青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「動き~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

勉強~ 動~ ~動い 動い~ ~動かし 動かし~ ~動かす 動かす~ ~動かない ~動き
動き~
~動く 動く~ ~動作 動作~ ~動揺 動揺~ ~動機 動機~ ~動物 動物~

「動き~」 3433, 37ppm, 3121位

▼ 動き~ (480, 14.0%)

19 見て 9 眺めて 6 して 4 感じて, 示して, 見せて 3 知ること, 私は, 見つめて, 見ると, 観察し, 追って

2 [25件] じっと眺め, つづけて, とらえるの, 人間の, 停めて, 取って, 否定し, 執拗に, 外に, 強く深く樹心, 忘れて, 感じた, 止めた, 狡猾な, 目で, 直接に, 直接目に, 知る私, 見れば, 見極めようと, 見落すまいとして, 訊いて, 調べて, 追求し, 連続的に

1 [366件] ああこう, あまり表面, あらためてこまか, あらわすもの, ある程度まで, いまの, うかが, うかがいながら, おさえて, おっかけた飛躍, きめられなくして, くりかへ, ごまかすため, さすの, させずに, した, じかに見ない, じっと見詰め, じっと観察, じっと静か, すっかりとめた, するかとか, するが, するそれ, すると, するもの, する口もと, ずーっと勉強, そのまま投げ出し, その必然, その艶麗, ためらわせた, だまって, ちょっと見せた, つけなければ, つけようと, つける, つけ一汗, つつんで, とめたので, とめるかも, とらえて, とらせずに, とりあげる差し, とりことに, どうにも止めよう, なしうるの, なし得るため, なすかを, なす滝川, なにかの, にらんだり, はじめて知り得た, ひたすらに, ひっくるめて, ふりきるよう, ほとんど座布団, ほのめかすの, ぼんやりと, まざまざと, ます, まるっきり反映, みせその, みせたので, みせて, みたよう, もたらさぬこと, もちながら, もった統一, もつた表情, やや誇大, ゆっくり追っ, よかれあしかれその, よく捉, よく捉えた, よしんばそれ, り, る, イギリス文字に, エイゼンシュタインが, ジッと, ハッキリと, ビジュアライズし得る, フィルムに, マジマジと, マヂマヂ見, リイドする, 一々報告, 一々見, 一歩一歩先まわりする, 一種の, 丁度輪郭, 不愉快な, 与えた, 与えること, 与えるという, 世に与えた, 世間向きの, 中止した, 主唱し, 主體的, 予想させる, 予想せず, 予知した, 事細かに, 云い表わす概念, 享有する, 人に, 今か, 今日に, 代表する, 伝えるもの, 何かの, 何と, 保障する, 凝っと, 凝視し, 凝視する, 凝視め我居り, 分析し, 制しかねた風, 制約され, 制約し, 刻々に, 加え露, 助けて, 動機として, 反映した, 反映せざる, 取る時, 同じくする, 君は, 否定すべき, 呼び起こして, 回想する, 圧える, 外側から, 多くし, 太田は, 失って, 失はないに, 失わないに, 好奇と, 妨げるだけ, 嫌がる必要, 実際の, 察しよく, 屈折し, 工夫したら, 左右し, 幾何で, 引出した, 彼は, 微速度映画, 必要と, 忘れた投影, 念入に, 念入りに, 思い三道, 思ひだすとき, 思惟の, 悟つたらしく, 想わせる軽薄, 想像する, 意味し, 愛や, 感じさせるやう, 感じたかの, 感じたもの, 感じとろうと, 感じると, 感じ何, 感じ過ぎるため, 感ずる, 感ずるところ, 慕って, 成熟させない, 批評し, 把握する, 抑える事, 抑える作用, 投獄という, 押へる, 持って, 持つ, 指して, 捉えること, 掛けた時, 探って, 探ること, 描いて, 描かない, 描き出したの, 断ち切った時, 日本独特の, 早くも, 書きたいと, 書くこと, 欠いて, 止めて, 止めなかった, 止めようと, 止めるには, 歩みを, 殺すこと, 求めた, 決して見逃し, 決定すれ, 注目し, 消されたもの, 消し去った能, 滑らかに, 炉の, 為して, 特にこの, 理解した, 理解する, 留め乍ら續, 當つて見ました, 発見する, 百パーセント喜ぶ, 監視し, 直感し, 相手との, 看取する, 真似した, 眺めれば, 眼で, 睨んだ, 知って, 知つた, 知らない一人, 知らない所, 知るため, 知るに, 示さず領土問題, 示さないよう, 示したよう, 示したろうか, 示した当時, 示しだして, 示しはじめるの, 示すだろうか, 示すの, 示せば, 空気に, 窺いました, 窺ひ, 笑えなかった, 精細に, 糊塗し, 紹介し, 経験し, 経験した, 経験する, 統一させ, 続けて, 網膜に, 美しい文学的, 考へて, 耳へ, 聞きとろうと, 聴き遁さ, 肯定し, 肯定する, 肯定的に, 脳髄の, 自己の, 自然に, 落付いた, 表情を, 表現する, 表面から, 表面化し, 見こして, 見せその, 見せてる顰めた奇妙, 見せながら, 見せなくちゃ, 見せなくなる, 見せる, 見せるという, 見せるもの, 見せるレンズ, 見せる女, 見せる鼻, 見せ六隻, 見せ十六日, 見た, 見たかったの, 見つけるよう, 見つめ切り, 見つめ語気, 見ても, 見て取った, 見て取ること, 見とおすよう, 見ないもの, 見に, 見のがしませんでした, 見ようという, 見られるの, 見るには, 見るの, 見るのに, 見るばかりに, 見る事, 見る場合, 見上げて, 見変, 見失うよう, 見守りその, 見守り息, 見守る赤, 見張つて, 見得る眼, 見据ゑて, 見詰めて, 見詰めました, 見透し明らか, 規定する, 覗き込む, 覚えましても, 観察した, 言葉に, 試しました, 話して, 詳細に, 認めたこと, 認めたり, 認識しなけれ, 語る清助, 語る線, 説明し, 読もうと, 調べました, 調べるつもり, 調べシェファー博士, 調節し, 起こせば, 起して, 起すには, 跡づけたもの, 追うて, 追う素子, 追ひ, 追求する, 連想する, 進歩と, 過大に, 醸し出して, 阻害された, 除けば, 除外し, 除外する, 階級的立場から, 際限も, 露骨に, 非常に, 面白そう, 音楽で, 馬の, 髣髴させる, 默つて頼もしく, 黙って, 齎して

▼ 動き~ (404, 11.8%)

8 ある, とれない 6 取れなくなって 5 繁くなり出した 4 とれなくなって, 見える 3 あったか, あって, とれないの, とれなくな, 取れない, 取れません, 彼の, 感じられる, 見えた

2 [28件] あった, あったの, あつた, あるので, あるのみ, そこに, そして言葉, その聯絡, とれないもの, とれなくなつ, とれなくなる, とれません, ない, 具体的に, 取れないから, 取れないこと, 取れないで, 取れないという, 取れないの, 取れないよう, 取れなくなった, 取れなくなる, 取れぬ, 取れねえ, 活溌に, 特に目, 私を, 見えて

1 [286件] あきらかに, あったため, あったばかり, あったり, あった方, あった筈, あまりにも, あまりによく見張られ, あります, あり他方, あり同時に, あり時代的, あるから, あるけれども, あること, あるという, あるの, あるばかり, あるもの, あるやう, あるよう, あるらしい, あれば, いったい誰, いつもより, いなずま, おこって, おそく宗久, おのずから表明, きざして, きつとある, こきざみにはげしくなる, ここでは, この港, この街道, しきりに彼, すくない, すなわち規矩, すべて旋律と, そのほう, そのまま伝わっ, その例, その動き, その動きそのもの, その眼, その精神, その通り, それが, それで, それ等の, ただよって, ちゃりと, ちらちらする, つかず殆ど, つかないの, つかなかった, つかなかったよう, つかなくなったの, つかなくなって, つかなくなりやがて, つくこと, つくめ, つたは, つづくの, つよくあっ, できなかった場合, とまった, ともかくも, とれず, とれずに, とれずまた, とれず偏狭, とれず引返して, とれないから, とれないこと, とれないじゃ, とれないじや, とれないそして, とれないで, とれないには, とれないので, とれないほど, とれない心持, とれなかったん, とれなくなった, とれなくなりそれ, とれなくなりは, とれなくなり仕方, とれなくなるに, とれなくなるの, とれぬいつか和船, とれぬほど, とれねえそれで, とれねえんで, どういうもの, どうしても語り手, ないから, ないと, ないという, ないね, ない家政婦, ながめられた, なくとも, なくは, なくむやみ, はっきり映る, ひとりでの, ほしかった, まざまざと, またはじまっ, また中, また人々, また始まる, また實, まちまちで, むしょうにもどかしく, もう少し能動的, もつと, ゆるやかに, よくとらえられ, よく分る, わずか一月近く, ギクシャクした, フランスに, 一つも, 一人でに, 一様で, 三伝の, 不自然だ, 人気の, 今日の, 何か, 何となく言論無用, 何物かに, 円滑に, 出るでしょう, 分って, 分らなくなるという, 分りやすく, 初まる, 判っきり, 劇画化され, 動くにつれて, 収まって, 取れそう, 取れた物, 取れないじゃ, 取れないもの, 取れなかった, 取れなくなったの, 取れなくなつ, 取れなくなると, 取れなくなるに, 取れなくなるの, 取れなく成るん, 取れねえから, 取れますまい, 取れませんね, 取れませんや, 取れません全く, 取れません決して, 取れやしませんや, 取れ申さぬ, 呑み込めません, 周囲で, 周囲に, 咄嗟に, 問題では, 在ること, 地味な, 外部の, 多いという, 多く距離, 大きくまた, 大局に, 太い一直線, 失せて, 始まる, 察しられるの, 寧ろ政治, 少しも, 尾の, 平野の, 幹で, 影を, 律動的で, 微妙です, 思わしくなくて, 怪しまれる女, 悪いから, 悪い時, 悪く実に, 感じられますか, 感じられるのに, 感ぜられて, 感ぜられますし, 抑え切れなくなった, 拳銃を, 持って, 掠めて, 撞着し, 支配的に, 政党排撃の, 政治的だ, 敏活であり, 敵御方の, 日本に, 早いので, 最近どうも, 有つ, 本当に大切, 案外思わぬ, 次第にはつきり, 民衆自身の, 気持よく, 水の, 沢山ある, 浮んで, 渦巻きながら, 渦巻の, 漸く薄らぎかけた, 父に, 狂って, 現れるの, 現われて, 生活感情に, 画面の, 発生する, 目に, 目まぐるしいにつれ, 目立った, 相当の, 眼に, 社会の, 神の, 私たちの, 私には, 私にも, 空腹の, 突然この, 窓の, 籠って, 継続し, 緩慢だ, 職工たちの, 肩に, 自らの, 自然に, 舞台の, 著しくなっ, 薄い紅葉, 街の, 見えたが, 見えだしたくらい, 見えないぢ, 見えはじめて, 見えました, 見えると, 見える頃, 見やすい, 見られず息苦し, 見られた, 見られたの, 見られるよう, 見当らないという, 認められる, 認められるの, 認められ私, 読みとられる, 豹一の, 起った, 起るもの, 起るわけ, 足音たて, 跡づけられて, 身に, 造酒の, 酷くて, 鈍くなり, 院や, 随分違う, 露骨に, 音楽の, 響いて, 顔を, 鮮やかに

▼ 動き~ (369, 10.7%)

16 中に 9 取れない證據 7 中で 5 取れぬ証拠, 間に 4 うちに, とれない證據, 取れぬ證據 3 とれないもの, なかで, なかに, なかにも, 中では, 取れない証拠

2 [19件] ことを, すべてを, つかなかったこと, とれないよう, とれない今, とれない息苦し, とれない最後, とれない運命, とれぬもの, ないところ, ない顔, なかの, 中から, 中にさえ, 前に, 取れないこと, 取れないよう, 美しさ, 間で

1 [259件] あったかく重い柔軟さ, あとに, あやから眼, あらゆる場合, あること, ある側ら, ある力強い, ある場合, ある時代, ある絵, ある自由, ある風情, ある馬上, いちじるしい雲, いらないラジオ, うちには, うちの, おそいのに, この足どり, ごときは, しずかな, じゃまは, すきを, すべてに, ために, つかないど, つけなくされる禿安, つながりで, とれないくらい, とれないという, とれないところ, とれないぬかるみ, とれないみじめ, とれないやかましい, とれないギリギリ, とれない中, とれない事, とれない家, とれない寂し, とれない時, とれない様相, とれない樣, とれない物的証拠, とれない現実, とれない目標, とれない確か, とれない結果, とれない絵, とれない苦しみ, とれない蠅, とれない証拠, とれなかったぎん, とれなくな, とれなくなった愛欲関係, とれなくなるまでは, とれぬほどの, とれぬ事実, とれぬ実物, とれぬ条件, とれぬ状態, とれぬ群れ, とれぬ羽目, とれぬ習慣, とれぬ苦悶, とれぬ落付き, とれぬ証拠, とれぬ証拠物, とれるもん, とれるよう, とれる峠下, ないこと, ないよう, ない一重瞼, ない人形, ない保, ない地位, ない微細, ない拠り所, ない標準, ない状態, ない瞳, ない確信, ない空気, ない表情, ない貧しい生活, ない邊, ない音, なお止まぬ, なかから, なかには, なつかしき, にぶい社交下手, ほかの, ままに, やうな, ような, ように, わからなかつた欠陥, テンポが, ボリュームが, ポイントとして, メカニズムな, リズムが, リズムに, 一つとして, 一つの, 一つ一つが, 一方には, 上では, 上に, 不平均, 不思議さに, 中からも, 中でも, 中にすらも, 中にを, 中核と, 二方面, 介在によって, 他の, 例の, 全くない, 全体的統一, 全然分からない, 内から, 内に, 再現と, 写真と, 出て, 分裂が, 制限された, 劇, 劇へ, 力関係の, 原則めいた, 取れないといふ, 取れないところ, 取れないの, 取れないわたし, 取れない作り付, 取れない停滞, 取れない困難, 取れない悲しみ, 取れない惡人方, 取れない所, 取れない故障, 取れない材料, 取れない条件, 取れない沈黙, 取れない泣顔, 取れない筆者, 取れない被害者, 取れない規則, 取れない身, 取れない重症患者, 取れない雪隱詰, 取れなかった二人, 取れなくなった気持, 取れなくなった自我意識, 取れなくなった被害者, 取れなくなる云わば, 取れぬところ, 取れぬよう, 取れぬ棒, 取れぬ死物, 取れぬ羽目, 取れぬ長屋, 取れねえよう, 取れんこと, 取れん文句, 只ならない, 合理化に, 基本を, 多い小夜子, 多い空, 大きさ, 大すじ, 大要を, 妙が, 妙に, 妙は, 姿と, 少い役を, 少い役例えば, 少い木偶, 少し静まっ, 少ない主役たち, 少ない対話, 少ない老婆, 工夫を, 幅員を, 底づよさは青鞜社という, 底を, 形は, 微妙な, 意味や, 意味を, 感じは, 感銘として, 批判に, 拵えものとの, 方に, 方向が, 方向で, 方向と, 方向に, 方向を, 早いこと, 早きこと, 本質が, 果にか, 様々の, 歌である, 水準に, 法則を, 深さ, 渦の, 激しさ, 為に, 無いところ, 無い庭, 無い舞台, 爲に, 特長も, 現わし方, 現実が, 理由が, 盲点を, 直接的な, 真実の, 真面目さから, 研究, 秘密を, 節約そのものの, 絶えること, 綿密な, 線鋭い, 肯定に対する, 芽は, 表面に, 裡で, 複雑な, 見えるよう, 解決という, 記録が, 諸条件, 起るやう, 起るよう, 躍進的な, 遅いピアノ, 遅い八五郎, 遅い所, 遲い, 部分的工夫及び, 間瞬間の, 関係を, 難易は, 静かな, 顔かたちが

▼ 動き~ (224, 6.5%)

3 しない, しないの 2 それは, むしろ無表情, 一つの, 数理の, 文楽古来の, 断える, 時代遲れな, 止まりは, 順次に

1 [200件] あっても, あるいは警職法反対, あるが, いたしませぬ, いつでも, いつも作家, いつも単純, いよいよ世, いよいよ活溌, いろいろの, うつどうも, かういふ時代, きびしいから, こうした組織, ことに凝視, この一年, この頃急, これからな, これな, これらの, これを, さみしいが, しないか, しないかと, しないかを, しないと, しなかった, しなかったでしょうか, しなかったん, しなかつたが, しまいか, しませぬ, すぐに, すぐ呉, すべてその, するが, せぬけれど, せんの, そうした外部的, そうなっ, そこで, そのあと, そのごく, その作品, たとへば人間, ぢめた, つくやう, できません, とれない, どうか, どうしても足なみ, どうだったろう, どうだつ, どうも彼, どんどん若い, どんなにそれ, ないの, なかった, なくただ, なくても, はやの, ひとりでにすべて彼, ひどかった, ふっと消えた, ほとんど変らない, ますますはげしく, まずあの, また別, まるで予期, もとより, やまないで, ようやくあわただしく, よく知っ, よしあしに, よほど実際とは, わが心, スピード化され, ブルジョア民主主義の, ヨーロッパ風に, 一八七二年の, 上下動的であっ, 不思議に, 世界史への, 中国との, 中年からの, 乃至それ, 二枚の, 人の, 今これらの, 今の, 今は, 会期の, 何も, 何処にも, 作品と, 例えば河, 信長にとっては, 全てに, 全日本の, 公式の, 到って, 劇しく, 労働者階級の, 動きの, 勿論, 即ち心, 友愛の, 取らせねえの, 取れないで, 口許の, 可なり, 同じ顔かたち, 君には, 否でも, 吾, 周囲の, 地球の, 壊されたあらゆる, 外から, 多少實驗的, 多計代, 大きくなっ, 如何にも変, 如何にも變, 婦人の, 実に複雑, 実際に, 家中の, 山川草木に関する, 広まりついに, 彼自身にも, 微塵も, 微妙複雑な, 必然的に, 思想としては, 敏活で, 敏活柔軟と, 文壇内の, 新しい社会的, 日本型ファシズムと, 昨日まで, 時局に際して, 果してより, 株式会社鎌倉文庫に, 次第にぼんやり云われ, 歌の, 止まらないのに, 此に, 此の, 歴然たる事実, 気分的に, 江辺垂釣の, 決してあの, 法の, 注視される, 激しいの, 無名の, 熱情に, 特に今年, 猛烈で, 現実に, 甚しく, 甚だ微妙, 生々と, 生きて, 生命を, 疾風迅雷です, 直接間接に, 硯友社的美文で, 祖母への, 私に, 私の, 私自身説明出来ぬ, 筋道も, 純粋で, 経営者側からと, 絶えず障子, 美しいと, 自分の, 自然その, 自由主義的基調によって, 芸術運動にも, 若々しく青年, 若い人々, 見えても, 見ましたが, 見られないのに, 見方の, 親に, 観る者, 言いあわせたよう, 賞讃さるべき, 起るに, 逼り, 重大だ, 錢形平次にも, 静かです, 非常に, 頻繁で, 魚の

▼ 動き~ (204, 5.9%)

13 しない 8 しなかった 5 しなければ 4 しないで, しません, せずに 3 ありません, しなかつた, せぬ, せねば 2 ある, しないのに, せず何, せず横, せぬが, なければ, ならず固く, ほぼ家康, また単に, 動くその

1 [134件] ありませんが, いたって, おこっても, こじりも, ことごとくその, この年, しずに, したが, したくなかつたので, して, しないから, しないし, しないの, しないので, しない口, しない大地, しない食べもねも, しなかつた樣子, しなくなったよう, します僕, しませんでした, しようが, すつかり止ん, すべて丸っこく, すべて余の, するし, するだらう, せざりき, せず, せずあった, せずくわっと, せずじっと, せずまた, せずリュクサンブール, せず千代, せず待って, せず此方, せず無言, せず物, せず見も, せず言葉, せず鈴, せぬため, せぬ大, せぬ大食ひな, せぬ獣, せぬ閃きも, せぬ鳴り, せん, その圭角, ただでは, たど, たどたどしく五重の塔, できないし, できなくなって, とれない, とれぬ始末, どうやらおさまったらしく, ないこの, ないで, ない暗い海, ない樹頭, なかった, なかつた, なかつたの, なくは, なく四囲, なく殆, なく誰, ならず動搖, ならぬ混雑, はっきりと, また世界, みんなその, やらず, わかって, モラルも, 取らせずに, 取らせなかった, 取れなかつたが, 叫びも, 台詞の, 吠え聲, 咳も, 喋りもしや, 多い, 多くなりましょう, 大きくて, 富士の, 引きも, 彼に対しては, 彼は, 心理の, 恐ろしくテムポ, 恐ろしくテンポ, 手伝ったこと, 本質に, 極めて微か, 止りも, 気持も, 注意し, 無い, 無い世界, 無く音, 無視し, 無限に, 独特で, 現れなかつた, 現れも, 甚だ強い, 生気も, 眺めて, 眼の, 知つて居る, 知りたくなって, 私の, 答えも, 絵か, 美しく見え, 翌年三月までに, 華麗な, 螺旋サ, 表れなかつた, 表情も, 見えた, 見えませぬ, 調べ度い, 起らなかったこと, 輕い, 速い, 隊長も, 非常に, 響きも, 顕著であろう

▼ 動き~ (200, 5.8%)

24 つれて 4 注意を

2 [11件] すぎないの, なって, なっては, ならない方, 一々必然的, 就いて, 応じて, 応用し, 於ては, 注意し, 目を

1 [150件] あっても, あの溌剌, あまりに忠実, あるやう, いっそうよくつい, おくれざらん, おのづか, かかる冒険, かかわり来って, からませて, ぎごちない, くらべると, こうした制限, ことの, さらされながら, したがって, じっと見入りました, すぎない, すぎなかったの, すぎなかつたので, すすんで, すでに春, そなえたけれど, その夫婦, その混迷, ちょっと説明, ついていけない, ついてたと, ついて行くこと, つぶされたよう, どういう関心, なったこと, ならずに, ならないから, ならないよう, なりにくい, なります, なりません, なるあなた, なるの, なるよう, はっきり自分, ひきつって, ひきまわされるばかり, ふと興味, ぼんやり視線, みたされたもの, みちた暮し, みちた肢体, みちて, めぐり合いの, もまれて, ようやく彼, 一切が, 一定の, 不思議な, 乗り大, 代えられるよう, 似た反復, 何か, 充満し, 内外から, 出来る鳩, 加わった事, 加わると, 動いて, 動く物, 半, 協力し, 参加し, 及ぼした効果, 反動を, 合流しました, 向けるよう, 向って, 呼応し, 商売などの, 執着を, 基いて, 堪へずして, 変った, 奇妙な, 安心し, 富んで, 少し力, 巧に, 庭の, 彼の, 従いながら, 従っただけの, 応じる変化, 恥を, 押されたよう, 押され出した, 搖られ, 敏感に, 於て, 時間の, 極致が, 止まって, 気を, 沿いながらも, 注目を, 注視し, 深い不快, 漲つて, 澄みきった真空, 特に関心, 現われて, 由るの, 異常な, 異常を, 直面した, 眼を, 私どもは, 私は, 移る, 移ろうと, 窺われるの, 立ったの, 立って, 童児の, 素直な, 絡んで, 縺れて, 耳を, 興味を, 見えたの, 見とれて, 見とれ首, 見惚れる, 触れて, 評価を, 誘われるよう, 諸制度, 象徴された, 負わされて, 身を, 迷ひ, 通じたもの, 連れて, 適応させよう, 野心的な, 釣られて, 鈍感であっ, 関心し合い, 関心を, 非常に, 靡き出した群衆, 顕著な

▼ 動き~ (100, 2.9%)

7 をし 6 をする 2 は全く, をしてる, 歩き方

1 [81件] から体, から見, がゆるやか, が作り上げた, が劇, が定, が拙者, が男女, が讀む, が隅々, が非常, であつ, である, である人, でしかも, でその, ではなかっ, ではなく, でやっと, でゆっくり, で所謂群集心理, で船, といい, というもの, と変化, と違う, なぞも一本気, なりにまだ少し, において私達, についてはその, については殆, について考えさせられる, には時代時代, にもその, にも複雑, に変質, の三分一, の方, の特殊, の端睨すべ, の順序, はし, はしてねえ, はすっかり, はその, はできない, はどう, はまだ, は何, は何ら, は別に, は前後左右, は大, は日本, は未だ, は殆ど, までいちいち, もく, もさらに, も似, や性格, や業, や現れ, をいたし, をさせた, をみる, を変え, を始めた, を指す, を撮影, を機械的, を現そう, を知っ, を知ってる, を確め, を表現, を見た, を見ました, を覚え, を顧, を高速度活動写真

▼ 動き~ (80, 2.3%)

4 なって 3 一緒に 2 なる, なること, 自分の

1 [67件] いい一見, いうか, いうべきであろう, いっても, かかわり合って, こちらでの, ごろごろねそべっ, して, その文学, その間に, それによって, それを, なったらその, なつて, めざめては, パッションを, 一致し, 作品の, 併行し, 動きによる, 動きの, 化粧の, 合ったリズム, 同じ感じ, 同様に, 唇の, 土の, 変化とを, 多彩と, 天地の, 姿とに, 姿の, 婦人作家の, 密接な, 心理とを, 思念を, 悔恨とを, 感情の, 我々の, 数の, 文学の, 時代相を, 根本に, 殆ん, 活溌に, 流露とを, 申す方, 畠に, 白露の, 直面し, 矜り, 福助の, 美しさ, 自分という, 色彩が, 花恥かしい, 著しくかけ離れ, 血の気の, 行動と, 行動とによって, 表情とに, 見るに, 見るよりも, 観察し, 音と, 音を, 音響とが

▼ 動きかた~ (58, 1.7%)

9 をする 5 をした 4 をし 3 はますます

1 [37件] あらゆる複雑, からでもすぐ, が目立った, だった, です, で風向き, という発端, として印象, とに自ずから, には何とか, によってたとえ, によっては地方, のくせ, のはげしい, のタイプ, の感情, の背景, はいろ, はいろいろ, はきわめて, はその, はただ, またその, までも清逸, もある, もしなかった, も距離, をおのずから, をしたら, をしました, をもきっと, をやっ, をウルフ, を感じました, を知っ, を語っ, 動かされかた

▼ 動きそう~ (58, 1.7%)

14 もない 6 にない 4 もなかっ 3 にもしない, にもない, にもなかっ 2 な気色, に見える

1 [21件] です, でならない, な人間, な手, な柔か, な様子, な気, な鮮, になかっ, になっ, にはなかっ, にもありません, にもしなけれ, にも無い, にも見えない, にも見えなかった, にも見えぬで, に描け, に蓬, に見え, もありません

▼ 動きつつ~ (50, 1.5%)

7 ある 4 あった 3 あること, あるもの 2 あるの, あるを, 止む, 見ゆ

1 [25件] あったの, あった思想, あるか, あるかの, あるそのもの, あるにも, あるばかり, あるほか, あるよう, ある人達, ある姿, ある微力, ある新興, ある次, ある民族的雰囲気, ある産業機関, ある雲, ある風情, こんな波, それ自身の, 動かしつつ, 固定し, 知識人としての, 自覚としては, 距離感の

▼ 動き~ (49, 1.4%)

2 荒浪の

1 [47件] あゝはれ, しじに, その憤りし, その間に, どうやら稿, まだ薄寒き, ものの, やがて後, やまぬむら雲, わが額, わが顏, 之を, 二象を, 佳き香, 動作生ず, 又止み, 古の, 大男の, 姿艶に, 宮は, 小笹棘に, 我にも, 我等が, 春の, 横川氏と共に, 止まず, 止まず任那, 歩み行くよう, 父中将の, 犯せる罪, 生命ある, 相連なる, 矢も, 秋の, 自らしか, 茲に, 虻あまた, 衣紋竹なる, 覺えず, 諫爭に, 身心を, 輒ち, 近づきつつ, 遂に女體山, 闇に, 雪と, 黒きが中に

▼ 動き~ (40, 1.2%)

2 あつた, 最も目

1 [36件] すぐそれ, そのカーヴ, その浅い, その男, その白い, それ等の, ふくらむ事, まぎらして, もって, 主としてやる, 事件を, 全身が, 動きつつ, 和んだ, 咲き立ての, 唯一つ可能, 夢を, 少し損ぜられてる, 展開され, 彼は, 彼女の, 忽ち意志, 悪人とも, 想像も, 抵抗の, 新聞をも, 検定する, 海面の, 生まれ出た, 立派に, 自分の, 自然に, 表現される, 間もなくあたり, 離れて, 面白く見せない

▼ 動きから~ (31, 0.9%)

2 判断する, 材木の, 落書の

1 [25件] あのやう, おき去りに, かたく身, して, ぜひ描きたい, たえす何, たとえばソヴェト・ロシヤ, だ, どうしても書きたく, 一人離れ, 一歩後れる, 以仁王を, 出来た古い, 出発した, 力強い暗示, 取残された, 来て, 毬は, 湧いて, 発するもの, 目を, 絶縁され, 超脱した, 遊離し, 音声に

▼ 動きながら~ (31, 0.9%)

2 喜ぶこと, 怒ること, 止まること

1 [25件] あるひ, ある静けさ, へんに, みんな根が, 一所へは, 三階の, 其の静寂さ, 周囲を, 夜の, 庭の, 彼女は, 思っただけの, 拳を, 正念を, 煤の, 燃えて, 破れて, 立って, 老人等と, 聞く音楽, 見る見るうち, 逡巡する, 間もなく丘, 鳴いて, 黙って

▼ 動き~ (26, 0.8%)

2 形を

1 [24件] うなずきあいによって, きまり方には, なかなかみごと, まず塩乗船, アがるな, パラパラと, 不自然な, 仲毅生, 夜から, 形に, 手の, 文化上政治上の, 業の, 汽笛や, 満洲, 物品が, 背景的演技などを, 自然界の, 色や, 表情の, 警職法改悪に, 迷ひ, 運びと, 風土の

▼ 動き行く~ (23, 0.7%)

4 のである 2 世界の, 所に

1 [15件] かな, ものたる, ものであり, ものでなけれ, もの即ち, 世界でなけれ, 世界においては, 世界は, 世界を, 世界作られた, 創造的世界は, 単なる直線的進行, 建築であっ, 絶対矛盾的自己同一の, 行為的直観的現在を

▼ 動き~ (20, 0.6%)

9 はつて 2 はつた, はつてる, はるのが 1 はつたり, はります, はりも, はるもの, はる子で

▼ 動き~ (18, 0.5%)

6 うも 2 へすれ 1 ういふ, うでなかつた, うな, うもないと, うもないの, うもない時, うもなかつたの, うもなかつたら首根, うも無, へみえる

▼ 動きその~ (16, 0.5%)

1 [16件] たびに, つど肩まで, なかの, はげしさ, はば, ま, 中からは, 中の, 動きが, 唇の, 状態いかにも, 目が, 葯から, 販路を, 進展の, 附近の

▼ 動きにも~ (16, 0.5%)

1 [16件] おびえる始末, こなしが, すぐにふらふらとなつて, ぴりぴりと, 一喜一憂し, 似たリズム, 初秋らしい, 場合によっては, 敏感であった, 敏感な見透し, 春が, 決して注意, 白靴の, 胸を, 自己本然の, 表はれ

▼ 動き廻っ~ (15, 0.4%)

5 ている 1 たりし, たり饒舌, てい, ていた, ていました, ても平気, て一瞬, て外, て大勢, て見知らぬ

▼ 動き廻る~ (13, 0.4%)

2 のは

1 [11件] という有様, とX線, のです, のにじゃま, のに北極星, わけで, 場所についての, 度ごとに, 影も, 道筋を, 音が

▼ 動き易い~ (13, 0.4%)

2 少女の

1 [11件] ものだ, もので, 世界, 処から, 心を, 我があはれ, 日の, 熱情を, 行く春, 都の, 都人は

▼ 動きである~ (12, 0.3%)

2 かのよう, のでそれ 1 が, がしかし, が一おうか, と云わね, と断定, のは, 事は, 以上明日に

▼ 動きとして~ (11, 0.3%)

1 [11件] あらわれたの, またある, よめるよう, 共通した, 動かしがたく, 感じて, 火野葦平氏を, 理解され, 生じそして, 表現された, 見るべきでは

▼ 動きには~ (11, 0.3%)

1 [11件] だれも, つきものだろう, ならない, ほとんど細やか, もはや意味, 三人称的批判と, 何か, 外面に, 実際豪い, 必要に, 田舎から

▼ 動きそして~ (10, 0.3%)

1 いっけん冷徹, この間に, はくわっと, ピシャッとばかり, 単調な, 形が, 時どき家, 消え失せる綿雲, 眉毛と, 顔の

▼ 動きでも~ (10, 0.3%)

1 あります, ききのがさないよう, したよう, それは, ぼくらは, 感じると, 稻妻の, 立派に, 見逃すまいと, 資本家の

▼ 動きという~ (10, 0.3%)

2 ものは, ような 1 ことが, ものが, ものこそ, ものです, ものに, ものを

▼ 動きとは~ (9, 0.3%)

1 その揆, ちがって, なくなって, 何らの, 別に声そのもの, 別に新, 彼の, 異つて, 行動である

▼ 動きとを~ (9, 0.3%)

1 つぶさに記録, よそに, 併せ與えて, 巻きこんで, 時間的に, 知つて置き, 知ること, 蒙古, 見る

▼ 動きに対して~ (9, 0.3%)

1 この作者, 全く圏外, 受動で, 守勢と, 従来の, 感じやすい, 私は, 自由党が, 責任を

▼ 動き初め~ (9, 0.3%)

52 たの 1 けれ潮, た叡

▼ 動きそのもの~ (8, 0.2%)

1 がおのずから, が今, さえがまだハッキリ, として実に, にわけ入っ, の中, の裡, を文化的自由主義

▼ 動きとの~ (8, 0.2%)

2 間に 1 合致が, 合致を, 対立から, 明暮を, 関係で, 関係は

▼ 動きについて~ (8, 0.2%)

1 あらましの, ある会合, あれでは, 察知する, 特に一二, 知らされなかった時期, 貴下の, 述べたとおり武者小路実篤

▼ 動きによって~ (8, 0.2%)

1 その美し, スーザンにより, デューイと, 全篇, 自分たちの, 行動する, 表情する, 進退しなけれ

▼ 動きをも~ (8, 0.2%)

2 せず眼 1 こめて, すべて読みとっ, 暗黙の, 決定する, 示して, 見逃すまいと

▼ 動き工合~ (8, 0.2%)

1 からでも推量, から上層, から考え, でも分る, で色, と鬢, に応じ, を下

▼ 動きさうに~ (7, 0.2%)

3 ない 1 なかつた, もなかつた, もなく, も為

▼ 動きでは~ (7, 0.2%)

3 ない 1 あっても, なかった, なかつた, 雷の

▼ 動きやすい~ (7, 0.2%)

1 ものな, ように, 天象が, 女性の, 心が, 詩心に, 部分あるいは

▼ 動きやすく~ (7, 0.2%)

1 いかなる微動, かつ回転自在, てつかまえる, なって, 一旦その, 変わりやすく, 暗示を

▼ 動き廻り~ (7, 0.2%)

2 雀の 1 ながら, 一つは, 三万余りの, 役者が, 私を

▼ 動き~ (6, 0.2%)

2 ている 1 が温茶, ながら長い, はいずれ, を

▼ 動きであり~ (6, 0.2%)

1 まだ限定, 何の, 新しい条件, 画壇といふ, 進展である, 静と

▼ 動きによる~ (6, 0.2%)

2 生命, 生命の 1 ものだ, 微妙な

▼ 動きまわる~ (6, 0.2%)

2 ことの 1 ただならぬ人, ので一体, ものたち, ンで

▼ 動きよう~ (6, 0.2%)

1 がおそい, そういう生活万端, に見入ります, のない, もなく, をする

▼ 動き~ (6, 0.2%)

3 に動き 2 へ動き 1 に動く

▼ 動き廻つて~ (6, 0.2%)

2 ゐる 1 ゐた, ゐられたが, ゐるので, ゐる哀れさ

▼ 動きある~ (5, 0.1%)

1 に依る, ひは, ものは, 事において, 感情の

▼ 動きあるいは~ (5, 0.1%)

2 傾くの作用 1 回転し, 碇泊し, 言葉の

▼ 動きなき~ (5, 0.1%)

2 下津盤根の 1 お跡取り, 岸邊の, 自信の

▼ 動きかけ~ (4, 0.1%)

2 ていた, ている

▼ 動きこそ~ (4, 0.1%)

1 ちぢまれオォル, 吾, 唖の, 昔の

▼ 動きさえ~ (4, 0.1%)

2 すれば 1 ないよう, 出来ぬ満員

▼ 動きそこ~ (4, 0.1%)

1 で止っ, にたぎる, に愛, に立ち停る

▼ 動きたる~ (4, 0.1%)

1 たおやかなる, に劇詩, は妻君, も漸く

▼ 動き~ (4, 0.1%)

2 ということ 1 かわかっ, がそれ

▼ 動きだけ~ (4, 0.1%)

1 では, で外的生活, 特に激しく, 追求した

▼ 動きだけを~ (4, 0.1%)

1 写して, 示すもの, 見せるところ, 見て

▼ 動きとに~ (4, 0.1%)

1 又新しく, 懸って, 満ちて, 魅せられて

▼ 動きとも~ (4, 0.1%)

1 ならないで, 考えられて, 見えるでは, 見られ一方

▼ 動きと共に~ (4, 0.1%)

1 ともすれば人間, とらえた方, 左翼運動に対する, 論じだしたが

▼ 動き~ (4, 0.1%)

1 さらん, のだ, のである, んだ

▼ 動きなど~ (4, 0.1%)

1 およそ認められ, 仕やがって, 判ろう筈, 総べて

▼ 動きにおいて~ (4, 0.1%)

1 その原動力, 変らずに, 子供の, 捕え描写

▼ 動きにつれて~ (4, 0.1%)

1 同棲の, 文吉の, 移動する, 肯定と

▼ 動きに対する~ (4, 0.1%)

1 それと, 世間の, 批評を, 拘束は

▼ 動きまた~ (4, 0.1%)

1 すこし動き, その起き伏し, 確か今年あたり, 鳴りだすよう

▼ 動きやう~ (4, 0.1%)

1 がない, などは中年過ぎ, はこの世, もなく

▼ 動きよりも~ (4, 0.1%)

1 そういう人間達, 来て, 自由自在で, 類型を

▼ 動き且つ~ (4, 0.1%)

1 一般に, 動くの, 固められたり, 感ずるのみ

▼ 動き具合~ (4, 0.1%)

1 から見る, で何, と, よりみれ

▼ 動き~ (4, 0.1%)

1 づらん趣, で, でアガメムノーンこ, で草木

▼ 動き初めて~ (4, 0.1%)

2 も青木 1 から, は中

▼ 動き易き~ (4, 0.1%)

1 にあらず, 性なる, 摸造の, 自を

▼ 動き流れ~ (4, 0.1%)

2 てゐる 1 ていた, て行く

▼ 動きかけた~ (3, 0.1%)

2 時の 1 方向は

▼ 動きそれら~ (3, 0.1%)

1 のうち, の事, はみな

▼ 動きとか~ (3, 0.1%)

2 世情の 1 発展とかは

▼ 動きとが~ (3, 0.1%)

1 あるだけで, 一つに, 実に率直

▼ 動きなく~ (3, 0.1%)

1 これは, ましま, 備はる

▼ 動きなどは~ (3, 0.1%)

1 尊重すべき, 薬師三尊に, 重大である

▼ 動きなんか~ (3, 0.1%)

1 しないよ, ちっとも感じられません, 伴わなかったし

▼ 動きについての~ (3, 0.1%)

1 感想である, 感想と, 洞察が

▼ 動きにまで~ (3, 0.1%)

1 くるあいだ, 及びましたが, 高めるため

▼ 動きはじめ~ (3, 0.1%)

1 そうして力弱そう, たり, ぱっと一飛び岸

▼ 動きゆく~ (3, 0.1%)

1 基本的な, 姿を, 歴史の

▼ 動きより~ (3, 0.1%)

1 生じグリニッジ天文台, 空気を, 速くは

▼ 動き一つ~ (3, 0.1%)

1 でも恐れ, で何, の文

▼ 動き人間~ (3, 0.1%)

1 がぬぎすてる, の如く, の運命

▼ 動き~ (3, 0.1%)

1 かの自立性, か一つ自分, か揉み

▼ 動き~ (3, 0.1%)

1 と目, の調子, 次々の

▼ 動き方一つ~ (3, 0.1%)

1 ではその, にも心, によってその

▼ 動き易く~ (3, 0.1%)

1 なる, 目的も, 難かしく

▼ 動き自然~ (3, 0.1%)

1 に傾き, に傾く, に発言

▼ 動きあたかも~ (2, 0.1%)

1 死に酔わされたかの, 目に

▼ 動きかたそのもの~ (2, 0.1%)

1 で語られる, に実演

▼ 動きかつ~ (2, 0.1%)

1 しやべ, 感ずること海

▼ 動きがち~ (2, 0.1%)

1 つとも, です

▼ 動きぐあいから~ (2, 0.1%)

2 考えると

▼ 動きこっち~ (2, 0.1%)

1 へ動き, へ移っ

▼ 動きこれ~ (2, 0.1%)

1 と連絡, は慾望

▼ 動きさうな~ (2, 0.1%)

1 不気味な, 形を

▼ 動きしか~ (2, 0.1%)

1 できないの, なさない黒目

▼ 動きそれ~ (2, 0.1%)

1 から温く, を掴ん

▼ 動きそれ自身~ (2, 0.1%)

1 が輝く, の仕事

▼ 動きただ~ (2, 0.1%)

1 ならず急遽, 歩みただ

▼ 動きだけで~ (2, 0.1%)

1 十分に, 物語る文体

▼ 動きだけでも~ (2, 0.1%)

2 その前

▼ 動きつこ~ (2, 0.1%)

2 はない

▼ 動きづらい~ (2, 0.1%)

1 と思う, 理由は

▼ 動きであっ~ (2, 0.1%)

1 てその, てファシズム

▼ 動きであった~ (2, 0.1%)

1 からその, がその

▼ 動きとても~ (2, 0.1%)

2 人の

▼ 動き~ (2, 0.1%)

1 ほしである, ほしに

▼ 動きなどに~ (2, 0.1%)

1 きまった限度, 對し

▼ 動きによ~ (2, 0.1%)

1 つても, つて人の

▼ 動きにより~ (2, 0.1%)

1 いわゆる, 千変万化

▼ 動きに対しても~ (2, 0.1%)

1 何も, 花圃の

▼ 動きぶり~ (2, 0.1%)

1 をよく, を見

▼ 動きやがて~ (2, 0.1%)

1 そのかげ, 消えうせる

▼ 動きやまぬ~ (2, 0.1%)

2 霧は

▼ 動きよく~ (2, 0.1%)

1 歩き動作, 笑ふ

▼ 動き~ (2, 0.1%)

1 の精神, の行動

▼ 動き~ (2, 0.1%)

1 のもの, は分らぬ

▼ 動き~ (2, 0.1%)

1 変化する, 留った

▼ 動き常に~ (2, 0.1%)

2 変化し

▼ 動き~ (2, 0.1%)

2 わって

▼ 動き廻ってる~ (2, 0.1%)

1 のが, んだ

▼ 動き~ (2, 0.1%)

1 に訴える, の感ずる

▼ 動き~ (2, 0.1%)

1 にとぞ來, にとぞ来る

▼ 動き~ (2, 0.1%)

2 をあげ

▼ 動き折々~ (2, 0.1%)

2 一方の

▼ 動き掛けた~ (2, 0.1%)

2 当時で

▼ 動き~ (2, 0.1%)

1 か, かかる処

▼ 動き~ (2, 0.1%)

1 が静まる, の流るる

▼ 動き~ (2, 0.1%)

1 もありません, 會ふ

▼ 動き社会~ (2, 0.1%)

1 の動き, の動きといつて

▼ 動き~ (2, 0.1%)

1 が動き, のさき

▼ 動き行くべき~ (2, 0.1%)

1 所に, 道程は

▼ 動き調子~ (2, 0.1%)

1 がついた, とひどく

▼ 動き~ (2, 0.1%)

1 おのずから働き, のうごめき

▼ 動き身だしなみ力~ (2, 0.1%)

2 がある

▼ 動き進み~ (2, 0.1%)

1 古葉, 豊富に

▼1* [400件]

動きあがって来る, 動きあそばしちゃあ危険, 動きあの眼差しあの, 動きあまり高くない, 動きいいんだ, 動きいかに胸躍る, 動きいかりに燃え, 動きいつか母のよう, 動きいつしか両側の, 動きいわば奉行にとっては, 動きうつりつつあった, 動きおそくならば, 動き強いられたため, 動きかけてるのを, 動きかけましたがかの, 動きかたや進みかた, 動きかたマーリヤの発狂, 動きからか豹一は, 動きからと云ふと, 動きからは離れること, 動きがたき場合には, 動きがとまつたやう, 動きぐあいではこの冬, 動きぐつと回転した時, 動きぐらいのものだろう, 動きこそが対立の, 動きこそはきわめて理解, 動きことに日曜なれ, 動きこの分なら, 動きこまかに, 動きこんな世界が, 動きさえも同時に表わし, 動きさてこれらの, 動きさらに左手へ, 動きざまの相, 動きしかも多少額, 動きすこしずつすこし, 動きするのが, 動きするするとひらいた, 動きそしてまた火の, 動きそのまま行動で, 動きその間手をも休むる, 動きそめたと此, 動きそめたる山か, 動きそよぎうなずき合っている, 動きそれゆえ暗らさ, 動きたしかに高貴に, 動きたゆたひ水, 動きたりせば, 動きだけが観て, 動きだけしか望まれなかった, 動きだけに終始する, 動きだったのだ, 動きだろうか, 動きちゃぶ台のふち, 動きちょうど店の, 動きつこねえから, 動きづめでくたびれたと同じく人生, 動きできるように, 動きですから, 動きでなくてはならぬ, 動きでなければ結局, 動きというのもその間の, 動きといつても現実, 動きといふやうな, 動きといふかいろいろな, 動きとしか見えなかった, 動きとしてしか見ること, 動きとしての常識こそ, 動きとしては必ずしも退潮期, 動きとともに動いて, 動きとどまらんと欲, 動きとについて彼は, 動きとまると彼, 動きどう変化する, 動きどうしかな, 動きどうにも理解に, 動きどうやら秘訣を, 動きなかからぼんやり, 動きながらも本性を, 動きなさいますな, 動きなさいませんのね, 動きなさらん方が, 動きなさるそうじゃ, 動きなされますな, 動きなすつては, 動きなぞというものは, 動きなどがあると, 動きなどの方が, 動きなどを遠くから, 動きなり言葉なりという, 動きなりがヒューマニズムの, 動きなりに対して学術自身の, 動きなりを現代人が, 動きなんかに目を, 動きなんてものを, 動きにかけて一語の, 動きにたいするメートル法の, 動きについては外部からの, 動きにつれそこの, 動きにてあり, 動きにとっての啓蒙的な, 動きにのみたよるという, 動きに対してはこのよう, 動きに従って確実な, 動きに関する感想も, 動きのねえところ, 動きはじむると共に聲, 動きはじめ彼は二度伸子, 動きはちよつと緩む, 動きはとに角, 動きばかりが強く反映, 動きひたむき学究的な理想, 動きひとつ見逃さず神, 動きひとつ羽の動きひとつ, 動きふん囲気を, 動きへの嘲弄の, 動きほら穴のよう, 動きまで目に, 動きまでも金之助の, 動きまでを支配する, 動きまわっている, 動きまわれる範囲の, 動きまアすチン, 動きみるみる薬包紙が, 動きもっと移り而, 動きやすい若い詩人の, 動きやすきものに, 動きやまない生活の, 動きやまぬごとく少しも, 動きゆらめくものが, 動きよい知恵も, 動きわたしの道, 動きをかへつて派手に, 動きをば大体見, 動きを通じてでなければ実在, 動きカチッという音, 動きカンテラの灯, 動きギイギイとものすごい, 動きツこもなく, 動きパタリと倒れる, 動きパックリ口を, 動きピストルの引金, 動きフランス語を知らない, 動きプロペラがまわりはじめました, 動きベッセルの伴侶, 動き一人は分った, 動き一人一人のセリフ, 動き一刀齋勘兵衞の家, 動き一分の動きある, 動き一搏して, 動き一方へ廻り, 動き一枚の斜進, 動き下さいますな, 動き不可思議の事, 動き世界の動き, 動き乍ら蚊帳を覗, 動きれた心, 動き交互にならない, 動き人間的諸関係, 動き人間集団の息吹き, 動きまでは見えなかつた, 動き今にも気を, 動き以外のもの, 動き低く二人に, 動きよ, 動き候事も出来, 動き停ったと思う, 動きの屯所, 動き先ず勘定台で, 動きとあり, 動き光る若葉の, 動きに樂, 動き其の結果裁判沙汰と, 動き其顔が蒼ざめてゐるのが, 動き兼ねる風情で, 動き内側からかすか, 動き凡て己を樂, 動き出ずるを見ん, 動き出たものな, 動き出づるをそれ, 動き出でたものが, 動き分化しつつ, 動きめしに, 動き初めたるの状, 動き初めましたもので, 動き利く限り, 動き功利のため, 動き動くにつれてだんだん, 動きであった父, 動き十一歳にあらざれ, 動き愚詠八首を以て, 動き去ったその模様, 動き去り任意に, 動きは曲, 動き右近の観化流, 動き各員はその, 動きがかすか, 動き喋舌り笑, 動き四方の空氣, 動き四月に二つ, 動き国際関係のいきさつ, 動きに手, 動き塩梅にある, 動き変って来, 動き変り古い物, 動き変わりつつあった, 動き変わるような, 動き変化して, 動きのもの, 動き多き西邊の, 動き多助が引け, 動きになっ, 動きのよう, 動き如何に歩まん, 動きな歌, 動き始むるとき球がその, 動き始めもんどりを打っ, 動きを売っ, 動き対立する気流, 動き左右に揺れ, 動き市井の物情, 動きくなる譯, 動き廻つてぢつとして, 動き廻られるとどっち, 動き廻りたいよ, 動き廻り切り口と切り口, 動き廻れば背中, 動き廻ろうともがく, 動き引寄するよう, 動き役目を果す, 動きの頭, 動き彼らの恩恵, 動き律儀な小心者, 動き従って煩悩も, 動き得ざらしめその, 動き心中は波打つ, 動き心持ち理論などと云う, 動き或いは動かずしかしながら, 動き或は止まつて, 動き戦いて居る, 動き戦後の神道, 動き戰いでゐ, 動き手頸の数珠玉, 動きひあげて, 動き拾いあげて取って返し, 動き揺曳があり, 動き擦りよって来, 動き放題に怖がらせ, 動き整然と列に, 動き文化機構の中心的役割, 動き新しいものに, 動き方此興味があくまでも, 動き方等にはまずまず, 動きかへり, 動き日中でも雨, 動き日本の動き, 動き早くも切ッ, 動き明らかには見えざる, 動き易い若い者達, 動き易く小さく円周が, 動きの光, 動き昨日の宮方, 動きが移る, 動き智者は機, 動きの光, 動き本然の真情此処, 動き来り心を, 動き東洋またヨーロッパ, 動き枝端に下っ, 動き止んだ穴も, 動き此方へ動く, 動き歩く釣人の, 動き歩行甚だ自由, 動きも事実歯, 動き歴史が如何, 動き民主主義文学の動き, 動き躍るは, 動き決して急速なる, 動き沈みたる眼閃, 動きは貿易風, 動き波動の重なる, 動き活人画的活人画といふの, 動き流るるともなく, 動き流れるが伸子, 動き浮沈について利害, 動きも動き, 動き消費しつ, 動き涸れて, 動き淀川をさかのぼっ, 動き深刻な悩み, 動き渡りただならぬ様子, 動き湧く清水かな, 動き漂い生成消滅する, 動き漂う渦中に, 動き潜航艇はロープ, 動きの燃え, 動き火鉢にかざした, 動き焦るように, 動き煤けし壁に, 動き熱匂いをぶっつけられるだろう, 動きの表面, 動きの鳴, 動きをとらん, 動き物音がし, 動き生成する男女, 動き生涯を悩み続けた, 動きが此方, 動き留め金に落ちる, 動き白い小さな帆, 動きの視る, 動き相互に不離必合, 動き真実なる表情, 動き真実のちからが伸展, 動きが動く, 動き眼光がひとくち, 動き眼尻の皺, 動き瞬いて物, 動き石川屋の主人, 動き砕くるさまを, 動き秀佳が語る, 動きに近寄り, 動き移っている, 動き移りつつある, 動き種々の妄想, 動き穏やかならぬ流言, 動き立つ様に, 動き立ツてわい, 動き竜宮すなわち琉球, 動きも主演者, 動き精神の活動, 動き糸屋さんだったらくるくる, 動きなる空氣, 動き細い首筋を, 動きふを, 動きひしは, 動き給うな, 動きけて茫々, 動き習慣のすべて, 動きが震え, 動き躍って, 動き脈うつ芸術性を湛え, 動きの低, 動き腰蓑の上, 動き自分の堪え, 動き自動車が走っ, 動き自由に生活, 動き舎屋悉く破る, 動き舞ってるのだった, 動き舵機もスクリウ, 動き色調を荷風, 動きの青い, 動き苦悶はもがき, 動きも靡く, 動き荒れ出した長持の, 動き落ちつくことの, 動き藁草履をはいた, 動き蜜蜂はジャスミン, 動き行きながらいつも, 動き行く如く作られたものから, 動き行動して, 動き表情に応じ, 動き袖の下をかいく, 動き裏返っている, 動きを引く, 動きゆ, 動きも握っ, 動き赤い粗羅紗, 動き走っている, 動き足音身なり声々まで想像, 動きは寸断, 動き転じて少し, 動きに廻り, 動き連絡切断等に注意, 動き進まねばならぬ, 動き進もうとする, 動き進んで行く, 動き遂に身心は, 動き遊ばさないのか, 動き醜く恐しき復讐, 動き重なり線の, 動き金紋つきの自動車, 動きが回る, 動き関係をすっかり, 動きが揺めい, 動きまたは星, 動きの光, 動きの方, 動き隙間が一尺五寸, 動き電燈の光, 動き馳せて, 動き静かな様, 動き靡いて柏, 動きもなく, 動き頭髪が目, 動きいろの, 動き飛行機が飛ぶ, 動き騒ぎ躍りとても, 動き鳴り響くように, 動きの声