青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「動揺~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~動かす 動かす~ ~動かない ~動き 動き~ ~動く 動く~ ~動作 動作~ ~動揺
動揺~
~動機 動機~ ~動物 動物~ 勘~ ~勘定 勘定~ 勝~ 勝ち~ ~勝利

「動揺~」 1751, 19ppm, 6070位

▼ 動揺~ (299, 17.1%)

9 感じて 8 感じた 4 受けたの, 続けて, 見て 3 防ぐため

2 [19件] じっと抑え, はじめたの, 一層示す, 与うるとき, 免れなかったが, 呈するの, 増して, 増すに, 夢にも, 感じたこと, 生ずるの, 生ずるを, 示すべきは, 見せた, 見せて, 見透されると, 起した, 起して, 造るが

1 [229件] あたえました, いたずらに, うけた, うけたこと, うけての, うちに, うまく押, おこさせた, おこして, おさえようと, おさえるとともに, おさへること, おぼえず, おぼえだした, おぼえるという, お与えあそばさない, お感じ, お雪, かくしたくない, かくしたつて, かくして糞落ちつき, きたしたもの, きたすよう, こ, これによって, しずめて, しずめる立憲, せざるを, その内部, たたかって, ちゃんと感じとる, ぢつと抑, つかんで, つづけさらに, とどむるに, なかなか処理, なしてるとともに, なすばかり, ぬぐい去ろうと, はじめた, はじめたよう, はじめた時, はじめました, まぎらそうと, みせたの, みせつつ, もって, よび起して, 一層著しい, 与うるため, 与えた, 与えたの, 与えて, 与えないで, 与えなお, 与えられたと, 与えられたに, 与えること, 与えるその, 与える結果, 与へ, 与へた, 与へて, 与へるもの, 両手に, 云わずには, 互いの, 今さら言いだし, 今なお, 企図した, 伝える習慣性, 修正し, 克服し, 免れないらしいが, 凝視し, 利用し, 制して, 刺戟する, 加えた, 加れ, 及ぼした, 反撥する, 収めて, 叔父に, 受けないで, 受けないよう, 受けなかつたか, 同じよう, 同志の, 呈して, 味わって, 喜ぶ心, 外に, 妨ぐるの, 妨ぐる事情ある, 始めた, 始めたと, 始めたよう, 始めたる所以, 始めました, 始め或, 始め来りし, 察して, 将来した, 弁信が, 引つ提げて, 影の, 彼に, 彼の, 待って, 心に, 心の, 忘れて, 思っては, 思ひも, 悔む手堅, 惧れ, 想起し, 意味し, 意識し, 感じ, 感じたあと, 感じたという, 感じたの, 感じだした, 感じない訳, 感じは, 感じもう, 感じられた, 感じる, 感じること, 感じるの, 感ずる, 感ずること, 感ぜずには, 戒めて, 打ちます, 打った, 打つた, 抑制する, 投げて, 押えて, 押えようと, 押さえつけて, 押しかくすやう, 押しかくすよう, 押し包んだ笑顔, 押し隠して, 捉える, 描くに, 整理し, 来さないから, 来したらしく, 来すこと, 来すと, 来すもの, 来せること, 来たした, 来たして, 来たし当時欧州, 棚の, 止めた, 止めなかつた, 残して, 残し彼, 気に, 沈めるため, 洞察, 烈しくし, 無言に, 物語って, 特別な, 現わし, 生じその, 生ずるだけ, 生涯に, 監視しせしむ, 看取する, 知って, 知りよう, 知覚し得よう, 示して, 示すの, 立て悲鳴, 経験し, 継続す, 続けながら, 続けました, 自分の, 致して, 致しませぬ, 色に, 落付ける, 蔽えなかっ, 覆いきれぬ様子, 見おろして, 見せなかった, 見せまいと, 見る時, 見事に, 覚えず, 覚えたかも, 覚えて, 覚えないであろうか, 覚える理由, 詳しく分析究明, 語って, 起こした, 起こしたので, 起こし大事, 起こすほどの, 起さしめた点, 起さなかった, 起さなかつた野犬, 起さねば, 起す, 造って, 避けるため, 鎮めるのに, 防いだのち, 防いで, 防がねば, 防ぎ一つ, 防ぎ大, 防ぎ暗中, 隠しきれずに, 隠して, 隠すため, 静めるよう

▼ 動揺~ (212, 12.1%)

52 ている 19 ていた 9 てゐる 4 てい 3 たりする, て今にも 2 つつある, て, てそれ, てはいけない, やすき組み立て

1 [112件] ある意味, いよいよ日, その動揺, それが, つつ, てあたかも, てあるいは, ていたらしい, ていない, ています, てお, ており, てきた, てしまいました, てしまった, てぢ, てはいなかった, てはならぬ, てはゐなかつた, てます, ても無理, てやしない, てやまず, てやめられない, てゆく, てゐ, てゐた, てゐたらしい, てゐない, てボグダーノフ, て一刻, て一定, て一歩, て且つ, て了, て何時の間にか, て口々, て召還主義, て喜色満面, て喧噪, て外, て外人, て天朝, て完全, て定まり, て居た, て居る, て居るらしい, て左右, て彼, て微風, て成, て揉まれ, て文学, て来, て来たし, て来る, て止まない, て汽車, て浪, て混乱, て甲, て穏, て耳, て自分, て苦しん, て落ちつかない, て行く, て軽輩共, て遷都, て金銀融通, て随, て頴敏, ながらそれ, ながらつづけた, ながらはる子, ながらもしだいに, ながら会場, ながら勢いよく, ながら艫, ながら過ぎ, はじめ加速度的に, まどい当を, ものや, やすいいわゆる, やすい基礎, やすい自分, やすき手, やすき構造, 不安に, 之に, 勝ちの, 半分黒焦げに, 危険だった, 困却し, 奔放する, 奔騰する, 彼らから, 心が, 或いは茫漠, 戦意は, 敏感に, 新しい世紀, 易い傾向, 易きこと, 村山知義らは, 柳竹の, 流言蜚語また, 絶叫した, 資本の, 車輪の, 魏帝も

▼ 動揺~ (189, 10.8%)

14 ために 8 色が 6 中に 4 色を 3 なかに 2 こと, ため海へ, ままに, 上に, 中で, 底に, 度に, 波を, 激しいの, 調子互いに

1 [134件] あつた, あとで, あまりに手足, あること, ある毎, いろを, いろ蔽いえないもの, うちに, きざしなし, ことは, しやすく, すさまじい時, すべてを, せいらしかった, たびごとに, ためか, ためかと, ためで, ためのめるまい, ため頭を, だんまりが, ないところ, なかから, はげしいあり, はげしい者, ひどい車室, まざまざしい, まにまに勝手放題, ようすを, フランス政情の, モメントが, ランデブー, 一かけらすら, 一つに, 一つの, 一線が, 一線は, 一隅から, 世界情勢の, 中だ, 中でも, 中にも, 乏しい単調, 交錯が, 人間の, 低気圧, 作だ, 兆が, 兆しが, 兆を, 内に, 内にも, 刹那まで, 危機は, 危険から, 原因は, 各要素, 基とも, 基に, 声な, 姿とが, 姿として, 姿勢を, 実情に, 少しも, 少なくなった, 度が, 度を, 影なく, 後に, 後旧, 後自分にとって, 徴は, 徴候は, 心を, 心理は, 意義を, 推測やら, 数年の, 数年を, 日が, 最中突然, 末期で, 機会に対しては, 機会は, 気ぶりなど, 気配が, 気配も, 気配を, 波濤の, 浪を, 渦中へ, 激しい時, 激しい海面, 激しく戦乱, 為な, 為に, 為部屋中の, 烈しい汽車, 烈しさ, 無い確か, 無い空気, 状態に, 甚だしい小, 生じること, 生じ来ったこと, 生の, 生み出す明暗, 発生を, 真因は, 程度が, 種類である, 空気が, 空気に, 空気の, 結果は, 胚種が, 舞台に, 色ある, 色は, 見えた全, 貞節さを, 起こらないこと, 起ったこと, 起ったもの, 起つたもの, 起ること, 通りすぎるの, 過程に, 都度なるべく, 間に, 間隙に, 際だ, 雰囲気から

▼ 動揺~ (156, 8.9%)

7 あった, 起った 4 あるの 3 あって 2 あらわれた, ある, なかった, 屹度青年時代に, 激しいの, 起ったと, 起って, 起つた, 起るもの

1 [117件] あっては, あつた, あまりいい, あまり劇, あらわれたが, ありきらめきが, あり一方, あること, あるという, ある隠されたる, あれから, うねった, かくしきれなかった, ここへ, ここへも, この一つ家, この頃大変, この高空, さざなみのように胸, しずまると, すぐ彼女, すっかり収まった, せわしいと, そのまま乗り移っ, その底, つよまって, とまった, ないし, ないの, ない様, なくては, なければ, はげしくなり, はつきりと, ひどいだろう, ひどいので, ほかの, また始まっ, まだ全く静まりきらず, まだ身体, みえはじめた, やがて激しい, やっと今, ようやくしげく, ザワ, 一家の, 上へ, 伝わる, 作用する, 兆し始めた, 先に, 全く変っ, 全く静まり返っ, 全船, 出て, 含まれて, 妙に, 少ないかれ, 少ないので, 已に収穫, 広間中に, 心と, 思いやられた, 恵子との, 感じられた, 感じられて, 感じられる, 感ぜられない, 憤ったよう, 映つて, 暗示し, 来ないであろうか, 根に, 止むと, 殆ん, 沈まるの, 波の, 波打つこと, 消え去ったの, 湧き起こった, 激しくなった, 激しくコオヒイ茶碗, 火の, 烈しくなっ, 然あらしめた, 甚しかった, 甚だしい, 甚だしくなった, 生じて, 生ずるとは, 発生する, 眼ま, 穏か, 絶えず現在, 続いて, 群集の, 聞こえて, 聞こえるの, 表われ, 襲来した, 見えた, 見えだした, 見られた, 見られる, 認められた, 豹一という, 走った, 起こって, 起こる, 起ったらしくこの, 起らないの, 起らないわけ, 起りました, 起り専大郎, 起ろうと, 鋪道の, 静まると

▼ 動揺する~ (126, 7.2%)

10 のを 3 ことは, もので, を見, を見る, 船の 2 ことも, にも最も, のが, の習慣, の習慣性, 姿を, 心を, 憂いが, 時計の

1 [83件] からでございます, がごとく, が弁慶, ことあり, ことが, ことなき, ことなく, ことなどは, ことに, ことを, こと船の, さま怒涛の, たび傷を, と, ということ, という情況, とこの, ところを, とするなら, と云います, どうかあなた方, なぞとは思いやしない, につれて鉢自身, にま, に当たり, に最も, ので, ので石, のにつれて, のは, はその, は手, ものが, ものでない, ものに, ようで, ような, 両様の, 中で, 中層の, 事が, 人物を, 位であった, 力は, 動揺する, 哄笑する, 地上の, 地方の, 大気を, 天上の, 家屋から, 小女たちの, 建築海の, 心と, 心理のより, 恐れの, 感情で, 日の, 時だけ, 時に, 時は, 時を, 暗さ, 林を, 森やがて, 様な, 気配さえ, 水の, 波の, 波鴎の, 海の, 渦の, 瀑の, 状なり, 睡眠に, 自分として, 船橋の, 良心を, 要素や, 諸藩, 貴様の, 車の, 電車の

▼ 動揺~ (112, 6.4%)

2 お経, して, どうとも, 彼を

1 [104件] ありましょうとも, あるひ, いうまでも, いたるところ, いつまで, いつまでも, いよいよはげしく, おおうべくも, かなり激しかっ, かり難い, この一寡婦, この触れ, この間の, これを, ごく最近, しだいに彼, しない, しなかったかね, しなかったの, その直後, それぞれな, それに, ただ口々, どこから, どこにも, ない, なお止まず, なかった, なかなか激しく, なく宗像, はなはだしかった, また表面, まだ完全, まだ当然と, もう制しきれない, もちろんあった, やがて私, やまない, やむべくも, ようやく始まり, ようやく静まらず, 一層辛かっ, 一日に, 一時に, 一通りで, 一通りでない, 争えなかった, 今に, 仮に他国, 個々人を, 免れないもの, 切実な, 初めてです, 去年の, 受けませんでしたと, 同時に水平線, 堪へられないもの, 大きくなった, 大きくなつた, 如何に, 妻の, 始まるので, 実に壮, 強盗の, 当に, 彼が, 彼の, 得てして行き過ぎ, 心の, 心棒の, 感じなくなります, 感ぜられた, 手の, 明らさまに, 昨夜の, 来たさなかった, 次から, 次第に彼, 止んだ, 止んで, 永く尾, 河野に, 深刻であった, 激しかつ, 無数の, 理論よりも, 甚だしい, 甚だしかつ, 確に, 私が, 私の, 絵画彫刻の, 至って少なく, 覆い隠せなかった, 見のがせない, 見られなかつた, 貴郎, 身の毛を, 進歩の, 鎮まりましたけれども, 隠せなかった, 隠せなかったらしい, 静まらなかった, 非常に

▼ 動揺~ (77, 4.4%)

4 身を 3 刺激せられ 2 乗じて, 任せて, 力を, 悩まされて, 苛まれた, 陥った

1 [58件] ある, ある陰鬱, いつか束ねた, うとうとしてる, したがって, すぎないから, すんだ水, つり込まれずには, どうしてもその, なれて, ふと目, ふらふらと, みちた瞳, みちた短, ゆられやがて, よろよろと, ユスリ出された, 乗じ女, 任しその, 伴って, 似たもの, 促された如く, 備へる, 全身の, 刺激され, 反応し, 周到な, 喘いだ, 圧されながらも, 堪えるため, 堪へる気力, 影響する, 情意の, 愛想が, 感づき勢い, 抵抗し, 捲きこまれたの, 揺られて, 次いで, 次ぐに, 気を, 気付いたとも, 満ち満ちた月日, 神経が, 私が, 精神を, 耐えながら, 自らの, 襲はれ, 観念的に, 調子を, 身体を, 辟易し, 逢った事, 逢って, 酔いの, 頓着なく, 馴れ切つた脚つき

▼ 動揺した~ (52, 3.0%)

2 のである

1 [50件] あとの, からそう, からであった, がとりわけ, が劣らず, が平静, が直ちに, が結局, ぐらいのこと, けれどもふと, けれども古老, ことが, そのたび, ところは, とみえる, のが, のであった, のです, のは, ものらしい, ようです, ような, ようには, 事が, 人々の, 切ない心持, 切迫した, 場合で, 心の, 心持である, 心理で, 気分を, 気持が, 気持ちは, 気持を, 気色が, 湖面が, 生活が, 男で, 空合では, 空気が, 空気に, 精神とも, 胸の, 表情に, 表情は, 途端間髪を, 顔が, 顔を, 風である

▼ 動揺~ (48, 2.7%)

2 狼狽と, 響きとに

1 [44件] いっては, いらだたしい好奇心, それを, ぞっとする, ためらいに, なったの, なって, なつて, はげしくたたかい, シーツの, 不安と, 不安とへの, 不幸に, 光沢彼女の, 叫喚と, 叫喚とにも, 呼んで, 困難とに, 士気の, 変化とが, 変革とを, 悲恨との, 想像が, 戦った, 拍手とで, 放心の, 植物の, 混乱の, 灼輝する, 矛盾とが, 磯臭い匂, 結合し, 群集心理の, 而し, 苦悩が, 苦悶は, 街の, 見るらしい, 車輪の, 音響とに, 響とに, 顔面の, 風と, 風圧の

▼ 動揺~ (47, 2.7%)

2 なかった, なさそう, 知って

1 [41件] ありません, ある, いくぶんか, これで, したし, しないで, すっかり静まり返っ, ない, ないと, ないの, なかつた, なく一種, なく進ん, なしに, はなはだしい時, みせない女, やんだと, よくわかり, 世には, 二人の, 以前よりは, 土台の, 堪らない嘔気, 少なく左翼, 巨勢博士が, 心もとなく存ぜられます, 感じて, 感じません, 来しは, 来なかった, 殆どなかっ, 殆ん, 気持ち良かった, 示さなかったが, 蒙らずに, 見えないので, 見えないのみ, 読まれなかった, 震災の, 静かに, 静まり彼女

▼ 動揺~ (16, 0.9%)

1 [16件] 不安に, 不安や, 争闘に, 分裂を, 困惑が, 困惑や, 変化が, 変化を, 市民的感情などの, 憂鬱を, 振動は, 自粛は, 規則的な, 鈴の, 風や, 高時の

▼ 動揺させ~ (15, 0.9%)

3 ていた 2 ている 1 いろいろな, てしまいました, ては, てはちと, てゐる, て都合, ロシア革命の, 初めた, 帰趨を, 彼の

▼ 動揺しない~ (15, 0.9%)

2 わけには, 見えすぎる

1 [11件] かどう, ではいられないであろう, ところを, ものです, ものは, ように, 一つの, 住宅を, 大地を, 婦人は, 眼で

▼ 動揺とを~ (14, 0.8%)

2 感ぜずには

1 [12件] もたらさずに, よび起した, 人相見の, 巧みに, 感じさせられる, 感知し, 来した, 植え付けたの, 知り自己, 結びつけて, 覚悟し, 起す結果

▼ 動揺につれて~ (13, 0.7%)

1 [13件] こみ上げる嘔気, ひっきりなしに飛びあがり, ふらふらと, ゆらゆら, ジリジリと, 人間は, 光の, 婦人作家の, 幾度と, 揺すれながら, 水は, 綱が, 隣りの

▼ 動揺させる~ (11, 0.6%)

1 [11件] からね, こと夥しい, だけでもつまらん, ほどのこと, やうな, 不自由さも, 事が, 以外の, 元兇だ, 力を, 唯一匹の

▼ 動揺~ (11, 0.6%)

4 である 1 である動揺的, なもの, なるかぎり生命, な人物, な刺戟, な小, に描い

▼ 動揺めき~ (10, 0.6%)

1 がその, が六坊山, が颯と, ながら二人, に上甲板, に和, の中, は吉岡方, をうけた, を抑え

▼ 動揺から~ (9, 0.5%)

1 すっかりさめ, 一つの, 一年ばかりも, 咄嗟の, 数年間に, 私は, 第三, 解散を, 迸つたの

▼ 動揺させた~ (9, 0.5%)

1 あの吉之助, うねりは, と見え, のが, のであった, のでわざわざ, ように, 実例は, 性格である

▼ 動揺せざる~ (9, 0.5%)

3 を得なかった 1 までの見識, を得ざる, を得ない, を得ないで, 決断負, 絶対の

▼ 動揺~ (9, 0.5%)

1 あつた, にわかに何事, ふるえること, またよろけ掛ける, 何百人という, 工合わるく, 弗の, 纜の, 走つて

▼ 動揺~ (8, 0.5%)

2 声が 1 が失神, と共に右往左往, にゃ浪, に留南奇, 出づる土間桟敷に, 声不具の

▼ 動揺めく~ (8, 0.5%)

1 のだった, は田舎茶番, ばかり差当り何, 人波の, 兵士たちの, 声が, 声も, 醜態を

▼ 動揺にも~ (7, 0.4%)

1 似て, 対比均斉調和平衡等の, 押しゆさぶられて, 死を, 油断の, 目を, 絶えず緊張

▼ 動揺回転~ (7, 0.4%)

5 しやすき 1 するは, せんと

▼ 動揺せず~ (5, 0.3%)

1 といへり, にあられよう, にはいなかった, にはゐなかつた, には居られ

▼ 動揺せる~ (5, 0.3%)

1 世潮の, 土地ボロニャに, 時代の, 満藪, 異様な

▼ 動揺めいた~ (5, 0.3%)

1 がその, ことが, 四五人の, 大竹藪や, 後は

▼ 動揺させられる~ (4, 0.2%)

1 のが, のは, ものが, ような

▼ 動揺してる~ (4, 0.2%)

1 この事務員階級, じゃありません, わい, 時期に

▼ 動揺である~ (4, 0.2%)

1 ことが, と共に又, に相違, 西南戦争の

▼ 動揺でも~ (4, 0.2%)

2 胸に 1 分るよう, 見のがして

▼ 動揺という~ (4, 0.2%)

1 のは, ものが, ものは, 言葉を

▼ 動揺との~ (4, 0.2%)

1 さ中に, ために, 中に, 時は

▼ 動揺に対して~ (4, 0.2%)

1 手を, 次には, 真に断乎, 行われた弾圧

▼ 動揺~ (3, 0.2%)

1 ている, て来た, て都大路

▼ 動揺させない~ (3, 0.2%)

1 ために, ように, 程度で

▼ 動揺させられ~ (3, 0.2%)

2 ている 1 たりし

▼ 動揺され~ (3, 0.2%)

1 て来, はしなかった, やすい

▼ 動揺といふ~ (3, 0.2%)

1 ことと, ことは, ものも

▼ 動揺とに~ (3, 0.2%)

1 ほぼ明らか, 心を, 軽く揺られ

▼ 動揺と共に~ (3, 0.2%)

1 何とも云, 段々川, 舷と

▼ 動揺なく~ (3, 0.2%)

1 続くこと, 読売の, 静かに

▼ 動揺などには~ (3, 0.2%)

1 いっこう無頓着, 思いよりも, 思ひよりも

▼ 動揺によって~ (3, 0.2%)

1 その砦, 幾条の, 文学の

▼ 動揺よりも~ (3, 0.2%)

1 先き, 山の, 郷士の

▼ 動揺時代~ (3, 0.2%)

1 があっ, には殆, を知つた人

▼ 動揺~ (3, 0.2%)

1 にある, に当っ, に於ける

▼ 動揺さした~ (2, 0.1%)

1 まま俺の, 害人であり

▼ 動揺さす~ (2, 0.1%)

1 ので丁度, 分子と

▼ 動揺させぬ~ (2, 0.1%)

1 拙き我ら, 様に

▼ 動揺しかけた~ (2, 0.1%)

1 がその, が彼

▼ 動揺したらしい~ (2, 0.1%)

2 夫人の

▼ 動揺しだし~ (2, 0.1%)

1 ていた, て見えた

▼ 動揺しだした~ (2, 0.1%)

1 のを, 聴衆の

▼ 動揺しはじめた~ (2, 0.1%)

1 ところに, と報知

▼ 動揺し出した~ (2, 0.1%)

1 かという径路, ので船窓

▼ 動揺し始めた~ (2, 0.1%)

1 ことを, 頃であった

▼ 動揺~ (2, 0.1%)

1 というもまた, 奈落へ

▼ 動揺せし~ (2, 0.1%)

1 むる認識論でなけれ, めんや

▼ 動揺せしめずし~ (2, 0.1%)

1 て新, て身体

▼ 動揺せしめた~ (2, 0.1%)

1 が秀吉, ことは

▼ 動揺せん~ (2, 0.1%)

2 とする

▼ 動揺その~ (2, 0.1%)

1 動揺の, 極に

▼ 動揺であった~ (2, 0.1%)

1 のであろう, 乱雑であった

▼ 動揺であり~ (2, 0.1%)

1 そしてそれだけ, 生命を

▼ 動揺とが~ (2, 0.1%)

1 懈い体, 更にその

▼ 動揺とは~ (2, 0.1%)

1 一体どんな, 大変であった

▼ 動揺につれ~ (2, 0.1%)

1 てひどく躍っ, 吊皮

▼ 動揺には~ (2, 0.1%)

1 打ち勝てなかった, 気づこう筈

▼ 動揺めい~ (2, 0.1%)

1 てきました, て居る

▼ 動揺やら~ (2, 0.1%)

1 でつい, 外部の

▼ 動揺をも~ (2, 0.1%)

1 受けなかった, 覚悟しなけれ

▼ 動揺を以て~ (2, 0.1%)

1 して, 彼等鏖殺の

▼ 動揺変化~ (2, 0.1%)

1 の中, を生じ

▼ 動揺~ (2, 0.1%)

1 なき時代, なく遂に

▼ 動揺~ (2, 0.1%)

1 に於, を敏感

▼ 動揺混乱~ (2, 0.1%)

1 するけ, はまだ

▼1* [120件]

動揺いたしております, 動揺きしがようやく, 動揺こそ今は, 動揺ことにはなはだし, 動揺ごとに彼ら, 動揺さえ感じない益々, 動揺さえも感じずに, 動揺させずに持続, 動揺させまいとして母, 動揺させられない却ってあるいは, 動揺されず直に最後, 動揺されぬ位置が, 動揺されるときは, 動揺したいいきさつも, 動揺したでしょうと言っ, 動揺しだすことうるさい, 動揺しなかった事が, 動揺しなかつたものと, 動揺しなければならない, 動揺しはじめている, 動揺しはじめるのである, 動揺しましょうからね, 動揺しまたたいて時々, 動揺しようとしてゐる, 動揺し出し鎖国の, 動揺し始めて大臣, 動揺し始めたるは疑, 動揺し悩むのである, 動揺し続けている, 動揺し行くのが, 動揺すべき点を, 動揺するだろうと窺っ, 動揺ざらんと, 動揺せしめなかったのは, 動揺せしめるのだ, 動揺せぬ様に, 動揺せねばならない, 動揺そうして議論の, 動揺だけであります, 動揺だけはずいぶん烈しく, 動揺だったが, 動揺って暮方の, 動揺足が, 動揺でしかなかった, 動揺といった象が, 動揺といふほどのもので, 動揺として私の, 動揺とで軽い酔い, 動揺とともにそういう形, 動揺とをも経験した, 動揺のだ, 動揺なきを保証, 動揺なしに資本主義, 動揺などして, 動揺などという上品な, 動揺なるものは, 動揺なんかしない時, 動揺についてこのこまかい, 動揺につれては間々常磐津, 動揺に従って焔の, 動揺のみに順応し, 動揺はをさまつた, 動揺ばかりがあった, 動揺ぶりは宮廷内, 動揺こういわせた, 動揺また動揺何ら, 動揺まで肉眼で, 動揺までが見分けられる程, 動揺までも案じられる, 動揺まぬがれ難しと, 動揺む下に冷然, 動揺めかしたのである, 動揺めかせていた, 動揺めきしが, 動揺めきだしたが, 動揺めき惑うばかりだった, 動揺めき立ちそれと共に, 動揺より来りし厭世懐疑, 動揺長イ間静マラナカッタ, 動揺ワアつらい, 動揺一方ならず余, 動揺不安定な模索, 動揺以上に浪, 動揺何ら冷静の, 動揺分裂をちっとも, 動揺参加は今年, 動揺参差任放錯雑, 動揺に出し, 動揺地区のオルグ, 動揺変転する中流家庭生活, 動揺深人, 動揺少なからず, 動揺岩倉具視の暗殺未遂事件, 動揺怠惰への嫌悪, 動揺朝倉先生訪問私服刑事馬田とのにらみ合い, 動揺極まりない作風は, 動揺歴史の転廻, 動揺流転をやめぬ, 動揺渡る見物は, 動揺焦燥も解消, 動揺状態にある, 動揺によから, 動揺発顕するもの, 動揺社会情勢の不安等々, 動揺紛乱の絶, 動揺も安らか, 動揺致しますのを, 動揺致候事強候節嘔吐致甚に至候而者嘔吐, 動揺色彩の濃淡, 動揺若くはその, 動揺落胆はむしろ, 動揺衝突顛倒といったよう, 動揺解放自由などが漂, 動揺車輪の響, 動揺転換はある, 動揺転落する光景, 動揺逸脱の性質, 動揺闘争がどの, 動揺限りなく遂に, 動揺驚愕は如何