青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「労~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

加減~ 加藤~ ~助 助~ ~助け 助け~ 助手~ 努め~ ~努力 努力~
労~
~労働 労働~ ~労働者 ~効果 効果~ 勇~ ~勇気 勇気~ ~勉強 勉強~

「労~」 1107, 12ppm, 9157位

▼ 労~ (403, 36.4%)

19 とって 9 多と 7 ねぎらって, 取って 6 執って 5 とった, 謝した 4 とつて, ねぎらった, 取ったの 3 つくして, とること, ねぎらうため, 取つて, 多として, 忘れて, 感謝した, 犒って, 謝し, 謝す

2 [24件] とらして, とらなかった, とられたるは, とる, とると, ねぎらいここ, ねぎらおうと, ねぎらったの, 助け用, 厭いませんでした, 厭わず, 取った, 取ったに, 取らないの, 取ること, 取るも, 取ろうと, 吝ま, 惜む者でございませぬ, 惜んで, 慰めた, 犒った, 謝したい, 頒とう

1 [255件] いたわった, いたわって, いたわりかつ, いたわると, いといてには, いといません, いとうつもり, いとは, いとわないならば, いとわなかった, いとわなければ, おしのび遊ばされ, おしまなかった人たち, おとりに, おねぎらい, おぼえぬ, お慰め, かけ候, かたじけのう, かりて, さえも, さえ厭う者, たのんだけれども, ついやして, つくさせて, つくさせるもの, つくしたの, つくしましょう, つくします, つくし尊敬, つくし得たこと, つくすからは, つくすこと, つくすに, つくす所存, とったが, とったと, とったの, とったもの, とった土地, とった私, とらうとは, とらる, とられたる, とられた伊賀山君, とられた貴下, とられ余, とり後, とり申さんとか, とり空, とるからと, とるだろう, とるという, とるより, とるわけ, とる場合, とる物質, とる風, とれと, とれな, とろうと, なぐさめて, ねぎらいお, ねぎらいなお, ねぎらいながら, ねぎらいました, ねぎらい死人, ねぎらう, ねぎらうため饗応, ねぎらう意味, ねぎらったのち, ねぎらつて, ねぎらひその, ねぎらひ傍, ねぎらわれた, ねぎらわんと, はばからず駕, はぶいて, ほとんど取らなかった, またずに, やさまでは, わずらわして, 丁重に, 与えられたい, 仰がずして, 休まんとして, 休め我が身, 借してやった事, 億劫には, 分つ者, 助く, 助けたとか, 助けた娘, 十分裏づける, 厭うところ, 厭うの, 厭うもの, 厭って, 厭はずし, 厭わないから, 厭わない人, 厭わぬほどに, 取った一人, 取った事, 取つた, 取つたこと, 取つた事, 取らざるべからず, 取らざるも, 取らず, 取らないで, 取らなかった, 取らなかったの, 取らむことを, 取られし人, 取られんこと, 取らんこと, 取りたかつた, 取りたり, 取りました, 取りませう, 取りわ, 取り事済み, 取り又, 取るか, 取るだけの, 取るつもり, 取るに, 取るべきであったが, 受けた, 吝まざりし, 問ひ慰め, 嘉して, 執ったが, 執っただけ, 執った私, 執つた, 執つて, 執らるれば, 執られた, 執られたこと, 執られたの, 執りたいというは, 執りたい考え, 執りましたよう, 執りまた, 執り共に, 執り居留米人, 執るからと, 執ること, 執るという, 執るもの, 執るよう, 執る以上, 執ろうと, 報いられたという, 宥ってから, 察せられんこと, 少しも, 尽くしたいもの, 尽くしたくその, 尽したグロテスク, 尽しつつ, 延長し, 待つの, 待つ者, 待つ象, 御厭い, 徳として, 忘るべし, 快諾せられぬ, 惜しまざれ, 惜しまず暁天, 惜しまず討賊, 惜しまず雑多, 惜しまず面倒, 惜しまないがね, 惜しまないで, 惜しまないならば, 惜しまないよう, 惜しまないりっぱ, 惜しまなかった, 惜しまぬの, 惜しまれないならば, 惜しみましょう, 惜しみましょうや, 惜しむの, 惜しむわけ, 惜しんだ取扱い方, 惜ま, 感謝したい, 感謝する, 感謝せね, 慰するに, 慰せられた, 慰むるの, 慰めた上, 慰めるため, 慰める時, 慰めんといった, 慳ま, 憚らずして, 憚るべからず, 払わなければ, 採るが, 採るを, 撃つで, 気安く犒, 深謝した, 煩は, 煩わせば, 犒うて, 犒うと共に, 犒うよう, 犒う言葉, 犒はう, 犒ふと共に, 犒らいまた, 犒らって, 犒らふと共に, 省かれて, 省きたいと, 省くであろうし, 省くと, 省く所以, 私は, 積んだからと, 考えた, 自然科学者に, 致したの, 致しますとも, 致す自由, 衒わず自分, 衒わないとかいう, 要せず而, 討つこれ日本, 許可しなかった, 詫びて, 誓うでしょう, 謝する意, 謝する次第, 謝す博士, 謝せん, 貸しに, 費やすこと, 費やすよりは, 賞せられ且つ, 軽くする, 軽減し, 辞せなかつた, 遁れよう, 避けて, 避けひたすら, 重ね漸く, 養ふべし

▼ 労~ (163, 14.7%)

15 てゐる 5 ていた, てはゐる 4 て, て来た 2 ている, てすぐ, てもゐる, てゐ, てゐた, てゐない, て少し, て酔う, に労

1 [112件] からかそれとも, があろう, が出, が抜け, が抜けない, が来, たり, たりされど, たるが, ていけない, ていった, ていつ, ていつも, ていや, ておいで, てお先, てかなはず, てくる, てぐつすり, てぐつすりと, てぐつすりねむれたので, てぐつすり眠つた, てぐつたりして, てごろ, てしまう, てしまっ, てしまつた, てだらけ, てなんだか, てねた, てはあの, てやつれ, てよく, てゐました, てゐられる, てゐるだらう, てゐるらしい, てダメ, てハリキ, て一時間, て了, て今日楽屋, て何, て働き, て動物園行, て十二時, て四時すぎ, て夜, て安心, て家, て宿, て居た, て帰つて, て帰る, て帰宅, て弱, て心, て憂欝, て戻, て戻る, て散歩, て日暮, て春めいた, て朝寝, て来る, て歩けなく, て歩けません, て死ぬる, て火, て物, て眠く, て眠っ, て眠る, て睡る, て筆, て足, て途中, て頭, て馬脚, で, とですぐ, と今日, と悩み, と酔ひ, にて早く, に如何, に憊, に撓む, に浸され, のいやます, の上, はめずらしい, はやがて, は功, もあっ, もある, もあろう, をいたわり, をいたわるべきでない, を休め, を忘れた, を感じた, を感じる, を洗濯, を癒し, を見せ, を覚え, 今夜は, 切つてボンヤリし, 死に, 物あんじ, 風邪も

▼ 労れた~ (54, 4.9%)

3 ので, 労れた 2 ように, 勝平の, 私は, 足を, 頃とて

1 [38件] お山で, からだ, か小鼻, がそれ, ぐつすりと寝た, ことだ, ことである, といふ, といふやう, ところで, とても御, のでそこ, ので今日一日, ので明日, ので最後, よい意味, ようであった, わけで, アンマとっ, 人々, 何しろ八度舞台, 何しろ半月ぶり, 六里位しか, 夫に, 山や, 心を, 旅人に, 旅人の, 気持ちであった, 江ノ浦にも, 病躯を, 目を, 胃の腑へ, 脚で, 行程八里厚狭町小松屋といふ, 諸君の, 頭を, 鱒魚は

▼ 労~ (44, 4.0%)

2 報いたの, 報いて

1 [40件] なるらしい, むくいて, よる, 一言の, 代るもの, 任じ自, 伴わない恨み, 価しないもの, 価すること, 価するもの, 嘱すが, 困難し, 堪うるや, 報いる一端, 報いる言葉, 報ゆる, 当り自ら, 従うの, 悩みそれ, 成つた, 服したが, 服する, 満腔の, 終ること, 血の道を, 言葉で, 謝し, 負う, 過ぎざりしなり, 過ぎないの, 過ぎなかったあんな, 酬いた事, 酬いられて, 酬いるため福袋, 酬いるに, 酬いるには, 酬いる用意, 酬おうかと, 酬ひむ, 酬ゆる

▼ 労~ (19, 1.7%)

3 りながら

1 [16件] さしても, し幾多, ついにむくいられた, つた以外, つた彼の, つてくれよう, つて呉れた, まったく多, 何ほど, 何も, 厭わず三日目, 多くない, 多しと, 惜しまぬが, 自ら是に, 酬いられた

▼ 労~ (19, 1.7%)

2 とらなかった

1 [17件] いといません, いとわないよ, いとわなかった, とったり, とろうと, なく李儒, なにも, 取りたくは, 取りますれば, 執れぬ気, 思いやられる, 惜しまず, 惜しむもの, 感謝されなけれ, 省けよう, 精も, 饗膳の

▼ 労れる~ (18, 1.6%)

2 ことである

1 [16件] からなるべく, から蕎麦ア, し面白い, せいか, だけです, ところへ, とそこら, とは私, と柴茶, ばかりだ, ばかりで, やうだ, レターペーパーノートから, 仕事だ, 胸が, 間違なく

▼ 労~ (17, 1.5%)

5 ように

1 [12件] かと思え, つもりで, という, とかそういう, と暑い, やうな, ようだ, ような, 女性尊重の, 心とから, 心とては, 若い者

▼ 労せずし~ (16, 1.4%)

2

1 [14件] てこの, てすぐ, てそれ, て取った, て根気, て様々, て江戸, て流れる如く, て自然, て見つかりました, て豊富, て隣国, て高級, て高給

▼ 労わっ~ (14, 1.3%)

4 てくれる 2 てやった 1 たりし, てい, てくださいました, てくれた, て下さっ, て育て上げた, て迎え, て遣っ

▼ 労~ (11, 1.0%)

1 [11件] いっても, いはれる国土, しなかつた, しなかつたの, するところ, 一命に, 功とは, 忠節に対しては, 戦功を, 産とを, 百の

▼ 労~ (11, 1.0%)

3 の人 1 が中心, が人, とは別に, と托児所, のよう, の城南, の組織, へうつっ

▼ 労した~ (10, 0.9%)

2 のは 1 あとが, か, だけの報酬, ので其の, もので, 事が, 人の, 末ふと

▼ 労をも~ (10, 0.9%)

1 いとわなかったであろう, とらせる, とらなかった, 与へて, 助くる筈, 取らせる, 取らなかった, 取るであろうと, 固より, 惜しんで

▼ 労わり~ (9, 0.8%)

2 なすって, の心 1 を見せ, 一言に, 他は, 可愛がっ, 自分の

▼ 労多く~ (9, 0.8%)

8 して 1 感情を

▼ 労~ (8, 0.7%)

1 はぶけて, 取つて, 報いられた気持, 多くて, 多く三時間, 忽ち空しく, 潜んで, 賞められる

▼ 労はる~ (8, 0.7%)

2 やうに 1 ことを, ために, ところから, やうな, 言葉なんか, 響きが

▼ 労~ (8, 0.7%)

1 いて, す吁, ずには, せて, せ肩, った, なければ, ねば

▼ 労せず~ (7, 0.6%)

1 ただ知る, とも自然, に泛ん, 刊行を, 実事に, 物を, 縛に

▼ 労れてる~ (7, 0.6%)

1 ところへ, とこ故, のか, のでよく, ので一向, ので早く, 感じ東京の

▼ 労つて~ (6, 0.5%)

1 は呉れよう, ゐた, ゐるの, 再び健やか, 呉れます私, 呉れるの

▼ 労~ (6, 0.5%)

1 人を, 前は, 十分の一の, 外貌を, 草画士と, 規則の

▼ 労れたる~ (6, 0.5%)

1 かな, ままに, 彼の, 目を, 身を, 頭脳を

▼ 労~ (6, 0.5%)

1 だて, って云った, にて遂に, の果, や脳病, を煩つた末

▼ 労~ (5, 0.5%)

1 あつた, すっかり健康, 口を, 済むの, 足る

▼ 労~ (5, 0.5%)

1 仮ラズ且加ルニ舞文, 厭フ勿レ, 取ロウトシテイルノデハアルマイカ, 尽シ貔貅, 待ツ

▼ 労はり~ (4, 0.4%)

1 あつた, あつて, の情, もせず

▼ 労らし~ (4, 0.4%)

1 さ, て奔走努力, 何一つ成らぬ, 命を

▼ 労少く~ (4, 0.4%)

4 して

▼ 労少なく~ (4, 0.4%)

4 して

▼ 労ぎたまふうち~ (3, 0.3%)

3 撫でぞ

▼ 労られた~ (3, 0.3%)

1 ことが, ことは, のが

▼ 労~ (3, 0.3%)

1 つねに泣き, の快楽, はつねに

▼ 労さず~ (2, 0.2%)

1 他力主義に, 数万の

▼ 労さなけれ~ (2, 0.2%)

1 ばならない, ばならなかった

▼ 労したらしい~ (2, 0.2%)

2 がこの

▼ 労でも~ (2, 0.2%)

1 取りますから, 犒うよう

▼ 労なく~ (2, 0.2%)

2 して

▼ 労などは~ (2, 0.2%)

1 何でも, 静かに

▼ 労にて~ (2, 0.2%)

1 打臥しゐ, 顔面いがみ

▼ 労にも~ (2, 0.2%)

1 堪えるけれど, 足らない

▼ 労によって~ (2, 0.2%)

1 増すべきであると, 私たちは

▼ 労に対し~ (2, 0.2%)

1 この一日, 勝家が

▼ 労~ (2, 0.2%)

1 て家人, 玉へと

▼ 労ふも~ (2, 0.2%)

1 その病, のの

▼ 労られ~ (2, 0.2%)

1 ていた, ながら病人

▼ 労れず~ (2, 0.2%)

1 声も, 天幕に

▼ 労れで~ (2, 0.2%)

1 ついうとうとと, 二円に

▼ 労れ切った~ (2, 0.2%)

1 声で, 腕に

▼ 労わるよう~ (2, 0.2%)

1 に囁いた, に抱き下ろされ

▼ 労をさえ~ (2, 0.2%)

1 厭わなかったの, 惜しまず

▼ 労をね~ (2, 0.2%)

1 ぎらひたまひ実に, ぎらふ言葉以外の

▼ 労価量~ (2, 0.2%)

1 と一定量, にある

▼ 労~ (2, 0.2%)

1 である, のかたまりだ

▼ 労~ (2, 0.2%)

1 の内部, を政治的

▼ 労~ (2, 0.2%)

1 と認め, のかかった

▼1* [137件]

あるがため, 労いとなる, 労木挽かに, 労から解かれて, 労かれている, 労ぎたまふ還り来, 労ないこと, 労さえ取らなかった, 労させて呉, 労させたグーッビョー, 労させないように, 労させるのが, 労さぬがよい, 労さねばならぬ, 労されて作者, 労されたことは, 労される閑枝の, 労たり不つりあい, 労しか認めないまでの, 労しますな, 労せず招かず猟場に, 労せず紡がざるなりされど栄華, 労たる者また重, 労だけも買って, 労だらう電話機や, 労てゆく, 労つて下ださ, 労というものです, 労とか肺労とかいう, 労とかいうような, 労とに報る, 労とを費しただけ, 労などいとわぬが, 労にたいする謝意を, 労はつてるから, 労はらうとする, 労はりたげな様子で, 労はり羽含んで, 労ふ如し秋雨の, 労まで取って, 労多謝しなけれ, 労やすまでのこと, 労らい伝右衛門の軽傷, 労らい心で, 労られたいような, 労られるため一つは, 労るる事多し, 労れきっていた, 労れきつた年はとりたくない, 労れきつてゐるこの, 労れきつて目を覚す, 労れさしている, 労れすぎている, 労れたらほかの, 労れたらしい男が, 労れたらんやうに, 労れたら寝た倦いたら読んだ, 労れたりと眠る, 労れたれば筆, 労れたろからもう少し, 労れた振をし, 労れた老いたのだ, 労れちまって, 労れつろもう病気, 労れで寝附いた時に, 労れ切って悪い, 労れ堪うべくもあらず, 労れ堪ふべくもあらず, 労れ始めた身には, 労れ来て, 労れ果てて居た, 労れ死んでしもうた, 労れ発して歩行, 労れ過ぎると又, 労ろうと思うの, 労わった上に, 労わらなさ, 労わりあい助け合って, 労わり合いこれを, 労わり合っている, 労わり慰めて絶え, 労わるたちでした, 労わる道を知らざる, 労わろうとする, 労をからなくては, 労をすら御厭い, 労をとつてゐた, 労を以て百五十目の, 労セズ之ヲ上策トス, 労仕り候, 労の五六十名, 労す, 労働く身体から, 労党結党当時友人の田所輝明君, 労共楽の社会, 労兵隊などまで実に, 労を考へ, 労によつて, 労動力役といえ, 労を要する, 労困するなし, 労多いものである, 労多きものである, 労少なき一巡方法としては, 労に入った, 労山の上清宮だよ, 労山の下清宮といふは名, 労救員もその, 労救托児所との関係, 労協議会は, 労癒えず服薬横臥, 労を無, 労でゐ, 労汗水流して, 労無くして, 労無産協議会という労働組合, 労は炎日, 労痊えず, 労による誓願, 労症労咳繰り返していうよう, 労症労症って云った, 労症南瓜の胡麻汁つて, 労とされ, 労系主流のおもむく, 労系社民系は現在, 労素直にかれ, 労織, 労耕せずして, 労自活の能力, 労自活自営の生活, 労自活自立自衛する可能性, 労に在り, 労誓言して, 労す君子終り, 労軌道の繋ぎ目, 労逸近く日本内にても懸絶, 労のよう