青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「北~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

包~ 包まれ~ ~包み 包み~ ~包ん 包ん~ 化~ 化け~ 化粧~ ~北
北~
北条~ 北海道~ 匹~ 区~ ~区別 区別~ 医~ 医学~ 医師~ ~医者

「北~」 6975, 75ppm, 1493位

▼ 北~ (1344, 19.3%)

32 国の 16 空に, 空を 13 ほうへ 12 庄の 11 国に 10 国へ 9 海の 7 新地の, 端に, 端の 6 ほうの, 新地に, 海に, 空の, 端で

5 [17件] はずれに, はづれ, 十字の, 大熊星の, 寒い国, 屋の, 山陰に, 岸は, 庄へ, 新地で, 新地へ, 本みやけ, 果の, 海, 窓を, 端れ, 藤井个原に

4 [16件] はての, やかたの, ドアから, 十字架の, 国には, 国は, 屋に, 方角に, 果まで, 浜辺へ, 海岸に, 空から, 隅に, 隅の, 隅へ, 青い海

3 [24件] はじまで, ほうに, 国から, 國の, 地方の, 天に, 山の, 山へ, 山を, 岩倉村に, 御門と, 政所は, 方角から, 日本の, 星を, 浜辺で, 海で, 海にも, 海辺の, 空は, 端から, 谷に, 風が, 風を

2 [79件] かた, はしに, はじに, はじを, はずれの, はて, ほうを, ものなら, アテネ, 中庭の, 人の, 停車場で, 停車場に, 半分を, 口から, 台に, 国々は, 国で, 国では, 国まで, 国らしい, 國では, 地, 境から, 壁に, 壁の, 大通りに, 家の, 対に, 山から, 山に, 山脈, 山間に, 岡の, 岬を, 岸に, 幸谷なる, 御方も, 御階, 御霊林に, 戸を, 故郷に, 方向に, 木枯に, 村に, 村より, 村端から, 死んだこと, 毛を, 浜辺の, 海は, 海を, 涯へ, 町の, 秋, 空には, 空気によって, 空気を, 窓からは, 端を, 菊屋で, 許へ, 谷も, 輝です, 道は, 道を, 道中が, 遠い地平線, 重の, 野の, 間の, 隅まで, 雪国を, 青い青い海, 鞍部に, 風に, 風吹き, 髮を, 麓に

1 [795件 抜粋] あいが, あれ野原に, いずこ, うす陽, おっつあん, おろしよ, お寺へ, かたかな, かたヱネチアに, かた松浦あ, かた河を, かは久, ことが, ことについては, ことばかり, さびしい海, すみが, それよりも, たるみへ, つらに, ところに, とっさき, なだら, はうへ, はしの, はずれから, はずれには, はずれへ, はてが, はてであった, はてに, はてへ, はて千島列島先端の, ひとは, ほうから, ほうで, ほうです, みやこ, もうらう, ものは, やかたは, やられた時, アテネの, オタトモといふ, ギリメキまで, グリル京松へ, ゲエルどもも, ステイションへ, タスカロラ海床の, ドアが, ドアへ, ハテの, パイを, ビンロー樹が, ミツヒサ夜食, ロー州を, 一區域を, 一子三女を, 一寺院に, 一年の, 一方は, 一曲輪に, 一角だけを, 一角に, 一部は, 三つ輪の, 三山北岳間の, 三方は, 三方より, 三間所すな, 上に, 上杉へ, 上杉町に, 不開門, 与力同心は, 世の中の, 中山出雲守とは, 中山出雲守どの, 中山殿なども, 中腹の, 丸様と, 事と, 事を, 二方の, 二見迄, 二階建の, 人らしい, 人氣も, 人間か, 仙丈岳と, 伊吹山には, 佐渡の, 佐藤で, 信濃に, 信濃は, 停車場から, 停車場まで, 健児を, 儒生は, 先祖の, 光を, 入口から, 入口に, 入江の, 入海の, 八瀬の, 八畳を, 六ヶ村の, 内地へ, 内潟, 加美足国へ, 北の, 區別が, 千八百二十米の, 半面を, 原という, 友人の, 口でさえ, 可どのへ, 台と, 台にて, 台の, 台地の, 向側だけ, 和風は, 四湖を, 四畳へ, 国, 国々などにも, 国が, 国にばかり, 国も, 国ロックリンの, 国五百重に, 国境に, 圃の, 國から, 國に, 國へまで, 地で, 地よ, 地平線に, 地方とは, 地方を以て, 坊西の, 坪庭も, 城楼に, 城門から, 城門の, 堂ビル前のか, 堤の, 境を, 壁ぎわにまで, 夏の, 外れから, 外れに, 多幸平, 大原へ, 大将は, 大陸から, 大音村の, 天へ, 奉行中山出雲守の, 奉行所は, 奥なる, 奥に, 妹の, 子は, 子午線へ, 季節風が, 家が, 家には, 家は, 家へは, 家出それだけ, 家出両家ともに, 家陰の, 宿に, 寒い寒い海, 寒い日蔭, 寒い海, 寝巻は, 寢姿でも, 対と, 対は, 対をば, 小さい入江, 小さな墓地, 小座敷には, 小牛田行きの, 小窓, 尾根から, 尾根に, 屋で, 屋へ, 屋東の, 山々から, 山々は, 山が, 山ぎはの, 山と, 山の根に, 山の端から, 山ノ内仮, 山中に, 山国に, 山地にて, 山壁を, 山奥に, 山奥岩倉村に, 山延続, 山県郡の, 山腹から, 山間とだけは, 山間南北設楽郡を, 岩倉卿それらは, 岩倉村という, 岬端ノールカップに, 岸です, 岸には, 岸へ, 岸を, 峡雲ひたひた, 島, 島々では, 島人の, 島国から, 島根に, 川には, 川長へ, 市街ハンメルフェストに, 帰りが, 平等に, 平等には, 平野に, 広い部分, 庄, 庄と, 庄に, 庄へも, 庄指し, 庄時代に, 店を, 座敷の, 庵室に, 廓へ, 廓京町とやらの, 彼方に, 往来に, 御嶽乗鞍等が, 御方が, 御殿から, 御門の, 御門を, 心が, 心持は, 戸から, 所にも, 探題か, 政所と, 政所とか, 政所の, 政所も, 政所より, 敵性連環の, 斜面と, 新地は, 新地花月この, 新地辺に, 方向を, 方様を, 方角だ, 方角へ, 方面よりも, 旅は, 日光を, 明りに, 明るい方, 昏き, 星に, 星座を, 晴北陵の, 暗いしめやか, 暗さ, 曹操が, 曹操とが, 最高峰越前岳から, 月番で, 木無山の, 村で, 村へ, 松前も, 果からでも, 果てに, 果ての, 果に, 枝に, 柵門からも, 森の, 槍ヶ岳の, 欄干に, 死骸が, 死骸は, 殿を, 母屋奥の, 比等には, 毛に, 毛勝山に, 毛馬内では, 民族にも, 氣あり, 水平線に, 水沢地籍には, 水門には, 水門は, 氷上に, 氷海を, 沖に, 沖を, 沙漠に, 河原から, 治安と, 津軽地方の, 浜木綿や, 浦べに, 海が, 海こそ, 海なる, 海フィンランド辺の, 海上へ, 海岸から, 海岸の, 海岸部には, 海府では, 海辺にも, 涯だ, 涯の, 涯天路に, 淡路町を, 港たるは, 港を, 湊の, 澄んだ明るい, 濠が, 灯台は, 父の, 片岨, 片隅の, 牡鹿半島の, 瓦斯ビル裏梅月といふ, 生け垣が, 産物を, 田舎で, 田舎羽前の, 町から, 町に, 町はずれラ・ヴィエットの, 町奉行は, 町角に, 番所と, 病を, 白夜, 相鮑信字は, 県境を, 眼は, 着物に, 知つて居る, 砂浜つづき, 砦には, 碇泊所の, 磯を, 秩父側は, 空だけが, 空へ, 空をのみ, 空千代田の, 窓から, 窓へ, 窓近くに, 端であります, 端です, 端と, 端な, 端へ, 端れな, 端城ヶ島を, 竹藪の, 筑波おろし, 精兵七千騎を, 精進ホテル以外において, 紫波郡の, 終点が, 終点駅の, 縁を, 縁側へ, 義で, 耳にも, 肩が, 胡族を, 胸は, 色男だ, 花房旅館の, 花房旅館へ, 芸者が, 芸者で, 若松といふ, 草深いところ, 荒れた漁村, 荒熊達は, 莊へと, 蓬来で, 蓬来といふ, 蔵の, 蘇聯邦の, 衆と, 袂を, 裾の, 襖子の, 親類筋を, 角まで, 言葉には, 説明です, 谷から, 谷の, 谷ぶところへ, 谷間を, 谿谷を, 貴船の, 越後守北条仲時両, 軽米だ, 輝だらう, 輝ぢゃない, 農家は, 辺に, 辻で, 辻橋菊川橋撞木橋川を, 退路は, 連中が, 連山は, 遠くへ, 那須群馬県へ, 郊外は, 部分には, 部屋の, 都に, 都会なり, 里に, 野は, 野原に, 野営地を, 金さん宅は, 金泉軍威等は, 長城辺の, 門の, 開門こう, 間は, 関の, 関見, 關南の, 限りで, 限界を, 院へ, 陵へ, 陸地を, 隅が, 隅で, 隆起に, 障子の, 障子も, 隣より, 隣人に, 雄峰駒ヶ岳である, 雨戸は, 雪国は, 雲, 青いお, 面に, 面には, 頭は, 顎十郎に, 顏は, 風, 風さんが, 風卓越せる, 風晴, 風西の, 館に, 館の, 高原から, 高窓, 髮切りの, 鬼与力佐藤剛蔵は, 鬼影山の, 鮑信が, 鹿児島県に, 麓へ, 麓狩野川の, 黒坂森すな, 黒岳の, 龍華越え

▼ 北~ (730, 10.5%)

45 向って 12 向いて 10 向かって 6 南に, 向つて, 当って, 進んで 5 離れて 4 あるの, むかって, 在り, 寄って, 聳えて, 行くと, 行って 3 あたりて, ある, して, 向けて, 向っては, 走って, 走つた, 遠ざかりて, 面して

2 [38件] たゆたひ, むけて, ゆくと, 一宇の, 一路刻一刻東京を, 下ると, 位し, 偏し, 入るもの, 八百膳あり, 取れば, 向ひ, 向ふ, 向へる, 変って, 天そそる, 山を, 折れて, 旅する, 曹操が, 流れて, 流れるの, 犀川千曲川, 発源する, 移るん, 窓が, 行けば, 西に, 進みますと, 進む, 進むと, 進むに, 進めば, 限つて川向の, 陣を, 面した窓, 面へる, 黒い松

1 [503件 抜粋] あたった所, あたる, あたるところ, あった, あった格子, あって, あっても, あつて, あり, ありここ, ありまして, あり中世, あり今, あるあの, あるかと, あるが, あること, あるこの, あるによりて, あるらしい都会, あるを, あるクヒンガングリ山脈, あるバッフィン島, ある一軒家, ある二千五十一米, ある今市, ある十丈, ある千七百四十四米, ある墓地, ある大平山対兎岳, ある家, ある小沢, ある小高い, ある山, ある峰一〇五九・五メートル, ある市, ある愛宕山, ある村, ある東陵, ある桃林, ある桜, ある武田家城址, ある水門, ある沢, ある湖水, ある町, ある盤蛇谷, ある碧海島, ある能義郡比田村, ある茅処, ある那羅山, ある都, いた, いた落合君, うごかして, うねる路, おさえられてばかり, お瀧, かたよって, かわる境め, した東南向き, し黄道, すぐ栂, それた畑, それて, そんな秘密根拠地, たったひとり, たなびく天雲, つづいた寂しい, つづいて, つらなる藤原, とりチャンタン, なったかなり, なった法華堂, なりますと, ひかえ小高い, ふるさとの, ふれた方角, ほり入ること四, まがった, まがって, また更に古い, むきかえた, むきみなみ, ゆかされます, ゆくこと七八町, ゆくに, よく似た, よって, わが根拠地碧海島, パミール高原西南には, フップシヌプリという, ポー河を, メソポタミヤの, 一すじの, 一人向うへ, 一団紺, 一間の, 丁抹が, 三丁ほど, 三国峠の, 三里入折戸という, 上りけり, 上りそれ, 上りますと, 上ること, 上れば, 下った所, 下った泥田, 下った稍, 下って, 下らば, 下らむと, 下れば, 丘艮の, 並んだ黒姫山, 二十分も, 五六町も, 五竜岳唐松岳が, 仙丈岳が, 仙波阿古十郎, 伝い一峰, 伝って, 似て, 位します, 位置する, 住みし民, 住み替へて, 住んで, 住吉の, 保津川の, 偏した, 傾いて, 傾くが, 傾けて, 僻在し, 入つたの, 入つて, 入り斉斉哈爾, 入る, 入る町, 八ヶ岳火山あり, 凝って, 出た尾根, 出て, 出で, 分け登っても, 分れて, 列る, 別れました, 別荘が, 到着する, 勝つた譯, 北にと, 北の, 十文字峠を, 千住淺草と, 去りて, 去ること四百マイル, 取って, 取っては, 取つた, 取り過ぎて, 取れや, 名護運天から, 向いたぞ, 向いたわたし, 向いた一直線, 向いた二つ, 向いた門, 向いても, 向い広大, 向い急, 向い汽車, 向い道端, 向い黒部別山, 向うた忙, 向うて, 向うと, 向うもの, 向う寒雲, 向かい涼しく, 向かう船, 向かった一隊, 向く, 向けた, 向けた臥蚕, 向け尾, 向った, 向った時分, 向つた旅程を, 向つて発足, 向つて砂嘴, 向つて足早, 向は, 向ふと果して, 向へ, 向へば, 向わずして, 向を, 吹き変わって, 告げて, 圧迫され, 在りて, 在ります, 在り民殷, 在る, 在るある市, 在るもの, 在る兎岳, 在る千九百二十米, 在る吊岩, 在る大師崎, 在る小野子山, 在る田野入山, 在る精煉所, 在る者, 在る草原, 地名として, 城寨を, 塞西に, 声あり, 変ずるか, 変った, 変ったので, 変ったよう, 変った強風, 変わった, 変わって, 外れた処, 外れて, 多く南, 夜は, 大倉山西に, 大道路, 失える, 奔逃し, 寄ったそこ, 寄った所, 寄った方面, 寄った東, 寄った都門, 寄つた国である, 寄つてゐる, 寄り過ぎて, 寄れる砂丘, 射出し, 小さな測量, 少地, 尚お, 居るの, 山ある, 山城を, 岩壁の, 峨, 峨々たる, 島原とて, 崑崙東に, 帝釈女貌この, 帰った, 帰り次いでまた, 帰り瑞西, 平泉館という, 廊下が, 延びたカナダロッキイ, 延びたカナダロッキー, 延びた地点, 延びた長い, 延びて, 延長した, 廻って, 廻りて, 廻り一, 廻り途中西毛無山, 廻るに従って, 弓なりに, 引き渡された, 引き離された事実, 弥勒菩薩の, 強行突破を, 当たったから, 当たって, 当たるので, 当たる松林, 当りますそう, 当りシベリア, 当り互いに, 当り別山, 当る, 当るぞ, 当るベルリン, 当るモンマルトル, 当る日金山, 当る東京, 当る梨畑, 当れり云々, 彼は, 征す, 御疎開, 急ぎ行く, 怪しい男, 愛宕の, 憧が, 打向ひし, 折れ山路, 折れ林, 折れ稍, 抜かれるよう, 拠った曹操, 指さして, 振つた, 接する四阿, 控へ, 攻むれ, 断面図を, 於ける部分的日支親善, 旅し, 日本海を, 昇って, 晝顏う, 曲がったが, 曲り低い, 會つた, 望まれる山, 朝倉義景斎藤義龍西に, 未練の, 来て, 来に, 東に, 枕し, 栗山と, 権現崎が, 横ぎって行く, 横ぎり山峽の, 横ぎる, 横ぎろうというのでした, 横切らうと, 次郎丸と, 歩んで, 殺されるぞ, 池尻という, 法正寺と, 流れるセンゲー・カンバブ, 流れ三十丈, 流れ十三潟, 流れ大河内, 渡すつもり, 渡らば, 湖水を, 溯り, 烏林の, 燧岳を, 片よって, 生れし雄, 生命まで, 甦つた, 甲斐の, 男は, 画した窓, 異族, 當り, 當れる, 発する小沢, 登り詰めると, 登ること一里, 登ること一里半, 登る事, 登る四丁, 登れば, 發つた, 盆石の, 直し銀子, 看板の, 眺むれ, 眺め景雲橋, 眺尽され, 眼を, 移し匈奴, 移り遂に, 積雪の, 窓を, 立ちたる者, 立てまわされて, 続く主脈中, 続く余り高低, 続く山, 続く山稜, 続く旧, 続く本社ヶ丸, 続く細径, 続く連脈, 綾瀬の, 練兵場が, 美しい三連峯, 羽前を, 聳ゆるも, 肱かけ, 至り東, 至り要橋崎川橋下, 至るまでは, 舊道が, 蔓つて, 薄いの, 蝶ガ岳の, 行かぬランスロット, 行きて, 行き北四條, 行くこと一二町, 行くこと一里半, 行くこと二十分, 行くほど, 行く時, 行く程, 行く船, 行ったところ, 行つた處に, 行つて見たら, 見え妙心寺, 見て, 見ゆれども, 見天王山, 見渡される戸山, 見渡される戸山ヶ原, 言つてやる, 討たれて, 變つて一旦, 貝越とて, 負うて, 赤城西に, 走つて, 走りこの, 走り一つ, 走り西, 走ること三十里, 走る上信国境, 走る国境山脈, 走る黒潮, 赴いた, 越えて, 越えてから, 越中立山背後に, 足穗加波の, 距る, 蹙まっ, 転じて, 輕氣球は, 辿った, 辿り初める, 近き方位, 近くわれを, 近づくを, 返した電光, 退きもしくは, 送られた兵, 通って, 逢つて見ました, 連なる五竜, 連なる奄美, 連なる峨々, 連なる後立山山脈, 連りた, 進みゐたれば, 進み一つ, 進み冬, 進むにつれて, 進行しました, 遁れ, 遊べること, 過ぎたり, 遜る, 還そうという, 還ると, 還るべし京師空虚, 長い尾根, 開いた国道, 開いた國道, 間近く茅処, 阿弥嶽筑前の, 降って, 陸が, 隔って, 隣る丹後小洞, 雄飛し, 離れた奄美大島, 離れた小高い, 離れてを, 靡いて, 面した庭, 面した方, 飛び広瀬河畔, 飛ぶ鶴, 馳ける, 駐まり, 駢んで, 高い丘, 高い山, 高みを, 高田は, 髻山の, 鳴琴

▼ 北~ (630, 9.0%)

76 北へと 18 向って 15 北へ 12 流れて 10 進んで 9 行くと 7 行けば 6 かけては 5 さして, 向かって, 歩いて, 渡って, 走って 4 とんで, 向いて, 折れて, 行くほど 3 北から, 向つて, 寄って, 廻って, 急いだ, 登って, 行って, 走る, 通って, 進みました

2 [34件] かけて, かけての, ながれる, のぼろう, まつすぐ, むかって, ゆく汽車, ゆく道, 一町許り行く, 一直線に, 五里北上川に, 亘って, 南へ, 向かった, 向くの, 向けて, 寄ったところ, 帰って, 帰りたいね, 延びて, 廻つて大阪越え, 折れると, 旅を, 東へと, 縦走し, 行きました, 行く, 西へと, 走った, 越えて, 越して, 通ふ, 連れて, 進撃し

1 [338件] あがった, あらわれてから, あるいて, あるいは西, あるとき, いざって, いって, おもむくも, およそ十町, かけぬける, かすめる, ぐんぐん走つた, ぐんぐん飛ん, こけつまろびつして, さして出陣, さようならごきげんよう, すすみ輦輿, すすむと, すすんで, たどると, だ, だらだらと, ちよつと, ですって, とった, とりゴンサカ, とり蘆田屋敷, なだれ西へ, ぬけると, ぬける唯一, のぼった, のぼって, のぼりこの, のぼるにも, はいったところ, はいった或小さな, はいって, ひた向き, ふり変った, まげろ, また北, また十町, まっしぐらに, まっすぐに, まつし, むかった, めぐりては, もう二十度, やがてまた, ゆかねえもの, ゆく, ゆくこと数千里, ゆくほど, ドンドン行く, 一キロばかり, 一向きに, 一時間ほど, 一町杉の, 一里ばかり, 一里ほど, 一里余の, 一里半の, 一里名島から, 一里土称林崎という, 七八町行く, 三ツ寺筋の, 三丁ほど, 三丁前述の, 三四丁ほど, 三度といふ, 三町許下る, 三里武儀郡志津野という, 上がって, 上がる, 上ると, 下った, 下った白馬沢, 下って, 下りた左側, 下れば, 下野の, 丸万の, 争って, 二丁ほど, 二三軒目の, 二十日高地の, 二十間歩け, 二百六十浬の, 二里西へ, 亙って, 亙つて, 人霊, 伸すの, 佐竹の, 侵略の, 信濃鉄道の, 修正された, 修正した, 偏寄っ, 僅かに, 僅に, 光徳坊延壽坊と, 入った路地, 入って, 入つて, 冬に, 出て, 出口を, 切れれば, 利根川を, 十度かたむい, 十度という, 千束池へ, 南月山茶臼岳朝日岳及び, 去る少く, 収容した, 取つて, 取り一五キロ, 同じ位, 向いたその, 向いたり, 向うところ, 向かうこと一時間六分, 向かうの, 向かせるよう, 向かったので, 向かった一隊, 向かつて, 向き, 向き変った, 向き直ると, 向くという, 向けての, 向けば, 向け桝形, 向った, 向った尾根, 向った幅広, 向った所, 向っての, 向つたのが, 向つた坂路の, 向つて急ぎ, 吹いて, 周る, 四五丁そこの, 四十度, 四十度曲げ, 四日マナサロワール湖は, 四枚目の, 回る関係上, 国安川という, 変えた, 大廻りに, 大膽, 大軍を, 奥山古内茂庭と, 寄った原中, 寄つて居る, 寄るので, 小さな低い平たい, 山へ, 峠を, 帰った, 帰ったが, 帰った雁, 帰る抹香鯨, 帰る雁金, 帰る鯨群, 帰れば, 延びた富士, 廻ったよう, 廻った時, 廻つたやう, 廻り, 廻り山の端について, 廻るに, 引き返して, 往くも, 懸る時, 戻る, 戻れば, 打ちおもむろに, 折れずに, 折れる処, 折れろ, 折れ小さな, 抜ける, 抱きすくめたまま, 振って, 支那の, 曲がり安房守, 曲がろうと, 曲げたので, 曲った, 曲って, 曲つてまた, 曲つて行く, 曲つて長屋の, 曲りて, 曲り源森橋, 曲り込んだ小高い, 曲るん, 曲る角, 本郷の, 来たので, 来た所, 来て, 東へ, 松倉勢は, 架け渡す長, 歩いた, 歩き出したの, 歩みを, 歩む, 流るるナイル河, 流れる黄浦河, 流れる黒部川, 流れエジプト, 流れ民顕, 海に, 海岸線に, 渡った, 渡ったの, 渡つて陰謀の, 渡り堤, 渡り尾根, 渡る雁, 渡越した, 溯りここ, 溯ると, 溯行する, 漕ぐ, 現れた豹吉, 白峰山脈富士山鳳凰山アサヨ峰駒ヶ岳八ヶ岳北から, 直進する, 真っ直ぐ笠屋町の, 真っ直ぐ軒が, 真っ直ぐ電車道へ, 真直に, 眺める一番, 眼の, 移って, 移りましたから, 移りましてから, 移りゆきそこ, 移動し, 移行する, 突切っ, 立った五千, 立って, 立ってから, 立本寺の, 箕輪の, 続いて, 練りゆく, 續い, 翔る鴨南, 自分の, 芬陀梨峯へ, 落ちたら北, 落ちて, 行かないじゃ, 行かないならば, 行かなくちゃ, 行かねば, 行き横町, 行くかと, 行くこと, 行くため, 行くなり, 行くには, 行くの, 行くん, 行く列車, 行く夕, 行く汽車, 行く程, 行く雲, 行こう, 行こうが, 行こう北, 行った, 行ったもの, 行った福島, 行っても, 衝突の, 貫いて, 貫くの, 走ったやはり, 走つて, 走りだした快速貨物船, 走る午前七時, 走る茫, 越えると, 越える所, 足を, 踏み込み足柄山, 車馬と, 転じて, 辿った, 迂回し, 近い感じ, 近くなる, 送らるる王昭君, 逃げた, 逃げて, 逃げれば, 逃げ出さなくちゃ, 逃げ退いた, 逃げ遡りやがて, 途中で, 途中行乞しつ, 通して, 連なる雁戸山, 進まない歩み, 進みそこ, 進むと, 進むとは, 進むに, 進もう, 進路を, 逸れた, 避けて, 還って, 里道に, 鋭く曲る, 降りるの, 降りる小道, 離れた丘, 離れて, 面した方, 飛ばして, 飛び過ぎたもの, 飛ぶ, 飛んだ飛行潜水艦, 香久山の, 駛って

▼ 北~ (351, 5.0%)

4 北海道から, 奈良山泉川の 3 津軽の

2 [14件] 何も, 北なりに, 北海道に, 北海道の, 奄美の, 奥州から, 奥羽の, 岡崎の, 曹操を, 枕橋の, 水道橋に, 番町方面それから, 船岡山から, 越中越後遠くは

1 [312件] うかうかと, うなづきました, おのれの, かげの, こつちです, さう, さすがに, しばらくし, すぐ前, その時, その花川戸, その路地, それから, づつしり重い, づれでした, とうとう寝床, どうしてゐる, どうだろう, なんにも云わない, はっと思った, ひどく驚いた, ふつつり姿を, ほつと, ぼんやりし, ぼんやりと, ぼんやり蛋白彩, また奥羽, まだ危, ま蒼, もう一度雨戸, もう前後, もう正気, やや高く, ゆうべと, ゆうべの, ようよう息, わが家へ, アラスカの, エバル山に, オックスフォウド街東は, カヤンガル島から, カラフトから, キナレ亭の, シベリヤ南は, スカンディナビアから, ススケ峰から, テツサリイを, ナザレ一帯上ガリラヤの, ハツと, ベーリング海峽を, ポー河南は, 一文不通で, 一種の, 一緒に, 七島から, 七条通りの, 三木川の, 三条の, 三繋平を, 丘が, 丘の, 丘越す, 中仙道西は, 丸山大宮辺から, 丹波の, 久太郎町から, 事件の, 二三日前出獄した, 云ひたかつた, 京橋通の, 今出川の, 仙, 会津から, 伴奏が, 佐用揖保の, 佐藤の, 何れと, 何を, 何時でも, 信州の, 信州界に, 信濃上野国にも, 信越を, 僕の, 元山清津豆満江から, 兜橋より, 六条松原から, 冬にでも, 出羽, 劒沢と, 匈奴の, 匈奴を, 北京に, 北地に, 北極から, 北極まで, 北海道という, 北海道南は, 北狄と, 北緯五十度三十分の千島の, 千住から, 千島から, 千島北海道, 千本南の, 危険な, 即ち東沢, 又うとうと, 又訊いた, 吹上村の, 四国の, 四里先の, 図満江の, 塞を, 夕飯を, 夜具を, 大佐渡南, 大崎領まで, 大洋では, 大海西は, 大窓, 大通り, 天塩北見界の, 天津から, 天津まで, 奈良山, 奥州の, 奥州南部の, 奧州の, 妹を, 安定郡に, 官宅街と, 実際すこし熱, 寒く一条路, 小坂吉原二日市津幡へと, 小川町へ, 小石川臺と, 山に, 山を, 山岳西は, 岩手から, 峩, 峰の, 川口東は, 川口町南は, 巴里を, 平泉いまの, 張りに, 彼一人の, 径に, 御山谷の, 忙が, 恵那西は, 悪沢岳, 悲しい気持, 敦賀地方あたりまでが, 敵の, 斗満の, 断崖絶壁つづきで, 新疆, 新聞を, 日本海岸の, 日高見国までの, 明らかに, 暫らく眼を, 有江堂崎布津深江中, 朝鮮の, 朝鮮近海まで, 木立の, 本多美濃守樣阿部伊豫守樣, 東京近郊の, 東北北陸にまで, 東北地方に, 松前庄熊石に, 格子であります, 桑畑と, 検査室東が, 権現崎より, 樺太まで, 樺太北海道から, 此の, 武蔵野である, 死ななくともよ, 殆ど毎日, 氣性者でも, 氷川の, 江戸へ, 沙漠の, 河童の, 河肥, 沿海州から, 法隆寺の, 泣いて, 洛外に, 津軽から, 津輕の, 涙を, 涙含ん, 淀川西は, 渤海南は, 渦巻く雲, 源氏山から, 滝子山南は, 漠北に, 濃い紫色, 濃飛高原, 焼岳の, 父に, 父の, 田原本より, 田畑東は, 甲斐の, 畑で, 痩せて, 白兀赤兀の, 白岳に, 盃を, 相馬南は, 真夜中, 眼を, 瞬時に, 矢張り答へ, 知って, 砂漠である, 碓氷を, 神田, 神田川を, 福島, 秋田県の, 立上つて人に, 立山の, 笑つた, 筑波根へ, 答えた, 結局黙っ, 美しい瀬戸内海, 背の, 胡沙吹く, 若狭路にまで, 茅ヶ岳金ヶ岳八ヶ岳と, 荒川から, 葛城生駒らの, 蒙古, 蒙疆, 藤堂屋敷と, 藻隠れに, 蝦夷から, 街亭に, 衞戍病院分室の, 表へ, 西蔵高原から, 見渡す限り目, 覚えず微笑, 言つて口を, 言つて立上る, 言ひます, 誌されてない, 請地村に, 論無く, 變な, 赤瀬の, 越中の, 越後に, 越後信濃にまで, 越後南は, 越後東は, 越後辺まで, 趙魏燕晋, 路, 身延山南は, 身延山高く, 透, 遠く南, 遠く筍山, 遠眼鏡山の, 遮断された, 邪推した, 酒匂川を, 野辺地に, 金城坊と, 金峰山名に, 鉢ヶ岳に, 銀河の, 鍋倉円満寺, 鎌尾根から, 長安を, 開いた田, 開田村一帯に, 陸奥に, 陸奥の, 隣家の, 雪に, 雪之, 雪倉岳と, 雪線が, 露領沿海州から, 青森県から, 靖恭坊と, 静かに, 顏色變へて, 顔を, 首を, 香椎手前の, 駒ヶ岳から, 駒ヶ岳北西は, 駒込から, 高く南, 髮を, 鬱々として, 鬼怒川の, 黒竜江の, 黙つて, 龍王山から

▼ 北から~ (162, 2.3%)

21 南へ 12 西へ 7 吹いて 5 南の 4 南に, 南へと, 東へ 3 冷たい風, 南から, 吹く風 2 くる船, 勇しく, 来て, 氷の, 流れて, 眺めると, 西に

1 [82件] かえされずさりとて, きて, ずっと一遍, また東, ザーッと, ブリグ型の, 下つて, 不意に, 中ッ原, 中央さては, 中央それから, 五度ばかり, 伏見方面へ, 使で, 來つてこの, 入り込んで, 冷やり, 凩が, 出て, 南へかは, 南まで, 南までを通じての, 南東に, 吹きおろして, 吹きつくる吹雪, 吹きます, 吹き出した風, 吹く, 吹くよう, 吹く逆らう風, 吹こうが, 圧迫を, 大挙し, 川に, 帰って, 打つける雪, 押し寄せて, 数えて, 数えますと, 斜に, 来たもの, 来た一台, 来た芸, 来る冷, 来る寒風, 来る足音, 来る風, 来れば, 東に, 東にかけて, 東にかけての, 東の, 東南へ, 波濤を, 流れ来って, 海岸づたいにやって来た, 渡して, 無縁坂を, 町へ, 発源し, 相流れ寄る, 突出し, 芸妓を, 落ちて, 落ち込んだ水, 蟻の, 西から, 西にかけて, 西は, 西北にかけては, 見て, 見れば, 見送りの, 近よっ, 逃げた者, 運ばれ何カ月, 遠避けなけれ, 鎖國の, 霧が, 響く烏山, 風が, 黒い雲

▼ 北さん~ (154, 2.2%)

6 は私 5 と中畑さん, のお 4 も中畑さん 32 あんたど, が髮, と別れ, と私, の指図, はすぐ, は東京, を送っ

1 [115件] お吉さん, から一つ, がさう, がせっかく, がね, が何, が出しゃばった, が妻, が笑い, が縛られる, が萬事, が逃げる, が間, が雨, が青森, が飯盛り, こそい, だってまさか, で, との噂, とは黙っ, と一緒, と一足先, と云, と前もって, と富士様, と昨夜, と本田, と相談, と街, どうです, なんで, に, にお手数, にお金, にこだわる, にご, にたよらず, にでも洗つて貰ふつ, には僕, には出来る, にまかせた, にも実に, にも是非出席, にも気の毒, によろしく, に一切, に作っ, に相談, に私, に誰, に逢いたい, に連れられ, のお世話, のお話, の主人, の声, の好意, の寿命, の御, の意見, の手前, の敵, の言う, の許, の長唄, の髮, はいつ, はお, はこりゃ, はこれから, はその, はそんな, はちょっと, はひとり意気軒昂, はまだ, はむしろちょっと, はもっぱら, はモーニング, は一つ, は一体, は中, は五所川原, は元気, は実に, は強い, は強行軍, は思案, は歩, は淋し, は特定, は真面目, は私ひとり, は笑っ, は緊張, は老眼鏡, は自信満々, は蒼い, は血, は通路, は遠慮, は頑固, は馬子, は麻, もいた, もお, もそこ, も共に, も安心, も気, を口説い, を恨んでる, を欺い, を無視, を見送っ

▼ 北~ (151, 2.2%)

18 指して 7 枕に 6 さして, 向いて 4 指しました 3 見ると 2 指す磁石, 指せば, 望むと, 見ても, 通って

1 [97件] あおぐと, あける, うるさく追ひ廻し, さし, さししめし, さして出かけました, さして函館, さして姿, さして旅立った, さして長い, さして飛び去っ, さすを, だらだら下がり, ながれて, のぞめば, みれば, むいて, 下に, 世寄橋と, 代表する, 何かに, 冀州と, 加美足国と, 占める高島町, 受けた縁側, 受けて, 口説き落し内々脂下つて, 含むによりて, 囲うた南向き, 囲まれて, 地球の, 壓す, 大汝嶽, 嫁に, 射せり, 峠の, 峠越え, 差して, 平ぐる九十五国, 庇つて身體を, 待つの, 忘れて, 思ひ浮べること, 恐がるが, 戀し, 打った, 扼する大房, 扼せる一帶, 指さして, 指さし花崗, 指してる羅針盤, 指し巳代公, 指し野口五郎, 指す, 指すよう, 指す如く川流, 掩う, 搜さなけれ, 擧げた金太, 攻めしめたもう, 教わる, 東へ, 枕として, 森に, 流れる嫩江, 流れる荒川, 渡って, 白馬岳から, 目指して, 直線に, 眺むれ, 眺めて, 眺めると, 知らないか, 経亀山, 背に, 表に, 被ひ, 襲って, 襲つて髮を, 見た, 見つめながら, 見捨てて, 親征せし, 誘い出した, 豊島郡と, 越えて, 越える, 追つか, 追ひ廻すから, 金物町の, 附け廻して, 限った一大盆地, 限る仙人山続き, 陰と, 面喰は, 駆つて

▼ 北支那~ (101, 1.4%)

5 を占領 4 に於ける, の産 3 に限, の人 2 と南支那, にもある, に鉄道網, の土埃, の文化, の民衆, はまだ, は僅, は最早

1 [64件] から出, から南, から茲, が文化, が爾後三百年間, が當時文化, では頻繁, でも當初辮髮, でも秤, との國境, との戸數, とは主として, なる燕, には絶えず, には赤裸, に住ん, に優越, に出征当時, に在る, に存, に屬, に従征, に於, に標, に浸潤, に砲, の一角, の一部, の三百四十萬戸, の主, の九百萬戸, の五台山, の五百五十萬戸, の冬, の名門, の地図, の塞外種族, の市, の形勢不穏, の漢人, の王魁石さん, の田地, の異名, の範圍, の色彩, の諸, の道路, の間, の陸路, の饑饉, はどう, は却つて, は塞外種族, は遼, へ侵入, へ移住, やシベリア等寒地, や上海附近, や黒竜州, より退却, を壓, を根據地, ヲ獨逸ニ中央支那以南, 殊に齊

▼ 北へと~ (100, 1.4%)

3 歩いて, 走って, 進んで 2 いって, 動いて, 勾欄へ, 吾が輕氣球, 走った, 辿って, 飛んで

1 [77件] いそいで, おおかみ, この国, さして行った, しきりに誘惑, すすみその, その潰走, とって, にげて, まはつ, やって, やつて, ゆく, 一飛びに, 三人を, 下って, 亡命し, 向かって, 向けて, 吹きすさんだ大風, 差出る, 帰って, 引上げた, 急いで, 急ぎました, 折れる右, 押し流されて, 指して, 植民した, 横って, 機関が, 歩いた, 歩み行けば, 歩む, 流れた, 流れて, 流れる旅人, 渡るん, 測量し, 漕いで, 直航する, 私たちは, 移動し, 突進し, 航進を, 落ちのびて, 行きました, 行く, 行くん, 行進し, 行進する, 見当を, 走せ下る, 走ったつもり, 走つて, 走る, 足で, 追い込んで, 退却し, 逃げた, 逃げました, 逃げる身, 通った此町, 連なって, 進みつつ, 進みました, 進みネパール, 進んだ, 進んだです, 道順に, 雪山を, 響くそう, 飛ぶ, 馬喰町の, 駛って, 駿河甲斐の, 鳴きつれて

▼ 北~ (95, 1.4%)

2 で戦死, に於ける, の例, の戦禍, の文明開化, の旅行, の農民, は全く

1 [79件] から中, から帰還, から引, から避難, か上海, だから, でせう, でね, では阻止, でも眼先, でウロウロ, で死に, で経過, で負傷, で鉄道, など, などの列車内, ならまだまだ, なるもの, にいたんだ, にやられた, にをりました, に一年, に対して感じる, に居ります, に急行, に派遣, に渡つた時, の, のこの, の一角, の事情, の人民, の前線, の原野, の問題, の地, の地図, の報告漫談, の天地, の奥, の安寧秩序, の形勢, の戦線, の戰線, の政権, の方, の方面, の明朗, の村落, の治安工作, の状況上, の独立自治, の老人, の蘆溝橋, の赤化, の農民運動, の鉄道, の風雲がた, の黎明, はこの, はさぞ, は北支, へかけ, への召集, へ旅行, へ来, へ渡っ, へ行ったら, へ行つたの, へ赴く, まで行っ, も最, や上海, や中, や山東, を行く, を見る, 中支

▼ 北~ (93, 1.3%)

9 南の 5 南に 4 東の 3 南と, 南との, 西の 2 南とでは, 南とは, 南とを, 南へ, 東と, 西とが, 西は

1 [52件] いったが, いっても, いへば, お勝, お瀧, し脚註, その小さく, なり他, ひどく仲, 一緒に, 二方の, 云ひ, 分れてから, 別れ追, 南から, 南だけ, 南で, 南では, 南とへ, 南は, 南善と, 南魚沼の, 姓を, 幸之助の, 幸之助を, 思ったところ, 新らしい, 東から, 東が, 東とに, 東に, 東は, 東へ, 次女の, 殺されたお, 申す姪, 相爭, 真中の, 西から, 西が, 西と, 西とに, 西との, 西とを, 西北隅との, 西南に, 言えば, 言ひ交し, 誌した, 陸中の, 題する詩, 黒沼伝兵衛の

▼ 北向き~ (90, 1.3%)

5 の窓 4 の部屋 3 の三畳 2 なの, にて師走, の室, の小, の小さな, の屋根, の長

1 [64件] だから, ですから, で三分の二, で事務室, で仄, で寒い, で広い, で昨夜, で陽, なので, なれど, にしなく, にて日あたり, になっ, になった, になり, に一間, に主人, に出来, に固く, に坐っ, に大きな, に安置, に建てられ, に書箱, に葬りたてまつる, のその小さな, のたった, のベランダ, の一室, の一番左側, の三疊, の中庭, の二つ, の二間半間口, の傾斜, の六畳間, の吹きさらし, の壁, の家, の寒い, の崖, の座敷, の引つこんだ, の斜面, の方向, の暗く寒い, の格子戸, の沈下, の洋室, の湿っぽい, の片側, の玄関, の留置場, の病床, の縁, の縁側, の肱掛け窓, の腰高窓, の藪, の藪竹, の離室, の高台, らしい窓

▼ 北~ (75, 1.1%)

8 四郎が, 四郎は 5 の旦那 3 四郎の 2 はまた, は松吉

1 [47件] がこうして, が嘘, さん, さんは, さん立派に, と呼ばれた, と雷問答, には憚, には松吉, に云った, のさげ, のところ, の依頼, の四郎さん, の好意, の実験, の宿, の持っ, の示した, の話し, の鞄, はジロリ, はニヤリ, は云った, は八九百, は土間, は宿, は憎い, は梯子, は町長, は稲田屋, は苦, は藤, は身, は重ね, も雷, 君です, 四郎, 四郎と, 四郎という, 四郎に, 四郎を, 少年が, 新聞, 新聞に, 氏の, 氏は

▼ 北~ (68, 1.0%)

10 わの 4 髮を

1 [54件] おびやかされた事件, お前を, かって, すきです, ずっと松林, どうして入水, はじめて彼, ひどい目, よろしいとかの, わだけは, わでは, わには, わへ, わを, ゐるの, カツとな, 三十七座南が, 与力町を, 二枚あった, 五メートルだ, 住んで, 何處かで, 其に, 別の, 勝手からの, 同じその夜, 吹けば, 四十一座という, 塞がつて, 奥山大学南に, 姿を, 家出した, 幸之助と, 彼に, 從い, 昨夜湯の, 普寧坊, 晴れると, 来て, 枕から, 毎日の, 清五郎に, 清五郎殺しの, 白い手拭, 眼に, 縛られて, 美し過ぎる, 腕組みを, 茶を, 見る影, 郵便を, 雄だ, 高く南, 高等学校を

▼ 北には~ (62, 0.9%)

1 [62件] あらで南, うまいもん, その影響, その頃, もう一つ, もう木質, ゴビの, ニルヤが, ファリアスが, ベルジク王国が, マデレエヌの, 三角形なすジブラルタルの, 仙丈岳が, 仙元, 低屋, 倉沢義髄を, 六甲山が, 六甲東には, 加茂の, 加茂大明神天満天神西東には, 口元秩父の, 同じ距離, 地蔵薬師等の, 埼玉県の, 小窓, 山を, 岡谷の, 岩出山の, 平沢という, 扇ノ山, 暗黒なる, 有名な, 杉や, 根原西北には, 森が, 樹木無く, 此の, 沖縄本島への, 甲斐の, 真黒な, 石で, 神武門そうして, 祭事を, 穂高から, 立山へ, 立山連峰劒大日毛勝三山などが, 筑波が, 緑葉の, 胡虜の, 蝦夷富士が, 西涼の, 親の, 赤城の, 赤旗の, 身延嶽天を, 鉄橋を, 長大な, 雲母張りの, 餓鬼奥鐘の, 馬に, 高縄山が, 鹿は

▼ 北~ (58, 0.8%)

3 では, 洲の 2 の厳寒, の土地, ホテルの, ホテルへ, 鉄道問題解決以来の

1 [42件] じゃとぬかす, だけでも現在, だけで云つて, とを観, などでは二間, などでもすでに, に三十師団, に居住, の事業王, の凍土, の南北, の夜霧, の川, の或, の日暮, の曠野, の未来, の水田経営, の河, の淡水, の空, の耕地面積, の荒野, の開拓, の開拓移民哈達河開拓団二千名, の開発, の鱈, は大地, へかけ, よりの帰途, を圧し, ホテルに, 一帯東蒙古に, 及び朝鮮, 地方が, 市場唯一の, 洲蒙, 無住の, 経営の, 蒙古, 軍主力は, 軍司令部からの

▼ 北~ (54, 0.8%)

2 の家

1 [52件] がまた, が來, が出した, が語る, が釧路, その次ぎ, とたと, とは同, と云, と氷峰, と義雄, に向き直り, に見せる, のあ, のこと, のところ, の中野天門談, の手, の爲め, の状態, の盛ん, の程度, の細君, の聲, の落ち, の質素, の酌, の雷, は, はお, はこの, はそれからまた, はどうしても, はどもり, はまた, はもと, は不平さうに云, は同じ, は夜着, は孤雲, は寢, は少し, は捨てぜりふ, は笑, は義雄, は考へ, は身, は酒, も亦, も天聲, も老い, をし

▼ 北~ (52, 0.7%)

5 の時 4 の初期 2 の仁宗時代, の太祖, の徽宗, の旧, の末

1 [33件] に仕え, に比べ, の世, の中世, の仁宗, の代, の元, の名僧, の哲宗, の國都開封, の太祖太宗, の宋敏求, の山水襖, の時代, の時分, の書, の朝, の末期, の末頃, の歐陽脩, の玉澗, の画院, の画風, の終, の終り, の路, の錢易, の陳, は亡び, もあれ, や唐, を亡ぼした, 本太平御覧

▼ 北~ (44, 0.6%)

3 の頂上 2 と間ノ岳, の頂

1 [37件] から二つ, が頭, だ, だそう, というところ, と同じく, と次第に, などは標高三千百九十二米突, に向う, に挟みつけられ, に登っ, に肉迫, の一角, の中腹, の北, の墨樺, の大, の峰, の嶮, の巓, の白峯三山, の直下, の絶巓, の絶頂, の肩, は大岩塊, は奥, は峻急, は最早, は登山者, も悉く, も野呂川, を仰い, を指し, を見, を越し, 続いて

▼ 北~ (37, 0.5%)

2 を組織

1 [35件] がこ, が関外, とに分かれた, と軍情, に比し, に誅せられる, に走らん, に降った, の先鋒, の光秀, の克ち, の兵船, の呂布, の大佐, の大将, の富, の少将, の尖兵, の旗艦, の松田隊, の破綻, の総, の艦船江上, の華雄, の騎兵, は橋北, は風, を撃滅, を撃破, を敬遠, を賺め, を鬼, 到る, 却って南, 敗れて

▼ 北~ (33, 0.5%)

5 の下 2 から見える, の障子

1 [24件] からの眺望, から並ん, から入れる, から曲者, から眺める, から飛び込ん, と東, と東側, と相, には窓, に当る, に文人, に移す, のほう, のもと, の小, の戸, の日蔽, の雲, は皆んな, へうつす, へ取付, を開け, を開ける

▼ 北~ (32, 0.5%)

4 南も 2 同腹だ

1 [26件] あの家, い, お勝, からりと, すぐ同意, そつと, その侍, その死骸, やがてあと, ゆくえ不明に, 上つた, 他愛なく眠った, 低い声, 勇ましい歓喜, 南の, 又さ, 唯の, 妹の, 小声で, 彼の, 急に, 悪い, 東も, 泣いて, 私よりは, 黙つて

▼ 北~ (31, 0.4%)

3 軍が 2 の断行, 軍の

1 [24件] が開始, などを企てぬ, にあたって戦乱, にともなう, に対する関心, に遭う, の大望, の時, の決意, はこの, は開始, も北支, を中止, を實行, を忘, を開始, 兵の, 軍でも, 軍に, 軍には, 軍にゃ, 軍は, 遂行の, 遠征には

▼ 北~ (31, 0.4%)

3 の自然 2 の旅人, の春さき

1 [24件] から出, でそれ, ではまだ, では春さき, に多い, に於, に特有, の二月, の人, の低き, の寂しい, の寒田, の少女, の山村, の強い, の方, の旅, の正月, の海岸, の空, の門徒, の雪解, は天, へ旅立つ

▼ 北氷洋~ (31, 0.4%)

4 の流氷 2 の氷, の氷山

1 [23件] から千島列島, が西, でも動く, とインド洋, と名づけられ, に中央アジア, に派遣, に面した, のこと, のほう, の大, の氷原, の氷塊, の氷魂, の海図, の状況, の獵虎, の白熊, の鯨, や南氷洋, をひと, をシベリア, を乗り切る

▼ 北~ (27, 0.4%)

4 作るところ

1 [23件] あの芸術家, が電報, その時, といふ男, と云, にし, に申し, のこと, のため, のふところ, の壺, の朝寝坊, の芸術味, の読経中, は勿論, は古道具屋, もソレ, よ健在, 全くホクホク物, 全く和寇, 又曰く, 同じく声, 正に夜中

▼ 北~ (27, 0.4%)

7 の書 2 と云, の書法, の書論

1 [14件] だとして, といふ, といわれる, にも何, に全く, の推尊, の書家, の書風, の猥陋, の粗, の説, の起る, を主張, を壓倒

▼ 北寄り~ (24, 0.3%)

2 の空

1 [22件] ですぐ, にあっ, にずれ, には一劃, には誰, に少し, に散在, の, のこの辺, のこれ, のヘンリ通, の一部, の伊香古, の地方, の大きな, の小, の小高い, の少し, の平ヶ岳, の広間, の緑, の隅

▼ 北~ (24, 0.3%)

2 の今治藩, の老人

1 [20件] にアメリカ領事館, に七代家継有章院霊廟, に出現, に建っ, に彼, に浦上天主堂, に蟠踞, の, のアイヌ居住地, の労働者, の口達者, の大島諸島, の奄美群島, の家, の島々, の憂い, の親玉祭, の高台, は久留米藩有馬家, 其の當時

▼ 北より~ (23, 0.3%)

42 南へ, 来って, 西に, 順に高津

1 [11件] そよぎて, 出でて, 吹きて, 吹き来る風, 吹くか, 東にかけては, 流るる鴨緑江南, 涼を, 羅馬に, 西へ, 見たる摩利支天峰

▼ 北寿~ (21, 0.3%)

2 の板物, もまた

1 [17件] が和蘭陀風, が浮絵, と一勇斎国芳, に劣る, の外, の如く, の山水画, の後, の新, はある, は三角形, は直接, は葛飾北斎, また一立斎広重ら, をし, を以てすれ, を以て浮世絵専業

▼ 北極光~ (21, 0.3%)

6 の研究 2 の写真

1 [13件] が見られる, だよ, です, という, の余翳, の形, の照らす, の見える, は僕等, は北極, も何とも, をみあやまった, を生ずる

▼ 北アメリカ~ (20, 0.3%)

1 [20件] から出た, がずんずん, が来る, であろうが, という国, などの公使, にうまれた, において黒人, には黄花, に送る, のある, のほとんど, のアラスカ, のインディアン中, の太平洋海岸, の東海岸, の農民改革黨, へ向け, へ移住, を横断

▼ 北~ (20, 0.3%)

2 の心

1 [18件] が新た, ですから, には此, の云, はその, はよく, は南人, は向, は女, は幽霊, は東漢, は訓詁, は質實, は質素剛健, は郊外, を安, を評し, 不夢象

▼ 北停車場~ (20, 0.3%)

3 のプラットフォーム

1 [17件] からベルリン行き, からモスク, から出発, から立っ, から立つ, では直ぐ, なり聖ラザアル, の南, の巨大, の広い, の煤煙, の雰囲気, へ着いた, へ行き, へ送り, まで送っ, を出発

▼ 北支問題~ (20, 0.3%)

4 は一段落 2 でもチャハル問題, とは多少, に絶大, の結果, は広田対支外交, は戦争, を目 1 である, になる

▼ 北~ (20, 0.3%)

2 に当り

1 [18件] が雲, であり二階, では十月, で渓, にある, にはギデオン, に宿った, に小沼, に当っ, に押し出し, に沿, に涌き, の, の五湖, の松山, の裾野, を下り, を出発

▼ 北友松~ (19, 0.3%)

2 の画

1 [17件] という画人, に学び, に師事, に素懐, に習つた, の, の牡丹絵, の特別展覧会, の遺族, はぽつねんと, は根, は江州堅田, もそれぞれ, も長谷川等伯, や狩野, らしい, を交え

▼ 北太平洋~ (19, 0.3%)

3 を横断 2 の波

1 [14件] から支那大陸, から東支那海, が潛む, が潜ん, ではなく, で鮫漁中, と南太平洋, にはいま氷山, の北圏航路, の多く, の島々, の朝ぼらけ, の浪, の真ン中

▼ 北支事変~ (18, 0.3%)

2 の風雲急

1 [16件] がこう, がその, が勃発, が国内, が始まつ, が挙国一致, が支那事変, が準, が発生, と同じ, のおかげ, のこと, の発生, の賜物, は軍当局, を語らせる

▼ 北~ (17, 0.2%)

1 [17件] こっちが, それから, やろうが, 一つの, 下の, 人民が, 今日では, 傘屋町という, 台北は, 屏風の, 旗の, 暮らしこの, 湖水へ, 直ぐ将監峠, 羊の, 面白くなく, 鳴れば

▼ 北~ (17, 0.2%)

1 [17件] から帰りがけ, か日本, にある, に立つ, に行く, の一部, の側門, の内, の内外, の壇道, の宮, の宮居, の石, の空, はけだし, へ行, を取り巻い

▼ 北~ (15, 0.2%)

2 がつれ

1 [13件] が此作, といったよう, と共に寒く, と顏, の野郎, はにやり, は腕組, を促し, を警戒, を顧み, 嗜む處, 大膽, 恐入

▼ 北~ (15, 0.2%)

1 [15件] である, でもアジア, とヨーロッパ, にはその, によって創め, に属する, に近い, の特徴, の血, はその, はフランス, は元来, は古代, は東西, を主体

▼ 北~ (15, 0.2%)

2 のもの

1 [13件] からの小舟, から放送, と樺太, には責任, には近頃, に侵入, の新, の曠野, の治安, の羅津あたり, の高句麗, まで南下, や樺太

▼ 北インド~ (14, 0.2%)

1 [14件] あるいは中央アジア, ではギリシア人, で五百年ぶり, で新しく, に侵入, に濫波, に産し, の仏説, の諸, や中央アジア, や大, や支那, を征服, を統治

▼ 北~ (14, 0.2%)

3 に懸かる 2 に懸かり 1 にあり, にかかり, に仰ぐ, に微, に旭日, に望み, の一隅, の中央, を望めり

▼ 北岩倉村~ (14, 0.2%)

1 [14件] からまたも, てえの, という, というの, にある, に着き, の地理, の賭場, へと遠征, へ出向い, へ帰る, へ行け, へ集まる, を目

▼ 北~ (14, 0.2%)

1 [14件] だが, だと, に徃, に材, に飛, の事情, はいずれ, への乗, へ飛んだ, もまれ, も風靡, を三年, を取巻い, を書割

▼ 北海岸~ (14, 0.2%)

2 には浦島神社, の某 1 から三百キロ, では五メートル, なるカルタゴ, のある, の一部, の別荘, の漁民, の潟, は砂, を旅行しま

▼ 北近江~ (14, 0.2%)

2 の地, の小谷 1 といっ, の一局部, の山々, の山間, の帰途, の横山, の聯盟国, は自家, へ, より当地

▼ 北鎌倉~ (14, 0.2%)

2 で下車, の家 1 と鎌倉, なん, の一〇一兵舎, の寺分, の山崎あたり, の山曲, の秋川さん, の高み, や扇ヶ谷, を出ました

▼ 北~ (14, 0.2%)

2 の時代

1 [12件] に則っ, の, のごとき, の世宗, の二十品, の太, の宣武, の石, の磨崖, の美術, の胡太后, を討つ

▼ 北~ (13, 0.2%)

1 [13件] して, などという, に大功, の師, の日, の時, の業, の諸, の軍, の途, は完全, より還, を續けた

▼ 北~ (13, 0.2%)

4 して 1 した眞山君, した義貞, し一寸, すること三十日, する乘客, する舟, せしむるが, の船, 良久しく西日

▼ 北~ (13, 0.2%)

1 [13件] に居る, の備, の國境問題, の地, の痩土, の諸, の門戸, は漸く, を侵擾, を再度, を縫う, を襲つた波, を襲撃

▼ 北隣り~ (13, 0.2%)

2 の大工

1 [11件] には大工, には彼, には雇い人, には雇人, に見ゆる, の北野, の寺, の越後沢山, の頼母子, を借り, 夾竹桃の

▼ 北では~ (12, 0.2%)

1 [12件] あすこの, それに, ないの, また南, ダメと, 中ノ岳の, 安民樂業の, 滝子と, 陸羽の, 雪線の, 馬南では, 鹿島鎗ヶ岳と

▼ 北アフリカ~ (11, 0.2%)

1 [11件] からペルシア, に居る, に近い, のし, の住民, の某々種, の氷結地方, の角蝮, への軍事行動, へ侵略, や西伊仏国

▼ 北~ (11, 0.2%)

2 に勝る, の人 1 が吾人, ごとき結構, と号, に往, に誘, の千年, の自然粳

▼ 北~ (10, 0.1%)

2 南か 1 お近, それとも葡萄, 南に, 南の, 方角を, 早くぬかせ, 東の, 花見えず

▼ 北という~ (10, 0.1%)

1 のは, 三人の, 女と, 女郎は, 娘が, 娘の, 娘は, 宿場女郎に, 若い女, 若い女中

▼ 北との~ (10, 0.1%)

2 ことで 1 ためだ, 二個處に, 側には, 小さな窓, 恋, 生活, 複合した, 開けた古風

▼ 北ドイツ~ (10, 0.1%)

2 の諸 1 だろうか, では, でも盛ん, においては常に, の一劇場監督者, の大, の新教, へ引き移った

▼ 北~ (10, 0.1%)

1 が新しい, が船渠, に引かれた, の左舷, の惰力, の来島運転士, の横ッ腹, の運転士来島, はソロリソロリ, をチャーター

▼ 北~ (10, 0.1%)

5 の方 4 を手初め 1 の流れ

▼ 北~ (10, 0.1%)

1 にある, には古く, に一軒, に位置, に蟠, の一夜, の鹿角郡あたり, を支え, を貫い, 之門曰

▼ 北~ (9, 0.1%)

6 吉の 1 御所の, 瀧お, 町奉行曲淵様とは

▼ 北また~ (9, 0.1%)

2 山に, 山も 1 というの, 山から, 山が, 山と, 山は

▼ 北ヨーロッパ~ (9, 0.1%)

3 の科学者 1 から北氷洋, では昔話, にだ, らしい風景, をあるいた, 諸國

▼ 北新堀~ (9, 0.1%)

4 の鍋久 1 から深川, の住居, の堀, の川, までくだっ

▼ 北~ (9, 0.1%)

1 といふ言葉, とよばれる, のハンザ, のフィン人, のモォパッサン, の一, の傳説, の諸, らしく憂鬱

▼ 北流し~ (9, 0.1%)

2 て日本海 1 ていた, て小, て新潟県北魚沼郡川口村, て海, て淀川, て糸魚川町, て諏訪湖

▼ 北清事変~ (9, 0.1%)

2 の時 1 が起き, で各国, の兵士, の小さな, の発端, の話, はいよいよ

▼ 北~ (9, 0.1%)

1 が二百五十町, だって同じ, といっ, にさき, にたいし, の北界, の方, をすぎ, 第一

▼ 北でも~ (8, 0.1%)

3 南でも 1 なく夜ごと, わたくしどもの, 新町でも, 東でも, 開墾し

▼ 北~ (8, 0.1%)

1 一殿へ, 丸から, 丸から庭, 六波羅に, 六波羅の, 対の, 方と, 方という

▼ 北伊勢~ (8, 0.1%)

1 に居た, の山岳地方, の嶮, の衆, は崩れ, へ転進, を恣, を攻め奪っ

▼ 北伝八郎~ (8, 0.1%)

1 が, がお, が大声, が突如, という素っ裸, など出羽守側近, など気に入り, を襲う

▼ 北~ (8, 0.1%)

1 が樂屋, が繋い, と言つて四十五六, の居る, の眼, の背, はよくも, も僞八五郎

▼ 北叟笑~ (8, 0.1%)

3 をし 1 したり, とする, の跡, ひを, を洩らした

▼ 北~ (8, 0.1%)

2 居られますか 1 たいへんお, と二人, の住居, はあらゆる, は人, ま黙つ

▼ 北~ (8, 0.1%)

2 に在る 1 にあっ, に入らん, に帰る, に遊ぶ, の奥, の産

▼ 北~ (8, 0.1%)

2 は力 1 から円山四条派, とかの在来, などと言います, に入り, の松年先生, を兼ね修めた

▼ 北~ (8, 0.1%)

2 の方, の本色, 窯だの 1 とあ, とあっ

▼ 北~ (8, 0.1%)

1 が百軒, と云, には学生, に居る, に近寄つ, の四番室, へ来, 中寮

▼ 北朗君~ (8, 0.1%)

1 がよく, と同道, と夜, に, に逢, は一家, も来, を待ち合せ

▼ 北樺太~ (8, 0.1%)

1 から国境, と黒竜洲, などこの, にいた, のボゴビ, の西岸, の赤派, へ北樺太

▼ 北殿~ (8, 0.1%)

1 から界隈いちめん, こそ聞き, っ, に押籠め, の一部臨春閣, の廂, の建物, の方

▼ 北~ (8, 0.1%)

2 の頂き 1 には本谷, にも近い, の下り, の天狗, の尾根午前十時, も思った

▼ 北~ (8, 0.1%)

1 の三国, の人口戸数, の土地, の浦野館, の諸, の領主穴山梅雪, の領土, は山

▼ 北からの~ (7, 0.1%)

2 風を 1 ひどい吹雪, 使者が, 光線が, 移住を, 風は

▼ 北~ (7, 0.1%)

1 あるいはまた小名木川, て樺太, て越後, て遠く亀有, て黄河, 佐久間の, 文治の

▼ 北~ (7, 0.1%)

1 からこっち, からね, からもっと, からシャロン, から君, か南, よ

▼ 北なる~ (7, 0.1%)

1 丘の, 大銀杏, 山べをも, 染井の, 毘怛吐泉の, 美守村に, 赤道の

▼ 北~ (7, 0.1%)

2 南に 1 南での, 南の, 東の, 東や, 西に

▼ 北亜米利加~ (7, 0.1%)

1 ではないだらう, と南亜米利加, などの公使, にも之, の山間, へ渡っ, 及び南亜米利加

▼ 北光君~ (7, 0.1%)

1 から信濃, から聞く, と紅葉城君, に教, に連れられ, はまじめ, は語る

▼ 北~ (7, 0.1%)

2 の兵 1 と漢人, の国, の境, の子, を平げ

▼ 北宋時代~ (7, 0.1%)

1 から一層, から死刑, でも矢張り廣州, などは僅か, になる, に支那, の關税收入

▼ 北尾根~ (7, 0.1%)

1 と槍, に当る, の上, へ駈け上った, をズー, を登り, 第三峰

▼ 北支那人~ (7, 0.1%)

1 である, は南人, は南支那人, は外國軍隊, は餘, より重要, 及び蒙

▼ 北にも~ (6, 0.1%)

1 たくさんに, 南にも, 島全, 聞えた, 聞えるという, 見當

▼ 北のや~ (6, 0.1%)

2 ぐらの 1 ぐらにかけたはしごをふんで六間上の, ぐらのてっぺんにかかってそのまま, ぐらめがけてサッと, ぐら猫間犬丸の

▼ 北~ (6, 0.1%)

2 の別天地 1 のとある, の二つ, の山間, の最高学府

▼ 北~ (6, 0.1%)

2 之鯤 1 といふの, に魚, の魚, の鯤

▼ 北千島~ (6, 0.1%)

1 においてのみ認められる, の果, の濃霧, の無人島オンネコタン島近海, へ紅鮭, をチュプカ

▼ 北四川路~ (6, 0.1%)

1 にある, のジャウデン・マジソン会社, の新, の東亜ホテル, の森永菓子店, を歩い

▼ 北~ (6, 0.1%)

1 の挨拶, の答え, の話, はニヤリ, は小さい, は無遠慮

▼ 北守将軍ソンバーユー~ (6, 0.1%)

1 だ, と, は, はあの, はわざとくしやくしや顔, は涙

▼ 北~ (6, 0.1%)

2 の雄 1 の旅, の豪派月輪一刀流, らしいそして, をさして

▼ 北~ (6, 0.1%)

1 であり客観主義, である, なの, 探檢隊, 越えの, 近くまで

▼ 北氷洋岸~ (6, 0.1%)

2 とかの話, にはヒマラヤ 1 に飛び, のポイントバロー

▼ 北~ (6, 0.1%)

1 して, で馬車, といふ画家, は左手, は自分, 又南車

▼ 北鳥越~ (6, 0.1%)

1 じゃ, でご, の一件, の今, の自身番, へ回っ

▼ 北~ (6, 0.1%)

2 と北周, の顏之推 1 に出, の頃南方

▼ 北からは~ (5, 0.1%)

1 たくさん来た, ロシアが, 李典, 浅井朝倉の, 黄いろい蛇

▼ 北とは~ (5, 0.1%)

1 二十八宿に, 山また, 斯う, 梅田新道だ, 顔馴染みでございます

▼ 北にあたる~ (5, 0.1%)

1 これ雙兒宮の, 岩壁の, 碧海島だ, 空の, 路傍らしい

▼ 北へも~ (5, 0.1%)

2 西へも 1 南へも, 或は東, 響いて

▼ 北伊賀町~ (5, 0.1%)

1 に一軒, のあたり, の彼, へ姿, へ来

▼ 北~ (5, 0.1%)

2 の武帝 1 に南方, の甄鸞これ, の道安

▼ 北~ (5, 0.1%)

2 の方 1 で永い, の一番上, へ連れ

▼ 北宗画~ (5, 0.1%)

2 の巨頭 1 と云, と云う, の教授

▼ 北~ (5, 0.1%)

1 とが前, は無事, も見えざる, を舎飼, 両種馬

▼ 北嵯峨~ (5, 0.1%)

1 にはなお, の松尾神社, の祭, の鐘, へ降り

▼ 北~ (5, 0.1%)

1 にいま, に夜, の的場, の陰, は狭く

▼ 北~ (5, 0.1%)

1 にある, に見えます, に高野村, の展望, の雨樋筒

▼ 北~ (5, 0.1%)

1 に至っ, の例, の僧稠, の時, の用例

▼ 北極点~ (5, 0.1%)

1 にある, に到達, に投下, の上, を基点

▼ 北~ (5, 0.1%)

1 に寄寓, の下宿, の解釈, は封建的イデオロギー, 或称喜多

▼ 北~ (5, 0.1%)

2 に出し 1 に我が, の山嶺, の方面

▼ 北清事件~ (5, 0.1%)

1 に至つて, のあ, の取沙汰, の時, を加

▼ 北清島町~ (5, 0.1%)

1 からこの, からは何程, という町, に生まれ, に生まれました

▼ 北~ (5, 0.1%)

1 に倣, に席画, の画, は狩野家, よりし

▼ 北紺屋署~ (5, 0.1%)

1 からだ, に出頭, の陰鬱, へ出頭, を出た

▼ 北~ (5, 0.1%)

2 ではない 1 と称し, に出, の侵入時代

▼ 北~ (5, 0.1%)

1 しかかったの, して, しても, するはず, をはじめた

▼ 北赤道海流~ (5, 0.1%)

1 ですか, というやつ, のうえ, のとおっ, の流れ

▼ 北~ (5, 0.1%)

1 し六日払暁, し午十二時インバネス, し笠山, を拒, を続ける

▼ 北鎌尾根~ (5, 0.1%)

1 から帰っ, なので, は蓬勃, へ死, を縦走

▼ 北香具山~ (5, 0.1%)

5 の麓

▼ 北する~ (4, 0.1%)

1 に随つて幅, も西, 水は, 程大きく

▼ 北です~ (4, 0.1%)

1 か, からよほど, ね, 北輝男です

▼ 北とを~ (4, 0.1%)

1 二十八宿の, 取り巻かれた書斎, 地を, 小高い石垣

▼ 北よりも~ (4, 0.1%)

1 まず南, 少し西, 東に, 美を

▼ 北フランス~ (4, 0.1%)

1 でどんどん, に於ける, やベルギイ, を席捲

▼ 北入口~ (4, 0.1%)

1 から逃れ, から離脱, で砲撃, で米軍

▼ 北割下水~ (4, 0.1%)

2 に座光寺源三郎 1 で千百五十石, に旗下

▼ 北北東~ (4, 0.1%)

1 から南南西, よりこっち, より一ポイント北, 微北ニ転ゼヨ

▼ 北十字~ (4, 0.1%)

4 とプリオシン海岸

▼ 北~ (4, 0.1%)

1 あけはなたれしわ, と西東, に相対, の三門

▼ 北~ (4, 0.1%)

1 と同じく, などに依ります, の如き, は桓靈間

▼ 北國街道~ (4, 0.1%)

1 が小さな, と中山道, の上, の宿

▼ 北~ (4, 0.1%)

1 に歸, に還, の名門, の民間

▼ 北~ (4, 0.1%)

1 が可哀想, には可哀想, のお守, の毛

▼ 北庭筑波~ (4, 0.1%)

1 がいました, が撮影, その弟子, の門

▼ 北~ (4, 0.1%)

2 東に 1 東を, 西に

▼ 北支一帯~ (4, 0.1%)

2 に於, の和平

▼ 北支進出~ (4, 0.1%)

2 ということ, を計画

▼ 北朝方~ (4, 0.1%)

1 の大将, の手, の襲撃, へ款

▼ 北歐羅巴~ (4, 0.1%)

1 にては善き, の大國, の寒, の方面

▼ 北~ (4, 0.1%)

2 の推薦, の頑強

▼ 北氷洋上~ (4, 0.1%)

1 で氷原, に向かっ, の惨劇, の氷

▼ 北独逸~ (4, 0.1%)

1 から来, から温暖, の人, の生活

▼ 北~ (4, 0.1%)

1 として一面, になつ, より信度河, 拘邪韓國七千餘里

▼ 北船場~ (4, 0.1%)

1 に簇, の方角, の物持平野屋, へ進む

▼ 北~ (4, 0.1%)

1 の木戸, の深, の画, を見やれ

▼ 北邊事情~ (4, 0.1%)

1 が子平, を密告, を明らか, を紹介

▼ 北~ (4, 0.1%)

1 と書いた, のごみごみ, の境内, より南寄り

▼ 北院御室~ (4, 0.1%)

3 御集 1

▼ 北~ (4, 0.1%)

1 ですから, にうつり住ん, においてのみならず, の小国

▼ 北隆館~ (4, 0.1%)

1 がこれ, で発行, に潜つて, は赤字

▼ 北麓六里ヶ原~ (4, 0.1%)

1 の渓流, へ山女魚釣, へ山女魚釣り, を流れる

▼ 北これ~ (3, 0.0%)

2 は南 1 は三十

▼ 北せん~ (3, 0.0%)

2 か南 1 とする

▼ 北とに~ (3, 0.0%)

2 山を 1 窓が

▼ 北どなり~ (3, 0.0%)

1 にとり, の京屋, 水戸さまの

▼ 北にあたって~ (3, 0.0%)

1 おる, 聳えて, 草津から

▼ 北まで~ (3, 0.0%)

1 引きしりぞいた, 従い来たったの, 探して

▼ 北アメリカ合衆国~ (3, 0.0%)

1 ではフランクリン, とである, における庶民

▼ 北~ (3, 0.0%)

1 在リ, 在ルノダ, 大ナル圓

▼ 北~ (3, 0.0%)

1 信濃国ト越中国トノ界ハ山深, 延テ径路東西ヘ, 長ク足

▼ 北マラアストランド街~ (3, 0.0%)

1 のアパアトメント・ハウス, の素晴, へ急がせた

▼ 北一里~ (3, 0.0%)

3 にある

▼ 北二丁目~ (3, 0.0%)

1 の家, の小さな, へ訪ね

▼ 北二丁目二九二九番地~ (3, 0.0%)

2 の家 1 と封筒

▼ 北仲通り~ (3, 0.0%)

1 の本宅, の輸出入商, の高瀬商会

▼ 北伊太利~ (3, 0.0%)

1 にて暮さん, の柳, を見

▼ 北佐渡~ (3, 0.0%)

1 の山, の最南端二見崎, を東西

▼ 北~ (3, 0.0%)

1 に関する有名, の研究, を讃

▼ 北六さん~ (3, 0.0%)

1 と一緒, の住ん, は佛樣

▼ 北~ (3, 0.0%)

1 がいる, は演習, を編入

▼ 北北西~ (3, 0.0%)

1 に向け, の風, 又は北西

▼ 北半分~ (3, 0.0%)

1 に片, の主要都市, は唐辛子

▼ 北南吹~ (3, 0.0%)

3 とほし

▼ 北印度~ (3, 0.0%)

1 のウデイヤーナ, の俗教, の界

▼ 北向き八幡宮~ (3, 0.0%)

1 があった, の前, へも寄らなかった

▼ 北国民~ (3, 0.0%)

1 の考え, の詩スカルド, は一つ

▼ 北天竺~ (3, 0.0%)

1 に仏法, の乾陀羅国, の小月氏国王

▼ 北宋末~ (3, 0.0%)

2 から南宋 1 の朱

▼ 北宋槧本~ (3, 0.0%)

1 が躋寿館, に就い, の未だ

▼ 北小路さん~ (3, 0.0%)

1 は自分, まさか二十分のあいだ, もみんな丸髷

▼ 北山王~ (3, 0.0%)

1 の故, の末裔, をもっ

▼ 北山辺~ (3, 0.0%)

2 に忍ん 1 に罷

▼ 北岩倉~ (3, 0.0%)

2 の周鳳様 1 の秋日

▼ 北~ (3, 0.0%)

3 は東

▼ 北~ (3, 0.0%)

1 のぬれ, の簾, の苑

▼ 北御所~ (3, 0.0%)

1 から薔薇園, などに御簾, の仮

▼ 北支事件~ (3, 0.0%)

2 の結果成功 1 など所謂非常時

▼ 北支漫談~ (3, 0.0%)

1 の原稿, は今, も受ける

▼ 北支那方面~ (3, 0.0%)

1 からわが, から我が, に野心

▼ 北斜面~ (3, 0.0%)

1 を巻い, を横目, を辷られ

▼ 北日本海~ (3, 0.0%)

1 の暗い, の海, 第一

▼ 北~ (3, 0.0%)

1 などを社會, に出た, の主筆高見呑牛

▼ 北極洋~ (3, 0.0%)

1 に達するみこみ, の氷帯, を碎氷船

▼ 北河岸~ (3, 0.0%)

1 に不規則, の西洋料理屋兼カフヱ, へ疾走

▼ 北清事変当時~ (3, 0.0%)

1 だけの道義, の日本軍, の皇軍

▼ 北穂高~ (3, 0.0%)

1 に取付く, に登頂, の東北

▼ 北~ (3, 0.0%)

1 にある, まで来る, まで開鑿

▼ 北豊島~ (3, 0.0%)

1 と池上, に池袋村, の郡

▼ 北走する~ (3, 0.0%)

1 に崖下, 七兵衛の, 津軽半島の

▼ 北~ (3, 0.0%)

3 して

▼ 北輝男~ (3, 0.0%)

1 です, に対面, は小石川

▼ 北~ (3, 0.0%)

1 から外郭, といふの, の閑思

▼ 北~ (3, 0.0%)

1 なるこの, なる十座唱門, はこない

▼ 北~ (3, 0.0%)

1 と連絡, に出没, のこと

▼ 北いっぱい~ (2, 0.0%)

1 に飛ん, の星

▼ 北からと~ (2, 0.0%)

1 湧いて, 落ち集まって

▼ 北からも~ (2, 0.0%)

1 西からも, 起こって

▼ 北ぐに~ (2, 0.0%)

1 の冬, の木

▼ 北さん中畑さん~ (2, 0.0%)

1 が来なくなった, もその

▼ 北~ (2, 0.0%)

2 らの

▼ 北である~ (2, 0.0%)

1 から自分, ことを

▼ 北とも~ (2, 0.0%)

1 みんな五メートル六〇センチで, 相談を

▼ 北なら~ (2, 0.0%)

1 たいがいの, ば善七

▼ 北なりに~ (2, 0.0%)

1 北の, 南国が

▼ 北にあたり~ (2, 0.0%)

1 巌石海に, 左は

▼ 北にて~ (2, 0.0%)

1 会合し, 志久見川へ

▼ 北のけ~ (2, 0.0%)

2 はしい

▼ 北はずれ~ (2, 0.0%)

1 にある, の台所町

▼ 北への~ (2, 0.0%)

1 旅で, 沿線には

▼ 北ほとり~ (2, 0.0%)

2 に集まり

▼ 北~ (2, 0.0%)

1 に, も雑

▼ 北よりに~ (2, 0.0%)

1 一基の, 切通しが

▼ 北よりには~ (2, 0.0%)

2 浅間山が

▼ 北~ (2, 0.0%)

1 の足, はみな

▼ 北アジア~ (2, 0.0%)

1 の民族, の諸

▼ 北イタリヤ~ (2, 0.0%)

1 のカノッサ, まで活動

▼ 北コーカサス~ (2, 0.0%)

1 の温泉地, の自然

▼ 北ゴリフ~ (2, 0.0%)

1 だと, を指した

▼ 北ドイツ連邦~ (2, 0.0%)

1 の国旗, は二年前

▼ 北リオハ産~ (2, 0.0%)

2 の赤葡萄酒

▼ 北ワルシャム~ (2, 0.0%)

1 に着い, に行く

▼ 北上せられ~ (2, 0.0%)

1 つつある, ては如何

▼ 北並木通り~ (2, 0.0%)

2 までド

▼ 北~ (2, 0.0%)

1 のおもむき, は西鶴

▼ 北五個荘村~ (2, 0.0%)

1 に分れ, の北東部

▼ 北亞米利加~ (2, 0.0%)

1 の十三州, の沿岸

▼ 北伊豆~ (2, 0.0%)

1 の北伊豆, らしいところ

▼ 北伊那~ (2, 0.0%)

1 における平田派, に国学

▼ 北伐と~ (2, 0.0%)

1 窮乏した, 軍を

▼ 北割下水北~ (2, 0.0%)

2 は枕橋

▼ 北半分信州~ (2, 0.0%)

1 でも主として, の南部

▼ 北南西~ (2, 0.0%)

1 あらゆる海外, の三方

▼ 北印度俗教~ (2, 0.0%)

2 および民俗

▼ 北即ち~ (2, 0.0%)

1 南南西から, 現在宮川町遊廓の

▼ 北向い~ (2, 0.0%)

1 ている, てスタスタ

▼ 北吹く~ (2, 0.0%)

2 風の

▼ 北固山~ (2, 0.0%)

1 は宋, を経

▼ 北國人~ (2, 0.0%)

1 が大, の淨財

▼ 北~ (2, 0.0%)

1 と云う, に遇う

▼ 北~ (2, 0.0%)

1 に満ち, に類する

▼ 北外畜養員~ (2, 0.0%)

1 に挨拶, はニコヤカ

▼ 北太平洋横断~ (2, 0.0%)

1 に試練時代, の定期就航汽船

▼ 北夷陵~ (2, 0.0%)

1 の山路, をさして

▼ 北奉行所~ (2, 0.0%)

1 のやつら, の名

▼ 北威爾斯~ (2, 0.0%)

1 では反対, と此方

▼ 北宋初期~ (2, 0.0%)

1 の人, の錢易

▼ 北宗画南宗画~ (2, 0.0%)

2 に於

▼ 北~ (2, 0.0%)

1 の, の新

▼ 北山川~ (2, 0.0%)

1 の若葉, へ別れ

▼ 北山風~ (2, 0.0%)

2 に夜あらし

▼ 北岳間ノ岳~ (2, 0.0%)

1 の巨峰, 続いて

▼ 北~ (2, 0.0%)

1 より約, を漸く

▼ 北~ (2, 0.0%)

1 の北側, の西南

▼ 北平城~ (2, 0.0%)

1 の公孫, の内外

▼ 北廓全盛~ (2, 0.0%)

2 見わたせば

▼ 北戴斗~ (2, 0.0%)

2 極爲空桐

▼ 北~ (2, 0.0%)

1 といふ温泉場, の温泉町

▼ 北~ (2, 0.0%)

1 して, しスヰス

▼ 北掖門~ (2, 0.0%)

1 にとどめ, へさしかかっ

▼ 北播磨~ (2, 0.0%)

1 に三木城, の奥地

▼ 北支三千万民衆~ (2, 0.0%)

1 に含まれる, の絶対的要望

▼ 北支事情~ (2, 0.0%)

2 の調査

▼ 北支停戦協定違反事件~ (2, 0.0%)

2 と異

▼ 北支国民大衆~ (2, 0.0%)

2 の大衆財閥

▼ 北支戦線~ (2, 0.0%)

1 のところどころ, を見学

▼ 北支方面~ (2, 0.0%)

1 にこうした, に上海方面

▼ 北支独立~ (2, 0.0%)

2 に導く

▼ 北支産業開発~ (2, 0.0%)

2 に際して一等痛手

▼ 北支自治政権~ (2, 0.0%)

1 の樹立, の独立

▼ 北支那海~ (2, 0.0%)

1 に於ける, の方

▼ 北春氏~ (2, 0.0%)

1 にあり, はこの

▼ 北朗兄~ (2, 0.0%)

1 にはすまない, を煩わした

▼ 北朗居~ (2, 0.0%)

1 にころげこむ, は賑やか

▼ 北朗自身~ (2, 0.0%)

1 その例, で知らし

▼ 北歐語~ (2, 0.0%)

1 でも表現, で第

▼ 北武蔵~ (2, 0.0%)

1 から秩父, との山境

▼ 北津輕~ (2, 0.0%)

1 の大, の開拓

▼ 北~ (2, 0.0%)

1 する水, する海潮

▼ 北海岸す~ (2, 0.0%)

2 なは

▼ 北海岸地方~ (2, 0.0%)

1 から壱岐その他, にいる

▼ 北清事變~ (2, 0.0%)

1 が多少, の際

▼ 北~ (2, 0.0%)

1 の荒濤, の雲

▼ 北漢山~ (2, 0.0%)

1 のゴツゴツ, を背景

▼ 北狐塚~ (2, 0.0%)

1 と橡, に陣

▼ 北獨逸~ (2, 0.0%)

2 の一寒村ヴォルプスヴェデ

▼ 北甘楽~ (2, 0.0%)

1 の稲含山, の連山

▼ 北田屋道八~ (2, 0.0%)

1 の手, の誘惑

▼ 北由布院~ (2, 0.0%)

1 この湯, と分れ

▼ 北町奉行~ (2, 0.0%)

1 との対立, との競争心

▼ 北~ (2, 0.0%)

1 とがある, の第

▼ 北相模~ (2, 0.0%)

1 の山々, の風物

▼ 北~ (2, 0.0%)

1 に依, を尊ぶ

▼ 北神正~ (2, 0.0%)

1 がゐた, の三人

▼ 北~ (2, 0.0%)

1 が晴れ, はおよそ

▼ 北~ (2, 0.0%)

1 一里で, 九哩に

▼ 北~ (2, 0.0%)

1 のその, の遠い

▼ 北~ (2, 0.0%)

1 は容易, もこの

▼ 北西~ (2, 0.0%)

2 の三方

▼ 北~ (2, 0.0%)

1 であるか, の沙漠

▼ 北軍南下~ (2, 0.0%)

1 す, の報ら

▼ 北~ (2, 0.0%)

1 の翌年, より江戸

▼ 北鉄買収問題~ (2, 0.0%)

2 と云い

▼ 北~ (2, 0.0%)

1 です, の天

▼ 北鞘町~ (2, 0.0%)

2 の大工喜三郎

▼ 北鮮側~ (2, 0.0%)

1 が南鮮, になすりつける

▼1* [696件]

あたりから海, 北いよいよおさらばだ, 北おまえは顔色, 北かという鍔ぜ, 北かに聞き做, 北がかった風以南で, 北がはに當る, 北がはの襖を, 北がわ西よりの, 北ぐにはまだ雪のなか, 北ぐらいにしかなってないん, 北て, 北ことに閉伊二郡の, 北これぞ王国柬埔寨の, 北さえ吹けば, 北さんいまの駅売, 北さんぢやない, 北さんのと知, 北さん中畑さんそれに向い合っ, 北さん中畑さん私それから母, 北さん何か失敗, 北さん姉妹にどんな, 北ざかいの大王埠に胡, 北ざまに走つ, 北したことの, 北じゃなああ, 北ばり越ト云フ辺ヨリ奥ヘハ通路ナシ, 北すみの第, 北すれば忽ち, 北ざらんと, 北せねばならぬ, 北そうは思わぬ, 北そのお北, 北それではまたあおう, 北だつか, 北だのあくどい色悪, 北風に, 北づめの藤堂, 北であってもこれ丈, 北でありまして四阿, 北であれはたまた, 北であろうと, 北でなければならない, 北ではかような, 北といふのは, 北とへ向つて, 北とやら此處へ, 北など一世を, 北にかけて住む一種, 北にかけての落葉松の, 北にかけては厚い雑木林, 北にでも外れると, 北にと進むにつれて, 北にゃ怨みが, 北によつてゐる, 北に対するつり合い上, 北ねえさんの家, 北のぼたんといふ, 北はずれ北極海にのぞんだ, 北はずれ字小松にある, 北たけのぶかつ, 北ばかりであります, 北ひとりは足早, 北びさしの冷んやり, 北へか北から, 北へが南と, 北へは帰れない彼ら, 北へわたつて, 北までへも踏み込んで, 北むきの窓, 北むく公孫樹の, 北めいめい天秤で荷, 北ようろっぱのひとりの少年, 北よしはら, 北よりの人家の, 北よわれ載せて行く, 北がごとく, 北をめぐってそうし, 北をよけた崖, 北をよけているよい, 北を通じてすさまじい百姓一揆勃発, 北アジア名物の宝, 北アフリカナポリ等の戦線, 北アフリカ航空の線, 北アフリカ西シベリアならびにインド, 北アメリカインディアンの心, 北アメリカ大陸の北はずれ, 北アメリカ植民地すなわち今日, 北アラスカの荒涼たる, 北アルプスへと次第に, 北アルプス中央アルプス南に赤石群山, 北アルプス北半の山, 北イタリー特有の南風, 北インド中国ならびに日本, 北インド咀叉始羅国の北界, 北インド王ランジットシンは呪言, 北オホツックの海, 北オーストラリアとに限られ, 北カナダへいっ, 北カマ平ノノボリカヽリデビバーク, 北カラ北ヘ, 北カロライナ州の海岸, 北ガスビル裏のにしん料理小原女, 北コーカサス地方が主, 北ゴリウという特異, 北シナに渡っ, 北シベリアいったいの, 北スカンジナーヴに至る, 北スコットランドの海, 北セラ大学に行く, 北ダコタ州ホワイト・アウスの農夫, 北チベットにまたがる, 北チリの実況, 北トウガン等の山々, 北ドイツ平原に至る, 北ドイツ語とのまざった, 北ドイツ連邦旗を掲げた, 北ナル小路ニシ散ラシケレバ, 北ニ受ケ遮那, 北ニ転ジテ真ノ沢山, 北ハ曹操ヲ拒ギ, 北ハ西奥仙丈ノ高, 北フリジア諸島の山々, 北ボル子ヲ島附近, 北マラアストランド二十四番街宏壯な五階建て, 北ヨオロッパのチイプ, 北ヨオロツパのチイプ, 北リオハの赤葡萄酒, 北リフォールマーチーを見, 北ロシアチェックスロパックユーゴースラブハンガリア最近時にては英領エジプト, 北ヱルレトリより南テルラチナ, 北しよぐウ, 北ヶ森遅越峠石墨山などの連峯, 北一乘寺之遂志軒因主人金子君之發意, 北一哩強の地, 北一条の, 北一條に曲り, 北一條七丁目の一廓, 北一條札幌區立病院のそば, 北一條通りを右, 北一輝其他の政治思想体系, 北一輝氏は古く, 北七条の西○丁目, 北七條の西何丁目, 北万田山中真田山東間田山と小, 北三マイルにある, 北三十二畳南三十二畳次八畳東二十畳次八畳控え三畳等々たくさんな部屋数, 北三十里の山間, 北三千米に近い, 北三河の段嶺村, 北三津軽郡に亘る, 北三筋町の方, 北三里の赤崎城, 北上杉謙信の進出, 北上野ヨリ直越ニ松, 北下浦の漁村, 北与論島でも沖永良部島, 北を越えた, 北中原を定, 北中央の五人, 北丸屋八二ノ四, 北丹鐵道乘換の地, 北九十五国を平らげ給うた, 北九十五國王道融泰廓土遐畿累葉朝宗不愆于歳, 北九十支那里の富平縣, 北の角, 北二マイルの村, 北二哩の山上, 北二条と大通り, 北二百浬のところ, 北二翁を詰責, 北二荒山赤城山吾妻山西北に浅間山, 北二葉町の旧, 北五味子は南五味子, 北五省に産した, 北の天地, 北亜弗利加のアルジエリイあたり, 北亜米利加合衆国が出来なかった, 北亜細亜の山, 北京極より西, 北人固有ノ剛健ニ恃ム, 北人野外の樂, 北の戦線, 北仲町馬道の一部, 北仲通り本町通り弁天通りが開かれる, 北の一部, 北伊勢八郡の兵, 北伊大利あたりの景色, 北伊太利ロムバルヂアに比べ, 北伊太利中伊太利をばことごとく, 北伊太利國の自然, 北伊豆地震のとき, 北伊賀町十九番地に住ん, 北伊那郡小野村の倉沢義髄, 北伊集院方面が地震, 北伐す時に年六十五, 北伐せしめ又安, 北し本国, 北伝八郎中之郷東馬それから指無し, 北伝八郎中之郷東馬山路主計らが五, 北伝八郎山路主計川島与七郎等, 北にあり, 北の力, 北の後進国たる, 北備後をめぐり流れ, 北備辺陬の山地, 北の士, 北南あたりの, 北八大丈夫だと, 北八心得たる顏, 北八悠然とパイレート, 北八氏に於ける, 北八町堀竹島町に住ん, 北八線路の傍, 北八胡同と西四牌楼北報子胡同, 北八郡の大兵, 北八郡南五郡の北畠, 北公園に行った, 北六條胡同の宿舍, 北六間堀へ出向い, 北六頭の惡, 北出雲路に近く, 北佶摩の, 北劍先生の樣, 北劍君あの人, 北劍有馬勇もと新聞記者, 北勢多郡の村, 北北東ニ向ウ, 北北極海にちかい, 北区中之島付近の往来, 北区大同病院にかつぎ込み, 北十キロのところ, 北十左衛門法隆寺の近在, 北十度東に向っ, 北十里の地点, 北十間川のこと, 北千住町の橋本律藏, 北千島列島を左, 北千島圏内に入った, 北卒四面より急, 北南アメリカ大陸に陣どり, 北南東はどう, 北南組天満の三口御構, 北南組天滿の三口御構, 北南葛城郡が中心, 北南風が通っ, 北南魚沼の郡界, 北南魚沼郡界の東, 北印度中央アジア和漢と移る, 北印度俗宗および俚俗, 北印度俗間宗教および民俗誌, 北印度迦畢試の人, 北原人のヤク, 北厳二郎氏である, 北又は東を, 北及び西北の, 北友松どのがちょうど, 北叟笑いをし, 北叟笑そいつを頬, 北可玉燕女等と署, 北史國號考には猶, 北史等に出でたる, 北史通典太平御覽, 北君そりゃ困ると, 北君位のもの, 北君僕は僕達, 北吹きてやまず, 北吹上より南, 北呂宋の穀倉, 北周以後であるが, 北咲きめぐる高殿, 北とがあっ, 北喜左衛門等は斬首, 北四十里ニシテ足尾銅山アリ其採鉱製銅ノ際ニ生ズル所, 北四号の, 北四川路八号の皆川, 北四東五西二とも申しやす, 北四條を西, 北四條一丁目の氷峰, 北国境の癩, 北國ゆゑ正月はいつも, 北國一の難所, 北國日和と諺, 北國浦の向, 北國浦といへるに, 北國浪人で六十幾つ, 北國空にあらゆる, 北國者で劍術, 北國通ひの, 北國門徒の聖地, 北國關東の夷共, 北圏航路を覆い包ん, 北圓堂境内に今, 北地方の住民, 北地点なるノルウェー・ノールカップ, 北地獄に沿う, 北堀川の東一丁, 北無恙亦, 北堂書抄を唐, 北堂書鈔白氏六帖等の書, 北堂書鈔等に散見, 北堡塁や松樹山, 北塞南徼の外, 北を以て君, 北に向かう, 北外さん私は園長, 北外れ深い深い谷, 北外廓に当る, 北外星吉という主任, 北外星吉氏です, 北大枝越え丹波路, 北大陸ツングースの方, 北天竺乾陀羅国の見, 北天紅を吐き, 北太平洋のもあるいは, 北太平洋一帯に季節, 北太平洋並びにアジア大陸, 北太平洋全面からオホツク海, 北太平洋名物の紗幕, 北太平洋最初の横断汽船, 北太平洋諸島より北米, 北夷諸州の箇々, 北妙見と次第に, 北姐さんの家, 北婆能および巫来半島宗教俚俗, 北守将軍仙人となる, 北安琴の順序, 北安芸橋の架, 北安鎮の, 北宋南宋の稀品, 北宋天聖明道間の刊本, 北宋太宗の太平興国七年, 北宋所刊のもの, 北宋画の宗, 北宗兩派の技法, 北宗風の新派, 北春県に, 北よく来たる, 北や佛教青年會館, 北家宇合を式家, 北寒地方の雪, 北寒荒蕪の山地, 北寮丈にホク, 北寿一人に始, 北将軍といういかめしい, 北将軍馬岱が一軍, 北小学校だけは広い, 北小烏瀬川の河隈, 北小路さんこれはいったい, 北小鳥峠の上, 北少し東に, 北屋根の方, 北屋蔵へ引越し, 北の中腹, 北山の手を握った, 北山城子にかけてはレーネンカンプ中将, 北山谷の山蔭, 北山越しに高松, 北の称, 北岐沢の源頭, 北岡口浜の手辺に有馬勢, 北岩神村にては近年養蚕, 北岳三峰中の最北端, 北岳間ノ岳農鳥西峰農鳥岳の四座, 北岳間ノ岳鳳凰山地蔵岳仙丈甲斐駒八ヶ岳の赤岳等, 北がやや, 北の恐るべき, 北に棲ん, 北を隔て, 北幾百里奇蹟の多い, 北庁南庁北の健児, 北廊下のほう, 北廟所には江戸時代中期, 北の焼石, 北征出発直前のこと, 北征南略中央にある, 北征我艦要撃之于宮古, 北征賦王命論の作者, 北征軍艦八隻の内, 北後ろの岡, 北慎言とも署, 北の竹, 北投温泉といえ, 北拒丁令東却夫餘西撃烏孫盡據匈奴故地, 北搦手門の守備, 北支七番の坂本さん, 北支中支の將兵, 北支事変勃発と共に軍事行動, 北支事変特別税ての, 北支五省の連絡機関, 北支作戦の完全, 北支出征の横君, 北支南支仏印フィリッピンビルマ戦争らしい戦争, 北支各方面の戦線, 北支問題日ソ問題其の他, 北支四州に満足, 北支大同の映画, 北支宣撫班のはなし, 北支工作の一時的行きづまりなどは, 北支工作その他の活動, 北支戦線報告ての, 北支文化なるもの, 北支民衆の上, 北支派遣が上海派遣, 北支派遣軍の手, 北支蒙古と言っ, 北支行動の消極化, 北支行動其他が挙国不一致外交, 北支視察の帰途, 北支記事を読ん, 北支農民大衆の生活力, 北支農民暴動の後, 北支辺へ旅行, 北支辺りの支那人, 北支那ニ投資的侵略ヲ學ビタルコト悉ク獨逸, 北支那一帶殊に山東地方, 北支那人一般にも通用, 北支那冬寒厳しき地, 北支那滯在中屡, 北支那留學中には殆ど, 北支那遼東方面の明軍, 北支部分に於, 北支風雲ます, 北数十穹神田川の咽喉, 北數町にし, 北斉以来久しく法典上, 北斉赦あるごと, 北斜面与田切川源流に面し, 北新堀町の鍋久, 北新川は大江戸, 北新書局というところ, 北新道のあたし, 北日ヶ窪であり向う, 北日本の大, 北有馬太郎に嫁, 北朗さんとお, 北朗カラツけつ也故に妻君, 北朗一日寒霞渓に至り, 北朗五日庵に居た, 北朗兄緑平兄酒壺洞兄元寛兄白船兄樹明兄そのほか同人諸兄姉, 北朗出発する時曰く, 北朗君武二君と同道, 北朗家の定紋, 北朗徳利も酒盃, 北朗放哉の手, 北朗来の翌日, 北朗毎朝お経, 北朗襲庵の通知, 北望雲州与伯州, 北木幡町の大工作兵衛, 北朱雀大路のはずれ, 北杜夫という作家, 北条は五代になる, 北に優る, 北のいずれ, 北東あらましは有力, 北東西有幾峯買得住來今幾日尋常誰與坐從容, 北松花江の東岸, 北栖賢禪寺寺者係青龍老師之創建, 北極地に住み, 北極洋中を漂流, 北を連ね, 北に比し, 北樺太ピレオの村, 北樺太千島の附近, 北樺太石油最近借区料問題, 北次男磐四女やす五女こと, 北欧風の名画, 北歐といはずに文學, 北歐人に似, 北歐固有のもの, 北歐式の陰慘, 北歐思想明暢清朗なる希臘田野, 北歐文學と申します, 北歐民話の蒐集家, 北歐的修正を加, 北歐神話は可, 北歐神話中の名篇, 北歐訛りのある, 北歐風の欄, 北黎を, 北正面に見える, 北正黎に地, 北武蔵野の一角, 北氷洋側にウラニウム, 北氷洋学術研究所所属の科学者数名, 北氷洋毛皮業は向ふみ, 北氷洋航海中に撮影, 北沿海の警察, 北洞院の西, 北津軽の地方, 北津輕岩木川村の丘, 北津輕郡内の小, 北派遣堅第九四五〇部隊藤井隊, 北の岸, 北海中の一孤島, 北海人の気魄, 北海岸そこは河原撫子, 北海岸ゴルウェーの由緒, 北海岸ナイル河口を距, 北海岸一帯にその, 北海辺に探る, 北海辺隅に至る, 北涯氏の家, 北の法盛訳, 北涼録四の馬權傳, 北深泥池の産, 北清事件当時にも各, 北清事変青島征伐等を見た, 北清在留の英人, 北清島町報恩寺内専念寺にある, 北清見聞録長江十年観光紀游征塵録満洲, 北済南の地, 北渓らの間, 北渓尾の丸小兼, 北湾入とすれ, 北満州ね, 北満州産の蠍, 北満朝鮮国境からの通信, 北満極東方面に労農ロシア軍, 北満行きはひとまず, 北滿の果て, 北史上の, 北の沖, 北濠州まで産し, 北濠洲四千万哩の海域, 北濱村の小作人, 北濱邊でありませう其處, 北炭井華古河以下大小炭鉱のあり, 北独乙の聯合, 北独逸ゲルマン族の一族長, 北獨逸等に轉, 北玄関の壁, 北碓氷吾妻利根など, 北甘楽地方では十月十日, 北甘楽郡下滝村の慈眼寺, 北生野町一丁目ボタン製造業古谷新六氏方, 北由布から中村, 北の水際, 北畠中将どのがそれ, 北番所で帳面, 北白河までで行かない, 北白河宮永久王殿下の御, 北白馬の鑓, 北監本に出, 北隷山東山西に, 北相爭つてゐる時代, 北眞間山弘法寺の下にある, 北知床岬の南方十海浬, 北知足の三坊, 北碑南帖論と云, 北神保町の辻, 北とて南支那, 北種間のみの混血, 北穂沢にも比すべき, 北竜ヶ鼻に陣, 北筑後から西肥後, 北糸町医師西村の姉婿, 北紺屋町南伝馬町白魚屋敷のあたり, 北組二度目が南組, 北組五十九町南組十一町家数竈数で言, 北組南組とは大, 北組年寄の嘉兵衛, 北市川の, 北美濃と東淺井郡, 北羽州の峡間, 北が完成, 北翼鷲羽岳の南腹, 北は下野, 北に其等, 北自慢の生き, 北自身は顔, 北幽都, 北至於孤竹山戎穢貉拘秦夏, 北笑みながらでも, 北與夫餘接都於丸都之下, 北艦隊と南艦隊, 北花幾星霜加賀衆のお, 北芳四郎という洋服屋, 北苑呂布の家族, 北英灯台局の最初, 北草牛南湊は山, 北蓮台寺野と明白, 北にさ, 北の援士, 北藩中村へ助, 北藩数十の族党, 北虜制御策の祕訣, 北虜駸々日ニ進ムノ勢ヲ抑, 北蚊野村に宇野うめ, 北におり, 北蝦夷の一番, 北蝦夷漂流記にも風, 北行く鴈は, 北行南行ともにほぼ同様, 北衣笠からひがし, 北表面へ廻る, 北裏手に三盃池, 北谷王子朝里女尚氏具志頭按司朝受室, 北豊島滝野川なる西ヶ原, 北豊島郡染井の家, 北豪州クイーンズランド州の連山, 北走し二三日北走, 北走せる山脈の, 北路漫漫農田随処寛又知工業盛, 北軍三百を魚鱗, 北軍光秀の陣営御坊塚, 北軍南軍相戦わざるを, 北軍封鎖線を突破, 北軍船舶を拿捕, 北軍退却の以前, 北輕井澤の高原, 北輝雄は未だ, 北続きその, 北近江六郡あわせて, 北遊終つて秋を兼, 北州天龍沿ひ, 北邊十餘州を手, 北邊防備の畫策, 北に赴き, 北は待合茶屋, 北鉄交渉は円満, 北鉄従業員を, 北鉄従業員検挙事件のよう, 北鉄本線ハルピン新, 北鉄譲渡の決済事務, 北鍛治町に生れ, 北鎌コルの雪洞, 北鎌尾根以上であって, 北鎮白雲の三岳, 北鏡蔵も金奉行, 北長森村にもあり, 北の天, 北の東, 北弗利加に, 北院のに劣らない, 北院中院南院の三, 北院前へ出, 北院総門の奥, 北で検非違使, 北陬海岸地方にはなお, 北の感化, 北陸戦は有名, 北陸路に出, 北隅ケンウッドの森, 北隅越後境の非常, 北隣さんまあお, 北雑賀の一党, 北離宮と海軍省用地, 北雨雲ひくき, 北雪北花幾星霜加賀衆のお, 北雲南奥四川青海北チベットにまたがる, 北雲南麗江連嶺中の一, 北雲急なりと, 北と称する, 北雷式を押し通そう, 北からカムチャツカ, 北露南濠ニ大帝國ヲ築, 北露漁場の漁業権, 北露漁業権をロシア, 北露西亜の諺, 北静廬に学び, 北の軍歌, 北風波を起こし, 北飛騨から能登, 北馬南船とも申し, 北馬城を過ぎ, 北馬蹄斎の浮世絵, 北の迅速さ, 北高南低は, 北高臥のところ是, 北の曹操, 北魏伝来の形式, 北魏孝荘帝の時冀州, 北魏式彫像は実は, 北魏式美術にはギリシア風, 北魏様に先駆, 北魏的なもの, 北魏美術の一半, 北魏進撃と祁山滞陣中, 北魏隋唐となる, 北魚屋町に移った, 北鮮軍とのその, 北は雄, 北鳥羽の方, 北鳥越呉服橋数寄屋橋と三カ所順々, 北鳥越町の通り, 北鳥越自身番の小者, 北鳴ですが貴方, 北麓吉田町から南, 北麓土樽村の人, 北麓麦の穂末, 北齊北周以後であるが, 北齊書を作つたの, 北を攻究, 北齋乃至草艸紙の見