青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「別れ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~判る ~判断 判断~ 判然~ ~別 別~ 別々~ ~別に 別に~ ~別れ
別れ~
~別れた 別れた~ 別れる~ 別段~ ~別荘 別荘~ 利~ ~利く 利害~ ~利用

「別れ~」 5637, 58ppm, 1976位

▼ 別れ~ (2104, 37.3%)

38 しまった 26 行った 20 いる 16 しまつ 15 いた, しまうの 13 しまいました, しまったの, 帰って, 私は 12 いて, 來た 11 半七 9 しまうこと, しまえば, しまって, 来たばかりの, 自分の 8 家に, 帰った, 平次は 7 来たの 6 いるの, 一人で, 出て, 家へ, 行くの, 行って

5 [12件] きた, きて, くれと, しまう, しまへば, 了つた, 外へ, 宿へ, 帰ろうと, 行く, 行ったの, 行つた

4 [14件] いたこと, いった, いつた, いること, しまったが, ゆく, 以来の, 南海に, 帰ること, 戻つた, 来て, 行きました, 行くこと, 行こうと

3 [42件] いたの, いた後, いって, くれつて, ここへ, しまうと, しまうよう, しまおうと, しまったこと, しまったよう, しまわなければ, しまわねば, もとの, やる, ゐると, ゐるところ, ゐる間, スタスタと, 一人の, 三人は, 下宿に, 了った, 了へば, 二人は, 今では, 出た, 別の, 各自の, 娘の, 居ること, 帰ったが, 帰ったの, 帰りました, 帰る, 彼は, 後の, 後は, 来たばかり, 浅草の, 生きて, 私だけ, 行く人

2 [134件] いた捕卒, いるが, いるところ, いるとは, いる間, いれば, おいでに, おくれ, おっても, お船, きたの, くる, くんないん, ここを, この吉野, しまいましたが, しまうに, しまうばかりさ, しまう心, しまおうかと, しまったから, しまったん, しまつて, しまひました, しまふと, しまふの, しまふん, そこを, その女, その行列, それから細民窟附近, それぞれの, のちに, のち母を, ひとりで, みると, もう一度曲者, ややヒステリック, やるから, ゆく子蟹, より後, わたしは, ゐた, ゐた月日, フランスから, リユクサンブル公園へ, 一人と, 一時も, 下山の, 了う, 了は, 了ふ, 二人の, 五年前母親の, 今でも, 今の, 今は, 以来絶え, 住んで, 來る, 入る, 八丁堀の, 出づれば風面, 別々に, 十幾町の, 半七ら, 右左から, 君は, 外国へ, 孤独に, 家の, 家を, 居て, 居ても, 山の, 左右前後から, 席に, 帰った時, 帰ると, 帰るの, 帰る途中, 庭の, 庭傳ひ, 往った, 後も, 後ろの, 日は, 来たが, 来たん, 来た人, 来た女, 来た妻, 来た男, 来ます, 東京へ, 柳原河岸の, 橋を, 歩いたが, 歩き出した, 水を, 泣かない日, 深川の, 源助にも, 独りさびしく, 独りで, 神戸へ, 私が, 私達三人は, 立ちか, 立ち去った, 筑紫へ, 美しい記憶, 自分は, 行かうと, 行くそういう, 行く時, 行った後, 行つたのである, 西ひがし, 見れば, 身顫いしながら, 逃げて, 道を, 遠い人, 郵便局を, 野に, 長谷川は, 間も, 隣町で, 雨の, 電車に, 電車の, 顏も, 飛んで

1 [1265件 抜粋] ああせいせい, あたりま, あての, あのひと, あの辺特有, あるたくまし, あれから, いかなければ, いくの, いたあと, いたけれども, いたので, いた兄, いた女房, いた幼少, いた故郷, いた父子, いちど去りかけ, いった三人, いった黙蛙堂, いつも行く, いつ逢う, いましたんで, いますね, いよいよラサ府, いよいよ活動, いるあいだ, いるから, いるという, いるのに, いるらしい, いる城太郎, いる理由, いる近く, いわく崑崙山に, おきぬは, おしまいに, おちぶれて, おもむろに好い, おりましても, おれは, お帰り, お母様の, かうした療養所, かえってよかっ, きたとかいう, きたばかしの, きた大淀, きてから, くれい, くれたこと, くればい, くれると, ぐるりと, こちらへ, このかた, この家, この桃源, この走り湯権現, これからおれ, さくらの, さらに半蔵ら, しかも事件, しまいそれ以来, しまいただ, しまいましたわ, しまい二度と, しまうそれ, しまうなんて, しまうわけ, しまう気, しまおうじゃ, しまおうわたし, しまったか, しまったと, しまったらおそらく, しまった以上, しまった妻, しまった男, しまってからは, しまつたのである, しまつた人も, しまつてたつた, しまはうぢ, しまひましたの, しまひ世話, しまふで, しまふべきだと, しまふ外, しまふ淋し, しまほうと, じぶん, すたすた行き過ぎた, すでに十年, そう惜しく, そしてその, そのあたり, そのとき, そのまま電車通り, その儘, その家, その帰りみち, その戸, それから山径, それぞれ出勤し, それで, そろって, ただ我が, たちまち出陣, ついて, ついに纏まる, どうしよう, ながき君, のち, のち大酔に, ひとつえらい, ひとまず思い思いに, ひとり上京する, ひとり家路に, ひとり旅だつ, ひとり紐育へ, ひと足先に, べつの, ほしいつて, またこんな, また急いだ, まだ大戸, みせる, みちのくの, みるの, めいめい部屋へ, もう夕方, やがて勝重, やがて小糠雨, やがて静, やらあ, やる別れて, ゆきたいの, ゆき子が, ゆくつら, ゆくの, ゆく女, ゆく母, ゆこうと, よりひとしお母, より家, より後十三年, りゅうとした, わたくしと, ゐたが, ゐた兄, ゐた恋人, ゐた距離, ゐて, ゐなければ, ゐる, ゐるし, ゐる今, アゼ道に, イボギンヌが, カテリイヌを, ガヤガヤと, サン, スタ, バスに, ピアツツアバルベリイニの, ブラリと, ペッケンへ, マニラにと, ヤケに, リヨンへ, 一つ私と, 一ヶ月も, 一人ぎりになってしまうこともいろいろな, 一人ぼっちで, 一人ドイツへ, 一人新京極を, 一人武蔵野の, 一人立ちを, 一平氏甥の, 一彦は, 一時十五分教えられた, 一時郷里へ, 一番の, 一足先に, 一騎駈け, 七年に, 三人の, 三年後に, 上つた, 上京する, 下さい, 下宿へ, 下谷講武所から, 丹後の, 久しいお, 久能は, 九人ばかりと, 亀沢町の, 了え, 了つてから, 了ふんだ, 争つてゐる, 二三日淋しい, 二三歩行きかけた, 二人で, 二十年来定まった, 二度目の, 二階へ, 五年この, 五年目の, 京へ, 人中の, 今度は, 仕舞うと, 他の, 他国の, 以來十七八年に, 以後は, 以来いい, 以来つつがなき, 以来どんなに, 以来一度も, 以来彼女について, 以来沢山の, 以来自分で, 伯父伯母の, 住み込んでから, 住む以前, 何う, 何年に, 併せて, 俺と, 僑居に, 兄を, 全虚空, 八時頃良一は, 六人も, 六条院を, 内地に, 冬に, 出ると, 出演する, 別々の, 前の, 加藤さんと, 勝手な, 北君と, 北岳に, 十年あまり俊雄は, 十歩ほど, 千枝太郎は, 半七はさつき, 半年ぶりに, 単独で, 卵を, 去りて, 去れば, 取り放されたよう, 右と, 各々別の, 同じ人混み, 名古屋株式取引所の, 君と, 唯ひとり京都, 單獨で, 四国の, 地の, 坑を, 墻を, 夕日が, 大急ぎで, 大連へ, 夷三郎と, 女優上りの, 娘と, 孔明が, 実に今度, 実業家の, 宵, 家族は, 宿舎に, 寄宿舎の, 寝支度, 小さい家, 小学校へ, 小糠雨を, 居た, 居た息子, 居た箕島刑事, 居ます, 居りその間, 居るの, 居る樣, 山を, 山内に, 岡山へ, 岩吉は, 川越街道を, 市電に, 帰った人, 帰つた九時近, 帰つてきた, 帰らなくては, 帰りに, 帰り際に, 帰るその, 帰る時, 帰る途, 帰庵, 帰途に, 年に, 幾島は, 幾日も, 庄三郎に, 引きさ, 彦太は, 彼女は, 往く女, 後上方へ, 後初めて, 後土御門天皇, 得心し, 御修行, 思ひ残すこと, 急いで, 悄然と, 愛に, 我が村, 戦争を, 戻るやう, 担ぎ千軍万馬, 揚州へ, 攻めまくったので, 故郷を, 散るごとく, 散策の, 敷石の, 斉に, 斯うし, 新たなる, 旅を, 既に十五年, 日暮れ方には, 早々に, 明かしたの, 明日に, 時用の, 智恵くらべ, 暗い路地, 暮すこと, 曲者の, 望み通りに, 木曜会に, 村を, 来たあの, 来たと, 来たひと, 来たよう, 来た又八, 来た恋人, 来た洋子たち, 来た若者たち, 来た道, 来ました, 来られたばかり, 来るに, 来る河, 東京を, 東西の, 板一枚で, 柳原土手に, 校庭を, 棗の, 極東の, 横浜まで, 橋の, 次々に, 此方に, 歩いた, 歩きだしたが, 歩くうち, 歩み出した, 歸つた, 歸る, 死んだと, 氣の, 江之島神社の, 汽車の, 河童路地へ, 海道を, 淋しいが, 淋しい道, 淋しく国境線, 深い谷, 満洲, 無究, 父の, 特にここ, 独りにな, 独り小川町の, 独り此方へ, 独り沈思の, 独立の, 獨身生活を, 瑞西あたりの, 生まれて, 生活しよう, 田舎の, 男手一つで, 留吉を, 疲れた足, 病院へ, 白沢を, 相見ぬ, 着物の, 知らず生死, 神田の, 私一人だけ, 秋安の, 税関の, 立ち午ごろ, 立ち去って, 立って, 筑前の, 約束の, 細い道, 終つた, 羅馬に, 群居する, 耕吉は, 腰の, 自分だけは, 自分一人に, 自分一個の, 自棄に, 自殺する, 舞台の, 船へ, 草深い田舎, 莚の, 薩長は, 行かなかった, 行かれたの, 行きたいん, 行き世の中, 行くお前, 行くという, 行くは, 行く悲しみ, 行く日, 行く節子, 行けば, 行こうとも, 行ったので, 行ったり, 行った村井, 行った青年, 行つた分岐点を, 行つて了つた, 衛に, 袂を, 裏庭の, 西も, 見ると, 見物した, 詩人に, 論じたといふ, 谷中の, 起ち上がるとき, 越後屋の, 車に, 追分に, 通し駕籠, 連れの, 遠い秋, 遠き君ゆゑに, 遠し本, 遡って, 部屋, 部屋へ, 酒三杯それで, 鉱泉部落の, 銀閣寺を, 長屋なりに, 門前町の, 関八州を, 関東の, 随意行動を, 雪の, 霞飛路の, 青森へ, 頭を, 顔貌を, 食べものも, 飴屋の, 馬を, 馳せ去って, 魚を, 鵠沼に

▼ 別れ~ (939, 16.7%)

162 告げて 69 告げた 34 惜しんで 24 告げに 22 して 20 つげて 15 告げました 14 告げると, 惜んで 13 つげた 10 告げたの, 告げること 9 告げようと, 告げるの 7 告げねば, 惜しんだ 6 告げなければ 5 した, 告げてから, 告げるよう, 述べる時 4 おしんで, したの, 告げる, 告げるため, 告げるつもり, 告げる時, 惜しむため, 惜んだ

3 [15件] いたしましょう, してから, しなければ, するため, するの, つげ, つげるため, 告げたとき, 告げまた, 告げる暇, 告げんと, 惜しむ, 惜しむの, 惜しむよう, 惜み

2 [40件] いいに, いったり, したいと, したという, しました, します, すること, するよう, する前, つげたが, つげました, なさいました, 告げ, 告げそして, 告げたいと, 告げたが, 告げたけれども, 告げたばかりの, 告げながら, 告げはじめた, 告げるとき, 告げる爲め, 告げる隙, 悲しみました, 悲むでもない唯, 惜しみて, 惜しみに, 惜しみました, 惜しむかの, 惜しむこと, 惜しむふう, 惜しむ娘, 惜しむ間, 惜しんだの, 惜む月夜かな, 歎き, 第二, 致します, 致すまで, 述べた

1 [317件] あすこの, あそばされたまま, いうため, いえ礼, いたしとうぞんじますそれ, いたしました, いたしました時, いたす, いたす日, いった, うながして, おしみました, おしみ子供, おしむよう, おしんだ, お互いに, お告げ申したい, お説きし, かなしみいよいよ, かなしみ賀, かなしむもの, かわした上, さえ寂し, させるつもり, させ葬儀, しずかに, したあと, したあの, したこと, したそう, したと, したとき, したもの, したわけ, した今, した時, した満々, した鎌倉, しに, しばしとどめ, しほんとに, しよう, しようと, しろ別れないと, し正式, すすめ哀願, する, するその, するつもり, するまでの, するらしいのに, する女, する時, せぬか, そちも, それとなく告げ, つかまつりまする, つけて, つげたく思います, つげたの, つげた人, つげた後, つげた文化精神, つげながら, つげなくちゃあ, つげに, つげまもなく, つげるすぐ, つげるつもり, つげるとさつさ, つげるの, つげるべき時, つげ先, つげ平戸先生と, つげ決死, つげ部屋, とどむべき身, なさいと, なさなければ, なすは, のべて, のべ酒, のべ風, はかないもの, や, わかれて, 乞いに, 云いに, 云って, 云ひ, 人が, 人がという, 今の, 今はじめて, 何れ程, 促されるの, 信ぜざるなり, 傷む新妻, 兼ねての, 却って楽しい, 友人に, 叙した, 同じよう, 同情し, 告ぐ, 告ぐべきであると, 告ぐべき時節, 告ぐる圖, 告げかけた時, 告げきっと, 告げこの, 告げさせて, 告げしが, 告げし日, 告げし曙, 告げすぐ, 告げずに, 告げそこそこ, 告げその, 告げそれから, 告げたあの, 告げたい, 告げたい友達, 告げたかった, 告げたくないと, 告げたでは, 告げたのち, 告げたので, 告げたはず, 告げたもの, 告げたり, 告げた上, 告げた右近丸, 告げた彼, 告げた彼等, 告げた愛子, 告げた時, 告げた筈, 告げた鳥居強右衛門勝商, 告げてこそ, 告げはじめながら, 告げばや, 告げぶー, 告げもはや, 告げやがて, 告げよう, 告げようかと, 告げようさようなら, 告げようとも, 告げられた時, 告げられるが, 告げるお, 告げるかの, 告げることば, 告げるより, 告げるわけ, 告げるイトマ, 告げる前, 告げる力, 告げる声, 告げる小声, 告げる悲しい, 告げる意味, 告げる態, 告げる挨拶, 告げる様, 告げる瀬戸際, 告げる為, 告げる爲, 告げる言葉, 告げる詩, 告げる途, 告げベーカー, 告げ七郎左衛門, 告げ丈, 告げ上陸, 告げ乗用車, 告げ人々, 告げ代理大使, 告げ何かしら軍医, 告げ千浪, 告げ合ったあの, 告げ同じ, 告げ固く, 告げ多く, 告げ宿屋, 告げ帰って, 告げ庭前, 告げ得る気, 告げ御, 告げ教, 告げ新, 告げ柳営大奥, 告げ桂子, 告げ直しに, 告げ眸, 告げ船, 告げ花, 告げ鎌田, 命ずるの, 多年召し使っ, 奏して, 宣ぶる, 少しも, 強制され, 彼女は, 御惜しみなすった, 思い起しそれから, 思うので, 思ふと, 思出す, 急いで, 急がうとして, 急がして, 急ぐ冷めたさ, 急げ鳥, 恨んで, 悲しがっ, 悲しく思った, 悲しまず実に, 悲しみその, 悲しみ出発, 悲しみ娑婆, 悲しむ, 悲しむだけ, 悲しむなり, 悲しんだ, 惜しが, 惜しまざるを, 惜しみあうの, 惜しみあって, 惜しみその, 惜しみたい, 惜しみつ, 惜しみつつ, 惜しみながら, 惜しみ京都, 惜しみ八元, 惜しみ泣く様, 惜しみ翌日高山ダリヨ, 惜しみ親切, 惜しみ顔, 惜しむか, 惜しむであろう, 惜しむという, 惜しむといった, 惜しむの圖, 惜しむやう, 惜しむ中, 惜しむ人々, 惜しむ土地, 惜しむ有様, 惜しむ様子, 惜しむ歓呼, 惜しむ為, 惜しむ相手, 惜しもうと, 惜しんだといふ, 惜しんだばかり, 惜しんだ少女, 惜しんでは, 惜まず, 惜まれた, 惜みたかった, 惜む, 惜むやうに云つた, 惜むように, 惜む事に, 惜む人が, 惜む友ひとり載せ, 惜む夫婦かな, 惜む氣持も, 惜む風だった, 愉快に, 投げかけようと, 投げては, 握手に, 敢えてしたるなる, 日々に, 望む者, 本当の, 桜井駅に, 正成の, 決して忘れないだろう, 決行する, 潔くしよう, 為よう, 無理に, 申しませんわ, 目前に, 眼で, 知らで, 示す協定, 聴かせられたとき, 致したいため, 致しますか, 致しますと, 見慣れた本郷, 言いに, 言った後, 言つてゐた, 言ふ, 言上し, 許して, 軽々しく口, 述べた上, 述べに, 述べられて, 述べんと, 述べ牧師, 送った, 送る用意, 遂げたらしいよう, 酌んで, 頼む老父, 魂消るまでに, 鶏のせゐ

▼ 別れ~ (626, 11.1%)

53 挨拶を 43 言葉を 1910 酒を 9 あいさつを, 握手を 8 言葉が 7 歌を, 盃を, 言葉も 5 ことばを, つらさ, ゆふ, 宴を, 時が, 曲, 言葉は, 詞を 4 ために, ように, 挨拶に, 挨拶の, 接吻を, 時の, 杯を, 言葉, 言葉に, 言葉の

3 [11件] とき, 会釈を, 手を, 挨拶も, 日が, 時に, 時は, 曲を, 背中に, 際に, 食事を

2 [34件] あいさつに, お茶を, お酒, ごあいさつ, ご挨拶, しるしに, ときに, はじめ別れは, ような, 冬木立, 刀さし出す, 前に, 勇気も, 合図を, 形見に, 御挨拶, 御櫛, 思いを, 愁らし, 手紙を, 握手の, 敬礼を, 旅か, 昔を, 晩餐を, 最後の, 會を, 無意味な, 礼を, 茶を, 言葉をかは, 記念に, 酒宴を, 際の

1 [273件] あいさつが, あいさつにも, あいさつの, あたりの, あと云ひもの, ありさま, あろう筈, うさは, うらぶれた挨拶, おかしみ, お印, お祝いです, お茶の, かたみになる, ことばなど, ことばに, ことばも, ことを, しるしだ, しるしまでに, ための, ついでに, つもりで, ときいただく, ときが, ときその, ときの, ときも, とき云った, ところ見た, はじめといふ, はじめ名残の, やうな帰り, やうに, やむなきに, ようで, わしの, キスが, キスでも, キスを, シーンに, シーンへ, パァティだ, 一合を, 一夜を, 一字は, 一情景を, 一曲と, 一曲を, 一段, 一礼を, 一節だった, 一荘と, 中を, 中食を, 乾杯よ, 乾盃だ, 人それは, 人事相談でも, 人事相談を, 今の, 今世, 会なんか, 会に, 会は, 会を, 会話などに, 会釈, 伴奏の, 信号旗を, 催促客と, 入相の鐘, 切なさ, 別れさいへ, 前の, 印に, 原因は, 原因も, 口上で, 名残だった, 哀れが, 哀れな, 唄を, 問題, 堪えがたい悲しみ, 場が, 場と, 場所は, 場所へ, 場所出発の, 場面などは, 場面を, 夕べに, 夜に, 夜乳で, 夜道で, 太鼓の, 奇妙に, 宣言の, 宴, 宴ここに, 宴だ, 宴で, 宴です, 宴に, 宴の, 宴会です, 宴会を, 小唄を, 小酒盛り, 席とは, 座なりを, 庭の, 弔辞を, 形式的な, 後その, 後日談が, 心を, 心持ちが, 思い出の, 恐しさ, 悲しく互いに, 悲しさ, 悲しみという, 悲しみに, 悲しみの, 悶着そんな, 惜しみも, 惜ま, 愁歎場を, 意を, 意味も, 意味を, 感傷も, 懸け聲, 手振りかすれ, 手紙だつた, 手紙です, 折たとえ, 挙手を, 挨拶, 挨拶が, 挨拶だ, 挨拶で, 挨拶でも, 挨拶などを, 挨拶なんか, 挨拶は, 挨拶笑い声あわただし, 接吻など, 接吻の, 握手をかは, 日, 日じゃ, 日である, 日に, 日の, 日も, 昼御飯を, 時には, 時本間先生は, 時間が, 晩飯に, 晩飯を, 曲で, 曲は, 會に, 會は, 朝の, 杉, 杉である, 杉の, 杉まで, 条に, 杯に, 杯の, 様で, 様な, 機に, 歌, 歌が, 歌だ唄っ, 歌とかを, 歌に, 歌の, 歎き, 死は, 気持ちを, 涙こぼれそめ, 涙に, 涙を, 淵といふ, 畳まで, 皮肉と, 盃, 盃か, 盃と, 盃なぞが, 盃をかは, 目礼を, 相談で, 眸を, 瞬間が, 碁會が, 礼拝を, 禮を, 種と, 笑みを, 紀念に, 紋切り形の, 置き土産, 膳に, 舞踊劇は, 苦しさ, 菊酒, 袂重き, 袖に, 袖を, 覺悟それに, 觴を, 言葉かと, 言葉ぐらい, 言葉さえ, 言葉すら, 言葉だけが, 言葉であった, 言葉では, 言葉として, 言葉などを, 言葉以上の, 訓戒を, 話も, 贈物を, 踊では, 踊りを, 身に, 辛いという, 辛い事ア今, 辛い氣持ち, 辛さ, 辞は, 辞も, 辞を, 辞儀を, 辭に, 辭儀を, 辻東海道へは, 遊びでございます, 遊びを, 運命とが, 道の, 酒, 酒の, 酒へ, 酒盃を, 酒肴を, 間端だ, 間端な, 関所, 際には, 際受け取, 集りで, 雛に, 難題を, 電話が, 音だ, 風かよ, 風に, 飛行である, 騒を, 骨に, 鯨を, 鳥は

▼ 別れ~ (292, 5.2%)

17 なるかも 11 臨んで 10 なって 8 のぞんで 4 なつた, なりました, なるの, なろうも 3 しましょう, しましよ, なる, なるか, 夢を, 成りまするやら, 来た, 来たの, 来たん, 来て

2 [12件] きたの, しよう, なった方, なりまして, なるだろうと, なると, なろうとは, 來られた, 参りました, 名殘, 寄って, 自作の

1 [176件] あが, あたつ, いかにもふさわしい, いって, いらっしゃったの, いらっしゃるん, お互に, お孃樣, お歩き, お菓子を, かかると, かぎって, きた, きたわ, きた侍, きて, けり, この手, これを, さいし呉用は, さいし軍師呉用は, さて教授, したら宜, して, しましょうね, しみじみ見, しより, し今日, し春, し朝, すべきだと, た, ちょっと寄った, なった, なったあと, なったが, なったきり, なったころ, なったと, なったので, なったらさて, なったらそれでも, なったらどう, なった仲, なった奥様, なった後, なった悲しみ, なった時, ならうも, ならないとも, なりきりと, なりたいの, なりつつ, なりましたの, なりましょう, なります, なりますはい有難うご, なりますわれわれ, なり渡辺勘十, なるかと, なるぜ, なるぞよ, なるでしょう, なるとき, なるなどという, なるにも, なるやも, なるよう, なる事, なろうなどとは, のぞんでは, ひと騒ぎ, まいったの, まいったもの, まいりました, まいりますと, みえたの, みえた三卿, みんな集まっ, めいったふう, もう一度と, もう一度心, ゃあならん様な, やって来た, サヨナラも, ピストルなんか, 一つ頂きましょう, 一ぺんだけ, 一度どこ, 一曲, 一服ちょうだいできません, 一杯飲みなさんせ, 一杯飲んだら, 一眼だけでも, 一言も, 三十円やる, 上がりました, 云ひも忘れし, 今晩は, 何か, 來た, 來たんだ, 例の, 倚りし, 兄の, 割箸の, 参りましたと, 名残の, 女の, 帰って, 往って, 御聖影, 御馳走し, 御馳走を, 忠告し, 恨み長う, 悲しき事, 感じた悲哀, 成らうも, 成るべければと, 拝むこッ, 握手でも, 晩ごはんを, 未練が, 村の, 来たに, 来たので, 来たのよ, 来たわけ, 来た晩, 来ました, 楽しかった, 槍を, 樺の木と, 止んで, 水盃の, 泣崩れて, 涙する心, 湿っぽい歌, 献した, 矢代は, 私が, 私は, 終る, 置きし一言, 美しい虹, 聞いて, 臨み, 臨みて, 臨み久禮海岸, 臨み同氏, 臨み子, 臨み御高, 臨み贈答, 臨んでは, 致しましょうね, 致します随分, 致します隨分, 致そう左様, 行きました, 行くパァティ, 行ったが, 行ったの, 行つたら, 言う平和, 訪ねて, 詩を, 話さうか, 誓ったことば, 誓つた通り獨り, 鏡を, 関係した, 限りやす, 面倒な, 飯でも, 飲もうと

▼ 別れてから~ (172, 3.1%)

4 私は

2 [11件] これまで, まだ半月, 以来の, 僕は, 前方百歩の, 彼は, 急に, 時の, 私の, 自活し, 路地の

1 [146件] あとに, あなたが, あの女放浪者, あの如く, おかん, お光さん, お絹, お菊ちゃん, お葉, ここを, こっちという, こんなに時が, さらに駕籠屋, しかし彼, すぐに, ずっと独り, ずゐぶん, その半日, その教え, たつた五年, たやすく誰, ちやうど, で東京, どうしても盜, どこへ, ならどう, ひどく長い, ぺっぺっと唾を, またチロル, また一時間, また飲んだ, まだ三, まもなく画家, もい, もう一月, もう九日, もう十二三年, もう十五年, やつぱり自分は, よい慰み, シネマ, シネマ見物夜は, スコットランドの, 一ヶ月より, 一人で, 一日も, 一時頃まで, 一週間に, 一遍も, 三日ほど, 三日路を, 三晩目の, 久しぶりに, 久慈は, 九年経つ, 二三日の, 二人の, 二年たっ, 二度目に, 二度目の, 二日目の, 二時頃に, 五年ばかり, 五年も, 今会う, 今日に, 以来お, 以来一度, 以来小諸岩村田志賀野沢臼田其他到る, 伊藤が, 何という, 何処へ, 何十年に, 例の, 保田へ, 先生は, 兎角身體, 其の事, 内に, 再びお座敷, 分かった, 十何年ぶりか, 十四年にも, 十年の, 十日目に, 半年ばかり, 句作, 吉川さんは, 君に, 四五日は, 四十年も, 四年にも, 大分に, 大西洋へ, 夫と, 女優さんに, 少ワヤ, 市電に, 幾十年といふ, 幾日か, 幾日めでしたろう, 彼から, 彼女は, 後の, 後も, 後大阪地方専門の, 後私は, 房一は, 手紙の, 掘割の, 数十年にも, 数年間世の, 早速東京, 時々便り, 東海道を, 松戸へ, 母も, 気がついたの, 決して年, 父子の, 片時も, 物の, 狂瀾の, 独り峠の, 玄徳は, 王四は, 甲府で, 町はずれで, 私が, 経った日数, 義雄は, 船と共に, 色んな男, 芸妓に, 芸妓を, 蓬莱建介は, 裁縫を, 記録的な, 買物入浴一杯, 道貞に, 長い時日, 順吉は, 風の, 高見呑牛を, 麻油は, 麻油はしか

▼ 別れする~ (82, 1.5%)

9 前に 7 のは 4 ことに, のが 3 わ, 事に 2 ことが, ことは, 時が

1 [46件] か, かそれとも, かも知れない, からかい, か否, が厭, ことを, このこと, ために, っていうこと, つもりだつた, つもりは, と, とあゝ, ときで, ときには, とき随分, とすぐ, にあたって諸君, については私, に忍び, に耐えかね, のだ, ので, のも, のを, の厭ね, までに一度, よ, ような, ように, よりも親しい, わけには, 上に, 事が, 従って今後政府, 折道中用心の, 時あなたは, 時から, 時じゃ, 時です, 時に, 時も, 時泣いた, 機会ぐらいは, 決心を

▼ 別れ~ (77, 1.4%)

7 なるかも 5 しよう 3 なった, なると 2 いたそう, なったこと, なったの, なって, なつた, なりに, 云う言葉, 告げましを, 聞きて

1 [41件] いうや, いたしまして, いたしましょう, いたしますぜ, お慶, して, しましょう, しましょうよ, しませう何分, しようぞ, すかされて, なった例, なった始末, ならんとは, なりぬ, なりぬらん今, なりましたね, なりましょう, なるの, なるや, なるやう, なれば, なろうと, やらかそうぜ, 両立せしめ得る, 今日を, 存じます, 思いましたから, 思うべし, 思って, 思ってか, 思ってね, 思ふせゐか, 水を, 相成りまする, 聞きしかど, 致しましょう, 致します, 見えぬ様, 覚悟の, 願いたくな

▼ 別れ~ (75, 1.3%)

4 てしまった 2 てから, てからいろいろ, てしまひたい, て私

1 [63件] て, てあなた, てい, ていく, ていそぎ, ていた, ていつ, ている, ておく, てからあの, てからすぐ, てからずいぶん, てからの私, てからの電車, てから久し, てから二十日, てから急, てから本当に, てから横断旅行, てから知人, てから種々, てから随分, てここ, てこの方, てしまう, てしまっ, てそれから, てたった, てっ, てどんなに, てのち, ては, てひとり呉, てまる, ても, てもいつ, てもしげ, てもと, ても悔いない, てゆく, てゐた, てワシントン, て一人, て三年, て今, て仕舞う, て他, て先生, て大阪, て川, て来た, て東京, て激しい, て目下相棒, て行く, て逆, て銀座, て閑散, にくい, にくう存じます, や, 一人で, 二人御茶の水駅で

▼ 別れ~ (73, 1.3%)

6 という, な 43 といっ, と云う, と思う 2 からな, という気

1 [44件] からと云, から俺, から大いに, から子供たち, から少し, から毛唐人, から餞別, がそこ, が使命, が然しまた, が秀吉公, けど男, そんなこと, ぞ, といいました, といいます, というの, という客, という心持, という考え, といつ, といふ意味, とおも, とかそんな, と三人, と土間, と思い, と思いました, と思います, と思った, と知っ, と言っ, と言つて, なこの, な一杯, ね, ねと冗談, のに何, わ, わかめと, ハハハハハハ, 別杯でも, 外に, 林五君奥さん坊ちやん

▼ 別れ~ (64, 1.1%)

2 したいもの, 惜しくて, 惜しさ, 惜しそう, 辛い

1 [54件] いえた, きました, このころ, この世の, こんなに寂しい, こんな凄まじい, さびしいもの, したいよう, たく思召, ただただ女, たみの, できたわけ, できるになあ, なけり, 一ヶ月さきに, 不意に, 二人の, 云いよう, 今は, 今日迄も, 其時は, 出来て, 出来なかったこと, 出来ると, 厭で, 告げたいの, 大好評, 悲しいの, 悲しくない, 悲しさ, 惜うて, 惜しいとか, 惜しいとさ, 惜しいので, 惜しくなった, 惜しまれた, 惜しまれるの, 惜まれた, 来ました, 永久の, 私には, 絶対の, 胸に, 自分たちの, 致したいと, 苦しいもの, 苦しくなる, 誓って, 起り九, 身も, 辛い僅か, 辛うございました, 近づいたの, 面白く左団次

▼ 別れ~ (52, 0.9%)

2 あの子別れ, したが, しばらく馴染, それにも, 会うこと, 小野の, 非常に

1 [38件] いつも露けき, これが, したくないね, しない, しないよ, しなかつたの, しませんから, つきない, つらかつ, はやおすましあられた, へんに, みなこんなに, もう先日, もう済ん, もっとつらい, わたしには, 一層つら, 云わないぞ, 互の, 何うし, 再び約束, 別れたが, 厭だつた, 大きく市, 実なり, 寂しかった, 寂しかつ, 心の, 悲しゅうございます, 惜しきもの, 惜む, 本当の, 生別であり, 自ら習慣と, 致しますものの, 致すものの, 遠くない, 遠江の

▼ 別れても~ (43, 0.8%)

2 しかたが

1 [41件] あしたの, い, いい, いいから, いいし, いいといった, いいわ, いい気持, いつ帰, ここに, これが, その十分の一, それらを, またこの, また会う, また思いかえし, まだ日, みれんなの, よいが, よさそう, よろしいと, よろしゅうございます, 他人では, 何ともない, 何時かは, 再びめぐりあう, 別れなくつて, 参る, 友情は, 取返さねば, 影だに, 必ず, 戀人は, 折には, 止まっても, 甲州行きを, 相身互いじゃと, 私の, 良いと, 見せる, 骨肉同士は

▼ 別れ~ (41, 0.7%)

10 愉し

1 [31件] あつけ, あへず, ありまた, あるの, したくない, しよう, すまして, せずに, せず一言, そこそこであった, たのしく, できる, ないという, なるまい, また断腸, 中, 何も, 何やら, 告げずに, 告げないで, 応へたり, 急げ, 悲しきに, 惜しいそれ, 惜しきなるべし, 数日の, 旭日が, 相当に, 祈祷も, 言ひ, 酷いと

▼ 別れした~ (39, 0.7%)

3 のは 2 きりです, 方が

1 [32件] あとで, あとでも, お母様の, かはっきり, かを思い出します, きり, きりずっと, きりその後さらに, きり小, ことは, ときには, ときの, のでございました, のです, のも, ばかりでした, ほうが, ヤモメであった, 不幸な, 九紋龍史進で, 亭主, 勢子です, 妾は, 後で, 後藤夜叉が, 悲しみに, 日の, 時から, 時の, 時も, 父上様が, 王ご

▼ 別れては~ (31, 0.5%)

2 顏も

1 [29件] いても, いないつもり, お互に, きたこと, こうし, また別, やらないつて云つて, よも永らえ, 世上の, 京の, 何とやら, 僕は, 出逢, 別の, 合うから, 困るに, 堪るもの, 寄席に, 後々まで, 楯なし, 死にきれないと, 泣き嫉妬, 由々しい破滅, 私は, 胸やぶる, 行くさき, 誰一人たよる, 離れ小島, 顔も

▼ 別れという~ (25, 0.4%)

3 ことに 2 ものは, ような, 難題を

1 [16件] おそろしいとき, お歌を, ことは, のを, ものが, ものに, ものを, 悲しみは, 時に, 時には, 時にも, 時僕は, 時末吉は, 晩は, 歌を, 言葉は

▼ 別れ~ (25, 0.4%)

4 をし 3 であつ, をした

1 [15件] があっけなかっ, だけがその後, だった, だつた, だと, であったが, でいい, でそれぞれ枝, なの, になる, によつて涙, に依っ, は出来なく, もいい, をしなけれ

▼ 別れたり~ (18, 0.3%)

3 して 2 し友

1 [13件] さても, した沢山, した澤山, し日出雄少年, すること, それが, なさるわ, また良人, 上下に, 兩親と, 或いは死ん, 死なれたり, 討たれたり

▼ 別れてからは~ (17, 0.3%)

2 俳優の

1 [15件] あの土藏, お乙女姉さん, さまざまな, すつかり, なおさらだった, ウンとも, 何となく気屈し, 何の, 余り接触が, 周囲は, 孀婦で, 日も, 毎日, 片親と, 芝居の

▼ 別れ~ (16, 0.3%)

5 あつた 4 でも 2 ござります 1 あらう, い, ごわすか, どこかの, 来年は

▼ 別れです~ (16, 0.3%)

2 か, ね, よ, わ 1 な, なあ, ねえ, ねと言った, のね, わね, 僕たちは, 先生

▼ 別れてからの~ (15, 0.3%)

1 [15件] ショパンの, マキの, 兄弟は, 出来事を, 千鶴子の, 後の, 悶々の, 時間を, 最初の, 生活を, 私の, 視察を, 話を, 話仙台の, 費用に

▼ 別れしな~ (14, 0.2%)

2 に彼

1 [12件] にチラ, に丁度, に奥様, に彼女, に戯談, に明日, に武藤君, に袂, に言った, に鈴子, に鶴石, の獄内

▼ 別れ~ (13, 0.2%)

3 んです 21 えといけません, のだ, のだった, のに名残惜し, のよ, ばやがて, ば何れ, んだ

▼ 別れ~ (13, 0.2%)

3 です 1 この時刻, さその, でございます, に, になる, に立つ, の時, の期間, は今, までこうして

▼ 別れかた~ (11, 0.2%)

3 をした 2 をし 1 が却って, など愛情, はしまい, よ, をしないだらう, をする

▼ 別れその~ (11, 0.2%)

2 日の, 為めに 1 三月三日を, 代りに, 別懇だ, 夜は, 最も嶮, 次の, 自動車へ

▼ 別れとも~ (11, 0.2%)

1 [11件] いえないわ, ないナアこちの人, ない別れ, ない容子, ない様, ない樣, ない泣き顔, ない猫, ない身もだえ, なくして, 限りませぬ

▼ 別れ申し~ (11, 0.2%)

1 [11件] ておきたい, てからあらゆる, てからすぐ, てからちやうど三年, てはいつ, てはどうにも, ては済まない, ても仕方, て何一つ, て此の先, 候でし

▼ 別れかと~ (9, 0.2%)

3 思うと 1 かなしんで, さいご, 存ぜられます, 想へば, 聞くと, 萩乃は

▼ 別れてからも~ (9, 0.2%)

1 それを, なかなか酔, みんなは, 一々眼, 二年に, 商売柄その, 小野田に, 暫く其処, 藤五郎の

▼ 別れでも~ (9, 0.2%)

2 あつた 1 したよう, するよう, する様, そのよう, ない, 惜しませるつもり, 惜しむやう

▼ 別れやう~ (9, 0.2%)

4 とする 1 かと思ふ, か思へ, とした, と思つて, なんてさ

▼ 別れ申す~ (9, 0.2%)

2 が惜しい, のは 1 が春枝, ことに, ときお, とする, のが

▼ 別れ~ (8, 0.1%)

5 ゐら 2 へう 1 づホテル

▼ 別れでは~ (7, 0.1%)

1 ありませんわ, いさぎよくありません, ございませぬぞ, ないと, ないのよ, 妾は, 心残りでございます

▼ 別れとは~ (7, 0.1%)

2 何ぞ 1 いい条大塔宮様, つれなし, なりぬ, 何んだろう, 知り忍びざる

▼ 別れ~ (7, 0.1%)

1 に触れ, の家, は, はあれ, は上野駅, は中岳, は買物

▼ 別れします~ (6, 0.1%)

1 ぜ, という, よ, わ, 私は, 色々御

▼ 別れそれ~ (6, 0.1%)

1 から森山君, から浦崎さん, にただ, までの小学校, も畳, より路

▼ 別れである~ (6, 0.1%)

1 ことも, その一日, という, とも思っ, と言ッ, 壁に

▼ 別れといふ~ (6, 0.1%)

2 ものは 1 ことを, こと位は, ものを, 幼なき

▼ 別れ~ (6, 0.1%)

1 いとど隔たらん, うかとその, 一燈園での, 悲しみの, 福山警察署の, 葛の

▼ 別れ~ (6, 0.1%)

4 ぬれば 1 にける, にし

▼ 別れがたい~ (5, 0.1%)

1 その恋人, ものに, 京都を, 文学への, 骨肉も

▼ 別れぎは~ (5, 0.1%)

1 が悪い, が悪く, にた, に写真屋, に雨

▼ 別れしよう~ (5, 0.1%)

2 と思う 1 か, とおっしゃる, として立つた

▼ 別れそれから~ (5, 0.1%)

2 おせい 1 ずっとこの方彼女, ぶらぶらと, 竿の

▼ 別れであろう~ (5, 0.1%)

1 とはペイン, ともこの, と利家父子, 日本の, 英吉利海峡

▼ 別れよう~ (5, 0.1%)

3 ではない 1 ではありません, として水

▼ 別れ~ (5, 0.1%)

2 ゆき当 1 でがす, のところ, へきた

▼ 別れ~ (5, 0.1%)

3 ますと 1 ても私し, 上げて

▼ 別れ~ (4, 0.1%)

1 かく婆は, 国詰に, 葉に, 辰が

▼ 別れがたく~ (4, 0.1%)

1 なって, 思う寂し, 思った, 思って

▼ 別れきり~ (4, 0.1%)

1 でなし, なの, になっ, になろう

▼ 別れじゃ~ (4, 0.1%)

1 さらば, ないん, なくて, 一盞あげましょう

▼ 別れての~ (4, 0.1%)

1 小野派忠也派憲法の, 帰りは, 後の, 悲哀は

▼ 別れてまで~ (4, 0.1%)

1 ノコノコと, ノコノコ女, 努力し, 暮す心

▼ 別れであった~ (4, 0.1%)

1 かなかっ, ことは, のだ, わけである

▼ 別れながら~ (4, 0.1%)

1 その後一生を通じて, アノ通り夜と, 己の, 通れそう

▼ 別れなら~ (4, 0.1%)

1 ば永遠, 永遠に, 都会風の, 酒なんかで

▼ 別れに際して~ (4, 0.1%)

1 ご本名, 喧嘩する, 恩賜の, 慚愧に

▼ 別ればなし~ (4, 0.1%)

1 になる, の起りはじめた, を持ち出し, を持ち出す

▼ 別れ一人~ (4, 0.1%)

2 で饒津公園 1 で来る, にて道

▼ 別れ~ (4, 0.1%)

1 て, て土蹈, ぬれば, りし水

▼ 別れ別れ~ (4, 0.1%)

1 して, て, て住む, て別々

▼ 別れ~ (4, 0.1%)

2 の私 1 が二人, と二人

▼ 別れ~ (4, 0.1%)

2 と勘定時 1 が来, だと

▼ 別れあと~ (3, 0.1%)

2 の五人 1 は安

▼ 別れ~ (3, 0.1%)

1 たらしかつ, とおも, 行かむ

▼ 別れこれ~ (3, 0.1%)

2 を最後 1 より登り三十八丁

▼ 別れ~ (3, 0.1%)

1 したところ, へすれ, へまた

▼ 別れさえ~ (3, 0.1%)

1 したら私, すれば, 知らずに

▼ 別れしたら~ (3, 0.1%)

1 いいかしら, さいご, 何時お

▼ 別れすれ~ (3, 0.1%)

1 ばですが, ば再び, ば独身

▼ 別れせね~ (3, 0.1%)

1 ばならぬ, ばならん, ばなりませぬ

▼ 別れそして~ (3, 0.1%)

1 一足おくれ, 会下山上に, 燕青だけは

▼ 別れだ泣かない~ (3, 0.1%)

3

▼ 別れとして~ (3, 0.1%)

1 きみを, 孔明が, 行うもの

▼ 別れなんて~ (3, 0.1%)

1 そんなこと, 考えるにも, 言うの

▼ 別れ三人~ (3, 0.1%)

2 は那智 1 去りここ

▼ 別れ去った~ (3, 0.1%)

1 のが, のであった, オリヴィエの

▼ 別れ~ (3, 0.1%)

2 婢に 1 太に

▼ 別れ~ (3, 0.1%)

1 が広島, は京都, は癖

▼ 別れ彼女~ (3, 0.1%)

1 がパリ, は信濃, は自分

▼ 別れ申した~ (3, 0.1%)

1 後五社明神の, 忰の, 貴方の

▼ 別れ申しました~ (3, 0.1%)

2 が二月 1 からお

▼ 別れ自分~ (3, 0.1%)

1 だけ一人, のホテル, は自分

▼ 別れ難い~ (3, 0.1%)

1 ものなら, 気もちも, 気持ちが

▼ 別れ難く~ (3, 0.1%)

1 いひて, なりカフェー, 私が

▼ 別れかも~ (2, 0.0%)

1 しれぬと, 知れぬ

▼ 別れがた~ (2, 0.0%)

1 ない思い, ない気

▼ 別れこそ~ (2, 0.0%)

1 あれ, 悲しかりけれ

▼ 別れさて~ (2, 0.0%)

1 あくる日なに食わぬ, 愈

▼ 別れしまし~ (2, 0.0%)

1 て後, ヨと

▼ 別れそう~ (2, 0.0%)

1 なようす, にした

▼ 別れただ~ (2, 0.0%)

1 ひとり附近の, 一人夕ぐれの

▼ 別れだった~ (2, 0.0%)

2 のです

▼ 別れだらう~ (2, 0.0%)

2 がと言

▼ 別れって~ (2, 0.0%)

1 ことそれから, どんなこと

▼ 別れつつ~ (2, 0.0%)

1 またも, 彼の

▼ 別れてからという~ (2, 0.0%)

2 ものは

▼ 別れてさえ~ (2, 0.0%)

1 くれたなら私, くれれば

▼ 別れてわ~ (2, 0.0%)

2 づか一年足らず

▼ 別れてを~ (2, 0.0%)

1 ぢさんは, り一つ

▼ 別れでございます~ (2, 0.0%)

1 かな, から猫

▼ 別れなすった~ (2, 0.0%)

1 事は, 時の

▼ 別れにも~ (2, 0.0%)

1 もう今日, 同じく京都

▼ 別れのみ~ (2, 0.0%)

1 にがかった, にがかつ

▼ 別れひとり電車~ (2, 0.0%)

1 に乗った, に乗つた

▼ 別れほど~ (2, 0.0%)

1 別れが, 悲しいもの

▼ 別れみたい~ (2, 0.0%)

1 にし, になる

▼ 別れやがて~ (2, 0.0%)

1 千日前の, 半刻

▼ 別れ~ (2, 0.0%)

1 お別れ, ヨハンさん

▼ 別れわたくし~ (2, 0.0%)

2 はそれ

▼ 別れ~ (2, 0.0%)

1 とフ氏, はひとり奥

▼ 別れ~ (2, 0.0%)

1 に進み, に進む

▼ 別れ住む~ (2, 0.0%)

1 ことを, 頃であった

▼ 別れ停車場~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 別れ~ (2, 0.0%)

1 からそのまま, へかっぱ

▼ 別れ去る~ (2, 0.0%)

1 また逢, 場合に

▼ 別れ~ (2, 0.0%)

1 くない, くなかつた

▼ 別れ悲し~ (2, 0.0%)

2

▼ 別れ~ (2, 0.0%)

1 には死し, に別れ

▼ 別れ独り~ (2, 0.0%)

1 になっ, になり帰っ

▼ 別れ申さね~ (2, 0.0%)

2 ばなりません

▼ 別れ致候後途中腹痛~ (2, 0.0%)

2 にて困難

▼ 別れ行く~ (2, 0.0%)

1 嫂を, 間も

▼ 別れ~ (2, 0.0%)

1 がうまく, を繰り返した

▼ 別れ銀座~ (2, 0.0%)

1 に出た, の人波

▼ 別れ難き~ (2, 0.0%)

1 いきさつと, ことを

▼ 別れ~ (2, 0.0%)

1 をはやめ, 嘶いて

▼1* [347件]

別れあおのけ様に, 別れあたしと踏絵, 別れあと二三日は宿屋, 別れありや, 別れあるものぞとは, 別れの字ヶ原, 別れいずれまた熟議, 別れいなむとす, 別れいわゆる日置流六派として, 別れうそが死ん, 別れうらみし我身にも, 別れおや今の, 別れおやまはそれなり, 別れおれは伊勢, 別れお上にもこの, 別れお母さまには死に別れ, 別れかたがた出掛けて, 別れかなしも来ん, 別れがけに特別, 別れさなり, 別れきぬ深山に似たる, 別れぎはがいまになつて深い感傷, 別れぎはにも次の日, 別れくるりと廻れ, 別れめ, 別れこの乗越を, 別れこりゃおかしい, 別れこれからは独り, 別れ無事で, 別れごとに金, 別れさいへ乱れじ, 別れさらに独子と, 別れしたいと存じまし, 別れしたうもない, 別れしたくはない, 別れしたくない心が, 別れじゃあこっちの, 別れすぐ宝塚へ, 別れすら遂げられなかった, 別れする生きてるあなたの, 別れせし當時や, 別れせつなき別れ西の京に, 別れそこらまで送っ, 別れたぎりどうなった, 別れたった一人烏帽子岳の, 別れたてまつりし時は, 別れたでさそれッきり, 別れたりとの話, 別れだけでは, 別れだけが私たちを, 別れちゃ生きてる甲斐, 別れちやつたわ, 別れちょう言葉を口, 別れやない, 別れっ放しだが, 別れづらくもあり, 別れてか情なき人, 別れてかぞふれば, 別れてからでも町の, 別れてからねえ今年で, 別れてからよおらあ, 別れてこそいるが, 別れてしもうた時よく, 別れてしもてどない思, 別れてほどなく有喜子, 別れでありますからまう, 別れでがすか, 別れできると思つて, 別れでございましょうか, 別れでござんしたね, 別れとではどちらが, 別れどうする事, 別れどうか達者で, 別れどこで会う, 別れなけぁならないんだ, 別れなすったらいいでしょう, 別れなど縫模様の, 別れなどはチョボを, 別れなむ家の, 別れなれけばならない, 別れなんか決してなさらない, 別れにくそうに, 別れにくいといふ癖, 別れにくきほどの親し, 別れにくくなると, 別れにけれどやがて帰り来ん, 別れにさえこれである, 別れにてこの後, 別れになど来やせんよ, 別れにばかり寄るじゃ, 別れに当たりくれぐれもお願い, 別れに際しては手を, 別れ分けられるといった, 別れひとり家に帰っ, 別れひとり後へ帰っ, 別れひと日暮れ果てて, 別れひょっとして, 別れまっさと, 別れまで幕ごとに, 別れみな兼の字, 別れむことは猶, 別れむとするに礼彦はた, 別れむとする時女の詠めるなるべし, 別れむものかこの夜過ぎなば, 別れむ戀人よ, 別れに來, 別れめいめいが思い思い, 別れもはや間も, 別れやうぢやない, 別れやさしき子には, 別れやすくなった如く幾分, 別れやも知れません, 別れようつて言つてるん, 別れより愛して, 別れがゆく, 別れわりに大きな家, 別れわれ一人を方丈, 別れゐし永き時間, 別れをと思い直したかの, 別れをば惜む涙の, 別れをも告げおうて, 別れををしみました, 別れならんもの, 別れんで居るん, 別れ辛えた, 別れジャンクを使っ, 別れジュネーヴ行の列車, 別れニューグランドへトマトクリーム, 別れネクタイを求め, 別れラウペパは独逸領事館, 別れリエと結婚, 別れルツクサツクの重み, 別れ一さいを放擲, 別れ一人京の地, 別れ一切の財産, 別れ一区切り仕事をし, 別れ一方は通町, 別れ一本立てり水, 別れ一足先に江戸, 別れ七つになる, 別れ七月八日から二十九日, 別れ三千里外に行く, 別れ上水に沿う, 別れ上野行に乗り換え, 別れ忍池の, 別れ不治の疾, 別れ從の, 別れ乳母の乳, 別れ事毎に争っ, 別れ二人であちこち, 別れ二度目の亭主, 別れ亭主の妾狂い, 別れまで皆, 別れ今夜また会う, 別れ今市から更に, 別れ今年十八まで男, 別れ仙人になっ, 別れ以上に悲しん, 別れ伯父の家, 別れ住んでいた, 別れ佐八が見送っ, 別れか大声, 別れ余等は来た, 別れ候得念なり得念, 別れ健全な結婚, 別れ儲位に立ちたまえる, 別れ兄弟は一人, 別れ入りなん道は後, 別れ全く母親の, 別れ八ヶ嶽を下り, 別れ八時十分東京駅へ女房, 別れ公卿の栄耀, 別れ其後は互に, 別れ切りにはならなかつた, 別れの漁場, 別れ別に一世帶構へる, 別れ前後から孟, 別れ勝ちになる, 別れ北陸へ落ちた, 別れの年, 別れ十一人は芦ヶ谷, 別れ十勝の国, 別れ午時家に帰りし, 別れへ出る, 別れ単身伊吹山に登る, 別れ去らば尼寺, 別れ参らせし父上が, 別れ古い堀に, 別れ向岳寺の前を通っ, 別れ告げんと高天原, 別れ咸宜観に入っ, 別れ善悪に別れ, 別れも私, 別れ四十近くなつて獨, 別れを去り, 別れ土地の庄屋, 別れ地球を締めつけ, 別れ夕方帰って, 別れつ国, 別れ夜四つ時頃打入候処, 別れ夜四ツ時頃打入り候処一ヶ所は一人, 別れ大正末から世帯, 別れ大河のうえ, 別れ大藩の若い, 別れ大阪で下車, 別れ大阪劇場の前, 別れは家産, 別れ女ひとりになった, 別れ妖婆の呼吸, 別れや兄弟, 別れ妻子をも棄て, 別れの家, 別れのもと, 別れ姿で, 別れは子供, 別れと引放し, 別れ子持ではどう, 別れ宿なしの, 別れ寂しとする, 別れとなっ, 別れ小屋の入り口, 別れ小田の先斗町末, 別れ少年と家, 別れ居住区に戻り, 別れの鼻, 別れと川, 別れ左折して, 別れを通り, 別れ常盤末よしなど, 別れが経つ, 別れにし, 別れ広からぬ猫間川, 別れ序幕の, 別れへ, 別れに入りぬ, 別れ弟祖五郎の行方, 別れ往なば松, 別れ往にし宵より, 別れは二人, 別れ御船蔵前へ掛っ, 別れを張りつめ, 別れ忽ちのうち, 別れも外聞, 別れみよろこびも, 別れ愛兒日出雄少年を伴, 別れはしい, 別れ挨拶すること, 別れ教師の腕, 別れ文藝救國の希望, 別れ新刊二冊買ひスタンド, 別れ旅館の都合, 別れ日蓮は道善房, 別れ時計がとまっ, 別れ未熟ながら一芸一流, 別れ本町宿の方, 別れをもへん, 別れ松風の音, 別れ棲家を失った, 別れとした, 別れ次郎吉は本邸, 別れ歓待から去つ, 別れ正成は金剛山, 別れ此女とも別れ, 別れ武骨一邊の父, 別れは帰京, 別れに浮い, 別れ池田駅で旭川行, 別れ淡水に志し, 別れ清州へ行っ, 別れも少年, 別れ独りそれらの昔, 別れ独り市ヶ谷本村町の貸, 別れ独り流れに沿う, 別れ独身者で年中間, 別れ猛犬の稻妻, 別れ王城を捨て, 別れ生別れだあな, 別れ生涯住所定まらず轗軻不遇, 別れ田島さんは予, 別れ田端の家, 別れ申さなければなりませぬ, 別れ申したいという, 別れ申し上げた宮様の, 別れ申そうと思っ, 別れ町会への異動申告, 別れ町藝妓になつ, 別れのなほつた鵞鳥, 別れ病室へ帰っ, 別れ相思の仲, 別れッ先に, 別れ矢坂越えから, 別れ祖父の養育, 別れ私たちは国際通り, 別れになる, 別れ二段の, 別れ米友は蹴, 別れ粛々と運動を, 別れ経王石書塔の文字, 別れ緑平老よあんた, 別れ美醜に別れます, 別れ義弟の秀輔, 別れ義雄は浦河支廳, 別れ義雄獨りの, 別れ日大藏は, 別れも沢子, 別れをすぼめ, 別れ自分一種の悲しみ, 別れ自家へ帰っ, 別れ良人に別れ, 別れの都, 別れ花川戸の家, 別れ茅野に出, 別れに居つい, 別れ茶屋などといった看板, 別れを踏みにじり, 別れに沈み, 別れ蛭子通りから原田雲井, 別れ行雲流水一人旅となった, 別れ裏門を右手, 別れ西の京にし, 別れ親父は病気, 別れ諸処へ奉公, 別れを市ヶ谷, 別れ販売網のこと, 別れ赤平川に沿う, 別れ赤黄青緑の服色, 別れ越後屋五郎三郎方へ帰ります, 別れ足場をはかっ, 別れ足寄駅で五郎君, 別れ軽い歩調で, 別れ辛き事のみ, 別れ辻馬車を雇っ, 別れ近くのわが家, 別れ近所に宿, 別れ分宿を, 別れ遊ばした後実平殿お, 別れ州の, 別れ部下とも散り散り, 別れ都門を離れ, 別れ重蔵は小太刀, 別れ金剛山へ登った, 別れ雜誌の發行, 別れない友情, 別れ難かった, 別れ電車に乗る, 別れ駕籠に乗っ, 別れ鹿沼街道は三里十五町