青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「勢い~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

勝~ 勝ち~ ~勝利 勝利~ ~勝手 勝手~ 勝負~ ~勢 勢~ ~勢い
勢い~
~勢力 勢力~ ~勤め 勤め~ 勤労~ ~勿論 勿論~ ~匂 匂~ ~匂い

「勢い~」 2754, 30ppm, 3936位

▼ 勢い~ (691, 25.1%)

5 もって 4 流行し, 落ちて 3 彼の, 自分の, 走って

2 [24件] こちらへ, すっ飛ばして, となりの, パーヴェル・パーヴロヴィチは, 世間の, 動いて, 増加し, 寄せて, 廃止され, 戸を, 押しかけて, 東海道を, 殺到した, 波を, 流れて, 生い拡がっ, 私の, 窓の, 落下した, 行われて, 身を, 降って, 飛びかかって, 飛んで

1 [621件 抜粋] あと一時間ばかり, あふれて, あらゆる家庭, いきなり稽古場, いた, いたるところ, いちも, おし流されそう, おし進むなら, おれが, お常, お鉄, かけだしました, かすめ通り, かならずしも両君, ぐっすり寝よう, げさ, ここは, こっけいな, この女, この孤城, この屋敷, この杭州, この街道, この雪, こみ上げて, これへ, こんどは, ごさい, さえぎった, さしかかって, しかも夕張川, しきりに威張り散らし, しきりに鰡八, しぶきを, しゃべりたて, すでに陳倉城, ずんずん成長, ぜひが, そこに, そこを, そのひと, そのよう, そのビスケット, その勝った勝った, その机上, その毛布会社, その海域, それに, それへ, それらに, たいへんな, だッ, つい矢代, つかみかからんばかり, とうとうシキ, とび出して, どうしてもあの, どうどうと, どこかの, どこへ, どこまでも, どなった, どなりました, なおぞくぞく, のぼって, はげしく降っ, はじまって, はっしとゼーロン, はねかえす, はねて, はらいのけると, ひっくりかえる, ふえるの, ふりかけもぐもぐ, ふり払い, ぶつかった, ぶつけて, ほとばしり出たので, ぽんぽん飛ぶ, まず前衛, またたちまち, またぶつかっ, また歩き出した, また駆け出した, まわりに, まんえんの, みるみる谷径, みんな突き抜い, むくむく浮き上がった, めざましい革命, もうすでにさわっ, もう踏み止まれなかった, もつれあったかと, やったん, やって来た, やって来て, やって来るの, よく無理難題, よし原, よじのぼって, わたしに, カ氏の, ガスが, キメつけて, キャラコさんの, ゴーゴーと, シャレのめしたん, ジャズ熱に, スルスルと, パリの, ヒョロ子は, ブリッジから, ブーンと, ベルが, ホールを, マース川の, メリ, ルリは, ワアワア言っ, ワシントンへ, ヴェリチャーニノフに, 一団の, 一方の, 一気に房総, 一目散に, 一直線に, 一角は, 三宅坂を, 三階の, 上から, 上昇しはじめた, 上野下野相模武蔵伊豆上総と, 下りるにも, 下総へ, 与八の, 世の中が, 丹念に, 主人の, 久我の, 乗り出すと, 乾いて, 了戒の, 二人を, 二段三段と, 云いだした, 云った, 京都へ, 京都への, 人が, 人道に, 今更後へは, 今松, 仰向けに, 伊織の, 体あたりを, 俊夫君に, 俳句の, 俺の, 倉には, 倍加され, 偽造君に, 備前和気郡の, 働き出したの, 兄に, 全国に, 全身に, 全身横ざまに, 六人掛りで, 兵庫へ, 内から, 凧が, 出掛けて, 刀の, 列車目がけ, 前後の, 前進する, 創作演劇の, 力を, 動きだしたの, 動き始めました, 勝手の, 北の, 北は, 十夜頭巾の, 南へ, 即決し, 去って, 去り強風, 取って返しその, 取り計った, 受話器から, 口々に, 口説いた, 口論に, 古田の, 叫びたてた, 各方面, 吉原の, 名古屋上りを, 吐き出される硫化水素, 向って, 吠えかかって, 吸込まなければ, 吹き出されて, 呀っと, 呉が, 呵責なく, 咬みつこうと, 唸りながら, 商業学校側を, 喚いたり, 噴き出して, 噴出された, 噴出し, 四回も, 四月六日には, 土塀の, 土手の, 圧しながら, 地上めがけ, 城下へ, 増したなら日本国中山, 壁に, 士気は, 声を, 売れ出し社運, 壺探索に, 変って, 変りつつ, 変化し, 変化を, 夜ふけに, 大きな輪, 大原稿, 大音, 天子さまの, 奔騰し, 女の, 女を, 始められること, 威が, 室内を, 家を, 容易に, 寝べ, 対峙し, 小堀義哉の, 小屋の, 小石川まで, 屋内へ, 屋根裏の, 山じゅうの, 山腹を, 川下の, 已むを, 巴里の, 市四郎は, 市木さんは, 幕府に, 平田派の, 年々増加する, 広い階子段, 延元, 建つ, 廻転し, 引いて, 彼いまだ, 彼は, 彼女たちを, 彼女は, 往来へ, 往来を, 後家さんの, 徐州城下へ, 徹底的に, 応酬し, 怒り火箸, 怒鳴りつけられた, 急転しかけ, 恋も, 悔恨に, 感情を, 我々の, 或は鼠, 或る, 扉が, 扉に, 払って, 折れまがったパイプ, 折角の, 押しあけ, 押出され, 振切る, 掴まれて, 攻めて, 放れて, 散歩に, 数を, 文面を, 斬りつけて, 斯うし, 新蔵は, 日本全国に, 早駕籠, 明智方の, 明治三十年から, 時々刻々また, 普及し, 暴れまくる, 暴れまわった, 月世界へ, 木曾の, 本陣へ, 机に, 村里へ, 杖は, 来るの, 東京行きの, 校舎も, 根を, 格闘した, 梅葉姐さんからの, 椅子の, 槍や, 止まるところ, 歩調を, 残忍酷忍酷烈な, 母さんから, 水が, 水の, 水中を, 水陸から, 汽船を, 波の, 波多野の, 泣きほし, 洋行し, 洛中へ, 流行した, 流行しはじめた, 流通し, 浮きあがって, 浴びるよう, 海の, 海へ, 渦まいて, 溢れ出した, 滑って, 滔々と, 濛気が, 濮陽も, 無二無三に, 無尽蔵に, 無我夢中の, 無気味な, 焼いて, 燃えあがった, 爆発した, 父の, 玄関の, 生い立って, 生長し, 由兵衛も, 留めて, 疾走し, 発達し, 登って, 盛り上っ, 盛り出して, 相当抵抗力を, 相手を, 真っ先に, 真直ぐに, 砂の, 破壊された, 磯野丹波の, 社会的な, 社会部の, 穹門から, 空の, 空を, 空廻りを, 突き立った, 突っかけられた, 筆を, 答え返し, 米友を, 粥を, 純文学が, 紙と, 素人相撲に, 細君を, 結ばれすぎて, 網戸が, 縦横に, 繁盛この, 繰返して, 羽ばたきを, 聞いた, 聳えて, 腹立たしさ, 自斎, 舷の, 芝居は, 花々しくこの, 草加の, 荷物を, 落ちかかって, 落ち込みますので, 落ち込むん, 落ち込んで, 蔓が, 蔓延し, 虚空に, 蛾次郎もろともに, 行われる時, 行進を, 街路を, 裏手へ, 西洋を, 見れば, 覚醒めて, 観音さまの, 言い合った, 言うだけ, 許して, 詰め寄ったが, 誰が, 誰だ, 豆を, 貧民窟と, 走ったならば, 走りだした, 走りだしました, 走りつづける船足, 起き直って, 起こって, 起って, 足音も, 跳ねまわって, 身体を, 車の, 転走し, 辷って, 近寄って, 返事を, 追いかけて, 追いぬいた, 逆行し始めたで, 途中で, 通り過ぎようと, 通る, 通信関係だけに, 進めば, 進められて, 進んで, 進撃した, 進撃しつづけ, 進行し, 達磨の, 部屋から, 部屋に, 都の, 都へ, 金の, 金時氷や, 鉢合せを, 鍬を, 閉ざされて, 関ヶ原合戦の, 闇夜を, 闖入し, 降りたり, 隆昌の, 階段を, 隕ち, 隧道へ, 雨が, 雷の, 電光の, 電柱に, 頻に, 頼山陽を, 額を, 風雨が, 飛びついて, 飛び上って, 飛沫い, 食って, 駆けだすの, 駆け戻って, 駆け込んで, 駈け出した, 駈け去った, 高められ今, 高崎藩の, 鰡八御殿の, 鼻息が, 龍王道の

▼ 勢いよく~ (347, 12.6%)

4 走って, 頭を 3 そこを, 手を, 落ちて

2 [17件] はいって, 出て, 前へ, 帰って, 延びて, 流れて, 燃え上ると, 生長し, 立って, 答えた, 繁殖した, 落馬し, 言いました, 走った, 階段を, 飛びこんで, 馳け

1 [296件] あく音が, あけるの, いって, うしろへ, うなずいたが, おちて, かかって, かけだして, からだ, がらがらと, がらッと, きゅうと, くる人, ぐいと飲み干す, こう返事, ころげ落ち, ころげ落ちる, ころんだ, しまり, すべッて, するには, そこへ, そっちへ, その刑事, それらの, それを, たたくか, とび上がった, とび上がると, ともし火, どてらの, どなって, なって, はえて, はずんで, はなく, はねながら, ばたばた動き出した, ひびき出して, ひらかれた, ふりあげたの, ふりながら, ふり下ろした, ぶつかった瞬間, ぶらつき始めたじゃ, ほとばしり出た, まがった, まくしたてるの, またいで, また仆, むこうへ, やって来た, よろけて, よろめいて, グーズベリーの, トンと, ハネ飛んだ, フイゴを, 一切が, 一塊り, 乗り出して, 乗り出すと, 乗り込んで, 二三十間突い, 二三段ころん, 云った, 五六段ほど, 仆れた, 仆れる, 仰向けに, 伸びて, 先に, 先頭に, 入れた手, 八郎太の, 公園の, 其家の, 出る元気, 初さんが, 動き出しました, 医務室の, 取り上げたお, 叩きつけられた山伏, 叩きつけられる, 叫びの, 右往左往に, 吹くの, 呼吸を, 咲き盛る, 唱え出して, 四ンばいに, 四方に, 地上へ, 地面へ, 坂を, 垂幕を, 声の, 声を, 売ありきて, 壺の, 外から, 外へ, 大理石槽の, 大空を, 天井を, 奥の, 姿を, 実験室へ, 家に, 寄木細工の, 寝床を, 小舟の, 屋根を, 崖を, 床について, 店の, 延び初めた, 延び立って, 廻って, 廻り始めたの, 廻る, 廻転し, 弁じ立てました, 彫り始めて, 彼へ, 彼女は, 後ろへ, 循る, 急がせる, 手真似を, 投げかけて, 投げこまれた, 投げつけた, 投り込んだ, 抛り出した, 撃ちだした, 撥ねて, 数右衛門の, 斬りこんで, 斬り込んだので, 新しい枝, 旅籠の, 旋って, 曳き出したの, 月, 松が, 格子が, 格子戸が, 横へ, 櫓を, 櫓柄を, 歌いつ踊りつ, 歓声が, 歩いて, 水へ, 水平に, 水煙が, 河岸へ, 沸騰し, 泳いで, 洗い立てる, 流れ出て, 流れ込んで, 浴衣を, 湯を, 湯槽の, 湯煙を, 濠の, 灌木の, 火が, 火の, 焚口の, 燃えあがって, 燃えた火, 燃えて, 燃え上がって, 燃え上がりし炎, 燃え上がるの, 燃え上がるを, 燃え上り出して, 燃え上る, 玄関の, 生じて, 発射させる, 白い煙, 盛り上がって, 盛んに, 突いて, 突ッかけ, 突ッかけた, 突ンのめり, 突ンのめりかける, 突撃し, 突進し, 立ちあがった, 立ちあがって, 立ちあがりましたが, 立ちかけた, 立ちのぼって, 立ちのぼるけむり, 立ち上った, 立ち上る火花, 立てなかった, 竹林を, 筆を, 筒を, 答えたが, 米友の, 紅葉坂の, 繁殖する, 繰出しました, 群れた肩, 肥え太って, 育って, 腕を, 腰掛けて, 舞い上るから, 花を, 芽ばえ始めたの, 茂った雑草, 茂って, 萱の, 蛾次郎の, 行くもの, 行ったそこ, 表門を, 袖を, 裂いて, 襖が, 角家の, 言いながら, 言った, 言って, 談笑し, 謡うの, 走りだしました, 走りだしましたが, 走り出して, 走り始めた, 走るの, 赴くところ, 起きあがって, 起ちあがった, 起ちあがると, 足を, 跳ねまわって, 跳びついて, 躓いた後, 身體を, 転げ出して, 転びかけた, 転んだが, 輝いて, 辷り落ちて, 辷り込んだ, 逃げて, 通って, 進み行くの, 道を, 部屋を, 野村の, 鋏の, 鎌を, 門の, 開いて, 開けて, 開け過ぎて, 闊歩し, 闖入した, 防空ごうへ, 雪を, 靴を, 靴音を, 音を, 響きわたったの, 風を, 飛びだすと, 飛びましたが, 飛び出したと, 飛んで, 飛出すが, 飲み干した, 飲み干すと, 首を, 馬車に, 馬車を, 馳せ下った彼, 駆けこんだ, 駆けた, 駆けて, 駆けられれば, 駆け帰って, 駈けおりて, 駈けこんで, 駈け抜けて, 高く靡く

▼ 勢い~ (332, 12.1%)

33 得て 27 もって 10 示して 8 つけて, 増して, 盛り返して 6 加えて, 見せて 5 示した 4 もり返して, 駆って 3 借りて, 示すに, 見て 2 えて, つけるため, なせり, 与えて, 想う, 持って, 有す, 酵し, 駆ッ

1 [186件] あげた, いちどに怯ませ, おさえ他方, お示し, かりて, くい止めるため, くじいたこと, くって, こめて, して, しめし次, そがれて, そがれ横, そぐ蒲団, そのままに, そのまま揚げ, たくましゅうした, たくましゅうしたの, たのんで, つけたの, つけるの, つよめて, なした, なして, なし一, なし崩しに, はずすため, はばむこと, ふるって, まして, まし北尾根, みせまた, みるならば, もち返し, もつわけ, もりかえした, もり返すこと, ゆるめず水位, よわめて, よわめること, ミスルの, 与えたよう, 今ここで, 今は, 以って, 仮りて, 仮る, 作って, 作り幕府, 保たんと, 倍加し, 借りた武権, 停めながら, 催して, 出すの, 制するを, 加えた, 加えたの, 加えついに, 加えること, 加えるよう, 加え処女王, 加え吠えるよう, 加え夜空, 加え横, 助けもし, 助けること, 助成する, 占めて, 収めて, 取りもどし来年, 呈しながら, 呈するだろう, 器から, 培って, 増した, 増したの, 増した矢代, 増した風, 増し今日, 増すでおじゃろ, 増す形, 失いながら, 失って, 少しも, 崩して, 弱めず先, 弱めだまりこんだ私, 弱めて, 弱めやがて全く, 弱めようと, 弱めること, 張って, 張るばかり, 張れという, 強くしたる, 強めたと, 強め帆, 強大に, 得その, 得たの, 得たものの, 得たる時, 得たゼーロン, 得たフレッド, 得た喜太郎, 得た焔, 得た部下, 得てからは, 得ては, 得ながら, 得ました, 得るにつれて, 得れば, 得宇宙, 御覧に, 怖れ, 恐れながら自分, 感嘆した, 押し進めて, 持す, 持った集団, 持つよう, 挫く, 挽回した, 揮って, 撓ますの, 放ちて, 数倍し, 止めるにも, 止める力, 殺ごうと, 添えた, 添えようと, 減じたが, 減じて, 減ずること, 減殺せん, 測って, 潜めて, 為したもの, 現わし, 生じて, 生ず, 生む, 異にし, 盛りかえして, 盛り直しじわじわ, 盛んに, 盛返して, 真実に, 真正面から, 着々実行, 示さなければ, 示し, 示しその, 示したにも, 示したの, 示し中でも, 示し団菊, 示し士卒, 示し寄手, 示し強く, 示すであろうから, 示すの, 示すも, 示すもの, 競ったの, 見せたが, 見せる, 見せ箱, 見ては, 見るに, 見る暇, 語ります, 諸州に, 負って, 逞しくした, 避けて, 阻めに, 阻止する, 阻止できない, 集中し, 静めは, 顕す, 馴致し

▼ 勢い~ (224, 8.1%)

25 乗じて 15 乗って 8 駆られて 7 驚いて 6 怖れ 4 して, のって 3 さすがの, なって, 激し, 辟易し

2 [15件] なったの, なりました, まかせて, 乗った, 乗ること, 付くが, 任せて, 恐れて, 押されて, 捲き込まれて, 攻められる事, 欠けた場合, 見えた, 誇って, 辟易した

1 [113件] あったと, あります, ある, あるの, ある前髪, おそれて, かかって, かられて, きおって, さっきより, ついて, つられて, つり込まれたので, なった, なり注ぐの, なり重ねて, なれるはず, のった呂布軍, のった蛮勇, のった鋭さ, のまれて, のり蜀, ひとしくこれ, まかせドンドン上, よりて, ロイド・ジョージは, 乗じた浪士, 乗せて, 乗ぜられて, 乗っかって, 乗った俊助, 乗った孫策, 乗った張作霖, 乗った彼ら, 乗りもったい振って, 乗れるところ, 任ずる, 任ずるのみ, 任ずるも, 似ずすっかり, 似も, 促されて, 倚って, 備えますから, 出た, 出たこと, 制せられて, 助けられて, 吾れ知らず, 呑まれたお, 呑まれて, 圧迫せらるる, 増田は, 変わって, 変わらないの, 女房は, 安井勢は, 小露, 巻きあげられた笹, 巻きこまれて, 平次は, 引かれて, 引摺られ, 従うもの, 必ずしも皆, 恐れたかの, 恐れたの, 恐れを, 手が, 手ごたえが, 押され負けまいとして, 撃退され, 欠ける, 気を, 池の, 油を, 波を, 漢軍は, 煙管の, 煽られて, 狼狽した, 男は, 畏れて, 眼を, 空気が, 立到った, 職人たちは, 至らば, 至り今日, 至り古来わが国人, 至るは, 至るべしと, 薊の, 見えましたけれど, 走り避け見送って, 躯られ, 転じようとも, 辷って, 迫ったに, 迫らずんば, 迫らるるのみ, 逃げたもの, 逆らうもの, 逆らおうと, 違ない, 酔いも, 順い, 順うにあるなり, 駆られた接戦, 駈られつつ, 驚いたもの, 驚き何, 驚き怖

▼ 勢い~ (127, 4.6%)

3 あった, ある, 見える 2 ついて, どうして永遠, なければ, 白昼を, 蔓ろうとも, 貴方がたを, 醜い支配

1 [104件] あたるべからざるもの, あったから, あって, あまりに伸びる, あまりに強い, あり新柄, あり時には, あるか, あるらしい, あればこそ, あんまり勇ましかっ, あんまり激しい, いいので, いつ衰える, えらかった, おとろえ雨, この人, さかんな, さらに大, たいそう強くっ, つき三月, でて, どう流れ, どっどっと, ないでしょう, なかった, なかなか烈しい, なくては, はげしくなっ, ばかに, まじって, やがて城, やや弱い, ようやく盛ん, よかった, よくいくら, よくなりました, わたしを, グングンと, 一層キュリオシチー, 一時間経たぬ, 付いて, 余ってか, 余りに激しかっ, 余り強い, 作用し, 先生を, 出ましたから, 剣の, 助けたの, 勝つか, 同じ建設, 善くなっ, 夏期の, 大いに振った, 失墜し, 実に一代, 幾分か, 幾分でも, 弱いわけ, 弱くなっ, 弱くなった, 弱くなりました, 弱くなります, 弱って, 強いこの, 強いので, 強くって, 強くて, 強くなっ, 強くなった, 強く成瀬, 強まったと, 強過ぎた, 彼らに, 彼らの, 彼女に, 感ぜられる, 手伝って, 日に, 日ましに, 早くなっ, 早くも, 旺に, 最も旺ん, 欠けて, 添ったの, 烈しきにより, 烈しくて, 猖獗を, 猛烈な, 現われようとも, 盛んである, 盛んに, 脱け, 自分を, 蓄積されまい, 蓄積される, 衰退した, 見えたから, 鈍り出したので, 鉄の, 鋭いので, 隆々と

▼ 勢い~ (120, 4.4%)

7 ために 5 いいの, 赴くところ 2 いい声, おもむくところ, 免るべからざる, 猛烈な, 盛んなる

1 [93件] あまり本営を, ある人々, ある家系, ある正妻, ある猛獣, ある男, ある親分, いいしぶき, いいためし, いいハッキリ, いい五梃, いい人たち, いい勇ましい響き, いい南枝, いい年, いい店, いい景色, いい獣, いい線, おとろえた焚火, おとろえない風, きわまるところ, さかんな, すばらしさったら, ないひどく苦しそう, ない返事, はずみが, まだ小, ままに, まま仰向けに, まま行った, ものが, ものすごさ, ものであった, よい人たち, よい伸びすぎる, よい奴, よい形容, よい時, よい赤い芽, よい音, ようです, ような, ように, ようやく加わった, よかった, モノスゴかった, 上において, 不利な, 余りに鋭く, 倭一座を, 免れざるところ, 免れぬところ, 免れ難き, 凄じい割, 及ばないの, 合する, 壮ん, 好い声援, 好い扇, 好い新芽, 好い水, 好い泰さん, 好い職人, 如何を, 宮廷僧は, 屏風を, 帰する, 帷幄は, 強い神たち, 徳川の, 折も, 掛声と, 旺なる, 時には, 暴き綸, 暴れン坊の, 根を, 浪に, 消えないうち, 激する, 烈しさ, 物によ, 猛々しさ, 美妙斎の, 蔭に, 衰えた焔, 衰えゆく人々, 許では, 赴くところ詭計, 附く時, 雷門助六, 黒煙に

▼ 勢い~ (98, 3.6%)

3 どこへやら 2 さながら, 労力に, 旭日の

1 [89件] あちらと, あまりだ, いっこうに衰えない, おとろえない, かれが, すぐ起きた, すばらしいもの, すべての, ずっと落ち, そのまま玄蕃, その藪道, その迅さ, それだけ削がれた, それと, とまらなかった, どうしても立ち直りません, どうする, なお余っ, なかった, なくついに, なくなりました, ほとんど停止, みじめにも, もう世界, ものすごく警官隊, やがて先, やや下火, 一代を, 一層銀行, 一方に, 世界の, 今も, 今日の, 依然たる, 凄じい, 到底, 到底制止, 加わり初め, 勇気は, 南方に, 地獄の, 堰留められ, 増して, 変るまいが, 大いに振った, 大したもの, 大地震, 大波を, 奥の, 威嚇的の, 小次郎を, 少しも, 強い時分, 強くなかった, 強くなる, 御祭り騒ぎ, 急であった, 意外に, 戦えば, 手が, 抑えるすべ, 抜き身を, 指先も, 日増しに旺, 明らかに, 昨夜の, 朝の, 無くなったが, 熄ま, 猛烈で, 猛烈である, 獅子と, 甚だしくすさまじい, 盛んなる, 矢の, 矢よりも, 確かに, 米友の, 絶えません, 脱兎の, 迅雷の, 過ぎ去りました, 郡県に, 間違いであった, 関将軍が, 隆々と, 非常に, 風より, 駆りたてられたが

▼ 勢いこん~ (47, 1.7%)

32 でいる, で出, で飛びこん

1 [38件] でいた, でいっ, でかえって, できた, でしゃべりだした, でどっと, でひっぱりあげ, でゆり, でわたし, で作った, で出かけた, で切り込ん, で反駁, で取っ, で吹きすさん, で器量いっぱい, で城下, で尚歯会主催, で彼方, で戸口, で机, で歌い出した, で浜辺, で猛, で猫, で礼拝所, で穀倉, で聞く, で自分, で言う, で言葉急, で訊問, で走っ, で足, で躍り出した, で長持, で顔, で驀然

▼ 勢い~ (36, 1.3%)

3 なって 2 なった, なれり

1 [29件] いったらかつて, その火, たくましい体, なったが, なった始末, なめらかさは, なりました, なりわし, なり江東一帯, なる, なるもの, なる参加, 云ったらありません, 公なる, 力の, 合し無慮, 同じこと, 名聞に, 喞筒の, 国の, 放された不意, 新手の, 来たら本, 燦き, 申しても, 申しましょうか, 見ねば, 言わねば, 闘うのほか

▼ 勢い~ (22, 0.8%)

2 手つだって

1 [20件] ありましょう野卑, つきぬ, つくが, どこへやら, ないから, なく早, はなはだしい, はや落日, よからで, 出足が, 力も, 勢いである, 大きさ, 左太夫には, 手伝って, 故ある, 火の, 相応に, 聞えなくなって, 鈍って

▼ 勢い~ (18, 0.7%)

3

1 [15件] からね, から精, が真, そうです, と, ということ, としようで, と彼, ね, ねえ, の, よ, よわ, 一念先代の, 直江山城は

▼ 勢いであった~ (18, 0.7%)

2 に相違

1 [16件] からがんりき, からつい, から公務, から日々, から画, から紅葉, がそれ, が幸い, とかえって, とは言え, とみえ, のである, ので久しぶり, んや, ウォタア・ラレイとの, 神戸の

▼ 勢いその~ (16, 0.6%)

2 もとに

1 [14件] 上膳の, 事ばかりが, 交渉は, 分をまで, 圧迫を, 情緒の, 操作又は, 方へ, 根が, 物の, 画面が, 絵は, 雪辱に, 頼みと

▼ 勢いという~ (15, 0.5%)

5 ものは 1 ことも, ものか, ものが, もので, ものです, ものに, ものの, ものを, もの戒刀を, 奴だった

▼ 勢いでは~ (12, 0.4%)

1 [12件] ありませんです, お前さん方も, この牝牛, この男, この辺, その臥竜梅, ないか, なかなか以, アーチを, 山火事に, 羽柴勢が, 頼もしくは

▼ 勢いとして~ (10, 0.4%)

1 だんだん気, やむをえないこと, チマローザや, 口を, 吾等が, 実行されよう, 岩瀬氏は, 深くは, 生じたもの, 田安家の

▼ 勢いある~ (9, 0.3%)

2 もまた 1 がため, こと決して, に際しここ, のも, ものを, 国務大臣ファブリイス伯とは, 者の

▼ 勢いあまっ~ (8, 0.3%)

1 てひっ, てコロコロ, て八重, て喰, て壁, て小屋, て店, て悲し

▼ 勢いそれ~ (8, 0.3%)

1 からそれ, は外部的事情, は好き好き, は最初, は直義対師直, をむずかしく, を抑えつける, を迎えざる

▼ 勢い~ (8, 0.3%)

1 くして, く挨拶, く連, なるを, に押寄せ, に煽っ, に登っ, に襲いかかっ

▼ 勢いこの~ (7, 0.3%)

1 主義は, 人を, 体系を, 大榎の, 性質を, 激流では, 通りに

▼ 勢いこんだ~ (7, 0.3%)

1 のに館内, のは, チョビ安の, 力の, 気合の, 浮き浮きした, 覚悟は

▼ 勢いには~ (6, 0.2%)

1 とうていかなわず, まことに致し方, またなし, 何程の, 破壊の, 適も

▼ 勢いを以て~ (6, 0.2%)

1 これを, ベルギー北フランスを, 今日の, 城下まで, 極地を, 進んだの

▼ 勢い~ (6, 0.2%)

1 の態度, の父, の言葉, の顔, はその, は社交

▼ 勢い立っ~ (6, 0.2%)

1 ていた, ている, てどっと, て心, て深入り, て調子

▼ 勢い鋭く~ (6, 0.2%)

1 問い詰められた, 天井を, 歯切れの, 河内房の, 玉島に, 荒れまわって

▼ 勢いこめ~ (5, 0.2%)

1 てうっ, てたたきこわし, てたたきつけました, てグラス, てヤッ

▼ 勢いだった~ (5, 0.2%)

21 がその, 好色の, 月明に

▼ 勢いであっ~ (5, 0.2%)

1 たりし, てここ, てその, て和尚, て当然

▼ 勢いでした~ (5, 0.2%)

1 から学校, から狐, がさて, が座長格, けれどもその

▼ 勢いとは~ (5, 0.2%)

1 いまの, くらべもの, これを, 申しながら, 近頃の

▼ 勢い~ (5, 0.2%)

1 のだ, ので寄せ手, ので早くから, んだ, んです

▼ 勢いです~ (4, 0.1%)

1 から小坊主, から少々, から沢山, ぜ

▼ 勢いとを~ (4, 0.1%)

1 そのままに, もって, 借りて, 比較し

▼ 勢いにも~ (4, 0.1%)

1 ならば, 似ずじり, 似ず判決, 似ず網代屏風

▼ 勢いによって~ (4, 0.1%)

1 一時は, 同じもの, 善悪に, 自分の

▼ 勢い~ (4, 0.1%)

1 でも, むをえざればなり, むをえずしてそんな立場に, 品匂いすらも

▼ 勢い余っ~ (4, 0.1%)

1 てついに, て次, て鏡, て飛び出す

▼ 勢い~ (4, 0.1%)

1 の彫刻, の手, はそれ, を抗弁的

▼ 勢い込め~ (4, 0.1%)

1 てどなりつけた, て投げつけた, て揺られてる, て逃げる

▼ 勢いから~ (3, 0.1%)

1 お前を, わたくしは, 自然こういう

▼ 勢いここ~ (3, 0.1%)

2 に至る 1 に出ざるべから

▼ 勢いそう~ (3, 0.1%)

1 ならざるを, なるでは, 答えた

▼ 勢いつけ~ (3, 0.1%)

1 て, て前後左右, て矢鱈

▼ 勢いであり~ (3, 0.1%)

1 そのほか, 今日までの, 元禄以来二百六十年ぶりという

▼ 勢いでございます~ (3, 0.1%)

1 から日, な, のね

▼ 勢いどうしても~ (3, 0.1%)

1 城内の, 彼に, 磔刑の

▼ 勢いにて~ (3, 0.1%)

1 さきに, ひととおりの, 吹き煽れり

▼ 勢いよく立~ (3, 0.1%)

3 上った

▼ 勢い~ (3, 0.1%)

1 に倍する, のよう, の所

▼ 勢い好く~ (3, 0.1%)

1 宙を, 梯子を, 言った

▼ 勢い強く~ (3, 0.1%)

1 ならなければ, 落ちて, 鳴りはためい

▼ 勢い彼女~ (3, 0.1%)

1 はそこ, は問題, は夫

▼ 勢い止む~ (3, 0.1%)

1 を得ざる, を得なかった, を得ませぬ

▼ 勢い津田~ (3, 0.1%)

1 は何とか, は始終, は彼

▼ 勢いあの~ (2, 0.1%)

1 まま暁へ, 自然な

▼ 勢い~ (2, 0.1%)

1 でか, 頼母の

▼ 勢いさかん~ (2, 0.1%)

1 なるに, な烈火

▼ 勢いじゃ~ (2, 0.1%)

1 ないの, 明日が

▼ 勢い~ (2, 0.1%)

1 ぱいに, ぱいバタバタ

▼ 勢いである~ (2, 0.1%)

1 からこの, がそれ

▼ 勢いであろう~ (2, 0.1%)

1 が芭蕉, 物が

▼ 勢いとしては~ (2, 0.1%)

1 目立たぬほどずつ, 脱兎の

▼ 勢いと共に~ (2, 0.1%)

1 また火の手, 天下の

▼ 勢いなら~ (2, 0.1%)

1 もうじき, 絲満ぐらい

▼ 勢いなる~ (2, 0.1%)

1 は吾人, も婦人

▼ 勢いはげしく~ (2, 0.1%)

1 おそいくるその, 踊り出した

▼ 勢いますます~ (2, 0.1%)

1 猖獗し, 猖獗に

▼ 勢いまず~ (2, 0.1%)

1 この世界, 奮闘の

▼ 勢いやや~ (2, 0.1%)

1 棄鉢気味に, 激調を

▼ 勢いよい~ (2, 0.1%)

1 口髭を, 梅の

▼ 勢いよき~ (2, 0.1%)

1 こと, 馬は

▼ 勢い世間~ (2, 0.1%)

1 に向かっ, に向っ

▼ 勢い~ (2, 0.1%)

1 で手, を立てる

▼ 勢い全体~ (2, 0.1%)

1 の激戦, の運動

▼ 勢い兵馬~ (2, 0.1%)

2 を強から

▼ 勢い~ (2, 0.1%)

2 じく

▼ 勢い回転~ (2, 0.1%)

2 を永続

▼ 勢い大仏~ (2, 0.1%)

2 の趣向

▼ 勢い已む~ (2, 0.1%)

1 を得ざる, を得ざるなり

▼ 勢い旺ん~ (2, 0.1%)

1 だった年, に訊ねた

▼ 勢い熱情~ (2, 0.1%)

2 となり

▼ 勢い画面~ (2, 0.1%)

2 が単調

▼ 勢い盛ん~ (2, 0.1%)

1 な時, な時代

▼ 勢い科学~ (2, 0.1%)

1 と文学, を外部

▼ 勢い立った~ (2, 0.1%)

1 暴力を, 若武者を

▼ 勢い自分~ (2, 0.1%)

1 の太刀, の言葉

▼ 勢い自己~ (2, 0.1%)

1 の利得, の社会外

▼ 勢い自然~ (2, 0.1%)

1 に人, に増加

▼ 勢い良く~ (2, 0.1%)

1 動かして, 蹴りつけた

▼ 勢い衰え~ (2, 0.1%)

1 つつあった, 水なき

▼ 勢い走れる~ (2, 0.1%)

2 筆悉く

▼ 勢い附い~ (2, 0.1%)

1 ておのおの方, てその

▼1* [361件]

勢いああして, 勢いあとはすぐ, 勢いありという, 勢いいい部分だけの, 勢いいうことは, 勢いいかにも殺気満々たる, 勢いいかんともなすべから, 勢いいずれかの仲間, 勢いいやが上, 勢いいよいよ両立するあたわず, 勢いえらい取組みあい, 勢いおびただしい庶民が, 勢いかくの如し, 勢いかなりな時, 勢いがとうとうと足, 勢いきってまた, 勢いこそ浮き足と, 勢いこもった漲りを感じた, 勢いさえ加わるごとく見えた, 勢いすさまじく岡村と, 勢いぜいたくな味噌汁, 勢いそうした故人の, 勢いそこまで進ん, 勢いそぞろ歩きをし, 勢いその後を引継いだ, 勢いそんな不健康な, 勢いだけで枯骨が, 勢いだの全盛なぞは, 勢いちょうど海波が, 勢いついていい, 勢いついた新吉の, 勢いつづく三月十日五月二十七日日本国民として, 勢いづれもざまを見ろい, 勢いであったろうとは想像, 勢いでありましたがそれ, 勢いでございましたが若殿様, 勢いでないことには, 勢いでなければとても, 勢いで御座いましたそうで, 勢いとが肝腎である, 勢いとしても多勢を, 勢いとまでは行きませんが, 勢いどこぞで見た, 勢いどの船と, 勢いなかなか侮り難く, 勢いなくまた戦気, 勢いなさるから一人, 勢いなにか密盟を, 勢いならでは歌わず, 勢いなら連れて行くであろう, 勢いなりしをもってすなわち, 勢いなりといわざるべからず, 勢いなれば一時, 勢いなんでもかでも全部, 勢いについての評価は, 勢いにては才学に, 勢いにばかり寄って, 勢いにまで長州方を, 勢いはなはだ長からざるべき, 勢いはるかに西洋人, 勢いばかりよくったっ, 勢いまた金放れ, 勢いまともに槍先, 勢いむこうも気, 勢いもって進行, 勢いもて日々長じ, 勢いもとに復せ, 勢いものすごく社会の, 勢いやったら世界中ひろまる, 勢いやのんです, 勢いやむことを, 勢いやむを得ないことであります, 勢いくどさ, 勢いよくどうと投げ落した, 勢いよくぴんぴん雪を, 勢いよくガラリとあい, 勢いよくサッと飲んで, 勢いよくパッと一, 勢いよりは一段鋭さを, 勢いらしてるんです, 勢いをも加えて, 勢いカナを用いる, 勢いジョーンは退嬰的, 勢いダレる気味, 勢いバッタリと出会わない, 勢いボンド街の展覧会, 勢いモデルが必要, 勢い一人の愛人, 勢い一切のもの, 勢い一刻片時も休止, 勢い一方においては節倹, 勢い一歩を進ん, 勢い一生懸命にならず, 勢い一種惨忍, 勢い一般の左様, 勢い一躍して, 勢い一転して, 勢い七兵衛おやじのこと, 勢いやむをえずとするも, 勢い万事を彼, 勢いそう応えなけれ, 勢い下々の女, 勢い両者の安全, 勢い並ぶものなく, 勢い主人と家来みたい, 勢い主我的になる, 勢い争って席亭, 勢い二人は固く, 勢い享楽的なもの, 勢い今日のお仕置, 勢い他人によって生活, 勢い他店との競争, 勢い付けられながら血だらけ, 勢い付けられたように, 勢い仲間うちの競争, 勢い企画に参加, 勢い会社がそれら, 勢い何らかの職業に, 勢い余った血液は, 勢い作品は個々, 勢いが上がらざる, 勢い侮りがたいもの, 勢い保守の一方, 勢い保証人になった, 勢い修作はそこ, 勢い個人の能力, 勢い借金をせず, 勢い健三を一人書斎, 勢いの方, 勢い僧侶を尊敬, 勢いの欲し, 勢い兄弟子を下, 勢いを脱い, 勢い全般の事, 勢い八荒に震い, 勢いに訴えざるべからず, 勢い兵隊の調練, 勢い其の人の, 勢い具足の日本島, 勢い内々困って, 勢い内面生活の細事, 勢い再び秀子を, 勢い写実主義に傾かざる, 勢い凄まじきに大原, 勢い分業の法, 勢い切った駒の, 勢い前言の訂正, 勢い割普請の方法, 勢い動揺せざるを, 勢い十年ばかり以前, 勢い単に諸事物, 勢い博士自らが直接入手, 勢い危惧の念, 勢い危険な仕事, 勢い即時に暇乞い, 勢い即興の出鱈目, 勢い又八も虚勢, 勢いを食い, 勢い反射的に, 勢い取捨と云う, 勢い叙述されべき物, 勢いを噤まなけれ, 勢いい加減, 勢い申すが, 勢い同情を寄せ, 勢い向う側に陣取っ, 勢い君側の姦臣, 勢い吾人が従来物質, 勢い周到な表現, 勢い和朝に名, 勢い商業国たらしむべし, 勢い商業工業を興し, 勢い四分五裂上へ下, 勢い因習と常, 勢い因襲に俘, 勢い団体的とならざる, 勢いに嵌った, 勢い堕落せざるを, 勢い境界のない, 勢いを張らない, 勢い外表のデザイン, 勢い夫と, 勢い多少の昂奮, 勢い大いにふるうと, 勢い大きくなって, 勢い大仏氏が今後, 勢い大作に向かっ, 勢い大勢の者, 勢い大島司法主任は署長, 勢い天日をも侮っ, 勢い夫人は一歩前, 勢い奔輪のごとき, 勢い女道楽とならざる, 勢い如何ともし難く, 勢いは勝手, 勢い始業時間迄に生徒, 勢い孤独の生活, 勢い安く売って, 勢い実に以て, 勢い宣伝によるほか, 勢い家内の事, 勢いに詣せざる, 勢い対象を平均値的, 勢い小生がつい, 勢い局限されざるを, 勢いっ引, 勢い常設館での素晴らしき, 勢い常陸領へ越境, 勢いの中, 勢い幕府を諫争, 勢い平等に保たれなけれ, 勢い広く音楽や, 勢い当たるべからざるものが, 勢い当り難い甲軍, 勢い当るべからざるていに, 勢い役場そのもの村そのものも打, 勢いへ反り返る, 勢い御門へのみ, 勢い微かなりし太陽, 勢い必ず他を, 勢いを入れなけれ, 勢い思いもかけなかった, 勢い怪奇小説になる, 勢いの方, 勢い悪い言葉で, 勢い愚痴は相手, 勢い感謝が感謝以上, 勢いに帰すべし, 勢い我田引水におちいる, 勢い戦場には丸腰, 勢い所謂密集部落ともなる, 勢い手工の妙技, 勢い手数を極度, 勢い押さえようもありませな, 勢い抽象的に傾く, 勢い持久戦に入らざる, 勢い挙動も荒く, 勢い振り向かざるを得ない, 勢い推理小説以外の怪奇小説, 勢い政府全く宗教, 勢い政治学に傾かざる, 勢い料理法というもの, 勢いから旅, 勢い日増しに盛大な, 勢い旭日のごとき, 勢い明治初年から中頃, 勢い時事的批評に這入らざる, 勢い暗誦というよう, 勢い書物に依った, 勢い朝敵の地位, 勢いと自分, 勢い村近くの地面, 勢い格闘が始まります, 勢い椿岳は小林, 勢い極まって其処, 勢い極まれば必ず, 勢い極楽の文学, 勢い権柄ずくであった, 勢い機械的に発動, 勢い欧米諸国に伍, 勢い此方は悲しい, 勢い死戦する外, 勢い民族国家絶対主義者としてのこの, 勢い民衆の間, 勢い氷原の極限, 勢い汗膏の力作, 勢い決死的に応戦, 勢い沈黙の謹聴者, 勢い活世間の人間, 勢い浅吉は一人, 勢い浅薄に流れ, 勢い渡辺に従って座敷, 勢い溜まる一方だった, 勢い激しく言い進んだ, 勢い烈しく抗いましたから, 勢い無理でも圧, 勢い無限の精神, 勢いるよう, 勢い牛乳も多少, 勢い物価を安, 勢い物理学の中, 勢い狭量な自己肯定, 勢い猖獗寸刻の猶予, 勢い猛烈油断ならずと, 勢い率直な質問, 勢い現代の若い, 勢い生きざるを得ぬ, 勢い生活の方法, 勢い産地に行き, 勢い白人種に圧倒, 勢い百川の一時, 勢い盗伐に流れる, 勢いなるを, 勢い直接に秀, 勢い相両立するもの, 勢い相互に龍驤虎視, 勢い相当あくどいこと, 勢い看視所を, 勢い矛盾する, 勢い矜驕となり, 勢い知らず識らず, 勢い砂煙に交, 勢い神尾と門前, 勢い立ち逃さじと追っ, 勢い立ったる有様は, 勢い立つのも, 勢い競争しても, 勢い競争意識に駆られない, 勢い笠神博士に近づかざる, 勢い一の, 勢い素晴らしき存在と, 勢い経之のかがんだ, 勢い綾之助には迷惑, 勢いの力, 勢いを傾ける, 勢いどのらしく取り澄ました, 勢い自らの道, 勢い自信のない, 勢い自分たち一同に思わず, 勢い自分一人で喋りつづける, 勢い致し方ない, 勢い苛酷に走った, 勢い茂太郎のいう, 勢い蓄音機の方, 勢い衆目の帰, 勢い衝突するに, 勢い雇人と, 勢い西洋風の大, 勢い見る眼の, 勢い解釈を改めなけれ, 勢いせざるべからざる, 勢い訪問が郵便, 勢い評価せねば, 勢い評判の人, 勢い語学に対して相当, 勢いが見, 勢い諸君がかつて夢にも, 勢い諸手高く差, 勢いへも飛びこみかねなかった, 勢い賃金を増す, 勢い質素に成らざる, 勢いに力, 勢い躍り出すツモリで, 勢い近頃の句, 勢い退軍は, 勢いを避け, 勢い選者というもの, 勢い都会における小売相場, 勢い都市の衛生, 勢い重臣排撃とならざる, 勢いが欲しく, 勢いとともにやや, 勢い銃剣の力, 勢い隆々たるもの, 勢い霊玉の奇特, 勢い諸の, 勢いは低い, 勢いが女, 勢い食器をも同等, 勢いを傾けなけれ, 勢い高くならざるを