青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「共~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

八月~ 八郎~ ~公 公~ 公卿~ 公園~ ~六 六~ 六つ~ 六月~
共~
~共に 共に~ 共同~ ~共通 共通~ ~兵 兵~ 兵士~ 兵衛~ 兵部~

「共~」 8830, 88ppm, 1271位

▼ 共~ (1423, 16.1%)

5 彼の 4 ここで, それを, 主人の, 何の, 知って, 自分の

3 [14件] かう云, それから, 一人も, 一斉に, 之を, 何か, 何も, 安心し, 家を, 急に, 此の, 歩いて, 真個に, 自由に

2 [53件] これを, さう, その一日, その女, とくに血, どこに, まだ原稿, みんな自分で, よく遊び, ズラリと, 一つの, 一時喫驚しました, 三人で, 九疋共もう, 互に愛し, 互に顔, 今から, 今の, 何し, 例の, 北山の, 始から, 子供の, 家の, 屹度何か, 平気で, 彼に, 彼女が, 彼等を, 後に, 忘れては, 惡い, 手に, 既にかうした, 日に, 日本の, 有乎無乎, 求める法則, 流石に, 爺いさん, 皆, 皆な, 皆馬車から, 県庁の, 精, 自分達の, 茶室へ, 衣食に, 見て, 雨の, 非常に, 頭を, 馬車を

1 [1246件 抜粋] ああやっ, あちらへ, あとから, あと皆んな御, あなた様の, あのお仲, あの手段, あらゆる過去, あれから, あれなる, あんな騒ぎ, いずれへ, いったい何, いつまでも, いつも共にゐる, いつも私, いま離れる, おいでの, おれの, お互に, お姫様に, お隣の, かかる条件, かような, こういう風, こうなる, ここにも, このへとへと, この一年, この家, この慣習, この正門, この洲崎, この猿, この種, この話, これからかかる, これから町奉行所, これが, これに, これら二つの, ごく貧乏, さすがに, しきりに幕府, じっと静, すぐ後, すつかり打明け, ずいぶん去年, そいつを, そうでなけれ, そこに, そのお, その中, その人, その北, その塚, その尊い, その所罰, その日暮し, その時文部省, その様子, その炬燵, その美し, その脹れた, その若い, その釘, その頃和服, それから行きつけ, それぞれ呪文めいた, それは, それ故, ただわけ, ただ皆様, だんだん大きな, ちっとも知りませんでした, てんでにしりごみ, ともかくその, どうしても二番手, どうせ利益, どこかで, どこの, どっと鬨の声, どんなにか, どんな魔法, なにも, なんと云う, にわかにざわめいた, ばかな, ひつきりなしに, ぴつたりと適つた性格である, ほつと, ほんとに運, まことにその, まさかにこれ, またぞろどっと笑い出した, まだぼんやり, まだまだ遥, まだ本当にお, まだ見た, まるで波, みな元気に, みんな一まとめに, みんな無調法者ばかり, むしろ別の, もうこれ, もうみんな何処, もう不当, もう夏, もう我慢, もたないの, もとよりパリス, ゆうべの, よくぞ, よく商人, よく考えない, よつく聞け, わざわざ此土地, イグチの, エビルの, ガヤガヤ云い, クズシロ峠という, シャポワロフに, スミスと, チンとも, トウストを, ニッポン語が, ハガキと, フランスを, ブンブンと, マンナな, モスコエストロオムの, ラテーヌ時代と, 一人一人駕籠かきの, 一人殘らず, 一度に, 一揆に, 一族の, 一日一日が, 一時發狂人と, 一時間ほど, 一本の, 一瞬の, 丁度都合, 七日の, 上へ, 上ノ町の, 下らぬ戯, 下役ゆえ深い, 不意に, 両方が, 久しぶりに, 九州の, 二人とも, 二人分として, 二商品の, 二基の, 二階に, 云つた, 亡き父一人, 京都に, 人車から, 人間の, 今とは, 今もう, 今嶮, 今度の, 今日と, 今日午後四時御, 今更鼻, 仏法の, 仕損じ給, 他の, 仲よしに, 伝えて, 何かしらやけくそめいた, 何だか死物, 何とも顏, 何らの, 何んの, 何処の, 何故裸體, 何時から, 何時何処で, 余り好い, 信用され, 俯向いた, 偶, 働きに, 元より, 先ず何, 先づ自分の, 先年戦争の, 先験的に, 六分替, 其の道程, 其原書を, 再び一所, 冷たい水, 出家いたし, 函の, 刑余の, 別府に, 到底, 前日の, 助け合って, 北方から, 十七匹枕を, 千鳥の, 半ば驚異の, 半期に, 卑下し, 単なる一つ, 厩の, 又井戸端, 又引い, 叔母様の, 口も, 只ブラン, 叫ぶだらう, 右長沢家に対し, 同じ東洋人, 呆れ返つた, 周章てて, 問わず語りに, 喧嘩は, 四日の, 困るか, 国家主義でも, 土地の, 地味な, 地面について, 埋めた上, 堪えがたく思う, 増, 声を, 夜通し首, 大きいの, 大きな天, 大してびっくり, 大ぴら, 大分に, 大庫裡, 大月驛から, 大藏, 天の, 太閤に, 夫妻共著の, 奥の, 女と共に, 奸商と, 如何うし, 如何も, 始めて, 始終上つて, 孔子が, 存外意気地, 完全な, 宗七一人が, 実に幸福, 実は金, 実際生活, 宿も, 寄り, 寝て, 實に, 寿海と, 小さい剪刀, 小屋へ, 少し後, 少なくとも毎月二度三度, 尼の, 尾行を, 山気の, 山陵の, 島津の, 巣箱の, 左右に, 巧みに, 帰ること, 常に, 平凡な, 幸に, 床に, 座敷に, 廿年から, 引導でも, 当惑した, 形見の, 彼等が, 彼等の, 待てますよ, 後ろ暗い, 得たりと, 御存じの, 徹夜を, 心得て, 応用科学の, 快活な, 思わず笑い出し, 恐ろしい紛糾, 悉く奴等, 悦んで, 想像を, 愛する若者たち, 慶賀に, 憚りも, 成る程毒茸, 我が國, 或る, 戦争と, 所謂農では, 手痛い目, 打連れて, 批評家から, 投げ出されたよう, 押し籠め, 押すな, 持ちたいと, 振返りヤア茲, 揃も, 教育心理学を, 文化運動乃至, 料理し, 旅の, 既に一人, 日々の, 日光から, 早速結婚, 明年も, 昨夜一晩じゅう留守であった, 昨晩十時五十分に, 時々道, 暗い中, 暫らくは, 曲者では, 最初互の, 有が, 木の, 木虱を, 本多長門守家來村上權左衞門田中大七と, 本当に見渡す, 本能的な, 村の, 来て, 東京と, 枳園先生の, 柔え, 極端なる, 楽み, 欣んで, 歡呼を, 正義という, 此よりは, 此等の, 歩き出して, 殊更新しい, 段々きつく, 毎に, 毎度, 毎日雨戸を, 気に, 水に, 永山氏からの, 汝が, 沢山の, 波頭の, 流浪人で, 涙の, 深く理解し合う, 渋々納得, 湖畔に, 滅茶滅茶に, 漆原の, 濡れて, 火鉢を, 無人でございます, 煙草を, 熊野が, 父母の, 物凄い叫び声, 狂人の, 独りで, 王様の, 現今も, 生きる以上, 生命も, 田舎料理で, 田螺の, 町内でも, 疑はしげ, 百合子の, 皆んな徳利だ, 皆一度に, 皆大きな, 皆心の, 皆焼け死んだ, 皆立ち去つた, 皆起き, 盥を, 目撃し, 直ぐ聲, 相変らず, 真剣に, 真面目に, 矢張り島に, 知らない, 知りませんが, 磨製石斧と, 祖父に, 私が, 私を, 私共の, 突退, 立ち行きません, 笑いながら, 等しい量, 箇こを, 米も, 粛然として, 紅屋庄藏大和屋三郎兵衞と, 索具の, 経済学の, 総ての, 罪を, 翌三日, 翔ぶ事, 考えた, 耳が, 聖餐欄干の, 聞き出すこと, 肩を, 胆と, 腹の, 膽を, 自分ひとり生きられない, 自分等の, 芝居広場へ, 若者の, 苦しみ忍ぶやう, 茶番を, 萱堂の, 葬列でも, 薪を, 虱の, 血生臭い, 表の, 要りませんに, 見た事, 見てを, 見廻しました, 親しい源氏物語, 親方の, 観阿弥が, 言うまでもないこと, 記録書翰の, 誰を, 謙譲であり, 負けて, 財布に, 貴方が, 賢くなり, 越後國高田領の, 足を, 身に, 身を, 軍人が, 辞するに際して, 近々鳥巣庵, 返事の, 追つかけた, 追取, 透き通る軽羅, 這いまわります, 進むだらうか, 遂に自制力, 遠い國, 遺物といつてを, 郊外へ, 金が, 銀座の, 長い寒い田圃みち, 除者の, 階子の, 随分歩く, 随分集め, 雀躍した, 離れ座敷, 電燈代を, 震え上, 青くなった, 靜かな, 韋駄天の, 顔を, 風に, 風邪を, 馬を, 馬鹿げた顔, 高潔な, 魔法と, 黒砂糖でも

▼ 共~ (1361, 15.4%)

20 方で 18 ような 11 ように, 手に 8 ために 7 心を, 生活は, 目に, 間には 6 やうな, 中に, 生活の, 生活を, 話を, 顔を 5 中には, 家の, 眼に 4 仲間では, 仲間の, 方から, 方は, 書いた物, 生活に

3 [23件] ことを, ところへ, 上を, 中で, 仕事を, 住んで, 商売は, 地方では, 家で, 家に, 家へ, 店へ, 心の, 方には, 方へ, 方を, 様な, 毎日の, 耳には, 耳にまで, 言葉を, 部屋へ, 間に

2 [84件] うちに, こん兵衛が, こん助が, はれがましい不断, よき宴会, 一家が, 上に, 世界が, 中から, 主人が, 事に, 事を, 二階に, 仕事は, 仲間である, 仲間へ, 会話の, 兄弟は, 前に, 前へ, 力で, 口の, 名を, 后は, 商売には, 国の, 地上では, 太子殿下は, 子供の, 家には, 家庭では, 家庭の, 家族が, 常識が, 幸福の, 店では, 心が, 心も, 恋の, 手で, 手の, 方に, 様子を, 求めて, 汽車は, 注意を, 為に, 為めに, 狂暴な, 生命が, 生活から, 生活に対する, 申事を, 監視の, 目も, 眼から, 眼の, 知って, 第一番目, 紛擾が, 罪なき, 群が, 群に, 耳に, 背後には, 船は, 若い心, 虚しい義理, 行きたい, 表裏を, 要求を, 見る所, 言を, 誰れなり, 赤ん坊は, 軍隊は, 部屋に, 頭上に, 頭上を, 頸飾りが, 額には, 首で, 騒ぐの, 鼻を

1 [953件 抜粋] あとを, あるは, いたずらに, いる場所, うちから, うちでも, おった布佐, お友達, お歯, お頼, かげろうの, げす俗顔, ことさ, ことについて, ことや, この胸, この願い, ごった返して, して, すること, する事, ずぼらで, その実験, ためには, ところにも, ところまで, なすべきすべて, ならわしでは, はなしでは, もちたい心, ものである, やうな老いぼれ, やすむ部屋, やる支那, ゐるところ, ゐる處, カラ騒ぎか, スあの, ヂツクマン谷で, ニッポンの, ヒネびた聲が, 一つの, 一向聞覚え, 一家にも, 一座の, 一生は, 一番前に, 一語ぐッと, 一部の, 一隊は, 三年目の, 上の, 上野図書館は, 下知次第引取るべし依, 不屆, 不意なる, 不注意でございまし, 不筋, 不逞の, 不遜を, 世界からは, 世界を, 中にも, 中へ, 中学時代です, 主人には, 主張は, 乗つてゐた, 乘船の, 事じゃと, 事などを, 事件の, 二つの, 云うの, 交易強要の, 人殺されだ, 人相に, 仕事でございます, 仕事に, 仕業で, 仕業であった, 他に, 仲間で, 任務でありました, 企みを, 住いで, 住居を, 体験する, 侮蔑は, 修業の, 借財という, 傍に, 働きの, 僥倖で, 兄弟姉妹は, 先人岡鬼太郎さんの, 先廻り, 先生にとっては, 先輩で, 党員だ, 八五郎といふ, 再會, 冷かしたの, 処には, 処置を, 出て, 出立前から, 切符を, 前で, 前代に, 力が, 力に, 勇の, 動静は, 勢力如何私共の, 北威爾斯では, 及ぶところ, 友人で, 友情は, 友達は, 取沙汰じゃ, 受けも, 口先で, 口添へで, 同世, 同行者は, 后も, 吟味を, 周りの, 周囲の, 命が, 命迄, 唆かしでない, 啀み合いから, 商売の, 商売名前真っ直ぐに, 問答の, 喋る言葉, 喧騒は, 国と, 土地の, 地所を, 地方でも, 地方は, 坐って, 壁を, 声とは, 声も, 声馬の, 外遊中に, 外遊帰来三年間恒春園に, 多いに, 夜の, 夢を, 夥には, 大きな飼犬, 大切な, 大罪は, 天國を, 失態は, 契約を, 女史に対する, 好物知っ, 妹じゃわい, 姉上が, 姉分にな, 姓名を, 娘などは, 子を, 子供です, 字ときたら, 存在に対する, 学校明治学園皆さん何うであります, 學生, 安堵する, 室へ, 家なんぞに, 家は, 家内に, 家庭で, 家庭教師として, 家族は, 容子を, 宿主が, 寄り合つて夜の, 寝て, 寢込んで, 專門の, 小供, 小屋は, 尺度の, 尾行が, 居る席, 居所を, 山小舎へ, 巣窟だ, 差図通りに, 差異を, 希望な, 帯に, 常識を, 幹が, 床の, 店に, 店の, 店を, 座敷に, 弟子にも, 弦月丸に, 形式ばかりの, 役目においても, 得たやう, 御主人, 御機嫌とり, 心には, 心懸け, 心眼さえ, 心魂を, 忿怒と共に, 怒り方, 思う貧, 思惑な, 性観念は, 恐しい力, 恩人の, 悪事が, 悪声に, 悲しみである, 惱み, 惱みの種だ, 想像を, 意志を, 愛が, 感情を, 態度が, 慰みに, 懐を, 懐中を, 懷し, 或は滅び, 或は瑰麗, 所は, 所望が, 手では, 手にかけて, 手ぬかりであった, 手や, 手傳ひ, 手兵だ, 手土産高を, 手落ちでございました, 手許に, 抗議が, 披露, 持たない若しくは, 持つ, 振舞が, 掃除の, 控室で, 放蕩仲間が, 教では, 教を, 数でもが, 数も, 料理では, 新聞に対して, 方こそ, 方と, 方にも, 方も, 方法に対する, 旅宿梅屋勘兵衛方を, 日々の, 日常生活は, 時代の, 暗殺を, 最も愛する, 最も頭, 有頂天の, 望みとしては, 本當, 机を, 村から, 村に, 村へも, 来て, 根は, 極楽世界, 樂しい思ひ, 横死の, 機械的な, 欲しがる, 歌う下劣, 歎きで, 正しいと, 此処は, 歯の, 死体が, 死絶えた, 殺気の, 母に, 毒手に, 気に入るため, 気付かぬもの, 気勢は, 気質は, 氣嫌を, 求める, 決斷甚だ, 注意すべき, 流眄も, 涼台に, 潔白を, 災難に, 炬燵に, 為た, 為事と, 無智傲慢, 煩い世話, 熱は, 爲す業である, 爲には, 父が, 父母及び, 物理學的な, 特別な, 狭い一地方, 狼狽ぶりは, 獲物な, 玩弄に, 理性的な, 生への, 生命の, 生活とは, 生活には, 甲乙之, 甲高い声, 申上げる, 申立とは, 町へ, 留めるの, 畠は, 疑ひも理, 瘡蓋だらけの, 百人千人いか, 目の, 目を, 相助, 相談相手に, 眼, 眼には, 着て, 着物に, 知つた, 知らぬ処, 知事では, 知恵も, 知識的禁欲主義を, 示しが, 祈祷を, 祖先の, 祖母さんが, 祖母母などは, 空襲下の, 立ち入らぬよう, 立場が, 競争圏内に, 粗い西洋, 粗忽から, 精神の, 組の, 経済は, 結合を, 結婚の, 結婚以来これで, 給料日で, 罪業が, 群だ, 群の, 習慣です, 考えに, 考えも, 考では, 考へでは, 考査を, 耻に, 聲馬の, 職業が, 肚ぐろさには業が, 肩に, 肩身を, 背後の, 胸三寸に, 脳中には, 膳を, 致しました事, 船と, 船を, 芸術を, 若いとき, 若い時代, 若主人, 苦しまぎれ金儲けと, 苦悩は, 荒仕事とは, 蒙を, 蔭口を, 虐待にも, 蠢動が, 血を, 衆評を, 行く所, 行状を, 衣類と, 要求が, 見た崖, 見て, 見出す答え, 視線は, 親達は, 観察も, 観点からは, 解する, 言ふ, 言分に, 言葉なぞ, 計算では, 記憶には, 証拠材料として, 話しかた, 話し声と, 話すこと, 話などは, 話声が, 誇りを, 読んで, 調べでも, 謳う, 賄賂請願を, 趣味では, 足音だ, 蹂躪に, 身に, 身の上で, 身体から, 身構, 軍隊を, 辛苦艱難と, 農村移住は, 近所には, 迷信に, 迷惑思ひやらる, 透明な, 逗つた, 通るの, 遊び場であり, 遊び場を, 遺品が, 部屋と, 都にて, 酒の, 酒蔵に, 銀行は, 銘々に, 鋒先が, 鑑賞に, 間が, 間の, 関する問題, 関心を, 陰謀これは, 隠家, 隣家の, 集合所でも, 雑誌で, 離屋に, 面ばつかり見, 革命は, 音楽と, 頭が, 頭には, 頭越しに, 顔が, 顔へも, 願つて居る, 風俗何れも, 食べる米, 食膳に, 首に, 首斬りさらし, 馬に, 駕籠が, 騒ぎは, 騷ぐに, 騷ぐのを, 驚きやうといふ, 髻が, 魂は, 鯨波の声馬蹄の, 鳴声

▼ 共~ (1186, 13.4%)

5 これを 4 見又, 許して, 非常に 3 して, 信じて, 口を, 疲労した

2 [48件] お屋敷, こ, これが, した, すること, オゴッて, ドングリの, 一致する, 下って, 依って, 全璧, 初め材料を, 助かるの, 取って, 堕落し, 天下の, 存した, 守る可, 寄って, 小刀のみ, 彼等の, 御米, 恵沢を, 持って, 於て, 未だ多く人, 棲む白鳥, 極めて激烈, 此の, 死のうと, 法を, 消えて, 清雅の, 父の, 疲れて, 疲れ果て, 立派なる, 競って, 米の, 緊張を, 腹が, 腹の中で, 行き, 行きその, 許すところ, 話して, 談話の, 高潔俊爽の

1 [1061件 抜粋] あずけた後, あとしざる, ありて, あること, ある存在, い, いいながら, いくらか, いそがしき十二月二十六日, うち任せ結ばしめ, うらみなき, うんと一つ, おさしずを, お上は, お泊り, お預け下されますれ, かけ落ち, きやきやして, くたくたに, けし飛ぶだろう, これに, ごま化され, さし合いが, させられたという, させん, さらりと, されたらしいが, しても, しなかった愚か, しろ皆, すぐれ前途多望, するの, する何もの, する覚悟, せよ, そうした探偵法, そなわりたる人, それに, それほど苦, そんな生, ただひと色, ちゃんと法則, ちり尽しぬ, つきまして, つぶやきつ, とって, どんづまりに来た, なければ, なるべく, なんらの, はこばせると, ひきうけたと, ひと足早く踏みこまれ, ふりまいて, まかせて, まず彼ら, まるで何, むしらせて, めぐりて, やうやうに, やや牡丹, やんやと, ゆるされて, ゆるしがたき, ゆるすほど, ゆるす名人, よく知っ, よろい姿を, よろこびでなければ, よろしく, わざと後れたる, わしも, アラビヤ古法より, オーストラリアの, ギラリと, ゲハイムラートであっ, トロイア人友情を以て, ブルジョア社会科学は, ミケ, ロシヤ風の, 一人でも, 一夜の, 一度づゝ足を, 一方ならず非凡, 一族の, 一石で, 一致し, 一部ずつ, 一齊に, 七人の, 丈夫な, 三十代の, 上げると, 上下を, 下に, 下るの, 下るを, 不便なり, 不完全である, 不穏な, 世界の, 世話に, 主として禁裡御所, 乗りぬ, 二三十の, 二回ある, 五の, 交歓すべき, 人に, 人外の, 今まで, 今晩なぞとは, 他に, 付込れし, 令弟, 仰せられるお, 任じ勝家, 任せるが, 伍を, 位置を, 住む社会, 何が, 何となく寸前, 何者かに, 例の, 信州細野入より, 修法いたし, 候せらる, 偕楽園へ, 健かに, 健全で, 健全日日清閑読書に, 健康を, 備は, 傷づく, 償却し, 元は, 元禄文学の, 先を, 光なし, 入るを, 全く解決, 全然行衛不明, 公平に, 共通した, 其上を, 其居を, 其歸を, 内乱を, 凝って, 出すが, 出払, 分け奪, 分らぬ娘, 別名を, 利する所, 剣を, 割腹せね, 勇しく, 動いて, 勝負事を, 勤めたよう, 化粧掛けした, 十手を, 厄介に, 厳なり, 取りまかれて, 句作, 只悲し, 同じき, 同名なる, 同様と, 名人も, 向っても, 呼び出し, 呼吸生息する, 和気すこぶる, 唇頭に, 喘いで, 喜ぶなり, 喝采歡呼せし, 嘗めた苦しみ, 四等客車に, 四邊を, 国貞系統の, 坐り崩れ, 堤防を, 壘壁崩すべく, 声は, 売るい, 変らぬ親友, 外に, 多事だった, 夜の, 大いなる余裕, 大学校, 大笑い天地も, 大食いで口, 天の, 天地万有の, 天皇を, 好んだ, 妙無し, 妻も, 委せ己, 威力ある, 存せず, 存在する, 安靜と, 完全で, 定められる, 実際干渉, 家続きである, 容姿の, 寄り来って, 寝起きした, 対面された, 将軍の, 尋らる, 少しずつ, 少しも, 尽力可仕, 届けて, 屍山血河の, 山で, 屹度預る, 帰るよう, 平民と, 年二度の, 幸福である, 廃し, 廻りは, 引き返し, 強圧命令を, 役に, 彼の, 彼女の, 彼是云込られ, 往きてよと, 往復九銭という, 得心の, 復讐を, 心配しない, 必フロックコートを, 忘れさせる, 快く運動, 思いも, 思わなかった, 思考え, 思考する, 怪我を, 恐ぢ震, 悦ばれて, 悲しむ風情, 想ひ出す, 感動し, 慎しむ, 慚ぢ悲み, 憐れむ双, 我々の, 戦いを, 戰場を, 手を, 払ひ落としつ, 抱いて, 拝見さし, 指し示して, 挑み掛っては, 挙国一致の, 揃うて, 攻め寄せる正月, 放下せよ, 教へ, 敬重する, 斃る, 断然世, 新主勝頼, 新派風の, 日に, 旧家じゃ, 是れ, 時代の, 普通と, 暫く御, 暮し日々, 最近の, 有る也, 有頂天に, 服装の, 未だ嘗て如何なる, 未だ解決, 来て, 柔弱に, 根拠なけれ, 楯を, 楽しみと, 樂しむ, 次の, 欧洲文明と, 欽慕すべき, 歐洲文明と, 歓んで, 歡喜する, 此里に, 武門第, 歴史と, 死したるか, 死んだもの, 毎度笑われまする, 気品の, 永く夫婦, 汝に対して, 池田に, 決して一汎, 泊って, 法然上人の, 泣いた, 泣きを, 洋風の, 涕泣せし, 淺草藏前, 満ち充ちたこの, 滅茶滅茶に, 演奏する, 激しく, 灯が, 焔の, 無煙火薬では, 熱燗でも, 爲すこ, 爽かな, 爾う, 物部の, 狂暴の, 独立し, 獨立の, 王に, 現在おそらく, 現状に, 甚だ背, 生きて, 生活出来ない, 田原郷の, 男の, 留らず引き, 異状な, 疲れこんなに, 疲れはてた伊豆, 疲れ切つたといふ, 疲れ果てて, 病み疲れて, 発見されまい, 白痴は, 百姓の, 皇室の, 目に, 目を, 真実を, 眺めよわれ, 知られたらゆゆしい, 知るところ, 破滅の, 示して, 祝言を, 神様の, 私の, 窮まった尼提, 立のき兼, 笑いさざめきあって散会, 第一人者たる, 第一号, 第七圈, 築城には, 紙や, 細密を, 絹布を, 縛られる喜六, 罪し給, 置いて, 老いたり, 考へる時間, 聞き訊ねた上, 能く, 脱し得て, 腰巻を, 膝を, 自から, 自保, 自分に, 自己に, 自然主義を, 自若微笑を, 致さんと, 色蒼ざめたれど楽し, 苛め拔, 若大将, 苦しみ解決しよう, 苦しむ仲, 荒らさせては, 菓子などを, 華麗荘厳の, 萎びて, 著しいもの, 蔵書目録の, 虚弱で, 虫の, 行かずや, 行きすし, 行き給はず, 行くこと, 行く勿, 行こう, 行ふ, 行列厳しく, 衰えて, 衰弱する, 袋叩きに, 袴や, 要領を, 見せる, 見つかったらうるさい, 見ましたが, 見逃して, 親類とは, 言いつけて, 計ってからという, 討し, 討死する, 許さざる愚婦愚夫, 許されて, 許した恋人, 許す白井, 許す能わざる所, 評判よく, 誇って, 認めた馬具細工, 認められる点, 誘拐され, 語らば, 誤って, 誰もが, 謀ると, 謡ひ, 豐富な, 貪るなかれ, 貴種ならず, 賤しい, 踊れり, 車で, 軽蔑される, 迷惑する, 追, 追つ立てられる, 退いた, 逐はれ, 通行は, 連れて, 連日満員, 進んで, 遊ぶ娯楽, 過ぎて, 違いござらぬこの, 違わぬ大, 適任者を以て, 酒を, 醉を, 重態の, 金を, 釣竿を, 銷磨し, 鎖国攘夷などという, 長靴を, 開かざるを, 闘うべし汝, 防がしめ, 陷れられる, 随分俗間, 隠忍し, 集りて, 離れがたい, 雨戸が, 青山文庫であった, 非常な, 面目も, 領域が, 頭巾を, 顔を, 顛倒し, 食し共に, 食へとか, 飲んだ, 馬籠の, 騎虎の, 驚いたこと, 驚くほど, 高論玄談を, 魅力と, 麻布竜土町の, 黙して, 鼻を

▼ 共~ (871, 9.9%)

4 それを, 口々に 3 何を, 手に, 手を

2 [43件] いろいろの, ここに, さらに悪, その周囲, やつて, ドヤ, 三四人中には, 互にその, 五六人其空荷馬車に, 何か, 何れも, 先頭を, 千年に, 名誉だ, 外遊から, 多いので, 多勢揃っ, 夢の, 妙な, 安穏に, 寄って, 居るわ, 年貢を, 或る, 持って, 政府の, 昼の, 昼食を, 暗中の, 暴れてるの, 東京に, 森の, 此の, 皆蔭で, 眼を, 私の, 私共の, 笑つてた, 跋扈し, 集まって, 集りその, 露西亜語で, 驚いたの

1 [768件 抜粋] あいつと, あそこをこそ, あつた, あなた様を, あのとき, あべこべに, あまり照, あれっ, いうまず, いくら王座, いけないの, いつもどんなに悪い, いては, いろいろうごめい, うちの, うらやましが, うんうん唸っ, おおぜ, おごりたかぶって, おし寄せ, おまえ達の, おれから, お供を, お八つに, お前の, お家の, お経, お里を, かつて見た, ききかえす間もなく, くるまに, こうも, ここへ, こそこそ運び去った, ことなり然るに, この世に, この位, この哀れ, この家, この方面, この眼, これらの, これ程愛し, こんな計画, さかんに, しきりに伊太夫, して, じっとし, すでに自然, ずっと勝手許, ずらり甲板, せっせと内職, そうする, そう噂, その内容, その尻馬, その村, その貝輪, その辯護, それぞれ異なる, それではすみません, それに, それは, そんな事, そんな打算, ただいま実地検分, たった二十円, ちょっと目, ついて, つむりを, とるもの, どうしても許可, どうする, どれほど骨, どんなに厳重, どんな騒ぎ, なって, なにも, のぼせるの, はびこって, ひとりの, びっくり仰天し, ふざけ散らして, ふだん一寸拾った, ぽんぽんと, また喧嘩, また押しかけ, また茶店, まだここ, まだ傘, まだ師範学校, まどろんだ, まるで洞穴, みんな野原へ, もうあんな, もう一度調べる, もう鷺, やかましく言い, やぶれかぶれ, やります支那, よってたかっ, わが駕籠, わしの, わずかの, アオノクマタケランと, アッシリヤの, ウジャウジャと, ガツガツし, キャッチボールでも, ケチを, ジタバタした, ストライキを, ツァウォツキイの, ドヤドヤと, ニホンの, バツタか, パチパチパチパチと, ピーチクピーチク朝の, ホテルで, ラウペパ側の, ワツと, 一かたまり, 一と, 一度ある, 一度でも, 一斉に, 一番に, 一種奇怪な, 一齊に, 七十六の, 三人お, 三人一緒に, 三条河原で, 上も, 不詮議, 不調法を, 両側に, 両国近辺に, 主水, 乗り込んで, 乳を, 二三人店先で, 二三人首を, 二人名前で, 云い付, 五年の, 亜米利加に, 亡父の, 交換の, 今と, 今なお, 今二百四五十人も, 今住ん, 今日その, 今日歸る, 今時分飛び込んだ, 仕事に, 付いて, 伊勢大神宮の, 会議を, 住むといふ, 体の, 何と, 何の, 何人も, 作り牧, 來り, 信州星野温泉地に, 俵から, 倫敦へ, 元来意味した, 兄の, 先ず驅, 先を, 先後を, 入口を, 全で, 其の反撃, 其処へ, 円くなっ, 写真を, 出あるくと, 出入りし始めた, 出向いて, 初めて千歳村, 初めて同じ, 別に, 別席で, 剣術を, 割竹を, 動き出した為, 勝手な, 勢を, 区々な聞き取り, 十三人で, 十余人連合し, 十分証言し, 千歳村へ, 参考に, 友を以て, 反省し, 取り計らいましたれば, 取り調べられ結局佐助, 口の, 口一ぱいに, 口止めに, 古墳へ, 各やっ, 同じ自動車, 呆返た, 呼吸し, 唯漠然と見, 問題と, 嗅ぎ出して, 四時に, 因縁つけたら, 困るであろう何, 囲み置く粟麦, 土地という, 地上に, 変に, 夕方に, 多いこれ, 多く集まっ, 多少の, 大切に, 大勢ごろごろし, 大勢寄っ, 大勢居る, 大変に, 大概よぼよぼ, 大藩の, 大阪に, 天上皇帝を, 天下を, 奈良で, 女史の, 女王を, 妨げいたそう, 姿を, 子ープルス港を, 子供の, 存分に, 孝助に, 実際どんな, 客船に, 宵に, 家内と, 宿を, 寄つて來た, 寄り集って, 寄食し, 小唄を, 小門まで, 少々怠ける, 居るの, 山から, 己の, 己達を, 帰って, 帰国後の, 幾つも, 度はずれに, 引移つた後には, 引越当年生れた, 弱って, 強気に, 当大学, 当然受けなけれ, 彼の, 往来の, 従来も, 御堂内に, 御迷惑, 心を, 心配で, 忘れて, 忘れては, 思うさま貪り食った, 急に, 怪しからぬ, 悪いよう, 悪うございました, 悲鳴を, 情も, 想像した, 感心する, 憎い話しぶり, 憎うて, 戴くの, 所好で, 折角始めた, 押寄せて, 持ってないの, 持つ事, 持寄る不浄, 振り捨てようと, 捕り方, 掃く程, 掠めし珠数屋, 故郷の, 教えて, 敵を, 斯う, 斯様な, 新しい明日, 新聞を, 日本に, 日本國中を, 旦那様を, 旧態依然として, 昼夜を, 昼飯を, 時々噂, 時々気まぐれ, 晝食を, 晨子様の, 暴れ出したぐらい, 曙町を, 書翰を, 最初内侍所の, 月桂樹の, 木虱を, 本気に, 村入, 村入りの, 来ますと, 来るから, 東京の, 東京を, 板敷を, 案外首狩, 極めを, 楽むようにお休に, 機嫌を, 歌うた歌, 止せと, 正風の, 此寺の, 死んだこと, 死んぢまつ, 殺して, 殺ったの, 母屋の, 毎日それに, 民弥殿を, 気づかぬはず, 気に, 水の, 求めました酒肴, 江戸隠密とは, 沖縄研究に, 泊り合せて, 泣くの, 派手な, 流行唄の, 浅井朝倉と, 浅草花川戸へ, 淀橋へ, 淨瑠璃の, 溺れる人, 滝野川の, 澤山の, 無礼仕った, 無礼討に, 爲たる, 物音で, 犇き, 狙うと, 狼の, 獅子舞見, 王を, 珊瑚と, 現実に, 琉球に, 生れつきバクテリヤについては, 用が, 田端で, 申立る, 留めるに, 登る処, 白い面衣, 皆さんと共に, 皆さんに, 皆一團, 皆倒れる, 目の, 直ぐに, 相計り秘か, 眼の, 矢場辰と, 知つたこん, 石器時代の, 神様と, 私し, 秋口に, 移りましてから, 窓から, 笑ひ興じ, 算盤の, 築きましたる宿, 粕谷に, 粕谷へ, 紫色に, 総て目を, 線路の, 群がり陸, 群れて, 羨ましそう, 翌日火の見櫓の, 老いぼれて, 考えても, 考へて, 耳打ち始める, 聞いてさえ, 聞きますと, 肝を, 自分で, 自分自身を, 臭気の, 舳を, 船へ, 花魁を, 若し左様, 苦情を, 草木の, 荒しては, 荒莚を, 華族の, 蚊の, 螢狩に, 行くの, 行ったら丁度, 行って, 表へ, 褄を, 要らぬおせっかい, 見ずには, 見たり, 見た黒い, 見ると, 見る所, 見出して, 見張って, 見迎え見送りながら, 親切で起そう, 親父どのを, 言葉で, 証人でございます, 詰め切つて, 誘うても, 調子に, 談合し, 象徴に, 象棋を, 貧乏な, 責めたらよい, 赤ん坊の, 起きて, 路地の, 蹣跚たる, 車屋町に, 軽々しくそれ等, 軽う見, 追い, 追いかけおると, 送って, 逃げも, 這入つて來, 通って, 通り拔ける, 逢って, 遺財, 阿呆な, 陸続と, 隊を, 随分巧み, 雑木の, 露西亜劇壇に, 面白を, 革命といふ, 顔見合せ, 飛び走って, 飜訳する, 食うに, 養生の, 首を, 馬鹿だ, 馬鹿に, 馬鹿話に, 駈け付けまして, 駈け加つて, 騒があ, 騒ぎ出した時分, 騒ぐやう, 驅け, 驚愕した, 骨を, 高慢ちきな, 鮒を

▼ 共~ (354, 4.0%)

5 見て, 集めて 4 征服し 3 制して, 呼んで, 見ると, 見返して, 追ひ, 連れて

2 [12件] 助けて, 呼出して, 尻目に, 引見し, 指揮し, 煽動し, 相手に, 自分が, 袖に, 見た, 見つけると, 頼んで

1 [298件] あいてに, いじめでも, うごかして, おいぢめに, おこしに, おどかしその, お召しなすっ, お揃え下さっ, かき集めたるもの, からかうん, ことごとく歓待, この室, この狭隘, しつかりと, じろじろと, すくつて, すぐ暖め, すっかりやるせない, すつかりのみ込んで, そ, それぞれ異国へ, たぶらかす方便, たべつ, つかわして, てこずらせること容易, とり返し, どうなさろう, にらみながら, はげまして, ひきつれて, びっくりさせた, びっくりさせる, ふり切って, みんな盲に, めぐった条件, やたらに, やっつけて, やんやと, よくかざっ, よこします, カント哲学なぞに, パンクさせ, ヘトヘトに, 一人, 一人残らず討ち取ったなら, 一匹も, 一匹宛出し, 一室に, 一網打尽に, 一緒に, 三ぴんと, 三人ばかり, 下たる, 不思議そうに, 中庭で, 中橋の, 了解する, 五名ほど, 仮借なく, 仰山らしく眺める, 何となれ, 何と心得おる, 何と心得る, 使嗾し, 先ず血祭り, 入れても, 全く恐怖, 其場で, 再び生, 処分するだろう, 凹ませては, 分たないやう, 切殺, 制したそうして, 制する爲, 剛柔水火の, 厚遇し, 取り圍ん, 取立てて, 取繞, 叩き散し此衆夫婦, 叫び出してる始末, 叫んでも, 召されて, 召し使った事, 召抱えたに, 召抱えた如きは, 召抱えても, 可愛がって, 叱ったけれども, 叱りつけるやう, 叱りました, 叱り散して, 叱り飛ばした, 叱り飛ばすと共に, 同類だの, 吹き溜りの, 呪う人, 呪った, 呼びつけて, 呼び集めて, 喜ばせた, 喜ばせました, 喰いあきたせい, 喰って, 嗤う, 嘲って, 四人下人を, 囲ゐ, 囲繞する, 外に, 大声で, 威かすも, 威壓する, 実によく労っ, 害せん, 害める, 家へ, 容子探りに, 容易く撃ち捕る, 対手に, 対象と, 将来系統だ, 尻目にかけて, 尾行け, 居住せし, 居住せしめるであろう, 山仕事野良仕事の, 差図し, 差遣わされた, 庭先へ, 弁舌もて, 引きあげて, 引きつけられるやう, 引きつれて, 引き倒して, 引き寄せて, 引き退らせて, 引攫って, 待つて, 後々迄も, 従えて, 御信用, 御召連れなされ候わん, 御呼留, 御存じです, 御覧なさい, 御退治可有由, 怪物だ, 恐れるならお前達, 恨んで, 悦ばすは, 悲しませ又, 愛して, 感化した, 憎らしく思います, 懲す, 戦かせよ, 手玉に, 打ち随, 押えて, 押えること, 押さへ, 押距てる, 招いて, 招きヲランダ人, 指圖し, 掃落し, 掠めて, 掠められて, 掴まへに, 撃ちました, 撃つため, 救うて, 救う人, 救って, 救つて下さりまし, 教育し, 散々手古摺らせた, 敵に, 斬って, 斯く無, 早く帰せ, 早乙女主水之, 書付て, 枕辺へ, 案内しくさっ, 棄てて, 横紙破りに, 歸さう, 残らず追い払って, 殺滅, 母屋へ, 無事に, 無理に, 無鑑識, 煙に, 煩わさなくなった事, 物干, 物語り今, 犠牲に, 狩り集めたの, 狩り集めて, 用心深くした, 皆始めし, 皆洞穴の, 皆起す, 皆運び寄せ, 盛んに, 相手として, 眺めて, 眼中に, 睨みつけて, 睨み付けた, 睨み付けると, 睨んだので, 知つてる, 確實に, 私に, 私は, 稽古台に, 窘めるの, 笑わせたり, 粗略に, 縛れよと, 聞いて, 育てようと, 胡麻化した, 脅迫し, 自分達の, 苦しめし罪, 英膳の, 荷車に, 葬る時, 葬れ, 蔑しろに, 薪割で, 血まつりに, 裏切つた, 見くだして, 見た男, 見つけて, 見るや, 見下して, 見付けると, 見廻した, 見張って, 見張つて, 見放さないで, 見限って, 討つに, 詭弁家に, 誘って, 誘ひそれで, 語らひ当家, 説破しよう, 蹴倒し踏みつぶして, 蹴散らしつ, 軽蔑し, 迎えて, 近づけたの, 追い散らしつ, 追い散らし此処, 追い散らすため, 追っかけて, 追つ, 追出したん, 追出した面白く, 追払, 追払うは, 追散し, 退かせて, 退治し, 退治しなけれ, 退治する, 逃がしては, 連想させず, 遠く隔て, 部屋の, 量る時, 鍛へて, 鏖殺に, 除けば, 集め公儀, 集め大, 集め座頭, 非常に, 順々に, 頻りに陽気, 顧みた, 飜弄て, 養って, 養つてゐた, 首尾よく, 驚かしたの, 驚かした時, 驚かせた, 鼠とも

▼ 共~ (311, 3.5%)

3 すぐに, それを, 此の 2 一斉に, 一緒に, 亦口, 名を, 喜んで, 存じて, 彼の, 自分で, 調べられたが, 頭を

1 [282件] あきらめて, あすの, あちらこちらに, あなた方の, あの人達, あの方, あの騷ぎにや, あやかりたい, いっそ隠居, いって, いつか声を, いぶかしん, いよ, いること, いるだろうその, いろいろと, うるさい, うれしいぞ, おどけた事, おどろきました, おれを, お上一人の, お供いたします, お供仕る, お半, お立派, お花畑の, お邸, お頼殿, からかって, かれの, こうしたお, こうした生きた, ここへ, このまま, このまま御供, このよう, この上, この席, この時, この次に, この騒動, これからお, これだけの, これには, さう, さぞかし喜ぼう, さだめし案じ, しばらく呆れ, しまひ, しらないという, すっかり年, ずいぶん心配, ずいぶん気, そうした気候, そちへ, そのつもり, そのとき, その一人, それと, それについて, それに従って, そろそろまいる, そろそろ退屈, たびたび見, ちょうどその, つい気, つけ上る, つづいて, ときどきに, どうにかこうにか, どのくらい, どんな事, なかった, なほ直接には, なまけものでございます, のぞいて, ばたばた駈け出し, ひとり, ひと方ならず, ひと汗かく, ひと泡吹こう, ふと気, ほつと, まことに迷惑, まず見合せたらしい, またどうぞよろしく, また何物, また出, みな狩りあげられた, みんなうっかりし, もうこれ以上, もう奥, もう直ぐお, もう黙っ, やがて程なくこの世, やはりそう言っ, よう喰うであろう, よそながらお, よろしと, ろ共痛い, コプラは, 一人娘で, 一家族として, 一度に, 一度は, 一旦は, 一昨日から, 一盃馳走に, 一種の, 一網に, 一緒だけに, 七人の, 三四人狩り出し, 三斗の, 下郎達も, 主人の, 主人も, 二つ位別荘が, 二三人ジヤラジヤラし, 二三人宛は, 二人の, 二週間ほど, 亦叔父, 亦自然さ, 今は, 代を, 何故に, 俄かに, 催し物に, 働らき, 先生に, 先生を, 八方手分けを, 六松と, 共々お客, 共々どじょう, 共々に, 其度毎に, 出ること, 別に厭, 別に気, 動き出すに, 十五里十八里の, 十人近くいる, 受納致せ, 古事記なんかを, 召捕吟味中, 合點行ざる, 吉原へでも, 同じ事, 名古屋で, 周章ておりましたし, 呼びともに, 商売安全という, 四時から, 困って, 困り果て, 外遊以来一切和服の, 大助かりだ, 大抵さう, 奇妙に, 奴めが, 妙に, 始めは, 宅に, 安心するだろう, 定めて, 宜敷申上候様, 寢ない, 實に, 少々あの, 少しく力, 少し学問, 居るに, 届きませんでしたけれど, 山陽外史の, 川崎大師へは, 引きさ, 彼に, 彼女の, 彼等も, 心して御, 心細く存じ, 忙が, 怖おう御座んした, 思います, 思い切って, 思って, 思はぬでは, 思ひ直さま手配, 思わず微笑, 恋の, 悪戯し, 意地ずくじゃ, 或いはそんな, 手を, 手伝って, 持て余して, 改めたで有ん兩人, 旅館としては, 日頃から, 春の, 暫く立ちどまっ, 朋輩共だ, 未曾有の, 未来を, 本心を, 東京で, 槍の, 此の間じゅうは, 武芝にたいする, 毎日一回運転手に, 気を, 油断し, 満足な, 激しい感情, 片っ端から, 琵琶を, 甚だ名, 生れた大阪, 生れつきの, 由ない, 異風に, 皆いけない, 皆それほど, 皆な立去っ, 皆暇, 皆熱心に, 皆続い, 目を, 相当に, 相談相手に, 真面目に, 矢はり, 立合一同, 粕谷の, 終生それ, 罹災者です, 美人を, 翌日は, 肝油を, 肴を, 胆力名家竜造寺の, 自分の, 至ってこの, 草も, 落度には, 蔭ながら, 行きましたが, 西洋人も, 見たが, 言可けれど, 話だけは, 詳しいこと, 豫て, 負けずに, 足の, 身体が, 這いまわる小, 進退に, 遠掛け, 都に, 長の, 随分大, 隙を, 隨分庇つて上げました, 集りまして, 非常に, 面白い野郎共, 面目なし, 顔の, 顔色は, 馬に, 駈けつけて, 驚いて, 驚きまして, 驚くの, 髪を, 黒鍬組の, 黙って, 黙っては

▼ 共には~ (94, 1.1%)

3 分りません 2 よくわかりません, わかりません, 何の, 分りませんが, 居りません, 解る筈

1 [79件] あんな事, いっこうお話, いっこう天下, おもしろい, かけないもの, ここが, この生涯, これが, その力, その訳, そんなこと, ちっとも訳, とうてい本当, なかなか難儀, ほとんど分らない, もうこれからみんな, よく判りません, よく判りませんでした, よろこびなの, わかりませぬ, わかりませんです, わかりません尤も, トンと, 一寸真似, 一文も, 一番性に, 不思議で, 九人の, 何でも, 何にも, 余り関係の, 優しき事, 全く先生, 内々で, 分らない, 分りませんし, 判つて居るだらう, 利き目, 利益だ, 前司法大臣, 勿, 勿論の, 古典的な, 只安らけさと, 地方の, 大いに魅力, 大変物珍しく, 大変物珍らしく, 子供は, 山の, 差し当って, 彼の, 御両君, 忘れられない防空演習, 感じられるだろう, 手頃な, 更にわからない, 民間の, 氣の, 流行唄と, 特別の, 王室との, 甚だ奇怪, 申しつけて, 眼尻に, 私共で, 考える事, 自決の, 解釈が, 言わないで, 許しませずどうも, 詮議の, 酒を, 関わりも, 闇夜と, 限らない遠近, 零落れても, 非常に, 面白くない

▼ 共~ (90, 1.0%)

9 一緒に 3 一しょに, 一所に 2 いえども, 一しよ, 女中と

1 [69件] あったそう, あの廃院, いたしまして, お別れ, きたら全く, きたら怖, きた日, きては, するにつれて, それからあと, そんなに年齢, つるんで, 一しょの, 一つ所に, 一つ穴の, 一処に, 一處に, 与んで, 二人の, 別れたった, 別れて, 同じだ, 同じだった, 同じに, 同じ様, 同様幕府に, 同盟し, 同行し, 呼時一同, 多人數打合双方即死手負人出來田中勢土師村放火家數二十軒及燒失, 大学生一人遠くは, 夷人直に, 孫の, 寺まいり, 対照し, 引き別かれ, 彼らの, 彼女との, 彼等の, 志を, 恨んだこと, 我々共触, 戦いまた, 戦って, 押竝べての, 早くお礼, 歩くの, 現在まで, 甲乙の, 申しても, 相談し, 石燒の, 種々な, 立つと, 被害者と, 見さかい, 覚しき藩士, 許生員は, 話して, 近所の, 遊びましょうよ, 違い朝廷, 酒宴を, 鉾を, 附合う, 雑居を, 雖も, 顔を, 飲んで

▼ 共~ (57, 0.6%)

1 [57件] いましめて, いら, お下げ渡し願いとう存じます, お呼び出し, お引渡し, お戻り, お泊り, お着き, お立ち寄りに, お立ち寄りを, お話の, この島, ぜひ一手, ねだりヶ間敷儀申掛, もつと, 一書つかわしたく思う, 九助が, 些と, 來られます, 値を, 再吟味, 勤めて, 十枚ほど, 参って, 同意内通致候者候は, 吟味致す, 呉れて, 告知せ, 咄せし, 咎め申付る, 嫁いて, 尋ねて, 御一緒, 御尋ねなされ, 戻す譯, 斯樣なる, 此書状を, 泊って, 泊りましたお茶, 玄関の, 申し出られい, 申合せ, 申聞し, 相場状にて, 縄を, 習練させる, 言伝が, 話してさえ, 話聞せ, 談し, 配當すべし, 預けて, 預けられたから, 預け置佐十郎郷右衞門の, 預け遣す, 預置, 飛んで

▼ 共その~ (44, 0.5%)

2 火に

1 [42件] しずかな, まばゆい色, わりでも, 中でも, 中にも, 中央の, 事を, 人は, 前に, 名は, 國内に, 夫に, 子は, 度毎十分に, 影の, 徳風に, 心を, 悲しさ, 悲しみは, 意で, 文盲な, 日の, 時から, 時は, 時主人が, 時分の, 望は, 材料を, 次に, 次ほんとうに, 次会った, 生徒の, 男の, 細いやせた, 終い際, 経過を, 羽根の, 胸の, 膝を, 通り実行し, 頃三十五六で, 馬小屋と

▼ 共では~ (35, 0.4%)

2 ない

1 [33件] あなたを, ありますが, あるけれど, いきなり御, いちばん美しい, こういうもの, この二人きり, ござらぬ, その道の, それを, そんなだらし, どこへも, ないかしら, まだ手廻り, もうきっぱりと, もう一切, もう何方, もう少し社会的地位, よその, 仲間売は, 先生から, 初めてでございます, 到底生活, 大抵どなた, 娘の, 子供に, 学生さんが, 年来取りつけ, 採らぬところ, 特別に, 男ばかり, 私が, 荷物を

▼ 共にも~ (33, 0.4%)

1 [33件] いい知恵, お能拝見差, お馴染, またその, まだまだほんとう, やがて最後, ゆうべの, よく分っ, わからないの, 一向見当, 一向解せない, 下され兼ね候位, 与えて, 乗るなと, 今更どうする, 内々情を, 分かりゃしねえがの, 判りません, 嘆賞の, 大切な, 好さ, 少しづつ, 度々之災難, 思案に, 確かに, 程が, 絶対に, 薄情の, 見当が, 読めそう, 造って, 運の, 飲ませるが

▼ 共二人~ (33, 0.4%)

2 が互に, だけで

1 [29件] が參, が實, が結びついた, だけ出し, つきり, でさほど, ともよそ, にとって一生, に会い, に釣り合った歩き, のお, の名, の眼, の籤, の讀ん, の賊, の部將, はいつ, はずつと岡山, は並ん, は木立, は罪, は若様, は豚吉, は飯, もあと, もう行手, を何處, を引き留め

▼ 共~ (29, 0.3%)

1 [29件] あつた, あらうとも, いくつかに, うす暗がり, およろしけれ, お役に立つなら, お立替え申しました, さえ面, さへ, さへも, どんな迷惑, やりますから, 今売る, 今日でも, 何んとか, 保養し, 出来るなら容易い, 前から, 大金を, 孔夫子の, 扱つた品では, 日本の, 来すっかり, 武士は, 独断めに, 用心する, 若し少しでも, 身分相当な, 迷惑を

▼ 共~ (29, 0.3%)

2 は自分

1 [27件] がよっぽど, が手紙, しの, しは, し此儘長崎, に, には三つ一時, の心, の悲し, の技, の掛けた, の聞及候儘, の返事, の頭上, はそこ, はその, はそれ, は一葉女史, は傘, は其為, は其爲, は我が, は見た, へ一向, も実は, を搜, 之一身

▼ 共~ (28, 0.3%)

4

1 [24件] おれに, から, からその, からね, から其位, から是非, から正しい, から特に, がそれにしても, ぞ, つたその, つたのです, つて此の, で, ということ, といふ輕侮, と心, と心窃, と蔑まれた, ね, よ, わいと気取りました, 其樣な, 誰か行っ

▼ 共~ (28, 0.3%)

6 して 2 したる迹, となるべし, にし

1 [16件] が決して, しようと, し妥協, で収穫, との焦点, と云う, によって社会主義的, に依り, のもと, の乏しい, の必要, の限り, はどうして, は牛角, を得た, を新鮮

▼ 共から~ (27, 0.3%)

2 常に怪, 見ると

1 [23件] あとで, お出ましに, くれぐれもお礼, そのお礼, だの, 五六軒さきでございます, 先に, 出したいくら, 噂を, 御家老, 御話, 歩廊の, 知らせを, 立ち入って, 立てられて, 聞いたが, 見て, 見ますと, 見れば, 觀る, 言ふと, 遊女に, 金が

▼ 共より~ (25, 0.3%)

2 遙に

1 [23件] どれほど, ひと足さきへ, 偉い様, 偉い樣, 先に, 先達て身分相調べ候處全く, 劣る馬鹿者視, 十二年も, 各自方への, 大きくおなり, 形見に, 打ち抛り又は, 方丈へ, 申上候得バ宜しく, 申被, 申達し, 讓金なりと, 金子を, 預り書面を, 餞別として, 餞別を, 高くなっ, 魯西亞人へ

▼ 共それ~ (24, 0.3%)

1 [24件] が徹頭徹尾, でなくってさえ, なる下郎, につける, には他人, に浸り, はごく, はすぐ, は何処の, は全く, は割合, は忘れ, は県庁, もぼんやり, も作物, も女, より後, をちゃんと, を作つた作者, を断っ, を書いた, を考へ, を解決, を露骨

▼ 共でも~ (24, 0.3%)

2 皆詰り, 迎への

1 [20件] こうして碧巌, そういう料, なかなかこんな, みんな寝, 人手が, 何時でも, 割り切れないほどの, 大切な, 大抵一見し, 得心せぬ, 心配し, 斯うし, 済む話, 祈祷を, 節ちやんに, 膳の, 若い者, 見当が, 食い足りない甘い, 驚きましたよ

▼ 共~ (23, 0.3%)

1 [23件] つと兄イ, ない年, ひきまわしを, 久美さんが, 久美さんには, 久美さんは, 互ひ, 兄さまの, 嫁に, 揃いに, 梅の, 検めを, 気の毒で, 紋同, 若いの, 蝶を, 貞さんを, 達者で, 酒は, 金持だ, 関には, 関達の, 關に

▼ 共この~ (23, 0.3%)

2 頃は

1 [21件] 一月の, 二三日の, 人前で, 婆には, 家一さい一人手で, 屋根の, 心の, 心持ちに, 我儘貴公子の, 才覺た, 春徴兵検査を, 春徴兵檢査を, 村での, 様な, 汗くさい, 病院に, 筍は, 美に, 群集を, 表現の, 金十郎が

▼ 共~ (22, 0.2%)

1 [22件] 一議の, 丈夫でございます, 三人御印形御持參有べし, 世話被, 先途を, 入用, 出の, 太儀ながら, 奉行所よりの, 始末たまわりたく, 小姓御, 序の, 役等長吏以下支配被, 所望の, 明け置願度若し, 案内致すべし, 武備御, 祖母樣を, 贔屓を, 辞退は, 道中切角御, 頼み申兼れ

▼ 共まで~ (16, 0.2%)

3 お赤飯

1 [13件] この主膳, どんなに迷惑, ほんとにびくびくし, まるで自分, ろくなもの, 一と, 呼び集めます, 彼女の, 心を, 文右衞門樣の, 疑つた, 迷惑致します, 飛出しましたが

▼ 共三人~ (15, 0.2%)

2 きやうだい

1 [13件] がそんな, でよく, とは独立, に繩, の家臣, の者種々, の責任, は, は墓場, は岸, は犬, は百花園, は驚い

▼ 共~ (14, 0.2%)

2 にも言

1 [12件] うも御, から何, か一つ, か事, か大事, か思う, とも云わなかった, にも気, も殿下, をあらぬ, を笑う, 共申分

▼ 共自分~ (14, 0.2%)

2 の家

1 [12件] がお, が立たなけれ, が風邪, に取り縋つ, の交際, の人格, の貧乏, の身, より年下, をいい, を偽っ, を愛させなけれ

▼ 共とは~ (13, 0.1%)

1 [13件] 一しよ, 人情風俗が, 人種が, 何ごとじゃ, 何だ, 何の, 何んの, 何時たり, 少々違っ, 案外な, 相手が, 結托する, 違いますのね

▼ 共~ (13, 0.1%)

1 [13件] に存, は昔, は末法, は死ん, は老来, は隣村, までに経験, 云った様, 少し御, 差しあたっ, 書かうと, 迄の惡事, 駈け付けて

▼ 共にとって~ (11, 0.1%)

1 [11件] 一番目的を, 互の, 大なる, 大事な, 実に見落せ, 少くとも, 幸いな, 最も親しい, 決して等閑, 纏った記念, 驚異ならざる

▼ 共~ (11, 0.1%)

1 [11件] 世話人一統は, 変を, 女共と, 愛犬の, 書生などが, 母親達が, 町内の, 矢来の, 腰元共の, 見物人が, 遊野郎共が

▼ 共同じ~ (11, 0.1%)

2 夢を 1 であった, ものが, ような, 下宿に, 事である, 奴が, 歩幅で, 罪でも, 英文科の

▼ 共あんまり~ (10, 0.1%)

1 じゃありません, せめられ様, その人, ひどいので, まとまりなく, やかましくは, 思が, 才の, 明かには, 自分達の

▼ 共少し~ (10, 0.1%)

1 でも隙, は気に入った, は面白かっ, も事缺候儀, も御, 下で, 冷え冷えし, 気の, 自分の, 重立った事

▼ 共~ (10, 0.1%)

2 の中 1 が黒い, だけ浮かし, にこびりつい, の工合, の無い, をこちら, を上げ, を下げた

▼ 共にとっては~ (9, 0.1%)

1 あまりに前, かなり被害, さしたる興味, またこの, 容易でない, 屡々遊び, 山は, 忘れられない懐かしい, 特に述べたい

▼ 共もう~ (9, 0.1%)

1 あったか, おそいでしょう, 二十年以上も, 寝て, 年が, 死んで, 甲斐が, 腹立たしさ, 自分一身の

▼ 共そう~ (8, 0.1%)

1 ある事, しなければ, じゃない, ぞく, 云う不自然, 云う事, 云う母親, 云わずには

▼ 共~ (8, 0.1%)

1 おしだまって, 今切角, 他所へでも, 感涙に, 押し沈黙, 潜つた, 竊に, 胡亂なる

▼ 共~ (8, 0.1%)

2 へ出し 1 の中, の壜, の小, を嘗めろ, を揃, を開かね

▼ 共これ~ (7, 0.1%)

1 だけがこの, には異議, に番号, は当, ひとえに夫, も宙, を覺

▼ 共そんな~ (7, 0.1%)

2 ことは, 事は 1 にされる, 時には, 風に

▼ 共どうしても~ (7, 0.1%)

1 その気, それが, なくなった二親, 目つからない, 私には, 言葉つきや, 願い通りに

▼ 共ばかり~ (7, 0.1%)

3 では 1 だ, であるから, でなく又, で今に

▼ 共へも~ (7, 0.1%)

1 いらしって, お話しに, それからまたほか, 一寸お知らせし, 一寸寄っ, 御越し, 立寄り煙草

▼ 共一度~ (7, 0.1%)

2 は東京見物 1 お久美さん, に寄せ, に屁, 出て, 居ないと

▼ 共~ (7, 0.1%)

1 で立ち話, に水死, に疑, に致し方, へは出ない, へ出なかつた, 異體

▼ 共~ (7, 0.1%)

1 にも出さず, にも見せず重ね, のふかふか, の股引, の黒い, は白く, ノ繻子ニピンクノ花模様ノアルスリッパヲ穿イテイルガ

▼ 共若い~ (7, 0.1%)

1 がよく, 丁髷で, 心を, 時は, 者たちは, 者の, 者同志だ

▼ 共黙り込ん~ (7, 0.1%)

4 でしまった 2 でしまっ 1 で沖

▼ 共だって~ (6, 0.1%)

1 あんた方の, なかなか見分け, 一段上の, 米麦つくらぬ, 英国に, 酔興で

▼ 共でさえ~ (6, 0.1%)

1 こんな馬鹿, よく申さん, 一日御, 何も, 大義が, 始めは

▼ 共とうとう~ (6, 0.1%)

1 あの脚本, 二度目の, 又楽屋, 叔父が, 悔死さぞ, 象牙の

▼ 共に対して~ (6, 0.1%)

1 何故領事館, 冷淡である, 意地を, 持って, 明言し, 誠に顔向け

▼ 共まだ~ (6, 0.1%)

1 そこに, 二十代の, 夜中です, 考えの, 若いん, 若かった

▼ 共をも~ (6, 0.1%)

1 事と, 召出して, 安心させたい, 宥免あっ, 撮つて貰, 無事に

▼ 共~ (6, 0.1%)

1 も相談, 一躍此, 在リ, 少クトモ三本, 尚一ツノ目的アリ, 這入ルナト云ウ訳ニモ行カナイ

▼ 共~ (6, 0.1%)

1 と晩中何處, 同取調べ候處, 同是, 同申上候儀, 同笑, 向音信

▼ 共其の~ (6, 0.1%)

1 人の, 人は, 儀決して, 場所の, 餅屋が, 黒い確か

▼ 共~ (6, 0.1%)

1 あ云う, の事, の人, の心, の惡者, は泉

▼ 共~ (6, 0.1%)

1 して, と云, の實, の心, の道, もない

▼ 共~ (6, 0.1%)

2 に物 1 がさめ, をこすっ, を動かさなけれ, 配せを

▼ 共あの~ (5, 0.1%)

1 人の, 位考の, 女は, 門田宇平が, 青梅在裏宿の

▼ 共だまっ~ (5, 0.1%)

2 て電車 1 ていた, て歩い, て歩いた

▼ 共とて~ (5, 0.1%)

1 あの建札, 人の, 人間ぞよ, 滅多に, 無益な

▼ 共どう~ (5, 0.1%)

1 かんがえても, したもの, したらあんな大きな, した訳, と思うでなく

▼ 共どこ~ (5, 0.1%)

1 かああ, かで見た, から家, から拾っ, へ行った

▼ 共~ (5, 0.1%)

1 のだ, びく景色, びく様子, まはん, んだ

▼ 共なら~ (5, 0.1%)

1 あのよう, では立ち得ざる, ば猛火, む, 兎に

▼ 共へは~ (5, 0.1%)

1 それぞれへ, なんらの, 参りませんのよ, 御紀念金, 黙って

▼ 共までが~ (5, 0.1%)

1 そんな事, みんなダンブクロを, やれ恤兵, 御用の, 面目でございます

▼ 共一同~ (5, 0.1%)

1 そのこと, その事, に押出し, 御呼出し, 種々意見

▼ 共主人~ (5, 0.1%)

1 が考え, の安危, へ右, もお, も立合いまし

▼ 共~ (5, 0.1%)

1 か左, の通り, 之外, 之段相心得, 御條

▼ 共~ (5, 0.1%)

1 が他所, ならば, れ, を怨むべからず, を死なした

▼ 共実際~ (5, 0.1%)

1 に於, の衣, はなかなかそう, 其の唐突, 軌道の

▼ 共~ (5, 0.1%)

1 から出ない, の爲め, の者, の都合, を出

▼ 共~ (5, 0.1%)

1 は相調, も毛頭, れ皆, を聞, 迄傳吉

▼ 共~ (5, 0.1%)

5 聢と

▼ 共無言~ (5, 0.1%)

2 の行 1 である, でした, のまま

▼ 共若し~ (5, 0.1%)

2 それが 1 取落し候事, 自分の, 遇ふ

▼ 共~ (5, 0.1%)

1 に来, 兼申候私し, 古老伝云山名富士取, 屆たるを, 當り

▼ 共~ (5, 0.1%)

1 で出しました, で出す, に感謝, の, のファーブル

▼ 共~ (4, 0.0%)

2 ッと 1 うあらね, 候へば

▼ 共しばらく~ (4, 0.0%)

1 すると, そこに, 沈黙, 立ってから

▼ 共すぐ~ (4, 0.0%)

1 元に, 浮き上った, 顏を, 顔を

▼ 共とにかく~ (4, 0.0%)

1 内容を, 男よりは, 私は, 自分達が

▼ 共どうも~ (4, 0.0%)

1 えうつさせ, それにしても妙, 仕様が, 何か

▼ 共ども~ (4, 0.0%)

1 にお礼, にお詫び, に助力, に口

▼ 共について~ (4, 0.0%)

1 歩いて, 行つて下さる, 走つて來, 高士の

▼ 共によって~ (4, 0.0%)

1 壊たれた, 天国の, 軽蔑され, 野外で

▼ 共まるで~ (4, 0.0%)

1 世の中の, 山出しの, 木つ, 違って

▼ 共~ (4, 0.0%)

2 がッ 1 がこの, までも何

▼ 共やっぱり~ (4, 0.0%)

1 子供の, 有難迷惑な, 祖母が, 頭の

▼ 共~ (4, 0.0%)

1 仕業ニ相聞エ重科, 以テ金言ト成ス所ナリ, 田ヲ, 訴ヨリ大勢無罪

▼ 共一時~ (4, 0.0%)

1 に, に御事, に気絶, に鬨の声

▼ 共~ (4, 0.0%)

1 には, には熱心, にも小松, に万斛

▼ 共~ (4, 0.0%)

1 に見せおき, の云事故實正, をやる, を頼ん

▼ 共何だか~ (4, 0.0%)

1 わだかまりの, 昨日睡眠が, 行かなくては, 身内が

▼ 共何分~ (4, 0.0%)

1 にも帰参, 知らざる由ゆゑ夫, 近頃通行人有之, 長崎ニては

▼ 共~ (4, 0.0%)

1 がついて行かなけれ, が今, に主義, の鼓膜

▼ 共~ (4, 0.0%)

1 は平生慈悲, も亞米利加語, 不埓, 遠州水呑村名主九助

▼ 共~ (4, 0.0%)

1 てかさ高, に変, に恨み, りかね

▼ 共~ (4, 0.0%)

1 なり酔っ, 成り永生き, 消, 致誰か

▼ 共喰い~ (4, 0.0%)

1 の共産党, の状態, の蛸配, をする

▼ 共~ (4, 0.0%)

1 の堅固, 満員である, 章魚の, 騷ぎだい

▼ 共彼等~ (4, 0.0%)

1 が生れる, の恐るべき, の現在, の衣裳

▼ 共~ (4, 0.0%)

1 から聞く, かれ早かれ, は自由, をつけ

▼ 共恐ろしく~ (4, 0.0%)

1 利口だ, 口が, 汚いみすぼらしい装, 真面目な

▼ 共~ (4, 0.0%)

1 る日フト恭, る晩, る標準, 時何かにつれて

▼ 共最早~ (4, 0.0%)

1 三歳にも, 御開港以來七ヶ年, 時刻も, 此暮には

▼ 共次第に~ (4, 0.0%)

2 短氣 1 施行せらる, 短気の

▼ 共~ (4, 0.0%)

1 にさせた, に靜, のよろこび, をすれ

▼ 共比量~ (4, 0.0%)

1 と看做す, なりしこと, なるかを, にあらずし

▼ 共決して~ (4, 0.0%)

1 一緒に, 問題の, 申譯は, 親亭主

▼ 共沈黙~ (4, 0.0%)

2 って白い 1 って笑っ, のうち

▼ 共~ (4, 0.0%)

1 でもなく, の国, の至当, の説

▼ 共~ (4, 0.0%)

1 である, は流さなかった, を流し, を流した

▼ 共~ (4, 0.0%)

1 ある時, らば, れば, 樣な

▼ 共焼き~ (4, 0.0%)

1 にした, になってる, に蒸され, もなぞ

▼ 共~ (4, 0.0%)

1 は涙ぐん, ばかりが光った, を転じ, を轉

▼ 共~ (4, 0.0%)

3 のなき 1 だの腱

▼ 共聊か~ (4, 0.0%)

1 たりとも僞, も取, 存じ寄りの, 相違の

▼ 共電車~ (4, 0.0%)

1 から下りた, ですもの, で五分間, の通る

▼ 共非常~ (4, 0.0%)

1 に呆然, に美しい, に脊, に親切

▼ 共~ (4, 0.0%)

2 に傷 1 の大きな, より口

▼ 共黙っ~ (4, 0.0%)

2 ていた 1 て了, て出

▼ 共~ (3, 0.0%)

1 年がら年じゅう夜昼なし, 火じろの, 私共あ

▼ 共あなた~ (3, 0.0%)

2 に読ん 1 の御

▼ 共~ (3, 0.0%)

1 それを, やうの, 太陽先生の

▼ 共こそ~ (3, 0.0%)

1 お世話に, ちと各, 狼藉者の

▼ 共さりとて~ (3, 0.0%)

2 其を 1 黙ったまま

▼ 共たしかに~ (3, 0.0%)

1 をられる, 承ったぞ, 顔は

▼ 共でござる~ (3, 0.0%)

1 か, が唯今, 不慮の

▼ 共です~ (3, 0.0%)

1 ぜ, ね, 昨年の

▼ 共とても~ (3, 0.0%)

1 あなたに, 幾世の, 鬼でも

▼ 共との~ (3, 0.0%)

1 交易が, 交渉全部であります, 天下で

▼ 共とも~ (3, 0.0%)

1 別れを, 朝夕の, 組み打つ

▼ 共どんな~ (3, 0.0%)

1 ものが, 事が, 人間でも

▼ 共なく~ (3, 0.0%)

1 てはならぬ, 点したるに, 點し

▼ 共なりと~ (3, 0.0%)

1 先親子をば, 召つれよう, 大岡の

▼ 共なれ~ (3, 0.0%)

1 ばこそ言った, ばさる, 今と

▼ 共への~ (3, 0.0%)

1 反抗も, 土産物も, 未来の

▼ 共みた~ (3, 0.0%)

2 ような 1 ように

▼ 共みたい~ (3, 0.0%)

1 な土百姓, な境遇, な貧亡人

▼ 共みな~ (3, 0.0%)

1 せわしそう, その鐡搭, 同じこと

▼ 共よりも~ (3, 0.0%)

1 中前栽, 稍面白, 誰よりも

▼ 共わし~ (3, 0.0%)

1 の沙門, の熱情, をあの

▼ 共一向~ (3, 0.0%)

1 其驗も, 咽へは, 知らざる由

▼ 共一向に~ (3, 0.0%)

1 其彦兵衞殿と, 影も, 知れ申さず尤も

▼ 共一緒~ (3, 0.0%)

1 で花, に來, に跳ねとばされた

▼ 共今や~ (3, 0.0%)

1 來る, 学生の, 平氏は

▼ 共~ (3, 0.0%)

1 の女, の女性, の年

▼ 共何れ~ (3, 0.0%)

1 が父, も純粋正義, 両三年已前

▼ 共~ (3, 0.0%)

1 したこと, の努力, の和

▼ 共~ (3, 0.0%)

1 にい, による, へ来

▼ 共~ (3, 0.0%)

1 が貧窮, し雪, の記念塔

▼ 共~ (3, 0.0%)

2 に角 1 も角

▼ 共全く~ (3, 0.0%)

1 同じその地点, 同じ形, 覺え

▼ 共~ (3, 0.0%)

1 は何, を逆, 縮れた髮

▼ 共~ (3, 0.0%)

1 て来い, て行け, 來得る

▼ 共別に~ (3, 0.0%)

1 気にも, 異同の, 赤くなる

▼ 共~ (3, 0.0%)

1 にはあんな, にチベット流, 條にも

▼ 共四人~ (3, 0.0%)

1 の仲, の命, を叩ッ

▼ 共報社~ (3, 0.0%)

1 のみすぼらしい, の階下, へ昇る

▼ 共好き~ (3, 0.0%)

1 なの, なん, な道

▼ 共子供~ (3, 0.0%)

1 にあれ, に立派, の一挙一動

▼ 共実に~ (3, 0.0%)

1 型が, 壮麗な, 生前一大幸言語を以て

▼ 共思ふ~ (3, 0.0%)

1 仲よしの, 頃不, 頃良原中まで

▼ 共~ (3, 0.0%)

1 を引山, を挙げた, を擧げた

▼ 共既に~ (3, 0.0%)

1 其方の, 口書爪印濟たる, 證據と

▼ 共~ (3, 0.0%)

1 の世界, の殿堂, の社会

▼ 共正しい~ (3, 0.0%)

1 としなけれ, のであります, 箇人主義は

▼ 共段々~ (3, 0.0%)

1 に人数, 彼方此方片附け出す, 御やつれなされ

▼ 共~ (3, 0.0%)

1 之, 機咄吾這宝剣仏祖共殺, 氣面に

▼ 共異存~ (3, 0.0%)

3 無之

▼ 共相手~ (3, 0.0%)

1 にやり, の顔, は一人

▼ 共総て~ (3, 0.0%)

1 が愧, の子供, はそれ

▼ 共~ (3, 0.0%)

1 向ひ申すべく, 在候, 成申度心醉仕申候

▼ 共若く~ (3, 0.0%)

2 て丈夫 1 て呑氣

▼ 共~ (3, 0.0%)

1 が欲しい, の引替, を返せ

▼ 共長い~ (3, 0.0%)

1 間この, 間夜と, 間耐え忍ん

▼ 共~ (3, 0.0%)

1 ひに, ひの, ひ出たる通り菊事姑女

▼ 共~ (3, 0.0%)

1 であった, ですね, の心理

▼ 共餓死~ (3, 0.0%)

1 するよ, せんよりはと, より外

▼ 共あと~ (2, 0.0%)

1 が少し, を教え

▼ 共ある~ (2, 0.0%)

1 ことなし, 問題を

▼ 共いかにも~ (2, 0.0%)

1 わけの, 無邪気な

▼ 共いずれ~ (2, 0.0%)

1 も只, 一度は

▼ 共いつ~ (2, 0.0%)

1 でも少く, になく

▼ 共いつの間にか~ (2, 0.0%)

1 子供の, 思って

▼ 共いつも~ (2, 0.0%)

1 のよう, 変に

▼ 共いや~ (2, 0.0%)

1 あなちぐはぐな, にお

▼ 共かせぎ~ (2, 0.0%)

1 ぐらいではダメ, でも生活

▼ 共からは~ (2, 0.0%)

1 まったく質, 何も

▼ 共がよ~ (2, 0.0%)

1 うく心得, つてたかつ

▼ 共こうした~ (2, 0.0%)

1 山の, 鳥籠を

▼ 共この世~ (2, 0.0%)

1 にはいなかった, に又

▼ 共さえ~ (2, 0.0%)

1 承知なら, 満足しない

▼ 共さすが~ (2, 0.0%)

1 にきのう今日, に疲れ

▼ 共さる~ (2, 0.0%)

1 にても御, 中國の

▼ 共しまいに~ (2, 0.0%)

1 は眼, は行かれ

▼ 共じゃ~ (2, 0.0%)

1 な, 早うつけ

▼ 共じゃと~ (2, 0.0%)

1 怒鳴り散らして, 申すか

▼ 共せず~ (2, 0.0%)

1 二人の, 翌朝未だ

▼ 共たしか~ (2, 0.0%)

1 なるよう, 馬喰町邊とかにて

▼ 共だけ~ (2, 0.0%)

1 では, 除いて

▼ 共でした~ (2, 0.0%)

1 から日本, から門

▼ 共でなけれ~ (2, 0.0%)

1 ば出来ぬ, ば感得

▼ 共とりつい~ (2, 0.0%)

1 てしまいました, てしまひました

▼ 共どうせ~ (2, 0.0%)

1 仕なければ, 返す見込み

▼ 共なき~ (2, 0.0%)

1 が如く, 道を

▼ 共なぞ~ (2, 0.0%)

1 からかって, もう眼中

▼ 共などは~ (2, 0.0%)

1 それどころで, 誠に御

▼ 共なり~ (2, 0.0%)

1 我が贔負役者, 支配頭なりが

▼ 共なんぞは~ (2, 0.0%)

1 お傍, それでございます

▼ 共なんぞも~ (2, 0.0%)

1 若い時, 雨降り揚句なんぞに

▼ 共にて~ (2, 0.0%)

1 候が, 甚だ家事

▼ 共にても~ (2, 0.0%)

2 兩三人同道にて

▼ 共にと~ (2, 0.0%)

2 つては

▼ 共にゃ~ (2, 0.0%)

1 どうもお上, サッパリわからねえで

▼ 共にや~ (2, 0.0%)

1 はらげ, 違ひない

▼ 共はな~ (2, 0.0%)

1 このうしろ, ウフフフご覧の

▼ 共ばかりには~ (2, 0.0%)

1 任せて, 色目一つ使わぬ

▼ 共ひとこと~ (2, 0.0%)

2 聞いて

▼ 共ひどく~ (2, 0.0%)

1 感動させられる, 臆病で

▼ 共ほんとう~ (2, 0.0%)

1 に二人, に心からつくづく

▼ 共まあ~ (2, 0.0%)

1 のせて, 当分の

▼ 共までも~ (2, 0.0%)

1 存じて, 非常に

▼ 共~ (2, 0.0%)

1 かしの, 喃

▼ 共よく~ (2, 0.0%)

1 しらべて, 考えた上

▼ 共よりは~ (2, 0.0%)

1 それを, 強いこと

▼ 共~ (2, 0.0%)

1 が富士見ヶ原, はこれ

▼ 共ゐなかつた~ (2, 0.0%)

1 と言, 筈だ

▼ 共ア逃げ~ (2, 0.0%)

2 でがら

▼ 共~ (2, 0.0%)

1 多ク出シタ, 手下ニ附ケタカラ壱人モオレニ刃向

▼ 共一方~ (2, 0.0%)

1 恭吉が, 行方知ず

▼ 共一統~ (2, 0.0%)

1 に遣, 生き返りました

▼ 共一言~ (2, 0.0%)

1 の答, の返答

▼ 共三膳~ (2, 0.0%)

2 とは食

▼ 共~ (2, 0.0%)

1 つつか者, 謂虚説に

▼ 共不思議~ (2, 0.0%)

1 な事, に心

▼ 共不手際~ (2, 0.0%)

2 に丸く

▼ 共世話~ (2, 0.0%)

1 になっ, 致し居りしやと

▼ 共九助~ (2, 0.0%)

1 と節, を連

▼ 共二合~ (2, 0.0%)

2 と戦ひ

▼ 共~ (2, 0.0%)

1 べからず其子, べし又

▼ 共五人~ (2, 0.0%)

1 のいひ, は皆枕頭

▼ 共今度~ (2, 0.0%)

1 の敵多勢, の第

▼ 共今日~ (2, 0.0%)

1 の生活, は御免

▼ 共~ (2, 0.0%)

1 の土偶, の金

▼ 共何となく~ (2, 0.0%)

1 不安心, 囲り

▼ 共何事~ (2, 0.0%)

1 かあらん, も知らざれ

▼ 共何故~ (2, 0.0%)

1 にや将, 仕事を

▼ 共何時~ (2, 0.0%)

2 もの様

▼ 共~ (2, 0.0%)

1 はよしあし, は今

▼ 共~ (2, 0.0%)

2 の恥

▼ 共健在~ (2, 0.0%)

1 は何より, 故安心

▼ 共~ (2, 0.0%)

1 の所, 來日本國は

▼ 共~ (2, 0.0%)

1 へ這入った, よりは重い

▼ 共兎角~ (2, 0.0%)

1 斧正, 聢と

▼ 共内心~ (2, 0.0%)

1 はそう, は不測

▼ 共到底~ (2, 0.0%)

1 吾, 私に

▼ 共力者~ (2, 0.0%)

1 として農民, の著書

▼ 共勝手~ (2, 0.0%)

1 にし, になさいだ

▼ 共勿論~ (2, 0.0%)

1 働く方法, 種々な

▼ 共千太郎~ (2, 0.0%)

1 が身持, の死骸引取候節

▼ 共叔父~ (2, 0.0%)

1 が時々, は天狗

▼ 共~ (2, 0.0%)

1 に足, 糺中

▼ 共取扱~ (2, 0.0%)

2 ひにて

▼ 共取返そう~ (2, 0.0%)

1 という勢, と云う

▼ 共古さん~ (2, 0.0%)

1 のおかげ, の所

▼ 共~ (2, 0.0%)

1 の内裏, はよる

▼ 共~ (2, 0.0%)

1 が惜, はない

▼ 共四十~ (2, 0.0%)

1 の坂, 近い獨

▼ 共四千五百石~ (2, 0.0%)

2 の大身

▼ 共困難~ (2, 0.0%)

1 ならぷつりと縁, の事件者時日

▼ 共国中~ (2, 0.0%)

1 に同心, の者

▼ 共塞がっ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ 共多分~ (2, 0.0%)

1 存命にて, 御抱入

▼ 共夢中~ (2, 0.0%)

1 にな, の樣子

▼ 共大いに~ (2, 0.0%)

1 氏を, 驚き何事やらん

▼ 共大した~ (2, 0.0%)

2 変りは

▼ 共大分~ (2, 0.0%)

1 の荒磯, 酔って

▼ 共~ (2, 0.0%)

1 ばかりで, ばかり叩き起した

▼ 共~ (2, 0.0%)

1 に口, に森閑

▼ 共~ (2, 0.0%)

2 から別

▼ 共始め~ (2, 0.0%)

1 左様いふ, 御主人

▼ 共~ (2, 0.0%)

1 が一人, を返し

▼ 共~ (2, 0.0%)

1 を貰, を貰わなけれ

▼ 共嬉しい~ (2, 0.0%)

1 とも禮, 事で

▼ 共存分~ (2, 0.0%)

1 に右, に御

▼ 共実行~ (2, 0.0%)

1 する必要, 出来んと

▼ 共尋常科~ (2, 0.0%)

2 だけは卒

▼ 共~ (2, 0.0%)

1 差別なり, 意志の

▼ 共小さい~ (2, 0.0%)

1 時には, 聲では

▼ 共小用~ (2, 0.0%)

1 にも起きなかつた, に起し

▼ 共少々~ (2, 0.0%)

1 ずつ騒ぎ立てる, 思付候仔細御座候是を

▼ 共~ (2, 0.0%)

1 何かの, 熟考仕

▼ 共引取~ (2, 0.0%)

1 て大坂, べき旨種々申聞候

▼ 共御沙汰~ (2, 0.0%)

2 の通り

▼ 共~ (2, 0.0%)

1 の中, を使っ

▼ 共必要~ (2, 0.0%)

1 であると, ナ買物ガアルンダ

▼ 共思っ~ (2, 0.0%)

1 ている, て居る

▼ 共思ひ~ (2, 0.0%)

1 も掛けぬ, 合すれ

▼ 共~ (2, 0.0%)

1 に副, 返納可被

▼ 共怪我~ (2, 0.0%)

1 をし, をせぬ

▼ 共悪い~ (2, 0.0%)

1 事を, 批評を

▼ 共悪く~ (2, 0.0%)

1 なかった, パッと

▼ 共悪魔~ (2, 0.0%)

1 であろう, に魅入られ

▼ 共~ (2, 0.0%)

1 を敵, を離れた

▼ 共~ (2, 0.0%)

1 はねば, ひ退て

▼ 共拘引~ (2, 0.0%)

2 に価する

▼ 共~ (2, 0.0%)

1 うした, と村名主方

▼ 共~ (2, 0.0%)

1 新, 旧と

▼ 共~ (2, 0.0%)

1 に行っ, は広小路

▼ 共~ (2, 0.0%)

1 と云う, の力

▼ 共時候~ (2, 0.0%)

1 にふさわしい, のせい

▼ 共最近~ (2, 0.0%)

1 しげしげと本田, の旅行

▼ 共~ (2, 0.0%)

1 に一週間, のきれい

▼ 共木綿物~ (2, 0.0%)

2 ではある

▼ 共未だ~ (2, 0.0%)

1 何とも, 存命にて

▼ 共本当~ (2, 0.0%)

1 としてそれ, の場合

▼ 共東京~ (2, 0.0%)

1 で桜, の町中等

▼ 共~ (2, 0.0%)

1 のある, の蔭

▼ 共栄蔵~ (2, 0.0%)

1 はきかなかった, は種々

▼ 共~ (2, 0.0%)

1 の夏中, の大人君子

▼ 共此処~ (2, 0.0%)

1 には自分たち, の一日

▼ 共此奴~ (2, 0.0%)

1 を王宮, を追出せ

▼ 共此度~ (2, 0.0%)

1 の上京私一人外当時船, は種々

▼ 共殆ど~ (2, 0.0%)

1 今日にては, 同時に息

▼ 共殘ら~ (2, 0.0%)

1 ず擲, ず相

▼ 共母親~ (2, 0.0%)

1 の面影, はどうぞ

▼ 共~ (2, 0.0%)

2 に就い

▼ 共~ (2, 0.0%)

1 が違っ, を揉み

▼ 共気乗り~ (2, 0.0%)

1 がしないらしく, せず

▼ 共江戸~ (2, 0.0%)

1 へ出でざる, ヘ帰ルニシタ

▼ 共~ (2, 0.0%)

1 とも山, に行った

▼ 共源助~ (2, 0.0%)

2 に呼

▼ 共~ (2, 0.0%)

1 かつたり, 實で

▼ 共無事~ (2, 0.0%)

1 にし, に帰藩

▼ 共無用~ (2, 0.0%)

1 のお, の者二階

▼ 共~ (2, 0.0%)

1 へ尋ね, を專途

▼ 共~ (2, 0.0%)

1 の働く, の筋骨

▼ 共~ (2, 0.0%)

1 の解らぬ, 馴れない重

▼ 共~ (2, 0.0%)

1 の代, は斉

▼ 共~ (2, 0.0%)

1 の児, ばかりである

▼ 共留守~ (2, 0.0%)

1 でしたよ, 半刻

▼ 共異状~ (2, 0.0%)

2 は認められません

▼ 共當地~ (2, 0.0%)

1 へ來, より文通

▼ 共登らなけれ~ (2, 0.0%)

2 ばならない

▼ 共白状~ (2, 0.0%)

1 せぬ中, なしける

▼ 共相應~ (2, 0.0%)

1 の儀, の口

▼ 共~ (2, 0.0%)

1 である, の親切

▼ 共知らない~ (2, 0.0%)

1 ように, 人だった

▼ 共硝子戸越~ (2, 0.0%)

2 に中

▼ 共~ (2, 0.0%)

1 に泊つて, に泊つて來

▼ 共種々~ (2, 0.0%)

1 宥め扱, 已を

▼ 共~ (2, 0.0%)

1 一の, 二字目な

▼ 共~ (2, 0.0%)

2 はいまだ

▼ 共絶えず~ (2, 0.0%)

1 せせこましい気持, のぞかれて

▼ 共絶体絶命~ (2, 0.0%)

2 のどんづまり

▼ 共義王~ (2, 0.0%)

1 が何, に遠慮

▼ 共聞い~ (2, 0.0%)

1 ていた, て其所

▼ 共~ (2, 0.0%)

1 の上, の底

▼ 共~ (2, 0.0%)

1 から手拭, をかけるで

▼ 共自分達~ (2, 0.0%)

1 の話すべき, を誘拐

▼ 共自殺~ (2, 0.0%)

1 させなければ, した処

▼ 共~ (2, 0.0%)

1 するが, べき樣

▼ 共言葉~ (2, 0.0%)

1 が途切れた, を替せ

▼ 共訳した~ (2, 0.0%)

1 ことが, ポール

▼ 共~ (2, 0.0%)

1 への趣き, へ出し

▼ 共~ (2, 0.0%)

1 にも逢わなかった, もおらぬ

▼ 共資産~ (2, 0.0%)

1 のとぼしい, のない

▼ 共~ (2, 0.0%)

1 を踏み外し, を運ばなけれ

▼ 共跣足~ (2, 0.0%)

1 になっ, になつて

▼ 共身分~ (2, 0.0%)

1 は何, 不相應

▼ 共~ (2, 0.0%)

1 この家, のそば

▼ 共込めた~ (2, 0.0%)

2 だけの弾丸

▼ 共迷惑~ (2, 0.0%)

1 に思ども主人, に思ひし

▼ 共退散~ (2, 0.0%)

2 させる積り

▼ 共過去~ (2, 0.0%)

2 の自分

▼ 共~ (2, 0.0%)

1 というもの, という事

▼ 共都合~ (2, 0.0%)

1 のよい, 悪く不参

▼ 共重い~ (2, 0.0%)

2 絹帽を

▼ 共野良育ち~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ 共長年教育~ (2, 0.0%)

2 の事業

▼ 共間もなく~ (2, 0.0%)

1 恭吉は, 振返って

▼ 共~ (2, 0.0%)

1 である, で四辺

▼ 共~ (2, 0.0%)

1 のよう, 降り前

▼ 共静か~ (2, 0.0%)

1 にせい, に草

▼ 共面伏せ~ (2, 0.0%)

2 な気持ち

▼ 共頗る~ (2, 0.0%)

1 多い, 宜しく往古

▼ 共~ (2, 0.0%)

1 が揃つて, を上

▼ 共食する~ (2, 0.0%)

1 と異形身, 民間の

▼ 共~ (2, 0.0%)

1 よりよく, を餌

▼ 共黒い~ (2, 0.0%)

2 しかん巻を

▼1* [1445件]

ああでもない, 共あたりが担ぐ, 共あっちこっちと逃げ廻る, 共あどけなき優しき荒くれ男なりき, 共あなた方に聴い, 共あまり先を見通し過ぎ, 共あらわさなくては文芸, 共あるいは文字共の, 共あれほど断わっ, 共あんなじゃあきっと, 共いい工合に, 共いうべき事は, 共いぎたなく睡って, 共いけませんでしょうか, 共いつしか諸庭奉公人, 共いづれが中, 共いなくなってしまった, 共いよいよかわらせなく相, 共が如く, 共うす黄な, 共うす暗い部屋の, 共うだろうかと工夫, 共うっかり私が, 共うつらうつらしたり, 共うんとわがままを, 共ば三たび, 共ええと答えなければ, 共おこす人も, 共おそい早いはあったけれ, 共おのれも風邪等, 共お代は後程, 共お供をし, 共お家から無事, 共お母さんに云いつかっ, 共お節は元, 共お腹減って, 共お金の思わく, 共お願い致し度, 共かき消す様に, 共かき消す如く消え失せてしまった, 共かすかに見えます, 共かせぎをすればよろしい, 共かせぎしても生活, 共かな身共は, 共かは知らぬが, 共からのお土産, 共からばかりでなく味方うち, 共からもお願い申し, 共かを地上に, 共がっかりして, 共がどいつもこいつ, 共がはひつて, 共がをりますけ, 共きく人はだれ, 共きこえ不申候, 共きつと冥途, 共ぐずぐず云わねえで早く, 共ぐらい束に, 共こいつの身ぐるみ, 共こう床に, 共ここにその, 共こちらから白状, 共ことごとくこれからその中, 共こめてある, 共これからのいそがしい, 共ごく稀には, 共さし向いでは経済能力, 共さだ子の婚約者, 共さては濱に, 共さらって行く, 共ゅじん長政に, 共しかないとも, 共しくじったからその, 共しずかにしろ, 共しつこく黙り込んで, 共じきに叔父は, 共じっとして, 共じっとそうやって, 共じりりッと, 共つかりあなた, 共すこぶる解しにくい, 共すっかり気持が, 共すべて林町の者, 共する事も, 共ずみも出来る, 共せしは一八二五年ストックトン, 共せっかく丸くなった, 共ぜんまいの振動, 共そいつの手足, 共そういう時世に, 共そう大して美しかった, 共そこに意味, 共そして小生も, 共そっくり支度が, 共そっちの方, 共それきり一言も云わなかった, 共それだけ冬が, 共それでもあんまり名残惜しい, 共それとて生れ落ちる, 共それなら夜道は, 共それにほんの少, 共それらは某, 共それ丈の間, 共それ以来杳として行方, 共それ程えらいもの, 共それ等に縁, 共そんなこんなで昔, 共たいした年増で, 共たった一人の, 共たった今ここまで, 共たのみ参らせ候, 共たまに見る, 共だけであしらい兼ねて, 共だつたが洗面器, 共だつたら如何する, 共だらうとさ, 共だんだんと狡猾, 共ちゃんと部屋に, 共ちょいと足, 共ちらりほらりと辰, 共やなあ, 共猶予し, 共ったら平吾に, 共ついていた, 共であるが若しも, 共であればこそ右, 共であろうか, 共でございますか, 共でしょうその中, 共というものは, 共とかく見せ藏, 共として吟ずるか, 共としても早速その, 共とじやれ合つてゐる, 共とともニ致し, 共とび出しちゃって, 共ともいへよう, 共とやらも番頭も, 共とろけは不, 共いつもこいつ, 共どうか好く立派, 共どうして汝等は, 共どうせ少し真似事位出来るなら, 共どうぞ森の, 共どうもちっとあれが, 共どちらかという, 共どっかそっ方を見, 共どっとふき出しました, 共ども堕胎罪として起訴, 共どれ程の思い違い, 共ない始末であった, 共なかなか定まらないので, 共なくなった事それから, 共なくなり私と, 共なぐさみに小さい, 共なさず半四郎は, 共などが眼中に, 共なり切ては父, 共なる向上進歩が, 共なわれて宿禰, 共なんかには愛嬌も, 共なんかは欲しいと, 共なんだか若し大人が, 共において先は, 共におきましても自衛の, 共にたいして本当の, 共につけ届けする, 共にては見所の, 共にという事であった, 共にとっての強敵が, 共にとりましてはこの世が, 共にやすらかです, 共に対しては禍の, 共に対する御質問, 共に対するほどの親しみは, 共ぬからぬ顏でを, 共ぬるぬるして, 共ねえものを, 共ねちねちした性質, 共のきゃっ, 共のしちまえッ, 共のせるべきほどの名, 共のてまえも, 共のどかに喫煙, 共のやしきへ, 共はきゃっといっ, 共はさまで驚いた, 共はじめ悠長な風, 共はじめ村の者, 共はずつと大きい輪, 共はたのもの, 共はねダーリヤ・パヴロヴナ二十二年一緒に, 共はや悉く忘れ果てたり, 共はわーっと, 共ばかりは独り者, 共ばかりを袖に, 共びっくりするだろう, 共ふだん割合に自由, 共ふやして考えた, 共ふり返ったの, 共なの輝き, 共へまで御相談, 共べそりと, 共べろりと皮が, 共ほかに親しい, 共ほとんど同じよう, 共ほぼ同じです, 共ぼんやり顔を見合った, 共づ蓋を, 共まさか命を, 共まして此処いら, 共まず私の, 共また敬太郎の, 共またしとうて来, 共まっ赤である, 共まつたく初めの, 共まんざらあなたが, 共みなの衆をお, 共むっつりとし合った, 共めいめい提灯を下げ, 共めんどうくさくもある, 共め今頃はほくそ笑みやがっ, 共め吾二子年若くて, 共もう少しよく考え読んで, 共もっと傍へ, 共もとのまま光君, 共もはや特別に, 共もめっけもの, 共もわあっと, 共やがてそれ等の, 共やを儲けたその, 共よき便所を, 共くでも, 共わかっている, 共わかってるって何, 共わが妻の, 共わが身もろ共じりりッ, 共わたし達が所謂スペイン風, 共われもわれもと力, 共をぞつと, 共をのさ張らせる, 共をば憎みさげすむ, 共を以て見れば, 共グズグズ言わさず, 共アア私は生き, 共アメリカ漫遊から帰る, 共アルママチラの兄弟, 共イヤといふ程砂地, 共ガ来テ相談シテオレニ当分林町ニ居テクレロト云ウカラ毎晩毎晩泊ッテ居タ昼ハ用ガ有ルカラウチヘ帰ッテイテソノ月ノ二十五日ニ, 共ガ毎度私ヲバ, 共グーグー寝て, 共ゲーレスの許, 共コリヤ彌十爾ぢ, 共サッフォの伝記, 共スハ大變, 共ソーッと千世子, 共ッ直参旗本早乙女主水之介, 共ッ頭が高かろ, 共テラテラとした, 共ドッと押し寄せた, 共ニのり込ミ長崎ニ九日ニ来り十日ニ鹿児島ニ, 共ニジョットーノ偉才ニ襟ヲ正, 共ニナキ兒童ヲ孤兒院ニ收容セザル所以ハ, 共ニヤニヤ笑った, 共ニ一ツノ神通力ヲ下, 共ニ之ニサシサワリアル向ニ対シ警告ヲ発スル次第ナリ, 共ニ亡ビザル限リ銀行省ノ預金ニ不安ナシ, 共ニ其顔がつくり, 共ニ劒ヲ示シテ, 共ニ千丈ヘ下, 共ニ參政權ヲ取得スベキ者ナルハ論ナシ, 共ニ單ニ附隨的ニ行動シタル伊藤博文等ハ進ミタル我ヲ解セズシテ後レタル彼等, 共ニ天日照覽ノ下, 共ニ左記ノ処ニ事務所, 共ニ延テハ国際ノ融和, 共ニ強者ガ其強力ヲ失ヒテ其所有權, 共ニ忘ルベカラザルモノヲ得タリ漱石逝キテヨリ茲ニ十七年此地ノ有志相謀リ其忘ルベカラザルモノヲ明カニシ併テ, 共ニ敷地百坪乃至二百坪トヲ併セテ, 共ニ是レ聾盲ニシテ嘗テ之ガ為メ正論, 共ニ暫クノ近キ將來ニ存在スベキ其等ニ對シテ, 共ニ朝鮮ニ在ル内鮮人ハ平等, 共ニ東京ニ来航シテ居ヲ構エシガ, 共ニ檜栂赤松ノ属茂密ニシテ, 共ニ此所ニ一戦の上, 共ニ洪益ヲ謀ランコトヲ, 共ニ物價ヲ合理的ニ調整スルヲ得ベシ, 共ニ獨逸ノ投資, 共ニ端円ニシテ首尾同ジ, 共ニ群衆ニ紛レテ脱出セヨ, 共ニ表現ノ苦心尋常ニアラズ, 共ニ鎌倉中期カラ後期ニ移ル頃ノ代表的, 共ニ門ヲ出, 共ニ魏ヲ伐, 共私が, 共ノソノソやって来て, 共くハ敷, 共ハツと云樣無慘, 共ハ皆無用の事, 共ハ農事ヲ怠, 共パンにし, 共ビックリして, 共フトその名, 共委任相成, 共ヘトヘトに疲れた, 共ミハイロとヤーコブ, 共メダルを取出す, 共ロチスター氏の身體, 共ヴァラ休む, 共ヴァラエティーは休む, 共一々白状に, 共一しょに載せ, 共一つとしてああ, 共一つ家の中, 共一ぱい水が這入, 共一万千七百六十六石一斗二合七勺九秒を給せられた, 共一体ほんとに親切な, 共一円もらうと, 共一切分り不, 共一切受申間敷幼年之者など何心, 共一切渡海の事, 共一向によくならない, 共一命にも關, 共一品にても拔差, 共一國の武備, 共一圓通し不, 共一家族の短, 共一寸も家, 共一寸默つて居たが, 共一席月来百花醒雲睡万壑寂, 共一年の内, 共一度一度と日, 共一度代をはらう, 共一度毎にその, 共一所に捲き込むべき, 共一文も御, 共一日や二日, 共一旦頼まれし上, 共一様にその, 共一番先に出, 共一番部屋の端, 共一目見て, 共一種の作品, 共一統夢かとばかり打, 共一統奉願上候所同月十三日無拠病用, 共一統奉顧上候所願之通, 共一致する場合, 共一覧其後多胡碑も観, 共一雪下りると, 共一體分りませぬこと, 共丁度いいたより, 共丁度雲を踏む, 共七八年以前泉州堺又は安, 共七年前に祿, 共七百石を給わっ, 共万一うらむが, 共万遍なくよく, 共丈夫だった, 共三五郎を敵, 共三千代に逢, 共三四人どや, 共三四百人まるで腹, 共三家でおれ, 共三州者の由, 共三日目に一度位, 共三月四月と春, 共三軒四軒二十三十無之, 共の方, 共上らなければならない, 共上品だ, 共上部ハ鐵器ヲ出, 共下られける斯樣に, 共下手人の疑ひ, 共下手人ぢやある, 共不在の由, 共不幸な人, 共不悪御援読奉願上候, 共不意に奇妙, 共不相改当月五日竹原大叔父病死仕候に, 共不都合もなき, 共を去っ, 共世間になれた, 共眼ともが, 共両方で云い出す, 共両親の苦しめられる, 共中學程度終業ヲ以テ國民タル常道常識, 共だん, 共丸裸なの, 共丸裸体にし, 共だった事々, 共主婦や老人, 共義は, 共乍恐十ヶ年前の御, 共乗れないとは困った, 共乗船御供被仰, 共なんぞは飲みとうない, 共がなき, 共事實は更に, 共事成就の上此伊賀亮, 共二つ三つとよし, 共二三の同志, 共二三十羽の孔雀, 共二三年諸方ヘ頼, 共二三日前に当分望, 共二人きりで御座, 共二人ぎりに成った, 共二人づつ四方に分れ, 共二人限りの夜, 共二円玉代一本二十五銭女中祝儀三拾銭を以て最低, 共二十五六にもなった, 共二君ヲ求ムル心, 共二枚着る着物, 共二股に割れ, 共二週間の停学, 共二重にする, 共云い合したように, 共云う事は, 共互に大音揚近所へ, 共五人七人かかろうとも, 共五六人召仕ひ何れ, 共五六名の中, 共五山へ可, 共五百餘人集會榊の枝, 共も勞, 共亡君のおん跡目相続, 共亢奮して, 共京住ひに, 共人百年の壽命, 共今一應申立よと云, 共今宵返らずば, 共今年になっ, 共今時分とは思ひよらず定め, 共今晝後八ツ半時頃此所へ着船, 共今此處へ粂之進, 共仕方なしと, 共付添白洲へ繰, 共代役するてんで, 共以上な無慈悲, 共以前と違つた貌, 共仮りにも自分, 共仮定めする, 共仰向いて見た, 共仲間の大きい, 共ている, 共低い低い声で, 共住者の相, 共佐野の批評, 共何うにもやり, 共何さま七十に二つ, 共何ぞ其罪の, 共何と名を, 共何とか工夫致し取り, 共何とも答を, 共何一つ知らなかった, 共何処の教会, 共何卒格別の, 共何如様共可致, 共何故あんなに邪魔が, 共何時御立帰りになりたる, 共何程に相成, 共何處に居た, 共余りよく似, 共余り物をいわなかった, 共作り上げてしまった, 共作品としては自然, 共便宜と云, 共便所に来た, 共信じなければならぬ, 共信じ切って居た, 共は興奮, 共倒れてしまった, 共假令議會が滿場心, 共健全とのたより, 共健康そのもののやう, 共僧形に不, 共儀一途ニ御為, 共儀主人申付とは云, 共儀八ヶ年以前平川天神裏門前にて町醫師村井長庵こと雨中傘, 共儀屹度御仕置, 共儀忠節の計, 共儀新藤市之丞外萬事世話, 共儀聟夫等の災難, 共儀長八娘身受相談の儀, 共元服したばかりの, 共元来酒を呑まぬ, 共に当られる, 共兄弟なりアダモ, 共兄樣と一所, 共充分承知して, 共先々頑健罷在, 共先ず話し丈, 共先づ本日の御, 共先ヅ後藤由井佐々木ニ談判ニてかた付申候, 共先一ト通り事を糺し, 共先年当村, 共先年御成街道を通行, 共先月末当月初両度之乗様, 共先爰に知らざる, 共先祖の者, 共先達て御仕置, 共党派が目立っ, 共入り口は明けた, 共入道相国の剛腸, 共入院して, 共人民の, 共全快之程不相, 共全然同じで, 共全身黒焼けとなり, 共全速力で走り続けた, 共兩人前後より引, 共兩人申上る言葉, 共兩腕共強く痛め, 共八十五歳の老人後々, 共六七人のもの, 共兵三千総軍一万五千, 共其一員に加, 共其儀は一向に, 共其刹那にわし, 共其奴を引立歸, 共其心得可有之事, 共其方へ掛合, 共其犠牲になつ, 共其疵口の不審さ, 共其素志は攘夷, 共其考証精密なる学者風, 共其處に擲, 共其許之鍼術聞及候, 共其詮無しと云, 共其零となる, 共て御, 共兼ヌル人モ儘是無キニ, 共兼而ハ戦場と申セバ人, 共内実はまるで, 共冷然と笑い, 共凡夫の悲し, 共凹みたる線にて, 共出るには足がかり, 共出世するのよ, 共出京するはず, 共出來ずに, 共出來やうに此長兵衞, 共出品なさい, 共出来ずに豊吉, 共出鱈目を云う, 共れて, 共分らなかったと見え, 共切角斯うやっ, 共初めから一言, 共つたん, 共別々になる, 共あげを, 共前度殊の外入口六ヶ敷候, 共前後正體, 共劇団に関するお話, 共力願ふことに, 共入りました其時, 共助かったという風, 共助かることも, 共助けてやる, 共助成薄く難儀致候, 共労共楽の社会, 共勝手次第之旨, 共の迫る, 共勤めを怠り果て, 共勤めましたる跡故, 共北東の地, 共ひ置候, 共十三ヶ所を所持, 共十中の九, 共十五坪の汚, 共十五通その代金二十四両一歩二朱也, 共十五通桃色メリヤス十通その代金十二両二歩也, 共十八冊で出版所, 共十分間ばかりは何, 共十四五からの娘達, 共十日祭も早, 共十錢宛八幡さんは春秋二度, 共千世子の神経的, 共千二百円で買, 共卑しからざる事, 共の鍵, 共南側のはほんの, 共南蛮物の毒薬, 共単にその人々, 共博奕は衰退, 共危うく踏留った, 共危ふく踏留つたのも無理, 共即ち絶対的に, 共即日釈放された, 共て私, 共朔日府中勢, 共去年の七五三, 共參申候は, 共又七も主人, 共及ばぬような, 共及び妻に, 共双子縞の袷一枚, 共出すにより, 共受けさせねばなるまい, 共先生の, 共嬉しい丈, 共只今迚も多, 共叫びていひける, 共可愛がって, 共右日限の通, 共右様の次第, 共右様天下衆人之能存候罪状有之者, 共右殺害に及候者, 共右等之處宜敷, 共二枚の, 共各々提灯得物を引提我先, 共各自に一人, 共じき宿に, 共同意させるやう, 共に負, 共名主へ掛り, 共向きあふと, 共向側は西神田, 共君幸に雨, 共吟味中揚屋入申付, 共吾人は更に, 共呉服太物が本業, 共呑気屋でお, 共周平の方, 共呼ばわりをし, 共呼び寄せるかね, 共呼出され淡路守殿彦兵衞に, 共和服でしたけれど, 共哀れな罪人, 共まで出掛っ, 共喜ぶ顔を, 共喧嘩をやめい, 共ひ申候, 共喫驚したよう, 共が土, 共を実, 共嘘みたいに固い, 共器用過ぎるほど, 共四人清水坂長吏のため, 共四円か, 共四十二の御, 共四十近く見えたけれど, 共四百二十円結局合計千二百円が実際, 共四郎右衞門は殘金相濟, 共四間に過ぎん, 共団員一同は私共, 共困るだろう何とかし, 共図々しくなって, 共固くなって, 共がこういう, 共国中一統人気も平常, 共国方に皮田村, 共を成就, 共在して緊張的構成, 共在したことであろう, 共在宅だった, 共地びたに坐, 共地主に飼殺し, 共地代二十両持って, 共地面に幾つ, 共坑夫にならなけれ, 共執拗に黙り込ん, 共墓穴をく, 共墨夷を畏, 共士農工商出家沙門醫者山伏の諸, 共なん, 共夕方まで決して, 共多事の幕末, 共が明け, 共夜中廣小路醫師道達方へ押込刄物, 共夜中過ぎの放け, 共夜講か參會, 共を見, 共大きい家ばかり, 共大きな箱舟の, 共大きに安堵し, 共大切なもの, 共大勢付添本多家用人笠原常右衞門惣取締として江戸表, 共大勢徒黨して, 共大勢立出見るに, 共大変に歌舞伎通, 共大岡殿より豫, 共大抵の時, 共大業にする, 共大海の底, 共大袈裟に見えた, 共奇想天外式の精神病, 共奉公致させ呉候樣, 共の処, 共女中共はおらぬ, 共女性としては珍, 共女房にし, 共に見せるべき, 共音, 共好んでお, 共如何にも世を, 共如何アルベキヤ否ヤノ儀権門ヲ恐, 共如何様とも工夫, 共が誰, 共姉妹みたいな型, 共始め大勢の目, 共始終上品な, 共委曲話し又, 共姿を見せません, 共学問が嫌い, 共學生にも勸め, 共安き心は, 共安眠熟睡だつた, 共完全にどこ, 共の山野, 共定御移被, 共からず此儀, 共実にちゃんと並んで, 共実は御存じの, 共実共終にしれずし, 共実業に慧敏, 共実現す, 共は帰つて, 共家來一統いろ, 共家出をし, 共容易ならぬ心配, 共寄り給ふな, 共寄ると觸, 共寄宿舎に這入っ, 共さは, 共てくれ, 共寝せぬ地方が, 共寝た時の, 共寢込んで居ます, 共ばかりの所, 共寿と国, 共尊い悲しみと, 共尋ねて金子, 共小倉袴に紺足袋, 共小名浜の漁村, 共小夜衣は千太郎, 共小学校の先生, 共小屋木等朽居候故年限難, 共小山田と云, 共小弟に面会, 共小憎らしいと云う, 共小知小見の身, 共小網町に而, 共少なからず困つたもの, 共尚々その後に, 共尻尾を出し, 共双び帳面, 共居なかったら至急誰, 共居宅に在, 共屈起するかと, 共の崖, 共山崎団長と松本代議士, 共屹度申付ると, 共に墜ち, 共川崎の大師, 共に概略致記載, 共左腕をその, 共差当り先日七蔵に渡され, 共布巾を携, 共帰って来る, 共帰らないんです, 共帰舟言従海外遊鐙明孤塔遠風圧片帆遒, 共常識より判断, 共の人間, 共平凡な力量, 共平氏が猶, 共平気で見物, 共平生の通り, 共平生船中は勿論, 共年明候へば上京, 共幸福になれる, 共幼少より戦国, 共幼稚なる哲学的考察, 共幾人は魚, 共幾年か昔, 共庇髮に結つて, 共の方, 共庖丁を磨ぎはじめた, 共のもの, 共度々見たが, 共座して喰, 共廂髪に結つて, 共廉子だけを室, 共廟議少しも, 共弔皮にぶら下がった, 共引受所持せるを, 共引立よと言, 共引越なば, 共窃盗犯者と, 共強いては主張, 共強く痛め候故, 共強情だから, 共当分の休養, 共当座の間に合う, 共当時の英材, 共のまとまった, 共彦兵衞に相違, 共彦四郎貞宗の作, 共役儀に候, 共彼事を南都, 共往々は養子, 共てっ, 共後悔の瘢痕, 共後藤の世話, 共後輩と思召, 共徒刑二年に處, 共得心の樣子, 共御国へかへり, 共御存じの事, 共御用之御, 共微塵になつて, 共徳山の所謂, 共心付ず其儘歸宅, 共心付けよとありしか, 共必ず九郎兵衞より, 共志村玄叔を遣らう, 共応対振りは至極, 共を受け, 共怒つたま, 共思いきった様に, 共思いの外の腕利き, 共思いませんのよ, 共思し召に, 共思ってることを, 共思はれける八九里の, 共急いたりあんまり, 共急用だ, 共性格相似て終始互いに, 共怨みはない, 共恋する男の, 共入候儀, 共恐れ入奉り, 共恭吉に対して丈, 共悉く伏見へ, 共悉御誅伐可有之旨其筋, 共患者であるが, 共悧巧さうな顔, 共悲しさは, 共惣内は何時の間に, 共愉快になつ, 共意外の思ひ, 共意志の悪い, 共意識して, 共愕然と気色, 共だった, 共愛すべき所々を, 共愛病院と云, 共感じることが, 共慌てて逃げ, 共憂鬱になつ, 共憎むべき事に, 共懇意でありますが, 共懸り合を, 共成るべきが惡方, 共我が亡後に, 共我一代は兎角, 共我手に入, 共我等が仕事, 共手付にいたし, 共手先御用聞の役目, 共手当はした, 共手落なく見張り終, 共手金流れになつて, 共打寄否癩病にては村, 共承諾したので, 共世人皆, 共り出されて, 共折々よこすお, 共抱き合ったまま馬車の, 共押して出勤爲致度御用相勤候樣, 共担いでいた, 共持つて來, 共持參差出候處被請取置, 共持餘し叱りつ宥めつ漸, 共指環を貰つて, 共挨拶のしようが, 共振りむいて, 共探るような, 共へてゐる, 共ひを, 共揃って弱虫, 共揃つて居たと, 共揚り屋入申付, 共擦り硝子だった, 共支那服を纏っ, 共支配とは申, 共改める事に, 共故人となられ, 共教える任に, 共教法に藉口, 共の顔, 共敵手だ, 共數日になれ, 共文句は無い, 共新しくなかったよう, 共新藤市之丞, 共方今之時勢彼, 共日來密通いたし居聟, 共日本人の生活, 共日頃から随分, 共東京人は, 共早う逃がして, 共早く休んだやう, 共早口でその, 共早寢をし, 共明け放ってあった, 共明らかすぎる程, 共明廿三日より出勤, 共明治の初, 共明白に口, 共よりの誼, 共昨夜は納戸頭奥田孫太夫たち, 共昨夜飯を食, 共是處を通過, 共是非足を留める, 共時々いい加減, 共時には伽羅千代萩と, 共時計を忘れた, 共晒布にて仕立, 共晴々した顔, 共となりしか, 共暗き身故, 共暫く黙つて, 共と云え, 共最初の内, 共有難てえ方, 共朝敵に比例, 共朝飯を食い, 共の梢, 共木曜に集り, 共木枕をし, 共木枯の傳次, 共の上, 共本寺有之其身, 共本当にして, 共本日御投宿, 共本望之至, 共村長役勤め兼る樣仕つり, 共来るかの, 共東京帝大の国文科, 共東湖も心, 共板の間を働いた, 共林町の皆, 共枯れに散る, 共大学生と, 共の柱, 共のない, 共根岸の紫御殿, 共楊柳の枝, 共業柄之事故, 共極めて不風流故, 共榮人類の發展, 共槍鉄砲等ヲ大勢シテ持歩, 共様子をけどった, 共に倒れた, 共横井奸謀之事, 共横着なん, 共欠落其元へ参候, 共の瞬間, 共次郎をうしろ, 共の調子, 共止まらない速い風, 共正直で気, 共此んな処, 共此前より唐日本, 共此勢に恐れけん, 共此大章魚の首縊, 共此女を捕, 共此度予に隨身せん, 共此方の御, 共此時にあらず, 共此節一向ニ銭切ニ而困, 共此節柄餘儀なき場合, 共此迄の御, 共此金子八十兩は如何, 共歩きながらも笑った, 共歴史は皆共通, 共つて, 共歸つて來ず主人, 共歸らうと, 共死ぬとは思わなかった, 共死んでも貴女, 共死んだ事に, 共死んでしまつたさうです, 共死骸になった, 共殆ど日本語でばかりしゃべってる, 共に愛し, 共殊に痴情の, 共残しておい, 共残らず集めて, 共残り少なに討ちなされ, 共る方, 共段々時が立つ, 共殺されて居る, 共殺してしまいました, 共殺すかどちら, 共母君は只, 共毎日毎日働いて, 共であったの, 共毒蛇の蛇, 共気まぐれ主水之介, 共気候が悪い, 共気概勃々として上杉謙信, 共気鬱が散じた, 共の毒, 共水戸殿浪人或は新, 共水越石とも持高百七十五石所持有之候得共, 共水野十郎左衛門加賀爪甲斐が試みた, 共永年の勤続, 共と塵, 共汗みどろになつた上, 共て御, 共決してそうは成らない, 共汽車を利用, 共泉豊洲門人なり, 共法律上罪になります, 共法律家としてはこれ, 共泣きの涙, 共も許さない, 共泳ぎは達者, 共洒然として形式, 共津田の腹, 共活動して, 共流石武士ゆゑ何の恐, 共浪人して, 共浪漫家で通用, 共海軍力の競争, 共消えて居た, 共淋しい笑い, 共すぎる筋, 共深い事は, 共深沢の友人達, 共深雪について参れ, 共のたて廻し, 共満員なり, 共満腹それから水哉居, 共の関係, 共溝上時代の草花時代, 共溝口屋の子分, 共の総て, 共漠然として御返事, 共漸う育ち掛けて, 共漸く疑ひを, 共潰れ何共, 共して, 共濁声を張りあげ, 共濡れねずみのまま, 共瀬川親子の者, 共火葬に致し, 共為遂げなくてはならぬ, 共無一物になつ, 共無比我称泰西第一人, 共無理のない, 共然し其作品を, 共殺されて, 共焼穴にし, 共の如く, 共熟知の問題, 共け死んだ, 共爲方なく不, 共爲習練江戸大阪共爲致往還度彼是相伺候可然御, 共爲致往還度彼是相伺候可然御, 共爲術なく樣子, 共牛込へ案内, 共牢屋へ入れられました, 共物入を厭, 共物堅い人間で, 共物心のつかない, 共物語しかば主, 共物質の満足, 共物質的に精神的, 共犇めきわめきながら殺到, 共独身者だよ, 共をし, 共に喰い殺される, 共献上致さねば, 共強情を, 共が双方, 共王様になり, 共わさなけれ, 共現在生きる社会, 共理髪ちよいとちよい, 共生きた色も, 共田舍まはり, 共田舎の客, 共田舎者らしくセル, 共甲斐のない, 共甲越の家來盡, 共申し合せ候処, 共申し合せたように, 共申し合わせたように, 共申すやう抑, 共申出し儀を, 共申分のない良い, 共申合せ晝夜番を致すべし, 共申合登山トシテ見分ナスニ中央ノ拝所ト唱ヘル場所ヨリ凡三四十間上ノ方ニテ竪二百間余, 共申訳はござらぬ, 共申越候に付, 共町人には言い張れません, 共町人並商売見世等を出し, 共町役所に相, 共町木戸の閉まる, 共略一緒に鳴川留, 共當時指迫指急候, 共疲勞は汝, 共と稱, 共病気引込中奉願上候, 共病的に, 共痛い目に, 共痩形で殊に, 共登り切っちまわなければならない, 共又は水色, 共白い手拭で, 共白けている, 共白洲へ出る, 共百兩の金, 共百姓ばする, 共のため, 共皆んなの首, 共皆ウヘーとなっ, 共皆宮中に留っ, 共皆心のおけない, 共皆目分らない, 共皮田役の年寄, 共のやり取り, 共益御機嫌宜敷, 共直ぐに勢, 共果てて, 共相勤候儀無覚束, 共相好を崩し, 共相当の剣客, 共相従へ隣村, 共相添届出候ニ付直ニ官員差遣シ, 共相語去年痴僧又今, 共の詩情, 共真面目だから, 共眠ってるから, 共之趣, 共睡眠の氣, 共睨めくらを, 共っ張り縁, 共矢張又前, 共矢張り驚くべきところどころ, 共知らず上り込だり扨, 共知らぬ者が, 共知れず暫時躊躇居, 共知れず殺され其首は, 共研鑽自此之後離合, 共祖母がきかない, 共禍因と連係候, 共私事六十余歳罷成, 共私荷物ハ皆失, 共秋田の佐藤信淵, 共移して改心, 共程なく又内裏, 共種々打續ての災難, 共に落ちた, 共窒息するか, 共立つ瀬がなくなっ, 共笑い出してしまった, 共笑う時には, 共笑うたのは, 共笑ってしまった, 共には尽, 共等しく面白いだろう, 共筑摩家の滅亡, 共筒袖股引ヲ着ス, 共して, 共の蓋, 共の真中, 共粗末なお仕着せ, 共約束あり此方, 共の日輪, 共紅一人は持仏, 共純潔であるに, 共純白の裝, 共に余白, 共紛失して, 共素ッ首を抜い, 共細々とお, 共細い手で, 共細君を呼ん, 共終にしれずして, 共結句に, 共絶対的の無, 共と木綿, 共縁日とか風呂, 共縛つてつれて, 共總勢六人柳橋に掛つたの, 共總髮黒木綿の袷, 共繃帯を除, 共繰返す必要が, 共纔中兩日之御, 共羅馬人に傚, 共群馬栃木兩縣の縣會議員, 共義理ある中, 共義観の庵室, 共翁附の御, 共翌日の朝, 共體の, 共老人は薔薇, 共老妓を味方, 共考えて見れ, 共考えましてどうせ, 共考えますにィ, 共而酒手は何程位置, 共聖殷本紀述湯誥曰古禹皐陶久勞於外, 共て口々, 共聞き糺さなくてはならん, 共聞捨てがならねえ, 共肉体的関係に或は, 共から足, 共背後から押され, 共が高く, 共腰掛迄相, 共膝小僧までしかない, 共にし, 共臥しに横たわった, 共自信のある, 共自分たちの実子, 共自然の中, 共自然次郎本位に遊ん, 共至つて親に孝行, 共至極便利之, 共至而難題至極と申此上, 共致さるべし何とて詮, 共致し方御座無候間金子五十兩何卒才覺致しな, 共與市は手, 共の先, 共に立つ, 共尽くしを, 共明日にも, 共若し別にどうと云う, 共若君はまだ, 共若男に文, 共苦からず差免す, 共苦しくて夜, 共苦しみの程度, 共苦しゅうないぞ, 共苦労でゆこう, 共苦笑をした, 共英一の眞心, 共が奇麗, 共荒い飛白の, 共を失ひし, 共を被, 共菊太は只, 共に一つ處刑, 共萬澤の關所破り, 共付いて, 共落ちてしまう, 共の望, 共蒔繪をした, 共蒲田の駅前, 共蓮葉の一本指, 共と炭, 共藤三郎儀は未だ, 共藻拔けの殼, 共て暮すべし, 共行かないわけには, 共行きがけに一寸, 共行く末の相談どころ, 共行つて見たいもの, 共行われない事だ, 共行家は一筋繩, 共衣食の上, 共表向盃を, 共へ候儀, 共呼出右伺書え, 共裏木戸を開け, 共補助を出す, 共補助椅子満員である, 共裸体にしなけれ, 共褌一つで踊, 共要領を得よう, 共見たいと思う, 共見つからなかったので浄海, 共見のがすような, 共見咎め誰だ, 共見物夥敷參候而不外聞の由, 共えて居らぬ, 共覺しき所にて何者, 共方の, 共言含め文藏お, 共言譯有ば白洲, 共言難からん而猿島河原, 共四千萬圓の, 共討取の六字, 共記憶を含ん, 共詮方なけれど, 共話頭を転ずる, 共誠に万々一之, 共読み終えたが不, 共誰一人障子に手, 共調をもっ, 共調査なさった結果, 共じ合, 共談合埒を明け度, 共論理学や精神哲学, 共諜合せ橋本町へぞ急ぎ, 共講談師や落語家, 共警察へ引つ張られる, 共へ落ちた, 共負けず劣らず美しくもあり, 共負けましたよ, 共貴方を, 共入させる, 共くれよ翌日, 共赤い丸薬を, 共赤子の時, 共赤尾へ切り込め, 共赤穂の旧, 共距離はたしかに, 共を引受, 共になってる, 共路地の中, 共身体中グショグショになれ, 共身内を折助呼ばわり, 共身命を抛ち, 共身支度をし, 共身體は達者, 共に惡, 共車掌台の所, 共軍ハ別而然り, 共軍法として敵国ニ, 共軟体動物だ, 共く逃げられた, 共農作自慢の男, 共農業をする, 共農民が何, 共込み入り候儀に, 共一同に, 共迄も平常譽候, 共ふ出よとの, 共近所に自身番, 共近頃殊の, 共近頃流行の探偵小説, 共追い下りな, 共追放せい, 共退いて能, 共退きて倩, 共退座の意志, 共逐電なし加, 共通つて来る男, 共通つて來る男, 共逝去なって, 共逢つて話も聞い, 共進んで自分, 共遊女はもと, 共遊歩の節, 共良く死人, 共過さじと女房, 共道十郎は其前, 共道徳上問題だが, 共は自分, 共ひなく行つて, 共州の, 共遠くは行く, 共遠慮がちでいっこう, 共からぬ, 共遺言状を書く, 共邪法を行, 共は飲む, 共酒盃は其方, 共つぱらつてはゐなかつた, 共酔っ払うことに, 共三の, 共の風, 共金持の親爺, 共金銀押借に罷, 共鉄砲玉だって, 共銀行家の奧さん, 共銀賞だった様, 共録子はそんな, 共鐵砲槍を持ち, 共長崎へ帰りたれ, 共長庵は傘, 共長沢村の御, 共長火鉢の傍, 共長生をし, 共長田さんの捕えた, 共長病に疲れ, 共長盛三成が威, 共門邊を通り, 共閉口して, 共閣下の御, 共闃然として空家, 共防がなければならない, 共附添手先の者, 共限りにて掛合夫, 共陸軍騎兵中尉で一人, 共なく捜しました, 共際立つて小さく, 共隠れながら話し, 共隣国へ通り過ぎた, 共集候儀其分に仕, 共離れてゐる, 共離ればなれに居, 共雨宮の渡し, 共電式の電話機, 共へ上った, 共露伴先生よりは紅葉山人, 共と赤, 共青年という文字, 共かにせぬ, 共義の, 共喰って, 共面白いが接吻, 共面識がある, 共に泣きぬ, 共頑丈な建物, 共と御, 共を延ばし, 共頼み難いこと, 共を赤らめ, 共風情の端ッ葉者, 共飛び乗って行った, 共飛んでもない, 共食せられるのだ, 共食ってしまう, 共飲みほしてないじゃない, 共飲蓬莱客粒米同餐羽士家, 共養女なの, 共餓えて死ななけれ, 共餘程臟腑も迷惑, 共首尾よく落第, 共馬蹄並に輪金, 共馴染の芸子, 共集り捕, 共驚きのため, 共骨太に堅, 共さ三四尺位で, 共の長い, 共になりたく, 共鮮人であった, 共鳥刺しの面前, 共の夕風, 共れと, 共默止と聲, 共つてゐた, 共黙々として家路, 共黙つてゐる, 共黙然とし, 共黯然と眼, 共の穴, 共のそむいた