青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「包み~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

勤労~ ~勿論 勿論~ ~匂 匂~ ~匂い 匂い~ 包~ 包まれ~ ~包み
包み~
~包ん 包ん~ 化~ 化け~ 化粧~ ~北 北~ 北条~ 北海道~ 匹~

「包み~」 2647, 29ppm, 4102位

▼ 包み~ (1220, 46.1%)

63 持って 33 解いて 25 抱えて 16 かかえて 14 出して, 持つて, 開いて 13 手に 12 さげて, 背負って 10 あけて, 置いて 9 下げて, 小脇に, 抱へて 8 もって, 取り出して, 解いた 7 といて, ぶらさげて, 提げて 6 おろして, 取って, 抱いて 5 かかへて, 出した, 取り出した, 受け取って, 解くと, 開けて 4 そこに, そこへ, とりだして, ひろげて, 入れて, 出しました, 抱へ, 膝の, 見て, 解きました

3 [19件] かかえながら, かついで, とって, ほどいた, ポケットに, 両手に, 大事そうに, 彼の, 抱えた手, 拵えて, 枕に, 渡した, 片手に, 置き忘れて, 背中に, 胸に, 膝に, 解きながら, 重そう

2 [67件] あけた, おいて, こしらえて, しっかり抱え, しょって, だして, とくと, とり出して, ひらいた, ひらいて, ほどいて, ほどきながら, ほどくと, シッカリと, ベリベリと, 一つ下げ, 一つ抱え, 一つ持った, 丁寧に, 中に, 仙右衛門の, 保管し, 出すと, 前に, 取つて, 取り出したが, 取り返した, 受け取った, 受取った, 受取って, 小わきに, 届けて, 左の, 平次に, 扇に, 投げ出した, 投げ落した, 抱いた霜焼け, 抱えたまま, 抱え出して, 抱へた手に, 拾った者, 持たせて, 持ち込んで, 持ったまま, 横に, 添えて, 渡された, 渡すと, 渡すという, 無言で, 直して, 私に, 網棚に, 背に, 胸の, 脊負って, 荷馬車へ, 見ながら, 見ると, 解かれて, 解きはじめた, 解き中, 蹴込み, 長い袂, 開くと, 首にかけて

1 [633件 抜粋] あけずに, あけたが, あけると, あずかった, あたくし, あなたが, いそいで, いただいただけ, うけとるため, うけると, おかれて, おくと, おさえて, おしいた, おのが, おみつ, おろした, お開け, かかえたおかしな, かかえたり, かかえた左膳, かかえチョビ安, かかえ傘, かかえ片手, かかへない右, かけ木, かさりと, かついだ小山, かつぎあげようと, くくりつけて, くは, くるみ始めた, くれました, ここに, ここへ, こしらえた, こしらえながら, こしらえ上げた, こちらへ, ごぞ, さげたまま, さげてる小野君, さし入れて, さし出し, さし出しましたもの, さらって, しっかりと, しっかり押え, しつかりと, して, しばり, すくい取って, すり替えたの, そこらへ, そっくり送り返したら, そっと置き, そつくり渡す, そのま, その鳥居, たいせつそう, たかくさしあげた, ただ身, だいて, だるく受け取っ, ちらと, ちんまり膝, つくっては, つくらせて, つまみ上げると, つみかえ前, ときかけた, ときながら, とく, とった右門, とりあげた, とりだし眼鏡, とり出した, とり出しました, どうにか処分, どっかとお, のせて, はずすと, ひいて, ひきあげしっかり, ひきよせた, ひよい, ひらきました, ひらくの, ひろいましたる以上, ひろげるの, ひろげ三尺, ふところに, ふりまわす, ぶらさげなすっては, ぶらさげ胡弓, ぶらんぶらんさせて, ほうりだして, ほうり出して, ほおりだしたよう, ほぐした中, ほどきかけた, ほどきに, ほどき中, まくらの, まるでアンパン, まるめだしたが, みんなの, もぎ取って, もち出し, もち母親, もち部隊名, もった人, もっては, もとの, もらい, わきに, わざと人目, わたした, ガサガサと, クルクル廻し, グルグルと, コロリと, ズボンの, ソロソロと, テーブルの, トーマスに, バタバタと, ブラさげ, ブラ下げ, ポケットから, ポケツトへ, マンに, 一つずつ, 一つザクリと, 一つ取出し, 一つ受けとりました, 一つ受け取り, 一つ抱えた, 一つ置い, 一つ背負っ, 一つ茶の間へ, 一所に, 一羽の, 万三郎の, 三つ取り出し, 三宝に, 三等車の, 下げたなり, 下げたまま, 下げた女連れ, 下げた私, 下げてる人々, 下げ伸子, 下げ白粉気, 下げ草履, 下しそれ, 下した, 下へ, 下ろしそれ, 不器用の, 与え借料, 両手で, 並べました, 二つ三つぶらさげた, 二つ出された, 二つ客間の, 二つ持つ, 二ツもか, 云われたとおり, 五つつぎつぎ, 五つ六つ提げ, 今更の, 何度も, 作る前, 傍に, 先づテーブルの, 入れた, 入れたらよかろ, 入れた典膳, 入れると, 其処に, 内緒で, 再び摺, 出したかと, 出したの, 出したので, 出したらかまわねえから, 出し久助, 出し富田さん, 出し火鉢, 出す, 切って, 前へ, 前方に, 卓子の, 印籠の, 卸して, 又卓子, 取らうと, 取りあげて, 取りおろして, 取りだしその, 取りだした, 取りだし申しあわせた日の丸弁当, 取りだすと, 取り上げて, 取り上げると, 取り上げる迄に, 取り出, 取り出し, 取り出しいそ, 取り出しかけて, 取り出しそれ, 取り出そうと, 取上げました, 取上げると, 取出した, 取出しました, 取除けると, 受けとって, 受け取つて, 受け取りながら, 受け取ると, 受け取るなり, 受取り市ケ谷見附, 受取ると, 右手に, 向うへ, 四つ手文庫から, 四本に, 地べたに, 地面に, 埋めて, 外ずしも, 外套の, 大事に, 大切に, 失って, 奪った, 姉の, 子供たちに, 宗左の, 官左衛門に, 専門家が, 小使部屋に, 小布施の, 小脇にか, 岡本に, 左右から, 左手に, 差し出したま, 差出した, 差出して, 巻きつけて, 平らに, 年増女に, 店先へそーっと, 廻すの, 引き出しますと, 引き寄せた, 引き寄せて, 引き寄せ包み, 引き摺って, 引ったくっ, 引ったくり, 引ったくろう, 引奪っ, 引背負っ, 彼に, 後生大事に, 忘れて, 忘れやしなかったかと, 忘れんでな, 急いで, 懐から, 懐きしめて, 懐に, 懐中にね, 戴いて, 戸棚に, 戻して, 手伝って, 手帛の, 手拭にて, 手渡して, 手頸にかけて, 打ち振るよう, 投げそれ, 投げつけ身, 投げるよう, 投げ出しまた, 投げ出す, 投げ落とした, 投げ落とした瞬間, 抛り出して, 披い, 抱いた若い, 抱いた霜燒, 抱えうずくまって, 抱えたチョビ安が, 抱えた外出着, 抱えた女学校, 抱えてたろう, 抱え拾って, 抱え蠅, 抱え込み周章てふためいて, 抱かされて, 抱きとると, 抱き廿文字, 抱き換, 抱て, 抱へた, 押えた姿, 押えながら, 押し返すの, 担いで, 拡げると, 括って, 拵え終ったとき, 拵へて, 拵へてから, 拵へる, 拾おうもの, 拾ったもの, 拾って, 持たされた, 持たせた支離, 持ちあまり, 持ちかえながら, 持ちたまえ, 持ちだして, 持ちながら, 持ち上げて, 持ち出したの, 持ち出して, 持ち出すの, 持ち右手, 持ち尻, 持ち添えたり, 持ち片手, 持ち短く, 持ち身, 持ったまま押し入れ, 持った五十位, 持った女学生, 持った少年, 持つたトヨ, 持つた手, 持て扱いつつ, 持参した, 指さして, 指で, 挙げて, 振り廻すん, 振る手, 振下げて, 探しだして, 探すため, 探った, 掴んだ, 提げようとも, 提げポケット, 提げ一片, 提げ片手, 握って, 揺りあげて, 搜しました, 携へて, 放った, 斜に, 斜めに, 有ち, 有ったまま, 本箱の, 机の, 枕もとにおいて, 枝へ, 梢から, 椅子の, 極右党, 横抱きに, 次から, 気に, 水の, 河内山の, 添へて, 渡されると, 渡され女, 渡しさえ, 渡した意味, 渡し何やら, 渡すの, 渡すべく差出した時, 無造作に, 父親の, 片手にかかへ, 片手の, 片隅に, 玄関口に, 発見し, 目に, 相手に, 眺めた, 眼の, 着た三味線, 破つて中, 確乎と, 示した, 私達の, 私達は, 積みあげて, 積みかさねて, 空中に, 空中へ, 窓の, 窓枠に, 筆者の, 箱の, 紀久子へ, 結びつけ肩, 縁に, 縁側に, 置いた, 置きほとんど, 置き朝子, 群像の, 習慣的に, 肩に, 肩にかけて, 背から, 背負いながら, 背負った女, 背負った男, 背負ってるから, 背負つた男が, 背負つた色眼鏡を, 背負つてとある, 背負つて私は, 背負はせる, 脇に, 脇の下に, 腕に, 腰の, 腹に, 舁いで, 茶の間の, 荷いだ, 荷厄介に, 萬三郎の, 落した時, 藪に, 袖の下に, 西行背負い, 見せて, 見つけた時, 見やりながら, 見ること, 見自分, 見遣りて, 解いたが, 解いた中, 解きかけて, 解きかける, 解きはじめた様子, 解き出した, 解き始めた突き出て, 解き帛紗, 解き脚, 解けば, 調べそれ, 負いて, 負い兵庫, 負つて, 貰って, 買って, 贈らる, 載せた小さな, 載せて, 載せ懐ろ, 近所の, 送ります, 造ったん, 連日にわたって, 道家に, 金と, 鋸屋に, 開いた, 開きましたが, 開き好い, 開き着物, 開き自分, 開く前, 開けたとたん, 開け捻紙, 開こうとも, 預けると, 顔の, 高くさし, 高く左, 鳥から

▼ 包み~ (290, 11.0%)

31 中から 12 中に 11 ような 10 中には 9 中の 8 上に 6 やうな 5 中を 4 ように, 弁当を, 荷物を 3 なかから, なかに, ほうは, ま, 一つを, 中へ, 紐を

2 [13件] ことを, やうに, 中からは, 中は, 代りに, 内容を, 布の, 持ち方, 散薬を, 結び目を, 荷物の, 荷物や, 薬を

1 [139件] あめんぼうに似た, うちから, うちに, うち一つを, お金でございます, お金とを, お金を, かげから, こなしの, その懐, なかには, なかの, なかみ, ひもを, ほかには, ほかにも, ほか多, ままそこへ, ままで, ままである, まま差し出した, まま引っ, まま棚の, まま櫛二枚を, まま置い, まま銀に, まん中は, もとの, ものを, を出し, コードを, パンを, パンフレットが, ボンボン想ひ, マゼ方左右対照マンナカの, 一つから, 一つには, 一ツを, 一方から, 一方だけ, 一番底に, 上から, 上には, 下へ, 中, 中その, 中だ, 中のが, 中味が, 中味ばっかりは, 二品を, 人形を, 側へ, 公孫樹の, 内から, 内容が, 出どころ詮議だけ, 切餅が, 割籠を, 取り散らかった部屋, 口を, 古釘, 品を, 四角な, 土を, 外にも, 大きい荷物, 大きさ, 大きなの, 如きもの, 小豆飯を, 小重, 尻が, 巻絹や, 底の, 弾薬と, 恰好そっくり, 手紙の, 手紙を, 手荷物を, 握り飯と, 散薬が, 新聞紙に, 新聞紙を, 方は, 方も, 書を, 書付を, 書物と, 書類と, 果物か, 様な, 歴史でも, 沢庵を, 油紙は, 泰子を, 物を, 秘仏酒買の, 秘薬を, 積み上げて, 精査に, 紐には, 紐みた, 紙ヨリを, 紫を, 細長い荷物, 結びを, 繃帯を, 義にも, 花を, 荷の, 荷を, 荷物, 荷物武男が, 菓子を, 蔭では, 蕨を, 衣裳を, 衣裳箱を, 衣類と, 装飾なども, 裾が, 見事な, 酢貝を, 重さ, 重りが, 金を, 銭が, 銭の, 銭を, 錠剤を, 長方形の, 頭が, 餅を, 餞別を, 餡ころか, 饅頭を, 骨壺入りの, 魚の

▼ 包み~ (145, 5.5%)

52 して 5 なって, 手を 3 目を

2 [11件] されて, した, したの, すると, する量, すれば, 人気の, 何か, 眼を, 頭を, 顔を

1 [58件] おわびと, からげそれ, こしらえて, したから, したもの, したるなり, したる一, した真冬, した肉, した荷物, した首級, しては, しながら, し一同, し傍, し銀座, するなんて, たたんだ, つつみ直して, なった丸薬, なつてるな, なりましたが, なるの, なるん, ひもを, ぶつかる, やって来ましたが, わけて, わけ娘, ハチ切れる, バイブルの, バラで, 一寸ばかり, 与一の, 五合の, 入つて, 全く掩, 包み秘めに, 包んで, 又八様として, 向っては, 墨で, 小ぢんまりと, 愛着を, 手足が, 来るよう, 東京の, 為て, 物を, 紐を, 腕を, 致し小脇, 荷作りした, 蔵おうとする, 負って, 降りて, 首を, 黒い両手

▼ 包み~ (136, 5.1%)

7 あった 3 あつた, 出て 2 あったので, あり身嗜, ある, あるの, かくして, 一つ, 届いて, 来る, 邪魔に

1 [105件] あけられて, あったが, ありがたい綸旨二通, あります, ありますから, あるから, おいて, おろされますと, お涌, ころげ落ちて, ござる, ごとんと, しだいに下, せっかく現れ, そうな, そこに, そのままであっ, その下, その男, その薄暗い, ちゃんとじ, ちょうど殺人事件, できあがって, どうしてできた, どうやら一個, なくな, まだ兩方, ようやく焦慮, わずかに, スーッと, チャンと, フロックの, 一つずつ, 一つ置い, 一つ葉と, 一ツ落ッこち, 一個, 一個孫太郎虫呼び, 一日の, 三つ, 三つしか, 下がったの, 下せない, 二つあっ, 二つばかり, 二つ置い, 二人の, 來た, 出来ると, 刀で, 別に, 前に, 勿体らしくキチン, 十フランで, 十箇だ, 取りとめられた, 四つふところに, 墓場の, 始まるまでは, 封を, 局で, 届いた時, 山積し, 床に, 懐中から, 手に, 押し合いへし合っ, 拝めなくては, 拡げられる度, 提げられた, 校長の, 死骸とともに, 気に, 流れついて, 無えから, 現れた, 現れました, 現われた, 発見された, 白坊主の, 直ぐ横, 石塊の, 破れて, 私の, 米に, 糸の, 紛失し, 置いて, 落ちたもの, 落ちて, 落ちてるの, 見えないよ, 見つかるよう, 解かれこれ, 解かれると, 転がって, 載って, 載つかつ, 部屋の, 鎮座し, 開かれると, 間に合うよう, 間に合えば, 隠して, 飲用泉の

▼ 包み~ (64, 2.4%)

3 の中 2 になっ, の下

1 [57件] からぷーんと, があつ, がまだ, でくるんだ, で包む, とした, とは一緒くた, と同じ, など非常, なりの上, なん, に, につかつた, になる, には, にはぷーんと, には封, に入れ, に字, に小刀, に残っ, に筆, のま, のまま, のよう, の上, の古, の折れぬ, の萎えたる, の表, の表紙, の裏, はいつも, はこの, はまとめ, はゆうべ, は細かく, は緑, ばかりは立派, も狆, やひも, や紐, らしいもの, をつつきはじめ, をとい, をとり, をクルクル, を乞, を取りだし, を引き掻く, を披, を持ち, を片田博士, を細かく, を開いた, を開き, を開く

▼ 包み~ (56, 2.1%)

2 彼の, 置いて

1 [52件] あなたに, あるかな, かたっぱしから, ございますよ, したが, しても, すぐ奥, すべて他人が, そのままに, その後三月九日と, それぞれ左と, ただ物を, ちょうどカバン, とにかく線香, ないの, なんだい, やがて黒木, ギターの, 一応戸棚, 丁寧に, 事重大と, 京子さんを, 何うし, 何だろう, 先方で, 受付けない由, 四隅を, 土堤へ, 大きい割, 嫂の, 宙に, 富岡の, 左の, 帆村の, 慶長小判と, 早速開けられました, 有難く頂いた, 木綿の, 正直に, 油井の, 減りっこないし, 無造作に, 片モモ, 玉突き室の, 繼母に, 膨らんで, 衛舎に, 記念品とか, 諏訪町河岸に, 重くかさばる, 重くない, 金子である

▼ 包み~ (53, 2.0%)

2 清きは, 稲荷に, 肢節と, 録さんこれは, 長靴を

1 [43件] ありけり, いかにも軽げ, お上げなさるれ, これを, しどけなきもすそ, やらば, わめく木の芽, 上より, 余すこと, 供えたれば, 元気を, 入れたり, 出すは, 厄払に, 參りませう, 土中に, 山下八州の, 山水に, 帰宅パン食食い, 床の間の, 我前に, 持ち来り妾, 持ち行きつ, 持帰る, 握れる手, 景勝の, 熟睡後これに, 病を, 祝ふ, 禿に, 穿たれし, 窃と, 箱の, 緊む, 行くと, 見上ぐるばかり, 見渡すとき, 語らざるより, 賣り歩くは, 集會せる, 静かに, 頭巾深々, 鮭は

▼ 包み~ (47, 1.8%)

3 一緒に, 杖とを 2 大ヤカン

1 [39件] すりかえたの, せり, そう古く, その上, それから風, なしただ, なし置くなどの, ショールを, トマトの, ノートは, パラソルを, 一しょに, 一緒の, 三冊の, 伸子の, 何ら実際の, 割箸の, 印籠を, 厚さ二寸位, 姉さんが, 帽子を, 弁当を, 彼との, 折り詰めあり, 書類とを, 来て, 林檎を, 柳行李と, 柳行李を, 梓の, 次郎の, 洋傘を, 笠と, 笠を, 紅皿を, 罐詰とは, 若林博士の, 行李とを, 香煙の

▼ 包みから~ (41, 1.5%)

2 出して, 手帳を

1 [37件] えらんで, お米, お誂, この陽気, ごそごそと, そうだった, そとを, それを, はみ出した一つ, ふだん着と, まつ黒, 一つつまみあげよう, 何か, 何やらとりだした, 出し, 出したの, 出した雑誌, 出しては, 出た着物, 出た紙入れ, 取り出したアルコール, 取り出し銀子, 吉村に, 外套を, 左右の, 握り飯を, 沢山の, 派手な, 生血が, 白い布, 百円札を, 紙に, 見慣れた汚い, 解いて, 赤塗りの, 風琴を, 食べ物を

▼ 包みながら~ (29, 1.1%)

2 プロペラに

1 [27件] いかさま上方くだり, お茶を, この遺書どおり, しつかと, それだけに, それらの, やがて悠々と, マタ・アリは, 一陣の, 之を, 云った, 先刻, 午後から, 呻き倒れて, 大きな汽船, 子細あり, 屋の, 帰って, 御北さん, 怒鳴った, 断わった, 横の, 浮世の, 答えました, 素足に, 言説以外には, 黒パンの

▼ 包み~ (19, 0.7%)

2 と書面

1 [17件] がそれぞれ何十, が梁, である, とを甲板, と木箱, に聞い, の中, の包み, をしごき, をとっ, をも見た, を持った, を持つ, を胸, を解き出した, を調べ, を首

▼ 包み~ (15, 0.6%)

2 残らずに

1 [13件] かねて, こしらえもし, しないで, せずに, それに, たんまりいたした, なかった, なくなって, 出来あがった, 持って, 無事に, 皆おなじ, 買って

▼ 包み~ (13, 0.5%)

1 [13件] つづらや, バスケットを, レーザの, 万一の, 何かを, 印籠を, 古ぼけたトランク, 服紗包みが, 本食品など, 籠を, 莚ぐるみの, 醤油罎などを, 鞄などの

▼ 包み一つ~ (13, 0.5%)

2 の私, を持っ 1 が美しい, さえも身, だし, と鏡つき, も持たず逃げ出した, を下げ, を小脇, を提げ, 乗らない空車

▼ 包みには~ (12, 0.5%)

1 [12件] いってること, いつたルビークイン, いろ, お浜, かぎらず今, 五百円とか, 何, 圓太郎御, 汚れたシュミイズ, 道庵から, 露き, 食い残り

▼ 包み~ (11, 0.4%)

2 しを 1 さず應, しせず皆んな言, したの, して, しぬれど, しの, しは, すわけ, せなかつた

▼ 包み~ (10, 0.4%)

1 でそれで, では迚, で辛抱, で追い返される, にはありつくだろう, に氣, のよう, を出した, を拾った, を渡された

▼ 包みそれ~ (9, 0.3%)

1 が不思議, には少から, をドーナッツ, をハンケチ, をポケット, を引出し, を担い, を紐, を行商

▼ 包みとを~ (9, 0.3%)

1 ごゆっくり, つきつけられて, もって, 伴れ, 千歯の, 取り出して, 取り落とさんばかりに, 手に, 置いた

▼ 包み~ (7, 0.3%)

1 いっぱいだった, さすがに, その中, フーフーで, 力任せに, 荷揚場の, 鞄へ

▼ 包みらしい~ (7, 0.3%)

5 ものを 1 ものが, 怪しい袋

▼ 包みその~ (6, 0.2%)

2 上を 1 上へ, 上書に, 中に, 場に

▼ 包み~ (6, 0.2%)

1 ぜ, ぞ, とよく, よ, サテ中の, 爾まで

▼ 包みでも~ (6, 0.2%)

1 あるかと, しばりながらの, なんでも, 好いだらうに, 投げ出したらしい音, 持って

▼ 包み~ (6, 0.2%)

1 が簡単, で實, で百合, などにさえ感心, のできた, もし

▼ 包みこれ~ (5, 0.2%)

1 に水, に随, は断じて, を手, を超え

▼ 包みなどを~ (5, 0.2%)

1 ぶら下げて, 抱えて, 持ち出さぬよう, 持つて, 指差した

▼ 包み~ (4, 0.2%)

2 何か 1 何かの, 葵の

▼ 包みそれから~ (4, 0.2%)

1 いよいよ南, 両脚を, 忘れて, 番頭さんに

▼ 包みだの~ (4, 0.2%)

1 バスケットだの, 大分持っ, 背負い切れないほどの, 風で

▼ 包みなく~ (4, 0.2%)

1 これにて, 云って, 披露してやろう, 話したが

▼ 包みなんか~ (4, 0.2%)

1 もち出し, 下げて, 抱へ, 持って

▼ 包みもの~ (4, 0.2%)

1 それは, は夫婦, を両手, を重荷

▼ 包み~ (4, 0.2%)

1 が放射, は眼, は頭, を押え

▼ 包み隠し~ (4, 0.2%)

2 のない 1 ない宿方やり繰り, なく仰言っ

▼ 包み~ (3, 0.1%)

1 ふすべきか, ほせて, ほせなかつた

▼ 包みからは~ (3, 0.1%)

1 いやな, 大根が, 左の

▼ 包みつつ~ (3, 0.1%)

1 ある此際, 朝夕に, 見送って

▼ 包みという~ (3, 0.1%)

1 ことは, のが, ものだけは

▼ 包みなぞ~ (3, 0.1%)

1 あるもの, 背負って, 背負つてテク

▼ 包みにな~ (3, 0.1%)

1 つた金を, つてゐた, つて飴玉と

▼ 包みまで~ (3, 0.1%)

1 腰に, 解いて, 頭に

▼ 包み~ (3, 0.1%)

1 の上, の間, を抱え

▼ 包みあるいは~ (2, 0.1%)

1 かくすこと, 月給を

▼ 包みかくして~ (2, 0.1%)

1 ゐた, 暗に上

▼ 包みがたき~ (2, 0.1%)

2 は人

▼ 包みきり~ (2, 0.1%)

2 だった

▼ 包みすべて~ (2, 0.1%)

1 の判断, を識

▼ 包みそう~ (2, 0.1%)

1 な風雨, に近く逼

▼ 包みだけ~ (2, 0.1%)

1 だつた, ぶらさげて

▼ 包みだけは~ (2, 0.1%)

1 いって, 手に

▼ 包みだけを~ (2, 0.1%)

1 奪って, 拾って

▼ 包みても~ (2, 0.1%)

2 包みがたき

▼ 包み~ (2, 0.1%)

2 ほして

▼ 包みなし~ (2, 0.1%)

1 たる山桜, に安眠

▼ 包みなど~ (2, 0.1%)

1 かねて用意, 背負って

▼ 包みなんだか~ (2, 0.1%)

1 おかしな狐狸, をかし

▼ 包みやら~ (2, 0.1%)

1 庄平の, 笠などを

▼ 包みカバン~ (2, 0.1%)

2 の中

▼ 包み一人~ (2, 0.1%)

1 の母, も残さず討っ

▼ 包み二つ~ (2, 0.1%)

1 くらいになっ, を提げ

▼ 包み~ (2, 0.1%)

1 は悲しい, まで見え

▼ 包み~ (2, 0.1%)

1 て然, へ

▼ 包み其上~ (2, 0.1%)

2 に赭土

▼ 包み出し~ (2, 0.1%)

2

▼ 包み~ (2, 0.1%)

1 しすること, せなかった

▼ 包み小屋~ (2, 0.1%)

1 に帰っ, を包み

▼ 包み~ (2, 0.1%)

1 は巌, を離れ

▼ 包み~ (2, 0.1%)

1 じめ, の間

▼ 包み意久地~ (2, 0.1%)

2 もなく

▼ 包み更に~ (2, 0.1%)

1 大きい木箱, 油紙に

▼ 包み~ (2, 0.1%)

1 に漂っ, を蔽う

▼ 包み~ (2, 0.1%)

1 に沿, に沿い

▼ 包み熱い~ (2, 0.1%)

2 石と

▼ 包み~ (2, 0.1%)

1 から二つ, ばかりを見せ

▼ 包み神前~ (2, 0.1%)

2 に供えさせ

▼ 包み端折~ (2, 0.1%)

2 を高く

▼ 包み~ (2, 0.1%)

2 に納め

▼ 包み紅い~ (2, 0.1%)

1 色の, 色紙に

▼ 包み~ (2, 0.1%)

1 の下, をかける

▼ 包み菓子~ (2, 0.1%)

2 の一つ

▼ 包み~ (2, 0.1%)

1 さず盲人, して

▼ 包み~ (2, 0.1%)

1 の奥, へ運ん

▼1* [271件]

包みあたかも繭の, 包みあらためて下野に, 包みいかにも土地っ子らしい, 包みいきおいこめて, 包みいま地にちらばる, 包みお年玉にくれました, 包みお返しは要らない, 包みかくしがないの, 包みかたにも感心, 包みかばひ保たして, 包みからでも出したの, 包みからも南京玉が, 包みきっと顔を, 包みッきりと, 包みこしらえてそれおしめ, 包みこそ宝石入りの, 包みこちこちの板, 包みごとシッカリと押え付け, 包みごと野良猫めにしてやられた, 包みさえ早くつくなら, 包みさらに低い丘, 包みしかも心を, 包みじゃござんせんか, 包みずつ掏りかえ, 包みそいつをヒョイ, 包みそのままそれを, 包みそのものに到着, 包みその他を旅館, 包みだけがなくなって, 包みだけにとどめました, 包みちゃんと脇へ, 包みてくてく南鍋町の, 包みでありますが, 包みであるかも知れない, 包みですぜ, 包みといふのを, 包みとかいうような, 包みとが置いて, 包みとしてある物, 包みとどいてゐた, 包みとんびを着, 包みどうなさるん, 包みなき心の, 包みなどが積みかさねて, 包みなどのりっぱさは, 包みならハイロに, 包みなんてどうも余り, 包みにでもして, 包みにばかり眼を, 包みばかりがノロノロと, 包みばかりになって, 包みひとつ抱えた北原ミユキ, 包みひどい猫脊を, 包み押し込んで, 包みほうぼう売り歩いて, 包みまあ驚いた小判, 包みまたスーッと, 包みみたいなもの, 包みむごたらしくも川, 包みもうもうとしたきのこ形, 包みもう少しきちんと整理できません, 包みやがてその漬物, 包みようが悪い, 包みよく畜はれたる肥えし, 包みより彼の, 包みをかツ浚ふ, 包みをも小脇に, 包みアブを包み, 包みオンコの上棚板, 包みグイと懐中, 包みサッサッと糊刷毛, 包みタッタッタッタッと走っ, 包みヒョイと左, 包みピチピチしたアメリカ美人軍, 包み一個を所持, 包み一寸先も見えなくなった, 包み一生の寂し, 包み一走りに走り去れり, 包み丁と投ぐれ, 包み三尺余の小, 包みから十文字, 包みは白色, 包み中折の代り, 包み丸く塊まっ, 包み主体を形成, 包み乍ら丑松の方, 包み乍ら乘出しました, 包み乍ら何んか斯, 包み九州には僅か, 包みつもって, 包み二ツか三ツ, 包み二階の部屋, 包み五人の武士, 包みも風, 包みを避け, 包み人気は全く, 包み人間にでももの, 包み仙水だと, 包み伸子に渡した, 包み佐伯に持たせ, 包み何となく粗野な, 包み何んとも云われない, 包み何喰ぬ顔, 包み何等かの変型, 包み個性を越えた, 包みの谷川, 包み其竹で造つた八目, 包みて白状, 包み内懐に入れ, 包み冷たいところに, 包み処々売って, 包みでぬ, 包み刄物を提げ, 包みめんと, 包み前後からになへる, 包み副将岩太郎を先頭, 包み彼の, 包みにお, 包み同じ色の, 包み向井湯の裏口, 包み吸呑の水, 包み呼吸をつまらせ, 包みまると, 包み城下端れの, 包みなる紅葉, 包み大きな袋の, 包み大事そうに帯, 包み大切そうに保護, 包み大根畑の方, 包み奉書が中, 包み妻子なく家産, 包み安全灯を作った, 包みへもその, 包み家士の研学隆武, 包み家庭の人, 包み富岡の座蒲団, 包み小さな青色の, 包み届けたがあれ, 包み山ふじの杖, 包みを包み, 包み岩伝いに北, 包み岩角を沒, 包み工合が常, 包みをほどけ, 包み帽子の前, 包み干戈つねに動き, 包みを騰り, 包み度いと言った, 包みをそれぞれ, 包み引奪るよう, 包み引金に指, 包みのいい, 包み彼女の荒い, 包みの船, 包み後ろの方, 包み後生大事に袖, 包みより彼女, 包みを忍ぶ, 包みる處, 包み懐ろには身分不相応, 包み我々を圧し来る, 包みる一箇所, 包み戸棚へしまっ, 包みを巻き, 包み手袋をはめ, 包み投げ入れてで, 包みへる胡, 包みう王, 包みの首, 包み新鮮にし, 包み日々膨脹せしめ後, 包み昨夜の一刀, 包みから棄て, 包みによっては煮豆佃煮, 包み時に鼻だけしか, 包み書物の間, 包み木綿糸を巻い, 包み本当の片, 包みて居た, 包みも森, 包み槍ヶ岳の横尾谷, 包み横山赤水兩部落の全部, 包み次第に深まる闇, 包み残りのもの, 包み毛皮裏の頭巾, 包み水分を含ませ, 包み水引を掛けぬ, 包みも拭はず, 包み深い暗黒は, 包み深緑のスカーフ, 包みの中, 包み無二無三, 包み無二無三に切りかかった, 包み無紋の衣裳, 包み焼岳を回ぐって, 包み物一箇を彼, 包み物体でないみたい, 包み猪口を二つ, 包み珈琲に玉子, 包み町家の軒毎, 包み異常な確信, 包み白張りの小, 包み白絹の紋付, 包み白足袋にはフェルト草履, 包み白馬にうちまたがっ, 包みに蕎麦, 包みか麻緒, 包み直し箱の中, 包み真っ白に煙っ, 包みを包み, 包みした痕迹等, 包み箪笥の抽斗, 包み精微は隣虚, 包み紙一つにも心して, 包み紙一枚と男持ち, 包み紙人形をこし, 包み紙箱の中, 包みの看板, 包みを欅, 包み繞らす雪絹, 包みを立てさせなかつた, 包みのあたり, 包み背部に二条, 包みのあたり, 包みのうえ, 包み花道で, 包み苦悶のあまり, 包み荒縄に引つく, 包み荷物に作っ, 包み荷造の麻繩, 包み萌黄の胴肩衣, 包みして, 包み藏さずして告げぬ, 包みの眼, 包み衣類を背負わし, 包みが人間の, 包み襟元から鼻, 包み買つて手拭で括, 包み足もとに三十二ポンド弾, 包み蹴込みに, 包み身軽に尻からげ, 包み返しにかかり, 包み遠き雲を, 包み遠方に配達, 包み重三郎に頼み, 包み金真か嘘, 包み金表書には, 包み金音羽も恟, 包み鉄刀の矢来, 包み銘々印籠の二重底, 包み長い水引を, 包みの中, 包み隱さで告ぐべし, 包み雑誌などはみな, 包み電車で東停車場, 包みの上, 包み頭巾の端, 包み頸囲も密, 包み顔色には失望, 包み風呂敷に包みました, 包み食料を用意, 包み飾窓にはこれから, 包みをかくし, 包み香水をそそい, 包みぶねに, 包みの方, 包みに載せ, 包み高い台の, 包み高からぬ鼻, 包み黒い水引きを, 包み黒紋付を着流し