青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「兵士~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

六つ~ 六月~ 共~ ~共に 共に~ 共同~ ~共通 共通~ ~兵 兵~
兵士~
兵衛~ 兵部~ ~兵隊 兵隊~ 兵馬~ ~其 其~ 其の~ 其中~ 其他~

「兵士~」 2002, 20ppm, 5753位

▼ 兵士~ (391, 19.5%)

7 ように 6 やうに 5 ために, やうな, 一人が, 一隊が 4 数は, 顔を 3 ような, 一人は, 中に, 歌だ

2 [20件] ことを, ほうは, 一団と, 上に, 中で, 中には, 多くが, 家, 家を, 家族が, 故郷の, 数を, 歌, 群は, 群を, 義務を, 行列を, 行軍の, 間に, 集團は

1 [298件] あるもの, いうこと, いない宿舎, いる方, うちでも, うわさや, おとっさ, きて, ことに, ごとく彼, ごとく次, したこと, しわざ, その顔, ための, ところへ, なかに, なすが, ひとたちに, ひとりが, ひとりは, ほうも, やうな死に, ような死に, を鼓手, サン, メニュエルに, 一人から, 一人に, 一人今既に, 一群と, 一隊の, 一隊は, 上陸する, 不動の, 不運な, 両ポケット, 並木街を, 乗った舟, 乗った馬, 事を, 二倍ぐらいの, 二重の, 五本の, 人形を, 代りに, 仲に, 仲間に, 住居も, 体躯は, 何割が, 使役に, 俤と, 倒れてる恐るべき, 傍へ, 先に, 兜帽と, 内には, 内の, 凱旋当日であった, 刑の, 列が, 前で, 前に, 剣の, 剣は, 割合丈夫十人壯女二十人老少十人といふ, 助けを, 勇怯忽ち, 勇気は, 動員や, 化けの皮, 十分の一を, 半ばを, 口から, 叫喚が, 合唱, 名を, 名前を, 咽喉を, 員数其の, 唄える, 唸り声が, 喜びを, 土足の, 墓地だった, 壮行会が, 声が, 外に, 外出を, 多くは, 大きな手, 大和魂を, 大群, 大部分, 大都分, 奏でる胡弓, 女房などが, 女房に, 如くに, 如く厳格, 如く肩, 如し, 妻だけ, 姿としての, 姿も, 威嚇を, 守って, 家から, 家族たる, 家族に対する, 家族の, 宿舎に, 射撃を, 小脇を, 尽力の, 居る家, 屍が, 巡廻, 幾万人をも, 幾人かと, 彦さんは, 影も, 影像大砲の, 後姿を, 心得を, 心理を, 性質を, 悪口でありましょう, 悲惨な, 意気は, 態度で, 戦場に, 戦闘準備どころか, 所へ, 手から, 手で, 手によって, 手紙を, 持った松明, 掠奪が, 掠奪を, 描写が, 数に, 数も, 斃れた, 新聞記事を, 方が, 方へ, 方へは, 方も, 日常生活彼等の, 最後の, 服に, 服役は, 服従を, 服装, 服装で, 服装である, 柵に, 柿本が, 横を, 横腹から, 横顔にも, 歌う軍歌, 歌なり, 歌を, 武勇なる, 歩調の, 死ぬ事, 死体が, 残された妻, 残飯で, 殺された者, 気力を, 気持ちに, 気概, 汗と, 流れ込みたるなり, 浅野以前に, 消息を, 無礼を, 無頼漢とも, 熱に, 片言を, 物語, 生命を, 生活について, 生活は, 生血を, 発砲によって, 発砲以来廃墟の, 百人に, 百千を, 目的は, 相当ある, 真油, 知人らしい, 知合いが, 禁闕を, 立って, 立場とが, 端々にまで, 筆では, 精神に, 精神の, 素朴な, 給料を, 綱, 総数は, 編制の, 縦列で, 群が, 群がって, 群の, 義なり, 習慣意気軍紀等について, 股へ, 胃の, 背嚢に, 胴を, 胸から, 胸の, 腕で, 腕を, 腕力, 膝に, 舟の, 苦る, 行列は, 行動その, 行動は, 行進, 行進し, 衛舎が, 袴を, 裔でも, 襦袢は, 見送りで, 視線が, 言に, 言葉に, 言葉を, 記事を, 話を, 誠志を, 護衛, 赤化を, 走るよう, 足下で, 足音が, 跳梁する, 身の, 身体に, 身体を, 軍楽を, 軍歌, 輸送にも, 送迎に, 送迎を, 逃亡は, 通りに, 通る事, 運転手が, 遺骨が, 部隊に, 銃と, 銃劍は, 銃口から, 銃口からは, 鎧の, 鐙の, 長, 陣笠を, 革命的組織に, 靴の, 靴音は, 靴音や, 頭を, 頭二個ばかり, 頸に, 顏, 顏である, 顏に, 顏の, 顏ほど, 顏を, 顔も, 類は, 養成に, 饗宴場として, 首に, 馬鹿笑いを, 骸を, 魂を, 黒い群れ, 黒い黒い顔, 黒く逞しい顔

▼ 兵士~ (272, 13.6%)

3 歩いて, 立って

2 [14件] いう, 一頭の, 三人許り, 下士に, 並んで, 宮殿に, 彼の, 戦死し, 斃れた, 私の, 総出で, 通り過ぎた, 銃を, 饅頭を

1 [238件] あちこちから, あった, ありました, あります, あるとしても, あれば, あわただしく駈け付け, いくらか人間的, いた, いった, いっぱいうごめい, いる, おりると, おれば, かつて, かれの, きっと一人, くすくすと, ぐずぐずいっ, げらげら笑, したがって, すゞなりに, そこにも, そこの, その両側, その以前, その森林, その辺, その門, それこそ, それぞれ独特の, たおれた, たくさんに, ただひとり, でこぼこの, とび出した, どやどやはいり込ん, どれも, なくては, なければ, はいって, ばらばらと, ひょうと, みんな内地へ, むなしく死傷, やること, ゆく, わざわざ傷口, ゐる, イケニ種の, ガムを, キリストの, クリストフの, クリミヤ戦争で, ズラリと, タオルを, 一人いました, 一人いる, 一人ずつ, 一人携帯電話機の, 一人来, 一人銃剣の, 一斉に, 一様に, 七八人も, 三々五々隊, 三叉に, 三間を, 上官の, 下半身を, 与えるであろう, 二三人ぱつと躍り出し, 二人いた, 二人うち連れだって, 二人素早く, 二人近づい, 二人電車の, 五十名位ピンビタンの, 五百人位あります, 交替し, 京都の, 今にも戦争, 何人居っ, 先に, 入って, 入りました, 入れて, 全くだれ, 出て, 列を, 制するの, 勇ましい掛声, 動員し, 十六名居るです, 去ると共に, 又見える, 受刑者の, 叛乱, 呶鳴つた, 喰いあました飯, 埃を, 士官の, 大久保柏木の, 大声で, 女の, 威張って, 守護し, 寢る, 将校の, 小さい子, 小声で, 小川の, 就学中受けた, 居って, 居ります, 居る, 屠られて, 巡査等と, 席を, 帰って, 帰りの, 常に起き, 常に集まり, 平和に, 幾組も, 張番し, 強くしめすぎたらしかった, 彼を, 往来に, 必要である, 必要な, 応じる, 怒鳴りましたが, 思いがけなくも, 急に, 戦友の, 押しこんで, 拾つてこれを, 拾ひまし, 持って, 持つ銃の, 挟んで, 挺身肉薄敵城を, 捕虜と, 捜索に, 控へて, 揃うの, 救ひ, 教えまた, 数人立っ, 数多あった, 敵前の, 新式の, 時々往, 最後に, 村の, 来て, 棍棒を, 横列に, 橋の, 歩きながら, 死傷した, 水壺の, 汚ない, 江の島へ, 沢山き, 火花を, 犯罪へ, 現れた, 番し, 番を, 疲れると, 皆一時, 監視として, 直立不動で, 眠らされた麻酔剤混入, 砲弾に, 砲弾を, 禁闕に, 私たちを, 私に, 突然士官, 立ち手, 立ったので, 立番を, 笑って, 粛々と声, 絶えまなく, 続々参集, 繰出すので, 群れを, 腹ばいに, 自分で, 自分達の, 自己の, 行く場合, 行進し, 街路に, 襟元を, 訊く, 詰めかけて, 調練を, 警戒し, 警護し, 護衛し, 負傷した, 走る, 足らなくて, 足並そろえ, 跨り兵士, 跼って, 踵に, 近づいて, 追つて來, 通りますネ, 進む, 進んで, 運ばれて, 部落から, 部隊長の, 重荷で, 鉄砲を, 除隊の, 隊を, 隊長らしい, 集められた, 雑嚢から, 雪に, 雪の, 靴を, 頭から, 頼信紙に, 顔を, 飢餓に, 馬を, 駆けて, 黒山の, 黙つて

▼ 兵士たち~ (260, 13.0%)

9 の間 4 の方, の松明 3 の鉾, はあの

2 [11件] が蟻, が街上, の寢顏, の生活, の頭, は争っ, は互に, は口々, は王, は血, は顔

1 [215件] から放れ, から買う, が, があの, があらわれました, がいきいき, がどうしてもっと, がどよめき, がまるで, がわあ, が代る代る, が可愛い, が大きな, が家郷, が少し, が彼ら, が戦死, が時折実弾射撃, が望富閣, が木製, が歌い, が溢れ, が演習, が眼, が窓, が続々, が色めい, が蠢, が血, が走った, が還, が降りこめられ, が革命軍, が黙っ, だ, だけがばん, とおなじ, とともにフランス, と大げさ, にききただしました, にききはじめました, にも邦人, に十二時間, に命令, に対して, に対してばかりでなく, に対してコルテス, に弓, に押し込められた, に此処, に滅私奉公, に相談, に糞, に背, に贈りたい, に送られ, に逢う, のいで, のうま, のお, のがさつ, のこと, のさざめく, のざわめき, のそれ, のため, のなか, のはしゃぎ, のひとり, のよう, のようす, のホーム, の一人, の不安, の仮病, の体, の共同墓地, の列, の列伍, の勇気, の収縮, の叫び声, の同意, の嘲笑, の囲み, の多く, の姿, の帰り, の広場, の心, の持っ, の掛け声, の掠奪, の敏感, の明り, の最後, の歌, の殴られた, の男らし, の町, の眼, の私語, の群, の肩, の肩口, の苦しんだ, の血, の足音, の身の上話, の部屋, の鉾先, の銃, の銅鉾, の集団, の顔色, の鯨波の声, は, はあと, はある, はおとなしく, はお互い, はくた, はぐたぐた, はこういう, はここ, はこの, はこれ, はごく, はそのまま, はたぶん, はつい, はとりどり, はどういう, はどんなに, はなんとも, はひるがえる, はふと, はぶくぶく, はまだ, はもっと, はもっぱら, はやはり, はわれ, はテント, はフランス商人, はポンポン, はマッチ工場, は一体, は不, は不愉快, は休息, は八方, は内地, は動かぬ, は動乱, は又, は取る, は君長, は周囲, は命令, は声, は大きく, は大きな, は実に, は屋根, は工場, は平和, は広場, は彼ら, は彼等, は戦車, は時以礼, は最早, は本当に, は松明, は森, は減りはじめ, は煙草, は石, は神戸地方, は自分, は船, は船頭, は藤蔓, は起ち, は跪拝, は道ばた, は銃, は長, は高取, は黙っ, ばかり, もその, も乗り込ん, も内藤玄蕃, も王様, も田村麻呂, も緊張, も音楽浴, も馬, をあたかも, をあの, をつれ, を完全, を弾丸, を彼等, を従え, を戒めた, を殺し, を睨めまわし, を突き飛ばし, を見まわしつ, を見送った, を謳, を集め

▼ 兵士~ (207, 10.3%)

3 言った 2 しかく死すべししかれ, その青い, それを, ぴつたりと立ち止つ, トランプの

1 [194件] あるいは各, いかにもよく知ってる, いきなり仰向け, いきなり靴, いずれも, うなずいて, おそらくその, おどろきました, ぎくりとし, ぎろりと眼を, ことに近代, この問題, この暗い, さきを, すぐその, すぐにも, すぐ私, すやすやと, そしらぬ顔, その, そのため, その一軒, その便衣隊, その殆, それでもうま, ただ二十名, とんでもない, どこか, どこへ, どこまでも, どれだけ, なおも笑い, なかなか肯かない, はじめて海, ふくらんだ背嚢, まず合戦, まっしぐらに, みなごろし, みな名前を, みんなここを, みんな目が, もちろん平生普通, もとより武器, よろめいて, われ先にと, オーバーに, ガックリ前, サイレンの, ソヴェトに, ナゼそんなに, ヒヤ, ラサ府に, 一つ一つ出し, 一人で, 一人も, 一度に, 一方は, 丈夫な, 不器用にも, 不幸な, 両手の, 二三度うなずく, 二人とも, 五十万に, 人を, 休息と, 何度も, 佳肉に, 僅かでも, 切れた革ひも, 切札な, 剣を, 力なえ, 労働者や, 勿論これ, 半ヵ年交代で, 卑弥呼の, 南軍接近の, 取るもの, 受刑者が, 受刑者の, 口まで, 叫んだ, 叫んで, 同じこと, 同じ鋳型, 命令を, 命令一下直ちに, 唯今支度最中然るに, 唸り声を, 善い男, 塹壕から, 多少各自, 大地に, 大声で, 大江の, 大蒜と, 守備区域の, 実に少ない, 寒気の, 小山の, 左右によけて, 彼が, 彼に, 彼ら農民を, 徴兵制度によって, 必ずしも戦争, 思わず槍, 急いで, 急に, 恐ろしいもの, 戦争の, 扉の, 手を, 手術台の, 撃ったあまりに, 支那, 故国へ, 故里の, 旅行券を, 旗を, 普通人民より, 月を, 板を, 格闘者の, 極端な, 横たわったままほか, 機械掃除の, 欠勤と, 母親の, 水の, 水を, 泣いた, 満洲, 滅亡し, 烏が, 無事だった, 焼け出されて, 燐光を, 物珍しげ, 甘んじて, 疲れて, 病兵の, 百姓の, 皆相当の, 目を, 直ぐ様, 真直に, 私を, 立って, 精神的高調に, 結婚し, 結局どう, 罰せられた, 群集を, 老人でありました, 肉の, 背を, 背嚢を, 胸を, 腕時計を, 自分の, 荒々しく囚徒, 蓄音機の, 藁人形の, 要所要所, 見つけると, 見るも, 覘を, 角張った顔つき, 車輪に, 迂散くさ, 追いはぎの, 逃散した, 通信係の, 遠くない, 重い鎖, 野営の, 金を, 鉄門から, 鋭く不機嫌, 隣の, 雪に, 雪の, 露西亜の, 青年でありました, 青竜刀を, 頗る美少年, 顔を, 高取だった, 高粱を, 鹿の, 麦飯だ, 鼻唄と

▼ 兵士~ (122, 6.1%)

4 して, 連れて 2 指揮し, 派遣した, 満載した, 率いて, 眼の, 隱し

1 [102件] くり出したの, くり出しまして, ここへ, こっそりそこ, すべて北掖門に, つくりあげるところ, つれて, とりかこんで, どんどん戦場, ねぎらって, のせて, のみつくすあたかも多少, みて, アカグマ国人の, ムザムザと, ヴェルダンの, 三十人選抜し, 中甲板, 乗せた汽車, 乗せた舟, 付けて, 会堂に, 伴って, 作るため, 使うこと, 保護し, 備えて, 傷つけた, 入れ換え休養, 出さぬ年, 出すうち, 利す, 勇気づけて, 収容し, 召集する, 呶鳴りつけた, 呼立て, 喜ばせたさうで意固地, 失い四三〇〇ポンド, 奴国の, 客間に, 帰らせた, 幾ら并べたって, 強うる, 彼は, 御折檻, 御馳走した, 怒らせたら, 愛した, 慰める音楽会, 持つたこと, 持つて, 指揮する, 振り捨て一人, 提て, 損める, 敵弾から, 斬り屠りましたから, 有して, 楽しませる義務, 残して, 殺して, 殺すと, 河の, 注がなければ, 熱砂の, 狙撃し, 率ゐ, 生み出すこと, 突き飛ばした, 窒息させる, 立像たらしめ, 繰出して, 置いて, 置きて, 置く必要, 考えれば, 肱で, 育てるといふ, 自任し, 葬る處, 見て, 見のがすだらうその, 見送った子供たち, 見送る人々, 言えるなり, 起こして, 載せた汽車, 載せた船, 送るの, 送る太鼓, 送る町, 運んで, 遣わして, 鎖の, 集めましたが, 雇募する, 非常召集し, 顧みた, 養うたと, 養成し, 驚異の

▼ 兵士~ (118, 5.9%)

3 はそれ 2 が弾雨, に果して, の心, は靴

1 [107件] がしびれ, が両手, が剣がわり, が去りかけた, が地物, が散, が焚き火, が窓, が自分, が行く, が見つけ, が高, と力, と時以礼, にある, にこの, には何, には分らなかった, には攻撃, には林, には部署, にふだん遊び, にホント, に伝えよう, に何, に依っ, に呼びかけた, に見えた, に話した, に護られ, に銃殺, のすてた, のやう, の五体, の兜, の前, の向う見ず, の姿, の屍, の手, の持っ, の方, の歩調, の注意, の眼, の背後, の軍服, の鈍い, は, はここ, はすべて, はその, はそれ等, はまるで, はみんな, はようよう, はタンク, はマジノライン, はリープスキー, はロシア人, は丘, は中隊別, は偽札, は充分, は入口, は口, は命, は執拗, は大隊長, は始終, は小屋, は工人, は巻煙草, は強い, は彼, は急, は息, は意識的, は承知, は橇, は汗, は活動, は疲れき, は疲れ切っ, は着剣, は肩, は自分, は足, は遠く, は銃殺, は靴音, は食, は駅前, もつ, ももう, も王様, も皆, や避難民, よ, よりも厳しい, を勇敢, を抑制, を横柄, を見る, を見据えた, 或は若き, 聞け

▼ 兵士~ (107, 5.3%)

3 向って, 命じて, 訊ねた 2 とがめられた, 何かを, 厳重に, 合図し, 守られて, 扮し, 捧ぐ, 渡して, 苦情を

1 [80件] あらずぬす, お恵み下さる, されて, しきりに飯, すぎなかったフォア, すれば, そのこと, そのチーキャブ, それを, つかまらずに, とりたてて, とりたてられやがて, なったこと, なったて, なるの, イギリス軍に, フェーニキア語を, 一円より, 下り日, 云った, 京都市内へ, 仕立てようと, 代つて, 何か, 依って, 依つて禁錮, 信心家多き, 俥上から, 傷を, 六万の, 分配され, 勝って, 化ける話, 取っては, 取巻かれ再び, 各, 名を, 向かう懼, 向かって, 命じた, 喜び勇んで, 土地を, 地下室へ, 堰き止められて, 夕飯を, 守られつつ, 尠から, 弓を, 形る, 戦いを, 戦争談を, 抵抗し, 担がれた乗物, 指揮される, 採用しました, 敬禮せられ, 構わずに, 殺された, 比すると, 汚された事実, 渡したところが, 渡すの, 渡せと, 犯され千一人目, 突き當つた, 訊いた, 話し次に, 警察で, 護衞され, 身を, 追跡され, 連れられて, 道を, 遣る物, 還元した, 重量がの, 靴の, 頼んだけれども, 飲ませ悪い, 髯を

▼ 兵士~ (107, 5.3%)

32 の間, は少し, よ汝ら

1 [98件] から腰掛, がアレクサンデル, が市長, が手, が数人, が行軍, が襲いかかる, が角面堡, が道ばた, が隣村, が面白, であったろう, とが再び, との喧嘩, とをおおい隠した, と喧嘩, と数百万, にクロア・ドンヌール勲章, に低い, に叫んだ, に声, に対抗, に護られ, に遮られてる, に飛びかかった, のあいだ, のそれ, のゆき, のサーベル, の叫び, の壁, の多く, の射撃, の後, の態度, の方, の目, の群, の耳, の背, の色, の血, の足音, はすなわち, はその, はそのもの, はそれ, はどっと, はどやどや, はウーゴモン, はジャンロー袋町, はジャヴェル, はフランス, は一人, は一八二三年, は仏光国師, は付近, は再び, は剣, は厭, は叫ん, は呼ぶ, は家, は屈辱, は彼, は彼女, は思い起こし, は憤怒, は手, は持ってる, は敵しかね, は村, は武器, は殺戮, は眠り, は空腹, は続い, は自分, は蟒蛇, は言った, は退屈, は酒, は銃, は銃床尾, へ背中, へ言葉, もまた, も自身, をねらい打ち, を一つかみ, を宥めかね, を御, を払いのけ, を振るい落とした, を煽動, を通らした, を面前, 叱りつけて

▼ 兵士~ (75, 3.7%)

4 なって, 受刑者との, 受刑者とは 3 同じよう 2 受刑者とを

1 [58件] いえば, いずれが, いっしょに, いへば, すれちがった時, その家族, その恋人, それから, なってさえ, なつて, ならんでる, なりみな農夫, なり商業家, なり国民, なり或いは, なること, なるため, なるの, のりあわせ東京, ひとりの, みたの, 一介の, 一緒に, 一隊の, 三千人の, 出会った場所, 出逢い直ちに, 労働者と, 労働者は, 南門の, 受刑者さえも, 受刑者とに, 同じやう, 同じ労苦, 同じ気持, 同様勇ん, 女たちの, 娘たちの, 巡査とが, 工人これは, 市外に, 平民とで, 幾分の, 従業員は, 握手し, 機関銃が, 水兵は, 盗坊, 砲を, 砲声を, 私とは, 税關吏が, 苦楽を, 裁判官の, 訓練しない, 通じて, 雇い巡警, 雖も

▼ 兵士~ (43, 2.1%)

2 ゐた, 獄門に

1 [39件] あつた, ある, いた, かねもちも, これに, それに, なく光, また去っ, また詩人, みんなと, ゐる, クイクイの, 二千人ばかり, 交って, 今度の, 光も, 出して, 出来ねえ, 受刑者も, 受刑者自身も, 同一人, 多く物資, 大分居ります, 安らかで, 尊といと, 巡査も, 市民も, 従卒も, 意気な, 数多くあっ, 旅行者と, 死を, 皆防寨の, 相當勇敢, 眼を, 胸の, 見ましたし, 貧乏に, 顫い

▼ 兵士~ (29, 1.4%)

3 の方 2 のアパート

1 [24件] から離れ, がその, が何, が俄然, が居た, が群, が飲料, と同じ, に襲われた, の胸, の鉄冑, の鞆, はその, は二列, は向う, は宗家, は庫, は深く, は馬, は默つて愛ちやん, まで戦友, よ, を待っ, 辛うじて立ちあがり挙手

▼ 兵士として~ (18, 0.9%)

2 出陣した

1 [16件] あらゆる戦争, さへも, やってきながら, より自由, ヴェルダンの, 中村屋から, 使役せられし, 出征せし, 必要な, 戦場に, 採用使役せらるる, 用いられまた, 用いられ貴紳, 用を, 経て, 行軍する

▼ 兵士~ (17, 0.8%)

1 [17件] その家族, それに, やがて悪臭, 傍聴者の, 国民を, 女たちを, 憲兵や, 民兵の, 水兵が, 羅卒に, 街の, 赤帽の, 軍馬の, 通信員や, 進士や, 部隊の, 隊商連の

▼ 兵士~ (12, 0.6%)

2 あつた 1 あらう, かこまれて, すっかり取囲まれ, すら短期間, 勤王の, 十津川から, 取り囲まれて, 無いの, 真黒く日, 私を

▼ 兵士~ (8, 0.4%)

2 兵士だ 1 から, ぞ, とはまるっきり, ともいわれ, のの, 今日からは

▼ 兵士ども~ (6, 0.3%)

1 がその, が必要, が落書, の飲ん, はあッ, も皆

▼ 兵士には~ (6, 0.3%)

1 そんなの, 五百名に対し, 分らなかった, 国に, 年老った, 支那人なら

▼ 兵士である~ (5, 0.2%)

1 ことを, という, というも過言, のも, 露八の

▼ 兵士とは~ (5, 0.2%)

1 その後た, 云いながら, 六七歩前に, 後退りした, 死体を

▼ 兵士であり~ (4, 0.2%)

1 同時代, 士官は, 武装し, 軍人であった

▼ 兵士との~ (4, 0.2%)

1 おもしろい会話, ほうを, 交が, 問答の

▼ 兵士~ (4, 0.2%)

1 が女王, の死体, や見物人, を胡麻化

▼ 兵士だの~ (3, 0.1%)

1 曠野の, 鞍を, 鞣外套の

▼ 兵士であっ~ (3, 0.1%)

1 て久しく, て共和政府, て指揮官

▼ 兵士とが~ (3, 0.1%)

1 七八人駆けつけ, 正面から, 続いてるらしく思えた

▼ 兵士としての~ (3, 0.1%)

1 此上も, 絶対の, 見聞と

▼ 兵士としては~ (3, 0.1%)

1 世界に, 剣と, 妻帯する

▼ 兵士とを~ (3, 0.1%)

1 見まわした, 請求し, 配って

▼ 兵士ばかり~ (3, 0.1%)

1 でした, では, 選抜し

▼ 兵士及び~ (3, 0.1%)

1 ラサ府の, 水夫を, 農民代表者より

▼ 兵士~ (2, 0.1%)

1 将校か, 朝臣か

▼ 兵士これ~ (2, 0.1%)

1 に続く, を東舎人

▼ 兵士さん~ (2, 0.1%)

1 でした, と私

▼ 兵士その他~ (2, 0.1%)

1 として戦線, の外国人

▼ 兵士たり~ (2, 0.1%)

1 それから数行, 政治家たり

▼ 兵士たる~ (2, 0.1%)

1 ことを, 息子の

▼ 兵士たるべき~ (2, 0.1%)

1 資格は, 運命を

▼ 兵士だけが~ (2, 0.1%)

1 国の, 戻って

▼ 兵士であった~ (2, 0.1%)

1 そうな, 翌十七日

▼ 兵士とともに~ (2, 0.1%)

1 天皇を, 左右の

▼ 兵士とも~ (2, 0.1%)

1 云ふべき, 眼の

▼ 兵士など~ (2, 0.1%)

1 わしの, 六十八人を

▼ 兵士などは~ (2, 0.1%)

1 どういうこと, 只の

▼ 兵士にも~ (2, 0.1%)

1 うまい芸人, 受刑者にも

▼ 兵士に対しては~ (2, 0.1%)

1 どうしても専制的, もちろん命令

▼ 兵士はう~ (2, 0.1%)

2 やまひ

▼ 兵士への~ (2, 0.1%)

1 慰問と, 慰問という

▼ 兵士を以て~ (2, 0.1%)

1 会堂を, 護衛する

▼ 兵士一人~ (2, 0.1%)

1 の船長, 出す家

▼ 兵士一同~ (2, 0.1%)

1 および官人ら, から二十円

▼ 兵士五六人~ (2, 0.1%)

2 は列車

▼ 兵士同志~ (2, 0.1%)

1 が話し, は攻撃

▼ 兵士~ (2, 0.1%)

1 は上官, へ慰問

▼1* [112件]

兵士あり我等は, 兵士およびこれらの, 兵士がかちゃりと, 兵士て鹿柴, 兵士ぐらしをし, 兵士しかれども, 兵士すべてが自分たち, 兵士すら居ませぬ, 兵士その祥に, 兵士それから新聞社保険会社宗教団体等の, 兵士たち自身でないこと, 兵士だけに止まるであろうか, 兵士だったのが, 兵士やない, 兵士でありましてただ, 兵士ですよ, 兵士ではあるが, 兵士でもなく人間, 兵士という名で, 兵士としても戦場に, 兵士とほど容易に, 兵士んだ, 兵士ながらもそなたの, 兵士なぞは位置の, 兵士などが何か, 兵士などによってなされ栄誉, 兵士なり兵士の, 兵士について語りたい, 兵士になつてゐ, 兵士にまですぐ敏感, 兵士によつて囲まれた, 兵士によって護衛された, 兵士のみが残って, 兵士のみの務で, 兵士ばらばらと走せき, 兵士へと向け旅行者, 兵士またこれを, 兵士または軍卒と, 兵士までが彼の, 兵士みたいな灰色, 兵士めがけて投げた, 兵士もしくは警官として, 兵士やら土人の, 兵士より成る道具, 兵士ら五六人赤黄紫などの小, 兵士ら腕を組み棚, 兵士をも乗せて, 兵士コスチンがある, 兵士シノンにその, 兵士シュウェイクの冒険, 兵士シュヴェイクの冒険, 兵士トゥリドオをやり, 兵士プロレタリアの, 兵士一二三四五登場一列四壁に沿い, 兵士一小隊見送りに来る, 兵士三連隊を徴募, 兵士並びに満州に, 兵士中身を立てん, 兵士二人が二人, 兵士二十四人が魔, 兵士人形です, 兵士今度は何, 兵士代表ソヴェトを構成, 兵士以上にはなれなかった, 兵士以上身死せば, 兵士以外の者, 兵士を組む, 兵士て井, 兵士僕らに比し, 兵士六人案内者二人通弁一人と都合九人, 兵士募集の触れ太鼓, 兵士半個連隊を徴募, 兵士友人縁者の一群, 兵士君とんでもない話, 兵士喜んで買い, 兵士多く有て, 兵士大砲にもたれ, 兵士委員会を作れ, 兵士の左右, 兵士屍体発掘の図, 兵士希臘人土耳格人あらゆる外國人, 兵士帯剣した一万, 兵士徴募方法である, 兵士慰問金をかき集める, 兵士日夜これを警衛, 兵士て井, 兵士植民団の一行, 兵士歸郷の詩, 兵士田町の芸者, 兵士は二丁余り, 兵士番号であった, 兵士でないいっさい, 兵士迷, 兵士立ちて列, 兵士等カエサルガッリアを從, 兵士等大将のエボレット勲章等, 兵士自身は知つて, 兵士見送の時, 兵士解剖体の一片, 兵士軍属の何十万分の一, 兵士輸卒の群れ, 兵士達ト力ヲ結合セヨ, 兵士達ト手ヲ握, 兵士達云々と云っ, 兵士達卿等の敵, 兵士達皆んなに見える, 兵士達自身が綿々, 兵士遺族の畑, 兵士部下を集め, 兵士長剣で首, 兵士長原孫右衛門が獲た, 兵士防人の屍