青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「動物~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

動き~ ~動く 動く~ ~動作 動作~ ~動揺 動揺~ ~動機 動機~ ~動物
動物~
勘~ ~勘定 勘定~ 勝~ 勝ち~ ~勝利 勝利~ ~勝手 勝手~ 勝負~

「動物~」 5201, 56ppm, 2063位

▼ 動物~ (996, 19.2%)

35 ように 26 ような 15 やうに 7 中には, 習性を 6 上に 5 ために, 中で, 生存競争の, 生活を 4 ことを, やうな, 中でも, 中の, 名を, 智慧, 生活の, 生活状態を, 研究に, 骨の

3 [20件] うちで, うちに, 不思議な, 中に, 事を, 体を, 例を, 像を, 名で, 声の, 声を, 形や, 形を, 方が, 本能的集団と, 檻の, 死体を, 生態を, 生活, 頭に

2 [60件] ある時期, うちには, しらない, それと, それの, ほうが, もろもろの, ようです, 一匹に, 世界から, 世界を, 中から, 人格化に, 仕業だ, 使用, 像には, 先生に, 光の, 光は, 利害の, 動作を, 味の, 大きさ, 天窓を, 姿を, 常として, 形に, 形の, 形態を, 心性の, 心臓に, 性質を, 感じで, 方は, 本性を, 本能だけの, 本能で, 本能と, 本能作用という, 様に, 死骸が, 毛だ, 現わ, 生命を, 發育が, 群集にも, 肉の, 肉を, 訓練を, 足調子を, 進化の, 運命を, 間で, 間に, 面倒を, 頭と, 顔を, 類が, 餌を, 骨だ

1 [660件 抜粋] あたま, あたりに, あらゆる特徴, ありさま, あるもの, ある事, いきれが, いずれか, いるの, うちでも, うちの, うち人間の, うなり声, おりの, かかる問, がい骨も, くせに, ごとく暮して, しょぼしょぼした, すきな, すべてに, その子, そばへ, それでもなく, それに化, それよりも, だか, ところに, とも人間のとも, どんな種類, なかに, なき声に, なき声を, においが, は不, ほうで, ほえるの, ほえ声みたい, まっただなかへ, もの, もの笑いに, やうぢや, ようだった, ようである, ようにさえ, よさ, オスの, クズを, スケッチを, ツメの, ホルモン等々を, メスを, 一つとして, 一つの, 一列に, 一片嘗つて在りし, 一生涯の, 一種であり, 一種として, 一種な, 一種には, 上方に, 不定限の, 不自然な, 世界が, 世界です, 世界と, 世界に, 世界の, 世話を, 中での, 中にて, 中にも, 中へ, 乳を, 事に, 事をばかり, 二性は, 二魂を, 人体に, 仕事愛すべき, 仕業も, 代表物と, 体は, 体内から, 体腔から, 何かに, 何と云, 例としては, 例により, 保存が, 保存といふ, 保存の, 個体に, 側から, 像が, 像または, 僭越と, 光だ, 光を, 光例へば, 全然自然力, 全身は, 全身も, 共同作業という, 写真の, 冷さを, 出現, 分類は, 到底及ばざる, 剥製など, 剥製を, 創造に, 力に, 勇とは, 匂いが, 匂いの, 化石の, 化石出でし, 区別は, 印象から, 参与という, 叡智を, 口へ, 叫びの, 各個体, 合奏が, 名づけ方, 名である, 名の, 名紋章の, 吼える声, 呼吸を, 咽喉を, 啼きごえ, 啼き声, 器官が, 四本めの, 団体と, 団体との, 団体は, 固有性と, 域に, 基と, 報復について, 場合が, 場合との, 場合に, 場合には, 声だ, 声で, 声です, 声に, 外うごい, 外に, 大脳を, 天職と, 天職なりと, 奇異なる, 奇習, 好きな, 如き自然物, 如くなり, 如くなるを, 如く互いに, 如く制限された, 如く単に, 如く取扱, 如く教うべ, 如く見ゆる, 如し, 始末に, 委細を, 姿お, 姿は, 姿態に, 子宮を, 家だ, 家である, 家庭生活には, 寿命も, 専心的な, 小屋みたいな, 小説は, 尻尾の, 尾に, 屍や, 巣, 巣だつたもの, 巨き, 常性として, 平衡器官に, 強情な, 形あるいは, 形し, 形だけは, 形態と, 形態に, 彫像の, 影が, 後足二本を, 心で, 心室と, 心性を, 心機妙転の, 心理が, 心理や, 心理を, 心臓という, 心臓の, 心臓ばかり, 思ひがけ, 思考, 思考が, 性情に, 性情性質の, 性質だ, 恐怖不安を通して, 息が, 恰好を, 悪意を, 愛で精神的恋愛, 感あらしめる, 手に, 持つて, 持主たる, 挙動から, 捕殺との, 掘った穴, 援助の, 擬人的感情を, 敏捷さ人を, 教育で, 数に, 敵と, 方で, 方へ, 方を, 日を, 時はつかは, 最も顕著, 月曜病と, 有すると, 有する諸種, 未だ獲得, 本にも, 本能が, 本能として, 本能に, 本能の, 本能めい, 本能的な, 本能的動作においても, 本能的集団という, 本質に, 柔らかそう, 根本たり, 棲み込んで, 榮養を, 構造であった, 様な, 標本には, 標本は, 標本用の, 模型鳥の, 正体が, 正体に, 正体は, 正常な, 死刑を, 殆ど全部を, 母胎の, 毛で, 毛とか, 毛を, 毛並みを, 毛皮が, 気持で, 汚ならし, 沢山いる, 泣いて, 注意を, 洞察的動作を, 活力であり, 消化機関を, 温か味が, 澤山ゐる, 為めに, 為業だ, 無心と, 爪あるいは, 爪が, 牙を, 物狂ほしい, 状態とは, 状態を, 現わる, 生きた心臓, 生き死めいた, 生命の, 生存における, 生存には, 生存競争とは, 生存競争に, 生態とか, 生殖について, 生殖慾の, 生活とを, 生活には, 生活ぶりの, 生活及び, 番人が, 番人は, 畫などは, 異様な, 痙攣は, 発光器は, 発性期と, 発見以来の, 発達と, 発達を, 發光機官などは, 發光物質の, 白色は, 皮で, 皮らしかった, 皮下に, 目から, 目でしょう, 目に, 相棒を, 真似でも, 真似を, 眼と, 眼にな, 眼の, 眼を, 知慧について, 知慧も, 研究なども, 社会は, 祖先の, 神経だ, 秘密を, 種である, 種と, 種類で, 種類によって, 種類により, 種類如何によって, 第一的性質, 箱を, 精神を, 糞の, 糞尿から, 組織の, 絵が, 絵を, 繁殖が, 繪が, 繪は, 繼合せを, 置物である, 美しさ, 群から, 群れに, 群れの, 群れは, 習性については, 習性の, 肉でなけれ, 肉に, 肉には, 肉は, 肉体の, 肝の, 肝や, 肢體を, 背に, 背にも, 背中の, 胎生の, 胚子は, 脊髓より, 脱毛が, 脳の, 脳髄な, 脳髄に, 脳髄を, 脳髄をも, 腹を, 腹部と, 臓腑を, 自分の, 自然さで, 自然に, 自由は, 臭いが, 良心とは, 色写真を, 芝居を, 芸当であった, 苦しみには, 苦しみを, 苦痛で, 苦痛を, 菩提を, 蟻や, 血が, 血液だ, 血液ほど, 血清で, 行動, 行動は, 行動をという, 行為的直観的とか, 衝動は, 表情, 褐色の, 見ゆるもの, 見世物が, 見世物小屋の, 見世物小舎の, 視像, 観察者が, 角か, 言葉, 話に, 話は, 話ばかり, 謝肉祭, 豚は, 負担が, 趨光性学説に, 足あとが, 足あととしか, 足で, 足の, 足底は, 足跡が, 足跡の, 足跡も, 跳躍も, 追駆け, 通り喘い, 通路を, 連中が, 進化が, 進化した, 進化といふ, 運動といふ, 運動に, 遺骨と, 遺骨と共に, 遺骨の, 遺骸破れ損じ, 醜い生殖器, 醜惡, 長骨中, 間では, 陥穽を, 陰茎には, 集合と, 集団本能の, 雌が, 霊魂を, 非利己的, 面白さ, 革で, 革命騒ぎが, 頭が, 頭それから, 頭であった, 頭の, 頭を, 頭上には, 頭蓋骨や, 顔が, 顔である, 顔では, 顔に, 顔付き毛並み骨格なぞを, 食うもの, 飼料として, 餌から, 餌に, 首の, 骨である, 骨とか, 骨な, 骨に, 骨格姿勢とか, 骸骨でも, 高等精神作用を, 鬣の, 魂の, 鳴音, 黒い影絵, 鼻っぱしの, 齒の

▼ 動物~ (453, 8.7%)

11 の中 10 の主人 9 へ行っ 8 の前, の象 7 の檻 6 の猿 5 のよう, の猛獣 4 がある, にて, のお, の入口, の園長, の熊, の虎 3 というの, にいた, に行く, のオリ, の狼, の獣, へつれ, へ行く, や植物園

2 [27件] から帰っ, で貘, にでも行く, になっ, にゆく, に入る, に出かけ, に行っ, に行った, に行つた時, に連れ, のおり, のなか, の如き, の方, の河馬, の狐, の裏門, の門, はある, へ持つ, へ行った, へ遊び, まで行く, を一覧, を見, を観た

1 [275件] あり, かてあるいう, かはた, からさ, から聴き馴れぬ鳴, か個人, か子供雑誌, か活動, か養鶏場, が出来る, が在る, が設置, じゃあない, じゃない, だ, だけが主として, だけで, だったか, ての, でききつけ, でご, でつくづく, ではなく, では大いに, では夫婦者, では水, でもいっ, でもぶらつい, でも使つて, でも園丁, でも大, でも死に, でも熊, でも熱地産, でも見, でも見た, で一匹, で何, で叫ぶ, で園丁, で大蛇, で子ども, で子供達, で東印度生れ, で満足, で狭苦しい, で猛獣, で獅子, で色々, で虎, で見おぼえ, で見た, で調べる, で買, で買い取った, で長い, で面白い, で飼いいた, で鳥, で鳥ども, で鶴, で鹿五頭, とか個人, とても好き, との二所, とはいわれねえ, と有斐閣, と間違っ, などそんな, などで虎, などにある, などにつれ, などに彼女, などに行った, などの騒がしき, などを設け, なんて試験, にあまり, にい, にいっ, にいる, にお, にかわれる, にし, につながれ, にて出会, にでも伴, にでも居る, にでも行, にでも行った, になら居る, にはいつた, にはけだ, には其頃黒人, には象, には黒人仲間滞留, にみなぎる, にもあきた, にもいない, にもいられた, にもっぱら, にも度々通つた, にも見当ら無い, にゆきました, にゐる, に入れ, に入場, に参り, に参りし, に売られ, に手, に新着, に沢山, に現われ, に至る, に行かれん, に行き, に行きたい, に行く如き, に行つて, に通つて熱心, に遊ぶ, に電話, に飼育, に馴染, のあの, のうち, のうなり, のおじいさん, のけだもの, のこと, のそば, のてまえ, のほか, のやう, のアザラシ, のインコ, のクマ, のゴリラ, のシベリヤ産, のゾウ, のライオン, の一夜, の事務所, の人たち, の仲間, の入場料, の動物, の動物みたい, の動物以上, の動物化, の動物程度, の午後, の商売, の四つ足連中, の四坪半, の園長さん, の夜櫻, の大きい, の大きな, の実物, の御, の敷地, の映画, の景色, の杉木立, の森, の横, の檻のけもの, の火事, の犬, の狭い, の猛獣みたい, の猴類, の獅子, の獸ぢ, の玄関番, の白熊, の直ぐ, の真似, の真夏, の石門, の膃肭臍, の裏手, の裏門前, の見世物, の見物, の詩, の豊富さ, の近い, の金網, の鉄圏, の鉄格子, の鐵, の鐵網, の附近, の雜鳥, の鳥, の鳥獣, の鳶, の鶴, の麒麟, はおもしろい, はかなり, はその, はついに, はない, はまだ, は好き, は市, は静か, へ, へいったれ, へお, へでもお供, へでも運びこもう, へは行ってる, へインド, へ今, へ入, へ入る, へ出る, へ動物, へ収容, へ向つた, へ子供, へ寄贈, へ来る, へ河馬, へ皆, へ移し, へ行かう, へ行きたい, へ行こう, へ行つて, へ行つて了つた, へ象, へ這入つた, へ連れ, へ選手一同, まったくの, までと答えた, まで来, もある, もいろいろ, も見よう, も見られない, や公園, や博物館, や浅草, よりはもつ, をあずかっ, をあなた, をぶらつい, をやろう, を一巡り, を並置, を兼設, を出, を出た, を出る, を所有, を拝見, を歩く, を考えた, を見せた, を見よう, を見物中, を見返り, を訪ね, を詠みし, を通っ, を遊び歩いた, ヘ行ク, 臭くって

▼ 動物~ (368, 7.1%)

4 人間の, 住んで 3 あって, ある, ゐると, 可哀そうだ, 棲んで

2 [19件] いるの, かくれて, すんで, その樹, どうかし, ならべて, ゐるの, 今は, 口を, 好きで, 彼の, 檻の, 死んだやう, 犯人, 現れて, 生きて, 自分の, 非常に, 骨まで

1 [307件] あくまでも盛ん, あった, あったの, あの瓦斯, ありましょうか, あります, あり一方, あるか, あるかと, あるが, あるの, あれ程の, いたか, いたの, いっしょに, いました, いますので, いま木の, いる, いること, いると, いるので, いるよう, いるらしい, いるらしいね, うごめいたが, うじゃうじゃかたまっ, うろ, えもの, おそろしい音, かかって, からだを, かれら, きらいに, きわめて乏しい, くわっと自分, この世を, この中, この部屋, これに, こんなに明らか, こんなふうに生息, こんな賢い, さるだった, じっと円い, じつと, すきだった, すきで, すきま, すっかりお, すっくと岩角, するかの, するすると, するの, するやう, そこここに, そっくり人間, そのいとなみ, その何世紀, その光, その博勞, その格子, そんな鬼, ちょっとも, つけて, でて, とても大きい, どうして人間, どこからか, どこに, どこを, どっさり登場, なお生き, なくなるかね, ねて, はいって, はいまわって, はらんで, ひとつの, ひとりでに立派, ぴくりと, ほんとうに, まぎれこんで, まぎれ込んだあげく, まぎれ込んだ揚句, まじりあう, またお前さん, また一匹もと, みな集まっ, みんな死んだ, むだ話まで, むっくりと, もだえもがいて, やって来て, よく知っ, わけも, われわれには, ゐたからとて, ゐるので, カソリック教国の, コブラの, ピカピカに, リスボンだ, 一しゅんかんに, 一個体で, 一度胃の腑, 一歩実在性を, 一番偉い, 一番毒だ, 一隊を, 三浦観樹爺さんの, 世の中に, 二三十頭も, 二本の, 互の, 亡滅し, 人と, 人を, 人語する, 人間と, 人間らしい社会, 人間を, 人類の, 今では, 仏具も, 付きものに, 企て及ばないと, 企て及ばないという, 住んだ, 何か, 何を, 何故に, 何百万年か, 光つてる, 入り替つて, 全くない, 共食いする, 冷嘲する如く, 凍死する, 出て, 出口の, 出来るだろうなどと, 出現以来たった, 動物に, 動物同士で, 化物じみた, 化石した, 十五六種ある, 半身を, 可あい, 各個人, 同一状態, 吠えるよう, 含まれて, 唱い出した, 囲繞の, 地上に, 地下から, 地球上に, 多いこと, 多い故, 多くイグアナ, 多く水, 多数同じ, 夜中に, 夜更けの, 夢で, 夢を, 大きければ, 大好きで, 大好きな, 大小と, 大抵どの, 太古そのまま, 好きだ, 好きでなる, 好きな, 如何に, 始めから, 威嚇的に, 子供の, 子孫を, 完全に, 実際世界, 実際飛ぶ, 家に, 小さな聡明, 小径を, 少なからぬ, 居たね, 居て, 居なかつたら困つて了, 居るきり, 居合わせました, 屠殺の, 巣に, 巣喰っ, 常に河湖淵泉, 平然と蹲踞, 年を, 幼い時, 弱いほう, 強制的に, 強大な, 彼を, 彼自身で, 後に至り, 必然に, 忽然街路に, 悉く次, 意外にも, 愕然として, 感じるだろうよう, 我らの, 或条件, 或神, 所謂冬眠を, 押し合って, 持って, 探検隊の, 揃うて, 教育を, 斃れる, 早く死ぬ, 春の, 時々来る, 曾て, 朝鮮半島に, 木の, 来たり, 来ると, 来るを, 樹立が, 此民譚に, 死ぬと, 死ぬまで, 水槽で, 水槽の, 沢山ある, 沼地にに, 海中に, 海螢と, 湯に, 点々と, 無暗に, 無知無学な, 無邪気に, 煙突を, 牙で, 牝の, 物を, 犯人だ, 犯人であった, 猛威を, 現れた, 現われました, 現われ出しました, 生命を, 生存し, 生息し, 皆或, 皆斃死, 目下腮を, 真正面から, 眠って, 眼を, 着ものの, 神である, 私の, 穀物に対する, 立たず動物, 立って, 終に如何なる, 絶対に, 肋骨を, 背を, 胴体を, 自らを, 自然淘汰の, 良人の, 苛められて, 草を, 荒々しく登場, 萎縮する, 藻の, 蛸である, 蠢いて, 街の, 襲って, 見えた, 見えます, 見付かりません, 蹲踞っ, 辛くては, 追いつめられて, 通らなかったかね, 進化し, 逸早く米友, 遅々と這い出し, 金属を, 金網の, 銀座通りを, 長いあ, 闇の, 面白い事, 頭の, 高い煙突

▼ 動物~ (351, 6.7%)

6 して 4 殺すこと 3 飼って

2 [23件] さがして, 入れて, 受け取ること, 好んで, 屠って, 師匠に, 意味し, 持って, 極度に, 殺すに, 発見し, 発見した, 置いて, 表現する, 見たり, 見て, 見ても, 誰が, 調べて, 連れて, 電気で, 食べないじゃ, 鼻の

1 [292件] あやしながら, あるいは天使, あるいは神物, あるひ, いくらでも, いじめなかったとは, いじめ殺す, いぢ, いびり殺した学士, いろいろ見せる, おとなりへ, おひゃらかして, かわいそうに, こしらえ上げたの, ことごとく人間, このまま, この男, こわがる子供, こんなに沢山殺し, ごらんなさい, ごらんに, さがす人, しこむところ, すえ一方, そそのかして, その形態上, その性質動作等, その興行主, ただの, たべないと, だまそうたって, つかって, つかまえに, つくりそこ, つつき出したかった, どこへ, なでて, なにかの, ひさいだ故, ふせぐの, ほとんどまたは, みて, めがけて, もって, やがて深海, よく世話, レキ殺させ, 一匹つかまえ, 不思議そうに, 並べて, 中に, 中心に, 丸呑みに, 主人公に, 二足四足多足無足と, 互いに比較, 人と, 人工心臓によって, 人間に, 人類に, 伴れ, 何だ, 何百と, 作ったり, 作らなかったのみ, 作るに, 使いに, 使うよう, 使用し, 保護し, 信じること, 信仰抜きに, 兇器として, 入れた, 全国的に, 公開する, 分けて, 別と, 制禁し, 劇に, 動物そのものが, 勝手気儘に, 包んで, 化し, 匿って, 危険な, 原っぱに, 去ること, 取り扱うこと, 可愛いもの, 可愛がるという, 同じ姿, 吸い落すというは, 呆気に, 呑むに, 呼んだ, 喰べ, 器械だ, 地球外に, 女中が, 好かないが, 宮廷で, 害すること, 寄附する, 寫し出した, 射る事, 導いて, 屠るホフリ, 差して, 差してさ, 差出した, 平生から, 引き出した, 引き寄, 彼は, 征服し, 律しよう, 御し, 心平さんは, 忌んで, 怒らせたり, 思い出すと, 思い浮かべる, 思ひ出さずには, 思わせる, 性欲の, 恵んで, 想像し, 想像する, 想像せしめる, 愛したの, 愛して, 愛し遊園地, 愛し金魚, 愛するが, 愛するという, 愛撫する, 手で, 手なずける, 抱いたまま, 抱きあげた, 押さえつけて, 拵えあったと, 指差し彼等は, 指移しに, 挟み困しめた記事, 捕えたり, 探した, 描き通し傑作, 描こうと, 撫でて, 擬し行列, 支配し, 放した, 放逐する, 明るく扱った, 材料と, 染め飾り, 歌つたジャムの, 殺さないよう, 殺さなかった, 殺さんと, 殺したところ, 殺しても, 殺しました, 殺し妄語, 殺すその, 殺すほどの, 殺すよう, 比較研究した, 比較解剖し, 気ままに, 求めて, 活用し, 流しこんで, 浮き上らせた衣服, 深く観察, 測る, 満足させる, 漠然総称した, 灰に, 無理から, 狎らす, 狩り立てる場合, 獰猛と, 珍らし, 生かして, 生まれて, 生捕, 生殺しに, 生食せず, 用ゐる, 画き鴿, 画の, 畑で, 發見する, 目撃し, 眠りに, 眺めたとき, 眺めて, 睨み殺し淋しき, 知つてゐる, 研究し, 研究してる, 研究する, 私は, 空いた鸚鵡籠, 立てれば, 篤と見定めよう, 精細に, 素速く, 締め殺しその, 繁殖せし, 胎生する, 自分の, 苦しめたり, 苦しめる風, 虐待し, 虐待する, 虫と, 表出する, 見せて, 見せては, 見せる場所, 見た, 見たもの, 見つけたという, 見また, 見ると, 見るどころ, 見るに, 見るので, 見るよう, 見る機会, 見下ろすやう, 見出すこと, 見物し, 親切に, 観察し, 解剖する, 言は, 言ふ, 評する如く理想, 詠みたるもの, 詠みたる者, 詠んだもの, 認めました, 調練する, 買い込んだの, 買わんが, 賜わると, 距つる事遠き, 蹴ちらかした, 軽く見, 輕侮し, 追い走らせて, 追うよう, 造ったので, 選びたいと, 避けた, 部屋の, 配すること, 配る事戦国時, 釣って, 除く偉功, 集めて, 食い散らした跡, 食い殺すこと, 食うを, 食う事, 食は, 食べたの, 食べないの, 食わないと, 飲むの, 飼いたい, 飼うかを, 飼うてる営業, 飼うの, 飼ったり, 飼っても, 飼ふ, 飼育し, 飼育する, 飼養し, 飼養する, 養う力, 養子に, 駆除する, 騒がれないよう, 魅し, 魅入れ

▼ 動物~ (346, 6.7%)

5 人間の

2 [11件] いかなるもの, いずれも, これを, ただその, ナイフの, 他に, 何でも, 百姓だ, 私の, 自分の, 音をも

1 [319件] あらあらしい声, ありましたが, ありますまい, あるまいとの, ある意味, ある朝家, いくつも, いくらでも, いくらも, いざ知らず, いつの, いない, いないかと, いないという, いません, おとなしかった, お紅一人, かわいそうな, きりきりと, こういうところ, この絶対, ごく小さい, すなわちムク犬, すなわち犬, すべてみな見つけ, すべて神が, その環境, その生, その真珠貝, たいてい人間, たいてい甲羅, たえず藁, たおれるけれど, たがいに, たくさんいます, ただなぐさみ, ただに, ただ子を, ただ本能, たちまち荒あらしく, たとへ, ついて, ついにその, ですな, ときどき秋晴, とたんに喜ん, とてもすき, どういふ, どうして魚, どうなっ, どこかに, どこまで, どんな好餌, どんな気もち, ない, ないが, ないと, ないという, ないよ, なお対象界, なかなか此方, なぜここ, ねむり始めたらしい, ひどい恐怖, ひどく鼠, ほがらかな顔, まずいないの, まず何, またと, またもや八百屋, また要するに, まもなくレンガの, まるで仲間同志遊び, みじめな, みなか, みな化ける, みな最も, みな生命を, みんなヤーフを, みんな左うらしい, みんな非常に, むしろはなはだ少数, もちろんの, もちろん犬, もともと攻撃的, やはり動物, ゆっくり尻, よく人間, よほどたくさん, わたしたちを, わたしたち地球の, わたしの, ゐなかつた筈, ゐません, マルタ航海会社の, メスで, ルビーの, レスパネエ夫人の, 一つの, 一つも, 一体何, 一個の, 一度溺死, 一段地位を, 一片の, 一種も, 一種類も, 一萬年近くも, 三月たつ, 三百七十一日生き, 下等に, 不定限に, 不思議である, 両岸, 主人が, 之に, 二頭だけ, 五官の, 人物から, 人言を, 人間にとっては, 人間に対し, 人間のみ, 人間みたいに, 人間より, 人間よりも, 今し, 今に十分調, 今日の, 他には, 他の, 体の, 何だ, 何となく人情ツ, 何を, 全く可哀そう, 全く生み放し, 八本の, 別にわれわれ, 利己心を, 前足も, 前述鱗蛇, 割れるよう, 動けるの, 動物として, 動物にたいして, 勿論人間, 十六種も, 半熱帯的, 単毛色, 叔父さん, 口にこそ, 可哀そうだ, 吉兆白い, 同一の, 商売の, 多くの, 夜光蟲だ, 大きなたこ, 太い尾, 好きでない, 如何なる宗教, 嫌いであった, 子を, 安心し, 完全に, 宝が, 実に豪酒, 実に限り, 害心なき, 少なくなり, 尻尾を, 居ないと, 岩の, 岩国を, 幾らも, 幾十萬年の, 引きつづきだらし, 弾丸を, 影さえも, 影に, 役に立たなくなりますよ, 彼一人の, 彼女が, 後には, 必ずそうした, 必ず一年, 必ず女性, 必ず生んだ, 必ず皮膚, 必ず膝, 怒ること, 性質きわめて, 怪物を, 恐れに, 悪魔に, 愛くるしいお, 成熟期の, 我らの, 手がけたこと, 技術的に, 放牧し, 數週間で, 文字で, 既に往年, 日本の, 日本人にはと, 明かに, 春情が, 更に動じない, 朝彼女が, 木の間を, 本來表皮, 本能と, 本能に, 東方亜細亜特有の, 案内者が, 桶の, 梅毛虫ヨトウムシモンクロシャチホコ等で, 棲んで, 植物學者の, 極めて多, 極めて少い, 極めて巧妙, 概して進化, 正に溺死, 武器の, 死なないの, 死なないばかりか, 死ぬと, 死滅し, 殊に植物, 段々少く, 毎日顧慮する, 毒物に対して, 水中動物たるの, 汚い臭い糞, 決して他, 決して吠えず, 決して狭い, 活物である, 海岸の, 火事も, 無意識に, 無意識的に, 無神経そのもので, 牛馬犬猫豕兎鹿綿羊山羊狐鼠鶏天鵞その他なお, 牛馬猿犬人間は, 牝牡だらう, 物である, 犬だった, 犬でも, 猿であります, 猿山羊モルモット白ねずみ兎, 理窟を, 環境と, 生きて, 生命を, 生活し, 異性に, 當の, 発見出来なかった, 白米のみの, 皆な, 皆われわれの, 盲目なる, 盲目的な, 直覚的に, 相手を, 相談を, 眼が, 神経を, 笑えないはず, 米友の, 紫色の, 繁殖力を, 美しい物, 美しく燃える, 美麗な, 羨ましい, 習慣に, 考え出した, 肉の, 肉食の, 胎生卵生濕氣生化生の, 脂の, 脅えたよう, 腹を, 自惚れと, 蛇に, 蝶と, 蟻や, 衝動と, 見たこと, 見るの, 触覚だけで, 警官に, 逃げも, 途中で, 通りますまいが, 隨分以前から, 隨分心理で, 雄の, 面白いもの, 革紐に, 音楽を, 頗る軟體, 頭と, 顔が, 風の, 食つき, 食料に, 餌に, 驚いて, 體力の, 高等な, 高級な, 鯨だ, 鳥であった

▼ 動物~ (302, 5.8%)

10 なって 6 して 4 しても, 比して 3 あつて, 似て, 共通する, 向って, 就て, 打ち勝つて, 相違ない, 過ぎんの

2 [16件] あっては, たとえれば, なりたま, なるの, なれば, まさると, 出来てるの, 分けて, 對し, 就いて, 戦慄せよ, 打ち勝つたの, 満たして, 臨む態度, 見えた, 近し

1 [222件] あつて仍, あり犬歯, いい, いじめられたこと, いたって, いたる間, いっそう親しい, うつしうえること, おけると, おとるわけ, かぎり持合わせ, きまって, くらべては, これだけの, これほど, こんな智恵, した, したり, しては, しました, しろまた, すぎない, すぎないという, すぎないの, すぐれたる霊知, すること, せよ己, そういう芸, そそがれるため, そなわる生れながらの, それを, そんな想像, ちがいない, ちょっとでも, つきても, つながる連想, ない思索力, ない性格, なった植物, なった気, なっても, なつたつ, なつたり, ならないかね, ならないの, なりきれると, なりたがる, なる, なると, なるに, なるほど, なる人, なる森, なれないこと, なんら同情, なんら類似, ふさわしいいかにもゆったり, むけ照らし出させしきりに, よく肖, アルコールを, 一として, 与える食物, 与へられた定義, 他ならない, 他の, 会えば, 伝うること, 似たもの, 似たり, 似たるもの, 似てを, 何も, 傷つけられた獅子, 優るべき目, 優るもの, 全く数, 共通な, 共通の, 凝って, 出あはすもの, 出会した覚え, 出来て, 出逢えば, 別れを, 前もつ, 劣ること, 助けられたから, 勝ったの, 勝つて, 勝つに, 勝つ際, 勝れて, 化する, 卓絶し, 占領され, 危険な, 取つて大, 取材し, 向けて, 吸入させ, 喜怒哀楽の, 喰われて, 嚼まれたとき, 因んだ隼男, 固有な, 変じたという, 変ずるという, 多大の, 大きな人間, 好かれて, 宿るもの, 寄せるあの, 寄せるやう, 就てのみ, 就ても, 属する季, 形が, 形を, 心得て, 応用した, 情愛を, 感嘆した, 打ち勝たしめ文明人, 打ち勝ちえなかったであろうが, 打ち勝ち今日, 打ち勝ち絶対, 打ち勝ったの, 打ち勝って, 打ち勝つ際, 抱きしめられて, 挺んで, 接しまた, 於けるとは, 施す手術, 月曜病という, 殆ど無き, 殆ん, 比すると, 比すれば, 比べた中, 比べて, 気がつきました, 気を, 注がれて, 浩歎の, 無くして, 物が, 物の, 猫が, 現われる本能, 理性の, 生じた本能, 生まれ変らんと, 生れて, 生れるもの, 生れる事, 生命と, 生命を, 用いる一匹, 癌を, 皆の, 目と心とを, 目を, 眼耳抔の, 着眼し, 社会本能と, 移し植ゑることが, 種々の, 綱を, 美しい鳥, 羞恥の, 考が, 臨むこと, 臨む時, 自分自身を, 自由意志なる, 至っては, 致死量の, 興味を, 芸術が, 行なわれる, 要る空気, 見えて, 見えるけれども, 見るが, 見るごときある体部, 見る如き冬眠状態, 見立てたもの, 見立て合ったり, 親しみやすい, 親しむ態度, 試験し, 試驗しよう, 話しかけた, 變形した, 買って, 超越し, 超越した, 迎えられて, 近い, 近いといった, 近いの, 近いほどの, 近い天真さ, 近い奴ら, 近い阿呆, 近い顔, 近く人間に, 退化した, 過ぎず例えば, 過ぎないという, 酷似し, 関心を, 關する, 附く, 限らない, 非ずして, 頬ずりした, 食べさせて, 食物を, 餌を, 魂が

▼ 動物~ (210, 4.0%)

14 なもの 8 な感覚 7 な本能 4 になる 3 だと, な女, な感じ, な眼

2 [14件] であること, なところ, なまた, なパッション, な官能, な愛情, な感触, な断末魔, な欲求, な盲目的, な真実, な野性, に見えた, の愛

1 [137件] かも知れません, であった, であったりは, でありすぎ知的, である, であるという, であるとは, であるの, であるまま, でしたが, です, ですが, でなくなれば, でも, でガツガツ, で不思議, で勝気, で勝気そう, で同時に, で実用, で純, とでも云, と云え, なうねり, なこの, なすばしこ, なだけ, なの, なのに, なわれ, なシブトさ, な一瞬時, な争闘, な人, な人間味, な人間関係, な体臭, な偏見, な傾向, な優越感, な冷たい, な凄味, な処女, な動作, な勘, な半面, な危な, な口, な叫び声, な嗅覚, な執拗さ, な声, な大きな, な好奇心, な好意, な嫉妬, な屈伸, な当然, な思想, な性慾, な性能, な恐ろしい, な恐怖, な悲しく, な愚鈍さ, な感情, な慾情, な憎悪, な掠奪, な敵意, な昂奮, な本能的, な根気, な格闘意識, な欝血, な汚れ, な活力, な満足, な澄んだ眼, な激しい, な狡猾さ, な狩り立て, な珍, な甘い, な生命, な生命力, な生命慾そのもの, な生存力, な生活力, な生活態度, な眼つき, な笑い, な絆, な肉体そのもの, な肋骨, な自然, な自然闘争, な興奮, な荒々しい, な荒い, な要素, な親密, な諸, な跳躍, な近親感, な遊戯心, な重い, な鋭い, な非, な音, な顔, にう, にかき, にゆがん, に丸い, に低める, に傾き, に張りきった, に性的, に感じる, に或は, に死, に浅ましく, に無性, に無自覚, に猛勇, に直感, に荒淫, に跳びつい, に逆転, の定規, の挙動, の本能, の標準, の行動, の親性, の言葉

▼ 動物~ (156, 3.0%)

7 同様に, 植物との 4 いっしょに, 人間との 3 植物と, 比較し 2 いうよりも, なって, 人との, 人間が, 変じて, 植物とを, 植物の, 私は

1 [112件] あまり変わらない, いいますと, いえども, いえば, いえるかも, いっても, いわれるもの, おなじよう, くらべられたところ, されて, しおる由, し彼等, し我, するも, する中, なった, なった後, ならしめ且つ, なりぬ, なり人間, なり動物, なり果てたこと, なると, なるはず, なるべき, まるっきり違っ, みなされて, オンナジ事な, 万人が, 云う概念, 人と, 人間とが, 人間とを, 人間の, 人類との, 何か, 信ずる人, 全く同一, 共同な, 共通に, 其食物との, 動物とが, 動物との, 博士に, 卵生動物の, 原始の, 同じく天然, 同じく恐らくは次, 同じじゃ, 同じよう, 同一なる, 同一の, 同感する, 同棲し, 呼びそして, 呼ぶの, 呼んだの, 変ず, 多く異なる, 子供の, 定義した, 思うから, 思う捨鉢, 思做し, 本質的な, 植物とが, 植物に, 業報次第輪廻転生す, 橋の, 比較すべからざる, 比較に, 氏人と, 混ぜて, 渦巻く雲, 煤煙と, 申して, 異って, 異なる所, 異名を, 異形の, 目され居る, 称するも, 等しきが, 絶えて, 考えて, 考えられ初春, 考へて, 自分との, 自然との, 自然の, 行程を, 見えますね, 見て, 見なしがち, 覚しきが, 覚しき存在, 親しむこと, 言ったが, 言つても, 言つて悪, 言へば, 認めて, 變り, 違うて, 違うところ, 違うねと, 違って, 違つて或, 選ぶところ, 闘い争う, 闘い破れた, 高等な

▼ 動物学者~ (99, 1.9%)

2 が言った, のフォン・コーレン, の眼, の説, はちょっと, はサモイレンコ, は言っ

1 [85件] か何, があり, がある, がこの, がボルネオ, が人為的, が動物, が御苦労, が歎息, が突然, が答えた, が自己, が訊いた, が訊く, が訊くだろう, が調べた, が講演, が集まつ, だって虫以外, だろうと, であった, である, でいろんな, でも地質学者, で一世ナポレオン, で兼ね, というの, としては独創的, と同じ, と補祭, にきいた, になりすまし, には相違, に憎まれ, に肯定, に近寄っ, のあの, のご, のシャツ, の側, の傍, の冷静, の前, の姿, の実例, の最近, の眸, の老人, の肩, の著, の言葉, の説明, の鑑定, はかえって, はこんな, はそう, はたくさん, はつづけた, はみんなナポリ, はもう, はラエーフスキイ, は人間, は今しがた食事, は冷やか, は卓上, は同じ, は呟いた, は小声, は打消し, は玄関, は白い, は笑いだし, は笑い出し, は肩, は言った, は訊いた, は貉, は遮っ, は馬車, も知らない, も軍医, や介添人達, をじっと, を睨め据え, 即ち社会学者

▼ 動物~ (63, 1.2%)

7 あつた, あつて 2 でも, 始終鼻

1 [45件] あつたら, あらう, あらねば, すら食慾, すら食物, せうか, そしてわるぎなんてものはちつとももつてはゐません, その上, その尾, それは, つねに団体, どこからが, どこまでも, また最も, まだその, らくだの, わざと自分, わない, 一杯に, 中には, 体じゅう黒く, 優に熊以上, 其目的によ, 北部では, 半分は, 同類相噛む, 形は, 思いだしたが, 意地の, 憤然身を, 政治關係の, 普通に, 樂しき時には, 此時一聲高く, 海岸に, 物に, 種類一ならず, 脚が, 自分の, 芸術だの, 言えば, 誰れ, 長さ, 面倒を, 頸から

▼ 動物~ (63, 1.2%)

3 の跳梁 2 の劣情, の油, の物, の蛋白質

1 [52件] から大いに, があらわれる, がまだまったく, が娘, が混じ, その信仰, であ, である, というの, との矛盾, との間, と人間性, と同じ, と最も, に対してであり, に屬, のあくど, のうち, の丸出し, の人間, の光, の初期, の勝った, の匂, の感情, の方, の暴露, の染料, の横溢, の稀薄, の蛋白, の言葉, の食料, の食物, の香料, はあ, はますます, は幾世紀, は感情, は社会秩序, への侮蔑, への逆転, へ逆行, もあり, もあれ, も大分, をうける, を憎悪, を煽り立てた, を秩序, を脱する, を自分

▼ 動物~ (61, 1.2%)

8 植物も 2 人間も, 個人も, 生きて

1 [47件] ある, あるいて, あるそう, ある神秘, いつもとは, いません, おなじものサ, それぞれ相棒を, たった一本, ない, またいろ, また復是, みな或, みんなそうだろう, やはり蛇, よく似, よく娘, 万苦を, 亦隨分, 人間と, 他の, 仲間なく, 仲間無く, 住んで, 何らの, 何等の, 元はみ, 口を, 可愛いという, 同じこと, 同じもの, 大きいと, 少しは, 居れば, 必要の, 忽ちそこ, 悲しいの, 憂欝, 摂れない, 昔は, 樹木も, 沢山見ました, 絶えて, 自分らの, 軍兵でござる, 鉱物植物と, 飢えと

▼ 動物でも~ (58, 1.1%)

10 植物でも 4 ない 2 有し得ると

1 [42件] ある, あるから, あるが, あれば, いいから, しないよう, その系統発生, それが, ただの, ないと, ないの, ない人間, なかった, なかつたから, なんとなし, はいって, みな天命の, ゐるやう, 世の中には, 何でも, 内から, 動かないもの, 可成り, 大脳の, 子を, 寿命が, 握つて, 死んで, 殺すけれど, 物理でも, 生存の, 甲と, 眺めるよう, 脚を, 自分の, 草木花物品すべての, 親の, 赤ん坊を, 追いつめられると, 追っ払うよう, 送ツ, 風景でも

▼ 動物~ (58, 1.1%)

4 の書物, や植物学 3 の方, の研究 2 と植物学, の教鞭, の知識, の講義, を教えられた

1 [34件] でありこれ, では素人, で学んだ, で時々, といふやう, とか実験心理学, とか等々, とに興味, とのこの, とは関係, にいわゆる, にたずさわる, についての造詣, に敬意, に於ける, のこと, のこの, のほう, の学名, の学級, の対象, の心得, の文献, の標本, の理論, の講座, の警戒色, の起源, の造詣, をやっ, を修めた, を教える, を教わった, を研究

▼ 動物では~ (57, 1.1%)

5 ない 3 ありません, ないか 2 ないよう, ないん, なくて, 各個体

1 [38件] ありながら, ありませんでした, あるが, いつか山中で, この種属, その個体, ないから, ないそれ, ないの, ないまさしく, ないもの, ない天皇, なかった, なく一疋, 一二の, 上下交, 先づ, 先づ螢海の, 力を, 単に保護, 単に子, 各自の, 団結性が, 多くの, 幼児は, 木曾の, 本能は, 無いの, 無かった, 瓣鰓類の, 生存競争は, 社会中の, 脳髄の, 虫人間では, 親が, 質量弾力摩擦の, 身体の, 馬と

▼ 動物~ (56, 1.1%)

6 植物の 5 植物が 3 植物を 2 人間の, 昆虫の, 植物には

1 [36件] さかなの, また人間, 人を, 人形の, 人間から, 人間が, 人間などの, 人間に, 人間共の, 仏像や, 出來事が, 器械と, 塔や, 家屋や, 小児や, 昆虫などの, 昆虫や, 植物いや, 植物と, 植物などを, 植物に, 植物は, 植物までも, 植物や, 毛虫や, 活き人形, 自然人には, 花は, 草木が, 道具類を, 野菜の, 非凡な, 非情の, 風景が, 食われるため, 鳥などを

▼ 動物~ (53, 1.0%)

2 そうだ, ということ, わねえ

1 [47件] からかあい, からそう, からです, からと言っ, から一層, から子供, から意地悪, から海, かわかりません, か分らない, か植物, か見, が何, が例, が日本産, けれども爲, こうして氷, ぞ, だからもし, つて, つて同じ, という, とおもいこませ, とお母さん, とか云う, とか天体, とする, とは思っ, と云う, と伊庭, と古く, と思, と思え, と感じた, と言いだしました, と言われ, どんな薬, なとにかく, なと思ふ, などとさえ思った, なんて大, ね, のに於, もの, よと聲, よ毎晩幾度, 同席は

▼ 動物である~ (53, 1.0%)

3 といふ 2 からその, からそれ, ことが, と定義, と思ひ込み, 以上は

1 [38件] かこそ恰も, かのやう, かも知れない, からには誰, から人情上, から残念, から母親, から道, から飲ん, がゆえに, が全体, が故に, が高度一万九千呎, ことは, ことを, といい, という点, という物語, という言葉, といふ提言, とした, とすれ, とははなはだ, と云った, と云われ, と仮定, にし, のにどうして, ものが, ものとして, ような, ように, 人間が, 人間の, 恐竜や, 由, 馬どもには, 點に

▼ 動物には~ (44, 0.8%)

2 ない人間的, 単独の

1 [40件] あらざるなり常久不滅, いかなるもの, いまだポイエシス, きかないと, これに, さっぱりきかない, すでると, ない特殊, めったにない, ダーウィンが, 一として, 人間や, 何かと関係, 何本の, 判るかも, 別に本能, 到底人間, 到底見る, 劣るとは, 各個体, 団体生活を, 妄執が, 必ず一年, 必ず各, 意識が, 手も, 時にこういう, 朝に, 理性が, 生存競争の, 確かに, 總て, 自然に, 色々ある, 見えると, 見られないほど, 見られないトゲ, 親しみを, 違いない, 違ひない

▼ 動物説話~ (37, 0.7%)

2 にし

1 [35件] が存外, が道徳的趣味, としては誠に, として別に, として解釈, と同一, と称し得, なりとせ, にもその, に就, に於, に此動物, に見ゆる, に道徳的趣味, のごとき, のみに非, の一例, の主人公, の名称, の基礎, の愚, の条, の根元, の根源, の狼, の要旨, はこの, はイソップ以来, は其数, は獅子, は疑なく, は英雄神話, や創世説話, を以て純粋, を外

▼ 動物との~ (24, 0.5%)

2 本質的な, 結合を, 間に

1 [18件] ちがいは, 中間的存在とか, 位地にまで, 区別の, 区別を, 対照上時代錯誤的な, 敵意が, 生存競争を, 相違, 結合の, 結合を以て, 絶対的区別は, 肉体交流を, 親しみが, 身体を, 遊戯の, 間の, 限界は

▼ 動物として~ (23, 0.4%)

1 [23件] この世界, さし置かれ, 厳重な, 取り扱われたの, 取扱ふ, 夫, 性格づけられる, 捕獲を, 最も微妙, 桁違いの, 現わる, 生を, 發達した, 示されねば, 自分たちを, 見ない, 見るばかり, 見世物に, 解決される, 記載し, 貴んで, 酷烈な, 食料を

▼ 動物~ (23, 0.4%)

2 に於ける

1 [21件] から区別, が進化, であり自由, でも変り, で見る, とまるで, において個体, において決して, における善悪, にはこの, にも同様, に戒厳令, に迄研究, の分析表, の永久, の王, の豊富, を支配, を次, を見渡し, を調べ

▼ 動物~ (22, 0.4%)

7 んだ 3 のである

1 [12件] のか, のだ, のだろう, ので, のであろう, のでしょう, のです, んじゃ, んだらう, んだろう, んです, ンで

▼ 動物にも~ (22, 0.4%)

1 [22件] あるから, いくらかか, それぞれの, てんで無, とうてい出来ない, ない人間, なおいくぶん, やはりどこ, 一種の, 亀も, 人事にも, 人間にも, 共通し, 国史が, 変装する, 存在します, 幽霊が, 懐疑は, 懷疑は, 明かりが, 関する学, 魂が

▼ 動物小屋~ (22, 0.4%)

2 の薄暗い, へいく

1 [18件] があった, が見える, と鳥禽舎, に押しよせ, に来, に近い, に近く, のため, の内部, の悪臭, の持主, の方, の番人, の臭気, の近く, は, へいこう, への途中

▼ 動物から~ (21, 0.4%)

2 だん, 進化し, 進化した

1 [15件] さへ, 一歩前進しなけれ, 人間にな, 何分何秒, 出るあらゆる, 判然と, 区別される, 区別せられる, 區別される, 変じて, 始めます, 嫌われて, 眼を, 脅かされ生命, 身を

▼ 動物たち~ (21, 0.4%)

2 が主人

1 [19件] がひとたび, に優しく, に教訓, の, のおかげ, のざわめき, のところ, の中, の人生, の列, の気持ち, はよく, は夜どおし, は自分, への自己沒入, も殆, よりもはるか, を見よう, を驚ろか

▼ 動物です~ (21, 0.4%)

3 か, よ 2 から, って

1 [11件] から冬雪, から大, から理論的, か植物, がこの, がその, が中, ぞ, ね, ねえ, 黄色いね

▼ 動物とは~ (21, 0.4%)

1 [21件] いえ甚だ, いったい何, いつたい何, すでに事件, ちがい純正, トテモ比較出来ない, 一ところに, 何です, 何の, 全く相, 全く違う, 動くもの, 姑らく措い, 思えないほど, 格段の, 比較す, 異っ, 異つて, 異なって, 種を, 見る事

▼ 動物~ (19, 0.4%)

6 の餌 3 のもの 1 か植物質, だから, と東洋的, に限らず, のすこし, の方, の食品, の食料, の食餌, をたべない

▼ 動物的本能~ (17, 0.3%)

2 は實, を性

1 [13件] からそれ, がまだ, だとか, であり王道, でもある, に嫌悪, のほか, のよう, の世界, の性, は実に, ばかり強い, を措い

▼ 動物ども~ (15, 0.3%)

1 [15件] が家, が沢山, が騒ぎまわる, に四方, の中, の名残り, の生活形態, の絶叫, の雑, はこの, はその, はやがて, もいっし, もこの, を手

▼ 動物より~ (14, 0.3%)

1 [14件] さらに大きな, 一段階級が, 下等なる, 人間へと, 優れて, 区別せしめ, 區別する, 尤も高等, 強くなった, 漸, 発達した, 賢くなった, 進化論的に, 遙かに

▼ 動物よりも~ (14, 0.3%)

2 一層動物的

1 [12件] なほ一層, はなはだし, もつと, より多く, 不合理, 不合理な, 少し進ん, 感受性の, 更に強い, 植物を, 遥かに, 非常に

▼ 動物~ (14, 0.3%)

1 [14件] さうし, で多少, で比較的, で首都, にはこの, にも特種, にオサキ狐, に生れる, に行われる, の最, の最も, の理論, の脊椎動物門, 最も定住

▼ 動物植物~ (14, 0.3%)

1 [14件] あるいはまた滑稽人形, といつ, といふ風, にも及ん, に関するもの, の唄, の季題, の異常, の研究, は地球, も平地, を通じていふ, を食っ, 及び食物

▼ 動物について~ (13, 0.2%)

2 フィクションを

1 [11件] いえるの, その全体量, ですってね, 云ふ, 何か, 少しくお話, 生理について, 考えて, 考える, 試験し, 述べると

▼ 動物みたい~ (13, 0.2%)

2 になっ

1 [11件] でした, です, で骨格, なもん, な僕, な険しい, に入っ, に全身, に対座, に気力, に活溌

▼ 動物~ (13, 0.2%)

1 [13件] と暮し, と枕, と馴れ親しむ, に夕食, のこと, の世話, の番人, の群, の見込違, の躍動, の間, の食餌, は待ちかねた

▼ 動物なら~ (12, 0.2%)

1 [12件] たちまち死ん, なんでも, ばかならず多少, ばよし, ば個体間, ば死, ば氷河, む否, 一見し, 云々, 何とかし, 足の

▼ 動物に対して~ (12, 0.2%)

1 [12件] はじめて純粋, 人の, 人間の, 単に厄介払い, 彼等の, 心から軽蔑, 思慮なき, 擁護すべく, 新たな, 疳癪を, 自分の, 親切であるべき

▼ 動物~ (12, 0.2%)

4 の霊 1 に至つて, のそれ, の喚び出した, の燥宴, の饗宴, の魅惑, は何, は潤つたおのおの

▼ 動物感情~ (12, 0.2%)

6 の消滅 2 とがある, とは嫉妬, は次第に

▼ 動物心理~ (11, 0.2%)

1 [11件] から發達, で包み上げ, の姿, の本, の核心, の研究, の記憶, の遺伝発露, や民衆心理, を利用, を発揮

▼ 動物としての~ (10, 0.2%)

3 人間の 2 人間 1 吾人に対して, 命の, 幸福を, 本能と, 自己他

▼ 動物とも~ (10, 0.2%)

2 つかぬ赤い 1 つかぬまったく, つかぬ生物, わけの, 人とも, 人間とも, 植物と, 見た, 違ったもの

▼ 動物実験~ (10, 0.2%)

1 がすんだ, などをする, なので, のよう, の仕事, の結果, の結果自殺, もし, や臨床経験, をやる

▼ 動物試験~ (10, 0.2%)

1 で人工生殖, で心臓, につかった, のデータ, のモルモット, の結果, の結果鰻, の見事, をし, をしよう

▼ 動物でない~ (9, 0.2%)

2 人間を 1 から海, ことが, という通則, と言う, と言った, 事も, 火星人

▼ 動物とを~ (9, 0.2%)

2 同一の 1 併せて, 区別する, 區別する, 描き中央, 比較し, 精しく見, 見誤るほどの

▼ 動物に対する~ (9, 0.2%)

1 やうない, ような, 一種の, 人間征服感の, 同情は, 感情の, 私の, 虐待とか, 訴訟手続などが

▼ 動物學者~ (9, 0.2%)

1 が介形類, が蟲けら, でありまして, でないにも, に發見, に見つからなかつた, の心, は鴉, または貝類學者

▼ 動物なる~ (8, 0.2%)

1 かな, がゆえに, が故に, ことあり, ことを, ものは, 事を, 可き

▼ 動物に関する~ (8, 0.2%)

1 ものを, 一個の, 凡ての, 物語と, 知識を, 説明説話, 説明説話に, 説話

▼ 動物~ (8, 0.2%)

1 からき, で僕, のかたまりだつた, の激し, の異名, の絶対的, を失つて, を失つて自然

▼ 動物社会~ (8, 0.2%)

1 という言葉, には事実存在, には何, には我々, には昔, の生活, の起臥寝食, を見る

▼ 動物じゃ~ (7, 0.1%)

2 ないん 1 ありませんか, ない, ないか, ないかしらと, なくて

▼ 動物であっ~ (7, 0.1%)

1 てこれ, てところ, てもよ, て決して, て社会, て肉食動物, て野猿

▼ 動物園前~ (7, 0.1%)

1 から阿倍野橋, で降りた, に停った, の方, の杜, の様, の樣

▼ 動物好き~ (7, 0.1%)

1 だから, では, で就中犬, な咲子, の夫人, の少年, の父

▼ 動物富籖~ (7, 0.1%)

1 である, のあれ, の一番違い, の発表, をもたぬ, をもっ, を一枚

▼ 動物電気~ (7, 0.1%)

1 です, で説明, と云う, なるもの, の工合, もしくはエーテル, や感応

▼ 動物~ (6, 0.1%)

1 どうか, なんかほか, 何ぞの, 売っては, 小さな神様, 息づかいの

▼ 動物たる~ (6, 0.1%)

1 によりてかりに, の機能, を知ら, 人間が, 人類の, 牛馬の

▼ 動物だって~ (6, 0.1%)

1 いるの, たしかにその, われわれと, 皆持っ, 逃げるでは, 風の

▼ 動物などを~ (6, 0.1%)

1 かえって強く, 形の, 浅井の, 獲て, 相手に, 神と

▼ 動物ほど~ (6, 0.1%)

1 多くの, 寄生虫の, 忠勇無双の, 脳髄の, 著明, 鼻が

▼ 動物学上~ (6, 0.1%)

1 から見, でも科, のえび, の区別, の問題, の智識

▼ 動物本能~ (6, 0.1%)

1 とおなじ, と言, なん, に駆られる, の関係, は畢竟

▼ 動物がか~ (5, 0.1%)

5 あいそう

▼ 動物であった~ (5, 0.1%)

1 かも判らない, のだ, 何方かと, 時々は, 鹿は

▼ 動物にまで~ (5, 0.1%)

2 同情する 1 やつあたりし出した, 想像を, 進化し

▼ 動物園内~ (5, 0.1%)

1 で一月二日, で軽業, に遺留, の水茶屋, の珈琲店

▼ 動物性食物~ (5, 0.1%)

2 は極めて 1 に取る, の原料, をより

▼ 動物生活~ (5, 0.1%)

2 から区別 1 の延長, の研究者たち, の近頃

▼ 動物~ (5, 0.1%)

1 に及ぼす, に對, の如く, の追, を特に

▼ 動物ずき~ (4, 0.1%)

1 な漁夫, の方, の漁夫, モスク

▼ 動物だけ~ (4, 0.1%)

2 では 1 だ, であった

▼ 動物だった~ (4, 0.1%)

1 ことに, と思っ, のです, ろうにね

▼ 動物であり~ (4, 0.1%)

1 これが, 人も, 犬や, 食に

▼ 動物という~ (4, 0.1%)

1 のが, ものは, 動物は, 哲学者の

▼ 動物としては~ (4, 0.1%)

1 これより, グレートデン庫裡の, 猫の, 珍らしい

▼ 動物などの~ (4, 0.1%)

2 形を 1 もので, もの食い

▼ 動物なんか~ (4, 0.1%)

1 いるはず, はいれるわけ, みんなそうだろう, 買って

▼ 動物ばかり~ (4, 0.1%)

1 だ, でその, 棲んで, 飲んで

▼ 動物らし~ (4, 0.1%)

1 さが, さで, さは, さ女らし

▼ 動物以下~ (4, 0.1%)

2 に堕落 1 であった, には言

▼ 動物又は~ (4, 0.1%)

1 人間を以て, 植物と, 植物を, 機械である

▼ 動物及び~ (4, 0.1%)

2 人間に 1 人間においては, 植物に

▼ 動物図鑑~ (4, 0.1%)

1 による, の, を余, を引い

▼ 動物園長~ (4, 0.1%)

1 が怪しい, だ, のエチガライ, のエチガライさん

▼ 動物崇拝~ (4, 0.1%)

3 の条 1 など大抵

▼ 動物~ (4, 0.1%)

2 に呪われ 1 の三つ, の性格

▼ 動物役者~ (4, 0.1%)

1 で売つた, という異名, と云, の自分

▼ 動物愛護会~ (4, 0.1%)

1 が特に, の説, も未だ, や人道会

▼ 動物時代~ (4, 0.1%)

1 から持ち越し, から續, に於, に於ける視

▼ 動物~ (4, 0.1%)

1 があげられる, に於い, に現, の描き

▼ 動物祖先~ (4, 0.1%)

1 の伝説, の学説, の考, を言

▼ 動物種属~ (4, 0.1%)

1 が何故, が現在, は何れ, を内

▼ 動物~ (4, 0.1%)

1 がプンプン, が腸, をかぎたてる, をかぎわけ

▼ 動物試驗~ (4, 0.1%)

1 を擔當, を行, を行つたの, を行つて有效

▼ 動物かと~ (3, 0.1%)

1 云へば, 問う聞いて, 言えば

▼ 動物そのもの~ (3, 0.1%)

1 が光る, の単純, の種的生命

▼ 動物その他~ (3, 0.1%)

1 に変形, の威勢, の彫刻

▼ 動物だの~ (3, 0.1%)

1 みにくいば, 景物だ, 植物だ

▼ 動物だろう~ (3, 0.1%)

1 が又, という事, 人間って

▼ 動物でした~ (3, 0.1%)

21 のに

▼ 動物でなく~ (3, 0.1%)

1 てあんな, てはうまく, 生霊棚に

▼ 動物でなけれ~ (3, 0.1%)

1 ば一体, ば動く, ば草木

▼ 動物とか~ (3, 0.1%)

1 岩とか, 植物とかは, 自然とかに

▼ 動物としか~ (3, 0.1%)

1 思いませんけど, 思えないの, 見えなかった

▼ 動物なり~ (3, 0.1%)

1 かつなんじ, 植物なりから, 詩家も

▼ 動物なりと~ (3, 0.1%)

1 いうを, するとき, 云う

▼ 動物なれ~ (3, 0.1%)

1 ば少く, ば愛する, ば犬豕等

▼ 動物においては~ (3, 0.1%)

1 それは, 問題は, 潜勢力と

▼ 動物にとっては~ (3, 0.1%)

1 世界が, 全く飼主, 精神的規律は

▼ 動物めいた~ (3, 0.1%)

1 ものだろう, 悪者が, 感じの

▼ 動物をも~ (3, 0.1%)

1 あわれまなければ, 凝視し, 飼養し

▼ 動物一般~ (3, 0.1%)

1 とを決定的, に関した, の常性

▼ 動物個体~ (3, 0.1%)

1 がなぜ, の行為, はみな

▼ 動物~ (3, 0.1%)

1 の中, の或は, は先づ自分

▼ 動物~ (3, 0.1%)

1 して, し自, を招い

▼ 動物~ (3, 0.1%)

1 がうるさく, の血, はやつ

▼ 動物学教室~ (3, 0.1%)

1 から名誉博士, に助手, の助手

▼ 動物学研究~ (3, 0.1%)

2 の費用 1 のため

▼ 動物学科~ (3, 0.1%)

2 を先生 1 をよし

▼ 動物心理学~ (3, 0.1%)

1 などいう, の沢山, へ導く

▼ 動物性食品~ (3, 0.1%)

1 には含水炭素, に比し, より美味しく

▼ 動物~ (3, 0.1%)

1 とし, の応用, をまた

▼ 動物植物鉱物~ (3, 0.1%)

1 など皆, の三王国, の三種

▼ 動物標本~ (3, 0.1%)

1 などで見受ける, にすゝ, を見た

▼ 動物殊に~ (3, 0.1%)

2 猫を 1 鳥類が

▼ 動物画家~ (3, 0.1%)

1 といふ観念, のレッテル, の自然味

▼ 動物的生命~ (3, 0.1%)

1 といえ, においてはなお, においては見る

▼ 動物的精力~ (3, 0.1%)

2 が恐ろしい 1 とを身内

▼ 動物的衝動~ (3, 0.1%)

1 という言葉, と類似, をもっ

▼ 動物虐待~ (3, 0.1%)

1 だから, の問題これ, の結果

▼ 動物あり~ (2, 0.0%)

1 と聞く, もしこれ

▼ 動物および~ (2, 0.0%)

1 人を, 人類の

▼ 動物これ~ (2, 0.0%)

1 に取り着い, は支那

▼ 動物しか~ (2, 0.0%)

1 ないこと, 人間以外には

▼ 動物しかも~ (2, 0.0%)

1 守勢的な, 海螢よりも

▼ 動物すなわち~ (2, 0.0%)

1 大親分, 猿の

▼ 動物たとえば~ (2, 0.0%)

1 熊の, 蟻蜂等の

▼ 動物だけでも~ (2, 0.0%)

2 その影響

▼ 動物だけに~ (2, 0.0%)

1 あるもの, 限り人間

▼ 動物~ (2, 0.0%)

1 やない, や無い

▼ 動物であろう~ (2, 0.0%)

1 か, とは

▼ 動物でしか~ (2, 0.0%)

1 あり得ないの, なかつたの

▼ 動物といった~ (2, 0.0%)

1 恰好である, 方が

▼ 動物とが~ (2, 0.0%)

1 互を, 約半々

▼ 動物とでも~ (2, 0.0%)

1 たが, 称すべきでありましょう

▼ 動物とともに~ (2, 0.0%)

1 共同の, 彼らの

▼ 動物など~ (2, 0.0%)

1 みんな子供会の, 私の

▼ 動物などに~ (2, 0.0%)

1 入れ混, 接尾語の

▼ 動物なりという~ (2, 0.0%)

1 定義と, 定義も

▼ 動物なんて~ (2, 0.0%)

1 どんな動物, 実際そんな

▼ 動物においてよりも~ (2, 0.0%)

1 遙かに, 遥かに

▼ 動物にたいする~ (2, 0.0%)

1 憐愍の, 残虐を

▼ 動物にだって~ (2, 0.0%)

1 化けられるの, 通じるの

▼ 動物によって~ (2, 0.0%)

1 それぞれに, 試みたもの

▼ 動物らしい~ (2, 0.0%)

1 あのすばらしい, そして人間らしいやさし

▼ 動物を以て~ (2, 0.0%)

1 かかる場合, 甘ン

▼ 動物世界~ (2, 0.0%)

1 と人間世界, の習性

▼ 動物仲間~ (2, 0.0%)

1 のくせ, は大

▼ 動物~ (2, 0.0%)

1 の力, の有

▼ 動物供養~ (2, 0.0%)

1 のこと, は私ども

▼ 動物~ (2, 0.0%)

2

▼ 動物分布~ (2, 0.0%)

2 の変遷

▼ 動物同士~ (2, 0.0%)

1 で會話, のよう

▼ 動物園行~ (2, 0.0%)

1 は止め, をさりげ

▼ 動物園裏~ (2, 0.0%)

1 の家, まで来る

▼ 動物報恩譚~ (2, 0.0%)

1 から見る, が流行

▼ 動物学その他~ (2, 0.0%)

1 の一般的科学, の自然科学者

▼ 動物学教授~ (2, 0.0%)

1 として招聘, の箕作教授

▼ 動物学界~ (2, 0.0%)

1 の権威, の権威者たち

▼ 動物学的~ (2, 0.0%)

1 には全く, に類別

▼ 動物学者たち~ (2, 0.0%)

1 はラングール猿, も放っ

▼ 動物~ (2, 0.0%)

1 にうとい, の先生

▼ 動物性毒~ (2, 0.0%)

1 と迷信, に関する迷信

▼ 動物或は~ (2, 0.0%)

1 器物時として, 怪物の

▼ 動物~ (2, 0.0%)

2 ひに

▼ 動物植物人事時候~ (2, 0.0%)

1 から各, 各二句宛

▼ 動物漫画~ (2, 0.0%)

1 とはさまざま, の本

▼ 動物物語~ (2, 0.0%)

1 を, をたくさん

▼ 動物生態学~ (2, 0.0%)

1 というつづけ, を度外

▼ 動物的勇気~ (2, 0.0%)

2 を重んじ

▼ 動物的本能的~ (2, 0.0%)

1 なもの, な愛

▼ 動物的精液~ (2, 0.0%)

2 の激臭

▼ 動物~ (2, 0.0%)

1 休み時ある, 来り悲しみしに

▼ 動物研究~ (2, 0.0%)

1 にとりかかった, をやっ

▼ 動物神性~ (2, 0.0%)

1 の信仰, の民間信仰

▼ 動物~ (2, 0.0%)

1 とそう, の変化

▼ 動物蛋白~ (2, 0.0%)

1 がその, の中毒

▼ 動物観察者~ (2, 0.0%)

1 が居ましょう, であったシートン

▼ 動物説話的分子~ (2, 0.0%)

1 により, を混入

▼ 動物資料~ (2, 0.0%)

1 と一緒, はその

▼ 動物身体~ (2, 0.0%)

1 が腐敗, の優越性

▼ 動物辞典~ (2, 0.0%)

1 が一冊, と百科辞典

▼ 動物連中~ (2, 0.0%)

1 の排泄物, は御覧

▼ 動物~ (2, 0.0%)

1 には法律, に行

▼1* [329件]

動物あれを己, 動物おそらくは一匹の, 動物かなんぞのやうに, 動物かも知れないもの, 動物からもその材料, 動物くさい喜びで, 動物こいつは蛭, 動物こそこればかり, 動物ことに嬉しいの, 動物ふう, 動物しかして最後に, 動物じみて大声, 動物じみた敏捷さである, 動物すらも洞察を, 動物ずきのかれはじっと, 動物そうじゃまさしく, 動物そこで古来神として, 動物それから一転, 動物それらが偶然, 動物それ自身が或, 動物あ何, 動物たらざるところを, 動物たらないのです, 動物だけがそのみじめ, 動物だけのもので, 動物だちょうだ, 動物だつたことに, 動物だらう俺は, 動物づくしね, 動物づくし魚づくし昆虫づくしなどきれい, 動物でありますけれどあれ, 動物でござると名, 動物でさえおのれの, 動物でさえもそれほど子, 動物でして一旦, 動物でしょうか, 動物でなかつたら斯んな, 動物でもねたとえば馬, 動物といつて差し支へはありません, 動物といふ奴は, 動物とさえいえば, 動物としても優勝なる, 動物とては人間と, 動物となツてまでも, 動物とに至つては, 動物なおこれを, 動物なしとはいうべからず, 動物なぞはやはり自然, 動物などとは仲良しに, 動物なみで原料, 動物ならざる可から, 動物なりの心臓を, 動物なりを使用すれ, 動物なりを以て此に, 動物なるべしこの二つ, 動物において見いだすを, 動物においても然る, 動物における個体間の, 動物にすらなりしかも, 動物にたいして敏感である, 動物についてのい, 動物についても同様の, 動物にてうわさせし, 動物にでもやって, 動物にとって弱点では, 動物にのみあり得べき主義, 動物にばかり普遍性が, 動物にまでも同情される, 動物によつて試驗する, 動物に対しては理窟も, 動物に対しても人によって, 動物に対すると同じよう, 動物に関して種々の, 動物のみに限られて, 動物のみを死刑に, 動物はからだが, 動物ははだかの, 動物ばかりか神, 動物えさを, 動物へのいつくしみの, 動物または自然の, 動物までも除外しない, 動物まね声にもなっ, 動物めいた感じさへ, 動物やらまだみた, 動物愚なる, 動物よりは確に, 動物らしき性質を, 動物らしく描いてある, 動物カンガルーの高, 動物トノミ考フル革命論ノ偏向セルコトハ, 動物ナリト云フ共産主義者ノ人生觀ガ半面ヨリ, 動物ニハ已ヲ得, 動物一つを買い取る, 動物一匹あれば, 動物の現象, 動物並みに無, 動物中最高度に発達, 動物中STEGOCEPHALIAを象徴, 動物乃至は単なる, 動物互に相喰むの, 動物人間は安心的動物, 動物人間それぞれなりの充実感, 動物以上に虐待, 動物以外にまだ, 動物伝説のもっとも, 動物体内ではこれら, 動物が何やら, 動物保護で人道, 動物全体の通性, 動物共進会の節, 動物写生にも近代元禄天明, 動物処置においても経済学, 動物分布図に載つ, 動物分布学に一大疑問, 動物分類学に依れ, 動物初発のとき, 動物労働の動物, 動物動物でなければ, 動物をいとなん, 動物半分は植物, 動物博愛の動物, 動物博物館なの, 動物反応を記録, 動物類が, 動物各種の間, 動物合戦と言われ, 動物樣に, 動物同志になつ, 動物唐国の虎, 動物喜劇撮影をやっ, 動物図鑑日本地理風俗大系などをひまひま, 動物園まがいの団体, 動物園みたいな悪臭, 動物園主は狼, 動物園以外の場所, 動物園入場者の群, 動物園図書館劇場と云う, 動物園帝国大学植物園帝国図書館まるでもう無我夢中, 動物園払下げの熊, 動物園書記ミッチェル博士がかの, 動物園植物園大小公園水晶宮等いちいち記, 動物園植物園等ロンドンに次ぎ, 動物園植物園観音様郊外の野原, 動物園水族館を見, 動物園浅草花屋敷等にはちらほら, 動物園裏門下の通り, 動物園見物か, 動物園野獣の楽園, 動物にあしらっ, 動物地質教室の下, 動物の判斷, 動物報恩型是などは世界的, 動物報恩説話の外, 動物多き地を, 動物天文ありて, 動物奇岩昆虫等一切を愛護, 動物好き動物に目と心, 動物妻ト抱擁スル以外ニハ能ノナイ動物, 動物学ことに節足動物門, 動物学上ガマはガマ, 動物学上混食に適する, 動物学博士等数名が出張, 動物学教授職を二年間, 動物学曰ク地理学曰ク天文学曰ク解剖学曰ク農学曰ク画学是皆関係, 動物学植物学の実験, 動物学植物学医学などの広い, 動物学植物学生理学に関係, 動物学植物学鉱物学の三部, 動物学界随一の大, 動物学的理論になれ, 動物学的研究などに於, 動物学者ニコライ・アーエートの墓, 動物學上これら現代人と同じ, 動物実験室の大略, 動物実験的な混乱, 動物の動物, 動物家屋の圖, 動物實驗についての論議, 動物専攻の理学士, 動物専門の人, 動物も頭, 動物屋外にかみ殺されいたる, 動物は果して, 動物市場ヲ官設サレ, 動物心理学的に批判, 動物心理学者はなんと, 動物心理學としてはワァデン, 動物忍従の動物, 動物性精神性の三つ, 動物恩恵である, 動物意識で, 動物愛護デーという, 動物愛護主義者になる, 動物愛護会長で頭, 動物愛護協会の奉仕, 動物愛護者のつもり, 動物扱いにおかれ, 動物祀の, 動物挙動学では各種, 動物採集者の群, 動物教室の窓, 動物散在する牧養地, 動物文学は美, 動物時として男もしくは, 動物曲芸のあった, 動物くらいは通覧, 動物未知の動物, 動物本来の心臓, 動物植物その他のもの, 動物植物たちの中, 動物植物二卷に分れた, 動物植物人事などの分類, 動物植物鉱物地理歴史化学のごとき, 動物模型の何ん, 動物の汚らし, 動物此大体五つのもの, 動物此奴は蛭ぢ, 動物毛だらけの女, 動物氣象天文の科學的事實, 動物水母きいとぷてらす, 動物沈勇の動物, 動物流行の折, 動物深山の, 動物測定を使用, 動物特に象の, 動物特有の直感, 動物犠牲の動物, 動物犯人には妖犬, 動物犯人トリックはその後, 動物獰猛な動物, 動物現象とは云わない, 動物生育に缺, 動物生長の法則, 動物画以来のこと, 動物界全体から見る, 動物發光物質の獨創的研究者, 動物的享楽以外の何物, 動物的人生をすごす, 動物的人間は霊肉, 動物的人関係の一つ, 動物的元気外に漲る, 動物的利己を計り, 動物的喉笛の柔軟さ, 動物的嗜好などを意味, 動物的好意とがある, 動物的妄動を敢, 動物的快感の発作, 動物的恋愛の罪, 動物的悪臭が房内, 動物的情愛とで十分, 動物的惡臭が房内, 動物的感覚は元来持ち合わせ, 動物的慾愛に過る, 動物的有機体にもとづく, 動物的有機體の問題, 動物的本能的愛護と手足, 動物的本能的感情の稀薄, 動物的特質を自然淘汰, 動物的生存を持続, 動物的生存状態に続い, 動物的生活を脱し, 動物的男性なること, 動物的磁気に近い, 動物的群居と異なる, 動物的群居生活に堕するであろう, 動物的肉体に対する人間, 動物的興奮を捨て, 動物的要求のよう, 動物的身体的であっても, 動物的遺物にし, 動物的雑居生活停電食糧難物資難交通難おまけにそこ, 動物皆子あるに, 動物研究所の写生, 動物磁気にすこぶる, 動物磁気学のベルンハイム, 動物磁気研究の開祖, 動物神前に集まり, 動物移入を禁じ, 動物鼻が, 動物程度の生活, 動物種属自身の内, 動物種族の中, 動物精神病者に關, 動物組合鳥類連盟魚類事務所などからまで勲章, 動物総ての植物, 動物線以下の労働, 動物なり故に, 動物の極致, 動物で見る, 動物育種場及び動物市場, 動物自在にこれ, 動物自身の意志感情, 動物至って仲よく, 動物や保定, 動物虐待廃止会が起った, 動物虐待者は一々, 動物虐待防止という言葉, 動物虐待防止会式の諫言, 動物虐待防止會員禁酒會員その他種々雜多, 動物虐待防止法案の修正, 動物蛋白中毒だと, 動物見たいな藻草, 動物したくなって, 動物は人間, 動物解剖の時, 動物訴訟に関する実例, 動物もまんざら, 動物説話的異成分, 動物説話等にし, 動物譚中に出, 動物質植物質脂肪蛋白澱粉甘酸辛鹹という風, 動物いずれ優劣, 動物とも名, 動物鉱物植物学や物理, 動物雲鶴竜蔬菜図等が描かれ, 動物電気みたいなもの, 動物電氣なども強い, 動物霊気の感応, 動物静物はどんな, 動物をし, 動物及び翼, 動物を制し, 動物食うために, 動物飼育室に来た, 動物飼養場を飛出した, 動物體内に於, 動物などになかなか, 動物戯仮面舞戯