青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「別れた~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

判断~ 判然~ ~別 別~ 別々~ ~別に 別に~ ~別れ 別れ~ ~別れた
別れた~
別れる~ 別段~ ~別荘 別荘~ 利~ ~利く 利害~ ~利用 利用~ ~利益

「別れた~」 1165, 12ppm, 9055位

▼ 別れた~ (133, 11.4%)

21 である 9 だが 86 であった, ですが, では 5 です 3 であったが, であるが 2 が最後, だったが, だつた, だと, であります, はつい

1 [54件] かえ, かさへも, かその, かを聽, か斧四郎旦那, か更に, がこんな, がもう, がやはり, がよかつ, が二月十九日, が午後二時頃, が原因, さ, だから, だけれど, だそう, だぞ, だった, だつたが, だらうと, だろうが, だ私, でありました, であるから, でございます, でした, でしょう, ですか, です私, でない大杉, でも, にも拘らず, は, はその, はちょうど, はつい未だ, はどんな, はむしろ, はハルビン, は久しい, は二十, は十九日午後十一時半過ぎ, は十分, は十時前, は午後, は四年前, は四日前, は盆, は真田家, は茶摘み, は靜枝さん, もこの, をわたくし

▼ 別れた~ (59, 5.1%)

3 それから 2 あとで, 今も, 富岡は, 私は

1 [48件] あゝ今頃, いずれあの, いづれ二三日, きみとは, さてこれから, すぐ私, そのおかげ, そのとき, その帰途, その後おじいさんは, その後つい, その瑕, それから第, それが, それも, つかりして, なお幾度, なか, ひとつづるいことをやつてやらうと思ひつき, やがて少, 不思議と, 不思議に, 中数日, 人が, 何だか人, 再び歸つて, 切り立てられた一ツ橋勢, 別の, 叔父の, 器用に, 四ツ塚の, 家に, 家へ, 平生何かの, 幾度振り向い, 彼には, 後に, 旬日の, 最後同じこの, 爾来岡崎, 私たちが, 米兵相手の, 結局一週間も, 翌日に, 西行の, 費, 鈴木の, 間もなく戦争

▼ 別れた~ (45, 3.9%)

3 の自分 2 のこと, の生涯

1 [38件] そのままに, だとか, である, でいつも, でそれ, ではきっと, で彼, で往来, で輿, に, になっ, に天主教, に彼, のでき, のやう, の堀保子, の女, の底疲れ, の心持, の悲しみ, の未来, の李陵, の模様, の苦しい, の鋪道, の鶴見, はいよいよ, は元, まで永く, もしそこ, もしばしば, も君, も山の端, も年上, も幸, をいくらか, をどう, 全然さういふ

▼ 別れた~ (35, 3.0%)

1 [35件] ああ既に, から数える, から間もなく, が二十五, そのままの, でも葉子, というであろう, というもの, とは全く, とは服装, と同じ, に, にあの, にお金, には未だ, には泣いた, にも私, にも自分, に比べ, に男らしい, のかすか, の事, の事情, の取り乱し, の年齢, の悲しい, の言葉, の辛い, の長歌, はお, はまだごく, はもう, は何, は堪らない, よりずっと

▼ 別れたこと~ (32, 2.7%)

3 がある 2 があった

1 [27件] があつ, があります, がたかが, が一応, が名残惜しく, が無, それから飯山, であったろう, でございます, でした, でも, で文学者同志, などめったに, になつて, によって捨て石, に始まっ, に就, はその, は今, は多く, も, も口惜しく, も彼, も悲しかっ, をこんなにはっきり, を思い出し, を遠く

▼ 別れた~ (32, 2.7%)

2 云う, 云っても, 言つた

1 [26件] ありまして, いうじゃ, いうだけの, いって, いふん, おもうと, かの女, するよ, 之は, 云うの, 云つたのである, 仰しゃいますその, 敵に, 聞いたと, 聞かされたり, 聞くと, 見え何, 見せかけて, 見せ紋十郎, 見ると, 言った, 言ったが, 言って, 言ふ, 訊いて, 追想する

▼ 別れた~ (28, 2.4%)

2 との幾月, の名, の思い出, への私

1 [20件] からは, が恋しく, が悲し, が数名, が金持, って, であること, でうんと, に書き送っ, のところ, のプロフィル, のプロマイド, の中, の事, の友人, の友達, の声, の外套, の移り香, の顔

▼ 別れた~ (27, 2.3%)

2 の眼つき, の話

1 [23件] がくる, が以前関係, が女中, が婢, だから, だけに他人, であった, であつ, と同棲, に住居, に出会え, のこと, の人, の悲し, の様, の様子, は夜, は衷心いや, は酒屋, への義理人情, も別れる言う, を一, を燻べた

▼ 別れたきり~ (24, 2.1%)

3 である

1 [21件] いまだに恋しい, お目, だから僕一人, だが, だったが, であったから, でございます, です, ですもの, のあの, の味方, の外郎売, の孫乾, の正, の豹吉, よの, 二度と会えない, 会えも, 会わないので, 多分再会, 逢わなかった

▼ 別れたあと~ (22, 1.9%)

2 でさて

1 [20件] あまった一日, が悶え, では二十七, では死ぬ, でも精神的眩暈, で主税, で女, で谷崎氏, で追っかけ, には例, には死ぬ, に生き, のあの, のわたし, の心地, の淋し, の苦しみ, の苦痛, はいつ, までも何となく

▼ 別れた~ (22, 1.9%)

4 ですが 2 だ, だから, だが, だそう, です 1 じゃない, だ小村君, でしょうあの, ですかね, ですがねえ, ですけれど, ですぜ, ですよ

▼ 別れたので~ (17, 1.5%)

3 あつた

1 [14件] きのうも, その不憫, その当, それで, 仙山も, 兄さんの, 幼少の, 彼の, 早速私, 本派本願寺の, 母親の, 気苦労の, 私にも, 親の

▼ 別れた~ (17, 1.5%)

2 にミレン, は

1 [13件] が急, でもう, といつ, なぞは杳, に會, に逢った, のうしろ姿, の中, の悲しみ, はもう, やおま, や長い, をなつかし

▼ 別れたとき~ (15, 1.3%)

2 これから既に僕

1 [13件] おさびしくはなくつて, とはたいへん, と同じ, と少し, と違っ, には二人, のうしろ姿, のま, のまま, の薄い, の高氏, は東京, 疲れきって

▼ 別れた~ (15, 1.3%)

1 [15件] が依, が聞いたら, である, としてはそう, によせるいたわり, に呼びかけてゐるのであるからさうして, に対して経済的援助, に逢っ, に逢った, のこと, の三番目, の動静, の細心, の葬儀, を恋しく

▼ 別れたばかりの~ (14, 1.2%)

1 [14件] お六, ような, カマルー小の, 主税の, 女に, 女の, 歌子の, 直後だった, 芥川で, 若い伯爵夫人, 蜂須賀彦右衛門から, 銀子に, 門七が, 鶴子が

▼ 別れた~ (12, 1.0%)

2 糸とは 1 みやは, 互にたつ, 半は, 寿, 杉は, 米が, 米は, 絲の, 美代は, 角は

▼ 別れたところ~ (10, 0.9%)

2 で僕 1 から右手, さ, である, でお, です, で本気, へ来た, まで来る

▼ 別れたあの~ (9, 0.8%)

2 翌日から 1 ひとは, をん, 印象の, 時よりも, 男が, 男は, 石橋の

▼ 別れたその~ (9, 0.8%)

1 あとで, 兄は, 女の, 婦人は, 日に, 日の, 時の, 瞬間に, 翌日には

▼ 別れたまま~ (9, 0.8%)

1 おたがいにその, だった, だったなどと, だとの, のお, の小糸, の少年, の朝鮮服, 再び戻っ

▼ 別れた亭主~ (9, 0.8%)

4 の文七 2 は浮気 1 にだ, のこと, を恋し

▼ 別れた~ (9, 0.8%)

1 からもう, から今日, から首, には男, のことば, のよう, の夜, の翌々日, は既に

▼ 別れた~ (9, 0.8%)

1 がカバン, の娘ぢ, はお前, はそれ, はもう, は元, は新宿, は真に, は限り

▼ 別れたもの~ (7, 0.6%)

1 かとその, だった, だという, である, ですから, でも, と見える

▼ 別れた二人~ (7, 0.6%)

1 だけれども, にはまた, のはや, の男達, の白衣, は和泉橋, を見た

▼ 別れた~ (7, 0.6%)

2 がええ, がよい 1 がい, がまし, が身

▼ 別れたから~ (6, 0.5%)

2 である 1 あのつや, それで悲, 大概織江殿の, 小三さん

▼ 別れたよう~ (6, 0.5%)

1 な嘆き方, な心持, な気, に思う, に悲むだろう, に書い

▼ 別れた奥さん~ (6, 0.5%)

1 がお客さん, と逢引, にたかっ, にたかり, に逢っ, のため

▼ 別れた子供~ (6, 0.5%)

2 のこと 1 が, が時どき, の事, の顏

▼ 別れたって~ (5, 0.4%)

2 きっと君 1 一緒に, 不幸じゃ, 泣いては

▼ 別れたのち~ (5, 0.4%)

1 の今日, の寂し, の物思い, の話, は博奕

▼ 別れた~ (5, 0.4%)

1 の君, の妻, の幼, の身, は多く

▼ 別れた~ (5, 0.4%)

1 からであった, からの事, の妹たち三人, の季節, の苦し

▼ 別れたお母さん~ (4, 0.3%)

1 と弟妹達, の臭い, は急ぎ足, を思ひ出す

▼ 別れた~ (4, 0.3%)

2 それも 1 夏川は, 死んだか

▼ 別れた一人~ (4, 0.3%)

2 の姉 1 つ子, の兄

▼ 別れた以上~ (4, 0.3%)

1 だからね, はわたし, は絶対, は表現

▼ 別れた~ (4, 0.3%)

1 とこの, の方, を愛し, を慕う

▼ 別れた~ (4, 0.3%)

1 のやう, の写真, は彼, やぐらいな

▼ 別れた恋人~ (4, 0.3%)

1 がある, と, のかたち, も潜ん

▼ 別れた~ (4, 0.3%)

2 の名 1 なき人, のこと

▼ 別れた瞬間~ (4, 0.3%)

2 から苦痛 1 とそっくりそのまま, にはもはや

▼ 別れた良人~ (4, 0.3%)

1 が, が何, によく, のこと

▼ 別れたけれど~ (3, 0.3%)

1 母親が, 男も, 私ひとりで

▼ 別れたこの~ (3, 0.3%)

1 ところ樹明君大, 中学二年生の, 女優が

▼ 別れたそう~ (3, 0.3%)

1 じや, であった, である

▼ 別れただけ~ (3, 0.3%)

1 であったが, です, でなく世人すべて

▼ 別れたとか~ (3, 0.3%)

1 まそう, 死んだとかいう, 私は

▼ 別れたとかいう~ (3, 0.3%)

2 ことで 1 話だ

▼ 別れたばかり~ (3, 0.3%)

1 です, で多分, まさかあれ

▼ 別れたひと~ (3, 0.3%)

1 の事, の大きな, の青い

▼ 別れたものの~ (3, 0.3%)

1 それは, どうやら少し気, 武大は

▼ 別れた三人~ (3, 0.3%)

1 である, で山路, も北

▼ 別れた先妻~ (3, 0.3%)

1 があまり, の徳川喜和子, の忘れ

▼ 別れた~ (3, 0.3%)

1 である, の疲労困憊, はあれ

▼ 別れた平次~ (3, 0.3%)

2 は店 1 は下女

▼ 別れた~ (3, 0.3%)

1 が果して然, にじっと, まで話す

▼ 別れた旦那~ (3, 0.3%)

1 とコソコソ, の三好, の三好春吉

▼ 別れた男達~ (3, 0.3%)

1 と引越し, の時代, の顔

▼ 別れた~ (3, 0.3%)

1 でございますが, はおりません, を一度

▼ 別れた限り~ (3, 0.3%)

1 であった, であるから, 遂に今

▼ 別れたあと私~ (2, 0.2%)

1 はいや, は毎日

▼ 別れたおかみさん~ (2, 0.2%)

1 が同じ, を斬りつけた

▼ 別れたおまえ~ (2, 0.2%)

1 がさぞ, の望みどおり

▼ 別れたお前~ (2, 0.2%)

1 だ赤, の夫

▼ 別れたかの~ (2, 0.2%)

1 お仙は, 女が

▼ 別れたからと~ (2, 0.2%)

1 いって, 言って

▼ 別れたすぐ~ (2, 0.2%)

1 あとでも, 後です

▼ 別れたっきり~ (2, 0.2%)

1 なん, のあなた

▼ 別れたとかで~ (2, 0.2%)

1 独身者の, 獨身者の

▼ 別れたとき自動車~ (2, 0.2%)

2 の窓

▼ 別れた~ (2, 0.2%)

1 しても, 相違なから

▼ 別れたのに~ (2, 0.2%)

1 わざわざ上方, 踵なぐり

▼ 別れたやう~ (2, 0.2%)

1 なもの, な親しみ

▼ 別れた~ (2, 0.2%)

1 おりうさん, かつた

▼ 別れたわが子~ (2, 0.2%)

1 にめぐり会われる, に三十年後

▼ 別れたわけ~ (2, 0.2%)

1 だったの, でございまする

▼ 別れた七兵衛~ (2, 0.2%)

1 がひとり, はあれ

▼ 別れた三吉~ (2, 0.2%)

1 はこういう, は直ぐ

▼ 別れた~ (2, 0.2%)

1 で千登世さま, で貴様達

▼ 別れた不幸~ (2, 0.2%)

1 つ, つづきに

▼ 別れた人々~ (2, 0.2%)

1 と再会, のなか

▼ 別れた人達~ (2, 0.2%)

2 の顔

▼ 別れた~ (2, 0.2%)

1 だ, なの

▼ 別れた~ (2, 0.2%)

1 の峠茶屋, の親子づれ

▼ 別れた切り~ (2, 0.2%)

1 かれこれ二百年近く, で御座います

▼ 別れた~ (2, 0.2%)

1 の夫, の良人

▼ 別れた友だち~ (2, 0.2%)

1 を尚, を探し

▼ 別れた女房~ (2, 0.2%)

1 と一緒, にある

▼ 別れた女房同様~ (2, 0.2%)

2 に概ね

▼ 別れた~ (2, 0.2%)

1 がよほど, の京都

▼ 別れた~ (2, 0.2%)

1 に逢はず, ゆゑに

▼ 別れた宇津木兵馬~ (2, 0.2%)

1 はその, は王子

▼ 別れた悲し~ (2, 0.2%)

1 さが, さの

▼ 別れた悲しみ~ (2, 0.2%)

1 のため, は別

▼ 別れた教え子~ (2, 0.2%)

1 のうしろ姿, の千二

▼ 別れた時子~ (2, 0.2%)

1 が来る, とハルピン

▼ 別れた~ (2, 0.2%)

1 が未だ, の代り

▼ 別れた祖父母~ (2, 0.2%)

2 も八年前

▼ 別れた細君~ (2, 0.2%)

1 に何処, のこと

▼ 別れた自分~ (2, 0.2%)

1 のやり, の従兄

▼ 別れた~ (2, 0.2%)

1 でさっそく, で芳子

▼ 別れた路次口~ (2, 0.2%)

2

▼ 別れた高氏~ (2, 0.2%)

1 はふたたび, はやがて

▼1* [307件]

別れたあたしの良人, 別れたあたりへ着きました, 別れたいちぶしじゅう, 別れたうれしくもあり, 別れたおふくろの事, 別れたおりの聖ヨハネみたい, 別れたお前様の子, 別れたお母さまのこと, 別れたかなその後ほぼ, 別れたかみさんです, 別れたきり主人は宝清, 別れたきり十何年も会わない, 別れたきり電話もかけ, 別れたぎりしばらく末の弟, 別れたぎりの顔を合せた, 別れたくせに, 別れたくらいであった, 別れたぐつすり眠つた心のやすけ, 別れたけりや今, 別れたこと二人の子ら, 別れたころから見る, 別れたさまが手, 別れた親類らしい, 別れたすこし淋しかつ, 別れたその小さな低い鱗葺, 別れたそれのよう, 別れたただの百姓女, 別れたためかしらまた, 別れただけに不愍も, 別れただけの話で, 別れたっきりその後のこと, 別れたつて云つてたわ, 別れたつて唄なん, 別れたということも, 別れたといふ話は, 別れたとき搬びこんで来たまま, 別れたところがなんぞ計らん, 別れたところ二三日前にみすぼらしい, 別れたとて一生別れる, 別れたとにかく忘れること, 別れたとは思わない, 別れたともはっきりした, 別れたなかぢやない, 別れたなりで倉地, 別れたなんて云うの, 別れたのちあたしはなぜ, 別れたのちわたしはまっすぐ, 別れたのよ云つて御, 別れたはずのオルガ, 別れたひとり者同士はははははけっく, 別れたほどよい酒, 別れたまたの朝, 別れたまま今日に及んだ, 別れたまま先のお, 別れたまま太平洋のもくず, 別れたまま消息不明になってる, 別れたまま空を支えつづけ, 別れたゆえ碌々顔形も分らない, 別れたわけぢやない, 別れたわたくしは円タク, 別れたんぢやア, 別れたアルマンのいる, 別れたサモイレンコは遊歩路, 別れたッきり自家にいる, 別れたピエールのこと, 別れたベルギー婦人とが震災当初, 別れたムク犬であります, 別れたモリエエルが常に, 別れたロマーシとゴーリキイ, 別れたロロにそんな, 別れたンぢや気色, 別れた一ツ橋勢表門と裏門, 別れた一年前の女, 別れた一旦自分の, 別れた一粒種の子供, 別れた不愉快は非常, 別れた与党の人々, 別れた丑松の為, 別れた中門の中, 別れた主人についても私, 別れた乗物は疑い, 別れた乳母やにはちがい, 別れたが曙覧, 別れた二階建で私娼, 別れた人たちに会おう, 別れた人数がまっ黒, 別れたその白犬, 別れた以來の老, 別れた俊助はふと, 別れた俊基はちょうど, 別れた保吉は喫煙室, 別れた信州名物の蕎麦粉, 別れたを送る, 別れた元成と卯木, 別れたは直, 別れた兄さんを尋ね, 別れた兄妹それから手掛り, 別れた兄弟同士の銃, 別れた先生は職員室, 別れた六歌仙は再び, 別れた兵馬はまことに, 別れた其時の高知陸軍病院長軍醫中佐川北伊勢吉氏, 別れた切り二人はけふが, 別れた前夜雨あがりの, 別れた前後の事情, 別れた前髪末吉の姿, 別れた勝子と今, 別れた千葉小山らの別隊, 別れたな男, 別れた友人は大抵, 別れた友同役の友人加山耀蔵, 別れた叔母は直ぐ, 別れた可愛らしい少年宮岡が, 別れた右内を鉄砲, 別れた同じく事情あり, 別れた同性の友, 別れた和田呂宋兵衛ひとりは裾野, 別れた哀れな人間たち, 別れた四ツ目屋雲霧尺取先生金右衛門, 別れた土手と一緒, 別れた土田が来, 別れた地点まで来た, 別れた坂口安吾であった, 別れた城太郎にもない, 別れた場合金のこと, 別れた場所に立つ, 別れたその頃, 別れた夕暮の私, 別れた夕暮母の懐, 別れた大きい齒で, 別れた大きなしかしどこ, 別れた大亀と阿, 別れた太郎は時々, 別れた夫人の浪子, 別れた夫婦の再会, 別れた夫婦仲でも讐うち, 別れた奈破翁一世や前, 別れた女の子を思う, 別れた女優の顔, 別れた女子か知らぬ, 別れた妻十五年間新らしい妻, 別れた妻君が来, 別れた妻子に送り, 別れた姉さんに一度, 別れたのお, 別れた安山鎮までひき揚げて, 別れた実父の下河原清左衞門, 別れた実父鹽原角右衞門様は阿部伊豫守様, 別れたの姿, 別れた室生君へ, 別れた宮城野夫人は親類, 別れた寂しさを, 別れた小一郎は大池, 別れた小原の細々, 別れた小野さんは安から, 別れた少年達がその, 別れた岩村男は控室, 別れた岩松吉致がもたらした, 別れた帰りがけに私, 別れた帰り路に, 別れた常山の子, 別れた平手造酒は両国, 別れた幼弟を憐れ, 別れた弟子を訪うた, 別れた弥之助は東京駅, 別れた弾正忠定遠も, 別れた当座大いにホッと, 別れたはすでに, 別れた影響など微塵, 別れた彼女のこと, 別れた後伊達がまつ, 別れた後僕等は格別急ぎ, 別れた後兵馬はこの, 別れた後堀が吉田, 別れた後校舎の中, 別れた後足ついでに近所, 別れた見ざる恋, 別れた悲哀も確か, 別れた意中の人, 別れた愛人へ出す, 別れた愛想のよい, 別れた或いは其の間, 別れた房一は道平, 別れたのこと, 別れた探偵作家の星田, 別れた播磨屋千六は途中, 別れた敬坊を待つた, 別れた数十人の庭師, 別れた数奇なキャゼリン嬢, 別れたながら今ここ, 別れた文次はあと, 別れた新九郎の居所, 別れた日以来半月ぶりで会った, 別れた春子さんに今夜, 別れた時分のこと, 別れた時刻だ, 別れた時姉さんは何ん, 別れた時源八さんは思ひました, 別れた時町角の高い, 別れた時私が非常, 別れた時雨が降り出した, 別れた最初の年, 別れた最勝寺前お君, 別れた最後の夜, 別れたも林, 別れたのこと, 別れた木暮村がよほど, 別れた本当の倅, 別れた本軍と合し, 別れたの御, 別れた東洋の男, 別れたの一つ, 別れた柳川です, 別れた柳川ヨシエという, 別れたのほう, 別れた之助, 別れた横取りの三公, 別れた横須賀の最後, 別れた樹明兄だつた, 別れたの日, 別れた母親譲りの品, 別れた母親讓りの, 別れたは不思議, 別れた民衆はついに, 別れた気配である, 別れた汽車の中, 別れた泉太や繁, 別れた泰軒はしずか, 別れた浅井が帰っ, 別れた浅井夫婦はこのごろ, 別れた濱島武文と今, 別れた照子の事, 別れた父君の事, 別れた父親が今, 別れた牛乳育ちの弱虫, 別れた猿殿の事, 別れた玄宗の悲しみ, 別れた玉目三郎を憶, 別れた甚三が空馬, 別れた生みの母, 別れた生活が彼, 別れた男の子と女の子, 別れた男鰥だつたの, 別れた當時五六千圓の貯金, 別れた白根行きの二人, 別れた百五十騎だけが夜, 別れた直後に見た, 別れたのよう, 別れた祖母の面, 別れた神谷はそれ, 別れた秀吉はここ, 別れた私たちの高麗丸, 別れた程度のもの, 別れた突然けた, 別れた笹村は暗い, 別れたの賀来子, 別れた米友はひとり, 別れた造は, 別れた終りまで何遍, 別れた経験は生れ, 別れた繁代の世にも, 別れた美しい姉が, 別れた翌日ここの御厨, 別れた翌朝彼ら端公二人はまたも, 別れた老爺の故郷, 別れた者たちを思い出し, 別れたは底, 別れた茅野さんの手紙, 別れた萬兵衞は不自由さ, 別れた藤夜叉は以後, 別れた裴元紹のところ, 別れた親分が言った, 別れた親子づれの一行, 別れたの喫茶店, 別れた許しの新しい, 別れたをした, 別れた貧乏神は街道筋, 別れた貴方の甥, 別れた足軽のす, 別れたでお前, 別れたを孤独, 別れた軍隊が船, 別れたからテーモ, 別れたまで行く, 別れた迷路の中, 別れた途端槍と槍, 別れた連中の話, 別れた遍路の人々, 別れただとかいう, 別れた部将たちが声, 別れたは足らなかつた, 別れたの路, 別れた鉱山班の瀬谷, 別れた銭形平次が先, 別れた錢形平次が先, 別れた限如何なつたの, 別れた雑誌記者の津村, 別れた霊魂は再び, 別れた靜枝さんの話, 別れた頃三代目小さんはしばらく, 別れた頭巾の権高, 別れた風物に異常, 別れた高坂甚太郎の身の上, 別れた高徳は後醍醐, 別れた高橋伊勢守は神楽坂, 別れた鷺太郎ではあった, 別れた麻川氏がしきりに