青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「勇~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

助手~ 努め~ ~努力 努力~ 労~ ~労働 労働~ ~労働者 ~効果 効果~
勇~
~勇気 勇気~ ~勉強 勉強~ 動~ ~動い 動い~ ~動かし 動かし~ ~動かす

「勇~」 3492, 38ppm, 3073位

▼ 勇~ (332, 9.5%)

3 義雄に

2 [14件] あっても, いきなり, その上, そんな三好, もつともらしく, 三好が, 三好の, 口を, 外套を, 徳川の, 斯う, 秀子の, 義雄の, 自分が

1 [301件] あたかも烏合, あでやかに, あまりにも, あまりの, あれども, あわてて, あんな懦弱, いい心持そう, いけすかない小郷, いにしえの, いまいましそう, うたうよう, おそらくその, お座敷から, お綱, お鳥, ここまで, ここ一週間ばかり, こちらの, この男, この落ちぶれた, この詠, この闖入者, これが, こんどは, さすがに, さっきから, さもさ, しばらくお, すっかり立花秀子, すっかり赤く, すでにまっ先に火, そう言っ, そのあと, そのころ日本, その猪口, その細君, その鈴子, その馴染, それには, それらの, それを, それ自身我々末世の, そんな事, そんな自分, たうとう, ちょっと腰, つんと澄し, とろんとした, どうも和武, なおやむ, なほ重々し, にやにやし, ふきだした, ふとうなだれた, ふと一座, ふと自分, ふと赧, ふと鼻, ぽそ, まことに人勇, まじめ腐, ます, また廻せ, また赧, まだか, もはや旦那, やがて桔梗家, ゆツたりと, よろめいた, わざと蓮っ葉, わざと蓮ッ葉, われにも, ガチャリと, キョトンと, シャツを, スタンドの, ズボンの, ハンドバッグの, ベルリンの, 一册の, 一刻を, 一応喚問, 一時の, 一軒の, 丁度良い, 万夫不当だ, 万夫不当と, 三十一二の, 上着の, 下向き加減の, 下宿から, 不思議さうにかの, 中途から, 久しぶりに, 二人の, 二階へ, 二階への, 云つて先づ一郎を, 五六間飛退きました, 亡くなつた秋月桂太郎, 以て, 仲, 仲見世の, 伯爵に, 何か, 何で皆, 傲然として, 優れども, 入れ違, 全く平次, 全く面, 八九年前の, 兵勇差役で, 兵馬の, 其処から, 其歯を, 其齢を, 刀架に, 力を, 劣るとも, 勇そのもののみ, 勘定し, 勘定を, 匂うばかりに, 匕首を, 千軍万馬往来で, 半泣き, 単なるテロリスト, 単なる平隊士, 原稿を, 反感を, 叔父さんに, 取りかえしの, 同じ返辞, 名葬儀委員長, 呼びとめようと, 四条通りを, 国防色の, 土方歳三と, 執拗いい, 多分霞門, 大ジョッキ, 大勢の, 奢られて, 女中とも, 妻の, 嬉しそう, 學校から, 學校の, 安心を, 家を, 小乘的, 小郷が, 小郷なぞ放ったらかして, 小郷の, 小野川の, 少しムッと, 少し不興, 少し尻ごみ, 工場へでも, 市内の, 平気な, 年紀不詳である, 床几に, 弛めるや, 彼, 彼流に, 待つて, 後方に, 徐商を, 微笑し, 心を, 心掛次第で, 心配さう, 忌々しそう, 忙しく手, 応えたが, 忠告がましく, 思い切って, 思わずにこりと, 思わず立ちすくみました, 思わず胸, 思わず顔, 急に, 恐るべきもの, 恐ろしい疑惑, 悄気返って, 意気の, 憤慨し, 打ち損ねて, 抑えて, 抗弁も, 持前の, 捕へられて, 掛引も, 敵ながら, 斯う言い, 新しい軽そう, 新撰組を, 斷定し, 日頃にも, 最初答えよう, 有名なる, 木枯吹く, 本能的に, 歩きながら, 残りの, 比類無し, 気が, 泰然と, 流石に, 浮舟楼でも, 渋谷の, 渠に, 漏らすに, 漸次頭角, 潤滑油が, 烈火の, 無事か, 爪を, 父班超の, 猪口を, 玄関から, 玄關まで, 珍しい美人, 現われなかったのど, 生來, 生返事した, 用うべしです, 男一匹たるの, 疑わぬが, 白いもの, 白い歯, 盗などの, 相談でも, 知つて居る, 碁が, 祖父ちゃんの, 秋月智は, 稍青ざめた, 稽古に, 立ち停った, 筋骨質の, 答へ, 精悍そのものの, 素直に, 細君の, 缺く, 美しく着飾った, 義侠の, 義雄を, 翌る, 肝を, 肩ごと首を, 肩で, 肩に, 胸を, 脊を, 腑に, 自分の, 自分も, 自動車の, 自身町奉行に, 興国塾生一同を, 良助を, 若年寄格, 苦笑し, 茫として自分, 虎徹中原富三郎は, 蜀の, 行こうかとも, 術の, 言下に, 誰, 調子を, 諸人に, 身をかは, 軍神の, 近頃時々義雄, 返辞の, 逆徳, 進んで, 道, 遠慮の, 部屋の, 野猪の, 釣りランプをは, 鈴子の, 鉄砲である, 銀行の, 階下へ, 頑としてきかなかった, 顔を, 首を, 首肯く, 馬に, 驚いて, 鬱いだ顔付, 鴨川踊で, 黒縮緬の

▼ 勇~ (312, 8.9%)

7 がない 6 もなく, を出し 5 がなく, はない, を鼓, を鼓舞 4 がなかつた, づけて, と忍耐

3 [12件] がある, が出なかつた, が無い, に滿, のある, はなく, は無, もない, もなかつた, も無, を奮, を滿

2 [19件] が出ない, が出なかった, が出ぬ, が無, が要る, である, とに信頼, と大, はあれ, は出なかつた, を得, を得た, を挫, を振, を振ひ起し, を與, を起し, を鼓吹, 振り起せ

1 [187件] ありしに, ありて, ありとも, ある友人, ある行爲, ある諸, いかほど勝る, があつ, があるまい, がこれ, がほしい, がよみ, が今日, が出ず, が出た, が出る, が勃然, が失せた, が必要, が持てなかつた, が挫け, が溢れ, が滿, が無くなります, が生まれ, が盛ん, が自然, が起されなかつた, が鈍るです, さ, だけが私, だにあらしめむか, つけられて, づいて, づけられる一人, では無, といふもの, とが待受け, との自力, とは, とは全然, とは自由黨, とを, とをめぐまれた, とを以てそれ, とを保持, とを持つ, とを與, と兇暴, と力, と希望, と根氣, と決心, と決斷, と沈着, と生, と眞實, と眞心, と腕力, と膽力, と運勢, なかる, なく高き帽, なければ, なし, なし是, なり力, にあふれる, によつて建設, に一應, に乏し, に快, に感じ, に感服, に溢れたる, に滿てる, に驚かされる, のあり, のくじける, のない, のほど, のもの, の出, の囘復策, の大, の振ひ作る, の最も, の有無, の渾身, の無い, の頓挫, は, はあ, はありません, はげしく續, はございません, はだ, はなかつた, は今, は以, は出ず, は到底, は十二分, は吾人, は單, は四肢, は大, は感服, は我, は暴, は未だ, は無い, は無論, は絶え, ふりおこし, まさりて, もありません, もありませんでした, もある, も其の, も出ず, も出ない, も出なかつた, も挫けまし, も無い, も稱, も荒涼たる, も衰, も起らなかつた, も餘裕, をかき立てられた, をくじかぬ, をこよなく, をつけ, をつゆ, をふる, をふるひおこす, をもたね, をもつ, を以つて人生, を倍加, を出した, を出す, を勵, を取り戻し, を取戻しました, を吹き入れ, を呼びおこす, を回復, を失, を失はず, を奮つて, を彼, を恢復, を持たなけれ, を持つ, を挫くに, を振り, を振りし, を有する, を沮喪, を注ぎ入る, を生ぜし, を百倍, を稱, を粧, を缺, を胸, を胸中, を要した, を要す, を覺, を試み, を銷耗, を附け, を集め, を頼み, を鼓す, を鼓する, 全く沈み, 吹き込めば, 呼び出せ武器, 振り起しまとも, 振り起せ今, 激しく物凄く大喝, 鋭く強しとも, 飽く迄逞しき

▼ 勇~ (289, 8.3%)

72 鼓し 9 奮ひ 5 ふるって, 振って 4 恃んで, 揮って 3 奮って, 惜しんで, 皷し 2 えむ, して, ふるつて, 好んで, 相手に, 示すもの, 買いかぶって, 鼓す

1 [165件] あげて, あしらつて置き, あしらつて義雄に, いましめなければ, うしなっても, うながして, おこして, おびき出して, おもしろがっ, かばうつもり, ここに, こして, こらして, すすめた, そんな遠い寒い, たしなめました, たっとぶもの, たのんで, つかまえて, つれ出した, どう褒めた, なやますと, にらみつけた, はじめ四人は, はじめ長田秀雄長谷川伸畑耕一サトウハチロー諸家が, ふるいおこさずには, ふるいおこして, ふるい起して, ふるった, ふるったん, ふるひ, ふるひて, ふるッ, ほどこす間隙, まくため, ました高麗村, むりに, めぐるいきさつ, 世話し, 争うは, 二人の, 伴って, 伴つてきのふの, 作し, 促して, 信ぜずして, 兼ねたる名将, 兼ねた人傑, 加えしなれば, 励むらん, 北満の, 十分に, 去つて, 取っ締める勇気, 取るよ, 取調べて, 口説いて, 呼び留めて, 呼んだの, 呼んで, 喪ひ, 国境に, 失う, 奮いおこした梅雪, 奮い八時半頃野蒜, 奮い前み, 奮い城, 奮うべき時, 奮つてアイナイアース及び, 奮つてヘクトールを, 奮つて數人の, 奮ひ起し, 奮ふ, 奮ふて, 奮へる, 好むこと我, 好むとか, 好んだ, 尚ぶ, 後に庇つて, 心配させまい, 忘る, 忘れし敵軍, 思ひ出して, 惜み, 想起させ, 慕って, 懾れしむべく, 押さえた, 持たない, 持ち直したよう, 振った, 振つて, 振ひて, 振りおこし, 振り起こし天使, 振るい起こす, 排し去る, 揮い奮然, 揮うかと, 揮うて, 揮つて弟の, 揮ひ, 擧り, 攘ふ, 書くの, 有したから, 欠く, 正直に, 殺し兵馬, 泣かせましたねえ, 添ふ, 爲し, 犯人と, 現わす, 理由に, 生命と, 用いずもっぱら, 用意し, 疑って, 皷す, 盟主と, 知ってるの, 知り, 知る辨言何, 示して, 示す一段, 示す三十余年以前, 示そうと, 称え尚, 競い風流, 緩めず功名, 翻し諸人救済, 自分の, 行うに, 表徴する, 見て, 見るよりも, 見れば, 見送って, 誘い出しました, 誘い出そうと, 談ずるは, 讚へ, 買いかぶるから, 買つた, 買ひ, 連れて, 過信し, 鈴子を, 隊長として, 隊長に, 離屋へ, 震ひて, 頼みて, 顧みて, 食い得るの, 養いたり, 驚かした話, 鼓し一層, 鼓し思ひ切つて, 鼓すが, 鼓すれ, 鼓せ, 鼓舞される

▼ 勇ちゃん~ (242, 6.9%)

11 がいいました 9 の叔父さん 4 のお母さん, の声, の家, はいいました 3 がいった, がききました, のお父さん, は外, は学校, は小さな, は梅 2 と三人, に見せよう, の顔, はかけ, はその, は政ちゃん, は石, は自分

1 [169件] あんまりタマ, いいだろう, いつも家, おべん, およし, かしらん, からようす, が, があちら, がいっ, ががんばる, がき, がくれた, がこう, がこの, がしつこく, がじゅず玉, がたのみました, がだい, がはちの巣, がクロ, がスパイク, が休ん, が入り口, が呼ぶ, が夏休み, が寝, が川, が手, が水たまり, が目, が聞きました, が見たら, が見つけたら, が迎え, が遊び, が飛び上がっ, こそ三つ, このは, しっかりお, すこしみい子, だけには安心, だけはいつも, ちょっと来, でした, といっしょ, とその, とって, とはお, と二郎ちゃん, と光ちゃん, と原っぱ, と徳ちゃん, と敏ちゃん, と武ちゃん, と肩, と遊べる, どうした, どうして造る, にだまっ, にとびつい, になつい, にはよく, にもわかった, にも分け, に取られ, に向かっ, に話したら, に飛びつい, のいった, のいる, のお家, のかわいがっ, のが, のさけぶ, のところ, のとっちめ, のようす, の妹, の強く, の怒り, の持っ, の角, の話, の話しぶり, の遊び, の頭, は, はあたり, はあまり, はいった, はおじいさん, はお家, はお母さん, はきちきち, はきっと, はきれい, はこれ, はこんど, はこんど田舎, はこんな, はしかりました, はしゃがん, はじゅず玉, はすぐ, はずっと, はたびたび, はたべ, はつづい, はとくい, はとっくに, はなんと, はにこにこ, はねこ, ははち, はびっくり, はびん, はふ, はふしぎそう, はやさしい, はやんま, はハーモニカ, はメダル, は七時半, は中学, は先, は光子さん, は帰り, は床屋, は役所, は徳ちゃん, は怒りました, は思った, は手, は持っ, は日, は日当たり, は朝, は木, は木戸口, は木田, は札, は棒, は清吉, は片手, は独り, は用事, は町, は目, は知る, は考え, は花, は足もと, は門, は顔, もおっかなかっ, もき, もきっと, もたべ, もとみ子ちゃん, もゆく, も二郎ちゃん, も川, も年ちゃん, も逃げよう, や信ちゃんたち, らしいな, をさした, 待って

▼ 勇~ (212, 6.1%)

3 ものだ, 傍に, 顔は

2 [17件] ところに, ところへ, 元の, 前へ, 口から, 名は, 声が, 小説は, 手を, 新撰組は, 方へ, 方を, 旦那と, 横顔を, 為に, 選で, 顔を

1 [169件] あとを, いう話, お父さんじみ, ことが, ことを, こと二十日豫定の, この問, それに対する, ために, ところで, は少し, もう一つ向こう, やつが, やつは, やつまだ, ような, ゐるま, アイナイアースと, ハチ切れ, 七つ下りの, 三人の, 三人は, 三徳を, 下に, 人柄を, 人気は, 今後の, 代りに, 代用米でも, 倅周平が, 傍へ, 写真が, 冷かしとも, 冷たい態度, 出なるれん, 前に, 勇の, 匕首は, 北満行きは, 卓の, 卓を, 卓上の, 厚い綿入れ胴衣, 叔母が, 叔父の, 古風な, 同僚を, 同郷であろう, 同郷とか, 同郷人だ, 同門で, 名を, 名前を, 唇を, 問ひ, 墓あり, 声だった, 声であった, 声は, 外には, 大祝詞, 天下だ, 夫も, 姿が, 姿を, 字が, 字とは, 学校の, 家いや, 家なる, 家を, 峻厳な, 崇拝に, 年を, 座敷で, 張り切った声, 影に, 徳を, 怒りの, 思ひ出, 所では, 所生の, 手が, 手に, 手前, 手紙の, 持ち主である, 持って, 挙止に, 敏腕に, 新撰組には, 方から, 方で, 方に, 日記の, 旦那です, 旦那に, 書齋に, 最も洗練, 最大な, 最後, 月給十七円の, 有罪を, 極致は, 樣な, 次男坊気質を, 欺かざる述懐, 歌だ, 歌も, 歌を, 歌声の, 死骸を, 気象は, 泣顔に, 為めに, 無遠慮に, 独楽は, 生んだ女, 男が, 発見する, 眼を, 眼玉の, 短歌の, 立つて, 筆跡で, 素姓についても, 細君お, 細君と, 美しさ, 耳に, 肩は, 肩を, 腕の, 虎徹が, 表情が, 見聞以外は, 言うの, 言葉が, 試衛館は, 話に, 話は, 説に, 説得, 諷意が, 諸氏に, 身上は, 身體は, 軽率な, 返電を, 途方も, 逸気は, 逸氣は, 部屋から, 部屋で, 部屋に, 部屋へ, 野郎が, 関係みたいな, 電話が, 頭から, 顔が, 顔の, 風采も, 食事であった, 養子周平外十七人斃された, 首に, 馬にな, 高利貸の, 齢は

▼ 勇~ (152, 4.4%)

94 の声 3 がまた, が言いました, は 2 がそこで, がその, がまず, であります, の二人, はそれ, はもう

1 [116件] からつきつけられた, があざ笑う, がうなずい, がし, がしきりに, がそれ, がつまらない, がとつかわ, がほめる, がほんとう, がもがき, がやってきた, が一種, が介添気取り, が仏頂寺, が仏頂寺弥助, が以前, が再び, が十津川話, が堪り兼ね, が妙, が小瓶, が弱りきっ, が強いて, が悪態, が手, が早く, が気兼ね, が猪口, が眼, が空うそぶく, が笑止, が続い, が見, が解せない, が訓, が語りつづけ, が趣, が雲, が非常, が頓狂, が顔, が騒ぎ出した, であったから, でした, ですらが意外, でもなく, ということ, とが勢いよく, とが続い, とは兵馬, と二人, と仏頂寺弥助, と宇津木兵馬, に同情, のけたたましい, のため, のよう, の三人, の幽霊, の影, の最初, の死体, の眼, の笑い声, の自殺, の顔, はうろうろ, はしっかり, はその, はただ, はどこ, はまだ, はやや, はテレ, はホッ, は一時仰天, は九段, は仏頂寺弥助, は何, は兵馬, は刀, は前, は十津川, は双方, は命, は多少, は実地, は底意地, は弁舌, は当時, は必ずしも, は毒薬, は浮かない, は焼酎, は高部, は高部弥三次, までがいつのまにか, めがけて, もこの, もそれ, もそんな, もひとたび, もまた, も主張, も冷かし気味, も動かなくなりました, も含み声, も控え, も最初, も横, も残っ, も肉, らしい, をかえりみ, を抱き上げ

▼ 勇~ (149, 4.3%)

3 ある, 許しで 2 あって, あっても, はいって, 云った, 京都は, 犯人だ, 聽く, 鶴雄の

1 [127件] あったのに, あってこそ, あるもん, あるわけ, あればとて, あろうと, あろうとも, いくら身, かえったから, かえって来, きき返すと, これを, すすめるに, すっくと立っ, その値段, その土左衛門, それを, そんなもの, たいへん能才, どうして金庫, どんなに蒼かっ, なお勃々, なぜ小郷, はるばる京都, ひきつけられて, ふかし甘薯, ふところから, また附け, まだ學校, やつて, よし悪, わざと芝居がかり, ゐたこと, キャバレーの, ズボンの, プーと, ヘンな, 一ヵ月ほど, 一寸考え, 一通を, 三人で, 云ふ, 五稜郭で, 京の, 人の, 今にも姿, 今夜酔っぱらった, 会ふと, 何と惨め, 來さうな, 働き貞之助, 先づ言葉, 先に, 先斗町から, 出さないでも, 出た, 出て, 十餘町の, 去りに, 受けて, 口を, 吉三郎如き, 同時に互, 名を, 呼び出された, 嚴しい, 執心する, 売り出したの, 大将だ, 大阪で, 孝行によって, 學校へ, 官軍の, 宜からう, 尊ばれ男, 小栗邸へ, 小郷と, 小郷や, 小郷を, 少しくその, 工場へ, 帰って, 帰宅した, 忘れられないとは, 忠実なる, 思ひ切れ, 恋患い, 探して, 断ると, 旅行の, 書いたもの, 来ると, 来嫁, 来訪た, 東京の, 池田屋騒動の, 泣いて, 渋谷の, 無くつちや, 片腕と, 現われた, 現代の, 生れたの, 生んだの, 留守な, 突然アトリヱ, 笑ったの, 答えた, 答へる, 続いて, 聞いて, 自白した, 自轉車, 芸者の, 虎井満, 虎徹ここに, 親の, 親父の, 言う, 輝ける新撰組隊長, 近く此家から, 返事した, 道場の, 酒と, 酔いたいと, 青年らしい, 鶴雄に

▼ 勇~ (109, 3.1%)

11 して 3 似て, 離縁された 2 チョッカイを, 会って, 向ひ

1 [86件] いくらかでも, いやまさるアキルリュウス, おのおの長ずる, きいて, これだけの, しても, し或は, すぎずただ, すぎなかった, そんな大, たずねたとき, たのみながら, つきまとったん, はやったの, はやって, はやりし, はやる者, ふられた不満, ふるえあがって, また電報, よったとは, 乏しくただ, 云ふ, 今夜つき合え, 任せて, 会えと, 似ぬ悲しい, 依田学海が, 信念が, 信玄の, 出したハガキ, 別れて, 勇ましい捨身, 合図する, 同情する, 向ける, 含まれること, 嘗てこの, 因んだもの, 在り, 大勇あり, 姿を, 嫌疑が, 富んだ不具退転, 怒られ家じゅう, 恃むところがあるかそう, 手柄を, 扮した, 欠けて, 殺される, 済みません, 牛耳られて, 猪口を, 當てた, 當てて, 相談した, 組し, 背を, 自己を, 至りては, 至ると, 荷擔し, 触れます, 言ったの, 訊ねました, 話しかけた, 話した通り, 誇らうと, 誇りて, 誇る, 誇ろうと, 語り聽, 説明し, 讀み聽, 貰った鶴, 近い敢闘精神, 逢ふ, 逸って, 逸るなどは, 逸る旗本, 過ぎぬ, 隠然として, 電報で, 頼まれて, 頼まれなければ, 驅られ

▼ 勇~ (81, 2.3%)

754

1 [65件] おほいな, かくて, かけいだす, がこの, すぐに, すごく雄叫び, すでに逝きたれ, たから, つ, として聞え, と共に亡べり, と彼, と智慧神, につき, にてプーリア, に任かし, に供, に偉大, に手向, に服し, に爲, に親しく, の妻, の姿, の居館, の屍體, の影, の振りかざす, の斃, の現, の生み, の眼, の肩, の腰, の臟腑, の身, はパプラゴス族引き來, は不朽, は二頭, は國, は黒き, ほどなく, またつ, も傑僧, よ神アレース, をすでに, をアーンチロコス先づ斃, をサルペード, をヂォクレース, を再び, を屠れる, を斃, を暫し, を欺けり, を死, を苦しむ, を見, を起たしめ, を躍らしむ, 共にアレース軍神, 呼び起す, 射る前, 打ち倒せ, 穿つ胸甲, 踏みとまり槍

▼ 勇太郎~ (80, 2.3%)

6 の死骸 4 を殺した

2 [13件] が宗之助, が床, が急, が死ん, が表, さ, だ, とは遠い, の仕業, は誰, は遠く, も殺され, より弱い

1 [44件] か直, が下手人, が其辺, が其邊, が歸つて來, が無理, が發見, じゃない, たった一人, たつた一人, という男, といふ湯島, といふ男, と一緒, と話す, にはそんな, に好意, のよく, の初心さ, の姿, の忘れ, の秤, の答, の繼母, の誘拐, の調子, はその, はそれほど, はそんな, はガタガタ顫, は寝巻, は寢卷, は染吉, は生さぬ仲, まで生みました, も待機, をつれ, を救, を無理, を生んだ, を縛つて, を縛ります, を育てた, を追

▼ 勇~ (79, 2.3%)

3 云ふ, 私との 2 並んで

1 [71件] いうと, いうべきのみに, いえども, いふのに, いふ者の, いわれて, おっしゃいます, お綱さん, お鳥, かつかつの, この情誼, その智, まちがえらればあい, みゆる, 一緒に, 三年前に, 二人で, 云えば, 云ひ, 云へば, 代っても, 会って, 信を, 別れて, 力と, 力とだけが, 勇とを, 同じよう, 同郷人として, 名乗つて女郎に, 土方歳三とが, 土方歳三との, 土方歳三の, 大した違い, 太郎とは, 威により, 威を, 小郷とは, 怯懦とが, 意氣とを, 意氣忘れし, 我れ, 文字通りに, 昨日の, 智は, 智略と, 照奴の, 玄徳の, 生命知らずの, 異名を, 盗賊と, 秀子の, 称して, 称し深く, 称する者, 称すれ不義, 立花秀子は, 義雄との, 考えられて, 肩を, 芹沢鴨とが, 虎猫が, 見做, 親しくなった, 言う方, 言って, 言ッて, 鈴子は, 銀座あたりを, 霊的に, 飲む時

▼ 勇美子~ (68, 1.9%)

2 はその, は手

1 [64件] がそんな, が下, が前髪, が急, が目敏く, が説明役, が頭, が顔, という, と対向, と話し, と陽子, には再, に微細, に望まれ, のその, の口, の問, の手, の探偵, の推理, の用, の説明, の部屋, の面, の頭飾, の黒髪, は, はこう, はこんな, はたった, はなんか, はクリーム色, はピョコリ, は余念, は傍目, は兄, は先, は嬉し, は実によく, は年紀, は店さき, は引手, は後, は快活, は掌, は旧, は早, は机, は棒紅, は母, は母親, は滝太郎, は漸く, は燃, は立っ, は裾, は身, は返すべき, は鏡, も夜会結び, も慌しく, より一つ年下, を取囲ん

▼ 勇さん~ (56, 1.6%)

3 が, だからとて, に逢, の家, の身分 2 が勇さん, が開ける, でも, の氣, 又夜遊び

1 [31件] がねおい, が一所, が手習, が編纂, が貸し, ちょっと, でした, です, ですか, とか言, とはっきり, などを知つて, にはこの, には今, に楽屋下, に電話口, のところ, の事, の兄さん, の様, の正体, の気に入る, の為, は, は二, は嘘つき, は此處, もあの, や父さん, をかたづける, を連れ

▼ 勇~ (53, 1.5%)

1 [53件] あとから, ありそう, ある, いいが, いた, いやしない, いよいよ気, お綱, こちらの, この点, すらりと, その專門學校, その謀, それについて, それを, ない, ないで, なく, なくその, また時代, もう三十, よくここ, タガが, ツイ考え込ん, 下向きに, 中館公一郎も, 云つてその, 亦かの, 亦微笑, 今の, 伴って, 何んと, 何時の間にやら, 優れりき, 力も, 呆れ返りました, 呑込みました, 大方知っ, 妙に, 妻の, 小学を, 少し呆気, 政治的才幹も, 智も, 朧ろ気乍ら知らないで, 歯が, 猪口を, 相續, 立つて, 答へて, 義も, 虎徹も, 長田秀雄も

▼ 勇しい~ (44, 1.3%)

1 [44件] が内心, ことが, ことでございました, ことです, ぢや, と思つた, と感じた, な, ものでした, ものです, スタアトには, 人の, 写真の, 号令を, 同じ小さな木, 名を, 呼び声, 太鼓も, 妾の, 姿では, 姿も, 姿を, 希望さえ, 年わかい, 恰好だ, 戦友の, 扮裝を, 拂塵の, 既往の, 木の, 櫓声が, 武将や, 獣でした, 男だろう, 自分の, 血潮が, 詩であった, 軍艦だ, 雀ばかりが, 靴の, 音, 響きと, 風景であった, 馬蹄の

▼ 勇~ (30, 0.9%)

3 どんは 2 は気抜

1 [25件] が, がウロ, が乳母, が出掛け, が前, が気, と申す, と與平次爺さん, と顔馴染, どんも, に着せた, の仮, の腰, の行方, の面部, の頭脳, は, はまた, は正直, は泳ぎ, は立帰り, は馬鹿正直, も年, を川中, を殺したる

▼ 勇なる~ (28, 0.8%)

5

1 [23件] に誇つ, は一大福, は敬服, もああ, ものであった, ものであろう, ものと, ものは, も今, も唯, も少女, も彼, も敵陣中, を率, アマゾーン女軍寄せ來し, エペーオス, ヘクト, 事, 君では, 所業を, 秦人を, 者に, 者にも

▼ 勇三郎~ (27, 0.8%)

2 といふの

1 [25件] がその, が兄上, が錺屋, でした, でなくこの, と言つて, と飯事, にか, に見付かつ, に逢, に逢つて, のこと, の中, の口, の家, の潔白, の繩, はもう, はもと, は錺屋, も時々, よりは幾つ, を一緒, を生みました, を背負

▼ 勇~ (26, 0.7%)

3 といふ人 2 といふの

1 [21件] さそれで, といふ浪人, といふ男, の二人, の仕業, の娘茂野, の家, の方, の病床, の讒言, の驚き, はこれ, はさ, は何ん, は此一年越し外, は淋しく, は漸く, は獨, は疲れ果てた, は自分, は苦しい

▼ 勇~ (25, 0.7%)

2

1 [23件] ありとて, あるに, ある人, ある坊主, いかにすぐるるも, がもし, に, にはた, にも驚きました, のあらん, はただ, もまた, を受けつい, を恃, を生ずべからず, を笠, を試みん, を賜, 今に續, 優れた人, 勝れた灘兵衛, 堅くあらまし, 察す可

▼ 勇しく~ (23, 0.7%)

2 この村

1 [21件] この大川, たのもしく思われ, て, て俺, より男らしく, キリストと, 先頭に, 号鐘が, 大きな魚, 意気で, 新しい困難, 正しい人, 江戸を, 渡つて行つ, 疾び駈ける, 私の, 聴えます, 號鐘が, 足を, 進撃し, 鉄の

▼ 勇~ (22, 0.6%)

2 の, は何

1 [18件] がポントス, が実によく, が編輯, だったと, だよ, である, でも出来まい, とあれ, にきく, にその, によつて継承, に会, の在る, の歌集, の繩張, の説, も大辻, を疑った

▼ 勇一少年~ (20, 0.6%)

2 が行く, と魔法博士

1 [16件] が, がいなくなった, がこの, とひきはなされ, にささやきました, に話しかけます, のお, の姿, はどう, はびっくり, は老人, は魔法博士, もほんとう, をさがし, をさがす, を見つめた

▼ 勇一君~ (19, 0.5%)

1 [19件] が宙, が言われる, じゃ, といっしょ, に黒布, のお, のおとうさん, のからだ, の知らせ, はあまり, はあれ, はおもいきっ, はかなし, はその, はふと, は大, は臆病者, は裏, は首

▼ 勇少年~ (18, 0.5%)

1 [18件] がベル, が受話器, が各自, が現れた, とします, と大辻, と自分, と電話, になつ, に乗移, の輝いた, の饒舌, は再び, は前日黄昏, は気の毒そう, は隣り, は電話局, は頭

▼ 勇~ (18, 0.5%)

2 が, と云う, の家

1 [12件] から手紙, がお, が毎晩, に手伝っ, に知らし, の処, の態度, の注意, は其の, は血の気, を伴, を叩き起した

▼ 勇~ (18, 0.5%)

1 [18件] が一応, が良, とある, という人相, という人相見, と記し, に死相, のこと, のところ, の処, の所, の門辺, はぼんやり, は私, は萩原新三郎, は見, も驚い, をし

▼ 勇~ (17, 0.5%)

3 助が, 助を 2 助は 1 いづれも, 助と, 助代かや, 助君の, 助君は, 助樣, 助金光利平太虎石恵実大谷繞石武井悌四郎林並木岡本勇河東碧梧桐高浜虚子という, 進様と, 進様なら

▼ 勇~ (17, 0.5%)

7 にし 1 である故, なの, なり, なり農夫これ, なる従者, な心, な男, の好, の者, の風

▼ 勇~ (14, 0.4%)

2 と云う, と庄吉 1 がすらり, が犬, という胡麻, とかいう胡麻, の処, の娘, の頬片, は, を御存知, 許して

▼ 勇には~ (13, 0.4%)

1 [13件] その勇氣, それまで, 事業の, 勝てねえや, 受けが, 大先輩, 富めど, 戲言と, 相変らず, 親父の, 話さなかつた, 随意に, 驚かれも

▼ 勇~ (12, 0.3%)

1 [12件] がふさわしい, が有, が気に入ります, であったこと, ですからね, ではあり得, というの, とが様子, に描写, の奇談, の最期, は一本

▼ 勇ある~ (11, 0.3%)

1 [11件] おかた, か, も, ももっ, ポデースを, 奴は, 者と, 者ども, 者は, 者を, 者動かざれ

▼ 勇とは~ (11, 0.3%)

1 [11件] いったい何ん, それ汝自身の, つれだって, 俺の, 別人の, 同郷の, 同郷武州多摩郡石田村の, 商売敵に, 義を, 質が, 顏を

▼ 勇なき~ (11, 0.3%)

4 なり 1 なりだ, なりという, にはさらさら, は実に, ものいずくんぞ, 也, 者が

▼ 勇はん~ (11, 0.3%)

2 を皆知つて 1 がすき, がニコニコ, が着変る, とは段々, と低う, の何, はこんな, はなかなか, は後

▼ 勇~ (11, 0.3%)

21 が大変力瘤, が大学紀要, にお, によってはなはだ, に會, の戯曲, の歌集, はかう, は正に

▼ 勇あり~ (10, 0.3%)

2 て義, といえ 1 て其腕力, という一語, や, コリントス郷を, 義あらバ早く, 胆あり

▼ 勇~ (10, 0.3%)

1 が鼓, だまた, なしとは, のたて, は精, を急派, を戰場, を選, 勉めて, 概ね弾丸

▼ 勇という~ (9, 0.3%)

1 のが, 七歳のか, 二人の, 人は, 人も, 名の, 嗣子が, 子供が, 舞子です

▼ 勇~ (9, 0.3%)

1 万夫不当みな千軍万馬往来の, 中館公一郎の, 入院中の, 土方歳三などが, 市龍や, 智は, 氷峰に, 虎井満, 鈴子や

▼ 勇夫婦~ (9, 0.3%)

1 だ, とは氣, と共に自分, と別々, に何とも, に安心, はカウスボタン, は思はずらしく吹き出した, も亦

▼ 勇~ (9, 0.3%)

1 なし, の質, は死地, もとより年, をたしかめ, を問はず, を試みる, 合せて, 忽ち悟り得ん

▼ 勇とを~ (8, 0.2%)

2 勵ま 1 はげましぬ, 奮は, 比べて, 結びつけて, 鬪は, 鼓舞せしむ

▼ 勇にも~ (8, 0.2%)

1 いけない所, その気, 会ったが, 弓子にも, 必ず読ます, 紹介した, 話した通り, 限度が

▼ 勇之進~ (8, 0.2%)

1 から藤枝蔵人, という名義, と言った, なら大変, なら親殺し, なんて人間, に違い, は薄

▼ 勇~ (8, 0.2%)

1 して, しようと, するという, するなり, するの, するは, すれば, の気風

▼ 勇~ (7, 0.2%)

2 はない 1 あらう, ごわすな, 副将が, 同郡調布上石原村, 自分から

▼ 勇との~ (7, 0.2%)

1 仲は, 前で, 友情の, 手紙は, 話しぶりは, 話に, 譽れ高い

▼ 勇~ (7, 0.2%)

1 という奴, といっ, のあと, の右, の家, の秘密, も善吉

▼ 勇~ (7, 0.2%)

1 とが最も, なる武士, な気持, にせよ, に出, の本性, の行爲

▼ 勇先生~ (7, 0.2%)

1 が久保田万太郎, だけの看板, の代参, の市井劇, の弥太, の狂馬楽, の近著

▼ 勇~ (7, 0.2%)

21 して, ひ, ひ皆, ふヂオメーデース之, へ更に一層

▼ 勇~ (6, 0.2%)

1 さで, さに, さは, さを, さ笛太鼓も, ぶりに

▼ 勇たち~ (6, 0.2%)

1 のあと, の屯所, の生活気分, の甲州鎮撫隊, の話, は鴨川湯

▼ 勇~ (6, 0.2%)

1 ということ, と巧, と考える, のという, やあやあ, 彼は

▼ 勇~ (6, 0.2%)

1 でなく伍助, といふ飛んだ, と人眼, と言, にはお, に捨てられ

▼ 勇兄さん~ (6, 0.2%)

2 のお 1 から何と, が絵の具代, に似, のやう

▼ 勇太郎樣~ (6, 0.2%)

1 と仰し, はまだ, は亡くな, は蟲, まで, を追

▼ 勇斎国芳~ (6, 0.2%)

1 あるのみ, と名人上手簇出, の描いた, の板物, の門人国友, を殿

▼ 勇美子さん~ (6, 0.2%)

1 が, が来, どうなすった, ならキット, なら探偵, 有難うよ

▼ 勇から~ (5, 0.1%)

1 使が, 借りて, 聴いた岡崎, 轉送し, 電話十二時ビクターへ

▼ 勇です~ (5, 0.1%)

1 か, が仕事, が半面, ってハッハッハッハハハ, よ

▼ 勇では~ (5, 0.1%)

2 ない 1 あるが, 改めて養子, 百人の

▼ 勇といふ~ (5, 0.1%)

1 やうな, 一人の, 大變, 情人が, 言葉が

▼ 勇とが~ (5, 0.1%)

2 あるならば 1 なお映画, 満ちて, 話して

▼ 勇なら~ (5, 0.1%)

1 いいよ, ば, ばある, ば今, む

▼ 勇なりと~ (5, 0.1%)

2 いえども 1 いえど, いえ甲軍, す

▼ 勇よりも~ (5, 0.1%)

1 おれの, もっと新鮮, 万夫の, 信頼され, 早く四五名

▼ 勇三郎樣~ (5, 0.1%)

1 が言, に御, に驅付け, の惡事, は佞奸邪智

▼ 勇~ (5, 0.1%)

1 なる水兵等, な女丈夫, になる, のアキリュウス, の氣

▼ 勇姐さん~ (5, 0.1%)

21 ええ扇子, が叱らはった, これからお

▼ 勇~ (5, 0.1%)

1 とか任侠, との所有者, の, またはその, 純樸

▼ 勇これ~ (4, 0.1%)

1 はどう, は淫売, も聖雄, をことごとく

▼ 勇なく~ (4, 0.1%)

1 して, その度量狭小, 信なき, 惡を

▼ 勇なし~ (4, 0.1%)

1 て諸, と, と而, 力なし

▼ 勇のみ~ (4, 0.1%)

1 あって, それを, で智謀, なる者殆

▼ 勇三郎さん~ (4, 0.1%)

1 の父さん, はき, は隨分父, を縛つて行

▼ 勇~ (4, 0.1%)

1 が支配, といわれ, に宮部善性坊, はいう

▼ 勇~ (4, 0.1%)

1 の, のアイアース, のテラモニデース・アイアース, 弱高下

▼ 勇助さん~ (4, 0.1%)

1 という老, はね矢切, は疾うに, も永い

▼ 勇~ (4, 0.1%)

1 に堪えね, の間, を念ずる, 念じ進み行く

▼ 勇~ (4, 0.1%)

1 と, と仰し, の外, の御

▼ 勇次郎~ (4, 0.1%)

1 が見付ける, に横, に逢つた最後, の部屋

▼ 勇~ (4, 0.1%)

1 なる虎髯大尉, な部種, の士, を以てす

▼ 勇~ (4, 0.1%)

1 である, の君, はいかに, をたのみすぎ

▼ 勇~ (4, 0.1%)

1 な建御名方, に其, はここ数年, を欠く

▼ 勇~ (4, 0.1%)

2 して 1 したいと, しないかね

▼ 勇くん~ (3, 0.1%)

1 でした, と賢二くん, はこう

▼ 勇しき~ (3, 0.1%)

1 ものなる, わかき心, 嬉しきいた

▼ 勇~ (3, 0.1%)

1 ゃんがねこをいじるのはしつこくてかわいそうだけれどいじめる, ゅうてその頃は, ゅう妓が

▼ 勇ちゃんたち~ (3, 0.1%)

1 があそん, が輪, が遊ん

▼ 勇でも~ (3, 0.1%)

1 ない, 一途でも, 揮ひませう

▼ 勇とも~ (3, 0.1%)

1 あるべきもの, あろうもの, に驅

▼ 勇~ (3, 0.1%)

1 ことは, のか, のである

▼ 勇なり~ (3, 0.1%)

1 また賢, や, 犢にさえ

▼ 勇~ (3, 0.1%)

1 掛った電話, 斯う説いた, 旦那としての

▼ 勇~ (3, 0.1%)

1 ノミ恃ムベカラズ, 以テ本, 好ム

▼ 勇~ (3, 0.1%)

1 くー, と奮発, と肌

▼ 勇~ (3, 0.1%)

1 なのに驚歎, な男子, 膂力絶倫満身の

▼ 勇~ (3, 0.1%)

1 の意氣, 御奮戦, 超世

▼ 勇~ (3, 0.1%)

1 ですけれども, もある, も多く

▼ 勇助どん~ (3, 0.1%)

1 が己ア家, が帰っ, が男泣

▼ 勇博士~ (3, 0.1%)

2 などの名士 1

▼ 勇~ (3, 0.1%)

1 が廻っ, のいう, の行く

▼ 勇~ (3, 0.1%)

1 とみっ, と時子さん, はど

▼ 勇~ (3, 0.1%)

1 と云い, を振つた, 猛勢

▼ 勇將之~ (3, 0.1%)

1 を守る, を御す, を見

▼ 勇氣最~ (3, 0.1%)

1 も優る, も勝れたる, も強き

▼ 勇~ (3, 0.1%)

1 の今後, の考, の諸君

▼ 勇美さん~ (3, 0.1%)

1 に言い, の小遣, は居る

▼ 勇義君~ (3, 0.1%)

21 の話

▼ 勇~ (3, 0.1%)

2 な哥兄 1 がトン

▼ 勇自身~ (3, 0.1%)

1 がひどく, が工場づとめよりは, が近親

▼ 勇~ (3, 0.1%)

1 な, の平馬どの, をなほ

▼ 勇~ (3, 0.1%)

1 が, が持つ, は父

▼ 勇~ (3, 0.1%)

1 などの豪傑連, を記す, 超黄忠

▼ 勇あの~ (2, 0.1%)

1 娘の, 男を

▼ 勇~ (2, 0.1%)

1 どうした, 丁度宜い

▼ 勇この~ (2, 0.1%)

1 三つが, 外交記者と

▼ 勇しくも~ (2, 0.1%)

1 亦羨し, 楽しい

▼ 勇じゃ~ (2, 0.1%)

1 ないでしょうね, ないん

▼ 勇その~ (2, 0.1%)

1 三人と, 徳その

▼ 勇そのもの~ (2, 0.1%)

1 のみで, の名声

▼ 勇ちゃんとんぼ~ (2, 0.1%)

1 が取れた, をみんな

▼ 勇ったら~ (2, 0.1%)

1 こいつ, 勇勇ったら

▼ 勇としては~ (2, 0.1%)

1 しかしひきつけられ, 尤もな

▼ 勇と共に~ (2, 0.1%)

1 有馬の, 腰を

▼ 勇どん~ (2, 0.1%)

1 が, はよく

▼ 勇など~ (2, 0.1%)

1 当るべからざる概, 選りすぐっても

▼ 勇などの~ (2, 0.1%)

1 グループに, 名が

▼ 勇のみにて~ (2, 0.1%)

1 仕置一様ならず, 術なけれ

▼ 勇ばかり~ (2, 0.1%)

1 では, で治まるわけ

▼ 勇みきつた~ (2, 0.1%)

1 思ひが, 愉しさ

▼ 勇みの~ (2, 0.1%)

1 湧きしにや, 無い沈んだ

▼ 勇カン~ (2, 0.1%)

1 でスタイル, に戦かっ

▼ 勇五郎~ (2, 0.1%)

2

▼ 勇介君~ (2, 0.1%)

2 です

▼ 勇侠者流~ (2, 0.1%)

1 のやう, のよう

▼ 勇兄さま~ (2, 0.1%)

1 にもお, の絵

▼ 勇~ (2, 0.1%)

1 というの, を尻目

▼ 勇~ (2, 0.1%)

1 が, というもの

▼ 勇~ (2, 0.1%)

1 ふ, へ

▼ 勇~ (2, 0.1%)

1 ったらこいつ, を行う

▼ 勇~ (2, 0.1%)

1 想とか, 畏などと

▼ 勇太郎ぢ~ (2, 0.1%)

1 やない, やなし

▼ 勇太郎目黒~ (2, 0.1%)

2 の在

▼ 勇太郎草角力~ (2, 0.1%)

1 の関取, の關取

▼ 勇奮以~ (2, 0.1%)

2 て諸

▼ 勇將かく~ (2, 0.1%)

1 てアレース, て陣中

▼ 勇將ヂオメーデース~ (2, 0.1%)

1 を勵, 退く

▼ 勇將彼~ (2, 0.1%)

1 と此, を好まざる

▼ 勇將答~ (2, 0.1%)

1 へて彼, へて陳

▼ 勇揚威~ (2, 0.1%)

1 は右翼, を戦闘力

▼ 勇氣今~ (2, 0.1%)

1 すでに, は無く

▼ 勇氣盛~ (2, 0.1%)

1 に奮, のわが

▼ 勇氣盛り~ (2, 0.1%)

1 のイドメネー彼, のエペーオイ

▼ 勇~ (2, 0.1%)

1 にし, 実に是

▼ 勇猛精進~ (2, 0.1%)

1 の心, の志

▼ 勇立つ~ (2, 0.1%)

1 てゐた, て先づ

▼ 勇自慢~ (2, 0.1%)

2 の父

▼ 勇薩州~ (2, 0.1%)

1 では中村半次郎, に中村半次郎

▼ 勇電話~ (2, 0.1%)

2 だよ

▼1* [355件]

つて説く, 勇あって訓練, 勇あらん事を, 勇ありしと聞く, 勇あれど智謀, 勇いざお相手, 勇いづこ, 勇おい早坂ッ切っ, 勇お前はまた, 勇からもお鳥, 勇がべちべ, 勇くわねばいい, 勇ことわが早坂勇, 勇こと早坂勇のハチ, 勇さえも愕然として, 勇さまの御, 勇さんこの間割ったの, 勇さん何も彼, 勇さん変な顔色, 勇さん小栗を殺した, 勇さん独楽を廻さない, 勇さん親が命, 勇さん貴方は私, 勇しい懸けごえにつれ, 勇しう国ざかひの野原に, 勇しかつたぞ, 勇しきヒパソスの息, 勇しき働きをなす, 勇しき子息答へて彼, 勇しき戰士ひとりに兼, 勇しき族人乃ち睡より, 勇しき男の獅子舞, 勇しき船頭は波打際, 勇しき英氣弛むること勿れ, 勇しくありたいと虚勢, 勇しくって立派, 勇しくなっていた, 勇しく出かけて行きました, 勇しく漕ぎだしたのであった, 勇しく立ちあがって機械人間, 勇しく立って小池, 勇しく見えるのです, 勇しく踏込むとさあ, 勇すぐれしも天上, 勇すなわち徳徳すなわち, 勇そうじゃ無い, 勇その他に会う, 勇それから私など, 勇だけは平服土方と, 勇だけをおもんぱかって, 勇だったのだ, 勇だったら新聞の, 勇だの池島信平だ, 勇ちゃんいまのはすべった, 勇ちゃんかんにんしてね, 勇ちゃんこっちへいらっしゃい, 勇ちゃんそばへいける, 勇ちゃんはちの巣があっ, 勇ちゃんりんごをあげよう, 勇ちゃん僕のうち急, 勇ちゃん勇ちゃんちょっと来, 勇ちゃん川へ魚, 勇ちゃん田舎へいく, 勇ちゃん畑にお化け, 勇ちゃん裏の方, 勇ちやん, 勇やが, 勇であったこと, 勇であるから他, 勇というか言語に, 勇というしかなくたとえば, 勇として鳴りとどろい, 勇としても功名利禄以外に, 勇とによりて, 勇なお坊さんでしょう, 勇ならざりけれど又, 勇なりしを以て之, 勇なりとの記事だけ, 勇なれど, 勇なんぞの訊かないこと, 勇なんてたいした人間, 勇においてすぐれその, 勇にだけ旨い飯, 勇にとっての妙案だった, 勇にとっては先斗町の, 勇にのみ走つて仁, 勇にのみはやれぬ軍師, 勇により君は, 勇のみかと思って, 勇はにこ, 勇はやツと義雄, 勇ほどのものが, 勇まことに寛濶な, 勇または寿などの, 勇みと侠気と伝法, 勇みと憎悪に顔色, 勇みなもの滑稽, 勇みなものが殘, 勇みな声を出し, 勇みの彼の心, 勇みの間に交, 勇めどもい, 勇めど敵の一人, 勇もう一組は, 勇もと新聞記者で, 勇やり直しだ少し, 勇え, 勇より来たる者, 勇よりは智が, 勇の一群, 勇ら休暇かい, 勇を以て鳴る者竜, 勇イミティションの拙詠, 勇イミテーションの私, 勇その電話, 勇トイヒ調略トイヒ弓矢ノ面目, 勇ニシテ礼ニ中ラザルヲ逆トイフ, 勇マシイカケ声ヲシテヰタ, 勇マシイ水雷艇ノ乗組員ニナツタ, 勇ヲモッテ本トナシ, 勇一人を相手, 勇一少年捜索のため, 勇一杯つき合わないか, 勇一派を暗殺, 勇の欠点, 勇三軍に冠, 勇三郎さんさへ詳しい, 勇中館公一郎そのほか二三人, 勇久し振りやな, 勇乏しき自ら謙譲し, 勇二ひとりが帰っ, 勇二倍する帯, 勇皆識, 勇仙一人は仏頂寺弥助, 勇以上に昇らず, 勇以下はまた, 勇以外は藤兵衞自身, 勇伊東甲子太郎一派抗争の血雨, 勇伯自身引いて, 勇何程のこと, 勇侠義烈でもなく, 勇に編輯, 勇健二には正念, 勇も決して, 勇などの及ぶ, 勇僧文覚をし, 勇僧都なりまた, 勇先刻濁流を泳いだ, 勇八らは帰国, 勇八様と圓助様, 勇兵百余人が車, 勇力君に強かれ, 勇力武藝男子にすぐれ, 勇力父に優る, 勇力秀麗の姿, 勇力絶倫故その, 勇力茲に發, 勇助さん此の水, 勇助泳ぎを知っ, 勇し肥らせ輝き出させる動機, 勇勝海舟の父, 勇勸めるの, 勇北原白秋高村光太郎木村荘八長田秀雄谷崎潤一郎たちパンの会, 勇卒手の中, 勇右衛門と云, 勇土方歳三はその, 勇土方歳三らはもと徳川, 勇土方歳三輩の蛮勇, 勇坊お前はいけない, 勇坊きょうはお母さん, 勇坊ひとりで駈けだす, 勇坊町からき, 勇坊誰かこの, 勇の姿, 勇この上, 勇壮これに過ぎる, 勇壯ナル遺傳性, 勇將軍, 勇天芳大黒屋天忠がある, 勇太郎さんによく, 勇太郎坊ちやまも, 勇太郎坊ちやんは育ち, 勇太郎失踪の直接, 勇夫人が目, 勇奮心をふるい起そう, 勇奮猛烈の軍隊, 勇奮猛闘汗みどろにかかっ, 勇奮突破南に進む, 勇女史の頬, 勇又銀座, 勇始め五六人の者, 勇婦たちをた, 勇婦類似的にかかなく, 勇は半, 勇いぞ, 勇寸兵を労, 勇將かなたロドスより郷土, 勇將すべて死せる時, 勇將たちて奮然と, 勇將ら斃すべく, 勇將イドメネー小兒の如く畏怖知らず, 勇將ヘクトールさへも敵し得ない, 勇將ヘクトールアガメムノーン退くを, 勇將ヘレノスいづくに, 勇將メネステースとアンキァロス, 勇將メネラオスにパリス, 勇將中に赫耀, 勇將九人立ち上がる, 勇將九人應じて, 勇將喜び之を聞き, 勇將奮ひ立ち上り, 勇將徒歩に馳, 勇將忠士は皆, 勇將悲みて, 勇將或は禍難, 勇將攀安知が力盡, 勇將棄て去り, 勇將槍飛ばし, 勇將潛然と, 勇將猛士幾千の髭, 勇將石飛ばしイタイメネース, 勇將胸の中, 勇將訪ひて, 勇將路の傍, 勇將逐ひ行きて, 勇將速かに, 勇將達に勳章, 勇將避けつ其槍はイヒートス, 勇小林龍介両君並びに三秀舎島誠君, 勇小栗桂三郎が自殺, 勇山岡鐡舟榊原健吉これらの人々, 勇左手は仁, 勇左衛門即ち今, 勇左衛門らがおり, 勇差役で兵隊, 勇というお座敷天ぷら屋, 勇のおや, 勇になつ, 勇弟柏軒妹長の三人, 勇張翼では, 勇彦橋口勇馬などの豪傑連, 勇律師と云々, 勇御苦労だったな, 勇の流す, 勇心ボツボツたる魂, 勇悍強暴の性質, 勇意外にも小郷殺し, 勇所要の勞力, 勇手柄ノ程, 勇を通つて鵡川, 勇拂郡鵡川川筋カイカウン同國白老郡苫小牧村, 勇斎國芳の画いた, 勇新聞記者に大変, 勇の手, 勇時代の和武, 勇実に関羽, 勇智仁と言つて, 勇暗殺の計画, 勇本名は山崎, 勇楽いろ, 勇来り昔の, 勇様土方歳三様御宿所, 勇此処に居る, 勇武神に似る, 勇武秀いで, 勇武者小路実篤久保田万太郎の諸家, 勇歩我国の如き, 勇歩驀進の力点, 勇殆ど人間の類, 勇殿でござったか, 勇氏その他の諸氏, 勇氏久米正雄氏などが出席, 勇氏彼方に洋畫壇, 勇氏方宛にて云つて來い, 勇氣おとろへ, 勇氣一頓萎靡復振は, 勇氣其迄やまざらん, 勇氣其胸を, 勇氣凛たる衆軍, 勇氣外より優れしめ, 勇氣奮鬪誠實戀と生命, 勇氣尤も甚だし, 勇氣明かにおのれ無上, 勇氣正キ事日本ニ可劣國トモ, 勇氣沮喪したかに, 勇氣溢る, 勇氣百倍息をもつかせず, 勇氣眞の感情, 勇氣起さしめ, 勇河東碧梧桐高浜虚子という顔, 勇治さんと良作さん, 勇泳げもせぬ, 勇洞村洞村同郡トンケシ, 勇なる者, 勇済まないが電話, 勇溌剌当るべくも, 勇にはやる, 勇烈確乎たる大, 勇無きが常, 勇焼け揚威戦闘力を, 勇牝鶏の察, 勇なり, 勇猛そうなその, 勇猛佐久間盛政毛受勝介みな討死して, 勇猛加うるに, 勇猛四隣を震わせ, 勇猛心を起す, 勇猛果敢の将軍, 勇猛無双の突貫突貫, 勇猛犬は忠誠, 勇猛的な解釈, 勇猛精進潔斎怠らず南無, 勇猛降魔の相好, 勇玉輔龍若りう馬, 勇略無双の聞えある, 勇に血煙, 勇示すもの彼は, 勇礼儀信義質素の五ヶ条, 勇神妙にせい, 勇には危なく, 勇私陀の貞, 勇立てば, 勇一小, 勇署名の文中, 勇美姫おん目を懸けさせたまう, 勇美子さん其方へ行っ, 勇美子さん自動車を衝突, 勇美子さん貴女のお, 勇なもの, 勇義君来訪一の珍瓜, 勇胆弁才能く敵将, 勇ありとしも, 勇自ら一隊を随, 勇な生活, 勇菊池寛里見谷崎芥川みな新進作家のよう, 勇蒲生泰軒がひさしぶり, 勇薩摩の中村半次郎, 勇を書く, 勇近松門左衛門などの名, 勇の行く, 勇邁不屈その他諸君の沈毅, 勇部長の廻転椅子, 勇力前率ね, 勇鏡智流自在の腕前, 勇長与善郎中村吉蔵等々の既成劇作家, 勇はすでに, 勇雪了智の二童子, 勇風雅いろ, 勇風雅廉潔の諸, 勇飛んで行っ, 勇という草相撲, 勇がありました, 勇齋先生は貴方様, 勇齋入り来たり, 勇齋宅を訪れ