青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「助手~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

加~ ~加え 加え~ ~加減 加減~ 加藤~ ~助 助~ ~助け 助け~
助手~
努め~ ~努力 努力~ 労~ ~労働 労働~ ~労働者 ~効果 効果~ 勇~

「助手~」 1813, 20ppm, 5861位

▼ 助手~ (378, 20.8%)

8 ような, 小林です 6 一人が, 小林少年を 4 小林だ, 小林少年が, 手に, 顔を 3 一人は, 小林君が, 方に, 私を

2 [32件] ために, ひとが, ほうへ, ほかに, マユミさんが, ワトソンの, 一人である, 丘数夫の, 久吉も, 前に, 口から, 声が, 失敗は, 小林っていう, 小林君です, 小林君と, 小林少年であった, 小林少年に, 役を, 方々も, 木村青年と, 杉本は, 杉本も, 永山で, 滝山が, 滝山は, 男が, 竹内さんは, 美少年も, 肩を, 須永が, 顔が

1 [258件] あとから, あと押しの, いきさつなどが, うつくしい顔, お方に, かざす電燈, かたが, かわいらしい少年, くわえて, すべてを, つくり話, なかった, には無かっ, ばあさんが, ばけものども, ひとりが, ほうを, ぼくにも, また助手, まっ黒な, もうひとり, やうな, ように, アンデルソンが, アンデルソンに, イェレミーアスです, エッベも, エティエンヌ氏とは, エドワード, オルガ姫を, オーゲは, オーゲを, カップは, ガラッ八, キントトさんだけ, ケリーは, ゴルドン出勤その, テンダー俗に, ピーターが, ピーターを, ベッドの, ベーアマンが, ボリスが, ボリスに, ボリスは, ポールトンとまで, マユミさんです, マユミさんと, マユミさんに, マユミさんの, マユミを, ワトソン博士に, 一人で, 一人であった, 一人の, 一団も, 不在を, 不注意で, 中丁抹人は, 久吉に, 二人が, 二名だけ, 人々と共に, 人が, 人と, 人とが, 人にも, 仕事を, 仙波学士を, 位置に, 何とかいう, 何とか秋一, 使用する, 個性に, 傍に, 先生とが, 児玉という, 八五郎が, 八雲千鳥が, 八雲千鳥だけ, 内藤女史以外は, 出て, 前へ, 力強いバス, 卓の, 口が, 吉次だけが, 名を, 命を, 園田を, 園田黒虹という, 土屋良平は, 報告を, 報酬が, 声で, 声でした, 声に, 変死の, 大辻が, 大辻を, 女の, 奴に, 妄想詩人園田黒虹の, 妹で, 姿が, 子供らは, 存在を, 学士が, 小山すみれを, 小山すみれ女史であっ, 小杉少年に, 小林が, 小林くんだった, 小林さんかい, 小林だろう, 小林という, 小林とかいう, 小林とが, 小林な, 小林も, 小林を, 小林君だった, 小林君でした, 小林君でしょう, 小林君な, 小林君の, 小林君も, 小林少年じゃあ, 小林少年です, 小林少年と, 小林少年とが, 小林少年の, 小林少年は, 小林少年主人が, 小林芳雄とか, 小林芳雄君です, 小池君が, 小男が, 小笠原老人は, 少年が, 少年も, 屍の, 山形四段が, 左手の, 幾島さんとおつ, 弁解や, 弓削という, 役は, 役も, 役目が, 役目です, 役目に, 後に, 必要が, 恐ろしい叫び声, 恥辱である, 手を, 手前も, 持って, 指先は, 指図で, 指紋まで, 操作する, 数人の, 文代さんと, 文代さんという, 文代さんを, 料理人や, 方々によって, 方が, 方で, 方です, 方は, 方へ, 方を, 望みを, 木島という, 木村さんという, 木村青年さえ, 木村青年でした, 木村青年は, 机に, 杉本が, 杉本福太郎と, 杉田も, 杉田を, 李が, 村尾健治が, 松村が, 松村氏を, 林という, 正体, 正体は, 死体も, 死体を, 殺害犯人が, 河竹医学士だ, 浅利君は, 滝山さんの, 滝山でした, 滝山を, 火夫が, 牧田さんが, 理学士の, 理学士は, 男は, 白丘ダリアも, 目の, 目を, 相原藤也君の, 眼に, 石井みち子だった, 神子田初枝と, 神子田嬢が, 福山と, 竹内という, 組長だ, 組長で, 組長という, 美少年と, 耳に, 聲が, 聲は, 聲を, 肩先を, 背中に, 背後に, 背筋を, 腕を, 花崎マユミさんとが, 花崎マユミっていう, 行方について, 襟首を, 西田君が, 見て, 訪ねて, 詭計の, 話に, 話を, 資格を, 越智の, 適任者が, 遺著に対して, 部屋とが, 部屋に, 部屋にも, 部屋も, 醫員に, 間に, 須永は, 頬を, 顏の, 顏色は, 首すじを, 髪を, 黒い影, 鼻の, S子も

▼ 助手~ (187, 10.3%)

3 それを, 入って 2 いた, いたの, いて, ひっぱって, アセチレン燈を, 出て, 教えて

1 [167件] あって, あらわれ長, ありました, あります, あり看護婦, ある, いいました, いたら義理, いつのまにか黒ん坊, いつもの, いなくちゃ, います, いること, いると, いろいろ教, おくさん, おりますから, からかい顔に, こうがいの, ここへ, これも, さきほども, さっと左右, すぐ今一つ, そう言っ, そこから, そこまで, その戸棚, それに, ついて, つきこれ, つづくという, つめかけて, どうしてここ, どのくらいの, のこって, ふえて, ふたり飛びだし, まじめに, またなかなかに, やって来るの, やっぱり云っ, やめて, やること, ゆうべの, よい知らせ, れいの, コーヒーを, サッとドア, チョコンと, ドアの, ドアを, ドギマギし, バルナバスの, フラフラと, ボロン, マッチを, 一人, 一人い, 一人おまけに, 一人前に, 一人新聞記者が, 一人欲しい, 一名いる, 下から, 不在だ, 中, 主人から, 主任で, 之を, 事務的に, 二人ほど, 二人出, 二十分程, 二十歳ばかりの, 二名及び, 二枚の, 云う, 云つた, 何を, 借り物の, 先に, 入口の, 入用ときまつ, 六人ばらばら, 刑事の, 別の, 勇一君に, 勤まるだろう, 勵ます, 即死した, 又一つパチッ, 又一つピシッ, 受話器を, 叫んだ, 右が, 号令を, 名刺を, 向うに, 向う側の, 周さんを, 呼びかけた, 喋舌り, 塾生の, 変てこな, 外の, 大きな小刀, 大ぜ, 天窓の, 太いバス, 奥へ, 定刻を, 家の, 家へ, 小使と, 少し寝不足, 尤らしい, 屍体の, 屍体を, 左右から, 幅広い包帯, 庭の, 彼に, 彼女を, 得られなくて, 必要だ, 思わず声高, 感心した, 手伝いを, 抜け穴から, 持って, 持つて, 持帰った, 振り返つて, 探り出した事実, 殺人鬼の, 気を, 水道の, 消えて, 登って, 白木綿を, 私の, 私は, 窓から, 答へ, 細い鞭, 緊張に, 肘を, 肩から, 苦笑し, 西洋料理などを, 見て, 見破れなかったの, 言葉巧みに, 訊くと, 迷惑を, 運んで, 部屋に, 鉛筆を, 青ざめた顔, 顔を, 顔色を, 飲水を, 首に, 駄目だつたら, 驚いて, 黒い合羽

▼ 助手~ (183, 10.1%)

29 して 10 つとめて, 勤めて 6 連れて 5 つれて 3 使って, 拝命し 2 やったと, 一人連れ, 引きつれて, 従えて, 拝命月給十五円の, 持って, 率いて, 置くつもり

1 [101件] あいつの, おくよう, おどかすよりは, これまで, したん, した後, してる医学士, しながら, しなくても, そこに, だまして, つかって, つとめその後, つとめた, つとめたこと, つとめたので, つとめた小山すみれ女史, つとめようという, つとめること, つとめ一八六六年, つとめ上げて, とりこに, にらみつけながら, ひとりお, もって, もってるん, もらったみたい, やって, やっとる志水理学士, やとう必要, やとって, やめるかも, やめる問題, やめる必要, やり聾唖学校, よんだ, ギョッと, 一人よこし, 一人呼ん, 一名ずつ, 両名, 二人つかっ, 二人つれ, 二人ばかり, 二人まで, 使っても, 写生した, 凌ぐ位, 制しそれから, 務めた, 務めて, 勤めたこと, 勤めた給仕女, 勤める, 十数人も, 叱りつけようと, 叱る巡査, 合はせ, 呼びますから, 呼び出すと, 呼び寄せた, 呼ぶこと, 命ぜられた, 命ぜられた彼女, 大宝堂の, 奪われたの, 引き連れて, 引っ張るよう, 従へ, 得た事, 得ました, 志願し, 思い出した, 手放すこと, 投出すと, 拝命した, 振返った, 探すため, 明智探偵に, 欲しがっ, 永らくし, 求め当てたこと, 甘んじて, 睨みつけるよう, 私に, 自分の, 要するほど, 見つけたかの, 見つけること, 見送ると, 解雇した, 訪ねた, 買収し, 集めて, 雇うと, 雇って, 雇わずに, 電話口に, 頼んで, 顧みた, 顧みて

▼ 助手~ (179, 9.9%)

2 いいました, それを, ため息を, まだ半分, 私の, 首を

1 [167件] あっけに, あまりに明瞭, あんまり可笑しい, いい年, いそいそと, いった, いって, いつでも, いつもすぐその, いないの, いよいよへん, おもいました, おもしろいと, お前の, かるくドア, ぎしぎしその, けげんそうに, けげんらしく呟いた, このごろいくらでも, この不機嫌, この有様, ごめんだ, しきりと, しきりに帆村, しずかに, そのとき, その動作, その後例の, その鋼, それほど有名, たまらなくなっ, ちょっと, ときどき立ちどまり, ともかくとして, どちらを, どんどんと, どんなにおどろいた, なぜ逃げよう, のんきに, まだこの, まだ二十五, まるで一生けん命, まるで口, みずからにしんサラダの, むちゅうでうちへかけ込みました, もう金縛り, やっと安心, わずか持っ, キョロキョロと, コロロホルムの, テキパキと, ニック, ニヤニヤ笑った, ハッと, バルナバスの, ピストルを, ブンゼン燈や, ペコンと, ポケットから, マスミの, マニラロープを, ワシリで, 一人だけ, 一人も, 一度も, 一生懸命に, 三つの, 三人だ, 上衣を, 不安げに, 不審に, 乾燥した, 事務家では, 二つの, 人の, 何かしら, 何だか博士, 何彼と準備, 何時間も, 例の, 俄かに, 俺の, 先ず安心, 先生よりも, 再び滴壜, 列の, 別に要求, 別状も, 勇一君を, 勇気が, 医者でない, 午前中大学に, 博士が, 博士の, 博士を, 又一つピシッ, 叫んだ, 同じく人数, 名探偵, 命令する, 唇へ, 唸りたいの, 喋るなと, 囲いの, 固唾を, 大きく肯いた, 大勢いる, 天井板を, 失望の, 子どもの, 室に, 家の, 封筒を, 小さな庭, 少し悄気, 就職間も, 屍体を, 左の, 左右から, 広汎な, 床の, 彼女の, 彼等が, 得意であった, 微笑した, 思わず声, 急いで, 急に, 怪訝そうに, 恐縮した, 成程, 扉を, 手を, 指さされた箇所, 改めて第, 教授の, 敬意を, 新進の, 棒立ちに, 椅子から, 殆ん, 気でも, 水島の, 泣き始めた, 湯番の, 潜りを, 物事が, 犯人が, 異様に, 益々面, 監禁室から, 目を, 相ついで, 研究室の, 突然の, 立って, 立木に, 紙と, 胆が, 自分の, 解剖台の, 言葉を, 赤ただれたせ, 途中で, 途方に, 隣の, 頓に返辞

▼ 助手~ (151, 8.3%)

12 して 5 なって 3 なったの, 使って, 切って, 化けて, 向って, 命じて 2 なった, なったので, なつて, 囁いた, 雇われた

1 [106件] あなたに, いった, ここまで, した, してやらうとまで, しなければ, しようと, し最も, すぎないから, すぎませんが, すると, そういっ, それぞれ変化が, たすけられながら, ただした, つかって, できたらいい, とられて, なったという, なったり, なったマユミさん, なった時, なった近田, なってから, なつた, なりすまして, なり済まして, なり考古学, なり講師, なること, なるより, なれるか, なれるかしら, ばけて, まかせて, もちたいなんて, もって, やらせて, 乗りこんで, 云う, 云った, 五十万円で, 任せきりだった, 任ぜ, 会った時, 住みこんだり, 何やら話しかける, 使おうとして, 使つて帝大, 依つて, 切り捨てさせ, 化けこんで, 化けたり, 十余人の, 協力する, 合図を, 命令し, 声を, 変装し, 大声に, 委せて, 家の, 廻る外, 強請つて赤酒の, 成り講師, 手を, 手伝って, 手伝わせて, 手伝わせながら, 手渡しパッ, 担がれ横, 拳の, 斯う云った, 日本人は, 早変りする, 暇を, 松の, 歌ったり, 殺人現場を, 毎日世話に, 治郎君を, 渡す, 渡すと, 点火した, 相違ない, 網野さんを, 耳打ちし, 荷物を, 落度の, 行くなんて, 言つたさうだ, 訊くと, 訊ねた, 訊ねて, 話すこと, 貸して, 賄賂し, 賄賂を, 運転さし, 過ぎないの, 陰画の, 雇えば, 雇って, 雇われ此頃, 頷き返した, 頼んで

▼ 助手たち~ (150, 8.3%)

4 のほう 3 といっしょ, にいった, は患者 2 がまた, だ, です, とのどちら, にたずねた, のこと, はこの, を追い出し

1 [121件] から故意, から村長, から自分, がいった, がくるだろう, がその, がどんなに, がふたたびすっかり, がまだ, がもう, がわたし, がベラン氏, が傍, が出, が勤め, が厚かましく, が去っ, が口, が坐った, が外, が少し, が彼, が思いつい, が日まし, が立ち去る, が答えぬ, が薪, が額, そうしたいっさい, その白衣, ですよ, とともに小さな, とミッツィ, と交渉, と同じく, なん, において君, にしたい, にすぐ, についての私, についてまったく, によってさえもたやすく, によってやき, に向っ, に命令, に対するこの, に対する手段, に導かれ, に火, に英語, に葉子, に階段, のいう, のどこ, のほか, のまちがった, の一人, の不作法, の仕事, の厚化粧, の姿, の家庭, の後, の愚か, の手, の手中, の歩きかた, の負け, は, はあす車, はいっしょ, はうらやまし, はここ, はこんな, はし, はちょうど, はどれ, はびっくり, はほとんど, はほんとう, はまだ, はもうずっと, はクラム, はフリーダ, は一つ, は二人, は何とか, は外, は如何なる, は左右, は忠実, は息切れ, は感嘆, は服, は毛布, は私, は薪, は隊長, は鳴沢イト子, ばかりで, まで追い出し, もいっしょ, も今度, も追いついた, よ, をかなり, をここ, をごらん, をなんと, をやさしく, を入れ, を勤め, を呼び, を嫌わせる, を押しのける, を救おう, を知っ, を追い払っ, を追い払わなかったなら, を遠ざけたかった, を鞭

▼ 助手として~ (69, 3.8%)

4 働いて 2 入つた日, 博士の, 球拾ひ

1 [59件] ある大きな, お手伝いくだす, せけん, その実験, その後の, その部屋, つけて, では, はじめて国立科学研究所, はじめて大学, はなはだ好適, 万歳で, 三年間先生の, 何故特に私, 作曲に, 使って, 働いたこと, 働くこと, 働く若い, 入用で, 内心では, 出勤し, 出掛けるといふ, 又大学院学生, 君を, 四人の, 塾生活を, 夏休み中狭い, 大湯間歇泉の, 奈良に, 孝行し, 持つと, 時代思潮の, 書かれて, 月給四十円であった, 本郷区神明町の, 森田正馬さんなどが, 次から, 水力学の, 泊りこみで, 液体力学の, 滯在し, 父に, 独力で, 申分は, 矢留瀬苗子さんを, 知られた小林芳雄少年, 研究室に, 私に, 立ち働く権利, 行くこと, 誰か, 警視庁でも, 貧困な, 辛辣極まる, 連れて, 雇うこと, 雇って, 雇われようと

▼ 助手~ (57, 3.1%)

4 一緒に 3 いっても, なって 2 して, なったの

1 [43件] いちに, いつもの, いへども, し友, その仲間, それに水戸, なったり, なっても, なつた, なりまして, なり生涯, なる, なるべき人間, なるもの, なれる若い, ひよい, また愛らしい, やって来た, ホーテンス記者だった, 三人で, 下僕私の, 二人並ん, 二名の, 云ったよう, 六人の, 医者とを, 呼んで, 四人の, 小使その, 川手氏とが, 材木仲仕の, 看護婦とが, 看護婦の, 看護婦は, 看護婦を, 看護婦長とを, 考えたもの, 聞いて, 言うが, 逃げ出したという, 違って, 離れ離れに, 鶏舎の

▼ 助手~ (27, 1.5%)

2 看護婦も

1 [25件] あとから, あまりいい, あまり映えない, さすがに, すみに, それを, つづいて, みな面白, やっぱりやって来た, 一様に, 下つ, 両手を, 主人の, 二人も, 二少年も, 入れて, 動悸の, 博士の, 同じ様, 学生も, 手に, 注射器を, 研究生も, 箱の, 置かず唯一人

▼ 助手さんたち~ (24, 1.3%)

1 [24件] からひとり, から大いに, から自発的, がおのおの, が外出, が摩擦, ですよ, に人気, に就い, のよう, の事, の二部合唱, の力, の役目, の期待, の案出, の綽名, はあなた, はそれでも, は固, は塾生, は少し, は油断, もわたし

▼ 助手~ (22, 1.2%)

1 [22件] あつた, いて, しかも私, そのほか, また少年探偵団, もぐさ, ハロルド・ブライド, ボクが, 佐々と, 作りあげた小屋, 土屋良平と, 家内は, 強情で, 彼は, 時々俺, 測量技師さんの, 父と, 看護人では, 私の, 膿盤は, 谷口という, 過して

▼ 助手さん~ (21, 1.2%)

2 もある

1 [19件] が, があっ, が窓, で通っ, と塾生, にはどうも, の, のお, のひとり, の作った, の綽名, の肉声, の隙, はこの, は何, は僕, は出目金, は別品, を呼んだ

▼ 助手~ (18, 1.0%)

32 ということ, と云う

1 [11件] かが無造作, からさ, からといっ, が記者, つて, というの, と思った, と見, な, ねえ, よだから

▼ 助手~ (17, 0.9%)

2 看護婦の

1 [15件] たぶん猛獣使い, ほかの, 又小使, 女の, 学生の, 學生は, 炊事夫その他の, 看護人を, 看護卒から, 看護婦たちと共に, 看護婦たちの, 看護婦などに, 看護婦腹話術や, 看護婦長や, 部下が

▼ 助手である~ (14, 0.8%)

1 [14件] かと思われる, ことは, ことも, ということ, としか認め, と知りました, においは, ようにね, ボリスとの, ワトソンである, 事は, 小杉少年が, 海辺の, 須永が

▼ 助手~ (13, 0.7%)

1 [13件] から降りた, にノッソリ, に乗, に乗つ, に納めた, に腰, に飛び乗, は駄目, へうち, へのりこみ, へのりこん, へ小さく, へ押しこまれ

▼ 助手~ (12, 0.7%)

1 [12件] が, が三四人, が僕, が存外批判的, が御, が手伝っ, だけで, と二臺, にも一度, は九人位, は何, は自分

▼ 助手とは~ (11, 0.6%)

2 軽快に 1 いいながら, これまでは, どうだ, セツセと, 一二の, 兎も, 打って, 無論怖がる, 話を

▼ 助手~ (11, 0.6%)

2 にいた 1 で鬼, につき, に乗っ, に乗りこんだ, に乗りなさい, に少年, の処, へ就く, へ移った

▼ 助手でも~ (10, 0.6%)

2 あったの 1 あつた, いいからと, そう言った, そばに, ないくせ, なく目賀野, 助教授でも, 立派に

▼ 助手とが~ (8, 0.4%)

2 玄関に 1 つづく, 両側に, 今日も, 立って, 羽根を, 鈍い器

▼ 助手としての~ (8, 0.4%)

2 自分の 1 かれの, 彼らに, 指導技術においても, 現在の, 私を, 資格が

▼ 助手には~ (8, 0.4%)

2 それが 1 すぐに, 例の, 博士が, 大河君を, 暫しが, 違ひありません

▼ 助手から~ (7, 0.4%)

1 事の, 信号燈を, 借りて, 看護婦から, 聞いて, 船員と, 荷物を

▼ 助手らしい~ (7, 0.4%)

4 人たちに 1 人が, 探偵小説の, 男が

▼ 助手~ (7, 0.4%)

1 がその, が勇一君, が黒ビロウド, のひとり, はこの, はそういう, を拝み倒し

▼ 助手小林芳雄君~ (7, 0.4%)

1 が団長, でした, です, はある, は自動車, もそれから, を団長

▼ 助手だった~ (6, 0.3%)

1 が今, と思う, のさ, のだ, のです, 人が

▼ 助手~ (6, 0.3%)

1 のか, のである, のです, のに, んでしょう, んです

▼ 助手なし~ (6, 0.3%)

3 では 1 であったから, であったが, で独り

▼ 助手です~ (5, 0.3%)

31 か, が少年探偵団

▼ 助手では~ (5, 0.3%)

2 俸給が 1 ないだろう, ないよう, 変だ

▼ 助手といふ~ (4, 0.2%)

2 名で 1 ことにな, 触込みで

▼ 助手としては~ (4, 0.2%)

1 あの木美子一人きり, あまり適当, 忠実に, 毎日午前午後に

▼ 助手と共に~ (4, 0.2%)

1 その実験, 撮影の, 身輕く, 降りて

▼ 助手~ (3, 0.2%)

1 なにかで, なにかに使つてもらふ, 何かで

▼ 助手であり~ (3, 0.2%)

1 ながらその, 時としては, 面前に

▼ 助手という~ (3, 0.2%)

1 のは, ものを, ように

▼ 助手とも~ (3, 0.2%)

1 あろうもの, つかない望月青年, つかない立場

▼ 助手とを~ (3, 0.2%)

1 得ました, 見出すこと, 護送し

▼ 助手など~ (3, 0.2%)

1 して, やること, 東京帝国大学官制第

▼ 助手にでも~ (3, 0.2%)

1 なったかの, 世話しよう, 傭つてもらはう

▼ 助手みたい~ (3, 0.2%)

1 なもん, な仕事, になつ

▼ 助手小林少年~ (3, 0.2%)

1 です, と少年探偵団, の評判

▼ 助手~ (3, 0.2%)

1 と共に豫, の乘つて, の職員

▼ 助手たる~ (2, 0.1%)

1 ファラデーを, 仙波学士と

▼ 助手とか~ (2, 0.1%)

1 共同の, 鍍金工場の

▼ 助手との~ (2, 0.1%)

1 あいだには, 三人で

▼ 助手などは~ (2, 0.1%)

1 ほとんどただ, 一人も

▼ 助手などを~ (2, 0.1%)

1 使ふ, 見ると

▼ 助手なんか~ (2, 0.1%)

1 そのため, 邪魔つけです

▼ 助手にも~ (2, 0.1%)

1 なり果樹, 証言を

▼ 助手よりも~ (2, 0.1%)

1 ふけて, ふっくらし

▼ 助手一人~ (2, 0.1%)

1 といった数, 使わない

▼ 助手以外~ (2, 0.1%)

1 にはこの, には秘密

▼ 助手八雲千鳥嬢~ (2, 0.1%)

1 ですよ, に親しく

▼ 助手~ (2, 0.1%)

1 につい, の貝原

▼ 助手種田氏~ (2, 0.1%)

1 と下僕, もそこ

▼1* [111件]

助手および恐らくは実験台, 助手お前に言つて, 助手がいよう訳がなく, 助手がわりにそれ, 助手ぐらいにはなれると, 助手こっちから上山, 助手さえも残って, 助手さんたち一同からのお願い, 助手さんたち全部を綽名, 助手その中には, 助手それからドレゴ記者水戸記者それに, 助手たちのはいつも, 助手だけであった, 助手だつたが不定, 助手だのたぶん猛獣使い, 助手やない, 助手っていうんだ, 助手であっても自分, 助手であった大谷繞石氏が, 助手ででもあったらむりにもぬけられそうな, 助手としてのみ便利有用なる, 助手としても役に立つという, 助手とであつた, 助手とともに働いたが, 助手どうぞお心置き, 助手などがいる, 助手などという肩書が, 助手などの配属の, 助手なら知っている, 助手なれと始, 助手なんぞ一所に, 助手にさえも洩した事, 助手についてはそんなこと, 助手にとって博士の, 助手になつてもう, 助手によって見つけ出されては, 助手に対してただ拳, 助手に対しては親しみの, 助手に対するあまりになれなれしい, 助手はからだが, 助手ほどの責任も, 助手までつけて, 助手までは考えて, 助手は女, 助手アンダーソン教授とその, 助手オルガ姫はもう, 助手トシテ自ラ修得スベシ, 助手承ケ植物学, 助手ハ婆サンハ転ンデカラ以後勤メナイノデ颯子カ女中ガ勤メルノデアルガ佐々木ノヨウニ上手ニ親切ニハ助ケテクレナイ, 助手ブライドがこんな, 助手ポールトンは仕事, 助手マユミさんのおとうさん, 助手モスコースキー氏が自身, 助手ヲスル時彼女ハブリュウデエッフェル塔ノ模様, 助手一名とともに吾が, 助手三人と立ち会い, 助手二人と小使, 助手五人その下, 助手人足など大勢, 助手以上の資格, 助手任せにし, 助手はやるでしょう, 助手僕たち入院患者は塾生, 助手先生まっさ, 助手先生知事に向っ, 助手兼乳搾夫, 助手兼秘書の渡邊, 助手出身の万年一等兵, 助手前記のゴルドン, 助手助手から船員, 助手助教授達は大学浄化, 助手医者が一人, 助手友長医学士で一人, 助手同様に使っ, 助手に女性的丁寧, 助手変死の次第, 助手女史が保管, 助手小林の名声, 助手小林君でした, 助手工場へ出かける, 助手幾島暁太郎の機敏, 助手に来たらしい, 助手彼奴には立派, 助手或は装置主任という, 助手ひに, 助手探偵の大辻, 助手数人を要する, 助手文代さんの美しい, 助手を差引く, 助手時代は私, 助手時代初給十五円を得, 助手木島は捜査事業, 助手杏丸医学士を電話, 助手は一, 助手歯科医なども近々, 助手滝山某に濃厚, 助手的便宜をはかっ, 助手相談相手友人として成長, 助手の誠之時代一級下, 助手種田氏召使い矢田部教授の召使い, 助手を詛, 助手職工人夫艶歌師女衒などなどこれら, 助手花崎マユミさんは中学一年, 助手荷馬車曳き薪, 助手見習入用ってありましたでしょう, 助手見習生入用ってありましたでしょう, 助手に時々, 助手連中や看護婦, 助手部屋から木村君, 助手野中事務員を同行, 助手野田武夫の劃期的