青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「劉~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

剣~ 割~ ~割合 割合~ 創作~ ~創造 創造~ 劇~ ~劇場 劇場~
劉~
~力 力~ ~功 功~ ~加 加~ ~加え 加え~ ~加減 加減~

「劉~」 1950, 21ppm, 5459位

▼ 劉~ (288, 14.8%)

6 の家, の母, は母 43 と孔明, の腰, の襟, はすぐ, はその, はそれ, は今, は自分, は身, は驢

2 [19件] のそば, の体, の前, の声, の手, の肩, の身, の面, の首, はそこで, はなおさら, は勇気, は家, は手, は眼, は驚い, もついに, も思わず, や

1 [198件] からお, からも双方とも, から口, がおろおろ, がすがりつかん, がその, がたちかける, がどこ, が出, が出かけた, が口ごもっ, が呂布, が問う, が声, が小, が少年, が攻められ, が曹操, が来ました, が眼, が茶壺, が辭世, ごときに, さえ心, さえ聞い, じゃない, その次, だ, ではない, という漢, という者, とが戦っ, とちがっ, とは共に, と共に, と幾つ, と張飛, と徐州, と戦った, と母, と芙蓉, どのそれに, どの嘘, のいる, のきき腕, のすぐ, のほう, の不遜, の両手, の使者, の切々, の口真似, の大きな, の姿, の存在, の寸志, の庭, の後, の心, の打ちつづけ, の掌, の書中, の杯, の死後, の生れた, の留守中, の疑い, の眼, の笑顔, の答え, の罪, の胸, の腕, の腸, の至徳, の襟首, の覚悟, の言, の身分, の軍資金, の遺命, の顔, の驢, はあえて, はあくまで, はあわて, はいぶかっ, はいよいよ, はおどろい, はかろく微笑, はきっと, はきびしい, はここ, はここ楼桑村, はさし, はさして, はさらに改めて, はしかし, はそんな, はつぶやい, はにわかに, はふと, はほどよく, はまた, はまだ, はむり, はやがて, はやむなく, はやや, はより, はわれ, は一喝, は両手, は並行, は久しく, は二人, は云い, は先, は剣, は励まし, は卓, は否や, は問屋, は困った, は城内, は失, は察した, は小勢, は幾たび死線, は強い, は当惑顔, は彼女, は怖, は悶々, は我と, は振り向い, は星, は時勢, は最前, は望み, は木蓮, は殆ど身, は気, は漢, は窓, は終始黙然と, は縛められ, は耳, は舌打ち, は船, は芙蓉, は茫然, は蜀, は襟, は西北, は言葉しずか, は認めた, は賊, は起ち上がっ, は近づい, は迷惑, は通りませぬ, は間もなく, は飛びつい, は首, は驚いた, は驚き, へいきなり, へいった, へもすぐ, へ加勢, へ宣戦, もすぐ, もそっちのけ, もそれ, ものっ, も亦, も孔明, も木石, も知っ, らしい, を包囲, を同日, を城, を孤立, を屠っ, を庇い, を後ろ, を怖, を指さし, を援, を殺すでしょう, を見, を見る, を討とう, を連れ, を鞭打っ, 諸葛孔明

▼ 劉~ (200, 10.3%)

4 は彼 3 に仕え, に向っ

2 [13件] と襄城, にまみえ, に会い, に身, の喪, の手, の許, の顔色, はその, はなお, はよろこん, へ使い, を味方

1 [164件] あえて結ぼう, およそ羅刹, からも態, から態, から打明けられた, がうごい, がかならず, がさき, がそれ, がなお, が亡ん, が優柔不断, が呉, が怪しん, が聞きとがめ, ごときへ, でしょうか, といい, とただ, との外交交渉, とはずいぶん, とは以前, とは同, とは多年, とは書生時代, とは血縁, とを比べ, と交わり, と劉備, と同席, と張繍, と戦っ, と議し, と軍事同盟, などがよい, などの惨め, にすすめ, にはうとんじられ, には二子, にわかに兵, に代っ, に会っ, に及ばない, に向かっ, に対面, に託され, に説い, に説き伏せられ, に遮られ, のかたわら, のことば, のまえ, の一笑, の一部下, の世子劉, の中郎将, の人となり, の側, の公子, の前, の勢力, の印綬, の命, の壮年時代, の夫人蔡氏, の嫡子, の寿命, の幕賓, の後釜, の復讐, の徳, の恩, の意, の旧臣, の書面, の柩, の死去, の甥, の疑心, の病, の短所, の第一線, の答え, の縁故, の胸ひとつ, の荊州兵, の血族, の軍勢, の遺子, の配下, の長男劉, の閨門, の階下, の面目, の鬢髪, は, はいぶかっ, はいや, はうなずい, はかぶりを, はこう, はこころ, はさっそく, はすぐ, はすでに, はついに, はふと, はまだ甚だ, はみな, はややしばらく, は一たん大兵, は九郡, は何, は使い, は前, は同意, は呻いた, は喜ん, は四十二州, は困った, は城外, は堂, は存命中, は学識, は当代, は思い出した, は慾目, は旧知, は枕, は死なれた, は気魄, は温良博学, は漢室, は猜疑, は玄徳, は病, は病死, は神経痛, は笑っ, は色, は近頃, は郭外三十里, へすがろう, へする, へ援助, へ書簡, へ極力, へ聞えた, もここ, もそれ, もどんなに, も叱りつけ, も哀れ, も妻, も彼, も袁紹, も遠大, を征伐, を暗に, を討平, を誘う, を説い, を説き, を頼っ

▼ 劉玄徳~ (109, 5.6%)

2 という人, に仕え, の名, の義弟, の臣, は天子

1 [97件] うまくかわし, から曹操, がいる, がす, がまず, が初めて, が劉辟, が孔明, が徐州, が死, が祖先, が義弟, が義弟ども, が関, です, といい, というお, というお方, というもの, という者, とか曹操, とその, との対面, とは今日, とむすびたい, とやらは年, と仰せられる, と仰っし, と呉妹君, と天下, と結託, と誓う, にあたれ, にはそう, にはその, にも経済的, に協力, に従った, に昭烈皇帝, のあと, のことば, の両親, の位置, の兵, の出迎え, の前, の君, の奨意, の家族たち, の廻し者, の徳望, の急使, の手勢, の来援, の母, の母親思い, の消息, の破れ家, の耳, の舎弟関羽, はある, はうわさ, はかえって, はここ, はこの, はその, はやがて, は仁人, は今, は先, は到底, は勅拝, は少年, は彼, は御身, は敢然, は新野, は朱雋, は独り, は遺, は鄒靖, は関羽張飛, へはよろしく, へは特に, へ使い, また北上, もうなずき, も同席, も多分, を伐ち, を右翼, を得る, を捕り逃がすなっ, を殺し, を盟主, を陣, を頼っ

▼ 劉~ (100, 5.1%)

3 の嫡子劉循 2 に謁, は, はむしろ, は暗弱, へ一書, を招待

1 [85件] から君たち, が, が口, が君, が窮する, が立った, が門, では, といい, とお, と玄徳, などになん, にささやいた, にない, には今, に一言, に会っ, に告げる, に対して愍然, に忠, に直言, に諫め, の兵, の前, の周囲, の家中, の容れる, の密使, の左右, の心底, の愕, の手, の手許, の書簡, の舅, の返, の返答, の面, の頭, の首, はいよいよ, はかなしんだ, はかねて, はこれ, はさっき張松, はただ, はなお, は一晩, は亡び去ろう, は依然, は左右, は彼, は後方, は怒っ, は漢, は漢朝, は無性, は相, は眉, は笑っ, は耳, は至って, は落胆, は蜀, は袂, は闇弱, は面, は馬, へ再三再四, へ近づこう, もあまりに, もいま, もそれ, もともに, も力, も家臣, も民, をお, を中心, を振, を疑わせ, を荊州, を見限っ, を説きます, を諫め

▼ 劉~ (73, 3.7%)

5 の別録 2 がそれ, が多く, が本, の作, の撰, の時, 父子の, 自身が, 自身の

1 [50件] が其の, が天祿閣, が尚書, が書籍, が校合, が校正, が着手, が知つて, が篇目, が編次, が總裁, など, に命ぜられた, に至つて, の, のすべて, のもの, の仕事, の傳, の列仙傳, の別録其子, の學問, の手, の方, の書いた, の書きました, の目録學, の見る, の見識, の説苑, の謂, の頃, はかく, は漢, は策謀, 一人でした, 一人の, 以來の, 以前から, 以前に, 以前より, 以後の, 其の子, 列女伝などと, 劉, 校書の, 校讐學纂微, 校讐學纂微の, 父子などの, 父子及び

▼ 劉~ (67, 3.4%)

3 と孟達 2 の二将, の君, の首

1 [58件] がわが家, が五万余, が受け, が敗れ, だった, としてはぜひとも, とは各, と改め, などが残っ, などの留守隊, などの若武者, などの諸, にここ, には勝った, には苦悶, には青い, にも告げず, に一軍, に会っ, に勝った, に命じれ, のいさめ, の三名, の二人, の兵, の戦い, の武芸, の軍勢, の陣, は, はうなずいた, はこの, はそう, はそこ, はただ, はもと, はようやく, はわっ, は一言, は共に, は夜, は成都, は武勇, は涙, は父玄徳, は玄徳, は答え, は読み終る, は面目, へきっと, もすぐ, も中軍, も望ん, も遂に, をじ, を可愛がる, を痛めつけた, を説いた

▼ 劉~ (62, 3.2%)

3 學の 2 ところへ, 健康が

1 [55件] いうが, したこと, その後の, 一生から, 上に, 上を, 云った陪審官, 住んでる戸, 住居へ, 体にか, 体を, 健康なり, 健康ばかり, 前に, 如く各, 如く目録學, 字の, 學である, 學と, 學問に, 學問は, 室へ, 家までは, 家を, 家産も, 後も, 想像には, 所へ, 手へ, 手を, 支那の, 方から, 方で, 時に, 時代とは, 時代に, 枕もとへ, 正体は, 病で, 病では, 病でも, 相公, 福で, 福では, 福でも, 筆の, 考へでは, 胸中に, 訴えは, 話を, 説は, 豆太郎を, 頬は, 顔を, 鼻を

▼ 劉~ (62, 3.2%)

2 すぐに, 黙って

1 [58件] あまり問, いよいよ戯れる, こういう奇術, この時, これと, これを, しばらくためらつて, せめて瓶, そこに, そっちを, その以来, その晩, その村, ぞっとし, ぢろぢろ相手の, とう, はっと思う, びく, ますます奇異, ますます窮, また俄, もう堪, 一体来客を, 一口も, 一生懸命に, 仕官も, 何とも知れない, 剣を, 劉に, 即酒虫, 史學の, 呻くやう, 大いに驚かされた, 天慶観へ, 太守の, 小さい穴, 小さな眼, 少し蛮僧, 岸の, 張と, 心の, 必久しからずし, 思はず覚束, 悠々と, 捕吏を, 早速に, 昔から, 構わずに, 消えるよう, 猟を, 甚迂, 病と, 窓格子の, 紙を, 自分が, 身動きも, 過去の, 陳に

▼ 劉皇叔~ (60, 3.1%)

3 のもと 2 にはこの, のお, のため, の義弟

1 [49件] か, から拝領, が, がお, がこの, が弟臣, が曹操, が許都, が試み, こそ民, だにお, であると, でいらせられる, でしょう, とこの, との誓い, ともある, と主従, と盟, におわさずや, にすすめ, には, にはともあれ, には三顧, には今どこ, には出迎え, には荊州, にもお, に仕官, のご, の上, の二夫人, の兵, の命, の夫人, の家, の御名, の御許, の消息, の精鋭, はかりそめにも, は当代, は漢室, もすでに, も供, よ, をお迎え, をしたわれ, を汝南

▼ 劉~ (57, 2.9%)

2 の君, もまた

1 [53件] がよく, が彼, が暗愚, が植えた, には何ら, にむかっ, にもその, に上, に与うる, に奏し, に謁, に開城, のうしろ, のおどろき, の五男北地王, の余生, の土地, の奏聞, の姿, の怯えられた, の憂い, の王太子, の皇后, の親政, の賢慮, の質, の輔佐, の闇弱, はいよいよ, はこの, はこれ, はすぐ, はまだ, は城, は孔明, は宮門, は甚だ, は登位以来, は眼, は表, は西宮, へこう, へささげた, へ勝ち軍の, も名残り, も声, も皇后, をめぐってかなり, をようやく, を拝, を皇帝, を都, 阿斗

▼ 劉~ (43, 2.2%)

2 の呪, の場合, の端麗さ

1 [37件] がその, が伊曾, だけは謬つて伊曾, といつた, にレカミエ夫人, に会, に牽かれる, に関するもの, の姿, の情死, の智, の歴史, の流, の白い, の端麗, の関係, の頸部, はアポロ, はパラソル, は伊曾, は女性, は彼女, は愕, は日ごと, は醒めた, は顔, への愛慕, を愛した, を紹介, を経験, を驚異, 姉さまが, 姉さまといふ, 姉さまは, 昂は, 驥といへる, 驥高尚士也

▼ 劉~ (37, 1.9%)

2

1 [35件] が, がいった, がそう, がそっと, がそんな, がわが, が使い, が切に, である, にこう, にたずねた, に諮った, の如き, の献言, の顔, はいささか, はけろりと, はすくなから, はすぐ, はそば, は一笑, は一言, は先帝, は司空曹掾, は声, は慙愧, は笑っ, も, も切に, も口, も哭いた, も疑う, を伴っ, を召し, を軍師

▼ 劉備玄徳~ (36, 1.8%)

3 という者 2 の名

1 [31件] が孔明, が徐庶, が腕, であった, であり漢朝, であるが, ですが, というしかも, というわれ, といっ, と仰っしゃ, なり呂布, にたいして, に勅使, に遺, のうわさ, のもと, の使者, の従軍, の認めた, はなお, はにこにこ, はふと, は一夜ひそか, は四十七, は毎日, は黙然と, へも徐州, もまた, をおい, を平原

▼ 劉~ (36, 1.8%)

2 と王忠

1 [34件] が虎牢関, ではない, とがまたぞろ, とは対手, と同意, のごとき, のす, の指揮, の縛め, の身辺, の防寨, の首, の鬮, は, はそれ, はひとり, はふい, はむかし, は傍ら, は彼, は最後, は聞く, は自分, は部下, へこ, も半分以上, も張飛, をひきずり参らん, を手, を敵, を殺し, を生, を生捕り, を見つけ

▼ 劉~ (33, 1.7%)

1 [33件] から教, が勤める, が徐ろ, が櫓, であらう, では, といふ一項, とは十年, と仰し, と非常, に会い, に遠慮, の事, の墓地, の天下たる, の如き, の幼女六七歳, の打, の知らぬ, の苗裔, の詩, はあつ, はしつかり, はまだ, は久, は人, は仲, は則天武后, は多く, は焦, は目録學, も二代學者, を妻

▼ 劉~ (32, 1.6%)

2 へ往

1 [30件] だけは泰平, では喜ん, では彼方此方, とはご, に来, に託し, のご, のわかれ, の使, の古い, の台所, の同族, の家事, の家族, の庭, の息女, の旧宅, の次男, の牆, の血液, の裏門, の門, はじまって, へ入れた, へ再縁, へ来る, へ縁付く, も元来, を立ち退いた, 遠いあります

▼ 劉夫人~ (27, 1.4%)

1 [27件] からよい, である, です, とは今日, とは支那, と仰有らない, と名, と言え, に妾, に違い, のお, の敏捷, の水荘, の身体, の邸宅, は, はあの, はしきりに, はたとへ, はやや, は僕, は容易, は彼, も熱心, も驚いてたろう, や, を説得

▼ 劉万戸~ (25, 1.3%)

2 は夫人, は自分

1 [21件] がまだ, が人才, が立っ, であった, という武官, という盗人, という者, に似た, に随, の前, の命令, の声, の方, はこう, はそこ, はそれ, は人, は大いに, は後, は急, は秀英

▼ 劉予州~ (25, 1.3%)

6 の君

1 [19件] あり行い, が先生, が荊州, しかない, であった, とはどんな, ともある, と合し, と鼎足, にお伝え, にも降服, のお, の麾下, は大義, は如何に, は王室, を, をたすけ, を扶

▼ 劉~ (19, 1.0%)

2 の姪

1 [17件] から, が出, が土豪, であった, です, のいう, のいる, の娘, の家, の情け, の邸, の邸宅, はあれ, はそう, はわざと, は室内, は落魄

▼ 劉~ (19, 1.0%)

1 [19件] が使い, が封, が死ん, に会っ, のもと, の微力, の領内, はうなずく, はよろこん, は一見, は五百人, は何事, は大いに, は家臣, は聞く, もよろこん, をはじめ, を益州, 遂に子民

▼ 劉~ (16, 0.8%)

1 [16件] いかに説明, ちょっと手, ふたたび鉄砲, 中国に, 会はう, 何か, 出頭する, 同じ飲仲間, 現在最高裁判所の, 町の, 目録を, 眼を, 裸で, 農事に, 酒虫を, 鉄砲を

▼ 劉~ (16, 0.8%)

2 の故事

1 [14件] が妻, が未だ, と申す, に, にこう, の家, の義侠, の行為, の話, の返辞, は劉, は泣い, は肉, は顔

▼ 劉~ (14, 0.7%)

2 を生

1 [12件] が捕われれ, の前, の父劉度, の陣, は, はそう, は切歯, は弓槍, は防ぎ, も生, をよん, を擒人

▼ 劉東夏~ (13, 0.7%)

1 [13件] があわて, が居眠り, と禹徳淳, の三人, の眠っ, はぼんやり, は口, は家, は戸口, は旅行, は椅子, は眼, を仲

▼ 劉知幾~ (11, 0.6%)

5 の史通 1 が修史者, である, の説, の議論, はむしろ, は自己

▼ 劉~ (10, 0.5%)

21 がいう, だった, と, に対面, のもと, はいう, も, を討伐

▼ 劉~ (9, 0.5%)

1 という支那, と同じ, の話, の身, はかつて, はその, はにっこり, をまね, を生む

▼ 劉備に~ (9, 0.5%)

1 お頼み, すすめた, その妻, とつて, ひとしい, もさし当っ, もすすめた, 与えた, 掌を

▼ 劉という~ (8, 0.4%)

2 人とは, 家の 1 唐人刀操師の, 家が, 家に, 資産家の

▼ 劉~ (8, 0.4%)

2 の順帝 1 の代, の張稗, の文帝, の時, の朝, の祖沖

▼ 劉~ (7, 0.4%)

1 ひと目見, 呼び寄せると, 嘲るかの, 罵りました, 莫迦げて, 見つめて, 蹴って

▼ 劉善經~ (7, 0.4%)

2 の四聲指歸 1 と云, の一番下, の本, の經字, の著述

▼ 劉大人~ (7, 0.4%)

1 が承知, とはどこ, にご, の邸, はいかにも, も今, も眉

▼ 劉岱王忠~ (7, 0.4%)

4 のふたり 1 の手, の輩, はやがて

▼ 劉~ (7, 0.4%)

1 にそっと, の邸, はいささか, はひとり, はもと長沙, は出迎えた, は非常

▼ 劉洋行~ (7, 0.4%)

1 かと思っ, かね, でございます, とお話, の店, の店員, へ電話

▼ 劉~ (6, 0.3%)

1 ぬい子とが, 女房の, 張との, 王儉とを, 申し天竺, 称し諸国

▼ 劉~ (6, 0.3%)

1 さへ, して, むかって, 取次いだので, 改めすなわち, 食って

▼ 劉封孟達~ (6, 0.3%)

2 の二人 1 などがおります, の輩, はともに, へ召状

▼ 劉~ (6, 0.3%)

1 がその後, と孔明, に上つたの, に對, は年, を廢

▼ 劉さん~ (5, 0.3%)

1 じゃない, ていう痘痕, とは全く, の姐姐さん, の方

▼ 劉~ (5, 0.3%)

1 おどろいて, こつちから, その言い訳, 曹孟徳か, 最初は

▼ 劉備青年~ (5, 0.3%)

1 が答える, の眼, はあたり, は空, は錫

▼ 劉~ (5, 0.3%)

1 などがおのおの, はそのまま, は嫡子, もご, もまた

▼ 劉梅泉~ (5, 0.3%)

1 が文政二年, だと, と云, の江戸, は彭城彦二郎

▼ 劉~ (5, 0.3%)

1 の所, はちょうど, は朝廷, を幽, を訪ね

▼ 劉表張繍~ (5, 0.3%)

2 の兵 1 とても先ごろ, の両, を見

▼ 劉青年~ (5, 0.3%)

1 の顔, を振向い, を描いた, を見まわした, を見る

▼ 劉二夫人~ (4, 0.2%)

1 が自動車, と劉氏, の水色, の白い

▼ 劉~ (4, 0.2%)

1 が魏律十八編, の羽翼, の諸, を大将

▼ 劉~ (4, 0.2%)

1 たる角, とまた, と闌, と高鳴る

▼ 劉~ (4, 0.2%)

1 だけが自邸, のことば, の門前, も恭順

▼ 劉石菴~ (4, 0.2%)

1 であ, と云, と別, に至つて

▼ 劉~ (4, 0.2%)

1 たる思い, たる思ひを, の大胆, 不復曾遊態

▼ 劉任瞻~ (3, 0.2%)

1 が腰かけ, に挨拶, は穀物

▼ 劉備どの~ (3, 0.2%)

1 と聞いた, ならそこ, の家

▼ 劉~ (3, 0.2%)

1 いいおっ, にはまだ, のお蔭

▼ 劉~ (3, 0.2%)

1 からし, が後, とあります

▼ 劉夢沢~ (3, 0.2%)

1 があり, がため, は長崎崇福寺

▼ 劉~ (3, 0.2%)

1 であった, なるもの, の人

▼ 劉~ (3, 0.2%)

1 その祖父呉懿, はこの, を扶

▼ 劉玄徳様~ (3, 0.2%)

1 が戦, にも大いに, を太守

▼ 劉~ (3, 0.2%)

1 がある, の如き, の家産

▼ 劉~ (3, 0.2%)

1 の, の記録, は籠城者

▼ 劉~ (3, 0.2%)

1 が州県, という者, に縁づかされました

▼ 劉秉忠~ (3, 0.2%)

1 の流, は学内外, を慕う

▼ 劉若愚~ (3, 0.2%)

3

▼ 劉~ (3, 0.2%)

1 はひとたび, をし, ヲ生

▼ 劉より~ (2, 0.1%)

1 すれば, 見れば

▼ 劉三吾~ (2, 0.1%)

1 たりしなり, 御歎

▼ 劉予公~ (2, 0.1%)

1 へよろしく, も加え

▼ 劉予州様~ (2, 0.1%)

1 かよ, とちがいます

▼ 劉使君~ (2, 0.1%)

1 は莫大, より火急

▼ 劉備玄徳どの~ (2, 0.1%)

1 には非, を自分ら

▼ 劉~ (2, 0.1%)

1 石といふ, 鼎が

▼ 劉~ (2, 0.1%)

1 はその後任期, は擯

▼ 劉~ (2, 0.1%)

1 の後胤, の正しい

▼ 劉坤一張~ (2, 0.1%)

2 之洞

▼ 劉~ (2, 0.1%)

1 が妹, 密に

▼ 劉~ (2, 0.1%)

1 遣使送汝大夫難升米, 遣吏

▼ 劉子揚~ (2, 0.1%)

1 でしょう, というの

▼ 劉~ (2, 0.1%)

1 のふたり, の輩

▼ 劉封糜芳~ (2, 0.1%)

1 が一軍, などが船

▼ 劉府君~ (2, 0.1%)

1 の奥様, 之墓

▼ 劉得權氏~ (2, 0.1%)

1 が先, の夫人馬氏

▼ 劉母公~ (2, 0.1%)

1 がいない, を無理

▼ 劉~ (2, 0.1%)

1 の為, を召し

▼ 劉海日~ (2, 0.1%)

2 の旧

▼ 劉~ (2, 0.1%)

1 が平, は怪しん

▼ 劉玄徳さま~ (2, 0.1%)

1 こそ漢, に仕え

▼ 劉玄徳どの~ (2, 0.1%)

1 なら四日, をお

▼ 劉~ (2, 0.1%)

1 のふたり, の二王子

▼ 劉璋時代~ (2, 0.1%)

1 とちがっ, の悪政

▼ 劉石舟~ (2, 0.1%)

1 という詩人, は旅

▼ 劉~ (2, 0.1%)

1 と云, はこれ

▼ 劉~ (2, 0.1%)

1 その妻樊氏, という仙人

▼ 劉~ (2, 0.1%)

2 が子

▼ 劉自身~ (2, 0.1%)

1 が既に, も余儀なく

▼ 劉逢祿~ (2, 0.1%)

1 の書序述聞, の考へた如く

▼ 劉長卿~ (2, 0.1%)

2 の詩

▼ 劉~ (2, 0.1%)

1 とタンホイゼル, を誘惑

▼ 劉~ (2, 0.1%)

1 がその, を手

▼ 劉~ (2, 0.1%)

1 の少女, の波

▼ 劉龍門~ (2, 0.1%)

1 という, に従って詩

▼1* [182件]

から班固, 劉さんチョンと析, 劉そこへ掛けろ, 劉その少女から, 劉ってやつに, 劉であるので安永四年, 劉であろうが弥生, 劉ではない, 劉との考へは, 劉などと偽称し, 劉なにがしと懇意, 劉なるかなと, 劉にとつては, 劉にはそれが, 劉はかの僧, 劉ひとりそれも刀操術, 劉ほどの頭の, 劉今夜は, 劉りなしたるさま一雙の, 劉アンナと同じ, 劉安ンジ, 劉万戸夫婦は女, 劉三吾之を阻み, 劉已毎, 劉中将の水荘, 劉予州待ちたまえすでにご, 劉以前にすでに, 劉以賢は肖像画, 劉仲甫棋訣を撰す, 劉仲翰林侍詔鄭洽欽天監正王之臣, 劉伯玉の妻段氏, 劉俊賓鴻等敢然として起っ, 劉保華聚等終に朝陽門, 劉修撰の家, 劉がすすめる, 劉備さまだ, 劉備てめえが俺, 劉備ひとりではない, 劉備以上気高い威圧, 劉備字は玄徳, 劉備張飛関羽の桃園義盟, 劉備様ですか, 劉備関羽らの命, 劉備麾下に青年孔明, 劉などという旧臣, 劉先生は肖像画, 劉光漢の, 劉公興化の令, 劉などを平げ, 劉溝の, 劉は大成, 劉向これが漢, 劉向等の學問, 劉向高という同じ, 劉君あれをちょっと, 劉君何もためらう, 劉君其許は聞いた, 劉君美春夜酔後過丸山花街, 劉哈剌不花, 劉單子劉單子箒伐り木, 劉單子箒伐り木, 劉国軒が言った, 劉園の, 劉大成はその, 劉太保の墓, 劉太夫という唐人, 劉太琳と云, 劉夫人病人は唯今手当, 劉夫婦なんぞ絹, 劉婦人を説諭, 劉子のは象牙, 劉孔才の次男, 劉の大成, 劉安神仙八人とともに薬, 劉宝楠潘維城に及ん, 劉家河より海, 劉寄奴は今, 劉寳楠論語正義に據, 劉は伯父, 劉寶楠の, 劉封ここは鴻門, 劉封孟達どもに奪われ, 劉封様には上庸, 劉封自身追手となっ, 劉封軍は敵, 劉少年かもしれない, 劉岱以下多くの捕虜, 劉巴字は子初, 劉廷芝の詩, 劉の子, 劉をし, 劉ヲ生, 劉恢どのも鴻家, 劉惟謙等の議定, 劉を殺した, 劉成李暉の二人, 劉手裏剣小屋木戸番の声, 劉ではない, 劉敞陳祥道薛季宣等の説, 劉文貞に傾倒, 劉文貞公の墓, 劉旻戦敗の節, 劉ヲ生, 劉昆弟子常に五百余人, 劉時代より學問, 劉の, 劉曄尚書令の桓楷, 劉東夏蔡家溝駅長オグネフ同駅駐在中隊長オルダコフ大尉, 劉松年仇十州銭滄州あたりの扮本, 劉栄正と云つて, 劉は字, 劉梅卿とも称し, 劉氏楼中把酒看, 劉と劉理, 劉永劉理の二王子, 劉永字は公寿, 劉の主人, 劉江等を遣り, 劉海仙人のよう, 劉海峰のいはく, 劉海石は蒲台, 劉滄客という者, 劉炳藻氏が待受け, 劉に死骸, 劉を失う, 劉父子が出, 劉はその, 劉牧南山野中に果蔬, 劉玄徳ここに黄匪, 劉玄徳以下の三傑, 劉玄徳以来の中原進出, 劉玄徳以来蜀軍の戦争目標, 劉玄徳天子に奏し, 劉玄徳左右に関羽, 劉玄徳誰だろう, 劉理字は奉, 劉の未亡人, 劉璋以下諸大将, 劉璋以下蜀の将軍文官たち, 劉洪行こう, 劉生子敬という者, 劉皇叔さまに従っ, 劉皇叔とこなたとは, 劉皇叔ココニ到リテヨリ地ニ枯田ナク天ニ, 劉皇叔様へ, 劉皇叔死し給えり, 劉知幾宋代の鄭樵, 劉という者, 劉ヲ生, 劉禅以下国を挙げ, 劉禅以下文武百官喪服して, 劉禅字は公嗣, 劉禅帝時代の世の中, 劉禅皇帝の左, 劉禪時代に蜀, 劉禹錫とともに初, 劉がこの世, 劉という者, 劉義慶世説注李善文選注王逸楚辭注高誘呂氏春秋注, 劉艾記を引い, 劉ヲ生, 劉は, 劉表さまとお, 劉表奇兵を発し, 劉表河北の袁紹, 劉表玄徳などが留守, 劉表袁紹を討とう, 劉表西には張繍, 劉褒雲漢の圖, 劉豹治中従事楊洪昭文博士伊籍学士尹黙その, 劉賓客の詩, 劉道泰謝稚堅, 劉郎浦とよぶ, 劉郎浦頭蘆荻答エン博浪激波シバシ追ウモ漂イ晦ムナカレ, 劉が審食其, 劉長い腕を, 劉長兄に起草, 劉長曰く邪睨邪視なり, 劉が孫, 劉霊正が書い, 劉は彼, 劉鯤支那服にて現