青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「動かし~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

効果~ 勇~ ~勇気 勇気~ ~勉強 勉強~ 動~ ~動い 動い~ ~動かし
動かし~
~動かす 動かす~ ~動かない ~動き 動き~ ~動く 動く~ ~動作 動作~ ~動揺

「動かし~」 2705, 29ppm, 4014位

▼ 動かし~ (1660, 61.4%)

95 いた 79 いる 54 いるの 32 ゐた 26 いたが 24 ゐる 18 居る 16 ゐるの 13 いると 10 いたの, います, みると 9 みた 8 いること, 自分の, 見せた 7 何か 6 いるという, いるよう, それを 5 いるもの, みたが, みました, ゐたが, 見せる筬

4 [11件] いった, いました, いましたが, いる音, みせた, みる, ゐると, 居た, 居るの, 彼は, 来た

3 [21件] いて, いるが, いるだけ, いるばかり, いるわけ, いる姿, いれば, おいて, みせました, みて, ゐて, ゐるもの, 口を, 右の, 拍子を, 改まつ, 泳いで, 見た, 見たが, 見ましたが, 見ると

2 [92件] あたりを, いくこと, いさえ, いたもの, いたよう, いたり, いた彼, いなければ, いるかと, いるかも, いるそう, いるとしか, いるに, いるので, いるらしい, いるん, いる女, いる者, おいでだった, おいでに, きた, きたの, しまった, しらけ返りて, それに, ちょろちょろと, とうとう無事, みたり, みるん, みれば, やっても, ゆくもの, ゆく動かしかた, わざとあんな大きな, ゐた男, ゐないぢ, ゐるうち, ゐるに, ゐるばかり, ゐる外, ゐる足, 三千代の, 云った, 人を, 仕事を, 例の, 優しき詞, 向上進歩せしめた, 咽喉を, 土神の, 妻を, 室内を, 宮廷を, 居りました, 居るもの, 居るやう, 居れば, 屹と, 幻燈に, 彼の, 彼女の, 往来の, 待機の, 挨拶を, 振り返ります, 旨く油, 来たの, 来たもの, 来て, 歩いて, 物を, 目に, 私の, 立とうと, 笑った, 膝の, 自由を, 行きました, 行く, 行くこと, 行くの, 行く力, 行った, 見せました, 見たり, 見て, 見ました, 見ること, 誰やらの, 隣の, 隣人を, 麓の

1 [899件 抜粋] あいずを, あさな, あちこち眺め渡し, あちらを, あのトンボ, あるぜ, ある金, いかにも静か, いくかも, いくん, いずには, いたお, いたこと, いたそう, いたでは, いたわけ, いた伊田, いた思想, いた怪物, いた手, いた松本, いた社会主義運動, いた老人, いた自分, いた電気, いっそうかわいそう, いったの, いつのまにかガラス戸, いつまで, いないでも, いない動かされて, いまにも太陽, いよいよお上, いられました, いるいきさつ, いるお, いるその, いるだけの, いるであろう英国大使館, いるでは, いるところ, いるのよ, いるより, いるらしいが, いる下, いる中, いる以上, いる作者, いる傾向, いる八郎, いる北原ミユキ, いる同じ, いる土工, いる夫, いる宗教, いる山羊, いる幻想, いる彼, いる或, いる手足, いる最中, いる植木屋, いる様, いる機関部, いる気持, いる潤滑油, いる犬, いる生きた世界観, いる社会的, いる老人, いる賑やか, いる風情, いる鶲, うなずいた, うるさいもの, おそろしい早さ, おどろいて, おどろきの, おります, おり調査件数, お光, お高, かえって異国, かかって, かく大いなる, かつ舞, からだを, かれは, きこえて, ください, くるさ, くると, くれたの, くれと, くれなきゃ回らないん, くれるもの, ぐあいをためして見せた, ぐつすり眠りこけた, こちらに, この岩あな, これが, これに, これは, こんなこと, ごむ靴, さっさと漢字, しかも強い, しきりに音, しばらく考えました, しまったの, しらべる組, じろじろ彼, すいすいと, ずーっと沖, そういった, そこい, そしてようやく, そして断ずる, そなた, そのへん, そのまま息, そのまん中, そのマッチ, その光, その夜, その妓, その年, その床下, その悲惨, その方, その液中, その鼻, そよそよと, それで半年, たずねた, ただ人々, ちょいちょい伸子, ちょいと, ていこう, とまる, どちらかに, なぜそう望む, なにかしゃべりはじめました, なにか合図, にこりと, ひょっくり起き上る, まずしり, まだ暖まつ, まるで目, みせて, みたい, みたかね, みたけれど, みたりさえ, みても, みなくちや, みなければ, みましたが, みや, みるか, みるの, みる位, もうかる, もう迚, もらう時, もらふこと, やがて止まる, やっと救命袋, やまないもの, やると, やれば, やろう, ゆく, ゆくこと, ゆくのみ, ゆく女, ゆく根本, ゆっくりと, よろよろと, わめく者, ゐたの, ゐた宗教的情緒, ゐた所為, ゐないのに, ゐなかつたと, ゐるいぢめ, ゐるうち青年, ゐるげに, ゐるだけ, ゐるにも, ゐるより, ゐるらしい, ゐる八五郎, ゐる地, ゐる所, ゐる油, ゐる私, ゐる音, アルコールを, インバイを, カーペットの, キャッキャッと, コートの, サエの, スケイトしなけれ, チラと, ハンカチや, ピントを, ヘッド, ベッドから, ポカンと, ポケットから, ワイヤーロープで, 一声二声, 一本一本静かに, 一言, 一路日本の, 万遍なく, 下から, 下さるか, 下を, 下手の, 中心が, 乘地に, 了うであろう, 事件を, 二三間ひきかえし, 云ひました, 人臣辛苦息まざる, 今では, 今日まで, 今来た, 仏教美術の, 伏せると, 会釈の, 伸子は, 位牌の, 体をずつと, 何かを, 何をか, 何処へとも, 何物かに, 信号した, 働いた, 兎に, 兵児帯を, 其処を, 冷い, 出たり, 分疏, 切符を, 初瀬春日への, 剃刀を, 前の, 前進せし, 力瘤を, 動かして, 勤皇運動に, 十字架の, 協力し, 南庭から, 又もと, 取りすがるべき支え, 古本屋の, 可味さ, 台を, 合図しました, 同情し, 向こうの, 吠える, 呉れ給え, 周囲の, 咽喉首が, 喉が, 喋舌って, 喜んだ, 回視する, 回転軸を, 国民一般の, 地拍子の, 坂口の, 堂の, 壁に, 声を, 外国人の, 外貌に, 大きな鼻, 大寺警部の, 大胆に, 夫の, 夫人と, 好きマダム振りを, 威を, 安楽椅子の, 客を, 家へ, 寝つかせないもの, 寢そべつて, 射に, 少しづつ後, 少しでも, 少年たちの, 居たから, 居た勘次, 居た貞之進, 居て, 居ます, 居りましたが, 居るお, 居るから, 居ると共に, 居る姿, 居る容子, 居る有様, 山の, 川を, 己が, 帝劇の, 座敷の, 庭の, 弁者を, 強い一生懸命, 得意らしく, 微笑した, 心持健三の, 心身共に, 快濶, 思い較べたの, 悔いない王者, 悠長に, 感心さし, 懐から, 我に, 戦争を, 手あたりしだい掻き, 手を, 手際よく, 抜かさなかった, 拍手かっさいした, 招くと, 持運ぼうと, 捕わ, 揺ぎ逃れようと, 散らばってる布, 斉彬の, 斜に, 方向を, 暫らく自己といふ, 書て, 机の, 杉大門は, 来た心持, 来た自由, 来るか, 来るの, 来るもの, 構えた, 権力を, 檻から, 櫓を, 止まないもの, 此等の, 死せよ死せよと, 母親の, 気違いの, 水守から, 汝等に, 沈黙と, 波打った長い, 波紋が, 泣かせるもの, 洋服を, 浮いて, 消魂まし, 淑かに, 溝の, 火の, 無意識に, 煙管片手に, 父に, 特別に, 独りで, 独言を, 生活し, 留まる, 疾く此場, 百方この間に, 盛に, 盛んにや, 目的物の, 真面目に, 砲術だけは, 私を, 秘密の, 穴を, 空間に, 突然息, 窓框を, 立ち働かなくては, 竹の, 笑って, 笑傾け, 答えます, 籾の, 紙ごと木を, 細目に, 紹介や, 結論的には, 絶叫し出した, 絹子の, 繃帯を, 群衆を, 考え込んで, 聞く, 聞返す, 胡坐に, 腹を, 自在に, 與吉の, 舞ふ, 舳を, 若い知識階級, 苦しむだろう, 茶を, 草の, 菓子鉢の, 蒲団を, 薄笑いを, 蚊を, 蟹江に, 血の, 行きつつ, 行くと, 行くところ, 行くほんとう, 行くん, 行こうと, 衝と, 襲つて来る, 見せたり, 見せるぞ, 見せるの, 見たかった, 見たところが, 見てから, 見ましたら幸, 見やう, 見よう, 見る, 見るか, 見るより, 言いました, 言つて僕に, 計数管と, 訊いた, 話して, 語る, 読む真似, 誰だ, 諸靈, 貞世の, 赦免の, 起きあがったり, 起きあがろうと, 起き直った, 起る, 跳ね廻る程, 身体の, 身振りを, 身體の, 轟き渡る一撞萬聲, 近海を, 返事に, 返事を, 追跡し, 逃げる, 這い出したよう, 速力を, 進んで, 遊んだとか, 運営され, 道徳的行爲に, 避けて, 邦夷に, 重吉に, 鉄の, 鍼を, 長い年月, 開店と, 難病を, 静かに, 頭の, 頷いたばかり, 頷く, 願いを, 飛んで, 馬車の, 高い柱, 麦を, 黙って

▼ 動かしながら~ (266, 9.8%)

4 何か 3 言った

2 [12件] それに, つけた手形, でも自分, ヒョイと, 勝平に, 大きい花崗石, 太平洋の, 将に, 手を, 書くと, 答へ, 話した

1 [235件] あらゆる肩書, いいました, いかにもすばしこ, いつまでも, いつもの, いふた声, いろんなこと, うつ向いたまま, おつぎ, お前さんは, お喋りを, かったん, がじゃがじゃがと, きれいな, くるりと, げっそりと, こうつぶやい, こたえる, こんな話, ごくっと, ごく簡単, さう, しかも現実, しかも立証困難, しきりに走る, しばらく何, じっと後口, すぐには, するすると, せきを, せまい土間, そう答えた, その一語一語, その口さき, その小さな身體, その度, その後援会, その罐, その間を, その間始終, それでもまだ, たずねました, たづねました, ちょうどその, つけ加えた, つめよって, ときどき視線, どこかに, なかなかシャッター, なにかしらべよう, はげしい神経, はつ, ふっと泪, ふと厠, ほとんど聞えない, まんべんなく歯列, めぐりめぐつて鹿の, もう一度今度, もう一度柳, ものを, ようようの, ソッと, ニユツと, ペタルを, リンリンと, 一緒に, 三人を, 上野山内の, 不思議な, 両手を, 両足で, 中国の, 乾ききった唇, 二人は, 五六枚しか, 伏し眼, 低い低い囁き声, 何とも形容, 何の, 何事かを, 傍らの, 僅に, 僕の, 冬の, 力に, 助六は, 北の, 医師を, 千代松は, 卑弥呼の, 反り身に, 口を, 口一杯で, 口述を, 叫んだ, 右往左往し, 右手を, 呼吸を, 品から, 啜り泣きながら, 喉を, 喋舌る, 噪音に, 坐って, 坐る彼, 多計代, 大きなずうたい, 大方食っ, 大理石の, 天を, 太鼓の, 奥の, 如何にも嬉し, 如何にも苦し, 妙に, 姫を, 嫣然として, 尋ねた, 小声で, 小気味よげ, 左手で, 幾たびも, 床やさんが, 床を, 床板を, 彼は, 彼女は, 徐々に上昇, 得意の, 心を, 忙しそう, 思いきって, 思う, 怪しげな, 恋に, 或死体, 扉を, 手で, 手振りで, 手焙り, 打切棒に, 技手の, 拍子を, 掘り返した土, 擦りよって, 新郎新婦の, 日に, 日向に, 早口で, 映画を, 時々どこ, 時々又, 時々短い, 時々食卓, 時どきに, 時江が, 普通に, 机の, 椅子を, 検分し, 横へ, 機会を, 歩き廻る, 残忍な, 水, 水を, 浦島太郎の, 清子は, 清造に, 煙を, 煙草の, 父に, 片端から, 牡鹿の, 独りで, 独白の, 甘えかかった物, 町を, 登場する, 白い上衣, 目を, 眉を, 真剣に, 眼を, 祈って, 種々な, 種は, 笑った, 素子が, 給仕に, 絶大な, 編物を, 美留藻の, 考へる, 耳だつ声, 聞いて, 膝頭で, 膠も, 自分の, 自分は, 自転車の, 船の, 苦しそう, 苦痛に, 荘重に, 落ち着き払った返事, 蜂屋柿を, 見て, 見上げる頭, 見習士官の, 親しい微笑, 言つた, 言ひました, 訊いた, 訴えるよう, 話し合って, 誰にとも, 赤ん坊の, 起き上って, 路上に, 蹲居っ, 近頃世間, 透き徹る, 遠い昔, 醜い顔, 鉄製容器の, 雨に, 青年の, 非難した, 鞄の, 頭では, 頭を, 頻りに逆, 額を, 高らかに

▼ 動かしたり~ (77, 2.8%)

18 して 4 するの 3 した 2 鋏と

1 [50件] あけたり, あなたの, いろいろの, いろいろ食ひもの, うなだれたり, き, したか, しては, しても, しないで, しながら, しました, しようもの, する, すること, するしぐさ, するやや, するよう, するん, する余裕, する光景, する時, する餘裕, へたな, ぼんやり原っぱ, 下を, 人に, 作り出して, 創造し, 動きまわって, 咲いた許, 哀しげ, 坐ってるかと, 夢中で, 心を, 戸棚の, 敷石を, 断裁機を, 棚の, 止めたり, 男の, 目を, 立上がったり, 置きかえたり, 足を, 身体を, 随つて其の, 隨つて其の, 頻繁に, 顔を

▼ 動かし難い~ (55, 2.0%)

3 ものである, 証拠を 2 ものは, ものを, 事実と, 自信を

1 [41件] ところである, としても宮部京子, と思う, のである, ものであろう, ものと, ものな, ものに, ものの, ものばかり, やうな, 中心的な, 事を, 事実が, 事実だ, 事実だった, 事実で, 事実であった, 事実は, 位置を, 個性と, 先入主の, 公理に, 単調が, 天然自然の, 幾多の, 必然が, 本能と, 沈鬱な, 生活を, 疑ふこと, 直覚の, 真実として, 真実を, 真理が, 真理の, 覺悟を, 記憶の, 証拠です, 証拠の, 評である

▼ 動かしがたい~ (41, 1.5%)

2 ことを, 事実と

1 [37件] だけによけい, のだ, もの, ものが, もので, ものと, ものとして, 事実だ, 事実で, 事実です, 事実に, 事実を, 傲慢性のみ, 地位を, 実例を, 封建知性人の, 希望を, 心理的な, 思い出などが, 断案の, 明瞭な, 時代の, 決心の, 決意, 特徴を, 現実と, 真境, 真実として, 真理の, 確定的な, 確実性にまで, 確証だった, 社会の, 証言を, 身分関係と, 運命の, 願望です

▼ 動かしては~ (40, 1.5%)

3 ならない 2 いけないという, 光りの

1 [33件] ありません, いかんという, いけないまるで, いけないん, いたが, いない, いなかった, いなかったよう, このロケット, さら, さらさらと, しきりと, そっと恐ろしい, つかれる, ならないと, ならなかった, ならぬもの, なりません, またじっと, 上眼を, 危い, 命が, 堅い餅, 大きな眼鏡, 心臓破裂に, 急湍を, 悪いという, 時々好, 楊枝を, 眺めるの, 落付く, 通つた, 頻に

▼ 動かし~ (38, 1.4%)

2 が解る, で白眼

1 [34件] がこの, がタッチ, ぐらいは知っ, さえも私, だ, だけで, だけで決る, であつ, で飛翔力, についてちょっと, によって彼, に厭味, に於い, に猫, に近い, の特異性, の秘密, の違い, はどう, は同時に, は栄介, もうまい, も実は, も知らない, や歩き, をおしえる, をし, をアト, を兄, を教え, を知っ, を私, を見, を話し

▼ 動かしても~ (28, 1.0%)

1 [28件] いいと, いけないし, ことごとく, すぐに, ずきんと, たまらない程, ひどく苦痛, もうそれ, よいなと, よろしいでしょう, 三四間先の, 上膊の, 互いの, 四方は, 大事なかろ, 女は, 家全体が, 正しい目盛, 流血する, 痛い, 痛い痛いという, 肺が, 自分の, 見た, 身体中に, 進みませんよ, 音の, 首を

▼ 動かしつつ~ (20, 0.7%)

1 [20件] あったくせ, ある, あるため, ある古白君, ある問題, いった, ぽちゃぽちゃ水, 一種体を, 一面で, 動かされても, 呼んでる, 巧みな, 微笑し, 暫く思い, 書いた, 次第に埠頭, 漸, 眠を, 辛うじて答えた, 電車道を

▼ 動かしかた~ (17, 0.6%)

2 も単純

1 [15件] から言, で縫い, で重吉, で障子, で黙っ, として儀式, と本当, などあなた, にかかわっ, にまで現れ, に共通, に御, もネコ, を万事, を教え

▼ 動かし~ (17, 0.6%)

2 なりながら, なるの, 遣し

1 [11件] かかって, きた, けり, なって, ならないでね, ならなかつたん, なりは, なるよう, 来たという, 来るの, 遣しおる何と

▼ 動かし~ (9, 0.3%)

4 しなかった 1 いたしますまいな, しなかつた, しなかつたで, すまいか, 仕ませんが

▼ 動かしてから~ (8, 0.3%)

1 いきなり訴, だを, ちょっと眉, ヒキダシを, 急に, 空間に, 落ついたみなりと, 見渡したところ

▼ 動かしまた~ (8, 0.3%)

1 たくまに, 息を, 我は, 歩き出したくなり殴り回りたくなり世界, 耀や, 耀やかす, 見たなと, 輝やかす

▼ 動かしがたく~ (7, 0.3%)

1 うけとって, なって, なり悪魔, 作用した, 家という, 感じられるにつけ, 据えられるの

▼ 動かし~ (7, 0.3%)

2 しなかつた 1 しないのに, せずしきりに, せずジッ, せず動かそうとも, せず黙然

▼ 動かし初め~ (7, 0.3%)

52 ました

▼ 動かしちゃ~ (6, 0.2%)

2 いけねえ 1 いけないいけない, いけないよ, だめだ, 病人の

▼ 動かしがたき~ (5, 0.2%)

2 独特の 1 事実では, 力, 大石の

▼ 動かしそして~ (5, 0.2%)

2 この運動 1 この神経, この神經, 駆け出して

▼ 動かしやう~ (5, 0.2%)

1 がありませんでした, が無い, によ, もまるで, をし

▼ 動かしよう~ (5, 0.2%)

1 がいや, のす, はわからない, もない, をした

▼ 動かし~ (5, 0.2%)

2 で知らせた 1 を下, を瞠, を電

▼ 動かし~ (5, 0.2%)

2 を動かし 1 をあげ, を動かす, を踏ん

▼ 動かし難く~ (5, 0.2%)

1 なると, はっきり乙女, 吾等一同を, 思はれるこの, 明白である

▼ 動かしこの~ (4, 0.1%)

1 三千円を, 大自然, 辺の, 震動的な捏ねる

▼ 動かしさえ~ (4, 0.1%)

4 すれば

▼ 動かしその~ (4, 0.1%)

1 さま雙の, 呼び名をも, 手を, 秩序を

▼ 動かしそれ~ (4, 0.1%)

1 からまた, が縁, につれて頸, も急

▼ 動かしこれ~ (3, 0.1%)

1 に大いなる, を整頓, を有する

▼ 動かしながらも~ (3, 0.1%)

1 じっと思い, それを, 立ち上がること

▼ 動かし乍ら~ (3, 0.1%)

1 あらゆる媚, 強いて動じない, 心地よげ

▼ 動かし~ (3, 0.1%)

1 の心, を動かす, を悟らせる

▼ 動かし具合~ (3, 0.1%)

1 で人形どうし, は見, は速く

▼ 動かし~ (3, 0.1%)

1 任意に, 吾, 彼が

▼ 動かし~ (3, 0.1%)

1 に譬える, をすいあげさせ, を汲み上げる

▼ 動かし~ (3, 0.1%)

1 へ手, をもっ, を剥き

▼ 動かし難き~ (3, 0.1%)

1 一形式が, 史料が, 確證を

▼ 動かし~ (3, 0.1%)

2 をふり 1 を掉

▼ 動かしいつも~ (2, 0.1%)

1 ルーベンスの, 笑い声を

▼ 動かしおし~ (2, 0.1%)

2 うごかししたり

▼ 動かしかつ~ (2, 0.1%)

1 一つ二つの, 航海を

▼ 動かしがた~ (2, 0.1%)

1 さが, さ智慧の

▼ 動かしがたし~ (2, 0.1%)

1 と見, と見えたれ

▼ 動かしそう~ (2, 0.1%)

1 なもの, になる

▼ 動かしそれから~ (2, 0.1%)

1 だらけたシャツ, 魔法の

▼ 動かしちや~ (2, 0.1%)

1 いけない物, ならないからな

▼ 動かしちょっと~ (2, 0.1%)

1 いいよどんだ風, 一ひねりやっ

▼ 動かしてこそ~ (2, 0.1%)

2 日本の

▼ 動かしにくい~ (2, 0.1%)

1 のである, ボートでありました

▼ 動かしやがて~ (2, 0.1%)

1 地上の, 忿怒に

▼ 動かし~ (2, 0.1%)

1 を和, を貫く

▼ 動かし乍ら洒脱~ (2, 0.1%)

1 な声, な聲

▼ 動かし交睫~ (2, 0.1%)

2 の醒めたる

▼ 動かし南町奉行~ (2, 0.1%)

2 から名指し

▼ 動かし~ (2, 0.1%)

1 のなか, を歪める

▼ 動かし~ (2, 0.1%)

1 演芸館を, 骨折で

▼ 動かし媒介者~ (2, 0.1%)

2 を同伴

▼ 動かし工合~ (2, 0.1%)

1 でよく, は速く

▼ 動かし~ (2, 0.1%)

1 の人々, 脚の

▼ 動かし~ (2, 0.1%)

2 た之

▼ 動かし~ (2, 0.1%)

1 がなく, を伸し

▼ 動かし政府~ (2, 0.1%)

2 を動かし

▼ 動かし新しい~ (2, 0.1%)

1 二人組が, 投影を

▼ 動かし方一つ~ (2, 0.1%)

1 でおどけた, で坐り

▼ 動かし時々~ (2, 0.1%)

1 ふー, 思い出したよう

▼ 動かし~ (2, 0.1%)

2 を揺がす

▼ 動かし~ (2, 0.1%)

2 の風

▼ 動かし~ (2, 0.1%)

1 ふ, ふ書かせ給

▼ 動かし~ (2, 0.1%)

1 を伸ばし, を突っ張っ

▼ 動かし遂に~ (2, 0.1%)

1 此堅固なる, 用ゐられ

▼ 動かし長い~ (2, 0.1%)

1 尾を, 鼻を

▼ 動かし~ (2, 0.1%)

1 のガアゼ, も触れん

▼ 動かし~ (2, 0.1%)

1 をゆらゆら, を下げ

▼ 動かし~ (2, 0.1%)

1 を動かし, を隠そう

▼1* [241件]

動かしあたかも世界の, 動かしあな無益なる詞, 動かしあの眼の, 動かしあるいは位置を, 動かしいかなる風にも, 動かしいや味を, 動かしうるかを考え, 動かし鳥が, 動かしおいでおいでをした, 動かしおまけにうしろ, 動かしおれは毎日, 動かしかた制度の変, 動かしかた足の運びかた, 動かしかた身ごなしすべてをもっ, 動かしかろうじて衣紋を, 動かしがいがない, 動かしこっちに飛ばし, 動かしこわいものに, 動かしこんな丘へ, 動かしうも, 動かしさらに金融的な, 動かしざまにぺろり, 動かしすうっと私, 動かしそうした流動体の, 動かしそれからまたくるりと, 動かしそろそろ逃げる用心, 動かしたくさんの子供, 動かしたりなんかしませんね, 動かしたりの重要な, 動かしたりはした, 動かしだらだらと石, 動かしづめでいる老爺さんとが薄暗い, 動かしていうのであった, 動かしてか煙草を, 動かしてつから見ろう, 動かしてをるの, 動かしみた, 動かしでもするよう, 動かしとうとう立ちどまって, 動かしどうしたはずみ, 動かしどんどん土木工事を, 動かしにくく動きだしても, 動かしひびのはいった, 動かしまさに額に, 動かしまったくもう一度この激動, 動かしむやみにほっぺた, 動かしもう一方の, 動かしやさしく励ますよう, 動かしやすいために, 動かしやすくロマンチックで, 動かしやすやすと歩む, 動かしやっと丹尾の, 動かしやや角ばっ, 動かしが在る, 動かしわが家にも子飼い, 動かしイタリーの無駄, 動かしキッと此方, 動かしキョトキョトと酒場, 動かしコリャ面白い一文, 動かしゴリラのよう, 動かしシェイクスピヤの自由, 動かしシューラの手, 動かしジオニストに武器, 動かしジリリジリリジリリジリリと庭, 動かしステッキをあるいは, 動かしセンセーションを捲き起こす, 動かしハンケチを見出し鏡, 動かしバーネー卿を活動, 動かしラジオを聴き, 動かし一つのところ, 動かし一寸身動きを, 動かし七内一人で会う, 動かし万人を動かし, 動かし且つ導くあらば, 動かしと戦う, 動かし乍らゴロネフ警視は近寄っ, 動かし乍ら一と通り濟, 動かし乍ら今三時を点, 動かし乍ら初夏の日, 動かし乍ら微笑を含ん, 動かし乍ら必死と働き続ける, 動かし乍ら顏をしかめ, 動かし乙女を鋭い, 動かし二階を下り, 動かしの教場, 動かし伏目のまま煙, 動かし佐藤朝比奈などという人, 動かしか話し, 動かしも受納, 動かし侍女は静か, 動かしへども一言, 動かし候なほ委しくは, 動かし候由奇と可, 動かし全身を悶えさせた, 動かし内側の壁, 動かし写生をはじめました, 動かし分解させ再, 動かし初めて居た, 動かし前肢をきちんと, 動かし加減で変化, 動かし十坪住宅の運動, 動かし又は我国の, 動かし友禅を淡く, 動かしつて數知れぬ, 動かし口重げに, 動かしの手, 動かし右左に移っ, 動かし同情を惹きおこした, 動かし向きを変える, 動かし呼吸を吹い, 動かしをし, 動かしり挑発, 動かしをふるわし, 動かし四十年を経た, 動かし圧迫するよう, 動かしを放ち, 動かし大きな耳を, 動かし大目付に搜, 動かし妖怪蜘蛛はやがて, 動かし学生を鼓舞, 動かし孫生が両頭, 動かし客たちの間, 動かし客席を照す, 動かし寝言を発する, 動かし小さな手の, 動かし居候次第御諒察可, 動かし左手で益満, 動かし幾分椅子の, 動かしの中, 動かし形勢に關係, 動かしに手, 動かし彼女の為め, 動かし彼等が見た, 動かし彼自身これを率い, 動かしを楽しませ, 動かし急ぎ巡査を, 動かし恐怖の色, 動かし恢復を速, 動かし悲痛なよう, 動かし意識を進める, 動かし感激した眼, 動かしに物言, 動かし或は地方の, 動かし技術を使っ, 動かしを働かせ, 動かし握り合せてる両手, 動かし支配して, 動かし文部省による技術工養成機関, 動かし斯くてその, 動かし方ひとつにあり, 動かし方使い方というもの, 動かし方声の出し, 動かし方手の有り, 動かし方歩き癖その他いっさいの身振り, 動かし方独特の技巧, 動かし方肩のゆすぶり, 動かし日暮れて船, 動かし時には白石を, 動かし暫らく平次を保養, 動かし更に望月丹後の, 動かし最後に絶望, 動かし村益をもって交渉, 動かし桃色と幻青, 動かし桑麻胡瓜田翁沙狗渓叟水鴉等の田園, 動かしをし, 動かし次第次第に全形, 動かしふもの, 動かしをむき出し, 動かし歴史の内, 動かしの眠り, 動かし死守して, 動かし死生も苦楽, 動かし氣息を出し, 動かし永年の睦まじかっ, 動かしを流し, 動かし浪子もふと, 動かしを催さず, 動かし満面に笑み, 動かし漸く半眼を, 動かしもこれ, 動かし無心に紙幣, 動かし無理をする, 動かしる後, 動かしの納骨, 動かし片足でとまり木, 動かしはすか, 動かし獅子のごとき, 動かし発明発見をし, 動かしの大声, 動かしにしました, 動かしをあげ, 動かし眉毛をびり, 動かしそうに, 動かし眼前一尺の前, 動かしかい触手, 動かし神威は最上智, 動かしの霊, 動かしくれ立った短い, 動かしけてゐる, 動かし美しいのを, 動かし十八日の, 動かしを搏, 動かし聖なる威力比類なき, 動かしのポケット, 動かし胸毛をふよふよ, 動かしはざるもの, 動かし能はずと, 動かしを投げ, 動かし自分を敵視, 動かし自己と世界, 動かしのたてひき, 動かし若い男の, 動かしをのん, 動かし虚弱な身体, 動かし蚊針を魚, 動かしはぱッぱッ, 動かし血液の循環, 動かしを立て, 動かしによってこれ, 動かし負傷させた, 動かし足柄村のかんがい, 動かし足踏み鳴らすその, 動かし身動きもしない, 動かし重臣を殺害, 動かし金切声で叫び, 動かしの尖端, 動かしを發, 動かしを知事, 動かし蕋の, 動かし難い輝かしい証拠が, 動かし雲雨を興す, 動かし静かに体, 動かし音読すること, 動かしを曲げ, 動かし飛躍すること, 動かし食卓へしがみつき, 動かし飯茶碗が空, 動かし高々と立つ, 動かし鬼神を泣かす, 動かし黒髪を肩, 動かし鼻翼をふくらませ