青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「出~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

凝視~ 凡そ~ ~凡て 凡て~ ~処 処~ 処女~ ~処置 処置~ ~出
出~
~出かけ 出かけ~ ~出かけた 出かけた~ ~出かける 出かける~ 出され~ 出された~ ~出し 出し~

「出~」 86358, 857ppm, 100位

▼ 出~ (58058, 67.2%)

2520 来て 2243 来た 1796 行った 868 いる 735 いた 734 来たの 652 来る 646 行って 640 來た 565 きた 551 きて 515 行つた 510 来るの 502 いった 406 いるの, 来ました 405 來る 376 いて 330 行く 325 見ると 318 行きました 317 ゐる 312 くる 302 みると, 来ると 273 くるの, 來て 247 きました 246 来ない 234 行くと 225 しまった 210 いって 207 行くの 204 きたの 171 来たが 166 来なかった 161 ゐた 156 来たので 153 往った 147 行ったが 140 居る 129 行こうと 126 ゆくと 124 いるが, くると 115 来たもの, 行ったの 113 いたの 111 いました, 行け 110 いきました 107 みた, 来たん 105 来た時 101 ゐるの 95 います, いると, 見た 94 来るもの 93 来ること 87 いること 86 いない, 来るよう 83 来い 82 来たよう 81 来ます 77 いるよう 76 ゆく, 来ないの 74 しまつ, 行ったあと 73 しまいました, ゐて 72 來ました, 来ても 71 いるので 69 こない 67 いたが, 來ない 65 いったの 64 来たと 63 しまって 62 ゆくの 61 来たり, 行けと 60 いるから, こなかった 58 ゆきました, 行った後 57 来そう, 来たこと 55 くるもの, 行くこと 54 来るん 53 いるもの 52 居ります 51 いなかった 50 来たところ, 来れば 49 しまったの 48 おいで, 見て 47 来ません 46 来るか, 自分の, 行つ 45 おります, 参りました, 居るの 44 いるん, ゐると, 来たとき 43 来ては, 来るが, 行きます 42 いるという, くること, くるよう, 来なければ 41 来たという 40 いたので, それが, 来ましたが 39 往って, 来るという 38 いつた, 来るかも, 行かうと, 行く時 37 きたので, 来るので 36 いるところ, きたもの, ゐます, 居た, 来ないので, 行きましたが, 行った時, 見れば 34 来まして 33 しまうと, 来たばかりの 32 しまう, 何か, 来る時 31 働いて, 来いと 30 いないの, きたん, こい, 来た者 29 いるのに, 來ます, 来たから, 来るから, 私は, 行つてし

28 [13件] きたが, くるん, それから, それを, まいりました, ゐるので, 居て, 待って, 来たか, 来なかつた, 来るところ, 来るに, 見たが

27 くるか, 行くよう, 遊んで

26 そこから

25 おいでに, きたとき, 来た人, 来や, 来る事, 行ったきり, 見る

24 いたこと, くるという, こないの, みたが, ゐない, 来てから, 来ないと, 来ませんでした, 来られて

23 いくの, いけ, きたと, くるに, くるので, 来たお, 来は, 行けば, 見ました, 見ますと

22 くるが, 下さい, 居るが, 行くところ, 行ったと

21 [11件] くるから, くれば, ゐたの, ゐるが, ゐること, 來なかつた, 来ようと, 行かなければ, 行くとき, 行くので, 行ったん

20 いこうと, いたから, ゐたが, ゐました, ゐるもの, 居りました, 来るはず, 空を

19 いくと, いるか, いるよ, きたよう, きます, みました, 参ります, 居りますが, 来た男

18 [13件] いきます, いても, きても, くれ, ごらんなさい, しまえば, そこに, みますと, 何を, 参りまして, 来たばかり, 行くもの, 行ったもの

17 [15件] いたと, いたん, いるはず, きたこと, きたところ, そこの, ゆくこと, ゐるから, 來ません, 来たわけ, 来るかと, 来るやう, 来る人, 行くが, 行ったり

16 [22件] いく, いたもの, いったが, いる人, おる, きそう, くるところ, くるわけ, こなければ, 座へ, 廊下を, 来たかと, 来たよ, 来るだろう, 来るとき, 来るよ, 来るわけ, 来る人物, 私の, 行ったこと, 行ったので, 雨戸を

15 [23件] いったと, いつて, いるだけ, いる時, きません, どこへ, みたり, みよう, みる, ゆく時, ゐるやう, 仕方が, 參りました, 手を, 来たって, 来ないもの, 来ますが, 来ますと, 来る筈, 来る者, 行きながら, 行けが, 行ってから

14 [18件] いったあと, いないが, いますが, いません, いらつし, いるし, いるでしょう, くれと, ゆこうと, ゐたので, 往つた, 来ながら, 来ましたよ, 来る様子, 行くから, 行ったという, 行った様子, 見たり

13 [30件] いないので, いないよう, いますよ, いるそう, いるわけ, うせろ, おりますが, くるかも, くる人, しまうの, しまひました, みて, ゐなかつた, 了つた, 参り, 家に, 居るので, 帰って, 来たぞ, 来た事, 来た女, 来ないよう, 来ようとは, 来るだろうと, 来るまで, 来る様, 行くん, 行く姿, 階段を, 顔を

12 [32件] いたし, いら, いらして, いるかも, いれば, きたぞ, きたという, きたばかり, くるだろう, こないので, どこかへ, ゆくとき, ゐないの, 二人は, 來ては, 医者へ, 右の, 声を, 居ない, 来た女中, 来た彼, 来ないで, 来る前, 来る所, 歩いて, 立って, 行かなかった, 行きますと, 行くお, 行く者, 行つて了つた, 見ても

11 [41件] いってから, いないこと, いなければ, いましたが, いるじゃ, いるでは, いるに, いる者, いる間, おいでよ, きたり, きた時, きては, くるかと, くるわ, くれた, くれれば, みようと, 云った, 人を, 來たり, 家へ, 居ると, 山の, 戸を, 来いっ, 来たこの, 来たついで, 来たわ, 水を, 行かれた, 行きましたよ, 行くという, 行く後姿, 裏の, 見たの, 見ようと, 話を, 迎えた, 近所の, 酒を

10 [45件] いきましたが, いったきり, いるその, おりました, お行き, くるとき, これを, しまったあと, ゆけ, ゆけと, ゐても, ゐる事, 一人で, 二人の, 今の, 仕事を, 來ても, 参りましたが, 失せろ, 居ます, 左へ, 彼は, 往きました, 或る, 日の, 月の, 来た一人, 来ないこと, 来ないという, 来ないん, 来ましたので, 来ますよ, 来よう, 来る気配, 涼んで, 行かれました, 行きそう, 行きなさい, 行こう, 行ったよう, 行っては, 行っても, 行つて呉れ, 西へ, 風に

9 [43件] いくこと, いたよう, いった後, いないと, いなかったが, いらっしゃい, いるね, いる大きな, お出でに, くるよ, くる時, くる筈, しまつて, それに, みたいと, ゆきます, ゐるところ, 一緒に, 中泉眼科へ, 了った, 人の, 今度は, 他の, 例の, 右へ, 庭の, 往け, 村の, 来たに, 来たやう, 来た所, 来ないが, 来るし, 来るで, 汽車に, 浅草の, 煙草を, 父の, 行かないと, 行くか, 行くまで, 行ったよ, 雪の

8 [54件] いた頃, いっても, いらっしゃいました, いらっしゃる, いるうち, いるぜ, いる事, いる家, きたでは, きた人, きましたが, くるやう, こ, こないという, こなかったの, しまおうと, しまへば, すぐに, まいりまして, まいりません, みても, ゆきながら, ゆく姿, 下を, 参りましたの, 居たが, 往くと, 急いで, 挨拶を, 来たら, 来ないとも, 来なかったの, 来ますから, 来るお, 来るその, 来るだらう, 来るとは, 来るには, 来るのに, 来る女, 来る訳, 橋を, 物を, 眼科へ, 行くわけ, 行く道, 行ったお, 行ったか, 行ったまま, 行った者, 見た時, 見ましたが, 足を, 電車に

7 [98件] あとを, あれから, いくとき, いたそう, いたよ, いたり, いったまま, いったもの, いないという, いるかと, いるくらい, いるとき, いるわ, いる場合, いる顔, きたばかりの, きながら, ください, くるし, くるであろう, くるといふ, くるはず, くる人物, くれると, しまいます, しまったので, まいります, もらって, ゆくん, ゆく後ろ姿, ゆけば, ゐたり, ゐるとは, ゐるん, ゐる間, 両手を, 人に, 南の, 外から, 夜に, 奥の, 家を, 居りまして, 庭に, 彼の, 往来の, 往来を, 戻った, 来い出て, 来さうな, 来そうな, 来たぜ, 来たその, 来たな, 来たのに, 来たまえ, 来たもん, 来た主人, 来た時分, 来た様, 来た私, 来た自分, 来ましたの, 来ましょう, 来られては, 来られないの, 来るであろう, 来る男, 松の, 池の, 男の, 留守だった, 自動車を, 船の, 花を, 行かない, 行かねば, 行きかけた, 行きしな, 行きましたから, 行くその, 行くのに, 行くやう, 行くよ, 行く人, 行く前, 行く所, 行く気, 行ったとき, 行ったのよ, 行った男, 行った跡, 行つた後で, 途中で, 金を, 階段の, 隣の, 飯を

6 [128件] いくよう, いけー, いたころ, いた人, いた時分, いったこと, いったそう, いったよう, いないのに, いなかったの, いらしって, いらっしゃるの, いるらしい, いる以上, いる方, いる筈, いる部分, うとうとと, おくれ, おくん, おるが, きたのに, きたまえ, きたわけ, きは, きませんでした, くるようす, くる女, くる様子, くる気配, くる者, くれという, こないん, こようと, しまうん, しまったもの, しまったん, しまふと, それは, って, ほかの, まだ間, みましたが, みましょうか, みるが, みれば, もらおう, やろう, ゆかなければ, ゆくところ, ゐたから, ゐないと, ゐましたが, ゐるといふ, ドアを, 今では, 今は, 何の, 來たら, 來たんだ, 來られる, 働くの, 其処に, 半七, 向うを, 呉れと, 夕方に, 女の, 居たの, 居りましたが, 居ること, 居る事, 庭を, 心が, 挨拶した, 月が, 月を, 来, 来いという, 来いよ, 来たあの, 来たんで, 来た処, 来た当座, 来た方, 来ないか, 来ないから, 来ないし, 来なかったが, 来やしない, 来られた, 来るでしょう, 来るなり, 来るなんて, 来るまでは, 来る処, 来る姿, 東海道を, 柿の, 次の, 歩いた, 深川の, 用を, 町を, 相変らず, 私が, 窓の, 自分は, 行かなくては, 行きかける, 行きや, 行くには, 行くや, 行くわ, 行けないの, 行け出て, 行ったから, 行ったらしい, 行つたあとで, 行つたのである, 行つたのは, 行ッた, 見よう, 見ること, 貰って, 貰は, 買って, 遊ぶ

5 [190件] い, いきたまえ, いそう, いたところ, いた時, いつまでも, いますから, いますね, いるけれど, いるだろう, いるとは, いるのよ, いる写真, いる小さな, いる所, いる留守, いる話, いる通り, おった, おりまして, おるの, おれば, きたお, きたか, きたかと, きたな, きたに, きまして, きや, くるこの, くるだろうと, くるなんて, くるのに, くるまで, くる人々, こないと, こられて, しまうので, しまったか, しまったが, しまったこと, しまったという, しまった後, しまつたのである, しまふの, しまッた, そこい, その足, それと, ひとりで, ほつと, ますよ, まゐりました, まゐります, みたの, みること, みる気, みんなと, もとの, やる, ゆくよう, ゐるさ, 下の, 之を, 了う, 他人の, 來ず, 來なけれ, 來ぬ, 來や, 元興寺の, 入らつし, 出て, 前の, 勉強し, 南へ, 参ったの, 参りましたから, 参りますと, 參ります, 台所の, 困った, 困ると, 坂を, 夜の, 小走りに, 少し行く, 居たので, 居ました, 居ますよ, 居りません, 居るもの, 川を, 彼を, 往来に, 後を, 御出, 御座れ, 急に, 扉を, 手に, 敵の, 新鮮な, 日劇へ, 本堂の, 来たでは, 来たといふ, 来たところが, 来たとは, 来たなと, 来たのよ, 来たはず, 来たものの, 来たらしい, 来たろう, 来た二人, 来た以上, 来た娘, 来た様子, 来た若い, 来ねえの, 来ねば, 来まい, 来ましたぜ, 来ましたね, 来ましてね, 来ますね, 来ようとも, 来られたの, 来るかの, 来るかを, 来るです, 来るな, 来るや, 来る名, 来る役者, 来る日, 来る気, 来る訣, 来ん, 梅の, 海の, 町の, 町内の, 留守であった, 皆の, 眺めて, 眼を, 窓を, 米を, 縁に, 縁側を, 腰を, 自分で, 自動車に, 自由に, 舞ふ, 芝の, 行かないの, 行きは, 行きますよ, 行くつもり, 行くといふ, 行くに, 行くもん, 行くより, 行く事, 行く様子, 行けっ, 行けという, 行こうとして, 行こうとは, 行ったところ, 行ったばかりの, 行った留守, 行方知れず, 街の, 西に, 見ろ, 見送って, 車を, 近くの, 郎女に, 銀座の, 間も, 陽の, 難波まで, 非常に, 頭が, 鳥にも

4 [322件] あるく, いくが, いたお, いたかと, いたという, いたわ, いた話, いったか, いったかと, いったんだ, いつたが, いとくれ, いないかも, いないから, いないじゃ, いないで, いなかったよう, いながら, いは, いましたので, いましょう, いまは, いるあいだ, いるけれども, いるとの, いるなんて, いる一つ, いる今, いる作品, いる出て, いる女, いる廊下, いる由, いる私, いる限り, いる雑誌, おしまいに, お呉れ, お待ちし, お茶でも, お行きなされ, きたから, きたじゃ, きたらしい, きた人間, きた女, きた彼, きた男, きてから, くるお, くるそう, くるその, くるとは, くるには, くれない, くれました, くれるの, くれるよう, こいぽんぽんぽん, ここへ, ここまで, こっちへ, こないし, こないとも, こないよう, こられた, これは, これも, ごらんに, しまったと, しまってから, しまっては, しまっても, しまふ, しようがない, そこで, そこへ, たまるもの, とぎれること, どうする, どこかに, どこかの, ながめて, ぶらぶらし, まいりましたの, またしばらく, まっすぐに, みたところ, みたらどう, みては, みようじゃ, ゆかない, ゆくお, ゆくか, ゆくその, ゆく船, ゆけ出て, よかった, わたしの, ゐたん, ゐないもの, ゐるかも, ゐる家, ゐる長い, ビクターへ, ベンチに, ホッと, 一つの, 一人の, 一家を, 一挙に, 上を, 上野の, 下駄を, 世の中に, 中の, 了いました, 二階の, 二階へ, 今日は, 仰向けに, 佇んで, 何も, 來さうな, 來なく, 來は, 來られた, 來るだらう, 俺の, 働かなければ, 働くこと, 僕の, 入口の, 其処から, 冷い, 功を, 参って, 参りましょう, 参りません, 口の, 口を, 吾妻橋の, 外の, 外へ, 大股に, 大通りを, 大阪へ, 客の, 客を, 家が, 寒い風, 少し行った, 居なかった, 居りますから, 居りますけれども, 居りますね, 居りますので, 居るかと, 居るから, 居るのに, 居る歌, 山に, 山を, 川の, 左に, 左の, 帰路に, 広島の, 庭へ, 彼が, 往きな, 往こうと, 往来で, 待つて, 後の, 御挨拶, 御覧なさい, 御覧に, 戦って, 手水鉢の, 挨拶し, 振り返ると, 日を, 普通の, 暮せ, 朝の, 来いッ, 来ずに, 来ずには, 来ずば, 来たかの, 来たかも, 来たじゃ, 来たせい, 来たため, 来ただけ, 来たね, 来たは, 来たらどんなに, 来た人たち, 来た人間, 来た大男, 来た形, 来た母, 来た母親, 来た訳, 来た身, 来た風, 来ちゃ, 来てからは, 来ての, 来ない方, 来なかったから, 来なかったと, 来なさい, 来ねえ, 来ねえか, 来ましたから, 来ませんか, 来ませんが, 来られました, 来られる, 来るすべて, 来るそう, 来るそれ, 来るは, 来るまでの, 来るもん, 来る元, 来る名前, 来る問題, 来る小説, 来る必要, 来る文体, 来る文字, 来る時分, 来る模様, 来る涙, 来る若い, 来る話, 来る頃, 東京に, 東京の, 東京へ, 東宝グリルへ, 梯子を, 椅子に, 欄干に, 欲しい, 水の, 江戸の, 汽車で, 浅草へ, 海岸の, 涙が, 病院の, 目を, 石の, 禿げた岩, 私たちは, 私も, 私を, 秋の, 網を, 縁の, 耳を, 自分が, 自分たちの, 自分を, 花が, 行かなかつた, 行かれて, 行かれる, 行きがけに, 行きたいと, 行きますから, 行くがい, 行くだけ, 行くにも, 行く処, 行く女, 行く方, 行く汽船, 行く若い, 行けって, 行けない, 行こうという, 行た, 行ったかと, 行ったに, 行った人, 行った喬, 行った頃, 行つたお, 行つたが, 行つた時には, 行つてから, 行つては, 行つても, 行つて了ふ, 街道を, 西の, 見たまえ, 見ませんか, 見送った, 貰ひたいと, 路を, 遊ぶこと, 遊んだ, 道の, 部屋の, 野を, 障子を, 雨が, 電車の, 頭を, 風を, 風月で, 食事を, 高等学校に, 高等学校の, 黙って

3 [571件 抜粋] あたりの, あとの, いいか, いかないと, いきな, いきますと, いくという, いくん, いけと, いけない, いたあの, いたはず, いた人たち, いた写真, いた者, いた記事, いた間, いったその, いったばかり, いった時, いっては, いつもの, いては, いないでは, いないところ, いないん, いない日, いなかったので, いましたから, いましたよ, いますし, いますと, いらした, いらしった, いらっしゃったの, いらっしゃるから, いらっしゃると, いらっしゃるわ, いるあれ, いるからと, いるそして, いるぞ, いるだが, いるとか, いるな, いるにも, いるらしいから, いるらしかった, いるピストル, いる人達, いる今日, いる位, いる処, いる尾根, いる新聞, いる様, いる点, いる男, いる画, いる細い, いろいろな, うしろの, おくれよ, おじぎを, おらぬ, おりますけれど, おりますと, おると, お前の, お菊, お辞儀を, きたあの, きたおばさん, きたって, きた者, きての, きましたよ, きますよ, くるぞ, くるため, くるだけ, くるつもり, くるまでには, くるもん, くるらしい, くるわよ, くるんだ, くる前, くる声, くる男女, くる言葉, くる話, くる顔, くる鼠, くれて, くれないか, くわ, けい古場へ, こいよ, ここで, ここの, こないとは, こないもの, こられました, こられると, これが, これで, これに, こんどは, して, しまうもの, しまってからも, すぐそこ, そつと, そのあたり, そのへん, その中, その男, その辺, それで, それまで, それより, たがいに, たつけ, となりの, とまらなかった, どこか, どこに, なにかし, はたらいて, ひそかに, まいった, まいって, まいりましたが, まいりましたので, まいりましたもの, まいりませぬ, また引っ返し, みないと, みなければ, みるの, みろ, みんなで, もう三年, もらいたい, もらいたいん, もらった, やるから, やるの, ゆかねば, ゆかれて, ゆきましたが, ゆくより, ゆく人, ゆく後姿, ゆく様子, ゆく音, ゆけが, ゆけとは, ゆけ面白く, よいか, よその, ゐたこと, ゐたと, ゐたもの, ゐたやう, ゐた頃, ゐないから, ゐないが, ゐないので, ゐない事, ゐぬが, ゐますが, ゐら, ゐるか, ゐるし, ゐるぞ, ゐるのに, ゐる小説, ゐる水, ゐる部分, ゐる青い, ゐれば, アラスカへ, コーヒーを, バスに, ホテルの, 上の, 下さいと, 下さると, 下されとは, 中には, 了ふ, 二三の, 京都へ, 人間を, 以来の, 何処へ, 來たらしい, 來よ, 來れ, 俥の, 働くもの, 僕に, 充分に, 先に, 全世界, 円タクを, 初めての, 勉強したい, 勉強する, 北に, 十六七の, 半分は, 去った, 参りましたので, 参り升, 參つた, 友人の, 叫んだ, 台所へ, 右に, 向うへ, 呉れ, 呉れ給, 咲いて, 四辺の, 困って, 困る, 坐つて, 声の, 夕飯を, 外を, 多くの, 夜は, 大きく息, 大声に, 大学へ, 大根を, 大阪の, 夫から, 失しょう, 失せたか, 奈良を, 奥庭の, 女に, 女中に, 女中を, 実際の, 室の, 家の, 少しばかり, 就職する, 居たり, 居た時, 居なかつた, 居るところ, 居るやう, 崖の, 帰る途中, 広々と, 庭から, 廊下へ, 彼女を, 往く, 往來の, 往來を, 待たせて, 後に, 応接した, 急ぎ足に, 成功した, 戻って, 手の, 挨拶する, 散歩する, 旅の, 日が, 日比谷映画劇場へ, 昼の, 晩に, 暫く行く, 月に, 有名に, 有楽座, 本を, 来さえ, 来たある, 来たけれども, 来たには, 来たらしかった, 来たらしく, 来た出て, 来た名, 来た大江山課長, 来た子供, 来た客, 来た家, 来た当時, 来た彼女, 来た旅, 来た父, 来た甲斐, 来た私達, 来た親戚, 来た言葉, 来た赤ん坊, 来た連中, 来た部屋, 来た霞, 来た頃, 来た頭, 来てね, 来ないじゃ, 来ないであろう, 来ないな, 来なかったこと, 来なかったので, 来なかつたの, 来なくちゃ, 来なくっても, 来なくても, 来なくなった, 来ぬ, 来ぬから, 来ぬの, 来ねえん, 来ましたぞ, 来ませんね, 来ませんよ, 来やしねえ, 来ようという, 来ようはず, 来られたと, 来るからね, 来るさ, 来るじゃ, 来るだらうと, 来るって, 来るであろうと, 来るでは, 来るといふ, 来るにも, 来るわ, 来る一つ, 来る一人, 来る事件, 来る人々, 来る人間, 来る土台, 来る場合, 来る夢, 来る実に, 来る方, 来る機会, 来る水, 来る結論, 来る自分, 来る言葉, 来る足音, 来る迄, 来る途中, 東の, 柳の, 様子を, 武蔵の, 歩くこと, 気が, 水に, 池を, 汽車を, 沖の, 河の, 洗濯し, 海へ, 海を, 涼しい風, 漁を, 火を, 燈火を, 父親の, 独りで, 独りに, 猫の, 用も, 畑を, 白さく, 百姓の, 省線の, 真直に, 眼が, 礼を, 神田の, 稼いで, 空が, 空気を, 立つて, 立派な, 第一, 築地の, 籐椅子に, 線路の, 縁側に, 聞いて, 胸が, 船に, 芝居を, 花の, 苦労しました, 草に, 草の, 草を, 菜を, 行かう, 行かぬか, 行かれたの, 行かれましたが, 行かれる物, 行きかけたが, 行きたまえ, 行きますとも, 行くこの, 行くさ, 行くし, 行くぞ, 行くとも, 行くなんて, 行く丈, 行く彼, 行く時分, 行く母, 行く気配, 行く源氏, 行く船, 行く足音, 行く途中, 行く間, 行く際, 行けとは, 行ける, 行けるもの, 行けツ, 行ったそう, 行ったとの, 行ったはず, 行ったわ, 行った一人, 行った事, 行った方, 行った窓, 行った青年, 行つたと, 行つたのだ, 行つたのです, 行つた跡で, 行つてしまつてから, 行つてやる, 行ました, 街路に, 裏庭の, 見たい, 見たところ, 見ようか, 見りや, 見るが, 見るに, 見るもの, 見る気, 見ろと, 角の, 言った, 話すこと, 諸州を, 諸方を, 谷の, 貰いたい, 貰おうと, 買物を, 足の, 跡を, 身を, 車に, 軒下に, 途, 道を, 酒が, 酒の, 鍵を, 門の, 門前を, 雑談に, 雨の, 顏を, 風が, 食を, 餌を, 馬の, 駅の, 駕籠へ, 高野の

2 [1898件 抜粋] あいつを, あとは, あの花, あるか, あんまり心持ち, いきましたよ, いくとも, いく時, いけたあなん, いたけれど, いたには, いた十子, いた蛇, いったあの, いったという, いったらしい, いった男, いてね, いないけれども, いないもくしょうが, いなかったから, いましたし, いますか, いませんが, いらしたに, いらっしゃいませんか, いられなくて, いるかい, いるせい, いるだろうと, いるものの, いるわよ, いる一本, いる二本, いる場所, いる小, いる彼ら, いる文学新聞, いる時分, いる木, いる機雷みたい, いる留守中, いる表札, いる顕微鏡写真, おったが, おられます, おりますから, おるし, おれは, お客の, お礼を, お菓子が, お裁き, かねて, きたかについては, きたぜ, きたとたん, きたまま, きたら, きた二人, きた悲しみ, きた民子, きた蟇, きなかった, きますぜ, くるあの, くるじゃ, くるで, くるばかり, くるアキ, くる人たち, くる古い, くる奴, くる少く, くる或, くる私, くる限り, くる魔法, くれって, くれないよう, くれるか, くれるなと, ぐったりし, こいッ, こず母, こないが, こないよ, こなくなった, こぬ者, この町, こようとは, こられるならば, ござって, さらにまた思ひ, しまいたい程, しまうという, しまうよ, しまおうかと, しまったのよ, しまつてから, しまわれた, すぐ, すこしずつ, せまい畦道, そっと戸, そのうち, その下, その姿, その方, その次, それからは, それから被, だん, とてつもない川さ, どこで, ならねえん, のちに, ひっ込み, ぶら, ぼんの, まいり, まいりますと, また, また父, まだ帰っ, まゐる, みたくなったので, みたらお, みます, みるか, むこうが, もう一月, もらつた, やつて, やれ, やろうか, ゆきがけ, ゆき自分, ゆくそうして, ゆくまで, ゆくらしかった, ゆく心持, ゆく覚悟, ゆこうとして, よく私共, らあ, わたしも, ゐたといふ, ゐた新聞社, ゐないでは, ゐますよ, ゐるけれども, ゐるだらう, ゐるにも, ゐるんで, ゐる人達, ゐる子供, ゐる敏子, ゐる樣, ゐる話, エレベーターの, タタタ, フラフラと, ボーイに, ルパンで, 一二年奉公し, 一席, 一方の, 一行の, 三年目に, 上京し, 下さらない時, 下男の, 世の, 丘を, 並んで, 丸の内の, 了は, 事情を, 二人な, 互いに赦し, 亥刻, 人にも, 今までよりも, 今日で, 仕様が, 仕舞つた, 伊香保まで, 伸子が, 何かの, 何時に, 來まして, 來られ, 修禅寺に, 働くか, 働く婦人, 兄の, 先生に, 八五郎を, 其男の, 冬の, 初めてこの, 前を, 北の方を, 十一銭の, 十年にも, 半年ばかり, 印を, 参りました弁信, 参りますが, 参るもの, 双葉の, 口笛を, 吉原で, 同志社へ, 吾妻橋を, 呼んだ, 問題を, 四方の, 四時過, 困ります, 土筆を, 坊やを, 城下の, 堤を, 墓地を, 夕方の, 夢中で, 大まわり, 大坂へ, 大工を, 天下を, 夫れ, 奉公した, 女と, 妙な, 嫂と, 宮廷に, 家庭を, 富士の, 寺木へ, 小さい庭, 小鳥を, 少し行っ, 居たもの, 居つても, 居なかつたが, 居りますし, 居りまた, 居るそう, 居るよ, 居る位, 居る是, 居れば, 山門の, 岸本は, 川口に, 左手の, 市井の, 帰つて行く, 帰途に, 平野を, 広間の, 店を, 廊下の, 当時, 往きましたが, 往くの, 往来へ, 後は, 御覧ソフイー, 急ぎ足で, 悠々と, 懐中電燈を, 戦った, 手欄から, 控えて, 政治家に, 文ビルへ, 新橋演舞場へ, 旅を, 日当たりの, 日比谷へ, 昔十分休毎に, 時の, 晩には, 景色の, 暫らくは, 曹操の, 木の, 本所へ, 机の, 来いって, 来さっしゃい, 来たあぶらの, 来たからには, 来たけれど, 来たそして, 来たぢ, 来たです, 来たとの, 来たひと, 来たらあかんで, 来たらしく音, 来たらまた, 来たッ, 来た二階, 来た位, 来た加, 来た友達, 来た同じ, 来た場合, 来た奴, 来た婆, 来た小僧, 来た弟, 来た時代, 来た横穴, 来た熊, 来た病人, 来た矢代, 来た老人, 来た親方, 来た足, 来ちや, 来ないかと, 来ないだろう, 来ないでも, 来ないはず, 来ない訳, 来なかったん, 来なかつたらしい, 来なさって, 来ぬとも, 来ましたし, 来ますると, 来やしないか, 来ようといふもの, 来られそう, 来られないこと, 来られること, 来られるもの, 来るかしら, 来るころ, 来るだけ, 来るであろうか, 来るとも, 来るね, 来るらしいの, 来る一種, 来る二人, 来る位, 来る声, 来る小, 来る強い, 来る態度, 来る旅装, 来る村上海軍大尉, 来る気勢, 来る男女, 来る第, 来る自由党, 来る避難民, 来る青春時代, 来ればこそ, 東京で, 松竹座の, 柳屋の, 根戸川の, 桶を, 楢の, 横川に, 欠伸を, 止まらなかった, 歩きながら, 歩くと, 母の, 母親の, 江戸へ, 沖を, 河原の, 泣いて, 流に, 海岸へ, 深川へ, 渋谷の, 満員, 熱心に, 牛込見附へ, 物置から, 独立の, 玄関から, 用向きを, 病院へ, 皆留守だらう, 盛んに, 直助, 眺めた, 石を, 砂に, 社会に, 神保町の, 禊ぎの場処を, 穢れを, 空は, 突然おどろくべき, 立った, 米国へ, 結婚し, 縁から, 群集に, 而し, 膝に, 自己に, 舞台へ, 船で, 花壇を, 苦しんだ, 草履を, 菱屋の, 葉子の, 藪の, 行かないうち, 行かぬ, 行かれない, 行かれる訳, 行きかけて, 行きたいから, 行きなさいと, 行きましたやろ, 行きゃアがれ, 行き自分, 行くからね, 行くだらう, 行くなら出て, 行くも, 行く主人, 行く外, 行く往帰り, 行く息子, 行く時一寸立止つて枕頭, 行く訳, 行く駕籠, 行けつて, 行けよ, 行ったけれども, 行ったとたん, 行ったらしい気配, 行った乙, 行った入口, 行った彼, 行つたあと初子が, 行つたのを, 行つた樣子だ, 行つてお, 行つてしまつたのである, 行つて夜に, 行つて雑草の, 街を, 袖乞を, 褄を, 見せる, 見たけれど, 見たん, 見てる, 見なければ, 見まちよう, 見られると, 見張って, 観音の, 誰が, 警察の, 貰ひたい, 路端に, 身動きも, 軒下の, 迎えの, 追羽子に, 通の, 逢ひませう, 遊ぼうじゃ, 道成寺を, 都の, 金魚を, 銀色の, 鏡に, 長椅子の, 階上に, 雨を, 雪投げを, 電話で, 霧が, 静かに, 音も, 風も, 飲み過ごした結果, 馬琴と, 駿河台下の, 骨が, 髪を

1 [15811件 抜粋] обедを, あつちこつち, あの機械, あるきさえ, ある限り, いかなかったかね, いきましたので, いくらかの, いけ出て, いたじゃ, いたなどは, いたレーニ, いた勘太, いた屋台, いた熱, いた親父, いちばん前, いったらしくしばらく, いった戸口, いつそこ, いないのよ, いない話, いましたもの, いま七巻に, いらしたわ, いらっしゃらないでしょうこんな, いるおしおと, いるそこ, いるにせもの, いるわね, いるハンドル, いる乙彦, いる写真以上, いる哨兵, いる如くやっぱり, いる岩蔵, いる手紙, いる村人, いる気, いる生活, いる線, いる螢売, いる酒場, いる靴, うしろ姿へ, うばって, おいでね, おったかとも, おらず一見, おりました貴方様, おり他, おる武士, お午, お憩, お縄, お関所, かつ子と, きいたら外, きたというのみ, きたらその, きた七人, きた城兵, きた店員たち, きた物, きた豊饒, きてからも, きれいに, くるお天気, くるであろうが, くるや, くる万歳ども, くる出て, くる大入道, くる少年, くる料理研究家, くる油虫, くる秋, くる蒸気, くる足音, くる魔法ランプ, くれなくちゃ, ぐつすり寐入つた, こちと, こないらしいですな, こなかつた日, この地, この秘密, こられないはず, ころがるよう, さ, さまよ, しきりに何ごと, しばアらく見送っ, しまうこと, しまおうか, しまった列車, しまふまでは, すぐ働いた, すごい権幕, せい, そこで大屋五郎, そして金物屋, そのきみ, そのわけ, その博愛, その戀人, その狭い, その詮議, それからそこ, それから廊道, それがちやん, それによ, たちまち泣く, だれも, ちりぢり, つづけて, とにかく城中, どこという, なお生死, ならなかつたの, のどかな, はらって, ひょいと引込ん, ふと見ます, ほっと顔, まいった甲斐, まいり神様, まず水, また壁, また音, まって, みせる野中, みたらちょうど, みました時, みる勇気, めでたく十二月興行, もっといい, もらうとしても, やがてお, やねを, やわらかな, ゆきかけたが, ゆき山, ゆくその後首, ゆく伸子, ゆく気, ゆく鳥, よい場合, よん, わずか数分, ゐたらしい数名, ゐた波, ゐないエ, ゐならがら北, ゐるかに, ゐるらしいのに, ゐる位, ゐる天幕, ゐる昔ながら, ゐる浮世絵, ゐる節子, ゐる間割合, イタク統治区内の, カン, コークス殼の, シンプル, ツラを, ハンケチ包みを, ピカピカ光っ, ホールド, メーンストリートを, ロッキー山脈御存じでございます, 一二丁の, 一夜に, 一応その, 一時間とは, 一種の, 丁の, 三ヵ月の, 三年ほど, 三百里に, 上野駅に, 下宿します, 与六を, 両手で, 中庭から, 久々にて, 九日目, 了っては, 二三日横浜あたりを, 二天門で, 云うが, 五時間くらい, 人ごみに, 人間社会の, 今度誰かと, 仕舞う丈, 以來片時も, 以来絶え, 伏見に, 住むの, 何とかゴマ化, 何所に, 來さうで, 來られない, 修士課程は, 偶然林さんと, 働くべき必要, 元栗橋へと, 先達うちから, 全魏軍, 公魚の, 其の男, 内廊下, 冬庭の, 出勤簿を, 初めて宮門, 利害が, 劇場広場まで, 動けなくなる, 北停車場へ, 十八声の, 千秋万歳を, 南北の, 去年から, 参りましょうから, 参ると, 友染の, 叙景に, 可愛い同志, 同じブルヴァール, 向うで, 呉れないか, 命乞いの, 商人に, 嚔を, 四條の, 困る時, 土堤に, 地面へ, 堅い土, 売ったら金百両, 夕餉の, 夜店を, 大きな段梯子, 大変でしょう, 大杉氏の, 大門の, 太鼓の, 奈良井から, 女学校に, 始終歩き続け, 子供たちと, 學ぶこと多年, 実社会に, 寄って, 寝床に, 尋常に, 小姓の, 小説を, 少し経つ, 居たのに, 居た頃, 居ます炭, 居ります哩, 居るこれ, 居る公冶長, 居る當時天子, 展望し, 山越えに, 島田への, 巧者な, 席から, 帰京する, 年に, 広場で, 庭芝を, 弥左衛門町の, 役所に, 往きまして, 往けば, 後もとなら, 御呉れだった, 御裁量, 徳永君の, 応接室との, 思わず鉄槌, 恭しく伯爵閣下, 愈よそ, 成らないまでも, 戦う百倍, 所々見物なし, 手早く障子, 抱える様, 指しつづけた, 掩いかかる, 放浪の, 敲いて, 斬った, 新抒情詩, 既に文学作品, 日比谷を, 明るいうち, 映画説明を, 時折縁談の, 暗い気持ち, 暮方に, 曹操へ, 有楽座の, 木曾路を, 本義は, 来いや, 来さうでは, 来たいと, 来たげでござる, 来たつてこと, 来たふたり, 来たらしい百姓たち, 来たら当身, 来たコムソモール達, 来た三太夫, 来た人影, 来た六十歳あまり, 来た十歳, 来た夏, 来た実物, 来た年増, 来た惟光, 来た昔さん, 来た歳, 来た熊内中尉, 来た祐慶, 来た芳村, 来た証人, 来た野人, 来た高等学校, 来てるの, 来ないどうか, 来ない字, 来なかったらそれ, 来なすったからにゃ, 来はしめ, 来ますぜ, 来ようかしら, 来られないほど, 来るあかるい, 来るじや, 来るでしょうし, 来るまた, 来るジャーナリズムの, 来る丸太小舎式, 来る先生たち, 来る口, 来る女工さん, 来る幾度, 来る折, 来る本, 来る淋しい淋しい, 来る百姓二人, 来る老婆, 来る見込み, 来る道筋, 来る黄色い, 来彼女, 東京生活を, 松永久秀を, 柴折戸の, 桜田門を, 業を, 横須賀の, 次第に近づい, 正殿の, 武蔵は, 歩けるもの, 死体の, 毛布を, 水馬に, 沈め込むと, 法式を, 洋行した, 浜寺へ, 涼しい処, 清風の, 満山の, 漸次に, 灯は, 焼けない処, 父は, 物置小屋へ, 獣を, 現在には, 生命を, 田畑の, 申立てる, 異議なし, 白よ, 皆驚い, 直ぐ繁華, 看護婦がわりに, 眠り入っ, 知らなかった我が, 破骨, 神戸へ, 私だけ, 稽古に, 窺うと, 竿の, 節々の, 精養軒の, 終いました, 絶対的な, 繁栄した, 美濃から, 老人に, 職が, 胸へ, 自分でも, 興奮し, 良人に, 芳郎の, 若松町から, 茶店で, 菊五郎の, 葉子自身は, 薬局や, 蛇骨長屋, 行かせたが, 行かなかつたら何うしよう, 行かれた青木さん, 行きお松どん, 行きつけ, 行きませふ出ませいでか, 行き台所, 行き良民, 行くであろうという, 行くまでは, 行く今日, 行く妹, 行く我, 行く瞬間, 行く跫音, 行けない不可能さ, 行こうとも, 行ったな, 行ったら無聊, 行った兵馬, 行った岡, 行った治部太夫, 行った蔵光正利, 行つたさまは, 行つた彼は, 行つた親しい, 行つて了つたのだらう, 行つて残つてゐる, 行時は, 裁判を, 西片町の, 見ず知らずの, 見たらさぞ, 見た彼, 見ましても, 見るとか, 見廻すと, 親類がたの, 詠じながら, 語根だけで, 諸所の, 谿間の, 貰おうか, 貸浴衣, 走りまわって, 踊らない方, 車夫に, 辻で, 迷児に, 逗子通いの, 遂にカザン市, 遊歩道には, 遠く号外の, 郊外電車が, 酒折の, 野立せられた, 鉄道馬車で, 鍋を, 長持の, 間が, 闇の, 陣後に, 隣室の, 雨滴の, 露店で, 面白い由, 頭上を, 風雪の, 飮み, 馬道から, 騎土に, 高知から, 鳴いた, 黒い長いまつ毛

▼ 出~ (10380, 12.0%)

602 ない 502478 なかつた 402279 るの 227 ないの 212 るだけ 185 たの 167 ると 152 ぬ, ません 142 てゐる 131 るもの, るやう 119 ないこと 110 ないと 105 ること 91 たもの 85 ます 80 なかつたの 79 れば 76 なくな, るか 66 て來 64 ないで 63 て居る 60 てゐた 59 ないやう 57 ないもの 53 ないので 50 ないから 47 たので 46 なくなつた 45 ぬと 44 るだけの 42 ぬの 41 る筈 40 たと 39 ました, るが 37 ずに, ないが 36 るので 35 てゐ 32 ないといふ 31 るであらう 29 ない事, ぬもの, ませんでした 28 たが, なくなる 27 ない程, るかも, るで 26 て居ります, ぬが 24 るから 22 あが, たか, るかと, るといふ 21 たこと, ないん, るし 20 て居た, やしない, るだらう, る丈, る樣 19 たといふ, てゐない, なかつたが, なければ, るよう 18 ない相談, ませぬ 17 たから, なかつたので, ぬこと, るならば, るわけ, るん, る事, る限り 16 まい, るに, る人 15 ない筈 14 てゐます, ないだらう, ませう 13 たやう 12 た人, ないほど, なくて, ぬやう, ねえ 11 ず, たところ, た方, た時代, て居つた, ないぢ, ないよ, ませんが, るだらうと, るまで 10 て居, ないか, ないに, ないわ, なかつたから, なかつたと, ぬ事, ますか, るであらうか 9 たかと, た時, てそれ, ないし, ないところ, なくなりました, ることぢ

8 [11件] たならば, た子, て, てくる, ない樣, ぬから, るけれども, るもん, る譯, ん, 得る限り

7 [14件] たかも, たとき, てその, ないかも, ないなら, ない位, なかつたけれども, ぬであらう, まいと, まして, ますから, るだらうか, るほど, る人間

6 [20件] か, たけれど, てしまつて, てる, て居りました, ない人, ない時, ない自分, なかつたこと, なかつたで, なかつたもの, なくても, ぬけれども, ぬので, はしない, ましたが, ますと, ませうか, るものぢ, る女

5 [28件] さうだ, たであらう, たれば, た事, た所, た本, た爲, た爲め, てある, ない人間, ない樣子, ない爲め, ない男, ない者, ない藝當, なかつたん, ぬ物, ぬ筈, ましたか, ましたの, ませんか, ませんから, ませんわ, るくら, る奴, んの, 上ると, 無い

4 [65件] ずとも, ずは, ずば, ず又, たかといふ, たし, たもん, たわけ, た上, た後, た時分, た書, た目録, た頃, ている, てし, てしまつたの, てゐなかつた, て居ない, て居り, て居りまし, て行く, ないけれども, ないため, ないほどの, ない前, ない力, ない有, ない身, ない運命, なかった, なかつたらう, なからう, なくては, なくなつ, ぬほど, ぬ人, ぬ人間, ぬ程, ねえん, の良い, ましたので, ますが, ませぬから, ませんよ, るかい, るけれど, るだけは, るであらうと, るとき, るなら何, るのに, るのみ, るばかり, るまでの, るも, る仕事, る位, る時, る次第, る者, る間, ればい, 上りました, 上るの

3 [104件] さうで, さうなもの, ざれば, しにより, ずまた, ず而, たけれども, たとしても, たに, たよ, たらうか, たらと, たりし, た人達, た人間, た位, た新, た程, た筈, た譯, た類書, だつた, てきた, ても出, てやしない, てをります, て大, て居つ, て居ます, て非常, ないうち, ないからと, ないけれど, ないさ, ないでも, ないで困つ, ないとの, ないのみ, ないほどに, ないまた, ないわけ, ない一種, ない仕事, ない問題, ない氣, ない私, ない謎, ない譯, なかつたし, なかつたといふ, なかつたに, なかつたやう, なかつた事, なかつた時, なかつた爲, なくとも, なん, にくい, になる, ぬかも, ぬといふ, ぬ中, ぬ位, のいい, の惡, ますの, ませうが, ませぬが, ませぬと, ませんからね, ませんし, もしない, やしません, りて, るかしら, るかといふ, るかな, るかね, るからね, るぜ, るそれ, るため, るであらうかと, るでは, るところ, るとも, るね, るまでに, るまでには, るまでは, るや, るわ, る人間ぢ, る力, る場合, る柄, る物, る男, る程, る藝ぢ, る頃, る點, 得るならば, 難い

2 [273件] あがらぬ心, あがりて, おるを, かかつて, がある, がよく, が惡, が惡い, さうである, さうです, さうな事, さうな氣, ざりしが, ずい, ずさうかと, ずさりとて, ずその, ずた, ずと, ず却, ず只, ず更に, そこね親父, たかは, たからと, たこれ, たその, たそれ, たため, ただけの, たであらうが, たとでも, たとは, たとも, たな, たのに, たのもこの, たら, たらう, たらお前, たらば, たらばと, たら何, たら昔, たら私, たら自分, たる子, たる時, た一人, た動機, た多く, た大, た大きな, た學問, た店, た彼, た思想, た最初, た有名, た材料, た樣, た此, た法律, た男, た皺, た石, た神道, た者, た舊唐書, た藏經, た部分, だ, つつある, てあの, てからと言, てから後, てか今, てす, てそして, てなく, てはゐる, ては居ず, てま, ても神, ても腹, てより, てるが, てゐました, てゐるだらう, てをり, てをりません, て其處, て大いに, て居なかつた, て居なさる, て居ました, て居りません, て我が, て或, て氣, て相, て私, て結構, て見た目, て間, でもした, とる方, ないあの, ないある, ないかと, ないかの, ないくら, ないことぢ, ないこの, ないぜ, ないその, ないぞ, ないとき, ないとしても, ないね, ないのよ, ないは, ないばかり, ないばかりか, ないまでも, ないよう, ない一體, ない不思議, ない中, ない事實, ない即ち, ない場合, ない大, ない女, ない家, ない彼, ない心持, ない性分, ない性質, ない感動, ない氣持, ない物, ない理窟, ない自然, ない藝當ぢ, ない親, ない道理, ない音, ない點, なかつ, なかつたお, なかつたとしても, なかつたら, なかつたらうと, なかつた位, なかつた彼, なかつた筈, なかつた行き, なくなります, なくツ, なく成つたの, なけり, なされた處, にならない, になります, ぬか, ぬかや, ぬからとて, ぬがの, ぬこぐら, ぬでは, ぬところ, ぬとしても, ぬとて, ぬは, ぬ勝, ぬ境遇, ぬ掟, ぬ時, ぬ有, ぬ業, ぬ理由, ぬ男, ぬ結果, ぬ結界, ぬ者, ぬ藝, ぬ點, ねえこと, ねえもの, のわりい, の像, の惡さ, ばえ, まいし, まいぞと, まいよ, ましたから, ましたならば, ましたよ, ましたわ, ましてから, ますし, ますとも, ますね, ますまい, ますまいか, ますまいから, ますよ, まするか, ませう遊んで, ませぬけれど, ませぬでも, ませぬ大勢, ませぬ夫, ませぬ親, ませんからねえ, ませんでしたので, ませんと, ませんね, ませんの, ませんので, りしに, るからと, るさ, るすべて, るその, るたび, るだけで, るだろうと, るとして, るとしても, ると共に, るなら何時, るなら宮廷, るのよ, るはず, るほどに, るもんぢ, るんぢ, る以前, る出來, る前, る又, る土地, る場所, る婦人, る年, る日, る是, る望み, る村, る此, る男ぢ, る種類, る處, る見込, る視力, る話, る迄に, る迄には, る道, る餘地, る餘裕, んお, 上り方, 上る, 上るといふ, 上る頃, 得るだけ, 無くて, 過ぎて, 難いこと

1 [1911件 抜粋] あがった赤砂利, あの, うるかぎり明瞭, かかつ, かねまする, がわる, が惡るい, この模造碑, さうだと, さうなこと, さうなん, さうな氣分, さすがに, ざる處, したかと, したり, して, しやと, し歸ら, する時, ずしばらく, ずそして, ずどちら, ずベンチ, ず一生不遇, ず世の中, ず亡夫甚五兵衞, ず何れ艇, ず偖, ず其人, ず勝手, ず叔父, ず否, ず夫, ず寺社奉行, ず希臘内地, ず彼等, ず憤恨, ず手傳, ず既に, ず是, ず此上居喰, ず現在, ず當面, ず結局, ず自分, ず辨當袋, ず酒色, ず馬, せしかば, せる事實, その中, その文字, それから次第, たい, たお子さん, たぐらゐでは滿足, たぜ, たであらうか, たでせう, たとともに, たなら, たなら大抵, たね, たはず, たばかり日盛り, たらうし, たらかうして, たらしい橋, たらそれ, たらたべた方, たらどれ, たらもう, たら些細, たら幸, たら武生, たら渠等, たら老人, たりした, たりなどし, たり誤字, たるべし, たる事主親, たわ, たんで, たピルパイ, た丈, た主, た事情, た人ぢ, た以後, た停車場, た其借金, た出來, た刹那主義, た原稿, た只一つ, た囘教文學, た土藏, た塵塚, た女, た娘, た富士見, た小さな, た山脈, た建物, た感じ, た或, た故に, た文筆眼心抄, た日本國現在書目, た普請, た東京府, た歌物語, た武士, た沈家本, た津志田家, た湯槽, た物語, た玩具, た由來, た當時, た目, た神樣, た結果, た美事, た腕, た芭蕉, た落着き, た語さ, た身なり, た返事, た道經, た重, た鏡, た隧道, た音樂, た體, だしたやう, つ, つこありませんね, つこねえん, つるいと, てい, てうつくしい, てかと奧樣, てからだ, てからは先, てからは編年體, てから世人, てから多量, てから通り, てこの, てしまひます, てそれで, てどちら, てない當局役人, てはつぶれ, ては居る, てもあれ, てもその, てもまだ, ても仕, ても同じ, ても所謂完全, ても智識, ても私, ても誰, てよ, てると, てるもん, てる時ぢ, てる筈, てゐねえ, てをつた, てポツポツ, て七略, て上手, て二重, て仕舞つた, て先祖傳來, て内, て剛直, て十七八里, て參, て同, て呉れる, て困るだらう, て壓, て天地, て妹, て居つたなら, て居らぬ, て山, て平和, て役所, て心配, て支那研究, て明治廿二年以來川床, て普請, て未だ, て歸, て渠等, て煤けた, て甚曖昧, て神戸, て稻, て累年續, て羊羮, て色氣違, て萬事圓滑, て衰, て通典, て隨分道樂, て風俗習慣, て高知, ではなかつた, で默つて, とりやせんぢ, とる筈, ないいや, ないかなしい人間, ないくせ, ないそれに, ないたち, ないつて云, ないといふだけ, ないな, ないなんて, ないふかさ, ないわれわれ, ない一つ, ない七, ない事ぢ, ない今日, ない仲間, ない佛祖統記, ない健康, ない其, ない几帳面, ない半, ない原始的, ない呪縛, ない國土, ない境遇, ない大金, ない季節, ない家元, ない實際的社會主義者, ない已, ない建物, ない彼女, ない心苦しさ, ない悲しさ, ない意見, ない態, ない或, ない文士, ない日劇ミュージクホール, ない智慧, ない東京, ない殆, ない汚名, ない淋しさ, ない濁れる, ない爲, ない玻璃, ない甞, ない目, ない神經衰弱, ない端麗, ない純, ない美しいもの, ない老人, ない肉體, ない良さ, ない萬葉, ない裏板, ない親しみ, ない試練, ない貪婪, ない途方, ない重重しいもの, ない長さ, ない障害, ない餓ゑて, ない鮮, なかつたかも, なかつただらう, なかつたとき, なかつたなどといふ, なかつたらしい, なかつたらまた, なかつた人々, なかつた便宜, なかつた勝利, なかつた嫡子平内, なかつた心持, なかつた所, なかつた樣子, なかつた秋, なかつた者, なかつた謎, なかつた點, なくした, なくなつたこ, なくなりつつ, なくなり即ち, なくなり細君たち, なくは, なさ, なりき, にくいといふ, にけり, になつて, になりますなら, になれ, ぬからね, ぬさき, ぬぢ, ぬでも, ぬとの, ぬならば, ぬなら矢張永久, ぬのみか, ぬまで, ぬらしい, ぬわが, ぬテイク, ぬ事故, ぬ仕事, ぬ何, ぬ個體, ぬ加, ぬ孤島, ぬ尤も余, ぬ心持, ぬ意思, ぬ故, ぬ樣, ぬ死骸, ぬ然るに, ぬ理想, ぬ矢張因果法, ぬ程甚, ぬ見方, ぬ譯, ぬ道臣, ぬ鈍い, ね, ねえでダンス, ねえので, ねえもん, ねど, ね商, のよく, の其の, の店構, の由書状, の顏つき, はその頃九州, は前, へんし, べし我々始め村中, まいなどと, ましたけれども, ましたと, ましたら木曾, ましたん, ました四部, ました新, ましてね, まじとは, ますかね, ますさらば, ますまいよ, ますると, ます何故, ます織物, ませうそれ, ませぬで唯, ませぬ只, ませんで, ませんでした辛, ませんもつと, ませんナニサ兎, ません吾等, また, また暖房, もいい, やうし, やせぬやらなければ, や人氣, られない話, りたる一個, り互, り兩人, り平伏, り是, り與力, るいろ, るかぎり多量, るかなど, るこの, るし餅, るそれゆゑ自我, るだけでも, るだらうけれども, るだらうな, るぢ, るつもり, るであるから, るで御座んしやう, るとい, るとともに, るならい, るなら御馳走, るなら私, るのね, るべ, るやうぢ, るらしく見える, るス, る一番, る丈手, る三界瀑, る丘, る人柄, る何, る併, る個處, る具體的, る即ち, る史的標本, る品行方正, る塲所, る夕, る大理石, る娘ぢ, る定期航空路, る川, る彼, る怪力, る感じ, る政治家, る新, る時に, る月, る林檎, る業, る歌, る殆ど, る法律上, る然るに, る生徒, る病氣, る程合力, る米, る細工, る緩い, る茶入, る行粧, る訣, る誰, る跡, る近所, る郷, る金持ども, る限り彼等, る限り長命, る頃以前, る魔物, ればよ, んことに, ん日, 上がります, 上らずして, 上らない大きい, 上りたり, 上りますと, 上るごと, 上るとの, 上るや, 上る迄の, 上れり, 又その, 又水中, 同時に富士山, 居れり, 得るかと, 得る樣, 得る限り暴力, 易い, 無いが, 申さず候金子, 過ぎた方, 難いもの, 難き所, 難き有, 難く其故

▼ 出~ (2584, 3.0%)

34 たるは 30 たるに 2422 來る 20 たるが, 來り 19 来たり 15 来りて, 来る 14 む, 去る 12 来て 11 たるを 10 あつた 8 ければ, 来り, 見て 7 たれど, 行きぬ 6 しに, たるも, なば, ゆく, 見れば 5 けるに, らる, 候, 来れり, 給ふ, 行きて, 行く

4 [14件] これを, させ給, たる, たるなり, つれ, ぬれば, まさね, むと, 來れ, 去つた後, 来りぬ, 行きたま, 行けり, 通ぬ

3 [36件] ける, しむ, そこから, それから, それが, たまひき, たまふ, たるか, たるには, たるを以て, たる者なり, なむ, また, ゆく姿, 下さいました, 下の, 去りぬ, 向ふ, 家の, 来たりぬ, 来たれり, 来らず, 来るなり, 来るもの, 来るを, 来れば, 来れるは, 玉ひし, 申し候, 給ひぬ, 行きしが, 行きし後, 行くを, 行けば, 豊臣の, 迎へて

2 [137件] あつて, おりまた, おる, くること, くる時, けるが, ける時, けん, けん初, こ, ここに, ざらん, ざるは, しめば, しわが, そこに, それに, それより, それを, たつ, たると, たるの, たるはなんぞ, たる人いかばかり, たる者は, だよ, つつつい, つらん我, つるもの, て, であるが, ながら石礫, なすったね, なすつた, むか, むとして, むとす, むとするは何ぞ, むとせしが恐し, むと欲する, むや, ゆきし, ゆき途, ようはず, よ出でよ, ゐて, んとして, アッシージの, ドイツの, ホッと, 下さいました徳, 丘に, 二人の, 人と, 來, 來て, 來りたる, 來れる, 俄に, 候て, 候に, 候ま, 候まま, 候事に, 僅に, 元の, 入りて, 入ると, 入るふかき, 入る子ら, 入口の, 其処から, 其維新後に, 剣状広, 勇退高踏遂に, 去らんと, 去りたり, 去れり, 右手に, 名を, 名家は, 土人に, 夜に, 夜の, 大方散りつくした, 大曲り, 大雨に, 夫に, 夫より, 始て, 小児と, 尽した, 居て, 川を, 左の, 引返して, 後に, 我は, 手が, 有名な, 来たと, 来たりて, 来りしが, 来りし若き, 来りその, 来るの, 来るは, 東軍を, 正直者らしい代り, 法家は, 涼を, 無言にて, 玉はん日をこそ, 生活の, 目の, 祖先の, 窓の, 立を, 給ふこ, 而し, 腕も, 行かれ候, 行かんと, 行きたり, 行く跡, 表通の, 西の, 見なれぬ棟梁殿, 見る毎, 読み書きなども, 身を, 迎えて, 遊しました, 鍬を, 閣下の, 階を, 静に

1 [1783件 抜粋] ああ麗わし, あらうと, あるいは病める, ある都, いかに遠き, いったん浪花, いづれも, うちの, おはする, おるから, お父さんは, かかれば, かっせん, かの勇將, がてぬ, くだされて, けむ杯を, けれ, けん初鰹, ことばにも, このひどく, この稿, これには, さいと, させられついで, さて大見得, さも忌々しい, ざま, ざらんやです, ざる基督教が, ざれと, しその, しだいに遠ざかっ, しま, しめ陣を, し事, し日, せうか, そうしてとうとう, そこで口笛, そしてはや, そのため寄手, その兄弟, その国, その巻, その東大寄山, その水, その葉, それからさまざま, それから村舎離落, それで号, たたしき, たちで, たつと, たまは, たまひける, たまへ, たるあり, たるなるべし, たるまた, たる一枝は, たる余の, たる名と, たる心地台所の, たる氏, たる玉キヤベツいつく, たる素盞嗚尊の, たる者なる, たる者にて, たる間に, たれ何方, だとは, つつ保証人, つつ目, つらん, つるも, ていざと, てこと, て以来殆ど現代小説, て又, て帯, て本郷山, て益異様, て見れ, て雪の下, でございましたが, ところどころを, どことも, なおも一つ廊下, ながら, なさいます私, なすったの, なすって, なむは, なんでも, な一つ, ぬる処, ね第, ばおのれ一人跌, ばや, ふたりを, まさず, ましな, まする, またその, また他, また登り, むかえて, むさま, むとする心次第に, むとすれば伊藤薊山上京したる, むとせしに気色を, むとわぶ汝すら, むわれも昔の, もうやがて別れる, もはやこの, やがてその, やつと, ゆかしめぬ, ゆきし子, ゆくそびら, ゆく牛車, よかし, よとお, よと呼び出し, よ一喝, よ秋, わかれて, われらの, アインシュタインは, アラル海や, オクシマと, カムパアニュ・プルミエェル街に, ゴリラより, ナイル河水源地帯を, バーデンを, プロテスタニズムより, メティエンヌの, ヴントは, 一乗に, 一人, 一席の, 一日に, 一杯にな, 一行に, 三に, 三崎へ, 上の, 上着を, 下さいますやう, 下されたく命, 下すって, 且つ仰ぎ, 世は, 両国の, 中山坊門外に, 中門へ, 主脈を, 之と, 乾隆頃から, 二三町來りける, 二分間したら, 二宮農塲に, 云々なりし, 五里原田駅なり, 交互起伏し, 人に, 人家に, 人目を, 今の, 今日まで, 伊南川に, 会ひたる, 何か, 何やら諄, 余所目にも, 來ぬ, 來らむには, 価を, 候おもむき, 候との, 候はば, 候ふまじ, 候ようこれ無く, 候上材木町生薬商人近江屋源八に, 候次第に, 側面から, 傳吉の, 僮僕どもこの, 先輩の, 光琳光悦の, 入りにそ, 入る人, 入る妻子, 入海を, 六七町行く, 其径路に, 兼て, 内々その, 再び取引, 再び戸台, 出で, 函館に, 判官苦心すれ, 別段鬼一法眼, 前の, 力の, 勝ちに, 勤勞に, 北向の, 十九歳に, 千山諸, 南は, 厳めしく, 去りしが, 去ると, 去れば, 口笛鋭く, 右へ, 合うずもの, 合って, 合ふ, 同じエストゥレマドゥラ州, 同二年二月二十二日, 名高い念場ヶ原, 向へ, 吹浦象潟を, 告文は, 品川宿の, 喜び迎うる, 四辺の, 地を, 垣の, 堪えがたい断末間, 士官と, 外務省に, 多く役所に, 夜, 夜分まいりまし, 大勢の, 大峠を, 大石田浄願寺境内, 大雪田を, 天明年代に, 天神様が, 夷賊の, 女房を, 妄りに, 始めてエホバ, 学校は, 安永年代の, 客の, 室内は, 家主の, 寺の, 小みつ, 小河内で, 小野原を, 尽したでありませう, 居る, 居る所以, 山の, 山稜を, 岸本から, 崛強に, 川畔に, 左後には, 巨巌の, 師範学校の, 帰途に, 平戸で, 床なる, 座右の, 庭下駄を, 弁天湯の, 当世の, 彼を, 往った, 後の, 徐州へ, 得ず皆, 得べきか, 得るもの, 御処置, 忍の, 思わず二人, 悠々と, 悲しみ泣け, 我等は, 戦争地域から, 戸口の, 手習の, 押し借りの, 攻玉舎の, 教へ, 敵陣の, 斯の, 新装された, 日出雄少年は, 日本古来の, 明方杉田に, 明神が, 是より, 晩飯を, 暗夜の, 暮に, 更に北海道, 更に朝鮮, 書院の, 會と共に, 朝倉家に, 木場は, 本所に, 杉原伯耆守が, 来ざれば, 来しなれば, 来し二十七八, 来し我, 来たらざるとき, 来たらん心地, 来たるとともに, 来たれるが, 来た貫一, 来な, 来ぬから, 来らざるべし, 来らむに, 来らんと, 来りたるなれ, 来りつ, 来り仮面, 来り当時, 来り相, 来り花道, 来るなるべし, 来るべきを, 来るよう, 来る天才, 来る山, 来る海嘯, 来る継母御, 来れる, 来れる宏壮, 東北へと, 松平伊豆守殿御役屋敷を, 松火の, 柳原を, 桃の, 梯は, 椽端に, 様子を, 次いで一枚, 次にその, 歌話が, 此から, 歴史は, 毎年の, 気品は, 永年育児事業を, 汝の, 江戸の, 池頭に, 沛然として, 沼宮内もつつと, 泣かむとすれば雪, 津の, 流れゆるき, 浦賀に, 海に, 海王降参の, 涙流るる, 湖水に, 源氏節丈けを, 漁業を, 火鉢の, 無実の, 燈も, 父の, 牡羊の, 猪属の, 獨立性を, 玉川上水を, 瓦剌を, 田の, 田舎稼ぎを, 申さる, 申候, 當然味は, 白山権現の, 百も, 皆謹の, 目も, 眠らせて, 石の, 神の, 神餘瀧口を, 私達に, 稻の, 空に, 突入馳撃し, 立に, 竹木を, 箒川の, 米搗きなど, 約一ヶ月, 経学の, 給うと, 給う上, 給はん, 給ひしが, 給へとの, 給わずそれ, 絶えぬという, 缺くる, 美濃から, 老樹の, 聖人は, 胸ふくらまし, 臥して, 自分が, 舌を, 船の, 花道中ほどにて, 若々しい詩情, 茲から, 草鞋を, 菜圃を, 葉は, 蒲壽庚は, 蘇州を, 虎に, 蚊を, 衆と共に, 行いたか, 行かれたわけ, 行きしと, 行きたる, 行きたれ共, 行き給, 行くと, 行くなんて, 行くわけ, 行く姿, 行けが, 行けり跡, 行ひ, 行方知れずなっ, 裏山に, 見し軽, 見ればと, 角端という, 設けの, 諸弟子, 諸羌人, 豁達で, 赤羽根橋を, 越前に, 足輕十騎を, 路, 車夫には, 軍鋒の, 辿り行くほどに, 迎えます時, 迎へ, 近巷, 逆に, 途中まで, 逢うたその, 逢ひたる, 遂に容易, 遊ばしました何, 道余録を, 道長という, 鄙の, 酒井雅樂守の, 野の, 金の, 鉄炮洲の, 鎌ヶ池に, 長安城東南部に, 陶方に対して, 隠岐より, 難きほどの, 難くそこで, 雲の, 韓信, 頃刻し, 願いたいという, 風月堂に, 飛躍せしめ, 首尾を, 馬に, 馬超, 駒津岳を, 驚き走る, 高家衆の, 魏の, 鳥に, 鶴川に, 麻布の

▼ 出~ (934, 1.1%)

7 中に, 人の, 種に 5 秀才で, 青年が 4 ために, 中で, 中の 3 うちに, とまつ, なかの, やうな, ように, 女優である, 時は, 物な, 詞うれしく, 青年は

2 [60件] ある道程, うちでも, お米, だよ, ところ, ところを, なかに, なつかしさ, ほかに, ものである, 中から, 中でも, 人だ, 人で, 仲間姿の, 健康な, 優秀な, 前の, 卜部などから, 君が, 多いもの, 夢は, 女房達と, 子息が, 学生なぞは, 小槌を, 少年は, 尺翰なり, 工場管理者を, 役人の, 彼は, 文士に, 方は, 時分から, 時間が, 東京人の, 校長は, 様子です, 歌だ, 歌の, 母の, 母親を, 法体芸人の, 法学士である, 為に, 無躾さ, 田舎者の, 男教員が, 画像が, 畫像が, 私は, 種と, 者ばかり, 若いちゃきちゃき, 若干部分は, 薄明り, 記を, 農家の, 遊隊一も, 青年である

1 [741件 抜粋] ああ一生涯, あきんどは, あたりは, あなたは, あの手紙, あぶれ者すべて無職の, あるくみ子, あるもの, ある武蔵野, いい人, いくつかの, いなか与力じ, おかみさん, おそい晩, お坊ちゃん, お手紙, お方でございます, お方とか, かずかず, がある, きょうきのう江戸へ, きらいな, ことごとくが, ことなども, この人, この女優, ころから, ころでした, こんな田舎もの, ごときも, ごとくぶるぶる, さむらいども, しかも書生, しみないもの, たいへん仲, たびに, ため, ためでも, ためにといふ, ちゃきちゃきです, つきまとう内地, とき行き, ところへ, なかでは, なかには, ひとって, ひとつふたつ, ほかいつの, ぼくは, またはいわゆる, むかしを, ものも, やうだ, やうです, やうに, わりに, わるいところ, をドルフさん, アメリカ人で, アルバム, インテリには, インテリらしい, インテレ都会に, オリガとの, ギリシアの, クリスチャンであり, コンムーナ員だ, シモネエといふ, スイートハートに, セリフを, チョコ銀へ, チンチクリンの, ドクトルであった, ハイデルベルヒを, バルザックが, ベルニィと, 一つだ, 一つである, 一つと, 一つな, 一と, 一人位もっ, 一学者を, 一撃に, 一教員は, 一比丘としては, 一番奥に, 一部に, 一高の, 三才駒であろう, 三月が, 三河武士の, 上から, 下女が, 中では, 中を, 丸帶を, 事た, 事だ, 事という, 事といふ, 事ゆゑ浪人職で, 二つ三つを, 二十八歳どちらも, 五年十年の, 人々である, 人々の, 人々や, 人々を, 人たちにとっては, 人たちの, 人でした, 人では, 人として, 人には, 人はと, 人ばかりが, 人も, 人聰明と, 人間が, 仕度の, 仕度を, 代議士が, 代議士に, 令嬢が, 令嬢なにがしの, 会, 伜与之助と, 佐久間象山の, 佐竹佐武郎の, 作品とは, 作家が, 作家批評家たちとともに, 作者の, 侍が, 俊猛, 修行者ずれと, 俳優は, 俸給六十円会計課勤務の, 俺は, 個人に, 働き者で, 僧一人声明研究の, 光が, 党員で, 全部僕の, 八等官の, 内何れか, 凧に, 初年兵に, 労働者の, 勝つ母親, 匂が, 匹夫など, 医学士の, 十二神に, 十八九の, 印象で, 原稿に, 参詣を, 友人が, 叔父が, 取縋る術, 古い貴族, 古屋敷君の, 号で, 合圖が, 吉例も, 同僚某に, 同志は, 同胞国民とともに, 名高い歌人, 后といふ, 吟遊詩人が, 味と, 唄, 囃子を, 土地だつた, 地質学者であった, 士族だ, 声が, 多い処, 多い堤, 多い小舎, 多い橋, 多い田, 多い記念, 多い門, 夜の, 大井三郎と, 大学生らしく, 大将にも, 大番頭たち, 大皿に, 大衆的な, 大運動, 天の橋立海も, 奉公人などが, 奉行ごとき, 奥様に, 女だった, 女であろう, 女に, 女も, 女中が, 女中は, 女中一人使っ, 女形にて, 女房, 女教師中, 如く, 如何ばかり, 妻クララ及び, 姿, 娘さんたちは, 娘たちを, 娘には, 婆やが, 婦人だつたら, 婦人科の, 嫁が, 子供の, 学士と, 学士の, 学生が, 学生の, 學者を, 宏大な, 宜しい者, 宝塚名曲集, 客を, 宮川より, 家庭教師の, 家族二百八十家の, 小倉とき子が, 小冠者です, 小娘とは, 小槌か, 小槌です, 小槌という, 小田原市長鈴木十郎氏を, 小者の, 小間使いが, 少い人から, 少ない西洋建築, 少壮判任官を, 少年少女は, 尼さんの, 山出しの, 山出し書生の, 岩も, 工学士であります, 工學士であります, 巫女で, 帷の, 底に, 店員あがり, 座敷に, 建築家, 彼には, 彼の, 彼等は, 後で, 御奉書勢州山田, 御新造を, 御祝儀参上可, 志士を, 急須に, 恨みが, 愛嬌たつ, 慣例執行語であり, 所を, 所謂, 手紙が, 手紙を, 技師技術家が, 技術者であった, 持つ甲斐甲斐し, 指導者は, 支度であり, 支度を, 支配人が, 政治家でなけれ, 政治家などが, 教師が, 教師と, 数々を, 数学者が, 文句を, 文学に, 料と, 料理教師が, 新しい作曲家, 新人を, 新学士, 新座敷, 新進作家が, 新進者に, 方で, 方にゃ, 方面において, 旅しもぞ, 旗揚げでは, 日数を, 早田が, 明るい色, 映画俳優志望の, 時とう, 時とうとう, 時の, 時も, 時刻が, 時嫡男高視樣は, 時襷にでもと, 晩番に, 智慧者じゃけ, 書から, 書である, 書などは, 書に, 書は, 書生だ, 書生だった, 最も遅かっ, 最初の, 月夜なり, 有やう, 有名な, 木地師に, 本番と, 杉田という, 杏丸に, 条に, 東北の, 果, 某男爵, 森田わたくしの, 様に, 樂さや回想の, 樫の, 橋の, 機械屋であった, 歌が, 歌に, 武人が, 武辺者が, 民間学者で, 気位と, 永井やは, 汽車の, 河内山遺愛の, 法學士だ, 淑女より, 深いもの, 深い人, 深い旅, 清ベエは, 温泉地を, 炭焼長者も, 点なき, 無よし, 無学な, 無知な, 爲めに, 父の, 玉塚英信を, 理化学研究所塩見研究所金属材料研究所低温研究所電気通信研究所各, 理智的な, 生々しさ, 田舍漢は, 田舎の, 田舎娘じゃ, 田舎教師が, 男が, 男であった, 男先生である, 画家なれ, 留学生の, 當時やかまし, 痛手だ, 白光の, 皿にも, 目に, 着つけで, 着服に, 着物のでなく, 着物らしい, 石川良右衛門は, 石川良右衞門は, 研師に, 示命, 社会学者に, 祖道の, 神分という, 禁じ難い, 秀吉は, 私の, 私一人の, 種とも, 種ならぬ, 種にでも, 種族かも, 竹山が, 第一歩として, 筈にな, 管理者及び, 米国上院議員に, 糸口が, 素人が, 素直さが, 紳士かと, 紳士若い, 綾が, 緑鶯のを, 緒口に, 緒口は, 繪はがきは, 美しいヤトナ, 老人が, 職工は, 職業婦人は, 興世王は, 舞の, 船頭の, 色目遣ひ, 芙美子さん, 花と, 花見で, 花見に, 若いピアニスト, 若い事務員, 若い人間, 若い作曲家, 若い女, 若い女たち, 若い男, 若い社員, 若い記者, 若い連中, 若夫人, 若夫婦, 若旦那を, 若者が, 若者の, 英国人程度だ, 英國の, 蘇るたび, 血まつりに, 衆五六名を, 街, 衣裝の, 衣裳だ, 西国訛の, 記である, 話を, 語が, 論文を, 諸君では, 議員の, 谷村君で, 貨物は, 赤き毛糸, 走馬燈は, 跡を, 軍人, 軍人で, 農夫が, 農夫発見, 近衛家所領目録の, 迷信家で, 連中にも, 運転手の, 道具屋に, 遠い幽か, 部屋からは, 醫者で, 采女と, 野島が, 野育ちな, 鈴木氏や, 鉄道省属生駒節蔵, 銀行が, 長女純の, 間非常に, 阿多, 電燈会社に, 電燈会社の, 青年だ, 青年であった, 青年などが, 青年には, 青年建築技師である, 面白さ, 類ひとかを, 風景を, 香水ランデブウの, 馬だ, 駈出し剣客, 高井の, 黄八丈の

▼ 出たり~ (700, 0.8%)

109 入ったり 79 して 42 入つ 28 這入ったり 25 した 17 するの 11 這入つたり 10 すると, 引込んだり 9 引っ込んだり 7 したが, する 6 すること, はいったり 5 するよう 4 したの 3 するので, 何か, 出たり

2 [18件] したこと, したので, したもの, してね, します, するが, するところ, だんだん地面, 人に, 兎角し, 午餐に, 左官から, 引っこん, 消えたり, 狭い道路, 見るうち, 部屋の, 隠れたり

1 [280件] あの芒, あるいは寺, あるいは文字, あるいは色々, いい心持, いたしますが, いつもより, いろいろ遠廻りを, おかみ自身手織の, お勝手を, お寺の, お寺へ, お茶を, きのうテツに, くしゃみが, くたびれたり, けどその間僕, ける友次郎, けれ, こういう程度, こくもつ, こっちへ, さうでなく, しかも雨, したがったが, したくなるの, したため, したという, したわけ, した事, した人々, した後, した時, してさ, しては, しても, してるん, しないでしょうか, しなかったでしょうか, しながら, しまいには, しました, しましたが, しましたら, しようもの, し時ハ, するくらいの, するたとえば, するぢ, するって, するほか, するほど, するもの, する世話, する事, する時, せっかくさがった, せは, せわしない, そういう世間, そうかと, それから夜, それらしい, ちぐはぐな, ついて, で, どんな日和見主義者, なさらないこと, なにかひどく, なにかひどくごたごたした, なんかしなく, なんどする, はいッ, ぶち壊して, またそれ程, またどこ, また外泊, また奥, また庵, また或, また持っ, また歸つて來, また狭い, また納戸, また麓, みそさ, もじ, アレキサンドロスの, イタリーに, ゴルフ場へ, ゼミナールに, パーティに, ベルリン留学中かの, マッチを, レコードへ, 一つ目小僧が, 下丘, 下宿の, 両刀を, 亀千代ぎみの, 二つに, 五六遍する, 京都の, 人と, 今度は, 何とかし, 何の, 余は, 例の, 兄き, 先ほどの, 入ったりに, 其時の, 内に, 内憂外患これでは, 出なかったりでも, 出なかったりの, 出入し, 勝手口の, 北国街道との, 北海道へ, 半畳が, 厠へ, 又先頃墓場, 又隣り, 取引先を, 受け持ちの, 右へ, 名物の, 呻くが, 問はね, 嚔が, 四壁に, 四方の, 塩せんべいが, 外を, 外歯へ, 夙や, 夜ねられん, 夜は, 夜会へ, 夜店物の, 大声に, 天才的な, 夫の, 失敗し, 奧へ, 女と, 女の, 妙な, 子規居士が, 学校みたいな, 室の, 家の, 宿所へ, 寄席の, 密に, 寒気が, 小さな橋, 小皿が, 少し貸し, 履歴書など, 左に, 幽霊や, 幾人でも, 店屋に, 座敷の, 廊下を, 引いたり, 引つこんだり, 引ッこん, 後へ, 後ろへ, 復讐戦が, 心の, 必竟学問を, 慢心が, 或はまた理由, 或はよそ, 或る, 手を, 扨又郡奉行松本理左衞門方にては, 折柄師走の, 持って, 撃剣叢談では, 教師を, 數尺の, 文官試験に, 文官試驗に, 旅宿も, 春の, 時と, 晩飯の, 晩餐の, 曇つ, 枯川が, 棚引く煙, 検事の, 検定試験を, 横へ, 欄へ, 止ったり, 此者が, 武家奉公し, 死ぬる人, 汗を, 江戸へ, 注文し, 洞の, 浮環を, 深い無限, 深夜の, 深雪が, 湯に, 溪谷を, 然るに伊豆守殿御役宅, 狐が, 独唱し, 狭い石垣, 猿楽舞の, 獄中記を, 現代の, 田端へ, 町の, 種々御馳走が, 稲刈に, 笑い声も, 細君の, 縣信聯の, 背戸へ, 胸が, 腫れ物が, 腸を, 自分の, 致しました者, 色が, 血染の, 行商にも, 街を, 街路を, 裏に, 裏町に, 西に, 親方も, 言葉に, 話にも, 議論が, 谷に, 貯水桶の, 赤ペンキを, 足休みに, 踊ったり, 近くを, 退いたり, 退つたり, 這入たり, 連載も, 遠い町, 遠い谷間, 郊外に, 郷里の, 都でも, 都会人と, 金を, 金語楼に, 附いて, 院へ, 随分愚, 離れたり, 電燈が, 面倒な, 革命を, 頭が, 顔を, 風に, 飛騨の, 馴路とて, 骸骨が, 魔界の, 黒い煙

▼ 出てから~ (678, 0.8%)

9 私は 8 間も 5 女性には 3 二日目の, 何を, 初めての

2 [41件] ささやいた, どうする, まだ半年, もう一里あまり山, 一刻も, 一瞬間とても, 一週間ほど, 三人は, 二人は, 二年とは, 五分も, 今に, 今まで, 今日まで, 伸子は, 先の, 十二時過ぎに, 十年ばかりの, 半七, 口の, 右へ, 呟いた, 官途に, 少しの, 幾月ぞ, 彼は, 彼女は, 後の, 後も, 持って, 暫くし, 東京へ, 欧米では, 気がついて, 私達は, 空を, 考えて, 自分は, 言った, 足かけ四年に, 間もなくの

1 [565件 抜粋] ○○市の, あつしは, あての, あとで, あのこと, ある安料, いきなり, いった, いったいどれ, いつもふさぎこんでる, いままで何処, およそ十分, お話しましょう, お送りし, お鳥, かえるまで, かれこれ一年, きれいそうな, ぐれるという, こういう内側, ここへ, ここまで, こっちあの, こっち空だ, この学校, この師, この方銀座通りも, この附近, さらに明石, しばらくの, しばらくは, しばらく鶴見あたり, しゃんと立ちあがった, しろ, すぐに, すこし歩く, すでに三昼夜, すでに二時間, すでに年, ずいぶん諸, ずい分久しく, ずっと後, ずっと黙っ, その健さん, その感激, その時, その男, その蘊蓄, その足, ただ歩く, だが, ちょうど一月, ちょうど二ヵ年, ちょうど十八日目, ちょっとふり, ちょっと鶴屋食堂, ちよつと, ちよツと, てんでんばらばらに, であった, であつ, である, でさえ, でなくっちゃ, では, で可, どうして下りた, どうだ, どう氷見役人, どう生き, どこか, どちらへ, どのよう, どんな努力, なにかたし, なにか仕事, なんだか苦しみ, なんの, のち誰も, はじめてわっと, はじめて動かぬ, はじめて林町, はじめて身, はや十数日, はや玉造, ひと月あまりに, ふと気, ふり返っ, ぶらぶら歩い, ほとんど平和, まず第, またさらに迷った, またせがんだ, また不備, また喬木林, また戻っ, また新しい, また立, また行く先, また默つて, まだ一遍, まだ二, まだ二ヶ月余り, まだ二月, まだ十日, まだ幾月, まだ間, まだ雨, まる二年, もうとても今, もうどの, もうまる, もう一度引返し, もう一度自分, もう一日以上, もう一時間半, もう三十六年, もう三日, もう三日め, もう三時間, もう九日目, もう二年, もう二年目, もう二旬, もう二時間余り, もう五年, もう余程に, もう四分の一世紀, もう彼是一, もはや二月, やっと井伏鱒二, やっと登子, やるせなさ, ゆくさきざきで子守, ゆっくり話し合う, よそでも, よつ, わざ, わざわざ廻り道, わずか二年, わたしどもは, エレベーターで, エレベーターの, キュリーとの, クリヴォフを, ゴーリキイは, サザーンという, トゥウェルスカヤを, ドアの, パシエンカを, ポツポツ研究, ムンスーンに, 一ヵ月も, 一二度ここへも, 一二日たつ, 一二軒女中奉公を, 一二軒婢奉公を, 一入太吉, 一度も, 一日じゅうトラックを, 一時の, 一時間ほど, 一時間半後には, 一時間目でしたろう, 一月以上経っ, 一番最初に, 一週間にも, 一週間ほどは, 一週間も, 一里足らずは, 丁度七日目の, 丁度三時間経っ, 丁度十五日経つ, 七兵衛は, 七月ごろ七軒町へ, 三人の, 三十一年目兄の, 三十分も, 三十分足らずの, 三十年にも, 三年も, 三年東大の, 三年目に, 三年間も, 三度目の, 三日ばかり, 三日目の, 三時間のちの, 三時間も, 三晩目だ, 三月に, 三里余り行きます, 三階を, 世の中が, 丸三年目に, 丸之内や, 久左衛門の, 九ヶ月目, 九年ばかりの, 九年目に, 乞食も, 二ヵ月近く二人は, 二ヶ年余り過ぎた, 二十年に, 二十年長い, 二十幾つかの, 二十日に, 二十日ばかり, 二十日目に, 二年目, 二年目前借も, 二年經つたばかり, 二年間大谷大学ついでまた, 二度目の, 二日の, 二日目小さな, 二時間余, 二時間後の, 二週間も, 二階への, 五ヵ所の, 五分以内に, 五年間かうし, 五度ほかお正月に, 五日めに, 五郎大夫は, 井上は, 仁王尊の, 今先方, 今年で, 今年までの, 今度は, 今方再び, 今日で, 今日に, 今迄, 仕事は, 他郷に, 以後の, 以後出血が, 以後嘗て, 任官後二年を, 伊予の, 会った憂き目, 佃が, 低く傾いた, 何か, 何に, 何一つ食べる, 何処で, 何分位し, 何年ぶりに, 何年目に, 余り書物, 例の, 便所に, 僅か六, 働いて, 先にこそ, 先刻の, 先生に, 全く私, 八年ぶりに, 八年目彼は, 兵隊に, 円助, 凡そ三年の, 出っくわしたの, 出會, 切腹を, 初めて乙女, 初めて有名, 初めて枕, 初めて笑った, 別段カンニング, 劇壇に, 十三日目であった, 十九年の, 十二年に, 十二時までに, 十五年目の, 十六年目であった, 十六日目だ, 十四五年の, 十四年の, 十四日目の, 十年の, 十年ほどの, 十年近くにも, 十日の, 十日余天気の, 十町ばかり, 千八百以上らしい, 半年ぶりに, 半歳に, 半歳ばかり, 南宋時代には, 去年も, 又随分チョク, 友達と, 友達は, 同じ質問, 向うの, 君は, 和蘭, 四ヶ月たつ, 四五町行く, 四十ミニュートで, 四十五分, 四半刻おくれた, 四年にしか, 四日目である, 四日目に, 四日目の, 四時間ばかり, 四月ほど, 地味な, 地球に, 夕方川から, 夜店の, 太平洋を, 女世帯です, 女装の, 好いを, 娶つた女房, 安兵衛が, 安静状態と, 実に十幾日目, 室内に, 家で, 家へ, 宿屋にばかり, 富豪の, 實に, 封を, 小夜子が, 小夜子は, 小走りに, 尿意を, 山端の, 巳の, 帰るまで, 帰宅した, 幾日に, 幾日幾夜常磐は, 幾日目かの, 幾月目に, 幾歳に, 庄司は, 庭の, 弟子の, 役に立たねえと, 彼等が, 待てと, 後もう, 後ズットお尋ね者に, 後十九の, 後私と, 忠作は, 怒った, 急に, 成田頼母の, 我々は, 戻らないんで, 扉に, 拙者は, 振返って, 改めて出掛けよう, 散歩を, 数えて, 数右衛門は, 数年を, 数時間の, 新聞社に, 既に約, 日本へ, 早速私, 昨日は, 時の, 時計を, 暑さ, 更に専門, 最初の, 有楽橋の, 未だ帰らない, 本郷の, 本郷通りを, 東京で, 東側を, 林の, 枯れる迄を通じて, 森へ, 植村は, 検定を, 此処に, 歩くに, 死体と, 殆ど十年の, 母は, 毛沼博士が, 気がついたの, 水一てき飲まず, 求めます, 池袋の, 法輪寺へ, 洋行する, 浅草橋の, 浪花節を, 浮上した, 渠は, 渡しますよ, 源氏の, 濠端で, 焼け跡の, 照彦様は, 独りで, 現在まで, 生理学教室に, 生腥い, 田舎道に, 町裏の, 病気引籠を, 白雲が, 白馬研究会へ, 皆さんが, 目, 直ぐ電話, 省線の, 着かえ, 知人を, 碓氷川の, 私と, 私の, 私戯談に, 空には, 笑う者, 約三十七, 約二ヵ月近く, 結婚し, 絶えず兄さん, 続いて, 編笠を, 群集, 義雄は, 考へたが, 聞こう, 職業に, 自動車に, 船は, 草の, 落したもの, 落著か, 行きつけの, 行方が, 西川の, 見かえると, 親方は, 観音様の, 話が, 話しましょう, 誰かが, 誰が, 諸国を, 足かけ五年目測らず, 身体の, 身体を, 農商務省の, 辻駕籠を, 迂曲した, 途, 途中で, 連れ立って, 遂に最上川, 道に, 道を, 道仏に, 針路を, 鉢伏へ, 銀座の, 銀座へ, 銀座を, 長い就職難, 長い間汽車, 長く続い, 長靴で, 間の, 間もなくで, 間もなくである, 間もなく勘次, 間もなく有名, 間もなく滝野, 間もなく瀬戸内海, 阿弗利加, 隆吉が, 随分自由, 雨の, 雪が, 電車まで, 頭に, 黙って

▼ 出そう~ (649, 0.8%)

52 とした 47 になった 26 になる 25 とする 15 もない 14 だ, とし 9 な気 8 になっ 7 だった, なもの 6 としました, と思っ 5 じゃない, であった, である, と云う, なの 4 とはしなかった, とはせず, と思え, なもん, な気配 3 とすれ, と思う, と思った, なところ, な所, な気持, にする

2 [32件] だから, だと, であるが, でも, という, というん, という事, としてその, としてる, とでもする, ともしない, ともしなかった, と云っ, と思います, と言った, と試みた, なこの, なので, なほど, なん, な処, な感じ, な身体, な顔, にない, になつ, にもない, にも声, に思われる, に見える, もありません, んなった

1 [283件] か, からそれで, が為, が金賞, じゃありません, じゃねえ, そうしたら今度, そこで今, そして月々百五十円, だあな, だけれども, だそれ, だぞ, だったあの, だったから, だね, だのに, だわね, だ何舞, だ屁, で, であったが, であったの, であります, でございます, でしかた, でした, です, ですか, ですこぶる, でたまらなく, でない, でないか, でない乳房, でない忠次, でならぬ, でなりません, では, でひま, でふと, で一刻, で出そう, で出ない, で出ない月, で出ない泣き歔欷, で困った, で容易, で小屋, で弟, で擽っと, ということ, というの, という人, という企み, という兄対馬守, という心掛け, という条件, という気運, という発表意識, という者, という配慮, という金主, とかかッ, とかそんな, ときり出した, とさえもした, としかけた, としたら, としていま, としてついに, としてはじめて, としてはその, としてはぶつかり合っ, としてひと, としてまた, としてもそれ, としてもだめ, としてもなかなか, としてもほんの, としてもやわらかく, としても出ない, としても取り, としても胸, としてようやく, としてハンド, としてピストル, としてモーニング, として一, として一歩前, として一生けんめい, として一生懸命, として丸鑿, として乞食, として他, として千人, として周章て, として宇乃, として客, として封筒, として居ります, として居る, として帯, として待ちあぐんだ, として心, として新田先生, として来ました, として殊更, として気, として水屋, として泣い, として焼けど, として牧夫, として生涯, として私, として自分, として苦労, として菓子, として血の気, として見る, として言った, として話, として財布, として青, として顎, としない, とします, とするらしい, とたえず, とて出る, とはしないだろう, とはすまい, とは思えなかった, とは思わぬ, とは考え, とは考えなかった, とも思っ, とわざわざ, と云った, と仰し, と企てられた, と出精, と努力, と名手, と存じ, と存じます, と志し, と思い, と思いました, と思ってる, と意志, と懸命, と持っ, と提議, と消そう, と熱中, と申し出た, と言う, と試み, と豪語, なくらい, なこと, なころ, なこんな, なさびし, などす黒い, などという気, などという氣, などとしてあせる, などと意図, などと言い出し, なのに, なほどにも, なまで, なものすごい, なもの言い, なりいや, なんかとおっしゃっ, なズボン, なロンドン, な上天気, な事態, な人, な佐竹, な冷た, な口, な口ぶり, な問題, な土地, な地方, な場所, な変, な夕暮れ, な大きな, な季節はずれ, な宅, な家, な容体, な容子, な寂しい, な建築, な恥, な挨拶, な時刻, な晩, な暗い, な朝, な槍, な樹木, な気分, な気振り, な汐筋, な汗, な涙, な淋しい, な渋い, な激しい, な烏, な爪牙, な生, な男, な町筋, な當てこすり, な目, な眼つき, な眼差し, な研究, な空屋敷, な空模様, な筈, な腐朽, な自棄, な苦しみ, な莞爾, な裸体, な詩, な調子, な豪傑, な身構え, な長閑, な面, な面構え, な頭, な顔つき, な風, な食物, な騒ぎ, な驚き, にあつく, にありません, にきりりと, にさえなった, にした, にしました, にその, になかっ, になりまし, になりました, になりやした, にもありません, にもその, にもなく, にもなし, にも出, にも出し, にも家, にも当所, にも感じた, にも手, にも見えない, にも言う, に思われた, に恥かしく, に欲しく, に真っ暗, に迄なった, に陰気, に鼻, もごわせん, もねえ, も料られない, も測られぬ, も知れません, やら知れぬ

▼ 出ても~ (561, 0.6%)

85 いいと, 出なくても 4 いい, いいの, もうみんな, 誰も 3 家の

2 [35件] いいという, いない額, お茶の水の, この, さしつかえなかったけれど, さのみ, それが, ひけは, よいの, フロオベエルは, 不意に, 人に, 以前の, 何でも, 何にも, 入っても, 名は, 大したこと, 好い, 小判に, 居ません, 崩れて, 彼は, 手を, 村田水産翁の, 来ぬとは, 気が, 気に, 私は, 群集は, 自分から, 自分は, 苦り切つて, 隣の, 駄目だ

1 [454件] あまりにわが, あまり役に立たない, あまり食べず, あんたが, いいか, いいかい, いいから, いいが, いいし自首, いいよう, いいわけ, いいわね, いいん, いい役, いかない, いきますが, いっこう差支ない, いつでも, いつのまにか山, いなかった, おなじであった, お代官様, お前様の, お甲, かまいません, かまわなかったの, きっとまた, こちらから, ことごとく光秀, このとおり大人気, この商売, この調子, こりと, これまで, これより, これを, これ以上の, こんなにそわそわしい歩き, さらに丘, さんざん不貞腐っ, じきに, すぐ吸いとります, すぐ目, すぐ落着き, すぐ食べない, すこしも可, その場, その女, その当の目的, その役人たち, その機会, その注文者, その線自身, その通り, その附近, それから先, それでも幾日め, それは, ただ秀夫くんら, たとえば, だいじょうぶだ, だめな, ちっとも見物受, ちつとも, ちょっと, ついさう, つい自分の, つと綺麗, つと高い, つまらない, できるだけ, とうてい敵いっこ, どうこういう, どうにでも, どこへ, どっちも, どの建物, どんな身分, なお佇ん, なお又四郎, なお常陸岸, なお心持, なるべく早く, なんだかつまらなく, なんだか以前, なんともいいません, のびのびする, ひとつ大きく, ひどく見劣り, ひらいた相, ひるまぬつもり, ふかずに, ぽんぽん本当, またこの, またなんか, また信長, また彼, まだうかうか, まだまだ世の中, まだ他人, まだ我と我が, まだ手癖, まだ西日, まだ足りない, まるで一二年, まア似, むかしほどの, むだだ, もうお, もうジャワ, もう大丈夫, もう悪政, もちろん日本語, ものが, やっぱりよろこん, やっぱり変装, やはり事物, やはり見物, ゆかないの, ゆくから, よいかナ, よいころ, よいと, よいなろう, よい筈, ようが, ようございます, よからう, よかろう, よくは, よろしい, よろしいが, よろしいとは, ろくに喋り, わざわざ切符, わずかばかりの, ゐない癖, スパセニアと, ッと, ニヤリニヤリ笑つて梃, ビクとも, ムシャクシャし, メチルでは, 一つの, 一ところに, 一人前の, 一体に, 一向感覚, 一度仲通, 一日で, 一歩文語体の, 一緒に, 三人は, 三千両の, 三千兩の, 三番とは, 上京する, 下へ, 不思議が, 世界で, 中途から, 二人の, 二人は, 五分ばかり, 五十里百里と, 五百個くらいは, 亦内, 京都と, 人から, 人の, 人一倍自分, 人気が, 人足は, 人間が, 人間としての, 今度は, 今時なかなか, 仏が, 仕様は, 他と共に, 休んで, 会場の, 伯父から, 伸びること, 伸子から, 何だか頭, 何ともいい知れない, 何の, 何ひとつせず, 何ら差支, 何時に, 作法も, 使って, 來ない, 修理は, 倉庫の, 傍目も, 傍観者に, 僕は, 光悦が, 児玉を, 其は, 円朝としての, 出ても, 出なくっても, 出なくとも, 分らねえじゃ, 別に仔細, 別に誰, 前に, 前の, 前科の, 加はる者は, 効果が, 勘定は, 勝は, 勝敗は, 勝目は, 半と, 半の, 半夜に, 危ない, 原料と, 参らず館内, 又日本精神協会, 反逆的な, 取って, 取っても, 可う, 合間を, 同じで, 同じであった, 味噌漉しか, 唯一者としての, 商売人は, 四人は, 地方に, 堂々と, 外には, 多久と, 多様多, 夜ふけには, 大した事, 大してうれしい, 大して失礼, 大丈夫かしら, 大丈夫だ, 大丈夫だろう, 大丈夫で, 大丈夫でございます, 大丈夫よ, 大之進, 大事は, 大劇場, 大変虐待される, 大威張り, 大變, 大隈さんが, 女の, 好いか, 好いと, 好かれた事, 妾は, 娘の, 婦人に, 子供たちは, 学者は, 宜いが, 宜え, 実際だ, 宣う御座いますか, 家で, 家具を, 宿帳には, 密閉された, 富さん, 尋ねる人, 小平太には, 少くとも, 居所は, 山や, 山縣さんが, 岡場所に, 巡査に, 左から, 差支えなかろうとは, 差支無い, 差支無しという, 席に, 帰る家, 常にあの, 常にクリストフ, 平常も, 平気で, 平気な, 平生通りの, 店は, 引いても, 引つ立つ筈, 影の, 彼の, 彼女の, 彼女は, 彼等は, 心からは, 心が, 心丈夫な, 必ず取れる, 志を, 怖ろ, 思い出せなかった, 怠けて, 恥かしくない, 恥ずかしくない, 手洗水を, 技も, 技師技手は, 抑へ, 押されぬ一本, 敵を, 方角が, 日ごろの, 日当, 日曜丈は, 日本の, 日本は, 日頃の, 明智どのには, 星は, 是まで, 時刻が, 書けなかったから, 最後の, 来ない, 来ないし, 来ぬ, 来ねえだろう, 来るだらう恋, 案内を, 楽しみに, 構わぬが, 構わんが, 正しい線, 死戦っ, 気合が, 決して差しつかえない, 決して戸惑, 決して負ける, 法的に, 注意せられず, 海の, 湯豆腐位で, 満足な, 満足には, 瀬田の, 無料原稿では, 無駄だ, 物の, 犯人の, 狙は, 珍しい物, 甃石へ, 生れながらの, 用達を, 田舎へ, 痛くて, 盜らない, 目立ちます, 直ぐわかります, 真面目に, 眼の, 福地さんや, 私が, 私の, 穎川が, 立派に, 笑う者, 絶えず何, 続いて, 耻かしくない, 職などは, 自分に, 自解, 自身番などで, 舊教には, 良いこと, 色々と, 芸能化した, 若干の, 苦も, 草の, 落ちついて, 落付い, 葛の葉や, 薄暗い森影, 藤の, 蛇と, 蜀魂は, 蟒が, 行かずまた, 行かない, 行き着くまでに, 行き遇う人, 行く先, 行処が, 行商し, 街の, 見て, 見ない人たち, 見なかったので, 親の, 親戚が, 親父の, 誰一人この, 豚小屋か, 貴女として, 買った人, 賢吉の, 質問は, 賭博が, 軒並に, 輕蔑され, 途中の, 通用する, 連れて, 遅くは, 遊び仲間の, 道中は, 違ふもんだ, 遠くへ, 遠乗りの, 選挙の, 金策の, 鉢巻の, 長陣の, 関羽は, 陰鬱な, 隙だらけ油断だらけの, 電車自動車自転車現代人の, 面白くない, 飛道具ウ持っ, 餘り, 首に, 馴れて, 駕に, 驚かない, 高山や, 鬼熊が, 魏軍は, 鯨波の声は, 鷹を, 黙って, 鼠の, 鼠谷の

▼ 出~ (556, 0.6%)

24 なって 23 なりました 21 なるの 20 なつた 17 なったの 10 けり 8 なる, なること, なると 7 ならないの 6 なれば 5 なっても, なつて, なりましたが, なりますか, なりませんか 4 して, なったと, なったん, なつたら, なりましたか, なりまして, なりません 3 なった, なったから, ならないので, なります, なるやう, なる時, まう一度

2 [38件] かかった, しまするお, し妻, せむ, なったのに, なったばかり, なった時, なってから, なっては, ならないだらうツ, ならないよう, ならないツ, ならぬよう, なられる位, なりましたので, なりますと, なりますので, なるか, なるかい, なるでせう, なるとは, なるに, なるまで, なるよう, なるん, なる事, なる所, なる方, なる日, なる筈, ふさは, 似て, 就いて, 掛る, 掛ると, 耽つて, 耽るの, 走つた

1 [254件] かかったとたん, かぎらず天正, けりどころ, けり園, けり我が, けり我恋, けり我戀, けり斯, けり此, ける, ける大岡殿出座有, ければ, けん, この話, これを, さしか, したるもの, すつかり焦立たさせられ納りか, するのみ, せん, そそられて, その祖先, たたずんで, どうした, どう答え, なさる, なぜ北方, なったかと, なったかに, なったけれど, なったこと, なったこの, なったころ, なったそう, なったそうですね, なったとき, なったに, なったについては, なったので, なったばかりの, なったばっかりの, なったもん, なったらいかが, なったらすぐ, なったらどう, なったら出来るだけ, なったら如何, なったら宜, なった事, なった位, なった先, なった先生, なった如来, なった帰り, なった後姿, なった御用, なった方, なった格子窓, なっちゃあ, なってからという, なつたことも, なつたんぢや, ならずただ, ならずとも, ならずに, ならないこと, ならないため, ならないつもり, ならないでしょうと, ならないでは, ならないでも, ならないん, ならない所, ならない方, ならなかった, ならなかったから, ならなかったん, ならなかつたの, ならなくて, ならなくなったとか, ならなくなりました, ならなければ, ならぬので, なられたの, なられて, なられないの, なられますから, なられませんでしたの, ならんほう, なりあそばすの, なりお茶屋, なりさ, なりし始末, なりその, なりましたかに, なりましたから, なりましたと, なりましたの, なりましたよ, なりましたらその, なりましたら停車場, なりましたら用事, なりましたッ, なりました覚悟, なりますから, なりますが, なりますそう, なりますね, なりますの, なりますよう, なりますわ, なりませうか, なりませんかと, なりませんでした, なりませんでしたが, なりませんでしたでしょうか, なりませんという, なりませんな, なりませんよ, なりやしたので, なりわ, なり右大将, なり寒い, なり御簾, なり物, なり玄関, なるお, なるかも, なるからなあ, なるが, なるころ, なるだろうから, なるって, なるついで, なるであらう映画, なるですな, なるでせうか, なるとい, なるとか, なるとかって, なるとき, なるところ, なるのに, なるべくそれ, なるらしい事, なるを, なる三十分, なる下, なる処, なる品物, なる小菅, なる当日ゆえ, なる気, なる皆さん, なる訳, なる賀古さん, なる都, なれます, なれるよう, なれる様, のこつて, はまが, もと不審, ゃいかんとじゃ, わびしい, 一つだ, 一ぱいに, 乾杯する, 二人で, 今それを, 付念の, 伴ふ, 似た, 似合わず世馴れて, 何んな, 係る, 候へども, 充ちたその, 先駆の, 冷汗を, 勝った, 即興の, 參つたる, 吊られて, 変つた, 多いいわゆる, 夫と, 女などを, 富士登山を, 對し, 小野の, 干物は, 引きかへて, 心が, 心臟を, 応じること, 成し時, 成って, 成つたら勉めて, 成らねば, 成りました, 成りませんか, 成りませんので, 成る, 成るの, 折惡く, 掛ります, 掛りますと, 掛るから, 接して, 最初に, 最後に, 本物の, 来たか, 来たところ, 正二郎は, 此匂ひや, 残つてゐた, 汁粉なりとも, 泣くこと, 活氣づけられ, 漂ふ, 甘くまつ, 生まれたん, 皆んなを, 空虚の, 等しいもの, 耳を, 耽らうと, 耽らうとして, 耽りながら, 耽ること, 耽るとは, 耽る気力, 耽ろうと, 聴水物語り, 色も, 花が, 若いひと, 若作りが, 蘭醫ケンペルの, 行き所, 行くと, 行くん, 襲は, 記述し, 誘はれて, 資本主または, 達した, 違ひ, 酔つ, 野口の, 非ず, 驚いて

▼ 出ては~ (397, 0.5%)

6 いけない, いなかった 5 いけません, いない, 来なかった, 消える天 4 ならない, ならん, 來なかつた 3 こない, ならぬと, ゐない, 来ない, 来なかつた, 用心し, 見たが

2 [19件] いけないの, いないか, そんな事, どうだ, ならぬ, ならんぞ, ひとりで, 一歩さがる, 参りません, 大提灯, 居ないかと, 御寺參り, 我々の, 暗がりに, 来たが, 来なかったの, 来ぬ, 東京では, 海を

1 [294件] あぶない, いかん, いかん今, いきすぎだ, いけないでしょう, いけないと, いけないよ, いけないよう, いけない出ては, いけない始終, いけない明けては, いけなかったん, いけませぬ, いけませんか, いけませんもうこ, いけませんよ, いたものの, いつも手拍子, いとへい, いないが, いないの, いないはず, いないらしかった, いなかったが, いなかったの, いまいかと, いられないと, いるが, いるん, うちの, うろく, おぼれながら, お百姓, かえって人, かの大石, からきし意気地, きたが, きものを, きゅうりの, くれまいか, ここへ, こずに, こないしかもまた, こぬだろうか, このホテル, こられなかったし, さすがに, さすがの, しばしば人畜, しまわずここ, すぐそこ, すぐ引込む, すぐ次, すっかりメランコリイ, すばやくまた, せかせかと, せっせと日光浴, せつせ, そうは, それとなく, たまりません, ちと口, つかみどころ, とても歐米列強, とても遇われない, どうか, どこぞ体でも, ながめるの, ならず個人, ならないきまり, ならないという, ならないん, ならぬぞ, ならぬぞと, ならぬとか, ならねえぞ, なりませぬ, なりません, なりませんと, ひる人, ぼんやりその, まずいし, またこう, また帰っ, また引込みます, また役所, みたものの, みちのくの, もう親, ゆけない彼, よくあの, わあっと, ゐないかと, ゐなかつた, ゐまいかと, ゐるが, カフェーで, キヤツキヤツと, タミ子の, ッと, ナルコポンや, ノートばかり, 一ツづつトランクを, 一軒, 万年平番士だ, 三度, 三郡ばかりを, 不作法にも, 不利です, 不利と, 並木道を, 中央に, 乙若どのも, 二三ヶ村を, 二人は, 二間ほど, 人に, 人目に, 人間の, 他に, 何となく気圧され, 何も, 來かつ, 來た, 來ない, 來ようと, 僕に, 儂も, 入費に, 兩手で, 兵馬を, 内気で, 出来る丈, 刈るらむ, 利根の, 到底比べもの, 則ち, 前の, 前原伊助などと共に, 労れる, 勝負の, 危いと, 危ないと, 危険です, 參りません, 又少し, 又役所, 友達の, 口の, 口ひとつきける, 只首, 可笑しいだらう, 右の, 号令と共に, 合理的な, 命に, 命同様の, 困りますね, 困るぢ, 困るつて言つて, 困るでしょう, 困る人, 国に, 土を, 城中の, 夜に, 夥しい買物, 大変だ, 如何に, 姉を, 嫡子で, 実に淋しい, 居なかつたの, 居まいかとも, 山の, 左京之, 巷に, 布陣の, 帰って, 帰らないという, 御寺参り殊勝, 御無礼, 御辺, 必ず負ける, 忽ちに覚られる, 怪しまれるから, 恐れ入りますが, 悪かり, 悪戯好きな, 意味も, 成りやせんよ, 戦慄に, 挑みかかり戦っては, 揚子江を, 損でございます, 敵い, 文晁に, 新しい仕事, 是程, 時々ぼんやり, 晩に, 暴飲を, 朗かに, 木石を, 木立の, 来ずまた, 来ず奥, 来たものの, 来ないかと, 来ないだろうと, 来ないの, 来ないらしい, 来なかったこれ, 来なかつたの, 来まいと, 来ません, 来られない, 来られませぬ, 来るが, 槍が, 横浜の, 歌つてゐます, 歩けんこと, 死ねない人生, 死んだ父様, 汚いこと, 沖を, 泣いて, 流言を, 深い心配, 火を, 無双の, 照らす空, 燕を, 父母を, 狩猟にのみ, 猫の, 田舎者であり, 発酵化学の, 白馬金鞍花を, 百十二の, 直ぐに, 相手の, 相手を, 秀吉の, 私は, 空を, 美しい貝がら, 翔ちもどり, 自分も, 船主関係の, 若い婦人, 若い男, 苦しいこと, 草原の, 草花弄り, 莫迦も, 蝗捕り, 蠅の, 行かなかった, 行かぬは, 行かぬわ, 行かぬ門, 行かれますまい, 行きましたがね, 行ったが, 見たものの, 見境も, 見物し, 見物を, 規則通り働く, 訴訟沙汰入, 説を, 豆腐を, 貴方が, 赤穂表から, 身丈に, 近所の, 追剥武器と, 重ねて, 針の, 鍬を, 長上に, 間違いが, 阿波の, 雨に, 雪を, 風が, 飲み飲んでは, 駄目でしょう, 魚の, 鷹を, 黄昏近くか, 黄色な

▼ 出~ (353, 0.4%)

51 して 30 した 9 したの 7 すること, するの, の時, の際 6 しそれ 5 する, の日 4 しようと, する事, せねば 3 したので, せんと, の用意

2 [18件] し, したこと, した日, しなければ, します, するから, すると, するとき, するに, する前, する時, となつ, に立つ, の前, の準備, の爲め, の直前, を止めた

1 [162件] がもう, が十月下旬, が直ぐ, が絶えず, が近づい, が迫つて, が魔, させて, させる, しかけたが, しその, しその道, したあと, したいの, したが, しただ, したと, したところ, したばかりの, したもの, したやう, したらもう, したん, した人々, した四臺, した學問, した客, した當時, した私, した竹内節, した者, した處, した行爲, した詩人たち, した詩人ら, してのみ, しては, しても, してを, しない思想, しながら, しましたから, しますと, しますよ, しませう, しやう, しようとして, しヘケレベツ, し同じ, し從つて自己性, し木造, し模造碑, し無事, し直さうと, し途次新宮及箱根, し長, すべきか, すべき時, すべし, すべしと, するであらう, するといふ, するに際して, するので, するの抽象, するばかりにな, するほどの, するま, するまでは, するもの, するやう, するよ, する二三日前, する以前, する以外, する六日前, する前日, する場合, する學究的, する必要, する折, する方法, する日, する時わたし, する最初, する海蛇丸, する理由, する積り, する筈, する經驗, する若い, する西暦千六百五十年頃, する豫定, する迄には, すれば, せずに, せなければ, せぬの, せられたの, せられたもの, せられた頃, た, です, といふ事, といふ晩, ときめ, となれ, と云つて, と定め, と決定, と言, なさい, になつ, になつて, になる, に先, に先だつ, に對, に當つて, に臨み, に際して人々, のご, のみぎり, の二三日前, の前夜, の待ち遠し, の折, の支度, の數日前, の日取り, の時刻, の氣分, の汽笛, の知らせ, はこ, はどう, はまだ, はやはり, は二日前, は來月, は明日, は明朝, は茲, は豫期, は路易, までに加集その他, までは何, も是非, も歸館, も自分, をし, をはじめる, を二ヶ月餘, を同じく, を延ばした, を待ち, を待ち暮す, を待つ, を祝し, を記念, を迎, 同五十五分電鐵

▼ 出~ (289, 0.3%)

11 待って 3 待ます, 待まする, 持つて, 見て

2 [17件] して, しました, ながめて, なす, 大き天蛾, 待つて, 待つ役者, 思はせる發展, 承知し, 拒絶する, 断りその後, 残して, 田には, 聴いた時, 話して, 語りながら, 調べて

1 [232件] あけ中, あたくし, あたり一面に, あばいて, いつぱい心, いまでは, いやいやながら休暇, うかべて, うんと, お受けいたした, お待ち申し, お待受け申す, お祖母さんは, きかせて, この三人, させなかつたけれど, させようと, さそふの, した, したいもの, したかと, したに対し, しては, しない方, しなくとも, しのんでは, しめて, しらべるだけでも, し何ん, し直さなければ, するに, するの, するらしい自分, せぬ, その門, たくさんこ, たぐりよせようと, たぐり寄せて, たぐる様, たしなめた, たどるやう, つ, つくつて故郷, つけるところ, どうやら益々詳細, はぶいて, ひめて, ひるが, ほごすの, ほぢ, ほとんど抹消, まって, もつたあの, もととして, よび起すもの, トゥルン・ウント・タクジス公爵夫人に, 一切合財吹き, 主張する, 乞う, 予期し, 予期し得, 二人の, 五百枚近く書きあげた, 享け, 企てるもの, 企てる支那人, 伝えた, 伝へて, 伴つて居る, 共にいたそう, 再び見いだした, 勤めて, 博士は, 厳戒する, 受けた, 受けても, 合図に, 同時に抹殺, 否認しつ, 呼びおこす, 呼び寄せて, 呼び起すやう, 哀しきもの, 喜んだよう, 堆積した, 壞し, 夢見る各, 契機として, 女に, 守って, 少し書い, 展開し, 巡るに, 平気で, 弄す, 強請する, 彼の, 待たん, 待ちながら, 待った事, 待った房吉苦心, 待ってね, 待つ, 待つあいだ, 待つうち, 待つといふ, 待つの, 待つ夕ごころ, 待つ所存, 待つ部屋, 待つ間, 待つ雪, 待てば, 御待ち申上げ候, 必要と, 思はせる発展, 思わせる発展, 恐れ又, 悉く尊重, 態よく, 憎んで, 懐いて, 懷か, 成て, 払ひのける, 承諾した, 承諾しなけれ, 拒みつ, 拒否され, 拒絶した, 拝むという, 持たされると, 持ったカード函, 持つた, 指折り数ふ, 振り棄てて, 掘り返した, 採用する, 搦んで, 撤回せられ, 斥けて, 断った, 断ったから, 断りその後家柄, 断ろうかと, 断わって, 断わるほどの, 新しくする, 新たに, 斷わるほどの, 書いたの, 書いた小説, 書かなかつたで, 書き了, 書取つた, 未だ彼, 棄て去ること, 残さなければ, 残したの, 沈めて, 泣きつつ, 浮べるよりも, 添えたの, 為, 為し今, 犯しても, 独占しよう, 甘受した, 皆が, 真面目に, 眺めてるよう, 眺めながら, 着たって, 着た白襟, 私に, 私は, 秘めて, 素直に, 綴った, 續け, 纏ひ, 考えたに, 考へたに, 聞いて, 胸に, 脱稿し, 蚊帳の, 見ては, 見るのみに, 見出でて, 見送って, 見送る時, 計算し, 記して, 記録した, 許した, 訳して, 詠じたもの, 話すと, 誇れる傲縦, 誘つた, 誘ふ, 語つた, 語つた後男は, 語つてゐる, 語りあつ, 語りその, 語りは, 語るもの, 語る資格, 諒解し, 辿ると, 迎へて, 述べて, 退ける方法, 金貸しの, 開いて, 非常に, 順序も, 頭から, 願います, 願い度, 願い度い, 願った, 願ったよう, 願つて何か, 願つて御, 願ひた, 願ふ, 願へ, 顯は, 飾るた

▼ 出がけ~ (285, 0.3%)

8 にお 65 に彼女 3 にちょっと, に見る, のとき, の吸附煙草

2 [21件] だが, にいった, にお前, にこの, にこれ, にこんな, にそっと, にそんな, にまた, にみんな, にもう, に伊藤松雄, に何ぞ, に御, に念, に持っ, に母, に病院, に私, に見た, に言った

1 [212件] からいや, から雨, それではお, であるため, でゆっくり, にああ, にあがれ, にあった, にいそい, にうけとりました, にうち, におかあさん, におまえ, にお前さん, にお嬢さん, にお隣, にきびしく, にここ, にこだわった, にしきり, にそう, にそこ, にそちら, にその, にそれ, にちやうど道, にちょい, にちよ, にちらちら, につかん, につや子, にでもお, にでもちゃんともう, にな, になっ, にはすでに, にはどんな, にはまだ, には坊や, には屹度, には服装, には槍, には気がつかなかった, にぱらぱら, にひとこと, にふと, にふり, にふりかえったら, にまでこう, にもっとも, にもまた, にも彼, によってそれ, にわたし, にガード下, にストレーカ, にナースチャ, にハバカリ, にビュレット, にボタン, にポケツト, にポチ, にマーケット, にマーブル, にモデル, にルックサック, に一度, に一時頃, に一枚, に七色唐辛子, に下二番町, に不意, に与吉, に中, に乘, に云われた, に五兵衛, に京屋, に京極, に人形, に今一度川本, に今夜, に今朝, に伊藤松雄氏, に会, に伝二郎, に兄, に兄さん, に兄貴分, に八丁堀同心, に共同, に再び, に出入, に叔父, に変, に外, に妙, に妻, に姉さま, に婆, に嫁, に家, に家人, に寄っ, に寄った, に寛永寺, に寺木, に小伊勢, に小雨, に島, に帯, に平常, に幾島, に庄五郎, に彼, に必ら, に忘れ, に急, に感心, に憎々し, に手, に手紙代り, に持たされ, に持たせ, に振り, に掃除, に掛橋, に敷き, に文公, に日本劇場, に早く, に早稲田, に昨夜新宿, に晩方, に朝子, に来, に樽, に檜垣, に此刀, に母上, に母親, に氣, に水瓶, に汗じみた, に油, に治郎吉, に波田, に注意, に深川, に済まし, に渚, に源氏, に父親, に現実, に理髪, に瓜子姫子, に申, に畳, に白木屋, に眩暈, に眺めた, に確か, に磯五, に祈, に私達, に程遠から, に立った, に立寄っ, に笹村, に算当, に節用集一巻, に粉雪, に素子, に老人, に聞いた, に自分, に苦しめられた, に表, に西洋剃刀, に言う, に軍人会館, に辰馬, に迂遠, に道綱, に郵便受け, に酒, に重吉, に金原, に鉢巻, に鋭, に鏡, に降る, に電話, に靴, に頂い, に須磨, に顔, に飯, に騒がれた, に黙っ, のという歌, の意気組, の気もち, の氣もち, の祝ひ, の自動車, の身仕度, の食事中, の駄賃, までいじっ, よりは濃い, を喰い留め

▼ 出來事~ (284, 0.3%)

8 であつ, である 6 だつた 5 があつ, に對 4 だつたの 3 が起つた, だと, のやう, を話し 2 が彼, だつたので, でせう, でまだ, となつ, と憶え, のため

1 [222件] あるは, かと思ふ, かまたは, からは明らか, から一週間程後, から如何, から家, から間借, があ, があなた, があらう, がなけれ, がまるで, がチラリ, がフリードリヒ, が何, が何かと, が再び, が原因, が多い, が愈, が持ち, が森, が潜ん, が畫題, が私, が系列, が絶えず, が繰返された, が續, が起り, その時, たとへば大, たること, だという, だ左, であ, でありひとつ, であるが, であるちび, である而, でこの, です, でで, でない, でないこと, でなければ, ではあ, ではなく, でもあんなに, で内外, で又, で夕ぐれ時, で更に, で決して, で珍, で當時, で立ち直る, で自然自身, で誰, で遠ざけられた, で高橋先生, とかさ, としての死, として取扱, として後世, として恆久化, として或は, として格別世間, として看過, として自, となる, とのみ言, と一緒, と云, と戰, と濟, と田, と看做す, と記し, と認定, と謂, などが有り, などの間, なるは, なん, にこの, にす, についてはもう, についてもつとも, について詳しく, にと, にどんな, にはいくら, には全然, には相違, にもその, にも打, にも落着, にも馴れた, によつて推測, によつて眞, にシーン, にボンヤリ, に今, に出, に就, に恐れ, に懲り, に材, に氣分, に紛れ, に胸, に脅かされ, に變てこ, に面喰, に風呂場, に驚き, のあった, のあと, のすべて, の一, の一つ, の一伍十什, の一切, の中, の主人公, の報告者, の影響, の時間的位置, の樣, の爲, の結末, の經過, の話, の詳細, の間, の電報, の顛末, はお, はすべて, はそのまま, はわが身, はユスティニアヌス, は一切暗黒, は何日, は健康, は吃驚, は夫, は少し, は影響, は彼, は斯, は時々, は村中, は殘ら, は私, は突然, は要するに, は錯雜, は騷, ばかりで持ち切, ほども關心, まで殆, もあらう, もかくし, もまだ, も或は, も百年, も聞きかじつた, やいろ, や事變, や思ひ, や有機的變化, や活氣, らしいもの, らしい間, らしかつ, をば洗, をほんの, をまた, を一通り, を中和, を何もかも, を借り, を全, を全く, を凡て墮落, を半分, を告ぐ, を嚴, を囘顧, を嫌惡, を彷彿, を思ひ出し, を思ひ出した, を思出, を掻いつまん, を書いた, を桂屋, を深く, を産んだ, を發生, を知つて, を知らせ, を神, を聞かされ, を聞かせられるべき, を茶, を見逃す, を記した, を話した, を詳細, を豫如し給, を豫見, を通じて異, を重大, を防がん, 大膽, 思ひ設けないやう, 或は經驗, 若くは

▼ 出~ (263, 0.3%)

19 へた 5 へられた, へる 4 へてゐた, へて下さつた, へて呉れた, へに来, へられ 3 に来た, はれつる物, へし, へする, へてゐる, へて下さる, へに來, へを受け

2 [18件] に出, ひに, ふ, へ, へてくれた, へてくれる, へてさ, へに出, へぬ, への人, への女, へました, へます, へよう, へらしい, へると, へを受けた, を受

1 [154件] う, うから, うるの, う二人, う意, して, と見え, なし先乗り, にいつた, にて御, には出ません, にまかり出ます, にゆき, に出かけ, に出た, に参じた, に参らない, に来, に派遣, に行く, に行った, に見えぬ, に起て, のもの, の事, の人, の人橋, の叔父たち, はれて, ひける所先, ひて, ひ下すつた以来, ひ仕つり, ひ偖, ひ先, ひ悦び合, ひ是, ひ松王, ふべく行かける途中, ふる, ふるに, ふれば, ふ稽古朋輩錦野はな子, へさせた, へさ何, へたこ, へたのも, へたりと稱, へだ, へてくれ, へてくれられた, へてもらはう, へてゐ, へてゐない, へてメ, へて下さり, へて何くれ, へて口々, へて吉三郎, へて喜ぶ, へて富藏, へて居, へて居ります, へて座敷, へて握手, へて最う, へて見る, へて豪壯, へて閭, へて頂き, へである, へで住吉屋旅館, へで公会堂, へなかに, へなし, へなどは決して, へなんぞに来よつ, へにで, へにと出, へにま, へにもあがりませず, へに下り, へに出た, へに引出しただらう, へに忙しい, へに来た, へに現れ, へに行, へに走り出た, へのもの, への人々, への人々交, への人達, への俥, への前記三人, への役人, への役人たち, への支度, への旅館, への村長, への物々し, への甲斐, への群集, への自動車, への與力等, への面々, へはおそれいります, へは不用, へも待たず, へや御, へらる, へること, へるため, へるの, へる奧樣, へる扮装, へる邪氣, へをうけた, へをした, へを受ける, へん来, へ上段, へ下さつ, へ下された, へ人, へ候, へ加藤丹二, へ大, へ大勢, へ彼奉行所本町東, へ御, へ御中尺, へ柳町, へ案内, へ水ボーソー, へ津田, へ申し, へ申し上げます, へ直に, へ能, へ舟山旅館, へ道中恙, へ青年, べしと, もせず, やなんかその, る人達, われて, をし, をした, を受け, を忝, を藤八, 仕つら

▼ 出~ (245, 0.3%)

6 しまいかと, なれて 5 出たが 4 せぬかと 3 しないかと, しません

2 [14件] いりして, しまいか, しまいな, しませんよ, それから, づれに, づれの, づれようとしたとき一軒それを, なれますと, 七時まで, 午後五時まで, 忘れた, 武家らしい, 遠くへだたる

1 [190件] ああなく, あまり無い, ありませんよ, ある, いさましく, いたしませぬ, いたしません, いつも空, いつ迄も, いよいよ迫る, いるところ, うまく滑り出した, おそく満天, おれを, この人たち, これすべて只, これで, さすがに, したものの, したれど, しない, しないか, しないが, しなかった, しなかったかと, しなかったの, しなかつたぢ, しますまいか, しませぬ, しませんか, すぐ傍, すまいが, すめえ, するがね, ずれたの, ずれた大きい, ずれて, ずれないので, ずれない前, せじ, そのかげ, その前, その後ろ, その頃, そんな面倒, たいへん苦, たぐふ, だいたいそんな, だんだん拡がつ, ぢめる, つて居り, づれ, づれず, づれたところに大きな, づれたところに海に, づれた丘に, づれた右側に, づれた時だつた, づれた時キエは, づれた田圃道で, づれてしまつた, づれては歌も, づれて小松の, づれて山路へ, づれて広き, づれて段々, づれて高座寺へ, づれであつて女が, づれでトンネルの, づれで二人とも, づれで当世風の, づれるとあとは, づれると白い, づれると直ぐ, づれると眼近, づれると落葉松林それから, づれると遙かに, づれると麥畑の, づれるまで約, づれる右側に, づれる所に, づれ台地を, づれ松の, どう考へ, どんなでございます, ない, なきやう, なれたかと, なれたとは, なれたの, なれたり, なんだかそッ気, はつきりし, ひりすること, ひりを, ひり毎, また, まだまだ遅い, みな春や, むしろとりとめない, やつぱりなつかしくきれいなものである, よしなさいよ, わがむね, チンドン屋で, ドツと, 一つも, 一塊と, 一般に, 七時, 三十五六年を, 上総の, 上總の, 亥の, 今の, 今口では, 仲, 何といつ, 何も, 何んな, 余程減つて, 例へば念珠, 八十銭という, 円形の, 再びない, 再びわし, 凄く好かった, 出たものの, 出て, 出来ますまい御, 刻々近い, 十が, 十二景犬の, 十年前二十年前三十年前と, 十時まで, 十時までの, 右に, 商人の, 外國の, 夜半近くなりました, 好きな, 孃樣の, 寢室の, 少し早, 尺取虫が, 岩手県の, 市川左団次であった, 度々御座, 彼の, 彼女にと, 御座りませぬ, 御無用, 忘れやう, 息苦しかつ, 悲しい書斎, 手を, 持つて, 揚幕の, 日本の, 早いので, 時には涙ぐみたい, 晩いと, 朝の, 構わんが, 次から, 此の, 残つてゐない, 消えて, 淋しいの, 澪の, 甘酸つ, 生憎と, 田舎じゃあ, 盡きない, 盡きません, 目の, 矢張この, 私に, 終に一者, 縞の, 羽織を, 致さぬと, 迫って, 遅くなった, 郷愁を, 長命寺内芭蕉堂の, 隱れ, 難有迷惑, 霞んでは, 首す, 鮮やかである

▼ 出~ (215, 0.2%)

10 ある 3 あつた, なくば, 宜しい 2 あった, あつて, ありますぜ, ましいこと, ましく, ましゅう, 出ですからね, 早いとか, 私を, 遲く

1 [176件] あったろうと, あった事, あまり鮮明, あらう, ありながら, あります, ありますね, ありますよ, あります云々, あり更に, あるため, あると, あるの, あるま, あるよう, あるわけ, あるん, あればこそ, あろう, あんまり大き, いいという, いつの間にか蘇つて, いつまでも, いまごろにな, いまだにその, いまは, うづく, うまく行かなかった, うろうろし, お旗本, かかるまで, からみ合つて, この種, この老女, これである, ごぜえ, しつこく翳つて, ずたずたに, その根柢, それに, それによ, たくさんある, たっぷりあっ, どうもよく, ないか, ないので, ない仮令, なかった, なければ, なしと, なっても, ならなかッ, なんといふ, にじみ出て, ねえの, はり姿なにはの, ふっと頭, ましい, ましいが, ましいけれども, ましいですが, ましいと, ましき, ましく聞える話, ましけれど, また瞼, やつと, やはりこの, よいかも, よかった, よみが, わきますなか, わくの, わるい, わるくて, わるくな, わるくなり, ウヨウヨいる, 一円十銭小学校出は, 一層よくな, 一種の, 一週間に, 下宿業などを, 乱れました, 五間餘も, 今は, 今又, 似て, 侍と, 僕の, 六時三十分, 出だけに, 切々と, 壓倒する, 多いで, 多数歌はれ, 夜ごとおそく, 夜毎おそく, 夢に, 失はれて, 好くなかった, 宜いと云う, 宜いんです, 寛永寺の, 尽きない, 常識の, 影絵の, 後から, 心を, 急に, 息苦しく生鮮, 悪い, 悪いそう, 悪いな, 悪うなる, 悪くなった, 惡いやう, 或る, 戻って, 押し迫つて來, 數, 最も深い, 最初お, 有らうと, 来たので, 来ると, 果して先生, 案外な, 楽です, 殘るなら, 氷の, 永遠に, 浮んで, 漸く遲, 激しく湧き出, 濃い, 無礼に, 狂暴に, 王様の, 現在の, 生れない, 異って, 真面目だ, 瞼の, 社会の, 私に, 私の, 種ぎれになつたときはいつも僕は, 結びつき戦場, 絵巻の, 緊張し, 良いから, 色濃く生涯, 苦しい, 華やかだった, 薄いと, 蘇つて来た, 詩味の, 貴女の, 走馬燈の, 近づいて, 遅いとか, 遅くなっ, 道明ゆえ厭かは, 違うその他, 違うよう, 酔つた脳裡を, 阪者の, 霧の, 非常に, 頭に, 頻りに懐, 願えましょうか, 願われますまいか, 馬鹿に, 鼻について

▼ 出~ (208, 0.2%)

48 して 4 した, した時, すること, すると 3 したきもの, もあそばすまじけれ

2 [12件] したが, したの, した兄, した宗助, してから, しようと, する事, する時, せむ, だとばかり, の節, を願いたい

1 [114件] いたして, が日常化, が母, させて, されたのに, されたもの, される理由, したしげ子, したといふ, したばかり, したら二夫婦揃ッ, したら宜, したら手近, した予, した人々, した娘, した少年, した後, した時分, した母親, した濱野英二さん, した留守, した相馬, した被害民たち, した親戚, した適齢年者, した頃, しても, しました, します, しやう, し安雄, し己, し市川, し平民新聞社, し私, するから, するという, するとき, するに, するので, するはず, するまでは, する俳人連, する運, する頃, せし当時, せし頃, せよと, せるを, だか, て来, て来た, できない事情, というの, とハガキ, と共に舊友, なさったという, なさる, なさると, について心得, になり, のこと, のついで, の上, の上高等学校, の事, の事情, の委員たち, の希望, の当座, の志し, の念, の折, の日, の早, の時, の準備, の當座, の目的, の第, の節御身, の話, の途, の途中, の通知, の遊学中, の際郷里, はそれとなく, はできない, はますます, は君等, は始めて, は学問, は少しどうも, は断然, は英学, るという, をお, を中止, を乞わなけれ, を促され, を促す, を命ぜられた, 下され度, 中他, 之節, 仕り候, 仕候處, 偽画家, 御尽力, 御随意, 第一日, 致すつもり云々

▼ 出~ (201, 0.2%)

24 つた 139 ふこと 8 した 6 ふの 5 すと, つたこと, つたとき 4 つたが 3 したの, はぬ, ふもの

2 [12件] し故, し者, す, するやう, つたやう, つたり, は, はす, はない, ひました, ひ頭, ふことも

1 [89件] いたい誰, うと, うとは, うんですから, う心盡, けるに, ければ, さねえん, ざりしか, したやう, したらだまつて, した一事件, した事, した事件, した事件中, した時, した氣, した氣難, した經驗, します, しも六郎右衞門, しも嗚呼, し再び, し旅人難儀, し時, し時三郎兵衞, し時夫婦, し電氣學, すの, せし公事訴訟人, せば, ったあの, った喪章, ってしまった, つたいろ, つたその, つたらこの, つたら氣骨, ては面倒, て外, て見, とも挨拶, ぬと, ぬ偖羨, はさなかつた, はした, はなかつた, はなけれ, はぬであらう, は致さ, ひそして, ひそれ, ひましたの, ひましても, ひ共々, ひ得ずに, ひ思はず涙, ひ急, ひ行當, ふあらゆる, ふすべての, ふだらうと, ふであらう主, ふといふ, ふとおや, ふとすぐそれ, ふと同じ, ふと彼等, ふと知人, ふと胸, ふよう, ふを, ふ人, ふ問, ふ問題, ふ大きな, ふ島民, ふ所, ふ折, ふ約束, ふ限り, ふ驚き, ましたは, ませんと, も計られず, をも遂に, 別段懇意, 強いめ, 直ちに召捕れ

▼ 出~ (197, 0.2%)

45 つた 9 ふこと 76 ひました 5 つたやう 4 ひの, ふの 3 つたこと, はした, ひ次第, ひ頭, ふ度

2 [12件] がしら, つたり, はない, はなかつた, はぬ, ひは, ひを, ふことも, ふばかり, ふやう, ふ人々, ふ位

1 [78件] さうな人達, した人, した自動車, して, すと, たり武士, つたお化け, つたか, つたとき, つたところ, つたので, つたもの, つたらと, つたらどんな, つたらどんな大きな, つたら大, つたら汽車, てかく, てはからぬ, なすったと, はしました, はなけれ, ひが, ひけり, ひさうな, ひしが, ひし時, ひたるが, ひたることなるが, ひたる驚愕, ひつい, ひですが, ひながら, ひに, ひにも, ひますよ, ひ升, ひ已に, ひ暫く, ひ次第土手, ひ死, ひ私し共, ひ金龍館ごらん, ひ釜ヶ崎, ふが, ふことは, ふそれなぞ, ふだらうとは, ふては, ふとそんな, ふとアパ・ボレ・ボアット, ふと不, ふと二口三口言葉, ふと人なつかし, ふと僕等, ふと女, ふと娘, ふと崩, ふと理由, ふに, ふべく無理, ふ丈, ふ事, ふ人, ふ女, ふ女人, ふ川, ふ帝大生, ふ度毎, ふ様, ふ機会, ふ毎, ふ者, ふ運命, へさうだ, へない, をし, をそう

▼ 出~ (188, 0.2%)

31 つた 11 つたこと 7 はなかつた 5 ひました, ふ, ふの 3 つたり, ふこと, ふもの

2 [12件] つたので, つた時, はない, ふその, ふた私, ふと, ふとその, ふと何, ふと己, ふので, ふ時, ふ程

1 [91件] いぬ, えるか, した, したの, したよう, しました, た, つたあの, つたか, つたかの, つたが, つたけれど, つたとき, つたところ, つたとしても, つたもの, つたやう, つたよ, つたら, つたら丁寧, つたら事務所, つたら何ん, つたら臆, つたら自分, つたん, つた場合, つた頃樽野, はうとも, はなかつたなら, はなかつたら, はなく, はなけれ, はぬ, はね, ひ, ひさうなもの, ひさうに, ひし時, ひたるといふ, ひましたね, ひます, ひ其自働車, ひ彩牋堂, ひ忙し, ひ秘か, ふあらゆる, ふことに, ふことは, ふごと, ふとあの, ふといふんだ, ふとす, ふとそれ, ふとついこの間, ふとひそか, ふとわたし, ふと一応は, ふと二人, ふと何ん, ふと何故か冷酷, ふと俺, ふと僕, ふと先づ道, ふと全く何, ふと労働者, ふと国民, ふと大概, ふと大概向方, ふと屹度, ふと彼, ふと彼女, ふと盗心, ふと相手, ふと神経的, ふと胸, ふと苦, ふと誰, ふと都, ふに, ふほど, ふまでは, ふ人毎, ふ以外, ふ場合, ふ度, ふ毎, ふ者, ふ軽便鉄道, へば出遇, へば屹度, へば微笑

▼ 出づる~ (165, 0.2%)

6 が如く 5 に及び 4 に及ん 3 を見

2 [13件] に及ばず, に在り, に拘らず, に至り, に至る, に違, の一大決心, までには左, も未だ, を待たず, を待ち, を走り, 如し

1 [121件] から則, かを考えられたい, が如くなりき, が故に, その都度夜商人, ちょうどこの, とともに一人, と共に人, と見れ, と言う, にいつも, について不便, には似, にみな, にも不便, にも出でられず, にも及ぶまじ, に仰天, に何, に何ぞ, に先だって, に先だつ, に先立っ, に先立つ, に入る, に写真機械, に及べる, に同じ, に從, に惜, に新宿, に於, に早く, に物, に男女竪, に相違, に素肌, に臨ん, に至, に至つて, に身, に逢, に遇, に門, に顏, に風斂, の止む, の途中, はこの, は不束, は多少, は必定, は皆秋, ほどの砂洲, までには中, までは支那, まで彼, まで私, まで舌, も亦, も入る, も前, も宜, も朝風, も王夫妻, を, をそれ, をハカダチ, を以て世, を促した, を制する, を原始人, を取次ぐ, を射し, を常, を待ち受け, を待ち給え, を得, を得せしめず, を忍び, を感ぜざる, を楽しみ, を楽む心, を母, を猴望み, を理想主義, を眺め見, を知らしめ, を要せ, を見た, を見つれ, を見ぬ, を見れ, を見出し得るで有らう, を覚えし, を認む, を賊, を送り, を送りし, を顧みず, 即ち同, 名高き盜人, 如き物品, 如く, 如くこの, 床しさ, 御蝋番, 忘れ居しごと, 悲しき調, 曇りかな, 気高く世にも, 無からん, 白き湯, 第一カンツォネ, 能わざりしは, 能わざるを, 能わず較, 若くは, 見ゆ, 誠に百, 迄炎々

▼ 出~ (149, 0.2%)

8 い事 65 いこと 4 い, いお話 3 い話

2 [12件] いと, いのだ, い名, い夢, い日, うごぜ, うと, くない, く結婚, し, しに, し芽出度

1 [95件] いお屏風, いことは, いといふ, いところ, いとは, いとも申さう, いと言, いな, いの, いイヤア, い三幅對, い事限り, い個人的, い坊, い変化, い婚礼, い嫁入, い座敷, い往生, い折りに, い披露式早々, い日取り, い春, い木, い母校, い気持, い結婚, い結婚式, い結末, い芽出度, い言葉, い語, い貴い, い限り, うご, うございました, うございますなに私, うごす, うとでも, うとは, う存じます, う存ずる, う此, えこと, おわしませと, かつた, かつたな, がった上, がる世の中, がる耳新しい, き出世登竜門, き折, く, くなければ, くなって, くほんとに, く三々九度, く出陣, く外, く夫婦, く女学校, く女房, く帰参, く放免, く書き立てられた, く最後, く本領安堵, く此, く無い, く無い事サ, く矢張り三円五円, く祝すから, く納, く終った点, く舞, しとしてこそ, すぎる, といっ, とさ, と云っ, ない, には相違, にも黒, の若松様, は芽出度, めでたの, も困り, れど, 取結ばれました, 存じます, 帰れるかなどと, 御受納, 御座いました, 終った, 過ぎて

▼ 出~ (104, 0.1%)

16 へすれ 6 した, しむ 3 あ, うつて, なん 2 かる季節, したの, したり, で日, で革命, にやならん, へすり

1 [53件] うもなかつたから, うもなかつたので, えすると, かって, からない, かりどきもちろん, かる, かる人, かる刻限, かる時分, かる時刻, かる海岸開き, されて, したくらい, したこと, したん, したトシ, した一万, した素人下宿, しったわ, してやりたいと, してやるさかい, してやるという, してやるよ, しむべく賭して, するを, する憂, っしゃい, っしゃったかも, っしゃる, でその, でたらちね, でゐ, で刀, で寧ろ, で机, ないま, にゃならぬねえ, ねいだか, ねえ, ねーとわるい, ばいつ, ば却って, ば唇, ば腹, ば鷄一羽入手, へしたら, へしなけれ, へない, へも忘れ, むこと, るるに, んした

▼ 出~ (104, 0.1%)

12 せり 5 ということ 4 さる, といふ, ね 3 そうと 2 から孝子, せり彼れ, という, と聞いた, と言, よ

1 [60件] かそれ, からお笑い, からと云う, からまア, からツン, から人麿, から品, から応じる, から早く, から生活費, から見, から面白い, から飯島, が, があなた, がおなじ, がこの, がどういう, が下町娘, が人丸, が今年十八, が別, が恐らく, が畜産改良, が義経以外, が色白, が頻り, さ, さる余, さんには, せり其様雪の, そうで, そうです, そうですね, その音, ちのイキな, つたといふ, つたのです, つてもう, というお先布令, というせい, という事, という若い, といつ, とかはた, として御, とでもいふ, とのこと, とも役者崩れ, と云っ, と偽り, と聞い, と言ふから, な, ねえ久し, ねやはり, ね傘, もんだ, もんで, 相で

▼ 出ながら~ (94, 0.1%)

3 彼は, 考えた, 言った 2 いった, 云った, 昔は, 門野に

1 [77件] いさ, いつのまにか姿, くだんの, こう山男, こんな始末, さすがに, しみじみと, そこらの, その子, それは, それを, ちゃりちゃりと, どっちに, どれも, ひそかに, また立ち, ウメ子は, モウこれから, ライオンスの, 一寸書庫, 不図, 不意と, 伸子は, 佛頂面を, 副官は, 功は, 加納親子や, 千代千代と, 半ば口の, 咎めるごとく用人, 品川で, 四日続け様に, 四日續け, 外面に, 太郎の, 夫人は, 安三を, 年三十有余にも, 彼が, 後年軽便焼黒楽茶碗に, 得意らしくいう, 思ひ續, 振りかえって, 捨科白を, 斯う, 日射病が, 朝子は, 村上は, 淀川の, 火鉢の, 王允は, 男爵の, 白マフラアの, 眼に, 短かい皮外套, 磯五が, 私は, 稀代の, 竹村に, 算木を, 組打ちした, 結局あらゆる, 絶えず潮風, 肴屋の, 自分の, 船医も, 苦笑した, 華美な, 薬室の, 行った, 視ると, 言うの, 言葉を, 跡へ, 運転手に, 鍛冶屋は, 驚いて

▼ 出ずる~ (89, 0.1%)

8 なり 2 といいし, に至り

1 [77件] あり, ありしに, か, かあるいは, かそれ, かと思いました, かと思え, かは知らざれ, かもしくは, からそう, か二者中, がまま, がゆえに, が一個, というなり, というについて大騒ぎ, というドフリス, という方法, といえ, とそこ, とのこと, と共に今, にあらず, にあらずし, にやあらん, に三体, に亥子, に会し, に先だつ, に及び, に及ん, に因るなり, に当り, に忽一発, に臨み, に車, に非, の一点, の勢, の法, の類, はない, はなかっ, は幾分, は必ずしも, は河馬, は赤い, は鰐, ほどくやしく, ほどの羞恥, までにもっと, ものゆえ気の毒, も修羅, も味方以外, も日, も雲, や人々, や及び, や生物, をまっ, をもっ, を吉次, を得ず, を恃むべ, を望む, を知る, を禁め, を見, を見ざる, を見る, を見るなり, を見ん, を見送った, を許さず, を認め, 純な, 重大なる

▼ 出~ (89, 0.1%)

4 見ること 3 なつて, 怒られて, 聞くより 2 なって, なるやう, 聞いて

1 [70件] いうだけ, いうだけに, いうので, いうほど, いって, いつし, いつたもの, いつた三十枚, いつた仕事, お言, きめて, さう云, し良林及海中, する物好き, すれば, ちがうという, ちがって, なすの, なりしは, なるであらう, なるべきこの, なるもの, はいっても, ほとんど同時に霽, ぼつ, わかりました, わかりますが, わかれば, プルウストの, 一緒に, 云うから, 云うても, 云えと, 云つ, 云つた, 云つて七ヶ條の, 云ふ, 云ふこ, 云へば, 云わけに, 云儀を, 取る手, 同じ月給, 同じ行進, 専門学校出との, 彼等の, 思いますが, 思はれる仙人形, 思われる母娘連れ, 未来での, 申しますの, 相俟つて, 知り山田奉行当時, 私共が, 義絶と, 義絶とは, 聞が, 聞くが, 聞に, 腹からの, 觸來る, 言って, 言っても, 言つても, 誘うよう, 謂ふ, 迂濶, 退けに, 運命といふ, 陰影を

▼ 出でん~ (88, 0.1%)

23 とする 8 とす 5 とし 3 とした, とすれ 2 か蕪村, とせし, と欲, と欲する, の望み, ばかりのところ

1 [34件] ありさま, あるひは, か哲學界, か足下平生, ずる息, そらも, とあ, とあせれ, とお, としたる, とするこなた, とせ, とて幸, とて彼龕, とて斯く, とにはあらで, と下れ, と努力, と吐き出す, と思うなら, と思ふ, と焦, と預言, と頻りに, は必然, ばかりに感じた, も可, も妨, も知られず, も羞, や, 事本望なり, 引きかは, 隙も

▼ 出でし~ (86, 0.1%)

2 がその, が長途, は, 時の, 月かも, 詞を

1 [74件] がいよいよ, がたちまち, がまた, がやがて, がイイダ, が他, が大空, が月光満楼, が肩肱, が航行意, が過, が遠く, こそ笑止, ことは, こと往々, という家, ときは, ところの, と我が, は一むら, は今, は午後十時, ままに, まま不在と, もの, ものかと, ものに, ゆえ驚き, より低唱, を怪, を望み見, を聞かぬ, を訛伝, 事あり, 事有り, 傍の, 刻限より, 半面鬼相の, 古き花, 大事かな, 女神に, 宮が, 寺男と, 小羊君, 巌とばかり, 彼を, 折は, 春の, 時に高天原, 時夜更くる, 時巨舟沙に, 時病院より, 時衆軍の, 暗き殯屋, 朝冷を, 木の根も, 松山の, 楓の, 様にて, 瀧口時頼, 球より, 男幾人, 白雲の, 石を, 神の, 花の, 花の木づたひ, 苦悶の, 處なる, 詞に, 詩, 赫夜姫は, 跡池と, 馬追虫の

▼ 出~ (83, 0.1%)

3 しない咳 2 せず日, はつきりし, 身に

1 [74件] あったので, あまりなかっ, あり公園, ある絵葉書等, あんまりございませんでした, いたしませぬ, いまは, いやだ, いや積みまさる大谷の, したし, しないお, しないちぶさ, しないガス六倍, しない乳房, しない咳ばらい, しない咳払い, しない目星, しない聲, しない茶がら, しなか, しなければ, しなささうな, しよう, しよう日本, ずっと後れた, せずに, せず入りも, せず其代人, せず夫ゆゑ今, せず小屋, せぬ乳, せぬ咳, せぬ咳嗽, せねば, できぬ中, なかつたが, ならず去りも, ほそくなり, むろん消え, ややおそく, よし, わるかろかい, ンだらう, 云う迄も, 今は, 入りも, 出京後最初の, 前に, 又御, 奏でられて, 尋常である, 少ないし, 少なかつ, 悲しくさ, 払ってない, 持つては, 村の, 来ず男, 次第にうすれ, 次第に薄れ, 深いの, 深い家, 相頼べく, 確かです, 祖國にかへ, 私を, 色が, 薄墨を, 見え日, 見ぬ, 速いが, 錆腐, 降りそそぐひま, 雨戸の

▼ 出でたる~ (77, 0.1%)

5 ものなり 2 ものは, 凱旋塔の, 有樣, 桃太郎, 泉の, 熱石は, 童を

1 [58件] おりから, けはい, けはひなり, その跡, ときこれを, ときは, ところあり, ところに, ところの, ところを, まま帰らず, ものとしての, ものなる, ものに, ものまして, わが喜び, サラダロアイヤルは, 下枝の, 人間の, 侍は, 古文により, 向うより, 喜びの, 宝暦より, 富士ここからも, 寛永承, 小山が, 平民者流の, 幸十郎は, 幽霊の, 戦闘的態度の, 故を, 新たなる, 旗印地から, 時は, 時文評論記者と絶對に, 月に, 爪は, 物は, 猟兵の, 由にて, 男ども竿の, 白シヤツに, 白珠の, 白蓮の, 秋風を, 箱根の, 紙帳かな, 茶道茶儀この, 藤十郎と, 藪鶯の, 蘭の, 處を, 言葉か, 貝の, 趣きは, 都髷と, 馬は

▼ 出~ (73, 0.1%)

7 になる 6 ですか 54 になりました 2 だね, で, になっ, になつたの, になります, にばかりいはない, に成りました, に頭, の説明

1 [33件] かけて, が願, しか歸, だから, だけれど, だそう, だと, と問う, と思います, にて開化, にでも成つたの, にどの, になった, になつ, になつて, になられます, になり, になるなら, には夫人, に己ア肩叩, に師団長, に必ず, に成ったら, に成つたの, に成る, に有合せ, に言つた事, に雨, のところ, の序, よりは濃い, を, を喰

▼ 出たりは~ (72, 0.1%)

61 いったり 6 いつたり 5 ひつたり

▼ 出やう~ (71, 0.1%)

10 とする 4 とした, と云 3 さうなら, では, を待つ 2 といふの, として居ました, を待ちました

1 [38件] からその, がない, がひどい, が多かツ, が少く, が少し, が早い, が歸つて來やう, といふもんじ, としてひざ, としてやるせない, としてゐました, として不, として眞, としました, とは丸, とは僕, とは思ひ, とは猶, と下駄, と何心, と又, と思つて, と決心, と為るなら, と細い, と考へた, によ, の少い, も入り, も知れぬ, やく白んで, より夏, を待ちます, を測り兼ね, を見たい, を見ました, を見る

▼ 出てからも~ (70, 0.1%)

3 彼は 2 正三

1 [65件] いい匂い, お化粧品, お島, かならずむごい, ここで, さらにどこ, しきりに次郎, しばしばおう, ずっとから, その人, その目標, どういう因縁, ふくろ叩きの, ほとんど家族, ます, みのるは, もとよりあり余る, アカーキイ・アカーキエウィッチは, カンニングを, フランスの, 一度看板, 一時は, 一緒に, 交際を, 人の, 仲の, 何一つ是, 傍を, 僕の, 兄さんは, 冬の, 初めの, 別れて, 半蔵が, 同じ位, 君は, 妙に, 少しずつでも, 放蕩任侠後に, 新井君は, 昔私の, 時々そう考えた, 月丸を, 杏平の, 案外そこ, 正木一家の, 此癖は, 死ぬとき, 母の, 浪士らは, 海は, 涙が, 滝が, 玄白斎は, 町の, 矢ツ張り, 老夫婦, 職業が, 誰とも, 譲吉は, 路易は, 青年訓練所で, 食いまた, 馬で, 鼻に

▼ 出~ (61, 0.1%)

6 して 4 があっ 2 で, の与力, はありません, はまだ, を待つ

1 [41件] か, があつ, がある, が無かっ, くださいましたゆえ, ご苦労さまにござります, しさらに, しました, し小人目付一人八組, せぬうち, その上, だ, だぞ, でも何, となり, となれ, とにもかく, と上り下り, なら三年, になつ, になつて, になる, のかたがた, のこない, の同心, の武士, の者, の間際, は今日, は八州, をお願い, を命ぜ, を命ぜられ, を命ぜられた, を待っ, を待った, を設置, を迎, を願つて, 仕つり引き, 願ったので

▼ 出でに~ (60, 0.1%)

8 けり 6 なりました 4 なる, なると 2 なって, なつた, なられた昭和十年, なるの

1 [30件] きされば, けり梅雨, ける, けるかと, ければ, し白梅, し雪, なったから, なったところ, なったの, なったり, なった御, なられた節, なられました, なられましたな, なりましたらお知らせ, なりました時, なります, なりまするの, なりまっ, なるかも, なるが, なるとやら, なる上つ方, なる勾玉, なる御, なる方々, なる青木さん, なれば, なろうとは

▼ 出發點~ (59, 0.1%)

4 である 3 であつ, とした, に於 2 から常套, です, とし, とする, となし, は同じ, を固める

1 [32件] からし, から平次, から檢討, から遠ざか, が旅, だとしても, であって, であり暗闇, であるか, でいい, でございます, でなければ, で立派, で通し, としてこの, としての實, としての時, として見, とすべきである, となつ, なんぢ, にある, に引戻し, の功名心, の雲行, は今, は軍人, も到着點, をも與, を兩者, を獲得, を與

▼ 出ちゃ~ (55, 0.1%)

4 ならねえよ 2 いかん, いけない, いけないと, いけねえ, いけません, いけませんよ, アいけない, アなら, 大変だ, 損だ

1 [31件] いかんぞ, いけないって, いけないわ, いけませんぜ, いない, いないさ, いないよ, たいへんだ, どうです, ならえぞ, ならねえ, ならねえこと, ならねえぞ, ならねえ世間, ァならねえ, アいけねえ引込ん, アおりません, アならない, アまずい, 不可, 不可よ, 何時までも, 困るよ, 変な, 女一人使う, 御座らん漢方, 悪かった, 洲から, 消えるの, 腕一本すね, 駄目よ

▼ 出てからは~ (55, 0.1%)

2 急に

1 [53件] これが, さう, ずっと緊張, だれか, ちっとも降らず, なほさらあの, なんだかすっかりだめ, ほとんどまったく弟妹, もう見えなかった, もはや通例, アイゼンで, 一ぱいに, 一層よく, 一歩先へ, 一生墓守を, 人々は, 他に, 何にも, 傘どころか, 十九歳の, 又便り, 唐物屋で, 城址とか, 塾の, 夏道は, 夜目にも, 宗教に, 帆前の, 彼女の, 必ず酒屋, 忽ち二人, 折角優秀, 昔の, 昔懇意に, 暗黒街に, 朝比奈泰彦教授の, 殆ど家の, 殆ど物を, 毎晩一人二人ひとを, 気分的に, 滅多に, 益々家, 真暗闇, 窓外に, 芹川さんの, 豊前の, 風で, 食事の, 食事を, 駄目に, 鬱々として, 鱚釣り舟が, 黙って

▼ 出~ (55, 0.1%)

6 んです 5 のです, んだ 4 のだ 3 のでしょう 2 のが, のである

1 [28件] いったって, けりや, さつた時一番お, さりでも, さりは, されど邂逅, だけ佐久間, の, のであらう, のでこう, のでせう, のでその, ので子供, ので木股権三, のよ, はつた, はるか, はれな, ば分地, ば如何, ほさう, ほして, もので, んでございます, ンか, 佐助どん飲み, 是から, 直に

▼ 出たて~ (51, 0.1%)

5 の若い 2 でまだ, の奇麗, の平岡, の葉子, の青年

1 [36件] だったし, だったので, にはそんな, には単純, には單純, には銀子, に一時, のお嬢さん, のきゅうり, のころ目, のその, のフラちや, のホヤホヤ二十代, の一番下っ端, の人, の医学士, の叔父, の娘, の小僧, の少女, の就職当時, の年頃, の彼女, の放免囚, の新しい, の時, の時分, の気軽, の男, の空豆, の芸者, の莟, の蝉, の針金, の青年文士, らしい若い

▼ 出迎い~ (48, 0.1%)

2 にいっ, に罷りでた, に行った, をいたし, を受け

1 [38件] ありて, かい, か何, して, じゃないだろう, するの, でさあ, でもない, なぞと片腹痛い, などし, なん, にあがった, にでも来た, には出ず, に参らなけれ, に埠頭, に来, に来た, に来られた, に罷り出でました, に行かね, に行く, に行っ, に間に合う, の中村総領事, の人, の御, の支度, の歌人たち, をし, をしよう, をする, をせん, 下さった中村総領事, 下さった皆様, 申さなければ, 申そうという, 致して

▼ 出てを~ (47, 0.1%)

9 ります 7 りました 3 りますが 2 つても, りましたが, りますから, るの

1 [20件] つたので, つて単に, らず, られなかつた, らんぞ, り, りそして, りまして, りますし, りますなア, りますので, りますよ, りませんが, りまた, り反乱どころ, り圓柱, り寺社雑事記, り著者自身, るので, るわい

▼ 出よう~ (45, 0.1%)

3 に依っ 2 にも出られなかった, はない, を待ちました

1 [36件] がありません, がありませんです, がちっと, がない, がはなはだ突然, が少なく, が無い, が薄く, が遅く, が遅けれ, さえ気に入ったら, した, した時, する, とはちよ, などということ, にもあがき, にも出られぬ, にも所在, にも鎖, の悪い, もあった, もあら, もある, もしれぬ, もない, も知れず, も知れぬ, をにらん, を待っ, を待つらしく, を測り兼ね, を見, を見た, を見よう, を見る

▼ 出來さ~ (45, 0.1%)

12 うも 7 うもない 6 へすれ 3 うもないこと 2 うもないが

1 [15件] うもないからね, うもないし, うもないと, うもないので, うもない事業, うもない相手, うもない連中, うもない離れ業, うもなかつた, うもなくそれほど, うもなくな, うもなく思はれるので, うも無いすぐれた娘, へしたら, へすり

▼ 出~ (44, 0.1%)

4 アが 2 アがった, アしない

1 [36件] あがったか, あがったどころ, かの女優志願者周旋, がったもの, がったり, がらあな, しない, しめえ, はったの, はった処, はった時, はつた, はりました, はりましたがの, はります, はりますぜ, はりますとも, はるもん, はるやろ, アがって, アせぬ, ア此処へ, ア致しません, オヤさま出の, 何か, 何や, 幸田成友や, 気まぐれに, 炭坑で, 熱帯地方の, 皆首立て, 稲葉爽立つ, 稻葉爽立つ, 翁自身の, 親出や, 離宮まねびし

▼ 出來上~ (43, 0.0%)

13 つたもの 7 つた 5 がつて 3 つたが 2 つたかといふ

1 [13件] がつた, がつたお, がつたん, がつた譯稿, つたか, つたかみがた, つたこと, つたやう, つたら百軒, つたら立派, つたら行つて, つた其の, つた大きな

▼ 出~ (41, 0.0%)

2 の邸

1 [39件] が天城屋敷, だ, だと, だとも, であるぞ, であろうと, と, と云われた, と同じ, にあり, にも入, に与えられよう, に伴, に劣らず捗つた, に堅い, に挙げた, に於, に流, に立ち向かおう, に跨り, に面会, のいた, の姿, の密謀, の許, の赤い, の邸角, の鎮護, は, は壁際, は当惑, は考えた, ふっと話題, ほど迫力, を仕止めた, を仕留めよう, を恨み, を殺し, ノ入道道蘊

▼ 出來上つて~ (40, 0.0%)

3 ゐた 2 しまつ, そのあらゆる完全性, ゐたが, ゐます, ゐるもの

1 [27件] からか今, から急, から見せる, しまつて, ならんで, はゐなかつた, ゐたの, ゐたのに, ゐたもの, ゐる, ゐるだらうと, ゐるの, ゐる人, ゐる器械人形, ゐる者, 出て, 居つたので, 居つた紀念塔, 居らんで豆腐, 居ること, 居ると, 居るの, 居るので, 或祭日, 押入れの, 持つて, 行く表情

▼ 出てからの~ (39, 0.0%)

3 ことであった, ことを 2 ことだ, 儲け高が

1 [29件] いろいろの, ことが, ことで, ものらしい, アイネ・リィドの, 三高は, 事で, 事は, 住いじゃ, 兄さんは, 問題に, 女の, 妻や, 子供が, 将来の, 小杉さんは, 展望は, 彫刻に, 日本の, 次郎の, 用に, 自分の, 行列は, 行爲との, 親子は, 話を, 車に, 辛さ, 長い流浪

▼ 出來心~ (39, 0.0%)

3 にて盜 2 を起した

1 [34件] からだらう, で, であり氣紛れ, ですから, でたつた, でどうせ, でな, でも起したら, でやつ, で入, で奪, で所謂, で私, で穴, で結改場, で銀座, といふ呑氣, と散々小夜菊, と看做し, にては露候はず, にて盜まれ, にて質屋, にて金子質物等, になり, に付, に從つて, のため, の新, の根柢, や不, より其夜忍び入り, を利用, を少し, を紅らん

▼ 出さん~ (38, 0.0%)

9 とする 3 とし 2 でも, とせし

1 [22件] いう子, から何, がええ, がため, ず氣色, で一生懸命, とか柳田国男さん, とするあり, とする如く, と又, と文藏, と此程, に東晋, の息子, は伴一家, ばかりにし, ばかりの前, ばかりの勢い, ばかりの様子, ばかりの険しい, ばかり歓ん, も有りません

▼ 出~ (38, 0.0%)

4 の下 3 のやう, の獅子鼻

1 [28件] が, がどう, が赧, で, でまた, で下, で仰い, で円い, で河童, で顎, で鼻, と頬, なの, なので, に蚯蚓, に蛸顱巻, の小僧, の尻, の役者, の捲, の細面, の黒, は暗かっ, をがッ, をすりつけ, をたたかれ, を与えられた, を叩いた

▼ 出~ (37, 0.0%)

5 したぞ 3 かつてゐる 2 した事

1 [27件] かつた, かつてゐた, かつて出なかつた, くると, くる事, くる元気, くる者, くる鰹船, した, したか, したから, したこった, したと, したもの, したらどう, したアト, した大当り, した顛末, して, しては, そうと, た, ぬる, はり, はりは, 何にかで, 分るだろうと

▼ 出刄庖丁~ (37, 0.0%)

2 でもなく

1 [35件] か何, か知らない, が這入つ, さ, だよ, でもない, で一つ, で切つたのさ, で右手首, で喉, とそれから, にて軍平, に喉笛, のやう, の入, はどう, は如何にも, は抛りません, までわざ, をお勝手, を出せ, を取っ, を取出し, を取出す, を懷中, を投, を抛つた, を括り付け, を拾つたの, を持つ, を振りかざした, を振り廻し, を片手, を用意, を隱

▼ 出である~ (36, 0.0%)

3 ことを

1 [33件] から, からといふ, からと云っ, から現在, が書名, が田畑, きき, ことが, ことは, ことも, こともまん, この株屋, し多年, という理由, といふこと, といふ事, ところの, とは知っ, にかかわらず, ので抽斎一家, のにお母さん, のに狩尾博士, ものは, ものを, 場合が, 母から, 点平安朝初期の, 父は, 神原家に対しても, 若松屋惣七だ, 賢夫人の, 遠智, 静枝は

▼ 出ずる出生~ (32, 0.0%)

30 の超過 2 の年超過

▼ 出~ (32, 0.0%)

1 [32件] かもしれない, があり, この時老婆, この言葉, されど信州人, されば, その理, とあれ, という, というの, という旋頭歌, と云う, と云つて, と思ふ, と朱, と言い伝うる, またわが, もし法没, やや低し, 但し野蠻, 何ぞ自ら, 少しく異, 故にもし, 故に伯爵グイード, 故に善, 故に妊婦これ, 故に胡馬, 故に鶏, 正しく衆, 白き息いつ, 諸葛已, 長二尺

▼ 出來よう~ (31, 0.0%)

62 と思ふ, ならお力, にと思ふ

1 [19件] かと思はれ, かと思ひます, かと思へ, から再び, か彼, が三昧, が法律, さ, しかし當, しかし責め, といふの, といふ氣さ, とする, とそれ, とは思ひ, と云, と思つたの, と思はれる, と思ひます

▼ 出~ (31, 0.0%)

2 すること, につきこれ, の節

1 [25件] き好き, されしなり委細, したる時, した時, しながら, しました, す, するに, するはず, する人, する日, する機会, する毎, せず, せぬ筈, には天気, に一二円, に人任, に耽らん, に雪交, のおり, の地, の途中, までうながした, を作す

▼ 出~ (30, 0.0%)

11 して 2 すること, するところ, する究竟, を知らず

1 [11件] したと, した所, しまた, する, するの, する圈内, する怪盜, する有, せば, の魔力, は明かです

▼ 出でたり~ (29, 0.0%)

32 といふ, と云い

1 [22件] し, しが, し其処, といわざるべからず, とせよ, とせん, との想像説, ともあるいは, と思ふ, と答, と見る, と覚ゆ, と論ずる, また個々平等, ネルの, 佐太郎は, 加ふる, 彼が, 汝らの, 然るに重, 美しき事限り, 而し

▼ 出さえ~ (28, 0.0%)

24 すれば 2 しなければ 1 すりゃ美女ヶ原, すればよ

▼ 出ての~ (27, 0.0%)

4 ぼつたり

1 [23件] いばらや, かえりであった, かえり道, ことであろう, そつの, そりの, それでも呼吸, 丸田さんちふ, 俄分限での, 取り次ぎに, 哀願に, 学問は, 帰るさ, 引け目である, 悪戯は, 惡戯は, 惡戲は, 海上の, 相塲, 第一次, 話は, 身である, 鮪漁は

▼ 出代り~ (27, 0.0%)

2 からだ, で今日, の三月三日, は今日, をし

1 [17件] から住み込んだ, から私一人, である, で無, で除隊, にその, には下, には無事, にも長年, に暇, ぬ, のとき, の来, の頻繁, まで辛抱, も済ん, を村

▼ 出來榮~ (27, 0.0%)

2 えは

1 [25件] えが, えで, えである, えに, えについて, えについては, え右手, か僕, が判る, が惡, であると, といつた, といひ, になつ, に比べる, の勝れ, の勝れない, の文章, の絶頂, の綜合的研究, はかなり, はやはり, は荷, までを放送成績, を絶えず

▼ 出~ (27, 0.0%)

2 に付, は, もの

1 [21件] て後藤庄次郎, て日, て蒸気船, て薩, と申, と申立, には番人, に付き, に付熟, はば可, はば御, へと申, へどもいまだ, へば宜, ものハ, もの両, もの此家ニ, よしニ, よし薩侯, 前早々退散諸州遠山江分山可有, 御書付

▼ 出しな~ (25, 0.0%)

2 にちらりと

1 [23件] にいきなり, にそう, にたたき割っ, にちょっと, にちょっといと, に云, に何気なく, に妻, に川施餓鬼, に振り返る, に料理屋, に木下, に柱時計, に歯磨, に洋間, に父親, に見る, に誰, に鏡台, に駒下駄, の時, の肩, を斬っ

▼ 出でも~ (25, 0.0%)

5 したよう 2 すると

1 [18件] あり又, あり才女, あるらしく時々, したかの, すれば, それだけの, なき故郷, なくて, なくスポーツ, なく公卿たち, なければ, みよに, ゆく, ろくな職, 一そう誠意を, 刄物の, 名代床の, 慶応出でも

▼ 出にくい~ (25, 0.0%)

2 という, のです, ものであり, ものです

1 [17件] からかならず, けれども言, そうです, だろうそれにこうして, だろうと, であろう, でしょうから, と云, と知り, のは, ものである, もの汁粉屋では, んだ, 事情の, 季節なる, 所を, 状態で

▼ 出養生~ (25, 0.0%)

4 をし 2 した, に来, に行つて, の嬢様

1 [13件] させて, するところ, である, ということ, と東福寺, にゆく, に行かれる, に連れ込んだ, の君, の意味, より内, をさし, を名

▼ 出~ (24, 0.0%)

76

1 [11件] ずに, られぬやう, るるが, るるぞ, るるとも, るるを, るる場合, るる御, るる数, るる目の下近く水, るれば

▼ 出~ (24, 0.0%)

3 し跡 2 しが, たり跡

1 [17件] けり, けり是, けり跡, しか女, し其樣子, し後, たり偖彼, たり元, たり其夕暮寶澤, たり是, たるあと, たる女, べしと, る, を引留其金, 仕候, 致したしと

▼ 出~ (23, 0.0%)

2 に花, をする

1 [19件] が伯父, など今, によつて, に均しく, に対して新吉, に耳, に耽つた, は何時, ばかりし, も少々, や生態, や遠く, よりも娘, を一つ二つ, を聞き, を聴かされ, を聽, を語り, を面白

▼ 出遇つて~ (23, 0.0%)

1 [23件] いろいろ眼, この堕気, しまつ, は内心, は敵, もあの, もこれ, もさ, もまつたく, も其処, も大きな, も夫人, も屈する, も忽ち, も気づき, も直ぐ, ゐるうち, ゐるぢ, ゐるの, 思はず, 見たいわ, 酷い疳癪, 長い立話

▼ 出~ (22, 0.0%)

2 ありて, ではない

1 [18件] あつて七右衞門并, あつて願人花房屋, ありし時縁側, あり大岡殿正面端近く, か, がなり, だな, といたそう, と聞い, にて公事人名前一, にならう, をお待ち, をも仰い, を仰いだ, を促す, を待っ, を求めた, を迎え

▼ 出です~ (21, 0.0%)

52 と報せ

1 [14件] かいお, かと聞かれた, かね, からこの, からなんぞ, からね, から京都風, が, が大庭常子, が子供, けれど田舎がい, って, との知らせ, もの

▼ 出~ (21, 0.0%)

1 [21件] したと, するか, する日, で四次, とすれ, につぐ, に何と, に際してその, の, の時, の準備中, の用意, の由, の相談, の装い成っ, は浜松一城, を一時, を令, を命じ, を待っ, を阻めよう

▼ 出~ (21, 0.0%)

2 の一つ, らしい, を守る

1 [15件] とをやはり, と呼ん, にこもった, にはいずれ, には全く, に人数, に通じ, のある, の畔, へ火, へ目, へ行っ, をお, を平手造酒, を繋い

▼ 出あつ~ (20, 0.0%)

3 たこと, たらどう 2 た, たと 1 たついで, たらすぐ, たん, た多く, た時, た試し, た話, てゐる, て機構, て自分

▼ 出かた~ (20, 0.0%)

1 [20件] がある, があんまり, がどうも, が一般の, が少し, が違う, が面白く, である, などに氣, によってだ, に二, に全然, の気に入らざる, の裏, はいろいろ, はきまつ, はじつは, をきめよう, をする, をみ

▼ 出では~ (20, 0.0%)

2 ひる人

1 [18件] ありますが, ありません, あるが, あるけれど, あるまいかと, して, ないか, ないかも, ないし, ないんでね, なかった, なかつたに, なくて, なく女学校出, なく自ら宗麟, 何と, 入學出來, 四四・三パーセントと

▼ 出はずれ~ (20, 0.0%)

1 [20件] で不思議, で後, になっ, にはあ, によこたわっ, に一軒, に上州屋, に腰, に薄, のやがて, の四辻, の木, の河, の窮路, の角, まで早足, まで歩い, まで行った, を国道, を走っ

▼ 出~ (20, 0.0%)

2 や門口

1 [18件] から小さな, が突然, だ, で何者, で目撃, と魅力, には冷水, に動い, に異様, に蠢い, のある, の向う, の真下, へ出現, を借り, を引き倒す, を自分, を通っ

▼ 出その~ (19, 0.0%)

1 [19件] ことを, ほかの, 事を, 原因が, 夜の, 夜は, 年の, 廊下に, 廊下を, 旅の, 時に, 時は, 晩一しよ, 気勢に, 犬は, 裳に, 見附に, 説明に, 辺の

▼ 出づる時~ (19, 0.0%)

2 のこと

1 [17件] あわただしげに, があら, きたらん, には刀槍, には笑める, にまで至つて, の計画, は, はその, は今, は何処, は即ち, まで我, もあらじ, 取違えて, 激しい苦痛, 若き獵人

▼ 出來ごと~ (19, 0.0%)

1 [19件] があっ, があつ, だつた, だつたので, であつ, であるの, という, などはすっかり, なの, なれば, については固く, にヴェリチャーニノフ, の全, はなかつた, まで思, らしいもの, をかくし, を思いめぐらそう, を指す

▼ 出~ (19, 0.0%)

7 はす 6 はした 1 した, すと, はさなかつた, はさね, はしました, はすこ

▼ 出迎人~ (19, 0.0%)

2 の中

1 [17件] がある, が来る, だが, でいっぱい, にてさしも, には女, に護衛, の後, はすっかり, は後, は瞬間石, は身寄り, も旧, らしいもの, らしい者, をプラツトフオウム, を相手

▼ 出~ (18, 0.0%)

1 [18件] ヨという, ヨ吾ガ双生児, 下サイ, 九郎右衛門ニ向, 其技ヲ, 去ラントス, 又左京儀ハ他家, 奥庭ニ入, 才ハ各部神經ノ, 日暮テ退, 来レル所以ハ, 止ニ其家ニ害アルノミナラズ鄰家に, 渭水, 相顧ミテ, 竹末ニ編笠ヲ付ケ槍ノ, 紀伊, 討死スルコソ面目トハ承, 諸司釈典ヲシテ

▼ 出逢つて~ (18, 0.0%)

2 しまつ, 居りますが

1 [14件] その人等, その口, はならない, は相手, もいつも, もそれ, もならない, ゐて, ゐながら, 居るの, 来た, 極めて自然, 見れば, 飲む酒位

▼ 出から~ (17, 0.0%)

3 して

1 [14件] しで, しに, しの, しは, それを, やり直しだ, ワッと, 何か, 半開きの, 廓の, 書き出して, 脱けてない, 自分は, 誌す

▼ 出來上つたの~ (17, 0.0%)

5 である

1 [12件] がこの, がこれ, が締切り, だと, であるが, です, でないかと, は四十一, は確か, も同前, を聲, を見る

▼ 出~ (17, 0.0%)

3 に召物

1 [14件] で死ぬる, と帰っ, にあたって笑っ, にお客さん, になっ, にまたし, に上り口, に彼, に我が, に死なず, に混雑, に私共, に隅, に雨

▼ 出であり~ (16, 0.0%)

3 くこと

1 [13件] いかなる場合, その年齢, ながら下, ながら田舎, 一代の, 主人は, 原田どのの, 又自分自身有産者, 宋の, 山を, 師の, 神功皇后の, 高貴の

▼ 出でぬ~ (16, 0.0%)

1 [16件] かくて, とおもしろ, と人, ま, 児の, 入相の鐘の, 其部下は, 内に, 処も, 初嵐, 年木樵, 故なるべし, 為女中の, 近くは, 間に, 雁も

▼ 出にな~ (16, 0.0%)

3 つてし 2 つて役場へ

1 [11件] つた御, つて, つてお, つてから, つても, つてゐた, つてを, つてアノ兄様も, つて九州の, つて早く, つて私共には

▼ 出には~ (16, 0.0%)

2 遉の

1 [14件] なりませんが, まだ少し間, まだ間, もう半, やはり引抜い, 墨を, 大分反対の, 断然八百長, 早い林, 火を, 相違ありません, 碌な, 自己主義者が, 颯といっ

▼ 出~ (16, 0.0%)

2 くわした, くわすと

1 [12件] くわしたわ, くわしたん, くわした者, くわして, くわし何ん, くわす, くわすか, くわすかも, て, 会すと, 会わしたぜ, 張ったおでこ

▼ 出~ (16, 0.0%)

9 けると 2 けて草山 1 くる時, けたら, けて振り返, けにそんな, けに引

▼ 出~ (16, 0.0%)

1 [16件] つたが, つたらしく, つたら見に, つて, はす, はせるつもり, はせるハネ十時五十分, はない, ひに, ふの, ふまで, ふやう, ふ時, ふ沓掛, ふ頃, へてあります

▼ 出~ (16, 0.0%)

2 せしが

1 [14件] された, されたの, したと, せられたり, せられぬ, なるべしと, になつ, に付献上, の少し, の年号, の年次, の手続き, は大変, を見る

▼ 出~ (16, 0.0%)

1 [16件] が出来た, させたきもの, させて, した日, しても, し愛宕下円福寺, せば, できたけれども, となり, と御, の上, の上手當, の歡び旁, よりは傳吉, をさした, を申付村役人共

▼ 出~ (16, 0.0%)

1 [16件] が不快, さえも知, であらう, なる, につき, に巧み, は, は近く, を教えられん, を異に, を疑はれぬ, を知, を見よ, を識者, 即ちドミニクス派, 知れざれば

▼ 出~ (16, 0.0%)

2 したの, を聞い

1 [12件] した手続き, し再審, し対決, せん然, なされ候, におよぶ, により思はぬ, に及び, の事組頭出府, の煩, の間合い, を取り下げ

▼ 出~ (16, 0.0%)

2 つた, つたもの, つて 1 したこと, し也夫, つたので, つたらこれ, はね, ふ, ふとかいふ, ふと怖, ふと皆んな, ふと私

▼ 出~ (16, 0.0%)

1 [16件] が壊された, されたという, となるやい, との知, になっ, に及ぶべし, の外, の戸, の戸立て我屋, の時刻, の空車, は厳禁, まぎわ, を見, 去, 多所思

▼ 出ちや~ (15, 0.0%)

3 ならねえよ 2 ならねえ 1 あ困る, からだらし, つたよ, つたわ, とつて, とても子供, どうです, ふわ, ゐない, 居ないよ

▼ 出づる事~ (15, 0.0%)

3 有り 2 は容易 1 にて御, に候, は出来ない, は稀, は適当, を信ずる, を尾山, 多し, 有り又, 有るとは

▼ 出でたれ~ (15, 0.0%)

3 ばなり 21 ばかの, ばここ, ばこそ主家, ばこそ今日, ば因つて世人, ば我が, ば手分, ば打, ば果さず, ば此

▼ 出まかせ~ (15, 0.0%)

1 [15件] か, か聞い, と思えない, にし, に稽古, に述べたてた, のむしろ, の即興, の叙述法, の嘘ッパチ, の歌, は面白い, を云う, を忍容, を申される

▼ 出來ん~ (15, 0.0%)

2 も知れず

1 [13件] だらうか, だろうから, です, で出, で困ります, といふことに, といふ事, と云う, と言つて, なんていふ, に二人, のかい, のぢ

▼ 出~ (15, 0.0%)

2 して

1 [13件] すべきの, すべしとの, するに, できるよう, にお, にも, のしたく, の日, の華やかさ, は布令, を知事, を途中, 仕候

▼ 出發前~ (15, 0.0%)

1 [15件] その旅先, にかの, にこれ, にそれ, にちよツ, につけた, に一二日, に事業費, に借りた, に大阪天滿, に心身とも, に見, に讀み上げ, のわたくし, の氣持

▼ 出~ (15, 0.0%)

4 の命 3 尊は 2 尊の 1 の命三柱, 命で, 尊その, 尊それから, 尊と, 尊とが

▼ 出であった~ (14, 0.0%)

2 かどう

1 [12件] から彼, がいろいろ, が国内事情, が若い, し第, そうして脚色者, ためか, ところから, としても彼, のだ, ので俗縁, のみか分かれ

▼ 出ッ歯~ (14, 0.0%)

1 [14件] から唾, がでる, がぼく, だから, であったため, であるから, でそばかすだらけ, で小柄, で額, の口, の女房, の方, は見え, をグッ

▼ 出でた~ (13, 0.0%)

2 のは

1 [11件] のだ, のであった, のである, は慶安元年板, ものの後裔, 休屋の, 時には, 時ほんとうに, 本能の, 釘抜藤吉先日来の, 青年は

▼ 出でない~ (13, 0.0%)

2 し私

1 [11件] から残念, が形勢たしか, で内, で心ひそか, で憂, で此危険, で開始, といふ理由, ように, 小さな先生, 旧い助手

▼ 出らしい~ (13, 0.0%)

2 想ひ, 母娘の 1 がっしりした, のも, 下女も, 人が, 太い人差指, 女中が, 女中ばかり, 郵船の, 頑丈な

▼ 出~ (13, 0.0%)

1 [13件] と庄田, などで出来る, などの四高弟, につづい, のことば, の二人, はふい, は突きだされ, は越前侯, は顔, もそこ, も庄田, も笑っ

▼ 出這入り~ (13, 0.0%)

1 [13件] から眠っ, が多少, に気, に誤っ, の音等, はある, も見なかった, や行動, よきところ, をよく, を至極のんびり, 天満宮奉納剣術試合催主金子市之, 姿子供の

▼ 出逢つたの~ (13, 0.0%)

3 である 1 か大きい, が縁, だ, であらう, であります, はそれ, はほん, は意外, は町, は私

▼ 出逢頭~ (13, 0.0%)

2 で逃げる

1 [11件] にのこのこ, に向う, に喫驚, に外, に女中, に子供, に宇津木兵馬, の挨拶, の爭鬪, の話, わッ

▼ 出それ~ (12, 0.0%)

2 から一八七五年八月四日, から更に 1 から脂っこい, が紐, に金銭, を今度, を北, を口実, を横切っ, を毎夕新聞

▼ 出づれば~ (12, 0.0%)

1 [12件] あの今日, その暗黒, それでまた一個, ぱっと遁, 吹き荒れる風, 待ちけるやう, 忽ち, 恰も好し, 憎くや, 折しも滿月, 更に又, 赤し草

▼ 出といふ~ (12, 0.0%)

2 ものは, やうな 1 ことだ, のの, 名は, 噂が, 奴に, 崑山も, 拔く, 霞を

▼ 出向き~ (12, 0.0%)

2 になる, を願った 1 になっ, になりまし, になりました, に成りました, の上, の前, の談判, を乞う

▼ 出~ (12, 0.0%)

1 [12件] から姿, と東側, など大, に彼等, の外海, の烈風, の背, は碇泊所, をかなりずっと, をもう少し, を下っ, を下った

▼ 出~ (12, 0.0%)

1 [12件] という奴, といふ奴, なんか抜いた, なんか拔, のおなか, のこと, のよう, の先生, の児, の圭さん, の小児笛, は癒ら

▼ 出~ (12, 0.0%)

2 下度候, 成候よし, 遊候 1 下たく, 下候え, 下度候若し, 下度尤も拙者宅迄, 成候方宜, 成度存じ候

▼ 出~ (11, 0.0%)

2 えへん, まへん 1 た, たもん, たんで, なかつたさかい, なんだら, ますさうな, 行け

▼ 出それから~ (11, 0.0%)

1 [11件] その父親, 南へ, 土橋を, 旭町の, 自動車に, 自動車の, 西し, 諏訪へ, 軽や, 電車通りを, 駅の

▼ 出來さうに~ (11, 0.0%)

3 もない 2 ない 1 なると, もありません, も思はれません, 思はれない, 思へた, 思へるくら

▼ 出來上り~ (11, 0.0%)

1 [11件] かかつて, たるもの, について批評, に滿, ぬ, の催促, の品物, の形, の新聞, は井戸端, を眺め

▼ 出來兼~ (11, 0.0%)

1 [11件] たれど, ぬるほど, ぬる所, ね恐, ます, ます故, る, る故, る江戸がり, る間先旦那, れど

▼ 出~ (11, 0.0%)

2 入り鉄砲 1 といっ, といふ關所, などが大声, の中, の声, の油垢, の目前, の髪, 入鉄砲

▼ 出座有~ (11, 0.0%)

1 [11件] て一同呼, て傳吉, て其方事先達て, て吟味, て四郎左衞門其方抱, て如何, て文右衞門, て段右衞門, て申渡し, て砂利, て藤五郎

▼ 出淵孫兵衛~ (11, 0.0%)

1 [11件] が出, が叫んだ, が思わず, が次に, でござる, のことば, のふたり, は木村助九郎, も, もここ, も村田与三

▼ 出~ (11, 0.0%)

5 りて 1 でおまけ, の女, はどんな, は義雄, るとは, を獲物

▼ 出づる所~ (10, 0.0%)

1 にし, にはそこ, の俳人, の異物奇品棟宇, の義務, を伺い掘れ, を思ふ, を知らざる, を知らず, を知りません

▼ 出づる月~ (10, 0.0%)

2 の角, 待つと 1 その下かげ, の, のさやけ, の姫, の雲居, まつと

▼ 出として~ (10, 0.0%)

1 ある雜誌, これが, 彼等の, 教育され, 旃陀羅すなわち, 日本において, 残った, 目を, 胸に, 色濃く残つて

▼ 出とは~ (10, 0.0%)

1 いうものの, よくよく因果, 云へる, 思はれない舊家, 思はれぬ様, 思はれぬ樣, 異樣, 聞いて, 言っても, 違つて此れ

▼ 出來合~ (10, 0.0%)

5 ひの 1 が違, つたやう, では間, の棺桶, らしき夫婦

▼ 出~ (10, 0.0%)

1 が後ろ, で七平が, で血, に割かれ, はお前, は光らん, を取っ, を取り落した, を當, を突き立てる

▼ 出~ (10, 0.0%)

2 である, の間 1 から土間, で戸, と囲炉裏, により何卒, の柱, は拡張

▼ 出~ (10, 0.0%)

1 があり, がある, にてわれら聞, に徃, の三味線, の保名, の連中, をし, を出す, を見る

▼ 出そこ~ (9, 0.0%)

2 へ来合せた 1 から山, なった釘, なつて, に一軒, に兵, に待っ, をちよ

▼ 出だせる~ (9, 0.0%)

2 その言, を見る 1 一面の, 気味悪さ, 浮紋で, 由の, 芦の

▼ 出ちゃあ~ (9, 0.0%)

2 いけねえ 1 あっしという, あの女, どんな眼, ならないと, ぶねえよ, もうこの, 悪いから

▼ 出づること~ (9, 0.0%)

2 斯くの, 極めて少なく 1 を許さず, を許さなかつた, を許されざりき, 多くて, 能わじ

▼ 出てね~ (9, 0.0%)

2 まるいもの 1 えじゃ, もう駄目, 右の, 大スピード, 実に感じ入っ, 日光着が, 自分でも

▼ 出~ (9, 0.0%)

2 の季節, や春 1 があつ, という季題, の下女, の句, も頭巾

▼ 出來たん~ (9, 0.0%)

2 だ, だが 1 だから, だらう, でせう, ならうまい, やろ

▼ 出來やう~ (9, 0.0%)

1 か, が長, といふもん, とは思へなかつた, と思ふ, に此長兵衞, は全く, も知れず, 即ち敵

▼ 出來得~ (9, 0.0%)

3 べくんば 2 べからざる事 1 ない, ないこと, ない災, べしと

▼ 出處進退~ (9, 0.0%)

2 を見る 1 には自ら兩樣, にも讓ら, に兩樣, に巧み, に注意, に視る, 亦巧みならず

▼ 出~ (9, 0.0%)

4 者の 1 ぎたことをしたさうであゝ, たかは, ギタコトヲイウトハ失礼ダト叱, 者め今早が, 者め無縁と

▼ 出たりなど~ (8, 0.0%)

5 して 2 した 1 するお

▼ 出だけに~ (8, 0.0%)

1 一人娘の, 古くから, 多少の, 明晰な, 歌舞伎や, 武家の, 生きて, 終らず積極的

▼ 出つつ~ (8, 0.0%)

3 ある 1 あったの, あるが, あるやう, あるよう, あるん

▼ 出~ (8, 0.0%)

1 どに腰, どに腰かけた, どのわき, どの下, どの前, どをすっかり, へんがな, ーあすって

▼ 出~ (8, 0.0%)

3 お寄り 1 お出, 余り長く, 権の, 清作, 私し

▼ 出ッ尻~ (8, 0.0%)

1 か, であるが, で鳩胸, といっ, と気, を売り, を後方, 出ッ尻

▼ 出代り時~ (8, 0.0%)

4 でもない 2 には今 1 であるので, の三月三日

▼ 出來損~ (8, 0.0%)

3 ひの 1 つたところ, なひだ, ひ, ひみたいな, ひ也

▼ 出~ (8, 0.0%)

1 ちゃいましたし, つちまつて, つて, ひて, ひです, ひ人力車, ひ残つた二三, ふころ

▼ 出揃つて~ (8, 0.0%)

2 ゐる 1 いつもの, も大きな, ゐて, ゐなかつた, 快げ, 駈け

▼ 出會い~ (8, 0.0%)

1 から半時間, があった, だった, でもし, に結びつけ, のこと, ののち, の場面

▼ 出會つて~ (8, 0.0%)

1 そのまま娘, は自己, もおれ, もそれ, も故人, ゐた, ゐたある, 其の盛觀

▼ 出~ (8, 0.0%)

1 きなさりますると, るく, 之刻限, 行く, 行くの, 行くは, 行くよう, 行く者

▼ 出~ (8, 0.0%)

1 があり, について深く, のない, のわからぬ, や何, をふさがれ, を求めず, を知らない

▼ 出あそばし~ (7, 0.0%)

3 てさ, て下さりませう 1 てお

▼ 出かわり~ (7, 0.0%)

3 というもの 21 が文章, についていろいろ

▼ 出これ~ (7, 0.0%)

2 が源之助 1 という当, に反し, は常, もバラック, もバラツク

▼ 出そして~ (7, 0.0%)

1 吾妻橋の, 山を, 庭へ, 引っぱりの, 彼等の, 私の, 種子の

▼ 出づと~ (7, 0.0%)

1 は即ち, は思はれず, も何, 書いた支那文, 注せられて, 申す, 聞き午後

▼ 出てまで~ (7, 0.0%)

1 おれの, 二言目には, 修法する, 嘘を, 客の, 芝居を, 菩提を

▼ 出でつ~ (7, 0.0%)

2 欄を 1 ともなく, やおら歩, 墓の, 帰には, 揺く

▼ 出でなけれ~ (7, 0.0%)

2 ばならない 1 ばならなかった, ばならぬ, ばなりません, ばミチ子, ば立行かない

▼ 出での~ (7, 0.0%)

1 ご用意, せつも, 人氣のと, 後やがて, 手続きを, 時取り敢えず, 頃御

▼ 出でました~ (7, 0.0%)

1 から早速, が夜, が時, とき三つに, 時の, 次第もし, 正木で

▼ 出~ (7, 0.0%)

32 やも 1 えよ, こうして置く

▼ 出もの~ (7, 0.0%)

2 です 1 があった, が揃いました, でご, をあさる, 腫れものだ

▼ 出やがて~ (7, 0.0%)

1 二階から, 伊勢大神宮への, 平侍に, 木曾川飛騨川の, 江戸の, 浜松で, 神戸の

▼ 出~ (7, 0.0%)

2 ですつた, に 1 すった事, すって, すっても

▼ 出~ (7, 0.0%)

1 がねえだ, という恰好, と同視, などの各課, の町人お歳暮持參, らしいの, りを

▼ 出來不出來~ (7, 0.0%)

2 がある 1 がひど, なんぞは問題ぢ, はなかつた, は別, や人氣

▼ 出~ (7, 0.0%)

1 でおまけ, でぶく, で頭, と一所, の南雲沢, の据ら, をにょこにょこ

▼ 出~ (7, 0.0%)

2 じゃ 1 が廻っ, だ親分, だ話せるね, になっ, になった

▼ 出~ (7, 0.0%)

1 おして, おして思惟, てモソツト悧巧, シテ戴キマショウ明日コソ失敗シナイヨウニシマス失敗ナンゾ一度モシタコトハナインダケレド, シテ来タノダト云ウ, 樣我が, 走盪

▼ 出遇つた~ (7, 0.0%)

1 かずかずの, が警部, といふこと, としたら, とは云, ならば, 如く気

▼ 出遇つたの~ (7, 0.0%)

1 かと思, である, は兄, は始め, は幸先, は張金吾, は此老人

▼ 出遇ッ~ (7, 0.0%)

2 た, たの 1 たならば, た人, た時

▼ 出さらに~ (6, 0.0%)

1 一九四〇年モオリス・ベッツの, 北へ, 吉川左次馬中野市之, 岸に, 御影街道へと, 馬を

▼ 出しか~ (6, 0.0%)

1 ない, ぬれば, 地より, 城富御意に, 持つて, 浮かばないの

▼ 出だった~ (6, 0.0%)

1 からで, からである, があの, がその, が徴用, という母親

▼ 出づることを~ (6, 0.0%)

1 信ずれば, 得ざるべし, 得ず, 得ず後者, 得ず殆, 認め難き

▼ 出づるもの~ (6, 0.0%)

2 多く而 1 その好む, である, 少かる, 往々に

▼ 出づる日~ (6, 0.0%)

21 ありとも, の暮, もあらで, 更に西

▼ 出てしも~ (6, 0.0%)

2 うたが 1 うたの, うたまでよ, うた事じゃに, たのんです

▼ 出てや~ (6, 0.0%)

1 がらあ, がる, がるぜ, がるな, しないかしら, しないの

▼ 出でます~ (6, 0.0%)

3 時に 1 と其の, と小, 時男子出産し

▼ 出でを~ (6, 0.0%)

1 おねがいした, ば, れば, 怠るのみか, 願いますと, 願い度

▼ 出という~ (6, 0.0%)

2 のは 1 ことだ, ところから, ひと島田の, 朱泥の

▼ 出はいり~ (6, 0.0%)

1 だけにじ, にちよ, にもじろりと, に便宜, に眼, を見た

▼ 出やあ~ (6, 0.0%)

1 がったい, しない, しないじゃ, しないよ, しないわ, しねえかと

▼ 出シタ~ (6, 0.0%)

1 売物ノブ市トイウ物, 故オレガ, 故ソレガ徳ニナッテ路銀モ, 故ニ, 故食ッテ居ル, 真ッ白

▼ 出シテ~ (6, 0.0%)

1 未ダ捷タズ, 消エテ行ッタ, 腐リカケタル杉, 見ルト, 見ルト窓際ハ風ガスウ, 見レバ分ル通リ

▼ 出~ (6, 0.0%)

1 なきと, 事, 処当, 生単付金銅葵, 由かくべつ, 由忙程之

▼ 出~ (6, 0.0%)

1 から思ふ, はベルリン, は北京, は厦門, は法政大学, は鳥取

▼ 出來ずし~ (6, 0.0%)

1 ては天性, て冗長, て動, て國家的, て大事, て永眠

▼ 出來たて~ (6, 0.0%)

1 に大阪, の假名, の味噌汁, の新造, の新造つて奴, まんぢ

▼ 出~ (6, 0.0%)

5 笑語 1 阿羅漢同様の

▼ 出~ (6, 0.0%)

1 すべし, だった, に当り, の傀儡, の準備, をお

▼ 出~ (6, 0.0%)

1 で茶漬, に何, のお, のソツプ, をつまみあげられ, を浪

▼ 出~ (6, 0.0%)

1 の, のよう, の著書, の辞苑, は帝都, は早く

▼ 出~ (6, 0.0%)

1 はぬ, ふ共, ふ御方, ふ時, へば蝋燭いつか三分の一, へよ

▼ 出~ (6, 0.0%)

1 で北郡, にのせ, のへり, の際, までの準備, を慎

▼ 出茶屋~ (6, 0.0%)

2 で休ん 1 が二軒, だけれども, の姉さん, 畳みたる道具

▼ 出行き~ (6, 0.0%)

2 たり, ぬ 1 しを, たる少時後

▼ 出~ (6, 0.0%)

1 して, しました, せられたもの, なさるべく候, には段々, をしました

▼ 出~ (6, 0.0%)

2 の上 1 でも通る, にあった, もでた, 寝

▼ 出逢つた~ (6, 0.0%)

1 からでございます, から薩摩屋敷, その夢, だけだつた, でな, といふの

▼ 出~ (6, 0.0%)

1 から切り, でありその, に結びつけ, のところ, の下, の籠

▼ 出~ (6, 0.0%)

1 があり, が倒影, に挾まれ, の外側, の窓, を弓形

▼ 出かすか~ (5, 0.0%)

1 分らないぞ, 分らないと, 分らないほど, 分らんぞ, 分りゃしない

▼ 出がち~ (5, 0.0%)

1 だという, だよって, でも, なもの, の彼女

▼ 出けれ~ (5, 0.0%)

1 ば兩人, ば大岡殿何歟思さる, ば女共, ば目安役與力一, ば越前守殿佐十郎

▼ 出ちょ~ (5, 0.0%)

2 るが 1 ってであります, る, る出ちょ

▼ 出~ (5, 0.0%)

3 やげ 1 やある, やない

▼ 出づるや~ (5, 0.0%)

2 其の曾, 常に時代 1 入るや

▼ 出づる光~ (5, 0.0%)

1 である, なり人神恩, なれば, にて一樣, を顏

▼ 出づる者~ (5, 0.0%)

1 であるかも, とては絶え, なし, ならむや, 蓋し甚だ多から

▼ 出づる頃~ (5, 0.0%)

1 である, には篇中記, ねる, よりし, よりふた

▼ 出てからという~ (5, 0.0%)

1 ものは, ものまるで, もの久しい, もの仕入れない, もの毎日毎日お

▼ 出であっ~ (5, 0.0%)

1 て, てもうけっして, て最初, て譜代, て長い

▼ 出でしか~ (5, 0.0%)

21 ど馬, なかつた, 今記憶

▼ 出でした~ (5, 0.0%)

1 か, から何, がさ, がまた, が面つき

▼ 出でじ~ (5, 0.0%)

1 とぞ思ふ, とたえず, と其居間, と思ひし, と思ふ

▼ 出でず~ (5, 0.0%)

2 むば内閣改造の 1 何も, 午頃まで, 鬼神怒っ

▼ 出でて~ (5, 0.0%)

2 布田へ 1 了った, 江浙に, 西山の

▼ 出でまし~ (5, 0.0%)

1 たるが, てお嬢様, てその, て力, て遂に

▼ 出どこ~ (5, 0.0%)

1 がない, と云, と云う, もこの, もまるで

▼ 出に対して~ (5, 0.0%)

1 不服を, 全く同様, 医学部全体を, 苦しいこと, 諾否の

▼ 出~ (5, 0.0%)

2 ないから, まいが 1 ず今

▼ 出交易~ (5, 0.0%)

1 の事, は可, は識見, もまた, をや

▼ 出來それ~ (5, 0.0%)

1 がちよろ, がぱく, が漸次, が開閉, を他

▼ 出來上つた~ (5, 0.0%)

1 からだ, から奈良朝, と信じる, と假, 便宜上考へられた

▼ 出來候~ (5, 0.0%)

1 はば御, へばお, へば參詣, べき, ま

▼ 出埃及記~ (5, 0.0%)

1 およびヨハネ黙示録, に見ゆる, に録, の一部, は汝

▼ 出嫌い~ (5, 0.0%)

1 だろう子供, で例, な性分, の人, の癖

▼ 出~ (5, 0.0%)

1 から女, から覗い, でこの, に霞んだ, の彼方

▼ 出~ (5, 0.0%)

2 荒れ果てて 1 には尚, に異ならず, の瀬戸

▼ 出~ (5, 0.0%)

2 老人を 1 る寄宿学校, 山路へか, 雑誌社へ

▼ 出払つて~ (5, 0.0%)

1 ほとんど芝生, ゐる, ゐること, 居つて, 広い寄宿舎

▼ 出~ (5, 0.0%)

1 うて特定, つたよ, つて, つてるよ, ひて

▼ 出支度~ (5, 0.0%)

2 して 1 を, をし, を今

▼ 出~ (5, 0.0%)

21 は御, も西, れで生

▼ 出替り~ (5, 0.0%)

2 小間使と 1 が多く, は此意義, も亦

▼ 出~ (5, 0.0%)

1 したんで, して, ということ, の時刻, の途次

▼ 出歩行~ (5, 0.0%)

1 かああ, でもしない, のみか娘, もいくら, れぬ故

▼ 出~ (5, 0.0%)

1 から次に, しの, だ, であるなれば, の茶

▼ 出~ (5, 0.0%)

1 が幼い, の死, は大名, は稲葉家, を喪

▼ 出~ (5, 0.0%)

1 かつた, 之, 之候, 詮義と, 車

▼ 出~ (5, 0.0%)

1 が血走っ, の婦人, の額, を早く, を神経質

▼ 出~ (5, 0.0%)

1 して, なん, の場合, は内地人, を望ん

▼ 出~ (5, 0.0%)

1 ができ, が出, が見られる, であったの, とて三枚

▼ 出逢つた事~ (5, 0.0%)

1 がいや, がなかつた, それから私, のある, を考へ

▼ 出逢つた時~ (5, 0.0%)

1 からし, に夫人, のやう, は盛ん, は相

▼ 出遇つた時~ (5, 0.0%)

1 には吾等, に取り交す, に彼, の何気ない, ふとある

▼ 出齒庖丁~ (5, 0.0%)

1 が這入つた, でももつ, もあつ, を亭主, を取り出した

▼ 出この~ (4, 0.0%)

1 さいまた, でそこ, 名古屋へ, 扱いを

▼ 出さうに~ (4, 0.0%)

3 なつて 1 も無い

▼ 出さき~ (4, 0.0%)

1 のお, の外国, の役人, を大屋

▼ 出じゃ~ (4, 0.0%)

1 げな, ないか, ねえか, ア無駄だ

▼ 出ずる者~ (4, 0.0%)

1 がなかっ, が無い, ははなはだ, を容赦

▼ 出そうもの~ (4, 0.0%)

1 ならその, ならそれ, ならたちまち, なら前

▼ 出たま~ (4, 0.0%)

31 へば奥様

▼ 出たる~ (4, 0.0%)

1 に似, に長八, に驚かされ, をり

▼ 出だせし~ (4, 0.0%)

1 には相違, ゆえ今の, ホンゴウソウという, 時兎は

▼ 出って~ (4, 0.0%)

1 オシャベリ姫を, 来て, 来るの, 枝と

▼ 出づら~ (4, 0.0%)

1 め, んや, んやうに, ん趣ある

▼ 出づるが~ (4, 0.0%)

1 その油差, 如き也, 如き土器石器, 如し喧啾

▼ 出づること能~ (4, 0.0%)

2 はざら, はざる

▼ 出てからに~ (4, 0.0%)

1 いたしましょう, して, しようと, しよう藤沢

▼ 出てけ~ (4, 0.0%)

2 えへん 1 出て, 出てけ

▼ 出てさえ~ (4, 0.0%)

2 しまえば 1 おくれなら如斯貧乏, びくびくし

▼ 出てでも~ (4, 0.0%)

1 いられたらきっと, お前から, 私と, 行く事

▼ 出てよ~ (4, 0.0%)

1 かつた, それが, 毛皮の, 親分の

▼ 出でしょう~ (4, 0.0%)

1 からお, から毒酒, と思います, ね

▼ 出で下さる~ (4, 0.0%)

1 には及びませぬ, やうに, よう, ようにと

▼ 出など~ (4, 0.0%)

1 いくらも, すこし書きつけ, 書きながら, 生きた史料

▼ 出なよ~ (4, 0.0%)

1 先へ, 出なったら出なよ, 出なよ, 金公や

▼ 出なれ~ (4, 0.0%)

1 ばかくい, ばこそ心残り, ば其方共, ば帰

▼ 出にて~ (4, 0.0%)

1 二重より, 御内糺し, 當時著名の, 面を

▼ 出にも~ (4, 0.0%)

2 間が 1 若い女, 障りましょうず

▼ 出~ (4, 0.0%)

2 今さらの 1 えとこれ, えと思つて

▼ 出ばなし~ (4, 0.0%)

1 が尾, にある, に夜, やらが持ち出され

▼ 出~ (4, 0.0%)

2 えや 1 いと思う, えさ

▼ 出また~ (4, 0.0%)

1 小西屋は, 彼女らの, 武士たちに対しては, 為て

▼ 出らん~ (4, 0.0%)

1 かと案じ, で早, といいだした, ねえ

▼ 出~ (4, 0.0%)

2 し金 1 し曽根, とのこと也

▼ 出~ (4, 0.0%)

1 来ンサイ, 見タラ, 見タラ三島ニ, 見ロト云ウカラ

▼ 出來たる~ (4, 0.0%)

1 にぞ長, に女房娘, を不思議, を女

▼ 出來よう筈~ (4, 0.0%)

2 のない 1 はございません, もない

▼ 出來るこつちや~ (4, 0.0%)

2 ありません 1 ないから, ないが

▼ 出入れ~ (4, 0.0%)

2 をする 1 には自然, にまで積極的行動

▼ 出勝ち~ (4, 0.0%)

2 だつた 1 だった, なの

▼ 出博士~ (4, 0.0%)

1 の, の研究, の説, は言語学者

▼ 出四つ~ (4, 0.0%)

2 裂き, 裂きである

▼ 出~ (4, 0.0%)

2 ずれると 1 ずれて, るれば

▼ 出定後語~ (4, 0.0%)

2 に於 1 の樣, は仲基

▼ 出更に~ (4, 0.0%)

1 それが, 左に, 幕が, 本の

▼ 出板物~ (4, 0.0%)

1 が社会主義, となりぬ, の中, の範囲

▼ 出~ (4, 0.0%)

1 が公方樣, が如何にも, によつて, も少なく

▼ 出~ (4, 0.0%)

1 いたしますと, したの, して, してから

▼ 出逢ふか~ (4, 0.0%)

1 も知れず, も知れない, も知れぬ, 分らないん

▼ 出遇つた事~ (4, 0.0%)

2 はついぞ又 1 はありません, を覚え

▼ 出雨戸~ (4, 0.0%)

1 を一枚, を窃, を開けた, を開ける

▼ 出電車~ (4, 0.0%)

2 から降りた 1 と呼ばれ, の雑沓

▼ 出~ (3, 0.0%)

1 うた所を, 出だ, 妻の

▼ 出かた一つ~ (3, 0.0%)

2 で何 1 でどう

▼ 出ここ~ (3, 0.0%)

1 から人力車, に四月, へ泊る

▼ 出さかり~ (3, 0.0%)

1 で孟宗藪, と云, の山

▼ 出さる~ (3, 0.0%)

1 則即刻御, 申次駿河局突鼻に, 而し

▼ 出する~ (3, 0.0%)

1 所以は, 星状の, 身の上だ

▼ 出ずる涙~ (3, 0.0%)

1 が美奈子, の川, を手

▼ 出そこで~ (3, 0.0%)

1 右折し, 商人は, 火の

▼ 出たりなんぞ~ (3, 0.0%)

1 しちゃあ, するの, する贅澤

▼ 出づと云~ (3, 0.0%)

1 ふ, ふべし, ふ予言

▼ 出づべし~ (3, 0.0%)

2 斯く形 1 然れ

▼ 出づるに~ (3, 0.0%)

2 高く鳴る 1 及び絵本

▼ 出づる勿~ (3, 0.0%)

21 れと

▼ 出づる口~ (3, 0.0%)

1 となりおる, には上下, の戸

▼ 出づる水~ (3, 0.0%)

1 なり, に雨, を逆

▼ 出づる清水~ (3, 0.0%)

2 を掬 1 を得たる

▼ 出づる能~ (3, 0.0%)

3 はざる

▼ 出てか~ (3, 0.0%)

2 わやへ 1 へるところ

▼ 出てからと~ (3, 0.0%)

1 云ふも, 宇平が, 言うもの

▼ 出てと~ (3, 0.0%)

1 手帛を, 正直に, 突然彼

▼ 出てな~ (3, 0.0%)

1 どうする, びっくりし, 皆流され

▼ 出てまでも~ (3, 0.0%)

1 またあの, 三保の, 問題としての

▼ 出てもよ~ (3, 0.0%)

2 かりそう 1 かりさうな

▼ 出であろう~ (3, 0.0%)

1 かまたは, ともその, 裾模様の

▼ 出でです~ (3, 0.0%)

21 か私

▼ 出でと~ (3, 0.0%)

1 存じられます, 沿道では, 無理に

▼ 出でなかった~ (3, 0.0%)

1 ことが, ことを, 百姓であったろう

▼ 出でなかつた~ (3, 0.0%)

1 さうである, のである, ものが

▼ 出とばかり~ (3, 0.0%)

2 氏も 1 好く分らず

▼ 出ながらも~ (3, 0.0%)

2 御米 1 気を

▼ 出にくく~ (3, 0.0%)

1 ていや, なるからさ, ツて

▼ 出にでも~ (3, 0.0%)

2 耽つて 1 腰を

▼ 出にゃ~ (3, 0.0%)

2 いかん 1 ならねえ

▼ 出にや~ (3, 0.0%)

1 ならんが, ならんといふ, なら無え

▼ 出のみに~ (3, 0.0%)

2 身は 1 生きたプルウスト

▼ 出はいりする~ (3, 0.0%)

1 ことも, ところでは, 穴さえ

▼ 出はじめ~ (3, 0.0%)

2 には実に 1 の音

▼ 出ほど~ (3, 0.0%)

1 懷しく, 時が, 毒な

▼ 出まで~ (3, 0.0%)

1 わずか二間, 何分ある, 御待候

▼ 出よく早速~ (3, 0.0%)

3 おわかり

▼ 出りや~ (3, 0.0%)

3 こわや

▼ 出をも~ (3, 0.0%)

1 あまり筆には, せず阿容, 願い度

▼ 出~ (3, 0.0%)

1 御覽アリ, 御馬場ニ於テ, 或ハ和睦

▼ 出ツ齒~ (3, 0.0%)

1 で小柄, を血, を見せ

▼ 出~ (3, 0.0%)

1 或ハ薬, 直寫影鏡ハ數年, 若シ是織女ニ

▼ 出~ (3, 0.0%)

1 は六里程, 同外記, 向容體

▼ 出二人~ (3, 0.0%)

1 して, で歩い, で青山

▼ 出京ニ~ (3, 0.0%)

1 て此刀, も常, 相成居候事故

▼ 出京中~ (3, 0.0%)

1 に二度粕谷, の久野村新井伝吉その他, の総代たち

▼ 出京以来~ (3, 0.0%)

1 まだ半年, もその, 特に妙

▼ 出京後~ (3, 0.0%)

1 は, 無論國, 間もなく常州

▼ 出~ (3, 0.0%)

1 かの下知, の御用, 之奇特

▼ 出來そこ~ (3, 0.0%)

1 でも修行, ないの, なひは

▼ 出來上つた上~ (3, 0.0%)

1 にそれ, はいづれ, は一日

▼ 出來上つた時~ (3, 0.0%)

1 にはお, に品質, 心から喜ん

▼ 出來星~ (3, 0.0%)

1 でも金, の商人, の金持

▼ 出來社會~ (3, 0.0%)

3 をより

▼ 出~ (3, 0.0%)

1 をひったくる, を取っ, を振り上げる

▼ 出初めて~ (3, 0.0%)

2 ゐたの 1 自分の

▼ 出十三世紀~ (3, 0.0%)

1 の人, の人々, の後半

▼ 出~ (3, 0.0%)

1 其方こと速かに, 其間に, 沈むという

▼ 出~ (3, 0.0%)

1 き御沙汰, 申と, 申心がけ候処昨日より

▼ 出~ (3, 0.0%)

1 したる過ち, するため, 致せし處兄喜内

▼ 出~ (3, 0.0%)

1 小便を, 關だ, 關師匠の

▼ 出娑婆~ (3, 0.0%)

1 った口, ってヒョコヒョコ三人, ると

▼ 出小刀~ (3, 0.0%)

1 で腹, を一挺, を掴ん

▼ 出度いもの~ (3, 0.0%)

1 とする, となっ, になります

▼ 出~ (3, 0.0%)

1 の感情, の脇差, は

▼ 出後刻~ (3, 0.0%)

2 に學校 1 に学校

▼ 出~ (3, 0.0%)

3 度埒明可

▼ 出憎い~ (3, 0.0%)

1 からそこで, のであった, わ

▼ 出懸けよう~ (3, 0.0%)

2 ぢや 1 と茶店

▼ 出~ (3, 0.0%)

1 だから, に入っ, に地面

▼ 出拂つて~ (3, 0.0%)

1 いて, しまつ, 居る

▼ 出~ (3, 0.0%)

2 なつた咳 1 った顔

▼ 出~ (3, 0.0%)

1 されたもの, と云, と稱

▼ 出易い~ (3, 0.0%)

1 ものである, ものでし, 雨を

▼ 出易く~ (3, 0.0%)

2 危険な 1 するため

▼ 出~ (3, 0.0%)

1 だ, も昼后, 取出し我と

▼ 出會いがしら~ (3, 0.0%)

1 に突然ばったり, に誰, 問いかけでも

▼ 出會つた~ (3, 0.0%)

1 と信じないで, と思ひます, なら最初

▼ 出會つたの~ (3, 0.0%)

1 だが, です, は帝國劇場開場式

▼ 出會つた時~ (3, 0.0%)

1 この夢, に, のこと

▼ 出會頭~ (3, 0.0%)

1 に切込, に肩先, に黒板塀

▼ 出格子~ (3, 0.0%)

1 の中, の有る, の窓

▼ 出~ (3, 0.0%)

1 が次々, めいた建物, 高櫓

▼ 出次第~ (3, 0.0%)

1 が本望, とって, にて何變ずる

▼ 出歩き~ (3, 0.0%)

2 を苦々しい 1 を人

▼ 出江戸~ (3, 0.0%)

1 へと心指夜, へ參, へ行ん

▼ 出~ (3, 0.0%)

1 しました, できないと, の作業

▼ 出申候~ (3, 0.0%)

1 から, から恥, て又

▼ 出發當時~ (3, 0.0%)

2 のこと 1 の苦勞

▼ 出盛り~ (3, 0.0%)

1 の桜, を待ち, を越した

▼ 出~ (3, 0.0%)

1 の御用, の相場, をきく

▼ 出~ (3, 0.0%)

1 と営業者, の大名たち, の武将

▼ 出触れ~ (3, 0.0%)

1 だな, の手前, を廻し

▼ 出~ (3, 0.0%)

1 されたから, する事, の交渉

▼ 出逢ひがしら~ (3, 0.0%)

1 に下方, に危く, に甚作

▼ 出逢ッ~ (3, 0.0%)

1 た, たの, た時

▼ 出遊ばし~ (3, 0.0%)

1 てから後で, て鳥, 御對談

▼ 出遊ばした~ (3, 0.0%)

1 お松樣も, かと存じ, んでございます

▼ 出~ (3, 0.0%)

1 しおらざりき妾, せば, の理由

▼ 出隆教授~ (3, 0.0%)

1 の飛躍, も森田草平氏, や森田草平氏

▼ 出難い~ (3, 0.0%)

1 のである, チベットから, 所で

▼ 出~ (3, 0.0%)

1 はさなかつた, はす, はすか

▼ 出~ (2, 0.0%)

1 ふと太田, りくと

▼ 出あし~ (2, 0.0%)

1 の早い, は留めなかった

▼ 出あるく~ (2, 0.0%)

1 ことが, 女に

▼ 出あれ~ (2, 0.0%)

1 から宍道湖, に見ゆる

▼ 出お家~ (2, 0.0%)

2 は御

▼ 出かい~ (2, 0.0%)

1 どうお, などと有

▼ 出かし~ (2, 0.0%)

2 居つた

▼ 出かす~ (2, 0.0%)

1 となんねえ, に相違

▼ 出かと~ (2, 0.0%)

1 思って, 思ひましたと

▼ 出かも~ (2, 0.0%)

1 知れない, 知れませんが

▼ 出ぎわ~ (2, 0.0%)

1 になっ, に又

▼ 出けり~ (2, 0.0%)

1 其時畔倉重四郎は, 爰に

▼ 出ける~ (2, 0.0%)

1 が時, 扨又後に

▼ 出さうだつ~ (2, 0.0%)

2

▼ 出さして~ (2, 0.0%)

1 うつむき勝, おくんなさいと

▼ 出さそう~ (2, 0.0%)

1 としたらしゅうございました, と思う

▼ 出さむ~ (2, 0.0%)

1 ことの, と騒げり

▼ 出さむに~ (2, 0.0%)

1 はいかに, は当時流行

▼ 出さん事~ (2, 0.0%)

1 にゃ承知, を勧めたい

▼ 出さん人~ (2, 0.0%)

2 もなけれ

▼ 出さん者~ (2, 0.0%)

1 すなわち我教法, に親方

▼ 出しかば~ (2, 0.0%)

1 全く越前守越度, 越前守殿には

▼ 出しける~ (2, 0.0%)

2 にお

▼ 出しばし~ (2, 0.0%)

1 ごが, は物

▼ 出しよう~ (2, 0.0%)

2 というの

▼ 出すぎ者め~ (2, 0.0%)

2 がッ

▼ 出すずし~ (2, 0.0%)

2

▼ 出すれ~ (2, 0.0%)

1 ども要するに, ばあなた

▼ 出ずる季節~ (2, 0.0%)

1 に島原半島, に漁舟

▼ 出ずる日~ (2, 0.0%)

1 に吉凶, は今年中

▼ 出ずる様~ (2, 0.0%)

1 に見える, の会

▼ 出ずる神~ (2, 0.0%)

1 とでも説くべきであろう, の声

▼ 出ずる葉~ (2, 0.0%)

2 は形

▼ 出ずる超過~ (2, 0.0%)

1 が徐々, よりも大

▼ 出ずる魚~ (2, 0.0%)

2 の料理

▼ 出そろつた~ (2, 0.0%)

1 林の, 薄が

▼ 出たりや~ (2, 0.0%)

2 出たり

▼ 出だって~ (2, 0.0%)

1 事は, 芸者だって

▼ 出っぱなし~ (2, 0.0%)

1 だと, で小僧

▼ 出つる~ (2, 0.0%)

1 かも, に當

▼ 出づべきものは出~ (2, 0.0%)

1 で尽した, で尽したでありませう

▼ 出づべき時~ (2, 0.0%)

1 に出た, も待たず

▼ 出づべき期~ (2, 0.0%)

1 なり, に迫り

▼ 出づべき詞~ (2, 0.0%)

1 の工夫, の順序

▼ 出づるかを~ (2, 0.0%)

1 疑ふまでに, 知らんと

▼ 出づることは~ (2, 0.0%)

1 わかり切って, 禁じて

▼ 出づること一等~ (2, 0.0%)

2 なりと謂

▼ 出づるこの常~ (2, 0.0%)

1 ならず軽き, ならず輕

▼ 出づるときはの山~ (2, 0.0%)

1 の, の岩

▼ 出づるに車~ (2, 0.0%)

1 あり膳, なし

▼ 出づるものは~ (2, 0.0%)

1 皆カッチアグイーダ, 見當

▼ 出づるものは葉~ (2, 0.0%)

2 に出たるらし

▼ 出づるや朋党相~ (2, 0.0%)

2 結んで

▼ 出づるをりたく柴~ (2, 0.0%)

1 の, の夕煙

▼ 出づる人~ (2, 0.0%)

1 だになし, なく老公

▼ 出づる人物~ (2, 0.0%)

1 である, は

▼ 出づる凡て~ (2, 0.0%)

2 の創造

▼ 出づる前~ (2, 0.0%)

1 からか, に一言聽

▼ 出づる力~ (2, 0.0%)

1 なし, は或

▼ 出づる声~ (2, 0.0%)

1 なり, も打

▼ 出づる子~ (2, 0.0%)

1 の可愛, の美し

▼ 出づる山かげ~ (2, 0.0%)

2 のいで湯

▼ 出づる方~ (2, 0.0%)

1 により負, に向

▼ 出づる旅~ (2, 0.0%)

2 かな

▼ 出づる毎~ (2, 0.0%)

1 に皆之, に華

▼ 出づる泉~ (2, 0.0%)

1 の, の微温

▼ 出づる湯~ (2, 0.0%)

1 の世, の伊豆

▼ 出づる白雲~ (2, 0.0%)

1 の低く, を泛

▼ 出づる神~ (2, 0.0%)

1 とでも説くべきであらう, に等しき

▼ 出づる秋~ (2, 0.0%)

2 の夜

▼ 出づる草~ (2, 0.0%)

2 のはつ

▼ 出づる處~ (2, 0.0%)

1 に至り, を知らず

▼ 出づる虫~ (2, 0.0%)

1 だけで, と続けた

▼ 出づる血~ (2, 0.0%)

1 の絶叫, を口中

▼ 出づる行為~ (2, 0.0%)

1 の結果, 及び其結果

▼ 出づる諸種~ (2, 0.0%)

1 の石器一般, の遺物

▼ 出づる途端~ (2, 0.0%)

2 に今

▼ 出づる道~ (2, 0.0%)

1 のべ潺湲, もありましょう

▼ 出づる郭公~ (2, 0.0%)

1 と共に, の心

▼ 出づる間~ (2, 0.0%)

1 にいつか孫娘, もなく

▼ 出づる雲~ (2, 0.0%)

1 の大海, の如く

▼ 出づる魂~ (2, 0.0%)

1 あれば, の不

▼ 出づれど神無月すゑ~ (2, 0.0%)

2 の時雨

▼ 出づればお浪~ (2, 0.0%)

2 驚いて

▼ 出づれば故人~ (2, 0.0%)

1 なからん, 無からん

▼ 出づれば風面~ (2, 0.0%)

2 を撲

▼ 出づ可~ (2, 0.0%)

1 き筈, く候

▼ 出てからが~ (2, 0.0%)

1 いやな, 生活難と

▼ 出てからでも~ (2, 0.0%)

1 いい, もういく

▼ 出てこそ~ (2, 0.0%)

1 はじめて開門, ぼくの

▼ 出てずつと~ (2, 0.0%)

1 有楽町まで, 此方へ

▼ 出てはを~ (2, 0.0%)

1 かしいから, りません

▼ 出てばかり~ (2, 0.0%)

1 まことに不愉快, ゐて

▼ 出でありまし~ (2, 0.0%)

1 てなそん, て現に

▼ 出でがてに~ (2, 0.0%)

1 する, するを

▼ 出でしさわさ~ (2, 0.0%)

2 わと揺れ

▼ 出でたら~ (2, 0.0%)

1 どうやら悪寒, んばかりの

▼ 出でなど~ (2, 0.0%)

1 して, するが

▼ 出でぬべき~ (2, 0.0%)

1 けしきなれ, 薔薇の

▼ 出でましたれ~ (2, 0.0%)

1 ば孝助, ば御覧

▼ 出でや~ (2, 0.0%)

1 はるんえ, ツと

▼ 出でる~ (2, 0.0%)

1 と平次, と泣い

▼ 出といふだけ~ (2, 0.0%)

1 あつて, で態度

▼ 出とが~ (2, 0.0%)

1 一緒に, 紹介された

▼ 出との~ (2, 0.0%)

1 間が, 間には

▼ 出とも~ (2, 0.0%)

1 なり私, 謂つて神輿が

▼ 出ながらの~ (2, 0.0%)

2

▼ 出などを~ (2, 0.0%)

2 眺めて

▼ 出なら~ (2, 0.0%)

1 これで, 顔を

▼ 出にくかっ~ (2, 0.0%)

1 た, たが

▼ 出によ~ (2, 0.0%)

1 つて豊かに, つて靜かに

▼ 出によって~ (2, 0.0%)

1 口から, 警察へ

▼ 出により~ (2, 0.0%)

1 これが, これを

▼ 出ねエ~ (2, 0.0%)

1 なら五十日, 者だ

▼ 出はいりし~ (2, 0.0%)

1 そうな, ている

▼ 出はず~ (2, 0.0%)

2 るる頃

▼ 出はらった~ (2, 0.0%)

1 か, 本館の

▼ 出ばつ~ (2, 0.0%)

1 てき, て来た

▼ 出ふたり~ (2, 0.0%)

1 出して, 出親父

▼ 出べそ~ (2, 0.0%)

1 で嫌われた, をふくらまし

▼ 出まさあ~ (2, 0.0%)

1 ね, 左が

▼ 出むかい~ (2, 0.0%)

1 なんてていねい, はいたしません

▼ 出むき~ (2, 0.0%)

1 になっ, になった

▼ 出もう~ (2, 0.0%)

1 三四日で, 花も

▼ 出やすい~ (2, 0.0%)

1 もんだ, 目からは

▼ 出やはりまして~ (2, 0.0%)

1 えらいお世話, お留守

▼ 出よい~ (2, 0.0%)

1 かも知れぬ, ように

▼ 出より~ (2, 0.0%)

1 お俊, 弥左衛門に

▼ 出らしき~ (2, 0.0%)

2 下婢の

▼ 出~ (2, 0.0%)

1 として尚, として瞬間的

▼ 出アン~ (2, 0.0%)

2 した

▼ 出~ (2, 0.0%)

1 へんし, へんねんけど

▼ 出サレ~ (2, 0.0%)

1 即チ播州, 然ルニ川村エカシ

▼ 出シタン~ (2, 0.0%)

1 デスガ, デツイ

▼ 出~ (2, 0.0%)

1 或時同所, 故ソレハ忝イガ聞カレヌト云ッタラ

▼ 出ッ張り~ (2, 0.0%)

1 にぶちあたっ, の下

▼ 出ッ腹~ (2, 0.0%)

1 の太, の太り肉

▼ 出ッ鼻~ (2, 0.0%)

1 が行く手, が邪魔

▼ 出~ (2, 0.0%)

1 くはし, ちまつたん

▼ 出デテ~ (2, 0.0%)

1 不思ニ, 見レバ浪ノヨル小島アリ供

▼ 出一方~ (2, 0.0%)

1 が動け, には入

▼ 出三池~ (2, 0.0%)

2 の獄

▼ 出下谷山崎町吉兵衞店~ (2, 0.0%)

1 に住居, に罷在し

▼ 出~ (2, 0.0%)

1 忍の, 申候

▼ 出且つ~ (2, 0.0%)

1 みずから, 社会の

▼ 出九助~ (2, 0.0%)

1 の髻, を罪

▼ 出~ (2, 0.0%)

1 したまわんには, 諸臣庇護

▼ 出京した~ (2, 0.0%)

1 に違い, は明治十一年

▼ 出京後重井~ (2, 0.0%)

1 に打, に打ち明け

▼ 出京都~ (2, 0.0%)

1 から歩い, で他

▼ 出人通り~ (2, 0.0%)

2 の少ない

▼ 出~ (2, 0.0%)

1 ありしは, すべき事柄

▼ 出以外~ (2, 0.0%)

2 の女

▼ 出~ (2, 0.0%)

1 かせに, に答

▼ 出住吉橋~ (2, 0.0%)

2 を越し

▼ 出何事~ (2, 0.0%)

1 もなかっ, もなかつた

▼ 出使い~ (2, 0.0%)

1 でしょう, の人形芝居

▼ 出來なかつ~ (2, 0.0%)

2 たりし

▼ 出來ぶり~ (2, 0.0%)

2 といひ

▼ 出來やう筈~ (2, 0.0%)

1 がございません, はありません

▼ 出來三月~ (2, 0.0%)

1 ともなれ, になつて

▼ 出來上つた所~ (2, 0.0%)

1 から今日, の數千年來

▼ 出來上つた次~ (2, 0.0%)

1 の夜, の年

▼ 出來上つた着物~ (2, 0.0%)

2 に手

▼ 出來上つて來~ (2, 0.0%)

1 たかといふ, るやう

▼ 出來上つて後~ (2, 0.0%)

2 段々あり

▼ 出來之~ (2, 0.0%)

1 に依, に次いで

▼ 出來時間~ (2, 0.0%)

1 にしばられる, も午後一時

▼ 出來樣~ (2, 0.0%)

1 かと思ひし, と存ぜし

▼ 出來次第~ (2, 0.0%)

1 出して, 返すよ

▼ 出來申~ (2, 0.0%)

1 すべきやと, べきや

▼ 出來立て~ (2, 0.0%)

1 の, のアツプルパイ

▼ 出來難~ (2, 0.0%)

1 しとて, し先

▼ 出候こと~ (2, 0.0%)

2 なくかの

▼ 出~ (2, 0.0%)

1 に切っ, に行った

▼ 出先生~ (2, 0.0%)

1 の家大人, は日本

▼ 出入せん~ (2, 0.0%)

1 とおも, との工夫

▼ 出~ (2, 0.0%)

1 がこれ, は子

▼ 出其処~ (2, 0.0%)

1 から飛騨, の助教授

▼ 出具合~ (2, 0.0%)

1 が大変, は一寸

▼ 出~ (2, 0.0%)

2 の炉

▼ 出~ (2, 0.0%)

1 た, た時

▼ 出~ (2, 0.0%)

1 の廊下, の段相違

▼ 出同時に~ (2, 0.0%)

1 京城の, 原稿料も

▼ 出~ (2, 0.0%)

1 といっしょ, は魚

▼ 出商い~ (2, 0.0%)

1 に廻っ, をし

▼ 出~ (2, 0.0%)

1 した岩太郎, して

▼ 出~ (2, 0.0%)

1 かるべき新聞, 兵衞方の

▼ 出~ (2, 0.0%)

1 より九州, より便船

▼ 出奉公~ (2, 0.0%)

1 仕つり金子百五十兩, 仕つり金百八十兩貯

▼ 出始め~ (2, 0.0%)

2 の状態

▼ 出~ (2, 0.0%)

1 では親爺, の者

▼ 出宿~ (2, 0.0%)

1 の妻, まで行っ

▼ 出~ (2, 0.0%)

1 猿は, 聲にて

▼ 出尻伝兵衛~ (2, 0.0%)

1 に引張り出され, の敵役

▼ 出~ (2, 0.0%)

2 よりもくだる

▼ 出嶋あたり~ (2, 0.0%)

2 には多し

▼ 出~ (2, 0.0%)

1 の方, 之通及御達候

▼ 出左張屋~ (2, 0.0%)

1 でなく奇麗, でもなかつた

▼ 出~ (2, 0.0%)

1 して, や亭主

▼ 出布令~ (2, 0.0%)

1 だぞ, の貝

▼ 出度い~ (2, 0.0%)

1 からお, という感じ

▼ 出役ご苦労さ~ (2, 0.0%)

2 までご

▼ 出役中~ (2, 0.0%)

1 で江戸滯在, のほか

▼ 出~ (2, 0.0%)

1 台所御, 自分で

▼ 出悪かっ~ (2, 0.0%)

2

▼ 出~ (2, 0.0%)

1 の上収入, は一日

▼ 出懸け~ (2, 0.0%)

1 から暴風雨模樣, て往

▼ 出~ (2, 0.0%)

1 に依り, の出納

▼ 出掛よう~ (2, 0.0%)

1 とし, と思

▼ 出~ (2, 0.0%)

1 へ居ける, 居るを

▼ 出損なった~ (2, 0.0%)

1 名は, 嚔を

▼ 出~ (2, 0.0%)

1 の重囲, を捜索

▼ 出會つた樣~ (2, 0.0%)

1 な氣, に急

▼ 出會つて屋外~ (2, 0.0%)

1 に避難, への安全

▼ 出會ふか~ (2, 0.0%)

1 も知れない, 解らぬ間

▼ 出~ (2, 0.0%)

1 ては却, 之其許方

▼ 出有し~ (2, 0.0%)

1 や途中, 故彼

▼ 出~ (2, 0.0%)

1 なかったろうサア, る

▼ 出本家~ (2, 0.0%)

2

▼ 出樣子~ (2, 0.0%)

1 を相, を聞母子諸共先番屋

▼ 出次第に~ (2, 0.0%)

1 光丸と, 小僧を

▼ 出歩るい~ (2, 0.0%)

2

▼ 出汝水~ (2, 0.0%)

2 のほとり

▼ 出~ (2, 0.0%)

2 張るな

▼ 出洒張~ (2, 0.0%)

1 って, っていらざる

▼ 出洒張り~ (2, 0.0%)

1 は, をしたれ

▼ 出洞蛟~ (2, 0.0%)

1 のあだ名, の童威

▼ 出~ (2, 0.0%)

1 には無色, のにおい

▼ 出深い~ (2, 0.0%)

1 その家, 少年の

▼ 出淵村田~ (2, 0.0%)

1 の三名, の二人

▼ 出~ (2, 0.0%)

1 ぶるの, る壯

▼ 出無し~ (2, 0.0%)

2 前大膳大夫広元朝臣

▼ 出~ (2, 0.0%)

2 ひて

▼ 出~ (2, 0.0%)

1 べく候, べし其時

▼ 出番屋~ (2, 0.0%)

1 から北番所, と並ん

▼ 出~ (2, 0.0%)

1 して, しようとして

▼ 出發せん~ (2, 0.0%)

2 とする

▼ 出發後~ (2, 0.0%)

1 は代理, もしやあつ

▼ 出發直前~ (2, 0.0%)

1 に榮, に補給

▼ 出相手~ (2, 0.0%)

2 の小手

▼ 出磬山~ (2, 0.0%)

1 という妙, に遠足

▼ 出~ (2, 0.0%)

1 かは少し, つ時

▼ 出突然~ (2, 0.0%)

1 又七, 襟髮掴ん

▼ 出立志傳的苦學~ (2, 0.0%)

2 を續

▼ 出~ (2, 0.0%)

1 二回の, 十一の

▼ 出老人~ (2, 0.0%)

1 の待っ, 之意匠

▼ 出而用~ (2, 0.0%)

2 ゐ初

▼ 出~ (2, 0.0%)

1 がにぶい, の迅

▼ 出腰掛~ (2, 0.0%)

1 に相, へ和吉

▼ 出~ (2, 0.0%)

1 する合図, の前

▼ 出芝八山~ (2, 0.0%)

1 へと急ぎ, を指

▼ 出菓子~ (2, 0.0%)

2 が出る

▼ 出處明らか~ (2, 0.0%)

1 ならず, ならず註釋者

▼ 出裟婆~ (2, 0.0%)

1 った真似, って働く

▼ 出見る~ (2, 0.0%)

1 に以前, に板塀

▼ 出~ (2, 0.0%)

1 植物学者の, 門

▼ 出~ (2, 0.0%)

1 て行かう, にし

▼ 出~ (2, 0.0%)

1 の囲, を引き

▼ 出迎へた五年前~ (2, 0.0%)

2 に比し

▼ 出迎男~ (2, 0.0%)

1 を何処, を従え

▼ 出~ (2, 0.0%)

1 に窮する, へ映りました

▼ 出逢つた男~ (2, 0.0%)

1 が果して, や女

▼ 出逢橋~ (2, 0.0%)

1 がこわれ, だって

▼ 出逢茶屋~ (2, 0.0%)

1 の二階, は戯作

▼ 出遇っ~ (2, 0.0%)

1 てこう, てびっくり

▼ 出遇ふか~ (2, 0.0%)

2 も知れない

▼ 出遊毎~ (2, 0.0%)

1 に数寸, に獲物

▼ 出遭つたの~ (2, 0.0%)

1 が蓑田先生, よ

▼ 出鎌倉~ (2, 0.0%)

1 の本軍, より段々

▼ 出~ (2, 0.0%)

1 となれ, のとき袴羽織

▼ 出階段~ (2, 0.0%)

1 の方, を上っ

▼ 出障子~ (2, 0.0%)

2 を開け放し

▼ 出難く~ (2, 0.0%)

1 なる, 候間御

▼ 出静か~ (2, 0.0%)

1 にこちら, に前

▼ 出音羽~ (2, 0.0%)

1 の方, へ至

▼ 出~ (2, 0.0%)

1 とか絶頂, の茶屋

▼ 出~ (2, 0.0%)

1 と約束, にはやみましょう

▼ 出~ (2, 0.0%)

1 て質屋, て阿部川

▼ 出~ (2, 0.0%)

1 が歩い, や手

▼ 出~ (2, 0.0%)

1 まえで, まえを

▼1* [2254件]

あか児の唇, 出あそばしまして, 出あそばしますやうに, 出あちらではこの, 出あてなしに, 出あらゆる手段を, 出ありがたき次第にこそ, 出ありのままに事実, 出あるいは魚河岸の, 出いかにも久米氏を, 出いざ御上り, 出いりも繁く, 出いろいろ参考に, 出いわゆる正法攻撃を, 出うせ侍るにや, 出おくれてしまう, 出おくれると死ん, 出おそくなりにけり, 出おっくうが癖, 出おやすみと仰, 出かくこそあら, 出かく金鼓のあ, 出かさず模範的な, 出かさないのを, 出かさなかったかも知れません, 出かさんからやはり, 出かせぎにいったほうがましだといってせんだってから, 出かせぎ人たちだ, 出かたがたこの際, 出かたひとつなん, 出かた如何によった, 出かということを, 出かなしけく, 出かなんぞのように, 出かわり頭から出入, 出がかやうに, 出がけタバコやに下っ, 出がけフキゲンであった, 出がけ医院へ寄る, 出がけ独り上框で靴, 出がけ約束なので, 出がけ電話を切った, 出がたき事心ぐるし, 出がわりをする, 出きないし今, 出きもの不快ヒゲ剃りに, 出ぎらいだったわたしを引出したの, 出ぎらいな方で行かなかった, 出ぎわにお園の髷, 出ぐあいがことに良かった, 出ぐちも我慢, 出けたかなア, 出けむも実に, 出けるならする方が, 出けれども其度, 出けん様やったら, 出けんかやらして, 出けんから婚禮の盃, 出こそ妻に, 出さかり皿に盛っ, 出さかり馬車が跳, 出さざったと云っ, 出さざらしめん, 出さしったのが, 出させりやい, 出さそうそれに村, 出さなかッた, 出さむとするにや似たらむ, 出さむよしなし双方無言の寂寥, 出さりょうも知れぬ, 出さるべき掲示を, 出さんずる需用家の, 出さん爲御邊を是, 出さッしゃい, 出しければお, 出しちまってね, 出しちまったんだろう, 出しとるんぢゃないか, 出しな入りしなに, 出しまゐら, 出しまんな, 出すぐ一町ばかり, 出すっぺえ, 出すべて思ひ出し, 出ずっと三井の, 出ずるそれは声, 出ずるたびごとにマジナイ, 出ずるもとは産霊大神, 出ずるゆえにクサメ, 出ずるゆえん火を焚き, 出ずるように思われた, 出ずる一種の霊気, 出ずる九年前の桔梗河原, 出ずる事いよいよかたき, 出ずる二代目のおさなき, 出ずる人の中, 出ずる人口増加を防止, 出ずる何の模様, 出ずる供給はそれ, 出ずる信仰作用なれば, 出ずる光に我, 出ずる処を名乗, 出ずる出生超過がこの, 出ずる前の最後, 出ずる剰余を得る, 出ずる割合なれば, 出ずる力ではございますまい, 出ずる句はありますまい, 出ずる喧擾にくだん, 出ずる囚人の逆しま, 出ずる平均出生が一八二〇年, 出ずる年出生の超過, 出ずる思想でありまた, 出ずる怨みの言葉, 出ずる怪奇劇を編み出す, 出ずる怪談なれば, 出ずる息は入る, 出ずる悩みがあった, 出ずる感激が身, 出ずる所を知らない, 出ずる日影蔓の足, 出ずる日西より出, 出ずる時お登和嬢送り, 出ずる時刻にはよほど, 出ずる時神はその, 出ずる智勇が真, 出ずる梯子に達し, 出ずる機会もなく, 出ずる毛髪にあらず, 出ずる水源は踏破, 出ずる油の汚水, 出ずる火柱もある, 出ずる煙のため, 出ずる王者がある, 出ずる男子出生の超過, 出ずる目的を達する, 出ずる直射光を見る, 出ずる真と善, 出ずる穀物貿易はむしろ, 出ずる紫外光線第二, 出ずる美とが反撥, 出ずる詩情を希, 出ずる貯蓄の超過, 出ずる路を失った, 出ずる運命を担っ, 出ずる道はもう, 出ずる部分を彼, 出ずる陽と反対, 出せっかね, 出せり余は目科, 出せり等の記事, 出そうして六帖の, 出そうなんかしらの武器, 出そうふうだから, 出そうわけもなく, 出そうッて働き, 出そう三分二朱それでいや, 出そう反訳もしよう, 出そう御厩河岸から追っかけ, 出そう歩き話とやらかそう, 出そう者は忠三郎氏郷, 出そつと扉, 出そのままぱッと, 出そのままずかずか車寄せの, 出そのものが同時に, 出それでもほかに, 出め朝早く, 出たけをさん, 出たせば上, 出たせたのみだった, 出ただ一人其他に伯魚, 出たちに鼈甲, 出たらしく見えるです, 出たりと見るは, 出たりとの事なれ, 出たりなんかして, 出たりまでしたのよ, 出たりもして, 出たる所も同じ, 出だけ人品高尚にて, 出だけでもみよの, 出だけなりと持つて, 出だけのものぢや, 出ださるべき一人に, 出ださんずる悪計, 出だせないのでた, 出だったであろうがなぞ, 出だったらさぞ御, 出だにもあらぬがに, 出ちの苗その二, 出ちゃからだらしがねえ, 出ちやいかんぞ, 出ちやつてへツ, 出ちやつて後から新しい, 出ちや仕方がない, 出ちや濟まない, 出ちや變な稼ぎ, 出ぢらー手引き手の出ぢらー意地引き, 出っくわそうとそこ, 出っ放しなん, 出つかせてな, 出つぎの当った, 出つこはねえ, 出つづった歌だ, 出づいわく上帝万物を創造, 出づかくの如く, 出づこはいと, 出づこれ押韻の際ダンテ, 出づさくもてくみとらるべき, 出づとありその外, 出づとあるから取り出し読むと, 出づとあるが予はかかる, 出づというが予の蔵本, 出づといふことも昔なくな, 出づといふことを擧ぐる能はずと雖, 出づといふも過賞にあらず, 出づといふやうにすべて昔の官職, 出づといへどももし為, 出づといへどもかの歴史家に至, 出づとか明言して, 出づとて鳴らば, 出づとなして居るの, 出づとなし公会において之, 出づとふ蛸のこ, 出づとも人知らめやも, 出づとも我には消えし, 出づと三宅某の直話, 出づと事細かに調べある, 出づと云々此方の上世, 出づと曰は, 出づと母の御, 出づと汝曰ふ, 出づな恨に死, 出づべからざるに出づ何ぞ自ら, 出づべからざる時に円朝, 出づべきだが今日の主膳, 出づべきに然は, 出づべきやうなしあはれ尊くお, 出づべきを下枝は左, 出づべき人にこそ, 出づべき千山ならず, 出づべき器量であった, 出づべき子供の将来, 出づべき子孫の者共, 出づべき容積を有, 出づべき恐怖を生ずるなり, 出づべき日は潮, 出づべき旨達しられければ, 出づべき時節なれ, 出づべき法敵として魔, 出づべき生命を永久, 出づべき矢種はない, 出づべき素地も機會, 出づべき言を未だ, 出づべき言葉もなかっ, 出づべき運命の身, 出づべき道に入らん, 出づべき門の真上, 出づべき題に対してまず, 出づべくあらぬにかてて加へて我室内, 出づべくして出なかつた一個, 出づべくして出でなかつたもの, 出づべくも余りに複雑, 出づべく其馬を, 出づべく利根川はこれ, 出づべく天下を周遊, 出づべく考へ居り, 出づべけれどその他の眞理, 出づべしかく形よく生れたる, 出づべしといふにいささか気勢, 出づべしともおもはねば見る眼寒げ, 出づべしと予期して, 出づべしやと問ふに, 出づべし白銀も出, 出づも太腿をいかし踏みしめ, 出づるあらばこれに觸れしむるなかれ, 出づるあらば將に其人, 出づるあらんかあらゆる文學, 出づるある徒爾ならん, 出づるかと思うよう, 出づるかはさすがの, 出づるからであらうと信ずる, 出づるか危機はいわゆる, 出づるがごとく檀林等流派を異に, 出づるがどうもあり得べからざる事, 出づるがまゝに隱しもせず, 出づるがゆゑに各, 出づるがゆゑにその光の反映, 出づることあひならず一生其中にて暮すべし, 出づることありて苦しむ, 出づることなればわれらは知らざるに, 出づることの望むべからざる, 出づることの出來ない深い悲みの淵, 出づることはできないように鳥の形, 出づることは不利である, 出づることは左義長の子ども組, 出づることまれなる川島未亡人の尨大, 出づることも本より少く, 出づることをば夢にだに想, 出づることをば抽斎にも打明けなかっただろう, 出づることを惧るる為, 出づることを欲しなかったの, 出づること稀なる身, 出づるこれとをいへり神は至上, 出づるころで都にある, 出づるごと薫るなれ, 出づるごとにことさらにそれ, 出づるごとに次から次, 出づるせきを白綾のハンカチ, 出づるその前後に不思議, 出づるそれは聲なの, 出づるためにはそれは欠くべからざる手続き, 出づるであろうと予測せられたから, 出づるときおのれより年, 出づるときは石垣も高から, 出づるときロオザは我, 出づるところなる胎のま, 出づるところにかたまつて喘いで, 出づるところのレムブラント光線さうい, 出づるところの俳人少からず, 出づるところはわれ自ら知れり, 出づるところを知らなかったらしい, 出づるところをたずねて茫然として何, 出づるところ廣がりて, 出づるところ東岸に迫られ, 出づるとてあたかも十五六, 出づるとなん聞くに, 出づるとのみおもひ居たり, 出づるとも決して溺れざるべし, 出づるとよ胸を云, 出づると同種の土器石鏃石斧云々, 出づると平手にて上手, 出づると爲して, 出づるにあらず独り要務の官吏数人, 出づるにあらず行はんと欲する, 出づるにいたりたるは函館にある, 出づるにいたる奇しき果, 出づるにいたる者その數, 出づるにいたれる偉業をお, 出づるには温き衣服, 出づるにはあらずやといひ又恩人, 出づるに五倍すてふ子爵中有数, 出づるに薄ら淋しくなり, 出づるのがよろしいそれには野州, 出づるのでその博覧強記, 出づるのは当然の, 出づるのみであつて固より, 出づるのみにあらず顔師古が急, 出づるのも抑えること, 出づるのを待つもの, 出づるの後を俟, 出づるはずならぬを半途より思い返し, 出づるはもちろんなれどまた一つ, 出づるは精米を買い, 出づるほどでもない殺された妾, 出づるまにまに再記し, 出づるままあらぬこと, 出づるも腹立たしや, 出づるもあれど臺地方面の近郊, 出づるものあり平常多く, 出づるものありこれ日本文学史に特書, 出づるものありてその見ゆる, 出づるものあるは姙娠に関する奇談, 出づるものがあるは悲しむべきこと, 出づるものぞと思ひし左衞門, 出づるものでこうして手づくり, 出づるものであってわが国においても儒教, 出づるものであらうと思はれた, 出づるものではないことを得心して, 出づるものと論じたいの, 出づるものなし富貴には寄る, 出づるものならぬは今に於, 出づるものなることの証明を有する, 出づるものに非ず, 出づるものの如くこれら, 出づるものはあるまい従つて彼の作品, 出づるものはないがまだ大洋, 出づるものはないと云はなく, 出づるものはみな名立たる舊家, 出づるものは痴なるが, 出づるものは絶無である, 出づるやいな二つに別れた, 出づるやうな思して, 出づるやうなる声にてみづか, 出づるやその同人となつ, 出づるや一変して, 出づるや否や部長殿, 出づるや哲学に基, 出づるや哲學に基, 出づるや帝袁柳荘の子, 出づるや当時文壇の風潮, 出づるや彼れは, 出づるや時勢は一層, 出づるや樂隊は一齊, 出づるや透谷は直ちに, 出づるや道衍曰く師は行い, 出づるや餉を督, 出づるよう御身に別れ, 出づるよし聞き候, 出づるより早く骨董店, 出づるよりあれこれと追い使われ, 出づるよりも難しと, 出づるより外無いと, 出づるわが喜びは我, 出づるをえたりされど山後方, 出づるをなからしめ且つ年々, 出づるをも楽しみき, 出づるをり我を伴, 出づるを實際主義といひ, 出づるを忠相段々聞, 出づるエネタイ人の故郷, 出づるゲラルドの子, 出づるミノスは即ち, 出づる一水路にし, 出づる不思議に彼, 出づる不満綱雄はなおも, 出づる世に, 出づる主要の神, 出づる予定に御座候, 出づる二十尋布を, 出づる人花に入る, 出づる余地は無かっ, 出づる佳話なりとか, 出づる信念を宣言, 出づる俳諧の雑誌, 出づる傍ら是等遺物の存在, 出づる儀右衞門はくぼみし, 出づる光代出来るならねえ, 出づる八月九日此の天主堂, 出づる内儀や溝浚, 出づる分類はこの, 出づる劇団は未だ嘗て, 出づる劇場なりしならずや, 出づる劫盜の事, 出づる十二の靈, 出づる即興曲である, 出づる古ごろも, 出づる可き筈, 出づる吹晒しの東海道, 出づる呼吸に惱, 出づる喜をおの, 出づる土間桟敷に五三人, 出づる場合は必ず, 出づる大川の河口, 出づる大方の筋, 出づる大船の運転士, 出づる大路には, 出づる大黒傘の上, 出づる天才の面影, 出づる如くに樹, 出づる姿あり, 出づる小桟橋いそぎたまふにまへざし落ちぬ, 出づる山根氏川より出, 出づる廊下の摩れ, 出づる弊害を除去, 出づる後より帽子, 出づる後醍醐天皇御眞筆, 出づる徐なる静けさ, 出づる御寺の庭, 出づる必要がある, 出づる意気組を以て当日, 出づる愛あり汝これ, 出づる所以を僕等, 出づる所元気の始まる, 出づる折受取りし三通, 出づる數十百條の烟, 出づる時一隊の近衛騎兵, 出づる時中学校の門前, 出づる時中學校の門前, 出づる時傳令使らは朗々, 出づる時心の急がざる, 出づる時我泣くとも, 出づる時櫻木大佐は天文, 出づる時濱島に堅く, 出づる時男子を生んだ, 出づる時継母の心, 出づる時色清げなる人, 出づる時門に倚つて自分, 出づる時颱風おこりやむを得ず, 出づる有状は醜く, 出づる期なきを, 出づる本なる泉, 出づる杯盤の料理, 出づる枯野かな, 出づる梅の初, 出づる槽中に入り, 出づる樣な政略的卑劣, 出づる機会と為し, 出づる機會と爲, 出づる欣弥を見る, 出づる歌聲に耳, 出づる母を見, 出づる気力を失った, 出づる氣遣はない, 出づる沼尾川は可, 出づる涙が美奈子, 出づる火と相, 出づる物のほか, 出づる状は京, 出づる独りの獄, 出づる獵犬と同じ, 出づる玉に綾なす, 出づる玉兎のいと, 出づる瓦斯を滿, 出づる生命の光, 出づる男ぞとつぶやき, 出づる百円紙幣は現, 出づる直径五十センチばかりの白円, 出づる石器中には左, 出づる石灰抹の飛散, 出づる石輪中にも或は, 出づる秘曲をこころ, 出づる笄町より下渋谷, 出づる粘液を採り, 出づる美術家は樣, 出づる群集は玩具箱, 出づる老婆はセキ上ぐる涙, 出づる聲は鷲, 出づる能はずされどその, 出づる能はず伊良胡崎の蔭, 出づる舟のひとつ, 出づる舟ひとつ牛正面なり朱, 出づる航路です, 出づる花の春, 出づる薬鑵の酒, 出づる處全きがゆゑに行ふ性, 出づる處石に添, 出づる螢の羽音, 出づる蟲けらどもの感情さ, 出づる複雜怪奇のもの, 出づる言々句々に対する感銘, 出づる訳では無く, 出づる詩の事, 出づる詩人の戀人, 出づる豹に似る, 出づる辞もなく, 出づる途中役所の小使, 出づる通路以上三筋程ある, 出づる逸話となり, 出づる道別桃葉を待ちかね, 出づる遺跡は北方何所, 出づる門口から早, 出づる間道なり一, 出づる間際まで令夫人令嬢, 出づる雪なす膚, 出づる静緒の顔, 出づる音ならん, 出づる頃雨は止みぬ, 出づる頌詠により, 出づる風趣である, 出づる馬追啼けば, 出づる駄句の數, 出づる鷲を望ヨハネ, 出づる鼠ひとつにこだ, 出づれうらうへに, 出づれど永き春日, 出づれども才足らざれは, 出づれど陰部と見えず, 出づればあれほどに心強う, 出づればいまなほ苦し, 出づればかなたは驚き惶, 出づればかの男は何方, 出づればこは如何, 出づればその道まさりその, 出づればなつかしや行平の中納言, 出づればはや爪さきあがりの, 出づればまた地われさく, 出づればランチにし, 出づればロオザとマリア, 出づれば一人戸の内, 出づれば七人の敵, 出づれば主人も聊か, 出づれば主蔵臣宝出でてこれ, 出づれば二日醉の氣味也, 出づれば仁王の顔, 出づれば今まで隠れたる, 出づれば仙界の老, 出づれば劣なりこの, 出づれば勝手元の垣, 出づれば半二は要らない, 出づれば名残りの柳, 出づれば吹通しの風砂, 出づれば土地の人, 出づれば地崩れ水害起るとて, 出づれば大抵は茶, 出づれば大空は照り, 出づれば太陽將に海洋, 出づれば姥のいく, 出づれば孤鶴は秋旻, 出づれば学力減退して, 出づれば宮は未だ, 出づれば小屋掛の小, 出づれば居眠りして, 出づれば岐路あれど, 出づれば工場の荒い, 出づれば幸ひに, 出づれば座敷の外, 出づれば廣大なる岸層斜, 出づれば後より一人跟, 出づれば得右衛門待受けて, 出づれば復記する所, 出づれば手に抗, 出づれば数日の旅, 出づれば斯ち出づ, 出づれば日比谷の空, 出づれば晝も同, 出づれば月光遍く照, 出づれば李は扉, 出づれば東軍の旗幟, 出づれば林はいたく, 出づれば桜吹雪かな, 出づれば正面の書院, 出づれば浅瀬に架, 出づれば父上は何とも, 出づれば町の方, 出づれば神官威儀正しく彼処, 出づれば禅林に嘯く, 出づれば穂麦かな, 出づれば米利堅産種の巨犬一頭, 出づれば縛の縄, 出づれば署の門前, 出づれば群臣伏し退けば, 出づれば船頭遙に金華山, 出づれば評決場より直に, 出づれば辞書その他の参考書, 出づれば雨をやみ, 出づれば音に澄み, 出づれば頭を現, 出づれば風さむし, 出づれば食物もあらん, 出づれば餅の音, 出づれば馬車ひきもきらず, 出づれば鶏の八つ下り, 出づれ世は只, 出づれ秋風のごと, 出づシェフネルの, 出づ一二八七年フランチェスコ派の長, 出づ七十八日の間我, 出づ七情の動く, 出づ云々の古語, 出づ交替去来応接に暇, 出づ人間は幾たび, 出づ仏いわく師子王は我身是, 出づ何に致せ, 出づ元は大井, 出づ北国殊に多し, 出づ可らず, 出づ同書四三七に斉, 出づ地獄の門, 出づ夕月のもと, 出づ外へ流るる, 出づ始はわづか, 出づ婦人城に上り, 出づ学若し成る, 出づ宿の朝景色何處, 出づ就中最著名, 出づ平潟より洞門, 出づ彼は天堂, 出づ日と, 出づ是れ天魔, 出づ杉深くたちこめたる, 出づ果実を投げれ, 出づ梵音に, 出づ極刑の身, 出づ此には雌雄, 出づ汝あまねくカイーナ, 出づ法顕また親しく, 出づ濁流滔々たり舟運河, 出づ男子の真骨頂, 出づ眼鏡のまま, 出づ細雨濛々たれど, 出づ縫ひ目, 出づ羊の臍, 出づ英語でジャーボア, 出づ茅屋采椽是を以て儉, 出づ茎根に近き, 出づ草枕旅の日ごろ, 出づ西園亭のアカシヤ, 出づ言路壅蔽困苦告る無し, 出づ身弦線のごとし, 出づ道家は史官, 出づ都のそ, 出づ鞍馬山八島にこと, 出づ馬地に伏し, 出づ驢に似, 出づ骨髄の膏, 出づ鬼怒川をわたる, 出づ鰻ならでは, 出づ黄髪椎髻裸形跣足儼然として一媼, 出てかどやといふ, 出てからさえ白葡萄酒だけは, 出てからずつと彼につき, 出てからだってやれるだろう, 出てからといふものは, 出てからはネ口程にも, 出てからまで向島土手で, 出てがない, 出てくらい廊下を, 出てさいっしょに, 出てしか聴かなかったカワラヒワ, 出てすら芝居へ, 出てぜいぜ, 出てたり姉の, 出てという互い違いに, 出てとのみ思うて, 出てとも考えたが, 出てながらこの気随気儘, 出てなど参りません, 出てねと教室で, 出てはと危ぶんで, 出てへえり込んで, 出てべちや, 出てほどなく南大門, 出てやらア, 出てナ自身番へ, 出であったら必ず大臣, 出であったろうということ, 出でありましたが事情, 出でかへつてかかる, 出でがあつた, 出でくださるようにと, 出でけり赤煉瓦色に, 出でざりけりこれより, 出でざりしや, 出でざりしならば我國, 出でざる証拠であろう, 出でしかど秋風ぞ, 出でしかば物語は, 出でしなりと, 出でしも実に此時代, 出でしや鼠穴の, 出でずんばの慨, 出でたりけり然ば, 出でたりける權三助十の, 出でたるあたひ猶一日, 出でたるごとくこの人民, 出でつやり水の, 出でていう不思議は, 出でなくては脚本一つ, 出でなさる始末な, 出でなさるなら決して大敵, 出でなどはせざりしならんと, 出でになつても, 出でぬべくおもふ, 出でまいと見られる, 出でましたら却って御, 出でやしてから御酒, 出といふかも知れぬが, 出といふのぢや, 出とか運命とか, 出とかばかりだつた, 出とそつくり同じ, 出とつたんで, 出とに震ひ, 出とにしか文字を, 出とりわけ陳蔡の, 出とを起伏し, 出なさいますよ, 出なぞといふものに, 出なぞは少しも, 出なとよむべきか, 出などではないが, 出などに脳裏を, 出なねお出よう, 出なり其席へ, 出なる本形を, 出なるべくや, 出なんしたと, 出なんか食えないん, 出なんとも名状する, 出なんど敵ふもんぢ, 出なネお出よ, 出にかへると, 出にがその森, 出にくそうに, 出にくからんなぞ, 出にくかろうから, 出についてはあなたの, 出にては有間敷哉是も, 出によるもので, 出に対しては自己の, 出に関してはその感慨癖, 出のせゐでせう, 出のみが余りに鮮やか, 出のみは永久に, 出はいりできるほどの穴, 出はげしいせきが, 出はてもうんと, 出はどつちも, 出ばかりでうまく, 出ばかりがあるの, 出ばかりに引きずられて, 出ばかりはせんなくて, 出ばかりを弥囂しく, 出ばつた所が動きました, 出ばつた赤犬の尻, 出ぱんが洋人, 出ひさがそれ, 出ひろ子は下駄, 出ぴったりと戸, 出ふうんそんなら, 出ふたたび大西洋上に, 出ほうだいに, 出まかせであることを, 出まことに喜ばしく候, 出まさなも, 出まさアなア, 出まだ工事中の, 出までとの権太は, 出までに一時間あり, 出までには間も, 出までは慥に, 出まるで気味わるく, 出まわりは平時, 出まんがな, 出みたいな感じ, 出と思へ, 出むかへこそ規則通り, 出むかいいたしお, 出むかいしなけりゃなるまいね, 出むかえがある, 出むかふて流石に, 出むと帰れり爺, 出もちろん心靈研究會へも, 出もとにかかつ, 出もどり娘と, 出やうぢや引つ, 出やうひとつだ, 出やうものなら呼吸, 出やう一つでは私, 出やう九州から四国, 出やう筈が無い, 出やう詞とも思はれぬ, 出やがつたな, 出やすかった, 出やすしと, 出やに疲れて, 出やや感情的に, 出やらんか, 出ゆゑ愈々六, 出ようしだいによってはいくらでも, 出よう訳がない, 出よりは脇師の, 出よりも一層警戒, 出よりもずつと新しいこと, 出らすとたい, 出らん方がええ, 出らん花を待つ, 出りや目の高, 出わどふであろふと, 出を以て朝栄を, 出その長襦袢一枚, 出エヂプト三二・四八等にいづ, 出オリエンタルホテルのロビー, 出カケタノデアロウト察シ書斎デ日記ヲツケテイタガ, 出カケテ来マス, 出カケテ一泊シテ翌日午前中ニ戻ッテ, 出カケテ東京温泉ニ這入ルンダケド, 出カケテ行キ四五時間ヲ費シテ夕飯前ニ, 出カケテ行ッテ前座ノ試合カラ, 出カケナクテハナラナイノデスケドマダ宴会ハスンデ居, 出カケヨウトスルノカ何処ノ部屋, 出カケル時マデハ寝テイタガモウ何デモナサソウダ, 出カケ六日ニ帰京シテ七日ノ日曜カラ, 出クルラード・マラスピーナの祖父, 出グイード及びアルリーゴ・マナルディ, 出コクトオの音楽論, 出コレ各々方鎭まられよ, 出コーヒーとクリーム, 出サセテ三度クリ返シテ大音ニ読ン, 出サナイガ原因ハ分リ過ギルホド分ッテイル, 出サナイノガ常デアルガ, 出サレタノハ口惜シイケレドモ夫トイウモノハ見馴レタ妻, 出サレテイ宝冠正面ニハ宝瓶ヲ現, 出サレヌオレハ一生ノウチニ無法ノ馬鹿ナコトヲシテ年月, 出サレ五十七十ト高手小手ニ縄ヲカケ袖ヨリ袖ヘ縄, 出サレ介抱サレ引取ラレ忽チ駒井ニ愛恋スル所アリコレハ西洋流ニ申セバ有リ得ベカラザル事ニ御座候日本ノコトハ知ラザルモ難産ヤ子宮患ナラ命ヲ救ヒクレタル医者ヲバ, 出サレ候向後相, 出サンガ爲ニ來レリト宜シテ終ニ羅馬, 出サントスル現經濟組織ヨリ來レル者, 出シタオ蔭デ目下ノトコロ, 出シタカラ乗ッテ橋本庄右衛門ガ林町ノウチマデ来タガソレカラ何モ知ラナカッタウチヘ帰ッテモ三日ホドハ咽喉ガ腫レテ飯ガ食エナカッタ翌日皆ンナガ尋ネテ来テ兵庫ガウチノ様子ヲイロイロ, 出シタカラ問屋ヘ行ッテ, 出シタカラ逢イニ来タト云ッタラ親子ガ悦ンデマズマズ, 出シタガ直グニバタント強イ音ヲ立テ, 出シタガ予ニモ全然ペデラスティーノ趣味ガナイトハ云エナイカモシレナイ, 出シタコトガナイカライヤダトイッタラ只行ッテ食物デモ食ウテ, 出シタソレカラ兵庫ガ勝手ノ方, 出シタヨウニ思ワレルカモシレナイガ少シ落着イテ考エテミルナラ, 出シタラソノ取扱ガ云ウニハ今オ, 出シタラ帯刀ガキモヲツブシテドウシテ来タト云イオルカラ, 出シタリアルコールデ消毒シタリスル細カイ作業ハ鈴木氏自身デスルケレドモ, 出シタ心地デ或, 出シタ時ノコト, 出シテイロイロ入用ノモノ, 出シテエレベーターデ地下道ニ下リ長イ, 出シテカリ宅ヘ林町, 出シテクレロト云ッタラ取扱ガ来テ御支配ヨリオンミツヲ以テ, 出シテツクヾヽト考へテ, 出シテヤッタラ悦ンデ居, 出シテヤッタ下谷ムレガヒイキニシテクレル故内職ニハ大小売買ヲシテイタガ, 出シテ二三時間過シテ来テクレ, 出シテ云イカケタ言葉ヲ僕ハ怺エテ, 出シテ佐々木ヲ呼ブ, 出シテ勝様ガ仰セデハアルガ, 出シテ取出立テ秀世又ハ細川主税正義, 出シテ叩キ合ッタガ三度二三町追イ, 出シテ家作モ直シ, 出シテ居タガオレハ一度モ逢ッタコトガナイカラ近附ニ行ッタラ, 出シテ居リソレハ全く見, 出シテ彼女ノ前, 出シテ感慨無量ナルモノアリ唯何処マデモソウ云ウ感情ヲ後ニ残シテ斯波, 出シテ手ニ握ラセル, 出シテ振舞ッテ居ルト兵庫メガイツカ酒ニ酔ッテ居オッテ西久保デ百万石モ持ッタツモリヲシ, 出シテ来テ突然予ニ跳リカヽッタ, 出シテ檻ヲ出, 出シテ篏メタト云ウンデストコロガソレデ隠サレルドコロカレース越シニ却テ光ルノガ目立ッタ, 出シテ行キオッタガ程ナク中村親子ガ迎エニ来タカラオレガ駕籠カラ顔ヲ出, 出シテ頒ケ与ウ, 出シニ来十一時過ギテモ, 出シノ最中デ相当, 出シマシタカラ遅マキナガラ返上ニ及ビマシタノデ, 出シマシタガシカタナク何度モソノコトヲ話ニジヤガイモサンノオ家, 出シャバッて喋りたがる, 出シヲシテ人ニ迷惑ヲカケルコトハ当今ノ流行デアツテ何モ私, 出シ彼女ノ芸名, 出シ次第ニ人事不省ニナリ気管内ニチューブヲ差シ入レラレル時, 出シ玉へ, 出シ等頗ル及バザル所アルニ似タリ, 出ジャクソンの写真, 出の期根ハ九月廿七日也, 出スコトハ出来マセヌカラ断食シテ一日モ早ク死ニマス, 出スダロウト教エテヤッタラキモヲツブシタ顔ヲシテ, 出スト人ニ見ラレルデス, 出スト免シテモ出ハシマセヌソノ訳ハ此節ハ先ズ本所デ男ダテノヨウニナッテキマシテ, 出スノガオッカナイノデハジメダマッテユスッテイタガオ母ッチャハナカナカ目ヲサマサナイノ, 出ス之ヲ三弦ト云, 出ス等ノ事ハ, 出セシモノニテ径一寸一分重一銭八分五厘, 出セシモノヽ別ニ葉モ花ラシキ者モナキ寄生品ヲ見, 出セズ躊躇シテイルトコロヘ持ッテ来テ予ノ高飛車, 出セトイウト直グニ駕籠, 出セトイッタラドノ様ニモサセルカラト云ウ故宮川並ビニ深津金次郎トイウ者ト一所ニ兵庫ノトコロヘ行ッタ, 出セト云ウカラソレモシナカッタ姉ガイロイロ心配ヲシテ, 出セナイノハ主トシテ人名ヤ地名デアッテ事柄ヲ忘レテイルノデハナイ, 出セルコト三峰山ナトノコトクニテ却テ三峰山ヨリモ古ク, 出セルヨリ此犬ヲ借, 出ソウトスル時颯子ノヒルマンモ軋リ出シテ来ル, 出ソウト云ッタカラオマエハ最早五十年ニオナリニナサルカラ, 出タカラ随分トクガ附イタ, 出タカラ何モコワイコトハ無カッタ, 出タカラ孫一郎モ何トモ云ウコトガ出来ズニ隠居シタガ後ノ孫一郎ハ十四ダカラ, 出タガ今日ノハポツリトホンノ一ト垂ラシ, 出タコノ一語ハ妙ニ予, 出タッテ何モソンナニ恐ガラナイデヤッテ下サル訳ニ行カナイノカシラ, 出タトタン全身バリバリニコオル手モアイゼンバンドモ凍ッテアイゼン, 出タノデアルガ正直ヲ云ウト来テ貰イタクナイコトモナカッタ, 出タノハモウ二十分以上モ前ナンダケレド, 出タノハ丸ノ内側ノ中央口ニ, 出タモノダガ此頃ハ物ガ乱レテ知ラヌ顔デカマワヌガイロイロ, 出タラシク素足ニ吾妻下駄ヲ穿イテ歩イテイル, 出タリスル度毎ニピイピイト云ウ音ヲ発スル, 出タル処ニひめあすなろう, 出タ先孫一郎ハ隠居シテ江雪ト改メテ剃髪シタソレカラ家来ノコトモミダラニナッテイルカラ家来ニ差図シテ取締方万事口入レシテ, 出タ積リダッタガワタクシモオ供イタシマスト看護婦ガ見ツケテ附イテ来タノ, 出ダサレ八月十五日ヨリ十九日マデ諸手ヨリ搦メ捕ツテ進上サレ候分, 出ダシ下部ハ石器ヲ出, 出ダシ中部ハ青銅器ヲ出, 出ダセバ去年今月今日ニシテ即チ一周年, 出来たかい, 出ッ切りとは行かず, 出ッ原と呼ぶ, 出ッ尻気をつける, 出ッ臀だったけれど, 出ッ食した冬子さん, 出ツ張つてゐる前, 出ツ張りが尖, 出ツ歯を長い, 出ツ腹の太り肉, 出ツ鼻にも苫舟, 出ヅベキノ由尋ネ被, 出ヅベキ処ニ遇ヘバ即チ土, 出ヅルコト猶ホ狸首ガ隙, 出ヅルコトナシ縁ヲ表, 出ヅルニ如カズと, 出ヅル時若シ, 出ヅル頃土人にぎりたけ, 出ヅ上流ヲ漆川ト云, 出ヅ今日長崎譯官本木昌造蒸汽船雛型持出シ御覽アリ, 出ヅ細茎ハ蔓ヲ延テ生ズ, 出ヅ縄ニテ之レヲ把索シ巻麻, 出テイテ寝テ居タガ, 出テイナイノニ頭モ悪クハナイラシイ, 出テイヤダッテ仰ッシャルンデス, 出テイルソウダケレドモ日本デハチョット入手困難ダソウデ木村ノ持ッテ来タモノハ期限, 出テイルトハ思エズドウシテモ虫ガ鳴イテイルヨウニ聞エル, 出テクルガコレハ決シテ何処カノ帝都ニアッタ実話ナドヲもでる, 出テシーイマッタというわけ, 出テッタワチョット飲ン, 出テドコカラ来タトイイオル故ニ, 出テモアマリ多クヲ歩カヌヨウニシ, 出テヨリ閣門濫叨シ輔佐ノ実, 出テ人ノ上ニ立ツ者, 出テ働クヲ兄弟火花ヲチラシ, 出テ先ズ論ハ無益ダカラ手前ハ自分ノ前, 出テ十万ノ寄手ト野戦, 出テ十時ニ解散スル今カラ浜作ヘイラッシャレバ, 出テ四条通ノ南側, 出テ大切ダ播磨様ダトヌカシテ一人前払ッテオレハ蓮台デ越シ, 出テ大竹が云ウニハ一パイ飲メトイウカラ, 出テ居タソレカラ講中ガ段々来, 出テ晩飯ヲ喰ッテ帰ロウジャナイカ, 出テ来タトコロデアッタガ僕ノ五六間前, 出テ来タノデアルカソレトモ僕ノ見, 出テ来タ商店ノ前, 出テ来タ母ハ予ノ記憶ニアル, 出テ来テ教エルノデソノ人ニ就イテ去風流, 出テ来ルッテ云ッテマシタカラ固ク止メテアルンデス, 出テ様子ヲ探, 出テ礼ヲシロ, 出テ蒸汽船製造場ニ過タル, 出テ行ク様子デアル, 出テ行ケバデモニ打ツカル恐レハナイト思イマス, 出テ行ッタノカソレトモ流石ニバツガ悪イノデ一人, 出テ行ッタリスルノヲ見カケルト, 出テ行ッタ後庭ヲ散歩シテ四阿ニ休ム, 出テ行ッタ間ニ予ハ又一ツノ楽シミ, 出テ行ッテカラ暫クスルトオ静ガ二人分ノ茶ト菓子, 出テ行ッテソレキリ姿ヲ見, 出テ袴ヲハイテ座敷ヘ通シ, 出テ階段ヲ覗イタ, 出デタラン輩ニハ三百貫イズレモ其日ノ中, 出デタルモノニシテ人格ト権利ヲ没却セラレテモ, 出デテ三山ニ鬼声ヲ絶ツ, 出デテ呪文ヲ三度唱ウルコト, 出デテ大挙西太平洋ニ向イタリ, 出デト断ワルヲムリニ引出シテ浅草デ先, 出デニー博士はまたもや, 出トスカーナなるカマルドリ僧院, 出ドアをしめて, 出ドブ板の下, 出ナイワ, 出ナイト云ッテ夜中二三回遠クノ日本便所, 出ナイヨウニサセソレカラ颯子ト春久トノ関係ニ言及スル積リダッタニ違イナイガソウナルト事件ガ深刻過ギルノデ迂闊ナコトハ云イ出セズ, 出ならずとも, 出ニ付八ツ頃再ビ出動, 出ニ候得共今少し御, 出ニ候間何卒一人, 出百姓上リノ昔, 出ハシマセヌソノ訳ハ此節ハ先ズ本所デ男ダテノヨウニナッテキマシテ, 出ハナをく, 出ハヌマン猴王の素性, 出バ大兵西下と義, 出パキーノペロロの二, 出プラタンの梢, 出ベソを噛ん, 出ボトケとしてこれ, 出マスモウ一度青春時代ニ戻ッタ気ガシマスト, 出ヨウト思イ追ッカケタラ, 出ラレナイガ廊下ヲ散歩スルダケデモ容易, 出ラレマセヌコノゴロ御引越ニナリマシタソウデ, 出ルダロウシソウシタラ颯子ダッテ義理ニモ泣イテ見セナケリャナルマイ, 出ルックサックや着茣蓙, 出ルデス海ヘ出, 出ルト雖モ畢竟私憤, 出ルナリ即チ茲ハ嘉永六年六月九日米, 出ルノハイクラ涙脆イニシテモ尋常, 出レバ風愈ヨ烈シク雪, 出レールにつかまっ, 出ロトイッテモオレガ手紙ヲ附ケテ, 出拒マズ川村トテ明治十八九年米国ニ留学セシ男ガアイリッシュノ若, 出とだけん, 出一々彼女の, 出一二三九年ギベルリニ黨の首領, 出一二二五年の頃父, 出一匹も余さず打ちのめす, 出一挙中原に旗, 出一日のらくらとして, 出一日漂流したところ, 出一時は家計, 出一書を著し, 出一番しまいに母さん, 出一當あてんと存ずる, 出一軒一軒裏口から, 出一通書状披覽之處, 出一里ばかり參, 出七ツ小屋と茂倉岳, 出七右衞門の方, 出七月が大阪, 出三井物産に入り, 出三女山内棠四男幻香五女癸巳七女幸の三子五女, 出三日目は向う, 出三條の龜屋, 出三熊山の山曲, 出三直へ行き, 出三石に合, 出三蔵法海応今起大雷, 出三藏記を作つた, 出に向け, 出上がりが今, 出下諏訪宿の方, 出不精な処, 出世に逢申儀にて, 出の上, 出両側歩道の幅, 出両脚をぶら下げ, 出の知己, 出丸刀間透などを三本, 出丸茂といふ紙店, 出丹波から来た, 出主屋の方, 出乍ら云つた, 出九助儀名主役仰付られ相, 出九郎兵衞は殊, 出也頃之御, 出乱軍となる, 出了おうと思ったと, 出二分午後九時一分であつ, 出二十五軒ある旧い, 出二十兩餘の賄賂, 出二場となる, 出二女好三男八三郎山内氏の出, 出互撰評語終れるは, 出五マイルにわたってその, 出五月中旬に船, 出交代に朝勤め夕勤め, 出京中央公論社の用事, 出京以来毎日のよう, 出京以来父母弟妹初めて一つ, 出京先づ首相を訪, 出京入学して, 出京屋を全焼, 出京希望も間違い, 出京当時にくらべる, 出京当時世話になった, 出京役人ニも度, 出京後彼は題, 出京後日数が浅い, 出京後最初の勉強, 出京断膓亭を訪, 出京早々から肩, 出京早々十四五歳の時, 出京橋を通っ, 出京督促の手紙, 出京紛擾の情况, 出京費を儲ける, 出京途上の被害民たち, 出人形の赤い, 出人足は御, 出人間の思考, 出今夜は常, 出今年も行く, 出今難澁を, 出仕事にもお互い, 出仕方なく彼, 出の三本, 出付黒棒の乘物, 出代り婢の姿, 出代り季節じゃあるまい, 出代り季節ぢやあるまい, 出代り月じゃあある, 出以前の裏門, 出以後数代は地方, 出伊豆守殿の前, 出伊豆韮山の江川太郎左衛門, 出伏見屋伊之助は青竹, 出伸子たちは約束, 出あつて, 出も足, 出何となく空虚な, 出何喰ぬ顏, 出何彼の下知, 出何故其樣に, 出何方へ罷り越し, 出何處も彼所, 出の最も, 出作り声をし, 出來お産の神樣, 出來かなたには自分等, 出來がちなもの, 出來ぐあひを以て, 出來ぐあひを調べて, 出來これは實際, 出來ごころとは思はれません, 出來ごと覺悟の前, 出來さうだつたその, 出來ざらしめて容易く, 出來ざるは敢, 出來たか出來ないか, 出來たことゆゑ, 出來たてぢやありません, 出來たより後のこと, 出來たら病氣も治し, 出來たんぢやない, 出來ぢやゐ, 出來なかアありませんや, 出來なかツた, 出來ばへですつかり, 出來ひさは更年期, 出來ほんとうの盆, 出來ますまで, 出來めえが, 出來やうわけがない, 出來やう故意ならずとも, 出來ようガオの人々, 出來よう併し新しい, 出來よう明日からまた早速, 出來よう理は無い, 出來よう訣がありません, 出來らな, 出來らあなそんだが, 出來らん其時一緒に見, 出來りやもう, 出來りやア教育家としても君, 出來ツこない, 出來一は患者, 出來一つ二つの感情, 出來三月三日の會見, 出來上つたこれが彼, 出來上つたドグマの蒐集, 出來上つたバスケットが一つ, 出來上つた中年以後でも書齋, 出來上つた傾きをいつ, 出來上つた儘更に捗どる, 出來上つた先のこと, 出來上つた其圖案を見, 出來上つた其繪を見る, 出來上つた商賣なの, 出來上つた國であると, 出來上つた場合自分一人が責任, 出來上つた學者を聘する, 出來上つた形式を人形, 出來上つた後に竄入, 出來上つた新聞を讀む, 出來上つた日の夜, 出來上つた本と見比べ, 出來上つた森林も數時間, 出來上つた椅子の工合, 出來上つた歌詞が東儀氏, 出來上つた海底戰鬪艇の内部, 出來上つた碑亭は至極, 出來上つた立派な體, 出來上つた紙質も粗, 出來上つた著述であるから, 出來上つた血液はそう, 出來上つた譯でない, 出來上つた隅田公園のなか, 出來上つた頃新しい運命, 出來上つた頃出版元が失敗, 出來上つてしばゐは, 出來上つてホツとした, 出來上つて一つとして取柄, 出來上つて之に唯々諾, 出來上つて二度目に著, 出來上つて仕舞つた, 出來上つて冬の來, 出來上つて十月には出版, 出來上つて土佐の港, 出來上つて私共は直ぐ, 出來上つて美術的なランプ柱, 出來上らば燦然, 出來上り候早めさせ給, 出來上り建具屋疊張付諸造作庭廻り, 出來上り方の中, 出來上り案配をけなし, 出來上ツた繪, 出來上納方に差支, 出來不申甚差支候に付, 出來之上於内海致爲乘樣其上彌以可也乘方出來候時ハ, 出來乍ら當時江戸中に響いた, 出來事配給物のはなし, 出來候儀に候, 出來候時ハ海路國許エ差遣シ船手之モノ共爲習練, 出來候最後の二句, 出來候樣とのみ心掛, 出來候筈是なく彼是不審, 出來候者にて愉快無限, 出來僕の植物採集, 出來兩國の川開き, 出來兩替屋等も出, 出來兵士といへ, 出來其上醫道の心, 出來其後戰國の初め頃, 出來其詩篇が一々, 出來具合を話す, 出來兼候により何分, 出來兼候幸ひ今, 出來兼當分の内, 出來分限にて元, 出來分類法も色々, 出來初め小亞細亞, 出來北條氏康の時, 出來却て後世, 出來可申哉と深く, 出來外國語の出來, 出來始めであ, 出來始め廿兩ばかりの代, 出來學問の嗜も, 出來尊敬のこころさ, 出來島と, 出來工合を見, 出來左すれば, 出來從つて蔡倫はただ, 出來心夫も無理, 出來必要な時, 出來我々はその, 出來拂ひの, 出來掛かつた, 出來損つた上に講演, 出來支那から逆, 出來支那西洋の國語, 出來數學も歴史, 出來文字にも書く, 出來方も同じく, 出來昔の人, 出來映えでございました, 出來樣筈なし融通, 出來樣譯は御, 出來樣頼み申度尤も丸々貴, 出來次第百兩, 出來止ことを得ず, 出來此上如何とも致し方, 出來歴史の研究, 出來氣持のよい, 出來清淨なる快, 出來物ぢやあるまい, 出來物置きから, 出來生活らしい生活, 出來申さん夫を彦兵衞, 出來當時より分, 出來病院の勝手, 出來相なもの, 出來神と雖, 出來精神の貫通, 出來置鹽棠園さんに由つて委, 出來肥料商も粗, 出來致し忠臣, 出來臺所の方, 出來莽に至つて, 出來見世物が賑, 出來言葉を表現, 出來誰あつて, 出來通典の如き, 出來過ぎであると, 出來過ぎてぶつ倒れつちまふん, 出來過去の智識, 出來部門や卷數, 出來釋地以下釋水に至る, 出來釋訓以下は次第に, 出來金石殊に碑文, 出來隋書經籍志は史部, 出來難きものの譬喩, 出來露の白玉, 出來願坐爾, 出來鴻の巣, 出によって肴町, 出保太郎氏は代議士, 出倉知により四時頃, 出候ツルママ諸大名衆, 出候中島作太郎に申聞候間, 出候事と存候, 出候事ハ誠に小, 出候人ニハ少々御, 出候処御受取, 出候帯屋も助, 出候得バいか, 出候得バ此度の事, 出候得者松雪院様何とやらん, 出候日限に出立上京為致度, 出候様先日令弟御入之所, 出候段是又實父母, 出候由既に死候者, 出候由大慶仕候, 出候由鯉淵村より注進有, 出候留守中娘さと村役人惣内, 出候目安を取調べる, 出候節中仙道熊谷堤に於, 出候者も多く, 出候而状ども認候御内上様おさよどの, 出候而罷帰不申, 出候處被請取置, 出候處一向御存じ是, 出候處尼ヶ崎家中の侍士金用, 出候處無之無宿, 出候途中熊谷の土手, 出候間其旨可存候, 出停泊して, 出健康と常識, 出の錢, 出億劫がるの, 出元協である, 出元来た谷間, 出兄妹を迎えた, 出兇行現場の死体調べ, 出先施薬院へ御, 出先生白村を軽侮, 出先達てより噂, 出先陣をかけ, 出光春がいる, 出入場等の勝手, 出入港には多少, 出入港船の頻繁, 出兩儀兩儀出陰陽とあるの, 出八ツニ退ク, 出八島と大夫, 出八幡を過ぎ, 出八王子を中心, 出六時半から立っ, 出共に官途へ, 出兵庫屋迄行きし, 出兵部と甲斐, 出から高山, 出其場所に鼻紙, 出其夜加田の浦, 出其後絶て音信, 出其旨申聞るを, 出其有樣最憎々しき面魂, 出其翌朝件の二品, 出其許儀嘉川主税之助方, 出其趣は此度錢屋四郎右衞門方, 出る程, 出内田魯庵氏の風格, 出出石に立ち, 出刀庖丁の類刄物, 出刀引提役所の上座, 出刄包丁も持つ, 出切角のろのろと, 出而面謁す, 出初めてウトウト睡くなって, 出前々からふたり, 出に登っ, 出勢しようではありません, 出勢百五十名と触れおいた, 出北国路を一巡, 出北条家のほう, 出十八十九二十の三ヵ年, 出十時ごろに強い, 出千種十次郎が多血質, 出午後は雪解け, 出の出店, 出南側の壁, 出博士編纂の, 出博物館の田山方南氏, 出い天候, 出危機の兆, 出原田の來, 出去りたる後得右衛門は, 出及び義絶の, 出反町さんを東道, 出叔母と妻, 出句逓友への随筆, 出可被成候, 出右盜賊は小間物屋彦兵衞なり, 出右腕を延ばす, 出右近将監様御曹司お怪我, 出各自鳥獣と散じ, 出合しや有, 出吉兵衞二男にて五兵衞方, 出吉原さして急, 出吉益派といえ, 出十八年に, 出同じような, 出同志たちは近く, 出名古屋へ出た, 出向うまでにその, 出して, 出吟味を請ん, 出吟者で傑出, 出として新聞紙面, 出和尚の意匠, 出和田倉門を入る, 出品川辺で乗込ん, 出商人出稼人山住神社参詣人等々でみんな, 出商売の彼, 出喫茶店で熱い, 出ひ手水, 出に新しく, 出が有ります, 出四日市に出, 出国家のため, 出土間へ下り, 出在れしぞ先々二階, 出地の利をとっ, 出を上った, 出坐して氏郷, 出城下の混乱, 出して, 出してから, 出士官だ, 出売奥の院の道, 出外づれると彼女はそこで, 出外国生活の何年間, 出に紛れ, 出大井方へ出頭, 出大宮までの切符, 出大槻の下宿, 出大津瀬多膳所なぞ, 出大洲の船, 出大石内蔵助良雄と云う, 出大阪北南組天滿の三口御構, 出天智天皇の, 出天皇が大小, 出天野山の陣, 出奉行所へと頻りに, 出好いものね, 出如何に吾, 出娑婆つても文句, 出といっしょ, 出ひの, 出嫌いのでは, 出嫌ひであつた, 出嫌ひと聞えしお, 出嫌ひな母にし, 出学問に精進, 出に而嫁, 出より以下, 出宍戸九郎兵衛周布政之助桂小五郎といった一連, 出宮古の沖, 出家事郎從等走歸本所, 出富士見物の御, 出でございますよ, 出對面に及びしか, 出小倉攻之惣大将当時谷潜蔵, 出小夜衣が許, 出小姓の次, 出小川町竹田長生院方へ奉公, 出小川町邊武家奉公に身分, 出小手押え籠手払い籠手, 出小牛田の駅前, 出小舟の中, 出就職をし, 出尻伝兵衛したり顔で偉, 出尻伝兵衛またの名を, 出尻清兵衛小仏小兵衛, 出尽したと思った, 出尾張町の辻, 出居而釣船之得乎良布, 出居間を抜け, 出へ飛び込ん, 出履物をはき, 出山の上までのぼっ, 出山陽道を先, 出の如き, 出岸蜂須賀家のお, 出のよう, 出の日, 出川崎の方, 出川越に行き, 出工合つくろは, 出工合空中電気の有無, 出市中は残らず, 出をかぶり, 出幕以外に絶え, 出平伏なすに此時可, 出年齢も雪子, 出遷喬の, 出の亀甲形, 出度いがその疾く, 出度いものでなければ, 出度い話ですわ, 出度さがある, 出度ずくめのもの, 出度凱旋をした, 出度出立いたし日, 出度婚礼を済ませ, 出度由申候に付右八五郎兄, 出度由申立欺きて, 出度祝いをしましょう, 出度累ヶ淵のお話, 出度舒びし眉間に忽ち, 出度芽出度といっ, 出座してみた, 出に向っ, 出へ足, 出で零下七度, 出廊下を右, 出廻道具がんどう返, 出に分裂, 出引窓を明け釜元, 出張つた薄い耳, 出張つた小山のつづき, 出張つた齒をむい, 出張りを横這い, 出当日の奉行役, 出役お前のくる, 出役中ゆゑ幕府へは憚り, 出役中役向きのこと, 出役人へは早馬, 出役以来よほど内福, 出役十二人の組子, 出役十数艘の小舟, 出役十數艘の小舟, 出役岡村七兵衞馬籠藏十郎の兩人控, 出役往来する暇, 出役止めの制, 出役眞砂町の喜三郎, 出役真砂町の喜三郎, 出役組の一名, 出役賀田杢左衛門や藤八, 出役賀田杢左衞門や藤八, 出彼百日もわるかっ, 出往來の人, 出入候, 出徐々と吹く, 出御室カラ釈迦堂前天龍寺前ヲ経テ吉兆ニ到着, 出御家は御, 出御旅蔵の東, 出微小角板のよう, 出徳一氏に諮る, 出徳利が出た, 出徳川氏に対する最後, 出がついた, 出悪くなるだけ, 出みを, 出く背後, 出惣内夫婦昨夜大井河原下伊呂村にて切, 出愛子という中年, 出態シケルニ依リ, 出慰労とあっ, 出が積り, 出懸ける事に, 出成さったからは実際, 出成れ一言の, 出我少年子弟ヲ感化シテ不知, 出と盾, 出所期を貫徹, 出ん手, 出払つた後であつ, 出払つた留守だつたの, 出払つてのち毎朝麻油は誰, 出払つて一人もゐなかつた, 出払つて了つてゐた, 出払つて了つて浜のいちばん静か, 出払つて了つて浜辺のいちばん静か, 出払つて人気の死んだ, 出払つて其後へ神, 出払つて処女或は主婦, 出払つて行つてゐる, 出よく廊下, 出折柄ばた, 出折柄難捨置依之已来御料私領村, 出折角の御, 出抜けに, 出抜けぬか, 出抜けるとすぐ, 出押入の中, 出拂つたで, 出拂つてここに誰, 出拂つて夜分とは違つた靜, 出拂つて店には私, 出拔けたかと思ふ, 出振りが面白い, 出捌きですっと, 出掛げて峠さ行ぐまでに行ぎあって今夜, 出掛しなに縁, 出掛つた中田論は, 出掛つた時三千代は不意, 出掛下さる方, 出掛間際に腹, 出揃つた白い穗, 出揃つたのを眺め, 出揃つた時分に雨, 出揃つた朝顏の芽, 出揃つた頃組長田丸浩平は旅行トランク, 出揃はず家庭でパン, 出揃ひと来たので, 出揺れゐしが, 出損つたのが一生, 出損つて了つたんです, 出した, 出改め見るに何者, 出改名とう致し, 出放れの立場, 出放火をし, 出敗残の兵千, 出數寄屋橋御門内なる町奉行, 出文学活動に進出, 出吹っかけ斑, 出斜谷をさし, 出三浦で, 出於彭城之劉, 出に出, 出が暮, 出日の入りには鍬, 出日本へも来た, 出日本橋通を銀座, 出御達書到来, 出早々この不自由, 出旭シ川村エカシ宅ニテ一同面会相談, 出明長屋にて思ひ出す, 出の如し, 出昨夜御預, 出昨夜此所にて何, 出昨日の処, 出昨日六郷の渡し, 出是非長州征ハ止メニすべき, 出時には栗その他の, 出時刻も迫ってる, 出は少し, 出暮改政刑情実に成り, 出更らに徒歩, 出と類し, 出曾根速水と駈けつづけ, 出最も純粋な, 出最後に使, 出最近お早, 出會いがヴェリチャーニノフをひどく, 出會たる者を世話, 出會つたすべての人, 出會つた一瞬間心の落着, 出會つた事のある, 出會つた二匹の鼠, 出會つた其瞬間に於, 出會つた友と交し, 出會つた困難即ち隱, 出會つた女の人たち, 出會つた少女なの, 出會つた巡査に言葉, 出會つた思想家エドワード・カアペンターは不思議, 出會つた折などは丁寧, 出會つた時妙に表情, 出會つた神に向き, 出會つた辻に立つ, 出會つた連中だらう, 出會つてそれが非常, 出會つて中城の城, 出會つて今後仲よくやつ, 出會つて偶然林の中, 出會つて僕等は思はず, 出會つて初めはさうだ, 出會つて容易に幾らか, 出會つて慄然とした, 出會つて有島さんから南さん, 出會つて靜かな心, 出會仕つり至つて別懇に致せし, 出會候目明の面體, 出會候處忠兵衞に先月, 出會夫が罪, 出會年來の本望, 出會彼等の戀愛, 出會汝が死ん, 出會私し共三人, 出月下の道, 出であるか, 出朝飯を表, 出朝鮮人の同, 出の腰掛, 出未だ金は, 出無心帰亦, 出本山から新川奈良井, 出本所の業平, 出本郷へ出, 出本陣の様子, 出材量は一五, 出来っこないユートピヤを, 出東京に辿りつい, 出東獄の牢, 出板ハズリットの, 出板前に書, 出板土冏然の漢文, 出板年代を記載, 出板年数は一見, 出板当時の作者, 出板条例の頒布, 出板永尾竜造君の, 出の中, 出林町へ行っ, 出林羅山にまなび, 出林龍とアダ名, 出枚方の茶店, 出果実なぞの並べ, 出しの, 出っていうの, 出に沿っ, 出栗林公園で三度目, 出の馬場, 出桜井先生の別荘, 出桜花を御覧ぜん, 出すべきもの, 出梨の木がお前達, 出も同, 出樣一つで半襟, 出にのびた, 出横綱になっ, 出した五名, 出樽以来三十七日間の苦闘, 出樽以来二週間に達した, 出樽小作料減免を歎願, 出へ掛る, 出檢使を願, 出檢視を乞う, 出す隆大蛇, 出次男矢島優善二十四歳四女陸十二歳六女水木六歳五男専六五歳六男翠暫四歳七男成善二歳の四子二女, 出次第喋舌立るを, 出次第申しけるを, 出此方へ御, 出此處にて宿屋, 出此訴状を出すべし, 出此金を資本, 出武器の櫓, 出歩りかす不二, 出歩行くに傘は要らない, 出歩行給ひければ, 出ががたがた, 出段々と人々, 出母様なき後, 出るん, 出入氣, 出水戸の野心, 出水洟が出た, 出水際を歩い, 出仮に其男, 出汝ぢは道, 出江戸城の関門, 出江戸馬喰町熊谷屋利八方へ泊り込, 出江洲へ行った, 出沒去來する百般, 出沒極りなし, 出沒氣長く我船, 出沒現滅した種々複雜, 出沒行脚をやつ, 出を越え, 出油橋さんのところ, 出泉州堺に着し, 出法会の次第, 出法血液検査に関する記事, 出法題な非難, 出泣き声の聞こえる, 出の学生, 出洋学勉強之事感心, 出洒張つた杉木立の梢, 出洒張り者の弟, 出洲さえも次第に, 出流し雲霧咸集まる, 出流れの温い, 出浅く切った馬乗, 出深き團匪事件の, 出深し四度の, 出淵孫兵衛その他多くの直門, 出淵平八庄田孫兵衛などもみな, 出淵庄田村田などもそれぞれ越前家, 出淵惣次はくちびる, 出淵様村田様みなお待ちかねでございましたが, 出淵氏そやつをおれ, 出淵氏所望じゃのう, 出淵駐米大使からの報告, 出清衣して, 出ぶるの, 出渋つてゐるもの若干, 出渓沿ひに, 出の尻中道, 出地を, 出満員の電車, 出漁夫たちはよっ, 出の上等の, 出澁つたのも無理, 出濺ぐ虎ついにあえて動かず, 出瀬田の, 出に包まれた, 出じゃ頭巾, 出炎天をも厭はず, 出てから半時, 出無い音が, 出無し今日始めて, 出爛熟した花鳥, 出牀几を据えさせ, 出版元は忘れた, 出牢以来信じて, 出牢仰せ付られ下し置, 出牢仰せ付らる有難く, 出牢後五十日間の手錠, 出牢早々に吉五郎, 出牢有べきやう申, 出牢申付られしかば, 出犬山の渡し, 出之節宛名左, 出状況をよく, 出狐狸の役割, 出之助, 出町内へも, 出猿島河原まで來, 出玄関のほう, 出現せるがため, 出現在のこと, 出琵琶湖を汽船, 出生涯のおもはゆ, 出の食糧, 出用紙を出した, 出由来を御, 出申候間唯今より駕, 出男子山の根方, 出町口まで殺出した, 出畿内から京地, 出んで仕舞, 出疾風のよう, 出病院へ走った, 出療治にまいっ, 出発心勇ましく田原, 出発電所へ直接談判, 出發す可きか, 出發以來一方で, 出發以來艦外の世界, 出發出來るやう, 出發前一度李堂に逢, 出發前夜築地の錦水, 出發前後に書きかけた, 出發前最後の話, 出發前渠は今, 出發地を考へ, 出發外遊して, 出發後絹子は病氣, 出發時代つまりアンニヤモンニヤ時代, 出發東支那海を東上, 出發準備に忙, 出發間ぎはのこと, 出發間際に起つた, 出發際錠前をおろされた, 出發點たるに止め, 出發,3時間半を費し, 出發,3時間餘を費し, 出白洲へ平伏なす, 出白珠青玉其山有丹, 出百人近くも集った, 出的小児後来只当, 出益田川のほとり, 出盛つた跡でこつ, 出盛つた頃であつ, 出監スルヤ否ヤ近文ニ参リ川村エカシニ話シヲスルニエカシモ驚キ入リ, 出がくらくら, 出目脂が溜り, 出だ, 出相成様尽力被下度為国家, 出相模川の沿岸ドライブ, 出真四角に両手, 出眠くなって, 出眼酷薄らしい口, 出着物の下, 出矢櫓の弓陣, 出の神寶, 出石さんに女共, 出石垣の上, 出石城を毀つ, 出石橋を向こう, 出砂利を敷いた, 出碕官ノ給弁, 出福岡ご城下, 出し儀, 出種市村の鹿糠, 出稽古方仕リ候, 出積荷は此濱, 出が揃つて, 出を仰ぐ, 出空腹を感ずる, 出突張りでないので, 出を開く, 出窶然き姿, 出立ちからこ, 出の浦とい, 出竹輿に乘, 出まっすぐに, 出筆者の顔ぶれ, 出筑波を指, 出から五月下旬, 出のうち, 出細い首根っ子を, 出ばかりなる, 出結構に存候, 出綺麗なの, 出編書課に在, 出繁華な街, 出美濃に奔, 出義絶の状, 出羽毛利又右衞門, 出羽池田伊賀などといふ家老達, 出老中の酒井雅楽頭, 出て今夜, 出而常世辺棚引去者, 出聖フランチェスコの高徳, 出も得た, 出聽政跏趺坐日出便停理務, 出肉類や野菜, 出れようと, 出自分は到頭, 出自分役人生活の内情, 出するゆゑ, 出はチベット, 出舞台の横, 出船員たちがみな船, 出でこの, 出艦手筈難及由に付, 出が咲き, 出名前が, 出茂田君と御, 出や砂糖, 出茶房リラの前, 出荒療治は一応, 出から手紙, 出に坐っ, 出菅笠さへも阿彌陀, 出落日の径, 出葉巻に火, 出蓼科行きの馬車, 出蕎麦の種, 出明るい山みち, 出前通り, 出藤五郎殿を生, 出蘭人居留地へ出かけ, 出蘭学者の飜訳書, 出處分明といふ, 出螺旋はしごを下り, 出行きし迹をこそ, 出行きたるに引きちがえ, 出行きつ音羽の, 出行くに蜥蜴, 出行ものなし, 出行んとする, 出行何処現清身, 出行候と申, 出行候留守中密かに煙草盆, 出行屋敷より金子, 出行景色なし此上, 出行機會裏口に人, 出行者の體小猿, 出行蘆簀茶屋の蔭, 出行跡ばあやも跡, 出行體故素知らぬ面, 出街路の向う側, 出袖垣のところ, 出ける, 出の朱鷺色, 出褄朱鷺色の扱帶, 出を閉めた, 出西から東, 出西側の廊下, 出を求めん, 出見れば水, 出見知らぬ若い男, 出親父の代, 出二七・六三九及び, 出訴中の事件, 出評定所腰掛に相, 出詠可被成候, 出話男の話, 出誰殿かと云, 出諸国を漂泊, 出講談社から講談倶楽部, 出講釈其外書生取立御儒者, 出警報ベルは鳴りだす, 出警察の正面玄関横, 出警衛相成候, 出征箭のそ, 出買物してから, 出足元に気, 出足早な潮さき, 出足柄山の険, 出足玉も手玉, 出路次をぬけ, 出軍今を可, 出軍令は主人光秀, 出軍説を採る, 出農人仕リ居リ候, 出辻川からも北条, 出辻馬車を傭っ, 出迎い御苦労じゃ, 出迎い時間を後らせ, 出迎ひまで此口, 出迎へたもの柔かな中形, 出迎へた下女の杉, 出迎へた女達に見られなけれ, 出迎へた番頭の總助, 出迎へた陳列所の関係者達, 出迎われねば, 出迎坂を下り, 出迎村では村内少年音楽隊, 出迎者はずっと, 出近々還御に, 出近江の武佐寺, 出近江路へ下り, 出近郷迄兵隊, 出近頃も少し, 出返し見るに, 出途中右手の芝丘, 出逗子行の立場, 出這入りするように, 出通しである, 出通りをブラブラ, 出造塗棒朱の爪折傘, 出逢すかも知れねえ, 出逢す人を驚かす, 出逢つたおかげであと三里, 出逢つた一群の内, 出逢つた人である, 出逢つた偶然にし, 出逢つた召使ひが, 出逢つた場合かうした規則, 出逢つた娘のこと, 出逢つた屑屋さんを引張つ, 出逢つた彼も宿, 出逢つた時老人はニツコリ, 出逢つた種々雜多な人々, 出逢つた経緯を私, 出逢つた者のやう, 出逢つた見習士官が此家, 出逢つた話や春季, 出逢つた難儀の二十分の一, 出逢つた風であつ, 出逢つてすつかり濡らして, 出逢つてマドリィに達する, 出逢つて其風采言行の非常, 出逢つて喫驚する程, 出逢はずに死ん, 出逢はず大阪へ様子, 出逢ふか否かは固, 出逢ふたのはうれしい, 出逢ふために千百人, 出逢ふた其川の中, 出逢ふところの三つ, 出逢事あらば, 出逢候處丸龜の人後藤半四郎, 出逢夜通しに此所, 出逢本望を達すべき, 出遅くなって, 出遇った昔の, 出遇つたためしがありません, 出遇つた一事を思ひ出さず, 出遇つた丘です, 出遇つた事々をも誌, 出遇つた人の印象, 出遇つた人間に少し, 出遇つた作家のもの, 出遇つた例は稀, 出遇つた光景を, 出遇つた友達はそれ, 出遇つた呑気な人達, 出遇つた女であつ, 出遇つた彼女を見る, 出遇つた様々な事件, 出遇つた洋服の紳士, 出遇つた紳士淑女にいち, 出遇つた谷はムツ, 出遇つた酒場に赴い, 出遇つた露西亞人の或, 出遇つた験もなく, 出遇つた驗もなく, 出遇つた鴎丸だつたので, 出遇つた龍子が何一つ, 出遇つて三人が五人, 出遇つて何か慌て, 出遇つて唖然とした, 出遇つて奇異な一流, 出遇つて彼れは, 出遇つて斯んな嬉しい, 出遇つて目を丸く, 出遇つて眼醒めるとか, 出遇つて種々な研究, 出遇つて辟易したり, 出遇はずすやすやと, 出遇はず他に急ぐ, 出遇ふためにこの, 出遇ツたし, 出遊ばしますかこの, 出遊びから帰っ, 出遊呪いを怖, 出遊行き, 出遊行坂を降っ, 出道すがら昨夜の, 出道中を急ぎ, 出道幾筋となく, 出道源寺坂を下り, 出に自分, 出違ひと申すは, 出か末座, 出遠く夫を, 出遠慮をされる, 出遭つたから好く, 出遭つて何うにも持, 出遭つて僅かにお, 出くな, 出部落を流れる, 出釈迦堂前の停留所, 出重いこころを, 出野道へさしかかった, 出になる, 出するの, 出釣りするといふ, 出銀出米の御用, 出鋪道のはし, 出の旅中, 出長い並木路を, 出長唄の師匠, 出長州に来る, 出長曾我部氏の兵法, 出長男恒善比良野氏の出馬場玄玖妻長女純, 出門有ば此方, 出門遊観の際, 出開き戸を閉めた, 出開国橋の側, 出開港企業家の一旗組, 出間もなく自分は, 出と承, 出關口鯉吉を生んだ, 出附会信ずるに, 出陰陽とあるの, 出陸路海路を経, 出に作りつけ, 出とかいった, 出際私は和泉, 出隼人も五日, 出難しとて夫, 出難詰せられても, 出も降り出した, 出雨雫する, 出雪子の近状, 出雪駄直し仕候, 出たらいふ途方, 出電車長原より東京駅, 出露月町を通り, 出のあと, 出青年も娘, 出頼母の体, 出を清め, 出顔なじみの古本屋, 出顔色が蒼ざめ, 出を待つ, 出風呂敷包は駕籠, 出食事抔もそこ, 出養生客あし繁き宿, 出をとばし, 出馬の背にまたがった, 出馬喰町の定宿武藏屋清兵衞方, 出馬喰町武藏屋清兵衞方に罷, 出馬籠附近福島駒ヶ嶽山麓あのあたり, 出馬車に乗っ, 出駄羅目をいう, 出をならべ, 出の用意, 出駿河に立ち入り, 出高文もパス, 出高柳先生御旅宿, 出高輪へ來, 出鱈日を捏造, 出鱒目だか, 出鳳凰の間, 出鳴りがしずか, 出鴨鷓鴣花甘藍クリーム入りのまんじゅう, 出鶉坪追込, 出鶯谷へ差しかかった, 出鹽乾珠而救如此令惚苦之時稽首白僕者自今以後爲汝命之晝夜守護人, 出鹽盈珠而令溺其愁請者出鹽乾珠而救, 出麁語の三字きり, 出黄棒の乘物, 出黒棒は勿體, 出黒門町から広小路, 出がつまり