青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「出され~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~処置 処置~ ~出 出~ ~出かけ 出かけ~ ~出かけた 出かけた~ ~出かける 出かける~
出され~
出された~ ~出し 出し~ ~出した 出した~ ~出しました ~出す 出す~ ~出た 出た~

「出され~」 1337, 13ppm, 8331位

▼ 出され~ (914, 68.4%)

50 いる 43 いた 24 いるの 15 来た 14 来て 12 ゐる 11 いて, 來た, 来る 10 しまいました 9 あった 8 います 7 あつた, ある, 来たの 6 いたが, しまった 5 いたの, ゐた, 居た 4 いると, いるので, いるもの, いるよう, 何か, 来るの 3 きた, しまう, しまったの, みると, ゐたの, ゐるの, 居る

2 [37件] あって, いたもの, いたよう, いた時代, いった, いるが, いるという, いるところ, いるのに, いるわけ, くる, くるの, しまうと, しまって, しまつ, しまつて, しまひました, ならない, みますと, みれば, やってきたの, ゐたこと, ツイ先刻宿元へ, 一室に, 仮花道, 初めて納得, 参ります, 失策ります, 家へ, 居ること, 帰って, 来ました, 来ること, 来るよう, 行くの, 見えて, 迷惑した

1 [529件 抜粋] あかある, あしの, あったこと, あったの, あったもの, あったり, あった仕事, あった自分, あった葭簀, あと直ぐ, あの時, ありますが, あるかが, あるの, あるので, ある五圓札, ある埃まみれ, ある掲示, ある火桶, ある自分, ある髪結床, いいもの, いくらか理性, いさ, いざ舞台, いたこと, いたに, いたにも, いたので, いたり, いたん, いたネルロ, いた作品, いた内, いた吉野川, いた妹たち, いた日本平民新聞, いた状態, いた矢, いた質問, いた雑誌, いた頃, いちずに, いったら二つ, いない, いないので, いなかった, いました, いまでは, いるかという, いるかに, いるきょう, いること, いるこの, いるし, いるしかし, いるだろう, いるといった, いるばかり, いるらしく笑い声, いるらしく笑声, いるサンティーム, いるン, いる並木, いる主婦, いる人間みたい, いる作者, いる冠附, いる字, いる小説, いる当, いる時, いる書類, いる条件, いる東京市政, いる源氏物語, いる男, いる目録, いる素子, いる自分自身, いる自由, いる表札, いる赤, いる赤坊, いる通り, いる銀貨, いる銅貨, いる阿片, いろいろな, おきかせ下さいましたついで, おしろを, おとなしく帰る, おやり, およそ余され, おられます, おりました, おります, おります花冠, おりません, おる, おれは, お君, お文さん, お昼食その他, お痛, お登和嬢急, お花, お話が, お賽銭, お駒, かえって小, かかれるの, かれは, きたる砲弾, きた公式的, きた奇跡的老齢者, きた社会主義的リアリズム, きて, くると, くるに従って, こつちであれ程, この事件, この厄, この月光, これは, こんどは, こんな婆アさん, さんざん, しまいましたけれど, しまいましたの, しまいますぞ, しまうかも, しまうの, しまうよ, しまうん, しまったけれど, しまったこと, しまったため, しまったという, しまったといふ, しまったに, しまったので, しまつたので御座います, しまつたのは, しまつたらあなた, しまつたん, しまひましたとさ, しやう, しようぜん, すぐに, その代り小粒一つづつ貰, その余瀝, その前, その墓畔, その島, その後それは, その男, その豪し, それでロチスター氏, それに対する, それを, そんなの, たくさんの, たとえば映画, たまるもの, だん, ちらちらと, つい四時間, どこへ, なかなか段落, なつかし蕪村, ならないから, ならないと, ならないという, ならないほど, ならなかった, ならなかつたの, ならぬすると, ならぬの, なりません, のぼせたこと, はじめてほんと, ひどい目, びつくりし, ふとそれ, ぶなの, ほう, ぼんの, まぎらさんとても, まことに思いがけなく, まだ朝飯, まるで烏瓜, まんまとあの, めんくらいました, もう一度オレ・リユク・ウイ, もし狼, もはや自分, やがてガックリと, やがて紫いろ, やつぱりなさぬ仲だ, ゆく, ゆくという, ゆくの, わたくし途方に, わるい, わるいとは, ゐたが, ゐたので, ゐた袋, ゐた錆びかかつたやうなタイプライタア, ゐないこと, ゐました, ゐます, ゐるけれども, ゐるこの, ゐるため前記, ゐるもの, ゐるやう, ゐるらしかつ, ゐるわけ, ゐるん, ゐる夢, ゐる家, ゐる市松, ゐる愚か, ゐる番頭, ゐるPOP印畫, ガマ口を, クサった, グロテスクに, セメント樽が, テーブルの, ハルスカイン家の, ブルジョア文学の, モジモジした, ヤレヤレ痛かっ, 一そう元気に, 一人の, 一人前の, 一切であり, 一定の, 一家中両国第, 一寸やり, 一所に, 一緒に, 三田は, 三週間ほど, 不思議な, 不自然に, 世間の, 世間話を, 両開きの, 之を, 了った, 二人だけに, 二人共夕方まで, 二度とそんな, 五年ぶりで, 人気を, 今では, 今までの, 今度は, 今更に, 今更らに, 今更其頃, 仕方が, 他人の, 仮面の, 何とも言えぬ, 何と言, 作文の, 來たり, 來て, 來る, 俺ら隨分辛え目に, 傭人の, 僕が, 僕は, 八方から, 其処の, 出て, 出張を, 刹那に, 前川は, 劇しく, 半七, 半日油を, 南下し, 南方へ, 単調な, 危きを, 却つて自分を, 去年の, 参つた, 又後, 叔父は, 取り持たれると, 吃驚し, 向島の, 咄嗟その, 四哩も, 困つたな, 国に, 土蔵の, 土藏の, 坂下の, 堪らなく哀れ, 墓場の, 外で, 夜と, 夢みるよう, 大いに悩む, 大きくひろがっ, 大きな教室, 大分はっきり, 大学教授の, 大恐慌, 天井の, 奥さまから, 女房には, 始めて, 子たちが, 室内の, 宮の, 宴に, 家に, 家にも, 家は, 容易に, 審理用の, 尊重され, 小砂利, 居ず発表, 居たの, 居て, 居りました, 居りましたが, 山また, 巖壁を, 差向いで, 師匠は, 席上画を, 帰ったら父, 帰った家, 帰宅, 幕士に, 幽かに, 幾つもの, 広島の, 庭に, 引込みが, 弱っちゃった, 彼女は, 御主君, 御覧なさい, 微笑まずに, 心の, 応接室へ, 忽ち疊, 思量の, 恐ろしい幕切, 恥ずかしいは, 慄然と, 懐かしいもの, 懐を, 我々女や, 戻ったん, 戻った妻, 戻つた妻, 手の, 折節涙が, 拙くもを, 拜觀劵が, 挨拶し, 数時間の, 日の目を, 日本はじまつ, 明治三十七年の, 明瞭に, 昔読んだ, 時に狂態, 暗い気持, 曰く一金壱千円也書生様より, 最高入札者の, 望みを, 本人が, 本人の, 本郷の, 来たか, 来たかを, 来たこと, 来たん, 来た空洞, 来た色々, 来てさ, 来ては, 来ましたから, 来ましたが, 来やが, 来るで, 来ると, 来るらしくその大きな, 来る作家本能, 来る具体的, 来る庄吉, 来る資本集中, 果しも, 樫の, 次の, 此上も, 母に, 気がと, 気焔を, 気絶した, 水を, 油然たる, 浦和まで, 浦島太郎に, 浪人する, 潮の, 無味乾燥に, 無熱池に, 独身でない, 現れたの, 理解され, 産湯の, 男でさえ, 白い灰, 百貨店の, 目印山の, 直ぐ是, 看護婦が, 真黒に, 眠って, 石と, 祖母が, 私だけが, 私は, 第二回, 粉雪の, 罅入, 美しい大切, 羨ましいと, 聖路易の, 聞に, 背中を, 能楽の, 腹の, 自分が, 自分等だけ, 草鞋を, 薫りたる薄, 藪山のや, 行かなければ, 行き暮れ, 行くこと, 行く石卷左陣, 行った張温, 裏屋ずまい, 見えます, 見せられた氣, 見ると, 見ろ, 見失って, 訊問され, 討ち首, 詩の, 詰問を, 負けたが, 賑やかに, 赤黒く光っ, 踊るぐらい, 身ぐるみ剥がれ, 身に, 返つて, 遠い想い, 遠くからの, 避難し, 配られた, 重労働を, 重苦しい暗褐色, 野呂に, 金五郎マン勝則ババンの, 鉄鎖も, 鎌倉の, 長くなった, 限りなく, 陸へ, 陽炎の, 階段の, 雜木林の, 雪の, 面食わない, 頭と, 食い方, 馬車で, 馬道の, 駈けつけたん, 骨だけに, 高萩村の

▼ 出されたり~ (42, 3.1%)

11 した 9 して 3 すること 2 すると

1 [17件] お礼を, したこと, したんで, するの, ほのかに, 仙太郎自身社長に, 僕の, 居残りさ, 思い違えた, 手伝人を, 据え付けて, 江戸の, 消されたり, 監獄に, 茶わん屋から, 迂路つい, 酒を

▼ 出されては~ (36, 2.7%)

2 困る, 堪らないと

1 [32件] あるに, いかん, うるさい, かえって一家, その処置, たいへんな, たまらないという, たまらないやう, たまらないよう, たまらない深傷, なんとなく生臭い, もう釘勘, もう隠しきれなくなった, 一切は, 仮令二度富貴, 余り気味も, 処女ごころは, 口惜しいけれど, 堪りません, 大いに赤面, 大変だ, 大變, 子供を, 寝む家, 来ないの, 此方が, 消えて, 相手が, 私は, 行詰まっ, 間にあい申さぬ, 驚かざるを

▼ 出されても~ (31, 2.3%)

1 [31件] お前達は, お汁, きらりと, じいっと腹, それが, どっかには, まだ関なにがし, やっぱり美味い美味い, ゆくその, 不都合で, 主人の, 何とかし, 何一つ組織, 勝負には, 婦人自身に, 彼らは, 後で安全, 思い出は, 恐れを, 恥を, 或はいかに, 敷く気, 文句の, 李は, 沈湎として, 立派に, 素人は, 自分の, 遠慮を, 驚くまいと, 驚ろき

▼ 出されそれ~ (10, 0.7%)

2 に被害情況 1 からの辻一作, がもの恐ろしく, が議会, が高調, つきり好き者, と共にその, についての実際, を選り分け

▼ 出されその~ (9, 0.7%)

1 あとへ, ために, ときは, 上を, 位牌に, 地図を, 急造の, 突きかざした, 頃の

▼ 出されてから~ (9, 0.7%)

1 三菱合名だの, 久しいこと, 二年ほど, 今まで, 周子と, 幼い道綱, 後は, 東京へ, 紀久榮の

▼ 出され~ (7, 0.5%)

2 せぬかと 1 しない, しないかと, しないだろうかと, しないであろうか, しまいかと

▼ 出されちゃ~ (6, 0.4%)

1 つまりませんからね, わたし生き, 困るね, 困るん, 放っても, 気まりが

▼ 出され~ (6, 0.4%)

1 あばよで, 其朝葛西橋の, 女, 女ナーバスに, 宿直が, 文無しを

▼ 出されたる~ (4, 0.3%)

2 も少から 1 を二度三度, を父母

▼ 出され~ (4, 0.3%)

1 して, しないもの, しなかった, する

▼ 出され~ (4, 0.3%)

2 のせぬ 1 だと, の足

▼ 出され~ (3, 0.2%)

1 うした, うして, うでやはり

▼ 出されそう~ (3, 0.2%)

1 である, な所々, な気

▼ 出されそこ~ (3, 0.2%)

1 から手, の主, をぶらぶら

▼ 出されだんだんはっきり~ (3, 0.2%)

3 強くなりました

▼ 出されちや~ (3, 0.2%)

1 ふもの, 弱るからね, 放つても

▼ 出されてからも~ (3, 0.2%)

1 一日も, 二三べん, 暫くは

▼ 出され~ (3, 0.2%)

2 ア困りあんすで 1 もしさうな

▼ 出されでも~ (3, 0.2%)

1 したの, したらどう, すると

▼ 出されながら~ (3, 0.2%)

1 妙に, 来たとは, 歩いて

▼ 出されまた~ (3, 0.2%)

1 姫にとって, 癒されも, 餅は

▼ 出され~ (3, 0.2%)

1 が, とす, には四海心

▼ 出されジョバンニ~ (3, 0.2%)

3 はさっきみんな

▼ 出され~ (3, 0.2%)

1 主君に, 同道にて, 吟味中嘉川平助親類山内三右衞門へ

▼ 出されあと~ (2, 0.1%)

1 の半面, は大抵

▼ 出されてを~ (2, 0.1%)

1 ります, りまた

▼ 出されへん~ (2, 0.1%)

2 やろが

▼ 出され一人~ (2, 0.1%)

1 で馬, の若い

▼ 出され~ (2, 0.1%)

1 では居どころ, では秀忠公

▼ 出され~ (2, 0.1%)

1 に付, は

▼ 出され~ (2, 0.1%)

1 くと, 惜二十歳の

▼ 出され小説~ (2, 0.1%)

1 では事件, は客観

▼ 出され少し~ (2, 0.1%)

2 のみに行った

▼ 出され流行~ (2, 0.1%)

1 して, の一円

▼ 出され矯正~ (2, 0.1%)

1 される, されるの

▼ 出され~ (2, 0.1%)

1 の驚愕, は彼等

▼1* [192件]

出されああそうか, 出されあくる年から, 出されあげくのはて, 出されいつぞや同宿の, 出されいまは市谷舟河原町, 出されいよいよ御高徳, 出され経ばかりよ, 出されお客はお, 出されかたが不愉快, 出され荷を, 出されがちだった, 出されこの通り役所の, 出されこれ年来の御, 出されさうになつて, 出されさぞ顕家にも, 出されさまざまの講演会, 出されしかも内容の, 出されしその后, 出されすぐに姫, 出されすでに三四回も, 出されそうした情景の, 出されそうして数枝の, 出されそして真実だ, 出されそれから師匠は, 出されそれぞれの場所, 出されたりなどすると, 出されだんだんはつきり強く, 出されちゃあ田圃で, 出されちやつたんだが, 出されちやつてね, 出されちや俺の方, 出されちや元も子, 出されつつある, 出されつまり糞尿汲取請負賃に, 出されてか蟹たたきでも, 出されてからは町工場を, 出されてさえ夫人が, 出されてしもてえらア, 出されてのことであっ, 出されてめえばかりに涼しい, 出されてをかしかりき, 出されとにかくお変りの, 出されどんな非条理, 出されなるほど自分の, 出されなん倍かに引きのばされ, 出されなった事, 出されのちにはそれ, 出されの道具も衣裝, 出されえが, 出されほんの二た, 出されまさに星夜の, 出されまず栄二と, 出されむといふ身辛く, 出されむなしく崩壊する, 出されえとこれ, 出されもう一人の, 出されもし産まれた子, 出されものを云い, 出されやあがったこんど, 出されりや弱いもん, 出されりや酒蔵とお, 出され破り外出, 出されシュリアを南西, 出されジヨバンニはさつきみんな, 出されバタ屋が懐中電燈, 出されホック船やワク船, 出されボーンと, 出され一日中千日前新世界界隈, 出され丁度船に乗った, 出され上座に据, 出され不具にまでされた, 出され主人を見送る, 出されのついで, 出され二人がかりでぶん殴り, 出され人足は駆り出され, 出され今度はうんと, 出され伊三郎と一緒, 出され但馬豊岡の御, 出され佐原太郎兵衛尉に付, 出されをなさつ, 出され候中急病にて遷化, 出され候末のこと, 出され候間其意を得, 出され公認された当座, 出され其他文選等の書, 出され其方此傘に覺, 出され初めて焙り麦, 出され加藤といふ見, 出され動顛して, 出され午後五時三分の汽車で立つ, 出され危急き命, 出され皆を, 出され叔父の五左衞門自身, 出され向うでは笑い物, 出されの宮明神, 出され四十九歳の生涯, 出され四谷の親類, 出され大きな丼鉢の, 出され大坂まで行幸, 出され大臣を初め, 出され大阪へ落ち, 出されの賣り, 出され宇治時代からの女房, 出され家族七人と混雑, 出され寝台自動車に乗せられ, 出され将軍家はそれ, 出され小学校へ上がった, 出され小松屋へ來, 出され小網町から高橋, 出され岩石と切木株, 出され崩壊して, 出され工場内へしまわれた, 出されの女三, 出され幕末のあの, 出され当主良平が恋人, 出され形式的に人数, 出されの絶対論, 出され彼女はなんとなく, 出され徒弟から職工, 出され志太遠江守に三千餘騎, 出され悲しさも, 出され感慨無量の樣子, 出され手錠をはめられ, 出され放浪中は土方, 出され文学の創作方法, 出され斜めならぬ御感悦, 出されが又, 出され昼食にはきまって, 出され最後には若し, 出され月報の店, 出され木曾路の御, 出され木驢というもの, 出され林中に死に瀕す, 出され林之助も直ぐ, 出されから一間許, 出され構成されたもの, 出されになじまない, 出され欠点が補われた, 出され正面に黒板, 出され歴史的意義も少く, 出され残念でなりません, 出されのついた, 出され気味わるく食わず, 出され気持が沈んだ, 出されは淀ん, 出され泥坊鍛冶屋も受取った, 出されがぽろぽろ, 出され清さんのそれ, 出され牛肉が煮られました, 出されん坊, 出され相原夫人はことさら, 出され相州さまはかしこ, 出され神楽と手踊, 出され窓ぎわにある, 出され米三さんのお父さん, 出され粗野な服, 出され二時間ちかく, 出され給銀の借り, 出され絶えず出入りする, 出され習慣通り僕達がそいつ, 出され肉体的にも社会的, 出され胸先の痛く, 出され脇差を戻された, 出され腫んだ足, 出され自ら絵事の心得, 出され自分の眼, 出され自由に弁, 出され色々と相談, 出され若い女に, 出され若し酒が, 出され桃色の, 出され螺旋状になり居る, 出され警官をくらます, 出され警察でも必死, 出され貴様から一度, 出されづけられて, 出され蹶起部隊に対し帰順, 出され身の上話さえされた, 出され迯げ出す途中, 出され進行する, 出されを出され, 出され酒肴が目茶目茶, 出され野宿するとき, 出されの中, 出され銀子は少し, 出されの卸された, 出されながと, 出され長崎旅行のこと, 出されの御悩, 出され食べ物にも困り, 出されを噛め, 出され馬鹿な詩人