青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「医学~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

化粧~ ~北 北~ 北条~ 北海道~ 匹~ 区~ ~区別 区別~ 医~
医学~
医師~ ~医者 医者~ ~十 十~ 十一月~ 十二月~ ~十分 十分~ 十月~

「医学~」 1442, 16ppm, 7231位

▼ 医学~ (290, 20.1%)

5 の声, の言葉 4 が来, と云う 3 だ, は

2 [20件] が, が居た, が見舞っ, であった, というの, と呼び掛けられ, と婆, と理学士, に一ぱい, に診察, の, の名刺, の国幸氏, の姿, の家, の手際, の顔, は腹部, は軒, は鍵穴

1 [226件] かが連れ, かまたは, から, から瀉血, がありました, がある, がい, がすっと, がひとり, がゐる, がブルブル, が一生懸命, が下宿, が不意, が人, が今朝茲, が仕事, が偶然専門, が利用, が博士, が又, が呼んだ, が唐突, が善玉, が好き, が庄平, が引受け, が意外, が扉, が最, が来た, が毒, が猶, が生理学教室, が病者, が登壇, が白い, が立っ, が興奮, が言, が診断, が貴方, が鍬, が頷いた, が驚い, さ, さね直, だこの, だつたが, だと, だという, だシテ, で, であつ, であるから, であろうか, でお, でしたが, です, ですかと, でその, でなん, ではなかつた, ではなく, では有りません, でも廊下, で一人, で一行, で二十八, で二階, で家柄, で紀州, といっしょ, とお, とかに頼ん, として知られ, とすれ, とその, とどちら, となっ, とは何, とわかれ, とダンチョン画家, と丸髷, と云います, と其の, と別懇, と呼び掛けた, と握手, と早くから, と時枝, と称する, と結婚, と自称, と西木, と記, なかるべからず, などは出たら, なんか恐ろしく, にけがされた, になっ, にぶつかっ, に依っ, に僕, に向っ, に命じ, に尋ねた, に彼, に来, に目礼, に跡, に連れ出され, に頼む, のお客, のはなし, の不, の事, の二の腕, の五つ, の人, の傍, の内室, の内縁夫婦, の前, の医員, の叔父, の大野洒竹氏, の奥様, の妹, の婆, の学位, の室, の弟, の彼, の意中, の所, の手, の持っ, の挙動脱兎, の数, の方, の旨, の来た, の犠牲, の生命, の目的, の神経, の置い, の羽, の背後, の許, の診察所, の這入り得ぬ, の邸宅, の部屋, の鑑定書, の面, はいかにも, はかつて, はこの, はざくざく, はそんな, はちょっと, はとふと, はははははは, はもう, はオートバイ, はトテモ頭, は両手, は之, は二人, は云った, は云つて, は円まつちい娘, は別室, は半分, は取る, は口元, は吸入, は哲学者, は多く, は女, は娘, は婆, は実は, は尚も, は帰っ, は彼, は思わず, は折, は早, は昨年, は暫く, は木下, は決して, は泣き, は煙草, は猶, は疾病, は盃, は監獄, は真, は窓, は考え, は腹立しげ, は衝, は被告, は言, は診察, は誓う, は身, は進ん, は非常, は顔, は黙っ, へ相談, もそんな, も驚, らしい洋服, をしみじみ, を信頼, を婿, を斎藤さん, を見, を訪ね, を迎えた

▼ 医学~ (182, 12.6%)

9 勉強を 3 心得が, 心得の, 方は, 本を, 知識が 2 勉強の, 大家の, 方で, 最大の, 知識を, 講義を, 進歩によって

1 [144件] ある書物, いまだ発達, いわゆる憑依妄想, こころえやら, ことは, ことより, この近き, ために, なんたるを, はじまり, は品切れ, 上の, 中へも, 主要なる, 事も, 交流に, 仕事でしょう, 仕事に, 伝統を, 体裁真似し, 信用を, 偉大さを, 側からも, 先生に, 先生の, 先駆者杉田玄白も, 全体を, 分類で, 初歩さえ, 初歩を, 力じゃ, 力で, 力無, 功能の, 効験を, 勉強は, 博士で, 原則は, 参考に, 古書をば, 古本で, 命ずる所, 哲理と, 問題法律の, 基礎や, 大家であった, 大御所と, 夫とは, 好研究資料, 好資料, 如きは, 威力を以て, 実験用に, 家元は, 対象は, 師に, 師には, 師は, 師広岡文台を, 常識から, 幻想は, 心得などが, 応用だけ, 悪弊だ, 或る, 教授である, 教授では, 教科書に, 新分野, 方でも, 方を, 方面で, 方面では, 書物です, 書物も, 書物を, 書生の, 本が, 本だけ, 本は, 本まで, 本領は, 根本に, 根柢を, 格段の, 業績は, 権威であった, 権威を, 権威積田は, 歴史を, 泰斗として, 泰斗曲直瀬道三は, 為とか, 為なれ, 牙城と, 牛耳を, 現実だった, 発達に, 発達の, 発達は, 監視は, 目から, 目的が, 真諦であり, 知識に, 知識も, 研究が, 研究すべき, 研究と, 研究として, 研究に, 研究に対して, 研究を, 確立, 礼讃に, 社会政策では, 神聖味が, 神聖味との, 神聖度を, 神聖性と, 秘密は, 究極は, 立場から, 立場であっ, 素養ある, 素養が, 落第生, 薬局を, 補血益気に, 要旨は, 言葉で, 証明し, 証明する, 説明で, 説明を, 起らん事, 進歩が, 進歩し, 進歩しなかった, 進歩につれて, 進歩より, 道について, 鏡が, 領域へ

▼ 医学博士~ (121, 8.4%)

2 がある, である, になった, の数, を掴まえ, を製造

1 [109件] があて, がアンマリ, が何かしら, が前野良沢, が多い, が宿屋, が急報, が来, が発見, が眼, が開業, が駆けつけ, じゃ, その人, だったの, って肩書, であると, である博士, でも生理学者, でも知らん, でゐ, で九州大学病院, で俊夫君, で去年帰朝, で漢詩, というの, というもの, というよう, という学位, という彼, という趣き, としてベルリン, とでもいった, との二つ, との論争, と三人, と名乗っ, と理髪師, と肩書, なども大阪医専, にし, にどんなに, になられた, になりたがる, になりやがる, になれる, にはなる, には近, にまでさせ, にボラ, に嫁, に応用, に折紙, に関すること, の, のお嬢さん, のレッテル, の副, の北村万平先生, の夫人, の学位, の安田徳太郎氏, の家元, の家元制度, の御, の或, の招牌, の斎藤さん, の方, の木村病院長, の栄養説, の津山進治郎, の濫造, の石神刀文, の研究, の称号, の診察所, の誘拐, の談話入り, の論文, の近刊随筆集, の酒井洪造, の鈴木幸之助君, の鍼灸, の鑑定, の門, の雛ッ子, の鹿爪, はある, はインチキ, は先生, は凡て立志伝中, は医者, は感心, は明治二十一年, は昨日, は約, は除い, もいた, やドクトル, をはじめ, を五百円, を僧院, を訪ね, を訪問, を認可, を造っ, デ私モ, 御夫妻

▼ 医学~ (77, 5.3%)

4 勉強し 3 専門に 2 修めて

1 [68件] いち早く東洋, おさめ帰朝, おしえて, した花房, して, とり入れた医院, もっても, やって, やめて, やり出すよう, やること, やるという, やる決心, 中国に, 信じないん, 信ずる以外, 信頼しなけれ, 修めその, 修めたといふ, 修めたとき, 修めたの, 修めよう, 修めること, 修めんが, 修め天保七年二十二歳, 修め帰国, 修め帰朝, 修め最初銚子, 修め理学, 勉強しよう, 勉強する, 大した学問, 学ばしめん, 学びそうして, 学びそして, 学び人体, 学び遂に, 学んだこと, 学んだだけ, 学んだデルプト, 学んで, 学んでから, 尊敬しなけれ, 廃せず, 愚弄した, 愚弄する, 授けた, 授けること, 授ける人, 教えた覚え, 教授する, 曲げるわけ, 望んで, 産んだの, 疑ぐつてはならない, 研めた, 研究した, 研究する, 究められたの, 習ば, 習得し, 英京竜動に, 蘭軒に, 行ずる医者, 誕生せし, 説きはじめた, 超越する, 選んだ允子

▼ 医学~ (64, 4.4%)

6 の知識 3 の新, の説 2 では, の統計, の術語, の見地

1 [44件] あり得べき事, あり得るの, から何, から来た, から見, から見た死に, から診断, でいう, でどう, でヒポマニー, で細菌, にむずかしい, のまた, のヒステリー, の事務, の信念, の免疫現象, の多少, の大発見, の定義, の専門, の常識的経過, の建言, の懐疑説, の手腕, の新しい, の智識, の書物, の書籍, の最大, の根拠, の権威, の研究, の私, の立場, の著述, の試験, の話, の説明, の講釈, の識見, の驚異, よく聞く, 当然の

▼ 医学~ (54, 3.7%)

2 であつ

1 [52件] あがりの, から薬, か或いは, がある, が三人, が四六, が墓場, が持っ, が虫様突起, その医学生, たりし, だ, だから, だった, だったの, だった頃, だつたので, だつた男, であった, であった青年, であって, である, であるから, である彼, である竹中, です, で原田水山, と, とともに荷蘭, と法学生, になった, に憑, に捨てられました, に松崎鼎甫, に真剣, に連れられ, のぐれた, のところ, の落第なか, の襟, の言, の試験, の顕微鏡一つ, はドイツ人, は私, は肌脱, は脱ぎ捨てた, も戻, も手, らしい細かい, を探しだした, を探し出させ

▼ 医学~ (44, 3.1%)

2 偉大である

1 [42件] いま彼等に, お茶や, すでに婦人雑誌ふう, それが, たしかに進歩, どこまでも, どんどん生活, どんなもの, ほんとにすべて, やらん方, ブルジョア社会に, 丁度思想問題, 世界一だ, 主観的認識の, 人間の, 偉大でげす, 健康の, 全く無力, 労農大衆や, 各種の, 吾輩の, 唐代以後萎靡し, 存在し, 学んで, 実に跳躍的進歩, 或る, 本職には, 正妻で, 此より, 民衆の, 江戸で, 決して重要, 決して馬鹿, 癩を, 真の, 神聖でなく, 結核に対して, 聴診器は, 要するに医術, 言う迄も, 説明する, 進歩し

▼ 医学~ (39, 2.7%)

2 が余りに, を尊敬

1 [35件] がつづい, が往診, たるもの, たる僕, であった, でありそして, であると, でないこと, ではない, でも物理学者, としてのほか, としてのベルツ, としての権威, として大家, とアッパッパ, などと云う, になっ, によっていろいろ, に対しては病死, に腰, のよう, の一人, の少ない, の生きがい, の考証, の講演会, の返事, は進み出た, もまったく, も居た, らしい顔, をご存知, を一人, を卒倒, を殺した

▼ 医学~ (36, 2.5%)

2 よると

1 [34件] いささかの, かぎらずすべて学問, たいへん役だちました, たけた夫, だまされて, なると, よれば, 些かの, 依ると, 向けられて, 実験的方法を, 寄与した, 就いて, 役立つならば, 志あり, 志したわけ, 志して, 志し外遊, 志すもの, 忠実である, 忠実なる, 感謝する, 於ける投資現象, 明るい沢庵, 最も心, 次いで, 注目する, 端を, 至るまで, 通じて, 通暁し, 門外漢たる者が, 関係ある, 関係しました

▼ 医学~ (26, 1.8%)

1 [26件] あって, これは, これ程までに, そういう本来, その先駆, そんなもの, 一番進ん, 主であった, 伝って, 偉大で, 充分に, 出て, 十分に, 好きで, 存在する, 宗教的又, 宗教的神聖味からは, 導き入れられ菊池寛, 枝葉の, 無限に, 発達した, 発達する, 神聖であっ, 私に, 起り大, 進めば

▼ 医学~ (25, 1.7%)

1 [25件] か政治的, なこと, なもの, な健康体, な意味, な術語, な言葉, な証明, な話, にどういう, にどうこう, にはね, にははっきり, にはもう, には急性結節, にも分らない, に云, に判っ, に彼, に有効, に相当, に証明, に説明, の知識, の研究

▼ 医学~ (20, 1.4%)

2 外科療法とを

1 [18件] いうよりも, 体験の, 医師とを, 基礎医学との, 密接の, 寿命とは, 弁証法的唯物論, 文芸と, 有機化学の, 社会条件との, 禁呪の, 縁の, 自然科学との, 薬理学との, 薬草学の, 衛生に関する, 言つてゐる, 言ふも

▼ 医学~ (16, 1.1%)

3 の生徒

1 [13件] で寛政三年, で木乃伊, の, の前, の実験用死体置場, の教授職, の書生, の標本室, の生徒ら, の者ら, の階段教室, の黒門, や病院

▼ 医学では~ (15, 1.0%)

1 [15件] この状態, そういうアンチ, そこまでは, たいせつな, ないか, なくただ, 如何ともし, 小心者の, 必ず癒, 決定的な, 治癒する, 病死か, 癌に関する, 癒らんといふ, 説明不可能な

▼ 医学~ (15, 1.0%)

1 [15件] が山, にある, にしるされ, に手, の古本, の文章, の本代, の部分, の間, は一つ, を借り, を勉強, を最も, を覗い, を読ん

▼ 医学専門学校~ (14, 1.0%)

2 を卒業

1 [12件] であったサレルノ, と申しました, に一ヶ年半, に入, に置かれる, に荒木, の卒業生, の学生, の生徒, の眼科教室, へ入, へ通ってる

▼ 医学~ (14, 1.0%)

3 に出

1 [11件] で講義, にて其, に学び, に講ぜしめ, に通っ, の官舎, の書生, の薬品会, の講演以来, へ往け, へ招かれ

▼ 医学~ (13, 0.9%)

1 [13件] では日本, では自宅, で期待, で発達, と探偵小説界, には関東, に課題, のため, の一大不思議, の名家, の方, の注目, はこの

▼ 医学~ (12, 0.8%)

2 生理学の 1 スコラ医学が, 何かの, 博物学など, 天文学や, 心理学との, 懲罰等によって, 本草学の, 植物学にも, 法律なぞが, 物理の

▼ 医学乃至~ (11, 0.8%)

5 医術は 4 医術の 1 医療技術において, 医術という

▼ 医学~ (11, 0.8%)

2 に特筆 1 では富士川游, におけるまったく, については富士川游博士, には此抄録, の医書目録, の記載中脚註, の資料, はじまっての, をりっぱ

▼ 医学生吹矢~ (11, 0.8%)

1 [11件] がここ, の室, の死体, の顔, の首, はすぐ, はその, はふと, は学歴, は彼自身, は目

▼ 医学という~ (10, 0.7%)

2 ものに 1 ものの, ような, 学問そのものとして, 専門から, 専門語の, 病気を, 科学を, 論文などを

▼ 医学~ (10, 0.7%)

1 ごく不完全, その他の, またその, やはり錬金術, 今日では, 尚お, 底が, 科学も, 経学も, 近年に

▼ 医学生吹矢隆二~ (9, 0.6%)

1 こそ実に, の両, の室内, はその, はつい, はようやく, は守衛, は彼, は生ける

▼ 医学教室~ (6, 0.4%)

1 で犬, のほう, の救護, の裏丘, は全員絶望, は爆弾

▼ 医学から~ (5, 0.3%)

1 勉強しはじめた, 得たところ, 文芸に, 文芸へ, 言ったら身体

▼ 医学~ (5, 0.3%)

3 のお 1 というもの, の大会

▼ 医学書生~ (5, 0.3%)

1 というもの, のやる, の何処, の生活, は服装

▼ 医学~ (4, 0.3%)

1 かの大家, とかなんとか, とか人間, のと

▼ 医学といふ~ (4, 0.3%)

1 ものが, ものは, ものを, もんは

▼ 医学などの~ (4, 0.3%)

2 無数の 1 広い範囲, 方で

▼ 医学にも~ (4, 0.3%)

1 亦有, 少し厭気, 通じ神人, 適用さるべき

▼ 医学方面~ (4, 0.3%)

1 に於, の大家, の専門家, の業績

▼ 医学者たち~ (4, 0.3%)

1 がそう, は未決囚, は警部, を通して知る

▼ 医学関係~ (4, 0.3%)

1 の人々, の問題, の団体, を除い

▼ 医学雑誌~ (4, 0.3%)

1 であるが, ではソヴェト, を片端, を読む

▼ 医学なる~ (3, 0.2%)

1 ものは, ものも, ものを

▼ 医学世話~ (3, 0.2%)

2 を命ぜられた 1 を命ぜられ

▼ 医学以外~ (3, 0.2%)

1 のありとあらゆる, のこと, の事

▼ 医学救国~ (3, 0.2%)

1 か, の信念, の思想

▼ 医学的知識~ (3, 0.2%)

1 がある, と勇気, の無い

▼ 医学知識~ (3, 0.2%)

1 に折紙, をノート, を疑っ

▼ 医学部長~ (3, 0.2%)

1 が自分, の職権, の責任管理

▼ 医学こそは~ (2, 0.1%)

1 私の, 自分の

▼ 医学そのもの~ (2, 0.1%)

1 としてのレベル, を愚弄

▼ 医学だけは~ (2, 0.1%)

1 正しく印象深く若い, 独学を

▼ 医学~ (2, 0.1%)

1 仕事を, 身を

▼ 医学でも~ (2, 0.1%)

2 言はれ

▼ 医学とは~ (2, 0.1%)

1 何の, 全く別

▼ 医学とを~ (2, 0.1%)

1 医学館で, 藩の

▼ 医学にまで~ (2, 0.1%)

1 精通し, 素因を

▼ 医学に関する~ (2, 0.1%)

1 ものを, 記述が

▼ 医学より~ (2, 0.1%)

1 して, 医術へ

▼ 医学修業~ (2, 0.1%)

2 のため

▼ 医学博士宮嶋幹之助君~ (2, 0.1%)

2 が大層骨

▼ 医学博士正木敬之氏~ (2, 0.1%)

1 が溺死体, で御座います

▼ 医学史上~ (2, 0.1%)

1 に大きな, 最も尊重

▼ 医学~ (2, 0.1%)

1 であるから, にい

▼ 医学士久保田某~ (2, 0.1%)

2 と書いた

▼ 医学士山~ (2, 0.1%)

1 の井光起, の井光起君

▼ 医学士山本正雄~ (2, 0.1%)

1 は堪えられぬ, は患者

▼ 医学専門部~ (2, 0.1%)

1 の講義, の高木部長

▼ 医学機械~ (2, 0.1%)

2 を輸入

▼ 医学生たち~ (2, 0.1%)

1 がいく人, は

▼ 医学~ (2, 0.1%)

1 として輸出, のもの

▼ 医学研究生~ (2, 0.1%)

2 は学校

▼ 医学社会~ (2, 0.1%)

1 にはこれ, の大

▼ 医学者連~ (2, 0.1%)

1 が多勢, と折れ合う気づかい

▼ 医学農学化学~ (2, 0.1%)

1 にもまた, または兵学

▼1* [177件]

医学くらい進歩し, 医学すなわち治療の, 医学すらも学ばずに, 医学その他すべて複合せられたものの, 医学だけでも心得て, 医学ちうものが, 医学であってもやはり, 医学ですよ, 医学とかを信用しない, 医学との関係に, 医学なぞクソでも, 医学などというので, 医学などについてそうだ, 医学などにも国民精神に, 医学などを勉強しました, 医学なんかの方面は, 医学なんて呼ばれて, 医学における自然の, 医学についての事なら, 医学にはぜひとも必要, 医学によって腿の, 医学に対してまた一般, 医学に対する無知な, 医学のみならず理学, 医学への信頼が, 医学ほど詰らぬ学問, 医学をも学んで, 医学一般を論じる, 医学万事に博学, 医学上一種の変質者, 医学上他の見方, 医学上天然痘コレラマラリヤペスト等と同等, 医学上此の病気, 医学上稀有とされ, 医学上立派に証明, 医学中興の祖, 医学諸説別為小, 医学会社というの, 医学入門は明, 医学入門自序の印文, 医学全般の最高権威者, 医学出精の賞詞, 医学教に, 医学効用論にしろ, 医学化学物理学植物学兵学などが輸入, 医学医術等には男子, 医学協会の会合, 医学博士ウヰールが, 医学博士ヒルミ夫人のいう, 医学博士三角康正さんがこの, 医学博士仏蘭西文学博士オルクス・クラデル氏が筆者, 医学博士佐々木東洋氏が, 医学博士八木沢節斎の長女, 医学博士坪井次郎農科大学助教授長岡宗好医科大学助教授入沢達吉等, 医学博士夫人となる, 医学博士夫妻は流石, 医学博士安田徳太郎氏はこの, 医学博士小泉省治の前, 医学博士山崎正董氏であったが, 医学博士押鐘童吉は五十代, 医学博士文学博士法学博士として通っ, 医学博士木曜会の幹事, 医学博士松村様のは弁護士さん, 医学博士民法学博士法学博士王立科学協会会員等なるヘンリー・ジーキル死亡, 医学博士津山進治郎としてしか知っ, 医学博士白石右策氏だった, 医学博士福岡随一の無鉄砲有志, 医学博士秦宗吉氏が, 医学博士竹内先生は次, 医学博士蝋山教授が法医学, 医学博士製造はこうした, 医学博士長崎仙太郎氏は言, 医学博物館見物にゆきました, 医学及び動植物方面希望の, 医学史上最上の観察者, 医学史的な整列, 医学呪禁等が唐, 医学因明とて論理学, 医学士さんじゃない, 医学士なんざ大当りだ, 医学士めすてきなもの, 医学士イヤ医学士ではない, 医学士ウラヂミル・イワノヰツチユ・ソロドフニコフは毎晩六時, 医学士一人あるのみ, 医学士原田龍太郎とあざやか, 医学士及妻これは二人, 医学士名は理順, 医学士大久保榮君が一昨年此処, 医学士大場連斎と共に濠洲, 医学士山口寅太郎氏も, 医学士森鴎外がカルデロン, 医学士河野理順である, 医学士立会の下, 医学士赤城風雨先生の記念碑, 医学士長州へ赴任, 医学士閣下は吾輩, 医学士高峰をしい, 医学天文軍事に関する物, 医学専門の入学準備, 医学専門学校クラス会幹事津田憲治とある, 医学専門学校教授になつて赴任, 医学吹矢, 医学の義務, 医学を医学校, 医学政治軍事法律それ等のもの一切, 医学教授の長い, 医学教諭となり, 医学数学などもその, 医学文学等の公開図書館, 医学文学美術科学等の専門図書館, 医学断訴医学裁判医学なんて呼ばれ, 医学新誌などは争う, 医学旅館を開業, 医学書中食物に関するもの, 医学に入る, 医学正伝と共に舶載, 医学歯科体育航空学等がそれぞれ, 医学歴史哲学文学なんでもひと, 医学法学上大いに参考, 医学法学哲学文学動物学その他の自然科学者, 医学法律神学その他あらゆる学問, 医学海防砲術植林化学とあらゆる, 医学温泉旅館というもの, 医学生その他有志の者, 医学生らも美人, 医学生ローベルト・クロップシュトックと知り合い, 医学生気分が立ち返る, 医学生聖リューク療養所より追放, 医学生達に示し, 医学用写真フイルムであった, 医学用語ではカニウレ, 医学男女人形影絵の肖像画, 医学界方面は云う, 医学発達を遍く, 医学的スリル世界中を敵, 医学的ヒューマニズムのため, 医学的処置を試みる, 医学的効力はわれわれ, 医学的忠告を与える, 医学的手段を考究, 医学的拷問法を一時中止, 医学的教養とかからはどんなに, 医学的検査に根本的, 医学的現象の結果, 医学的研究を思いつい, 医学的背景の上, 医学的見地や軍事的, 医学的観察によつて三浦環女史, 医学的記述は示され, 医学的追求とヒューマニティ, 医学的関心の強い, 医学研究を助ける, 医学研究上の目的, 医学研究所というもの, 医学神秘宗教心理学の部門, 医学の本, 医学終業という題の, 医学者ハツクスレーが, 医学者ルカに由, 医学者夫妻の骨格, 医学者海洋学者にし, 医学者私が主治医, 医学者連中がやっき, 医学者間にナルコポン, 医学薬学物理化学等に関する説明, 医学解剖その他に関する蘭書, 医学試験でも教授, 医学調査会の報告, 医学科を, 医学農学などの分野, 医学農学美術音楽などのそれぞれ, 医学部長若林博士が扮, 医学部長若林鏡太郎君の名著, 医学の会員, 医学院臨時館の設立, 医学音楽もはじめて, 医学館世話役五人手伝四人俗事役三人の邸宅