青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「動作~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~動かし 動かし~ ~動かす 動かす~ ~動かない ~動き 動き~ ~動く 動く~ ~動作
動作~
~動揺 動揺~ ~動機 動機~ ~動物 動物~ 勘~ ~勘定 勘定~ 勝~

「動作~」 1822, 20ppm, 5837位

▼ 動作~ (477, 26.2%)

19 して 11 見守って 7 した 6 する, 眺めて, 繰り返して, 見て 5 くり返して, するの, 見つめて 4 止めて 3 したり, なして, やって, 主と, 続けて, 観察し, 観察する

2 [24件] あらは, したと, しながら, じっと見, すれば, もつて, 中止し, 工夫した, 手先丈でなく, 書生流に, 演じて, 現じ, 眼の, 示す言葉, 繰返しつつ, 繰返して, 表は, 見おろして, 見たならば, 見ること, 観察した, 言ふ, 訓練する, 追って

1 [328件] あえてする, あらわす意味, いささかの, いたしました, えがいた, かんじた, くりかえさせながら, くりかえす, くりかえすだろう, くり返すあそびで, くり返すの, さしひかえしめること, させる事, させ同じ, さながらに, しかけた, しかけたの, しそしてまた, したくないやう, しただけでも, したに, したらしくて, したろう, しては, しないとも, しなければ, しばらくこっち側, しばらく見上げ, しますし, しむやみ, じっと見守っ, すぐ予想, すっかり読み取っ, すつかり感じた, するが, すること, するであらう, すると, するという, するには, するよう, する三人組, する事, する人, する室内, せずには, そういうところ, そのまま繰りかえす, その幼児, それとなく注意, ちょっと見せた, ぢつと, つぎつぎと, つつしみ心しずか, つづいて, つづけるこの, とりかえした, とりかわして, とる詩人達, どうした, どう想像, なさしむるその遍在, なした, なしゐたるが, なすこと, なんの, のぞけば, はじめた, ぴたっと抑えた, ぼんやり眺め, ぼんやり見, まぜかへ, まねる人, まんじりとも, みたらきゅう, もって, もっとも強く, もっと大, もつ健康, やりながら, やる, やるに, ようよう確め, よく思いだす, よく研究, わざわざ好ましから, ゴンゲンサマも, テキストの, 一々見守っ, 一々見守り, 一つも, 一人として, 一同が, 一同は, 一種の, 不思議がらう, 与えそう, 中止した, 中絶させる, 主に, 之に, 予期し, 二三点いえ, 交へ, 仕込んだ, 代表させた, 伝えて, 伝えようと, 伝える以外, 伴ふところであるらしい, 伴ふも, 何年間も, 何度も, 何辺か, 作品で, 偵察した, 再び開始, 凝視した, 凡太も, 初めたが, 制約し, 刻意に, 前提すれ, 創造した, 単調に, 又別, 収めたところ, 取り込んで, 取扱つた古典的業績である, 同じ瞬間, 同時にした, 含み, 含むと, 呈せし家, 單純なる, 営むを, 固く憚, 変え蓮葉, 失つた, 好奇心に, 如何に, 如実に, 始めた, 始めたが, 始めたせい, 始めたの, 学びその, 客観的に, 寝ながら, 左右し, 巧みに, 己れ, 強ひ, 形容し, 形式化した, 彼に, 必ず誰, 必要と, 忙しくし, 思いうかべながら, 思はせる, 怪しんで, 恐れた, 悉皆り見極め, 悟つて, 想像した, 想像する, 意識しつ, 意識せず, 慎しみ苟も, 慎重に, 懶くする, 成るべく簡単, 打ちきつ, 打ち切つて, 批評する, 持つて, 指すもの, 控束する, 揉み潰して, 描いて, 描いてる, 描かんと, 損傷し, 支配する, 教えて, 数回やり, 明照し, 時間性の, 暗示した, 暗示する, 有利と, 本当にアッという間にやっ, 根気よく, 根源的體驗より, 極度に, 楽しみながら, 横眼で, 機械的に, 歌に, 正氣, 決定する, 沈黙の, 注視し, 活用し, 演じたか, 演じる様, 演ずると, 演ずる事, 演ぜしめつつ, 為さしむる, 無作法と, 無意識の, 熟察する, 熱心に, 爲さざりし, 爲さしむるに, 爲す人或は, 現すの, 現は, 用ひる, 異にする, 監視せしめた, 目で, 看守るほか, 真似る, 真似ると, 眺めた, 眺めたり, 眺めつ, 眼で, 知るの, 研究し, 示した, 示して, 示し肩, 示す, 示すもの, 私は, 窺いながら, 窺って, 窺つてゐた, 精測したき, 細かに, 終ると, 緋奈子は, 繰りかえす, 繰り反して, 繰り返した, 繰り返しやらされるそう, 繰り返す, 繰り返すだけ, 繰返したあと, 義と, 考えて, 背中肩胛骨首筋と, 自分は, 自分への, 自分等の, 芸術の, 苦々しさ, 行いました, 行つてゐる, 行ふ, 表すに, 表す語, 裏づけて, 裏付ける感情, 要求した, 見せたり, 見せつけられて, 見つめるやう, 見ては, 見るため, 見ると, 見守ったり, 見守つた, 見守つて, 見守りながら, 見終ると, 見落さぬよう, 見詰めて, 見逃すまいとして, 視て, 視察した, 覚えて, 覚えてから, 観衆は, 解釈すべき, 言葉に, 話して, 誇張し, 認めた, 誘発しうる, 誘発する, 誤っても, 誤解し, 識覚せざる, 警戒し, 赤赤と照, 起こしただに, 起させた, 起したと, 辛抱する, 追っかけ阿賀妻, 追った, 追手は, 通行人に, 速くする, 選択し, 避けたがるだろうと, 酒興の, 鈍くし, 鈍らせ呼吸, 長引かせ成功, 間断なく, 間違えたり, 附屬さした, 隅から, 音象し, 頭の, 顎に, 顕わ, 飜訳風に, 飽かず繰返したのち, 飽くこと, 高尚に, 鰭の

▼ 動作~ (191, 10.5%)

2 あり得なかつたの, 他の, 何処へ, 数限りない, 次の, 見る者, 躊躇に, 軽快で, 重々しく思慮分別

1 [173件] あの話, いかついから, いかにも気持, いつか赤い, いつもそれ, いつも錯誤, おそろしく早く, おちついて, おどろくほど, おのづと高雅な, お互, かえって彼女, きび, きわめて単純, この場合, こんな孤独, ごく簡単, しとやかな, すぐ次, すばやかった, すべてこの, ずんぐりなから, そういうこと, そこに, その二, その女, その強, その男, それが, それとは, それほど迅, それ故, たしかに何, たしかに本業, ただ觀想, たちまち彼女, たった今脂肉, たとえその, どうしてもちょいと, どれを, なかなか物, なるほど演劇, にぶく不器用, のろのろ進む, ひどくのろのろ, ひどく緩慢, ふつうの, ほとんど一挙動, まさに人間, ますます不自然, めざましくも, もう僕, もう機械, もの静かで, もはやただ, やれないの, ゆっくりだ, よく覚え, よろしくない, 一々彼女, 一層生き生きと, 一般に, 七日目に, 不気嫌, 事実手だけを, 云は, 五百人の, 人の, 今も, 他者の, 他者への, 以前より, 何と, 何彼に, 余の, 余り速く, 依然として緩慢, 依然として自由, 偶然彼の, 全く動物的, 八五郎が, 凡てわざとらしい, 切り捨てるほか, 前より, 博士が, 句の, 同樣, 器械の, 場所柄不用心だ, 変らない, 大きく弱々しくほど, 大きな衣裳, 大げさで, 實に, 少しの, 少しも, 屏風に, 常に綜合的, 引き退ろうと, 彼の, 従容と, 急いで, 急に, 急速度, 恐らく随分ぎごち, 悉くこの, 意識でなく, 手応へも, 手應へも, 敏感な, 敏捷である, 敏活で, 既に田中氏, 日本人風でない, 明かに, 時に先立つ, 普通の, 楚々として, 極めて不, 極めて落, 極めて鷹揚, 殆ど人間, 比例から, 決してこんな, 注意せざるべからず, 活動である, 活溌に, 活発に, 無いもの, 無論自分, 狂わしかった, 甚しく, 甚だ下品, 生き生きし, 私には, 私を, 立って, 純粋に, 終始捨, 終局でない, 緩慢であった, 罪の, 膝を, 自ら静を, 舞踊, 舞踊の, 荒つ, 菊五郎の, 行為的直観的で, 衝動的であり, 見て, 見て取れた, 誇張され, 読む者, 講堂で, 變に, 變化に, 身貴き, 逃げ出すこと, 連続した, 過去の, 遠くから, 醜くなり, 重おもしく肢, 鈍く黙りがち, 鉄工の, 錦襴の, 電光の, 静寂を, 非常に, 顕著でなく, 飽くまでも熱心, 鮮やかであった

▼ 動作~ (178, 9.8%)

5 上に 4 うちに 3 ように, 中から, 中に, 中には

2 [12件] うちにも, ために, 一つ一つが, 一つ一つを, 仕方を, 滑かな, 爲に, 生命を, 真似を, 自由を, 裏に, 間にも

1 [133件] あつた, あまりに緩慢, あらゆる理論, あること, ある物, いずれの, うちで, うちには, おもしろきもの, かげに, かわりに, きわめて圧縮, くねらせ方, こころを, しとやかさ能く, すこしもてらう, すべてを, たびに, ためすこし, つづきで柔かく, とりやりが, どこに, なかから, なかに, なめらかな, にぶい子, のろい男, はづみ, やうに, ゆっくりした, ゆるやかさは, ような, スポーツ味が, スマートな, リズムに, 一々は, 一つである, 一つ一つも, 一般的性格である, 上でも, 中で, 中にも, 中心である, 中心と, 中心は, 代りに, 代用物であっ, 休憩を, 位取り心持ちの, 余地を, 俊敏天才的の, 全体が, 全部を, 内に, 写真的描写である, 劣性を, 動物的な, 印象と, 反対に, 反応作用から, 各瞬間, 咄嗟に, 基本法則を, 基準つまり, 基礎を, 外に, 大部分, 媒介によって, 幻象を, 強調の, 弾みが, 弾みを, 後に, 復習を, 心使いに, 忘れられたもの, 意味を, 感覚が, 感覚主義を, 指揮を, 描写が, 敏捷さが, 敏捷な, 敏活を, 敗北を, 方正勤勉處世の, 日本女らし, 早い高麗鼠, 時間性を, 暗示は, 最も基礎的, 根源に, 極めて早い, 段取りを, 気に入らない部分, 活溌な, 淫らな, 無水原質の, 物まね, 生命これは, 相異なる, 符牒, 節約と, 素早さ身, 線が, 繰り返しの, 繰り返しは, 罪惡性は, 美を, 習慣等について, 習練にばかり, 至つて緩慢な, 行動半径が, 行動半径の, 表現には, 要求充実の, 要領を, 觀察が, 言語が, 訓練, 調わぬこと, 趣味や, 軽捷な, 連続は, 過誤を, 適格さは, 選択と, 間に, 関係から, 隱れたる, 青年は, 面白さ, 靱や

▼ 動作~ (173, 9.5%)

2 ある, へまに, 今度は, 何の, 示して, 自然に

1 [161件] あまりにちがい過ぎる, あまり激しい, ありありと, あるが, いかにもかいがいしい, いかにもはきはきし, いかに鋭い, いかんぞ, いずれも, いたって, おもしろいので, かえって体, かえって女, かちあって, きはめて, ぎくしやく映る, ぎごちなく, くりかえされたの, ぐったりと, こう大声, ことごとくタイフーン, このほか松葉杖, このキチン, さきだ, さだめしみごと, しからしむるので念仏, しなやかで, すぐ胸中, すっかり見えた, すつかり気に入つた, すでにただ事, すでに全, すべて金五郎への, そうとうに酔った, その儘, それから, ただある, だんだん荒々しく, できるという, どんなに大, なよやかに, のろいん, のろのろしすぎ, はかどらなかった, はやすである, ひじょうな誇張の, ひどくみじめ, ひどく滑稽, ひどく目立った, ふだんに, まったく軽快, まるで舞踊, もう疑い, もとな, やって, よくわかります, よくわかる, よく見えます, グナリとして, スマートだった, ズレて, 一つ一つ私とは, 不快で, 主に, 予め予習, 二十幾年後の, 人よりのみ, 人形の, 人目に, 伸子の, 体を, 何だか不自由さ, 何処までも, 何処やら, 何辺と, 余りにだしぬけだった, 余りに唐突, 優美でない, 全ての, 全然おさまり, 全然切り捨て, 写されて, 凡人の, 初まり, 別に自分, 加って, 効を, 却って目立った, 又くり, 反覆され, 可能だ, 吾乍ら誇張めい, 單に, 変って, 大きな一体, 如何にも素, 如何にも緩, 對應する, 小さすぎこせつき, 山の, 巧みに, 巧妙だ, 常に異なる, 幾たびか, 役に立った, 彼に, 彼女に, 待ち遠しく思われた, 必要で, 思い切って, 急に, 愛嬌に, 手ぬるかった, 控へ, 敏捷だつた, 敏捷でした, 敏活でない, 日本内地の, 明るくて, 昔の, 普通の, 暫くの, 本能的と, 村人を, 柔らかくしなやか, 楽に, 機敏で, 欠けて, 殊に他, 殘つた, 洗練され, 活溌でなく, 浮き上って, 清浄な, 激しければ, 激烈だ, 物馴れた, 現われるもの, 監視され, 眼に, 硬ばっ, 私の, 粗暴きはまる, 粗暴で, 紙上に, 繰返されてるかの, 臣従を, 自分でも, 自分の, 至ってしとやか, 至つて敏活な, 芝居じみ, 行われる, 要約され, 見えやがて, 見えるよう, 豹一に, 身体に, 重い, 重要でなくなっ, 鈍くなり

▼ 動作~ (173, 9.5%)

4 して, 注意を, 移して 3 移すもの 2 つれて, 於て, 特色が, 現われて, 移るため一寸間, 適して

1 [146件] あらわれたむら気, あり, あるよう, いかなる程度, いつか気を, うつして, うつるま, おかしなところ, かかりきり, こちらも, さすがに, しても, しろそれ, すぎなかったが, すこしの, すっかり気, ずるずると, とりかからうと, どこか, なって, なる, なるので, なんとなく栄三郎, ひとりでに現われ, びっくりした, ほかならぬ, むかって, めぐまれて, よく似, よく似合っ, ムダが, ヨリ真実的な, 一向気づき, 不自然が, 不自由の, 丸味が, 乏しい, 云い及びました, 今まで, 伴うて, 伴う努力, 伴なう, 伴なわれ, 伴ふ見馴れたる, 何かしらわざとらし, 何物かを, 便に, 冷淡だ, 勢力を, 反映する, 取りかかった, 吃驚する, 合わせはずみ, 吸ひ込まれ, 呆れて, 呆れるほどの, 命令的な, 喰いちがい, 在りと, 基く得意, 変に, 大学生は, 妙な, 存する故, 学生風が, 富んで, 對應せぬ, 就いては, 尾鰭を, 帰るの, 帰れば, 心を, 惨めな, 惹かれて, 感心し, 敏感に, 明らかに, 李子は, 柔らか味を, 模する事, 歸屬せしめる, 気が, 気がついて, 気がつくもの, 気づいて, 気を, 注いだ犬, 注意し, 注意の, 注目しました, 熟練した, 熱中し過ぎ, 物眞似, 現さぬ程度, 現したこと, 現わ, 現わし, 現われてる特別, 現われると, 男の, 疲れ両足, 目を, 眼を, 示す極度, 神経病患者通有の, 私は, 移した, 移った, 移って, 移らんと, 移るとき, 移るの, 移る体, 移る考, 移る考え, 移れば, 移ろうと, 移動する, 等しく眸, 紛らは, 細かく注意, 織り込まれた形態, 耽つて, 自ら気付いた, 自分の, 表はる, 表わすかという, 表情に, 見える, 見とれて, 見られる単純, 見入って, 見入つた, 語って, 連れて, 連関し, 過ぎないか, 過ぎなかつたよう, 過ぎぬが, 酔って, 酷似し, 重きを, 重大な, 飜訳する, 飽いて, 馴れた水夫

▼ 動作~ (114, 6.3%)

3 あつた, 自分の 2 あつて, すら文楽, それを

1 [102件] あらわされるいろんな, いためては, いっさいが, この肺, しずしずと, すばやくなに, そっと弟, その二人, その正面, ちっともそこ, ひどく直吉, ふと立ち上り, ふり向いた, ふり向いたはずみ, まひは, まるで一つづつ反芻, もってる品物, やりやしないだろう, カスリの, コートの, ステッキを, タイヤの, ハナでも, パタリと, フリーダの, ベレーを, マリユスを, モウニングの, ラジオ台の下から, 一度に, 一間ほど, 且つて, 二三度ゴシゴシ, 二三度勢急に, 伸子と, 伸子の, 何かと辺り, 凡ゆる, 古新聞, 合掌を, 向きなおり, 周囲の, 呪言神が, 味噌汁を, 坐った, 失神し, 室内一面に, 少尉が, 左手の, 帽子を, 忽ち大木, 悪の, 戸が, 手すりに, 手を, 手術台から, 手近の, 押しと, 拒絶し, 拳固を, 掻巻の, 日本人との, 明らかに, 村人たちの, 棍棒を, 槍を, 次に硯, 泣きぢ, 泰造の, 洗面所の, 流浪人の, 游いで, 片づけて, 現れそれ, 瑛子が, 病気を, 盆踊りの, 示さうと, 示すの, 私の, 笑ふと, 縫って, 腰を, 自己の, 虱を, 表わされないの, 調子をと, 踊り場の, 踊ること, 身を, 身仕度を, 軌条の, 返事し, 返事を, 進んで, 部屋を, 醫者を, 鉄の, 長椅子に, 麦束を, 黙って, 黙りこくって

▼ 動作~ (58, 3.2%)

2 しなかった, それが, 言葉も

1 [52件] あんまり気に入っ, おちついて, しっとりと, すべて螺旋的に, せず隱岐, そして存在, そして彼, たいぎそう, できない, どちらも, ない, なかつた, なにか急, のろくこちら, はきはきしてる, ぶ器用, 一言の, 不しつけ, 人間と, 俺の, 共にいつもの, 出て, 同じだ, 名人芸の, 大きな声, 女性の, 如何なる行為, 始終そわそわし, 少しも, 弾み上っ, 彼は, 思ひ入れ, 手頃で, 敏捷で, 曲線的弾性的である, 柔かく内輪, 極端に, 比較的複雜, 活溌である, 激しく動物的, 生活も, 粗野な, 荒い, 荒っぽく彼, 蕗子に, 表情も, 言葉つきも, 適当な, 重々しく山賊, 野呂間げた顔つきが, 鈍くて, 隱されます

▼ 動作~ (44, 2.4%)

2 なって, 完全に, 言語談話から

1 [38件] いい奇妙, いうよりは, いえども, いふべきである, なる, なるべきもの, ひびく動作, ニャーと, 云ひ, 会話が, 低くゆるゆる, 叫び声とで, 同じやう, 同時にうしろ, 営みと, 地球の, 埃っぽい, 寸分違わぬ, 強い対照, 方向を, 為し貴族院議員三十七名, 爲し, 物或は, 相関聯, 神楽の, 考へなければ, 聲とを, 色彩との, 著しい對照, 表情で, 表情である, 表情とから, 見た方, 言ふ, 言葉とにより, 言葉とへ, 農民の, 體力には

▼ 動作~ (43, 2.4%)

3 表情で 2 ことばの, その秀, 表情を, 言葉の

1 [32件] ことばに, その考え, または女, また機関庫, スタイルを, 人を, 容色や, 感情の, 感覚の, 懸け声, 暮し方から, 歌舞を, 歩調が, 活動女優の, 物を, 生活ぶりにも, 着物に, 稍複雑な, 行動を, 表情が, 表情に, 表情の, 表情は, 表情やを, 言葉づかひ, 言葉などを, 言葉や, 言葉を, 言語や, 身振, 進退の, 高い声

▼ 動作にも~ (22, 1.2%)

1 [22件] かかはらずその, そうした洗練, そつの, なんとなくそわそわし, 些し, 其を, 内心の, 包みきれないほどの, 同じ程度, 同様に, 彼女に, 思想にも, 新しい元気, 気質にも, 活気が, 現わし, 異様な, 紅庵の, 経済で, 言葉にも, 話しぶりにも, 顔色にも

▼ 動作には~ (21, 1.2%)

1 [21件] きっと内部, なんの, パリという, ユーモラスな, 一種ぎごちない, 一種異様な, 事欠かないよう, 二つの, 何とも云えず看る, 出なかったけれども, 別人の, 品格と, 常に最も不快不安, 慣れて, 敏捷な, 日本人離れの, 気附か, 決してあらわさない, 現実的な, 甚しい, 頗る困難

▼ 動作から~ (15, 0.8%)

2 彼女の

1 [13件] そして殊にいつも, 主水, 受ける表面, 夢遊病者だ, 彼の, 極めてデリケート, 滑稽味を, 発生する, 窺われる, 衣服の, 言っても, 言葉使ひまで, 風采までが

▼ 動作によって~ (13, 0.7%)

1 [13件] その一叢, よく描かれ, 何事かを, 彼が, 彼女を, 性格全体が, 明瞭に, 窓へ, 端的に, 緊張努力の, 表わしたもの, 起こる劇的効果, 身うちに

▼ 動作する~ (8, 0.4%)

1 ことを, こと等も, に過ぎない, ので本当, は有機身体一般, 事多し, 人形の, 奴隷と

▼ 動作との~ (8, 0.4%)

1 一々の, 両方に, 中に, 大胆さの, 朧げなる, 相違によって, 著しい対照, 間に

▼ 動作~ (7, 0.4%)

3 ている 1 たりする, てみせる, て居る, ぽつりぽつりともの

▼ 動作そのもの~ (6, 0.3%)

1 から問題, から興味, が次ぎ次ぎ, であった, であったが, によって一種

▼ 動作でも~ (6, 0.3%)

1 あろうか, そのフィニッシュ, その鵜呑み, どうかする, なかつたの, 至極よく調和

▼ 動作といふ~ (6, 0.3%)

1 が動作, ことに, のである, ものは, ものを, より他

▼ 動作では~ (5, 0.3%)

1 あるまい, ないの, なくて, なくひと, なく他者本位

▼ 動作~ (5, 0.3%)

4 のだ 1 のよ

▼ 動作において~ (5, 0.3%)

1 具象化せられる, 力が, 成立つこと, 最も厳密, 求められねば

▼ 動作にまで~ (5, 0.3%)

2 真剣な 1 あの寛厚, 気を, 自分に

▼ 動作をも~ (5, 0.3%)

1 支配する, 現して, 見拔, 見逃さぬよう, 見逃すまいと

▼ 動作~ (5, 0.3%)

1 や違つた目的, を牽制, を私, を覚せざる, 特に準

▼ 動作である~ (4, 0.2%)

1 かのやう, ことを, やうな, 故そこ

▼ 動作につれて~ (4, 0.2%)

1 いつもみだされ, 満悦の, 自分でも, 貴女の

▼ 動作によ~ (4, 0.2%)

1 つて戈を, つて火が, つて行はれ, つて説明する

▼ 動作まで~ (4, 0.2%)

1 すべてが, すべて眼には, 手に, 目に

▼ 動作までが~ (4, 0.2%)

1 はっきり見, 以前の, 彼女を, 手に

▼ 動作した~ (3, 0.2%)

1 ことを, 一時の, 各さては

▼ 動作だけを~ (3, 0.2%)

1 形式的に, 抽象的に, 放送し

▼ 動作とか~ (3, 0.2%)

1 言葉とか, 言葉の, 風景など

▼ 動作とが~ (3, 0.2%)

1 どうも次郎, よほど縁, 手に

▼ 動作として~ (3, 0.2%)

1 反省は, 成立つため, 解すれ

▼ 動作とで~ (3, 0.2%)

1 もつと, 彼は, 逃げ去つて

▼ 動作とは~ (3, 0.2%)

1 またそれ, 同意義, 恋に

▼ 動作を通じて~ (3, 0.2%)

1 この, 一貫した, 実現される

▼ 動作姿態~ (3, 0.2%)

2 と凝滞 1 を細大

▼ 動作~ (3, 0.2%)

1 で我々, に拠っ, を門人

▼ 動作表情~ (3, 0.2%)

1 の韻律的魅力, を一途, を主

▼ 動作~ (2, 0.1%)

1 ういふ, う謂

▼ 動作さえ~ (2, 0.1%)

1 妙に, 長く続け

▼ 動作それ~ (2, 0.1%)

1 が決して, は紛れ

▼ 動作だけ~ (2, 0.1%)

1 で早く, 繰返して

▼ 動作だけが~ (2, 0.1%)

1 わかるのみ, 見えた

▼ 動作とを~ (2, 0.1%)

1 もって, 包含する

▼ 動作などを~ (2, 0.1%)

1 くるめて, 見損つて

▼ 動作なりを~ (2, 0.1%)

1 現したもの, 生きて

▼ 動作においても~ (2, 0.1%)

1 作法においても, 既に爾考えられる如く

▼ 動作にな~ (2, 0.1%)

2 つてし

▼ 動作による~ (2, 0.1%)

1 表現の, 表現を以て

▼ 動作よりも~ (2, 0.1%)

1 見物に, 言葉の

▼ 動作~ (2, 0.1%)

1 ナス機械腕ヲ, 起シタ時体ノ

▼ 動作唐突~ (2, 0.1%)

1 なこと, な表現

▼ 動作~ (2, 0.1%)

1 の云い, 云いそれら

▼ 動作迅速~ (2, 0.1%)

1 でたちまち, で豪い

▼1* [144件]

動作あらゆるものを, 動作いかなるべき, 動作きいた風な, 動作ことばづかい最前, 動作しおるゆえんの, 動作しか知らない日陰, 動作しかけたものを, 動作したらいいの, 動作かくの, 動作すら不可能それどころか, 動作そこを詩人, 動作その装束から, 動作それに私達の, 動作そんなことは, 動作ただ一心に会, 動作たる突然行わん, 動作から細君, 動作だけにしてからが, 動作だけの無声映画と, 動作だけは悉皆見えた, 動作だったよ, 動作であったのが, 動作でありまた各人, 動作でないぞといふやう, 動作というものの, 動作とかがこまごまと, 動作とから復一の, 動作とともにおよそ色気, 動作とに暗合し, 動作とにおいて見いだした美し, 動作とによる表情を, 動作とも優雅である, 動作と共にガッカリと, 動作なしと明言せり, 動作なぞは其卑近, 動作などによつて, 動作などで左門の, 動作などというのも, 動作などに懐しい文夫, 動作などにもそれは, 動作などはいかに熟練, 動作ならばおそらく, 動作なり声なりは, 動作なりがイツ知らず, 動作なりについて更にこまかい, 動作にだって絵画的写真的効果や, 動作について下し得る特色, 動作についてさえ文学の, 動作については何一つ外部, 動作につれ森谷牧場主森谷喜平の, 動作にて圏を, 動作にとつては, 動作にとって本質的な, 動作にばかり気を, 動作によつて皆目, 動作によりてその表現, 動作に対しても別に反抗, 動作に対する不自由を, 動作に従って立つ香, 動作に関してはあくまで自然, 動作のみを考へて, 動作ひとつで如実, 動作または白の, 動作までも込めて, 動作までを漏なく, 動作もしくは立場でなくっ, 動作もやもやと火, 動作やや貧相な, 動作ゆえに却って, 動作より後者の, 動作をでも見てるよう, 動作ヂェスチュアその他感情意志の間接表示, 動作トーチカを占領, 動作ナイフとフォーク, 動作ニ不便ヲ感ズルホドノコトハナク人ニ気付カレルコトモナイノデ今日マデソノママニシテイルガアノ日カラズット今モソノ状態ガツヅイテイル, 動作ヤ表情ヲ油断ナク観察シタ, 動作ヲモッテサマザマナ愛情ノ表現ヲスル, 動作一つとしてこの, 動作一生彼女の面倒, 動作一瞬に跳びかかっ, 動作一般自然であった, 動作にも別に, 動作體を, 動作乱れず鈴音に, 動作必ず人意, 動作位置を誤りたる, 動作何ものをも恐れぬ, 動作何んとなく, 動作何レカ三昧ニ非ザラン, 動作全く野獣で, 動作ことごとくこれからその, 動作だけな, 動作をもっ, 動作労苦す頭, 動作動作といふが, 動作化粧法などというもの, 動作茶の湯である, 動作即ち活動が, 動作又は一身上の, 動作及び事物の, 動作呼吸などをつぶさに, 動作嘶声を察し, 動作困難にし, 動作や目, 動作女性的に快活, 動作のなか, 動作從つて神の愛, 動作思想行為表情気分それらのひとつひとつ, 動作性萎縮に陥いらね, 動作悠々と礼, 動作意味の少ない, 動作敏捷く潜つて, 動作極めて快き会話, 動作気候のため, 動作にいい, 動作流行趣味礼儀作法延いては, 動作生ずルーソーあり, 動作用語の弁, 動作白い服の, 動作ざし笑うこと, 動作知りがたいその, 動作研究会というよう, 動作礼儀などに自明, 動作美と, 動作等等等といったよう, 動作や光, 動作緩慢なりなど, 動作習性各同じ, 動作く主人, 動作自体が地, 動作自在ならずかれこれ, 動作舞踏特に建築物, 動作衣裳声言葉の調子, 動作装具外容を含ん, 動作言葉たとえば土地名物, 動作言語顔色をあざやか, 動作言説の是非, 動作身だしなみといふやう, 動作遅緩なるより, 動作運動家の姿勢, 動作適切を欠き, 動作鈍きに乗じ, 動作電流刺激反応などと物理化学, 動作顔立ち唇の皺