青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「包まれ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~勤め 勤め~ 勤労~ ~勿論 勿論~ ~匂 匂~ ~匂い 匂い~ 包~
包まれ~
~包み 包み~ ~包ん 包ん~ 化~ 化け~ 化粧~ ~北 北~ 北条~

「包まれ~」 1038, 11ppm, 9696位

▼ 包まれ~ (856, 82.5%)

54 いた 45 いる 25 しまった 16 いるの, いるよう 11 いて, しまったの 10 ゐる 9 居る 7 いました, ゐた 6 しまつ, 居るの 5 いたが, いたこと, しまつて, ゐるやう 4 いった, います, いるが, しまいました, ゐるの

3 [11件] いたので, いること, いるん, いる筈, しまう, しまって, ほのかに, 居ると, 眠って, 立って, 見える

2 [35件] いく, いくよう, いたの, いた一軒, いるかの, いるこの, いるその, いるという, いるので, いる人間, いる石灰工場, いる間, おいでに, しまったが, しまったよう, しまひました, その底, た, ぼうと, ゐて, ゐるので, 城の, 居て, 居ない事, 底も, 歩いて, 生きて, 私は, 立つて, 行く, 行った, 見渡すかぎり, 足腰手肩頸から, 遠くに, 顔が

1 [490件] あった, あなたの, あの足, あまりの, ありと, あり聖マルグリット, ある, あるから, あるなり, ある其の, いくの, いたかという, いたし, いたずらに混沌, いたと, いたものの, いたんじゃ, いた主税, いた大, いた時, いた曖昧, いた洛中, いた病室, いた砲兵工廠, いた自分, いったじゃ, いましたが, いますゆえ, いようと, いるから, いるからと, いるけれど, いるころ, いるぜ, いるため, いるだけに, いるであろう女中達, いるところ, いるとでも, いるのに, いるのみ, いるはず, いるもの, いるらしい清潔, いるらしかった, いるらしく心持ち顔色, いるわけ, いる中, いる中庭, いる事実, いる五体, いる人, いる伸子, いる吾輩, いる夜ふけ, いる太陽, いる宏子, いる少女, いる彼女, いる必要, いる日本人, いる最中, いる泡立てると, いる炭素粒, いる熱, いる狭い, いる眉, いる眼, いる眼前, いる秘密, いる種子, いる胸, いる脚, いる腎臓, いる街, いる関係, いる関東平野, いる際, いる首府東京, いる魂, いれば, いろんな町, うつら, おとなしく上っ, おぼろげなり, おりそれ, おりました, おります, おりますため, おるという, お過ごしに, きたの, くるの, ぐっと反り身, この八畳, この永遠, この海岸, この絶頂無人, こもの, ござるほどの, さすがの, さっきゆう, さっぱり見当, ざれ言雜, しばらくは, しまい二人, しまい手, しまうだろう, しまうの, しまうので, しまうよう, しまえば, しまったから, しまったからね, しまったこと, しまったぞ, しまったので, しまったらどう, しまったん, しまった時刻, しまった筈, しまった赤石山脈, しまっては, しんかんと, すべて一尺二三寸の, その一品ゆえ, その他の, その場, その日, その生, その間に, その間を, そよいでる牧場, それで始めて, ただ自分, たった一軒, だんだん星, だんだん黒ずん, ちらちら戦いてる, ぢつ, つらいでしょう, どっと下, なおその, なんの, はっきりその, はなはだしん, ひそんで, ひっそりと, ふらふらし, ふわふわ動き出した, ほととぎすにも, ほんのりと, ぼやけて, ぼんやり無意味, まっかに, まっ白な, まつ暗に, みると, むこうの, めらめら青く, もう薄暗く, ゆきながら, ゆく, ゆくの, ゆく心持, よく見えない, より進歩, わずかに, ゐたいやう, ゐたが, ゐたところ, ゐたの, ゐたので, ゐたもの, ゐました, ゐます, ゐるからさ, ゐること, ゐるその, ゐるでは, ゐるハルピン, ゐる上, ゐる中, ゐる代り, ゐる午前三時, ゐる岡, ゐる樣, ゐる焔, ゐる痩せた脚, ゐる芥川, ゐる達磨型, アルカリ長石雲母角閃石輝石等々の, ガタガタと, キラキラと, ココアを, シンカンと, テニスコートが, ハッと, ハツと, メインマストの, 一つづつ置い, 一つの, 上々の, 不分明, 不自然な, 不遇の, 中腹以上の, 乾燥します, 了う, 了うたから, 了つた, 了つたのである, 了つたやうに, 了つて僅に, 了つて室内に, 了ふ, 二日二晩も, 互に逆数, 些とも, 人の, 人影も, 今まで, 今一度遠い, 他に, 伽羅油の, 何も, 何を, 來り, 傾いて, 全く姿, 全く死ん, 全体の, 全然空想, 全身から, 其の藪垣, 其処に, 出で, 出られず田川, 千八百七十年前後の, 半ば不安な, 半分姿を, 又墜落, 召使達に, 右往左往し, 同じよう, 向う邸の, 吾身を, 呼吸し, 咲いて, 唇を, 唯だ, 唯一箇所赤茶化た, 在りしこと, 在るの, 坐礁しかけ, 壁に, 夕闇の, 外の, 大きくなった, 大な, 大事に, 大吉寺の, 天と, 天へ, 天下晴れ, 奏楽に, 妙なる, 始めて, 姿朧なる, 婀娜たる, 宙に, 寂しい樣, 寒風坐ろ, 寝かされて, 寝て, 寢みました, 寫されて, 小圓太, 小鳥の, 少年たちは, 居た, 居たの, 居つたが, 居てさえ, 居ぬやう, 居ました, 居ますし, 居りますから, 居るから, 居るん, 居る事, 居る人, 居る時, 居る谷, 帰って, 幸福に, 幽かに, 幾らか蒼く, 建って, 彷徨し, 彼と, 彼は, 彼女の, 後に, 復活せられた, 心臓の, 意気銷沈した, 愛宕山に, 我々の, 我が寝室, 我を, 戻って, 手厚い看病, 手近く飾られ, 押し流された, 持ち出された, 捕えどころ, 捨てられて, 提灯の, 数百人から, 旅の, 明るく楽しそう, 易々と, 昨日まで, 昼も, 時の, 時雨が, 景福宮再建の, 暗がりに, 暮したい, 暮しながら, 更に一鳥, 書かれ語られる新婚, 最も寛大, 朝の, 朦朧として, 朧ろに, 末喜の, 杉本は, 来た地方, 来るの, 来る足許, 枕頭の, 柳生名物の, 森の, 横たわって, 横に, 次第に人心, 歎き叫ん, 歩いた, 死んだ, 死んだこと, 死んだよう, 殆ど窒息し, 殊に炉, 毀れ寝台, 毎日きちんと, 毎日を, 気絶し, 汝の, 沈まり返つて, 河の, 泣いて, 泣く源氏, 浮んで, 消え夢, 淡く霞ん, 深々と, 清水の, 澱んで, 激して, 濕つた裏街を, 火棒を, 灰色なすかと, 焔, 焼け死んだのに, 焼死する, 煙を, 熱の, 熱灰に, 燃えて, 燃えるかの, 燃え上つた兵営, 燃え上るの, 燃え立った櫨, 父の, 物を, 犬の, 玉殿の, 現と, 現れて, 生まるる場合, 生まれた福人, 生れたが, 甲斐が, 町では, 画を, 畢つて居た, 異様に, 白い手足さび, 白一色の, 白日の, 益々美しい, 目ば, 盲た, 真実よりも, 眼に, 眼を, 私の, 秋らしい, 穏か, 穴に, 空との, 空に, 空を, 立つ, 竜宮へでも, 笑い興じ, 箒を, 簪の, 粗末な, 終るでしょう, 絃歌の, 絵馬堂の, 縁の, 置かれて, 美が, 美しく磨かれた, 老弱の, 聞こえて, 聳えて, 育ったが, 臘の, 自分の, 船に, 色と, 艶, 花を, 茫々と, 茶は, 葉子の, 蒲団の, 藤紫の, 行くの, 行くやう, 行つた, 行手に, 街頭では, 衰えて, 見えざれども, 見えた, 見えない, 見えなかった, 見えなくなった, 見えなくなったその, 見えるという, 見えるは, 見えわかぬ, 見え無い, 見たらはじめて, 赤味がかった, 走りおるなり, 足の, 身を, 身動きも, 身動き一つ出来なくなっ, 転々し, 輝いて, 近く東北に, 通りゆくミケランジェロ, 道は, 部屋の, 重荷を, 鈴の, 階子の, 雑兵の, 雨と, 雨に, 雪と, 雲に, 霜の, 青々として, 青白い色, 静かに, 静に, 顔は, 馬車や, 駿河臺の, 鬚だらけの, 黒地に

▼ 包まれながら~ (55, 5.3%)

1 [55件] あたくし, いくら歩い, いつの間にか自分, いつまでも, その長い, その闇, だんだんこちら, とりとめの, どうしても笑い切れず, ようやくの, わななく, 不思議な, 云いました, 云ひました, 今や新しき, 何といふ, 何の, 初めて口づけ, 卒然と, 向う岸の, 向ふ, 地上で, 姉に, 宮廷に, 家臣たちに, 山陰地方から, 左門の, 巨大な, 影の, 心頭を, 性の, 恍惚と, 本職の, 次郎吉は, 歩いた, 歩いて, 消えて, 無限の, 白布の, 眉宇にも, 空中から, 窶れた卯平, 築地の, 篠井位までは, 素っ裸体で, 背中を, 自分が, 茫然見, 薄暮に, 見えない谿間, 豚の, 近くの, 遠退い, 錐もみ状態に, 高い位置

▼ 包まれては~ (7, 0.7%)

1 いたが, いたけれど, いるけれども, たまらないと, まったく明るい, 土蜘蛛の, 景色も

▼ 包まれその~ (6, 0.6%)

1 上に, 中に, 健在を, 内に, 外側が, 輪廓が

▼ 包まれつつ~ (6, 0.6%)

1 その上, その旅館, それとの, 何がな火事場, 尚伝統, 平然として

▼ 包まれたり~ (5, 0.5%)

1 した, して, 手拭を, 時と, 透明な

▼ 包まれさうな~ (3, 0.3%)

1 大風呂敷, 小さな石碑, 物だつたら

▼ 包まれそして~ (3, 0.3%)

1 その古屋敷, 動けなくなったの, 焼きつく

▼ 包まれ吉原田甫~ (3, 0.3%)

3 は一面

▼ 包まれ電気会社~ (3, 0.3%)

3 の前

▼1* [91件]

包まれこの生活が, 包まれさわがしい水す, 包まれある物, 包まれしかもそれが, 包まれすらりとした, 包まれそのまま彼方へ, 包まれそれを透し, 包まれそれから煙の, 包まれたるに似, 包まれてをりますが, 包まれけり, 包まれはたまた泣かされる, 包まれびっくりした様子, 包まれむしろ女性的に, 包まれよく分からぬほど, 包まれとする, 包まれオウトミイルと馬鈴薯, 包まれコロコロところがって, 包まれピヨピヨ鳴いて, 包まれ一七九三年のこと, 包まれ一種悲壮な恐ろしい, 包まれ一面に煙り渡った, 包まれには煙, 包まれ乍ら歌い狂ったとも, 包まれ乍ら熟睡して, 包まれ人々に快い, 包まれ何事だか, 包まれ何処を見, 包まれ俺たち二人は火, 包まれ兇漢に襲われ, 包まれ兜率の外院, 包まれ八幡の杜, 包まれ其下から長大, 包まれ円盤のよう, 包まれの眠り, 包まれ初めていた, 包まれ刺戟の強い, 包まれ前岳またまさに, 包まれ千古の謎, 包まれ半ば赤い崖, 包まれ叮寧な陳謝状, 包まれ同化されて, 包まれ咽喉笛の所, 包まれの森林, 包まれ夜明けの白い, 包まれ大地の上, 包まれ天地見るとして, 包まれ妓女の嬌声, 包まれ小さな窓から, 包まれ布団の綴糸, 包まれの女, 包まれ意外なる佳景, 包まれ感謝の涙, 包まれ旅中の事, 包まれ易い危険が, 包まれ更に苦悩の, 包まれに向, 包まれの並木, 包まれと枝, 包まれ死滅の中, 包まれ殆ど灰燼に帰し, 包まれと荘厳, 包まれ氷柱のよう, 包まれを踏ん, 包まれ無数の雨燕, 包まれ白き百合の, 包まれ目前にあっ, 包まれ相手を見くびった, 包まれ真黒な煙, 包まれ破風山も亦, 包まれは衝動的, 包まれは明るかっ, 包まれ空腹した私, 包まれ紅い紐が, 包まれ絶えず何事かの, 包まれの青, 包まれ自分の持っ, 包まれも木, 包まれ落葉が積, 包まれがもう, 包まれ血糊がにじみ出し, 包まれ記者はあらゆる, 包まれとみどり, 包まれかに其行程, 包まれ運搬車にのせられ, 包まれ遠い微かな, 包まれ酒場の地下室, 包まれ錐揉みになっ, 包まれでも降っ, 包まれ電氣會社の前, 包まれ頬杖をつい