青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「分らぬ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

分け~ ~分っ 分っ~ ~分った 分った~ 分の~ ~分らない 分らない~ ~分らなかった ~分らぬ
分らぬ~
分り~ ~分る 分る~ ~分れ 分れ~ 分別~ ~分析 分析~ 分間~ 分類~

「分らぬ~」 1206, 12ppm, 8788位

▼ 分らぬ~ (104, 8.6%)

4 兎に 2 わたくしは, 何でも

1 [96件] あの武蔵, あの雪, ある遊び, いずれに, いずれも, いずれ唐物, いやい, おそらく標題, おら道中師の, きゃア, このひどい, この蘭文, これでは, これは, これを, しかしこれ, しかず己, せっぱに, そうなる, そちの, そのとき, そのまま通り過ぎ, その婦人, その時老人, とにかくこう云った, とにかく和田, とにかく磁力, とにかく秀吉, とにかく米国人, とにかく論文, ともかく文史類, ともかく見, どうやら絞められた, ひどく眼, もう一名, もう僕, 一應かの, 七が, 上に, 事によるともとは, 事実貴ぶべき, 今は, 今や團, 今度勅命にて, 今思い出し, 今珈琲, 他の, 何か, 何しろチベット, 先ず先ず怪しい, 写しの, 十日, 双方とも, 多分は, 多分もう一つ, 多分後に, 女は, 密通の, 少くとも, 年は, 幸徳君らの, 強いて言え, 彦さんの, 恐らくできますまい, 恐らくにこりともし, 或処, 手掛でも, 早く逃げよ, 暇が, 曲芸を, 本事件, 歌の, 此の, 此方の, 此處に, 申分の, 目の, 相当多額, 相手に, 若い背, 虎井夫人の, 行きさえ, 見たところポルザ協会, 解剖台の, 触って, 鎌の, 陰陽家には, 雷の, 面白い研究問題, 音読は, 預かり申して, 風の, 餘り, 高麗村の, 髪の, 鳥は

▼ 分らぬこと~ (78, 6.5%)

9 はない 4 を言 3 をいう

2 [11件] がある, が一つ, では, の一つ, はあるまい, をしでかす, をつぶやい, を云い, を叫び, を叫んだ, を言い

1 [40件] ありとして, かもしれず, があった, がいろいろ, が少く, が山, が度々, が書い, が狂おしい, だが, だらけぞ, であった, である, で本人, など言う, になり, に出会っ, に思え, に思へ, ばかりが引き継い, ばかりです, もありません, もあるまい, をあれこれ, をいった, をぶつ, を云, を云っ, を云ひも, を仰せある, を口, を口走る, を唸る, を妻, を怒鳴, を書い, を病人, を言う, を言ったら叱っ, 程よけい

▼ 分らぬもの~ (56, 4.6%)

43 である 2 が無数, と諦め, なり

1 [43件] が出来, が厚く, が又, が多い, が多く, が書きつけ, が無茶苦茶, が頻りに, だが, だったが, だと, だな, だよ, であった, であり誰, であるが, でこうして, でご, ですな, ですよ, です今頃, で人知れず, で熊野聖, となり, と見え, に候, のあれ, のため, のできたる, の多い, の流れ, はおもしろく, は人間, は作者, は分らぬ, もある, をこれから, を待つ, を指す, を書い, を書き出した, を服用, 多き中

▼ 分らぬ~ (54, 4.5%)

3 お力の, 云ふ 2 いうので, いふので, 思って, 見えて

1 [40件] いいますと, いう, いうて, いって, いっても, いつた, いつて, いひ私, いふこと, いふ事, きく, つまり油絵, どの道浅い, なれば, みゆる, ジュロールの, 云いました爾, 云うから, 云うの, 云う筈, 云つてゐる, 余は, 出づ, 判決に, 同様に, 女中達まで, 思いましたから, 思つてやめた, 思つて餘り, 思ふ, 正徹の, 沁, 由良は, 申すか, 申すこと, 申ました, 蘭訳文を, 言って, 諦めると, 閉口し

▼ 分らぬ~ (44, 3.6%)

10 である 3 であります, です 2 か, だ, は困る

1 [22件] かも知れない, か分らん, が訳, だから, だが, だった, だね, だろう, だエエ余計, だ第, でありますが, であるが, であろう, でござるよ, ですから, では, にぶら, は勿論, は横, も尤も, を大層, を感じた

▼ 分らぬよう~ (44, 3.6%)

3 にし 2 では, なこと, な事, な顔

1 [33件] であるが, なもの, なマゲ, な図面, な夢幻感, な奇妙, な恰好, な感激, な憂愁, な暗い, な気持, な油断, な玄関, な男, な見知越, な話, な調子, な雑巾, な静, に, にいかにも, にいつも, になりました, になる, にもなる, に仕掛け, に取りだし, に器械, に土, に姿, に蓋, に行われた, に鳥

▼ 分らぬ~ (42, 3.5%)

3 いひ出して, を云っ, を言 2 はない, を言っ

1 [29件] あれば, がある, が有る, だが, である, であるが, として竿, と思ふ, なり時計, になるで, には成った, に返事, はわし, もある, も多い, をいう, をいふ, をくどくど, をわめき, をわめき始めた, を云う, を云った, を云わ, を口, を叫ん, を絶叫, を繰返し, を隙間, 多く祖父

▼ 分らぬから~ (29, 2.4%)

2 母の

1 [27件] ああし, いわん, だ, だ竜, どこか, ぼつぼつインド, シャーこれを, フランスの, 仕方が, 先ず御免, 先ア静かに, 到る処, 動かぬか, 動き他, 己は, 廊下を, 早く燈光, 殘し, 真に私, 素徒は, 終に絶望, 聞くまで, 術を, 訳を, 運の, 銭形全集とは, 雜と

▼ 分らぬけれど~ (22, 1.8%)

1 [22件] きはめて, これこそは, そう諄, それは, 丸部家の, 何でも, 兎も, 分らぬ事だらけ, 壁に, 少年は, 工場という, 彼が, 拉丁語と, 旨く居, 服装の, 柱も, 真に其の, 瞰い, 確かに, 秀子に, 色々の, 長く引く

▼ 分らぬ~ (20, 1.7%)

1 [20件] だが, であった, でしたが, では, で到底, にソロソロ, に其文才, に汚れ, に濃く, の事, の咒語, の微々たる, の状態, の細い, の鈴, 古かった, 巧いものである, 有効期間が, 比喩に, 汚なく

▼ 分らぬので~ (18, 1.5%)

2 ござります

1 [16件] いよいよ心細く, この訳, さっきから, ぼんやり上り口, 不意打ちに, 困つて, 困る, 嫁は, 寝台の, 甚だ失礼, 皆んなは, 私は, 腕まで, 腹一杯たべ, 自然に, 途方に

▼ 分らぬけれども~ (17, 1.4%)

2 かつて仇十州, 想像は

1 [13件] よぼ, グッと, タクミの, 何方に, 先生は, 兎に, 司馬晉の, 変てこで, 峠の, 彼女が, 着たものの, 精神的に, 起きて

▼ 分らぬながら~ (17, 1.4%)

2 我児も

1 [15件] この火, それは, とにかく来る, どことなく総て, やっぱり泣き顔, 何か, 傾聴し, 分ったと, 心の, 浮きつ沈みつして, 自分の, 行き行けば, 見上げる枝, 身に, 身を

▼ 分らぬやう~ (17, 1.4%)

2 なの

1 [15件] であつ, であるが, なこと, な上カモ, な名所, な奇妙, な油断, な細い, な顏, になつ, になる, に取りだし, に朦朧, に相手, に買

▼ 分らぬという~ (16, 1.3%)

1 [16件] こと, ことである, ことは, 不合理が, 不平が, 事で, 危険さを, 噂さを, 答案で, 訳で, 訳である, 返事である, 面持で, 顔つきだった, 風に, 風を

▼ 分らぬまま~ (14, 1.2%)

1 [14件] がむしろ, で今, にその, にもいい, にも暫く, にフォーク, にボンヤリ, に一同, に女, に恐ろしく, に捨て, に済ん, に雲, また歩い

▼ 分らぬ~ (13, 1.1%)

3 と呆れ, にて新 1 だもの, なり, にて, になっ, の為る, は分らぬ, は話せぬ

▼ 分らぬ~ (12, 1.0%)

1 [12件] が是, である, と思う, に面白味, のもの, は分らぬ, は図, へ行く, も声, や錠, を先生, を抜く

▼ 分らぬところ~ (11, 0.9%)

2 はみんな 1 から, でござった, には馬鹿, に尊厳, に豊か, はぬかし, は分らぬ, は面倒くさい, へ飛び立つ

▼ 分らぬ~ (11, 0.9%)

4 にし 1 な一つ, な言葉, な隙間, にする, になつ, に叩きつぶし, に拭きとっ

▼ 分らぬほど~ (10, 0.8%)

2 な闇 1 だつた, な情炎, 余は, 古びて, 暗かった, 汚れた衣服, 目立たぬ人, 面白くなれ

▼ 分らぬ~ (10, 0.8%)

1 が撰集, なしと, などには理解, なら余, にてお, になんで, にはどうして, には必要, の眼, はまず

▼ 分らぬ~ (9, 0.7%)

1 でありまするから, である, で假令醫術, なのに, になっ, の所, の極微量, 小さいもんダ, 況して維新政府

▼ 分らぬ~ (9, 0.7%)

2 が僕 1 がある, じゃこれ, そのよう, だと, だな, は馬鹿, もある

▼ 分らぬなりに~ (8, 0.7%)

3 菊の 1 はっきりきこえ, 久しく守られ, 予が, 予も, 審理を

▼ 分らぬ~ (8, 0.7%)

2 だ, ではない 1 があっち, だと, であらう, との夜毎

▼ 分らぬうち~ (7, 0.6%)

1 にす, にふら, にサッと, は, はこの, は前途, は御

▼ 分らぬとは~ (7, 0.6%)

1 いえ近代個人, どこが, よくいつた, マラリアの, 又何, 情けない配下, 茲の

▼ 分らぬ~ (7, 0.6%)

2 の分 1 がすくなく, と思う, なの, の声, の後

▼ 分らぬ言葉~ (7, 0.6%)

2 なり 1 が一つ, で叫ぶ, で機関室, の手品, を弄ん

▼ 分らぬながらも~ (6, 0.5%)

1 とにかく敵, どこかの, 帰らねば, 幸子だけは, 心の, 皆誠

▼ 分らぬ~ (6, 0.5%)

2 はない 1 があらう, のそ, はなかっ, は無から

▼ 分らぬ~ (5, 0.4%)

21 この不, まだ, 若い者

▼ 分らぬ~ (5, 0.4%)

1 云うまでも, 問題でない, 当然だ, 惜しい者, 検査官も

▼ 分らぬ~ (5, 0.4%)

2 を投げ落し 1 も少い数, を口ずさむ, を口ずさんでる

▼ 分らぬその~ (4, 0.3%)

1 ことが, たった一本, 時を, 金を

▼ 分らぬといふ~ (4, 0.3%)

1 やうな, 人の, 状態な, 顔つきを

▼ 分らぬ~ (4, 0.3%)

1 がある, が面白い, は字引, は想像

▼ 分らぬくせ~ (3, 0.2%)

1 に抒情, に神経質, に金銭ずく

▼ 分らぬ~ (3, 0.2%)

2 しても 1 あるか

▼ 分らぬはず~ (3, 0.2%)

1 じゃ, はあるまじく, はなかろう

▼ 分らぬばかり~ (3, 0.2%)

2 でなくこの 1 でなく切支丹

▼ 分らぬ~ (3, 0.2%)

1 かを考へ, か是, か書付

▼ 分らぬ~ (3, 0.2%)

1 天鵞絨の, 金など, 錦の

▼ 分らぬ~ (3, 0.2%)

1 が聞こえた, を発した, を絞っ

▼ 分らぬ~ (3, 0.2%)

3 ぞあの

▼ 分らぬ~ (3, 0.2%)

1 が当然, には少々, を眺め

▼ 分らぬ~ (3, 0.2%)

1 がある, は自ら衝突, を過した

▼ 分らぬ様子~ (3, 0.2%)

1 であった, であつ, である

▼ 分らぬからとて~ (2, 0.2%)

1 何も, 赤い雪崩紐

▼ 分らぬがといふ~ (2, 0.2%)

2 意味は

▼ 分らぬこの~ (2, 0.2%)

1 一人旅行の, 身の

▼ 分らぬそれ~ (2, 0.2%)

1 に見つかった, は不安心

▼ 分らぬだけに~ (2, 0.2%)

1 一層不気味, 彼らの

▼ 分らぬとして~ (2, 0.2%)

1 そのまま殘, 置くとか

▼ 分らぬとの~ (2, 0.2%)

1 こと, 事だ

▼ 分らぬほどの~ (2, 0.2%)

1 乱闘の, 輕侮を

▼ 分らぬまでに~ (2, 0.2%)

1 僅かの, 雑糅され

▼ 分らぬわけ~ (2, 0.2%)

2 では

▼ 分らぬオッチョコチョイ~ (2, 0.2%)

2 の存在

▼ 分らぬ不安~ (2, 0.2%)

1 が歩く, ながらもこのごろ

▼ 分らぬ~ (2, 0.2%)

1 にそろそろ, に話

▼ 分らぬ事情~ (2, 0.2%)

1 で結婚, にあった

▼ 分らぬ人物~ (2, 0.2%)

1 で日本語, にボク

▼ 分らぬ人間~ (2, 0.2%)

1 に物, も随分

▼ 分らぬ~ (2, 0.2%)

1 があたふた, は足

▼ 分らぬ~ (2, 0.2%)

1 し余, し此

▼ 分らぬ~ (2, 0.2%)

1 にチャン, は秀郷竜宮入り

▼ 分らぬ叔父~ (2, 0.2%)

1 の病気, の説

▼ 分らぬ叫び声~ (2, 0.2%)

1 がでよう, をあげた

▼ 分らぬ多く~ (2, 0.2%)

1 のこと, の名画

▼ 分らぬ~ (2, 0.2%)

1 内記の, 馬鹿ものもう

▼ 分らぬ~ (2, 0.2%)

1 智恵で, 輩なら

▼ 分らぬ山草~ (2, 0.2%)

2 の塩漬

▼ 分らぬ弁天~ (2, 0.2%)

1 と申す, なら罰

▼ 分らぬ微笑~ (2, 0.2%)

2 を無理

▼ 分らぬ心理~ (2, 0.2%)

1 だ, については勝っ

▼ 分らぬ感じ~ (2, 0.2%)

1 でそうして, によろめき

▼ 分らぬ感情~ (2, 0.2%)

1 が彼等, を表情

▼ 分らぬ挨拶~ (2, 0.2%)

2 をする

▼ 分らぬ~ (2, 0.2%)

1 今夜の, 余は

▼ 分らぬ文盲浅学~ (2, 0.2%)

2 まして小説

▼ 分らぬ方法~ (2, 0.2%)

1 で利用, で始末

▼ 分らぬ正体~ (2, 0.2%)

2 の不明

▼ 分らぬ~ (2, 0.2%)

1 の時, の様

▼ 分らぬ気持~ (2, 0.2%)

1 でありまた, でびっくり

▼ 分らぬ汽車~ (2, 0.2%)

1 に乗っ, に乗つ

▼ 分らぬ淋し~ (2, 0.2%)

2 さに

▼ 分らぬ~ (2, 0.2%)

1 が人々, はこの

▼ 分らぬ~ (2, 0.2%)

1 も多い, を喫む奴

▼ 分らぬ~ (2, 0.2%)

1 で, でうろ

▼ 分らぬ異常~ (2, 0.2%)

1 なこと, な期待

▼ 分らぬ~ (2, 0.2%)

1 に人, に金銭

▼ 分らぬ~ (2, 0.2%)

1 の闇, 仰向けに

▼ 分らぬ程度~ (2, 0.2%)

1 に小量, に欷

▼ 分らぬ自分~ (2, 0.2%)

1 に彼等, を省み

▼ 分らぬ興奮~ (2, 0.2%)

2 を感じ

▼ 分らぬ舞台~ (2, 0.2%)

2 の奥

▼ 分らぬ苦戦~ (2, 0.2%)

2 であるが

▼ 分らぬ~ (2, 0.2%)

1 であれば, の有様

▼ 分らぬ~ (2, 0.2%)

1 と変りはてた, にとざゝれ

▼ 分らぬ音声~ (2, 0.2%)

1 を二三言, を出す

▼ 分らぬ黒っぽい~ (2, 0.2%)

1 着物に, 着物を

▼1* [305件]

分らぬあれこればかりかと思われた, 分らぬおまけに余, 分らぬかという風に, 分らぬがという意味は, 分らぬくらゐに, 分らぬくらいのかすかな, 分らぬぐらい別して母屋, 分らぬここの川洲, 分らぬことだらけだ, 分らぬこれからの楽し, 分らぬうです, 分らぬ恩賞の, 分らぬしぐさで二度, 分らぬしめッぽいもの, 分らぬじゃアありません, 分らぬなたならそんな, 分らぬそこのところ, 分らぬそちによく, 分らぬそれから出鱈目に, 分らぬそんな敵愾心めいた, 分らぬために直に, 分らぬたわごとを口走った, 分らぬだがね河合少年, 分らぬだけらしいですね, 分らぬえ気の毒, 分らぬといった風だ, 分らぬともかくも親方様, 分らぬなかに御簾, 分らぬながらにごもつ, 分らぬなどと騒ぐまいぞ, 分らぬなどというもので, 分らぬなどとは片は, 分らぬなどは心細い, 分らぬにも程が, 分らぬのさへある, 分らぬのにどうしてここ, 分らぬのみでなく恐らくは, 分らぬほども早く白い塊, 分らぬぼろぼろな上衣, 分らぬにほのか, 分らぬまで砕け潰れ終った, 分らぬまでも君側の, 分らぬまま彼は階段, 分らぬない, 分らぬもうもう皈りませう, 分らぬもどかしさが, 分らぬやに見ゆるが, 分らぬゆえ蔭の者一人, 分らぬよう厳封のまま, 分らぬ貴様の, 分らぬ原文の, 分らぬアッハッハと言, 分らぬチュウものじゃ, 分らぬテ谷間田の云う, 分らぬトンマなこと, 分らぬボロボロのもの, 分らぬ一人の女, 分らぬ一刻の揉み合いであった, 分らぬ一瞥を私, 分らぬ一種不可思議の手段, 分らぬ一辺境の中国土産, 分らぬ一隊が馬煙, 分らぬ万事いっさいを売る, 分らぬ万吉目をねむっ, 分らぬにその, 分らぬ不吉な不安さ, 分らぬの上, 分らぬ久慈に度び度び電話, 分らぬは決して, 分らぬ乍らなんだか好い, 分らぬ九州の南, 分らぬ乱暴人に国, 分らぬ事だらけの怪美人, 分らぬ事ゆえ只馬鹿, 分らぬ事エエ欺されて, 分らぬ二三の話声, 分らぬ亡国の旅, 分らぬ人民であるから, 分らぬ他人の話, 分らぬ以上伝蔵が何, 分らぬ会話には非常, 分らぬ何事かだ, 分らぬ佛體がつくねんと, 分らぬには何とも, 分らぬといっ, 分らぬが人間, 分らぬ光景なり余, 分らぬも角, 分らぬ全体何の目的, 分らぬ其処等と言ふか, 分らぬで仕事, 分らぬ危害は全く, 分らぬ危険に遭遇, 分らぬ景樹時代には, 分らぬ叫びをあげ, 分らぬにあわせ, 分らぬ唄声そして途端, 分らぬ唯十四五の穢い, 分らぬ商標を読みとる, 分らぬ問題に苦しん, 分らぬ喧嘩騒ぎの中, 分らぬ図々しい宣伝文を, 分らぬのことば, 分らぬ土工に頼ん, 分らぬ坂田八段では, 分らぬ坊主が越前どの, 分らぬ場所に牛, 分らぬな気持, 分らぬ夜前の松谷秀子嬢, 分らぬのつ, 分らぬ大きな深い憤り, 分らぬ天窓のひしゃげた, 分らぬ夫婦約束などのない, 分らぬ女子とお, 分らぬ奴めと御, 分らぬ奴其様の事云, 分らぬ如何なる画にも, 分らぬ妖しい少女, 分らぬな苛ら, 分らぬ打遣つ, 分らぬは語, 分らぬ子ども時代から食いもの, 分らぬ子供を孕ん, 分らぬ子孫が撰集, 分らぬに会っ, 分らぬ客たちの無, 分らぬなども有る, 分らぬに住, 分らぬ容子の千鶴子, 分らぬ寂寥は甚だ, 分らぬ小さな神の, 分らぬ小説を書き, 分らぬの魔, 分らぬの流れ, 分らぬ巨石とか等々, 分らぬのこと, 分らぬい場所, 分らぬ廻りくどい調子, 分らぬ役割を演じた, 分らぬだが, 分らぬ会釈ぶり, 分らぬ御方じゃな, 分らぬが辛うじて, 分らぬ心地になっ, 分らぬ思案貌で私, 分らぬ性質のもの, 分らぬ怪物だ流石, 分らぬ恋愛の世界, 分らぬ恐ろしい妖怪変化と, 分らぬ恐怖がいつ, 分らぬ悔恨に似た, 分らぬ愈々着いて, 分らぬ愚か者なりゃ是, 分らぬ愚者なりや是, 分らぬ所謂良心的な劇, 分らぬ手真似をし, 分らぬ救い手である, 分らぬを得た, 分らぬ敵愾心に釘, 分らぬ文盲淺學況して小説, 分らぬ断層がガラス, 分らぬ新しい問題が, 分らぬ早業で心, 分らぬ昂奮を感じ, 分らぬ昨今の状勢, 分らぬならば, 分らぬ時間のうち, 分らぬさの, 分らぬ暗い夜は, 分らぬ暗鬱と恐ろし, 分らぬ暗黒になつて, 分らぬ最近の子, 分らぬ本懐と一楽, 分らぬでもないだろう, 分らぬのよう, 分らぬ様々な顔, 分らぬ様目印をつけ, 分らぬな容子, 分らぬ次第だが, 分らぬ此闘いは支那人, 分らぬ武蔵へ出向い, 分らぬ殊に手を, 分らぬがし, 分らぬを飮む丈, 分らぬ永い別れを, 分らぬ永久の秘密, 分らぬ洋書の背中, 分らぬ流弾が絶えず, 分らぬ浮世のふわふわ, 分らぬ深い所で, 分らぬ深部から鳴り揺れ, 分らぬ混乱におち入った, 分らぬ清流右岸にはラマ, 分らぬ渇きが, 分らぬ溜息のごとき, 分らぬ漢語を交ぜ, 分らぬ激情のため, 分らぬ火災を傍観, 分らぬ無気味な東野, 分らぬ無法の事, 分らぬらば, 分らぬ煩いで困りおる, 分らぬ物狂はしい思ひ, 分らぬ状態のなか, 分らぬ狙いをつけ, 分らぬ独り言を呟く, 分らぬ独語を思ひ, 分らぬ独身の変り者, 分らぬ狼藉なそこら, 分らぬ現に此の, 分らぬ現象が知られる, 分らぬ理由からだった, 分らぬ理窟を言, 分らぬ田舎医者の言う, 分らぬ甲高い悲鳴を, 分らぬ画私の言葉, 分らぬ異人の持物, 分らぬ異人語で船長, 分らぬ発作のため, 分らぬ皮肉らしいこと, 分らぬ目的物を遠い, 分らぬ相手ではない, 分らぬ着物をまとい, 分らぬ矢絣ではあるまい, 分らぬには人, 分らぬ研究生ばかりな, 分らぬ社會が成立, 分らぬ神話が多い, 分らぬ私ひとりを抱きしめ, 分らぬ私生児なの, 分らぬ科学者に名, 分らぬ秘密の生活, 分らぬ程勘次には決斷, 分らぬの光り, 分らぬ笑いが顔, 分らぬ符号でみんな, 分らぬ答案ばかり陸続, 分らぬの多かっ, 分らぬ節穴ほどな, 分らぬ約束にも分相応, 分らぬ絵端書かと思い, 分らぬ絶望のため, 分らぬ繁文褥禮や宮中むき, 分らぬ老人がたった, 分らぬの病気, 分らぬぶるい, 分らぬ腹立声を銘々, 分らぬ自分自身を見た, 分らぬ自殺をとげ, 分らぬ興行師に使, 分らぬの乘降, 分らぬ色道じまんを俊雄, 分らぬ苛ら立ちを感じた, 分らぬ苦悶を訴, 分らぬ苦笑を禁じ得なかった, 分らぬ菖蒲の花, 分らぬで泣いた, 分らぬを班昭, 分らぬ處何ゆゑか探りたく何とも, 分らぬ血汐は不吉, 分らぬ衆人の中, 分らぬ表現で一般, 分らぬ襤褸を着, 分らぬ西洋画や自分, 分らぬ言語を話し, 分らぬ詈言を吐き, 分らぬ詩人が其主観, 分らぬである, 分らぬ話し方で簡単, 分らぬ調子につれ, 分らぬを, 分らぬ谷底の水, 分らぬ辺の, 分らぬ貿易事業への構想, 分らぬ身体なのに, 分らぬ迄に癒して, 分らぬ連中に落札, 分らぬ運命についてしつこく, 分らぬ道理はなく, 分らぬ郷里の男, 分らぬ病人に, 分らぬ重い御輿を, 分らぬ野獣の趾跡, 分らぬが鳴る, 分らぬ長襦袢の寝, 分らぬ闇黒の世界, 分らぬ限りは歴史, 分らぬ限りなんにもならない, 分らぬ陰濕な會話, 分らぬ難病であって, 分らぬの中, 分らぬに落ち付いた, 分らぬ非常の際, 分らぬ音韻がある, 分らぬ頑固者の上, 分らぬ頼り無い憤懣, 分らぬをし, 分らぬ顔つきになった, 分らぬで, 分らぬ風情であった, 分らぬ風景ばかりが浮かん, 分らぬ食卓といふ字, 分らぬ馬鹿ばかり言う, 分らぬ鬼神も来る, 分らぬ鳴き声をする