青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「其中~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

兵士~ 兵庫~ 兵衛~ 兵部~ ~兵隊 兵隊~ 兵馬~ ~其 其~ 其の~
其中~
其他~ ~其処 其処~ 其後~ 其方~ 其時~ 其處~ 具~ 具体~ ~具体的

「其中~」 1074, 10ppm, 10395位

▼ 其中~ (389, 36.2%)

6 於て 4 多くの, 就いて 3 入つて, 私は

2 [20件] あつた, あり, いへるあり曰く愛蘭尚書ウイリアム, 一杯に, 乃公は, 二個の, 交つてゐた, 入ると, 含まれて, 後立山最高, 日本の, 書いて, 活動する, 潛り込んだ, 潜り込んだ, 無かつ, 自分だけが, 身を, 這入ると, 黒い表紙

1 [329件] あった, あつて聲望, あらゆる支那, あり動これ, あり心, ある, あるさ, あるの, ある所, ある水道, いと煖, お客様が, お早, お桐, お腹も, お菊, お葉, かう云つて, ごとの, さつきの, それに, そろそろ真昼, たった一つ, ちやんと, はげしき騷ぎ, ふと話題, ほうこ雛の, ものが, キキイも, バルザツクの, ペンキで, 一人知つてる, 一人立ち, 一円の, 一味沈鬱, 一片の, 一種の, 一箇の, 一通差出人の, 七十余の, 七日八日隙取けれ, 万年雪が, 三つの, 三十人程の, 上では, 下らない詩, 下女は, 不図, 世間の, 両眼, 主客の, 主税之, 主觀的理窟, 乃公が, 乘鞍岳の, 九助の, 予科が, 二つの, 二三を, 二三名は, 二十五兩と, 二艘の, 井上博士は, 交つて美は, 人間の, 人間を, 今日は, 似役人, 住み靜, 何ぞ好い, 何だか父, 何とも云, 何な, 何んです, 何人も, 何等かの, 兄が, 兄も, 先代訥子は, 先刻の, 光が, 入らしめて, 入り今, 入るを, 入場が, 公羊學を, 其主家に, 凡そ三個の, 出羽奧州等七ヶ國の, 切売の, 別けて, 別に歌舞, 前の, 力を, 勇氣を, 動く, 包まれて, 北の方の, 十七八の, 十二歳なる, 卵を, 又全然秋山等拘引事件, 又拍子木, 又母, 反古を, 収めて, 叔父が, 取り込まれて, 取る取つた時, 叙事部分の, 古賀精里に, 各, 各々一個の, 含んで, 含有する, 含有せらるる, 吸い込まれて, 命は, 和尚が, 唯, 唯二三枚あ, 四時が, 四月が, 四角な, 国家的分子あり, 在つて発行所, 在り, 在りといふ, 在ること, 在る分子, 地下最深の, 境垣あり, 変体仮名にて, 多勢の, 大を, 大層身体, 天然的分子あり, 天然的分子を, 天然神話的の, 奮鬪最も, 女の, 如何いう, 嫡子榛軒と, 子どもが, 存するある, 存するかを, 存するもの, 存するを, 存する各種事實, 存する問題, 存する或, 存する所, 存ずること, 存ずるもの, 存ずる所, 実存する, 家へ, 家主も, 寝入, 封じて, 將軍家の, 小流ありし, 小狗, 少しの, 少しはつきり, 少數, 就きて, 居た, 嵐を, 巻き込まれると, 年の, 年まだ, 年嵩な, 幾何の, 座って, 強く働い, 彼は, 後に, 微辭, 悠然として, 愈々初日, 我に, 我等は, 或もの, 或人, 或侍, 或国, 手紙一通あり, 掛つて居ります, 插まれて, 擁したりと, 斯う, 斯く立つ, 新詩發生時代, 日が, 日本少年の, 日清戰爭に, 日記を, 早や, 時代は, 曖昧な, 曰く, 更に二個, 更に多く, 有ません, 有る樣, 校長は, 植ゑ添へ, 横たへ, 機関あり, 歌, 正月も, 此の, 段々怠り, 段々濁る, 母親は, 比較的高い, 水が, 水を, 求むるであらう, 求めて, 汝が, 池蔵太吉村虎太郎平井の, 沈めら, 波は, 泰興の, 活路を, 流通し, 浮游し, 海洋的分子の, 浸ると, 浸込んで, 消えこんで, 混って, 清野さんが, 漫語放言憚る, 潜り込みほんの, 潜り込んで, 潰れて, 無限の, 独り石榴の, 現ぜるを, 現われたり, 理会の, 生えたる花, 生れて, 男子の, 畫の, 當時の, 発生せしめ, 盛り上げられた樣, 真暗な, 真白な, 矢張りある, 磯二も, 神も, 神体がは, 私どもの, 種々の, 穀平から, 積って, 突進したる, 窺は, 立って, 筑紫から, 粟の, 精神病患者の, 經濟論が, 総棟梁, 織り込まれて, 罪人の, 置いたので, 而散歩いた, 肉刀と, 肌の, 腫物一切の, 臥し夜, 自分の, 自然令嬢の, 至重の, 船は, 良人を, 英書を, 茶が, 落ち込んだ澤山, 血が, 西村左馬允という, 見えて, 見出さるる事実, 親類の, 言へる, 討入の, 詠史が, 誂へ, 認識せし, 谷中村の, 象眼された, 貴殿一人愁ひ, 買はう, 賊の, 越後から, 踏入る, 蹈み込む, 転がって, 這入つた, 這入つたの, 這入込み何處, 遊びに, 過して, 過去元始天尊見, 遺恨骨髄に, 醇化され, 鎧ふ, 長々と, 長い梯子, 闇を, 霜降の, 青年の, 面会者が, 頂を, 風を, 養つて時には, 養父五左衞門は, 首が, 骨が, 高い山, 魏略を, 黒い石, 鼓動する

▼ 其中~ (118, 11.0%)

6 一人が 5 一人は, 二三人が 3 一は 2 一に, 一人である, 一人の, 一通は, 優等生は

1 [89件] あすびたもとと言ふ, あるもの慕, ある号, い, 一が, 一つが, 一つであった, 一つである, 一つばかり, 一つを, 一であった, 一を, 一也, 一人であります, 一人と, 一人にも, 一人八歳の, 一人御身ここへ, 一人背の, 一人脊の, 一冊を, 一名一歩進み出, 一番卑しい, 一番大きい, 一番大きな, 一箇所で, 一節袋村の, 一羽は, 一軒から, 一部伝承の, 一部分だけを, 一頭を, 一首で, 七頭の, 三つは, 三人は, 三分一位に, 三四人は, 主な, 二を, 二三の, 二三人は, 二人三人の, 伝来正しく, 向月放, 大きなもの五, 大きな家, 将門を, 小さな岩, 小乘, 尤も滑稽, 左様さ十五までは, 巨な, 年最も, 幾つかは, 幾つかを, 幾個かは, 幾分かを, 幾点かは, 幾部分は, 心の, 或もの, 或物, 或種, 或者, 教訓は, 数座を, 日に, 末吉平左衛門中瀬九郎兵衛の, 武勇最も, 歴史網鑑補といふ, 特に正し, 特に興味深い, 畑地, 真言とも, 端的な, 粘液が, 自分の, 色別を, 若干は, 融通に, 親切なる, 言語が, 資格を, 部分が, 重なる峰, 長者一名と, 雲雀氏は, 首たり

▼ 其中~ (82, 7.6%)

2 の山頭火, の第, はもう, へ出かける, を解消

1 [72件] がある, がいちばん, がよい, が建ちつ, が建つ, たるところ, だつたらどんなに, でござる旅, でなければ, で働ら, として活かすべく, にぢ, にはふさわしい, にはよすぎる, には其中庵, には次, にふくろう, にふさ, にふさわしい, にスローガン, に其中庵, に於ける, のある, のこと, の三雑草, の主, の今日此頃, の其中庵, の土地, の外, の延長, の手入, の文字入, の春, の流産, の記, の調和, の開庵祝日, の饗宴, は, はあたらしく, はその, はどこ, はなか, はにぎやか, はまことに, はまさに, は其中庵臭, は大丈夫, は如何, は家庭, は建つ, は熊本, は私, へ終日掃除, へ行つた, まさに出来ん, もま, も家並, も持つべき, も時, も案外, よ, よ其中庵, らしいお正月, を写し, を庵, を建てたい, を見つけ, を離れない, 乃至俳句, 遂に流産

▼ 其中には~ (74, 6.9%)

2 村端の

1 [72件] さすが御, とんでもない, アイヌも, ピアノや, ピヤノや, ピュローン風な, 一つの, 三ずゐ, 三藏の, 三藏も, 二丁町の, 二度と再び得られない, 人が, 今日我國に, 仏壇風の, 伝記に, 伯爵とか, 何か, 例の, 到底不可解, 前代の, 千秋万歳系統の, 又クラインマン, 又ヴヮンダイク, 又他, 又無量, 又著者, 受出す, 古い種, 同族の, 塚田巡査の, 多くの, 大きな倒木, 山奥に, 屹度判る, 希臘羅馬時代の, 幾千百の, 幾多の, 從來支那に, 御詫, 怒れる人, 思ひも, 数十本の, 校長や, 極めて不注意, 極めて近世, 次の, 段々家, 毎度動物の, 河勝同然水に, 現実に, 甚しい, 疲勞の, 省吾も, 社会状態, 神話の, 空虚の, 立派な, 細川典厩源公の, 自分一人の, 色々野合, 落伍者が, 變遷も, 近所で, 銀細工や, 随分破格, 隨分こんな, 雨は, 雨水が, 霞亭が, 餘程率意の, 高根塩竈深山塩竈車百合等の

▼ 其中~ (58, 5.4%)

2 十五六年後の

1 [56件] アマン・ジヤン氏の, ヘイ此一本が, 三つ当, 事件の, 人形を, 何か, 価の, 兩漢六朝以後に, 其最なる, 副位の, 南に, 唯祖母, 国香は, 地名と, 大嘗祭の, 夫が, 専門学科の, 小さな人形, 嶺は, 幅を, 庄司利喜太郎氏は, 座を, 強い意思, 應仁の, 成長する, 日本人といふ, 春秋公羊傳のみは, 最も困難, 最も小癪, 最も際立つ, 最も面白い, 最も顕著, 最劇的, 最著しい, 末吉の, 検税使大伴卿に従って, 楽しむ, 死んだ兄さん, 殊に呉劉二夫人, 殊に白く美しい, 沸り立った, 活動写真寄席酒場喫茶店などの, 物も, 物馴れた, 獨り, 甚しきは, 眞面目な, 私一人其様な, 精神上に, 綺麗な, 芝生に, 趣味第, 踊らしたと, 道に, 霧が, 黒部峡谷は

▼ 其中から~ (39, 3.6%)

2 紙幣を, 迷ひ出る

1 [35件] くつきりと, これまで, どれだけの, めいめいの, 一本宛抜い, 二十圓許り, 似寄つたもの, 儲けて, 分化し, 分化した, 利益を, 古くて, 史実を, 吹き下して, 唯一苦味だけを, 四百廿壱篇を, 子規が, 彼等の, 得なければ, 必要に, 成りたけ, 手紙の, 撰んで, 最も適當, 根曲り, 次の, 第一, 紅い火, 翠の, 聳え立って, 自分の, 西洋と, 覗つてゐた, 輝くの, 長い指

▼ 其中~ (24, 2.2%)

2 歩いて

1 [22件] おずおず下っ, 今しも, 伝ひ, 奔馳し, 川が, 往來しつ, 或は其一方, 押し分けて, 改められけるに, 横切って, 歩いた許, 歩きながら, 歩する, 民衆が, 潜つたが, 潜り抜けると, 縫うて, 縫って, 貫いて, 透して, 通って, 通らなければ

▼ 其中~ (23, 2.1%)

1 [23件] ぶらりと帰つて, 入れて, 入置既, 割込んで, 夏祭りが, 大股に, 差入れて, 投げ入れたもの, 押し込んだナ, 敢て, 棺桶を, 物が, 眞直に, 砂が, 突き入, 紛れ込んだよう, 細長い針, 這入つたら何とも, 這入つて, 這入ツ, 部分的に, 飛び込んだよう, 黒い頭

▼ 其中でも~ (21, 2.0%)

1 [21件] とりわけ田安家, まあ話せる, マア話せる, 五色ヶ原は, 井上博士の, 初等教育は, 利根川の, 年を, 彼女は, 忠一は, 最も熱心, 權勢家の, 此橘屋なる, 殊に印象深く, 殊に此青年詩人, 特に印象, 盛大な, 矢田野伊豆など, 神楽の, 第一義の, 赤坂は

▼ 其中にも~ (18, 1.7%)

2 ありお

1 [16件] 一層汚く荒, 一箇所庭前の, 南定と, 學海先生が, 尤も深く, 彼丁山小夜衣の, 忠兵衞は, 成ると, 日々に, 日本社会にて, 此歌は, 無暗に, 私しは, 自分は, 赤坂は, 過猶

▼ 其中一人~ (16, 1.5%)

3 にし 2 の心

1 [11件] ありがたい, いつも一人, で十分, とおさ, として漫然, として火, として炎天, のうれし, の若人吉兵衞, の青年, まつたく無言

▼ 其中にて~ (12, 1.1%)

1 [12件] 一人丈は, 出船入船と, 刄の, 切腹し, 四方とも, 好きかたを, 御家に, 暮すべし, 最も有名, 最も驚きたる, 相伴せよ, 謠も

▼ 其中より~ (7, 0.7%)

1 取出したる柳樽, 死出でたり, 漏れざりしを, 男子の, 目的に, 石斧と, 考定し

▼ 其中では~ (5, 0.5%)

1 づぬけてゐる, やっぱり月山筍, 傑作の, 望みを, 祝女を

▼ 其中~ (5, 0.5%)

1 その意味, 大切に, 有力な, 注意せられる, 関係の

▼ 其中此針~ (5, 0.5%)

5 の筵

▼ 其中庵風景~ (4, 0.4%)

1 でありそしてまた, の豪華版, はその, はまことに

▼ 其中特に~ (4, 0.4%)

1 アカイアの, 人の, 多く言, 私を

▼ 其中~ (4, 0.4%)

1 の人家, の尾根, の状態, の色

▼ 其中なる~ (3, 0.3%)

3 個々の

▼ 其中~ (3, 0.3%)

1 好かつたが, 庭と, 母の

▼ 其中~ (3, 0.3%)

1 つた所を, より両派, より兩派

▼ 其中庵主~ (3, 0.3%)

1 として, としてほんとう, として夕食

▼ 其中~ (2, 0.2%)

1 互に身, 祖父さまが

▼ 其中~ (2, 0.2%)

1 眞ツ平で, 通れなくなると

▼ 其中~ (2, 0.2%)

1 いかにも, 最モ驚ク可キハ王莽

▼ 其中一つ~ (2, 0.2%)

1 は早く, は正しい

▼ 其中二三~ (2, 0.2%)

1 の刺戟, を擧げる

▼ 其中殊に~ (2, 0.2%)

1 個性の, 異風な

▼ 其中~ (2, 0.2%)

1 刀流の, 窮乏者葢有田宅者售而挈其金置使徒足前依

▼ 其中~ (2, 0.2%)

1 から戰國, にはばれ

▼1* [138件]

其中おのずからに自ら, 其中ごうわらびと, 其中すぐれたる歌謠者絃を, 其中での善い点, 其中櫛笄も, 其中にても卑近な, 其中ひとり我殘り他, 其中へはひる迄に, 其中へも思想を, 其中ほどに講釈場が, 其中ほどの柱に, 其中まことにその中, 其中ゆつくりとした, 其中れるを示さん, 其中わき方が, 其中わたくしは既に, 其中ヂュリエットと一武官, 其中ニ知識ヲ得, 其中ニ縮ミ入ル, 其中マハス・カハル・ウツル・メグルなどは今日我々, 其中一人其心わが敵たる, 其中一人酔つぱらふ, 其中一番古くから, 其中一番問題になる, 其中一筋は遠, 其中一頭は群, 其中三人だけは後, 其中三兩を私欲, 其中三分の一程の所, 其中三千町以上の地面, 其中主人のいる, 其中九州一円に居た, 其中九月は風俗, 其中九郎兵衞殿を介抱, 其中二三年經ち或, 其中五月のが主, 其中五番島最大にし, 其中井上巽軒先生の御, 其中人名のある, 其中も云った, 其中に國巣, 其中作文の受持, 其中例月の通り, 其中の察せられる, 其中に尤も, 其中文元年の, 其中先ず第一, 其中八田皇女を宮中, 其中其扮する神, 其中其新科白が散々, 其中凉葉は紅葉先生, 其中別宅の事, 其中太夫事別, 其中勞銀を取りまし, 其中化學藥品に由る, 其中十一才の誕生日, 其中十首で呪文, 其中卑狗のヒコ, 其中古くて名高い, 其中蘭草名都梁香, 其中饗或は, 其中が國, 其中學校時代には家事, 其中宗家の宗家, 其中家来達は意外, 其中将門軍の多, 其中尤も鋭い鈴ヶ岳, 其中尤も年長けたる者, 其中常例として捧げられた, 其中に彫, 其中庵二度目の春, 其中庵其中庵はどこ, 其中庵其中庵其中庵はどこ, 其中庵名物の雑草風景, 其中庵整理明後日入庵, 其中庵来訪者の, 其中庵独得の酒宴, 其中庵生活は営まれなけれ, 其中庵稀有の饗宴, 其中庵空前の, 其中庵臭を去れ, 其中庵裡には御用, 其中庵裡無一物米も醤油, 其中庵解消の記, 其中庵記と共に, 其中庵訪問者として紹介, 其中庵造作の打合せ, 其中庵非常時風景いやむしろ, 其中引用せられたる詩句, 其中当代の松島屋, 其中より行ん, 其中必要にし, 其中感月でぐつすり, 其中或は死よりも, 其中斎宮に関するもの, 其中日記は山頭火, 其中として蝦夷唐人島, 其中最も両親の, 其中最大切なの, 其中も出, 其中有閑無酒, 其中本流は嘉門次, 其中は右, 其中根府川の一村, 其中榛柏二子の名, 其中此方御手當此度, 其中歳晩に無名氏, 其中に中年階級, 其中洗つた様な月, 其中活火山はストロムボリ, 其中混同せられて, 其中漸く神戸行が, 其中澹父と書, 其中白雲最も高く, 其中神事にた, 其中神事帝紀氏族地理和歌は日本固有, 其中神仏の本地転生, 其中し高田, 其中あり人, 其中二段の, 其中老人は文学雑誌フワランジユ, 其中自ら神聖にし, 其中に待, 其中西國へ差出されたる, 其中説経には, 其中読む事に, 其中か輕慢, 其中買うちゃる, 其中赤十字社病院から釣臺, 其中とが即ち, 其中を饗, 其中長老方のお, 其中ふる一人, 其中順蔵さんのかきし, 其中風景のありがたい, 其中は山海經, 其中鴈治郎は飛び抜け, 其中麻布原町質屋へ這入り