青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「匂い~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~勢力 勢力~ ~勤め 勤め~ 勤労~ ~勿論 勿論~ ~匂 匂~ ~匂い
匂い~
包~ 包まれ~ ~包み 包み~ ~包ん 包ん~ 化~ 化け~ 化粧~ ~北

「匂い~」 2825, 31ppm, 3832位

▼ 匂い~ (1040, 36.8%)

83 する 81 して 48 した 23 鼻を 19 漂って 13 ある 11 あった, します, 流れて, 鼻に 10 プーンと 9 残って 6 あたりに, したの, するの, プンと, 彼の 5 しました, しみこんで

4 [12件] こもって, するよう, するん, ついて, むせるよう, プンプンし, プンプンする, 匂って, 微かに, 漂うて, 私の, 立ちのぼって

3 [14件] あって, あるの, きた, すると, するね, ただよって, どこからか, ほのかに, ムッと, 何か, 僕の, 立ちこめて, 籠って, 風に

2 [49件] あります, あるから, あると, あるよう, かすかに, ぐつぐつ泡, こぼれて, したので, したよ, したよう, しますな, しますね, しみて, するか, するきり, すること, するし, するじゃ, するだろう, するな, するので, そばの, たちこめて, どこからとも, なくなって, ぷんとし, ぷんと鼻, ぷんぷんし, ぷんぷんする, ぷんぷん鼻, まだ部屋中, プーンとして, 冷え冷えと, 切なく口, 多分に, 夜の, 女の, 嬉しいの, 強すぎる, 気にいって, 水脈を, 洩れて, 漂った, 濃くなっ, 発するの, 私を, 致して, 部屋じゅうに, 部屋の

1 [482件] あたりいちめんに, あたりを, あったらさぞ, あの夜, あまり鼻, ありそう, あり取なし, あり建設, あり感情, あり或は, あるぞ, あるという, あるね, あるので, あるもの, あるん, いいかしら, いいん, いかにも高い, いかに苦しく, いくらかつ, いたしました, いたします, いたしますか, いっぱいに, いつまでも, いつもむんむん籠っ, いつもプンプンし, いつも微か, うすすぎる, うっすらと, うつって, うつるはず, おせき, おぬ, お光達, お菊, お部屋, かれの, きつくこめ, きびしい寒気, きらいだ, くすぐる, くん, この増上寺, この老舗, この蔵, この袖, こびりついて, こめて, こもりムレ, さかさ, しそして, したが, したっけ, したろうねとか, したゼ, しだしたら大変, しっとりと, してたよ, してね, しても, してよ, してる, してるよ, してる時代, しないこと, しないでも, しは, しはじめたので, しばらく尾, しましたよ, しますでしょう, しませんか, しみこんだ料理場, しみついてるよう, しみ込んで, しや, し人間, し土, し天井, じかに鼻, すりゃ支那人, するから, するかを, するが, するこれ, するその, するぞ, するだけ, するであろう, するでしょう, するでしょうね, するという, するなあ, するに, するもの, するよ, するわ, するわね, するんだい, する広間, する微風, する楠, する死骸, する筈, する頃, そこから, そこに, そこらに, そこら中に, その戦い, その時, その時代, その辺, それを, たえず室内, たちのぼって, たち籠め, たって, だんだんに, ちがいます, ちゃんと用意, つきまとい女性, つき纏うて, つき纒, つくから, つまって, ときどきかすか, とてもうれしかっ, とてもにおっ, とても氣, どことなくこもった, どことなく漂っ, どの室, ないという, なくて, なくなるまで, なくまた, なく何より, なさった, におって, はげしいので, ひとりでにした, ひどく良い, ふと鼻, ぷうんとした, ぷうんとする, ぷうんと彦太郎, ぷうんと彼, ぷうんと立ちのぼる, ぷうんと鼻, ぷんとした, ぷんとする, ぷんと来る, ぷんと流れ, ぷんと漂う, ぷんぷんします, ぷんぷんと, ぷんぷん香っ, ぷーんとする, ぷーんと伝わっ, ほのぼのと, ほんのりきける, ほんのりと, ほんのり四辺, ぼうっと立つ, ぽかぽかした, また匂う, また善かっ, また男, まだしみ, まだ嗅ぎしめられる, まだ新, まだ新しい, まだ消えない, まったく我慢, まもなくまた, まるで自作, みじんも, むかむかと, むくむくと, むっと鼻, ゆらゆらと, わからないん, わかるかの, わかると, われわれの, アーチの, ガス燈に, クラシック好きの, クリストフは, クンクンし, スーイと, ツンと, ツンツン香る, デッキに, ナイフに, ハムレットさまの, ハンケチに, プン, プンプンした, プンプンと, プンプン残っ, プンプン漂っ, プンプン鼻, ムウと, ムウウと, ムレて, ムンムンし, ムーッと, ユングフラウを, ロシアの, ワンピースの, 一体どこから, 一層きわだった, 一時に, 一面に, 三度した, 久しく忘れ, 二階へも, 交って, 交錯し, 人恋しく流れ, 今私の, 伸子に, 体から, 体中に, 何だか昔, 何となく不快, 何と高い, 何処か, 何処からとも, 何時迄も, 來ました, 侵入し, 僕を, 充ちて, 充満し, 光った, 光被し, 入って, 入れ混, 入口に, 全くなく, 全てな, 全市を, 冴えた空, 冷かに, 凝り集っ, 凡ての, 初めて鼻, 動きの, 厭に, 又も, 双生児の, 口や, 台所までも, 君の, 含蓄され, 周囲の, 咽せる, 嗅ぎたいばかりが, 夕凍みの, 多い, 多くの, 夜気に, 夢の, 大きい字, 好かず入道姿, 好きに, 姉の, 官能を, 室に, 室の, 家じゅうに, 寂しく染み込ん, 寝間にまで, 少しも, 少し焦げた, 少女の, 届くよう, 屍臭を, 幾分か, 幾分残っ, 幾多の, 座敷の, 庭の, 強い, 強いじゃ, 強いの, 強いよう, 強かった, 強くある, 強くなっ, 強くなる, 強く感じられた, 強く発ち, 強く肌, 強く鼻, 強烈な, 彼に, 彼を, 往来にまで, 心地よく葉, 忘れて, 快く鼻, 思いやられる姿, 息も, 息苦しいまでに, 悩ましい女, 愛慾の, 感じられた, 感じられると, 感ぜられなかった, 感ぜられるので, 抜けて, 抜けません, 掠めのぼって, 掠め流れた, 揉み合うガラッ, 散って, 散りこぼれるよう, 散るや, 文学全体の, 新しく入っ, 明るい部屋, 杉田の, 板壁の, 板蓋の, 林中から, 果物や, 柔かく濃い闇, 柚木には, 柱廊の, 歩く身体, 残っとらんので, 残りました, 母親の, 気の, 気もちよく, 気持わるく, 汁の, 沁みて, 流れこんで, 流れる, 浮んで, 浮動する, 消えた, 涼しい, 淡くただよっ, 深いこと, 深くつい, 深く沁ん, 深井少年を, 清々しかった, 渦を, 湿って, 溝の, 滲み出て, 滾れ出すよう, 漂いそれ, 漂いだした, 漂いチリチリ, 漂い出して, 漂い初めて, 漂うよう, 漂よっ, 潮風に, 濃くその, 濃く漂っ, 無い, 無いという, 無いばかりか, 無いん, 煙を, 熱狂と, 狭い沓脱, 甘くただよっ, 町に, 発して, 発散した, 発散て, 白い卓, 皆の, 眼にか, 眼鼻に, 硫黄や, 空を, 空気を, 突然彼女, 窓から, 立ち俊寛, 立ち流れ, 立ち迷うて, 立ち迷った, 立ち騰って, 立った, 立騰る, 竜太郎の, 紅い灯, 細い糸, 緑色の, 纏うの, 翁の, 肉に, 肌に, 背後から, 脂粉の, 脳に, 脳の, 腹の, 自分たちの, 自分に, 自分の, 臭くて, 致します, 致しません, 舞い残って, 良いの, 色濃い, 苦しく流れ, 英彦山の, 落葉の, 蒲団の, 蒼ざめた頬に, 蓋の, 薄く肉, 薄暗い台所, 薄暗い小屋, 薫じて, 藁の, 血管から, 街, 街道中に, 衰えない, 複雑に, 触れて, 言葉と, 身に, 身体について, 近所に, 迷って, 遠慮なく寒い玄関, 部屋い, 部屋いっぱいに, 部屋に, 部屋中に, 酒の, 野を, 金吾の, 門に, 閃いた, 閉て, 開け放した窓, 闇を, 限りなく漂っ, 雨の, 青空に, 面を, 風も, 飛んで, 食卓の, 館一杯隅々にまでも, 香った, 香ばしかった, 香ばしく匂う, 香ばしく流れ, 香料の, 馥郁と, 馨しい, 馬鹿に, 高いばかり, 高かったでしょう, 高くあります, 高くかつまた, 高くする, 髪の, 鮮やかな, 鼻から, 鼻へ, 鼻先を

▼ 匂い~ (534, 18.9%)

23 嗅いで 15 嗅いだ 13 かいで 12 させて 9 かいだ, かぐと, 放って 8 持って 7 嗅ぎながら 6 かいだり, もって, 残して 5 たてて, ぷんぷんさせ, プンプンさせ, 嗅ぐと, 立てて 4 漂わして 3 さして, して, つけて, 嗅ぎつけて, 慕って, 漂わせて, 発散させ, 発散する, 運んで

2 [35件] かいだよう, かいだ時, かぎながら, かぎ付け, かぐという, かぐの, かぐよう, かげば, この時, ふくんで, ふりまいて, プン, 与えること, 二人の, 吸って, 吹き送って, 嗅いだが, 嗅ぎ廻って, 嗅ぐこと, 嗅ぐの, 嗅ぐよう, 感じながら, 感ずる, 押し花の, 持つて, 掠めて, 撒き散らしながら, 放つ, 発して, 立て, 立てながら, 胸に, 送った, 送って, 遠くまで

1 [285件] あおり返して, あたりに, いちはやく嗅いだ, いっこうに感じなかった, いやがったので, おくり夜眼, おとすため, かいだこと, かいだばかり, かいだら猟犬, かいだ事, かいできただけの, かおるよう, かがれる存在, かぎうつくしい, かぎうる人, かぎしめた, かぎしめるよう, かぎずるずる, かぎつけるやつ, かぎでも, かぎました, かぎまた, かぎ五月, かぎ取ろうと, かぎ檜細工, かぐ, かぐこと, かぐだけ, かぐ懐かしい, かぐ海, かぐ者, きらった, きらった老女, ここで, こぼして, こもらせた白湯, さがして, させたり, させながら, させれば, させ丸盆, させ笑い, さますもの, そのままの, そばへ, た, たたえて, たたえやはり, ただよわす微風, たちあげ修羅, たてはじめるの, たてるそう, ちらば, つけそれ, つけたままどこ, つけたナイフ, つけた位, つけます, つける仕方, つけ人間, つけ頬, とかしこんで, なつかしがり, のこして, のせた風, はいて, ひとつひとつ意識し, ひと嗅ぎし, ふっと感じる, ふっと甘く, ふと嗅い, ぶっつけられるだろうと, ぷんと漂わせ, ぷんぷんさせた, ぷんぷんた, ぷんぷんただよわせ, まいて, まじえて, まぜたうすい, まぜて, むしむしと, もたざるを, もったもの, もつ青白い, よく嗅ぎ分ける, オレの, クッキリと, クンクンさせ, ハッキリと, プンと, プンプンさした, プンプンさせた, プンプン漂わし, 一ぱい胸に, 一寸かい, 一日でも, 一杯に, 主に, 久慈は, 二階まで, 伝えて, 何か, 何処からか, 何処にも, 何香と, 僕は, 充分に, 出します, 助けるよう, 動かしたきり, 古びた寺, 含んだやや, 含んだ薬, 含んで, 吸いながら, 吸い入れて, 吸い込みながら, 吸い込んだあの, 吸うこと, 吸わざるを, 吹きつけるの, 吹き入れて, 吹き送りさすが, 喜んで, 嗅いだだけでも, 嗅いだり, 嗅いだ反動, 嗅いだ妻君, 嗅いだ後, 嗅いだ猟犬, 嗅いだ者, 嗅いでも, 嗅がせりゃけっこう, 嗅ぎあて, 嗅ぎこま, 嗅ぎたいばっかりに, 嗅ぎつけた牡牛, 嗅ぎつける思い, 嗅ぎつつ, 嗅ぎとったときセシル父子, 嗅ぎどんな, 嗅ぎに, 嗅ぎました, 嗅ぎまわすばかり, 嗅ぎよろよろ, 嗅ぎ乍ら, 嗅ぎ出した以上, 嗅ぎ出して, 嗅ぎ出すこと, 嗅ぎ出すよう, 嗅ぎ出す一手, 嗅ぎ分け気, 嗅ぎ女, 嗅ぎ当てて, 嗅ぎ清澄, 嗅ぎ溜めて, 嗅ぎ知る, 嗅ぎ込むよう, 嗅ぐため, 嗅ぐだけ, 嗅ぐとも, 嗅ごうとしても, 増したさわやか, 増して, 増し醜女, 売物, 多量に, 失いかけて, 失ったままいくつ, 失わずほほ笑み, 奪いとり色彩, 好きな, 嫌うと, 嫌う事, 嫌がって, 嫌って, 嬉しそう, 専念に, 少しでも, 帯びて, 平気で, 彼女は, 忘れ特質, 快く味わった, 快く嗅ぎ, 思いうかべるとしても, 思い出した, 思い出したん, 思い出して, 思い出します, 思い出すと, 思い出すの, 思い出す隙, 悉く去っ, 想わせた, 愛ずるだけ, 感じく, 感じた, 感じる, 感じ昼, 感じ西日, 感ずる時, 感づいた, 感づかれぬよう, 感覚より, 憶えて, 懐かしがり, 懐かしむ若い, 持たぬ蝸牛, 持ち出して, 持った不思議, 振り振り後, 捨て去った清浄, 放ちながら, 放った刈草, 放つくせ, 放つすいかずら, 放つの, 放つよう, 放散させ, 有つ, 村中に, 歌うの, 此時程, 残しながら, 殺して, 気附いた, 波立たせた踊場, 浸みこませて, 浸潤し, 消さぬ程度, 消して, 消すため, 消すためスパイス, 深く鼻, 混ぜた海, 渋く漂わせた, 湛えた或, 満たして, 溶かしこんだ地鶏, 漂わせた, 漂わせながら, 漂わせます, 発し蒲公英, 発散さし, 知って, 知るという, 石田佐吉は, 空中に, 立ちのぼらして, 立てた女, 立て始めた夏草, 立て樹木, 籠めた, 絡み合わせて, 総計する, 置いた, 群集の, 翁の, 聯想する, 肯定しなけれ, 自分では, 自分の, 蒔き散らします, 融かして, 表現する, 襲いで, 見せた秋, 見せだして, 誘って, 誤魔化すため, 貪るよう, 身に, 身近に, 追って行った, 通りがかりに, 連想させる, 運んだ栗, 部屋中に, 除って, 馥郁と, 髪や, 鳥渡かぎました, 鼻で

▼ 匂い~ (343, 12.1%)

12 ように 8 するもの 7 中で 6 ような 4 プンプンする 3 ことを, する神経瓦斯, 中に, 流れて

2 [12件] あるの, いい花, ことも, する町家, する私, なかで, ほかには, 中から, 中を, 幕の, 抜けないよう, 方が

1 [270件] あるところ, あるよう, あるバター, ある女, ある寺, ある油, ある白い, ある空気, いいうまごやし, いいコンパクト, いい墨, いい手の甲, いい文学的, いい煙草, いい葉巻, いい薔薇, いい蚊帳, いい香, うちに, かすかな, かたまりかと, きついもの, きつい鉄幹, きつくなった, ことだった, ことは, ことや, こもった芳ばしい, こもった薄暗い, こもって, した寒い, した舌, しないお前, しみこんだ徒弟, しみ込んだ手, じめついて, するお前, するきたならしい, するその, するそよ風, するといった, するところ, するなか, するの, するふっくら, するやつ, するよう, するグニャグニャ, するスカート, するストオヴ, するトゥウェルフスカヤ通り, するランドセル, する乙女, する二本, する人, する公用, する六畳, する別々, する古い, する商店, する土, する土間, する地下室, する売場, する女, する女中たち, する存在, する工人, する幌, する幼, する店, する廊下伝い, する強い, する形容詞, する急, する文芸, する方, する方角, する映画, する歌, する母, する泥, する湿った夜具, する溝際, する漢方薬, する牛, する物, する生暖かい, する発音, する禿げ頭, する筆致, する紛うかた, する絆纏, する練香, する美しい, する美顔水, する耕作地, する肌著, する自信, する自然薯, する荒野, する葡萄酒, する薬, する薬局, する藷, する蜜柑, する街全体, する西洋趣味, する言葉, する赤鼻, する軒先, する通路, する道具, する酒荷船, する鏡台, する露路, する青侍, する青畳, する青草, する鞄, する風, する食糧販売店, する餅, する香, する黄いろい, する黴, そばに, たえない井上, ためな, ためなんか, ために, つき纏った長, つよさ, ところを, ないこと, ないただ, ないもの, ないよう, ない上等, ない匂い袋, なかに, なかを, はげしいころ, ひやひやと, ぷうんとする, まだ残っ, ままどちらも, むせるよう, ものに, ものを, ようで, ようであった, ようでした, ようなまじり, よさそう, わるいもの, プン, 一致は, 下で, 事です, 交る, 人, 人が, 付いたバター, 代りに, 何とも, 例です, 備わって, 充ちたキッチン, 入れまじつた, 入れまじつた空氣, 前に, 原因は, 土地です, 外には, 多かった, 奥床しいこと, 女などが, 好みに従って, 姿か, 実感を, 属性を, 干葉だ, 強い, 強いもの, 強いセロリ, 強い一群, 強い夜, 強い学校, 強い時, 強い猛毒, 強い純白, 強い酒, 強烈な, 思い出が, 思い出も, 想像は, 新しい印, 新しい印半纏, 新らしい, 末に, 染み込んだよう, 植物を, 残って, 残る面会, 沁みこんだ手, 沁みたさわやか, 沁みる眼, 流れるよう, 海でしょう, 深いところ, 深さ, 満ちたフォッシュ通り, 漂い来るに, 漂う家路, 漂う部屋, 漂った店, 漏れける, 漏れるの, 濃く柔かい夜気, 濃く鼻, 火気に, 為に, 無いもの, 煙草です, 煮え立つの, 熱い紅茶, 牛乳で, 特別の, 生々しいま, 石鹸を, 立つ気, 籠った巴里, 籠った愛, 籠った空気, 糸が, 素晴らしさ, 紫と, 美い, 胸を, 脱け, 良い唐墨, 芬々する, 花が, 花の, 蕋の, 薫り来る, 褐くしみこんだ, 襷かけたる, 豊かな, 逃げるの, 飲物でした, 饒かな, 高いもの, 高い句, 高い天女, 高い女, 高い曲線, 高い木材, 高い焼, 高い煙り, 高い燻, 高い特別, 高い白粉, 高い石油, 高い香, 高い香料, 高かった, 髪の, 鼻を

▼ 匂い~ (114, 4.0%)

4 一緒に 3 なって 2 いっしょに, 混って, 胸の, 言いますか, 誇りとを, 青い灯, 音が

1 [93件] あの苦味, いいいかにも, いうほどの, いったら千, いっては, しずかに, そして大きく, そのローストビーフ, その複雑, それからその, それからどこ, それから漁船, それになんだか, つやとを, なごやかに, なり一層, ぬるぬるした, まざり合った, まだ低く, クレゾール液の, タバコの, ナフタリンの, 云うもの, 云えば, 交りあっ, 人知れぬ, 人間の, 今まで, 体臭の, 光が, 入り混, 兵士の, 古い下着類, 味が, 味には, 味わいを, 味を, 囁くよう, 埃の, 声が, 声音と, 大きな轟き, 女の, 実物で, 家畜の, 床の間の, 微かな, 徴かな, 果樹園の, 椎名安子の, 樟脳に, 汗の, 汗ばんだ体臭, 液汁とを, 混りあっ, 温泉の, 潤いを, 煙草の, 煩悩の, 燻製魚類の, 爽やかな, 特権性を, 白い硝煙, 皮の, 石垣の, 笑いと, 線香の, 胸に, 臭気が, 色との, 色調とを, 艷とを, 花の, 若葉の, 草の, 薬の, 血の, 覚えるもの, 言うもの, 言えば, 軽い酒, 辛味が, 違つた匂いだ, 酒の, 鉄屑と, 間違えられた訳, 雨の, 雫が, 青葉の, 音楽と, 頬ぺたに, 香料とで, 香油の

▼ 匂い~ (106, 3.8%)

2 ない, 匂って, 季節の, 正にある, 私に

1 [96件] あいつの, いいが, いたしませんでした, いったいどこ, いつもの, いやで, おきらい, かびも, さっぱりし, しない, しなかった, しめつて, すぐに, すべっこくて, するが, その中, たしかに食堂, とうに失せ, とてもいい, どうした, どこか, どこから, ないかわり, ないけれど, ないし, ないの, なかなか脱, なにか私, ひとしおすがすがしく, ひとりでに流れ, ほんのりと, まぎれも, まだただよっ, まだ新, むしろその, めつたな, もう風呂, もとより彼, やめる胸, ゆかしいな, わたしの, ルリの, 不快で, 世路の, 久しくこの, 今が, 今でも, 他の, 何だろう, 何です, 何時の間にか彼, 催情的の, 分って, 別として, 千枝太郎の, 味覚に, 地上の, 多計代, 天幕の, 女が, 官兵衛の, 実によく嗅ぎわける, 少しも, 常に室内, 庭から, 庭の, 強いです, 強かった, 彼の, 忘れッ, 忽ち僕, 懐かしい匂い, 新らしい, 林檎だの, 林檎の, 気に, 永久に, 決してわし, 無いな, 甘美で, 生きてる内, 男の, 発散し, 私の, 細雨の, 至るところ, 良かつ, 花に, 花の, 見出されなかった, 言わん方, 酒だ, 酸液から, 長崎土産の, 香水以上な, 鼻に

▼ 匂い~ (103, 3.6%)

4 味も 2 ある, する, 流れて, 漂って

1 [91件] ありましたけど, ありません, いい心持, いっこうに感ぜられなかった, かぎたくなかった, かぐこと, しそう, したし, して, しない, しなかったが, しなかったし, しようが, すり切れて, するし, するだろう, するの, するん, するベエ, せん音, そうである, そこに, そのままに, その気配, それぞれ特色が, それと, ついて, どこかに, ない, ない力, ない黄楊, なくなつ, なく肌触り, なしに, なにも, なんにもない, またかなり, まるでちがった, よいだろう, よく風情, ボロの, ムシャぶりつく, 交って, 今考える, 伏籠の, 体に, 何んに, 切りはなせないもの, 夜具やら, 嫌いであった, 実に複雑, 実も, 容赦なく, 小便の, 少しいたします, 少しした, 引出せません, 心持よけれ, 悪くございません, 感ぜられる魚, 憶えて, 手伝って, 持って, 春光も, 暖い, 更に強く, 格別です, 次第に淡く, 残っては, 気の, 流れ若, 消えますし, 深く若い風情, 湯気とともに, 漂うて, 焦げる匂い, 甲冑の, 発して, 知つ, 知らず十六歳, 示されて, 移って, 羨ましい, 自分の, 言い當, 言葉も, 錯って, 香も, 高いとして, 高いので, 鷲の

▼ 匂い~ (99, 3.5%)

3 混って 2 はげしく誘われ, 似て, 對し, 思いがけなく死んだ, 混じって, 満ちて, 誘われて, 馴れて

1 [80件] いくらか似た, いつかの, お蝶, からんで, かわって, くるまれた, くるまれて, すぎなかった, すれば, たまらずなって, つつまれて, つつまれどの, つめたい匂い, つられた犬, なじみにくく, なって, ひきつけられた, ひたって, ほのかな, まぎれ入り彼, まじった腋臭, みちたところ, むされながら, むっとみちた, もう一度気, ゆるみを, クリストフは, セルロイドの, ヘキエキした, 交って, 今度ぶつつ, 似た高い, 似てるって, 充たされて, 充ち肉体, 入りまじって, 刺されあと, 包まれた, 包囲され, 厳粛に, 噎せかえりながら, 変りむら, 孫兵衛もう, 室内も, 座の, 引き入れられるよう, 思わずちょッ, 恋しいよう, 惹かれて, 愛想を, 感づかれぬよう, 慣れて, 拭き洗われて, 捩れ合って, 揉まれ而, 敏感でした, 日本の, 気づいた, 沁みた新しい, 深く包まれ, 満された, 満たされた, 満たされたその, 燻して, 白紫ずん, 絡み合って, 緊張しきっ, 至っては, 興奮し, 蒸れた, 親しんだ, 違いない, 酔いながら, 酔うて, 長くひたっ, 閉口しました, 頭が, 飽いた蜂, 馴らされて, 騒ぐ生活

▼ 匂い~ (51, 1.8%)

4 いっぱいだ 2 いっぱいに, プン, 一杯に

1 [41件] いっぱいでした, いっぱいになってしまうにちがいない, おまえは, さらさらと, それが, それほどとも, でも, また迫っ, わかったナ, わかる, ウルリーケを, ゼンソクおこす, ハバを, 一杯です, 人の, 何時とは, 凋む日, 判りますよ, 判るな, 嗅ぎ分けては, 外の, 天井の, 好きです, 室子は, 息が, 揺られ揺られ百合, 昏倒し, 殺した鳥, 気が, 満ちて, 知るほか誰, 知れる, 秀子の, 私は, 粛然と, 締められながら, 芋焼酎と, 部屋を, 部屋中に, 飽和した, 鼻を

▼ 匂い~ (38, 1.3%)

1 [38件] あまさ, かなる, かな白い, かな笑みを, かにほほ笑まれる, かに煙っ, ここの, それからそれ, それが, はげしい馬車, また日, むんむんと, 人間像の, 仏に, 円柱の, 味いが, 埃の, 妙な, 妻の, 思想に, 感触や, 手足を, 汗の, 油の, 神秘は, 聴える, 肌ざわりなどをきわめて, 良質な, 色や, 薄べりの, 触感を, 評論に, 酒くさい, 酒の, 降った雨水, 髪の, 鶫の, 黒土の

▼ 匂い~ (24, 0.8%)

2

1 [22件] からなんとか, から俟, かハッキリ, がなんと, つたのか, つたのです, という議論, といった, とか女房子供, と信二, と忘れよう, と思う, な, などとは思いませんでした, ねえ, のが, よ, わ, ナとビリッ, 全く僕, 危いっ, 胸が

▼ 匂いとが~ (17, 0.6%)

2 した

1 [15件] ある, いくつも, つよくまじった, のこった, 一つに, 二人の, 交って, 入り混, 大抵反比例, 寂しい眠り, 混って, 漲って, 潜んで, 蒸せるよう, 静かに

▼ 匂い~ (13, 0.5%)

3 のよう 1 が一つ, なんぞを持っ, の強い, の香, も提げ, を取り出し, を忍ばせ, を持っ, を腰, を足

▼ 匂いという~ (11, 0.4%)

4 ものは 2 のは 1 のが, のを, ものが, ものを, ような

▼ 匂いさえ~ (9, 0.3%)

1 ある, かぐこと, しない, するの, するよう, ほのかに, 感じられなんだか, 感ぜられいちめん, 漂って

▼ 匂いでも~ (9, 0.3%)

1 かぐよう, かなわねえ, しそう, しようもの, ないし, 嗅がされたよう, 嗅がせて, 嗅ぐかの, 放ちそう

▼ 匂いまで~ (9, 0.3%)

1 するよう, ついて, わかるよう, 交って, 嗅いで, 嗅ぎわけて, 嗅ぎ廻す時, 女給に, 癪に

▼ 匂い~ (7, 0.2%)

2 のじゃ, んです 1 のである, のでしょう, のや

▼ 匂いでは~ (6, 0.2%)

2 なかった 1 あるまいか, ない, ないね, なく常習的

▼ 匂いには~ (6, 0.2%)

1 ふと心, チョット気, 慣れないもの, 憶えが, 抒情が, 敵わ

▼ 匂いである~ (5, 0.2%)

1 かということ, から酸味, かを悟っ, が生生, ことも

▼ 匂いとも~ (5, 0.2%)

1 つかぬ不快, 云え, 人間の, 色とも, 解らない

▼ 匂いから~ (4, 0.1%)

2 脱する事 1 一倍勝れ, 私は

▼ 匂いそれ~ (4, 0.1%)

1 が彼女, と恰度, はあなた, も生々しい

▼ 匂いだけが~ (4, 0.1%)

2 強く私達 1 ただよって, 彼の

▼ 匂いだろう~ (4, 0.1%)

1 その方, と信じ, と考えた, よ

▼ 匂いです~ (4, 0.1%)

21 か, ユリの

▼ 匂いとで~ (4, 0.1%)

1 ムッと, 充たされて, 暖められた狭い, 疲れて

▼ 匂いとともに~ (4, 0.1%)

1 わたしの, 特大の, 顔を, 風の

▼ 匂いとを~ (4, 0.1%)

1 かすかに, もって, 漂わした, 開巻ごとに

▼ 匂いと共に~ (4, 0.1%)

1 口中に, 彼の, 明らかに, 湯気を

▼ 匂いなどが~ (4, 0.1%)

1 一杯である, 数限りも, 漂って, 軽く空気

▼ 匂いなどは~ (4, 0.1%)

1 おろかうかうか, しません, なく芳香, 会場へ

▼ 匂いそう~ (3, 0.1%)

1 だ, なこと, な高雅

▼ 匂いたかく~ (3, 0.1%)

1 あらわれるに, なって, 咲いて

▼ 匂いだけ~ (3, 0.1%)

1 であった, なん, 嗅がせるよう

▼ 匂いだって~ (3, 0.1%)

1 ふるいつきたいほど, 嗅ぎたくないん, 強いし

▼ 匂いであろう~ (3, 0.1%)

1 かそれとも, かと心, か快い

▼ 匂いまでが~ (3, 0.1%)

1 つーん, なんとなく生新しく, 全身の

▼ 匂い~ (3, 0.1%)

1 てい, ている, て禿げた

▼ 匂いさえも~ (2, 0.1%)

1 感じさせる生々, 感ぜられる

▼ 匂いしか~ (2, 0.1%)

1 しなかった, 思い出せないオー・ド・キニーヌ

▼ 匂いじゃ~ (2, 0.1%)

1 ないかしら, ないナイフ

▼ 匂いすらも~ (2, 0.1%)

1 ない者, むかしの

▼ 匂いそれから~ (2, 0.1%)

1 ライスカレーの, 手箱の

▼ 匂いだけで~ (2, 0.1%)

1 人の, 吐きそう

▼ 匂いだけを~ (2, 0.1%)

1 十分に, 忘れちゃ

▼ 匂いだった~ (2, 0.1%)

2 かも知れません

▼ 匂いとか~ (2, 0.1%)

1 山の, 感触とか

▼ 匂いとだけ~ (2, 0.1%)

1 判って, 言って

▼ 匂いとの~ (2, 0.1%)

1 まざったむっと, 中で

▼ 匂いなぞ~ (2, 0.1%)

1 みじんも, を帯び

▼ 匂いなど~ (2, 0.1%)

1 妙に, 少しも

▼ 匂いなどの~ (2, 0.1%)

1 する四下, 艶な

▼ 匂いなども~ (2, 0.1%)

1 して, におって

▼ 匂いについて~ (2, 0.1%)

1 ずいぶんご, バグリオーニ教授の

▼ 匂いにも~ (2, 0.1%)

1 まさるよう, 機械油の

▼ 匂いばかり~ (2, 0.1%)

1 では, 後に

▼ 匂いばかりを~ (2, 0.1%)

1 嗅ぎ廻って, 嗜んで

▼ 匂いよりも~ (2, 0.1%)

1 川瀬の, 野暮天で

▼ 匂い出た~ (2, 0.1%)

1 ように, 荘厳な

▼ 匂い~ (2, 0.1%)

1 のぬくもり, の光

▼ 匂い~ (2, 0.1%)

1 からかすか, の下がっ

▼1* [165件]

匂いあしたの待ち遠しい, 匂いあついでしょう, 匂いある黄色の, 匂いあれだけはいけない, 匂いいい匂い, 匂いおがくずかんなくずの匂, 匂いかくては骨, 匂いかぐと眼, 匂いかぐわしき朝日の, 匂いかと思う, 匂いからもあの声音, 匂いかんばかりで受け答え, 匂いがねえと心細, 匂いきりしなかった, 匂いぐらいは嚊ぎまするがチモーシと, 匂いぼるるよう, 匂いこかんだばし, 匂いこころを描く, 匂いこそないが, 匂いこそはついさっき, 匂いこまやかな霞, 匂いへ, 匂いしっとりとした, 匂いやなく, 匂いすべての陰影, 匂いすらかごうと, 匂いする美顔水を, 匂いそして踊って, 匂いそのままで膚ざわりのただ, 匂いその他になにか, 匂いそれにまた人の, 匂いそれらが一緒, 匂いたかい花束が, 匂いたとえば女の, 匂いだけでもすぐに, 匂いだけは残る, 匂いだのゴシップだの, 匂いって何だろう, 匂いつつ夜に, 匂いておもほゆる, 匂いであってそれ, 匂いであったが部屋一杯, 匂いであり筆先の, 匂いでござんす, 匂いでしたよ, 匂いでしょうあれは, 匂いでもがして, 匂いとかいうものを, 匂いとても麝香か, 匂いとでもいうよう, 匂いとは私にとって, 匂いどっさり棚に, 匂いなき風景の, 匂いなにかは平気, 匂いなんかないさ, 匂いなんかの中に, 匂いなんてそうじゃ, 匂いにまで到達する, 匂いに対して異常な, 匂いばかりが匂って, 匂いひとしお床しく鼻筋, 匂いひとつただよって, 匂い顔を, 匂いほのかであり十六夜, 匂いまず葉之, 匂いまでもそこには, 匂いみたいなもの, 匂いやら人いきれやらで, 匂いやらのなまあたたかく漂う, 匂いおじさまもう, 匂いよくつけて, 匂いよりもっと新鮮, 匂いらしい涼しい香り, 匂いをさえ嗅ぐよう, 匂いをすら発散する, 匂いをと思って, 匂いをば決して多く, 匂いをも持って, 匂いインクつかれを, 匂いセルロイドの生活, 匂いてちょっと, 匂いビンツケの匂い, 匂いマッコーくさいん, 匂い三谷の体臭, 匂い申候, 匂い主観の光り, 匂い乱れの工合, 匂いは現実, 匂い仮面材は年, 匂い何かしらひきつけるもの, 匂い何んというそれ, 匂い優しきお手紙, 匂い優雅な藤原文化, 匂いと陰, 匂い入りの湯, 匂い初めて見る若い, 匂い南フランスの香水会社, 匂い口中に漂っ, 匂い口紅の色, 匂い古い記憶の, 匂い吸物碗の蓋, 匂いがし, 匂い味噌汁の匂い, 匂いの香り, 匂い地雷火の口火, 匂い埃及煙草の口, 匂い塩梅で出来加減, 匂い大気へという, 匂い天ぷらの匂い, 匂い宿直して, 匂い寝台が一つ, 匂いの形, 匂い平家文化に彩られた, 匂い弾力のある, 匂い形容詞だ, 匂いの臣子一片, 匂い微かな草, 匂いいや兎, 匂い慰めの匂い, 匂い懐しい毛皮の, 匂い斬り手によっては, 匂い芽だつ樹液, 匂い春蘭の身, 匂い来る朝も, 匂い桜草が咲き, 匂い楽しい音楽の, 匂い水辺にうずくまってる, 匂いの香, 匂い浸み入る味陶然と, 匂い深く謹んだ花, 匂い清楚な水, 匂いもの桶, 匂い獣皮の匂い, 匂いの力, 匂い白い神聖な, 匂い白粉の匂い, 匂いの輝き, 匂い立ち花だけの, 匂い等々およそ敵兵, 匂い精一杯の娘, 匂いと輝い, 匂い絶えず眼さきに, 匂い腐肉の匂い, 匂い自分が誰, 匂いで味われ, 匂い色んな薬の, 匂い芍薬畑が庭, 匂い芝生から立ちのぼる見えない, 匂いの匂い, 匂いをかいだ, 匂い薄荷めいた匂い, 匂い裸足で踏む, 匂い襤褸の匂い, 匂い親友から来た, 匂いか爆弾, 匂い辛い匂い薄荷めいた, 匂い透り行末希代の, 匂い通りすがりの人, 匂い違いじゃ, 匂い雨だれのところ, 匂い音味意味までがすっかり, 匂い音風景などに対する反応, 匂い高き我が大衆文芸作家, 匂い高原の草, 匂いを突き