青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「剣~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~前 前~ ~前後 前後~ 前方~ 前日~ 前者~ 前途~ 剛~ ~剣
剣~
割~ ~割合 割合~ 創作~ ~創造 創造~ 劇~ ~劇場 劇場~ 劉~

「剣~」 4698, 51ppm, 2291位

▼ 剣~ (1385, 29.5%)

88 抜いて 38 もって 37 持って 15 取って 13 ぬいて 12 佩いて 11 とって, 握って 9 とっては, 手に, 払って, 腰に 7 持つて, 按じて 6 取っては, 執って, 学んで, 抜いた, 鳴らして 5 さげて, 把って, 抱いて, 揮って, 舞わして 4 つかんで, ひっさげて, ふりかぶって, 下げて, 抜きて, 振って, 揮ふ, 杖に

3 [23件] あげて, かざして, がちゃ, すてて, つけて, つるして, とる者, ふるって, 出せ, 右手に, 吊って, 奪って, 帯びて, 弾じ, 抜き払って, 持たせて, 提げて, 握ったまま, 棄てて, 空に, 納めて, 鞘に, 鳴して

2 [66件] おいて, かまえて, さげたまま, つけた銃, つるす, とおして, とっての, ぬいたかと, ひとつに, ふりかざして, もつと, 上げて, 下げた希臘人, 二本持っ, 人手に, 伝えて, 使う, 使うと, 加えようと, 収めて, 収得する, 取っても, 取つて, 取ること, 受けて, 口に, 執り降して, 大上段に, 帯ぶる, 引き抜いて, 手から, 把る, 投ぜん為, 抛つ可, 抜いたの, 抜きは, 抜き放つて, 抜き放つと, 抜く, 抜くと, 抜くや, 抜けと, 持ち出し頼母, 持っては, 持て, 持てば, 挺し, 捧げて, 握った, 握ること, 揮ふも, 撫して, 構えて, 横たえて, 横に, 片手に, 用ひ, 着けて, 磨いて, 秤の, 突き刺したり, 胸に, 見て, 解いて, 道と, 高く上げ

1 [822件 抜粋] あいつの, あたえよあまき, あやうくかわし, いうの, うえた林, うけて, おあずけ, おさめた, おさめて, おしえて, おそれは, お与え下さい, お取り, お取り出し, お授け下さる, お習いなされます, かきいだきみずから, かくすを, かまへて, かわして, がちゃがちゃ鳴らした, きらめかした闘牛士, きらめかせて, さえ, さがすが, さげた第, さげ馬, さした若い, さしつけて, さし出して, さし四ツ, さやに, しごいて, した銃, しつけたの, じゃらつかせて, すぐ解き捨て, する筈, ずらりと抜き, そっと鞘, たずさえて, たずねその他, たたき歯, たたき落して, たのんで, ついた儘, つかうこと, つかう人, つかう男, つかおうと, つかんだ師父ブラウン, つき込む隙, つけた巡警, つけるやう, つって, つつんだ, つり帽子, つるし大きな, つるすが, つると, といて, とぎつつ, とった老翁たち, とらして, とらせたら蓋世, とらなかったと, とりなおして, とり出して, とるには, とる場合, とれ, ならべたよう, にげて, ぬきだして, ぬき放しまず, ぬく, ぬって, のがれて, のがれるため, のぞいては, のぞむ者, のまされて, はじき流して, はじめ小, はずして, はねるや, はらって, ひいて, ひきよせたまま, ひき抜いた, ひそかに, ひっさげ旗, ひっ下げたまま, ひっ提げて, ひらめかし関羽, ひらめかす人, ふところに, ふむごとし, ふりあげました, ふり回したり, ふり込んで, ふるい槍, ふるうの, ふるったから, ふるはなかつた, ふるわれるの, ふるわれるん, まわして, みな撃ち落した, みると, もった女神, もってか, もつ手, ゆづり退去し, よくし, わが子に, アポロに, カラリと, ガチン, キラリと, クララの, ジウスに, バンドごとはずす, ブラ下げた, 一ツの, 一所に, 一見したい, 上に, 上段に, 下げた士官, 下げた彼, 下げた無頼漢, 下げる, 下すべきとき, 与えたまえ, 与えよあまき, 並べたごとく一度, 並べたよう, 中段から, 交えなかったの, 交じえ, 交ふる, 交わし左右, 人形と, 仕込まれて, 仕込むこと, 件の, 会得し, 会得する, 伝えるとは, 体得した, 作ったが, 佩いたまま殿階, 佩かせて, 佩きみな跣足, 佩き早く, 佩くからには, 使いそれ, 使い中平年間, 使うかという, 使うという, 使う心, 使う百姓たち, 使う里, 使ったが, 使ったの, 使わせたの, 借りて, 備えて, 元の, 免れた人間, 出しますわね, 列べたごとくに, 刺されたまま, 刺されて, 刺し通したそして, 刺し通した剣, 力に, 加えると, 励むもの, 取っての, 取りいわゆる, 取りはずし手ずから, 取り羊皮, 取るに, 取る時, 取ろうとして, 取出して, 取落して, 受けその, 受け取らるるや, 叩いた, 叩き落されしっかと, 合わせ万一, 吊して, 吊りました, 吊るして, 同時に仏光, 向けたまま, 向けて, 含んだ声, 呑んだ表情, 周瑜に, 唯一心に, 喰ったが, 地味なれ, 執った所, 執つた, 執り左手, 執るが, 執ること, 墓に, 売って, 外しも, 大きな楡, 天に対して, 失いましたこと, 奉じて, 奉らせたも, 奪いとると, 奪りあげ, 奪りあげた, 奪われその, 好み諸侯, 如何とも, 学ばん者, 学びその, 学びはじめたの, 学び天真正伝神道流, 学び技, 学んだという, 学んだはず, 学んだ人, 学んだ所, 峰丹波受ける, 差し出すと, 巻き落されアハヤ, 帯び戈, 帯び紫, 平和な, 座上に, 庭木の, 弓で, 引いて, 引きぬくと, 引き抜いたと, 引き抜き春, 引くと, 引っ掴み狂乱, 強奪, 役す去る, 彼の, 待って, 得たり, 御師範, 御覧に, 忘れては, 思い咲耶子, 想ったの, 愛しこの, 感じデスデモーナ, 懸けつらねたごとく澄んで, 手のうちに, 手放したの, 打ちこわして, 打ち合せる, 打ち振つて, 払いたちどころに, 払い虚空, 払つて新来の, 払へば, 把った, 把っての, 把り, 把れ, 投げた者, 投げ出して, 投げ刺し, 投げ棄て私, 投出し智愚強弱一切, 折った, 折って, 折ろうか, 抛ち法官, 抜いたまま塹壕, 抜いた君長, 抜いた所, 抜いた数人, 抜きそばめて, 抜きつれて, 抜きとって, 抜きながら, 抜きはらった, 抜き払い, 抜き払うと, 抜き払ったので, 抜き放して, 抜き放ち, 抜き放ち空, 抜き流れる浪, 抜き起って, 抜き防御, 抜き青い, 抜くのに, 抜くやいなや, 抜く者, 抜こうと, 抱いた青銅, 抱きながら, 抱けば, 抽い, 拝み撃ちに, 拭きながら, 拾いとって, 拾い取ると, 拾って, 持たしめたり, 持たず, 持ち出させたとは, 持ち出させながら, 持ち左, 持ち逃げし, 持った, 持ったクールフェーラック, 持った巡警, 持った日, 持った銅像, 持つ者, 持つ謀士, 指差し, 按じ眦, 按ずる壮士, 振い穆, 振うて, 振った, 振りあげて, 振り上げた, 振り冠, 振り廻して, 振り敵陣, 振り翳しながら, 振る時, 振る眼, 捕りおさえて, 捧げると, 捨て, 捨てた妻, 捨てて, 捨て筆, 探して, 探るの策, 提げたるまま, 提げた生物, 提げながら, 提げ小野, 握つて厳め, 握りしめて, 握り一方, 握る, 握る人, 揮いて, 揮い胸前目, 揮う私, 揮おうと, 揮つて, 揮つて先づ試みん, 揮ふて, 揮ふと, 揮わせなかった, 撓むるが, 撫しながら, 撫し時事, 操りて, 擬したりと, 擬して, 擲つの, 放した結果, 放って, 放つに, 放心した, 教えずして, 教えて, 敵へ, 斜めに, 斬りさげた, 易々と, 杖ついた, 杖づい, 杖として, 植えたよう, 植えた巌, 構ゆる, 横たえ, 横たえ頭, 横ッチョへ, 欲しがる, 歪めない限り, 残して, 残念や, 殺そうと, 求むるの, 求めた次第, 求めに, 河内屋に, 波間へ, 浴びて, 海に, 渡し, 渡るも, 王に, 用いること, 甲板上に, 畳から, 発矢と, 皇帝の, 盗まば, 目と, 相手へ, 看て, 知らず猿, 知る, 研くべく, 破ろうもの, 磨いたり, 磨こうと, 磨す, 礪ぎ四種の, 突きこむの, 突き出すが, 突き刺して, 突き刺す時, 突き立てられて, 突き通した, 突っ立てたが, 突っ立てられて, 立て直して, 筆に, 納めたけれども, 納める, 練って, 練るには, 習うの, 習わなくても, 習わなければ, 腰から, 臣に, 自得し, 舞わすに, 舞わす派手技, 舞わせて, 花嫁に, 苦業し, 蔵する, 袁紹の, 装ったる理想, 見おろして, 見せつけられすっかり, 見せます, 見たそう, 見よ, 見るよう, 言葉に, 語り禅, 説き, 談ずるの, 警戒し, 負うて, 賜う, 賜はり, 越えること, 踏んで, 躍らせて, 軒下の, 送つたが, 逆手に, 道を, 釈かずして, 釣って, 釣るして, 鋳るの必要, 鍛ひ, 閃かして, 防ぎよう, 附添へ, 隠して, 隠すに, 雑草とも, 離した, 離れて, 鞘から, 鞭の, 頸に, 顎の, 飛ばし人, 駆つて, 高くあげ, 高くふっ, 鳴らした者, 鼻さきに, 鼻ば

▼ 剣~ (798, 17.0%)

20 ような 17 ように 12 柄を 6 すがた, 道に, 鞘を 5 刃を, 音が 4 ために, 代りに, 先に, 光を, 前に, 柄が, 柄に, 舞を

3 [17件] やうな, 上を, 下に, 下を, 中の, 中へ, 先から, 先で, 力よりも, 声を, 林の, 林は, 歌が, 舞, 道, 道は, 音を

2 [53件] ある顔, うちの, かわりに, ことを, さきに, ささやきが, さやを, もとに, 上に, 中に, 修行は, 光が, 光の, 刃が, 刃に, 刃渡りを, 刃糞と, 切ッ尖, 前には, 力で, 口へ, 名人が, 味を, 声が, 威を, 富山七之助は, 山に, 山や, 平打ちを, 形に, 心を, 手に, 方は, 柄の, 柄へ, 渇きを, 物干, 男が, 眼から, 神様でございます, 禅杖が, 身の, 道が, 道と, 道にも, 道も, 鉄杖の, 長いの, 間に, 鞘の, 音も, 飛礫, 餌なれ

1 [532件 抜粋] あいだに, あたま, あたまに, あった其の, あつかい間あい, あらしの, あるそれで, ある一見, ある眼つき, いうと, いうとおり楼閣, いきおいが, いったことば, いのちを, いましめを, いわれを, いわれ因縁を, うえの, うごきは, うしろに, うしろには, うた, うたを, うち測り知られぬ, おめき, おもざし, お師匠, お流儀, かたわら骨董の, からだは, こころを, ことで, ことなどは, ことなら, ことについて, ことばかり, ことも, この手なみ, こんきでひッ, ごとき岩, ごとくまた, ごとく白く, ごとく聳えたの, ごとく自分, ごとし, さかんだった, さきへ, ささやきは, さばき具合が, したり顔なる, すごみと, そばの, そばへ, ためには, ついてる小さな, つかへ, つかを, つもりで, ところへ, とどかぬ処, とどきしだい, なげき, はずです, ひかりは, ひじりでございます, ひとえぐり, ひびきに, ふたりを, ほうじゃ, ほうで, ほうを, ほかには, ほかの, まえには, よく斬れる, わかる人間, わらう声, ミネを, 一人太田黒兵助という, 一団を, 一如の, 一字の, 一念力巌も, 一手に, 一撃で, 一撃を, 一面を, 上でも, 上にも, 上の, 上へ, 上達の, 下から, 下の, 不思議な, 世に, 中だ, 中央に, 主人を, 乱陣は, 事だった, 事なぞ, 交錯の, 人々を, 人たちは, 人でも, 人にも, 人宮本武蔵の, 人数が, 仕事にかけて, 他流だけを, 代わりに, 伏兵に, 伝統を, 但馬守剣の, 何物かを, 何物なる, 作法に従って, 使い手天魔太郎は, 使い方が, 使手陣十郎と, 修練は, 修羅場へ, 修行も, 修行を, 修行武士の, 修行者である, 側を, 傷痕である, 優劣を, 先が, 先き, 先にて, 光に, 光は, 光も, 光るの, 光流, 光輝は, 六則として, 六感で, 兵士が, 具にも, 出たつや子, 出た事, 出た場所, 出る丈, 出来あがる, 出現は, 刃の, 刃は, 刃ば, 刃ぶす, 刃や, 刃わたり, 刃先が, 刃渡りッー, 刃渡り栂や, 刃渡り活き, 刃渡り百足虫腹までも, 分は, 切っ先の, 切ッ先に, 切ッ先より, 初歩から, 剣できれ, 力槍の, 力衰えざる, 勇では, 勉強を, 勝負あなた方が, 勢を, 厄も, 双手だ, 合うよう, 名あった, 名人で, 名人は, 名人も, 名人必ずしも, 周囲を, 哲理と, 哲理は, 哲理を, 四君子と, 四種の, 図と, 垣が, 垣だ, 城を, 声かと, 大嶺が, 天井と, 太刀, 太刀その, 太刀風荒く, 奥の, 奥儀として, 奥儀によ, 奥義が, 奥義の, 奥義は, 奥義抜きこそ, 如きも, 如きもの, 如き尾羽, 如き山々, 如き岩石, 如くに, 如く枯れた蘆, 如く見えた, 妙も, 妙手として, 妙手なら, 妙髄を, 威徳には, 字を, 定めその, 室へ, 宮の, 家です, 家柄で, 家柳生家の, 富山七之助には, 小刀横から, 小太刀の, 小魔甲州無宿山椒, 尖からは, 尖で鹿, 尖に, 尖は, 尖を, 尺と, 山と, 山の, 山三途の川賽の河原や, 山死出の山老の, 峰を, 工夫ああ, 工夫か, 工夫など, 工夫の, 工夫を, 巧者でも, 巷に, 巻など, 師として, 帯革を, 式を, 強さ, 強弱としては, 形相が, 御修行, 心構えという, 心機, 怒濤, 悟りを以て, 悟道に, 感が, 戦野に, 手から, 手で, 手には, 手ほどきを, 手を, 手並み見せ, 手元は, 手元を, 才能が, 打ちあいでも, 技己と, 技術的な, 把を, 持ち方, 握り方の, 教祖の, 敵, 文字, 方が, 方じゃ, 方へ, 方位に, 旅は, 有無の, 本質を, 束に, 林が, 林を, 柄から, 柄であろう, 柄にこそ, 柄には, 柄赤銅の, 柄頭に, 梯子を, 業は, 極意, 極意なんて, 極意に, 極意によって, 極意は, 極意道こそ, 極理を, 極致が, 構え玄妙極意の, 権化と, 横行を, 橋を, 機先を, 歌には, 歌の, 歌を, 歌人と, 正しからん, 武蔵どのとの, 武蔵も, 歯車伊兵衛の, 歴史を, 比では, 気が, 気と, 気稟という, 池の, 法では, 法や, 法を, 流派は, 涙として, 涙を, 深さ, 渦との, 渦に, 渦の, 渦まきに, 漠然たる光, 火花, 片足が, 獲物では, 玄妙に, 王たる, 理あいも, 理から, 理法に, 環を, 生命を, 用法も, 異常な, 発足であり, 相とも, 相花の, 眉が, 真価を, 真理を, 真眉間, 真髄は, 着け方, 神では, 神様えらい, 神殿なる, 神殿に, 神話によ, 禅杖でなく, 禅杖に, 禅杖も, 禅杖を, 秘微, 稲妻に, 稲妻血汐の, 究明に, 立って, 立つ逞しい, 端くれの, 笏の, 第一人者として, 第一人者に, 第一撃, 筋は, 簪を, 精神の, 精進と, 精鋭を, 終局は, 絶対的な, 練妙が, 美を, 美術に, 義に, 老いを, 者を, 耳へ, 聖地を, 背で, 背に, 胸もとへと, 脳天へ, 脾腹を, 腕を, 腕前とともに, 舞いだぜ, 舞の, 舞は, 舞ふ, 舞も, 良師を, 色彩は, 苦労が, 苦手は, 荒いこと無類, 虚を, 虹, 行きどころ, 行く前, 術では, 術ばかり, 術まで, 触れ合ふ, 試合と, 試合は, 話も, 話を, 話禅の, 説は, 諸流派, 責任は, 質が, 赤軍兵士が, 跳躯が, 身の上, 身を, 身路用が, 速捷, 道から, 道それは, 道でなかった, 道でなけれ, 道とて, 道なる, 道においては, 道には, 道へ, 道への, 道場だった, 道業を, 道武道の, 道者武蔵との, 達人じゃ, 遺恨である, 里であった, 鉄杖が, 鉄杖で, 鉄杖に, 鉄杖も, 鉄杖より, 銃を, 鋭いこと, 鋭い与助, 錆に, 錣正流居合いの, 錦で, 鍔の, 鍔下まで, 門, 門だって, 門へ, 閃光とを, 間から, 間には, 間は, 間を, 阪で, 降魔の, 陣が, 雨が, 霊を, 面上目がけ, 面煌々明, 鞘, 音, 音だの, 音で, 音でと, 音なぞも, 音に, 音は, 音戟の, 音斬りおられた, 響きに, 響きを, 頬を, 頭椎に, 頭椎を, 顔を, 類であった, 颶風であった, 飛んで, 飾り馬具, 首, 首も, 駒を, 骨に

▼ 剣~ (318, 6.8%)

4 彼の, 鉄杖を 3 禅杖を 2 それを, 一人の, 反絵, 地に, 血に, 誰に, 身を, 餓えたり

1 [291件] あきれた, あなたの, あまりなかれ, あり得ず又, いかほどに, いっさんに, いつか一度は, いぶかしそう, いまさながら, いま神刑に, おちつきはらって, おどろいた, お父さんから, かげで, かつての, かつてペン, かねてしたため, かれの, かわるがわるに, きっと玄徳, きまじめに, きょうの, きらめき弾, こおどりし, この方角, この鷲, こんどこそ, ございません, さきに, さっき空井戸で, さながら白蛇, したり顔だ, すぐさっと引きぬかね, すぐ衣, すぐ飛魚, すこしも, すでにおのずから法神流, すなお, すばやく伊那丸, そうでなかった, そう思った, その, そのさかずき, その印綬, その声, その左手, その後に, その敵, その神刑, そばへ, それと, それは, たおれて, ただ火, たちまち雨, たとえ胆, だんだんと, ちょっとざんねんがっ, ついに彼, とうてい歯, どうした, どう見, どこだ, どこに, どんな危地, なかった, ながき渇き, なくなって, なにも, のちに, はじめて破, はるかな, はるか向うへ, ひッ, ふいても, ほとんど児童, また剣, まだかつてこんな, まだ切ッ先, もうあの, もう次, もと今川義元の, やめだ, やや興奮的, よくそれ, よこから, よしという, わしの, わたしの, ウツロであった, カミーユ・デムーラン, ケダモノに, ハッと, バネで, 一と, 一同を, 一太刀毎に, 一斉に, 一瞬の, 一瞬間からみ合い, 三尺に, 三尺側へ, 上泉伊勢守の, 下がって, 乱の, 二本の, 云うまでも, 人なり, 人を, 人剣である, 人智の, 人智を, 人間の, 今し方磨いだ, 今まで, 今日祖国の, 伊勢の, 伊那丸の, 体得の, 何か, 何時も, 使いません, 例の, 侍臣の, 侍臣を, 依然として珠, 依然最初, 侯恩に, 俺が, 個性の, 僧侶が, 先祖伝来の, 八ぽう, 兵法として, 再び彼, 凄じい音, 切り下ろされたが, 切れないと, 切れるよう, 初太刀よりも, 別れを, 前へ, 剣を, 力まかせに, 功を, 半分きり刺さらなかった, 危うくヘンデル, 反れて, 取らなければ, 右衛門によって, 吐息を, 呉王の, 呼ばわった場所, 啾々と, 四寸くらいの, 国禁され, 地だ, 夜叉の, 大いに取る, 天性とでも, 奥へ, 奪われた, 娘一人を, 学んで, 守るべく頼るに, 宙に, 宿禰の, 尊手へ, 岩に, 巧みである, 張嶷の, 当時に, 微動だ, 心なり, 心を, 念入りじゃ, 怒気に, 思いやりの, 怪しい男, 悟道一片の, 我を, 手に, 打, 投げ捨て右剣一本, 抜かれて, 持たないの, 持ちませんが, 持てど, 持主が, 振り上った, 擯斥すべき, 数珠を, 文字通り鍔もとまで, 早くも, 春藤幾久馬味方に, 晋の, 普通の, 曇って, 曹操みずから腰に, 朝霧の, 杖か, 東軍流槍は, 梅軒の, 梅雪一党が, 業物それが, 正義の, 此処に, 武人の, 武士の, 死ぬ, 殺でなく人生呪咀, 殺人を, 気早な, 活人剣じゃ, 渇いた時, 渇いて, 渾力を, 火を, 火華を, 烈士に, 無気味に, 煩悩の, 父の, 片手に, 猥褻な, 猫の, 理窟じゃ, 男らしくいった, 疲れたさま, 病が, 皆一道と, 皆両刃である, 皇国武力の, 皇子を, 直ぐ奪われた, 相当たっ, 眉間に, 真から, 真剣に, 眼に, 着けて, 神馬小舎から, 穂である, 空を, 突として, 窟の, 立ちあがって, 笑うべきもの, 絶対だ, 総身の, 羊の, 耳も, 肋骨の, 股に, 胴を, 能く, 腰の, 腹なり, 自源, 苦笑し, 虚を, 虹橋の, 蚕婆には, 袁紹を, 見あげて, 豚を, 負けたの, 賢き王, 超人的, 跳び馬, 身に, 身の, 輝いた, 道でなけれ, 道了塚の, 部下の, 鉤の, 鏡だ, 長いの, 長羅, 降りた, 隻手人間は, 雌雄一対ある, 雌雄一対であった, 霜を, 頭を, 風笛と, 飽くまでも研き高められ, 馬の, 魔剣でなけれ, 鳴って

▼ 剣~ (193, 4.1%)

3 出た様 2 ある, ござる, ひとりで, 今手もと, 堪忍を, 建てて, 握られて, 潜んで, 空間に, 風の

1 [170件] あげた噴血, あったの, あって, あばれこんで, あり, あります, ありません, あり唇, あるが, あるさ, あるん, ある筈, いかに野育ち, いった, いつも囁いた, うごいて, お供を, かけつけて, きもを, きらめいたと, きらりきらりと, こう問いただした, この歓喜, さきに, さっと走っ, さんらんと, そういうご, その虚, それへ, それを, そッと, ただ真, たちまち鞘, つづいて, とり持つ縁, どうした, どろどろに, なくなって, なにを, のがすもの, ひらめいた, ふえた, ふりかえって, ふれたの, ぶらぶら揺れる, むごい神縄, もったいなくも, カチカチ云ひます, カチャンカチャンと, ガチャガチャ鳴った, ズバリと, ッ, ヌラヌラと, 一度に, 一気にかれ, 下って, 不覚を, 中程から, 二た振, 他を, 伊那丸の, 伸びて, 何か, 何かの, 使えたもの, 修羅の, 先に, 光輪の, 入用に, 出て, 出れば, 刃並を, 利いたから, 刺さって, 力を, 匕首と, 単なる兇器, 命にかけて, 唯独り, 唸って, 垂れ下がり朝, 壁の, 大地に, 大気に, 天に, 奉納し, 存在する, 届くか, 峯の, 幾つも, 廂の, 彼の, 悪剣, 我々に, 我が手, 折れて, 折れるか, 抜き払われた, 押しつけるよう, 持たれて, 振り出されて, 捕吏の, 提げられて, 撒かれた氷, 数多くあつまっ, 斬る同時に, 早かった, 映る, 智慧を, 暗黒の, 曲ったの, 最高な, 月の, 朝日に, 植えて, 次第にせり, 気の, 流るる駕籠, 激しく火花, 珍奇な, 生きつづけて, 生命の, 異論を, 発止と, 石櫃を, 砥が, 磨かれて, 祭って, 秘めて, 突いたの, 突き出た様, 突然敵, 立つという, 竜の, 答えるぞ, 続くからこそ, 肩先に, 胸さきで, 自慢で, 自由自在に, 艫に, 芝生に, 茂作の, 落ちた, 虹の, 血の, 見えないから, 見える, 観えよう一刀流, 触れあって, 計らず再び, 賊を, 速かった, 連れ立って, 銀鱗を, 長い剣, 門を, 閃めき出る, 閃めく, 闇の, 降り下った, 雲の, 電火の, 青くみどり, 飛んだ, 飛来した, 馬首を, 高くさけぶ, 鳴った, 黙したとき

▼ 剣~ (181, 3.9%)

13 手を 3 胸を 2 かかって, よらねば, 依て, 心を, 相違ない, 食を

1 [153件] あくまで喰わせよ, あらざれば, あらず槍, あらわれたので, あらわれる性格, あわや竹童, おなかを, おぼろな, お袍, かかれば, かかわって, かけたら先生, かけて, こめて, こめねば, こもるの, ございます, ござります, ささやくの, したがって, すぐれた者, その首, たるみを, つながる一種, つれて, なぜ成りきらない, なったり, なって, ならって, なれるか, ねばりが, ふれて, もの, よらず徐, よりかかって, わかれて, 一段の, 不自由な, 世上の, 串刺しに, 二種の, 今や見事, 仕えた古人, 仕えて, 仕込んで, 仗り, 付け入られるでしょう, 代ふる, 代へ, 代へる, 伏して, 位負けせぬ, 依っては, 倒れたん, 倚って, 備えながら, 傷つけられて, 先立って, 具象し, 凝って, 別れを, 刻める文字, 剣とは, 力が, 力を, 勝つこと, 包まれた若者, 化けたと, 参じ軍法, 反映し, 句を, 向かうとも, 向って, 呪われたもの, 執着し, 堕す気味, 夜は, 妄執せず, 学ぶもの, 宇宙を, 対したこと, 対抗しうる, 射抜かれて, 巻き落し, 引かれて, 弾みを, 当たって, 形作法などが, 徹底する, 志す社会, 恃まず, 恃み, 戯れる鳩, 打たれて, 扱つた, 拠る, 挟まれた形, 捲きついたため, 擬したま, 擬し日章, 敗れて, 敗れる前, 斃れる, 来て, 森の, 楔を, 次ぐの表芸, 死んだ男, 死んでこそ, 殺された, 水車, 淫する一種, 渾然と, 満つる, 源十郎の, 焦がれて, 理を, 生かせば, 生きる, 生きる人間, 生きる人間以外, 生きる同志, 生き剣, 登って, 登り池ノ平, 盟え, 省みて, 着物を, 矢を, 碧血の, 祈るところ, 神を, 秀で胆, 突き刺され乍ら防砦, 筆に, 細かくはずみ, 縁が, 自分が, 血を, 見えメイ子, 見るべきもの, 見立てて, 触って, 誓うおれ, 象徴された, 跳びかかって, 身体を, 迷い剣, 鋭かった, 錦地の, 陶酔した, 陽の, 飽まで

▼ 剣~ (164, 3.5%)

10 小文治 7 剣の 3 剣が, 龍太郎が 2 剣との, 巽小, 木隠, 楯とを, 筆とを, 自称し, 頸と

1 [127件] いい正真, いうと, いうほど, いうよりも, いえば, いくさ船の, いっても, いへば, いわずこの, お袍, この三つ, この手裏剣, この社会, して, ちがって, なれば, はつるぎ, ほかに, みたが, もうしますもの, もうすかた, ケンプトベストバックライラントの, ピサルと, 一匹の, 一如である, 一所に, 一通の, 一門の, 云って, 人倫剣と, 人影と, 人影へ, 人物による, 人生と, 人生剣と, 仏道剣と, 伊那丸は, 体とが, 佩きかえて, 侠剣暗黒と, 共にある, 剣と, 剣とは, 剣とを, 剣は, 勾玉とを, 化して, 十字架と, 十手の, 十手術で, 印とを, 印を, 厚紙の, 哥太寛の, 孫兵衛の, 小剣を, 岡平と, 左に, 左の, 帯の, 弾薬を, 心の, 心業とを, 思い合せて, 戟と, 手に, 拍車とを, 持ち直した万太郎, 擬せしめて, 明け暮れそれ, 月光を, 杖の, 棒とを, 槍との, 槍とを, 槍による, 槍を, 機関銃と, 武士道が, 火との, 申しあげるよう, 申しますは, 申し候, 申す, 申すもの, 画筆, 白焔斧は, 百合を, 目くばせし, 盾とを, 短剣が, 禅との, 禅とは, 筆とは, 筆を, 縄との, 老人の, 腕, 芸術, 苦を, 苧の, 茶壺しか, 茶壺です, 茶壺の, 蔦之, 見惑うよう, 触れ合う音, 試合って, 財宝とを, 軍服とを, 道づれである, 酒とを, 鈴を, 鉄砲とを, 鉄砲の, 銃と, 銃とを, 銃剣の, 鏡と, 面目に, 靴音と, 龍太郎, 龍太郎から, 龍太郎であった, 龍太郎とが, 龍太郎とを, 龍太郎波に

▼ 剣~ (132, 2.8%)

12 ほろろに 9 ほろろの 5 龍太郎も 4 小文治, 槍も 2 てる夜叉, 意外な, 禅も

1 [92件] ありのままな, いさみたったが, うらみを, おもわず微笑ん, かたすみ, この奇怪, この戒刀, こぼれるという, さやも, すっかり後悔, すべても, そうで, そう解いた, それには, そんなになれ, つかえるし, つづいて, なくては, なくブラッセル, なく人, なく入り来る, なく禅, はたとと, ふしぎに, ふだん道場に, ほろ, ほろろです, ぽんとうしろ, またその, まだまだ彼, われわれ三名も, グッと, ホロロだ, ホロロな, ホロロに, ホロロの, 一体の, 人も, 以来いよいよ, 伊那丸の, 何の, 先に, 切羽の, 動くであろう, 単一なる, 吊って, 奪り上げられ, 少しくたびれ, 居士の, 届かずです, 巧者に, 帯し, 心も, 忠明の, 思わず胸, 恕せ, 息を, 恵林寺に, 戟も, 抜かず寄りつく者, 捨てて, 捨て数万, 握られて, 新らしく光っ, 槍もなが, 正しからず, 此を, 民部も, 滝壺の, 火と, 猟も, 玉も, 生死も, 着けて, 着物も, 石櫃も, 私の, 精根を, 肩へ, 自まま, 華やかだ, 赤かった, 道なら, 鈍り道, 銃も, 鋭いかしら, 鋭かったらしい, 鍬なり, 鎧も, 静かに, 韋駄天ば, 髀肉の

▼ 剣~ (75, 1.6%)

2 あつた, もって

1 [71件] いうならば, うまく行かなかった, かこまれた第, きたえたこの, こじあけようと, この長い, この頭, ご自身, するの, できて, はね上げて, ひどく傷つけた, やっと仕込めた, やられたの, わたりあう男一匹, ガッキと, ホーキン氏の, 世に, 二人の, 亡びると, 人間一人突き殺せる, 切られた大きな, 刺されたり, 刺し殺した上, 刺すよう, 取れ, 名の, 塀から, 成敗し, 戸を, 手ずから十人, 手当りしだいに, 打たせ給うた, 打って, 打負かした, 払いのけた, 払った, 招けば, 数十人の, 敵の, 新らしい, 果てるの, 横薙ぎ, 正宗の, 死ぬの, 死ぬん, 殺されるの, 殺したん, 生涯を, 真っ二つ, 私を, 突かぬか, 突かれた, 突きやった, 突き刺れ, 突く者, 立って, 立つほど, 第一, 胸を, 腐朽の, 腹を, 自分の, 自分を, 致しまする, 薙ぎ倒そうと, 蛇の, 講られる, 貫かれるだろうと, 身を, 頭を

▼ 剣~ (61, 1.3%)

2 だ, の素晴らしい, を学んだ, を自得

1 [53件] がけっして, が余りに, ぞや, だったの, だ油断, であるから, でござる, では, では比較, と士魂, などは下手, ならまず, においても拙者, において上, にかけ, にかけては優秀, にかけては段違い, にたのむ, にど, にも勝れ, に至っ, に観客, に錬達し, に長, の勝れ, の奥義, の敵, の精妙さ, はずっと, はほとんど, は左衛門, は禅, も抜群, も確か, も素晴らしい, も陣十郎, をお, をきそう, をつちかいきたった, をみがいた, をみがきます, をもち, をもっ, を好まなくなった, を持ち, を持った, を汚す, を無二, を見せ, を試みる, を誇る, を認めぬ, を錬磨

▼ 剣~ (37, 0.8%)

3 のひびき 2 の中, をもっ

1 [30件] といっ, にも少し, に一流, に守られ, のあいだ, のかがやく, のこと, の下, の光, の場, の怒, の気, の瞬間, の荊路, の長城, の閃き, の間, の餌, はくだけ, はたちまち, をしのばせ, を以て戦はん, を吹きかすめた, を振舞い, を掻きわけ, を男谷, を研ぐべし, を羅列, を見, を見る

▼ 剣~ (32, 0.7%)

1 [32件] か自分, がござる, がひしひし, がほとばしり出, がみなぎっ, が刷, が心眼, が漂っ, が相手, が蔵, だけは不思議, だった, つつみて, である, と云おう, と禅妙, におされる, に吹かれた, に呼びさまされ, に命, のすばらしさ, のぬ, の群れ, はどう, またここ, も刺客, をその, をはなれられぬ, を合わする, を察した, を帯び, を眸

▼ 剣~ (29, 0.6%)

2 小文治, 木刀を, 龍太郎は

1 [23件] その他総ての, ピストルを, 勲章の, 古判などが, 大砲で, 弓の, 弓矢などの, 弾盒も, 斧を, 棒を, 槍で, 槍など, 民部などの, 独鈷の, 短剣を, 背嚢の, 鉄砲を, 鉞等あり, 龍太郎という, 龍太郎の, 龍太郎も, 龍太郎や, 龍太郎を

▼ 剣~ (24, 0.5%)

1 [24件] たること, であったと, ではなくなっ, では比肩, というの, といえよう, としては五指, とは, と名乗る, などは剣人, なりと, のうごき, のそれ, のでも, の中, の仲間, の実状, の甥, の画, の筆, の風貌, は一世, らしい線, をもっ

▼ 剣~ (24, 0.5%)

2 と血

1 [22件] がある, がビィヨンビィヨン, が終夜, が閃いた, にうずめ, に眼, のあいだ, のうごき, のひらめく, のみ, の修羅場, の先, の史, は幾たび, もやがて, をまいた, を描い, を目あて, を目がけ, を空, を縫い, を阿鼻叫喚

▼ 剣~ (22, 0.5%)

1 [22件] からおろす, から三方, から剣, がきらきら, と扇, につり込まれたら, に刺し, に立った, に餅, のと, のみがただ, のよう, までのあいだ, をかわし, をそらし, をやや, を作っ, を向け直す, を玄蕃, を躍動, 船堀尻を, 船頬冠り

▼ 剣~ (22, 0.5%)

1 [22件] か地酒, が五升, ちょいと, であろうとは, ですよ, といただきました, の主人, の五つ紋, の天井, の正装, ばかりを飲ん, もすれちがいゆく, をギヤマン, を入れ, を抜い, を樽, を残し, を用い, を選ん, を鍋, を頒, 同二百八十文

▼ 剣には~ (19, 0.4%)

1 [19件] あいつか, あの三太郎猿, それが, どうも今, どんなに強い, ファンガリィの, 久しく遇った, 勝てないもの, 及ばない, 及ばないもの, 友の, 広さ, 必死必殺の, 昔から, 目にも, 磁石の, 負けなくても, 越えがたい, 黄金の

▼ 剣~ (18, 0.4%)

2 から祁山, の嶮

1 [14件] から早馬, でも襲う, と祁山, に招い, の万峰, の嶮路, の木門道, の難所, へといつか自分, へわたっ, へ加勢, へ向っ, へ猛攻, まで来

▼ 剣という~ (16, 0.3%)

2 のは, ものが, ものだ, ものは, ものを 1 おや指一本, ものの, 品物かな, 秋霜の, 言葉に, 長い剣

▼ 剣では~ (15, 0.3%)

1 [15件] あったが, いかぬと, この土地, どうにも仕方, ない, ないから, ない禅, ない陰険, なくて, なく活き剣, なく鍬, 名の, 恰も槍, 男谷下総守槍では, 身が

▼ 剣によって~ (13, 0.3%)

2 貴方がたの

1 [11件] ともかく洛陽, どこまで, ヨーロッパを, 倒れた夥しい, 切り開かれる通路, 千里を, 始めたところ, 復讐せん, 活路を, 自らを, 自分の

▼ 剣~ (13, 0.3%)

1 [13件] ミガク, ヨクシ傍ラ絵筆ニ通ズ, 吐キ, 帯ビ士官ト見, 手ニカケテ曰ウ, 抜イテキラント欲スレバ, 持チ船ニ乗リタル尊, 按ズル声仏ヲ, 振リカザスコトヲ止メヨ, 穢ス剣家, 脱スルトイフコトナシ, 鳴シテ秋気, 鳴ラシテ秋気来リ

▼ 剣~ (13, 0.3%)

2 ともいうべき

1 [11件] ある中, かとまれ, といわれる, と名人, と向う, にも勝る, の境, の書, は言いのこし, をこの世, 習う甚内

▼ 剣~ (13, 0.3%)

6 のよう 1 さながらの, と剣聖, と女妖, のやから, の手, の手垢, の本性

▼ 剣~ (12, 0.3%)

1 [12件] があろう, さすがの, である, ではない, とをもち, の上, の所有者, の立つ, は伝え聞い, をもっ, を充分, 一方のかれ

▼ 剣~ (11, 0.2%)

4 の郊外 2 のキャベンディシュ研究所 1 について詳しく, の太陽物理学研究所長, の教職, はその, を訪れた

▼ 剣~ (11, 0.2%)

1 [11件] が始まった, したこと, で僕, にみだれかけた, に秋穂左馬, に荒らされた, の場, はめちゃめちゃ, をうかがっ, を眺め, を試み

▼ 剣~ (10, 0.2%)

2 そうでございます 1 から手裏剣, そうです, とかりっぱ, な, などと言う, ね, のが, 下段に

▼ 剣とを~ (10, 0.2%)

1 もって, わたしに, 今でも, 取り出した, 奪ったの, 差し向けた, 持って, 捧げて, 献じると, 神仏に

▼ 剣どの~ (10, 0.2%)

1 おたがいにこ, では, という者, には北国路, のお, へ知らせん, また煙, もお, もかならず, も加わる

▼ 剣~ (10, 0.2%)

2 助へ 1 助いい, 助が, 助さんは, 助という, 助なども, 助の, 助を, 助内心うす

▼ 剣~ (10, 0.2%)

1 に黒点, はし, ようやく高し, を偽称, を岸柳, を揉み消し, を耳, を轟かせた, 大いに高かっ, 最も高し

▼ 剣~ (10, 0.2%)

1 でなけれや, として一人前, として社会, として立つ, として自分, となっ, にはむしろ, の剣, の鞴, を自分たち

▼ 剣よりも~ (9, 0.2%)

2 偉大なり 1 どこかに, ピストルよりも, 寒き光, 強し, 悲心によって, 茶を, 鋭い刃

▼ 剣~ (9, 0.2%)

1 だと, にある, に当て, に革, の端, の鋳型, をしめ, をギュッ, を解い

▼ 剣~ (8, 0.2%)

1 なにか知らねえ, ピストルか, 二つに, 宗教か, 平和か, 戦争で, 狂う烈火, 石砲か

▼ 剣から~ (8, 0.2%)

1 できたの, 修身の, 入った人生, 出て, 庇護する, 悟り得た道心, 画を, 進んで

▼ 剣~ (8, 0.2%)

2 手を 1 かかって, はずみを, 狙撃の, 茶碗を, 迫って, 降りかかる

▼ 剣を以て~ (8, 0.2%)

1 するあり筆, すると, 三たび夜叉の, 世に, 人を, 同じ職, 自らこの, 蠅を

▼ 剣ヶ倉山~ (8, 0.2%)

1 から北, との間, の三角点, の尖頂, の左, の登り, の絶頂, の西

▼ 剣~ (8, 0.2%)

1 たる所以, とか侠盗, と宝物さ, になった, のたぐい, の剣侠, も女, を志し

▼ 剣~ (8, 0.2%)

1 に双方, に当り得ましょう, の先, も遅し, をかわし, をくらッ, をわが, を覚え

▼ 剣とは~ (7, 0.1%)

1 不可分な, 余りにも, 半曇つた二月, 実は別物, 違って, 限るまい, 面白い

▼ 剣付き鉄砲~ (7, 0.1%)

2 を持った, を肩 1 で前後, の兵隊, を突きつけ

▼ 剣刃上~ (7, 0.1%)

2 を行き 1 に殺, のこと, の悟り, の戯れ, の覚悟

▼ 剣~ (7, 0.1%)

1 に勇ましい, に半眼, に立っ, に聞こえます, に近づく, を離れ, 何ものも

▼ 剣~ (7, 0.1%)

2 まで 1 に泳ぎ着き, はくろぐろ, まで泳ごう, やその他, よ

▼ 剣禅一致~ (7, 0.1%)

3 の妙諦 1 だな, ということ, と申す, の妙境

▼ 剣~ (7, 0.1%)

1 がいる, がどんなに, にとっては一月, は急, は白熱, は脚, を砂

▼ 剣~ (7, 0.1%)

1 にスーッ, に映え, に河原, の歪んだ, を掴ん, を握りとめない, を突きこん

▼ 剣~ (7, 0.1%)

1 がギッシリ左膳, に包囲, のなか, の中, をちぢめ, をもぐってかこみの外, を描い

▼ 剣龍太郎~ (7, 0.1%)

2 の三人, 小文治 1 のふたり, の耳, の驍勇

▼ 剣であり~ (6, 0.1%)

1 ながら微塵, 同時にそれ, 名人の, 武器である, 武蔵の, 鎌は

▼ 剣でも~ (6, 0.1%)

1 この深, 口先でも, 執りあげる身構, 大砲でも, 帯びて, 間違いも

▼ 剣に対する~ (6, 0.1%)

1 それまでの, ように, 心は, 愛執と, 正統の, 熱狂は

▼ 剣~ (6, 0.1%)

1 などの腕きき, は大きく, は捕手, は残る, は逸早く, をはじめ

▼ 剣~ (6, 0.1%)

1 だけに右腰, とはいえ, のほう, は麻布本村町, をつかん, をダラリ

▼ 剣~ (6, 0.1%)

1 だ, のなか, のまんなか, もそのまま, を向け, 怒罵踏み切る跫音

▼ 剣~ (6, 0.1%)

1 が彫刻, と知りあい, のあなた, は独り言, をきょう, 見たこと

▼ 剣~ (6, 0.1%)

2 の兵士, の波頭 1 などがつき立っ, にて突かれし

▼ 剣~ (6, 0.1%)

1 にて成りたる, に一流, に杖, の力, の難, を耀かし

▼ 剣魔左膳~ (6, 0.1%)

1 が壺, にこの, の一眼, の恋, の息の根, の胸

▼ 剣~ (6, 0.1%)

2 のくちばし 1 がどうして, が突然, とでもいうべき, の邪魔

▼ 剣とともに~ (5, 0.1%)

1 おんなを, この鷲, ただ顔, 送られた威嚇, 駕籠の

▼ 剣との~ (5, 0.1%)

1 交錯大砲と, 対峙に, 対話, 来歴も, 殺気それが

▼ 剣にかけては~ (5, 0.1%)

1 天才であった, 天稟の, 決して恵み, 無双の, 腕達者揃いの

▼ 剣による~ (5, 0.1%)

1 ひとつの, ものは, 審判者である, 欧州諸王位の, 者も

▼ 剣ヶ倉~ (5, 0.1%)

1 から大水上山, から金山沢, などいう, の右, の登り

▼ 剣~ (5, 0.1%)

2 を改めて 1 をみつめた, を引きつれ, を見

▼ 剣~ (5, 0.1%)

1 が相互, にあかし, に疲れる, の叫び, を知らぬ顔

▼ 剣梅鉢~ (5, 0.1%)

4 の紋ぢ 1 で加賀中納言様

▼ 剣橋大学~ (5, 0.1%)

1 で天文学, に遊び, の応用化学, の教授アンドリウス・ケネディ博士, を除い

▼ 剣~ (5, 0.1%)

1 が床の間, が網, のさわぐ, はすすまず, を作っ

▼ 剣~ (5, 0.1%)

2 を握っ 1 で尻, で老人, をはねあげ

▼ 剣~ (4, 0.1%)

1 ていかめしく, てこの, て待機, て抜刀隊

▼ 剣そのもの~ (4, 0.1%)

1 が単に, のよう, の達人, も本望

▼ 剣~ (4, 0.1%)

1 のだ, のであった, のである, 退去命令を

▼ 剣にも~ (4, 0.1%)

1 そういう徳, 同化し, 思いだされること, 等しい一脈

▼ 剣付鉄砲~ (4, 0.1%)

1 かかえて, で刺殺された, を一挺, を肩

▼ 剣~ (4, 0.1%)

1 か飲み, がある, の無事, をたずね

▼ 剣天下~ (4, 0.1%)

2 を行く 1 を治む, ヲ治ス

▼ 剣~ (4, 0.1%)

2 の娘 1 が, のむす

▼ 剣怪左膳~ (4, 0.1%)

1 どうしてこうおとなしく, の筆跡, はかりごと, をとりまい

▼ 剣~ (4, 0.1%)

2 広線形 1 で白緑色, の硬質葉

▼ 剣~ (4, 0.1%)

1 な上眼, の誘惑, ひくと, を見せ

▼ 剣~ (4, 0.1%)

1 から見, がそこ, に映じた, を光らせ

▼ 剣~ (4, 0.1%)

4 不識篇

▼ 剣酸漿~ (4, 0.1%)

2 の紋服 1 だ, だという

▼ 剣~ (4, 0.1%)

1 にその, に縋っ, の一士若松大太郎, の士法勝寺三郎

▼ 剣かたばみ~ (3, 0.1%)

1 がしつ, の大きな, を大きく

▼ 剣さま~ (3, 0.1%)

1 さだめしお, までつい, も

▼ 剣その~ (3, 0.1%)

1 うたう歌, 人である, 所を

▼ 剣つき鉄砲~ (3, 0.1%)

1 に脇腹, を奪いとり, を握らせ

▼ 剣であった~ (3, 0.1%)

1 という, とみる, にとどまらず

▼ 剣である~ (3, 0.1%)

2 ということ 1 などとも噂

▼ 剣です~ (3, 0.1%)

1 か, よ, 良基

▼ 剣ところ~ (3, 0.1%)

1 を一, を別して, を異に

▼ 剣として~ (3, 0.1%)

1 ひそかに, 働かして, 土民に

▼ 剣とも~ (3, 0.1%)

1 なりて, なり時に, 成して

▼ 剣と共に~ (3, 0.1%)

1 刎ね, 習い覚えたる投げ, 諸葛瑾

▼ 剣なら~ (3, 0.1%)

1 こっちは, ば体, 柳生一刀流で

▼ 剣にて~ (3, 0.1%)

2 亡ぶべし 1 滅ぶべければ

▼ 剣ばかり~ (3, 0.1%)

2 では 1 下げて

▼ 剣また~ (3, 0.1%)

1 ある時, 並ぶ者, 剣槍は

▼ 剣より~ (3, 0.1%)

1 女の, 工合が, 更に一かさ

▼ 剣をも~ (3, 0.1%)

1 さえぎる, 帯びて, 彼は

▼ 剣~ (3, 0.1%)

1 にひざまずかせ, へ一尺, を交わし

▼ 剣光帽影~ (3, 0.1%)

1 が閃, で取囲まれ, を眺め

▼ 剣~ (3, 0.1%)

1 と明け暮れ, に二種, を揮つて

▼ 剣妖丹下左膳~ (3, 0.1%)

1 いまし奮迅, が, は乾雲

▼ 剣~ (3, 0.1%)

1 であるとも, を会得, を前面

▼ 剣~ (3, 0.1%)

1 に魅し去られ, をこころ, 不異

▼ 剣怪丹下左膳~ (3, 0.1%)

1 に恋, の主君, の手

▼ 剣~ (3, 0.1%)

1 しきりに動く, にしん, の秘奥

▼ 剣~ (3, 0.1%)

1 から鋩子, に到り, をとっ

▼ 剣~ (3, 0.1%)

1 もなく, を与え, を予感

▼ 剣~ (3, 0.1%)

3 隠龍太郎

▼ 剣狂丹下左膳~ (3, 0.1%)

1 が正当, そのころ, であった

▼ 剣~ (3, 0.1%)

1 の境地, の関係, は自ら青年

▼ 剣~ (3, 0.1%)

1 だな, である, で行く

▼ 剣花坊翁~ (3, 0.1%)

1 の作品, は大正七年, へ移らう

▼ 剣鬼丹下左膳~ (3, 0.1%)

1 の世, へ, を江戸

▼ 剣鬼左膳~ (3, 0.1%)

1 のあ, の手, の片手

▼ 剣~ (3, 0.1%)

1 て秋気, 一戛首を, 戞然凄まじい

▼ 剣ある~ (2, 0.0%)

1 のみとは薩摩, のみの英断

▼ 剣~ (2, 0.0%)

1 えーっと風, ッと

▼ 剣この~ (2, 0.0%)

1 けじめさえ, 一剣

▼ 剣それ~ (2, 0.0%)

1 をあしらう, を正道

▼ 剣たち~ (2, 0.0%)

1 のまえ, の両方

▼ 剣だけを~ (2, 0.0%)

1 取った, 献じたこと

▼ 剣だの~ (2, 0.0%)

1 何だ, 巻軸だの

▼ 剣つき~ (2, 0.0%)

1 の鉄砲, の銃

▼ 剣でなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばならない, ばならぬ

▼ 剣といった~ (2, 0.0%)

2 ような

▼ 剣とか~ (2, 0.0%)

1 云うの, 古代の

▼ 剣なす~ (2, 0.0%)

1 岩に, 岩石が

▼ 剣など~ (2, 0.0%)

1 むかしの, 廃るの

▼ 剣などの~ (2, 0.0%)

1 古事は, 武器が

▼ 剣などは~ (2, 0.0%)

2 握らなくなり道

▼ 剣に対しては~ (2, 0.0%)

1 それだけの, 十分尊敬を

▼ 剣に関する~ (2, 0.0%)

1 伝説などは, 歌を

▼ 剣やら~ (2, 0.0%)

1 様々の, 水晶を

▼ 剣~ (2, 0.0%)

1 わしは, 太刀

▼ 剣よりは~ (2, 0.0%)

1 三寸の, 女子の

▼ 剣ツキ鉄砲~ (2, 0.0%)

1 デ, デ突カンナラン

▼ 剣一如~ (2, 0.0%)

1 という高所, の真理

▼ 剣~ (2, 0.0%)

2 の剣

▼ 剣三郎刑事~ (2, 0.0%)

1 は出張先, も挑戦

▼ 剣~ (2, 0.0%)

1 に助力, のムダ

▼ 剣人たち~ (2, 0.0%)

1 である, のうち

▼ 剣~ (2, 0.0%)

1 は終った, を見る

▼ 剣~ (2, 0.0%)

1 の響, をととのえ

▼ 剣侠一式小一郎~ (2, 0.0%)

1 はこの, も命

▼ 剣~ (2, 0.0%)

1 いたずらに柄頭, の背後

▼ 剣吊り~ (2, 0.0%)

1 に軍刀, ボタンを

▼ 剣~ (2, 0.0%)

1 が頭, の上

▼ 剣太刀~ (2, 0.0%)

1 の音, をば愈ますます

▼ 剣妖左膳~ (2, 0.0%)

1 ものうそう, パッと

▼ 剣~ (2, 0.0%)

1 が鼎立, ではござりませぬ

▼ 剣~ (2, 0.0%)

1 に青白い, を引く

▼ 剣~ (2, 0.0%)

1 とそれぞれ, へ行っ

▼ 剣~ (2, 0.0%)

1 やあの, をめざし

▼ 剣~ (2, 0.0%)

1 には龍太郎, に小剣

▼ 剣師軍~ (2, 0.0%)

2 之助

▼ 剣~ (2, 0.0%)

1 とでも名乗る, もまんざら

▼ 剣~ (2, 0.0%)

1 の中, の大事

▼ 剣形迫持~ (2, 0.0%)

1 の天井, の形

▼ 剣~ (2, 0.0%)

1 が走り抜けた, 見ざる国内

▼ 剣~ (2, 0.0%)

1 の名, 馬ローマ帝国を

▼ 剣~ (2, 0.0%)

1 ちかごろの, 苦しそう

▼ 剣打ち~ (2, 0.0%)

1 でだが, 何でも

▼ 剣技精妙~ (2, 0.0%)

1 を極, 第一流

▼ 剣折れ~ (2, 0.0%)

1 て撓まず, 馬斃れ

▼ 剣~ (2, 0.0%)

1 と名乗つて, も夢剣庵

▼ 剣~ (2, 0.0%)

1 にも書い, も拙者

▼ 剣槍薙刀~ (2, 0.0%)

1 の三法一如, の武術

▼ 剣民部蔦~ (2, 0.0%)

2 之助

▼ 剣~ (2, 0.0%)

1 の旋風, は絶

▼ 剣~ (2, 0.0%)

2 干竿

▼ 剣~ (2, 0.0%)

1 が鳴った, を鳴らし

▼ 剣~ (2, 0.0%)

1 をひびかせ, を解い

▼ 剣~ (2, 0.0%)

1 に君臨, を断然

▼ 剣~ (2, 0.0%)

1 の時代, の行

▼ 剣~ (2, 0.0%)

1 ともいうべき, の御

▼ 剣禅杖~ (2, 0.0%)

1 に風, をかかえ

▼ 剣突く~ (2, 0.0%)

1 を食った, を食わせた

▼ 剣聖塚原卜伝~ (2, 0.0%)

1 その人, ピッタリ顔

▼ 剣~ (2, 0.0%)

1 をここ, 二つながらに

▼ 剣~ (2, 0.0%)

1 が所望, にき

▼ 剣~ (2, 0.0%)

1 を揃え, 若し世

▼ 剣茨右近~ (2, 0.0%)

1 だ, も悲鳴

▼ 剣解い~ (2, 0.0%)

2 てこれ

▼ 剣~ (2, 0.0%)

1 に更かした, を交わそう

▼ 剣輪違い~ (2, 0.0%)

1 の定紋, の紋服

▼ 剣~ (2, 0.0%)

1 で止め, を歯齦

▼ 剣~ (2, 0.0%)

1 に見事血花, を削り

▼ 剣鏡硯陶磁~ (2, 0.0%)

2 の類

▼ 剣門関~ (2, 0.0%)

1 へ押し寄せた, をうかがう

▼ 剣~ (2, 0.0%)

1 におどろい, めき戦血地

▼ 剣~ (2, 0.0%)

1 にあげた, にかけて祖先

▼ 剣~ (2, 0.0%)

1 と女怪, の殺

▼1* [403件]

あえて特に長さ三, 剣あやまたず大月玄蕃の, 剣あわや迅落しよう, 剣いずれもその, 剣いつどこに墜落, 剣いつもすきなき, 剣いで素ッ首を, 剣いのちのあらん, 剣うつくしい服を, 剣おなじく騎馬たちの, 剣おびたる殿守を, 剣かざりの向う, 剣ががちりと, 剣がわりの杖, 剣きびしくこういっ, 剣ぐらいは出るかも, 剣ここにいよいよ, 剣これにあり, 剣さえ売って, 剣さきを以て敵陣, 剣さし透せる油絵, 剣しかない, 剣しろ早く, 剣じつは自分じしん, 剣すぐに京都, 剣すべてそれらの最後, 剣すらひそかに, 剣そうだこいつ, 剣そちのうしろ, 剣そやつを投げころし, 剣それらをつなげ, 剣それ以外に何もの, 剣それ自身は剣法, 剣われは, 剣ただいまこれへ, 剣たちまちそれを, 剣たる専制制を, 剣だけです, 剣だったらどうなる, 剣だって出刃庖丁だって, 剣だ投げだした魂の, 剣つかいの芸人, 剣つき声になっ, 剣つき銃をもっ, 剣つくも喰はす, 剣つひの理想, 剣であろうということ, 剣できればこれ, 剣でございますよ, 剣でござんしてなこの, 剣とかいうやつだって, 剣とがあり彼方, 剣としては降りへ, 剣としても生きて, 剣とに再び柄, 剣とによって減少し, 剣ともあれ石櫃を, 剣とやらの神縛も, 剣とり帯く民, 剣どうじに巽, 剣なしと侮っ, 剣などが四壁に, 剣などといって, 剣などを手づか, 剣なら出来ますが, 剣なりといえども, 剣なるものが, 剣なんであるな, 剣において望むが, 剣においても槍においても, 剣にかけても自信が, 剣にこそ彫れ抜き放ちたる光, 剣にたいしてとうぜんその, 剣にたいする一般の, 剣についてしゃべり出した, 剣についても小賢しくいう, 剣にでも打たれたの, 剣になつてゐた, 剣にのみ集中し, 剣のうで前, 剣のみだれ焼, 剣のみが寒き光, 剣のみを研いても, 剣はかッと, 剣はといえば, 剣ひとつで今日, 剣ひとまず御老人, 剣ひらめく女剣戟に, 剣ふたたび血を, 剣へと変って, 剣への直観を, 剣ほどの力が, 剣この類, 剣ぼこで其と, 剣めつぎの世, 剣もしや巧言を, 剣もて汝を, 剣もろとも蹴とばし, 剣ゆえ正当の名称, 剣よく人を, 剣は栄光, 剣わき腹をえぐった, 剣われに百千, 剣をかちゃりと, 剣をさえのせたまいたれば, 剣をすらあるとも, 剣をつつたの, 剣ガ峯という七五五米, 剣サダメシ御鍛養ト, 剣トリックとを結びつけた, 剣ハ雲根ヲ断ッテ, 剣ヶ倉沢で井戸沢, 剣ヶ崎の鼻, 剣に収まっ, 剣一口だけを持っ, 剣一同首領月輪軍之助, 剣一抱えもある, 剣一振りとが直ちに, 剣一方にすべて, 剣一本へ渾身, 剣一笠で樹下石上, 剣一腰で時雨, 剣三郎の顔, 剣上下左右に動転, 剣丸尾の怪異, 剣丸尾熔岩流のよう, 剣丸尾青木ヶ原の樹海, 剣主神保造酒の奥座敷, 剣主軍之助, 剣乱跳を舞わせる, 剣乾雲は左膳, 剣乾雲左腕うなり, 剣二振りを佩い, 剣の剣, 剣人われも一箇, 剣人達の興味, 剣付銃をこっち, 剣以上の鋭い, 剣以外にお, 剣に押され, 剣体一個に化し, 剣何と申す名称, 剣佩びたる殿守をかへりみ, 剣佩馬蹄の響き, 剣佩黄道ヲ趨リ, 剣の禅杖, 剣侠下地だうっかり, 剣侠僧侠女侠のたぐい, 剣侠旅へ出た, 剣侠的な情感, 剣侠肌な人間, 剣俳優の焦慮, 剣健在なりや, 剣先生から聞き覚えた, 剣光シュッと走っ, 剣光戟風のあいだ, 剣光栄三郎の背後, 剣光満洲の空, 剣光火影世漸く将, 剣光狙いは胸, 剣光砲火の下, 剣再び諏訪栄三郎の, 剣だったんで, 剣いよよ研ぐべし, 剣刀乾雲丸は再び, 剣刀影三寸動いて, 剣の浪, 剣刃下に伏, 剣刃相見ゆるの, 剣利門に蛇, 剣剛諏訪栄三郎であった, 剣剣剣と明け暮れ, 剣をひきゆがめ, 剣力膂力をもっ, 剣を察し, 剣于千金に, 剣印ここにある, 剣活人剣, 剣及び十手術に, 剣友隻眼隻腕の丹下左膳, 剣右風の剣, 剣にし, 剣誇神異, 剣合わしたならば二十本, 剣名四隣を圧した, 剣である, 剣のよう, 剣を案内, 剣団進軍の先発隊, 剣の上, 剣の撥, 剣執り闘ふ, 剣では, 剣夕雲流といっ, 剣夜泣きの刀, 剣大刀いよよ研ぐべし, 剣大刀壁によせおき, 剣に倚, 剣太刀古へありき, 剣太刀腰に取佩き, 剣に手, 剣妖われながらつまらない, 剣妖丹下左膳白日下の独擅場, 剣妖左膳ガチリと鍔, 剣妖左膳雪をすかし, 剣姿を凝視, 剣婦人用のコルセット, 剣子供を起こそう, 剣を重ね, 剣宗と仰がれる日, 剣宗石舟斎あたりの高, 剣を切っ, 剣家杉山其日庵氏の秘蔵, 剣家柳生一刀流の大御所対馬守, 剣文治民部咲耶子などが, 剣居士青天井の下, 剣岩一つ一つ神が斧, 剣ありその, 剣峰山の十座, 剣左右八双に身, 剣左手に赤布, 剣小文治, 剣或いは剣士, 剣天下, 剣なり, 剣当面の相手土生仙, 剣心一路の道, 剣必ずともにその女髪, 剣忍剣ともあれ石櫃, 剣るべきこの, 剣怪左膳乾雲丸を引きつけ, 剣の呼吸, 剣を変, 剣戦争および事変, 剣手体置きすべて, 剣手高大之進を隊長, 剣手鬼神の働き, 剣のひびき阿, 剣打つ音を, 剣技たるやほとんど, 剣技目前味方の斃, 剣技神妙の侍, 剣持つ手の, 剣捌きで知れる, 剣捧げし童顔の, 剣と列仙伝, 剣援隊を案内, 剣の響, 剣撃的なテンポ, 剣敵諏訪栄三郎に傾きつくし, 剣斬らぬ腕そこが, 剣旌旗の紛雑, 剣と自ら, 剣晋国の水晶簾, 剣曲玉のたぐい, 剣月輪軍之助, 剣本来の必殺, 剣林一度に立っ, 剣林勝負をそのまま, 剣林立のあい, 剣槊霜の如く, 剣構品位尋常でなくこの, 剣槍弓馬から仕方舞, 剣槍飛弓が匿, 剣槍馬術を修める, 剣には伊那丸, 剣樹地獄や石斫地獄, 剣橋クルウのオォル, 剣橋現代史も尚, 剣欠きて, 剣の中, 剣武蔵太郎安国をしきりに, 剣をもって臨み, 剣殺人の剣, 剣気そこから湧き, 剣気村正の如く, 剣気自得の工夫, 剣に没する, 剣沙汰などよりはもッ, 剣活人剣このけじめ, 剣活人剣剣に二種, 剣の一伍一什, 剣渦乱闘をへた, 剣渦戟潮にゆだねられ, 剣烏帽子を被っ, 剣極太極心極は, 剣無二無三に斬っ, 剣燕王宮中の士気, 剣燦々と針, 剣爾等に逢, 剣片手が縛縄, 剣状突起のところ, 剣状突起癒合であること, 剣であること, 剣狂左膳の技能, 剣猟銃拳銃等の武器, 剣を基本, 剣の捧持, 剣には何, 剣画幅の類, 剣発した月輪軍門の, 剣相さとなっ, 剣を接し, 剣ッ先に, 剣眼隼よりも鋭い, 剣短剣などを身, 剣石ともに響いた, 剣は当時, 剣祖司馬先生がわずか, 剣神社の神官, 剣禅一味の妙境, 剣禅一致悟道だ悟道, 剣禅無我の切, 剣禅生死の道, 剣にも会う, 剣秘術を知る, 剣突きを喰わせる, 剣突発して, 剣符訣等を用, 剣を殺さず, 剣をそして, 剣筋幅もあれ, 剣を休め, 剣のうったえ, 剣精構えのない, 剣精軍之助, 剣も眼, 剣群月輪の勢, 剣武士の, 剣者なぞの及ぶ, 剣者一同の名誉, 剣聖上泉伊勢守も武人, 剣聖宮本武蔵も, 剣につ, 剣腕人物ふたつながらに, 剣自体にこもった, 剣自由ならず道場, 剣至妙の刃鬼丹下左膳, 剣であった, 剣はあった, 剣良い戟良い, 剣花一時に開きました, 剣花坊が新, 剣花坊高番句中の優, 剣華弾雨亦何驚, 剣菱七ツ梅などという酒, 剣菱即製の論語, 剣菱茲に論語, 剣葉林と呼ばれてる, 剣葉畝目地白覆輪の万年青, 剣蝋油をぬった, 剣を看る, 剣にすぐれし, 剣装馬鞍すべて火よりも赤い, 剣に消えた, 剣国の, 剣観化流の大, 剣解脱の涼衣, 剣護国の難, 剣赤鬼のよう, 剣が江戸, 剣軍艦それから攻撃, 剣よる者, 剣に左, 剣連瞬間栄三郎をも泰軒, 剣遂に抜きて, 剣邪心腹にすえかねた, 剣金剛杖に仕込ん, 剣鉄杖をまっ, 剣鉄砲毒薬病これ等は吾, 剣折れ欠けて, 剣鋩かすかに人体, 剣鎗相接爾す彼, 剣鐘等とあり, 剣長靴等を取り換えた, 剣閃槍光のはためく, 剣閃矢と飛び, 剣閃雨に映え, 剣閣道から伐ち入っ, 剣闘振りに怖, 剣闘練習用の錆びた, 剣附鉄砲の林立, 剣雄中に彼, 剣雄宇内随一といっ, 剣を映え, 剣鞍馬の竹童みな一ツところ, 剣風一陣もう三名, 剣風相競う間, 剣食い芸人はポン・ヌーフ橋, 剣に酔っ, 剣を馬, 剣馬上の鞭, 剣馬蹄から立つ, 剣鬼左膳何をしでかす, 剣鬼左膳夢を気, 剣魁丹下左膳の声, 剣の氷, 剣魅物愛の鬼, 剣魔丹下左膳を中心, 剣というの, 剣鳴りがする, 剣鶺鴒の尾, 剣龍太郎伊那丸の主従三人