青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「利~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~別に 別に~ ~別れ 別れ~ ~別れた 別れた~ 別れる~ 別段~ ~別荘 別荘~
利~
~利く 利害~ ~利用 利用~ ~利益 利益~ ~到る 到る~ ~到底 到底~

「利~」 3091, 32ppm, 3657位

▼ 利~ (377, 12.2%)

17 もって 9 得て, 見て 5 つけて, 得んと 4 して 3 啗わせて, 得た, 得ようと, 得ること, 得る者, 求めて, 産んで, 知りて

2 [12件] 与えて, 博すること, 占めて, 占めようと, 占めんと, 収めて, 嗅いで, 得るそんな, 得るも, 生ませて, 貪りて, 貪るは

1 [280件] あげるて, いはん, うかがって, うむという, うるであろう, うる位置, えられるに, かきくどいた, くらわせたか, くわしく占い, さとされて, さとり主戦武器, さとり鉄炮, した上, しめて, しめるか, するなんて, する小道具屋, する者, そこに, そそのかして, たくましくする, たのまざるべからず, だき起そう, つとめて, つもって, ともにせ, ともにせざれ, とりやがて, ねがわず今日孔明, はんで, ほ, みては, みようという, みれば, むさぼり天下国家, むさぼるに, むさぼるには, むさぼる習慣, もたらした, もつて, もてせん, もとめるやう, やにわにとりおさえた, よく知つて, 一生の, 一目見る, 三にせる, 上げて, 下げて, 与えた故, 与えるの, 与える場合, 与える方, 与え以, 主眼と, 乱用し, 争いながら, 争うこと, 争うの, 争うより, 争う者, 享受する, 代々幕府とともに, 以って, 任じ兵, 会得しない, 俗に, 保つに, 信認せり, 充全, 先に, 入れようと, 入れるだけでも, 八釜しく, 公に, 共にする, 共にせざる, 出し杏齋先生, 分ち享, 分秒に, 刎ね, 剥奪され, 加えるという, 加へ, 占めける由, 占めさせるなどは, 占めに, 占めるに, 占め尾張三河, 収むるのは模範国民たる, 収めたの, 収め身, 取ろう為, 取上げるという, 受けた者, 受けて, 受けむ, 受取る訳, 吐きたる比丘, 啗は, 喰らわせて, 喰らわせての, 喰らわせると, 喰わすか, 喰わすに, 営むこと, 営んと, 図ったの, 図るの, 図る者, 圖らう, 圖らんと, 夫は, 失いました後, 失えば, 失つた, 失はずその, 失ひて, 失ひカタローニア, 失ふを, 失わしめざる者, 奪いあう夜店, 奪ふ, 好まざるもの, 好み人, 好み同僚全部, 妨ぐ, 守るため, 察して, 専らに, 専有せし, 射り名, 專らに, 尚椋部秦久麻, 巌流島敵討の, 工夫し, 度外視した, 弁じまた, 征す, 征めて, 征めては, 得せしむるのみ, 得せしめん, 得たという, 得たるもの, 得た広野, 得た形, 得た時代, 得ても, 得てること, 得また, 得られましょうと, 得るか, 得るため, 得るとぞ, 得るに, 得るには, 得るや, 得る人, 得る喇嘛僧, 得れば, 得んとて, 得ん事, 得味方, 思いついたという, 思ひ樂, 思ふこと切, 払いゲルマン国, 払い露国, 払って, 払つて借りる, 払つて在る, 抱きおこした, 拾得しよう, 持って, 持つ備え, 掲げて, 掴むとき, 握って, 損じ第, 擁しながら, 攘ま, 收める, 数で, 敷いた路, 敷いて, 書いたと, 果実によつ, 棄てた戀, 楽しまば, 求メ申候, 爭つて成功し, 独占し, 獲たもの, 獲るとの, 獲んと, 生まし, 生みよる事, 生み子, 生むからには, 生むこと, 産み出すよう一つ, 用ゐざる, 用ゐざるべし, 盛に, 看破し, 眼目として, 知らないもの, 破ったその, 示すならば, 示すには, 稼がざるを, 積み真, 積らせ, 算するの速, 約束する, 考えて, 考慮され, 見ざる境地, 見ずに, 見たいなんて, 見たの, 見た上, 見ぬと, 見ること, 見る事, 見込んで, 計るもの, 認めたるに, 誠実に, 説いた, 説いて, 説かしめよ, 説き銀行事業, 説く者, 論じたり, 論ずるの, 謀ったの, 謀って, 謀て, 謀ること, 謀るに, 謀るには, 謀るよう, 謝し, 貪って, 貪ぼるは, 貪らずして, 貪りはなはだしき, 貪り利, 貪るを, 貪れりといふ, 貸して, 趁ふ, 追うこと, 追うところ, 追う和人, 追う町人, 追つて, 追ふ, 追ふと, 逐うて, 運ぶため, 道と, 選抜し, 重ね隠然一つ, 重んじ, 釣る, 釣る巧, 釣る道, 間接に, 離れて, 青年期に, 靴の, 頒つ, 食おうと, 食らわせ石井, 餽る, 高く取ろう

▼ 利~ (242, 7.8%)

10 な人 8 だから 7 な奴 5 なの 4 なん, な人間, な犬, になる 3 だった, ですよ, でも, なこと

2 [26件] じゃない, だと, だという, である, で働き, で少し, で弁説, で腕, なところ, なひと, な女, な娘, な彼, な彼女, な方法, な犯人, な百姓, な若く美しい, になった, に立ちまわる, に見える, のよう, の仲間, はちょうど, よ, 過ぎて

1 [132件] か, かうんと, かな, か嘘つき, か知れやしない, さうな口, じゃあねえかたち, すぎての, すぎても, すぎる, だけがためされ, だそう, だったかという, だったが, だつたの, だつたり, だつて云, だといふ, だとは, だの馬鹿, だよ, であったか, であったという, であって, であつ, であると, であるよう, でしょう, ですもの, でない方, でない父, でなかったわけ, でなければ, では, でほんとに, でまた, でもそう, でも矢張り, でよく, で児柄, で同じ, で器用, で居, で意地, で手触り, で最も, で温和, で男, で目先, で美少年, で自分, で艷, で英語, で訓練, ということ, とか評される, とはちがっ, とはバカ, とは言えません, とも判断, と云う, なお夏, なお姉さま, なお孃さん, なぐらゐ冷静, なせゐで, なだけに, なちや, など, なのね, なやう, なやつ, なアニヨメ, なママ, な事, な二人, な人たち, な人ら, な人間ぢ, な処, な同情, な奴ら, な子, な子供達, な小, な小姑, な少年, な惟光, な文吾, な母, な甥, な男, な私, な考え, な芸術家, な若い, な落つ, な見ばえ, な認識, な連中, な雌猿, な青年, な馬, にかかわり, にきまつてる, になっ, になつたん, になりましょう, にもなり, に別れよう, に引ずり廻される, に教育, に立ち回っ, に立ち回れ, に見え, に逃げ, のうち, のやう, の筈, の顔, はあつし, は次第に, ぶったら損, ぶって, ぶっても, ぶつて, ぶるん, らしい, らしいから, らしいな, らしい人, らしくて

▼ 利~ (189, 6.1%)

13 ために 4 あること 3 山の, 為に, 為めに 2 あとから, つく御, 上へ, 前には, 婦人は, 尊公をも, 顔を

1 [149件] あった例, あるといふ, あるほう, あるもの, ある事, ある地形, ある時, いや欧羅巴, お化, お金は, きいた子, こと, ことなれ, さるヴァイオリニスト, たかい借財, ためこれへ, ためであります, ためです, ためでは, ためどころか, ためなら, ためには, ため大義を, つくやつ, つく金, つく金子, ないこと, ないとき, ない盲戦, はあまり, ふたりで, まだ言ひも, ウヰーンの, カアル皇帝が, サンティアゴは, ブダペストで, 一人息子が, 一国を, 一字を, 上なんかに, 上に, 下落は, 二也, 二人きりと, 二十六ヵ国の, 代理公使を, 会を, 住人南江備前守正忠の, 到着する, 前で, 前に, 前を, 千円紙幣で, 半は, 南ダニュウブ沿岸の, 印度人が, 古い貴族, 名を, 和なり, 和なりと, 和を, 四人を, 城主で, 境に, 増すを, 多いもの, 多い事, 大家アンドレア・デル・サルトが, 大競場, 大軍さえ, 奥深く日本, 女帝マリア・テレサの, 妄念のみ, 存すること, 家が, 家で, 山々も, 山中に, 巷に, 市場のみ, 庭だけは, 弟であった, 心霊学者と, 恋愛詩人は, 悲しみは, 手に, 手前へ, 打手, 技師を, 提言な, 方よりも, 方を, 旅行を, 東競石郷二木に, 母な, 比丘僧に, 沿岸を, 潜航艇だ, 爺さん達を, 物語を, 独立運動の, 皇帝に, 眼を, 祭りの, 程度は, 空を, 第一, 筈であります, 節を, 細い烟, 絵を, 維也納の, 維納に, 美人クリセーイスを, 義軍に, 者は, 耳に, 苗裔三世の, 行く方, 見分にも, 許へは, 誘ふ間, 諸市, 警官を, 貨幣の, 賢さ, 農民である, 迷信たる, 迷信と, 造様に, 連想が, 違わなかったの, 違われたる関白殿, 里に, 錻力屋の, 門を, 関係なり, 陽に, 領分に, 額を, 風が, 風光に, 首を, 首府ウィーンの, 首都として, 首都ブダペストから, 騎士が, 高い金, 鳴物しゃぎりの

▼ 利~ (134, 4.3%)

13 利が 10 利を 2 して, ゐますの, 地震が

1 [105件] あらざるは, あらじ, あらず, うごかず筑前, うごく人間, うとく空手, くらまされず節義, さとい主人, さとい人々, さとい寺方, さとい道具商たち, さとく人心, さとるとか, したが, したがって, とらわれては, とらわれると, なるか, なること, なるよう, はしり権力, モツアルトといふ, 乗つて, 仕えず飄零風泊, 代るに, 任官其子小原勘八名は, 修めんと, 入り東, 入る, 入るまでの, 勢力の, 取って, 取つて, 合わない百姓, 命じて, 営々たる, 培はれ, 売った人間, 大害, 始まって, 就くの便宜法, 廻る四千五百磅, 心を, 惑わされたら百年, 惑わされて, 惑わず大志, 意を, 慧い, 成たりと, 成る, 房枝は, 据ゑたる事あり, 敏い, 敏いこと, 敏い商人, 敏い者, 於ける鐵道賃銀, 於て, 明るくまた, 晦んで, 来られると, 構はず酒と, 欺かれて, 汲々として, 淡如, 渡した, 熱中し, 狎れて, 生れついた人, 用いるなど, 留學した, 盃を, 目が, 眩惑し, 眼を, 石油が, 立っていう, 羅馬教の, 聡い商人たち, 聡き地主, 見させても, 誂えて, 賢いお方, 賢く軟化, 賢ければ, 走って, 走り, 走りながら, 走り易い, 走る世, 走る内地商人, 走る商人, 趨り, 趨る, 迷い, 迷ひ, 送る舅, 速いこれ, 適うもの, 遭えば, 鋭いと, 飄泊する, 飽くと, 騎六万歩七万の, 齷齪する

▼ 利~ (103, 3.3%)

4 積んで 3 ある, あれば, 利を, 嵩んで 2 あった, あるか, ござれば, ついて, 付くとか, 眼目である

1 [75件] あったから, あったし, あって, あっても, ありましょうず, ありまする, あり一気に, あり反軍, あり味方, あり石原庄, あるが, あるぞ, あると, あるといった, あるに, あるまい, あるわけ, ある筈, いい始めたもの, いそいで, およそ九十両, かえるまで, ここで, すりとるなる, たおれて, ついた, つくまた, つっ立ったの, つもつてひどい, つもる, にぎやかに, やったの, わずか三百人, ボスニャ・ヘルチェゴビナを, 一つ男らしく, 一は, 五人ただいま, 個人の, 出それ, 加わって, 医務室に, 可かった, 増して, 多いの, 娘で, 嫉妬は, 宜い, 少いといふ, 彼女の, 後ろに, 念珠を, 悟道の, 悠然と草, 戦に, 政敵と, 有りますこれ, 決して少く, 法隆寺の, 生れたという, 病気の, 痛みを, 眼目です, 積って, 積つてその, 積つて百兩に, 積もって, 第一, 腕を, 認めて, 通念に, 附着い, 附着する, 高いそれ, 高いの, 高うて

▼ 利~ (100, 3.2%)

4 は, は大きい

2 [35件] お利代, が再び, が出, が強, と話した, の一家, の下駄, の先夫, の坐, の家, の心根, の思つて, の悲しき, の手, の育つた, の胸, の膝, は一生懸命裁縫, は俯いた, は俯向, は夜, は思つて, は思ひ, は急い, は感心, は洋燈, は涙, は盥, は目, は直ぐ, は立つ, は言葉, を叱つ, を救, を案内

1 [22件] が医師, が寝ず, が寢, が醫者, が顏, が顔, に手伝, に手傳, に泣き附い, に泣付い, の口, の口振り, は何気ない, は何氣, は加藤医師, は加藤醫師, は智恵子, は智惠子, は極, は極り惡氣, も智恵子, も智惠子

▼ 利~ (91, 2.9%)

4 のため, の爲

2 [11件] でもない, とか名誉心, にも旺盛, に迷, に飢え, の心, の念, の犯罪, は美, よりも人, を私する

1 [61件] からで, からにござります, からはなれた, から解放, がなくなる, が交ら, だろう, である, でうごめい, では説明, との複雑, と肉慾, などを眼中, なり, にかれ, にとらわれ, にのみ注がれ, にばかり偏る, に圧制, に変った, に怒る, に敏い, に注ぎ, に生きる, に目, に眼, に覚, に誘う, のふかい, のまなこ, の上, の中, の争奪, の刃, の前, の外, の権力, の跡, はなくなる, は終り, へと転じ, も迷盲, や虚栄心, よりなに, よりならず, より知らない, をたくましく, を伴っ, を募らせ, を喰わし, を思う, を思ふ, を捨てた, を目的, を貪る, を超脱, を超越, を離れ, を離れざる, を離れた, を離れる

▼ 利~ (76, 2.5%)

2 見て

1 [74件] あんがいおちついた, いと誇らしげ, うなずいたが, かすかに, ことごとくこれ, さらに口, その地方自治制, その花, ただ聽, ちょっとうす, ちょっと予算, ないに, なかった, なにかを, はっとした, ひとりおどろき, まるでなにか怪物, もうチロル, もう一つ, もとめんと, よく他人同士, ニーナとの, 一刻も, 一挙に, 下さらず書, 分かって, 占むるぞかし小と, 受封数万石信雄の, 各艦隊, 商人の, 喜んで, 土山水口の, 多いからのう, 大であった, 奇特の, 如何に, 始めから, 少なく敗れれ, 彼の, 後頭部を, 必ずしも大, 持たない, 断じて姫路, 明日から, 朝食が, 松葉杖を, 果して外務次官, 此た, 此の, 泣き腫らした眼, 独逸に, 獲られるゆえ, 甚太夫を, 疾の, 白, 百世の, 知っても, 知りすぎるほど, 秀吉の, 秀吉よりも, 終に保ち, 老の, 肘かけ, 自分一個で, 興味あり, 行為或は, 診察用の, 議論の, 遂に如何, 違いません, 違ふこ, 長沙, 非常な, 首を

▼ 利~ (58, 1.9%)

2 の利権, の東部, へ来

1 [52件] からはドストイエフスキイ, から三百年前, から逃げ, が取れたら, だと, では犬, で新聞, で過し, とかでなけれ, にある, には日本軍, にも之あり, に及ぼし, に土着, に接近, に渋滞, に滞留, に独逸, に白軍王国, に罹っ, のパルチザン, の以太利亜, の低, の哥而西加, の実権, の形勢, の徒輩, の日, の景色お気, の曠野, の木, の横断者, の汽車, の流竄者, の海紫, の画家サルヴァトル・ロザ, の監獄, の空, の荒野, の説話, の金鉱, の間, へ, へやって来た, へ日本, へ送る, もなんのその, をとおっ, を疾走, を通, を通っ, を通過

▼ 利~ (54, 1.7%)

4 の顔 2 が突然, の意志, の館, は五位, は微笑

1 [40件] がお, が一人, が五位, が京都, が声, が急, が敦賀, が枯野, が牽かせ, が貸し, が館, が馬, すなわち有名, である, とがこんな, との間, とを見比べ, と五位, には獣, に至つて, の云, の前, の命令, の声, の後, の従者, の懇意, の来る, はこの, は一ふり, は今朝五位, は唯今俄, は少し, は狐, は郎等たち, は鞭, も側, や利仁, や有, や舅

▼ 利~ (51, 1.6%)

2 する場合, ならむ

1 [47件] あるけれども, あわせ収めて, いい身, いふので, いわなければ, しすべて, したから, して, するところ, するの, する説, なさんと, なるか, なること, なる事, 不利が, 不利との, 不利とを, 争ひ, 云うは, 人に, 伊太利との, 公な, 勢いを, 名を, 善とを, 害二正と, 富源とを, 思う妻, 愛との, 房枝の, 断定し, 旅情を, 朱書し, 栄達を, 無造作に, 瑣事を, 申すこと, 相對, 称するもの, 織田長益の, 考えたから, 致候よりの, 言う事, 賜わり上様, 遠縁の, 黒田右衛門佐光之とが

▼ 利右衞門~ (41, 1.3%)

2 に對

1 [39件] から支配頭, が本, が離屋, だ, でした, で京橋弓町, と今宵, と知つて, にさしたる, に目配せ, のところ, の喉笛, の家, の寢間, の屋敷, の眼, の稱, の穩, の身體, の閨, はこの, はす, はせめて, はその, はつま, は三度び相對, は丹三郎, は今度, は公儀, は平次, は手, は氣, は氣輕, は腹, は自信, は自分, は雇婆さん, をい, を殺す

▼ 利~ (38, 1.2%)

52 の摸写図

1 [31件] がなした, が寺社奉行, が度々, が雪華, なる人, によって刊行, に指, に教えられる, のみが自然, のもの, の仕事, の他, の代り, の住居下総, の名, の如く, の家老, の所, の描いた, の時代, の観察, の観測, は京都, は京都所司代, は大坂城代, は江戸, も厳寒, や鷹見泉石, を以て抽斎, を援, 或は泉石

▼ 利あらず~ (35, 1.1%)

5 と見 2 として別に, とする, と号

1 [24件] いかよう, いま一陣に, で, というわけ, という思い, と云う, と申しまし, と見る, と観念, のち曹休も, の惨敗組, ようやくこの, ギルボア山上に, 之に, 侯爵領地の, 大将の, 平治の, 敗北し, 敗退した, 欧羅巴洲の, 潮岬の, 火事装束の, 退却の, 風雲招かず

▼ 利ける~ (35, 1.1%)

10 ように 2 やうに

1 [23件] かい, から大丈夫, さ, ということ, のです, ものは, もんか, ような, ようなら, んじゃあ, んだ, 人間は, 口の, 境遇では, 奴だ, 妹に, 政治家であり, 気立も, 男に, 者が, 者の, 者は, 身分に

▼ 利~ (32, 1.0%)

5 になる 3 がある, を見 2 や小遣

1 [19件] がまた, で, のある, のこと, の金, は充分, は大した, は望み次第, は高利, もあるまい, も多, をあげ, をお, をつけ, を取っ, を取つ, を取る, を受ける, を見なけれ

▼ 利~ (30, 1.0%)

2 ない

1 [28件] あります, ありますまい, あり北方, ある, あるが, あると, こもごも使い, ともにこの, ないと, なく害, なければ, なし, のって, みんな呆気に, 事破れた, 亦そして加西溢, 入れず高瀬, 取るめ, 大いなる割引, 少なからず, 幕に, 彼の, 得も, 得ら, 来て, 求めずして, 見て, 遥かに

▼ 利堅粉~ (30, 1.0%)

4 と玉子 2 の饂飩

1 [24件] かあるいは, がなけれ, でその, で饂飩, と塩, の代り, の湿気, の溶いた, の粉袋, の衣, は普通, は西洋, へ塩水, を, をいため, をお, をつけ, をふり, を六杯, を加え, を振撒い, を捏ね, を水, を溶

▼ 利本馬~ (26, 0.8%)

2 の姿

1 [24件] いや帆村探偵, がすっくと, がひどく, がテーブル, じゃねえ, だけで, てえ, では, という妙, という背, としてこれ, とは真赤, と名, と鉢合せ, などと名, の仮面, の坐っ, の方, の芸名, はいつも, はもう, は小声, は足, 実は帆村探偵

▼ 利~ (25, 0.8%)

1 [25件] あれが, げすから, せう, その場, また大, セレナ夫人が, 一番有名な, 今も, 何等の, 供の, 動いて, 吉原の, 失った, 婦人たちに, 婿が, 宜いが, 御用達申し, 新躰詩, 有名な唄い, 油揚ば, 生きて, 百姓町人に, 衆には, 行かず戦って, 金を

▼ 利~ (24, 0.8%)

1 [24件] が下, が東條紀伊守, に贈られた, に預け, の兩隱居, の卜庵, の妻森尾氏, の襯衣, はこれ, は一應, は伊丹, は信濃産, は兩人共, は友信, は後但馬, は甲斐守歸邸, は番人, は筑前, は素播磨, は跣足, は長政, は陸路, は領地, は馬

▼ 利~ (23, 0.7%)

1 [23件] かい, がなれ, じゃない, だ間違い, でも逢え, という浮名, に違い, の声, の妻子, の家, の後, の浅間, の癖, の行末, はひどく, は平気, は落, は薄気味悪い, は言葉, は顔, もくるし, をなぶり, をなめやがった

▼ 利巧者~ (23, 0.7%)

1 [23件] が相手, だ, だから, だと, であったから, であったよう, である, でつまらない, で妾, で愛嬌者, で才氣走つた人, で結婚後, になりきっ, のツモリ, の千代, の未亡人, の生き方, の首, はこんな, は語る, は貴様, より愚か者, らしい良い

▼ 利耶観音~ (23, 0.7%)

2 を卓子

1 [21件] から思わず, が微笑, が笑つたやう, さうだ, それでも体さ, ではどうしても, と私, と称する, なの, に, には妙, には気味, の中, の台座, の御宮, はい実は, は私, は約束通り, へこんな, へ思わず, を私

▼ 利~ (20, 0.6%)

2 ともはげしい, の人, の貴君樣

1 [14件] さうな好い男, さうな小僧, さうな眼, だから, だと, でそり, で無頓着, で評判, な動物, な娘, な心, に見え, らしい瞭然, らしき眼

▼ 利ある~ (19, 0.6%)

2 を恐れ

1 [17件] ことは, ことを, と同時に, においてをや, に非, のは, もの, ものと, ものとは, もまた, を知, を説き, 争いも, 技能の, 故好, 種ガ島が, 者有り

▼ 利喜太郎~ (18, 0.6%)

2 から頼まれ, と心, は喜平

1 [12件] から事件, から聞かされ, がお前, が隠し, が隠しとる, とやはり, と云え, に対し斯, に対し秩序, に対する訊問事項, を入廷, を喚問

▼ 利あり~ (17, 0.5%)

2 と信じたりき

1 [15件] しか利, て損, という, という意見, といふ意味, とする, とも不善, と信ず, と考へます, また一週間, 仮令火, 害ある, 故に諸人, 斯うい, 水の

▼ 利青年~ (16, 0.5%)

1 [16件] がこれ, だ, と思っ, にきつい, にたしかに, のあやしい, の正体, はうなずき, はさらに, はしばらく, はふだん, は妙, は足, は首, や房枝, を房枝

▼ 利太郎~ (15, 0.5%)

1 [15件] から宝塚まわり, が眼, であるとは, という小僧ひとり, と云う, の四名, の横恋慕, の胸中, は, は其, は大, は面, ほど厚かましく, を呼び, を疑う

▼ 利巧そう~ (15, 0.5%)

2 なお

1 [13件] でない顔, な体, な勝手, な多少, な女形, な常識, な目, な眼, な落ちついた口調, な顔, な顔つき, に涼しく, に見える

▼ 利~ (15, 0.5%)

2 と官職

1 [13件] で匈奴人, にかね, に目, の安全, の蠹, をさり, をもっ, を以て北狄, を得むこ, を得る, を抛ち, を求むる, 及び人爵

▼ 利~ (15, 0.5%)

2 を加

1 [13件] がどっち, でけち, にし, に合し, の勘定, の大, の附く, も払わず帰れ, を二十, を取, を取り, を外國, を痰唾

▼ 利新左衛門~ (14, 0.5%)

2 であった

1 [12件] が大声, が築造, が紙袋, というほう, といふ人, とみな, に任す, の筆法, の設計, の頓智, もいた, を講釈

▼ 利~ (14, 0.5%)

2 のため, を交換 1 とを授かりたい, なんか花, にも換え, の具, の問題, の資料, を分かつ, を措い, を獲よう, を祈念

▼ 利ちやん~ (13, 0.4%)

1 [13件] か, がそんな, がとめ, が受取られる, と同じ, にあんなに沢山, に行く, の物, は何, は気, は知つて, も来る, も泳い

▼ 利~ (13, 0.4%)

10 深くその 1 あり焔, は我千島, は魚

▼ 利~ (12, 0.4%)

2 はいずれ 1 か伊太利人, だの, であるよりも, でゐたい, と四人, のプラザ, の研究, や顔色, ノ言語ニハ, 或遊師子國

▼ 利という~ (11, 0.4%)

1 [11件] ことに, ことも, ものである, ものは, ような, 事は, 人も, 名を, 幕間, 気も, 訳で

▼ 利~ (11, 0.4%)

1 [11件] で金貸叶屋重三郎, により, に刺され, に劈かれ, は柄, は肝, をひき, を兩刄, を打ち, を振, を振ひ

▼ 利~ (11, 0.4%)

2 がまだ 1 が肥後, だった, などという, などは, のため, は但馬守宗矩, は熊本, も遠国, を連れ

▼ 利槃特~ (11, 0.4%)

2 の物語 1 が, という人, のよう, の前身, はついに, は真面目, は答えまし, は箒, を侮り

▼ 利なく~ (10, 0.3%)

2 おのれに, して 1 一七四四年遂に, 国人数千戦死し, 民福なし, 氷山は, 窮地に, 結局特に

▼ 利~ (10, 0.3%)

1 に刺し, に四肢, に彼, の爲, はげしく剛勇, は更に, を振りかざし, 振り上げ兩將, 空しく飛び去れ, 進みて

▼ 利~ (10, 0.3%)

1 に上書, に呈す, に告発, に往かん, の国, の富む, の風教, の黒船, へでも和蘭陀, もおなじ

▼ 利~ (10, 0.3%)

4 して 2 せむと 1 するに, せむ, せむが為め, せんと

▼ 利藻氏~ (10, 0.3%)

2 と豆千代 1 がまだ, の別荘, の方, の顔, は古い, は慌て, は掌面, も声

▼ 利~ (9, 0.3%)

2 の方 1 です, の前, の姿, の蔭, はその, は甲源一刀流, は鉄扇

▼ 利を以て~ (8, 0.3%)

1 し淡, 彼らを, 御武備, 結ぶしか, 誘ったわけ, 誘われても, 説かせても, 説きつけろ

▼ 利~ (8, 0.3%)

1 が突兀, であり話題, でございますよ, です, で地獄, と命名, など, の木太刀

▼ 利巧さ~ (8, 0.3%)

1 うでは, うで知らずに, が娼婦, が目, が賞讃, に心, もある, も日本犬

▼ 利支丹~ (8, 0.3%)

1 お蝶, にし, に勧められ罷り成り, の儀, の教え, の文句, の百牲原, を鬼理志丹

▼ 利~ (8, 0.3%)

2 左衞門を 1 十郎を, 左が, 左衞門が, 左衞門といふ, 左衞門は, 左衞門利休呂宋助左衞門石川五右衞門石田三成と

▼ 利~ (8, 0.3%)

2 だ, をする 1 だと, と, は老, や卑し

▼ 利あらずし~ (7, 0.2%)

1 て勢, て吾が, て國, て腕力, て退く, て逃げる, て雌伏

▼ 利不利~ (7, 0.2%)

1 にかかわらず, に関するのでいかに, は別, は自己, を与へる, を口, を直感

▼ 利亜経由~ (7, 0.2%)

3 とした 1 で帰っ, で彼, にし, の特権

▼ 利~ (7, 0.2%)

1 とか露西亞, の方, の景色, の木, ヲ取得センガタメニ其, ヲ獨占シテ他, ヲ領有スベク露西亞ニ對スル大陸軍

▼ 利~ (7, 0.2%)

1 となし, に傷, に敵, を以て世相, を以て又, を手, を負

▼ 利慾心~ (7, 0.2%)

1 があり, が一倍, が邪魔, だけではじめた, にからまれ, に乗じ, の深い

▼ 利~ (7, 0.2%)

1 とは大, の代り, の像, の前, の加護, の画像, よ彼ら

▼ 利~ (7, 0.2%)

1 でいえ, に通じ, の文献, の講座, はなる, も羅甸語, を話さない

▼ 利である~ (6, 0.2%)

1 からお世話, ためその, という事, と仮定, と考え直し, 限り弓の

▼ 利なき~ (6, 0.2%)

1 ことは, にか, の戦い, もの, ものは, をいひ

▼ 利には~ (6, 0.2%)

1 あらぬ無理強, うごくまいと, 全員が, 巨鯨が, 敏くも, 聰い人柄

▼ 利よりも~ (6, 0.2%)

2 害が, 正を 1 害の, 弊の

▼ 利~ (6, 0.2%)

1 の洗汁, を仮り, を弄, を持たせ, を横たえ, を與

▼ 利~ (6, 0.2%)

1 で摩耶夫人, などいうあり, に生まれ, のお, の主, の貴女

▼ 利~ (6, 0.2%)

1 でも兵, で戦死, における陸軍, の池, の要路, は地名

▼ 利~ (6, 0.2%)

1 がいる, が日記, によって訳され, の後ろ, の研究, の諸

▼ 利~ (6, 0.2%)

1 な心, な懸念, な所, な計画, な頭, に赴かね

▼ 利~ (6, 0.2%)

3 安からぬ借りなれ 1 は一度, を借り, を取った

▼ 利~ (5, 0.2%)

1 が持ちません, ぞ, でな, ということ, という説

▼ 利でも~ (5, 0.2%)

2 時あれ 1 同じである, 西班牙でも, 資産家でも

▼ 利として~ (5, 0.2%)

1 ある, この人, 割出して, 相応な, 知られて

▼ 利なし~ (5, 0.2%)

1 といわね, と考えた, 元服嫁とり聟とり旅立ち万悪し, 元服嫁とり聟とり旅立ち萬惡し, 是故に

▼ 利~ (5, 0.2%)

1 あてて, 向おうとして, 押えきれない憎しみ, 旅行に, 行ったれい

▼ 利~ (5, 0.2%)

1 いざ咀, さな, そは, 来たかや, 見きとは

▼ 利~ (5, 0.2%)

1 七十両借, 射ルノ陋醜, 得タリト, 有スベシ, 獲以テ國運

▼ 利主義~ (5, 0.2%)

1 と淺膚, にも存するだらう, に在る, は國語, 唯我主義

▼ 利亜鉄道~ (5, 0.2%)

1 で欧洲, によって送られ, の汽車, の現況, を利用

▼ 利安等~ (5, 0.2%)

1 はどうか, は兩夫人, は兼, は四十八歳, は隙

▼ 利~ (5, 0.2%)

2 とを知れり 1 いまだ知るべからず, に関しても是非とも, を来たす

▼ 利~ (5, 0.2%)

1 は多く, を均霑, を露國, ヲ爭フガ如キハ資本, ヲ繼承スルコトヲ認容セラレタルトキ相賀シテ

▼ 利~ (5, 0.2%)

1 っ, でさあ, という鹿爪, と名乗っ, を十分

▼ 利祿~ (5, 0.2%)

1 の爲め, を得むこ, を營求, を貪り, 及び人爵

▼ 利~ (5, 0.2%)

1 として世人, とも云, の一人, の亀吉, らしいね

▼ 利あげ~ (4, 0.1%)

2 をした 1 をする, 二三杯ひつかける

▼ 利から~ (4, 0.1%)

1 奪ひ取る, 引離したの, 沢山輸入される, 満洲

▼ 利とは~ (4, 0.1%)

1 一致さすべき, 係わるところ, 秀吉から, 義の

▼ 利ならず~ (4, 0.1%)

1 と考え, と見る, 又絶対的, 又絶對的

▼ 利なれ~ (4, 0.1%)

2 ば彼, ば理窟

▼ 利~ (4, 0.1%)

3 そうだ 1 ばなれ

▼ 利~ (4, 0.1%)

1 としてもなんと, の主張, の譲歩, も伊太利側

▼ 利公債~ (4, 0.1%)

2 の所持者 1 での一〇〇磅, よりも常に

▼ 利喜太郎氏~ (4, 0.1%)

1 が後で, であったればこそ, は終始一貫, は舌打

▼ 利~ (4, 0.1%)

2 よいまだ 1 に生じ, の飽く

▼ 利~ (4, 0.1%)

1 ひに, ひの, ひを, ひ許

▼ 利~ (4, 0.1%)

1 でない本, な人, な子供, を余計

▼ 利~ (4, 0.1%)

1 であつ, である事, で金剛智三藏, の人々

▼ 利~ (4, 0.1%)

2 ずと 1 ず遂に, 尼教

▼ 利~ (4, 0.1%)

1 が如何, に心, の聖人, の道

▼ 利あらざる~ (3, 0.1%)

1 ものは, を聞き, を見

▼ 利いち~ (3, 0.1%)

2 やん 1 や悪い

▼ 利かな~ (3, 0.1%)

3 そうな

▼ 利たる~ (3, 0.1%)

2 に如かず 1 は依然として

▼ 利だけは~ (3, 0.1%)

1 ちゃんとまわす, 伊賀の, 便器の

▼ 利ちや~ (3, 0.1%)

2 んあんた 1 んお母さん

▼ 利でない~ (3, 0.1%)

1 事を, 限りは, 限り一寸

▼ 利では~ (3, 0.1%)

1 なかった, なかったらしい, 聞いた事

▼ 利どの~ (3, 0.1%)

1 お邪魔, か, も相

▼ 利~ (3, 0.1%)

1 お嬢さんじ, ので左, ものである

▼ 利にのみ~ (3, 0.1%)

1 奔つて主の, 走る曲者, 齷齪し

▼ 利まで~ (3, 0.1%)

1 加えた百円以上, 行って, 頼まれるしまつ

▼ 利まわり~ (3, 0.1%)

1 のよい, よく回収, を取っ

▼ 利~ (3, 0.1%)

1 と会っ, の死, の骨箱

▼ 利~ (3, 0.1%)

1 あっての, ごときは, にザッ

▼ 利~ (3, 0.1%)

1 さまが, さまには, さまの

▼ 利亜廻り~ (3, 0.1%)

1 で新た, で来た, の旅

▼ 利亜線~ (3, 0.1%)

1 を帰る, を棄て, を行く

▼ 利~ (3, 0.1%)

1 から来た, から芸者雛妓, から藝者雛妓

▼ 利~ (3, 0.1%)

1 なり, には磨製石鏃, を用

▼ 利多く~ (3, 0.1%)

2 之れ 1 して

▼ 利~ (3, 0.1%)

2 の文明人 1 のみに頼つて

▼ 利支丹伴天連~ (3, 0.1%)

2 の法 1 の魔法使い

▼ 利~ (3, 0.1%)

1 であつ, に對, の女子

▼ 利~ (3, 0.1%)

1 を妨げ, を求め, を糧

▼ 利福尼亜~ (3, 0.1%)

1 という, へ着いた, へ行く

▼ 利花院~ (3, 0.1%)

2 の玉英一合 1 に斎藤越後守

▼ 利~ (3, 0.1%)

2 すゑ 1 大人

▼ 利あっ~ (2, 0.1%)

1 ても知識, て害

▼ 利あらず進む~ (2, 0.1%)

2 に利

▼ 利あり退く~ (2, 0.1%)

2 に利

▼ 利あるずし~ (2, 0.1%)

1 て政党, て政黨

▼ 利あれ~ (2, 0.1%)

1 ばすなわち, ば從

▼ 利けれ~ (2, 0.1%)

1 ばたしか, ば勢

▼ 利じゃ~ (2, 0.1%)

1 ないどうも, なかろうかと

▼ 利~ (2, 0.1%)

1 と思ったら, もので

▼ 利ちゃん~ (2, 0.1%)

1 が何, に対すると

▼ 利であった~ (2, 0.1%)

1 としなけれ, 伯父の

▼ 利であり~ (2, 0.1%)

1 外交駈, 金が

▼ 利といふ~ (2, 0.1%)

1 料亭だつた, 頼み切つた奴

▼ 利といふは~ (2, 0.1%)

1 この女, 海山に

▼ 利とて~ (2, 0.1%)

2 手に

▼ 利との~ (2, 0.1%)

1 戦争又, 間にも

▼ 利にて~ (2, 0.1%)

1 戰死せし, 晝食此の

▼ 利にも~ (2, 0.1%)

1 かかわらず現在弓, 惑はず他に

▼ 利による~ (2, 0.1%)

1 こととは, 以上は

▼ 利のみ~ (2, 0.1%)

1 むさぼる国, 我が家繁榮長久の

▼ 利よりは~ (2, 0.1%)

1 出来て, 却て

▼ 利ニ垂涎シ粉焉沓~ (2, 0.1%)

2 然風

▼ 利~ (2, 0.1%)

1 する日, の爲め

▼ 利~ (2, 0.1%)

1 ともいう, とも言

▼ 利亞興學~ (2, 0.1%)

2 小筌

▼ 利代お前~ (2, 0.1%)

1 よく気, よく氣

▼ 利代一家~ (2, 0.1%)

2 のこと

▼ 利~ (2, 0.1%)

1 も恐れる, ヲ撻スベシ

▼ 利兵衞~ (2, 0.1%)

1 の, の後家

▼ 利~ (2, 0.1%)

1 を拔, ヲ揮フベキノミ

▼ 利~ (2, 0.1%)

2 住人

▼ 利~ (2, 0.1%)

1 に近い, の翁舞

▼ 利古曲~ (2, 0.1%)

2 にピアノソロ

▼ 利~ (2, 0.1%)

1 の累, の羈

▼ 利喜太郎博士~ (2, 0.1%)

1 が巴里, の息

▼ 利~ (2, 0.1%)

2 次有支惟國

▼ 利地の利人~ (2, 0.1%)

2 の利

▼ 利~ (2, 0.1%)

1 居士, 明神か

▼ 利安友信~ (2, 0.1%)

1 それから後, を連れ

▼ 利~ (2, 0.1%)

2 で彼

▼ 利~ (2, 0.1%)

2 と這個二人

▼ 利~ (2, 0.1%)

2 の郡

▼ 利巧ぶつ~ (2, 0.1%)

1 た漁師, た退屈

▼ 利帝国~ (2, 0.1%)

1 の皇帝フランツ・ヨセフ, の貯蓄銀行

▼ 利性幻視力~ (2, 0.1%)

2 が具わっ

▼ 利慾権勢~ (2, 0.1%)

2 に目

▼ 利支丹一揆~ (2, 0.1%)

1 の乱, の総帥

▼ 利支丹宗~ (2, 0.1%)

1 の儀相, の帰依者

▼ 利~ (2, 0.1%)

1 の儀式, の寺

▼ 利教徒~ (2, 0.1%)

2 の労働者

▼ 利文学~ (2, 0.1%)

2 の不安

▼ 利~ (2, 0.1%)

1 僧が, 族

▼ 利~ (2, 0.1%)

1 に取, は四十二三

▼ 利武殿~ (2, 0.1%)

1 の御, の許

▼ 利海軍~ (2, 0.1%)

1 にとる, の守護神

▼ 利渉橋~ (2, 0.1%)

1 の側, を渡れ

▼ 利~ (2, 0.1%)

1 クシテ其, 城郭

▼ 利牙爪可~ (2, 0.1%)

1 怖, 怖も

▼ 利~ (2, 0.1%)

1 を察するあり, を審

▼ 利~ (2, 0.1%)

1 按司に, 角嘉和良と

▼ 利神社~ (2, 0.1%)

1 に於, の境内

▼ 利~ (2, 0.1%)

1 もまた, を遣わし

▼ 利親氏~ (2, 0.1%)

1 であったが, は特に

▼ 利~ (2, 0.1%)

1 を失, を失ふ

▼ 利~ (2, 0.1%)

2 の徒

▼ 利~ (2, 0.1%)

1 の一偵察隊, は北

▼ 利~ (2, 0.1%)

1 の類, も亦

▼ 利~ (2, 0.1%)

1 に蛇, は一番

▼ 利~ (2, 0.1%)

1 に生きた, のなか

▼1* [393件]

あらざらんこと, 利あらざりしかを, 利あらしめ市民並に, 利あらずでその中, 利あらぬ事あり, 利あらんも知るべからず, 利あり見給え諸君もう, 利あるべくもあらず, 利いづれも叙情詩, 利いひね, 利不利か, 利かと云うよう, 利かはつたえな, 利がくふ, 利きなさりますばッ, 利ぎすました鎌を, 利けるだろうかどう, 利こそ大切と, 利ことごとく我に, 利これ貪るの, 利さやを稼ぐこんた, 利さんはずるい, 利ざるべき追, 利すべて我々に幸い, 利それから豊周に, 利だけが帰って, 利だって西班牙だって, 利だのまた羽柴勝雅, 利だ攻めるには困難, 利ちゃんとチコちゃんと, 利つき無記名手形, 利必ず取立ら, 利でありましたから多少, 利でありますからそれ, 利であるべき貴方が, 利でございますから直に, 利ですか, 利でなかったと同様, 利とか用いようなどという, 利とかいう袢纒の, 利とが吉良の, 利とを揃えて, 利どのおまえは見かけなかった, 利なければ去る, 利など組, 利などとはふざけた名前, 利などもして, 利なら益満, 利ならざるにあらず, 利なりしに, 利なりとすれば, 利なる愛欲に, 利なんて吝な, 利については相当に, 利によって他の, 利によるにあらざれば, 利にわたることをも, 利と云う, 利ねど偶と, 利ばかりも何の, 利はりで, 利までは聞えなかつた, 利ものだ, 利兵備を, 利よなどさやは, 利より露国革命派続々, 利らしいのが, 利らしく見事に, 利矢であった, 利れる投槍も, 利をも用ゐる, 利アスヴァニの絞, 利アドリア海沿岸の一寒村, 利アラズイタズラニ君ノ義胆, 利アラズ騅逝カズ騅逝カズ奈何スベキ虞ヤ虞ヤ若ヲ奈何ニセン, 利アリ両ナガラ相済フ, 利アリカ北方の砂漠, 利アリト假想スルモ存置セシムベキ除外例ニ非ズ, 利アリ刺ストキハ則チ刃ヨリモ利アリ両ナガラ相済フ, 利アルヲ知リ淺劣, 利イタト見セカケテ, 利イチャッテ飲ンダト思ッタラモウ死ンダヨウニ寝テラシッタワ, 利イテルカ見タイ気ガスル, 利カナイッテ仰ッシャッテタジャアリマセンカ, 利キ目デ二度便所, 利クケレドモアトノ気持ガ不快デアル, 利クコトハ利クケレドモアトノ気持ガ不快デアル, 利グラシユが一万五千クロネ, 利コンタルツァ町医師ハドナックの二男, 利シツツアル現状ガ正義ニ非ザル如ク, 利スルノ義ニモ非ラズ, 利セントスルニ至テ正義ヲ逸ス, 利チロル県マリエンベルグ村狩猟区監督ウルリッヒの三女, 利トシ又國家經營, 利トスル土地ハ之ヲ國, 利ト云フハ我一ヲ以テ敵, 利ニシテ人ヲ傷クルコト鋒刀, 利義ニ取, 利ハ優勢ノ海軍, 利バワリア北亜米利加などの公使, 利一人だった, 利一家の有, 利一死去の報, 利一等の地位, 利三口添えするであろう, 利三自身すぐそこ, 利三藏に此, 利三郎等の被害民総代, 利丸上山田屋等の袋物店, 利丸竹中半兵衛の兵糧丸, 利乏しく且交通甚だ, 利云々終槍にて刺殺申候, 利井明朗氏の手, 利井氏は真宗, 利亜出兵は恐らく, 利亜出征の田中中佐, 利亜出征米国司令官日本及び支那駐在, 利亜北部の寒い, 利亜単騎旅行の福島, 利亜国に把爾列孟多, 利亜地方からです, 利亜嵐が吹きつける, 利亜方面を跋渉, 利亜旅人の春愁, 利亜犬が旅人, 利亜犬我々の兄弟分, 利亜行については色々, 利亜諸島なの, 利亜風の歌, 利亜麦とか申す, 利亞トニ革命大帝國ヲ建ツル時, 利亞トヲ結合スル時内外蒙古, 利亞ニ取得スベキ運命ニ於テ同一ナル罪惡, 利亞ニ支那朝鮮民族ヲ迎ヘテ先住, 利亞ニ於テ露語ヲ語リ濠洲ニ於テ英語ヲ語ル顛倒事ヲナス能ハザルナラバ, 利亞北海を過ぎ, 利亞國は往昔其職責, 利亞濠洲等ヲ其, 利人たちの手, 利人アブ・アッサンは最初, 利人モ其中ニ知識ヲ得, 利人西班牙人の名, 利仁将軍が大いに, 利仁將軍若時從京敦賀將行五位語, 利仁自身である, 利はそれそれ手水鉢, 利仏蘭西露西亜伊太利西班牙亜米利加瑞典諾威などから来る, 利候, 利代表のゲルベル中佐, 利以外の国籍, 利伊太利大西洋を隔て, 利位城内の防備, 利位泉石の名, 利位等が雪華, 利何處覓無雙, 利倍増長して, 利兄弟震旦の一行阿闍梨, 利国民の, 利八右衛門など一人, 利も福島, 利公使館の書記官, 利兵衞油屋の大好, 利刀乾雲でも断ち切れなかった, 利刀乾雲丸が今宵, 利刀鷹狩で又, 利刑事で佐々, 利住民, 利前勘定とは思われませぬ, 利劍拔きかざし, 利劍揮ひて, 利功主義は荻生徂徠, 利だの, 利勝尾岩志などという姓, 利匈牙利の一国, 利匈牙利白耳義清国丁抹西班牙仏蘭西希臘伊太利ルクセンブルグ墨西其モンテネグロ和蘭波斯葡萄牙羅馬尼亜露西亜塞耳比亜暹羅瑞典那威瑞西土耳其勃牙利の二十六ヵ国, 利匈牙利葡萄牙墨西哥アルゼンチン将た, 利南佛等の地中海沿岸諸市, 利利兄弟震旦の, 利智新, 利右衞門五十二三の脂ぎつた男, 利右衞門八五郎娘のお, 利右衞門平あやまりに, 利右衞門樣のところ, 利右衞門法諡頓譽淨岸居士である, 利右衞門泰了の嫡子, 利右衞門泰了泰了の子, 利右衞門淨岸で淨岸, 利右衞門親分も散々中, 利合った人達であった, 利が銃声, 利は黒田家, 利を善く, 利しのごとし, 利に向っ, 利喜太郎先生の御, 利喜太郎戸塚新蔵を証人, 利喜太郎等のごとき, 利喜太郎編纂の教科書, 利喰いをあきらめ, 利じて, 利四世は靱負, 利国民は付和雷同, 利はやつぱりよかつた, 利地の利を得れ, 利の石垣, 利堅気取りの, 利堅産種の巨犬一頭, 利堅粉五分の半々位のもの, 利堅粉六合即ち, 利とか稲葉刑部, 利耶, 利多かるべしと, 利多く男らしき事業を, 利夜叉西方大威徳北方金剛夜叉明王, 利大いに困るところ, 利大損いまに初めぬ覆, 利大須賀康高本多忠次酒井正親等あり総勢八千, 利天王寺に摩耶夫人, 利天王寺夫人堂の御, 利太郎それに幇間芸者等, 利太郎始め末社からちょいちょい, 利汝所獻男生口四人, 利奔名走汲々, 利の方, 利委員はどう, 利を暗示, 利安鞍手郡高取の城, 利官意識からいっ, 利寺海竜城黒山屯長春遼陽鉄嶺湯崗子等に農場試験地, 利小康からいへ, 利小欲に汲々, 利害多, 利少きものとして, 利少く害多き, 利山大権現大天狗小天狗, 利崑崙八仙の面, 利左いまでもやはり, 利左お前はひどい, 利左ひとりは何とも, 利左衞門貞恒の第, 利巧かいといわれ, 利巧さうに云ふ, 利巧さかげんがよく, 利巧すぎます, 利巧そのものの大家, 利巧ぶりを見せる, 利巧ものかも, 利巧らな, 利巧相ではある, 利巧者二人の仲, 利巧馬鹿で燒餅, 利已主義を理解, 利には角, 利巾系のもの, 利の皇女マリア・ルイザ, 利帝国最初の潜航艇, 利帝國ハイステル騎兵聯隊ピロヴァノ男爵部隊の旗手, 利に名馬, 利同修理之進, 利康修理之進, 利廻しを考え, 利式形式を示し, 利弥由母阿是古志麻波母, 利役某で鶴洲, 利得るといったまでの事, 利徳丸へ乗組, 利も気がね, 利念慾欲がこの, 利性痲痺の, 利性痳痺の, 利の兵, 利悪用する姦通, 利惣太がやられたらしい, 利惣太なぞといういずれ, 利慈氏のため, 利慾その他さまざまなもの, 利慾一点張の男, 利慾中心の生物, 利慾愛相の尽きた, 利慾的存在者と貶した, 利慾的盲動や何, 利慾願望の中心, 利を策し, 利戰鬪に勇, 利ぶった様子, 利払ひも出来ないし, 利拂資金として又, 利挙げて数, 利支丹宗徒の手, 利支丹法度たるべき禁令, 利支天から奥の院, 利政府の当局者, 利走った光, 利智精進の人, 利曲嘴の, 利有らば何ぞ, 利の獅子, 利村南米人文何処遍田家猶未, 利楽事一切集まる, 利榮さへ行方不知, 利榮さんと私, 利榮手代の勘次郎, 利様式の完成, 利權漁りに憂身, 利權設定等ノ禍因, 利を好み, 利の五, 利民仁義慈悲の念, 利民福をもとむる, 利沿岸封鎖が行われた, 利泣くわ, 利海軍建設以来最初の英雄, 利するの, 利済し広く世界, 利遠道路勤勞, 利の井, 利溌さに驚い, 利無きこと必定なり, 利爲率善校尉假銀印青綬引見勞賜遣還, 利の句十八, 利に富む, 利物語には夢中, 利のみ念じ過ぎ, 利が梨花島, 利王エッツェルの許, 利王国が起り, 利王宮にはない, 利瑪竇の, 利生まれだという, 利生れの美人, 利の狐, 利病者になる, 利發ゆゑに信じる, 利發者で何ん, 利白耳義清国丁抹西班牙仏蘭西希臘伊太利ルクセンブルグ墨西其モンテネグロ和蘭波斯葡萄牙羅馬尼亜露西亜塞耳比亜暹羅瑞典那威瑞西土耳其勃牙利の二十六ヵ国, 利百福を求むる, 利皇帝は老いぼれ, 利皇帝フランツ・ヨセフに謁見, 利真山に出現, 利知足第一, 利硝石は遠から, 利社伊奈利と云う, 利神社神璽の印, 利に出, 利禄名声のため, 利福尼亜湾でございますかな, 利空し虚言すれ, 利四回は, 利の法, 利の毒, 利維也納に向, 利維摩詰に問う, 利となった, 利置場に寝, 利者岩下は最も, 利耶様は難, 利耶様私が天, 利自身も老職一同, 利茶道という日本名, 利菩薩と八万四千, 利菩薩及諸佛所説吉凶時日善惡宿曜經を見れ, 利菩薩呪藏一字呪王經や佛説稱讃如來功徳神呪經, 利葡萄牙墨西哥アルゼンチン将た, 利製ラシイベージュノスウェードノ口金ニサファイヤノイミテーションラシイ石ガ這入ッテイルハンドバッグノ前, 利襪樹の根, 利西班牙葡萄牙獨逸瑞西フラマン等の人, 利覚束なく存ぜられます, 利の絶頂, 利諸市が十字軍時代, 利貝塚なり, 利足問題年賦問題反別問題銀と灰吹問題, 利足拝借金歟または下, 利足献納物道銭租金税金から, 利足金上納金なんど一切の租税, 利足金上納金一切の租税, 利の輩, 利通いの船, 利還到録受悉可以示汝國中人使知國家哀汝故, 利那礼河の返り, 利郷中濱御牧等は牧場, 利里公乘成貴年卅六, 利ナルコトコレヲ以テ欧羅巴, 利門名路両ナガラ何ゾ憑ラン, 利門外のおばさん, 利附大蔵省証券を発行, 利非情ノマン中, 利領ラパヌイ群島中のアーレマン島, 利馬竇にも面會, 利駕人我に渡来, 利鬯子爵等が下, 利鬯皇太后宮亮林直康氏等が来, 利鶴子洲と萬當宇滿伊丈, 利は繪