青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「判らない~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

列車~ 初~ ~初め 初め~ ~初めて 初めて~ 初夏~ 初期~ 判~ ~判らない
判らない~
~判る ~判断 判断~ 判然~ ~別 別~ 別々~ ~別に 別に~ ~別れ

「判らない~」 1431, 15ppm, 7546位

▼ 判らない~ (223, 15.6%)

8 ともかくも 4 兎に 3 彼は, 私は

2 [13件] いずれに, そのうち, それは, ヴェスルとか, 一つ聞い, 一体なん, 多分あの, 少くとも, 此方から, 母の, 毒を, 理髪店へ, 頼家公の

1 [179件] あの事件, あの吉次郎, あの夜, あまり大型, あまり聞く, あるいは海賊, あれなら, いつまでも, うず高く, おそらく急病, おどろいて, お上からの, お年が, お照, お雪, かの十両, かれら, ここに, この世の, これによって, これは, こんなこと, さっきの, さのみ, しかしあまり, しかしそれ, しかし何, そうです, そして天下, その一方, その時彼, その晩, その晩年, その最後, その話し声, その降り止む, その障子, その頃はや, それが, それでは商売, それに, それについては, それを, そんな所, たいしたこと, ただぼんやり, ちよつと, とにかくお, とにかくに, とにかくわたし, とにかく今, とにかく私, とにかく若い, ともかく秋川ひろ子, どうせバカ, どうもここ, どうも男, どうやら中折帽, なにか魔物, なにしろここ, なんだか夢心地, ひどく哀しん, ひどく酒, まあ安い, まず観音, またいい, むやみと, もう真夜中, もし果たしてそうである, やはり落語家, ゆう闇, わしの, テーブルの, 一体鍛冶の, 一緒に, 一言で, 不図下, 不思議だらけの, 中古の, 之に, 二十五六の, 京都には, 今後検事の, 仏前の, 他は, 仮に之, 何う, 何だか首筋, 何でも, 例の, 俺の, 僕を, 兎も, 其降止む, 処が, 列国が, 前後の, 劇薬がは, 厭な, 吹き出る水, 哲学で, 地に, 城彈三郎が, 変な, 夕映から, 外の, 多分明治十八年, 多年の, 大方これ, 太平広, 夫はとに, 奇妙にも, 女が, 女の, 娘は, 孟は, 宙の, 家が, 小屋の, 少し狂気, 尼が, 山の, 山麓の, 常磐津の, 彼が, 復一の, 忌と, 扱つた子供の, 改まった挨拶ぶり, 文化的進歩よりも, 新五郎は, 日本の, 明治十六年比米国船が, 昔の, 暗闇で, 月に, 有難い事, 服裝の, 未だ利根川, 本の, 杉本は, 村の, 某日の, 柳田氏の, 桜の, 検視の, 気に入った批評, 水滴が, 江の, 注意を, 源平時代に, 瀬加という, 然し僕, 狭い区域, 理科の, 田村君は, 病院に, 相撲が, 矢張将門の, 祖父さんは, 私の, 空の, 突当りに, 突然呼び止められた, 米連艦隊に, 脚絆手甲を, 自身番へ, 若くは, 落すくらいの, 行く行くうち, 西洋の, 谷村計, 足腰が, 路傍の, 逃げる事, 金銭なんかでも, 長大の, 顔だけは, 鬢の

▼ 判らない~ (185, 12.9%)

21 である 19 です 12 か, だ, ですが 7 であるが 6 であります 5 だが 4 かい 3 だから, であるから, ですから, ですもの 2 かな, だがね, だよ, でございます, でございますが, は驚いた, も無理

1 [61件] かいい, かお前, かしら, かしらと腹立たしい, かと云っ, かと林之助, かと親, かむつかしい, かよ, か判っ, か判つて, か畏, か痴, か話, がある, がいつも, がまだ, が実に, が常, が本当, じゃないだろう, じや, だけれど, だという, だね, だろう, だろうと, であった, であったが, でありますが, でございました, でした, ですか, ですけれども, ですと, とここら, と同じ, はかれ, はここ, はこの, はそこ, はその, はどの人, は一体, は二人, は人心, は当り前, は心配, は文部大臣, は理解, は社員達, は美少年, は論外, は辰子, は農林省当局, もあつ, を理論, を苦, ッて, マヌケモノ, 困っちゃうわね

▼ 判らない~ (79, 5.5%)

8 思った 5 思ったので, 思って 3 思いだした, 思つた 2 なると, 云うよう, 云って, 彼は

1 [47件] いい度, いうので, いひますよ, いふ, お前も, ぐるぐるつい, なげすてること, 不愉快な, 云うかも, 云うこと, 云うの, 云うので, 云う事, 云う心持, 云つたさうです, 僕の, 全体の, 同様に, 困るなあ, 常どん, 弁明した, 後が, 心の, 思いました, 思いましたどうか, 思いますが, 思い付いたの, 思うが, 思うと, 思ひましたどうか, 思ひ出した, 手の, 父は, 申し上げるより, 答えるだろう, 答えると, 答えキミ, 考えた, 聞くと, 著者も, 言うの, 言ったそう, 言って, 言つた話こ, 言つて聞い, 言ふ, 飽くまでも強情

▼ 判らないので~ (77, 5.4%)

3 わたしは 2 それは, 困って, 帰ろうと, 彼は, 板塀の, 私は, 老人の

1 [60件] あつた, あるいは歌舞伎座, いつも黙, いろいろの, お徳, かれは, きよとき, こうきい, ここに, じっと背, じっと脊, そのままには, そのまま翌年, その後も, その祈り, その覚悟, た, ついそのままに, なんとなくそこ, ひどく驚いたらしい, やっぱり鬼魅, よほど困ったらしい, 一切敬語は, 一番毛並の, 万に, 三人は, 三次は, 今度は, 使いは, 僕たちも, 勘次も, 取りつくしま, 口惜しさ, 唯いたずらに憂い, 困ります, 失望し, 女の, 家じゅうが, 平吉は, 弱つ, 役人は, 律気な, 御座いますのよ, 断りますと, 梁は, 毎年その, 気を, 無闇に, 父の, 獄中に, 町の, 知らせて, 聞きほれる訳, 興哥は, 誰か, 誰一人一秒も, 警戒を, 長三郎は, 黙ったまま俯向, 黙って

▼ 判らないこと~ (64, 4.5%)

6 がある 3 もある 2 があった, がたくさん, であった, でも, なん, になる, は同じ, ばかりだ, ばかりなん

1 [37件] おびただしい, があら, があります, がこの, が出, が却って, が多, が親方, だ, だった, であつ, で殆ど, なんか一つ, になっ, になりました, の上, はあるまい, はない, はなかっ, はなかろう, は云わないです, は言わないです, ばかりであった, ばかりな, を, をはじめ, をジャネット, を云, を云い出す, を云う, を仰し, を呟いた, を発見, を知っ, を考え, を言いました, を饒舌

▼ 判らない~ (60, 4.2%)

1110 です 7 ですが 4 だよ, ですもの 3 だから, だが, だね 2 ですけれど, ですよ

1 [11件] だからね, だがね, だぜ, だそう, だつて, だろうか, でしょう, ですから, ですがね, ですの, です云つて

▼ 判らないよう~ (52, 3.6%)

3 なもの 2 なの, な人間, な男, になりました

1 [41件] だつたが, である, です, なお前, なこと, なはるか, なふう, なふり, なぼんやり, な一種, な何処, な偽物, な古い, な叫び声, な声, な巧妙, な時, な次第, な流行語, な物, な状態, な病気, な程度, な答案, な縹緲, な翻訳文句調, な老婦, な自覚, な遠い, な頽, な顔, な風, に, にし, にも見えた, に暗かっ, に汚れ, に科学, に邪魔, に里虹, に鋏

▼ 判らないという~ (31, 2.2%)

4 ことに, のは 3 ような 2 ことでした, ことです, んです

1 [14件] ことについて, ことも, のが, のである, のを, わけです, 不幸の, 人が, 工合である, 心細い返事, 惨めさに, 感じは, 懸念が, 点に

▼ 判らないもの~ (29, 2.0%)

3 なの

1 [26件] が即ち, が映った, が時どき, だった, だと, で, であります, でございます, でございますから, です, ですわねえ, でなまじい, でね, で夜半, になっ, になつ, に対しては笑い, のやう, は依然として, は常に, ほど高度, をお, を描い, を立て, を立てまわし, を被っ

▼ 判らないから~ (25, 1.7%)

3 であった 2 不思議だ, 御上の

1 [18件] こうする, じや, すぐ出た, その日, では今日, はじめは, インチキ千万な, 一まず, 之が, 二度と江戸, 口惜しいじゃ, 家出の, 小説を, 手の, 書かない, 貴方は, 起る問題, 黙って

▼ 判らないけれども~ (21, 1.5%)

1 [21件] い, この座, ともかく秋川夫人, どうしてもできなかった, ひどく迫った, やはりおそらく裸, りよには, ドイツ語が, 二人とも, 人生に, 何処という, 別に強請, 帰って, 平気で, 彼が, 後に, 愛なく情なく, 確かに, 結局は, 藤枝真太郎が, 雨が

▼ 判らない~ (18, 1.3%)

2 なるべく私

1 [16件] ただ面白く, また口, また法廷, 何う, 厭に, 又不愉快, 友人の, 口を, 妹二人も, 字も, 念の, 手を, 文化そのものの, 第一敵, 聞きかえすべきもの, 金剛石が

▼ 判らないけれど~ (15, 1.0%)

1 [15件] お父さんが, そういうこと, とにかくこの, とにかく帝都, ともかくその, ぼくは, やっぱり何, アル中の, 二三時間も, 内の, 彼には, 恐らく家庭, 父さんが, 野呂の, 隣の

▼ 判らない~ (15, 1.0%)

1 [15件] あなたは, いると, おとなしく見物, せう, そのとき何, ぼんやりし, まだ誰, パラパラッと, 一度稲妻, 体一ぱいに, 何と致しましょう, 何の, 周囲が, 大抵の, 当惑し

▼ 判らないほど~ (13, 0.9%)

1 [13件] この裾, ごちゃごちゃの, その枕, めしあがりますの, ゆつくり, 切ないまぎれ, 古くから, 御機嫌を, 歳を, 深いらしい, 物さび, 生き延びて, 茫々と

▼ 判らない~ (13, 0.9%)

3 である, ばかりだ 2 がある 1 がいろいろ, それでもこの, になっ, は胃の腑, を申訳

▼ 判らないとの~ (11, 0.8%)

7 ことであった 1 ことだった, ことでした, 事であった, 事です

▼ 判らないやう~ (11, 0.8%)

1 [11件] な, な僞物, な古, な大きな, な心細い, な気, な荒漠, になりました, に出来, に怕, に眠つて

▼ 判らないじゃ~ (9, 0.6%)

6 ないか 3 ありませんか

▼ 判らない~ (9, 0.6%)

2 だね 1 があります, が一杯, が日本, だねえ, でもやがて, などの所, の影

▼ 判らない~ (9, 0.6%)

2 であるから 1 いだと, だつた, であった, であります, に軽く, の小さい, の鈍感さ

▼ 判らないかも~ (8, 0.6%)

3 知れない 2 知れないが 1 しれないが, 知れないの, 知れませんね

▼ 判らない~ (8, 0.6%)

1 いずれ最後, お澪, へつ, よく伴, 前刻居室, 待て, 處女じゃ, 解き物が

▼ 判らない~ (7, 0.5%)

2 はない 1 だから, はあるまい, はなかっ, もありません, もなく

▼ 判らないけど~ (6, 0.4%)

2 夏川静江なんか 1 きつと, とにかく戦争, もう何処, 飽きること

▼ 判らないながら~ (6, 0.4%)

3 とにかく現在 1 平次へ, 辱か, 養育母兼家庭教師である

▼ 判らないのに~ (6, 0.4%)

1 あの子供, あれでは, ぢつと, むずかしいもの, 京都の, 順序や

▼ 判らないほどに~ (6, 0.4%)

1 垢付い, 寂しく見えた, 怖ろ, 暗かった, 色褪め, 荒れて

▼ 判らない~ (6, 0.4%)

2 と同棲 1 がいます, が考え, が考へ, に心

▼ 判らない~ (6, 0.4%)

1 では, にいま, に暮れた, 宏大な, 崩れかけて, 酔って

▼ 判らないくらい~ (5, 0.3%)

21 だもの, 乳の, 悠長な

▼ 判らないこの~ (5, 0.3%)

2 町の 1 ノウトルダムに関して, 比は, 追跡は

▼ 判らないわけ~ (5, 0.3%)

1 だが, だな, である, です, では

▼ 判らない~ (5, 0.3%)

2 からそんな, から私 1 が二人

▼ 判らないそれ~ (4, 0.3%)

1 がおじぎ, でなくて, というの, に医師

▼ 判らない~ (4, 0.3%)

2 やありません, やない

▼ 判らないといふ~ (4, 0.3%)

2 事だ 1 のである, 不安定感が

▼ 判らないところ~ (4, 0.3%)

1 が御, に凄味, のその, も随分

▼ 判らないとは~ (4, 0.3%)

1 いって, なさけない奴等, 変だ, 變だ

▼ 判らないながらも~ (4, 0.3%)

2 下女の 1 そこには, なんだか判った

▼ 判らない~ (4, 0.3%)

1 云つておくれ, 何人だ, 場所も, 昨夜海岸へ

▼ 判らないばかり~ (4, 0.3%)

2 でなくその 1 でなくそういう, でなく舞台

▼ 判らないまま~ (4, 0.3%)

1 に, におしげ, に何となく, 身構えました

▼ 判らない人間~ (4, 0.3%)

2 ですから 1 くらい世の中, になっ

▼ 判らない~ (4, 0.3%)

1 がした, が聞え, が聞えた, をたて

▼ 判らない~ (4, 0.3%)

1 が多い, だな, であ, には困る

▼ 判らない~ (4, 0.3%)

1 がある, がミソ, が有ったら, に印

▼ 判らない~ (4, 0.3%)

1 がある, はまだまだ, もあった, もある

▼ 判らない~ (4, 0.3%)

1 などを並べた, に四辺, の音, やまた

▼ 判らない~ (4, 0.3%)

1 か女, こそ真個, の死骸, を待たし

▼ 判らないうち~ (3, 0.2%)

1 にその, に綱手, は一刻

▼ 判らない~ (3, 0.2%)

1 この姿ぢ, 或は判っ, 鐵童と

▼ 判らないがとに~ (3, 0.2%)

1 角この, 角目的と, 角軍部にとって

▼ 判らないそう~ (3, 0.2%)

2 です 1 思いだすと

▼ 判らないぞと~ (3, 0.2%)

2 彼は 1 外から

▼ 判らないでも~ (3, 0.2%)

1 これを, ない, 音を

▼ 判らない~ (3, 0.2%)

1 あなたの, でもお, で家

▼ 判らない時分~ (3, 0.2%)

1 さ, を見, を見計っ

▼ 判らない~ (3, 0.2%)

1 にもその, は言つた, は近比

▼ 判らない~ (3, 0.2%)

1 じゃあない, のつづき, を始める

▼ 判らないいっそ~ (2, 0.1%)

1 引返して, 船へ

▼ 判らないかと~ (2, 0.1%)

1 云うよう, 思うと

▼ 判らないくらいに~ (2, 0.1%)

1 低い空一面, 軒下の

▼ 判らないこれ~ (2, 0.1%)

1 は隠れる, も確か

▼ 判らないしかし~ (2, 0.1%)

1 この団体, 何にも

▼ 判らない~ (2, 0.1%)

1 とこう申し, よう帰っ

▼ 判らないただ~ (2, 0.1%)

1 その紐, 所々に

▼ 判らないため~ (2, 0.1%)

1 とで一様, にどう

▼ 判らないとか~ (2, 0.1%)

1 やさしいとか, 今日は

▼ 判らないとしても~ (2, 0.1%)

1 兎も, 夫は

▼ 判らないとも~ (2, 0.1%)

1 云える, 考えられる

▼ 判らないなんて~ (2, 0.1%)

1 そんな鈍間, へえまるで

▼ 判らないはず~ (2, 0.1%)

1 はない, もなく

▼ 判らないばかりに~ (2, 0.1%)

1 今まで, 兎角人間

▼ 判らないほどの~ (2, 0.1%)

1 きわめて変, 敬虔さで

▼ 判らないまでに~ (2, 0.1%)

1 古びた柱, 古びて

▼ 判らないんで~ (2, 0.1%)

2 今まで

▼ 判らない不安~ (2, 0.1%)

2 をいだき

▼ 判らない事だらけ~ (2, 0.1%)

2

▼ 判らない~ (2, 0.1%)

1 じゃない, は何

▼ 判らない~ (2, 0.1%)

1 へ寄っ, へ寄つて行

▼ 判らない~ (2, 0.1%)

2 だらうね

▼ 判らない~ (2, 0.1%)

1 にい, にふらつい

▼ 判らない~ (2, 0.1%)

1 の生活, を教

▼ 判らない~ (2, 0.1%)

1 な声, 赤いねっとり

▼ 判らない性質~ (2, 0.1%)

1 だと, の響き

▼ 判らない~ (2, 0.1%)

1 なん, ね

▼ 判らない~ (2, 0.1%)

1 には判らない, の用意

▼ 判らない有様~ (2, 0.1%)

1 です, になった

▼ 判らない樣子~ (2, 0.1%)

2 です

▼ 判らない死方~ (2, 0.1%)

1 をし, をしてた

▼ 判らない気持~ (2, 0.1%)

1 が起っ, にされ

▼ 判らない~ (2, 0.1%)

2 であ

▼ 判らない祝言~ (2, 0.1%)

2 のうち

▼ 判らない~ (2, 0.1%)

2 を描い

▼ 判らない老人~ (2, 0.1%)

1 においてすらも進駐軍, はびっくり

▼ 判らない血みどろ~ (2, 0.1%)

1 になった, になつ

▼ 判らない~ (2, 0.1%)

1 がある, では

▼ 判らない連中~ (2, 0.1%)

1 なん, ばかりだ

▼ 判らない野郎~ (2, 0.1%)

2

▼ 判らない高尚~ (2, 0.1%)

2 ぶったこと

▼1* [207件]

判らないいくら酔っ払って, 判らないいやもう一二年, 判らないいや日を数える, 判らないいろんなことが, 判らないいわゆる半信半疑な, 判らないうえに一度, 判らない役人だ, 判らないお前ではなかっ, 判らないお前往って見, 判らないかぎりは決して, 判らないかというような, 判らないからこそ信念によって, 判らないからと云つて僕にまで, 判らないきっともうもうは何時, 判らないくせに節穴, 判らないくらゐだもの, 判らないけれどもと質ねたら, 判らないことだらけなの, 判らないこの世の住家, 判らないうで, 判らないしかるに前にも, 判らないずくめであったが, 判らないその頃の, 判らないそれでいてその場限り, 判らないそれほどひどい罪, 判らないたしかに狼の, 判らないたった一箇所だけ, 判らないだから彼は, 判らないちょうど女の子が, 判らないつておつ, 判らないつて言ふんだらう, 判らないつまりなな, 判らないではこれを, 判らないといった種類の, 判らないどころでは, 判らないどれが本当, 判らない或いはきみ, 判らないなどと云った, 判らないなどとは奇怪至極だ, 判らないしても, 判らないにつれてそこに, 判らないねえ僕は, 判らないねと冷かした事, 判らないのよ何故だ, 判らないぼんやりした無口, 判らないまあ後で往って, 判らないまず滅多には, 判らないまた判らせようとも, 判らないまま無茶苦茶によろめい, 判らないまアせいぜい一万円, 判らない本当の, 判らないもしかすると, 判らないもんだわねえ, 判らないやつにしがみついてる, 判らないわけぢやない, 判らないジョージから受け取った, 判らないマルクス主義へ同伴, 判らないミラノの観客, 判らないラジオなんぞにつかっ, 判らないです, 判らない一つの精神的, 判らない一同は不審そう, 判らない一杯さで心, 判らない一点は小山弁護士, 判らない一種の不思議, 判らない七寸ぐらいの古い古い, 判らない七寸ぐらゐの古い古い土, 判らない三十五である, 判らないに鉄砲, 判らない不思議な事實, 判らない不意にこうして, 判らない不明な珍, 判らない世間であろう, 判らないに店, 判らない五里霧中の人, 判らない人生だ, 判らない仕方は手伝っ, 判らない以後こう云う, 判らない位いの鈍感, 判らない位置を見られる, 判らない写真で見, 判らないもある, 判らない出来事ばかりが繰り返される, 判らない匂いと笑い, 判らない危険性があった, 判らないです, 判らないが多い, 判らない敷石の, 判らない呪文のよう, 判らない呼売をし, 判らない哀願の言葉, 判らない問題です, 判らない土器もあっ, 判らない場合が多い, 判らない場所なので, 判らない外国の文字, 判らないの響, 判らないのよう, 判らない怪物である, 判らない大きな眼丸味を, 判らない大型で彫刻, 判らない天地が灼熱, 判らないの身の上, 判らない奇病であった, 判らない女中を的, 判らない子守のうた, 判らない孤独でさえも, 判らない宇宙線はその, 判らない実業家や政治家, 判らない宿屋ですから, 判らない小さな悪魔だつた, 判らない小林でもあるまい, 判らない小説自分だけが面白, 判らない少しも判らない, 判らない巧妙繊細な機械仕掛け, 判らない巨大なもの, 判らない幽かな刺戟, 判らない弱者への恐怖的愛, 判らない強い薬性の, 判らないを描いた, 判らないってみよう, 判らない後で彼の, 判らない体でございます, 判らない心持がした, 判らない性格の持主, 判らない恐らく行きつくべき目的地, 判らない意識にする, 判らない感動で反っ, 判らない感情的ないきさつ, 判らないつ張, 判らないれで胸, 判らないるシステム, 判らない接近というもの, 判らない文壇という壇上, 判らない新しい石に, 判らない方ぢやない, 判らない早口の会話, 判らない書体を不機嫌, 判らない樣です, 判らない未婚の娘, 判らない梵音を唱え出した, 判らないといふは名, 判らない楽器をその, 判らないの木, 判らないがし, 判らない深い深い無意識の, 判らない深みへ驀地, 判らない溜息を再び, 判らない漢字がある, 判らない瀬戸際もそこ, 判らないに三五郎, 判らない焦躁状態で机, 判らない煩悶でありましょう, 判らない父親には子, 判らない状態におかれ, 判らないが彼, 判らない田舎旅館の朝飯, 判らない病人の許, 判らないに彼, 判らない癲癇発作があります, 判らない目刺鰯の束, 判らない目印を入れ, 判らない相手を満更, 判らない私達だつて, 判らない秘密である, 判らない程度に伏字, 判らないを掘らせる, 判らない立花博士が夢中, 判らない符号みたいなもの, 判らない符牒で, 判らない経験だ, 判らない者それぞれに敗戦, 判らない聯合艦隊だった, 判らない聴衆は何れ, 判らないを盛っ, 判らない自動車に轢かれ, 判らない興奮がお, 判らないでもやっぱり, 判らない船頭一家の話, 判らない若い男女の, 判らない葉書が来た, 判らない薄暗い家へ, 判らない袴野は生れ, 判らない袷一枚月代は伸びる, 判らない複雑な微笑, 判らない要するにおそろしく滅茶苦茶な, 判らないや兄弟, 判らない言葉で怒鳴った, 判らない話声が聞え, 判らない論文がよく, 判らない赤ん坊が眼, 判らない距離をそれ, 判らない踊り手が女, 判らない農村改革に失敗, 判らないましいもの, 判らない金持の邸, 判らない限りこの問題, 判らない限り問題は解けない, 判らない陽気だろう, 判らない面白くないもの, 判らない響きがし, 判らないを下げる, 判らないをし, 判らない顔色でニヤニヤ, 判らない風呂に入っ, 判らない食事をし, 判らない黒い気が