青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「勢~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~勘定 勘定~ 勝~ 勝ち~ ~勝利 勝利~ ~勝手 勝手~ 勝負~ ~勢
勢~
~勢い 勢い~ ~勢力 勢力~ ~勤め 勤め~ 勤労~ ~勿論 勿論~ ~匂

「勢~」 6230, 67ppm, 1685位

▼ 勢~ (782, 12.6%)

11 顔を 7 い, 中に 5 中へ, 事を, 手に 4 ために, 事は 3 ある馬, ない声, 家へ, 方は, 貌を

2 [50件] あるもの, いい悲し, いる前, うちから, ない顔, なかに, なかへ, よい筆太, ような, よさ, 下に, 事が, 傍へ, 先鋒は, 前まで, 外に, 好い税, 子舎の, 家まで, 小柄の, 尽くる, 強さ, 後姿を, 心意気が, 手で, 手拭を, 拡張に, 挙動を, 文三に対する, 方で, 方にも, 方を, 来るの, 様子を, 横を, 水陣を, 潮の, 然らし, 甲冑と, 盛なる, 背後を, 臣, 致す所, 袖を, 襲撃に, 見ゆる時, 言葉には, 退路を, 部屋の, 陣地を

1 [619件 抜粋] あいだから, あくたれた時, あとに, ある獣, あわてぶり, いいうち買, いいもの, いいウォツカ, いい地面, いい声, いい奴, いい木, いい洗濯, いい若, いい賑やか, いい雪, いい青さ, いい音, いい鮮血, いる処, いる勝山城, うえに, うえには, うけた衝撃, うしろの, うしろへ, うしろまで, うちで, うちでも, うちに, うちにも, うちの, おしつまったの, おほいな, おめき合う, おもむくところ, かくばかり, きもを, ここに, こと, ことだ, ことは, こと道は, この言葉尠, こよい, ごとき一, しからしむるところで, しっぱらいと, じれこみが, する破障子, た, たてこもって, ためさんざん, ついたロール, ついた処, つよい鰻, ところから, とれたもの, とれた姿, とれた楕円形, とれた美しい, ないやう, ない二階, ない呼吸, ない塗った, ない溜息, ない聞く, ない鋤鍬, ない音, なかでも, はずみの, ひとつがくづれるとやにはに, ひどさ, ほうが, まッ先, ものであった, ものであったらしい, ものばかりにて, よいしかも, よい君, よい声, よい青草, よくない, よく及ぶ, らしい女, ウムと, ドッと, モデルである, 一人一人は, 一人曰ふ, 一人肩を, 一団が, 一念に, 一手で, 一歩を, 一角が, 一角へ, 一部が, 一部は, 一陣は, 一面を, 三万余騎である, 三千人か, 上から, 上なかりし, 上や, 上洛が, 上陸地攻め入る, 下にも, 不利な, 不可なる, 不揃ひなところ, 中では, 中でも, 中より, 中堅に, 主力義元と, 主戦武器は, 乱刃に, 亀井内藤高力なんどの, 事か, 事に, 事ゆえ責ま, 事ハ一二三吉兄の, 五万という, 五人の, 五千余騎をさえ, 亡魂の, 人を, 仕へて, 体が, 何にでも, 何時に, 信用をも, 倍に, 側まで, 側面から, 傍に, 傍より, 備えたる真ん中, 傷を, 働き振りに, 兇刃の, 先手が, 先手亀井武蔵守内藤清成加賀爪甲斐守の, 先鋒と, 先鋒また, 先鋒を, 先鋒滝川左近篠岡平, 先駆兵と, 全力は, 全部は, 兵たちに, 兵です, 兵力でも, 兵糧方飯や, 兵色が, 兵馬が, 再編成, 冷淡を, 出たお, 出て, 出撃を, 分散へ, 利は, 制すべからざるもの, 前で, 前では, 前に, 前へ, 前よりは, 前汝わが, 前線の, 前進を, 剣輪をも, 加勢が, 動静に, 包囲の, 十万二十万蹴ちらせない, 南進を, 占領下だった, 参加だった, 参陣も, 取れたうす, 取れた四肢, 取れた姿, 受け入れ易い, 只中に, 可い声, 可い草, 右翼と, 右翼に, 吾に, 味方は, 命入り来ませる, 哀れさ, 喚きや, 噺に, 回復を, 囲みの, 堅甲を, 堕落と, 堤に, 場数を, 増した小川, 壁上に, 壁虎の, 壘壁を, 声が, 夥けれ, 大きなうごき, 大体より, 大兵が, 大半は, 大将は, 大砲が, 大軍が, 奇抜此の, 奇襲ある, 奈良攻めには, 奮戦によって, 好いあの, 好い中学生, 好い声, 好い女, 好い立木, 好い葉, 好い電車, 如きまだ, 妖しい魅力, 妖艶な, 姿が, 姿は, 姿を, 子舎に, 存する所, 存せしか, 宅へ, 室を, 家です, 家といふ, 家を, 宿泊に, 寄せし時, 寄り合う時, 寄手に, 寛猛, 対峙の, 対峙は, 対手も, 居ない時, 居る前, 屍から, 左翼を, 已むべから, 帰りが, 帰宅した, 年老った, 底意は, 弱さ, 弱まった斜め, 張るの, 強い種牛, 強襲に, 影が, 影は, 影を, 後ろに, 後方近く夫, 徒らに, 復讐に, 微笑に, 心が, 心に, 心を, 心一ツで, 怒り止むるに, 怒濤, 急援, 恐ろしいの, 恥辱ぞ, 情報も, 情夫と, 情況も, 愛を, 愛嬌を, 感ぜぬは, 憾が, 戦術は, 手の, 手は, 手を, 手並の, 手拭と, 手拭には, 打ちもらされた人々, 抗戦も, 押さえに, 押太鼓が, 拠って, 持ち場だ, 援軍に, 損害は, 攻め口には, 攻進に対して, 敗北に, 敗報が, 敗残や, 敗軍であろう, 散々に, 散って, 数が, 数万を, 整わざる前, 文三に, 新手が, 新手を, 新手をも, 方へ, 方向が, 方向を, 旗いろは青く白く, 旗は, 旗印を, 旗差物が, 旗本へ, 昔の, 昭王を, 時代で, 書いたもの, 最後の, 有った時, 望む通り, 朝倉景健の, 末路火を, 本家と, 本拠を, 来襲と, 枕元から, 柵内に, 案内で, 槍隊の, 様子をも, 機先を, 武名惣軍を, 死と絶對に, 死闘の, 残党は, 残兵が, 殺されて, 殿を, 母親が, 母親の, 比では, 気魄も, 水野大須賀丹羽榊原の, 注意を, 洛内乱入の, 海陸幾万は, 混乱は, 澄ました顔, 澄ましよう, 火の手を, 為に, 無いよう, 無いコスモス, 無い咳, 無い蒼い顏, 熱心さを, 犬山入りと, 狼狽すまい, 猛しい, 猛撃に, 猛烈さ, 猛烈なる, 猛襲に, 王たり, 甚だ文三, 生態にとっては, 生立の, 病は, 盛なり, 盛なりし, 目に, 目を, 相当強い, 真中から, 真中に, 真面目くさ, 眼から, 眼が, 眼には, 眼を, 矢風の, 破綻を, 禁裡に対する, 禦げども, 突出は, 笑声は, 符, 籠って, 粘りづよさには, 精鋭を, 精鋭謙信の, 約六千, 細川兵部大輔や, 綽号だ, 総くずれに, 総本陣, 縁をも, 罵る声, 群が, 者に, 耳には, 背, 背後から, 背後には, 背後の, 能書で, 腹中へ, 膝を, 臣雀部の, 自然である, 自由に, 至難な, 良い姿, 良い男, 荐り, 華やかさとは, 華奢な, 落着た, 表情の, 袂を, 見廻りに, 親を, 言動に, 言様が, 言葉は, 討たれるもの数, 話は, 諸国に, 變遷などを, 貴人も, 赴くところ, 躡けを, 身の, 身の上を, 身も, 身體は, 軍勢か, 軍師である, 軍船の, 軍馬で, 迅速さの, 迅速と, 迎えかも, 迫るところ, 追撃を, 追撃急な, 追躡, 退却を, 退路も, 逃げな, 逆賊たる, 通行が, 進出という, 進出を, 進軍を, 進退千早金剛の, 部屋から, 部屋で, 部屋に, 部屋へ, 部隊は, 野武士二千は, 鉄兵の, 銃手を, 鑓鉄砲が, 間より, 阿魔, 陣という, 陣は, 陣中に, 陣圏内であろう, 陣地と, 陣所へ, 隣国を, 雄偉な, 面影を, 面目にかけて, 顔には, 顔色が, 駈引, 駐屯を, 高笑いを, 鬨の声よりも, 魁であった, 魔の, 麾下に, 黒き雲

▼ 勢~ (637, 10.2%)

21 得て 17 もって 11 増して 7 つけて, 示して 6 見て 5 して, 示した 4 ひきいて, もつて, 得たの, 爲した 3 かりて, なして, 借りて, 失って, 殺したの, 殺す氣, 破って, 見せて

2 [43件] その儘, なさんと, のこして, コックリに, 介抱し, 保持する, 入れて, 利導せ, 削減せり, 加へ, 助けて, 呼んで, 増し力, 増進する, 尻眼に, 引受けて, 強めたる所, 得た, 得たので, 得たよう, 得た山名方, 得てから, 得ながら, 得るに, 得るの, 悟りて, 成して, 持って, 揃えて, 撃破し, 有つ, 為して, 爲し, 率いて, 用ゆる, 疑うなんぞと, 發し, 盛りかえして, 盛り返して, 相手に, 見ると, 見るに, 逞うし

1 [432件] あく事, あつめて, あつめ都, あなたにおいて, あはれみ, あわせると, いたるところ, いたる所, いちどに招き入れる, うしろから, おさめた, おびき出すの, お附け, からかいながら, かりてから, かりませんと, ききたがる習慣, きたしもしくは, きたすであろう, くりだして, くれるの, けちらして, ことごとく手分け, この堂木, さかんに, さんざんに, すぐに, そいで, そえて, そがれて, その実家, たずねたが, たもつ者, つけた服部氏, つけても, つけるよう, つける扇形, つける為, つけ横, つれて, ととのえて, とりもどし艶, ながめて, なさしめぬ, なした, なした彼, なす, なすに, なすのみ, なせり, なせるもの, なだめて, なやました敵, なやましつつ, なやまして, のせて, はげまして, はらんで, ふるつて, まして, まして降り, まるで持っ, みせて, みつめた, むかえて, めがけ射る, もち続けて, もつの, もてすれば, もて打撃, もりかえし, もりかえした, もりかえして, もり立てる勇, よく馴致, ピカ一に, ポセードーン勵まし進め, ポセードーン訪ひ, メンミツに, 一つに, 一気に斬り崩し, 一波より, 三人ぐらいは, 三十三間堂裏に, 中国に, 中心と, 乗り越えさ, 二日にわたって, 付けて, 令すべく彼, 伏せ, 伏せて, 伝える人, 伸す基礎, 保たんと, 保ちふっくら, 保って, 保つため, 借りてでも, 做し, 偵察し, 催され候え, 全敗せしめた, 具し, 凝視めた, 凝視めて, 制する暇, 削ぎかく, 前に, 加えたに, 加えついに, 助けなければ, 募らせて, 勵す, 勵まし, 包んで, 包囲に, 十万十四五万と, 十分に, 去った譚, 反対な, 召ば, 合して, 合圖一つで, 向うに, 向く, 向こうに, 含んで, 吸ひ込み, 呈した, 呈せしは, 呼ぶ前, 呼出せる, 喰ひと, 嗅ぎ分けて, 四方に, 圧迫し, 増さないの, 増した, 増したので, 増しつつ, 増し加, 増し飛ぶよう, 増すのみに, 増す一方, 変転せし, 夢の, 大寄山に, 大江口浜手, 失った, 失はせないやう, 失ふと, 失わない快い, 嫁する, 嫁に, 孤児同様敵中に, 実は少し, 寄せ集めて, 察し得られたの, 専に, 将軍へ, 尤めなかッた, 尻目に, 尻目にかけて, 尽して, 屠らんず, 川越から, 左右に, 布くは, 席巻せん, 庇っちゃ, 庭に, 引きつれて, 引き具して, 引き受けて, 引き受け数ヶ月, 引入れます, 弱めて, 張った, 張つたことも, 張る, 強くしたる, 強くすてふ, 強めたるところ, 強めて, 形づくって, 待たばこそ, 待った, 後ろへ, 得たもの, 得たるや, 得たる時, 得た彼, 得た暴力団員, 得た様, 得た禪宗, 得つつ, 得ない物体, 得る, 得るが, 得るやう, 得る時代, 得分化, 得媚, 得思想界, 得洪武五年, 得躍りて, 怖れます, 急追し, 怨む者, 恐れて, 恐れながら自分, 恢復し, 悩まさんか, 悩ましたと, 慰め浮, 憫れ, 成さしめたであろうに, 成し文学, 成すに, 成せり, 成て, 戒めて, 手に, 扶けて, 押し返すよう, 拒がんと, 拡張し, 持ち扱, 持ち扱ったよう, 持つた二重橋, 持つという, 指揮する, 指陳し, 挫ぎしと, 振うこと, 振つた, 振り返った, 捨る, 排して, 探す, 提げて, 揣摩する, 揺ぶる様, 損じて, 撃摧した, 撃破し得た, 撓ますの, 擁しながら, 擧げて, 擴張した, 支え止めて, 改めてウカ, 改めて踏み止まった, 故と, 救い得た後, 救おうという, 敗地へ, 敗走せしめ, 整へて, 整へり, 敵として, 數へ, 断ちて, 新たに, 暁り, 有って, 有ってしか, 末長く, 横撃した, 横目で, 機微の, 止めずに, 正し昂, 殲滅した, 殺いだし, 殺がんと, 殺ぎ從つて慘害, 殺すわけ, 氏郷が, 求めて, 洛外桂川の, 消耗する, 深く尤む可, 減じたと, 減ずること, 渾身に, 潰し去れば, 激し, 為せり, 無事に, 物の数と, 牽制し, 狙い撃ちする, 狩り催し, 猪鹿を, 率ゐし, 現しまのあたり, 生じて, 生じ昨日, 生ず, 生ずるを, 生む所, 異にし, 疲労せしめ, 疾視付け, 痛めしむ, 発揮し, 盛り上らせます, 盛り返さなかつた, 盛り返し, 盛り返した, 盛り返してか, 盛り返し始めたと, 盛返し手榴弾, 盛返すこと, 目付し, 眼下に, 睨め出す, 知るには, 破ったの, 破った古戦場, 破り墨染, 示さむとしたれば也, 示しおるとも, 示しただけで, 示したの, 示しながら, 示し乍ら, 示し極端, 示し清淨無垢, 示す, 示す処, 示せば, 示せり, 示せる皆是, 私が, 突落し, 立て直すと, 粉砕し, 粉砕する, 糾合するなら, 組んで, 維持する, 緩めながら, 縦に, 繰り出して, 美濃垂井に, 聯想し, 腹背から, 致せるに, 芸娼妓の, 蓄へ, 藉り, 見かけ次第打っ, 見くびる気鋒, 見ず, 見せたが, 見た者, 見てを, 見に, 見出す可, 見棄, 見自身, 見謬, 見返ったが, 見送って, 視た眼付き, 視て, 視れば, 視国, 討つこと三百人余, 討つを, 詠みたるもの, 誇り語り, 誘ひ出すの, 誘導する, 誰か, 調戯だす, 調査し, 諭し得ても, 識り, 賞め上げる, 起しながら, 踏み込ますわけ, 踏付た, 較し, 込めて, 迎え入れよう, 迎え打ち一挙, 迎え撃ち時には, 追いかけた, 追いかけた関興, 追いちらし北, 追いながら, 追いに, 追いまくして, 追い出して, 追ひま, 追わなかったの, 追撃中ヘクトルの, 退きまとめて, 退去せしめ, 逐ふも, 途中の, 通せとの, 遏止する, 遠く追って, 遠く追わず, 遠巻きに, 酷遇した, 釣瓶打に, 鍛え出すはず, 鏖殺し, 防いだ, 防ぎとめ, 防ぎ給はり候, 防げども, 附ければ, 附せアカイア軍, 陣中に, 頼みたくても, 頼みて, 顧みました, 顧りみず, 食い止めて, 養うて, 養えり, 駆って, 高らかに, 鼓す, 鼓吹し

▼ 勢~ (625, 10.0%)

5 これを 3 一たまり, 手に

2 [16件] さすがに, それに, それを, 一兵も, 一度に, 一齊に, 三田村に, 何とも, 先を, 八歳に, 尚お, 相變ら, 織田を, 若干の, 顔を, 驚いたろう

1 [582件 抜粋] あえて自暴的, あたかも日月, あっけに, あっちで, あれから, あんなに綺麗, いかにせし, いかに御座候, いそ, いたの, いちどに曹軍, いったんその, いつのまにか全, いない, いまどこに, いま箱根路の, いりません, うしろばかり, おかげで, おそろしい勢い, おそろしく赤面, おそろしく顔, お前と, お勢, お品さん, お曾能さん, かなりに, かなりの, くすくすと, ここに, ここの, ここより, ことごとく撤退, この事, この義秀さま, この野, これ一点張りであった, こんなもの, こッそり起上ッて, さほど高潔, さりながら, したたかに, しばらく呆気, じぶくりだした誰, すこしも, すつかり, すでに備え, すでに洛内, すでに辻堂方面, すべてそちの, すべて痿え, すまア, そうとも, そう言い, そこでも, そこにも, そのあと, そのいたる, その中間, その前方, その勢い, その大, その文明, その時, その時奥, その者たち, その詮議, その頃, それっきり姿を, それっきり行方知れず, それと, それへ, そんな細工, そんな風説, ぞくぞく藤沢, たいした戦意, たしかに危険, たちまち混乱, だらしも, ちっともおちず, ちっともゆるまず, ちょうどその, ちょっと待て, とうとう秀吉, とくに長久手, とどまらんと, どうしてか, どうする, どう父親, どんなであろう, どんなに不, ないらしい, なほしばらく, はやくも, はや二, ぶち潰す, まじまじと, まず一泡, またもりかえし, また作笑い, また始ま, また追って来た, まだいささか健やか, まだ十二, まだ城壁, まだ若い, まだ遠く, まもなくその, まもなく東西相, まるでなくなっ, みな去年から, みな馬を, もうついそこ, もう泣い, もう遥か, もとの, もはや勘弁, もはや弁難攻撃, やがてふたたび騒ぎ出した, やむなく三木城, やむを得ず其先頭, やや動揺, よもあるまい, ゐても, アカイアの, クツクツと, グルリ振り返る, ゴクリと, サッと顔色, ジット目守めて, スザマシイものである, チョイと, ドウも, ドッと, ハツと, ブラブラと, ムッと, 一せいに, 一ノ, 一ノ宮ひとつへ, 一万七千戦死した, 一人とば, 一勝さえ, 一向こだわる, 一夜の, 一旦は, 一時菊次郎に, 一気に姉川, 一気に追う, 一番怪しく, 三千そこそこ出, 三島を, 三鉢四鉢大輪の, 上州から, 不利にも, 不思議そうに, 丸根に, 丸根鷲津に, 主の, 主家宇喜多家に, 主将が, 主従あわせ, 予期に, 事もなげです, 二の, 二三万の, 二階を, 五十九で, 人力の, 今まで, 今宵にも, 今日我国の, 今甚だしく, 以後毎日の, 何をか, 何んの, 何万か, 何処へやら, 何千という, 何時か, 何處で, 余り激しくっ, 余り苦心を, 佶と, 例の, 依然として宿長, 信長の, 個々に, 倍加する, 先に, 全く浮足, 全体本, 全力を, 兵船の, 其の火, 其の頃, 其後踊の, 其時に, 内部の, 再び黒田家, 冬を, 冷笑の, 冷笑を, 凜と, 切歯り, 列を, 初めて首, 初より, 到底嫁, 前後に, 加茂を, 勝に, 勝気で, 包囲の, 北岡口浜の手辺に, 十八で, 千手観音でも, 友軍の, 反って, 反て, 叫喚を, 可かった, 吃驚し, 同所の, 周章てて, 周章狼狽し, 味方の, 咎むまじ, 唯ニッコリし, 唯笑ッ, 四ツの, 四万の, 四分五裂と, 四十七である, 団扇を, 坐舗, 城へ, 城下の, 城門の, 多けれど, 多寡の, 夜明けも, 夜間奇襲や, 大いに驚い, 大したもの, 大勢である, 大和の, 大嫌い母親が, 大小の, 大手の, 大抵母親, 大榎の, 天草方と, 太祖の, 好意に, 妙に, 姉の, 威嚇的に, 完全に, 宗像で, 寄せ來, 寄って, 實に, 小柳生の, 少しも, 少しクラクラする, 少し躊躇ッ, 少し震えた, 少し面喰, 少ないが, 屍體より, 屹然として, 峠づたい伊豆山へ, 左の, 左枝の, 布令ても, 平押し, 平次の, 座に, 庭戸, 引きつ, 引き退く, 引っ返しまた, 引返しましたが, 強いの, 強かった, 当時二十歳にな, 彼の, 征く, 後へ, 後陣と, 御ところ, 心から文三, 忽ち真面目, 忽ち眼元, 思へらく危難, 急激に, 急転し, 怪しみ疑って, 悉くお, 悲しさ, 愕然として, 戌刻, 成りたけ文三, 我から, 戦ふ先, 戦捷気分の, 所の, 手を, 手疾く, 抑えに, 抜けて, 拍車を, 播磨灘の, 支へ, 攻めあぐね, 故の, 故ら, 敗色を, 散, 敵の, 斜っ, 斯う, 新しく湧い, 旗を, 既に一, 日々調練を, 日に, 日ましに, 日向豊前に, 早くも, 早や, 早晩巖石を, 昇を, 明日陣払いし, 明軍坂を, 昨夜變つた素振りは, 是の, 是より, 朝廷へも, 本能寺を, 机の, 東へ, 松倉勢の, 松本勢と, 板倉屋伴三郎の, 柔弱だ, 柱を, 柴田の, 根生の, 格子を, 樋橋村を, 権利なりとの, 次第に増し, 殆どすさまじい, 殆ど想像も, 残り少なに, 氏郷勢の, 気分の, 氣分が, 氣性者らしい, 水軍の, 水陣に, 江戸氏に, 決して盛, 河の, 河原の, 泣いて, 泣声を, 淋しさうに首, 済まぬ顔, 滔々として, 漸く重, 潮の, 潰え去り怒濤, 澄ました顔, 澄まして, 独り切りに, 狼狽て, 猛攻の, 猫が, 獅子奮進, 生得の, 生意気な, 用意し, 田中の, 甲軍の, 町へ, 疲れて, 百人にも, 皆城を, 益々深味, 益々激烈, 益々画一, 盛で, 目に, 目を, 目立ったもの, 直接の, 眼を, 眼睛を, 眼鼻も, 矢も, 矢田川を, 破れて, 破裂當時の, 確り者, 祇園林へ, 秋の, 立ち恟, 競は, 笑い出しそう, 箕輪城を, 約二千, 細身の, 紳士にも, 終夜村の, 絶えず後ろ, 総くずれと, 総くずれを, 総敗軍, 繋綱を, 繰出し政宗と策応し, 美しい顔, 聞くだに, 膨れる, 臆するで, 自分の, 自律を, 自滅しよう, 自重しすぎた, 船から, 色の, 色鉛筆を, 茶山に, 莞爾とも, 蒼惶と, 薄弱な, 藁の, 蘭軒の, 血を, 行くところ破竹, 行く先々, 衰えません, 衰へ, 西平関を, 見れぬ, 言おうか, 言ひ切りました, 誰も, 諸物の, 谷間や, 負傷戦死夥しかっ, 起上ッて, 足なみを, 跳ね起きて, 踵も, 身を, 辛辣に, 近々と接近, 近属早朝, 返答をも, 追いついて, 退屈で, 退屈やら, 逃ぐ, 逃げ走りこ, 逞しく葉, 遂に基次兼相, 道幅の, 遠路を, 部隊を, 都の, 重囲の, 金づまりと共に, 鉄砲なく, 鉦を, 銃列の, 開豁な, 陣屋陣屋の, 雲母坂より, 非常な, 非常に, 頗る無頓着, 額で, 館山に, 首を, 馬場美濃守内藤修理亮土屋右衛門尉横山備中守金丸伊賀守ら二万余騎である, 駆け寄って, 駭然と, 騎馬が, 驚く可, 高島城の, 鶴翼の, 黄八丈の, 黒人たちを, 黒船の, 黙して, 鼻唄ま, 鼻声にな

▼ 勢~ (493, 7.9%)

5 あつた, 走って, 飛んで 4 落ちて

2 [27件] あつて, くるから, それでも画, 代助, 以て, 例の, 別荘が, 君に, 変な, 妹が, 彼女を, 径が, 水が, 流れ下る音, 混濁の, 玄関へ, 瑠璃子に, 私の, 立って, 自分の, 自分も, 茶事は, 轉が, 進んで, 馳け, 駈け込んで, 黒雲を

1 [420件] あつたら, あつたらう, あれから, あー, いくつかの, いつかそう, いばり, いよいよ目, うしろの, うっかり野宿, おし流されるどころか, おりて, お正月私が, お藻代さん, かいたの, かけ出した, かっと大きな, からんから, かんしゃくの, くり出して, ぐつと突き返される, こ, こう言明, こちらの, こつち岸, このレコード, この人, この国, この坂, これから其処, これは, さつと風呂, さも鞠, すぐどこ, すっ, すっかり眠っ, ずるずると, ずるずるに, そいつを, そうして東京育ち, そう云いました, そこから, そこまで, そこを, その奥, その数, それでもぐっすり, たきつけの, だらしが, つくられつつ, とび込んで, とんで, どうして, どこまでも, どしどし註文, どっと押し出し, どんと, ない, ながれて, なみなみとあふれる, ぬるぬるした, ね, ねえ, はしゃぎすぎると, はね上りその他, はね戻って, はやり出しました, ぱっと胸毛, ぱつと屋根の, ひた押しに, ひるの, ひろがって, ぶったおれる, ぶっつかった, べらべらと, ぼやけた大, まきこまれて, またたく間に, また大変, また席, まだ隊勢, まつし, むくむくと, むこうから, むっくと刎, むやみに, もっと思い切っ, やって, やってくる, アレナの, ガタガタやる, グーンと下, ゴウゴウと, ソヴェト・プロレタリアート婦人は, ドアの, ドシンと, ナイフを, パチッと, ボートルレの, マニラに, ロケットは, 一つ残らず, 一生勉強し, 上から, 上下の, 下ったなら恐らく, 下りの, 下り坂を, 下流に, 不知不, 両手を, 並べられるの, 丸く寄り添った, 久万山を, 二三里進ん, 二階に, 二階へ, 云った, 云ったものの, 人の, 人力車を, 人馬共に, 仕事を, 仕事片づけなく, 仕方が, 仕方は, 仙台に, 伸び上って, 何か, 何だか自分, 何でもす, 何百万本という, 余の, 作ったもの, 作られたらしいの, 側に, 傘状に, 働く, 僕にね, 僕も, 充満す, 先ず幾つ, 入って, 入つて, 全身を, 全部の, 凡ての, 出かけたが, 出て, 出版界を, 前後左右に, 十五人入江の, 半日も, 半歳, 双子山との, 双方から, 収縮感が, 口の, 古典研究の, 可笑しく下, 台所へ, 吠え立てたが, 吹きまくって, 吹く風, 咳き込んで, 唸り出しました, 喰い下って, 器用に, 噴き出して, 噴泉の, 四方に, 圧搾空気を, 地面に, 垂幕の, 城の, 壁に, 壊したから, 外に, 多数を, 大きくなる, 大きく大きくと, 大晦日正月は, 夾山へ, 奥様を, 女の, 始発間も, 実戦に, 室から, 家に, 寄って, 寝込みは, 寢て, 尋ねたくらい, 對露開戰論が, 小さな手, 小庭, 小当りに, 小春の, 少年の, 山を, 山上に, 山口へ, 山狩りを, 山越えする, 山陰地方にまで, 左へまが, 幹も, 庭へ, 廊下を, 延びて, 建てられたバラック, 廻転いたします, 廻転する, 引き倒されました, 引込んだと, 張り上げた, 役人の, 彼ら北条遺臣の, 彼を, 彼女の, 彼方の, 後の, 徐々に流れ出す, 徐々元へ, 心が, 心霊問題が, 必要が, 忽ち書き上げられた, 思わず書く, 急に, 想像が, 打ちつけて, 打ち倒れたの, 打ち破られて, 打ち込んで, 投げつけられる, 抛げ, 押しすすめば, 押して, 押進ん, 拡まった, 拡大され, 拡大する, 振りあげられた, 掌に, 接近し, 推しつつ, 攻め立て僅, 敵わ, 數を, 文三の, 文学の, 文明が, 斜面を, 新たな, 新疆方面, 新陳代謝する, 日本問題に, 旧観を, 昂じて, 明治四十年一月の, 時が, 暗雲に, 暴れた挙句, 曳張り曳張りした, 最後の, 有りましたが, 有りますから, 東京の, 東部仏蘭西に, 東都下町方面も, 枝葉が, 柄先を, 根限り這っ, 植民地人民としての, 横ッ飛び, 次第に其領分, 正月朔日には, 殖えて, 水を, 流れこんで, 流れて, 流れました, 流勢, 流行し, 流行する, 流行語化し, 浮み, 浮み上った, 海水を, 海豹の, 涙の, 湧き出したもの, 溝を, 滑り始めた, 滾, 激発され始めた, 濁水を, 無理に, 熱心に, 熾に, 燃えまた, 燃え熾って, 燃え立つて, 狂い廻って, 生活に, 生産拡張五ヵ年計画が, 生長し, 男の, 町の, 画期的な, 留まって, 発火する, 発生した, 発生する, 登つ, 登り始めたので, 登壇した, 的面に, 盛り上つ, 直ぐ筆, 真暗な, 眼の, 睥みつけ, 石垣に, 砂を, 研究に, 砲兵の, 私たちの, 私どもは, 私に, 私も, 積極的に, 空に, 空を, 立上る, 筆を, 素早く格子戸, 結論に, 結跏する, 絶えず詩, 絶えず読本, 続けられたこと, 繁茂し, 美禰子の, 群衆を, 而も, 脱いで, 腐敗も, 腕が, 自ら宗山と, 自動車は, 自己批判を, 苞を, 若松全市に, 草鞋を, 虎狩りを, 行く春, 西方へ, 見つめた, 親子を, 解体し, 訓練された, 調子に, 諸国に, 謹三が, 議論を, 貪り食いはじめて, 貴金屬, 走らせそこで, 走り出した, 走り出し水, 走り続けた, 起って, 跳ね返る, 軒に, 農村の, 追っかけて, 逓信省所管も, 途中に, 這入つて行, 通しの, 通過し, 進展し, 遠い遠い処, 遠くから, 遮った, 遮つた, 選挙に, 鉄と, 銘々勝手な, 鐵でも, 闇の, 陥せるほど, 隧道の, 電車の, 頭の, 頭を, 頭上から, 風を, 飛びかかった, 飛びかかって, 飛び上がるところ, 飛び上がるもの, 飛び付くのに, 飛び出した, 飛び出して, 飛んだこと, 飛んだ失敗, 飛出しました, 食道から, 馳けて, 駆けて, 駆け出し一つ一つ, 駈けこんで, 駈け出した, 駈下り, 驀進し, 驚くよう, 鳴くでしょう

▼ 勢~ (421, 6.8%)

15 乗じて 5 乘じ, 駆られて 4 まかせて 3 して, つれて, なって, 任せて, 制せられて, 声を

2 [22件] おされて, たるみを, なった, 云わせれば, 双手を, 取りつめられた京都, 叫び曰, 合体した, 変装し, 怖れ, 恐れて, 打ちかかる, 挙つた, 於て, 歓呼の, 此方を, 比べると, 発見され, 空の, 罪を, 遠の, 鬨の声を

1 [330件] あけ放した, あって, あの平凡, いたるべきなり, いたるべきはず, いやおう, うしろを, うや, おくれるな, おそれて, おとろえが, お見送り, かがやいて, かけ合ったが, かられたとき, ぐつと持ち去られつ, こたえを, この号令, この風俗, これを, これ見, ござりました, さいして, さすがの, したが, しては, すぎぬと, すっかり威圧, ぜひなく, たとうべきもの, ぢやら, つつまれて, とつて, なったからは, なつた, なつて, なびいて, のりすぎの, ひしひしと, ひとしく得物, ぴたりと, もつとも關心, やらなければ, ゆるんだの, よるという, わあっと, カルラの, ギヤフンとな, スタートを, ドサリと, ワーツといふ, 一ツ年下で, 一任し, 一撃を, 一防ぎ, 与へたこと, 与みすること, 中毒者として, 之有る, 乗じ, 乗じがん, 乗じたこと, 乗じたり, 乗じてぬすっと, 乗じない方, 乗じみずから, 乗じ肆然, 乗ずべしとは, 乗ずるを, 乗せられた吾が, 乗つて, 乗つて吶喊, 乗りて, 乗る八蔵, 乘つて來て, 乘つて息子の, 乘つて私は, 事を, 云いましたッ, 云い聞かせるという, 交じって, 人の, 人麻呂は, 今思い掛, 仕立て柵門, 他の, 代った小早川隆景, 任かせたら, 任せるより, 伴れられ, 似ず垂れかかって, 似たるところ, 似たるなり, 似も, 何やら苦い, 倣おうと, 偏翼摧け, 健やかなる, 備えを, 元禄模様の, 充ちぬるに, 先鋒の, 内応の, 出あい魏帝, 出すと, 切り入っ, 功を, 加えて, 加はり筑後四郎兵衛尉さまは, 加わったの, 加勢を, 動きつつ, 勝色を, 千両の, 及ぶ, 取り詰められ月, 口を, 吃驚し, 同情する, 向い, 向い後, 向はしめ, 向ひ得, 向ひ立つ, 向ふべく, 向へる, 呆れて, 味方し, 呼ぶ, 呼応し, 呼応する, 命下し水師を, 咄し, 囚われ北条氏, 囲まれた時, 囲まれて, 圧されるやう, 圧されるよう, 圧せられ反対側, 在り今に, 地に, 堪え難い, 報じ, 変って, 変つて白波を, 変装させ, 外に, 夜うちを, 夢から, 天に, 娘を, 完成された, 宛てがわれた宿所, 寄せて, 対う, 対すかく, 對し, 小石を, 尾道の, 属して, 山陽道の, 引いた, 引き易, 引替えて, 弾には, 当った, 当って, 当りこれ, 当るべくも, 従いて, 從つて進歩しなけれ, 從ひ, 御座候, 御領地, 心が, 心を, 怖れた, 思い知らせ鎌倉, 怨みが, 悪いところ, 愛が, 愛想を, 憤られたこと, 成つたのが, 或者, 手拍子を, 手痛い損害, 打ちそろつて, 打負け, 抱き付かれるほど仲, 押された擧句こ, 押されて, 押し流されもう, 挑みかけつね日ごろ, 捕まるなどは, 捕われた後醍醐, 推薦せられ, 撥を, 攻めおとされ大殿, 攻められて, 攻められアアナ, 攻め落されて, 攻め込まれて, 斬りたてられて, 断たれた時, 書き綴れると, 朝食の, 机の, 来り投じつひに, 案内された, 桑の, 森金作という, 榮與ふ, 槍投ぐる術に, 横から, 横を, 欺かれたよう, 気づかれぬ間, 気を, 水は, 水槽を, 池の, 河も, 波を, 海へと, 渡すと, 灯が, 焼き壊, 熱くなり出し, 猟士また, 現はれぬ, 現われたが, 盃を, 目にもの, 相談し, 相談する, 眞正面から, 知られる事, 碇を, 示しつ, 私に, 突きやぶられたら徳川家, 突撃した, 窘められて, 立ちあがつて, 立戻, 竹を, 笑った, 紛れ込み, 続いて, 綱を, 翅を, 聲を, 背くこと, 胴震ひし, 脚は, 脚を, 腕を, 腰掛の, 舌打ちを, 英語を, 藉り, 街に, 裃姿り, 裏切り組という, 見あげると, 見とれて, 言ひ付け, 變つても, 豚を, 買いたて, 起き出でて, 足並みそろへて, 足並みを, 踏みしかれない所, 踏み止まつた, 踵を, 身を, 軒先に, 較べたら十分の一, 辟易し, 近づくと, 迫って, 迫つたに, 迫らるるのみ, 迫られて, 追い討たれ或いは, 追い詰められて, 追はれ, 逆って, 逆らい泰西風, 逆らうたび, 逆わ, 通じて, 逢いたい早く, 逢い鰓, 連て, 連れて, 逼られ, 達して, 遠ざかって, 遭ひ, 遮られた, 部屋の, 酒場の, 野村肥後の, 鑑み又, 開くと, 阻まれて, 附したらば, 随はんと, 雄叫びを, 霄壌の, 順う, 顔を, 馳け, 駆け出した, 駆け出すの, 駆らるるに, 駆られた筆, 駆られ情, 駈けちらされた, 駈け散らされて, 駈られて, 駕せしか, 騒ぎ立てましたが, 驅られ, 驚いて, 高く上, 鬨の

▼ 勢~ (416, 6.7%)

7 ついて 3 ある, いい

2 [16件] あって, した, ついた樣, ない, また盛返した, ガラッ八, 一手に, 俄に, 分明に, 好い, 強いので, 急に, 攻め入って, 早いか, 葛根湯を, 逃げて

1 [371件] あった, あったが, あったソコ, あつて, あなどり難い, あまり強く, あらまし上陸を, ありますぞ, ありません, あるぞ, あるだけ, あると, あるとて, あるの, あるばかりの, あろうとは, あんな猥褻, いかに気鋭新鮮, いたこと, いつどこ, いては, いるお, いるらしいぞ, うけた損害, おるの, お味方, かかるであろうそち達, かすかな, かたまって, からりと, ここで, ここでの, ここに, ここにも, ここをも, こちらの, こっちへ, このよう, この次に, これと, これへ, こんなである, さう言, さえぎらば, さしかかるの, さんざんな敗け, しないの, しばらく住ん, すぐ向う岸, そうさえ, そこを, そのまた, その全力, その強大, たじたじと, ついたよう, とつぜん直義, とれたかの, どこまでも, どこを, どのよう, なかった, なかつた, なく弱々しく聞えた, なだれこんだか, なだれこんだ合戦, はや大挙, はるか彼方の, ひた, ひどくて, ふたたび大挙, ほんのちょい, まず起上ッ, またまた大, まだ勢, まだ莞爾, まだ頬, むなしく声, もり返せば, やってきて, ゆるんで, よいので, ようやくこの, よくつい, よくて, よくなります, よく保たれ, よく見えます, よほど派手, アンマリ凄まじかっ, ズケズケと, ベッタリ坐, 一ツ橋家の, 一斉に, 一曲し, 一萬五千か, 七福神組の, 三人を, 三方面から, 三木城に, 上って, 上ッて, 上洛の, 上陸し終った, 下手人だ, 並び立った下, 中世の, 中腰にな, 丸く塊, 主と, 久原川の, 乗り出して, 乗り破った, 九州から, 乱離と, 二十五歳の, 互いにしのぎ, 五年前白旗に, 亡くなつて, 京へ, 今庄に, 仕へて, 仲, 仲の, 伏臥にな, 住む事, 住んで, 何うかした, 何か, 何を, 何気なくその, 余って, 來る, 信綱の, 傾くと, 先に, 先鞭を, 先駆し, 入って, 入口に, 全然その, 其中堅を, 凱歌を, 出軍, 加は, 加わろうと, 加勢したら, 動揺した, 勝って, 十六隊に, 南下し, 取り合って, 口ばかり, 叫ぶと, 吃驚した, 合戦の, 呂布の, 和田峠に, 品格, 喫驚し, 回復し, 国境を, 変を, 外れて, 大きくただ, 大分ちがう, 大坂, 大幅な, 大挙し, 大敗し, 大部分, 天王寺付近に, 奪回し, 姉の, 姉川を, 嬌面に, 存し, 寢んで, 対岸の, 尋ねたので, 小学校を, 小挫折, 少し衰える, 少ないので, 尽きて, 山越えし, 山野に, 崩れたの, 崩れ立ったの, 左枝と, 帰塾した, 帰宅し, 帰宅した, 平野より, 幾人も, 幾分か, 幾団にも, 弓矢を, 引っかえし, 引っ返して, 引払ったあと, 弱いから, 弱いせい, 強い, 強いで, 強くな, 強く古い国, 彼女の, 彼方千曲川の, 彼方向いた, 往たい, 得て, 御門外, 応じたもの, 忽ち火, 怜悧に, 急いだとき, 恨み深, 悪たれた一段と, 悪魔の, 愈々鷲津丸根, 意地が, 戯談に, 打ち物業, 抜き身を, 抜けたよう, 抜けて, 押し寄せて, 押し込もうと, 持つて, 挫けたそう, 挫けたな, 挫けた信吉, 揃わぬまでも, 撃って, 攻めあぐんだの, 攻め入っても, 攻め寄せたと, 放火し, 敗北し, 敗走し, 散歩したい, 敵の, 敵手も, 文三の, 旧ペトログラード市中央, 昂まる, 明智軍の, 昼の, 晩年の, 暁の, 曾て, 有つた, 朝命の, 木柵へ, 本気に, 来るよう, 東京市中に, 楠の, 槍玉に, 欠びまじりに云ッて, 此方へ, 殖えて, 段々鈍つて來, 段上を, 殺された晩, 殺されて, 殿の, 母親に, 沈んで, 洛内に, 洛内へ, 浩大で, 浮んで, 消た, 添は, 減ると共に, 渡って, 渡りきったらすぐさま, 溢れるばかりに, 激しいと, 濡れたこと, 火を, 烈しかつ, 烈しくなれ, 烈し過ぎる, 片手に, 猶予を, 現は, 現れた, 現われて, 甚しく, 生ずるの, 疾風の, 白粉も, 益, 目前に, 相対し, 相手に, 眼面で, 着いたの, 砲火の, 破壊に, 破壞, 私の, 稍や, 積雪の, 空氣枕から, 突出し, 笑い出した, 笑らいながら, 第一, 筑波へ, 筑紫より, 筒ぬけ, 続々到着, 総じて調練, 総退却, 編物の, 緩漫, 置き忘れて, 耳を, 聯合し, 船を, 苦戦した, 英語の, 茅野雄の, 莞爾, 薙染後の, 藤次郎の, 蜀本陣へ, 血だらけにな, 衰えて, 見えたと, 見付けて, 言葉遣いを, 記念すべき, 誤ま, 證言した, 谷へ, 赤坂ともう, 足を, 身を, 身悶えを, 輦輿の, 近づいて, 近頃懇意, 追い討ちに, 追い追いと, 追っかけて, 追撃に, 退いたと, 退却し, 退塾して, 逃げ込んで, 逆突, 遠くへ, 遽に, 酷似し, 野営し, 鈍くなる, 開懸けた, 間道伝いに, 階子段を, 雀の, 集まって, 雲霞の, 非常に, 顔を, 黒田家に, 鼓を

▼ 勢~ (391, 6.3%)

10 を得 8 をもつ 6 をつけ 5 の赴く 4 には何程, のよい, を増し, を持つ 3 ぢや, で飛ん, に乘, のい, よく燃える, を見せ, 他の, 猛に

2 [26件] がない, さこそは, におとろ, になつて, にまかせ, に委せ, の悽まじさ, の最も, をつける, を加, を盛り返し, を示し, を示した, を見る, 之を, 伯の, 侯の, 再度の, 吾輩の, 嘖ば, 戯曲の, 星除名論を, 武力の, 自家の, 舞ふ, 若者が

1 [270件] あの自然, あまつて五つ足六足ふみこむ, あまつて五六字ほども, おそろしと, かくの, があつ, があと戻り, があまつ, があまつて, があまり, がある, がごつ, がつい, がつき, がつく, がなかつた, がなくなりまし, がなくなる, がゆるみかけた, がよい, がよかつ, が付い, が加, が少し, が拔けた, が無く, が目, が素晴, が良, げにもや, こそ思へ, これからは, これが, ご亭主, さうし, さうなるで, さへも, さも, すさまじく飛びかかり, その批評, その方, それが, それを, ぢやつた, て力, て問, で飛び, に, にあたれ, にあつ, につり込まれ, にては谷中, には, にはとても, にわたし, に乗じ, に乗つ, に乗り, に乗る, に乗れる, に亂, に任せ, に伴, に副, に壓, に少しく, に平次, に引き, に彼女, に怖, に怺, に接す, に禅堂, に釣られ, に附, に麟伏, のある, のいい, のなくなり, のよ, の中, の出羽, の可, の好い, の流行醫者, の滑らか, の滝, の許, の趨, の風車, はいは, はおとろへて, はその, はとめる, は他, は兄, は即ち, は又, は大した, は明日, は西洋, は遮る, は鈍らなかつた, よき下駄, よくさし, よくふり, よく延びる, よく抛りこむ, よく振りあげられます, よく降りる, をつけた, をつけ過ぎた, をどうして, をなし, をまし, をもつた, をもり, をゆるめた, を以て渦巻, を以て鞭打ち起された, を保つた, を借りたせゐ, を出し, を制し, を前, を増す, を失ひ, を待て飛出した, を得た, を得る, を恢復, を新た, を沈めた, を減じ, を潜め, を潜めた, を益, を盛り返した, を盛返さう, を知らなかつた, を短く, を見せる, を附け, を附けた, サイソクが, ヌエの, ヒステリックに, プロレタリア文学である, 一と, 一歩を, 一種の, 主として, 争議団でも, 人としての, 人の, 人煙薄から, 他を, 何かに, 余つて前に, 余つて滝と, 作者の, 例の, 俳優以外の, 公羊學の, 兵を, 冷か, 凛, 勿論平, 原形式の, 反歌の, 周圍に, 国語を, 土たたら踏み飛べや, 土地の, 土地を, 在来の, 堕落の, 大きな貫禄, 奴隷經濟だけ, 好くあ, 好く叫んだ, 好く振りあげた, 好く歩い, 好く聞え出した, 好く飛び, 好く飛び出し, 好く飛び起き, 好く飛び起る, 始業時間迄に, 嫉妬と, 孔明を, 宗教哲學の, 実感に, 客も, 少数の, 已むを, 已を, 常連の, 常道を, 強い語気, 強かつ, 強く夏, 形式的に, 彼の, 心が, 恐ろしく奥山, 想像された, 懐古的に, 推測に, 擬人的に, 放置され, 教課書を, 文学史の, 文調に, 新しきもの, 日本の, 日本人に, 日本文化の, 書齋人あるいは, 最も露骨, 榜ぎ連れ矢声あげ, 此方からも, 民心を, 氣が, 洋行前の, 浪漫的演出を, 滑稽の, 演劇の, 演技に, 漸く強く, 激しく怒らう, 無愛想に, 特殊な, 王法興隆の, 現在の, 生産拡充消費規整の, 異形の, 疎じ, 相互の, 眞水の, 研究の, 確答を, 祭典の, 私と, 私は, 空飛べ, 米国に, 經學者の, 義譯を, 能面そのものの, 臣子として, 自分の, 自国の, 興行時間の, 舞台装飾の, 芸術的に, 虚偽に, 術語の, 衝突の, 覇者である, 親分でも, 講談などで, 貯蓄の, 買ひたる, 辞りかねる, 釵とともに, 頗る強大, 頭を, 食物の, 鳥七面鳥の

▼ 勢よく~ (348, 5.6%)

5 伸びて 4 水を, 馳け 3 云ひました, 左右に, 帰って, 扉を, 燃えて, 立ちあがりましたが, 立上った, 開いて, 靴を

2 [20件] あき花, そっちへ, なって, 一息に, 一歩踏み出し, 三ツばかり, 云いました, 叫んだ, 大空へ, 小姓の, 床を, 戸を, 歩いて, 歩行い, 燃える, 訊き続けた, 走る車, 階段を, 飛び込んで, 飛んで

1 [268件] あいた, あけ次, あげられる, あまりに勢, いった, お堂, お起き, かく, があ, しゃあー, すぢ, その上, その思いつき, それに, つ, つと舞台, という, とびこんで, とび上, どこかへ, どぶん, はいり込んで, はね起きたの, はひつ, は焚かぬ, は言い, ひいた, ひろげて, ほとばしり出た, まくしたてるの, やっつけて, やり出しました, バジャバジャと, バスケットを, パッと, ピンとして, ブッ附けた, ポンと, 一時に, 一足先に, 上に, 上手に, 下って, 下つて, 下駄を, 乗りおろす時, 乾いた草, 二十本ばかりは, 二階から, 云いながら, 云う, 云ったが, 云ったの, 云つた後逃げ出す, 五六臺前後し, 人力車を, 今日は, 伸びあがっ, 伸びるでも, 伸びるもの, 例の, 倒れたが, 倒れないと, 兄獅子が, 先き, 先へ, 出だして, 出れば, 出入する, 出発した, 切るの, 前の, 前進する, 割れるもの, 化粧室に, 口の, 口を, 吸い続けた, 吸ひあげ, 呶鳴った, 唇を, 唯今帰りました, 唸ったり, 噛むの, 噴き出る水, 噴出し, 囀る小鳥, 四人の, 坂を, 外へ, 大胆に, 天へ, 太鼓を, 奔らせ, 姉の, 宮の, 家中に, 寝が, 屈曲自在なる, 岩の, 左の, 幾筋も, 庭先に, 廊下を, 延びて, 引き戻して, 引つ張る沖, 引返すと, 引開けた, 弾き出した, 後ろへ, 必要以上大きく, 戸棚の, 扇を, 扉の, 手を, 打ち鳴らす, 払い落すと, 抛げ, 持って, 振りかえっ, 描かれる結果, 撲りつけ合う, 攻めのぼって, 斜に, 新宿に, 日を, 昇騰を, 暴れ出したか, 枕し, 格子を, 框に, 梶棒を, 棒を, 椅子の, 楽屋の, 横浜に, 歌ったが, 歩きだしたの, 歩くところ, 歸つて來た, 水が, 水へ, 沢田が, 沼へ, 洗面所に, 流れて, 流れる様子, 流れる水, 済む, 湿地の, 溯つて, 潮を, 焔が, 然かも, 煙草を, 煙草盆の, 燃えあが, 燃えあがりやがて, 燃えさかって, 燃えそこで, 燃える火, 燃える薪, 燃え上り出して, 燃え上る火, 燃え出した火, 玄関から, 玄関の, 生やし紺青, 町へと, 疾走し, 疾走を, 発した所, 発芽し, 發した, 相手に, 着物を, 私の, 空に, 空へ, 突立ちたる, 立ちのぼって, 立ちましたが, 立ち上がろうと, 立ち上って, 立ち上つた, 立ったまま湯, 立の, 立上つた, 立上つて一文字に, 竿を, 答えた, 継子の, 肌襦袢の, 肘を, 育ったの, 育つので, 自分の, 舌を, 茂り花時, 茶を, 茶畑を, 草に, 草の, 萌え出した麦, 薪に, 虹を, 行つ, 表の, 表通りから, 襲い過ぎる自動車, 言いたれど, 診察室に, 走せて, 走って, 走つて, 走りすぎるの, 走り出る, 走り続けた, 起き上, 起ち上つて, 起ち上り, 起ち上る, 跣足で, 跳ねて, 跳ね起きた, 跳びまわるのに, 踵へ, 軍刀の, 軽く歩きました, 追ひこん, 通過ぎた, 速歩した, 進行する, 進行を, 過ぎて, 酒を, 鎌首を, 長唄の, 開いた, 開いた闥, 開けたの, 開けて, 開けました, 開けましたが, 階子を, 雀を, 青い広い焔, 響を, 頭を, 飛びまわって, 飛び下る, 飛び込むと, 飛出して, 飜つて居る, 飯を, 饒舌り出した, 駆け出さうと, 駆け出そうと, 駆て, 駈け去った車, 駈け去つた車, 駈け込んで, 驅け, 鳴きつれる, 鳴らした, 鳴り出しました, 鳴り立てて

▼ 勢~ (167, 2.7%)

2 さすがに, 加わって, 続いて

1 [161件] ありて, ありは, あり候得共, あるの, あれど, いきなりどうしてこんな, いぜん執拗, いろ, うるみ眼, えらかった, おびただしくいつか三千余騎, お駒, かくの, くる, こちらへ, この辺, これあり, これを, ございません, すつかり, せぬ時, そうして君江, そこの, その四囲, その虚, その質, その馬煙, それを, ついその, どこへやら, どっと後戻り, ない, ないから, ないもの, なかった, なかつた, なくなって, なく今上様, なく其儘, なく瀬, にわかの, はや白河辺, はや秀吉, ぱッと, またさんざん, また不思議そう, また同様, また後方, また文三, また昇, また水軍, また減ず, また相当, まったく手, ままなり, むなしく途中, もがき出しましょう, よく戦う, よく防いだ, わるかろ, アカイアの, ツイその, トウトウ引込まれ, 一とき奮戦を, 一どは, 一ツ橋家の, 一万を, 一度に, 一敗地に, 一頓挫を, 万人の, 上方勢も, 上杉勢も, 之を, 乱軍である, 予期し, 二千と, 亦よく, 今日は, 仕方なく, 伊達勢の, 何となく我宿, 何も, 何心なく, 信州武州までは, 側で, 其先鋒は, 其勇を, 再び攻めよう, 出足を, 初めて味わった, 初めて驚い, 力も, 加え敵, 午頃には, 参着した, 又武州公, 取って返した, 右往左往荒野の, 同意し, 同時に, 同様に, 同様の, 名だたる勇士, 呼びたいが, 命拾ひ, 城の, 増した, 増しただ, 士気は, 大和川の, 大軍を, 失せて, 如何に, 孔明から, 小声で, 山崎まで, 左右に, 張合も, 後方の, 怖れる, 恨みだ, 悪る, 成戸も, 成程と, 我の, 戦いの, 戦い疲れた, 手を, 斬立てられ十四, 日を, 更に帰宅, 柵外に, 根ッから, 榊原康政大久保忠世本多平八郎石川数正など, 槍隊を, 武田勢も, 気がついて, 浜松より, 準備を, 無い, 無いが, 白旗は, 益々親しく, 盛りかえして, 直隆一人に, 眼が, 眼を, 着陣の, 確かに, 突くところ, 笑って, 織田兵も, 胆を, 蒲生勢の, 見える, 返答の, 鎌倉勢も, 鎮まった, 陣容を, 鶴翼の

▼ 勢~ (112, 1.8%)

5 なって 2 なりました, 一緒に, 云うもの, 密接の, 顔を

1 [97件] いいたいほどの, いいました, いう, いうべきもの, いえど, いえば, いって, いはねば, いわざるべからず, お品, お紋, お鍋が, お露, す, その地面, たたかわずという, どつち, なにか, なり幕府, なるべし, ひとつに, ぶつかった, みえたり, 一ツ橋勢とが, 一ツ橋家の, 一所に, 三つの, 三百人余の, 争うて, 二手の内何方へ, 侮って, 信雄勢が, 傾向とを, 八五郎の, 其飽くまで, 力とを, 力に, 力を, 勝目の, 古いもの, 右村近郷御, 合し無慮, 合せたところ, 同じよう, 同年配頃, 呉とは, 呼応し, 夫婦約束でも, 娘の, 対峙し, 対抗し得る, 島津勢に, 席を, 幕軍との, 強大毛利との, 得意と, 成戸六松が, 戦い負けた, 戦って, 戦つた功に, 手を, 押しつ押されつの, 挽き出しぬ皚々, 接触は, 文三との, 最後の, 朝廷方, 来ては, 橋の, 武田勢の, 武田方の, 殿軍の, 気づいて, 水軍を, 熱情を, 申して, 相俟, 相対した, 相打たじ, 相搏, 相撃つ, 知つてゐる, 知つて殺せ, 知れかし, 紋次郎の, 聴いた秋月九十郎殿, 自愛が, 見たてまつる, 親しくな, 親類でも, 言はれた, 言ひ交した, 言ッて, 諍論ッて, 関東勢との, 闘いまたたく間, 闘ったが

▼ 勢ひで~ (69, 1.1%)

5 あつた 2 進めば, 飛込んで

1 [60件] あまりに世離れた, あらう, あらねば, いつた, かけて, かけ廻る, ぐるぐる, ぐるりと, こつちを, この宝物, さながら機械, しがみついて, そのへん一坪, その平次, そんな問, はあらう, はね上るやう, は忽ち, は朝, は駄目ぢ, ひゆッ, まくし立てます, まくし立てるの, まくし立てる鹽辛聲, ますます人智, もえて, もひとつ, 何とかならない, 作り出されて, 出来て, 到底痩せ, 動き始めました, 叩く者, 喚いたが, 始められること, 崩れた塀, 巻き起つた, 捲くし, 攻め寄せて, 新助, 溢れた日, 相変らず, 程好い, 突き進んで, 突如, 落ちて, 被着, 覆ひかぶさること, 走つて, 起きあがる, 近寄つた, 遣つて, 降り続いて, 隣りに, 飛び込んでも, 飛込んでしまつた, 駆けて, 駆け抜けたわい, 駈けるが, 高く燃え上り

▼ 勢さん~ (50, 0.8%)

2 が来, に, 貴嬢

1 [44件] あきらめなすったら, お志, が, がそんなに, がちょうど, がハッ, が何, が出来, が少し, が心配, が父親, が言いましたら, が重ね, この端っこ, ちょっと来, という女中, とやらはどこ, と夫婦, と明後日, に一刻, に上げ, に訊い, のお嬢さん, のよう, の力, の勧め上手, の巴御前, の様, の聲, は, はさすが, はまだ, は内輪, は大きな, は立たない, も, もこの, もホッ, も非常, も黙, をあの, を放, を殺した, を踏付

▼ 勢~ (45, 0.7%)

3 く襲 2 く跳びかかる, に瑠璃子, に追

1 [36件] きアカイア, き鼓翼, くかつぎ, くたち, くたち切り, くつん, くめぐり立つ, くわれ防ぎ壯麗堅固, くヘクトール, く叱, く壘壁, く寄, く戰, く押し進み, く振り, く搦, く異端邪説, く眞向, く翔, く舞, く衝き, く追, く進む, く震り, く飄々, く飛び出せ, く馳, く驅, にわれ, に上衣, に孔丘, に弟, に彼, に打つ, に拒みたる, に母

▼ 勢を以て~ (31, 0.5%)

1 [31件] かの声, かの聲, し利, 一撃の, 京師に, 動いて, 口を, 夜具の, 大胆に, 寄せ來る, 川幅一ぱいの, 広がりつつ, 推算する, 攻め寄せて, 日本に, 次の, 此の, 武帝の, 永遠の, 瞬く間, 突如に, 突進したる, 立上る, 聊かにても, 臨まんと, 論ゼンに, 進めり, 進歩し, 長じた, 駈け下つたの, 驅け

▼ 勢ひよく~ (30, 0.5%)

2 燃えて, 立ちあがつた, 開けて, 駈けて

1 [22件] いきなりラツパ, うまく當ら, がらりと, すら, 伸びて, 向けたが, 喚んで, 延びて, 引入れしが, 搖れ始めたが, 撥ね出して, 明いて, 歩き出したが, 歩き出しました, 洩れて, 流れて, 赤く立つた, 走つて, 起き上りました, 跨いで, 飛んで, 飛込んだまではよ

▼ 勢~ (30, 0.5%)

1 [30件] がこの世, が強い, が西, という人, とか北畠中納言具教, とか北畠中納言顯房, と云った, と小次郎, に三度礼, に就い, に師事, のわかれ, の一族, の一門, の伝, の実弟治部左衛門, の富田流, の対手, の年歴, の弟, の正しい, の死生, の流儀, の直弟子, の跡, の高弟, は, はその後, は勝った, を尋ねあて

▼ 勢込ん~ (30, 0.5%)

2 で, で紀昌

1 [26件] でしゃべりだす, でたずね歩いた, でま, でむくむく, でバラバラ, で乳牛, で何処, で來, で入っ, で入った, で喋舌, で奔, で寝台, で庫裏, で怒鳴る, で思, で振返った, で来た, で穀倉, で話し始めた, で走り出す, で這入っ, で長持, で青眼, で馳, で駆け

▼ 勢ひ込ん~ (27, 0.4%)

32 で其

1 [22件] でそして, でとんと, でやつ, でゐた, でゐる, でガラス戸, で一氣, で入, で吠えつき, で昇つて, で玄関, で疊, で立ち上がりました, で花道, で話し始めました, で語り出す, で説明, で跳ね狂, で飛, で飛ん, で飛出さう, で黒髪

▼ 勢~ (26, 0.4%)

3 な, ね 2

1 [18件] から, からね, からもう, から氣焔, から汽車, けれどそこ, この勢, そうです, てもなく, として旁, と言うだろう, なぞくぞく, などと悪口, もの, よ, ッ, 一方では, 自分は

▼ 勢~ (26, 0.4%)

4 をし 3 ひ, ひを 2 ひして, ひに

1 [12件] するに, というの, なさしめ秀吉, ひが, ひした野越家, ひである, ひの, ひへ, へをする, ほど道学者輩, をした, をする

▼ 勢一杯~ (23, 0.4%)

1 [23件] だ, だった, でした, でと, なの, にうた, になつ, になる, に努め, に叫んだ, に呶, に振舞った, に見, に開け, の人生観, の力, の努力, の声, の感じ, の敵意, の期待, の気持, 抱きながら

▼ 勢との~ (20, 0.3%)

1 [20件] きょうの, ことが, 仲や, 初めての, 初手合せ, 勝敗は, 勝負には, 対陣は, 小ゼリ, 戦い, 戦は, 正面衝突を, 決戦場たる, 激戦は, 観音堂の, 連絡を, 間に, 間を, 関繋が, 駈引

▼ 勢こん~ (19, 0.3%)

4

1 [15件] でいた, でおの, でかけ出し, でそば, でとびこん, でばたばた, でアクリーナ, で又, で引い, で手, で来た, で片づけた, で筆, で言った, で話しかけた

▼ 勢には~ (19, 0.3%)

1 [19件] これも, さっぱり解らん, その一軍団ごと, そんなところ, とても敵, わたくし共まるで, 一度も, 伝統的に, 円心入道の, 戦意の, 敵すべくも, 敵わ, 新たに, 聲も, 腹背の, 茶碗の, 見えなかった一人, 解らない, 軍旅を

▼ 勢~ (19, 0.3%)

1 [19件] からは北畠中将どの, から紀州, が見えた, とも諜, と呼ばれ, にある, に御座, に至り, の九鬼右馬允殿, の危急, の押え, は, は大切, へ御, へ越える, まで行く, 之諸山, 又其後小栗上州, 産まれの

▼ 勢~ (18, 0.3%)

1 [18件] のか, のだ, のである, のでやむを得ず, ので下手, ので警部, のは, の太った, ものと, んだ, 伝播と, 原因の, 叛徒の, 悪感情, 民衆たる, 海軍が, 符を, 精力と

▼ 勢~ (16, 0.3%)

1 [16件] すぎたの, であつ, なる批評, な呼吸, な眼, な音声, な風琴, に, にバサバサ, に僕, に口走る, に払, に盃, に罵り出した, に響い, 相喚相呼不離湾

▼ 勢ひづい~ (15, 0.2%)

2 て一滴

1 [13件] て, てきた, てコツプ, てランプ, て來, て内儀さん, て叫んだ, て学校, て學校, て泳ぐ, て突進, て足, て饒舌ら

▼ 勢~ (14, 0.2%)

1 [14件] ういは, お前を, そのポケット猿, それとも真実そう, どこやら, 一条大蔵卿長成に, 妙な, 将又, 彼女の, 成戸であろう, 水軍の, 筬の, 頭は, 額に

▼ 勢づい~ (14, 0.2%)

1 [14件] て, ていった, ている, てお, てこの, て吹き廻っ, て四五日, て声, て居た, て来た, て流れ, て茣蓙縁臺, て話す, て走つ

▼ 勢という~ (13, 0.2%)

1 [13件] ことも, のである, のに, のは, ものと, ものは, ものを, 女は, 奴さ, 心宛が, 精鋭が, 素姓の, 風に

▼ 勢~ (13, 0.2%)

1 [13件] さは, たいし猛, どうやら挑戦, チラと, 同牧野成純, 向って, 声を, 小返りし, 当って, 突貫させた, 追い打ちを, 追撃に, 風向きを

▼ 勢好く~ (13, 0.2%)

1 [13件] 寄せて, 廻轉す, 生長し, 画面の, 砂丘の, 立ち上つて, 裸に, 起き上がって, 頭を, 飛び上る, 飛んで, 飛起きた, 鳴ったが

▼ 勢~ (12, 0.2%)

10 ろひ 1 ろひし, ろひしました

▼ 勢です~ (12, 0.2%)

21 から, からヘルン, か親分, がど, が何となく, が平次, ぞ, ねえ, もの, ものこむ

▼ 勢ある~ (11, 0.2%)

2 を見 1 さま余は, にもかかわらず, はこの, をぢ, 北条氏に, 国務大臣ファブリイス伯とは, 大名の, 家の, 者水陸を

▼ 勢~ (11, 0.2%)

2 気合いが 1 中書軍の, 伊那丸の, 勇という, 和子も, 敵将, 武田勢を, 筑波勢が, 筒井勢を, 運命を

▼ 勢なる~ (10, 0.2%)

3 が故に 2 を以て侯 1 ぞ, によって支配, 割合には, 様な, 鞭根すなわち

▼ 勢ひだ~ (10, 0.2%)

2 つた, な 1 からいや, が向う, が必, つたぜ, つたら今年一年, ね

▼ 勢から~ (9, 0.1%)

1 いうと, さんざんに, 借りた手拭, 大久保鳥居の, 撃つ音, 生命の, 考えて, 誰か, 述べて

▼ 勢~ (9, 0.1%)

3 て宦官 1 ていた, てしたたか, て以來, て奧向, て居る, て良兼等

▼ 勢ちやん~ (9, 0.1%)

1 がお腹, が來, が殺される, の方, はさ, はそり, は可愛い, は間違つて, を介抱

▼ 勢であった~ (9, 0.1%)

2 のだ 1 から, しその, なと思った, のが, ので城主織田彦五郎, 寄手の, 私は

▼ 勢では~ (9, 0.1%)

1 あるが, ございませぬ, ない, ないかと, 写す事, 正攻法で, 然しお客, 長陣し, 附近の

▼ 勢とは~ (9, 0.1%)

1 いえあの, いえ先方, ここを, なりけり, 何の, 全で, 前後交番で, 比較に, 統帥軍之

▼ 勢である~ (8, 0.1%)

1 が今事, ことが, ことだけは, ことは, そうだ, にもかかわらず, のと, 中に

▼ 勢ひこん~ (8, 0.1%)

2 でくる 1 でまくしたてた, で前, で口, で議論, で飛びこん, で驅

▼ 勢ひと~ (8, 0.1%)

3 いふもの 2 ては天柱 1 して, なつて, 申しませうか

▼ 勢~ (8, 0.1%)

1 ある作家, があった, が頓, でもほぼ, とがある, を加え, を固め得た, 既に論壇

▼ 勢ちゃん~ (7, 0.1%)

1 かい, がかい, が留守番, が病気, でも, をお伽, をよこしましょう

▼ 勢づいた~ (7, 0.1%)

1 けれどやっ, アーニャが, 半纏男達は, 山田は, 樣子で, 流れの, 見物人達は

▼ 勢として~ (7, 0.1%)

1 つよいの, 人世の, 其の消費, 多くは, 專ら寫實が, 彼らの, 彼女は

▼ 勢なく~ (7, 0.1%)

1 トロ, 中途で, 戻って, 掛軸に, 暮して, 生やした将官, 花を

▼ 勢ひも~ (7, 0.1%)

1 ありますので, ありません, なくな, なくなります, なく逃げ出さう, 増して, 止めんばかりの

▼ 勢強く~ (7, 0.1%)

3 相成申候 1 官軍容易に, 流れて, 立上る, 襲ひ

▼ 勢~ (6, 0.1%)

2 露の 1 勢, 茂世の, 露といふ, 露三人姉妹には

▼ 勢これ~ (6, 0.1%)

1 は何, ほどの数, を右岸, を如何, を左岸, を見

▼ 勢であり~ (6, 0.1%)

1 あるいは嵯峨天皇, この法則, また浜, 河岸の, 背後から, 隨つて他の

▼ 勢といふ~ (6, 0.1%)

1 もので, ものは, ものを, やうな, 十九に, 条こ

▼ 勢にも~ (6, 0.1%)

1 はや外界, また厭, 似ず身, 劣らず美しく, 後悔さし, 道家孫一粟井六右衛門町野新

▼ 勢よりは~ (6, 0.1%)

1 一つ二つ若く, 二ツ三ツ年層で, 却つて清らかで, 多かった, 少しは, 気まりを

▼ 勢~ (6, 0.1%)

1 が新橋演舞場, でその, との同棲, とを招く, と夙に, の夫君

▼ 勢でも~ (5, 0.1%)

1 これは, こればかりは, まさかあの, 女子供までは, 緑晶色の

▼ 勢なれ~ (5, 0.1%)

1 ばさては, ばすでに, ば出入, ば喧嘩, ば聖運

▼ 勢にて~ (5, 0.1%)

1 候, 噴出し, 外より, 気味よし, 進まば

▼ 勢より~ (5, 0.1%)

1 ただ一人, 五倍する, 後れて, 穉かつ, 起る婦人

▼ 勢殺し~ (5, 0.1%)

1 が露見, の一埒, の下手人, の凄まじい, は全く

▼ 勢漸く~ (5, 0.1%)

1 大なる, 浮き足立った, 虎口を, 蹙まりて, 迫りまた

▼ 勢~ (5, 0.1%)

1 の死亡率, の約半, は首尾, を指し, を蓄養

▼ 勢鋭く~ (5, 0.1%)

1 五六歩此方へ, 声を, 打ち込む刀, 現はれ, 親分は

▼ 勢頗る~ (5, 0.1%)

2 峭抜し 1 危険であった, 窄迫し, 緊張し

▼ 勢あまっ~ (4, 0.1%)

1 てはねあがり, て二人諸共, て尚も, て頭

▼ 勢こんだ~ (4, 0.1%)

1 せかせかした, 様子で, 母親の, 生活の

▼ 勢じゃ~ (4, 0.1%)

1 ありませんか, ないか, ない叔母, 有りませんか

▼ 勢する~ (4, 0.1%)

1 にちがい, ものが, 者も, 際には

▼ 勢その~ (4, 0.1%)

1 ほか塀の, 勢に, 威に, 手に

▼ 勢とが~ (4, 0.1%)

1 内々談合し, 切り合って, 難所を, 顔を

▼ 勢としては~ (4, 0.1%)

1 その突ッ込み, なお骨, 何うし, 関東との

▼ 勢とも~ (4, 0.1%)

1 あろうもの, いうべきであろう, に相, 満を

▼ 勢ひ立つた~ (4, 0.1%)

1 ところへ, のは, 大きな猫, 雌猫の

▼ 勢ひ込んだ~ (4, 0.1%)

1 かぎりのものだつた, ので袴, 八五郎でした, 問ひ

▼ 勢~ (4, 0.1%)

2 春蝉の 1 に似, 軍の

▼ 勢~ (4, 0.1%)

1 すぐれたるイリオニュース, リキオイよ, 恥を, 脛甲の

▼ 勢付い~ (4, 0.1%)

1 てここ, てやっぱり, て故, て来た

▼ 勢已に~ (4, 0.1%)

1 亞細亞大陸を, 変ずるの後, 弱くば, 羸れな

▼ 勢強き~ (4, 0.1%)

2 恐ろしき歌 1 ものに対しても, 橄欖の

▼ 勢母子~ (4, 0.1%)

3 の者 1 の待ッ

▼ 勢~ (4, 0.1%)

2 へはては 1 へて充分, へ怏

▼ 勢観房~ (4, 0.1%)

1 だけがただ一人障子, の門流, は, は車

▼ 勢あり~ (3, 0.0%)

1 て存する, て小吏等万般説諭, 帝は

▼ 勢いっぱい~ (3, 0.0%)

1 に張り上げた, の明る, 媚びて

▼ 勢およそ~ (3, 0.0%)

1 二万騎とか, 五六百少, 同数の

▼ 勢~ (3, 0.0%)

1 へある, へなくなれ, ハッハッハッ

▼ 勢した~ (3, 0.0%)

1 場合には, 奴隷の, 奴隷を

▼ 勢って~ (3, 0.0%)

1 いた部下, しょげて, 飛び込んで

▼ 勢でございます~ (3, 0.0%)

1 からあの, よ, よ早く室

▼ 勢において~ (3, 0.0%)

1 これを, まぬかれ難き, よく導き

▼ 勢にな~ (3, 0.0%)

1 つた, つたのである, つて来た

▼ 勢に対する~ (3, 0.0%)

1 ものは, 中央の, 備えだ

▼ 勢ひづいた~ (3, 0.0%)

1 唐鍬の, 種子は, 鼻さきを

▼ 勢ひで階下~ (3, 0.0%)

1 へ墜落, へ突き落されました, へ落ちた

▼ 勢ひ好く~ (3, 0.0%)

1 ランニングを, 寝床から, 彼の

▼ 勢よき~ (3, 0.0%)

1 を日, 水兵等の, 芽立ちに

▼ 勢~ (3, 0.0%)

1 得三百余人, 抑ヘテ北門, 見ルニ

▼ 勢~ (3, 0.0%)

2 を自然 1 に乗じ

▼ 勢余つて~ (3, 0.0%)

1 どたりと, 少し誇張, 辷つた言葉

▼ 勢凄く~ (3, 0.0%)

1 舟の, 近よれ, 迫り來

▼ 勢~ (3, 0.0%)

1 ならずと, の家, の巷

▼ 勢少しく~ (3, 0.0%)

1 張るが, 張るの, 挫けたるとき

▼ 勢~ (3, 0.0%)

1 あるに, したり, すべきだが

▼ 勢既に~ (3, 0.0%)

1 定まりて, 成りて, 成るの

▼ 勢~ (3, 0.0%)

1 がある, の時代的移動, の相違

▼ 勢~ (3, 0.0%)

1 だア, というところ, の方

▼ 勢~ (3, 0.0%)

1 にオホセイロウ, の二字, をムレ

▼ 勢~ (3, 0.0%)

1 で砲学, の水戸藩土, へ逃げ込もう

▼ 勢お前~ (2, 0.0%)

1 もお出で, も今

▼ 勢こめ~ (2, 0.0%)

1 て, て揉みはじめた

▼ 勢さえ~ (2, 0.0%)

1 天は, 心変りが

▼ 勢すさまじく~ (2, 0.0%)

1 支那人大に, 発達し

▼ 勢たちまち~ (2, 0.0%)

1 一変し, 七八百挺の

▼ 勢だけ~ (2, 0.0%)

1 では, で姉娘

▼ 勢だけの~ (2, 0.0%)

1 ものは, 一手じゃった

▼ 勢だった~ (2, 0.0%)

1 のでございます, んです

▼ 勢だつた~ (2, 0.0%)

1 が奧方, が少し

▼ 勢づけられ~ (2, 0.0%)

1 ていた, 村の

▼ 勢とて~ (2, 0.0%)

1 北伊勢を, 枯れ葉を

▼ 勢とともに~ (2, 0.0%)

1 すでに黄州, どこの

▼ 勢とに~ (2, 0.0%)

1 囲まれて, 統一せられ

▼ 勢とを~ (2, 0.0%)

1 示して, 示すごとく

▼ 勢なき~ (2, 0.0%)

1 ことは, に非

▼ 勢など~ (2, 0.0%)

1 いちいち知る, 確かな

▼ 勢などの~ (2, 0.0%)

1 各軍, 数千騎が

▼ 勢なりと~ (2, 0.0%)

2 謂は

▼ 勢にから~ (2, 0.0%)

2 かつた

▼ 勢によって~ (2, 0.0%)

1 或る, 辛くも信長

▼ 勢ひこむ~ (2, 0.0%)

1 ほど舌, やうな

▼ 勢ひこんだ~ (2, 0.0%)

1 大熊は, 姿勢と

▼ 勢ひし~ (2, 0.0%)

1 今出でて, 夏は

▼ 勢ひだつたの~ (2, 0.0%)

2 です

▼ 勢ひでした~ (2, 0.0%)

2

▼ 勢ひです~ (2, 0.0%)

1 からね, が平次

▼ 勢ひで五体~ (2, 0.0%)

1 が硝子管, をかすめ

▼ 勢ひで宙~ (2, 0.0%)

2 を飛ぶ

▼ 勢ひで弟子~ (2, 0.0%)

2 の背中

▼ 勢ひで戸外~ (2, 0.0%)

2 へ出

▼ 勢ひで昌作~ (2, 0.0%)

2 に組みつく

▼ 勢ひで止め度~ (2, 0.0%)

2 なく喉

▼ 勢ひで殺到~ (2, 0.0%)

1 した, して

▼ 勢ひで頭~ (2, 0.0%)

1 をもたげ, を打つ

▼ 勢ひによつ~ (2, 0.0%)

1 て全体, て動く

▼ 勢ひよく拂~ (2, 0.0%)

1 ひのけました, ひ退けました

▼ 勢ひよく着物~ (2, 0.0%)

2 をめくりあげた

▼ 勢ひよく足~ (2, 0.0%)

2 を急がせ

▼ 勢ひ立つ~ (2, 0.0%)

1 のです, のに

▼ 勢ひ起き~ (2, 0.0%)

2 鎖曳きわき

▼ 勢へる見れ~ (2, 0.0%)

2 ば頸毛さ

▼ 勢~ (2, 0.0%)

1 に乗る, に拍車

▼ 勢もて~ (2, 0.0%)

1 さと, 進めり

▼ 勢よりも~ (2, 0.0%)

1 お転婆であり, 松代大本営の

▼ 勢らしく聞き馴れぬ~ (2, 0.0%)

2 言葉訛りが

▼ 勢~ (2, 0.0%)

2 手綱張り引く

▼ 勢~ (2, 0.0%)

2 樽みこし

▼ 勢んで~ (2, 0.0%)

1 來ない, 来ない

▼ 勢ッ子~ (2, 0.0%)

2 で沢山

▼ 勢~ (2, 0.0%)

1 よりてハ海外ニ, 非ズトモ

▼ 勢一ぱい~ (2, 0.0%)

1 のあらゆる, の悲鳴

▼ 勢一手~ (2, 0.0%)

1 でか, で鎌倉入り

▼ 勢三万~ (2, 0.0%)

1 にご, をここ

▼ 勢三千~ (2, 0.0%)

1 その真先, もそれ

▼ 勢以子~ (2, 0.0%)

1 は不審, は外御門

▼ 勢~ (2, 0.0%)

1 の上昇過程, を高める

▼ 勢~ (2, 0.0%)

1 が付い, るれば

▼ 勢十万~ (2, 0.0%)

1 も十五万, をかり催し

▼ 勢堂々たる~ (2, 0.0%)

1 有様じゃ, 有様ぢや

▼ 勢夜陀多良比~ (2, 0.0%)

1 賣, 賣それ容姿麗

▼ 勢大事~ (2, 0.0%)

1 のところ, を取る

▼ 勢州亀山六万石~ (2, 0.0%)

1 の城主, の殿様

▼ 勢州方面~ (2, 0.0%)

1 などの事態, の爾後作戦

▼ 勢州街道~ (2, 0.0%)

1 の方, を左

▼ 勢府中~ (2, 0.0%)

2 は小川

▼ 勢必ず~ (2, 0.0%)

1 加はる道理で, 操莽の

▼ 勢戸屋~ (2, 0.0%)

1 お登勢, とある

▼ 勢抜け~ (2, 0.0%)

1 て一首, 頭を

▼ 勢~ (2, 0.0%)

1 が, が口ごもった

▼ 勢母娘~ (2, 0.0%)

1 が口惜し, のやり手

▼ 勢~ (2, 0.0%)

1 に学び, の綱渡り

▼ 勢~ (2, 0.0%)

1 が當, を加

▼ 勢無し臥~ (2, 0.0%)

2 り撓むと

▼ 勢状態~ (2, 0.0%)

1 という観念, を剔抉

▼ 勢理毘古~ (2, 0.0%)

2 の命

▼ 勢百人~ (2, 0.0%)

1 とある, にも余るであろう

▼ 勢~ (2, 0.0%)

1 なる事ニ, なる大名

▼ 勢~ (2, 0.0%)

1 を形づくり, を据え

▼ 勢祈祷~ (2, 0.0%)

1 と字, も近ごろ

▼ 勢~ (2, 0.0%)

1 は生れ落ちる, も之

▼ 勢筆致~ (2, 0.0%)

1 をも写さね, を其儘

▼ 勢~ (2, 0.0%)

1 とを構成, を作用

▼ 勢自覚心~ (2, 0.0%)

2 が強く

▼ 勢荒く~ (2, 0.0%)

1 彼の, 投げ飛ばす

▼ 勢観房源智~ (2, 0.0%)

1 は, は備中守師盛

▼ 勢~ (2, 0.0%)

1 でもない, の

▼ 勢~ (2, 0.0%)

1 の宿望, を称え

▼ 勢込んだ~ (2, 0.0%)

1 八五郎も, 態度を

▼ 勢~ (2, 0.0%)

1 の, を二三人

▼1* [649件]

あつた蒙古, 勢あまた討捕りしか, 勢あまつて尚も口, 勢あまつて二人諸共深深と黒い, 勢あらく攻めよれば, 勢あれ程呼ぶ, 勢いやしくも余地あれ, 勢いるからな, 勢伝吉, 勢うちし猛, 勢おのづから, 勢お化けの談, 勢かけて田植能, 勢かなはねば, 勢からは改めて, 勢かれの言, 勢かわるがわる訊問を, 勢がよ程なおり, 勢がらんどんどたどた, 勢きりつめ主義にも, 勢き込んだ顔付で, 勢ここが峠, 勢こなたにはアカイア, 勢この驥尾に, 勢こみ指で, 勢さだめて喜びを, 勢さまから, 勢されて居る, 勢さんお前さんはそれ, 勢さんざんに打ちまかされ, 勢さん下へ降り, 勢さん位の年恰好, 勢さん冗談を言っ, 勢さん親分を伴, 勢すぐツて, 勢すさまじいものが, 勢すべきの旨, 勢すべしとの朝命, 勢すべてこの日, 勢すわいくさに, 勢そういうように, 勢そこに寄っ, 勢その他あの同勢, 勢それはお前, 勢ぞと呶鳴った, 勢とうる, 勢たかくなる, 勢ただ退かざるあるのみ, 勢たるは論, 勢だい殺せるだい, 勢だけで沢山だ, 勢だけでも少なくない, 勢だけとも思えぬ兵力, 勢だけに誰一人深切づく, 勢ださうで団体おこと, 勢だつたら其力に, 勢ちゃんあっしはね虫, 勢ちゃんあんばいはどう, 勢ちやん大, 勢やない, 勢ついたけれどやつぱりどぶむ, 勢つきて海, 勢つよく花片一齊に, 勢づき看護婦会から, 勢づきけるを見る, 勢づくのだ, 勢づけて引込ます, 勢づける為に, 勢ふヘン, 勢であったればこそで, 勢でかッと, 勢できるように, 勢でございましたかそれとも, 勢でございましょうか, 勢でさえも起きて, 勢でしか笑ひ出す, 勢でしたサ, 勢でとも思う事, 勢でないかと思われます, 勢でなかったことを, 勢でなく高坂三伝として, 勢でなければ進歩, 勢での増加である, 勢でぶッ倒れたはず, 勢といった工合で, 勢とうとう蔵の, 勢と共に市街地まで, 勢どう踏んでも, 勢どのの心持, 勢なげに歎息, 勢なぞは別の, 勢などが其の人, 勢などは物のかずで, 勢などもまた羅刹谷, 勢などを助けに, 勢ならば東京人, 勢ならびにその環境, 勢なら殺せるだい, 勢なんぞの事を, 勢にたいする散所民ら, 勢について何か, 勢についての正しい理解以外, 勢については山田は, 勢につれて浮沈する, 勢にてはこの書生輩, 勢にとっては可成り, 勢にのみ名を, 勢にばかり気を, 勢にやあまり無礼, 勢により世界の, 勢に対して正々堂々の, 勢に従って書記みた, 勢ぬけ目の, 勢のみだれは, 勢のみはそれを, 勢はげしく保へ, 勢ははッと, 勢ばかりでは, 勢ばかりにちがいない, 勢ぱっと吹くので, 勢ひある言葉が, 勢ひかと與, 勢ひかうした方面へ, 勢ひきつて音無家の門, 勢ひき寄せて左右, 勢ひける何なるなら, 勢ひこめて叩いた, 勢ひじや兄さん, 勢ひそめにし, 勢ひそんな不手際, 勢ひつけられた婆さん等は, 勢ひづけて鳥打ち, 勢ひづけられて居た, 勢ひづけられた手を, 勢ひづけるつもりだつた, 勢ひでありながら一度, 勢ひでおし寄せて, 勢ひでこつちも, 勢ひでしやべり始めました, 勢ひでなくちや, 勢ひでぶつつかり諸所, 勢ひでやうやく主婦, 勢ひでやつてのけなけれ, 勢ひでオリムピツクの選手, 勢ひでジクザクの小径, 勢ひでチャラピタの身体, 勢ひでパツと撥ねる, 勢ひでペタルを踏み, 勢ひでロープを結びつけ, 勢ひで一二寸あともどりした, 勢ひで一町ばかり次, 勢ひで三十分で達し, 勢ひで両手を高く, 勢ひで中国軍を蹴ちらした, 勢ひで二三間さきをくる, 勢ひで來過ぎたやう, 勢ひで信者を獲得, 勢ひで兩手を突張り, 勢ひで八丁堀の組屋敷, 勢ひで南の方麒麟山, 勢ひで回転するものの, 勢ひで回轉するものの, 勢ひで圧し寄せるあの, 勢ひで増大しつつ, 勢ひで変遷して, 勢ひで大空から降つ, 勢ひで女の背, 勢ひで姿を没した, 勢ひで婚礼の席, 勢ひで岸から張り出した, 勢ひで平らに押し付けられ, 勢ひで平次に斬, 勢ひで彼女たちの円陣, 勢ひで彼女達の方, 勢ひで成長するの, 勢ひで扉を叩い, 勢ひで掃除した, 勢ひで斯うした, 勢ひで日本全國, 勢ひで明神下の平次, 勢ひで村外れの河口, 勢ひで来客中のこの, 勢ひで某国の軍隊, 勢ひで桟橋を目差し, 勢ひで橋の下, 勢ひで歸つて來ました, 勢ひで毛の間, 勢ひで洗つたり, 勢ひで渠は再び, 勢ひで玄関の扉, 勢ひで皮膚に吹きつけた, 勢ひで盛り上つて来た一つ, 勢ひで盛んにメートル, 勢ひで盲目滅法に驀進, 勢ひで石が飛ん, 勢ひで砂塵を巻い, 勢ひで破裂すること, 勢ひで私には何, 勢ひで移つてゆくの, 勢ひで積らうと, 勢ひで突き當つて來ましただ, 勢ひで突喚して, 勢ひで竹筒の柱, 勢ひで粗悪漫画が子供たち, 勢ひで終ひには, 勢ひで義雄は二人, 勢ひで蔓が延び, 勢ひで蔓延したので, 勢ひで街道を駆け出し, 勢ひで角より曲り, 勢ひで計算すると, 勢ひで誰もこれ, 勢ひで谷川に押しながされ, 勢ひで跳ねが出来, 勢ひで身内を流れはじめた, 勢ひで迫つてゐるの, 勢ひで逃げ廻つてゐる, 勢ひで通行人などには気づき, 勢ひで遠藤が若い, 勢ひで野を埋め, 勢ひで野宿する, 勢ひで野獣の形相, 勢ひで錢形平次の家, 勢ひで門の方, 勢ひで門弟の足, 勢ひで降りか, 勢ひで集つて来た, 勢ひで風を剪つた分銅, 勢ひで颯々と吹きまくつ, 勢ひで驅けて行, 勢ひとふくよかなる滿足, 勢ひとりも生かし, 勢ひと言ふ, 勢ひどうしても, 勢ひない焔の, 勢ひなくみなおとなしく, 勢ひなら午までには大方, 勢ひなること封建の, 勢ひなれば革命運動, 勢ひむかうつ氣の, 勢ひも何處へやら火桶, 勢ひも拔け果てた, 勢ひよさで, 勢ひよくそつちへ, 勢ひよくゴッゴッゴッゴッと走つ, 勢ひよくビフテキに噛りつ, 勢ひよく一散に凍, 勢ひよく二階の梯子段, 勢ひよく云ひました, 勢ひよく円を描い, 勢ひよく受け持ちの教室, 勢ひよく天井を眼がけ, 勢ひよく床の中, 勢ひよく往復するが, 勢ひよく手を伸し, 勢ひよく掌面に流れ出す, 勢ひよく排除し跳ねのけるであらう, 勢ひよく氷の上, 勢ひよく玄関の障子, 勢ひよく瓶から迸り出, 勢ひよく砂利を噛ん, 勢ひよく私のはう, 勢ひよく立あが, 勢ひよく自動車を乗りつけ, 勢ひよく表へやつ, 勢ひよく辯じ立てるの, 勢ひよく迅く, 勢ひよく階段を馳, 勢ひよく體を左右, 勢ひ付いて兩國中, 勢ひ嗅げるは, 勢ひ持たざるもなし, 勢ひ挙げても挙げなく, 勢ひ渦まく波に, 勢ひ猛く襲はんか, 勢ひ生糸相場にも波及, 勢ひ立ちただち砕くる, 勢ひ触れることに, 勢ひ蹴るひと空, 勢ひ込む八五郎の, 勢ひ附いてその, 勢ひ飲みて寝, 勢ふよろしと, 勢への援軍横山馬允時兼さまの, 勢へも共に退がれ, 勢と, 勢ほとんど一軍の, 勢ほどでは, 勢ぼんやりする, 勢ないの, 勢まだ臥て, 勢までも罪に, 勢みたような, 勢みな追い落された, 勢むしろ国富発達の, 勢もとより怪しむに, 勢やむなく濠に, 勢やや高くなっ, 勢やら美濃の, 勢やを感じさせずに, 勢よい速度で, 勢よくこう命じた, 勢よくもなくまた, 勢よく大きく出て, 勢らしき散兵の, 勢らしゅうございますよ, 勢わが言の, 勢をば百尺竿頭の, 勢をもって朝鮮に, 勢イデ立テタモノデスガソレガ記者様ノオ眼ニ止マッテコンナ不孝ナ恥, 勢ジリリジリリとしまる, 勢取合フコトノ無益ハ, 勢トハ似ルベクモナシ, 勢ニテ之ヲ不知ト謂フナリ, 勢内ニハ頻々トシテ内紛, 勢一向常, 勢ハひとかけ合セにて打, 勢ハ大勢帰国仕候もの, 勢ハ日一日ヨリ急ナリ今, 勢ヒデアル落チテアノ馬ノ脚ニカヽツタラタマラナイト思ツタ, 勢ヒ彼等ノ別天地, 勢ミナ魏城ヲ軽, 勢きは, 勢一万余騎の中, 勢一人が駈けぬけ, 勢一千五百がある, 勢一所に集まり, 勢一挙に橋, 勢一方は高島勢, 勢一杯利用して, 勢一杯疾駈する馬, 勢一杯翼をひろげ, 勢七百五十人余高須勢百人とある, 勢万余の将士, 勢三十何人と分て, 勢三十餘人二重の人垣, 勢三千謙信の旗本, 勢三百余忽ち討たれ, 勢より上, 勢不振は中, 勢中央のドーム, 勢中藤堂高刑藤堂氏勝等の重臣戦死, 勢乗り気にならざる, 勢九十三人午後九時を以て千住大橋, 勢乱れ立ち全軍危く見え, 勢争分雌与雄, 勢二三十年以来酒を飲み, 勢二十三人昨夜の後, 勢二十五人も得ましたらう, 勢二十余万人を釣塀, 勢二十余万蛮土の降参兵, 勢二百余人は殲滅, 勢五六人夜討ほどの勢ひで, 勢五六百騎一団となっ, 勢五千餘騎文禄四年七月十三日の申, 勢五百騎で奉迎, 勢のそれ, 勢今日一日俺は岡, 勢候, 勢付いたように, 勢以外にも四条隆資, 勢伊多賀神社の氏子, 勢伊沢家学の源統, 勢会話は陶器, 勢何時も我々, 勢かに蹙まり, 勢は今日一日岡, 勢僅かに二千余人, 勢先鋒を命じられ, 勢全く潰えて, 勢八ヶ国は瞬間, 勢八千は戦死傷, 勢八千間道より中入り, 勢八百人余は中軍, 勢六万騎と古典, 勢六人柳橋に掛つたの, 勢じく, 勢凡そ二百万騎百万騎なら一, 勢分る勢分るれ, 勢功徳名称ことごとく師子王, 勢劣弱の徳川家, 勢助氏にこの, 勢勝敗を決せざるべからず, 勢十一人のうち, 勢十五人そのうち三四人, 勢千八百二十七人この二藩, 勢千賀子さまあなたはそこ, 勢参り勢祈祷と, 勢参りではまず, 勢右岸に迫らん, 勢が薪小屋, 勢吉ッ灯を貸せっ, 勢のある, 勢吾郎君などが奔走, 勢をつくっ, 勢四万の大軍, 勢四万余騎で南都, 勢四千年の昔, 勢四百七十二人大垣勢千八百二十七人この二藩, 勢回し難く朝旨, 勢国伊良虞島之時人哀傷作歌, 勢堅固に立て, 勢を得, 勢変じて東, 勢変り易りて, 勢変化を思わせる, 勢多くは此長兵衞, 勢夜陀多良媛という女, 勢夜陀多良比売それ容姿よかりけれ, 勢大いなる波濤の, 勢大久保勢と押しつ押されつ, 勢に聳え, 勢と衝突, 勢奔馬の如き, 勢好く著いたすてを, 勢にし, 勢安佐の二女, 勢実に岌, 勢客観的でなければ, 勢尚古的退歩的たらざる, 勢屈し力縮み亡びずんば, 勢山上より一度, 勢山県隊と力, 勢山車は宛然藥玉, 勢屹然千仞余砲門高構圧坤輿金城鉄壁独難比恐是当初帝釈居, 勢巍巍圧四陬摩天積雪幾千秋人間一接斯光景豪気将呑五大洲, 勢は真物, 勢川はんの座敷, 勢州亀山とは関係, 勢州亀山城は一種特別, 勢州住人治郎兵衛作と銘, 勢州入りでも秀吉, 勢州出陣を触れ, 勢州四日市にて見たる, 勢州尾州にわたる三城, 勢州山田の産, 勢州山田尾上町といえ, 勢州岩内の名物, 勢州峰の城攻め, 勢州攻略のこと, 勢州松ヶ島城の津川玄蕃, 勢州松坂に一方, 勢州松平隠岐松平出雲松平などの十八, 勢州桑名の江戸詰藩士, 勢州江州または京等, 勢州渡会郡安部川原に川原神社, 勢州蟹江村に於, 勢州蟹江駅附近を関西線, 勢州西方の山地, 勢州赤堀の家, 勢州陣へも取りかかっ, 勢左岸に迫らん, 勢むことを, 勢平壌には先鋒小西行長, 勢ど眺むる眼, 勢引き來る, 勢弛み威衰ふるに, 勢弱きに乗じな, 勢弱らずに遥か, 勢弱りければ夜, 勢強き恐ろしき歌は, 勢当るべからず徳川方の, 勢当年七八月の頃ニハ, 勢の心, 勢婦人方には, 勢必然として取つ, 勢濤の, 勢るべきが, 勢急さであるため, 勢悉くアルゴス軍の, 勢酷その, 勢旺んに, 勢慈仁の神, 勢惡の, 勢懐中から羽織, 勢成りて東昌, 勢手術の不完全, 勢打ち眺め, 勢振りにて吾等, 勢探偵泥棒と同じく, 勢揃えを描いた, 勢揃えしたところで, 勢揃ひとしては, 勢揃ひもしてを, 勢撃退の軍, 勢擴張に力めた, 勢敗北の声, 勢敗北死人数を知らず, 勢数万は入洛以来, 勢ひて, 勢敵しがたしとや, 勢文字や文句, 勢に蹙, 勢日一日よりも急, 勢早く瀬波を, 勢なり, 勢明白に破, 勢暴威を逞しく, 勢曲者は白旗直八, 勢最も盛なる, 勢最早与みし易から, 勢有りて各, 勢朝圓三と増え, 勢朝改め圓楽は代わる, 勢未だ止まずして, 勢の高座, 勢材料を支那, 勢来らば引き寄せ, 勢松倉勢みな追い落された, 勢の良人, 勢森勿天竺名鴦哦, 勢という, 勢次第ニ進長シテ遠征ヲ海外ニ試ムルコトアラハ如何我カ第一線, 勢入座来, 勢お得ず, 勢止むを得ずし, 勢の如く, 勢此都にて餓死, 勢を避けず, 勢死戦して, 勢んど, 勢殺げて単, 勢殺されたお春, 勢を以つて, 勢江出馬之事, 勢池田勢蜂屋勢などの各, 勢治荒富が出, 勢に尽きたる, 勢海外の火山, 勢混みあうな, 勢渓流いよいよ非凡奇抜, 勢源先生をご, 勢源戸田一刀斎などの高名, 勢源様のお, 勢源自ら富田流の一派, 勢源門下に及ぶ, 勢滔々として日, 勢漢土に臨む, 勢二州が, 勢ヲ見, 勢無慮十数万, 勢然ること能はざる者, 勢父子爵と衝突, 勢牛峰には立花宗茂, 勢猛烈なりしは, 勢飛瀑千丈直下し, 勢獅子でも踊りぬく, 勢ゐるを, 勢甚だ盛なり, 勢甚十郎と云, 勢甚矜豪を持す, 勢甲冑に身, 勢畏怖の念, 勢るべからざる時, 勢と黒, 勢百万も候, 勢百五十名と触れおいた, 勢皆師子に勝る, 勢益々隆ん, 勢盛んにブルジョア国, 勢囲まば, 勢相場の動き, 勢相見へ候, 勢真個にお前, 勢などという土蜘蛛, 勢禿げなくてはならん, 勢稍後退した, 勢窄迫して, 勢立ってますます, 勢立ったので佐々木さん, 勢立つ緑濃き, 勢き歯弱, 勢筒井勢細川勢池田勢蜂屋勢などの各, 勢籠めたる一鞭, 勢籠山であったの, 勢七八万は, 勢紅白粉が小, 勢細川勢池田勢蜂屋勢などの各, 勢敗軍の, 勢縱横走るもの, 勢在御安, 勢者大小鞘に白紙三つ巻島原勢者左, 勢者左の袖, 勢者腰に藁注連平戸勢者大小鞘, 勢而已はソワソワ, 勢耐ゆべからざる強烈, 勢肥豊不危険, 勢能最低處を保ち, 勢の滿, 勢自作の苦心談, 勢自然と焔硝, 勢自等許等太弖大夫乃伎欲吉彼名乎伊爾之, 勢のあたり, 勢良く飛び出す水道, 勢色っぽい別嬪だった, 勢藤吾等であった, 勢蜂屋勢などの各, 勢蝶夫婦のよう, 勢表門と裏門, 勢衰えたるに今日, 勢爲有候え, 勢に彼, 勢処要, 勢誇るトロイアは, 勢調査ではフランス, 勢負けして, 勢赫奕というあり, 勢足なみを竦み止めた, 勢路傍の小祠, 勢轉雄なり壯, 勢辟易せざるを, 勢込み突然上着, 勢込むで踵, 勢込むつき反らした杖の, 勢込めて縁側, 勢返す言葉は, 勢退くと見る, 勢逐日熾烈, 勢通力ヲ失ヒ, 勢ましいだけに, 勢の秀吉, 勢遏むべからざる, 勢富・世高富, 勢を視, 勢門人何とかの何枝, 勢間近に迫っ, 勢附近の山岳, 勢限りわたしをたしなめ, 勢陽五鈴遺響, 勢を造り, 勢雄壮を極め, 勢集団教育の法, 勢雑俗の病, 勢なんざ苦, 勢にし, 勢音頭などを鉄火, 勢順逆の理, 勢頭役はさ, 勢頭神又は大勢頭, 勢飛ばむと欲す, 勢飛べる事は, 勢飛動せんと, 勢魏延の勢, 勢魔法ヲ以テ種々, 勢を名乗る, 勢黒田勢などを助け, 勢黒田家の奥, 勢せる野猪二頭, 勢の行くごとく