青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「出立~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

出来る~ ~出来事 出来事~ ~出版 出版~ ~出現 出現~ 出生~ ~出発 出発~
出立~
~刀 刀~ ~刃 刃~ ~分 分~ ~分け 分け~ ~分っ 分っ~

「出立~」 1010, 10ppm, 10283位

▼ 出立~ (198, 19.6%)

16 用意を 9 前に 8 時に 4 前の, 日が, 朝に 3 日と, 日の, 日を, 時は, 時分に, 準備を, 間際に 2 まぎわ, 当時新, 折には, 支度を, 時から, 時の, 時間が, 用意が, 當時ない, 際に

1 [112件] あと余りの, おりも, お仕度, お支度, お歩行, お話でございます, ことと, ことに, ことには, ことを, ために, ときにも, とき別を, とき源一は, ようす, 一両日前重井葉石古井の, 事を, 二日前とかに, 令を, 処は, 前には, 前夜に, 前夜家財宝物など, 前夜文吾の, 前夜湊町の, 前晩, 合図を, 命令が, 命令にも, 因縁が, 場合に, 夕方父は, 外は, 夜スカァアを, 客には, 宣告を, 少し以前, 巻で, 当日午前十一時頃までに, 当時ない, 数日前暇乞に, 方法は, 日しゃ, 日に, 日についても, 日には, 日は, 日まで, 日和を, 日妾に, 日私は, 日重井の, 時には, 時まで, 時より, 時わたしは, 時アノ用人の, 時刻として, 時刻も, 時刻よりも, 時刻を, 時東京駅の, 時短気を, 暇乞い, 暇乞いに, 暇乞いを, 最初に, 有様を, 朝ここの, 朝だった, 朝だつた, 朝にな, 朝の, 朝を, 朝君は, 期が, 期に, 模様や, 準備や, 用意といった, 用意とりどりにて, 用意に, 用意にて, 用意手ぬかりない, 男燧石にて, 直前に, 砌は, 節は, 節心事一, 膳の, 荷ご, 見と, 跡を, 身ご, 身仕度に, 身支度を, 近づきぬと, 間際でも, 間際には, 間際へ, 関も, 際には, 際の, 際も, 際わたくしに, 際問屋の, 際暴風大雨し, 際甚だ, 際老, 頃から, 頬に, 風は

▼ 出立~ (130, 12.9%)

9 てしまった 7 ている 3 てその 2 ていた, てしまいました, てまた, て如何, て推論, て来る, て行く, て都会的生活

1 [95件] およそこれ以上, がけに, その翌日朋友, ついに武蔵野, て, ていった, ていろいろ, てからきょう, てからまもなく, てから一年有余, てから十一日目, てきた, てくれ, てしだいに, てしまう, てしまおう, てだんだん, てどう, てどこ, てどんな, ての実例, てもらいたい, ても今頃, てゆく, てより, てゐる, てオー, てサッキャア派, てタライ, て一つ, て三時すぎ, て下さい, て中津, て二十六日手紙, て今度, て例, て出掛けましょう, て分化, て南, て参りました, て地球, て坂, て夜, て好奇心, て山陰道, て岡崎城下, て巌石突兀, て帰る, て平原, て御, て我, て攻, て明治三十三年七月四日, て暗く, て更に, て最善, て来, て来た, て来なけれ, て東北, て欝葱, て永久, て浅間, て湖水, て目出度く, て社会, て私ども, て考え, て考へ, て考察, て胆吹, て行, て行った, て西北, て親, て諫早, て越後路, て路, て長い, て飛騨, や余, シカチェの, 一人一人と, 一年ぶりにて, 京師を, 播磨まで, 真に世, 私は, 翌朝下山したら, 諸方を, 追分沓掛軽井沢碓氷の, 途中に, 道中諸処に, 馬で, 馬喰町なる

▼ 出立する~ (123, 12.2%)

12 ことに 5 ということ 3 ことが, つもりだつた, と同時に, のである, んだ 2 がよい, ことは, ところに, には金, 事が, 事に, 人は, 時分に

1 [75件] か, からってどうして, から今日, から勘定, から誰, がいい, ことである, ことと, ぞ, つもりだ, つもりであります, という, という事, という前, という是, という訳, といったところ, といったところが, といふ前, ときに, ときむす, とき教授を, としよう, とどう, とはいくら, とまもなく, と云い出した, と仮定, と述べ, な, にし, のだ, ので, のに暇, の時, の用意を, まで彼女, ものは, よ, よう, ように, わけには, んです, 一時間ばかり, 万座温泉まで, 事, 二日前の, 以前一ヶ月許り, 内規だ, 冒険や, 前から, 前の, 前下僕が, 十五分前に, 呼子町まで, 大使の, 幕府方の, 心算で, 心算でありました, 所な, 方が, 時から, 時にも, 時も, 時チュガ公の, 時十二日分の, 時夫人は, 暇は, 気は, 私としては, 行乞する, 間際に, 際に, 頃は, 鼓吹と

▼ 出立した~ (83, 8.2%)

7 のである 3 のは 2 と云う, のか, のだ, 代助, 貴公子風の

1 [63件] かれである, が敵地, が降つ, けれど山, ことは, こと誰それと, そして志保, って構わない, と, とあっ, という, ということ, という者, という騒ぎ, といふところ, ときの, ところで, とする, とのこと, と思う, のが, ので, のであった, のであります, のでした, のです, のに反し, のも, ばかりで, ものが, ものであり, ものであります, ものの, んだ, デカルト哲学は, リネツトは, 事を, 人々の, 四人が, 宇津木兵馬は, 市街を, 彼は, 後おばさんが, 後の, 後私は, 折嶺君同行何とか, 教育が, 時と, 時彼等は, 時間を, 正面からの, 津田の, 浪士らは, 直に只見川, 私は, 考である, 者山之, 藤原の, 跡に, 途中船橋と, 道庵と, 頃にでも, 馬を

▼ 出立~ (47, 4.7%)

2 一日延し, 前に

1 [43件] いいつけられたこと, いたす事, お見合せあそばしませ, したもの, した豪傑, した長田秋濤君, しなかったと, すること, する時細君, ちとお待ち, 何事かと, 余儀なくされ, 励まして, 取消した, 命じて, 帰らない旅, 延ばした, 待つて, 急いで, 急ぐこと, 急ぐの, 控えて, 新橋まで, 新橋迄, 沼津驛に, 申し上げて, 申し上げますると, 発令し, 祝するという, 経て, 致させましたから, 致さねば, 致しました, 致しまして, 致し是, 致そうと, 見合せあらためて, 見合せまする, 見届け安治川屋敷, 許さないの, 誤らなかったという, 間際に, 願おうかってね

▼ 出立~ (26, 2.6%)

1 [26件] さきだって, したって, しても, なりますか, なるぞ, なるまで, なるまでは, なる処, びっくりし, また何ぞ, 付きたき惣之助, 付分家清川森関藤, 付暇乞に, 付書状認渋江小野両氏へ, 付行飲, 山猫は, 文吾は, 日本人は, 源右衞門の, 相成りますが, 着更, 而河村大, 臨み前夜通り, 臨み醵金, 自然不平の, 間に

▼ 出立しよう~ (19, 1.9%)

3 とする

1 [16件] ということ, というの, という時見送り, とお, とした, となった, と心, と心得, と思います, と思う, と思っ, と考えた, と腰, と試み, な, 絶食も

▼ 出立~ (19, 1.9%)

1 [19件] いつですか, いつです是非浜, ここから, むしろ出奔, もう明後日, 一日延ばし, 三時と, 人目に, 何れ六波羅わたりの, 何日々, 兎角遅く, 出来ますまい, 十二日くらい, 急ぐが, 早い大抵, 明後日, 明後日支度も, 明日にな, 紺縅鎧に

▼ 出立~ (19, 1.9%)

2 から程遠から, は社会的事実

1 [15件] からし, がすでに, が其処, が間違っ, であり社会, とした, として改めて, と新, と考える, と言う, については多く, に向う, に在る, に返っ, を求めた

▼ 出立~ (18, 1.8%)

1 [18件] なるもの, もう少し遅れよう, もっと先, よいの, 一日延びました, 一日遅れた, 六時を, 四日と, 嬉しいと, 小生および, 徳と, 思いだされて, 思ひがけ, 思ひ出されて, 早くできないで, 最後の, 違って, 間違って

▼ 出立~ (18, 1.8%)

2 定まり私共

1 [16件] いいそして, いうので, いっても, しよう君, すれば, せずに, 云うこと, 公言した, 定まりぬ阿園, 成りましたから, 承知其後廿二日出立と, 承知其日数より, 申しつけて, 聞くや, 致しましょう, 致そう

▼ 出立~ (18, 1.8%)

2 に私, 三月程の

1 [14件] からかけ, からし, から長途, にアメリカ同人, に其飛行場, に娘, に是非会, に秘儀, に話し, のあわただし, の一目, の功徳, もう一遍彼, 見立人伊藤誠斎安石玄高全八郎洞谷金八郎乙平

▼ 出立という~ (12, 1.2%)

2 前の, 時に 1 ことに, その前日逃奔, その夜, ところさ, のが, 時主人が, 間際に, 騒ぎ邸内は

▼ 出立しなけれ~ (11, 1.1%)

7 ばならない 3 ばならぬ 1 ばならん

▼ 出立~ (7, 0.7%)

1 ござります, ござりまする, はござりますまいな, 帰りの, 度胆を, 私の, 花や

▼ 出立致し~ (7, 0.7%)

1 おい, て大井, て遠から, 小金ヶ原へ, 越後へ, 遠からず, 馬喰町に

▼ 出立しました~ (6, 0.6%)

1 がその, がその道, が此, との事, は九月, よ

▼ 出立なさる~ (6, 0.6%)

1 え, がよい, という, のです, ので伊勢参宮, のは

▼ 出立~ (5, 0.5%)

1 おくれた, 早い, 糠喜びに, 諷爽と, 遅れたの

▼ 出立~ (5, 0.5%)

1 が違う, こそぼうっと, であって, を変え, を忘れ

▼ 出立~ (5, 0.5%)

1 だつた, に受取つた其等, の一日二日, は供, 全く乘

▼ 出立せね~ (4, 0.4%)

2 ばならぬ 1 ばならず, ばなりません

▼ 出立~ (4, 0.4%)

1 そこで目出度い, と云い張っ, 何故笑い顔, 朝早くから

▼ 出立間際~ (4, 0.4%)

1 ではあった, になっ, に若い, のお

▼ 出立させ~ (3, 0.3%)

1 ていただく, ていよいよ, 途中に

▼ 出立させる~ (3, 0.3%)

1 がよい, こと, ことに

▼ 出立したい~ (3, 0.3%)

1 と助太刀, のでござる, ものである

▼ 出立すれ~ (3, 0.3%)

1 ども子, ば必ず, ば正々堂々たる

▼ 出立~ (3, 0.3%)

1 くれ, くれるの, 了った

▼ 出立といふ~ (3, 0.3%)

1 場面を, 日の, 騷ぎ邸内は

▼ 出立には~ (3, 0.3%)

2 飯が 1 好都合の

▼ 出立~ (3, 0.3%)

1 節は, 節金五円所持致候え, 頃は

▼ 出立致します~ (3, 0.3%)

1 がね, が事, どうか此

▼ 出立いたし~ (2, 0.2%)

1 候, 日を

▼ 出立いたしました~ (2, 0.2%)

1 が其の, ぞ

▼ 出立いたします~ (2, 0.2%)

1 から早々, が

▼ 出立いたす~ (2, 0.2%)

1 時は, 竹童とやら

▼ 出立いたせ~ (2, 0.2%)

1 というその, という火

▼ 出立から~ (2, 0.2%)

1 まずこの, 櫓も

▼ 出立される~ (2, 0.2%)

2 前に

▼ 出立したら~ (2, 0.2%)

1 あなたも, いいだろう

▼ 出立すべき~ (2, 0.2%)

1 はずでした, 日に

▼ 出立~ (2, 0.2%)

1 ば, ば或

▼ 出立せし~ (2, 0.2%)

1 が巡り巡つて三年, を松葉屋

▼ 出立せられた~ (2, 0.2%)

1 事とのみ, 皇太子が

▼ 出立つら~ (2, 0.2%)

2

▼ 出立である~ (2, 0.2%)

1 から槍, 浜松では

▼ 出立なさい~ (2, 0.2%)

1 な, 即刻タッジオさんと

▼ 出立なさいました~ (2, 0.2%)

1 あなたも, のは

▼ 出立に際して~ (2, 0.2%)

1 私に, 郷士扶持三百石の

▼ 出立~ (2, 0.2%)

1 ぎわに, ぎわの

▼ 出立までに~ (2, 0.2%)

1 御宿所, 本隊の

▼ 出立九時~ (2, 0.2%)

1 から十二時, 着行乞三時間

▼ 出立出来る~ (2, 0.2%)

2 ように

▼ 出立少し~ (2, 0.2%)

1 も取みだれず, 行乞し

▼ 出立~ (2, 0.2%)

1 に沿う, を渡っ

▼ 出立松原~ (2, 0.2%)

1 がよろしい, まで歩い

▼ 出立王子~ (2, 0.2%)

1 と今一大字, は定家卿

▼ 出立致しまし~ (2, 0.2%)

1 て其の, て沼田

▼ 出立致す~ (2, 0.2%)

1 不孝の, 了簡です

▼ 出立致そう~ (2, 0.2%)

1 と思いまする, と思い決めた

▼1* [133件]

出立あそばしたすぐその後, 出立いそぎを見れ, 出立いたさせますからよろしく, 出立いたしましょうが, 出立お供して, 出立こそは無二の, 出立させたといふこと, 出立さよならさよならありがたうありがたう, 出立された十三日の, 出立されないのです, 出立したくも如何にも, 出立したるもしくは流, 出立した明けたばかりの天地, 出立しない哲学として, 出立しますと此方, 出立しようではない, 出立し得なかったのも, 出立すぐ行乞を, 出立するしようことなし, 出立する別れてから一時頃, 出立する逢うてうれし, 出立せしめるのである, 出立せずにはゐられなく, 出立せなければならん, 出立せましたまひたる, 出立せよと命ずるごとく, 出立せんければならぬ, 出立そして雨中行乞, 出立それではどなたも, 出立だったと皆, 出立つかまつりますれば, 出立でございましたかな, 出立でございますかな, 出立ですから特に, 出立ではないか, 出立でもしなければ, 出立との不思議な, 出立どんこ和尚を訪ねる, 出立なさいませとは, 出立なさらなくてはいけません, 出立なさるなら遠慮なく一足お先, 出立なさればよい, 出立などの符合から, 出立にあたってなんとなく胸騒ぎ, 出立にあたり北原君が, 出立についての万端ここの, 出立にて其姿も, 出立のみぎり常木先生が, 出立はつらつとして歩い, 出立ほんたうに, 出立まことによい宿, 出立もし兼ねまじき勢い, 出立るだろうと思う, 出立上京為致度奉存候, 出立すったそう, 出立に洲崎, 出立中国九州の旅, 出立主人の厚意, 出立二十四日ローマに着, 出立京都へ, 出立以来五年も経ちました, 出立俊和尚の温情, 出立出来ようかと寝られない, 出立前あなたからいろいろ, 出立前一日その馬, 出立前十日ばかり大抵, 出立前夜多計代, 出立可致様且又出府大儀に被, 出立に山, 出立二十七日無事帰県した, 出立夕七時油川村著菊屋重助宅へ落著, 出立夕七時頃中野村へ著一泊, 出立宇品で浪切丸, 出立宇治へ, 出立実によく晴れて, 出立など怪しん, 出立将行春ぞ近づく, 出立小郡の街, 出立尻からげ一杯ありがたく頂戴, 出立島田を経, 出立己斐まで電車, 出立帰藩之事, 出立当時の風体, 出立後家族の者, 出立後火事沙汰等も無御, 出立後華州へ放った, 出立御供に候, 出立徳島へ向う, 出立急がず休まずで歩く, 出立ながらサツソウ, 出立橋を, 出立早々病氣に罹つた, 出立昨夜雇い入れた馬, 出立昼夜兼行二十七里の山径, 出立朝ぐもりの寒さ, 出立朝五半時頃蟹田村著之処松前侯昨夕御参著無, 出立朝酒をひつ, 出立木場道の中途, 出立櫛ヶ浜行乞それから下松, 出立歩きだしてほつ, 出立清洲のあの, 出立渡瀬行乞三池町も少し, 出立点行先速力等を計算推量, 出立由布院へ歩く, 出立白河越え洛北, 出立直方までは歩いた, 出立真黒な髪, 出立礫浦まで送られ, 出立秋吉をへ, 出立致そうではない, 出立草鞋の工合, 出立荷持ちに荷物, 出立藤井さんに駅, 出立行くこと二里ばかりに, 出立行乞二時間銭四銭米四合あまり功徳を戴いた, 出立西へ東, 出立話しながらゆ, 出立谷頭まで三里, 出立時間の, 出立逃亡遺棄獲得脱出開拓其他あらゆる言葉, 出立途中まで紅闘二兄, 出立はアスフアルト, 出立銀汀稲青の二君, 出立間もなく私と, 出立間際種々多事取込, 出立にのこし, 出立の中, 出立電車で駅, 出立の路, 出立馬上に而昼九半時頃油川帰宿, 出立高日向にて銚子橋, 出立黒井行乞三里歩いて, 出立黒崎まで電車