青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「兵~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

六~ 六つ~ 六月~ 共~ ~共に 共に~ 共同~ ~共通 共通~ ~兵
兵~
兵士~ 兵衛~ 兵部~ ~兵隊 兵隊~ 兵馬~ ~其 其~ 其の~ 其中~

「兵~」 14381, 143ppm, 744位

▼ 兵~ (3514, 24.4%)

31 と云 29 の家 27 の死骸 25 を殺した 24 を殺し 23 と申す, の娘 20 に向 18 の女房 17 といふの 15 と云者, のところ, は自分, を殺害 14 はそれ 13 の話, の顏, は, はお 12 の方, はその 11 と一緒, はさ 10 と云う, の兩人, の妻, は少し 9 が, の手, は是 8 でした, なれば, は大いに, は娘, は平次 7 が死んだ, です, の跡, は何, は彌, は氣, は然

6 [14件] が死ん, が自分, だ, と申者, に對, の二人, の妾, の心, の死體, はハツ, は八五郎, もお, を殺す, を殺せし

5 [28件] が娘, でございます, では, といふ男, とお, と名, と申します, と言, に取, の伜, の宅, の店, の弟, の甥, の聲, の養子千太郎, はこの, はまだ, は今, は先, は口, は大, は斯, は腰, は腹, は言, も今, を見られ

4 [35件] がお, が歸, が殺された, が江戸, が申立, というもの, とその, と申, に打向, に案内, のやう, の前, の口, の名, の本, の死んだ, の言, の言葉, の遺書, はあわて, は五十, は先刻, は到頭, は只, は彼, は心, は恐ろしい, は息, は早速, は疊, は首, を呼出し, を案内, を欺き, を殺したる

3 [65件] が今, が家, が手, が案内, が生き, が願書, だけで, だよ, で, である, という人, という者, といふ百姓, といふ者, と稱, に相談, に逢つて, に頼まれ, のため, の來, の元, の凉, の子供, の子分八田掃部練馬藤兵衞三加尻茂助, の後ろ, の枕元, の氣色, の爲, の義理, の遠縁, の部屋, の首, はあの, はさすが, はそれでも, はもう, は二人, は今更, は何者, は又, は夫, は女房, は妻, は御, は懷中, は是非, は江戸, は漸く, は猶も, は甚だ, は眼, は絶句, は聲, は辯解, は酒, は長, もこれ, も是, を呼, を呼ん, を手, を殺せ, を芝札の辻, を見, を追

2 [225件] がうんと, がため, が一緒, が世話, が仕事, が來, が便所, が出, が千兩箱, が参り, が可愛, が喰, が堅い, が夜中, が御, が悴, が折, が教, が歸つて來, が死ぬ, が死ね, が相手, が縁側, が腹, が舊惡, が酒, が頭, だから, だが, ですが, ですよ, という奴, とか云奴, となつ, との仲, と二人, と云奴, と仲, と共謀, と呼, と女房, と妾, と改めた, と申しまする, と番頭, と言つて, と言者, と重, に, にし, には女房, に云, に引, に比べる, に相, に相違, に知れない, に聲, に見, に賣, に逢, に連添, に遺恨, に頼ん, の, のお, のこと, のもの, の三人, の世話, の事, の出立, の叔父さん, の外, の妹, の姪, の娘繼, の幽, の後家, の後添, の忿怒, の悴, の悴平吉, の惡, の態度, の懷, の拵, の枕, の案内, の氣, の氣持, の獅子, の申, の番頭久兵衞, の眼, の答, の細工, の義弟, の耳, の胸, の腰, の見世, の訴, の評判, の足袋, の身體, の遺言状, の頭, の顔, の養子, の首筋, はいかに, はいそ, はいよ, はこら, はこれ, はせ, はどこ, はひどく, はまとも, はもう一度, はもと, はよく, は不, は不審, は不思議, は主人, は五十二三, は五十前後, は五節句, は今さら, は以ての外, は伜, は何ん, は何事, は例, は俺, は兄, は兄長庵, は入來, は兩人, は其場, は南無, は去年, は只漠然と, は名代, は否, は喜八, は喜助, は四郎右衞門, は小首, は尚, は左右, は己, は年, は彦三郎, は彼此初老, は後ろ, は思, は恐る, は我が家, は拔ら, は文右衞門, は日頃, は早々, は早く, は昔, は正直者, は此稱呼, は殊, は涙, は深々, は渡り, は湯, は町役人, は空, は素より, は終に, は聞, は胸, は脇腹, は膝, は苦笑, は莞爾, は豫, は跡, は錢形, は長八, は頓, は頭, へ, へ御, へ懸, へ相談, もなか, もよく, も心, も思はず, も惘れ, も承知, も番頭, も膽, より其方, より賄賂, をうんと, をし, をつれ, を促し, を切捨ん, を初め, を呼出され, を呼出すべし, を始め, を尻目, を怨ん, を歸, を殺さなけれ, を盜賊, を突いた, を見る, を贔屓, を頼み, 其の方, 助右衞門, 貴樣

1 [1940件 抜粋] ありという, おいそれ, お文, からの迎ひと言つて來, から五十両褒美, から受取つた短刀, から急, から眞物, か宜しい, か菱川師宣, があんな, がこんな, がそれでも, がとぐろ, がむづかしい顏, がヘラヘラ, が一代, が一番頼り, が上り端, が不在, が二十日前, が云々, が仕掛, が代り, が何, が何處, が償っ, が八丁堀, が内心, が刄, が十日前, が口, が呑んだ, が四十兩餘, が地面, が場所, が大いに, が女房, が子供, が存ぜぬ, が宿, が小用, が差出たる, が年貢, が店, が後家, が徳川期, が悉く, が懷中, が手籠, が拾い上げ, が挙動, が斯, が早速, が是, が本, が極, が武家, が殘つて, が氣, が注進, が現, が申勸, が申通り相違, が疊紙, が目配せ, が私, が老, が聞, が脇差, が若旦那樣相變ら, が蛇, が裏口, が見世, が計, が賄賂, が跡, が迎, が運動不足, が酌, が金五百兩勝, が關善, が面目, が頻りに, が飛ん, が骨董, さらに気, だお前, だけ這入りました, だと, だ腹, でございまする, でない事, で通つて, という商人, という番頭, といっ, といふ中, といふ大, といふ有名, といふ紙屑問屋, とお雪, とか云, とても訴, とて有徳, とは思へない, とは血, とも相談, とやらを切害, と一所, と二度, と云合せ土地, と云者有平生, と仲屋, と佐助, と共に塔, と判る, と口惜, と喜之助, と妻, と尋ねし, と平次, と彦三郎出づ, と我が, と改めさせ, と改名, と母親, と申しやす, と申合せ是, と申者頃日, と相, と突合, と膝, と言證人, と通じさせ, などには宜, なりしかば, なんか隨分, にきこえる, にて, にねだつ, には信用, には恩人筋, には痛い, にひどく, にも悉く, にも竹次, にも頭, に事, に何, に先月, に出会いたす, に劣らう, に叱られん, に囁く, に奉公, に対, に引渡されしか, に御座候, に惡智慧, に手ぐり, に拂, に散々, に普請一切, に此事, に渡され, に狙, に疑ひ, に穴, に舟, に言, に訊く, に賣たる, に逢種, に面體, に頼み跡, のとこ, のみならず, の一家, の一身, の乾し, の亡くなつた, の仇, の代, の伜友三郎, の位牌, の働き, の入, の兵粮丸, の凄まじい, の出身, の判, の名義, の咄, の噂, の墓, の夢, の大名屋敷, の奴隸, の妻并娘, の始, の娘島, の子分, の子分等三人, の家庭, の寢酒, の屏風, の帷子, の庭, の後妻, の怨, の悴成, の所業, の手箱, の持つた, の控家, の敵, の昌次郎, の末, の横面, の死, の死後, の毒害, の無, の用, の番頭佐太郎, の發意, の碁, の秘藏弟子, の繪, の老, の脅迫, の膝下, の苦々しい, の血, の表情, の褞袍, の詞, の調子, の赤銅色, の述懷, の醜い, の鋭, の長吉殺し野中, の非難, の頸筋, の養, の骨, はあれ, はいくら, はうんと, はお萩, はさう, はぞっと, はどう, はなお, はひどく苦々しい, はまた, はもみ手, はアメリカ軍艦, はギヨツ, はコレ, はピタリ, はヘイ大井川, は一介, は一向, は一方, は一體どこ, は不束, は主人五兵衞, は久衞門, は二十四, は五十七八, は五十四, は五年前, は人並, は今日, は仏教, は以外, は何れ歸村, は何處迄, は傍邊, は僅か, は元長八, は先々事穩便, は兜, は六十, は其人, は其時例, は冷笑, は分別らしい, は剛健, は匕首, は半, は南部權兵衞蒔畫師, は口小言, は口汚く, は合長屋, は向山, は呆氣, は商略, は四方かま, は図らず, は坊主崩れ, は多分, は大きな, は大切, は大音上オヽイ, は女道樂, は姑, は姪, は宅, は家主, は少, は岡浪之進, は差俯向, は帳本, は平伏, は幾, は廿有餘年, は彼書付, は御家, は必ずしも, は思はず, は怪, は悠々, は情, は愚か, は慌て, は手燭, は承知, は拒み兼ねました, は敢然, は断念, は易き, は時々, は更に, は有難し, は本多源右衞門, は松五郎, は格子, は權高, は此取引, は此時, は歴史, は死出, は毎年江戸, は泣き出し, は涙乍ら, は溜飮, は熟, は父親, は牢, は獨, は申す, は畏まり, は當ら, は疾, は白梅, は直ぐ, は相手, は眼鏡, は矢張り, は確, は神田, は空嘯き, は立つ, は立戻り其段長八, は筋目, は素直, は繩付, は老巧, は聞終り是, は肝, は脅かします, は腰拔, は自慢, は色々, は苦, は茫然, は落つきはらひ, は藤代要人, は西國, は見た, は訂正, は謎々, は起上り顏, は近江屋, は迯, は通人, は遣らじ, は鑿手斧, は附添原澤村, は青い, は面倒, は額, は飽迄見込違, は驚い, は高手小手, は龍閑橋, へ内, へ向, へ尋問中腹, へ此由, へ申達, へ確, へ行右, へ預け, ほどの者, まで殺した, もこ, もツイ滑らか, も上る, も以, も倶, も其の, も前々, も名, も夕立, も妙, も安兵衞, も度々, も徐々地金, も恐れ入, も惣吉, も持餘, も昨夜, も海月, も生れ, も立上がりました, も肝, も萬端世話, も詮方, も進み出, も驚い, やあの, や幡隨院長兵衞, や父親, よし, よりの歎願書, より何, より奪, より親里, より送りたる, より預けし, をあんな, をどうして, をむか, をやり過す, を使, を別室, を勞はり爰, を召出したる, を吊り上げた, を呼來, を呼寄, を四谷, を始め關係, を少し, を引き, を後背, を怪敷, を押し止め, を振り返りました, を搜, を松, を殺さう, を殺せた, を牢舍, を猿江町, を疑つた, を相, を突き殺した, を糺す, を縛つて, を聘び事, を薪割, を討即座, を説破, を起しけれ, を附け, を音羽町, を飽, イヤ何, 余り道理, 入ざる汝, 及び森山榮, 呼べと, 大いに悦び, 定めて, 御奉行樣, 心得て, 恐れ入り御, 新吉原江戸町二丁目丁字屋半藏代文七右半藏抱, 来いとの, 然ば, 直ちに白洲, 知らねえで, 見えぬか, 計らず八ヶ年過去

▼ 兵~ (1827, 12.7%)

68 率いて 37 もって 27 出して 21 つれて, ひきいて 19 ひいて 17 集めて 15 まとめて 14 伏せて 12 あげて, つけて 11 収めて, 挙げて 10 して 8 派して, 起して 7 発して 6 分けて, 向けて, 引いて, 指揮し, 擁して, 率ゐ, 用いて, 見ると 5 ひきつれて, 加えて, 督し

4 [22件] あつめて, すすめて, ととのえて, ひっさげて, やって, わけて, 催して, 出した, 動員し, 布いて, 引率し, 従えて, 挙ぐるに, 挙げた, 支配する, 放って, 満載し, 用うる, 置いて, 退いて, 連れて, 進めて

3 [28件] うしろに, お集め, すぐって, だして, のこして, まわして, もつて, 一手に, 与えよ, 二手に, 入れて, 割いて, 動かして, 埋伏し, 強うし, 挙げたの, 捕えて, 構えて, 満載した, 用いるの, 相手に, 窮め武, 糾合し, 繰り出して, 見て, 送って, 選抜し, 配置し

2 [91件] あげた, あずかって, あわせて, うけて, うごかすなかれ, おいて, おさめて, おすすめあれ, くり出して, さし向けた, さずけて, しり目に, すすめたので, たくわえる力, のせて, はげまして, まとめに, みなごろし, 三手に, 上げて, 与えて, 乗せて, 交へ, 付けて, 伏せ敵, 作らうと, 借りて, 出した時, 出せと, 出だして, 前に, 励まして, 動かすの, 包囲し, 北清に, 収めた, 召して, 召集し, 叱りつけた, 叱咤し, 合せて, 合わせて, 呼んで, 増せば, 失って, 左翼に, 弄し, 引具して, 引受けて, 徴し, 志願した, 持ちて, 持って, 指揮する, 挙ぐるの, 挙げんと, 掃討し, 揃えて, 提げて, 損じるの, 擧げたの, 救うため, 整えて, 斬って, 死なして, 用いずして, 睥睨し, 破って, 練って, 置く必要, 置けば, 罷むる, 語らず, 語らずと, 調し, 諸所に, 貸して, 転じて, 返して, 退いた, 退くの, 退けっ, 退げ, 進めるには, 附して, 集めに, 集めよ, 集合し, 預りました, 飛行機に, 養うか

1 [1092件 抜粋] あげたの, あげたロロ公爵, あげ昔日, あずけた, あつめ, あつめたの, あらかた誘い出し, あわせた管領軍, あわせ布陣五十余里, いましめ産業, うごかさずに, うごかしわが, うごかし始めた, うごかし難い, うごかすの, うごかすも, うごかせましょうや, うながす檄文, おかえしなされた, おこし天下分け目, おどしつけた, おまかせ下さい, おろし幾日, お借りなさい, お入れ遊ばした, お率い, かえして, かえし雪, かきのけて, かくして置け, かぞえれば, かならずその, かりあつめここ四日, かりあつめまた, きりすて薙, くりだすか, こきおろしたが, ここでも, こころざした貧しい, こぞッ, ことごとく魏, さいて, さしつかは, さしむけ道, さし向けて, さし向け西風, さずけ曹操, さらに糾合, したがえた自称帝王, したがえ張遼, しのばせて, すぐこれ, すすめ一方, せつなに, そこに, その口, それが, それぞれ軍艦に, そろそろ繰, たすけおこして, つかった, つれた大将, ととのえ夜, とめて, どなりつけたよう, なきもの, なぎたおしたが, なぎ払うブリューヘル, ならべ槍, ねぎらって, ねり陣, のこらず小牧山, のせたトラック, のせた担架, のぞくと, ひいた亀井武蔵守, ひかれたの, ひきいここ, ひきい十隻, ひきい行く行く, ひきずり廻した, ひきまとめると, ひき連れ, ひそめ陣地陣地, ひっさげ関戸附近, ひどい目, ふくろ包み, ふるい立たしめるという, まとめてから, まとめ味方, まねき集めたとも, みだりに動かす, みな引っさげ, みれば, もてせよとも, もとめ給え, やっつけると, やめるよう勧請, やるどころ, ようやく喰いとめた, わかって, 一たん収め, 一人撰抜し, 一歩も, 七名も, 三四人撃った, 三木城の, 上げたりと, 上げるの, 上せ給わるよう, 上陸させ, 上陸せしめよう, 下知する, 与えた, 両翼から, 主人公と, 乗せたまま, 乞いうけた, 乞ひ取り, 二人ほど, 二分し, 五つ手に, 交うる事, 交えず早く, 交へて, 介抱し, 付けること, 付して, 伏せるに, 伏せ柴薪, 伏せ関羽, 会得し, 伴なっ, 作って, 併せて, 使うと, 信濃へ, 借せ, 借りたの, 停めい, 備えてじゃね, 催おした, 催しふたたび, 傭うには, 傷つけ百姓, 先に, 先発し, 入れては, 入れること, 入れるに, 入れ給うて, 全北陸, 具し, 内に, 出させ薩摩, 出したと, 出したの, 出しやはり, 出し城中, 出し平定, 出し文禄二年四月上洛, 出し蝮酒屋, 出す, 出すと, 出すべきでは, 出す必要上, 出そうとさえ, 分けず一陣一挙, 分たねば, 分ち与えて, 分ち明日, 分散する, 制して, 制するが, 制限する, 前列へ, 加うる, 加え松山, 加え総勢千五百, 労せず, 動かさなかったの, 動かさば, 動かしたと, 動かした損害, 動かし重臣, 動かすたび, 動かすなかれ, 動かすは, 動かす以上, 動かす場合, 動かす権力, 動すに, 募られたら薩長土, 募り東ローマ皇帝, 勵ます, 匿す, 厳にし, 収めたの, 収めはじめた, 収めんと, 収め味方, 収容した, 取りて, 取鎮めに, 叱りつけたの, 合せ, 吉賀町附近の, 名づけて, 向けられるよい, 向けるの, 呼び, 呼びたて, 呼び集めた, 命令に, 営外に, 四日に, 回診し, 城外に, 城隍廟の, 増し明後日独逸, 外に, 多くよこせ, 多く持っ, 大きく加え, 失いました, 失ッて, 威して, 学んだが, 守りに, 安林に, 寄せて, 導き入れた僧, 少し募っ, 展く, 屯集し, 山陽に, 峰つづき, 差し向けた, 帰した, 幾度と, 廻して, 引きあげた, 引き上げさせて, 引き起こそうと, 引こうと, 引っ吊し, 引っ提げられ摂津, 引っ返せ, 引上げしめよう, 引揚げられる, 張り人形, 強くし, 待って, 後方に, 従へて, 徳州に, 徴すにも, 必ず協力, 志願する, 急派した, 恐れずして, 悪く云う, 惟政に, 憩わせて, 戸板で, 手もとへ, 手取り足取り引立て, 打倒し薙ぎ倒し三十六員, 抑えて, 押したり, 拉して, 拝借し, 持てる人ども, 挙ぐるや, 挙げさせ家康, 挙げたという, 挙げた志士ら, 挙げますこと, 挙げられた護良親王, 挙げんや, 挙げ使, 挙げ大阪, 挙って, 捕虜に, 授け, 授けられたの, 掩ふ, 揚げるといった, 損い, 損じた, 損じたり, 損じまいという, 損じること, 損じ主上, 損するな, 損ずるよう, 損せずし, 損ぜんよりは, 撃ち攘, 撃つもの, 撃退した, 撤し一鞭山崎, 擁しその, 擁し叔父, 擁するを, 支持し, 收容する, 放っては, 救済する, 散じたまわば, 数え入れても, 敵と, 敵に, 斬ったこと, 斬らば, 斬りながら, 斬り捨てて, 斬り殺して, 晋陽に, 最前線へ, 朝鮮との, 東北の, 林間に, 案内し, 次いで, 止めろ, 歩ませつつ, 死を, 残らずやっつけたいの, 殺したがったの, 殺し国, 殺し良民, 氷雪の, 求めなかった, 沙河の, 注目する, 浦塩に, 消耗せず, 減じるたび, 渡すであろうこと, 潰乱せしめた, 点呼した, 片付けた欽之丞, 犠牲に, 狙撃し出した, 狩りだすには, 玄徳に, 率い十字架, 率い後陣, 率い瓦口関正面, 率い突如, 率きつれた, 用いず, 用いたがったの, 用いぬが, 用いられるという, 用いる巧みさ, 用い何, 用い武略, 用ひ, 用ゆる, 用ゐる, 留め日々付近, 疑い主君, 疲らせて, 発し乱, 発するや, 發し, 目撃し, 真っ向に, 眼で, 睨まえて, 矢継早やに, 知れさらば, 石山寺に, 破り前後数戦, 破り昌安, 祁山に, 私兵の, 種族家族により, 突っこみ李, 突貫させた, 立たせ非常, 立て続いて, 箕谷へ, 籠め兵糧を, 粛々と押出し, 納めないらしい, 編入し, 練り武, 練り軍略, 練候事甚盛, 縱ち, 繰り出せ, 置いた, 耀かして, 脅かさしむ, 臨清に, 自身で, 興しまた, 苛める, 草芥の, 蔽いつつんだ, 藏めつ, 蝋燭で, 襄陽城へ, 襲い重, 要したの, 要しまする, 要請し, 見ずして, 見た時, 見ない, 見まわり夕べ, 見上げ, 見舞の, 見送る万歳, 観て, 解きて, 計算に, 設けて, 語らずです, 語るには, 語る眼, 調え張, 調練しはじめた, 談ずる側, 財え, 貸しませんぞ, 走らせその, 走らせる方法, 起こし来たって, 起こせば, 起したでは, 起したとの, 起したる建文元年七月, 起しわが, 起し威, 起し父祖, 起し給わば, 起そうと, 足し事, 足すこれ国防, 踏みやぶりその, 蹴ちらして, 蹴ちらし蹴ちらし馳, 転用し, 載せた無蓋, 農産や, 迎えて, 迎えどうして, 迎え撃たんとして, 近在に, 追いかけまわした, 追い出して, 追い払うこと, 追い込んで, 追っかけ廻した, 追って深い, 退かせ, 退くならば, 退けんかっ, 退げろ, 送りてかな, 送り出した序, 送る一行, 連れたのみ, 進めずして, 進めよ, 進めること, 進め新, 遠くへ, 遣って, 避けて, 配したが, 配し後顧, 配置した, 釈く能わざるを, 鎮し, 開城に, 間違えたらしいな, 閲して, 閲し黄旗青旗金繍旗日月旗, 防がせた, 防ぐため, 附て, 陶軍の, 集むるとは知らざる, 集めたそう, 集めました, 集める所存, 集め急遽, 雑魚の, 靴の, 養い給うの, 餓死に, 馬上から, 駆り催して, 駐め, 黒竜江省から

▼ 兵~ (1178, 8.2%)

15 中に 14 ために 10 ように 9 一隊が 7 一人が, 声が, 方が 6 やうに, 手に, 顔が, 顔を 5 中には, 大半は, 姿が 4 すがた, ような, 一隊は, 士気は, 顔は

3 [17件] うちで, 一人は, 一部が, 口から, 士気を, 多くは, 姿は, 屍体が, 影が, 影は, 手で, 服を, 死体が, 死骸が, 眼に, 眼には, 顔に

2 [80件] あいだに, あいだには, あたま, うしろには, おかげで, おふくろが, なかに, なかを, ひとりが, ひとりだった, やうな, やつた, バケツ音立てぬ, ヘルメットを, 一列の, 一団が, 一部を, 上に, 中から, 中へ, 介抱が, 介抱を, 佐伯が, 侵入を, 傷口を, 助命を, 勇ましさ, 半分を, 声で, 大半を, 大群が, 姿も, 姿を, 姿勢を, 少尉である, 強さ, 影も, 影を, 後を, 後藤が, 心理を, 心臓が, 息絶ゆる, 手を, 教育召集を, 方からも, 方は, 方へ, 服装を, 死体に, 用いた軍馬, 目を, 看護を, 眼から, 眼が, 眼の, 眼は, 眼を, 端にまで, 籍に, 群れは, 耳に, 肩章を, 至るに, 血を, 言葉, 話を, 足を, 蹂躙に, 部署を, 配備を, 銃剣が, 間に, 間を, 陣を, 陣営の, 陣場に, 隊長は, 頭が, 馬が

1 [839件 抜粋] あいだを, あなどり難い強, あの顔, あらかたも, あるのに, ある槍騎兵, いかに多く, いたわりだったわけ, いた所, いのちが, いる小屋, いる陸地, うえを, うごく影, うごめき騒ぐを, うたえる, うちにも, うちへ, うちを, うち八九名日射病に, うち帰りえた, うち逃れ得た, おこたり, かしらは, かたまりは, くばりから, ことじゃ, ことだ, ことなどを, ことは, ことばに, このおもいがけない, ご用意, さけびの, すきな, すべてが, すべては, せいに, そばへ, たたかいぶり, ためこれを, ための, ためはなはだ, ため殺された, だん, つぎつぎに, つぶやきに, とき飛行機に, とつぜんの, と違います, なかでも, なかにも, なすに, はからいで, はなしに, ひとみへ, ほうが, ほとんどが, まえには, まもりを, まん中に, むくろ, むれは, もって, ものと, ゆくえを, ようです, よく政治世界, カクシに, ピストルの, フランス人が, ロシア語は, 一かたまり, 一には, 一人だ, 一人と, 一人らしい, 一人一人から, 一列が, 一将隊を, 一支隊に, 一群を, 一部とが, 一部は, 一隊に, 一隊も, 一隊を, 七重村に, 三分の一に, 三等下士と, 上へ, 上原清兵衛なる, 上陸したがる, 上靴を, 不正が, 世話を, 中で, 中今生き, 中士だ, 乱暴さに, 乱暴に対する, 乱舞も, 事もなげな, 二三騎が, 二百余人は, 二等卒で, 交替時間で, 人勢は, 人家に, 仕事の, 付添いを, 代りに, 体から, 価値進む, 侵攻を, 側に, 催促やら, 優劣如何を, 兇刄に, 先を, 先発が, 先鋒は, 入営する, 入営前からの, 全軍, 内に, 内職, 出没と, 出迎えが, 刀槍が, 列は, 列中まで, 制定は, 前へ, 割当てと, 力は, 力よく, 力者も, 勇敢な, 勇気は, 動かんと, 動きにも, 動向は, 募集に, 勢力ある, 勢力とて, 区別は, 十数人が, 半ばは, 印象, 右往左往に, 号令と, 各隊, 同市を, 名代人だ, 周囲に, 命は, 命も, 咎だ, 営倉も, 四十以上の, 固い表情, 基として, 墓であっ, 墓は, 士気が, 声に, 声や, 夜襲の, 大きな声, 大きな白い, 大事に, 大屯所, 大川村を, 大牙, 大部分, 天分を, 太陽は, 奇道, 奇道だ, 奮戦ぶりを, 如く大体我, 如く立つて, 妻と, 威力を, 字が, 守りは, 実弾射撃演習地と, 室内に, 家事に, 宿舎に, 宿舎や, 密訴は, 寝台の, 射った小銃弾, 将校では, 小屋に, 少尉で, 尖った喧嘩腰, 居る城内, 屍体を, 屯する, 屯所が, 屯田部落であった, 左の, 巧妙なる, 希望には, 師範たる, 帰りを, 帽子の, 年限も, 弓や, 弱さったら, 弱そう, 強力と, 強弱を, 強弱武器の, 弾丸が, 影に, 影やら, 彼より, 後ろへ, 後方で, 後藤に, 後退を, 御撰定が, 徴募に, 心を, 志願を, 怒りの, 怠惰に, 怯むの, 怯勇を, 息も, 意味である, 意気だった, 感情を, 慰問に, 慰問を, 戦う心, 戦死四十捕虜に, 戦闘力には, 戦闘部隊を, 所業なる, 所行としては, 手も, 手薄を, 手配に, 扱いを, 抗戦は, 抵抗は, 抵抗を, 拳銃の, 持つて, 指に, 指揮官まで, 捕虜だ, 捕虜と, 捕虜の, 捕虜を, 捨てた武器, 掠奪に, 援けも, 損傷を, 攻撃する, 教育には, 教育を, 数おおよそ, 数と, 数には, 数より, 数個の, 数百が, 敵も, 數最も, 断ち切れた中央, 新しい虐殺屍体, 方でも, 方に, 旗は, 旗槍も, 時の, 時代と, 時財布に, 暴虐, 暴虐を, 最大能力を, 服で, 服装だった, 机上に, 来援も, 柄の, 校舎などに, 案内で, 業に, 構築した, 槍の, 様子が, 横腹を, 權謀これが, 次に, 正しき理解, 武備を, 歩哨が, 死体から, 死傷は, 死傷も, 死屍は, 死骸で, 死骸の, 死骸は, 殆ど凡てが, 残兵を, 残骸では, 殺人行為は, 比較, 気は, 気分には, 水軍が, 水軍に, 河野が, 泣き声であった, 注進に, 浜田も, 混乱ぶりを, 済南に, 演習召集か, 火力と, 災に, 為に, 無法なる, 無銘の, 爲に, 状況の, 狼狽は, 狼藉を, 猛射, 猛烈な, 理論に, 生命二百五十を, 生活が, 生活様式を, 留主中たる, 疲れを, 疳癪を, 痩せちょろ, 白兵戦創や, 白衣が, 百拝を, 監視つきで, 監視を, 眉の, 看護から, 看護人が, 眠りまで, 矢不来に, 矢石が, 種類が, 空威ばり, 突出を, 突撃を, 窮迫した, 章に, 笠じる, 答えに, 簿に, 粗相から, 糧は, 紅に, 紅白の, 素質の, 結束と, 結束に, 給食も, 絶対的な, 網に, 練兵場にさえ, 縦隊の, 罪に, 群れが, 耳が, 耳へ, 肌に, 肩章つけた, 肩車に, 胃ぶ, 胆心にも, 胆気は, 背後に, 胴中が, 胴中に, 脛は, 腕ずくで, 腕を, 腰の, 腹を, 膝頭で, 自主的積極的独断的活動を, 自由意志を, 至る前, 致命的な, 色調に, 芝居を, 苦労の, 著て, 血まみれ姿に, 行列なんかを, 行進諸, 衣食を, 表情が, 衾と, 装備は, 襲撃を, 襲来を, 親御が, 言葉が, 討伐が, 訓練と, 訴えとて, 訴人を, 詰所である, 話などを, 誰かが, 誰に対しても, 調練を, 謀略は, 警戒の, 資格が, 資格を, 赤い連隊, 足さえ, 足なみの, 足音は, 跫音であった, 跫音は, 跫音弾の, 蹂躪に, 身は, 軍帽を, 軍服で, 軍服に, 軍糧副食物としては, 辮髮を, 追撃に, 逃げなだれが, 通行は, 連中と, 進路は, 進退には, 運動とともに, 過激派と, 遠見し, 遺棄した, 配備上の, 配列の, 配置や, 鉄帽, 鉄甲が, 鉢巻の, 鉾尖, 銃を, 銃撃を, 銃火の, 間には, 間隔は, 闘う処, 陣型を, 陰陽といふ, 陰鬱な, 隊号人数を, 隊長な, 隊長に, 隊長藤堂帰雲へ, 随喜は, 集中を, 雑音とともに, 需要が, 青天白日の, 靜養所に, 鞍から, 頃から, 頭に, 頭へ, 頭も, 頭越しに, 顔にも, 風呂敷で, 食事当番に, 食物, 食糧被服薬餌などは, 飢えは, 首と, 首手足胴など, 首領である, 馳ける, 高取は, 鬨の声が, 黒い馬, 鼻いきは, 鼻を

▼ 兵~ (1160, 8.1%)

8 彼の 5 なかった, 敵の 4 一人も, 口々に 3 いずれも, これを, それを, びっくりし, 一斉に, 例の, 東国に, 目を, 眼を

2 [30件] いくらも, ここから, さすがに, そこに, そこを, それらの, なんといっ, みな商人に, わずかに, 仰天し, 凶器なり, 初めから, 味方を, 度を, 弓を, 彼を, 怒濤, 機を, 死んだだ, 水上の, 火を, 甲を, 相変らず, 看護卒と, 矢を, 胆を, 自分の, 訊ねた, 銃を, 馳け

1 [1047件 抜粋] あざやかに, あたりを, あちこちで, あった, あとで, あらかた緑林, ありきと, ある, あわてて, あんがいおちついたこえ, いきなり赤ん坊, いくらでも, いずれの, いった, いつの間にか村岡, いまどの, いよいよ気味わる, いよいよ驚い, いるさ, うらみを, うーむと, えらかつ, おしるこ, おそらく探題, おどろいた顔, おもわず興奮, およそ十万, かねがねこの, かれの, がたがたふるえ, きまりが, ぎょっとした, ここで, ここ一つところに, ことごとくゆるし, ことごとく幼少, ことごとく落ち失せ, この人達, この激情, この竹藪, この罪, この部隊, これに, さっきパイ軍曹が, さんざんな, しきりに例, しばしば出, しびれを, すぐ, すぐ全, すぐ城門, すぐ岩, すぐ谷, すでに上諏訪, すでに八道, すべてこれを, すべて木曾川を, ずいぶん勝手, そういう, そういった, そうは, そう聞く, そこで部署, そっと分け, そのころ, その個性, その写真, その場所, その島, その敢然たる勇姿, その絶対的, その霏, その顔, それでもやがてふと, それに, た, たいへん元気, ただちにこの, ただ事の, ただ木之本, たちまち壕, たちまち関羽, たとえ百万人, ちょっと気の毒, つなみ, とかく統一, とつぜん顔, とにかくとして, どうも戦意, どこにか, どっと喚きかかっ, どの病室, どれが, どんどんそれ, どんな重い, なお健在, なお大小幾十組, なかなか操縦上手, なるべく十分, なんにも気づかぬ, にわかにうごきだした, のんきな, はや彼女, ふいに, ふたたび, ふと頭, へどもど, ほっと足, ほとんどひとり, ほとんど瓦解, ほとんど軍曹, ますますいらだっ, まず手初め, またあと, またもかと, また新た, また神代史, まだやって来なかった, まだ藤沢街道, まったく度, まったく袋, まるで菜, みだれ馬, みなどよめき立った, みなほかに, みな不吉な, みな呆然と, みな小太郎山の, みな弱そうな, みな指を, みな日頃の, みな水に, みな渇を, みな生色も, みな落胆し, みな農より, みな逃げ支度だ, みな馬や, みな魏勢に, みんなやっつけ, みんな明日を, むしゃむしゃと, むッそりいう, めどを, もう三日三晩, もう山, もう瀬戸内, もっとなにか聞きた, もとより大軍, や, やがて糧食, やっつけられて, やっぱり死ん, やはり敬礼, やりかえして, よく戦, よろこび勇んで, ろくに食っ, わけて, わっと, わめき合うと, われがちに, われに, われを, エセックスの, キヤビンの, ニヴェルの, バタバタと, パイ軍曹と, パイ軍曹に, ブルンと, ルウアン市に, ヴィクトアール広場に, 一二の, 一人である, 一体どうしてここ, 一度に, 一旦崩れかかる, 一時は, 一番電話局と, 一面皇城の, 三分し, 三分の一に, 三木軍司の, 三百あまりという, 上下みな死を, 上陸した, 下総の, 不意を, 不精不精起きあがる, 不足です, 丘を, 丸根鷲津の, 久しく平和, 乞食の, 争って, 二人だった, 二千人侍は, 二大隊上京其節長州人数も, 二段が, 五人ながら, 五段の, 五百鉄砲の, 人馬共濡れねずみの, 今日この, 今頃敦賀へ, 以来ふたたび, 仰天した, 伝声管によって, 何か, 何を, 何千何万とても, 信長の, 偶然この, 優に, 充分に, 兇器と, 先鋒隊の, 全滅し, 全部降参し, 六名ほどの, 兵だ, 兵を, 典厩が, 内から, 再び部署, 冬中からの, 凱歌に, 出て, 初め江陵へ, 到着順と, 加茂川べりに, 動くまい, 勝手に, 十万であった, 千にも, 半兵衛重治の, 半分以下にまで, 半減される, 卓の, 単なる応急策, 却, 厳綱を, 及ぶまいと, 叫ぶ, 各門, 名乗りを, 吾勝ちに, 周章狼狽ことごとく, 呶鳴った, 唐橋門の, 四人を, 四郎を, 困った顔, 国境ふかく, 土足で, 地底戦車の, 城兵を, 城外へ, 増すばかり, 声を, 外門に, 多く北国産, 多く損じ, 夜の, 夜盗の, 大きな図体, 大体三手に, 大分疲労し, 大半快, 大半焼け死んだ, 大声で, 大手の, 大粒の, 天井の, 天神橋六丁目の, 失い賊, 失敗を, 奈良では, 奥からの, 妙覚寺の, 威猛, 存分に, 宇都宮累世養う, 完膚なき, 客堂の, 寄手を, 寨員の, 将校より, 尋常一様な, 小銃を, 小隊戦闘群は, 少ないし, 少尉に, 山下に, 山門裏門から, 島津の, 布引, 幕を, 幻の, 弓長柄を, 弱い筈, 強いぞ, 強く地勢, 強猛, 彼と, 後から, 後方機銃座へ, 徒歩で, 微笑し, 徹底的に, 必要です, 忙しく清川大尉, 怒って, 思い思いに, 思わずこえ, 急いで, 急潮, 怨嗟を, 怯懦である, 恐らく勢, 悉く石, 悲しそう, 悲壮に, 意地に, 我先に, 戦うも, 戦わないうち, 手に, 手を, 打ちひしがれて, 押せば, 持って, 挑戦的に, 援軍に, 支那兵と, 放りだされた大根, 散々民家に, 数万船は, 数日の, 敵も, 敵前の, 新しい勇気, 方陣を, 旗幟馬印を, 日に, 明らかに, 昼夜兼行で, 時々ハゼ釣り, 暗い顔, 月二三回の, 服の, 望遠鏡片手に, 朝討ち, 未だ一町余, 末代その, 本詐謀, 村道から, 東北弁ばかり, 林檎の, 染戸の, 根津と, 楼から, 槍を, 橇の, 機関銃の, 次第に増大, 正しくつつましく, 死の, 残されて, 残れ, 殖え長安, 殺気立って, 毎日死骸片づけ, 毛布も, 気が, 水に, 沢山いた, 油を, 治安を, 泣き面を, 泥ンこで, 消火どころで, 清風山麓の, 渚の, 湾の, 演習が, 潰乱し, 火の手を, 点線であり, 無いが, 無聊に, 照る陽, 片づけッ, 牛馬を, 狂器なり, 独逸式の, 猿の, 現状の, 甚だ寡, 生前金にも, 生駒や, 田楽狭間を, 甲板より, 番小屋の, 病人負傷者を, 発狂状態を, 白旗を, 百人あまりだった, 皆うえ死しなけれ, 皆徴兵の, 皆東北戦争当時の, 皆荊楚の, 盗人の, 直ちに川岸, 直吉に, 相当あった, 眦を, 眼に, 石に, 石川の, 碌々に, 神速, 立ち上った, 筏で, 筑紫の, 箱館より, 精に, 精鋭中の, 約五百, 素早く軒下, 続々と, 網の, 置けぬ, 老職各自の, 耳に, 耳も, 肩の, 肩銃の, 背を, 脱走した, 膝を, 自分が, 自分達とは, 自決し, 自説を, 船から, 草に, 薄暮の, 蛇に, 蠅でも, 西から, 要塞を, 見るま, 親切だった, 言った, 許, 誰も, 負傷した, 貧相な, 賃金の, 足もとを, 軍曹から, 軍費服装自分持ちだった, 農より, 迅速を, 退いたが, 退くも, 送受信機の, 進んで, 運が, 遠く背後, 野牛の, 鉄桶の, 銃座へ, 鎌倉に, 長槍, 門外に, 間隙を, 闇雲に, 陣外を, 集まって, 零, 震い怖, 非常に, 頑強だ, 顔を, 飯を, 養へ, 馬に, 馬蹄に, 馳けて, 騎馬にて, 驕って, 驕り気, 高唐州, 高松城下に, 鳥取藩士の, 黎明と, 黙って

▼ 兵~ (902, 6.3%)

6 あった, 出て, 来て 5 帰って 4 いる, それに, それを, 立って 3 ある, いた, 侵入し, 加わって, 屯し, 見える

2 [43件] あって, あとから, あらたに, あるぞ, あれば, いただうち, いないこと, いるとは, いる様子, ここを, どなった, どやどやと, わあっと, 一人の, 乱入し, 争うて, 云った, 倒れて, 先に, 入って, 出た, 出没し, 到着し, 叫んだ, 多くて, 大声で, 奴国の, 密集し, 弓を, 扉を, 手を, 押し寄せて, 攻めて, 歩いたり, 眼に, 禁門に, 突然叫びました, 膝を, 船に, 退いて, 配置され, 雲の, 駈けて

1 [759件 抜粋] あけた三十八, あったと, あった狐塚, あとを, あまり恐れる, あらかた出た, あらわれたと, あらわれました, あらわれピストル, ありました, あり幕末, あるとき突撃, あるのみ, いいとして, いたから, いたじや, いたという, いて, いない, いるそう, いるだけに, いるのに, いる間, うごいて, うしろへ, うつぶせに, うろうろし, えらばれ本艦, おし寄せ, おどり込んで, おり一時, かくして, かたまって, かなりな, からだを, きて, こういう畏怖, こう云う, ここで, ここ楽田を, こっちを, こつそり, ことに多かっ, このバリオ, この土地, この時, こみ入, これへ, さっさと來, さらにもう小半町, しきりにくるし, しばしば小勢, すきなく, すぐ生け捕っ, すでに味方同士, すでに潜り込ん, せわしそう, そこへ, そこまで, そのこと, そのとき伸子, その中, その住居, その時, その書物, その真中, その附近, その鳴子, それぞれ引率し, ぞろぞろ出, ぞろぞろ歩い, たくさんいるらしく見えた, たくさんに, ただちに動い, だいぶんたくさん, ついそこ, つづきました, つよがりを, とつぜんへん, とびだしました, どう軍紀, どこか, どっと堤, どれ位い, ながす碧血, なぜ強い, なんと告げた, にげて, にわかに押し寄せ, のこるでしょう, はや近く, ひきも, ひしめき合い呶号, ひそんで, ふいに, ふいを, べそを, ぼつぼつ殖えだした, ぽつぽつ帰っ, まぎれ込んで, まだうろうろし, まだ何ら次, まだ大, まったく不意, まんまんと, みちて, みな口々に, むなしく退き戻ろう, むらがり寄るいと, もう二三千, やがて, やがて亥山, やがて馳せ参じるであろう, やってきて, やって来て, ようやく多く, わずか四, わっと, われがちに, ゐるきり, エンジンを, キンセールに, コチンカナノルコラム等を, サンホセに, ゾロゾロ敗れ, ドヤドヤと, ナポレオンの, ボートに, ラッパの, ワラワラあった, 一人きりなら, 一人入っ, 一人小径を, 一人立つ, 一人警衛に, 一名, 一名小銃で, 一団と, 一層狼狽, 一斉に, 一杯に, 一様に, 一軒一軒たたき起し, 七八人ドカドカと, 万一敵意, 三々五々逃げ, 三十万石の, 三千余りと, 三四百人も, 三尺の, 上陸し, 下って, 不意に, 不意を, 丞相に, 両腕, 丸木の, 乗りこんで, 乗組む, 九州を, 乱軍で, 亂れ, 予備の, 二万上陸した, 二三人キニイネ剤か, 二三百名ほど, 二人通りか, 二条城を, 二条辺から, 云い合った, 五六人いた, 五六人望遠鏡を, 五六名なんの, 京都包囲の, 人形の, 今しも, 今度は, 介抱し, 付き添って, 会場に, 住むため, 何か, 何とか食っ, 使って, 例の, 俄かに, 僕を, 先ず丸根, 先鋒として, 全員乗っ, 八瀬小原をめぐって, 凱旋を, 出かけて, 出る, 出征する, 切って, 初めて飛び上がっ, 前に, 劒銃を, 加わり総勢三千人, 勇敢と, 動き出して, 動乱を, 動揺し, 北京に, 十二箇所で, 十人くらいずつ, 十人ばかり, 千人以上も, 千余人も, 南の, 博多に, 占拠し, 占領し, 参加し, 取り巻いて, 口々に, 召捕え, 向ふ, 喇叭を, 営中に, 四五十人まるで, 四五名盆地に, 四名の, 四百人ほど, 囲んで, 図にの, 土方歳三古屋作左衛門等の, 在陣, 地勢に, 坂の, 城下に, 城内から, 城外に, 城外にも, 城門の, 城門を, 堤の, 報告しよう, 増加し, 増加した, 夕方から, 外で, 多かった, 多少出, 大勢し, 大勢駈け, 大岩巨岩を, 大挙し, 大部分, 太田, 奥へ, 妻や, 始めて, 官軍を, 実戦準備の, 寄り集まって, 寝台に, 射程距離の, 将校に, 小さい朽木船, 小路を, 少なからずあったらしい, 少なすぎる, 居る側, 居酒屋で, 山の上から, 山上に, 岡崎を, 岡田という, 左右に, 左右の, 帰ると, 常には, 常駐し, 平家に, 幾人か, 広き地域, 廻廊の, 引揚げ, 引込んだ, 弱まるよう, 張って, 強くなる, 強襲に, 影の, 彼の, 後に, 徐栄の, 心を, 必要な, 忍ばせて, 忽ちに慕い寄る, 怒濤, 怒鳴った, 怖い目, 思いの, 急遽防ぎ, 悉くふさぎこみ, 惨として, 意気沮喪し, 戦えば, 戦わぬうち, 手で, 手に, 打たれたとて, 拉して, 拾って, 持てると, 挙手の, 捕虜として, 捜査に, 捨身で, 掘ったん, 揃い押太鼓, 援軍として, 操練演習に, 攻めかかって, 攻め寄せた, 攻め寄せて, 攻来れ, 教えて, 数えられた, 数本の, 敵の, 敵兵を, 斧で, 新野討滅を, 旗を, 旗下まで, 早速彼, 昼間闖入した, 有栖川宮様を, 朗らかに, 朱に, 来たので, 来たら天命それ, 来り共に, 来り攻めて, 来るから, 来ると, 来襲するだろう, 検察に, 槍の, 横から, 歌い囃すと, 此方の, 歩き出して, 死を, 残って, 殲滅に, 毎日ガソリンか, 毛布の, 気を, 水曜, 江上に, 江戸に, 沢や, 沢山おられた, 河馬の, 泊って, 洪水の, 海から, 消火に, 渡って, 満ちて, 潮の, 濡れた皮革, 火を, 火縄の, 灯して, 炊事用の, 熊石に, 燕順王矮虎白面郎などに, 物の具を, 独兵を, 狼狽する, 狼群の, 現われた, 生捕った, 町屋の, 疲れた足, 発見したなら, 発見しなかったら, 百姓の, 皆弾かれた, 目撃した, 直ちに支那, 眞中に, 眠りも, 眼を, 着て, 睡って, 石の, 福山城を, 突如と, 突撃した, 突然楼桑村, 突然横合い, 立ち武士, 競ひか, 答えた, 籠って, 籠城中の, 糞する, 約三万, 約二万, 組織され, 絶え間なく, 続いて, 縦横十文字に, 義元の, 耳を, 背後から, 脱出した, 自ら海中に, 自分らの, 臼杵を, 若し入営, 落ちて, 蒙古, 蓄えて, 街を, 街路ごとに, 袁紹側の, 襖を, 西へ, 西より, 要る, 見えた, 見つかりません, 親切に, 訓練に, 訪ねて, 訴え出た件, 警乗した, 警備に, 象兵の, 走り出した, 起り蜀, 跨がって, 跳びかかったかと, 蹴殺されたほど, 蹶立てるから, 身を, 軒下から, 軒下を, 轡を, 農を, 迎えに, 近くに, 近江に, 迫って, 追い越した, 追っかけて, 追っても, 追ッ, 送られて, 逃げるの, 逃げ散って, 逃げ腰に, 通るたび, 通過しました, 遊んで, 道を, 部落に, 酒場から, 鉄材の, 鉄砲で, 銃を, 長良川を, 門を, 間の, 閣の, 陣し, 陣取って, 隊部に, 隠れて, 集まって, 集めて, 雨傘を, 雪を, 顔を, 飛びのった, 飛び退いた, 飛んで, 養えないの, 館の, 馳け, 駆けつけて, 駈けつけて, 駈けのぼって, 騎馬の, 驅けて, 高い煙筒, 高瀬川迫間川の, 鯨油の, 鯨波を, 鳥羽街道を, 黄蓋の

▼ 兵~ (412, 2.9%)

7 なって 6 向かって, 命じて 5 して, 将として 4 囲まれて, 追われて 3 つれられて, 向って, 守られて, 捕まって

2 [15件] たずねた, つかまって, なった由, なった秋ぐち, なるまで, みつかって, むかって, ゃなれねえってえだが春さんは, 下知し, 依って, 取られて, 案内され, 見えて, 訊いて, 銃殺された

1 [333件] あずけて, あらざれば, あらず, あらずあなた, いかにし, いじめられて, いたわられながら, うえ死さす, おしくずされ伊那丸がた, おたずね下さい, おどりかかりカラビン銃, おびやかされる世, おわれて, かう云, かかっとりますので, かこまれたが, かこまれたの, かこまれて, かこまれながら, くだる, こういった, これを, さえぎられて, しあげるん, してからが, しても, しばし歩行, しようといふ, し誰, すぎないが, すぐ発見, するより, そうとうににくまれた, そのうろたえ, その眼, その身辺, そんな馳走, たずねて, ちかづいて, ちがいない, つきそわれて, とがめられたと, ともなわれて, とられ肺病, とりかこまれて, とりまかれた金色, とれば, どっと嘲い囃された, なったこと, なったその, なったと, なったよう, なったらぜんざい, なったり, なった時, なっては, ならない, なりすました厳顔, なりすまして, なります, なり戦闘群, なり政子姉, なる, なるの, なるもの, なるん, なる事, のりうつる, ひかれて, ふたたび飢餓, ぶっつけて, ぶつかって, まかせきって, まさる今日, まじって, また正成, やって, ゆき会い, よくもみごと, わけて, わたした, シナの, ピストルの, ピンビタンから, ムリヤリ剣つき鉄砲を, メッセネは, ロクスッポ手に, 一当て当て, 一歩も, 一矢を, 上官の, 下知した, 不意を, 世人に, 久子付きの, 云い捨てて, 他愛なく崩され, 代って, 令を, 仰せて, 任じた, 休息も, 会いまた, 似寄ったある, 何で江上, 何の, 信頼する, 倦きた, 備える部隊, 凌辱せられ, 出て, 出会う, 出会った, 出動を, 出口を, 加って, 加へらるれ, 加わって, 加わっても, 劣らずという, 動員は, 包囲され, 半日ずつの, 原因する, 反抗した, 取りかかった, 取りかこまれて, 取りこめられて, 取り囲まれたという, 取り囲まれて, 取囲まれ有無, 取巻かれ乱刃, 取立てられて, 叫んだ彼, 召されて, 号令した, 各, 告げた, 呑まれて, 呼応し, 命じた, 命令を, 唄わせ部落, 問えば, 回ったもの, 囲ませて, 囲まれ籠城, 埋めること, 大きな竹籠, 大打撃, 奇兵を, 奪り返されぬ, 如何にも恩, 守らせて, 守られた処々, 家も, 射たれても, 射たれでも, 射込みそれ, 對し, 属して, 工具を, 左遷しよう, 常勢, 廻された連中, 弓を, 引きずりおろされた, 強味が, 強奪され, 当たった古戦場, 当った, 当って, 当りちらし地, 当ると, 当るもの, 彼らを, 徳川家康の, 志願し, 怪しまれたが, 怪しまれる, 怯じ召された, 息を, 悪たれ口を, 戦備を, 戦力を, 手当を, 打ち倒されて, 払わせた, 扮するの, 抗す, 抗せん, 抱えられたまま, 抵抗する, 押しつけて, 担がれて, 拉し去られるの, 拳銃を, 拾わせて, 持たせること, 持込んで, 挟まれて, 振り廻して, 捕えられ彼, 捕まったよ, 捕まったらあくまで, 捕われて, 擁せられて, 擁護の, 擬え, 攻められて, 攻められるより, 攻め立てられて, 攻め立てると, 攻撃され, 敗れ去るよう, 散らされそこ, 敵すべし, 斃れる, 斬られて, 斬られるところ, 日影を, 旨を, 時刻を, 棒術の, 横取りされ, 横取りされる, 横腹を, 正面し, 武装を, 死守され, 殺される辮子, 毒酒を, 比しては, 気がねも, 水の手を, 汲ませて, 沸え, 為さしむる等, 熱い目, 狙われて, 玉込め, 申しつけて, 當り, 発砲し, 白夜け, 直面し, 相違ありません, 眼を, 砲撃中止の, 破られ或は, 破綻を, 秋田という, 移り密集部隊, 穢されて, 突入した, 糧を, 給与する, 続々加盟, 編入された, 羊飼ふ, 美酒財宝を, 習い陣, 聞かすの, 腰兵糧を, 臨むの, 自分の, 至るまで, 舁かれた, 色を, 苦しめられつ, 荒らされたり, 荷を, 蘇生の, 虚実あり, 蚕食され, 行くという, 行く前, 行って, 装わせた, 襲われ危いところ, 襲われ幾度, 見せて, 見つかったらどう, 見つかっても, 見つかれば, 見付けられ縛られ斬られる有様, 見出されは, 解いて, 触れ悍馬, 訊く, 訊くと, 訊ねた, 訴えざるべからずという, 訴えて, 話しかけるの, 話した, 話したらしい, 護られて, 護られながら, 豆を, 責任は, 足るもの, 跳りか, 踏まるること, 踏まれて, 踏み荒され七花八裂, 蹂躙され, 蹂躙された, 蹂躪され, 迫られて, 追いつつまれながら, 追い打ちを, 追はれ, 追撃され, 連れられて, 連絡しなかった, 進級する, 過ぐる日夜, 違いない, 遮られて, 選ばれて, 酒を, 酸味を, 重点が, 鉄砲の, 鋳造せしめた, 阻まれたせい, 青いスラビ, 飛行機の, 飲ませて, 首里が, 首領の, 駈け散らされいつか

▼ 兵~ (353, 2.5%)

6 ある 5 損せず, 馬も 3 あった, いなかった, 将も, 強いの, 早や, 武器も, 見えなかった

2 [12件] あれに, いない, おりませぬ, そうである, なかった, また富, みんなおれの, 一人位は, 加わって, 吹き渡る夜風の音, 来て, 見えません

1 [292件] あとには, あのよう, あまさず掃滅, あらかた降参, あらわれたこと, あり星, あり魚, あろう, いう, いざといわば, いた, いちどに姿, いつまで, いないよう, いなかったの, いなくなった, いまは, いようが, うごかすなと, うごき出して, おいおい寄っ, おびただしい, おらんの, おりませぬゆえ, おりません, かなり多かっ, がらは, きょうは, きわだって, きわめて僅か, くたくたに, ここを, ことごとく酔い乱れ, この田舎娘, これが, これまで, こんな申し訳, さては織田, さほど置, さんざんに, すべて昆陽野から, せいぜい二, そうやすやす駈けあがっ, そう思っ, そのとき, その三分の一, その中, その声, その間粛と, そばへ, それに, ぞくぞく本国, たえなかった, たくさん交じっ, たちまち四散, ちりぢ, ついて, ついて行く, どかどかと, どっと進む, ない, ないそこで, なくなったわけ, なく一艘, なく楠氏, なく矢風, なにやら心細く, のこさず蹴ちらして, のこらずかくれた, のこらず焼け死んで, ひとり残らず, ほとんどこの, ほとんど三河在国, またすこぶる, またその, また報いら, また大分死傷, また然, また病気, また精鋭, まだこの, まったく一, みなぶよぶよに, みな喘ぎ喘ぎ, みな眼を, みな蛙みたいに, みな血を, みな見じ, みな逃げる, めいめい石を, めったに, もうたまらなく, もはや残っ, やがて続々諏訪, やはり市民, より以上, ろとも, わっと, われを, ゐた, ゐない内, ゐれば, ザワザワと, ソ連へ, モノスゴかった, 一つの, 一万に, 一心に, 一応踏みとどまっ, 一瞬気を, 一緒に, 一群れまた, 一角を, 七星の, 中には, 二三百名ばかり, 云い探しに, 五百ぐらいと, 亦入京, 今川勢に, 今朝に, 付けて, 伍長の, 休ませなくては, 伴わずまったく, 余さず全滅, 余すな, 供与し, 侵入する, 信長と, 傷めず龍, 僕も, 光秀先陣に, 入って, 入れた事, 全く四散, 八裂の, 公邸の, 凄まじい勢い, 出さないと, 出さなかった, 出で, 出合わせて, 前へ, 加勢に, 加勢を, 動かさずに, 十分に, 千二百ぐらいな, 千余は, 口々に, 召集し, 台下を, 各引, 合して, 呉城に, 呻く, 固唾を, 土地も, 城には, 城外へ, 声いっぱい, 変ったと, 多い, 多い有様, 多くて, 多く且つ, 多く武具, 多数居る, 大勢は, 大垣を, 大将守時が, 失わずしかも, 奔出します, 孔明の, 存分な, 宅へ, 宜しくという, 宮門内には, 家の, 容易に, 寄手も, 寝て, 将校も, 少々厄介視, 少くないであろう, 少く兵糧, 少ないのに, 少なからずあった, 少なくない, 居眠りを, 巡査も, 市民兵も, 建物も, 張飛も, 強くせざるべからず, 弾丸に, 影を, 彼を, 待てど, 徐々と, 恐れぬ強大, 恐れるに, 悉く容れ, 戦う, 手の, 打って出ずここ, 持たない身, 持っては, 挙げて, 損ぜず風, 損ぜなかったの, 散乱し, 散兵, 敬礼する, 敵ながら, 斎藤龍興も, 新田の, 早く下れ, 暇だろう, 暑いので, 殊死し, 残さぬ国, 残して, 民も, 汝が, 沙ぼこりし, 泥土に, 烏合の, 無数であった, 独身者であり, 猿の, 用いず織田, 疲れて, 痩せ馬, 瘤こそ, 盛政の, 眠って, 眼の, 知らないうち, 知らないの, 砦も, 破らぬうち, 私の, 第一, 続出する, 緑營も, 置き残しては, 苦痛に, 虱つぶしに, 街へ, 補充され, 見あたらぬぞ, 見えた, 見えない, 見えなかったの, 見えぬが, 見たこと, 見て, 見ない, 見ないとの, 討ち余すこと, 諸藩, 起ち南下, 輜重も, 農も, 近藤も, 退いて, 退屈と, 逃げ足早く, 逐電する, 通る, 連れずに, 連れて, 遊びに, 酒井本多小笠原などの, 野に, 鉄砲の, 関門を, 防毒面を, 降伏し, 陣取って, 集まって, 露兵も, 食も, 食糧も, 飢えつかれて, 養えまいが, 馬物の具を, 髪は, 魏は, 鵬翼を

▼ 兵曹長~ (326, 2.3%)

5 からの無電, の胸, は 4 です, はこの, はどう 3 であった, と青江三空曹, の手, はその, は帆村, を救いだし

2 [26件] が伝声管, が声, だ, でありました, で年金, とはこの, の報告, の安否, の忠誠, の無電, の頭, の顔, はうしろ, はおもわず, はそう, はついに, ははっと, ははやく, はやっと, は両手, は座席, は怪塔王, は望遠鏡, は本隊, は歯, は錨

1 [229件] か, があまりに, がいいました, がうった, がおどろいた, がおもしろ, がおりません, がかくれ, がかけだす, がその, がたずねました, がつきそい, がとじこめられ, がはげまします, がみつけました, がやはり, が一命, が口, が岩山, が思わず, が感, が成層圏飛行中, が殺人光線灯, が消息, が甲板, が聞きました, が身, すくいだしの, そこで誰, そののち怪塔, それから帆村探偵, たいへんとは, だった, だとばかり, でした, とかわるがわる, とに降参, とはたがい, とは非常, と同じ, と帆村探偵, と怪塔王, にからかわれ, にきかれた, にこまごま, にしろ, にたずねます, には見, には青江三空曹, にもすぐ, にも聞えすぎる, に命令, に対し上, に結果, に脱走, のあ, のあつい, のあわてた, のいま, のいる, のうえ, のうしろ, のおごそか, のこと, のすき, のところ, のとびこんだ, のまわり, のめざし, のもっ, のゆびさす, の一人牢, の両脚, の二の舞, の二人, の元気, の共鳴, の勇ましい, の勇気, の場合, の姿, の想像, の活動, の無念さ, の無線電話, の用意, の目, の眉, の眼, の肩, の胸もと, の腕, の行方不明事件, の見た, の追跡, の運命, の遭難, の飛んだ, の首すじ, の高度計, はあざ笑いました, はあっと, はあぶない, はあべこべ, はありったけのち, はいそぎ, はいまどこ, はいよいよ, はいろいろ, はうまく, はおこっ, はおさまらぬ, はおどろい, はおどろき, はかけ声もろ, はきりりと, はここ, はこちら, はこれ, はこん度, はさらに, はしきり, はしきりに, はじっと, はそこ, はたいへん, はたしなめる, はたずねました, はただ, はどこ, はどなりました, ははげしい, ははげます, ははじめて, はばったり, はばりばり, はひるむ, はまだ, はまだまだ, はむり, はもう, はやすみ, はゆだんなく, はわが, はわるい, はミチ子, は一人牢, は上, は仁王, は伝声管, は体あたり戦術, は倒れ, は偵察席, は傷, は力自慢, は又, は叫びました, は号令, は呻, は報告, は塩田大尉, は墜落, は外, は夢, は大, は大きく, は大尉, は大手柄, は子供, は山岸中尉, は嵐, は思わず, は息, は愛機, は成層圏機, は掛声もろ, は本隊司令, は残念, は気がつい, は水, は海, は海岸, は満身, は無念, は無電, は生存, は目ざめる, は真剣, は破鐘, は秘密艦隊, は窓, は答え, は篠, は綱, は背中, は腕, は艦載機一号, は草原, は荒れくるう, は藁, は部下, は陽やけ, は雨, は青江三空曹, は飛びつづけました, は首, は鬼, は麻縄, は黙っ, へ命令, もおくれ, もおどろい, もすっかり, もその, も両, も偵察機, も山岸少年, も思わず, も若い, や帆村探偵, をつれ, をにらむ, をひきつれ, をほめます, を信じ, を信頼, を救いだす, を救い出す, を海底牢獄

▼ 兵~ (302, 2.1%)

12 なって 9 一緒に 3 いえども, なつて, なると, 化して, 合して, 富との, 戦って

2 [13件] いって, いっても, であった, なった, なつた, 五千の, 協力し, 戦いながら, 申すは, 見えた, 農との, 農とは, 馬と

1 [234件] あだ名を, あったら見境, あって, ある, あるが, あるの, あわせて, いうよりは, いえど, いえば, いっしょに, いったらそも幾人, いったら数えきれずあの, いわずすべて半歳, おぼえます, きては, きめて, こっちの, この辺, この魯粛, したの, して, しめしあわせて, すさまじい砲火, その部将松平勘四郎, その頭領, それぞれの, それだけ, それを, たたかうこと, ちがい物々しく, ちがって, なしその, なす, なすも, なったこと, なった壮丁, なった彼, なった観, なつたなら, ならなければ, なりして, なりました, なり一部, なり事, なり其不在中大雪, なり或は, なるの, なる故, なれば, ふざけて, ふたりで, ぶつかったが, ぶつかり双方対陣, また味方, また和泉, ま正面, みえて, みえまする, 一しょに, 一しよ, 一つの, 一年の, 一戦を, 一般使役兵とが, 一騎討ち, 三年兵との, 三年兵の, 下層社会とは, 不寝番の, 二年兵の, 云うもの, 云えば, 五百頭の, 交代する, 京奉, 人足らは, 人間突撃隊との, 他に, 仲よく談笑, 仲よしに, 伝統の, 併せて, 侍僕の, 俄に, 充分でない, 入れ代え, 入れ代わりに, 全く同, 共通し, 兵が, 兵とが, 兵との, 兵の, 再び幾古内, 出逢って, 別れて, 別れ居住区, 化けて, 化しまっ先に, 化し鯨声, 化った, 北斗七星の, 十平太, 十数門の, 千余の, 千余頭の, 博士が, 印度兵とを, 反りが, 合し不意に, 合し奈良井附近で, 合す, 同じくその, 同じく布陣, 同じす, 同じである, 同じよう, 同じ様, 同じ班, 同じ粗末, 同一には, 同列に, 名が, 向きあって, 呼ばれる二つ, 商とは, 善良な, 喧嘩を, 囚人たちとの, 囚人の, 四角の, 国民兵と, 大喧嘩, 大垣兵とより, 奇兵隊の, 女, 姥子一等兵を, 孟獲, 学生とが, 安間了現の, 富とは, 寝食を, 対峙し, 対立し, 対陣した, 射たが, 市民兵とが, 市民兵とを, 帰って, 干戈を, 平野橋淡路町に, 張繍の, 御身を, 思い思い脚, 思って, 我兵との, 戦いつくして, 戦いつつ, 戦いますの, 戦うこと, 戦うに, 戦うには, 戦うばかり, 戦うべきや, 戦った, 戦ったが, 戦つた, 戦つて俘虜に, 戰ひ, 戰ふ, 戰ふかと, 技を, 押太鼓を, 撲り合って, 支那兵とが, 放てば, 放免, 散所民, 数十頭の, 数千の, 数旒の, 斬りむすびよく, 旗と, 旭城の, 来たら七連銃, 来たら生命, 水兵とかい, 水兵とは, 沈大佐の, 浜田一等兵は, 無数の, 物資とを, 申しまして, 申す事, 百姓とは, 相馳駆, 眼の, 祝盃を, 神保山城守に, 私とは, 私の, 競争者と, 粮食を, 縦隊の, 考えて, 聞く, 船とを, 良民とを, 苦楽を, 荷駄とは, 術技とを, 衝突し, 見うけるが, 親しくなっ, 解除に, 言うの, 許り, 訳するの, 賭博を, 逢ひ, 酒桶の, 重砲とを, 銃火の, 銘を, 鎬を, 闘う勇気, 雖も, 離隔し, 難なく交替, 顔を, 馬に, 馬や, 騎馬隊が

▼ 兵たち~ (161, 1.1%)

2 が, は眼

1 [157件] から上国, があった, がいまいまし, がこんな, がはしゃぎ出した, がわざと, が一斉, が何, が修羅, が口, が城壁, が大曲輪, が大盤, が密輸品, が居住区, が廻廊, が忽ち, が数十箇, が新兵, が水, が潜伏, が生き, が男, が白手套, が美少年慶童, が許, が追っかけ, が飯盒, が黒い, であった, であろうか, でさえも広間, とゆき, と共にいちど新田屋敷, と馬糞, にその, にとってはこの, にほのか, にむかっ, にもう, にもこの, にもよく, にも淡く, にソ連参戦, に一刻, に久しぶり, に任せ, に号令, に対して平気, に対する処分, に教えた, に礼, に羽飾り, に蜜柑, に襟, に語らね, に靴下, に食わせる, のあいだ, のため建立, の傷口, の前, の及ばない, の夢, の妄念, の姿, の張合い, の槍, の汗, の消防, の記録, の足なみ, の跫音, の間, の青白い, の音信, の頬, の顔, の顔色, は, はあわて, はいいあわせた, はいくら, はうれし, はおちつかなかった, はがやがや, はことごとく, はこの, はさあ, はそう, はその, はそれ, はそれぞれ, はそれぞれ紙片, はどこ, はどんな, はのどか, はびっくり, はほとんど, はむろん, はようやく, はわきあがる, はコソコソ, は三脚, は不審そう, は人間, は仲間, は休息, は半ば, は口々, は小手, は彼, は後, は必死, は忽ち, は感心, は明日, は木綿, は格納庫, は桂子たち, は桂子たち一団, は欣, は物悲しく, は白洲, は皆, は盾, は突進, は笑い, は見える, は重, は銃口, は飯, は馬, は髪, へは動員令, へ声高, へ訊ねた, もいきり立っ, もかわるがわる, もすぐ, もていねい, も具足, も叫ん, も味方, も声, も大将元康, も彼, も村, も玄徳, も眼, も笑った, も総門, も首, を叱つた, を愛し, を気の毒, を物色

▼ 兵さん~ (97, 0.7%)

4 が死んだ 2 の姿, の顔, はすごい, はその, はまったく, は黙っ, を私

1 [79件] あの石, からあの, がこわい, が一緒, が坐っ, が家, が弟, が悪い, が持っ, とは井戸端, と一緒, と同年, と私, と言え, にあやまる, にゃコレラ, に取り残され, に従い, に見た, に言った, のこうした, のこの, の家, の少年時代, の役目, の後姿, の態度, の手, の旧友, の母, の母親, の父, の背, の胸倉, の親, の跡, の遊び, の頬冠, はあたり, はある, はおずおず, はそば, はやっぱり, はウン, はキョトン, は一寸, は一旦, は不思議そう, は二十前後, は他家, は低く, は何, は実際, は少々, は従来, は怪訝そう, は村, は毎日, は決心, は泣き, は無論, は田圃, は畑下, は皆, は私, は謙遜, は返事, もうずくまり, ももう, も流石, も私, をあわれむ, をお近, を引ッ, を怒鳴りつけた, を思い合せ, を殴っ, を真中, を随分

▼ 兵~ (93, 0.6%)

7 の上 5 よりし 4 より大地 3 の前 2 と馬, に神女, の外, より, をおり, を下り, を御する, を驅

1 [58件] との上, と戰馬, にたちたる, にのる, に之, に乘, に打ち, に結び, に繋い, に繋ぎ, に繋ぎつけ, に身, に飛びのり, に馬, のかた, のそば, のため, の下, の中, の傍, の去る, の爲, の用意, の競爭, の縁, の軌, の轅打, の間, また善く, また御者, も共に, も馬, より呻, より單蹄, より武具, より神女手, より足疾, より降り, ゐて, を並べ, を並べた, を備, を其處, を助け推さしめ, を彼, を臺, を附け, を降り, ノ事, 下り來, 奪ひ, 妨げしこと, 曳き走り, 曳き返し, 曳く, 曳く馬, 碎けて, 飛ばして

▼ 兵~ (89, 0.6%)

3 の手 2 にすゝめ, の方, はさ, は吃驚, は堀田, は左, は思, は酒

1 [70件] があたり, がその, がそんな, が以前, が堀田, が大袈裟, が思つて, が斯, が眺める, が起きあがらう, が辞退, だよ, には似合しく, には何故そんなに, には凡そ, には好く, に尋ねた, に羽織らせる, に訴, のうち, の口腔, の寝, の直ぐ, の眼, の細君, の耳もと, の肩, の脚, の腕, の行先, の衣類, の酒, はあの, はいとも, はそれ, はだらし, はほんとう, はもう一度, はわけ, は一体, は云, は別段, は半身, は外套, は大分てれ, は少々, は恐縮, は持出した, は歓待, は気づいた, は洋酒, は漸く, は玄関, は笛, は苦笑, は落つい, は見惚れ, は車, は酔, は醒された, もグツ, も別れ, も忘れ, も思, も泥酔, をとり落し, を出まかせ, を抱, を抱いた, を抱き寄せた

▼ 兵衞さん~ (83, 0.6%)

2 がお出で, が來, が私, というの, のお, を殺し

1 [71件] から願いました, がお, が一度, が一昨日, が上り口, が何, が何時も, が在っ, が小三郎, が少し, が得心, が来, が来た, が灯, が身體, が願っ, そうです, そら眞箇, だ, だけ入, だな, て方, ですよ, というお方, といふん, とか仰し, とその, と云う, と仰し, と同じ, と申します, と私, などは無い, にはこんな, には敵, に引, に御, に御馳走, に留守, に相談, に訊い, に頼む, の処, の勘定書, の宅, の死骸, の氣持, の祟, の褞袍, は, はお前, はこの, はわけ, はポコ, は以前大家, は又, は大変, は直に, は知るまい, は隨分, へ行, も, より百兩, を大事, を殺す, を相手, を薪割, 今宅, 然樣, 私しとても, 訝な事

▼ 兵衞方~ (83, 0.6%)

3 へ, へ到り, へ參, へ行き 2 へ奉公住, へ忍び, へ遣, より

1 [63件] から持参, にては彼旅僧, にても吉兵衞, にても盜賊入, にて五十兩借請其金, にて夜盜相働き金五百兩盜, にて子供, にて此度天神丸, にて見, に奉公, に居れ, に幼少, に於, に滯留, に罷, に落着寶珠花屋, に赴き, の, の世話, の番頭, の番頭久兵衞, は戸, へ久八, へ何頃, へ入, へ入り, へ出入, へ到着, へ勘定, へ十歳, へ厚く, へ参りました, へ宿, へ尋ね, へ差紙, へ引, へ引移り元服, へ忍び入り盜賊, へ掛合, へ改めて, へ止宿, へ申入れ, へ知らす, へ禮, へ立, へ縁, へ至り見れ, へ行五百兩借, へ行右, へ衣類大小等質物, へ赴きける, へ踏込娘, へ迯歸, へ預け長兵衞長八, へ養子, よりも盜賊, より參, より奉公, より此儀, より角右衞門, より請取, より追手, をいでし

▼ 兵たい~ (82, 0.6%)

52 だ, ですから, はびつくり

1 [71件] おまへは, があなたがた, がかけ, がすっかり, がはい, がやられました, がゐます, が今や, が先, が大風, が往来, が暗がり, が来, が落ち, が見つけ出せませんでした, だけはだまつて身動き, という兵たい, と同じ, ならすっかり, に言, のか, のそば, のなり, のよう, のボウト, の大将, の方, の目, の頭, の顔色, はあーあ, はいきなりぽん, はうれしく, はきまり, はこの, はじ, はその, はそれ, はだまつて, はだまつてぢ, はだまつて鉄砲, はどう, はどれ, はぱたんと鼻, はびく, はびしやりと水, はみんな一人一人服, はみんな箱, はもう, はもと, は一本足, は二人, は息, は戸まどい, は青く, は鬼, や百姓, や馬, をお, をおや, をがぶり, をつかん, をよん, を一人, を一生けんめい, を乗せ, を二人, を見, を集め, を飲みこんだ, を馬ぐるみお腹

▼ 兵~ (80, 0.6%)

3 はどれ 2 の報告, を減じ

1 [73件] からその, があった, がいつの間にか, がまだ, が激増, しか残っ, そのほか, だ, だが, だけがわれ, である, でしかなかっ, ではあるまい, で叩きはじめた, とかその, と装備, などをさぐり, など指揮, においてその, においても味方, にかかわらず, にすぎなくなった, になる, にはこんな, にはなっ, に依頼, に呑まれ, に数倍, の八倍, の問題, の少ない, の減少, の点, の質, は, はおよそ, はほぼ, はよく, は一万, は三百五, は中書軍, は余り, は別, は劣弱, は勿論, は十万, は大して, は実に, は急速, は意外, は甚だ, は第, は薄い, は逆, ほぼ二千名位, もあった, もちょっと, もつかん, もまた, も半分以下, も増し, も甚だ, も逐次, や防備, を不要, を増加, を推し量る, を概算, を聞いた, を見ます, 約一万, 約一万六千, 約五千余

▼ 兵ども~ (76, 0.5%)

2 が早く, の屍, の矢たけび, は一たん

1 [68件] あはや, が, がわれがち, が二人, が二度と, が円く, が十重二十重とおり, が夢, が引っ返し, が登っ, が色さまざま, この道, こは, それと聞き伝え馳せ加わり, であった, である, であろう, どこへ, にいらざる, にその, にもさっき, にもひとつ今夜, に担がせ, に聞かれる, に誇っ, の励み, の噂, の夢, の手, の眼, の騒音, は, はあやし, はかたっぱし, はすっかり, はそれ, はとおく, ははじめ, はまだ, はゲラゲラ, は一度, は宇宙艇, は新しい, は決戦, は河原, は猶, は謝執事, は陰でぶツ, へ馬上, も, も下, も夜露, も車蓋, も雀, も静か, や裸体武兵衛, を, をしり目, をみなごろ, を使わせたなら, を叱りちらした, を呼び寄せ, を眠らせろ, を蹴ちらし, を集め, 今だ, 何を, 得物を

▼ 兵~ (61, 0.4%)

2 疲れた風, 馬蹄の

1 [57件] この森, さうし, ちょんぎられた辮髪, ふだん憎まれ, ドイツ人たちの, ブルジユワの, ブルジョワの, 一般庶民の, 下人たちが, 下僕たちは, 今日まで, 便衣隊と, 備前の, 僕等などは, 剣つき鉄砲に, 区役所に, 叡山や, 吏事たちは, 国民兵の, 堀口大島の, 大塔, 将も, 将や, 将を, 小部隊, 役人は, 役人へ, 後馬, 戦列兵も, 戦列兵や, 担夫が, 旗本の, 東海山陽山陰の, 桑名や, 汽車に, 無辜の, 獄卒たちは, 病気や, 糧食を, 緑營に, 縦隊は, 茶の, 荷駄の, 薩州兵に, 街路の, 軍夫の, 軍費を, 軍馬と, 軍馬に, 近くの, 通信科は, 遅れた宮人たち, 郊外の, 銃弾を, 雑人たちが, 非人の, 駒は

▼ 兵~ (53, 0.4%)

3 あつた 2 音が

1 [48件] ある人物, いかなる奇略, いるつもり, おそらく光秀, かくて, きびしく固め, ことごとく家探し, この連中, ごッ, しばしばムリ, すら顔色, その首領, まだ一ツ星, やって来る, ルイ十五世式の, 一ぱいだ, 一万五千の, 不穏な, 仏式に, 付き添われて, 充分討てる, 充満し, 入営し, 出征し, 初年兵を, 助平で, 十五歳という, 去年京都から, 只だ, 地方を, 埋まって, 埋まり唐崎, 埋めつくした, 埋めて, 塞いだ, 大軍を, 天下を, 如何にも偉, 後続も, 戦いに, 押しつつんで, 旭川へ, 猫背の, 第二師団, 編成された, 血の, 赤坂の, 頼まれたから

▼ 兵二郎~ (44, 0.3%)

4 はどこ 2 を殺した

1 [38件] がただ一人, が休み, が殺された, が殺されました, が行かず, が行く, とお, と張り合っ, と張り合った, と気, などと言う, なら俺, なんか死んでし, に入られる, に勝てる, に勝とう, のよう, の仲, の後釜, の死んだ, の身許, の首っ玉, はあの, はあまりに, はただ, は休ん, は振り向い, は来ない, は死んだ, は殺され, は砂土原町, は私, は笛, は許し, は身体, も町, を怨ん, を殺す

▼ 兵衞夫婦~ (43, 0.3%)

2 の者

1 [41件] が休ん, が娘, が間, で死骸, と養子, にとつ, に合せる, に罪科, に親切, の中, の喧嘩, の歎, の者此兩人, の身なり, の部屋, は, はなぶり殺し, は丁度, は大師, は宅, は川崎宿, は後藤半四郎, は心配, は憎い, は是, は有難き, は歎, は白洲, は翌, は膝摺寄, は訳, は隱居, へ無, もなにやら, も大工, よりの願書前, を下られ, を呼出し, を始め, を見遣られ, を親

▼ 兵古帯~ (41, 0.3%)

10 のお 3 をぐるぐる

1 [28件] お加代, がある, ぐるぐる巻き, などを締め直し, など小学校, にふさわしく, に小倉袴, のくせ, の上, の色, はちゃんと, も下駄, をしめ, をほどい, をほどいた, をほどき, をむすび, を前, を垂れた, を太く, を巻きつけた, を年中, を房, を結び直し, を結んだ, を胸高, ズルズル引キズリナガラ書店, 荒い格子縞

▼ 兵衞殿~ (40, 0.3%)

1 [40件] お宅, がと大, が昨日, が留守, が話された, でございました, とやら老, と云男, と仰し, と念, と殿, と申, にて在せ, には何處迄, には御, に剃, に會, のお, の仰せ, の外, の御, の心底變, の申付, はまことに, は二階六疊, は其方, は勿論, は貴, への土産, へ廿年來律義, へ此事, へ預け申, も同道, を介抱, を早く, を欺き, を父, を起し, 如何なる前世, 無念々

▼ 兵~ (40, 0.3%)

5 のため 2 の威力, の秘法

1 [31件] がよし, が勝つ, では何うに, で尚, という人, などが若い, にてそれら, に尚, の修法, の名誉, の奧旨, の妙技, の威法, の家, の敵斉彬, の極秘, の真価, の秘伝以上, の秘呪, の統棟, の絶滅, の興廃, は何, は只今, は島津家独特, への悪口雑言, を以て立つ, を呪咀, を学び, を惜む念, を新しく

▼ 兵~ (38, 0.3%)

6 の家 2 と加助, のおっ, はびっくり

1 [26件] か, がいいました, がいなくなる, がはりきり, がひとりごと, がまだ, が向う, が白い, が赤い, だな, の影法師, の頬ぺた, はいわし屋, はおっ, はかけよっ, はそれ, ははりきり, はびく, はふと, はぼろぼろ, は今, は午飯, は火縄銃, は物置, は立ちあがっ, は追っかけ

▼ 兵には~ (35, 0.2%)

1 [35件] いるの, かねを, この嶮峻, こんな講義, そんな沈澱, たしかに致命的, なにか場違い, ならない, なんと触れおきましょう, みな鬼頭を, もう必勝, よほど大事, わからない露西亜語, わからなかった, 一睡させ, 人間隊が, 余り透い, 倍数だけの, 充分な, 劣るまいと, 厳として, 多数まじっ, 大地も, 戦えば, 押されざるを, 早う飯, 沖島も, 無いよう, 糧駕籠屋には, 蒋欽が, 見得, 軍律を, 辛かった, 郷土に, 関は

▼ 兵~ (35, 0.2%)

2 はその

1 [33件] が両人, が斧, が暴動, が訴え, が起され, が銃, が駐屯, とともに密林中, と土地, に向い, に王威, の弾薬盒, の欲望, の武器, の銃火, の面前, は, はあたかも, はあわただしく, はいぜん, はほとんど, はやっと, はマルス嬢, は弾薬車, は息, は殲滅, は煙, は石, は砦, もしゅんと, もそれ, もみないず, も口々

▼ 兵として~ (34, 0.2%)

2 役に立たねえ者

1 [32件] あるの, この夜詰, この馬籠, 一ヶ年間騎兵に, 一路大同に, 五千人の, 他国へ, 他民族, 例の, 入隊, 兵営の, 兵営生活から, 出ること, 前および, 參加し, 召集を, 国府台の, 大同に, 従軍したい, 戦場に, 採用せらるる, 擲弾兵の, 東京に, 横須賀に, 沙河の, 生れて, 知らないわけ, 立って, 藤吉郎の, 諸国の, 近衛歩兵第, 近衛第

▼ 兵~ (33, 0.2%)

2 にとて, の心配, を貯え

1 [27件] があと十余日, が続かなくなる, だって餡麺麭, だ奥, というものものしい, などを貯えさせ, に欠乏がち, の事, の包み, の実務, の欠乏, の買いだし, の運輸, は, は嫌, へ火, まで蜀兵, も足らない, も運ぶだ, をつけ馬, を北山, を司どる, を大坂城, を徴発, を積んだ, を貯蔵, を運ぶ

▼ 兵でも~ (29, 0.2%)

1 [29件] あったから, あったらこれ, あとに, ある, あるだろう, それには, はや戦う, よく用いられれ, よけいに, ゐたので, パイ軍曹は, 一人当り三匹ずつ, 一朝それ賊, 使うよう, 兵は, 失うの, 差し向けて, 必死の, 恐らく勇敢, 惜しむよう, 損じては, 支え得るわけ, 来たよう, 烏合の, 犯せば, 軍が, 集めて, 雇っては, 飛びだしたらと

▼ 兵三郎~ (29, 0.2%)

2 とその, につけ込まれた, の死骸

1 [23件] が七日, が何者, が家康公, が殺され, が顏, という男, なる者甲府, に嫁, のこと, のため, の口, の姉, はその, はまた, は一體, は噂, は小此木伴七, は床, は氣象者, も同, を存分, を手, を殺した

▼ 兵タイ~ (27, 0.2%)

1 [27件] がある, がすぐ, が立っ, が近づい, さえ居, じゃない, だ, て何, など面倒くさい, にだって逃げ, にゃ最大限度, に取られ, のいる, のこと, の不平, はこういう, はほか, は国家, は蟇口, ほど人, までが過激化, も沢山, をのせ, を内地, を怖がらなくなった, を恐れる, を泊め

▼ 兵粮丸~ (27, 0.2%)

2 と言, の祕密, を用

1 [21件] が三つ, が傳, が手, などはま, などを研究, など言, には麻痺藥, に就, のうち, の七味, の世話, の分析, の機密, の法書き, は一藩, は天下知名, は有名, や避穀法, を作らせ, を手, を種

▼ 兵~ (27, 0.2%)

1 [27件] が, がぞろぞろ, がつづけ, がよそ, が出, が搬送, が登っ, ではあるまい, によって繰かえされる, の大, の姿, の突き刺す, の胸, の驚くべき, はアパリ以来, は口々, は帝, は彼, は折, は既に, は甲板, は皆, は皆両手, は皆相当, をみ, を立たせ, を見送っ

▼ 兵~ (26, 0.2%)

3 ということ, よ 2 がとても

1 [18件] からあなた, からすぐ, からと云つて意識, からよく, から接戦, か匪賊, し貞盛たち, っていう貴方, つたあの, つた弟の, とわかっ, な, のという, のは, ナ, 世間の, 山賊だ, 馬鹿その

▼ 兵から~ (23, 0.2%)

2 はなれること

1 [21件] ぐづぐづして居つ, まず先, 今や敵, 今日の, 出身した, 区別され, 十五歩位は, 告げられて, 味方の, 城中へ, 執権の, 射撃され, 戦闘群に, 挑まれて, 次の, 没収し, 発射されてる, 礼状が, 見れば, 調べられた経験, 銃剣で

▼ 兵では~ (23, 0.2%)

3 ない 2 ありません, あるが, なかった

1 [14件] あるまい, ござらぬ, ないか, ないな, ないの, ないよ, なくて, なく意外, ひとたまり, 一色右馬介の, 三等軍醫に, 固より, 大損害, 適当と

▼ 兵兒帶~ (23, 0.2%)

2 の一, を締め

1 [19件] から出し, から時計, が二人, でも辻, といふ其の, とをとりやりし, にはお, に卷き付けた, に手, に毒々しく, に突, の樣, の解けた, の間, へくつ, をぐる, をし, をだらし, を解き

▼ 兵~ (23, 0.2%)

2 と剣戟

1 [21件] さえよろし, であり又, ではない, というもの, の, の妙, の間髪, は一瞬, は密, は思うつぼ, は電瞬, も無, より出でざる, をつかんだ, をとらえ, をながめ, をみる, を主眼, を寸刻, を屏棄, を觀得

▼ 兵と共に~ (21, 0.1%)

1 [21件] いたが, さっさと安土, のがれ帰った李典, 乗って, 働いて, 全滅の, 取る物, 城に, 小舟で, 山口方面へ, 常に隊長, 必死に, 敵地で, 朝鮮八道へ, 桃葉江の, 荊州へ, 襄陽城へ, 起き出て, 雨の, 霊陵城へ, 飢えて

▼ 兵~ (21, 0.1%)

1 [21件] がみなぎっ, が真実其実力, で察して, というもの, において心理的, に映らず, に関係, の倦む, の弛緩, はみだれ, は何事, は善変, は悪, は熾ん, は軽快, も, も三伏, をうかがっ, を見せかけ, を阻喪, を養い

▼ 兵道家~ (21, 0.1%)

1 [21件] が最後, として, としての務め, としての最期, としては久光殿, として不逞, として千載一遇, として命, として天, として子, として最早, として許し, として道, にし, にとって談笑, の心得, の方, の立場, はただ, はもっと, は修法場

▼ 兵とは~ (20, 0.1%)

2 限らない, 顔を

1 [16件] いえ貴, この地底戦車, ちがうの, とうてい比較, どうだ, みえぬぞ, 今日の, 仕方なし, 兵舎で, 巧妙な, 決して同一, 治国の, 親子関係です, 諸将, 車内を, 雲泥の

▼ 兵である~ (19, 0.1%)

2 ことが

1 [17件] かだ, かちゃんと, から, からとても, から弱い, から自分, か一等兵, が一人, が航空兵, ことは, ところから, 事そうして, 北国勢が, 大義とは, 彼等も, 清二には, 軍人である

▼ 兵にも~ (19, 0.1%)

2 成らずに

1 [17件] それだけは, ない, なって, なれないが, スープ葡萄酒ジェリーなどが, チベット兵にも, 分りましたが, 劣らない決死, 思わせては, 恐怖症が, 日本の, 決してひけ, 聞えわたるよう, 腰兵糧の, 見すてられたちまち, 飽きたと, 馬にも

▼ 兵~ (19, 0.1%)

2 向って

1 [17件] かぶって, どなって, なおさら気負いかけた, にわかに命令, ぶり撒いた, 下知した, 咬みついた, 大呼し, 怒鳴った, 手を, 振って, 振り示した, 武芸を, 箭を, 言った, 配る桝, 鳴子を

▼ 兵を以て~ (19, 0.1%)

1 [19件] この強大, まず赤坂, われわれを, 京中の, 出発した, 助けん, 勝つべし, 十一月の, 土地の, 大王の, 我を, 戦わんか, 持久攻囲の, 援助しましょう, 申上げる, 禍を, 蛟を, 蜀国境の, 長生王を

▼ 兵戦術~ (19, 0.1%)

1 [19件] から今日, から戦闘群, と云う, に変る, に持久戦争, に進歩, に飛躍, のよう, の指導精神, の指揮単位, の時代, の最後的段階, の発展, は各, は当時, は自由, への革新, へ変化, を採用

▼ 兵~ (18, 0.1%)

2 が鯉口, の調子, は唸りました, は日本一 1 が道三, に逢っ, に逢つて, は問はる, は問わるる, は気さく, もすっかり, もすつかり煙, 当南部藩, 思ひの

▼ 兵~ (17, 0.1%)

1 [17件] シテ死ヲ, シテ遠, 以テ吾ガ国ニ臨ムモノアラバ神風トナツテ之, 引連レ四日市本営ヘ, 折ク, 挙グ, 挙ゲ宇治川ノ, 撻スベシ, 放チテ, 殺サンナラン, 相具シ, 置給山也, 観ンコトヲ望ム, 設ケタリ, 談ジ天下ノ, 起サズ今, 送リ

▼ 兵九郎~ (17, 0.1%)

1 [17件] が来た, というの, とかいうの, に送られ, のやしき, の口きき, の屋敷, の槍, の肉親たち, はざら, は切腹, は長押, も, もその, もばッ, も同じ, も黙っ

▼ 兵学校~ (17, 0.1%)

2 を卒業

1 [15件] にいた, に入った, に学びし, の休暇, の体格試験, の寄宿生, の方, の時, の生徒, の試験, へはいった, へ行く, を出, を受けた, を目ざし

▼ 兵子帯~ (16, 0.1%)

1 [16件] が入っ, でグッタリ, でヌー, という若い, といふ坊様仕立, と扱帯, にまきついた, の形姿, は無造作, も閑雅, をぐるぐる, をしめた, を小, を締め, を締めた, を解き解きし

▼ 兵とが~ (15, 0.1%)

1 [15件] ぎっしり腰, たいへん好都合, とびこんで, のって, わが軍, 一つに, 一緒に, 乗組む, 些細な, 入り乱れて, 入り交じってる二十人, 出会って, 塹壕の, 常住する, 押問答を

▼ 兵五百~ (15, 0.1%)

2 をさずけ, をつれ

1 [11件] と張飛, に先頭, のほとんど, の先頭, の歓喜, の生命, ばかり乗せ, ほどをひきつれ, をあずけ, をそれ, を分け

▼ 兵~ (15, 0.1%)

1 [15件] から砲術火薬, と武器, にかかった, のため, のよ, の心得, の祖, はない, も影, も洋式, や砲術, を伝授, を体得, を修し, を学んだ

▼ 兵との~ (14, 0.1%)

3 間に

1 [11件] あいだから, ごとく決して, たたかいは, ほか何も, ハサミ撃ち, 区別を, 喧嘩だったら, 大部分, 相違である, 群集が, 間には

▼ 兵主神社~ (14, 0.1%)

4 といふもの 2 といふの 1 がある, が弓月嵩, だと, といつた, と呼ん, の穴師, を持つ, 射楯

▼ 兵~ (14, 0.1%)

1 [14件] が, がした, だった, という朴訥, にし, の声, の態度, の殺害, の返事, の頭, はこれ, は穴, は自分, を狙い射ち

▼ 兵~ (14, 0.1%)

2 であった, は格別 1 とか兵糧, などを踏みこえ踏みこえ尋ねまわった, にさえ繍, も十二分, をととの, を作る, を動かす, を携え, を日夜さかん, 何かと大量

▼ 兵団長~ (14, 0.1%)

9 の丸木 1 でありまた, に, のところ, の宣言, はその

▼ 兵をも~ (13, 0.1%)

2 見なかった

1 [11件] すべてゆるし, 使用する, 損じないで, 損せず, 損ぜず平和裡, 見ないの, 討死させ, 農をも, 連れずに, 附した, 食い農

▼ 兵三千~ (13, 0.1%)

1 [13件] が一心一体, と糧米一万斛, に馬五百匹, は長篠, ほどがふたり, をあずけ, をさずけた, をひい, を御, を授ける, を率いしめ, を賜ら, 総軍一万五千

▼ 兵式体操~ (13, 0.1%)

2 を行わしめ

1 [11件] でもやつ, なども出来ない, に引き出した, の先生, の必要, の採用, はやらなかった, をし, を拒絶, を教, を課された

▼ 兵~ (13, 0.1%)

2 の中

1 [11件] から既に, から時たま, になつ, に占領, の中庭, の夢, の廣場, の軍旗祭, もある, を控えた, 有り

▼ 兵~ (13, 0.1%)

2 の若, の連中 1 という道場, と名づけられた, のあの, の一同, の伊賀侍, の者ども二名, へやってき, へ現われ, をあと

▼ 兵~ (12, 0.1%)

1 [12件] それとも浪士達, フランス兵に, 何かが, 分りませんが, 夜目で, 帰還兵か, 斥候かを, 毛利の, 煙か, 縫工兵など, 郊外兵かの, 騒動か

▼ 兵ばかり~ (12, 0.1%)

2 だった 1 じゃ, だ, であった, です, でなく全, でなく朝鮮人, では, 七八百に, 入れ一方, 四千人と

▼ 兵五千~ (12, 0.1%)

2 の生命, をひっさげ 1 のほか, の餓死, は殲滅, ほどをもっ, をつれ, を割い, を擁し, を貸し与えた

▼ 兵だけ~ (11, 0.1%)

3 では 1 こつちへ, だった, である, で日本六十余州, ならまだ, ひきつれて, 一しょに, 特別扱いに

▼ 兵~ (11, 0.1%)

1 [11件] がくる, が哀愁, が揃わない, のうち, の前, の様, は右, をそこ, を整えさせ, を見, 小さく曲り来

▼ 兵~ (11, 0.1%)

2 を張っ, を敷いた 1 の突破, はにわかに, は十分, を作っ, を周密, を布い, を造つたの

▼ 兵衞是~ (11, 0.1%)

1 [11件] に力, は先刻, は南無, は後日詮議, は我等, は首尾, までに話, れにても, を聞上州, を聞夫, を見

▼ 兵しか~ (10, 0.1%)

1 いません, ない, 京都には, 動かすこと, 動かせないこと, 応じて, 扈従し, 持たなかった, 残って, 見えなかった

▼ 兵右衛門~ (10, 0.1%)

1 おりおり忍び, がかた, が宅, といふ物頭, と云, に奉公, の家, は単身, を打ち殺し, を殺す

▼ 兵學校~ (10, 0.1%)

2 の試驗 1 と言つて, に入, の入, の生徒, の生活中, の身體試驗, は退校, 大學とも

▼ 兵~ (10, 0.1%)

2 を煩はさずし 1 すでに足る, と国家, などの縫工, のあいだ, は寧ろ, を以て国威, を以て天下, 既に足る

▼ 兵衞其方~ (10, 0.1%)

1 が久兵衞, と千太郎, に確, の異名, は不, は何故, は去年極月中旬浪人文右衞門事五兵衞, は狂氣, は種々, は質屋渡世

▼ 兵衞樣~ (10, 0.1%)

1 が自分, ですが, と仰し, に御, の, の供, の商, は私, は良い, も留守

▼ 兵衞殺し~ (10, 0.1%)

4 の下手人 1 の罪状, は傳七郎, は放つ, は絶對, まで幾松, を手柄

▼ 兵衞老人~ (10, 0.1%)

1 だけ, と安兵衞, に滿腔, の妻, の子, の工事, の手, は玩具, は華嚴, を得

▼ 兵だった~ (9, 0.1%)

1 か, からおどろく, から白崎, が槍, ことは, のだ, のです, ので臨機, 美青年である

▼ 兵~ (9, 0.1%)

4 のである 1 ので, ので包囲, ので貴様, んだ, んです

▼ 兵~ (9, 0.1%)

1 が答えました, でありました, でまた, は叱られ, は吹く, は川, は獅子, は笛, は角兵ヱ

▼ 兵~ (9, 0.1%)

1 だらうつて, です, なら一番下等, なん, においてはいかなる, のお, の資, を共に, を足さう

▼ 兵たる~ (8, 0.1%)

1 の事情, の忠誠, ジャン, 以上は, 秀吉方を, 者あり, 自分の, 自分らを

▼ 兵という~ (8, 0.1%)

1 のだ, ので, ものの, ものを, 男は, 者は, 訳で, 達しが

▼ 兵~ (8, 0.1%)

2 に關, 恐るべき挌鬪逃れ 1 に失つた者, の巷, の爲め, の記事

▼ 兵~ (8, 0.1%)

1 だッ, だ兵変, です, のある, は長引く, やあらゆる, を聞い, を見ぬ

▼ 兵~ (8, 0.1%)

1 こそ大勢, と戦勝, に向かっ, をもっ, をも示されるであろう, を以て四隣, を振ひ, を極

▼ 兵衞夫~ (8, 0.1%)

1 は何, は何より, は千萬忝, は大, は捨て, は衣類恰好, は餘, れは

▼ 兵衞并~ (8, 0.1%)

1 に僧願山主税, に助, に同居, に差添, に村名主源左衞門, に組合, に長八, に馬士爲八

▼ 兵衞店~ (8, 0.1%)

2 に住居, に罷 1 で生れました, に僞名, に小切, に罷在し

▼ 兵たいたち~ (7, 0.0%)

21 が乗っ, はどう, はぶくぶく, は箱, は馬

▼ 兵であろう~ (7, 0.0%)

1 か, とけじめ, とこの, とは, と一々, と一人, と思う

▼ 兵とも~ (7, 0.0%)

1 いえない妙, いえない手下, 事を, 云え人夫, 自分を, 衝突する, 見えない

▼ 兵三万~ (7, 0.0%)

2 を率い 1 と号す, のうち, をお, を失い, を附与

▼ 兵三百~ (7, 0.0%)

1 が真っ先, をさずけ, をひきつれ, を供, を狩りあつめ, を立たせ, 及び十隻

▼ 兵~ (7, 0.0%)

2 帯でした 1 垂れると, 帯すがた, 帯ひきずり, 帶でした, 帶荒い

▼ 兵~ (7, 0.0%)

1 でもらくらく, に参列, の教師, の教練, の空色, の訓練, も不備

▼ 兵~ (7, 0.0%)

1 だけで, でなし, なら千早, にくらい, の学問, をこの, を究めず

▼ 兵~ (7, 0.0%)

1 が孔明, とを錦, などすべて, は常に, をうけ, を信じ, を見

▼ 兵~ (7, 0.0%)

1 一大隊か, 一聯隊に, 七十九連隊では, 三連隊, 三隊は, 六大隊輜重兵輜重輸卒徳永磯吉であります, 六連隊の

▼ 兵~ (7, 0.0%)

1 である, に信じられ, の勇気, の猛勇, は感動, も感嘆, をカイゼル

▼ 兵衞め~ (7, 0.0%)

1 がところ, が入, が処置, が生命, た, に頼れ, も堪へ

▼ 兵衞汝~ (7, 0.0%)

1 が世話, が能, はまだ, は今日, は大, も忘れ, も過し

▼ 兵衞町~ (7, 0.0%)

1 に向, に西洋館, の叔母, の後家, の私, へあがるだら, へ引越し

▼ 兵~ (7, 0.0%)

2 の分離 1 が分離, まったく分かる, を分ち, ノ分, 不両全主義

▼ 兵たりと~ (6, 0.0%)

1 あだには, おろそかに, 内へ, 徒らに, 既定の, 生きて

▼ 兵など~ (6, 0.0%)

1 すべてを, どうなった, 一兵も, 容れるな, 東南の, 集って

▼ 兵などは~ (6, 0.0%)

2 斃れ 1 いう, 再起し, 前に, 気散じな

▼ 兵によって~ (6, 0.0%)

1 ほとんど戒厳令, 伝播される, 守られたコチン, 彼女の, 維持する, 逮捕監禁された

▼ 兵のこらず~ (6, 0.0%)

1 を平等, 一手と, 何処へとも, 殲滅の, 水路に, 討ち殺した

▼ 兵よりも~ (6, 0.0%)

1 えらく見せる, 強いの, 強き愛もて, 戦闘の, 正直に, 無頼の

▼ 兵らしく~ (6, 0.0%)

2 泥や 1 ことごとく戦争, また御, みな槍を, 一つ一つ露店を

▼ 兵一万~ (6, 0.0%)

1 に凌統, の大半, をさずけた, をふた, を合わせ, を率い

▼ 兵七百~ (6, 0.0%)

1 のインド兵, の先, の命乞い, をひきい, を上陸, を割い

▼ 兵~ (6, 0.0%)

2 といふもの 1 が根本, といつた, になつて, は關係

▼ 兵~ (6, 0.0%)

1 を遮ら, 印, 印は, 印を, 印をも, 野台場を

▼ 兵~ (6, 0.0%)

2 から飛び出した 1 が蜿蜒, でも立派, のなか, を築いた

▼ 兵~ (6, 0.0%)

2 だが, に打ちあける 1 は縄尻, もい

▼ 兵子帶~ (6, 0.0%)

2 といふ坊樣仕立 1 にし, の前, を小さい, を腸

▼ 兵~ (6, 0.0%)

1 では駄目, における兵士, にかけて悔いない, の射撃, を休め, を行なった

▼ 兵教育~ (6, 0.0%)

1 がつら, が一番, が始まった, の時, の最後, を受けた

▼ 兵~ (6, 0.0%)

1 一千, 三千五百が, 千人を, 千人余, 千六百を, 半分の

▼ 兵衞一人~ (6, 0.0%)

1 に仰せつけられますれ, に任せし, は故意, は辛ふじ, 不當, 居る臺所

▼ 兵衞儀~ (6, 0.0%)

1 は吉三郎, は妻, は私, は豫, も幸, 御呼出し

▼ 兵衞狐~ (6, 0.0%)

1 というの, の出る, はいま, は元, は氣, は箱

▼ 兵たりとも~ (5, 0.0%)

1 信長にとっては, 大事だ, 敵を, 病人は, 秀吉の

▼ 兵といふ~ (5, 0.0%)

1 ことが, のは, ものは, 傘屋の, 方が

▼ 兵としての~ (5, 0.0%)

1 そして同時に, 人民は, 召集が, 経験から, 賞状と

▼ 兵とともに~ (5, 0.0%)

1 ウマを, 東海道を, 果てなく歩みつづけた, 逃げな, 過ごした日

▼ 兵とを~ (5, 0.0%)

1 そこへ, 五百余騎そろえ, 交じえ, 内に, 混入し

▼ 兵なる~ (5, 0.0%)

1 の社会, もの, ものは, ものを, や判断

▼ 兵に対して~ (5, 0.0%)

1 ふだん快く, 何んとも, 敵意の, 曹操は, 無関心

▼ 兵へも~ (5, 0.0%)

1 よく申しわたし, 張飛は, 此方の, 聞えるよう, 道誉の

▼ 兵まで~ (5, 0.0%)

1 一兵まで, 付けられた, 戦術の, 戦術を, 殺して

▼ 兵主神~ (5, 0.0%)

1 に関係, のある, の末, はあちこち, は其の

▼ 兵二千~ (5, 0.0%)

1 は権現坂, をうしろ, をつれ, をもって高地, を籠め

▼ 兵制度~ (5, 0.0%)

1 が日本社会, が発達, に就き, をつくり, を布いた

▼ 兵千余~ (5, 0.0%)

1 をつれ, を殺し, を率い, を留め, を集め

▼ 兵~ (5, 0.0%)

2 部隊に, 部隊の 1 三千

▼ 兵数千~ (5, 0.0%)

1 が露ばらいし, のほか, も味方, を殺し, を載せ

▼ 兵~ (5, 0.0%)

1 の鞄, は並ん, は抱鞄, は醸造高, も立ちあがる

▼ 兵~ (5, 0.0%)

1 あつて, の端, は恐るる, を免, を恐れ

▼ 兵衞ぢ~ (5, 0.0%)

2 やありません 1 やが, やない, や泥棒

▼ 兵衞今~ (5, 0.0%)

2 は詮方 1 は堪りかね, は理, は詮術

▼ 兵衞何~ (5, 0.0%)

1 うして, か心配, とも猶, と思つて, も云はず畳

▼ 兵衞様~ (5, 0.0%)

1 が入っしゃいました, というの, に先, の一人娘, へサ

▼ 兵衞氏~ (5, 0.0%)

1 とは別項, と地方一部, の藏, の設計, を訪

▼ 兵衞獅子~ (5, 0.0%)

2 おも 1 か躰術, の太鼓, の産地

▼ 兵衞私~ (5, 0.0%)

1 しは, し儀, し兩人, し生, し病氣

▼ 兵衞答~ (5, 0.0%)

1 て夫, て御, て感應院, ふる樣右, へて渠

▼ 兵衞親子~ (5, 0.0%)

1 に貢ぎました, の奸計, は九助, は大いに, は大橋文右衞門

▼ 兵衞長八~ (5, 0.0%)

3 の兩人 1 は相談, を連れ

▼ 兵車驅~ (5, 0.0%)

1 り乍ら, り來, り飛ばす, るオイリュウス, る多く

▼ 兵農一致~ (5, 0.0%)

1 と論じた, の事実, の思想, の旧, の終り

▼ 兵農両全主義~ (5, 0.0%)

1 いや国防産業両全主義, という第, なる農村対策, を唱えなかっ, を普及徹底

▼ 兵~ (5, 0.0%)

1 が邸, というはいず, と申す, なるべし, の娘

▼ 兵あら~ (4, 0.0%)

2 はなり, はれて

▼ 兵であり~ (4, 0.0%)

1 ながらなお, グルノーブルに, 兵に, 模範兵と

▼ 兵などが~ (4, 0.0%)

1 おくれ走せにも, 役に立つか, 彼等の, 火の手を

▼ 兵に対する~ (4, 0.0%)

1 原隊復帰勧告の, 敬愛の, 月並な, 極度の

▼ 兵のみ~ (4, 0.0%)

1 だった, であった, であった事, 押しこめた

▼ 兵ばら~ (4, 0.0%)

1 には皆, の使命, の奮いたつ, をひとり

▼ 兵らしい~ (4, 0.0%)

1 ぞ, のが, 気配にも, 荒々しき戦法

▼ 兵一人~ (4, 0.0%)

1 とがそれぞれ, に新た, のほか, も持ち合わせぬ

▼ 兵二万~ (4, 0.0%)

1 の救援, は一せい, をさずけ, をひきい

▼ 兵以外~ (4, 0.0%)

1 になお, に官兵一百人, の何者, の顔

▼ 兵作さん~ (4, 0.0%)

1 からお, がお話し, がかわいそう, でしたね

▼ 兵~ (4, 0.0%)

2 の越境 1 にはたれ, の意気

▼ 兵十万~ (4, 0.0%)

1 と号し, を博多, を曹操, を率い

▼ 兵千余騎~ (4, 0.0%)

1 が向けられた, が殺到, を貸します, を選ん

▼ 兵右衞門~ (4, 0.0%)

1 といふ, と申す, は只, へ御用状

▼ 兵四千~ (4, 0.0%)

1 というもの, につづき, ばかりに熊本鎮圧, をひっさげ

▼ 兵~ (4, 0.0%)

1 とやらいふ, の師匠, の講義, を修め

▼ 兵左衛門~ (4, 0.0%)

1 が踏込み, を有馬村, を殺した, 後精一

▼ 兵~ (4, 0.0%)

2 の世界 1 にも長, の務

▼ 兵~ (4, 0.0%)

1 に満ち, ばかりである, をひそ, を整

▼ 兵殿~ (4, 0.0%)

1 に云, に云われ, の風呂敷, 御辺

▼ 兵衞どん~ (4, 0.0%)

1 が南部, つく布子, に己, は亡くなつたお

▼ 兵衞左京~ (4, 0.0%)

2 の兩人 1 の三人, も未だ

▼ 兵衞市~ (4, 0.0%)

1 てえの, の処, の姐, の家

▼ 兵衞心~ (4, 0.0%)

1 になつて, に驚き, の中, を得つ

▼ 兵衞旦那~ (4, 0.0%)

1 に皆んな言, の名代, の娘, を殺した

▼ 兵衞申~ (4, 0.0%)

1 は何卒, 上げますが, 懸の, 聞せ呉候

▼ 兵衞自身~ (4, 0.0%)

1 が一番都合, が寢室, の外, も半分

▼ 兵都督~ (4, 0.0%)

1 の功, の頑張るべき, はいる, へその

▼ 兵あの~ (3, 0.0%)

1 ライラントの, 微光は, 近衛騎兵あの

▼ 兵あり~ (3, 0.0%)

1 そして張角, とすれ, 乱ある

▼ 兵およそ~ (3, 0.0%)

1 一萬三千人が, 八九百人馬やら, 六千余騎が

▼ 兵かと~ (3, 0.0%)

1 おもわれます, 舟びとを, 見られます加

▼ 兵これ~ (3, 0.0%)

1 で従卒三人, は大抵, を撃つ

▼ 兵だけが~ (3, 0.0%)

1 するもの, 彼の, 退路を

▼ 兵だに~ (3, 0.0%)

1 ない, 失うこと, 見当らない

▼ 兵~ (3, 0.0%)

2 のが 1 何んや

▼ 兵なども~ (3, 0.0%)

1 ある, あわてふためいて, 交じって

▼ 兵なら~ (3, 0.0%)

1 おそらく死, さっきまで, 特に免じ

▼ 兵にまで~ (3, 0.0%)

1 これを, よく通る, 沁み徹って

▼ 兵また~ (3, 0.0%)

1 ボナパルトに従って, 多く来襲し, 飛騨方面から

▼ 兵までが~ (3, 0.0%)

1 ここを, 犬神憑き, 膝を

▼ 兵までも~ (3, 0.0%)

1 アルゼリア歩兵の, 鄭重に, 駆り集めたの

▼ 兵みたい~ (3, 0.0%)

1 だった, な方, に見え

▼ 兵より~ (3, 0.0%)

1 成り当時, 採用する, 早い

▼ 兵わずか~ (3, 0.0%)

1 に五百, 二千もし, 十六名を

▼ 兵タン~ (3, 0.0%)

1 が死んだ, のところ, らしいわね

▼ 兵七郎~ (3, 0.0%)

1 にその, の止める, はその

▼ 兵三十万~ (3, 0.0%)

1 のみでなく, はよろしく, もこの

▼ 兵三十人~ (3, 0.0%)

1 ずつ乗りこん, で一丈青, を附し

▼ 兵三郎さん~ (3, 0.0%)

1 に相談, を殺した, を殺す

▼ 兵中尉~ (3, 0.0%)

21 が云った

▼ 兵二人~ (3, 0.0%)

1 はそれ, をひ, を残し

▼ 兵二十万~ (3, 0.0%)

1 の軍力, をととのえ, を以てこれ

▼ 兵五万~ (3, 0.0%)

1 が西平関, は漢中, をさずけられ

▼ 兵五十人~ (3, 0.0%)

1 ばかりで, をつれ, を率い

▼ 兵八千~ (3, 0.0%)

1 の砲, を先鋒, を周囲

▼ 兵~ (3, 0.0%)

1 である, どうした, もゆだんする

▼ 兵~ (3, 0.0%)

1 は親類縁者, も油断, 残り少なに

▼ 兵~ (3, 0.0%)

1 と, といっ, と技

▼ 兵~ (3, 0.0%)

1 だぞ, 親分であり, 親分の

▼ 兵~ (3, 0.0%)

1 なるに, はあたかも, よりも信頼

▼ 兵~ (3, 0.0%)

1 のよう, の中, の乱

▼ 兵~ (3, 0.0%)

1 バナルモノハ主, バヲ渉ラバ撃ツベシ, 農で

▼ 兵字構え~ (3, 0.0%)

1 となる, などの組太刀, に直っ

▼ 兵左衞門~ (3, 0.0%)

1 はさ, は二三日, は五十

▼ 兵強く~ (3, 0.0%)

1 して, 殊に城主, 百姓空腹なら

▼ 兵悉く~ (3, 0.0%)

1 城内へ, 清須を, 討死し

▼ 兵数名~ (3, 0.0%)

1 ありて, がこの, をつけ

▼ 兵~ (3, 0.0%)

1 の部隊, の隊, の齎

▼ 兵次郎さん~ (3, 0.0%)

1 には, はそんな, は村

▼ 兵百人~ (3, 0.0%)

1 の先頭, ばかりを殺害, をお

▼ 兵百余人~ (3, 0.0%)

1 が車, に前後, をつれ

▼ 兵若干~ (3, 0.0%)

1 それにこの, とはいえ, をのこし

▼ 兵衞さ~ (3, 0.0%)

1 へも見, へ居なき, へ萬端久八

▼ 兵衞それ~ (3, 0.0%)

1 に本店, は享保二年, は厭

▼ 兵衞どんお前~ (3, 0.0%)

1 が往かなくっ, は何歳, 少し其処

▼ 兵衞不審~ (3, 0.0%)

2 に思ひ 1 ながら立歸

▼ 兵衞事~ (3, 0.0%)

1 は三州藤川, は吾助等, 御仕置

▼ 兵衞佐~ (3, 0.0%)

1 と相, の家, の邸

▼ 兵衞八五郎~ (3, 0.0%)

1 は始終, は後藤, は甚だ

▼ 兵衞同道~ (3, 0.0%)

1 にて參, にて奉行所, にて惣内夫婦金谷村

▼ 兵衞斯~ (3, 0.0%)

1 う打明け, しては, の如き

▼ 兵衞旦那樣~ (3, 0.0%)

1 で御座いました, と番頭, や私

▼ 兵衞等~ (3, 0.0%)

1 が取, 罷出居, 頻りと打

▼ 兵衞聞~ (3, 0.0%)

1 ても貰, て先生私, て夫

▼ 兵~ (3, 0.0%)

1 が悲壮, として道, は規律整然

▼ 兵農分離~ (3, 0.0%)

1 して, の由来, の結果

▼ 兵~ (3, 0.0%)

1 どの右京どの, の娘, はどっと

▼ 兵お前~ (2, 0.0%)

1 はお寺, も下り

▼ 兵かなと~ (2, 0.0%)

1 思つてゐる, 見えたり

▼ 兵からは~ (2, 0.0%)

1 人気が, 何の

▼ 兵さえ~ (2, 0.0%)

1 あれば, 続出した

▼ 兵~ (2, 0.0%)

1 ていろいろ, て大阪

▼ 兵じゃ~ (2, 0.0%)

1 なくて, ねえか

▼ 兵すべて~ (2, 0.0%)

1 は, を解散

▼ 兵だけでも~ (2, 0.0%)

1 何十か, 百人から

▼ 兵だったら~ (2, 0.0%)

1 この二十日あまり, つまらないなあ

▼ 兵って~ (2, 0.0%)

1 いくじが, どういうの

▼ 兵であった~ (2, 0.0%)

1 が中, そうで

▼ 兵でしか~ (2, 0.0%)

1 ございませぬ, ない

▼ 兵です~ (2, 0.0%)

1 がかかる, けれども海

▼ 兵としては~ (2, 0.0%)

1 投降し, 相当手落ち

▼ 兵とて~ (2, 0.0%)

1 間にあわぬ味方, 馬鹿に

▼ 兵なく~ (2, 0.0%)

1 ば敵審, 城なく

▼ 兵などと~ (2, 0.0%)

1 力瘤を, 言って

▼ 兵なり~ (2, 0.0%)

2 我らねむる

▼ 兵なんて~ (2, 0.0%)

2 のは

▼ 兵においては~ (2, 0.0%)

1 六韜の, 奇道人に

▼ 兵にて~ (2, 0.0%)

1 一方の, 守れば

▼ 兵にとっては~ (2, 0.0%)

1 ほとんど致命的, 可憐な

▼ 兵によ~ (2, 0.0%)

1 つてかため, つて日本を

▼ 兵のみが~ (2, 0.0%)

1 ある, 兵馬の

▼ 兵ばかりを~ (2, 0.0%)

1 四百率い, 選りすぐって

▼ 兵ふたり歩~ (2, 0.0%)

2 のそろひ

▼ 兵ふたり照り~ (2, 0.0%)

2 あきらけし

▼ 兵への~ (2, 0.0%)

1 内応と, 挑戦である

▼ 兵へは~ (2, 0.0%)

1 どうしておる, 不公平に

▼ 兵ほど~ (2, 0.0%)

1 勇敢だった, 薄ッ気味

▼ 兵みな~ (2, 0.0%)

1 わあと, 驚いた

▼ 兵やら~ (2, 0.0%)

1 何千と, 遺族やら

▼ 兵よりゃ~ (2, 0.0%)

2 よっぽど強い

▼ 兵~ (2, 0.0%)

1 が一昨日来, ですがね

▼ 兵~ (2, 0.0%)

1 全力ヲ, 大衝突

▼ 兵ヱヘ常信~ (2, 0.0%)

2 の三幅対

▼ 兵ヱ獅子~ (2, 0.0%)

1 で昨日, とがそれぞれべつ

▼ 兵一千~ (2, 0.0%)

1 をとどめ, を置いた

▼ 兵一千余~ (2, 0.0%)

1 はもちろん, を引率

▼ 兵一卒~ (2, 0.0%)

1 の疲れたる, も損

▼ 兵一小隊~ (2, 0.0%)

1 がやって来, をつれ

▼ 兵一度~ (2, 0.0%)

1 に掛り来る, に鬨

▼ 兵万馬~ (2, 0.0%)

1 の大, の驟馳

▼ 兵三千騎~ (2, 0.0%)

1 を連れ, を附し

▼ 兵三名~ (2, 0.0%)

1 の破らん, を現地

▼ 兵上り~ (2, 0.0%)

1 の下士官, の少尉

▼ 兵~ (2, 0.0%)

1 に黒い, の随一

▼ 兵九郎様~ (2, 0.0%)

1 のお, の御

▼ 兵二三~ (2, 0.0%)

1 を残し, を連れ

▼ 兵二百~ (2, 0.0%)

1 であるが, を加勢

▼ 兵二百人~ (2, 0.0%)

1 と新選組百五十人, に擁され

▼ 兵五千人~ (2, 0.0%)

1 をあずけ, を率い

▼ 兵五百余人~ (2, 0.0%)

1 の姿, の生命

▼ 兵五郎~ (2, 0.0%)

1 と物々しく, の別荘

▼ 兵~ (2, 0.0%)

1 でビクリ, にこづかれ

▼ 兵~ (2, 0.0%)

1 侵薩土と, 関内

▼ 兵入京~ (2, 0.0%)

1 し長, と相成ら

▼ 兵全部~ (2, 0.0%)

1 に大同, の血

▼ 兵全部凹形~ (2, 0.0%)

2 に整列

▼ 兵八十~ (2, 0.0%)

1 の騎兵, を含め

▼ 兵八百~ (2, 0.0%)

1 を以て出発, を率い

▼ 兵利丸~ (2, 0.0%)

1 ともいう, とも言

▼ 兵~ (2, 0.0%)

1 に乗じ, の盛

▼ 兵四五人~ (2, 0.0%)

1 がわっ, に囲まれ

▼ 兵団長丸木~ (2, 0.0%)

1 の乗った, は今や

▼ 兵~ (2, 0.0%)

2 の囲み

▼ 兵~ (2, 0.0%)

1 とならない, のあがり出した

▼ 兵學者~ (2, 0.0%)

1 であり科學者, の方

▼ 兵少佐~ (2, 0.0%)

1 の某, の某君

▼ 兵常に~ (2, 0.0%)

1 どこか, 利あらずし

▼ 兵庫之助~ (2, 0.0%)

1 あって, に学んだ

▼ 兵式體操~ (2, 0.0%)

1 を教, ヲ廢止スル所以ハ

▼ 兵強き~ (2, 0.0%)

1 を得べし, 大諸侯

▼ 兵~ (2, 0.0%)

1 は見あたらなかった, は見えなかった

▼ 兵~ (2, 0.0%)

1 繰出相成, 都合次第早速

▼ 兵微塵~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ 兵~ (2, 0.0%)

1 は熟練, 之屬類

▼ 兵~ (2, 0.0%)

1 で私, を設け

▼ 兵数百~ (2, 0.0%)

1 が事, の艨艟

▼ 兵~ (2, 0.0%)

1 の多寡, を記せ

▼ 兵~ (2, 0.0%)

1 の縄目, をいや

▼ 兵~ (2, 0.0%)

1 は大きな, れは

▼ 兵~ (2, 0.0%)

1 の改革, をつけ

▼ 兵歓迎~ (2, 0.0%)

1 で人, の日の丸

▼ 兵治武士訓~ (2, 0.0%)

2 などの日常

▼ 兵相手~ (2, 0.0%)

1 のバア, の売り

▼ 兵~ (2, 0.0%)

1 という矢, という鏑矢

▼ 兵等馬筏~ (2, 0.0%)

2 押し破られて

▼ 兵粮奉行~ (2, 0.0%)

1 の手勢, は歓喜

▼ 兵粮米~ (2, 0.0%)

1 をはじめ, を廻漕

▼ 兵粮運び~ (2, 0.0%)

1 したら駄賃, なんぞに使

▼ 兵~ (2, 0.0%)

1 を, を迎えた

▼ 兵~ (2, 0.0%)

1 に入り, の殺

▼ 兵藏方~ (2, 0.0%)

1 の家尻, へ忍び入り

▼ 兵衞これ~ (2, 0.0%)

1 に力, は羽織

▼ 兵衞さま~ (2, 0.0%)

1 かアハハハ, はそり

▼ 兵衞さんお前~ (2, 0.0%)

1 も立派, 然う

▼ 兵衞さん私~ (2, 0.0%)

1 は貴方一人, 参って

▼ 兵衞す~ (2, 0.0%)

1 つかり困惑, つかり腐つて

▼ 兵衞どの~ (2, 0.0%)

1 か能, に済まない

▼ 兵衞の~ (2, 0.0%)

1 だ, もでる

▼ 兵衞ハツ~ (2, 0.0%)

2 と云

▼ 兵衞之~ (2, 0.0%)

1 を見, を造り

▼ 兵衞事件~ (2, 0.0%)

1 が終つて, を産んだ

▼ 兵衞二人~ (2, 0.0%)

1 が舎利, とも顔

▼ 兵衞俄~ (2, 0.0%)

1 かに願, に安から

▼ 兵衞其儀~ (2, 0.0%)

1 は少し, は私

▼ 兵衞其外~ (2, 0.0%)

1 とも一同, 新參

▼ 兵衞出立~ (2, 0.0%)

1 の朝, の見送り

▼ 兵衞厭~ (2, 0.0%)

2 でご

▼ 兵衞右~ (2, 0.0%)

1 の訴状, の金百兩

▼ 兵衞外~ (2, 0.0%)

1 には何, より歸

▼ 兵衞大病~ (2, 0.0%)

1 にて九死一生, を煩

▼ 兵衞夫妻~ (2, 0.0%)

1 は正しい, を親切

▼ 兵衞女房~ (2, 0.0%)

1 お杉, は何れ

▼ 兵衞始め~ (2, 0.0%)

1 の口書, へ申

▼ 兵衞娘~ (2, 0.0%)

1 お清, が體

▼ 兵衞安井伊兵衞~ (2, 0.0%)

1 の兩人, を始め私

▼ 兵衞家~ (2, 0.0%)

1 にかと云, より五十兩取寄

▼ 兵衞尉~ (2, 0.0%)

1 といふやう, と名

▼ 兵衞店權三助十~ (2, 0.0%)

1 と申者委細存, の兩人

▼ 兵衞意~ (2, 0.0%)

1 に心能ら, に面目

▼ 兵衞手代~ (2, 0.0%)

1 の信吉, の吉三郎

▼ 兵衞手前~ (2, 0.0%)

1 が何, は何

▼ 兵衞扨~ (2, 0.0%)

1 は此小僧め, は然

▼ 兵衞横死~ (2, 0.0%)

1 の後金子, の節北

▼ 兵衞殿昔~ (2, 0.0%)

1 の約束, は武士

▼ 兵衞涙~ (2, 0.0%)

1 に咽び, に浮く

▼ 兵衞渠~ (2, 0.0%)

1 が申, は私

▼ 兵衞礑~ (2, 0.0%)

1 と横手, と膝

▼ 兵衞種々~ (2, 0.0%)

1 と詫入漸, と諫め

▼ 兵衞等三人~ (2, 0.0%)

1 の在家, の者

▼ 兵衞素~ (2, 0.0%)

1 より心, より歸依

▼ 兵衞茶屋~ (2, 0.0%)

1 であ, の主人

▼ 兵衞莞爾~ (2, 0.0%)

1 と打, と笑

▼ 兵~ (2, 0.0%)

1 の自讚歌, を千部仕立候値

▼ 兵~ (2, 0.0%)

1 も及ぶ, を敢

▼ 兵~ (2, 0.0%)

1 の内助, を賄い

▼ 兵~ (2, 0.0%)

1 と数, はアルンハイム

▼ 兵起る~ (2, 0.0%)

1 の由, の風聞

▼ 兵越境事件~ (2, 0.0%)

2 に就い

▼ 兵越境問題~ (2, 0.0%)

2 は実は

▼ 兵~ (2, 0.0%)

1 といえるでしょう, を綾なし

▼ 兵車率~ (2, 0.0%)

1 きつ, て近き

▼ 兵車行~ (2, 0.0%)

1 に, に出征

▼ 兵遂に~ (2, 0.0%)

1 城下に, 崩れた

▼ 兵部隊~ (2, 0.0%)

1 がどっと, の方

▼ 兵~ (2, 0.0%)

1 が二陣三陣, はどれ

▼ 兵~ (2, 0.0%)

1 に囲繞, をすぐ

▼ 兵~ (2, 0.0%)

1 の響き, を振るわせた

▼1* [1130件]

あがりの若い, 兵あたりが使用, 兵ありやと問, 兵あることの, 兵あれば汝これ, 兵いにしへよりの物語, 兵いま踊って, 兵たがい, 兵およびオンプテーダの, 兵おれは見, 兵お召出しの個条, 兵かたがた開墾を始められた, 兵かとさえあやしまれる, 兵かの前哨に, 兵かもしれない, 兵がずつと退却し, 兵がもひとりの, 兵がわらわらと駈けあらわれ, 兵ぐらいの智者に, 兵こそ出さないが, 兵こぞりて喧囂, 兵ことごとく潰滅し去る, 兵このまま一ヵ月も, 兵ごとに一嚢, 兵さえも三十二人に, 兵さて前面へ, 兵さては水あり, 兵さんお巡りさんにとがめられるだろう, 兵さんこのごろはどう, 兵さんたちもりっぱ, 兵さん四郎ちゃんが来た, 兵さん村の休み日等, 兵さん鰻獲りの, 兵しかもビルマで, 兵すでに失へる, 兵すなわち農農すなわち, 兵すべてここへ集まれ, 兵すべて餓死か斬っ, 兵すら日本の, 兵せんとした, 兵そして空中には, 兵その方向を, 兵それと知り, 兵それから中部挽索の, 兵それにインド人の, 兵ぞろぞろと見送, 兵いまて, 兵たいさんがたを, 兵ただ濛々の, 兵たち個々の心理, 兵たち欲も得, 兵たらしめその他多数の, 兵たらんとした, 兵たりうべき者六千, 兵たるべき者は, 兵だけのことだ, 兵だけは貸しません, 兵だけを残して, 兵だっ生擒, 兵だの浪民などと, 兵だらしがない, 兵だろうか, 兵ちゃんは顔色, 兵づきでここまで, 兵づれとは違う, 兵であってそこ, 兵でありまして, 兵でしたの, 兵でないだけは諒解, 兵でなかったか, 兵でなく遺棄死体に, 兵でもと御勘気, 兵とか遠人, 兵とから開始され, 兵とこそ見えた, 兵としか居らぬ王, 兵とではどうだ, 兵とやらがこの辺, 兵とより成る先鋒隊, 兵ども一兵ものこさず蹴ちらし, 兵ども予を見, 兵ども国々より馳せ集まれる, 兵ども安心して, 兵ども帰りけりさて, 兵ども引き退き候時, 兵ども指揮致しおられます, 兵ども赤坂城を目ざしまし, 兵ども高野への山路, 兵どんあやまれ, 兵なき東の, 兵なしすべからく逆襲, 兵なぞわれわれ外科医の, 兵なぞがまるで牛, 兵なぞも警備を, 兵なぞを用いなくとも, 兵などから聞き知って, 兵などというものは, 兵などに負けて, 兵などにて強かりけれ, 兵などの評判は, 兵などを加えた, 兵なら担ぐかも知れない, 兵なんか何も, 兵なんかじゃないぞ, 兵なんかを相手に, 兵にかけては北条が, 兵にくッつい, 兵にすらも覚られぬよう, 兵にたいしては麾下の, 兵にだけはマタ・アリも, 兵にでもしたらどんな, 兵にとって致命的な, 兵になつて二年ばかりの, 兵による旭川方面の, 兵にわッと, 兵に対しては子供扱いに, 兵に対してもそちは, 兵のうこきだけを以て, 兵のかずは, 兵のこらず屠ってしまえ, 兵のみか善照寺中島などの, 兵はかず知れずだがそんな, 兵はわッと, 兵ばかりが遠巻きに, 兵ばら武士は相, 兵ひとり見やる方, 兵ふっとばかり切っ, 兵まだここに, 兵みな唇を雫, 兵みな骨と皮, 兵が妙, 兵めがけて電気鳩, 兵めすぐくたばっちまやがったが, 兵もって富, 兵もて西人の, 兵もて除くべく鬼なれ, 兵もと勇にし, 兵ものは, 兵ものどもが夢, 兵やうやうわが左翼, 兵ようようわが左翼, 兵よく富を, 兵よりは酒売り, 兵らしいですね, 兵ら声に応じ, 兵ら降伏せよ, 兵しる蒙古, 兵われは世業, 兵をさえ挙げますのに, 兵をぞ思ふその, 兵をばより有為, 兵アイグナウ・ロトラァはその, 兵ウィンクラー・クラフトがこれ, 兵エさんも帰りし, 兵エどんの家内, 兵エジプトのピラミッド, 兵キエルマンゼーゲのハンノーヴル兵, 兵ギラリギラリと幾条, 兵ゼノアの架橋兵, 兵タイらこれゃわッ, 兵タンすもうとろうか, 兵タンのだよ, 兵タン衛生風紀まで当時, 兵タン資金を一手, 兵ト音して, 兵ドモ昨日今日引モ切ラズ馳セ参候然ドモ三成討死シ給フト申スモノ一人モ, 兵当ラズ, 兵ニ俸給ヲ給付スベキハ國家, 兵ニ對シテ國家ハ俸給ヲ給付ス, 兵ニ敗ラレツツ幾年ヲ經過シタル後, 兵なく宗虎方, 兵ハ動しながら, 兵ハ神速ヲ貴, 兵フランス擲弾兵の大きな, 兵ホイエルスヴェルダに現われる, 兵マイヤンスの擲弾兵, 兵ヤイ太郎十どうで, 兵ヲシテ欣ンデ, 兵ヲ用ル之法国, 兵ヴァドボンクールと腕, 兵一たび散すれば, 兵一つやって, 兵一万三千なお二万, 兵一万五千人を引率, 兵一万余をさずけ, 兵一万余騎を併せうけ, 兵一下千里流血君は頡利, 兵一人どこにも見当たらない, 兵一人上手の扉, 兵一人宛てに酒三杯, 兵一兵を視, 兵一兵足利方の陣, 兵一千騎なり, 兵一同は減俸, 兵一名に十把, 兵一名通信兵が一名, 兵一戦ニ及バヽ先初ニ此談ニ, 兵一掃といきり立つ, 兵一日の糧, 兵一時に安心, 兵一槍もない, 兵一百人が階前, 兵一矢の蓄え, 兵一隊に命じ, 兵一騎も惜しむ, 兵の数, 兵丁合格者の減失, 兵七万一千九百四十七を擁し, 兵七八十人をつれ, 兵七八名を斬殺, 兵七十万と聞えわたる, 兵七十人の組頭, 兵七十騎を従え, 兵七百余騎志を合わせ, 兵七百内藤清成の手勢五百, 兵七郎ひとりしかそば, 兵七郎片桐与三郎千田主人秋田加兵衛などの八, 兵万余の影, 兵万余人を斬り尽し, 兵万斛の血, 兵三万人城北荻窪村には羽柴秀次, 兵三万余騎を立ちどころに, 兵三十万領民のうち, 兵三十余り大坂の新, 兵三十名をもつ, 兵三十四万と号, 兵三十萬を率, 兵三千人をそえ, 兵三千余騎にちがい, 兵三千六百を率い, 兵三千大砲二十門を引い, 兵三千菅沼新八郎を教導, 兵三百トトマーク兵千三百人夫千騎士十五名砲七門を以て組織, 兵三百余を率, 兵三百財物十車そのほか武器馬匹, 兵上海を抜き, 兵下りれば農, 兵中佐や老朽官吏, 兵中半分以上はあった, 兵丸亀藩の兵, 兵主神社播磨國の飾磨郡, 兵主神社東北では羽後飽海郡, 兵主義を抱く, 兵主部といふの, 兵九百人を加え, 兵九郎どのも主, 兵九郎叔父の肉親たち, 兵乱れて打ち, 兵二万五千これを五手, 兵二万余吉川元春のひきいる, 兵二万余船五百余艘で島, 兵二万余騎を擁し, 兵二万歩兵八万そのほか, 兵二三人木華里の肩, 兵二三十名を撃ち取り, 兵二十万帷幕に持つ, 兵二十二名飛行機の損害, 兵二十五名である, 兵二十八人が同じ, 兵二十数名と僕, 兵二千人夫千七百決死して, 兵二千余人をのせる, 兵二千四月二十六日藤堂高虎の砂, 兵二千騎は堀川, 兵二名先刻修理せしばかり, 兵二小隊を率, 兵二百五十名を呼寄せた, 兵二百五十騎を追, 兵二百人人見勝太郎等の大, 兵二百余が城内, 兵二百六十名となった, 兵二百數十をもつ, 兵二等大尉でご, 兵二郎さんが殺された, 兵二郎殺しの犯人, 兵二騎味方の真似, 兵五万余を借り出す, 兵五万騎を派す, 兵五人ほど添え, 兵五六人そっと出, 兵五六十ずつ昼夜交代, 兵五十余人となっ, 兵五千余を付し, 兵五名に一般使役兵六名, 兵五百人を乗せ, 兵五百余をもっ, 兵五百余りが退路, 兵五百騎でやって来る, 兵五郎さんを御, 兵井上清の両君, 兵井伊直政の隊, 兵交着之節, 兵介思いの外手軽に平次, 兵介當南部藩の家老職, 兵仏一致論ともいえる, 兵代表会議の査問会, 兵以外奥武蔵の郷武者ばら, 兵伍長ヒットラーは戦争, 兵何福奮撃して, 兵余すところわずか, 兵作お前やって, 兵作貴様これをやれ, 兵使役兵と私, 兵倍ニシテ主兵半バナルモノハ, 兵候補者が四人, 兵倦み兵糧も, 兵偶然三たび砲を放っ, 兵僅かに四十人, 兵に発見, 兵充ち充ち雲霞の, 兵先生だ, 兵免令が降った, 兵の出尻, 兵入るを聞く, 兵艦隊へ, 兵全体にうかがわれた, 兵全員の軍簿, 兵全部引き揚げの建言, 兵八万騎をひきい, 兵八十弩兵八十を含め, 兵八名足軽廿人引きつれて, 兵八方へ蹴ちらした, 兵八騎はいかめしく, 兵六七十人は乗る, 兵六七十騎は来合う, 兵六七百を埋伏, 兵六七騎をやっ, 兵六万をもって東条, 兵六人を倒せり, 兵六力を得, 兵六名がすでに, 兵六名負傷は将校二名, 兵六左衛門義勝がおなじ陣, 兵六百余と四つ, 兵六百余人がいのち, 兵六百余巡査隊一万千余人軍艦十四隻海軍兵員およそ二千百余人, 兵共に家さ焼かれただ, 兵共何事かあらん, 兵其令下にあり, 兵具ソノ員ヲ懸, 兵具馬具の類, 兵凶戰危の説, 兵出身の小隊長, 兵刄銛利戰鬪に勇, 兵分ち整へて, 兵分れて勢弱き, 兵に至る, 兵利丸竹中半兵衛の兵糧丸, 兵力量四万四五千にすぎない, 兵ふ, 兵勇もさまで, 兵勇差役で兵隊, 兵勇躍して, 兵に乗じ, 兵勝てぬということ, 兵北上野ヘハ志水谷ヘ下, 兵北谷へ向った, 兵十万騎いずれもすぐったる, 兵十三名馬八頭を率い, 兵十二三騎後を慕っ, 兵十二番までの将兵, 兵十二騎をしたがえ, 兵十五万をひきつれ, 兵十人ほどもつけ, 兵十人余りを一気に, 兵十余人を付け, 兵十幾人かは捕え獲た, 兵十数人打ち重って, 兵十騎ばかりを従え, 兵ばかりがその, 兵千七百を乗せ, 兵千七百インド兵八百を以て出発, 兵千三百人夫千騎士十五名砲七門を以て組織, 兵千二百を出し, 兵千五百を率い, 兵千余人を得, 兵千八百人をつれ, 兵千騎を託し, 兵卑怯なりと, 兵争利, 兵及ビ多数武器ヲ大商船隊ニ乗セ, 兵収容のため, 兵叡山の僧兵, 兵古帯毛布運動靴スルメ三把銀笛アルバム売却できそう, 兵叫ばず曠野は, 兵召集の太鼓, 兵右衛門さまは御, 兵右衛門さんは仔細, 兵右衛門中立庄太夫また中老, 兵右衛門以下二十五人をし, 兵右衛門斎藤徳右衛門らが徒目付, 兵右衛門江尻の和助, 兵各個の運動, 兵各所に進撃, 兵同乗の隊長用自動車, 兵がパリー, 兵和田の属する, 兵商人の露営, 兵商併進堂々と, 兵四五十人と衝突, 兵四五百をひきつれ, 兵四人までを切, 兵四千余もその, 兵四百を率, 兵四百土人兵二百であるが, 兵団長永山武四郎が自分, 兵図式のもと, 兵国民軍の砲兵隊, 兵にや, 兵の理, 兵に仕立てた, 兵垣内がある, 兵執拗なる冷静, 兵で訓練中, 兵増加の徴, 兵変火変何か城内, 兵多いから之, 兵多くして, 兵多しとは申せ, 兵都督である, 兵大半は討たれるであろう, 兵大半青森より乗船渡海, 兵大友の部下, 兵大名に次, 兵大国毛利の水軍, 兵大夫に一千騎, 兵大挙して, 兵大挙上洛と蛤門, 兵太ッこの餓鬼, 兵太太政官の生, 兵太船曳杢右衛門井戸亀右衛門木南加賀右衛門などとよぶ, 兵夷警に俟, 兵如きの言, 兵子帯いが栗天窓団栗目ころころと, 兵子帯丈高い体, 兵子帯紺キヤラコの夏足袋, 兵子帯連ながら大きに, 兵子帶丈高い體, 兵子帶紺キャラコの夏足袋, 兵に振りかぶられた, 兵学寮の出品, 兵学校ニ入学シテカラモズツト遊ビニ来ルシ古イトコロデハ退職後マデ機嫌ハドウカトタヅネニ来テクレル有様ダ, 兵学校以来の親友, 兵学校卒業生の新しい, 兵学校時代から父, 兵学校時代軍艦の砲塔, 兵學上の專門, 兵學科の設け, 兵からず, 兵官宋晟に勅, 兵あり, 兵宝長者宝という順序, 兵実は女の, 兵で起り, 兵小松与一宛と住所, 兵小野清作は陸軍病院, 兵少なく地利あらず, 兵尽き箭窮まり疲馬, 兵屋布がある, 兵吾界を, 兵山兵ではない, 兵山野大破之, 兵島公靖その他の人々, 兵左側に清国儀仗兵, 兵左衛門千田平蔵などと云, 兵左衛門坪内作馬石橋源右衛門鵜野九郎右衛門桜井三右衛門有竹作左衛門, 兵左衛門膳番は熊田市兵衛, 兵已下去月廿七日の供奉人, 兵帆何百艘飛報は早く, 兵常備の乗, 兵并びに屯田, 兵幾千という者, 兵幾団を二陣三陣, 兵幾百騎ばかりに見ゆる, 兵はいまや, 兵引きつれて, 兵弱シツトメザル可ケンヤ, 兵の大, 兵強き日差に歩, 兵強ければもっ, 兵強ク百姓空腹ナラバ国貧ニシテ兵弱シツトメザル可ケンヤ, 兵形勢といふの, 兵彼らこそ偉大, 兵彼ら生死の外, 兵彼廂此廂一時に興り, 兵の二日, 兵後言はず将た, 兵從はず埋伏すべく武裝, 兵微力にし, 兵と金蔵, 兵心もとないが猪右衛門, 兵に之, 兵怱皇走, 兵恐るるに足りない, 兵悩まされながら川, 兵慰問官製婦人団体が組織, 兵慰問結核絶滅缺食兒童等のため, 兵我家に宿る, 兵戚継光の残し, 兵戦上には実に, 兵戦変革でいにしえ, 兵戦術時代とは比較, 兵戦闘を小隊長, 兵技巧といふの, 兵披靡す, 兵揚げて来, 兵携帯の黒パン, 兵攻江差取之, 兵る, 兵敗れて後, 兵数すべてで一千一百七十四名, 兵数万をしたがえ, 兵数二万姉川に来りし, 兵数六万姉川に来りし, 兵数兵器の相違, 兵数兵理だけで, 兵数内状すべてに精通, 兵数十の将, 兵数十万といわれ, 兵数各々一万一千を超え, 兵数四千に近い, 兵数旗じるしなど, 兵数機動の経路, 兵数百人に剣槍, 兵数百騎をひきい, 兵整列したる左翼, 兵數増加を排斥, 兵新田本軍の義貞朝臣, 兵旗本諸将, 兵旗本新撰組それからの寄せ集り, 兵早急に攻むると, 兵に傷, 兵時分に一CC, 兵智部においては, 兵暴かに起る, 兵未だ強からず, 兵本書矩氏の靭, 兵杉田二等水兵の手柄, 兵であらう, 兵来りて燕, 兵来ると報告, 兵来寇するに, 兵松井潤子後に林茂光, 兵校尉の尹, 兵桂馬は騎兵, 兵横隊縦隊の三者, 兵機局が控え, 兵機関係の工場, 兵正確にねらえ, 兵をもっ, 兵を使, 兵殲滅の三段, 兵殺されたのは, 兵殿今度ばかりは御, 兵殿何時でありますか, 兵とあやか, 兵を, 兵気さかんです, 兵気虚実をさぐる, 兵気銷えて日月光, 兵気馬塵が立ち, 兵は邪兵, 兵河北に拠る, 兵法話に夢中, 兵泗州に至る, 兵渉らずただ後, 兵漸く多く賊勢日, 兵潜陣の計, 兵征戰, 兵無力用をなさず, 兵無理もない, 兵營又ハ軍艦内ニ於ケル將校ト兵卒トノ物質的生活ヲ平等ニスル所以ハ自明, 兵營又ハ軍艦内ニ於テハ階級的表章以外ノ物質的生活, 兵營所在地なる月寒, 兵で彼, 兵特有の痛々しい, 兵献納燈籠をかつい, 兵率ゆアプロヂイテー美の女神, 兵王宮警手と連繋, 兵理軍学の蘊奥, 兵用矛楯木弓木弓短下長上竹箭或鐵鏃, 兵田弥介をし, 兵由利中八郎維久, 兵甲是以偃息未捷, 兵申父兄之志, 兵留守居衆非戦闘員, 兵疾駆疾風の威, 兵疾駆荘園を焼, 兵発ちはじむ, 兵百二三十名もおりましたろう, 兵百二十の弩兵, 兵百五十人ほどを特に, 兵百五十名騎士二名が守備隊, 兵百人持ぐらいな一将校, 兵百名ほどの助力, 兵百四十七名は二派, 兵百四十三名前皇, 兵的行動に感づいた, 兵のため, 兵直ちに余の, 兵眺め見て, 兵窃かに城中, 兵笑落しつかきかぞへ, 兵符印形鑑札などの彫刻係, 兵符印綬などを捧持, 兵等われの心, 兵等ハ現時ノ教育的差等ヨリ結果セル者ナルヲ以テ, 兵をさずけ, 兵簿のうち, 兵として立たせ, 兵粮その他すべて軍事にかかわる, 兵粮丸一に避穀丸, 兵粮丸一片も出さぬ, 兵粮丸楠氏の兵粮丸, 兵粮丸竹中半兵衞の兵粮丸, 兵粮丸處法が紛失, 兵粮人夫馬車此方の申す, 兵粮全部を後方, 兵粮兵器等を孟達, 兵粮其他の支え, 兵粮十万石を合力, 兵粮弾薬の運搬, 兵粮攻と謂, 兵粮攻めにでもされたなら, 兵粮方の一人, 兵粮武具を捨て, 兵粮築城等の必要上, 兵粮米徴発のため, 兵粮船が数百艘大坂, 兵粮船隊は悠々, 兵粮貯蔵地の危急, 兵粮車だけでも数千輛, 兵粮軍需品すべて蜀の手, 兵終日討ち出でて, 兵続きゐてキヤベツ畠, 兵線上に数個破裂, 兵きゐて, 兵者どもの夢, 兵聯隊がかくれ, 兵自体が文字通り不逞, 兵自身であった, 兵至ったかくて, 兵至るに及ん, 兵の往来, 兵舟百余艘弩弓よろい甲石火矢砲帆布糧食などすべて梁庫, 兵の構造改修, 兵がとみに, 兵若やぐと面, 兵苦戦に耐, 兵薩軍の包囲, 兵という家持町人, 兵とも生殖虫, 兵を随, 兵術大塚源十郎山田友次郎等が正造, 兵術家は兵術, 兵術指南は四十年, 兵は炭団, 兵衝からそこへ, 兵衞あれは大, 兵衞うつかり漏らしたの, 兵衞お前然う, 兵衞お祖父さんの香七, 兵衞がちよつかい, 兵衞さんお前さん一寸御, 兵衞さんさへ殺す, 兵衞さん何か忘れ物, 兵衞さん先刻お前私にお, 兵衞さん去年お泊, 兵衞さん妹の道具, 兵衞さん彼方へ往, 兵衞さん御前こそ虚, 兵衞さん扨は其朝長庵, 兵衞さん旦那を何分, 兵衞さん旦那様が十両下, 兵衞さん此方へお, 兵衞さん此節は道中, 兵衞さん薪炭を使わん, 兵衞さん途方もない, 兵衞その他四人も身繕, 兵衞その他親類の人達, 兵衞つていふと, 兵衞といへるもの哉, 兵衞ともに聞け, 兵衞どのそも, 兵衞どん能く考え, 兵衞なぞは莨入, 兵衞はんが竹竿, 兵衞ふか惣内里等は爪印申付, 兵衞ふか那を聞, 兵衞ふか頭を上, 兵衞め退役でもせよ, 兵衞もと中國筋の大名, 兵衞ゆゑ夫がため, 兵衞コレ馬鹿な事, 兵衞ナニ其者は長八, 兵衞ナニ夫は商, 兵衞ハイ有難う御座い, 兵衞ハイ何時頃で御, 兵衞ハイ此度は私, 兵衞ヘイ二三年跡身代零落に付き, 兵衞ヘイ其者當時は身上, 兵衞ヘイ同人は當年廿一歳, 兵衞ボロボロと泣い, 兵衞一人麥煎餅を五錢代許, 兵衞一應驚くには驚いた, 兵衞一期の大事, 兵衞一氣に逃げよう, 兵衞一言もなく, 兵衞丁稚和吉を供, 兵衞三五郎下伊呂村名主藤兵衞組頭惣體引合人殘らず罷り出村役人, 兵衞三人の死骸, 兵衞三加尻茂助と申, 兵衞三太が二三人朋輩, 兵衞三木佐助の三氏, 兵衞三途の川で渡し守, 兵衞上に於, 兵衞上手には憎々しい, 兵衞下馬より駕籠, 兵衞不興気の眼, 兵衞世話人故庄三郎, 兵衞並に悴, 兵衞中間七助等なり大岡殿大音, 兵衞久八の伯父六右衞門一同等, 兵衞久八ことは千太郎, 兵衞事主人預け申付るとて, 兵衞事八十兩喜八に遣した, 兵衞事嫁の秀, 兵衞事桶川宿鷲の宮, 兵衞事此地面を自分, 兵衞事死罪御赦免, 兵衞事死骸は兄長庵, 兵衞事番所へ出たる, 兵衞事私しへ, 兵衞事自己みつに戀慕, 兵衞二た抱, 兵衞二女富こと小夜衣儀は新, 兵衞二本傳次の二人, 兵衞二男にて五兵衞方, 兵衞云へぬ, 兵衞五十二三分別者で評判, 兵衞五體宛然蕩る如く何, 兵衞今度は是非, 兵衞以の外, 兵衞伊兵衞始め一同心配, 兵衞伊勢屋五兵衞久八の伯父六右衞門一同等, 兵衞伜の彌, 兵衞伜同道にて參, 兵衞住職と談合, 兵衞佐ぐらゐの人の住ん, 兵衞佐允純へ永, 兵衞何分能き樣, 兵衞何樣公事宿商賣程有, 兵衞來り今, 兵衞依怙贔屓と申, 兵衞傍らにて是, 兵衞傷を負, 兵衞僧願山諸共多年の積惡遁, 兵衞儀不如意に付金子出來兼當分, 兵衞儀同日同刻麹町平川天神, 兵衞儀奉公の受人, 兵衞儀日頃何か他, 兵衞儀權現堂小篠堤にて横死, 兵衞儀殺害に逢, 兵衞儀白状は致せ, 兵衞儀辯舌巧みに申立, 兵衞儀重罪なれども, 兵衞元和中より麪粉類御用相勤, 兵衞先刻に富松, 兵衞先達て了源寺の所化, 兵衞入り來り我等何分, 兵衞兩人を是, 兵衞兩人訴たり斯, 兵衞兩國米澤町の鼈甲屋喜助等, 兵衞兩士領主の下知, 兵衞八五郎佐兵衞の三人, 兵衞八五郎同道にて山崎町, 兵衞共に途方, 兵衞其大きな眼, 兵衞其他を犒ら, 兵衞其品は彦兵衞出入場, 兵衞其外徒士六人の者, 兵衞其外野州浪人八田掃部三加尻茂助練馬藤兵衞などの菩提, 兵衞其外關係の者共, 兵衞其所にて樣子, 兵衞其方々にては此, 兵衞其方事主人の申し, 兵衞其方儀豫て怪敷廉, 兵衞其方八箇年以前寶永七年八月廿八日の明曉長庵, 兵衞其方櫛簪を證據, 兵衞其方生國は何國, 兵衞其金子は市之丞, 兵衞内儀のお, 兵衞出迎へ彼奉行所本町東, 兵衞初め下男十人下女五人馬三疋の大福家, 兵衞勘右衞門と呼ばれ, 兵衞勘右衞門等を奉行所, 兵衞勝手覺えし, 兵衞北八がつれ, 兵衞北田忠之丞中村右助皆八戸住, 兵衞半死半生の目, 兵衞半身あらはせ, 兵衞參詣の歸, 兵衞只一人帳場に控, 兵衞召使ひ千太郎身持放埓, 兵衞右勘太郎の商, 兵衞右樣の儀, 兵衞吉三郎ともに御免, 兵衞吉田久太夫毛利吉右衞門生松原, 兵衞吉田右馬太夫長濱九郎右衞門比惠の原, 兵衞否モウ其話は何, 兵衞吾は稻垣小三郎, 兵衞呆氣に取る, 兵衞命にかけても, 兵衞和郎は氣, 兵衞品川宿の河内屋與兵衞本石町二丁目, 兵衞喜多八のやう, 兵衞喜平次と呼, 兵衞嘉川藤五郎建部郷右衞門伴佐十郎山口惣右衞門陸尺七右衞門右の者一同白洲, 兵衞土藏の修, 兵衞基次秀頼公の仰, 兵衞夢中になり, 兵衞大に肝, 兵衞大年寺住職龍門の三名, 兵衞大概此の方に心当り, 兵衞天気のよい, 兵衞天王寺屋儀兵衞襖屋三右衞門播磨屋五兵衞等を初, 兵衞夫婦村役人共大勢付添本多家用人笠原常右衞門惣取締として江戸表, 兵衞夫婦村役人周藏喜平次木祖兵衞三五郎下伊呂村名主藤兵衞組頭惣體引合人殘らず罷り出村役人, 兵衞夫婦田地を質, 兵衞夫婦許婚の新六郎, 兵衞夫等を目, 兵衞好機と思ひ戯れ寄りける, 兵衞如何樣小篠堤の近道, 兵衞妙にモヂモヂ, 兵衞妻は餘程好者, 兵衞妻其方が名, 兵衞始め一同心配, 兵衞始め一同呼出されしゆゑ流石, 兵衞始め家内の者, 兵衞始め此所へ出し, 兵衞始め殘らず是, 兵衞始め船頭杢右衞門十八人の水主水差都合二十一人, 兵衞始め船頭杢右衞門水主十八人水差一人都合二十一人にて元日, 兵衞委細承知し然, 兵衞娘文を連, 兵衞娘菊より内々貰, 兵衞娘菊伊勢屋三郎兵衞小間物屋與兵衞旅籠屋清兵衞雲源等殘らず呼出されしに, 兵衞孕石源兵衞の兩人, 兵衞孕石源兵衞其外徒士六人の者, 兵衞孝高に仕, 兵衞安井伊兵衞嘉川藤五郎建部郷右衞門伴佐十郎山口惣右衞門陸尺七右衞門右の者一同白洲, 兵衞安兵衞の二人, 兵衞實は私, 兵衞封に間違, 兵衞尉右兵衞尉といふやう, 兵衞小柄で無口, 兵衞小河專太夫畝町には井上監物, 兵衞小河縫殿助小河織部久野四兵衞小河專太夫畝町には井上監物, 兵衞岡田善右衞門の二人, 兵衞岩の上, 兵衞川崎金右衞門其外役所へ揃, 兵衞川崎金右衞門留守居清水十郎左衞門と一々, 兵衞左文字御短刀, 兵衞己れ一個饒舌廻し其座, 兵衞師匠皆な打明けて, 兵衞席を進み, 兵衞幸徳傳次郎管野すが大石誠四郎, 兵衞店傳平と云, 兵衞店勘太郎召捕れ入牢申付, 兵衞度胸を突き仰, 兵衞庫裡にま, 兵衞弟熊谷宿寶珠花屋八五郎も出府, 兵衞当家の嘉八, 兵衞彼れ是云, 兵衞待なせへよ, 兵衞後備前に到り, 兵衞後家安を己, 兵衞後家并に太七, 兵衞御意の如く十ヶ年以前三月節句前, 兵衞御苦労明日のうい, 兵衞心中に驚け, 兵衞忠光惡七兵衞景清なんど名だたる剛者, 兵衞恩知らずめ良人の心, 兵衞悴吉三郎を追返し, 兵衞惣内夫婦横死の節檢使, 兵衞愚僧に逢, 兵衞感応寺にいたり, 兵衞懷中より金子二百兩取出し此方, 兵衞成程世の中, 兵衞成瀬日吉の三氏, 兵衞我の云, 兵衞手に取あげ, 兵衞抔吟味掛の役人何, 兵衞控へ居れ, 兵衞故意と斷, 兵衞新田融東京に於, 兵衞旅籠屋仲間にて人, 兵衞日雇ひとなり細き, 兵衞昨今水揚の荷物, 兵衞是非なく受書, 兵衞時代には此様, 兵衞月代の光澤, 兵衞朝未明より出立, 兵衞木祖兵衞親類には千右衞門喜平治金助大八丈右衞門兩隣, 兵衞本石町二丁目の松屋佐四郎下鎌田村, 兵衞村役人同道にて江戸小傳馬町旅人宿幸手屋茂八方, 兵衞松本治右衞門吉田孫右衞門城内には衣斐伊豫, 兵衞某し罷り出る上, 兵衞棟梁のところ, 兵衞楢林定一郎四人相議し鉛製活字版, 兵衞樣其方はとても, 兵衞樣夫道十郎不慮のこと, 兵衞樣御商賣の, 兵衞樣方へ參, 兵衞樣能こそ御, 兵衞次席大通詞, 兵衞此度の働き町人, 兵衞此所へ来, 兵衞此方には川上貞八石川彌兵衞浦野紋兵衞縁側際, 兵衞此節は三兩, 兵衞歸り來, 兵衞殘金は毎年金二兩宛四郎右衞門方, 兵衞殿先一通り聞て下され, 兵衞殿娘お菊, 兵衞殿御仕置となられし, 兵衞殿拙者の名前, 兵衞殿斯の如く約束, 兵衞殿此清兵衞殿と云男, 兵衞殿此間中より度々, 兵衞殿清兵衞殿も同道, 兵衞殿縁側には目安方, 兵衞毒虫を入れた, 兵衞気が狂, 兵衞永明の二男, 兵衞汝確とせし, 兵衞江戸に出, 兵衞油屋の大好, 兵衞深沈たる顏, 兵衞渡りに船, 兵衞満面に笑, 兵衞無口らしく頑固, 兵衞爰ぞと思ひ, 兵衞父子も強つて, 兵衞片岡源吾右衞門にて廿卅, 兵衞牢内に居, 兵衞状を改め, 兵衞獅子暢氣に懷手, 兵衞獨り娘, 兵衞瓶の封印, 兵衞甚右衞門何れも罷出しや, 兵衞生命懸の, 兵衞申候は生得, 兵衞申譯なしとて, 兵衞申開きありやと, 兵衞町内の者共一同, 兵衞町奴のこし, 兵衞當てもなく隣り, 兵衞當所を何と, 兵衞病死の後, 兵衞病氣に付枕元, 兵衞白状せぬかと, 兵衞百姓代喜平次今藤八が申通り, 兵衞皆の仕事, 兵衞盛次上總五郎兵衞忠光惡七兵衞景清なんど名だたる剛者, 兵衞目付朝比奈七之助徒目付岩本大藏勘定奉行兼郡奉行松本理左衞門代官黒崎又左衞門市田武助町奉行緒方求馬等出席, 兵衞相手方傳吉及與惣次村役差添人尚又, 兵衞眞ん中には美しい, 兵衞竊に辨當, 兵衞竹次文七利八その他關係者を洗ひざら, 兵衞笑つて病人あしらひに, 兵衞等一同揃ひしなら是, 兵衞等外二人の行衞, 兵衞等江戸へ同道可有, 兵衞紙屑屋長八の兩人白洲, 兵衞縁先近く這出て, 兵衞老爺は縁側, 兵衞而又お竹, 兵衞聞入ず勿, 兵衞胸撫下し夫拜, 兵衞能こそ來, 兵衞脇差を見, 兵衞膝を摺寄, 兵衞自慢の躾, 兵衞自殺説を飜, 兵衞至極満足いたしましたはい, 兵衞與兵衞兩人訴たり斯, 兵衞舊惡の事, 兵衞良石和尚の三人, 兵衞茂助の二人, 兵衞茫となつ, 兵衞荒木又右衞門なんど, 兵衞菅彌一右衞門黒田半右衞門, 兵衞萬兩分限の大, 兵衞蟲の息, 兵衞血の海, 兵衞襖屋三右衞門播磨屋五兵衞等を初, 兵衞親分がいつ, 兵衞親爺奴突いて, 兵衞親類には千右衞門喜平治金助大八丈右衞門兩隣, 兵衞親類五六人老番頭宅松, 兵衞證據人に相立此段, 兵衞跡役となり, 兵衞過日の云, 兵衞重富を江戸, 兵衞金屋利兵衞と云者, 兵衞鐺と膝, 兵衞長八兩人の御, 兵衞長八兩人十四五日逗留の中, 兵衞長庵の申立而已, 兵衞長瀬新次郎櫛橋七之丞, 兵衞隨分イヤな事, 兵衞隱居の方, 兵衞雪だらけになっ, 兵衞雪隱にて用, 兵衞頓て長, 兵衞頓死して, 兵衞願山の兩人, 兵衞願山共居宅に在, 兵衞飛脚を立て, 兵衞首を傾け, 兵衞香之助, 兵衞驚き直樣同道, 兵衞魂魄も飛, 兵衞鴻の巣宿の鎌倉屋金兵衞, 兵衞鴻の巣宿鎌倉屋金兵衞及び飛脚, 兵衞鵜自物鵜奈禰突拔天白, 兵衞鷲塚忠右衞門天草玄札などという勇士, 兵衞黒田總兵衞齋藤甚右衞門野村初右衞門, 兵衞點頭て年, 兵衞齋藤甚右衞門野村初右衞門, 兵衣すべて足拵えまでの将士, 兵為蒙仰, 兵西又東大陸風雲日将急, 兵西水寨を攻め, 兵日本地理小志, 兵要地誌班出身のため, 兵て来し, 兵見れば呆けたる, 兵見送でどの駅, 兵誇らず初冬の, 兵から借り, 兵談ひとつである, 兵談等を著し, 兵談總紙數三百五十枚にて御座候, 兵談豫約出版の檄文, 兵負傷兵が十五人, 兵共に豊, 兵貧国の高説, 兵賊兵相互におびただしい, 兵質ガ前註説明, 兵質合戦の心得, 兵走り使いの小者, 兵足利方の陣, 兵車うち棄てて, 兵車くつがへし, 兵車中に隠れ, 兵車打ち棄てて, 兵車數五十その各, 兵車檢し見よ, 兵車競ひの, 兵車等の敵, 兵車駿馬の傍ら, 兵軍官韓当がひかえ, 兵軍装で直立不動, 兵輜重輸卒徳永磯吉であります, 兵輸送ヲ不可能ナラシメタルコトニ存ス, 兵農一如ということ, 兵農一家の如く, 兵農兼備の屯田兵, 兵農始テ分レ遂ニ封建ノ治, 兵迫り來り, 兵追いて真定, 兵追討の任, 兵退き折戸に, 兵逆上の将, 兵逐わんとした, 兵這奴憎きもの, 兵造別邸とある, 兵連隊があった, 兵過ぎて跨, 兵道以上の不思議, 兵道守護の務, 兵道家の子として兵道, 兵道家加治木玄白斎で供, 兵道家牧仲太郎の高弟, 兵道方先師達一人としてその, 兵道無用の悪評, 兵道者と称する, 兵道興廃のわかれる, 兵遠からず, 兵遼東を犯し, 兵松前, 兵還り來ず, 兵還り来ず代々木より, 兵郡大輔はやつ, 兵都督本部に着き, 兵野一郎といふん, 兵金聲桓の叛, 兵鉄道等の各, 兵の帯金, 兵向かうところ天下, 兵とする, 兵鎮撫の命, 兵闘者皆陳烈在前, 兵降り官軍の, 兵降伏のかたち, 兵陣地尖角陣地, 兵陵地帯の裾, 兵陽平關に至る, 兵に及ぶ, 兵と旗, 兵悠々と, 兵電気工夫等一杯頭をな, 兵電線工夫等が大勢, 兵の退く, 兵青森迄出張, 兵青葉見て, 兵頻りに狙撃す, 兵頼むぞ, 兵顧みてまず, 兵の土民, 兵食うにたえない, 兵館組と結城左京等, 兵馬人夫などを出し, 兵り寄って, 兵とても吉野, 兵の旗, 兵鳥居彦右衛門の兵, 兵黒き蟻の, 兵をつまん