青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「功~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

創作~ ~創造 創造~ 劇~ ~劇場 劇場~ 劉~ ~力 力~ ~功
功~
~加 加~ ~加え 加え~ ~加減 加減~ 加藤~ ~助 助~ ~助け

「功~」 1656, 18ppm, 6388位

▼ 功~ (633, 38.2%)

27 奏して 9 賞し 8 積んで 7 一簣に 6 立てて 4 あせって, もって, 奏したの, 奏したもの, 急いで, 賞した 3 たてて, 奏した, 奏しない, 奏すること, 奏すれ, 奏せない, 奪われて, 急いでは, 立てよ, 経た奴

2 [35件] して, もっても, 争うこと, 争って, 争ひ, 収めて, 奏したが, 奏したと, 奏しなかった, 奏する, 奏せず, 奏せなかった, 奏せなかつた, 奏せぬ, 忘れては, 急ぐ心持, 成したの, 抑へた, 樹て, 称えて, 称揚し, 積まねば, 積むと, 積んだので, 立てさせて, 立てた, 立てたこと, 立てた人, 第一, 終えた, 終へ, 経たもの, 見ること, 誇るよう, 重むじ

1 [452件] あげいよいよ, あげたと, あげた周魴, あげた子, あげて, あげても, あげること, あげるであろうぞ, あげ奴ら, あせったため, あせった形, あせつて, あせらずまず, あらわさず奸悪, あらわしたこと, あらわした俺, いそいでは, いそぎすぎた恰好, いそぐこと, いそぐと, いそぐの, いそぐ以外, いたしたわれわれ臣下, おさめざるは, おさめて, おたてなされ, おのれひとりの, かさに, きそッ, さらわれたよう, せよ, そうし, そうした, そねむもの, そねむ心理, そねんで, たたえると, たたえる如く吹聴, たたえ次, たつ, たてたいなら後日天下, たてたの, たて一時, たて政宗, たて罪を, つないで, つみ再版, つむより, とげさせたという, とげた例, とげて, とられて, なさざりき, なさずと, なさなかったと, なしたぞ, なした人, なすこと, なすと, なすに, なすは, なすばかりに, ねがうため, ねぎらって, ねらっても, はやって, ほこるなれど, ほめたが, ゆずります, ゆずるな, ゆづりしも而し, ゆづることになつたのです, よろこびつつ, 一キで, 万一に, 上げて, 上達し, 与え給う受けざるは, 中畑さんに, 了え, 争いあって, 争いだしたもの, 争い述べるなど, 争うため, 争うよう, 争う輩, 争ふて抜け駈け, 争わないだけ, 亮け, 伊豆守から, 何んとかに, 先んじられようとは, 克ち取られよ, 全うし, 全くする, 共にし, 分つこと, 剋ちそこねた, 剋ち得たなら, 加えて, 勝豊の, 十分に, 半ばに, 単身で, 占うに, 収むるの, 収めざるに, 収めずと, 収められよ, 収めるに, 収めんと, 収め糧船数万艘, 口に, 同僚の, 君に, 嘉し張済, 嘉し新た, 嘉せられ征東将軍, 多と, 夢みひとり則清, 天子の, 失つたのである, 奏さないこと, 奏しき, 奏しさうに, 奏しすぎて, 奏しその, 奏したか, 奏したから, 奏したこと, 奏したという, 奏したとしても, 奏したね, 奏したる, 奏したるの, 奏したるもの, 奏したる後, 奏したれども, 奏したろうけれども, 奏した前例, 奏した時, 奏した證左, 奏しつつ, 奏してから, 奏しても, 奏しベルリン会議, 奏し備前八幡山, 奏し呂, 奏し武家, 奏すかと, 奏すべきよし, 奏すべしとは, 奏するの, 奏するもの, 奏するやいなと, 奏する忠告, 奏する戦術, 奏する望み, 奏せざる, 奏せなかったと, 奏せなかったの, 奏せなかった所以, 奏せよ, 奏せり, 奪うよう, 奪えるに, 奪わるるが, 奪われたん, 妬ましげ, 嫉む者, 寄せまた, 專らと, 專らに, 左様に, 平常にも, 建てた, 得ざること, 得る有り, 御積み, 志す以上, 忘る, 忘るる, 忘れず無人, 忘れて, 思うて, 思ひて, 思わん, 思召され, 急いだり, 急いでるわけ, 急がず悪名, 急がないという, 急がなかった, 急がば, 急ぐため, 急ぐの短所, 急ぐの結果, 急ぐべからざること, 急ぐ念, 急ぐ氣, 急ごうとは, 恃んで, 愛でられてか, 懐うて, 成さざるもの, 成さしめては, 成さず, 成さんと, 成したその, 成したり, 成して, 成し一心, 成し名, 成し徳, 成し果, 成し遂ぐる道, 成す, 成すこと, 成すには, 成すは, 成すを, 成す所以, 成す者, 成す而, 成す能わず況ん, 成せること, 成せる皆, 成就し得ん, 戦友に, 戦時にも, 担わしめるには, 拾った, 持たないでは, 持たぬうち, 持参金に, 按じ或いは, 挙ぐるに, 挙ぐるは, 挙げた, 挙げたが, 挙げたばかり, 挙げたら取り立てて, 挙げて, 挙げないとも, 挙げもって, 挙げるか, 挙げること, 捨てて, 捨てても, 捨て大功, 揚げ得たり, 擧げたの, 收むることが出來た, 收むる事早く, 收むる事遲か, 收めざるに, 收めた, 收める, 朝議に, 期し難し, 果し大, 横取りする, 樹てた, 樹てて, 欠いたもの, 欠いては, 欣んで, 求めざるもの, 没すべからずと, 没するよう, 治世に, 測り知りたらん, 滅すこと, 為さずと, 為して, 為すべし時機, 為すべし雛, 無視された, 焦心れ, 燦と, 爭へ, 爲し, 狭めようと, 献ずるや, 獲た, 現わし, 現わす, 生ずること, 用ひた, 異域に, 盗まれた彼女ら, 盗みて, 省くこと, 示すもの, 秦するなるべし, 称えたとき, 称えたの, 称えれば, 称え一転, 称え先, 称するごと, 称するとともに, 稱し, 積し, 積まば, 積まれたという, 積み, 積みしに, 積みたり, 積みついに, 積み他日, 積み徳, 積み時, 積むならば, 積むには, 積むの, 積むべく余儀なく, 積むより, 積んだ人々, 積んだ岡, 積んだ時, 積んだ晴れ, 積んだ苦労人, 積んだ行者, 積んでは, 積んでる仁, 空しくし, 窃んで, 立つべしと, 立つるは, 立てさせたらそれ, 立てさせないに, 立てずして, 立てずんば, 立てたの, 立てたのに, 立てたら宥, 立てたろうが, 立てないうち, 立てねば, 立てましたが, 立てよい, 立てようという, 立てようもの, 立てられい, 立てること, 立てると, 立てるにも, 立てるもの, 立てる年頃, 立てる後談, 立てれば, 立てんと, 立て事, 立て又, 立て業, 立て瀬戸内海, 竣った, 竣つた, 竣へ, 竣め新たに, 競いまた, 競い合ったと, 競うな, 競うべからずであるが, 競う我武者, 競う雑兵, 競った, 競って, 競ひ, 競わせ天下, 終えたと, 終えたの, 終えて, 終え数々, 経た緋衣, 経た者, 経て, 経ましても, 続けなば, 考へ且, 自分に, 藤房の, 蘭丸へ, 衒うよう, 見ざるのみ, 見せよ, 見たもの, 見て, 規定する, 言いつのりかえって, 計りて, 試すため, 誇って, 誇らずまた, 誇らなかったし, 誇らんため, 誇らんなどとは, 誇りでも, 誇りに, 誇り顔に, 誇ること, 誇るにては, 誇るの, 誇る顔, 誇れば, 誇ろうと, 誌した, 認むるの, 認められて, 認めるでしょう, 認めるに, 論じ社稷百年, 論ずること, 譲らなければ, 譲るべきである, 譽めた, 讃えて, 讃えまた, 讃められた, 貪らじ, 賞してか, 賞しながら, 賞しまた, 賞し自分, 賞し部下一同, 賞するに, 賞せらるべく, 賞めこそ, 起すの, 述べたてた, 述べて, 述べるため, 速やかに, 遂ぐるの, 遂ぐるもの, 遂げざるを, 遂げしむる, 遂げずして, 遂げず業, 遂げた今日, 遂げて, 遂げよ, 遂げ名, 遂げ妙, 鎌倉に, 闘わさん, 非常に, 顕しますよう, 顕すに, 願った, 顧みて

▼ 功~ (97, 5.9%)

3 大きい 2 ある, 俳諧史上特筆すべき, 大きかった, 没すべからず

1 [86件] ありとは, ありなん, ありましょうが, あるが, あるに, あるもの, ある者, あろうが, いそぐべからずさ, えてして戦後行賞, えらいもん, おれの, おろか一命も, おろそかに, かならず兄上, かの武功, ご辺, どのくらいの, なかったらしい, なさんけれども, ほめたが, まったく部下, やがて周代八百年, 一朝一夕の, 上々であった, 何も, 信長も, 俳諧史上特に, 倍する結果, 充分に, 其人格の, 初め淺草黒船町河岸に, 割いても, 勞に, 勞を, 半ばしか, 半ば良沢に, 収め得ても, 否みがたい, 問わず非, 壽阿, 多い, 多くなる, 多分中戸川氏自身, 多大でありました, 奇に, 孫堅, 實に, 小人に, 小生より, 少くなる, 少なしと, 尠いと, 当然同氏, 後の, 後世に, 復た, 復た没す, 徹頭徹尾詩人, 忠茂に, 思わないが, 我之を, 收め難い, 日月よりも, 智月に, 未だ麟閣, 材料が, 此も, 此歌に, 永く忘れ得ぬ, 汝の, 没せられない, 深家, 渠に, 空しからず, 荒くない, 行末永く, 譲っても, 讃ずべし, 貴様の, 遂げても, 都督に, 長く竹帛, 陳大夫陳登父子の, 露ほども, 非常な

▼ 功~ (92, 5.6%)

5 よりて 4 して, 依って 3 逸って 2 はやって, 焦心って, 由らずと

1 [70件] あったかを, あり, あること, おむくいする, おるを, させるは, しなければ, はやった凌統, はやりでも, はやり智嚢, ほこって, ほこらない人, ほこらぬ美しい, ほこり恩賞, むくいて, むくいる行賞, めんじて, よらず愛, よりと, よる, 代えてもと, 依つて, 依つて筑前國, 依り侍, 免じて, 匹敵しよう, 半を, 因りて, 在りされど, 報いずは, 報いるため, 報ゆとも, 報ゆる, 報る, 安ん, 属したる, 帰したを, 帰し秀子, 帰する, 帰せざるべからず余, 帰せざるを, 帰せられねば, 帰参願おう, 御勘当, 恩賞を, 愛で, 愛でて, 感謝を, 敬意を, 数えねば, 書かれては, 燃えた, 燃えた武者ども, 甘んじるよう, 申さば五位の, 誇り慢心, 誇るほど, 誇る武者, 譲らぬ賞, 逸った, 逸りきって, 逸るなと, 逸る大勢, 逸る次第, 達せん, 鑑み松寿丸, 非ざる無し, 食ましめて, 飢えて, 驕って

▼ 功~ (74, 4.5%)

6 あります 5 あって 4 あつた 3 ある, あると, あるの 2 あった, あっても, ありましょう, あるかは, 現われて

1 [40件] あったが, あったと, あった者, ありますけれども, あり二十分, あるかも, あるに, あるので, あれば, あろうとも, かぞえられましょうか, ござるそれゆえ, ない, ないこと, ないため, ないと, なかった, なかばに, なければ, 九料理の, 今花咲き, 労に, 同じである, 多いいかが, 大きかった, 有ったの, 有ったので, 有るか, 有れば, 棒引きに, 満ち行, 無かつ, 積って, 積まれて, 積んだな, 立つ, 立てられるのに, 經て, 記された, 顯はれ

▼ 功~ (70, 4.2%)

4 へん 3 人に 2 あつた, ために, 一半を, 者の

1 [55件] あったもの, あった三河, あった人々, あった平忠常以来, あるに, ある者, いたらざるもの, ない公家ども, ない彼, ない身, なかった, ように, 一半は, 一面にのみ, 七兵衛ちっとも, 与左衛門である, 世に, 争いなど, 人の, 侍とは, 公家原祈祷を, 勇士に, 勘で, 勝家此処で, 士これを, 士の, 多かつ, 多少が, 大ならざる, 如きもの, 妨げを, 少い場合, 尠ない, 徳水金銀瑠璃玻璃を, 成り力, 成るや, 手練である, 探偵と, 方面から, 日記によるに, 有と, 機縁とは, 民である, 浅深これ, 無きは, 現われない仕事, 者あり, 者が, 者で, 臣は, 舞には, 費を, 鐘鼎款識にも, 非常に, 顯はれぬ

▼ 功~ (57, 3.4%)

3 立てずに 2 なくただ, 一簣に

1 [50件] あがらないし, あげず大挙, あげて, あせって, あらぬ老, ありと, ありませぬに, ある, いはず何事, たちまち措い, たてずあの, ない, ないこと, ないのに, ない人間, ない拙者, なかつた, なき匹夫, なき宮廷内, なき者, なくいたずらに, なく帰, なく相, なく立ち, なけれども, みな帝に, むだと, 乏しき微, 亦た, 亦少々ならず, 亦此人, 出世も, 副将軍, 大きかった, 実にそち, 少くなかったらしい, 徒に成, 成し遂げた, 有りませんでしょうよ, 無いこと, 無いのに, 無かった, 玉なし, 甚多し, 相立て, 積んで, 聞かずひとえに, 見えぬ愛慾, 見せて, 見のがせない

▼ 功~ (52, 3.1%)

4 がある 2 がありません, のある, もない, を並べ, を知っ

1 [38件] あるもの, があった, があつ, があるだらう, がない, が多い, が大きな, が始めて, が有ります, が極めて, が見え, です, なく, なく留守中家事, なるもの, のあり, のない, の礼讃, はありますまい, はある, はしかく, はない, はわずか, は千万人, は学校教育, は慥, は牛肉, は飯, もなかっ, もなく, も多い, をつくし, をならべ, を吹聴, を味わう, を知り, を述べ, 多き事鼠

▼ 功によって~ (34, 2.1%)

1 [34件] お引立, 三位に, 三千石の, 今日この, 公爵の, 呉王から, 家を, 建徳将軍費亭侯に, 弾左衛門が, 彼は, 従三位に, 得悟の, 徳川家からは, 愛鷹山南麓の, 授けられたもの, 朝廷から, 浅草弾左衛門及び, 済南, 游撃将軍と, 満期の, 王に, 益州の, 相国と, 祈祷の, 禁裏から, 紫の, 細川忠興は, 織田殿へ, 賜わった相伝, 賞は, 近江長浜の, 鎮守府将軍に, 領軍都尉に, 黒人として

▼ 功~ (29, 1.8%)

4 のあつ

1 [25件] ある一人, ある人, ある學者, があり, で在府中, で豊太閤, にち, にも感謝, によつて, によつて定, に對, の多い, の多少, はそれ, は主として, は日本農業, は甚大, は遠く, をい, をし, をのべたる, を忘, ヲ表彰スルノ道, 多きは, 多き人

▼ 功成り~ (28, 1.7%)

9 名遂げ 5 名を 4 名遂げた 2 名とげ 1 て万骨枯, 万卒倒る, 万骨枯る, 事遂げた, 將に, 意満, 此處を, 紀三十巻

▼ 功あり~ (21, 1.3%)

2 而し

1 [19件] てこそ誠に, て勤王, て威名大, て新知百五十石, とし, とした, とす, とも英雄, と云, と知るべし, と自称, 之れ, 或は又, 或は国家, 或は宗教信者, 或は徳, 然れ, 自由党を, 自由黨を

▼ 功~ (19, 1.1%)

1 [19件] あいまって, いうには, いうよりも, いって, いつて, いはねば, したかの, す, する, なさんには, 云うは, 云は, 思へり, 接物宜, 為す可, 爲す, 父母の, 罪とが, 言えり

▼ 功~ (18, 1.1%)

2 後家の

1 [16件] やつと, キャプテンに, 与二, 以来, 位階は, 厳めしげに, 夜目の, 威張るの, 宥め賺し道中土, 心を, 植物纖維を, 爪先が, 秀吉から, 西丸書院番に, 許されるどころか, 豊臣太閤に

▼ 功~ (18, 1.1%)

1 [18件] ある可, がある, として至当, のあつ, の出, はいよいよ, は炳焉, は空, もない, もなかつた, も見えなかつた, をあげた, をも残さない, を収めぬ, を収め得ぬ, を奏した, を疑つ, 有るべきの

▼ 功ある~ (17, 1.0%)

2 者を

1 [15件] ごとに, のでなかろ, は即ち, は学習院中, は賞し, ものは, を得べき, 時は, 武士に, 碩學なる, 組を, 者には, 者の, 者は, 諸大将

▼ 功~ (16, 1.0%)

1 [16件] がある, が生じ, のある, の法則, の著大, の要, は単に, は水火木金土, は病人, を増す, を尋ね, を知らさる, を説く, を述, ヲホムルナリ, ヲ称シ能毒

▼ 功~ (14, 0.8%)

2 だ, の意見 1 だったら猶, でなければ, でもいた, と云, な事, な人, に当て, に監督, の唱える, の教え

▼ 功として~ (10, 0.6%)

1 ある, これ見よ, 太刀や, 安ん, 居る, 汝の, 益寿亭侯に, 誇って, 都下の, 頒け

▼ 功~ (9, 0.5%)

2 のある 1 であり且つ, はポオル・クロオデル, は左, もなし, を建立, を説明, を遺す

▼ 功なき~ (7, 0.4%)

1 こと多し, に非, のみならず, は全国, も賞せられ, 者へも, 関羽

▼ 功なる~ (7, 0.4%)

2 ことを 1 ときは, みその, を以てこの, 人に, 木樵

▼ 功により~ (7, 0.4%)

1 ていと, 其手船を以て, 数等を, 早く蔵人, 権弁事の, 莫大なる, 食祿の

▼ 功~ (6, 0.4%)

1 が, が何本, が土肥さん, と思う, と思ふ, と言っ

▼ 功をも~ (6, 0.4%)

2 奏せなかった 1 奏すはず, 挙げて, 立てたの, 立てること

▼ 功ありし~ (5, 0.3%)

2 それが, を疑 1 管仲同じく

▼ 功でも~ (5, 0.3%)

1 あったと, おぼしめし下さるならそれ, 物でも, 相当であった, 認識し

▼ 功~ (5, 0.3%)

1 からし, 人に, 山崎が, 山稼人は, 教育者の

▼ 功なく~ (5, 0.3%)

1 して, 樸学三十年滅賊計を, 清濁い, 精根を, 費やして

▼ 功なし~ (5, 0.3%)

2 という結果 1 である, というべからざるなり, 攘夷の

▼ 功には~ (5, 0.3%)

1 ならない, ならんの, なりましょう, 過大な, 違ひない

▼ 功勞者~ (5, 0.3%)

1 といふことに, として石川剛造君, となつ, の一人, は周知

▼ 功四級~ (5, 0.3%)

2 だろうか 1 だ, にまでならせた, のそれ

▼ 功多き~ (5, 0.3%)

1 ことを, による, に居る, ものと, を賢し

▼ 功~ (5, 0.3%)

1 が設けられる, とやらはどつ, は芸術家, もせめて, をやる

▼ 功~ (5, 0.3%)

1 がなけれ, で一日, を感じ, 得難く候, 早く忽ちにカッ

▼ 功とは~ (4, 0.2%)

1 せずいつも, 言はれぬ, 誰を, 連鎖を

▼ 功なり~ (4, 0.2%)

2 名遂げ 1 事破れ, 名とげ

▼ 功によ~ (4, 0.2%)

1 つてノーベル賞を, つて出身した, つて提擧市舶と, つて関八州を

▼ 功より~ (4, 0.2%)

2 得たる名誉 1 出たる家譜, 罪が

▼ 功~ (4, 0.2%)

1 他日ニ収メン, 収メント欲シ呉起ツトイエドモソノ規ヲ, 成シテ之, 陰ナガラ祷

▼ 功成っ~ (4, 0.2%)

2 て万骨枯 1 て之, て少

▼ 功~ (4, 0.2%)

1 して, に向けるべきである, をした, をする

▼ 功あれ~ (3, 0.2%)

1 ども既に, ば又, ば独り忘

▼ 功では~ (3, 0.2%)

1 ないか, ないでしょう, ないよ

▼ 功なっ~ (3, 0.2%)

2 て万骨枯 1 て洛陽

▼ 功にも~ (3, 0.2%)

1 ご一言, ならないこと, なりゃしない

▼ 功また~ (3, 0.2%)

1 くしを, 大なる, 空しからず

▼ 功~ (3, 0.2%)

1 さう, 大なり, 成績には

▼ 功を以て~ (3, 0.2%)

1 どうか, 之を, 罪を

▼ 功一級~ (3, 0.2%)

1 というところ, の勲章, を貰う

▼ 功~ (3, 0.2%)

1 並就遂泯斯懷と, 功を, 獲一簣

▼ 功六級~ (3, 0.2%)

1 だ, の曹長, の金鵄勳章

▼ 功~ (3, 0.2%)

1 ありし人, にかがやく, を立てずし

▼ 功成る~ (3, 0.2%)

1 と伏見宮, の後, や名

▼ 功~ (3, 0.2%)

21 のあっせん

▼ 功~ (3, 0.2%)

1 あるもの, するところ, もあらざるなり

▼ 功~ (3, 0.2%)

1 といふ本, などは全くそう, の色彩

▼ 功~ (3, 0.2%)

1 あるは, ある可, 多きもの

▼ 功これ~ (2, 0.1%)

1 をし, を治め

▼ 功という~ (2, 0.1%)

1 ことに, 人は

▼ 功などは~ (2, 0.1%)

2 全くなく

▼ 功なりと~ (2, 0.1%)

1 すべく露国, すべく露國

▼ 功ばなし~ (2, 0.1%)

1 となる, に絡む

▼ 功七級~ (2, 0.1%)

1 が輝い, を夢みた

▼ 功中山寛六郎氏~ (2, 0.1%)

2 は今や

▼ 功~ (2, 0.1%)

1 でなした, というもの

▼ 功公来居丸山荘荘園鉅大深邃渓山~ (2, 0.1%)

1 之趣, 之趣為

▼ 功~ (2, 0.1%)

1 なりといえ, なりと言わざるべからず

▼ 功少から~ (2, 0.1%)

1 ず云々, んのみ

▼ 功少き~ (2, 0.1%)

1 を常, を戒め

▼ 功成った~ (2, 0.1%)

1 という, 一代の

▼ 功無く~ (2, 0.1%)

1 して, 貪者

▼ 功用論~ (2, 0.1%)

1 への対症, への是正

▼ 功~ (2, 0.1%)

1 などに依つ, の場合

▼ 功神社~ (2, 0.1%)

1 とは台湾方面, を挙げよう

▼ 功程が~ (2, 0.1%)

1 一歩を, 急増した

▼ 功~ (2, 0.1%)

1 であるといふ, などと大そう

▼1* [146件]

あって当, 功あったのでしょう, 功ありしならんと, 功あろうから殺すべからず, 功いつまでかまた, 功いよいよ高きほど, 功かと存じます此, 功かは存ぜぬが, 功けだし莫大なり, 功こそあれ罪は, 功ことに与那国という, 功さん富之助は何處, 功じゃございません, 功すくなく罪, 功それよりも百倍, 功たり既にする, 功たるやまことに, 功だけあって, 功だけに身を, 功ついに清衡に, 功であり事破れな, 功でありますがまた, 功でいらっしゃるからまた, 功ですよ, 功でなかったにし, 功といへませう, 功というもさしつかえありますまい, 功といふ字が, 功とか云ふ, 功とかも出来るもの, 功としては申し分の, 功ともいえない, 功なかつせば, 功なからん, 功なく空しく歸らんは, 功などでうっかり授与, 功ならしむる各般の, 功にかへて舊領安堵ならしめ, 功にたいしてこれまでは, 功にのみ急ぐの, 功によるものだった, 功によるかという問題に, 功によるかの如き分割案, 功に対する慾望の, 功のみを指したるに, 功ばかりでは, 功ばなし吉良殿の寝間, 功まことにお見事, 功むなしからず彼, 功ゆづる必要なし, 功をば奏したるもの, 功取ル, 功一つで我慢, 功七級玄武門の勇士, 功七級金鵄勲章の金額, 功三級に叙せられ, 功不知庵に多し, 功且主家征夷の職, 功主義は荻生徂徠, 功程上下向, 功之に, 功以上の親, 功に封じた, 功に廢, 功傑たちは新, 功先刻から愛吉, 功を鼻, 功名利禄は藩士族, 功名利禄以外にやむにやまれぬ慷慨, 功多しと云う, 功大いにまた碩儒ライブニツ, 功の工み, 功妙周到且つ迅速, 功実に抜群なり, 功寺僧曇静台州開元寺僧思託, 功専ら彼に, 功少くして, 功少し仮令一人にても, 功尽く廃りて, 功の小路, 功山寺忌宮等々のあたり, 功幾年を積ん, 功し事敗, 功建て來る, 功躯聊期報国忠人間万事不如意一身長在, 功恩愛の報, 功成りたまわば後世, 功成りたる地位に, 功成り遂げてからといふなら, 功成れば秀吉, 功成復化灰遺恨禍源猶未, 功とを察し, 功がる無くして, 功モ生栗ニ勝レリ好デ, 功有らんことを, 功未だ成らざるの, 功や私情, 功氏なぞ故人となられた, 功水兵等は, 功かつた, 功滿王といふ人, 功為り名遂げ, 功尤も多, 功より大, 功無きものは, 功焦りをし, 功片山八重蔵君夫婦片山夫人の弟, 功用ハ既ニ東京ニ設立セルモノニ於テ其實驗ヲ表, 功用主義の道徳, 功用結果目的等の陪審官, 功田職田の類, 功田職田等の経営, 功著しく諮詢, 功通うてを, 功程と同じよう, 功程の上には, 功程も他の, 功って重, 功空しからずして, 功竊自假開府儀同三司, 功立ち名成るを, 功立てし勇士を, 功一と, 功と曰, 功を張っ, 功紙張りて茶碗酒, 功羅生へた, 功武者の, 功能いかにも, 功能乳の粉, 功能書に等しく, 功能無しに終る, 功能牛乳に異ならず, 功莫大なり, 功藩功臣諸氏は電撃雷撃, 功行賞が行われたなら, 功記十段目を極めて, 功記十段目一幕をとうとう, 功記十段目尼ヶ崎の段, 功謀略も無き, 功は出来高支払い, 功として伊勢, 功軽き羊豕等は, 功遂に言語を, 功遥かに存否曖昧, 功高ク徳ハ宏大ニシテ天ヲ極