青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「医~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

化け~ 化粧~ ~北 北~ 北条~ 北海道~ 匹~ 区~ ~区別 区別~
医~
医学~ 医師~ ~医者 医者~ ~十 十~ 十一月~ 十二月~ ~十分 十分~

「医~」 1513, 16ppm, 6928位

▼ 医~ (264, 17.4%)

4 ところへ, 娘の, 家に 3 免状を, 方が

2 [13件] やうに, ように, 処に, 古堀博士, 名を, 娘を, 意見の, 手品の, 方で, 看板に, 言葉の, 診察料の, 道は

1 [220件] あるその, いまわしい報告, うちにも, くせに, ことだった, ことを, これを, ごときもの, さしあげた薬湯, しどろもどろの, すること, それと, たぐいは, ところに, ととのへ勧むる薬, ほうが, ほうで, ほかに, やうな, やうなし, やつて, やる幇間, ゐないところ, を剽窃, スチューワート氏でした, タイプを, ボロさ, メーキンスは, リンプー先生は, ワトソンであった, ワトソンと, ワトソンは, ワリツキイ博士だけ, 一人に, 一人は, 一行が, 丁寧な, 三科をさえ, 上に, 不親切と, 予言の, 事は, 二番目の, 云うには, 介抱を, 仕事が, 伺候を, 使うグラインダー装置, 信用を, 側へ, 働きぶりを, 兄は, 先生が, 光雅から, 免れ難い, 出迎えを, 制服でありました, 助言も, 受持ちである, 口から, 古堀先生, 各科では, 吉平と, 名が, 名乗り出るの, 名刺を, 呼び出される番, 固陋の, 報告が, 報告だった, 報告では, 報告に, 報告にも, 報告によって, 場合は, 塾だ, 大家が, 妻の, 娘であった, 娘である, 娘は, 娘も, 子である, 学ぶべき事, 宅で, 宇都野研氏の, 官は, 客も, 家で, 家柄の, 寺島宗英も, 屍体解剖が, 山村であった, 巨擘たらし, 幕府に, 延樹方庵も, 往来する, 後ろ姿を, 心がけを, 必要を, 息子さんが, 意見, 意見に, 手で, 手と, 手に, 手による, 手当てを, 手当を, 指先は, 推定では, 推挙, 揉込む, 整形手術みたいな, 斎藤さんが, 方に, 方へ, 方を, 方剤も, 智識から, 更に大, 有力者が, 来り近づくを, 椅子の, 椅子は, 検屍の, 検案なる, 検案に, 検死が, 検死鑑識課員の, 検視が, 検視で, 検視によっては, 業を, 此弊に, 死後の, 毛髪が, 水薬を, 治療を, 注意で, 爺さんでなくつ, 玄卿の, 玄庵, 玄庵だった, 玄庵先生だ, 玄関を, 男振りまで, 病理解剖を, 病院, 療治を, 白い上っぱり, 白い手袋, 相続人から, 看板は, 看板を, 真似事も, 眼は, 神林先生が, 神林先生や, 立ち会うは, 立会も, 筈です, 糟谷良斎に, 細君が, 細菌学研究室へ, 総本山とでも, 考で, 聴診器は, 職を, 腕時計で, 自覚に, 良伯に, 色盲検査布の, 若い学生, 薬が, 蘭学者相良玄鶯院の, 血を, 行った後, 裏に, 補に, 観察に, 解剖する, 解剖室に, 言った通り, 許で, 許へ, 許容を, 診察では, 診察を, 診察室へ, 診察室まで, 診断もうけた, 診断書ならびに, 診療室に, 話に, 話を, 誘拐そこに, 説に, 調剤する, 諸院, 議論や, 費用位いで, 軍門に, 近づくを, 連中を, 道具の, 野原氏を, 鑑定と, 鑑定に, 鑑定によって, 鑑識が, 門からと, 門を, 間に, 雑木庭で, 面目云々を, 顔から, 顔も, 黒川を, 黒川君を

▼ 医~ (141, 9.3%)

3 仁術なりと 2 それは, 人を, 仁術なり, 仁術なりという, 国を, 能く, 言った

1 [124件] ありませんでした, いきなり叱りつける, おる, こ, ここらでは, こっくりと, この人々, この大, この点署長, これは, これを, しきりに患者, すでに検死, ずっと伸子, そこで, そこに, その小さな遺骨, その急, その技術, それが, それでは極, それについて, それを, ただただ鼻, ついに耐えられなくなっ, どうした, ないし, ねえので, ぼくを, みんな夢の, もうすっかり身仕度, もうその, もとの, やっと自然, ビックリし, 一寸そのままで, 一応死体, 一秒も, 上の空の, 人物も, 人間の, 人間を, 仁術, 仁術ことに, 仁術で, 仁術であっ, 仁術であるです, 仁術と, 仁術とか, 今奈良, 伏見まで, 伸子が, 何か, 何だかおちつかない, 公に, 其不治なる, 内景, 冲斎玄樸で, 医師会の, 口だけは, 口を, 司命の, 嘗て牛医, 国の, 多量の, 大きなカバン, 大きな鞄, 大廻りに, 妙な, 妻も, 完全に, 小咳, 小首を, 屍体の, 岡村先生という, 川北先生の, 巡査に, 左門も, 巧みに, 当惑げに, 従来の, 恐らく顔, 悟りすました, 意なりと, 手ずから一匕, 手に, 押山の, 振かえった, 支倉の, 敢て, 日本人の, 早速屍体, 替人, 東京より, 椅子に, 歩きながら, 歯を, 殺し名医, 洗面器の, 率直に, 由子の, 申すまでも, 登子の, 直ぐ盲腸炎, 直ぐ胆石病, 社会において, 笑った, 経験乏しく, 縊死とは, 職工の, 肉体の, 自分に, 課長が, 資本家の, 軽微な, 逡巡も, 間断なく, 非常に, 頻りに妊娠, 頻りに弾, 駆けつけて, 鶏の, 黙し家族, 黙って

▼ 医~ (106, 7.0%)

8 業と 4 業として 3 もって 2 して, つとめて, やめて, 勤めて, 呼んで, 訪ねて

1 [79件] いたせば, おねがい, お望み, お頼み, かえり見た, つれて, よくし, よんで, モデルに, 一夕レストランへ, 上げても, 与えて, 両親に, 仁術, 今大路侍従道三玄淵に, 以って, 任用した, 伴って, 伴れ, 信用し, 僕の, 入れる事, 公認する, 兼ぬる, 兼ねたの, 兼ねた一級, 兼ねて, 初代楊庵に, 勤めたと, 勤めた丈, 勤めた経験, 呼びつつ, 呼び停めた, 呼べっ, 呼んだか, 善くする, 多紀安琢に, 好む者, 学びて, 学び今, 学び紀伊国濱口梧陵翁, 学ぶもの, 学んで, 専門に, 尋ねたところ, 尋ね躯, 廃した, 延い, 延く, 引合いに, 得るでなく, 志したというは, 志したので, 志した馬琴, 愛するよう, 択ぶの法, 招候由, 捜しに, 教へ, 柏軒に, 榛軒に, 此玄道に, 演じたので, 眼前に, 罷めた後, 蘭軒に, 行いそがしき, 見舞に, 訪ねた, 訪ねると, 調べて, 趣味で, 躋寿館に, 迎え何, 送り返してから, 連れて, 開業しいる, 開業しました, 附添わせた

▼ 医~ (97, 6.4%)

3 いて 2 あって, 入って, 来て

1 [88件] あたふたと, あった, あつた, あるという, いったという, いないので, いる, お風邪, かつて私, きて, このごろ非常な, この方, これな, これに, これを, ございましたが, ございまして, するよう, そうな, そっと戻っ, その窓, もたせて, よいを, ゐれば, ドアを, ヒルトン, ベルリンと, メスで, リカルド・ガリバルジの, 下手人の, 二名予審判事と, 住んで, 何と, 何故ぼく, 使用する, 充分に, 出張し, 出来るであろう, 前歯を, 多く漢薬, 多久家と共に, 大声を, 大抵薬の, 小さな手箱, 小首を, 居ないかも, 屍体を, 常に検査, 廻って, 形式的に, 折れた足, 招かれて, 指に, 捜査本部へ, 斯んな, 日本に, 書き留めたものの, 来るまで, 柔和に, 死因を, 段々進歩, 独り繁昌する, 獣医の, 現れて, 現場へ, 用うれ, 病を, 細菌学や, 臨検に, 自分には, 薬を, 見え強, 覚え書きの, 解剖し, 言うと, 言うところ, 診ると, 診察を, 診断や, 貴まれ, 退場する, 酔っぱらって, 附添っ, 震災で, 面会を, 頭蓋骨を, 首を, 駆けつけて

▼ 医~ (80, 5.3%)

10 して 3 なって 2 なったと, なるという, 診て, 謀る所

1 [59件] あひぬ, ききますと, きくと, しようと, そう云っ, たずねた, つきて, つぐに, なった訳, ならなければ, なられたという, なりし故, なりたて, なり在郷軍人分会長, なると, なるとか, なるならば, 与えたが, 二月も, 代って, 任ぜ, 依頼し, 取っては, 向って, 命じ入れ歯, 国境なし, 妻し, 就かずして, 御相談, 心から感謝, 志しながら, 打たせたり, 承りて, 採用せられた, 推挙したい, 機械を, 死体の, 死体を, 残って, 気を, 治療を, 申して, 発した, 脈を, 補せられた, 見せざりし, 見せしに, 見て, 言って, 託せむことを, 診せて, 診せられたの, 診察し, 諮りあらゆる, 資料を, 質問した, 近い, 通ふ, 頼んで

▼ 医~ (71, 4.7%)

5 となつ 3 である 2 であつ, となり, を拝

1 [57件] が二人, が其主, が同様, が検査, が病間, たらしめむとすることが, たらしめむとするは, たらしめようと, たり, たること, たる身, である前野良沢, で名, で当時近習詰, で江戸定府, となつたの, とは阿部家, にし, になつ, に任せ, に倍, に列, に左右, に睨まれ, に禄, に聞け, に談, に返す, に関する事, の一人, の名, の奮闘ぶり, の子, の宿直日記, の宿直部屋, の禄, の耿愚, の証言, の風俗, は一門人, は上下, は昭和四年東京女子医専, は松尾立造, は頭, を乗せ, を勤め, を呼び, を率, を罷められた, を見, を見送った, を連れ, 原芸庵, 小野道瑛, 小野道秀, 無くして, 直郷

▼ 医~ (58, 3.8%)

5 の生徒 43 の学生, を卒業 2 に入学, の一人, の二人, を出た

1 [35件] か何, がひとり, が県立, が舌, でも出, など, にい, に来た, に清国留学生, に編入, に転校, の不名誉, の人たち, の先生, の入学試験, の制服制帽, の学生服, の新しい, の方, の歴史調査, の獅子舞, の生徒さん, の生徒二, の病院, の美少年, の群, の若い, の角帽, の近く, の連中, へ入, へ行き, をでた, を出る, を日本

▼ 医~ (47, 3.1%)

2 なって, 一緒に, 漢方医とが

1 [41件] あって, その前日, その患者, ちがうせい, なった, なってから, なつた, なつて, ならむとする志, なり上流人士, なること, なるさ, なるも, 二人で, 二人の, 云うこと, 五六の, 侍女と, 別れたが, 古木書記の, 同じよう, 向い合って, 安土の, 応急手当ての, 数人の, 曲芸奇術を, 本庁の, 江戸から, 犬の, 申す者, 町医との, 看護婦長と, 私と, 肩を, 腰に, 警官の, 違う所, 錯り認められた, 鑑識係が, 雖も, 非番だった

▼ 医学士~ (45, 3.0%)

2 がこの, のやう

1 [41件] がいつの間にか, がいつも, が一枝, が二三人昼間, が便宜, が婆, が治療, が演壇, が険相, だった, であったところ, ではない, といっ, とが眼, とを従え, と一所, と此, になっ, にまで同じ, の令夫人, の名, の夫人定子, の産婦人科病院, の親友, の親類, の説明, の際どい, はさつき, はその, は其の, は卒業, は智恵, は椅子, は特に, は眼, は続けた, もう一人, を迎い, を電話, 其の時, 其の様

▼ 医学校~ (33, 2.2%)

3 を卒業 2 へ入学

1 [28件] から転じ, くらいのところ, でしょう, でも実験用, といっ, との学生, と称し, なんかの年限さ, なんか吾輩, にだってある, には今年, に入り, に入れられた, に学べり, の冷たい, の預, はある, は卒業, へ入る, へ出, へ持っ, へ通, もなけれ, より受託, を出, を創立, を建てた, を通り

▼ 医~ (23, 1.5%)

3 あつた 2 血を

1 [18件] あらう, あらうと, その登門録, 丁度蘭法医, 医者が, 合田義和という, 和蘭の, 四枚肩の, 大阪の, 彼は, 拙は, 椅子に, 渋江という, 熱心な, 現にいま部屋, 英国に, 警察医だ, 郡医師会の

▼ 医として~ (23, 1.5%)

3 立つこと

1 [20件] いかにゴリラ, 一代の, 一番困る, 仕えたこと, 例え社会人類, 働いた, 大成する, 差支えが, 成功する, 有名な, 栗園と, 為すこと, 社会の, 立って, 第一人者に, 翁の, 視るべきもの, 遇せられて, 道三の, 間に合う腕前

▼ 医~ (19, 1.3%)

1 [19件] あったの, それだけ器用, むこうの, もうあかん, やって, 不在で, 亦与り聞か, 内科も, 匙を, 同席しました, 居た, 役に立つこと, 心臓麻痺という, 心配し, 混って, 皆江戸で, 福太郎の, 立ち会いの, 頷いて

▼ 医~ (14, 0.9%)

2 僧侶に

1 [12件] されさうな, されそう, されて, したと, したの, し一年ごと, すべから, 侍臣たちは, 大勢の, 弁護士なども, 武士も, 茶坊主どもは

▼ 医~ (11, 0.7%)

2 難き遺恨 1 がたい世界, がたい楽天主義, がたい永遠, てくれる, てくれ給え, て十時, 難い後悔, 難い悲しみ, 難い情慾

▼ 医~ (9, 0.6%)

21 がそんな, が何, そうだ, つてあります, との話, なんて仰々しい, なんて私

▼ 医である~ (9, 0.6%)

2 ことが 1 が実は, けれども名医, というよう, より推し, 同君は, 杉本医院に, 柳田医師に

▼ 医~ (9, 0.6%)

1 つながる, まわって, 入学した, 寄り清月, 寄贈した, 早く, 行き洗眼点薬, 行った, 行ったと

▼ 医から~ (8, 0.5%)

1 もらって, 怪我の, 普通医の, 父典養に, 薬を, 薬湯を, 詳しく説明, 農に

▼ 医~ (8, 0.5%)

1 であること, でしたが, とも同道, に先般, の正木不如丘氏, の話, を談らつて, を連れ

▼ 医でも~ (7, 0.5%)

1 ありますから, ある寺井玄渓, これ程の, なければ, 内々この, 白粉の, 相応に

▼ 医を以て~ (7, 0.5%)

1 主に, 仕えんこと, 朝に, 水戸に, 立つこと, 聞え興定中太医, 阿部家に

▼ 医心方~ (7, 0.5%)

1 あるのみ, の影写, の跋, は世秘府, や其中, を写さ, を影写

▼ 医~ (7, 0.5%)

1 に楸字, の始, の校, の筆工, を校刻, を閲する, 遺板

▼ 医吉平~ (6, 0.4%)

2 の子 1 というもの, とお, に二人, の薬寮

▼ 医~ (6, 0.4%)

1 である, という, となれ, なり病, の眼, の要

▼ 医さん~ (5, 0.3%)

1 があった, が為め, のご, の薬, もそう

▼ 医という~ (5, 0.3%)

1 ひとに, ものに, ものの, ものは, 立場と

▼ 医とが~ (5, 0.3%)

1 何か, 相半, 自動車で, 見る所, 駆けつけました

▼ 医にも~ (5, 0.3%)

1 お解り, 位が, 制作的情熱は, 劣らざる頑固, 容易に

▼ 医博士~ (5, 0.3%)

2 深根輔仁 1 に到る, はいま, は遮りぬ

▼ 医~ (5, 0.3%)

1 によりて即席療治, の科学的, をも超越, を伝うる, を修業

▼ 医した~ (4, 0.3%)

1 ぐらいで, と云, のであった, 兵は

▼ 医だった~ (4, 0.3%)

1 という, 堀平田加藤の, 筈だ, 英国人の

▼ 医などを~ (4, 0.3%)

1 して, 勤めて, 思った, 莫迦に

▼ 医らしい~ (4, 0.3%)

1 人たちが, 沈着さで, 物馴れた, 男が

▼ 医~ (4, 0.3%)

1 には漢方医, に蘭軒, に見えない, の先覚者

▼ 医出張所~ (4, 0.3%)

1 といい, という招牌, となり, と変り

▼ 医~ (4, 0.3%)

1 が童子一名, であると, に身体検査, の本意

▼ 医され~ (3, 0.2%)

1 がたいという, てゆく, 科学者としての

▼ 医たち~ (3, 0.2%)

1 がうち, がくる, も狼狽

▼ 医たる~ (3, 0.2%)

1 にそも, わが劉予州, 伯楽の

▼ 医では~ (3, 0.2%)

1 ありませんなんと, なかったです, 何かと届かぬ

▼ 医としては~ (3, 0.2%)

1 なかなかよう, 最後に, 比較的に

▼ 医~ (3, 0.2%)

2 のだ 1 のかね

▼ 医には~ (3, 0.2%)

1 なれんぞ, 全然なれない, 色々と

▼ 医やす~ (3, 0.2%)

1 ことが, だけのこと, のだ

▼ 医~ (3, 0.2%)

1 法, 源, 術

▼ 医~ (3, 0.2%)

1 からくれた, でなくては, の方

▼ 医えた~ (2, 0.1%)

1 ばかりの鵞鳥, 鳥だ

▼ 医からの~ (2, 0.1%)

1 あの電話, 紹介状を

▼ 医~ (2, 0.1%)

1 うと, へ我が

▼ 医されぬ~ (2, 0.1%)

1 性慾に, 自らの

▼ 医される~ (2, 0.1%)

1 ように, 筈の

▼ 医そう~ (2, 0.1%)

1 とした, として誤まった

▼ 医であった~ (2, 0.1%)

1 から父祖, 彼の

▼ 医であり~ (2, 0.1%)

1 彼自身も, 賢明に

▼ 医としての~ (2, 0.1%)

1 希望を, 責任も

▼ 医とともに~ (2, 0.1%)

1 現場に, 皆入りぬ

▼ 医との~ (2, 0.1%)

1 反目を, 間に

▼ 医とは~ (2, 0.1%)

1 毎日の, 私と

▼ 医とを~ (2, 0.1%)

1 うまく買収, 伴って

▼ 医にまで~ (2, 0.1%)

1 お引立て, すがって

▼ 医までも~ (2, 0.1%)

1 人選びした, 兼ねた

▼ 医~ (2, 0.1%)

1 以為意, 神

▼ 医~ (2, 0.1%)

1 の幹事, の面々

▼ 医~ (2, 0.1%)

1 の試み, をもっ

▼ 医~ (2, 0.1%)

2 堀博士の

▼ 医~ (2, 0.1%)

1 には此人, の資料

▼ 医官中~ (2, 0.1%)

1 に伊沢氏, に見えぬ

▼ 医専三年~ (2, 0.1%)

1 の上野君, の長井君

▼ 医専出~ (2, 0.1%)

1 の若い, の陸軍何等軍医

▼ 医小川笙船~ (2, 0.1%)

1 がかけつけ, という人

▼ 医山形氏~ (2, 0.1%)

1 の家, を訪

▼ 医~ (2, 0.1%)

1 に関する事, の範囲外

▼ 医治し~ (2, 0.1%)

2 たり

▼ 医玄庵先生~ (2, 0.1%)

1 から耳, のお

▼ 医王院~ (2, 0.1%)

1 の大, の広

▼ 医~ (2, 0.1%)

1 の条, は素蘭軒

▼ 医~ (2, 0.1%)

1 の医学教諭, の址

▼1* [248件]

あり何不自由も, 医えぬ憤満に, 医えましょうな, 医お前も名, 医博士か, 医こそ熟く知りたれ, 医この国に, 医これを用, 医さずにゐられ, 医させるほどの不, 医さないで訓誡, 医され得ないものだ, 医さん為め長野の遊廓, 医すべき者なら, 医それに駅, 医だけあって, 医だけにほかの, 医だけにはどうしても秘密, 医だけの氏名を, 医だけは奥へ, 医やありません, 医であってやがて, 医であるらしくてしっくり, 医であろうと言う, 医でいらっしゃるかもしれない, 医でなくとも院内, 医とか女医補とかいう, 医とに此瞬刻が, 医などがそっと抱え, 医なども近々殖え, 医ならざるも, 医なりといえども, 医にかよふ, 医になどなれんぞ, 医にばかりかかって, 医によつて分つた, 医によって発見された, 医によりて予の, 医に対する不謹慎な, 医までいきなりこの, 医よりも彼への, 医をと撰り, 医をも兼ねて, 医ウィインの毛皮商, 医ウィーゲル博士だと, 医ショアベーの名著, 医セ・オフィル・ラファエル博士がホテリング, 医バベ金属および類金属, 医パアシイ・ブラウンのところ, 医パーポン氏も思わず, 医ベルスの娘, 医ポウル・シェリダン博士が現場, 医リンパー先生と金看板, 医ルシアン・ワリツキイ侍女などを連れ, 医撰ンデ長府かなや, 医一方にはダンス練習所, 医三四人に診察, 医三沢玄間があつ, 医並びに解剖, 医中有志のもの, 医二世瑞仙と徒士町, 医二十名が立会, 医井上教授を二人, 医之病, 医以策というもの, 医伊東玄朴の門人, 医に罷出, 医佐藤春益の子, 医侍女の方, 医信州の天野, 医信平さんである, 医僧有隣という者, 医入沢達吉博士だろう, 医の準備, 医も速達, 医写真班その他の必要, 医写真班等がかけつけ, 医が行われた, 医を説明, 医化天文等にし, 医化学教室が火事, 医化学派などと称する, 医化学細菌薬物そのほか, 医千斎ばかりは彼, 医半井仲庵をし, 医博士たちの診断, 医博士一人と別に, 医博士達の診断, 医博正木不如丘である, 医博組合の場合, 医に隠れたる, 医卜トハ素封無キ者, 医卜ニ隠ル, 医可心掛之命有, 医史学会からの補助, 医吉木蘭斎というの, 医吉田弥三郎氏の鑑定, 医同朋の者, 医で呼ばれ, 医名宮中に聞ゆ, 医は日ごと, 医に服する, 医善友氏の客, 医嘱託もかねたらしい, 医塩田秀三の養子, 医士法学士または会計官, 医外一名又大学側, 医大学生が無礼, 医奥医師かそんな, 医女薬剤師婦人記者婦人速記者女会計婦人外交員女製図師図書館その他の整理係, 医妙院道意日深信士, 医学会第十二回総会, 医学士お前は忘れなさった, 医学士夫人子爵山河内定子はいつ, 医学校卒業生で目下, 医学校工学寮等に通勤, 医学校時代あの人, 医学校為編書或入, 医学校編修朝野新聞記者工学寮課長を順次, 医学生の彼, 医宗沢とも相談, 医官らは非常処置, 医官三沢玄間である, 医官二名出張し来りて, 医官二百石小野道秀の末期養子, 医官井上観斎の子, 医官井上通翁の子, 医官北岡太淳手塚元瑞, 医官塩田氏の若, 医官大槻磐水が六十歳, 医官大谷博士の言葉, 医官安富寄碩同藩, 医官宮崎某に嫁, 医官山崎宗運に師事, 医官岡某の宴, 医官岡西栄玄の女, 医官成田玄琳に率, 医官数人中行伴の最多, 医官方が毎日乳, 医官東安同補, 医官松尾立造とが福山, 医官桂川氏を介し, 医官桑原荘吉さんである, 医官次席之事, 医官渋江氏旧蔵, 医官満員で返事, 医官田中某に嫁, 医官田中淳昌の子, 医官矢島氏の当主, 医官立田玄杏で杏庵, 医官竹田某の蔵する, 医官等も最早, 医官補を拝, 医官馬屋原氏は世玄益, 医家の子にあらず, 医専一年生たちがこの, 医専慶応早稲田ァ二高, 医専教授が人夫, 医専校長の骨, 医専部長は水, 医専附属の病院, 医小山内元洋, 医小野道秀の許, 医尾形といふの, 医尾形ドクトルが現, 医山本宗英の薬籠持ち, 医岡伯庵の女, 医工文理農あらゆる学問, 医も効, 医巫手をこまぬき尽し, 医平賀杏里殿がこういう, 医式鑑定法の世界的権威, 医往々出華佗, 医提出標記請求書中左記患者に対し, 医心方三十巻を撰び, 医心方校刊の事, 医心方等に就い, 医心臓病患者を探しだした, 医戸塚静海を藩医員, 医とある, 医文法理工の学士, 医料器械店のよう, 医時代からのもの, 医書生は之, 医書記等数名の一行, 医邑, 医というの, 医柳田泰治の門人沢井才一郎, 医柴田常庵が衣, 医柴田氏の事蹟, 医五位上国撰, 医殺しを種, 医水戸姫君の典医, 医河合老医師, 医法癈れて, 医の無学, 医流大に開け, 医玄易の子, 医王戸室の山, 医理学派医化学派などと称する, 医を花活, 医が世間, 医生礼にき, 医生等もあった, 医町医の往い, 医疾医というもの, 医年来活得幾多人, 医病理解剖などの教室, 医療術の採用, 医神アスクレピオスの諸, 医神エスクラピウスの使, 医秋成を流行らせ, 医種子中に収めた, 医等々両者に共通, 医等十数名現場に出張, 医範一部を写した, 医範九章の末, 医組合のため, 医に申す, 医正脈中, 医総監に任, 医には叱られる, 医の廟, 医聖ガリアンがブロア, 医育機関が完備, 医自身はもちろん少し, 医船外科医船そのほか日常, 医はなに, 医裁判の参考書, 医生口拡, 医を繕写, 医かとも思う, 医を集録, 医談一巻は, 医談楸字の説, 医賀川玄吾であつ, 医農工等の学科, 医農法文経の七部門, 医近侍勝手方雇女を見張る, 医といふ騎兵大尉, 医の大家, 医院主及びそれ, 医雑誌に私, 医に反抗, 医の及ばぬ, 医高島氏を訪, 医高橋金六を呼ん, 医鴨池道碩に嫁