青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「勝手~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~動物 動物~ 勘~ ~勘定 勘定~ 勝~ 勝ち~ ~勝利 勝利~ ~勝手
勝手~
勝負~ ~勢 勢~ ~勢い 勢い~ ~勢力 勢力~ ~勤め 勤め~ 勤労~

「勝手~」 6159, 67ppm, 1710位

▼ 勝手~ (2996, 48.6%)

95 しや 78 しろ 76 するが 46 しろと 23 して 15 きめて 13 出て 12 させて 11 なさい 10 するがい, 自分の 9 決めて 8 さして, するさ, せい, 想像し 7 されて, 一人で 6 おし, おしよ, したまえ, なさるが, なって, ひとりで, 手を, 歩いて, 私の, 自分で 5 しろという, それを, なれ, やって, 取って, 家を, 持って, 自分を, 連れて

4 [13件] しろい, しろよ, せよと, なさいまし, なさいよ, なるが, なれと, やつて, 好きな, 寝て, 物を, 解釈し, 飛んで

3 [47件] あるける通行券, おしなさい, しなさい, しゃべって, しようと, しろだ, しろも, しろ子, し給, すると, するん, せよ, それに, なれ勝手, なれ私, ふるまつて, やるが, 上りこんで, 上り端に, 之を, 人の, 人を, 何でも, 処分した, 処置し, 出して, 定めて, 居て, 成れとて, 或る, 採るが, 断定し, 歌を, 死ぬが, 男を, 留守宅に, 続いて, 置いて, 置きかえて, 自由に, 行け, 見て, 解釈する, 言は, 這入って, 遊びに, 食べて

2 [190件] あつた, あるいて, いたせ, いって, おしと, おしな, おしなさいよ, おれは, お帰り, きめたかて, きめること, こしら, これを, さしといて, さらせ, したこと, したら好い, しな, しなさいよ, しゃあがれ, しゃべらせて, しろって, しろ俺, し給え, する, すること, せ, せいと, せえ, そうきめ, そう思い込ん, そこらの, そんなもの, つくって, つけたの, つけた名前, つけた名称, つけて, できるよう, どうにと, なすって, ならぬこと, なりそう, なるよう, のんで, ふるまって, やったこと, やって来て, やるの, ゐたうち, システムを, 上って, 上り込んで, 世話を, 並べ立てて, 云うが, 云は, 仕事を, 付けたもの, 休むこと, 休んで, 住んで, 体を, 何處なり, 作って, 作ること, 使うの, 使って, 使用し, 信じて, 働いて, 僕を, 入って, 処理し, 切って, 判断する, 動いて, 可能な, 台所へ, 合圖を, 吹く, 呼び出したり, 呼んで, 咲くこと, 境界を, 変改し, 変更し, 外へ, 夜遅く, 夢の, 夫人の, 奥へ, 女を, 始末し, 委せて, 子供を, 家に, 家の, 居たお, 居る飯炊き, 屋敷の, 帰り支度を, 幻影を, 幾日でも, 廻つて下女の, 弄り廻すこと, 彫って, 彼の, 彼女の, 忖度されてる, 思い込んで, 怠惰る, 想像した, 戦争を, 手ランプを, 拔け, 拝見し, 持ち込む頃, 捏造し, 搜せ, 摘んで, 支配する, 改作し, 斬って, 日本の, 暮して, 曲りくねって, 本を, 来て, 止されるの, 歩かせて, 死ぬ, 殺すが, 気を, 水を, 汲んで, 泣いて, 泣くが, 注文し, 泳いで, 燒い, 父と, 物事を, 獲物を, 理解され, 用いて, 発展し, 直して, 省略し, 私は, 立てば, 箸を, 約束を, 美化し, 考えたり, 考えて, 考え出して, 考へたこと, 自分が, 自分たちの, 致せ, 苦しんで, 茶を, 行かれるの, 行くが, 行くこと, 行くだけ, 行って, 見せ読ませれば, 計画を, 話を, 誇張し, 責任感じ, 貴方の, 近い女中部屋, 近い裏, 逃げ出して, 通抜け, 進んで, 遊んで, 遣って, 金を, 雲を, 面白がっ, 頼んで, 顔を, 食って, 食事を, 飲むが, 馳せ廻りて

1 [1874件 抜粋] あがって, あたくしきめ, あなた方へ, ありついて, あんな想像, いうが, いじくり, いたの, いるお, いろんなこと, いわせて, うごけるよう, うろ, おいいつけ, おしや, おのれの, おりました, おろして, お任せ下さる, お入んなさい, お取んなすった, お擲, お為, お立ち去りなされです, お話しに, お遊び, お飲みなさい, かう長う, がぶがぶ飲んだ, きめたこと, きめた結婚, きめとけば, くたばって, ぐるぐる廻し, こしらえた観念, ことわりなし, この技術的領域, これをと, こんな方角, さう, さしとくん, させちょ, させぬと, させるが, さっさっと, されたいまいましい, され過ぎました, したい放題, したらい, したん, しなくッ, しなされあんた, しねえ, しゃがアれ, しゃべらしておけばいいだろう, しゃべるが, しようかと, しろさ, しろだが, しろつて家, しろなり, しろツ, しろ似たもの, しろ汁, しろ船長, すごされる時, するよ, すれば, ずんずん廻り出したら, せんの, そうし, そうとる, そう思う, そう感じた, そう決め込ん, そこい, そこへ, その手紙, その権利, その薄ぐらい, そんな下品, そんな病気, そんな錯覚, だんだん田舎, つかえるん, つけたもの, つづいた六畳, つづく茶の間, できたの, でちまって, とじの, とること, どかどか部屋, どこへでも, どんどん直し, なさいだが, なさいませけれども, なさい膠, なされませ, ならないこと, なる, なんかされる, ねたまえ, はねまわって, ひどいこと, ふざけ散らして, ふみにじったドイツ, ふるまつただけで, ぶつかったという, ぷろっとを持っ, まかせた公衆電話, またべつ, もじって, やったらよかろ, やって来たの, やらして, やり給え君, やるで, やれ, やれると, ゆがめられた, ゆけっ, わが欲, わたしの, ゐた嫁, ゐる女房, オレの, サアカスなどへ, テレて, ノソノソ歩い, ビールや, マルクスの, ローリイを, 一人殘つてお, 三つにも, 上り込んじゃって, 下が, 下りて, 下船し, 世話し, 主客の, 乗りこんだよう, 二音に, 云ふ, 人夫を, 人生を, 仏蘭西の, 付けては, 仰ぎながら, 任して, 休まして, 休んだり, 位置を, 何かを, 何処へか, 作つたと, 作り上げて, 作り鑑賞, 使うが, 使えた, 使ひ, 使用いたし, 保存した, 俺は, 借り出しては, 假の, 働くやう, 優れたもの, 先を, 入ったこと, 全欲望, 其の客, 其弗法を, 写したらいい, 処分された, 出あるく, 出したの, 出ちやいかん, 出はいりの, 出られるで, 出るな, 出來, 出席する, 出来るぢ, 出歩いちゃあ, 刀を, 分析した, 切り廻すよう, 列車を, 利用する, 剪裁し, 創り出すといふ, 加へ, 勅書を, 動かすよう, 動きだして, 勘次を, 勝手な, 千層倍にも, 原文を, 取りか, 取り上げて, 取り扱えるの, 取り込まないで, 取壊すこと, 取扱うの, 取締るべき, 口上を, 召されい, 召上りまし, 台所を, 名づけるが, 向けるが, 吠えるの, 呑みこんで, 味わうべき事, 呼吸し, 唱えしめただ, 喋って, 喜んで, 喰はせ, 噂し, 四隣を, 地蔵さんの, 増したため, 墮落する, 売るわい, 変えられる点, 変更した, 外しさっと, 夜歩きなど, 大事な, 天に, 太初三年に, 奪った上, 女郎と, 好な, 好悪を, 姫君を, 嫌悪し, 定めたつて, 家宝の, 寝ころぶ, 寝衣, 将軍の, 尋ねて, 小屋を, 居たつて言, 居た内儀, 居た筈, 居る下女, 居る時, 居る者, 工事を, 帰して, 帰ります, 帰れ, 帳面が, 店を, 廃めて, 廻つて用人の, 引き出させる点, 引っぱられて, 引取って, 引廻した, 弟子入りを, 形而上学的に, 彼等の, 後元元年, 御入りなさい, 御飯つぶを, 徴発され, 必要な, 志願し, 怒って, 思うが, 思つたら, 急げと, 悪の, 想像する, 感じとり勝手, 感激し, 慰んで, 戸数割を, 所謂, 手桶へ, 払ったん, 扱へる, 折れ曲ると, 抜け出すという, 押して, 拒絶しよう, 拭い取つて, 拾え, 持つて, 振まわずそれ, 振舞うという, 振舞つてゐる, 振舞わすの, 捕るが, 据えたらよかろ, 掘っても, 採らせて, 探して, 推量する, 描いたらどう, 撮影所の, 操られて, 支度を, 改めては, 放りだして, 放擲し, 故郷へ, 数を, 文学的な, 断わり親爺, 新しい奇跡, 斷定し, 旅行を, 是等の, 時間を, 曲げてるらしいから, 書き直した點, 書籍の, 木の下に, 杉本博士に, 来るの, 染められる色, 案配ししかも, 極めて, 横に, 權力が, 歌い死ぬ者, 歩いても, 歩き回ってると, 歴史を, 歸られる, 死ぬこと, 死ねお, 死んだ女, 死体を, 気に, 決めた縁談, 決めるという, 沒落する, 泊まること, 泣かせること, 注いで, 泳げ, 流れて, 浮きだして, 渡れぬわけ, 溌剌と, 滅茶苦茶な, 濫読し, 点頭いて, 無精生殖を, 焼て, 熱を, 片づけて, 独りぎめをなさったのでございます, 独立し, 狼狽えて, 獲得出来ない, 理科乙を, 甘い空想, 生きるん, 生んだの, 生活的真実を, 用いるはず, 男えりを, 當る, 発展する, 百円を, 目が, 相続人面を, 眠るという, 研究させ, 神の, 禁門の, 秘密らしい, 突っ走って, 立ち去ること, 立つ, 笑って, 管を, 粗末な, 紛らされたり, 組合せたもの, 絞りへ, 線を, 縁附ける, 置きなさい, 翻案化し, 考えるしかし, 考え信じ愛し, 耻を, 育てなければ, 腰かけて, 膳を, 自らテレたり, 自惚れ返ること, 自然を, 舟子が, 色を, 苦しむが, 茂ッて, 荷物を, 落ちつくもの, 著述を, 虐げて, 行きて, 行き夜, 行つ, 行つて茶器を, 行動する, 被告を, 製作できる, 褞袍に, 見せるわけ, 見には, 見張りの, 見舞いに, 覺り, 解釈出来る, 言うが, 言わせると, 計らいましたよう, 記したもの, 詠草を, 話したらいい, 話し合って, 話題を, 誘われない自由, 読め, 読んだ色々, 調べて, 論議が, 負けた事件, 責任を, 費さうと, 走りだしたやう, 起しといて, 足を, 跳ね廻る元気, 踊るが, 蹈み, 身を, 転って, 轉が, 近いので, 近い処, 近い方, 近く居る, 迷って, 退くの, 逃げたらいい, 逃げろ, 逃げ込んで, 這入つて來, 通るから, 造られて, 連想を, 進行の, 遅い汽車, 遊び暮した, 道を, 適當な, 選んで, 邪推を, 都合の, 酒を, 量り出して, 長水路, 開ける事, 開始せし, 降ったり, 降りや, 陣取らつし, 階段から, 隣りの, 離縁は, 頂くその間, 頷きながら, 願いますという, 飛び出して, 飛んだので, 飛行機で, 食う, 食えと, 飮む, 飲み食いし饒舌, 飽くさ, 首都に, 馴れた人, 駈け廻る方, 騒ぐこと, 驚けと, 驚異したい, 鳴って

▼ 勝手~ (1209, 19.6%)

190 ことを 57 事を 36 真似を 25 熱を 18 ことばかり 13 想像を 11 理窟を 10 ことが 9 ところへ 8 ものだ 7 ものを 6 のだ, まねを, もので, 行動を 5 ことは, 事ばかり, 名前を, 奴だ, 所へ, 時に, 気焔を, 眞似, 話を 4 ときに, んだ, 事が, 方へ, 方向に, 方向を, 生活を, 真似は, 道を

3 [21件] お世話です, ことに, ふしを, ものは, ように, 人間の, 仕事を, 判断を, 名を, 想像で, 意味を, 批評を, 方向へ, 方角へ, 空想に, 考えで, 自分の, 芝居を, 説を, 議論を, 音を

2 [68件] おしや, お願いを, ことで, ことには, ことの, ことばかし, ところで, ところに, のでいつ, のです, ほうへ, ものです, ものに, もんです, んで御座います, 事は, 事も, 云い草だ, 云ひ, 仕事と, 仮定を, 依怙贔屓である, 処で, 処へ, 出放題を, 助言を, 口を, 場所を, 夢の, 女だ, 嫌らしい, 市価だ, 悪戯を, 意見を, 意見をも, 所に, 所を, 振舞いを, 推察を, 推量に, 文句を, 方法では, 方法を, 暮しを, 歌を, 注文が, 熱ばかり, 物語を, 理屈を, 理由を, 画ばかり, 真似が, 研究を, 空想を, 節を, 系図を, 考え方を, 臆測を, 處へ, 要求を, 規則を, 解釈を, 言葉を, 話ぢや, 話ばかり, 野郎だ, 長さ, 願いごとお

1 [521件 抜粋] あきらめに, あて推量なぞを, いたずらを, いろいろの, うたの, おしゃべりさせ, おだを, お喋りなぞ, お喋りは, お喋りも, お座敷づとめをしとる, お惚気, お話を, お願, お願いです, お願いな, お願いながら, お願いの, お饒舌, かたちで, きたない処, こといっ, ことかは, ことだ, ことって, こととは, ことな, ことばかりを, ことや, こと申し上げ, こと言える, こと言われた, ごたく, さうし, ぜいたくな, とき外から, ところそんな, ところを, ところ物分りの, ねつに, のである, のでございます, のとで, のに, のにあまり, のは, ひとだ, ひとつて, ひとね, まちまちの, まねが, まねも, みにくい, ものが, ものである, ものでない, ものな, ものよ, もんだ, やり方を, ような, わけから, わたくしには, んでございます, んです, んで有難, ケチな, ゴタクを, ゼンマイ仕掛けの, タワ言を, チンピラ小説を, デタラメを, フルマイを, プランだ, プログラムを, ページを, ポーズを, マチマチの, ヨタを, ヴィジョンを, 一種の, 不平であるまい, 不道徳な, 世界を, 主人に, 主張の, 主観的な, 主観的解釈を, 了見で, 争いに, 事し, 事ばっかり, 事云う, 事実の, 事情に, 事端を, 人たちだ, 人だ, 人だろう, 人です, 人ね, 人は, 人を, 人物を, 人生観を, 人間だ, 人間と, 人間に, 仮構事じゃ, 伝説を, 作者に, 例, 保護呼ばわりを, 信仰を, 個人を, 値を, 偏頗な, 傳説を, 働きを, 先入見, 冗談口を, 冷かな, 処分に, 処置については, 処置相, 分類を, 判斷を, 判決文みたいな, 利益を, 削除なんぞを, 創作が, 創造の, 勧善懲悪は, 反対な, 反自然, 収入予想を, 取引だ, 取引を, 取締りを, 召集の, 吉田磯吉とは, 名で, 名称を, 向う見ずの, 品評を, 哲学, 問を, 噂さを, 囁きの, 囈言汝れ如き, 回覧雑誌を, 因を, 因縁ばかり, 図画や, 報告を, 場所に, 声を, 外科手術を, 夢を, 大たくら, 天文学が, 太平楽を, 失望に, 女であろう, 女と, 奴が, 奴さ, 奴と, 奴どもじゃ, 奴は, 奴や, 好奇心の, 好奇心を, 妙な, 姿態で, 娘, 娘だ, 婦を, 嬉戯の, 字を, 定めとして, 客たちを, 寫生の, 小理屈を, 尾鰭を, 岩壁に, 崇拝の, 市当局者である, 希望である, 希望も, 希望を, 干渉を, 幻影を, 当て字で, 当然さ, 形に, 形の, 形や, 形を, 彼女でも, 得意さを, 御弁解, 御難題, 心理遺伝と, 思い付きに, 思想表現なら, 怪談に, 恰好で, 恰好を, 悩みを, 情熱を以て, 想像が, 想像である, 想像では, 想像に, 想像や, 想像力によって, 想念を, 意匠を, 意味にでも, 意見などを, 感情の, 感想の, 感覚で, 慈悲心を, 憂鬱を, 憐憫を, 懐疑と, 成長を, 戦いを, 戦を, 戦争を, 手紙を, 才量で, 扮装に, 技法を, 抽象態を, 拘束を, 振りを, 振舞いが, 振舞いは, 振舞ひ, 振舞を, 授業が, 改変といふ, 改釈による, 攻撃を, 放談と, 教義や, 教育を, 文字を, 文学を, 文学様式などは, 料理を, 断定という, 断定を, 新語を, 方から, 方です, 方ね, 方向の, 方法によって, 方面へ, 日な, 時だけ, 時には, 時は, 時や, 時夜でも, 時幾時間勤むれ, 時期に, 時間に, 時間表を, 普通名詞を, 書物を, 望みであり, 朝云うた, 本を, 材料を, 束縛な, 条件でも, 条件なんか, 東儀与力とは, 染めを, 根性に, 根拠の, 案は, 極道とか, 楽も, 横暴な, 横車を, 次第です, 欧州的範疇を, 欺瞞の, 歎願でない, 武蔵は, 歩調であるい, 歯ぎしりを, 気が, 気儘が, 気性が, 気持ちに, 気持による, 氣焔も, 汽車に, 法を, 法則に, 法則を, 法螺を, 泣面と, 注文は, 注文を, 活用を, 浪漫が, 清掃癖が, 漫談でなく, 激語を, 為払を, 無技巧, 無責任極まる, 無遠慮な, 熱や, 物を, 独りぎめをしていたのだった, 独り言を, 狼藉を, 獨り, 理屈から, 理屈です, 理智と, 理由で, 理窟でしょう, 瓦の, 生き方それも, 生き方で, 生物である, 生長から, 用事を, 用心深さ, 申し分の, 申し分は, 申分である, 男だ, 男で, 男としての, 男は, 男性を, 畜生だ, 異性観を, 疑いを, 発育を, 皇帝でありました, 盲断に, 盲斷に, 真似し, 真似なんぞ, 真似の, 真似ばかりを, 瞑想を, 神に, 私利私慾を, 称呼に, 税法, 稱呼を, 空想が, 空想であり, 空想である, 空想では, 空想の, 立場からばかり, 筆を, 筋へ, 筋道を, 経過を, 結婚を, 結論で, 総合的叙述を, 線を, 考えが, 考えごとなど, 考えだ, 考えです, 考えに, 考えには, 考えばかり, 考え方は, 考が, 考へで, 考証を, 者だ, 者で, 者を, 聯想に, 肉を, 肚が, 臆測が, 臆測論判上下する, 臆説仮説を, 自分だけに, 自分独自の, 自尊心を, 自慢を, 自由が, 自由行動を, 船頭の, 色々の, 色彩なり, 色彩の, 芸当が, 苗字で, 落書を, 藝を, 藝当を, 行動などに, 行動に, 裁判を, 親でしょう, 解釈かも, 解釈が, 解釈で, 解釈であろう, 解釈に, 言いがかりを, 言い分な, 言で, 言のみ, 言条と, 言葉と, 言葉の, 訂正を, 計画で, 計画や, 計画を, 計畫, 註文を, 註釈を, 証言を, 評判を, 評定を, 評者と, 話じゃ, 話です, 話に, 話題の, 認識主観から, 語を, 誤謬を, 説明や, 読書に, 請求を, 譜を, 譯で, 象徴でない, 豫定の, 財政政策, 貢納を, 買い物などは, 賞讃の, 質問を, 趣味という, 趣味や, 身なりを, 身構えが, 軍歌を, 輿論を, 返事も, 返事を, 速度で, 造り事だったら, 連想に, 進路で, 遊びに, 遊行の, 邪推を, 部分を, 都合で, 都合に, 野原を, 量見で, 金額に, 間違いであった, 附説を, 除目を, 陰謀を, 隠れ場所から, 雑言や, 雑誌や, 電話さ, 非研究的, 順序である, 順序や, 願いである, 願ひであ, 願ひでも, 願望や, 風来ものが, 風采を, 飛躍が, 馬鹿を, 鼻歌は

▼ 勝手~ (352, 5.7%)

39 方へ 25 方から 22 方で 15 方に 5 障子を 4 違う感じ, 違ふ 3 ほうへ, 戸を, 方からは

2 [12件] い, 上に, 壁に, 意地張り大体ならぬ, 扉の, 方は, 板の間, 板の間が, 違うよう, 違う気, 違つた, 間の

1 [205件] あつかい, いい家, いい方向, いい泣き言, いそがしさ, ええにもほどが, かはり, きく者に, ことが, ことだ, ことを, しれない淋し, せまい所, そこに, ちがうこと, ちがうもの, ちがう気, ちがう気持, ちがう異境火星, ちがったもの, ちがった征服, ちがった相手, ちがった静けさ, なかへ, ほうで, ほうでございます, ほうにも, ほうの, むくいだわ, やうな, よいこと, よい巧妙, よい時, ようだ, ようで, ようではござります, よくねえ, わからないもの, わからない人たち, わからない火星, わからない甚だ, わからなくなること, わからぬおかし, わからぬの, わからぬ船, わからぬ読者, わがままは, わるいもの, わるい取, わるさ, オダに, 七万両の, 上の, 上り口の, 上り框に, 不如意が, 不確かな, 事を, 井戸端, 人間が, 仕事の, 仕置を, 内へ, 出入口の, 分からない一種べつ, 分からぬ所, 分らないこと, 分らぬ家, 分らぬ船, 利く落付き場所, 口を, 命令が, 土竈の, 土間に, 境目に, 壁の, 外へ, 夢を, 好いやう, 始末を, 姿の, 小女に, 小座敷に, 幟や, 広い板の間, 広告を, 床の, 座敷から, 廊下の, 強い姑, 強そう, 形を, 復讐を, 思案に, 悪いこと, 悪いの, 悪いもの, 悪い操作, 悪い時, 悪い点, 悪い空鑵, 悪い雨中戦, 悪口を, 我ままだ, 戸が, 戸に, 戸も, 戸締りを, 戸締を, 扉と, 扉に, 扉を, 手伝いに, 振舞あれ, 振舞いじゃ, 掟じゃ, 探検を, 支度を, 方からも, 方が, 方と, 方には, 方の, 方へは, 明り障子が, 時ばかり, 暗い, 曲を, 板の間に, 板の間の, 板の間を, 板を, 板戸に, 板戸の, 棚の, 棟から, 検束を, 様に, 横などを, 横に, 水仕事を, 水口で, 水瓶の, 流しもとの, 流し元へ, 流し場へ, 流許には, 為事は, 熱を, 物を, 理窟左衞門聞く, 用事も, 異なった感じ, 病気や, 知った本郷, 知れた城中, 知れた草ぶかい, 知れないまま, 知れない土地, 知れない山, 知れない怪しげ, 知れない町なみ, 竈の, 筈じゃ, 者に, 腰障子を, 腰高を, 草履を, 衆へ, 行動を, 裏階段を, 見方で, 解らない広い, 解釈に, 議が, 議だ, 議に, 路を, 近いの, 道具で, 違うところ, 違うもの, 違う事, 違ったよう, 違ったトボケ, 違った想い, 違った感じ, 違った東京, 違った気, 違った物, 違った顔つき, 違つた思ひ, 違つた感じ, 違つた感じが, 鉄製の, 門が, 間に, 隅で, 隅にまで, 階段の, 階段を, 障子に, 障子の, 隣りの, 雨戸を

▼ 勝手~ (237, 3.8%)

25 違って 9 ちがって 7 違ふ 6 悪かった 5 ちがう, 悪い 4 悪いと, 違うよう 3 わるい, 分らない, 違う, 違うの, 違うので, 違ったが, 違ったよう 2 いい, ちがうよう, 分つて, 分らなくって, 分らぬので, 悪いが, 悪くなった

1 [137件] ありその, あり其處, あるもの, いいらしい, いつもと, おかしいとは, かわらざるを, きかないところ, きくぐらいの, すぎると, ちがいますよ, ちがうかも, ちがうこと, ちがうぞ, ちがうため, ちがうだろう, ちがうの, ちがうので, ちがう話, ちがった, ちがったよう, ちがったらしくこう, できるの, ひとりでにうまく, ほぼわかっ, ましいお, ましい申し条, ましうございますが, ましくも感ぜられ, まるで違った, よい方, よくわからなかった, よく飲み込めない, よろしい, わかったし, わかって, わかつて, わからず, わからずそこ, わからないが, わからないで, わからないで困るだろう, わからないので, わからなかった, わからなくつて, わからなくなったり, わからぬといふ, わからぬらしい, わからんで今朝幾島さん, わかりませんから, わかるが, わかるまいから, わるいから, わるいが, わるいの, わるくて, 出来ましょうぞ, 出来るの, 出来るもの, 出来る自由さ等, 分かるよう, 分って, 分らずユーストン街, 分らず考, 分らなかった, 分らぬそれ, 分らぬそれから, 分らねえけりゃ店, 分りませんこれ, 分りゃあ, 判らないので, 判らなくって, 判りませんでねえ, 変り何, 大分に, 好い, 好いから, 少し違う, 強いん, 悪い己ら達, 悪い訳, 悪うございます, 悪くどうにも, 悪くは, 悪く少し, 悪く白い指, 惡く, 準備され, 異うから, 異うぞ, 知れない, 知れないから, 知れないもの, 知れぬから, 知れません, 知れめ, 見える, 解らない, 解らないから, 解らなかった, 解らなかったの, 違いながら, 違います, 違いますからね, 違いますが, 違いカッ, 違い過ぎて, 違い過ぎは, 違うせい, 違うそこ, 違うだろうと, 違うて, 違うという, 違うん, 違った, 違ったぞよ, 違ったところ, 違ったね, 違ったので, 違った庭口, 違った感じ, 違ってね, 違つた, 違つたといふ, 違つたのである, 違つてへ, 違つて先の, 違つて手も, 違つて狼狽する, 違つて私は, 違つて門衛だの, 違つて鳥渡の, 違ひ, 違ひすぎ, 違ひます, 違ふらしく, 非常に

▼ 勝手~ (195, 3.2%)

29 知って 3 よく知っ, 存じて 2 して, よく知った, よく知らない, 出ながら, 心得て, 楽しむの, 申すよう, 知つてゐる, 知りませんから

1 [142件] いえ今日限り, いって, いひたくなるほど, おしの, しづまらせ, しらぬ家, する, すると, する間, そらんじて, つくしても, つらぬいて, ほぼ承知, ゆるして, ゆるしゃしないから, よく心得, 主張し, 云い合っても, 云う, 云うたの, 云うん, 云えねえの, 云えば, 云って, 仰せ付けられるかも, 仰せ付けられること, 働くは, 働く女中, 働く女房, 僧院長は, 出たり, 切って, 区切る戸, 左様に, 弁えて, 心得ぬから, 心得ませんから, 心得ませんが, 心得ません拙者, 忘れて, 悉く良兼, 悪くし, 手伝いながらでも, 振舞い他国, 整へ, 案内させる, 照らして, 片付けて, 狂わせた, 申し上げて, 知った, 知ったお, 知ったこの, 知ったる身体, 知ったロボ, 知った三階, 知った人々, 知った休み茶屋, 知った僕, 知った兄, 知った半蔵, 知った囲炉裏ば, 知った土窟, 知った大広間, 知った奴, 知った宗清, 知った宮川筋, 知った家, 知った寺, 知った庭, 知った庭伝い, 知った彼, 知った後堂, 知った得右衛門, 知った応接室, 知った書棚, 知った木小屋, 知った本丸, 知った湯殿, 知った盗賊, 知った私, 知った節子, 知った縁側, 知った舟旅, 知った葛岡, 知った裏, 知った譲吉, 知った豊世, 知った間道, 知つ, 知つた, 知つたもの, 知つた土地の, 知つた大, 知つた室だけに, 知つた小, 知つた心斎橋へ, 知つた貸間の, 知つた道だ, 知つた阿佐ヶ谷附近なら, 知つて來たらしい, 知つて居る, 知らずに, 知らないから, 知らないその, 知らないので, 知らない二人, 知らない僕, 知らない室, 知らない暗, 知らない道, 知らぬ上, 知らぬ外来者, 知らぬ奥, 知らぬ旅人, 知らぬ武蔵, 知らんから, 知りません何処, 知る間道, 知れる客, 破壊しよう, 致しまして, 行わしめぬ予防, 行わず指揮者デニー博士, 見さだめて, 見るばかり, 見届けて, 覚えました, 言うて, 言って, 許されその, 許したって, 認めて, 超越した, 通した一本気, 違えた叔父, 遣っては, 間違えて, 隔てた, 静まらせ, 面倒が, 顧慮し

▼ 勝手~ (122, 2.0%)

53

2 [12件] あね, から可, があんな, がこの, がその, がそれ, がね, が彼, が手前, と云う, な, なまい

1 [90件] いやその, おれが, から, からお, からそんな, からね, からまだ, から定め, から教師, が, があんまり, があゝ, がおれ, がこれ, がこんな, がしかし, がすぐ, がただ, がな女房, がわし, がビスケット入, が世間, が人, が今日, が作品, が俺たち, が共存, が女子, が宗太, が当家, が後ろ, が恐らく, が捜査, が斯, が構え, が此處, が死ぬ, が無, が然し, が煙管, が眼前, が私, けど所有権, けれどこの, けれどもこんな, けれども自分, けれど兎角, けれど力, けれど然し, こっちで, この家, しなぶり殺し, し買手, ちいうし途中取, で, という, ということ, というの, という事, という顔, といった風, といふ結論, とおもいました, とか言, としてもあたし, としてもこの, としてもそれ, としてもだ, としてもね, として真名古, とな, とまあ, と云え, と云われる, と君, と思い, と思う, と思っ, と思ふ, と見え, と言ってる, ねえ僕たち, へッ, べよ, よッ, よ泊ろう, わおじさま, ッ, 己の, 酔覚し

▼ 勝手~ (110, 1.8%)

6 はない 4 働いて 3 はある 2 おみや, 女主人の, 拵らへて

1 [91件] あの後藤, あらうが, お前さんを, お客樣へ, お市, お手伝ひな, お茶碗, お角, この婦人, この寺院, この溝, ござります, さあ, さあね, すらすらと, せう, そうしたん, そこは, そんなこと, つまり芸術座, では御, どうにでも, はありません, はございます, はカタコト, はコトコト, は内儀, は女房, は朝, は止まらなくなっ, は決るまい, は清, は錢形平次, ばかりやさしい, まことに相すみません, やって来たよう, バタバタし, プリンを, 七輪への, 何も, 使ふ, 俺の, 刀根の, 勝負といふ, 又その, 天窓から, 奉公人の, 奥に, 女中を, 好い加減に, 如何にとも, 子どもが, 子供を, 対手を, 序でに, 座敷牢へ, 弱いもの, 彼等の, 時間が, 格子窓が, 案内人も, 横着な, 気儘な, 気楽じゃまで, 洗ひものを, 洗濯し, 瀬戸物の, 炊事を, 牛酪炒にでも, 猫丸猫三ち, 異議は, 皆んなのと, 私が, 私の, 粗略には, 罪の, 自修した, 自分を, 苦労する, 茶碗や, 行ひ改められた, 行われて, 行水を, 跡仕舞いを, 身に, 返事を, 都合よき, 酒の, 長々と, 顔を, 鳥兜の

▼ 勝手気儘~ (72, 1.2%)

4 な事 2 な方向, にふるまっ, に短歌

1 [62件] すぎる, でしっかり, でどんどん, でほか, なところ, なもの, な印象, な夢中遊行, な奔放自在, な好悪感, な姿体, な振舞い, な放浪, な歌, な空想妄想, な臆測, な自己陶酔, な自由, な舞い, な行動, な表情, な言廻し, な註文, な詩, な詩人, な道, な順序, にお, にこれ, にしてた, にどれ, になる, にに振舞え, に任し, に使っ, に先, に呼び起した, に執権, に基く, に変化, に形づくっ, に心, に必要, に思う, に振舞う, に振舞っ, に描い, に書きちらした, に歌, に生きたい, に節, に羽根, に腰掛, に行動, に重ね合せ, に野放し, に面白い, に飛び廻り囀り散らす, のし, の事, の挙措, をし

▼ 勝手~ (60, 1.0%)

5 出て 3 いって, 行って 2 廻って, 来て, 立った

1 [43件] おまわり, つれて, はいって, はいり障子, よろけて, 下がったの, 下った, 下らせて, 不意に, 入って, 出す時, 出ようと, 取って返したと, 向いかねて, 廻されたの, 廻つた, 廻つて火を, 廻る, 引き下つた, 引込む, 引込んだ, 引込んで, 往き下女と共に, 往った, 後姿に, 戻った, 持って, 沸いた薬缶, 立たなかった, 立違う, 聲を, 行く, 行く道, 行った, 行ったままいつ, 行つてたら, 走つてビール壜, 這入った, 通う僅か, 運ばした, 運び去られたり, 運んだ, 駆け込む幸田

▼ 勝手~ (40, 0.6%)

2 よく知っ, 北向きにて, 心得て

1 [34件] お互いだ, かねて, したい放題, ひどく狭い, ゆるされませぬぞ, よう弁え, よく心得, わかって, 云ふ, 充分知りぬい, 出来ないこと, 分らず啣, 分らず議論, 分りませず, 宜く存じ, 寢しなに, 少し心得, 広い苦沙弥先生, 悪い, 悪いが, 明い, 申しませぬ, 知ったり, 知って, 知ってるから, 知ってるだろう, 知つた裏口へ, 知らず足, 知らないが, 自分の, 見知つた庭口, 許されなかった, 詳しい, 隅から

▼ 勝手から~ (39, 0.6%)

5 出て 2 持って, 膳を, 顔を

1 [28件] あつらえ物, かねて, そのよう, バケツに, 一応すっかり引っ張り回し, 上が, 上がった, 下駄を, 云った, 入って, 内玄関の, 大きな踏み台, 婆あ, 家の, 庫裡まで, 往来へ, 御三, 打ち明けずにこそ, 抜出して, 持つて, 持出した手桶, 桶を, 目笊を, 真物の, 立ち去った, 茶の間の, 藤左衞門と, 表へ

▼ 勝手気まま~ (39, 0.6%)

2 な事, に自然, の思わくだけ

1 [33件] でしかも, で滑稽, なこと, な一片, な利用, な号令, な囈言, な外界, な意志, な振る舞い, な真似, にこづき回す, にされ, にしゃべらせ, にそして, に動い, に姉, に振舞, に振舞っ, に晴れ, に演出, に絵, に解き放す, に跳びはねる, に造っ, のやり方, の不, の云, の条約, の空想, を振る舞った, を流儀, を遠慮なく

▼ 勝手です~ (35, 0.6%)

43 から, がね 2 があの, がこの, もの

1 [19件] からどうか, からサア, がそれ, がただ, がな通る, が僕, が愛子, が私一人, が私名前, けどあれ, けど邪魔, けれど, けれどもきめた, こと, ね, のにその, わ, わい, 燧火を

▼ 勝手道具~ (31, 0.5%)

2 の類

1 [29件] が揃え, だ, であり普段, でないと, で野蛮風, と呼ばれる, などが日永, などの何, にも文明流, に至る, の数々, の買入方, の間に合い, はこの, は人生, は文明流, は此方, まではい, もそう, も中川君, も要る, や何, をお, を整理, を照, を片づけ, を買, を買う, を載せ置けり

▼ 勝手もと~ (28, 0.5%)

2 に荷, へ顔

1 [24件] から一升壜, から途切れ, から門, でねこ, でガタガタ音, で不器用, で主人, にはいつ, に出, のところ, の戸, の方, の箒, へいっ, へき, へくる, へゆく, へ影, へ忍び込む, へ食べ物, までも片づけ, をし, を取り散らし, を引きあげ

▼ 勝手放題~ (28, 0.5%)

2 なこと, なもの, な道楽

1 [22件] なまね, なる各自, な熱, な罵声, な色々, にあばれ回っ, に上陸, に傍若無人, に利用, に取り散らかした, に呶鳴り, に変化, に弘いも, に怒鳴り散らし, に振舞っ, に歩き, に淫ら, に荒れ狂った, のこと, の曲折, をし, 気にいらなければ

▼ 勝手には~ (26, 0.4%)

2 いって, ならないの, ならないん

1 [20件] いること, おさんが, させませんよ, ちょっときめ, ならない, ならないけど, ならないので, ならないもの, なりませんでした, ひまは, 二人の, 入らなかった, 出來, 引窓が, 決められないでしょう, 破れんからな, 窺け, 茶釜ばかりが, 行かない, 食えないさ

▼ 勝手~ (26, 0.4%)

2 の方

1 [24件] から白い, から飛ん, で用, で用います, にいた, にいる, になっ, に出, に出来, に吊した, に行っ, に行った, に通ろう, に閉, の戸, の暗, の母, の食器棚, へ下り, へ提げ込ん, へ行った, まで辿りつい, も綺麗, を働く

▼ 勝手ながら~ (25, 0.4%)

1 [25件] ここでは, こちらで, この半額, この次お出で, さしあたり八日, その時, その笛, もう少々ここ, よろしく御, 一人で, 下積みに, 何卒, 余人へ, 処分かたご, 妾の, 屠蘇の, 左へ, 幸いである, 整理の, 斯んな, 略さして, 直家のみ, 自分だけ, 芸惜しみを, 陣場さんに

▼ 勝手じゃ~ (24, 0.4%)

8 ないか 6 ありませんか 3 ないかと 2 ないの, ねえか 1 ありません, でわしら, なくて

▼ 勝手~ (23, 0.4%)

2 よく知っ, 今朝は

1 [19件] い, いいかげんに, なく車屋, よいし, よかった, よく判っ, よく知らない, わかって, わからず組内, わからなければ, わからぬものすごい, 何も, 出来ないのでな, 少しは, 方角も, 知るもし, 知れず, 知れぬ海浜, 知んなくなったくれえだね

▼ 勝手である~ (21, 0.3%)

2 がしかし, がそれ

1 [17件] がさ, がわれら, がセザンヌ, が仏蘭西, が何れ, が學者自身, が実際, が少く, が自分, ことは, という考えかた, ところの, との事情, とも考えられるであろう, のか, ようである, 人間の

▼ 勝手~ (18, 0.3%)

1 [18件] いって, いわぬばかりに, ならば, なるであろうその, 云うこと, 云うの, 云ふ, 便所とが, 其やうな, 放り出されること, 来ると, 聞くと, 腹を, 蔵を, 裏切りとを, 言いたいがね, 言は, 言ひ聞かされ

▼ 勝手氣儘~ (13, 0.2%)

2 な運命

1 [11件] な想像, な所行, に世, に好, に弱肉強食, に押, に甘える, に遊ん, に長く, の事, の身持

▼ 勝手知った~ (13, 0.2%)

1 [13件] お茶人, 仏壇の, 出入口から, 城内を, 奥の, 座敷の, 廊下を, 案内人の, 船室の, 茶の間へ, 袋路の, 裏口から, 道な

▼ 勝手という~ (11, 0.2%)

2 ものだ 1 ことに, せまい家, ところから, のを, ものだろう, ものに, 法は, 狭い家, 考から

▼ 勝手知ったる~ (10, 0.2%)

1 この小屋, わが家です, 主治医の, 寝室に, 山であり, 廊下を, 戦場では, 楽屋の, 次の間の, 議場の

▼ 勝手~ (9, 0.1%)

3 や, やありません, やない

▼ 勝手でございます~ (8, 0.1%)

21 から, からこうして, が, がこれ, の, よ親分さん

▼ 勝手なる~ (8, 0.1%)

1 かと云う, ことを, 刺激に, 幽霊主人公を, 故日本人洋服, 族片づき, 無残なる, 生活を

▼ 勝手でも~ (6, 0.1%)

1 ありました, あり不, あり物置, あるわけ, お別れ願いとうござる, 仰せ付けられたら藤枝

▼ 勝手ばかり~ (6, 0.1%)

2 言って 1 したがるし, 喋舌って, 用が, 申して

▼ 勝手より~ (6, 0.1%)

3 太吉おくらなど 1 出で, 手前であった, 馳セ来り

▼ 勝手~ (6, 0.1%)

1 の上木九郎右衛門, の義, は何処, をつとめ, を賄わん, 御調べ

▼ 勝手違い~ (6, 0.1%)

1 でいよいよ, と愛嬌, なところ, のもの, のよう, の感

▼ 勝手きまま~ (5, 0.1%)

1 な統制条件, にし, に伸びさせない, に出来る, のこと

▼ 勝手たるべし~ (5, 0.1%)

2 ということ 1 というよう, の布告, 否お

▼ 勝手とは~ (5, 0.1%)

1 なんじゃ, むつかしい通路, 云はずとも, 何でありん, 思ひなさるだらうが

▼ 勝手がち~ (4, 0.1%)

2 がつて 1 がつたやう, がひます

▼ 勝手しだい~ (4, 0.1%)

1 と傲語, に消費, に若い, の理屈

▼ 勝手~ (4, 0.1%)

3 やない 1 やお前

▼ 勝手たる~ (4, 0.1%)

1 こと存じおろう, こと少し, の令出し, 可き

▼ 勝手だろう~ (4, 0.1%)

1 がねなんぼ, がほったらかされ, という, と考え

▼ 勝手ちがい~ (4, 0.1%)

1 で, ながら何くれ, に戸惑ッ, の返事

▼ 勝手にと~ (4, 0.1%)

1 愕か, 答えたの, 言うよう, 言う人

▼ 勝手にも~ (4, 0.1%)

1 できないだろう, 劣るまいと, 廻されたし, 私どもは

▼ 勝手まで~ (4, 0.1%)

1 根気よく, 知りぬいて, 行きまひ, 覗いて

▼ 勝手不如意~ (4, 0.1%)

1 でご, なるは, にて既に, に相成り

▼ 勝手~ (4, 0.1%)

1 の用, は勿論, までも追掛け, 不如意で

▼ 勝手~ (4, 0.1%)

2 の階段 1 のランプ, の新

▼ 勝手からも~ (3, 0.0%)

1 ぞろぞろと, 二三の, 厩の

▼ 勝手すぎる~ (3, 0.0%)

21 ようです

▼ 勝手であっ~ (3, 0.0%)

1 てはならない, て決して, て画家

▼ 勝手なふるまい~ (3, 0.0%)

2 をした 1 を断固

▼ 勝手なり~ (3, 0.0%)

1 くつを, とされた, 仇敵の

▼ 勝手にて~ (3, 0.0%)

1 しかるに, 向う鉢巻蛸を, 酒を

▼ 勝手~ (3, 0.0%)

1 がな, ないか, 風呂場に

▼ 勝手~ (3, 0.0%)

1 から裏通り, で夕御飯, より運び

▼ 勝手~ (3, 0.0%)

3

▼ 勝手~ (3, 0.0%)

1 からすぐ, と台所, を開け

▼ 勝手がましゅう~ (2, 0.0%)

2 ございますが

▼ 勝手~ (2, 0.0%)

1 だけで, もあつ

▼ 勝手じゃが~ (2, 0.0%)

1 兎に, 組の

▼ 勝手それ~ (2, 0.0%)

2 宜しくば

▼ 勝手たるべき~ (2, 0.0%)

1 こと, 事と

▼ 勝手であり~ (2, 0.0%)

1 まずい皮肉, 権能であります

▼ 勝手でした~ (2, 0.0%)

1 自分の, 風が

▼ 勝手でしょう~ (2, 0.0%)

1 か, がなん

▼ 勝手でない~ (2, 0.0%)

1 昨日あすこの, 者は

▼ 勝手なら~ (2, 0.0%)

1 どんな隅々, 厭がる

▼ 勝手なれ~ (2, 0.0%)

1 どもた, ど引渡す

▼ 勝手への~ (2, 0.0%)

2 隔の

▼ 勝手ほう~ (2, 0.0%)

1 だいな, だいに

▼ 勝手~ (2, 0.0%)

1 計ラッタライヽ, 這入ッテキヤガッテ

▼ 勝手仕事~ (2, 0.0%)

2 のひま

▼ 勝手働き~ (2, 0.0%)

1 のまま, の玉襷

▼ 勝手務め~ (2, 0.0%)

1 の許し, は御

▼ 勝手~ (2, 0.0%)

1 仕法立てにつき, 難儀の

▼ 勝手我儘~ (2, 0.0%)

1 なもの, な私心一つ

▼ 勝手知らぬ~ (2, 0.0%)

1 異境の, 者の

▼ 勝手自在~ (2, 0.0%)

1 にわが, に我物

▼ 勝手親方様~ (2, 0.0%)

2 の御

▼ 勝手許不如意~ (2, 0.0%)

1 につき, の時

▼ 勝手道具位~ (2, 0.0%)

1 といっ, は孰方

▼ 勝手~ (2, 0.0%)

1 ひらし, も実は

▼1* [158件]

勝手あり横に, 勝手旦那樣の, 勝手かも知れない, 勝手からの上り口に, 勝手はまる, 勝手ぎめでどしどし家, 勝手ぎめをして居る, 勝手こうだんだんに運命, 勝手ご用達十人衆等々という名称家格, 勝手じゃがとそのま, 勝手すぎた話である, 勝手すぎようぜ, 勝手その他が続い, 勝手だけ分って, 勝手だったから, 勝手だって言や, 勝手だつていうん, 勝手だ受けるのは, 勝手つづきの庭, 勝手てんでんばらばらで甲, 勝手であったのか, 勝手でありますから遠慮, 勝手でいって女中, 勝手でござるとその, 勝手でござれば銚子, 勝手ではござりまするがご, 勝手で入れたんじゃ, 勝手で別れて来た, 勝手で寝なかった者が, 勝手で振り捨てた七之助といふ, 勝手で捲き附けたのだ, 勝手で泣いてゐ, 勝手で見て居られない, 勝手で近づかぬまでだ, 勝手といふものだ, 勝手としてとにかく一筮, 勝手とやらに決まりなん, 勝手とを尊重し, 勝手どこからどこ, 勝手なある距離に, 勝手なうぬぼれかもしれない, 勝手なだだを捏, 勝手なつまらぬ思惑の, 勝手などとも呼んで, 勝手などに折々聞, 勝手などへ出て, 勝手などを巨細に, 勝手なれぬ人の, 勝手な云い分に, 勝手な働き方を, 勝手な僻みでどういう, 勝手な受け取り方が, 勝手な呼び方を, 勝手な導き出しを敢えて, 勝手な戦ひを演ぜしめ, 勝手な申しぶんを, 勝手な祈請の, 勝手な考へ方だ, 勝手な自惚れだがそんな, 勝手な言いくるめ方を, 勝手な讀み方で, 勝手な違った事柄を, 勝手な食い漁りによって, 勝手にくらい酔って, 勝手にすらア, 勝手について来るん, 勝手にとって参るが, 勝手にとも云えませんし, 勝手にな人樣に, 勝手にまで使って, 勝手相手の, 勝手ねえ貴方は, 勝手たらきの, 勝手ばっかりいうて, 勝手へと立去った, 勝手やらよう知っ, 勝手親愛なる, 勝手よく考えて, 勝手よりも低くする, 勝手よろしき處で, 勝手わきの井戸, 勝手ダ餘計ナ干渉ハシテ貰イタクナイ, 勝手生活ヲスル, 勝手ニオ菓子ナンゾ遣ラナイデ頂戴, 勝手ニコレハコウイウワケナノカイヤソウデハナクテコウナノカトサマザマナ場合ヲ想像シテ嫉妬ヤ憤怒ニ, 勝手ニシロオレハイカイコト手前ニハイリ上ゲタ故今度ハ構ワヌトイッタ, 勝手ニ付宮本ヨリ十町バカリ下ヘ罷, 勝手ニ帰陣仕リ候段, 勝手方ヘ, 勝手心得テイルラシク, 勝手ヶ原の中根兵藏, 勝手ヶ原中根兵藏方へ忍び入り, 勝手一パイに肩肘, 勝手三昧やっちゃ, 勝手三昧やつちやもつちやの末, 勝手三眛して, 勝手下女部屋と順に, 勝手不案内なので, 勝手仕法立の件, 勝手仕法立ての件, 勝手休みした罰といふ, 勝手何所から何所, 勝手働きした由でございます, 勝手八年八月比叡山に籠っ, 勝手兼工場と店, 勝手出入りも自由, 勝手勝手に悶え苦しん, 勝手勤めではあった, 勝手半分なりとも御門, 勝手坊主に前川, 勝手の勝手, 勝手女中より中, 勝手に空地, 勝手そうに, 勝手戦略のあり, 勝手拙者は拙者, 勝手として幕府, 勝手掛勉励の労, 勝手放埒になっ, 勝手放題ゆるやかな波, 勝手放題狂いたてて, 勝手方中野村引払当所本陣へ転陣, 勝手方勘定吟味役が二人, 勝手方雇女を見張る, 勝手明神の境内, 勝手極まる制限が, 勝手殊更内金二十両まで, 勝手気狂いで借金取り, 勝手氣隨に奔, 勝手決めな観念, 勝手注文よりむこう, 勝手理屈で暴れ, 勝手用階段につづく, 勝手相手は維盛樣, 勝手知ってる家だ, 勝手知らずとうとう奥庭, 勝手知りたる裏口の, 勝手知れぬ町の, 勝手称えの自称, 勝手空しく御手許不如意なる, 勝手で書いた, 勝手納戸茶の間寝室御居間, 勝手儘に, 勝手自分だけのため, 勝手自由に求め, 勝手至極を憤らず, 勝手も申候, 勝手許居室などの火, 勝手ぎるようでもじもじしていますとジムは, 勝手過ぎたが少, 勝手過ぎるのさ, 勝手道具何んでも, 勝手違ひな変な顔, 勝手都合の頗る, 勝手風俗の問題, 勝手飲み放題という, 勝手馴れた茶の間へ, 勝手馴れぬ俊雄の