青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「出し~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

出~ ~出かけ 出かけ~ ~出かけた 出かけた~ ~出かける 出かける~ 出され~ 出された~ ~出し
出し~
~出した 出した~ ~出しました ~出す 出す~ ~出た 出た~ 出で~ ~出ない 出ない~

「出し~」 32118, 319ppm, 303位

▼ 出し~ (23830, 74.2%)

604 いた 342 いる 233 来た 225 来て 191 いるの 190 しまった 187 ゐた 153 それを 147 見せた 106 見ると 101 ゐる 91 しまいました 88 笑った 86 みると, 見た 83 くれ 81 行った 80 きた 75 下さい 72 いたの 68 くれた 65 見て 62 来たの 55 みた 54 ゐるの, 置いて, 自分の 52 居る 51 来る 50 見せて 49 しまつ 48 やると 46 いました, 來た, 来ました 44 ある, おいて 43 やった, やる, 來る 42 いて 41 きて 40 いると, くれと 39 いった, 來て, 見せました 38 やって, 火を 37 いたが, しまったの 36 やりました, 何か, 私の 35 言った 34 いるよう, 云った, 来るの 33 みせた, 行って 31 くる, 居た 30 います, きました, それに 29 その中 28 しまう, みて, やつた, 行つた 27 これを, しまって, ゐたの 26 笑つた 25 あった, いるが, いること, くれました, くれる, やるの, 彼の, 笑って 24 ください, それが 23 あるの, くるの, 私に, 私は, 見せる 22 きたの, 呟いた, 行く 21 おくれ, くれたの, しまひました, みたが, 読んで, 顔を 20 いるところ, 来ると, 見たが 19 いって, 叫んだ, 居るの, 見せるの 18 もらって, ゆく, 居ります, 眼を, 見せると 17 いるので, おいた, やるから, やること, 机の, 来たもの, 行くの, 見る, 貰って 16 しまうと, 彼は, 彼女の, 手を, 見ました 15 おいたの, やつて, やろうと, 来たので, 私を 14 しまうの, やったの, 口を, 置いた

13 [14件] いない, そこへ, その上, みても, みる, ゐるが, 人を, 今度は, 來ました, 彼に, 渡した, 煙草を, 行ったの, 言って

12 いたこと, おくと, ゐて, 了った, 口に, 泣いて, 膝の, 見ても, 言つた

11 [12件] いたから, いるもの, いるん, くれると, ごらん, みたり, 二人の, 例の, 来たよう, 見たり, 見ること, 鼻を

10 [31件] あるん, いるから, いるだけ, いるという, いるのに, くれるの, くんな, すぐに, そこに, みること, ゆくの, ゐたので, ゐると, 下すった, 他の, 手に, 来たん, 泣いた, 笑いながら, 笑ひ, 自分で, 行きました, 行くと, 見せたの, 見せたり, 見ようと, 見ろ, 読む, 金を, 頭を, 額の

9 [20件] いなかった, いるに, おきながら, くれて, くれないか, しまえば, みせると, みろ, やれ, 僕の, 外を, 女の, 来たが, 眺めて, 着た, 私が, 置いたの, 見ますと, 買って, 黙って

8 [37件] あるから, あるが, いいました, いきました, いるし, いるわけ, いる間, おきました, おくれよ, お見せ, くれたので, こちらを, しまえ, しまったこと, それは, みよう, やろう, ゐるやう, 一つの, 云ふ, 口の, 呉れた, 呉れと, 女に, 彼を, 時間を, 書いて, 涙を, 窓から, 置く, 行ったが, 見ては, 見ながら, 見よう, 見れば, 貰ふ, 遊んで

7 [44件] あって, いたので, いたもの, いるその, おく, くれい, くれないの, こっちを, これに, ごらんなさい, さへ, しまふ, それから, つぶやいた, もらいたい, もらった, やったり, やるん, ゐたが, ゐること, テーブルの, マッチを, 一人で, 一緒に, 下されば, 下の, 之を, 了つた, 云いました, 云つた, 今の, 卓の, 娘の, 居りました, 本を, 来るよう, 死んで, 畳の, 自分が, 自分を, 見せ, 訊いた, 部屋の, 額を

6 [75件] あります, いいか, いたよう, いましたが, いますが, いるうち, いる所, いる男, おいたが, おかなければ, おくの, おやり, おりました, お目, くれません, くれること, くれれば, ここへ, これが, しまいます, しまえと, しまったもの, しまへ, それで, それへ, のぞいて, みました, やるよ, やれば, ゐました, ゐるところ, 一と, 一生懸命に, 両手で, 中を, 云え, 働いて, 元の, 出て, 博士の, 叫びました, 叫んで, 呼んで, 外の, 寝て, 川の, 床に, 御米, 御覧なさい, 急に, 敷いて, 来ること, 来るもの, 来るん, 様子を, 歌を, 泣き出した, 渡して, 物を, 相手に, 眺めた, 着て, 空を, 紙に, 置くと, 腰を, 行こうと, 見ましょう, 見るが, 見るの, 貰った, 近所の, 静かに, 顔の, 首を

5 [117件] あなたの, ありますから, あること, いいの, いうと, いたところ, いたり, いないの, いるでは, いる人, いる様子, おくん, お通, くれたが, くれたまえ, くれたもの, くれない, くれるよう, これは, こんな事, しまいそう, そつと, その時, その男, どうする, みせて, みせました, みたところ, みれば, みんなを, やりたいと, やりながら, やります, やるが, やるという, ゆきました, ゆくと, よんで, ゐるに, 一時に, 一目散に, 下さいよ, 下さるよう, 両手を, 中から, 主人に, 二人で, 人に, 人の, 使って, 傍の, 僕は, 呟いて, 問うた一人, 喜んで, 外へ, 子供が, 居て, 居ると, 居るところ, 左の, 平次の, 彼女と, 心を, 持って, 掌に, 斬って, 日本の, 来たこと, 来たやう, 来なければ, 来ます, 水を, 渡しました, 父に, 父親の, 白銀の, 皆に, 皆を, 盛んに, 目を, 立派な, 竹の, 笑ったり, 笑ふ, 置いたが, 置きながら, 考えて, 聞いて, 自分は, 蓋を, 行燈の, 見せな, 見せながら, 見せろ, 見たいと, 見たの, 見た時, 見ましたが, 言う, 言うこと, 読むと, 読んだ, 貰いたいと, 貰つた, 貰は, 貰ひ, 買うこと, 走って, 足を, 遣って, 遣つた, 郎女の, 郎女を, 酒を, 頁を, 飯を

4 [164件] あげたいと, あげても, あげると, あたりの, あったが, ありました, あるもの, いたという, いたん, いつまでも, いません, いるかの, いるかも, いるそう, いる者, おいでに, おきましたが, おけ, おしまいなさい, おしまいに, おります, きたので, きたん, くれなければ, くれませんか, くれよ, くれるかも, くれるもの, くれ出して, くれ給え, こう云った, ここに, さうし, さけんだ, しまうから, しまうこと, しまったので, しまつて, しまふと, じぶん, そこを, そのうち, その一つ, その先, その光, その場, その日, どこかへ, ながめて, ぽんと, みせたの, みせる, みたの, みましょう, みますと, みませう, みようか, もてなした, もらいたいと, もらったこと, やったあと, やつと, やらうと, わたした, わたしの, ゐるもの, ドアを, 一枚の, 丁寧に, 上げるから, 上の, 不意に, 中には, 二人を, 云って, 仕舞った, 他人の, 何に, 來い, 俺の, 傍に, 僕に, 兄の, 前の, 勘定を, 卓子の, 右の, 呼んだ, 土間に, 声を, 大に, 夫の, 妹の, 子を, 子供を, 宗助に, 居りますが, 居るが, 居ること, 平次に, 平次は, 幾日も, 床の, 彼が, 待って, 手の, 手拭を, 拡げて, 持つて, 時計の, 来い, 来そう, 来たり, 来ましたが, 来るから, 東京に, 格子に, 森の, 歩いて, 母に, 比べて, 汗を, 漸と, 火鉢の, 犬の, 玄関の, 町内の, 相手の, 相手を, 眺めながら, 眼が, 着換, 示した, 立って, 笑い出した, 笑ったが, 笑つたが, 置きました, 美しい頬, 苦笑した, 見せるよ, 見たところ, 見てくれ, 見まわした, 覗いて, 言うと, 言は, 言ふ, 話を, 読んだり, 調べて, 貰いたい, 貰う, 足の, 身を, 近づいて, 返事を, 頭から, 頭の, 風に, 食卓の, 馬の, 高く高く星, 鼻の

3 [358件] あけた, あげよう, あげるよ, あたりを, あの人, あるので, ある家, い, いう, いけない, いそう, いたし, いたその, いただきたい, いたづら, いた折, いた時, いったの, いつた, いても, いないよう, いるあいだ, いるか, いる事, いる人間, いる姿, いる家, いる時, いる歌, いる泉, いる部分, おいたから, おいても, おいで, おきます, おくから, おけと, おけば, おまけに, おもしろくうたっ, お君, お着, お礼を, お話を, お辞儀を, お雪ちゃんに, かう云, きいた, くだされ, くると, くる水, くれさえ, くれそう, くれたと, くれたり, くれた金, くれながら, くれます, くれようと, くれる事, くれる人, くんねえ, こ, こい, これで, しまうという, しまおうかと, しまおうという, しまったが, しまったという, しまったり, しまったん, しまってから, しまつてから, しまふの, すべての, そこから, そこの, そこらを, そっちを, その人, その手, その方, その血, その裏, その金, そッと, つかって, ほしいと, まいりました, みせますと, みたいよう, みましたらそれ, みようと, みんなに, みんなの, みんな水に, もらいたいの, もらいたいん, もらう, もらおう, もらおうと, やったが, やったこと, やったもの, やったものの, やったん, やった方, やらないと, やらなくては, やりますと, やり自分, やるぞ, やるよう, やれと, やろうか, やろうという, よいか, よいもの, わたしは, わたしました, わたしを, ゐたこと, ゐない, ゐます, ゐるし, ゐるだけ, ゐるので, ゐるもん, パンに, 三人の, 三田は, 下さいと, 下さいな, 下さろうか, 下を, 下男に, 並べて, 中の, 主人の, 了いました, 了う, 了ひ, 了ひました, 了ふ, 二人に, 二人は, 云つ, 云ひました, 人間を, 今日の, 仕事を, 仕舞ふと, 伸子の, 何も, 何を, 信さんが, 俺は, 俺を, 倒れて, 働いた, 元気よく, 先生に, 先生を, 入口の, 其処に, 刀を, 前に, 前を, 前方の, 勉強し, 化粧を, 半紙に, 参りました, 叔母に, 取ろうと, 取止めるやう, 呉れ, 呉れないか, 呉れる, 呉れると, 味を, 呼びかけた, 唄を, 唇の, 唇を, 唯今は, 喰べ, 四方を, 坐って, 壁に, 夜の, 夜逃げを, 大の, 大声に, 大急ぎで, 失敗し, 女子を, 好いか, 好きな, 如何に, 妹に, 妾の, 始末に, 娘を, 家の, 家へ, 小母さんの, 少しの, 少しばかり, 少しも, 少年に, 居たの, 居ます, 居るもの, 山全体が, 己を, 庭の, 庭へ, 彼女に, 彼女は, 後に, 御覧に, 御覽, 微笑した, 徳市に, 念入りに, 怒って, 恥を, 息を, 扉の, 打って, 挨拶を, 握らせた, 救いを, 敵を, 斯う, 日に, 机に, 来たお, 来たから, 来たぞ, 来たね, 来ては, 来ましたの, 来るが, 来るやう, 来れば, 株を, 横に, 次の, 正面の, 母の, 泣きだした, 泣く, 洋服の, 洗って, 洟を, 海の, 渡すと, 溜息を, 無事に, 煙管で, 熱心に, 爪を, 独りで, 用意を, 男の, 皆と, 眺めると, 眼に, 眼の, 着る, 示す, 空の, 空気を, 立上がりました, 立上る, 笑い, 笑いました, 笑うの, 笑ったの, 笑ひ出した, 紐を, 細君の, 置いたから, 置いたので, 置くが, 置くの, 置けば, 置こう, 胸が, 腰に, 膝を, 自分に, 自分も, 草を, 行かねば, 行きましたが, 行くという, 行くよう, 行ったと, 行つて了つた, 袂に, 見せい, 見せたが, 見せます, 見せれば, 見ようかと, 見る気, 見送って, 言うの, 言ふた事は, 訊ねた, 訊ねて, 詩を, 話して, 誦んで, 説明する, 読みはじめた, 讀んで, 貰うよう, 貰おうか, 貰ひたい, 貰ひたいと, 貰わなければ, 買うの, 買った, 貸して, 走り出した, 近所へ, 返辞を, 遊びに, 道の, 遠くから, 遣ると, 遣るの, 邪魔を, 鉛筆で, 間も, 階段を, 障子を, 雇って, 青年の, 青葉の, 韋駄天とは, 頂くまね, 頂戴, 頂戴な, 頬かむりを, 顏を, 顔へ, 飛んで, 馬に, 高笑ひ, 鳴いた, 鳴いて, 鳴きました

2 [1209件 抜粋] ああ女, あげましょうか, あそこの, あとから, ありますが, あるこの, あるのに, ある大きな, ある茶, いきなりずどんと, いくらも, いたころ, いただいて, いただくよう, いたとき, いたのよ, いた時分, いた頃, いないから, いないこと, いひました, いましょう, いよ, いるかが, いるそれ, いるつもり, いるはず, いるまん中, いるらしかった, いる女, いる小さい, いる時分, いる枝, いる温泉, いる畳, いる若い, いる赤ん坊, いれば, おあげ, おいたもの, おいては, おきませう, おくという, おけって, おしの, おつり, おばあさんの, おりますが, おれの, お前達が, お呉れ, お城, お文, お源, お蝶, お金なら, お鳥, かぶせて, からからと, きいて, きたこと, きた物, きょうは, くらべて, くるが, くるさ, くるよう, くる隊士一, くれたん, くれた時, くれては, くれといふ, くれないので, くれぬ, くれやしませんよ, くれるか, くれるさ, くれるなよ, くれるやう, くれろ, こういうもの, こう言った, こちらへ, この井戸, こまかくくだいた, これだけの, こんどは, ごらんよ, さてどう, しがみついて, しきりに何, して, しまい, しまいには, しまいましたよ, しまうに, しまおうと, しまつては, しまひましたの, しまふこと, しみじみと, しらべて, すゝめた, そういった, そのあたり, その包, その小さい, その晩, その柄, その跡, それから大きな, それと, そんなこと, ちょいと, つぶやいて, つまらなさ, てれ隠しに, とび上がって, ともかくも, どこから, どこへか, どんな場合, なつかしそう, のむよう, ひた泣く勝之助, ひとつを, ひろげて, ほしいという, まん, みせたり, みせびらかすじゃ, みせろ, みたい, みようかと, みるの, むしゃむしゃと, もえて, もらいたいもの, もらうよう, もらったって, やったよう, やった後, やっても, やりたい, やりなど, やるし, やるほど, やる気に, ゆき子に, ゆくから, よい, わざわざ奉行所, わたしに, ゐたかも, ゐたやう, ゐるかと, ゐるのに, ゐる丈, ゐる歌, ゐる者, ケラケラと, ソッと, ニヤリと, ハンカチを, ペロペロと, ポストに, ユラユラと, 一九四五年の, 一人きりに, 一散に, 一服つけ, 一本抜き, 一粒の, 一軒の, 三千代に, 三時の, 上げるの, 上へ, 上布の, 下さいまし, 下さる, 下せえ, 下へ, 下駄を, 世にも怪奇, 並べた, 中流へ, 丸テーブルの, 乳汁を, 了つたら, 了ひます, 事情を, 二本指で, 云うこと, 云ったの, 交代を, 人が, 人間の, 今日は, 仏元に, 仕舞つた, 他愛も, 以て, 会って, 伸子は, 何が, 何やら笑, 來れ, 信長に, 倒れた, 傍へ, 僅かに, 優勝の, 先生と, 入らつし, 八五郎の, 六百の, 其れ, 其處へ, 刃を, 切り立ての, 初秋の, 前のめりに, 勉強させ, 勢よく, 包んで, 卓子に, 参りましたが, 反抗を, 只今では, 叫んだが, 台所から, 合せて, 同じよう, 向うの, 向側の, 呉れたが, 呉れたり, 呉れては, 呉れれば, 呶鳴っ, 呼ぶと, 和した, 唸って, 唾を, 啼き立てました, 噛潰し, 四辺を, 地に, 垢着いた, 堺の, 塵を, 壁の, 多くの, 夜も, 大きく膨らませ, 大川へでも, 大阪, 夫人に, 奥の, 妙な, 姐の, 娘に, 婢に, 嫂の, 子供に, 孤つ, 宜道, 客を, 室内を, 寄って, 寒いから, 寝込んで, 対手を, 尋ね得ぬ女房, 小判で, 小声で, 小田島老人を, 少年の, 居たので, 居ても, 居られた, 居るかも, 居るし, 居るといふ, 居る事, 居れば, 山に, 山全, 川向うへ, 帯を, 帳臺の, 干すの, 店の, 廊下を, 引つくり, 彼れ, 彼女を, 往つた, 往来へ, 後から, 得意にも, 心持仰向く, 怒鳴りつけて, 思ひ切つて悠暢, 悦に入るが, 慌て, 慾心の, 懸け硯, 成長した, 戴先生を, 戸崎町の, 手が, 手早く頁, 投げた, 披い, 抱えて, 指しを, 指を, 指先を, 散々に, 敵の, 新たに, 方々頁を, 日本に, 是非教へて, 暫くし, 書いたもの, 書き留めて, 木戸を, 本舞台, 朱筆を, 来たかと, 来たな, 来た駒, 来ましょう, 来るかと, 来るとも, 来るわ, 来る過程, 東作は, 桂馬を, 楽みたい, 横を, 欄干へ, 欲しいと, 歓迎した, 武蔵は, 歯を, 残りの, 母を, 気の毒そうに, 池の, 泊めて, 泣いた事, 泣きはじめた, 注ぐ, 派手な, 清に, 清廷の, 渡す, 港へ, 滅茶苦茶に, 火鉢に, 炉辺に, 焼けて, 煙管の, 照子の, 父は, 狂言を, 猫の, 獲物を, 生の, 用を, 申しました, 男を, 畳へ, 百円札を, 皺を, 相当売れ, 着せ襟, 着物を, 磔柱に, 磯を, 礼を, 神を, 禰宜様宮田の, 秋の, 立ち上った, 笊の, 笑いだした, 笑うと, 笑つ, 筆に, 米友の, 紙を, 細々と, 絵を, 線路の, 繰り返して, 置いたところ, 置いた癖, 置きます, 置く必要, 考えるん, 耳を, 聞くなどは, 胴を, 能く, 自分でも, 自分達の, 自身の, 與吉へ, 花や, 苦笑を, 茶を, 草履を, 萎びて, 薄笑いし, 蚊帳の, 蟻や, 行かうと, 行きそう, 行くこと, 行くやう, 行ったきり, 行つ, 行つてし, 術な, 裏漉しに, 襷を, 見せたもの, 見せも, 見せるか, 見たいこと, 見よと, 見るくら, 見二人, 見競べて, 覗いたり, 覗くと, 親分さんが, 言いました, 言う事, 言った者, 言つ, 言つて見た, 言葉も, 訊くと, 診察を, 話した, 語って, 誦する經, 読み始めた, 誰に, 調子を, 警察に, 讃美歌を, 貰いたいという, 貰うのに, 貰おう, 貰はれしまへん, 貰や, 買ふ, 買求め, 赤ん坊の, 足に, 距離を, 踊るよう, 身の, 身請を, 返事は, 逃げて, 途中で, 進んで, 遍路に, 道化た, 遣つて, 遣んな, 酒の, 鉛粉の, 鋏の, 鍋に, 鎌で, 長い顎, 開けて, 降伏を, 雨戸を, 電話を, 面を, 頬張つたり, 顏の, 食ふ, 食べた, 食べる, 饒舌る, 饗應けれども, 馬上の, 騒いで, 鳩尾の

1 [10607件 抜粋] ああこれ, あげなければね, あたかも追っかけられてる, あったので, あとを, あの生活苦, ありありと, あるだろうね, ある地図, ある盆, あれが, あゝ云, いきなり両手, いくらに, いたこっち, いたね, いた一太, いた女中, いた木地屋, いた西洋, いっぱいにかぶさってゐました, いないもの, いまだに凜, いらっしゃる最中, いるじゃ, いるべきでは, いる丈夫そう, いる俗, いる叔父, いる妻女ツル子, いる御, いる林, いる無残, いる石, いる草, いる鉄幹, いろいろ奔走, うたうから, うれしそう, おいたに, おおいと, おきますこの, おくれ外, おじぎを, おふくろと, おりその, お世辞笑, お千代, お帳場, お父さんも, お言わせ, お静, かきメグ, かの団子坂, がんりきの, きた一個, きなかった, くださいよ, くるので, くれええ, くれたのに, くれた外, くれって, くれぬか, くれるあれ, くれるナ, くれれや, くれ給えなどと, げんこを, ここを, ことを, この半, この異変, こりゃいけねえ, こんな芸人, さあこんど, さっさと食べ, さも覚りすました, しきりに涙, しぶしぶと, しまうかも, しまえそして, しまった最も, しまはうかしらん, しまやあ, じきに放熱器, すぐムシャ, すすめて, すまなかったねえ, せんべい位ある, そうっと潜り込んだ, そこらじゅう水だらけに, そっとその, そのかわり, そのオルゴール, その作つた人, その女, その思わく, その沖, その破れ, その船, その郷土, それあ, それでも返事, それらの, たくましい壮年, たつた今, だれを, ちょっと恥ずかし, つい深入り, つづけざま, てっぺんに, ときどき口, どうしても元々通り, どなったが, なかなか盛ん, ならせたの, にっと笑った, のせそれ, はき頭, はな一類の, ひくく言っ, ひどく泣いた, ひろげるという, ふところの, ぷんぷんと, ほされあみ, まいり, またそこ, また旧, まっさおに, みせたらそれ, みたいの, みたらどう, みようみようと, みんなが, め組が, もう帰るでしょう, もと来た, もらうという, もらえるの, もらったン, もらわないと, やたらに, やった平次, やっと生, やらなくても, やりますよ, やるとき, やれここ, やろか, ゆく善意, ようやくタバコ, よこす其の, より人形造り, わけも, わめき散らすの, ゐたらいつのまに, ゐた竹丸, ゐますが, ゐると共に, ゐる作者, ゐる後半, ゐる産婦狐, ゐる驛, インドいきの, カーチャを, キーと, ゲロを, サービスさせ, ステツプの, ソレで, テイブルの, ニタニタ笑っ, ハッハッと, パチン, フムフムと, プラットフォームを, ボロボロの, メモ見たら, ルクリュの, 一つ議論を, 一同わ, 一尾ずつ, 一旦その, 一枚二枚と, 一足ふみ出し, 七八日たつた, 三千子の, 上げて, 上京した, 下さいませんの, 下さらないから, 下さる模様, 下水へでも, 与えたが, 世間で, 中学とかと, 主翁, 乳鉢を, 争うの, 二人が, 二時間ぐらゐづつは先生の, 云うという, 云ふも, 五十両やる, 交渉し, 人混みの, 今夜何處へ, 今頃こんな, 仕舞ったもの, 以来すっかり, 伊豆めぐり, 低声, 何とかこの, 何処が, 何濤の, 使いたまえと, 來ます, 修羅の, 偏屈な, 働きつづけました, 充分役に立つ, 入れた, 八五郎親分と, 其のぶかぶか, 其噺を, 内証には, 冷しに, 出世前の, 切つて捨てた, 初枝, 剃落された自分, 力無, 勘定した, 北の方を, 十次郎も, 卓に, 即ち自分, 参りまして, 友に, 取た, 叛乱を, 古本を, 叫んだもの, 叱られた双紙屋, 同人雜誌の, 君そんなに, 吹きながら, 呉れたらと, 呉れるであろうか, 呟いたほど, 呻いた, 命乞いなどを, 品川の, 唸った, 喋つてゐる, 喜平次は, 噂は, 四辺一面に, 土は, 地金を, 城下町に, 塗りあげたこと, 声など, 外務省から, 夜更けにも, 大きく動かし, 大作を, 大川へ, 大観礼讃を, 天神様の, 奇麗に, 女房と, 妾を, 婆やは, 字引の, 宜い, 宮様を, 密と, 寫眞を, 尋ねるとね, 小伝次が, 小田原迄, 少し後ろ, 尽くる, 居まして, 居るとの, 居る月, 属すべき由, 島田の, 巨萬の, 布団の, 帰宅した, 平気を, 幾日かを, 店先に, 廊下へ, 引き留め深更, 強い風, 形よく, 往来で, 後悔し, 御名前, 御覧にな, 徳寿の, 忠八を, 思うたび, 性慾の, 恥しい次第, 悲しくなつた, 愛と, 憶測した, 我れ, 戸口の, 手のひらを, 手柄相に, 払うの, 折節は, 押入の, 拭布を, 振上げさくー, 掛けたま, 握拳, 攫み上げ遙, 故人の, 敬太郎の, 文化的な, 新京橋の, 旅の, 旦那や, 昌さんは, 昨夜のは, 時刻を, 暗い寝室, 曲馬場を, 書留用紙に, 朝から, 本人に, 村人を, 来たさうだ, 来たボール箱, 来た小舟, 来た菊, 来なかった, 来られるはず, 来る女工たち, 来る自動車, 枉抑太だ過ぎ, 柵壁を, 梅百目なら, 検査した, 横から, 次には, 歌つてゐる, 正雄の, 武大の, 歸つて來た, 残らず食べました, 母屋の, 気に, 水割りで, 汗ばんだ, 河岸ふちの, 泣きたくなりいいえ, 泥仕合の, 洗足さして, 浮くぜ, 涼む河風, 済んだこと, 湯浴みを, 溺れた樣子, 火事を, 炉に, 無作法に, 焦らせて, 熊の, 父母百年の, 物をも, 独り言を, 猿の, 理平の, 用れ, 男どもが, 番組を, 病気の, 白木の, 皆んな駈け出した, 目に, 直驀地, 眺められて, 着るが, 知らせを, 硯箱の, 祝わない, 秋草の, 空籠に, 窺いますと, 竹村が, 笑うだろう, 笑つて仕舞ふ, 箒と, 粗末に, 純粹, 細い銀煙管, 絨氈の, 編んだ, 繰り返した, 置いた封書, 置きますがね, 罰を, 翁に, 聞えるもの, 肩へ, 胸や, 腕を, 自らそこに, 自害を, 舌嘗め, 良い匂, 花火の, 苦しい忙しい生活, 茫然として, 荒々しい夢想, 落付く, 蓮杖は, 虫の, 血まみれの, 行くからな, 行く音, 行った自分, 行灯を, 袖で, 襟を, 見せえ, 見せた方, 見せられるの, 見せる回数, 見たこと, 見た女, 見ましたらやつ, 見るといふ, 見晴らしの, 覗き合って, 観しむ, 言いは, 言ったところ, 言わないでね, 討とうと, 試験場を, 誂えを, 読みかわして, 読むなり, 調べた, 謂やあ, 讀むと, 負けた穴塞ぎ, 貰い受け, 貰おうかと, 貰つて中庭の, 貰へるだらう, 買うところ, 買つたお, 賞で, 走ったが, 跡から, 踵で, 軍務の, 辷る, 追い縋ろうと, 逃げようと, 通る人, 遂いに, 達者な, 遣るべ, 都へ, 重い車, 金袋を, 銀杏の, 鏡台に, 長良川の, 関翁以下諸君の, 陽に, 雑木林の, 電燈を, 静かな, 頂かなくつて, 頑として諾, 頻りに自慢, 顫へて, 飛行機を, 食べること, 飴湯などを, 首斬りお, 駆け込んで, 驚いたこと, 鬚だらけの, 鳴かんと, 麻布の, 黙つて相手

▼ 出したり~ (665, 2.1%)

101 して 61 した 27 入れたり 20 するの 7 するので 6 したの, 何か, 引込めたり 5 する, すると, ひっこめたり 4 しながら, するよう, 足を 3 したが, したこと, しないよう, しました, する者, 引込ましたり, 湯呑で, 電話を, 顔を

2 [28件] お膳, したもの, した不換紙幣, した時以外, しまったり, すること, するもの, するん, する事, する時, する程, すれば, それに, 今日位腹を, 動いたり, 友人へ, 口を, 口笛を, 味噌汁は, 塚本を通して, 大隈が, 引っこめたり, 引っ込ましたり, 引つこめたり, 引付けたり, 立ち見を, 茶を, 隠したり

1 [321件] あげ句, あるいは人, あるいは穀物, いたしました, いやに, いやはや, いろいろし, いろんな代理店, うなされたり, おこると, お人形, お米, お茶を, かかり子, かくしたり, くずしたり, ご存じの, さうかと思ふ, さもうつかり外れ, しお, したくないから, したため, したとき, したので, したよう, したらそれ, した国民文庫, した場合, した岩, した秀鶴仲蔵, した結果, しては, しないうち, しないこと, しないところ, しなかったこと, しに, しましたが, しましたけどね, しましたん, し度, すねたり, するあの, するくらいの, するこの, するしずか, するそう, するため, するだけ, するぢ, するとき, するところ, するのに, するはず, するもん, するやう, する人形, する光景, する奴, する奴隷, する小さい, する必要, する態, する様子, する男, する瞬間, する輩, せずに, せず無けれ, せにや, そういう朝夕, そつと, その又, その当時交, その手紙, それは, それを, そんなこと, そんな器用, といと, ときどき一杯, とめたり, とんと狂人沙汰, どこか, なかなか大変, なすったもの, なすったらどう, なぞし, のぼせあがったり, のらくらし, ひつこめ, ふざけきった集まり, ぼんやり眼を, また, またお, または, またはしまっ, またはそのまま, または冬子, または自分たち, また不思議, また中, また引っ込ん, また忘れ, また指, また精進料理, また縫い, また落第, また飛び戻っ, まだ食ってる, まっぱだかで大酒, まぶたを, めくったり, わざと笑っ, タイプライターを, バレーを, パチパチ音, ボグダーノフに, ムニャ, ヨシ子ちゃんを, 一つ手際を, 一家の, 一寸した, 七歳の, 七輪の, 三枚目を, 三段抜きの, 不思議な, 世間の, 中には, 二三枚の, 今度は, 何かに, 何を, 何遍も, 作業し, 俗人に, 俳句に, 働きたがる男, 先刻まで, 全く機嫌, 全国にわたって, 八五郎と, 其他子供に, 其様悪戯ばかり, 出さなかったり, 出されたり, 出したり, 出たら目, 出来るかい, 出来る訳, 切符を, 別な, 勉強させ, 原稿料の, 又は赤ん坊, 又何時も, 又引っ込ん, 友人の, 取ったり, 取り散らしたり, 受けたり, 叫び出し, 吼えたり, 呼笛を, 咽喉仏を, 哀訴し, 喫茶店の, 囁いたり, 囈言を, 団十郎の, 場末の, 声を, 変に, 大声で, 大汗, 大衆物も, 夫は, 妾を, 威張ったり, 婚約の, 宜しい諸事僕, 家へ, 富豪の, 寝台の, 寝支度, 小さな教会堂, 小屏風, 小指を, 少くとも, 少く出し, 尼を, 山の, 己で, 平手で, 平生よく分の, 幹に, 床を, 店さきを, 引こませたり, 引っ込ませたり, 引っ込めたり, 引つ込めたり, 引解い, 後戻りし, 御簾を, 徳川方の, 怒鳴りつけたり, 思はぬ堀田, 急に, 恐ろしい身振り, 悒, 悲しんだり, 懸案を, 或は跡足, 或ひ, 手当たり, 手真似を, 拝むよう, 持ち物を, 指さしたり, 掌を, 新進の, 時分どき, 暫くも, 書いたり, 書評かいたり, 書類入れの, 杭を, 松蔭に, 楽器の, 楽屋を, 欠伸を, 欲しいとも, 歓迎の, 毎日警察へ, 毛氈を, 汝は, 泣いたり, 流しを, 消えたり, 滅茶苦茶だった, 演説会を, 無法な, 然も, 煙草盆の, 爲て, 片言を, 狭い車小屋, 狼や, 甚だ怪しから, 田原に, 皆ちゃんと, 盃を, 監獄へは, 目を, 看護婦に, 眼を, 石を, 礦山の, 福引を, 私の, 秘密電報を, 種々の, 筆を, 筋を, 終に額, 綱を, 縁側を, 罵ったり, 考へたり, 脱け, 腐つた梨, 腕を, 自分を, 自己の, 自由恋愛家の, 興じ入って, 花を, 花柳の, 英雄ぶっ, 茶菓子に, 荒々しく揺すぶっ, 菓子を, 葛を, 蝋の, 行くべき方向, 行儀作法を, 褪め掛けた記憶, 言うこと, 言ったり, 言葉が, 訳の, 説明し, 読まされたり, 赤い実, 赤ん, 路地の, 踊り出しさえ, 身の, 身振り澤山に, 配役を, 重複し, 鉄瓶を, 間違いだらけの, 関係し, 陳平が, 障子の, 隱し, 雀の, 青眼を, 青磁の, 青筋を, 音楽を, 額を, 顫え, 食事を, 飯を, 駅で, 高利貸から, 黒い脊

▼ 出し~ (517, 1.6%)

38 なって 19 して 10 なりました, なる 9 なること, なるの 8 なった 7 なったの 5 なつた, 入れて, 行った 4 なっては, なりましたか, 來た, 行く

3 [11件] なったと, なった時, なつて, ならないで, ならないの, ならないよう, なります, なると, なるもの, 行くの, 行つ

2 [31件] かかったの, かかって, なったこと, なったそう, なったん, なった手紙, なった方, ならなければ, なられるに際して, なりあんして, なりましたならどう, なりましたね, なりましたの, なるよう, なるん, なる時, なろうと, 來る, 入つた, 出て, 来たの, 来て, 燦然として, 物あり, 行くん, 行ったん, 行った時, 行って, 行つた, 見えて, 郵便局まで

1 [281件] あずかりました本庄恒夫, あてました, いったの, いったり, いったんだ, いつた, いつたが, いつもあり, おどろいた, お出でに, お濠端, お金が, かかった, かかったが, かかると, かかる旨, くさうに, くるお, くること, くるという, こっと, これより, ころが, こんな事, ござりまする, された, されて, したから, したま, した太った女, しなきゃならねえよう, しなくちゃ, しなければ, しばらく日の目, しまって, し休むとき洟, し延び延び, すること, するなぞという, せよ自分, たいへん大きな, たる言葉も, なったが, なっただろうがね, なったという, なったのに, なったのよ, なったよう, なったら, なったらいか, なったらまた, なったり, なった人間, なった使い, なった分, なった品, なった懸賞品, なった資金, なった電報, なってよ, ならないから, ならないので, ならない方, ならなかったそう, ならなかったらからだじゅう, ならぬよう, ならぬ大分, ならねえの, ならねば, ならはつ, なりお, なりすえ, なりそれ, なりそれから, なりたくないそう, なりましたけれど, なりましたので, なりましたもの, なりました時, なりました見ると, なりまして, なりましてねえ, なりましても, なりますね, なりや仕ませんね, なり荒々しく, なり諸国, なるおと, なるが, なるだろうと, なるつもり, なるでせうよく, なるので, なるのに, なるはがき, なるほどの, なる十二人, なる場合, なる尋ねの, なる必要, なる方, なる木彫り, なる法服, なる物, なる由, なる種, なる立場, なる言葉, なる難題, なれなかった, なれば, なろうし, はかに, もって, やこくり, ゆきました, ゆき夕飯, ゆく, ゆくこと, ゆく途中, ゆこう, よく入っ, よりて, ガタガタした, キチンとして, ギョロッと, パオンへ, 一つずつ, 三井呉服店とか, 世辞笑いで, 丘を, 事件の, 付榊原家の, 付無量庵柴屋寺を, 任せて, 休んで, 但馬因幡播磨摂津と, 使えめ組, 使っとる, 使へ, 來たわけ, 來て, 依て, 入つたの, 入れたかえして, 入れたが, 入れた儘, 出かけたので, 出かけたらアスファルト, 出かけたら月夜, 出かけて, 出かけるの, 出かけるので, 出かける迄に, 出たきり, 出ました, 出掛けたの, 出掛けた後, 出来る仕事, 剥き出した傍若無人, 力を, 勘兵衞其方は, 千住へも, 参りましたの, 参りましたので, 参りますんで, 及びける夫, 問い掛けた余, 四畳の, 外へ, 大岡殿は, 大岡殿如何に, 天龍川流域飯田から, 奥へ, 娘の, 嬢様この, 屋久島あたりも, 屋敷を, 山へ, 庫裏へ, 従事し, 從事し, 御自分, 忠相ぬし, 憎くき, 懐かしがっ, 戻つて, 手を, 投げこんで, 持って, 掴んで, 放りこむと, 斯んな, 日の, 明るくする, 書類が, 来た, 来たお, 来たが, 来たついで, 来たり, 来たん, 来ない青年, 来なければ, 来ます, 来やがったよ, 来る, 来るっていう, 来るとは, 来るので, 来る客, 水差は, 浴槽を, 物を, 現はれた, 現わし, 田島自身の, 甲斐なく, 登ったよう, 發と, 着手せられた, 笑顔を, 納ひ込ん, 自分が, 苦心は, 蔵へ, 行かない, 行かなければ, 行き改めて, 行き私, 行き銭湯, 行くから, 行くくら, 行くこと, 行くさ, 行くそう, 行くため, 行くところ, 行くに, 行くにも, 行くもの, 行く仲間, 行く序, 行く方, 行く日, 行く自転車, 行く途, 行こうと, 行ったがな, 行ったこと, 行ったと, 行ったところ, 行ったの, 行った女中, 行った帰りサト子, 行った梓さん, 行った跡, 行つた八五郎が, 行つた処が, 行つた所な, 行つても, 行つて幾笊かの, 行つて来る, 見せて, 話題を, 談じる, 讃辞を, 越前守, 転々と, 転がって, 途中にて, 過ぎないもの, 遣ひ実は, 郵便局へ, 金十円と, 間着の, 隠した, 電報用紙を, 馬を, 駆けて, 驅けて

▼ 出しては~ (507, 1.6%)

13 いけない 7 いけません 6 云わなかった 5 ならぬ, 何も 4 いない, 云は 3 いけないと, いたが, ならないと, 一言も, 後へ, 言わないが

2 [22件] いけないよ, いけませんよ, いた, いわないが, いわなかった, それを, なにも, 一つ一つ拭い, 事が, 云えない, 云わなかったが, 人を, 何にも, 何んにも, 失敗する, 岸の, 見見ては, 言は, 言わなかったが, 誰にも, 足の, 駄目だ

1 [401件] あても, ありますが, いいかねて, いいとか, いいませんでした, いえないこと, いえないの, いえなかったが, いかがです, いかぬ, いかぬそこ, いかん, いかんじゃ, いかんぞ, いけないこの, いけないさ, いけないぜ, いけないぞ, いけないつて法, いけないのよ, いけない欠伸, いけない無表情, いけなかった, いけませんお, いけませんか, いけません何, いけません私ども, いたけれど, いたと, いたの, いたらどう, いつでも, いづれ小半, いて, いとほしく, いないか, いない筈, いない裸ガス燈, いなかった, いはない, いひませんが, いよいよこれ, いよいよ死, いる, いるが, いるがね, いるけれど, いるの, いるやつ, おいたが, おけない誰, おしまいである, おっしゃいませんでしたが, おびやかすので, おれど, お前は, お妙, お杉, お詣り, かえってお, かえって危なかろ, かたまった筆, からかわれると, からだを, くださらぬか, くちびるを, くれない, くれないかも, くれないの, くれなかった, くれまいか, くれません, くれるが, けんのんと, この叔父, この哀話, この大男, この水, この高氏, これは, しきりに額, しだいにその, しめやかに, じぶくる娘, すっかり金銭, すみませんが, せきたてた, せわしそう, そこらへ, その不自由, その使, それこそ, それと, それに, そんな友達, だかに, つかり加減, てれたの, できた句, どうかと, どうだ, どうやら凌げる, ないが, なかなかい, ながめここ, ながめて, ならない, ならないが, ならないの, ならないよ, ならない手紙, ならぬから, ならぬこと, ならぬたいせつな, ならぬと, ならぬといった, ならぬといふ, ならぬ刀, ならぬ筈, ならぬ道路, ならんそう, なりませぬぞ, なりません, なりませんよ, なんにも言いません, にやにやと, ねちねちと, はしから, はっきり云えなかった, はなはだまずい, はりきり網, ばけては, ばらばらと, ひとりで, ひと言も, ぼんやりと, またひと, また夕方凾, また引っこめる, また引込ん, また漠々, みたが, みたものの, むしや, むせ返り笑み, もうなん, もう太子, もはや私, やはり何, やらないので, ゆすいで, よく叱りつけられた, わああっと, わるかろう, ゐないかしらと, ゐられたわけ, アメリカの, アーメンと, チェッと, ベロベロと, ポリポリ齧っ, ワンステツプ・ツウステツプだつた, 一しきり, 一人で, 一口も, 一大事です, 一寸笑つて, 一日に, 一段と聲, 上げられません, 上田敏さんから, 不安の, 世間の, 両手で, 云いませんでした, 云えなかっ, 云える, 云ひませんでした, 云へ, 云わない, 人に, 人にも, 人の, 人迷わせだ, 今更持て返る, 仕方が, 他人の, 仰っしゃりませんでも, 仰らないだけ, 伜の, 何か, 何とも, 何とも答えなかった, 何とも言いかねた, 何の, 何事も, 使って, 侮蔑し, 値切って, 兎角床し, 其絵を, 切りの, 別にこうと, 別に何, 利家を, 勝頼逆上せりと, 千世子の, 危険だ, 却って面倒, 却て, 叔父に, 取り柄の, 口ずさんだり, 可愛さ, 味が, 唄一つ歌わなかった, 啼くが, 喜んで, 喧嘩に, 噴火口の, 困る, 困ると, 国防上の, 土を, 堪らなくな, 外の, 大人しくはい, 大変である, 天秤で, 失礼である, 奮發し, 如何など, 始終熟, 威信に関する, 嫂さまや, 嬉しがった, 宜しくない, 家の, 寂しがる, 導いて, 小盃, 居ない, 居なかつた, 居るもの, 屋形へ, 川へ, 己の, 幾ばくの, 床一面に, 店先に, 弄って, 後々に, 後日かならず, 御主君, 復た, 心配し怪しん, 思案し, 急き立てる, 悪いかも, 悪いなんて, 慰めとしてを, 我家の, 或は彼, 手当たり, 投げ散らすもの, 拙いという, 描けないの, 攻撃しかねる, 數へて, 断じてひかない, 新宿へ, 昔の, 時々それ, 暫くの, 書き, 書き綴つて, 書物を, 望月大尉や, 朝な夕なの, 来られないらしいね, 楽器に, 次々に, 歌わなかった, 止度なく, 母の, 気の毒である, 汚れるとか, 江戸ッ児の, 泣いてばかり, 泣きます時, 海の, 海へ, 消えも, 涙ぐまされるのであつた, 涙ぐむの, 涙なし, 涙に, 涙を, 済まないよ, 済みませんそれ, 滅茶, 無い, 無理だ, 煙草を, 猶々都合惡, 生の, 生死去来真実人に, 申しませんが, 町で, 白い波浪, 目に, 相すまない, 相手に, 相濟, 祖先にも, 私の, 私等も, 称めない, 立派な, 笑わせ娘たち, 第一自分, 筆の, 箱に, 米友に, 素子達を, 綴り合わせ綴り, 総体の, 置いたが, 置けない誰, 考え悪かっ, 耳すまし, 自分自身を, 自由に, 芸者小奴は, 茶碗酒を, 薬取, 藤山吹卯の花撫子とりどりに, 蚤取, 見たもの, 見たものの, 見る, 見るそして, 言いかねるもの, 言いださなかった, 言いませんけれど, 言い出せなかつた, 言えず一日, 言えないこと, 言えない言葉, 言えなかった, 言えなかったけれど, 言えませんのね, 言ひ, 言ひません, 言へ, 言わないで, 言わなかった, 言わなかったけれど, 言わなかったけれども, 言わなかったし, 言わぬ, 言わぬが, 訊かなかったし, 詫び乍ら意識の, 詮方が, 話しかけるよう, 語られないが, 説得を, 読みかえして, 読み出しては, 読んだ, 謂われぬ女, 貴女の, 買って, 足音を, 身體の, 輸送が, 道に, 都合が, 酒を, 鉦を, 鍋に, 門の, 間違の, 附近の, 際限が, 離れの, 雪子の, 面倒臭く結句, 面白くない, 頭から, 風が, 風の, 食い食い, 食べる, 食わせて, 食わせ出しては, 首を, 駄目で, 駄目です, 骨無しみた

▼ 出しても~ (490, 1.5%)

87 いい, 恥かしくない 6 いいと 4 仕方が, 恥しくない, 恥ずかしくない, 誰も 3 いいの, それを, 恐ろしう, 涙が, 総身が, 耻かしくない

2 [29件] あの羽二重, いいって, いいでしょう, いいとさえ, こちらの, それが, それは, ぞっとする, ひけを, ようございます, ゾツと, 今朝喰つた飯の, 冷汗が, 初まら, 可い, 好いと, 引けを, 彼は, 御米, 恥か, 手鎖五十日地主家主月番行事五人組から, 敗を, 文学の, 私は, 立派な, 義理は, 身慄ひ, 返事は, 返事を

1 [370件] あいつが, あとから, あなたには, あの奥歯, あの女, あの鯛, あるいはかけ, いいかと, いいが, いいけれども, いいじゃ, いいそれで, いいです, いいという, いいとまで, いいました, いいよ, いいよう, いいん, いい一万円位, いい時分, いい頃, いかにもそれ, いかんとは, いくら安否, いけなかつたかしら, いちどそこを, いちばん最後でなけれ, いっこう家並, いっこう無駄, いったもの, いって, いないの, いひたさ, いやな, いるし, うら悲しい, うるさい, ええという, お小言, かの武士, かまわない, かまわないつもり, かまわんエンジン, か細い腕, きっとあっち, きっと落第, きまりの, こう陽性, こちらまで, この家, この橋, これが, これくらいの, これは, さっと顔, すぐに, すぐ変る, すべてが, せつなくなります, せんないこと, そのたびごと, そのため, その人, その化け物, その誘惑, それでもその, それほど聴き, そんなに銭, そんな事, ちっともたより, つまらないから, とにかく手, どこか, なお黙っ, なかなか好い, なかなか手, なかなか目, なかなか美味い, なかなか高価, なほ數千圓の, ならねえと, なるまい, はあ来, はずかしくない, はつきりしてる, はなれない, ばかばかしい, ひけは, ふき出したくなるが, ぶつかる先, へんに, ほ, ほかに, ほかの, またはいっ, また未来, まるで取り合わなかった, みむきも, もうてんで相手, やらぬよと, やられないので, よい, よいが, よいこと, よいだろう, よいの, よからう, よかろう, よしマイナイスソース, よし湯, よろしいです, らへ, アーと, サッパリって, ゾッと致します, ハチスの, ヒケは, ベルンストロフ伯夫婦を, ホ, 一人の, 一人前が, 一向に通じない, 一向人, 一向埒, 一向返事, 一度ちらっと象, 一度出し, 一方の, 一枚ほしい, 一概に嫌, 一流の, 一通の, 一銭出し, 不利な, 与八は, 中, 丸で, 主人の, 乃公は, 云い心, 云つたが, 云つてる, 云ひ, 五割以上の, 人の, 人は, 今の, 今日は, 今更清元, 仔細は, 仕事は, 仕様が, 代りが, 仲, 何の, 何も, 何故か私, 何程の, 例の, 信濃町までの, 俺は, 偽物でございます, 傷を, 先ず十人なみ以上, 先生によ, 兵隊に, 其手は, 冷汗の, 冷汗ものだ, 冷汗を, 凄と, 出した荷, 出して, 出しても, 出し栄, 判りまさア, 別だ, 十人並みで, 十日二十日ぐらいずつか, 原稿を, 厭な, 厭や, 及びますまい, 及第点が, 口に, 口惜しきほど, 可愛さうな事, 可笑しいの, 同情し, 同程度, 君は, 味方に, 品物を, 善い人, 善かね, 喜んで, 四両二分ばかりしか, 地の, 壊れそう, 声名の, 売れねえや, 売れるもの, 変えない程, 多しと, 大丈夫であろう, 大丈夫という, 太政官で, 奧の, 女姉妹同士には, 好い, 好い時分, 好かった, 妙な, 宛然世を, 宜い, 宜いし, 宜いと云, 宜いのです, 宜しい, 家から, 容易には, 小さく三枚, 小染, 少しも, 尻が, 屁を, 居られません, 居所不明で戻っ, 工藤からは, 差支えなければ, 差支えは, 帰りそう, 幅が, 平氣, 平生の, 引けは, 役に立たぬそれゆえ, 後れを, 御台所へ, 御馳走に, 微笑まれる事, 心配そうに, 心配相に, 思はず笑, 恥かしくね, 恥かしくねえ, 恥かしくは, 恥しくなく, 恥しくも, 恥ずかしからぬ, 恥ずかしくないだろう, 恥づかしく, 悔いないこと, 悚然と, 悪いよう, 悪夢の, 情ない言, 惜しくない, 懐かしいもの, 手に, 手打に, 損な, 損は, 支店の, 文吉が, 既に遅い, 日本の, 普通に, 本当に上品, 来さ, 来なかった, 来る, 東京の, 果たして豊, 梨の, 榎の, 構いません, 構いませんが, 構は, 母親は, 気の毒で, 気持が, 求める人, 決しておくれ, 決してその, 没書に, 法衣一つ身に, 浩さんなら, 浮んで, 清之介君は, 漁が, 澄んだ涙, 火傷を, 無念で, 無駄だ, 無駄には, 父は, 爽, 物は, 独り歩きは, 生地を, 用の, 画中の, 発見されぬ, 直吉は, 相當, 知れたものゆゑ, 確かに, 神の, 私を, 笑はずには, 笑ひ, 笑わずには, 笑われるよう, 第一息, 簡潔である, 絶対に, 縮まりません, 繼には, 置いて, 置けんし, 聞えませんね, 聞えよう, 聞こえるもの, 肩が, 胡麻化し, 胸が, 胸を, 脳神経が, 良いという, 落選, 行かないだろうという, 西洋馬や, 見たいだろう, 見たいと, 見たが, 見ませぬので, 見られないとさ, 解らない, 言葉は, 誰に, 負けを, 貰は, 買えという, 買えん背中, 買調える, 足が, 足は, 足を, 身の毛立つ, 身体が, 返事が, 返事の, 返事も, 酒を, 金は, 閉じた眉, 間に合いませんでございましょうな, 関西ものに, 閣下は, 集めること, 非常に, 音沙汰なし, 頑としてさう, 顔が, 馬車屋が, 駄目だ, 驚いたよう, 鳥肌立つ

▼ 出しながら~ (465, 1.4%)

11 云った 10 言った 7 私は 6 言つた 5 云つた 4 彼の 3 それを, つぶやいた

2 [25件] いった, もう一度, 二人の, 云ひました, 今の, 何か, 何度も, 僕は, 入口の, 坐る, 夢心地に, 家の, 彼は, 手を, 東京へ, 歩くので, 私を, 答えた, 緩くり, 聞いた, 花子に, 袂を, 身を, 追ひかける, 障子へ

1 [366件] あの二人, あらゆる苦しみ, あれを, いいわけする, いうの, いかにも蓮葉, いきなりそう言った, いそいそとして, いつしか明治大正, いつた, いま会った, いま會つたばかりの, うきうきと, お話を, お鉄, お駒, かう云つて, からだを, きいた, ぐんぐん墜落, こうして汽車, こう言った, こう話しました, このこと, このまま誰, この方法, この暗, これは, こわごわそっち, さう, ささやいた, さつきの, さて放電, しかしまだ, しかしめずらしく, しかしピストル, しかもまだ, しきりに騒い, しぼつ, じりじり退りかけた, じろじろ宗俊, じろじろ眺め, すぐに, すこし勢, すましきって, せっかちに, そうっとその, そう呟いた, そこはかとなく筆, そして子供, そちらを, そっとルバシカ, そのこと, そのトンネル, その儘, その儘自分, その又, その堂, その奥, その男, その英雄豪傑, その藥屋, その話, その開いた, そばへ, そりゃ一緒, それから彼女, それとなく訊い, そろそろと, ともすれば一ところ, どうかする, どなり返す, どんなにペコペコと, にやにや薄笑い, にやりと笑った, のぞいて, ばたばたっと, ばたばた彼, ひどく悲しさうに, ふっとおかし, ふと猶予つたの, ふと鏡, ふらついて, ぶきよう, ぶつぶついった, ほかの, ほっぺたの, まだ手, まだ昨夕, みたら向, もう一度兄, もとの, やがて南, やたらに, やっといま, やっとその, やんわりと, ゆっくり自分, カレーの, ガラッ八, ガラツ八の, クルクルと, ジリジリジリジリと, ジワジワと, スタ, スタンドの, ステキに, ストーン氏を, チラと, バスの, フランス語で, ブツブツと, ヘタヘタと, ポツリポツリと, ポンプで, ミミコの, ムキになって, 一同に, 一番手前の, 一緒に, 上さんに, 上の, 上機嫌であった, 中山が, 主人の, 主従手拍子を, 久我が, 之を, 争った, 二人で, 二度目に, 二足三足後へ, 京子が, 人生の, 人間の, 今かう, 今は, 今度は, 今松, 令嬢を, 休みなし, 伸子が, 体操を, 何となく自分, 何もかも心得, 信吉も, 傾斜した, 僕の, 先刻行き違つた少女の, 兎も, 具足の, 内部に, 再びなんと云う, 出て, 出勤した, 出来るだけ, 切れるよう, 切符とは, 前掛, 劇場の, 力なく, 力一ぱいぴしんとむちをならしました, 努めて, 北山は, 十歩に, 千代と, 半ば感服した, 半ば赤く, 半兵衛は, 半治さア, 博士の, 又も, 又隱席, 友の, 取次の, 口々に, 口を, 古い定石, 叫びました, 叫んだ, 可愛い娘, 吃った, 吻と, 呻いて, 呼んだ, 唸って, 嚴しい, 四合瓶の, 坂を, 夕刊を, 大正エビの, 大睾丸, 夫は, 妻リイケを, 娘のぶえんり, 子供を, 孫の, 宗十郎の, 尋ねました, 小さい声, 小声に, 小川の, 少年に, 山田の, 川上の, 川手氏の, 帰路には, 幹男は, 幾度も, 床の, 座を, 庭を, 引返して, 弾いて, 彼が, 彼らの, 彼れ, 彼を, 彼女の, 彼女を, 待つの, 後の, 後ろから, 徳山の, 徹太郎を, 快活に, 怒鳴って, 思ひに, 急いで, 恐ず恐ず仁右衛門, 恐ろしいほど, 悪徒, 意外に, 愚痴を, 憎々しげ, 懺悔録を, 戸口の, 手や, 手荷物一つ持っ, 手袋を, 技師は, 抜いて, 拳固を, 振向いて, 摺寄ッて, 改めてそっとお, 改札の, 散歩の, 斯う言っ, 早く實地檢分, 早口でし, 晴れやかに, 暖炉を, 暗い梢, 更に横町, 書きかけの, 板張りへ, 林田に, 柘榴口の, 柱に, 梨は, 森の, 橋の, 次の, 歓心を, 気が, 気味悪い地平線, 水夫は, 泣き出した, 泥を, 泰造が, 涼気の, 渠が, 点頭いたり, 無限の, 焼け火箸, 煖爐の, 煙草を, 燃え上がりしばらく, 燕の, 片手を, 独り又, 独り言の, 狭い縁側, 狼狽て, 獨語の, 琵琶亭の, 町はずれへ, 病室を, 白い新しい足袋, 皮肉より, 目を, 目色を, 真面目な, 真黒に, 眼を, 睨まれると, 短靴を, 祖母に, 神谷は, 私の, 突慳貪に, 突然と, 窓に, 窓にかけて, 窓の, 窓口の, 立ち上ったが, 竹之, 竿を, 笑つた, 筆を, 答へ, 紋吉は, 続ける, 緊く, 美しい手, 考えた, 考えるという, 聖書を, 聲を, 聴き終ると, 肩の, 肯いた, 能勢の, 脚もとの, 自分は, 自分を, 舞いおりて, 船を, 菜穂子は, 表の, 言いかけた, 言葉を, 訊いた, 訊ねた, 訝しそう, 話しかけたが, 話に, 話の, 話を, 話頭を, 説明した, 読書に, 豹一は, 走っては, 足の, 踊る襞, 辰男は, 遠く去っ, 遠く去つ, 金太郎は, 鍋を, 附添夫達は, 隣りに, 霜の, 静かに, 面白くない, 頬冠り, 頭を, 食う, 駆使者の, 駈け出したん, 驚いたと, 體操を, 鶴雄は

▼ 出しそう~ (349, 1.1%)

58 な顔 23 になっ 19 になった 14 な声 12 になる 9 でした, なもの, にし, になりました 6 にした, にする 5 だった, です, なの 4 な表情, な顔つき 3 である, なので, に見えた

2 [16件] だ, であった, なうらら, な家, な感じ, な有様, な気, な気持, な気色, な空, な陽気, な顔付, になり, になります, に口, に顔

1 [111件] して, だったから, だったの, だよ, であぶなく, でしたので, ですと, でならなかった, でも, でもあった, で余り, で平次, な, なあて, なおろおろ, なこと, なせつない, なそつ, なのに, なほど, な中親仁, な事, な人形, な勢い, な口, な哀し, な四囲, な姿勢, な子供, な形相, な心もち, な心持, な憂鬱, な憐れ, な日, な日和, な暗い, な村, な様子, な模様, な気合い, な気味, な気配, な淋し, な渋め顔, な渋面, な瓦, な男, な異様, な皺, な眼, な眼付, な眼元, な知恵, な硬, な空合, な笑い顔, な笑み, な素振り, な縁, な美しい, な苦笑い, な調子, な陽, な雌牛, な青い, な面, な音, な顔色, な騒ぎ, な鹿子, に, にいいました, にうるんだ, にします, にじ, にどんより, にない, になったら, になってる, になつ, にひきつっ, にまでなっ, にもなかっ, にゆがんだ, にギラギラ, にパチパチ, に一層, に今, に動かし, に口びるさえ, に吐息, に微笑, に思われた, に悪戯, に成った, に曇っ, に歪められてる, に歪んだ, に満なみ, に眼, に瞬, に立っ, に緊, に聞えた, に萎れる, に見えます, に見せかける, もない, やまだ, や未だ

▼ 出し~ (177, 0.6%)

3 ように, 小槌に, 涙むねの 2 ことは, ような, 中に, 中には, 特典を, 青二才に

1 [156件] いいの, おかしの, おっさんが, お供を, かんを, が龍子, けたたましい叫び声, ことで, ことを, ご修行, そばへ, ために, どしどし書ける, ないうち, へらへら役者, まねて, やつを, よい地勢, よさ, よし, わたし等にゃ, わりに盛大, われわれを, コンクリートな, タヽキは, チラシを, 一本たちを, 一歩を, 一青年である, 三ン下で, 下着の, 不良なぞは, 中へでも, 二十円を, 二階三階, 京伝にとっては, 京都訛りを, 人間だ, 仁態で, 件は, 会, 作家跣足だ, 個条が, 儘抱へ, 優しい帯, 兄弟を, 刑事なぞには, 刑事みたいだ, 初めから, 初歩な, 半纒一つ, 卷烟草ピース一箱を, 原稿を, 口に, 同意で, 名も, 墨の, 夜会服の, 女中が, 女形が, 姿が, 宵, 宵から, 寝床である, 小僧に, 小娘で, 小窓, 小鉢物, 岡っ, 広さ八畳敷, 床の, 床板, 店が, 御様子, 憎惡, 懐中電灯を, 手と, 手引を, 手段茶番当日の, 手紙が, 折には, 摘要書きの, 政治家も, 文句などは, 文句の, 文学士では, 文章を, 新聞記者としか, 新聞記者として, 新聞記者時代に, 旅烏に, 時刻よりも, 曲りくねった垂木, 書入れ時だ, 書生ッぽ, 朴訥そうな, 朴訥者だ, 梁が, 業を, 標準に, 樣に, 檜の, 汁へ, 汁を, 沙汰が, 法外なる, 洋服で, 清之介君は, 演出者こそ, 潮時だらう, 牧水氏には, 狂言方であった, 生活を, 由この, 男が, 男の, 癖に, 眞砂町が, 真打ちなら, 矢疵弾丸痕の, 祝と, 穴から, 空の, 立札が, 節十三兩三分と, 糸が, 紙と, 紙は, 絵の, 縁側で, 美味しい汁, 美術学生でも, 者が, 肴を, 背後の, 胡麻の, 脚で, 脛, 腕を, 自転車が, 船長は, 若い者, 被害の, 裸体談話, 記者だった, 運に, 違ふ, 部分の, 釣師にて, 銃は, 鍵が, 鍵に, 青ッ面, 青二才の, 青面の, 齒だ

▼ 出してから~ (149, 0.5%)

3 私は 2 もう一年, やつと, 将門は, 手に, 早いもの, 暫くの, 神田を

1 [132件] あの人, あの娘, うちの, おやじは, お前も, お母さんは, ここの, この障壁, これまた, さてはと, しまひ, じき一年に, すぐ被害者泰助, するりとやみ, その物語りめく, ちょうど十年, であった, です, でも, どうも私, なんでも, はやくも, ひとりで, ふり返っ, まあ安心, まださほど刻, まだ十日, まる三年, みんな一様に, もうかれこれふた, もう十年, もう四五年, もう随分に, やうやく, やや暫くあっ, ゆるゆる立, コポオは, ミンナの, リンゴを, 一ヶ月後の, 一寸寐ても, 一寸振り, 一年とも, 一年近くに, 一度も, 一番早く, 一瞬時も, 一行を, 一週間ほど, 丁度一週間目の, 三ヶ月の, 三年あまり過ぎ, 三年ほど, 三日目に, 三時間あまりもう, 三時間目に, 丸田は, 二人し, 二十余年の, 二日目ないし, 二時間余りの, 五六間の, 五日ばかり, 京の, 今では, 今まで, 今年で, 今日で, 今日まで, 以後の, 以来さっぱり, 何も, 便所の, 僅か三四年, 先づ知春の, 八日目に, 初めての, 北沢村の, 十六人とも, 十年近くにも, 半年の, 古き歴史, 四年経つ, 四日目の, 夜の, 小声で, 小池は, 常に病院, 幾年の, 幾日目かに, 弁信が, 弁当の, 役人達は, 彼の, 彼は, 彼女の, 彼方此方の, 後の, 急に, 手が, 折々苦い, 支那宋代の, 数えると, 既に六年, 早くて, 木登りが, 横穴は, 母に, 父と, 物を, 男の, 異説百出或は, 皆打揃っ, 矢代は, 空想の, 立ちつ居つ心配, 第二巻, 結核病が, 綾衣が, 自分の, 舞台が, 註文先の, 追いかけて, 逢う人毎, 長い間, 間もなくである, 降られては, 頭が, 顔と, 顔を, 食う物, 食べさせられたもの

▼ 出し~ (116, 0.4%)

6 しないかと, しなかった, すまいかと 5 しない 4 しまいかと, しません 3 しなかつた 2 したが, しないよ, しなかったけれども, しませんわ, するが, せぬかと, 出したが, 口を, 此譯それより

1 [64件] こういう文句, この茫乎, この訳, したけれども, しないが, しないだらうか, しないだろう, しないで, しないと, しないの, しないん, しない代り, しなかったが, しなかったしかし, しなかったであろう, しなかったの, しなかったん, しなかつたが, しなからうかと, しねえよ, しませぬ, しませんでした, しませんでしたが, しませんでしたよ, しませんどんな, するけれど, せぬ, せぬかという, せまいかという, そのよう, その年のうち, たしかその, ちゃんと外, なさらないし, ぼくだ, ファシズムを, 七回うち二度は, 不可能な, 乱雑だ, 今少し, 出たれども, 出来なかったが, 北国の, 半田屋九兵衛失礼ながら, 四時ころ成りけん, 女工として, 実に必要, 憶い出し, 我が家の, 我も, 既に時刻, 日本橋上がりは, 明日といふ, 本と, 淋しかった, 煙管の, 父母に, 物置の, 致す間敷候, 見つからない, 見合わせて, 見苦しかりし, 買いましたの, 鍵が

▼ 出し~ (114, 0.4%)

12 して 3 あけて 2 した, しないと, するもの, つけて, 二三度繰返し, 手ぐつて自分の, 釣ると

1 [85件] あけようとも, あけチョコレート, あらためた, うけ彼, かけると, くれた, さがすと, さぐって, したの, したばかりで, したフィナーレ, してるのよ, しねえという, しみを, しめた, しやした所, するか, するから, すること, するだけの, するという, するもん, するわけ, つたで, つたな, つたの, つづけた婦人, どうした, なさらない赤穂義士, ねがいましょう, のせた貨物自動車, ひっくり返したので, ぴんと張つた颯爽, またし, もう二年, もったこと, もてあそぶもの, もてあそんだの, もらって, やった, らう, る多少, れば, ロシアで, 一つ一つ引抜い, 他人に, 企んで, 何の, 作った, 喜び最早, 始めた事, 始めれば, 嫌う風, 引開けた, 忘れた失敗談, 思わないわけ, 手伝ったお祝い, 手伝ったり, 拝し, 拵えるとか, 掻き廻すなんて, 施して, 樂まう, 止めること, 毫も知ず, 沢山取っ, 特に意外, 花道で, 蒙った日, 行いまた, 見たら一片, 見つけた, 見て, 設けそこ, 認めたれば, 貰って, 買って, 開けた, 開ける, 開けると, 頼み日, 願って, 食い烏貝, 食った時, 食って

▼ 出し~ (112, 0.3%)

11 ばつて 4 がった 3 あがれ, がって, 張る幕ぢ 2 がる, がるん, ばりたくは, ばりの, ばりは, アがる, 張ると

1 [74件] あがったん, あがるな, あがるので, いいん, がら, がらあ, がらないん, がらねえ, がらんで, がるし, がるんで, がる描かせる奴, がる氣色, がれ, こんな事, それでよから, つて一渡り後を, どんなに喜ぶ, はって, はります, はると, ばらうと, ばり, ばりすぎるから, ばりすぎるん, ばりで, ばり口を, ばると, ばるといふ, ばるなんて, ばるの, ばるやう, アが, アがった, アがれ, 一ペンに, 下肥引きに, 五人が, 人一人死なず, 刺繍の, 千人力だ, 又當人, 宜い, 張つ, 張つてお, 張つては, 張つても, 張つて恥を, 張つて来る, 張りの, 張りや, 張り根性で, 張り言は, 張り過ぎた議論, 張る, 張るな, 張るの, 張るもの, 張るわけ, 張る幕, 張ツちやなら, 張屋の, 手前は, 手文庫などを, 本箱を, 氣狂ひ, 汲んで, 生捕, 石地藏を, 紛失物の, 表向, 褒美の, 足ヤ, 首ヤ

▼ 出しそれ~ (107, 0.3%)

2 に指定どおり

1 [105件] からからだ, からまた, から五, から五フラン, から野田, から順次, がきっかけ, がぐるぐる, がすぐ, がだ, がほとんど, がまた, がみごと, がわが, がヒイ, が下, が下火, が全体, が円く大きく, が同じ, が固, が大きな, が昂じ, が次, が殆, が現在自分, が痒い, が遠く, が顏一杯, で拭っ, と引換え, と覚しい, につれて星, にはとげ, にも新, によってペーピー, によって特殊, による恩賞, にマッチ, に乗組員, に坐っ, に夜, に女たち, に拠っ, に書き止めた, のみに注意, の長い, は二三十, は天井, は詰らない, へ葉煙草, もやっと, も売れ残っ, より段段, をこばむ, をそのまま, をちやん, をひ, をひろげ, をもっ, をやめる, をガチャガチャ, を一材料, を交換, を代金, を伏見, を口, を右, を含ませ, を唇, を女中, を実行, を小さな, を岩石層, を床店, を引, を後, を手段, を披, を担い, を拡げた, を持っ, を揉苦茶, を書い, を机, を次郎, を泥濘, を注意, を活火山, を漕ぎ, を瀬戸, を熱い, を着, を突きつけ, を竈, を編みはじめた, を腕, を自分, を花びら, を表現, を証拠, を譯, を開き, を霊感, を鼻紙

▼ 出しその~ (102, 0.3%)

6 上に 4 中から, 中に 3 中を 2 中へ, 弟子に, 文章を

1 [79件] お供について, くちを, ことを, たび金語楼あたかも, ために, なかから, なかの, ふたを, ほかの, まん中に, テイプを, ニッケルの, ブーブーという, 三頭の, 上から, 下で, 下には, 不幸な, 中の, 二つが, 人は, 代には, 先には, 光の, 剔抉に, 加勢に, 動作を, 勢力は, 各々について, 吉備塚の, 噂を, 地の, 塹壕の, 奥の, 娘の, 子には, 室から, 巌尖, 広告の, 序でに, 心地には, 手を, 手拭の, 拙なる, 日演じよう, 時の, 時は, 時医者が, 本名を, 枝は, 栓の, 梢から, 梢の, 次の, 水の, 水を, 没年を, 河辺に, 焦点の, 男は, 穂の, 糸を, 罪で, 背を, 膝頭を, 自首したる, 苦悶と, 草履を, 虎の子に, 記憶の, 許可を, 説話の, 費用も, 輩いずれも, 配線を, 釣れ盛りし時, 隣りの, 面へ, 音で

▼ 出しもの~ (77, 0.2%)

62 につき相談, は二つ, を相談

1 [65件] か, か知れません, が, がある, がない, が少し, が早, が決定, が芝居, が軽視, が阿古屋, じゃない, ての, で, であったとき, で延一郎, とし, として書く, について色々, について話し, にて彼, に気, のうち, の壺, の練習, はい, はオストロフスキー, はプロコウヒフ, は三つ, は今, は兄三津五郎, は大菩薩峠, は好評, は忠臣蔵, は揃ってる, は景政雷問答, は結局, は道成寺, は金田一博士, も, もよく, もよし, も左, も知らない, をさい, をした, を半年, を定める, を用意, を練る, を見, 二に, 今日は, 大新派, 決定, 決定する, 決定どうも, 決定な, 決定の, 決定会一は, 決定特別出演なども, 菊田と, 那波の, 配役決定宣伝文も, 長谷川伸の

▼ 出しさうな~ (75, 0.2%)

16 顔を 9 顏を 4 顔に 3 声で, 声を 2 のが, 聲を, 顔し, 顔で

1 [32件] お鶴, のである, のでグリフォン, のは, もの記憶の, 京子を, 位にな, 使者の, 兼吉を, 唇の, 声にな, 妙な, 心に, 恰好を, 感じの, 景色を, 様子にな, 様子にも, 気持に, 氣勢が, 氣持な, 瓦の, 目を, 眼付きし, 空合だつた, 表情に, 身振りを, 顏し, 顏だ, 顏付を, 顔と, 風に

▼ 出し~ (70, 0.2%)

4 出て, 荷車を 3 何をも 2 幾本も

1 [57件] あったり, あって, あるの, いやに, お花, きいたもの, この家, して, ついて, てら一つ電報, てら明日, できねえや, 一本ひょろりと, 二人の, 何處へ, 余は, 偖, 其ま, 其後一向に, 出た, 出たの, 出ました, 出来なからうと, 出来なくなる, 出来ねえや, 出来るやう, 又立, 外に, 夫より, 奉行所の, 如何なる惡魔, 宍戸の, 屋敷の, 得てしてあと先, 悪かった, 折角吾志, 拙者左り, 故に時として, 早く藝人達, 是より, 是迄, 最も喜ばれた, 望まれて, 来ました, 架けしつらえて, 気に入らないが, 現実生活の, 百姓の, 目科の, 程なく熊谷堤, 笑片, 築かれそこ, 美味くて, 藤井左京は, 証拠品として, 軒に, 遅かった

▼ 出し~ (70, 0.2%)

10 へすれ 8 うでした 5 うで, うです, うにも 3 うして, うな, うにし 2 うだ, うだつた, うにした, うにする, うになつた, うも, へしなけれ

1 [14件] う, うしては, うだ空, うですが, うでなかつた, うでは, うで一脈, うなお, うなのに, うなり, うにな, うになつたり, ない手の筋, アいよいよ

▼ 出しよう~ (66, 0.2%)

22 がない 7 もない 6 がなかっ 3 がなく, のない, もありません 2 がありません, がねえ

1 [18件] があるまい, がなくなった, がねえや, が無い, が無くなった, で駕屋, とする, など, によってちがっ, のねえ, はありません, はない, はなかっ, は無い, もなく, も足, をク, を覚え

▼ 出しちゃ~ (59, 0.2%)

6 ならねえ 2 いけないよ, いけねえぜ, いけませんよ, アなら

1 [45件] いかんなあ, いかんよ, いけない, いけないぜ, いけないぞ, いけないと, いけないん, いけねえ, いやア, おかしいかも, お前は, こっちで, こっちの, そっちで, そりゃたまらない, ために, とても商売, ならねえいい, ならねえぞ, まずいんだ, もうおしまい, よく活動, わるうございます, アいかねえ, アいけ, アいけない, ア云わない, ア聞かねえ, チトまずい, リザベタさん, 危い, 君たちは, 困る, 困るでしょう, 多賀屋が, 嫌よ, 悪いでしょう, 拙い, 春子さんの, 気違いに, 病人が, 身体の, 面倒臭いと, 駄目だ, 駄目よ

▼ 出し~ (58, 0.2%)

3 せざりし結城 2 しないし, しなかった, しなかつた

1 [49件] あったが, あらん開闢以來, あらん開闢以来, されず其うち, されれば, しかねない様子, しかねなささうだ, したし, したの, したん, して, しないで, しないの, しないので, しなかったので, しなかつたけど, しなかつたので, しなかつたもの, しなかつた位, しなかつた友達, しべ, しようが, し得ず引退ん, すつかり, すまいが, すまいしただ, すまいし泣き出し, すめえ, するが, するの, せずいかにも, せずお, せずに, せずまた, せず人間, せず出させも, せず忍耐, せず杖, せず熱心, なくまた, やらず眉, 一緒に, 兼ねまじき風, 出来ぬ質札, 得ずに, 復活した, 有りませぬけれど, 来ずお, 致しますまいが

▼ 出し~ (58, 0.2%)

3 がおそい 2 の鋭

1 [53件] がいかに, がなかなか, が上手, が余りに, が個人, が少し, が少ない, が巧, が悪い, が早い, が臆病, が違う, が違つて, でも日常生活, と, とか刷毛, とか細かい, として上々, とその, と色重ね, などでその, などもあまり, なども旨い, などを撰ぶ, など当, についての過程, について必要, には変わり, によるその, に於い, に長, のすばらしさ, の実に堂々, の工夫, の無, はすこし, はたしかに, はどう, はなかなか, は特に, は確か, は銘々, は非凡, も変わっ, も尠, も良く, を大雑把, を少し, を掴ん, を研究, を見習おう, を覚え, を非常

▼ 出しまた~ (44, 0.1%)

2 夢想した

1 [42件] かという感, こそこそと, じぶん, すぐ降り, すでに生れてる, その声, その翌年, にこ, にこにこと, ばッ, 一人の, 一本の, 下りて, 他国の, 仲通りの, 博士の, 口上でも, 同じ題目, 同時に地下茎, 土地の, 壁に, 孫には, 實際全身に, 店員の, 彼を, 彼女の, 御隠居, 必ず片足, 思うとも, 政府の, 故老の, 数名の, 日頃の, 明るみに, 癩病を, 節に, 耳を, 肝心の, 胸を, 自らも, 迎使部の, 雑誌

▼ 出しさえ~ (40, 0.1%)

26 すれば 3 した 2 しなければ 1 したそう, したらわれと, したら二人, したり, して, しなさりゃあ, しました, せねば, 知らなかったの

▼ 出し~ (38, 0.1%)

7 くれ 3 世話を

1 [28件] あらば, いいました, いったらお, いつた格, くれちょい, くれと, くれな, くれやす, くれやす人, くれよ, くれ出かけるから, こう, したなら貧乏人, なつて, なるかも, やって, わたしが, 久子だけ, 云けれ, 云ふ, 当日上場の, 思ううち, 思ふうち, 旧記に, 申す場所, 神代巻一書に, 総曲輪を, 言つたら

▼ 出し~ (31, 0.1%)

2 いて

1 [29件] いたといふ, かれたと, かれたる觀, かれた平次, かれ氣味, きたる復讐的手段, き出す一本, き麓, けだから, けだつた, けにあんな, けにえ, けにどう, けにむごい, けに云, けに來, けに友達, けに奇問, けに奇襲, けに思い, けに歸, けに歸京, けに泣い, けに聲, けに飼, け寒く, て小夜衣, の事ゆゑ, れでも

▼ 出しこの~ (29, 0.1%)

2 家に

1 [27件] たび当然, へんに, ままで, ビラと, 一団が, 事出処なお, 二つを, 人なら, 人を, 体たらくです, 前まだ, 医者様の, 十字架のか, 合鍵を, 女が, 委員会に, 娘は, 家の, 時すでに, 様子を, 猫が, 男が, 皆一緒に, 葉は, 藏の, 頭は, 風来坊が

▼ 出しさうに~ (29, 0.1%)

3 して 2 するの, ならなければ, なりながら

1 [20件] してを, しながら, しました, なって, なつて, なつて額, なりなが, なりました, なり黄色い, なるの, ひきつって, も見えた, 切ない声, 喘ぎ, 思はれた, 痛ましく痙, 聞えるかも, 萎れるので, 見える, 詰め寄るの

▼ 出しから~ (28, 0.1%)

2 のべ銀, ピストルを

1 [24件] いつぞやの, どんなもの, まっすぐに, ゾッとしない, ボロボロに, 一円二十銭の, 一歩銀に, 今日までの, 取り出しひと, 大きな赤い, 始めなきゃ上がり, 帰つて来る, 抜いて, 時計を, 横とじ, 発見した, 白い四角, 眼鏡を, 総監愛用の, 船渡しまでが, 薬を, 蟇口を, 貸金の, 黄木綿の

▼ 出し自分~ (28, 0.1%)

1 [28件] から近所, が万事尽力, が留守, が続い, でも自分, で明るい, で自分, とひと, と彼, にもその, のやせ, の云う, の仕業, の家, の左, の持つ, の犯罪経歴, の犯罪經歴, の臓腑, の金鞍, は一尺, は弟, は後, は母子, は睡つ, も坐っ, も涙, をおとしめた

▼ 出してからは~ (27, 0.1%)

1 [27件] あの麥コガシ, あらゆるもの, お館, この二つさ, これを, だんだん冷え, ますますそれ, まだよかっ, まもなく四面楚歌, やっぱり詩, 世の中は, 今日が, 僕は, 元来あ, 唯一の, 士気にわかに, 寺は, 屡記憶, 常に密書, 彼女の, 有らゆる暴行, 母は, 無理な, 物事に, 矢っ, 肉付や, 茶ぶ

▼ 出し~ (27, 0.1%)

2 ござります, 前髪を

1 [23件] あつた, いふほど, いわゆる通人, お前さまに, きまりが, その訛り, たいへんな, ね, もらいたいですね, 供まわりも, 写真入りで, 勧進帳を, 実に荒々しい, 寄って, 岡が, 岸田が, 怪しげな, 晒されるの, 浮かしに, 盃の, 答えた, 簑助の, 軽騎二十余の

▼ 出し~ (26, 0.1%)

2 ね, んだ, んです

1 [20件] さいっ, さらなく, さらんでも, さりは, さるが, ば誰, ふと振り向いた, ましと, ます藤, わしが, んすか又, 地面を, 大勢だ, 強烈さで, 性分だろう, 浪人伝法, 烟草盆に, 膏薬代を, 裸体は, 証拠を

▼ 出しそれから~ (25, 0.1%)

2 それへと

1 [23件] かけ出した, ただの, どもりどもりこんどの, また下の, やがて森鴎外, 一息に, 何の, 匂いを, 北岸さんの, 四半刻おくれ, 小袋の, 彼を, 往来に, 昔の, 榊を, 汚れきった破れ目だらけ, 泣き出すもの, 盃も, 證據を, 貴衆, 貴衆兩議院, 量つて売つて呉れる, 障子黄色い

▼ 出しなに~ (22, 0.1%)

1 [22件] あんなに水道, いきなり姿, お君, かをたしかめたかった, がしか包ん, こう保吉, その柵, ちらと, は寒かっ, は粂, ふとそこ, また念, また着, も, もう一度熱い, チラッと, 他吉, 仰々しいとは, 何時も煙草, 抱いたり, 赤いショオル, 踏込んだに

▼ 出し惜しみ~ (22, 0.1%)

8 をする 5 をし 2 をした, をせず 1 が急, といふ, なんぞしなくたっ, に事, や小出し

▼ 出しでも~ (21, 0.1%)

3 したかの, すると 2 するよう

1 [13件] お染, したの, したやう, したら, したら眼, しなきゃア, しなきア, するじゃ, するやう, すれば, なさると, なすつたらしく, 始めると

▼ 出し~ (19, 0.1%)

4 くない 2 いような

1 [13件] いと云う, いと思つたの, いよう, い樣子, い気持, い親, くて, くない返事, くなかった, くなかつた, くは, はない, も女

▼ 出しこれ~ (18, 0.1%)

3 にはわたくし

1 [15件] が地層, だけ本, で五百両, にいと, にも噴射ガス, に加, に右, は政府, も中津川, をかき集める, をと云う, をば籠, をベコ, を写し, を茲

▼ 出しそして~ (18, 0.1%)

1 [18件] がっくりと, この有名, ときには, わたしが, トウキササゲの, 友人の, 口早に, 嗤う, 埠頭茶屋の, 店の, 彼は, 彼等の, 桁や, 社会に, 私も, 育て, 自分で, 鼻腔を

▼ 出しにくい~ (18, 0.1%)

1 [18件] からといふ, からね, がね, に拘らず, のが, のだ, ので, のであります, のです, のでその後, ので敏子, ように, わ, んじゃ, んだ, 事を, 言葉だ, 話でも

▼ 出しつつ~ (17, 0.1%)

1 [17件] あった関係上, あるでは, あるに, あるもの, この時, その活動, その苦笑, それの, キキキと, 人の, 人間らしい人生, 大いに悦ん, 娘の, 怪しからん, 握って, 紹介し, 非常に

▼ 出し~ (17, 0.1%)

9 ひを 3 ひが 1 はれた, ひしてるのよ, ひに, ひの, ひ自分

▼ 出しそこ~ (16, 0.0%)

2 に草

1 [14件] いら, からすこし, から丸太, から足, が留置場, でも何卒よろしく, なった, なって, なつたこと, なつた自分, にあつ, に新子, の藁草履, へ

▼ 出してあつ~ (16, 0.0%)

42 たと, たの 1 た例, た店, た燃えさし, た譯, て, て化粧役, て疊, て自分

▼ 出していう~ (16, 0.0%)

2 ものは

1 [14件] ことは, ところだった, のが, のでした, はずは, はずも, ものも, やつが, んです, 元気が, 時は, 者は, 者も, 言は

▼ 出してを~ (16, 0.0%)

2 ります

1 [14件] いた思ひが, かしいが, つた, つたから, らず, りうつ, りなほ隣組全員, りました, りましたから, りますが, りません, り他方, り昌造十九歳, る

▼ 出し~ (16, 0.0%)

2 に手渡し, の方

1 [12件] がいま其處, と手紙, に対する攻撃, に申付, の友人, の幸福, の愛国家, の眼, はあやうく, はもう一度, は元, を訪ね

▼ 出してまで~ (14, 0.0%)

2 おいて, それを, 云った 1 そう言う, 云つた事が, 呟いて, 呼ばんでも, 言おうとは, 言つて母の, 訴えた, 逮捕

▼ 出しやう~ (14, 0.0%)

3 がありません 2 がない, もありません, もなかつた 1 が變, に羞, のねえ, はありません, もなく

▼ 出してこそ~ (13, 0.0%)

2 言わないが

1 [11件] 云わないが, 云わないけれども, 云わなかったが, 云わなかったけれ共, 何とも, 申しませんが, 言いませんでしたが, 言は, 言わないけれど, 言わなかったが, 言わなかったけど

▼ 出してさ~ (13, 0.0%)

2 吹雪僵に, 狸なら 1 うして, う云, う書い, う爭, う言, 坂の, 挽臼に, 授与式を, 玉葱の

▼ 出し~ (13, 0.0%)

8 みを 1 みする為め, みせずお, みでも, んでなんと, んで山

▼ 出し~ (12, 0.0%)

1 [12件] つりも, まわりは, 互の, 光に, 光の, 味方は, 崎が, 瀧を, 祭り気分が, 膳の, 鳥だけ, 鼻紙の

▼ 出したる~ (12, 0.0%)

2 には寧ろ 1 がその後今, にヤマハハ, に心, の両, の現象, や疑うべからず, ゆえんの, を幸, を見, 形の

▼ 出しっぱなし~ (12, 0.0%)

5 になっ 4 にし 1 じゃない, てあった, であった

▼ 出し~ (12, 0.0%)

2 の名, をし 1 が狐, に示す, の気, の顋, は日本左衛門, は東京, や電話, を付け

▼ 出し~ (12, 0.0%)

1 [12件] な事, な声, な小児, な気, な渋面, な頭, になさけない, になっ, になつて自分等, にゆがめ, に成る, 當むづかる主人の

▼ 出し~ (12, 0.0%)

41 はば夫, ふな, ふに, へといふ最後, へと云, へと人々, へ僕, へ此上

▼ 出しちや~ (11, 0.0%)

7 ならねえ 1 いけない, ゐない, 少しくら, 見つとも

▼ 出しての~ (11, 0.0%)

1 [11件] お歌な, ん気に, 入場者は, 叫びこの, 夕涼みお, 大立廻, 思ひ入れ, 手まさぐり, 無慈悲な, 答礼を, 細工だらう

▼ 出しなすっ~ (11, 0.0%)

4 て下さい 21 たり, ちゃあ不可, てきょう, てくだせえまし, て私

▼ 出し~ (11, 0.0%)

1 [11件] その上, ふらふらする, やり出したに, 世界の, 仲通りの, 宿を, 成り立たせると, 新しい芸能, 燐寸の, 若干の, 鳥羽田の

▼ 出し~ (11, 0.0%)

2 家では, 短篇を 1 ひは, るとき, る有名, る者, 時には, 時は, 者が

▼ 出しあと~ (10, 0.0%)

1 から神妙, じさりを, でほどよく, の二隻, の空虚, は近所, へ近所, をも振りかえろう, を締め, を追

▼ 出しやがて~ (10, 0.0%)

1 とまって, フォイエルバッハからも, 主を, 四五町も, 大きな輪, 成就の, 皮下に, 自分が, 足の, 麻布村の

▼ 出し~ (10, 0.0%)

21 が然, ていく度, ても外, ても歎, へば以ての外, も有, 故公式以外, 故扨

▼ 出し初め~ (10, 0.0%)

51 たと, たな, た自動的貞操, にする, ました

▼ 出し~ (10, 0.0%)

1 がまだじっと, し女, に寫眞技師, に構はず, に構わず掘り出しました, の所, の掌, はエプロン, は突嗟, は遊園地

▼ 出し~ (9, 0.0%)

2 から一体 1 から, から何ん, しまさか, とこれ, と上手, と可, と思っ

▼ 出し~ (9, 0.0%)

2 をしかめ 1 が段々, に当て, の色, はまっ黒, は異様, は皺ばつた, を仰向け

▼ 出してからも~ (8, 0.0%)

1 なおしばらく, まるで菜穂子, 一寸うしろ, 一寸霊仙, 根岸に, 聽衆は, 自分の, 都合が

▼ 出してさえ~ (8, 0.0%)

1 いた, いられた, いる, いるこの, くれれば, ゼンマイが, 忽ち食卓, 貰えば

▼ 出しにな~ (8, 0.0%)

1 つたのに, つてひと言娘を, つて一體あの, つて上樣と, つて取り, つて大声で, つて救われ, つて鴨居の

▼ 出しより~ (8, 0.0%)

3 友達いやし 1 何となく其人, 余の, 早五六ヶ月に, 此方心は, 駕籠舁共頻りに

▼ 出し乍ら~ (8, 0.0%)

1 まだまだいい, も八五郎, 書いたもの, 歩く, 聞いた, 遊ぶ為, 飛んで, 飛込んで

▼ 出し~ (8, 0.0%)

1 かに驚け, か云ん, か小声, か矛盾, か祈りたい, か落ちつき, でも見なけれ, の気

▼ 出し~ (8, 0.0%)

2 には一寸 1 にする, には出来る, に寄り集っ, の届かぬ, を我, を拭い

▼ 出し~ (8, 0.0%)

1 からは原稿料, に又, の惡名相, の災難, は又, より不, より南町奉行大岡殿, より四邊

▼ 出し~ (8, 0.0%)

1 に, には我々, に冬夏社, に出した, の二人, は赤星, ニュートンが, 加ふらく

▼ 出し更に~ (8, 0.0%)

1 その糧秣廠, それを, また二人, われわれが, 人の, 維持員を, 進んで, 金泥を

▼ 出しそうして~ (7, 0.0%)

1 その家, どうやら事, ぽろぽろ涙, もうその, 同志の, 縄のれんを, 雑草が

▼ 出しちゃあ~ (7, 0.0%)

1 いけねえと, いないの, ならねえぞ, 不可黙っ, 可笑い, 困りますよ, 無さ

▼ 出しっ放し~ (7, 0.0%)

1 てサロン, て来た, にし, になって, になってる, のピストル, の庖丁

▼ 出してね~ (7, 0.0%)

1 うーんうーんと, ぐでんぐでんに, この見れ, すっかり被っち, その男, 出鱈目を, 奉公人は

▼ 出しという~ (7, 0.0%)

1 おぼこ娘の, ことさ, こととに, のが, 体で, 曳出しは, 面の

▼ 出し~ (7, 0.0%)

2 ではやっと 1 では大分身代, は残り少な, は誰, も咲い, 捨てて

▼ 出し加減~ (7, 0.0%)

1 にし, によって直立, に眼, に紅, に血潮, の口, の薄い

▼ 出し~ (7, 0.0%)

1 つたん, て誰, はう, ひを, ひ研究協議, ひ鳥, ふやう

▼ 出し申す~ (7, 0.0%)

2 は氣, わけには 1 ことで, ことなるまじく, は気

▼ 出しさらに~ (6, 0.0%)

1 また今日, 一歩を, 校庭を, 次の, 玄徳軍の, 自分の

▼ 出しそこで~ (6, 0.0%)

1 一番の, 建物の, 彼奴は, 正確に, 見た稻, 駒井は

▼ 出してよ~ (6, 0.0%)

1 あたいの, よろしければ, わたし出る, 待たして, 歩き憎い, 眼え

▼ 出しには~ (6, 0.0%)

1 お金が, それらしい, 出しても, 割込めない, 持てませんさて, 相当の

▼ 出し~ (6, 0.0%)

1 に私, は劇場, を他, を方便, を領, 有り候

▼ 出し今日~ (6, 0.0%)

1 の生計, は二つ, は第, まで暮し, も主膳, 来た客

▼ 出し~ (6, 0.0%)

1 についていつも, の障子, へひき据える, へ行く, 三七年, 脚を

▼ 出し~ (6, 0.0%)

1 になっ, のふける, の園丁, の座談会, 寝る時, 眠らないと

▼ 出し~ (6, 0.0%)

2 は灰 1 の中, の者同様, へ帰っ, ノ子

▼ 出し小さい~ (6, 0.0%)

1 つむじ風が, コップに, 一つの, 本を, 船の, 鋏で

▼ 出し~ (6, 0.0%)

1 かくしの, の翳り, はきらきら, は昔, をキョロキョロ, を細く

▼ 出し~ (6, 0.0%)

1 から首, が切っ, に駈けよつ, のところ, の下, の障子

▼ 出し~ (6, 0.0%)

1 がきしむ, の美し, の行列, をとめ, を停め, を止め

▼ 出し~ (6, 0.0%)

5 の上 1 の傍ら

▼ 出しかた~ (5, 0.0%)

1 さへ, はもう, をすべきで, を研究, 或は非常

▼ 出し~ (5, 0.0%)

2 ていい 1 てあります, てございます, て万一

▼ 出しする~ (5, 0.0%)

1 から私, のでありました, わ, を善, 者それを

▼ 出したりなど~ (5, 0.0%)

5 して

▼ 出してからの~ (5, 0.0%)

1 お前さんは, もので, チューブの, 事である, 最初の

▼ 出しなすった~ (5, 0.0%)

1 そうです, とかで見えなくなっ, のは, んで, んで胆

▼ 出しなせ~ (5, 0.0%)

32 えよ

▼ 出しなど~ (5, 0.0%)

2 して 1 する, するあいだ, するもの

▼ 出しにくかっ~ (5, 0.0%)

21 たせい, たりし, たり日光

▼ 出し~ (5, 0.0%)

2 ゐら 1 いちど家名を, ッた, 参りまして

▼ 出しもう~ (5, 0.0%)

1 ペンを, 一方の, 無想に, 肥育が, 頭も

▼ 出し~ (5, 0.0%)

1 つたのさ, らん横道者も, 何故離縁状, 出さないと, 脈を

▼ 出し~ (5, 0.0%)

1 でもした, ならん, にて何, は神, を見よ

▼ 出し二人~ (5, 0.0%)

1 の姿, の故人, はうでを, は遠い, を妾

▼ 出し~ (5, 0.0%)

1 ていた, て居, て此方, ぬと, 然とても又

▼ 出し~ (5, 0.0%)

1 きげん, 奉行樣は, 恩報しも, 見付にて, 返し申さんと

▼ 出し~ (5, 0.0%)

1 なしか, の中, はひどく, をおちつけ, をこめ

▼ 出し~ (5, 0.0%)

1 に, に展覧会, に後ろ, に突く, に背中

▼ 出し~ (5, 0.0%)

2 れは 1 はお前樣, も同じく, をば胴卷

▼ 出し相手~ (5, 0.0%)

1 にも一本喫, の心, の手, を傷つけ, を見積っ

▼ 出し~ (5, 0.0%)

1 がひきしぼられる, が塞がつ, の中, をはだけ, を張っ

▼ 出し~ (5, 0.0%)

1 にあてた, に確か, をかがめず, を下ろし, を屈めた

▼ 出し難い~ (5, 0.0%)

1 からと言っ, ことを, ように, んぢや, 気もちが

▼ 出しあの~ (4, 0.0%)

1 パチクリ, 力で, 姉妹を, 時の

▼ 出しきつ~ (4, 0.0%)

1 た作品, てしかも, てしまふ, てほとんど

▼ 出しさて~ (4, 0.0%)

1 わ百合, 尖の, 次にこっち, 自分も

▼ 出しさも~ (4, 0.0%)

1 大切そうに, 憎らしさ, 磊落に, 腹立たしげ

▼ 出ししまいに~ (4, 0.0%)

1 いまの, はよく, は一貫三百, 茶を

▼ 出しそれで~ (4, 0.0%)

1 信二の, 眼を, 腹いせを, 順位を

▼ 出しそれに~ (4, 0.0%)

1 お軽勘平, この土地, ドロドロと, 向つて

▼ 出しちょっと~ (4, 0.0%)

1 の間, ふてぶてしくも, 指して, 見ると

▼ 出してか~ (4, 0.0%)

1 ういつた, おおつと, へりました, 斯う

▼ 出してや~ (4, 0.0%)

1 がる, アがる, 最と, 火とり虫

▼ 出しながらも~ (4, 0.0%)

1 一度襖越し, 中心が, 会社の, 負けずに

▼ 出し~ (4, 0.0%)

1 しまう, し曲った一本, 声を, 返して

▼ 出しまるで~ (4, 0.0%)

2 酔っぱらったよう 1 スポーツの, 捧杭の

▼ 出しわたし~ (4, 0.0%)

1 が國, はこれ, は何通, を何もかも

▼ 出し~ (4, 0.0%)

1 からそれ, がわ, の青江機, 頬に

▼ 出し両手~ (4, 0.0%)

1 で岩角, をひろげ, を以て胸, を広げ

▼ 出し初めて~ (4, 0.0%)

1 いたの, それの, 不安な, 町の

▼ 出し合つて~ (4, 0.0%)

1 この山の上, どつち, 手当り次第の, 見よう

▼ 出し~ (4, 0.0%)

1 それた人, 向日葵の, 地震の, 災禍到る

▼ 出し~ (4, 0.0%)

1 には持參金道具類, に化ける, の私, はこれ

▼ 出し少し~ (4, 0.0%)

1 口を, 揶揄いたく, 考へてから, 行って

▼ 出し~ (4, 0.0%)

1 につい, に就い, のなか, の上

▼ 出し~ (4, 0.0%)

1 がある, の中, の内外, の外

▼ 出し~ (4, 0.0%)

1 でポンポン, にかま, の方, へ下り

▼ 出し惜ん~ (4, 0.0%)

31 だせい

▼ 出し~ (4, 0.0%)

1 きびしく甲斐, で握る, の掌, を引い

▼ 出し~ (4, 0.0%)

2 にやふや 1 だらう, や

▼ 出し~ (4, 0.0%)

1 と二人, の屍體, の生活, を呼び

▼ 出し~ (4, 0.0%)

1 いて, う御, の肌, よ玉

▼ 出し甲斐~ (4, 0.0%)

2 がある 1 ある身, があった

▼ 出し~ (4, 0.0%)

2 に残る, のそり

▼ 出し立て~ (4, 0.0%)

1 の, の細根大根, の薫り, の雁皮

▼ 出し~ (4, 0.0%)

1 につ, に包ん, をはがし, をひざ

▼ 出し~ (4, 0.0%)

2 けよう 1 いて, けました

▼ 出し遊ばし~ (4, 0.0%)

2 て以前 1 て他, て真白

▼ 出し~ (4, 0.0%)

1 に酔っ, は熱燗, を勧め, を飲まぬ

▼ 出し~ (4, 0.0%)

2 はカランカランカランカラン 1 高く接吻, 高く鼻

▼ 出し~ (4, 0.0%)

1 に夢, をはね, を前, を畳

▼ 出しある~ (3, 0.0%)

2 ひは 1 時には

▼ 出しいや~ (3, 0.0%)

1 な氣, になった, ハヤ弱りであった

▼ 出しかけ~ (3, 0.0%)

21 て布

▼ 出しかといふ~ (3, 0.0%)

3 はあと

▼ 出しがら~ (3, 0.0%)

1 の生温い, の葉っぱ, をやったら

▼ 出しけれ~ (3, 0.0%)

1 ば文右衞門, ば直, ば長兵衞

▼ 出しその後~ (3, 0.0%)

1 からすぐ, で源吉, もずっと

▼ 出しそれでも~ (3, 0.0%)

1 う肚, ってお, ないという

▼ 出したちまち~ (3, 0.0%)

2 軒に 1 深い低いほえ

▼ 出したま~ (3, 0.0%)

21 へよ

▼ 出してからに~ (3, 0.0%)

1 して, 山の下の, 身請まで

▼ 出してでも~ (3, 0.0%)

1 いるかの, いれば, ゐると

▼ 出してと~ (3, 0.0%)

1 なりの, 姿見を, 影も

▼ 出してなあ~ (3, 0.0%)

2 品子ん 1 百姓は

▼ 出してに~ (3, 0.0%)

1 こっと, やっと笑った, やつと

▼ 出してもぞ~ (3, 0.0%)

2 つとする 1 ツと

▼ 出してわ~ (3, 0.0%)

1 つと泣いた, づかに, ーっと

▼ 出しでは~ (3, 0.0%)

1 健康であった, 定めて, 清浄であった

▼ 出しときには~ (3, 0.0%)

1 現場の, 眉を, 自分で

▼ 出しとも~ (3, 0.0%)

1 ない仲, なげなり, ニ楽ミ申候今夜も

▼ 出し~ (3, 0.0%)

1 たんば, たア, つと笑

▼ 出しなら~ (3, 0.0%)

1 いいのに, 其の入墨, 水鏡み

▼ 出しにく~ (3, 0.0%)

2 かつた 1 そうに

▼ 出しにくく~ (3, 0.0%)

1 なった, なると, 月に

▼ 出しねえ~ (3, 0.0%)

1 何い, 冷たくっても, 跣足で

▼ 出しはじめて~ (3, 0.0%)

1 その告ぐる, はゐる, 振返つて

▼ 出しほか~ (3, 0.0%)

1 からもお金, の二人, の者

▼ 出しもので~ (3, 0.0%)

1 かの, コッポラの, テンポの

▼ 出しやら~ (3, 0.0%)

2 三月ごし 1 世にある

▼ 出しをと~ (3, 0.0%)

2 こら 1 こら約束

▼ 出しポケット~ (3, 0.0%)

1 からナイフ, から出した, におさめ

▼ 出し一方~ (3, 0.0%)

1 では右手, で生活, 諸国漫遊中の

▼ 出し~ (3, 0.0%)

1 からダラリ, の方, は露顯

▼ 出し~ (3, 0.0%)

1 から紙幣, には嘲ける, をあちらこちら

▼ 出し二つ~ (3, 0.0%)

1 に分たん, の内, の影

▼ 出し何時~ (3, 0.0%)

1 か皆, でも相, まで經つて

▼ 出し~ (3, 0.0%)

1 の様子, は殆, を拝む

▼ 出し~ (3, 0.0%)

1 たる, りし也因, るの

▼ 出し再び~ (3, 0.0%)

1 構え取りを, 詩といふ, 身を

▼ 出し医者~ (3, 0.0%)

1 にその, の云いつけで, を呼ぶさわぎ

▼ 出し~ (3, 0.0%)

2 よと云 1 よと逆立てられ

▼ 出し~ (3, 0.0%)

3 だつた

▼ 出し商人~ (3, 0.0%)

1 として世, の方, らしい中年

▼ 出し~ (3, 0.0%)

1 に金五十兩是, の方, へ出た

▼ 出し大きな~ (3, 0.0%)

1 声を, 聲で, 菓子鉢には

▼ 出し子供~ (3, 0.0%)

1 は路, もすてずやっ, を二人

▼ 出し~ (3, 0.0%)

1 の一端, の用事, へ匿

▼ 出し~ (3, 0.0%)

1 から岩の上, の上流下流隈, へ聞

▼ 出し庭下駄~ (3, 0.0%)

3 はくも鈍

▼ 出し廊下~ (3, 0.0%)

1 に置い, の向う, の方

▼ 出し~ (3, 0.0%)

3 の角

▼ 出し彼等~ (3, 0.0%)

1 が敬礼, はすべて, を焼いた

▼ 出し忘れた~ (3, 0.0%)

1 あの鳥, 手紙が, 物干

▼ 出し~ (3, 0.0%)

1 の光, の暮方ゆえ往来, は留守

▼ 出し明日~ (3, 0.0%)

1 の夕方, の滞留, は手拭

▼ 出し易い~ (3, 0.0%)

1 ためであろう, ようにと, 数音を

▼ 出し~ (3, 0.0%)

1 は水平, をひろげる, を生じ

▼ 出し~ (3, 0.0%)

1 がなかっ, が無い, のない

▼ 出し次第に~ (3, 0.0%)

1 増幅する, 烈しくなっ, 烈しく夕方

▼ 出し~ (3, 0.0%)

1 だに出し, の土地, の文庫切り

▼ 出し此方~ (3, 0.0%)

2 の岸 1 へ出

▼ 出し~ (3, 0.0%)

1 かみなど, とか肌色白粉, 煎りに

▼ 出し~ (3, 0.0%)

2 る樣 1 りでも

▼ 出し町内~ (3, 0.0%)

1 の安全, の本道賢齋先生, の錠前屋吉五郎

▼ 出し~ (3, 0.0%)

1 をそっと, を眩まされ, を見張っ

▼ 出し着物~ (3, 0.0%)

2 の襟 1 のゆきたけ

▼ 出し~ (3, 0.0%)

1 の中, の稲荷, をもと

▼ 出し~ (3, 0.0%)

1 二に, 二版は, 二集を

▼ 出し~ (3, 0.0%)

1 の中, もつけ, を咲かせる

▼ 出し~ (3, 0.0%)

1 のどの, の混鬧, は疎開騒ぎ

▼ 出し記者~ (3, 0.0%)

1 ではない, として家庭部兼學藝部, の盲蛇

▼ 出し~ (3, 0.0%)

1 かの手, も氣, れの

▼ 出し~ (3, 0.0%)

2 を出し 1 は地

▼ 出し~ (3, 0.0%)

1 をそらし, を動かし, を焚い

▼ 出し難かっ~ (3, 0.0%)

1 たもの, たりし, た爺さん

▼ 出し~ (3, 0.0%)

1 には父君, は享保十六年十一月, は夜

▼ 出し~ (3, 0.0%)

1 から両, に瘤, に皺

▼ 出し~ (3, 0.0%)

1 のところ, をすくめた, を縮めた

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 つて長い, つて雜誌を

▼ 出しああ~ (2, 0.0%)

1 情ない親方, 皆田さんあんたも

▼ 出しあたかも~ (2, 0.0%)

1 兵部の, 取巻

▼ 出しあたり~ (2, 0.0%)

1 の兼合, の賑い

▼ 出しあっという間に~ (2, 0.0%)

1 これが, 今度は

▼ 出しあつ~ (2, 0.0%)

1 てゐる, てベスレヘム

▼ 出しあなた~ (2, 0.0%)

1 は身体, をあんな

▼ 出しあるいは~ (2, 0.0%)

1 性の, 白浪の

▼ 出しいい~ (2, 0.0%)

1 ように, 音を

▼ 出しいっしょ~ (2, 0.0%)

1 にご飯, にそれ

▼ 出しいつ~ (2, 0.0%)

1 までも孔子, までも扇

▼ 出しいま~ (2, 0.0%)

1 のうち, はもう

▼ 出しうどん~ (2, 0.0%)

1 で狐南蛮, の聲

▼ 出しおくれ~ (2, 0.0%)

1 てしかも, といふ観

▼ 出しおまけ~ (2, 0.0%)

1 にその, に池袋

▼ 出しお菓子~ (2, 0.0%)

1 に仕込んだ, を出した

▼ 出しがち~ (2, 0.0%)

1 だった, な鋭い

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 はし, を看たる

▼ 出しこう~ (2, 0.0%)

1 こういう女, たんかを

▼ 出しここ~ (2, 0.0%)

1 におられる, の廊下

▼ 出しこっち~ (2, 0.0%)

1 がひっこみ, へ電話

▼ 出しこんな~ (2, 0.0%)

1 調子の, 鮮かな

▼ 出しさうになつ~ (2, 0.0%)

1 たので, たりし

▼ 出しさうに顏~ (2, 0.0%)

1 をし, をしかめた

▼ 出しさまざま~ (2, 0.0%)

1 の法, の理屈

▼ 出ししばらく~ (2, 0.0%)

1 塾生たちの, 東京の

▼ 出しずっと~ (2, 0.0%)

1 前から, 退いて

▼ 出しそれでは~ (2, 0.0%)

1 ひとつ葡萄でも, 舟木が

▼ 出したさうです~ (2, 0.0%)

1 からせいち, よ

▼ 出したりと~ (2, 0.0%)

1 いえども, 急に

▼ 出したりといふ~ (2, 0.0%)

1 やうな, 風に

▼ 出したりなんか~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 出したりは~ (2, 0.0%)

1 しなかつたろう, できないだろうから

▼ 出したりも~ (2, 0.0%)

1 いたして, した

▼ 出しだんだん~ (2, 0.0%)

1 大きな口, 蔓延の

▼ 出しちや惡~ (2, 0.0%)

1 いでせう, いと思ひまし

▼ 出しっぷり~ (2, 0.0%)

1 に於, を修得

▼ 出しついに~ (2, 0.0%)

1 中止された, 読み終ること

▼ 出してからでも~ (2, 0.0%)

1 もう三時間, 先生は

▼ 出してが~ (2, 0.0%)

1 なりつづけた, むしやらに

▼ 出してしも~ (2, 0.0%)

1 うたか, たら二人

▼ 出してはと~ (2, 0.0%)

1 いや姓名, 庄三郎思案に

▼ 出してもよ~ (2, 0.0%)

1 かりそう, ござんすか

▼ 出しとか~ (2, 0.0%)

1 いい子, 日本橋室町の

▼ 出しどう~ (2, 0.0%)

1 かしらどう, しやう

▼ 出しどこ~ (2, 0.0%)

1 へかくした, をどう

▼ 出しなさいまし~ (2, 0.0%)

1 ては奥, よ

▼ 出しなさいます~ (2, 0.0%)

1 か, な

▼ 出しなさる~ (2, 0.0%)

1 の, より何時

▼ 出しなす~ (2, 0.0%)

2 つて

▼ 出しなに勘定~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 出しなに後~ (2, 0.0%)

2 を向い

▼ 出しなよ~ (2, 0.0%)

1 お時, 何だ利いた

▼ 出しなりと~ (2, 0.0%)

1 伺い諸人, 始終の

▼ 出しなれ~ (2, 0.0%)

1 ばこそ黙っ, バはなはだ

▼ 出しにこにこ~ (2, 0.0%)

1 しながら, 笑いながら

▼ 出しねえと~ (2, 0.0%)

1 いうに, 云って

▼ 出しはや~ (2, 0.0%)

1 加茂川の, 如何にとも

▼ 出しはやく~ (2, 0.0%)

2 しまえって

▼ 出しひどく~ (2, 0.0%)

1 叱りつけること, 心を

▼ 出しひろっ~ (2, 0.0%)

2 て来た

▼ 出しまする~ (2, 0.0%)

1 と云, と云いし

▼ 出しまたは~ (2, 0.0%)

1 硬くなるべき, 背中を

▼ 出しまだ~ (2, 0.0%)

1 半分も, 子供らしい

▼ 出しみんな~ (2, 0.0%)

1 の羽織, はどっと

▼ 出しものの~ (2, 0.0%)

1 狂言そのものが, 稽古が

▼ 出しやが~ (2, 0.0%)

1 つたな八, つて

▼ 出しやっと~ (2, 0.0%)

1 その池, 十歳の

▼ 出しゆっくり~ (2, 0.0%)

1 ボタンを, 見てから

▼ 出しよちよち~ (2, 0.0%)

1 と歩い, 熊笹と

▼ 出し~ (2, 0.0%)

2 んした

▼ 出しカチカチ~ (2, 0.0%)

1 と打っ, やって

▼ 出しカット~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 出しクサ~ (2, 0.0%)

2 を踏みわけ

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 たら, 放しに

▼ 出しリヽー~ (2, 0.0%)

2 を不憫

▼ 出し一つ一つ~ (2, 0.0%)

1 の響き, ふるって白銅三枚

▼ 出し一座~ (2, 0.0%)

2 の女

▼ 出し一時~ (2, 0.0%)

1 に両方, までか

▼ 出し一本~ (2, 0.0%)

1 ぬいて, を拔

▼ 出し一言~ (2, 0.0%)

1 の答, も口

▼ 出し三日~ (2, 0.0%)

2 のあいだ伴

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 に自, の達識

▼ 出し世界~ (2, 0.0%)

1 に最も, の市場

▼ 出し世話~ (2, 0.0%)

1 するもの, を焼こう

▼ 出し両国~ (2, 0.0%)

1 の河岸, の酒屋

▼ 出し並べて~ (2, 0.0%)

1 売りつけようと, 賣り付けようとして

▼ 出し中央線~ (2, 0.0%)

2 の汽車

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 についても何, 水と

▼ 出し乍ら垢~ (2, 0.0%)

1 づいた首卷, づいた首巻

▼ 出し二階~ (2, 0.0%)

1 から飛降りる, の一室

▼ 出し人形~ (2, 0.0%)

1 ながらもそこ, のやう

▼ 出し今宵~ (2, 0.0%)

2 しもうき

▼ 出し今度~ (2, 0.0%)

1 は両手, は前

▼ 出し仕事~ (2, 0.0%)

1 をし, をなまけ初めた

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 の日, の諸

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 て他, て本校

▼ 出し伯父~ (2, 0.0%)

1 の屋敷, の金

▼ 出し低い~ (2, 0.0%)

1 声で, 葡萄棚に

▼ 出し何度~ (2, 0.0%)

2 も額

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 に蚊, の小石

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 がはめ, の人間

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 の輸, は壁

▼ 出し全身~ (2, 0.0%)

1 むくみ上って, を湯

▼ 出し八日頃~ (2, 0.0%)

2 の夕月

▼ 出し六月~ (2, 0.0%)

2 の氷朝

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 とは離ればなれ, を謡

▼ 出し其の~ (2, 0.0%)

1 時の, 頃ゆえ麻裏草履を

▼ 出し其處~ (2, 0.0%)

1 で殺した, に眞物

▼ 出し其身~ (2, 0.0%)

1 の事, は日々

▼ 出し到頭~ (2, 0.0%)

1 二時間と, 十五六の

▼ 出し包み~ (2, 0.0%)

1 の上, をひらい

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 合羽日和下駄にて, 時間くらい

▼ 出し叮嚀~ (2, 0.0%)

2 に要らぬ

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 とせられ, 申候

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 を変え, 探偵明智小五郎が

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 ふつ氣は, ふの

▼ 出し咳声~ (2, 0.0%)

1 がやむ, のやむ

▼ 出し喧しい~ (2, 0.0%)

1 はお, わお

▼ 出し器用~ (2, 0.0%)

1 で覺, にマッチ

▼ 出し四角~ (2, 0.0%)

1 な水槽, な行燈

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 の流れ, の礫

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 がない, が悪い

▼ 出し夏秋~ (2, 0.0%)

2 に繁茂

▼ 出し夕方~ (2, 0.0%)

1 になっ, はお

▼ 出し多分~ (2, 0.0%)

1 の喀血, 問題には

▼ 出し大いに~ (2, 0.0%)

1 もてなされました, 日本人の

▼ 出し妖魔~ (2, 0.0%)

1 を払うべく, を拂

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 に自分, は味噌汁

▼ 出し実に~ (2, 0.0%)

1 大笑いを, 面白かった

▼ 出し実際~ (2, 0.0%)

1 に同盟, に役立つ

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 さに, さを

▼ 出し~ (2, 0.0%)

2 六ヶしい

▼ 出し小さな~ (2, 0.0%)

1 焔を, 白い花

▼ 出し工合~ (2, 0.0%)

1 から唇, と身体

▼ 出し平次~ (2, 0.0%)

2 が店

▼ 出し幾らか~ (2, 0.0%)

1 の銭, 馬鹿らしそう

▼ 出し度くも~ (2, 0.0%)

1 ないというは, なり馬鹿

▼ 出し彼時我六百~ (2, 0.0%)

2 の銭

▼ 出し後々~ (2, 0.0%)

1 のこと, の跡目恩賞

▼ 出し後で~ (2, 0.0%)

1 客間へ, 氣が

▼ 出し忽ち~ (2, 0.0%)

1 葦の, 貧血症を

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 もとまる, も絶え絶え

▼ 出し悪く~ (2, 0.0%)

1 かった, かったの

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 い氣持, くて

▼ 出し懐中~ (2, 0.0%)

1 から取出した, から小菊

▼ 出し我々~ (2, 0.0%)

1 の苦衷, は交換

▼ 出し或は~ (2, 0.0%)

1 ころがり出したが, 狼を

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 がば, をびしゃりと

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 で舷, を振っ

▼ 出し放し~ (2, 0.0%)

1 とは気がつかなかった, にし

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 らしい足袋, 枝と

▼ 出し新しい~ (2, 0.0%)

1 主題芸術に, 草履を

▼ 出し昆布~ (2, 0.0%)

1 の出殻, の揚げ加減

▼ 出し~ (2, 0.0%)

2 の波

▼ 出し時々~ (2, 0.0%)

1 吹き来る風, 話を

▼ 出し時に~ (2, 0.0%)

1 は一座, は畑仕事

▼ 出し暫く~ (2, 0.0%)

1 それを, 彼は

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 を著, 直して

▼ 出し最後~ (2, 0.0%)

1 に立会実験, に自分

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 の光, の光りで

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 の片, 伐りの

▼ 出し~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 出し来たら~ (2, 0.0%)

1 ざるもの, んや

▼ 出し板の間~ (2, 0.0%)

1 に突, の処

▼ 出し果ては~ (2, 0.0%)

1 お極り, 金看板の

▼ 出し棺二つ~ (2, 0.0%)

2 あり一つ

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 もなかつた, もなく

▼ 出し次に~ (2, 0.0%)

1 は私, 担送患者と

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 をむき, を剥い

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 りにて, り懸船中

▼ 出し殊に~ (2, 0.0%)

1 イギリスの, 眠れないやう

▼ 出し残り~ (2, 0.0%)

1 の二十四名, の者

▼ 出し母シンシア~ (2, 0.0%)

2 は快活

▼ 出し気持~ (2, 0.0%)

1 もはっきり, もはつきり

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 に向い, を身

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 の南岸, を渡っ

▼ 出し浴衣~ (2, 0.0%)

1 のま, を着替え

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 が膝, を拭う

▼ 出し源吉~ (2, 0.0%)

1 との恋, との戀

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 を出し合う, を点けた

▼ 出し煙草~ (2, 0.0%)

1 を捻, を捻っ

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 が拒絶, が誘われた

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 傍へ, 頬に

▼ 出し片手~ (2, 0.0%)

1 で重, を高く

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 らしう暖, らしゅう暖かい

▼ 出し~ (2, 0.0%)

2 上げて

▼ 出し申し~ (2, 0.0%)

1 てはいけません, はしません

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 が近けれ, の沿道

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 の向う, を踏ん

▼ 出し発動機船~ (2, 0.0%)

2 の鋭い

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 うたい出しこの, で千日前

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 をとりかわさせ, を口元

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 と匕首, 樣桐棒駕籠に

▼ 出し相当~ (2, 0.0%)

1 むずかる主人, よかった

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 闇です, 黄な

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 は雨, も飛び

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 の地内, の声色

▼ 出し穂吉~ (2, 0.0%)

2 はいよいよ

▼ 出し窓ガラス~ (2, 0.0%)

2 からはうるんだ

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 の備え場, の費用

▼ 出し~ (2, 0.0%)

2 にか

▼ 出し終る~ (2, 0.0%)

1 と今度, や検事局熱海弘雄検事

▼ 出し老人~ (2, 0.0%)

1 の前, は楽器

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 あるべければ, がひとりでに

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 もそれ, も明暗

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 を寄せ, を弾ませ

▼ 出し~ (2, 0.0%)

2 を東

▼ 出し英吉利~ (2, 0.0%)

2 の有名

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 がのび, をのばし

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 をつい, を出す

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 を出し, を茂らし

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 の小さい, や蔓

▼ 出し蝋燭~ (2, 0.0%)

1 に火, の灯

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 にかれ, も裏

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 にかかる, を引張る

▼ 出し許可~ (2, 0.0%)

1 になった, の証書

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 をされた, をし

▼ 出し誠実~ (2, 0.0%)

1 の挨拶, を加え

▼ 出し読者~ (2, 0.0%)

1 にそれ, の頭

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 神倣う, 道具は

▼ 出し足袋~ (2, 0.0%)

1 に草履, のこと

▼ 出し軽く~ (2, 0.0%)

1 ゼルビノに, 笑った

▼ 出し近所~ (2, 0.0%)

1 の子, の者

▼ 出し遂に~ (2, 0.0%)

1 は爛れ, 悲劇的な

▼ 出し過失兎せん角~ (2, 0.0%)

2 せん何

▼ 出し酒肴~ (2, 0.0%)

1 をととのえ, を出し

▼ 出し~ (2, 0.0%)

2 の隅

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 の鯱, を貯

▼ 出し金子~ (2, 0.0%)

1 などはすこしも, を拵ん

▼ 出し~ (2, 0.0%)

2 ほど光れる

▼ 出し長く~ (2, 0.0%)

1 しまひ, 歩行を

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 の戸, を閉め

▼ 出し間もなく~ (2, 0.0%)

1 グレーズブルックも, 俊三を

▼ 出し~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 出し階段~ (2, 0.0%)

1 を上っ, を駆けおり

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 ある時, をねらっ

▼ 出し雑魚~ (2, 0.0%)

2 を載せ

▼ 出し難き~ (2, 0.0%)

1 事情ありし, 心の

▼ 出し難く~ (2, 0.0%)

1 さればと, なる

▼ 出し難し~ (2, 0.0%)

1 とやさらば, など云

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 の中, を血

▼ 出し青年~ (2, 0.0%)

2 の胸

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 の艶, を錠前

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 のま, のまわり

▼ 出し頻りに~ (2, 0.0%)

1 浪立っ, 焚火を

▼ 出し~ (2, 0.0%)

1 にひらり, や牛

▼ 出し鬼たち互~ (2, 0.0%)

2 ひに

▼ 出し黄忠~ (2, 0.0%)

1 に力, の陣

▼1* [1773件]

出しあそばされおだどの, 出しあちこちの風聞, 出しあっちの室, 出しあっと驚かして, 出しあと年五万円ずつの費用, 出しあらためて仔細に, 出しあらぬことのみ, 出しあらゆる神異を, 出しありとあらゆるものが, 出しあわてて死骸, 出しあんなに慎ましやかな, 出しあゝ情無い, 出しいかに貧乏の, 出しいかにも自分が, 出しいきなり彼を, 出しいちはやく服を, 出しいっせいに元気づき, 出しいったいどういう習練, 出しいったい本当はどちらが, 出しいつの間にか伺い主の, 出しいつもの癖, 出しいまいましそうに, 出しいまやアンチーブの, 出しいよいよここらで, 出しいらだたしい火花を, 出しいろいろの部屋, 出しいわゆる自由出版協会を, 出しうかつに道, 出しうす赤い腹を, 出しないで, 出しええと美, 出しおかげで半, 出しおくれよドクトル先生, 出しおしのの側, 出しおしみされて, 出しおしみ勝ちな大名, 出しおしんでるくせ, 出しおじいさんに役, 出しおとよも松造, 出しおとがいが反り, 出しおなじみの信乃, 出しおのが亡骸, 出しおばあさんを思ひ, 出しおまえの好み, 出しおもむろに口を, 出しおや珍しいもの, 出しおよそいまある, 出しお互いに意味, 出しお嬢様お嬢様と立てられ, 出しお家は安泰, 出しお腹をつき出し, 出しお針のお, 出しかつた, 出しかえって堅いパン, 出しかたがたそとへ出, 出しかたがた市場へ小樽, 出しかたがた肴町の花, 出しかたそれを切っ, 出しかたちに現, 出しかたは美しくない, 出しかつ飯かつ, 出しかと思う時, 出しかなりの痛み, 出しかは大岡殿大音聲に, 出しからに筋の, 出しからは無名の, 出しがたかった, 出しがたがたがたがた鳴りながら, 出しがたく財を, 出しがつがつして, 出しがまがつてそ, 出しがむしゃらになっ, 出しきちんと手を, 出しきつく情を, 出しくださいこんなに意見, 出しくださいましたほうがと, 出しくださいませんか, 出しくださるだけで結構, 出しくみは外, 出しくもが這いまわる, 出しくらをした, 出しくるくる旋った, 出しぐあいが悪かった, 出しけい古にも来ない, 出しこうしてカルーゾーは, 出しこそしなかったけれど, 出しこちこちになっ, 出しこちらが立ちどまる, 出しことぶきをのべ, 出しこの世で一本立ち, 出しこばのめくれ, 出しこれ婦女に会う, 出しこんなに広い広い園, 出していねいにも, 出しごく自然な, 出しさあお前の, 出しさうな暗い顏し, 出しさうな硬ばつた微笑を, 出しさうな美しい顏を, 出しさうな青い面つきで, 出しさうに全身を振, 出しさうに口を歪め, 出しさうに嘆息した, 出しさうに声もうるん, 出しさうに家来が言, 出しさうに瞬たいて, 出しさうに瞬きばかりする, 出しさうに緊張して, 出しさうに身體をふつ, 出しさうに顔を歪めた, 出しさかんに石つぶ, 出しさきのこと, 出しさらばよさらば, 出しさらりと振つ, 出しされたものである, 出しざまやと師, 出ししか知りてや, 出ししかしくっきりと, 出ししかして白熱を, 出ししかも大衆という, 出ししきりに飲んだ, 出ししずかに呼吸, 出ししたまま陰気臭く, 出ししない源氏であった, 出ししぶらないでよ, 出ししゃくれた生白い顔, 出ししようと再び, 出ししんみりと蒼い, 出しじゃありませんか, 出しじゃあねえか少し身, 出しすぐやむ, 出しすこぶる愉快に, 出しすごいことが, 出しすばやく何か, 出しすべえとこ, 出しすべて手硬い一方, 出しするとこの女, 出しずたずたにこの, 出しずるずるとそちら, 出しずんずんと裂き, 出しせっかく仕立て上げた種金魚, 出しせめて京極系統の, 出しそいつで包む, 出しそういうわたくしまで, 出しそこここの焚き火, 出しそこらに生え, 出しそしてまた机に, 出しそちらへじかに, 出しそつと父, 出しそのまま自動車に, 出しその他に於, 出しその後我々は貝, 出しその間に一階建, 出しそれきり何処へ行った, 出しそれきり官途もやめ, 出しそれっきり黙って, 出しそれにまた酒の, 出しそれ以下を液, 出しそれ程の寶, 出しそれ等を沢山, 出しそろそろと潜水機, 出しぞと尋問らる, 出したいこの皮, 出したいしたごちそうは, 出したこたあねえ, 出したちゅうのはありゃ嘘, 出したっていいわ, 出したとえ半歩, 出したまに映画でも, 出しためにかかる, 出したりすらあ, 出したりだけはして, 出したりなどはあんまりナンセンス, 出したりべかこうを, 出したれバ皆泣, 出しだけである, 出しだけで終る仕組, 出しちかくの町, 出しちゃぶ台の上, 出しちやうど彼, 出しちやたまんない, 出しちやつたんです, 出しちやつてゐないん, 出しちやみつしら行る樣, 出しちやアゐられないから, 出しちや云はねえ, 出しちや勸進元が損, 出しちや多賀屋が潰れ, 出しちや木戸番へ十手, 出しちや此處へ來, 出しちや氣の毒, 出しちや言やしません, 出しちや身体の毒, 出しちょるが, 出しちょいと引き, 出しちよつと卓子, 出しちよいと借り, 出しちりぢりに, 出しっきりにし, 出しつい昨日処分を, 出しつきものの押し合い, 出しつぎにはさらに, 出しつまみ食いする, 出しつまらなそうに, 出していうほどの事で, 出していっぱいにかぶさっ, 出してからだって甘いもの, 出してからというもの毎日の, 出してからへえつたら, 出してくらい海面を, 出してしもてからあんなこと, 出してぞつとした, 出してぞべぞべして, 出してつひに, 出してつつ口を, 出しててづから洟, 出しててのひら, 出してとと飛んでもねえ, 出してどつと囃し, 出してなほかうなる, 出してなど言ふべきでなかつた, 出してなんか置かないから, 出してなんかの偶然を, 出してにはかな風と, 出してはという意味, 出してはのみあるくなど, 出してべっとやにを吐いた, 出してまではなにひとつしてやった, 出してまでも日比谷で, 出してもはづかしくて, 出してもへど大尽, 出してネ今朝お, 出しであるが, 出しでない隣家の, 出しで御座んすかよ, 出しといふやうに, 出しとうとうたまりかねて, 出しときねえ, 出しとき江戸の人, 出しとつたら村, 出しとて其品なき, 出しとなりの隠居, 出しともあれ彼方へと, 出しともかく人に, 出しとんと机を, 出しどういう形に, 出しどうか伊之助さんの, 出しどうしても消滅しない, 出しどうやら無事に, 出しどころと思った, 出しどちらでも好き, 出しどっからか乾草, 出しどんな文字は, 出しないのは, 出しないしょ話でもする, 出しなお月づき, 出しながらと見ると, 出しながらはひつて, 出しなさいませやかましく私, 出しなされたりなど致しまし, 出しなされましては, 出しなされましたはずで, 出しなすったろうと思いました, 出しなと同様気味の, 出しなどは甚く行われた, 出しなにかおさ, 出しなにぐたりと寝て, 出しなにごともなかっ, 出しなにカヤノの人形, 出しなにフト前から来る, 出しなに伝言用紙に, 出しなに台所を竊, 出しなに真中の襖, 出しなに腰にさして, 出しなに路次口で懇意, 出しなに長さんがすれちがい, 出しなに電話に掴まった, 出しなに馬に鞍, 出しなほその宣傳, 出しなり薄井の, 出しなんかするもん, 出しにかかつてゐた, 出しにくきが吾儕, 出しにぞ其事平野村へ, 出しにて主人の, 出しにでも入れて, 出しにと耳門の, 出しにもならない御, 出しにより其金を, 出しにわかに堺の, 出しに対しては微温湯さえ, 出しぬきに後, 出しのみ今日も, 出しはからずも渾然たる, 出しはっきり天候恢復の, 出しはては船が, 出しはるかな思ひを, 出しぱなしになっていて其処にいる, 出しぱらぱらとあちらこちら, 出しひそかにお, 出しひつこめし顔綺麗, 出しひと狂言うたせよう, 出しひとりをシャンヴルリー街, 出しふっと不安な, 出しふとその血, 出しぶらぶら歩いて, 出しぷうっと口々に水, 出しへんな感触, 出しべたりと坐って, 出しぺちゃんこになった, 出しほととぎす啼きぬ湖上, 出しほとぼりのさめる, 出しぼくの宿, 出しぼそぼそと冷たい, 出しぽんと手, 出しますます今夜は, 出しまずぼくに, 出しまったく落ちつき払っ, 出しまっ暗な庭, 出しまで此家に, 出しまもなく二年生も, 出しみずから露月に薦める, 出しみそつ齒, 出しみたいなネギ入れ, 出しみな散り散りに立ち去っ, 出しむきになっ, 出しむるほど美, 出しむるものまたその色をうつろ, 出しもし兼ねんですて, 出しもしやしなかつたのに, 出しもっとも大藩な, 出しもとどりを, 出しもはや人通りも, 出しゃしませんがねそいつを伯爵夫人, 出しゃばってみたりへこんでみたり種々雑多, 出しゃばりおやじもあったものだ近藤勇の同郷人, 出しゃばりはたしかにいくらか減っては, 出しやぁがった, 出しやあがつたの, 出しやすい彼へ, 出しやたらにがなりたて, 出しやっとこさで, 出しやっとこさ終った, 出しやはり国境へ, 出しゆくゆくは嫁, 出しゆゑ先日一寸御, 出しゆゑ汝是ほど澤山酒, 出しよく寝たるかも, 出しよって日本軍に, 出しよりも酷い青酸, 出しりんごの一杯, 出しわがころも, 出しわけて水寨を, 出しわざわざこの戦場, 出しわずか六銭という, 出しわれや尾田吾田節, 出しわんとかにやア, 出しをね今考える, 出しをばわれ明かに, 出しアカシアの大きな, 出しアキリュウスの從者, 出しアスヴィナウの馬, 出しアレヨアレヨと云う, 出しアントアネットは真似よう, 出しイエ屋敷の隣, 出しイタリアで多く, 出しインキか煤, 出しエー冷やこうて, 出しオイどうだ, 出しオリヴィエ自身も多少, 出しオードヴル変哲もない, 出しカイホウをしはじめた, 出しカッと唇, 出しカラ松の黒い, 出しガヴローシュをめがけ, 出しキゲンわるし, 出しキューッと扱い, 出しキリキリと胸, 出しギイコトンと馬車, 出しクククと拳固, 出しクマソタケルの衣, 出しクルウが遺憾, 出しグングン沖の, 出しコンムーナ員の誰か, 出しゴリラの顔面, 出しサア僕が君, 出しサツを取り出し, 出しサディの方, 出しザクザク湯漬けを, 出しシナの天, 出しシャツの襟, 出しシュッと火, 出しジェルテルスキーを子供扱い, 出しスキーは舶来, 出しストーヴに投げこみ, 出しゾライズムを唱う, 出しタイプライターの蔽い, 出しダンスの足踏み, 出しチタに向っ, 出しヂイヤが駅, 出しツルに天, 出しトットと大門町, 出しトンネルに入った, 出しナースチャの顔, 出し相成れバ, 出しニッと銀之丞, 出しニュームの鍋, 出しネネムは, 出しハッチソンのロード・スタア, 出しパイプと電線, 出しパッとばかりに掌, 出しパンを出し, 出しビューッとばかりに投げ付け, 出しビルデイングばかり並ん, 出しピアノの楽譜台, 出しブドリは, 出しブロン岬から程遠から, 出しプランク恆數により, 出しプレイバックする, 出しプロレタリア文学における同伴者的分子, 出しベラベラベラベラとんちんかんなこと, 出しホースの水, 出しホーテンス記者を奪還, 出しボール紙の切端, 出しポウポウポウとなきはじめた, 出しマロニエの葉, 出しミサ子と柳, 出しムネ・シユリイ其他の名優, 出しメグはおいしい, 出しモルヒネ注射の数, 出しヨイトマケが地杭, 出しライトを当て, 出しレーリー卿は十二歳, 出しロシアを承認, 出しヴァイオリンの方, 出しは蓮花, 出し一つの体, 出し一つ変つたところ, 出し一ツは紅木大臣, 出し一人でにや, 出し一人自ら赤面し一生, 出し一件逐一聞糺, 出し一八四九年からケーニヒスベルク, 出し一円の定価, 出し一刀に切らせ, 出し一切を忘れ, 出し一切合切はたき込んで, 出し一同によく, 出し一同それに和, 出し一定のレパアトリイ, 出し一寸水をかけ, 出し一層母上を, 出し一息にクッ, 出し一應繩を掛け, 出し一手は風上, 出し一時間すこし歩きました, 出し一時非常に騒がれた, 出し一晩何人と云う, 出し一景は, 出し一梃はフォン・コーレン, 出し一番に渡る, 出し一緒にそれ, 出し一群の鶏, 出し一郎もた, 出し一部は藤吉郎, 出し一面の山陰, 出し丁稚を叱りつける, 出し七度四分あり折角, 出し万事をまた, 出し万年の河岸, 出し万歳楽や延喜楽, 出し万葉の男, 出しはヴァラエティ, 出し三井寺へ遁, 出し三人立会の上, 出し三千部くらいは売れ, 出し三月十一日に願済, 出し三番の舌, 出し三角君のお, 出し三陸の海嘯, 出し三高を思出す毎, 出し上役に挨拶, 出し上手へ消える, 出し上様にお, 出し上身と両, 出し下さらんのです, 出し下さるのを, 出し下り口に立っ, 出し下閉伊郡の田老村気仙郡, 出し忍の, 出し不便に存じ, 出し不安がいつ, 出し不幸な宴会, 出し不思議そうに銀子, 出し与八の身体, 出し且つ其書が, 出し且又咄しの, 出し且机龍之助, 出し且言へらく, 出し世にも悲しく叫び, 出し世の中にはずいぶん, 出し世界的にい, 出し世間慣れた快活, 出し肱を, 出し両方の前足, 出し中原の大, 出し中幕は団十郎, 出し丸木艇をうつし出す, 出し丸髷の夫人, 出し丹沙を黄金, 出し主人は背中, 出し主客共に膝, 出し主観は語られず, 出し久八を連歸, 出し久兵衞さん御前こそ虚, 出し久助はお, 出し乍らヘタヘタと大地, 出し乍ら予等の為, 出し乍ら云つた, 出し乍ら彼女はこう, 出し乍ら斯う呟いたの, 出し九つの年, 出し九助を意地め, 出し九郎右衞門が遺言并び, 出しに内々逢, 出し事ム的のこと, 出し事件のあった, 出し事凡三百年その頃おい飯貝村, 出し事務所主任粕谷が右往左往, 出し二刀をつかう, 出し二列に並べた, 出し二匹を結ん, 出し二十五枚の小判, 出し二十四日の銀, 出し二日ばかり伏古, 出し二時間ばかりつぶし, 出し二言とは吐, 出し二言三言お座なりに主人夫婦, 出し互に呼び交しいつも, 出し五六日預かり給, 出し五六枚下書きした後, 出し五十分目には退屈, 出し五十銭銀貨を四つ, 出し五年の後ブリュッセル, 出し五度のところ, 出し五弁の小, 出し些寢轉び給へとて娘, 出し交通事故の第, 出し京都へ移つて, 出し人々の喜捨, 出し人々吟味の濟次, 出し人こちへ, 出し人ニ戦ニて命, 出し人口の多い, 出し人差し指をつと, 出し人里遠き所, 出し人間生活には偶然, 出し人間鳥獣の一行列, 出し今にも手を, 出し今一度水にて洗い清め, 出し今夜は休ませよう, 出し今更ら理窟をいふで, 出し今書きおわった原稿, 出し今朝になつて御新造さん, 出し今貴方の前, 出しもまた, 出し仏国との国境, 出し仕方なくルパン, 出し他人の杯酒, 出し他国へ走ろう, 出し代りに彼, 出し以来たった一人, 出し仮面をくるん, 出し仲間と江の島, 出し伊之助の腰, 出し会出席随意としたら, 出し会合のある, 出し会員章をあたえ, 出し伸び咲き稔り枯れやがて, 出しつて, 出し住所氏名を改めて, 出し何ごとも懺悔, 出し何しろ赤鉛筆の, 出し何だ彼だ, 出し何だかてれて, 出し何やら大声に, 出し何んにも知らない, 出し何故の騷動, 出し何日何日休みその他布告, 出しふひま, 出し作法室は臨時結髮室, 出し例えば坊さんが, 出しの者, 出し保養をさせ, 出し信仰祭祀の事, 出し信号旗をふった, 出し信長を出し, 出し候あとにて箱, 出し候事に御座候之, 出し候使の者ハ小曽根英四郎, 出し候儀と存ずる, 出し候処またもや落ちたる, 出し候勢もあり, 出し候品ものハ中島作, 出し候心積ニ候所此頃御国より相, 出し候時ハそのよ, 出し候由承ま, 出し候處彼三吉儀は三百兩, 出し倭歌に影響, 出しも, 出しし出すに, 出し停車場から荷物, 出し偽物の画, 出し傷だらけになっ, 出し僕山本正雄ですどうぞよろしく, 出し元町の祖父樣, 出し兄弟分の天丸左陣, 出しをやらう, 出し先づ落ちつく, 出し先生とあの, 出し先生是は餘, 出し先達や信者, 出し克服する, 出しも角叔母さん, 出し入浴に出かけ, 出し全体がものものしい, 出し兩國の出合茶屋, 出し八瀬大原の奥, 出し八粒の飯, 出し公儀にても御, 出し公卿といえ, 出し六ちゃんを見, 出し六花蓋片の白花, 出し其上臺所へ火, 出し其以前二人, 出し其名目を掲, 出し其声の師, 出し其山を中心, 出し其後支配へ屆, 出し其御役人方御取上げ御座らぬ, 出し其折留められたる袖, 出し其節證據の曼陀羅, 出し其給金にて質, 出し其跡より百五十人餘, 出し其間でいつも, 出し具合がどう, 出し兼ねている, 出し兼ねる樣子です, 出しを覘, 出し内地からのたより, 出し内職を, 出し円タクを二台, 出しをむかえる, 出し冷たくてよい, 出し凉舟に歸つて, 出しがあつ, 出し出国許可を貰おう, 出しを抜く, 出し分家氏と私, 出し分相応の付け届け, 出し分配の段, 出しもいつの間にか, 出し初手の恩賞, 出し初江の着衣, 出し初鰹みな武藏野のはら, 出し別に外食券を, 出し別段餞別に, 出し利根川を渡し, 出し刺青した両, 出し前後の甲板, 出し前後相交錯して, 出し前日クリストフからされた, 出し前髪は幅広, 出し剣客がという蔑み, 出し創だらけのまま件, 出しに任せ, 出し助太刀を依頼, 出し勇氣を出し, 出し勝ちなこの, 出し勝則は小, 出し勝手氣儘に好, 出しよく肌襦袢, 出し勤務を見廻っ, 出し北條線の時間, 出し北海道から出, 出し十一月には左団次一座, 出し十万円の金額, 出し十三屋へは金, 出し十二時すぎ一時頃迄か, 出し十五日頃この家, 出し十日に県庁, 出し十月十三日二日ほど拒んだ, 出し十里進まば, 出し千両函は杢目, 出し千円のもの, 出し千葉の田舎, 出し千鶴子はもう, 出し午後じゅう彼方此方くりひろげて, 出し半ばは頭, 出し半分は御, 出し半日ほどのあいだ, 出し半時間くらい休み, 出し半紙判の紙幣, 出し半蔵がそこ, 出しの上, 出しには片桐春一, 出し博文館へ稿料とり, 出し占領後十ヶ月のこの, 出し危険なしるし, 出して愕然, 出しさを, 出し參らすべしとの, 出し友人の死体, 出し友田は特徴, 出し双手に握, 出し叔父に矢, 出し口付きたり, 出し口先きでお上手, 出し口金を外し, 出し古い印半纏の, 出し古本の談, 出し叫喚高く面, 出し召さったか, 出し召連出よ其方, 出し台所に隠れ, 出しの腕, 出し右手の煙管, 出し合つて僅なもの, 出し合つて僅かな金, 出し合つて十圓の駄菓子, 出し合つて疊の上, 出し合つて病院へ入れた, 出し合つて買ふといふ, 出し合ひで買ふじやない, 出し合ひもせず二人, 出し合唱隊がそれ, 出し合鍵で帆村, 出し吉岡五郎氏に面会, 出し十月三日許可され, 出し同じように, 出し同じく跡から, 出し同伴の上參, 出し同年九月二十二日新橋蔵前工業会館で結党準備会, 出し同月二十六日に鹿角製浮袋, 出し名誉の忍術家, 出ししみを, 出し吝しんでゐる, 出し吟行どころの沙汰, 出し吹筒の酒, 出しれと, 出し和歌山へ行った, 出し哺飯の故事, 出しが変る, 出しが薄らい, 出しの様式, 出し唐招提寺の諸, 出し唐紙へ衝き, 出し唯もう小兒, 出し善太に賭事, 出しの色, 出し喜三郎が立つ, 出し嘆息したの, 出し嘘八百のおべんちゃら, 出し四人が頭, 出し四十面相の胸, 出し四方の暗く, 出し四時すぎになる, 出し四月三日に土偶胴部, 出し回答の参ります, 出し団長に面会, 出し国境まで迎えさせた, 出し圍爐裡に土足, 出しを閉しけり, 出し土地へは二等品, 出し土間に立った, 出し圭一郎は勤め先, 出し地上へ置く, 出し地方唯一の名望家, 出し地雷也は妙高山, 出し垂木のあたり, 出し城中の兵数, 出し城太郎が, 出し城富に遣, 出し執拗に努力, 出しとは又, 出し堪えがたい煩悶を, 出し場合には引掻い, 出し塩冶の一家, 出し塩釜はどう, 出し境内の諸, 出し墓参りを怠らなかった, 出しを殺し, 出し壽命も是, 出し変化を試み, 出しになっ, 出し夕刻行きつけの小料理屋, 出し夕食後は二人, 出し外国の状勢地理, 出し外山と矢田部, 出し多く猴を集め, 出し多年積んだ不義, 出し多数の穎花, 出し夜な夜な影の, 出し夜中に何遍, 出し夜道の案内, 出し夢心地のよう, 出し大きくなして, 出し大分酔って, 出し大形の柩, 出し大急ぎで仙台, 出し大統領に敬礼, 出し大膳殿へ御意, 出し大臣をもこしらえ出し, 出し大逆事件にも此処, 出し大連の高井さん, 出し大音をあげ, 出し大鵬の翔ける, 出し天下晴れて, 出し天城山の方, 出し天子に奏しあげさせた, 出し天文において本木, 出し太い頸を, 出し太郎の眼前, 出し夫婦仲好く楽しん, 出し失敗して, 出し失礼だが, 出し奈良朝時代の貴女人形, 出し奉公人を多人数, 出し奉公人抔も常に, 出し奉行所へ召連訴訟, 出しの一間, 出し奥さんも笑つて, 出し奥歯のかちかち, 出し奪還策として山林田畑, 出し女子供は泣きさけん, 出し女房連にかくれ, 出し如何にも皆, 出し如露亦如電, 出し妹娘のお, 出しの所, 出し始めは喜ん, 出し姿をかえる, 出しの喜ぶ, 出し婆さんに三十五カペイキ, 出し婦人労働者の奴隷的地位, 出しが亡くなっ, 出しと楽しみぬ, 出し子供二人は女中, 出し子供達へといつ, 出し孤児を出し, 出し学校の成績, 出し学者の数, 出し學校も途中, 出し宗全は切腹, 出しは太政大臣, 出し宝石あるいは薬筥, 出し実は親御さん達は, 出し実物教育なぞいう, 出しが鋏, 出し室生犀星君もまた, 出しあの例, 出し宮重大根を出し, 出しから焚き付けさし, 出し家庭を崩壊, 出し家賃を払い, 出し家鴨の居る, 出し容器に入れ, 出し宿屋調べをし, 出し宿直の醫者, 出し寄宿舍ならば, 出し寄稿家として芥川, 出しと袂, 出し富田さんの方, 出し寒気甚し, 出しを結ぶ, 出し寺方へはそれとなく, 出し対照して, 出しに宇内, 出し對手に解らぬ, 出し小使に命じなけれ, 出し小僧をし, 出し小夜菊を殺し, 出し小学校で授業中の, 出し小屋に一応, 出し小屋全体も恰も, 出し小形の葯, 出し小手先の遊び芸, 出し小机の前, 出し小林君が隊長, 出し小舎があっ, 出し小銭を投げ, 出し少しく引摺って, 出し少なくも午頃までには, 出し少年雑誌へ投書, 出し一入の, 出し尺角二尺角或は, 出し尻尾を掉, 出し尼ヶ崎方面へ逃げ, 出し屈強な兵十人, 出し屋台ねり物, 出し屋外の空気, 出し屋形船で中洲, 出し屋鳴り振動のうち, 出し展覧会場をねり歩き, 出し展覧室へ通り, 出しを出し, 出し山下を望み, 出し山伏舞を勤め終った, 出し山口惣右衞門并びに陸尺, 出し山窩の奴等, 出し岩倉村を経, 出し岩木川沿岸のひろびろ, 出しの岸, 出しに沿っ, 出し高く湍, 出し川島棺作りを手伝っ, 出し巡査が人民, 出しの手, 出し左手を伸べ, 出し左腕は自然, 出しの買おう, 出し巴里の町, 出し巻き物の箱, 出し巻煙草を半分, 出し市中へ放火, 出し市十郎にも渡し, 出し市川警察の呼出し, 出しや板, 出し布哇を越え, 出し常陸土浦九万石に封じた, 出し半里, 出し平井洗手済んで, 出し平定すべくお, 出しも二番目, 出し年金で暮し, 出し幸いに彼等, 出し幼稚な単純化, 出し幽霊のよう, 出し幾つかの葉, 出し幾千人という婦人, 出し幾度も茶, 出し広い家の, 出し広く世の中からも, 出しには渡辺, 出し店員たちが夜なべ仕事, 出し府中の宿, 出し度い程滑稽, 出し度由お三婆, 出し延寿や大炊, 出し捕らえて, 出し引手茶屋のお, 出し弱気の父, 出し強いて一般人民を, 出し惣と, 出し当分ここに居住, 出し当分冬吉のもと, 出し形式的に信長, 出し彼女の超越, 出し彼女等は貨車, 出し彼方の霧, 出し往來の者, 出し待ども一度の返事, 出し後れなり夫, 出し後ろに戸, 出し後腐れのない, 出し得ぬことは, 出し得意になっ, 出し御馳走を供, 出した他, 出し微細なもの, 出し必要な時, 出し忘れてゐた, 出し忘れるということ, 出し念入りに化粧, 出し忽ちにして, 出し思のはお, 出し思わず女の, 出しに頭, 出し急ぎ血潮滴たる, 出し恐ろしい目で, 出し悪いとまあ, 出し悪かったが, 出し悪漢の手, 出し惜しみすることは, 出し惜むように小切手を引き出し, 出し惣右衛門の手, 出しひ出し物語りながら, 出し愉快そうにアンナ・リヴォーヴナ, 出し愍然と打ちながめ, 出しのまま, 出し愛嬌たっぷりで, 出し愛用のハンド, 出し慄然とする, 出し慶四郎君にすすめた, 出し憂鬱を感じた, 出し憎くかったが, 出し懇切に饗應, 出し懇談に及びしか, 出し懐しい川岸の, 出し懐中電灯でヘリコプター, 出し懐紙を持ち添え, 出し懸想文を売っ, 出し成れと威しつ賺しつ, 出し成れたる後藤秀盛先生が, 出しや, 出し我が国の外務省, 出し我と我を, 出し我姓名の下, 出し我慢のならぬ, 出し我父母存命ならば, 出し或いは執務中或いは, 出し戦争挑発が拡大, 出し戰場あとに汝ら, 出し戸棚を警戒, 出し所上州大間々にて病死, 出し所前後に人, 出し所在所より急, 出し所役人申ける其の, 出し扇形に開い, 出しを開ける, 出し手ばやく外出の, 出し手まねして, 出し手前勝手に鼈四郎, 出し手前味噌を出し, 出し手当のしかた, 出し手拭を取ろう, 出し手筈をきめ, 出し手紙を取出し, 出し手足をバタバタ, 出し手酌で三つ, 出しを騁, 出し扨大橋氏甚失敬なる申し分, 出し扶助せんと, 出し批評家にも認めさせた, 出し抑えても抑え切れなく, 出しからの御, 出し抜きが悪い, 出し抜け道をとっ, 出し押して參つた次第ぢや, 出し拔きしは猶, 出しなるは, 出し拙者があらためて, 出しを宙, 出し持前の喧嘩好き, 出しで賃銭, 出し指環の方, 出し挨拶に及びける, 出しにのせました, 出しった時, 出し損害かれこれ五百円, 出し損害総額百一億円と計上, 出し撒けて遣る, 出し支店長代理との交渉, 出し改めてその紙, 出し放題であったもの, 出し政七も出, 出し政府じゃどの, 出し自分では, 出し故に誤謬も, 出し散らかしてその, 出し数年前の幼稚, 出し数枝の懐, 出し数百尺の大, 出しを討, 出し數年ならずして, 出し文五郎が想い, 出し文吾の側, 出し文学界には, 出し文禄二年四月上洛して, 出し文部省で學校, 出しの如き, 出し斯様な大, 出し新しく温和しい, 出し新田のごとき, 出し新規に抱, 出し方つていふの, 出し方人に女房, 出し方声の性質, 出し方解決方法の順序, 出し方身のとり, 出し旅籠へ泊っ, 出し日本全體, 出し日照し風, 出し日露戰役によつて, 出し旨屆けしにより頓, 出し早くこれに, 出し明智先生にこの, 出し易人相手相などを研究, 出し昔遼東の鮮卑, 出し映画のロッパ, 出し昨夜の二十枚, 出し昭和十年の横浜, 出し是申長庵殿御死なされし其後, 出し昼寝する, 出し昼間馬田にそれ, 出し時代の選挙, 出し時君は明き灯, 出し時期を待つ, 出し時計をみる, 出し晩めしも食う, 出し智慧を絞り, 出しさを, 出し暗い地面を, 出し暗くなった時分, 出し暗に紛れて, 出し暫らくただうちはを使つて, 出しの頃, 出し更らに矢野文雄氏, 出し書きではすこし, 出し書付の趣き, 出し書判のわき, 出し書物のよう, 出し書面もあり, 出して小栗風葉來, 出し最早右向を, 出し最近ではやはり, 出し月影が二つ, 出し月支国王大いに喜ん, 出し月極めの三兩, 出し有り金を手, 出し有合せの六曲, 出し有野村を離れ, 出し望蜀生が同, 出し望遠鏡の度盛, 出し朝子が庭, 出し木村隼人佑重茲, 出し木枯の寒い, 出し木組は外, 出し木苺の実, 出し未亡人と遺児たち, 出し未完と記し, 出し當に, 出し本人はそつ, 出し本棚の奧, 出し本邦現存最古の医書丹波康頼, 出し杉村に手渡し, 出し杏斎先生の鼻, 出し杏齋先生の鼻, 出し村人が大勢, 出し村川が写真, 出し村民何歳以上一人当りいくらといふ割合, 出しを便り, 出し杖策いての, 出し束髪の令嬢, 出したれば, 出し来たるをもって毫も, 出し来ると前年, 出し来島恒喜を出したる, 出し東京湾を走っ, 出し東海道は廻, 出し松明をかかげ, 出し松林の据, 出し松風を十三絃, 出し枕もとの刀, 出し枕元に立つ, 出し林蔵を乗せ, 出し果ては戰死, 出し果物のかなり, 出し染殿后を犯した, 出し柔らかいぽとぽと音, 出しに時計, 出し柱頭は三個, 出し柳原土手で時, 出し柿の木へ掛けた, 出しがしない, 出しを砕き, 出し格子戸をあけ, 出し桃代はもう, 出し案内を頼み, 出し桝本を怪しい, 出し梅幸の十郎, 出しに上る, 出し梶屋などという屋号, 出し棠軒も亦, 出しの後, 出し椅子をひとつ, 出し検事のところ, 出し楢夫を上, 出しの皮, 出し極めて愛染を, 出し榎本は今, 出しを逆さま, 出し様体ぶりしまいには, 出し様子を見, 出し樂屋裏の大, 出し模様の敷布, 出しにした, 出し横取りしたという, 出し横手を指し, 出し橋本左内は日本, 出し機械なんて云っ, 出し機糸の上, 出しやブラシ, 出しの並木, 出し欠伸をし, 出しの組, 出し次々次々に無数, 出し次いで子供も, 出し次の間とのあいだ, 出し次郎が彼ら, 出し次郎右衛門はあんま, 出し歌舞して, 出し正成はつづい, 出し此電報が配達, 出し武器を押, 出し武蔵も興, 出し死体の首, 出し殆ど地を掩, 出し母親と二人, 出し毎日のよう, 出し毎朝その自分, 出し比較して, 出し毛筆とシロツプ, 出しの弱い, 出し気の毒げにし, 出し気の毒太夫余の事, 出し気味の悪い, 出し氣味です, 出し水損じの, 出し氷峰に酌, 出し江戸では老中, 出し江戸弁に, 出し池田の実権, 出し決して何一つ覚えなかったから, 出し沈黙の行者, 出し沓石へ草履, 出しに烏賊釣り, 出し河岸に近い, 出し河水が涸れない, 出ししざま, 出し油屋の真似, 出し油煙が黒く, 出しに居, 出し治助どん去月の幾日頃, 出し泡盛を送っ, 出し泣いたろそう思う, 出し注文主も書物, 出し洗濯ものを乾しかけ, 出し洗濯女や一杯, 出し流行歌漫談を一席, 出し浄瑠璃に, 出し浅間の湯, 出し浦島の子, 出しに沈めた, 出し海上にはいくつ, 出し海員児童ホームからかかっ, 出し海岸で焼却, 出し海岸線三十里とその, 出し海峡を越え, 出し海辺の黒猫, 出し海邊の黒猫, 出し涼みがてら, 出し清十郎の体, 出し清國の勢力, 出しつた, 出し渋られた休日を, 出し渋るところを, 出しは夢中, 出しに出かけ, 出し枝一として, 出し満子と二人, 出し満足げに嘲笑った, 出し源三郎をからかった, 出し源左老人と折重なっ, 出し源次郎が酌, 出し準備おさおさ怠り, 出し漢曲の月騒恨, 出し濃いソップに, 出し火じろのわき, 出し火の手がちり, 出し火星までの直線距離, 出し火鉢に入れ, 出し灯明は電灯, 出しせよ, 出し炬燵にあたり, 出し烟草盆や何, 出し無用じゃ, 出し無茶苦茶に胸倉, 出しのやう, 出しす蛍沢, 出し熊川忠範はそれ一着, 出し熊笹が繁り, 出し熟練の醫, 出しを発した, 出し熱い番茶を, 出し燃えさしを掃除, 出し燈火を輝かし, 出しの上, 出し父上樣の御, 出し父彦兵衞が惡名, 出し父親の方, 出し雅の, 出し爾来毎日曜, 出し片一方ではシチュー鍋, 出し片足を鐙, 出し牧馬に富める, 出しに触れ, 出し物好きな世間, 出し物置一軒を焼い, 出しを知, 出し狂暴に燃える, 出し狐狼がそれ, 出し狒狒爺め覆面なんぞつけ, 出しひを, 出し独り夕方より観音, 出し独天下で骨, 出しの足跡, 出しのよう, 出し獣性が人間, 出し玄川子が土偶, 出し玉うたのは因縁不和, 出し玉置の城趾, 出しの財宝, 出し王滝行きの用件, 出し珠玉のよう, 出し現代句は感情, 出し現代文字の標本, 出し球皮を届け, 出し理智を磨く, 出しを弾かせ, 出し瑛子は涙, 出しを叩き割つ, 出し生々しく描き出し驚くばかりの, 出し生唾をのみ, 出し生活に血みどろ, 出し生長を遂ぐる, 出し田島辰夫の妹, 出し田沼の身辺, 出し田辺へ突き出し, 出し申さないように, 出し申さるる薬礼の, 出し申さんと云, 出し申したいばっかりで心得違い, 出し申したくはない, 出し申したらいいでしょう, 出し申しましたがもう, 出し申し出を拒み, 出し申すべく只の, 出し申上候處其事私しへ, 出しばかり乗っ, 出し男二の背広, 出し町中が昼, 出し留守の者, 出し留守中家内の者惣内, 出しのふち, 出しの草むら, 出し番手桶に六尺棒, 出し番茶を出せし, 出しの上, 出し當所より織物類, 出し當時の流行語, 出しになっ, 出し発育の程度, 出し発見すべからざること, 出し発言して, 出し發覺の憂, 出し隠下, 出し白いハンカチを, 出し白く糊の, 出し白牡丹や何, 出し白糸を以て葵, 出し皆へとへとになる, 出し皆仮面を多く, 出し皆田の老いぼれ, 出しは朽ち, 出し盛りの息子一郎, 出しした太陽, 出し監督も大, 出し監視を破る, 出し目付けられたら用捨, 出し目玉のとびでる, 出し目的の女, 出し直接間接に得, 出し相成候節には, 出し真っ先に船, 出し真物はかえって, 出し真赤な口, 出しむれば, 出し督弁政務使をやっ, 出し矢代に渡した, 出し矢台を出す, 出し知恵の袋, 出し短くなった鉛筆, 出し石ころに蹴, 出し石井権堂というの, 出し石油の桶, 出し石順先生のお, 出し砂浜の上, 出し碌々口もきけません, 出し確か指を切っ, 出し磁気指力線に直角, 出し磨製石斧などはいくらでも, 出しを述べ, 出し社会は買う, 出し社会学者のタルド, 出し社会的位置もよく, 出し社殿を建つ, 出し社運がますます, 出し祇園に遊ん, 出し祕密を探り出し, 出し神様が解き明かし, 出し祭禮の第, 出し秀吉を出し, 出し秀吉公から上杉家, 出し秀吉家康を其殿, 出し私たちは河原, 出し私ら一族の一つ, 出し私蔵するより, 出し私達の返事, 出しになる, 出し秋子が口許, 出し秘密で高踏的, 出し稲光烈しく大風, 出し稲荷大明神を祭りたい, 出し稻荷樣の茶店, 出し穏便にすむ, 出し空屋に店, 出し空気は日々清透, 出し空缶を番人, 出し立上つて一歩廊下へ踏み出した, 出し立廻の如き, 出しを失い, 出し竹中采女正に宛てた, 出し竹生島から八町, 出し笑いをし, 出し笑ひなんかし, 出しを入る, 出したしむること日ごと, 出しは着ず, 出し笠原にカフェー, 出し第一歩がもう, 出しをひい, 出しで船, 出し算用ぞやふと, 出し箪笥へ頭, 出しに並ん, 出しをつけ, 出し簡単な世間話, 出し簡略に失した, 出し紀念なりとて渡し, 出し紋服も守り, 出しれも, 出しをく, 出し細々と心, 出し細かい雪煙を, 出し細君の頸, 出し紺合羽の片, 出しには疲れ, 出し終日布団の中, 出し終日飯茶碗は手, 出しばかりなる, 出し組み整えて, 出し経料として二両, 出し給はずやと一葉, 出し給仕には御, 出し給金にて地頭役人, 出しで疲れた, 出し絵具を唯今, 出し絶えず催促を, 出しの染色法, 出し続いて吾妻屋, 出し続けざまに三つ, 出し網島から一鞭, 出し綿入を出し, 出し緊張した瞬間, 出し総て湯島天神境内の体, 出し総監にこの, 出し練吉をも加, 出し練物永代橋の東詰, 出しの途中, 出し縦横にはねまわった, 出してのこと, 出し繁昌して, 出し繁殖甚だ盛ん, 出し織田軍の輜重部隊, 出し纒衣は着色, 出し置外療醫をなす, 出し置舜帝みつから其罪, 出し置雅樂頭殿出門有ば此方, 出し署名を求める, 出し羊羹を出し, 出し羊鶏耕牛までも食いつぶし, 出し美しい浦上は, 出し義雄の思ふ, 出し羽織を脱い, 出し翌々年の昭和二年, 出し翌年二月ただちに第, 出し翌日から村, 出し老いたるロレンソ, 出し老女の計, 出し老婢がこれ, 出しまで割れた, 出し聖歌をうたい, 出し聞了つては横手, 出し職員全部にそれ, 出し職業組合の共同住宅, 出しの裏, 出し肝腎の喜三郎自身, 出し肺病と胃癌, 出しを抱い, 出し背後には人家, 出し胡桃や桑, 出し脇差をぬい, 出し脈搏結帯上厠頻数, 出しを伸し, 出し脚絆草鞋手甲などを取りひろげ, 出しけに云った, 出しをお, 出しの甲, 出しへ肱, 出し膝行して, 出し自ら立って, 出し自ら注射する, 出し自分達買いものに出た, 出し自動車の今, 出し自己の味つた山岳美觀, 出し自己紹介した, 出し自活しながら, 出し自由にし, 出し自責のあまり, 出し自身も不動行者, 出し臺石の上, 出しふれば, 出し舌なめずりをし, 出し舞台へ出る, 出しはあさり, 出し船楼に上っ, 出しからは鯨, 出し良人が快, 出し色々多右衛門, 出し色気がある, 出し艶布巾をかける, 出し芝居してる気, 出し芝居好きが芝居, 出し花一輪無き荒磯, 出し花束の酔わせる, 出し花糸は糸状, 出し芳枝さんはここ, 出し苛ら苛らして, 出し若い人達は, 出し若し那樣事が, 出し若干の例外, 出し英書にこの, 出し売りが, 出し茶呑茶碗でがぶがぶ, 出し茶堂の疎林, 出し茶棚の中, 出しを左, 出し草間へ置いた, 出し荊莽の上, 出し荒々しい羽音が, 出しに斯, 出し菖蒲造りの刃先, 出し萬一や其の, 出しを払つて, 出し葭簀で囲い, 出しの煮える, 出しを罵り, 出しを延ばし, 出し蕭条たる冬木立, 出し薄い足の, 出し薄暗くなつた家, 出し薩摩藩の代表, 出しの看板, 出し藁靴という, 出し藤井と周子, 出し藥其外手厚く世話, 出し蘇生するかの, 出し虚空はるかに投げ棄てた, 出しを見る, 出し蝮酒屋を攻める, 出しがとまる, 出しが物, 出しを見る, 出し衆草を抜い, 出し行く推理が, 出し行方が分らない, 出し行李の中, 出し衣裳小道具を入れ, 出し表紙を下, 出しを掻, 出しで顔, 出し袋物でも商おう, 出し下度候, 出し装置家の名, 出しに古代アッシリヤ, 出し裏山などにおいで, 出し補祭の腰, 出しで立つ, 出し襦袢の衿, 出し襲國は呉太伯, 出し西華門院の高築, 出し見目よい男女, 出し覚書のほう, 出しじの, 出し親たちや弟妹, 出し親類の者, 出し親類共ニも相談, 出し解決に乗り出した, 出し説いて江戸入り, 出し論判の挙句, 出し諫鼓鳥と称す, 出し諸兄姉のお, 出し諸家それに従, 出し警吏これを檢, 出し警戒を怠らないでき上がった, 出し議員とす, 出し豊かな資質, 出し豪徳寺の或, 出して妬ましき, 出しの音, 出し財布は是成, 出し貧しい花を, 出し責任者である僧, 出し貴族の館, 出し贅沢なこと, 出し赤く怒張した, 出し赤ん坊の口, 出し赤リボンの道化者, 出し足どりも緩やか, 出しにて妻梅, 出し跣足のまま, 出し踊屋臺におびき寄せ, 出しで調子, 出し躑躅岩にし, 出し身なりしを, 出し身体をゴロゴロ, 出し身受の金, 出し軟体動物並に腕足類, 出し辰代が今井, 出し農村の疲弊, 出し來は, 出し近々やられる成功調査, 出し近く碩学エリイエリゼオネシムポオル等のルクリユ四兄弟, 出し返事もせず, 出しひながら, 出しついて, 出し透き寫しに, 出し途中で少しぶらぶら, 出し通りの右左, 出し通帳を再度, 出し造作の大きな, 出し進軍でもする, 出しひに, 出し遅れたし大切, 出し遊ばさぬだけに怒ったら, 出し遊ばされた似上は, 出し遊ばすではございません, 出し遊ばせ常常や, 出し過酸化水素の分解, 出しひに, 出し遠くをみる, 出し遠洋の航海, 出し選挙事務所のよう, 出し遺憾なく波だつ, 出し邦人数名が人質, 出し邪悪に対して怒り, 出し部屋をグルグル, 出しの三分の一, 出し都合二人の兵隊, 出し都會に人鬼, 出し鄰家の竹林風声颯颯, 出し酒代をゆすろう, 出し酒料理などの註文, 出し酒飯の代, 出し重い鉱石を, 出し重傷者中死亡せる者, 出し野良犬みたいにそこ, 出し量子力学的にこの, 出し金三十円に換, 出し金品をかくし始めた, 出し金峨の門, 出し金持と結婚, 出し金櫃に似た, 出し金紙で風, 出しで木彫, 出しはツァリンツァリン, 出しでもなん, 出し鉄砲を打ちました, 出し銀子の指, 出し銃眼のよう, 出し銅鑼角笛の音, 出し錦紗の着物, 出しを出す, 出し鎌倉文化なるもの, 出し鎌倉時代の写実的彫刻, 出しを引く, 出し鎖国の効果, 出し長州の大名, 出し長広な披針形, 出し門口へ突立つたなり物, 出しに出, 出し阪中君は怒り, 出し附添が慌しく, 出し附近の子供, 出しや船, 出し陸海から運ばせおる, 出し隅田川の眞, 出し随分と饗応, 出し障子をすっかり, 出し隠居が焼け死んだ, 出し隠語を探り, 出しの男, 出し隣同志話しながら, 出し隣家のラジオ, 出し隨分困らせられました, 出し隱居の方, 出し雀卓来り, 出し雑巾をにぎっ, 出し雑駁な趣味, 出し離室の塔, 出し離屋の窓, 出しも小, 出し雪景色とはなつた, 出しをつき破っ, 出し電光を見せ, 出し電車に乗っ, 出し霜柱の発達, 出し露地の中, 出し青黒いクロオスの, 出し静かにその, 出し非常に淋しい, 出しの皮, 出しの脱げ落ちる, 出しの中, 出しに金梨子地, 出し音綴の間々, 出して三里, 出しをしゃくっ, 出し頭巾を冠, 出し頼朝を出し, 出しを三重, 出しに手, 出し顏色も蒼ざめ, 出しえる手, 出しを吹出し, 出し風炉に火, 出し食いもしまい, 出し食卓の上, 出し食器を並べ, 出しだ酒, 出しの花, 出し養子が間, 出しの石造, 出し香奠返しの義理, 出し香蔵の留守宅, 出し馬上に弓矢, 出し馬鹿長い顎, 出し馭者は馬の足, 出しけ出し, 出し馴染のない, 出しの階段, 出し駅長のマッケンジー, 出しの背, 出し駕籠脇の者, 出し騒音が一つ, 出し騷ぎが一段落, 出しと肉, 出し高島屋ホールへ, 出し高橋を渡っ, 出し高氏は勢い, 出し髪の毛が吹きちらされる, 出しも伸び放題, 出しを振, 出し鰐淵が老巧, 出しのよう, 出しのほう, 出し黒山の人だかり, 出し黒白の碁子, 出し黒衣聖母のうしろ, 出し黙阿弥翁もここ, 出しが立っ, 出しをかんだ