろに, 徐に煙草盆, 微笑し, 心得て, 心得顔に, 心臓麻痺で, 応急手当を, 忽ち身, 性格が, 患者に, 患者の, 意外に, 意外にも, 慌てて, 戸口の, 戸塚静寿院法印竹内渭川院法印本, 手と, 手も, 手を, 手馴れた調子, 招ぜら, 指で, 政枝が, 救いがたい, 料理番に, 断言した, 日々その, 日本に, 昇汞水に, 昏睡が, 春の, 時計を, 暗い路, 暗闇の, 暫く黙, 最後に, 最早診察, 未亡人の, 本意無げに, 本草綱目や, 机の, 来りしなり, 来ると, 枕を, 栄介を, 検事の, 検屍の, 業務上取扱った, 極めて気軽, 極力静養, 横は, 横わっ, 横を, 次いで胃袋, 次第に苛, 止しても, 死体を, 死者の, 母の, 母を, 母体に, 毎日二度ずつ, 毎朝早く, 決して少なく, 決して退院, 河野道円と, 法医学に従って, 泥酔で, 流行感冒だ, 滋養灌腸を, 漢法で, 潔く, 無論藤枝, 然しちかごろ, 熱心に, 燈火の, 父親と, 特殊な, 疑はしげ, 疾病の, 病の, 病人の, 皆鞆の, 盗みとった魔薬, 直ぐうなずい, 直ぐ妻, 直ちに総監, 相変らず喋っ, 相当に, 相手かまわず, 看護婦の, 看護婦を, 真面目な, 眩惑を, 眼科じゃ, 矢部君の, 砒素中毒による, 磊落に, 私と, 私に, 立ち上った, 立った帆村, 立はだかり, 立派に, 笑いながら, 笑った, 笑って, 第二級, 答えました, 簡単に, 精神療法として, 細い声, 細君の, 紹介状を, 絶望的に, 続けて, 緊張しきっ, 総てドユマアの, 繁三に, 繰り返しそう, 罨法剤と, 老人が, 老人の, 考えこみながら, 考へ, 考へた自分, 聞く中, 聴診器を, 職業である, 肩を, 背中を, 胸を, 脇腹近くを, 脚立の, 腸が, 膝立直し, 臆病な, 自ら老人を, 自分が, 自分の, 船内で, 若年寄支配で, 莨の, 落着い, 薬を, 薬籠を, 蠅男の, 血液を, 親切で, 言い注射, 言い足した, 言い返した, 言う, 言うの, 言えり, 言つた, 言つてゐた, 言下に, 診察し, 診察衣に, 診察鞄を, 診断した, 診断書に, 診療室に, 語を, 誤魔化した, 説明した, 読書を, 誰しも, 謀叛人どもが, 警告の, 警察へ, 負けて, 責めて, 越中褌一つを, 蹌踉けたように, 身動きさえも, 近所の, 追っかけ追っかけ注射を, 途中を, 遂に要領, 過労より, 部屋の, 酒精中毒から, 鋸を, 鍵を, 長袖の, 随分間違った, 雑談を, 震え声で, 静かに, 非常に, 鞄の, 頭蓋骨の, 頭部を, 頷いて, 頻りに首, 顔を, 顔色を, 風貌に, 飛び上るほど, 首を, 首傾けた, 首吊り柱に, 首肯きながら, 駐在の, 騒がず看護婦, 骨立った, 高笑いした, 鶴嘴で, 黙って

▼ 医師~ (308, 12.2%)

20 言った 11 来て 6 答えた 3 やって来た, 出て, 続けた物語, 自分の

2 [11件] あって, ある, この新聞, 帰って, 患者の, 手を, 来るまで, 検査する, 病家から, 看護婦を, 私の

1 [237件] ああ言う, あったが, あつた, あらわれた, ありまして, あります, ある種, いかにその, いたの, いった, いつでも, いて, いまも, いるでしょうか, いるの, おくれて, おっしゃいましてから, お竜, かけつけた, かけつけ博士, このゴールデン, この場所, さきだちにて, さも知ったかぶり, そう言い, そう言った, そう診断, そのときコーヒー, その一つ, その乳房, その二人, その晩, その膝頭, だいぶ罹った, ちょっと考えた, つきそって, つきつきり, とかくの, どうも癒, どんなこと, ないので, にこやかな, はいって, はっきり予言, みんなの, もったいぶった身振り, もと勤め, やってきて, やって来て, やって来ると, やつて, やはりドイツ語, よばれたそう, インディアナ州エヴァンスヴィルの, カーテンを, コレラと, パッタリと, パリーの, ビニールの, フラリと, モルヒネを, 一人であった, 一人帆村を, 一人法律家が, 一応調べた, 一番多い, 一瞥し, 主張し, 二人まで, 二人も, 二人彼の, 二十数年も, 云って, 云ふ, 五円札を, 五郎に, 交, 今朝からずつと, 住まいの, 住んで, 何者である, 余り物を, 余を, 側から, 光り燿, 入って, 六人打ち揃っ, 其処の, 内心法水の, 出張し, 劇痛に, 助手を, 動かしては, 勝手な, 勧むるまましかるべき看護婦を, 医学校を, 十八年間の, 去ると, 参られました, 参りまして, 取り出した紙片, 受合った, 口を, 古我判事, 叫んだ, 右を, 同じく急ぎ足, 向うへ, 呆れるの, 呼ばれたが, 咽喉部の, 器械を, 執刀する, 声を, 外して, 多分この, 大きな鼾, 大発見を, 好きであった, 如何に, 容疑者を, 尋ねた, 小さく, 小さな薬籠, 小屋を, 小川林田の, 帰ってから, 平戸先生を, 幾人か, 広間に, 引き添って, 彼に, 彼の, 彼女を, 往診する, 心得て, 恐れを, 悪いの, 悪い卵, 憶い出された, 懇意ずくで, 戸棚から, 戻ったあと, 手に, 手当を, 手紙片手に, 打診を, 振った時, 推挙した, 散歩の, 数日前に, 早くから, 時を, 智慧を, 最初からの, 村の, 来た, 来たそう, 来たついで, 来たでは, 来てから, 来る, 来診した, 柵壁の, 檻の, 正視に, 死んだの, 死因に, 毎日来る, 毎日鞄を, 洋服に, 流行らなくなるの, 漢法医である, 無い, 父の, 甲板に, 疑点を, 病死した, 病者を, 病院送りの, 直ぐ玄関, 相槌を, 眼を, 確固たる断定, 突然思い出した, 立ち上った, 立合わぬ筈, 笑いながら, 粛然として, 細かく首, 肋骨を, 背の, 臨終の, 蒼い顔, 蒼ざめた顔に, 薬を, 薬籠を, 被害者の, 装置を, 裏庭の, 見えた, 見えて, 見える度, 見せに, 見舞うたび, 解剖と, 言いましたよ, 言う, 言うには, 言うので, 言うや, 計画した, 訊ねた, 訊ねたこと, 診ても, 診れば, 診察し, 診察する, 診察に, 診察の, 誤った投薬, 誤って, 誰よりも, 論語研究会奥田なにがしという, 諸井嬢と, 警告し, 転地しろ, 転居する, 遅れて, 重病患者の, 金の, 間に合わぬうち, 電報を, 首を, 馬に, 駄目と, 魔薬を

▼ 医師~ (188, 7.4%)

7 診て 4 なって, 見て 3 来て 2 かかって, かかると, して, 任ぜ, 別れを, 渡した, 聞いた, 話しかけた, 電話で, 頼んで

1 [150件] あからさまに, いさめられたこと, おいでを, お礼を, お見せし, かからうと, かかりません, かかること, かけた, かけたが, かけぬの, かけるでは, かけるの, ききただしたら大きな, こう言う, しては, しようという, すぐ来, すべての, せられた, せられて, せられ森氏, そのこと, その由, その話, たずねた, たのんで, ちがいない, ついで親しく, なった, なったもの, なった時, なつた, なつて, なりました, なるの, まさりて, みせて, もらつたらしい, よらずして, ガウンを, 与えられた気付け薬, 事情を, 仕揚げたその, 仕立てようと, 任せる方, 住みつかせたいと, 何が, 依って, 健康診断させた, 免許状を, 全体その, 再度電話連絡, 処方を, 判らず彼女, 勧められて, 勧め自分, 取り縋って, 召し出だされ寛政元年, 向い, 向いて, 向かい, 向かって, 向って, 告げられて, 命ぜられて, 問ひ, 声を, 容体を, 寄せ掛けて, 富田太鳳なる, 対して, 局部を, 師匠の, 帰られるの, 引率され, 強要し, 急を, 打って, 承知させる, 挨拶し, 掛かるが, 掛かると, 掴った, 提出し, 教えたの, 未だ十分の信用, 来診し, 案内せられ, 死んだと, 殺されたん, 毒薬を, 氷を, 永久に, 汽船咸臨丸に, 治療を, 注意を, 深いツナガリ, 無断ではと, 無理に, 相当の, 相談し, 相談します, 石川甫淳が, 示さざるを, 答えて, 節酒を, 紹介する, 絶えず握られ, 縫合され, 肺浸潤の, 自分の, 色々な, 行つて来た, 見せた, 見せたかね, 見せたほう, 見せて, 見せてはと, 見せても, 見せるは, 見せるも, 見戍, 親しみを, 言われて, 訊ねた, 訊ねて, 診させると, 診察し, 診察を, 誡められ, 貶せられたのみ, 身を, 転じ復宿直, 逢いて, 逢うて, 進み文政十一年, 遇いますと, 遷された, 遷る, 鑑定せしめる, 陞せられた, 陞つた, 非ざる, 非ず, 頭から, 頻繁に, 駆付けた後, 驚かされぬ, 高橋正二と

▼ 医師~ (150, 5.9%)

9 呼んで 4 呼びに 3 よんで, 招いて, 案内し 2 たずねた, 拝した, 見た, 訪れた, 連れて

1 [118件] あざむき死亡診断書, お呼びいたします, お呼び下さいませ, お求め, かえりみて, かえるの, この部屋, して, たずねるよう, つれて, ともなって, はじめ侍女高弟たちすべてお, まともに, やって, やらそうと, よびに, よびまして, よぶこと, よぶようひろ子, よんでは, わざわざ呼び迎え, クウネイ弁護士の, 世話した, 中心に, 五六人呼ん, 伴いきたり, 伴って, 伴れ, 住まわせたの, 促すまでに, 出して, 取り換え故, 呼ばなければ, 呼びあくる日, 呼びますから, 呼び出すこと, 呼び寄せたい時, 呼び梅村医師, 呼び薬, 呼ぶ, 呼ぶこと, 呼ぶとも, 呼ぶやら, 呼ぶ騒ぎ, 呼ぼうかと, 呼ぼうと, 呼んだ, 呼迎へ, 命じ二百俵三人扶持, 命ぜられた, 命ぜられ高, 壁に, 変えて, 夫と, 妻に, 当代の, 御招きなさい, 思い出したので, 怨めしく思, 恨むやう, 憎んだ, 招かずして, 招かないの, 招きつ, 招き得させむにと, 招びに, 招聘し, 拝し, 捜し出そうという, 探して, 探せなどと, 撲り殺して, 教えて, 残して, 求めに, 流し目に, 煩わすほど, 立て近郷, 紹介者として, 罷めて, 聞得たり, 職と, 職業と, 見たからと, 見つけだすこと, 見つけて, 見つめて, 見て, 見ること, 見ると, 見上げた, 見送って, 見送り果てたる重, 見送るため, 託かり, 訪ねた, 訪ねようとは, 訪れて, 訪問し, 謂ふか, 起して, 迎えたとき, 迎えに, 迎えの, 迎えました, 迎えようと, 迎えよと, 迎へに, 迎へよと, 送ってから, 送りだしてから, 送りに, 遇すること, 選んで, 開業させる, 開業する, 頼むこと, 頼んだり

▼ 医師~ (81, 3.2%)

3 なつた, なつて 2 いえば, なって, なる, グレーと, 一緒に, 同郷人であった, 抱え車夫の, 話を, 酒屋が

1 [57件] この骨, その娘, その細君, その美しい, その義弟, その頂, なったが, なり三十人扶持, なり十年, なり奥医師, なり文化九年奥医師, ひそひそと, アリゾナの, ウマが, ケリイが, バアトン・マッキンネルは, バアトン・マッキンネルを, リューシーと, 一般仕事に, 云ふ, 互に白鬚, 入れちがいに, 入れ違いに, 判事と, 卜者を, 合計八人であった, 同じバス, 大地主さん, 契約を, 対向いに, 少し相談, 差配人との, 思い思いに, 患者という, 技術家とが, 文筆家を, 父親との, 産婆は, 目を, 看護婦とは, 看護婦は, 私の, 粗野な, 結婚し, 若い男女, 製紙工場の, 話させること, 話も, 諸井看護婦が, 警察に, 連れだって, 遁げたこの, 遠縁の, 野草通作であった, 鍵屋とを, 頻りにドイツ語, 食事を

▼ 医師~ (71, 2.8%)

2 匙を, 思った

1 [67件] あとから, あり教員, いうじゃ, いた, いたずらに, いつもいつも好い, いる, くわしいこと, この頃, しばしばお越し, すっかり悩まされた, そこで, そのこと, その緑色, それから, それより, ちょっと横額, もちろん悪い, やって来て, わからぬと, モウパア警部と, 一応帳簿, 三太夫の, 並居る家臣たち, 今までは, 其の自殺, 出張し, 十分に, 口を, 同意見, 同行し, 呼吸器病ぐらいに, 唖然と, 小首を, 少なからず, 帰り支度を, 常にこの, 待って, 心配は, 快しと, 我々も, 朝早くから, 来た, 来て, 母の, 毎年今頃の, 毎日欠かさずやって来た, 気がつかなかったらしい, 病院も, 眉を, 科学者の, 立ち会いで, 立派なる, 答えきれない顔, 築地本郷駿河台は, 簡単に, 経過については, 繁三も, 船長も, 言いたいこと, 言うので, 階下から, 面目を, 首肯いて, 駆附けて, 駈つけて, 驚いて

▼ 医師から~ (39, 1.5%)

3 死期を

1 [36件] いわれた, こう言い渡される, そう宣告, 一つの, 今晩は, 入院を, 出て, 勘定書きを, 危険の, 厳禁された, 告げられた朝, 堅く断られ, 得たので, 忠告され, 病人が, 秋川徳子変死の, 筆執る, 約二カ年間, 結核性脊髄炎という, 聞いたが, 聞いた警告, 聞いて, 聞きだしたと, 聞き取ろうと, 解剖で, 許されるよう, 許しを, 読書を, 警告を, 貰う催眠剤, 貰った薬, 遠ざかるの, 金を, 電話が, 高い薬価, P剤

▼ 医師~ (19, 0.8%)

5 あつた

1 [14件] これには, ござります, すらそういう, すらまだ, 五百俵役高を, 収入も, 山の, 数年間日本で, 此時奥詰などの, 産婆は, 神田の, 総髪又は, 聖マテオから, 見立ての

▼ 医師~ (18, 0.7%)

3 産婆の 2 看護婦の

1 [13件] 事務員の, 二三の, 傍の, 産婆に, 看護婦から, 看護婦が, 看護婦に, 看護婦も, 看護婦や, 葬式の, 薬品に, 親戚の, 警察医が

▼ 医師にも~ (17, 0.7%)

1 [17件] いろいろある, かけましたが, その気, その病気, 云われるし, 分り兼ねるもの, 口留めを, 容体が, 感づけ, 懸りましょう薬, 来て, 素人にも, 診せて, 診て, 診察させない, 誡められ, 陰微

▼ 医師たち~ (16, 0.6%)

1 [16件] がいかめしく, がよっ, が宝塚, に, の反対意見, の好奇心, の良家, の記録, の鑑定, はこの, はそれ, は既に, は死体解剖, は身, もはやずっと前, よ

▼ 医師として~ (16, 0.6%)

1 [16件] その蒙, 一市民として, 万方を, 君の, 尊敬した, 市民として, 当然の, 接触した, 梅津只圓翁の, 町中の, 知られたり, 私的に, 立つて, 老人の, 芭蕉の, 見舞に

▼ 医師としての~ (14, 0.6%)

1 [14件] 境遇は, 己れ, 当然の, 彼の, 最高の, 私の, 立場から, 職業は, 職責を, 自尊心が, 良心に, 良心を, 観念が, 資格を

▼ 医師である~ (11, 0.4%)

1 [11件] からでしょう, から玄関, が彼, ことを, とかあるいは, ロバトスン博士は, 僕に, 吉岡彌生女史が, 彼の, 立場を, 貴方に

▼ 医師~ (11, 0.4%)

1 [11件] から表彰, が出来, が隣町, に一札, のピクニック, の中, の事務所, の半分, の席場, の強力, の役員

▼ 医師~ (10, 0.4%)

1 お礼としては, 同伴され, 夏の, 行って, 行っても, 言った, 通った, 通って, 通ひつめた, 駆附けた

▼ 医師という~ (9, 0.4%)

4 のは 3 ものは 1 のが, 事

▼ 医師には~ (8, 0.3%)

1 この質問, ルウスは, 御申し付け, 確かな, 秘密を, 言えないもの, 通ぜず, 違いない

▼ 医師より~ (6, 0.2%)

3 表医師 1 いかに刺身, 先に, 心を

▼ 医師~ (5, 0.2%)

2 詩人か 1 そんな事ア, 薬剤師である, 解剖学者なら

▼ 医師たる~ (5, 0.2%)

1 あなたを, ものが, ものの, ものは, 職業が

▼ 医師だった~ (5, 0.2%)

1 からです, けれど重傷, のかい, のである, んだ

▼ 医師によって~ (5, 0.2%)

1 五人の, 手あてを, 求められるか, 甚八の, 研究せられ

▼ 医師に対して~ (5, 0.2%)

1 いうべき言葉, 何事も, 彼に, 必死の, 自から

▼ 医師への~ (5, 0.2%)

1 なつかしみも, 乙女の, 払いなどは, 礼に, 返事を

▼ 医師~ (5, 0.2%)

2 は蘭方相用候儀 1 え被仰, に者指而難儀之者, に見え

▼ 医師千斎~ (5, 0.2%)

1 で, の許, は帰っ, は純, ばかりはあの

▼ 医師~ (5, 0.2%)

1 がそう, が被, にお世話, の許, も七ツ八ツ

▼ 医師でも~ (4, 0.2%)

1 あった, あったろうか, できないこと, 誤解を

▼ 医師との~ (4, 0.2%)

1 方を, 相談とも, 立ち噺声は, 間に

▼ 医師と共に~ (4, 0.2%)

1 兄の, 又上がっ, 女に, 死体の

▼ 医師会長~ (4, 0.2%)

1 だつた人, のお世話, の学士さん, の空椅子

▼ 医師~ (4, 0.2%)

1 が何, が悲鳴, は揃っ, を見る

▼ 医師~ (4, 0.2%)

1 口科二百俵十人扶持築地中町, 役料二十人扶持両国若松町, 役料二十人扶持小川町, 役料二百俵向柳原

▼ 医師高間房一~ (4, 0.2%)

1 だつた, といふ人物, としてこの, としての失敗

▼ 医師~ (3, 0.1%)

1 からすぐ, から僕, とかそんな

▼ 医師であり~ (3, 0.1%)

1 ながら何故, 先生である, 本草学者であっ

▼ 医師としては~ (3, 0.1%)

1 そういう心, 恐らく目, 駿三を

▼ 医師とともに~ (3, 0.1%)

2 彼方に 1 見も

▼ 医師などに~ (3, 0.1%)

1 取っては, 召し出されること, 護られて

▼ 医師に対する~ (3, 0.1%)

1 不信の, 今度の, 信頼が

▼ 医師まで~ (3, 0.1%)

1 出張し, 拝観と, 記されて

▼ 医師らしい~ (3, 0.1%)

1 ものは, 人は, 風を

▼ 医師~ (3, 0.1%)

1 応援アリテ, 忠告ニハ耳ヲ, 意見モマチ

▼ 医師小島~ (3, 0.1%)

3 拙斎

▼ 医師法違反~ (3, 0.1%)

1 になり, までさせられた, を敢えて

▼ 医師~ (3, 0.1%)

1 足十二人扶持津山英琢二十九, 足森養真, 足飯田安石四十五

▼ 医師~ (3, 0.1%)

1 が他人, のよう, 驚き怖

▼ 医師~ (3, 0.1%)

1 は妻, は既に, もそう

▼ 医師からも~ (2, 0.1%)

1 朋友からも, 禁じられて

▼ 医師さま~ (2, 0.1%)

1 に叱られます, に詳しく

▼ 医師さん~ (2, 0.1%)

1 の所, の膚触り

▼ 医師~ (2, 0.1%)

1 て縫, て縫わせた

▼ 医師たらん~ (2, 0.1%)

1 ことを, と欲する

▼ 医師であっ~ (2, 0.1%)

1 てモルヒネ劇薬, て同時に

▼ 医師であろう~ (2, 0.1%)

1 か, と同じ

▼ 医師でさえ~ (2, 0.1%)

1 時として避け得ない, 正視に

▼ 医師とは~ (2, 0.1%)

1 いくたび, 何処の

▼ 医師とも~ (2, 0.1%)

1 に夫, みえぬ者

▼ 医師~ (2, 0.1%)

1 ので種々, のを

▼ 医師にとっては~ (2, 0.1%)

1 およそまったく健康, 或は

▼ 医師クラブ~ (2, 0.1%)

1 で教授連, を出

▼ 医師ブラウン~ (2, 0.1%)

1 が往診, が真犯人

▼ 医師ヴェーゲラー~ (2, 0.1%)

1 と牧師アメンダ, にとついだ

▼ 医師一人~ (2, 0.1%)

1 で始末, の教授

▼ 医師二人~ (2, 0.1%)

2 は顔

▼ 医師二百俵高~ (2, 0.1%)

1 御役料三十人扶持, 御役料二百俵

▼ 医師何某~ (2, 0.1%)

1 が腑分, は志丈

▼ 医師及び~ (2, 0.1%)

1 産婆の, 私を

▼ 医師吐雲斎~ (2, 0.1%)

1 として通行手形, と答える

▼ 医師大場連斎~ (2, 0.1%)

1 などと同じく, の手紙

▼ 医師専斎~ (2, 0.1%)

1 の邸, は血相

▼ 医師~ (2, 0.1%)

1 奥詰下谷御成小路, 寄合二百俵駿河台

▼ 医師来り~ (2, 0.1%)

2 てわが

▼ 医師~ (2, 0.1%)

1 が真面目, の許

▼ 医師~ (2, 0.1%)

1 というもの, や刑法

▼ 医師津幡直~ (2, 0.1%)

1 が案内, を案内

▼ 医師生活~ (2, 0.1%)

1 でカルモチン自殺, の中

▼ 医師道有~ (2, 0.1%)

1 の子, の孫道栄

▼1* [228件]

医師小姓頭など, 医師からの注意に, 医師からは流行性肝臓炎の, 医師がてあてを, 医師がね大方呼び, 医師がはひつて, 医師くさいところに, 医師ぐらいには見えるだろう, 医師この人は, 医師これを見送る, 医師家中など, 医師じゃねえかしらん, 医師すら多く薬物療法, 医師その他刑事が残り判事検事, 医師それから電話れんらくによって, 医師たしかにランドルウと, 医師たらしめんと, 医師たらしめば我, 医師たり位は, 医師たるべき時であっただろう, 医師だけに空気の, 医師だちにも興味的, 医師であった父親は, 医師ででもあったか, 医師でない素人目にも, 医師でなくて代診, 医師では天岸静里氏など, 医師というも一人居, 医師といふ人が, 医師とかと云うもの, 医師とかにすぐ電話, 医師としか見えぬ質問, 医師としても大石医院の, 医師とを嘲って, 医師なく一戸の, 医師なぞが今一度念の, 医師などといふ悪名が, 医師ならばこの, 医師なる人に, 医師なんぞの一切合財に, 医師について同市に, 医師にとって専門外である, 医師にとっての恩人と, 医師に対しては少しの, 医師はじめそれを快い, 医師はじめ警官一同は慄然, 医師はちよつと首, 医師ばかりであったので, 医師までが犯人の, 医師やら博士の, 医師よりは余計に, 医師よりも牛乳を, 医師に軽く, 医師をとまでは思ひ立ちたれど, 医師アレキサンダア・ライスのもと, 医師アレクサーンドル・マネットその娘リューシー・マネット, 医師ウスチモーヴィチとである, 医師エーリッヒ・ブラウンを尋ね, 医師ガッシェのもと, 医師ケムペルは仏教, 医師コルヴィッツと結婚, 医師ジヨン・スタインホイザアと一緒, 医師スチュワード・エルドリッチを四千ドル, 医師ストックマンの言い草, 医師トシテ実ニ立派, 医師ニハ出来ナイシ又シヨウトモシナイガ, 医師皆アレダケノ心ガケガナケレバイケナイ, 医師ハドナックの二男, 医師ハ必ズソレダケノ注意ヲ怠, 医師ホーニツヒベルゲルも印度滞在, 医師マネットの手記, 医師マルシャルに求める, 医師ヤ看護婦ノ便宜ナドモ, 医師ラヴィックの生活, 医師ラーギンの破滅, 医師リヴジーに移し, 医師リヴジー海賊黒犬盲人ピュー大地主トゥリローニー, 医師ロオペの無残, 医師ワルテル・ブラウネル氏に有, 医師一人水夫四五人久しく滞留, 医師三十人扶持中橋埋地, 医師三竺喜斎は按摩, 医師下谷三枚ばし, 医師並びに自分の, 医師並みに御簾, 医師丸山警部補斎木巡査の四人, 医師二人以上立会うとき, 医師二人水夫火夫六十五人艦長の従者, 医師二百俵元誓願寺, 医師互助会の需め, 医師五十人と相, 医師仲間でも製薬局, 医師会理事故権藤寿三郎氏, 医師会理事権藤寿三郎氏が言葉, 医師会評議員眼科の, 医師会警察みんなかねての, 医師会長夫妻と頓野, 医師会長栗野医学博士夫妻は流石, 医師会長栗野博士がその, 医師但し漢方医なり, 医師佐藤氏の女, 医師何くれとなく, 医師免状とを幾たび, 医師入り来たる, 医師其他数名の証人, 医師兼弁護士の免状所有者, 医師兼弁護士ランドルフ・タリスマン氏は頑強, 医師兼祈祷師兼卜筮者であった巫女婆, 医師円教寺へ一泊, 医師処方の粉薬, 医師出張検屍せるに, 医師北畠式部はいった, 医師協会の会長, 医師博物学者十六世紀初年の人, 医師即ち官医中有志の, 医師喟然として, 医師坊主の尾扇, 医師大場連斎氏の親友, 医師も近頃病死, 医師夫婦がどんな, 医師奥詰後奥詰, 医師奥野俊良これだけが半田屋九兵衛方, 医師子息の下, 医師に泊まり, 医師安藤精軒の出張所, 医師実業家種々の階級, 医師家主其他へ払, 医師寛輔の二人, 医師小姓組より大臣, 医師小子及天富良碩, 医師山本氏すなわちあなた, 医師岡田道玄の子, 医師島本守ははじめ, 医師嵐山某え縁談, 医師帰宅面会謝絶の指示, 医師床屋売店庭園演芸場その他日常生活に必要, 医師につく, 医師弁護士などの住居, 医師征伐と保健組合, 医師御家士方の仰せ, 医師志村力之助との二人, 医師志村力之助大井安田等に取り巻かれ, 医師急拵えの紋, 医師成田玄琳を以左之通及御達候, 医師それとしての, 医師教育家司法官興行者その他多数の人々, 医師数人の言った, 医師書籍係に対して思う存分, 医師有家久意年六十二相津玄察年三十二布津の太右衛門年六十五, 医師木挽町の柴田芸庵, 医師本科被召出候, 医師杏庵老人を呼び迎え, 医師村岡善左衛門常信倅善次郎が養子, 医師来診病状経過を報告, 医師松原延蔵が女中, 医師松田盛氏の紹介, 医師林洞海法眼が漏れ, 医師柘植宗庵でありある, 医師森山特派員のいつも, 医師検定試験といふもの, 医師横山文哉同国猪飼野村の百姓木村司馬之助, 医師橘南谿の松島紀行, 医師池谷与之助に外, 医師河野道円と其子三人, 医師治療師などを紹介, 医師沼間氏は元老院書記官, 医師法律家僧侶大歌劇, 医師法律家技師の如き, 医師注射をする, 医師浄閑が所持, 医師清川玄道の家, 医師煙草屋の二男, 医師やお, 医師特に内科の, 医師状師が最も, 医師獣医契約代理等に関する規定, 医師玄道の次男安策孫, 医師玄達が小, 医師産婆等は皆斯, 医師田口康三を呼ん, 医師画人工匠あらゆる階級, 医師の新, 医師畳屋の伜, 医師百五十俵三十人扶持小島春庵で和泉橋通, 医師的責任感ばかりであった, 医師看護婦たちの駈けつけた, 医師看護婦看守のはて, 医師石川貞白が勧めた, 医師石川貞白飯田安石三好東安河村意篤内田養三等が来り診し, 医師石川順介直経, 医師社会に限り, 医師私自身のろまなよう, 医師等其臥床を他室, 医師続いて周一, 医師者様で貰, 医師自ら無効と知り, 医師舟木さん一家と株屋, 医師芸術家あるいは文学, 医師芸術家自由職業に従事, 医師薬剤師それから化学者, 医師薬餌の手当, 医師藤井家の三兄弟, 医師を拡げ, 医師仰付候, 医師被告を見なさい, 医師西崎松柏という者, 医師西村の姉婿, 医師診察所あり雑貨店, 医師はただちに, 医師諸井看護婦下枝さんらを広間, 医師諸君はこういう, 医師警察官急を聞い, 医師焦け, 医師軍人など数十人, 医師軍人教員画工新聞記者各一人, 医師通いをし, 医師連全体の一致, 医師連盟綜合アメリカ研究所中国研究所新演劇人協会, 医師部屋へ通り, 医師金丸恭順のもと, 医師開業試験を前期, 医師陰陽師などが皆それぞれ, 医師雑人に姿, 医師静子の母親, 医師飯田休庵信方がゐた, 医師馬屋原氏の書籍, 医師高野長英が姓名, 医師黒田貞三郎長女照子と婚約