青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「勢力~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~勝利 勝利~ ~勝手 勝手~ 勝負~ ~勢 勢~ ~勢い 勢い~ ~勢力
勢力~
~勤め 勤め~ 勤労~ ~勿論 勿論~ ~匂 匂~ ~匂い 匂い~ 包~

「勢力~」 3025, 33ppm, 3592位

▼ 勢力~ (867, 28.7%)

40 持って 37 得て 23 もって 19 有して 15 持つて 14 占めて 9 もつて 8 得るに 7 張って 6 失って 5 利用する, 扶植する 4 及ぼして, 恢復し, 持つに, 有するの, 有つ, 駆逐し

3 [13件] 一掃し, 代表し, 利用し, 失墜し, 得ること, 意味する, 扶植し, 挽回しよう, 擁して, 有したもの, 有するもの, 有って, 維持する

2 [50件] そぐため, とられて, なして, 争ひ, 仮りたれ, 作って, 使うより, 削いで, 削らむと欲, 削小, 加えて, 占めること, 均分せん, 増加する, 得た, 得たので, 得たもの, 得るとともに, 復活し, 感受したる, 持たない小さな, 持つ時代, 持てば, 挙げて, 振って, 控制する, 敬重せざる, 有す, 有すと, 有するか, 有すると, 有するに, 有する所以, 有する政治家, 有せず, 此の, 民間に, 無視する, 牽制せしめ給わん, 知らぬと, 確保したる, 社会の, 統一せしめたる, 統一せられ, 維持し, 自製する, 認識する, 逞う, 過信し, 集中する

1 [516件 抜粋] あつめて, あらわしました, いくつにも, いよいよ増長, うしなった呂宋兵衛, うち立て, えせっかく, えて, かけずには, かたちづくる平田派, きずき北陸, くつがえすこと, この地方, この河内, して, しのばしむる, すでに感じた, そのこと, その基盤, その方面, そんなに見縊っ, たがいに, たくましくし, たくましゅうした過去, ただ量の, たのみまたまた, たもつ者, つくして, つくりこれら, つくるため, つないで, つぶそうが, なしくずしに, なしたもの, なすもの, なすゆえん, なす林興業, なす程, はからずに, はかること, ひっこませたから, ひろめないでは, ぴったりと, ふるつたこと, みせた驚き, むこうに, もちたるが, もち夢窓, もち始めた, もち直した背後, もってると, もってる者, もつに, もつまでに, もつフランシスコ会, もつ毛利圏内, もて支配, もりかえし人民, もり立てるデマゴギー, より大きく, より純正, よろこばせた, ツァンニー・ケンボそれ自身に, トコトンまで, バックに, 一括した, 一掃した, 一掃したる, 一掃する, 一掃せ, 一掃せん, 一時に, 一門に, 三分させ, 不変に, 与えねば, 与えるため, 与えるの, 中心として, 二分し, 二分せ, 二葉の, 云い表わすため, 云い表わす言葉, 京都に, 京都の, 京都より, 人に, 人の, 人生に, 他に, 代表する, 伝承し, 伸して, 伸ばして, 伸ばし新聞社, 伸ばすに, 伸ばそうと, 伸長した, 作り御嶽山上, 作ること, 作るに, 使う生活, 供給する, 保ちながら, 保とうなどと, 保存する, 保持しつ, 保持する, 信用し, 僕に, 凌ごうと, 凌駕せん, 出して, 分割せしめ, 分断する, 切りくずしに, 初めて眼, 利用された, 利用した, 制して, 制する為め, 削がれた, 削ぐため, 削ぐ爲, 削ろうと, 割いて, 加へ, 加へて, 助長する, 南に, 博し当時西郷, 占むるは, 占めた, 占めたところ, 占めたの, 占めつつ, 占めるに, 占めるの, 占め六年, 占め内, 原則的に, 去勢する, 及し, 及ぼさない, 及ぼしました, 及ぼしまして, 受ける, 叩くよりも, 合わせて, 名づけて, 味わわしめて, 味方に, 唐の, 喚び起すこと, 喜ばないで, 囘復する, 四国に, 固めた, 基礎と, 増すに, 増大する, 増進せん, 増長させた, 増長し, 増長したる, 外へ, 多数と, 大衆自身の, 天下に, 失い銭, 失うだろう, 失うに, 失うの, 失う時, 失っただけ, 失ったの, 失った外来思想, 失つたは, 失つて十四五世紀に, 失て, 失はずに, 失はんと, 失ひかけて, 失ふから, 失わない, 失わんか, 奥羽二州に, 奨励するであらう, 奪うたので, 奪われ沈黙, 妬んで, 存し, 完全に, 定めてから, 実現し得る, 宮中から, 容認する, 尽し候, 崩し一方, 左右した, 左様に, 布衍した, 帰服させる, 度外視する, 延ばし林蔵, 延ばそうとして, 延長した, 弱めて, 弱めるの, 張った, 張つて居ます, 張つて居る, 張らないでは, 張らねば, 張らんが, 張らんと, 張りえたの, 張り合おうという, 張り合って, 張り同輩同職, 張り小生, 張り山本毎氏, 張り廻わし, 張り黒海, 張る, 張るため, 張るに, 張るの, 張るもの, 張れるやう, 張ろうと, 張ろうとしても, 強めあわよくば, 当初に, 形成し, 形造っ, 得たかの, 得たしだい, 得たの, 得たり, 得たるが, 得たフエニキア, 得た主, 得た後, 得た様, 得た武士, 得た陰, 得つつ, 得ました, 得むとする時代, 得ようもの, 得ると, 得るにつれて, 得るには, 得るに従って, 得るは, 得るやう, 得る事, 得る時, 得る時代, 得る様, 得來つて, 得内大臣, 得同輩同職, 得幕府政治, 得謙信, 思わせた, 恢復した, 感じさせなくなつ, 感じやすい, 感受す, 慄然として, 憚らずしては, 手に, 打ち消された形, 扶植した, 扶植しよう, 扶殖し, 投げて, 抱きながら, 押えたらしいという, 押し広め流派, 拡大しつ, 拡大すべく, 拡大する, 持ちかけるの, 持ちつづけヴィシュヌ, 持ち国外, 持ち官吏同志, 持ち男帝女帝, 持ち直して, 持ち続けて, 持ったの, 持ったもの, 持ったものの, 持ったよう, 持った事, 持ってるの, 持つが, 持つた事, 持つた雜誌, 持つてを, 持つよう, 持つを, 持つ様, 持つ武士, 持ッて, 挫くに足る, 振うこと, 振うた, 振うた李蓮英ら, 振うた露國, 振つた, 振つて, 振ひ娘, 振りまわす人, 振るって, 振舞かねる, 挽回し, 挽回した, 掃滅し, 探って, 握って, 揮って, 揮つて居る, 揮ふ, 損し, 摧破する, 擁する三好党, 擴大する, 支持する, 政府の, 文化的に, 文壇に, 日本に, 暗示する, 最も速, 有し, 有しその, 有しただけ, 有し且つ, 有し五ヶ所十座, 有し何事, 有し政治上問題, 有し盛ん, 有するが, 有する人, 有する大, 有する文学者どの, 有する林, 有する程, 有する結果, 有する議長候補, 有すれば, 有せざりき又, 有せん, 有ったと, 有つよう, 朝鮮より, 根からくつがえし, 根こそぎに, 根こそぎ排除しよう, 植つるに, 植ゑつ, 構成し, 構造し, 標識する, 機械に, 欧州に, 欲しがっ, 欲し常に, 武器として, 残すの, 殺いだこと, 殺ぎ一つ, 殺ぐべき事業, 殺ぐ京都, 浪費する, 海外侵略に, 消し尽くした後, 消耗される, 消耗した, 深く観察, 減じたりというも, 減じ大いに, 減ずるに, 減殺する, 減殺せられ, 減殺せん, 無みせず, 牢固として, 牽制する, 独占し, 独占す, 獲たの, 獲た頃, 獲れば, 現はし, 用いて, 用ゐ給うた, 異にし, 発展する, 発展せん, 発揮し得る, 発見し, 発見せず, 發見し, 發見せず, 盛り返して, 盛り返し進んで, 盛んならしめ, 看板に, 眺めに, 眼の, 睥睨し, 知って, 知り遠く, 確保する, 示すこと, 社会に, 社会的に, 私たちの, 空の, 節約させる, 節約し, 築き上げたの, 築き上げた九十郎, 素地として, 組織した, 結合させ, 結成し, 統一し, 統制させず, 統合しなけれ, 継承する, 維持したい, 維持したる, 置いて, 考えるたびごと, 考えると, 背景と, 背景に, 自覚せしめ, 英国政界の, 蓄へたに, 行わんこと, 表は, 表現し, 衰えさせたいと, 西に, 覆えそう, 覆すこと, 見たり, 見王笏, 見紫綬, 見逃すこと, 観察せざる, 觀察せざる, 計算し, 誇りが, 譲るやう, 象徴する, 負うて, 貯へ, 貸したといふ, 貸したので, 貸した豪族, 費したいと, 蹂躙しよう, 身を, 迎えて, 逓減させる, 逞しうし, 逞しうした, 逞しくし, 逞しくした, 逞しゅうし, 逞しゅうし大阪市人, 逞しゅうし彼, 逞しゅうするもの, 逞しゅうするゆえん, 進歩し, 過小に, 遺憾なく, 防ぐため舊鳥取藩, 阻害する, 除き去らば, 集め一方, 集注する, 離れて, 頼もしく意識, 顧みるならば, 養い場合, 養うには, 養つたのは, 養ひ, 駆逐しよう, 駆逐する, 駿河遠江の

▼ 勢力~ (475, 15.7%)

12 あつた 7 下に 6 あるもの 4 源は 3 あったの, なかに, 裡に

2 [37件] あったもの, ある人, ある所, ある氏, ある父, ために, ほかに, 一種に, 上でも, 上に, 中で, 余波で, 偉大な, 増大, 大きかった, 大きさ, 大なる, 広大なる, 庇護の, 援助なく, 擡頭を, 時代に対する, 有る人, 海面に, 消耗を, 消長に, 消長は, 源泉たり, 統一とは, 統一なき, 統一なく, 統一は, 統一を, 聯合したる, 衝突で, 集中を, 鞏固に

1 [363件] あった, あったのろく, あったマッハ一派, あった尚, あった御社, あった流派, あった浪人組, あった者, あった芸妓美, あった裁判長, あらゆる指導部, あるあらゆる, あると, あるという, あるの, あるオットン倶楽部, あるシャーター, ある一大銀行, ある人たち, ある人達, ある会津侯, ある位置, ある公田, ある友人, ある坑夫, ある天理教, ある女, ある宮, ある家々, ある尾張藩, ある彦根, ある政治家, ある方, ある枢要人物, ある氏族, ある派手, ある源氏, ある生活, ある町, ある祖先崇拝, ある者, ある運動家, ある部, ある雑誌, ある雲助, いかんを, いずれに, いずれにも, うちにも, おほいな, ことことに, ことで, さかんな, すべてと, せいも, たのしい根源, ための, ついて, つよい地帯, どっちにも, ないかれ, ないという, ないの, ない時, ない火弾, なかからでも, なかつたこと, なくなってること, ますます進ん, むだな, もとで, もとに, ものが, ものである, より一歩, スポークス・ウーマンと, 一大原因である, 一種と, 一種なれ, 一端は, 一翼として, 一部が, 一部と, 上で, 下位に, 不埒な, 不埓, 不連続は, 中に, 中へ, 中心であった, 中心に, 中心は, 中間に, 中間層に, 主体に対する, 争いである, 争いの, 争覇を, 交代は, 交錯に, 代りに, 代表者でしか, 代表者です, 伏在とか, 伯仲する, 伸張する, 伸張を, 伸長とは, 余りに強大, 作用を, 侵入に, 保存および, 保存の, 偉大さを, 偉大なる, 側に, 優劣消長は, 充実した, 先駆を, 先駆者である, 入りくみかたを, 全部を, 公卿などの, 兵馬は, 再燃は, 分化の, 分布が, 分解と, 分野が, 利用が, 利用を, 利益の, 利益を, 前に, 割拠は, 労働者の, 動きであっ, 動きによって, 勝だ, 勝利あり, 千分の一も, 半島への, 原則は, 及ばない境外, 及ばなかったの, 及んだの, 及んだ範囲, 取巻き志士団の, 合一を, 吉岡一門という, 向背に, 問題だ, 問題で, 問題である, 問題に, 圧力によって, 圧迫が, 圧迫に, 均等により, 均衡が, 均衡の, 城砦に, 堅密な, 増大から, 増大し, 増大なかんずく, 増大は, 増強の, 増殖に, 増進に, 壊滅に, 変化で, 変態あるいは, 多少に, 大きな人, 大したもの, 大官中に, 大部分, 失墜を, 如何に, 妨害によって, 存する, 存ずる以上, 存在が, 安定感として, 実際の, 対立の, 専横な, 尤も大なる, 山陰展開に, 崩壞を, 左右する, 干渉も, 平家一門も, 平衡を, 広大な, 府へ, 延びて, 強いこと, 強いの, 強い事, 強い所, 強くとも, 強く及んだ, 強力な, 強大さが, 強大に, 強弱と, 強弱を, 強盛宏, 往々盛ん, 御用を, 復活といふ, 必死の, 必然的な, 怖るべき, 急激な, 恢復も, 意識的な, 感ずるところ, 感化を, 扶植にのみ, 拡充に, 拡大と, 拡大を, 拡張に, 拡張を, 挽回, 推移に対する, 推進力が, 援助なし, 援助を, 摩擦の, 擡頭に, 擡頭は, 擴張に, 支持を, 支配を, 攻勢が, 整備の, 方かえって, 曹操などよりは, 最後も, 有する人物評判, 有るもの, 東方に, 東漸から, 東漸を, 柱である, 権変に, 横暴の, 横溢し, 横行に, 欝悖し, 正確な, 武人の, 歴史運動の, 残つた郷党生活では, 殖えた時代, 殘る, 比率に, 永存せるあり, 決定的な, 法外なる, 洪大なる, 活動開発の, 浪費である, 浪費は, 浪費者であり, 浸透から, 消長でなけれ, 消長と, 消長とを, 消長につれて, 消長によって, 消長を, 消長遷移に, 淵源, 減じたること, 渦巻きを, 測定を, 源を, 源泉だけ, 溜りである, 無い人, 爪牙を以て, 爭鬪を, 爲に, 現実を, 理論化の, 発展が, 発展と, 発展と共に, 発展の, 発現するあり, 發達等凡そ, 盛な, 盛んだった, 盛んで, 相対抗, 相接触, 相違は, 破壊と, 礎石部分には, 社会機構上に, 移動と, 移動を, 競争によりて, 範囲が, 範囲に, 範囲は, 範囲を, 範囲大に, 純真さ熱烈さは, 素量説も, 組織改変と, 結托鞏固に, 結集が, 結集と, 絶倫な, 絶対に, 緊張によって, 総べての, 總べての, 織田がたへ, 罪悪を, 聯盟を, 脅威によって, 自愛心に, 自然の, 至らざるもの, 苗床にまで, 莫大な, 落ちた唯一, 行動方針は, 衝突では, 衝突としての, 表面に, 許に, 貴族色を, 赫々たる, 迷い方, 退潮を, 進出である, 進化の, 醸生し来るべき, 重囲の, 重圧と, 重要性も, 量的範囲を, 鋭角が, 鋭鋒を, 錯綜し, 関係による, 防火壁として, 限界は, 限界を, 陰に, 隆々たる, 風波に, 高揚だ, 高揚に

▼ 勢力~ (344, 11.4%)

10 ある 8 あって 5 あった 4 あつた 3 あるが, あるの, 一つに

2 [19件] あったもの, あること, あれば, 伸びて, 兵器に, 出て, 及んで, 増して, 弛んで, 強くて, 彼の, 村, 来るに, 極度に, 自ら招いた, 衰えて, 衰へ, 要求し, 非常に

1 [270件] あったこと, あったとも, あったので, あったばかり, あったんで, あっても, あつて, あらゆる人々, ありかく, ありすぎもう, あり下, あり何, あり智恵, あるか, あると, あるもの, あるらしかつ, あるらしく, あるんで, ある箇所, あんなにも, いかにしぶとい, いかに強大, いかに鎌倉勢, うかがわれる, ここまで, このクリシス, この桐油, この江戸, この金無垢, これに, さうし, さまで強大, そこには, そこまで, その彼女, その意外, その運命, たやすく自己, だん, だんだん微弱, だんだん神道, つよかった, とりまいて, どういうもの, どうやら定まりはじめた, どのくらいの, どんなにまだ強く, どんなもの, どんな悪意, なかつた武家, なかなか侮り, なくさ, なくって, なくとも, なくな, なくなったの, なくなって, なくなり女文字, はかって, ひそかに, まされば, ますにつれて, まだわれ, みな引っ越し, もう新鮮, もりかえして, わかる, イリ一帯の, エジプトを, ナチス, ファシズムの, ペナン限で, 一七九二年を, 一方において, 一歩すすめ, 中間の, 二つに, 二分する, 互に消長, 交錯し, 京都を, 人々の, 人生の, 人間の, 今後いくばく, 他の, 付いて, 伝説を, 伯仲の, 伸びれば, 侮られぬもの, 俄かに, 俄然として, 倒れて, 入った以上, 入り込んで, 全部その, 全面的に, 共存共榮し, 兵をも, 内部に, 出た, 出ると, 出來, 出来て, 初めて備前, 割込むと, 労働組合内に, 動いたからとて, 勢力に, 勤労無産者であり, 千変万化し, 即ち筋肉, 及ばない先, 及ぶ範囲, 及んだ証拠, 反対に, 反目し, 取って, 同じ一つ, 喰い入ったもの, 地上を, 培養され, 境を, 増さぬうち, 増加される, 増大する, 変り弓矢, 変遷する, 外来者初瀬を, 外見上多少, 多分に, 大きかった, 大きな触手, 大したもの, 大変強かっ, 天地を, 失墜する, 如何なる海陬山村, 嫁に対して, 完全に, 定まった年代, 定まるまでは, 定まる前, 宮廷に, 対立する, 對立する, 小さかった, 小児と, 少しは, 尤も大に, 屡々支那, 常に都, 平氏に対して, 平衡し, 年々, 広く波及, 張つて後の, 強い時, 強かった, 強くなっ, 強くなります, 強くなる, 強大でなく, 当然なにかおっぱじめる, 形づくられたの, 彼等を, 後から, 徐々に宮廷, 得られたかも, 微塵も, 微弱な, 微弱に, 必然的に, 急に, 急激に, 恋愛や, 愛郷土的な, 懐抱する, 手紙に, 拡つて来, 拡大される, 拡大し, 拡大した, 推測される, 支那に, 政治上の, 教育に, 文壇に, 斯様な, 新疆, 日々に, 日に, 日に日に強大, 日本の, 日本を, 日本精神の, 旧組, 早くから抗争, 早くも, 更らに, 最も長く, 朝廷を, 東漸する, 根強く張っ, 根強く潜在, 次第にシベリア, 次第に弱っ, 残って, 殖えるまでは, 民主的進展の, 決する東, 法事の, 活動し, 活動すべき, 活動を, 減殺され, 港町の, 漲ぎッ, 漸次に, 激烈に, 無いと, 無くなつたら, 牛頭天王に, 現れたの, 現われましたその, 現世を, 生じて, 生まれたという, 生れて, 盛と, 盛んで, 目ざましく根, 目のあたり立証される, 直接挑戦した, 相呼応, 着いて, 知らずしらず彼, 示したくって, 私達日本の, 科学的精神を, 脈々として, 自由の, 興って, 著しく伸び, 衰えたか, 衰えた最, 衰え貴族, 衰へて, 衰頽に, 西方に, 覆えされ半島, 覆されて, 足りない, 軍部と, 退きファシズム, 野党政治家や, 鈍く不忠, 錯綜し, 院の, 隆々として, 隠然と, 集注し, 雪を, 頑として摂津以西, 飛びだして, 飛ぶ鳥, 駸々と, 鬱積され

▼ 勢力~ (242, 8.0%)

2 [11件] いつの, なかった, 之を, 他の, 唯だ, 固より, 地を, 大したもの, 殆ど零位なり, 遠からずし, 非常に

1 [220件] あきらかに, あなどりがたい, あるが, いかに, いよいよ彼, えらいの, えらいもの, おかしい程, かいなでの, かえって足もと, ここに, この両, この数カ月, この新家, この機会, これを, さかんに, さして厖大, しらべに, じつに一貫, すばらしいもの, ぜひとも必要, その人, その国, その大風雨, どうかと, どんなこと, ないです, なかったらしい, なく歌, はなはだ強い, はなはだ盛大, ひそかに, ひろまった, びくとも, ほとんど駕, ますます下り, ますます衰える, またアラビア人回教徒, まったくない, ま二つ, みじん衰退しない, もうわれわれ, もっと大きく, やはりたいした, よい勢力, われ, アントニウスと, インドに, オサオサ婦人界を, ムッソリーニの, 一こう, 一層大, 一旦失われ, 一時に, 三つに, 之に, 九州一円を, 事実において, 二万に, 二分された, 二分し, 互に牽制, 互格であった, 京都から, 亭主に, 人力を, 今では, 今の, 今は, 今年においても, 会津戦争を, 伸展し, 何れの, 侮り難い, 侮るべからざるもの, 便乗の, 保元の, 偉いもの, 偉大で, 全くなくなる, 全く地, 全く字, 全く此点, 全世界, 全力を, 其源小天地想に, 内閣および, 冬でも, 分子の, 前記の, 勃然と, 勢い並ぶ, 協力し, 南は, 単なるジャーナリズム株主, 単に浅草, 厳たる, 同日の, 向上し, 吾国の, 善悪共に, 団体的の, 地に, 増強する, 多少内閣, 大坂と, 天下に, 失うて, 失つても, 女子の, 安ん, 安芸周防を, 実に, 実に兵, 実に数千年, 察せられる, 寧ろ微々たる, 対等に, 少なくも数村, 度数と, 廣さに, 強大だった, 強大で, 後に, 微少だ, 必らず, 急に, 恐ろしく強大, 悪を, 想見される, 抜くべからざるもの, 拡がつて, 摂政関白に, 擴が, 支那に, 数百年前に, 日々に, 日に日にその, 日中に, 日本全土の, 昔日の, 時とともに, 普く国内, 更に汎, 更に隠然たる, 更らに, 最も社会主義的社会建設, 最早峠, 最近の, 有た, 未だ以, 未だ其の, 本来精神的意識性の, 東方に, 東海の, 東漸し, 根ぶかく散在, 極めて微弱, 槍先功名までも, 権力で, 次第に大きく, 次第に衰え, 次第に衰退, 此処らあたりを, 殆ん, 比較に, 氏の, 民衆の, 水力電気として, 江東江南六郡に, 清盛や, 潮水を, 灸所を, 為兼一代で, 無視できない, 物質の, 犬牙の, 現今よりも, 當時の, 當時人も, 睨みあいの, 社会を, 種々の, 空疎な, 米国の, 約二万年昔, 義貞の, 胸に, 自分の, 自然大, 莫大な, 薩長の, 表面ブルジョア民主主義の, 表面上退陣した, 衰微し, 見出されて, 誠に根強い, 議会が, 軈かに上騰し, 近く二三ヶ月, 近く二三ヶ月後に, 逆境の, 遂に廣州, 遅滞なく, 遙かに, 鍋の, 鏖殺しだ, 間わ, 防ぎおかざるとき, 集会の, 雪山で, 震災前の, 露人を, 青年の, 非常な, 頓に, 頭脳の, 首肯かれる, 馬二五頭であった

▼ 勢力~ (143, 4.7%)

5 なって 4 して, 於て 3 まかせて, 於ても 2 なった, よりて, わかれて, 依りて, 及ぶこと能はず, 対抗する, 支配せられ, 消長が, 辟易し, 非ざる

1 [104件] ありて, おさえつけられて, おそれて, こちらから, その地位, ちがいない, つき彼, なったからかの, なつて, なりかけた時, なりかねない懸念, むかっても, やらした方, 亡ぼされた後, 付くか, 付くかは, 作りあげた, 依って, 依る国際聯盟, 依頼する, 侵されては, 分れその間, 分れて, 利用され, 制せられて, 制約される, 加わること, 加盟させる, 反動し, 取って, 同化し, 向かっては, 向けられて, 因ったが, 因るもの, 圧されて, 圧せられし地, 変りが, 変りながら, 変成せられる, 変換せられる, 委任されざる, 対抗し, 対抗しうる, 対抗せん, 對し, 屈従する, 屈服し, 巻き込まれた, 帰したと, 帰して, 帰する, 帰せられること, 引かれて, 役立ちつつ, 従属させる, 従順に, 怖れ, 恃む所が, 慢心した, 成ったね, 打ち克つこと, 投票する, 押えつけられること, 押されそうした, 押される気色, 拒む力, 拠って, 接触する, 支配され, 敵対し, 服従し, 止らず, 潜力顕力の, 由つて部下の, 社会党が, 組み入れられて, 結びあって, 結成せらるる, 結成せられる, 統一されれ, 脅かされて, 自分の, 蚕蝕され, 補強され, 見切りを, 訴へ, 誇大的訴えとして, 負ける様, 踊らされて, 転換され得る, 迎合し, 迎合した, 迎合したらしい, 追われて, 追随し, 逐いやらるる時, 過ぎない, 過ぎないこと, 阿附, 附属し, 革新を, 頑迷し, 驚嘆した

▼ 勢力~ (127, 4.2%)

8 なって 4 分離し 3 言は 2 なつて, なる, 全く分離せり, 分離する, 妥協し, 手腕とを, 結合し, 統合せ

1 [96件] いうけれど, いよいよ緊密, この文化的自由主義, これに, す, そして友情, その光, その殿堂, その特有, その盛衰, それから勤王派, たたかい日本, だろう, なすの, なった, なった年, なった時代, なつた, ならなかったの, なりおったかな, なりこれ, なりさらに, なりつつ, なりて, なり彼等, なり牧民者, なり自分, なるから, なるという, なるもの, なる時, むすびついて, ブルジョアジーとの, 不安によって, 且つ人, 事毎に, 交通の, 人望が, 人気とを, 共産軍の, 内に, 労働力とが, 勢力の, 化しほか, 同格に, 呼ばれるもの, 因果との, 土着民の, 地下源氏の, 外来の, 夥しい財力, 妥協でも, 威厳を, 子孫とを, 孝治主義の, 密, 対峙し, 徹底的に, 必死に, 戦った, 扮装に, 抱き合って, 放射線の, 新興技能とに, 日本との, 此方側の, 毛利圏内との, 江戸へ, 無関係でない, 熱意との, 版図の, 物質との, 申したら大した, 発展日本の, 相交渉, 相成った由, 相競爭, 知りつつ, 純文学的勢力との, 結びついて, 結ぶが, 結んで, 絶対な, 絶縁された, 習慣とが, 芝居が, 見られるに, 見るべき左団次一党, 財を, 質量との, 過去の, 遮二無二戦っ, 闘い文学, 面白く引きつけ, 革命的理想とは, 馬を

▼ 勢力~ (54, 1.8%)

2 なかった, なきもの

1 [50件] あるいは運動, あるので, ある人, いまだ十分, およんで, お生母さん, かつての, ございませんでしたで, しっかりと, ない一介, ない彼, なかなかえらい, なくまた, また一国, また上がっ, また侮るべからざる, また覆さなけれ, また軽視, まだなかなか, 一度時を, 之を, 亦之, 亦偉大, 亦衰頽, 今では, 伴うて, 侮れんが, 傘下に, 内外に, 及ばない遠方, 地に, 大きい, 大坂城の, 宮方には, 強大に, 徳川家の, 徳望も, 持ってる一事, 有り又, 末で, 松岡の, 段々加, 洛陽の, 漸く衰, 生れて, 神仏混淆禁止令によって, 秘略も, 移り動きつつ, 闘って, 驚くべく増加

▼ 勢力ある~ (46, 1.5%)

2 一群と, 宗教は, 氏族の

1 [40件] こと民家の, に似, に至らし, は富, ものなれ, ものに, も同一, を見し, 一人で, 事疑べからず, 人でも, 人にも, 人の, 位置には, 分子なりと, 北朝では, 味方を, 大名の, 大寺, 官吏軍人実業家の, 宦官の, 小學校, 山の手組の, 御用商人の, 批評家ジェッフルワは, 時代に, 権利などの, 熊襲などの, 独立運動の, 現代では, 発言権を, 發言權を, 社交界に, 神の, 豪族の, 金兵衛なら, 金港堂が, 雑誌は, 預言者と, 魂を

▼ 勢力範囲~ (34, 1.1%)

2 を拡張

1 [32件] から離れ, がわかりましょう, が旺勢, が正確, が郊外, じゃの縄張り, すなわちいわゆる, たらしめたりき, であったから, であって, であるから, で全く, といえる, といっ, となった, なの, なる故, にある, にしよう, になっ, になったら, にはいっ, に侵入, のうち, の南方支那, の方, の街道, は劃然, へ伝播, へ手, をおかす, 限られたる

▼ 勢力~ (28, 0.9%)

2 に協議

1 [26件] がよく, じゃなし, だけは容易, だった, であった, であったから, であったので, であつ, である, であるし, であるため, でしばしば, でも財産家, で小心, に向かっ, に忠告, のロンドン市長, の一人, の下風, の好悪, の妻君, の家, の意, の頭目, も見えなかった, らしい肥った百姓

▼ 勢力として~ (26, 0.9%)

2 優に, 其の存在

1 [22件] 主體, 之に, 人民に, 全體, 国民の, 國民の, 大勢を, 失敗した, 存在しえない, 存在したらしい, 後までも, 戴いて, 持って, 有力な, 社会的な, 神事に, 立つ日本, 立上っ, 考察される, 認識され, 論理の, 論理自身の

▼ 勢力~ (25, 0.8%)

3 にある

1 [22件] から逃げこんだ, であり, である, ですのに, でない, ではあった, なればこその, にあっ, にあり, にもっ, に加え, に抱き込もう, に檄, に置い, に置かれる, に蹂躙, に身動き, の一大名, の一被官, の援助, の船持ち, へは一合

▼ 勢力争い~ (24, 0.8%)

2 で遂に

1 [22件] がひそん, が起る, じゃ, だという, である, であること, でそれ, でもした, でもやっ, とかいうこと, とともに公表, となりました, にも関係, に敗れた, に足, は日本, や何, や個人的反感, をここ, をし, をやっ, を解決

▼ 勢力たる~ (20, 0.7%)

3 ことを 2 は彼, を失はざるなり, を失はず, を見る, 大久保利通の 1 を看取, 地歩を, 実力を, 山県伊藤両, 山縣伊藤兩公も, 民衆から, 薩摩の

▼ 勢力とは~ (20, 0.7%)

5 何ぞや

1 [15件] その間は, ちがうから, どうにも連絡, 一つでは, 二つの, 今日に, 何ぞこれ, 何を, 常に有害, 戦うよ, 根を, 比較に, 派が, 議会に, 議會に

▼ 勢力~ (17, 0.6%)

1 [17件] あいつを, あんなに宏大, この話, その存廢, それに, 他の, 傑さ加減は, 占められつつ, 回鶻語の, 手足を, 指導され, 支配し, 新しい文明, 更衣から, 気儘に, 統制された, 耳を

▼ 勢力を以て~ (17, 0.6%)

2 すと, それを

1 [13件] するも, 各個人, 吾, 婦人参政権を, 実際に, 實際に, 我国にも, 機械を, 殆ど神, 為政者議会等を, 発展し, 肉迫し, 行う所

▼ 勢力範圍~ (13, 0.4%)

2 に屬

1 [11件] たらしめたりき, であつ, である, となる, にしよう, に入れん, に觸, の境, は周, を擴張, を適宜

▼ 勢力から~ (12, 0.4%)

1 [12件] すり脱ける, ふるい落される無数, 云へば, 判断すれ, 宮方の, 独立で, 生じて, 脱出させよう, 見て, 言つてチヨツト分が, 身を, 離れた東洋

▼ 勢力との~ (12, 0.4%)

1 [12件] 一元論に, 一致という, 共同, 和が, 大陸に, 妥協を, 混淆, 絶縁を, 苦闘を, 転換が, 転換なる, 闘いにおいて

▼ 勢力~ (12, 0.4%)

1 [12件] であるチベット, とみられ, にある, に深く, に秀吉, の一端, の敵地, の新聞社, の甚だ, は安芸, を作り, を離れ

▼ 勢力~ (11, 0.4%)

2 ものだ, 天聲の, 新聞を 1 のか, のである, のです, んだ, 方に

▼ 勢力によって~ (10, 0.3%)

1 その強圧, 二人の, 動かされて, 動揺し, 占められ文化, 弾圧される, 押し下し, 暗に誘導, 牽引される, 論理的に

▼ 勢力である~ (9, 0.3%)

1 かという一例, から多数, ことも, ことを, ということ, というの, 人民戦線が, 労働者階級の, 反動政府の

▼ 勢力では~ (9, 0.3%)

1 あらうけれど, ありませんか, あるが, そのあとかた, どうする, ないであろう, なかった, やがて早, 事を

▼ 勢力という~ (9, 0.3%)

3 ものは 2 ものを 1 のは, ものが, ものだろう, ような

▼ 勢力としての~ (9, 0.3%)

1 この日本民族主義理論, 一国の, 争が, 大衆でない, 宗派宗団に, 日本の, 機能の, 猶大人, 皇室に

▼ 勢力とを~ (9, 0.3%)

1 ご比較, ささえて, 人格化し, 守るのに, 思い合わすとき, 用いずすべて, 示さずまた, 蓄へ, 鉄鞭の

▼ 勢力にも~ (9, 0.3%)

2 屈しない政府 1 あらず全く, おさおさ劣らない, もうその, 似ず今, 惰性を, 足場にも, 遠かった

▼ 勢力恒存~ (9, 0.3%)

4 の理法 1 とともに因果, との二, とは物質, の格言, の規則

▼ 勢力圏内~ (8, 0.3%)

1 で, であった, であり彼, であり随, ではない, にある, においては厳禁, を犯された

▼ 勢力扶植~ (8, 0.3%)

2 のため 1 にもなる, に汲々たる, の一機関, の策, の道, へ持っ

▼ 勢力あり~ (7, 0.2%)

1 しも西洋, てその, てのち物質, てまた, と, 翌年に, 肉体あり

▼ 勢力とが~ (7, 0.2%)

2 構成し 1 事実上対立関係に, 伸子たちにさえ, 加えられて, 勢を, 対象である

▼ 勢力には~ (7, 0.2%)

1 ある懼, さすが気おい, なり得ない, 侮り難い, 到底敵, 影響少く, 降服した

▼ 勢力~ (7, 0.2%)

1 人間の, 南都の, 圧倒でなかった, 威力や, 小作人関係などから, 秩序が, 統治の

▼ 勢力不滅~ (7, 0.2%)

5 の法則 1 の方則, の観念

▼ 勢力に対する~ (6, 0.2%)

1 三百年間の, 個人身辺の, 唯一の, 天下征服者の, 用意の, 社会意識や

▼ 勢力たり~ (5, 0.2%)

1 しよ, しブルジョアジイ, し一證, し源義朝, と残されまい

▼ 勢力なき~ (5, 0.2%)

2 一介の 1 にもかかわらず, に非, 宗旨に

▼ 勢力なる~ (5, 0.2%)

2 ものは 1 ものが, ものの自分, 者は

▼ 勢力よりも~ (5, 0.2%)

2 より大 1 はびこりやすい, トキの, 更に数倍

▼ 勢力威力~ (5, 0.2%)

2 が人間 1 が人, が如何, を有し

▼ 勢力次第に~ (5, 0.2%)

2 膨脹し, 膨脹する 1 トレントブレッシアベルガーモ等の

▼ 勢力甚だ~ (5, 0.2%)

2 強大なる 1 さかんな, 盛なりしも, 蔓延し

▼ 勢力~ (5, 0.2%)

1 があっ, であるに, である政治家, の利己心, や黽勉家

▼ 勢力といふ~ (4, 0.1%)

2 ものが 1 ものは, ものを

▼ 勢力による~ (4, 0.1%)

1 ものなる, 思想を, 戦略的見解から, 開發と

▼ 勢力への~ (4, 0.1%)

1 加担を, 思いを, 追撃は, 関係を

▼ 勢力より~ (4, 0.1%)

1 先に, 天地万物一切の, 比較的強く, 追やらるる

▼ 勢力をも~ (4, 0.1%)

1 寄與する, 眼中に, 自ら失はせた, 駆逐せず

▼ 勢力~ (4, 0.1%)

2 ひの 1 ひが, を示さない

▼ 勢力~ (4, 0.1%)

1 の甚だ, はますます, は甚だ, を離れ

▼ 勢力~ (4, 0.1%)

1 として使い得る, として実用化, として現われ, となる

▼ 勢力関係~ (4, 0.1%)

1 から云っ, がかなり, についての内幕, の均衡上

▼ 勢力~ (3, 0.1%)

1 からじつは, のという, よ

▼ 勢力であった~ (3, 0.1%)

1 から当然そう, が隣国, という事情

▼ 勢力とに~ (3, 0.1%)

1 依り只, 對し, 満ち満ちて

▼ 勢力に対して~ (3, 0.1%)

1 反抗的態度を, 太守劉焉は, 正当な

▼ 勢力実に~ (3, 0.1%)

1 一時を, 微々たり, 盛んなり

▼ 勢力強大~ (3, 0.1%)

1 で東海東山, なりしのみ, にし

▼ 勢力消長~ (3, 0.1%)

1 に原因, のこと, の決定因子

▼ 勢力ありし~ (2, 0.1%)

1 なり, 安倍

▼ 勢力~ (2, 0.1%)

1 さ, 公家さんにも

▼ 勢力こそ~ (2, 0.1%)

1 まさしく信長, 用うべきでありましょう

▼ 勢力であっ~ (2, 0.1%)

1 て彼等, て持豊

▼ 勢力であり~ (2, 0.1%)

1 その勢力, ながらなぜ

▼ 勢力とか~ (2, 0.1%)

1 そこでの, 自己が

▼ 勢力としては~ (2, 0.1%)

1 どこまでも, 少いもの

▼ 勢力なく~ (2, 0.1%)

1 勢力を, 汗臭く

▼ 勢力なり~ (2, 0.1%)

1 平民は, 想世界は

▼ 勢力において~ (2, 0.1%)

1 人数において, 無限大の

▼ 勢力にたいする~ (2, 0.1%)

1 一つの, 軍事条項も

▼ 勢力によ~ (2, 0.1%)

1 つて卜する, つて大中臣

▼ 勢力のみ~ (2, 0.1%)

1 であって, 働らく場合なり

▼ 勢力~ (2, 0.1%)

1 総攻撃, 諂うの

▼ 勢力また~ (2, 0.1%)

1 多分に, 昔日の

▼ 勢力まで~ (2, 0.1%)

1 悉く京都, 駆逐した

▼ 勢力までが~ (2, 0.1%)

1 これを, 去年の

▼ 勢力~ (2, 0.1%)

1 保有シオリ玄怪ニシテ捕捉シ難キ犯罪事件, 失ヒタルモ是ニ附隨セル名稱ハ未

▼ 勢力即ち~ (2, 0.1%)

1 金権階級に対する, 隼人國を

▼ 勢力善く~ (2, 0.1%)

2 桂内閣を

▼ 勢力~ (2, 0.1%)

1 に堕ち, へ行く

▼ 勢力地方~ (2, 0.1%)

1 は努めて, は避け

▼ 勢力孤弱~ (2, 0.1%)

2 にし

▼ 勢力恒存因果相続~ (2, 0.1%)

1 の三, の理法

▼ 勢力拡張~ (2, 0.1%)

1 にのりだす, のため

▼ 勢力~ (2, 0.1%)

1 に減ず, に長

▼ 勢力~ (2, 0.1%)

2 勝の

▼ 勢力毫も~ (2, 0.1%)

1 発展する, 發展する

▼ 勢力統一~ (2, 0.1%)

2 を得れ

▼ 勢力統計~ (2, 0.1%)

2 による

▼ 勢力膨脹~ (2, 0.1%)

2 を妬みたる

▼ 勢力自ら天下~ (2, 0.1%)

2 に展

▼ 勢力資望~ (2, 0.1%)

2 を利用

▼ 勢力頗る~ (2, 0.1%)

2 大なり

▼1* [161件]

勢力あつた宗教, 勢力あの破壊の, 勢力あまねくトスカーナに, 勢力あらず宗教にも, 勢力あらそひなどごたごた, 勢力あれば下劣, 勢力おさおさ女房天下と, 勢力おろそかならざりしを, 勢力またそれ, 勢力かも知れないが, 勢力からも金からも, 勢力この方法の, 勢力これが皇帝誘拐事件, 勢力さえが峠を, 勢力しか誇るもの, 勢力すなわち富に, 勢力そういうものに対して, 勢力そこに想い起される, 勢力そして貧乏さえも, 勢力そのものだという, 勢力だけでは, 勢力だったのである, 勢力でもあるから, 勢力とて別に見るべき, 勢力とともに不生不滅, 勢力とには非常に, 勢力とみに減退し, 勢力ともなるよ, 勢力と共に次第に, 勢力ながら簡単に, 勢力などがよほど重大視, 勢力などについてあらましの, 勢力なりが認められて, 勢力なりしを以てしかも, 勢力なんかを利用し, 勢力においても恐るべき奴, 勢力についてはなんの, 勢力にとって譬喩では, 勢力により宗教の, 勢力に対し過不足ない, 勢力に対しての遠慮かも, 勢力に対しても裏切りでは, 勢力のほどその家庭内, 勢力はとに角, 勢力はなはだ旺盛で, 勢力ひとたび分化して, 勢力ほぼ相伯仲, 勢力または海中の, 勢力やら世の中の, 勢力をばその人一世一代, 勢力を以てさえついに愛妾, 勢力一変して, 勢力一層はびこり時に, 勢力不滅則である, 勢力不滅律はどう, 勢力に精神, 勢力争いすべて四囲の人間, 勢力争い激甚であり一度, 勢力二百名の新生会員, 勢力云わばデモン, 勢力五か国も束, 勢力交換作用の知識, 勢力交流の消長, 勢力交迭は平安朝前期百年, 勢力付けた唯物論をも, 勢力以上になる, 勢力伯仲の二人, 勢力伸長のみを念, 勢力保存とか云う, 勢力保護の上, 勢力偏成がえ, 勢力充実して, 勢力全体において不滅, 勢力にぞくする, 勢力内部の経緯, 勢力再び内包に, 勢力分化して, 勢力分布のいきさつ, 勢力削減法としてジェスイスト, 勢力創意及びその, 勢力及び富財の, 勢力及ビ富財ノ損失, 勢力台頭と共に発達, 勢力問題となります, 勢力に対して抱く, 勢力圈内の土, 勢力圏中より逸し, 勢力地盤を有し, 勢力増大に参与, 勢力の地, 勢力失墜とを歴史的, 勢力如何私共の組織如何, 勢力家顏をする, 勢力に一時, 勢力対立し目の敵, 勢力小さきもこれ, 勢力少なしとなさず, 勢力展開の歩, 勢力已に日本の, 勢力平均のため, 勢力強く参謀本部の, 勢力漫したる, 勢力が徹底, 勢力微々として振, 勢力恒存因果相続等の原理, 勢力恒存等の理学上, 勢力情態の退行, 勢力惡意をも自分, 勢力或は地震動としての, 勢力であったの, 勢力才色兼備の女官, 勢力拡大と階級擁護, 勢力拡張策を講ずる, 勢力擴大の必要, 勢力斯くの如く, 勢力日本支配は着々, 勢力曰く交通の勢力, 勢力曰く創造的勢力曰く交通の勢力, 勢力最盛なりしトロサ, 勢力本位じゃ, 勢力案外によわく, 勢力極めて微々たるもの, 勢力正に相等し, 勢力活動のしからし, 勢力活動説に考, 勢力温存の傾向, 勢力漸くにし, 勢力ひが, 勢力爭ひで弱者がほろび, 勢力獲得の手段, 勢力理論的ジャーナリズムを造り出した, 勢力甚盛なるあり, 勢力に進歩, 勢力示威にこれ, 勢力秘密結社の祖先, 勢力範囲以外の地, 勢力範囲内でも消滅, 勢力範囲外に心, 勢力範圍ナリト云ハルル今日日本ヲ相手方トシテ英獨協商, 勢力範圍内に留まつ, 勢力簡単に云っ, 勢力に当る, 勢力終に當る, 勢力絶倫で奸智, 勢力絶滅のため, 勢力編成がえ, 勢力者たちもはじめ, 勢力者らにもいつか, 勢力者時の公方, 勢力萬物の種, 勢力薄弱なるそれ, 勢力衝突の結果, 勢力を唱え, 勢力資本の搾取力, 勢力資源に大きい, 勢力進化の一状態, 勢力運動のこと, 勢力重大なるため, 勢力隠然狂歌にありし, 勢力非常に衰え, 勢力高畑一族を味方