青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「剛~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

刻~ 則~ ~前 前~ ~前後 前後~ 前方~ 前日~ 前者~ 前途~
剛~
~剣 剣~ 割~ ~割合 割合~ 創作~ ~創造 創造~ 劇~ ~劇場

「剛~」 1015, 11ppm, 9864位

▼ 剛~ (162, 16.0%)

11 を張る 4 な女 3 な男, を張, を張っ

2 [11件] だ, だな, でいかん, で我儘, で片意地, となり, との水準, な子供, にも是非茶屋, を張つて, を張り

1 [116件] からで, が累, が赫, じゃありません, だから, だと, だなあ, だよ, である, であると, でいたずら気分, でしゅ, でしょう, です, では村, でエゴイスト, でソン, で仕, で唐變木, で始末, で思ふ, で恰, で我慢強く, で手, で短気, で自分勝手, で豊滿, で野卑, で長者町, で馬鹿力, という意地, とか片意地, と一つ, と怒り, ならこっち, なる老, な幕府勘定方役人, な態度, な歩み, な爺, な理屈, な継子, な長男, な長者め, にこれ, にさ, にどうしても, になっ, になほ云, になり, になる, には驚い, にふみこたえ, にふみ堪え, にもう一度, にもじっと, にもその, にもひとり城, にも因つて仕舞, にも程, にも腰, に一人, に云った, に人間, に友人たち, に口, に坐り込ん, に姉, に客, に後, に惘れ, に敷瓦, に片意地, に猶も, に相手, に突きでた, に自分, に自説, に辛抱, に頭, のあの, のお, のやう, の剛, の長者, はまったく, はやめる, はりける, は一週間, は張らないだろう, は張り得まい, は母, は論争, も別に, や夜遊び, らしく枝, をはりました, をはり定紋つき, をはる, をもっ, を云つたの, を出し, を叱る, を張った, を張つたつて, を張つておいで, を張つて差支, を張りとおせ, を張るなら試し, を御, を思はず出し, を折り曲げる, を押し通し, を言, 張ったから, 張ると

▼ 剛~ (77, 7.6%)

43 人間が, 奴で, 者だ 2 から外, 毛で, 毛の, 物を

1 [56件] お方の, かも知れない, から怪我, から気, ごろつきぞろいな, しかし外, ぞ八, などということ, のであります, ので喜兵衛, ので役人, のは, のを, 人が, 人だ, 人で, 人間である, 人間であれ, 土匪や, 女で, 女と, 奴じゃ, 娘と, 意地悪の, 意見を, 感じだ, 感じだつた, 按摩取, 敵を, 敵手が, 旅人に, 毛に, 目の, 相手である, 相手です, 相手どもが, 相手は, 相手数人に, 眉, 笹ッ葉で, 者だろう, 褌を, 言葉一つも, 言葉一つ懸けられず, 貝六風情に, 顔の, 飯は, 飯を, 飯粒を, 首へ, 髪の毛に, 髭, 髭を, 黒い髭, 鼻さきで, 鼻の

▼ 剛~ (49, 4.8%)

2 だな, なやつ, な彼, の男, を保ち

1 [39件] ある父, かッ, がかくれ, だ, であったので, であり大, ですから, で男, と勇猛, と華麗, なお, なかれの, なく人, なこと, なのにも, なもの, なもん, な人, な侍ども, な又, な太刀風, な子孫, な川口, な武士, には感心, にも馬, のおん大将, の一郎, の丈夫, の大将, の武士, の気性, の爺さん, の胆力, の船子, はある, は呉, を持っ, を見

▼ 剛~ (45, 4.4%)

2 の玄関

1 [43件] が鷹揚, であらう, などでも面会, の仮睡, の児, の別荘, の勢, の太き, の娘, の家, の様, の為め, の総領娘, の長女梅子, の面, の顏, はやをら, はジロリ其, はノサ, は一とき, は今, は低頭, は去りぬ, は反り返, は只, は吻, は小声, は平身低頭, は牧師, は莨, は額, は顔中, ほツ, ほ梅子, も今, をなだめ, を一瞥, を中央委員會, を侯爵, を先頭, を大佐, を支持, を横目

▼ 剛~ (36, 3.5%)

3 アキルリュウスの

1 [33件] あとを, と二本, ほまれ, ものだけに, ものを, アイアース, アキリュウス我今君を, アキルリュウスは, テラモニデース・アイアース, パトロクロスのからの, ヘクトール我を, 二面を, 分子の, 四大将は, 声が, 姿を, 官吏で, 徒を, 性格と, 手に, 敵は, 様子に, 武者も, 煮えないところ, 腕と, 腕の, 若い妻, 西面から, 譽得し, 身, 鎗貫きつ, 鎚を, 食客

▼ 剛情な~ (34, 3.3%)

2 ところ丈が, のは, 奴だ, 奴で

1 [26件] お島, ことを, たちで, ところが, のが, のには, ものぢや, ものです, んだろう, シツコイ男が, 一面が, 事を, 人生の, 奴かねえ, 姿勢の, 娘でも, 平次も, 彼は, 心を, 怯者を, 所は, 浪人者も, 男が, 聴かぬ気, 色を, 馬は

▼ 剛兵衛~ (25, 2.5%)

1 [25件] からもいつぞや, がああ, が平伏し, が立ち去る, この辺, でさえ昼, とその, と源次郎, に問い糺した, に尾, に案内, のことば, の使っ, の心配, の説く, の顔, はその, はそろそろ, は何事, は先, は自分, は言い過ぎた, は針葉樹帯, を先, を連れ

▼ 剛~ (21, 2.1%)

6 の手 2 にし, の腕

1 [11件] なる東洋趣味, な肉体, の, の不屈, の人, の人物, の彼, の心, の群, 度しがたき故, 必ず死し

▼ 剛~ (19, 1.9%)

3 制す

1 [16件] あらわして, 制すで, 制すという, 制すといった, 制すといふ, 制すの, 制するの, 制す流, 制す赤子, 取りまいて, 好めば, 好んで, 婿に, 愛婿の, 懐き己, 貴び女

▼ 剛~ (17, 1.7%)

2 なつた, なりました

1 [13件] てまばら, ても親父, て度々, て表面, なって, なつた指, なる, 健かな, 冴えて, 思つたのは, 活, 突っ張って, 胸腹廣く溢れい

▼ 剛~ (13, 1.3%)

1 [13件] して, すべく是, する俺, 会うも, 出ねば, 出来て, 向けるか, 柔に, 渡す, 睨まれ何と, 見えて, 謀も, 過ぐる

▼ 剛~ (12, 1.2%)

1 [12件] こわらし, ので閥族, ものだった, オリザサチバといふ, 厚い皮, 壮年に, 意力の, 意志を, 日蓮の, 片意地な, 肌は, 荒法師には

▼ 剛情我慢~ (12, 1.2%)

1 [12件] で一方, で何ん, で英雄的, と憎まれ, なるその, なる其良心, な幕府勘定役人, の二葉亭, の井上雷侯, の対馬守, を憎む, を見兼ね

▼ 剛~ (11, 1.1%)

1 [11件] なりあるいは, 不二の, 人間らしからざる, 別れたまま, 同じよう, 向い合って, 定り, 宝生は, 手口こそ, 柔との, 誇るもの

▼ 剛なる~ (11, 1.1%)

1 [11件] ものと, ものとては, も至軟, ペーリュウスの, 人いまだ, 女なれ, 意志を, 數また, 最期の, 男なれ, 若き良人

▼ 剛~ (11, 1.1%)

1 [11件] ぎょっとし, これらの, そそくさと, パイプを, 中央の, 何か, 微笑を, 戦い, 無言で, 空箱に, 跛足を

▼ 剛いと~ (10, 1.0%)

1 いうだけの, いうの, いふの, は云えまい, 云えない, 云えば, 見える, 見たから, 見て, 見ると

▼ 剛~ (10, 1.0%)

1 があり, という名刺, という者, と変名, と言っ, に其一子, に達したる, の名, はすぐさま, は何時しか

▼ 剛~ (9, 0.9%)

1 あの人, に困じたれ, ほど興がる, 人あり, 仕打に, 心は, 手を, 肢節は, 髪を

▼ 剛~ (9, 0.9%)

1 がここ, とを私たち, と雅びとはみな彼, はそこ, も大変, を仔細, を実際, を悟った, を欠いた

▼ 剛さん~ (9, 0.9%)

3 貴郎 1 とは兄弟, の真似, は何処, は如何, 可笑しいのねエ, 若し自分一人

▼ 剛~ (9, 0.9%)

1 がおのおの, が能, とはすでに, と説かん, の区別, の対比, の異同, を説く, ヲ以テ相済ウベク

▼ 剛~ (9, 0.9%)

2 に劇評 1 が中, と不義関係, の手, の著書, は, は三宅雪嶺氏, は特にそう

▼ 剛~ (8, 0.8%)

2 を引く 1 で七本, に, は彼, を我, 落ちぬ斯く, 高く張る

▼ 剛~ (7, 0.7%)

1 であった, にはねられ, は抜く, をやみ, をスラリ, を払い, を腰

▼ 剛情者~ (7, 0.7%)

1 が二人, が弁護士, ですから, といふこと, には耳学問, に育ちました, は頑として

▼ 剛~ (7, 0.7%)

1 が捕手, という, なきに, にはなれない, の物語, は情, 生れたり

▼ 剛~ (6, 0.6%)

1 なり是, な人間, な大, の事, の霊, 簡朴死を

▼ 剛~ (6, 0.6%)

1 な中, な勇将, な半面, な武人, な風, の好

▼ 剛千早~ (5, 0.5%)

3 の日 1 ではめざましい, もなかなか

▼ 剛~ (5, 0.5%)

1 がひっ, である, なので, の声, を単身

▼ 剛~ (5, 0.5%)

1 がこんな, で人, な女, な酒新聞社, もの事情

▼ 剛~ (5, 0.5%)

1 ある父, とが迸る, な又, の人, 及び節制

▼ 剛~ (5, 0.5%)

1 に限る, の使い手, の猛者湧井道太郎, の足, をよく

▼ 剛蜻治~ (5, 0.5%)

1 が横槍, は自分達, は警察署, も別荘番, を表面助手

▼ 剛そう~ (4, 0.4%)

1 だ身丈, なので, な口髭, な灰色

▼ 剛とは~ (4, 0.4%)

1 どうも, 二人とも, 善い意味, 願うても

▼ 剛~ (4, 0.4%)

1 じゃありません, だ自分, なもの, 色っぽい別嬪

▼ 剛~ (4, 0.4%)

1 が出現, が邪, といふ遠い, は僕

▼ 剛山寺~ (4, 0.4%)

1 では彼, では正成, へまいる, へ登っ

▼ 剛平氏~ (4, 0.4%)

2 は私 1 にば, の隨筆集

▼ 剛~ (4, 0.4%)

1 と, なかつて, な曹操, 又投機

▼ 剛~ (4, 0.4%)

1 である, に出会し, を受け, 見えますれば

▼ 剛葛城~ (4, 0.4%)

1 そして峰, の山波, の峰々, まで呼びかける

▼ 剛~ (3, 0.3%)

1 話しながら, 跛足を, 過ぎれば

▼ 剛~ (3, 0.3%)

2 ばった顔を 1 ばって

▼ 剛~ (3, 0.3%)

1 なり, なりける, の慰顔

▼ 剛七郎~ (3, 0.3%)

1 がヌック, が呻く, の伸剣

▼ 剛先生~ (3, 0.3%)

2 の小町 1 は次

▼ 剛内柔~ (3, 0.3%)

1 か, である, なる態度

▼ 剛~ (3, 0.3%)

1 なる風貌, な気, な腹

▼ 剛~ (3, 0.3%)

1 その爽絶, な人, 明直な

▼ 剛~ (3, 0.3%)

1 とをもっ, の如く, を執っ

▼ 剛~ (3, 0.3%)

1 が分らない, をためす, を試むる

▼ 剛~ (3, 0.3%)

1 な宮, の気性, の気象

▼ 剛~ (3, 0.3%)

1 な山名宗全, のチェルニシェフ, の大官チェルニシェフ

▼ 剛から~ (2, 0.2%)

1 ざる線を, ず弱から

▼ 剛くし~ (2, 0.2%)

1 て外部, て言い切れ

▼ 剛くなる~ (2, 0.2%)

1 は常, ものと

▼ 剛けれ~ (2, 0.2%)

1 ば不撓不屈, ば手剛

▼ 剛~ (2, 0.2%)

2 となせる

▼ 剛~ (2, 0.2%)

1 とか柔, ともいわれぬ

▼ 剛ちゃん~ (2, 0.2%)

1 が失恋, に逢う

▼ 剛~ (2, 0.2%)

1 あまりに熱烈, 田舎の

▼ 剛でも~ (2, 0.2%)

1 ない, 身体は

▼ 剛ばっ~ (2, 0.2%)

1 ていた, て痛ん

▼ 剛一帯~ (2, 0.2%)

1 の守備, の攻防戦

▼ 剛七郎春藤幾久馬鏡丹波~ (2, 0.2%)

1 がやって来, の三人

▼ 剛~ (2, 0.2%)

2 山の

▼ 剛十郎~ (2, 0.2%)

1 が四歳, が生れた

▼ 剛張っ~ (2, 0.2%)

1 ていた, て思う

▼ 剛忿怒尊~ (2, 0.2%)

1 の画像, 御尊体

▼ 剛~ (2, 0.2%)

1 惨暴, 振りを

▼ 剛情なき~ (2, 0.2%)

1 っさき, んまく

▼ 剛情張り~ (2, 0.2%)

1 だと, で人

▼ 剛情我慢他~ (2, 0.2%)

1 を圧例, を壓例

▼ 剛~ (2, 0.2%)

1 ですから, なるは

▼ 剛慾者~ (2, 0.2%)

1 としてのけもの, をこらしめる

▼ 剛柔二様~ (2, 0.2%)

1 の使い分け, の努力

▼ 剛氣節制~ (2, 0.2%)

1 の諸, の象徴

▼ 剛~ (2, 0.2%)

1 が助けだした, であった

▼ 剛~ (2, 0.2%)

1 が鉄物, に金物

▼ 剛~ (2, 0.2%)

1 は猶, 屡ば

▼ 剛草履~ (2, 0.2%)

1 をはい, を穿い

▼ 剛謹之介氏~ (2, 0.2%)

1 から翁, が下っ

▼ 剛~ (2, 0.2%)

1 ともよぶ, にわたる連壁

▼ 剛~ (2, 0.2%)

1 な剣法, の各

▼ 剛軟微妙~ (2, 0.2%)

2 な色調

▼ 剛~ (2, 0.2%)

1 の妖気, を張った

▼1* [186件]

いが大鞆, 剛いが殿下には反, 剛いが鼻の高い, 剛いったいの寄手, 剛いもの力, 剛いものだという, 剛いらしいのにも, 剛かつた, 剛きの活溌男児をば空しく, 剛きものすら多く, 剛くその整然, 剛く冷たくとがった釘, 剛く縮れた黒い八字髭, 剛にて口, 剛さんマ何を貴, 剛さん何か深い, 剛さん其様こと言ふもの, 剛さん奇魔に死ぬ, 剛さん彼様猛悪な心, 剛さん私や貴, 剛さん私何の秘密, 剛さん軽卒なこと, 剛その宜しきを, 剛それに和泉山脈の, 剛倦まず勞務, 剛腹だ, 剛つたつて管やしねえ, 剛つた声で云つて, 剛つて濃く淡く色づい, 剛である俺は, 剛であろうが戦略, 剛ですよ親分, 剛ではない, 剛という分子が, 剛とかいうような, 剛ともいふ, 剛ならしめ鉄瓶等の, 剛ならずその中庸, 剛なりを朗々と, 剛については所説の, 剛に対する柔殺, 剛ばかりで慈悲, 剛ばった笑い方, 剛ばったように何とも, 剛ばった枝を綴っ, 剛ばった笑い顔で鄭重, 剛ばつた葉の上, 剛ばらせて不思議, 剛ばり彼はバッタリ膝, 剛ばるのを, 剛ばんた葉, 剛ほとんど天地に, 剛らしき人とは, 剛ナリシニ由ルト雖モ海戰ノ進退陣形, 剛一何物ぞ苟も, 剛七郎それに屋敷, 剛七郎春藤幾久馬鏡丹波ら以下百に余る, 剛七郎春藤幾久馬鏡丹波三人の浪人, 剛七郎身長六尺近く有名なムッツリ屋, 剛七郎鏡丹波の三剣士, 剛七郎鏡丹波らワイワイ騒い, 剛などに取囲まれ, 剛下僕の仁兵衛, 剛壞な, 剛不壊のもの, 剛不易の光, 剛は幕府, 剛中国そのほか各地, 剛二種のもの, 剛仁兵衛お種, 剛とか薩摩, 剛介千葉重太郎等が共に, 剛伊沢多喜男らはそれ, 剛である, 剛信貴生駒の諸山, 剛なもの, 剛公綱があらためて, 剛兵十二騎をしたがえ, 剛兵衛只今竹の間, 剛兵衛小姓組の松平源次郎, 剛兵衛殿に手紙, 剛兵衛直々には恐れ多い, 剛出城として充分, 剛刀武蔵太郎安国の鞘, 剛の名, 剛させる力, 剛の大久保ら, 剛は支峰, 剛吉野の攻略, 剛喜多と云, 剛といったよう, 剛坂金蔵名前からし, 剛の上, 剛堅確実の立派, 剛壮之を敵, 剛外屈の吉田内閣, 剛太郎の顔, 剛夫妻の住居, 剛嬉戯即彼法, 剛孔雀経を誦した, 剛な精神, 剛はそれ, 剛宝土に四年, 剛宝土四年回異書多半出三蔵, 剛などもまだ, 剛寺阪を上り, 剛将勝頼の胸, 剛山麓の蟻, 剛嶽江戸で西村, 剛高下の, 剛張った両腕, 剛強壮烈等を讃美, 剛強揃いでもある, 剛強無双の上, 剛忿怒尊赤身大力明王穢迹忿怒明王月輪中に結跏趺坐, 剛情さで何かと, 剛情ぢやありません, 剛情はるのも政夫, 剛情ぱりだと云はう, 剛情張つて渠は自分, 剛情我儘の佐久間, 剛情殆ど度に過ぎ, 剛情者わがまま者癇癪持ちの通武, 剛情者二人は当分あそこ, 剛慾さあくどさ, 剛戻な物と, 剛昂氏などによって, 剛普賢両院の山伏, 剛木旃壇木楓香木菩提樹を取っ, 剛某氏の仏, 剛柔いずれとすべき, 剛柔ツマリ学医の面目云々, 剛柔兼備よく微塵流, 剛柔分を守り, 剛柔水火の手段, 剛柔流の宮城長順氏, 剛柔相和して, 剛柔遥かに殊, 剛槍みずから誇る彼, 剛様今夜は又, 剛にし, 剛武蔵太郎安国流された左膳, 剛氏等の云う, 剛気そうな目, 剛気無敵の喜三郎, 剛気闊達大胆不敵普一通りの人間, 剛氣知識敬虔及び敬, 剛となり, 剛流師範雨ヶ瀬某と相州小田原, 剛流東軍流卜伝の遺風, 剛湊川だけのもの, 剛玉緑柱石煙硝氈香木没薬更紗毛革毒草劇薬珊瑚土耳古玉由縁ある宝冠, 剛生駒信貴山などいう, 剛石山の隠顕砲台, 剛神院お庭, 剛突く張だろう, 剛一の, 剛が日本, 剛を誦する, 剛の落せるなり, 剛者十数人を引きつれ, 剛胎藏の二界, 剛能楽堂へ歩, 剛な渡邊君, 剛般若寿命経などの読まれる, 剛蓮華教亦然, 剛蓮華生等に供養, 剛蔵必しも剛直人, 剛蔵院の小道, 剛藏等と合した, 剛西金剛といふところ, 剛諏訪栄三郎であった, 剛を論じ, 剛造君を推薦, 剛造殿の御, 剛造自ら頭を垂れ, 剛造輩の腹, 剛邁不羈の精神, 剛邁果敢の英主, 剛金北妙見と次第に, 剛金春宝生観世のいわゆる, 剛の発明, 剛闘えば一傷, 剛魏延を, 剛しこの, 剛高上無極