青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「入る~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

党~ 兜~ 入~ ~入っ 入っ~ ~入った 入った~ ~入り 入り~ ~入る
入る~
~入れ 入れ~ ~入れた 入れた~ ~入れる 入れる~ ~入口 入口~ 入学~ 入道~

「入る~」 8538, 82ppm, 1365位

▼ 入る~ (2134, 25.0%)

22 急に 17 彼は 16 中は 13 そこには 12 すぐに, 云ふ 11 そこに 10 私は 7 そこは, 主人の 6 すれば, 私の 5 いって, さすがに, 尼は, 平次は, 男は 4 それが, プーンと, 女は, 彼女は, 彼等は, 後から, 面倒だ

3 [26件] ここに, これが, しよう, すぐ, すぐの, それを, 一緒に, 中には, 主人は, 例の, 先ず第, 八五郎の, 奥の, 子供の, 彼の, 急いで, 机の, 正面の, 母は, 火の, 目が, 自分の, 言ふ, 誰も, 足が, 道の

2 [128件] いうので, おれは, お通夜の, ここは, これは, しようか, すぐ目, する, せば, そこの, そこへ, その前日, それから, それは, なると, ひとり眺め, また次, まつと, わたしは, ドアを, 両側は, 中の, 主筆が, 主筆と, 久し振りの, 二階は, 人々は, 仁助と, 今度は, 何か, 何の, 何を, 何んと, 俄に, 停車場へ, 僕は, 先生は, 入口の, 全く眼, 其処に, 其處には, 勇太郎を, 右に, 右の, 右は, 同じよう, 大雨が, 夫人と, 奥は, 女中の, 女房と, 女房の, 女達の, 妙な, 妻は, 娘の, 宜うご, 家の, 寒い時分, 寒くて, 寺内は, 少しフヤ, 左側に, 左側の, 左右には, 常ならぬ, 常人以上に, 平次の, 広い前庭, 彫物師の, 後ろの, 怖気が, 思うと, 旅籠だけは, 早くも, 暗い土間, 暗くて, 棺桶の, 椎垣に, 次の, 正面に, 気が, 泣き濡れたお, 流石に, 渠は, 火打鎌を, 直ぐに, 直ぐに母親, 直ぐボーツ, 直ぐ外, 直ぐ宿, 直飛出し, 着物を, 知らねば, 突当りが, 窓の, 窓は, 細君が, 結構なお, 老公は, 胴の間には, 自分も, 花が, 藁葺の, 街には, 袁紹は, 裏から, 見えて, 見るや, 見通しの, 誰の, 調べ口の, 調度にも, 辻斬の, 近所の, 通し庭の, 長い廊下, 間もなく喧嘩, 階段を, 雖も, 雨ばかり, 雲が, 霧で, 頬冠り, 風は, 馬鹿に, 鳶頭は, 鼻の

1 [1608件 抜粋] あたかも地球, あとから, あの始末, あぶないです, あわてて, いいますから, いい気持, いうもの, いかばかりひどく, いきなりかう, いきなり二階, いきなり右手, いきなり後, いきなり材木, いきなり細工場, いくらも, いっても, いつの間にか根, いつもじろじろ青年たち, いふので, いよいよ困ろう, うつ伏せにな, えらい目, おなかの, お光, お宮が, お祭りが, お銚子, かがみました, かなりの, かぶって, かん高い大石鶴松, きっといい, ぎっしり並んだ, けたたましく入場合図, このアイヌ, この有様, この色, これに, こんどは, さあすっかり, さっきの, さつ, さらに五峰, したたかな, しましょう, じつはどの, すぐお, すぐそこ, すぐ京子, すぐ係, すぐ千手観音, すぐ外套, すぐ大君ここ, すぐ女郎屋, すぐ寝付い, すぐ幸太郎, すぐ提灯, すぐ満山, すぐ真赤, すぐ老臣, すぐ自由, すぐ訊ねた, すっかり夜, すでる, せいせい息を, そこからでも, そこここを, そこらは, そのとき, そのむこう, その乱争, その傍, その元年閏七月, その大きい, その床, その癖, その言葉, その雑沓, それから夕方, それぞれ自然に, そんなに広い, ただ猟夫, たちまち兵糧, たんぽぽの, ちょうど余興, ちょっと都合, つい忘れる, つらいといふ, とたんに内蔵助, とり, どうも長尻, どこも, どぶん, なにを, なれば, はちきれそう, ひやりとした, ひやりと冷, ふたたび美濃入り, ほっとした, まずお, まず花やか, またおりん, またつとめて, また四ヵ所, また素敵, まったく山里, まもなくどやどやと, まるで天国, みな一つ蛙に, みんなは, むせ返るよう, もう, もうプーン, もう五尺, もう声, もう直ぐに, もう雪, やがて兆二郎, やっと蘇った, やつぱり其処は, よく先生, アラビア語を, カテリーナ・リヴォーヴナの, ガチャが, クワツと, ケロリと, シュシャムという, ストーブの, スヰフトは, ソヴェト同盟の, トンネルの, ドッと, バルコニーへ, パツと, ピリピリと, プンと, ポルトガル船は, ミソカヨイという, モダアニズムの, ランプの, ロカフ主催の, 一と, 一切の, 一坪程の, 一方の, 一木礼二も, 一種言う, 丁度一座, 七十五さ, 三階まで, 上り框に, 上野介の, 下からの, 下るに, 不愉快で堪らなくなっ, 不正直という, 世界的宗教と, 両手を, 中央が, 中門の, 乗つて, 二つ向いあった, 二人は, 二間四方ぐらいの, 云いながら, 云うの, 云ったが, 云つたら, 云へ, 五百人足らず集まった, 京中の, 人は, 人通りも, 今しがた剰, 今迄, 仕度を, 伊達の, 体が, 何だか落着, 何よりまず仏間, 何処か, 俄かに, 信じられて, 信玄は, 信長は, 傘を, 先から, 先ず通路, 先づ直接關係の, 先生いよいよ, 光秀は, 入れ交いに, 入場料を, 全く異, 八方から, 兵馬は, 其所の, 其處らが, 其辺を, 内から, 再びまた, 冷コ, 凡てが, 出て, 出崎の, 別人の, 前いう, 加賀大佐は, 北上し, 北満は, 十五六疊の, 千樹の, 卓の, 博士は, 厳寒で, 友ちやんの, 叔父, 取り返しが, 古城の, 右へ, 右手は, 同じくその, 同時なりし, 同時にたちまちかかる, 同時にほぼ到達点, 同時にハッと, 同時に他人, 同時に平身低頭, 同時に痛く, 同時に開始, 向うより, 君助の, 呻り, 喜んで, 四五人の, 四疊半の, 土間で, 地面の, 堪らなくなります, 壁の, 外とうと, 夜などは, 大きい家, 大きな寺, 大きな砂糖壜, 大勢が, 大方は, 大雪つづきでした, 天井には, 失望する, 奥まった植込, 奧の, 女, 女中が, 妙に, 娘は, 婦人が, 子供たちは, 安心な, 実に本, 客室には, 室内は, 家内は, 家長が, 富士川を, 寒気が, 寝室の, 小さな借家, 小森たちが, 小道から, 少し気もち, 尾上神社龍野の, 屋敷の, 屡, 山羊は, 左に, 左右の, 布団の, 帰るまで, 平常使っ, 平鹿郡横手の, 幸にも, 幽かな, 広い中庭, 広い山内, 床を, 店格子の, 廃敗した潰れ, 廢敗した潰れ, 建武三年いらい, 弔いの, 強くなり, 後で重い, 徐行し, 心なし, 必ずベドゥイン, 必ず危険, 忽ち一丈, 忽ち人, 忽ち見る, 怒鳴つた, 思います, 思うの, 思えば, 思ひかけぬ烈しい, 思わずああ, 怪鳥の, 悋気深い, 悪臭が, 愈々わたし, 懐の, 戸に, 戸口を, 手垢と, 折々に, 挨拶よりも, 摂津方面の, 数右衛門などは, 文化六年の, 斬られちまいますぜ, 新吉は, 日光の, 日本画に, 早々わたし, 星影の, 昼間でも, 時々驟雨, 暑い, 暗い, 更に夥しい, 最早とがめる, 朝まで, 木立の, 本堂の, 村の, 松は, 林冲を, 柏は, 根岸の, 桝形が, 森山の, 検事に, 構は, 橋が, 次ぎの, 正勝は, 正面が, 此平民と, 歴史的現象は, 殆ど居士, 段々贅沢, 毎夜の, 毎月二十銭ずつ, 気を, 水の, 汗が, 池のみ, 治りますという, 泉鏡花君は, 波に, 海な, 涼しすぎる, 深谷は, 温泉が, 湧き立ち, 源次は, 溶る, 滝本が, 火が, 火を, 炭火と, 無数の, 爪先から, 片側だけの, 物凄い内, 独りで, 獣の, 王平が, 甚斎は, 生駒の, 申, 申す, 町屋は, 異様の, 疾風迅雷を, 盤得尼は, 目を, 直ぐそれ, 直ぐに各, 直ぐに楼, 直ぐ下駄直し, 直ぐ右手, 直ぐ寢, 直ぐ眼, 直ぐ訊, 直ちに猛, 直に大, 直江津の, 真っ向の, 眼が, 着物も, 知っても, 石を, 神に, 福岡の, 私と, 秋の, 穴倉の, 突当が, 突然客室, 窒息し, 窓側の, 竹篦で, 答へて, 約束の, 細長い通り庭, 結局安易に, 翁の, 聞きました時, 肌を, 脂がの, 腰から, 自動車を, 自由党に, 花崗岩を, 若侍達, 茲へ, 落合町で, 蓮池の, 薄ぐらい明り, 薄暗い三疊, 薄暗くし, 薪取りや, 虫が, 蛍が, 血飛沫の, 襖の, 西国の, 見え彼, 見ると, 覚しく焔, 言うその, 言ひ, 記録せられる, 誠に微々たる, 誰に, 諸将, 谷中の, 買いものの, 赤いもの, 起上っ, 足音を, 身體が, 軒ごとに, 近代佛蘭西の, 迷惑相な, 途, 逢えないもん, 過去に, 那珂久慈両, 酒の, 重っ苦しい, 金貨銀貨大小紙幣を, 錠を, 鑰を, 門の, 門番の, 間もなくかすか, 間もなく京都, 間もなく危篤, 間もなく彼, 間もなく沿道, 間断なく, 阿闍梨も, 陣の, 陽子は, 障子の, 難有, 雨水が, 雲も, 青い簾, 非常な, 音楽が, 頭を, 風で, 風景は, 飛んで, 食客浪人蔀半四郎朝っぱらから, 餌を, 香気の, 馴染の, 高い雑草, 髷節を, 鳩つかい, 鶫の, 黄色い柿, 黙ったまま腰, 龜澤町の

▼ 入る~ (777, 9.1%)

75 である 32 です 2622 であった 18 だから 16 だと, でした 12 では 11 を待っ 10 であるが, を見 9 だが, を見た 8 だった 76 だよ, は 5 じゃ, であります, よ, を見る 4 だつた, であるか, でも 3 でございます, ですから, ですが, でなければ, はお, を待つ, を見定め, を遠慮, 小渠

2 [43件] かい, かそれ, かとわざと, か解らない, が例, が厭, が普通, さ, だし, だぞ, だろう, だろうか, でありました, であるから, であろうか, はいつも, はごく, はイヤ, は今, は何ん, は厭, は可, は喜八郎, は少し, は御免, は念入り, は思想犯, は母親, は非常, もこの, も厭, も妙, を可, を待ち, を感心, を知っ, を禁じ, を見届け, 入らないの, 思いを, 愚を, 感なき, 路と

1 [339件] おそきを, かいっそ, かしら, かと不興気, かと思はれた, かと考えたら, かな, かなア, かまるで, かも知れない, か何, か入らない, か判らない, か判りませんでした, か彼, か王侯, か眼, か知らん, か胃袋, か解りかねた, がある, がいい, がいや, がおそく, がおそろしい, がご, がせめて, がつね, がまずい, がよい, が何, が億劫, が別に, が困る, が困難, が土台, が変, が多々良川, が好い, が好き, が少し, が常, が恐ろしい, が悪い, が惜しまれ, が望まれる, が楽, が楽しみ, が當然, が目的, が真実, が私達, が稀, が翁, が職務, が肝要, が自由, が見えよう, が順路, さえ不気味, さえ樹, じゃが, じゃない, じゃなかった, じゃわい, だいい, だからね, だったが, だって私, だな, だなんて, だね, だのう, だもの, だ浅草, ぢや, であったが, でありましたが, でありますから, であり入学試験, であり十人, であると, である其の, であろう, であろう犯せる罪, でございますか, でさえ, でしたから, ですか, ですもの, でなくかかる, で御座います, といっし, とどっち, とは訳, と中, と同じ, と同時に, と弁当, と彼, と殆, と見合, と言つて, と部屋, ならまた, なんぞとそんねえ, には五月, にまかせた, にも階級, に乗じ, に困難, に相違, に邪魔, ね, のぞまないん, はいや, はお嬢さん, はこの, はこの上ないよい, はそれ, はそんな, はどうやら, はどれ, ははやい, はまだいくらか, はむしろ, はむずかしく, はもう, はもはや, はよく, はよほど, はわかりゃしません, はわかりやしません, はガラス張り, は一ト骨, は一番危険, は一種, は不便, は不可能, は不思議, は不愉快, は久しぶり, は人間, は今夜, は仏, は似合わしからぬ, は低, は何, は何だか, は何処, は何年ぶり, は何故か, は余り, は係り役人, は働く, は六畳, は内, は初めて, は十一月下旬, は博士, は危険, は危險, は却って, は同じ, は命, は国辱, は夜, は大きな, は夫人, は嫌, は容易, は寺, は小浜兵曹長, は差支, は当然, は彼, は憲政, は指一本, は易い, は映画, は時候, は最も, は楽, は武家屋敷, は水風呂, は洒落れた, は滅多, は特定, は玄関, は玄關, は目, は石州, は罪, は罰, は葬, は路傍, は軽々しい, は近く, は避け, は防いだ, は面倒, は駄目, ほかない, までお, もあります, もいけない, もいや, もけた, もけたたましく, もどう, もなほ此海島, もなん, も亦, も何, も全く, も危険, も同じ, も彼, も意義, も極り, も遅し, も面倒, も面白かっ, を, をこく, をずいぶん, をそう, をためらう, をちらりと, をふせぎ, をやめ, をゆるされた, をよけながらなお, をゾクゾク, を一日, を今, を付け入る, を卯平, を厭っ, を大変, を妙, を小間使, を待ちかまえ, を待ち兼ねた, を待った, を怖, を意識, を憚, を持っ, を断る, を斷, を普通, を望む, を止め, を止めさせた, を獨, を知つて今朝, を知らず, を知らせ, を禁じた, を肌, を自分, を蔵屋, を見すまし, を見つけさせる, を見とどけた, を見とどける, を見定める, を見届けた, を見極めた, を見送った, を見送り, を覚えた, を覚えました, を許され, を誰, を避け, を隠し, を面倒くさい, 一段を, 一路も, 予定を, 傾きある, 兆しです, 処将門喜悦の, 初めと, 前我は, 勢を, 句なり, 坊主には, 報道あり, 外に, 大路と, 大路は, 妙技を, 姿に, 心地あり, 心地を, 快味, 念は, 思あらしむ, 思いが, 思ひありいかなる, 感あり, 態勢を, 摺った揉んだの, 時到る, 時書は, 時汽車人を, 時間なり, 月においては, 本なれ, 本筋を, 正攻, 気鋒極めて, 水と, 法なれ, 流なるを, 流れは, 準備を, 準備成れる, 用意を, 異点, 瞬間において, 考なれ, 良策をも, 虞が, 要緘, 観あり, 道が, 道の, 道を, 門なりだ, 門は, 門を, 階梯なり, 階段たらし, 階段と, 騒ぎを

▼ 入ること~ (702, 8.2%)

19 が出来た 18 になった 15 が出, が出来る 14 ができた, が出来ない, になっ 11 になる 10 ができる 9 にした, を得ず, を許された 7 が出来なかった, はできない, は出来ない 6 がある 5 が出来ず, が物忌み, にしよう, によつて

4 [12件] あり, ができない, ができなかった, が出来ぬ, にし, になつ, になり, になりました, の出来ない, もあった, を得る, を許され

3 ができぬ, が出来, である, にしたい, もあつ, もなく, も出, を禁じ, を許さず

2 [40件] か町内, ができました, が多かっ, だ, でせう, では, となった, なくし, などは思ひ, にする, になつたの, になります, になれ, のできない, のできぬ, のできる, の出, の出来た, の困難, はできぬ, はできませな, はできません, はまず, は不可能, は出来なかった, は絶対, もある, をすすめ, を得, を得じ, を得た, を承知, を許さない, を許さなかった, を許されず, を許されなかった, を許し, を避け, 屡なりし, 深きを

1 [343件] あたわず川口, あらずは, あるは, および滞在, から思いつい, があ, があらう, があり, がありません, がきまり, がしばしば, ができ, ができなかったら, ができなくなり, ができましょう, ができます, ができませぬ, ができませんでした, ができるなら, がない, がならず, がならねい, が六カ, が出来ただろう, が出来たです, が出来なかつた, が出来ました, が出来ます, が出来ません, が出来よう, が出来るだらう, が出来るであろう, が出来ん, が君たち自身, が多い, が多く, が好き, が實際上, が寧ろ, が少い, が屡々, が必ずしも, が悪い, が発展, が翌朝, が能, が自然, が自由, が許されない, が許されぬ, が許される, が難しい, さえも出来なかった, さえ許されなかった, しか望ん, して, すら敢えて, そのこと, ぞである, だけが一日, だけはそれ, だけは思い止まっ, だろう, だ老中あたり, であった, であって, であつ, でありそれ, であり生れるという, であるか, できぬもの, でございましょうから, です, でも, とする, となり, となりし, となる, と健全, と古い, と思う, と違う, なかなか困難, なから, なくこの, なく処女作発表以来, なし, などはむろん, などは先づ想像, などは叶わぬ, などは思い, などを一同, などを私, など考え, ならず後, ならぬ, ならん, なりしが, なれば, なればとて, にあるだろう, にきまつ, にされました, にしました, にしましょう, になつたか, になりまし, になるだろう, になるでせう, になろう, にはない, にも僕, にも峯岸, によってできる, によって極めてよく, に定め, に就, に慣れ, に成りました, に成りましょう, に決めた, に致しましょう, に関する迷信的, のない, の修業, の光栄, の出来ぬ, の出来る, の出来ん, の協議会, の外見, の容易, の巧妙, の形容, の意味, の遅かっ, の難き, の面倒, は, はあきらめ, はあっ, はありません, はあんまり, はいつも, はかえって, はきわめて, はさえぎられ, はしない, はそう, はその, はできなかったであろう, はない, はなく, はなるべく, はむずかしい, はめったに, はもちろん, はもと, はわたし, は一つ, は一等最初, は今, は入, は入っ, は入った, は入る, は出来, は出来なかったであろう, は出来ません, は出来ん, は地獄, は堅く, は多く, は大学, は彼, は必ずしも, は明かである, は易々, は欲, は死, は殆, は残念, は留守居, は相成らぬ, は神, は禁じられ, は科学, は考えちまう, は能, は言うまでもない, は許されない, は許されないでしょう, は許されぬ, は許さん, は誰, は身, は鉱山事務所, もあらう, もあり, もありました, もあれ, もお, もございましょう, もできず, もできなかった, もできぬ, もなかっ, もまた, もむべ, もやあら, も不可能, も二, も何十度, も優れた, も出来, も出来ず, も出来なくなろう, も必ず, も昔, も欄間, も辞さぬであらう, ややしばし, ゆえ夜半, よりは腑, よりも遙, をう, をき, をきびしく, をすすめた, をすすめる, をすゝめ, をなさず, をひかえ, をも辞さなかつた, をゆるし, を主として, を乞い, を仏教, を余儀なく, を俗, を切望, を勧めた, を勧められた, を勸め, を却って, を厳重, を叔父, を好まない, を妨げ, を嫌う, を定家, を容易, を届け, を広く, を弁じつづけた, を得ざる, を得ざれ, を得つる, を得ました, を得るなり, を得ん, を心がけね, を必ずしも, を忌ん, を忌憚, を念, を怖, を思い立った, を怠っ, を怠らない, を怠らなかった, を悲しむ, を惧, を意味, を愧, を承諾, を拒まれた, を拒む, を拒ん, を拒絶, を描いた, を曰, を最小限度, を条件, を楽しみ, を正宗白鳥氏, を母親, を決心, を渋っ, を為さず, を特許, を目指し, を目的, を知つて, を知らせ, を知らなかった, を知り, を確信, を祈った, を禁じます, を禁じられ, を禁ず, を禁ぜられ, を絶対, を考へ, を自慢, を覚え, を覚えた, を許さ, を許さざる, を許さしめた, を許されない, を許されぬなら, を許したら, を許しましょう, を認めた, を説き聞かされた, を謝絶, を躊躇, を防ぐ, を阻止, を雁江, を非常, を願っ, を願った, 前夕, 叶わざるまで, 多きは, 多くし, 夥し, 大うけあい, 太だ, 度々なり, 恐るべし, 毫も潮, 深からざるべからず, 深きは, 深ければ, 申すも, 第三, 約四十キロ, 能わずという, 豈望み

▼ 入るよう~ (283, 3.3%)

18 になっ 15 になった 10 なもの 9 にし 6 なこと, な事, になる 4 な気 3 な声, な音, に彼

2 [13件] であった, ですが, ですね, では, な恐ろしい, な悪い, な気分, にさせたい, になりました, になれ, に目, に自分, に見つめた

1 [174件] じゃ云々, だから, だった, だったもの, だったら私, だわ, で, である, でしたらどうぞ, でじっと, でそれ, でまだ, で夏, で心咎, な, なかおり, なこの, なさえ, なそんな, なところが, なのに, ならまた, なマント, な事がら, な伝, な兆候, な冷た, な分析, な危険, な向き, な含み笑い, な大きな, な容子, な幸福感, な広間, な弱味, な快い, な快感, な思い, な悠揚さ, な悩ましい, な悲しみ, な感じ, な感銘, な戦慄, な戸口, な早, な晩秋, な暗い, な歎, な気持, な沈黙, な泥田, な淋し, な物, な目, な瞳, な破滅, な秘密, な空, な空気, な簫, な素晴らしい, な腕, な萩乃, な見学, な言葉, な話, な調子, な賤, な足どり, な透間, な長い長い, な陽光, な静けさ, な風呂桶, な風情, な魅力, な黒い, にお, にお母さん, にきえ, にさっさと, にしたい, にしましょう, にします, にする, にそこ, にその, にそんな, にたのん, にたやすく, につぶやいた, にと云う, にと云っ, にと心, にと手招き, にと指図, にながめ, になったら, になつ, になられましょう, になり, にはいつくばいました, にぴょんぴょん, にふうわり, にめり込ん, にわざと, にベッド, に云い直せ, に井戸ば, に仕事, に仕向けた, に仕組まれた, に保, に信仰生活, に冷たい, に出来ますまい, に切々, に勧められた, に吠え, に命じた, に哀れ, に啼きぬい, に壁, に妻, に始末, に定められた, に尖っ, に工夫, に思えた, に思われた, に急ぎ足, に息, に感じた, に感じられた, に感じる, に押, に拍手喝采, に掃除, に放言, に旅館, に森, に気, に泣い, に注がれ, に消え, に生れた, に用意, に用箋, に眠, に眠った, に睨みつけた, に約束, に紙面, に紛れ, に聴い, に自由, に苦しかっ, に莞爾, に褄, に覗き込ん, に覚えた, に言った, に読みあっ, に足利方, に辞, に近づきました, に降りしきっ, に響き渡りました, に食べる, 一寸小刀細工, 促しました, 青い壁絨

▼ 入るもの~ (249, 2.9%)

8 である 6 では 5 か, だ 4 のよう, は何, は皆 3 がない, ですから

2 [23件] があつ, じゃない, だと, であります, であるが, ですか, と仮定, にへま, に感応寺, はこの, はその, はただ, はない, は何もかも, は則これ, は尽く, は山, は徹頭徹尾, は未だに, は此, は皆病人, は第, は老師

1 [161件] あり, ありフランス, あり英国, あるを, かさあ, かといふやう, かと感服, かと此時, かと言, からのはなし継ぢ, か判證文, か此処, があっ, があったら, があり, がある, がこれ, が多かっ, が多く, が奇怪, が尠, が新島先生, が皆, が踵, けだし自然, だから, ださうであるから, だという, だよ, だらう, で, であった, でありましょう, であると, でございます, でしかも, でしょう, です, でなく主として, でなければ, でも, で容易, で絶対, といっ, といへ, とおびえ, とし, とせられ, とてはた, となつ, とのみ思っ, とも思はれる, と思いの外, と思ふ, と思われる, と想像, と決め, と為す, と見, と見える, と見られ, と覚らず, と解せられぬ, なし, などはありやしません, ならん, なら少し, なり, なるが, なるを, なれば, につけ, には, にはあらず, にはこの, にも亦, に厭, に彼, に恰, に有限, のない, のやう, の人, の多い, の数, の目, の美味, の頭蓋骨, は, はあっ, はい, はいくら, はおそれ入らしとけ, はことごとく, はこれ, はすべて, はそこ, はだいじ, はなく, はなん, はウェストミンスター・アベー, はプロレタリア文学運動, はポルタア, はロシア皇帝, は事ごと, は二三, は今, は位, は凡て潔め, は利根川, は多く, は多く土浦, は夥しい, は実用以上, は帽子, は形, は必ず, は所謂, は材木, は毛髪, は浮雲, は湯, は猿屋町鳥越町等, は相当, は福, は私産, は自分達, は英雄, は蒼茫, は薄暮, は西, は言わず, は誰, は赤羽川, は赤錆, は逆, は野菜, は長子榛軒, は雲, は青い, は駄馬, は鼠色, もありしなるべし, もあろう, もない, も多く, らしい, らしく余, を, をことごとく, をさあと, をし, を持っ, を計る, を調え, 多きの, 多し, 無しという, 生きて, 聞こゆる, 豈に

▼ 入る~ (147, 1.7%)

7 しても 5 違いない 4 したがって, 及んで 3 先だって私は, 先だつて, 先ち, 正太かね, 相違ない, 非ず 2 こ, 先立ちて, 先立ち私, 可か, 我田の, 目科は, 臨み極めて

1 [95件] あらず吾が, あらず料らずも, ある, あれども, いかが, いたる迄, いまだ燈火, およんで, きまって, ここにも, しちゃ, その人, その國主, ちがいありません, ちがいない, つけても, はなはだ便り, まかせて, まかせ沈めて, まだ見ぬ, 下ること二, 二つの, 二十疋過ぐるごとに, 住民皆逃げ, 先だって趙雲は, 先つ, 先立って, 光あり, 入れずそう, 八つく, 加か, 及ばずして, 及ばない, 及びたもう, 及びて, 及びては, 及びません, 及び偶然, 及び大学, 及び馬具, 及んでは, 取次の, 困難です, 園内広く, 地に, 宜い, 家あり, 家の, 少時し, 就いて, 就いては, 当たりて, 当って, 彼の, 後に, 従つて, 従つて嶮し, 從つて數十の, 必要欠くべからざる, 早い年, 易い道, 月あかけれ, 有利な, 期限あり, 樅柏の, 歐米では, 此所へ, 決って, 決つてまさア, 法が, 湯の, 猶また, 瑠璃の, 當つて人生問題其他の, 當つて必ず, 當り, 皆竹管, 第一要件, 答へは, 縦せ, 至ったの, 至って, 至つたまでの, 至り言語, 茫々として, 草を, 越後より, 足る家, 迂回し, 逢ひ, 過ぎない, 違いなかった, 違ひない, 長椅子に, 離

▼ 入る~ (121, 1.4%)

7 許さず 6 見て 3 待って

2 [11件] かれは, 利あらず, 好まざりしといふの, 好まざりし事情, 待ちて, 得ず, 手に, 武士は, 禁ずるなり, 避けたるは, 避けて

1 [83件] いうので, いふ, えざりしなるべし, えざる憂ひの, えざれば, えず会食, えず普通民, えたりと, おしおは, きけば, ほこりとぞ, ゆるさず, ゆるさん, ゆるして, りも, ミが, 乞ふ, 侯い, 候ひ, 免かれ, 免れずと, 善しと, 喜ぶは, 夢みて, 嫌は, 嫌ふ, 待たず直様封, 待て其處, 得ざれど, 得じ, 得ずついに, 得ずと, 得ずという, 得ず見よ青銅, 得た, 得ただ, 得た巣鴨, 得て, 得べし, 得べし平, 得るなし, 得るは, 必要と, 悟と, 拳に, 本道と, 果して喜ぶ, 楽しめる気色, 渇したる人, 睹た, 知らざるが, 知らざる者, 示せるもの, 禁じられた, 禁ずること, 禁ずるに, 禁ぜられ門構え, 聞くや, 能くせず, 要する, 見たり, 見つめし折, 見るは, 見る云々, 見れば, 見濟, 計って, 許さざるほどなりと, 許さざる威厳, 許さざれば, 許さずと, 許さない, 許されざりき, 許されずまた, 許されぬ處, 許したばかり, 談ずるの, 逆入りという, 遺憾に, 避けても, 防ぎとむ, 防ぐから, 防ぐなり

▼ 入る~ (113, 1.3%)

3 の心地 2 から棒, につけ易, 宜道, 御主人

1 [102件] か以外, があらう, がない, が来るだろう, こそかえって, この建物, じっと見下ろし, その暗く, その裾野, だ, だけだ, だけ着, であって, ですから, とか便所, とのみ, と同, と女, などは幕, などは箱, な皆, にお松, にくらべ, にその, にと思っ, にはあつ, にはそれでも, には一応, には何とも, には室, には家内, には必ず, には氣, には私, には自分, には船, には錘, には雨, にゃあ, にわたし, に人, に出る, に午后三時前五分, に厳顔, に呼んだら, に携, に携え, に無意識, に私, に脱いだ, に腹這, に自分, に言った, に起る, のやう, の合図, の合圖, の外, の少し, の年齢, の心, の有り様, の歓迎, の歩き, の状態, の用心, は, はあんなに, はいつも, はじめて理学士, はよもや二度と, は主人, は元, は天気, は御, は必ずや, は忽ち, は手, は春先, は案内, は殺された, は無我夢中, は猟夫, は猟師, は雨, は風呂, は魂, または靜, もそう, もたとえ, もノック, も二度失敗, も餘程窮屈, よ, 必ずガラス窓, 散る桜, 早く斬, 直ぐそれ, 見た山々, 見た襖一重, 護りの, 驚かされた叫声

▼ 入る~ (111, 1.3%)

4 にもう 2 にこれ, に我々, に運, の年, の沈黙

1 [97件] お禮, から始めた, から形, から御新造, から相, から相当, から着, この手紙, に, にあたって悪戯, にあの, にいかにはっきり, にいちど出窓, におそらく, にこういう, にざつと外, にそち, にその, にちゃんと, にちょい, にちよい, にど, になっ, にはひそ, にはよい, には不思議, には千駄谷, には必ず, にふり, にまず, にも俥, によく, にわか姉さん, にチベット人, にドコ, に一寸, に一度そ, に三吉, に上, に中宿, に二十分, に二基, に何ん, に個人的作品, に先, に先ず, に先づ, に出る, に制限, に勝手口, に召上がります, に召集, に嗜む, に大いに, に徐晃, に懐中, に戸, に手, に日, に日中京都, に書類, に木曾川向う, に死ぬ, に異状, に盥, に神様, に私, に私達, に笠島, に翁, に英語, に葡萄酒, に追分, に體, に髭, のかんかん, の四, の娘, の彼女, の日, の準備, の私, の筵, の豫備, は芸者, は藝者, は蜀, は赤く, は顔, ほど彼, までは, より苦し, 一息の, 一時間, 丁度椿, 必ず仏壇, 迄はこの

▼ 入る~ (96, 1.1%)

8 いい 5 よい 4 宜い 3 早いか 2 ごとし, 故に絶え, 話が

1 [70件] あとは, あはは, あれへ, いい先刻寺男, いい良い人, お手前は, ここも, ごとき形勢, ごとき心地せり, ごとき思い, ごとき風色, ごとく葎, さびしさ, そうしていただけれ, そちは, そのころ, その方, その間に, それは, もし失敗, もとは, ゆえに抗, ゆゑに, よい何, ようだった, よかろう, ヤング氏が, 三吉, 二分が, 今は, 何うだ, 何だい, 兎に, 入らんとき, 南から, 古来伝承の, 否や, 唐, 多くは, 好からう, 如くうつ向いて, 如くに, 如く往生, 如く我見, 如く月輪殿, 如し, 宜かろう, 家庭には, 小作人を, 小屋は, 幇間の, 我々を, 故によ, 文吾はた, 最後手は, 栄達の, 殆ど一時間待つ, 海鳥を, 瀑の, 火焔が, 独逸の, 癖である, 私は, 稀なり, 第一, 致すところ, 見て, 言はる, 越後は, 電子線は

▼ 入る~ (96, 1.1%)

30 否や 2 きりぎりす, 否直に, 復た, 直に皇帝

1 [58件] お年玉, かの好漢忠次真先, そうや, その筆力, ぞくぞくと, まいに, まさしく読経最中, まずこれ, われは, バケツを, プレハーノフは, 一面の, 中央では, 人の, 俄に, 俄然として, 停年教授の, 僭上にも, 入るべからざる, 全市の, 刀を, 劈頭第, 否とある, 否やいきなり, 否や大き, 否や思はず, 否や聞いた, 否彼, 否明智, 四面すべて深い, 培土, 塵芥の, 孔明の, 巧みに, 常に飄然, 建文帝僧と, 彼は, 手分けを, 招かれて, 数日滞在し, 既に心霊的空気, 既に深夜, 日本の, 此の, 泊中二三ヵ所に, 淋しき冷たき陋巷, 渭水の, 燕王は, 私は, 秦豊吉の, 突如重, 自ら思ひ立ち, 行家亦, 豆腐の, 鄒湛宅外楊柳に, 銀座街頭に, 革命軍の, 風俗画の

▼ 入るやう~ (90, 1.1%)

8 になつ 4 に消え 3 な, なさえ, なり兄とい, にな, になる 2 なこと, なそんな, な氣持, にし, にする

1 [53件] だから, で, である, で甚だ, と勤め, な世智, な事, な代物, な凜, な力, な夢, な工合, な心地, な振舞, な歎, な気, な氣, な沈黙, な白い, な結果, な脚, な視線, な記憶, な賤, な静か, な鼾, にこつち, にしなけれ, にと思つて, になり, になりし, にふうはり, にみつめ, にわざと, にわな, にニツコリ, に三百八十兩, に劉氏, に彼, に心細く, に思ひしらべました, に成つたら, に痛む, に繰返した, に落ちつき, に見えた, に見える, に見入つて, に覗き込む, に覚え, に透徹, に道, に頭

▼ 入る~ (87, 1.0%)

3 が出来た

2 [11件] ができた, が出来ず, が出来る, ならず, になつ, に決め, の出来ぬ, はない, は出来ない, は出来ぬ, もあつ

1 [62件] いよいよ深く, かと思いの外, があった, があり, がある, が出, が出来ない, が出来なかった, が出来ぬ, が許されなかった, だろうと, でも, で口, にあらね, にきめ, にしよう, につとめた, になった, になつたの, になつて其地, になる, によりて新た, のできた, のよう, の出, の出来た, の出来なかった, の出来る, の如何, の由, はぞうさ, はできなかった, はできん, はなかなか, はならぬ, はねえ, は出来ぬであらう, は叶わぬ, は大変, は覚束, ばかり自粛, もせず, も叶, も有るべく, より他, をせず, を得, を得ざる, を得たる, を御存知, を思わね, を拒ん, を故意, を望み, を祈念, を禁じ, を許されなかった, を認め許した, を謝絶, を非常, 浅からざる, 約三十間

▼ 入る~ (83, 1.0%)

9 どうか 4 入らぬか 3 入らないか 2 した足跡, して, しなければ, どうかと, わかるか, 何う, 入らぬに, 或は病院

1 [51件] え, そのどっち, それが, それともあんた, それとも犯罪, それとも英国駆逐機隊, それも, どうかという, どうかは, どうかを, どうだ, どちらでも, または殊更, むなしく再び, わからない, 九つを, 云い合った, 何うかと, 先の, 入らないうち, 入らないかは, 入らないに, 入らないほどの, 入らぬかに, 入らぬかの, 分からぬと, 分って, 分らない, 又は影武者, 反対に, 台所わきの, 哲学に, 地獄へ, 如何う, 妾は, 存じませんが, 崖から, 幾度考へ, 意識と共に, 教えて, 斯う, 時には, 木に, 残忍なる, 知ってるかい, 知らん, 知りや, 知れないスル, 確かに, 退いて, 逃げるか

▼ 入る~ (72, 0.8%)

188 だから 6 だよ 4 だぜ, だね, です 3 だろう 2 じゃない, でしょう, ですか, ですからね

1 [17件] かな, だがね, だけど, だけれど, だっけ, だらう, だわかったろう, だ二階, だ道, ですえ, ですから, ですって, ですってね, ですつて, ですね, や, やか

▼ 入るという~ (66, 0.8%)

9 のは 7 ことは 3 ことに, ような 2 ことが

1 [42件] お小夜, ことさえ, ことそれだけが, ことで, ことと, ことも, その時代, のである, のも, ものじゃ, もんだ, トルストイの, ラマ僧が, 一般的な, 事だ, 事は, 仕組でも, 午後ぼくは, 周馬の, 境地で, 変化が, 奇妙な, 工合である, 形で, 意味で, 方法しか, 早耳の, 晩だった, 条件が, 権利は, 次第で, 次第では, 法月弦之, 筋で, 組合せであります, 術は, 計画だった, 話いろいろ, 話が, 遊び方で, 順序に, 騒ぎで

▼ 入る~ (64, 0.7%)

2 あれば, なきに, は皆探偵, もある

1 [56件] あれども, からは輸入税, がある, がなかっ, がなくなった, が多い, が多く, が學ばね, が有る, こそあれ, だから, でございまする, とが顔, とは誰, と出る, なし, なら兎, に數學, のあった, の二三人, の帰着点, の話し, はあたかも, はかならず, はかね, はすべて, はたちどころに, は中, は主, は俊士生, は先ず, は全く, は勝利者, は夫人, は奥山, は宅, は官民, は実に, は家珍, は強盗, は彼, は悉く, は毛皮, は漸次, は無, は現世, は襲わるべし, また京, も出来た, も多から, も目標, を拒み出る, 伏せる者, 多きこと, 多きも, 宜しい

▼ 入るので~ (62, 0.7%)

10 あつた 2 人は, 彼は, 水は

1 [46件] あつて絵画, あなたの, あらうか, ある時, お袖, かなりの, ぐるりと, ここの, さう, さへ, せう, その中, その扉, どうしても一休み, はかどらない, はっきりした, ふつうの, もし註文, ウインドヤッケズボンオーバーシューに, ランプを, 一層心細い, 何とも云えず, 全身の, 史蹟歩きも, 家族づれで, 心細さうに, 忽ち方角, 思わず私, 意外である, 木立が, 松花江と, 板が, 機会を, 次々と, 次年度, 武蔵を, 汚れて, 濡れても, 無く耳, 無理にも, 白雪でも, 神妙に, 舌打ちし, 読むが, 近く移らね, 遂に堪え切れずし

▼ 入るには~ (60, 0.7%)

3 入ったが 2 金五郎の

1 [55件] あまりに小さかっ, あまりに近, いずれに, お誂向き, さはらざりけり, ただ二つ, ちょうど月, どうした, どの口, まずそこ, やすく聯合軍, やはり洋式, わが心, ダージリンから, 五カ所の, 京都から, 今と, 今は, 伊右衛門, 伊右衛門伊右衛門と, 何にかの, 何処から, 何方から, 信徒に, 僅かに, 先ずその, 先づ此所から, 入ったけれど, 入つた, 危險である, 厭でも, 変則の, 大抵差向い, 大菩薩峠を, 妙である, 子供の, 必ずまず斎, 性格が, 手と, 手頸の, 是非ともさしかかる, 東京市内で, 林か, 査證が, 梅干を, 沼田から, 番太の, 痛いほど, 絶好な, 自由主義時代に, 誰か, 谷歩きに, 野宿だって, 鍔を, 頭に

▼ 入るまで~ (57, 0.7%)

1 [57件] これで, さ霧, しみじみと, ずっと円山川, そのよう, その同じ葉巻, とうとう供, なにかヒソヒソ水入らず, ほとんど寸暇, ゆっくりし, ガヤガヤしゃべっ, スキーは, ミンチョとよ, 一つの, 一刻の, 不機嫌であった, 何も, 何を, 來なかつた, 八十二軒か, 其の割, 凉しい, 千世子は, 半時間, 南端の, 即刻成就せしむ, 娘は, 小学の, 小學, 小山遂に, 届けて, 山の, 工事場に, 市街を, 帰らないの, 広く日本, 彼は, 彼女の, 復一を, 忘れないであろう, 暗い知らない, 月を, 期待に, 歓呼し, 漢学の, 理窟を, 研究室に, 私は, 私達は, 立ち尽しても, 見えなかつたの, 雑談した, 食い続けられないこと, 飲み興じあくる, 駅路に, 魔の, 默然と

▼ 入るとき~ (50, 0.6%)

2 には入る, はかならず, は勢

1 [44件] お京さん, からの身ごなし, がきました, だけだった, だけはあれ, だったな, である, でもまた, でも同じ, どの科, にその, にそれ, にたやすく, にはまず, には更に, には来なさる, にも狂いだした, に前山, に弄ぶ, に式, に曰くさ, に用, に見付けられる, の旅費三十両, はこの, はどう, は事物, は先づ大麻, は再び, は吉, は多く, は大将, は市民, は必然, は感心, は戸, は海関税, は知らず, は石鳥居, は重役, は騎虎, ふとゴルゴンゾラ, 一々その, 聞き得るもの

▼ 入るところ~ (50, 0.6%)

5 はない 2 だ, である, を人

1 [39件] から考える, から誰, か少し, が値打, じゃありません, であつ, でこの, ですから, ではございません, ではない, でよく, で善福寺川, など至つて平凡, にある, になっ, には紙幣, にも砂利, に在る, に大きな, に赤衛兵, に身, の, の有様, の精神, の道, はあり, は中央, は無い, まで見届けた, をこれ, をすっかり, を夜明け, を山下町, を拳下がり, を書い, を見た, を見とどけた, を見届けた, を選ん

▼ 入るなり~ (47, 0.6%)

4 俊夫君は 2 彼は

1 [41件] あわただしく後, いいました, いきなりかれ, いきなり寄っ, うなだれて, からりと, ぐう, そのまま倒れる, その長靴, といへ, まず敷台, まづ敷臺, エレン・テリイが, ステツィコが, ソバケーヴィッチは, マッチを, 一帯の, 乾草の, 云った, 云って, 云つた, 八方へ, 内から, 千々子さまは, 博士の, 囁き声で, 大声で, 寝床の, 尼寺へ, 彼女は, 感じられる様子, 支配人は, 正坐し, 玉振, 留守居の, 私は, 素子は, 脱いだ帽子, 藤夜叉は, 言った, 酒を

▼ 入る~ (47, 0.6%)

2 すべてものの, 卑しき, 易く堂, 木立の

1 [39件] いかに難い, ただすさまじき, ちと筋道, つわぶきの, もちろんなり, アグラヴェン逞ましき, レゼネレイシヨンの, 下男を, 世の, 他の, 他日政治上の, 伝染病流行の, 何人にても, 信なりと, 午前九時過なるべし, 四月の, 多くは, 大袈裟だ, 如何に難い, 実に無上, 容易の, 少くも, 山ぶし, 必定小判が, 我々書生の, 我声ながら, 文士の, 梵音どよむ, 極めて至難, 正に人, 甚だまれ, 立ち上る朝日影, 絶対的に, 絶對的に, 自然の, 蝉の, 見るも, 銀平八蔵連立ち, 駱駝の

▼ 入るわけ~ (46, 0.5%)

5 はない 3 だ, だが 2 がない, である, であるが, です, ですから, にも行かず, はありません, は無い

1 [19件] じゃなし, だから, ですその, でなかったの, では, でも, なので, になる, にはいかなかった, にはまいりませな, には行かない, にもいかねえ, にもいかん, にもゆかんき, のもの, はなえ, はなかろ, はねえ, もなく

▼ 入る~ (44, 0.5%)

4 を拝む, を見送り 3 の光 2 を拜, を拜む人

1 [29件] が, が来るだらう, が秋, が赤い, じゃの, すぢ, その旗本, などあり, などはたいへん, になる, にゃ男, に厳か, に啼く, のこと, の二三日前, の光一筋二筋, の如く, の暮, の朝, の私, は丁度, まで幡豆, まで私, も輝き, も近, や遲櫻, をも招き返さ, を会日, を待っ

▼ 入るから~ (41, 0.5%)

2 である

1 [39件] いよ, いよいよ千両, して, それを, だ, だれにも, であった, であります, であろうか, で眼, まるでラジオ, わざ, グッと, 一幕は, 一銭儲かる, 不思議さ, 出るまで, 印形を, 喃, 夏の, 払って, 撰科生は, 旨いだけの, 早く入っ, 朝廷へは, 此の, 熟考した, 牛馬先生は, 痛いぞ, 綿を, 聞けば, 聲を, 胃と, 背中に, 血が, 豆も, 連れて, 達ちゃんの, 鮎は

▼ 入る~ (38, 0.4%)

2 あり, なし浮氣

1 [34件] あり又, あり越前, かまわぬすぐ, さしつかえない, その中, なお土人, なお暗黒, なお減ぜず, ようで, 一緒な, 九錫の, 人家までは, 何ら本丸, 入らないも, 出ずる, 出所が, 出来ないはず, 同様でしょう, 同然帰路を, 唯彼, 女人を, 己が, 昇に, 暑さ, 月は, 未だ癒えず, 東南の, 歇まず, 深川京橋等の, 減暑, 減熱せず, 知らなかったが, 自然の, 許させ給わず空しく

▼ 入るばかり~ (36, 0.4%)

8 です 5 であった 32 であつ, である, でした, 全体何が

1 [12件] だった, だつた, でいつそこ, で全く, とても話, なの, ジョンの, 両手を, 全體何, 水岸へ, 焼けて, 物心ぼ

▼ 入る~ (34, 0.4%)

2

1 [32件] からお金, があっ, があつ, があれ, がひと方, が代々色好み, が代る, が多く, ではなかっ, で霊魂, と, の子, の後ろ, の数, の数々, の着物, の足音, はよく, は何, は大切, は必ずしも, は思いき, は猟師, は肌, は菅笠, めづらしや, もある, も我, も自然, を, を一人一人, を防ぐ

▼ 入るつもり~ (31, 0.4%)

2 だ, だったが, であったの, で中腰, なの

1 [21件] かとても, か見, じゃったん, だった, で, であった, であったが, であります, でありますが, でございます, でしたが, です, ですから, では, でゐました, でゐる, で場合, で応接間, で足, の事, の毫も

▼ 入るといふ~ (29, 0.3%)

6 ことは 2 ことが, のは

1 [19件] お小夜, ことなどを, ことを, のが, のも, のを, やうな, デマが, 世間の, 事を, 噂が, 夜眞水の, 愁嘆場, 景気だった, 術は, 見込みの, 解釈に, 類にや, 風に

▼ 入るにも~ (29, 0.3%)

2 干渉を, 裏口以外に

1 [25件] あらず, かかわらずフローラ, 一度入りそこなえ, 七人の, 人なき, 入らねえにも, 入られず愕然, 入りやすく, 出るにも, 及ばないて, 及ばんじゃ, 困りましたよ, 多勢の, 大袈裟一方, 大門の, 山から, 彼の, 水色ジャンパーを, 洋装と, 監視を, 私は, 紋着だ, 細心を, 臺所を, 見張りが

▼ 入るため~ (27, 0.3%)

2 に一度

1 [25件] に, につけ易, にはかの, には人人, には尾張, には相, には神, には精神, には非常, にまた, に一つ, に二人, に偏倚, に八つ, に出, に外国語, に後れ, に来た, に町, に私, の困難, の産物, の用意, の細工, の荒仕事

▼ 入るほど~ (27, 0.3%)

2 固くは, 深くまた

1 [23件] かわいいと, そこここで, そこに, だきしめて, なたおや, な小さい, な戦況, ひびいて, ゆるくなっ, 世俗からは, 余計に, 山の, 心細い仕事, 拳を, 横揺れし, 深い遠い剣, 痛ましくも, 続いて, 胃と, 複雜し, 踏み迷うばかり, 身に, 迷信は

▼ 入る~ (26, 0.3%)

4 もありません 3 はない 2 がない, だ, はございません

1 [13件] がなかっ, だからと, だった, だったん, でございますが, です, で山陽, の彌, の早大, はありません, は無い, もなく, も出る

▼ 入るより~ (23, 0.3%)

3 外には, 洋燈に 2 仕方が, 外に, 外は

1 [11件] その溽熱, ほかは, より深く, ハッと, 他は, 先に, 外なかつた, 来る者, 清潔で, 致方が, 身を

▼ 入る~ (23, 0.3%)

10 の光り 5 の光 2 のかげ見れ 1 に嘯, のおぼろげ, の光りで, は崩れし, は蒼白き, を肘まくら

▼ 入る~ (23, 0.3%)

2 から窓

1 [21件] から一種小成, から先ず, から塩瀬, から学生新聞, から海, から父, だが, であったろう, にはどうやら, にはもう, には前山, には妙, には早, には私, に藻草, はその, は身, は雷, ほひから, までには彼, までに汽車

▼ 入るのに~ (21, 0.2%)

1 [21件] ここでは, このあたり, たいへん楽, わざ, わざわざ泥, チクリと, 一々門鑑, 二年も, 似合つてゐた, 具合が, 外套で, 帽子を, 番毎格子戸に, 目標が, 肩を, 自分たちは, 若い稲, 草履も, 足袋以外は, 遠江三河尾張等を, 階段の

▼ 入る~ (21, 0.2%)

3 からず 2 きを, き乎, き過渡時代

1 [12件] き, きものであり, きものである, きものであろう, き傾向, き者, き蛇, き財物, き隈, く往, しと, し選び定

▼ 入る~ (21, 0.2%)

2 がない

1 [19件] あり, じゃご, です今, ではなく, となりしなり, に住ん, に木造洋館, に東寺, に疏水, の過渡期, はその, はなかっ, は云わ, まで見届けた, より堀河東, を手, を確, を見た, を見られ

▼ 入るとは~ (20, 0.2%)

2 かぎらない

1 [18件] あんまり乱暴, ずいぶん度胸, ちと受取り, なんという, まさに之, 仕合せな, 何だ, 何という, 何といふ, 余り情ない, 偶然で, 型に, 夢にも思いません, 思いませんでした, 想像し, 我輩の, 武蔵野の, 言は

▼ 入るまでの~ (19, 0.2%)

2 奉公先を

1 [17件] かなり長い, ことである, 両側は, 二人は, 彼等を, 旧新開地, 果敢は, 沿岸には, 盛宴だった, 空の, 道は, 道行即, 間すべてみずから世波と, 間で, 間に, 間の, 間御者台に

▼ 入るまでは~ (19, 0.2%)

2 何うにも

1 [17件] まるで気, バスも, 依然としてこの, 六七年に, 大変の, 大變, 封を, 幾十といふ, 息つきの, 我ら一同なお, 殆ど缺乏と, 真に楽しい, 私は, 義元の, 都会でも, 随分長く, 静粛拝伏ただ

▼ 入るかも~ (18, 0.2%)

2 わかりません, わかりませんよ, 知れない, 知れないと 1 しれない, しれないぞよ, しれないという, しれねえて, しれんでな, しんない, 知れないの, 知れないん, 知れませぬが, 知れんちゅう

▼ 入る~ (18, 0.2%)

2 がいい

1 [16件] がよかろ, がをかしく, がズッ, が何, が好い, が安全, が宜, が楽, が矢, に向い, の, はる, へ, へ傾い, も入られる, 見せぬいざよひの月

▼ 入るだけ~ (17, 0.2%)

2 あけて, であった

1 [13件] お話ししましょう, だった, であと, です, でもう, で力, 却つて汗する, 戸を, 持って, 無いじゃ, 穴の, 買いなさい, 魂の

▼ 入る~ (17, 0.2%)

12 の虫 2 の夜, の空気 1 の虫みたい

▼ 入る~ (17, 0.2%)

2 になった

1 [15件] か, がした, がしなかったろう, ずつな, だつたので, で境, なの, にならない, にならなかった, にはならなかった, にはなれず, には成らん, はないだらう, もしなかった, 易さ

▼ 入る~ (17, 0.2%)

1 [17件] がある, が丁度, が分れ, である, なん, の彼方, はない, はもつ, は今, また北の方, も沢山, も知らず, をそういう, を尋ねます, を発見, を選んだ, を開い

▼ 入る~ (16, 0.2%)

2 実に多種多様

1 [14件] い, お新, それこそ, もっと厄介, 京都での, 何一つこの世, 吉良家からも, 困ったもの, 対鎌倉の, 左脚を, 料亭は, 柱は, 留守は, 西風が

▼ 入るだけの~ (16, 0.2%)

2 穴が

1 [14件] 余裕は, 収益を, 四角さ, 土地が, 大きさ, 憂慮は, 材料から, 満足で, 玩具人形の, 空地を, 素養が, 花を, 荒い出格子, 金は

▼ 入ると共に~ (16, 0.2%)

1 [16件] うるささと, この三国対立, 人々は, 帆村の, 急に, 成績が, 摯実な, 支度を, 最後の, 気を, 水の, 狂熱的な, 甚だ不愉快, 禁絶され, 調所が, 風は

▼ 入る~ (16, 0.2%)

1 [16件] な事, な心細, な気, な気さ, な汽笛, にしたら, になっ, になつ, になり, になりました, にひと, にソーッ, に出来, に思召, に成った, に陰気

▼ 入るかと~ (15, 0.2%)

1 [15件] 云う問題, 云ふ, 思うと, 思う大, 思えば, 思った第, 思つてゐる, 思はれた, 思ふと, 思わる天狗岩, 思われる, 思われるよう, 怪しまれる, 見えたが, 覚えたり

▼ 入るほどの~ (14, 0.2%)

2 穴が, 隙間にも, 饑ゑたる心と 1 報告です, 孔を, 小さい溝, 愛, 狭さ, 穴をぞ, 音声で, 高い悲鳴

▼ 入るまでに~ (14, 0.2%)

2 日も

1 [12件] いくつもの, かなり長い, きっとあの, ただ一回ラボール, どうかなっ, なったの, 介抱せし, 余り多く, 十日以上の, 石床の, 私は, 霞亭は

▼ 入るとも~ (13, 0.2%)

1 [13件] いえよう, いひつべし, いふべけれど, うその, ご眷族, なく社長, なく足, なしに, 到底長く, 吾は, 味噌醤油酒の, 考えられる, 調子は

▼ 入る場合~ (12, 0.1%)

1 [12件] がある, があろう, だってある, であって, である, との負, と其, には自他, には限らぬ, に所謂夢, はロ入り, ほど独断

▼ 入る~ (12, 0.1%)

4 の音 3 の量 1 と船, に追, の飛沫, も隅田川, を褒める

▼ 入るとともに~ (11, 0.1%)

1 [11件] この婦人作家, すでに先づ神, ひとまずこれ, モスクワの, 仏教に, 先々月西森が, 婦人の, 最後の, 豪雨に, 靜寂の, 驚きの

▼ 入るはず~ (11, 0.1%)

4 はない 1 がない, の弥左衛門町, の早大, はなかっ, もありません, もなく, も出る

▼ 入る~ (11, 0.1%)

1 [11件] だが, になつ, には發達, に無作法, のもの, の女, の広, の抵抗力, の穴, は翳したる, 尚更その

▼ 入る~ (11, 0.1%)

1 [11件] が呼吸, が後れ毛, が近づい, にその, に大きな, に身, のこの, のやう, のよう, の涼しい, の響

▼ 入る姿~ (10, 0.1%)

2 が見られた, です 1 が四畳半, をまざまざ, を描く, を眺め, を見せず, を見る

▼ 入る~ (10, 0.1%)

2 の風 1 か判証文, か判證文, があるなら, のあて, の悉く, は唯, もなかっ, 食う人病

▼ 入るその~ (9, 0.1%)

1 刹那まで, 夕栄に, 技術が, 日の, 日まで, 時に, 水の, 軍馬を, 輝に

▼ 入るとか~ (9, 0.1%)

1 あゝすれ, いま雲を, しなければ, 何んとか, 入らんとかいう, 広小路で, 損するとか, 隠者の, 食膳に

▼ 入るなんて~ (9, 0.1%)

1 そんなこと, ただ者では, ときは, ほんとにあいつ, まあ変, 危険な, 恐ろしいこと, 本当に呆れ返っ, 本當

▼ 入るばかりに~ (9, 0.1%)

2 なった, 作りたるは 1 なって, 成ったところ, 泣いて, 睨んで, 絢爛たる

▼ 入るまでには~ (9, 0.1%)

1 あらましの, それから半日以上, 人生には, 以上の, 半刻, 大変に, 山を, 煩悩が, 石床の

▼ 入るもん~ (9, 0.1%)

2 だで 1 か, か入らん, じゃア, だから, ですか, ですから, ですね

▼ 入る~ (9, 0.1%)

2 の大き 1 なのに, なブリキ, な湯, の丸窓, の穴, ゐな, ゐなら何

▼ 入る光線~ (9, 0.1%)

1 がある, がこれ, が不足, で中, とすれすれ, に照らされ, の量, は, をその

▼ 入る入口~ (9, 0.1%)

2 に過ぎない, に過ぎぬ 1 がひとつ, で今, のところ, の処, の門

▼ 入る~ (9, 0.1%)

1 だった, に白犬, の掃除, はある, はことごとく, はない, は敷金, は無, へ前

▼ 入る時分~ (9, 0.1%)

2 でした 1 から降り出した, だった, には晩酌, には権謀術数, に保証人, に後家婆さん, に指図

▼ 入る限り~ (9, 0.1%)

1 のもの, の人間, の彼, の洋服, の統計, の緑葉, の風物, は青々, 集めたが

▼ 入るごと~ (8, 0.1%)

1 ある声, にそれ, に一学, に先生, に巌, に己, に彼女, に黄色く

▼ 入る~ (8, 0.1%)

1 あり, が面白い, じゃねえや, だが, の方, へあせ, へつかつか, をさらり

▼ 入る時間~ (8, 0.1%)

1 がない, がなくなります, すらない, でしょう, ですよ, でそれ, まで分りゃしません, もない

▼ 入る決心~ (8, 0.1%)

5 をした 1 したの, をし, を致しました

▼ 入るかぎり~ (7, 0.1%)

1 ちょうど港, のもの, のサミセンガイ, の宮本, の権威, の物, はすべて自陣

▼ 入るに従って~ (7, 0.1%)

1 いよいよ冴え, だん, 夫, 客車が, 常識の, 民家に, 珊瑚の

▼ 入るやいなや~ (7, 0.1%)

1 なにか異変, ドアが, 何より先, 叫んだ, 必要の, 第一番, 農夫たちは

▼ 入る以上~ (7, 0.1%)

2 は何 1 この三つ, てこずりぬいたこの, には出来る, のもの, は僕

▼ 入る余地~ (7, 0.1%)

2 がなかっ 1 があろう, が残つて, と, はない, もありません

▼ 入る~ (7, 0.1%)

1 があったら, がある, があるだ, と, もない, を縛, を縛っ

▼ 入る~ (7, 0.1%)

1 でいけなけれ, に, に日, のかつ, の杉, の秋, や田

▼ 入る必要~ (7, 0.1%)

2 はない, もなく 1 があろう, に迫られた, も無い

▼ 入る~ (7, 0.1%)

1 に, につけ易, には旅券, に成立学舎, に来た, のスプリング・ボオド, の準備期間

▼ 入る積り~ (7, 0.1%)

2 で東京, らしく 1 だったじゃ, で着物, で路地

▼ 入る~ (7, 0.1%)

3 一の 1 一号ドックを, 一夜分を, 一日であった, 一日の

▼ 入る~ (7, 0.1%)

1 だ, であります, なんだか見当, にや行かん, はあり, はない, は有り

▼ 入る~ (7, 0.1%)

1 がご, がない, が見出せなかった, はなかつた, はねえ, をなくし, を見出す

▼ 入る~ (7, 0.1%)

2 きけば 1 が聴, だが, なんぞがしました, に此方, をそして

▼ 入る~ (6, 0.1%)

2 弓の, 照を 1 それが, 糸ウウームと

▼ 入るって~ (6, 0.1%)

1 いうのに, えら捕, 作法が, 新聞に, 真剣に, 訳で

▼ 入るなかれ~ (6, 0.1%)

2 奧ふかく, 弟よ 1 とひそみ, 身を

▼ 入るのみ~ (6, 0.1%)

1 だ, だった, ならずさらに, なりし貫一, 其樣彼の, 犯すなき

▼ 入る~ (6, 0.1%)

2 に五十男, に小さく 1 に交番, は迚

▼ 入る予定~ (6, 0.1%)

1 だった, であった, であったので, であること, で東京, になっとる

▼ 入る人間~ (6, 0.1%)

2 はない, は一人 1 があるでせう, ではない

▼ 入る~ (6, 0.1%)

1 がどうして, では無く, は最も, は窓, も大将, を見る

▼ 入る場所~ (6, 0.1%)

1 あり, と日割, なれば, にある, はありません, は無い

▼ 入る~ (6, 0.1%)

2 に道 1 なかつた, なかつたいよ, はありません, はない

▼ 入る~ (6, 0.1%)

2 にし 1 というの, はしばらく, もある, もなくなり

▼ 入る~ (6, 0.1%)

2 に前 1 にその, に号砲, に多少, に頬

▼ 入る~ (6, 0.1%)

1 がうまく, のやう, の首途, を, をわざと, を思い

▼ 入る~ (6, 0.1%)

2 の朝陽 1 の暁, の曉, の蛍, は紅葉

▼ 入る~ (6, 0.1%)

2 はない 1 とどちら, の報知, の艪櫂, は前

▼ 入る~ (6, 0.1%)

1 が決まった, だらうつて居酒屋, だろうって, では孤児, をしなかった, をしなかつた

▼ 入る~ (6, 0.1%)

2 二人は 1 その家, 一弛, 自分を, 被き通した

▼ 入る~ (6, 0.1%)

1 があつ, じゃない, だか, で筋, の意味, の方

▼ 入るくらい~ (5, 0.1%)

1 ならこんな, な穴, な隙, 切り嵌め, 平気な

▼ 入るじゃ~ (5, 0.1%)

3 ありませんか 1 ぃ, ないか

▼ 入るそう~ (5, 0.1%)

21 で, である, です

▼ 入る~ (5, 0.1%)

3 やありません 1 やない, やらう

▼ 入るとして~ (5, 0.1%)

1 もちろんご, 十一枚の, 彼の, 河原町の, 自得せざる

▼ 入るばかりの~ (5, 0.1%)

2 眼つきを 1 彩であった, 紅の, 隙間から

▼ 入るんで~ (5, 0.1%)

2 毎晩立ちます 1 がすが, 寝付かれなくて, 寢付かれなく

▼ 入る前後~ (5, 0.1%)

1 からカトリツク教会, からカトリツク教會, に音楽, の事情, の動作

▼ 入る~ (5, 0.1%)

2 がある 1 ではせばめられた, などおさしず仰ぎとう存じます, の前

▼ 入る~ (5, 0.1%)

1 ものだ, 天井や, 旦那様が, 旦那樣が, 満員である

▼ 入る~ (5, 0.1%)

1 があったら, じゃありません, だと, の声, の姿

▼ 入る少し~ (5, 0.1%)

2 手前の 1 ばかりの土産, 前までは, 前持明院派では

▼ 入る工夫~ (5, 0.1%)

1 がない, はありません, はない, はなく, は無い

▼ 入る手前~ (5, 0.1%)

1 から福崎, では早立ち, でようよう, に街道, のガード

▼ 入る方法~ (5, 0.1%)

2 のない, はなく 1 があれ

▼ 入る最初~ (5, 0.1%)

1 で興奮, の一分, の刹那, の手段, の独軍

▼ 入る様子~ (5, 0.1%)

1 であった, はありません, もない, を眺め, を眼

▼ 入る次第~ (5, 0.1%)

1 じゃ, であります私, であるが, ですがね, で御

▼ 入る~ (5, 0.1%)

1 さえ無い, だろうと, にも少し, はなし, は形式主義

▼ 入る~ (5, 0.1%)

1 では盛ん, なり, なるアウソーニア, を猶も, 暗きより

▼ 入る~ (5, 0.1%)

1 の前, の戸, の附近, はやはり, は到る

▼ 入ること能~ (4, 0.0%)

1 はざりし, はざる, はざるもの, はずして

▼ 入る~ (4, 0.0%)

1 うだが, の惜しき, の月, の闇

▼ 入るすぐ~ (4, 0.0%)

1 前で, 前の, 手前の, 眠る式

▼ 入る~ (4, 0.0%)

1 おかしき, それも, 有毒ガスが, 道理なり

▼ 入るたび~ (4, 0.0%)

1 にコソコソ, に今, に女, に真昼

▼ 入る~ (4, 0.0%)

1 えとさあこと, え怖, ふ, まえの

▼ 入るなど~ (4, 0.0%)

1 ただならぬ気配, まことに天, ケチな, 仰せられた

▼ 入るなどという~ (4, 0.0%)

3 ことは 1 ので

▼ 入るなどは~ (4, 0.0%)

1 何ら至難, 兵法を, 夢にも思っ, 物の数でも

▼ 入るにつれて~ (4, 0.0%)

1 こそばゆくな, ますます激しく, 服装の, 陰鬱に

▼ 入るよと~ (4, 0.0%)

1 すれば, せしに, 見えしが, 見えし美人

▼ 入るよりも~ (4, 0.0%)

1 もっと気軽, 先づ其方だつた, 大に, 天主の

▼ 入る仕事~ (4, 0.0%)

1 だ, でせう, はまだ, は一つ

▼ 入る勇気~ (4, 0.0%)

1 があるなら行け, のない, は出, を十二分

▼ 入る~ (4, 0.0%)

31 れ我

▼ 入る~ (4, 0.0%)

2 はいと 1 のきれ, の如き

▼ 入る~ (4, 0.0%)

1 があつ, がした, をなし, を彼

▼ 入る日ぢ~ (4, 0.0%)

4 やの

▼ 入る日光~ (4, 0.0%)

1 から考え, の下, の中, をしみじみ

▼ 入る~ (4, 0.0%)

2 にし 1 な氣, になつ

▼ 入る第一歩~ (4, 0.0%)

1 として成経, にし, は自分, をあの

▼ 入る~ (4, 0.0%)

1 じゃ, のよう, の危く, よりも無謀

▼ 入る~ (4, 0.0%)

1 がその, の白き, は此處, や絶

▼ 入る途端~ (4, 0.0%)

1 にこなた, にフト, に此方, に言葉

▼ 入る道筋~ (4, 0.0%)

2 だけ空中 1 になる, もいい

▼ 入る~ (4, 0.0%)

1 だけ入口, だけ舌, に大急ぎ, の茶店

▼ 入る隙間~ (4, 0.0%)

1 があろう, などは一つ, もありません, もなかつた

▼ 入る風呂~ (4, 0.0%)

1 がすめ, だけにはどうしても, だろう, の習慣

▼ 入るうち~ (3, 0.0%)

1 である, に六十, に古めかしく

▼ 入るかた~ (3, 0.0%)

2 をな 1 の空

▼ 入るかという~ (3, 0.0%)

1 ことが, ことで, 困難の

▼ 入るかは~ (3, 0.0%)

1 まったく見当, 私には, 自分の

▼ 入るくらいの~ (3, 0.0%)

2 大きさ 1 ことは

▼ 入るけは~ (3, 0.0%)

1 ひ, ひです, ひなる

▼ 入るけれど~ (3, 0.0%)

2 それでも一日 1 まずもっ

▼ 入るこの~ (3, 0.0%)

1 一室襖障子にて, 字は, 辺は

▼ 入るころ~ (3, 0.0%)

1 なりトンネル, までは残つて, 着いた時

▼ 入るそれ~ (3, 0.0%)

1 はいは, よりほか, を見

▼ 入るだけでも~ (3, 0.0%)

1 一難儀ぢや, 何万人ていう, 多少堅く

▼ 入るといった~ (3, 0.0%)

1 のも, 形に, 方が

▼ 入るとしても~ (3, 0.0%)

1 それらは, 決してなすべき, 素人が

▼ 入るとでも~ (3, 0.0%)

1 いうの, 訊いたらう, 訊いたろう

▼ 入るなべ~ (3, 0.0%)

3

▼ 入るについて~ (3, 0.0%)

1 わざわざ上京, 人数が, 第一

▼ 入るにつれ~ (3, 0.0%)

1 プロレタリア芸術の, 空気は, 飾りっけ

▼ 入るほか~ (3, 0.0%)

1 に何, はあるまい, は部屋

▼ 入る~ (3, 0.0%)

1 へに一度, への蛇, へ土地共有

▼ 入る~ (3, 0.0%)

1 ならつぱぶし, 入っても, 温泉に

▼ 入るよりは~ (3, 0.0%)

1 搦手から, 此儘此処から, 駱駝の

▼ 入る一つ~ (3, 0.0%)

1 の手段, の要素, の門

▼ 入る三人~ (3, 0.0%)

2 の姿 1 はぞつと

▼ 入る二つ~ (3, 0.0%)

1 の動作, の攻め口, の門

▼ 入る仕度~ (3, 0.0%)

1 いたします, か蛇, をした

▼ 入る~ (3, 0.0%)

1 が鶏肉胃袋, になっ, のつもり

▼ 入る位あなた~ (3, 0.0%)

3 は御存じ

▼ 入る作品~ (3, 0.0%)

2 が出来なかった 1 は大体

▼ 入る~ (3, 0.0%)

3 は有磯海

▼ 入る唯一~ (3, 0.0%)

1 のおもしろい, の川街道, の物音

▼ 入る国境~ (3, 0.0%)

1 であり山陽道一, のあたり, の棒杭

▼ 入る夕日~ (3, 0.0%)

1 かな, が昔, を受け

▼ 入る子ら~ (3, 0.0%)

2 が二人 1 が身

▼ 入る~ (3, 0.0%)

1 利根とも, 虫さえも, 部屋には

▼ 入る心持~ (3, 0.0%)

1 がよく, であるが, と或は

▼ 入る~ (3, 0.0%)

1 のこの, を待たぬ, を除き

▼ 入る~ (3, 0.0%)

2 はとこしえ 1 は永

▼ 入る手段~ (3, 0.0%)

1 であつ, であるが, はなかろう

▼ 入る明り~ (3, 0.0%)

1 が眞, が真新しい, ばかりだ

▼ 入る材料~ (3, 0.0%)

1 の普通, はこの, を漁つて

▼ 入る権利~ (3, 0.0%)

1 がある, はない, を奪わるべきでない

▼ 入る機縁~ (3, 0.0%)

1 となった, はその, を得なかった

▼ 入る~ (3, 0.0%)

1 に, にそういう, に七八人

▼ 入る気持~ (3, 0.0%)

1 がほんとに, になっ, は格別

▼ 入る準備~ (3, 0.0%)

3 をし

▼ 入る為め~ (3, 0.0%)

1 に二階, に列車, に畑

▼ 入る目的~ (3, 0.0%)

1 で京都, で来られた, をもっ

▼ 入る~ (3, 0.0%)

2 に躓く 1 の谷

▼ 入る若人達~ (3, 0.0%)

3 の勢ひと

▼ 入る~ (3, 0.0%)

3 の声

▼ 入る~ (3, 0.0%)

1 であった, もあります, をちゃんと

▼ 入る~ (3, 0.0%)

3 がみ

▼ 入る計画~ (3, 0.0%)

1 で河南, を立て, を胸

▼ 入る~ (3, 0.0%)

3 の生涯

▼ 入る迄には~ (3, 0.0%)

1 二三日か, 子供の, 老婆も

▼ 入る野郎~ (3, 0.0%)

2 はありません 1 です

▼ 入る~ (3, 0.0%)

1 にそれに, に木材, に確か

▼ 入る~ (3, 0.0%)

2 のため 1 の柳

▼ 入る青葉~ (3, 0.0%)

2 の陽 1 の寮

▼ 入る静か~ (3, 0.0%)

1 なせみ, な愛, な日

▼ 入る順番~ (3, 0.0%)

1 が済ん, が濟, の列

▼ 入る風情~ (3, 0.0%)

1 である, でした, はなし

▼ 入るあゝ~ (2, 0.0%)

1 この響, 夢心地

▼ 入るいわゆる~ (2, 0.0%)

1 入神の, 彼女の

▼ 入るお客~ (2, 0.0%)

1 の気, はさしずめ

▼ 入るかい~ (2, 0.0%)

1 かえって敵, 面白いぜ

▼ 入るかなと~ (2, 0.0%)

2 問へば

▼ 入るかの~ (2, 0.0%)

1 ようじゃ, ように

▼ 入るぐらいの~ (2, 0.0%)

1 店頭に, 瓢を

▼ 入るけれども~ (2, 0.0%)

2 話の

▼ 入るこそ~ (2, 0.0%)

1 不便なる, 何らの

▼ 入ること三里~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 入ること二三日~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 入るこれ~ (2, 0.0%)

1 は其処, 故に天秤夜

▼ 入るしか~ (2, 0.0%)

1 あるめ, 知って

▼ 入るすべて~ (2, 0.0%)

1 の商人, はすでに

▼ 入るすゞめ~ (2, 0.0%)

1 うれしみ, のため

▼ 入るぞと~ (2, 0.0%)

1 いって, 見えし

▼ 入るぞよと~ (2, 0.0%)

2 輝き渡る藤原郷

▼ 入るたんび~ (2, 0.0%)

1 にどこ, に浅井

▼ 入るとい~ (2, 0.0%)

1 の, へる菊氣

▼ 入るといふは~ (2, 0.0%)

2 何ぞや

▼ 入るとかいう~ (2, 0.0%)

1 ことを, のは

▼ 入るとき詩人~ (2, 0.0%)

2

▼ 入るとて~ (2, 0.0%)

1 水を, 犬を

▼ 入るとても~ (2, 0.0%)

1 見込みは, 面白かった

▼ 入るとの~ (2, 0.0%)

1 こと, 噂が

▼ 入るとを~ (2, 0.0%)

1 問て, 守りたまはん

▼ 入るどころ~ (2, 0.0%)

2 では

▼ 入るなと~ (2, 0.0%)

1 いうこと, こう命ぜられ

▼ 入るなどと~ (2, 0.0%)

1 無法な, 考えるの

▼ 入るに従い~ (2, 0.0%)

1 アクツようやく, 青年箸と

▼ 入るの侯~ (2, 0.0%)

2 の志

▼ 入るはじめ~ (2, 0.0%)

1 なれば, の者

▼ 入るばかりか~ (2, 0.0%)

1 ビールが, 卓子へ

▼ 入るひま~ (2, 0.0%)

1 がない, もなも無い

▼ 入るふかき~ (2, 0.0%)

2 息づきを

▼ 入るまえ~ (2, 0.0%)

1 の凄, の良人

▼ 入るまたは~ (2, 0.0%)

1 ニュウに, 現在手元に

▼ 入るまでもの~ (2, 0.0%)

2 語りし

▼ 入るみち~ (2, 0.0%)

1 がなく, で

▼ 入るやう一切~ (2, 0.0%)

2 この身

▼ 入るんぢ~ (2, 0.0%)

2 やない

▼ 入る一水~ (2, 0.0%)

1 あり, は即ち

▼ 入る不快~ (2, 0.0%)

2 を避け

▼ 入る事天然~ (2, 0.0%)

2 の理

▼ 入る事甚~ (2, 0.0%)

2

▼ 入る二人~ (2, 0.0%)

1 の会話, の愚痴

▼ 入る人々~ (2, 0.0%)

1 の立場, は彼ら自身

▼ 入る代物~ (2, 0.0%)

1 じゃない, じゃねえ

▼ 入る以前~ (2, 0.0%)

1 のこと, の岡本兵部

▼ 入る何もの~ (2, 0.0%)

1 かがあった, かに打たれた

▼ 入る~ (2, 0.0%)

1 は薄々, も何

▼ 入る作戦~ (2, 0.0%)

1 をとるであろう, を敢行

▼ 入る傑作~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 入る光景~ (2, 0.0%)

1 だろう, の何ぞ全く

▼ 入る八五郎~ (2, 0.0%)

1 を平次, を顧みます

▼ 入る~ (2, 0.0%)

1 に踏み荒され, の影

▼ 入る凡て~ (2, 0.0%)

1 の人, の場合

▼ 入る刹那~ (2, 0.0%)

1 にはどう, を意識

▼ 入る前年~ (2, 0.0%)

1 で十六歳, に私

▼ 入る前彼~ (2, 0.0%)

1 はいそがしく, は工場

▼ 入る~ (2, 0.0%)

1 はありません, を持たない

▼ 入る勘定~ (2, 0.0%)

1 となっ, なん

▼ 入る午後~ (2, 0.0%)

2 の陽

▼ 入る半年~ (2, 0.0%)

1 ぐらい前, ばかり前

▼ 入る南側~ (2, 0.0%)

1 で東, に絵本屋

▼ 入る原因~ (2, 0.0%)

1 というもの, となった

▼ 入る可ら~ (2, 0.0%)

1 ず, ずという

▼ 入る呼吸~ (2, 0.0%)

1 の, を調え

▼ 入る~ (2, 0.0%)

1 が多い, ではない

▼ 入る品物~ (2, 0.0%)

1 ではございません, にふと

▼ 入る大き~ (2, 0.0%)

2 蝦蟇あり

▼ 入る大敵~ (2, 0.0%)

2 を引受け

▼ 入る~ (2, 0.0%)

1 と夫, の後ろかげ

▼ 入る子供~ (2, 0.0%)

1 の母親, の話

▼ 入る季節~ (2, 0.0%)

1 でもあり, となりました

▼ 入る学校~ (2, 0.0%)

1 がきまった, はまだ

▼ 入る小川~ (2, 0.0%)

1 である, も水

▼ 入る~ (2, 0.0%)

1 の頂, へ現れた

▼ 入る~ (2, 0.0%)

1 です, を閉伊川

▼ 入る平次~ (2, 0.0%)

2 の前

▼ 入る平次それ~ (2, 0.0%)

2 をさし招く

▼ 入る~ (2, 0.0%)

1 の真実, は何

▼ 入る性質~ (2, 0.0%)

1 のもの, の川瀬

▼ 入る感じ~ (2, 0.0%)

1 だつた, であった

▼ 入る或は~ (2, 0.0%)

2 そりをば

▼ 入る支度~ (2, 0.0%)

1 であんなに, をし

▼ 入る~ (2, 0.0%)

1 か空腹甚, に恩

▼ 入る旅客~ (2, 0.0%)

1 なかるべからざる, の通り道

▼ 入る日影~ (2, 0.0%)

1 とか遠方, は斜

▼ 入る~ (2, 0.0%)

1 の日かげ, の陽

▼ 入る~ (2, 0.0%)

1 の部意外, 大満員

▼ 入る時平次~ (2, 0.0%)

2 は眼

▼ 入る時期~ (2, 0.0%)

1 だつたけれども, は知らずし

▼ 入る時熊~ (2, 0.0%)

2 よけに汽船

▼ 入る時頭~ (2, 0.0%)

1 が床, を水

▼ 入る書斎~ (2, 0.0%)

1 で心静か, の戸

▼ 入る最後~ (2, 0.0%)

1 の日, の隱家

▼ 入る月光~ (2, 0.0%)

1 とでところどころ, はわけても

▼ 入る服装~ (2, 0.0%)

2 は極端

▼ 入る望み~ (2, 0.0%)

1 がない, はない

▼ 入る~ (2, 0.0%)

1 でないのにと, ではなかっ

▼ 入る柳腰下駄~ (2, 0.0%)

2 が脱げ

▼ 入る樣子~ (2, 0.0%)

1 で珊五郎, はありません

▼ 入る機会~ (2, 0.0%)

1 があったなら, が多く

▼ 入る段階~ (2, 0.0%)

1 まで無事, をはるか

▼ 入る水かげ~ (2, 0.0%)

2 に慵げなり

▼ 入る~ (2, 0.0%)

1 が出, を籠手

▼ 入る~ (2, 0.0%)

1 に架っ, の瀬

▼ 入る泥棒~ (2, 0.0%)

2 もあるまい

▼ 入る~ (2, 0.0%)

2 大喜び

▼ 入る無数~ (2, 0.0%)

1 の小川, の鶯

▼ 入る~ (2, 0.0%)

1 にも逢ひつ大原, を追う

▼ 入る~ (2, 0.0%)

1 が来る, の仲間

▼ 入る~ (2, 0.0%)

1 があった, だから

▼ 入る白い~ (2, 0.0%)

1 光が, 雲

▼ 入る直前~ (2, 0.0%)

1 に直角, まで

▼ 入る瞬間~ (2, 0.0%)

1 にはっと, にはつと

▼ 入る~ (2, 0.0%)

1 も聞きませ, を除き

▼ 入る神秘~ (2, 0.0%)

2 な心

▼ 入る秋風~ (2, 0.0%)

2 の動き

▼ 入る端緒~ (2, 0.0%)

1 になる, に入った

▼ 入る竹林~ (2, 0.0%)

2 の青

▼ 入る糸口~ (2, 0.0%)

2 がつかめる

▼ 入る約束~ (2, 0.0%)

1 でお, をさせられた

▼ 入る~ (2, 0.0%)

1 いろに, は皆

▼ 入る習慣~ (2, 0.0%)

1 だつたが, は立派

▼ 入る~ (2, 0.0%)

1 はざりし, はざる

▼ 入る興味~ (2, 0.0%)

1 は私, も失はれ

▼ 入る花嫁~ (2, 0.0%)

1 の列, や素朴そう

▼ 入る若い~ (2, 0.0%)

1 人は, 謀反人の

▼ 入る街道~ (2, 0.0%)

1 へ差し, をも封鎖

▼ 入る見込~ (2, 0.0%)

1 はない, もあるまい

▼ 入る見込み~ (2, 0.0%)

1 がつき, の外出

▼ 入る~ (2, 0.0%)

1 りで最高点, りで水

▼ 入る語學~ (2, 0.0%)

1 では, で耳

▼ 入る迄の~ (2, 0.0%)

1 仕事として, 休息を

▼ 入る迄は~ (2, 0.0%)

1 一人で, 誰とも

▼ 入る迄も~ (2, 0.0%)

1 なく例, 安藤の

▼ 入る途中~ (2, 0.0%)

1 の, 大きな光

▼ 入る通路~ (2, 0.0%)

1 がやっぱり, として重要

▼ 入る部分~ (2, 0.0%)

1 のまま, を保護

▼ 入る~ (2, 0.0%)

1 は莫大, も多く

▼ 入る~ (2, 0.0%)

1 か, の光

▼ 入る~ (2, 0.0%)

2 の粉

▼ 入る~ (2, 0.0%)

2 ばしら

▼ 入る青白い~ (2, 0.0%)

2 月何やら

▼ 入る頃徳之助~ (2, 0.0%)

2 は漸く

▼ 入る風景~ (2, 0.0%)

1 が蒙, だったもの

▼ 入る~ (2, 0.0%)

1 の葛籠笠, はこんな

▼1* [917件]

入るあたりで三上山, 入るあたり草枯れて, 入るあの見世物の, 入るあまのつり舟, 入るいやア熱い, 入るうつくしさ鳥鳴く, 入るうつわをもっ, 入るうまいでせう, 入るうらやましき地位に, 入るうわさは土地, 入るおぞや我酒, 入るお方はま, 入るお湯が俺, 入るお菓子の花, 入るかぎり無数の町家, 入るかぎり船もなく, 入るかってひどい目, 入るかといふこと以外に, 入るかとかゆえに戸締り, 入るかとばかりそそり立って, 入るかどないか, 入るからが気持ちの, 入るからと思って, 入るからな食物の, 入るからには人馬も, 入るからね空気は, 入るからは決して迷惑, 入るがいなや, 入るがね自分から, 入るきたなくてつまらず, 入るきっかけとなった, 入るきのふ初午にて風呂, 入るくらゐポカリ, 入るぐらいな豆厨子だの, 入るけたたましい人の, 入るけにアンタは, 入るここぞと正, 入るここちがする, 入ることそれ以外に芸術, 入ることばについて, 入ること一通では, 入ること三里半銀峯山の中腹, 入ること九尺の処, 入ること二三歩にし, 入ること八件もの多きに, 入ること十三里遠野の町, 入ること十四五町にし, 入ること危険なり, 入ること四五町ばかりとある, 入ること四十六フィートの深き, 入ること四時間許りで赤湯山, 入ること換言すれば, 入ること數十町鹽釜祠下漁戸數十浮世を山, 入ること汝のわが, 入ること珍らしからず, 入ること神曲よりも深く, 入ること能はずしてこ, 入ること請け合いだ, 入るころ水天一髪の彼方はるか, 入るさあねられない, 入るさびしさいかで, 入るしばらく混乱したる, 入るしぶきに身顫い, 入るしめやかな音, 入るじきがない, 入るすきまも, 入るすき間もない, 入るすこし手前で, 入るすべを露, 入るすると先ずやっぱり一月, 入るすゞめ珍らしみ家に米, 入るせまくなり寝転べなくなるの, 入るそういうもので, 入るそこで年中貧乏生活を, 入るそして寝るどうしても, 入るそれから妻や, 入るぞという威嚇を, 入るただし虎は, 入るただ一つの音, 入るただ死に当たって現実, 入るたちの人, 入るたび幕府の室町界隈, 入るため重要な要素, 入るだけがもう気分, 入るだけになつた, 入るちょっとした料理を, 入るっていうのは, 入るでなければやた一, 入るとあるッていう, 入るといふもの即ちこれ, 入るとからだが, 入るときあさひは非情, 入るとき一様に眼, 入るとき何事も彼, 入るとき何処よりか微か, 入るとき公子は我, 入るとき六右衛門さんがそれ, 入るとき化粧室で脱ぎすてる, 入るとき安眠は恵まれる, 入るとき常識では処理, 入るとき弟惟長が同行, 入るとき彼にもひとり, 入るとき後日のため, 入るとき必要以上に脚, 入るとき新月なお西天, 入るとき朝野は, 入るとき父につれられ, 入るとき片手で提げる, 入るとき皮一重はアルコール, 入るとき盃盤を狼藉, 入るとき私は不思議, 入るとき自分は新城, 入るとき薬用石鹸を使っ, 入るとき足を拭く, 入るとき近くに大, 入るとき風呂桶のフチ, 入るとき駕籠の中, 入るとき鶴見の高峰, 入るとこなどいや, 入るところ敵軍四方を取り, 入るところ衆は恐れ, 入るとしてのことです, 入るとしては二松学舎や, 入るとそが儘我家, 入るとたんにおち, 入るとやぞろぞろと, 入るどころか画家が, 入るりこ, 入るなからしめん, 入るなぞはまだ, 入るなどとは思いも, 入るなり声をかけた, 入るなわのいたさ, 入るなんとやらあと, 入るにさえもせきば, 入るにぞありける, 入るにて候ふなり, 入るにゃ是非お前さん宅, 入るによりいよ, 入るに当たって予が, 入るに当たってはぜひとも葉子, 入るに際して執事は, 入る尾を, 入るのさへ不, 入るのみかは常に爪弾, 入るの一小渠, 入るの一水あり, 入るの一渠を得, 入るの十四字儒侠文左衛門の面目, 入るの危険を慮っ, 入るの困難は迷宮, 入るの妙なるには, 入るの嫌んたよ, 入るの幾度見たか, 入るの必要があらう, 入るの感もあつ, 入るの義らしくトウシ, 入るはいよ, 入るはてはさ, 入るはればれとした, 入るひとは友達, 入るひとりでに扉が, 入るひばりの声, 入るひろ子の背, 入るふと彼方を, 入るけんや, 入るほうを食べ, 入るほどに手首を, 入るほどのでつかいゑくぼを, 入るほどはあざみの, 入るほんのひとときま, 入るってり, 入るまでがつ, 入るまでもただの, 入るまでを見ん夜, 入るままに物音聞ゆ, 入るえ誰, 入るもう高射砲の, 入るものごとが伸子, 入るものすべては古色蒼然, 入るものみなろうそくを献じ, 入るものみんな何もかも子, 入るもの一切の望み, 入るもの丈しかない, 入るもの左のごとし, 入るもの斬髪師に命じ, 入るもの有毒物を含有, 入るやう氣に入る, 入るやつあれであった, 入るゆゑ湯具といふ, 入るよう体すっかりちゃんとしたら, 入るよう手筈十分に致し置きました, 入るよう衝と立った, 入るよき家並にて, 入るよろしく朝廷向の, 入るらむ戯けたる街衢, 入るらん想しつつ, 入るわたくしの例外, 入るわりに良い結果, 入るをすら禁じ眼, 入るをば防ぎたり, 入るをも許さぬなり, 入るをもって宗教の, 入るアカイアの友, 入るアカイア勢は支, 入るエゾの金梅草, 入るオゾンに身うち, 入るオーケストラボックスを舞台, 入るガラの悪い, 入るガラッ八の, 入るガラツ八の顏, 入るグラフまで戦争, 入るゴゼンタチバナの白い, 入るスタンドを消す, 入るダラダラ坂で, 入るドイツ貴族の城, 入るニュースと一本, 入るピアノの吐息, 入る一人は是なん目科其人, 入る一切のもの, 入る一匙の氷, 入る一叢の藪, 入る一夕にし, 入る一寸前小さい声, 入る一方彼が内, 入る一樹も無い, 入る一歩前というもの, 入る一足手前の神奈川, 入る一路は児玉郡, 入る一軒の家, 入る一隊の警官, 入る丁度試験休みで, 入る七十二歳三河國額田郡西太平を居所, 入る万有を恍惚, 入る万法帰源院の門, 入るけの書物, 入る三害を力説, 入る三畳の障子, 入る三益又遅刻, 入る三遊派の落語家, 入るは三井寺, 入る了簡を, 入る不安とを感ずる, 入る丘山はみな禿頭, 入る岸の, 入る両側に人家, 入る中月日の關守, 入る乗客はここ, 入る乱酔の徒, 入る事一歩にし, 入る事三度して, 入る事五十余町あつて, 入る事件を取扱つた脚本, 入る事前に, 入る事十日余り延宝二年十一月晦日の暁, 入る事大膽不敵なり但し, 入る事情が生じた, 入る事柄には如何わしい, 入る事物は幾重にも, 入る事能はざる, 入る二日三日の程, 入る二階の調室, 入る人外境の蠱惑, 入る人夫の来る, 入る人家も激しく, 入る人花をめぐる, 入る人達だけはせめて, 入る今宵の心, 入る今日幕下に帰参, 入る仕切りのところ, 入る用品を, 入る代りに海, 入る任務を帯びる, 入る会話を交し, 入る位ポカリと大きく, 入る低い軒近頃, 入る低地なりとは考証家, 入る低空を子ら, 入るも面白く, 入るとし, 入る何物か, 入る余裕もでき, 入る作用と名, 入るが出, 入る侍女や使用人, 入る便所へ入る, 入る信仰があつ, 入る修行もある, 入る倉庫などから掻, 入る偃松の緑, 入る停車場に, 入る傲慢な敵, 入る傾向のある, 入る傾斜を急, 入る僅か四年前に, 入るの女房, 入る元気はない, 入る元素がない, 入る兆しが見え, 入る先生の背中, 入る光線以外にはたった, 入る入場料五銭相当のもの, 入る全線に花見客, 入る兵力ですから, 入る其幽玄の趣, 入る其樣かくやヘクトール, 入る其水や清冷, 入るには窓, 入るの牡丹花, 入る冷えを怖, 入る冷たい秋雨の, 入る凄い商売へ, 入る分別をする, 入る切戸口の前, 入る切込みをつけ, 入る刊本と松平静氏, 入る初めでなく陰暦, 入る初夏近い日光, 入る初志を遂げる, 入る利益も大きかっ, 入る刹那自家の飼牛, 入る刻限なので, 入る前ふたりへ念, 入る前五郎にはしばしば, 入る前千住で小屋, 入る前夜ぼくは日本, 入る前夜園遊会が盛大, 入る前寝室のドア, 入る前床下に猿, 入る前廊下で石黒, 入る前扉の鍵, 入る前提だから, 入る前日の書, 入る前月である, 入る前置きなの, 入る前触れで空気, 入る前道路は崖, 入る前雨戸をあけ, 入る前顔をかくす, 入る剣幕をお, 入る割りには交際, 入る劇団はと, 入る劣敗感なぞ, 入る労働者と露店, 入る動揺のため, 入る北側の迎方東組与力朝岡助, 入る北国街道の路上, 入る十一月の光線, 入る十分な勇氣, 入る千秋の遺恨, 入る午過ぎの二時, 入る危険がある, 入る暑い, 入る反身になっ, 入る収入が先, 入る口実とする, 入る口説も洒落, 入る古い道筋に, 入る古川も知っ, 入る可能性があつ, 入る吉報にのみ酔っ, 入る同じくアカイア衆兵も, 入るをぞとどむる, 入る吐息する時, 入るとわれ監獄, 入る周囲のすべて, 入る味陶然とした, 入る呼吸そのもののやう, 入る唐檜や栂, 入る問題だった, 入る営みらしく牡丹, 入るとは全然, 入るの講釈, 入る四五日前から身体, 入る四十円の一割, 入る囲ひも何もない, 入る国々島々のもの, 入る国家の興廃旦夕, 入る即ち韓, 入る土地くらいで, 入る地主の後, 入る地球中心の説, 入るちゃま, 入る坊樣があつ, 入る坑夫は額, 入る坪縁もなく, 入るがある, 入る埠頭の景色, 入る執拗さに至つて, 入るになっ, 入る堅き瓦と, 入るが, 入る堤町の三宅典膳, 入る堰の上へ出, 入るによって下, 入る境地へみちびく, 入るが私たち, 入る変化が非常, 入る夏父母が相つい, 入るとなり, 入る夕あかりでは, 入る夕木々の実, 入る夕顔の苗, 入る夕風のため, 入る外曲輪の口, 入る外部の音響, 入る多くの門, 入る多情なる彼, 入る多那川は上流, 入るの印象, 入る夜半にふと, 入る夜色はもう何ら, 入る夜風たが, 入る大いなる天上界の, 入る大きなバケツでなく, 入る大入満員である, 入る大帝小兒を殺す, 入る大河がカガヤン河, 入る大海に似, 入る大膳正の爛れた, 入る天井の低い, 入る天風が余りに, 入る太陽の光, 入る奥ゆきに出来, 入る女中が多く, 入る女子悲しげ, 入る材料と, 入る好機となっ, 入る如く書を著し, 入るあり, 入る妻子僮僕のうらやめる, 入る始めであつ, 入るを博物館, 入る嬉しさは, 入る子供たちはどんな, 入る孤獨を男らしく, 入る学生は一人, 入るは彼, 入るを尻目, 入る宮樣御降誕あれば, 入る寒冷に長く, 入る察し入る, 入る寸前においてである, 入る寺社と町方, 入る遅敬徳これ, 入る小さい渓流の, 入る小倉山が三つ, 入る小判金は一枚四匁, 入る小屋なら大丈夫, 入る小禽の影, 入る小路の角, 入る尤も嘉川家の, 入る山々の姿, 入る山のはもなきむさし, 入る山の端もつらかりきたえぬ, 入る山みちの絆, 入る山奥の製材所, 入る山河を見まわす, 入る山谷の残雪, 入る山野がそこ, 入る山颪はさっと, 入るれ道, 入るの上, 入るのかなた, 入る峡中の地, 入る島国の土地, 入る川風の揺れる, 入る工面もつかなかつた, 入る左口とある広場, 入る左右の廊下, 入る左団次の永遠, 入るの一組, 入る布子きて, 入る帝出奔して, 入る幕閣みな震う会議夜, 入る平和に, 入るになる, 入る年頃になる, 入る年額数十万円という金, 入る年齢だし, 入る幸福な虫, 入る幼兒の寢部屋, 入る幾十個の隧道, 入る広い一筋道, 入るはホテル, 入る度びに庭, 入る度数もきまっ, 入る度毎にまるで, 入る度胸が据, 入る庭樹を左側, 入るをする, 入る強い一つの, 入る当てでもある, 入る往来皆な之, 入る後ろより未だ, 入る後姿を見, 入る微風にときおり, 入る徳利を二本, 入るなれ, 入る心地のする, 入る心持それこそ真に, 入る心算で木曾路, 入る忌火の飯, 入る念願は叶, 入る思いで部屋, 入る思想の光, 入る性分である, 入る恍惚炊ぐ煙りの, 入る悲涼愴凄の威, 入る情趣をもつ, 入るみが, 入る想いがある, 入る意外な人物, 入る意志など毛頭なく, 入る意識の手前, 入るな夏, 入る感あらしむ, 入る感情に頭, 入る慣わしはありません, 入る慾望を惹起, 入る憂鬱性まずそれ, 入る憧憬ひとは青い, 入る戦慄の悪徳物語, 入る戦法とか, 入る所ぢやござりません, 入る所灯台高くそびえ, 入るに封印, 入る手紙が書ける, 入る手続きだけは出来ました, 入る承諾をうる, 入る愛山脈, 入るなくし, 入る拍子が面白い, 入る支流はほとんど, 入るはよほど, 入るを読む, 入る文句にいらいら, 入る斜面には白雪, 入る新しい感激の, 入る方策をとります, 入る方角趨勢がほぼ, 入る旅券を持ち, 入る日あたりに眼鏡, 入る日我や下船, 入る日暮れ前の光, 入るを知らせ, 入る早々眼に, 入る早春の微風, 入るに金色, 入る明るい光線に, 入る明日わりにゆっくりの, 入る明智の者, 入る明月の清光, 入る映画女優のこと, 入る故にいかなる, 入る時かなたの襖, 入る時そこに一点, 入る時わたし見なかつたもん, 入る時一生懸命で注意, 入る時余は一日, 入る時分そこにやって来た, 入る時刻も迫つて, 入る時地上のいくつ, 入る時大分工合を悪, 入る時夫人は房奴, 入る時山鳩の群, 入る時帳場で声, 入る時彼に入用, 入る時心がまえが出来, 入る時憂鬱な私, 入る時我々は家, 入る時書一册づつを持ち, 入る時梅子は何故, 入る時椰子殻に細孔, 入る時牛の頸, 入る時独特な音楽, 入る時知識ある私たち, 入る時福次郎は, 入る時私も續, 入る時競争加入者表を見あげる, 入る時節がない, 入る時自分はどうか, 入る時表慶館の傍, 入る時門前へ車, 入る時高潮に達する, 入るはきっと, 入る景氣で, 入るも無く, 入るさの, 入る暗い風が, 入るの空, 入る曲浦の汀, 入る曲者は余, 入る月影にお, 入るあゝ朝, 入る朝日の光, 入る朝風の響, 入る朧気川がかう, 入る未亡人からは流し, 入る縄の, 入る本営からの命令, 入る本道に古い, 入る松風よりほか, 入るを出れ, 入る枯木かな, 入る枯野かな, 入る柱代りの金剛杖, 入る柴舟の行衛, 入る曲り竹, 入る森蔭の清しき宿, 入る森陰の清しき宿, 入るをこしらえさし, 入る極楽橋が掛, 入る横丁には大抵, 入る横川筋ででつかい, 入る横町の感じ, 入る横腹を蹴つけた, 入る横通りが一つ, 入る横顔の噛み付き, 入ると見, 入るになっ, 入る歌枕だから, 入る正式なやり方, 入るうなると, 入る此処も十五銭, 入る此時暴に大, 入る残りの光, 入るになる, 入る段取りとなる, 入る投げを, 入る気まぐれな風, 入る気分があつ, 入る気力もない, 入る気息をじっと, 入る気構えで親し, 入る気遣いはない, 入る気配を聞いた, 入るになりました, 入る水音のみ高い, 入る沙河を挟ん, 入る沮喪振りに彼, 入る河下は一面, 入る河筋について研究, 入る河聲や, 入る河面は闇, 入る沿岸は渺, 入る泣き声は激情, 入る注進やらにわかに, 入る派手なる模様, 入るに水車, 入る海外からの旅客, 入るも尽き果て, 入る涼風に目, 入る淋しい淋しいあきらめの, 入る深山にありき, 入る淺間の山, 入る渋湯はたのしみです, 入るあり奥行, 入る湊江よ, 入る湯殿である, 入る滑川の冷めたい, 入ると出, 入るの丘, 入る為大阪へ帰っ, 入る為帰省しぼく, 入る無限手に触るる, 入るうすると, 入るのえぐ, 入る熱きかまいや, 入る熱湯は極めて, 入る燈火の影, 入るに持て, 入る爲めではなかつた, 入るはじから, 入る片端から出, 入る物一つとして此, 入る物歌の詠草, 入る特異の字形, 入るの声, 入る独特な都々逸, 入る独逸貴族の城, 入る狭き厨房今正に, 入る猾るい商人に儲けさせない, 入るの壁, 入る珊瑚珠は大変, 入るらしくも, 入る珍味をもっ, 入る理由にもなる, 入るとしてです, 入る甚だ愉快, 入る生活改善の第, 入る用事があった, 入る用向きがある, 入る用意をしなけれ, 入る田宮貞楽の喜劇, 入るです, 入る甲州の山, 入るといふ大層六, 入る町玉屋伊兵衛持家へ著く, 入る画工が描いた, 入るにさえ親, 入る畝道のところ, 入る病が私の心, 入る痛痒い錐揉みの, 入る発電機の響, 入る登山家山を見ず, 入る白山の山, 入る白檜の森, 入る百二三十円の月収, 入る百姓等は相, 入る皮膚のよろこび, 入る盗賊がある, 入る監房の中, 入るが覚める, 入る目標にばかり気, 入る直に駅夫が, 入る夜半でも, 入る眠気がさし, 入る眺望があります, 入るざしを, 入る石田佐吉じゃ, 入る研究を要する, 入る神曲示現の時, 入る秘密の間道, 入る秘書等々がその, 入る秘訣を有し, 入る程ゆゑ痛みはいよ, 入る程よくこみ合い根, 入る程シッカリと両手, 入る程力を籠め, 入る程度の品, 入る程殊勝な男, 入る程猫を煩わす, 入る稽古をし, 入るだ相, 入ると樹, 入るの詩, 入る窓際にポプラ, 入る立派なお花畑, 入る端金はいよいよわずか, 入る竹村にした, 入るの穂先, 入る筈前歯もしっかり, 入る箇所は全く, 入る節穴もない, 入る範囲まで来, 入る粘りを持った, 入る糠袋がそれでも, 入る紙袋だかを, 入る細い堀の, 入る細道が一軒, 入る紳士を其の, 入る経路を取っ, 入る結局冷房のある, 入る結果は忽ち, 入るの天鵞絨, 入る緑金の光輝, 入るの想い, 入る美しいお嬢さんの, 入る美しきを持っ, 入るにてすなわち, 入る老爺ほどある, 入る者一同からおさんどん, 入る者九人甲冑の士二人, 入る者全部へ手渡した, 入る者右舷に行き, 入る者奚ぞ目眩, 入る者彼等は各, 入る者歌に伴, 入る者皆な此処, 入るして, 入る聴法のため, 入る職人とか申す, 入る肥筑の山野, 入るの竦みますます, 入るに夫人, 入る能力も増せ, 入る能力思想のなかつた, 入る自動車は瀬, 入る自然の道路, 入る臭い便所にも, 入る至楽を守つて, 入るという花, 入る花道の様, 入る苦しさに, 入る英国インド産綿布は香港, 入るの室, 入る草人さんの仕草, 入る菊池氏紹介の宮口保険女史, 入る葉子を大事そう, 入る明りの, 入る薄暗い空氣の, 入る藻西太郎は泣止, 入る處千人澤と稱, 入るはある, 入るは力士, 入る蛇萬人に嫌, 入るしおに, 入るは不景気知らず, 入る衆生これを菩薩, 入る行事である, 入る街路樹の鈴, 入るになるだらう, 入るにあはれ, 入るの谷合, 入る要素がある, 入る見通しの広い, 入る視線で見つめ, 入る覚悟がきまる, 入る親切も辛辣ささえ, 入るの, 入る角形の街燈, 入る言葉や動作, 入るを教えた, 入る討手のもの, 入るである, 入る許可を濫用, 入る聞きも, 入る試験の下拵え, 入る試験準備の間, 入る語感で万葉, 入る誠実と淋しき, 入るでもが踏むべき, 入る調書には書かれ, 入る新聞印税を, 入るではない, 入るである, 入るのよう, 入る豫定に候, 入る負債償却の約束, 入る貨幣はこれ, 入る資格がなかつた, 入る資格必要からいっ, 入る賈彪安に在りや, 入る赤穂街道を一, 入る満員社長より, 入るではない, 入る足袋屋の角, 入る路用もなく, 入るかな, 入るは音, 入る辛らさを消し慰め, 入る辰口という小さな, 入る迄に無數雜多, 入る近代の作, 入る近海さばは一種嫌悪, 入る追憶それの魅惑的, 入る途すがら話して, 入る途中船を寄せ, 入る通路右側の桔梗色, 入る速力を出せる, 入る連中の使, 入る運動をしよう, 入る道場だ, 入る道理はなく, 入ると林, 入る野心を示し, 入る野辺山風景は気, 入る金ぢやない, 入る針金のやぶれ, 入る鈍い光線に, 入る刄は, 入る鋭き山を, 入るはこの, 入る門口として互, 入る門官検問するに従って, 入る門扉をあけ, 入る間道がある, 入る関門と謂う, 入るき炭がま, 入る限り橄欖樹の大, 入る限り荒涼とも落莫, 入る限り雲と山, 入る陸橋をとおし, 入る陽光を厭, 入る階梯とはならない, 入る隙間風に我慢, 入る際名附けたもの, 入る際沿道の民家, 入る雨もれをお, 入る雨風と一緒, 入る電光の紫線, 入る電子は陰電氣, 入る電燈の明り先, 入る電話をとつて何版, 入る霊魂の住家, 入るがますます, 入る露路のとっつき, 入る青い草が, 入る青年自體, 入る靜夜には, 入るを負われ, 入る鞍馬の竹童, 入るにも劣るまい, 入る頃二人は丁度, 入る頃石を取りのけ, 入るの前, 入る顔形のそれぞれ, 入る風の音とその, 入る飛騨街道や小, 入る食料では到底, 入る食物無し石の上, 入る餘地がある, 入る餘裕はなく, 入るはこれから, 入る馬鈴薯の鮮醤, 入る馴染みの店, 入る高き天より, 入るも結う, 入る鬪志はげしく物凄く, 入るを偲ばせた, 入るとなる, 入るを目送, 入る鳥影の軒端, 入る黄金の針, 入る黄金丸金眸が咽喉, 入るへ飛込む