青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「動~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~労働 労働~ ~労働者 ~効果 効果~ 勇~ ~勇気 勇気~ ~勉強 勉強~
動~
~動い 動い~ ~動かし 動かし~ ~動かす 動かす~ ~動かない ~動き 動き~ ~動く

「動~」 1948, 21ppm, 5468位

▼ 動~ (276, 14.2%)

208 すれば 32 すると 4 しない, しないで, せぬ 2 えなら, しないので, せず室

1 [18件] うけないで, しずに, しない無花果, するとお, すると現, せず息気, せず悠然と, せず熟, なく不動, ならぬが, ならぬよう, ろくに爲, 亦盛, 仕無い, 得ならぬ思ひ, 得為ず弱, 爲れ, 見えなかった

▼ 動~ (254, 13.0%)

70 の家 11 のうち 8 の方 7 へ行った 5 へ行く 4 の人たち 3 へ行っ 2 から赤坂, にいた, の古本屋, の家族生活, の家風, の往来, の活動小屋, の町, の電車通り, へやった

1 [126件] からです, からまた, から云っ, から信濃町, から入らしった, から参った, から帰った, から帰る, から田端, から肴町, から電話, から電車, がそもそも, だってといかにも, であなた, でいくら, ではとにかく, ではね, で作つたの, で使っ, で十分, で坂, で書いた, で松林, で畳, で私, とのいきさつ, との視線, と林町, どうでした, なんかからお金, にいる, に入る, に出入り, に娘さん, に家, に彼ら, に拒まれ, に知らすまい, に移つたの, ね私, のうちの人たち, のおばさん, のお母さんみたい, のくらし, のとおり, のところ, のばら新, のひろい, のよせ書き, のド, の一家列, の三月, の上, の中途, の人々, の入口, の声, の子供, の客間, の家庭生活, の寓居, の後, の手前, の日々, の暮しぶり, の植木屋, の模様, の玄関, の生家, の生活, の絵, の自動車, の親達, の誰, の講談社, の通, の通り, の連中, の酒屋, の長屋生活, の頼み, はこまかい, はどう, は善い, は大きい, は悠々, は私たち本郷辺, は自分, は遠い, へいらっしゃい, へかえって, へかえる, へでも行っ, へなん, へなんぞ頼む, へはこびこんだ, へは行かない, へまわった, へやる, へゆく, へよっ, へよったら, へよびよせた, へ一寸, へ上ります, へ出, へ出かけた, へ古, へ家, へ屡々, へ帰り着いた, へ来る, へ泊った, へ礼, へ移つて, へ荷物, へ行く行かない, へ訪ね, へ貰い, へ運んだ, まである, まで行かなけれ, やああ, よりには何軒, を下り

▼ 動~ (193, 9.9%)

6 して 5 する 4 みを 2 がある, した, すること, と不安, と同じ, などには思ひ, により, の色, み打つ群衆, を感じ

1 [158件] ありしに, いた, からのがれる, からまもる, から生活, があ, がすぐ, がない, がなくなり, がよく, が彼, が氣壓, が激しい, が甚だしい, が私達, が絶えず, が自分, が起り, が起ります, くと共に, させながら, させる, させる必要, された, されること, したと, したの, したり, した事, しだして, しつ, しても, しはじめた, します, し始めた, し始めたるは, し漸く, し私, し絶えず, す, するから, すると, するなり, するほどに, するを, するトランク, する割, する度毎, する意, する所, する水, する汽車, する衣裝, する迷妄, せざる決斷, せしめず又, せしめたが, せず同心一體, せぬこと, であれ, ではなくし, といふ言葉, とは一體, とは幸, とを思はない, とを感じ, と伴つて, と共に個性活動, と刺戟, と悲哀, と昂奮, ながら笑, になじむ, にもし, に刺戟, に刺激, に抵抗, に次ぐ, に變つたの, に關, のあ, のうち, のせゐらしかつ, のため, のはげし, の多, の度, の沈ま, の浪, の烈しい, の爲, の生じ, の發生, の間, はせまい, はその, はまことに, はピタ, は全く, は六七寸, は刻々, は彼, は想像, は止んだ, は津浪, は激烈, は隱, は頂點, み打つの, み立つ, めいて, めき, めきて, めきぬ, めく彌次馬, もなく, もなけれ, も無い, も示さず, も示さない, も見せない, も起さず, も靜まつ, より叡山, をし, をつ, をとら, をも來, を一篇, を与えた, を以てし, を來す, を傳, を免れない, を始め, を始めた, を始めたる, を始めました, を始め來, を彼等, を惧, を感じた, を感ずる, を感ぜず, を押し包もう, を持つ, を描いた, を炎, を生ずる, を經驗, を續, を與, を見せぬ, を見なけれ, を豫期, を防ぐ, を離れたる, ヲ與ヘス

▼ 動~ (100, 5.1%)

11 ている 54 たり 3 てゐる, て居る 2 たり手, ていた, て天位, て居りました

1 [66件] がたい事実, がたい伝説, がたい或, がたい真実, がたき定見, その拍子, たりし, たり我, つつある, つつ声, つつ忌々し, てかげ, てくれる, てしまった, てそういう, てその, てはうしろ, てほんの, てもすぐ, ても互, てゐれ, て云う, て人, て代わる, て呉媽, て坐る, て奈良朝, て女, て家中, て居た, て彼, て彼等, て我, て日本女流文学者会, て日表, て柄, て熔岩, て物, て玉, て笑う, て笑った, て羽織, て血, て襲つて來, て見, て見よ, て込上げる, て響きぬ, て顔, ながら, ながらもう, ながら戦, ながら澎湃, ながら訊いた, などすれ, になる, カーテンを, シェクスピアの, 一声四辺に, 反ツ, 安定を, 方, 槌を, 船病者を, 蠢動する, 門外しきりに

▼ 動~ (92, 4.7%)

24 して 5 した心 4 させて 3 した 2 させたの, させられて, したの, した伸子, する

1 [46件] この大, させた, させながらも, させられたと, させられる, させる事実, し, しくさって, したが, したけれど, したこの, したと, したとき, したらしい, したる女等, した事, した体, した彼の, した折, した母さん, した気持, した熱い, しながら, し愛するもの, し膝頭, するなんて, する氏, せしむることかくのごとし, せんばかり, でした, という, ということ, とを以て発音, と苦し, に近い, のあまり, のあらわれ, のうち, のおおえない, のてい, の余り, の感情, の精神, は頂点, をいたしました, を与えた

▼ 動~ (71, 3.6%)

3 生ずるに 2 現ずるに, 生じやすき, 生ずるを, 聴き呼吸

1 [60件] うごかして, したが, したので, して, しや, しようと, し又は, じっと見, するの, つけて, なさる度ごと, もしなかッ, トヨムと, 与える, 仕たくも, 会得され, 保つて, 停めたよう, 制したらしい, 制せん, 勧むるなきを期すべからず, 執拗に, 察して, 怠らず観察, 想像し, 感じたという, 感じたの, 愼み, 成り立たせようと, 打つて, 抑えながら, 持つもの, 明確に, 極度に, 楽しみながら, 欠き精緻, 止めたに, 止めたもの, 止めフォンタナ, 生ずること, 生ずるの一種, 生ずるも, 生ずる一種, 生ぜざら, 生ぜしに, 発明し, 示した最後, 端睨する, 継続す, 繰返すに, 聴いた, 聴いたよう, 聴き樹皮, 見守つた, 観無事, 觀察する, 詬罵する, 起させる趣向, 起して, 闊歩した

▼ 動~ (56, 2.9%)

3 ために, ような

1 [50件] あまりに奇怪, やまぬかぎり, ゆえに, ゆら, ように, 一字で, 一字より, 一部には, 三昧と, 三昧に, 世界でも, 世界として, 両面が, 中の, 中心として, 中食堂へ, 事情なり, 二相, 人間の, 兆ある, 劇き, 大い, 始めの, 姿たるに, 姿の, 完全な, 少ないの, 市街を, 強さ, 微きざしである, 怪しくなった, 意表なる, 教育つまり, 方が, 日烈風暴雨を, 月と, 有無を, 極致の, 気無く, 繁栄は, 自由な, 起こった時代, 趣も, 連峰は, 還元的感化と, 間に, 響きを, 餘波によ, 高まるの, 鳴りやまぬ

▼ 動~ (52, 2.7%)

5 ことは 3 ものは 2 ことが, のは

1 [40件] こと, ことた, ことの, ことも, ことを, ために, であらう, とき作用あり, とき感応によりて, ところあり, とその間, と丁度, と数十回, と言つた挙動, に, には足りなかつた, に優れり, に至りたる, に足らざる, のが, のである, のでございます, のも, やうな, ゆるやかな, ような, 一種の, 事あり, 孰か, 孰れ, 強い感激, 所以を, 手も, 海の, 深淺, 癖が, 舞踏の, 音が, 音のみ, 頗る優劣

▼ 動~ (45, 2.3%)

2 して, す足ぶみ, ぬ岩根, 取れない位地

1 [37件] あったの, ありますから, あると, あるよう, うと, この大, この死産, すこと, ならぬならせん, ぬ様, ぬ永久, はっきりと, ひそんで, やって来たとき, れなくなったはあ, フッツリと, 一定の, 一番不安定な, 一秒間に, 來る, 全く靜, 取れると, 吹き出さずに, 大地震, 始まって, 始まれば, 子供を, 復六の, 心臟を, 急激に, 悉く雨, 暗礁を, 来たとき, 納らなかつた, 聞えるし, 蛍の, 頻りに胸

▼ 動坂三郎~ (45, 2.3%)

1 [45件] がヌッ, が大口, が持っ, が訊ね, がDSマグネット, そしてもう, だった, だッ, で, であろうか, という人物, という市会議員, といえ, とは遂に, と黒河内総監, に使われ, に違い, のところ, の下, の口, の名, の咆哮, の寝室, の懐中, の推察どおり九分九厘, の身辺, の顔, はこの, はマスミ, は凄い, は動坂三郎, は大声, は憎々しい, は拳, は早く, は苦, は語, は顔, は黄金, をし, を二枚, を先頭, を恐喝, を指した, を自動車

▼ 動~ (36, 1.8%)

2 して, よりて, 連れて, 遊ぶや

1 [28件] あらず静, 二三年留り居, 何物をも, 來れり, 依て, 向かい海洋, 喫驚し, 在るの, 在勤せられ, 基くもの, 学ばしめぬ, 居るとき, 巍々たる, 旅し, 最初の, 来れり, 極度の, 比し上下動, 比し上下動割合, 比較し, 煽られて, 移しその, 紛れて, 表は, 調子を, 逗留中外に, 際会する, 隱者の

▼ 動~ (33, 1.7%)

2 とに滿

1 [31件] こそ我が, させるなどは, して, するのみ, する心, する本然, する氣持, する魂, でした, との包圍, と前途, と苦境, なし, に具象, に對, に急, のうち, の中, の再現, の巷, の時, の時代, の極, の渦, の状況, の隙間, は唯, を幸, を本, を避ける, を隱

▼ 動~ (31, 1.6%)

2 をコックリ, を増進

1 [27件] が筒, と密接, については山田, について何, に対する中央, に迫っ, の意味, は予期, は手, もその, や運命, よりも松代大本営, をききたがる, をその, をたずねた, をメンミツ, を一波, を伝える, を保たん, を偵察, を加え, を嗅ぎ分け, を手, を持つ, を有っ, を私, を調査

▼ 動~ (25, 1.3%)

2 わたしの

1 [23件] いくら恥じ, すべて學生の, その涅槃, それが, それと, ただにその, まだよい, 二寸七分の, 何となく私, 前より, 少なからざる, 常に探偵, 必ずしもその, 悉く趣味, 悉無作法也, 最初の, 水平動に, 江戸の, 滿座の, 皆お, 總べて, 静から, 頗る平和

▼ 動~ (20, 1.0%)

2 いう, なりて

1 [16件] いひ風采, いわれるの, なるが, 予期意向とに, 予期意向の, 名の, 指笑とを, 植とを, 盲動が, 静と, 静との, 静とは, 静とを, 静の, 音と, 高音とは

▼ 動とも~ (20, 1.0%)

11 すると 9 すれば

▼ 動~ (18, 0.9%)

2 の二学会

1 [16件] が占居蕃殖, が同姓, と鑛, の両, の中心, の各, の物, の考証, の諸, は咸, をき, を嫌う, を研究, ノ化石アル, 両界, 漸く衰萎

▼ 動した~ (14, 0.7%)

1 [14件] あげく人間は, かを見せ, と見え, のが, のであつ, のである, のでした, のでしょう, のは, ものとは, ものは, ようです, 物音が, 表情を

▼ 動~ (13, 0.7%)

2 に來迎圖離れ

1 [11件] から推し, で自然, といふ反, と身許, の反, や暮れ, をいふ, を多少, を見, を調べる, 悉く寫生

▼ 動~ (12, 0.6%)

1 [12件] がすぐ, が峰, が淀, であった, として近江, とはいえ, に当っ, の堀秀政, の大型駆逐艦隊, の怪物群, の野入平右衛門, は帆村

▼ 動する~ (10, 0.5%)

1 に至らず, やうに, 心臓唇を, 或る, 所以の, 毎に, 激流の, 無数の, 程の, 自然界が

▼ 動いち~ (9, 0.5%)

4 やいけない 1 やいけないつたら, やいけません, やゐない, や厭, や駄目

▼ 動坂氏~ (9, 0.5%)

1 とに紹介, の大きな, の寝, の演説ぶり, は云った, は寝, は満面, を蒲団, を裸

▼ 動~ (9, 0.5%)

2 と共にいつも 1 がまちがえ, する相, に搖, の中, の土, の激しい, をうごかし

▼ 動~ (9, 0.5%)

1 がかく, であって, と歩, なり成功者, にあらず, になる, に反対, の數, よりいでざるべからず

▼ 動され~ (8, 0.4%)

2 易き性情是 1 たり, てい, て反射的, て美貌, われは, 大圈

▼ 動すべ~ (7, 0.4%)

5 からざるもの 1 からざる, からざる事實

▼ 動という~ (7, 0.4%)

1 のが, ものである, 中には, 字が, 弓に, 文字も, 方面が

▼ 動~ (7, 0.4%)

1 として存在, と心理, の原理, は基礎經驗, を可能, 之大者, 負かされづめ

▼ 動~ (6, 0.3%)

1 てさしくもり, て食物, をつくりぬ, 国土皆震りき, 国土皆震りぬ, 國土皆震りき

▼ 動~ (6, 0.3%)

1 うねりも, ともするとヒューマニチー, ともすると軍事探偵視, ともすると野次馬扱い, 百姓たちの, 紐育において

▼ 動~ (6, 0.3%)

3 の静 1 にも亦, の一ポイント, の工夫

▼ 動~ (6, 0.3%)

2 に乗り移った 1 が兵庫, で江戸, に帰っ, の方

▼ 動~ (5, 0.3%)

2 なんだ 1 しむ, むともせず, 静か

▼ 動させ~ (5, 0.3%)

1 その結論, ても爾後何, て居る, て長年鍛, ながらハメ

▼ 動~ (5, 0.3%)

2 ば鱗 1 ども樂, ば固, ば雜多

▼ 動出し~ (5, 0.3%)

1 さうな, そうな, て父, もし兼ねんです, もすめ

▼ 動~ (5, 0.3%)

2 の偉業, の大 1 の恐怖

▼ 動坂さん~ (5, 0.3%)

2 だわ 1 のお, のため, を御存知

▼ 動坂三郎氏~ (5, 0.3%)

2 だった 1 より痛烈, を恨み, を推さん

▼ 動~ (5, 0.3%)

1 だが, で全然, で進ん, の本質, 第三

▼ 動~ (5, 0.3%)

1 により, のこと, は分たれず, は分離, を缺

▼ 動~ (5, 0.3%)

1 がし, が止まらない, が激しく, が躍っ, 可愛らしく泣き

▼ 動~ (4, 0.2%)

3 出て 1 出して

▼ 動~ (4, 0.2%)

2 ない間 1 ないのに, なけりゃ見向き

▼ 動って~ (4, 0.2%)

1 せせら笑い, 甘そう, 見せた, 黙って

▼ 動~ (4, 0.2%)

1 吾勝ちに, 有り惡變, 活動です, 頸や

▼ 動との~ (4, 0.2%)

1 區別, 同時存在である, 間に, 関係を

▼ 動~ (4, 0.2%)

1 いてるの, いてるよう, り, る

▼ 動~ (4, 0.2%)

1 ながら笑った, をくれ, 乍ら満面に, 乍ら言つた

▼ 動出す~ (4, 0.2%)

2 のが 1 のに, 鉄の

▼ 動~ (4, 0.2%)

3 静静即 1 靜靜即

▼ 動~ (4, 0.2%)

1 が高, はなか, もせぬ, 打たせながら

▼ 動あり~ (3, 0.2%)

1 とか何とか, の雰囲気, 造化豈

▼ 動かむ~ (3, 0.2%)

1 されど上, ともせざる, 乎彼等は

▼ 動~ (3, 0.2%)

1 どなほ, はわが, り

▼ 動しかた~ (3, 0.2%)

1 で中館, は禁物, をし

▼ 動す事~ (3, 0.2%)

1 が出来なく, の習慣, は出来さう

▼ 動つて~ (3, 0.2%)

2 見たり 1 早く返事

▼ 動とは~ (3, 0.2%)

1 その人, 到底整合, 筋肉の

▼ 動にも~ (3, 0.2%)

1 払われず物蔭, 正動, 触れなかったと

▼ 動ぶり~ (3, 0.2%)

1 といったら, ながら, に測り知られぬ

▼ 動めい~ (3, 0.2%)

1 ていた, ている, て泡

▼ 動植器物~ (3, 0.2%)

2 に對 1 の愛すべく

▼ 動植金石~ (3, 0.2%)

2 さては風俗 1 の和漢名

▼ 動~ (3, 0.2%)

1 である, はそんな, は如何

▼ 動~ (3, 0.2%)

1 でせう, とやらにて翼日, を切

▼ 動~ (3, 0.2%)

1 して, しまだ, し護り難く

▼ 動から~ (2, 0.1%)

1 微かな, 来るもの

▼ 動ぎなき大地~ (2, 0.1%)

1 に足, を感じたくなる

▼ 動ぎなし底~ (2, 0.1%)

2 つ磐根

▼ 動ぎ立葉~ (2, 0.1%)

2 に風

▼ 動ぎ頂上~ (2, 0.1%)

2 の宝珠

▼ 動ぐなと~ (2, 0.1%)

2 祈り定

▼ 動ぐ毛~ (2, 0.1%)

2 のつや

▼ 動これ~ (2, 0.1%)

1 なり, を心

▼ 動さじ~ (2, 0.1%)

2 の誓

▼ 動される~ (2, 0.1%)

1 ので, 事なく

▼ 動さん~ (2, 0.1%)

2 とする

▼ 動しない~ (2, 0.1%)

2 のも

▼ 動し来る~ (2, 0.1%)

1 に駭, 呼吸に

▼ 動すべき~ (2, 0.1%)

1 活動をだに, 肉おき豐かに

▼ 動す力~ (2, 0.1%)

1 があった, があつ

▼ 動す所~ (2, 0.1%)

1 の総て, の總

▼ 動せし~ (2, 0.1%)

1 彼の, 彼女の

▼ 動せる~ (2, 0.1%)

2 ものなく

▼ 動せん~ (2, 0.1%)

1 とす, と欲す

▼ 動そう~ (2, 0.1%)

1 とした, と決心

▼ 動たる~ (2, 0.1%)

1 大きな振動, 横波は

▼ 動~ (2, 0.1%)

1 かよく, もなし得ざりき

▼ 動てんし~ (2, 0.1%)

1 ていまし, てし

▼ 動である~ (2, 0.1%)

1 と思っ, 抔と

▼ 動として~ (2, 0.1%)

1 そこに, われ

▼ 動ともすると~ (2, 0.1%)

1 これを, 彼れ

▼ 動なれ~ (2, 0.1%)

2 ば一日

▼ 動によ~ (2, 0.1%)

1 つてその, つて好く

▼ 動~ (2, 0.1%)

1 移った, 移らんと

▼ 動より~ (2, 0.1%)

1 生ずるもの, 生ぜざる動

▼ 動~ (2, 0.1%)

1 ぎ出で, ように

▼ 動テン~ (2, 0.1%)

1 しながら, する事

▼ 動~ (2, 0.1%)

2 の批判

▼ 動坂一派~ (2, 0.1%)

1 の強か者, の荒武者ども

▼ 動坂亭~ (2, 0.1%)

1 の興行, へ立て籠った

▼ 動坂町~ (2, 0.1%)

1 にいる, に家

▼ 動坂線~ (2, 0.1%)

1 と巣鴨線, の団子坂下

▼ 動意思~ (2, 0.1%)

1 となつ, は必ず

▼ 動揺る~ (2, 0.1%)

2 事が

▼ 動植鉱物~ (2, 0.1%)

2 に限らず

▼ 動~ (2, 0.1%)

1 を制し, を突留め

▼ 動滑車~ (2, 0.1%)

1 とす, は一枚

▼ 動炎天~ (2, 0.1%)

1 はこの間, 同じく露子

▼ 動~ (2, 0.1%)

1 はすべて誇張, は必ずしも

▼ 動迂き~ (2, 0.1%)

2 旅人の

▼ 動運動~ (2, 0.1%)

1 が活気, を必要

▼ 動靜直書~ (2, 0.1%)

2 にて承知

▼1* [214件]

かさむ此事必ず, 動かざらしむるてふ信念に, 動かざらしめある種, 動ぎて容を改め, 動ぎと云ふ胴, 動ぎなき教育の立場, 動ぎもさせずに平次を待つ, 動ぎもさせない不思議なボス的戰鬪力, 動ぎをも見せない, 動ぎ出でつとも, 動ぎ出さんとする, 動ぎ石の三つ, 動くにや風, 動とともにこの, 動ぐいさゝ波砂に消, 動ぐとも見えぬ, 動ぐ不思議な人形, 動ぐ宵の間, 動ぐ玉の緒, 動さうとする, 動さざることを, 動さずに句碑, 動さないで云った, 動さば万事ここに休せむか, 動さむともえ, 動されずには慕わず, 動された様子も, 動されぬやうに, 動ざりあしたより, 動したなら磁針は, 動したら考えが, 動したる象形的幻想を, 動しつ掻口説けど, 動しようではない, 動し得為で, 動し得るものを, 動し片づけぬりたたきして生活, 動し驚くほどのおじや, 動すあわれな人間の, 動すことこれ, 動すさま風前の, 動すれば頭, 動す者ありて, 動せざる特性は, 動せない代り能う, 動せぬをよし, 動せむことを期す, 動その為各自一個の, 動ただならぬ情勢が, 動だけ見ても, 動だにせであるを, 動たりし, 動ったが堅固, 動ではあるまい乎, 動といふものである, 動とか力とかいふ, 動とでも云うの, 動とに思を, 動とによること疑いを, 動とを整合せし, 動なからんや, 動なくしては, 動など絶間無き, 動なり須臾も, 動なる願ひ, 動なんらかの力が, 動にて王冠を, 動には則ち, 動によってすらも影響せられる, 動によるものなり, 動に対する静, 動のみ著し, 動のみを力説する, 動はげしく口中に, 動ぶるように, 動への切り替へが, 動または巴里の, 動まで無数の, 動みはじめる群集の, 動めかして云, 動めきたえず常, 動めども, 動よりも常規, 動られている, 動りして進行, 動を以て悉く大隈伯, 動カザレバ即チ, 動カシテ種々ナ姿態, 動カシ器具ニ依頼シ散歩遠足ヲ以テ肉體, 動カス可カラザルノ通義, 動カスママニ動キナガラ実ハ生キテ何モカモ意識シテイルノダト思ウ, 動カセナイコトハ同ジデ, 動カセバ亦意ヲ用ヰズシテ足, 動カナイクライニ触レタヾケデアッタガ, 動キナガラ実ハ生キテ何モカモ意識シテイルノダト思ウ, 動キヲシタ途端ニ上半身ヲ跳, 動キ出シテ見ルト窓際ハ風ガスウ, 動キ出シテエレベーターデ地下道ニ下リ長イ, 動クカ動カナイクライニ触レタヾケデアッタガ, 動モスレバ其義ヲ誤, 動観ル, 動として畫工彫工, 動一つは静, 動一つ看過さないという, 動一作にも趣味, 動中静あり, 動亂四方に湧き起る, 動の間, 動亢盛の発作, 動何寸という大, 動俗臭芬々として甚だ, 動は四十一年成功雜誌, 動兵営静なりとは彼, 動動中の静, 動勢相場の動き, 動吾情林風時有鳴枝葉, 動もい, 動嚮動意思の解釋並, 動嚮動意思抔が出, 動坂さん御苦労でした, 動坂三郎先生がこれ, 動坂以来いくたび, 動坂方面を眺め, 動坂氏ハ其ノ翌朝, 動坂行きの電車, 動坂頃もあった, 動標的に, 動を聴かしめ, 動女郎撩亂送鞦韆とある, 動客中の作, 動の中, 動巴里等に在留中, 動市クラパム區トレマドク街二十八館主美津田瀧次郎氏を訪, 動府市街の繁昌, 動さ新しき, 動性的な美感, 動性而同者名之曰死, 動意思抔いふもの, 動を盛らう, 動感じつつあり, 動或は主要部終りの, 動の中, 動搖ぐが如く, 動搖れる私達の, 動搖一般的に行き亙れり, 動搖不被遊樣, 動搖平穩であつ, 動搖期だつた, 動搖永久の不安, 動搖減少し中期以後, 動搖焦燥の裡, 動搖良激しくなりぬ, 動搖變化展開を描く, 動搖轉換期にし, 動搖餘りに, 動をし, 動旅団兵薩軍の包囲, 動星器を用いる, 動映画のしかも, 動春如湧酌月吟花到五更, 動植鑛物を始め, 動に, 動止んだ赤茶けた三俵法師が, 動止整然たり, 動武田軍十隊の移動, 動のバウンド, 動殿のお, 動気致筆まわらずいづれ面上, 動気韻ありて, 動水中にある, 動の力, 動をさして, 動波動したつて, 動流変貌の烈しい, 動燃せん, 動炎天岩動露子柴浅茅あるいは石川啄木, 動煙先発万歳声埋汽笛声, 動やる, 動痴人のわざ, 動しないとは, 動発して身, 動発自在の下段, 動白各個に分る, 動しぬ, 動相半ばする風景, 動短くして, 動を餌, 動たりしなり, 動繁華実足, 動脉出血が死因, 動脉瘤の患者, 動舍屋悉破則令四方俾祭地震神とある, 動する心意識, 動行く廻舞台を, 動街頭に駆る, 動装置ぐらい楽, 動せずして, 動起って雷光, 動から自動車, 動連峰背後堆誰謂, 動進軍だったかも, 動をさながら, 動運行をあやつる, 動する, 動郊外の地, 動陽儀を天體, 動隊高坂どの馬場どの甘利どの小山田どのなどの諸, 動露子柴浅茅あるいは石川啄木, 動靜脈とを示せる, 動靜脈神經等ノ連絡, 動の, 動顛狼狽の極, 動飲食等に至る, 動みき