青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「別~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

初夏~ 初期~ 判~ ~判らない 判らない~ ~判る ~判断 判断~ 判然~ ~別
別~
別々~ ~別に 別に~ ~別れ 別れ~ ~別れた 別れた~ 別れる~ 別段~ ~別荘

「別~」 12234, 127ppm, 833位

▼ 別~ (4425, 36.2%)

82 ことを 41 意味で 39 言葉で 38 世界の, 機会に 37 ところに 32 世界に, 人の 30 声が 27 ものである 26 もので, 事を 24 ものに, 道を 21 人が, 形で 18 男が 17 ものを, 或る 16 ものが, 人に, 日に 15 一人が, 方法で 13 ことで, 方面から 12 ところへ, ものと, 女の 11 ことだ, ところで, ものだ, 世界を, 部屋に 10 ものです, 場所に, 意味に, 所で, 所に, 方へ, 王, 部屋へ

9 [13件] ことである, 世界へ, 事で, 人間に, 入口から, 処に, 問題である, 女が, 所へ, 方面に, 角度から, 話だ, 話です

8 人間が, 人間の, 例を, 問題として, 室に, 意味の, 方の, 方向に, 方角へ, 男と

7 [15件] ことです, ときに, ものであった, 世界から, 世界が, 事情が, 人か, 人を, 名が, 場所で, 場所へ, 家へ, 時に, 船に, 音が

6 [23件] ことな, ことに, ところでは, ところを, ものから, 人である, 何かの, 名で, 名を, 家に, 家の, 座敷で, 手段を, 方法を, 理由から, 理由で, 男の, 祖先です, 紙に, 考えが, 言葉を, 途を, 部屋の

5 [25件] ことが, ものとして, ものの, わけが, 事に, 二つの, 人かと, 人と, 仕事を, 処へ, 原因が, 問題です, 女と, 子供が, 感じが, 本を, 物に, 王は, 男を, 種類の, 話で, 話に, 話を, 部屋で, 長老めいた

4 [38件] お話を, ことばで, ところから, ものであり, ように, 一つの, 世界で, 世界である, 事である, 仕方で, 名称を, 命, 声, 声で, 女を, 寝室へ, 御被服料, 恐怖が, 意味が, 意味を, 手を, 方向から, 方面へ, 日には, 物だ, 理由が, 目的を, 眼で, 笛の, 箱に, 紙の, 自分が, 若い男, 言葉に, 趣が, 道から, 道へ, 鍋へ

3 [91件] ことから, ものであっ, ものでない, ものとは, ものな, テーブルの, 事だ, 事件で, 二人が, 云いかた, 人だ, 人であろう, 人でした, 人です, 人は, 出入口から, 出口から, 力が, 口から, 台の, 名前が, 味が, 問題だ, 問題で, 国の, 場所の, 天地に, 太い声, 女に, 奴が, 子が, 子供を, 家を, 宿屋へ, 弟子が, 形を, 心持で, 意味では, 所から, 手に, 手紙が, 方に, 方向へ, 方向を, 方法が, 方法に, 方角に, 方面で, 方面の, 木戸から, 枝に, 水源を, 物で, 物音が, 王の, 男に, 目的が, 目的で, 眼を, 立場に, 紙を, 経路を, 美しさ, 考えも, 考えを, 考え方を, 者が, 聲が, 自分に, 船で, 處に, 處へ, 見方から, 言い方を, 言葉が, 話である, 話の, 語だ, 語である, 路を, 車に, 部屋を, 鉢に, 鍋に, 鍵を, 間に, 青年が, 音と, 音として, 音を, 類に

2 [262件] あるもの, いろ紙の, お歌を, かと思つて, がある, ことじゃ, ことの, ことばかり, ことも, しゃりこうべは, すみの, ところの, においが, ひとに, ひとりが, ほうに, ほうの, もつと, もの, ものか, ものだった, ものでなく, ものでなけれ, ものには, もの女房は, やはり真に高貴, を持っ, タイピストの, タイプの, 一人, 一人の, 一人物が, 一座が, 一隅の, 一隊と, 一隊は, 一面に, 不安が, 世界だ, 丸太を, 事から, 事です, 事務員を, 人, 人だった, 人だつたらです, 人で, 人であった, 人影が, 人物だった, 人種だ, 人間か, 人間だ, 人間としか, 人間として, 人間な, 伝へが, 伝令が, 何か, 作者に, 個所を, 側に, 光景が, 内容を, 出發に, 刑事が, 列車が, 力の, 効果を, 原則に, 原因の, 友達が, 友達に, 名だ, 名である, 名も, 名前で, 名前を, 命は, 商売に, 問いを, 問題が, 器へ, 国へ, 国を, 型の, 堂に, 場合に, 場所から, 場所では, 変な, 天地を, 夫婦が, 女だ, 女中が, 姿に, 子供の, 子細なき, 宇宙が, 実体が, 実物が, 室の, 室へ, 家族が, 容器に, 宿に, 寒さ, 将校が, 小説を, 少女, 少女の, 島だ, 工夫を, 帳簿に, 店の, 座敷へ, 庭へ, 形が, 形に, 形の, 形式で, 彼自身に, 心あたりを, 心配が, 忍男の, 意味かも, 意味から, 意味である, 意味での, 意義が, 感じを, 感情が, 態度を, 所の, 扉を, 手で, 手振うれた, 手紙を, 新しいの, 方から, 方が, 方で, 方と, 方は, 方へと, 方角から, 旅館で, 日, 星の, 時の, 時代に, 曲を, 書を, 書物を, 書生が, 本が, 机の, 枝を, 桟橋に, 棟に, 楽譜を, 機會に, 次元の, 歴史を, 死骸の, 水兵が, 汽車道の, 沈静な, 物である, 物の, 物を, 犬が, 王一柱, 王次に, 理由も, 生活の, 生物が, 用でも, 用の, 用事が, 男, 男の子が, 町の, 町へ, 画を, 皿へ, 盃を, 看板が, 着物に, 瞬間には, 神, 神を, 科学が, 種族が, 種類に, 立ち場に, 立場から, 章に, 箇所へ, 箱の, 節子が, 組が, 線を, 罪を, 考えに, 考えようを, 考へを, 者に, 膳に, 自分の, 自分自身が, 自動車で, 興味を, 舟に, 船を, 色に, 色の, 芸当では, 衣裳を, 裸体の, 見方で, 観方, 解釈も, 言で, 言ひ, 記者が, 詩的精神が, 話, 話が, 話として, 語が, 語で, 語を, 警官隊が, 趣きが, 趣きを, 車の, 軍艦に, 辻風の, 部屋でした, 部屋には, 重大な, 鉄の, 鋳型に, 鍋を, 間へ, 隅には, 階段から, 雑誌に, 電車を, 音であった, 音に, 音の, 音響が, 頁を, 項で, 題目に, 顔に, 顔を, 風が, 鬘を, 黒板の

1 [2046件 抜粋] номер, あらあらしい足音, あること, ある外国人, いいかた, いたこ, いろいろの, うそによ, おそらく狂人, お客と, お座敷に, かかりの, かごの, が, がわから, が画かれ, ぐうぐうという音が, ことであった, ことについて, この明かるい, さかずきの, しゃりこうべはがっかりしたはずみに, すみに, たくらみが, だれかを, つかないよう, ところであります, どろ大黒, にはある, に乗れ, のは, ひとです, ひどかつ, へやへ, まとまったもの, みちを, もう一冊, もっと大きな, ものだろう, ものとが, ものらしく考えた, もの附属もので, やうに, ような, わけとは, をこしれえやがった, をはく, を一組, を少し, を見る, アイヌの, アンマを, イメエジを, カテゴリーに, コッケイドを, コンベヤーに, ジャンケン遊びを, スクリーンの, タキシイが, テーブルに, トラックの, ドラム缶と, ネタを, ハンデイキヤップを, プランだ, ベルトが, ホール, ポケットから, ムラサキでは, ユニックな, ロケットが, 一人は, 一劃を, 一団も, 一座を, 一方へ, 一本へと, 一棟が, 一種に, 一羽は, 一通を, 一隊はと, 一面で, 万葉仮名で, 下しが, 下賜金を, 不憫さが, 世別の, 世界では, 世界において, 並行線に, 主人に, 主観が, 事でございまし, 事としても, 事件が, 事情から, 事柄であった, 事柄らしく見えた, 二人を, 井戸のを, 人すなわち, 人な, 人のも, 人物に, 人種として, 人間かと, 人間で, 人間と, 今一人, 仕事, 仕事の, 代の, 伏戸に, 伝えには, 低い声, 何かで, 何者かを, 作品の, 作者を, 侮辱を, 修行場へ, 個所から, 借手が, 偵察ロケットの, 働き九州, 優しい若者, 光りが, 光源であった, 兩側に, 兵器を, 円い形, 冷い, 処世法が, 出入口が, 出発点から, 分子から, 分野である, 切符を, 初段に, 剣士を, 創作の, 努力が, 勇ましいこと, 動作が, 動物に, 区分と, 医者でも, 半蓋馬車, 博物館に, 厄災が, 原因も, 原稿送つ, 友人が, 双方の, 受話器を, 句に, 叱責法を, 同じよう, 名すらも, 名は, 名前の, 名札が, 向きに, 味であり, 命一柱, 品で, 商売を, 問題に, 噂が, 器官を, 嚴なる, 国が, 土地に, 土塊が, 地に, 地点に, 地盤の, 型式で, 場合には, 場所にて, 場面に, 境地に, 壁に, 声の, 変動を, 夜であった, 夢へと, 大きな機械台, 大勢力, 大望が, 天地の, 失敗箇所であっ, 奥山を, 女には, 女中だつた, 女気を, 奴を, 妖精の, 姿と, 娘の, 婦人患者の, 子供たちは, 存在を, 学校などの, 宇宙艇を, 実有, 客座敷へ, 室で, 害毒を, 家では, 寂しさ, 寵愛を, 封筒を, 尊い神, 小さな壺, 小卓上, 小屋で, 小座敷に, 小皿を, 小鍋, 少年が, 属の, 岩を, 巌の, 巻に, 希望が, 帳面が, 幽霊どもが, 店で, 座に, 座標の, 廊下が, 建物の, 弾んだ心, 形式による, 彩りが, 影響を, 後の, 御會釋, 徳利の, 心ゆかせも, 心安いカフェー, 必要から, 思いで, 思し召, 思案に, 恋人の, 恐怖に, 悪縁に, 情報を, 情趣に, 意味, 意味において, 意思の, 意見で, 感じに, 感情と, 感想記の, 懇談会を, 戸口から, 所を, 手が, 手当を, 手段方法を, 手紙で, 投機に, 指を, 探照燈, 改札口へ, 教育を, 敬称を, 文字を, 斑点が, 新しいクラシズム, 新しい建物, 新しい民族, 新しい罠, 新しき信仰, 新聞も, 新聞配達の, 方からも, 方式なり, 方角の, 方面において, 方面を, 日が, 日を, 旧信仰, 映画館に, 時であったら, 時わたしは, 時刻に, 時彼女は, 晩で, 暖室の, 曳船が, 書院仕立ての, 書類を, 木である, 本, 本来作家でない, 机龍之, 条に, 杯が, 林へ, 根から, 梯子が, 森に, 極点で, 楽器の, 様式が, 横について, 橇が, 機会と, 機關を, 次元に, 歌よまん, 歌群を, 段々を, 民族, 気持が, 氣持ちが, 水金に, 汽船だつた, 法として, 泣聲が, 海岸と, 涙が, 渓へ, 漁場へ, 火鉢な, 無きも, 照空灯の, 父ちゃんを, 片手では, 牙の, 物, 物でも, 物ポケットの, 特徴も, 犯人による, 狡る, 率で, 王三柱, 王復奏さざりき, 現実へ, 現象までが, 理由に, 生き物の, 生涯ある, 生産組合は, 用意が, 男か, 男は, 町だ, 畑の, 異性へと, 疑懼の, 病名が, 病気に, 発見を, 發見が, 皿が, 盃で, 目的の, 相談所長は, 眼が, 知人の, 研究が, 社会群に, 神官に, 私としての, 秩序界へ, 種族らしい, 穴が, 空想が, 窓框に, 立文の, 端, 笛を, 筋の, 箱自動車を, 粉砕場へ, 系統の, 紙芝居が, 細引を, 組だったら, 経験で, 絵が, 絵具を, 線で, 繪にな, 美しい死, 美河が, 群落の, 考え, 考え方が, 者だ, 職人が, 職業で, 脚を, 自分たち二人の, 臭いとが, 興趣が, 舟である, 船の, 色々な, 芸者に, 苦労が, 茶碗に, 草稿の, 著しかった, 薄膜も, 藏書家の, 蚊帳の, 蝋を, 蟹の, 術だ, 衣料であった, 裏返しが, 要素をも, 見物人が, 親しみって, 角度からも, 解義は, 言い方で, 言葉であっ, 言葉厚く, 記事を, 試煉が, 話あの, 話でございます, 話兇徒嘯集と, 話題に, 語からとも, 語を以て, 説明に, 論を, 謀叛が, 警官は, 讀者を, 谷川沿いに, 財布を, 賢者は, 赤帽君の, 趣向の, 足跡が, 路から, 踏切を, 車で, 車室か, 軽い罪, 辞を, 迎えが, 送別会は, 通りから, 通風筒の, 遊行神に, 道にと, 道或いは, 遥か後代, 郊外電車に, 部屋が, 部民が, 酒と, 野心に, 針路を, 銀貨の, 銅鉢へ, 鋼鉄だ, 錘を, 鍵で, 長い廊下, 門に, 関係を, 陳列台の, 隅を, 随筆の, 集に, 離座敷に, 雲が, 電話番号で, 靈の, 青黒いもの, 面で, 面白い記事, 靴の, 音である, 頁に, 題で, 顏つきに, 類の, 食い違いが, 首の, 駒が, 體裁の, 魅力が, 黒い物, 鼠かが

▼ 別~ (2876, 23.5%)

251 して 50 変ったこと 38 なって 29 しても 21 すれば 15 変わったこと 14 話すこと 12 どうと, 変ったところ, 変った様子 11 あって, しては, 取り立てて, 変った事 10 すると, 理由は, 驚いた様子 8 問題に 7 すること, 問題は 6 かわったこと, する, 取立てて, 問題にも, 考えて 5 するの, なる, わけが, 何も, 変りは, 心配する, 心配も, 玉子の, 話す事, 驚くほどの

4 [20件] これと, どうした, むずかしいこと, わかれて, 仔細は, 仕方も, 例の, 問題には, 変ったもの, 書かねば, 書く, 気に, 珍らしい, 用が, 用は, 用も, 用事も, 考えること, 考へて, 話も

3 [37件] あった, あったの, ある, い, いい句, いる, お変りも, さしつかえは, しようと, する事, とりたてて, どうする, どうって, なんという, ほかの, 他の, 何の, 変って, 家を, 心に, 急ぐこと, 怪我も, 書置らしい, 玉葱を, 聞いて, 自分が, 行く所, 見て, 見るもの, 見る所, 設けて, 退屈も, 隠して, 隠すつもり, 離れて, 面白くも, 驚くこと

2 [152件] あったから, あのお, あわてて, お寝室, お約束, お話を, かきます, かわった事, こうと, こじつけるわけ, さう大した, さう言, させて, した, したの, しなければ, するとか, するもの, そんなこと, とらぬから, どうしよう, どうも, どうもならない, どうも思っ, なった, なったの, なつて, なりたかったの, なんとも, みると, もうあの, バター一杯で, フライ鍋へ, 一かたまり, 一派を, 並べて, 人さまに, 人の, 仕方が, 他意あっ, 仲の, 何ともありません, 何とも思いません, 何にも, 写真が, 出で, 出來, 出来て, 切り離して, 前の, 加わって, 動いて, 危険な, 厭な, 取って, 取り留めた証拠, 取留めたこと, 吠え付こうとも, 商賣, 問題では, 国と, 変った処, 変った話, 変った風習, 変りましたこと, 変わったところ, 大変り, 子細は, 家さがし, 家も, 家庭の, 崇敬者を, 当も, 彼れ, 御自身, 御飯を, 心当りと, 心配し, 心配な, 怒ったでも, 怒ったよう, 怒った様子, 怒って, 怒るわけ, 思い当ること, 思い置く事, 怠けても, 急ぎも, 怪我を, 恐れるほどの, 悟りらしい, 悪くは, 悪意が, 愛してるわけ, 慌てること, 持って, 持つて, 新しいこと, 新らしい, 昆布出しの, 春あり, 暮して, 書いたが, 書いたもの, 書きます, 有ったの, 本當, 気を, 泊めて, 浮気を, 為すこと, 煮て, 牛蒡を, 申すこと, 町駕籠を, 疲れた様子, 盜まれた, 相当する, 相談する, 空腹な, 立ち帳場, 縄に, 考へても, 聞くこと, 自ら立つ, 自分を, 至りて, 葱の, 行くところ, 褒め言葉, 見ると, 見るところ, 見窄, 言葉も, 記す所, 註して, 証拠が, 証拠は, 話すでも, 調べて, 調べても, 謀を, 警察に, 變つた, 起す必要, 返すべき冗談, 遠慮した, 開かれると, 驚いた風, 驚きゃあし, 驚くにも, 驚く様子

1 [1751件 抜粋] あいの子の, あったとは, あったり, あてが, あの倦怠, あり, あり部落, あるもの, あわても, いい考え, いそがないの, いたづら, いとど思は, いらなかつた, うしろ暗い, おかわり, おどろいたよう, おふくろに, お二方, お女郎, お怪我, お知らせする, お腹も, かかなくても, かきますあれこれ, かけて, かまわないが, かりられる小室, かわったもの, ききませんけれど, きらいの, こちらの, ことづけは, この沢, この間の, これという, ございませんでも, さういふつもり, さういふ理窟, さうでも, さう大して, さしたる区別, さし迫った事情, さわぎは, しいで, しそして, したがらなかったし, したる者, した推理, しつけらしいこと, しないこと, しなくては, しましょう, しようという, し互いに, し家門, すぎない, するかも, するという, するの感, するも, するを, する尊王心, する犯罪, せしめる事, そうと, そう思う, その同じ夜, その記事, それだ, それまで, そんな金, たずねても, たのまれも, だれに, つくって, つくらせます, でき文化部, でも一言二言皮肉みたい, とって, とめる様子, どうしてくれなく, どうしろ, どうなるだろう, どうもしやしません, どう云う, どの人も, なかつた, なぜって, なった方, なにする, なりたい程, なると, なろうとは, なんにもない, ねむくも, はぐらかしも, ふざけてなど, まごつかなかった, まとまった話, むずかしいこと言, むずかしい理窟, もう用事, やかましい小言, やって, やりたいと, ゆっくりいたします, わかれた双方, わけと, わざわざ立寄る, イヤでは, ギルドの, コレという, シナリオ, ジャガ芋二斤を, デイツク, バターの, ピカデリー劇場の, ボウシグリという, メリケン粉大, ユダヤ語と, 一ツ目小僧も, 一字金壱円宛申受候, 一種の, 一部の, 上へ, 下さなくては, 不思議でも, 不断着物及び, 世の中が, 丹尾に, 争い様も, 事業に, 云い渋るの, 云ふこ, 人も, 人気も, 今までには, 仔細も, 他意とては, 仰せられたよう, 休むところ, 会の, 伝授も, 住まはせること, 何ともお, 何とも云いませんでした, 何方へと, 依羅宿禰, 倒れも, 假宮を, 働くの, 先生から, 全国的全, 内用の, 出さなくつて, 出入りを, 出来ませんが, 出来るだけ, 分析される, 判らないわけぢ, 前川さんに, 勅を, 區別し, 原稿の, 反対の, 取らす, 取り留めたこと, 取り立てたこと, 取扱わねば, 口も, 各広場, 同情の, 名を, 名前も, 君嘉那志按司一員が, 吹く人, 周の, 味わう方面, 呼ばれて, 命じて, 咎めるにも, 唱へ, 問題が, 問題も, 喫茶所を, 嘆き悲しむ, 困らないよう, 囲われた畠, 土方伯爵に, 地獄と, 基本財産と, 変ったお話, 変った事件, 変った出来ごと, 変った御, 変った手掛り, 変った理由, 変った記事, 変らないぐらいに, 変わった事, 変わった模様, 変わらない, 外交記者も, 夜中では, 大して変える, 大して眼, 大事件, 大学へ, 大根の, 天つ, 天災地變に, 女が, 女房を, 妻を, 威張ったこと, 嬉しいこと, 字解を, 存するだらう, 学校へ, 学者振る, 定まった職業, 宝物を, 家など, 寝つくこと, 尊敬せられたく, 尋ねます処, 小さい家, 小褄を, 届くという, 山が, 崖の, 工場へ, 差上るよう, 差支えが, 帽子も, 幽愁, 広くも, 建てるさ, 引留めやう, 当てと, 当人甘えた, 彼の, 御わるい, 御心配, 御馳走と, 心の, 志すところ, 忙しいこと, 怒ってるよう, 怖いこと, 思い出が, 思い当る人, 思ひ當, 怠けたわけ, 急がぬ旅, 急ぎ候, 急ぐん, 怪しい事, 怪しい密航者, 怪しむに, 恋の, 恐れること, 恐れる様子, 恩旨あり, 悪い者, 悪事を, 悪気が, 惜しいほどの, 惡く, 意識の, 感じない, 慌ては, 慰労会と, 懇意でも, 成つて見たい, 手がかりに, 手伝うという, 手紙を, 打ち明けること, 技巧を, 押し返さうとも, 拙者の, 拵へ, 挨拶を, 捜さないでも, 掛合いに, 探しますから, 撃たれるところ, 收め置く, 放送局へ, 教える必要, 文学や, 断わるの, 新しい切符, 新しい意見, 新聞にも, 於ける社会科学, 昂奮も, 景色を, 暮すなんて, 書いたこと, 書きたいと, 書き改めた, 書く様, 書く程, 書分けたもの, 最早人家, 本当の, 本誌上, 来なかったから, 東京の, 根拠が, 根掘り, 極東委員会の, 楽しみも, 構や, 機嫌が, 歌に, 止めるわけ, 武器らしい, 死ぬよう, 残って, 母に対して, 氏自身明らかに, 気にも, 気も, 氣に, 汚れてないん, 油揚を, 注意も, 洗うもの, 流名, 淋しいとは, 渡された百両, 溜めて, 為すべき仕事, 無理とは, 煮焚きの, 父は, 牛乳を, 特にうまい, 犯人を, 独立した, 玉子二つと, 珍しいこと, 現れて, 理由が, 理由を, 生きぬいて, 生祠記一巻, 用らしい, 用事と, 用事は, 由つて特別の, 申し合せこそ, 申す事, 申訳する, 異状な, 異状は, 疑いも, 疑ったわけ, 疚しいこと, 病気という, 痛みも, 発声する, 白ソースを, 百姓を, 監視の, 目新らしい, 目立った景色, 直ったと, 眠るまいと, 眼を, 睨み合って, 知って, 研究生の, 示さうとは, 社会の, 祝儀を, 私と, 秘すで, 積んで, 突きたくは, 竈を, 立って, 笑い声が, 篩の, 約束し, 組織され, 絣の, 絶えて, 繰り返す必要, 置いた, 美少年といふ, 義務は, 考えなおして, 考えると, 考慮する, 耳に, 聞いても, 聞き合わせて, 聞くに, 聞く気, 育てて, 腹が, 膨れて, 自慢でも, 色づく様子, 芸術価値が, 茄子でも, 荷物らしい, 著す所, 薄切, 行かなくも, 行き逢, 行って, 表した大, 衰えたとは, 西洋人の, 見たいとも, 見た者, 見るよう, 見物は, 親戚の, 解けなくとも, 言葉を, 訊く必要, 記すべし, 記す程, 訳とて, 証拠と, 詣でた, 話さないで, 話します, 話すとして, 話といふほどの, 誂えた玉子焼, 誘拐し, 語る人, 説く折, 説教座あり, 読もうという, 調べる道, 論じて, 論ずること, 論究されべき, 講述せる, 變つた樣子は, 負け惜しみを, 貯めるつてわけぢ, 買いに, 貸元親分が, 資本の, 足が, 躓く物, 軍隊を, 近いであろう, 返事を, 述べたやう, 述べること, 述べれば, 追出したという, 送り届けて, 逃げ出さないから, 逃げ隠れ, 造られて, 進歩する, 遠くへ, 選ぶところ, 邪魔に, 配列され, 重きを, 重大なる, 鍵屋なら, 門らしい, 間違いは, 關する, 降りて, 際立って, 隠すこと, 隠す気, 雀の, 集古堂という, 離宮の, 音を, 顔つきが, 風が, 飛んで, 食べたくなんか, 飲物を, 養子薫が, 騒がれるけしき, 驚いたふう, 驚かなかったはず, 驚きませんよ, 驚くべきでありませぬ, 骨を, 魂消るほどの, 鴨居から

▼ 別~ (1786, 14.6%)

55 ことを 31 もので 25 ものだ 21 ものに 19 意味で 18 ものである 17 のである, ものを 15 ところに 11 ことで, ものが, 世界に, 方面から 10 ところへ, のが, のだ, 声が 9 ところで, 世界が, 人の 8 ことだ, 世界の, 言葉で 7 のは, のを, ものであった, んだ, 事を, 人間の, 意味に, 或る, 道を 6 ものと, 一つの, 方に, 方面に

5 [12件] の, ふうに, ものとして, んです, 世界へ, 二つの, 女に, 方向に, 方向へ, 方向を, 部屋に, 風に

4 [18件] ことが, ことである, ことな, ように, 人が, 人間に, 味が, 方から, 方へ, 方を, 物語に, 男に, 種類の, 考えが, 規定を, 角度から, 言葉を, 話だ

3 [42件] ことに, ので, のです, のよ, ものです, んでしょう, コースを, 世界を, 人たちの, 人を, 人間が, 人間で, 人間を, 仕事を, 何か, 側面から, 内容で, 処に, 場所に, 声で, 女と, 女の, 意味の, 意見を, 所に, 方の, 方法を, 方角へ, 方面へ, 日に, 構造の, 機会に, 涙が, 物と, 理由が, 男の, 神聖な, 話を, 道から, 面から, 顔が, 顔を

2 [105件] いやらしい下心, ことさ, ことです, ことは, ことばで, ときに, ところである, ところを, のかも, のと, もう一つ, ものであっ, ものという, ものの, ものは, もの自分も, やり方で, わけか, わけが, わけだ, アプリオリに, 一種の, 不思議な, 世界だった, 世界です, 世界という, 事で, 事情の, 二個の, 人で, 人では, 人と, 人に, 人には, 仕方で, 何物かと, 何物かを, 全く別, 処の, 力に, 友人が, 口を, 名を, 夢の, 奇妙な, 女を, 家の, 巡査が, 廊下へ, 形で, 心持が, 心持を, 意味が, 意味を, 愛しよう, 感じで, 感情が, 態度で, 所で, 所へ, 手で, 手段を, 方で, 方向から, 方法で, 方角に, 時に, 本当に女性, 機械が, 気持が, 気持ちから, 気持で, 海の, 源泉から, 点から, 物を, 生活に, 生活を, 男を, 疑問が, 目で, 目を, 目標に, 目的が, 目的の, 目的を, 答え方を, 系統の, 紙片を, 美しさ, 考えも, 者で, 肴を, 背の, 自分の, 苦悶が, 見方から, 見方が, 言葉が, 話で, 話である, 話に, 道が, 部屋の, 部屋へ

1 [878件 抜粋] ある悠揚, おかみさん, お客太り肉で, お家と, お方である, かおを, こういう他人, ことだった, ことでございます, ことにでも, ことばが, ことへ, ことらしい, こと考えてた, さるま, しかし時には, それこそ, たとへば人類, だれかかも, だれかが, つづらには, とき同じ, とき臆病な, ところから, ところという, ところへと, ところ来てる, とんちんかんな, どんな生活, のか, のじ, のであつ, のでありまし, ので彼, ので銀座通り, のなら, のにね何と, のに着, はしまで, ひと, ひとりの, びんを, ほうから, ほととぎすか, もっと性質, もっと立体的, もつと, ものかと, ものだった, ものだろう, ものであるべきだ, ものでないらしい, ものでなけれ, ものとは, ものへと, ものむしろ, ものらしい, もの何か, もの式に, もの見たい, もの謂つて見れ, やり方では, ゆめに, よけいな, よさ, んじゃ, んで, んで先, アパートに, インクと, オフィシャルな, キイを, グループと, コッペ先生が, ジーンと, スパイが, テーブルに, パノラマが, ピストルに, プランは, ポケットに, ミヤコな, ラジウムの, 一挺へ, 一種不可解な, 一群が, 一間の, 一階級の, 三十五六の, 上っぱりを, 不安が, 不快さの, 世かの, 世の中である, 世界だ, 世界でございます, 世界は, 世界ほどの, 世界観にまで, 中国人も, 乗物に, 乗物を, 事件が, 事務局が, 事柄である, 事柄に, 事物では, 二十枚である, 云ひ, 人か, 人であった, 人とは, 人別な, 人影が, 人種が, 人種の, 人間だ, 人間として, 人間同志さえ, 仕事に, 他山の石でない, 仲居が, 会派に, 住居から, 何者か, 余り見た, 作品を, 作者の, 使いの, 例だ, 例では, 価値の, 価格すなわち, 個処で, 値の, 停車場まで, 側面に, 僕たちが, 價値が, 光景を, 入口の, 全く関係, 公園の, 内容として, 内容を, 冒險を, 写真だ, 処へ, 出口の, 分野が, 分野で, 初な, 別個の, 力が, 力を, 助手さんが, 動機で, 勢力を, 医者であっ, 危険が, 原因から, 原稿用紙に, 厳粛な, 友人なる, 友人は, 取扱いを, 口では, 可能性の, 号外売り, 名が, 名前で, 名前の, 名稱, 味だ, 味わいが, 品ででも, 品質であった, 問題である, 問題な, 問題について, 噂も, 土台に, 土工部屋へ, 地区に, 地獄へ, 場所で, 場面に, 境地の, 境地も, 墓を, 変てこな, 変容を, 大きな理由, 天地に, 失礼な, 奥様が, 女性が, 奴と, 姿が, 姿と, 姿の, 字で, 存在だ, 存在である, 存在の, 宗教の, 客を, 室で, 家々へ, 家庭の, 寂しい表情, 寝床に, 寺院に, 小さな雫, 小僧を, 小箱, 小萩, 尺度から, 島の, 工事場へ, 師匠の, 平凡な, 年増の, 店に, 店の, 廊の, 建物に, 建物へ, 廿世紀の, 形も, 形体にな, 形態で, 形態な, 影が, 役者の, 御夫婦, 御用向が, 心が, 心で, 心地を, 心境が, 心持ちに, 心持で, 忘られない, 快さ, 思想を, 性の, 性質を, 恐怖に, 悲しい気持, 情人を, 想像の, 意が, 意味あいで, 意味からでも, 意味での, 意味も, 意見が, 愛らしさ, 感じ, 感じであった, 感動な, 感情だ, 感情的な, 感想を, 感慨だった, 感覚を, 態度を, 憂鬱に, 憤懣の, 成立を, 我慢の, 戸口から, 所の, 扉から, 手掛りが, 手紙が, 才能から, 抽斗を, 推察が, 教場で, 教室の, 敵だ, 文学の, 新しい目, 新しい興味, 新しい話, 方からは, 方へと, 方策の, 方面からも, 日, 旨を, 時と, 時期において, 晝家の, 景象が, 暮しかたが, 暮しが, 書類を, 服装を, 木の, 本, 本のを, 本質の, 村正でした, 板を, 梓川, 森厳の, 植物に, 検死が, 楽しさ, 横槍が, 機関銃を, 歌が, 歯車群が, 歴史思想を, 母の, 比喩を, 気もちが, 氣持ちが, 決心を, 決斷的の, 法則が, 波が, 深い意味, 深い疲労, 混乱した, 湯元が, 溝の, 演技と, 激しさ, 烏が, 熱情は, 牛が, 物が, 物でありました, 物語でなけれ, 物音が, 特別の, 狂気沙汰に, 珍しい世界, 珍奇な, 現象に, 理由で, 理由は, 理論的な, 生きかたを, 生きものとして, 生き物の, 生活が, 生活と, 用件を, 用心を以て, 男, 男が, 男の子が, 町か, 畜生の, 畳紙を, 疲れな, 監視人の, 目的に, 直覚が, 眼で, 眼を, 知人の, 知恵が, 砂っぽい, 社会に, 社会的存在として, 社会的機能の, 祈りかたを, 私には, 秩序を, 秩序界に, 種類での, 空気を, 空氣を, 窓の, 竈を, 立場で, 端に, 筆蹟で, 筈だ, 答えを, 範囲に, 範疇の, 籠に, 精神の, 系統を, 納戸も, 紐を, 紙へ, 組織的集団によって, 結論が, 結論に, 緊張が, 罪を, 美しい女性, 美しい顔, 美味が, 考えかたで, 考えに, 考えを, 考え方でも, 考え方を, 者が, 者に, 者らしい, 而も, 聲だ, 職業に, 自分を, 興味が, 興味と, 船が, 船乗りが, 色合を以て, 花には, 苦しみが, 苦悩が, 茶器まで, 莚に, 蒼い手, 藝者を, 虫の, 蟻の, 術語を, 街の, 表現で, 裁判官であっ, 複雑さ鋭さで, 要求から, 見地から, 規定だ, 視角を, 親しい要素, 観察を, 観点に, 覺書を, 角度からの, 角度で, 角度を以て, 言で, 言葉だ, 討議が, 記憶も, 訴えと, 詞で, 話し方を, 話です, 語で, 説には, 読みかたも, 課が, 課に, 課の, 調子の, 警察です, 貴い女人, 趣きが, 趣きを, 跫音が, 踊を, 車で, 車掌に, 返事を, 通りにつき, 通貨で, 連絡方法を, 運転手で, 道へ, 適当のを, 遺書が, 部屋で, 配列へ, 酒を, 重要性に, 金主を, 鐘の, 門を, 関係である, 陳述を, 階段の, 雲との, 電報の, 靜かなと, 面白くない, 音楽である, 頑童共が, 顔では, 風呂へ, 食いものとして, 食べものを, 飲みものだ, 魂が, 鳥, 鳥だろう, 鳩の

▼ 別として~ (587, 4.8%)

7 普通の, 私は 6 ともかくも 5 少くとも 3 他の, 僕も, 自分の

2 [27件] ここで, その時代, それ以外の, ほかに, まづ, らしいとか, 一般の, 一般江戸の, 亡弟が, 人間の, 今の, 今日同行なさらない, 兎に, 刑事上の, 吾, 多くの, 大體, 少しでも, 彼は, 排水の, 普通一般の, 本当の, 理由の, 私の, 第一, 自分は, 鮎釣の

1 [499件] あつしの, あなたの, あなたは, あの, あのよう, あまり実験的研究, ある期間, あれが, あんな騒ぎ, いざなぎの, いちおうピン, いちおう手紙, いっさいの, うまく焼けた, おのづか, おもしろい話, おれは, お前たちの, お前は, お子さんにだけは, お心, こういう綜合展覧会, こういう非, こうした倹約思想, こうして今我々, ここでも, ここに, ここの, こちらから, こちらで, この, この一点, この一般的大衆課税, この世では, この世の, この事, この事実, この作者, この句, この問題, この山中, この悟り, この新聞, この時代, この殿様, この溪, この物語, この社会層自身, この種, この藁店, この野上氏, この限り, こりゃ人道問題, これから家, これが, これだけは, これで, これなんぞは, こんな有様, さう, さっきも, さもない, さもなければ全く, さ普通, しかき風采, すでに原理的, せめて自分, ぜひ一度, ぜんたいの, そういう分野, そういう決心, そういう立体的, そうし, そうしなけれ, そこには, その, そのジミ, そのマンネリズム, その人物立像, その他の, その以前, その会話, その信徒, その傑作, その原因, その外, その外の, その妊娠, その存在性自身, その実質, その後連続し, その時私, その滞在国, その直接, その短篇, その羽毛, その話, その金, その頃, それが, それぞれの, それぞれ一家の, それは, それまでの, それを, た, ただ下水道, ただ伝説, ただ在所, ただ気の毒, ただ見, たったこれ一度, たとえば学校, たとへば日本語, ちょっと考え, ですよ, とにかく, とにかくお初姐, とにかくマリユス, とにかく僕, とにかく十七字, とにかく曲りなり, とにかく発信, とにかく私たち, ともかくお前, ともかくしきりにし, ともかくその, どうしてそう云う, どなたも, どのよう, なかなか広く, なんでも, ひとたび, ひろく人間性, ほとんど伝わっ, ほとんど馬五郎談, ほぼ平均, まあそれ, まことに手数, まずかの, まず皆無, まず第, まず試み, またその, また幾分, また貧富, まんざら面白く, もう少し私, もしや先生, もし匪賊, もちろんすぐに, もはや人, やはりその, やはり相当, やはり面白い, よそめに, わざわざ批評家, わしが, わしらは, われらは, われわれは, イヤな, オシラサマ一類の, オリザニンが, ショオペンハウエルは, ピアノの, ピストルの, ファーガスンと, フランス精神といふ, ルナ子を, ヴィットフォーゲルの, 一つの, 一万五千ひと, 一体どんな, 一体日本, 一体神が, 一切が, 一座の, 一旦そういう, 一番われわれが, 一般に, 一般には, 一般文化の, 一般民衆の, 一般科学の, 一般魚類は, 一面人に, 三崎座なみは, 三役や, 不忠の, 世に秘められた, 世人は, 主として京, 主に, 主題そのものはや, 久しく戯曲創作, 事実が, 事実だけを, 事實網全, 二について, 二代目を, 交通の, 京都とか, 京都の, 人並以上感受性の, 人生の, 人間が, 人間については, 今あなたの, 今は, 今度は, 今日では, 今民藝館, 今眼の, 今頃の, 他人に, 以上の, 以前の, 伝宸翰本の, 住居に, 何か, 何処でも, 何千何万の, 何程かの, 余りにプライベイト, 作家で, 信じ易い, 信輔筆の, 俳優に, 俺は, 偽らざる心, 働かねば, 僕には, 僕の, 僕は, 僧侶は, 先づとろゝ汁である, 先づプロレタリアの, 先づ私の, 先の, 先生も, 先般の, 兎も, 全く新しい, 全集中, 八五郎の, 公家堂上家の, 公平に, 其の早, 冬夜男の, 処女作の, 出来る限り無駄台詞, 分って, 分つて, 初めの, 前に, 前の, 創作の, 労働の, 勇胆弁才能く, 卑近な, 南アルプスには, 南部生まれの, 単に出, 単に文章, 博士は, 危い, 原さんは, 只無, 同じくらいの, 同輩で, 名も, 向うに, 君に, 吾人キリスト者の, 周代以後は, 国木田独歩谷崎潤一郎芥川竜之介宇野浩二その他数氏の, 国際経済の, 土地の, 地方の, 執筆臨絹の, 塗は, 塾生たちには, 多くは, 多凶, 多少とも, 多少なりとも文藝, 多少気, 大きなもの, 大体其が, 大体旅中は, 大体開業医といふ, 大岡越前守が, 大抵な, 大抵は, 大抵異論, 天命なる, 女の, 女中達の, 女子の, 女性に, 好ききらひ, 如何に, 妖怪変化や, 子供が, 存在の, 家ぢゆう, 小説と, 小説家で, 少し歳, 少し遅い, 少なくとも中国, 少なくとも当時, 少なくとも社会科学, 少なくもビーストン, 尚侍は, 山鯨なめくじら海豚に, 差し当たり日常, 市中に, 希臘時代より, 常人の, 平均を, 広島でも, 廣島でも, 当価物, 彼らの, 彼女の, 彼女達を, 彼等が, 後進生に対しては, 從頭そんな, 徳子が, 徳川幕府以来明治維新を, 心ばかりの, 必ず妙, 怪奇な, 恋人同士が, 愉快な, 感覺的に, 我々が, 我々は, 我が日本国, 戦を, 戦闘は, 戰ひつづけた, 捕まるか, 採用せぬ, 搗き上げるまで, 撰者名は, 支那の, 数学的な, 既にその, 日本などで, 日本などとは, 日本人に, 日本人の, 日本人は, 日本女性的の, 日本書紀時代における, 早婚であり, 昌造の, 明るく大きく釣り, 昔は, 昼間の, 時々は, 時にあの, 普通には, 書物として, 書記長の, 最も重要, 最大の, 有名な, 未だ軍人, 本土に, 本業は, 村の, 東京市内の, 東京湾口には, 柳丹永の, 柳田國木田兩君の, 椅子の, 楊州の, 極東における, 様子がさ, 樣子がさ, 欧米人は, 此う, 此句は, 此訴状の, 歸つて來て, 殆ん, 残って, 殿を, 母と, 毎月発表される, 毛皮は, 民衆の, 水本賀奈女を, 水車づき, 決定僕も, 泰時・重時, 海老塚さんも, 温泉では, 満足に, 源氏に, 演出者が, 父が, 現代の, 現在お, 現在わたくしは, 現在日本の, 現在時々刻々極めて, 理想とか, 生物学としての, 田山らしい, 男で, 男も, 町, 発音は, 皇女として, 目下西洋画を, 直接国民にとっては, 相変らず尋ね, 相当もうたまっ, 相当芸術的感覚を, 真に俳優, 知らぬ同志, 社交に, 社会哲学者としての, 福木とか, 私が, 私たちの, 私に, 私には, 私に対する, 科学者として, 種々あらう, 穀物の, 第二編, 答案も, 築地小劇場以来二三の, 米友は, 純粋な, 純粋の, 結婚しない, 結果を, 絵画そのものに対しての, 絶えず動い, 老人たちは, 考える, 考へ過ぎである, 腹一杯に, 自ら時として, 自分で, 自分などには, 自分達は, 自然の, 自然科学特に, 自由なる, 自身の, 芸術家殊に, 苟くも他所の, 若い奥さん, 若し多少の, 苦悶の, 茶の湯生花双六歌留多琴三味線手踊りの, 茶趣味で, 要するにガラス絵, 親子との, 親許で, 言って, 言葉つていふ, 言葉の, 詩は, 読物として, 誰にでも, 誰れ, 豆腐屋は, 豚肉と, 身に, 農民の, 週間朝日, 運用に関する, 道具の, 違つた, 適度の, 野菜類などに, 金持の, 長い陣痛, 長年の, 関西魚である, 陸軍の, 電力問題そのものとして, 電車の, 露台の, 露店商人とか, 顔の, 食物は, 高の

▼ 別~ (232, 1.9%)

34128 がね 6 ということ 5 からね 4 がお前, けれど, な 3 から, がさ, がそう, と云う 2 があと, が普通, といふ, と云っ, と見え, ね, わな, んの

1 [127件] あの男, からそれ, からである, からどういう, からのう, からまア, から自然, から親子, から連れ, がいわゆる, がこっち, がこの, がこれ, がこれから一体, がこんな, がそういう, がその, がその他, がそもそも, がそれ, がそれでも, がそんな, がただ, がな, がほか, がもしそう, がよく, がキャンプ群, が事, が今, が今時, が他人, が何分こう, が併, が例へば, が個人, が十二指腸虫, が単なる, が同じ, が外, が大家, が大抵, が形, が手, が水, が生活, が私, が衆, が鉄道, が養子, けど, けどあなた, けどそこ, けどね, けどわたしたち, けれどあんな, けれどちやん, けれども, けれどもあなた, けれどもきのう, けれどもこんな, ぜ, そうである, それなら万歳, それは, つたのだ, とある, というの, というよう, という人, という点, といふ氣, といわん, とね, とは他人, と云いたいでしょう, と云った, と彼, と思います, と思う, と思ってる, と思ふ, と考えた, と考える, と考へ, と言え, などと勝手, な親, ね一寸, ね其の, ね此処, まるで五臓六腑, もの, よイワン, よ八, よ場所, よ宜, よ誉める, んあの, んその, んであらう, んに, ん他の, ん何の, ん力の, ん受けついだ, ん大した, ん害を, ん密林な, ん彼女の, ん思索哲学に, ん急に, ん拜むでもなく大, ん旦那の, ん注意し, ん注意を, ん矛盾だ, ん立ち聞きする, ん職業という, ん艶な, 僕の, 共同の, 厭世家だ, 国家と, 実に物堅い, 無用な, 誰しも

▼ 別~ (224, 1.8%)

13 告げて 9 告げた 5 惜んだ, 惜んで 4 嚴に 3 あきらかに, して, つげて, 惜しんで, 明らかに 2 しようと, すると, もって, 告げたり, 告げる, 告げること, 告げる手紙, 惜ま, 正くし, 過ぎて

1 [153件] あたえ裂いて, あらは, いたします, いつした, いふ事, おも, しなければ, しようかとまで, する前, その姿, つけたの, つげてから, つげると, つげるの, とり違, なくし階級制度, なさ, なした, なすに, なす何, なす格位, はつきりさせる, みだる, もうす, よくわきまえ, わすれるもの, 三木雄は, 与えられる, 主はか, 人の, 保持する, 列すれば, 利用した, 告ぐるに, 告けむか, 告げた者, 告げつつ, 告げねば, 告げました, 告げポツジヨ, 告げ一大使命, 告げ偶来つた凹巷, 告げ吾等, 告げ幼き, 告げ武村兵曹, 告げ歩, 告げ行衛, 告げ金眸, 告る, 問はずし, 問はず殆ん, 問わず人皆, 問わず各, 存せず, 守って, 実に明白, 対照上に, 左に, 弁へ, 心得いやしくも, 忘るる, 忘れざる胸, 悲しまず, 悲しむ歌, 悲まず, 惜しみ海上, 惜しみ無事, 惜しみ長安, 惜しむこと, 惜しむやう, 惜しむよう, 惜しむ情, 惜しむ有, 惜しむ気持, 惜しむ風習, 惜しんだ時, 惜みし, 惜む, 惜むこ, 惜むのである, 惜む事も, 惜む俳人が, 惜む処を, 惜も, 意味する, 感じるぐらゐに, 打破し, 明かにせるなり, 明に, 明確に, 有せざる, 木片に, 正くすべし, 比較する, 為さざりしか, 無視し, 爲す, 理會し, 甚しく悲しむべく, 生ずる, 生ずること, 生ずるに, 生ずるによって, 生ずるのみ, 画かむ, 知らしめた山部, 知らぬ, 知るには, 確立しよう, 示すだけの, 示すとき, 示すもの, 私に, 称えて, 立つること必要, 立つるもの, 立てさて, 立てたること, 立てて, 立てながら, 立てませぬ, 紊る, 繰返して, 置かないの, 考うる, 考え得ないが, 考へたといふ, 表わすもの, 表明する, 見ざるに, 見るに, 見るは, 見れば, 親戚に, 訣げな, 認めず, 説く, 説く必要, 説明し, 調べたるに, 調べて, 調べる上, 論ずる上, 論ぜずして, 論ぜず人間一般, 超越し, 超越した, 超越する, 述べて, 送るつもり, 遣方, 重んじて, 重んずる目録學

▼ 別~ (103, 0.8%)

7 あつた 4 あつて 2 あらう, 作る者, 作品の, 娘の, 少しの, 父の, 秀才達が, 自分は, 見ると

1 [74件] あたりの, あまりできない, あらうと, あらざるを, あり得るのよ, あれほど, お互に, お母さんが, お父さんの, お父様お母様, こうした人道主義的自然主義, これ以上伸びなけれ, しかし種々, せうが, そうかと, その種類, それは, それも, ただその, ともかくその, どんな好き勝手, ね, ねこれ, ねわたしの, ね私ん, ひろや, また娘, めったに体, オートミルの, ヘッ, ラジオ増大率の, 乾燥だけを, 余り適切, 余作君に, 例の, 公卿の, 内では, 凡そ架空, 前述の, 加へて, 単に祟り, 又それ, 受益者たる, 商売とは, 四十ちかい, 圓い, 夜中でも, 大事な, 妙信が, 将門の, 崩漏, 強情な, 後混一, 後者は, 従って或, 我々文学者など, 我々文学者などという, 敬神者が, 文字に, 月に, 有つた, 木津の, 正しいもの, 異った, 相手を, 私は, 英語で, 落葉の, 落語は, 蝶ちゃんなぞの, 象や, 錦橋本の, 食事は, 餘り

▼ 別です~ (102, 0.8%)

18118 がね 4 けど 3 からね, わ 2 から, があなた, がそう, けれど, ね親分さん, もの

1 [43件] から一日, から夜勉強, があと, がさ, がさもなければ, がそういう, がそんな, がな, がねお, がねこのごろじゅう, がもし, がヘンリー・クボ君, が一村, が上等, が今度, が他, が多く, が大抵, が実に, が客, が小説, が廊下傳, が彼, が我々, が普通一般, が最初, が歩い, が現に, が相応, が短い, けれどあたい, けれどあなた, けれども, けれども原料, という生活, な, ね, ばい, よ今日, よ叔母, よ江戸中, よ決して, 実収と

▼ 別なく~ (100, 0.8%)

2 いかほど正しい, 出来る丈, 貧富の

1 [94件] あらゆるロシア人, いずれも, いっさい平等に, いつも何, おのおのその, すぐに, その国, そら, それが, つねに恒常, どんな種類, ひと夜あるき廻り, みなが, ゆく者, よし又, レコードの, ロシアの, ロシア人が, 一切万事我が, 一律に, 一斉に, 一様に, 一生懸命に, 七十四五度なり, 七日七夜祈り責めけれ, 上下ともに, 上等の, 中央側の, 五体すきなし, 人おのおの, 人として, 人咸く, 今の, 今宵も, 何に, 全く西洋的, 公然賭博, 冬は, 切りが, 十一メートルの, 厳重な, 参究し, 又十二歳以下, 唯一息に, 地中に, 均, 如何なる場合, 子供までも, 学問の, 容器を, 寒暖は, 巡査と, 己の, 常になされ, 平心坦懷己れ, 年を, 彼の, 必ず数日間旅行, 情炎の, 愛情を, 慇懃に, 憲法によ, 或いは細かく, 指揮権を, 昼夜休まず, 最左翼, 有効である, 望みさゑすりや男, 樋の, 殺戮し, 河へ, 油絵芸術は, 漸く学, 熱中する, 猫や, 町に, 皆希望, 糸を, 絶えず運行, 罪人太郎兵衛の, 罪人太郎兵衞の, 自分の, 自由自在云々と, 華士族も, 裸体で, 見張りが, 見張人, 通つて居ります, 酒を, 門なみに, 静坐と, 頑張つて, 飯を, 體力の

▼ 別~ (95, 0.8%)

10 ある 7 あるの 6 あって 5 祖なり 3 生ずる 2 あります, あると, 嚴しい, 存在し

1 [56件] あきらかでない, あった, あつて, ありました, ありまして, あり程度上, あり雑誌向, あり高級住宅地, あるあらゆる, あるか, あるが, あるけれども, あるだらうと, あるという, あるとでも, ある場合, あろうという, このやう, つかないと, つく, ない, ないこと, ないでも, ないと, なかった, なくなって, なくなること, なければ, イデヤに, ハッキリ分らなけれ, 不運だった, 今は, 何とも謂れ, 儼然として, 全くない, 全く引っ, 出来んで, 分かるなどは, 分りました, 分るよう, 分れる, 判然と, 大化以後の, 存した, 定まるまでは, 広過ぎた, 次第に失われた, 無いの, 無いん, 生じると, 見えないの, 記して, 説いて, 面倒です, 駈けこんで, 驚いて

▼ 別~ (93, 0.8%)

20 すれば 5 いふ, しまして 3 しよう, する, 致しまして 2 各職業別, 見えて

1 [50件] あらば, いひ肥, いひ豐, いふので, しいわゆる, しかく, ししばらく, したところ, したら感づいてるもんちょびッ, した処, した方, した處, して, しましても, しガス管, し三字, し二条, し其表藝, し大別, し大和民族, し山, し後世, し現世, し給水柱, し自身, し赤松, すると, するよりも, なった人, なつて, なるかも, みえて, 一ツ王なる, 一致する, 云ふも, 人生に, 作用この, 区別し, 同一なり, 女鳥の, 年齢と, 思はれる, 称へた事に, 聞えざるなり然, 致しま, 致しましても, 見える是, 言えぬ事, 謂ふ, 身分の

▼ 別~ (88, 0.7%)

4 あっても 3 あるが 2 あつて, ある, ないもの

1 [75件] あったの, ありましやう, ありますけれども, あるまじきを, あるも, あれモンセーニュールの, あろうが, おそらくは梅, かなり厳しい, すでについ, その下半身, ちやんと, ぢ申事ハさらに, どうだった, どんなふう, ない, ないと, ないはず, ないよう, ない夜中, ない観じ来れ, はっきりしない, ひどく重大, もちろん根本的, もと持高, よく判る, 一一万〇一七四町三反三畝歩, 一掃された, 一番やかましく, 一目だ, 五十音では, 五十音図における, 仮令立君, 仲, 佐々木作樂氏と共に, 保たれて, 全く境遇, 厳たるこそ, 去る, 叔父に, 学ぶと, 安心を, 実際の, 實に, 後世の, 必しも, 惜しけども, 截然たる, 方法の, 普通の, 最初の, 有っても, 末である, 民族から, 汝達の, 洗手の, 消え失せぬであらう, 無けれど, 現されて, 現はれ, 現世と, 生と, 生殖の, 男は, 男女の, 病いである, 私である, 稀薄と, 精査批判の, 糞風や, 能く, 若の, 詩を, 認めて, 風俗習慣あるいは

▼ 別としても~ (86, 0.7%)

1 [86件] あなたの, このおじさん, この問題, この文化的自由, その利得, その地方色, その次, それは, つごう十六人, とても身分, とにかく私, とにかく読み, ともかく京都, なおもう, なお指定, なお第, ほかに, ほとんど西瓜, まさに人間, まだ年, まだ種々, もっと女, サーカスの, ジョン, ドイツに, ノルウェイの, メアリ, 一向それ, 二卷に, 二百万クヲタアにも, 五六十米から, 人間と, 今に, 何万人という, 作品の, 価値が, 備前屋が, 僕のは, 兎に, 其の他, 出来上った編成, 出生または, 前に, 北アルプスでは, 南北の, 国体明徴の, 国民的潜在意識の, 多くの, 大出の, 大塚巣鴨辺から, 大量の, 学校の, 実用方面からの, 家じゅう気を, 少しく文学, 彼等は, 徳川時代の, 思いがけないほど, 思うに, 性格や, 或る, 教育界に, 旅興行という, 普通の, 柳枝さんの, 江戸から, 決して優れた, 現在の, 真に迫っ, 私たちの, 私は, 私共の, 私自身も, 科学とは, 科学の, 第一, 糺さずに, 自分の, 自然的必然的事態である, 虫が, 返事だけは, 都会人は, 開港以後上海經由で, 雑貨や, 顔全体としての, 黒人の

▼ 別である~ (82, 0.7%)

3 が, がそう, ことは, ことを, と云う 2 それは, と, という, ということ, のみでなく

1 [57件] かはだから, からどこ, から二つ, から私, かを専ら, か或いは, がいわゆる, がごとく, がさ, がしかし, がそれ, がシャーロック, が一人外国, が二ツとも, が今年, が全般的, が印度, が厳密, が司法省, が国家, が外, が外国通い, が少し, が性欲的教育, が日本家屋, が明治三十四年, が明確, が昔, が是, が普通, が活字板摺立所發行, が画人小杉, が知らない, が結末, が而, が自, ことが, ことも, し同時に, そうで, そして障子, だけでなく, という線, としてもいずれ, とすれ, と云うであろう, と云つて, と考え, にし, にも拘らず, のであり, ばかりでなく, 処の, 別は, 叙述に, 莢豌豆は, 通り別である

▼ 別るる~ (62, 0.5%)

3 旅衣 2 に臨ん

1 [57件] がお互い, ことと, ことなし, この悲し, これが, ということ, とき, とも松, と云, なれども, にはあらず, に反し, に当り, に忍びず, に臨み, に際してこの, に際し日頃, のが, のところ, ほかは, ものの, ものは, もよしや, も二みち, も名残り, も雲, や夢一, や夢一筋, や彼, ゆえに, を本意, を貞女, 一瞬の, 事と, 伶人の, 刹那, 友と, 君が, 君よ, 哀しさ, 天の, 山河に, 恋, 感じ, 態を, 時に, 時の, 時乗客は, 歌が, 歌として, 歌の, 点は, 記述毎に, 詩の, 道の, 鄙の, 魂ぞ

▼ 別問題~ (46, 0.4%)

7 である 5 だが 2 であった, でありますが, であろう, です, という気, なり乃ち閣下, なれども, にし

1 [18件] たるべし, であったが, ですが, ですがね, でなければ, ではありません, としてこの, としてさり気, としてである, としても仏教, としても輸入制限条令, として一体, として国際上, として旅, として私, として裳着, とは思われません, に屬

▼ 別~ (36, 0.3%)

2 の庭, の裏

1 [32件] から出し, から半, がこの, だか, ですごした, では避暑時, というの, なども數軒, なるもの, なんかじゃありません, にお, になつて, に一人, に來, に入るであらう, に小間使, に滯在中, に籠る, に達する, に養生, のやう, のヴェランダ, の人, の前, の庭先, の方, の赤い, の雨戸, へなん, への訪問, へ奉公, を造つた

▼ 別ある~ (34, 0.3%)

10 のみ 2 が如く, ことを, に由る, はその

1 [16件] か如く, がゆえに, にはあらざれ, による, によるのみ, のみで, は事実そのもの, もあらかじめ, もこれ, も生老病死, も要するに, ゆえんなり, を心得, を排しもっ, を許さず, 事を

▼ 別~ (33, 0.3%)

5 がある 2 は竹里

1 [26件] あるいは傀儡, がありました, がわかった, じゃまあそう, ださうである, にし, についていうなら, には観, に用い, に過ぎん, のよう, は恐らく, は梧堂, は蘭軒, は隆升軒, は養堂, をつくり, をもつ, を宗和, を愚陀仏, を春秋花園, を樵耕蛙船, を珍, を署, を雑炊子, を麦雨

▼ 別~ (33, 0.3%)

2 である, に見え, の中, の文, を引い

1 [23件] が今日殘つて, として書いた, ともいふべき, と致しました, などと對立, に, にあらはれた, により錯亂, によれ, に皆, に關, のあつ, の一部分, の亡びない, の佚文, の如く, の殘篇, の録, の體裁, は二十卷, は即ち, を見る, 並びに七略

▼ 別~ (32, 0.3%)

3 ことが 2 ことを, のは, の樹, ものは

1 [21件] が如く, ことに, ことは, とき, にいたり, の道念, はくだくだしい, はすこぶる, はひとり, より外, 上の, 事が, 事すこぶる, 事は, 夕まぐれ, 所が, 標準は, 法も, 為に, 猴の, 節供の

▼ 別~ (29, 0.2%)

2 そのとおり, ないとは

1 [25件] あるであらうけれども, かくや, しつくしたかの, ずいぶんお, ただしからぬ, どこも, ない本来, なくまた, なく世にも, なく人, なく功績, なく又, なく掩, なく重い氷雪, やはりカ行, 出來, 判りませぬほど, 嚴密には, 夏中毎日釣る, 少くなっ, 無く同じ, 無く絶えぬ思は, 詮じつむれ, 階級の, 頓着しない

▼ 別では~ (20, 0.2%)

7 ない 2 ないか, ないが 1 あるが, ないかと, ないだろうか, ないであろう, ないよう, ない婦, ない此, なく勉強, 山へ

▼ 別~ (19, 0.2%)

10 である 1 あって, が何, であった, ではありません, なし, なしつ, にあらず, にまぎらし, を述

▼ 別あり~ (18, 0.1%)

2 といえ

1 [16件] しも神人分離, てアラブ, て三者, て両ながら, て人, て例えば, て有形, て比較上甲, といっ, とは分け, とは古来伝, 一は, 又一事一物, 又何事, 第一其外形, 若し其最

▼ 別なる~ (16, 0.1%)

2 跫音また

1 [14件] うつくしき女, がまた, が開く, が面白けれ, こと明かなるべし, を以て大, を更に, 乾坤である, 其忍は, 小さき部屋, 文字を, 松の, 經驗の, 船一艘ものかげに

▼ 別~ (16, 0.1%)

1 [16件] が名物, であらう, では狼狽, で呼ぶだ, で寝み, で待っ, に休息, に於, に案内, へはいっ, へ取残された, へ導かれ, へ行っ, へ駈け去, へ駈け去っ, ノ設ケガアリ

▼ 別であり~ (13, 0.1%)

1 [13件] ながら一続き, 又之, 又別に, 又対立, 同時にまた, 女性の, 従って個人, 従って又, 時代も, 更にその, 更に未来, 詞霊が, 関係の

▼ 別~ (13, 0.1%)

1 [13件] うら若き人, ことは, それから, とき, とてはるか, とて悲しめる, とも好から, とも藻塩, と思は, なり, テチスは, 三の, 悲しき病世

▼ 別って~ (12, 0.1%)

1 [12件] いる, おりその, しまいました, しまったは, どない, ひとり鎮城の, よいもの, 上州松井田の, 来たの, 来ます, 漱石氏は, 訛つ

▼ 別でも~ (12, 0.1%)

4 おざりました 1 どこか, ない, ない山科, なければ, なるべく明日, 差支えないと, 御座りました, 手法において

▼ 別する~ (11, 0.1%)

1 [11件] からである, ことが, ことに, に忍びず, に敏感, のであった, ように, 力の, 時に, 癖が, 知恵で

▼ 別~ (11, 0.1%)

1 [11件] がロシア, ず, ず大いに, ないで, ないので, ぬ, ぬその, ぬよう, ぬ男, ぬ者, ぬ者充満

▼ 別手組~ (11, 0.1%)

1 [11件] というもの, のひとり, のもの, の一人, の二人, の人達, の侍, の馬, もおどろい, もみな大小, も一緒

▼ 別~ (10, 0.1%)

2 ず, ず泣き悲 1 あらむ, るるに, われに, 一所か, 一緒か, 歓迎か

▼ 別であった~ (10, 0.1%)

1 かということ, かどう, がそれ, が過去, ことは, とか思っ, のである, ように, 筈の, 菩提樹を

▼ 別という~ (10, 0.1%)

1 ことが, ことは, のが, ものハた, ような, 宗教的経験を, 心持, 者が, 者だった, 話

▼ 別~ (10, 0.1%)

1 に, にのみ出, に徴, に見え, に讀むべからざる, の十代五郎作, の記載, 余呉床合戦覚書, 河原細工由緒巻, 製本を

▼ 別としてとに~ (9, 0.1%)

1 角そういう, 角モラルは, 角二つの, 角名義上この, 角堂々, 角大衆の, 角民衆という, 角科学的批評という, 角読書としては

▼ 別かれ~ (8, 0.1%)

1 か, てしまふ, てしまわなけれ, にしよう, にたった, を告げ, 北山の, 眼の

▼ 別~ (8, 0.1%)

1 てあの, ていた, て北斎, て彼, て是, て血, て風, 自分と

▼ 別~ (8, 0.1%)

1 かさ高にて, がさつに, もらって, 一郎が, 御伐, 末に, 草餅を, 靜岡の

▼ 別でございます~ (8, 0.1%)

1 あゝ結構, からね, からねえ, から何, があの, けれど, ね, のにね

▼ 別にも~ (8, 0.1%)

2 のした中将姫, のした中將姫 1 してなくて, 一つの, 一つ家を, 及ばないから

▼ 別から~ (7, 0.1%)

2 庶野に 1 では, 来た患者, 来て, 芸者雛妓が, 藝者雛妓が

▼ 別~ (7, 0.1%)

1 ざるなり, ずして, ずしてしか, なんだ, ねばならぬ, ねばなりません, 指井の

▼ 別~ (7, 0.1%)

2 として太平山 1 にこけ, の奴等, の搦め, の軍, 御目付

▼ 別~ (7, 0.1%)

1 がお, がその, とお呼び, は, はそれでも, は大急ぎ, は曾婆加里

▼ 別~ (7, 0.1%)

1 として看病料理, に兄, に入った, に入学, に籍, を修め, を修めた

▼ 別~ (7, 0.1%)

1 から小天街道, がある, に足運び, ゆく人影, を取ら, を択べり, を行く

▼ 別こそ~ (6, 0.0%)

1 あれほぼ, あれ相互, あれ総て, あれ身分, なかつたが, 却って民

▼ 別った~ (6, 0.0%)

1 ことでございました, に比し, ので, 二人は, 兄弟である, 時の

▼ 別であっ~ (6, 0.0%)

1 てつまり, てみれ, てやがて, て乾く, て亥, て寄手

▼ 別なき~ (6, 0.0%)

1 が如く, は事実, を云い, を思っ, を知る, 人的構成の

▼ 別~ (6, 0.0%)

1 が住居, で言っ, とかへお, の方, の洒落たる, へ導かれた

▼ 別~ (6, 0.0%)

1 の一伍一什, の句, の問答, の安否, の挨拶, 恙無きや

▼ 別~ (6, 0.0%)

1 がある, して, だから, として, として猶, として考

▼ 別あれ~ (5, 0.0%)

1 ども日本人多数, ども要するに, ど余, ど最も, ば其辺

▼ 別した~ (5, 0.0%)

1 きりである, もので, プレハーノフは, 放庵の, 渦巻きを

▼ 別だった~ (5, 0.0%)

1 が, が今日, に相違, のでない, ような

▼ 別でした~ (5, 0.0%)

2 から遠く 1 からそれで, が, よ

▼ 別でなけれ~ (5, 0.0%)

4 ばならない 1 ばならぬ

▼ 別なり~ (5, 0.0%)

2 関係なし 1 一個の, 物語などに, 相当に

▼ 別には~ (5, 0.0%)

1 いて, なりますが, なれに, 何となく落寞, 合は

▼ 別~ (5, 0.0%)

1 コトヲ, 手段デ, 用途ガアッタノデアル, 箱ニ乗レト云ッテヤル, 車デ

▼ 別~ (5, 0.0%)

2 というところ 1 で遠い, の山, の盆地

▼ 別~ (5, 0.0%)

1 か目下英仏, なし宜しく, には則清, の, を発見

▼ 別~ (5, 0.0%)

2 もある 1 では大, として記し, には

▼ 別~ (5, 0.0%)

1 は千早谷, は河内, も伊倉, をひきい, を引い

▼ 別あつらえ~ (4, 0.0%)

2 な明知 1 かも知れねえ, の頭脳

▼ 別かも~ (4, 0.0%)

1 しれないけれど, しれないわ, 知れぬ, 知れんけれど

▼ 別~ (4, 0.0%)

21 なしい, 道別き

▼ 別~ (4, 0.0%)

1 と, と雲, 伏す鹿, 別く

▼ 別ても~ (4, 0.0%)

1 占む四時の, 捕物の, 眼立つ, 若い女

▼ 別なある~ (4, 0.0%)

1 待合へ, 物が, 理由の, 男捨てかねた

▼ 別なし~ (4, 0.0%)

1 と言うべからず, に困った, に聞い, 無礼の

▼ 別なやり~ (4, 0.0%)

4 かたで

▼ 別~ (4, 0.0%)

1 かねし, かね候, また貝原氏, ょか焦れ

▼ 別ニ法律~ (4, 0.0%)

2 ノ定 1 ヲ以テ, ヲ以テ其

▼ 別~ (4, 0.0%)

3 ヲ鉄岳ト云 1 なること

▼ 別皇子~ (4, 0.0%)

1 がのつて, という方, と雌鳥皇女, に誘われ

▼ 別~ (4, 0.0%)

2 が祖, の祖先

▼ 別~ (4, 0.0%)

1 だ, であった, にし, のよう

▼ 別~ (3, 0.0%)

1 つらいで, つらいも, つらへの

▼ 別あつかい~ (3, 0.0%)

2 にはしなかった 1 の飼い

▼ 別その~ (3, 0.0%)

1 ほかに, 父大, 雲往きを

▼ 別たれ~ (3, 0.0%)

1 ていました, ている, て致命

▼ 別たんと~ (3, 0.0%)

1 てこれ, て猫, 欲するなり

▼ 別だろう~ (3, 0.0%)

1 と思っ, と私, な

▼ 別つべき~ (3, 0.0%)

1 を別ち明, 相手は, 談判の

▼ 別てば~ (3, 0.0%)

1 大約三種と, 日月水陸等は, 白色若しくは

▼ 別とは~ (3, 0.0%)

1 いえあの, その悲痛, 区別の

▼ 別なお~ (3, 0.0%)

1 ほきい原因, 手紙も, 望みが

▼ 別なもつ~ (3, 0.0%)

1 と性質, と物凄い, と純粋

▼ 別なら~ (3, 0.0%)

1 ばその, ば哲学者, よかった

▼ 別なれ~ (3, 0.0%)

1 ども上流社会, ども末は, ども神識一貫

▼ 別にたいして~ (3, 0.0%)

1 心配する, 話を, 驚かない

▼ 別にて~ (3, 0.0%)

1 上古の, 海水に, 行い且つ

▼ 別にでも~ (3, 0.0%)

1 して, するより, 考えなければ

▼ 別によ~ (3, 0.0%)

1 つて人を, つて人類の, つて神意を

▼ 別ぶろ~ (3, 0.0%)

1 のこと, へへえりなさる, をしつらえる

▼ 別~ (3, 0.0%)

1 あるべし, に和, 妹也

▼ 別化性能~ (3, 0.0%)

1 とがある, に不足, の活動

▼ 別~ (3, 0.0%)

1 として掲出, なりとする, の形勢

▼ 別~ (3, 0.0%)

1 である, に於ける, へお

▼ 別~ (3, 0.0%)

1 の供養, の念佛, の苦

▼ 別時念仏~ (3, 0.0%)

1 の間, を始め, を始めた

▼ 別比較法~ (3, 0.0%)

1 との二種, と人種, を採用

▼ 別~ (3, 0.0%)

1 せしめた事, だとさ, にし

▼ 別無く~ (3, 0.0%)

1 屡ば, 芝居桟敷へ, 蓋し皆

▼ 別~ (3, 0.0%)

1 にもな, の赤井, はただ

▼ 別系統~ (3, 0.0%)

1 に帰化人, の, の移轍

▼ 別~ (3, 0.0%)

1 という厳, といふこと, の方

▼ 別~ (3, 0.0%)

1 であって, であらう, で語りうる

▼ 別~ (3, 0.0%)

1 と言, の発達, を爲

▼ 別~ (3, 0.0%)

1 が城下, が追, のプーシュキン見学団

▼ 別~ (3, 0.0%)

2 の仮名 1

▼ 別ある如く~ (2, 0.0%)

1 その係り, 考ふる

▼ 別かれる~ (2, 0.0%)

1 ことに, のが

▼ 別し得る~ (2, 0.0%)

2 ことを

▼ 別じゃ~ (2, 0.0%)

1 ねえん, アて

▼ 別たず~ (2, 0.0%)

1 日本でも, 軽重を

▼ 別だす~ (2, 0.0%)

2 かいな

▼ 別だつた~ (2, 0.0%)

1 が, ワ

▼ 別だらう~ (2, 0.0%)

1 ね, 色感も

▼ 別~ (2, 0.0%)

2 こに

▼ 別つた~ (2, 0.0%)

1 か, のであつ

▼ 別つたの~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 別つも~ (2, 0.0%)

1 可なり是, 畢竟假

▼ 別つよう~ (2, 0.0%)

1 にし, にした

▼ 別でありまし~ (2, 0.0%)

1 て丁度, ようが

▼ 別である突きつめる~ (2, 0.0%)

2 ところ自信なく

▼ 別であれ~ (2, 0.0%)

1 ということ, ど

▼ 別であろう~ (2, 0.0%)

1 か, と思われる

▼ 別でし~ (2, 0.0%)

1 てそこ, て決して

▼ 別でしょう~ (2, 0.0%)

1 が, 今の

▼ 別といふ~ (2, 0.0%)

1 ことに, ことを

▼ 別とう~ (2, 0.0%)

1 では, というの

▼ 別とが~ (2, 0.0%)

1 あるだけ, 日本語の

▼ 別としては~ (2, 0.0%)

1 何年にも, 前巻以来

▼ 別としてもとに~ (2, 0.0%)

1 角今, 角日本的家族制度の

▼ 別とを~ (2, 0.0%)

1 生ずる, 超えた所

▼ 別など~ (2, 0.0%)

1 あろうはず, なく武士

▼ 別な云い~ (2, 0.0%)

2 方を

▼ 別にかけ~ (2, 0.0%)

1 かまいは, 出す人

▼ 別にと~ (2, 0.0%)

2 口で

▼ 別ので~ (2, 0.0%)

1 しかも十二月二十八日朝, 売りに

▼ 別のみに関する~ (2, 0.0%)

1 もので, ものである

▼ 別べつ~ (2, 0.0%)

1 の数字, の牢獄

▼ 別~ (2, 0.0%)

1 云ふよつてなあ, 功罪の

▼ 別より~ (2, 0.0%)

1 出で, 出でたる自然

▼ 別るべき~ (2, 0.0%)

1 をり, 世の中断念し

▼ 別~ (2, 0.0%)

1 ノ挨拶ヲスルノハ悲シイダロウナ, ヲ告ゲ

▼ 別~ (2, 0.0%)

1 にも部門的, に阿

▼ 別乾坤~ (2, 0.0%)

1 あり, ができ上る

▼ 別仕立~ (2, 0.0%)

1 で早く, の乗合腕車

▼ 別以來~ (2, 0.0%)

1 の挨拶, の時儀

▼ 別~ (2, 0.0%)

1 と云ふから, の禪宗

▼ 別判然~ (2, 0.0%)

1 たらざる, 知ること

▼ 別動隊~ (2, 0.0%)

1 がすぐ, に当っ

▼ 別~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ 別天王~ (2, 0.0%)

1 とその, は見事

▼ 別~ (2, 0.0%)

1 にも長崎, の銅山

▼ 別子銅山~ (2, 0.0%)

1 の二百年祭, より採掘

▼ 別~ (2, 0.0%)

1 で兄, の家扶

▼ 別~ (2, 0.0%)

1 の其, の川床

▼ 別~ (2, 0.0%)

1 とする, の如く

▼ 別~ (2, 0.0%)

1 であらう, である叡智

▼ 別~ (2, 0.0%)

2 と非

▼ 別~ (2, 0.0%)

1 にし, にはそれ

▼ 別~ (2, 0.0%)

1 である, の植物

▼ 別桃葉~ (2, 0.0%)

1 の二人, を待ちかね

▼ 別~ (2, 0.0%)

1 である, に来た

▼ 別~ (2, 0.0%)

1 から出来上る, といい

▼ 別~ (2, 0.0%)

1 のつかない, もなく

▼ 別~ (2, 0.0%)

1 であったらしい, であつ

▼ 別科生~ (2, 0.0%)

1 として止まる, になっ

▼ 別~ (2, 0.0%)

1 し足, するほど

▼ 別~ (2, 0.0%)

1 へ行く, 五十四号に

▼ 別統計~ (2, 0.0%)

1 による, はとった

▼ 別~ (2, 0.0%)

2 たるべきもの

▼ 別職業組合~ (2, 0.0%)

1 に属する, は

▼ 別~ (2, 0.0%)

1 に書いた, の時

▼ 別行動~ (2, 0.0%)

2 を執っ

▼ 別~ (2, 0.0%)

1 に編ました, の新造面

▼ 別~ (2, 0.0%)

1 で以, へとある

▼ 別~ (2, 0.0%)

1 へ二十二町, を案内

▼ 別部司馬張脩~ (2, 0.0%)

1 とともに兵, と五斗米道

▼ 別録七略~ (2, 0.0%)

1 の分け, への復舊

▼ 別録七略時代~ (2, 0.0%)

1 には地志, の内容的

▼ 別~ (2, 0.0%)

1 に忍泣, まで繰返した

▼ 別~ (2, 0.0%)

1 から拾, とも總集

▼1* [337件]

ありしことは, 別あるべき理なし, 別いらいこよい, 別かちなく南蛮寺, 別かつごとくに知っ, 別かれしますわ, 別かれなければならぬ, 別これのみ申事, 別さえ心得られずに, 別さナオミ君は度胸, 別しきれぬかのよう, 別ししらずも, 別したる事には, 別しつるここちやせ, 別しなければと自省, 別し来ればとよみたれ, 別じゃあねえ甲府に, 別すべきじゃない, 別すべきであり単独で, 別せず米を, 別せられし骨, 別せられた稲の, 別そうでない限り, 別たず泊めてくれる, 別ただいまあなたに, 別たなければならない, 別たぬまで美色, 別たる上にては, 別たれることが, 別だに知らで批評, 別やが, 別っこだったんです, 別った因ってこれ, 別つごときは, 別つべしとあり, 別てり即ちすべて三, 別であったろうと思われます, 別でありましょうが単に, 別であるきまるところだけは, 別であるけれ共どうも, 別であるならそれを, 別であるべきだということ, 別であるらしいことにも, 別でございまして, 別でっけど食気, 別でない限りは, 別でなくてはならぬ, 別でへツ, 別としてさ雲井先生が, 別としてとにも角にも, 別としてやはらか, 別としましてね人物は, 別とに征伐せられ, 別ないはば君, 別ながら甚だ相, 別なく怖ろしく, 別なく等しく長老の, 別なこたあねえ, 別などでは今でも, 別なもらるの問題, 別なよろこびも多少, 別ならぬ間柄ゆえ手紙を, 別なりと聞ゆ反, 別なわからせてゆく, 別なんか考えて, 別なんぞあり得ないぢやあ, 別なんぞは最早久恋, 別な似合った存在だ, 別な光りに照らされ, 別な従って之, 別な歪めかたに, 別な清まった心に, 別な茂り方を, 別にしか考えられて, 別について問う所, 別につき合ひ, 別にといふふうに, 別にとさえ出来て, 別になツて, 別にのみ分けて, 別による信者数は, 別にわざとさうしてゐるわけではない, 別に関してはア行の, 別のうねの芋を, 別のといっても, 別のなわの切れ端を, 別のにかけながらジュピターは, 別のみをのやうな, 別はにこ, 別ぴんさん勘定だよ, 別ほどむづかしきものはあらじ, 別づ一円位, 別またこれに, 別まで開通した, 別むずかしいことを, 別ものであるという, 別小母さんは, 別ようにございます, 別よと弁明は, 別らしかつた, 別らしいが大要, 別りませんのです, 別るべき有るを見る, 別るべく他の, 別るればわが, 別わりあては或, 別を以て区別せず, 別とこへ, 別シテ識ト才トノ二ツニ分ツナリ識ト才トハ何人ニテモ兩ナガラ之ヲ具スト雖ドモ必ズ長短, 別ツ一ヲストリクチュラルボタニート云フ弁物本草ト訳ス二ヲフィシヲロジカルボタニート云フ生理本草ト訳ス三ヲシステマチカルボタニート云フ分科本草ト訳ス四ヲジヲグラフィカルボタニート云フ地理本草ト訳ス五ヲフヲッシイルボタニート云フ前世界本草ト訳ス, 別両トナス心ト事ト是ナリ解剖試験比較記載ヨリ以テ凡百ノコトニ至テ皆一トシテ此心, 別トハヨウイウタモノ金五郎サンハ前カラ, 別考エガ予, 別取リマショウカ, 別ニ之ヲ定, 別ニ人里ニ構ヘ置ク住家, 別ニ免減価格ノ一割トス, 別ニ利益配當ヲナス時ハ非常ナル不公平, 別ニ書有和蘭人も赤面, 別ニ相振舞之間八人方よりは不, 別ニ葉モ花ラシキ者モナキ寄生品ヲ見, 別ニ観察シテ之ヲ記ス可シ, 別ニ辞退セズデハ御馳走ニナリマスト云ッテ坐リ込ンダ, 別ニ面白キコトモナシトテ過行カバソレギリナリシガ其時思フニ, 別ヨリ今ニ至ッテ恋々ト忘レズ, 別レテモイヽワヨッテ云ッタラ別レル気ハナイ, 別有セザルナリ, 別一覧表は次, 別三枝の別, 別世帶になつ, 別主義をもっ, 別乎實質之踈者也, 別事たるを証する, 別二様に分れ, 別五百載復合, 別人性嗜酒見大人所敬, 別はこれ, 別仕立ての難物, 別付貫一郎と云う, 別にもゆく, 別会能を観る, 別佐伯直の条, 別でなく同体, 別にてもはやり, 別何でだって占える, 別を戒め, 別余輩経若狭入丹後, 別たる, 別網の, 別傍らより然し, 別先づ眠る, 別入口から直接部屋, 別として公, 別出して異事, 別出来ないようである, 別利亜もなんのその, 別制度と比べ, 別の四字, 別である, 別労働組合が共同資本, 別勅撰集を作っ, 別の兆, 別動武田軍十隊の移動, 別は日向, 別勤労者賃銀表と見くらべる, 別千差不会, 別参謀長忽必来箭筒士長速不台, 別崖という, 別句会を開く, 別とて雜史, 別号ぢゃまあさう, 別号来禽堂から思いついた戯れであろう, 別異に, 別吉備の石旡, 別吉田連の祖鹽乘津彦命, 別名簿に登記, 別君子豹別弁人狸別狸変ずれば, 別圖參看, 別土蔵の二階, 別在している, 別を知行, 別の屋根, 別の方, 別をなし, 別遲麻の, 別天皇の四十年, 別子銅山等の労働争議, 別を用いた, 別室ニ寝間ヲ取, 別専門別職域別都会対地方とセクト的, 別小津の石代, 別尾張の國, 別ながら同じ, 別を後方羊蹄, 別峯居士と云う, 別峰鉄岳の東, 別川クンボベツ川斗満川の相会, 別に仕上げさせる, 別平均賃銀千八百円ベースを公表, 別を設け, 別の尾上小紋三, 別をつくっ, 別弁人狸別狸変ずれば, 別役人ちうもん, 別取計, 別忽ち裏にも, 別性別専門別と区別, 別の題詠, 別恩愛義理をもわきまえず, 別愁新たなり, 別を敍, 別意外なる顏付, 別をはっきり, 別懇談会とはうまく, 別所信濃守を招, 別所信濃守様とたい, 別所播磨守くだって, 別手組ふたりもみんな騎馬, 別手組二人で五匹, 別手組多賀谷外記が頭取, 別押別命押勝忍の海, 別拵えな人間様, 別旅籠をとッ, 別星花転転と来, 別の席上, 別有るは地方, 別有れど精製石棒, 別有春風仙老至, 別札真筆もとうとう, 別村鶏前川鯉各々先生, 別杜陵歸未期祇憑魂夢接親和近來欲, 別を擧げた, 別染めにし, 別柵内に囲っ, 別から出る, 別がお, 別になっ, 別構えの道場, 別になる, 別の風景, 別であったの, 別の仏法, 別歸らむといふに留めもせず, 別に食, 別油塩砂糖日頃こういうもの, 別沿革を知る, 別を樹, 別漁田の別, 別火潔斎して, 別小冊子, 別無き畝に, 別変ずれば, 別には堀江克之助, 別生じたるのみにてその, 別生説も决, 別がある, 別用別自非口相傳授, 別申上候節は實, 別申候より急, 別番附にします, 別異なる階級の, 別當英堂和尚が病氣, 別登袁の別, 別にいう, 別看板をあげる, 別真別正の仏法, 別知らぬばかりに動顛, 別研究も若し, 別社会をなす, 別之爲狄, 別稲置県主というそれぞれ, 別稻木の別, 別ふ, 別となっ, 別の中, 別篇日高見国の研究, 別なり, 別になった, 別組合会議に加盟, 別組織的生産の問題, 別ひ, 別にさせ, 別置きにし, 別者みたいに変っ, 別而不知徒然生涯妻子に勝る, 別而多忙に付, 別而昵近に致し, 別而暑甚し, 別而然り, 別職域別都会対地方とセクト的, 別臣連伴造國造村主の保てる, 別自非口相傳授而實解悟, 別の号, 別若子宿禰のお, 別英雄と愚俗, 別茫如夢爾来歳月移, 別莊すべて脚底に在り, 別莊一つではなく, 別莊友だちのせい, 別莊向に建てられた, 別莊番をやつ, 別華夷の弁, 別葦井の稻置, 別した經驗, 別裝飾からみ, 別の天井, 別許呂母の別, 別訳雑阿含経, 別にいふ, 別なるもの, 別調の結果, 別諸氏との間, 別軍二個大隊半は野津大佐, 別つ淡海, 別過ぎし初秋の, 別遠くは阿寒山, 別部司馬に叙せられた, 別部穢麻呂と改められ, 別都会対地方とセクト的, 別酒一樽を持たせ, 別のよしあし, 別から入ります, 別太の, 別陸路五里四方は東京, 別隊四五十人と衝突, 別隊山道より折戸, 別隊組兵士なぞは位置, 別離されてしまっ, 別雷大神宮へ参る, 別電話帳を借り受け, 別の日本趣味的デザイン, 別飄然として來, 別飛鳥の君, 別香り別油塩砂糖日頃こういうもの, 別巣鹿の, 別鶴呼覊雌玉奴琵琶龍香撥倚歌促酒聲嬌悲とある, 別麻佐の首