青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「前者~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

刺戟~ ~刻 刻~ 則~ ~前 前~ ~前後 前後~ 前方~ 前日~
前者~
前途~ 剛~ ~剣 剣~ 割~ ~割合 割合~ 創作~ ~創造 創造~

「前者~」 1449, 16ppm, 7198位

▼ 前者~ (567, 39.1%)

9 後者の 6 後者を 5 云わば 3 之に, 多くの

2 [29件] これを, それを, ただ季, ナポレオンの, 一つの, 一種の, 一般に, 之れ, 之を, 人間の, 他人を, 公衆を, 利己主義と, 受動的で, 吾, 彼が, 後者と, 後者に, 後者を以て, 必然に, 成るへ, 所有感から, 日暮里に, 百人に, 社会の, 自己を, 観察と, 過去の, 閣下の

1 [483件] あの桜屋, あるロゴス以外, ある意味, ある点, いうに, いま, いまから, うれしそう, おしや, おだやかな, きは, このもの, この世の, この唯物論, この対応関係, この神, これに, ごく稀, しばしば労働, すべての, その一端, その上演目録, その人間, その名詞, その困難, その当時, その徳, その技術, その日一日, その本来, その村道, その目的, その聖体, その背後, それが, それに, たいへんよく似た, たしか死後二十年, ただ悪, たまらない程, ついに人間, つぶれ後者, ともかくも, ともかく読了, ともすれば失意, どこまでも, どもって, まだ熔岩層, みな白色人種に, やはり, よく水, より多く, より専門的, よんで, わが艦隊, われわれに, アイルランド劇に, アイロニー及び, アッシリアの, アリストテレス以来学一般乃至, アントーシャ・チェーホンテという, エインス・ウォルスの, オルマンディ後者は, カントの, キリストを, コゼットを, ジェームズに, ドイツ人が, ドコと, ナクラチ後者は, バルザックに, ヒューマニズムの, フィレンツェの, ブルジョア大, プラトンの, ペシミストであり, マルサス説の, メロディアスの, モリエールの, モン, ヨジアス・クリングと, リフアインされた, ルイ十五世の, ルイ十四世の, ロッテルダムで, ロベスピエールに, ロマンチックで, ロングショット後者は, ヴァイオリンが, 一八八九年後者は, 一八四〇年二月後者は, 一回分を, 一声後者は, 一定の, 一所不住の, 一群を, 一般的形式の, 七年の, 万年博士が, 三四十年も, 三枚後者は, 三遊亭円遊三遊亭遊三禽語楼小さんの, 不可抗なる, 不可能であり, 不安の, 不断の, 与えられた一つ, 世界の, 中央公論を, 中央公論後者は, 主として夜具地, 主として明, 主として貧農階級, 主知主義, 主観派に, 主観的で, 主題以外は, 予防的妨げであり, 事実決定の, 二十八年の, 二十四日で, 云ふまで, 五官により, 人に, 人体の, 人口を, 人物を, 人生の, 人生観の, 人種土地教理名称等の, 人間と, 今詩, 仏の, 仏蘭西劇のみを, 伊太利大, 伊太利風の, 何かしら考えさせよう考えさせよう, 使用上の, 例えば駄洒落, 例へばリイヌ・ノロ, 信仰的主観的である, 個人的であり, 僧に, 僧の, 優麗で, 先天的才能に, 兎に, 全文化運動, 共和国に, 共和國に, 共産主義社会を, 其外面に, 具体性の, 内の, 円運動か, 冒頭の, 冷淡に, 冷酒後者は, 出づることを, 初めから, 初心に, 初期の, 別山から, 利益後者は, 制度に, 前にも, 創造的な, 劇に, 労働する, 動力学の, 勿論貸, 十七世紀イタリーの, 十七世紀ナポリ乱徒の, 十六中会議区七十三小, 単なる内容, 単なる知能, 即ち我等, 却って固有, 原則として, 原則的に, 原始民族の, 反対概念であり, 受動的である, 古い吹込み, 可能的対象を, 史上に, 同一性に, 吹込みは, 周知だ, 周知の, 啄木によ, 問題に, 單純な, 団十郎後者は, 固より, 国語を, 堀達之助と, 境遇によつで, 夏中の, 夏至線以北に, 多く獅子像, 多様の, 夢を, 大いに自信, 大体に, 大抵婦人, 大衆が, 大衆の, 大革命, 天の, 天保四年に, 天才の, 天蓋の, 夫を, 奈良時代の, 女に, 女性的に, 姑く, 完本である, 官吏が, 実在の, 客観で, 家が, 寧ろ臨機, 封建利益なかんずく, 封建制の, 専ら古典悲劇, 専門学校大学の, 專ら學課として, 對告衆の, 小僧上りに, 小説にも, 少々誇大妄想狂, 少なく後者, 尚純粋, 山田に, 岩石や, 已むを, 常陸の, 平地から, 平安期の, 平民的だ, 幾分犠牲, 広東人後者は, 当り前の, 当時の, 当然校外, 形式だけの, 影が, 彼の, 後分裂, 後者なく, 後者にとって, 後者にまで, 後者より, 後者よりも, 御一方, 心理学に, 必ずしも其, 必然的に, 思議すべき, 恐らく最も覇氣, 悲劇の, 感情本位の, 感覚的なる, 慈悲の, 成り立たない, 我々家庭婦人の, 我国では, 戦略的分析にまで, 戯曲の, 戰士として, 所謂純粋幾何学, 手許に, 才能ある, 技術から, 押収され, 拙者自分で, 排他的の, 攻略戦に, 政治的目的を, 敵愾心を以て, 文学的に, 新時代, 新潮社版後者は, 新聞社組織に, 新開の, 旅行それ自体に, 既に發達, 日本人が, 日本奥羽地方出土と, 早くより, 明かに, 明らかに, 春風駘蕩後者は, 昭和十一年, 時事性, 普遍性を, 暗褐色, 最初の, 有りうべからざるもの, 有史以來未だ, 有能であり, 服従性の, 本人の, 本來, 本来の, 東京で, 果して鐘, 梅雨の, 構造の, 横溝正史君が, 横頬を, 次の, 欣んで, 正しく定, 正式な, 正後者は, 正確後者は, 正義に, 武内宿禰などが, 歴史的社会的存在である, 歴史的規定とは, 残忍なる, 比較的旧い, 比較的深林, 毛色後者は, 民衆の, 気温が, 氷水後者は, 法律学者の, 浙東學派の, 深くは, 渋木後者は, 温泉に, 源因の, 漢方医学の, 濁れる涙, 無味乾燥であり, 無心に, 無時間的, 無論横, 無銘の, 無限に, 然しさ, 然し木寺, 燕に, 牧歌的で, 物の, 物質を, 独創性の, 猛然と喚び醒まし, 現代の, 現在の, 現実内容を, 現実的世界に, 現実行動性, 理性によるに, 理性の, 理論の, 生活と, 生活力であり, 生産用役, 生産的活動の, 画一主義を, 異る, 発見的である, 發見的である, 白幕に, 白黨を, 益々純真, 直接私の, 直接行動の, 相に, 県社後者は, 眞正に, 矛盾という, 矢張りすぐれた, 社会を, 社會の, 神祕の, 私と, 私に, 科学の, 科学論の, 立体的清澄を, 端的であり, 端麗で, 第二, 糠味噌臭い, 糸と, 純粹, 素足の, 終始を, 経済的原因であり, 経験成立の, 経験的な, 結局量子力學の, 線の, 線スペクトルに, 織物で, 纎細簡潔冗漫や, 罪惡に, 罪惡を, 美に対する, 老人に, 肉体の, 自己の, 自我の, 自我や, 自然に関して, 自然の, 自然を, 自然科学者が, 舞に, 花崗岩の, 芸術品で, 芸術社会学から, 苦に, 苦を, 苦或は, 英國の, 茶人たちにも, 荘厳し, 落書の, 虎人に, 虚偽を, 虚子これを, 蛍を, 行われなかったが, 行程は, 規則そのもの均斉そのものである, 解脱を, 解釈学, 言い換えれば, 訳なく, 評判の, 試験者が, 詩の, 認識を, 誤つて旧宅, 論理が, 論理的, 諸文化形態, 謡曲文学に, 議論としては, 貴族の, 賞を, 賞美せられ, 超現世的, 身を, 身分こそ, 軟派的女性的であり, 転変極まりなき, 農業人口中間層, 農業工業商業を, 近代の, 近代物理学に, 近頃英国探偵界, 退屈で, 道徳律や, 適当の, 都で, 野獣ゆえ食う, 長命を, 閉伊郡綾織村字砂子浜という, 開戦前から, 隨分迂回な, 雅美に, 震災で, 霊感に, 静に, 静止し, 非常な, 音や, 韻語の, 頂上に, 題名が, 馬後者は, 高原に, 高品さんという, 高雄蕊, 黒い胸当て

▼ 前者~ (288, 19.9%)

12 方が 7 場合には 6 例は 4 やうな, 方に 3 場合は

2 [15件] ほうが, ような, 上に, 中に, 例であり, 例として, 場合である, 場合に, 場合の, 多くが, 性格は, 態度は, 方は, 様に, 見地より

1 [222件] うち, ごとき意味, ごとく湿やか, それと, それに, それには, それの, なかには, ほうは, ほうを, ほとんどすべて, やり方の, よい例, ように, キタナさ, コロムビア盤は, ビクター盤は, フランス風な, ヘルシャー, リアリズムは, 三四は, 不足を, 丘山多き, 中大森氏だけは, 事件には, 五九七を, 亦の, 人々は, 人によっても, 人口は, 人口実測における, 人文を, 仕事は, 代理が, 以て, 体験する, 何を, 作品は, 作用を, 作風に, 例に, 価値という, 価格との, 値いが, 傲然屹っ立てる, 傾向は, 優越性を, 再刊に際しては, 分析は, 前大戦後, 動作より, 動機であり, 動機では, 勝を, 勝利に, 勝利を, 半数とを, 南米第, 原因から, 原理が, 原理に, 反動として, 口から, 口嘴が, 口舌の, 否定や, 否定単なる, 呪言なる, 咎むべ, 土鍋は, 地方の, 堕落は, 場合, 場合において, 場合よりも, 多少の, 大野らしい, 夫とは, 夫は, 奥には, 奥床しさ, 好箇, 如きは, 如く直接, 姉妹篇とでも, 姉妹篇とも, 子供は, 子孫の, 子後者, 孔から, 字は, 学説を, 完璧な, 対応は, 展開した, 巻頭の, 弱点が, 後身なる, 徳は, 怒りと, 性格からは, 性格と, 性質を, 息づまるやう, 意味に, 意味において, 意見を, 態度が, 態度を, 我蔵本に, 或る, 手に, 批評が, 抽出を, 抽象形態に, 抽象性は, 拘束範囲が, 探偵小説には, 支配こそ, 改作と, 敗である, 数を, 数例を, 文化イデー, 新らしい, 方だ, 方であったろう, 方でした, 方には, 方則については, 方向へ, 方後者に, 方法が, 方法を, 方面に, 明るさ, 明治二十二年の, 時には, 時期に, 時期即ち, 暴言を, 最高点大, 有想, 期間の, 条件は, 東廻航路を, 根本なる, 桜の, 概念の, 概説に, 樂は, 機嫌を, 正と, 正当な, 正統的発生物, 歿年に, 法則に, 法則を, 消息は, 準備に, 演技は, 物質的地盤が, 特徴を, 特殊な, 特色は, 現実主義は, 理想は, 理由にも, 理論が, 甚だ淡泊, 生活から, 真の, 研究に, 研究の, 祈祷は, 稀少性を, 立場から, 立場に, 立場の, 答案を, 糸を, 系統, 美は, 者だ, 自由に, 著作を, 行き方, 表現は, 表現法は, 表面的な, 見方から, 解決を, 言に, 言ふ, 記憶の, 診断は, 詩材は, 詩篇には, 語解に, 論法を, 論理的批判であった, 諸可能性, 豪健闊達に対して, 跡取りである, 轍を, 透明な, 運動は, 運命の, 道楽気は, 適例は, 部将たちの, 部類の, 量の, 門札は, 零落であり, 非常に, 音頭を, 頭脳的官能主義を, 類型であり, 風潮に, 馬の, 鷙悍なる

▼ 前者~ (131, 9.0%)

10 於ては 6 あっては, 比して 5 就いては 4 屬し, 於て 3 ありては, 比べると 2 くらべて, よれば, 反感を, 就ては, 属するの, 比すれば, 見られない凝縮

1 [76件] あるが, あるだろう, けおとされねば, するとい, ぞくしショーペンハウアー, ぞくする, ぞくする代表的, とれるなり, はるかに, みる被, よりて, 一定の, 不利益な, 与えられる比例, 伊勢物語が, 似て, 依れば, 優って, 優つてゐる, 先験的な, 六分の一後者に, 劣らず滑稽, 劣らず確実, 劣らず確實, 単に否定的, 及ばないけだし, 及ぶこと, 取っては, 取るべきだとは, 向ふ, 含まれなかったもの, 在らずして, 多く西洋舞踊, 多く顔, 大衆を, 寄り懸り気味, 對し, 就いて, 属し, 属して, 属しまさしく, 属しバッハ等, 属し客観的, 属し浪漫派, 属し詩人, 属すべきもの, 属すべき芸術家, 属するもの, 属する方, 強制的に, 從は, 支払われる, 数倍する, 於いて, 映画ニュースを, 時に後者, 服從する, 止って, 殆ど人と, 残る所, 比しては, 比較し, 比較する, 渇して, 片よ, 異ひあるまい, 相当する, 相応する, 答えるのに, 置き換, 至っては, 言及する, 赴き形式的, 越えて, 近く日本古代の, 適した脚本

▼ 前者~ (101, 7.0%)

5 後者を 4 後者の 3 後者へ 2 神から

1 [87件] かの歴山大王, この指摘, この自由主義部面, そういう偏見, そのため, その校内, ただ在世正法, つとに内地, ほぎ歌, まだ幼稚, より多く, イソップの, プロレタリアートと, ヴァイオリンの, 一つ事がらを, 一回, 一定の, 一枚, 三十六歌仙の, 中谷孝雄であり, 主に, 事物を, 二様であっ, 云わば, 今日の, 体系の, 余りに優位, 健胃剤なら, 全般的なる, 具体的に, 内部的であった, 勝ちを, 単なる射影的静力学的, 単に云わ, 単純な, 単調であろう, 即ち芸術作品, 取りも, 問題として, 善光寺親子地蔵の, 多神的, 大黒座でた, 左大臣家, 常に観念, 後の, 後者と, 後者に, 後者に対し, 後者よりも, 心理の, 心理的なる, 恐らく情意的, 或事情, 所謂暴力団の, 批判外に, 数学的真理である, 新調した, 明かに, 時間の, 正当なら, 死を, 比較的狭義保健, 民藝の, 清らかな, 特にヒューマニズム, 特殊な, 現代文壇に, 現実に, 生々しい戦場, 目疾の, 直接に, 真理性, 社会的作用から, 第二義と, 終止言で, 置いて, 自然主義の, 自然史的に, 自然弁証法である, 舞臺の, 芸術家の, 試みたもの, 認識の, 金閣寺を, 隆信の, 高等な, 鹿苑院に

▼ 前者~ (92, 6.3%)

3 代表する 2 肯定する, 選んだの

1 [85件] その下位, その真理概念, ちよつと, とらねば, とること, とるべきだ, ののしって, イノシシ後者を, オオナズナと, 主張する, 代表せしめ, 仮に法則, 休火山と, 伝記と, 假に, 具えて, 判断とは, 創造し, 勤番と, 包括し, 十一位に, 卑しみ, 協団的と, 原本と, 反発する, 取らず, 取る事, 合理論的立場における, 同化させる, 否定した, 含みその, 固定し, 地體の, 好いて, 存在的真理後者を, 導き出すこと, 常識に, 廓大し, 延長関係と, 引く力, 後者にまで, 後者へ, 心理的な, 恐らく殺し, 悲劇的機関車と, 抽象的認識と, 指せり, 捨て去るの, 採るの, 推したいの, 揚げて, 斉東野人の, 斥し, 日本的と, 有利と, 歴史的分業と, 求めたもの, 泣き後者, 率い桂田博士, 理想主義的現, 生かしたという, 疑うの, 登ったもの, 目し, 私は, 私的報道後者を, 翻訳すれ, 考えるが, 舊友と, 蘇らすこと, 虚空間としての, 表象, 西田哲学は, 覇道と, 見るの, 見る場合, 規定する, 観念的な, 連想せしめる, 運に, 選ぶこと, 選ぶならそれ, 際立たせたの, 飯田松川後者を, 鼠の

▼ 前者には~ (35, 2.4%)

1 [35件] この言葉, どこか, コロムビアに, 一方から, 一種の, 七世の, 下総香取社越後五泉町の, 不向, 予めこの, 勘が, 多く譜節, 失礼し, 属しなかった, 幽霊と, 幾度もと云ふ, 廣大な, 強石, 徳の, 性格が, 末尾に, 東洋人特に, 概して目立たなかつた, 槍大, 機械的な, 歴史的の, 渡り者が, 溌剌として, 眼を, 社会が, 素直さと, 紲なし, 自由が, 解放の, 都市の, 高利貸と

▼ 前者~ (31, 2.1%)

3 後者との 2 した所, 同様の, 後者とは, 矛盾する

1 [20件] その説, 両立し得る, 区別する, 同じである, 同じよう, 同一だ, 同樣, 対蹠的な, 後者とでは, 後者とには, 比較する, 毫も異, 理知的で, 異なるの, 異らない, 異る, 相異なる, 違つて此際新らしい, 関聯し, 雖も

▼ 前者よりも~ (25, 1.7%)

3 後者の 2 後者が

1 [20件] むしろ後者, より多く, 一層包括的, 一層悲劇的, 一段格が, 一般的であった, 優る美, 大きいという, 大きいといふ, 寧ろ後者, 後者において, 思想的に, 決して重大, 沈痛な, 稍長く, 自由なる, 言論統制を, 重要視され, 高い, 高尚な

▼ 前者から~ (14, 1.0%)

3 後者への 2 後者を, 見れば 1 出て, 十年ぐらゐ前に, 始めたの, 後者が, 後者へ, 生ずると, 輝かしい未来

▼ 前者では~ (12, 0.8%)

2 清楚と 1 なかった, 一つの, 因果の, 往々たとえば, 精, 練習さえ, 量後者では, 霊でも, 静的であり, 非連続

▼ 前者においては~ (12, 0.8%)

1 [12件] その直, たとえば死, より完全, 作者の, 愛は, 愛子は, 感覚的な, 文学の, 私は, 純粹, 芸術家が, 荒らす者

▼ 前者~ (10, 0.7%)

2 あつた 1 あつて, あらう, あらうか, いや芸術的演劇, 力を, 打出の, 最長九尺後者で, 除すと

▼ 前者とは~ (7, 0.5%)

2 反対に 1 何等矛盾, 全く違った, 正反対の, 比較に, 違ふ

▼ 前者~ (7, 0.5%)

3 後者も 1 その芸術的価値, よく知つて, タクミの, 優れたもの

▼ 前者より~ (7, 0.5%)

1 はるかに, 小さいもの, 強いしかして, 後者に, 持ち合わせない不公平, 見れば, 遥かに

▼ 前者において~ (6, 0.4%)

1 ともしびをかかげ, われわれが, ベーコンに, 問題と, 国家の, 自ら否認する

▼ 前者であり~ (5, 0.3%)

1 エミール・レーデラーの, 之に, 今ここに, 数学的証明を, 詩に

▼ 前者との~ (5, 0.3%)

1 均等を, 差別は, 縁も, 間にも, 関係を

▼ 前者なら~ (4, 0.3%)

1 ばそれ, ば別に, ば絶望, ば芸術生活主義

▼ 前者における~ (4, 0.3%)

1 モオリアックの, 労働者の, 地主階級的色彩の, 無機的物質現象の

▼ 前者については~ (4, 0.3%)

1 これまでから, 一つ一つの, 佐久間鼎, 問題は

▼ 前者にと~ (4, 0.3%)

4 つては

▼ 前者に対しては~ (4, 0.3%)

2 人間の 1 それ相応に, 用心の

▼ 前者~ (3, 0.2%)

1 ときめ, とする, とすれ

▼ 前者に対する~ (3, 0.2%)

2 後者の 1 限り夫は

▼ 前者ほど~ (3, 0.2%)

1 仕合わせでなかった, 大きなそして, 突っ込んでは

▼ 前者即ち~ (3, 0.2%)

1 この事件, 實在, 汝に

▼ 前者~ (2, 0.1%)

1 カノと, シロッケと

▼ 前者からの~ (2, 0.1%)

1 抽象としてこそ, 章句を

▼ 前者であった~ (2, 0.1%)

1 に対して例えば, 日には

▼ 前者であろう~ (2, 0.1%)

1 と察せられる, と見られ

▼ 前者にとっては~ (2, 0.1%)

1 普遍者は, 社会的心的法則が

▼ 前者よりは~ (2, 0.1%)

1 恐らく古い, 空想分子の

▼ 前者後者~ (2, 0.1%)

1 の本源, を欺くなり

▼1* [48件]

前者これを財施, 前者たらむことを欲する, 前者たる窮乏は, 前者だけの立場には, 前者だけを問題と, 前者だったら芸術家で, 前者だったら言うところは, 前者であるとするなら, 前者であるならば我々, 前者であればミスティフィカション, 前者でなくては追い付かない, 前者でなければならなかった, 前者ではよしぬとの, 前者でも太陽神マルドゥクが, 前者なりと信じある, 前者にたいする王陵発掘事件も, 前者について一言せんに, 前者にとって何という, 前者にまで召命され, 前者によつただらう, 前者によって表わした価格, 前者による社会科学は, 前者に対して必要なる, 前者に関しては衝動と, 前者に関する認識は, 前者のみを然り, 前者移轍し, 前者への対立者としての, 前者ほどの価値は, 前者まさり優婉の, 前者みづからは, 前者漁撈人としての, 前者をば殆ん, 前者を以てするならば, 前者エンチュメーマは修辞学的, 前者サクソフォーンの狂詩曲, 前者タル理由ニヨリテ後者タル自耳義ヨリ合理的ナリト言フ能ハズ, 前者全ク別事ナリ, 前者ハ毛筆ト和紙ニ対シ適合性ヲ持ツテイタタメ今日マデ愛用サレタニ, 前者ヒュッシュの方, 前者強制スルハ無用ニシテ有害ナリ, 前者中儒者には山本北山, 前者樣の, 前者四名は一六二二年, 前者尺牘断片は下, 前者後者没交渉なる事例, 前者が空間自体, 前者自身の立場