青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「切っ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~分れ 分れ~ 分別~ ~分析 分析~ 分間~ 分類~ ~切 切~ ~切っ
切っ~
~切った 切った~ ~切り 切り~ ~切る 切る~ ~切れ 切れ~ 切れない~ 切符~

「切っ~」 5692, 59ppm, 1952位

▼ 切っ~ (5146, 90.4%)

176 いた 122 いる 84 いるの 51 しまった 42 しまって 39 いたの 33 しまいました 28 いて 27 いるので 24 飛んで 23 あって 22 ある 21 いたが 20 いるよう 19 あった, いるから 16 それを 15 いたので, いること, しまったの, 来て 14 います 13 いるところ, おります, しまう 12 いると, いるん, しまうと, みると, バターで 11 いました, しまうの 10 いるが, かかった, 切って, 持って 9 くれ, やろう, 自分の, 裏漉しに, 走って

8 [12件] いないの, いる事, きて, しまうこと, しまえば, それに, みた, 出て, 廻して, 死んで, 落されたの, 見ると

7 おいて, おきます, おくれ, しまえ, 居たの, 帰って, 行った, 読んで

6 [14件] いたから, いたと, いないという, いる者, くれと, やった, やる, 了った, 塩を, 居る, 廻った, 落したよう, 落ちて, 逃げて

5 [23件] あるの, いたところ, いても, いながら, いましたが, いるこの, いるのに, いるもの, いる男, いる筈, おりました, かかったの, きた, これを, もらって, やろうと, 了う, 入れて, 居ります, 歩いて, 落とされた, 行く, 見せた

4 [28件] いたお, いたのに, いたよう, いた私, いった, いるその, いるという, いる彼, かかりました, かかる, しまいそう, しまったと, しまっても, そこに, 下さい, 中を, 居た, 居りました, 居るの, 放した, 置いて, 落して, 血を, 行くの, 読み下した, 貰って, 返した, 駈けて

3 [77件] あったの, あります, あるぞ, ある大きい, ある炉, いいました, いたこと, いたもの, いない, いないから, いないところ, いなければ, いますから, いますと, いるけれど, いるし, いるだけ, いるだろう, いるとき, いるらしかった, いるわけ, いる私, いる自分, おりますが, しまうので, しまおう, しまったから, しまったので, しまったよう, しまったん, しまっては, しまわなければ, その間に, まさあ, やると, ゆくこと, ゐる, パンの, 一同を, 一直線に, 中の, 了いました, 云った, 何か, 出して, 向うの, 唇を, 大匙二杯, 居るから, 廻すよう, 彼の, 彼は, 待って, 心を, 息を, 捨てた, 放したよう, 放すと, 放った, 来い, 来た, 来たの, 来る, 横に, 歩いた, 水に, 泳いで, 片手を, 目を, 私の, 落とされたの, 行って, 見せて, 見たり, 言った, 読むと, 進んで

2 [221件] あげよう, あったが, あのひと, あると, あるところ, あるので, ある高, いたあの, いたか, いたため, いたん, いた彼, いた心, いた理窟, いないため, いないと, いないよう, いなかった, いらあ, いるじゃ, いるそうして, いるでは, いるとは, いるはず, いる事実, いる人々, いる叔父, いる妻, いる姿, いる模様, いる父, いる癖, いる百姓, いれば, うしろから, おいた, おいでに, おくん, おけば, おしまいに, おとされようと, おやり, おやりなさい, お供を, お目, かかるの, ください, くれました, くれませんか, くれる, こなたの, しまうという, しまうところ, しまうほどに, しまう方, しまえるもの, しまったが, しまったこと, しまったらしい, しまった物質, しまった頃, しまわねば, すてようと, すて周囲, すやすや睡っ, その中, その切口, その断面, その日, それが, とって, とんとんと, どうだろう, はじめて, はなした, ひくひくと, ひらりと, ぶうんと, ほとんど昔, またつけ加えた, みたが, みたり, みました, もとの, もらうこと, もらったの, やって, やりました, やるから, やるぞと, やれ, ゆくと, ゆくの, ゆっくりと, わたしは, ゐるので, カスターの, バターか, ヒョロヒョロし, フライ鍋へ, ベシン皿へ, ロイド眼鏡を, 一合の, 一息に, 一緒に, 上って, 中から, 五臓六腑を, 今の, 他の, 倒れた, 出します, 出ようと, 切り合おうぞ, 切れたら, 前の, 勘当され, 勘当し, 半病人, 博士は, 呼びに, 地に, 塀を, 売って, 娘の, 嫁入りと, 家を, 寝床に, 小口から, 居ながら, 居ること, 居ると, 居るのに, 峯吉の, 左の, 庭の, 廻る, 弓を, 彼を, 彼女は, 手に, 捨てて, 捨てようと, 捨てるに, 捨てるよう, 接ぎ木を, 放したが, 放した正次, 放す, 文字を, 最後に, 机の, 来たばかりの, 来たもの, 来ること, 桜飯へ, 棄てたの, 棄てたよう, 棄てろ, 森の, 死のうと, 死んだ, 死んだと, 死んだの, 水の, 油で, 法水は, 流れて, 海に, 火を, 熱湯の, 爾し, 物を, 皮を, 相手の, 眼の, 矢の, 種を, 突進する, 立って, 笑った, 簡素な, 終う, 続いて, 縦走し, 翔けた, 胸を, 自分は, 自殺した, 自殺を, 船を, 草原の, 落された, 落されたよう, 落される, 落されると, 落した, 落しました, 落す, 落すこと, 落すよう, 落せば, 落そうと, 落としたよう, 行く音, 街道を, 見せる, 見ますと, 走った, 走ったこと, 身を, 身構えながら, 辞儀を, 遣る, 部屋の, 雨戸を, 面を, 顔を, 風の, 馳けて, 髪を

1 [2964件 抜粋] あがるなかなか, あたしは, あの女, ありますが, あり枯木, あるお, あるこれ, あるビル, ある土, ある昨日, ある細い, ある銘, あんたは, いきなり玄関, いたい, いただけば, いたらう, いたわ, いた伯爵, いた十数名, いた塩野, いた姿, いた弟, いた村, いた筆者, いた良平, いた際, いつの間にか三脚椅子, いないこと, いない悟浄, いない様子, いなくて, いますけれども, いませんの, いよいよ本, いらっしゃる, いるいくつ, いるからね, いるせい, いるつもり, いるなか, いるほど, いるらしくかの, いるんで, いる三人, いる人, いる侍従, いる半, いる国, いる外記, いる女, いる年, いる所, いる最後, いる次第, いる水牛僧, いる災害, いる矢さき, いる老, いる見世物扱い, いる近藤博士, いる頃, え, おいで, おくこと, おしまいなすっ, おとした, おどろきの, およぎ水中, おられる乳母, おりますから, おる, お先真暗な, お君, お待ち申し, お砂糖, かえって池田兄弟たち, かかったはず, かからねえか, かかること, かかれば, かつ淋しく, かるくかるく行きました, きた妻白, きっぱりと, くださいね, くれて, くれること, くれれば, くんねえ, こう言う, ここんところ, こちらさまの, このソース, こようや, こわいとこ, さあもうすこし, さっさと引き揚げ, しかもその, しばし黙っ, しまいたい, しまいましたが, しまうぞ, しまうに, しまうまでは, しまう事, しまえと, しまおう切って, しまったっけ, しまったまでの, しまったスイッチ, しまった御, しまふと, しまわなくちゃ, じっと庭番, すぐに, すすむに, すてでも, すぱすぱ放り込んだ, するの, そいつを, そこへ, そなえなければ, そのきれ, そのまま火, その一本, その他の, その手, その生血, その肉, その通り, それからとっくり, それでもまだ, それをば, たずねられても, ただ無我, ためして, ちょっと躊躇, つくった大きな, とびのった, とんがり長屋, どやどやと, なげて, なるたけ大きく, のけてな, はっし, はねた, ばかな, ひょいと顔, ふたたび相手, ほかの, ぼくの, まじまじと, また前, まるで火箸, まッ, みせると, みて, みよとまでは, みんなの, もうその, もう用事, もらいそれ, もらうの, もらったん, やったこと, やったん, ややともすれば, やりたいほど, やるし, やるよ, やわい階段, よい, よそを, ろくに口, わずかに, ゐるし, エーテルや, ギロリと, コップに, シヅ子の, タップリと, ドテラ婆さん, バサッと, ピンと, ベシン皿が, マイナイスで, ロジェル・エ・ギャレは, 一つ跳ねる, 一同の, 一族死に, 一樹幹次郎は, 一軒家を, 三段に, 上げること, 上戸は, 下さるか, 下へ, 不動の, 与えると, 並べると, 乱杙歯を, 了え, 事切れて, 二人が, 云い憎, 仁王門を, 今夜あたりは, 仏神に, 仕舞ったから, 付け焼きに, 以来人に, 仰向きに, 伸縮みを, 何やら声荒らか, 作って, 例外なく, 俯向い, 倒れるか, 傲らぬ, 僧と, 先頭に, 入った, 全部一気に, 其処から, 再び此, 凝乎, 出しても, 出たから, 出でたの, 出ると, 出現し, 分けて, 切り崩して, 刎橋の, 別に塩, 刺青の, 剣の, 力の, 労働階級とともに, 勘当を, 十時小川路峠に, 半透明, 卜斎の, 却って胸, 去り行く青バス, 友軍の, 取りますし, 口へ, 台所の, 各メッシュ毎, 向こうへ, 吾輩の, 周平の, 呵々大, 問いつめられると, 四人で, 回す力量, 地下室の, 城中数千の, 塗物の, 填めた菱, 売に, 夕方東京から, 多額の, 大事を, 大地へ, 大阪と, 夫婦は, 女の, 始めて, 完全な, 家の, 寧ろ駒井甚三郎, 小さい杉, 小幡の, 小田原まで, 少し巻い, 尼に, 居た父, 居るが, 居るもの, 居る私, 山野夫人の, 嵌めて, 左右を, 巻き奉書, 帰ったの, 干したの, 平然と生き, 座に, 廻す米屋, 廻る程, 弓矢を, 当てますその, 彼女に, 往くの, 従容と, 御渡し, 復讐を, 忍びの, 思い切り厭, 怨みを, 悄然と, 意外に, 懸命に, 戸を, 手帳の, 手頃な, 払ったよう, 投げ下ろされた, 抛り出したとこ, 押し入ったの, 持ち帰れと, 捨つ, 捨てたり, 捨てること, 捨て帳場, 掛った, 控えて, 揺れるとき, 放したと, 放せ, 放たれた矢, 放ちました, 放つと, 故郷なる, 散財する, 整, 斜に, 新たに, 日ごろ慕い奉る, 昂然として, 星が, 暗い聴衆, 暫く沈黙, 最下の, 木下流の, 杖と, 来たん, 来た綾織, 来ないの, 来る太刀, 板の間に, 柴の, 桜飯の, 棄てなければ, 椰子水に, 横行濶歩する, 次の, 武蔵の, 歩く病人, 死にますれば, 死ぬまでじゃ, 死ぬ決心, 死んだという, 段々を, 殺虫の, 毒々しく光る, 気持よく, 水四合と, 氾濫せしめ, 沈黙の, 沸湯へ, 泣き出す, 泳ぎついた, 泳ぎ着いた三次, 活, 流れる水, 海老団治の, 深い皿, 渡したらしい, 湖の, 満場の, 溯るよう, 演じたり, 瀉血させ, 炉に, 無表情に, 煮た, 片手六方で, 犬の, 玉垣の, 瓜州蘭州を, 生物の, 申訳を, 疎な, 疾走し始めた, 登りそれ, 白ソースで, 百人前の, 盗んだの, 直ぐ水, 真っ直ぐに, 眼も, 着て, 短冊形の, 研屋あさりに, 祇園藤次ずれの, 秋冬の, 空までが, 突然何, 立ち上っても, 立退きましたれば, 第二幕, 米一升に, 紀州の, 紺青の, 結句を, 続けて, 縫いちぢめ, 置いたもの, 置きさえ, 美しい星, 考えて, 肥満し, 胸元から, 臆病らしい, 自殺する, 船が, 花鰹を, 茶の間へ, 菓子だの, 落されるだろう私, 落され咲き乱れてる牡丹, 落した例, 落し手網, 落とされたよう, 落とした血みどろ, 蒲団を, 薄片と, 血が, 行きつつ, 行く事, 行ったから, 衝突と, 褄も, 見えた, 見せたり, 見ただけ, 見ますると, 見ること, 解らずに, 記念祭を, 誓いを, 読みくだした栄三郎なにごと, 読み下した私, 読んだ, 謀略の, 谷を, 貝細工の, 貰うこと, 貼って, 走りよみいたしました, 走る, 起き出かける, 身も, 軒の, 辛くも受, 返す, 追いすがって, 逃げたため, 逃げだしたの, 逃げる訳, 逃げ出そうと, 通ります, 造った管笛, 進む, 運ばれて, 道を, 遠火で, 部屋を, 金に, 鉄瓶が, 長く深く慄, 間に, 阿波の, 隠居所に, 離した, 電灯の, 震え声, 静かに, 頂戴, 頷きながら, 顫え, 飛び来ると, 飛ぶ時, 飛沫を, 食った, 食べるのに, 馬の, 馬鹿に, 駆けて, 駈けつけた, 駈付けて, 高氏は, 鳥の, 鳴って, 黄いろい幽霊, 黙り込んだ

▼ 切っても~ (225, 4.0%)

12 切れない関係 8 切れない縁 6 切れぬ関係 4 いい, 切っても, 切れぬ仲 3 切れない因縁, 切れぬ因縁, 構いません 2 よかった, 切れないつながり, 切れないもの, 切れない因果関係, 切れない深い, 切れない縁故, 切れぬもの, 切れぬゆかり, 切れぬ深い, 切れぬ縁

1 [158件] あるいは五つ, いいでしょう, いいの, いいわけ, いいん, いい紙, いかんという, いけないいけない, いた, いつまでも, いなかった, おまえが, きりはなせない旗, きれないつながり, きれないドクタア・ジョンスン, きれない仲, きれぬ従前, この恥, この渾然, しまいますまい, その断面, それは, つながって, とにかく片, またフィステル, また同様, また最後, また根ざす, まだ巻きあがった, やはりわたくし, よい, よいし, よいであろう, よろしい, わびそう, ピチピチと, ムダだ, 今度こそは, 償い得ぬ大, 先生の, 出来ますが, 切りでが, 切りはなせない, 切りはなせない関係, 切り尽せないほどの, 切り離せないもの, 切れずつながって, 切れず一人, 切れず錐, 切れないかかわり, 切れないでも, 切れないふかい, 切れないよう, 切れない不死身, 切れない仲, 切れない仲間, 切れない伏見, 切れない余生, 切れない作中人物, 切れない君, 切れない埋れ木, 切れない大好き, 切れない患者, 切れない断とうとしても, 切れない書生時代, 切れない気持ち, 切れない由縁, 切れない盟約, 切れない直接関係, 切れない祖先, 切れない立場, 切れない絆, 切れない脈, 切れない腐れ縁, 切れない血, 切れない血族, 切れない親し, 切れない親分子分, 切れない親子, 切れない親族, 切れない連想, 切れない連絡, 切れない道づれ, 切れない間, 切れない離すべからざる密接, 切れない馴染, 切れぬ, 切れぬところ, 切れぬの, 切れぬはず, 切れぬよう, 切れぬらしい情夫, 切れぬ伴侶, 切れぬ同姓, 切れぬ同族, 切れぬ同行, 切れぬ周囲, 切れぬ固い, 切れぬ堅き, 切れぬ天縁, 切れぬ姻戚関係, 切れぬ恩義, 切れぬ情縁, 切れぬ旧縁, 切れぬ歴史中, 切れぬ民族的自覚, 切れぬ祖先, 切れぬ縁組み, 切れぬ腐れ縁, 切れぬ芸術的因縁, 切れぬ親子, 切れぬ貴い, 切れぬ道連れ, 切れぬ間がら, 切れねえだろうねえ, 切れねえ仲, 切れねえ叔父甥, 切れるもの, 口惜しくありません, 同じ事, 同じ位, 外国人から, 失策の, 孫達の, 宜いよ, 家名断絶の, 平らに, 幹の, 延びて, 手加減を, 手許に, 払っても, 折目高の, 掛からずいつも, 書いたもの, 棄てたいよう, 死んで, 汚い黄色, 済まない所, 片時も, 生きつづける単細胞動物, 申訳しなけれ, 留置場増設を, 眼玉を, 神威を, 薬さえ, 負けず十七円半, 赤くなくなった, 追っつかないこと, 追っ付くまいぜ, 通らせん, 過言では, 間に合いませぬ, 関わぬ物語, 離れぬ存在, 頭を, 首は, 駄目だ

▼ 切ったり~ (90, 1.6%)

13 して 5 入れたり 3 つないだり 2 するよう

1 [67件] えぐったり, これは, した, したこと, したの, した者, しないかぎり, しない九分通り, しながら, しようもの, すること, するとき, するの, する筈, する躾, せずに, その薪, つくろい物, ぬいあわせたり, はこんだり, はったり, またお, またお母さん, または漁具, また竹, コンクリートの, スキーに, 何か, 俸給を, 具体的な, 内儀と, 分けて, 切らせたり, 削ったり, 同時に言い出し, 小声で, 屑芋を, 張ったりが, 手紙を, 手討に, 折ったり, 掃き溜めを, 断ち割ったり, 書き直したり, 枯れ枝を, 毀したりは, 汚したり, 没収し, 注射液を, 消したり, 目盛盤を, 突っついたり, 糧食の, 細かい面倒, 細工し, 縫ったり, 脚を, 膚脱で, 自殺させ, 草を, 華々しく腕, 覆したり, 配ったり, 重い閂, 顔に, 食ったり, 髯を

▼ 切っての~ (79, 1.4%)

2 勘当, 大親分, 物持で

1 [73件] お初つ, ことであった, ギャングの, スゴイ高利貸連を, ノラクラ者博奕も, 一刀流の, 人気を, 人気娘で, 人気者の, 伊達者ボニ侯爵が, 俊才検察ブレーン, 優秀船が, 凄腕と, 凄腕時々, 出頭人大賀弥四郎のや, 函作りの, 分限と, 北国で, 名代の, 名優として, 名物, 名物男でした, 名門の, 堕落書生で, 大きな博奕宿, 大会社, 大侠客, 大地主, 大奮発, 大金持, 天下第, 天晴れな, 女伊達とも, 御注進, 急工事, 怪力の, 怪賊と, 悪党だ, 愛嬌者で, 才子才媛が, 挙人である, 放埒者と, 旅館であった, 有名な, 海の, 海産問屋大丸の, 海産物問屋大山と, 漁業通だ, 無頼漢を, 物持ち, 物持という, 生神様, 睨み上手の, 立女形の, 縹緻よし, 美しい娘, 美人だった, 美少女だった, 美少年だった, 良い顔, 花形で, 衝突が, 評判者だった, 話が, 謂うところ, 謹厳剛直の, 議論が, 貿易商南支那切っ, 質問とも, 辣腕と, 辣腕家であった, 金物問屋で, 長旅で

▼ 切っては~ (68, 1.2%)

3 いなかったが 2 いない, いなかったの, それを, 猫に

1 [57件] あざやかに, いけない, いけないよ, いけない傷付けても, いけませんよ, いたが, いないしかし, いないの, いなかった, いませんでしたが, いること, かかりませぬ, さしつかえるという, その手, だめよ, なげました, なった黒鷹, ならず五, ならない, ならないという, ならぬそれ, ならぬと, ならん, なんだか冥利, はらわたを, ぽつりぽつりと, 一矢を, 一足ずつ, 丙号聴音機を, 仕事が, 休息し, 内職が, 反則に, 口の, 右側へ, 城下へ, 大事だ, 尽くすという, 居るが, 巣に, 悪かろう, 悲しいと, 捨てして, 早口な, 殿の, 気附かれる, 泥を, 注文し, 泳ぎ薙いでは, 盛んに, 自分の, 貼る中, 走り隠見出没, 跳び切っては, 跳ぶまるで, 近所の, 頻りに尺八

▼ 切ってから~ (28, 0.5%)

1 [28件] お皿, この方わたしは, こんなにおどろいた, ちょっと例, またさして, また落着, また静か, まだ書いた, もう一度茶の間, コップを, コンナに, ソフィヤ・リヴォヴナと, 一口飲みたい, 今までに, 会津屋の, 再び頭, 割合楽, 尖切, 彼は, 扉を, 斉興を, 明りを, 暫くする, 札を, 次の, 歩き出して, 水漿を, 誰に

▼ 切っちゃ~ (14, 0.2%)

2 いかん

1 [12件] いかんお前, いかん浅間, いけない, いけないおい, いけないよ, いけない切っちゃ, いけません, いなさいよ, 不可い, 十人と, 嫌だ, 返り血

▼ 切ったって~ (6, 0.1%)

1 それは, へーえ何, 居る, 本当かしら, 言ったら皆, 驚くこ

▼ 切っ立て~ (5, 0.1%)

2 の崖 1 になっ, になった, になってる

▼ 切ってか~ (3, 0.1%)

1 たわに, ちゃりと, 眠りから

▼ 切ってけ~ (2, 0.0%)

1 えしてやん, えって

▼ 切ってわ~ (2, 0.0%)

1 アわ, ッと

▼ 切っ~ (2, 0.0%)

1 やお, を二三本コッソリ

▼ 切っ~ (2, 0.0%)

1 つまった苦し, 詰った苦し

▼1* [20件]

切っかけのよう, 切っからはア, 切ったりなどしない, 切ったりなんかしながら, 切ったりも出来ないからね, 切ってからの環境であろう, 切ってからはずんずん輪, 切ってからも室堂までは, 切ってさえしまえば, 切ってしもてから直ぐに, 切ってね一文も, 切ってばかりいるの, 切ってまで突留める, 切っいて, 切っ詰って, 切っぱつまった自我の姿, 切っぱつまってからは前の同じ, 切っの大, 切っ下がりに彼, 切っをもお構いなく