青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「入り~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

児~ 兒~ 党~ 兜~ 入~ ~入っ 入っ~ ~入った 入った~ ~入り
入り~
~入る 入る~ ~入れ 入れ~ ~入れた 入れた~ ~入れる 入れる~ ~入口 入口~

「入り~」 7372, 71ppm, 1604位

▼ 入り~ (883, 12.0%)

4 刀を, 珈琲を 3 ものが, 助六, 印半天色白の, 多い家, 指環を, 提灯を, 日に, 日を, 時に, 財布を

2 [49件] い, ない日, ような, ゴールデン, バッグを, ブリキの, ミルクを, 一行に, 事件が, 儀を, 制帽を, 刺青を, 合図が, 壺を, 多いお, 夜など, 奉公人が, 小さく結んだ, 帽子を, 弓張提灯を, 後は, 徳利を, 指環の, 指輪を, 提燈を, 支度を, 時刻が, 時計が, 条に, 段取, 池の, 物と, 着物の, 石鹸と, 竅に, 笛を, 箱を, 蟇口を, 行列などを, 角樽を, 話が, 貧乏徳利で, 金の, 金袋を, 鑵を, 雑炊を, 鞘を, 飴を, 鳥の

1 [747件 抜粋] あっさりした, あの時, ある一階正面, いい澤井, いわば失業時代, うちに, うまいお菓子, おしたくに, おみちびき, お写真, お手引, お旗下饗庭亮三郎, お菓子が, お菓子だ, くもり硝子, けい古歌も, こまかな, さかずきは, しるしまでに, すき焼等毎日食べる, ための, ため便乗する, とき親しく, とちゅうで, どろりと, ない処, ねるや, のち大正年代に, はめきりガラスで, ふくべ, ぶどう酒が, ぶどう酒すらも, べっぴんかい, まんじゅうミルクを, ものです, ものに, やうに, ようでした, よき場処, よき場處, わさびの, アラゴナイトの, ウォツカを, オムレツを, カキ餅よりも, カステラが, カレー粉などが, カンテンや, ガラスびんを, ガラス壺である, ガラス箱を, キャベツ汁と, キラキラ光る, ギヤマンの, クレエムなどは, ケーキを, コンパクト皆すみました, コーヒーが, サックも, スイトンを, スパゲテは, スリイ・キャッスルを, スープは, ズックを, ソフト帽が, ソーセージは, チョコレートが, チョコレートは, トタンの, ドーチェの, ハマザクラを, ハンカチの, ハンケチを, バケツに, バラバラの, パイ等が, パンを, パン安里は, ピストルを, ピローグが, ピローグなどと, ピローグに, ピンを, ブロマイドを, ブローチが, ブローチを, プディングを, ベンチに, ホットケーキといふ, ポートワイン, メダルで, ランチョン, ランヴァンの, リボンを, リュックサックは, 一つとして, 一刀を, 一品を, 一日を, 一行とは, 一高帽で, 丁字帯を, 丁稚, 万才て, 上等の, 下女の, 世話場であった, 両蓋の, 丹頂鶴盃の, 乾パンだ, 乾菓子折り詰めの, 事については, 事を, 事件については, 事情や, 二三の, 二巻の, 五十号位の, 五千兩の, 人形箱奪われた, 人造革を, 佐野松を, 作戦部署の, 供へ, 価格表記の, 個人である, 個人と, 偽首に, 傘さした, 催眠薬を, 儀式である, 先陣を, 先駆を, 八橋を, 八重を, 兵庫樽一本三十銭は, 具体的な, 写真などが, 写真機を, 凄いやつ, 凄味まで, 刀に, 分を, 切子ガラスは, 切符二枚つい, 初ッぱな, 刻煙草であった, 前は, 前型, 前日に, 前書中, 功を, 動物標本などで, 十二月号の, 十五日でした, 十八日の, 千両箱と, 半纏豆しぼりの, 印物を, 印絆纒を, 厳刑をさえ, 友人を, 口笛を, 古鉄瓶, 句の, 史劇, 号外を, 合方で, 名刺を, 品は, 噂が, 四角な, 團子が, 土器を, 地口行燈が, 地図と, 型模様の, 場合でも, 壜を, 壺ほどの, 外套の, 外詮方ない, 多いところ, 多い宮殿, 多い病院, 多い秦野屋, 大きな木, 大きな球, 大きな角樽, 大世話場, 大事を, 大包み, 大戦が, 大提灯, 大桶, 大梱, 大理石の, 大瓢箪, 大車輪いわば, 天蓋の, 女中お, 娘と, 嫁を, 嬪妾や, 実状を, 客が, 宣伝に, 宴會を, 封印まで, 封筒を, 小さな湯ぶね, 小さな窓, 小僧たちや, 小僧らが, 小刀だの, 小嚢, 小溝, 小窓, 小袋を, 小袋ボロボロの, 小諸追分が, 少ない家, 少年が, 屋敷駕籠な, 山鹿流とは, 川が, 布地, 帯みどり縞の, 幸先よい, 広告で, 弁当も, 弁当を, 形と, 影で, 征軍は, 径路では, 御写真, 御家人の, 御本懐, 御道中, 徳利とを, 徳利は, 忠言なんかは, 快眠に, 恰好に, 患者だ, 悪いの, 慰安や, 扇沢を, 扉で, 手代の, 手文庫で, 手法を, 手紙を, 技術は, 押絵を, 指環が, 指環燦然として, 指輪が, 指輪だった, 指輪だつた, 挨拶に, 挨拶を, 提灯であった, 提灯隊が, 支那料理を, 数を, 文章を, 新しいの, 方が, 旅の, 旅券を, 旗が, 旗本鈴川源十郎の, 旗本鈴川源十郎方の, 日にでも, 日も, 日本アルプス登山記を, 日道ばたで, 時にも, 時一人の, 晩花嫁を, 曇りガラス, 書を, 書棚梨地定紋ちらし, 書簡紙で, 月が, 月の, 月や, 月給が, 望みで, 木箱だった, 本を, 本街道, 朱塗りの, 杯の, 柱が, 栄三郎の, 様な, 檜扇模様の, 櫛で, 歐洲戰爭記である, 殊勲者かつは, 水ピストルを, 水筒を, 汁それに, 池が, 池は, 油あげ, 法律条項らしい, 洋書が, 浴衣を, 海風の, 液体空気液体水素とか, 淋しさ, 渡しなぞ, 渡し最も, 湯にでも, 源平合戰組わけの, 濁麦酒, 火酒が, 無いの, 無役, 煎り卵, 煙草の, 燭台を, 牛乳を, 物で, 物は, 特製牛乳の, 状袋や, 玄竹が, 玄竹を, 珈琲が, 珈琲では, 珈琲と, 珈琲は, 珍義太夫新, 琵琶という, 瓶が, 瓶を, 甕の, 用箋や, 由, 男が, 男学生の, 番茶を, 異形な, 白粉が, 白金の, 白麻の, 皮の, 盆を, 盛儀が, 目ざましいお, 目標だけには, 看板が, 眼覚し, 着物を, 知らせを, 石油ドラム罐二本を, 石油缶とも, 石版絵を, 砂糖を, 社会面記事や, 私の, 空き箱に, 空き缶が, 空徳利に, 窓の, 童話で, 竹の, 筆者である, 筆頭で, 筒袖襦袢二枚それを, 箱が, 箱も, 箱物でありました, 籠であるらしい, 米なら, 粉薬は, 粋な, 精巧な, 糠を, 紀さへ, 紀行文の, 紅茶を, 純銀製の, 紙入れと, 素晴しい, 細かい塩煎餅, 組は, 絢爛たる, 絵図でございます, 総帥を, 緑毛亀盃を, 繻子でした, 缶を, 美しい本, 美しさ, 考古学的な, 聖書が, 肌襦袢刺子の, 股引きを, 肩蒲団を, 肩衝を, 胸留が, 脅迫状が, 腕時計を, 腕章が, 自動車が, 自動車に, 色子を, 芝居話を, 茶を, 草根木皮を, 菓子を, 菓子三十が, 華奢な, 葡萄酒もっ, 葡萄酒を, 薄いクワルト判, 薄い晩, 薄い氷板, 薄茶の, 薬が, 薬を, 蘆間の, 蜜柑の, 蝙蝠傘の, 蟇口が, 蟇口など, 行列や, 袋が, 袋を, 袋二個とが, 装身具が, 裳を, 襷呼子笛捕縄を, 観客を, 解説書を, 記事で, 記事を, 許可証を, 話なども, 話の, 話も, 説得が, 請取書を, 譚に, 譚の, 譚を, 護謨人形で, 豊沢広昇連中素人浄瑠璃大会が, 資格として, 赤い煙管, 起りであるらしい, 足がかりに, 踊りの, 途中で, 道徳の, 都々逸という, 都々逸以上に, 配合を, 酒の, 酒瓶, 酒瓶五個荷駄に, 酸乳煎餅が, 野球帽子を, 金指輪を, 金柑口の, 鉢が, 鉢巻に, 銀貨取混ぜ, 銚子が, 鑵の, 長いの, 長劔, 長唄も, 閻魔詣での, 随筆は, 際諏訪の, 雁股と, 非常に, 革袋は, 靴下に, 頃には, 額面を, 額面用名画という, 風船を, 飴には, 飾り, 餅の, 饅頭, 饅頭六つ賭ける, 魂魄に, 鳥居峠あたりから, 麻の, 麻袋を, 黒煙の

▼ 入り~ (803, 10.9%)

12 見れば 6 見るに 5 これを, 吾が 4 万人の, 溺る 3 よりまだ一町, より車, 客に, 水を, 第一, 衣服を

2 [50件] その中, のち気運順を, ひしと取着き, みれば, よりの, 一夜の, 一年を, 之れ, 之を, 事毎に, 人に, 人を, 俳諧を, 光ること流星, 其の理想, 其の首領たる, 其父に, 其首領たら, 冷に, 出たま, 南宗を, 坐敷, 大樹を, 寶を, 常に親密, 座につき, 彼の, 憩ふ, 我は, 昇進任命などに, 木彫の, 桑を, 母見し, 炉辺に, 焼火に, 玄關に, 當藝志美美を, 相對, 立か, 筆と, 籟あり, 罪を, 而る, 見えざりき, 言葉なし, 赤土の, 錐を, 雨の, 雪は, 鰐魚の

1 [649件 抜粋] あたりを, あみを, いましも, いまだ眠り, いよ, うずたかき蒲団, えいと, おのづか, おのれらも, かくれ其人, こ, ここに, このまだ, この国, この文, この陰徳主義, さらに同氏, しばしは, しばしば個性, しばし休息, しばらくは, すな, すッ, せしごとき全滅, そのうらみ, そのホヤ, その仕, その国, その妻, その技, その技益, その父, その親方, その運行, その風俗, それが, つくばひ, なづみ行, なほ浮世絵の, はらはら降り出せし, はるかなる, ひそけし, ほかの, ほと, ほとんど治すべから, まえも, また日本, また驚く, また驟雨, みむ, みや, みるに, もとの, よりこの, より三たび歳, より以来, より同省, より嘲, より四日, より屡, より常, より帽蛇, より日, より松枝氏, より漸く長く, より益暖, より茲, より蜂起, より車窓外, わが身ひとつに, われこれに, われも, アド二服み, スペイン海を, セットつ, ピアツツアデルポ, フランス西岸の, メッシナ海峡を, モードレッドを, ワンカット廊下の, 一人の, 一体と, 一同歸り, 一天片雲なく, 一天雲なく, 一字も, 一心見る, 一歩則ち, 一行に, 一郎の, 三通の, 上の, 上れば, 不動寺に, 与ふる食物, 両者の, 中川小山大原の, 主位に, 二つの, 二人を, 二十余里の, 二種の, 二言三言何事をか, 五色の, 亡びん, 京味を, 人なり, 人の, 人少き, 今しも, 仏語を, 仕事を, 他の, 以来さらに, 以来わが, 以来昼間と, 伊兵衞と, 伏見より, 休む, 休息せん, 会する, 会食し, 伝道師たるべく, 佇む時, 何時も無精, 余所ながら, 供奉す, 修學せられ, 修業する, 倒れ伏す, 倶に, 停船す, 僧と, 儲けなくちょっと, 先づ刺, 先づ心, 光は, 光薄るる, 全部の, 八時から, 公共図書館を, 共に死にき, 兵を, 其分量の, 其奥を, 其姿を, 其著書を, 其貴族が, 内の, 再びこの, 冷たき風, 出ざる時これ, 出ざる由, 出づる間も, 出で, 出でず, 出航す, 初て, 初めての, 初めて男子, 刺激すれ, 勤学数年卒業すれ, 北平に, 十数回の, 半輪の, 即売展覧会に, 卻て, 厠に, 去る, 又い, 取出したる, 受くる, 口を, 各自の, 呑舟に, 味一つなる, 呼びつ応, 商務大臣と, 喫するに, 四婦人の, 因果論等を, 土もちて, 地を, 墜道を, 夕飯を, 夕餉誂ふる, 外光を, 夜も, 夢醒むれ, 大なる, 大師たる, 大胡坐, 大雨と, 天下の, 天気ことに, 天遠く, 奥の, 妄に, 姉上と, 始て, 始めての, 定めたる旅店, 宝蔵の, 実業を, 寝たり, 封書を, 尋ね問, 小名木川に, 小闇, 少々むしあつし, 少雨あり, 尾のみ, 居るに, 山の神より, 岸頭に, 峰の, 嶄然として, 左すれ, 差つ, 席に, 帰りける途中, 帰る, 帰るに, 帰船す, 帰途に, 平家西海に, 年々の, 底の, 弁理公使と, 弥助に, 後こそ, 後は, 後頬の, 御本尊, 必風烈しく, 忍びておはするに会昌六年に, 忽ち眠, 恒河を, 息子とかの, 悉く土民, 憩う, 懷しきは, 懷疑論者と, 我れ, 我等の, 戰ひき, 戸を, 手にと, 手痛く戦う, 拉甸区の, 指南役甲賀昧心斎より, 挨拶する, 捜しける間, 捜査する, 控室に, 撃剣を, 擦る数珠, 改元の, 政治学を, 政治學を, 敢戦死闘し, 文三通長き, 文名大に, 旅館に, 日ある, 日と, 日照山桟橋寝, 旧世界, 早咲きの, 明月空際に, 星出で, 昼餉たべける, 晋景歿し, 晝を, 晴天と, 暗きを, 暫あり, 月まさに, 月また, 月並調を, 月宮殿の, 朋友に, 朝寝む, 朝寝むとまで, 来に, 来むぞ, 松間なりと, 根本より, 極刑を, 楽しかりけり, 楽しく遊びはじめ, 槍を以て, 樂曲を, 樵する, 歇む, 歌は, 歌舞伎座の, 正金銀行員諸橋宏氏来訪あり, 此穴も, 此趣を, 武男は, 死したの, 死し或は, 殃を, 殺せむとする時, 比丘尼と, 毛布を, 民権を, 気持よし, 汗を, 江の島に, 波わが, 洞窟の, 活字を, 浄まる, 浮艇に, 海水滑らかなる, 海神と, 深紅色を, 清涼なり, 清絵本を, 溪聲俄かに, 溺死する, 漢学を, 漸し, 潜むを, 潮の, 潮水洗ひ棄て, 炭俵を, 炭焼薪木樵の, 為すこと, 無明窟裡に, 無限絶對の, 然る, 燕に, 燕麦を, 爛死せる, 爲す, 物をも, 狩野の, 猛獸, 玄関に, 玄關式臺の, 珈琲のみ, 理髮せしむ, 甚しく, 生ず皮松鱗, 生れか, 用意の, 田辺氏とともに, 甲斐甲斐しく御馳走, 男女の, 畫を, 當, 疾を, 病苦も, 発熱三十九度, 白き鹿, 皆の, 皇后以下諸, 目を, 直に堤下, 相対し, 真犯人逮捕された, 眠むがる人の, 眠る, 眩光, 眼に, 碇泊す, 磴級を, 神女の, 禅思す, 私し, 秋の, 秘密の, 種々盜, 窃に, 竄る, 立昇る, 竜宮に, 端なく, 筆紙墨を, 箪笥の, 精神作用の, 素材を, 終に御, 終日復た, 結跏趺坐し, 經史を, 続けり, 總勢二千六百餘人四面大澤の, 美しき女優, 翁と, 習性的色彩を, 考うる, 聞ける最初, 聞ゆる, 職業用の, 胸を, 能く, 能率あがり, 臓腑を, 自奏器, 舟灣内に, 航行す, 船中に, 船客の, 良人に, 英王戴冠式を, 菅公真蹟を, 菜籠かたよせ, 葡萄の, 薫に, 虎と, 虎に, 蜀王と共に, 蟹など, 蟹を, 行へり, 行法を, 製造方の, 見えずなりたり, 見たり, 見よ, 見よ心, 見回し横手, 見廻けるに, 見苦しく聞き苦しきもの, 訪れし其人, 詠歌を, 語る, 読書す, 読書講論の, 謁する, 讀書, 豐沃の, 貨幣經濟が, 賊の, 賭る, 購ひ取られたる, 赤塚氏の, 起き出, 足を, 路を, 路傍の, 蹈み, 身に, 身を, 近藤光紀, 近郊の, 追, 通信を, 遂に河, 遂に活路, 遊び倦ん, 過去無数劫の, 道を, 酒の, 釋迦と, 野呂川の, 金銭物品を, 鈴木春信が, 錨を, 門を, 門口に, 間もなく一夜暁, 間もなく宿りける, 関東にても, 陰暦八月十七日の, 階を, 障子の, 隠れて, 雑喉場の, 雨, 雨と, 雨今日は, 雨十時半帰宅, 雨月と, 雨来たる, 雨金龍へ, 雪, 雲は, 雹さへ, 頻りに笑, 顔を, 風次第に, 風涼しく, 風雨の, 食う事, 食事を, 飮用に, 飲酒する, 高名した, 高野山へ, 鬼神の, 鮭の, 鰻汁を, 鳥居清満が, 黄金の, PH強き

▼ 入り~ (285, 3.9%)

16 今日も 12 大満員 5 今夜も, 満員 4 しない, 悪い 3 しないかと, 昨日より

2 [21件] しないか, しません, よろし補助, 七分, 七分強といふ, 九分, 今夜は, 今日は, 八分弱, 八分弱位か, 八分強位, 又, 大入り, 拵へ, 昼の, 満点, 相変らず, 補助が, 超満員, 防空演習の, 頗るよし

1 [191件] あると, あるまいと, あんまり落ち, いつもより, かなりい, ぎっしりで, この寄席出演失敗以後, この粟津冠者, しないかという, しないだろう, しないで, しないとしても, しなかったの, しまいか, しますまいか, すまいか, すまいかと, せず, せんかと, それから, てぬる山際, どう, ないと, ない招待, なかろうかと, なにも, ひどい, ひどからう, ほとんど凡人業, ほんの數, まだ本, もういや, もう少し悪かっ, もの凄き悪さ, やっぱり六分強ぐらゐ, やはり八分強位, ゆるゆる三番乗り, よいよう, よくない, よし, よろしい, よろしく八分, よろし九分, よろし但し, よろし大, ガラならず, ザッと, スフ入りだ, ハチキれる, ハッキリ覚え, パッと, ビッシリだ, ムザンだった, 一寸悪く, 一時と, 一杯芝居も, 七分って, 七分で, 七分位か, 七分強調子は, 三人に, 三日と, 三日前早い, 三時である, 上等補助売切れだ, 中, 九分か, 九分である, 九分といふ, 九分まで, 九分九厘である, 九分九厘と, 九分九厘といふ, 九分九厘此の, 九分強だ, 九分強である, 九分近い, 九分近し, 九時半, 二階が, 五分って, 五分まで, 今日九分九厘二階二円の, 今日実際, 今迄の, 何うも, 何だか少しよくなり, 何と大, 何時, 作法が, 先づ上の, 入っても, 八の, 八・九分って, 八九分と, 八九分行っ, 八分か, 八分といふ, 八分五厘といふ, 八分五厘強位十時二十分ハネ宿へ, 八分位又, 八分弱か, 八分弱といふ, 八分弱位の, 八分強, 八分強か, 八分強ぐらゐ, 八分強位か, 八分強位の, 八分迄, 六七分って, 六分, 六分って, 六分とか, 六分弱か, 兵や, 内密に, 凄い程, 出来る限り壮大, 半頃から, 単なる親孝行, 単に, 又ひどく, 又九分, 又五分強か六分, 又六分, 又同じ, 又大, 又驚異的, 取り止めか, 同じやう, 土曜だ, 土曜な, 土曜の, 多いの, 夜は, 夜昼大, 大したこと, 大入, 大入満員, 大入満員補助売切, 子の, 学費の, 実行性に, 実際悪く, 心配してた, 急に, 悪いが, 悪いの, 悪からず, 悪くない, 悪くは, 新田足利轡を, 映画へ, 昨日と, 昨日と迄は, 昨日程, 昼夜共補助を, 時も, 枚挙に, 止めに, 正に新, 歩武堂々, 気軽くは, 満々員, 満員で, 満員大岡で, 満員補助も, 満員補助出る, 満点つひ, 百人も, 百人足らず, 百円二百円と, 相当, 真っ赤な, 細工も, 絶望です, 翌朝に, 脱線でも, 落ちない, 補助の, 補助売切とは, 補助席が, 補助椅子出切り, 見た目七八分, 詰めれば, 軽く満員, 閉口と, 静かに, 頗るよく, 頗るよく補助

▼ 入り~ (239, 3.2%)

26 なって 9 けり 7 なるの 6 き, なりました, なると 4 し跡, なったの, なります 3 し人, なった, なってから, なっては, なりましたが 2 し, して, なったん, ならなかったの, なりかけたとき, なりません, なりませんか, なれば, 来て, 行った

1 [132件] あらず, ある甲子, いかほどな, いくぜ, いたずらな, いった, いらっしゃって, かかるを, かかわりなく, かしこまって, きた, きました, き我, けりさ, けりまたの日, けり新, けり早, しが, した奴, した特別, しところ, し妹, し山, ついで再, つかうあの, なったかお, なったかと, なったぎり朝, なっただけ, なったもの, なったよう, なったらすぐ, なったらどう, なった女, なった時, なった時刻, なった豆, なっちゃ, なっても, なつた, なつたら, ならない, ならないで, ならないの, ならなければ, なられたの, なりかけた頃, なりたいこと, なりましたこれ, なりますが, なりますと, なりませんが, なりませんでした, なりませんと, なりまるで, なり御飯, なること, なるご, なるやう, なるん, なるんで, なる所, なる時, なれましょう, なろうと, なろうとは, ふんどし, やってきた, トンボを, 中組に, 使った色々, 來い, 來た, 來ました, 來る, 入った北沢, 出かけたいと, 出て, 出逢ったよう, 別所家の, 到つて, 創まで, 同意を, 固定し, 在所へ, 子と, 家へ, 寐入ったらしい, 寐入ッた, 廊下へ, 当って, 怯むもの, 成ったの, 成って, 持ち運んだため, 捜査し, 推し懸くるところ, 揃えて, 揃へて, 改めた, 改めたらしく向き, 書いて, 来た, 来たの, 来たまま, 来た構内, 来た河村さんたち, 来るか, 来るの, 油ものを, 浮, 浮身を, 生れたばかり, 笛の, 紅し紅しと, 藁の, 蚊帷を, 行きにくい, 行きます, 行くの, 行くよ, 行くらしいお, 行く前, 行けど, 行ったが, 行つた時も, 裏口の, 見せて, 賛成した, 足利家も, 附されて, 鼻を

▼ 入り~ (201, 2.7%)

28 して 6 した 3 する 2 させて, したもの, した宇津木兵馬, しや, すること, するもの, り, 待って, 里俗に

1 [146件] いいつかって, うちゃげ, おすすめした, お企て, お頼みなされ, かえってこの, かけたからには, きょうか, くい止めようと, くひ止めようと, くりかえし強調, ご懇望, させなければ, されるの, しきりにすゝめ, しきりに促し, しそう, したいから, したいよう, したおれ, したかに, したがったり, したたった, したと, したといふ, したところ, したばかり, したまま消息, したら奇, したり, した兵馬, した小一郎, した折, した時, した時代, した番頭, した福次郎, した道庵先生, しながら, しなくては, しなければ, しねえ, しようと, しようとは, し自分, じゃまされ, すました, するお, するであろう, するといふまでの, するには, するの, するまでは, するよう, する小僧, する旦那, する決心, する考, する道程, すれば, どりは, どり鯛, なさるそう, なさる気, なすったこの, やめて, やり直すの, よく肩, よろこんで, りとも, ピッタリと, 一つの, 一分に, 下駄ば, 仕遂げたよう, 仰せつかったという, 伝えられ必死, 何よりの, 何故この, 光輝あらしめよう, 凌ぐほど, 初めてから, 創始した, 勧告しました, 取って, 取ります, 合図に, 命ぜら, 命ぜられて, 多くしたい, 始めるよう, 始め夜, 定め月給, 実現させ, 弁疏し, 心配してた, 思いたちあの, 急ぐ途中, 感じるの, 承認し, 持ちかけて, 放擲した, 断ち燭, 断はった, 日々する, 望む画家, 果たされた, 歌うの, 止めるやう, 気遣, 決し幸い, 決心した, 決意し, 決行しよう, 申しつけ, 申付けた, 申付けられました, 申付ける, 目ざし伊那口, 目的に, 直接控へ, 祝うとて, 祝う祭壇, 祝おう, 祝ふ, 私に, 窺って, 続けること, 續けて, 致したしとの, 致したしとは, 致しますから, 見せ舞台, 見つつ, 見ようと, 諾ったの, 買わされた, 追憶し, 途上に, 遮るため, 避けて, 雨に, 願います, 願って, 願ひます, 鼻にかけて

▼ 入り~ (161, 2.2%)

2 あらうか, のって, はない, 出た, 出て, 平次の, 話して, 説明し, 通す, 際限も

1 [141件] いこうかい, うろつきまわって, おどかすの, お留守, お角, かきみだされて, けい古する, こしらえ自分, こっちが, この間から, これを, しかも多彩, そういう秘密, そういう美人, その一文, それが, ちゃんと詳しく, なかなか巧妙, なし今日, のったもの, はないとおき, は僅か, ふつうの, もどかしい会話, やっちゃ, やはり千円, ゴオギャン後援の, ダメの, ダンサー一覧の, トップに, ベルリンに, 一座の, 一番大切に, 三十分ほども, 三回とも, 中州の, 主體的, 人の, 伝えられるの, 何ごとを, 八五郎に, 公園裏の, 六分弱か, 出た感じよき, 厚みも, 各新聞, 商売は, 団子が, 国内の, 報じ, 報ぜられて, 報告した, 報道された, 報道し, 変った図柄, 大々的に, 大いに新聞, 大きく出, 大きく書きたてる, 大きく芽出度, 夫妻と, 奥住女史の, 安心, 宣伝し, 巨細に, 市場を, 広告し, 広告する, 役者の, 彼等の, 往年の, 思いだしたよう, 扱われて, 抗議を, 持って, 挙行される, 探しま, 掲載し, 教えようって, 新構成, 新聞に, 新聞の, 新聞を, 日本へ, 昭和四年, 書いて, 書かれました, 書きたてた, 書きたてて, 書き立てた, 村瀬という, 東北地方農民の, 松竹から, 松竹少女歌劇も, 枕を, 此う, 活気が, 浮かれて, 満員に, 漕ぎ上, 犬も, 発表された, 白装束緋の, 石の, 社長の, 祈り續けて, 私が, 第二, 紹介し, 紹介した, 紹介せられ, 終った, 群衆を, 聞かされた花嫁, 聞くこと, 聴いて, 自叙伝風の, 色は, 芝居は, 葦の, 血色の, 補助を, 補助出切り, 話し合いに, 話に, 話を, 語り上品, 説明した, 説明する, 賑やかな, 賞讃した, 車座に, 迷子の, 通した, 通して, 通す徳山味, 長年逢ひたい, 食い物の, 騒いだが, 騷が, 騷騷しくわめき立て

▼ 入り~ (123, 1.7%)

8 ている 3 てもつ, て来た, て行く 2 て, ていた, てゐる, て今, に机, に非, 歸る, 煙草入

1 [90件] が, がおも, が太息, が膝, たり赤ん坊, てうまうまと, ておる, てかかる, てからと考へ, てからは一度, てからまだ, てから丸九ヶ月以上, てから二年目, てから八カ月目, てから初めて, てから半年目, てから私, てから習いました, てきた, てしまった, てそこ, てちょっぴり, てとうとう, ては人間, ては負け, てふるさと, てもう, てもその, てもコソ泥, ても友達, てイキナリ三振十いくつ, てキューピッド, てチョー, てテクニック, て九時頃, て仕舞う, て出かけよう, て切り結び, て大いに, て娘, て子供, て忘れ, て手仕事, て探偵小説, て揉ませる, て日本人, て来る, て歸, て清元, て炭坑, て目, て種々, て稲桝, て置き, て翌日, て花ざかり, て行きました, て起きる, て間もなく, て騒動, といえる, といへ, とかや又, と謬伝, なには, にお, にぞ, に彼, に早く, に熊, や私所持, よ, より以来, フィリップは, 二ツ井戸の, 二階建に, 分を, 姿の, 少女に, 後より, 所又, 時雨かな, 武男は, 珈琲碗に, 白き墓穴, 給ひ, 誰にも, 間に, 頃ほう, 風情う

▼ 入りする~ (95, 1.3%)

11 ことに 4 んだ 3 のは, のを 2 と話, のが, のだ, のに街, ような, ように, 前に, 前の, 御講, 花嫁の

1 [54件] かという, かに見えた, から一度, から当, ことが, というの, という事, といえ, といふ虞, とサリドン服, と云, と先ず, と明るい, と決, と決った, と私, なんて, について, にもあれ, のだった, のであらう, のである, ので暇, はずだった, はずに, ほかは, ほどの必要, までに話, やうで, やうな, や三十勝, よりほか, わけにも, わけは, んです, 事に, 事を, 前から, 前日の, 夜も, 姿を, 当夜な, 折の, 時に, 時は, 時持參金が, 時無理な, 機会に, 気持しか, 源三郎の, 筈だ, 筈に, 者など, 話が

▼ 入りながら~ (95, 1.3%)

3 手を 2 技術を, 死の, 目が

1 [86件] あまりに夥しき, いつた, いろいろの, うっとりと, うと, お辭儀, かえって峰々, かれは, この蕎麦まんじゅう, これは, しかし一方へぐん, じっと物, すぐ寝, そして外側, その手, その第, その都, それを, ちょうど海, ちょっと笑顔, ついどうにも手, つらつらと, では, どの位私, のんきに, またふわりふわり, もういよいよ土城廊, わざと恥, キキは, ブラシの, 一應八方へ, 三度も, 中から, 乱暴を, 人工的な, 伸子は, 低声, 何だか喋舌, 俺は, 呟いた, 哀願の, 問いかけました, 啼く声, 四辺を, 執拗に, 夕方外を, 女は, 姿を, 嫂が, 官府の, 家の, 寧ろ物悲しい, 少女を, 帰属する, 幸子は, 彼も, 徐かに, 微笑んで, 思ったのよ, 恋人の, 指を, 昨日東京客から, 時々首, 沈み萎れた, 沢子の, 深いところ, 渓の, 無我夢中で, 独りである, 球を, 真直ぐに, 睡った, 睫毛を, 私は, 第三紀層, 聞いた, 自然の, 英国の, 言つた, 辛うじて身体, 辛うじて身體, 追及した, 途切れ途切れに, 運転手に, 酔ったよう, 鐘の

▼ 入り~ (80, 1.1%)

3 ない 2 あって, ある, ないんで, 悪い

1 [69件] あります, あるちゅうこって, ある様子, い, いそがしい日, おくれそこ, おそくなった, お産とは, かなっても, かなりある, きまると, こんな, つづいて, できようてん, ないせい, ないそう, ないという, ないの, ないので, なかった, なかつたの, なぜ見, はっきりしなくなった, ふぶきの, やや本城, よくて, よくない, ガタッと, 一両とは, 一時半と, 三時大久保平助若, 九分と, 何ヵ月か, 八分って, 六分強, 出た, 出て, 吹雪の, 多いといふ, 多いの, 多いので, 多くなっ, 多くなった, 多く賭場, 大事を, 大変な, 好くなかつた, 少いと, 少い時, 少かった, 心配だ, 思はしくない, 悪いで, 悪いの, 悪い六分, 悪く八分弱, 来たり, 極めて悪く, 殖えたと, 淋しい初日, 深く池, 無かった, 瓦っ, 私の, 米一俵の, 続出し, 青森産の, 非常に, 頗る悪く

▼ 入りそう~ (65, 0.9%)

9 もない 3 です, もありません 2 である, なの, にし

1 [44件] して, だと, でした, です二, な, なお櫃, なそれ, なところ, なのに, なもの, なを, なコップ, な丸い大きい, な声, な奴, な小さな, な小舎, な恰幅, な朝顔, な柔かい, な気持, な淡い, な燕尾服, な瓢, な目つき, な真珠色, な着物, な砦, な空ビン, な算盤, な細い, な絵, な薬鑵, な風采, な鶏, にない, になっ, になった, になりました, にも思えない, に二上山, に思える, に怪しい, も

▼ 入り~ (63, 0.9%)

2 せずに, ほんの型

1 [59件] あまりに多く, あるまいと, あるよう, い, おましたよ, したい通俗さ, したし, しないで, しない書きぬきなんかを, しない泥坊, しなかったという, しまいが, しませんけれど, せず其の, せず去りも, せぬ, せぬ事, せぬ物, せぬ鉢, できまいから, ないところ, ないわけ, なかなか多く, ならず遠く, ひとりの, まったく絶え, やはり何, やらずさりとて, やらず土間, やらぬ媚, よくなから, よく大いに受けた, よし此, よろしい, ろくにない, わっし, 七兵衛には, 上元, 亭主は, 八分強, 六七分といふ, 出来るもの, 多かろう, 多くそれ, 多く幾人もの, 大満員, 少し, 尠かった, 早いこと, 楽しみの, 気が, 深まりも, 激しかった, 為りや, 相当に, 見ぬとに, 認められる, 過ぎた十七日, 頗るよし

▼ 入りその~ (62, 0.8%)

1 [62件] いまだ業, お手先, お湯の, のんびりした, ひびの, ま, エレベーターで, ピタリと, ピネの, メダルを, 一党の, 上に, 中に, 人物に, 代り昼後は, 代金六両一歩二朱焼酎入りの, 仲間たる, 光の, 光景を, 内に, 内生命の, 出合付近が, 切断を, 力によって, 南側の, 名を, 国の, 地形を, 夜半から, 天龍川を, 奥の, 室と, 小河口, 平均幾%が, 年の, 折遂に, 挙動の, 政の, 数およそ, 方面で, 族長を, 日の, 晩は, 月二十八日大坂城へ, 正面に, 母を, 炬燵爐を, 相談を, 眼は, 窓の, 精緻が, 美を, 翌日長岡藩の, 習慣が, 船頭は, 荷物を, 蓋を, 貨を, 途方も, 部屋を, 顛末の, 鳥を

▼ 入り~ (57, 0.8%)

8 を穿っ 6 をうがっ 5 を穿ち, を穿つ 4 を穿ちます 2 にわたりしかも, に入っ, に入り, に渉, を穿ちました, を穿った

1 [17件] にわたっ, にわたって究理, にわたりある, にわたり叙述, に亘らせ, に亘る, に亙, に亙っ, に亙り, に入った, に入る, に渡つて, をうがち, をうがった, をうがつた, を分つ, を穿ち説き来

▼ 入りした~ (53, 0.7%)

3 ことが 2 ことも, のは, んや, 高大之進を

1 [42件] お方だ, がこの, が菊田, が起き, が間もなく, が音楽, ことを, ころは, さきは, ってよ, って仕様, ということ, ときも, と云, と内報, のだ, のだった, のだろう, のである, のを, もので, んじ, んでご, 三浦家の, 人である, 人を, 典膳に, 古俗の, 女などの, 家へ, 左膳は, 年少の, 年文久三年七十二歳の, 後も, 晩あの, 武士どもも, 津軽船の, 祐吉は, 足の, 身体だ, 鎌倉の, 長者の

▼ 入り~ (50, 0.7%)

7 るを 5 りぬ 4 りて 32 りしは, る一切

1 [27件] たり直に, つた, ませること, られぬ同君, られ上, り, りけるに, りその, りトロイア中, り家搜, り彼, り患者, り我等何分, り退引, ること, るに, るもの, る事物, る外國, る如し, る故, る旅びとはその周圍, る智識, る貿易船, る間, れり, れるもの也

▼ 入り~ (47, 0.6%)

3 なった, なつて 2 なって, 見え人の

1 [37件] あいなった, ある, いうのに, いっても, きまるな, きめました, するが, すると, なったの, なった吟味中, なり企画通り, なり砧, なれば, やらかすぜ, カンタンに, 三合入りと, 不入りが, 不入りは, 來た, 入りぬる, 同時にレコード, 同時に金, 呼ばれて, 呼んで, 奉公人出替りとにも, 思って, 正比例する, 称えられる大津絵, 称して, 結びつけて, 聴きましたが, 腹を, 覚しく第, 覚悟を, 言ふ, 謂つて産屋の, 餡入りの

▼ 入り~ (46, 0.6%)

5 っている 4 っていた 2 ったうま, ったなまあたたかい, った妙, って側

1 [29件] ったなんと, ったもの, った不規則, った人道主義, った暮し, った気もち, った薔薇色, った視線, って, ってい, ってしまう, ってとうとう, ってやる, ってトテツ, って一種, って両方, って到底, って叫ん, って居る, って起こった, って電流, りなつかしき, りまた, り乍ら, り優しく, り決して, り溶け合い大空, り融合, る印象

▼ 入り~ (37, 0.5%)

17 れて 2 れ, れた

1 [16件] だれて, り氷雨, れこれ, れたる, れたる狂態, れた家家, れた感情, れた群衆, れた考え, れどれ, れました, れる人々, れる足音, れ掴み合, れ春日, れ觸

▼ 入りては~ (34, 0.5%)

3 仕事に, 自身を

1 [28件] ヨブの, 乗り越して, 二カ年または, 人に, 則ち髪を, 千三百五十圓と, 大なる, 大紛亂, 実に平地, 山羊牝鹿野驢馬, 心弱に, 恐れ多うござる, 我と膓, 時々元気, 木の葉落ち尽くし, 林道春父子の, 欠さず, 欲の, 殆ど近くもの, 河東節その他の, 甲斐が, 真珠生むべき, 能くそ, 蛙のみ, 裂き花壇, 讀經の, 間道を, 飾を

▼ 入り~ (28, 0.4%)

4 り立ち交 2 りに, り網目

1 [20件] つたか, ふもの, りあるいは, りが, りて, り乱れ合いつつ, り乳, り彼, り折り重なって, り汽槌, り混戰状態, り立ち替り, り織りなされ不可思議, る, るあたり, るだらう, る声, る白雲, る興奮, れて

▼ 入り代り~ (28, 0.4%)

2 立ち代りに, 立ち代る客

1 [24件] て立ち働き, です, にこちら, にひとつ, に兄夫婦, に旅行者, に来た, に紀昌, に裏, 立ち代って, 立ち代りいろいろ, 立ち代りお礼, 立ち代りここ, 立ち代りの, 立ち代り亡者, 立ち代り向, 立ち代り問い詰めても, 立ち代り坐り込ませる, 立ち代り姫路, 立ち代り煩さ, 立ち代り獲もの, 立ち代り現れて, 立ち代り白洲, 立ち代り眠るまもなく

▼ 入り~ (25, 0.3%)

4 ひぬ, へ 2 ひし頃, ふ, ふ事

1 [11件] はで, はば日蓮, ひける, ひしか, ひしより, ひても, ふとすれ, ふもので, ふ所, へとなり, へばマルタ

▼ 入りまた~ (24, 0.3%)

1 [24件] いたずらに末梢的, かなたに, このネパール国, この時, も深い, 一方の, 三カ月ぐらいで, 両我とも, 城門へ, 弾丸の, 後から, 教育界を, 柳の, 次の, 次の間へ, 疎石和尚, 目立て屋という, 相手も, 良家の, 藤堂家に, 表通りに, 追はれ, 雲から, 音楽中に

▼ 入り~ (23, 0.3%)

6 うな 3 うです, へすれ 2 うでした, うも 1 うだ, うである, うで平次, うもない, うもないので, する時, へよかっ

▼ 入り~ (23, 0.3%)

2 という, といふ

1 [19件] からね, からほか, から出版, から初, から正三君, から珍, から若い, がその, が多少, が膝, し亀阜荘, といふ日, なちょッ, ね, ねと感心, よ, よ間拔, 招待を, 活気も

▼ 入りそこ~ (21, 0.3%)

1 [21件] からセビリャ, から二マイル, から取り出すであろう, から更に, から流れ出る, から裏庭, から陸路, ではかつて, で幸, で立ちどまる, につかまれた, に囚われいる, に囲まれ, に根, のひどい, の一房, の住民, の店, の暗い, の極理, より三十歩以内

▼ 入りたる~ (21, 0.3%)

1 [21件] が雨, ことかな, は深く, ものが, やうに, ズボンを, 一つの, 入水の, 嚢を, 多しと, 女の, 庵の, 後の, 悪者は, 樣子を, 白髪の, 緑色の, 茶褐色の, 路の, 道を, 馬車に

▼ 入りても~ (21, 0.3%)

2 得よまぬか

1 [19件] なかなか眠らず, ややしばらくは, 中, 仕舞し, 元禄より, 其前半には, 取らず草深み, 喜びはせざるべしとて引きかへ, 四辺の, 家に, 密雲冪, 彼の, 御前様の, 死せずと, 水に, 消えんと, 燒けず, 苦しからず, 青く黄熟

▼ 入りという~ (21, 0.3%)

4 ことに 2 のは

1 [15件] ことも, ことを, た, ところなど, のが, のでありましょう, のである, ような, 一声が, 前の, 形で, 恰好で, 模様が, 絶代ものの, 語だけが

▼ 入り易い~ (21, 0.3%)

2 形で

1 [19件] かを説きました, ことが, こと彼は, し親しみ, ということ, と同時に, のだ, ので, のは, ものとは, ものを, ように, 尤もらし, 悲惨事の, 条件に, 歌であった, 点が, 純良で, 門な

▼ 入りつつ~ (20, 0.3%)

2 あったの, あるよう

1 [16件] あった, あつた, あり小隊, ある, あるか, あるので, あるべきはず, ある世界, ある時代, ある現在, ある現象, 京に, 婆さんが, 彼既に, 手を, 文鳥甘え啼きする

▼ 入り交っ~ (19, 0.3%)

3 ている 2 ていた

1 [14件] たるが, てここ, てそして, てといっ, て仕舞いました, て働い, て存在, て最初, て横たわっ, て渦, て経, て行く, て見分け, て足

▼ 入りそれ~ (17, 0.2%)

1 [17件] からは刻々, からは果てし, からまた, から二階, がいつか, がまた, が後, はまた, もほぼ, より下り, をした, を兩替, を土台, を抜ける, を突き, を突き抜けた, を窮めよう

▼ 入りみだれ~ (17, 0.2%)

2 ている

1 [15件] たりぐる, ていた, てしゃべっ, ての乱軍, ての乱闘, てよく, て全員, て大, て機関銃, て炎, て立ち, て臆病風, て言い, て賑やか, て陣鼓

▼ 入りやすい~ (17, 0.2%)

1 [17件] から僕, ことあるいは, ところから, のも, もので, ものである, ものと, ゆえに, ような, 口触, 宗教なども, 弊害は, 方法で, 穽である, 結びつきを, 議論では, 金は

▼ 入り~ (17, 0.2%)

3 い風情 2 いところ, い心持 1 いと思った, いと思つて, いと言, いと言つたの, いのです, い今朝, い位, い気持, かつた, がり籠

▼ 入りこの~ (16, 0.2%)

1 [16件] ものと, ような, ように, 山の, 川の, 川を, 曝し物, 海に, 眼にて, 糸が, 老人から, 行者と共に, 話に, 諸邦, 辺が, 通り首に

▼ 入りさえ~ (16, 0.2%)

13 すれば 1 しなければ, 時態は, 避けて

▼ 入りそれから~ (16, 0.2%)

1 [16件] ねて, のちは, 又も, 夕食に, 寝た, 引続き諸人, 引續き, 枝を, 棺龕の, 横に, 沼を, 浅草洗足町碁盤目小路を, 美濃路へ, 諸処の, 豊乃の, 野の

▼ 入りやがて~ (16, 0.2%)

2 出て, 絶壁の

1 [12件] お縫, 俊夫君と, 卒業した, 大学に, 将軍家の, 海岸が, 義貞の, 腰の, 行きついたの, 追ひ縋り来りし, 金貨で, 門跡の

▼ 入り~ (16, 0.2%)

2 べき

1 [14件] ては又, なり, に丸木船, に付, ひしに, ひしは, ひながら, ひぬ, ふ前, へども私検脈, へば甲州特有, もの拙者初め沖田, 少斎, 迄また

▼ 入り~ (16, 0.2%)

3 たりし 2 たり

1 [11件] たりかえって, たりて会釈, たりて山木, たりて清涼, たり中将, たり奏楽, たり炉, たる者に, たれるに, ては, も

▼ 入り~ (15, 0.2%)

2 園を, 絹だけを

1 [11件] ふさぎでござりまするのとやにわに打ちこまれ, やおや涙が, 入り, 実父様の, 弟子入り, 手許金を, 石の, 船蔵前から, 花見日和な, 薬を, 銀様の

▼ 入り易く~ (15, 0.2%)

2 ても後で

1 [13件] かつ商店, した, するため, て直ぐ, て達し, なった代り, また内, 何人にも, 信じ易い, 善には, 四時過ぎに, 親しみ深く, 進むの

▼ 入りたま~ (14, 0.2%)

32 ひぬ 1 はむや, ひそ, ひて, ひての, ふ, ふに, ふ間, へしかば, へるとき群集

▼ 入りにくい~ (14, 0.2%)

2 と見えます

1 [12件] からし, からなおさら, がとにかく, こととは, のだ, ので躊躇, ものだ, もんです, んでげす, 時が, 構えに, 趣きが

▼ 入り~ (14, 0.2%)

4 満員 2 音に 1 あぐらを, 唐の, 喜びである, 廟に, 満員よく, 満員補助出切り, 苦悩し, 體に

▼ 入り難い~ (14, 0.2%)

1 [14件] ことが, ことだ, ということ, という事情, のである, のでかへってよく, ので手乗り文鳥, ので苦しむ, のは, ものだ, ものである, 厳重なる, 寺院が, 様子である

▼ 入りそして~ (13, 0.2%)

1 [13件] これらの, そのまま御, 下男の, 伊那丸を, 地面を, 幸内が, 心の, 生きられるか, 皮肉にも, 若い女, 試験開始の, 遂には, 高等法院通と

▼ 入りには~ (13, 0.2%)

1 [13件] いずれの, おあつれ, かならず芳町, なって, なにごとか, よほど用心, 充分な, 吉良家の, 味方とも, 徳川家も, 性意識の, 普通誰でもが, 袴は

▼ 入りまする~ (13, 0.2%)

1 [13件] から御, があの, がせめて, がドウゾ道, が実は, が家中, が手前, が明日夕景, が罪, そういうつもり, と今, のであちら, 何うも

▼ 入りよう~ (13, 0.2%)

2 はない

1 [11件] がない, がねえや, が悪い, が足らぬ, だ, だったの, なの, なもの, もありません, もない, も無い

▼ 入り婿~ (13, 0.2%)

2 となっ

1 [11件] となる, となれ, などになりましょう, に, になっ, になりました, にへえった, に乗りこむ, に乞い, はまつぴら, は男子

▼ 入り~ (12, 0.2%)

3 はり立ちか 1 え, はらせ給, はりけん, はりに, はりや, はり日蓮, はり立か, はる, はるこの

▼ 入りたり~ (12, 0.2%)

2 しは 1 ける, けん, されどあまりに, しが, しと, し直道, その後ようやく, また淨火, 暑雨連綿, 親の

▼ 入り~ (12, 0.2%)

2 はらかき衣類 1 しない, の, アが, アしねえ, カチ栗を, 一升入りに, 共産党の, 四〇パーセントの, 市中の, 跛馬だ

▼ 入り交った~ (12, 0.2%)

1 [12件] ものです, ような, 予感が, 古戦場だ, 山の, 林の, 気もちで, 気持を, 真意の, 街路の, 複雑な, 路を

▼ 入り来り~ (12, 0.2%)

1 [12件] て, ラムプの, 三怪揃う, 候, 候咄しならん, 初め尋常の, 和算は, 夢とも, 改めてわれ, 甲の, 英語にて, 領主の

▼ 入り~ (11, 0.1%)

1 [11件] そこを, その奥, 心安からぬ, 悪く八分弱, 數多の, 文芸思潮として, 束草を, 橘町の, 王襃などが, 統一と, 肩へ

▼ 入り~ (11, 0.1%)

8 の小禽痛苦 2 の小禽 1 魚を

▼ 入りくださいまし~ (10, 0.1%)

2 ここでございます, さあどうか, もしかする, よ, 今奥様と

▼ 入り~ (10, 0.1%)

1 かまわないから, ご準備, ね何, のでお, のでキュッ, のを, はれな, ば余, ズーッと, ズーツと

▼ 入り~ (10, 0.1%)

4 ションか 1 さむ, づ慇懃に, ぶな時, へんか, ショん, ションよ

▼ 入りよく~ (10, 0.1%)

3 庭は 1 ないけど, 候と, 八九分入っ, 凡聖に, 受ける, 寝たくて, 眠りましたから

▼ 入り~ (10, 0.1%)

1 しも本堂側, では研究室, では立派, の次第, は何處, は独立, までこっそり, 家族を, 手紙を, 日大満員

▼ 入り更に~ (10, 0.1%)

1 その森, 之れ, 団十郎によ, 団十郎によって, 大平に, 段落と, 石段を, 蒙古, 西岸の, 青色美の

▼ 入り今日~ (9, 0.1%)

1 で十八日目, とはその, の社会, は出来よかり, は又, は走らう, まで影, もよろしい, も大

▼ 入り~ (9, 0.1%)

5 の光り輝く 2 がうまい 1 によつて占, はない

▼ 入り混つて~ (9, 0.1%)

2 ゐる 1 しまつ, しまつて, ゐるだけ, ゐるのに, ゐるやう, 聞えた, 降つて

▼ 入りから~ (8, 0.1%)

1 出直そう, 大秀死歿に, 大菩薩峠を, 女房たちの, 持って, 更にうなじ, 東上までの, 炭焼きの

▼ 入りきたる~ (8, 0.1%)

4 ところの 2 光も 1 ことの, はヤマハハ

▼ 入りくんだ~ (8, 0.1%)

1 アヤでも, 内幕を, 小路の, 枝ブナの, 海の, 海を, 現代の, 社会感情の

▼ 入りここ~ (8, 0.1%)

1 でいよいよ, で日夜, で無数, で酒, に居ります, に至つて水, に門, 両三日

▼ 入りさらに~ (8, 0.1%)

1 わが国に, クロポトキンへ, 二重の, 南球の, 四囲を, 脱け, 自動車を, 行くことマイル

▼ 入りしな~ (8, 0.1%)

1 に, にじいっと, にもう, に三人, に壜, に挨拶, に見, に郵便箱

▼ 入りそこで~ (8, 0.1%)

1 お通夜, ものを, 上手に, 再び君, 初めて趙荘, 将軍謁見の, 焚火し, 蕎麦を

▼ 入りやすく~ (8, 0.1%)

1 この辺, して, ても後で, なり従って, また若者, 型を, 説明した, 高談は

▼ 入り乱れ~ (8, 0.1%)

2 て到る 1 てあばら家, ている, ております, て来た, て靴音, の戦場

▼ 入り交つて~ (8, 0.1%)

1 うつくしく咲い, その風貌, ゐた, ゐる, ゐるが, ゐる温泉, 如何にも爽やか, 居る

▼ 入り~ (8, 0.1%)

1 から離れ, が刀, とは登山者対金銭, の興味, の陀羅尼経, の顏, は自然, をし

▼ 入り~ (8, 0.1%)

1 ち欧州, にはフランス, に佐藤牧山, に出来た, の扉, は八丁堀, ピエートロこれが, 坪井信道に

▼ 入り~ (8, 0.1%)

1 になっ, になった, になり, に切り込んだ, をも心, を水底, を潜め, を脱する

▼ 入りある~ (7, 0.1%)

1 にはたえない, まではここ, よう伝え, 山裾に, 時は, 資治卿を, 部分は

▼ 入りこれ~ (7, 0.1%)

1 で当分, は二等, は根っから, は梅田映画, へ諸方, までにない, を盜

▼ 入りさせ~ (7, 0.1%)

3 てやる 1 たりした, ている, またはくさ, やがて自分

▼ 入りさせる~ (7, 0.1%)

2 ことに 1 ことにな, つもりは, といふ, について, のでござる

▼ 入りしよう~ (7, 0.1%)

1 とした, ともしません, と今夜, と思, などとは思わない, なんてほんとう, なんて量

▼ 入り九分~ (7, 0.1%)

1 か, ってとこ, といふところ, と云ふところ, と行っ, と迄行かず, 近い

▼ 入り~ (7, 0.1%)

1 が更ける, の十二時過ぎ, の十二時頃, の明, の更ける, は満員, までい

▼ 入り~ (7, 0.1%)

1 が高等学校, のいた, の句作, はその, はまた, は一応, は何

▼ 入り遂に~ (7, 0.1%)

1 は中央ヨーロッパ, は其, は寃横難, 其種族相率ゐ, 正味一斗と, 渾然たる, 質流れに

▼ 入りあっ~ (6, 0.1%)

1 てゆるやか, てゆるり, て善後, て昨日, て曹操, て降参人あまた

▼ 入りかは~ (6, 0.1%)

4 つてゐる 1 せ給, りてや

▼ 入りしかも~ (6, 0.1%)

2 知らぬ間 1 一時の, 恋心が, 毫も調子, 聯關と

▼ 入りすぐ~ (6, 0.1%)

1 に, に姿, 二階へ, 右手の, 眠る, 箸と

▼ 入りまでは~ (6, 0.1%)

5 何と 1 都合の

▼ 入り~ (6, 0.1%)

1 には咎, の住み, の心肝骨髄, は家, 跡絶えたる谷川, 黙る

▼ 入り~ (6, 0.1%)

1 と雌雄, の二人, の人々, の者等, は海岸線, 座は

▼ 入り或は~ (6, 0.1%)

1 世の中の, 又事, 命乞ひとて, 唐櫃の, 舊諸藩にて, 轉折の

▼ 入りたて~ (5, 0.1%)

1 に鉱山学, のころ, の一頃, の頃, はちと

▼ 入りでも~ (5, 0.1%)

1 して, するため, 活気は, 秀吉の, 隱せる

▼ 入りながらも~ (5, 0.1%)

1 いずれも, 亦舊友, 猶隱遁生活, 私には, 首を

▼ 入りにくく~ (5, 0.1%)

1 なった, なったらしく昨今, なって, ッて, 思われたり

▼ 入りにな~ (5, 0.1%)

2 つてし 1 つてお待ち下さいませ, つて斬り死になさる, つて錢形平次の

▼ 入り~ (5, 0.1%)

1 その三つみな, と覚ゆ, 厳かる, 罌粟の, 遠蛙

▼ 入りもう~ (5, 0.1%)

1 その以前, よかろう, 一つは, 出ようかと, 暮ても

▼ 入りよろし~ (5, 0.1%)

1 八九分だ, 大入補助沢山, 柳ゐなくなった, 補助が, 補助も

▼ 入り代っ~ (5, 0.1%)

1 て, ている, て他, て入っ, て女房達

▼ 入り~ (5, 0.1%)

1 うも, か話し, か風呂敷, か食, にか證據

▼ 入り~ (5, 0.1%)

2 になった 1 からさしこむ, にむいた, のそ

▼ 入り其の~ (5, 0.1%)

1 事情を, 人を, 庄屋の, 胸甲に, 間飮まず

▼ 入り~ (5, 0.1%)

1 と同じ, の主, の十四日, をここ, 尻を

▼ 入り~ (5, 0.1%)

2 預りの 1 金蔵から, 金藏から, 門番には

▼ 入り心地~ (5, 0.1%)

2 がよい 1 でしたよ, の好い, はわるく

▼ 入り悪く~ (5, 0.1%)

1 なし八分位, 七分といふ, 六分弱っ, 六分強といふ, 寒々と

▼ 入り悪し~ (5, 0.1%)

1 六分, 六分か, 六分五厘か, 六分強って, 当りま

▼ 入り~ (5, 0.1%)

1 でピノス島, でペリ, で八月九日, の年, の日

▼ 入り次いで~ (5, 0.1%)

2 信州に 1 地所や, 得業生と, 自分で

▼ 入り違い~ (5, 0.1%)

1 になっ, に上京, に入っ, に野口村長, は多分

▼ 入り難き~ (5, 0.1%)

1 か, に比しからむ, チベットに, 山径である, 非人共が

▼ 入りあるいは~ (4, 0.1%)

1 一新の, 地頭の, 実業に従い, 藩主の

▼ 入りいつも~ (4, 0.1%)

1 とは逆, の馴染み, 御褒美, 私を

▼ 入りきり~ (4, 0.1%)

1 だとか, で報告, になつ, の事

▼ 入りくん~ (4, 0.1%)

1 でい, でいる, で来る, で風浪

▼ 入りさうな~ (4, 0.1%)

1 のが, ものです, 声で, 家が

▼ 入りさうに~ (4, 0.1%)

1 この二上山, なりながら, なるので, 低かつ

▼ 入りさす~ (4, 0.1%)

2 娘だ 1 はずに, 筈に

▼ 入りさせた~ (4, 0.1%)

2 仲人の 1 が新吉, ばかりという娘

▼ 入りしたい~ (4, 0.1%)

1 って云う, とぞんじます, と思, と望ん

▼ 入りしばらく~ (4, 0.1%)

1 ここで, 世の中の, 道は, 黒沢口三合半日ノ出滝の

▼ 入りだった~ (4, 0.1%)

1 と言, はずでしょう, んです, 由

▼ 入りついに~ (4, 0.1%)

1 それが, 三方とも, 人を, 入蔵の

▼ 入りでは~ (4, 0.1%)

3 ない 1 ない六分

▼ 入りとうとう~ (4, 0.1%)

1 其処で, 外へ, 対陣の, 皆様も

▼ 入りなされ~ (4, 0.1%)

1 お十夜殿, こ, てしまいました, て懺悔

▼ 入り~ (4, 0.1%)

1 なである, なでは, ならしい女, なを

▼ 入りまざった~ (4, 0.1%)

1 ような, 虚栄心の, 表情で, 響きとが

▼ 入りまで~ (4, 0.1%)

1 まことに行儀, まだ大分時間, 五十三駅の, 附纏っ

▼ 入りみだれた~ (4, 0.1%)

1 かと思う, 有様だった, 足音が, 靴音が

▼ 入りわが~ (4, 0.1%)

1 体を, 歡迎の, 気力の, 魂その

▼ 入り一方~ (4, 0.1%)

1 に入らな, はあっけらかん, 卵巣より, 城下に

▼ 入り七分~ (4, 0.1%)

1 か, か兎, である, 強かどうも俄然悪く

▼ 入り下さいまし~ (4, 0.1%)

1 て, 加賀屋の, 御遠慮無し, 拙者は

▼ 入り~ (4, 0.1%)

1 からぐいぐい, から自分, から錠, の障子

▼ 入り代わり~ (4, 0.1%)

1 ぐらいに亮, にまわり, 立ち代わりたちまち, 立ち代わる客

▼ 入り参らせ~ (4, 0.1%)

31 候かしくな

▼ 入り又は~ (4, 0.1%)

2 能的表現を 1 五石入りの, 井戸を

▼ 入り~ (4, 0.1%)

1 に沿っ, に沿った, もあり, もあります

▼ 入り夕飯~ (4, 0.1%)

1 も済み, も済ん, を喰, を運ばれる

▼ 入り多く~ (4, 0.1%)

1 の事物, の寶物, の山, 今日も

▼ 入り座敷~ (4, 0.1%)

2 の襖 1 までも上つて, を変え

▼ 入り志願者~ (4, 0.1%)

2 の来訪 1 の訪問, は背かっこう

▼ 入り~ (4, 0.1%)

1 はこの, は彼女, をばサンタ夫人, 御仕置場

▼ 入り~ (4, 0.1%)

1 じまり, の懸, の透間, を閉

▼ 入り~ (4, 0.1%)

2 鳥越の 1 名詞と, 男爵邸に

▼ 入り既に~ (4, 0.1%)

1 して, ミッドウェーの, 密告される, 御所刑に

▼ 入り暫く~ (4, 0.1%)

1 して, 彼女の, 待って, 蘆荻の

▼ 入り~ (4, 0.1%)

1 も読まず, 氣で, 雅失里, 鼈甲の

▼ 入り~ (4, 0.1%)

1 によって夜, に向った, の上, の抽斗

▼ 入り~ (4, 0.1%)

1 と少し, の枕頭, はたつた, もし常に卵

▼ 入り水晶~ (4, 0.1%)

1 などと云っ, などの置き物, のやう, の虫

▼ 入り玄関~ (4, 0.1%)

1 からまっすぐ, からズカズカ中, の間, へかかった

▼ 入り~ (4, 0.1%)

1 にはつれない, に映る, の視力, をつむっ

▼ 入り~ (4, 0.1%)

1 二は, 二十四號以來全く, 六分冊までは, 四番目なり

▼ 入り~ (4, 0.1%)

1 ぐすりワカ末, より背, を満たし, んばっ

▼ 入り~ (4, 0.1%)

1 なきかと, に迷っ, は無い, も充分

▼ 入り部屋~ (4, 0.1%)

1 のなか, の中, の火影, へ帰り

▼ 入り~ (4, 0.1%)

1 から横通り, の戸, も鎖, を鎖め

▼ 入り~ (4, 0.1%)

1 がかっと, が真赤, が赤い, にはえる

▼ 入り~ (4, 0.1%)

1 ったよう, った模様, っている, り埃

▼ 入りあそばした~ (3, 0.0%)

1 のだ, もおなじ, 由に

▼ 入りかけ~ (3, 0.0%)

1 ている, てまた, の太陽

▼ 入りかた~ (3, 0.0%)

1 がうま, の意味, の日影さやか

▼ 入りかの~ (3, 0.0%)

1 岡に, 足跡を, 邪なる

▼ 入りがたい~ (3, 0.0%)

1 さりとて本朝櫻陰比事, 思いが, 物と

▼ 入りくみ絡み~ (3, 0.0%)

3 あつて

▼ 入りぐっすり~ (3, 0.0%)

1 と眠っ, 寝ましたね, 寝込んで

▼ 入りさうに二上山~ (3, 0.0%)

3 とこの

▼ 入りさっぱり~ (3, 0.0%)

1 して, とした, と髪

▼ 入りします~ (3, 0.0%)

1 ときにも, よ, 前に

▼ 入りすれ~ (3, 0.0%)

1 ばする, ばその, ばまた

▼ 入りせん~ (3, 0.0%)

1 か, ためと, のと

▼ 入りたまえ~ (3, 0.0%)

1 僕も, 入っても, 君たち

▼ 入りちがい~ (3, 0.0%)

1 にひ, に花世, に阿古十郎

▼ 入りである~ (3, 0.0%)

1 かが重大, か紅茶入り, のが

▼ 入りです~ (3, 0.0%)

1 か, からごらん, ね

▼ 入りどこ~ (3, 0.0%)

1 から逃出, か静か, までも追撃

▼ 入りなさいまし~ (3, 0.0%)

1 よ, よこんな, 母さんは

▼ 入りなすっ~ (3, 0.0%)

1 てお, ておく, てください

▼ 入りなども~ (3, 0.0%)

1 かうした共産的, 常識では, 恐らくこれ

▼ 入りぬる~ (3, 0.0%)

1 人の, 伏姫は, 磯の

▼ 入りぬれ~ (3, 0.0%)

1 ばすめり, ば明かなり, ば自ら世

▼ 入りびたつて~ (3, 0.0%)

1 おべん, その妹, 居た事

▼ 入りほどの~ (3, 0.0%)

1 塩瓶蓋も, 大きなふく, 手桶に

▼ 入りまえ~ (3, 0.0%)

1 に, の大事, まで癒

▼ 入りまたは~ (3, 0.0%)

1 まだ相手, 九州土佐あたりへも, 山に

▼ 入りやう~ (3, 0.0%)

1 はない, は無い, もありません

▼ 入りやっぱり~ (3, 0.0%)

1 よろし, 大満員, 昨日は

▼ 入りやはり~ (3, 0.0%)

2 淋し 1 九分といふ

▼ 入り~ (3, 0.0%)

1 らんで, ホホホ, 火に

▼ 入りようやく~ (3, 0.0%)

1 二時近くに, 卒業し, 碓氷峠にまで

▼ 入りわけ~ (3, 0.0%)

1 はまた, を打ち開け, を知っ

▼ 入り一人~ (3, 0.0%)

1 の婢, は屋根伝い, は死ぬ

▼ 入り一寸~ (3, 0.0%)

1 意外である, 手帳を, 薄い

▼ 入り七分弱~ (3, 0.0%)

1 か, かとても, どうも困った

▼ 入り七分強~ (3, 0.0%)

21 であらう

▼ 入り七分強位~ (3, 0.0%)

1 か, かどうも, に見えた

▼ 入り九分弱~ (3, 0.0%)

21 といふところ

▼ 入り~ (3, 0.0%)

1 りたづきあらなくに, り氷雨, 極まれば

▼ 入り事件~ (3, 0.0%)

1 くさいです, というの, ばかりじゃない

▼ 入り今夜~ (3, 0.0%)

1 は京都行, は八分, もギッシリ

▼ 入り仔細~ (3, 0.0%)

1 にその, を明かし, を話す

▼ 入り代り立ち代り~ (3, 0.0%)

1 おかしな奴, やつて, 雑作なく

▼ 入り以来~ (3, 0.0%)

2 名高い回向院 1 次第に乱れ

▼ 入り來ら~ (3, 0.0%)

1 ざる以前, ずしかも, ぬ私

▼ 入り八分位~ (3, 0.0%)

21 か今夜

▼ 入り八分強~ (3, 0.0%)

21 といふところ

▼ 入り其処~ (3, 0.0%)

1 から板塀, でハイカラ, に定住

▼ 入り内側~ (3, 0.0%)

1 から戸締り, から門, より扉

▼ 入り初め~ (3, 0.0%)

1 で同時に, の鳳来寺, ひどく悪い

▼ 入り友仙~ (3, 0.0%)

3 の雨

▼ 入り~ (3, 0.0%)

1 に曲つた通り, の方, の生老病死

▼ 入り~ (3, 0.0%)

1 く明霞, じき十月十三日上野多胡の, 囚の

▼ 入り~ (3, 0.0%)

1 を亮, を告げ, を自得

▼ 入り奉る~ (3, 0.0%)

1 ぐらいのこと, とは上書, 訳で

▼ 入り~ (3, 0.0%)

1 刻, 刻の, 熊が

▼ 入り子供~ (3, 0.0%)

1 のよぶ, をもうける, を抱き起す

▼ 入り小屋~ (3, 0.0%)

2 を作り 1 を掛け

▼ 入り少し~ (3, 0.0%)

1 も客, 休ませて, 客席に

▼ 入り居り~ (3, 0.0%)

1 とも, ともさ, 人さはに

▼ 入り~ (3, 0.0%)

1 で蘆荻ところどころ, の流れ, またこれ

▼ 入り~ (3, 0.0%)

1 に出, に曲り, の方

▼ 入り~ (3, 0.0%)

2 でまして 1 ひ開けたま

▼ 入り~ (3, 0.0%)

1 についた, に入ります, を取らせる

▼ 入り患者~ (3, 0.0%)

3 の失踪事件

▼ 入り~ (3, 0.0%)

1 に流れ, の廊下, へ行くべき

▼ 入り~ (3, 0.0%)

1 になっ, になり, にぶっ

▼ 入り次に~ (3, 0.0%)

1 は年, 懼れ, 源吉が

▼ 入り死骸~ (3, 0.0%)

2 から匕首 1 と一緒

▼ 入り~ (3, 0.0%)

1 を不潔, を汲ん, を頂き

▼ 入り混じった~ (3, 0.0%)

1 まなざしであった, 状態の, 眼つきで

▼ 入り~ (3, 0.0%)

1 の燠, を放った, を焚かん

▼ 入り~ (3, 0.0%)

3 の匂

▼ 入り~ (3, 0.0%)

1 ひしより, へといふ事也, へば室内

▼ 入り益々~ (3, 0.0%)

1 よく補助, よし, 悪し六分弱

▼ 入り~ (3, 0.0%)

2 八が 1 に離縁

▼ 入り立ち~ (3, 0.0%)

1 が浅く, て漕ぎ, 多き満員

▼ 入り自分~ (3, 0.0%)

1 が食い得る, の着替, の着物

▼ 入り~ (3, 0.0%)

1 がある, と比べ, にほぼ

▼ 入り軽く~ (3, 0.0%)

2 一杯やっ 1 お化粧

▼ 入り込み~ (3, 0.0%)

1 の地方, の場合, の場所

▼ 入り連中~ (3, 0.0%)

1 ということ, をあて込み, を相手

▼ 入り遊ばし~ (3, 0.0%)

1 てお, てから蔭膳, てとり乱し

▼ 入り遊ばした~ (3, 0.0%)

1 のでめまい, のを, ように

▼ 入り~ (3, 0.0%)

1 を出し, を續けた, を飲む

▼ 入り電燈~ (3, 0.0%)

1 をつけ, を再び, を消し

▼ 入り青梅~ (3, 0.0%)

2 の単 1 の片

▼ 入り~ (3, 0.0%)

1 のする, のせぬ, も立てず

▼ 入り食事~ (3, 0.0%)

2 をし 1 をすます

▼ 入りあたり~ (2, 0.0%)

1 であると, は日

▼ 入りあっちこっち~ (2, 0.0%)

1 と土, 見て

▼ 入りあと~ (2, 0.0%)

1 の丘, の者

▼ 入りあの~ (2, 0.0%)

1 とおり近江屋から, 遮る物

▼ 入りあれ~ (2, 0.0%)

1 ここへ, ばあと

▼ 入りいつ~ (2, 0.0%)

1 でも臨機, までもいつ

▼ 入りいろいろ~ (2, 0.0%)

1 すれど, の堂

▼ 入りうち~ (2, 0.0%)

1 のもの, の時計

▼ 入りお茶~ (2, 0.0%)

1 どきに, をのみ

▼ 入りかという~ (2, 0.0%)

1 ことが, のじゃ

▼ 入りかなり~ (2, 0.0%)

1 タンノウし, 奥の

▼ 入りがけ~ (2, 0.0%)

1 に, に茶袋

▼ 入りがたき~ (2, 0.0%)

1 この林, 雑艸の

▼ 入りがたく~ (2, 0.0%)

1 候えども, 候へども

▼ 入りきたらぬ~ (2, 0.0%)

2 ように

▼ 入りくださいましたら~ (2, 0.0%)

2 すぐお

▼ 入りくださいます~ (2, 0.0%)

1 よう, ように

▼ 入りくみかた~ (2, 0.0%)

1 をし, を考え

▼ 入りけむ~ (2, 0.0%)

1 行けども, 語る人

▼ 入りこめない~ (2, 0.0%)

1 からそこで, 洞窟や

▼ 入り~ (2, 0.0%)

1 常用の, 自分が

▼ 入りごみ~ (2, 0.0%)

1 に諏訪, の客

▼ 入りさう~ (2, 0.0%)

1 な風采, になつ

▼ 入りさせました~ (2, 0.0%)

2 がどこ

▼ 入りされた~ (2, 0.0%)

1 ものと, 三年前からの

▼ 入りざま~ (2, 0.0%)

1 に, ひと腰

▼ 入りしかし~ (2, 0.0%)

1 拭くこと, 緑雨驚かない

▼ 入りしばし~ (2, 0.0%)

1 の休, 密談を

▼ 入りしました~ (2, 0.0%)

1 が可哀想, といいます

▼ 入りしもの~ (2, 0.0%)

1 一等に, 国貞が

▼ 入り~ (2, 0.0%)

1 がたに, や

▼ 入りすべて~ (2, 0.0%)

1 のユンケル, の出入口

▼ 入りそっと~ (2, 0.0%)

1 息を, 抜出して

▼ 入りその後~ (2, 0.0%)

1 この門, 間もなく死んでしまつた

▼ 入りだらう~ (2, 0.0%)

1 との説, と思ったら

▼ 入りっきり~ (2, 0.0%)

1 でさ, に入りたい

▼ 入りつけ~ (2, 0.0%)

1 の喫茶店, の家

▼ 入りつつも~ (2, 0.0%)

1 よろこびてを, 刀尋段々

▼ 入りてこそ~ (2, 0.0%)

2 紅粉をも

▼ 入りてを~ (2, 0.0%)

1 どりあ, どりうた

▼ 入りでない~ (2, 0.0%)

1 のでしょう, よ

▼ 入りでなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばならない, ば吸えない

▼ 入りといふ~ (2, 0.0%)

1 のを, 前の

▼ 入りとして~ (2, 0.0%)

1 はい, 弟子師匠と

▼ 入りとの~ (2, 0.0%)

1 ことお, 関聯し

▼ 入りどう~ (2, 0.0%)

1 いふ本, か權六

▼ 入りながらという~ (2, 0.0%)

1 ような, 次第で

▼ 入りなさいます~ (2, 0.0%)

2 のが

▼ 入りなさりませ~ (2, 0.0%)

1 御浪人様, 香水を

▼ 入りなさる~ (2, 0.0%)

1 やうに, んだ

▼ 入りなされる~ (2, 0.0%)

1 につけ, のは

▼ 入りなすった~ (2, 0.0%)

1 の, のでございます

▼ 入りなど~ (2, 0.0%)

1 して, するが

▼ 入りなどは~ (2, 0.0%)

1 しょせん夢, 一こう

▼ 入りなんて~ (2, 0.0%)

1 丸の内には, 言わないで

▼ 入りについては~ (2, 0.0%)

2 色々と

▼ 入りばかり~ (2, 0.0%)

1 でなく今回, 気に

▼ 入りひどい~ (2, 0.0%)

1 もの, 惡弊も

▼ 入りひどし~ (2, 0.0%)

1 といふ, 六分

▼ 入りまず~ (2, 0.0%)

1 宮門に, 身を

▼ 入りまもなく~ (2, 0.0%)

1 また邸内, 月輪の

▼ 入りまるで~ (2, 0.0%)

1 なし, 泥坊の

▼ 入りより~ (2, 0.0%)

1 別室を, 前に

▼ 入りわるし~ (2, 0.0%)

1 六分か, 四分か

▼ 入りアダリン~ (2, 0.0%)

1 のむ, をのんだ

▼ 入りコーヒー~ (2, 0.0%)

1 のむ夕立, を二杯

▼ 入りパン~ (2, 0.0%)

1 をかじり出す, を出し

▼ 入りメリンス~ (2, 0.0%)

2 の帯

▼ 入りラサ府~ (2, 0.0%)

1 において確か, へ帰っ

▼ 入り一日~ (2, 0.0%)

1 まず大, も早く

▼ 入り一時~ (2, 0.0%)

1 は御, 迄ねる

▼ 入り七分位~ (2, 0.0%)

1 か, だが

▼ 入り~ (2, 0.0%)

1 の座, の方二間

▼ 入り下枝~ (2, 0.0%)

1 が臥したる, は居らず

▼ 入り~ (2, 0.0%)

1 六波羅を, 水衝撃滾

▼ 入り久しく~ (2, 0.0%)

1 待望し, 腐るもの

▼ 入り久野~ (2, 0.0%)

2 といふ女房

▼ 入り乍ら~ (2, 0.0%)

1 よく改心, 互に山

▼ 入り乍ら自分~ (2, 0.0%)

1 の一生, の身の上

▼ 入り九分九厘~ (2, 0.0%)

1 といふところ, 迄行った

▼ 入り二階~ (2, 0.0%)

1 に飛, に飛び

▼ 入り交ら~ (2, 0.0%)

1 せ, なかった

▼ 入り今更~ (2, 0.0%)

1 のごとく, 精髄に

▼ 入り~ (2, 0.0%)

1 に入る, を出

▼ 入り仕事~ (2, 0.0%)

1 にか, をせね

▼ 入り代り立ち~ (2, 0.0%)

1 かわりする, かわり色んな

▼ 入り代わっ~ (2, 0.0%)

1 て帰る, て行く

▼ 入り~ (2, 0.0%)

2 て不慣れ

▼ 入り伊弥彦明神~ (2, 0.0%)

2 を拝

▼ 入り何だか~ (2, 0.0%)

1 わけの, 紫色の

▼ 入り何事~ (2, 0.0%)

1 に就, をか長らく

▼ 入り便所~ (2, 0.0%)

1 に飛びこん, へ入った

▼ 入り信長~ (2, 0.0%)

1 の前, を窺

▼ 入り候え~ (2, 0.0%)

2 ば切腹

▼ 入り先ず~ (2, 0.0%)

1 一椅子を, 西洋の

▼ 入り全く~ (2, 0.0%)

1 人民の, 十割以上の

▼ 入り八分~ (2, 0.0%)

1 か, といふところ

▼ 入り八分弱~ (2, 0.0%)

1 か, つひに

▼ 入り六分強位~ (2, 0.0%)

1 でハリアヒ, で空席沢山

▼ 入り共に~ (2, 0.0%)

1 宗教行事に, 鳥獣を

▼ 入り其所此所~ (2, 0.0%)

1 を見廻す, 見れば

▼ 入り~ (2, 0.0%)

2 には挑燈

▼ 入り冷房~ (2, 0.0%)

1 で一いき, を味

▼ 入り~ (2, 0.0%)

2 棄置たる

▼ 入り剃刀~ (2, 0.0%)

1 のよう, を逆手

▼ 入り~ (2, 0.0%)

1 をあせった, 成り名

▼ 入り医者~ (2, 0.0%)

1 になろう, の前

▼ 入り去る~ (2, 0.0%)

1 のでなく, ものあり

▼ 入り~ (2, 0.0%)

1 に入った, に入り込み

▼ 入り合い~ (2, 0.0%)

2 の草刈り場所

▼ 入り合せ~ (2, 0.0%)

1 て百箱, にかつ

▼ 入り同じ~ (2, 0.0%)

1 手段にて, 花瓶に

▼ 入り同じく~ (2, 0.0%)

1 三島町に, 勤王の

▼ 入り同時に~ (2, 0.0%)

1 母校の, 自分で

▼ 入り~ (2, 0.0%)

2 を吐き

▼ 入り四本目~ (2, 0.0%)

2

▼ 入り~ (2, 0.0%)

1 をけずり, を以て塗り塞ぎ

▼ 入り~ (2, 0.0%)

1 若返って, 若返つて

▼ 入り夜中~ (2, 0.0%)

1 にかぎり, 逃げ出して

▼ 入り大いに~ (2, 0.0%)

1 客懐を, 美味く食べた

▼ 入り大学~ (2, 0.0%)

1 は再びひっそり, を経

▼ 入り~ (2, 0.0%)

1 から歐羅巴, より紀伊海峽

▼ 入り~ (2, 0.0%)

1 つり候全く, つり候呉

▼ 入り奉つる~ (2, 0.0%)

1 何卒彼方, 是に

▼ 入り~ (2, 0.0%)

1 にいる, に通れ

▼ 入り好き~ (2, 0.0%)

1 なところ, 程の所

▼ 入り宇太八~ (2, 0.0%)

2 は世

▼ 入り~ (2, 0.0%)

2 のうち

▼ 入り~ (2, 0.0%)

1 がチョン, に帰っ

▼ 入り家尻~ (2, 0.0%)

2 を切っ

▼ 入り~ (2, 0.0%)

1 氣味よき, 都会や

▼ 入り居間~ (2, 0.0%)

1 の箪笥, の縁

▼ 入り~ (2, 0.0%)

1 から下る, のけしき水

▼ 入り~ (2, 0.0%)

1 の寵幸, の胤

▼ 入り平次~ (2, 0.0%)

1 と八五郎, の手

▼ 入り幾度~ (2, 0.0%)

1 かまた, か差押え

▼ 入り度い~ (2, 0.0%)

1 から甲種商業學校出, などといふ好

▼ 入り庵室~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 入り~ (2, 0.0%)

1 き墓地, ごる

▼ 入り~ (2, 0.0%)

1 の家, の頓五郎

▼ 入り彼女~ (2, 0.0%)

1 が聖愛, の霊魂

▼ 入り彼等~ (2, 0.0%)

1 に物言, の飢えた

▼ 入り~ (2, 0.0%)

2 を穿つ

▼ 入り志望~ (2, 0.0%)

1 に一匁分倹約, の手紙

▼ 入り怪しげ~ (2, 0.0%)

1 なる草廬, な飯盛

▼ 入り悠々~ (2, 0.0%)

1 と地下, 千里を

▼ 入り我ら~ (2, 0.0%)

1 が主君, の話

▼ 入り~ (2, 0.0%)

1 のない, を見立て

▼ 入り~ (2, 0.0%)

1 を閉めた, を閉める

▼ 入り~ (2, 0.0%)

1 に詩稾, をくぐり

▼ 入り手さぐり~ (2, 0.0%)

1 で電灯, に王

▼ 入り手代~ (2, 0.0%)

2 が一人

▼ 入り揉む~ (2, 0.0%)

2 雪おろしの

▼ 入り~ (2, 0.0%)

2 れた

▼ 入り~ (2, 0.0%)

1 杉浦重剛氏の, 空ながら

▼ 入り~ (2, 0.0%)

1 の物頭, を目近

▼ 入り新潟~ (2, 0.0%)

2 にて

▼ 入り~ (2, 0.0%)

1 市街に, 日の

▼ 入り易き~ (2, 0.0%)

1 の故, 表現という

▼ 入り昨日~ (2, 0.0%)

1 の禮, より少々

▼ 入り昼寝~ (2, 0.0%)

1 して, をした

▼ 入り時に~ (2, 0.0%)

1 大音, 魯中に

▼ 入り~ (2, 0.0%)

2 を北向雲竹

▼ 入り最後~ (2, 0.0%)

1 に本隊, に武甲山

▼ 入り~ (2, 0.0%)

1 がでた, が出

▼ 入り本妻亡き後~ (2, 0.0%)

1 は奥方同様, は奧方

▼ 入り本当に~ (2, 0.0%)

1 価値の, 眠るの

▼ 入り本院~ (2, 0.0%)

2 を一周

▼ 入り来っ~ (2, 0.0%)

1 て羅馬化, て鶴見

▼ 入り来った~ (2, 0.0%)

1 のは, 蛇が

▼ 入り来りし~ (2, 0.0%)

1 こそ云ふよ, ものも

▼ 入り~ (2, 0.0%)

1 のところ, の蓋

▼ 入り椅子~ (2, 0.0%)

2 に腰

▼ 入り次第に~ (2, 0.0%)

1 惡化し, 深入りし

▼ 入り~ (2, 0.0%)

1 にヨザフアート物語, の寺

▼ 入り~ (2, 0.0%)

2 んど

▼ 入り殊に~ (2, 0.0%)

1 尺牘の, 老年にでも

▼ 入り~ (2, 0.0%)

1 のしずまる, を悪く

▼ 入り法王~ (2, 0.0%)

1 の足, を助け

▼ 入り流れ~ (2, 0.0%)

1 たり乱れ立つ, たり亂

▼ 入り深く~ (2, 0.0%)

1 なりますから, 人生に

▼ 入り混ら~ (2, 0.0%)

2 せて

▼ 入り~ (2, 0.0%)

1 と遊ぶ, のオモチャ

▼ 入り湯たんぽ~ (2, 0.0%)

1 をつくっ, を足

▼ 入り~ (2, 0.0%)

1 をめぐる, を一々

▼ 入り満員~ (2, 0.0%)

1 でも何だか, なり

▼ 入り溺死~ (2, 0.0%)

1 するもの, たるもの也

▼ 入り漸次~ (2, 0.0%)

1 にその, 東へと

▼ 入り~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 入り爾後復~ (2, 0.0%)

2 た直接

▼ 入り牛乳~ (2, 0.0%)

1 ですよ, はあの

▼ 入り現場~ (2, 0.0%)

1 をつぶさに, を見届けよう

▼ 入り男女~ (2, 0.0%)

2 の間

▼ 入り直ぐ~ (2, 0.0%)

1 船橋に, 駅前一町の

▼ 入り~ (2, 0.0%)

1 の平和, の自主性

▼ 入り~ (2, 0.0%)

1 に入った, を覚し

▼ 入り~ (2, 0.0%)

1 の御前, を礼

▼ 入り~ (2, 0.0%)

1 からの明り, を開け

▼ 入り窓際~ (2, 0.0%)

1 に潜みいる, のところ

▼ 入り米久牛肉店~ (2, 0.0%)

2 にて夕飯

▼ 入り給はん~ (2, 0.0%)

1 と申さる, には味方

▼ 入り~ (2, 0.0%)

1 ざらひ, 稽古

▼ 入り~ (2, 0.0%)

1 二十三日の, 四日の

▼ 入り老人~ (2, 0.0%)

1 の左側, の日

▼ 入り~ (2, 0.0%)

1 のうしろ, へ入り

▼ 入り~ (2, 0.0%)

1 から鉈豆煙管, を下し

▼ 入り腰掛~ (2, 0.0%)

1 で茶, に時間

▼ 入り臥す~ (2, 0.0%)

2 隣原

▼ 入り自然~ (2, 0.0%)

1 の運動, を楽しむ

▼ 入り~ (2, 0.0%)

1 で三河, に乗りこむ

▼ 入り~ (2, 0.0%)

1 の廻廊, へ突き抜け

▼ 入り親しく~ (2, 0.0%)

1 宗謙禅師に, 教を

▼ 入り~ (2, 0.0%)

1 も喋る, を当て

▼ 入り諸所~ (2, 0.0%)

1 から火, へ火

▼ 入り諸方~ (2, 0.0%)

2 の井戸

▼ 入り農民~ (2, 0.0%)

1 の生活, の自覚

▼ 入り過去~ (2, 0.0%)

1 のこと, の一切

▼ 入り達二~ (2, 0.0%)

2 はあの

▼ 入り違った~ (2, 0.0%)

1 時広, 茂の

▼ 入り遠く~ (2, 0.0%)

1 野へ, 離れた淋しい

▼ 入り遺言状~ (2, 0.0%)

1 でも捜し出し, でも搜

▼ 入り鉄砲~ (2, 0.0%)

2 に出

▼ 入り長い~ (2, 0.0%)

1 旅を, 繩で

▼ 入り長く~ (2, 0.0%)

2 なる

▼ 入り長崎~ (2, 0.0%)

1 に帰る, の唐木屋利七

▼ 入り間もなく~ (2, 0.0%)

1 何事か, 死んだ

▼ 入り~ (2, 0.0%)

1 の梯子段, の深まり

▼ 入り闘諍~ (2, 0.0%)

2 しばらくも

▼ 入り階下~ (2, 0.0%)

2 に響く

▼ 入り階段~ (2, 0.0%)

1 の中途, を数歩

▼ 入り~ (2, 0.0%)

1 の正, を一時間手

▼ 入り~ (2, 0.0%)

1 かつたら, かるべしとて

▼ 入り難く~ (2, 0.0%)

1 して, 候へども

▼ 入り難し~ (2, 0.0%)

1 といへ, と憚ら

▼ 入り雪駄~ (2, 0.0%)

2 を縁

▼ 入り雷公~ (2, 0.0%)

2 になり

▼ 入り電球~ (2, 0.0%)

1 でうけ, の下

▼ 入り靴下~ (2, 0.0%)

2 をはいた

▼ 入り頗る~ (2, 0.0%)

1 よく昼夜, 聞栄あり

▼ 入り頭巾~ (2, 0.0%)

1 のすき, をあわて

▼ 入り~ (2, 0.0%)

1 は毎日かわり, を得

▼ 入り風呂~ (2, 0.0%)

1 に入り, の底

▼ 入り~ (2, 0.0%)

1 ですが, にトロロコブ

▼ 入り~ (2, 0.0%)

1 だけを出し, を大将

▼1* [1839件]

入りああいう作品, 入りあくがれゆかむ, 入りあそばさるるというご, 入りあそばされけれども鎌倉近辺, 入りあそばされたのであった, 入りあそばして, 入りあそばしたら一刻も, 入りあそばせおこたが, 入りあたたかいココアを, 入りあたり一面は黄昏, 入りあちらこちらに, 入りあと六カ月のはず, 入りあな恋し嬉しなど, 入りあなたの霊, 入りあまりパッとしない, 入りあらせましたように, 入りあり適当に, 入りありましては危険至極, 入りあわた, 入りあんなものに, 入りいい香が, 入りいかさまあの通り, 入りいかなる濶大なる, 入りいかに寂寞として, 入りいかにも不思議なれ, 入りいきなりわたくしの, 入りいくらか上る, 入りいたしたが紀州, 入りいつかニュース映画で兵隊, 入りいねちゃん赤い箸, 入りいまは応召中, 入りいまだに下級社員に, 入りいよいよその風貌, 入りうしろの襖, 入りうむをいわせず, 入りうれしくてお, 入りおなじく安来節, 入りおもしろさも, 入りおる由承わり, 入りお願い致しまして, 入りかかる夕日が, 入りかくて隱, 入りかくかくという響, 入りかくして我を, 入りかけてるのに仕様, 入りかしこここと探り, 入りかつ銀行に, 入りかつてマルシーアを, 入りかよひ来ね, 入りがたがたのフォード, 入りがっしりと満員, 入りがねえっていうん, 入りがぶがぶと水, 入りたりわずか, 入りきたりし女を, 入りきぬ詭計や陥穽, 入りきのうの雷雨, 入りぎっしり簷を, 入りくさい観を, 入りくださいませいけませんお天気, 入りくみ絡みあ, 入りくみ絡みあって深々, 入りくらいの壷で, 入りくりになっ, 入りぐちが解らなく, 入りぐち近く逃げて, 入りぐらいな飯鉢の, 入りぐらゐの口の大きな, 入りぐッと一つ, 入りもの臭し, 入りけむといへば, 入りけらし, 入りけり仏桑華, 入りけるが樹, 入りければ地勢, 入りこいつは面, 入りこうした運命を, 入りこそは延年舞に, 入りこちらを見返り, 入りことに馬の, 入りこの大きな樋の, 入りこれから写生を, 入りこんな工合に, 入りさうたなつたので, 入りさうだぜ, 入りさきのりっぱな住まい, 入りさしたんだ, 入りさしみにする, 入りさせたらいいでしょう, 入りさせなければ駄目, 入りさせようといま, 入りさせられるやうに, 入りさそうとして苦心, 入りさま些かな, 入りさま物をもいわず, 入りざつと半年暮しましたが, 入りざまそこに今, 入りざまぴたと襖を立籠め, 入りざまチューブが声, 入りざま偶と目, 入りざま沓脱に立ち, 入りしかど教科書, 入りしかして骨骸は, 入りしかばよき序, 入りしたら直ぐに, 入りしだいすぐ知らせる, 入りしてる人で, 入りしなくちやならない, 入りしるこを食っちまった, 入りしんに疲れ, 入りじっくりとそれ, 入りすぎはしません, 入りすしつまんだが, 入りすなわち地に, 入りすべき家は, 入りすべて元のとおり, 入りすらも半分以下で, 入りずっと首席であった, 入りにゃならない, 入りせしに吾, 入りせっかく弁口を, 入りせっせと土を, 入りせぬ以前まだ, 入りこの場, 入りそうして自分の, 入りそこなえば又, 入りそつと拔出, 入りそのうち放浪時代から, 入りそのまますぐ城門へ, 入りその他有らん限り皿, 入りその後代々信仰がつづいた, 入りその後倫敦のユニヴァーシチー・カレッジ, 入りそびれてまた, 入りそれでもって居りました, 入りそれとなくストライキを, 入りそれに加うる, 入りそれにしても容れもの, 入りそんなふうに四隻ずつ, 入りかッ, 入りたしといつたやうな, 入りただ無限の, 入りたてミシン場で働いた, 入りたまいしなりとぞ, 入りために語尾, 入りたりと覺ゆ又, 入りだけに除去が, 入りだけは婿入に, 入りだそうなどこ, 入りちゃんと受けて, 入りちょっと私の, 入りや追, 入り救助を, 入りついでいろいろの, 入りつぎの瞬間, 入りつつぞ居る, 入りつづきでほくほくもの, 入りてからその活用以前, 入りてぞ詫ける, 入りてながむれば, 入りでありますから美味しい, 入りできたが哀れ, 入りできない不具者な, 入りできぬ日この, 入りできるだけ曲がりくねった方向, 入りでござんしょうぞなあ, 入りでなくほんとにその, 入りというのもまんざらうそ, 入りとかいって, 入りとどかねば啼かぬ, 入りとは分らない, 入りともに秩序に, 入りとらはれの, 入りと共にわしの, 入りどうして抜けでたの, 入りどうせこんな所, 入りどうにかうとうとする頃, 入りどころで無い, 入りどやどやと不満, 入りないのは, 入りなかなかの絶景, 入りなかなかよく歩きまわった, 入りなぎさこぐふねは, 入りなさいましたとは受取り, 入りなさりはしまい, 入りなされたのだ, 入りなされませと平生, 入りなさろうというお, 入りなどと言うこと, 入りなどを願う筈, 入りなにがあっ, 入りなにやら疑わしき不思議, 入りなるもの近年全然, 入りなるべくハリ切らん, 入りなれば上, 入りなんか止しに, 入りなんかでもどったとき, 入りなんぞッて, 入りなん道は後, 入りにくげならずゐ, 入りにくうございます, 入りにくかった, 入りにもならないといふ, 入りぬらむとおもほゆる夕映と, 入りのちのちの準備, 入りのにぎりめし作らせ, 入りのんきにした, 入りのんびりして, 入りはさみをもっ, 入りはじめに飛びこん, 入りはじめて北の, 入りばかりの小壜, 入りばたんばたんと, 入りばらや菊花, 入りひいては地球の, 入りひがしへ向った, 入りひそかに鉱脈, 入りひっそりとし, 入りひとり泳げば, 入りひどくい, 入りひょっとすると, 入りびたしにいる, 入りびたつてゐた兄やその, 入りびたつてゐられては面白くなからう, 入りびたつてドリアンが空腹, 入りびたつてハンコほりの真似, 入りびたつて澁茶で腹, 入りびたりで賭博, 入りふた葉の, 入りぶるぶると身ぶるい, 入りほどなく東京を, 入りまことに涼しい, 入りませるほどいと, 入りまだ畳んでない床, 入りまでには飛騨川越え, 入りまでもして, 入りみたいな姿, 入りみだれさざめき合った騒ぎであった, 入りみだれる戦場に, 入りみんながいつも, 入りみんな裸になっ, 入りむしろ確実な, 入りむんずと両獣, 入りと一人, 入りめっきりへばり, 入りもとのホーヘイ工廠, 入りものにならなかった, 入りももんがあのよう, 入りやがつたな, 入りやがてもう来年は, 入りやすいいい伝えにも, 入りやや反抗的な, 入りよし芝居は, 入りよしや入れて, 入りよもやと思う, 入りよりはまた四十何年, 入りよりも高価に, 入りよろしく補助満である, 入りらしく思われてきた, 入りわたくしには川, 入りわたしの弟分, 入りわりによし, 入りわりによく笑った, 入りをと白す, 入りを以て境と, 入りアイスコーヒーをのみ, 入りアエネアス城より出でし, 入りアカイア勢の陣中, 入りアキルリュウスの膝, 入りアケロンテスティージェフレジェトンタとなり, 入りアドルムの眠り, 入りアド三服みて, 入りアンマをとり, 入りイナゴとなる, 入りウイスキーを贈っ, 入りウトウトしかけた頃, 入りオクナイサマの神棚, 入りオスキルムと云, 入りカンプベッドの上, 入りガスカの軍隊, 入りガゼン落ちて, 入りガラスがはまっ, 入りキリストが十字架, 入りギリシアおよびローマ, 入りクサる, 入りクリストその代理者, 入りクリスマスの為め, 入りケチな出世, 入りケムブリッジやオックスフォド, 入りゲネラルを殺す, 入りコオヒイを飲み, 入りゴーチエーの如く, 入りサギにか, 入りサトリをひらいた, 入りサモア流に車座, 入りサロメチールをぬっ, 入りシナ東南に当たり, 入りジョアンが二条城, 入りスエ子は小学, 入りスツットガルトハイデルベルヒケルンを経, 入りストーヴに火, 入りスネで浮世, 入りスペイン人が初めて, 入りスペイン人軍隊の間, 入りスヰフト教授の航空学, 入りスープとチキン, 入りスープコロッケポークチャップと食, 入りセリフ少しやりかけ, 入りダンシングチームの, 入りダンス入りで通す, 入りチベットの茶, 入りチャプスイだ, 入りチョコレートを贈っ, 入りチョッと立っ, 入りチロルからウイン, 入りヂェノアかナポリ, 入りて言います, 入りッこはない, 入りッ切りになっ, 入りツル子を細帯, 入りヅツクの旅行鞄, 入りテーブルに倚, 入りテーマも本気, 入りトビスのサッシャ・ギトリー主演, 入りトンネルを抜け, 入りドーバー海峡越しに英本土, 入りニュース他二本, 入りネクタイと郵便物入れ, 入りハックションと遣った, 入りハネも十時二十五分, 入りハムエグスを食ってる, 入りハムレットが幕, 入りバスは右, 入りヒゲを剃る, 入りビクター脱退五人組の但し, 入りピラミッドを見る, 入りフランスを中心, 入りペルー総督となった, 入りペーネーオスに注げ, 入りホテル・マウレーに入, 入りホースで水, 入りポウセ童子は岸, 入りポートセツトにて石炭, 入りマダガスカルから紅海, 入りマダムを終, 入りマヂオル湖に沿う, 入りマルヌの戦闘, 入りミノタウロスを殺せり, 入りミルクが供え, 入りメイヨ川とマククェスチョン川, 入りメキシコの僧院, 入りモンスーンの大, 入りラッサの近く, 入りララの事, 入りランプを灯し, 入りレンズの前, 入りレーテの川, 入りロオザは拿被里, 入りロッパ青春部隊の実演, 入りかかえの, 入り一ころ日本中が赤く, 入り一たびは烟, 入り一たび其琴を弾ずる, 入り一一四一年に死す, 入り一仏塔に至り, 入り一件かもしれない, 入り一八六四・七メートルの牧場, 入り一函二銭五厘後には三銭, 入り一台以上の格, 入り一同神妙な回向, 入り一命を捨てる, 入り一品洋食が交, 入り一回目の入り, 入り一夜を共に, 入り一天雲なく明月玻窓, 入り一家中日傭に出, 入り一山の嶺, 入り一年半ばかりい, 入り一年模範的な休養, 入り一心不乱鋭意不撓, 入り一應現場を調べた, 入り一日半掌の米, 入り一時中國傳來の雅樂, 入り一時右太衛門, 入り一時間も登る, 入り一朱とはどう, 入り一種のフィヨルド, 入り一箱十片半の, 入り一粒種の君子, 入り一緒に泳い, 入り一通長屋を見廻す, 入り一道士を銜, 入り一道楽やって, 入り一隻を漕ぎ還った, 入り一駅の人馬鶏犬, 入り七代の主人, 入り七八月の炎暑, 入り七分弱位ガーンと, 入り七十六日目の朝, 入り七度被為在, 入り七時まで, 入り七時近くから十一時半, 入り七歳冠をうけ, 入り万が一にも御, 入り万一の用, 入り三つばかり食っ, 入り三ヶ日の景気, 入り三共へ一寸入り中力, 入り三分四十五秒ののち, 入り三十五年にはもう, 入り三十五年二月までそこ, 入り三十日に野口君, 入り三千円の一時, 入り三千箱一万五千円であること, 入り三右衛門を喰い殺した, 入り三年間にて修了, 入り三晩四晩明かして, 入り三月も出勤, 入り三条車町の旧, 入り三段抜きで仰々しく, 入り三瀬を越え, 入り三男の徳斎, 入り三番叟がすむ, 入り三角点九七三へ登る, 入りにあがろう, 入り上士が下士, 入り上框に立ちました, 入り上野信濃を經, 入り下さるお邸, 入り下五十沢上五十沢の部落, 入り下女に案内, 入り下草を敷い, 入り下谷の池, 入り下駄を脱ぐ, 入り不幸にし, 入り不思議な感じ, 入り世男第七位, 入り両人は真個, 入り両人別れ別れになり, 入り両国橋の北詰, 入り中力で一寸買, 入り中原さんの宅, 入り中学校を出, 入り中山延見子, 入り中河をベストメンバー, 入り中食を求め, 入り丸山夢路が入る, 入り丹尾は酒, 入り主として和歌俳句写生文を, 入り主上を奉迎, 入り主人が剃刀, 入り乃至留まる場合, 入りを遡り, 入り乍ら十二月の近い, 入り乍ら問ひかけました, 入り乍ら寺住の身, 入り乍ら蟋蟀を聴く, 入り乗出す膝頭に, 入り九時半には起こし, 入り九時四十分偃松帯に達し, 入り九月の半ば, 入り九月十八日プラーグを攻略, 入り乳母やも, 入り事急と相成ら, 入り事態の容易, 入り二つとも選定, 入り二三分も居た, 入り二人はぷりぷり, 入り二代相續の有, 入り二円が大分, 入り二円以下が悪く, 入り二匹の蛇, 入り二十三円でしょう, 入り二十九年入寂せられるまでは, 入り二十二の年, 入り二十五歳でその, 入り二十八日の明け方, 入り二十六日朝厚木到着の予定, 入り二品ばかり食べ, 入り二回小汽船に逢遇, 入り二塊の花崗岩, 入り二度目の地震, 入り二枚分と胴着, 入り二百米平泳を三分十秒台, 入り二足三足往ったが, 入り五六尺の高き, 入り五分以上となる, 入り五十何人と数, 入り五十余名の乗客, 入り五十嵐は江田島, 入り五十年以内に世界, 入り五年経たぬ間, 入り五年生になる, 入り五年間の研究, 入り五月に尺, 入り五百兩の金, 入り交つた辛い氣持, 入り交つた押し問答を続け, 入り交つた獲物もどれ, 入り交つた複雑な性格, 入り交つてみんなが紅葉, 入り交つて太鼓を中央, 入り交つて展開せられて, 入り交つて平衡状態を保つ, 入り交つて雲虹の様, 入り交わり立ち交わって戦う, 入り享和元年に主侯, 入りを出でた, 入り京城攻略の策戦, 入り亭々とした, 入り人々が広い, 入り人みな東西の宗教家, 入り人天の導師, 入り人形の方, 入り人影さえ写っ, 入り人民の学制, 入り人目につかぬ, 入り人見原にて激戦, 入り人足が入り, 入り人込みにもまれ, 入り人馬を休息, 入り今しがた横になった, 入り今や四月と, 入り今夜あたり一寸本もの, 入り今度の低俗, 入り今日これではしょ, 入り今日徐州陥落といふ, 入り今熊狩りの最中, 入り今私の見, 入り仏智を得, 入り仏法のため, 入り仏照派の下, 入り仏蘭西風の灰色, 入り他人の不幸, 入り他者として特異, 入りつた, 入り代らない限りは, 入り代りそれがまた, 入り代り何人となく, 入り代り立代り出はいりし, 入り代り見舞に来, 入り代り責め問われて, 入り代わり何人となく, 入り代わり立ちかわり隊, 入り代診も下女, 入り以仁王を土佐, 入り以前に変, 入り条約を, 入り仮りに被告人, 入り仰せつけられその他の, 入り伊沢氏若くは, 入り伊那口木曾口飛騨口などの手配, 入りの床, 入り休息して, 入り会飲の後将軍, 入り伝道婦として働きました, 入り伸子も内部, 入り低い円天井の, 入り住所が固定, 入り住職を小, 入り佐々木俊一のクサリ, 入りを洗い, 入り何となく跼蹐んで, 入り何処にも上下, 入り何年より無, 入り何所か西部, 入り何物かを求めよう, 入り余分の煙草, 入り余沢を明治, 入り佛教と共に印度思想, 入り作者の内的, 入り作衛は台所横, 入りの古風, 入り侍りしをかく, 入りると, 入り侵つてゐたもの, 入り侵つてお茶ばかり飮, 入りに寄, 入り保井さんのお, 入り保定の諸, 入り信者の数, 入り修行して, 入り俳優表方の気, 入り倉皇比呂志を抱い, 入り候ものと相, 入り候ようにと心がけおり参らせ候え, 入り候事ながら貴, 入り候儀を願い, 入り候処一ヶ所は一人, 入り候間差控へ候, 入り候間私申し候, 入り候間速に御, 入り借金の利子, 入り偶然盗んだ着物, 入りわッ, 入り傍人にいかなる, 入り働き出し玉う, 入り僧侶になる, 入り儒教が入っ, 入り元豊の着物, 入りの曹丕, 入り兄嫁の死骸, 入りから逃げだした, 入り先ごろ鍛たせたばかりの, 入り先づ喜んだが, 入り先友次郎が病氣, 入り光子は金閣寺, 入りも角, 入り児玉氏は商業学校, 入り兜町地先にて岐, 入り入口に血, 入り世界と, 入り全体と共同一致, 入り全身はこの, 入り八九分ってとこ, 入り八五郎の口, 入り八分五厘てとこ, 入り八分弱位か, 入り八分強今夜は例年, 入り八分強位か, 入り八分活気が段々, 入り八方へ放火, 入り八時前に起き, 入り八総を過ぎ, 入り公事は勤め, 入り公裁を仰がずし, 入り六七分で笑, 入り六分位で活気, 入り六分強といふところ, 入り六十六部に身, 入り六枚の手札形, 入り六波羅を陥した, 入り六週を経, 入り六道に遊化, 入り六銭の, 入りにうどん, 入り兵器軍糧の授受, 入り兵隊どもを手玉, 入り其上威張散して, 入り其出づるや出づべからざるに出づ何ぞ自ら, 入り其後土佐国に渡ら, 入り其燦爛の戸, 入り其神は空, 入り其縁で玉津島, 入り其臣下となり, 入り其處でお通夜, 入り其許には何方, 入り其辣腕を奮, 入り其辺りにて自害, 入り其頂に攀, 入り其額上を貫け, 入り具に上甲板下, 入りる代, 入り兼ねて浩二, 入り内葬だから, 入り再び津島氏に, 入り再挙を図りつ, 入り再転して, 入り冥加有て信長, 入り冥途を歩み, 入りは富士, 入り凝結して, 入り凡ての食物, 入り処女生活をした, 入り凱歌をあげ, 入り出勤簿を検査, 入り切り株などに腰かけ, 入り初めたのであった, 入り初めて山なつかしみ, 入りの二人, 入り別に値段を, 入りに始まっ, 入り前庭をぐるり, 入り剣技をみがいた, 入り割りもわかりました, 入り割合にいい, 入り劇作家が舞台, 入り劉璋に謁, 入りの限り, 入り努力しても, 入り労働者の研究会, 入り勘兵衞の枕, 入り勝ちになる, 入り勝手口の方, 入り勤皇の志, 入り勿論ひどし, 入り包括されるはず, 入り匈奴数万の師, 入りひめぐる, 入りのやぐらにかけたはしごをふんで, 入り北條氏一族を討滅, 入り北辺を擾, 入り北野のエノケン, 入り北陵の側門, 入り十一時半まで, 入り十七世紀頃まで千数百年, 入り十三歳にし, 入り十二時頃まで熟睡, 入り十二月三日に梅浦精一, 入り十二畳一杯に釣っ, 入り十五六歳にいたる, 入り十五歳のとき, 入り十八年を経, 入り十六世紀の初, 入り十分に自然, 入り十四歳で卒業, 入り十文とはどう, 入り十月も終り, 入り千三は三塁, 入り千九百六年大佐になつ, 入り千俵と云われ, 入り千言万句を流露, 入り午前中に三四カット, 入り午後五時上陸す, 入り午餐を喫し, 入り半四郎師匠を打った, 入り半日あまり急がしかった, 入り半死半生の婦人, 入り半纏を着, 入り半蔵はまた, 入り卒業した二十一年四月, 入り卒業後研究を続けられ, 入り卒業期に肺尖, 入り卓上の紙, 入り南北をわすれ, 入り南座の顔見世, 入りの年, 入り印度洋に出, 入り危険から遁, 入り即ち農の, 入り原稿用紙の上, 入り厩舎の影, 入り去ったこの辺竜宮, 入り参上を否み, 入り参事会員となり, 入り参州や駿州, 入りゐ來, 入り友染の帯, 入り友禅の帯, 入り収穫は皆無, 入り取消し事件の, 入り受験生だつた彼, 入りトランクを, 入り古墳の苔, 入り台所の竈, 入り台覧の栄, 入り史書は皆史類, 入り右岸の岩壁, 入り右手の広間, 入り右折して, 入り右方にパタゴニア州, 入り大臣に対して, 入り各種の秘密結社, 入り合計三百四拾何円である, 入り吉野川の源流, 入り同夜は洛中, 入り同棲生活の第, 入り名主の手當, 入り名和長年千種忠顕等の諸, 入り名物の櫛, 入りの枕, 入り吹上竹橋御門大下馬, 入り吾朝の風俗, 入りつと逃げ, 入り呆然自失のよう, 入りは大軍, 入りも見ごと, 入り味噌汁たっぷり飯, 入り味方を顧みれ, 入りが来られなけれ, 入り咳入り数口の咯血, 入り咳入り翁の用, 入り品川へ差, 入り哲学科か法科, 入り問いに応じ, 入り問題の小瓶, 入り善光寺に休憩, 入り喇嘛仏の画数枚, 入り喰い入り見る内に, 入り嘉納一家や藤山等見物, 入り嘉納氏花道の揚幕, 入り嘉陵江水を写し, 入りを開ける, 入り四たびこの名簿, 入り四つ時ごろ長州様軍艦乗り下り右碇泊いたし候アメリカ船, 入り四半刻ほどし, 入り四宮十禅寺御陵日岡蹴上, 入り四方へ張った, 入り四時までねち, 入り四谷上水となる, 入り四辺が静, 入り四門の陣, 入り回徒に遭わ, 入り図書の整理係, 入り国学を修め, 入り国文学を専攻, 入り国男呼ぶの, 入り土地の習慣, 入り土屋にあやまらせる, 入り在京委員たちから大石次官, 入り地図の意味, 入り地獄の一丁目, 入り坂東平野の氷雪, 入り坊主之助, 入り坐せる間いと, 入り城中北曲輪の天神池, 入り堂守を致し, 入り堕落を怖, 入り場所よきを, 入り塁門を塞ぎ, 入り塙忠寶がこれ, 入り塞ぎて, 入り塩田秀三の家, 入りくさいよう, 入り墨染の衣, 入りに収まり, 入りとなり, 入り変り或は寄り集, 入り変りしたこれらの, 入りは涼しい, 入りが來, 入り夕刊を売る, 入り夕食を摂つた, 入りから錠, 入り外出しようと, 入り多年教化を受け, 入り夜々の楽しき, 入り夜ふけぬれど, 入り夜具引き被き, 入り夜具引擔て打, 入り夜毎怪異な夢魔, 入り夜食をとっ, 入りを出るすれ, 入り夢声の, 入り大元帥の称号, 入り大勢町を行く, 入り大坂城の道, 入り大広間へ通しました, 入り大急ぎで菜, 入り大映の, 入り大木の洞中, 入り大東門外にある, 入り大王の一翼, 入り大船の, 入り大野に陣取りける, 入り大隅より再び, 入りに冲し, 入り天ぷらを食べる, 入り天主堂の門番, 入り天保の惡しき時代, 入り天橋立を看, 入り太守韓玄の首, 入り太縄で子供, 入り太閣秘蔵の千鳥, 入り太鼓打ちなどし, 入り夫玄策の死んだ, 入り失明して, 入り奇魚を食っ, 入り奈世が背中, 入り奉り候, 入り奉りぬ幾重にも御免, 入り奉ります儀で, 入り奉りまする次に御, 入り奔波を避けずし, 入り奥座敷上段の間, 入り奥庭づたいに奥の部屋, 入り奥方を攫わん, 入り奧さんは針, 入り女たちに, 入り女子は静, 入り好みの書, 入り妓妾白碧花を飾つて樓上, 入りなもの, 入り妙薬を甞ずし, 入りは現に, 入り妻女の田舎なまり, 入り妻子にも遇, 入りてその, 入り姿で出, 入りはその, 入り婦人の専ら, 入り婿政略で学校, 入り娶りの, 入り嬉しく然るべく取, 入り孝之助をとり巻く, 入り孝高に面會, 入りの歿, 入り安らかな眠り, 入り安二郎を見る, 入り安宅の関, 入り宗壽を江戸一, 入り宗教學問政治等を調べ, 入り宗教界を去っ, 入りにありて, 入り官房主事となり, 入り官衙穀倉を焼き払い, 入り宝塚少女連大勢見物, 入り実に実に一日千秋の, 入りは去り, 入りの番号, 入り室じゅうガラスの破片だらけ, 入り宮中の一大改革, 入り宮廷の最高, 入り宮部鼎蔵の家, 入り家來は殘, 入り家探しをした, 入り家時公の置文, 入り晴れて, 入り寒暖五十四五度に下がる, 入り寝不足が続い, 入り寝室で横, 入り寝床の中, 入り専門の学問, 入り左衛門様の, 入り将棋を差す, 入り将軍に会っ, 入りに進み, 入り專心に神, 入り小さい三つの, 入り小さくなって, 入り小僧たちの扇, 入り小前の諭し, 入り小林氏が一寸, 入り小水通ぜず顔色憔悴せり, 入り小渋川に沿った, 入り小石を拾い, 入り小笹と幹, 入り小説をかきはじめる, 入り少時の後, 入りその上, 入りっぱね, 入り尼ヶ崎に着く, 入りの道, 入り尾崎氏が辭め, 入り局所照明灯により前方, 入りを聞かせじ, 入り居るにぞ吾助, 入り居眠りをし, 入り屋根ばかりしか見えない, 入り履物を其処, 入り山中にある, 入り山口岩淵また竹田城, 入り山小屋にとまっ, 入り山形の二つ星, 入り山麓熔岩上の爆發盛, 入り岐阜を攻め, 入りの友人, 入り岡山を経, 入り岩波書店編集部における担当各位, 入り峡谷の巌頭, 入りより下, 入り島津保次郎のトーキー, 入り峻山深谿, 入り川崎奥戸と渡良瀬川沿い, 入り工合が如何にも, 入り工合手紙のやり取り, 入り左右に林巒, 入り左右奮撃す, 入りが羽, 入り市川鯉昇と改名, 入り市民は等しく, 入り市街にイングリッシュバー, 入りの包み, 入り帝室博物館長に任, 入りに上る, 入り帰りの道, 入り帰りたる者はまことに, 入り帽子を取り, 入り幕末に起つた, 入り幕間に菊池寛氏, 入りを経, 入り年貢の取集め, 入り年賀はがきの残り, 入り幽ノ沢山の西方鞍部, 入り幽斎公の御, 入り広い階段の, 入り広き墓地の, 入り広ごるに, 入り庄吉の帯, 入り床下をもぐっ, 入り床几に腰うち, 入り床屋だの米屋, 入り府庫を封じ, 入り度いためにのみ出かけ, 入りにつき, 入り座席にしがみつい, 入りを経, 入り庭上の二使, 入り庶民とおなじ, 入りのそ, 入り廻りたりと覚え, 入り弁当が十五銭, 入り続いて, 入り引き札付きの, 入り弥陀のお, 入り弱いものは, 入り弾痕を残す, 入り当局もかならず, 入り当然漢朝の, 入りはゆがむであろう, 入り彦山に近い, 入りをつとめ, 入り役宅の玄関, 入り役者になっ, 入り彼らがもの, 入り彼奴らより先, 入り彼所は當奉行支配, 入り往來がまだ, 入り往昔から美術國, 入り往来がまだ, 入り後ろ向になつ, 入り後太子曹叡を生んだ, 入り後架を出, 入り後部の数輛, 入り徐々に部屋に, 入り徐晃の陣, 入り徒歩で出, 入り従軍願いも聞きとどけられたら, 入り得意とした, 入り御岳を上下, 入り御徒目付御小人目付案内, 入り御殿主から白洲, 入り微妙な明る, 入り徳山も岸井, 入り徳島新聞の松本さん, 入り徳川屋のショファー, 入り心寂靜なる比丘, 入り心肝二臓を啖, 入り志士に交, 入り志願の怠け者, 入りのう存じ, 入り念々に疑, 入り念入りに洗った, 入り忽ち切岸の, 入り忽ちにして, 入り掛けずに, 入り思いを凝らす, 入り思ひの儘, 入り思わず三四合を, 入り思回し思窮むればとて, 入り恐れて出合う, 入り恐ろしい殺人事件が, 入り恥辱を与え, 入り恭一は寝, 入りをはずませ, 入り悪い七分弱っ, 入り悪かったの, 入り悪からず, 入り悪く惨たるもの, 入り悪業が自然, 入りは只今勘當, 入り悶絶なせし, 入り情婦はボックス, 入りを飽く迄, 入り愛情より恋愛, 入り慟哭して, 入り懺悔と感謝, 入り成吉思汗の前, 入り我々よりも一足先, 入り我みずからの新, 入り我ら二人の母, 入り時は, 入り或いは老いさらばいまたは, 入り戦争の絶滅, 入り戦闘機に乗っ, 入り戰國時代勳功に賞, 入り戸板保佑が仙台藩, 入り手おし車ならば, 入り手ひどい窮命に, 入り手拭で泡沫玉, 入り手榴弾を叩きこんだ, 入り手洗所から出, 入り手燭は消え, 入り手足を洗つて, 入り手金二百円持逃げしたので, 入り手首で詰まっ, 入り折々は死ぬる, 入り抜刀で脅し, 入り抜手切れどもここ, 入り押問答の末, 入り抽斗を開け, 入り拔身を下げ, 入り持って生れた, 入り捜索打切の宣告, 入り捨身になつて病, 入り掃除町まで来た, 入り授業がはじまりました, 入りと足, 入り掛けになる, 入り掛けた座敷の, 入り掛合に来ました, 入り探偵達も例, 入り揚げた金に, 入り揚げてるって話, 入り揚板の上, 入りり立ち換, 入りった聴衆, 入り撫子通盆を持っ, 入り擬宝珠のついた, 入り擬寶珠のついた, 入り支流恵振谷, 入り支那の暦法, 入り支配人の宅, 入り改訂版の原稿, 入り放題だ, 入り政治的に鍛練, 入り故郷へ引返そう, 入り敗血症になる, 入り教護院や刑務所, 入り数人の乗客, 入り数口の咯血, 入り数日間これに寓, 入り数輩と面白く, 入り敵軍は合し, 入り敷華成果の暁, 入り斉斉哈爾の西, 入り斬り死しようとする, 入り斯波石堂山名桃井の諸, 入り新刊二冊買って, 入り新城町に病臥, 入り新宿の渡, 入り新年が近づく, 入りに出れ, 入り旗本の次男坊, 入りかず, 入り日々山の如く, 入り日に日に私の, 入り日中働いて, 入り日曜の会堂, 入り日曜日ごとに, 入り日本女は石油コンロ, 入り日本海に流れ去つ, 入り日活の映画二本, 入り日興に至つて, 入り日記帳の製本, 入り日頃の渇望, 入り早々のがんりき, 入り早し飛鳥の, 入り早春二月の初め, 入り明日座員浜寺海水浴場行きと定, 入り明日道人に何卒, 入り明月清風の旅情, 入り明治三十年当時東京で一番ハイカラ, 入り明治四十五年から昭和十二年, 入り明石から本国姫路, 入りさうに考へられた, 入り易かった題目, 入り昔友達と珈琲, 入り昔唐の賊黄巣, 入りの土用, 入り春二三月の頃, 入り昨年二月に大口, 入りと同じ, 入り昼食僕はパン, 入りという四月, 入り時流に耐える, 入り晝猶暗き梯, 入り智恩院から祇園, 入り暗い南の, 入り暗くおどんで, 入り暗夜の始末, 入り暗黒の中, 入り暗黒彼の目, 入り暫時過て出けるが, 入り暹羅の戴冠式, 入り曲り曲りて但, 入り書生二たび出でて, 入り最低の如し, 入り最初の皇帝アウグストゥス・ケーサル, 入り最終戦争が行なわれる, 入り月々の仕送り, 入り月下香の香, 入り月曜デパート休みの為, 入り月照入水に立会っ, 入り有無なく呉王孫権, 入り朝食牛肉煮生, 入り朝鮮より日本, 入りを樵る, 入り木下と私, 入り木曽山中のこんな, 入り木賊山の頂, 入りの子, 入り本尊の秘密, 入り本郷の通, 入り机上を見る, 入り杉山松助窃に槍, 入り材木を伐り出した, 入り村童等の驚いた, 入りを池, 入りの中, 入り来しはさすが, 入り来たるこの非合理的, 入り来つた事の, 入り来ますことの, 入り来ませる事かしこけれ, 入り来らぬわけには, 入り来りしかば五つ紋, 入り来る紫の, 入り東京で生活, 入り東南流して, 入り東屋氏は今度, 入り東方に運ばれる, 入り東西の語, 入り東門に出, 入り松山の麓, 入り松明の出迎え, 入り松浦先生のお, 入り松竹の, 入り松竹大船の, 入り板子の下, 入りを出ずれ, 入り林中に行き, 入り果実を食, 入り柏木に至っ, 入りの下, 入り柳仙夫婦を惨殺, 入り柴立を踏分け, 入り校正係になった, 入り桂八と名乗った, 入り桑名四日市津を廻り, 入り桔梗様をこっち, 入り桟敷の上, 入り梅干二樽を食っ, 入り梅酢で渇, 入り梅雨が明ける, 入りは床, 入り森サキの畑, 入り森林をさま, 入り極度に頽廃的, 入り楼上の木欄, 入り楽しい祭の, 入り榑正町に寓, 入り榛名山麓の村, 入り榛軒の案内者, 入りしい祭, 入り樓上の木欄, 入り模範職工になり, 入りが惡い, 入り権田の室, 入り横浜裁判と平行, 入り横隊に展開, 入り橘寺に陣, 入り機会を待った, 入り檸檬樹の枝さし, 入り櫛笄がきらり, 入り次第お送りします, 入り次第これで覆い, 入り次第成敗いたして, 入り次第車を手舁, 入りや詩, 入り歌俳句も作り, 入り歐米では日, 入り正座した, 入り正成は正面, 入り此椅子につけ, 入り此等の縮む, 入り武人の面目, 入り武田家の機密, 入り武者草鞋は薪, 入り歩廊から一番遠く, 入り歸宅の時間遲, 入りを共に, 入り死人とも為り, 入り歿したとき, 入り残り少くなった, 入り残る窓の, 入り殷賑な市街, 入り殺生に増, 入り母さまが迎えなされ, 入り母屋の玄関, 入り毎日多くの材木, 入りに順, 入りとともに仏跡, 入り民話の単なる, 入り気候暖和にし, 入り気味の悪い, 入り気管を経, 入り気重にさせる, 入り氣分少しく快く, 入り水の上に頸, 入り水橋川を渡つた, 入り水羊羹をつめ, 入り水難に逢, 入りに喉, 入り永い間その, 入り永遠の生命, 入り求むるに必ず, 入りを拭い, 入りを忠義, 入り江南の駅路, 入り池畔を通り, 入り汽笛を鳴らし, 入り沈丁花の植込, 入り河童のやう, 入りにもふれる, 入り法螺の響, 入り波浪を浴び, 入り泣いてしまいました, 入り泥足で家中, 入り洋服掛に服, 入り洋橙の授受, 入り洋燈の炎, 入り洗濯器を酷使, 入り返りに, 入り活栓に設けた, 入り流れ去つて居る, 入りと共に上下, 入り海南諸勝, 入り海寄りの小料理屋, 入り海水浴場の如し, 入り海老や貝, 入りゆるなきヘープァイストス, 入り消え行き實在, 入り淀川に待っ, 入り淨土宗日蓮宗淨土眞宗時宗それに教外別傳, 入り深々と寝床, 入り深きより浅き, 入り深江といふ, 入り混じって聞こえ, 入り混じりそして数, 入り混つたその二つ, 入り混つたエクスタシイに彼, 入り混つた反省がこれ, 入り混つた想像にあまる, 入り混つた空気が漲つ, 入り混つて何んとも言, 入り混つて僅かに慰められた, 入り混んでおりまし, 入り清光寺の境内, 入り渓谷に一, 入りと向, 入り渡弁護士の斡旋, 入り渡辺篤の, 入り温飽の身, 入り港内を剽掠, 入りより上り, 入り満点よく笑, 入り源次郎と槍試合, 入り源蔵を附け, 入りを飛び越え, 入りえ入る, 入り滝の下で長い, 入り滝山寺を道場, 入り滞在約十日, 入り漢籍の素養, 入り漸く本イキ, 入り潮風は暑熱, 入り澎湃として岳麓, 入り濃いコーヒーを, 入り濡須の堤, 入りに逢っ, 入り灌漑して, 入り火山灰のよう, 入り火術の蘊奥, 入りを持つ, 入り烏帽子状ピークのガリー, 入り無理に坊主, 入り無私と慈悲, 入り然し日劇の, 入り熊藏は手拭, 入り熊野を脱し, 入り熟睡の油断, 入り熱心に田植, 入りゆる松火, 入りをつけ, 入り燈火を高く, 入りの見え, 入り燭台の蝋燭, 入り爾来数年を, 入り片肌を脱い, 入り牛原虚彦監督の, 入り牢内に鼠, 入り牧羊者として健全, 入りと一つ, 入り物品を探りし, 入り物音に驚い, 入り特に農民方面へは, 入り特別版と叫び, 入り犯罪を発見, 入り狐猿の事, 入りをし, 入り独りで書, 入り狭い廊下を, 入りは苦しまぎれ, 入り猛烈なる破壞思想, 入りに似た, 入り玄徳を伐っ, 入り玄關の間, 入り王滝川の谿, 入り王瞋りて, 入り珈琲の茶椀, 入り現に革新が, 入りの音, 入り瑶輿に乗るべきなり, 入り瓜わらべを土, 入り瓶詰が二円, 入り甚蔵の寝室, 入り生れ變つて家に歸, 入り生乾きの壁, 入り生物学の研究, 入り生野の小, 入りへも出, 入り甲斐路を帰らん, 入り甲武信岳から林道, 入り甲藤校長に挨拶, 入り甲賀家の古い, 入り申し候, 入り申したる者貴殿は, 入り申しつけるがいい, 入り申帰来早速御, 入り男女八人を鏖殺, 入りの外郭, 入り留女を押しやっ, 入り畫工の筆, 入りを養った, 入り療養を尽し, 入り発明創意もまた, 入り発狂して, 入り発見された場所, 入り白い原稿用紙の, 入り白衣が出, 入り百合子は検挙, 入り百姓の家, 入り皆各自の笑顔, 入り皇后の位, 入り盆踊りのドサクサ紛れ, 入り盛りの女, 入り盜人身を輕くし, 入り盜賊をなし, 入り直接知事の面前, 入りなメロディ, 入り相当よし, 入り相撲だの水泳, 入りを高く, 入りの学務課, 入り県視学に聞達, 入り眞理は新しく, 入り真夜中に恭賀新年, 入り真紅に染つた木の葉, 入りに就きし, 入り眠りと共に不思議, 入り眼鏡除ってた, 入り着々その方, 入り着物を脱い, 入り矢代は庭, 入り知らん間に大いに, 入りの水甕, 入り石棺の内, 入り石段にか, 入りに埋, 入り砂漠一面に点々, 入り破屋も金銀, 入り硝子窓を通して落ちた, 入り硝石のため, 入り磐戸を閉じ, 入り示談になった, 入り礼壇の前, 入り社人若山八兵衛といふもの, 入り社長に断じ込み, 入り祝言のある, 入り祝賀会が時節柄問題, 入り神保市之丞, 入り神学を専攻, 入り神官の後ろ, 入り神明西の破, 入り神気亢進猩々顔に塩鰯, 入り神足を修せ, 入りをなさんず, 入り禁断の中門, 入り福新楼の支那, 入り私ヤ又た, 入り秋分にいたり, 入り秋草の中, 入りに仕え, 入り種々の悪事, 入り稽古あとは任せ, 入り稽古悦ちゃんも今日, 入り積年の禍根, 入り空しく捕われて, 入り突き返し縱横無碍に, 入り突然武士の, 入り窓越しに対岸, 入り立っていない, 入り立ての橋本関雪さん, 入り立ツて見し, 入りを苅り, 入りを働かす, 入り筆太のびら字, 入りが暫く, 入り筑前を経, 入り筑前福岡が黒田, 入りみあり, 入り籠川入り高瀬入りと呼ん, 入りの根元, 入り粗末な木, 入り糧食弾薬等を供給, 入り約束の番地, 入りれて, 入り純然たる日本建築, 入り細々とその, 入り細部を観察, 入り終ったような, 入り終るまで一語, 入り終生とけない怨恨, 入り終頃はざっと, 入り組みを話せ, 入り組選を漕ぐ, 入り結婚し二人, 入り結婚生活も営ん, 入り結局は十一月, 入り結跏趺坐す, 入り給うとも無辜, 入り給え今も, 入り給わば必勝, 入り給仕にチップ, 入り絶対に動い, 入り綱條卿に申, 入り綺麗に汗, 入り綿々として箒川, 入り緋色のベッド・カヴァ, 入り新しき牧場, 入り編みかごだの罎, 入り縁先に腰, 入り繻珍の帯, 入り置炬燵に凭れ, 入り美しき椅子に, 入り美濃を犯した, 入り義元は討たれ, 入り義士は獄, 入りの用, 入り翌年にはコペルニクス, 入り翌日は一切, 入り老母の枕頭, 入り老母妻子と共に府下大久保, 入り考へて見る, 入りは何, 入りして, 入りに聞える, 入りか, 入り聴聞の御礼, 入り聽覺が全身的, 入り肥田氏と朝めし, 入り胆沢街道を上っ, 入り背骨の両側, 入り能登を抑え, 入り腹心のかたがた, 入り腹背左右皆我が友, 入りを没する, 入り臂力を掉, 入り臆測が加わり, 入り臥床に就く, 入り臨検以前に岩井, 入り自棄になっ, 入り自由のため, 入り致させ候べし, 入り致しせめて神技, 入り致しましょうか, 入り興奮の余り眼, 入り舌戦筆闘壇上やや穏やか, 入り舞台へ出る, 入り舞台楽屋万端取りかたづけの, 入りとして迎, 入り舟行千里をさかのぼっ, 入りで運ばれ, 入りありて, 入り良木の種, 入り芝居道実地の修業, 入り芥川竜之介の, 入り始めて, 入り若き奥方を, 入り若くは其前, 入り苦学すなわち精神, 入り英文學を修め, 入り茨城の方, 入りを採る, 入りの丘, 入り草花を掘り, 入り草鞋を作り, 入り荒川の現, 入り荒木に加担, 入り荒木家の抱え, 入り荷出荷とも一手, 入り荷物の着く, 入り菓子牡蠣の樽, 入り菓物を食, 入り華華しい活躍を, 入り落ちて九分, 入り葡萄酒の杯, 入り董相国を生, 入り蒔いた種の, 入り蒸暑いのによく, 入り蓉子および長女久子, 入り蓬莱山に到り, 入り蕎麦店へ入り, 入りを採り, 入り蕪湖の水, 入り薩州邸へと帰着, 入り薩摩琵琶落語小樽新聞から派遣, 入り薬剤の棚, 入り藩老長岡佐渡のやしき, 入りの門, 入り虎牢関の方面, 入りは叢, 入りへさし, 入りの声何処, 入りを湧かし, 入りをすゝつて, 入りかむ千曲, 入り行くに積み並べたる, 入り行家は東山道, 入り行灯の灯, 入り衣嚢の中, 入り表通の家, 入りは十倉, 入り袋戸棚からスーツケース, 入り成候までに, 入り被害者の頸, 入り裁判が開かれた, 入りをきっちり, 入り襤褸を被っ, 入り西のは一切世界唯心所造, 入り西側の崖, 入り西川祐信出づるに及び絵本, 入り西洋紙に鉛筆, 入り西遊の行, 入り現わ, 入り見た目は満員, 入り見ます時に, 入り角板となる, 入り言葉で欺すか, 入り訓練や勤務, 入り記事があった, 入り訝しの眼, 入り設計図を盗ん, 入りはきのう, 入り詐欺師にされ, 入りにその, 入り誹諧に入, 入り調子よく舞い謡い, 入り調査を終つて外, 入り諄々として人, 入り諏訪へ入りました, 入り諏訪さんの部屋, 入り謙信はなお, 入りの瑣末, 入り警官等の逐撃, 入りの花, 入り豆腐に成ります, 入りを呼び, 入り豊島昌出口峯一郎両氏来訪あり, 入り豊肥を経, 入り豫科三年本科二年を卒, 入り貝類魚類海草などを見る, 入り負傷後死する人, 入りを失い, 入り貧乏百姓の着, 入り貴重な研究, 入りの頭目, 入り質物の中, 入り質物品々並びに脇差一腰, 入り赤木蘭子を対手, 入り越喜太夫という名, 入り越後に往き, 入り足利義昭を中央, 入り足袋にでもし, 入り跡殊のほか, 入りを転じ, 入り路のりも近, 入り路傍に出, 入り毬の, 入り身辺の世, 入り車掌台の隣り, 入り軍治は変り果てた, 入り軍艦に乗り組ん, 入りじて, 入り辛き目を, 入り辛川村で各, 入りたる御, 入り近世に入り, 入り近所の女, 入り迷いをもっ, 入り退職しなけりゃならなくなって, 入りに跳ね返っ, 入りを疑っ, 入り途中より百米許, 入り通しけい古, 入り速記法を以て圓朝子, 入りを相手, 入り連日神と決戦, 入り進む音は, 入り遊ばされたそうな, 入り遊ばしますな, 入り運動をする, 入り運転手台の方, 入りぎたせゐでもあらうが太, 入り道人は西我, 入り道人様をお, 入り道具ばなしと肩, 入り道成寺を踊る, 入り道教を出, 入りへに南, 入り違う人馬の, 入り違っている, 入り遺骨の前, 入り那智にやどる, 入り部下を作る, 入り都会はすっかり, 入り鄒淵はいちど山, 入り酒味噌酢類を商う, 入り酒場で探, 入り酸化亜鉛粒子の表面, 入りひしれしこと, 入り重い荷に, 入り重たいほど釣り溜め, 入りを去つ, 入り野末にひびき, 入り野球で飯, 入り野田城を囲んだ, 入りの船, 入り金十円を盗み得, 入り金山沢まで伐採, 入り金指輪を一つ, 入り金蔵を破ろう, 入り金魚掬ひで, 入り釜林という宿屋, 入りを買いました, 入り鈴木松年先生に教わった, 入り鋤持神となる, 入りの壁布, 入り錦川橋を渡れ, 入りをかけ, 入り鎌倉の公方足利成氏, 入り鐘釣温泉から三名引山, 入りを合せ, 入り椅に, 入り長岡郡五台山村の札所, 入り長州に達する, 入り長距離を泳い, 入り長途のつかれ, 入り開かずの部屋, 入り関東の物論, 入りの上, 入り關羽と張飛, 入り關門は, 入り防ぎ戦う者も, 入り防禦すべく命じた, 入り阿蘇山の阿蘇神宮, 入り附近の山蔭, 入り陋巷の間, 入りに登り, 入り陛下への拝礼, 入り陶酔したの, 入りを踏み, 入り隅田城を急襲, 入り隅田川につながる, 入り随処の名士, 入り障子たつる, 入り隠居生活をし, 入り隻手で扉, 入りの影, 入り雑つて居ること, 入り雑らせて, 入り雜つた深穴, 入り雜つて生活して, 入り雨戸を閉じたる, 入り雨月も木かげ, 入りを迎え, 入り雪子学士の研究ノート八冊, 入りのごとき, 入り霊帝の柩, 入り宿すとて, 入り露気多し, 入りが眼, 入り青年は降り, 入り青貝を嵌めたる, 入り青銅の槍, 入り非常に高い, 入りに, 入り革命軍の白旗, 入り革帯が落ち, 入りを解い, 入り順治帝に拜謁, 入り頑固なるは, 入り頻りに咳が, 入りを擦り合す, 入りなども若返っ, 入り顕密を学び, 入り願い奉り候ところ御, 入りの自由, 入り食事一二〇の定食, 入り食事後は人夫, 入り食事豆のスープ, 入り食卓の前, 入り飯台に並ん, 入りであったが, 入り養父の名, 入り養生をしたらしくあった, 入り餌食となる, 入りの七頭, 入り馬場を設け, 入り駅路の交通, 入り駆け入りし, 入り駆け出し伏兵に捕えしむ, 入り駈入ったが敵, 入り駒ヶ岳の絶頂, 入り駿河台に住んだ, 入り騒々しい新たに, 入り驢馬から降り, 入り骨骸はその, 入りはその, 入り高二千五百石まで加増, 入り高山の景色, 入り高山嶮山なんぞへ登る, 入り高徳も窪所, 入り高木市助をつれ, 入り高松城を占め, 入り高梨家で, 入り高瀬入りと呼ん, 入り高瀬館にスキー, 入り高等小学在学中に試験, 入り高萩村へお越し, 入り高野の麓, 入りをおろし, 入りになった, 入り鬼怒川を過, 入りを捕まへる, 入りさし小, 入りは私, 入りの青天, 入り鳥居清長に代り, 入り鳥海の北麓, 入りの実入り時, 入りの旗, 入り黄巣が手ずから, 入り黒くなりたる櫃, 入り黒竜江畔の形勢, 入り黒雲四方に遮り, 入りBWのハイボールダブル, 入りPHなし, 入りRKOの実写