青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「初め~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

切れ~ 切れない~ 切符~ ~刑事 刑事~ ~列 列~ 列車~ 初~ ~初め
初め~
~初めて 初めて~ 初夏~ 初期~ 判~ ~判らない 判らない~ ~判る ~判断 判断~

「初め~」 9413, 97ppm, 1128位

▼ 初めから~ (1775, 18.9%)

43 終りまで 12 しまいまで 8 分って, 終わりまで 7 終いまで 6 おしまいまで, 何も, 判って, 問題に, 自分の, 覚悟し 5 そのつもり, それを, 何の, 家の, 黙って 4 なかった, わかって, 始める, 明らかである, 相手に, 知って, 見て, 非常な, 馬鹿に

3 [22件] あったの, ここに, して, できて, やり直して, 一つの, 一冊の, 之を, 今の, 僕は, 喧嘩を, 好んで, 少しも, 希望を, 当然で, 当然な, 彼の, 承知し, 持って, 無理な, 終まで, 順を

2 [84件] あったもの, あったん, あって, あつた, あるの, お前も, きめて, こちらの, この家, この通り, これは, こんな事, すらすらと, そうする, そう言っ, そなた, そのよう, その積り, その答え, それに, それは, ちやんと, ない, チャンと, 一人も, 一升壜を, 一度も, 一時的な, 一種の, 一言も, 与えられたもの, 予期し, 今日の, 仕舞いまで, 企んだこと, 分つて, 分りきつて, 君は, 問題を, 地震に, 嫌な, 存在しない, 宇宙の, 帳簿を, 当然である, 彼は, 彼女に, 思い込んで, 意識の, 愛して, 或る, 承知の, 明らかだ, 明らかに, 普通の, 本気だった, 来て, 殆ん, 気が, 気に, 派手に, 浪曼主義の, 混迷し, 無かった, 狂って, 疑って, 目に, 終りへ, 繰返しては, 考えて, 腰を, 自分は, 自分を, 虫が, 覚悟を, 解釈を, 計画的に, 計算に, 詩語として, 話が, 話せ, 費い, 逸して, 順序を

1 [1366件 抜粋] あきらめたが, あった, あてには, あのよう, あの婆娑羅大名, あまり問題, あまり自信, ある程度の, いけないという, いって, うちとけて, おかみさんおかみさんと, おそれて, おれの, お了いま, お伽噺だ, お客の, お断りし, お言い, お話しいたします, お金などを, かかる絵, かれの, きっぱりとは, こういう企図, こうした動向, ここには, こっちは, このこと, この両者, この出兵, この子, この徐州, この狸爺, この種, この腐つた, この話, この部屋, この馬春堂, これで, これらの, こんな大きな頭, さう, さうし, さう極め, さすがに, されて, しめっぽいふう, すぐこりゃあ, すっかりでもよ, すでにたいそうに, すでに与えられ, すべてが, ずっと命, ずっと長雨, そうあるべき, そういう好奇心, そういう感じ, そういう確信, そうし, そうと, そう云っ, そう宿怨, そう望ん, そう被, そこに, そのとおり姿, その光景, その学ぼう, その心持ち, その手筈, その理, その約束, その脳裏, その重心, それが, そんなの, そんなもの, そんな宣言, そんな罪, たとえばトルストイ, だが, ちゃんとした, ついてるもの, できない相談, ですから, どういう話なんだい, どっかへ, なって, なんにも云いません, のが, はいっては, ばかげた芝居, ふじこか, ほかの, ほんとうに, ぼつぼつと, みんな馬鹿げてる, もう暫く放っとい, もっと大切, やらないという, やりなおす, やり直さなければ, やり直すかも, やれるし, よくわかっ, よく分つ, よく考え直し, わかったよう, わかりきったこと, わが申し入れ, アメリカの, イギリスの, インテリゲンチャそのものを, ウンウン苦しめ, ガアーンと, ソリの, チョコレートを, ドイツ古典哲学的な, ニッポン本土へ, バクチと, ピストンでは, プロレタリアそのものの, マルクス主義者などに, 一つ盲点が, 一九三二年三月頃まで, 一人供を, 一定の, 一点も, 一致が, 一貫する, 三つに, 三本の, 上手には, 不幸だ, 不必要, 不純な, 不貞腐れたよう, 与えられて, 中頃へ, 丹念に, 主張し, 久馬様の, 予に, 予想されてる, 事実と, 二ヶ月の, 二十八年と, 二枚目の, 云って, 云わば, 人々は, 人並みは, 人目を, 人間だ, 人間と, 今日まで, 他に, 仮定し, 仲へ, 休みだつた, 佐藤の, 何かの, 何だか変, 何となく雲行, 何もかもすっかりお話, 何らその, 何一つ入れ, 何度でも, 余の, 余り長湯を, 作者によって, 係りあいに, 信ずること, 信長の, 倉田山の, 假名遣, 僅か七十年足らず, 僕の, 入らない方, 全く完成, 全く無, 全大雪山系, 全然遊蕩的分子, 共同作戦に, 其人は, 内容の, 凡夫に, 出て, 出兵に, 出来上った感じ, 出直さなければ, 出直すといふ, 出鱈目に, 分けて, 分ってるのに, 分つてると, 分りそう, 初日を, 判り切って, 別離の, 利益の, 前提され, 割れ目は, 助役を, 動ければ, 勧めは, 医術と, 十分に, 千里眼を, 単独には, 厳重な, 反対し, 叔父の, 取合わずこの, 口に, 史學の, 吉平も, 名器として, 向かぬお話, 君子さんに, 吠えかかった犬, 呑み込んで, 味方に, 哲学に, 問題とも, 問題にも, 喧嘩に, 嘘さへ, 四段に, 困難なし, 在ったの, 基督教に, 報酬を, 声まで, 売捌け, 変に, 変人だ, 外國文化に, 夢の, 大したもの, 大丈夫だ, 大満足, 大量そのものとしてしか, 夫婦に, 失礼であった, 奥山の, 女の, 好きでした, 好き好んで, 如何にも軽く, 妻は, 始め, 姫君に, 嬢次様に, 孔明の, 存在し, 存在する, 学問性では, 安心し, 宋江の, 官定, 定まって, 定めて, 実在の, 実現の, 実験の, 客観的に, 宮様がたは, 密かに, 寧ろ当然だった, 対称の, 小作人任に, 少しあい, 少数だった, 就職したら, 山の手線の, 巧みに, 帝の, 平まで, 平家の, 年一回と, 幾列車待つ, 庭に, 引かして, 当り前の, 当然だろう, 彼らの, 彼等に, 御交渉, 御心, 微塵そんな, 心には, 必然的であった, 応用を, 怒鳴り込んで, 思い切り甘ったるく, 思惟との, 恋する心臓, 恥を, 悪意が, 情交あり, 愛するという, 感性的に, 懐疑的であり, 成功が, 成立せしめないであろう, 戦いを, 戦わない覚悟, 戯曲では, 批評の, 抱いて, 拒否し, 持つて, 捨てるつもり, 支那の, 政権の, 敬遠し, 文化的人間を, 文学の, 文武官僚の, 断ったらいい, 新しい設備, 新たに, 方法と, 日本に, 日本人の, 日本的な, 旨くは, 明らかであった, 映畫, 智恵づかない, 書いて, 最期の, 月なかばまで, 有限の, 本に, 本能によって, 来ないこと, 根も, 棄てたもの, 極って, 楽でなかった, 横着を, 機械の, 正岡君とは, 此の, 此山村の, 武人に, 死ぬ気, 残らず見, 段取り極めといた, 殺気立って, 母を, 比較的少, 気がついて, 気の, 気を, 永続し, 決ったこと, 沈黙であった, 法則を, 泣いて, 流れの, 海蛇を, 清朝の, 源氏の, 漢学者によ, 灰色を, 無内容, 無理だった, 無視し, 焼け気味, 爾う, 物思はし, 独立し, 獨身ものである, 現われて, 生と, 生命がけ, 申さねば, 申し込んで, 男という, 畳が, 発足いたしました, 百五十円貰え, 的確に, 皆やっ, 盛春館の, 目的も, 相場を, 相手は, 相鬩, 矛盾でしょう, 知らう筈, 知りぬいて, 矩子の, 破廉恥な, 社会上の, 祈らせて, 私に, 私へ, 私を, 秋の, 稀, 穢された, 立ち去って, 約束され, 細目に, 終りまでの, 組唄に, 統一を, 絶縁し, 緊張し, 縁切りされる, 纏めて, 罪なんか, 美緒姉さんの, 考えても, 考えられたこと, 考える奴, 考慮の, 聞かされなかったため, 育った者, 脳裡に, 腹を, 自分で, 自分一人で, 自殺する, 自然科学的実験だけを, 興味中心で, 良心を, 芸者で, 芸術的と, 英米の, 荊妻が, 落ちが, 著述した, 虚僞の, 行かないと, 衝動的本質と, 見いだされて, 見ると, 見当が, 親切で, 解りきったこと, 解り切つて, 触れないよう, 言って, 言わん, 計画された, 記録で, 話さう, 話して, 認めて, 読みだして, 読み始めた, 読み返し結び, 読者と, 調子外れの, 諦めの, 謝礼だけ, 警察へ, 豚を, 貧乏な, 貴様を, 買切です, 起たなかった出ばなの, 趣味という, 足袋なんか, 軽蔑した, 辯證法に, 返す豫算, 逃げられたら逃げ切る, 通い始めて, 連続した, 進んで, 違って, 選ばれて, 酔っぱらって, 醜業婦として, 鉄砲を, 長さ, 長袖を, 間借人な, 関係が, 附いて, 陥って, 階級対立によって, 雜誌を, 静止の, 面白ずくの, 順次に, 頭の, 食中に, 飲み込めて, 駑馬なら, 鯱子張つてまるで, 黙々とした, 鼻で

▼ 初め~ (1549, 16.5%)

233 うちは 43 中は, 間は 16 方に, 頃は 14 ほどは 13 うちこそ 12 ように 11 内は, 方は 10 ころの, 頃の 9 ような 8 うちの, 中こそ 7 日は 6 方を, 程は, 頃に 5 方で, 日に, 時は, 田は 4 うちに, うち彼は, ことであった, 内こそ, 或る, 方の, 驚きから, 驚きが

3 [13件] うちだけ, ことだつた, ことで, ことを, 二三日は, 人の, 人は, 数日は, 日の, 日数の, 男は, 部分は, 間こそ

2 [67件] うちこの, うちその, うちわが, うちクリストフは, うち救済への, うち私は, ことでした, ことは, ころだった, ころであった, ころに, ころには, ところに, は標準語, また終り, まだ寒い, ままに, ものである, を書い, マイデヤサーだけは, 一分時は, 一句は, 一杯を, 一途の, 一週間は, 予定では, 事を, 二問題か, 分は, 勢に, 勧誘に, 壜は, 声が, 大礼には, 女が, 年は, 態度は, 手紙は, 方のに, 方へ, 日から, 日が, 日であった, 日には, 日數の, 時に, 時には, 時代だけに, 時分は, 月夜に, 朝に, 涼しい夜, 目的は, 第一, 精神と, 約束の, 考えを, 自分の, 花は, 若水と, 詩体は, 話の, 部分に, 雨と, 頃から, 頃で, 頃です

1 [842件 抜粋] あいだ彼らは, ある夜図書館, ある日, いおうくさい, うちかなり快く, うちさうであり, うちずっと, うちそれらを, うちそれを, うちちょっと, うちなんの, うちはさほど, うちアカーキイ・アカーキエウィッチは, うちゲーテは, うちスタールツェフは, うちファンティーヌは, うちワクーラは, うち一週間に, うち両者どちらにも, うち光秀は, うち午前中で, うち国さん風邪で, うち大変よかっ, うち強く, うち彼にとって, うち彼らは, うち彼女の, うち彼女は, うち手紙に, うち新調の, うち清三は, うち用心し, うち茫然として, うち長老制度が, うち閨の, うち食堂へ, うっとりする, おどおどし, お孝, お式, お祝いを, がわし, が万葉巻八・十, が大島, ここちせん, ことだった, ことである, ことでございます, ことなお, ことばな, ことも, ころこそ, ころでありました, ころは, ころより, ころ一度薬が, ころ何か, ころ彼女たち母子の, ころ私の, ころ老僕グリゴリイ夫婦と共に, しきたりで, そして一番六ヶ, その人, それは, とある夕べ, とおりの, ところは, に追いつく, はいい, はたしかに, は八隻, は四角張った, は本, ほうから, ほうの, ほうは, ほほえみを, ま, みずみずしい色, もので, ものに, ものより, やうな, ようには, よりひどい, より広く, アングロ・サクソンの, ゴーチェ張りは, パロの, ヨブの, 一つかと, 一つの, 一ばん好い, 一七日が, 一七日は, 一二ヶ月の, 一二段を, 一人の, 一冊を, 一句, 一句を, 一回だけ, 一寸した, 一年は, 一撃は, 一日で, 一月くらいだけは, 一歩ね, 一般的な, 一蹴りで, 一連を, 一里ばかりは, 一鑿が, 一頁を, 一高の, 七日間は, 七月二十三夜という, 万歳が, 三人は, 三分の一ぐらいは, 三分の一期は, 三四十分間は, 三日は, 三期の, 三行目から, 下宿の, 不吉な, 世間の, 中いばっ, 中こそは, 中の, 中三日位は, 中軍治は, 九月なかば日曜の, 予定よりも, 予定を, 事, 事であった, 事である, 事なども, 二つが, 二つの, 二三ヵ月の, 二三年の, 二三度こそ, 二三日でした, 二三歩で, 二三行を, 二二一〇〇マイルの, 二人の, 二冊が, 二十三册は, 二十年を, 二十枚位短か, 二十枚余すっかり, 二句は, 二幕で, 二年間は, 二年間許りで, 二日程の, 二日間今日の, 二晩は, 二番地の, 二箇年の, 二言三言聞け, 二頁或, 五分も, 五字を, 五日と, 五百年だ, 五部に, 亭主と, 人と, 人に, 仔猿が, 仕事である, 仕事に, 仮説に, 何日かの, 使いを, 信者の, 儀式は, 優勢に, 元気の, 先祖は, 入日に, 八丁堀同心と, 六カ月が, 六桁が, 内の, 内二人の, 冷たい風, 凍てつくよう, 出と, 出ばかりを, 出来事だった, 出発が, 刈入時農婦等その, 制服は, 勢いは, 勢いよりは, 十一篇が, 十二週間分の, 十五章が, 十分間くらいは, 十分間を, 十日間は, 半分は, 半年ばかりの, 原因は, 反対者も, 反感が, 句が, 句を, 史學は, 合戦で, 名なり, 名に, 和音から, 問答に, 問題に, 喧嘩腰とは, 四つである, 四五日は, 四分の一を, 四月程は, 因縁に, 図に, 土曜, 執筆で, 報には, 場合の, 境論の, 声と, 変に, 夕刻七時頃, 夕暮れの, 夕焼け時で, 夜に, 夜には, 夜は, 夜中の, 大きい舟, 大きな声, 大胆な, 天つのり, 太陽の, 失敗に, 女の, 奴は, 如し, 妻が, 妻と, 妻は, 婢が, 婦人作家から, 子の日農民争う, 子供, 字は, 完全な, 寒い時雨, 小僧は, 小学校人事異動には, 小説を, 尚書は, 山入りの, 巳の, 幕の, 年に, 年号です, 幾月かは, 座敷へ, 式は, 弱い声, 形で, 御命日, 微妙な, 微風を, 心づもりは, 心持が, 念願の, 思ひ立ち通り此処, 恋にも, 恋人と, 恋女房を, 恨みも, 情愛の, 想像と, 意味が, 意図は, 意気も, 意気込みが, 意気込みほど, 愛人が, 感じは, 感動も, 感動を, 態度を, 慌て方, 懇親会とか, 成分を, 或夜, 戦場落伍の, 戦闘の, 所信を, 手紙と, 手紙ね, 技は, 持ち主の, 挨拶であります, 接触は, 攻め声が, 政治は, 数カ月は, 数年間は, 数日間は, 数語に, 數日間は, 文句を, 文字と, 斬初め, 新甞祭, 新鮮味から, 方が, 方だけ, 方だけは, 方だつた, 方四五枚だけ, 方少し, 方面白い, 日, 日々を, 日からの, 日でしょう, 日として, 日の本の, 日イだけ, 日即ち, 日曜ごとに, 日曜日の, 日蜀の, 早馬は, 昭和十一年一月三十一日の, 時と, 時の, 時代には, 時分そんな, 時期に, 晴れた朝, 曖昧な, 曲線そのものを, 書き出しは, 朔日か, 望みどおり夫婦には, 期間に, 木曜日か, 条件により, 枝は, 條件により, 樣に, 歌から, 歐陽詢と, 此, 武士が, 殺意は, 気勢を, 気持に, 氣力に, 求婚者の, 決心を, 沈黙に, 泰然たる, 活動は, 消息を, 涙凍り, 清新さ横溢性を, 清明節には, 演説を, 無い知り合い, 熱情は, 熱苦しき空, 片山津かな, 牡蠣を, 物理は, 状態に, 状態も, 猿楽も, 珍らしく, 現実に, 甘い相思, 用件が, 申の, 男に, 男の子が, 男も, 白墨の, 目的を, 目算が, 眞面目でない, 祈祷, 祝言は, 神学者, 私の, 程飯が, 空の, 笑声は, 第一回, 精神病院, 約束と, 約束も, 約束通り自由に, 終りかも, 結婚を, 結晶が, 絵より, 総論に, 緑色に, 縁起も, 考えは, 聴衆は, 能で, 自然の, 色を, 若者が, 苦しい而, 落ち着かぬ心, 著しい現象, 薄絹, 虫を, 蚊帳に対して, 街よりも, 衝撃は, 表の, 袷では, 覆面の, 親切に, 観念だ, 言文一致主張者が, 計画が, 計画では, 計画の, 計画通りに, 記事の, 詞, 話と, 話に, 話手は, 説話は, 調子から, 調査では, 議会を, 豫定では, 赤い表紙, 路に, 軌道は, 輪, 辰の, 通りの, 道を, 部分だけ, 部分で, 部分でも, 部分には, 部分より, 重さ, 野菜畠そして, 鐘の, 長官で, 間だけ, 間に, 間の, 間ほどの, 間少し, 間彼も, 間語学に, 関係から, 陣地を, 陰鬱な, 霜柱の, 静かな, 音で, 音律から, 頃からの, 頃が, 頃である, 頃とは, 頃においては, 頃ほど, 頃師匠から, 頃智深, 頃満州へ, 項に, 顔つきは, 願いが, 風刺詩人, 食はんと, 食事に, 驚きと, 鳳来寺には, 黎明期で

▼ 初め~ (1416, 15.0%)

9 誰も 7 それが, それを, 私の 6 何の 5 そんな韓 4 なんの, 冗談の 3 いろいろな, そのつもり, わたしも, 何かの, 何が, 小声で, 民衆の, 自分の, 誰でも, 非常に

2 [76件] いい加減, さう, さすがに, そうだった, そう思いました, そう思った, そう考え, そこに, ただ漠然と, ひたに, びっくりした, ほんとにしなかった, みつは, もつと, ゆるやかに, ホンの, 一つの, 一種の, 一週に, 不安に, 不審に, 二目の, 人に, 人相の, 今の, 伯の, 伯を, 何でも, 何心なく, 何気なく彼, 使ひ, 偶然の, 冗談だ, 冗談な, 処女の, 分らなかったが, 反対し, 可愛う, 唯一人で, 寝言だろう, 少し腹, 彼れ, 思って, 怨めしさうに女教師, 我も, 新聞記者上りと, 普通の, 楊柳で, 此の, 殆ん, 気にも, 気を, 気附かず, 江戸の, 淋しかった, 然程, 父が, 狂人かと, 用心し, 皆な, 盛んに, 私が, 私にも, 空に, 緑色で, 緑色である, 腰を, 自分で, 自分も, 自治法案に, 親類縁者から, 諸帳簿, 負二局目は, 銀閣金閣の, 隣りの, 馬鹿に

1 [1185件 抜粋] あっしも, あなたに, あまり心, あまり相手, ありふれた女らしい, あんなに躊躇, いいって, いかめしい築地, いくら若殿様, いつもたいていそうだった, いやいやながらであった, いやで, いろいろ外国, いわゆる長者, うまく運転, おとなしく寝, おれだらう, おれも, お千代, お役目, お蝶, かう長く, かなり写実的, がみがみと, きわめて弱く, くずや, こう人気, こっちが, この両者, この種, この職人根性, この言葉, これに, これを, ごく側近, さうし, さかんに, しきりに, したが, しとしとと降り出した, しなかったろう, すっかりは, すべての, ずいぶん汚, ずいぶん珍しかっ, そういう気もち, そうで, そう云った, そう見えた, そう解釈, その人, その気, その諧謔, その遺言どおり, その香水, それと, それは, そんなこと, そんな深い, たいしたこと, たいていの, ただの, ただもやもや, ただ単純, ただ本能, ただ私, ただ隣り, たよりない, だれも, ちょっとしたざわめき, ちょっとした風邪, ちょっと事故, ちょっと奇矯, ちょっと気, つとめて, つまみ出すつもり, ですよ, どういう人間, どうしてこれ, どうしても誰, どうせペイペイぢ, どうでも, どうにもできない, どぎまぎした, どこにも, どれも, どんな風, なかなか工合, なにか考え, なに訳は, なんだか薄気味悪く, なんとなく浅草, なんにも言わなかった, にやにや笑っ, はっきりと, ばばの, ひとつに, ひどく叱られた, ひどく疲れた, ふざけて, ほかの, ほとんど不, ほんとうに, ほんとに愛嬌, ほんのいっとき, ほんの暑, まあその, まさか自分, まずそんなふうに子供, まず漠然たる, まだ寒く, まっすぐに, みな同じ, みんなだまっ, みんな撃剣を, むろん砂, もちろん油断, やっぱりさっき, やはり同じ, やはり村, やはり秦人, ゆっくりと, よく分らなかった, わからなかったそれから, わくわくしてる, わざと自分, わたしの, わりに真剣, アフリカの, エトナを, キヤベツの, ギルド的な, ステムボーゲンを, セバト連嶺を, ドイツ人に, ビックリしました, フラスコの, ブルジョアジーの, ポルトガル語で, マカロニ箱に, モール人の, ラテン区が, 一つであった, 一二匹であった, 一人の, 一向要領, 一寸した, 一日に, 一笑に, 一般の, 一闡提を, 万吉も, 三回ほどに, 三木哲学を, 下らん印度美人, 不審した, 不愉快で, 不愉快らしかった, 世間の, 中, 主としてキャヴェンディシュ, 九月だった, 乳により, 事物の, 二人で, 二十八宿なりし, 互に保留, 五千ありゃ, 井筒屋の, 人が, 人人の, 人物より, 人間を, 介抱し, 仕立屋であった, 仲猿楽町に, 伊達と, 低い地位, 低声, 体積及び, 何かが, 何だかわけ, 何だか異人, 何と, 何となく頭, 何とも思つて, 何んとも, 何者とも, 使用法を, 信じなかったが, 信じ通俗大学, 俳句の, 俺だ, 個人の, 傲慢な, 僕は, 元気な, 先生の, 先生も, 全く病室風, 全く静, 全身の, 其処まで, 冗談かと, 写したに, 切り口が, 切實な, 初春だけ, 判らなかったが, 別に考古學, 助作どのが, 勝手仕事や, 勾股玄のみ, 北海道で, 医者にも, 十三名であった, 千円の, 半信半疑であった, 単に狭義国防, 単純に, 厠へでも, 反對, 反逆者の, 古人の, 只なんとなく彌一右衛門, 只気味の, 吃驚致しました, 同じ混乱, 同好の, 呆然として, 呼んだが, 哀願する, 唯不思議, 商業方面の, 善いこと, 喫驚し, 嗜むでもの, 四本足次に, 困りました, 土津公羽州最上に, 坊さんが, 城下詰の, 墨夷を, 声を, 外国の, 多く支那, 多寡を, 多少伸び悩む, 夜遅く, 夢うつつで, 夢中で抱え出した, 大して気, 大事を, 大唐文化, 大学を, 大野の, 太古の, 奪う愛, 好い加減に, 妓たちも, 妖怪の, 嫌な, 嬉しまぎれ, 子供に, 孝経で, 官吏であった, 実に右, 家に, 家人に, 容易に, 富士山へ, 寝たふり, 尊皇討幕で, 尋常に, 小さい家, 小さく兜虫, 小さなもの, 小じんまり, 小手調べ結ん, 小鳥の, 少しむずかしかっ, 少し手持無沙汰, 少し気, 屋根から, 山火事かと, 峻厳だった, 工合が, 左まで, 常の, 幅が, 平ヶ岳に, 平野村寄りから, 幾らか好奇的, 店の, 弥陀の, 弱くしだいに, 強硬に, 当惑そうに, 形の, 彼らの, 彼を, 御城番, 微々たる一滴, 微酔気味であった, 心にも, 必要に, 快不快, 怒って, 怖かった, 怖ろ, 思想的同感の, 急湍であるごとく, 恋を, 恐らく自分, 恐る恐る偸, 恥ずかしがっ, 患者の, 悲しく思う, 意味が, 愛子とは, 感ぜざりしが, 慈愛の, 慰み半分に, 成瀬正一君に, 我々は, 戦争どころか, 戯れに, 戯談の, 手を, 手術室から, 指南だけ, 支那でも, 政治宗教哲学科学工芸美術何くれと, 数十疋の, 文学者に, 断って, 新仏の, 日常茶飯の, 日本の, 日本文のみで, 暑中休暇に, 暫らく水へ, 最も選ばれたる, 朝夕に, 本場の, 本気でも, 柔和な, 格別に, 棒を, 楊子入れ位から, 極く詰まらない, 極りが, 楽しげに, 標準語で, 橙黄色だ, 欲しくねえと, 武人の, 武蔵野の, 比較的容易, 気づかなかった, 氣に, 江藤氏の, 油断ならぬ, 洛陽へ, 浮かなかったが, 海中では, 海賊に, 渋々でした, 渡り党, 渾沌として, 滑稽なる, 漸く踏み分けた, 火の, 無意識的に, 無論何, 父親の, 片目を, 特別の, 狐か, 独化の, 猿真似に, 王莽董賢劉, 現在小, 生きながら, 生徒の, 甲羅が, 畏こまつて, 異様に, 疑って, 疑惑の, 発見者だ, 白き山梔, 百歩を, 皆の, 皆異様な, 盗み見だった, 相当に, 相手に, 真つ, 真直に, 矢代も, 矢来の, 知れて, 石か, 石器と, 硬直した, 確か十一時半頃だったろう, 祖母さんなぞの, 神の, 私から, 私で, 私も, 私等の, 空腹の, 立ち聞かれる, 竹簡に, 笑つて済まし, 笑顔も, 範頼の, 経済や, 緑色な, 緩やかに, 美和子かと, 耳に, 耳の, 耳朶の, 職務上から, 脱兎の, 腑に, 腹立たしくも, 自信が, 自分でも, 自尊心の, 自然に, 興味を, 船は, 良人を, 色の, 苛立った簡単, 苦々しいと, 英文学を, 草履取りより, 蕨岡の, 藤島武二や, 蛇の, 行きたがるが, 衰亂の, 裁縫工場に, 西洋人が, 覆面を, 見えなかったが, 見すぼらしい毛深い, 見た目は, 見込みの, 親戚にあたる, 言つてゐた, 詞もて, 話すこと, 話の, 誰かと, 諳記に, 謳ふ, 豆ツブほど, 貴族と, 資本が, 起上る事, 足軽それから, 踊り次ぎには, 軒, 農業者によって, 近より, 迦葉が, 道心を, 遠ま, 邪神セットの, 釈迦が, 金箍を, 鉱山の, 長崎の, 間が, 限られた郷党, 随分別嬪, 随分突飛, 離れたところ, 雲の, 零下二十度乃至, 青く次ぎ, 面白いから, 面白くやつ, 面白半分, 頓と, 顔を, 風の音かと, 食料品店の, 驚いたよ, 驚きつづけた, 鮒ハゼなどで, 鳴雪翁の, 鷺助と, 黒布で

▼ 初め~ (941, 10.0%)

10 なると 7 私は 6 なって 5 出て 4 それを 3 一週には, 戻って, 於て, 申して, 私が, 自分の, 見て

2 [47件] お話し申した, くれるの, この話, これを, して, ダルメイダを, 三津子さんから, 云ったこと, 云って, 云つた, 來た, 先生に, 入って, 出來, 出発した, 初日を, 前借してる, 友を, 呼びかけた男, 四五通の, 多くの, 子供らを, 岸がんの, 島中の, 当って, 当っては, 彼は, 思ったこと, 持つてを, 指摘し, 描いて, 数字上の, 於いて, 書いたやう, 来た時, 東京を, 溯って, 発表した, 科学の, 綏撫手段を, 自分で, 行は, 言ったよう, 言葉あり, 載って, 述べたよう, 述べて

1 [794件 抜粋] あがって, あげたわずか, あげた詩, あたりては, あなたも, あの花びら, ありしもの, ありますので, ある, あるその, ある夏祭, ある幽霊滝, ある芳一, いたましや, いつたい何, いろいろの, おめ, お延, お染, お毒見, お目にかかりましたの, お聞きした, お見つけ, かえって冷, かえるの, かりそめ, かれは, くるよう, こういう理論, ここへ, ことばあり, このこと, このほう, この中, この道徳, これこれ出, これも, し, しないかと, すぎないの, すること, する行事, そのこと, その一年, その年, その曙, その紹鴎, その規模, その話, それまで, それらの, ただ一つ, ちょっとした変動, ちょっと会釈, ちらと, ついお礼, つかんだとおり, つけたマルコ, てめえで, どう云う, どっちが, なぜわたくし, なった時, なりましたそう, なるの, なんとかいう, はっきり断わっ, はっきり申し, ひろく云い触らされた, ほかひせられた, まず帝, まず鉤, まやの, もくろんで, もっと家賃, やったよう, やっと出かけた, やはり父, よく研究, よごれが, わたくしが, アルブケルケが, イタリーや, ウュルフェル宅で, エデンの, キリスト, スイスに, タンプルに, チパングでは, チャンと, デビーの, ドイツ語の, ニーチェと, ファラデーは, フランス文学から, ブウエリエ自身の, ボンヤリし, ラテン文からの, ルパンは, ロシアの, ロンドンの, ワキ・ワキヅレが, 一先づ東京へ, 一度行, 一方の, 一般的なる, 一軒の, 丁を, 七日だけ, 三番叟を, 上がった人, 上枝が, 下手な, 下谷の, 世界が, 中村座の, 主として社会, 之を, 乱暴を, 予想した, 事有を, 二人は, 二個の, 二十スー出し, 二度の, 云いますが, 云ったでは, 云った常識, 云った通り, 五弁の, 五疾の, 亘つて荒れた, 人人が, 人間老幼男女つんぼ, 以仁王の, 仰っしゃった, 会つた眼の, 何とか断る, 何の, 何年と, 何晏, 作った電気機械, 作者に, 來る, 信長は, 俸給の, 倭文子が, 停車場附近の, 偶然ちょっと, 僕が, 僕に, 先づ, 先生が, 兎を, 全國學堂總要, 八橋から, 兵火の, 兵馬が, 其処を, 其年の, 其美點を, 兼好法師の, 内の, 円理で, 再び説教, 処女の, 出したの, 出した手紙, 出しては, 出すため, 出来たの, 出来た石, 出来上がって, 出産の, 出発し, 出雲大社から, 分析しよう, 初茸が, 別れちゃったわ, 到る文明急転, 剣道の, 劉表の, 北堀と, 十円か, 南の, 参った女御, 取れる果実, 口を, 叫んだ言葉, 召集令の, 史邦の, 司令官は, 各室の, 吉林の, 吐いた血, 君の, 吸取紙, 呉, 咽喉を, 唱え出された時, 噂の, 囃して, 四カ月の, 四国へ, 固くことわっ, 国守の, 城下から, 堅く志, 増大し, 変わった態度, 変わらなかった, 多く暴力, 大学を, 大森から, 天狗の, 天皇陛下が, 契約した, 女中が, 女主人公, 娘を, 子供たちが, 定本を, 宮方と, 家で, 尋尊大僧正は, 小さな船, 小栗栖の, 小田原の, 少し余分, 尼姿で, 居た一室, 岐阜の, 岐阜まで, 島へ, 島原半島の, 帰って, 帰るが, 帰国した, 幕府で, 幼稚であった, 幾種類かの, 庭の, 廃寺に, 建てられた貴族的, 廻して, 引用という, 強く言, 当つて, 彼が, 彼とも, 必ずする如く, 念を, 思いついたん, 急死した, 急激に, 恋は, 想像し, 意志を, 應天門を, 戀ひ浸, 成効の, 成效の, 戦って, 戻した, 戻して, 所謂技術家が, 扇形集合を, 手を, 手習い学問の, 打ってたらあべこべ, 把握し, 拙者の, 挙げた火の手, 据ゑて以後年代順に, 捻ったスイッチ, 接するもの, 接近した, 掲げて, 掲げます, 援用した, 支那人が, 改版を, 断って, 断わって, 新たに, 於ては, 於ても, 旅行の, 既に見え, 旧い作, 早くも, 早く白状, 書いたああ, 書いたので, 書いた一九〇九年, 書いた嘗て, 書いた昔, 書いて, 書かれて, 會つたのだ, 有名な, 本当に気づいた, 村人の, 村及び, 来しわれ, 来た女ら, 来るという, 来る神, 東京に, 根こそぎ洗, 根こそぎ洗い出し, 楓が, 概論が, 模写調子わるく, 機山が, 機械の, 欺き遂せて, 歌い後, 歌って, 此の, 此三神自ら天の, 歴史社会的に, 歸京し, 殷, 母に, 母親によ, 比べると, 比べれば, 気づくの, 永久の, 江戸に, 決定し, 沈んで, 注文した, 洩らす言葉, 涌谷さまは, 清三が, 清濁相対する, 溜り込んだ疲れ, 滋幹が, 漸く豊後, 火鉢茶ぶ, 然るべき武士, 父が, 片付けて, 物理的に, 物質が, 猿と, 現われた天才サディ, 生まれたため, 生る後本, 生れた彼女, 甥を, 田の, 甲谷を, 申し上げて, 町, 當り, 疑って, 疑惑を, 登が, 登場した, 皆美人だ, 皿を, 県知事に, 眼に, 着くの, 知ったの, 知って, 知行所へ, 社会に, 神が, 福禄座として, 私たち若者が, 私を, 穴は, 空か, 突然彼, 立ち帰りまして, 立戻る, 笑ってた人々, 管輅が, 粥を, 約三千三百十一万, 細い六角柱, 紹介しよう, 綴込んであります, 編まれたもの, 編纂され, 總論の, 織物を, 義統は, 老年の, 考えて, 考え出したやつ, 聞いたとおり, 聽い, 肥しを, 膨れて, 自ら應爲に, 自ら探検に, 自然弁証法と, 自然弁証法に, 至っては, 至つて東京朝日新聞週刊平民新聞の, 至つて此奴隷經濟が, 至る八か月間, 至る迄, 舞へ, 舞台の, 苗字を, 若衆は, 苦しい少女時代, 英也と, 英国の, 蒸気の, 行はれる, 行為が, 衛星内に, 表を, 裁判を, 見いだされた華麗, 見えたの, 見たと, 見たとき, 見たゆき子宛, 見た新しい, 見た者, 見つけた時, 見に, 見付けたの, 見出した一本, 親たちの, 親方の, 角板を, 言うた桃, 言ったか, 言った窓, 言って, 言つた彼女の, 訊ねた, 記したから, 訪ひ, 設計された, 詩人小野湖山の, 話した静岡, 話しました一ばん, 誓ッて, 語ったこんな, 読んだの, 諸新聞, 謁見式みたいな, 謝絶すれ, 讀むに, 讀んで, 豚吉を, 豫定し, 買って, 起されたとき, 軽井沢に, 較べると, 轟々と北風, 辞退しなかつた, 辭表を, 述べた, 述べたかの, 述べたと, 述べた大祓, 追放の, 逆戻りし, 透視の, 逢つた時が, 運ぶ空気, 運んで, 遠くの, 還ること, 金剛座上で, 金品などを, 釧路に, 長い波, 開いた第, 闕腋を, 防ぐ, 附くホテル, 隆起し, 隋書の, 雅邦先生の, 雇われたが, 霜柱の, 風邪を, 飄然と, 飲め飲め酒, 餌食の, 首領高橋多, 馬場殿へ, 馬超の, 驚いた, 高所から, 鸚鵡小町の, 黴毒菌染色法として

▼ 初め~ (221, 2.3%)

20 のは 16 のである 11 のであった 5 のだ, ものだ 4 がそれ, のです 3 ことが, のだった, 頃である, 頃の

2 [13件] ことは, ことを, のが, のであつ, ので私, のを, ものである, ものです, ものに, ように, 曲は, 緑色の, 許り

1 [118件] あかしである, お断りを, か, かという, からである, かわからぬ, か判然, が, がこれ, がその, が何故か, が夜明け, が彼女, が村長, が栗鼠, が案外, が榎, が田舎, が畫, が碁, が驚いた, ことである, ころ, ころの, ころ突然, じゃ御座んせん, その最初, ただ今井, ために, という伝説, という悶え, と云, と思う, と言うだろう, な, に於, のかい, のかも, ので, のであります, のであろう, のでございます, ので伝六郎, ので僕達, ので又野, ので未だ, ので漁師連中, ので皆眼, ので直に, ので老, ので隆造, のと, のには, のに変, のも, は郭公, ばかりの大阪, ほどの宵, もので, よ, ようだった, ようである, ような, わけです, わらびの, んです, 一行は, 三十年前からの, 事も, 今朝は, 儀礼が, 叡い光り, 古着屋が, 大衆文学からの, 妙義の, 山紅葉より, 後に, 性の, 所です, 旅人の, 日から, 日に, 日の, 星の, 昨年の, 時でも, 時代に, 時分それから, 時分ほんの, 時急に, 晩酌の, 最初の, 朝の, 木々という, 柳の, 灰色の, 牛込見付の, 琴を, 瑠璃子は, 目標の, 福神漬の, 私は, 空から, 空に, 絶体絶命の, 自動的貞操を, 花の, 芽が, 計りです, 頃で, 頃な, 頃には, 頃低い, 頃河野は, 頃順造は, 麦畠の, 麦畠は, 黒い黒い煤煙

▼ 初めには~ (119, 1.3%)

2 いって, それを, もう白木, 花の

1 [111件] いきなり酷く, お目, こう早く, すぐ病体, そういう方向, そこの, そんなこと, たうとう, ただ執り, ちと大役, どう思つて兄きがさ, びっくらしたけれど四たび五たびと, ますます深刻, まだ関東, まとい, もはや上京, よほどの, わざと敵, エクーアン市も, ガゴを, コイルの, ソヴェト同盟にたいする, テワンテペク地峡に, ビレラの, フロイスや, ブエノスアイレスの, ローマに, 一党の, 三箇に, 上演された, 不吉として, 不死の, 予期しなかった, 事実二つとも, 人口が, 以前世話に, 信玄の, 信長は, 先づ何だか, 公娼の, 再びローマ, 再び門司, 双脛, 古い名, 只今の, 同じよう, 君等の, 四インチ四方の, 回礼者が, 土地の, 外蛮が, 多少の, 女房は, 実際逆転, 対山館へ, 将軍が, 山の, 帰って, 幡其物に, 彼も, 後にマルタン, 御受け, 御地へ, 必ずおいで, 必宣命を, 忸怩として, 指導者と, 政友会代表の, 文字が, 既に, 既にあ, 既にこの, 既に亡くな, 旧社会, 早く白鬚橋, 時候の, 柑子とか, 椿の, 歌, 此の, 毎日事務所へ, 江戸の, 父の, 物忘れが, 物質は, 狩野老人の, 男の, 當時の, 疫病が, 發足しよう, 相手の, 私の, 私は, 突如と, 竿を, 第一種, 納経所の, 緒に, 織田信長が, 船の, 船岡へ, 裁いたもの, 裁判所には, 西方スペインに, 詩でも, 誰も, 諸侯の, 遂に成功, 頭を, 風呂にも, 飢饉の

▼ 初め~ (108, 1.1%)

4 する, 終りの 2 し, し他, し四五人, なった, なって, 終りで, 終りとの

1 [86件] いいあるいは, いうのに, おしまいの, しいずれ, した諸, しなければ, しまいとに, しまひとでは, しやや, しろくろく, し一味, し不動明王, し五畿内その他, し各科學生, し同, し四人, し多く, し弟子若党使僕, し既に, し時政父子, し有馬, し木の葉, し林大学頭, し番頭小僧女中, し番頭手代多勢, し神田牛込, し紀清, し美妙, し船中, し谺, すこしも, すべきであらうが, すると, するの, する七人, する十二支, する日本, せられる經驗論, なすべきである, なす當時彼, なつた, なりたれども, なり一寸先, 云つて夜の, 写し終りとは, 半ばとの, 同じよう, 同じ勢, 同じ時刻, 変りが, 変わらず子, 定めて, 尋ねるならば, 小正月前後に, 後とでは, 打って, 推定せられ, 書いて, 月末の, 決まって, 決められたの, 為ししが, 父母を, 独頭かく, 異る, 盆前の, 看做されて, 神の, 称して, 終とが, 終とに, 終りが, 終りとが, 終りとを, 終りには, 終りを, 終わりに, 終わりの, 終わり頃, 考えて, 考へても, 見て, 言って, 言つてた, 言は, 記憶し

▼ 初めより~ (105, 1.1%)

3 一定の

2 [12件] わが味方, 一歩も, 一致したる, 之れ, 京の, 伊藤侯の, 大を, 正人君子を以て, 終わりまで, 覚悟し, 閣下の, 非難もし

1 [78件] ありし罪, して, すこし声, せぬこと, その不品行, その年齢, その身の上, それだけで, そを, 一定不, 一毫の, 人を, 今の, 他の, 俄かに, 備えたる欠陥, 光代は, 其を, 十倍もの, 十八九字又は, 各船長, 同等であり, 含まれて, 商業家, 夢の, 天然美を, 如何あらん, 始終黙然, 学徒の, 巨井を, 己れ, 後に, 怪しげに, 惟へ, 意を, 持つこと, 政友会を, 政友會を, 教育と, 明け放ちありて, 是の, 暁夕毎に, 松陰の, 桑中の, 歌友吉植庄亮君と, 此上を, 武力侵略を以て, 歩が, 殊なる, 無事に, 独り暮さん, 生の, 病に, 目あては, 目科の, 相互に, 真面目に, 矛盾せる, 終まで, 終りまで, 絶対的に, 絶對的に, 続いて, 羽檄四方に, 老成に, 自己が, 討幕家たらざりき, 討幕家に, 誤謬である, 調和した, 諸種の, 議会の, 議會の, 貴方を, 避暑に, 部面廣大なる, 降つて, 高氏も

▼ 初めとして~ (103, 1.1%)

1 [103件] いろいろの, お得意, かみさんに, この塾, その他の, その例, その後も, その後連年, そんな処, ちょいちょい持っ, また並ぶ, また明治維新当時, タイピスト事務員女教員なぞ, トルストイ的人道主義の, トーマス-モーアや, ライン河畔や, 一ツ打たりと, 一切の, 一族の, 三つか, 三河武士の, 丹波摂津伊勢伊賀などの, 丹生川平の, 之を, 二年三年の, 五十個以上の, 人々が, 今度王様が, 今日だれでも, 伝へられて, 何に, 何人もの, 先祖代々の, 全く消極的, 全国に, 別に何, 副使以下小者まで, 加治わたる, 北海道青森秋田岩手などに, 医務局の, 十中の, 各首脳部, 同族の, 呉一郎モヨ子八代子と, 多くの, 大乗の, 大臣将軍等の, 天真正伝神伝流の, 女二の, 子供を, 学術文芸に, 家庭の, 寄つてくる, 履を, 市当局の, 平民社の, 幾多の, 恨み重なる探偵, 或る, 支那の, 数品が, 新しい東京八景, 新に, 新進気鋭の, 日が, 有馬における, 東京市内各所の, 極めて豊富, 殿上役人高級官吏は, 水夫長火夫長から, 河野に, 法相逓相に, 法螺忠や, 無形の, 猛き, 甚だ強く, 生活と, 産養を, 画家だ, 番頭格の, 皆パッ, 相当数が, 知行高の, 社会科学に関する, 神田孝一林勇造其の, 科学芸術道徳が, 種々審議, 総て弾疵十七ヶ所に, 織物砂糖酒ガソリン印紙煙草等々の, 義雄の, 脂じみた, 自分を, 色々尤も, 行動された, 裁判官や, 見物の, 親戚の, 諸見物, 近くは, 都下の, 附近の, 集まって, 麓の

▼ 初め~ (82, 0.9%)

2 でした, のこと, の事, までの間

1 [74件] かと存じます, から, からこの, からであった, からとんと, からのもの, からプティー・ピクプュス, から今日, から伊丹, から八橋, から始まる, から小寺一族, から既に, から日田, から時々, から洛陽, から父, から現代, から閑, から静山, この部屋, だった, だったかな, だつたか, ちょっと用事, であったけれども, であらう, である, であれば, でございました, でもあったろう, とすれ, と思われる, におけるこの, にかけてで, にかけて妾自身, にこれ, にその, にそれ, になりまし, には何, には廃業, には道, にもう, に出, に十一代将軍, に建てられた, に書いた, のある, の人, の残暑, の段階, の真澄, の茹, の話, は今更, は僕ら, は甲比丹, は立慶河岸, は陶磁史, までなら, までにはほぼ, までに戯曲家, まではここ, まではこっち, までは人家百軒, まで不, まで当, まで来, もとめ, より沈痛, より鎌倉表, 某百貨店, 迄に小さな

▼ 初め~ (73, 0.8%)

10 あつた 4 おざりました 2 あらう, ござります

1 [55件] あの大きな家, おきよさん, ここでも, その後も, それからずうっ, それから同, それから方々職, それが, それ以来僕の, でも, なんでも, また終り, フリギヤ人は, ロンドンは, 一ヶ月ほど, 上野は, 主に, 二夫人の, 京都では, 今は, 今も, 何となく騒々しい, 何卒, 先刻猪之, 其が, 即ち宋, 同時にこの, 外国奉行を, 多分又, 大きな株, 女故, 御座つた, 旅に, 春雨も, 東山に, 歌舞伎座は, 此時代は, 水の, 永久会員も, 洗礼を, 浪士の, 発達が, 県下に, 空気は, 第一日, 美しい日, 自意識は, 英国の, 袷の, 近村の, 銀子が, 長崎を, 霜が, 頭中将が, 鵬斎は

▼ 初め~ (71, 0.8%)

2 からだれ, から壊れ

1 [67件] から, からあすこ, からいっとく, からいる, からうまく, からお前, からお話, からきらっ, からこう, からすき, からずっと, からそう, からただ, からだ, からなかっ, からなかなか, からやらない, からわかってる, からモスク, から一人, から上機嫌, から争議なんど, から云う, から云っ, から企ん, から何, から俺, から僕, から出てる, から出来ない, から分ってる, から固く, から坑夫, から失恋, から奥さん, から奥様, から奴隷, から寄り道, から小声, から左, から幾度, から惚れ, から愛, から承知, から来ない, から来やし, から気がつい, から生, から生じ得なかったろう, から生まれ, から申し上げましょう, から眼, から知っ, から私, から自分, から藁, から蜃気楼, から言ってる, から訳, から認め, から諒解, から開けっぱなし, から馬鹿, から駄目, から騒ぎ, 方, 方に

▼ 初めからの~ (55, 0.6%)

10 ことを

1 [45件] お約束, きこりとは, ことで, ことの, べつに, イブセンの, 主目標, 予定だった, 信条であり, 呼び癖, 報告を, 妻は, 家賃を, 希望である, 後醍醐方でも, 志望と, 志望どおりに, 懇意さから, 方へ, 方針として, 本意でも, 条件な, 浮浪人も, 目標と, 目的であった, 眼を, 約束が, 約束だ, 約束で, 純然たる, 行きがかり上野村に, 覚悟の, 観点は, 言葉の, 計画か, 計画で, 話を, 詳しいこと, 調書を, 貴族に, 金て, 鉄則である, 願いです, 願いは, 顛末を

▼ 初め~ (41, 0.4%)

5 見よ 2 聞いて

1 [34件] あげたあの, いえば, いたします第, くり返しもうひき終える, これで, した色道伝授, して, してから, しました, たずねれば, なす, まさに重大, やりその後, 世間の, 人に, 仏を, 作ったの, 参考までに, 周瑜公と, 声高に, 少しも, 幾度か, 待ちながら, 思い出した, 曙覧二十五・六・七歳頃からと, 書掛て, 楽しむと, 温祚で, 統べて, 見ると, 言えば, 説くもの, 説く様, 説く物語

▼ 初め~ (38, 0.4%)

2 はその, はただ, も其向う

1 [32件] が, が家, が御, が徹夜, が話, と同じ, には思われた, のこの, の元気, の十三歳, の横腹, は, はかう, はこれ, はばかげた, はひどく, は中学校長, は先方, は受取った, は壁, は大して, は帰省, は日本プロレタリア文化連盟, は現在, は終り, は絶頂近く, は脇村先生, は蓮, は題簽, は驚き, も檀家總代, を飛びつかせた

▼ 初めごろ~ (30, 0.3%)

2 であったかと, のこと

1 [26件] か, からあんなにやいやい, からいくつ, からこの, から唐船, から病気, すこし熱っぽい, であって, と考え, には, に人物, に出かける, に女, に官林, のもの, の事がら, の人, の野外, は, はまだそれほど, まさしくあの, までさかのぼっ, までにはもう一度, までに小さな, わちき, 既に先

▼ 初め~ (27, 0.3%)

2 とは思はない

1 [25件] あな, かそんな, から, からお, からもっと, から一とつ, から分らね, から百分の一, がその後, がそんな, けれど棗, そうです, つたのか, とある, ということ, という訳, といふ, とも言いたい, と云っ, と云われる, と信じ, と見え, と言, と説く, よもっとも

▼ 初め~ (24, 0.3%)

2 最も多い

1 [22件] あるさ, あるといふ, あれば, あんなこと, くやしいただ, スープそれから, 一番大切でございます, 一番色が, 何か, 十日の, 即ち此春色梅暦, 受け継ぎ受け渡され夏, 大事だ, 大事で, 娼妓買の, 悪い, 朝で, 甚しかった, 終り, 行はれた, 違つてゐ, 養母それから

▼ 初めにも~ (22, 0.2%)

2 池の, 申した通り, 述べた様, 述べた樣

1 [14件] いひましたやう, いふ通り各人の, いわゆる時候, チが, 云つた通り詮じつめれ, 夕立めいた, 後にも, 断わって, 申上げた, 言行齟齬し, 記した通り, 詳しく申しました, 貴重品を, 述べたやう

▼ 初め~ (21, 0.2%)

2 の言葉

1 [19件] が學校, のそういう, の体操狂い, の強情, の道理, の顔, はあなた, はたんに, は出来る, は喜び, は城下, は妻, は宮原俊彦, は宿所, は寒気, は寒氣, は旅, は氣, を愛し

▼ 初めこの~ (20, 0.2%)

1 [20件] イデオロギーは, 事件に関する, 佛法僧といふ, 勝三郎は, 地を, 学校を, 家へ, 年の, 店の, 庭の, 怪物は, 旅を, 時代の, 概念を, 比叡山に, 無動寺へ, 現象ある, 皓潔玉の, 真下の, 鳥を

▼ 初めその~ (20, 0.2%)

1 [20件] 一味の, 任に, 何の, 何處に, 信號が, 前の, 友の, 問題を, 店の, 従兄の, 教会の, 文化を, 母親や, 法師が, 空いっぱいの, 籐椅子が, 結願の, 花やかな, 著書を, 青年団の

▼ 初めそれ~ (19, 0.2%)

2 とは全然

1 [17件] が何, が宿存萼, について異様, に荷担, をそのまま, をベルゼブル, を予期, を云, を叱, を怒った, を手, を断ろう, を氣味わる, を着る, を笑っ, を認めたくなかった, を過度

▼ 初め~ (17, 0.2%)

4 なく終り 2 はても

1 [11件] あまり人の, いつの間にか自分, しないで, せぬ野山, その後も, なく果て, 中頃も, 或少, 終わりも, 総てそれを, 至って温和

▼ 初めにかけて~ (16, 0.2%)

1 [16件] いわゆる梅雨, でしょうな, わりに暖かい, オマル・ハイヤーム熱は, ベルリンで, 多分その, 夜晩く, 居た東西, 後代とは, 持った歴史, 支那人の, 文学主義と, 最後まで, 浜松の, 町内の, 高遠城の

▼ 初めである~ (14, 0.1%)

1 [14件] からその, から森, から第, がこれ, がそれ, ことが, という, と云われ, と思ふ, と答, のでわたし, カントは, 上に, 段階と

▼ 初め自分~ (14, 0.1%)

1 [14件] がその, が草, であんなに, に考え, の不遇, の勉強, の周圍, の哲学, の盃, の目, の耳, はこういう, をへこます, をやけくそ

▼ 初め~ (14, 0.1%)

2 藩の

1 [12件] 他の, 先生の, 動物に, 外国の, 大名は, 大官が, 天使諸, 奉行の, 官衙や, 将たちが, 将退却の, 采女と

▼ 初めまで~ (13, 0.1%)

2 私は

1 [11件] いた赤城坂, ざっと五十余日, ずいぶん長い, つづき少年時代, 下痢で, 掛けてが, 栄えた, 渋谷村の, 相当に, 絶えず相, 蚊を

▼ 初め~ (12, 0.1%)

7 かけて 2 かけての 1 もどること, 掛けて, 逆のぼっ

▼ 初めまして~ (12, 0.1%)

3 お目通り 1 お目にかかります, ね前, まアこっち, エ, ナニ二三日の, 僕は, 孝助殿は, 愚老は, 私は

▼ 初めわたくし~ (12, 0.1%)

2 は壽 1 がその, の船, はその, はほどなく, は六七年前, は十, は只, は当地著, は松陰, は澀江抽齋傳中

▼ 初めたる~ (11, 0.1%)

1 [11件] お静, がそが, がため, の状, ものに, もまた, も自ら怠り勝, 建武中元二年に, 恋人と, 者なれ, 蘆荻の

▼ 初め~ (11, 0.1%)

2 から考へ直し 1 から, からこの世, からどうせ, から一言, から世間, から別にどう, から手品師, から生活, から石塊

▼ 初め~ (10, 0.1%)

1 が同胞社, の妻, はあすこ, はそれ, はただ, は兄, は大森辺, は彼女, は火山, もびっくり

▼ 初め多く~ (10, 0.1%)

1 のクリスチャン読者, の同人, の婦人連, の学者, の室, の文人, の有力, の諸, の非, は皆

▼ 初め~ (9, 0.1%)

1 あぢさ, つぼみに, 八月末の, 意を, 最初の, 様子なりし, 法事も, 空に, 非行本として

▼ 初めとは~ (9, 0.1%)

1 いいながら, いえ雲, ちが, まるで反対, よほど顔ぶれ, 云いながら, 全く別個, 恐らく交歓, 知るよし

▼ 初めにおいて~ (9, 0.1%)

1 しかも努力, それは, イタリーにて, ドイツ諸国は, ルクレチウスは, 徳川親藩の, 現実は, 西洋の, 非常な

▼ 初めます~ (9, 0.1%)

1 から, と, と不思議, と暫く, のでその, のでアラカタ二三杯位, わ, 時など, 時は

▼ 初め~ (9, 0.1%)

2 の友達 1 の中等程度, の動物, の同, の四名, の大身, の藩, の諸君

▼ 初め~ (9, 0.1%)

1 いつくしみ深い, 一同の, 夫婦連れで, 当主の, 改政の, 書院番の, 満堂よろしく, 親類衆様方へ, 隠居様にも

▼ 初め~ (8, 0.1%)

1 俊が, 信の, 勢が, 手紙を, 文は, 浜たちは, 生まれに, 絹お

▼ 初めそう~ (8, 0.1%)

1 いって, して, だっていう, だ八月, にいきまきだした, に見えた, 思って, 言われたなら保釈願

▼ 初めだった~ (8, 0.1%)

2 と思う 1 がその間, がまだ, と思います, に違い, のさ, のだ

▼ 初めであった~ (8, 0.1%)

2 がその 1 かも知れない, が, が今, が君江, と思う, と覚えます

▼ 初めでも~ (8, 0.1%)

2 ある 1 あつたらう, あり終り, あるまいが, なければ, なんでも, 子供たちが

▼ 初めない~ (8, 0.1%)

2 では 1 うちに, か, つて, と私, のみならず, んだ

▼ 初め~ (8, 0.1%)

1 に竈門山宝重寺, に行く, の御堂, の方, の花, の雑木, の雜木, を尋

▼ 初めこれ~ (7, 0.1%)

1 で文部省式, はこの, を処女作, を支那, を縮刷, を過重視, を長井金風さん

▼ 初めたり~ (7, 0.1%)

1 したが, しや, 九時十分南嶽の, 午後二時三十分黒煙白煙全山を, 和気藹々である, 戰はずし, 而し

▼ 初めであり~ (7, 0.1%)

1 あるいは少なくも, その作る, また最後, 万象の, 又終り, 母胎である, 終りである

▼ 初めでは~ (7, 0.1%)

1 あるが, あるけれども, ない, ないかと, ないと, なかろうか, なく終局

▼ 初め~ (7, 0.1%)

1 のが, のだ, のです, ので格別, ので麦, んです, 遊戯に

▼ 初め~ (7, 0.1%)

4 がった 1 がったん, がった好色漢野郎, アがる

▼ 初め一同~ (7, 0.1%)

1 がどうして, がやんや, の者, は一時, は予, は此役, は黙然

▼ 初め彼女~ (7, 0.1%)

1 に余り, に惹きつけられた, のところ, の言う, はそれ, は住居, を見た

▼ 初めその他~ (6, 0.1%)

1 いろいろの, に今, の医学的拷問法, の女, の第, の都市

▼ 初めたん~ (6, 0.1%)

2 だ, だね 1 だから, だがさつぱりはやらないさうだ

▼ 初めほど~ (6, 0.1%)

1 いやで, 感ぜずに, 戸締りを, 手詰りでなくなった, 睦み合っては, 頼もしい人

▼ 初めました~ (6, 0.1%)

1 があ, が何しろ, が全く, が其聲, ので今にも, ので困っ

▼ 初めまだ~ (6, 0.1%)

1 山々の, 温度が, 熱心な, 藤蔓の, 門松が, 馴れない時分

▼ 初めよりは~ (6, 0.1%)

1 だんだんうまく, よくなった, 半減し, 多く曲がりくねる, 少なくとも十三年前, 当然減っ

▼ 初め~ (6, 0.1%)

1 からここ, から僕, から怖, から承知, から睨ん, から聞いたら

▼ 初め二三~ (6, 0.1%)

1 の刑事達, の老人達, の者, の著名, の重職, の陸軍

▼ 初め二人~ (6, 0.1%)

1 が室, とも死罪, の女, の客, の書記役, をこの

▼ 初め京都~ (6, 0.1%)

1 で聖週, にをつて後伊賀, に入, に出, の本圀寺, の街

▼ 初め~ (6, 0.1%)

1 いよいよ不思議, が時節柄, の者, はやっぱり, は便所, 少しずつは

▼ 初めてる~ (5, 0.1%)

2 うちに 1 じゃありません, に違い, 頃だった

▼ 初めなけれ~ (5, 0.1%)

2 ばならぬ 1 ばその, ばならない, ばなりません

▼ 初めなり~ (5, 0.1%)

1 けれ, けん, どうだ, 私には, 親子の

▼ 初めにおいては~ (5, 0.1%)

1 一人一日の, 全国の, 出立する, 善良なる, 高かった

▼ 初めにおける~ (5, 0.1%)

1 すべての, バビロニア時代の, 知識人の, 重要題目は, 高橋由一川村清雄あるいは

▼ 初めにかけての~ (5, 0.1%)

1 ことだ, ことであります, 会津若松歩兵第, 時であります, 東京の

▼ 初めまでは~ (5, 0.1%)

1 平均一銭七厘であった, 数学は, 歌合せは, 畫の, 花の

▼ 初めよう~ (5, 0.1%)

1 じゃ無い, とし, としてさて, としてゐる, と云

▼ 初めよりも~ (5, 0.1%)

1 強く力, 感情を, 撃ちよく, 更に迅, 目方で

▼ 初め一寸~ (5, 0.1%)

1 で一旦, は危惧, 仰向いて, 私は, 置かれて

▼ 初め~ (5, 0.1%)

2 を男 1 は笑っ, を以て祭り, を四脚

▼ 初め~ (5, 0.1%)

1 がそう, が他人, との間, をもう少し, を知る

▼ 初め少し~ (5, 0.1%)

1 は製作順, も疑う, も知らざりき, 聞くや, 蟇口の

▼ 初め日本~ (5, 0.1%)

1 が未だ, の地理的關係, の数学, の資本主義発展, は年号

▼ 初め終り~ (5, 0.1%)

2 である 1 がない, で諸君, を話す

▼ 初め~ (4, 0.0%)

1 どうかは, 可笑しいな, 現の, 終りかの

▼ 初めここ~ (4, 0.0%)

1 の医学生たち, へ一人, へ家, へ来た

▼ 初めこそ~ (4, 0.0%)

1 この男, さばさばし, 小説を, 驚いたが

▼ 初めそんな~ (4, 0.0%)

2 事を 1 卑しいもの, 約束では

▼ 初めただ~ (4, 0.0%)

1 のぼせたの, 一生懸命に, 桃花に, 骨惜しみを

▼ 初めたらしく~ (4, 0.0%)

1 ワイ, 二人とも, 眼を, 身体を

▼ 初めちょっと~ (4, 0.0%)

1 不思議に, 彼には, 止まったこと, 面喰らった

▼ 初めであっ~ (4, 0.0%)

1 て一世紀近く後, て何ん, て幕末, て過ぎし

▼ 初めという~ (4, 0.0%)

1 のは, ものは, 事, 人も

▼ 初めながら~ (4, 0.0%)

1 お父さんは, 兄を, 原稿生活を, 柳が

▼ 初めにかけては~ (4, 0.0%)

1 もう関東平野, 丁度二十三十と, 時々夜, 時と

▼ 初め~ (4, 0.0%)

4 ばならぬ

▼ 初められる~ (4, 0.0%)

1 そのとき鳥, と何日, と彼女たち, のを

▼ 初めわたし~ (4, 0.0%)

1 の顔, はさして, は知らなかった, は自分

▼ 初めわれ~ (4, 0.0%)

1 このヂド, はエルコラノ, は主, は席

▼ 初め一人~ (4, 0.0%)

2 の声 1 で槍, 残らず調べ上げた上

▼ 初め一般~ (4, 0.0%)

1 の所謂常識階級, の藩士, の貴族富豪, もそろそろ

▼ 初め三人~ (4, 0.0%)

2 も四人 1 のお, の男

▼ 初め三回~ (4, 0.0%)

2 は単なる 1 の発作, は首尾

▼ 初め五字~ (4, 0.0%)

1 が, それから中, の, を置い

▼ 初め~ (4, 0.0%)

1 の地位, は故人, は疾く, まで怖がっ

▼ 初め~ (4, 0.0%)

1 でもない, のため, の辞, も俳句

▼ 初め何人~ (4, 0.0%)

1 かの仲間, も我党, も歌, も歌おう

▼ 初め其の~ (4, 0.0%)

4 種属を

▼ 初め抽斎~ (4, 0.0%)

1 に学び, に学ん, は西洋嫌, は酒

▼ 初め暫く~ (4, 0.0%)

1 して, のほど, の中, 市中に

▼ 初め~ (4, 0.0%)

2 のない 1 に五六円, に十四

▼ 初め来た~ (4, 0.0%)

1 ころ日課に, とき梶は, のは, 頃びっくりした

▼ 初め~ (4, 0.0%)

2 の空想 1 に採掘事業, の申出

▼ 初めあたり~ (3, 0.0%)

1 からとうさん, に様子, のもの

▼ 初めあなた~ (3, 0.0%)

1 からちょっと, が壇上, が窓

▼ 初めあの~ (3, 0.0%)

1 女中さんを, 昔の, 辺には

▼ 初めあらゆる~ (3, 0.0%)

1 戦時総動員に, 歌曲の, 近世の

▼ 初めころ~ (3, 0.0%)

1 この城, に奥州, に常陸坊海尊

▼ 初めしばらく~ (3, 0.0%)

2 の間 1 はこれ

▼ 初めそこ~ (3, 0.0%)

1 にいた, に私, の水蒸気

▼ 初めたらしい~ (3, 0.0%)

1 のである, のです, 庭弄り

▼ 初めでした~ (3, 0.0%)

1 から空, がその, 医師大場連斎の

▼ 初めです~ (3, 0.0%)

1 からはっきり, から寒い, がお歌

▼ 初めどおり~ (3, 0.0%)

1 にあなた, にお, に行儀

▼ 初めなく~ (3, 0.0%)

1 ちゃ, てはならない, 又終り

▼ 初めにおいても~ (3, 0.0%)

1 なお今日, パリーの, 奥羽両国は

▼ 初め~ (3, 0.0%)

2 草地に 1 身は

▼ 初めまでに~ (3, 0.0%)

1 プロレタリア作家同盟も, 五条大橋の, 残った左翼的出版業者

▼ 初めみんな~ (3, 0.0%)

1 が僕ら, きっと手, の中

▼ 初めらしい~ (3, 0.0%)

1 がその後, 匂ひと苦味とを, 気持の

▼ 初められ~ (3, 0.0%)

1 たるを, ていたなら, ている

▼ 初めエセックス~ (3, 0.0%)

1 はゼエムス王, は枢密院議員, は病臥

▼ 初め~ (3, 0.0%)

2 から 1 から生活

▼ 初め一目~ (3, 0.0%)

2 見た時 1 見たとき

▼ 初め不思議~ (3, 0.0%)

1 がって, にも見解, に思つた位

▼ 初め主人~ (3, 0.0%)

2 が不在 1 のあと

▼ 初め~ (3, 0.0%)

2 た時 1 るは

▼ 初め~ (3, 0.0%)

1 の, の平均値的, の新選組

▼ 初め先生~ (3, 0.0%)

1 くらいになられる, とも思う, によってその

▼ 初め大勢~ (3, 0.0%)

1 の乞食, の人, の声

▼ 初め~ (3, 0.0%)

1 が夢, が長崎, は余り屡々

▼ 初め~ (3, 0.0%)

1 亞細亞の, 婢の, 曾部の

▼ 初め市中~ (3, 0.0%)

1 との交通, の多く, の諸

▼ 初め息子~ (3, 0.0%)

1 の三傑, の成功, をもエンジニーア

▼ 初め~ (3, 0.0%)

1 は先づフイレンチエ, れ, を紹介

▼ 初め我が~ (3, 0.0%)

1 いかに君, しかお, 人を

▼ 初め支那~ (3, 0.0%)

1 において丁, の事情, の同

▼ 初め政府~ (3, 0.0%)

2 の高官達 1 が定め

▼ 初め源吉~ (3, 0.0%)

1 には何, はお, は自分

▼ 初め~ (3, 0.0%)

1 が原型, が芝三田, と母

▼ 初め~ (3, 0.0%)

1 が見えない, に留まりし, ぼしい大通

▼ 初め野焼き~ (3, 0.0%)

3 の火

▼ 初め長く~ (3, 0.0%)

1 掛かっても, 掛かつて, 掛っても

▼ 初めいよいよ~ (2, 0.0%)

1 帰朝と, 蓋を

▼ 初めいる~ (2, 0.0%)

1 かと問うた, ような

▼ 初めからは~ (2, 0.0%)

1 さっぱり来なくなりました, 一万枚以上は

▼ 初めかれ~ (2, 0.0%)

1 らの, 心なく

▼ 初めける~ (2, 0.0%)

1 かな, ほどに

▼ 初め~ (2, 0.0%)

1 ういう, へすれ

▼ 初めさせ~ (2, 0.0%)

1 たりし, ていただきました

▼ 初めすなわち~ (2, 0.0%)

1 初夏頃の, 天平十二三年以後には

▼ 初めすべて~ (2, 0.0%)

2 の人々

▼ 初めたこ~ (2, 0.0%)

1 と, とそして

▼ 初めたっ~ (2, 0.0%)

2

▼ 初めたで~ (2, 0.0%)

2 はない

▼ 初めたら~ (2, 0.0%)

1 それまで, ナカナカ止めない

▼ 初めだけは~ (2, 0.0%)

1 有頂天に, 白花青い

▼ 初めであります~ (2, 0.0%)

1 から名前, が此

▼ 初めでなく~ (2, 0.0%)

1 この十一月九日, 陰暦の

▼ 初めどこ~ (2, 0.0%)

1 の町, を窺っ

▼ 初めなかっ~ (2, 0.0%)

1 た, たその

▼ 初めなれ~ (2, 0.0%)

1 ども, ばかく

▼ 初めにあたり~ (2, 0.0%)

1 この多難, 非常多難の

▼ 初めにて~ (2, 0.0%)

1 この世に, 候得共御国へか

▼ 初めにな~ (2, 0.0%)

1 つて學校には, つて純

▼ 初めにわ~ (2, 0.0%)

2 づかの

▼ 初めぬる~ (2, 0.0%)

2 涙露の

▼ 初めはと~ (2, 0.0%)

2 みちゃ

▼ 初めはわ~ (2, 0.0%)

1 づかの, れこは

▼ 初めひどく~ (2, 0.0%)

1 それを, 悪いやう

▼ 初めひぬ~ (2, 0.0%)

2 まのまなゐ

▼ 初めびっくり~ (2, 0.0%)

1 したよう, した甚兵衛

▼ 初めましょう~ (2, 0.0%)

1 か, よ

▼ 初めまでの~ (2, 0.0%)

1 書風と, 詩と

▼ 初め~ (2, 0.0%)

1 クロニオーン, 汝年若し

▼ 初めようぢ~ (2, 0.0%)

2 やない

▼ 初めよし~ (2, 0.0%)

1 後わろし, 後悪し

▼ 初められた~ (2, 0.0%)

1 という, ものである

▼ 初めわれら~ (2, 0.0%)

1 までがまた, まではや

▼ 初めエジプト~ (2, 0.0%)

1 で人, の各地

▼ 初めグラツドストン~ (2, 0.0%)

2 の自治案

▼ 初めゼロ~ (2, 0.0%)

1 から増大, から逓増

▼ 初めトルストイ~ (2, 0.0%)

1 が下層出身, が患った

▼ 初めマルクス主義~ (2, 0.0%)

1 との友誼関係, に対立

▼ 初め一つ~ (2, 0.0%)

1 の情景, の歌

▼ 初め一切~ (2, 0.0%)

1 の思想, の有害無用

▼ 初め一向~ (2, 0.0%)

1 のみ込めなかった, 宗の

▼ 初め一家~ (2, 0.0%)

1 の締め括り, の者

▼ 初め一座~ (2, 0.0%)

2 の人々

▼ 初め一抹~ (2, 0.0%)

2 の雲

▼ 初め一日~ (2, 0.0%)

1 に必ず, 置きに

▼ 初め一藩~ (2, 0.0%)

2 の名

▼ 初め七つ~ (2, 0.0%)

2 か八つ

▼ 初め七人~ (2, 0.0%)

1 の水夫, 後十人半

▼ 初め三四人~ (2, 0.0%)

1 の乗客, の乘客

▼ 初め三面僧房経蔵鐘楼食堂~ (2, 0.0%)

2 の類

▼ 初め下向~ (2, 0.0%)

2 いて

▼ 初め~ (2, 0.0%)

1 を大隈板垣, を大隈板垣兩伯

▼ 初め二つ~ (2, 0.0%)

1 の被害者, は早目

▼ 初め二三人~ (2, 0.0%)

1 の老人達, の者

▼ 初め二三町~ (2, 0.0%)

2 が間

▼ 初め五世野沢吉兵衛~ (2, 0.0%)

1 の手ほどき, の手解き

▼ 初め五名~ (2, 0.0%)

1 の同級生, の者

▼ 初め五郎作~ (2, 0.0%)

1 と稱, は抽斎

▼ 初め亡き人~ (2, 0.0%)

2 の弟

▼ 初め京水~ (2, 0.0%)

1 は伯父錦橋, を以て嗣子

▼ 初め他人~ (2, 0.0%)

1 の家, を対照

▼ 初め伊沢氏~ (2, 0.0%)

1 かえ, で千人前

▼ 初め伊藤侯~ (2, 0.0%)

2 が地租問題

▼ 初め伸子~ (2, 0.0%)

1 が感じた, にたっぷり

▼ 初め何とも~ (2, 0.0%)

2 知れぬ汚らしい

▼ 初め~ (2, 0.0%)

1 は母, 元記

▼ 初め~ (2, 0.0%)

1 に黙っ, の者

▼ 初め先ず~ (2, 0.0%)

1 明治三年, 普及した

▼ 初め入っ~ (2, 0.0%)

1 て来, て来た

▼ 初め~ (2, 0.0%)

1 地球を, 民衆が

▼ 初め六人~ (2, 0.0%)

2 の青年

▼ 初め其処~ (2, 0.0%)

1 に人, を書斎

▼ 初め其意~ (2, 0.0%)

1 を解しかね, を解せず

▼ 初め冗談~ (2, 0.0%)

1 だと, を云っ

▼ 初め凡て~ (2, 0.0%)

1 の浄瑠璃, の租税法

▼ 初め出発~ (2, 0.0%)

1 いたしましたの, した埠頭

▼ 初め刑部~ (2, 0.0%)

1 に至る, はそち

▼ 初め別段~ (2, 0.0%)

2 不賛成

▼ 初め~ (2, 0.0%)

1 の幕, へ出し

▼ 初め勝った~ (2, 0.0%)

1 があと, と思った

▼ 初め十歳~ (2, 0.0%)

2 から金

▼ 初め~ (2, 0.0%)

1 暫くし, 運動半分に

▼ 初め反対~ (2, 0.0%)

1 したこと, もし

▼ 初め吉原解放~ (2, 0.0%)

2 の時小梅

▼ 初め~ (2, 0.0%)

1 は力信字, を柏

▼ 初め周囲~ (2, 0.0%)

2 のもの

▼ 初め味方~ (2, 0.0%)

1 の兵, の手ちがい

▼ 初め四五人~ (2, 0.0%)

1 の人, は馬

▼ 初め地方~ (2, 0.0%)

1 から遊覧客, の諸

▼ 初め多数~ (2, 0.0%)

1 に傑作, の十字架

▼ 初め大した~ (2, 0.0%)

1 差異を, 興味は

▼ 初め大和由松大町~ (2, 0.0%)

2 の案内者玉作

▼ 初め奉り~ (2, 0.0%)

1 ひろくは, 山上の

▼ 初め~ (2, 0.0%)

1 がなかっ, がなかつた

▼ 初め子供たち~ (2, 0.0%)

1 はいつも, はそれ

▼ 初め学校~ (2, 0.0%)

1 の中, の職員

▼ 初め~ (2, 0.0%)

1 の者, へ上った

▼ 初め家中~ (2, 0.0%)

1 の者, の者共

▼ 初め屡々~ (2, 0.0%)

2 外より

▼ 初め岩村田~ (2, 0.0%)

1 の歌会, の歌會

▼ 初め店中~ (2, 0.0%)

2 の者

▼ 初め~ (2, 0.0%)

1 にはお市の方, の定まった

▼ 初め必ずしも~ (2, 0.0%)

1 完全な, 木の

▼ 初め怒り~ (2, 0.0%)

1 を含んだ, 既にし

▼ 初め愛ちやん~ (2, 0.0%)

1 はそれ, は兎

▼ 初め感謝~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 初め~ (2, 0.0%)

1 人に, 魔術的な

▼ 初め或は~ (2, 0.0%)

1 もう少し前, 農村諸

▼ 初め~ (2, 0.0%)

1 カント派の, 銭座の

▼ 初め新宿~ (2, 0.0%)

1 のホール, の何とか

▼ 初め~ (2, 0.0%)

1 に十二スー, の神下界

▼ 初め書いた~ (2, 0.0%)

1 ものが, 百枚ほどの

▼ 初め~ (2, 0.0%)

2

▼ 初め~ (2, 0.0%)

1 の幹, の皮

▼ 初め材料~ (2, 0.0%)

2 を聞出す

▼ 初め東京~ (2, 0.0%)

1 で死んだ, の諸

▼ 初め~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 初め榛軒~ (2, 0.0%)

1 が已に, は慊堂

▼ 初め歐羅巴~ (2, 0.0%)

1 や北米ゾーン, 諸國

▼ 初め此処~ (2, 0.0%)

1 に這入らない, の室

▼ 初め~ (2, 0.0%)

1 がつかなかった, が付いた

▼ 初め~ (2, 0.0%)

1 にもかけず聞きながし, をとられ

▼ 初め江戸~ (2, 0.0%)

1 へ先ず, を発した

▼ 初め江戸城~ (2, 0.0%)

1 の大奥, の明渡

▼ 初め~ (2, 0.0%)

1 之助, 多女

▼ 初め~ (2, 0.0%)

1 にのみ生じた, の讃美者

▼ 初め~ (2, 0.0%)

1 だけすっかり, に姓名

▼ 初め目的~ (2, 0.0%)

1 を定め, を定める

▼ 初め~ (2, 0.0%)

1 を信じなかった, を信じなかつた

▼ 初め硯友社~ (2, 0.0%)

1 の同人, の奇才

▼ 初め社長~ (2, 0.0%)

2 までが不賛成

▼ 初め私たち~ (2, 0.0%)

1 は池, は餅菓子屋

▼ 初め私ども~ (2, 0.0%)

1 にまで危害, は朝鮮人

▼ 初め私達二人~ (2, 0.0%)

1 に倍, の女

▼ 初め~ (2, 0.0%)

1 のなかば, の訪れ

▼ 初め~ (2, 0.0%)

1 を田舎, を知っ

▼ 初め自家~ (2, 0.0%)

1 にいる, の者

▼ 初め藩閥打破~ (2, 0.0%)

2 を旗幟

▼ 初め蘭軒~ (2, 0.0%)

1 の父信階, は病後

▼ 初め西園寺内閣~ (2, 0.0%)

2 の成る

▼ 初め~ (2, 0.0%)

2 や仲人

▼ 初め~ (2, 0.0%)

1 ひ出した時, ふこと

▼ 初め諸国~ (2, 0.0%)

1 において制定, を渡る

▼ 初め部屋~ (2, 0.0%)

1 に入った, のみすぼらし

▼ 初め野燒きの火~ (2, 0.0%)

2 が燃え

▼ 初め閣下~ (2, 0.0%)

2 が策士

▼ 初め頃今出川殿討滅~ (2, 0.0%)

2 御祈祷

▼ 初め~ (2, 0.0%)

1 けている, けてゐる

▼ 初め~ (2, 0.0%)

1 の怖, 舐頭病

▼1* [1520件]

初めあまり気に, 初めあれが岩崎男爵家, 初めあわてて家賃, 初めいい音だ, 初めいうものが, 初めいくらか不平, 初めいっさい口をつぐん, 初めいったい彼が, 初めいつも祖母が, 初めいぶかしげな, 初めいままでの世, 初めいまだ名を, 初めいろいろ甘っぽいこと, 初めおとなしく食事を, 初めおどかすつもりだった, 初めおまえのはなし, 初めおれ達二人は日本左衛門, 初めお客樣も諦め, 初めお寺様のお, 初めお山詣での方々, 初めお茶と申した, 初めかうしたものを, 初めかつて疑いを, 初めかなあペナンの, 初めかは分らないが, 初めからいわんの, 初めからかやうな, 初めからかれはびっくり, 初めからくはしく, 初めからずつとこれに, 初めからってどの初め, 初めからと変りは, 初めからという文句が, 初めからも一度ふり返っ, 初めがた既に黄, 初めきのこを全部, 初めきらってるふうを, 初めくらいの暖かさ, 初めけげんそうなと, 初めけれ潮さし, 初めけん少佐殿の, 初めこしらえた小包には, 初めこそはこの不意打ち, 初めこちらへ來, 初めことわろうとした, 初めこれらのこと, 初めころ帝大の山上御殿, 初めこんがらもせいた, 初め一族枕を, 初めごろあちらでなさいます, 初めごろ一つの立札, 初めごろ一人の将軍, 初めごろ彼女も瞬く, 初めごろ急に廃刊, 初めごろ私は急, 初めごろ私自身も一度, 初めごろ綿貫は自分, 初めごろ蝙蝠は川蝉, 初めさえしたの, 初めさかんに僕, 初めさし当り多様なわけ, 初めさまざまの顔, 初めざるを得なかった, 初めしずしず歩いて, 初めしなり悲しいかな, 初めしばしがほどにて後, 初めしも喫て, 初めしよと我, 初めじぶくるのか, 初めじゃないん, 初めすばらしい好奇心を, 初めすべて外人の手, 初めその他先人の教え, 初めそれほどにもなかつた, 初めそんなに云って, 初めたかと訓, 初めたがいに顔, 初めたてまつりきくめ石の, 初めたでせうきつとね, 初めたならば一瀉千里, 初めたのもその頃, 初めたらしかった, 初めたりと論じ居れり, 初めたる者と知らる, 初めたれば, 初めたわむれだと思っ, 初めたんぢやない, 初めた得たものが, 初めた見て居る, 初めだいぶ元気な, 初めだけしばらく我慢, 初めだれも指一本, 初めだろうよ, 初めちつとも書く, 初めちょっとした青年生活を, 初めやない, 初めつかたこのわたり, 初めつからこんな事, 初めつつ在る, 初めつることは, 初めでございましたが新米, 初めでさえ雪庇が, 初めでなく馴れ親しむことが, 初めでなければ見る, 初めでもと思います, 初めで御座いましてベッド, 初めとうとう朝から, 初めとかで屠牛場, 初めとかいう式は, 初めとが相前後, 初めとて金華山から, 初めとの形状を, 初めどうした事, 初めどうしてもお許しに, 初めどの道筋でも, 初めどんな物を, 初めなかなか母上の, 初めなさるか, 初めなすったのよ, 初めなすつたり鴨, 初めなすつたものさね, 初めなどあの大きな, 初めならぬ人の, 初めなんとも言わなかった, 初めなんとも答えなかったが, 初めなんとも思わずにただ, 初めにあたって一同の, 初めにかけ革新的衝撃を, 初めにと催促を, 初めにゃとっくに刷, 初めに当たる時代に, 初めねばならなくなった, 初めのほど苦痛に, 初めはからずもこの玉琴殿, 初めはかれもむくれた, 初めはじめてわが足利勢, 初めはたとへ支那, 初めはちよくちよく, 初めはっとして黙った, 初めはねあんたを, 初めはるがお守り, 初めばかり楽しみますこと, 初めひきさらし, 初めひとたび危篤を, 初めひどい大吹雪, 初めぴりっとして, 初めふいに出会った, 初めふたたび播州へ, 初めふと浮んだその, 初めぶらぶらして, 初めへと連続し, 初めほとんどものが, 初めほどにはやきもきしない, 初めほどの興味が, 初めぼくの想像, 初めぼんやりとして後姿, 初めまあ仲裁ぶりに, 初めまず七人が, 初めまたは中の, 初めまでしかいなかったの, 初めまでとかいうことで, 初めまでもそれを, 初めみたいぢやありません, 初めみな亡んで, 初めむかしの暦, 初めもしやそれは, 初めもちろんそれは, 初めもつと多く, 初めもみぢやまと呼ばれて, 初めもらった金高より, 初めもろもろの蝉洗濯, 初めやがて鏡を, 初めやや腕ぷしの, 初めやりかけて父, 初めゆえ涸れたれど, 初めよう例のを, 初めよく見えなかった, 初めよと言うの, 初めよみづらかった, 初めよろずのかかり, 初めらしく三百年より, 初められようとする, 初めるり吉千代大三郎, 初めと自分, 初めわかと言い, 初めわが子義隆をもたって, 初めわしはお前さんたち, 初めわれわれ外来の学生, 初めわれ不測の禍, 初めわれ君は穉, 初めアフリカの内地, 初めアラビアの王女, 初めアルゴスの勇士ペルセウス, 初めアルプス山の雪中, 初めアルマグロが南方遠征, 初めアルメイダフェルナンデスアコスタ等エズイット派の僧侶, 初めイツ頃で終わってる, 初めウェストミンスターの学校, 初めウェールスのルエリン公, 初めウォーラストンは電流, 初めオイケンに師事, 初めオナッガを捕え馴らし, 初めオミットになりました, 初めカイエ・ド・ラ・キャンゼーヌ中の十七冊, 初めカムシカツカに着き, 初めカヴールマッツィーニなどの胸像, 初めガラッと門, 初めキリシタンだけで一万五千, 初めギゴチなく取, 初めクサってゐた, 初めクリストフは演説者, 初めゲッチンゲンに起った, 初めコクランなどもこの, 初めゴーゴリやガルシン, 初めシケリアに王, 初めシナ文化の具体的, 初めシネマ館は一万五千三百, 初めシルエットで出, 初めシーモノフアガーポフクドレワートウィフ等と一緒, 初めジャン・ヴァルジャンの不在, 初めジャーナリズムを一般的, 初めスタヴローギンスメルヂャコーフクラフトスビドリガイロフ等々の自殺, 初めゼノアの港, 初めソレントオより陸, 初めソヴェト同盟には五十万, 初めゾッとして梯子, 初めゾロゾロ付随し, 初めタトラよりプラーク, 初めダグラスが飛んだ, 初めダブリンに到着, 初めダーリンの弟子, 初めヂツケンスやサツカレイ, 初めティドールに帰着, 初めディレッタンティズムと称された, 初めデカルトの哲学, 初めデカルトライプニツバークレーカントヘーゲルフッセルル等は前者, 初めドバルの仇討, 初めナポリの大, 初めニーチェキェルケゴールドストイェフスキーなどに深い, 初めハルトマンを読んだ, 初めバーデン学派やマールブルク学派, 初めパスカルのいくつ, 初めパンのみを売っ, 初めヒューマニズムを社会主義的リアリズム, 初めビェリンスキーを知らない, 初めビックリしたほど, 初めビレラはクリスマス, 初めフィゲイレドが島原, 初めフューザン会の頃, 初めフランスに紹介, 初めフロオベエルゾラゴンクウルドオデモオパッサン等の非凡, 初めブラッセルに赴いた, 初めホーフェンシュタウフェン家の城, 初めポルトガル語でこの, 初めマガリャンスはファレイロ, 初めマダムはスタンド, 初めマドレーヌ氏に対してもかなり, 初めミユンヘンは, 初めモスコウに着いた, 初めモヨ子八代子千世子の仇敵, 初めヤソ教という隠れ蓑, 初めヨーロッパの大がい, 初めラフアエル前派の逸品, 初めリスボンに帰着, 初めルパン等が懸命, 初めレモン色のに狙い, 初めローマ法王を先頭, 初めと目, 初め一カ月絽の羽織蔵, 初め一丁余も行っ, 初め一万一千ルーブルで頑張っ, 初め一九二二年に現れ, 初め一九二五年に発布, 初め一二箇月のうち, 初め一人殘らず調べ上げた上, 初め一勇斎国芳門人後に狩野洞白門人年五十九, 初め一匹のもの, 初め一同声も出ない, 初め一夜を過ごした, 初め一年の間, 初め一度通り過ぎたやう, 初め一族の信用, 初め一族郎党三百余を従え, 初め一時に通し, 初め一時的に, 初め一時間ばかりの間, 初め一月ばかりの間, 初め一村の老幼芽出度, 初め一条右衛門大夫どの武田上野介どの, 初め一枚盗られた時, 初め一概に野卑滑稽としか, 初め一種の好奇心, 初め一般家族にも許され, 初め一般新劇の見物諸君, 初め一行四人は其家, 初め一輪二輪と葉, 初め一通り読だ時, 初め一週間ばかり続いた, 初め丁度桜の, 初め七五郎達四人に鋭く, 初め七代将軍家継の時代, 初め万年があつ, 初め三分の二は, 初め三分半頃からは五分の入り, 初め三十人ばかり討死, 初め三十四種に上る, 初め三十幾人の出席者, 初め三十数名の高等, 初め三千余名の参会者, 初め三卿の人々, 初め三四の警官, 初め三四幹事の方々, 初め三四町の間, 初め三州街道や糸魚川街道, 初め三年間ばかりツルゲーネフ, 初め三日を借り, 初め三角形に白かっ, 初め三造に似合わしく, 初め三階古川一座四階東宝劇団となっ, 初め上堂の諸, 初め上野清と合同, 初め下った時一の, 初め下谷二長町後日本橋榑正町, 初め下野の田原, 初め氣味な, 初め不快に感じ, 初め不言裡に, 初め与五郎の小間物屋善兵衛, 初めの乱れ, 初め世帯を持つ, 初め世論の一致, 初め丞相には西涼軍, 初め両親とともにボート, 初めにも此室, 初め中世の封建的教会大学, 初め中学程度の学校, 初め中尉の住ん, 初め中年と思っ, 初め中村屋を株式組織, 初め中村敬宇の同人社, 初め中橋に移り住んだ, 初め中頃は縁側, 初め主力をもっ, 初め久努に作る, 初め久野が合宿, 初め九人の少年, 初め九百戸を焼き払う, 初め九里平馬戸村九右衞門秋元九兵衞其の他, 初め乳母のお, 初め亀子と云, 初めが種々, 初め予ロンドンに著い, 初め二三カ所渡りあるいたという, 初め二三回は聞取, 初め二三日のうち, 初め二三日症状がはつきり, 初め二三本のビール, 初め二三行を書き写す, 初め二三軒の家, 初め二世池田全安さんの手, 初め二十七家の隠密組, 初め二千万ドルの投資, 初め二年間一緒に暮した, 初め二月に至つて滿開, 初め二本立ての予定, 初め二洲の家, 初め二百円程儲けさせ, 初め二週間だけ化学, 初め二階に寝, 初めでは糸, 初め五六人の腰元, 初め五六冊読切の馬琴物, 初め五六名もおる, 初め五六度は夫人, 初め五六日は休み, 初め五十三次も日本橋, 初め五十九万四千フランだったが, 初め五年生の某, 初め五百円の金, 初め五老中のうち, 初め井上源右衛門の次女, 初めと彼, 初め亞細亞中央の高原, 初め交渉に來, 初めの錦小路, 初め人々が, 初め人っ子ひとり影を見せない, 初め仁清の香炉, 初め今川に属し, 初め今日のお仕置き, 初め今私達の目前, 初め代診会計それから総て, 初め代診會計其れから, 初め以来最初のこと, 初め以来適当に管理, 初め以来顔だけ見知っ, 初め仮令僅少にても, 初め仰有ったように, 初め仰言って下, 初め仲間の輩, 初め伊勢屋の主人, 初め伊庭ではなく, 初め伊織中ごろ養真後養竹, 初め休暇をとっ, 初め会う人毎に, 初め会桑二藩も当然, 初め伯母に連れられ, 初めれて, 初め伸子一人の勉強部屋, 初めだ桃花, 初め低くして, 初め佐賀城につぐ, 初め体格検査はそう, 初め何ごとにも自国本位, 初め何だか嬉しそう, 初め何ら気に, 初め何んと云った, 初め何事にもどつ, 初め何千人という者, 初め何故女の, 初め何等かの社会意識, 初めの新聞, 初め佛蘭西のアンクチル, 初め作者によって意企, 初め來栖氏御夫婦, 初め例えば四五月頃に, 初め侍たちがわっ, 初めは一万石, 初め係官一同のアタマ, 初め保健省という名, 初め信じていた, 初め信吾静子さては或, 初め信吾靜子さては或, 初め信子についてあんなに, 初め信玄が茶臼山, 初め信者にはならなかった, 初め信者六十三人を逮捕, 初め信重であつ, 初め俳句に入る, 初め俵様ご恩, 初め個人があっ, 初めふの, 初め候段申事に御座候, 初め候補生も砲員, 初め健児社の一味, 初め偽名した時, 初め傭人の口, 初め僅か六七戸の, 初めに托, 初め僧侶達は墓石窃盗, 初め僧員や司祭者, 初め僮僕ではない, 初め儒者を志した, 初め優れた理論物理学者たちは, 初め優良連中と和解, 初め元就の威, 初めの家, 初め兄夫婦には初, 初め先生方皆樣の行屆, 初め先祖の骨, 初めつた頃彼は, 初め入れようとして入れない, 初め入会金として只, 初め全くその生活, 初め全然認められなかったが, 初め兩方で睨み合, 初め八分通りを占め, 初め八十円を給せよう, 初め八十梟帥磯城賊猾賊土蜘蛛など兇悪, 初め八千の全, 初め八田青年がたずね, 初めを以つて現代, 初め六四年間という長い, 初め六年程の間, 初め六週間位は只, 初めは千, 初め兵士達も皆, 初め其他椰子の用途, 初め其時になる, 初め其筬の音, 初め其處を見た, 初めの鮎川, 初め内藤家久留米藩などの大きな, 初め内藤湖南の紹介, 初めの中, 初め冗談中頃義理よ今, 初め冗談半分にうそ, 初め写楽を愛する, 初め処々に長歌, 初め遇ッた, 初め出しましたのは, 初め出すことが, 初め出陣ときめた, 初め函右日報社主で今, 初めに価, 初め刀剣盆栽盆石の鑑賞家, 初め刑事裁判所次に民事裁判所, 初め刑事達は鵜, 初め刑法にのみ用いた, 初め列藩に前もって, 初め列車ボーイに日本金, 初め笑, 初め判事は又, 初めに何, 初め別居したの, 初め到る処工場の, 初め制度局の民法編纂会, 初め剃刀を弄つて, 初め前髪も鬢, 初め副将国幹にも全, 初め創業したこの, 初め加藤清正見たいだったのよ, 初め助太郎とかなとはまだ, 初め助手も二少年, 初め勘右衛門後縫殿助, 初め勝家に請われ, 初め勝尾警部神戸牧師佐藤司法主任庄司署長八田警視総監等に会う, 初め勝川春章につき, 初め勿論それは, 初め匈奴が跋扈, 初め北斎と結託, 初め北極洋の氷帯, 初め北欧作家の感化, 初め十一二歳より家計, 初め十三名であった, 初め十九と言った, 初め十九世紀の或, 初め十二坊からあつ, 初め十五分間ばかりは何, 初め十五分間運動し五分間安樂椅子, 初め十八世紀のフランス唯物論者, 初め十数日後には筆者等, 初め十日以内にといわれた, 初め十軒餘押込道具疊建物に至る, 初め十銭だって云った, 初め千代田の内外, 初め千葉先生を教壇, 初め半信半疑である, 初め半年ばかりい, 初めに紀行, 初め南朝公家の間, 初め南条の一行, 初め南町奉行所は庶民, 初め単に天然の, 初め単純な若人ばら, 初め単身入府し尋, 初め博労町だつたもの, 初め博文館から, 初め印度南洋中央亜細亜新疆省, 初め印度辺りから渡った, 初め即ちイエス, 初め厚生省の監督課谷野せつ子氏, 初め原士のすべて, 初め原爆には気乗薄, 初め厨神だったもの, 初めな人間, 初め厳しく冷ゆる, 初め厳密に手渡し, 初め厳寒の境涯, 初め参謀本部のもの, 初め參つたとは思, 初め參謀本部のもの, 初め叔父を見た, 初め叡山をも粉砕, 初めを利く, 初め口語であ, 初めの本草経, 初め古今調短歌固定時代にも言, 初め只骨惜みを, 初め召使ばかりであった, 初め召使達も三谷, 初め召捕った増上寺の, 初めの方, 初め右舷側砲一斉に第, 初め右衛門や紋十郎達, 初め司馬遷が史記, 初め吃驚したよう, 初め各々が演劇好き, 初め各国の音楽, 初め吉原江戸町一丁目玉屋山三郎方で後, 初め吉野は陥ち, 初め同人甥西村伊作牧師沖野岩三郎外五名家宅搜索を受け, 初め同志の者, 初め同志川口鈴木黒島などを引き合い, 初め同志社大学の神学科あたり, 初め同窓や旧知, 初め同腹の主, 初め名主村年寄一統を下手人, 初め名所古刹を遊覧, 初め名門揃ひの, 初め向うから貴方, 初め君一人が知らない, 初め君主政の行, 初め呂宋北端のアパリ, 初め呆れそれから腹, 初め呆れ居たる群衆は, 初め呆気にとられ, 初め呉れた折りに一度分, 初め呉家の代々, 初め周公を中心, 初め周平を横田, 初め周迪と称し, 初め呶号して, 初め品川出帆の朝, 初め哲学史上の事実, 初めいおさむる建前, 初めに至る, 初め商売を始めよう, 初め啓介の様子, 初めとは何かと, 初め善きものは, 初め喉頭結核で次, 初め喜劇役者として稼い, 初めなりしも今二重, 初め嘲り気味の, 初め囃子押絵の雛, 初めの杭, 初め四五句読みて, 初め四五日のうち, 初め四人の公卿, 初め四人ドスを引っこ抜い, 初め四天王残らずの, 初め四方赤良唐衣橘洲朱楽菅江らの才人江戸, 初め四日を借り, 初め四日間夜十二時から翌朝, 初め四月程の不経済, 初め四本マストの十三艘, 初め困らぬ奴は, 初め固い一文字を, 初めから出, 初め国家機関としての大学, 初め国民同盟会の行動, 初め国産奨励から産業合理化, 初め国許組に笑い, 初め國民同盟會の行動, 初め土佐の山内侯, 初め土地の古老たち, 初め土屋小笠原稲葉の諸, 初め土州因州その他大義に志, 初めゆる品物, 初め在京する時, 初め在留の外人, 初め在留日本人はこの, 初め圭雲中ごろ圭輔後徳輔, 初め地球は全部, 初め均平は出入り, 初め坪井博士の著述, 初め埋めたのが, 初め城中の者, 初め基督生れて, 初め基礎の危, 初め場内一統のもの, 初め場所は, 初め塩屋の薄, 初め塩野さんが仕事, 初め墓表を読んだ, 初め増加函数であって, 初め増加次に減少, 初め増大し次に, 初めの厚い, 初め壬生坊城と号し, 初め売上げに比し, 初めの間, 初め夜烏子について俳句, 初め夢想して, 初め百姓オヤさまだち, 初め大いに怪しんだが, 初め大人の身辺, 初め大仏庄左衛門諫早五郎などすべて同郷, 初め大化の時, 初め大同元年に采女, 初め大学生の処, 初め大官貴紳までが見物, 初め大小の百貨店, 初め大平はその, 初め大概の人, 初め大海人皇子と御, 初め大阪表並に諸, 初め大雪の夕刻, 初めつ日繼, 初め天然の縮毛, 初め天狗の面, 初め天皇が災難, 初め天皇帝位にお, 初め天皇難に逢, 初め天草支会に身, 初め天麩羅を食い, 初め太祖故人呂伯奢を, 初めは非常, 初め奈何して, 初め奉公に来た, 初め奉行を命じられた, 初めの間, 初めの家, 初め女中たちが愕然, 初め女中共は今夜, 初め女中達も物柔, 初め女性の髪, 初め女房や娘, 初め女流百人百題という題, 初め女眞から分離, 初め女給がオメガ, 初め女院の鏡子, 初め奴国の兵, 初め奸物を斬らん, 初め好事の旗本富商, 初め好意をもっ, 初め如上の推定, 初め妓等に接する, 初めに近づき, 初め妙見仁田峠絹笠高岩野岳と数え, 初め姉妹たちは父, 初め始めて支那, 初め婦人の職業, 初め婦人連に非常, 初め嫂節子それから泉太, 初めけてくる, 初め子供だけの一部落, 初め孔子及び其の, 初め学問の蘊奥, 初め学問性概念を分析, 初め学生にとっては将来ブルジョア社会, 初め学者が或, 初め學術的に研究, 初めを出まし, 初め宇佐美小日山其他諸君の家, 初め宇津宮氏であつ, 初め宗七と称した, 初め宗麟の姪, 初め官吏どもの遊宴, 初め官方にしたがっ, 初め資の, 初め宝永のころ, 初め宝石商の住めるあり, 初め実に第一次, 初め実子を持たぬ, 初め実際各地の, 初め実際あまりこの不自由, 初め実験に微, 初め室内がすう, 初め宮崎と清子, 初めの月夜, 初め家婢下男共は周章て, 初め家康から一, 初め家族が同行, 初め家族一同が悲嘆, 初め家族雇人総勢京橋のある, 初め宿の主人, 初め寄合衆の一員, 初め寒い日に, 初め寒風凛冽と吹く, 初めに第, 初め寺社奉行見習後寺社奉行, 初め射る矢射る, 初め将棋の名人木村義雄さん, 初め将門は信じなかった, 初め尋常の大き, 初め小さい桜の, 初め小さな士族として, 初め小倉らブリッジにある, 初め小僧番頭揃いも揃っ, 初め小初は時々, 初め小屋に移っ, 初め小比叡峰へ山王三座, 初め少しく売行きの, 初め尼子義久に後, 初め尾瀬沼附近の保護, 初め局長に至る, 初め居るかと問うた, 初め居合せた客達は, 初め居士の神戸病院, 初め屋内工業に従事, 初め山の神から一番, 初め山内氏五百を娶らん, 初め山名豊国がたて籠っ, 初め山寨ではえらく, 初め山師連が押しかけ, 初め山路を歩く, 初め山道は麓, 初めの麓, 初め岡山で私, 初め岩村先生は二千円, 初め岩波と漱石, 初め島村と村尾, 初め島田先生はこういう, 初め嵯峨天皇の時, 初め川路安楽太田西久保の諸, 初めを籠, 初め左右両翼とも明智方, 初め已今当の一切, 初め市井の一盗賊, 初め市建造物に糞尿堆積, 初め市指定となっ, 初めの南京, 初め帝国議会に到る, 初め師匠のお, 初め帰ったとき予め, 初め常により勇, 初め平面図だけを渡し, 初め幹部の人々, 初め幽霊かと思った, 初め幾多の人間, 初め幾日かの間, 初めの若い衆たち, 初め店員達が持参, 初めいそして, 初め座敷へ現われた, 初め康熙帝の時分, 初め廓外の芸者, 初め延暦二十一年に駿河, 初め建業城中の臣下, 初めの帚, 初め引き寄せて置い, 初め弘化二年の冬丸亀, 初め弟妹達まで此, 初め弟子たちに重んぜられ, 初め弟子下職手伝いに駆けつけた, 初め張角が常に, 初め当の対手の, 初め当時の家具, 初め当時全盛のワルレンスタイン, 初め形式的なもの, 初め役人や山, 初め役人たちが顔, 初め役人連は例, 初め役僧と一人, 初め彼地の英一, 初め彼等のうち二三名, 初めの人, 初め後れし間隔は, 初め後年明治史の裏面, 初め従来の国粋反動団体, 初め御内室を離別, 初め御飯岳の間違, 初め微笑みつ, 初め徳川のブル的腐敗, 初め心付かざりしがその, 初め心当りは皆, 初め心配したほど, 初め必要があっ, 初め忍びしわかさ, 初め忍んで黙っ, 初め志保は思ふ, 初め忘れられながらもゴッセン, 初め思い込んだらしいんだ, 初め思ったよりも店, 初め思つた倍の物, 初め思つてゐると, 初め急進党として愛蘭自治論主張者, 初め急進黨として愛蘭自治論主張者, 初め怨夢はすでに, 初め怪しかった通り, 初め怪しみ遂には, 初め恋愛して, 初め恐くていや, 初め恐しい気, 初め恐ろしく暑い時分, 初め恥ずかしがって, 初め悪いことで, 初め情婦として会っ, 初めに介せなかった, 初め意外な人數, 初めな私, 初め感性感冒に罹った, 初め慈覚大師に随つて, 初め慊堂を請, 初め慶長年間に起つ, 初め憎むべき東京朝日新聞の, 初め憲政党の成立, 初め憲政黨の成立, 初め我々によつて, 初め我国の婦人運動, 初め戦争の騒擾, 初め戦争中にこの, 初め戯曲を主体, 初め戰亂の後, 初め戸惑いしたよう, 初め所帯を持つ, 初めを下す, 初め手下の奴ら, 初め手代の巳之吉, 初め手紙の内容, 初め才能があっ, 初め承知しなかったが, 初め拍子木叩きや楽屋番, 初め拒絶した, 初め拓殖委員会は, 初め指す敵の, 初め捕われて再挙, 初め据わった時は, 初め排斥せられた方言, 初めつて見た, 初めのところ, 初め探偵と称した, 初め揺り起された時には, 初め播磨国志相郡岩鍋の地, 初め播磨灘の沿岸, 初め操縦士と合図, 初め攘夷論の盛, 初め支那その他も亦, 初め改進党の成立つ, 初め政之進又は栄, 初め涸れたれど, 初め故山の花, 初め教学新聞で暴露, 初め教学時代の初め, 初め教師までが其方, 初め敬語なしの, 初め数千の女性, 初め数学を学び, 初め数小節をピアノ, 初め数年に渉, 初め数秒間は緩く, 初め数行を読ん, 初めだった新しい, 初め敵討ちの希望, 初め數分の後御嶽, 初め文太郎を診た, 初め文字は奴隷制的, 初め文部省の辞令, 初め文部省それから内務省, 初め断ったところがそれ, 初め断固東進八月十日リーグニッツ西南方地区に, 初め新しく架つた, 初め新たに任命, 初め新婚間もなく遠洋航海, 初め新宮中の古社, 初め新田の方, 初め新聞の政治記者, 初め新進の人々, 初め旅立をした, 初め既成文壇の勢力, 初め日光の奥, 初め日光静岡前橋などへも旅行, 初め日向きむ子神近市子平塚明子又は武者小路夫人, 初め日常の実, 初め日本印度支那三国の無頼漢, 初め日本橋の三越, 初め日没前およそ一時間, 初め日野資朝日野俊基等の英才, 初め旦那様の素振り, 初め幕臣の, 初め旧幕に阿諛, 初め昌庵に反対, 初めは正式, 初め昔馴染で商売, 初め春廼舎の作, 初め春日大明神に奉る, 初め春水茶山等は蘭軒, 初め春浪湖山薫と漸次, 初め春海さんらしい声, 初め昼食後の休み中吉本君, 初め時には七八人時に, 初め時太郎後鉄蔵と改め, 初め時雨を番傘, 初め晋楚の諺, 初め普通薬を用い, 初め暗くて後に, 初め書記や目科, 初め會津も桑名, 初め有力なる朝日, 初め有力者へ配布, 初め有志諸氏のご, 初め有能な学徒, 初め服装が仲, 初め朝廷の軍功調査, 初め朧のが末明亮, 初め木屋町に宿泊, 初め木曜會員に送られ, 初め未だ曾て, 初め末輩の田舎役人, 初め本博多町の寺沢志摩守, 初め本康宗円に識, 初め本当にせず, 初め朱墨の文, 初め李陵のところ, 初め村長様もお, 初め村長樣もお, 初め来る前とった, 初め東京監獄からここ, 初め東行仕候時, 初め東野やその他知人三四人, 初め東風後北風, 初め松本藩士であつ, 初め松江さん御夫婦, 初め林中に瞿曇仙, 初め枳園と富穀, 初め柏村と同級, 初め柳沢吉保の耳, 初め柳田に前額, 初め栄三郎後梅幸, 初め栄蔵は犬, 初め栗林氏と共につい, 初め校長があなた, 初め桑野を松村, 初め梁山泊の面々, 初め森田とはちつ, 初め植木屋夫婦が引越し, 初め検事に何, 初め極めて柔順に, 初め極りわるげに眼, 初め榧寺の高, 初めなぐりに, 初め横田氏を娶り, 初め欣之介のゐる, 初め欧州にこの, 初め欧洲に於, 初め欧洲大戦後の先駆的傾向, 初め欧米を巡業, 初め欲求たる間は不, 初めを論ずる, 初め歌っていた, 初め歌舞伎役者でしたの, 初め歐洲に於, 初め歓迎の宴席, 初め学者の, 初め此刊行を申込んだ, 初め此方が世話, 初め此社會の風儀, 初め此船に乘, 初め此處で仕事, 初め此話が南洋傳來, 初め此間地震見舞の手紙, 初め武力を以てこれ, 初め武帝太子たりし, 初め武者どもは心ひそか, 初めの根, 初め歴史上の碩学, 初め死體は朝日, 初めんど, 初め殆どすべての, 初めが少し, 初め母子の外, 初め母方の姓, 初め母親から父, 初め気負いきった諸将, 初めがあふれ出した, 初め水様であるが, 初め水道端でみかけた, 初め江上の船合戦, 初め江原も縡, 初め江戸住居を引上げ, 初め江東の子弟八千, 初め江陵へさして, 初め池田氏の戴氏, 初め汽車の窓, 初め沖田永倉藤堂倅周平右五人に御座候, 初め沢山の悪法, 初め河内屋島が此家, 初め河野君だけはそういう, 初め泊り客の三, 初め津田梅子や後に, 初め津軽家と南部家, 初め浙江軍が優勢, 初め浦塩へ役人, 初め浪士の人員, 初め浪漫主義を信じ, 初め浮世繪師石川流宣等の噺, 初め海中に捨て去られ, 初め海員児童ホームその他の大半, 初め海外留学の先, 初め海間が喚ばれた, 初め液状であって, 初め深川の不動, 初め淺草黒船町河岸に住, 初め清子薬局生下女皆玄関に出, 初め清子藥局生下女皆玄關に出, 初め清朝四号刷の半紙十二, 初め渋木生役して, 初め渋谷三郷の代官, 初め温く柔かだった彼女, 初め湯島天沢寺前とし, 初め満座の顔, 初め漂然として春, 初め漢文を修め, 初め漢詩を学び, 初め漫畫漫文ウソシンブンの類, 初めと熱, 初め無気味な男, 初め無縁となれる, 初め無造作に民さん, 初め然しお惠, 初め照ちやんが感じた, 初め熟読した時分, 初め熱心に求めた, 初め燃料タンク機械工場ラジオ及びレーダー装置, 初め燕王の師, 初め父太兵衛の口, 初め片山さんからその, 初め物資欠乏の中, 初め物質は単なる, 初め狂人かとまで思った疑, 初め狩谷保古は望之, 初め狩野派の加藤文麗, 初め独りで髪の毛, 初め独創的であった一つ, 初め独美は曼公, 初め独逸を目標, 初め猟官を制せ, 初め獲物の兎, 初め獵官を制せ, 初め玉葱の根, 初め王子製紙などがあの, 初め現地に赴く, 初め生じた時糾紛し, 初め生れましし時に, 初め生存競争に都合, 初め生存競争上最も有効, 初め生産物の売価, 初めや畑, 初め田舎からみっちり, 初め田辺侯爵夫人藤尾みち子など四五人, 初め甲府市外の素封家河野氏邸, 初め甲賀組一帯が焼けた, 初め申出たのと, 初め男児誕生のよろこび, 初め男女共分れて, 初め町内の者, 初め町医より召し出された, 初め画家の本能, 初め略語表現が盛ん, 初め異様に不可解, 初め異端の説, 初めの對手, 初め疑はれ待ち設けた最後の, 初めが重く, 初め病ろうている, 初め癈兵じゃろう, 初め発達した本能, 初めをもて, 初め白き基督涙號を, 初め白隱が惠端和尚, 初め百二十卷とした, 初め百人ぐらいのうち, 初め百余人撃たれて, 初め百姓も藩士, 初め百年ばかりの間, 初め百年頃までに出来た, 初め皆んなが憤慨, 初め皆様之御詠歌, 初め皆満腔の同情, 初め皇后樣が河内, 初め盛衰記や平家物語, 初め目上の人, 初め目茶苦茶にカチリカチリ, 初め盲目なりし事, 初め直線ばかりのもの, 初め相和せるを, 初め看護婦まで持て余し, 初め真田幸村等の薩摩, 初め眷属功臣を殺す, 初め眷族の上, 初め眼鼻等の造作, 初め矢代の知らぬ, 初め知らず識らず, 初め知己多かるべし, 初め短い手紙を, 初めは師岡久次郎, 初め石器土器を使用, 初め石神の身体, 初めの上, 初め砲兵工廠を止す, 初め砲員一斉に快, 初め砲車は回転, 初め硝子の管, 初め硝石と硫黄, 初め社中の祝い物, 初め祝事に野, 初めに仕, 初め神楽坂署員一同の不安, 初め神皇正統記から大, 初め神近市子氏の紹介, 初め祭具武噐食噐等に我国, 初め禎輔が他, 初め福岡博多の大, 初めの山, 初め秀吉方で諸, 初め私立探偵だなどと, 初め私達は大学, 初め秋三と顔, 初めを取寄せ, 初め種々の小間物, 初め稿を脱した, 初めから這い出, 初めや, 初め空気の中, 初め突如墺軍が, 初め突然精神に, 初め窃盗か何, 初め窓ぎはの客, 初め立場を特殊, 初め立春の日, 初め笑おうとした, 初め笑つて居ましたが, 初め笑顔の好い, 初め笠置からの天皇, 初めを取った, 初め筒鳥の子, 初め篠田如き者, 初め米国から, 初め米国カーネギー・インスチチューションの研究費支給, 初め紀尾水の御三家, 初め紀州にありて, 初め紅塵飜へる街頭, 初め細かった月, 初め細君娘お徳, 初め終わりをよく, 初めの者, 初め組合にはいった, 初め経済的条件だけ目あて, 初め経験論を力説, 初め結婚しようと, 初め結婚十周年の錫婚式記念夜会, 初め絶対的な観念, 初め絶對臥蓐法により一方, 初め綿を打つ, 初め総て自分の手, 初め編成されたとき石津, 初め編輯の體例, 初め編集部でも注意, 初め織田軍の総崩れ, 初めを飼つて糊口, 初め美しかったこの, 初め美和子が冗談, 初め義男はみのる, 初め義貞以下われら端武者にいたる, 初め翠欲流の何, 初め老媼女房阿園, 初め老臣長岡佐渡から聞いた, 初め老若の男女達, 初め考えて居た, 初め考えたよりもその, 初めにした, 初め耿炳文に従い次, 初め聖堂の構内, 初め聞いた時にも, 初めを出し, 初め聴いたほど巧, 初め聴衆一同が大, 初め肉親との内訌, 初めをそびやかし, 初め肺炎にかかった, 初め背広を着, 初めに浮んだ, 初め脇腹の方, 初めに落ちないらしかった, 初め腸狭窄で手術, 初め腹心の付人たち, 初めを持っ, 初め臣下一同の集まっ, 初め自ら凡夫となる, 初め自動車屋の集金人, 初め自然主義が起ろう, 初め自然界の恐ろしい, 初め自由劇場でやつ, 初め臼杵氏後牧氏, 初め舒業順の三字, 初め舞台で卒倒, 初め舟子舵取まで, 初め般若寺村の橋本方, 初めのドクトル, 初め船中残らず揺り倒されて, 初め船員が皆, 初め船宿であったが, 初め船底の右舷, 初め色々現象を, 初め花やかなる一団, 初め芳江も市之丞, 初め若い文学士や, 初め若草の妻たち, 初め英文学をやった, 初め英艦が薩摩, 初め英語が全然, 初め茶褐に後, 初めや木の根, 初め荊州の劉表, 初め荒木寛畝に画, 初め荘一清と汪紹生, 初めと汗, 初め荷風君の知人達, 初め菊人形の番人, 初め華麗なる十艘, 初め萩野由之さんに質し, 初め落霜紅は赤く, 初め葉子は彼女, 初め葬られた時は, 初め蒋介石は山東, 初め蒲生賢秀にしたがっ, 初め蒼くなってたの, 初め薄ら明るみにくらまされ, 初め薨御せらる, 初め薩摩での俗称, 初め薩長二藩が至上, 初め薬用として中国, 初め藤原保則が備中介, 初め藤甲軍の現われた, 初め藤色絞りの, 初め藥局八百屋豆腐屋荒物屋化粧品屋要するに彼女達, 初め藻類専門家の理学博士岡村金太郎君, 初めの道, 初めに染まった, 初め衆軍を試め, 初め行つた時はこんな, 初め行先を聞かれ, 初め衣服の粧飾品, 初めからそっと, 初め袁紹の二男袁煕, 初め西或は南, 初め西側の窓, 初め西洋崇拝に駆られ, 初め見た医者もうけ合っ, 初め見世の者ア気, 初め見出すのに, 初め見知らぬお客までが, 初め見習として十五円, 初め親切でやがて, 初め親戚のもの, 初め観世流の美点, 初め観衆は二十万, 初め劃した物語, 初め討手が門外, 初め試みに中野あたり, 初めのできた, 初め話しその決裂, 初めから生じまし, 初め読み出した時は, 初め読んだとき二児とは, 初め読売新聞に載, 初めも彼, 初め調査部にひま, 初め諸侯列席の所, 初め諸公がたへも老中, 初め諸君の手, 初め諸種の技芸, 初め謙信はその, 初め警察当局に忠言, 初め警視庁の人々, 初め警視総監や多数, 初め谷山一家の人々, 初め豆板南鐐一分二朱判金等のあらゆる, 初め豊島屋から来た, 初め豊後の人麻田剛立, 初め豫審の調べ, 初め貞徳派天保調などに入り, 初め貧しい人たちには, 初め資本主義打倒のスローガン, 初め資本家に対する労働者, 初め贅沢な飲食店, 初めと緑, 初め赤い翫具を, 初め赤く焼けて, 初め赤羽主任は村山巡査, 初め越後衆全体の御, 初め足弱な女房がた, 初め躍りたってた心が, 初め身体が弱っ, 初め躯幹上膊にあらわれ, 初め軍人となり, 初め軍人達の号令, 初め軽い風邪に, 初め軽井沢の教会堂, 初め軽蔑し喧嘩, 初めく応ぜなかつた, 初め輪郭的に, 初め轎丁四人と草履取二人, 初め辭書編輯の議, 初め農作にもっとも, 初め農山漁村の疲弊, 初め勢力の, 初め迄の間に, 初め處の, 初め近世社会主義の思想史, 初め近所の子供たち, 初め近江屋半四郎後大坂屋忠兵衛, 初め近隣の人々, 初めひ, 初め追手船が迫った, 初め透き通るように, 初め途中から落ッ, 初め這入ったとは別, 初め通りうまく品物, 初め通り金曜日の晩食, 初め通三丁目であつ, 初め連れ立ってから半町, 初め連れ立つてから半町, 初め連盟内に雪, 初め連載されたの, 初めに一回, 初め遂に完全に, 初め遇うた時に, 初め遊びしとき年四十餘と, 初め過ぎの赤児, 初め過去帳と題し, 初めの行手, 初め道化役者が幕, 初め道士があやしい, 初め道学先生や教育家, 初め参の, 初め遠くから見た, 初め遠慮がちな臆測, 初め邦人に使用, 初め郡立学校視学官市役所員それにドクトル, 初め郡立學校視學官市役所員それにドクトル, 初め部下の者, 初めにも, 初めの讚, 初め酒田あたりの風俗, 初めだった書画骨董, 初め重く覚ゆれ, 初め重役有為なる若者, 初め重病室に入室, 初め重立った人の, 初め野外の惡戲, 初め野菜が非常, 初め野辺の到る, 初め金ちやんの家, 初め金吾や釘勘, 初め金融ブルジョアジーは終局, 初め鈍いように, 初め鈴木が修行, 初めが肩先, 初め鉄牛の門, 初め鉢植にてありし, 初め鉱山師の徒, 初め鉱毒のこと, 初め銀座に行った, 初め銀行の貯金, 初め錦絵小間物日光細工楽焼饅頭屋易者などの店, 初め錦輝館でそもそも, 初めを少し, 初め鐚銭に至る, 初めが肩先, 初め鑛毒の事, 初め長女敬が母, 初め長屋の者, 初め長州のろくでも, 初め長年の召使達, 初めを出でず, 初め開拓記念に最も, 初め間違えてよみはじめた, 初め関孝和は高弟荒木村英, 初めの隙間, 初め附近の城主, 初めつて戰國時代と, 初め陰っていた, 初め陰つてゐた空, 初め遜も, 初め随分人が, 初め隠坊堀とよばれ, 初めに気狂い, 初め隣室の女, 初めがチュウチュウ, 初めが黄門郎, 初め雅楽頭と一ノ関, 初め集まっている, 初め雇われ人は, 初め難色があった, 初めの降った, 初め雪枝が紹介, 初め雲巌寺まで二里, 初め電話口に出, 初め霜月十日あまりの初夜, 初め霞亭が召され, 初め霧島神社に参拝, 初め露西亜と独逸, 初め静斎と号, 初め非常に恐縮, 初め面白しとも思はざりし, 初め鞭拍車鞍手綱なぞいう, 初め頃ユリ子から電話, 初め頃二人とも聊か, 初め頃墺太利の維也納, 初め頃夏の前, 初め頃妾達はこの, 初め頃山麓某村, 初め頃支那の南方蜀, 初め頃李固が, 初め頃神戸に一人, 初め頃霧社小学校は予算六千円, 初め須藤新吉氏のヴント, 初め須賀の宮, 初め頼母子を整理, 初めが吹き, 初め飛び落ち来った, 初め飛騨信州路の山脈, 初め食った時の, 初め食客の竹屋三位卿, 初め飯富源四郎と称した, 初め養生所へ頼み, 初めり好, 初め館山で後, 初めの落っこっ, 初め首府クスコに向け, 初め香料品を商っ, 初めの秣桶, 初め馬琴に心酔, 初め驚いたが間もなく, 初め驚きもし, 初め驚愕した, 初め驚異の声, 初め體中の孔, 初め高徳や五郎, 初め高級船員がひた隠し, 初め高野氏石に一人, 初め高麗からの海賊禁圧, 初めの孫礼, 初め魔王に全権, 初めを王, 初めかと思った, 初めと獣, 初め鳳雛麟児は母, 初め鴻山は考えた, 初め鹿田だけの床, 初め麹町八丁目の鳥羽藩主稲垣対馬守長和, 初め黄色ツぽい光, 初め黒いかたまりと, 初め鼓膜まで硬直, 初めを踏み, 初めであしらっ, 初めKOの八郎さん