青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「勝~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

動作~ ~動揺 動揺~ ~動機 動機~ ~動物 動物~ 勘~ ~勘定 勘定~
勝~
勝ち~ ~勝利 勝利~ ~勝手 勝手~ 勝負~ ~勢 勢~ ~勢い 勢い~

「勝~」 3018, 33ppm, 3595位

▼ 勝~ (263, 8.7%)

6 おやじの, 眼が 5 ものである, 眼の 4 ことで, 事である

2 [17件] おやじは, おやじも, ことな, 体は, 口小言のみ, 心が, 我に, 手に, 欣びではなくしてむしろ勝の, 死んだの, 父なる, 父の, 甲冑の, 親父の, 言うこと, 車に, 飯に

1 [199件] あとを, うちだ, おやじこの, おやじとても, おやじに, おやじめ商売の, おやじや, お座所です, ことと, ことを, ごときは, ためおもちゃを, ため兎を, ところへ, と種々, もの, もので, ものです, ような, ように, わたしは, ジャンケン, 一節で, 一行は, 一路と, 三部妙典を, 下膨れの, 中川郡本別村の, 事だ, 事で, 事を, 事柄なれ, 二人に, 二人ばかりが, 二人彭二を, 人柄は, 仕えたという, 何となく穏, 何の, 像を, 先祖元は, 光榮與ふる, 六三郎を, 具を, 処へ, 出來事で, 出生譚が, 初めての, 剣術は, 割の, 力あり, 動作にも, 友人の, 国の, 地位に, 壺, 外部からの, 大きな眼, 大勝利, 奇景である, 妹である, 妾で, 姉にあたる, 婿である, 婿と, 婿に, 媒介者であります, 嫡子重光は, 子, 子息が, 字を, 孤弥六が, 家から, 家の, 家へ, 家も, 家を, 容態は, 対治に, 小吉が, 居ないの, 布団を, 平次を, 彼女は, 後胤で, 心に, 心は, 恰好に, 悲しみだった, 悲しみだつた, 情愛に, 意だ, 意気たかく, 手から, 手が, 手を, 手勢七十余人は, 手柄に, 拳骨が, 持って, 故を以て, 斜面に, 方と, 方に, 方へは, 最大の, 来るの, 東南面に, 松島は, 柔しい, 歌なども, 正しい血すじ, 死であった, 死と, 母が, 母の, 母は, 気鬱病で, 気鬱病であろう, 江戸城ゆずり, 清しや, 父が, 父は, 父らしくない, 父親が, 牛肉なら, 物悲しさ, 特長あり, 生活ね, 生計とて, 男の, 病苦の, 目が, 目だ, 目は, 目を, 目色によって, 眼から, 眼で, 眼ぱつちりとしたるさま何となく, 眼を, 着痩は, 睫の, 瞳を, 石であった, 私は, 秘呪を, 種々の, 空いや, 策略だ, 粧れ, 継母と, 縁を, 美貌に, 義で, 聯絡は, 胆略を, 脳裡に, 腹に, 芝居氣の, 苦行なり, 英雄だつた, 行方が, 術が, 術の, 衾の, 西峰に, 親父だけ, 親父を, 言って, 話が, 説に, 論理も, 諺の, 質と, 足ならしに, 足を, 身体を, 連山は, 運命に, 部屋には, 野郎が, 野郎ぢや, 野郎に, 野郎の, 野郎を, 隠れさせたまえる時刻, 隣の, 頂上だ, 頂上を, 顏を, 顔が, 顔には, 顔を, 首は, 馬鹿親爺の, 體のか, 鼻先に, 鼻声を

▼ 勝~ (245, 8.1%)

9 父子の 5 の聟 3 の妻, は秀吉, 父子に, 父子は 2 さまから, である, と嫡子, の子, の胸, の首, 様の, 父子が, 父子にも

1 [201件] ありまた, か, からも申し述べたい, から同じ, から青鷺, が, がこの, がこれ, がそこ, がそれ, がまだ, が何事, が作戦, が到着, が城主, が岩崎城, が手, が木蔭, が秘計, が突ッ, が肚, が腹心, が自身, さまへ, だけが黙然と, とあらため, という男, という順序, とが乳兄弟, として立ち, とても凡, とでは大きな, との会った, と会っ, と共にあえなく, と変え, と武蔵守, と秀吉, どので, どのに, どのには, どのの, どのへも, なので, にいっ, にそねみ, についてもいえる, にはちと, にはまだ, にまさる, にも定め, に何, に誘われ, のおもい, のからだ, のくち, のこころ, のところ, のむす, の不, の予測以上, の人物, の側臣, の六千, の前, の口約, の名, の城, の報告, の奇策, の姫, の姿, の嫡子紀伊守, の子息紀伊守, の家士竹村小平太, の密書, の居室, の岡崎奇襲, の床几, の引率, の得意顔, の御, の悩み, の意中, の戦法, の戦略, の手勢, の方, の槍踊り, の武勇, の武名, の母, の注意, の献策, の眼, の笑い, の策, の老母, の老臣, の考え, の言, の足もと, の軍勢, の遺族, の遺族たち, の長, の長男紀伊守之助, の面, の顔, の馬, の馬前, は, はおかしげ, はこの, はこれ, はさっき, はさらに, はその, はそば, はなお, はなんと, はのこる, はのび上がっ, ははて, はまた, はやりたい, はよろこび, はるる, は一同, は一族, は一路, は三蔵, は之助, は二, は二男, は信雄, は坂下, は彼, は待ち, は待て, は徒歩, は怒り, は死ぬ, は眉, は秘策, は穴, は聟, は腰, は膝, は落馬, は見とがめ, は軍議, は陣羽織, は面目, は顔, へいっ, へも同様, へ手, もにこ, も今夜, も口, も小男, も後, も果て, も武蔵守, も気, も蒲生氏郷, や氏郷, よりはかえって, よりもこの, よりもずっと, をはじめ, を先鋒, を死なせた, を見, 以下の, 以下周囲の, 個人とか, 入道が, 入道信輝と, 大迷惑, 斎が, 斎だ, 斎どの, 斎は, 斎も, 斎や, 斎信輝と, 斎輝政, 斎輝政どのの, 斎輝政様と, 様が, 様や, 池田信輝は, 父子われへ, 父子を, 父子大坂尼ヶ崎兵庫十二万石, 秀吉へ, 第二隊, 自身も, 討死

▼ 勝~ (214, 7.1%)

12 占めて 8 得て 7 制して 3 占めた, 探りたり, 欲するの

2 [11件] しめて, しめる, とって, ゆずったの, 一方に, 制した, 制するとも, 制するの, 制せん, 占めること, 得たに

1 [156件] あせって, あせつて, うながして, おさめたこと, こよなき勝, しめられて, しめ密告者, しめ皇帝, しよつ引いたが, たしなめた, たづね, たやすくも, とったほう, とりましても, のせると, ば君に, ひとりに, もたらした運命, ゆずらなければ, ゆずりました, ゆずるなど, ゆりおこして, トロイアに, 一概に奸物, 中心と, 二た, 伴った, 來すべく, 保ち難く, 信じて, 信ずるよう, 信念せよ, 兼ねて, 出しその後, 制したと, 制したの, 制したるすなわち, 制したるに, 制しつつ, 制し凱歌, 制す, 制すること, 制するやう, 制するよう, 制する世界, 制する工風, 制せりアテーネー神女, 勝と, 千里の, 博した関興, 占め, 占めしが, 占めたといふ, 占めたので, 占めたらしく今日, 占めたるもの, 占めた者, 占めなば, 占めますます, 占める, 占めるで, 占めるでしょうしかし, 占めるという, 占める訳, 占めんと, 占め一頁, 占め海水, 収めた信長, 収めて, 取ること, 取るだけ, 取ると, 取るに, 叙すること, 名告, 呼んだ, 喜ぶ然, 喜ぶ總帥, 困らせたが, 失ひ家, 奉公人名儀で, 好まず勝, 宣する占領旗, 引きずツ, 引取つたのは, 得かく, 得たるに, 得た皇帝, 得ないと, 得ようとしても, 得ること, 得るならば, 得るに, 得るのに, 得る事, 得る事必せり, 得ん者, 得續, 必ず占める, 忽ちに, 思った, 惠み, 戴くこれ天, 持つた箒川, 捷ち獲た, 探ぐり, 探らんと, 探りて, 探り左, 探ろうと, 擅に, 攻めに, 望みて, 欲するに, 求むる者, 求めたと, 求めたに対し, 求めて, 求め死, 無朕, 煽てるもの, 煽動し, 爭へる, 相生町に, 睨み据, 立たして, 競ひ, 考えずただ, 考え七里, 與へたり, 與へて, 行いその, 見出して, 觀て, 訓戒せず, 訪ひ, 訪ふ, 誇らんとの, 誇ること, 語りて, 説いた岡本醒廬, 説いて, 読んで, 譲ったと, 譲ったん, 譲って, 譲っても, 譲られた, 譲ろうと, 譲歩せね, 豫言せりといふ, 贏った, 超越し, 退かせると, 選んで, 錦衣獄に

▼ 勝~ (209, 6.9%)

3 の室, へ養子 2 である, の, のことば, のほう, の前, の眼, の言, の許

1 [187件] からの贈り物, から冷やか, から列座一同, から前田勢, から勝豊, から家康, から徒然, から拝領, から暇, から最初, から滅亡, から玄蕃, から薫育, から選ばれ, がここ, がである, がわが, が一字, が冬ごもり, が出, が初め, が厳重, が山路将監, が彼, が江州長光寺, が瀬兵衛, が無念, が玄蕃, が秀吉, が見奉る, が負傷, が鄭重, が間者, であらゆる, での話し, ではない, ではにわかに, としてはその, としてはもう, としては冒険, としては実に, としては忍び得ない, としては柴田家, として到底, として身, として重大, とちがい, ともあ, ともある, と思え, と申され, などのいう, などの重臣, などはわし, などは喜び勇ん, なり, にお, にかぎらず, にすれ, にたいしても面, にほかならない, にも忌まれ, にも快く, に乞うた, に代え, に伝令, に何ら, に備えしめ, に対面, に有利, に皺腹, に腹, に腹切らせん, に裾野陣, に遅れ, のあれ程, のうしろ姿, のこと, のす, のそば, のため, のひとみ, のむかし, のよう, の不覚, の主力, の予想, の云う, の全身, の去った, の口数, の命, の大, の大きな, の妻, の姿, の寝所, の帷幕, の影, の役, の怨念, の愛妻, の憂い, の推した, の望み, の本陣, の気持, の気概, の渋面, の特徴, の生死, の甥三人, の知らぬ, の短慮, の立場, の耳, の腹心, の苦り切る, の苦境, の要撃, の討っ, の説, の身, の軍, の鎧, の陣, の頭, の養子, の馬印, の麾下, は, はうなずい, はすでに, はその, はそれ, はと見れ, はどぎまぎ, はまだ, はまったく, はもう, は一瞬, は二, は今市, は何, は偽, は勝家, は北国, は地, は城諸共, は大広間いっぱい, は将監, は強い, は折れ, は激, は直ちに, は眼, は秀吉, は自分, は若年, は苦々しい, は足, は那古屋城, ばかりでなく, へ, へそれ, へ向っ, へ告げる, へ囁い, へ御, や信盛以外, や林佐渡ら, や盛政, や老臣, より密命, をし, をはじめ, を前, を北陸探題, を守っ, を恃む, を支持, を討っ, を討つ, を迎え, を迎える, を頼った, 撃ち出

▼ 勝~ (194, 6.4%)

10 乗じて 8 なって 7 なる 6 なつた 4 して 3 なった, なるの, 乗って, 誇りて 2 なったという, なると, なるよう, 乘じた, 少ない, 帰する, 歸した, 男を, 網を, 罷成候

1 [127件] あるいて, いいました, かえっていつもの, きまってら, こちらに, このテーブル, した, じっとし, そのまま根室, なったから, なったので, なつて, ならなければ, なりて, なりました, なり奥, なり木芙蓉, なり給, なるかも, なるからか, なるだらう, なるん, なる事, なる人, なる様, なる選手達, ひき較べて, ひそひそ話し出した, まかせて, ゐたから, 下を, 並んで, 中へ, 乗じ残, 乗じ無, 乗ずること, 乗り, 乗りまして, 乗り込む, 乘じ, 乘つたる, 二十三日の, 云つた, 云つて見た, 云ふと, 仕えて, 仰向いて, 任せて, 似或, 佇んで, 低い声, 体操場へと, 何か, 依頼する, 几帳の, 出て, 切りだした, 勇みて, 因りて, 奪い合って, 委す, 帰した, 帰したの, 帰しました, 帰するだらう, 引上げて, 御乗輿, 御寺, 悄然として, 成った, 成つて血肥り, 成り此樣, 成る, 成るべしと, 成るよう, 戦いましたが, 扉を, 手傳はせ, 扶助せられ, 捕つて, 掃除を, 撲られたこと, 撲り倒された屈辱, 時々怪しから, 歩いた, 比べると, 氣兼しい, 決して, 澄んだ雙眸, 無理, 物思は, 玄関脇の, 申し入れました, 疲れたる車夫, 病上りの, 痩衰へ, 相成って, 眼を, 私たちは, 秋は, 細く白い手, 終つて対局者を, 行きあった, 見えた, 言わせると, 言ッて, 話して, 話し続けた, 誇れる彼, 語ったり, 跟ひ行きぬ, 追いついて, 逃げ出ようとして, 逆上て, 通うので, 遊び十一月, 遠くを, 野路を, 門内の, 附会せられ, 限って, 静緒は, 非ず, 頼むといふ, 風情作らず, 鳴いて, 黙って

▼ 勝~ (194, 6.4%)

4 それを 3 固より 2 どうした, 一代の, 四十俵の, 思うがな, 恐縮の, 牧野の, 聲を, 自分の

1 [171件] あいまいに, あれで, いうまでも, いきなり彼, いずれに, いよいよ声, お北, お経, ぐずぐずし, ことし十五である, こないに, この橋, この間床あげ, こまちや, これまで, ささやいた, さらに付け加えた, したが, すぐ昔金持, そっと番頭, そのため, その反動, その悦び, その棍棒, それから, それで, そんなこと, ただ黙々, だから若し, だまつてゐた, だんだん頭, てれたやう, とう, とっくに姿, とれぬから, どこも, なんにも心配, はらはらと, ひどく汗, ぷいとそこ, また新, また無名, まだ何, まだ全快, まだ幼い, ギヨツとして, ゲーレス, ドン, ビク, 一人で, 一時間も, 一生懸命手傳つては, 三日に, 上杉家と, 下手人ぢや, 二三囘も, 二人に, 云ひ, 五百の, 今眼下に, 他所の, 伝説的に, 何ん, 何時でも, 信じて, 俺達の, 先だちその, 先月以来引きつづい, 八五郎の, 内心源吉と, 分つても, 分らなかったの, 初老を, 別におそろしい, 利己主義は, 剣術は, 去った, 去年の, 口を, 口書を, 呆氣に, 周章て, 困って, 外を, 多く子供, 多門の, 夜も, 大股な, 夫の, 夫婦約束まで, 奸物, 奸物です, 学校を, 実に死生, 寂しく笑つた, 小栗に, 少し毛, 居残ること, 岡山まで, 島田虎之助門下で, 常に自ら, 帽子を, 平然として, 引戻されまい, 後から, 後年あたかも, 心細いから, 戦災まで, 手を, 担いで, 摺り寄っ, 旧の, 早く泥, 暫く困ったらしい, 暴漢が, 更に説明, 最も良い, 月の, 枕を, 権太郎の, 此方に, 歯ぎしりし, 母の, 母や, 氣の, 氣味わるく, 江戸時代である, 源吉が, 源吉との, 源吉には, 源吉の, 片手に, 物を, 獨樂鼠の, 田植さ, 病中である, 病気で, 白鼠の, 直ちに看, 相変らず, 眼を, 矢張り昨夜山谷へ, 私事を, 答えた, 絶体絶命であった, 考えました, 自分でもを, 自害した, 自己の, 芳が, 苦しさうに, 苦しそう, 草履を, 行儀よく, 行状の, 襲いかかって, 警視庁の, 變に, 貧乏し, 質子構えの, 身體が, 進取, 鏡葉之, 雲に, 靱い, 頷いた, 頼まれたこと, 顏を, 顔を, 顔中を, 饑渇の

▼ 勝~ (109, 3.6%)

4 のを 3 のである 2 ものである, 人生観の, 奴で, 彼は, 心を, 成績の, 良秀の

1 [88件] ことで, ことである, ことです, ことも, こと殊に, この小, すずしい若葉, ところに, のだ, のです, ので十日, ので感覚, ので睨む, のとで, のに, のに全身麻醉, ものが, ものだ, もので, ものです, わたしの, んざよく, んです, 一種何とも, 事で, 事を, 事實である, 二十七に, 会話振, 住職の, 何となくうきうきした, 作り線である, 兄さんと, 其處い, 労働欲しい, 口の, 唐縮緬と, 地方に, 夏で, 夜であった, 大きくムン, 大衆髷物小説から, 姑さえ, 學生, 寒い季候, 小道を, 平次を, 彼等の, 心うかれる, 性格に, 意味の, 我がままや, 我儘で, 批評的な, 支那の, 旅では, 日にのみ, 昨今の, 時に, 松村の, 毎日を, 気持を, 水, 沈ついた, 海員の, 涅槃像か, 涼い, 無遠慮を以て, 物質上の, 癖で, 白い顔, 目元が, 眼を, 私の, 私達は, 空から, 空を, 立姿見る, 美しい頭髪, 自分にと, 良人の, 蔭を, 豪放磊落な, 透明な, 道子は, 量見, 雙の, 頤に

▼ 勝~ (74, 2.5%)

3 の家臣, は養父

1 [68件] がまた, が共に, が涙, が秀吉, が長浜, である, としてはその, と不和, と長浜城, にたいして依然, には耐えきれる, にまで励める, に先, に命じ, に山路将監, に持たせ, に父, のこと, のみは養父, の不平, の与力, の侍医, の元, の家中, の家来ども, の家老徳永石見守, の居城, の心, の所領丸岡, の持ち場, の熱意一つ, の老臣, の耳, の脈, の裏切り, の起き上がる, の身辺, の麾下中, は, はきかなかった, はこういう, はゆくゆく, は云い出した, は因循, は当然, は感泣, は早く, は殊, は毅然と, は病中, は病床, は秀吉, は程なく, へ持たす, へ長浜, もようやく, も父, も秀吉, をし, をそれ, をも同道, を主人, を入れるなら, を後, を見送っ, を誘降, を長浜, を降し

▼ 勝~ (72, 2.4%)

3 どっちが, なつた, 可申候 2 なった, なって, 一緒に

1 [57件] いう, いうても, いって, いふを, し, しもし, し二足, し諸, す, する, するという, するなり, なったが, なったと, なったという, なった模様, なった此, なりしため, なるが, なれば, もうすところ, 三郎は, 二代にわたって, 云うの, 云う石屋, 云う肴屋, 云った, 云ふ, 五親等の, 他の, 切れさせようと, 力の, 加藤好夫選挙事務所の, 劣とが, 半七, 右京亮宗良の, 名のり同じ, 名乗り綾之助, 小栗に, 少食の, 心を, 思うな, 思って, 敗と, 桃太郎, 横井とが, 泣いたり, 為り終に, 番頭は, 称せられた名人, 綽名された, 考へたから, 西郷とで, 見えた, 言ひます, 辰さんは, 雅楽頭との

▼ 勝~ (67, 2.2%)

3 出て 2 たき石, 自分の, 薩摩と

1 [58件] いれば, お月さん, こう感じた, これを, こんだ, さらに小国, その時, そんな家業, たま, どの位恬然, むしろ鋤簾そのもの, エライか, 不浄物の, 世人から, 主に, 二た, 來た, 側へ, 出てるもん, 切りもち包み, 取次いで, 呉起の, 呼んだ, 多い, 多いが, 大事で, 奸物だ, 威勢よく, 安房守と, 山谷に, 得られるの, 或る, 戸主自分が, 掻きならした田の面, 来た, 歸つて來ました, 死に, 法師丸の, 熊本へ, 現在その, 生前自ら絵師に, 病中の, 病気の, 精一杯の, 紙幣を, 絞るよう, 腹に, 膝を, 自害の, 芋と, 若い頃, 苦しそう, 蚊帳の, 裏口に, 訂正した, 訊いた, 返事に, 飛んで

▼ 勝~ (44, 1.5%)

5 あつた 2 豆腐屋も

1 [37件] あつたら, いけないの, いずれも, きょうも, ござります, ござりまする, さぞ御, すぐに, とかく頭脳, なかなか足腰, へい, よそよそしく待遇, フリント君は, 三人が, 中には, 何時家を, 同時に行動, 嘸御, 地球人類の, 夫に, 奥さんが, 好い事, 安兵衞が, 家の, 寿司屋の, 山登りには, 怪むに, 既に素人作家, 昼の, 時と, 村人が, 癖には, 私は, 色も, 謂わば, 醜夫, 頭部の

▼ 勝~ (41, 1.4%)

42 ぜ, つたのが

1 [33件] いかになん, から, からあの, からいけ, からすぐ, からである, からもう, から傳, から地金, から御新造, から無闇, から食物, か素人, けれども書付, けれど親, し死ね, つたから, つた持病が, という意見, といふ, ともいわれ, と云う, と云っ, と思いました, と思う, と思われた, と理窟, と考えます, と考へた, のと, よいよ, よいよいよ, よ隠さない

▼ 勝~ (39, 1.3%)

2 東京へ

1 [37件] おなじくお, おなじ意味, これを, そつと, その一瞬, その尾, そばに, それを, またたちどころに, また勿論, みんな私の, 一時は, 三舎を, 今の, 他所へ, 偉かった, 内の, 則重の, 大久保も, 子供の, 床に, 微笑し, 悲壮の, 提灯を, 来て, 櫓を, 気が, 源兵衛の, 玄関に, 箒を, 衆に, 見た, 譽も, 身體中が, 長生せん, 附いて, 飛び降りた

▼ 勝さん~ (36, 1.2%)

1 [36件] かね, があの, が休もう, が住ん, が疑い, が縛られた, すらいよいよ, そのまた, だけだ, てえの, という伯母さん, といふはよほど, といふ義太夫師匠, とやらと正三郎, と言, に教わった, に用, のいない, のこの, の声, の後影, の見舞, の触れない, の話, はいない, はさっさと, はどうも, はははあ, はわたし, は何時, もお, もやはり, も悪い, や海援隊, らしい人, を物置

▼ 勝~ (30, 1.0%)

1 [30件] した, したと, した故事, して, だッ, でお, につづい, になる, にはいつも, に気, のかがやき, のどよめき, のもと, の中, の報ら, の大, の将, の快, の手, の気, の門出, はわが, は逆, も弱っ, も驚いた, をすて, を報じる, を報告, を心から, を祝ぐ時

▼ 勝~ (29, 1.0%)

2 の行為

1 [27件] がた, が一身, が和議, が当時, が断然, が特に, こそはわれわれ, とともにこれ, と同時に, と意見, と東北出, にし, に物, の, のごとき, のため, の始末, の日本宗教史, の晩節, の私, は一身, は予め, は当時外国干渉, は決して, は真実, は若い, も亦

▼ 勝という~ (28, 0.9%)

3 のは 2 娘は, 字を

1 [21件] そば屋や, なる黒き, のが, ものが, ものだった, わかい男, 人の, 偉者, 台所を, 奇妙な, 女が, 女ぐらいの, 女は, 婦人が, 字も, 定まった妻, 正式の, 爺さんに, 男の, 者だ, 者は

▼ 勝~ (28, 0.9%)

2 にある, の山門

1 [24件] でんさま, と春山和尚, にやっ, に位, のお, の二世, の八, の内, の大, の山号, の広前, の庫裡, の旧跡, の書院, の楽殿, の若い, の裏山, は北条泰時さま, へ移ろう, へ退け, を訪れた, を開い, 第一世大淵和尚, 第二世

▼ 勝~ (28, 0.9%)

2 な娘, らしいお

1 [24件] から來, だが, でも確り, でゐる, で利口, で剛情, で困る, で威勢, で滅法, で猛烈, なお秀, な僕, な女, な手古奈, な足どり, に驅, のお, のさせる, の十分, の女, らしい下町娘, らしい顏, らしくハキハキ, を振廻し

▼ 勝観氏~ (22, 0.7%)

3 の作品 2 の画業

1 [17件] であるといふ, とそして, の, のあらゆる, の作家的実力, の画風, の若, は, はこれ, はその, はどう, は仕事, は墨, は直線, は私, は精神的拠所, を院展

▼ 勝龍寺~ (21, 0.7%)

9 の城

1 [12件] から直接, との距離, の二城, の旧領, の西方あたり, はあの, へお, へ籠っ, をうしろ, を出る, を取り囲ん, を後方

▼ 勝一敗~ (17, 0.6%)

3 をくり返し

1 [14件] がある, で四回戦, にいちいち, にかかわらぬ, のたび, のつく, のセリ戦, の争論, は免れまい, は直接, を繰り返し, を繰返し, 打ちつ打たれつ死屍, 現になお

▼ 勝麟太郎~ (16, 0.5%)

2 の父

1 [14件] が兵庫, この二人あたり, という大, という軽輩, と云う, の, の受爵, の名, の家柄, の父親, の親父, をはじめ, を京都, を指揮

▼ 勝~ (15, 0.5%)

2 ざるなり, 出た

1 [11件] ざるべし, ず, ずと, ずや, なかつた, ぬが, られない風情, 愛を, 行きビール二杯, 難し, 養子に

▼ 勝です~ (11, 0.4%)

321 からどうぞよろしく, から夜業, から鏡, がそれ, さ, ね

▼ 勝軍地蔵~ (11, 0.4%)

2 を本宮 1 か, と勝敵毘沙門天, はいつ, はただ, は新, は日本製, も宝物, を奉じた, を日本

▼ 勝~ (11, 0.4%)

1 [11件] その人, だ, では済まされない, なの, のこと, の名, の噂, の父, は, は勤王, も相当

▼ 勝である~ (10, 0.3%)

1 から苟も, が意力, ことも, し時には, ために, と言, ので兎, ばかりか, 事や, 事を

▼ 勝なる~ (10, 0.3%)

1 妙齢の, 姿こういう, 宋軍は, 文学上の, 方を, 母の, 眼には, 胸は, 自分の, 霧深き

▼ 勝には~ (10, 0.3%)

1 そんな事, ならん, 何か, 其辺だけしか, 勝った, 壺の, 思はれた, 栄さんの, 然し矢張り氣持, 見えなかつた

▼ 勝~ (10, 0.3%)

1 での馬場筋, というの, にて荼, の五重塔, の方, の門内, は前, は細川家代々, へ, へお

▼ 勝では~ (9, 0.3%)

2 あったが, あるが 1 あつた, ありません至って, あるまいか, 可い, 汝の

▼ 勝~ (9, 0.3%)

1 なきを, に原地人軍, に驕り, のあと, のおかげ, のよし, の喜び, の意気, の成算

▼ 勝梅さん~ (9, 0.3%)

1 が不思議, のお母さん, の方, はお前, は三日, は内職, は天理教, は色白, も焼け出された

▼ 勝~ (8, 0.3%)

1 というもの, とでもいう, の小笠原氏, の時, の皆様はじめ, を代表, を大極殿, を宮中法事

▼ 勝半七~ (8, 0.3%)

2 のお, のサワリ 1 の三勝, の墓, も永う, 見たよう

▼ 勝半七酒屋~ (8, 0.3%)

7 の段 1 之段

▼ 勝~ (8, 0.3%)

1 うらの, があがれ, の中, の濃い, はたちまち, は飾磨, を見せ初めた, 見えたぞ

▼ 勝道上人~ (8, 0.3%)

1 が湖上, のおかげ, の所持, は山, は日光, は男体山, は男体登山, も亦そう

▼ 勝~ (7, 0.2%)

1 て二対二, て前方, て大きかっ, て眞心, て詫びる, て静粛, また明日

▼ 勝~ (7, 0.2%)

1 おさよ, 小栗の, 山岡は, 山岡を, 山岡流の, 掛り人の, 男谷と

▼ 勝国手~ (7, 0.2%)

1 と主人, と立花画師, に告げた, に見せる, の命令, は古文書, は考え込ん

▼ 勝~ (7, 0.2%)

1 が力ん, とが合わない, として置い, と小栗様, の森あたり, は勝様, は薩摩

▼ 勝であった~ (6, 0.2%)

1 が敬虔, ものを, 父に, 程好, 美しくて, 蟹は

▼ 勝兵衛~ (6, 0.2%)

1 の二人, の方, もいた, も勝助家照, も太刀, を見

▼ 勝~ (6, 0.2%)

1 いかむ, があり, の心, を決せ, を論ずれ, 無きに

▼ 勝~ (6, 0.2%)

1 が居た, で思ひ, の考, はその, は自分, は顔

▼ 勝~ (6, 0.2%)

3 という坊さん 1 というお, という坊主, となん

▼ 勝龍寺城~ (6, 0.2%)

1 にいた, には入らず, の落去, の頃, へ南軍, もその

▼ 勝~ (5, 0.2%)

2 ざるが 1 ざりし美少女, なんだ, の健

▼ 勝から~ (5, 0.2%)

1 いえば, わかれたおなじ, 大明神へ, 手紙が, 手綱を

▼ 勝~ (5, 0.2%)

2 て計 1 て數, な気持, るに

▼ 勝といふ~ (5, 0.2%)

1 うちへ, ことに, 中年男, 娘は, 小唄の

▼ 勝~ (5, 0.2%)

1 が一身, が徳川方, の当時, の所蔵, の邸前

▼ 勝分派~ (5, 0.2%)

1 に浜町, のもの, の前途, の団結, 諸老輩

▼ 勝勝速日天~ (5, 0.2%)

5 の忍穗耳

▼ 勝~ (5, 0.2%)

1 がこの, と親交, に頼みました, の話, は一昨年

▼ 勝~ (5, 0.2%)

21 ふるを, へし, へアカイア軍

▼ 勝~ (5, 0.2%)

1 があっ, に出, はなかつた, は無い, もつ

▼ 勝~ (5, 0.2%)

1 からは居, で歌合, と名付け, の大, を題

▼ 勝速日天~ (5, 0.2%)

5 の忍穗耳

▼ 勝~ (5, 0.2%)

3 にまうで 1 に着く, に赴く

▼ 勝院殿~ (5, 0.2%)

2 の御代, は甲冑刀剣弓鎗 1 幽斎藤孝公

▼ 勝鬘経~ (5, 0.2%)

1 というお, のもの, の三経, は勝鬘夫人, は印度舎衛国王波斯匿

▼ 勝さる~ (4, 0.1%)

1 の産, 事は, 夜の, 耻あり

▼ 勝たる~ (4, 0.1%)

1 国の, 散歩に, 方へ, 琅

▼ 勝にて~ (4, 0.1%)

1 今降り出す, 候ひ, 到底期日, 舌が

▼ 勝より~ (4, 0.1%)

1 むしろわが, 一つ歳上であった, 二歳年嵩であった, 疳の

▼ 勝~ (4, 0.1%)

1 たためし, た戰後, ても敗け, て其の

▼ 勝~ (4, 0.1%)

2 と云 1 で勝負, と呼べる

▼ 勝千代~ (4, 0.1%)

1 が父, と作左衛門, などが部将, は家臣南条大膳

▼ 勝~ (4, 0.1%)

1 が苗穗, の家, も亦, より示されたる

▼ 勝平が~ (4, 0.1%)

2 た, 何となく頼もしく力強い

▼ 勝房法語~ (4, 0.1%)

1 にいう, の如き, の建て前, 並びに覚海伝

▼ 勝~ (4, 0.1%)

1 が述べ, こそは始めて, の地, をつくせる

▼ 勝お前~ (3, 0.1%)

1 え芳札幌, が手落ち, なんか大きな

▼ 勝ぐれた~ (3, 0.1%)

1 まへる, ものである, 若者には

▼ 勝だった~ (3, 0.1%)

1 ということ, のです, んだ

▼ 勝つた~ (3, 0.1%)

1 も考へてる, 勝つた, 勝つたが

▼ 勝てっこない~ (3, 0.1%)

1 のだ, よ, んだ

▼ 勝であり~ (3, 0.1%)

1 きんきんと, と自賛, 空撃された

▼ 勝でしょう~ (3, 0.1%)

21 此の

▼ 勝どの~ (3, 0.1%)

2 岩橋貞助どの岩崎栄太郎どの同じく 1 を疾く

▼ 勝なら~ (3, 0.1%)

1 しむることは外國, で, ん萩の

▼ 勝なれ~ (3, 0.1%)

2 ば親 1 ばこそやれる

▼ 勝にも~ (3, 0.1%)

1 異存は, 語り初, 逢えんかも

▼ 勝ほこった~ (3, 0.1%)

1 体で, 北川氏は, 様な

▼ 勝~ (3, 0.1%)

1 が見た, には何とも, の海軍傳習所

▼ 勝~ (3, 0.1%)

1 たぞ, たため偽り者め, たり負け

▼ 勝~ (3, 0.1%)

1 がある, が言い立て, の跡

▼ 勝先生~ (3, 0.1%)

1 なんぞも裏小路, は実際, は血気

▼ 勝~ (3, 0.1%)

21 を取る

▼ 勝同窓会~ (3, 0.1%)

1 はこれ, をも脱, を組織

▼ 勝名のり~ (3, 0.1%)

2 をうけた 1 も聞きとれない

▼ 勝~ (3, 0.1%)

1 が家康, でござる, はすぐ

▼ 勝夢酔~ (3, 0.1%)

1 が例外的, である, という先生

▼ 勝安房守~ (3, 0.1%)

1 であること, も伯爵, も又

▼ 勝~ (3, 0.1%)

1 という坊さん, という聖, は天台宗

▼ 勝~ (3, 0.1%)

1 おなじく勝豊, だった, へ背

▼ 勝~ (3, 0.1%)

1 というの, の抽籤, をつかんだ

▼ 勝~ (3, 0.1%)

1 が死んだ, という師, という軍楽

▼ 勝~ (3, 0.1%)

1 から福渡戸, という, と為す

▼ 勝~ (3, 0.1%)

1 がある, とは何ぞ, 御房

▼ 勝法房~ (3, 0.1%)

1 が後日, というの, に与えられた

▼ 勝津吉朗~ (3, 0.1%)

1 と共に神戸, に会, に何年振り

▼ 勝海舟~ (3, 0.1%)

1 という作品, という大人物, 書くところ

▼ 勝海舟先生~ (3, 0.1%)

1 のお孫さん, の実験談, より直接

▼ 勝淳さん~ (3, 0.1%)

1 が白雪, という一燈園, の祖父

▼ 勝無理~ (3, 0.1%)

1 でない当世人士, ならぬこと, な見方

▼ 勝男木~ (3, 0.1%)

1 が立て, のなごり, の如き

▼ 勝祝い~ (3, 0.1%)

1 じゃ, に酒盛り, を飲み干し

▼ 勝諺蔵~ (3, 0.1%)

1 が立作者柴晋助, をば部屋, 死す五十九歳

▼ 勝豊様~ (3, 0.1%)

1 とは意見, と共に留まっ, の臣

▼ 勝~ (3, 0.1%)

1 の子, はまた, を成さん

▼ 勝門外~ (3, 0.1%)

2 の馬市 1 に七人組

▼ 勝あの~ (2, 0.1%)

1 なア, 女狐は

▼ 勝~ (2, 0.1%)

1 という意気込, といふ意氣込

▼ 勝えざる~ (2, 0.1%)

1 ものある, 声音にて

▼ 勝~ (2, 0.1%)

1 勝, 勝苦しい

▼ 勝かの~ (2, 0.1%)

1 境に, 肖像畫に

▼ 勝すなわち~ (2, 0.1%)

1 全うすべし, 殆から

▼ 勝~ (2, 0.1%)

1 ば有無, 色彩で

▼ 勝だろう~ (2, 0.1%)

1 とかり, と思います

▼ 勝つた者~ (2, 0.1%)

1 に全て, の喜び

▼ 勝てり~ (2, 0.1%)

1 そこに, の態度

▼ 勝でございます~ (2, 0.1%)

1 から何分, から刺戟

▼ 勝とが~ (2, 0.1%)

1 大芝居, 結託の

▼ 勝との~ (2, 0.1%)

1 名が, 間には

▼ 勝なり~ (2, 0.1%)

1 此の, 辰の

▼ 勝にと~ (2, 0.1%)

1 大さわぎ, 飛出した

▼ 勝らしい~ (2, 0.1%)

1 ぞ, ね

▼ 勝~ (2, 0.1%)

1 会主ニスルガイイト相談シテ鈴木新二郎ト云ウ井上, 鍾ム

▼ 勝一人~ (2, 0.1%)

1 だけは, を除く

▼ 勝三局目~ (2, 0.1%)

1 は七目, は負けました

▼ 勝三敗~ (2, 0.1%)

1 でございます, なら五分の星

▼ 勝~ (2, 0.1%)

1 なり傷害, 兼ねて

▼ 勝~ (2, 0.1%)

1 の勲章, やや色

▼ 勝~ (2, 0.1%)

1 が性質, の為

▼ 勝右衛門~ (2, 0.1%)

1 と云う, を呼び寄せ

▼ 勝名乗~ (2, 0.1%)

1 をあげ, を挙げた

▼ 勝呉廣~ (2, 0.1%)

1 のやう, も云っ

▼ 勝~ (2, 0.1%)

1 は再び, を秘伝

▼ 勝~ (2, 0.1%)

1 である, にわけ入っ

▼ 勝宝四年~ (2, 0.1%)

1 の四月, の大仏開眼

▼ 勝寺殿さま~ (2, 0.1%)

1 があれ, もほんとう

▼ 勝寺殿天英宗清~ (2, 0.1%)

2 大居士

▼ 勝平が一方~ (2, 0.1%)

2 の手紙

▼ 勝平が唐沢家~ (2, 0.1%)

2 の娘

▼ 勝平が最後~ (2, 0.1%)

2 の勇気

▼ 勝~ (2, 0.1%)

1 は少し, 成りて

▼ 勝~ (2, 0.1%)

1 迎って, 迎つて何だい

▼ 勝房唯願房等~ (2, 0.1%)

1 の坊さん達, の念仏者

▼ 勝敵毘沙門天~ (2, 0.1%)

1 に違い, のお

▼ 勝曼院~ (2, 0.1%)

1 の前, の西

▼ 勝海舟翁~ (2, 0.1%)

1 が歌, はこんな

▼ 勝~ (2, 0.1%)

1 をうばっ, をとっ

▼ 勝~ (2, 0.1%)

1 を贈らう, を贈る

▼ 勝~ (2, 0.1%)

1 ったものの, ったよう

▼ 勝矢博士~ (2, 0.1%)

1 の弟, 如きの

▼ 勝~ (2, 0.1%)

1 とはさてさて, の途中

▼ 勝~ (2, 0.1%)

1 なしと, はない

▼ 勝~ (2, 0.1%)

2 へ罰

▼ 勝~ (2, 0.1%)

1 を妨ぐる魔縁, を結び

▼ 勝色裏~ (2, 0.1%)

1 の敷, の袷

▼ 勝角力~ (2, 0.1%)

1 の名乗り, を尊敬

▼ 勝~ (2, 0.1%)

1 すべから, を信じ

▼ 勝~ (2, 0.1%)

1 などの旗幟, の言

▼ 勝~ (2, 0.1%)

1 に至っ, を再思三考

▼ 勝連山~ (2, 0.1%)

1 が三峰, の上

▼ 勝過ぎ~ (2, 0.1%)

1 てゐる, て泣き出し

▼ 勝~ (2, 0.1%)

1 で海舟, の門

▼ 勝~ (2, 0.1%)

1 の城壁, を出

▼ 勝門比~ (2, 0.1%)

1 賣, 賣と

▼ 勝~ (2, 0.1%)

1 であり一八一五年, をあげ

▼ 勝院殿御~ (2, 0.1%)

2 笑いなされ先

▼ 勝~ (2, 0.1%)

2 の二経

▼ 勝鬘夫人~ (2, 0.1%)

1 が仏教, という若い美しい

▼1* [416件]

あそばし寒さ, 勝あり其優劣は, 勝いうたらお前みたいな, 勝いえ公は, 勝いませんよ, 勝えぬほどある, 勝えぬではない, 勝お前餘計なこと, 勝お松さんを陸, 勝敗か, 勝かと思ったもん, 勝かも知れないと, 勝からはこれが, 勝がかどから戻つて來, 勝きみと共に二月二十五日, 勝ぐれたまえる中にも, 勝こそは父一閑斎の, 勝この間から苦労, 勝こんぶとを乗せた, 勝さえ見て, 勝さっさもさ, 勝さびに暴れなさる, 勝さまが威張っ, 勝さりあらびて, 勝さんそこは塞がってる, 勝さんそれからおきせ, 勝さ四十五六の型, 勝したのであろう, 勝したる兩義を, 勝しだと思っ, 勝しだらうが矢張浮気, 勝じゃ喜びなさいいや, 勝じゃが徒歩, 勝するに三, 勝せしむる世相詩人の, 勝せたい娘に, 勝そうだった, 勝たして置く, 勝ために赤道直下, 勝たらばみごと北京, 勝たり負けたり, 勝たる能わざるは則, 勝たん者には炎々, 勝だってなんだって, 勝だつたよ, 勝ちかく稼いだ新人王, 勝ちゃあ港も, 勝ちゃんが階下, 勝や, 勝つたのはほんの, 勝つた人が大金, 勝つた分とを渡せ, 勝つみこみなど十, 勝てっこはねえさ, 勝てりで本国の, 勝である死ぬるが生きる, 勝であろと, 勝であろうよ, 勝でございますなれども田舎気質, 勝でなくて小, 勝でも大久保でも, 勝とか言つた, 勝とかいう女は, 勝とかいふ女が, 勝ところの芳, 勝として七八分には, 勝とは名け, 勝とまでは指摘出来た, 勝とを連続する, 勝ながら真実の, 勝なさるような, 勝などみな途, 勝などと出たらめ, 勝などという連中も, 勝などは四十俵の, 勝などを出しまた, 勝ならぬぞ, 勝なりという意なり, 勝なるべしと言っ, 勝なんかどうだって, 勝なんぞも苦労を, 勝な息づまる世態への, 勝になつて仕舞つて激し易く, 勝にはよつく聞えなかつた, 勝に対して躊躇する, 勝し, 勝のんきにうしろ歩行, 勝ふみを呼び, 勝ふみ藤二郎それに師匠, 勝へまはつた上, 勝ほこつたおかみさん, 勝ほこりて是, 勝ほどの人が, 勝まけは人数, 勝までが自害した, 勝みずからが蝋封, 勝やってその, 勝ゆ可からず, 勝ようかつう, 勝よく憶えて, 勝よりも以上の, 勝よりもずつと暖かで, 勝誇ッタ颯子, 勝チヲ天下ニ制スルモノハ法ヲ用ウルコト明ラカナルニ依ル, 勝ッタ故オレガ, 勝ツコトヲ得ン, 勝ツト大金ガハイルカラ壱人デハ帰リガ気遣イダカラト云ウカラ, 勝隠居ダトイッタラ早速, 勝ハ桜花ニ非ズシテ, 勝レリ好デ食スベシト, 勝一敗すつかり得意, 勝一敗一進一退であった, 勝一敗先手になる, 勝一敗義弘は名, 勝七小河愛平金森義入狩野又九郎, 勝七祖父江孫丸などであった, 勝三敗五分と五分の星, 勝三敗同士がぶつかる, 勝三歳の子, 勝三郎の病, 勝上行あり南洲, 勝不可となさず, 勝不被遊, 勝もある, 勝乃ち必す可し, 勝久代となった, 勝久利となった, 勝久女となり, 勝久満となった, 勝久美となった, 勝九郎を伴っ, 勝二人は若い, 勝二敗二持碁の成績, 勝二番目は中, 勝亭あれの主, 勝介おりから今年, 勝介どのにお, 勝介伴太郎左衛門兄弟村田吉五などはそこ, 勝仙院住僧玄秀の時, 勝は思いだし, 勝以上の大観, 勝なぞというヒョロヒョロ大名なんど, 勝伯爵や九條公爵, 勝がええ, 勝の用人, 勝に付, 勝の体, 勝先生近日に長州, 勝光明無量三学無碍億億衆生引導の能化, 勝の欲, 勝入何ごとじゃの, 勝入信輝のくび, 勝入堀秀政などの諸, 勝入森武蔵は前々, 勝入細川藤孝筒井順慶蒲生氏郷蜂屋頼隆など居流れ, 勝もまあ, 勝兵衛さんにことわっ, 勝兵衛そちがいい, 勝兵衛馬簾を守れ, 勝其他を排斥, 勝また勝生, 勝の持主, 勝而物入, 勝はなんにも, 勝勝ってると頗る, 勝を訪尋, 勝十六名所七不思議誰か一々, 勝千代丸があらかじめ, 勝千代天文五年十六歳で将軍足利義晴, 勝千代時分に畳, 勝千代本多重次の子仙千代, 勝千代殿はああ, 勝千秋の娘, 勝千秋論語の師伊藤仁斎, 勝半七的な道徳, 勝半島が薄紫, 勝博士に依, 勝秋冷に, 勝同然水に漂流, 勝同窓会幹事の一人, 勝名乘を擧げ, 勝名取男女中より縹色絹, 勝君像とある, 勝伊太利國の, 勝呉広のみ, 勝周字は士, 勝嘉殿に頼みおき候, 勝四天王院供養の折大赦, 勝団子の屋台, 勝天真, 勝の一刀, 勝園寺という, 勝基横山桐郎山本清正木不如丘山本忠興田丸卓郎牧野富太郎兼常清佐鷹司信輔辻村太郎氏等の諸, 勝といわざるべからず, 勝大木大隈の諸, 勝太郎左衛門小吉の回想録, 勝ぐらいにゃ確, 勝姐さんといったよう, 勝を名乗った, 勝姿誠に物痛, 勝安房ニ頼ミたり, 勝宝七年になつて, 勝宝七歳よりもずっと, 勝宝七歳三月三日防人を, 勝宝七歳二月坂東諸国の防人, 勝宝三年に僧勝楽, 勝宝二年に作った, 勝宝二年三月一日の暮, 勝宝二年三月一日大伴家持が, 勝宝二年十二月雪の降った, 勝宝五年二月二十三日大伴家持が興, 勝宝五年二月二十五日に作った, 勝宝五年五月はじめて輯録, 勝宝五年正月四日石上朝臣宅嗣の家, 勝宝五年秋に至っ, 勝宝何年のころ, 勝宝元年に従五位下, 勝宝元年十二月大伴家持の作った, 勝宝元年大仏殿において群臣, 勝宝四年二月に至り, 勝宝四年二月二日だと, 勝宝四年開眼供養の盛儀, 勝宝四年閏三月多治比真人鷹主が遣, 勝宝年間に満, 勝家の子権六と共に捕われ, 勝家らの唱える, 勝家一騎だった, 勝家同様秀吉もまた, 勝家夜半ニ清洲ヲ出, 勝家始め男女三十九人一堂に自害, 勝家慶テ約諾ス然, 勝家林美作などという常に, 勝家森三左衛門の手兵, 勝家自ら七千騎を率い, 勝の昔, 勝寺五大堂の上, 勝寺堂塔の瑶珞, 勝将軍の名誉, 勝小吉再度の, 勝よし, 勝この譜, 勝居たか, 勝山尾庸三らの洋行, 勝岡田三郎神崎勝とまでは指摘, 勝へ通っ, 勝嵐山の勝, 勝左衛門の妻, 勝左衛門八番には手廻小姓, 勝左衛門宗佑の人々, 勝幢幡と露台, 勝を覗い, 勝を置き, 勝延行者の四人, 勝のさせる, 勝忠武田勢を追い, 勝恥かしがって人, 勝悪いもので, 勝憐太郎殿という人, 勝懐旧之歎也, 勝房以下の僧達, 勝抜戦と同じ, 勝きで最後, 勝拔一本勝負をやり, 勝敏様なども加えられ, 勝敗けを, 勝をかかげ, 勝早く持って, 勝の式, 勝曼華が透, 勝曼院愛染堂が彼, 勝最大の王, 勝月房慶政上人の著, 勝望美景を愛し, 勝の人, 勝松島の勝, 勝松葉曰ク湊屋曰ク林屋曰ク新常磐屋, 勝林院に行い, 勝を万代, 勝という名取り, 勝梅さん一家は当惑, 勝棍棒はある, 勝を積み, 勝業上人が水観, 勝概奇絶之称, 勝榎本の二氏, 勝榎本二氏に与えたる, 勝様お待ちでご, 勝様ガ仰セデハアルガ, 勝様ハ三匁五分ト云ウカラ五分ノ損ダカラヨカッタソノ替リニハ, 勝様ハ世間ヲ広, 勝様ハ女難ノ相, 勝様一本願いたいと, 勝樂寺横田諸村を經, 勝橋あたりからの道路, 勝次男厳久のふたり, 勝欣戴之至, 勝正憲はまだ, 勝殿お前の返事, 勝殿わしが今晩, 勝氏輩の所見, 勝氣中へつ, 勝法師などに厚遇, 勝海舟他方においては善断, 勝海舟以下日本人ばかりで, 勝海舟彼を評し, 勝海舟翁佐久間象山と旧交, 勝清左衞門に手嚴, 勝と名, 勝無性に受け, 勝爼辺に大語, 勝の見事, 勝という芳崖, 勝玉作小楠公図一幀わが養母, 勝が大将, 勝王ブルは三百頭, 勝王経を擬, 勝王経夢見金鼓懺悔品に妙幢菩薩鷲峯山, 勝王経金剛般若寿命経などの読まれる, 勝現在佛國で支那學, 勝と訳し, 勝生れて三歳, 勝の条, 勝畠山元三郎結城健三三田澪人志村沿之助我謝秀昌の諸氏, 勝疑いなしと, 勝の四男, 勝送宮水, 勝矜つた対手に向, 勝矢博士以下三教授の試験, 勝矢教授が弟子, 勝知文の東夷周覧, 勝祈りまでなされ, 勝秘呪はわし一代かぎり, 勝空上人の戒め, 勝を引いた, 勝絶対に負け, 勝続きの大, 勝綽彭輕生孟山譽王子閭等は皆墨子, 勝けてゐた, 勝な解釈, 勝義邦と識合, 勝に聞く, 勝聚等皆死す, 勝自身が語っ, 勝が早世, 勝舞子の勝, 勝色ぢや, 勝色定紋つきの羽二重, 勝色鼓草を私, 勝との両人, 勝苦しいか, 勝西郷の如き, 勝に朝鮮, 勝覧詩あり後, 勝といふ作家, 勝のおも, 勝誇れるチェーザルを, 勝論哲学ミーマンサーとか瑜伽哲学, 勝豊並にその, 勝豊以下を率い, 勝豊以下家中一統御手, 勝豊勝政その他の諸, 勝豊家中の大金藤八郎, 勝豊徳山則秀不破光治小島若狭守毛受勝介佐久間玄蕃允など万夫不当, 勝豊盛政の袖, 勝豊自身勝家の養子, 勝豊謀叛すとの報, 勝豊金森不破の三名, 勝なるは, 勝足四百石戸川安清五百石佐野政美六百石大沢康哲二千六百石であつ, 勝躅遺蹤大いにもっ, 勝軍利ノ義ニ, 勝軍地蔵さまで大きな, 勝軍地藏あり, 勝軍笛ふきならせ, 勝軍藤の鞭, 勝と共にこの, 勝を留め, 勝逃げと同じ, 勝逃げし道頓堀の, 勝逓相の答弁, 勝連峰よりも少い, 勝は文化七年, 勝過ぎたかも知れない, 勝過ぎるやうだ, 勝道上人手刻の觀音像, 勝道家来青木春岱に奥医師, 勝選定に際して土地, 勝は兵学者, 勝はその, 勝陀羅尼法を修せ, 勝陀羅尼經や其の, 勝院徹宗玄旨の法名, 勝院殿以来の忠勤, 勝院細川幽斎公のため, 勝雅土方雄久などという者, 勝は老中, 勝食いとめられれば負け, 勝に来た, 勝に來, 勝鬘等の大乗経典, 勝鬘経維摩経の三つ, 勝鯨波を爆破, 勝が羽音, 勝鹿というところ, 勝麟勝麟の名, 勝麟太郎これでいい, 勝麟太郎なぞを小普請役, 勝麟太郎らを主, 勝麟太郎一行のうち, 勝麟太郎二人ともそれほど, 勝麟太郎殿其事に與, 勝麟太郎運用方は佐, 勝之自, 勝龍寺あたりまで転進, 勝龍寺方面へ立ち去った, 勝龍寺洞ヶ嶺淀なども合わせ