青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「六~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

八つ~ ~八五郎 八幡~ 八月~ 八郎~ ~公 公~ 公卿~ 公園~ ~六
六~
六つ~ 六月~ 共~ ~共に 共に~ 共同~ ~共通 共通~ ~兵 兵~

「六~」 49777, 494ppm, 198位

▼ 六~ (2698, 5.4%)

54 の男 48 の者 38 の子供 25 の中 24 の人, の女 21 の客 16 のうち, の武士, の若い 15 のもの, の仲間 14 の人間, の男女 12 の女たち 11 です, の人影, の小 10 である, の花嫁 9 の住人, の子 8 であった, の家族, の青年, 集まって 7 が六人, と一人, になる, の警官, の部下, 来て

6 [16件] いた, いて, かたまって, して, だ, の, のお, のなか, の兄様, の友人, の同勢, の姉様, の少年, の手, の眼, の若者

5 [12件] ある, でした, の人かげ, の侍, の女の子, の患者, の日本人, の水夫, はある, もある, 揃って, 連れて

4 [21件] あつた, ありました, いたが, が結束, というの, のほか, の乗客, の人々, の人たち, の名, の団員, の声, の学生, の影, の支那人, の生徒, の顔, はその, もいる, 寄って, 集めて

3 [61件] が, しかいない, であ, であつ, でご, ですが, でその, では, とある, となる, と川崎, になっ, になった, のうち三人, の一人, の一行, の下っ, の乗組員, の人数, の人足, の人達, の僧, の兵士, の内, の刑事, の力, の友達, の命, の奴, の娘, の子供たち, の子分, の官吏, の少年たち, の弟妹, の悪漢, の村, の棒, の無頼漢ども, の男の子, の百姓, の看護婦, の荒くれ男, の評定役, の足音, の隊員, の鼻, はこの, もいた, もゐる, も一緒, も七人, も居る, を殺した, を相手, を連れ, 並んで, 居て, 残って, 狩り出して, 集って

2 [173件] あつまって, ありしが, ありと, あれば, いづれも, いました, いるから, いる少年たち, か, か七人, がこの, がそこ, がところ, が一つ, が一斉, が一緒, が先, が十六人, が夜, が島, が揃ひも揃, が狂人, ずつかたまっ, そのうち半死半生, それに平次, そろって, だが, だけでした, だけ聟入り, だろうが, であるが, でしたね, でしょう, で宿営地, で此方, で面白, という多勢, となった, と一緒, と云う, と束, と若い, なれども, になり, になります, にもなりました, に一人, のあら, のおまわりさん, のお嬢さん, のけいじと, のひと, のガイド, の人夫, の人數, の伴侶, の作家, の作男, の侍女, の僧侶, の六文, の兵, の勇士, の口, の同僚, の同行, の壮士, の大, の奉公人, の女中, の妾, の姿, の子持ち, の学者, の射手, の小僧, の少女たち, の彼, の従者, の心, の新聞記者, の方, の水兵, の漕手, の犠牲者, の生命, の生存者, の生徒たち, の男子, の盗人, の盗賊ら, の石工, の組合員, の美女, の群, の聲, の若, の若い衆, の若者たち, の衆, の裏家住い, の見物, の見送り, の親しい, の詩人, の追って, の連れ, の遽, の部下達, の野次馬, の青年紳士, の高い, の黒衣, の黒装束, はいずれ, はいっ, はお, はここ, はしばらく, はみんな, は一人, は二三時間, は列車, は助かった, は北門外, は大きい, は町内, は的矢丸, は見覚え, は頭, ばかりの特別, ばかり炉, ほどで, ほどの名前, もいれ, もご, もつれて, もで追い廻し, もの子供, も使っ, も夢中, も子ども, も寄っ, も悉く, も揃っ, も殺し, も行方, も集つて, や七人, を付け, を前, を従え, を手, を選ん, ヒラヒラと, 出て, 出ても, 同じよう, 呼んで, 坐って, 多い時, 寄せかけて, 居たが, 恭しく居並ん, 斬られて, 暮しお, 死んだの, 老番頭宅松, 見えた, 見た, 見送った, 飛ばして, 駆り出して

1 [1432件 抜粋] あった, あつたさうである, ありましたし, あり長女, あるが, あると, ある姉妹, いたぎりであったが, いた集り, いますが, いる, いるの, いる弟子たち, うじゃうじゃし, おって, お見廻り, かたまつて, から六様, かれと, がいずれ, がいる, がかさなりあっ, がその, がた, がつめかけ, がならん, がのれ, がほんとう, がめいめい, がやられた, がパタ, が一, が丁度, が中, が乗り組ん, が互に, が会議室, が住ん, が信者, が六方, が円い, が出入り, が列ぶ, が十二名, が叫んだ, が同音, が塊, が大泉伴左衞門, が女性, が屹然, が恩返し, が打ち, が時々, が東京, が櫂, が死んだ, が無人島, が皆, が罪人, が肩, が西方, が起ちかける, が軍艦, が連帯責任, が釣, が集まっ, が飛び出, が駈けつけ, が髪縄, が鼻, ぎっしり詰められ, ぐらい, ぐらいずつ首っ玉, ぐらいのまん中, ぐらい誘っ, この国, しかでなかった, しか居ない, しか見えん, じゃない, ずつが交代, ずつは置い, ずつ二組, ずつ塊, ずつ時に, ずつ蓑, ずつ選抜, そっと出, その外流罪, それとも, ぞろぞろ出, ただ半日, だか, だから, だけだってえ, だけは互に, だけは普通, だけ殘, だぜ, だったが, だって, だよ, ちょうど僕等, つめかけて, で, できそのうち, でこしらえ, でございます, でしっかり, ですね, でたべる, でどうやら, でぽとぽと, でも意張つて女, で一つ, で五, で休ん, で借り切る, で兵隊たち, で出発, で多い, で小さく, で府中, で押し出した, で日本料理屋, で根もと, で比丘尼寺, で父母, で着手, で綱, で迎え, で隊, というもの, という最, という者, といっしょ, とかあっ, とその, となっ, とひ, ともいっしょ, ともそれぞれ, ともみな夜じゅう, とも丈夫, とも五十歳以上, とも垢離堂, とも悄気, とも柿崎六郎兵衛, とも顔, とを刑戮, と云やあ半打, と側近者, と共に吾人, と北国, と寺町今出川下ル町, と武蔵, と田圃, と肩, と若党二人, と見つもり, と金五郎, どうやらお, ながらお客, なりしが, に, にかこまれ, にかんづめ一個, にこれ, にすぎなかった, にてふさがり, にて酒, にとってたいへん, にとって雨, になつ, にはなし, にふえ, にミッドウェー島, に任せ, に千石, に塞がれ, に対して穢多, に押えられ, に楓, に白銀二百枚, に舁かせたる, に逃げられた, に関係, のうち五人, のうわさ, のお嬢さんたち, のかたき, のこども, のごく, のそうした, のところ毎晩精進揚三つ, のどれ, のべっとうに, のりこんで, のわらべ達, のエタ, のコト, のチンピラども, の一団, の三つ, の下僚, の不良児たち, の中八人, の乗りこんだ, の乞食, の人死, の人買, の会員達, の位置, の侍士來, の信者たち, の修咒者, の候補者, の僧俗中先づ, の元気, の児童, の公卿達, の兵タイ, の内地人, の処女, の刑事さんたち, の前, の助手, の勢子, の友人たち, の合客, の同輩, の国王, の土州勢, の坊主, の声色, の多く, の大名達, の大官, の奉行, の女中みんな, の女工席, の女軍, の妃, の委員, の婢, の婦人党員, の子供ら, の子宝, の守備兵, の定員, の家来, の寝息, の将校, の小姓共, の少年少女, の少年武士, の屈強, の岡惚れ, の工夫達, の席札, の年嵩, の強盗ら, の後方, の徴兵検査, の怪我人, の悪党, の愛妾達, の手先, の折助連, の抱え, の捕手, の教師, の敵, の新体詩集, の施主たち, の暇そう, の書家, の月世界探検者, の朝鮮人, の本, の村人たち, の樵夫, の武家, の歩調, の死骸, の気もち, の泥棒, の浮世繪, の漁師, の演舞, の無断休演, の狂態, の猟師, の男たち, の男友, の畜養員, の盗賊, の目付, の知らない, の社員, の笑い声, の級友達, の組合せ, の美しい, の聴講生, の職能代表者, の肩, の背後, の腰元, の芸妓, の若者達, の華車, の藩士たち, の裁判所, の見なれぬ, の訳, の話しあい, の警護, の貧しい, の跡, の車座, の追手, の遊び友達, の遺児, の重立った, の鋳物工, の門人, の集り, の雑役, の顧客, の首領たち, の騎士, の髪, の黒い, はあっ, はあつ, はあるでしょう, はおどりあがっ, はきっと, はじっと, はそれぞれ, はとどまる, はねそろいも, はまた, はもう, はりこんで, はギョッ, は一せい, は三組, は今, は似た, は停車場, は分けなけれ, は別室, は召捕られ, は四人, は嬉し, は小学校, は屋根裏, は左右, は彼, は御座います, は急, は悠々, は打ち連れ, は明らか, は歩みつづけた, は殺されたろう, は江戸ッ児, は爲, は牢獄, は皆空色, は眺め, は絶海, は興奮, は見る, は釈放, は順序, は黒い, ばかりいらっしゃいました, ばかりきた, ばかりのもの, ばかりの口, ばかり二人, ばかり居る, ばかり皆んな此居廻り, ばたばたと, ひきつれて, へ対し, ほどいい, ほどでその, ほどの生き残り, ほど出, まえだよ, まえ勇ましく, また白鳥, までひとしく, まで突き倒した, まで連れ, もあつ, もあります, もいっしょ, もかかっ, もし, もたかっ, もで, もの中, もの先生, もの生命知らず, もの証人, もやってきました, もゾロゾロ, も乗つ, も乗客, も入り得べき, も出, も口, も子, も客, も寝かされ, も居ました, も手紙, も拵え, も斬った, も死体, も漁業長, も登った, も腕組み, も負け, も連れ, も集まっ, も集まる, も頼ん, やって来て, よ, らしいわ, ゐたが, を, をこの, をすべて秘密裁判, をなかには, をみんな馘首, をもじった, をミッドウェー島, を二組, を使っ, を先頭, を刑場, を召し捕っ, を射倒された, を抱え, を数えた, を早速, を有せり, を歌舞伎座, を殘, を盛り殺し, を見, を見掛け, を追い越し, を連れた, ゾロゾロ入っ, ハッと, 並べる学校, 乗って, 付いて, 借りて, 内男三百二十五人, 同じやう, 固まって, 売りあげ一円九十銭, 寄ってさえ, 居た氣, 居らうと, 居り小, 居るです, 居る邦人, 引返して, 打ち揃って, 拵えて, 描くの, 斬りました, 斬事件, 来たの, 死んで, 殺した, 知ってる人, 立ったり, 立つた中, 素より相手, 続いて, 腰かけて, 計り勿論, 語らうて, 蹴散らして, 遠慮なく話し, 集った倶楽部, 集まると, 養って, 駈け着けたが

▼ 六~ (2443, 4.9%)

18 宮の, 年から 16 年に 15 立派な 14 女が, 娘が 13 顔を 12119 時に, 男が 8 三, 四, 年の 7 春を, 歳に, 色の 6 ために, 事を, 五, 君を, 姿が, 娘の, 家へ, 手に, 男で

5 [19件] ときに, ような, ように, 大年増, 女房が, 家の, 小娘の, 少年と, 少年に, 手は, 方は, 方を, 時から, 時の, 良い年増, 見慣れぬ旅人, 言葉は, 青年が, 頭を

4 [20件] これは, ところへ, 不景氣, 主人が, 事は, 名義で, 君に, 娘, 家に, 手から, 男は, 目の, 眼の, 眼は, 背の, 腕は, 良い男, 若い男, 部下は, 顔は

3 [67件] それは, ときから, どっちかと, やうに, ロクの, 七, 下に, 事に, 代に, 六, 前に, 君が, 品の, 噂が, 声が, 声で, 女の, 女房お, 好い男, 姿は, 娘を, 家から, 家を, 小僧が, 小娘が, 小娘に, 小意氣, 小柄な, 小癪なる, 小粋, 少女の, 少年が, 少年で, 少年など, 少年の, 少年を, 年配で, 手で, 手を, 持って, 方が, 方へ, 日に, 春から, 時には, 歳から, 歳で, 浪人者で, 瓢箪を, 男と, 目も, 眼で, 秋に, 精悍な, 良い若い者, 色黒く, 若い浪人者, 若さ, 華奢な, 話は, 返事を, 逞ましい, 部屋の, 頃から, 頭に, 顏を, 顔に

2 [207件] いびきが, うしろに, お太鼓を, が草, こいつは, ことを, ころの, ちょっと好い, でいり, ときには, なか, はちまきも, ほうへ, まだ若い, むくつけき男, やくざ者に, やしき, やすり, ハイカラな, ロクが, 一刀が, 三人を, 上さんが, 上にも, 世話が, 世話を, 世馴れた愛嬌者, 世馴れた男, 中老人です, 事も, 事件を, 二人だった, 二人は, 亭主が, 人影が, 今日まで, 仕打かとも, 体は, 何となく美男, 借蚊帳, 働き者です, 八, 前で, 勘之, 化粧の, 十二三の, 口に, 古い夏帽, 古女房, 句, 句を, 右の, 向へ, 君は, 唄の, 唇へ, 地獄の, 坊主頭と, 型へ, 声, 声は, 外には, 夜泣きの, 女これが, 女で, 女である, 女には, 女房の, 女房盛り, 好い若い者, 如きは, 姿八五郎は, 婦人が, 婦人を, 嫁といふ, 子供で, 子供の, 字が, 学資として, 學資として, 宮へ, 家は, 寺院が, 小の, 小娘から, 小娘で, 小意気な, 小間使を, 少女が, 少年, 少年しか, 巖乘な, 差金でした, 平一郎は, 年が, 年であった, 年には, 年にも, 年まで, 年を, 年増で, 年増盛り, 年妻子と, 年頃の, 弟の, 弟子で, 弟子は, 彼は, 後に, 後ろへ, 御相手を, 心を, 怨じた, 所置を, 持つて, 指したの, 方から, 方で, 日と, 日は, 春の, 時, 時家を, 時生んだ, 月代の, 朝, 柄の, 柔和な, 様子が, 歌集たるべき, 正月父が, 武士が, 武家羽織の, 歸る, 死躰は, 死骸は, 殺された部屋, 水火の, 注意までも, 浪人高利の, 獰猛な, 玩具を, 瓢箪に, 男であった, 男です, 男に, 男の, 男の子が, 男を, 男盛り, 発明した, 目が, 目を, 眼を, 眼玉の, 着て, 秋である, 細面の, 綺麗な, 美しい中年増, 翼あり, 翼を, 老母それは, 耳に, 聲が, 肉塊, 肩に, 胸に, 脱ぎ棄てた下駄, 苦に, 苦み走った, 苦味走つた, 葬式へ, 蒼白い女, 蚊帳の, 行方不明は, 見立てです, 親切と, 親父と, 言つた, 言ひ, 言葉から, 言葉には, 話に, 話を, 誤としても, 豊満な, 財産に, 赭ら顔の, 足りない脳味噌, 蹶起は, 身許から, 遊び癖の, 達者さでも, 部屋で, 部屋に, 部屋を, 開けて, 集を, 雲行きが, 青年武士です, 面皰だらけな, 頭の, 顏は, 顔が, 顔の, 龕の

1 [1405件 抜粋] あいそう, あの姿, あわてだしたの, いうこと, いかにもキビキビした, いじらしげ, いったとおり, いなせな, いまだに帰らない, いる六畳, うちこちらで, うつくしい女, うどん屋で, うれし泣きに, おじさんお茶で, おじさんだろう, おつぎ, おどろいたこと, おぼこぢや, おり初代奴, お人形, お宮といふ, お手伝いさん, お若い, お話, お轉婆, かわいい少女, がつ, こうした仕事, ことが, ことであった, ことは, ことばであった, この家, これが, ころドイツ見物に, ころ遠い, ごときあるいは, しとやかな, じげむ, すぐ側, せがれで, そばに, それも, ちょっと例, つく日, とうてい忍ぶべからざる, ときだった, とき五つであった, とき初めて, とき脚気を, とし子と, どこか, どれでも, なんとか流, はち, ひどく御, ほうは, ほめ方, まだ元, まだ達者, まるっきり子供, もんに, やって, やつれた女房, ようでした, よんだ人足, を召使, コケットな, ゾッとする, バイヤーらしい, マダムテープを, ヤブニラミと, ロクさんは, ロクだの, ロクは, 一人娘と, 一克者らしい, 一寸肌合の, 一癖あり, 一騎打の, 丁稚品吉は, 万田龍之, 三君が, 三月彼は, 上を, 下つ, 下谷中で, 不平を, 不運じゃ, 両手が, 両日躋寿館に, 中には, 中婆さんで, 丸ポチャの, 主人も, 乗積ゆえ弥勒の, 乾し固めたやう, 事だ, 二に, 二先生は, 云うところ, 亭主などは, 亭主を, 人で, 人を, 人品の, 人柄の, 人相や, 今一人, 仲働きらしい, 伜の, 伯父さ, 体から, 体得した, 作じゃ, 作者が, 例が, 侍婢の, 俳諧師東栄の, 倅孫三郎に, 側へ, 働きもの給金を, 優男ふし結城の, 元氣, 兄に, 先代蔵人正利が, 光を, 入つた締, 八人を, 六倍は, 兵隊風の, 内気な, 処女らしい, 出鱈目な, 刃は, 初旅, 刻限鼕, 剽軽らしき, 努力が, 勇気凜, 勝利が, 十, 千両箱を, 半身を, 南京豆の, 印象が, 厭世時代に, 口によって, 句に, 可愛らしさ, 同志, 名を, 君から, 君へ, 呻きだった, 命日が, 唄で, 唖に, 問題を, 喜ぶこと, 單衣の, 嘲笑する, 四における, 圓に, 地獄を, 型の, 報でも, 報告を, 塑像で, 増長は, 声でした, 声を, 夏北海道に, 外国人で, 多言と, 大きい百姓風, 大家の, 大物見, 大穴が, 大阪から, 夫有タテ何ア目ぐせ, 奥さん, 女その, 女とは, 女の子が, 女の童が, 女まだ, 女中は, 女中風の, 女学生と, 女性なりし, 女盛りじゃ, 奴が, 奴めが, 妹の, 妻なる, 姐御, 姿も, 娘がね, 娘で, 娘にも, 娘達は, 婦人でした, 嫌疑者が, 子に, 子供か, 子供である, 子供みたいに, 字を, 学校で, 宅に, 実姉で, 室の, 家そしてまた, 家出同じ, 富裕な, 将来について, 小さい裸足, 小びつちよと競争, 小作りの, 小僧の, 小坊主と, 小娘だった, 小娘などが, 小峰, 小肥りの, 小造, 小間使らしい, 少しひねた, 少し淋しい, 少し陰気, 少女では, 少女に, 少年ぐらいの, 少年でも, 少年五六人が, 尻を, 屈竟な, 屍体を, 山塞へ, 岸に, 左側に, 巻を, 帰りを, 干物な, 平手打ちは, 年であり, 年初めて, 年小石川水道町で, 年彼とは, 年脚気に, 年齡に, 店から, 弟七内同, 弦楽四重奏曲の, 張為が, 当の婢, 影響の, 彼女は, 後ろに, 後裔得印老士兼光の, 得意氣な, 御蔵を, 心證を, 怒号が, 思いも, 性分で, 悦に, 惡黨ぶりを, 慾の, 憮然として, 戀仲が, 所へは, 所置については, 手兵の, 手引きであろう, 手柄に, 把握し得た, 持船天神丸に, 指揮の, 探偵商売も, 斑点を, 方な, 旗本で, 日ごとに, 日本人でした, 旦那とは, 昔此所の, 星座が, 春で, 春とも, 春将門が, 春金売り, 時だ, 時であった, 時スタンダールの, 時兄と, 時分ある, 時分だ, 時分には, 時声変りが, 時家来の, 時沖ノ, 時第, 時蔵又, 暢気そうな, 書体を, 書店から, 月の, 望み通り大学卒業まで, 末よと, 本来に, 来たの, 来るの, 柔和さうな, 棒手振らしい, 業者は, 槍の, 樣子を, 横鬢へ, 歌は, 正月か, 正月までに, 此所へ, 武士であった, 武家風の, 歳には, 歳尾道から, 死が, 死骸を, 母は, 気障, 水ぶくれ, 汚らしい装, 法式の, 洋装婦人で, 浪人者これは, 涙の, 減少である, 湾それぞれの, 演劇雑誌を, 灯明と, 煉羊羹で, 父親らしい, 片岡という, 犠牲者を, 猛士, 理由であります, 甥という, 用人らしい, 田舎の, 由良之助と, 申分なく, 男である, 男女の, 男盛りだ, 番頭が, 疑ひは, 病身らしい, 痩せて, 癇癖の, 白刃の, 目から, 目玉の, 眉間が, 眞つ, 眼にて, 睨み, 神尾は, 秋丁度, 稀作夜泣きの, 穴倉の, 端麗な, 第十五語, 答えも, 箱と, 篤実らしい, 紙入を, 細君が, 紳士の, 終点で, 組小屋を, 練達な, 總髮の, 美しいむすめさんでした, 美しい盛り, 美少年の, 美童が, 義母は, 翼は, 老武者, 老齢です, 考えだした方法, 耳にも, 耳朶へ, 職人で, 肝を, 肥り肉, 肩揚の, 背広の, 胸倉を, 脇の下から, 脇腹を, 腕を, 腹心稲田大炊助青山新七たちが, 自動車は, 舌の, 舌打ちは, 舞台に, 艱難は, 花といふ, 花嫁姿で, 若々しい顔, 若い感じ, 若もの, 若様は, 苦しみは, 英雄的行動を, 菊の, 蕾であった, 虚心に, 血相が, 行先や, 衣の, 裸虫と, 襟首に, 西に, 見すぼらしい女, 見事な, 親友とを, 親父で, 親父を, 角刈の, 言うの, 言葉だ, 訪問によ, 詩にだけは, 話の, 誓願文を, 説に, 調子を, 豪骨とは, 貴夫人, 赤ら顔の, 赤襟盛に, 足腰を, 躓きである, 身分が, 身柄は, 身長の, 軍人の, 輪に, 透視術, 逞しい方, 連れて, 遊び友達には, 運転手芳木は, 達者そうな, 部下の, 部屋でしょう, 部屋へ, 酔いは, 醜い女, 野郎が, 金ピカ趣味を, 鉄砲の, 錯雑は, 鐶を, 門下生との, 間の, 間純と, 闘志とに, 隠居名古今亭しん生の, 難事牡牛の, 青年で, 青白い中年男, 青白く痩せた, 面白い顔, 靴の, 音楽家は, 頃だ, 頃小次郎が, 項を, 頑童の, 頬桁を, 頭部は, 額から, 顏の, 顔色が, 饒舌を, 首根っこを, 驚きやうは, 骨折りだ, 高座よ, 髪の, 髭の, 鳴り太鼓を, 麗しい女, 鼻を

▼ 六~ (1984, 4.0%)

64 の間 38 も前 31 になる 29 のこと 28 の夏 20 の春 18 の頃 17 である 15 の秋 12 の歳月 11 の一月, の昔 10 に, にし, のあいだ, の二月, の初夏, の時, ほど前 9 の, の後 8 になります, のうち, のはじめ, の冬 7 に生れ, の事, の五月, の初め 6 たって, になっ, に出版, のころ, の七月, の四月, の月日, まえから, まえの

5 [11件] か七年, にもなる, に歿, の九月, の十月, の大, の暮, の末, の生, の長い, も七年

4 [17件] から七年, にこの, には, に死す, に終る, に至る, のとき, の三月, の修業, の元旦, の十一月, の序, の生涯, の間苦行, まで法王, を終った, 経つて

3 [44件] か, から四七年, して, だ, でその, では, になった, になり, にもなります, にペルリ, に公, に出た, に大学, に日本, に書かれた, に至っ, に英国, に這入っ, の二月十八日, の八月, の十二月, の十二月八日, の文壇, の横浜, の正月, の歴史, の生れ, の第, の苦行, の長き, の間世間, は蘭軒歿後, ばかり前, まえに, もかかっ, も日本, も昔, も経つ, より同, を卒業, を経過, 及び一八一七年, 程前, 経って

2 [91件] から, から三十八年, から十年, から改築, から明治四十年, しかなかっ, してから, だったと, であったが, であったと, であるから, でやめる, というもの, という年, といえ, とした, なり, にしかならない, になろう, にはその, にはそれ, にはなる, にはオールコット, には有名, には横浜, には第, に今, に入, に及んだ, に文学誌, に有名, に生まれた, に発行, に第, に編纂, に至り, に起った, に阿部正精, ののち, のもの, のやつら, のクリスマス, のヴェスヴィオ噴火, の中, の中頃, の久しき, の二男, の交, の今日, の六月, の六月一日, の卒業期, の同じ, の地震, の山本, の年月, の思想界, の新年号, の日本, の日記, の早春, の版, の生活, の田舎住居, の男子, の細注, の表, はじめて万年筆, は蘭軒, ばかりいた, ばかり以前, もいる, もたっ, もたつ, もゐた, も一緒, も奉公, も居ります, も後, も拗ね通される, も続け, も船, を一期, を経, を送った, ノ八月, 住んで, 及び一七三七年, 図らずも, 始めて, 生きて

1 [1051件 抜粋] あそんで, いたうち, いて, いまだ日, かいた, かかる, かの英国, からのち, からは灯台, から一七年, から一八二七年, から七四八年, から三十八年間横浜, から中学一, から二年間, から十九年, から唐, から始め, から安政元年, から文久元年, から次, から私, から経っ, がこの, がすぎ去っ, が来た, が絶頂, くらいのもの, くらいまでのこと, ぐらいしか経っ, ぐらいのところ, ぐらいはまた, ぐらい前, このかた小使銭, このシキ, さかのぼる, した経験, じゃあもう, すなわちその, すなわち大学卒業, すなわち昨年, すると, その八月, その年, その生活, たちゃそろそろ, たった壁, たつけれど, たつてからの, たつと, だか, だけ出た, だったとき, だとかの, だわ, つ, つい最近, つまり明治三十三年, であつ, であるが, であれを, であろうが, でさがっ, ですよ, でやっ, でフラマリオン社, で一八六〇年, で先だつこと二年, で卒業, で地上, で学校騒動, で山形地方裁判所鶴岡支部, で徳川十代將軍, で玄俊, で翌年中島謙造氏, という数, という長い, といわれ, とが教室, とすれ, となった, との兩度, とも云っ, とを含め, と三年, と両度, と九七年, と五年, と寛政四年, と思った, と申せ, と言, なあ水, ないし一七四一年, にあたり, にいった, において初めて, において社会情勢, におけるツァラア, における議会, にかけての女学校生活, にかけピアノ今, にこれ, にそこ, にそれぞれ生活, にとられた, になつ, にはあの, にはなお, にはやった, にはガムビア河, にはクリストッツァ, にはサリ, にはフランス, にはポルトガル船四隻, にはリア王, には一対一一二, には三月二十五日, には京都, には佐野城, には公条邸, には六月二十二日, には動物虐待防止法案, には十二階, には叙爵, には国内, には壽, には小松清, には当時, には征韓論, には曙覧未亡人, には東北, には此処, には父竜池, には百万斤, には神田錦町, には米国船, には脩, には鈴鹿山, には雲谷, にめぐりあった, にもなっ, にもなり, にも少し, にも細川船, にわたって前後三回支那西域タクラマカン, にわたる冬, にアフリカ西海岸, にアリューシャン列島中, にウールジー, にカイザー, にコルドヴァ, にサー・ジョン・ムレー, にセルケイラ, にヂェノヴァ, にニーブール, にピサロ, にボルドー, にマーガレット, にモハメッド二世, にロシヤ, に一度, に三六, に三十六歳, に上演, に二十四歳, に二百一万八千, に五十二歳, に亙っ, に亡くなった, に今ジャン, に兄, に入る, に全然, に刊行, に初版, に制定, に効力, に十一谷君, に印刷, に参謀総長, に同郷, に四五人, に国老, に壽, に大体, に姉崎和泉守, に始め, に姫路, に実隆, に寅歳, に将軍家治薨, に帰着, に幕府, に延長, に彼, に成つて上, に拓いた, に斬首, に早世, に書き上げられました, に東京, に横浜, に次女うめ子, に武州川越, に死ぬ, に死去, に民間有識人, に江戸山谷, に波斯譯, に渡来, に王立協会, に生石灰, に用紙割当事務, に発表, に百八十兩, に相, に社殿, に福岡, に程樹徳, に竹内式部, に維也納, に自由, に良工, に英吉利, に茶山, に菅原道真, に行う, に親, に諧謔小説, に越前国丸岡, に軍隊, に近く, に送った, に過ぎざれ, に釈放, に長崎, に阿部家, に露國, に音楽学校長, のあいだ一緒, のおわり, のごく, のでき, のむかし, のイタリア作戦, のクリスマス以後, のダイジェスト, のナポレオン, のパリー, のロンドン, の一月二十二日午後三時三十分, の一月十九日, の七月二日, の三十二三歳, の三月はじめ, の三月十四日以来, の上梓, の下半期, の久しい, の二・二六事件, の二月ごろ, の五月末, の人口, の今川氏裁許状, の余, の作品, の修養, の元日, の八月上旬, の六月十二日, の冬以来, の出版, の初めごろ, の初春, の制, の制科, の十一月なかば, の十一月十五日, の十二月九日以来, の十月号, の卒業生, の受持, の哲学科学, の噴火, の四月八日, の墺普戰爭, の声明, の夏來, の多分三月頃, の大水, の太陽暦施行, の女, の始, の始め頃, の婦人公民権政府案, の将軍家, の小西, の島田君, の年號, の建立, の当, の征韓論, の御, の心血, の忘れ, の惨敗, の戦争, の撰, の文学, の文科, の旅, の旧, の春三月, の時分, の晩秋戦, の暮ごろ, の末ごろ, の来し方, の板, の次女, の正月三日, の正月朔日, の沈黙, の浪花座, の満, の烈しい, の特別議会, の生石灰, の相国寺大塔供養, の破裂, の秋京都, の秋米国, の税金査定, の精進, の終り, の緋鮒, の義務教育, の自序, の苦しい, の英雄たち, の観察, の語, の議会, の軍隊生活, の間一度, の間何, の間服役, の間江戸, の随筆集, の頃綿貫, の颱風, の黒船騒ぎ, はいいしたく, はかかるだろう, はじめて, はじめて雨乞, はたしか, はたつであろう, はぶじ, はまだ, は両刀使い, は元治元年, は六十二, は十六万石, は基本的, は天保六年, は実に, は帰らぬ, は思想界, は昌造三十歳, は明治七年, は暇どれる, は更科日記, は生き堪へられる, は私, は終に, は腰, は蔡倫, は見えなかった, は遂に, は過ぎ去り, ばかりある, ばかりも前, ばかり岸本, ばかり遣, ほどになる, ほどにもなりましょう, ほどの間, ほど一緒, ほど無音, ほど經過, まえだが, まえと少し, まえまでには, まえパリ, まえ私たち学生, または八年以上, までつ, までの十三年間, までの間, までは太平洋岸, までは教育, までみんな, までイギリス王, までナポリ, まで十一年間, まで実に, まで続ける, まへ, まへに, まるで彼, もいた, もお世話, もかかろう, もこ, もし, もする, もずらかっ, もそれ, もたて, もつづいた, ものき, もの昔, もの長い, もやらう, もゐる, も住み慣れる, も使っ, も備中, も内地, も前お, も医者, も夏じゅう, も姿, も孫右衛門, も将, も御, も掛つて, も暮, も朝夕わし, も此學校, も毎年葵原, も無事, も用いたろう, も留守, も突, も経っ, も経過, も經, も考え, も苦しみ, も行脚, も辛棒, も過っ, も隅田川, やそこ, より一〇三一年, より一九二八年, より七年, より三十五年間寡婦生活, より前, より後, より翌, をち, を以て國會開設, を已に, を滿, を省いた, を終了, を費した, を足せ, を送る, を過ぎた, を過した, を隔て, 住んだ家, 即ち千八百五十九年, 即ち関ヶ原, 及び, 及び七年, 変るもん, 御当家, 憎み続けて, 振で何時, 新羅, 殊に妻, 無肥料, 生まれ取って, 病みて, 程の長い, 程子, 第七月四日亜米利加十三州, 経たなければ, 経つた現在, 続いて, 迄かえって, 迄二百八十八年, 過, 過ぎての

▼ 六~ (1906, 3.8%)

57 の朝 55 の夜 28 の晩 23 のこと 18 づけの, の後 16 のお 14 して 13 の事, の日 12 の夕方 11 の間 10 である, の午後, 経つと 8 に, になる, の月 7 すると 6 だ, であった, であつ, に歿, の早朝, 経って 5 から十日, になっ, の分, の御, の日記, の條, の菖蒲, の記, まえから

4 [13件] と七日, に切腹, に榛軒, に死んだ, に至つて, の, のうち, の昼, の条, は朝, も前, 泊めて, 過ぎて

3 [28件] か一週間, たって, だお, だった, でした, というもの, といえ, と家, にお, にここ, になった, にパリ, に京都, に出発, に書い, に至る, に茶山, のあいだ, のその, の下, の夕刻, の宵, の新聞, の明け方, は必ら, まえに, も七日, を経

2 [117件] あの足あと, おくれて, から七日, か七日, しかありません, したら記事, してから, たった, たってから, たつて, だったな, であるから, ですね, ですよ, では, で父, という, といふ, とし, とした, なの, なり, にかい, にかえる, についた, になります, にはあなた, にはまた, には前, には将軍家, には御, には薩, にウォールデン, に伊賀, に例, に出した, に広島, に抽斎, に棠軒, に私, に第, に結婚式, に蘭軒, に行こう, に長女純, のとき, のひる, のまだ, のバクダン以前, の予定, の事件, の内, の出来事, の初日, の前日, の午すぎ, の午前中, の午後五時, の午後八時二十五分, の午頃, の土曜日, の夕, の夜半, の日曜日, の昼頃, の暁, の書牘, の月皎, の朝まだき, の朝九時頃, の朝弘前, の木曜, の未明, の極めて, の次, の神業, の第, の説教日, の頃, の黄昏, はみなの衆, は三十四度, は下, は御, は早朝, は東京, は河, は雨, ばかりの間, ほどし, ほど前, まえの, までの分, まで健, もその, もたった, もたって, もつづいた, もまだ, も十日, も家, も常, も恰度, も暮します, も経つ, も続い, も続いた, や七日, を, を数, を過し, 先んじて, 大雷清涼殿, 寝て, 立ってから, 経っても, 経つて

1 [1116件 抜粋] あって, あると, いたか, おしこめられた, お富, お杉, か, からいう, からかぞえる, からで, からはじまる, からは彼岸, からブロート, から七月十五日, から二十二日, から五日間日比谷公会堂, から十三日, から半月間, から取調, から向う一七日, から始まり, から家, から月番, から清廷, から社, から降り出した, か十七日, がお, がみまかりました, が卒業式, が小寒, が来る, が節分, くもり, けふ, こつち小便, この宿, ざり, しかたつ, しか一つ, しみじみと, じゃ来月二十六日, すぎて, すなわち大, せめて殿様, その不思議, その電報, それから青森, たちました, たった今日, だかに, だからね, だすがな, だつた, だよ, ちら, つづいて, つとめて伊良胡, づけ請求, であったが, であったため案内者, であと五日, であるが, でこうして, です, ですねえ, でとんび, でよし, でセル, で伸子, で兵隊, で四月ぢ, で家, で日記, で暮れ, で月曜日, で発芽, で赤紙, で雪, で魔, という日, といそがしい, といふもの, といふ日, といわれ, とか云ってた, となっ, となつて, とにほんの, と七月, と二十八日, と云, と十二時間, と千葉方面, と山, と思ふ, と断っ, と有, と申す, と経つ, と覚え, と記入, なぞというはんぱな日, なので, なん, にあるべき, にいただきました, にいよいよ, におめでたい, にかえりました, にきめよう, にこの, にしかならない, にすこし, にそんなに, につき八日朝, になつ, になりました, にはお, にはすっかり, にはそちら, にはもう, にはカユノシル, には中村楼, には予, には体量十二貫五百目, には出発, には北条時政, には吉良殿, には大隈自身, には家, には山, には島田, には弟泉三郎忠衡, には御飯, には救世軍, には早, には是非, には朝何時, には柏軒, には正に, には淡雪, には皇学所, には筒井, には藪入り, には農兵, には銅山事務所, には長駆, には雪, にぶじ, にまた, にもし, にも各紙, にも私, にゆきます, にようよう, にわたしたち, にわたる地震, にアラスカ, にカンヅメ, にケルン市, にセイロン島コロンボ, にファルマウス, にベートーヴェン, にラロ, に一寸, に一緒, に七十三歳, に七十二歳, に七十四歳, に三浦さん, に下総境, に二十六日, に五十四歳, に五重塔, に今度, に仲間, に伊勢寺, に伏見, に僕, に允成, に先触れ, に八十二度, に六十三歳, に出し, に出火, に初めて, に初江, に十四年, に又, に召し捕られ, に周防村, に四十二歳, に国府津, に埋葬, に堀川舟庵, に夏道, に夭, に奏覧, に婦人有志, に学校庭内, に実現, に家, に寿江子さん, に小田原城攻略, に届き, に山本良吉氏, に島田, に帰った, に帰つた, に幕府, に広岡, に式, に彌勒町, に彼等夫婦, に御, に忠相, に急死, に所謂蹶起部隊, に打ち, に挙行, に新潟, に日本, に書, に書きとっ, に有名, に期限, に本願, に東京, に東北學院教會堂, に東武線, に柳湾, に桂川, に正造, に死亡, に氷った, に江戸, に法然, に海岸, に源覚寺, に父允成, に王, に田浦, に當, に発行, に石垣, に神田紺屋町鉄物問屋山内忠兵衛妹五百, に穴吊し, に端座合掌, に米沢城, に終つた, に老中評定, に聞いた, に至っ, に至り, に茅場町, に菅茶山, に藩庁, に行われた, に西岸寺, に試みた, に起った, に遣, に邸, に重慶さま, に鉱毒被害地, に開会, に限った, に青, に静岡県小笠郡六郷村字小澤, に養子願, に駒ヶ岳, に麹町, のあと, のあれ, のかたわれ月, のこの, のため, のところ, のふじ, のバクダン以後, の一夜風, の三日三晩, の両日, の二日, の会合, の冬, の初夏, の十時, の午前七時, の午前九時三十分, の午前五時四十九分, の午前十一時ごろ, の午前四時, の午後一時頃, の午後八時三十分, の午後四時頃, の反乱, の各, の國民新聞, の夕食, の夜ふけ, の夜モウ一度, の夜二人, の夜半ごろ, の夜四つ半時, の夜念仏, の夜明け方, の夜私, の大火, の天気予報, の婚礼, の宿題一, の年号, の当日, の快晴, の成績, の手合せ, の手紙着, の拘留, の旅, の日付, の日附, の早暁, の昼間, の時間, の晩被告, の暮れ方, の書柬, の月光, の月桜, の朝ぼらけ, の朝やつ, の朝九時ごろ, の朝八時原子爆弾, の朝札幌, の朝棠軒, の朝舟, の朧ろ月, の東京, の榛軒, の正午頃, の母, の浅草中, の消印, の滞在, の火曜, の由, の研究会以来, の祥月命日, の空襲, の苦労, の菖蒲十日, の衆議院, の記事, の読売新聞, の請待, の貞子誕生日, の質問演説, の踊歌, の逮夜, の間寒風大雨, の間毎晩一度, の間雇, の青い, は, はいる, はお, はかかる, はつづく, はぬけられ, はやすむ, はイーハトヴ, はリンタク屋, は一行, は二日, は亡父, は何事, は北朗自身, は半鐘, は吉良どの, は困る, は大事, は大変日, は小山少将, は岩本, は忠宝さま, は悠, は持つだろう, は文化三年六月五日, は晴れまい, は曇っ, は村民, は棄て, は残っ, は無事, は番頭, は立春, は精一杯, は身体, は逗留, は随分, は靴屋, は食事, ばかりだ, ばかりになる, ばかりの夕月, ばかりも見なかった, ひじょうに幸福, ふと思いたっ, へかけ, ほど出, ほど毎日, まえからな, まえですよ, まえ妹, また快晴, まで, までさんざん, まででなけれ, までに一区切り, までの五日間, までの間, まで寅二郎, まで待ちます, まで水風呂, まで約, もいる, もう佳かろ, もぐづ, もたて, もつづい, もの荷造り, もまえ, も仂, も居, も御無沙汰, も普通, も泊つて, も湯, も眠っ, も経っ, も続け, も見, も過ぎ, も降りつづけた, も風呂, より一千丈, より七月四日, より二十八日, より十八日, より四日間, より此所, より翌, より銀四貫目, をすます, をもっ, を以て例祭, を以て子ども, を以て歿, を暮し, を私, を要する, を過ぎた, を過ごした, を鉦起し, を馬, 与狩谷, 使わずに, 初めて入浴, 又朱印, 大拷問, 実は八月十四日, 少しく風波, 帰らないこと, 引きこもって, 待って, 早咲, 明ければ, 来なかったばかり, 歩けば, 生於甲州石和小林総右衛門家, 直りませんでしたが, 稼がせて, 立たば, 第二次卒業試験, 第四, 経ちました, 経った後, 経った頃, 経つた後, 続いた雨, 置いてから, 薨ず享年七十五歳, 贈菊花於岡西玄亭及次子貞次郎, 迄に意見答申, 迄の分, 遅れて, 遠退いた, 隠まって

▼ 六~ (1138, 2.3%)

85 の時 57 になる 34 にし 31 の頃 29 の少年 18 であった, のとき 17 であつ, になっ 12 である, になった 11 のころ, の少女 10 で歿, の春 9 の年 8 だった, の子供 7 の美しい 6 に見える, の夏, の私 5 から二十歳, であったが, の娘, の秋, の若, の青年, を頭 4 か七歳, では, の, の女の子, の子, の幼児, の武士, の男, の男の子

3 [19件] から六十歳, で, です, で死ん, で死んだ, で結婚, になつて, になり, になります, にもなっ, にもなる, に達し, の人, の伸子, の処女, の小娘, の幼少, の高齢, を一期

2 [68件] かと思われる, から二十四五歳, から十八歳, くらいの子供, だが, だそう, だったの, であ, であったと, でありながら, であろうか, でございました, でその, で刑せられた, で初めて, で始め, で早世, で村, という年, となった, と云う, なり, なりき, にて伝聞, になつ, にも見える, に成る, に至る, のお, のおり, のこの, のし, のむかし, のチェーホフ, の乙, の信長, の六郎殿, の初夏, の初秋, の大石主税, の女, の家康, の小僧, の少年一人, の御, の忠相, の日記, の時父, の暮, の然, の男子, の翁, の老人, の花嫁, の若い, の若武者, の處女, の誕生日, の青白い, の顔, ばかりの女, ばかりの少女, までの間, までの青年, まで三十九名, まで宿役人, まで生きた, より十四歳

1 [452件] おとりにて, お冬, か, かつて某, かと見ゆる, かに成る, からの十余年, からの知己, からもう, から二十二三歳, から二十五歳, から五十九歳, から他人手, から他国, から八歳, から十七歳, から十九歳, から十歳, から四十歳, から女, から小寺家, から後, から那古屋, か七歳ごろ, がもの, くらいと思われる, くらいの丑尾さん, くらいの女, くらいの年配, ぐらいな色, ぐらいにしか見えなかった, ぐらいになっ, ぐらいに時には, ぐらいのこと, ぐらいの子供, ぐらいの時, ぐらいの時分, ぐらいの男の子, ぐらいの鼠背広, ぐらいまでの青年, さすが歴々, じゃ十六, その中五十有余年, その時, その次の, たしかそうだろう, だ, だかの, だから, だけに母, だったが, だったであろうが, だったので, だったシャポワロフ, だつたの, だと, だろうと, であったか, であったという, であった好, であった安積艮斎, でありました, でありましたが, であるが, であると, であれ, であろう, でいらっしゃいました, でこの世, でこれ, でご, でしか, でした, ですでに, でどうして, でぽっと出, でまだ, でもう, でもございましょう, でも許した, でも通える, でロシア, で世, で主君信長, で五人, で亡くなった, で亡くなりました, で今, で兄, で勤める, で右近衛権少将, で国, で大, で妻, で寺小屋式, で将軍家光, で将軍足利義晴, で小さい, で常磐会寄宿舎, で徳川家綱, で急逝, で恋, で敵国, で早く, で最年長者, で未亡人, で来た, で柳島, で殺されました, で法学博士, で海賊, で漁師, で漱石先生, で父親, で物理学, で猶, で生命, で番代, で番入り, で私, で私立, で稽古通事, で肥前生れ, で能楽師家担当, で色, で若し, で見出された, で顔, という, というむかし, という水, といふ小, とする, との二人, とは思えない, とは思へぬ, と三カ月, と九歳, と二十歳, と云, と五十歳, と伝えられ, と八歳, と十八歳, と四歳, と申す, と答え, と言え, などがあり, なの, なりきと, なりしもの, なるもの, なん, にいたる, におわしける, にございます, にしかなっ, にしか成らない, にて夜啼き, にて容顏, にて身まかり, にて逝去, になってる, になつた私, になつた者, になつた長政, にならなきゃ, にならぬ, になりたる, になるい, には, には卒業, にもう, にわたらせられる, に到る, に及ん, に始まり, に成し, に成ります, に本郷小学校, に満つ, に相成, に花ざかり, に見えた, に誰, に過ぎない, に過ぎなかつた, のあの, のいかにも, のいたいけざかり, のういういしい, のえらい, のおい二人, のかれにとっては, のかわいらしい, のころ妻, のころ父, のころ物理, のさかり, のすこぶる, のすば, のその, のときその後家, のとき光明子, のとき妃, のとき幕府, のとき母, のとき法学博士, のとき清澄山, のとき父政宗, のとき狩野信近, のまま成長, のむす, のりっぱ, のアンポンタン, のイエニー, のイタズラ小僧, のカルル・ロスマン, のコルシカ, のジョンソン, のチャイコフスキー, のハイカラボーイ, のバルザック, のフオン・シーボルト, のフランシーヌ, のヨアンネス少年, のラン子, の一人, の七月, の中学生, の中流婦人, の乳母, の乳臭児, の人生, の作, の八月, の八月吉日, の兵庫, の処女シャロット・コルデー, の処女シャロット・ゴルデー, の初陣, の前髪, の剽軽, の労働者, の匂やか, の十六日, の半玉雛太, の壮年武士, の壯年, の声, の大, の天才児左内, の太郎信勝, の女中, の女児, の女性, の妹, の妾, の婦人, の孤児, の学侶, の学問好き, の学生時代, の孫, の小, の小づくり, の小児, の小児相手, の小柄, の少女ひとり, の少年そのもの, の少年ゴルドン, の少年ドヴォルシャーク, の少年五, の少年四郎, の少年少女, の就任, の岡田, の年上, の年少, の年恰好, の年紀, の年長者, の幼い, の幼年, の幼年時, の幼童, の幼童期, の幾勢, の弟, の弟ヴォルフガング, の弟也, の弟息子, の弱冠, の彼女, の後, の御遊, の心, の悪戯盛り, の惜しい, の新聞記者, の日, の日本武尊, の明治天皇, の春余家母, の昭和元年, の時スタンダール, の時ヨルダン河, の時医師石川順介, の時咸臨丸, の時嫡男徴, の時行燈, の時親傳藏, の普通, の曾能, の最初, の木下藤吉郎, の林檎, の正月, の正月二日, の死, の殿様, の母, の母親, の気の毒, の水木, の洋服, の海野平, の無, の牛若, の牛若さま一人, の王子, の現在, の理科, の甥, の田舎出, の男児, の男児馬, の男女, の白皙美髯, の百川, の皇子, の眼, の知人, の短い, の砌, の祐二, の福沢諭吉, の童女, の筈, の細川護美氏, の美人, の美少年, の義鎮, の老体, の老翁, の肉塊, の胆力, の若年, の若者, の苦悩, の茂山千作, の茶山, の葵, の蒲生, の薔薇色, の見すぼらしい, の誕辰, の誤であらう, の諸, の軍師王朗, の遊び人態, の里恵, の鉄, の長寿, の長男, の陥穽, の隠居, の雑夫, の雪子, の青年詩人, の非常, の頃好き, の頃醫, の頑是, の顏容子, の高, の高島田, はあれ, は夢, ばかりなる, ばかりの可愛らしい, ばかりの女の子, ばかりの子供, ばかりの小娘, ばかりの当時, ばかりの男の子, ばかりの道化娘ら, ばかりも若, ばかり一人, へもどった, ほどになる, ほどの若い美しい, ほど昔, まえに, まだ東京府立, まだ老人, までおりました, までに女, までの少年, までの猛, までの者, までの頑是, まではある, まではをり, までは忘れる, までは髪, までペン, まで二十三年, まで教育, まで生きる, まで長寿, も年上, も年長, も年齢, も老け, よりも若い, より上, より以後, より老いたる, より若く, らしい顔, をかしら, をもって歿, をもって鎌倉, を以, を以て世, を以て主人, を以て終った, を年, を數, を過ぎ, ノ今日ニ至ッテ始メテ生キ甲斐, 乃至二十歳, 初めて老父, 即ち抽斎, 次ハ十二, 泣きながら, 程の召使, 経し身, 若しくは十三年三十七歳

▼ 六~ (1007, 2.0%)

64 の間 50 の座敷 49 の部屋 32 の方 23 の室 19 と四畳半 13 と三畳 12 の居間 11 の茶の間 10 と八畳 9 の二間 7 に四畳半, に寝, の小, の書斎 6 の一間, の縁側 5 から出, であった, の押入, の日本間, ほどの部屋 4 では, と二畳, に三畳, の中, の仏間, の長火鉢, の隅, の障子

3 [11件] か八畳, の三間, の二階, の客間, の日本室, の真中, の縁, ばかりの座敷, へ案内, へ這入った, 敷きほどの

2 [52件] か四畳半, ぐらいの小, ですが, でそこ, でその, でそれ, で下, で寝, との境, に二畳, に休ん, に坐っ, に姉, に小僧, に居る, に床, に彼, に机, に頑張っ, のまん中, の一室, の中二階, の仏壇, の古ぼけた, の寝床, の小座敷, の暗い, の机, の次の間, の煤け, の窓, の端, の縁先, の自分, の蔵座敷, の薄暗い, の襖, の離れ, ばかりの小間, へはいっ, へ入っ, へ来, へ行, へ行っ, へ通された, へ通る, へ連れ, ほどの広, もあろう, を借り, を長く, 程の部屋

1 [481件] かと思われた, からお, から仲裁, から伯母, から出た, から台所, から呼び返さした, から射す, から張り出され, から母, から男, から隣り, が, があっ, が一間, が主人岩太郎, が二, が京間, が僕, が別に, が十円, が塞がっ, が大変, が折れ曲っ, が普通, が木下, が木崎, が稽古場, が空い, が続い, が蔽う, が藤尾, が金五郎, が長屋, が陽子, くらい, くらいの茶の間, ぐらい, ぐらいで, ぐらいな三間, ぐらいの室, ぐらいの居間, ぐらいの座敷, ぐらいの板の間, ぐらいの狭い, ぐらいは敷けるだろう, この部屋, しかありません, しかない, だ, だか, だが, だけに電燈, だし, だって困る, だつた, だな, だもの, で, であつ, でかたち, でこんな, でした, です, ですから, ですし, でせっせと, でつき当り, でで, でとなり, でね, でふざけ, でふしょうして, でぶっ, でまえが, でガラス, でムッ, で一応, で一日, で一月, で丁度, で三味線, で二人, で五兵衛, で仲よく, で何, で例, で北側, で叩き人形, で各, で同じ, で大きい, で奥, で室, で床, で廊下, で御飯, で押入れも, で新聞, で日当り, で暮した, で机, で漆, で炬燵, で玄内, で疲れた, で白い, で直ぐ, で空, で粗末, で総桐, で花, で裏二階, で裸, で西日, で足, で運, で釣る, で鏡, で鏡台, で間木老人, で隅, で雨戸, で青木さん, で食事, とある, というの, という妙, という浅間, といふ借家, とが続い, ときめます, とそれ, との中, との二間, との仕切, との素人下宿, との部屋, との間, とふた間, とまわり歩くべきな, と三個, と三畳二間, と三畳二間きり, と三畳二間ぐらゐのバラック, と三間, と二十四畳, と二間一しょ, と云う, と四畳, と四畳半位, と境, と奥, と女中部屋, と次ぎ, と炊事場, と玄関, と畳, と長, なかなかさむい, なりを仕切つて周囲, に, にある, にい, にいつも, にいる, において裸婦像, にそういう, になっ, になツ, には人々, には余り, には又次郎, には古い, には同じく, には才六, には新造, には洋服ダンス, には炬燵, には用心棒, には衣服, には長火鉢, には電燈, にまだ, にもうどうにもこう, にゆき, にわたし, にギューギュー, にピアノ, に一日中, に一閑張り, に三味線, に三畳切, に不自由, に二つ机, に二人, に二人抱ッこ, に二間, に五人, に伏せつ, に住ん, に俺たち, に先生, に入っ, に入りました, に卓子, に古い, に四畳, に坐つ, に女中, に始め, に寝かしました, に寝かし付け, に寝た, に寝る, に寝転ん, に小, に居た, に居るだ, に幸雄, に引込み, に忠太, に愛子, に手枕, に持っ, に机腰掛, に枕, に横たえ, に横たえられた, に殺された, に沢子, に火鉢, に炬燵, に父, に畏, に白い, に祖母, に私, に移され, に移した, に移る, に籠っ, に置い, に置きつけた, に置く, に腕, に腹ばい, に腹這い, に自分の, に行けない, に見えなかった, に踏込む, に這入っ, に通され, に通された, に通した, に通す, に通りました, に通る, に達しない, に閉じこもっ, に閉ぢ, に間借り, に霞んだ, に飾る, に駆け込んだ, のあがり, のうち, のこの, のたたみ敷きで, のつき, のね水晶, のはなれ, のふた間, のほう, のまわり, のよく, のアパート, のテーブル, の一, の上り端, の上座, の両, の中の間, の中二畳, の二間きり, の二間続き, の二階がり, の二階座敷, の仲間部屋, の入口, の出窓, の別室, の前, の副, の半ば, の半分, の半間, の古着屋さん夫婦, の品, の壁, の壁際, の大広間, の天井, の奥, の奥座敷, の寝所, の小さな, の小室, の小座舗, の小間, の屏風, の張出し窓, の成りたけ, の戸, の扉, の押入れ, の控え, の新しい, の日下部欽之丞, の板の間, の椅子, の欄干, の次, の汚れた, の洋風書斎, の洋風机, の涼しい, の片隅, の物置, の狭い, の畳, の畳敷, の病室, の真ん中, の真中処, の私, の突き当り, の箪笥, の納戸, の腰窓, の舎, の蚊帳, の血, の行燈, の表座敷, の違い棚, の部屋いっぱい, の部屋じゅう, の部屋一杯お襁褓, の部屋代, の鏡台, の間一ぱい, の間二つ, の附いた, の隠, の隣, の隣り, の雇人, の離庵, の雨戸, の電燈, の青畳, の黒ずんだ, はいつか, はしかれる, はなかなか, はひっそり, はまだ, はもっぱら, は一杯, は一面, は北, は夫歳男, は店, は暗い, は書籍, は東南, は母, は比べもの, は狭い, は畳, は立籠め, は見晴, は誰, ばかり, ばかりのその, ばかりの二間, ばかりの仏間, ばかりの休息所, ばかりの場所, ばかりの奇麗, ばかりの室, ばかりの小座敷, ばかりの市松畳, ばかりの広, ばかりの狭, ばかりの狭い, ばかりの玄関, ばかりの部屋, ばかりの離れ, ばかりもあり, ばかり敷い, ばかり畳敷, ば誰, へ, へお, へつい, へのめ, へひっぱっ, へほうり込まれ, へ上っ, へ上り切らず, へ入, へ入った, へ入る, へ取って返した, へ四人, へ宵子, へ往, へ忍び寄っ, へ是非, へ火, へ火鉢, へ燈, へ蚊帳, へ行く, へ這入っ, へ這入る, へ通される, へ通し, へ通り, へ食膳, へ駆け込みました, ほどな小さな, ほどのが二つ, ほどのところ, ほどの一室, ほどの何, ほどの地下室, ほどの小さな, ほどの板の間, ほどの狭い, ほどの畳, ほどの茶の間, ほど休み場, まで落ちのび, も, よ, らしい座敷, らしい落着, らしく燈火, をあてがった, をこれ, をすっかり, をひと, をぶちぬい, を与えられた, を使い, を城, を常, を廊下, を打ち抜い, を掃い, を書斎, を案内, を楽屋, を空け, を素的, を覗いた, を覗かせた, を這い廻っ, 坐敷八畳, 敷きくらい, 敷きぐらゐの三階, 敷きで一間, 敷きの, 敷き二十畳, 狭い庭, 程の小室, 程の竪穴

▼ 六~ (888, 1.8%)

31 のサイレン 17 に起き 16 の汽車 10 になっ 9 になる 8 に起きる 7 を過ぎ 6 から, だ, です, に, を過ぎた, 少し前 5 すぎて, である, になった, の所

4 [11件] から七時, から九時, から八時, か七時頃, ちゅう, であった, にはもう, に僕, に起きた, の朝日会館, を打った

3 [21件] からプレスコ, から六時半, から十一時, から夜中, から真夜中, がうっ, がうつ, でした, ですよ, なの, にお, にここ, にそこ, にならない, になりました, に目, に近, の交代前, までの間, を少し, を指し

2 [63件] からという, からビクター, からレコード何, から七時の間, から十時, から晩, から翌朝, か七時, が打つ, が起る, が鳴つ, が鳴る, きっかりに, すこし前, だった, だよ, でございますわ, ですか, という, との間, なのに, におき, にし, になったら, になり, にはちゃんと, には工場, には起き, には起きね, にゆく, にクラン・マッキンタイア号, に佐瀬, に出, に出発, に勤め, に家, に宿, に新橋, に眼, に着く, に着くなら, に立てる, に行く, に起される, に近い, のこと, のバス, の勤行, の急行, の時計, の神戸急行, までかかっ, までにはきっと, までに小石川, まへに, をすぎ, を合図, を打ちました, を過ぎる, 少し過ぎ, 少し過ぎた, 迄やる, 過に

1 [501件 抜粋] おそいとき, お君さん, かしら, からお, からが, からだ, からで, からな, からのアトラクション, からはじまった, からはじまります, からまだ, から一つ, から一席, から七時二十分, から七時半, から三島亭, から九時頃, から今朝, から八時半頃, から八時頃, から内丸西洋軒, から出かけたらしい, から十一時過ぎ, から十二時, から十時間, から午前零時, から夜, から夜九時半, から夜半, から大隈講堂, から女房, から始まっ, から始まった, から始まる, から巡検時, から日々新聞, から日本橋, から日比谷, から本所業平座, から植村東急社長邸, から歌, から汚, から漸く, から熊天, から男爵, から翌朝六時, から自動車, から行乞, から起き, から起き出し, から開会, から集まる, から飛び, か六時半, か十分前くら, か或は, がいつである, がすぎ, がすぎる, がどんな, がなれ, が七時, が三日, が二日, が半分, が少し, が打つた, が振り上げられた, が来る, が第, が迫っ, が過ぎ, が鳴った, きっかり東京駅発車, きっちり, じゃない, すぎてから, すぎても, すぎでもあつたであらう, すこしまえ, すこしまえです, すこしまわっ, すこしまわった, すこし廻った, すこし過ぎ, すこし過ぎた, それから台所, だから, だが, だったから, だったという, だのに, だろう, だろうが, ちかいころ, ちかくな, ちかくを, ちっと廻った, ちゅういじめつけている妻, ちゅうスリッパ, ちゅうトロイカ, ちゅう勝手, ちゅう屋根, ちゅう彼, ちゅう彼女, ちゅう旅, ちゅう橇, ちゅう眼前, ちゅう耳, ちゅう肝, ちゅう行動, ちゅう裁判所, ちゅう遊び仲間, ちゅう邪魔神, って云え, つたら俺達, であつ, であること, でございます, でございますか, でした先生, ですから, ですの, でなければ, でやすな, でわたし, でアメリカ, で往来, で軍人会館, というの, という時, といえ, といふ, といふもの, といへ, とこの, としてある, としよう, とするなり, とちやん, となっ, となり, となれ, ともなれ, と七時, と七時の間, と云う, と四十分, と夕方, と定, なので, なら, なら丁度, なら恰度此村, にあいつ, にあった, にいたり, にいらし, にうち, にきた, にしか出かけなかった, にすっかり, にそれ, にたっ, についたら, にと自分, になつ, になりかかっ, になりけれ, になります, になれ, にのしかかっ, には, にはお茶, にはかっきり, にはかなり, にはかツきり行, にはこっそり, にはこの, にはさっそく, にはすべて解決, にはなるだろう, にはひとまわり, にはピケッチング, には一尺二寸爾, には上野駅, には低, には勤行, には取, には市場, には待ってる, には御, には津田, には眼, には誰, には起きた, には間, には間に合う, には間違い, にまた, にまだ, にもう一度, にも七時, にやってきます, にわたし, にオピタル大通り, にカラー, にクルバートフ, にサン, にスエズ, にチヤアリング・クロス, にトップ, にトラック, にフーッ, にボート, にリヴァプール発, にルブラン氏, にワラタ号, に一同警察, に一緒, に不, に五分前, に交替, に仕度, に仲間, に会う, に会った, に伺ひます, に便所, に停車場, に入る, に全く, に円山公園, に出る, に出勤, に出帆, に初, に印刷所, に又, に和歌山, に唱うべき, に国男, に夕飯, に外, に大抵目, に天王寺公園, に太陽, に奧さん, に始, に始まる, に委ね, に実験室, に富士駅着, に小川町, に帰, に平野丸, に座, に待つ, に御, に急い, に戻しましょう, に折柄, に搖起, に新喜楽, に新木, に日, に日の出, に日比谷音楽堂, に昨日, に晩飯, に有, に朝食, に朝飯, に机, に来る, に梓山, に次ぐ, に母上, に汽車, に没し, に渋谷, に照明係, に熊本, に疲れ切っ, に病用さ, に眼ざめて顔, に碇, に締める, に義, に至った, に至り, に船, に藩校, に表, に覺め, に豹一, に起きまし, に起きます, に起床, に辞し, に近き, に近く, に近所, に退け, に邸, に閉じます, に開け, に陸軍省, に零下五度三分, に霜, に露営地, に静, に食事, に食慾, に香港, に駅, に鳴る, に鴎座, のお, のお太鼓, のところ, のチャイム, のトップ, のボー, のラジオ体操, の上り列車, の上り発破, の会見, の出帆, の執務終了, の夕飯三十分の休み, の太鼓, の子供さん, の定刻, の川風, の御, の拍子木, の時刻, の時報, の晩餐, の最大急行, の朝食, の正餐, の注文, の演芸放送, の礼讃時, の第, の約束, の終り, の聖餐祭, の船, の鐘, の電車, の鳴る, はおよそ, はまだ, はまるで, は丸, は過ぎた, は魔物, まえですから, まさしく欧州, また噴きなやむ, まだお, まで, までお, までかい, までであった, まででした, までということ, までといふ無理, までな, までに, までにその, までにはほんの, までにはまだ, までには山上, までには明石, までに万一電話, までに変った, までに家, までに帰営, までに新茶屋, までに来, までに聖坂, までに越後直江津, までのあいだ, までは確実, までみんな, までもそう, までもつづく, までゆっくり, までを定め, までリンゴ半分, まで三時, まで二回, まで仕事, まで十二時間, まで宮野仁保, まで寝る, まで居残り, まで彼ら, まで待たね, まで待とう, まで散歩, まで昏睡状態, まで歩きつ, まで純, まで組み太刀, まで続いた, まで賑やか, まで雑居, も何, も前, や七時, よ, より, よりは三十分, より三十分間, より九時, より八時, より六時, より夜半, より当, より稍, わが第, をうちました, をうっかり, をうつ, をかなり, をすぎた, をすこし, を五分, を五分過ぎ, を以て鐵檻車, を十分, を報じ, を報じた, を報じ初めた, を境, を廻った, を廻つて, を廻つて平気, を心待ち, を打つ, を指した, を指す, を撞く, を期し, を湿や, を過, を鳴った, キッカリ, 何時もの, 及び第, 好い時刻, 少し回った, 少し回つた許, 本監視哨船, 着赤い, 睡覚む, 立つ, 終りて, 起きして, 起きて, 起きといふ, 起き辛い, 起き辛し, 迄, 迄か, 迄しかゐられない, 迄である, 迄にアゲ, 迄にワンカット, 迄に戻りやい, 迄に終らね, 迄を診察治療, 迄仕事, 迄何事, 迄埠頭, 迄大学, 迄待ち, 迄押し, 迄時間, 迄漫才, 迄間, 迄麻雀, 近い, 近い頃, 近かつ, 過ぎでなくつてはやつて, 過ぎにはもうちやんとすべてがとゝなうてゐた, 過にあたる, 過の, 過は, 過和木清三郎, 過帰宅, 過頃, 非凡閣加藤

▼ 六~ (805, 1.6%)

39 に近い 37 を越し 30 を越した 20 になる 18 になっ 15 近い老人 13 にし 12 に手, の坂 11 を越え 7 に近く, を越えた 6 をすぎた, を過ごした 5 になり, の賀, を幾つ 4 か七十, に近, の老人, を過ぎた, 近い年配

3 [26件] であった, であつ, にあまる, になった, になったら, にもなっ, に余る, に近かっ, のお婆さん, の上, の声, の婆サン, の手習, の母親, の間, ばかりの婆さん, ばかりの爺さん, ばかりの老爺, ばかりの親仁, や七十, をこえ, をこえた, をすぎ, を過ぎ, 近い男, 近かった

2 [50件] だし, ちかくなる, である, で児, で死んだ, なの, になつ, になります, にもなる, にも七十, にも及ぶ, にも見える, にも近い, に余, に分て, に至っ, に處, に近き, に達し, に餘, のあいだ, のおやじ, の二, の婆さん, の方, の時洛, の歳, の母, の爺さん, の目腐れ金, の首, ばかりの身分, や三千六百, をいくつ, をこした, をだいぶ, を二つ, を五つ六つ, を四つ五つ, を越えたれ, を越してる, 近いな, 近いやう, 近いよく, 近い品, 近い年寄り, 近い年輩, 近い父, 近い筈, 近い老爺

1 [359件] あまりになる, あり, あります, あるが, かと人, かもう少し, からの老人, からの老齢, から七十, から七十歳, から入った, から百, が処, が約束, くらいである, くらいになる, くらいになろう, くらいの下男風, くらいの男, くらいの白髪, ぐらいだ, ぐらいだろう, ぐらいでしょう, ぐらいにしか見えない, ぐらいになる, ぐらいに勘定, ぐらいに見える, ぐらいに達した, ぐらいのここ, ぐらいのやさしい, ぐらいのよぼよぼ, ぐらいのジイサン, ぐらいのジジイ, ぐらいの大柄, ぐらいの太った, ぐらいの婆さん, ぐらいの婆サン, ぐらいの年輩, ぐらいの百姓, ぐらいの老人, ぐらいの老女, ぐらいの頑丈そう, ぐらいの髯, ぐらい大丈夫, ぐらい銀髪, ぐれえの, じばかりの, すぎた将軍達, すぎた独身, すぎた頃, すぎても, ずつ昼夜交代, そこそこでしょう, その齡こと, だ, だから, だが, だと, だらう, だらう迷子札, だろう, だろう狼, ちかいお, ちかいじいさん, ちかいひ, ちかい年, ちかい老齢, ちかくなっ, であるから, でお, でおし, です, でその, でも稽古, でも若い, で戌年, で深く, で痩せ, で養老保険, ということ, という絶対多数, という長上, といえ, といつた, といふ, といふ齢, とかの老人, とか覗い, としてもかれこれ, としても彼是百十五六, とは思われない, ともなれ, とも七十, と云う, と云っ, と答え, と見れ, ないし六十一, なくちゃ, にあまっ, におよぶ, にしかならなかった, にちかかっ, にとどいた, になつた私, になつて, にならう, になられた, になりまする, になれ, になん, にはとどくまい, にはなっ, にはなるまい, にまたがる, にみちぬ, にもな, にもなれ, にもなろう, にも見えない, にも近く, にも間, に余るであらう, に入, に分け, に分けれ, に及, に及ぶ, に及ん, に少し, に成る, に相成ります, に越え, に足らない, に近いひどい, に迫り, に過ぎなかった, に達せ, に遠けれ, のひとつ, のもの, のチョウチン, のテント, の上六つ, の人, の人三人有, の人家, の人家東西, の佐十さん, の作品, の凶, の劇場, の命, の壮丁, の婆あと, の定年, の寿命, の寿筵, の将軍, の小, の峠, の年, の年寄, の年配, の彼, の手習い, の掌, の旦那, の旧, の時, の机, の熊, の狼女, の男, の相当年輩, の秋, の種子, の粟野さん, の組合わせ, の翁, の老, の老婆, の老爺, の老輩, の老醜, の聲, の船, の衰翁, の親仁, の諸, の迷児, の銭, の長編, の阪, の露, の面, の餘, の馬力, の馬繋ぎ場, の骨, の點, はあら, はもう, は大, は日蓮, は越し, は長, ばかり, ばかりあっ, ばかりいかにも, ばかりだった, ばかりだった織, ばかりであろう, ばかりになる, ばかりに見える, ばかりのおじいさん, ばかりのお爺さん, ばかりのこの, ばかりのただ, ばかりの人微妙, ばかりの僧, ばかりの品, ばかりの婦人, ばかりの寛容, ばかりの小柄, ばかりの尼法師, ばかりの平服, ばかりの御, ばかりの梅干婆さん眼玉, ばかりの母親, ばかりの漁師, ばかりの火山島, ばかりの男, ばかりの痩せた, ばかりの白髪頭, ばかりの皺, ばかりの神さん, ばかりの禿顱, ばかりの老, ばかりの老人一人, ばかりの老人也, ばかりの至極, ばかりの言葉, ばかり痩せ, ばかり肥, へ入った, ほどの爺さん, ほどの老婆, ほどの老爺, また三, までかけられましょう, までには十年, までには届い, までの領内, まではまだ, までも生きられたら, まで持てた, まで油, まで生き延びる, もある, も一度, も丁度, も張っ, も揃っ, も棺桶, も目睫, も積ん, も越え, も越し, も飛ぶ, も食う, をこえる, をとっくに, をアンカイオス, を一つ, を二つ三つ, を二つ三つすぎ, を出た, を寿, を択び, を率い, を超えたる, を越, を越えたろう, を迎えた, を過ぎたら, を過ぎたらしく, を過ぎる, を過ごし, を過ごしたらしい, ノ従者アリテ, ヲ踰エ, 乃至七十斤, 初學詩, 初惑, 又加三, 叩くの, 小さくとも, 尚ほ, 惜しい事, 残って, 無くちゃ, 第一辰, 越えてじゃ, 越した紳士, 越した老婆, 越しても, 迄つながる, 迄も存, 近い, 近いお, 近いおどけ男, 近いおばあさん, 近いお婆さん, 近いお年, 近いかも, 近いが, 近いくせ, 近いのに, 近い下僕, 近い下女, 近い丸い頭, 近い丸顔, 近い主人, 近い仁體, 近い和尚, 近い外国人, 近い大きな, 近い太郎左衛門, 近い婆, 近い婆さん, 近い客扱い, 近い尼, 近い師匠, 近い年頃, 近い年齢, 近い方, 近い爺, 近い痩せた, 近い白髪, 近い白髯, 近い矮, 近い美代吉, 近い老婆, 近い肥った, 近い被布, 近い親爺, 近い貧弱, 近い雲水, 近い頑丈, 過ぎた今日, 過ぎた年寄り, 過ぎた立派, 過ぎて, 過ぎると, 過た老人, 飛び出した, 飛んだろう, 飛んで

▼ 六~ (765, 1.5%)

7 自分の 4 急に, 黙って 3 そういっ, それを, そんな事, 云った, 先に, 恐る, 頭を, 顔を

2 [60件] あの小屋, あわてて, いつもの, お倉, お勝手, これこそ, これも, そう云う, それから, それに, ともかくも, どうした, 中二階の, 事もなげです, 何にも, 何の, 何不足なく, 兄から, 兄に, 兄の, 内弟子を, 又六, 味噌汁を, 命令する, 執拗に, 夢から, 大晦日に, 始めの, 宗助が, 宵の, 少し照れ臭い, 席を, 帳場の, 平次と, 店の, 思った, 房州の, 時々物, 本當, 柳を, 江戸城を, 町人の, 眼を, 礼を, 私が, 種々の, 筋違見附外の, 答えた, 精一杯の, 緑町の, 腹の, 茶を, 華奢な, 要領を, 身を, 長庵, 額の, 飯を, 首を, 高慢に

1 [606件 抜粋] あいまいな, あきらめて, あざ嘲った, あの, あれ以来ずっと, あわてた, いいつけて, いい加減, いずれへも, いっこう響かないらしく, いったい今なに, いっぺんに姐, いつまでも, いやに, いよいよ恐懼, うさんの, うそぶいて, おとなしく微笑, おみね, およしなさい, お前といふ, お引摺り, お流れを, お艶, お菊, からかうよう, こう云った, こう考えた, ここで, こころよく承知, このとき検事, この会話, この問答, この嫂, この家, この時大地, この極秘, この気楽, この聴取書, この重大, この騒ぎ, これでも, これまでに, これ以上弁解の, これ以上辯解の, ございましょう, さすがに, さっき古, さっき大きな, しかし糧道, じっと俯向, すぐに, すぐには, すぐ答える, すっかりじれ込ん, すると, ぜひいります, そういうわけ, そう云っ, そこから, そこで, そこで尻, そこを, そっと二階, その小判, その後一度も, その晩炭焼小屋, その洋館, その選, そらうそぶいて, そりや, それっきり行方が, それつきり行方, それでも打ち解けた, それは, それへ, ぞっと臆病風, たしかに巧, ちかごろ女中, ちょっときまり, ときどきに, ときどき訪ね, とび込んだの, どうしたでしょう, どう誠心, どこかの, どこで, どさくさまぎれ, なぜそんな, なにも, なんと言った, なんにも疑わなかった, にやにや笑い, にやりとし, はらはらした, ひそかに, ひどい奴, ひどく下手, ふざけて, ふるえあがって, まさに完全, またし, また頭, まだ十六, まだ十六歳, まだ國學院國文科, まともに, みつめた, めずらしくせっせと, もう二十日鼠, もう先, もう沈黙, もう逃げ, もう長崎, もう骨休み, もちろん早速見物, もとの, やっと十五歳, やっと気がついた, やはり笑い, ゆうべの, ゆんべ夜中に, よくもこれ, よく肥っ, よほど仏教信者, わが家の, わざとさりげ, イスラム教その, ゴクリと, ジリジリと, ニコニコと, ニヤリニヤリと, フラフラと, ブルブルと, ヘラヘラ笑った, ホッと, ポケットの, 一つも, 一と, 一升徳利を, 一寸法師といふほど, 一歩進ん, 一番臭い, 三味線の, 三根夫に, 上がらない首, 上半身を, 上野辺で, 下帯の, 下手人の, 不意に, 不満の, 不身持から, 不首尾な, 久五郎の, 二つ三つどやし付けられる, 二十七の, 亥刻, 今では, 今夜は, 今愛宕山の, 仕事から, 仕濟, 仰天しました, 仲の, 件の, 伜の, 伝吉より, 佐野屋の, 何が, 何ん, 何んと, 何んとも, 何時までも, 何気なく長崎, 何物にか, 何處で, 併し, 侯の, 俗俳時代です, 俺だ, 俺に, 倉皇として, 元の, 先を, 先年の, 光一に, 入って, 八五郎が, 八五郎に, 六十六歳まで, 六畳から, 其後一度も, 兼ねて, 内心ビクビク, 再び悪者, 再指二本, 冷やかに, 別に恥かしく, 別れぎは, 前に, 前日旅に, 助教授を, 勝ちを, 千早館と, 半分起き返っ, 協力性の, 却, 去りかけたが, 又なんか, 口を, 只管天一坊を, 叫んで, 叱りとばして, 叱るよう, 合点合点した, 同じ部屋, 同氏の, 呆れて, 告げた, 商売敵で, 商賣, 善鬼の, 喜三郎の, 喧嘩づら, 囁きながら, 囁やき乍ら, 四五日前とう, 四五日前とうとう, 困惑した, 圖書館へ, 坂東しうかで, 城内の, 堀江の, 外へ, 多少いまわし, 夜半に, 大あぐら, 大いによろこんだ, 大和巡する, 大変な, 大得意, 大變, 天井板を, 奥方の, 女巾着切に, 女巾着切りに, 如何にも得意さ, 妻の, 姿を, 子供心に, 學業も, 安政四年, 客の, 室の, 寝衣, 寝返りを, 實際こんな, 小首を, 少しく不安心, 少し持つ, 少し智惠, 左倉少佐と, 巧みに, 帰ったと, 常に殴, 平次の, 庭へ, 当代には, 当時失意の, 彼の, 後京都に, 御用だ, 心の, 心得て, 心配しました, 怒って, 怒りだすと, 思い切って, 思う, 思って, 思想界一般について, 急ぎ反対側, 怪しみながら, 恐ろしい夢, 恐ろしそう, 悪い女, 悲しそう, 悲鳴を, 惡い, 意外な, 愚直らしく, 感激に, 慌しく船頭, 慌てて, 懸命に, 房枝の, 手洟を, 投げ出すよう, 抱きよせて, 拳固で, 拳銃を, 持って, 持前の, 挫けは, 提灯を, 救援艇ロケット第, 方技で, 旅の, 日頃お, 旧俳優, 早くから少し年増, 早くも, 早く起き出る, 昂然と, 昨夜から, 昨夜は, 昨夜も, 昨夜主膳が, 時々變, 普請の, 暫く待っ, 暫く腕, 書状の, 最早長崎, 朝早く, 木村事務官と, 未完を, 本当になやまし, 本当に嬉し, 枝豆畑の, 某大国, 柔和な, 梶原影季七八は, 検事と, 樂屋の, 権六が, 横から, 此を, 此嫂の, 此家の, 此氣樂な, 死にましたが, 死んだほう, 死んだよ, 母親が, 毎日の, 気づかなかったろうが, 気の, 気味が悪そう, 気密室から, 江戸の, 決してそんな, 決して一声, 決って, 決つて下から, 沈鬱な, 河原から, 泡盛を, 浪に, 深川オペラ劇場主人の, 滑稽な, 灰吹叩きつ, 無愛想で, 無敵な, 無理に, 無類の, 煙りの, 煙草燻らしつ, 父と共に, 牧田と, 狐に, 独りぎめにかうきめて顔昵懇の, 猫の, 率直に, 画家の, 畳の, 畳み目, 病死と, 白扇の, 皮酒を, 益, 直ぐ後から, 直ぐ樣數寄屋橋, 眦を, 知つてゐる, 石川五右衡門の, 神奈川臺へ, 福昌号の, 私で, 稚気を, 穏やかに, 窓際に, 笊組の, 筧の, 箱根の, 築地の, 簡単な, 簡單な, 素直に, 緊張の, 縁に, 美奈子の, 群馬県の, 聰明理智の, 聴く間, 職業的に, 肉を, 股を, 胸を, 脇差を, 脳底から, 膝を, 自分を, 自殺では, 舞台の, 舟を, 船頭を, 苦い顔, 苦心の, 苦笑し, 茫然と, 茶碗から, 荒っぽく言った, 落ちて, 落日に, 蒼い顏, 蛇責の, 蝶太夫を, 蟲を, 血刀を, 行った, 袖口で, 西洋史を, 観念した, 言うの, 言った, 説明し, 調子づくと, 負け惜しみを, 貧しい部落中, 賭博にも, 越後屋へ, 路地の, 踊りながら, 踊る, 身分柄遠くに, 輕く, 辟易し, 辯解らしく, 逃げ出して, 這うよう, 通信社から, 連れられて, 進歩一〇は, 遠い灯, 避難する, 部下と共に, 部下の, 部屋の, 酔っ払って, 醜い顏, 醜怪, 野の, 金棒曳で, 鉄砲玉の, 銀座の, 銚子を, 銭笊を, 錢形平次の, 鍛冶小屋から, 長崎へ, 長押に, 門並六七軒, 門側の, 陣を, 隣の, 雨龍太郎の, 青木と, 韻文だ, 頑固らしく, 頬を, 頷いた, 頷いて, 顕微鏡からは, 飛びましたが, 飛び上がって, 飛上がる, 飲け, 馬場の, 馳せ加わろう, 駕籠を, 髯髭を, 鳥が, 鳥屋の, 鶏に, 黒髪を, 默つて首を, 鼠舞いし, 鼬の

▼ 六~ (564, 1.1%)

16 なって 11 なつた 7 して, なる娘 6 なったばかりの 5 なった, なる, 命じました, 訊くと 4 しても, なります, なると, なるの, 出て, 向って, 訊ねました 3 いいました, なったの, なったばかり, なるお, なる妹, 渡した

2 [49件] いる秋山青磁, いわく, しては, すむめえ, せがまれるか, その装置, なった許, なつたばかり, なつて, なりぬ, なりました, なりますか, なりますと, なるが, なるという, なる妾, なる小, なる色, なれば, やらせたと, 仕立てたん, 会った, 似て, 冠らせる, 分れて, 向ひ, 多言にて, 對し, 對する, 御前の, 御米, 心引かれ, 横取りされた, 渡して, 相違ございません, 知らせて, 私は, 繰り返して, 薦めさ, 行水を, 見えて, 見とがめられて, 見とがめられ逃げ場, 見ゆ, 訊いて, 返すか, 達すれば, 酒の, 頼まれたの

1 [353件] ある, いいつけました, いくら注意され, いった, いづ, いわく大, いわく馬は, うったえた, おなりかえ, おなりなすった, かう云つて, かかえさせながら, かかったの, かけ合って, かつがせて, きくこと, これ羊の, ささえさせたまま話, ささやきました, さる価, しかられながら, してやるの, しまた, しろ居て, すれば, その大釜, その通り, たった一つ, ちのあいだの, ちょっとした好奇心, ち稽古, とどめの, どこか, なきは, なったお, なったおばあさん, なったか, なったが, なったけれど, なったでしょ, なったらと, なったら僕, なったら山, なったわ, なった中間体, なった今, なった富坂松次郎, なった小さい, なった年, なった水兵服, なった老婆, なった道綱, なった長女, なった頃, なってこそ, なっても, ならない, ならなければ, なられる郷里, なりきって, なりますよ, なりまする, なりますん, なります爺, なり今, なり元気, なり卅二, なり瑠璃光丸, なり申す, なるか, なるかぼそい, なるから, なるこの, なるそう, なるといふ, なるまで, なるよう, なる一人, なる一人女, なる下女, なる中働き, なる伜, なる信子, なる兄, なる典型的, なる前, なる可愛らし, なる品, なる女, なる娘さん, なる嫡男, なる小女, なる小娘, なる小柄, なる幸助, なる愛くるしい, なる掛け算, なる方, なる時, なる末娘, なる村山中尉, なる次, なる田舎娘, なる甲, なる私, なる美しい, なる肥えた侍, なる若い, なる若者, なる薄井, なる逞, なる長女, なる長男, なる養子, なろうという, のぼって, ひどい目, ふえた, まだ体温, みえる, みえるとき, みえる背, みたない若い, みたない詩人, もうなんどきだ, もう一度逢っ, やられて, わかったとき, コキ使われ, 一寸した, 三八三十八を, 三十二に, 下りました, 下関渡海火急の, 不審の, 与えました, 世俗竜の, 中古吉野初瀬詣で衰え, 乗り移りそれから, 二十一の, 云く, 云った, 云って, 云つた, 云つて聞かした, 井桁へ, 仏前生飛馬たり, 任せきつて, 休むので, 会い, 似気, 作り雷門前地内, 依れば, 侯白初めいまだ, 促されて, 候, 借錢, 先程申しました, 六畳を, 六疊を, 其の者, 其通りを, 出逢ったの, 別れて, 刺叉十七に, 劍術の, 参河国の, 及んだと, 反感を, 取って, 取つて, 取られ家屋敷, 召使われ, 叱られるからと, 向かって, 向つて, 呼出されて, 命じて, 唯一の, 問い返したが, 問ひ返した, 問わば, 喋ったな, 器用な, 報らせ, 外ならなかった, 外国人の, 大人虎變君子豹變といふ, 大公護大家護と, 大枚一兩も, 大猪五百猪, 天竺の, 太宰帥大伴旅人の, 太陽を, 好感を, 妻せる, 始めて, 嫌はれ, 嫌われて, 宣告した, 宣城の, 密貿易は, 導かれて, 小鼓打ち水島小八郎恩人に, 就て, 年一二度佐渡より, 康定中, 引いて, 引くところ, 引合せられたの, 引合せ種々, 引渡した, 引渡して, 引渡しました, 当って, 当る歳, 彼グイードを, 従いて, 御なり, 御成ん, 微笑を, 怒鳴られるや, 怪声とかの, 情けを, 意表を, 愛想盡し, 感付かれた, 成り忰, 成るとは, 成る娘, 戦争は, 扮する俳優, 抜かれては, 抱き起されたお, 押しつけて, 指図を, 指圖を, 捜して, 捜査を, 搜し, 摩頭波斯咤比丘は, 教えられた三羽烏, 教へ, 斬りつけて, 断って, 早く知らせ, 早駕籠, 曰く, 曰彼等は, 書いて, 曾我なり, 服虔曰く猪性触れ突く, 松に, 林より, 案内させ, 機嫌直しの, 歌が, 止まって, 歩が, 比ぶれ, 気を, 水あげ火あげ, 注進した, 減じました, 渡す音, 満たぬこと, 準えた六角形, 滿たぬ, 漕がせて, 煩瑣な, 犯罪の, 玉, 甘く見られた, 用あら, 申し訳がねえ, 畳敷の, 當つて見ました, 疊まれて, 目くばせ, 目くばせし, 目の玉の, 眼配せする, 短縮するでありましょう, 礼を, 神社合祀は, 秀吉公の, 答へ, 縛られました, 續い, 罪を, 聞くこと, 肩を, 至るまでは, 至る間, 舌は, 苦節貞く, 衝撃を, 襲いかかったの, 西洋人の, 見えた, 見えました, 見えるその, 見えるよく, 見える一人, 見える会社員, 見える円髷, 見える男盛り, 見える細長い, 見える袖, 見せると, 見ゆる説話, 見付かって, 見付かつて, 見付けられその, 見送られて, 観客層の, 言わせると, 訊いた, 訊きました, 詫びるの, 該当する, 該當する, 語らうにも, 説教し, 調べさせて, 請うて, 載つて, 近く寝床の, 近づいたか, 近づき父親, 迦蘭陀は, 逢いたいが, 逢つて見ました, 邂逅した, 邪魔を, 鍵矛七に, 関係した, 關する, 關係した, 随身する, 離れたの, 離れて, 雲南の, 非合法の, 非常に, 頼まれし, 頼まれ東京, 頼み徳右衛門方, 飛付いたの, 餮饕七に, 馬に, 馬の, 驚かされて

▼ 六~ (458, 0.9%)

30 の娘 18 の頃 11 の少年 10 の時 9 になる 7 の小娘 6 の可愛らしい, の少女, の男 5 になった, の女, の時分 4 であった, のころ, の小僧, の若い 3 なるべし, にしか見えない, に見える, の娘さん, の美しい, の色

2 [32件] だったろう古びた印半纏, であったろう, であろうか, でがなあらう, で色, といっ, とみえる, ともみえ, と見え, にしか成りません, になっ, になります, にもなろう, にももつ, の中老人, の同じ, の女中, の娘たち, の娘三人おの, の小作り, の小間使, の少し, の愛くるしい, の日, の男の子, の相模者, の眼, の美少年, の若者, の踊, ばかりの娘, まで縁

1 [242件] あぶらの, あれば, うつむいて, か, かときい, かと思った, かと見える, かまだ, かも知れません, からあの, から二十, から二十くら, から二十七八止り, から二十二, から二十四五, から二十頃, から五十六七, から何度, から八, から四十五六, が, が外篇, が婚期, が潰し島田, くらいにしか見えない, ぐらいなるべし, ぐらいな五分刈り, ぐらいに見える, ぐらいのお嬢さん, ぐらいの男, さあかずへ, すっかり月代, せいぜい二十八, その二人, その二人の, その刪, だから, だぜ, だった自分, だった藤吉郎, だつたらう, だな, だらう, だらうと, だろうけれども, だろうね, っ, つまんで, であったもの, でここら, でございますが, でしたが, でしょう, でその, では当て, でもあつ, でネ, で信子, で別品, で容貌, で小, で島田, で所謂文学青年, で渠, で結婚, で綺麗, で美, で顔, という年令, という時, という時期, という言葉, といえ, とかいえり, としか見えず, とばかり御, とばかり思っ, とも見える, とも見ゆる, と云, と十週間分, と書いた, と見受けられた, と言え, などの数字, なので, なまめかし, なるべく長, なる下女一人, なる怜悧, にお, にくは, にしかならない, にしか見えなかつた, にすぎぬ, にでもなる, になり, になりし, になるらしい, になれ, にはなっ, には確か, には見え, にもなっ, にもなったらしく, にもなりましょう, にもなるであろう, にもなれ, にも成りましょう, にも見える, にや, によって, によつて, に成れ, に至りし, に足らない, の, のあどけない, のうら若い, のお, のお年ごろ, のかわいらしい, のすぐれ, のすばらしい, のそれ, のとき, のとき大志, のとき文天祥, のどちら, のにこにこ, のはっはっ, のまだ, のむかし, のギメレウスカヤ, のジャケット姿, のチゴサン, のフロック姿, の三日間, の上さん, の下女, の下女立出此方, の下衆女, の中年増, の乙女, の二日間, の五日間, の人面, の侍女, の働き盛り, の円顔, の処女, の古寺, の可, の可憐, の同車, の大学生, の女の子, の女将, の女郎, の如何, の妙齡, の姪, の娘ざかり, の娘甲斐, の娘達, の婀娜, の婢どん, の子, の子供, の子供ぢ, の子守兒, の小, の小さい, の小僧君, の小女, の小姓, の小間使い, の島田髷, の年配, の年頃, の戦災孤児, の支那姑娘, の敏子さま, の断髪娘, の時ダイヤモンド, の時代, の柄, の気, の派手, の狗頭猴旭, の瓜実顔, の瓢箪, の生意気, の町娘, の痩せぎす, の盛り, の眉目, の粗野, の紳士, の綺麗, の美女, の羽織着, の腺病質, の良い, の色白, の若, の若々しい, の若殿, の若衆, の若衆姿, の薄汚い, の蚊帳, の達者, の阿, の際, の雇い, の青年, の青年紳士, の食盛り, は当たる, は疫病後, は砕け, ばかりの孫娘, ばかりの桃割れ, ひきつりあげて, まあ八どまり, または八%, までは別に, までは欲しい, もう相, も打つた, やがて五十, らしいが, り有ると, をミロク, を出ず, を揃, を見れ, を討たれ, ノ一, ノ四, 大年増

▼ 六波羅~ (456, 0.9%)

9 の内 7 の放免 5 の府, の眼 4 の手, の獄 3 の伯父上, の捕吏, の目代, の討手

2 [38件] でさえ, では, にある, にい, に捕まっ, のお, の主, の令, の任, の兵, の北, の広場, の役人, の手先, の探題, の放免頭, の敗亡, の検断所, の清盛, の滅亡, の獄舎, の祇王様, の神経, の背後, の諜者, の軍兵, の高氏, へ, へご, へ来た, へ申しやった, へ顔, や鎌倉, を出, を出た, を攻め, を討伐, 第一

1 [334件] いったいの, いらいの, から, からお, からこの, からその, からの増援, からの早打ち, からはさっそく, からは一軍, からは何, からは追, からも近国, からよこした, から事情, から使, から出ました, から帰府, から廻っ, から来, から特命, から着到, から護送, から足, から鎌倉, から鎌倉通牒, から関東勢, から駈けつけ, から鳥羽, が, が事, が内, が発した, が落ちたら, が落ちる, が陥ちた, が高氏, くさいうさんな, ごときは, です, ですって, での軍議, ではあわて, では不安, では北殿, でも, でもまったく, でも片づけ, で別れた, で放免, といえ, とすれ, とて女, とて無, とはいえ, とは逆, と鎌倉, などは廃, など眼中, にあっ, にいた, にいたじ, にいま, にいる, にいわせれ, におかれ, におわした, につとめ, にては兵ども, にてもはや, にはさしあたっ, には常詰, には武士, には武者, にもどっ, に出向いた, に北条範貞, に在っ, に心, に招かれ, に提出, に早打ち, に渡っ, に滞留中, に破れ, に蝟集, に豌豆, に迫れる, に通じられる, に馳せつき, のうけた, のうごき, のうしろ, のおや, のころ, のどの, のほとり, のやぶれ, の一令, の一吏員, の一員, の一郭, の一門, の一陣, の主力, の人々, の人数, の人集まり, の使い, の使命, の侍, の侍自身, の修理亮平時氏, の入道, の内部, の処断, の別院, の北の方, の南, の南北, の召し, の命, の地方官, の地相, の地蔵堂, の執事高, の変, の大, の大将, の大番役, の大路, の失陥, の奉行, の威勢, の守り, の密使, の密牒, の小, の岸, の川番所, の平清盛, の広い, の底意, の弓箭千五百人, の弱点, の役人ども, の後手, の御, の御内人, の急使たち, の悲報ひとつ, の戦気ただ, の手の者ども, の手入れ, の抜かり, の指示, の探索, の探題北条久時, の探題様, の援, の放免すべて, の放免根性, の救援, の敗北, の敗報, の敵, の方, の暴戻, の木々, の朱門, の検察, の検察陣, の武士, の武士ども, の殿ばら, の池殿, の没落, の灯, の狭量, の猟犬, の甲胄武士, の異, の白洲, の目, の相府, の秘牒, の窮状, の精兵, の総力, の罪人, の職, の苦境, の蓮華寺過去帳, の虫ケラども, の討手攻め, の評定衆, の評定衆波多野義重, の詮索, の詮議, の諸, の賊軍, の足利, の足利どの, の身寄り, の軍兵集め, の軍勢, の軍勢四千, の辺, の近傍, の返事, の邸, の重恩, の野邊, の陥落, の陶山備中, の非, の預かり, の飛脚, は, はいま, はうごかず, はかならず, はひっそり, はまたぞろ, はもう, はようやく, は百八十年後, は突破, は見, は陥ち, は非公式, へいそい, へお, へじゃ, へつき出し, へつれ, へでご, へと移しまいらせ, への覚え, へはいく, へひかれ, へもなんぼ, へもはいっ, へも兵, へも帰らず, へも都, へ入御, へ出かけた, へ加担, へ向けかえ, へ向けた, へ向った, へ告げ知らせる, へ奔, へ密訴, へ帰し, へ帰った, へ帰る, へ引い, へ御, へ投文, へ持っ, へ指示, へ揚げられました, へ早打ち, へ曳かれ, へ曳かれる, へ曳く, へ疎開, へ秘使, へ罪状, へ聞える, へ舁い, へ行っ, へ訴え, へ謝意, へ送られれ, へ送りこまれた, へ送り込まれ, へ避難, へ飛ん, へ馬, までのあいだ, まで何用, まで真昼, まで送りとどけ, まで送り届け, もあぶなかっ, もこれ, もさらに, もすでに, もなし, もはや死相, も意地, も火, も血まなこ, も鎌倉, も間近, や幕府方, より七条, より仰せ下され給う, わたりと, わたりの内人, わたり斯, をおおい, をおどろかせた, をご, をすて, をだ, をつつみ, をなやましぬき, をはばかっ, を中心, を亡ぼしおえ, を出仕止め, を売, を奇襲, を奪, を捨てる, を攻めよう, を注視, を滅, を滅ぼそう, を破った, を立つ, を落ち, を訪い, を訪う, を陥した, ノ守備, ヲ落去, 両庁, 諸門, 陥しの

▼ 六~ (455, 0.9%)

23 もある 12 に近い 7 もあろう 6 に近く 5 の大男, の高 4 に過ず, の上, の障子, の體 3 に足らぬ, の孤, の所, の手槍, の窓

2 [28件] ずつ二つ, でもいい, となるだろう, なるもの, にあまり, に及ぶ, に餘, のところ, の丈夫, の土塀, の床, の病床, の袋戸棚, の記二, の距離, の鉄板, はある, ばかりある, ばかりで, ばかりのところ, ばかり空, ばかり赤髪, ほどしか離れ, ほど尖端, を歩, 似神, 深さ三尺五寸, 隔てたる処

1 [310件] あったと, ありて, ありと, あり娘さん, ある, あれば, お乗り物, から一丈, から一丈二, から七尺位, から二丈位, から四尺, から高い, か十尺, がいない, が処, くらいの棒, くらいの槓桿, くらいもある, ぐらいあった, ぐらいしかありやしない, ぐらいしかない, ぐらいだ, ぐらいのアラ神, ぐらいの仏像, ぐらいの大きい, ぐらいの棒, ぐらいの物, ぐらいの異国神, ぐらいの高, この邊, さえまだ, しかない, しか丈, ずつに切りたい, ずつ踵, そういう立て板, そこそこです, そこそこ手, そのうち二尺五寸, だから, だが, だけは除ける, だその, ちかい偉丈夫, ちかい大兵, ちかい大男, ちかい精悍, ちかい背丈, ちかい長身, ちかくひょろひょろ, ちかくも, でさえ, でとまる, でもい, で七本, で面桶, とあらう, という大, という降雪, となっ, とはない狭い, とびのいて, と漸次, と申す, と称する, と陸尺, なるが, なるぞ, にあまる, にくるんだ, にすぎない, にちかき, にちかく, に一本ぶっこ, に二尺, に伸びた, に余る, に刈り分けね, に及べり, に四尺, に尾行, に見える, に足らない, に近く極度, に近く阿修羅王, に造り, に過ぎない, に達し, の, のなか, のまわり, のもの, のタレ, のデップリ, のトンネル, のプロペラ, のユンクフラウヨッホ, の丈, の中, の人, の余, の内, の切りたて, の厚, の厚い, の塀, の大きい, の大きな, の天秤棒, の奪, の屏風, の岩, の崖, の巨体, の布, の布切れ, の斑竹, の晒木綿, の暗黒, の檜苗, の残雪, の深, の瀑, の狭き, の男, の男子, の白紙, の皮肉, の真黒, の石, の石垣, の碑, の立流し, の童子, の筆, の縁, の縁側, の總身, の腰掛, の褌, の足, の身, の身体, の近く, の遺, の酒桶, の釈迦牟尼仏, の金銅, の長い, の長持, の長身, の開戸, の間隔, の雪, の雪ぢ, の音叉一時, の飛流, の高い, の高き, の鰊, の麻繩, はあった, は崩れるであろう, は思い切っ, は折れ, は積, は膳椀皿小鉢, ばかりかと思われる, ばかりぐるり, ばかりこれ, ばかりです, ばかりな, ばかりな汚苦しい, ばかりにてがばと, ばかりに延びた, ばかりの四角, ばかりの大, ばかりの大岩, ばかりの大男, ばかりの崖, ばかりの所, ばかりの擂鉢, ばかりの枝, ばかりの棒, ばかりの空地, ばかりの綱, ばかりの長, ばかりの麻紐, ばかりは大いに, ばかり一方, ばかり之, ばかり人, ばかり幅七, ばかり掘り下げ, ばかり提灯, ばかり草, ばかり足, ばかり跳び上がり, ばかり通路, ばかり隔, ばかり隔て, ばかり離れた, ばかり高く, ひとりでにきりきりと, ほどしかない, ほどつづら, ほどで髪, ほどな, ほどに二本建て, ほどのこの, ほどのへだたり, ほどの堅牢, ほどの幅, ほどの所, ほどの棒杭, ほどの眼, ほどの竪穴, ほどの若木, ほどの長, ほどの間隔, ほどはなれた, ほどもある, ほど前方, ほど引込んだ, ほど掘っ, まはり, もあっ, もあったろう, もあり, もお, もさがっ, もたかく, もの高, も一晩, も上, も土, も廻る, も掘りひろげた, も掘る, も深い, も積もり, も積もる, も遠く, も雪, も飛びあがっ, や一丈, や半, や提灯, よりももっと, より低い, より低き, をかかえこん, をはるか, を一本, を一間, を六, を捲き, を覗かせた, を超える, を越す, を隔て, を離れ, ヲ牛行相歩ス, 下がって, 合せて, 同一処, 増したと, 太さ面桶, 深さ八十尺, 程の板敷, 程の毬, 程の竿一本, 程垂下, 纏うて, 買わせて, 踏み臺, 近いいい恰幅, 近いかご, 近いかと, 近いもの, 近い人, 近い仁王, 近い体, 近い体躯, 近い偉大, 近い大きい青魚, 近い大兵, 近い大男, 近い穴, 近い筋骨隆々, 近い肥大漢, 近い背丈, 近い腕力家, 近い豊か, 近い身体, 近い頑丈, 近い鮫, 近き燕尾服, 退って, 遣申候, 長い門札, 隣りの, 離れたところ, 高いところ, 高くしなけれ, 高くな, 高く釣り, 高さ, 高さ二丈余

▼ 六~ (450, 0.9%)

9 云った 4 帰って, 答へ, 聞いた, 酒を 3 おりて, 出て, 殺されて, 答えた, 駆け出して

2 [27件] あまり癇, お延, そんなこと, 一番多く, 中風を, 二階から, 入って, 南京刈の, 呼びかけた, 小屋へ, 引越して, 弱いの, 御厄介, 御米, 息を, 手を, 死骸を, 殺した又, 殺られましたぜ, 立って, 精密な, 肩に, 誘拐される, 逃がすもの, 雨戸を, 頑張って, 頭を

1 [356件] あったの, ある上, いう, いうと, いうには, いったこと, いつも煮え湯, いなくなったせい, いぶかりながら, いままでに, いやに, いよいよ社長, いる, いわれるまま, えへん, おもむろに口, お世話に, お新, お蝶, お連れ, からかって, くぐり戸, くわしく御, この席, これへ, これも, こんな問, さした, すぐに, そういうよう, そういっ, その因縁つき, その日, その水火鍛錬, その老人, そばに, それに, それを, そんな戸締り, たちまち喜び, だぜ, ちょうどその, ついて, とびだして, どこの, なかま, なければ, ふうっと, ふうつと, ふと口走った, ほかの, ぼんやり立つ, また云った, また何とか, まともに, みかどのお座所ぢかく, むき出しの, むりやりに, もしどうしても学問, もし何, やけに手, やったか, やって来て, やって来ました, ややともすれば, やれば, ゆうべどんな, よい手本, わしの, アスペーキゼリーと, オッ, オツ, クリクリした, ドボンと, ピストルを, ピューッと, ムクムクと, 一と, 一度出た, 一膝前に, 一閃二閃と, 丁という, 三輪の, 上がり框の, 下へ, 下手人らしい, 下手人を, 不安の, 不浄へ, 並木先生に, 丸まッ, 乗るの, 事務所に, 云ったでは, 云つた, 五へん続いたら, 交じっての, 人に, 今は, 今夜は, 今度こそは, 仕方なし, 仲間どもを, 伊吉を, 休んだ芸人, 佐々木様の, 佐野へ, 体よく, 何か, 何事か, 余生を, 余計出る, 使っちまったん, 使つちまつた, 例の, 供を, 俺の, 入ったの, 八十八賀, 六十六歳の, 出で, 出ないだろうという, 刀の, 刀装を, 切り込んだ, 割り込んで, 勇み立ったと, 勘当される, 危なく抱きとめた, 参って, 又云, 取り次ぎ岩田市右衛門, 取次ぎに, 取次ぐの, 取次ぐので, 口を, 口癖の, 叫ぶよう, 叫んだの, 右手に, 向うから, 呂方第, 呟くと, 国吉の, 堺鍛冶に, 声を, 夢中に, 大きな声, 大喜び, 大地を, 大将株で, 大鉢巻, 大阪の, 太政官に, 奇蹟的に, 好きに, 宜い, 家中を, 寂しそう, 小半月, 居て, 居合わさなかったと, 居眠, 居眠りでも, 屍体に, 山岸中尉の, 岡っ, 岡つ, 川越まで, 帰ったの, 帰りがけに, 帰ると, 帰参の, 常に問題, 座に, 延べ鉄を, 引き移ってから, 引き移つて, 引き移るまでは, 引き移る迄は, 弦三の, 後向い, 得られる, 心配する, 忌日の, 慄へ, 憎かった, 憎くて, 戻ったか, 戻って, 手に, 手傳つて引おろした, 手真似で, 抵當流れに, 指さきに, 指さしたので, 捕虜と, 掛蒲団を, 掛蒲團を, 攻略の, 放免に, 教へて, 教を, 数日前その, 斯うし, 斯んな, 旅館の, 日頃庇っ, 日頃庇つてゐた, 昏, 昨夜の, 最も大きい, 最後に, 最早戻っ, 朝から, 朝枝に, 木戸を, 本名でなく, 本当の, 本所竪川筋の, 本當, 机を, 村長に, 村長にな, 来た, 来たから, 来たので, 来ると, 柳原土手で, 樂屋へ, 横から, 横合いから, 橋場の, 橋板の, 此処に, 歩み出しながら, 歸つて來て, 歸り, 死んだ, 死んだ今, 死んで, 残っただけ, 殘つた丈で, 殺されたと, 殺された時刻, 殺されちゃ, 殺した証拠, 気を, 氣の, 氣を, 汽車に, 油坂で, 泉州堺から, 泊ったの, 泊つたのは, 法螺を, 海尻の, 漸くそれ, 火事です, 灯を, 煮え立つた二度目, 狐に, 田舎へ, 男手一つで, 登城し, 白羽の, 百度出, 目を, 目下大, 眞珠太夫に, 眞面目な, 真面目な, 眼を, 着物を, 砂ま, 磯貝様は, 私の, 穏やかに, 突然大声, 立ち上る, 立上がった時, 立上がる, 竹松親分を, 答えた事, 粮米の, 続くと, 縄張で, 繋いで, 繩張りで, 罵ると, 美女を, 美濃の, 耳寄りの, 聞かばこそ, 腹を, 臆病だった, 自分で, 自斎, 舟を, 苦心し, 茄子の, 薬取, 薬取りから, 藥取に, 藥取りから, 表の, 見えなくな, 見たから, 見つかりましたよ, 見事に, 見付かりましたよ, 見張って, 言い出した, 言うには, 言う通り亥刻時分, 言った, 言った注意, 言ひます, 託されて, 試験所で, 誂へ, 起つならば, 越後屋へ, 路地で, 車内で, 迷子に, 追いかけて, 這入って, 這入つて來, 遂に将監, 運転手に, 遣つて來, 配下に, 酔っ払って, 重なって, 金ちやんと, 金之進の, 金茶に, 鉄路に, 鍵を, 門弟どもを, 障子越しに, 隠居所と, 隠居所に, 隠居時代から, 頑張つて, 頭で, 顔を, 飛び出して, 飛んで, 食事を, 餘ん, 首級を, 驚いて, 高等学校へ, 高等學校へ

▼ 六~ (428, 0.9%)

13 の足 7 うで, ひょろひょろと 6 生えて 5 の手, の脚 4 のよう, の太い, の徳利, の杉, の枝 3 の太刀, の手紙, の腕, はえて, 並んで, 持つて, 立って

2 [36件] あって, あつた, ある, あるばかり, かためて, が少し, しかない, になれ, にはどれ, の, のド, のプラタナス, のプラタヌス, のポプラー, の大刀, の山桜, の松茸, の柱, の桐, の槍襖, の燐寸, の白髪, の矢, の箸, の蝋燭, の銛, の長い, の長い柔かい, の長脇差, の黒い, も薪, も電話, 打ち込んで, 持って, 立つて, 見付けました

1 [272件] あけて, あたかも日かげ, あった, あったの, あったりの, あつた所, あつて, あるが, あるだけ, あるって, あるでせう, ある妖怪, ある怪物, ある西洋葵, おのずからなる, かいて, かけさせました, かたまって, かっと秋日, かねえ四本, かも知れない, がつきそっ, がところ, が他, が取り囲ん, が顛倒, きこしめしてから, くらいである, くれた, ぐらいだ, ぐらいは律義, さ尤も, しかなかっ, しか市場, じゃある, じゃない, すぐに, すすったん, すなわち十三本, ずつのド, ずつの原稿, ずつの小さな, ずつの指, ずつ二度, ずつ所々, ずつ葉, そしてた, その一つ, その幹, その根方, そびえて, それから寛永通寶, たたっ込んで, たてて, たばねられて, たまって, だけ新しい, ついて, つるされて, であった, である, でいい, です, では, で八十銭, とかつまり, としか見えなかつた, となる, と村楽隊, と柘榴, と紙, と落葉松, と食, ないし九本, なんて言, にて拾圓, になっ, にはなるだろう, に分れた, に切つて, に截っ, に過ぎぬ, に鮪, のいかめしい, のうち, のお, のすゝきの蔭, のって, のどれ, のろうそく, のエーアシップ, のレコード, の主, の刀痕, の刄襖, の原子ロケット砲弾, の台本, の噴気管, の圓, の大, の大きな, の大枝, の小さい, の小さな, の庖丁, の怪物, の支流, の木, の木屑, の木立, の松, の松火, の柏, の桜, の棒, の椰子, の榛の木, の槍, の樅, の樫, の樹, の樹立, の橡, の欅, の水草, の漆, の焼, の煮締めた, の牙, の牛乳, の白く, の白刄, の白大理石, の白楊樹, の白樺, の白牡丹, の矢鏃, の短刀, の石, の竹, の篠竹, の細い, の結び賃, の綱, の線, の線香, の肢, の自分, の花, の草鞋, の蝋燭等, の血, の見事, の赭, の辮子, の通し矢, の酒, の釘, の鈷, の鋼条, の鎖, の鏑矢もろ, の間, の雄, の雄蕊, の雑木, の雜木, の青菜, の音, の高, の高い, の黄色, の黄色い, の黒ずんだ, はいってる, はもう, は一点, は必ら, ばかりと言つた, ばかり熱く, ひょろひょろ高く, ふえて, ぶらさげて, ぶら下げて, ぽきぽきと, まじって, までも仕込んだ, まとめて, もあった, もある, もずぼずぼ這入つた, もちだした, もひとところ, もらって, も七本, も並ん, も出, も出せ, も団扇, も山門, も持っ, も持つ, も書く, も浅い, も空, も縫, も縫い込んでる, も行儀, も詰め込んだ, も買い込ん, も頬張っ, やった, よりてし, をあしらった, を傾けた, を打つ, を摘んだ, を木, を束, を算, を組み合せ, を釣り上げる, 仕上がって, 仕上がりましたゆえ, 作った, 入つて, 入れて, 列んで, 咲きガレ, 売り江戸町, 射て, 建って, 打込んで, 折った, 折って, 折れ重なって, 抜いて, 散らばって, 散らばつて, 染め上がって, 棄てられた, 植えたところ, 死んだ娘, 残って, 流寄った形, 浮かべた手桶, 生やそうかな, 當は, 盗んで, 短く生, 程ある, 突き刺す, 立ちあがつて, 立つ, 細いの, 細いわく, 細かく突いた, 続けて, 聳えて, 茂って, 茂ってるところ, 要った, 見つけて, 見るとても, 買う, 費して, 転がって, 載せて, 遣ること, 釣ったの, 集められた, 飲んだ

▼ 六~ (325, 0.7%)

8 いふの 7 いって, 助二郎 6 申します 5 なる 4 いえば, 云ふ, 同じよう 3 いうに, いふに, もう一人, 下女の, 云って

2 [26件] あのお, いう, いうと, お妙, それから例, なって, なるが, なると, 一緒に, 仲の, 兄の, 出る忿怒, 十七の, 同じこと, 差向で, 差向に, 平次の, 比較する, 烈しく呼び止めた, 申して, 申す者, 聽きました, 言つても, 越後屋の, 違って, 雨坊主を

1 [213件] 〇・一九である, いいます, いい仲間, いうそう, いうのに, いつて, いはれた名題, いふ, いふところ, いふのに, いふ方, いへば, いやがった, いわれて, うしやうにせ, うしやうは, おせいは長火鉢, お梅, これより, したもの, し之, じいさんとは, じいさんを, するなら少なくも, その一族四人, その男, そろって, たった二人相対, たつた二人相對, ちっとも変わらなかった, ちょっと厭, つけられたという, であった, どんな激しい, どんな関係, なった, なのる男, ならべて, なりそして, なり一人前, なり二十, なり田鼠化, なり遠方配達, なるだけ, なるであろう, なれば, なれるを, ほかに, みえまして, みえる痩せぎす, よばれて, より, オレの, チラリと, ピッタリ向い合った, 一党の, 一番仲の, 一角の, 七を, 七八, 三つずつ, 三ヶ月間の, 三根夫の, 下男の, 並び称, 二・一六とに, 二人手燭を, 云うそこ, 云う六十四才, 云う十九, 云う年, 云う彼女, 云う男, 云う者, 云えば, 云は, 云ふさへ, 云われた簣, 五十に, 人心を, 仙太郎を, 似て, 六との, 出たの, 判つてゐた, 判ると, 勇二が, 勇二の, 勇二は, 十三に, 十二に, 十八の, 号し, 号した, 同じ事, 同じ町内, 名乗ったの, 名乗る女, 名乗る男, 名乘, 呼ばる, 呼ばれた者, 呼ばれなければ, 和助と, 土蔵の, 土藏の, 増加し, 変ったところ, 大月玄蕃が, 大蔵たちは, 大震災当時の, 女房の, 姪の, 定められた役所, 小僧は, 小姓の, 師翁との, 思はれます, 思はれる貧相, 思わる蓬, 思われる木綿, 思われる貧相, 意休と, 成っては, 手を, 手柄争いを, 手柄爭ひ, 改めた, 改名した, 數へて, 新兵衛, 明しては, 春部カズ子の, 春部カズ子は, 書いたり, 書きつけた手帳, 書く, 林佐渡美作の, 染め抜いて, 死んだ中田屋, 死んだ專三郎, 毎年つづい, 滝三, 瀧三, 照子との, 爲さむ, 玄蕃とは, 甥の, 申す事, 申す奴, 申す柴田, 異名され, 百両の, 相合し, 看板娘の, 眞つ, 真っ蒼, 知って, 知合いな, 神田に, 祭は, 称して, 第七, 組んづほぐれつの, 組合せるよう, 結び付けられて, 結び合せられたの, 結んだの, 結んで, 結婚した, 綽名され, 總右衞門の, 美作の, 美奈子でした, 舞姫の, 船頭を, 花吉との, 芸妓の, 見えた眉, 見える一人, 見ゆれど, 覚しき老, 言う, 言うから, 言うの, 言う野郎, 言えば, 言つて四十五六の, 言はれた, 言はれる, 言ふ, 言ふから先づ泥棒には, 言へば, 言や, 言われた名代, 計算された, 記した, 赤崎才市へ, 迎えに, 逢痴との, 道化の, 金井一角の, 鉢合せする, 鉢合せを, 銭形平次が, 錢形平次が, 長庵, 関係が, 雛妓とが, 雨坊主が, 青山銀之丞が, 顔を, 魚屋の

▼ 六兵衛~ (316, 0.6%)

9 の家 7 が云った 4 のところ 3 は, はあと, はそう, はまた, は思った, は昂軒, は自分, は首

2 [22件] と重, のうらない, の住居, の声, の女房, の店, の眼, はすばやく, はその, はそれ, はちょっと, は云った, は大きく, は歯, は答えた, は逃げ腰, は重吉, は頭, は頷いた, は黙っ, もこれ, もよく

1 [228件] がうらなう, がお, がかわいそう, がきいた, がささり出, がそんな, が仕掛け, が休ん, が例, が先, が前後, が名, が呟いた, が夜, が娘, が寝, が小屋, が小屋方一同, が帰った, が恐懼, が振り向いた, が掌中, が掻巻, が来, が来ました, が殺され, が臆病者, が言っ, が討手, が逃げだした, が鯨, だから, であった, でかしたでかした, というあだ名, という二人, という老人, という茶人, といっしょ, とお, とか申し, とか道八, としては五百両, とはその, ともいう, とやらの娘, と云っ, と倅, と共謀, と名乗り, と呼ばず, と呼ぶ, と申す, と結婚, と言う, と話した, ならん, にあずけ, にすばやい, にとってその, にとって生れ, にはその, には女房子, に便宜, に叱責, に後添い, に急, に悪口雑言, に押入り, に救われた, に騒ぎ出され, のあ, のした, のため, のはらわた, のひとり娘, のほんとう, のようす, の不, の不意, の世話, の代, の伜源七, の住居以来, の前, の叫び, の大きな, の娘, の存在, の寝息, の小屋, の当て, の怒り, の振舞, の捨鉢, の本能, の死体, の気持, の盞, の着, の窯, の網, の耳, の製陶場, の製陶所, の言, の言い草, の赤銅色, の身, の顔, はあくまで, はいそぎ足, はいよいよ, はお, はおちおち, はおどろいた, はおろおろ, はきっと, はぐあい, はここ, はこっち, はこりゃ, はこれ, はざっと, はしきりにソワソワ, はしだいにうんざり, はすばらしい, はそのまま, はそんな, はぞっと, はとうとう, はとんま, はどう, はどうしても, はどこ, はなかなか, ははるばる, はひざ, はびっくり, はふるえ, はまんじりと, はもとより, はもみ手, はゆらりと, はゆるされ, はよく, はわれ, はわれ知らず逃げ腰, は三度, は上意討, は不在, は不審そう, は事情, は又, は反対, は吃驚, は呆気, は呟いた, は唇, は唾, は商談, は声, は外側, は大, は妹, は帰宅, は心配, は怒り, は急, は怯えた, は恥ずかし, は慌て, は持ちまえ, は更に, は気が付かない, は深々, は深い太, は溜息, は激しく, は燃える, は片手, は生まれ, は用心, は眼, は石, は私, は立ちあがり, は笠, は筋違い, は籠, は肩, は臆病者, は萎れ切っ, は裸, は身持放埒, は躯, は近江屋, は逆上, は道, は静か, は黙り, へ穏, もさすが, もそう, もそれ, もツイ滑らか, も半, も呆気, も死にものぐるい, も独身, も転げ込んだ, をあざむき, をおどろかした, をとんま, を乗せた, を付け, を以て御, を促し, を利口, を叩き起し, を告訴, を唸らせました, を引っ立て, を次, を気, を睨んだ, を蔭, 早くも

▼ 六~ (289, 0.6%)

11 の部屋 9 と四疊半 8 に寢 7 の間 6 と八疊, に案内 5 でした, の窓 4 から出, に休ん, の室, へ這入つた 3 ですが, と三疊, に入, の前, の座敷, の方, へ入, ほどの部屋

2 [17件] か八疊, が一間, でお, です, で其處, と二疊, には若い, に三味線, に通りました, の一, の中, の半分, の小, の次の間, の眞ん中, の縁側, へ入る

1 [158件] から流れ出した, がお, が一つ, が一番, が五番, が八五郎, が六番, が折れ, が空い, ぐらいの一室きり, たしなみの, だつて, で, である, でこれ, でさすが, でその, では用心棒, でも琵琶棚つき, で一應, で丁度, で休ん, で何, で其入口, で北向, で喉笛, で地味, で型, で多分, で夜分, で寐, で屏風, で床, で本, で聲, で自分, で覗く, で陰氣, との二, との間, と二間續, と十疊, と板敷, と長, にあつ, にうつされ, にお通し, にしばし, にとぐろ, になっ, になります, ににじり, には肥つた乳母, には餘, にまだ, にゐる, に主人官兵衞, に五郎助, に仰向け, に入り, に入る, に八疊, に千代松, に取り込ん, に型, に寐, に寢そべつたま, に小僧, に居る, に床, に引取つて, に引返した, に忠太, に所在, に掛り人杉本友之助, に旅裝, に昨夜, に殺された, に町役人, に移され, に籠つて, に置い, に置いた, に置き付けた, に置く, に與吉, に起臥, に這入つ, に通させた, に通された, に通つた平次, に通り, に隣, に頑張, のいつぞや, のとなり, のよく片, の一間, の二, の二間, の佛間, の右, の向側, の外, の客間, の居間, の床, の後ろ, の戸, の押入, の板敷, の特色, の疊, の眞中, の箪笥, の茶の間八疊, の裏, の鏡臺, の長火鉢, の離屋, はいつかガラツ八, はひつそり, はまだ, はガラクタ, は取, は文字通り血, は狹, は用心棒, は疊, は苟くも佐多田無道軒, は血, は雜物, ばかりの佛間, ばかりの狹, へざ, へす, へ參, へ這入つ, へ這入る, へ通された, へ通せ, へ連れ, ほどの控, ほどの疊敷, ほどの茶の間, も敷可申體, をば人奧樣, を中, を借り, を宛て, を打ち, を空け, を臥所, を覗いた, を覗きました, を覗く, を貸し, 全く蛆

▼ 六年前~ (280, 0.6%)

16 のこと 9 の事 3 である, にあなた, にお, に書かれた, の冬

2 [24件] から, から井筒屋, だ, と今, になくなった, には, にバー, に一度, に亡くなった, に旧, に来た, に死んだ, に氏, に無理, に瘟疫, に自分, の丁度, の夢, の大, の自己, の記憶, の話, の面影, まではこの

1 [192件] いつもそこ, お芳, お藤, かいた, かと思う, からからだ, からすこしも, からの知り, からひどく, からほんの, からよいよい, から勤め, から国, から小田切家, から居る, から彼女, から涙, から爆発, から眼疾, から芋粥, から行方, から見る, から非常, から馬車, たうとう, だあの, だった, ちょうど私, であった, であつ, であるが, です, ですよ, とある, という, といえ, としておこう, とは大分此, と來ちや, ならイキナリ反撥, に, にあの, にある, にかげ, にここ, にすでに, にでも流行, にとら, になっ, にはこの, には全然, には式日以外女生, には影, には未だ, には無頼者, にも一度, にも或, にわたし, にカッツェンステッヒ, にキーチュ川, に一緒, に一高, に世, に中部山岳地帯, に主人, に亡, に亡くなつた, に何十年ぶり, に元服, に先代, に其処, に別れたう, に加久藤, に半焼一軒, に卒中発作, に問題, に始め, に帝劇, に幕府, に建てた, に彼女, に新しく, に旅先, に書いた, に札幌, に此處, に死にました, に死ぬべき, に比する, に済ん, に滋賀縣, に登山用, に禅師さま, に突然, に第, に結婚, に老, に自国, に親父, に解決, に訪ね, に踰, に金助町, に金沢, に長年, に長谷川如是閑氏, に関白殿, に預けた, に顔, に鮎, の, のあの, のいじらしい, のお, のきょう, のちょうど, のはなし, のよう, のアムステルダム大会, の一月十七日, の一藩士, の上京中, の世の中, の二月初旬, の人, の再会, の写真, の出来事, の半分, の友, の古い, の同人雑誌, の嘉永四年, の四月二十四日, の夏, の富士登山, の幽霊, の建暦元年六月三日丑剋, の或, の捜査願, の新宿, の日本橋, の旧暦盆, の昔, の春, の昭和八年, の昭和四十六年夏, の時, の歴史, の気力, の洪水, の浦賀, の祭, の私, の秋, の算盤, の続き, の自分, の遠い, の開業当時, の青年, は今, は彼奴, は自分, は蕎麦食いたち, まであ, まであった, までの僕達, までの教育及社会対不良少年少女, までは, まではその, まではたいてい, までは一反いくら, までは時折, までは暑中休暇, までは赤, までは遠い, まで京成日報, まで生糸業者, まで遡る, もこの, も一向, やよい, よりも若く, より春安, 丁度僕, 不図, 亡くなって, 初めてここ, 即ち千八百六十二年, 御当所, 連れて

▼ 六~ (280, 0.6%)

9 折りの, 書いた 4 の着物 3 のもの, の写真, の畳

2 [23件] あるだけ, かざられて, か事, つづきの, という, となっ, のせて, の小判, の戸, の板, の煎餅, の短篇小説, の紙幣, の肌着, の葉, の角板, ばかりのもの, も白紙, も重ね, 出して, 書いて, 書く, 重ねて

1 [203件] あったもの, あまって, ありました, ありましたのよ, あるきり, うれし, おちて, かかげられ弁, かかって, から七枚, がいかに, が助, が助かった, くらい抜書きし, ぐらいしか書かなかったろう, こしらえた, これから実験, しかありません, しかつい, しかなく, しか無い, しめた雨戸, じゃない, ずつ, ずつか, ずつつるさせました, ずつにて半箇年間, ずつ七集, ずつ様々, ずつ謂わ, そしてこれ等, その着物, だけ取り出し, だして, ちょうど状差し, ついて, つづき, つッ刎, でおしまい, ですむ, でそれ, では, で一枚, で足りなかったら, で足りなかつたら, で金一両, で雲形, といふ, とか七枚, とか頭, とほか, と少々, と思っ, と茶菓子一皿, と郡, などよりは遥か, なり七枚, にこまごま, につくり, になった, になる, になろう, には蘆, にまとめ上げる, に一字, に例, に和歌, に書かれ, に絹畳, に自分, に行, のうち, のすり硝子, のところ, のトランプ, のハガキ, のパンフレット, のビラ, のフィルム, のマニユスクリイ, の十円札, の南鐐, の同じ, の名刺, の名古屋新聞, の唐紙, の小, の小品, の小粒, の屏風, の席札, の感想, の手札形, の拾円札, の朱, の歯, の百円紙幣, の短冊, の短篇, の紙, の絵, の絵図面, の続き, の翅, の花弁, の萼, の葉先, の葉全部, の蓆, の衣, の襖, の襖板戸, の記事, の錢, の随筆原稿, の障子, の隨筆, の雨戸, の革, の飛石, はい, はってまた, はね飛ばして, は今, は喰, は干し, ばかし暴, ばかりの短篇, ばかりの短編, ばかり批評, ばかり書いた, ばかり起草, びっしりと, ほどの短冊, ほど短, またたくひま, までである, まで喰べた, まで書き続けた, めくり取ると, もかかっ, もそう, もつい, もハート, も使っ, も取り, も持ち出し, も撮った, も書い, も着, も着てりゃ, も見せびらかせ, も覚えし, も降らねえ, よかありません, を下さる, を喰, を四つ折, を抱かされた, を掌, を書きあげる, を貯, を選ん, を重ね, キラキラと, 上げた, 並べる, 入って, 入つて, 出されたよう, 出来て, 取り出して, 取出す, 干した位, 張りこの, 投げ与えた, 折り, 折り畳んで, 持って, 挙げて, 揃うたの, 描かせ百三十部限定, 撮りましたけれど, 数えて, 敷かれた, 書いたが, 書いてと, 書き上げて, 書くと, 書けたこと, 書けといふ, 残して, 畳んで, 繰って, 落ちて, 行く, 貰って, 買うて, 送って, 送る, 集ったよう, 集った形, 集った雪

▼ 六~ (266, 0.5%)

16 の者 3 にし, のもの, の記者, の警官

2 [17件] が, である, と共に船, の人々, の代表者, の共犯者, の団員, の幹部, の影, の無, の若者, の部下, は, は暮した, も大沢, を連れ, 乃至十名

1 [204件] おてつだい, か, かたまって, かね, がいずれ, がことごとく, がすでに, がそれぞれ, がはせつける, がほとんど同時に, がやにわに, が三名, が中, が合格, が吾輩, が唇, が後, が捕へられ, が残った, が水, が物々しく, が理論, ございます, しか彼, しか観衆, して, ずつがその, ずつの八室, そのほか小幡門下, だけがゆくりなく, だけが駕, だと, だな, つきしたがって, つれて, できて, でした, でもって三百円, でグループ, で未曾有, で突然, という数, という竊盗事件, といっしょ, とともに円座, となった, となり, と人数, と共に三台, と共に三重県監獄, と共に穴, と別れた, と十九名, と峠, と老, どやどやと, ないし十名, にさして, にとっては, に同情, に対し千石, に對, に逢, の, のいと, のうち, のお伴, のお爺さん, のロシア人, の一族, の上半身, の不良児たち, の中, の人, の人達, の人間, の仲間, の傍ら, の兵, の兵隊, の割当て, の各自, の同席者, の塾生たち, の増加, の壮丁, の大, の委員, の姿, の婦人, の子供, の学会長, の学生, の家来, の小, の少女, の少女達, の屈強, の屋敷, の応援刑事, の捕手, の方々, の旗本, の武者, の死体, の浪士たち, の漁夫, の漕手, の特別裁判進行中, の犠牲者, の狼藉, の社長重役, の私服刑事, の筆頭, の腕ぷし, の舞妓, の船員, の藩士たち, の衆, の被告中, の被告人, の記者団, の講師三日間, の議員, の貧乏ぶり, の赤穂浪人, の酒盛り, の鑿岩夫, の青年, の青年たち, の面, の顔, の駕籠人足, の高弟たち, はいた, はほんぜん, はみな死罪, はもう, は再び, は嗽, は学校, は武裝, は無論, は皆補充兵, は糊目, は膝, は臨検, は逃げおわせた, は遂に, は重傷, は重症者, は顔, は首, ばかり弥之助, ばらばらッ, ひかえて, ほどの百姓, ほどの者, ほど手, までが, もい, もいる, もおる, もつき従っ, も店, も田島さん, も部屋, も頭, ゐて, をお, をかかえ, をさしまねい, をつれ, をゆうべ, を具し, を出し, を収容, を取調べました, を合わせた, を嗤, を失った, を引きつれ, を従, を戒め, を提出者, を摘め, を收容, を水野, を無, を聘傭, を誘っ, を軍法会議, を載せ, を選んだ, ズラリと, 同処, 居るです, 引っ縛っ, 来たの, 赤い土耳古帽, 連れて, 間違えて, 陣取つて, 集った

▼ 六~ (241, 0.5%)

8 の距離 7 行くと 5 もある 4 も上 3 の空地, も先, 進むと

2 [27件] あるから, が程, のところ, の山, の所, の間隔, はなれた, ばかりも一とき, もはなれた, も後, も追, も進ん, も門口, ゆき過ぎてから, を距, 借りて, 来ると, 歩くとも, 行き過ぎてから, 行くか, 行ったと, 逃げ出して, 過ぎて, 隔てて, 離れたところ, 離れた処, 離れて

1 [154件] ありましたが, あるくうち, いったところ, おいて, おくれて, からある, か七間, があいだ獣, ぐらいであろう, ぐらいのもの, さきでこちら, しか離れ, して, だったが, ちかくも, ついて行って, であるが, ですから, ですぐ, で出ぬけよう, で小さい, で踵, というちょうど, という広, とはゆき過ぎない, とも行かない, とも進まぬ, と云, と申します, と離れず, なり, にし, にも及びます, に近づいた, のあづま橋, のこっち, のもの徃, の両国橋, の中庭, の二層樓, の先, の大橋, の宙, の客殿, の峡門, の川下, の広大, の廻り縁, の板張り, の竿, の細長い, の處, の長, の長い, の間, の間口, の高, はある, はあるだらう, はあるでせう, はいった, は何ん, は大, は苦, ばかりあ, ばかりある, ばかりしかない, ばかりで, ばかりです, ばかりの油紙, ばかり前, ばかり歩き出す, ばかり行き, ひきずりもどしたが, へだ, ほどとび, ほどな, ほどの住居也, ほどの凧絲, ほどの川, ほど歩いた, ほど泳ぐ, ほど脱兎, ほど行き過ぎ, ほど西, もあつ, もあらう, もあります, もあろう, もおくれ, もかなた, もさき, もない, もゆき過ぎた, もケシ, も七間, も下る, も入, も入っ, も外, も引き, も往, も懸隔たっ, も来た, も歩いた, も歩いたら, も歩き去っ, も行かない, も行き過ぎ, も行った, も行つた時細君, も進む, も離れ, も離れた, も飛離れ, も高い, やり過ごして, やり過してから, ゆき過ぎて, ゆき過ぎると, を熊本藩, を粛々と, を隔て, 並んで, 向うで, 引き戻した, 後れた事, 戻ったが, 折れると, 来た, 歩いた時, 歩き出した時, 歩くのに, 流されたお, 滑った, 漕ぎ出すと, 登ると, 程の距離, 続いて, 続くと, 行き過ぎた時一つ, 行ったところ, 行ってから, 追っ駆けましたが, 追つ, 遠くて, 隔てたま, 離れたむこうの, 離れた柵, 離れた樹, 離れた砂山, 離れても, 飛んで, 黙つて

▼ 六~ (218, 0.4%)

5 呼んで 4 殺したの 3 先に, 見た, 見て

2 [23件] その巣, つれて, よくは, よんで, 乗ずれば, 他愛ない, 家の, 手に, 抱き起して, 押退け, 招いた, 捉まえ, 最後の, 殺したと, 殺して, 相手に, 示して, 突き飛ばして, 絞めたの, 自分の, 見それから, 連れて, 鑿で

1 [154件] あまり越し, あんな目, いったの, いまだに記憶, うつ小手, えて, えて二三, えらんで, おびき出すん, お神さん, かしらに, こぼれそう, さがすならこの, しくじって, じろりと見た, せんとうに, たつた一, つづけざま, どんなにか, なだめた, のせて, はじめ先代吉左衛門が, はじめ関寺の, ふりとばした, ぶちこみ角笛, よしと, オカマの, キリとも, サ, ジッと, 一槍の, 三河町へ, 上に, 二人並べ, 交えて, 交る, 伴れ, 何と見る, 倒しうるか, 入れて, 出したという, 前に, 助けたが, 労わった, 勞は, 勤めて, 勤める以上, 取って, 叩ッ斬った, 可愛がる気, 叱り付けて, 呑んで, 呼びその, 呼び入れて, 呼ぶ声, 呼出しました, 唐竹割に, 問はば, 増加する, 失ったこと, 妻に, 始め一同, 寫せるに, 小脇に, 峻拒した, 嵌めたる棒, 帰しましたよ, 引据え, 怨むか, 怨む者, 怨んだ, 怨んで, 恥か, 手初めの, 投ずること, 抱えた五右衛門, 抱き起しました, 押へ, 拝領に, 挙げて, 捨てて, 推したが, 援助する, 救ひ, 新之助と, 昔の, 暴力を, 書きガルスオーシー, 朝っぱらから, 未だに記憶, 杖に, 横に, 止めました, 正方格内に, 殴りつけたの, 殺したくなった, 殺したくならないもの, 殺したなら表, 殺した下手人, 殺した覺, 殺し得る相手, 殺すこと, 殺せさうな, 殺めた人物, 流しめ, 減ずるであらう, 演じるか, 産まなければ, 産みそのうち, 百姓が, 睨みすえた, 睨みつけた, 示した, 神田まで, 突き殺した, 突き殺した野郎, 突切って, 縛っては, 縛つては, 縛つて行く, 繙くと, 膝の, 船へ, 良く思っ, 見かけなかつたか, 見せること, 見付けました, 見守ったが, 見捨てて, 見返ったが, 観たが, 覺えて, 討った夜, 討つた經緯, 訪い足利木像事件後, 訪ねその, 認めたので, 認めて, 読み了, 負けるぞ, 越えた男, 迎へ, 追つて, 追つて行つた傍聽人, 過ぎてから, 過ぎても, 除く外, 頼って, 頼つて兩國の, 顧みました, 養子に, 馬の, 驚かして, 黙らせようと

▼ 六~ (216, 0.4%)

14 敷いこと 12 敷い顔 7 しい, 敷い, 敷い言葉 6 しい事 5 しいこと, しいと, 敷い問題 4 しい問題, 敷い事 3 しいもの, しい仕事, しさ, 敷いの

2 [17件] しいかも, しいだらうよ, しいという, しいも, しい理窟, しい顔, しかつた, しくな, しさうな, しや, しやの, し気, 敷いと, 敷いな, 敷い仕事, 敷い話, 敷い顔つき

1 [94件] しいから, しいが, しいことア, しいぞ, しいだけに, しいであろう, しいとか, しいとしても, しいに, しいの, しいまた, しいわけ, しいブラームス, しい世の中, しい事ぢ, しい事件, しい仏蘭西, しい位, しい作法, しい刺繍, しい動機, しい化學衞, しい名前, しい字, しい技巧, しい文章, しい本, しい材料, しい熟語, しい犯罪, しい病気, しい研究, しい英単語, しい英單語, しい言語擧動, しい話, しい議論, しい顏, しうお, しかったから, しくて, しくは, しく云えば, しく自分, しく面白い, しさうに, しなるから, し過ぎて, し過ぎると, 敷いから, 敷いからな, 敷いが, 敷いじゃろう, 敷いだらうあれ, 敷いであろう, 敷いでしょう, 敷いといふ, 敷いに, 敷いので, 敷いのに, 敷いやう, 敷いやり方, 敷いんだけれど, 敷い云, 敷い処, 敷い医学的, 敷い同胞, 敷い哲学上, 敷い哲學上, 敷い団長, 敷い場面, 敷い大木, 敷い字, 敷い手際, 敷い数学解法, 敷い文句, 敷い曲芸, 敷い激しい, 敷い芸, 敷い質問, 敷い連立方程式, 敷い酒, 敷い鍵, 敷い関門, 敷い顏, 敷い顔付, 敷き顔, 敷くな, 敷くなった, 敷くなるだけ, 敷くなるん, 敷くも, 敷く云, 敷く殊に

▼ 六~ (212, 0.4%)

5 考へて 4 ってとこ 3 か, も行く, を示し

2 [17件] あるわ, か七分, しかかからなかった, しかたっ, して, してから, すれば, である, なり, にも五分, もある, もたって, もたつ, も経った, も過ぎた, を占め, 違うという

1 [160件] あったので, あり鎌倉, ある, ある腰かけてるの, あれば, かかった, かかったと, かかって, かかる, から七分, か七分ぢ, が過ぎた, きつかりに, くらいあり, くらいの距離, ぐらいが普通, ぐらいつづいた, ぐらいであった, ぐらいには裏口, ぐらいの小さな, ぐらいの青黒い, ぐらいはチヂ, さもなければ御殿, しかありませんでした, しかか, しかかからぬ, しかたつ, しか尽し, しか支持, しか続かなかった, すると, たったかと, たった後, たつてから, だ, だから, だけ進み, だってえ, だな, ちぢむや, つまった謎, であった, であらう, であり計器, でございます, ですぜ, でその間十六分きり, では, で借りた, で元々, で報告, で東京, で水, で済んじまった, で病院, で頂上, で鹽原, とあり, といういわゆる, という微細, とか, とかに合せたごとき, とか云う, として年, とたたない, と云う, と言われる, と記載, なるだけ, にし, にじっと, になった, になりました, には見える, に下っ, に始ま, に対して塚田, に届く, に引き裂いた, に波久礼駅, に着きます, に短縮, に脂四分の割, に至るべし, に變人二分, に達し, ののち, のもの, のわけ, の問題, の残酷, の高, はイタリア人, は他人, は他人四分うち, は愛し, は白く, は過ぎた, は違う, は長く, は間違い, ばかり, ばかりの間, ばかりも待たされたであろう, ばかり掛かっ, ばかり縁側, ほどの後, ほどを主膳, ほど覗けます, まえうしろ, まえに, までが工場労働者, まで旧い, まで行っ, もあれ, もし, もすぎた, もすれ, もたっ, もたった, もつづいた, も歩いた, も歩いたであらう, も減っ, も積ん, も経ちましたらう, も経つ, も続いた, より渡辺, より裄, をおくる, を余せり, を増す, を増加, を截, を経, を要した, を過ぎた, 休んで, 全く無償, 厚三分の鏃, 喋りすぐ, 喋る吉野, 弱って, 早いとき, 替という, 浸けられて, 程右, 程左耳, 立つと, 経たないうち, 経ったと, 経ってから, 経っても, 続いて, 続けたと, 縮むべき理由, 置きに, 考えてから, 長い

▼ 六十歳~ (205, 0.4%)

9 の老人 6 になっ, を越した 4 になる, に近い 3 になった, にもなる, の時, ばかりの男, を越え, を越えた, を越し

2 [12件] であった, でその, では, とは見えない, になつ, になつて, の今日, の壽齋, の彼, の恋人達, を迎, 近い長寿者

1 [131件] から七十歳, から先, から参禅, から參禅修業, くらいかとも思われ, くらいに見えた, くらいの御, くらいの老婆, ぐらいじゃ, ぐらいになる, ぐらいに見える, ぐらいのでっぷり, ぐらいの年齢, ぐらいの年齢不確か, ぐらいの老, ぐらいの老人, だから, だった, だった前, ちかく全く, であったが, であったという, であと, でこれ, ですから, でなお, でデルフト, で某, で歿, で没した, で活気, で自然, で足腰, という年齢, といえ, と宣う, と聽, なり而, にし, にちかい, になったなら, には達し, には達せぬ, にもなった, にもならう, にも見える, にも近づけ, に成つて, に至る, に近づい, に近づく, に達し, に達した, に間, のあいだ, のあの, のお, のおばあさん, のずっと, のゴーリキイ, のヨオロッパ, のワーグナー, の一紳士, の上, の中, の人, の声, の壽, の太田南畝, の婀娜, の嬢, の小僧っ子, の少年ベルリオーズ, の年, の息子, の時以来, の有夫, の祝賀, の神田兵太郎, の筆, の筈, の老体, の老年, の老母, の老躯, の親爺, の誕生日, の醜, の金兵衛, の金貸, の間, の青年, の頭, ばかりになっ, ばかりの寺男, ばかりの矍鑠, ばかりの背, ばかりの西洋人, までの人別名前, までの永い, までの男, までの者, までよく, まで支え持っ, まで生きる, まで領内, をこした, をすぎ, をすぎた, をよほど, を一期, を三つ, を以てわが, を以て京都, を幾つ, を超, を超え, を踰, を迎えた, を迎える, を過ぎ, 勝れた武将, 程の小柄, 迄の間, 近いお, 近いこの, 近い下手くそ, 近い唯, 近い年配, 近い彼, 近い男

▼ 六~ (205, 0.4%)

8 もある 5 もあろう 4 のところ 3 の長

2 [21件] ある, ぐらいある, しか出ない, で床, になっ, に切った, に及ぶ, の夜光摩尼宝, の小, の幅, の棒, の玉六十六里四方, ばかりの守宮, ばかりの木, ばかりの鰈, もあらう, も積, より三尺余, を越し, 折れてない, 離れて

1 [143件] あって, あるつまり, あるの, あるひ, から一尺あまり, から一尺ぐらゐの, から一尺二, か一尺位, か七, きって, くらいの縫いぐるみ, ぐらいしかなかっ, ぐらいのもちろん, ぐらいのビフテキ, ぐらいの大き, ぐらいの草, さ, しかなく, しか伸び, しか逃げ延び, ずつ開け放し, だけ開け, だけ間, であるが, で便所, で水面, で長, という畸形的, という身丈, という長身, といわれる, とか八寸, となっ, となり, と思われる, と言う, ないし一尺, なら二つ, なり, にあまる, にいたる, になる, に余つて肉, に広, に至り, に近い, に達する, のたいへん, のまで枕, のもの, の七糸帯, の中背, の丸棒, の人間, の今, の余裕, の入口, の処, の四角い, の大業物, の大男, の太刀, の家, の層, の巨躯横綱力士, の所, の普通, の横長, の波動, の海老, の深, の筆, の絹, の絹糸, の距離, の逃入村, の違い, の野差刀, の鏡, の間, の間隔, の雑草, の面長, の餘裕, はあつ, ばかり, ばかりあらわれ, ばかりで, ばかりのところ, ばかりの光, ばかりの処, ばかりの蝋, ばかりの赤蕪, ばかりの釘付け, ばかり展げ, ばかり摺扇, ほどな, ほどに伸び, ほどに切った, ほどのみごと, ほどの尖った, ほどの幅, ほどの柳, ほどの真黒, ほどの穴, ほどの蛸, ほどの鋭く, ほどの間隔, ほどもある, ほど伸びた, ほど後ずさりし, もあっ, もあったら, もあり, もあります, もあるかれ, もある尖った, もよろけ, も伸びた, も積んだ, も突き通され, も脇差, より先, を一息, を二歳鱚, 伸びたばかりの, 伸びて, 切れて, 新しい柱, 明け放したまま, 有らんかと, 破いて, 程の比較的, 程の直, 程の直径, 程の竹片, 程骨, 計五発込懐剣, 重さ, 開いて, 降つて, 離れた白い, 高さ

▼ 六~ (202, 0.4%)

3 さすがに

2 [12件] あまりの, あんまり親方, しばらく嫂, そこまでは, 不親切過ぎる, 仙太郎も, 列席する, 時による, 正式に, 無論叔父夫婦, 猪口を, 見えすでに

1 [175件] あきらめたよう, あきらめて, あっと息, あつた, いっしょに, いつの間にか駕籠, いつまでも, いま一歩という, いる, いるはず, おいて, おどろいて, おもわずぎょっとなり, おもわずぞっと身の毛, お前も, お町, きっと腕, こそこそと, このマスク, この上, この時, この騒ぎ, これに, さっきに, しずかに, したたか痛飲し, しばし厳粛, すこし道順, ずらりと建ち並ん, そういうなか, そこへ, その一人, その以上, その席, その青血, その高座, その鶏, それと, それを, そんなこと, ぞっとし, ちっとも気, ちっと酔狂, つい見惚れた, とうとう白状, なかなか心がけ, なく出立, なぐるよう, なにぶん辛かっ, にわかに引き, ぶらりと下がった, ぶらりと下った, ぶんなぐっても, まず盲, みな動く, みんな笑つた, もう正体, やはり案内, ゆだんするな, わざと正季, ギンネコ号が, グッと, タダモノでは, ツイ暗い, ヒットラーと, フラフラ歩い, ワラジを, 一しょについて, 一向睨み, 一本参った, 一瞬に, 一緒に, 三根夫も, 乱暴者だ, 云い足した, 云われるまま, 仔細らしく, 伊豆守の, 伝六らしい, 來ず, 供を, 健かに, 僞八五郎では, 六畳から, 六疊から, 出すなんて, 出入りさしとめじゃ, 初めは, 十年前の, 収拾の, 同じく首, 呆れて, 品川から, 喧嘩で, 喰べたであろう, 困り切って, 大いに悦び, 大いに知りたがっ, 天を, 奉公先が, 娘の, 小僧も, 居りましたやう, 居りましたよう, 山岸中尉も, 川竹を, 左の, 帰りついて, 幡隨院の, 年の, 年上だろう, 年齡が, 年齢が, 後から, 必死に, 恐ろしくなった, 恟り致しました, 手の, 手を, 抗う力, 抗ふ, 春の, 曲者びく, 有るよう, 本家の, 来ず佐伯, 来ること, 槍を, 此上も, 歩を, 決して無学文盲, 洞門の, 清正も, 烈しい拍手, 無そり, 玄蕃も, 申しおりました, 疑って, 疑つて, 知らなかった, 礼を, 等しくおどろき, 結びつけられて, 繩張内から, 考えた, 胡蝶さんも, 興に, 良い男, 色階が, 若衆である, 萬之助も, 見殺しに, 見馴れたせい, 解りきったこと, 解り切つたこと, 言葉から, 諦めを, 途方に, 違うの, 違つて居た, 違ふ, 降りた, 雑然と陳列, 面白が, 面白がっ, 首を, 驚いたやう, 驚いたよう, 驚いて, 驚かされた, 默つて座敷の, 黙って, 鼠小僧の, 鼠小僧次郎吉も, 鼻を

▼ 六~ (198, 0.4%)

13 の御息所 6 の伯母, の貴女 4 の邸, の鍵屋 3 の大臣, の家, の方, の河原

2 [17件] がたずねた, に住ん, に栄え, のお, の地, の宿, の廓, の本山, の東, の松原, の柳町, の池亭, の遊廓, の長講堂, の頭殿, の頸, の館

1 [119件] かここ, かこの, から五十条, から今, から引廻, から第, か五条, がいった, がさん, がそう, が傍, が前, が同意, が四本, が相槌, が食糧, さては四角, それから二宮, だぞ, でうたわれた, です, で東, という豊富さ, と言, などの遊君, にいった, にいま, につきつけた, には, にはすぐさま, には源, にも解釈, にわたって義昭, に家, に引裂い, に恋人, の, のあたり, のいった, のいわゆる, のお家, のこと, のほう, のほとり, のみで, のやつ, の京極, の京極辺, の人たち, の仮, の六道牢, の判官, の十三丁目, の原, の場合, の大, の夫人, の女御, の妓家, の姪, の姿, の宿所, の小, の少将千種忠顕, の常磐, の往来, の往来中, の待っ, の御, の数珠屋, の旧, の明文, の本国寺, の本願寺前, の橋, の獄, の留守, の白髪, の目, の真剣, の総会所, の義朝, の腕, の荒地, の蔦屋, の身体, の遊び町, の遊女宿, の適用, の里, の門, の飲屋, はとうとう, はキンチャコフ, は一日, は勇気百倍, は左手, は携帯口糧, は気息奄々, は突然, は自分, は言下, へお, へもどる, へも行きたくない, へ建てた, へ移り, もキンチャコフ, も顔, よりも死生, らしい, わたりにも, をもじっ, を絞め殺そう, を襲う, を詮議, 乃至第, 御息女, 第五章

▼ 六~ (198, 0.4%)

10 のところ 5 歩いて, 離れた所 4 行くと 3 あるいた, あるいて, あるくと, すると, の先, はなれ, 歩くと, 離れると

2 [14件] あるいたが, して, と突く, はしっては, ほど蹌, も後, よろけると, 入って, 同歩, 早くも, 逃げて, 遅れて, 離れたところ, 駆け込んでから

1 [122件] あゆみ出しましたが, あゆみ寄った, あるいたとき, あるいた時, あるきかけて, あるきなんとなく, あるき階段, いったところ, かけだしたの, かけ出せば, しかない, しざった, したか, した後, してから, しばらく佇ん, すすむと, すすんで, すたすた足, ずつは待合, そのままの, ついて, つづいて, つン, で二軒長屋, で左, で毬, で突き当っ, とある, とすべき, とを隣家, と別, と同じく, と突い, と行く, と角道, と離れぬ, と飛車先, なり一歩, なり五八飛, に足らぬ, のこの, の処, の後, の細径, の背後, の間, の階段, はずれて, はなれた, は七六歩, は歩く, は走ったであろう, ばかりなほ前方, ばかり離れた, ふみだしてから, ほどそのまま, ほどとなった, ほどの緩い, ほどの長, ほど庭, ほど後, ほど歩いた, ほど飛んだ, もいく, もすすんだであろう, もふみこむ, も歩い, も歩いた, も歩んだ, も進んだ, も隔, よろめいて, を受け, を受けた, を踏む, ジリジリと, 入ると, 出て, 動くと, 寄って, 寄ります, 引き戻し帽子, 引返して, 後れた袖子, 急いで, 斬り捲くられたが, 来て, 歩いたとき, 歩みだして, 歩み出すと, 歩み寄った, 立ち戻って, 行きし後宮, 行きますと, 行き畑, 行き過ぎてから, 行く, 行くごと, 行ったが, 行ったところ, 行過ぎた早瀬, 走ったかと, 踏込んだが, 追いかけて, 追ひすがりました, 退いた, 退いたとき, 退いて, 逃げたほど, 進み出た, 進むかと, 進んだとき, 進んで, 過ぎし時, 過ぎてから, 遠ざかった, 降つて行つた時, 降りかけて, 離れて, 飛びさ, 駈戻って

▼ 六世紀~ (191, 0.4%)

6 の半頃, の頃 5 の前半, へかけ 4 の初期, の後半, の日本 3 から十七世紀, になっ, のはじめ, の中葉, の終り

2 [11件] にいる, に初めて, に南米, に始め, のこと, のヴェニス, の中頃, の初め, の初頭, の半ば, 前紀本

1 [120件] から, からの住居, から二十世紀, から十八世紀, から現在, が終わる, にい, にいたっ, にそういう, には, には一, には寺院, には朝顔, には生命蓋然率, にもっとも, にもギヴォイテ, にも十八世紀, にわたるヴェニス, にわたる哲学者, にアンリ二世, にオラウス, にジョアン・デ・バルロス, にナヴァル女王マーゲリット, にバーガンジー王, にベスベキウス, にレオ・アフリカヌス, に亙る, に仏国, に入っ, に出た, に各地, に名高い, に対して後, に成った, に於, に於ける, に既に, に盛ん, に至っ, に至り, に航海大家マゼラン, に葡萄牙人, に起こった, のおわり, のお寺, のアンリ四世, のイタリア人, のイタリヤ法王領内, のカソリック, のカピタンたち, のナッシ君, のバイエルン人, のフランス語, のメルカトル, のユーグノー派, のヨーロッパ人, のリヨンびとルイズ・ラベ, のレオ・アフリカヌス, のレオ・アフリカヌス筆, の一般民衆, の中葉フェリペ二世朝, の中頃ペルー, の中頃ルーテル派, の事, の事実, の交, の享楽, の人, の人々, の伊太利詩人タツソオ, の初, の初め頃, の前半フィレンツェ, の和蘭古画, の始め, の始めチューリッヒ, の宗教戦時代, の宗教改革以後, の庶民, の後半期, の後年イタリア, の快活, の所産, の文豪, の旋条砲, の日本人, の昔, の時代, の末, の末突厥人, の末葉, の末頃, の欧羅巴, の歴史, の物, の痕跡, の空中楼閣, の終に, の終わり, の著書, の血, の西洋, の野蛮性, の頃アラス, の風潮, は感情偏重, は自我, まで, までの中世紀, までの宗教画, までの時代, までは猴類, までを含む, まで家系, まで蛇, まで西班牙, よりは中年, より後, をとりもどす, 乃至第

▼ 六~ (190, 0.4%)

12 の道 6 の間 5 が原, にし, の山道, もある 3 なり, のところ, の峠, も離れた 2 が間, だそう, の距離, の路, は確か, ほど東, も馬車, 歩いて, 離れて

1 [122件] あり, あるさ, あると, からあります, からあるで, から時には, ぐらいのもの, この長浜, さ, しか離れ, その甲州裏街道, だ, だか, でございます, では私, でも北, でも行く, で思った, で雷電, といふ, となる, とは何と, と何, と油断, と称, などと申します, なりと午前九時鹽尻, にたらない, にはす, にわたる, にわたる範囲, に亘つて, に亙る, に余る, に渡る, のあいだ, のこの, のたしか, のアイビキ, の佐川町, の処, の南, の山路, の岸, の嶮道, の後, の所, の摩耶島, の沖あい, の沖合, の白峯, の道歩き, の遠距離, の郊外, の野良道, の間家, の間青海, の高, はあった, はあるでせう, はございましょう, は歩く, ばかりしか歩けなかった, ばかりその, ばかりでございます, ばかりもこちら, ばかり下った, ばかり其の, ばかり参ります, ばかり急い, ばかり東南, ばかり歩きました, ばかり行く, ばかり越, ほどもはいった, ほども西, ほどバス, ほど進んだ, まっすぐに, もありましょう, もあります, もあるだろう, もあるでしょう, もあろう, もはなれた, も七里, も厚く, も奥, も来る, も歩いた, も歩ん, も行った, も迂, も逃げ退いた, も隔たった, も離れ, も駆け, をこえる, を歩い, を行き, を隔てた, を雪, を飛ん, を馬, 余り面倒, 半許, 少々草臥れた, 広さ二里, 御あと, 来たところ, 歩いたが, 歩けるところ, 歩まずば, 濃州街道, 進み十二日, 遠い, 隔たった万太郎山, 離れたところ, 離れた村, 離れた町, 離れた親類, 離れた鳩崎

▼ 六十年~ (186, 0.4%)

12 の生涯, の間 7 の昔 4 も前, も山 3 である, にし, の歴史, ばかり前, ほど前 2 このかた, たてば, に一度, に当るであらう, の後, の氣, や七十年

1 [118件] からの御, か七十年, ぐらい以前, この方, そろそろ交替, つづいて, ですから, でもいくら, で一週期, で日本人, という人生, という長い, といえ, とし, どころかこの, ないし七十年間, なり五十年, なる天智天皇九年, にあまる, におよぶ, にしかなりません, になっ, にならぬ, になる, にはなつた, にもなる, にわたって明暮, にわたるの, にグリュンネル, に一回, に一度思出, に亘った, に何, に垂ん, に実に, に生れ, に當, に見えたる, に近い, に近く, に過ぎぬ, に達する, のよ, のヒラキ, の一生, の不作, の久しき, の二十二倍, の來, の修行, の前, の北京條, の図書館, の基, の変遷, の大昔, の寿命, の巷, の年月, の恩誼, の想い出, の星霜, の期間中, の歳月, の永, の経験, の經驗, の老, の苦難, の過去, の間政治的生活, の非, の頃, の齢, はたっ, はまた, はまる, はもつ, はやかった, は六十年, は君たち, は経つ, ほどまえ, ほど後, ほど昔, まえの, もかかった, もかかる, もその, もつづいた, もまえにたてた, も住ん, も八十年, も土, も忘れ, も生きられる, も登り降りし, も目, も見る, を一歳, を寿命, を経, を経た, を経たる, を費やし, を越し, を迎える, を送る, を通過, を過ぎ, を隔てた, 乃至七十年位, 後れたので, 後れて, 生きるもの, 程の前, 程前, 足らぬ間

▼ 六さん~ (183, 0.4%)

3 が言う, に僕, に水菓子, の家, の眼つき, はえらい, を待つ

2 [14件] かい, がこの, が自分, じゃない, とあっし, とあつし, というの, と植木屋, の分, はお勝手, はその, はまた, は蝶ネクタイ, も和助さん

1 [134件] あがって, お早う, がうるさい, がきっと, がだんだん, がのぞいた, がやかまし, が一番, が下手人, が子供, が家, が彼, が悲し, が揺れ, が棹, が気, が氣, が潮來, が潮来, が知らせ, が見えました, が転んだ, が顏, が顔, が鼾, さらばでござん, つまらんこと, でしょ, とあんた, という老人, という自分, といっ, といふの, といふ人, とおかみさん, との話, との間, とは即ち, と一緒, と三つ目通り, と女房, と子供衆, と思われる, と無駄話, と申しまし, と親しく, と言った, と青二, なんかまだ, なんかを亭主, にさわらせた, に中, に口上, に替わっ, に聞きました, に脅され, に言わせる, のおち, のお家, のこと, のため, の一人きり, の住ん, の体, の前, の外着, の姿, の息子, の手のひら, の方, の村, の着物, の知り合い, の知合い, の胸算用, の行李, の言う, の顔, は, はある, はあんなふうに, はいつも, はうらない, はお寺, はお玉さん, はかよい, はくどいた, はこんど, はすっかり, はたいへん, はとうとう, はにこにこ, はひく, はひと晩自分, はびん, はもう, はものものしい, はベッド, は一ぺん, は不機嫌, は主人, は今, は何と, は佛樣, は口, は好い, は小男, は岸壁, は川原, は当時, は時時, は皆んな, は目, は空, は胸壁, は腰, は藤かづら, は西洋人, は言う, は言っ, は金持ち, も, もおいら, もしきりに, も心, も透明人間, よ, よそんなに, をとめた, をどう, を可愛, を縛つて, を送り, 良かつ

▼ 六七人~ (183, 0.4%)

7 の男 4 の人, の生徒ら 3 の者

2 [12件] だけは用, であった, のうち, のポルトガル商人, の人影, の仲間, の女, の女の子, の足音, の踊り子, の農夫, も集つて色々

1 [141件] あつしの, あるいはもっと, あるん, いざなひ行, いて, いるし, からの子供, が三月, が入浴, が寝る, が彼, が手, が甚七, が真田兄弟, が随, この小使, ずつ一団, ずつ連れ, だつたらう, であつ, である, である房, でな, でタラップ伝い, で居た, で後, で我物顔, で手, で飲み, といえ, とでそんな, とは数えられなかった, と銑吉, どやどやと, にすぎず, にて充分, になっ, になった, になりました, に過ぎず, に過ぎない, に過ぎなかった, のあたらしい, のささやき声, のならず, のもの, の一行, の中, の井戸, の人夫, の人達, の人間, の先生等, の労働者, の友人たち, の同役たち, の同志, の同族, の坑夫, の大, の大学, の女学生, の妓生, の子ども, の子供, の学生, の客, の家内, の家族, の家臣, の小さい, の小勢, の少女, の巡査, の工場労働者, の工女, の幹部, の庭師, の影, の患者, の敵, の新聞記者, の旅人, の暗がり, の村人, の武士, の深草, の生命, の生徒, の男女, の異形, の老若, の船員たち, の芸者, の若い, の若者, の遊芸人, の長, の顕官, の黒い, はいた, はいる, はおりましょう, は不思議, は従者, は臼杵, は集まっ, ばかりの人たち, ばかり馬, へんな, ほど散らばっ, むくむくと, もあったでしょう, もあろう, もい, もいた, もおりました, もの子供, もの糊口, も何, も兄弟, も角十, をひきつれ, を前, を従え, 並んで, 何やらがやがやと, 傷つけたこと, 入申由, 居る, 揃って, 来た, 来て, 程の定, 程も乱暴そう, 立って, 集って, 集まって, 集まるの, 集めて, 頻に

▼ 六時間~ (178, 0.4%)

3 だ, にし, を経過 2 で往復, の労働, の後冬, の手間, の豪雨, も七時間, を経, を要す, を要する, 即ち一昼夜半

1 [149件] ある, あるいは七時間位, あるのみ, おくれる, かかります, かかると, から七時間, か七時間, か八時間, が夜, くらいである, くらいのこと, ぐらいで飛べる, ぐらい寝床, しか無い, しか経っ, ずつほとんど, ずつ勉強, そしたら私, そのうち四時間, たすなり, たったその, たつぷり, だか, だけ働くだろう, だけ彼, だろうね, でしょうなあ, でしょうね, です, ですむ, でなす, でもの精勤, でも七時間, でサクラ湾, で参れます, で来る, で泳ぐ, で泳げる, で牛乳, で目, というもの, といふまるで, といふ長考, とされ, とたたねえ, とは出来ない, と十一分, と少し, と経たぬ, と議論, ないし八時間, にてこれ, になります, になる, には受刑者, には集会所, に二ページ, ね, のうち, ののち, の上, の下り船, の中, の会話, の勤労, の安静, の席, の当直, の後, の授業, の政論, の旅, の旅だつた, の死ぬ, の沈黙, の激戦, の睡り, の短い, の航, の行程, の距離, の間, はかかります, はかかる, はかかるだろう, は実に, は死んだ, は眠ります, は立っ, ばかりすると, ばかり何等, ばかり余計, ばかり待ち合わせる, ほどまるで, ほども前, ほどを山, もかかった, もかかる, もこう, もこの, もたっ, もたて, もぶっ続け, もる, も以前, も働かせられ, も働かせれ, も前, も対座, も小僧, も汽車, も眠った, も立て続け, も精神的, も経っ, も経て, も考える, も行, も違い, も長い, も飛行, をた, を一年, を与えられた, を五時間半以内, を待ち, を真剣, を經過, を要し, を要した, を費された, を費やす, 乃至七時間, 乃至四十八時間ぐらゐです, 働かして, 合せて, 必ず先生, 掛りました, 曝されて, 第三日, 第二學年, 経って, 苦い顔, 見えて, 遅れて, 過ぎた処, 隠寮, 飲み通すの

▼ 六~ (175, 0.4%)

7 の年 6 の鐘 4 か七ツ, になる, 並んで 3 になった, の時計 2 かしい, が鳴る, だった, の目, も年上, も若い, 少し手前, 残って

1 [128件] あり色, かしいくらい, かしい問題, かしかつたの, かしからん, かしかるべく, かっきり, から北町南町, から夕七ツ, から屋敷, から明け六ツ, か七つ, か七ツ半ごろ, か七歳, か八ツ, か敷い, がかぞえられた, がきこえる, が丁度, が鳴った, が鳴ったら, くらった, くらわせた, くらわせる, ぐらいの村, ぐらいはぎとっ, ぐらいもく, ころげでた, こんな事, しか見えない, しか買えません, したかった, じゃいけねえ, じゃない, ずつ二段重ね, たかって, だが, だろうが, であった, であつ, であり壇ノ浦, です, では天皇, でバタ, で拾銭, といえ, といっ, とせ, ともう, と三ツ, と順序, ならぬ暮, ならん, ならんで, になり, にもここ, に仕切った, に消える, に湯島天神, に点い, に間, のきびしい, のころ, の卵, の女の子, の御, の悪戯盛り, の手, の拍子木, の時, の時偸, の歳, の死美人像, の水瓜頭, の私, の窓, の花, の茶碗, の袂, の頃, はある, は愚か二十, ばかりある, ばかりになろう, ばかりの可愛い, ばかりの小児, ばかりの男, ばかり駈上る, ぶんなぐって, ほど年長, までに本陣, までの間, まで江戸中, もある, ものん, も七ツ, も姉様, も買い込む, も買っ, も買わされた, も越えたらしく, も違, も飲む, や七ツ, や五ツの, をきい, をザッ, を合図, を過ぎた, バラバラと, パチパチと, 光らして, 刺さないこと, 半がけ, 半刻, 少しすぎ, 少して, 少し前, 急いでな, 折りの, 揚げて, 撲るよう, 老けて, 買い込むと, 転がって, 過ぎた頃, 駈けて, 鳴りて

▼ 六~ (174, 0.3%)

5 の姿 4 のよう, の鉦 3 であった, では, になつ, のす, の方

2 [11件] である, になっ, に身, の, のなり, の仲間, の木, の組長, の龍太郎, は, はその

1 [124件] か, から片づける, がある, がそこ, が多く通, が家, が居ました, が嶮, が彦次郎, が忍ぶ, が月, が杖, が祈祷, が行, だかに, であったこと, でありました, でござる, でした, でしたそうして, でつれ, というの, といふもの, とこの間, となっ, となつ, とは跡型, とひとり, とをよりだし, と同じく, と成, と雲水, どの, などへ厚く, なら肩, にし, にしてやられた, に出た, に分かれ, に分け, に分けた, に分類, に化けた, に姿, に居りゃ, に幾らか, に留守, に立山, に組み入れられた, に行き逢えり, に行こう, に願末, のうしろ, のうち, のからだはいぜん, のこと, のひと, のひとり, のやつ, の一人, の各, の声, の巣, の影, の指, の挙動, の携え, の時代, の書名, の気, の氣, の爺様, の目録, の眼, の答え, の組長中, の縄, の蒼白い, の血, の装束, の跡, の跫音, の鮮やか, はかるく, はこう, はそうして, はといえ, はどう, はなん, はふい, はへいき, はほし, はまた, はわき, はニヤリ, は伊沢氏兄弟一部, は何処, は又, は問いつめる, は強いて, は新九郎, は杖, は満足, は納經, は腰, は若僧, は語気, は足, は雑木林, は鼻, まて, まであり, まで分れ, や小次郎, や虚無僧, らしく諸国, をもって事黎, を世, を受取る, を狼狽, を置き, を製した, 来て, 殺し

▼ 六~ (172, 0.3%)

3 か七度, では 2 だと, だろう, であるが, に下り, の行, は泊ります, もパンク, も同じ, やると

1 [148件] ありますが, いな, うたれるまま, かということ, から六・六, か聞きました, が六度, くらいで, くらいは下っ, ぐらい, ぐらいで, ぐらいは参ります, ぐらいは逢い, ぐらいは馬, この時, この極北, しかも同じ, しかも着物, した, すなわち六波羅蜜, ずつ美顔術師, ずつ試験, だ, であった, です, で沸騰, で馴れるとは, という前, という寒い, という小さい, という暑い, という暑気, とちょっと, とは六波羅蜜, ともこんな, と度重なるだろう, と敵, などこの, なるを, にあげる, にもなった, に及んだ, に至る, のところ, の冒険, の勝負, の勾配, の寒中, の市, の恋, の戦, の根本, の母胎, の範囲内, の船, の訪問, の遊戯, はありまし, はお, はきまって, はその, は外套, は夫人, は華氏, ばかりしました, ばかりです, ひる六度三分, ほど, ほどで, ほどと吐きだし, もあつ, もある, もいや, もうんこ, もかうし, もかきなおし, もかく, もくだし, もくり返し, もここ, もした, もつれて, もね, もよみかえさね, も一, も一里余, も休ん, も凍傷, も前後, も勤め, も子, も智恵子, も智惠子, も會つたあと, も會つて, も来るだ, も東京, も海老蔵, も湯, も窓, も繰返す, も致し, も親展至急, も観, も試合, も足, も雨, も頭, も顔, も食べる, も首, やや有っ, や七度, や暗室, よりなる, より七十度, より六十五度, をちょっと, を下廻っ, を西, 乃至九度, 乃至八度, 会った事, 会った肇, 写ったはず, 呼ばれたお客, 呼ばわったと, 呼びました, 呼んだ小, 呼んだ美代吉, 呼んで, 強く頭, 打ち振りそして, 斬りつけて, 歩いて, 激しく揺れ, 登った, 知ってるだけ, 続いた, 続けさま, 繰りかえして, 行うた時代, 見た位, 通ったが, 逢ったこと, 間違った寄算, 降るだけ, 食べれば

▼ 六~ (171, 0.3%)

6 しかない 5 の間 4 も行く 3 にし, のところ, も来た, 歩くうち, 行くと, 離れて

2 [11件] のしがらき, の沖, の道, の道程, はある, ほど歩い, ほど離れ, も先方, も行った, を隔て, 来ると

1 [116件] あったらどう, ある, あるであろう, いった百姓家, くらいき, くらい東山稜, しかなかつた, すぎて, でなく一里, でまた, で往かれます, というところ, という見当, といふところ, ときいた, とともに正, とない, となり, と思う, なれども, になる, に及び, の, のあいだ, の一筋道, の先, の地域, の坂路也, の家, の山上, の幅員, の広っぱ, の所, の方, の水上, の沖合, の波, の渓谷, の里程, はあっ, はなれた, は我慢, は歩い, は歩いたろう, は汽車, は登らなけれ, ばかりである, ばかりにし, ばかりのところ, ばかりの向, ばかり散歩, ばかり登った, ばかり軌道, へだて, ほどの御坊塚, ほどの間, ほどもある, ほども細径, ほど沖寅卯, ほど登った, ほど足りない, ほど連れ立っ, ほど道, まさに天下, もある, もつづい, もとろとろ, もはなれた, もゆく, も七町, も下った, も下流, も先, も来たろう, も来ぬ, も東, も歩いたであろう, も沖, も田, も登る, も続い, も行かない, も行け, も行っ, も行つた所, も走った, も隔たった, も隔たりたる, も離れ, も駈け, やきき, より二町, を一里, を歩い, を隔てた, 下ると, 入り込んだ奥, 出来たしかし, 吹き返されるは, 歩いたばかり, 歩いて, 登ると, 程引返す, 程歟, 程隔, 行ったあたり, 行った所, 走りアア, 辿る海岸, 追っかけたが, 追つ, 隔てたる山寺, 離れたところ, 離れた山裾, 離れた田, 離れれば

▼ 六~ (157, 0.3%)

22 あつた 4 色の 3 せうか, 死んだ 2 あらう, せう, なしの, なしを, 女房も

1 [115件] あの南, あの当時, あらうか, あらうから, いたい十六, おせんを, おます, おわせられた, お嫁, お年と, お瀧, かわいい娘, こやつ, これは, すべてが, そりゃア, それは, だが相手, ちやんと, でっぷり肥り, なし六印, まじめな, まア日本人, みんな, もう十九, もう好い, われらが, ポックリ死なれ, マーシャルの, 一人の, 一人者だ, 一間という, 七之助という, 三十男の, 世を, 二, 二二が, 二人共身體は, 五年まえ, 亡くなった, 亡くなった其孫女, 今の, 傍の, 働きに, 入るが, 初めて父親, 割って, 割れば, 割れる数, 勝, 千恵造には, 可哀そうな, 周大, 器量は, 四年やられた, 大柄な, 女としては, 女の, 学士に, 小便の, 小僧さんと, 小林に, 岩形と, 帰いで, 平凡な, 年の, 御座り, 思わず柳眉, 或商家, 文字春は, 文学青年から, 既に女, 早世し, 月代を, 未だ片, 本所の, 東京に, 正二位, 死んじゃ, 死んじゃったの, 死んだ姉, 死んでも, 歿しました, 江戸に, 洋服を, 浅井さんへ, 父の, 父信秀に, 独り身だ, 生命蓋然率または, 異性に対する, 痩形の, 白衣の, 皇太子の, 相模一国に, 矢張内気な, 私と, 私の, 終って, 終るの, 缶詰工場の, 罐詰工場の, 背丈が, 膝っきりの, 薨じた, 薨去した, 見苦しからぬ, 赤坊を, 近いうち, 郷を, 都へ, 陸奥塙六万三千九百石の, 雛妓で, 風采も, 飲みっぷり

▼ 六~ (149, 0.3%)

7 の家 6 の長屋 4 の家作 3 しかない, の人家, の農家, はあります, 隔てし溝板 2 あって, しかなかっ, しか家, の雨戸, も荒した, 並んで, 歩いて, 盗んだ金, 飛んで

1 [99件] あった, あったその, ありて, ありやしてね, ある, あるでしょうよ, あるのに, ある借家, ある其処, ある處, かたまった相川, から十二軒, すっかり見, ずつところどころ, ずつの部落, ずつ仕切っ, だけしか対岸, だけ天然うなぎ, だけ残し, だったに, だったので, だつた, できたこと, ですだで, でウイスキー, とも大きい, ならんだ人家, ならんだ家, ならんで, に僅か, のうち, のこじんまり, のごみごみ, のカフェー, のテント, のニッパ小屋部落, の一族, の分家, の名, の商人, の娼楼, の家屋, の寺, の山家, の御, の本屋, の村, の武家屋敷, の草葺き, の藁屋, の貸金, はおや, はその, は火, は荒らされ, ばかりの土蔵, ばかりの木羽屋根, ばかりも離れ, ばかり數, ほど焼け, まわって, もあった, もあります, もあろう, もツン, も七軒, も大持て, も尋ね廻らせたら, も当っ, も押入, も押入ってる, も点在, も荒し廻り, も荒らした, も行乞, やられたさうです, を三番町, 並んだ武家, 並んだ武家屋敷, 出て, 固まった所, 寄って, 廻って, 当たって, 掘に, 新しく建った, 歩いたら二軒, 歩かないと, 続いて, 置いて, 行き過ぎたところ, 行くと, 見たあと, 見て, 調べて, 遣って, 離れて, 飲みあるいた, 飲み廻りました

▼ 六年生~ (148, 0.3%)

8 ですが 5 になる 4 なんか授業 3 の二人, の時 2 ぐらいだった, だつたが, でした, なの, になっ, になった, のとき, の一郎, の人, の頃

1 [105件] かもしれない, から中学, から中学一, から中学二三年生, か女学校, が二人こちら, が数学, が殆ど独占, くらいの子供, くらいの子供二人, ぐらいだ, ぐらいに読ませれ, ぐらいの大きい, ぐらいの女の子, ぐらいの少年, ぐらいまでは口数, だ, だから, だった, だつた, だつて, だと, だな, であった, であつ, でありました, である, である彼, でお, でしたが, でつい, でふたり, でまだ, でもひつぱたくぞ, でも入れようたい, でやめる, で六時間授業, で初段, で十六歳, で名, で嘉永二年, で嫁, で手紙, とで近く, ともなれ, と思いこん, と思ひこん, などと一緒, ならだれじゃって, にし, になつ, にもなっ, にも負けぬ, に入れ, に出来る, に初段, に計算, に進級, の, のお, のふたり, のコトエ, の一ばんうしろ, の一番, の上山一郎, の不二夫君, の中井明君, の健ちゃん, の健ちやん, の優善, の加平君, の図画, の天野勇一君, の女の子, の娘, の宮本ミドリちゃん, の宮瀬不二夫君, の小西, の少年, の山村始君, の文集, の方, の浅野行夫君, の睦子, の私, の秋, の耕一君, の花崎俊一君, の行為, の野呂一平君, はいう, はいつも, はそば, はそれ, は一人, は二学期, ばかりで, までかけまわっ, までで, までのもの, までみんないつ, までみんな唱歌, よ来年, をいい, 迄の男の子

▼ 六七年~ (145, 0.3%)

13 も前 7 の頃 5 になる, の間

2 [14件] たってから, にはなるだろう, のあいだ彼, のうち, のこと, の交, は定め, ほど前, まえに, まえの, も後, も早く, も行っ, を過ぎました

1 [87件] あの頃, あるいは十年, からの事, から米国, すなわち慶応三年以来, たって, である, で旧態, で船, と一七六八年, と八年, に, にし, にした, にはなる, には烈しい, には長崎, にもなる, にも相当, にサンフランシスコ, にペドロ・サルミエント, に勃発, に掛け, に没せられた, に生まれた, に過ぎぬ, のころ, の一月, の五月, の保証, の元旦, の八月, の八月二十六日, の前, の十一月七日, の夏, の好景気時代, の年長者, の後, の月日, の生活, の間盛, はたちました, は仕込まなけれ, は書かなけれ, は書き給え, は草ぶかい, ばかり以前, まちつづけて, までに完成, まへ, もあの, もすれ, もたっ, もの長い, もやっ, もやつ, も右, も外國, も夫婦二人, も家, も巴里, も懇意, も洋服, も海, も私, も続い, も行かなかつた, も音信, も音沙汰, やがて二昔, より, よりは少なく, より文政三, らしい, をどうやらこう, をふり, をサーカス暮し, を必要, を経, を通じてこの, 勤めみんな, 経って, 続き来った, 続けて, 迄は聯合, 遂に世界的

▼ 六時頃~ (136, 0.3%)

7 になる 4 かえる 3 であった 2 から始める, だつた, であつ, でした, にベッド, に御, 起きて

1 [108件] あの人, ある町, いつもの, おきる, お邸, かえって来, かえりかけて, かえるなかなか, かと自分, から, から出, から出かけ, から出よう, から目, から立つ, から開かれる, から開業, から開演, か堀井, この見附, その行手, だったろうほっと, だつたかしら, だろう, だッ, つく, である, であるならば, でしたけど, でしたで, です, ですペーテル一族, ででもありました, でも, で東京, としとく, と見, なら僕, なり故に, になった, になつて, にはもうとっぷり, にはシェル, には一人, には大戸, には家, には早く, には私, には終, には行く, には頂上, にネエ, に出発, に千葉, に夕飯, に学校, に客, に川岸, に幾何, に彼, に復, に来い, に目, に眼さむる, に行った, に買う, に起き, に起きる, にLST, のこと, の日射し, の筈, の間, はまさに, は真夜中, まだえん, までいろいろ, までつき合っ, までには猟地近く, までめでたき, までもそこで, までゐ, まで待ちました, まで毎日, まで眠, まで話す, やっと家, より四ツ時頃, より正午, 下りて, 出かけるの, 出すかき, 出掛けようと, 大デモンストレーション, 寒く凍った, 寝る, 小さな島, 小渋陽, 帰る時, 御差支, 来られる筈, 漸, 生き返える不思議, 着いたが, 着いたけ, 起き上ること, 起き午, 迄は灯つて

▼ 六十人~ (133, 0.3%)

3 の兵 2 なり, の一隊, の山, の野次馬, もいる

1 [120件] あった, あり, あるべし, いる朋輩, からある, からの子ども, から五六百人, が仕事, が得物, が溺死, が立っ, が送っ, くらいの小さい, くらいはあった, くらいははいれる, ぐらいな従者門人, ぐらいは詰めかける, ぐらい叩きつけ, ずつ生まれ出ずる割合, その時, たらずの, だ, で三十人, という人, と共にサン・セバスチアン, と共に無残, と覚しき, にすぎない, になりました, にも不足, にも足りない, に一人, に足らなかつた, に過ぎませんでした, の, のあなた方, のサモア人, のスペイン兵, のユダヤ人, の一ツ橋家, の世帶, の中, の人々, の人たち, の人数, の人間, の僧, の労働者, の勇士, の同勢, の大勢, の娘, の娘達, の孤児, の小勢, の少年, の市民, の影, の従僕, の搾乳夫, の敵, の武士, の決死隊, の火消人足, の特權, の玉置, の生存者, の生徒, の皆さん, の眼, の篤胤, の若い, の萩原住民, の農夫, の金鉱山, の鉱山, の長谷川組, の額, はいたろう, はなかなか, は一列, ばかりで, ばかりであった, ばかりの一流, ばかりの一隊, ばかりの人々, ばかりの人夫, ばかりの同勢, ばかりを招いた, ばかり下弦, ばかり集まった, ほどで, ほどの友人知人, ほどの少女, まずは立派, もあり, もあろう, もおります, もの人間, もの海, も一室, も居る, も当て, も押し, も押し重なった, も現れ, も集まっ, をひきい, を収容, を引きつれ, を斬つた, を相手, ズラリと, 乗り込みその, 着し其外泊り客大勢, 程の在郷軍人, 近いおびただしい数, 近いお客たち, 集まって, 馳せ参りむこうの

▼ 六~ (129, 0.3%)

2 か三, に至る, の, の捕物帳, の講演, 続けて

1 [117件] お目にかかった, かそんな, か七回, か四, が行き止り, が関の山, くりかえすうち, くり返して, ぐらいおこなわれました, ぐるぐるま, このわずか, この植物, しかありません, ずつの送り迎え, ずつ相, たいへん下手, だけ奥, だけ私, だつた, だと, だんだん山, で穴, という設計変更, となり, となる, と十二回, と続く, と蹴合い, なおしました, におよんだ, にくわしく, にし, になった, には大臣, には行政権, にも及ぶ, にわたり午前八時, に亘っ, に六匹, に分っ, に区切っ, に渡っ, に進む, に限られ, のうち, のとき, の三月号, の上, の仏前, の公判, の噴出, の拷問, の脱獄, の証人喚問, の試験, の誕生日, の調練, の諫使, の連続音楽会, の選挙, の離陸, はあちら, はした, は人, は優勢, は小, は焼く, は繰り返し, は自分, ひいて, ほどあったろう, ほどわし, ほどバス, ほど見た, ほど講演, までは小杉さん, まで張り, まわってから, まわらせる, もお, もくぐった, もこの, もやった, もやり直した, も企てた, も入る, も内乱, も変った, も徒渉, も採れる, も昼間, も熔岩, も独艇, も糸, も続け, も繰返, も續, も足, も面識, やって, やって来て, や七回, ようやく阿, 主として米, 催した, 入って, 全ソユーズ, 其の都度何かしら身辺, 及び第, 捲きつけ皮帯, 揺れた後, 焚けば, 登ったこと, 瞬いて, 立ちましたが, 行ったり, 見た社会

▼ 六~ (128, 0.3%)

3 と川前市助, の方

2 [13件] か妹, が兄, が好き, が縛られる, が連れ出した, だと, だ理詰, になつい, に反, に暴れ出され, の聲, の行方, はその

1 [96件] がはひつ, が主人, が口論, が寝こけ, が小, が憎, が打つ, が指した, が昔, が武蔵, が母, が熊谷, が父, が真槍, が顏一杯涙, だって大事, だつて, だよ, であった, でした, で大, で津志田家, と主人, と同, と宗六, と朝雅, と用人, と許婚, なんか男, にはどなっ, に似たる, に隔てられ, のところ, の乞食姿, の外, の子, の家, の後ろ, の手, の携え, の放言, の枕許, の権威, の沈思, の狂気, の細工, の苦笑, の補佐, の貌蓮花, の身体, の身持ち, の隠れ家, の隱, の顔, は, はあわて, はそう, はそこ, ははじめて, はひどく, はほろ醉機嫌, はよろり, はフフン, は其處, は口, は呻く, は声, は大, は安心, は己, は急い, は武蔵, は気, は火, は畠山次郎重忠, は眉, は自分, は茶縞, は跫音, は頬髯, は頷いた, は飛付く, は馬, は驚いた, や榊市, を引ずり起し, を殺し, を疑はせる, を疑わせる, を縛, を縛った, を自滅, を貴様, 将武, 尋ねきて, 走りかかって

▼ 六年間~ (124, 0.2%)

2 と云, の出生, の平均, の生活, の苦しみ, の長い, を少年級

1 [110件] あらゆる新聞社, ある, いて, いなくなった, からさらに, が待てなかった, が製作, ぐらいは風流, ぐらい人間らしい, この治安維持法, この浦和町, この黒い, ずっとアメリカ, つづいた日記, つとめること, で, でアベコベ, で終了, というものトルコ, という永い, における彼, には相当, にわたり後で, にわたる悲壮, に一人, に三度, に二度, に五名, に亘っ, に亙る, に伝染病, に八回経験, に六人, に六度海, に出生, に刊行, に同じ, に唯一度, に唯二十七戸, に大分郷里, に天下, に娘, に書いた, に此八幡, に発表, に蘭軒, に見られる, のかわらざる, のこと, のこの, の両者, の交戦状態, の仏蘭西滞在中, の作品, の修養, の僕等, の国民義務教育, の変化, の家庭, の封鎖, の小学校生活, の小学校生活中, の彼, の怠慢, の愛慾, の政事, の教育, の暗い, の沈黙, の溝, の病人, の私, の空白期間, の義務教育, の胸, の舞台生活, の苦難, の訓練, の試煉, の酸化, の長旅, の間, の飛鳥, は実に, は月々給与, は父子, は約, は訣れた, ばかり私, ほど郷士, もたてつ, も入れられ, も半分, も持ち, も知らなかった, も間, も音信不通, よりも著しく, を一口, を宗房, 住まって, 居馴染んだ空気, 居馴染んだ空氣, 常に雪, 待たなければ, 御修錬, 思ひに, 約二年, 続いた, 苦しめた石山本願寺

▼ 六~ (120, 0.2%)

3 というの 2 しかない, であった, と五厘, にし, の金, の食費

1 [105件] あるだけ, から七銭, から十八銭, がわれわれ, が十倍, が払えない, が相場, ぐらいしかとれません, ぐらいよ, ございました, しかお金, しかも午前七時, しか残つて, じゃ, すぐ洗つて, ずつの日給, それだけしか, だけようやく, だけれど, だけ貼るべき, だせば, だぜ, だったか, だったよく, だ米, であったと, であったらしい, である, であるが, である以上, でくれます, でござんさあ, です, ですん, で下寺町, で二度, で人, で売っ, で売られ, で序幕, で行った, で買うとく, で買える, で買っ, で足りた, で食っ, というまことに, という剰, とす, とそれ, と二銭, と六合, と見, ならば, にしかならない, にすぎなかった, になります, になる, にも値い, に値する, に相当, に過ぎない, の, のうち, のうち前, のやつ, のオートミール, のカツレツ, の代用, の入場料, の利, の売上げ, の日給, の玉子, の石鹸, の窃盗罪, の給料, の見込み, の費用, の賃銀, の部類, の銀貨, の銭, はする, はともかく, は君, は欠かさず, まだ二銭あまつて, まぶしは, ものいちばん, もふんだくられた, も儲け, や七銭, より出ない, をいただく, をショカン, を今めし屋, を手, を遣らなけれ, 取られたせい, 握ると, 残りました, 残りますね, 残る, 買って

▼ 六七歳~ (116, 0.2%)

8 のころ 6 の少女, の頃 4 になる, の時 2 になっ, のとき, の女の子, の娘, の少年, の男, の若い

1 [74件] かと思ったら, かと見える, からの重, から二十二三歳, から二十歳だい, から十二三歳, から戦場, から習作, から遊廓, くらいであった, ぐらいの時, だった, だったそう, だつたが, であったが, であらう, でもあろう, でルムフォード伯, で二十歳, で大丈夫博士, で彼, で懐中, で或いは, にしかならない, にしかならなかった, にしか見えない, にする, になった, になれ, にもならう, に当るべし, に至る, に達した, の, のあだめかしい, のあの, のころ私, の人, の初陣, の可愛らしい, の堂々たる, の女子, の子供, の子供達, の小冠者, の小粒組, の山家育ち, の年少, の幼児達, の幼童, の新年, の時分, の時病, の武家, の独身者, の獨身, の男の子, の絵, の美, の良人たち, の芸者, の若, の若者, の鍛冶屋, の青年福沢諭吉, の頃東京土産, ばかりなる, ばかりのうらわか, ばかりの寺, までの子供, まで合わせ, も年上, より三十歳, 程の智慧有

▼ 六三郎~ (115, 0.2%)

3 の家 2 という奴, の手, の死骸, の顔, は父, は自分

1 [100件] から死骸, が伝吉, が分派, が十九, が可愛く, が昔, が最も, が来ない, が楓, が連れ, だ, でご, です, ですから, という今年十九, という女形, とかしく, とが心中, とこんな, としては当分, とそれほど, とのわけ, との仲, との名, との死骸, とは一緒, とも調子, と一緒, と夫婦, と熊, と百助, と遊女, にお, には不利益, には同情, にむかっ, に勇気, に意見, に扮, に関係, の不幸, の前後, の寂しい, の指先, の眼, の襟, の身, の身の上, の追いつく, の面倒, の鼻, はあくる日, はありがたく, はいつ, はお, はお構い, はきっと, はこうした, はこうして, はこれ, はさらに, はその, はどうか, はどの, はなんと, はまだ, はやっぱり, はようよう, は三月十五日, は九郎右衛門, は剣, は千日寺, は参詣, は夢, は引廻し, は懐ろ, は武士, は母, は素直, は荷物, ももう, も重い, も黙っ, よりもさすが, よりも三つ, を三人, を仕事, を供, を励まし, を呼び付けた, を外, を山駕, を庇っ, を引っ張っ, を揚屋, を楽屋, を疑っ, を見, を贔屓, を連れ

▼ 六~ (113, 0.2%)

5 の孫 4 の祖 3 の妃, の時 2 が断頭台, が断頭台上, の処刑, の宮廷, の治世, の立憲内閣, は気違い, をへ, をギロチン

1 [80件] およびマリー・アントアネット, がともに, がド・ラ・ペルウズ海軍大佐, がヴァランヌ, が処刑, が死する, が死去, である, とかからお貰い, とつづい, と云, と同じく別に, なの, ならぬコン吉, におけるが如き, については私, に伝えられ, に似, に反抗, に退位, のうち, のころ, の代, の卑称, の嗣子, の場合, の夏, の大蔵大臣, の天台座主, の女, の威風, の嫡男, の御, の御宇, の手, の断頭台, の時代, の最後, の死, の死刑, の王, の王妃マリ・アントワネット, の王弟プロヴァンス伯, の男, の着用, の祖備中守正邦, の祖辰勝, の祖重光, の秘書役, の第, の終頃, の背後, の胸, の若い, の血脈, の裁判, の遺留分, の錠前道楽, はある, はその, はカテリナ・リアリオ, は一人, は八十歳, は史上まれ, は太子, は彼女, は断頭台, は昔, は気違ひだ, は気違ひだつた, は眼, まだかつてこんな, までつづいた, もアレキサンダー二世, より前, をくつがえす, をもフランス, を処刑, を英国, を進ん

▼ 六~ (113, 0.2%)

4 の住人 3 にある, の一室, の石段 2 からはぜんぜん, にあった, の屋根裏, へあがっ, へ降りた, まで登る

1 [88件] かの上, かの所, からこの, からとびおりる, からなんとも, からは他, から下, から下り, から屋上, から脱出, から落っこった, から見おろした, が最も, が私, ぐらいの高, だが, であるから, でコロンビア会, で以前, で薔薇, で電灯, とかになっ, と各, と歩い, と登っ, にあ, にいる, におり, になります, にのぼった, にはその, にはクリストフ, に上つて行つた, に停り, に及ぶ, に台所付三室, に松崎, に登る, に見える, に開催, のおでん屋, のとっつき, のエトワール, のホール, のミッション, の上, の先生, の全員, の六三七号室, の劇場, の地下工場, の塔, の大, の天辺, の彼, の文藝春秋社, の新生社, の画室, の看護, の窓, の粗末, の西洋料理店, の露台, の鞄売場, の食堂, の高い, はど, はどう, はもともと, はエレベータア, へ, へおり, へおりた, へのぼっ, へエレベータア, へ上っ, へ登つて, へ登る, へ行く, へ通じる, ほどの高, までいろいろ, までのぼりきる, まで息, まで担ぎ上げ, まで登っ, もしくは二十階, を逃げだし

▼ 六~ (112, 0.2%)

2 [12件] あれば, である, という景気, になっ, になる, の安, の家, の小為替, の金, もする, を払っ, 戴く

1 [88件] あった, あった金, いた, いただきますと, かそこら, かの金, から七十円, から十円, がボコン, くらいでしょう, くらいな, しか貰っ, するだろう, だ, だか, だから, だったという, だつたもの, だと, だとさ, だ安い, つかったので, であったの, であり仲仕, であるけれど, でええ, でした, ではね, でわける, で一万個, で二十五円学資, で売れ, で完全, で漸次, で立派, で買い求めた, で閉口, ということ, というの, という具合, とかだ, となりました, とゆうゆう, とるそう, と少し, と申し, なら買うと, なり, にかへたる, になりました, に対して会社六円七十銭, に減額, に頂い, のぢ, のという勢, のところ, の七円の, の儲け, の六分の一, の収入, の商売, の家賃, の宿賃, の月給, の為替, の玉露, の稿料, の粗末, の間代, ばかりすっかり, ばかりと見えた, ばかり食った, までつく, まで奔騰, まア本当, もくれる, もとる, やそこら, やって, を一年目, を下らぬ, を差引かれる, 乃至七円, 位するの, 出ると, 盗んで, 稼いだ, 近い香水つきもの

▼ 六時半~ (108, 0.2%)

3 である, に起される 2 だよ, です, になっ, に起きる, のバス

1 [92件] からだ, からだったろう, から一時間訪問, から七時ごろ, から並ん, から九時半, から六時, から御, から明舟町, から立っ, から英語会, から茂木さん, が鳴った, が鳴ってる, だ, だった, だつた, でして, で針, で駅, というの, といふ, と言う, に, にうち, にかけてねじ, にこの, にその, になります, になる, にはレインボー, には全く, には必ず, には日, には朝飯, に下り, に公会堂, に出, に出勤, に出発, に吾, に夫, に定食, に帰り, に座, に散歩, に来た, に来なけれ, に楽屋, に殺生小屋, に眼, に着いた, に紅葉館, に終る, に起き, に起きた, に起床, に釧路行, に開き, に食堂, の太郎, の日比谷公会堂, の汽車, の解放汽笛, の閉監, まで, まであちら, までにはお, までの約束, まではこんな, まで切符, まで社, よ, より七時ごろ, より先生, をとっくに, を指し, を過ぎ, 寝こみを, 急いで, 着温泉, 起きたのむから, 起きダットサン, 起き殆, 迄にあげ, 迄の間, 迄ゐ, 迄大丸, 近い, 過ギニ食事, 過ギ颯子等到着, 開く

▼ 六ちゃん~ (104, 0.2%)

5 のこと 4 は電車 3 のところ, は, はその 2 のほう, の運転, はとら

1 [80件] いやちゃんと, おめ, かうち, から眼, がまず, がまた, が云っ, が仏壇, が他, が好き, が戸口, が来, が見えない, じゃア, だ, だね, という少年, という運転手, とは私, ともう, とも会わなきゃなんない, にあなた, にはそれ, に不都合, に云いつけられる, に興味, に髪, のうちの, のただならぬ, のため, の主観, の二人っきり, の夫婦, の奥様, の思い, の肩, の電車, の顔, はうち, はかぶっ, はしんそこ, はそう, はとても, はどっち, はばか, はふざけ, はまさしく, はまた, はもっとも, は中通り, は云う, は呟く, は喚き, は好かない, は帽子, は幾たび, は怠け者, は抱きあげた, は持っ, は母親, は気, は油差, は答えた, は絶対大丈夫, は肩, は舌打ち, は苛立っ, は足, は車窓, は運転台, は頭, は驚い, は黙ってろじ, をからかっ, を比較, を私, を見, を見よう, を見る, 阿父さん

▼ 六という~ (102, 0.2%)

6 のは 3 のを, 人が 2 のが, 二人の, 名探偵, 年に, 男, 男が, 者を

1 [76件] お婿さん, ことに, ところが精, ところへ, のだ, のへ, もう一人, ものが, ものです, ように, わけです, 一つ違いで, 中年の, 五十男の, 人々の, 人では, 人な, 人は, 人口が, 人口を, 人物の, 人間は, 仲間真, 名うてな, 名は, 名を, 品川本宿の, 女が, 女であった, 女は, 女も, 奴の, 奴は, 娘たしか産れ, 子分が, 字の, 存在を, 家来に, 小道具屋は, 年と, 年の, 年は, 年も, 年輩で, 年齢から, 年齢が, 年齢には, 年齢は, 探偵が, 探偵です, 数は, 数字, 方が, 日本一の, 曲者は, 書舗であった, 村には, 田舎娘には, 男を, 番号な, 番号を, 異常な, 緡売り, 者だった, 者で, 者である, 者唐の, 者苧商人雑掌と, 胆汁質の, 背の, 若い嫁, 若い楫, 若い百姓男, 若夫婦, 野郎は, 青年探偵の

▼ 六~ (102, 0.2%)

8 の銭 4 の兵 2 あり死, しかねえ, にて弁当, のうち, の小勢, の少年

1 [78件] あったから, いや西暦千七百, からの棄権, から八百位, ぐらい, しかない, ずつくれる, ずつで売っ, ずつで買う, ずつになれ, ずつの立前, ずつ置い, だと, です, でも一貫, でも刈っ, でハミルトン, で祝儀, で親分, という, というこっちゃないぜ, といふ, としてまあ, とまとまった, とみ, ともゆかぬ, と合し, と市中, と霞, ないし七, ならば, にも足りない, にも達するであろう, に及んだ, に足らない, に近い, ねえこと, のぼく達, の人, の人数, の人間, の代議士, の喊声, の土人, の犠牲, の目, の眼, の眼玉, の聽衆, の見物, の観衆, の軍, の通信員, の金, の金位, の鉄砲, はあったろう, はあるでしょう, はたらいて, は居る, ばかりの端銭, ばかり殘, ほどになる, もある, も入っ, も獲つたさうだ, をひ, を數, を朝鮮, を率い, を超えない, 乃至七百フィート, 出しゃ気儘, 合わせて, 少弐頼, 満つすなわち, 焼けたって, 遣って

▼ 六~ (99, 0.2%)

5 の柱 3 の法印邸, 承禎 2 のよう, の家, の樫, の獄舎, の鏡

1 [78件] あるひ, か, かにきっぱり, かにきつ, が立て籠っ, で斬罪, といっ, とか八角, と浅井長政, と複雑, ないし八角, なる里方, になっ, になった, にまた, に井桁, に仕切っ, に削った, に削り上げた, に削成したる, に尖, に質店, に連子, のその, のつましい, のてまえ, のナット, のパン, のピラミッド型, の一族, の井戸, の体, の内部, の北, の南, の各々, の噴水, の団扇, の太き, の形, の彩燈, の彼, の手作り, の星, の時計台, の洋酒杯, の洋酒杯状, の火桶, の灯籠, の獄, の白地, の目, の眼, の石灯籠, の空, の締め金, の花瓶, の蜂窩, の螺旋形, の角砂糖, の諸, の象嵌鍔, の釦, は佐々木, は自分, へとめおい, へ行く, へ行った, も起っ, や承, や浅井長政, より北, を力, を攻めほろぼし, を絡ん, 敷いこと, 敷いところ, 敷くは

▼ 六~ (97, 0.2%)

6 の方 3 の小屋, の映画館街, の雑沓 2 に出し, の中, の交番, の役者, の池, へ行こう, を抜け

1 [68件] が与えられた, であるが, で見たら, で銘酒屋, とにかれ, とは反対, とを一つ, と吉原, などでオペラ, には比すべく, に住み, に分け, に大がかり, に大人気, に常設的, に現われ, に至り, に遊ん, の, のお方, のにぎわい, のはねた, のひょうたん池, のよう, のアパルトマン代, のレヴィウ関係, の人気役者, の劇場, の十二階下, の地, の女, の常設館, の日本人, の映画街, の映画館, の瓢箪池, の用, の石畳, の臭い, の舞台, の見世物小屋, の観世物, の記事, の路地, の道路, の雑踏, の電燈, の頁, の飛龍座, は岩見重太郎, は田, へでも行かず, への道, への郷愁, へ出, へ出かけた, へ急いだ, へ着いた, へ行く, へ赴く, へ遊び, や玉の井, をさまよっ, をぶらつき, を更に, を背景, を通り, を通り抜ける

▼ 六~ (96, 0.2%)

2 しかもその, だけ選び分けた, の円筒, の宝石, の影, の死美人像, の鍵

1 [82件] あったが, あって, あり中隊ごと, あるもの, あれば, かのつづら, かはっきり, そして後方, その商店, その次, たしかにちょうだい, つまんで, である, という凄, とこの, ともちゃんと, と合せ, と相互, にし, に擔, の, のもの, のダイヤモンド, のテント, の人影, の人物, の人骨, の代金一円八銭, の半鐘, の吸殻, の噴火口, の小石, の強, の彈丸, の慈善病院, の文字, の時計, の瓦斯灯, の石, の穴, の者, の耳, の腐敗美人像, の荷物, の菊花, の薪束, の製産高, の註文, の車輪, の雪, の電球, の面積, の麻雀牌, の齒輪車, はたしか, は金貨, は齒輪車, ほど行儀, ほど註文申込, もあった, もある, もつくる, も揃っ, を剥ぎ取った, を奪っ, を攫み出し, を有するなり, を棺桶, を貴家, 下りて, 並べた, 並べて, 出して, 又は七個, 揃えて, 放りこんで, 有り, 磨り潰しましたよ, 置かれて, 行きおまけ, 食った, 食って

▼ 六十円~ (95, 0.2%)

2 だから, である, になった, のオツリ, はかかる

1 [85件] から七十円, から百円, か払いました, くらい貰っ, くれた, ぐらいでしょう, ぐらいにつく, ぐらいに当ります, しかしこの, しかない, すぐ出せる, ずつ分け, だ, だけその, だけ私, だぞ, だとかを, だろう, でお, でこの, です, ですが, では, でも, でもやっ, で世話, で買った, で雇う, ということ, というの, という値, とかであったらしい, となる, とは大, と云, と睨んだ, と聞く, と見, と送っ, になつ, になり, にはなる, にもなつて, に月々, の人たち, の大穴, の家賃, の月俸, の月給, の生活, の真相, の貸切り, の赤字, の配当, の金子, はお前, はかかった, はする, はなく, は使う, は承認, は消え, ばかりです, ばかり取れる, ほどはいった, までぐらいの社員達, もあれ, もう百円, もかけ, もやられた, よりやっ, を一ヵ月, を下らない, を前借り, を持っ, を請求, 使うの, 入れて, 出して, 出来た老い, 払って, 払わねば, 無格社, 程貰っ, 若くは

▼ 六日目~ (95, 0.2%)

6 の夜, の朝 3 のこと, の晩 2 にこの, になる, に同室, に神, の午後, の夕方

1 [65件] いよいよ月, かに電話, から急, か七日目, がちょうど, がやつ, が伊沢, ぐらいからほんの, じゃ, じゃない, だ, だから, だぞよ, であった, で再び, となり, どすな, に, にあたる, にあまねく, にお, について居ります, になつて, にはもう, にはガラス管, にはボイルド, には家庭, には少々, には彼, にも一度, にも同じ, にジョン, に今一度芝居, に出来上りました, に戻, に本当に, に王, に男, に突然, に第, に美濃, に食べる, に鹿島洋, の三月十四日, の予感, の五月十五日, の出来事, の十一時ごろ, の十三日, の夕刻, の実況放送, の日午後, の日曜日, の晝頃, の暗い, の朝っぱら, の間, は, は暴れ, は朝, は谷, も同じ, を食べ頃, 又一度, 若しくは十日以内

▼ 六~ (93, 0.2%)

3 じいや, じいやは, と勘次 2 が溝口屋, じいやが, じいやの, といっ, と同じ, に見張らせ, の話, や勘次, 夫婦の, 爺だ

1 [64件] があまり力, がそう, がその, がどなり, が上方, が云った, が前夜, が夜店, が泊っ, が煙草, が神谷町, が笑いだした, じいやに, だ, だと, で店, というならず者, とである, とを呼び立てた, と懇意, にきまっ, に会っ, に出逢った, に寝, に會つて, のこと, の一人娘, の世話, の処, の口占, の妻, の戻った, の持物, の死, の治療, の物語, の若い, の話しぶり, の調べ, の遠い, の面, はあわて, はかづら, はこれ, はそこ, はどんな, はまったく, は中條流, は云った, は何ん, は大, は蒔絵師, は裏口, も夢中, も少し, も早く, や木村音吉, をよび止め, を膝, を見張らせ, 塚柳北の, 夫妻皆んなお上の, 親爺の, 餅を

▼ 六~ (91, 0.2%)

5 てがら 4 の客 3 てがらです, の 2 の右, の奏鳴曲, の紙札

1 [70件] おちゃ, および, かつて見ない, からある, から二階, から十番, が大和, だったな, だつた, でいま, でお, でした, ですのね, ですわ, といふところ, とに入れさせた, とワッショイワッショイ, と書い, どろ, に, にお, にかけれ, についてのロラン, には寄合, に落ち, に非, のところ, のピアノ, のルウレット台, のレヴィツキー, のワルツ, の二階, の五島, の備え, の土蔵, の声, の大, の射手, の山車, の席, の料理店, の方, の昇降場, の札所, の東海さん, の歌合, の美男, の肉屋, の自, の舞台, の讃美歌, の讚美歌, の責め手, の部屋, は傑出, は常盤町, への山越, へ移り, ほどの小鳥, までの山車, もふさ, もよろしい, も指しました, やって, 上がって, 戦って, 斬りなんと, 斬りの, 斬を, 老妻

▼ 六~ (90, 0.2%)

4 の鼠 3 の馬 2 の大きい, の犬, の猫, の生物, ほど買う, 死んだ金魚, 殺せる程

1 [69件] あり, いる, いるという, いるよう, いれて, うごいて, お土産, か十匹, ぐらいまでは魚, しかいない, しかおりません, しか掬い上げ, それから土瓶, だ, だけ取り離した, ちょうど小学生, では, に一匹, のうち, のお, のじ, のたくましい, のとかげ, のほか, の二十日鼠, の仔豚, の仲間, の動物, の大きな, の小, の尺とり虫, の折檻委員, の河童, の河童共, の牛, の犬庭, の猿, の白蝶, の蛇, の蛭, の蜥蜴, の雛, の首, の鹿, は皆腹掛, は間違い, は食い合い, もぞろぞろ, も同じ, も揃つて, も攫っ, も生んだ, も群がっ, も荷物, も走りまわっ, も這ひま, も集め, を兼ね, を飼っ, チラチラし, 入って, 売っとばし, 捕えて, 狙うて, 程捕れた, 繋ぎ人足, 逢った, 遊んで, 釣り上げたが

▼ 六~ (90, 0.2%)

2 ある石段, に吊られ, の畑, の階段, や春雨

1 [80件] あった, ある梯子, うへに, おりたところ, から上, か七段, がアメリカ, がバット, が中座, が妙手, ぐらいしかありません, ずつ出ない, ずつ飛び上がる, だ, であった, である, でア行, で二十四個, とモンクス, と知り, と関係, にさわらし, になつて踊り場, に分け, に区分, のお父さん, のはしご, の件, の作戦, の右, の廣, の教士, の書架, の柔道着, の段, の片方, の田, の職田, の軍勢林, の阪神入り, の階, の雛壇, の頬, の頭, の類, はいっこう, はくちびる, はごろりと, はその, はにこにこ, ははっきり, はひょいと, はやっぱり, は一向に, は一日じゅう, は抱かれた, は洗い清めた, は背中, は自分, は英語, ほどおりる, ほど石段, ほど苔, ほど降り行き, ほど鞠, もおりた, もし, や長唄, より一町六段, をみつめた, をやる, を下りた, を当然, 上って, 残したって, 登ってから, 続いて, 返しみたい, 降りて, 高くし

▼ 六~ (89, 0.2%)

21 のみに現 5 では 4 の本, の第 3 のみ 2 で削除, のみに現れる, のもの, の分, より現

1 [42件] からである, から四六倍, が現れ, でありまた, であり第, であるが, でした, でその, で用語若干訂正, との比較, と同一, にいたる, においては第, において訂正加筆, にほぼ, に復します, に現, のみであり, のみにある, の修正, の全文, の全部, の册子, の変化, の小型, の小形, の形, の数字, の文句, の最初, の章, の訂正, の計画, はその, ほどの厚い, まで保持, まで踏襲, も出た, をおろします, を基礎, を売り弘めた, を重ね

▼ 六かしい~ (87, 0.2%)

6 事は 4 事で, 問題である 3 ことで 2 ので, 事を, 他年一日外国人から, 原書を

1 [62件] いわんやその, ことは, ことや, ことらしい, ことを, こと云ふ, しかもたいてい, ところで, と云う, と思, と思つて, と思われる, と断言, と諦らめ, なんかん, のである, のです, のは, のみならず, はずである, は些, ものだ, ものである, ものな, ものは, 上に, 事だ, 事ぢや, 事である, 事であろう, 事な, 事も, 事柄の, 余り烈しい, 先ず諸, 処で, 劇といふ, 勘定だ, 勘定を, 勞力と, 問題であろう, 問題に対して, 問題は, 声で, 奥ゆかしい考, 字は, 学問に, 学問の, 数学の, 数学的理論も, 注文は, 漢文だ, 由来が, 経史を, 考の, 複雑な, 要求に, 説明を, 談判も, 運動を, 霊妙な, 顔を

▼ 六十銭~ (80, 0.2%)

2 になる, の蟹

1 [76件] ある, あるばかり, かかりますからね, かに英国人, から一円七, から七八円, から七十銭位, から九十銭程度, が七十銭, が勢一杯, くらいの頭割, ぐらいであった, しかなかっ, だ, だった, であったが, である, でい, でいい, でございます, でしかも, でした, です, ですね, でやる, で外, で花束, で買っ, で買った, で酒, といつた, といふこと, といふ赤縁, とかいた, とぢ, となり, と書い, と見れ, と言っ, ならば, にしとこう, に当っ, に負けさせ, に過ぎない, のうなどん, の二本, の俸給, の労働, の小倉洋服, の小説, の損, の本, の鰻丼, はする, は不足, は遣すだろう, ばかりに相成り, ばかり貰っ, ほどの銅貨, まうけ, もうけて, もする, も七十銭, やっとだ, よりくれない, より上玉一円どまり, より持っ, を上下, を僕, を普通, 出して, 多い時, 大奉書, 払った, 返すん, 頂きます

▼ 六丁目~ (79, 0.2%)

8 の銀六 4 の家 3 から小橋西之町, の大 2 から神田, の, の娘殺し, の親分, へ文七元結, へ決して, へ飛びました, まで一緒

1 [45件] が燒, で彼, で急, で降りる, というところ, と七丁目, と歩い, と福吉町, にて小, にて甲州屋仁左衞門, にゆく, に住む, に劇場, に宵火事, に店, に着いた, に著い, に違い, の交叉点, の停留場, の地下電車, の或, の日蔭, の桜井屋, の桜屋, の桜屋六兵衛, の桜屋六兵衛一家, の櫻井屋, の櫻屋, の沢崎, の洒屋久兵衞, の活動, の糸問屋藤屋七兵衞, の藤屋火事, の銀六親分, は百人町, へかけ, へ住居, へ尋ね, へ暖簾, へ転座, までの間, まで各, より電車道, を乘出

▼ 六~ (79, 0.2%)

4 の自動車, の船長, の運転手, はやみ 2 の誌上, を注射

1 [59件] からは小説, か八号, があそこ, がききかえした, がききとれない, がだまっ, が何故, が拓本十巻, が日比谷, が沈黙, が答えた, が言った, しか出なかつた, であった, でしたが, でしょう, での, では穀物条令, で写真入り, で組まれた, という名, という大き, とか八号, とか四十九号, どうしても書けない, ないし八号, など, などというもの, に, になりました, に乗っ, に佐々木嘯虎君, に出, に彼, に書いた, に至る, に載った, に高山, の中, の心中, の病室, の箱, の車体, の電車, の風景カンバス, は, はあの, はだれ, はオテル・エルミタアジュ, は横ざま, は沈黙, は腕時計, ばかりの小品, へ, まで出た, をとり, を刊行, を書かなけれ, を見た

▼ 六分の一~ (77, 0.2%)

6 を占める 5 という死亡率, と仮定 4 を控除 2 ではなく

1 [55件] から二十分の一内外, が斃, しかない, しか出ない, しか都合, だけ増加, だけ過大, だという, であった, であって, であり出生, であり出生率, である, であるが, であるのに, でなく三八分の一, で十六歳以上, というたいへん, という如き, という平均死亡率, という比率, となり, となるであろう, と推測, と考え得よう, と見積られた, ないし四八分の一, なの, なるヴォー州, にしか感じない, にすぎない, に及ばず, に当る, に減ずる, に減った, に減少, に過ぎず, に過ぎぬ, のこと, のプロレタリアート, の一ペニー, の地域, の持ち主, の時間, ほどで, またはなはだしき, またははなはだしき, または陸地七分の一, をしめる, を出でず, を加えた, を加えれ, を占め, を結婚, を除いた

▼ 六百円~ (76, 0.2%)

6 の金 3 から十万円, だ, の保証金

1 [61件] あれば, からの借金, からの得, か六百円位, くらいの権利金, ぐらい貰わんで, しか財産, ただし月賦十円払込, だろう, ですが, ですな, では, で仕入れ, で買いたい, で食べるだけでも, というところ, と僕, と合わせ, と正札, と言え, なら何年, なら六百円, にはなるだらう, に減じ, のうち, のお, の一等乗船券, の中, の使用法, の借金, の損, の新, は安い, は涼しい, ばかりかかる, ばかりの勘定, ばかりの惣高, ばかり殖え, ほど融通, もあれ, もする, もの大, も貯金, よ, より又, をかけ, を三, を出し, を算当, を節約, を納められたい, を資本, 並べて, 何とも思つて, 作るまでの, 出さして, 出して, 持って, 程払っ, 貰った, 買えば

▼ 六ヶ月~ (75, 0.2%)

5 の間 2 の刑期, を費す

1 [66件] かかって, か二三ヶ月, くらいと思います, ぐらいまで短縮, ぐらい飼育, して, たったばかりの, たつて, だから, であつ, でさらに, でも永い, で更に, で近藤勇, とし, とまた, と二十日, と答, なら一番, にし, にしかならない, にて一年三月, になる, になれ, に六回, に延びる, ねきつ, のあ, のため, のリポーター生活, の刑, の學期, の実験, の後, の期限, の間僕, の間夜中, の間妻, の間耐, はグランド, はコタエマシタ, はマウント・アソス, は成, は若い, ばかり前, ばかり経っ, ばかり経つ, ほどで, ほどの懲役, ほどま, もある, もすれ, も利子, も前, も続い, を任期, を経れ, を経過, を經過, を限り巡回文庫, 程経った, 終りて, 経ちました, 経って, 責めつけられたが, 過ぎる頃

▼ 六百年~ (73, 0.1%)

3 の間, を記念 2 の後, の日本, の昔, の物, の脚本, も前

1 [55件] ああ遂に, たつてからの, である, というはなはだ, といふ長い, とか千年, にいたり, になり, にはあまり, にも近い, にテーベス, に是非出版, に當, のわが, のタイム, の久しき, の今日, の光輝, の其の, の冬二月, の初め, の大, の太平, の後小乗, の文化, の星霜, の歴史, の深山生活, の祝典音楽, の紀念劇, の記念出版, の長き, はおろか, はて何, ばかりも延長, ほど代, もむかし, も七百年, も以前, も伝わる, も大差, も経た, も間違つて, を光輝, を控え, を祝賀, を經, を越す, を迎えます, を通じて日本国民性, 乃至七百年, 乃至千年以上, 奉讃, 程以前, 経って

▼ 六日前~ (70, 0.1%)

2 からすぐ, ですよ, にその, に書いた, に杉丸太, に買った, の夕刻, 聞きましたそれから

1 [54件] からこの, からそう, からでございます, からようよう, からマラリア熱, から少し, から山の手, から明い, から殆ど我が家, から滞在, から私, から魚, すなわち一月十一日, だ入用, ちょっと何, であつ, でした, どうかしたら, なの, にすぐ, にまた, にもたずね, にもやっぱり, にも千, にも吾嬬, にも銀子たち, に今橋, に何, に先, に先生, に勇助どん, に千住, に友達, に和田, に変りました, に岩手県鵜住居村, に庭, に朋友, に母, に立った, に読み, に隠居, に隣, のこと, の事, の午後, の手紙, の晩, の頃, までこ, までは, までもこの, まで毎日家, らしいや

▼ 六にも~ (69, 0.1%)

8 なって 3 なりませうか, なるでしょうか, なれば, 成りながら 2 なるが, なるのに

1 [45件] この話出づ, しろこんな, たやすく想像, ちょうどそれ, なったかと, なったら少し, なった女, なつた, なりながら, なりましょうか, なりますか, なるいいわけ, なるし, なるだろうか, なるでせうか, なるでせうが, なると, なるの, なるらしい大きな, なろうか, なろうかと, なろうという, よく判っ, わからないはず, 丁度それ, 二度と眼, 似つかない架空, 判らなかったが, 加賀家お, 勘兵衛にも, 右門の, 悪くなくいっ, 成ったから, 成つて金鍔位ぢや, 成りましたし, 成る, 腑に, 見える婦人, 見える時, 見れば, 記載され, 足らない者, 逢つて見ました, 逢ひ, 頼んで

▼ 六畳間~ (69, 0.1%)

2 があつ, で行, のまんなか, の縁側, を提供

1 [59件] からかう, から兄さん, が仏壇, が太宰さん, が太郎, くらいの穴, くらいの部屋, だった, でここ, でそうして, でみんな早寝, で出窓, で勘定, で印東, で左, で次男何某, で荷造り, で電気, で鯉, とそれ, とそれから, なの, に, にあがっ, にいっしょ, にご, につづい, にとおされ, にはいり, には顔, にひとり, にふんどし, にもたりない, に三分心, に上げ, に二人, に仰向けさま, に台所, に寝起き, に引込みました, に私, に足, のほう, のまん中, の中央, の古着屋さん夫婦, の床の間, の座敷牢, の机, の西向, の隅, の電球, の騒ぎ, はその, へ行き, ほどな, を, を妻子, を私

▼ 六~ (68, 0.1%)

4 の距離 3 行くと 2 の道, はなれた, 行って

1 [55件] ありますから, ある水, いった谷間, それから川原, ですねんけど, で一里, で蓴菜池, という, といふ場所, と聞, にし, にわたれる, のところ, の処, の此方, の道程, の鎌, の間, はあります, はあるき, はなれ, はをかしい, は柘, ばかり東, へ出かける, ほどの近道, ほどの道のり, ほど下っ, もあらう, もある, もとろ, もはなれ, もはなれた, も先, も周り, も来る, も行く, も谷, も遠き, ゆくと, ゆけば, よ, を一気に, を持っ, を過ぎ, を隔て, 入ったところ, 大磧, 行った先, 買って, 走った後, 離れたる所, 離れた森, 離れて, 駈けて

▼ 六~ (68, 0.1%)

3 の文章 2 しかなく, だ, に, のもの, の記事

1 [55件] かいた後, から消化, から第, が百三十五回, くらいの詩句, ずつ書い, ずつ訳させられた, である, で始まるかと, で片, とする, にあらわれ, にしか使, には候, に亙る, に至り, のはがき, のまとめ, のシャルルマーニュ, の一章, の会話, の取消し記事, の葉書, の蠅頭細字, の言葉, の走り書き, はなはだしいの, は名文, は天, は造作, ほど書きなぐっ, までの大意左, までベアトリーチェ, まで三一, まで神, まで背ける, も進んだ, より一一七行, より始まり, を書きおえた, を裂い, 削られたこと, 削られた事, 書いて, 第二十五行, 第二字, 第六字, 第十字, 読みては, 読みもて行けり, 読んだ, 読んだもの, 読んで, 讀んだ許, 飛んで

▼ 六~ (67, 0.1%)

11 の馬 3 の牛 2 の鹿, は居らし, 殺した

1 [47件] います, から三十頭, が六頭, じゃなかった, ずついっしょ, だちの馬車, だと, とた, とはずいぶん, とも汗, と牡牛, と牡羊二頭, なり, にすぎない, のもぐら, のライオン, の大, の大群, の山羊, の怪物, の恐竜, の惡, の放牧馬, の牛羊, の牝馬, の犬, の白馬, の荷駄, の駒, の駒産, の驢馬, の鯨, ははいっ, は今日, は居るらしい, ひいて, もいる, もの馬, も着けた, も集っ, をたおし, を得, を振, を斃, を有っ, を畜, 殺して

▼ 六~ (66, 0.1%)

63 そうだ, そうです, といふ 2 けれど十二, な, ね

1 [45件] お前の, かじんろくだ, かとにかく, から, からと云っ, から何, から孫, か七, がね, が叔母, が昨年, が浅草, が痩せ, けれど物の本, ぜ, ぞ, つた, つたと, つて脂切つた, という, ということ, というの, という者, といつた, といふ内, といふ色, といわれ, とかいいやした, とかとにかく相当, とか言つて, とわかっ, と云う, と云っ, と云った, と答えた, なまだ, なんて思えやしない, のにまるで, もの, よああ, よあの, よそして, わ, ネ, 私は

▼ 六代目~ (66, 0.1%)

2 が上演, やハリマ屋

1 [62件] が松の木, が病気, が素敵, が芝居, が青梅町, さえその, だ, だよ, でどんなに, というわけ, とその, と同じ, と花柳, と花柳章太郎君, などがやる, にも七代目, に似かよっ, に豪信法印, のい, のお祭佐七, のツモリ, の世話, の主人, の主人金次郎, の仮, の伊皿子, の吉左衛門, の姉輪平次, の子孫, の家, の御, の御子, の怪談物, の悪, の易者, の會葬者, の死, の演出, の為永春水, の爆笑, の皇帝, の相手, の破戒坊主, の菊五郎, の藝, の顔, は, はああ, はウィスキイ, はジミ, は早世, は話好き, ほど芸, もどこ, も幾たび, らしい, を相続, を神様, を約束, を襲う, を見, を誡め

▼ 六百人~ (65, 0.1%)

4 の臨時工 2 と聞えし, に読まれる, に達した, の女, もの臨時工

1 [51件] ありと, からの人足, から八百人, から千人近く, ぐらい這入る, ずつの常備兵, という人間, とかぞえられた, にとどまり, に過ぎぬ, のもの, のやくざ, の一大旅行団, の中, の主力, の人足, の人間, の備え, の兵, の列聖者, の司教, の同勢, の士卒, の大司教, の子供, の学生, の官軍, の従業員, の患者, の捕り, の私娼, の首切, はゆっくり, ばかりと船二十余艘, ばかりを相手, までの男の子, もある, もの人間, もの首切り, も群, を伴, を包容, を宦官, を容れる, を招い, を数える, を最初, を用意, 出ました群馬縣地方, 程はひ, 近い少年

▼ 六兵衞~ (64, 0.1%)

2 と重

1 [62件] かな, が仕掛, が來, が寢, が掻卷, が殺され, という狐, と云者, と伜染五郎, と共謀, には痛い, に化かされ, に後, に食われっちまった, のした, のなく, の世話, の名, の女房, の存在, の怒, の捨鉢, の本, の本能, の死體, の氣持, の當, の眼, の茶碗, の赤銅色, はさ, はしきりに, はどう, はひぼし, はもみ手, は何, は何處, は到頭, は呆氣, は氣, は深々, は石, は筋違, は聲, は腹, は藤代要人, は身持放埒, は近江屋, は靜かに口, もよく, もツイ滑らか, も半, も轉げ, よお母さん, を促し, を叩き起し, を唸らせました, を引つ立て, を欺き, を蔭, を附け, を驚かした

▼ 六から~ (63, 0.1%)

2 一部始終を, 十九まで, 坂井の, 見れば, 起しに

1 [53件] おい君吹かん, ぐれだしたあげく, こちらへの, なん, はたち頃まで, ハタチまで, 一八七四に, 七へ, 七八という, 七八の, 三十ぐらゐまでいろ, 三十五六迄の, 三十近くまで, 二十ぐらゐなのが揃つて來ました, 二十に, 二十までの, 二十七八に, 二十二十四五の, 二十歳までの, 二十歳前後の, 二十近くまでの, 云いふくめられて, 五十ぐらゐまでの男女俳優を, 何か, 借りた金, 兄に, 八までの, 八九ぐらゐまでのどれも, 六・八を, 六十までの, 十二三ぐらいの, 十手を, 吸って, 喫煙癖に, 四十までの, 四十二歳で, 四名高, 家督を, 差引けば, 我々は, 手を, 折紙を, 眼を, 聞かされると, 胸を, 色気づく, 身を, 逃げきれなかったよう, 逃げ親たち, 酒と, 隠居の, 離れたとは, 飲んだが

▼ 六~ (63, 0.1%)

11 の大軍 4 の兵 2 の人口, の大兵, の軍容, の陸軍, は宛城

1 [38件] から七万, から七万石, か七万石, といふ大口, とわかった, と号, と小刻み, に過ぎますまい, ぬすむの, ぬすむ同じ, の, のうち, のね, の人々, の住民, の勢子, の大将, の大軍三縦隊, の平軍, の戦死者, の敵, の浪人, の現存図書, の目, の観客中, の軍, の軍馬, の金, の陣立, はあった, も人口, も印刷, をひきい, をもって東条, を帥, を贈る, 少くも, 平近く山仕事

▼ 六十万石~ (63, 0.1%)

8 を分割 3 のあるじ, の仕置, を二つ, を寸断 2 に手, は安泰

1 [39件] がどう, が安泰, といわれ, と全, に及び, に封ぜられ, のいのち取り, のため, のまだ, の世子, の取, の名, の大, の存亡, の安泰, の家中, の座, の改易, の気位, の糞尿, の藩主, の金鱗亀尾蓬左柳, の領主, はいっそ, はおれ, は取, は無事, もあたし, をとりつぶされる, をとりつぶし, をめぐって雅楽頭, を下され, を分割寸断, を取潰す, を増加, を揺り潰そう, を横領, を護った, を附与

▼ 六~ (63, 0.1%)

32 にし, になつて, になる

1 [54件] から百七十九頁, がある, が楊鎬, くらいの短い, さらう, だけ切取っ, だけ有用, でしたか, ですね, です第, でも繋げ, という本式, にある, になっ, になります, にふれ, にインド, にクヲテン, にシャム, に出た, に尊者トメ支那, に拠れ, に拡張, に擴張, に昔インドモヴァイヤ, に来, に犬, に盜人, に見た, に豕能, のところ, の十六行目以下, の四折判, の図参照, の校正, の獨逸語, の表紙, の訳註, は読める, ばかりの機関誌, ばかりの短篇, への一つ, も出せた, も読む, も讀む, をごらん, を模したる, を読んだ, を開け, 取の, 繰って, 纏めて, 読んだ, 随分長い

▼ 六カ月~ (61, 0.1%)

4 の間 2 の後, も前, 休んで

1 [51件] かかった, か七カ月, が過ぎた, きて, くらいムクムク, しかたっ, その親日富豪, たつと, だぞ, では, で帰休, で彼女, とはかからねえ, とはゼフリズ, になる, にも及んだ, に五百万円, に亘っ, に及ん, に見えるやろ, のうち, のお腹, のシイズン, の刑務, の年期, の敷金, の日の目, の禁錮, の間コカイン, の間セル, の間彼, の間気温, の間荒毛, は過ぎた, ばかり以前, ばかり滞っ, ほどの間, ほど百姓, もたて, もつづいた, もつん, もやる, も七カ月, も牢, も経っ, も距, をすごした, を経た, を隔て, 働いて, 食うには

▼ 六~ (61, 0.1%)

3 が一 2 が二, でお, では, と八帖, と四帖半, のほう, の部屋, ばかりで, を二つ

1 [40件] から口三味線, がある, であるが, でようす, で六郎兵衛, で小粒金, で床の間, で着たなり, で着替え, で菊太郎, で隣りは, で飲みだした, と二帖, には, には中年, には長火鉢, に出, に屏風, に近く, の客間, の広, の窓, の襖, の障子, はずっと, へはいった, へ去った, へ戻る, へ来, へ案内, へ食事, ほどの広, ほどの板の間, も常に, や出所不明, や新, をとった, をとり, を持つ, を貸す

▼ 六~ (61, 0.1%)

7 のお 4 の巣窟 3 の木戸銭 2 であるから, の宮芝居, の銭

1 [41件] がはいっ, が何百年, が百, しか残っ, じゃあない, するとき, だという, であ, であること, でも廿四文, で春, で普通, で濟むといふから, で芝居, で見る, というの, と一緒, と勘定, と相場, と馬鹿, なんかそりゃあ素的, にも縁, の, の中, の売女, の奈良茶漬け, の木戸, の渡し船, の蕎麥, の蕎麦, の親方, の錢, はな比丘尼, や杣夫, を並べ, を取出し, を火打袋, 大極上, 残って, 買いたけりゃあ, 買って

▼ 六~ (60, 0.1%)

6 の本 2 の大, の書物, も出

1 [48件] あったが, ある筈, がある, が三冊, ぐらいの読切り物, ございましたよ, しか出さなかった, しか書かない, ずつ手許, だから, でいくら, として一万頁, と普羅句抄二冊, になった, になり, にカルル・ヘーネル, の, のって, のクリスト伝, のトルストイ, の出納簿, の和本, の多き, ばかりの本, ばかり書き溜め, ほどです, までの本, まで出した, もあれ, も繙かれた, も読ん, を出し, を参考書類, を取出し, を既刊, 並べて, 中帙七冊, 借りて, 出て, 書いて, 片寄せて, 積上げ傍, 詰めて, 読む教科書以外, 読んだら全く, 送つて, 開かれて, 頼む

▼ 六~ (59, 0.1%)

3 七に 2 しかろう, 七うまい, 七くらいに, 七八歳頃森寛斎翁は, 十七の

1 [46件] きゃつ, しかったこと, しからんと, しかるべし夫, しきを, しき事の, しき事を, しき問題あり, しければ, せいぜい十七, そこらで, それとも, どつ, なんか女の子, はり秋ふけわたる, まだ至ってあどけない, 七, 七か, 七かが, 七かと, 七ぐらい, 七ぐらいの, 七これまでには, 七だ, 七で, 七でしょう, 七の, 七位だろう, 七位の, 七八くらい, 七色の, 三八か, 健康な, 十七, 十七で, 十七であろう, 和助が, 大口屋暁雨さながら, 女ざかりだ, 寺の, 待ちかねて, 敷い顏, 敷とも, 是へ, 草の, 顔の

▼ 六~ (59, 0.1%)

2 と馬丁, のこと, の姿, を探し

1 [51件] か, が, が家, が床, が教え, が死ん, が父, が眼, が見つからない, が険しい, だ, ったら, であった, であり, でしょう私, ではありますまい, というの, という大変雄大, と呼びまし, と紋次, にいい, に連れられ, の出迎え来, の分, の墜落, の妙, の帰り, の新しい, の死骸, の母親, の部屋, の面, はじき, はその, はどこ, は何ん, は元来, は坐り直し, は悲鳴, は松葉, は雛壇, は駈け, も山, や農夫たち, や馬丁, をつき, を伴, を再, を抱き込ん, を覚え, を追い立て

▼ 六~ (58, 0.1%)

4 の文章 2 と第

1 [52件] あると, からでた, がある, がきざみこん, が二行, ずつを短冊形, であった, である, でもこと, というの, という文章, という点, といふの, といふ文章, となつ, と読点, なども混じっ, にし, にて現す, になった, に形, に神田, の上, の名, の小唄, の御名号, の次に, の範囲内, の組合せ, の組合せ六字, はほとんど, ほども打ち継い, も多かっ, をえがい, をおぼえ, を並べ, を以てその, を使つて五十六首, を口, を唱, を唱えます, を大きく, を書い, を書けり, を書した, を点, を見る, を誰, を金書, 書いた, 書いたり, 第十九字

▼ 六左衛門~ (58, 0.1%)

3 の家 2 の娘

1 [53件] からひどく, がい, がたち, がやって来る, が云った, が低い, が去っ, が東京, この体, だ, だけで, だつて立派, でございます, で通る人, という, という強い, といふは音, といふ御, といふ金主, との関係, と作右衛門, と称し, と長沼善兵衛, に伊東七十郎, のこと, の三人, の二人, の住家, の叫び声, の子ら, の富, の案内, の親戚, の邸内, の隣り, はあまり, はこの, はその, は一六三三年長崎附近, は云った, は先, は六左衛門, は出, は帰る, は甲斐, は途方, まで死ん, もおちつかない, もまた, も六左衛門, をし, を追っ, を運ん

▼ 六樹園~ (55, 0.1%)

3 はその 2 は思った, は苦笑

1 [48件] が狂文, が若菜屋, が言った, が訊いた, との競作, と戯作渡世, と自分, にゆづりて幕吏, に今, の, の会った, の本来, の許, の門, の頭, はことごとく, はこの, はすこし, はそう, はそこ, はそのままそっと, はそれ, はちょっと, ははじめ, はふと, はもう, は三馬, は下, は切り出した, は同時に, は喫驚, は大変, は失望, は得意満面, は悪い, は慨嘆, は戯作者, は敵討ち, は昂然, は明らか, は気がついた, は皮肉, は立っ, は誰, は雀躍, は面, は面白, も焼き

▼ 六~ (54, 0.1%)

3 の蔵人

1 [51件] かであった, かと見える, からは外人教師, から浮気心, しか持たない, だつた, だつたかな, だと, であったが, であったこと, でありドン, であるが, であるという, でした, ででもあった, で一万何千, で角柱, との間, と云う, な年増, にきまった, になっ, になる, に古い, に進んだ, に過ぎぬ, に阮小二, のうち, のおとなし, の侍, の勲百等の, の子供, の家人, の少女, の少年, の方, の時, の正直, の武家衆, の浅葱, の男, の者, の髪, は年二期, ほどの妻, また難, までも着, も蔵人, や従五位, を占め, 取る程

▼ 六十日~ (54, 0.1%)

5 の間 2 の余, も経つ

1 [45件] くらいの間なに, これから何百日, しか無, しか通用, たつか, でなおるだろう, となる, と切る, にちかい, に縮, の契約, の日數, の期限, の歩役, の牢住まい, の病気欠席, の閉門, の間帶, の間苦心, の餘, はかかる, ばかりし, ばかりで, ばかりにしかならない, ばかりのヒヨヒヨ, ばかりの旅, ほどし, ほども牢, ほど前, ほど経った, もい, もかからない, も不漁, も休む, も暗闇, も滯在, をおもしろく, を持ちこたへる, を費した, 乃至百二十日, 今や盛夏, 居りそれから, 経つか, 計り致し能, 計ナリ

▼ 六~ (54, 0.1%)

4 の若い 3 の鳥, の鶏 2 の白鳥

1 [42件] いたが, いました, いる, いるという, うんだれど, が弧, が空, しきゃねえん, しきりに円, ずつは親, その跡, でゆさゆさ, とで九つ位, ならんで, に及べり, の, のにわとり, のハクチョウ, の條, の燕, の鳩, の鴨, の鷄, の鷲, は飼育, ばかり一度, ばたばたと, また七, まだその, もいる, もやっつけた, も絞め, も養っ, を打ち落し, を獻ずる, 取りましたがの, 居るの, 白い色の, 遣って, 飛んで, 飼って, 黒く飛ん

▼ 六つかしい~ (53, 0.1%)

3 事を, 顏を 2 ことに, よ, 事件を, 顔を

1 [39件] ことで, ことにや, ことは, ことも, ことを, ぜそれ, ぜとも角一度引, ぞ宜いか, といわれた, とされ, と思わぬ, と考え, と言われる, の何が, もので, ものであった, ものでした, ものを, やうです, よあの, んだ, 事かも, 事判らない, 位だ, 問題である, 問題を, 字が, 字で, 字は, 意味も, 文字を, 最初から, 樣で, 白髪頭の, 秘伝さえ, 米で, 藝當だ, 註文でした, 誤解し

▼ 六~ (53, 0.1%)

2 の値段, の大き, の炭

1 [47件] からある, が容易, くらい大きい, ぐらいはある, したもの, した三百八十四交, して, すなわち四億一六〇〇万年, すれば, だそう, では, といくら, なり, になっ, になるだらう, にもいう, に当る, に殖えた, に過ぎぬ, に達する, の値上げ, の兵力, の利益, の力もち, の双眼鏡, の大形, の雑誌, の面積, の高熱, はあった, はある, はしました, は三十六, ほど, もある, もたくさん, もの大, もの高, も余計, も力, も残忍性, も深く, も長い, も高い, 即ち四十二円, 払わなければ, 然して紙数

▼ 六~ (53, 0.1%)

6 の兵 2 のトゥラスカラ兵, の人口中

1 [43件] いるん, から乃至, が利根川, しかなかっ, である, であろうとは, というもの, と数えられる, なの, になっ, にものぼる, のこれ, のイギリス兵, の一陣営, の人間, の僧侶, の僧侶中それ, の天人族, の天幕, の学生, の市電従業員, の新手, の旗, の歩兵, の牢人, の町, の蔵書, の頭蓋骨, はかぞえられる, は大, ほど書き抜い, もある, をからく, をわずか, を下らなかった, を率い, を算, を越えず, 刷ったそう, 卷か七千卷, 坐を, 焼けたり, 積まねば

▼ 六~ (52, 0.1%)

2 を編み, 及び科学知識震災地踏査号

1 [48件] あって, かの題箋一枚, からなる, からは平家全盛期, から三十巻, から巧, が出, が鎌倉時代, くらいには上っ, です, では, で十二円, という工合, となっ, となり, に出た, に右, に記録, に転載, に載せ, の, の中, の住吉合戦, の内, の大著, の書物, の末尾, の第, の英語版, の著作, の選集, の配布, の阿弥陀経, はまた, は彼, まである, までとか第, までの校正, をひらい, を一読, を出す, を編纂, を談, 第三号, 第五号, 第六号, 第四号誌上, 迄

▼ 六~ (52, 0.1%)

2 に分類, の文字

1 [48件] あった, ある, あるが, があっ, が発表, であります, となる, にはこの, にも及ぶ, に分つ, に及んだ, のうち, のもの, のパン, の不覚作用, の事情, の唱歌, の地方名, の小袋, の愚劣, の或, の料理, の新聞, の旧, の書名, の版本, の状態, の画面, の異例, の神通, の色, の色彩, の薬, の薬剤, の薬品, の表紙, の訳本, の説話, は内臓, もゐます, も取, を発行, 出したが, 従って二つ, 持って, 撮る, 程知れ, 送つて

▼ 六~ (51, 0.1%)

19 の月 2 か, ならば, のお, の光風, の月待ち, の華美, の金, は一八三七年, や月夜

1 [14件] う月, だ, だから, で煙, なり, にもまた, にパッタリ, の夜半, の後一日, の方, の月光, の月影, 待ちじゃ, 待ちぢゃ

▼ 六~ (51, 0.1%)

2 から成る, となっ, の一節, を見よ

1 [43件] か, から三章, である, では, でプロシア, とは, と十七章, においてこの, においてその, において私, には何, にヘロドテ等昔, に再現, に移る, に義経吉野, に該当, に詳しい, に載する, に類別, のところ, の十八節, の十六節, の十六節以下, の大意, の後半, の末尾, の末節, の研究, の継続, の語, は, はさすが, は斉魯二篇本, は第, は純粋経済学, まで続い, も読んだ, やクラウストン, を読ん, 及び第, 第七章, 第九段落目以降, 第二十七條

▼ 六には~ (50, 0.1%)

2 それが, それも, なって, なるかも, 別れを, 始めから

1 [38件] いかに詳しい, いずれ後日, いふまでも, このうえ, これ以上の, その前年, その突然, なったが, なるだらうね, また次, まだなるまい, よくわかっ, 事件が, 他人事, 何か, 俄に, 借りが, 取り合おうとも, 君が, 四の, 大隅肝属郡高山村大字新富の, 夫が, 如何に, 妙に, 宋の, 才能と, 無論分らなかった, 無論分らなかつた, 生活を, 田畠の, 神様の, 見えた, 話して, 諸悪の, 逢つ, 邪魔に, 長崎には, 鬼に

▼ 六七年前~ (50, 0.1%)

8 のこと 3 に自分 2 に, になる, のあの

1 [33件] からカフェー, から林檎園, から自分, この村, でしかない, で多分, で東京新聞, と比べ, にふと, に伊沢氏, に半年, に古道具屋, に大, に既に, に此, に武島裕吉, に焼け, に穀物, に車輪, に関西, の世相, の新聞, の明治十四, の梅雨時分, の記憶, の追, の霜月頃, はかうで, まで, までそう, までで御座います, まで彼, 生まれて

▼ 六年目~ (50, 0.1%)

4 になる 2 のこと, のバラック都市

1 [42件] から視力, が慶応四年, ぐらいのこと, だな, であった, である, です, でもう, でやつ, で一尺五寸余四百匁前後, で亡んだ, で日本人, とかで日の目, となった, とにかく忠平, なの, に, には垂簾, には奇瑞, にまた, にもなる, にエステルライヒ, にラッサ, に会う, に始め, に宗秩寮審議会, に実施, に当る, に掘り出された, に教師五人従者五人合計十名, に松江, に閏月, に面会, のもの, の一八九七年, の三月朔日, の対面, の後, の春, の暁, の正月, 平常は

▼ 六~ (49, 0.1%)

2 が主家帰参, が云った, の妹

1 [43件] が仙石家, が平之丞, が復命, が微笑, が手, が笑った, が訪ね, だ, だけが時々, でさえ, です, というの, という六十, という少年, に声, に漏らし, のもの, の倅, の催し, の唇, の外, の弟, の怒り, の盃, の細かい, の鋭鋒, は, はいよいよ, はせせら笑っ, はその, は伯父, は何, は元, は呼び止めました, は御前, は死んだ, は盃, は話し続けました, は起っ, は面目, もこんど, もその, も何となく

▼ 六〇年~ (47, 0.1%)

2 にはそれ, の結婚数

1 [43件] からふたたび, から一八五〇年, から六四年, である, ないし一七七〇年, ないし一七八〇年, においてはユトランド, にその, にはパレルモ, にわたってつくらせた, にシナ政府, にスチェアート家, にニユーヨーク・トリビユーン紙, に出生, に引きのばす, に死す, に王政, に終る, に英, のなごやかな秋, のクリスマス, のシボレー, のドイツ, の人口実測, の作, の四十五億, の夏, の或, の期間, の死亡数, の秋, の終り, の英国自由主義黄金時代, の青, までのあいだ, までグッビオ, まで獄中, より七八十年, より六二年, より同, を含む, を第, を行軍

▼ 六十枚~ (47, 0.1%)

2 で全, ならこの, にはならう, の小判, の手形, ばかりを書い

1 [35件] あった, かいて, ですね, でまとめること, でも書けない, として全部, とすこし, になった, にわたる長い, に過ぎなかった, のもの, の灰だらけ, の美濃紙, の質札, の金貨, ばかりとが這入つ, ばかり半切十数枚, ほどに成り, ほどの原稿紙, ほど四人, ほど手ずから, ほど敷かれる, まで撮れます, もあった, もかかね, もザラザラ, も拵え上げた, も綴じ, をお送り, を越える, 入れて, 出来る, 掴んで, 攫んで, 書くもの

▼ 六~ (47, 0.1%)

3 のうち 2 いそぐ野分, がここ, とはこの, の厨裏, の武者, の街, の街沖, は温けれ

1 [28件] がどこ, がながれ, が伴, が南, だった, とは平家, と共にそっと, と呼ぶ, と彼, のほか雑兵二百余人, の供, の射手, の将, の汚, の活氣, の町, の貧しい, の逞, の逞しい, の颯爽, はまた, ばかり不意, ほどお, も昨日, をひきつれ, を切っ, 通った, 集まって

▼ 六事件~ (46, 0.1%)

3 である 2 のあった, の主体, の本質

1 [37件] からの反作用, から受けた, がこうした, がこれ, がつづき, がまだそう, が何, が突発, で世, という暗殺事件, と暴力, と直接, と言つて, と関係, にこの, に於ける, に腹, のこと, のごとき, のさい, の一週間前, の反面, の如き, の所謂, の日, の時期, の気配, の真相, の結果, の記憶, やその後始末, をクライマックス, を一期, を契機, を惹き起こした, を見る, を関門

▼ 六十一~ (46, 0.1%)

5 になる 4 の本 3 であつ, の還暦 2 だ, におなり, まだ一度

1 [25件] ある, だよ, だ命, でありましたが, ですなという, で元気旺盛, で延期派, で還暦, という, といふ, にて逝き, になつ, になつて, にならん, になりやんす, になるやす, にもなつて太政官, の老人, の誤である, の音, はそれ, は一廻りそれ, は文政己卯, は歿後十二年, を作り

▼ 六フィート~ (45, 0.1%)

2 なり, のところ

1 [41件] あり, あるか, あること, ある白馬山, ぐらいあるでしょう, そして我国, そして高, でそれ, で各々, にあたります, にもそだった, にもなる, に三フィート, に近い, に達し, に達する, の, の四角い, の大きな, の巡査, の木管, の板, の深, の深き, ばかりの, ばかりの繩, ほど, ほどの地上, まですっかり, もあっ, も突き出, より少し, を越え, 出て, 或は八フィートごと位, 深さ七フィート, 角以上, 近い深い割れ目, 高さ六十フィート, 高さ十二フィート, 高さ四フィート半

▼ 六十五~ (45, 0.1%)

4 になる 3 になります 2 におなり

1 [36件] か, か七十歳, ぐらいかな, せねの, だかで, だけ傷, で, であつ, である, であるが, でございます不, です, ですが, で割っ, で持病, で薨ずる, という, という老齢, にしかならない, にもなろう, にも七十, にわたらせ給いけれ, に当たる, のお, のとき下谷徒士町, のオジイサン, の急所, の所, の提灯, はロシア国教宗, まで詠みつづけ, もある, や, を以て薨去, 小教区, 小桜神社

▼ 六時ごろ~ (45, 0.1%)

3 でした 2 だ, のこと

1 [38件] いったん会社, おでかけでした, かしら, からです, からでせう, から七時八時ごろ, から十時ごろ, から暮れがた, から東南東海上, そんなところ, であったと, である, でしょうねえ, です, ですがね, でたいてい, でなけりや, でもあろう, で銀子, とっぷり日, なり, にいけなくなっ, にし, になります, にはどこ, には大森, に伊佐子さん, に同じく, ぶじ左門洞, また伸子, までのかせぎであった, までは, までもぶっ, まで書きつづける, やはり青森県出身, 再び散歩, 出かけて, 大クレーン

▼ 六メートル~ (44, 0.1%)

3 もある 2 の三角点

1 [39件] あった, から先, から内, くらい低から, ぐらいの木, しかへだたっ, ずつあります, ちょっと即ち, とか言った, のあいだ, のところ, の上, の円筒内, の塩見岳絶頂, の小山, の幅, の底, の所, の海中, の直径, の空間, の赤石山脈最高峰東岳, の超, はいすすみました, ばかり, ばかりの処, ばかりぽっかり, ばかり前, ばかり離れた, へだたったところ, ほどの広, ほどの杉, むこうの, も離れた, も高い, 追っかけましたが, 高い屋上, 高さ二メートル, 高し

▼ 六十五歳~ (44, 0.1%)

2 になった, になる

1 [40件] からは三千五百円支給, から一カ月三千五百円, だそう, だと, であった, であつ, である, であるが, でした, でその, で十一人, で日本, で歿, で生まれ, で頓死, で養老院, とはどうしても, にし, になっ, になられた, になられる, になります, に相成, のお, のとき, のはず, の今日, の女, の時, の時三度関白, の時脊髄癌, の桐村夫人, の皮膚, の老, の老人, の老父, の長き, まで山登り, より七十六歳, を以て終った

▼ 六~ (44, 0.1%)

2 と重ね, の金, 早くも, 重ねるまでは

1 [36件] あおった, あける, お酒, か, が一斤, ぐらい作る, さそれ, だつて, だと, でも食べたであろう, で一斤, といふところ, とくふ, と焼粉, と続け, のそば, のん, の酒, へ二合, もお, もたべました, も喰わなくっ, も盗み飲み, も葡萄酒, も飲んだ, 引っかけて, 引っかけてから, 掬うだろう, 浴びせると, 詰め込まして, 食う, 食うという, 食って, 飲ませられたので, 飲んだ, 飲んだと

▼ 六間先~ (44, 0.1%)

2 にある, の二階, の家光, の百姓家

1 [36件] からは堅田, からふり, から年頃, きから, きを, き廊下, でした, ではたと, にたちまち, に一挺, に出た, に叫び声, に大きな, に子細, に行った, に見張り, のよう, の小路, の岩, の往還, の敷石, の木, の柳, の橋, の男女, の道端, へ一散, へ行, へ行く, へ行っ, へ遠征, へ頭, まで聞え, まで飛ばし, をお, を行く

▼ 六十度~ (43, 0.1%)

4 に開い 2 なり, の温度, の角度

1 [33件] からの気温, から三十度, から千百七十度, ぐらいにし, ぐらいになる, ぐらいの温度, すなわち一廻転, だか, ちかい勾配, であるという, で分岐, というむしろ反対, という温度, となる, と七十度, ならほか, にまけ, に下がっ, に分ける, に比すれ, の勾配, の急, の斜面, の湯, ばかり右, ほどの角度, もある, より降った, を, をぐるっと, を描く, 乃至二百七十度ニ, 及びそれ以上

▼ 六十三~ (42, 0.1%)

8 の今日 3 であった 2 の凶, は今日

1 [27件] じゃなかった, だけれども, ださうで, だそうで, だと, であつ, である, で出家, で歿, という条, という歳, とか言, とか言った, なの, なのよ, になる, にもなつて, のこれ, のとき藩主, のオジイサン, の年, の誕生日, の隧道, へ引越した, むつかしい病気, を一期, を以て崩御

▼ 六十八歳~ (42, 0.1%)

6 で歿 4 の坂田 2 の生涯, の老, の老人, の老齢

1 [24件] であつ, である, でこの, でも非常, で大, で大殿, で立派, で鎌倉時代, という寡婦, にし, にて逝けり, になっ, になった, になつ, になつて, になられた, にもなっ, に達し, のとき, のアガーシャ小母さん, の今日, の文盲, まで生き延びる, を以て世

▼ 六号室~ (42, 0.1%)

5 の少女 4 の令嬢

1 [33件] から魂, である, であると, では絶え, で描き, とベローワ, と書かれた, にいる, には面白い, に入院, に切に, に同棲, に帰っ, に行く, に足, のみなさあん, の中, の内, の別室, の卓上電話器, の如き, の少女モヨ子, の標札, の狂美少女, の窓口, の第, の粘土, の美少女, の鉄格子, へぶちこむ, へ入っ, へ這入っ, 程単調

▼ 六日間~ (42, 0.1%)

2 であつ, のこと, の事, の暗い

1 [34件] いささかの, お開帳, かかって, かかるそう, である, で横断, で追付かれる, というもの, にあ, にちょっと, にど, には過ぎない, に亘っ, に夢みし, に幼虫, に拂, に漁れた, の予備, の仕事, の夫婦生活なぞ, の旅, の旅程, の旅行, の野宿, はその, はたいがい碁会所, はアキレス, は人, は板, は餘程注意, を重んずる, 強く霜, 泣き通した, 責め通されて

▼ 六十七歳~ (41, 0.1%)

4 で歿 3 であつ, にし 2 のブランキ

1 [29件] ええこの, くらいになっ, であって, である, でその, でブルム襲撃, で京都, で変死, で眠る, で薨, という, とする, となれる, にて死す, になった, になつ, になりまする, になる, に当る, のセラフィモーヴィッチ, のソホー老人, の八, の哀れ, の老, の老年, まだまだこれからと, まで, をもって世, を以て亡くなられた

▼ 六十五日~ (41, 0.1%)

3 の間 2

1 [36件] あるの, が御, ぐらいにしかあたりません, この工合, こんな好い, その三百日余, その負けじ魂, だ, つづけたと, てやっぱし, ですか, でも七百五十日, と六時, と六時間, ならば, に分け, に足らず, のうち, のとき, のべつそんな, の一年, の上端, の年中行事, の日, の日附, の最終, の死, の生活, の長い, を一番生産, を生き, を調節, 働いて, 浚って, 繰りかえされるわけ, 過ぐる

▼ 六十余州~ (41, 0.1%)

3 をめぐって歩ける 2 に散在, に輝いた, に雲水, を尋ね

1 [30件] ありと, かくれも, から笈, にも平和, に音楽批評, の中, の兵, の半端物, の反抗, の名所霊蹟巡覧記, の国, の将軍, の春, の権衡, の津々浦々, の神祇, は風, へ百八十, をおん, を一度, を回国, を指揮, を歩き廻ったです, を相手, を睥睨, を血眼, を跨, を踏破, 広い日本, 罷通るもの

▼ 六~ (40, 0.1%)

4 七の 2 お半, そこい, 御所の, 雨坊主が

1 [28件] あばたの, あんたに, お六, お梅, お父さんは, そこらで, どうした, 一心太助の, 七で, 七は, 佐野屋の, 助二郎たち, 十七で, 十七の, 十七位な, 和助や, 岩石ヶ城の, 幡随院の, 座布団を, 手代の, 林美作などの, 桃水尊者と, 用人の, 紅子たちは, 雨坊主などが, 雨坊主の, 雨坊主を, 馬を

▼ 六七寸~ (40, 0.1%)

3 もあろう 2 なるも, の凄い, もある, 乃至一尺

1 [29件] かな, から一尺, くらいの腰細跪坐, ぐらいで, ぐらいの木彫り細工, だけ背中, と附記, なる小幅, にし, にも達した, に切, の余裕, の壮健, の大きな, の大兵, の穴, の窓, の芽, の藁人形, はあるだろう, はそう, ばかりある, ばかりの蛇, ばかり右肩五寸, ほどの薄板, もあり, もの厚, を用, 高くなった

▼ 六千円~ (40, 0.1%)

2 の小切手

1 [38件] から一万五千円程度, から一万円近く, ぐらいだ, しかなし, したといふ, して, だかの, だけもむずかしい, だとの, だ文句, でせう, で会社, で嘱託, で新しく, というよう, といふ値, といふ積り, といわれ, とか掛ける, とわずか, と踏ん, に比べれ, に過ぎない, に達せし, の紙幣がち, の赤字, の金, ほどの退職金, まで基本財産, もある, もかかる, も集めただ, より安い, を差押え, を資本, 乃至一万円, 出そう, 出たそう

▼ 六~ (40, 0.1%)

2 の沓, の馬, もあった, もある, 堂々と

1 [30件] ありますから, あるのに, かの前, で一円八銭, で渡っ, ということ, といったよう, ともいうべき, にて前進, に駈け出した, の指揮, の方, の歩調, の草鞋, の藁沓, の陣, の陣足, ばかり線路, ふみこむなり, を踏ん, 引き揚げて, 往くと, 歩いたと, 歩いたとき, 歩くと, 歩けば, 行きすぎたかと, 行ったところ, 買えば, 追ひす

▼ 六~ (40, 0.1%)

3 よりなる 2 のラガー, の戦艦, の水雷艇, の船団, の軍艦

1 [27件] あり, いた, からなる, か七隻, ぐらいは一度, だ, でありまして, となった, と申す, のゴンドラ, の単, の大きな, の採取船, の艦隊, の黒船, は, は沈めたろう, ひどく傷ついた, もつづい, も現場, をひきい, を以てカリカット, を以てゴア, を以て出発, を出発, 周章てふためいて, 走舸十数艘

▼ 六七尺~ (39, 0.1%)

4 もある 3 の高 2 のもの, の円き

1 [28件] から十二三尺くら, という雪量, にし, に及ぶ, に生長, の丈, の切り立った, の堆肥, の大きい, の奴, の溝, の自然石, の長, の隙間, ばかりの上, ほどの小さい, まで接近, もあった, もあらん, もありました, もさがり, もほり入れし, も室内, も繁っ, も飛びあがった, より一丈, 長き大蛇水中, 高さ

▼ 六十三歳~ (39, 0.1%)

6 で歿 2 であった, であつ, である, の時

1 [25件] から瀧壺道, だが, であるべきに, でこの, で出家, で卒, で私, で薨, といふ年齢, にし, にて逝去, になつ, になる, にもなっ, に成っ, のジイド, のハイドン, の主人維明, の今日, の処女, の老体, の老齢, まで人生, をもっ, をもって薨

▼ 六~ (39, 0.1%)

2 そのほか江次第二合, などの恙, の米

1 [33件] てえ話, でドロドロ, で一百文, とあり, というの, とみれ, と銭六銭, にする, に塩四合, に渉, に胡瓜, に遍満, の中, の中心, の内, の木剣, の空間, の酒, の飯, はげしく渡りあっ, も過ごした, やり朝, を, をはらい清め, を兼ね, を家, を照, を見る, を過ぎ, 即ち, 戦ったが, 戴いた仁淀川橋, 立ち合って

▼ 六右衞門~ (38, 0.1%)

3 に逢 2 は久八

1 [33件] が下手人, が二階, が始終, が江戸本石町二丁目, が申立, が詞, が釜, と云揃ひも揃, と老, に尋問, に打向, の口やかまし, の宅, の物語り, の申立, の言葉, は主人五兵衞, は五十前後, は人, は何事, は千太郎, は悉く, は感心, は押, は苦笑, は頑固, は飛, へ引渡し, も一伍一什, も心配, より申立, を呼, を遣つた

▼ 六尺豊か~ (38, 0.1%)

4 の大男 2 の兵隊さん, の壮漢, の大, の歩兵さん, の長身, の髯面

1 [22件] である, なあの, なまるで, な加藤式部, な男, な肉付, な肉体, な荒法師玄長坊, な親父, の与, の体格, の偉丈夫, の偉大, の図体, の大きく, の大入道, の大兵漢, の大柄, の巨躯, の豪傑, の逞しき, の高

▼ 六年頃~ (38, 0.1%)

2 には女

1 [36件] ある独逸人, から学生, から新体詩, から有, から科学的精神, から筋書, から肝臓癌, から青年男女, から音, か鎌倉能楽堂, この作者, で僕, と思います, にかけて北アルプス, になる, にはこの, にはポルトガル船, に一夫一婦論, に出版, に土佐高知, に発行, に繰り上がる, に至る, の, の事, の作, の情景, の発行, は, は夏, までありし, までこの, までの七, までの時分, より三角点測量, 住んで

▼ 六~ (38, 0.1%)

3 とわたる 2 も歩く, 見て

1 [31件] から二十二三遍位, がそれとなく, くべて, すると, そんなこと, だけ私, である, で飛び出しました, と加治, は真面目くさり, ばかりも雇われた, ほど毒, まはっ, もお辞儀, もそわそわ, も八遍, も出し, も嚊煙草, も店, も牢, も跳ねる, も追い返された, も遊ん, わたるの, を尻眼, 巻いて, 曲ると, 続けて, 繰リ, 繰返してから, 見たつて

▼ 六八年~ (37, 0.1%)

3 の革命

1 [34件] から一八七七年, このかた, でそれ, ないし一七七二年, に, になっ, にはその, にはロンドン, には僅か, にマルケット, に死んだ, に歿, に破産, に第, に船長, に豚, の八月, の初め, の十箇年間, の地震, の復活祭, の末以来, の発掘, の秋, の米国旅行, の維新, の輸入, の革命当時, の革命後, は日本, までに横浜, まで十五年間, よりは少しく, 即ちベアトリス

▼ 六十八~ (37, 0.1%)

5 になる 3 であつ, にもなる 2 でございます, の長寿, は何だい

1 [20件] および七十五, か, であったと, であらう, である, ですもの, で今, という, という歳, といふ, といふ年, といふ歳, といふ老人, となる, になっ, になります, の姉妹, の年少者, の隠居, の隱居

▼ 六番目~ (37, 0.1%)

2 の子, は

1 [33件] がお菓子, がにはか, がにわかに, だから, といふ有名, ともつと, に, にある, になった, のところ, のほう, のやつ, のナヂェージダ・フェドセーヴナ, の乙女, の乾物, の人物, の切符, の国子, の女, の娘, の手紙, の最も, の死体, の炭車, の燈明, の王セルヴィウス・トゥリウス, の男, の絵, の舞踏, の豚, の銃眼, は空虚, 見な

▼ 六週間~ (37, 0.1%)

2 の精進, の間, ほど流感

1 [31件] あの小さな家, かかるかの, くらいを過ごした, この方マリユス, ずつの聴講, たって, だけ泊り, で作曲, で旅行, で漁, とする, と云う, にもなる, に及び, に演じよう, のたばこ, の乾草, の大寒, の孤独, の苦悶, の間私, はたらくこと, ばかりし, ばかり前, もする, もその, もポルダー邸, を聴い, を過ごし, 仲よくつき合った, 晴れる

▼ 六ヵ月~ (36, 0.1%)

3 を経過 2 あるいは一ヵ年

1 [31件] いるつもり, ぐらいに限りたい, ぐらい料金, しか学ぶ, であった, で入営, と限る, になった, にもなっ, にわたる戦争, のぽん, の懲役, の日子, の溺死体, の言渡し, の間, は息, ほどたった, ほど滞留, もいた, も仕事, も働く, をついやし, を経, を過ぎ, 乃至一年, 乃至一年間, 働いた上, 暮してたの, 生きたモスクワ, 経ったばかりの

▼ 六七名~ (36, 0.1%)

2 の者

1 [34件] から十二名, が後, が躍りこんだ, という多数, の一座, の人影, の兵, の兵士たち, の出征者, の婦人, の将, の小, の幕兵, の扈従, の有志, の柿色, の男, の肩, の郎党, の門人, はたちまち, は参加, は時々, は流れ, ほどばらばら, また案内かたがたとも, まで斬り伏せられた, もおられたろう, もすべて, もそろっ, もの顔, をうしろ, を放った, を連れ

▼ 六~ (36, 0.1%)

2 および, が此

1 [32件] ありました, がこの, ぐらい, ずつ総計四百二三十, というふう, という尨大, とも追, と云, について, になる, に纏めた, のうち, のかわいい, のほか小論文五百十四, の作者, の古, の喜劇, の小品, の小品中, の標題, の総論, の論文, はそれ, は一通り私, は前述, は書い, は次々, もいつ, を譯, を起稿, を載せ, を除い

▼ 六~ (36, 0.1%)

3 もある 2 くらいはある, だと, ですが, もあった, やるから, を一兩

1 [21件] から二十一二貫どまり, ぐらいな, ずつにまとめられた, とすれ, と十二貫五百, のもの, の割, の深, の荷, の間, はあつ, は確か, ばかり, ばかりの大筒, もあらう, もあろう, もそれ以上, も重く, や七貫平気, を倍, 近い巨躯

▼ 六十六歳~ (35, 0.1%)

3 の時 2 であった, であつ, の翁, まで三十九名, まで宿役人, を一期

1 [20件] その中五十有余年, だったの, で, であると, で世, で死ん, で死んだ, になつて, になり, になります, になる, のおり, のイエニー, の声, の春, の眼, の福沢諭吉, の老人, の誕辰, の隠居

▼ 六十一歳~ (34, 0.1%)

6 で歿 2 という年, にし, の翁

1 [22件] であった, である, で亡くなった, で参与, で没した, で蘭軒, とあります, とかいうこと, になった, になつて, になり, のセラフィモヴィッチ, の天寿, の春水, の時, の還暦祝, の高齢, はその, まで忘れ兼ね, まで用意周到, を一期, を厄年

▼ 六十九歳~ (34, 0.1%)

5 で歿 2 で卒, になっ

1 [25件] で, であつ, であるという, でした, ですが, で世, で死んだ, で死去, というタイムス, にし, にて逝けり, になった, になつ, になつて, のお爺さん, の今日, の代官婆, の作, の母, の父, の老人, まで生きた, をもって逝かる, を以て世, を最後

▼ 六~ (33, 0.1%)

2 で感じた, は何

1 [29件] からも丈八, がはたらく, が働い, が働いた, が働き, が感じた, さ, で, ですわねえ, で怪しみあった, で静岡, と異, にぴんと, に何, に凱歌, に委せる, に自信, のするど, の作用, はおののいた, はすぐ, はたちまち, は禁じえぬ, は群衆, は誤らなかった, も海綿, をかりなけれ, を働かせ, を震動

▼ 六~ (32, 0.1%)

1 [32件] あって, つながって, でも入っ, とレール等々, には一行, に一人あたり, の一輪車, の人車, の土鋤機, の実習台, の屋根, の橇, の荷車, の装甲車, の赤銅鉄運搬車, はそのまま, は止まっ, は陣地, ほどつながつ, ほど並ん, まで壊れ, もある, もそろっ, もたまっ, も七台, も据えつけ, も遣過ごし, より編成, 並べて, 並んだいちばん前, 続いて, 走り込んで

▼ 六時すぎ~ (32, 0.1%)

2 帰って

1 [30件] かえったら咲, かえって来ました, かえる大, から, から七時, から丸の内, だが, だつた, でした, にお, にはセット, に下痢, に之, に出, に出かけ, に到着, に家, に稽古, に開く, に食堂, の筈, の薄い, まで, までゆ, まで朝寝, まで歯医者, まで種々, 帰る, 迄か, 迄眠っ

▼ 六七日~ (31, 0.1%)

2 くらいの間, でしか, の両日, も風雨

1 [23件] おくとね, たつて, です, で掘れる, で行ける, で賊境, には出陣, に降雪, のあいだ, のうち, の両, の朝, の藪入り, の間, の頃, はうち中, ばかりの月, ひどく暑うございましたろう, もいた, を置きました, を要し, 乃至八九日, 経たなければ

▼ 六~ (31, 0.1%)

4 の相

1 [27件] が亡び, が同盟, と言われ, に有する, の人, の力, の印, の国号, の対支那関係, の歳出, の民衆, の混血時代, の王, は国号研究, は奔命, は秦, ほとんど同じ, や三国, をこれ, をし, を亡ぼし, を亡ぼした, を滅, を股, を順々, ノ相, 渡りて

▼ 六段目~ (31, 0.1%)

6 の左端 4 の勘平 2 が0, で, と七段目, の幕

1 [13件] がほんとう, がよく, が出なくなりました, ぐらいまでナガシメ, じゃあねえかな, であの, では狸角, と演, になった, の階段, は大変, は現代語, までの稽古

▼ 六神丸~ (31, 0.1%)

2 たいさんやすい, ですから, の原料, の紙箱, もどう

1 [21件] がその, が一杯, というもの, といふもの, と云う, と戦闘的食餌, になっ, になつ, にならなかったろう, にならなかつたらう, になる, になるはう, のよう, の効き目, の看板, の秘方, の製造工場, はいろ, を下さつた, を呑ん, を無断

▼ 六~ (31, 0.1%)

2 にある, には, は

1 [25件] あったとかで, では, でもってそれ, という優秀, にいう, においては, においては友, においては美しき, には彼, にわれら, に於, に至る, の, の如き, の著しき, の語, の隼丸, はこれ, まで, までの大意, まで馬太伝, も同様, より三十八節, を併せ見れ, 出て

▼ 六四年~ (30, 0.1%)

2 の夏, の秋

1 [26件] という全, ないしアミアン, ないし一七七七年, にいたる, におけるセヴィレ, になっ, には教会, にイギリス, にイタリアネープル, にドイツ, にベルン, にマクスウェルその他, に京都, に死ん, に死んだ, に比べる, のこと, の七月, の二月十五日, の出版, の初秋, の十一月十日, の四旬節, の第, までの公, よりポー河

▼ 六七里~ (29, 0.1%)

2 にし, の間

1 [25件] でもその, とはない, にまたがっ, の外, の夜道, の山奥, の道, の隣, は来, ばかりも渓流, ばかり北, ほどの海中, ほど引っ返し, めったに里人, も来た, も矢, も行った, も離れた, を例, 下りましたと, 入った平野, 大壙, 離れた仁淀川, 離れた処, 離れた合歓

▼ 六~ (29, 0.1%)

1 [29件] か五割, が八ツ, くらいに見, ぐらい高く, ずつ騰貴, だった, であるの, といふ數, におよび, にも上っ, の, の小作料, の小農, の形勢, はそこ, はオコウちや, は無, は自分, は集団農場化, ばかり一般的, までが婦人, までさう, まではすべて政府, もの会員, も殖え, も頭, を初め, を十万, を開墾

▼ 六十二歳~ (29, 0.1%)

3 で歿 2 で示寂, にし, の最期

1 [20件] だと, であつ, でございましたが, です, で亡くなった, で亡くなつた, で躋寿館, という年, という村松喜兵衛老人, ともいわれ, になつ, のはず, の信階, の内室, の圓朝, の大身, の文中三年, の老体, を以て世, を以て江戸

▼ 六十四歳~ (29, 0.1%)

2 になっ, のとき, の時

1 [23件] であったとも, であつ, である, でご, でした, でそれ, で二十六人, で歿, で致仕, と書し, と註し, なるを以て, になつて, に達し, のきょう, のゴーリキイ, のブラームス, の三人, の今, の晩年, の老齢, までを送っ, まで馬籠

▼ 六号艇~ (29, 0.1%)

2 が爆発, の爆発, の艇長ゲーナー少佐

1 [23件] からふきでる, がおかしい, がテッド博士, が特別, だけでなく, とおなじ, のいたましい, のほう, のまわり, の乗組員, の乗組員たち, の乗組員三十名, の姿, の椿事, の漂流者たち, の火災, の爆破, の遭難現場, は無数, は自然爆発, もこの, をすくう, を爆破

▼ 六年度~ (29, 0.1%)

2 で全く, に於ける, の思想界, の特色, の選挙

1 [19件] が五八, における山村家, になっ, には一時休憩, に入っ, に厳密, に軍事費, に限定, の世界的デマゴギー, の予算, の出版界, の各種報告, の新, の日本, の日本文化情勢, の総, の記念的作品, の豫算, 云わば

▼ 六年後~ (29, 0.1%)

3 の今日

1 [26件] からだ, でた友人ベルグソン, ならいい, になつ, にはオランダ, にはリール大学, には焼けない, には稚内, には銚子口, に小生, に彼女, に考えなく, のこと, のこん, の一八九九年, の今, の元, の御, の文禄二年, の明治三十五年, の永徳元年, の物故, の詩集, まで子供, 再度南極大陸, 即ち今

▼ 六畳一間~ (29, 0.1%)

2 に同僚

1 [27件] しかねえ, そのつぎ, だけの二階, であったが, でお, で其処, で裏長屋, にお勝手, にその, にガス, に一間, に寝起き, に押入れ, に旅行, に狭い, に親子三人一陽来復, に階下, のこと, の両側, の天井, の庵室, の栗林家, の棟割長屋, の燈火, ほどの家, やぶれ障子, を四人

▼ 六~ (29, 0.1%)

3 の歌 2 がある, の中

1 [22件] あつて, ある, からなる, があつ, といふこと, と題する, の挽歌, の末, の補遺, は割書, は彼, は葛飾, までが呪, を作り, を作る, を刻, を咏まれ, を抄, を選ん, を録す, 作って, 吟じたの

▼ 六~ (28, 0.1%)

2 の孫, の後胤

1 [24件] が張陵, とか七代, となっ, にわたつ, の主, の二百五十年間, の伝衣, の前, の増田東里, の大蔵宗政, の天皇仁徳, の天皇清和, の天皇継体, の將軍家宣公, の悲しい, の現世, の頃, まえの, まで調べ上げる, もか, も前, も生まれ変らせ, も連なり続い, を渡した

▼ 六号活字~ (28, 0.1%)

1 [28件] しか読めない, で, でぎっしり, でさえ判読, でたった, ででも出た, ではあった, でわずか, で一行, で二三行, で何だか, で小さく, などを以て漱石, に並べ立て, に匹敵, に組んだ, の一、人, の一行二行, の三行批評家, の投書, の申訳的報道, の説明, はだいぶ, はほとんど, ほどの小さい, を受持っ, を組み交える, 総振り仮名付き

▼ 六~ (28, 0.1%)

4 の前 3 の魔王 2 の方

1 [19件] があつ, にあります, のところ, の別所信濃守, の森, の社, の社内, の神主, の祠, の自邸, の門前, の魔王信長, の魔王波旬, の鳥居, の鷲, をまっしぐら, をもどりけり, を思い出し, 育ったの

▼ 六条院~ (28, 0.1%)

3 へ来 2 へお, へ参った

1 [21件] で踏歌, の御子, の本殿, へあらまし, へお移り, へこの, へつかわされた, へにわかに, へはいっ, へ伺う, へ入, へ参っ, へ好意, へ寄る, へ帰った, へ持っ, へ移っ, へ舞い, へ訪ね, を尊ん, を愛し

▼ 六一年~ (27, 0.1%)

1 [27件] から実に, で, であった, という, に, におけるダルメイダ, にアレキサンダア二世, にイタリア, にグリーベー, にバハオーフェン, にマクス・シュルツェ, に出版, に故国, に書かれた, に歴史的ストライキ, に濠洲, に豊後, のこと, のクリスマス, の五月下旬, の八月, の夏, の復活祭, の農奴解放, まで存命, まで継続, を構築陣地

▼ 六万石~ (27, 0.1%)

1 [27件] から十万石, がその, だけはきれい, でここ, として北東, にのし, のお, のお家, の国家老, の城下, の城主, の城主松平龍山公, の大藩, の家名, の家督, の御, の殿様, の表高, の譜代大名, の豊か, の高, は初めて, は安泰, よりほか, をあの, を乗っ取ろう, 若くは

▼ 六時前~ (27, 0.1%)

1 [27件] かえる, だから, でした, です, ですぐ, ですのよ, ではあつ, となる, になる, にはあちら, にはさめる, には起き, にやってき, に出, に出かけたい, に帰った, に怪美人, に早く, に朝, に殿下, に片, に白い, に終了, に警察, に起きた, もう御免, 老女将初め昔馴染

▼ 六~ (27, 0.1%)

4 の電報 2 に半, の書信, 書いて

1 [17件] あった, が見あたらない, です, と欠席, のうち, の手紙, の航空便, の論文, の郵書, の院宣, は買い戻したであろう, や水魚連, よりは少し, より少し, を拾っ, 捜して, 書きあげたらしく封

▼ 六~ (27, 0.1%)

3 を管領 2 たつた十二万石, の主

1 [20件] あわせて, と呉, にまたがり, に三十九万石, に分ち, に区劃, に威, に後, のうち, の地, の村民一揆強訴, の衆, の長, の領主, をつかね, を伝領, を占有, を押領, を領し, を領する

▼ 六七町~ (26, 0.1%)

4 の間 2 もあろう, も行く

1 [18件] から十町, なるの, なれども, にし, の下流, の低く, の先, の彼方, の距離, ばかり, ほどのところ, ほどの丘, もあら, もある, も登っ, も続いた, 潜って, 行くと

▼ 六~ (26, 0.1%)

4 の瀑 2 の姿, もある, もあろう

1 [16件] が, が時々, くらいの滝, その根, で弥勒仏, といわれる, なり草木発生, の上, の大蛇, の峡谷, の幹, の廬舎那仏, の高, は容易, も高い, も高く

▼ 六三制~ (26, 0.1%)

2 が日本, はアメリカ

1 [22件] が巧, が輸入, である, ではあまりはっきり, では無理, という新, に対する認識, に対する風当り, の制度, の十年, の実態, の最初, の本家, の本来, は全く, は前述, をどう, を変形, を少し, を活かす, を謬, を輸入

▼ 六九年~ (26, 0.1%)

2 の初め

1 [24件] からである, から一五七〇年, に, における北方大名伯爵, にその, になっ, になる, にはオランダ, にはフェルナン・ゴメス, には双方各々五百人, には植民, にロシア, にロンドン, に成就, に株式相場表示機, のこと, の一月末, の十一月, の夏, の甲州, の秋惟政, の頃, までまる, 及び一六七〇年

▼ 六十名~ (26, 0.1%)

2 ばかりの女子学徒

1 [24件] がいずれ, がいる, くらいでしょう, という夥しい, となった, と共に捕へられ, に近い, に達する, のうち十五名行方不明, のトビ, のポルトガル兵, の一隊, の中, の出迎, の土匪, の搭乗, の死傷, の老幼男女, の馬超軍, ほど来ました, もあります, もゐたであらう, をのせた, を四手

▼ 六時中~ (26, 0.1%)

1 [26件] がその間, きいて, くだらないおしゃべり, それとなく密偵, そんな顔, たぎり立って, ただもう, ですから, どんな人間, の賑やかさ, クラクラする, 同じ所, 少しの, 張りきって, 忘れざりしが, 忘れること, 持って, 曝されて, 眠れなかつた, 繰り返す真理, 考えてなぞ, 考へて, 考へてなぞ, 若い野沢富美子, 見て, 起って

▼ 六波羅方~ (26, 0.1%)

1 [26件] が自分, で, では宮方, では対足利, でもここ, にいよう, にお, に捕えられよう, に背かね, に見切り, に返り忠, の兵, の動静, の憎しみ, の手, の細作, の討手, は, は唐崎, へつこう, へ注進, へ渡ろう, へ行こう, へ降参, や六波羅, 大狼狽

▼ 六波羅殿~ (26, 0.1%)

2 のお, のご

1 [22件] からの加勢, から加勢, が割れ, である, と比較, には何, には安堵, の, の声がかり, の息, の氏, の無情, の館, はどう, は亡ぼされ, へでも内通, へも運動, へ伺候, へ密告, へ返り忠, よりすぐ, より莫大

▼ 六畳敷~ (26, 0.1%)

3 の人生観 2 ほどの大, を出た

1 [19件] か八畳敷, でありました, で床の間, で親子差向かい, なの, にせよ, のひと間, の狭い, の畳, ばかりの二間, ばかりの部屋, へおれ, ほどの大き, ほどもある, を天地, 煤けた天井, 程の二室, 程の広, 程の殺風景

▼ 六~ (26, 0.1%)

2 の三角点, 低いが

1 [22件] あるそう, であるが, で第, にも及ぶ, のところ, の和名倉山, の天ヶ立, の小, の峰, の峰名, の距離, の農鳥岳, の長, は高い, ほど低い, もある, を最高, 程の鉄棒, 程高く, 置きに, 遠いの, 高いその

▼ 六ペンス~ (25, 0.1%)

2 であった, の歌

1 [21件] から九シリング一ペンス半, から九シリング一ペンス1, だって出せない, でありこの, であろう, でした, で一番安価, で二十軒, で売られ, で貸した, にし, のダンス, の古本, の小, の皇帝ジョージ, の税, はらって, をひろい, を偸ん, を奪った, を払え

▼ 六万円~ (25, 0.1%)

2 で今度, の金

1 [21件] すなわち七十倍, で買収, と争議費用, と申告, にも値するであろう, によって大量整理, に売, に達した, に達する, の低温実験室, の借りだし, の借金, の新聞広告料, の谷中村破壊追加予算案, の赤字, ほどありました, もするです, らしい, をうけとり, を投ず, を浮かせ

▼ 六十前後~ (25, 0.1%)

5 の老人 2 と見ゆる, の大

1 [16件] かつては, であったが, でしょうが, でもあろう, に死せざりし, の一, の住持, の母親, の老体, の老女, の老衰, の肥った, の見る, まで増減, 嘗ては, 見るから

▼ 六十四~ (25, 0.1%)

2 であつ, になります, の卦

1 [19件] あります, でお, でしょう明後日, ですもの, でせう, で江戸城, とさっき胤頼, となり, になった, に満たないであろう, のお婆さんひとり, のとき, のサーベル, の大, の時往生, の目盛, や五, を六十四度倍加, 子信匡十六

▼ 六日頃~ (25, 0.1%)

2 までは殆

1 [23件] からベッド, から正月, じゃあなかっ, そしてきょう, であつ, でしたろう, では, どすけれど, にかけての奈良, になっ, にはすべて, には引拂, に之, に成るだらう, に端書, の事, は薩州, までは待てる, までは頭, まで一週間, まで居る, より暑気出, らしくそ

▼ 六間堀~ (25, 0.1%)

2 の柘榴伊勢屋, の横町, へ菊

1 [19件] でこれ, と呼ばれた, と森下, にかかった, に住まっ, に住ん, に居る, に歸つて, に沿うた, に浅野, に面した, の伊勢屋, の方, の裏河岸, はそれ, へ出向い, へ蟄息, へ行っ, ほど暗惨

▼ 六七間~ (24, 0.0%)

2 の距離, もあろう

1 [20件] から三, ですよ, なるに, になった, のところ, の眼界, の高, ばかりの空地, もある, も下, も歩いた, も跳び離れ, も離れ, を隔てた, 厚さ二十数間, 奥まったところ, 来たとき, 行過ぎた女房, 離れた向う, 離れた橋板

▼ 六三年~ (24, 0.0%)

1 [24件] からこの, から一八七四年, にとある, になっ, には, にはそれ, にはトロンゲート街, にはロンドン大学, には人頭税, にマネ, に二〇, に土星, に生まれ, に終る, のそれ, のフランス, の五月中, の初め, の四旬節, の四月, の夏, の日本輸出入総額, の頃, わが明和年間

▼ 六人目~ (24, 0.0%)

3 の愛人 2 がお前, の花嫁

1 [17件] あるいは七人目, があった, だな, ですから, でせう, と交渉中, には西涼, にようやく, に迎えた, のチベット学者, の女房, の学者, の恋, の戀患, の男, の者, は一ツ半

▼ 六十以上~ (24, 0.0%)

4 の老人 2 かとも見える, と見える, にも見えます

1 [14件] でこれ, とも見られた, になっ, に老い耄, のお, の人, の人兎道, の婆さん, の年, の年寄り, の御, の男, の而, の背

▼ 六十位~ (24, 0.0%)

2 であつ, の頭

1 [20件] ありましょう, であった, でした, でそう, なお婆さん, になっ, にも見えぬ, に見える, のよぼよぼ, の優し, の婆さん, の小柄, の年寄, の支那人, の爺さん, の田舎者, の眼明き, の老, の老女, の身体一杯

▼ 六十六~ (24, 0.0%)

4 であつ 2 になる

1 [18件] あり仕切, ぐらいでいらっしゃる, だから, である, でしょうが, で七之助, で正, で終っ, で薨, で薨去, で陸奥塙六万三千九百石, といふ数, になります, に成り, に達すれ, の義母, を何と, 計五万七千二百三十八社

▼ 六~ (24, 0.0%)

4 の有効数字 3 の数字 2 の被除数

1 [15件] が極限, が正確, で止っ, という恐るべき, とに何, に約束, の数, の数字式, の方, の暗号, の暗号数字, の精度, まで測り得る, まで精度, も並ん

▼ 六波羅勢~ (24, 0.0%)

1 [24件] がさえぎら, がどこ, がよほど, が到着, じゃ, だ, だけとも思えぬ, と一緒, と同じ, にいや, に攻め落とされ, の中, の先鋒, はここ, はこみ入っ, は敵しかね, は門, ばかりでなく, も恐れ, も感, わずか五百騎, を一人, を打ち破った, を撃破

▼ 六ぴき~ (23, 0.0%)

2 の大

1 [21件] いるの, から十ぴき位, しかありません, とは驚きました, にふえました, のいわし, のこども, の力, の子, の怪盗, の蜜蜂, の蠅, の鹿, はたしかに, はをり, まだぴんぴん生き, も底, も飼っ, 恵んで, 見つけて, 買って

▼ 六~ (23, 0.0%)

2 の, ノ三

1 [19件] が一度, であり同じ, であること, で人間教育, とある, という一団, という小さい, という未婚男子, と称する, に, になっ, にも見, に四六, の六三郎, の呪禁, までは主として, や佐七, よけの祈祷, をざんぎり物

▼ 六十七~ (23, 0.0%)

5 になる 2 だが

1 [16件] それだけの, だ, であつ, です, でとうとう, と八, ないし百立方フィート, なんてなっただ, にお, になっ, にもなりました, のとき一時藩, の両日開場式, の善ニョムさん, の歳, の老人

▼ 六~ (23, 0.0%)

4 の時, 諸軍事 2 を併合, を統一, を討平 1 に用, に跨りたる, のこと, の全, の末, の相, の遺臣, を滅す, を滅ぼした

▼ 六年一月~ (23, 0.0%)

2 になっ, に長女

1 [19件] からの作品発表禁止, から博文館, から文学雑誌, から日本, から治安維持法撤廃, であったが, で三月, にいち早く, にひらかれた, に世, に初めて, に創刊, に至っ, のこと, の天皇, の歌舞伎座, の追放令発表以来, は久しぶり, 亡くなった

▼ 六~ (23, 0.0%)

3 になっ

1 [20件] か七才, ずんぐりと, になつ, になります, のとき, の元気, の六月, の古巣右内, の子供, の定め, の工夫, の時, の時分, の時独奏家, の男, の男の子, の花嫁, の雪子, ばかりなる, 乃至六十才

▼ 六~ (23, 0.0%)

2 ばかりの鹿

1 [21件] あるいは数十疋群, いるので, ずつの馬, だぜ, ならんで, に一人, の分, の狐, の竜, の雁, は悶え, もやって来, も徴発, も私, を殺した, ワイワイと, 尋ねて, 居る様子, 湿っぽいは, 湿つぽい, 走って

▼ 六箇月~ (23, 0.0%)

10 の間

1 [13件] いたと, が一ばん, すれば, だったかな, である, で全快, という感ずべき, の修業, の間気温, の間頻繁, を出でざる, 経ったら忘れられます, 長きもの

▼ 六では~ (22, 0.0%)

2 ありませんが, ないか

1 [18件] あるが, あれで, お月さん, この姫神, ない, ないかとも, ないこと, ない二十, ない退け, ない退け退け, なかった, なくて, なく二六三, なく田鍋課長, まだ針, 娘の, 絵の, 耳の

▼ 六ゾロ~ (22, 0.0%)

20 の源 1 の源公たち, は骰子

▼ 六七分~ (22, 0.0%)

2 のうち, 多くても

1 [18件] あるから, か, ぐらいづつ, しかでき, しか入らず, たつと, だ, ってとこ, で笑, といふところ, にし, のところ, の続, はかかった, はかけた, は何時も, は聞流し, ばかり話し込みました

▼ 六二年~ (22, 0.0%)

2 なること

1 [20件] でわが, にかけて合理的医学, には五万家族, にサッカノ, に一人, に出版, に死ん, に至る, のこと, のパリー, の九月, の十二月, の四旬節, の四月, の米国そのもの, の諸, の頃, まで五年間, を威嚇, 既に作者

▼ 六六年~ (22, 0.0%)

1 [22件] すなわち長州征伐, と段々に, にこの, にはクリストッツァ, にはペテルスブルグ大学, には有名, には米国船, に始められ, に死ぬ, に生まれた, のでき, のクリスマス, のロンドン, の一月, の五月頃, の初め, の四旬節, の大, の版, の第, までナポリ, を如

▼ 六十年前~ (22, 0.0%)

1 [22件] にありし, にここ, にも今時分, にも能登, にフランス, に一日平均四十五銭, に始まった, に沢山, のこと, の寛文頃, の徳川, の心中, の歎, の私, の窮屈千万, の自分, までは原始林, までは少しく, までは神官, までもなお, まで行われ, 早くも

▼ 六千人~ (22, 0.0%)

1 [22件] ありと, がいま, が働いた, が広場, そのうち千人, だけの者, との比, と見られた, なり, にも余る, にも達し, に半, の, のあいだ, の参詣, の天人, の署名, の青年男女, を超えた, 広い境内, 繰り出しましたが, 集った所

▼ 六~ (22, 0.0%)

2 がある, の中

1 [18件] から五十句, がいつ, が出来ぬ, が第, だけ出来た, では, にかう, に及ぶ, に達し, のわびた, はおのずから, はなんら, は一つ, は渾然, をそう, をたとえば, を連ねた, を除い

▼ 六番地~ (22, 0.0%)

2 に住む, に住ん, の一

1 [16件] ですから, でへえ, とか言っ, と云う, と廻つて, に四人, に在った, に引越し, に所在, に船板塀, に落, に達した, の一間, の自分, の門, へ葉茶屋

▼ 六百米~ (22, 0.0%)

2 に及ん, の奥の手, の高, を超え

1 [14件] が其限度, であると, となっ, にも足りない, に近い, に達し, の地点, の山上, の高度, の高所, まで下り, も高い, を超えた, 低い部分

▼ 六~ (22, 0.0%)

2 の船

1 [20件] あり野郎共, ずつは毎年製造, と云々, に乗せ, のカヌー, の和船, の小舟, の端舟, の舟, の貿易船, の軍艦, の鵜飼舟, はあつ, は下田, もあっ, もの信じ, も登り候う, を聯, 着いて, 繋がれて

▼ 六です~ (21, 0.0%)

6

1 [15件] からねえ, から可哀そう, から聞け, がね, が男, が雑俳, が雜俳, けれどもなかなか, ぜ親分, ちょと, って, ね, の, もの貴方, マダム

▼ 六といふ~ (21, 0.0%)

1 [21件] やうに, 三十男でした, 乞食が, 二人の, 壓へ, 宇野浩二の, 幇間が, 年齡の, 年齢の, 惡者の, 数が, 無能な, 男が, 男は, 細長くて, 達者な, 陽當り, 青年時代が, 顏の, 齡には, 齢には

▼ 六~ (21, 0.0%)

3 命じました 2 いいました, 向って

1 [14件] あごを, あずけ三名, あの佃煮, あの時刻ごろ外出, いった, いつて, ささやいた, なわ, ひとまず帰る, 一丁は, 下りました, 与えた命令, 意外な, 落ち着く

▼ 六七十人~ (21, 0.0%)

2 のお客, の弟子, の死傷者

1 [15件] だろうな, という数, にもなりやもう, の一隊, の人, の供人, の兵力, の暴徒, の職工たち, の軍兵, は乗る, は泊, ばかりの通信員, も居た, 多い時

▼ 六五年~ (21, 0.0%)

1 [21件] かの細胞, から一八六九年, から六六年, として書中当時, と記され, なり故に, には五月十八日, には王立協会, にブリュン, に優等, に初めて, に特許, に至る, のクリスマス, の一月一日, の七月ごろ, の十月, の南北戦争, の四月, の正月, の間

▼ 六十万~ (21, 0.0%)

1 [21件] からある, が存在, だけ多い, でしょう, と言え, に増しました, の仏蘭西人, の兵, の増加, の失業者, の小, の損害, の民草, の現金さ, はかかる, もあった, もあり, をこえるであろう, を合し, 乃至七十万, 近い札束

▼ 六千尺~ (21, 0.0%)

4 あります 2 の峠

1 [15件] から三万尺, から九千尺, という地球, にあまるつる, のコール・デ・タンデ, の一帯, の下, の大, の漂石, の高原, の高原地, の高地, の高山もさ, を一条, 近い山腹

▼ 六年ぶり~ (21, 0.0%)

1 [21件] であった, でふるさと, でゆたか, で上京, で互いに, で去年, で大阪, で寝る, で彼, で故郷, で自分, で逢っ, にた, にて彼女, になる, に帰っ, に瞼, に見る, の何, の帰朝, の邂逅

▼ 六~ (21, 0.0%)

2 の手, の頭

1 [17件] が〇・五斤, が生れた, だけ骨とも, ですね, にあるいは, のところ, の蝶々とんぼ, の餓鬼, はそれ, はちょうど, は七斤余り, は取れた, は大きな, は彼, も来る, を叩きのめした, を用

▼ 六正勝~ (21, 0.0%)

1 [21件] とその, とちがっ, と藤吉郎, にとってもう, になん, の一家, の家, の手, の父, の立場, の耳, の部下, はいつもそう, はそのまま, はひそか, は信長, は取り逃した, は妻, は折, は静か, も振り向いた

▼ 六~ (21, 0.0%)

3 の書 2 を中心

1 [16件] でも易, といふ名, と同じ, と數術, と申します, に出, に當, の如き, の正統, の詩部, の論, は確實, も九流諸子, を解釋, 之文言, 全體

▼ 六づかしい~ (20, 0.0%)

2 世に何, 名の

1 [16件] それに, と思ひます, な, ものだ, 不滿, 事な, 作業でした, 名前の, 哲学的な, 數學の, 町名でございまし, 眼付を, 言葉を, 註文である, 議論を, 顔を

▼ 六まで~ (20, 0.0%)

2 小店に

1 [18件] そがれたよう, ミッチリ勉強し, 全部買っ, 処女で, 和尚様が, 嫁は, 手代同様に, 払った, 星が, 永生きされた, 独身を通して, 男の, 碓氷の, 育ち玉, 育てたこと, 足かけ二十六七年を, 面白くも, 魯の

▼ 六マイル~ (20, 0.0%)

2 に達す, 離れたところ

1 [16件] というもの, にすれ, の内訳, の大森, の馬車, はなれた, ばかり離れた, ほど離れた, を航, を航進, を走り, を駅馬車, 歩かねば, 歩けば, 行かねば, 離れた所

▼ 六七本~ (20, 0.0%)

3 の檳榔 2 に分れた, の松

1 [13件] あること, かたまって, ついて, の刀, の桜, の穴, の立ち木, ひどい時, 並べたもの, 固まつた樅, 寒そう, 挙げやが, 立てかけて

▼ 六十あまり~ (20, 0.0%)

3 の老人 2 の老, の老婆

1 [13件] た, であった, なる老人, になった, のしなだれた, の一徹そう, の分別, の年ごろ, の童顔, の老女, の老爺, の老翁, やがては

▼ 六十両~ (20, 0.0%)

3 の金子 2 の金

1 [15件] でそれ, で篏め, に大小, の大金, は掛る, までせり上げた, もあらう, も持っ, も有ろう, や七十両, をかっ, を島伝, を返せ, 捲き上げられたとき, 渡したと

▼ 六十二~ (20, 0.0%)

1 [20件] だ, だが, だつて, であった, であつ, である, でこれ, で生き, で野, と, とな, になった, になりまし, になります, になる, にもなった, の卜翁, の司馬遷傳, の謬, よ

▼ 六十里~ (20, 0.0%)

2 ある

1 [18件] あり, あるという, というところ, といえ, にも及ん, にも感じられた, に餘つて, のあいだ, の下水道, の化成寺, の海岸, の路, は充分, は四千八百万フラン, ほど下, もある, も手繰られ, も退却

▼ 六号船~ (20, 0.0%)

8 の留さん 4 の船長 2 に乗っ, の水夫, の者, の舳先

▼ 六~ (20, 0.0%)

2

1 [18件] あったから, くらいで, ずつ水車場, では, と見, になる, の代価七貫百三十二文, の合計, の年貢ぢ, の米, の米俵, の酒風味, ほどに見積もり, までや, まで飲ん, も取れれ, も採れた, や七斗

▼ 六~ (20, 0.0%)

3 の金屏風

1 [17件] のうち, のうち最後, のチヤッコ, の四重奏曲, の屏風, の屏風影, の弦楽四重奏曲, の無, はどう, は幾通り, をまとめた, を吹きつづける, を吹込ん, を引きめぐらす, を書いた, 及び第, 通して

▼ 六~ (20, 0.0%)

2 の, は自ら内閣

1 [16件] が政友会, が政友會, じゃ私立探偵, です, にこれ, のこと, の内妻房枝, の夫人, の投稿, の探偵事務所, の男女二百三十人歌垣, の監督, の祕書, は和衷協同, は近畿説, へ次

▼ 六~ (20, 0.0%)

1 [20件] が四部, だけが本, だけの目録, であと, でありますが, とし, には皆一つ一つ, にも史學, に分け, に分ち, の上, の中, の分類, の各, の趣旨, は單, より四部, より隋志, を其の, を採

▼ 六百枚~ (20, 0.0%)

4 の長篇 2 の方

1 [14件] あった, から書い, なくば, にちかい, に達するでしょう, のはがき, の事, の代表的, の最後, の銅版, は定まりたる, ばかりの長篇, ほど出来上り, も入

▼ 六貫目~ (20, 0.0%)

4 もある 2 の黄金

1 [14件] から十二三貫位, の力量, の千両箱, の千兩箱, の四斗俵, の我々, の沢庵石, の物, は大丈夫, ばかりになった, ばかりの食料, ほどの荷物, も重い, 乗掛下十貫目

▼ 六でも~ (19, 0.0%)

3 あろうか

1 [16件] あったろうか, あらうか, あり殊に, あるべし, あろう, あろう頭, いれば, ないから, へまを, 七き, 割れる三, 和助でも, 男と, 紅の, 結構です, 腕節の

▼ 六とは~ (19, 0.0%)

2 なんの, 仲が

1 [15件] この研究班, さすがに, その中, どうしても思へなかつた, どうしても見えない, なったぞよ, 先に, 別種の, 同じよう, 恐怖と, 清兄さんも, 焼跡に, 血の, 見えんな, 負けず劣らずの

▼ 六インチ~ (19, 0.0%)

2 ほどであった

1 [17件] あり内側, あるいはそれ以上, か八インチ, か八インチ位, ぐらいの大きな, なるに, に九インチ, に達し, の厚, の細い, ばかりの小さな, ばかり動かす, もない, もない高, 厚さ, 長さ五フィート半, 高きもの

▼ 六カ条~ (19, 0.0%)

3 の問題 2 の件, は奥山どの, をのん 1 が落着, でおれ, でございますな, とは, のこと, のもの, の申しいれ, の要求, をどう, を承知

▼ 六・三制~ (19, 0.0%)

3 のため 2 の三, の予算, の困難 1 で六年, ということ, というもの, と考え, になっ, のもと, の問題, の混乱, の現実, は一九四九年度

▼ 六七八~ (19, 0.0%)

3 の三月

1 [16件] か眦, そろそろ秋風, と三カ月間五百円, と五年, と四つ, と経ちました, になりましょう, の三カ月, の三日間, の四か月, の四ヶ月, の大輪, の女, の年, はマチネー, もう一遍

▼ 六先生~ (19, 0.0%)

1 [19件] から明治時代, が最も, が述懐, とも思われぬ, なぞはやっぱり, に似た, の, のよう, の値打, の義太夫, の邸宅, はヅーフラ, は四十, は新, を呼びよせ, を打ちのめす, を打ち込んだら, を理解, を破る

▼ 六十本~ (19, 0.0%)

3 のタケノコ 2 も出来る, 積みましたが, 飲んで 1 あったかも, の低い, の大小, の焼, の薪, の通し矢, ばかりの針, も鑑定, よりすく, 打っても

▼ 六~ (19, 0.0%)

1 [19件] ずつ送る, でさ, でも, でバタ一斤, で一分, という伝え, と赤穂塩一升, に当たる, の割, の器, もはひる, もやれ, も取った, も買つて, も飲む, を九分, を九等分, 飲んだか, 飲んで

▼ 六尺ゆたか~ (19, 0.0%)

4 な大男

1 [15件] であり肩, な中尉殿, な体躯, な堂々, な背丈, な色白, な長身, のよく, の一服, の堂々たる, の壮漢, の大, の彼, の洋人, の身長

▼ 六日ぶり~ (19, 0.0%)

5 の酒 2 に街

1 [12件] だ, にいい, にやつ, にランプ, に一杯ひつ, に人, に床, に御飯, に戻った, に飯, の酒肴, の風呂

▼ 六~ (19, 0.0%)

2 の間, 同出現七時一分

1 [15件] から二秒, がつ, ぐらいで, しかかかってない, である, という独逸, とでもし, に走つた, のあいだ呼吸, の後, の撮影, の露出, ばかりの大きな, もありましたでしょう, もかかっ

▼ 六かしく~ (18, 0.0%)

2 なって, なる

1 [14件] して, ってお, てよく, て大抵, て結局, て自由自在, なったから, なつて, なるだろうと, はない, はなかっ, 云えば, 成り人間, 結んだ七つ

▼ 六フラン~ (18, 0.0%)

1 [18件] から十二フラン, しかもたない, しか残つて, ずつ差し上げます, でパン代, で正直, という粗末, といへ, とすれ, とちょっと, となるであろう, になる, はいってる, は特別大切, もらった, を食っちまった, 使い果たした, 取る事

▼ 六十幾つ~ (18, 0.0%)

2 かの元素

1 [16件] かで死んだ, かになる, かの白髪豊か, という, というお, といふ, とかになる, と渾天儀, になる, になるつんぼ, に劃, のマジャルドー, の人種, の半, まで二十五年, やろか

▼ 六千年~ (18, 0.0%)

2 の人間, の歴史, を要する, 立つと 1 といえ, のむかし, の伝統, の短き, の間, の間昼夜, は請合, もま, を経た, を要す

▼ 六千石~ (18, 0.0%)

2 の館主

1 [16件] そのまま御, であつ, でございました, でもその, という格, という津軽家, の墨附, の大名, の大身, の家中, の家老, も肝腎, を領する, 取る神保磯三郎, 有難え, 賣上高

▼ 六~ (18, 0.0%)

2 の中

1 [16件] あったと, お六坊, といわれ, といわれた, どうした, の一つ, の寺, の炎上, へ奔, ほんとにほんとに俺ら, も文珠閣, をつ, をばたとへば, をグル, を宮様, 寝られねえわけ

▼ 六~ (18, 0.0%)

1 [18件] その邊, のコンクリート, の家, の小さい, の池, の狭い, ばかりのタイル仕立て, ばかりの室, ばかりの庭, ほどで, ほどのもの, ほどの変哲, ほどの庭, ほどの森, ほどの池, ほどの芝生, もある, もあろう

▼ 六~ (18, 0.0%)

1 [18件] から裾野, がいちどに, が庭先, が次第に, が黒, と睨め, に分岐, に見立て, の上, の中腹, の懐, の翠, の背, は庭, は雪, もずっと, を白く, を背負

▼ 六時半頃~ (18, 0.0%)

1 [18件] から, から坂本さん, から約, から部屋, それから本, だった, だったか, でしょう汽車, です, と思います, になる, に家, に寝た, に彼女, に書斎, までゆっくり, まで話した, 迄やった

▼ 六~ (18, 0.0%)

2 に用

1 [16件] がひさび, が紙, さえ押え取ら, であること, というその, とやらいうた, と偶然, と昵懇, のところ, の一人, の逐電先, の顔, はお, をうしろ, をのぞい, をひとり

▼ 六~ (18, 0.0%)

2 の彼, の為

1 [14件] しか見えない, だ, だけを残し, だった, だったり, でドノバン組, とって, なり, の骨董, は道義, もある, を上らなかった, を上らなかつた, 散らばって

▼ 六~ (18, 0.0%)

4 の弾丸 2 ずつ打つ, 打って 1 が一ツ, の弾, の榴弾, の砲声, の銃声, の銃音, ぶっ放す, 続けさま, 聞えた, 込めて

▼ 六百万~ (18, 0.0%)

2 となる, の婦人賃金労働者

1 [14件] であるとして, としてもその, となり, と見積られ, に増加, に近い, の一割, の中, の内, の婦人, の都会, は動くまい, もランプ, を一掃

▼ 六百石~ (18, 0.0%)

3 の旗本

1 [15件] であつ, である, でしょうじっさいは, という旗本, なるが, のこぼれ米, の大船, の小野家, の旗本根来氏, の格式, の老職, の馬廻り役, は四年, ばかりの侍大将, を領

▼ 六~ (18, 0.0%)

2 の耳

1 [16件] が算, であった, であります, のそれ, の千両箱, の妓樓, の棚寝床, の眼玉, の車輪, の雪, の雪華, の雪華図, ばかり据えた, もあった, 列べて, 拾いポケット

▼ 六號室~ (18, 0.0%)

1 [18件] である, では絶え, で有る, とベローワ, には面白い, にゐる, に切に, に歸つて來, に行く, に足, の中, の内, の別室, の如き, の第, の鐵格子, へ入, へ這入

▼ 六~ (17, 0.0%)

2 でありすなわち

1 [15件] が生産, ぐらいの背丈, でありその, であり埋葬, である, であるならば, でわった, とあるは, とかいう風, とされ, となっ, に置く, のうち前回, の指数, の歌

▼ 六か月~ (17, 0.0%)

1 [17件] が過ぎた, たつと, にわたって続い, の修業, の大, の後俳優, の猶予, の猶予期限内, の苦心, の間, もかかっ, もする, も前, も後, を限り, 住んで, 過ぎた鶏

▼ 六ヶ敷~ (17, 0.0%)

1 [17件] うな, かった, からう, からんされ, さうだからとて, しい, しいこと, しいよ, しい顔, しく考えすぎたかナ, そうなお, としても只, と云つて, と詢言, なり何, 御時合, 考へ過ぎて

▼ 六七十円~ (17, 0.0%)

2 の収入

1 [15件] がもの, ずつも仕送され, のもの, の俸給, の共稼ぎ, の古着屋, の品, の家賃, の父, の生活費, の由, は稼ぎます, ほどの宿賃, も使った, も出さなけれ

▼ 六七十年~ (17, 0.0%)

1 [17件] おくれて, から以前, つづけて, にもなりましょう, の後, の歳月, の逞, の間, の頃, はたっ, ほど前, ほど時代, も前, も経った, も過ぎた, を残され, を週期

▼ 六十間~ (17, 0.0%)

1 [17件] ありまして, で三つ, で当てる, といわれ, とはあるまい, と言つて, にする, に及ぶ, の橋, の橋渡り, は百メートル以上, もありました, も下, も歩き去る, も歩く, を単位, 高さ十間

▼ 六~ (17, 0.0%)

4 の処

1 [13件] から一銭, と云う, と数字, なり, になった, に当っ, の客, の客ゆえ, は違, ばかりだ, ほど, を懐, 差し出します

▼ 六寸位~ (17, 0.0%)

3 のもの 2 はお

1 [12件] いせいぜい, しかありません, しかなかつた, であったと, と思います, な稀, に育つ, の古びた, の小, の小さな, の山女魚, の鬱紺木綿

▼ 六平太~ (17, 0.0%)

3 と笠太郎 2 の小父

1 [12件] いきなり立ちかける, がフラフラ, が突き当る, が酔つた顔, に向, のこんな, の後, の掛け, の末, はその, は自分, を憎

▼ 六年七月~ (17, 0.0%)

2 から十一月, である, まで

1 [11件] には富士山, には徳川家慶, には日向, には東京商大, のある, の二十日, の初め, の実質賃金指数, までの, 遂に教授職, 選ばれて

▼ 六波羅兵~ (17, 0.0%)

1 [17件] がこれ, が急, が見える, が駈けつけ, と放免, と散, に取り囲まれ, のいたわりだった, のため, の十数人, の藤井寺, の陣場, はおそらく, は去んだ, は耳, をみちびい, を案内

▼ 六~ (17, 0.0%)

1 [17件] あるが, あると, が, それから菓子店, でやっと, で今朝, で冷たく, とあっ, になった, のもの, の中央, の科料, の花片, まで, を購, 要ります二十人前, 食って

▼ 六百文~ (17, 0.0%)

2 の銭

1 [15件] あれば, くれえ, ぐらいのお, ずつ, ずつになれ, でございます, で売り渡せ, になつて, に換算, の質, や七百文, を七蔵, 之公事物, 大どんぶり, 貰って

▼ 六連発~ (17, 0.0%)

4 の短銃 3 のピストル, の拳銃 1 であります, でな, と見, の大きな, の第, の音, を手

▼ 六だった~ (16, 0.0%)

2 と思う

1 [14件] お咲, から奴隷仲間, か七, が, がその, が変, が眼, そうです, のである, のでしょう, のです, ので仲時, んです, 私に

▼ 六ぺん~ (16, 0.0%)

3 も水

1 [13件] がとこ, くり返して, ぐらい御, にちゃにちゃ噛みました, の航海, はコンコン, ぶらぶら振りました, もおこされる, もくり返し, も見た, 乗り回して, 泣きじゃくるうち, 見たこと

▼ 六ヶ所~ (16, 0.0%)

1 [16件] から三間四間, から凄, に小さい, に建てた, に擦疵, に現れよった, に長, の坑道入口, の大学, の斬り, の重傷, ほどに湧出, ほど撰定, ほど補助, も薪割り, 刺されて

▼ 六~ (16, 0.0%)

3 の金

1 [13件] か七両, と少し, になった, に負けさせ, の借金, の手当, はあります, ばかりの金, も借てる, を一屯, 受け取って, 定歩行役一両二分, 掻き集めたの

▼ 六勝家~ (16, 0.0%)

1 [16件] が厳重, が江州長光寺, が間者, ともある, と申され, などの重臣, などは喜び勇ん, のことば, の姿, の気概, の腹心, の頭, はうなずい, は眼, は足, は那古屋城

▼ 六十回~ (16, 0.0%)

1 [16件] でいい, でやっと, にし, にわたって連載, に至っ, の予定, の凶作, の割合, の回転, の多数, はかかろう, まわる自信, も同じ, も話, も通っ, 払えば

▼ 六十尺~ (16, 0.0%)

3 もある

1 [13件] ぐらいの飛瀑, だとか, で鯨, にも達する, に基礎, の上, の下, の小山, の帆桁, の深, の谷の口, はかれば, ばかりも切立った

▼ 六十年間~ (16, 0.0%)

1 [16件] おなじ表紙, かかって, においてどんな, にわたる単式機関船時代, に於, に百七十余人, に遡っ, の幕末演劇史, の通し矢, は相当, ほとんどおなじ, を語っ, 失って, 尊い血潮, 目立たぬが, 置いて

▼ 六千両~ (16, 0.0%)

1 [16件] くらいな, そのままそっくり持っ, の大金, の小判, の御, の荷, の金, の黄金, はこっち, は仲間, も無事, も首尾, を一人占め, を奪った, を現在, を積んだ

▼ 六尺五寸~ (16, 0.0%)

2 もあっ

1 [14件] ずつ, とよんで, のバカ, のヨメ, のライ病殿, の一本竹, の化け物め, の大, の大男, の悪霊, の次郎太刀打ち, を一間, 近付いて, 高さ十尺

▼ 六~ (16, 0.0%)

2 の沙魚

1 [14件] あげたこと, の山女, の岩魚, の魚, の鱒, ほど道路, まで蛞蝓, も捕れ, も釣上げれ, を葭, を連ねたる, 挙げしのみ, 泳いで, 釣りあげて

▼ 六~ (16, 0.0%)

2 の人家, の家

1 [12件] からは煙, が甘, に減じ, に達し, の二百人, の産所, の移住民, の農家, の農民, の部落, もあった, を付せられ

▼ 六~ (16, 0.0%)

2 あるいは十株, の大きい, の大樹, の柳 1 あった, あつた, あり, の水仙, の白菜, 植えたこと, 植える楽しみ, 生えて

▼ 六~ (16, 0.0%)

2 というの, などをひさい

1 [12件] というやつ, と世に, に朱漆, のこと, の二つ, の類, を売る, を挿した, を求む, を造る, 買うたところ, 買って

▼ 六~ (16, 0.0%)

3 の大砲

1 [13件] ずつもある, と俗, に叢書, のうち南町口, の主砲, の砲, は一せい, は載っ, も備え, をならべ, を備え, を開き, 第一項

▼ 六ずかしい~ (15, 0.0%)

2 かも知れない

1 [13件] ことでない, のかね, のである如く, のです, ものじゃ, 問題じゃ, 始めは, 意味では, 漢字を, 物に, 理窟は, 男だ, 遺賢などは

▼ 六やん~ (15, 0.0%)

2 は旦那

1 [13件] が荷馬車, に暴力, の方, の頭上, の顔, はにやにや, はびっくり, はふり, は汗, は煙管, は隣り, をはじめ平素, を残した

▼ 六スー~ (15, 0.0%)

1 [15件] しかもらえなかった, しか持っ, しか残っ, ずつもらっ, でいい, で夕食, で笑顔, のまっか, のアルジャントゥイュ, の肉, を取って置き, を集め得た, 与えた, 出して, 持って

▼ 六ヵ所~ (15, 0.0%)

1 [15件] ありました, あるといった, から起った, ぐらいのところ, にひらい, に煌々, に笑声, に起る, の傷, の切傷, の墓, の薄, へ炎々, も落雷, をはじめ

▼ 六七枚~ (15, 0.0%)

2 もたまっ

1 [13件] ありますが, からの長い, しか書いてない, のゼラチン, の原稿, の葉, の蓆, も乗せ, も剥いちゃったろう, を書く, 書いた, 書いたが, 残ってるの

▼ 六万人~ (15, 0.0%)

1 [15件] がこの, が劣等児, が生命, でこの, でしょうね, に達する, のうち, の増加, の従業員ともども, の急増, の整理問題, の馘首, を用い, を算, 少い

▼ 六~ (15, 0.0%)

6 丞の 2 丞が, 丞は 1 丞これが, 丞という, 丞に, 丞殿と, 丞紀州を

▼ 六代目菊五郎~ (15, 0.0%)

1 [15件] が曽我兄弟, が近年, が長谷川時雨さん, である, では, と中村吉右衛門, によって上演, に生, のその, の凝り, の幼時, の鏡獅子, はたしかに, をさえ齲, を舞台

▼ 六分間~ (15, 0.0%)

1 [15件] しなければ, じっとし, であったが, である, というもの, という約束, の下稽古, の印象, の間, は十分, も掛かったであろう, も漕がれ, 待った, 繰返しながら, 話して

▼ 六十万フラン~ (15, 0.0%)

3 の金

1 [12件] が私, だ, である, に目, の出所, の女学生, はまさしく, は彼女, もする, も驚く, をどこ, を返却

▼ 六十万円~ (15, 0.0%)

3 の金

1 [12件] ぐらいの計画, だ, といったなら, としてその, と云う, の幸福, の教会, の札束, の泥棒, の金位, をひそか, を下らない

▼ 六十余年~ (15, 0.0%)

5 の間 2 の生涯 1 のむかし, の乱国, の兵乱, の太平, の後, は翁, もつづいた, も昔

▼ 六十哩~ (15, 0.0%)

1 [15件] くらい走る, にはアンチウム市, のスピード, の快, の直行運転, の速力, の遠隔, ばかりです, ばかり先, ばかり離れたる, ほどの所, もの道程, も向う, も離れ, 離れたアンチウム市

▼ 六十坪~ (15, 0.0%)

2 の権利

1 [13件] あるといふ, ぐらいの畑, だという, であり一坪, にあまる, に十五, に次ぐ, のうち吹上, のところ, ほどのひろ, ほどの土地, ほどの長方形, ほど家ぐるみ

▼ 六十米~ (15, 0.0%)

3 の圏, の小圏 2 を超え 1 から百米前後, ぐらいの深, の地点, の褐色, もある, もあろう, を超えた

▼ 六~ (15, 0.0%)

2 の間雪

1 [13件] だそう, だという, でるボート, ないし六拾六哩, にし, に亙っ, の平地, の有料道路, の速力, の間, ばかり離れた, ほどはなれ, もある

▼ 六~ (15, 0.0%)

2 の金

1 [13件] だつた, だとさ, でも金, とは既墾成功地, と申し, にし, になつ, に買, に頂い, のこと, の金刑, も使つた, 集めて

▼ 六尺位~ (15, 0.0%)

1 [15件] なり多く, にせし, になっ, になる, に伸びる, の仁王様, の大男, の所, の檜, の長, の高, は高く, までのもの, 広さ五六畳, 長い糸

▼ 六~ (15, 0.0%)

2 で, は

1 [11件] その主, です, の中, の全部, の地積人口, の空, は一望, は今ひとつ, は何処, を統一, 少吉

▼ 六所明神~ (15, 0.0%)

2 に近い, の前

1 [11件] で琵琶, の御, の提灯祭り, の森, の真, の社, の社内, の社頭, の神主猿渡氏, の鳥居, を手打式

▼ 六~ (15, 0.0%)

1 [15件] から立つ, が古, と夕刻, と申し, と稱, と諸国滝巡り, においてなせ, の, のコンチニュイティ, の一, の三島, の芝居, の集作, を見, 及び諸国滝巡り等

▼ 六波羅探題~ (15, 0.0%)

2 の奉行職

1 [13件] か, に遣わせる, のあと, の伊豆語, の周章狼狽, の大, の大門, の指令, は越後守仲時, へ帰っ, もあきれた, より附けられ, を襲はん

▼ 六~ (15, 0.0%)

2 の方, の法, へ遣つ 1 の司令官室, の神, の神通力, の艦橋, の苦楽園, の術, の鬼神軍, もすべて風雨, を誦し

▼ 六百両~ (15, 0.0%)

1 [15件] が紛失, ずつを二か年度, にも余ろう, に買, のため, の上, の不足, の借金, の金, はあるでしょう, は残念, までに相場, をまき上げました, 借りが, 取らそう

▼ 六百尺~ (15, 0.0%)

2 だと, であること

1 [11件] なるも, のエジプト, の山, の弥陀ヶ原高原, の標高, の雪峰, の駒ヶ岳, の高, の高地, へ這い上っ, をもって最高点

▼ 六角柱~ (15, 0.0%)

3 の雪 2 の結晶 1 が出来, と六花, のもの, の両端, の極めて, の水晶, の氷, の氷晶, の頭, や六花

▼ 六軒長屋~ (15, 0.0%)

2 の取

1 [13件] と呼ばれる, のうち三十二軒, のよう, の住人, の奧, の家搜, の殺し, の江柄三七郎, の直ぐ外, の路地, はわけ, へ伴っ, を端

▼ 六〇フラン~ (14, 0.0%)

4 の価格 1 であると, での売手, で需要, においての売手, において買手, の収入, の買い手, またはそれ以上, またはそれ以下, を維持

▼ 六である~ (14, 0.0%)

2 のでおなじ

1 [12件] がいずれ, がこの, が三十前後, が十九, が此頃, ことが, ことには, という, というよう, という喜び, といった, とかぼく

▼ 六~ (14, 0.0%)

2 一, 二 1 一九の, 一円舞曲作品六四ノ, 三, 六からの, 四, 大目当, 字デス, 機械の, 芝居ガ好, 芝居ヲ

▼ 六七軒~ (14, 0.0%)

2 の芝居茶屋

1 [12件] となりぬ, と数え, と數, に旅館以外, の勧工場, の家, の家並, の民屋, もあっ, もあります, 並んで, 駈けまわった

▼ 六十二万石~ (14, 0.0%)

2 を分割, を寸断 1 が安泰, ご家臣, で六千二百人, の仕置, の大名, の奥州, の威勢, の将軍家, の改易, は安泰

▼ 六十五年~ (14, 0.0%)

2 の間

1 [12件] から實行, がほど抗争, という一生, の七月, の偉大, の条, の歳月, の頃, もかかる, も昔, を以て政権朝廷, 実に百二十二年

▼ 六十余り~ (14, 0.0%)

2 の老人, の老女 1 あるが, と見える, のお爺さん, の女, の尼僧, の禿茶瓶, の肥った, の背, の芝居小屋, を一月

▼ 六十八年~ (14, 0.0%)

3 の生涯

1 [11件] にカシュガル地方, に伊太利, に公, に那破列翁三世, の一生, の全, の呼吸, の歳月, の街道生活, の輝き, まで王位

▼ 六十六部~ (14, 0.0%)

1 [14件] が多く通, が彦次郎, が祈祷, でしたそうして, とこの間, となっ, とは跡型, に姿, に立山, に身, のなり, の鉦, はその, は納經

▼ 六千兩~ (14, 0.0%)

1 [14件] といふ身代, の大金, の小判, の御, の荷, の金, の黄金, は仲間, は此方, も無事, も首尾, を一人占め, を奪, を積んだ

▼ 六千貫~ (14, 0.0%)

2 の金, も手 1 とがわれら, とはあなた様, と云う, のこりなく束ね直し, の内, の工面, の黄金, も欲しい, ヲ与, 貰えるの

▼ 六~ (14, 0.0%)

2 の報告, 遠クヘ行ク 1 か, から, だネ, と民, などと知り合い, の, は周防, は麹町平川町, も丁度, も共々

▼ 六~ (14, 0.0%)

2 要指

1 [12件] といふの, に分けた, に分れ, の中, の半数, の多数, の支, の書, の要, の長短, を歴史的, を論ずる

▼ 六年ごろ~ (14, 0.0%)

1 [14件] か, から多く, で, とは非常, と思う, にかかれた, には, には東京, には遂に, に大学助手, のわたくし, の少年たち, の風俗, 駐日公使

▼ 六年以前~ (14, 0.0%)

2 の事

1 [12件] からときどき, から二三, から眼病, ことに大, であるが, なら別に, にはいくら, にマゼツパ, に來, に存在, の如くなる, の記録簿

▼ 六時近く~ (14, 0.0%)

2 であった, 迄か 1 から, なると, にかえって, になっ, になる, には全市, の開演, ドテラ, 漸く雨風, 迄麻雀

▼ 六枚屏風~ (14, 0.0%)

1 [14件] が一つ眼前, とかいうよう, には単に, に屹, の余白, の煤けた, の裾, の陰, は少し, をためつすがめつ, をながめ, を持っ, を立て, を見る

▼ 六~ (14, 0.0%)

2 の偵察機

1 [12件] がいまや, がとん, が勿来関, が栗山川, が自分, の, の小型機, の爆音, の落した, は揚子江, もブラ下つて, 来た後続部隊編隊

▼ 六歌仙~ (14, 0.0%)

3 の一人

1 [11件] が行儀, だのそんな, の中, の在, の時代, の歌, の軸, の額, も又, を御撰, を拝観

▼ 六百メートル~ (14, 0.0%)

2 の橋

1 [12件] ことによる, です, で東京, という近距離, の低空, の辺, の近距離, の高度, はなれた, ばかり右, ほどの岩, を間

▼ 六百年前~ (14, 0.0%)

1 [14件] から中央, だ, で後醍醐天皇, にちゃんと, に匈奴, に戻す, に新田義貞, に有名, の, の人間, の地図, の建築, の楠木正成, ほどの地図

▼ 六~ (14, 0.0%)

1 [14件] ではこれ, ではそれ, では二九, では人口, と富山以西, などはかえって, に地名, に限らない, の中, の有志達, の海, の農村, の間, ほど引受け

▼ 六~ (14, 0.0%)

2 に編入, の石段 1 あった, から五級, だ, だの, であった訳, という位置, に入学, に分け, の曹長, の金鵄勳章

▼ 六角時信~ (14, 0.0%)

2 の兵

1 [12件] がお供, が京, が姿, といえ, に声, の兵二, の加勢, の異, の発言, は身, も粟田口あたり, も追いつい

▼ 六〇年代~ (13, 0.0%)

2 の連中みたい

1 [11件] から八〇年代, から約, の初頭, の小説, の庶民階級人, の日本, の溌剌, の終り, の英国, の青年男女, を生きぬい

▼ 六とか~ (13, 0.0%)

2 言ふ

1 [11件] 七とかの, 三八とか, 三十三とか, 云うが, 云ふんだ, 十七とか, 林佐渡とかいう, 第九, 聞きますが, 賢愚五分五分とかいう, 飲ませへん

▼ 六世紀頃~ (13, 0.0%)

1 [13件] からの各, から存在, から用いられた, から隆起, から非常, なら相当, にインド, のこと, のゼルマン歩兵, のラテン語, の椅子, の葡萄耳人, までに出来た

▼ 六公園~ (13, 0.0%)

1 [13件] で誰, で驚いた, と共に日本三公園, と別れる, にある, にさ, にての作, のところどころ, の傍, の写真, は今, へ行つて, も何となく

▼ 六十七十~ (13, 0.0%)

2 になっ

1 [11件] から語学, となる, になった, の将軍達, の年寄, の年寄り, の老人, の高齢, は大, まで生き, まで生きのび

▼ 六十五六~ (13, 0.0%)

2 の立派

1 [11件] ぐらいの白髪, である, であるべきはず, ですけれども, と云っ, になっ, の今, の品, の皺, の目, の老人

▼ 六十何銭~ (13, 0.0%)

1 [13件] かのばら銭, かの前, かはたちまち, かは堀川保吉, かも忘れた, かを投じ, かを歎ずる, かを考えはじめた, しかない, しか残っ, しか金, であったと, という

▼ 六十兩~ (13, 0.0%)

1 [13件] が物, でそれ, でも高, でわし, の代, はあります, は己, は彦三郎并, は貸, も持參, や七十兩, を奪, 儲けただけの

▼ 六十戸~ (13, 0.0%)

1 [13件] あったの, から一人, しかない貧しい, だと, にあまる, のうち昨年中, の食封, ははなはだ, ばかりの家, ばかりの小さい, ばかり風俗, ほどの半, ほどを焼いた

▼ 六十軒~ (13, 0.0%)

2 の人家, の家 1 あった, であつ, の小さな, の村じゅう, はあるだらう, ばかりの民家, もあるだらう, 固った, 焼いたかなり

▼ 六十過ぎ~ (13, 0.0%)

2 の年寄, の痩せた, の老人 1 ですよ, のお爺さん, のノロさん, の先妻, の婆, の男, の越後

▼ 六十錢~ (13, 0.0%)

2 する

1 [11件] あるこれ, ぐず, でもとにかく, で賣つた, で餘, にも七十錢, に願, の資本, はなくなりかけ, ばかりだ, を支拂

▼ 六~ (13, 0.0%)

1 [13件] でありそして, であること, に四, に対して無, の二, の爻, の男子, の間取り, の霊位, を御覧, ノ三, ノ二, 或本歌

▼ 六~ (13, 0.0%)

1 [13件] が前後, ただいま, のくせ, のませた, のニツコリ色白, の初々し, の寝室, の寢室, の微妙, は十六, も家主, をしらない, を膝

▼ 六日後~ (13, 0.0%)

1 [13件] から修学旅行, であつ, にそれ, にはみずから信長, に日乗, に説教, に近づい, のこと, の夜, の或, の明るい美しい, の牢城, 落ちつく事

▼ 六曲一双~ (13, 0.0%)

6 の屏風 1 にわたる全, に濃, のこと, へ墨, をぜひ, を描きあげたい, 早く拝見

▼ 六曲屏風~ (13, 0.0%)

1 [13件] が一つ, が二面, が据えられ, だったと, で死, というもの, には一面, に用い, に眼, に鶴, は必ず, は當然, を前

▼ 六歳以下~ (13, 0.0%)

3 の者 2 は四時間 1 のため矯正院, のもの, のアメリカ, の事, の少年, の男女労働者, は四時間以下, ノ幼年勞働

▼ 六~ (13, 0.0%)

3 いはく 2 の答え 1 が米, が黄梅山, その人, の問答, の故事, は今, は石臼, を作仏

▼ 六~ (13, 0.0%)

2 を重く

1 [11件] という位階勲等, に, になり, に見, の破, の達人, は參拾錢, を加重, を得た, を粗末, を貰わなかった

▼ 六つかし~ (12, 0.0%)

3 さは 2 さに 1 けれど是, さうだ, さが, さである, さ換言すれ, さ眉も, そうだ

▼ 六七年間~ (12, 0.0%)

1 [12件] がある, である, というもの, において政論状態, に彼, のよう, の剰余分, の哀れ, の暗い, の生活, はうすあたたかい, は今日

▼ 六人組~ (12, 0.0%)

2 の一人 1 が大騒ぎ, としてはどういう, に三人, のほう, のやくざ者, のリーダー, の怪盗, の温床, の顔, は曲搗

▼ 六以下~ (12, 0.0%)

5 並びに註參照 1 がわっ, というブランク, に, にいづ, に見ゆる, の三人, 及び地

▼ 六~ (12, 0.0%)

2 のお 1 ある, でも此世, の人影, の寄進者たち, はまさしく, ほど残つたの, を分け, を彫, 同じよう, 在るの

▼ 六十五銭~ (12, 0.0%)

1 [12件] それから珈琲, だが, でがん, と附け, になる, の勘定, の外国品, は高い, もし, よりやす, 乃至七十銭, 程でした

▼ 六十余歳~ (12, 0.0%)

1 [12件] かとも見えまする, である, で見るから, にし, の, の今年, の皺腹, の老婆, の老婦多年予, の老齢, まで通し, 罷成

▼ 六十日間~ (12, 0.0%)

2 責めつづけて 1 ああし, あのとおり, にすっかり, にもし, のお, の公告期間, の留置期間, も牢, を勤めた, 責められて

▼ 六~ (12, 0.0%)

2 の高 1 たっぷりあろう, でそこで, と三呎半, に達し, の厚, の石室, の長, はたっぷり, も捲き込まれた, も違います

▼ 六平太氏~ (12, 0.0%)

1 [12件] があの, が千代造時代, が家元, が常に, のやう, の蝉丸, の覚悟, の話, は十四世, は只, は筆者, 未ダ壮ナラズ

▼ 六文字~ (12, 0.0%)

2 でも単に 1 が記し, ぐらいしか書けません, だけが目立つ, となし, になっ, のうち, の字母創成, を入れた, を習う, 残らずを

▼ 六文銭~ (12, 0.0%)

2 の旗印, を描い 1 で吉凶禍福, の文身, の旌旗, の旗三四旒, の紋章, を入れた, を描かせ, を金

▼ 六時四十分~ (12, 0.0%)

2 ですわね 1 から七時五十分, から五十分の間, て, には出懸けられた, に出発, に受取った, に古, の紅海横断, まで君ら二人, を打った

▼ 六条河原~ (12, 0.0%)

1 [12件] でみな首, で首, と云った, にはたくさん, に各々, に移った, に立てられ, のあたり, の合戦, の地, の柳, の秋風

▼ 六畳二間~ (12, 0.0%)

1 [12件] ががらん, が続い, しかない, つづきの, で上, にわれら七人, に四畳半, の一方, の離れ, を借りた, を先生, を越し

▼ 六百匁~ (12, 0.0%)

1 [12件] あるかなし, から一貫目前後, から二貫五百匁, から二貫目, から二貫目前後, から尺七八寸, に育った, のもの, の野がん, ほどに育った, もある, 大きいの

▼ 六箇所~ (12, 0.0%)

2 の穴 1 あるだけ, であった, に在り, の停車場, の傷痕, の内, の工場, の悲田院, の碑, を見ざるべからず

▼ 六~ (12, 0.0%)

2 になり, の逗留客 1 あると, くらい目白押し, の班, の銀, ばかりがダンス, ほどの客, も出, 無い事

▼ 六~ (12, 0.0%)

1 [12件] がどんなに, だけ通覧, において流動資本, に国法, の, の探偵小説, の補遺, まで続, より後, を制定, ノ十四, 即ち法典

▼ 六~ (12, 0.0%)

2 の形, 置いた室, 置かれて 1 あるぎり, あるに, ある牝豕, のあと, の安楽椅子, の豕

▼ 六阿弥陀~ (12, 0.0%)

1 [12件] と大師堂, と間違え, に詣でる, のほう, のよう, の辻善六殿, の追分茶屋, の通り, よ, を向う, 第二番, 詣りの

▼ 六~ (12, 0.0%)

2 の体, の大 1 か八面, にСССР学士院, に彫刻, の入口, の彫り, の襖, の鏡, は長大

▼ 六項目~ (12, 0.0%)

5 の下 1 になる, に入る, に分類, の以外, の第, は三種, を発表

▼ 六〇クヲタア~ (11, 0.0%)

2 を生産 1 が四磅八シリング一〇・三分の二ペンス, そして第, であっても, でありそして, に対し一クヲタア, の小麦, の穀物, を保有, を産す

▼ 六どん~ (11, 0.0%)

1 [11件] が洗つて, が見た, だ, で, とこの, にはてまえ, の家, の所, はヒド, は店, や和助どん

▼ 六~ (11, 0.0%)

3 んだ 2 のである 1 の, のでした, のです, のを, んです, 事は

▼ 六ミリ~ (11, 0.0%)

1 [11件] だし, であるから, で同じ, というの, などで季節, のフィルム, の天然色フィルム, の小さい, の映写, の映画, ほどな

▼ 六一菩薩~ (11, 0.0%)

1 [11件] さすがに, と一緒, と寅藥師, と稱, の挨拶, は御老, は思ひし, も同じく, も閉口, を呼び寄せ, を招きたる

▼ 六七月~ (11, 0.0%)

4 の頃 1 となつ, となり, になる, に瓜, に葬式, の交, へかけた

▼ 六三七年~ (11, 0.0%)

2 に公 1 であるから, ないし一七〇〇年, になお, にはオランダ人側, には八百人, のカルデロン, の十二月, の見聞記, までつづきます

▼ 六~ (11, 0.0%)

1 [11件] だよ, で内, の二斗五升, の二斗五升取り, は必要, は普通, ほども多く, も受け取り, も穫れる, 取れるから, 積んで

▼ 六兵衛老人~ (11, 0.0%)

2 のこと, の姿, の店先 1 と並ん, なり, は宇都宮, も決して, を拘引

▼ 六~ (11, 0.0%)

1 [11件] がなんだか, といはれ, とは切つて, にいく, に分てる, のやう, の人氣, の小料理屋, の活動寫眞街, の街上, を中心

▼ 六十がらみ~ (11, 0.0%)

1 [11件] だ, の一個, の人, の日, の武将, の独身者, の老, の老人, の見る, の雇婆さん, の高弟

▼ 六十フラン~ (11, 0.0%)

1 [11件] から一カ月三, こしらえた, しかもらっ, といふ屋根裏, とかいう値段, になっ, にも売れた, も借りた, を持っ, 持って, 飛んで

▼ 六十メートル~ (11, 0.0%)

1 [11件] がのびた, すなわち台風, にすぎない, の奴, の暴風雨, の風, ほども隆起, までのびました, も歩いた, も進みます, も高

▼ 六十九~ (11, 0.0%)

2 になる 1 で, であった, であつ, ですかね, で九年前, で同地, にて逝く, に成る, のとき

▼ 六十余人~ (11, 0.0%)

1 [11件] あった, あり, が合宿, という家士, と共に最後, の平泉, の徒輩, の者, を御, を搦めとっ, 平大納言時忠

▼ 六十恰好~ (11, 0.0%)

2 お酒 1 の夏外套, の女, の婆さん, の巌丈, の爺さん, の老, の老婆, の老媼, の老爺

▼ 六十歳以上~ (11, 0.0%)

1 [11件] とは見受けられなかった, と子供, と見える, におなり, になれ, のヨボヨボ, の人口, の老, の老人, の者, ノ男女

▼ 六千圓~ (11, 0.0%)

2 と云 1 で何程, となります, となる, には賣れるだらう, の國庫及地方, の收, の木, の貯金, を失つた

▼ 六及び~ (11, 0.0%)

1 [11件] それ以上までも, ビクターJD一五八九, ルカ一・一九等, 一対三五と, 一対四五では, 三四四頁, 二〇, 五〇等, 天六・一一, 用九用六の, 註參照

▼ 六~ (11, 0.0%)

3 のお 2 の料理, の献立 1 になります, のテーブル, の中, 預けて

▼ 六太鼓~ (11, 0.0%)

1 [11件] があちら, がいっしょ, がからだじゅう, がまた, だってたたき, とは音, の調子, はあて, はどこ, もたたき, もなかなか

▼ 六~ (11, 0.0%)

2 にし 1 じゃねえ, たかよ, との結婚, はすぐれ, は二十八九, は現在, は男, を娶っ, を挙げた

▼ 六~ (11, 0.0%)

2 が図 1 である, と大原呑響, のもつ, の墨絵, の詩集, は平生金閭門外, は自分, や大典, 第三

▼ 六年五月~ (11, 0.0%)

1 [11件] から六月, から造営, だった, で期限, になっ, に北条氏, に実行, に至り, に頒布, の事, の歌舞伎座

▼ 六年十一月~ (11, 0.0%)

1 [11件] という日, なりしが, に帰県, に書き上げた, に段祺瑞内閣, に発表, に第, に越前, の, のパリ会議以後, の大震災

▼ 六日ごろ~ (11, 0.0%)

1 [11件] かえって来る, からは世界じゅう, でかるい, とすれ, にはかえって, に薫, の, のこと, の夕月, の御, の様子

▼ 六日め~ (11, 0.0%)

3 の夜 2 の朝 1 にその, にもみんな, にも帰っ, に亡くなった, に以前, の夕景

▼ 六時過ぎ~ (11, 0.0%)

2 だと, に飯 1 から御, だろう, なん, についた, に起きた, まで無意味, 暫く耳

▼ 六月頃~ (11, 0.0%)

1 [11件] から疲れた, だとも, には内裏, には渡支, に完成, のこと, の事, の春, の状態, は丁度, へかけ

▼ 六~ (11, 0.0%)

1 [11件] が自ら云, が重役, であり巧み, とは云, と知り, に出遇った, のこと, の一つ, の近代生活, も反対, や三郎

▼ 六波羅武士~ (11, 0.0%)

1 [11件] がやって来, が三人, が擧動, である, とは見え, の手, の模型, の腸, の誇り, の迎え, や北面

▼ 六百坪~ (11, 0.0%)

2 の地所ぐるみ手 1 である, のところ, の原, の地面, の草原, ばかりの広場, ばかりは一円, もあり, 及び家

▼ 六軒先~ (11, 0.0%)

2 の荒物屋, の露次 1 にある, には日本橋辺, のお, の出羽屋, の横町, の法衣屋, の町裏

▼ 六間さき~ (11, 0.0%)

1 [11件] には彼女, に一人, に妹, の方, の楢, の質屋, は道路, へ行く, を家鴨, を歩い, を歩く

▼ 六~ (11, 0.0%)

1 [11件] が現在最低, すなわち一オンス, そしてもし, であるならば, で著しく, にすぎず, にそして, に下落, に等, の率, または七%

▼ 六くらいの~ (10, 0.0%)

2 少女であった 1 これも, ときから, ところまで, ものでございます, 太った百姓女, 年ごろの, 楚々と, 若さ

▼ 六ぐらいの~ (10, 0.0%)

1 ときでしたろう, 初々しい美しい娘, 品の, 娘であった, 子供たちが, 少年が, 年かっこうで, 男だ, 白髪の, 美しい色

▼ 六その~ (10, 0.0%)

2 人であった 1 ありそう, いう処, ほかの, 人だった, 人を, 広い鋪, 撞木を, 者は

▼ 六ちゃんと~ (10, 0.0%)

1 いっしょに, ききに, らしいのよ, 三人で, 並んで, 二人で, 二人仏壇の, 僕の, 決闘する, 踊りなさいよ

▼ 六ばかりの~ (10, 0.0%)

1 やや田舎ッ, 二人の, 品物が, 女給仕, 娘が, 小女が, 小柄で, 年に, 級長が, 都は

▼ 六~ (10, 0.0%)

2 敷い 1 しい事, しい役目, しい私, しい芸術表現, 敷いこと, 敷いだけ, 敷い暗号, 敷い深刻

▼ 六七十~ (10, 0.0%)

2 もあらう 1 かと円生, にもなっ, の一區劃, の死火山, の老人, まだその, も卵, を孫

▼ 六七時間~ (10, 0.0%)

1 かかる, きめて, しか聴き, で来られ, に過ぎないであろう, の長い, も打ち通し, も経っ, を経, 呑みつづけでしたからね

▼ 六七百~ (10, 0.0%)

1 かあるいは, と見積った, の兵, の兵列, の兵力, の兵数, の子分, の小勢, を埋伏, を携え

▼ 六人分~ (10, 0.0%)

2 の手袋 1 で千七百七十円也, の三つ, の三度, の夜具, の机, の自動車代, の食糧, の飯

▼ 六~ (10, 0.0%)

3 が鳴っ 1 が鳴る, である, で閉まる, という, に竈, の鐘, までに大川筋

▼ 六十幾歳~ (10, 0.0%)

1 かの老婆, かの雛腹, だかに, で草履, という頗る, にし, になっ, の今日, の婆, の老婆

▼ 六堂会~ (10, 0.0%)

2 とは, へ行っ 1 の, のよう, の事, の事務所, の真相, の要人

▼ 六尺あまり~ (10, 0.0%)

1 にて老い, に延び, のおやじ, の付け文, の大, の探さ, の斑竹, の赤鬼, もあらう, もある

▼ 六年九月~ (10, 0.0%)

1 としてある, には, には五円, には詔, に勃発, の, の帝国大学法科大学, の条, の法師温泉吟行, 濃州

▼ 六年二月~ (10, 0.0%)

21 からで, には相模, に太政官布告, に歿, に淡白, に至っ, まで海, 新憲法

▼ 六年十二月~ (10, 0.0%)

1 からあし, この委員会, なり, になっ, に一段落, に政義, に筑紫, に逝去, の末, 迄約

▼ 六~ (10, 0.0%)

1 とその, に, には, のほとり, の四, の大殿, の數珠屋, の河原, の第, わたりまで

▼ 六省察~ (10, 0.0%)

2 においてその, においては悟性, において作られ, において我々, の概要

▼ 六~ (10, 0.0%)

2 に騰貴 1 あれば, である時, という大砲, と三磅, にも売りつける, の時, の税, または四七磅

▼ 六等官~ (10, 0.0%)

1 であったが, とか五等官, ともある, ともあろう, と知合い, なん, に過ぎない, の年少侍従, の所業, は飽くまで

▼ 六~ (10, 0.0%)

2 と一緒 1 で三ミリ, とそこ, と五十銭, のお, の種子, ほどずつ紙, 実って, 拾った

▼ 六~ (10, 0.0%)

1 が出来, ということ, と放射型, になる, に見える, に雲粒, のもの, の莟, の霰状雪, よりも更に

▼ 六親分~ (10, 0.0%)

1 かいおどかし, がその, が附い, すっかりいい, ではタガ, なんかに呉れ, に逢, はた, は鬼, 長い間世話

▼ 六角板~ (10, 0.0%)

2 の結晶 1 が出来る, になる, に発達, の例, の出来る, の雪, は比較的, は非常

▼ 六~ (10, 0.0%)

1 があり, が峡流, と其処, に就き, の如き, の山法師, の様相, は尻高橋, へは翌, を鳴り

▼ 六貫村~ (10, 0.0%)

2 のこと, の文吉, へ着, へ錦 1 よろずや, よろづや雑貨店

▼ 六~ (10, 0.0%)

2 の奥義, をそらんじ 1 がどう, などの漢書, にも著しい, の奥の手, を焼直し, を諳んじ

▼ 六この~ (9, 0.0%)

2 岸辺には, 時代の 1 三人が, 社会の, 穴は, 荒幡の, 遺書は

▼ 六たび~ (9, 0.0%)

1 そこで地団太, にて候, もあかず, も来た, も清鑑堂, も繰り返された, も繰り返す, も踏みました, 弾いて

▼ 六だの~ (9, 0.0%)

1 何だ, 何の, 圓太郎だの, 棄児を, 母の, 浜路の, 眼が, 禿安という, 腕白どもの

▼ 六だろう~ (9, 0.0%)

21 と思います, と思う, と考え, と見, 結城紬の, 青味がかった, 骨太で

▼ 六なぞ~ (9, 0.0%)

1 が口, といっしょ, とは気, と格, にはさらに, のいた, のところ, の参った, をあまり

▼ 六なる~ (9, 0.0%)

1 にあらず, ものの, 三一の, 人が, 男である, 男白痴にて, 者を, 若侍, 若侍一人

▼ 六ばかり~ (9, 0.0%)

1 だから, であった, でなく分家, でなく昔, なるが, なるみめかたちすぐれたる, 年が, 狙った, 色ぽ

▼ 六~ (9, 0.0%)

1 しっかりやれ, どうも俺あいつ, 今夜こそ, 御苦労様だった, 忘れたぢ, 怒るなよ, 新しい日, 此の, 緩り

▼ 六より~ (9, 0.0%)

1 するも, 一年先に, 下は, 二十四五歳までの, 先に, 十八歳まで, 取っては, 四十三までの, 遥かに

▼ 六カ月間~ (9, 0.0%)

1 というの, には予定, のこと, の仕事, の私行, は出帆, ばかりの僕, も生死不明, 分らなん

▼ 六センチ~ (9, 0.0%)

1 ぐらいあった, ぐらいのくぼんだ, ぐらいの小さな, の速度, ほどある, ほどのから草, ほどの小, ほどの深, 低くなっ

▼ 六ヶ月間~ (9, 0.0%)

1 かもつ, でしたよ, にし, に亙る, に會話, の出来事, の學期, も打つ, も行方

▼ 六~ (9, 0.0%)

1 と, と云う, と言っ, のごとき, の一生, の二菩薩, は異, までは皆そう, を崇拝

▼ 六七八九~ (9, 0.0%)

2 の月 1 と五回, と増加, などが普通, のうち, の五ヶ月, の十手, の四ヵ月

▼ 六七回~ (9, 0.0%)

1 にわたって十二坪, にわたって十二坪半, の定日, はふきあげる, もあった, もくりかえし, も廻る, も福州, も行っ

▼ 六七年頃~ (9, 0.0%)

1 からい, からである, から三十二, であったよう, であって, の事, の銀座, までのこと, までの期間

▼ 六七月頃~ (9, 0.0%)

1 であったと, になる, になれ, には池田, に再び, のこと, の巨済島入佐村, の梅雨時, の美し

▼ 六三六年~ (9, 0.0%)

1 が最後, にはオランダ, にはフランス, に全然, に死す, に釈放, の内乱, の来航, の追放者二百八十七人

▼ 六人それ~ (9, 0.0%)

1 から姫さま, に人夫, に先生, に当たって地, に用物人足五十四人, に町内, に看, も途中, を習い

▼ 六~ (9, 0.0%)

1 が精, しか溜まらなかつた, の借金, の手當, の金, は殘ら, も溜まりました, も送り, 溜めるやうぢ

▼ 六~ (9, 0.0%)

1 か, であった, でいい, にウェルギリウス, に増加, に立山, に達し, の大願, ほど収集

▼ 六~ (9, 0.0%)

1 すなわちほとんど, すなわち年死亡率, であり埋葬, である, という番号, にいわく, に宣城, の自動車, をいった

▼ 六~ (9, 0.0%)

3 の本 1 あつて, かかへてき, しかありません, は今日世界, もある, も詰め

▼ 六分の五~ (9, 0.0%)

2 をしめ, を占める 1 の大数, の面積, は地主, まで行った, より二十度二分の一

▼ 六分強~ (9, 0.0%)

3 といふところ 1 から七分, って程, となり, なる色木, に当る, の入り

▼ 六十フィート~ (9, 0.0%)

2 の高 1 あった, であり点線, ないし百フィート, なる蛇, の糸, の鋼鉄製, ばかりのテーブル

▼ 六十余万石~ (9, 0.0%)

1 が安泰, だが, と多数, の改易, の領主, は安泰, は改易, を手, を挙げ

▼ 六十余名~ (9, 0.0%)

1 すら容赦, というの, の助勢, の太刀物の具, の小勢, の程ヶ谷, は数千, を擁, を誘っ

▼ 六十四卦~ (9, 0.0%)

1 から成立つ, だけにコロガリころ, に整, に象った, のうち, の中, の印, の変化, 只是上經説得齊整

▼ 六十四文~ (9, 0.0%)

2 になる 1 から二百文, から百三十文位, でも割返し, となる, にし, にて留置湯, ほきゃア

▼ 六十年後~ (9, 0.0%)

3 の今日 1 に入唐, の今日吾等, の寶暦十年, の正徳二年, の自分, の陽成天皇

▼ 六十年配~ (9, 0.0%)

2 の左 1 の, のこの, の女, の洗練, の男, の穩, の老人

▼ 六十男~ (9, 0.0%)

3 でした 1 で半生, と言つて, のする, の勘兵衛, の勘兵衞, の胸

▼ 六~ (9, 0.0%)

2 が少し, にも上っ 1 と呑ん, と手真似, にもそれ, の頼母子講, を此島

▼ 六~ (9, 0.0%)

1 くらい全身赤味, に四吋, の砲弾, の針金, ばかりの浅い, ばかり大きかっ, ほど引きあけ, もあった, を撃ち出す

▼ 六~ (9, 0.0%)

1 だとうとう, で筆, と定め, と續, には張, に亙, に至り, も同じ, も貼り

▼ 六回目~ (9, 0.0%)

1 ぐらいの唱歌, だ, です, のこと, のニース, の大, の時, は昨年, も

▼ 六~ (9, 0.0%)

3 のエンジン 1 である, ともそのまま, とも捨てある, の燭台, の燭臺, の石仏

▼ 六太夫~ (9, 0.0%)

1 が, が一月寺, と私稱, と紀州, の操座, の方, の空骸, の離れ, 中國地方

▼ 六婆ア~ (9, 0.0%)

5 の家 1 から一兩, が肌身, はうんと, は本

▼ 六尺以上~ (9, 0.0%)

1 ありました, ある, に伸び, の地下, の木, の者, の青大将, は近寄っ, もある

▼ 六~ (9, 0.0%)

2 の掛物, もある 1 の四半, の大, の絵, の霞, を集めよう

▼ 六~ (9, 0.0%)

1 ぐらいの物, ぐらいの通し狂言, にはなり, の戯曲, の芝居, を引受ける, を書いた, 書いたの, 未完成一作

▼ 六年三月~ (9, 0.0%)

1 から十七年五月, には女子部, に上杉謙信, に二羽, に敦忠, のこと, の花頂山, までオート・ロアル, 故右大将家

▼ 六年六月~ (9, 0.0%)

1 という年号, にはコペンハーゲン, には山城, にアメリカ, に発表, の, のなかば, の末, を期し

▼ 六年十月~ (9, 0.0%)

1 から四七年三月, から四七年十月, と十九年十月, には三河, には肥後, に創立, に改造, のこと, より先手鉄砲頭

▼ 六年四月~ (9, 0.0%)

1 からは江戸, その家族, には畿内七道, に比べる, に網野菊, に至っ, の, の二円五〇銭, の末

▼ 六年版~ (9, 0.0%)

21 に拠っ, に断っ, の四場, の年刊, の日露年鑑, の玉蘭斎貞秀画, は三箇所

▼ 六~ (9, 0.0%)

2 の菊 1 とも八弁, にし, に開い, のもの, の形, の薔薇, の裏菊

▼ 六条家~ (9, 0.0%)

2 の人々 1 がつい, だの御子左, の人, の季経, の態度, の有家, は歌壇

▼ 六歳位~ (9, 0.0%)

1 から結婚, だった同行, で色白, とも見られない, のキイ, の少女, の時, の時分, の男の子

▼ 六~ (9, 0.0%)

1 があり, たり, であった, であったに, で正, に生れ, の出生, の四男, 程安

▼ 六百万人~ (9, 0.0%)

1 からの失業者, に対する五千人, のひとたち, の一人, の世界各地, の失業者, の婦人, の東京市民, もの大人子供

▼ 六~ (9, 0.0%)

1 だけ並べて, だの六十四碗, でも随分, といっ, になりましょう, になる, の献立, を拵える, を西

▼ 六~ (9, 0.0%)

2 といふもの 1 が道, であるから, に因らずし, に載せ, に載せる, は皆, を自身

▼ 六親方~ (9, 0.0%)

2 のこと 1 おめ, がお越し, がとうてい, でした, のところ, の安, を知らねえ

▼ 六通り~ (9, 0.0%)

2 の叙述 1 ありその, に描い, のうち, の中間, の計画, の道, の音色

▼ 六~ (9, 0.0%)

1 ある, から七錢, くれと, であつ, なり, に値切, に掛合此, の割り, の横薦乘

▼ 六〇〇〇フラン~ (8, 0.0%)

2 を受け 1 に売った, の借方残高, は流動資本, を支出, を現金勘定, を貸し

▼ 六これ~ (8, 0.0%)

2 は何, は店中 1 が身共, では米国百貨店, はみな, は鞍打

▼ 六じゃ~ (8, 0.0%)

2 ないか, ねえか 1 ない, なくて, ねえん, 相手が

▼ 六だけ~ (8, 0.0%)

2 遅れること 1 つまり百四十尺行く, であった, であと, でしょうな, では, 増加し

▼ 六であった~ (8, 0.0%)

2 と記憶 1 か, かと思います, が如何にも, が英敏, のでぎッくり, ように

▼ 六とも~ (8, 0.0%)

2 見える青髯 1 なりながら, 見えて, 見えるやつれ果てて, 見ゆるは, 見ゆる品, 註せられる

▼ 六はさ~ (8, 0.0%)

4 う言つて 3 う言 1 う云

▼ 六キロ~ (8, 0.0%)

1 といふプレン, に過ぎない, の間, はなれた, は平気さ, ばかり離れ, ほど下った, 離れたここ

▼ 六シリング~ (8, 0.0%)

2 に下落 1 という低, となり, ならば, に騰貴, の支払, の時

▼ 六パーセント~ (8, 0.0%)

1 が働き, しかなかっ, となっ, の二百七十人, は肉体労働, まで減少, 増したの, 減った労働者数

▼ 六万坪~ (8, 0.0%)

1 あること, あるだろうちょっと, という広い, と称えられた, の原, の沖あたり, もあった, 買って

▼ 六並び~ (8, 0.0%)

8 に註參照

▼ 六~ (8, 0.0%)

1 ぐらいの家, だけ払おう, である, の三間, の出生, の象傳, ノ二, 及びマタイ

▼ 六~ (8, 0.0%)

1 すなわち約, に, に拠れ, に過ぎない, の爻, までのもの, 乃至七〇パーセント, 及び七五

▼ 六人位~ (8, 0.0%)

2 は入れます 1 ずつの人足, である, の男, までは斬れる, もさしあっ, も坐っ

▼ 六人連れ~ (8, 0.0%)

1 で来, で泊まっ, で近所, の中国人たち, の乱暴者, の向う, の学生, の旅芸人

▼ 六~ (8, 0.0%)

1 あった, から二百五十八億, の人, の男女, の要求, の里數, や七億, 近い巨大

▼ 六八八年~ (8, 0.0%)

3 及び一七〇〇年 1 およびフランス, にイギリス, に完成, の法律, は栽培価格

▼ 六分の間~ (8, 0.0%)

1 といふもの体, にあの, にこの, に其茶, に彼, に敢行, に見た, に認められた

▼ 六十キロ~ (8, 0.0%)

2 の規模 1 のところ, のバコロ附近, の大, もある, を少し, 即ち日本橋

▼ 六十万石分割~ (8, 0.0%)

2 の密約 1 のこと, のとき, の機会, の評, の際, を謀っ

▼ 六十三人~ (8, 0.0%)

1 と申候こと, の一団, の日本人, の青年同盟員, はどう, を逮捕, 帰りました, 来て

▼ 六十三年~ (8, 0.0%)

1 であると, になる, にわたる多彩, に中, に中学, に噴火, の年功, も前

▼ 六十二三~ (8, 0.0%)

1 で人品賤, になる, にはなるであらう, にもなるでせう, の品, の気, の老女, の老婆

▼ 六十五円~ (8, 0.0%)

1 あるから, だ, で朝, とかいう高価, になりました, もする, をお返し, を受け取っ

▼ 六十何歳~ (8, 0.0%)

2 かのレムブラント, かの老 1 かで, かに達した, の老人, の老年

▼ 六十余~ (8, 0.0%)

2 の老人 1 あった, に成る, に至り, の婆, の婆さん, の老体

▼ 六十八文~ (8, 0.0%)

1 じゃ少し, で買える, と合せ, になり, のうち, の全, の金, は当座

▼ 六十六年~ (8, 0.0%)

1 にザンジバル, に英國, に露國, の二月, の墺普戰爭, の生涯, の細注, を滿

▼ 六十圓~ (8, 0.0%)

1 であつ, の金, ほど殘つて, を得る, を請求, を長さん, 出すが, 呉れた

▼ 六十近く~ (8, 0.0%)

3 なつて 2 をあの 1 でもあったろう, なってから, の品

▼ 六千万円~ (8, 0.0%)

1 か, で買っ, という想像, なり, の値打, の冗費, は浮い, よりも

▼ 六~ (8, 0.0%)

2 があつ 1 には之, の四十二葉, の始め, の歌, の邦譯, もあつ

▼ 六~ (8, 0.0%)

1 というの, になる, に示す, のよう, の右端, の結晶, は余, は実は

▼ 六夜待~ (8, 0.0%)

2 も既に 1 だと, だ月見, で芝高輪, というの, などに出かける, の酒宴

▼ 六~ (8, 0.0%)

1 の環, は小, 強国が, 支流の, 施策, 無碍の, 百貨店の, 眺望と

▼ 六尺四方~ (8, 0.0%)

1 ぐらいの坑道, の原形, の大きな, の豪華, の鉄板, は愚, ばかりの土壌, もある

▼ 六~ (8, 0.0%)

1 にてこれ, にもなり, の屋根, の觀棚, の階段, ばかりの建築物, も土, も積み重ね

▼ 六年振り~ (8, 0.0%)

1 じゃねえ, でまた, で忘, に対局, に庸介, に指す, に立つた, の対局

▼ 六~ (8, 0.0%)

2 を一人 1 ずつ有りまし, でいくら, の朝草, も売った, を下げ渡し, 引こ抜いて

▼ 六~ (8, 0.0%)

1 がやがて, ずつの十二船頭, である, の櫓, の櫓櫂, の鉄砲, はあった, ばかりの蝋燭

▼ 六~ (8, 0.0%)

1 が引けまする, ずつ交, でいや, と日, に塾生, の市, の市日, へ持

▼ 六日朝~ (8, 0.0%)

1 いと早く暗き, のお, の九時, の官軍上野攻め, はからず京師寺町ニ川村盈進入道ニ行合, はグタグタ乍ら, は二十七日朝, 早く千人風呂

▼ 六日附~ (8, 0.0%)

3 のお 2 の手紙 1 で鉱業人, の御, を以て宇平

▼ 六時十五分~ (8, 0.0%)

2 だったと 1 だった, でそれ, にだ, に出発, 大窓着, 迄に電球

▼ 六本指~ (8, 0.0%)

1 なぞと気, なぞと氣, に描かれた, の嬰児, の子, の赤ん坊, はあやまる, や少し

▼ 六疊敷~ (8, 0.0%)

1 の左, の座敷, の我が, の疊, ほどの大石疊, ほどの湯槽, をかたづけ, を縱

▼ 六百山~ (8, 0.0%)

2 と霞沢山, の麓 1 と霞沢岳, の夕日, の裾, はなかなか

▼ 六~ (8, 0.0%)

1 です, の石塔, の石標, の秘方, の鬼火石, や兄い, 丸それ自体, 丸以上

▼ 六~ (8, 0.0%)

3 七第 1 七の, 七は, 八に, 百三十五などが, 百六第

▼ 六~ (8, 0.0%)

1 その一, だか, と明確, なら六筋, になる, の柱, を立てた, 短い髪の毛

▼ 六美女~ (8, 0.0%)

2 の手 1 と申す, に持たせつ, の名, は当時十八歳, をいたわり慰めつ, を伴

▼ 六~ (8, 0.0%)

1 になっ, のおのおの, の佛像, の働, の形式, の用, の觀音, の魔神

▼ 六~ (8, 0.0%)

2 にする 1 にすれ, の出來, の記事, の頃, まである, 別に歐文紀要十一册

▼ 六議会~ (8, 0.0%)

1 において田中正造, に於ける, の開院式, は, はしばらく, は姑, は月余, は開会

▼ 六軒目~ (8, 0.0%)

2 で番場町, の家 1 には蹄鉄屋, のお, の二階, の南側

▼ 六部姿~ (8, 0.0%)

3 の戸川志摩 1 にやつし, のやから, の町奴二人, の龍太郎, をした

▼ 六〇パーセント~ (7, 0.0%)

1 が集団農場, が食費, くらいかな, つまりドイツ, にも上っ, に達し, を恵まれ

▼ 六かし~ (7, 0.0%)

1 い人, い家, い所, い面, がッ, さうな顔, さに

▼ 六ぐらい~ (7, 0.0%)

1 だ, だったろう, である, でいらっしゃるのに, でしょうか, ポカポカぶんなぐった, 年上で

▼ 六さま~ (7, 0.0%)

1 から千早城, から名越殿, と仰有る, のお, はどうして, は井戸, へ何で

▼ 六づかし~ (7, 0.0%)

2 やは思ひ 1 いしそれに, けれど是, さだ, さと, 氣に

▼ 六であり~ (7, 0.0%)

1 これを, そのうち一〇, 一七五〇年には, 一八一一年には, 一八二一年には, 埋葬は, 年平均増加は

▼ 六とが~ (7, 0.0%)

1 いまし, いまは, 一隅に, 事件の, 当って, 眞の, 話しながら

▼ 六とせ~ (7, 0.0%)

2 いとなまみ 1 となりぬ, の春秋, は此, は流水, を經

▼ 六どの~ (7, 0.0%)

1 と三島, と申し合わせた, ならびにさくまげんばどのを昨夜, に, のお腰, の宅, はどう

▼ 六にしか~ (7, 0.0%)

1 なって, ならないのに, ならない令嬢, 見えない, 見えない花恥, 見えない若い, 見えません

▼ 六にな~ (7, 0.0%)

3 つてゐた 1 つたお京, つて六斗の, つて田舎へ, ツた

▼ 六までの~ (7, 0.0%)

2 数を 1 一粒選りの, 同じよう, 女という, 少年少女で, 数が

▼ 六むさし~ (7, 0.0%)

1 が赤く, に似たる, の罫線, の駒, も売る, や南京玉, 将棋の

▼ 六~ (7, 0.0%)

2 と惡戲 1 が今, ではござりませぬ, と悪戯, どうした, はただちに

▼ 六~ (7, 0.0%)

1 しい, しいです, 敷い, 敷いこと, 敷いでな, 敷くて, 敷く言えば

▼ 六カ所~ (7, 0.0%)

1 あって, で同時に, に分れ住んだ, に及んだ, の賭場, も荒らし, も見るらしい

▼ 六~ (7, 0.0%)

1 いいぐあいにつじ番所, お蘭, きさま, といっ, とばかりに弥三郎, どうやらまた, なんとやら

▼ 六ツ七ツ~ (7, 0.0%)

21 というの, のころ, の洟タレごろ, の頃, 尚だ

▼ 六ツ頃~ (7, 0.0%)

1 から雨, であった, であるの, に棺桶, に物, に町奉行所, に神田

▼ 六ルーブリ~ (7, 0.0%)

1 じゃない, の宿料, の月給, もふんだくられちまった, もらったという, 入れて, 貸して

▼ 六ヵ国~ (7, 0.0%)

2 である 1 からなに, でした, にわたる軍令権, の事, の全権大使

▼ 六一五番~ (7, 0.0%)

1 という家, に人, に見掛けた, に這入っ, の, の台所, の家

▼ 六七世紀~ (7, 0.0%)

2 の頃 1 につくられた, にはベニス, のモラリスト, のヨーロッパ, の発火法

▼ 六七冊~ (7, 0.0%)

3 の本 1 くらいのもの, ずつ発梓, の草双紙, もあり

▼ 六七十年前~ (7, 0.0%)

1 に全く, に書いた, に鐵眼, のイタリー, の出来事, の安永年間, まではそう

▼ 六七千~ (7, 0.0%)

2 の兵 1 か一万足らず, の人, の僧侶, の矢, を加勢

▼ 六七段~ (7, 0.0%)

2 も馳 1 の石, ほどもあれこれ, 下った, 下りなければ, 有るし

▼ 六七百人~ (7, 0.0%)

1 からの奥女中, でありました, の信者, もいる, もがつい, 入って, 名太子爲利歌

▼ 六七百年~ (7, 0.0%)

1 ぐらい前, にもなる, の伝統, の年数, の虚偽, もたった, も以前

▼ 六七頭~ (7, 0.0%)

1 しかゐない, すさまじいうなり, の乳牛, の牛, もいる, も飼っ, も飼ッ

▼ 六三〇〇〇~ (7, 0.0%)

1 から二八七, であって, である, であるか, ではなく, となり, の比

▼ 六代前~ (7, 0.0%)

1 に勘四郎, のじじい, の主人, の先祖, の大原右之助, の孫右衛門, の当主

▼ 六円五十銭~ (7, 0.0%)

2 であった, の家賃 1 でしたが, で買った, もする

▼ 六十センチ~ (7, 0.0%)

1 くらいのもの, ぐらいのせまい, ほどしかありません, ほどのガラス張り, ほどの丸い, ほどの四角, ほどの岩

▼ 六十パーセント~ (7, 0.0%)

1 だ, の児童坑夫, の面積, は人工, は哀れ, もぞろぞろ, を失う

▼ 六十一人~ (7, 0.0%)

2 は女学生, もの村民 1 に比する, もあつ, もの罪人

▼ 六十七万石~ (7, 0.0%)

3 の家国 1 の国主, の大, の封城, も持たせたまえ

▼ 六十七議会~ (7, 0.0%)

1 で大体政友会自身, には可, に政友会総裁鈴木喜三郎氏, に於ける, の政府提出, の終る, の鈴木総裁

▼ 六十万人~ (7, 0.0%)

1 のうち, の人口, の信者, の計画, の講習生, を目指し, を目標

▼ 六十五人~ (7, 0.0%)

4 の子供達 1 の同盟員, の複式教育, 平僧三千四百人

▼ 六十五倍~ (7, 0.0%)

2 もおれ 1 から七十五倍, すると, するの, ですから, は

▼ 六十五名~ (7, 0.0%)

1 ありまして, ある, の代議員, の僧侶, の村民, の研究員, もある

▼ 六十五度~ (7, 0.0%)

2 に下がる 1 ぐらいと云いたい, と四半分轉, ないし七十度, のあたり, の間

▼ 六十倍~ (7, 0.0%)

1 が一時間, という凄い, という巨人的生産増加, の収穫, の距離, も拡大, 或は三十倍

▼ 六十八度~ (7, 0.0%)

1 から七〇度, でございます, です, に上った, に下る, より低から, わが梅雨

▼ 六十六国~ (7, 0.0%)

1 に有する, の国号, の民衆, は国号研究, ほとんど同じ, を股, 渡りて

▼ 六十台~ (7, 0.0%)

1 のタンク貨車, のロケット, の見舞車, ばかり持っ, もあろう, を要し, 置くつもり

▼ 六十呎~ (7, 0.0%)

1 ある, という数字, に幅六呎, の世界, の大きな, の空間, もある

▼ 六十文~ (7, 0.0%)

2 になる 1 いただきます, とある, という定め, また文金一歩, 這入って

▼ 六十番~ (7, 0.0%)

1 か, くらいだったでしょう, です, では, というの, は何だか, も気に入らぬ

▼ 六十石~ (7, 0.0%)

1 この金高百九十両余, であって, である, にすぎない, の者, を三回, を増加

▼ 六十種~ (7, 0.0%)

1 あり熱帯アメリカ, で当時, に出, の暗号, の標本, 温かいの, 集めた叢書

▼ 六千万~ (7, 0.0%)

1 いるん, からの証券, にもなり, の人民, の損害, の間, を数

▼ 六千噸~ (7, 0.0%)

3 の貨物船 1 の優秀船, の貨物船キャリフォルニアン号, もある, を有する

▼ 六右衛門さん~ (7, 0.0%)

1 がいった, が立っ, に, にたずねた, の冗談, の横顔, の背中

▼ 六大都市~ (7, 0.0%)

2 といっ, の市長 1 が下手, で独唱会, を一

▼ 六太郎~ (7, 0.0%)

1 が二局とも, が彼, が慌て, が総代, はこの, はアベコベ, は手

▼ 六~ (7, 0.0%)

2 とは座頭, も七情 1 といわれる, とか七政, に数えるべき

▼ 六~ (7, 0.0%)

1 に區, に近づい, の家, ばかりのアパートメント, までの案内, も有, を知っ

▼ 六師匠~ (7, 0.0%)

1 が相変わらず, が西行法師, に詫, のところ, はこちら, は好き, は此方

▼ 六平太先生~ (7, 0.0%)

1 が評された, のお, の在職五十年, の道成寺, もあまり, や粟谷, を中心

▼ 六年以後~ (7, 0.0%)

1 に板行, のこと, の実際, は石山, 久しく行われなかった, 各労働組合, 新しい情熱

▼ 六年以来~ (7, 0.0%)

1 いくたりか, であるから, の昨夕, の第, の米以下, 各大学, 諸外国政府

▼ 六年八月~ (7, 0.0%)

1 とうとう中巨摩郡芦安村, に五十七歳, に対岸, に最初, に菊池博士, の頃, 出板三木愛花著

▼ 六年私~ (7, 0.0%)

2 が三陸地方 1 が香港, の不孝, はうらぶれた, はもはや, は閉門生活

▼ 六度目~ (7, 0.0%)

1 だ, とかという古強者, に出す, のシンフォニー, の復命, の春, の登壇

▼ 六所様~ (7, 0.0%)

1 というの, には径六尺, のお, のお宮, の御, の森, を祀る

▼ 六文錢~ (7, 0.0%)

2 を描い 1 の伏勢, の文身, は世々英勇, も八門遁甲, を描かせ

▼ 六新報~ (7, 0.0%)

3 の計画 1 の人, の水谷竹紫氏, の署名人, の遠藤君

▼ 六日七日~ (7, 0.0%)

1 と, というところ, と朝五・四位, と立つ, になっ, 両夜, 帰りゃあせず売るもの

▼ 六日私~ (7, 0.0%)

2 はこちら, はその 1 はまったく, は泊りました, は陛下

▼ 六時の間~ (7, 0.0%)

1 なりしが, にかえって, にも未, に五・一五事件以来, に日, に男爵ハリイ大尉, に起つ

▼ 六時五十分~ (7, 0.0%)

1 か七時ごろ帰着, ぐらいにはじまり, であった, にはマンチェスター, に出る, に散会, に正門

▼ 六~ (7, 0.0%)

2 とは先勝 1 について吉凶, のごとき, は多く, は最も, を日

▼ 六~ (7, 0.0%)

1 で又, と為る, に影響, の初め, の議会, の議會, を一備

▼ 六本足~ (7, 0.0%)

1 だろうが, でがらごろ, の怪人, の怪人ヂェリオン, の怪物, の男ヂェリオン, の蛙

▼ 六~ (7, 0.0%)

4 の対称 1 と, の美しい, までの動員

▼ 六歩前~ (7, 0.0%)

1 にすすんだ, には一人, に立ち止まる, の叢, へ進み, を歩い, 迄馳

▼ 六歳以上~ (7, 0.0%)

3 の者 2 の日本人 1 の童子, は子ども

▼ 六波羅中~ (7, 0.0%)

1 たれひとり, では, の合い言葉, の空気, は黒い, も戦争以外何, をあげ

▼ 六波羅者~ (7, 0.0%)

1 ではない, でもな, との間, の手, の番屋, の近づきうる, の邪げ

▼ 六波羅衆~ (7, 0.0%)

1 からも固く, が入っ, が天狗狩, としますれ, のうごき, の内, もお立ち

▼ 六波羅飛脚~ (7, 0.0%)

1 がこう, だ, だったが, とて文書, はどうか, は何, は何度

▼ 六~ (7, 0.0%)

1 が解体, といふこと, として武家武術, によって進歩党, に別れ, の他, は解体合体合同

▼ 六狂言~ (7, 0.0%)

1 の天明以前, の影響, の本筋, の根元, の記, の起原, は記録

▼ 六百目~ (7, 0.0%)

1 あるん, かかります, というよう, に下り, のもの, へつて, を超え

▼ 六絃琴~ (7, 0.0%)

1 また低音喇叭, や竪琴, をもつた, を弾い, を携え, を踏み台, を鳴らさせ

▼ 六老人~ (7, 0.0%)

1 が, がのそ, にもあの, はいつ, はお, は首, をたずね

▼ 六~ (7, 0.0%)

2 といふ通, の分 1 といふ金貸し, の二人, は村長

▼ 六~ (7, 0.0%)

1 と上, にも重なっ, の塔, の大きな, の網, を落し, 之口伝

▼ 六間手前~ (7, 0.0%)

2 まで行く 1 から叱り付けた, でとまった, に来た, までぐいぐい, まで来る

▼ 六~ (7, 0.0%)

2 を経 1 に入っ, に入った, に入り, へはいった, へ入学

▼ 六~ (6, 0.0%)

2 かしや 1 かしかろう, かしくっ, かしくなっ, かしくなった

▼ 六ちやん~ (6, 0.0%)

3 の家 1 が横町, と二人, のお母さん

▼ 六って~ (6, 0.0%)

1 えいう, のを, 云う時, 呼んだっけ, 奴でさ, 聞いて

▼ 六っていう~ (6, 0.0%)

1 いい兄貴, ならず者で, やつに, やつほら, 値が, 勇み男

▼ 六などの~ (6, 0.0%)

1 他の, 幕府官吏を, 後運動の, 組にも, 観察は, 音曲師の

▼ 六クヲタア~ (6, 0.0%)

2 の価値 1 と, との差額, の穀物, を生産

▼ 六ツ時~ (6, 0.0%)

1 から午後, から翌朝, に水垢離, までは帰省, まで互に, まで宿番

▼ 六ヶ国~ (6, 0.0%)

1 が年々, に亘り, に満ち渡っ, に獅子頭, の国語, 共に天主様

▼ 六ヶ年~ (6, 0.0%)

1 かかつて, が其間養育, に及び, の歳月, の間世話, も遇わぬ

▼ 六ヶ月位~ (6, 0.0%)

2 かかる見込 1 たべ通すの, になっ, の生活, の胎児

▼ 六一〇年~ (6, 0.0%)

1 から一二年, から一六四三年, になっ, には木星, にオランダ東インド会社, にガリレイ

▼ 六七匹~ (6, 0.0%)

1 いただけ, だけがこちら, までなれ, も入っ, を除いた, 飼って

▼ 六七十匁~ (6, 0.0%)

1 から二百匁, から百二, に育て, の大物, ほどあっ, までのもの

▼ 六七年ごろ~ (6, 0.0%)

1 だったかなあ, であったと, には赤間ヶ関消毒所, のこと, までの作品, もう最後

▼ 六万両~ (6, 0.0%)

1 かな, という大, はあるだろう, はこん, はゆうに, を目あて

▼ 六二〇年~ (6, 0.0%)

1 には二十人, にジョブソン, に年結婚, に終り, の第, 捕へられて

▼ 六二二年~ (6, 0.0%)

1 いづれも, に斯, に至っ, の八月, の夏頃, の長崎立山

▼ 六五日~ (6, 0.0%)

1 でないため, ということ, と二四二一九八七九, と五時間四六分二二秒, にする, より五時間四分の三

▼ 六人男~ (6, 0.0%)

1 がいる, だ, といわれ, と呼ばれた, と謀り, の連中

▼ 六兵衞狐~ (6, 0.0%)

1 というの, の出る, はいま, は元, は氣, は箱

▼ 六~ (6, 0.0%)

1 ことごとくお, して, の一つ, の一つ蘇芳染め三尺, の甲冑, を纏う

▼ 六冊物~ (6, 0.0%)

4 の読本 1 が世, で和蘭

▼ 六~ (6, 0.0%)

1 する所以, する星状, なる本形, は円形, をなす, を為

▼ 六分位~ (6, 0.0%)

2 入って 1 しか入ってない, で活気, で高利, の割

▼ 六分目~ (6, 0.0%)

1 の元気, はい松, ほどしか這入っ, ほど入っ, までたまっ, 程満たした

▼ 六分通り~ (6, 0.0%)

1 は婦人, は捨て, は白く, を武家, 挽かれたところ, 萎んで

▼ 六~ (6, 0.0%)

1 ですな, に改版, のノートブック, の二倍, の洋本, よりも小さく

▼ 六~ (6, 0.0%)

1 で語根, としていわれ, に一通り目, の文法, の條, をその

▼ 六十マイル~ (6, 0.0%)

1 あり, とす, にわたって警戒網, ばかりも車, を我々, 離れた富士

▼ 六十三名~ (6, 0.0%)

1 となり, のブル候補, の中, の有する, を九組, 打ち揃い

▼ 六十三番~ (6, 0.0%)

6 の凶

▼ 六十二級~ (6, 0.0%)

2 というの 1 の上, の私, の観戦記, を碁

▼ 六十何円~ (6, 0.0%)

1 かだ, と安かっ, に当る, の収入, の税, の通帳

▼ 六十八万石~ (6, 0.0%)

2 のお 1 が何, とは言う, の御, の殿様

▼ 六十匁~ (6, 0.0%)

1 から七八十匁, から八十匁, なりを持っ, のもの, の大, はあろう

▼ 六十年輩~ (6, 0.0%)

2 の爺 1 の下女, の土地, の母親, の長身

▼ 六十斤~ (6, 0.0%)

1 という大刀, にあまる, の大, の色慾, の読書慾, の鉞

▼ 六十歩~ (6, 0.0%)

3 下りて 1 のところ, の距離, 離れて

▼ 六十歳位~ (6, 0.0%)

1 になつて, にはなっ, の生命, の白髪, の骨張った, まではそういう

▼ 六十点~ (6, 0.0%)

2 ときたま七十三点 1 しかくれない, の間, ばかりいろいろ, をやる

▼ 六十疋~ (6, 0.0%)

1 それからヤク, というそれ, に羊, ばかりも斬った, ゐると, 飼ってたです

▼ 六十秒~ (6, 0.0%)

2 とたたぬ 1 しか経っ, で十時, もかからなかった, もそれ以上

▼ 六十門~ (6, 0.0%)

2 の十五糎砲, の砲 1 の大砲, の重砲

▼ 六十頁~ (6, 0.0%)

1 かの本, か其辺, にし, に満たない, ばかり読ん, ほどつい

▼ 六十頭~ (6, 0.0%)

1 にもなっ, の前頭, の訴え, も子豚, をります, を出し

▼ 六十餘州~ (6, 0.0%)

2 の半 1 に到らぬ, に関白, の春, の權衡

▼ 六十騎~ (6, 0.0%)

1 おかし申そう, の者, は完全, は挺身, をつれ, を連れ

▼ 六千メートル~ (6, 0.0%)

1 から七千メートル, にいたりぬ, の陰画, の高度, まで高度, も隔

▼ 六千日~ (6, 0.0%)

1 だと, である, で半, に浅草, の賽日, は八月

▼ 六~ (6, 0.0%)

2 の頌詠 1 にて貪慾, に到り, の, の魂

▼ 六~ (6, 0.0%)

1 といったの, とがいわゆる, とは六根, の愛, をまた, を受け入れ

▼ 六大学リーグ戦~ (6, 0.0%)

1 である, ではなく, というもの, は早慶戦, も今年, 実は早慶二大学リーグ戦

▼ 六夫婦~ (6, 0.0%)

1 が事, の性格, の言う, の驚き, は相模, を始め

▼ 六寸五分~ (6, 0.0%)

1 あって, ぐらいである, だ, であるから, もあつ, 程の製本

▼ 六尺一寸~ (6, 0.0%)

2 の身 1 ある点, という逞しい, の長, 痩せては

▼ 六尺余~ (6, 0.0%)

1 です, の古木, の大男, の太鼓, の巨漢, の男

▼ 六尺余り~ (6, 0.0%)

1 にのび, の大きな, の所, の斑竹, もあっ, 遠ざかった

▼ 六尺八寸~ (6, 0.0%)

1 でございますか, といったよう, となさい, の高, はあり, はあろう

▼ 六~ (6, 0.0%)

2 を最初 1 という大, といふ大, のお, もくずれん

▼ 六年一月一日~ (6, 0.0%)

1 と定めたる, に天皇, のパリー, より施行, 即ち民法, 即ち民法施行

▼ 六年来~ (6, 0.0%)

2 次第に肥満 1 さらに面会, の出版, の友人, も其の

▼ 六度八分~ (6, 0.0%)

1 あったので, ださうである, ですから, で大層, に低下, を指し

▼ 六~ (6, 0.0%)

1 となる, は二千五百米, は全部北, は遺っ, もあった, を数え得る

▼ 六拾銭~ (6, 0.0%)

1 たい, で工場, で買っ, の労働, 又前, 渡す茶菓子

▼ 六~ (6, 0.0%)

1 です, で引込み, へも再三, へ來, へ分かれ, へ着し

▼ 六時二十分~ (6, 0.0%)

2 になっ 1 にここ, には和田, に濁沢, 片貝谷

▼ 六時間以上~ (6, 0.0%)

1 たって, とは甚だ, になる, の労働, はかからないだらう, も遅れ

▼ 六~ (6, 0.0%)

1 さて感, と言つたの, の間, も經, 吸ったかと, 立て續

▼ 六条邸~ (6, 0.0%)

1 であった, の人々, は日, へ行き, を出, を見舞った

▼ 六歩先~ (6, 0.0%)

1 に歩い, に立った, に見えた, に進ん, へ行つて, を肩

▼ 六歳頃~ (6, 0.0%)

1 その父, になる, にやる, の中学時代, の昔, の最

▼ 六~ (6, 0.0%)

1 あってよ, だが, というやつ, にかなつて, も経済, を踏ん

▼ 六波羅様~ (6, 0.0%)

1 が忍ばるる, との間がら, にお, のご, の並々, へ召され切りです

▼ 六波羅蜜~ (6, 0.0%)

5 多經 1 の行一時

▼ 六~ (6, 0.0%)

1 と二つ, の電灯, の電灯二百個, の電球, は五燭, は十燭以下

▼ 六町先~ (6, 0.0%)

1 が見えない, きに, にある, の富川町, は見えない, まで追い崩し

▼ 六~ (6, 0.0%)

1 に關, の一, の部, の首, を掌, を路側

▼ 六百五十両~ (6, 0.0%)

1 という大金, になる, の代り, の金, ほど持っ, 持って

▼ 六百余年~ (6, 0.0%)

2 を経過 1 の, の光輝, の前, の昔

▼ 六百兩~ (6, 0.0%)

1 あると, いや千兩, が紛失, にも餘ら, の不足, はあるでせう

▼ 六百名~ (6, 0.0%)

1 であった, ばかり居る, を加えた, を常盤橋際, を超える, を金銭

▼ 六百年記念~ (6, 0.0%)

1 として上梓, として初めて, として明治神宮, として最近, に出版, の大博覽會

▼ 六~ (6, 0.0%)

1 になる, にも相当, の切米取り, の大名, は大丈夫, 積むに

▼ 六~ (6, 0.0%)

1 あって, あり滑, に縮尺, の大砲弾, の砲弾, 程の長

▼ 六~ (6, 0.0%)

1 が傷, に一種, を経, を經, 僧なる, 僧を

▼ 六萬圓~ (6, 0.0%)

1 と云, と書い, にも匹敵, ばかりの金, また別口貳萬圓, 出して

▼ 六~ (6, 0.0%)

1 にも言えるごとく, の菊, も並べ, を見, を貼つた, 両耳肝

▼ 六袋和尚~ (6, 0.0%)

2 は六日, は和歌俳諧 1 といっ, といつ

▼ 六角堂~ (6, 0.0%)

2 の前 1 がある, の木立, へ叡山, へ向かっ

▼ 六角塔~ (6, 0.0%)

1 が浮んだ, が無, が焼け失せる, だけは残し, は崩れ墜ち, は焼け

▼ 六角牛~ (6, 0.0%)

1 かなるほど, と石神, に入り, に狩, の峯, の方

▼ 六間以上~ (6, 0.0%)

1 ある綱, になる, の長竿, の高, もあるでせう, 後れると

▼ 六間道路~ (6, 0.0%)

1 があの, とその, の所, は真っ昼間, は秋森家, を隔て

▼ 六閣下~ (6, 0.0%)

1 から手紙, と戸山ヶ原, におかれ, の帰依者, の末娘, を手玉

▼ 六~ (6, 0.0%)

2 まで順調 1 が出版, と第, に, の裏絵

▼ 六〇〇〇~ (5, 0.0%)

1 であるか, と見積る, の成人, は成人, へすなわち

▼ 六〇〇〇〇〇~ (5, 0.0%)

1 が一時, だけ一八二一年, という人間, の中四四〇, の男子

▼ 六〇〇年~ (5, 0.0%)

1 から一六五〇年, すなわち十六世紀最後, に亘る, に個人主義文化, の頃

▼ 六〇九年~ (5, 0.0%)

1 であつ, に宮廷, に家康, に終り, のこと

▼ 六〇二年~ (5, 0.0%)

1 と, のこと, のカタニア, の冬, の如き

▼ 六〇四年~ (5, 0.0%)

1 から一六一六年, に彼, に歿, に生れ, の刊本

▼ 六かせ~ (5, 0.0%)

5 七かせ

▼ 六かな~ (5, 0.0%)

2 まだ大した 1 いや一万七千五十八, さう, 十七位かな

▼ 六~ (5, 0.0%)

3 やない 1 やありません, や話

▼ 六~ (5, 0.0%)

1 あんが, の文字, の道今, ぱ黒く, もういちど

▼ 六との~ (5, 0.0%)

1 あいだに, 三人を, 両師団, 悪縁の, 間が

▼ 六どう~ (5, 0.0%)

1 した, したの, したも, じゃ偉い, 考えて

▼ 六などは~ (5, 0.0%)

1 いまだに絶えず寝刃, 六十六歳まで, 惡戯つ, 生れつきの, 誰の

▼ 六に対する~ (5, 0.0%)

2 労力の 1 ように, よくない, 気兼に

▼ 六よりも~ (5, 0.0%)

2 御米 1 余ほど, 幼いパンパン, 面白そう

▼ 六カ年~ (5, 0.0%)

1 で, でじゃ, になり, にわたり改修, も人

▼ 六ツヶ~ (5, 0.0%)

1 しい顔, し気, 敷いこと, 敷い唄, 敷く取り直した

▼ 六ツ半~ (5, 0.0%)

1 から七刻, といっ, ともなれ, までにはあと, を少し

▼ 六ヶ敷気~ (5, 0.0%)

2 な表情 1 な渋面, な顰め顔, に天井

▼ 六ヶ月前~ (5, 0.0%)

1 から巧み, にスパルミエント大佐, に人, まではきつ, まで貸した

▼ 六ヶ村~ (5, 0.0%)

1 その蝦夷, であつ, と共同, に一つ, のもの

▼ 六・五~ (5, 0.0%)

2 です 1 であって, と云っ, と述べ

▼ 六一六年~ (5, 0.0%)

1 にはガリレイ, に五十二歳, に長崎, のこと, までの十三年間

▼ 六一爺さん~ (5, 0.0%)

1 がわたし, の畑, はわたし, は小船, は非常

▼ 六七代~ (5, 0.0%)

1 の天子さま, の間, の間人口増加, ばかりの天皇, も過ぎ

▼ 六七位~ (5, 0.0%)

2 の女 1 で色, なの, の見かけ

▼ 六七十枚~ (5, 0.0%)

1 かいて, から百枚, ぐらいでき上った, ですが, はある

▼ 六七合~ (5, 0.0%)

1 たちまち彼, たてつづけに, の酒, まで見ゆる, も呷った

▼ 六七度~ (5, 0.0%)

1 から日和, に達す, の戦場, は出来る, もくりかえし

▼ 六七日頃~ (5, 0.0%)

1 だと, ですよ, で十日足らず, のこと, 立つつもり

▼ 六七歩~ (5, 0.0%)

1 にすぎない, の坂, まえを, を超える, 行くと

▼ 六七騎~ (5, 0.0%)

1 で落ち, の者, の腹心, をつれ, をやっ

▼ 六万町歩~ (5, 0.0%)

2 とか十万町歩 1 とかを開墾, になっ, もある

▼ 六~ (5, 0.0%)

1 となるであろう, と口, には犬頭社, に王将軍殺生, の日

▼ 六二八年~ (5, 0.0%)

1 にはマニラ艦隊, には一等官, に弥兵衛, に発表, 乃至一六四四年

▼ 六二連~ (5, 0.0%)

1 の富田砂燕, の評判記, も妥, を組織, 見連

▼ 六人其~ (5, 0.0%)

4 に大勢 1 に所化たち

▼ 六人前~ (5, 0.0%)

1 くらいに切った, になります, の仕事, も平らげ, も平らげる

▼ 六人家族~ (5, 0.0%)

1 がくらし, だった, と云っ, ならば, に目

▼ 六人衆~ (5, 0.0%)

2 といわれた 1 といわれる, と称し, などでも馬

▼ 六~ (5, 0.0%)

2 である 1 にすぎません, のうち四十件, 内負傷者六人

▼ 六~ (5, 0.0%)

1 です, ね五信, をかき, を出し, を送る

▼ 六個所~ (5, 0.0%)

2 である 1 さらにその, に在り, ほど最近

▼ 六倍半~ (5, 0.0%)

1 ある, だ, にも高く, の土地, もある

▼ 六兄哥~ (5, 0.0%)

2 その番頭, その番頭さん 1 が持て

▼ 六六〇年~ (5, 0.0%)

1 にその, にスチェアート家, に引きのばす, に王政, までのあいだ

▼ 六分の汽車~ (5, 0.0%)

1 で金沢, に乗り, に乗れない, に乘, の代り

▼ 六分弱~ (5, 0.0%)

2 を増す 1 か, か五分, か段々

▼ 六分強位~ (5, 0.0%)

1 でハリアヒ, で空席沢山, になった, の入り, やれ

▼ 六分玉~ (5, 0.0%)

1 が入, のうしろ, の後挿, の後插, の珊瑚

▼ 六~ (5, 0.0%)

2 ばかりに横 1 に並び, に並ん, 越して

▼ 六割五分~ (5, 0.0%)

1 だけの人間, だけの者, に相当, に達する, を取った

▼ 六十三円~ (5, 0.0%)

2 が這入る, になる 1 ばかりの金

▼ 六十九年~ (5, 0.0%)

1 の夏, の彼, の春, の生涯, 生きたと

▼ 六十九日~ (5, 0.0%)

1 こんなにたまりました, すなわち約, だけこの, の誤差, もおそかっ

▼ 六十二番地~ (5, 0.0%)

1 という標札, にある, に現われた, の前, の門

▼ 六十五点~ (5, 0.0%)

1 か七十点位, ぐらい威張れない, とつけた, に下落, も貰っ

▼ 六十人位~ (5, 0.0%)

2 である 1 ある, な從者門人, の遣ひ

▼ 六十何年~ (5, 0.0%)

1 か後, の人情, ものあいだ, 生きたけれど, 生きて

▼ 六十俵~ (5, 0.0%)

1 ずつとれました, に百俵, は焼いたろう, 取れる斯, 送ったところが

▼ 六十六人~ (5, 0.0%)

1 にてふさがり, の官吏, を数, を有せり, 多く死ぬ

▼ 六十匹~ (5, 0.0%)

1 と捕る, の馬, は釣り上げた, も引きあげた, も群

▼ 六十四五~ (5, 0.0%)

1 であったろうか, で頭, のおば, の丈夫, の爺さん

▼ 六十尋~ (5, 0.0%)

2 の深 1 と浅く, もある, を算

▼ 六十尾~ (5, 0.0%)

1 でたつた十銭, の蝦, はとれる, は下らない, を獲ん

▼ 六十日目~ (5, 0.0%)

2 に始め 1 にようやく, に入る, に膓捻轉

▼ 六十歳前後~ (5, 0.0%)

1 だったと, に至る, の婆さん, の老, の老人夫婦

▼ 六十貫~ (5, 0.0%)

2 もある 1 から百貫近く, にしか掛からぬ, よ

▼ 六十餘~ (5, 0.0%)

1 とも覺しき老婆, と見ゆる, の人品能老女聲, の好人物的風采, の老

▼ 六十餘人~ (5, 0.0%)

1 の檢擧, の皮, の純, の諸, を咸陽

▼ 六千マイル~ (5, 0.0%)

1 に超, に近い, の東, を突破, を走る

▼ 六千戸~ (5, 0.0%)

2 の建築中 1 あります, でそのうち, もやけた

▼ 六合目~ (5, 0.0%)

1 か七合目, の海拔九千尺, の等高線, の間, ほどで足

▼ 六四五年~ (5, 0.0%)

1 におよん, にほろんだ, に印度, の六月, までもつづい

▼ 六四人~ (5, 0.0%)

1 だけ死亡者, と決めた, につき一, の代表, を乗せた

▼ 六四頁~ (5, 0.0%)

1 といううす, にこの, には天主教徒白鶏, の付表, 及び一六三頁参照

▼ 六~ (5, 0.0%)

1 が終った, というそれぞれ, の新作, の終り, まる

▼ 六~ (5, 0.0%)

1 の中, の境, の境界, の巷, 即浄土

▼ 六~ (5, 0.0%)

2 を殺し 1 が嘘言, のひとり, 各

▼ 六~ (5, 0.0%)

1 ぐらいじゃ, ぐらいだ, の浅い, も在ったろう, も要る

▼ 六尺三寸~ (5, 0.0%)

1 から六尺五寸, という化物, と云う, のノッポ, の大男

▼ 六尺下~ (5, 0.0%)

1 がつて, にしげっ, にはった, に空洞, はもはや

▼ 六尺有余~ (5, 0.0%)

1 でっぷりした, の大, の大きな, の大男, 見上げるよう

▼ 六師団~ (5, 0.0%)

1 ありこれ, しか用いなかった, の全部, の大尉, を使用

▼ 六~ (5, 0.0%)

2 の女房 1 は女房, やそ, や薬師堂

▼ 六年あと~ (5, 0.0%)

2 に気がついた 1 にお, に行方, の祭

▼ 六年め~ (5, 0.0%)

1 にくる, にはたいへん, に四十歳, の慶安四年, の秋

▼ 六度二分~ (5, 0.0%)

1 しか無い, です, といふ, に下, に急

▼ 六~ (5, 0.0%)

2 が主家歸參 1 の伜, は死んだ, 又の名を

▼ 六日の~ (5, 0.0%)

1 とを重ね, と一月六日の, は, は戻りました, を七日

▼ 六日条~ (5, 0.0%)

41 に西行

▼ 六時半ごろ~ (5, 0.0%)

1 から夜八時, から子供, で程なく, に至り, 起きて

▼ 六時間前~ (5, 0.0%)

1 から六週間前, から雪, にバラック, に少年嬢次, に水槽

▼ 六~ (5, 0.0%)

1 にかけては古墳, にかけて最も, の仏像, の學問, の書

▼ 六朝時代~ (5, 0.0%)

1 には地志, の交通, の四聲, の書, は多く

▼ 六枚折~ (5, 0.0%)

4 の屏風 1 の金屏

▼ 六歩あと~ (5, 0.0%)

1 からつづい, から従いました, になつて利根子, に歩い, へ引きもどされた

▼ 六波羅密~ (5, 0.0%)

2 多經 1 の一つ, の功徳, の薄い

▼ 六波羅攻め~ (5, 0.0%)

1 とかたい, にも獅子奮迅, に出た, の当夜, を開始

▼ 六波羅検断所~ (5, 0.0%)

1 の一将, の実績, の御, の白洲, はそれ

▼ 六~ (5, 0.0%)

1 から応援, がみんな, に入りぬ, に分れ, までの備え

▼ 六番町~ (5, 0.0%)

1 から下, から黒煙, に速成学館, のある, の火

▼ 六畳一室~ (5, 0.0%)

1 に三畳, に四人暮し, に寝そべつ, の室, の闇

▼ 六畳二室~ (5, 0.0%)

1 でその, に敷かれ, の家, の田舎, を清め

▼ 六百五十萬圓~ (5, 0.0%)

2 と云 1 の金, 合せて, 掛けて

▼ 六百戸~ (5, 0.0%)

1 であるが, でこれ, の余, より従四位八十戸, を八十町

▼ 六百日~ (5, 0.0%)

2 の間 1 である, ばかりの拘禁生活, を通して喜劇

▼ 六百町~ (5, 0.0%)

1 と云, の中, の中百町, は古川, もある

▼ 六百里~ (5, 0.0%)

1 ある, しか走れない, にもわたっ, の間, も北

▼ 六衛府~ (5, 0.0%)

1 の公卿, の官人たち, の官人ら, の官人其他, の長官

▼ 六角だこ~ (5, 0.0%)

1 が上がっ, はどう, は僕, を持っ, を見つめ

▼ 六角博士~ (5, 0.0%)

1 ですよ, の容態, や兄, をぜひ, を除い

▼ 六角時計~ (5, 0.0%)

1 がかけ, ですな, のよう, の下, の針

▼ 六~ (5, 0.0%)

2 を, を三三調 1 の句

▼ 六~ (5, 0.0%)

1 だ, に, を二頁, を読みはじめた, を読み始めた

▼ 六~ (5, 0.0%)

2 の将 1 たる韓暹, の大将韓暹, の韓暹

▼ 六軒家~ (5, 0.0%)

1 と云, の梟林, の森, の真っ暗, の藪岸

▼ 六~ (5, 0.0%)

1 とべつ, の花, の豆菊, を淡い, 咲き出したよ

▼ 六~ (5, 0.0%)

1 の渡し, の渡場, はよく, を含めた, を通り過ぎた

▼ 六里半~ (5, 0.0%)

1 か, と書い, にし, ほどである, 程である

▼ 六銭五厘~ (5, 0.0%)

1 では, とぞなり, のうち, の万年筆, はまさに

▼ 六階建~ (5, 0.0%)

1 のビルディング, の宏荘, の家, の独身アパート, まであり

▼ 六階建て~ (5, 0.0%)

1 のもの, のデパート, の古い, の家, の建物越し

▼ 六~ (5, 0.0%)

1 でこしらえた, で読む, に訓, の連鎖, も少なく

▼ 六〇〇〇磅~ (4, 0.0%)

1 すなわち四, に値するであろう, に対する三%, の貨幣

▼ 六〇〇万年~ (4, 0.0%)

1 かかるという, に亘る, の二六倍, の間崩壊

▼ 六〇〇年代~ (4, 0.0%)

1 がある, に至り, のイギリス, は大きなその

▼ 六〇・〇五フラン~ (4, 0.0%)

1 から六〇・一〇フラン, での買手, においての売手, またはそれ以上

▼ 六〇五〇磅~ (4, 0.0%)

1 から五, から四, ではなく, で売れなけれ

▼ 六〇日~ (4, 0.0%)

1 とした, と定めた, になる, の珍しい

▼ 六あにい~ (4, 0.0%)

1 がまた, が許す, とんだ眼ちげ, のおしゃべり

▼ 六~ (4, 0.0%)

1 國夫婦を, 政よりは, 舟の, 覚えか

▼ 六おじさん~ (4, 0.0%)

1 の馬鹿, は夏休, は機械, を弥次

▼ 六ぐらいに~ (4, 0.0%)

1 なって, よったふう, 見えます, 見える貴婦人

▼ 六ごとき~ (4, 0.0%)

1 がさつ者に, がそもそも, ぞんざい者を, ものを

▼ 六~ (4, 0.0%)

1 か, このあつし, へ何, へ腹

▼ 六さえ~ (4, 0.0%)

1 そう思っ, どうかし, まっさおに, 腹の

▼ 六すなわち~ (4, 0.0%)

1 ほとんど六〇〇, 二対一であり, 出生二四対結婚八という, 年死亡率は

▼ 六たち~ (4, 0.0%)

1 に反対, の徒党, はなにか, は堤

▼ 六だけは~ (4, 0.0%)

1 きっと殺し, その後も, たいへんに, 容易に

▼ 六つづ~ (4, 0.0%)

2 つブラ 1 つ三つ, つ提げました

▼ 六としては~ (4, 0.0%)

1 ぜひとも手, また無理, 悪日だった, 意外だ

▼ 六とて~ (4, 0.0%)

1 同じ思い, 女郎屋の, 暑いの, 痴け

▼ 六とともに~ (4, 0.0%)

1 いずく, とじこめられて, 両々力を, 前節の

▼ 六と共に~ (4, 0.0%)

1 出て, 捕われ北, 新九郎等, 馬の背から

▼ 六どこ~ (4, 0.0%)

1 か貴族, にどう, へゆく, へ行く

▼ 六どちら~ (4, 0.0%)

2 も浪人 1 も在郷者, も後々

▼ 六なれ~ (4, 0.0%)

3 ども不 1 ば男

▼ 六ばかりに~ (4, 0.0%)

1 なったろう翫之助の, なるその, なる少年, なる立派

▼ 六または~ (4, 0.0%)

1 一二%騰貴または, 七対一に, 四〇人につき, 四〇分の一では

▼ 六らしい~ (4, 0.0%)

1 がまだ, もらい泣きを, 比喩でした, 解釈でした

▼ 六カイリ~ (4, 0.0%)

1 であります, の広い, の水平線, を加え

▼ 六カ月前~ (4, 0.0%)

1 には戦争, に彼, に追い出された, のこと

▼ 六カ月牢~ (4, 0.0%)

1 にはいった, に入れられ, に六カ月, に行かせる

▼ 六セント~ (4, 0.0%)

1 から八セント, から廿セント, です一キログラム, を要求

▼ 六ツ下がり~ (4, 0.0%)

2 でした 1 の紫紺, までには品川

▼ 六ツ過ぎ~ (4, 0.0%)

1 であったが, でしたろう, にその, に突然

▼ 六フィート以上~ (4, 0.0%)

2 もある 1 ありこれ, でなければ

▼ 六マルク~ (4, 0.0%)

1 しかよこしません, だから, だけを態, なり

▼ 六ヤード~ (4, 0.0%)

1 であつ, の近き, ばかり離れた, も前進

▼ 六ヶ月目~ (4, 0.0%)

1 です, に一つ, の昭和九年三月十七日, の終り

▼ 六・一自粛~ (4, 0.0%)

1 と同時に, などと称し, の当日, の被害者

▼ 六・六~ (4, 0.0%)

1 から六・八, です, の間, ひる六・八

▼ 六一人~ (4, 0.0%)

1 ぐらいそりゃ訳, に増大, は四十がらみ, 休んだとて

▼ 六一四年~ (4, 0.0%)

1 に至っ, のこと, の大, の追放者百余人

▼ 六丁六甲~ (4, 0.0%)

1 の神, の神通力, の術, の鬼神軍

▼ 六七ヵ月~ (4, 0.0%)

1 すると, で一通り, のころ弟, 学んだだけで

▼ 六七五年~ (4, 0.0%)

1 すなわち, ないし一七六四年, にはドイツ, にパリ

▼ 六七円~ (4, 0.0%)

1 ずつも使う, だと, のもの, の売れ行き

▼ 六七十名~ (4, 0.0%)

1 いて, だけが残っ, と共にご, も集る

▼ 六七十本~ (4, 0.0%)

1 の木材, はくだらない, も吸う, 向かい合わせて

▼ 六七十間~ (4, 0.0%)

1 にひろがり, の先, の鐵橋, を隔て

▼ 六七坪~ (4, 0.0%)

1 のもの, の庭, は拓, も拓す

▼ 六七年ぶり~ (4, 0.0%)

1 でぶらりと, で戸塚, に帰朝, に彼

▼ 六七杯~ (4, 0.0%)

2 も重ねた 1 もやつ, も飯

▼ 六七百米~ (4, 0.0%)

1 あるかな, の山脈, は, もある

▼ 六七羽~ (4, 0.0%)

1 の家鴨, の雀, の鶫, まで生きれ

▼ 六七艘~ (4, 0.0%)

2 の間 1 あるが, 漕ぐとも

▼ 六万五千~ (4, 0.0%)

1 に徹底的打撃, に殖えるだろう, の劇通, を超える

▼ 六万平~ (4, 0.0%)

1 というところ, はなお, へ往こう, を思い捨て

▼ 六万遍~ (4, 0.0%)

1 である, になった, の念仏, の称名

▼ 六三三年~ (4, 0.0%)

1 には多数, には長崎奉行, に老齢, のこと

▼ 六三二年~ (4, 0.0%)

1 にシャム, にノイツ, に之, 捕へられて

▼ 六三五年~ (4, 0.0%)

1 から七年, から三七年, に書かれた, の海外渡航禁止

▼ 六三八年~ (4, 0.0%)

1 が最後, であつ, にはロシア, に出版

▼ 六世紀初頭~ (4, 0.0%)

1 には全, にヴエニス, に於, のもの

▼ 六両二分~ (4, 0.0%)

1 ずつの臨時税, と書類, を受けとっ, 入れた財布

▼ 六九〇年~ (4, 0.0%)

1 すなわちスウェデンボルク, における家屋, に一対八八, に終り

▼ 六二頁~ (4, 0.0%)

1 で述べた, に古, に引用, に書いた

▼ 六五四年~ (4, 0.0%)

1 になっ, にレーゲンスブルグ, に最高会議, に認可

▼ 六人いずれ~ (4, 0.0%)

1 も慾, も背中, も身, も身の丈

▼ 六人がかり~ (4, 0.0%)

1 でなわ, でよっぱらった, で押えられた, で押さえつけた

▼ 六人め~ (4, 0.0%)

1 ですよ, のお客さま, のところ, の婿

▼ 六人女~ (4, 0.0%)

1 が二人, が四人, は私, まじり月

▼ 六人扶持~ (4, 0.0%)

1 か八人扶持, の医者, の表, を受けた

▼ 六代様~ (4, 0.0%)

1 がこれ, が入っ, と見えた, は両手

▼ 六八頁~ (4, 0.0%)

1 には件, にも門司, を見る, 第二行

▼ 六~ (4, 0.0%)

1 ではねえ, とは正, の馬鹿野郎, 同じ百姓

▼ 六六六年~ (4, 0.0%)

1 にこの, のでき, のロンドン, の大

▼ 六兵衛さん~ (4, 0.0%)

1 だってとても, にこうこう, のえらい, はうらない

▼ 六兵衞方~ (4, 0.0%)

1 にて五十兩借請其金, の, へ勘定, へ遣

▼ 六出し~ (4, 0.0%)

3 ている 1 たる形

▼ 六分の配当~ (4, 0.0%)

1 が出来なかったら, が必要, を保証, を受ける

▼ 六分前~ (4, 0.0%)

1 になる, にやっと, にフロックコート, に去った

▼ 六分板~ (4, 0.0%)

1 で張り詰められ, の切れ端, の切端, やろ

▼ 六十いくつ~ (4, 0.0%)

1 かであった, かになられる, かの彫り, かまで隠れた

▼ 六十キロ以上~ (4, 0.0%)

2 にもおよん, にも拡がる

▼ 六十センチ四方~ (4, 0.0%)

1 ほどの四かく, ほどの地面, ほどの鉄, 高さ一メートル三十センチ

▼ 六十トン~ (4, 0.0%)

1 から四百トン, の大船, の石炭, もあろう

▼ 六十パアセント~ (4, 0.0%)

1 に圧縮, の圧縮, は自殺, を其等

▼ 六十七人~ (4, 0.0%)

1 で女, とある, となる, に戯れた

▼ 六十三万フラン~ (4, 0.0%)

1 で全部銀行紙幣, との間, の金額, を貯蓄

▼ 六十三番凶~ (4, 0.0%)

2 と出た, の神籤

▼ 六十三首~ (4, 0.0%)

1 がかなり, であるが, の贈答, を載せ

▼ 六十九人~ (4, 0.0%)

1 が一, であった, の教正, もの破戒僧

▼ 六十二年~ (4, 0.0%)

1 たったという, の昔, の老酒, 駐英ローマ兵士

▼ 六十五万石~ (4, 0.0%)

1 が何ん, のお, の城下, の大

▼ 六十五六歳~ (4, 0.0%)

1 なりきと, になっ, になる, に見えた

▼ 六十五回~ (4, 0.0%)

1 になる, に達した, もいねむりをしたんだ, 廻るの

▼ 六十五石~ (4, 0.0%)

1 なぞは問題, に削った, の俸禄, の扶助米

▼ 六十代~ (4, 0.0%)

1 だろうが, で堂々たる, で際どく, のおちつき

▼ 六十余日~ (4, 0.0%)

2 の歳月 1 になる, を打ち続け

▼ 六十余町歩~ (4, 0.0%)

1 の田地, の田産, の耕地宅地, 即ち畑地

▼ 六十個~ (4, 0.0%)

1 のボタン, もある, も一杯, も連続的

▼ 六十八人~ (4, 0.0%)

1 の窃盗罪, を就職, を雇っ, 受けないもの

▼ 六十八枚~ (4, 0.0%)

1 はいっ, 及び記事中, 書き上げ一層, 迄書く

▼ 六十八番~ (4, 0.0%)

1 ての, とへよっ, と云う, に下落

▼ 六十八米~ (4, 0.0%)

1 あるという, と測られた, の峰頭, の車坂

▼ 六十六マイル~ (4, 0.0%)

1 というもの, の馬車, を航, を駅馬車

▼ 六十六里~ (4, 0.0%)

3 なり 1 の道

▼ 六十円以上~ (4, 0.0%)

1 の報酬, の常, の為替生活者, もする

▼ 六十囘~ (4, 0.0%)

2 に至つて, の豫定

▼ 六十四人~ (4, 0.0%)

1 が明治四十年, しかありません, との比, に過ぎなかった

▼ 六十四年~ (4, 0.0%)

1 の昔, の詩集, はすでに, は既に

▼ 六十四碗~ (4, 0.0%)

1 だの, のお, の御馳走, を少し

▼ 六十四頁~ (4, 0.0%)

1 から百七十五頁, に限定, の四折判, を手ずから

▼ 六十年ぶり~ (4, 0.0%)

1 だといふ, という大, の旱魃, の由

▼ 六十年代~ (4, 0.0%)

2 の思想 1 に比べ, の婦人

▼ 六十戦隊~ (4, 0.0%)

2 の司令パパーニン中佐 1 が三十数隻, なの

▼ 六十有余~ (4, 0.0%)

1 この歳寒, とも見え, の支那芝居中, の爺

▼ 六十有余年~ (4, 0.0%)

2 の間 1 のこの, も神璽

▼ 六十爺~ (4, 0.0%)

1 の今日, の彼, はそれ, は湖岸

▼ 六十米突~ (4, 0.0%)

2 の近景 1 のところ, の白岩山

▼ 六十羽~ (4, 0.0%)

1 は飼っ, ばかり飼, や七十羽, 差し出さなければ

▼ 六十許~ (4, 0.0%)

1 のお婆さん, の爺さん, の白髮頭, 其の人種もと蝦夷人種

▼ 六千フィート~ (4, 0.0%)

1 くらいにきまっ, くらいのところ, とすれ, のここ

▼ 六千余~ (4, 0.0%)

1 で先陣, と会衆十三万余人, に上, の山兵

▼ 六千個~ (4, 0.0%)

2 のてんぷら 1 というの, までつい

▼ 六千坪~ (4, 0.0%)

1 あります, の地面, の田畑, の草原

▼ 六千年前~ (4, 0.0%)

1 と認めたる, に伏羲, の物, の肉塊

▼ 六千載~ (4, 0.0%)

2 に過ぎぬ, の世界史

▼ 六千駄~ (4, 0.0%)

1 のかわり, は追い追い, を木曾, を谷中

▼ 六~ (4, 0.0%)

1 に及び, の帆, の田畑, の船

▼ 六~ (4, 0.0%)

1 にては壞, の中, の方, の間

▼ 六四年間~ (4, 0.0%)

1 という長い, に出生, の中項, の各

▼ 六四郎~ (4, 0.0%)

1 がお, だった, とそうして, の細君

▼ 六回ロシア共産党大会~ (4, 0.0%)

1 が終った, で最近二年間, のあった, を迎えた

▼ 六国史~ (4, 0.0%)

1 と跋, などを読ん, の大成, 及び日本紀私記其他雑史書類

▼ 六~ (4, 0.0%)

1 といっ, などはこれら, の席貸し, の池

▼ 六坊山~ (4, 0.0%)

1 からすぐ, に床几, のいただき, の御

▼ 六天篠塚稲荷~ (4, 0.0%)

1 のきざはし, のまえ, の前, の地洞

▼ 六姐さん~ (4, 0.0%)

2 の口 1 は安岡, は安岡ツ引

▼ 六~ (4, 0.0%)

1 あり我, にあたり母, 将武, 棠助二つ女長七つ良五つ全

▼ 六~ (4, 0.0%)

2 の粉黛 1 の粉黛何れ, 第一

▼ 六少し~ (4, 0.0%)

2 三白眼です 1 役目の, 面窶れは

▼ 六尺幅~ (4, 0.0%)

1 のところ横, の定め, の路地, ほどの林道

▼ 六尺許~ (4, 0.0%)

4 りの

▼ 六尺豊~ (4, 0.0%)

1 なの, な体躯, の大男, の太

▼ 六年代~ (4, 0.0%)

1 であったと, のもの, のグリムプス, はイギリス

▼ 六年六月頃~ (4, 0.0%)

1 には内裏, のこと, までに据付けられる, までの世界

▼ 六年初夏~ (4, 0.0%)

2 より同 1 から秋, のこと

▼ 六年前私~ (4, 0.0%)

1 が女学校, が旅立, が東京高等商船学校, は初めて

▼ 六年時代~ (4, 0.0%)

1 の世論調査, の事, の交渉以上, の羅馬法王ウルバン二世

▼ 六年秋~ (4, 0.0%)

2 には忘れ 1 から次第に, に講和

▼ 六年近く~ (4, 0.0%)

2 になる 1 もいっ, も見なかった

▼ 六度め~ (4, 0.0%)

3 の航海 1 だけど

▼ 六~ (4, 0.0%)

1 の宮, の數, の森, もあら

▼ 六~ (4, 0.0%)

1 や八手, 与という, 与などという, 与七手

▼ 六斎念仏~ (4, 0.0%)

2 の如き 1 では殊に, と

▼ 六方晶系~ (4, 0.0%)

1 であるとしても, とか等, に属する, の主軸

▼ 六日一日~ (4, 0.0%)

1 くらいはお, の間, もすれ, 寝通したこと

▼ 六日付~ (4, 0.0%)

2 のお 1 でペルリ一行, の九州日報夕刊

▼ 六日十七日~ (4, 0.0%)

1 とだんだん, と出しました, と思える, のお

▼ 六日午後~ (4, 0.0%)

1 から日本, に出, に止った, より青山

▼ 六時三十分~ (4, 0.0%)

1 であった, で歸, に小屋, 全く残光

▼ 六時以後~ (4, 0.0%)

1 に起った, の婦人, は宿直, は直ぐ

▼ 六時前後~ (4, 0.0%)

1 から三時間内外, で電車, におこなわれた, は何度

▼ 六時座~ (4, 0.0%)

2 へ出る 1 へ入る, へ行く

▼ 六時礼讃~ (4, 0.0%)

1 ということ, の苦行, を修し, を勤行

▼ 六時間半~ (4, 0.0%)

1 か, ですよ, と見, 経った

▼ 六時間目~ (4, 0.0%)

1 がくる, になる, には受刑者, に転機

▼ 六~ (4, 0.0%)

1 もそんな, 叩いた, 続いた, 飲まず食わずでわし

▼ 六本木~ (4, 0.0%)

1 でございます, にいる, に住ん, に西国

▼ 六条君~ (4, 0.0%)

3 がいった 1 がいう

▼ 六条坊門~ (4, 0.0%)

1 で松原通り, にも南蛮寺, の地子, の白拍子

▼ 六条室町~ (4, 0.0%)

1 にさだめられた, の町中, の義経の, の館

▼ 六条御息所~ (4, 0.0%)

2 との関係 1 の取り扱い, も又

▼ 六条柳町~ (4, 0.0%)

1 の総門, の遊女屋, へ通っ, を全部

▼ 六~ (4, 0.0%)

1 勝では, 旗を, 昭, 昭と

▼ 六歩足~ (4, 0.0%)

1 を寄せ, を早めた, を運び, を運んだ

▼ 六歳ごろ~ (4, 0.0%)

1 から見なれ, のこと, までは武佐子, まで私

▼ 六殿~ (4, 0.0%)

21 に会わせ, へお目にかかり

▼ 六波羅上下~ (4, 0.0%)

3 の武士 1 に名

▼ 六波羅奉行~ (4, 0.0%)

1 と称え, の御教書, の腕, へ届け出る

▼ 六~ (4, 0.0%)

1 斎友直, 斎子平が, 斎居士の, 斎林子平の

▼ 六~ (4, 0.0%)

2 から成立つ 1 から成立つた, 即ち三畫

▼ 六~ (4, 0.0%)

1 という豪, とかなん, の追い剥ぎ, も重ね

▼ 六~ (4, 0.0%)

1 でいきなり, の畜生め, の青二才, はなんとも

▼ 六~ (4, 0.0%)

2 にし 1 のひっそり, のひつそり

▼ 六~ (4, 0.0%)

1 かける, からだした, でいい厚い, の給金

▼ 六畳四畳半三畳~ (4, 0.0%)

1 の三間, の四室, の家, の新築

▼ 六畳敷位~ (4, 0.0%)

2 の狭, の部屋

▼ 六疊間~ (4, 0.0%)

1 があつ, で左, で狹, に三分心

▼ 六百トン~ (4, 0.0%)

1 の小, の引きあげ, の汽船, もある

▼ 六百ポンド~ (4, 0.0%)

1 から七百ポンド, で仕込み, で売り払いました, なりき

▼ 六百万キロ~ (4, 0.0%)

1 がたった, だと, である, ほどになっ

▼ 六百万両~ (4, 0.0%)

1 というお金, という巨額, を以て一朝, を借りる

▼ 六百五十兩~ (4, 0.0%)

1 といふ大金, になる, の代り, の金

▼ 六百五十年~ (4, 0.0%)

1 であります, である, に或, を要する

▼ 六百圓~ (4, 0.0%)

2 で拂 1 から四百圓, の働

▼ 六百騎~ (4, 0.0%)

1 だ, ともある, の小勢, の甲胄武者

▼ 六~ (4, 0.0%)

1 あるか, といふ手合, も置かせる, 勝ちましたよ

▼ 六~ (4, 0.0%)

2 が一つ 1 で聴き, の前

▼ 六~ (4, 0.0%)

1 と言われ, のあつい, の発掘, を歩く

▼ 六箇年~ (4, 0.0%)

1 その時, の出生, を一期, を平均

▼ 六箇村~ (4, 0.0%)

1 では出生, においては平均寿命, においては順年六年, のもの

▼ 六組み~ (4, 0.0%)

3 の銀 1 と大きな

▼ 六羅漢~ (4, 0.0%)

1 がある, さては五百羅漢, の木像, の絵

▼ 六~ (4, 0.0%)

1 が何, と書い, について種々, の三男

▼ 六老爺~ (4, 0.0%)

1 が居る, が死にました, には妙, の一つ

▼ 六聖人~ (4, 0.0%)

1 といっ, のひとり, の祝祭, をはじめ

▼ 六~ (4, 0.0%)

1 のよう, の結晶, の花, の雪

▼ 六~ (4, 0.0%)

1 という金, の人口, の衆, は有

▼ 六藝略~ (4, 0.0%)

1 といふの, に入るべき, に當, に載せられた

▼ 六~ (4, 0.0%)

1 五万七千二百三十八社を, 十本の, 迯る, 逃る

▼ 六~ (4, 0.0%)

1 が外境, ついで生ず, は前, まず滅し

▼ 六貴様~ (4, 0.0%)

2 は挫ける 1 は知ってるだろう, も根っから

▼ 六~ (4, 0.0%)

1 すなわち約, の後, を経, 乃至八週

▼ 六週間前~ (4, 0.0%)

1 あの女, からマリユス, から六か月, に撮影

▼ 六週間後~ (4, 0.0%)

1 でしょう, には一つ, には俺, に近く

▼ 六郎樣~ (4, 0.0%)

1 と許嫁, の方, の許嫁, は繁

▼ 六里余~ (4, 0.0%)

1 あの磽, あるから, と聞く, の道

▼ 六里先~ (4, 0.0%)

2 きに 1 の, の町

▼ 六里程~ (4, 0.0%)

1 ある田舎, で修善寺温泉, の行程, も山奧

▼ 六金さん~ (4, 0.0%)

1 が, がきく, のほか, をつかまえ

▼ 六間間口~ (4, 0.0%)

1 に黒, の磨き, の磨き拔, の艾屋

▼ 六阿弥陀詣~ (4, 0.0%)

1 がぞろぞろ, に出, の旧道, を試みた

▼ 六階選士~ (4, 0.0%)

2 なん, にもなる

▼ 六雄蕊~ (4, 0.0%)

3 ありて 1 があり

▼ 六露里~ (4, 0.0%)

1 からある, の里程標, ばかりも距, ほど離れた

▼ 六~ (4, 0.0%)

1 が発表, に分類, の用役, 第七項

▼ 六頭立~ (4, 0.0%)

3 の馬車 1 の軽

▼ 六〇〇〇〇~ (3, 0.0%)

1 すなわち男子八〇〇, だけ脱漏, であるとかいう

▼ 六〇〇メートル~ (3, 0.0%)

1 くらいから右手, くらいまで登っ, までスキー

▼ 六〇〇米~ (3, 0.0%)

1 でインターラーケン, という音, の附近

▼ 六〇分の一~ (3, 0.0%)

1 であると, となり, に至る

▼ 六〇年モンタペルティ~ (3, 0.0%)

3 の戰

▼ 六〇米~ (3, 0.0%)

1 となっ, の圏, の手ごろ

▼ 六〇~九〇センチメートル~ (3, 0.0%)

1 に成長, に立ち, の高

▼ 六くらい~ (3, 0.0%)

1 で僕, で頭, 少年は

▼ 六ここ~ (3, 0.0%)

1 でもまた, にあり, をせん

▼ 六さい~ (3, 0.0%)

1 に相成りましょう, のおとし, のかわいい

▼ 六~ (3, 0.0%)

2 ょうほどの 1 ょうぐらいの部屋が

▼ 六~ (3, 0.0%)

2 びかよったらおめえ三貫目も 1 あ伝六

▼ 六たび歌よみ~ (3, 0.0%)

2 に与 1 に與

▼ 六だって~ (3, 0.0%)

1 あれは, 教わったん, 聞いたが

▼ 六だらう~ (3, 0.0%)

1 か, とバリカン, 青味が

▼ 六だんな~ (3, 0.0%)

1 かどっち, それからっていう, はおしゃべり

▼ 六つめ~ (3, 0.0%)

1 の山, の梯子, の符号

▼ 六づら~ (3, 0.0%)

3 や喜

▼ 六でしょう~ (3, 0.0%)

1 か色, が三人, が併

▼ 六でなく~ (3, 0.0%)

1 つて夫で, て一対一二四, 二三七七三五である

▼ 六とう~ (3, 0.0%)

1 しょうにせがね, しょうは, そこに

▼ 六としか~ (3, 0.0%)

2 見えません 1 見えない少女

▼ 六として~ (3, 0.0%)

1 完全に, 應用し, 見ては

▼ 六なかなか~ (3, 0.0%)

1 うまいこと, にうれしい, にやる

▼ 六など~ (3, 0.0%)

2 無視し 1 忽ちに登場

▼ 六にて~ (3, 0.0%)

1 あるか, 太れり, 諸人を

▼ 六ばんめ~ (3, 0.0%)

1 にみる, の妖女, は洗面

▼ 六ぺん往復~ (3, 0.0%)

3 なすって

▼ 六ぽん~ (3, 0.0%)

1 とある, 箱には, 見える

▼ 六また~ (3, 0.0%)

1 しかり, なかなかに, 双六谷

▼ 六までが~ (3, 0.0%)

1 まゆを, 多い, 警官や

▼ 六もう~ (3, 0.0%)

1 中僧, 汁は, 玄米を

▼ 六よりは~ (3, 0.0%)

1 三つほど, 三つ程, 上でなく

▼ 六を以て~ (3, 0.0%)

1 一を, 節を, 終らずいよいよ

▼ 六カ月以内~ (3, 0.0%)

1 に募兵, に帰還, に遠征

▼ 六カ月分~ (3, 0.0%)

1 くらいの進歩, のパン, の前払い

▼ 六カ村~ (3, 0.0%)

1 の人々, をキリシタン村, 多く前回

▼ 六コマ~ (3, 0.0%)

1 ずつを撮影, であるが, といふ動作

▼ 六ッ辰ッ~ (3, 0.0%)

1 おおかたふたり, もうあっさりと, もうつまらねえ

▼ 六ッ駕籠~ (3, 0.0%)

1 だッ, だ駕籠, はどう

▼ 六ツ田~ (3, 0.0%)

3 の三蔵

▼ 六トン~ (3, 0.0%)

1 つくって, にし, の巨船

▼ 六ドル~ (3, 0.0%)

1 から七ドル, か七ドル, にこれ

▼ 六パアセント~ (3, 0.0%)

1 だけ衣食, の増加, を得る

▼ 六パラグラフ~ (3, 0.0%)

2 は大体 1 は第

▼ 六ページ~ (3, 0.0%)

1 とに注意, と進ん, にこれ

▼ 六ルーブル~ (3, 0.0%)

1 に価する, の金, もしました

▼ 六ヶ月以前~ (3, 0.0%)

1 からヴァレン, に註文, の盛子

▼ 六ヶ月分~ (3, 0.0%)

1 の給料, の郵便物, を一度

▼ 六ヶ月振り~ (3, 0.0%)

1 に聞く, に郵便物到着, の事

▼ 六・七~ (3, 0.0%)

1 という妙, と三日間, のずんぐり

▼ 六・三~ (3, 0.0%)

1 でどの, と分け, の価値

▼ 六・八~ (3, 0.0%)

1 が最高, でした, を通り

▼ 六一以下~ (3, 0.0%)

1 にカトー, に見, 並びに註參照

▼ 六丁先~ (3, 0.0%)

2 の普請場 1 が自分

▼ 六七丁~ (3, 0.0%)

2 なるも 1 の辺

▼ 六七万石~ (3, 0.0%)

1 に当りましょう, の小さい, や二十万石

▼ 六七両~ (3, 0.0%)

1 の金, は残っ, を引き

▼ 六七八月~ (3, 0.0%)

1 と三月, の三ヶ月間, の候

▼ 六七十尺~ (3, 0.0%)

1 あるだろうか, も高く, 長さ一里

▼ 六七十歳~ (3, 0.0%)

1 の男子, の老, の老人

▼ 六七十行~ (3, 0.0%)

1 ぐらいに尽き, に尽きる, の正伝

▼ 六七十里~ (3, 0.0%)

1 あるいは五六十里程度, のところ, 或は五六十里

▼ 六七十銭~ (3, 0.0%)

1 のもの, の釣銭, はかかるでしょう

▼ 六七十騎~ (3, 0.0%)

1 が一種, が一陣, は来合う

▼ 六七台~ (3, 0.0%)

1 の自動車, の荷馬車, も待つ

▼ 六七年以前~ (3, 0.0%)

1 から記事, の事, より新道

▼ 六七年目~ (3, 0.0%)

1 に一回, に一枚, に手向

▼ 六七斗~ (3, 0.0%)

1 のもの, の小作料, はあなた

▼ 六七月ごろ~ (3, 0.0%)

1 から実母, になる, まで雪

▼ 六七百メートル~ (3, 0.0%)

1 のこの辺, はなれた, ほどであった

▼ 六七百匁~ (3, 0.0%)

1 の中鯛, ほどの大き, もあったろう

▼ 六七百騎~ (3, 0.0%)

1 にすぎず, の宇都宮勢, をこえ

▼ 六七種~ (3, 0.0%)

1 になる, に過ぎず, に過ぎぬ

▼ 六七銭~ (3, 0.0%)

1 だった蕪十二三銭, であったと, である

▼ 六七隻~ (3, 0.0%)

1 の兵船, の異, 同七年

▼ 六万ルーブル~ (3, 0.0%)

1 というあの, といえ, も巻きあげた

▼ 六万五千人~ (3, 0.0%)

1 の人間, ばかりの教師, を行おう

▼ 六万騎~ (3, 0.0%)

1 とみえる, と古典, などは随所

▼ 六三がけ~ (3, 0.0%)

1 のよう, は大工, は素晴らしい

▼ 六三頁~ (3, 0.0%)

1 にその, にもお, の第

▼ 六世式~ (3, 0.0%)

1 でもなく, の椅子, の精巧

▼ 六丸殿~ (3, 0.0%)

1 の御事心, は未だ, へ本領安堵

▼ 六二一年~ (3, 0.0%)

1 にはシャム四等官, には幕府, のこと

▼ 六二三年~ (3, 0.0%)

1 にはアムボイナ島, には最高会議, にシャム軍

▼ 六二十七~ (3, 0.0%)

2 の三日間 1

▼ 六二四年~ (3, 0.0%)

1 ないし一七一二年, には東北地方, 捕はれて

▼ 六五九〇〇〇~ (3, 0.0%)

1 であるか, であるとか, に等しく

▼ 六五歩~ (3, 0.0%)

1 と下手, と云, と角道

▼ 六五頁~ (3, 0.0%)

1 および附図版, に, になる

▼ 六交響曲~ (3, 0.0%)

1 の練習, をやってる, を仕上げた

▼ 六人とも~ (3, 0.0%)

1 が博士, にかたっぱし施主, につつがなく

▼ 六人みんな~ (3, 0.0%)

1 おへんろさん, おもしろいあゝ, で十人

▼ 六人一緒~ (3, 0.0%)

1 でしたから, に此方, に集まった

▼ 六人乗り~ (3, 0.0%)

1 のあの, のボート, の馬車

▼ 六人寄集まり~ (3, 0.0%)

3 て調子

▼ 六人暮し~ (3, 0.0%)

1 です, で住宅, の家族

▼ 六人火~ (3, 0.0%)

1 でからだ, のそば, を囲んだ

▼ 六人誰~ (3, 0.0%)

2 ともなく 1 も皆

▼ 六人集~ (3, 0.0%)

2 まつて 1 つたある

▼ 六仁和賀~ (3, 0.0%)

3 の金棒

▼ 六代将軍~ (3, 0.0%)

1 と互に, の場合, の家宣

▼ 六代御前~ (3, 0.0%)

1 として二度目, の塚, の杜

▼ 六以上~ (3, 0.0%)

2 になれ 1 によろこんだ

▼ 六位以下~ (3, 0.0%)

1 において多く, の下級地方官吏, の下級官吏

▼ 六倍判~ (3, 0.0%)

1 ぐらいの板, で十六号, より小さい

▼ 六億七千万年後~ (3, 0.0%)

1 のこと, の世, の弥勒菩薩出現

▼ 六億里~ (3, 0.0%)

1 あり, の道, の道程

▼ 六~ (3, 0.0%)

1 のひとり, の人たち, の野武士

▼ 六八〇〇〇~ (3, 0.0%)

1 ではなく, とされ, と比較

▼ 六八〇年~ (3, 0.0%)

1 から八二年, にはこの, に現われた

▼ 六八年間~ (3, 0.0%)

1 に出生, の中項, の増加

▼ 六六一年~ (3, 0.0%)

1 で, にグリーベー, のこと

▼ 六六三年~ (3, 0.0%)

1 に生まれ, に終る, のフランス

▼ 六六頁~ (3, 0.0%)

1 に拠れ, に昔インドモヴァイヤ, の図参照

▼ 六円九十銭~ (3, 0.0%)

1 いただきます, ぐらいのお金, ですとさ

▼ 六分どおり~ (3, 0.0%)

1 しか出来あがっ, だったら上成績, 白い髭

▼ 六分の時間~ (3, 0.0%)

1 があったろう, がある, がどう

▼ 六分の配當~ (3, 0.0%)

1 は不可能, をさせよう, をしろ

▼ 六分五厘位~ (3, 0.0%)

1 の入り, 迄に堕ち, 迄に墮

▼ 六分四分~ (3, 0.0%)

1 という点, とかに交ぜ合わし, に米麦

▼ 六分音符~ (3, 0.0%)

2 を叩く 1 のうち

▼ 六勝敏~ (3, 0.0%)

1 おなじく勝豊, だった, へ背

▼ 六~ (3, 0.0%)

1 にて呼子鳥, に達した, ほどに丸々

▼ 六十キログラム~ (3, 0.0%)

1 ぐらいの重量, の土, の牛肉

▼ 六十ポンド~ (3, 0.0%)

1 で買い取っ, またハンドレッド, また豆ハンドレッド・エート

▼ 六十ルピー~ (3, 0.0%)

1 ずつ貰っ, 入って, 高いの

▼ 六十一万石~ (3, 0.0%)

2 の大 1 の大名

▼ 六十七八~ (3, 0.0%)

1 というおばあさん, にならう, になる

▼ 六十万石改易~ (3, 0.0%)

1 が真, にかけられた, にもっ

▼ 六十三機~ (3, 0.0%)

1 というの, の一大爆撃編隊, の大

▼ 六十三銭~ (3, 0.0%)

2 しか持ち 1 の金

▼ 六十九名~ (3, 0.0%)

1 だったの, になった, の体重増加

▼ 六十九戸~ (3, 0.0%)

2 しか無 1 となり

▼ 六十九番地~ (3, 0.0%)

1 で市四郎, といふの, の家

▼ 六十二人~ (3, 0.0%)

1 につき寺院一棟, は女王, を数え

▼ 六十五か村~ (3, 0.0%)

1 で分担, のもの, の意向

▼ 六十五匁~ (3, 0.0%)

1 あったと, か七十匁, ずつあった

▼ 六十五哩~ (3, 0.0%)

1 という砲弾, と七十哩, にて略

▼ 六十五噸~ (3, 0.0%)

2 の小 1 のブラザース號

▼ 六十五日物いふ事~ (3, 0.0%)

3 も無く

▼ 六十五行~ (3, 0.0%)

2 から四百七十三行 1 乃至七十五行

▼ 六十人分~ (3, 0.0%)

1 の常, はあるだろう, を入れ

▼ 六十以下~ (3, 0.0%)

2 に下る 1 の人

▼ 六十何本~ (3, 0.0%)

1 とか受取った, の色文, も書いた

▼ 六十余年後~ (3, 0.0%)

1 ちょうど私, に行, ノ今日ニ思ヒ至レバ

▼ 六十兩餘~ (3, 0.0%)

1 の金目, も有, を掠め

▼ 六十八名~ (3, 0.0%)

1 に及ん, の予審, を商工奨励館

▼ 六十八尋以上~ (3, 0.0%)

1 だと, の水道, の深

▼ 六十八銭~ (3, 0.0%)

1 とはその, よ, 出して

▼ 六十六フラン~ (3, 0.0%)

1 で正直, もらった, を食っちまった

▼ 六十六ヶ国~ (3, 0.0%)

1 に満ち渡っ, に獅子頭, 共に天主様

▼ 六十六銭~ (3, 0.0%)

2 と五厘 1 残りますね

▼ 六十冊~ (3, 0.0%)

1 の書物, ほど取揃え, 積上げて

▼ 六十噸~ (3, 0.0%)

1 というの, のイギリス商船, も這入ります

▼ 六十四白粉~ (3, 0.0%)

3 をつけぬ

▼ 六十巻~ (3, 0.0%)

2 を読ん 1 の小説

▼ 六十年周期~ (3, 0.0%)

1 だから, で世, というもの

▼ 六十年来~ (3, 0.0%)

1 この方, の暑, 持ち来ったつぎ

▼ 六十年近く~ (3, 0.0%)

1 というもの, もここ, も前

▼ 六十才~ (3, 0.0%)

1 になれた, の人々, の田舎紳士

▼ 六十斤砲~ (3, 0.0%)

3 を撫し

▼ 六十歳あまり~ (3, 0.0%)

1 の和尚, の老人, の隠居さん

▼ 六十歳頃~ (3, 0.0%)

1 にもなられ, までの逸事, まで働く

▼ 六十爺さん~ (3, 0.0%)

1 が出, に道, の顔

▼ 六十畳~ (3, 0.0%)

1 と云う, ほどの広, も敷かりましょう

▼ 六十目~ (3, 0.0%)

1 で菓物, にし, ほどのヒレ肉

▼ 六十銭位~ (3, 0.0%)

1 な処, に売れた, までで買えます

▼ 六十餘年~ (3, 0.0%)

1 の世, の春秋, を經

▼ 六千トン~ (3, 0.0%)

1 の船, の貨物, もあった

▼ 六千フラン~ (3, 0.0%)

1 にし, まで値切った, を支払っ

▼ 六千七百八十九枚~ (3, 0.0%)

1 が舞い込む, と算出, の選擧權要求書

▼ 六千万ドル~ (3, 0.0%)

1 といふ事, の所得税免税, の税金

▼ 六句目~ (3, 0.0%)

1 の故, の自, の自分

▼ 六号機~ (3, 0.0%)

1 がその後, は, は降伏

▼ 六名生存救助~ (3, 0.0%)

3 を乞う

▼ 六喜美さん~ (3, 0.0%)

1 のところ, は好い, は眼玉

▼ 六四四年~ (3, 0.0%)

1 から一六六〇年, にイギリス, にリオン

▼ 六回党大会~ (3, 0.0%)

1 で同志ヤーコヴレフ, の席上, は終った

▼ 六回大会~ (3, 0.0%)

1 がもたれた, の会場, の決議

▼ 六圓五十錢~ (3, 0.0%)

1 であつ, なので, の八疊

▼ 六夜待ち~ (3, 0.0%)

1 と称し, の禁止, の説明

▼ 六字名号~ (3, 0.0%)

1 とか画像, の幅, を反射

▼ 六字母~ (3, 0.0%)

1 の列べ, は韻鏡, を作り

▼ 六孫王~ (3, 0.0%)

1 が武蔵介, の苗裔, の言

▼ 六孫王経基~ (3, 0.0%)

1 と聞い, の四子陸奥守満快, の嫡孫

▼ 六~ (3, 0.0%)

1 における熱烈, に対しては通用, の思想

▼ 六官七官~ (3, 0.0%)

1 のあり, を有しな, を知り得たり

▼ 六家政~ (3, 0.0%)

1 がそう, が入国, もあと

▼ 六寸あまり~ (3, 0.0%)

2 の凄い 1 もぶら下っ

▼ 六寸くら~ (3, 0.0%)

2 ゐの 1 ゐですね

▼ 六寸二分~ (3, 0.0%)

1 あったとは, だったとは, であった

▼ 六寸以上~ (3, 0.0%)

1 の外国婦人, の大きな, の大物

▼ 六対一〇~ (3, 0.0%)

1 であるから, に過ぎない, 及び四三対一〇

▼ 六小作り~ (3, 0.0%)

2 で少し 1 にし

▼ 六尺ぢ~ (3, 0.0%)

1 かい大男ぞろい, かい武蔵, かい草相撲

▼ 六尺二十貫~ (3, 0.0%)

1 という健康児, のからだ, の大男

▼ 六尺大~ (3, 0.0%)

1 の一枚磨, の四角, の男

▼ 六尺柄~ (3, 0.0%)

1 の手槍, の肩棒, の飾り巻きともども

▼ 六尺近く~ (3, 0.0%)

1 ある, もある, も背

▼ 六~ (3, 0.0%)

1 の中, の異端, はなし

▼ 六平太師~ (3, 0.0%)

1 である, をただ, を招い

▼ 六平次~ (3, 0.0%)

2 の止める 1 と幾つ

▼ 六年の~ (3, 0.0%)

1 だな, はさすが, を使っ

▼ 六年わたし~ (3, 0.0%)

1 が二十六, のよう, は自分

▼ 六年丁酉~ (3, 0.0%)

1 で茶山, に四十, に錦橋

▼ 六年三月十九日~ (3, 0.0%)

2 に神楽坂署長室 1 に活東子

▼ 六年中~ (3, 0.0%)

1 には六百四十八名, の出来ごと, は戦争

▼ 六年以來~ (3, 0.0%)

1 の問題, の木曾街道, は非常

▼ 六年以降~ (3, 0.0%)

1 なの, に書いた, のお

▼ 六年分~ (3, 0.0%)

1 の半分近く, の頻度曲線, 集めて

▼ 六年前彼~ (3, 0.0%)

1 がまだ, が技手, の父

▼ 六年十二月八日~ (3, 0.0%)

1 といふ日, の夜以来テーブル, の朝

▼ 六年度思想界~ (3, 0.0%)

2 の展望 1 の回顧

▼ 六年彼~ (3, 0.0%)

1 はまた, は公刊, れ家

▼ 六年日本~ (3, 0.0%)

1 でいえ, の民主化, をおどろかした

▼ 六年版クルック~ (3, 0.0%)

21 の北印度俗宗及俚俗卷二頁一七四

▼ 六年癸~ (3, 0.0%)

1 未, 未三月歿, 未十月二十七日

▼ 六度代~ (3, 0.0%)

1 になった, になつ, に下

▼ 六~ (3, 0.0%)

1 であつ, でしたかな, とは余り勘定

▼ 六~ (3, 0.0%)

1 はおろか六磅, また牝牛, 減じたら其の

▼ 六~ (3, 0.0%)

1 の妨碍, の霊, を匡

▼ 六意識~ (3, 0.0%)

1 です, の作用, は一切

▼ 六拾円~ (3, 0.0%)

1 であるが, にはなるだろう, もあれ

▼ 六探偵~ (3, 0.0%)

1 がはいっ, の顔, も第

▼ 六教祖~ (3, 0.0%)

3 の訓戒

▼ 六文盛り~ (3, 0.0%)

1 の汁粉三十二杯, の蕎麥, の蕎麥四十二杯

▼ 六方英里~ (3, 0.0%)

1 の領地, はまったく, を失い

▼ 六日うち~ (3, 0.0%)

2 に品子 1 には屹度帰つて

▼ 六日前彼~ (3, 0.0%)

2 は彼 1 は母

▼ 六日半~ (3, 0.0%)

2 の非 1 も昼

▼ 六日卯時~ (3, 0.0%)

2 発す 1 に発す

▼ 六日夜~ (3, 0.0%)

1 の十時, は沼城, は渡良瀬河畔

▼ 六日広島~ (3, 0.0%)

1 に九日, に九日長崎, の原爆当日

▼ 六日彼~ (3, 0.0%)

1 の袱紗, は体, れの

▼ 六日放送~ (3, 0.0%)

1 の, のサラリーマン物, を約束

▼ 六日水~ (3, 0.0%)

3 につかっ

▼ 六日生~ (3, 0.0%)

1 であるから, で致仕, の三女棠

▼ 六日穴~ (3, 0.0%)

1 つるし, に吊され, に吊るされ

▼ 六日經~ (3, 0.0%)

2 つた或 1 つと

▼ 六日經つて~ (3, 0.0%)

1 からでした, も七寸, ゐるの

▼ 六時中彼~ (3, 0.0%)

1 の耳, を不愉快, を苛ん

▼ 六時二十三分~ (3, 0.0%)

1 でございます, に止った, を示し

▼ 六時出発~ (3, 0.0%)

1 この路アルプス銀座通り, の千草さん, 前穂午後十二時

▼ 六時十分~ (3, 0.0%)

1 に太陽, に絶頂, まえを

▼ 六時十分前~ (3, 0.0%)

1 になる, に私達, へ

▼ 六時四十分頃~ (3, 0.0%)

1 それから下, になつて, の間

▼ 六時開演~ (3, 0.0%)

1 とある, にはまだ, に改める

▼ 六時間労働~ (3, 0.0%)

1 である, でも大人なみ八時間労働, で十六歳以下

▼ 六時間後~ (3, 0.0%)

1 だ, にお前, には非常

▼ 六時頃私~ (3, 0.0%)

1 は何時も, は極, は約束

▼ 六景中~ (3, 0.0%)

1 の傑作, の題目, 今試み

▼ 六景諸国滝~ (3, 0.0%)

2 巡り諸 1 巡り名橋奇覧

▼ 六村長~ (3, 0.0%)

1 はかう, を始め西方, を眞正面

▼ 六~ (3, 0.0%)

1 という記録, の長, 置かれて

▼ 六条壮介~ (3, 0.0%)

1 がからかえ, と戸川中尉, のうえ

▼ 六杯位~ (3, 0.0%)

1 で一斤, も食べられ, 飲み旗一兵

▼ 六林班~ (3, 0.0%)

1 から半日, の鉄索運転工場, の鉄索運転所

▼ 六枚板~ (3, 0.0%)

1 の湯, の金湯, の鉱泉

▼ 六根性~ (3, 0.0%)

1 がかたじけない, が抜け無い, を痛罵

▼ 六條殿~ (3, 0.0%)

1 から使者, でも, の力

▼ 六~ (3, 0.0%)

1 にわかれ, の土蔵, の長屋

▼ 六~ (3, 0.0%)

1 の手紙, の絵図面, をあなた様

▼ 六次三郎~ (3, 0.0%)

1 が血みどろ, が行方, とやらが許嫁

▼ 六歳御陵~ (3, 0.0%)

2 は片岡 1 は菅原

▼ 六殺し~ (3, 0.0%)

1 の下手人, の不思議, の推定犯人逢痴

▼ 六~ (3, 0.0%)

1 である, は天台, を以て治病保身

▼ 六水火~ (3, 0.0%)

1 の合符, の秘文状それ, の自

▼ 六波羅の~ (3, 0.0%)

2 やしき 1 もよう

▼ 六波羅側~ (3, 0.0%)

1 ではここ, は同様, をてん

▼ 六波羅放免~ (3, 0.0%)

1 の偽, の抜け目, の眼

▼ 六波羅松原~ (3, 0.0%)

1 に残余, はある, へさして

▼ 六波羅総門~ (3, 0.0%)

1 のふせぎ, の内, を入っ

▼ 六波羅陥落~ (3, 0.0%)

1 の報, の実相, を知る

▼ 六~ (3, 0.0%)

2 でした 1 です

▼ 六~ (3, 0.0%)

1 のところ, を駛, 離れた海

▼ 六~ (3, 0.0%)

1 しか飲まなかつた, ずつ飛ん, を地

▼ 六町一里~ (3, 0.0%)

1 にて大笑い, の塚, を小道

▼ 六町並木~ (3, 0.0%)

3 の松

▼ 六町内~ (3, 0.0%)

1 に跨がってる, に跨つてる, へ曲った

▼ 六町西~ (3, 0.0%)

2 の方 1 へよった

▼ 六畳ひと間~ (3, 0.0%)

1 でうす暗い, では, ながら私

▼ 六畳一室四畳半一室厨房~ (3, 0.0%)

3 も便所

▼ 六畳二~ (3, 0.0%)

3 た間

▼ 六畳二つ~ (3, 0.0%)

2 にし 1 それに二畳

▼ 六畳位~ (3, 0.0%)

1 の小さな, の広, ゐも

▼ 六畳四畳半~ (3, 0.0%)

1 そういう家, というたった, になっ

▼ 六疊一パイ~ (3, 0.0%)

1 にはめ込み, に轉, の血

▼ 六疊一間~ (3, 0.0%)

1 でうす暗い, で軍隊毛布, に一間

▼ 六百キロ~ (3, 0.0%)

1 の小笠原諸島, の平地, 翔んで

▼ 六百グラム~ (3, 0.0%)

2 と交換 1 に等しい

▼ 六百フィート~ (3, 0.0%)

1 もそびえ立っ, も行く, 長い綱

▼ 六百マイル~ (3, 0.0%)

1 の所, も北, を隔

▼ 六百マルク~ (3, 0.0%)

1 でございます, になる, の割

▼ 六百ルーブリ~ (3, 0.0%)

1 だ, という巨額, 第五グループ

▼ 六百七十人~ (3, 0.0%)

2 に余る 1 ほどの人数

▼ 六百万ドル~ (3, 0.0%)

1 に達した, の巨額, を寄附

▼ 六百万円~ (3, 0.0%)

1 になる, を罹災者, 出したん

▼ 六百二十五年~ (3, 0.0%)

1 に公刊, に支那在住, 即明

▼ 六百二十四文~ (3, 0.0%)

1 とは少し, もした, 溜めて

▼ 六百五十七穴~ (3, 0.0%)

1 そのうち命取り, の内, の外

▼ 六百余~ (3, 0.0%)

1 という兵数, と四つ, を饗応

▼ 六百余騎~ (3, 0.0%)

2 こそ流れ 1 おめき渡っ

▼ 六百八十米~ (3, 0.0%)

3 の圏

▼ 六百円以上~ (3, 0.0%)

1 くらいと見積れ, なること, も相続税

▼ 六百呎~ (3, 0.0%)

1 から千三百呎, の標高, 切った長

▼ 六百噸~ (3, 0.0%)

1 のブイアンシー, の大戦艦, の独逸巡洋艦エムデン

▼ 六百年以前~ (3, 0.0%)

1 には溯らない, に出来, の作品

▼ 六百年来~ (3, 0.0%)

1 の暑, の武家政治, の皇恩

▼ 六百年祝典~ (3, 0.0%)

1 に際しかの, の今日, の日

▼ 六百斤~ (3, 0.0%)

1 のナマコ, ほど買, までの貨物

▼ 六百本~ (3, 0.0%)

1 の針, ばかりの藪柑子, 植えた

▼ 六百種~ (3, 0.0%)

1 で展覽會, もあつ, 程ある

▼ 六百米以上~ (3, 0.0%)

1 の平均高度, の落差, の高度

▼ 六百米前後~ (3, 0.0%)

1 の丘陵, の隆起, の高

▼ 六百貫~ (3, 0.0%)

1 の大, も入る, をいただい

▼ 六百連~ (3, 0.0%)

1 ですね, の紙代, ほど持つ

▼ 六百間~ (3, 0.0%)

1 の木樋, の餘, までは有効

▼ 六百首~ (3, 0.0%)

2 に庶 1 を選んだ

▼ 六~ (3, 0.0%)

1 となり, と称する, なる者

▼ 六社様~ (3, 0.0%)

2 のお 1 の祭日

▼ 六種類~ (3, 0.0%)

1 に飲科, の神楽, の議員

▼ 六等地~ (3, 0.0%)

1 で栽培, と名, に投ぜられた

▼ 六箇月間~ (3, 0.0%)

1 に五〇〇人, に國民, の療養生活

▼ 六經皆史~ (3, 0.0%)

2 といふこと 1 なり

▼ 六群比丘~ (3, 0.0%)

1 が昔鶏, とて仏弟子, に對

▼ 六~ (3, 0.0%)

1 の一, の中繊維, の伴侶

▼ 六~ (3, 0.0%)

2 で曲 1 において讀者

▼ 六花型~ (3, 0.0%)

1 と放射型, の或, の雪

▼ 六~ (3, 0.0%)

1 の中, の紋, を染め抜いた

▼ 六萬七千八百九十九枚~ (3, 0.0%)

1 といふ統計, の葉書, 若しくは二千三百四十五萬六千七百八十九枚

▼ 六蘭軒~ (3, 0.0%)

1 の女長三十七, の姉正宗院七十九, の姉正宗院六十九

▼ 六號活字~ (3, 0.0%)

1 にし, にしたる, に書いた

▼ 六街三市~ (3, 0.0%)

1 といった賑やかさ, の人口, へ洪水

▼ 六見附~ (3, 0.0%)

2 の役人 1 は高い

▼ 六~ (3, 0.0%)

1 でこれ, でその, を巧み

▼ 六調~ (3, 0.0%)

1 に変ります, やもっと, を選んだ

▼ 六貫文~ (3, 0.0%)

1 であるから, につけた, の百匁

▼ 六軍団~ (3, 0.0%)

1 はこの, をあてた, を以

▼ 六軒さき~ (3, 0.0%)

1 でございます, に大岩, に小料理屋

▼ 六連隊~ (3, 0.0%)

1 の旗, 思うに, 第九中隊長マルクス・スクーヂロ

▼ 六週間以前~ (3, 0.0%)

1 だ, におろし, に家内

▼ 六郎兵衞~ (3, 0.0%)

1 と彦三郎出づ, に夫, は相州浦賀

▼ 六郎左衛門~ (3, 0.0%)

1 が小姓, の女, はたしていかなる

▼ 六里四方~ (3, 0.0%)

2 を照す 1 にきこえる

▼ 六~ (3, 0.0%)

1 二十二志保の, 十二で, 着物と

▼ 六間上~ (3, 0.0%)

2 までは小 1 の頂上

▼ 六間位~ (3, 0.0%)

1 の上, の広, の庭

▼ 六間前~ (3, 0.0%)

1 へ出る, まで近寄る, ヲ僕

▼ 六間半~ (3, 0.0%)

1 と一尺二寸, の新, もある

▼ 六間向う~ (3, 0.0%)

1 へ逃げる, へ飛ん, を歩い

▼ 六~ (3, 0.0%)

1 で一集団, にわかれ, は白旗

▼ 六面鏡~ (3, 0.0%)

2 の大 1 が据えられ

▼ 六頁以下~ (3, 0.0%)

1 に著者, に詳論, 及びスカルタッツィニ註參照

▼ 六~ (3, 0.0%)

1 かはり夕顔二三枝頂戴, の実, ばかり

▼ 六飛んだ~ (3, 0.0%)

2 目に 1 道行きだ

▼ 六~ (3, 0.0%)

1 とか二十齣, の詩, の黙示図

▼ 六〇〇メートル附近~ (2, 0.0%)

1 からスキー, までつづい

▼ 六〇〇万ドル~ (2, 0.0%)

1 の利, を支弁せり

▼ 六〇シリング~ (2, 0.0%)

1 で地主, または八〇シリング

▼ 六〇センチ~ (2, 0.0%)

1 で塔, ほどのかくし

▼ 六〇ミリメートル~ (2, 0.0%)

1 になっ, の圧力

▼ 六〇・一〇フラン~ (2, 0.0%)

1 から六〇・一五フラン, に六〇・一〇フラン

▼ 六〇一号~ (2, 0.0%)

1 であった, より九四三〇号

▼ 六〇万人~ (2, 0.0%)

1 の子供, は彼等

▼ 六〇三年~ (2, 0.0%)

1 の三月, の権利請願

▼ 六〇人~ (2, 0.0%)

1 に減っ, もあと

▼ 六〇余年~ (2, 0.0%)

1 の太平, の長久

▼ 六〇六号~ (2, 0.0%)

1 が何故, という名

▼ 六〇六年~ (2, 0.0%)

1 にセルケイラ, のオランダ艦隊

▼ 六〇分の一六六分の一~ (2, 0.0%)

1 またはなはだしき, またははなはだしき

▼ 六〇年十二月~ (2, 0.0%)

2 にひどい

▼ 六〇年間~ (2, 0.0%)

1 には一三六対一〇〇, に出生

▼ 六〇年頃~ (2, 0.0%)

1 からである, から一七五〇年頃

▼ 六〇度~ (2, 0.0%)

1 に分けた, の温度

▼ 六〇行~ (2, 0.0%)

1 に亙る, まで己

▼ 六~ (2, 0.0%)

1 つた私は, 酔ってるん

▼ 六いづれ~ (2, 0.0%)

2 も孝子

▼ 六かしげ~ (2, 0.0%)

1 に眉, に言った

▼ 六かしそう~ (2, 0.0%)

1 だ兎, であった

▼ 六かと~ (2, 0.0%)

1 思はれる時, 言う処

▼ 六か国~ (2, 0.0%)

1 の代表者, の公使ら

▼ 六か月後~ (2, 0.0%)

1 のある, のこと

▼ 六きのふ~ (2, 0.0%)

2 を明日

▼ 六くら~ (2, 0.0%)

1 ゐだらうお, ゐには

▼ 六さんそれ~ (2, 0.0%)

2 は誰

▼ 六その他~ (2, 0.0%)

1 の主人公たち, の各種トリック

▼ 六それから~ (2, 0.0%)

1 又玉突き場, 近頃急テンポ

▼ 六そんなに~ (2, 0.0%)

2 はどうしても

▼ 六だけが~ (2, 0.0%)

1 にやりと笑っ, 時々話し

▼ 六だけを~ (2, 0.0%)

1 宿に, 首肯った

▼ 六つぶ~ (2, 0.0%)

2 を名残り

▼ 六づか~ (2, 0.0%)

1 しきは, しき主を

▼ 六づかしう~ (2, 0.0%)

2 言はれし

▼ 六づかしく~ (2, 0.0%)

1 て面白く, 糊や

▼ 六づかしくもあろう~ (2, 0.0%)

2 夫を

▼ 六とかいう~ (2, 0.0%)

1 値と, 男は

▼ 六とても~ (2, 0.0%)

1 何し, 生き物である

▼ 六とに~ (2, 0.0%)

1 犠牲者を, 縋った

▼ 六とやらは~ (2, 0.0%)

1 なかなか主人思い, 佐々木小次郎に

▼ 六~ (2, 0.0%)

1 あちらへ, シャベルを

▼ 六などと~ (2, 0.0%)

1 一緒に, 呼ばれる取売店

▼ 六などを~ (2, 0.0%)

1 つぎつぎに, 欺し討ち

▼ 六なら~ (2, 0.0%)

1 ばいつ, 白状した

▼ 六ならず~ (2, 0.0%)

1 ともまったく, とも見

▼ 六なんぞが~ (2, 0.0%)

1 どう思っ, 何う

▼ 六なんて~ (2, 0.0%)

1 人面白く, 名は

▼ 六について~ (2, 0.0%)

1 それほどの, 出て

▼ 六にとって~ (2, 0.0%)

1 何よりの, 諦めようとしても

▼ 六にもな~ (2, 0.0%)

1 つて弟は, つて鼻の

▼ 六に対して~ (2, 0.0%)

1 右翼と, 意見が

▼ 六はおらぬ~ (2, 0.0%)

2

▼ 六はくろ~ (2, 0.0%)

1 といっしょ, を脇

▼ 六はもう~ (2, 0.0%)

1 わが児, 得意と

▼ 六はや~ (2, 0.0%)

1 つきとなつて口, ッと

▼ 六ばかりは~ (2, 0.0%)

1 医者に, 醫者に

▼ 六ひとり~ (2, 0.0%)

1 その列, でした

▼ 六ぺん旋回~ (2, 0.0%)

2 する

▼ 六ぺん鞭~ (2, 0.0%)

1 をひ, をひゆう

▼ 六ほか六十人~ (2, 0.0%)

1 の山, の金鉱山

▼ 六ほど~ (2, 0.0%)

1 ある, あるの

▼ 六ほどの~ (2, 0.0%)

1 僅かな, 灸穴を

▼ 六まだ~ (2, 0.0%)

1 元服前の, 慶応に

▼ 六もの~ (2, 0.0%)

1 だが, 音楽会が

▼ 六~ (2, 0.0%)

1 の六波羅兵, をみる

▼ 六を通じて~ (2, 0.0%)

2 耳に

▼ 六を通じてのみ~ (2, 0.0%)

2 彼は

▼ 六インチ砲~ (2, 0.0%)

1 と戦う, や飛行機

▼ 六オンス~ (2, 0.0%)

1 にし, の増加

▼ 六カ国~ (2, 0.0%)

1 に分れ, ばかりの欧州語

▼ 六カ月ごと~ (2, 0.0%)

1 に六十ピストル, に子供

▼ 六カ月近く~ (2, 0.0%)

1 もその道, も続き

▼ 六キロメートル~ (2, 0.0%)

1 から七キロメートル位, も行け

▼ 六ケ月~ (2, 0.0%)

1 の寝台, の間

▼ 六ケ月位~ (2, 0.0%)

2 かかる見込

▼ 六チェーン~ (2, 0.0%)

1 あるよ, ならば

▼ 六ツかしく~ (2, 0.0%)

1 て聞く, なって

▼ 六ツ半ごろ~ (2, 0.0%)

1 のこってさ, まではたしかに

▼ 六ツ半ごろ眼~ (2, 0.0%)

1 にたつ, に立つ

▼ 六ツ半頃~ (2, 0.0%)

1 だそう, に出ました

▼ 六ツ年上~ (2, 0.0%)

1 の清, の若い衆

▼ 六ツ年下~ (2, 0.0%)

1 であった, のことし四十三歳

▼ 六ツ時頃~ (2, 0.0%)

1 までに轡, より此

▼ 六ツ親六十~ (2, 0.0%)

2 で児

▼ 六ツ限~ (2, 0.0%)

1 で締切ります, に木戸

▼ 六ノット~ (2, 0.0%)

1 の戦闘速力, の速力

▼ 六ノット六チェーン~ (2, 0.0%)

1 あるよ, ならば

▼ 六フィート四方~ (2, 0.0%)

1 の部屋, 深さ一フィート強

▼ 六ペソ~ (2, 0.0%)

1 にし, の高価

▼ 六ポンド~ (2, 0.0%)

1 のエクー, 掛つた

▼ 六メートル向こう~ (2, 0.0%)

1 に白い, のやみ

▼ 六ロシア~ (2, 0.0%)

1 に向かう, の大

▼ 六ロッド~ (2, 0.0%)

1 になる, ばかり出た

▼ 六ヵ月後~ (2, 0.0%)

1 だな, に参ります

▼ 六ヵ月間~ (2, 0.0%)

1 というもの, にかなり

▼ 六ヶしき~ (2, 0.0%)

1 ことなれば, にて釣師

▼ 六ヶ敷いも~ (2, 0.0%)

1 の, のぢ

▼ 六ヶ敷そう~ (2, 0.0%)

1 な直, に顔

▼ 六ヶ敷事~ (2, 0.0%)

1 は少し, 仰つし

▼ 六ヶ敷可~ (2, 0.0%)

1 相成, 相成と

▼ 六ヶ敷問題~ (2, 0.0%)

1 が出る, は差し當つて念頭

▼ 六ヶ月後~ (2, 0.0%)

1 であるして, の東京

▼ 六ヶ条~ (2, 0.0%)

1 の罪案, は悉く

▼ 六・一〇〇瓩~ (2, 0.0%)

1 じゃない, だ

▼ 六・七年~ (2, 0.0%)

1 とも雑誌, には日本

▼ 六・三・三制~ (2, 0.0%)

1 の実施, の文字通り

▼ 六・九以下~ (2, 0.0%)

2 及びルカ

▼ 六・二四~ (2, 0.0%)

1 といったぐあいに入り混, に曰く

▼ 六・五八~ (2, 0.0%)

1 となるであろう, に過ぎず

▼ 六・五度~ (2, 0.0%)

1 ずつ降る, であるが

▼ 六・八位~ (2, 0.0%)

1 から七・一, が頂上

▼ 六・八分~ (2, 0.0%)

1 です, で臥床

▼ 六・八%~ (2, 0.0%)

1 だった, に減っ

▼ 六・六位~ (2, 0.0%)

1 にきまった, の時

▼ 六一三年~ (2, 0.0%)

1 にオランダ人, の禁教令

▼ 六一二年~ (2, 0.0%)

1 には遂に, の春

▼ 六一五~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ 六一八年~ (2, 0.0%)

1 に船本弥七郎, の秋以来

▼ 六一寸~ (2, 0.0%)

1 其の玄関口, 好い男

▼ 六丁手前~ (2, 0.0%)

1 で一臺, の坂

▼ 六丁目交叉点~ (2, 0.0%)

1 の内, の電車線路

▼ 六丁目藤屋七兵衞~ (2, 0.0%)

1 と云う, の娘繼

▼ 六丁足らず~ (2, 0.0%)

2 で早く

▼ 六七〇年~ (2, 0.0%)

1 にサア・ウィリアム・テンプル, のむかし

▼ 六七〇立方センチ~ (2, 0.0%)

1 とする, を六七〇平方キロ

▼ 六七これ~ (2, 0.0%)

1 は小柄, は輕捷

▼ 六七カ月~ (2, 0.0%)

1 を費し, を過ぎ

▼ 六七センチ~ (2, 0.0%)

1 ほどで, 小サイノハ二センチグライノ丸ニ圓メ

▼ 六七フィート~ (2, 0.0%)

1 の水位, の深

▼ 六七メートル~ (2, 0.0%)

1 の三角点, を乗越し

▼ 六七ヶ所~ (2, 0.0%)

1 の温泉, も列挙

▼ 六七ヶ月~ (2, 0.0%)

1 してからの, の間中

▼ 六七一結婚~ (2, 0.0%)

2 は一九九

▼ 六七万円~ (2, 0.0%)

1 である, の奇利

▼ 六七丈~ (2, 0.0%)

1 の滝, の瀑

▼ 六七五調~ (2, 0.0%)

2 は五七五調

▼ 六七人先生~ (2, 0.0%)

2 も高島先生一人限り

▼ 六七倍~ (2, 0.0%)

1 となりました, の人数

▼ 六七八九日~ (2, 0.0%)

2 まで五日

▼ 六七六調六八六調等~ (2, 0.0%)

2 にて終六言

▼ 六七分通り~ (2, 0.0%)

1 にかかっ, 読んだの

▼ 六七分間~ (2, 0.0%)

1 というもの, 焼いて

▼ 六七十キロ~ (2, 0.0%)

1 くらいはたしかに, の海上

▼ 六七十尋~ (2, 0.0%)

1 から百二, の深い

▼ 六七十年間~ (2, 0.0%)

1 にし, も土瓶

▼ 六七千万円~ (2, 0.0%)

1 に留らん, の巨額

▼ 六七千萬圓~ (2, 0.0%)

1 あるから, と云

▼ 六七升~ (2, 0.0%)

1 と同じ, ばかりも飲む

▼ 六七女盛~ (2, 0.0%)

1 となっ, となつ

▼ 六七寸位~ (2, 0.0%)

1 のもの, の甕

▼ 六七寸計~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 六七年以来~ (2, 0.0%)

1 の飢饉, 数えがたく

▼ 六七年前時~ (2, 0.0%)

2 の宮内大臣田中伯

▼ 六七年前私~ (2, 0.0%)

1 が早, はある

▼ 六七年前長崎~ (2, 0.0%)

1 で, で療治

▼ 六七年来~ (2, 0.0%)

1 しばしば国境監視隊員, のこと

▼ 六七日間~ (2, 0.0%)

1 で出, の支度

▼ 六七時~ (2, 0.0%)

1 に出, までに魚

▼ 六七時頃~ (2, 0.0%)

1 には右申, 迄です

▼ 六七本許~ (2, 0.0%)

2 りも

▼ 六七歳くら~ (2, 0.0%)

1 ゐの, ゐ夫人二三人

▼ 六七歳ごろ~ (2, 0.0%)

1 の月日, の記憶

▼ 六七男~ (2, 0.0%)

2 が好く

▼ 六七疋~ (2, 0.0%)

1 ずつ散らばっ, の驢馬

▼ 六七百ページ~ (2, 0.0%)

1 の本, をことごとく

▼ 六七百万~ (2, 0.0%)

1 で人手, は奥さん

▼ 六七着~ (2, 0.0%)

1 の上着, も拵ら

▼ 六七章~ (2, 0.0%)

1 を諳誦, 第四篇

▼ 六七貫~ (2, 0.0%)

1 の人間, の薪

▼ 六七貫目~ (2, 0.0%)

1 ありさ, たるも

▼ 六七貫目以上~ (2, 0.0%)

1 に至る, の重量

▼ 六七週間~ (2, 0.0%)

1 の間, はかかる

▼ 六七遍~ (2, 0.0%)

1 ぐるぐると, も追い回した

▼ 六七里四方~ (2, 0.0%)

1 にこれ程, には見

▼ 六七金~ (2, 0.0%)

2 を塵埃

▼ 六七頁~ (2, 0.0%)

1 の, 読み進んで

▼ 六七首~ (2, 0.0%)

1 あるが, も写し終えた

▼ 六万七千~ (2, 0.0%)

1 といわれる, は動かし得る

▼ 六万九千五百匹~ (2, 0.0%)

2 の河童たち

▼ 六万九千石~ (2, 0.0%)

1 に削減, の領主

▼ 六万五千ルピー~ (2, 0.0%)

1 では, の予算

▼ 六万五千石~ (2, 0.0%)

1 とみ, の収入

▼ 六万体地蔵~ (2, 0.0%)

1 のこと, の一つ

▼ 六万余~ (2, 0.0%)

1 の陣, もその

▼ 六万余騎~ (2, 0.0%)

1 のぐんぜいをもって蟻, の勢

▼ 六万台~ (2, 0.0%)

1 あるそう, あるという

▼ 六万噸~ (2, 0.0%)

1 と言う, を失った

▼ 六万四千~ (2, 0.0%)

1 の墺軍, の毛穴

▼ 六万四千七百六十九匹~ (2, 0.0%)

2 の職工

▼ 六万字~ (2, 0.0%)

1 で, ばかりの経文

▼ 六万町~ (2, 0.0%)

1 に垂んとし, も残し

▼ 六万石三千万円~ (2, 0.0%)

2 の割合

▼ 六万MC~ (2, 0.0%)

1 のところ, の怪放送

▼ 六丈許~ (2, 0.0%)

1 その一瀉, の滝

▼ 六三一三~ (2, 0.0%)

2 に増加

▼ 六三一年版~ (2, 0.0%)

1 と一七一七年版, は世に

▼ 六三三年長崎~ (2, 0.0%)

2 で穴

▼ 六三八~ (2, 0.0%)

1 といった日, に髮

▼ 六三制そのもの~ (2, 0.0%)

1 に欠陥, の良否

▼ 六三園~ (2, 0.0%)

1 に小憩, は純粋

▼ 六三掛け~ (2, 0.0%)

1 がむやみ, ほどの勢力

▼ 六世ホテル~ (2, 0.0%)

1 という名, の部屋

▼ 六世時代~ (2, 0.0%)

1 のランプ, の古い

▼ 六世紀ごろ~ (2, 0.0%)

1 のインド人, の画

▼ 六世紀以来~ (2, 0.0%)

1 のもの, わが建築術

▼ 六世紀式~ (2, 0.0%)

1 の建築, の門

▼ 六~ (2, 0.0%)

1 は六年前, は寛永十二年七月

▼ 六丸君~ (2, 0.0%)

1 と申候, 御附

▼ 六乃至~ (2, 0.0%)

1 二十歳の, 八の

▼ 六九三年~ (2, 0.0%)

1 にロンドン, の震災

▼ 六九五年~ (2, 0.0%)

1 ないし一七五六年, にはそれ

▼ 六九四年~ (2, 0.0%)

2 ないし一七五六年

▼ 六九貫目~ (2, 0.0%)

1 にて平均一反歩, をもって一二二万九五〇八石

▼ 六九頁~ (2, 0.0%)

1 になっ, 並びに注

▼ 六事件そのもの~ (2, 0.0%)

2 に就い

▼ 六事務所~ (2, 0.0%)

1 がありました, が廃止

▼ 六二九年~ (2, 0.0%)

1 になっ, に特派使節

▼ 六二五年~ (2, 0.0%)

1 から三〇年, に至っ

▼ 六二人~ (2, 0.0%)

1 とも夢中, の切り合い

▼ 六二八二号~ (2, 0.0%)

1 の二室, 両室

▼ 六二六年~ (2, 0.0%)

1 に英国, は家光

▼ 六二年三月十二日~ (2, 0.0%)

1 が実に, で光

▼ 六二年五月六日~ (2, 0.0%)

2 に死んだ

▼ 六五〇年~ (2, 0.0%)

1 にオランダ語, の間

▼ 六五三年~ (2, 0.0%)

1 にベネディクト修道女, に當

▼ 六五号~ (2, 0.0%)

1 だった, ノ自動車

▼ 六交響楽レコオド~ (2, 0.0%)

2 への惑溺

▼ 六人きり~ (2, 0.0%)

1 でしかも, ということ

▼ 六人こっち~ (2, 0.0%)

1 は一人, を向い

▼ 六人これ~ (2, 0.0%)

1 だけの人間, に乘

▼ 六人さき~ (2, 0.0%)

2 の寮生

▼ 六人さちよ~ (2, 0.0%)

2 の病室

▼ 六人そこ~ (2, 0.0%)

1 に筵, へ集っ

▼ 六人づれ~ (2, 0.0%)

1 で出かけました, の先頭

▼ 六人ドヤドヤ~ (2, 0.0%)

1 と中等室, と雪

▼ 六人一度~ (2, 0.0%)

1 にどやどや, に刀

▼ 六人五つ組~ (2, 0.0%)

2 が夫婦

▼ 六人亭主~ (2, 0.0%)

2 の文吉

▼ 六人人だかり~ (2, 0.0%)

2 のする

▼ 六人兄弟~ (2, 0.0%)

1 で私, を確め

▼ 六人其空荷馬車~ (2, 0.0%)

1 に乗せ, に乘

▼ 六人前後~ (2, 0.0%)

2 に走り出で

▼ 六人可哀想~ (2, 0.0%)

1 で見ちゃいられませんでしたよ, で見ちや

▼ 六人子供~ (2, 0.0%)

1 がある, の無い

▼ 六人学生~ (2, 0.0%)

1 が入っ, とは覚えない

▼ 六人宛~ (2, 0.0%)

1 の職人, 伏せて

▼ 六人家内~ (2, 0.0%)

1 なので, の家庭

▼ 六人寮~ (2, 0.0%)

2 の番人

▼ 六人性~ (2, 0.0%)

1 の悪い, の惡

▼ 六人手~ (2, 0.0%)

1 が揃いました, に入れた

▼ 六人暮らし~ (2, 0.0%)

1 であった, で男

▼ 六人村越~ (2, 0.0%)

2 の屋敷

▼ 六人来~ (2, 0.0%)

1 ちまひ, 合すの

▼ 六人柳橋~ (2, 0.0%)

1 に掛った, に掛つたの

▼ 六人此処~ (2, 0.0%)

1 に七, に二三人

▼ 六人法~ (2, 0.0%)

1 老訓導五十人, 老訓導四十二人

▼ 六人玉代~ (2, 0.0%)

2 は時間外

▼ 六人目の子~ (2, 0.0%)

1 だったから, を生んだ

▼ 六人相手~ (2, 0.0%)

1 が何ん, にし

▼ 六人真赤~ (2, 0.0%)

1 な着物, に染めた

▼ 六人称~ (2, 0.0%)

2 にもなりえ

▼ 六人船頭~ (2, 0.0%)

2 の直

▼ 六人許~ (2, 0.0%)

1 で撲り, の人数

▼ 六人車座~ (2, 0.0%)

1 にすわっ, になつて賽ころ

▼ 六人酒肴~ (2, 0.0%)

1 を携え, を携えきたり

▼ 六代目さん~ (2, 0.0%)

1 なんぞは, は附属

▼ 六代維盛弥助~ (2, 0.0%)

1 をいがみ, を引つ

▼ 六代菊五郎居士~ (2, 0.0%)

1 と言, の如何

▼ 六~ (2, 0.0%)

1 とかいふ集り, へ引っぱり出された

▼ 六会場~ (2, 0.0%)

1 はここ, はこちら

▼ 六伯父~ (2, 0.0%)

1 さ, さたらいつも

▼ 六俵陸~ (2, 0.0%)

2 へ揚げ

▼ 六個それ~ (2, 0.0%)

2 だけで

▼ 六個七個~ (2, 0.0%)

2 並んで

▼ 六個中隊~ (2, 0.0%)

1 が全部, の将校たち

▼ 六個大隊~ (2, 0.0%)

1 のイギリス兵, を提げ

▼ 六個月~ (2, 0.0%)

1 ばかり経つ, 程経っ

▼ 六個月以前~ (2, 0.0%)

1 にあなた, にブダペスト

▼ 六億万年~ (2, 0.0%)

1 とは弥勒仏出現, を待て

▼ 六億八千万~ (2, 0.0%)

1 の各位, の国民

▼ 六億年~ (2, 0.0%)

1 と推定, ほど逆

▼ 六兩三分~ (2, 0.0%)

1 と言金子, を殘ら

▼ 六八一~ (2, 0.0%)

1 です, ノ五

▼ 六八一年~ (2, 0.0%)

1 にはリヴォルノ, に成った

▼ 六八九~ (2, 0.0%)

2 であった

▼ 六八八~ (2, 0.0%)

1 であり一八二〇年, といふ比例

▼ 六八六調等~ (2, 0.0%)

2 にて終六言

▼ 六八四年~ (2, 0.0%)

1 ないし一七八四年, 生まれ一七三八年歿

▼ 六八洗礼五三八埋葬二五〇~ (2, 0.0%)

2 の減少

▼ 六六・一〇〇瓩~ (2, 0.0%)

1 じゃない, だ

▼ 六六七~ (2, 0.0%)

2 にしか成りません

▼ 六六九年~ (2, 0.0%)

1 にはオランダ, 及び一六七〇年

▼ 六六九貫目~ (2, 0.0%)

1 にて平均一反歩, をもって一二二万九五〇八石

▼ 六六二年~ (2, 0.0%)

1 には五万家族, にサッカノ

▼ 六六五号~ (2, 0.0%)

1 だった, ノ自動車

▼ 六六五年~ (2, 0.0%)

1 かの細胞, に優等

▼ 六六八年~ (2, 0.0%)

1 にはロンドン, にマルケット

▼ 六六六~ (2, 0.0%)

1 という番号, の自動車

▼ 六六六七~ (2, 0.0%)

2 にしか成りません

▼ 六六分の一~ (2, 0.0%)

1 またはなはだしき, またははなはだしき

▼ 六六年ベネヴェント~ (2, 0.0%)

2 の戰

▼ 六六銭~ (2, 0.0%)

1 にすぎなかった, のうち

▼ 六兵衛どん~ (2, 0.0%)

1 にそれとなく, を前

▼ 六兵衛一家~ (2, 0.0%)

1 の基, の者

▼ 六兵衛先生~ (2, 0.0%)

1 の名, をむかえ

▼ 六兵衛殺し~ (2, 0.0%)

1 の罪状, を手柄

▼ 六兵衞殺し~ (2, 0.0%)

1 の罪状, を手柄

▼ 六円いくら~ (2, 0.0%)

1 でみんな, になりました

▼ 六円九十二銭~ (2, 0.0%)

1 で台所道具, 高い

▼ 六円五十二銭~ (2, 0.0%)

2 あった

▼ 六円五拾銭~ (2, 0.0%)

1 の家賃, の草庵

▼ 六円八十銭~ (2, 0.0%)

2 あった

▼ 六冊目~ (2, 0.0%)

1 に父, は

▼ 六册それ~ (2, 0.0%)

1 つきり, を繰つ

▼ 六分の~ (2, 0.0%)

1 かけ時計, 狭い石室内

▼ 六分の一埋葬~ (2, 0.0%)

1 は一二分の一, を十二分の一

▼ 六分の一程~ (2, 0.0%)

2 しか遺

▼ 六分の入り~ (2, 0.0%)

1 だった由, なので

▼ 六分の冗談~ (2, 0.0%)

2 と四分の嫉妬

▼ 六分の利子~ (2, 0.0%)

1 だ, の支払い

▼ 六分の地点~ (2, 0.0%)

1 において楊博士, に達す

▼ 六分の恐怖~ (2, 0.0%)

2 と四分の好奇心

▼ 六分の熱~ (2, 0.0%)

1 あり, に浮

▼ 六分三毛~ (2, 0.0%)

1 あるから, というの

▼ 六分五厘~ (2, 0.0%)

1 か, に相当

▼ 六分子~ (2, 0.0%)

2 の結晶水

▼ 六分形図~ (2, 0.0%)

2 の如く

▼ 六分心~ (2, 0.0%)

2 のランプ

▼ 六分珠~ (2, 0.0%)

1 の金釵, をおさえ

▼ 六分町人四分~ (2, 0.0%)

2 と言われた

▼ 六分西~ (2, 0.0%)

2 に鹿島槍

▼ 六分鑿~ (2, 0.0%)

2 の柄忘

▼ 六分雑談~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 六~ (2, 0.0%)

1 か七切, と他歴切

▼ 六列横隊~ (2, 0.0%)

1 で自分達, の動き

▼ 六別所~ (2, 0.0%)

2 小地獄

▼ 六刻過ぎ~ (2, 0.0%)

1 であろうに, に出なおし

▼ 六~ (2, 0.0%)

1 を付, を得

▼ 六勝負~ (2, 0.0%)

1 をやる, を争う

▼ 六匁位~ (2, 0.0%)

1 で百匁位, まで用いる

▼ 六匹そこ~ (2, 0.0%)

2 へ遣

▼ 六匹揃つて來~ (2, 0.0%)

1 た河原礫, た田

▼ 六匹穴~ (2, 0.0%)

2 の入口

▼ 六十かい~ (2, 0.0%)

1 では, の男

▼ 六十ぢ~ (2, 0.0%)

1 かい怪異, かい翁

▼ 六十ぢかい~ (2, 0.0%)

1 が若い, 太った老

▼ 六十ぴき~ (2, 0.0%)

1 なんて, の山猿

▼ 六十カイリ~ (2, 0.0%)

1 の引っ, ばかり北西

▼ 六十カペイキ~ (2, 0.0%)

1 の煉瓦, 又は七十カペイキ

▼ 六十キロメートル~ (2, 0.0%)

1 から百三十キロメートル, ばかり歩かなけれ

▼ 六十サンチーム~ (2, 0.0%)

1 だった, は安

▼ 六十スー~ (2, 0.0%)

1 で売っ, 出した

▼ 六十ピストル~ (2, 0.0%)

1 すなわち金貨六百フラン, を贈っ

▼ 六十ページ~ (2, 0.0%)

1 のうち, もある

▼ 六十ヤード~ (2, 0.0%)

1 ある, ばかり離れた

▼ 六十ルーブリ~ (2, 0.0%)

1 あとってる, 稼いだこと

▼ 六十ルーブル~ (2, 0.0%)

1 くらいのもの, と指定

▼ 六十一センチ~ (2, 0.0%)

1 ぐらい耳, の実に

▼ 六十一名~ (2, 0.0%)

1 の会員, またそれら

▼ 六十一年~ (2, 0.0%)

1 の新年, 生きたから

▼ 六十一年目~ (2, 0.0%)

1 に一度, に立て替える

▼ 六十一生涯~ (2, 0.0%)

1 を物慾, を物欲

▼ 六十一種~ (2, 0.0%)

1 といふ名香, の名香

▼ 六十一還暦~ (2, 0.0%)

2 の時年賀

▼ 六十一首~ (2, 0.0%)

1 あって, という数

▼ 六十丁目~ (2, 0.0%)

1 が交叉, のみじめ

▼ 六十七マイル~ (2, 0.0%)

1 にし, の宇都宮

▼ 六十七刻~ (2, 0.0%)

1 正検校, 正檢校

▼ 六十七十八~ (2, 0.0%)

1 の三日間, の三日間母

▼ 六十七十八十九~ (2, 0.0%)

1 の四日間, 計九巻

▼ 六十七名~ (2, 0.0%)

1 が騎兵, となれり

▼ 六十七家~ (2, 0.0%)

1 のみであった, は嗣子

▼ 六十七年~ (2, 0.0%)

1 といふ生理, 実に十九世紀

▼ 六十七度~ (2, 0.0%)

1 のあたり, の地表

▼ 六十七日~ (2, 0.0%)

1 ありますね, だったが

▼ 六十七節~ (2, 0.0%)

1 に, は語り

▼ 六十万以上~ (2, 0.0%)

1 の戦争未亡人, の未亡人

▼ 六十万巻~ (2, 0.0%)

1 に近い, の書

▼ 六十万年~ (2, 0.0%)

2 或は百万年

▼ 六十万弗~ (2, 0.0%)

1 と別に, の中

▼ 六十万緡~ (2, 0.0%)

1 と申し伝え, と申し伝へ

▼ 六十丈~ (2, 0.0%)

1 ほども深く, を超えた

▼ 六十三マイル~ (2, 0.0%)

1 ありて, の間

▼ 六十三年前~ (2, 0.0%)

1 のこと, の嘉永六年

▼ 六十三日~ (2, 0.0%)

1 で暮す, を費した

▼ 六十三歳御陵~ (2, 0.0%)

1 はイザ, は伊耶河

▼ 六十三発~ (2, 0.0%)

1 の大砲, の祝砲

▼ 六十九円~ (2, 0.0%)

1 となる, になった

▼ 六十九匹~ (2, 0.0%)

2 の職工

▼ 六十九条~ (2, 0.0%)

1 よりなり, を定めた

▼ 六十九次~ (2, 0.0%)

1 とも言った, の宿場

▼ 六十九議会~ (2, 0.0%)

1 に於, に於ける

▼ 六十二キログラム~ (2, 0.0%)

1 になる, もある

▼ 六十二コンマ~ (2, 0.0%)

2 の四四四

▼ 六十二合~ (2, 0.0%)

2 は無事

▼ 六十二名~ (2, 0.0%)

1 の作家, を賛成者

▼ 六十二度~ (2, 0.0%)

1 に下る, の範囲内

▼ 六十二斤~ (2, 0.0%)

1 ぐらいな, の鉄

▼ 六十二頁~ (2, 0.0%)

1 ありましたから, に

▼ 六十二首~ (2, 0.0%)

1 あるのみ, のうち

▼ 六十五仙~ (2, 0.0%)

1 の先刻, の安物

▼ 六十五字~ (2, 0.0%)

1 である, の方

▼ 六十五席~ (2, 0.0%)

1 あつて, をこなし得る

▼ 六十五年前~ (2, 0.0%)

1 である, に記録係

▼ 六十五房~ (2, 0.0%)

2 は長い

▼ 六十五日打~ (2, 0.0%)

1 通して, 通しての

▼ 六十五日目~ (2, 0.0%)

1 に三百六十五, に當つて

▼ 六十五日間~ (2, 0.0%)

1 における日々, に四百回

▼ 六十五篇~ (2, 0.0%)

1 を朗詠, 程他

▼ 六十人中~ (2, 0.0%)

1 には十三十四, の五十七番

▼ 六十人十重二十重~ (2, 0.0%)

1 に囲ん, に圍ん

▼ 六十仙~ (2, 0.0%)

2 か八十仙

▼ 六十何人~ (2, 0.0%)

1 の児供, の大

▼ 六十何名~ (2, 0.0%)

1 かあつ, に減っ

▼ 六十何枚~ (2, 0.0%)

1 か書き上げた, を選ん

▼ 六十余円~ (2, 0.0%)

1 の収入, を使う

▼ 六十余字~ (2, 0.0%)

1 さ, の

▼ 六十余年前~ (2, 0.0%)

1 になるでしょう, の崖崩れ

▼ 六十余年近日此雪譜~ (2, 0.0%)

2 を作る

▼ 六十余度~ (2, 0.0%)

1 のうち一度, まで勝負

▼ 六十余町~ (2, 0.0%)

1 から出す, は仕事

▼ 六十侍~ (2, 0.0%)

1 が運, を永代橋

▼ 六十億~ (2, 0.0%)

1 の七宝, 持つて

▼ 六十億圓~ (2, 0.0%)

1 になる, の國債

▼ 六十八ヶ村~ (2, 0.0%)

2 の郷

▼ 六十八万人~ (2, 0.0%)

1 あって, の婦人

▼ 六十八万四千九百六人~ (2, 0.0%)

1 ありと, あるを

▼ 六十八九歳~ (2, 0.0%)

1 になる, の老

▼ 六十八年ぶり~ (2, 0.0%)

1 という暑熱, とかの酷暑

▼ 六十八年前~ (2, 0.0%)

1 に死んだ, の明治二年

▼ 六十八文お前~ (2, 0.0%)

2 のところ

▼ 六十八萬圓~ (2, 0.0%)

1 と云, の木

▼ 六十八配偶~ (2, 0.0%)

2 は五年前

▼ 六十六六六七~ (2, 0.0%)

2 にしか成りません

▼ 六十六度~ (2, 0.0%)

1 ほどで, より七十度

▼ 六十六日目~ (2, 0.0%)

2 にこの

▼ 六十六本~ (2, 0.0%)

1 が顛倒, の通し矢

▼ 六十六条~ (2, 0.0%)

1 の明文, 乃至第

▼ 六十六番~ (2, 0.0%)

1 の二階, の肉屋

▼ 六十六編~ (2, 0.0%)

1 がどんなに, まで続

▼ 六十六里四方~ (2, 0.0%)

2 を照す

▼ 六十六銭五厘~ (2, 0.0%)

1 のうち, はまさに

▼ 六十六頁~ (2, 0.0%)

1 を開け, 随分長い

▼ 六十分~ (2, 0.0%)

1 はかかる, は直

▼ 六十号~ (2, 0.0%)

1 の前, へつけろ

▼ 六十周年~ (2, 0.0%)

1 に誘われ, はこの

▼ 六十哥~ (2, 0.0%)

1 が税, もする

▼ 六十四万石~ (2, 0.0%)

1 でげす, まである

▼ 六十四五歳~ (2, 0.0%)

1 になつて, にもなる

▼ 六十四尺~ (2, 0.0%)

1 である, にあまる

▼ 六十四度~ (2, 0.0%)

1 である, もかけ

▼ 六十四度倍加~ (2, 0.0%)

1 したもの, した麦粒

▼ 六十四文ホホホホ~ (2, 0.0%)

2 だから八さん

▼ 六十四日~ (2, 0.0%)

1 とは無関係, はむっつり

▼ 六十四旧教信者~ (2, 0.0%)

2 は百分の三十四

▼ 六十四石~ (2, 0.0%)

1 の領主, 最も小さな

▼ 六十四組~ (2, 0.0%)

1 の町火消, を定め

▼ 六十四議会~ (2, 0.0%)

1 では思想対策決議案, で策動

▼ 六十字~ (2, 0.0%)

1 ぐらいまではたいして, しかありません

▼ 六十岩戸~ (2, 0.0%)

2 の奥

▼ 六十年七十年~ (2, 0.0%)

1 を通じて間断, 時として百年

▼ 六十年以前~ (2, 0.0%)

1 にその, にロンドンタイムス

▼ 六十年余~ (2, 0.0%)

1 の後, も経っ

▼ 六十年來~ (2, 0.0%)

1 かかる懷疑的學者, の垢肌

▼ 六十年目~ (2, 0.0%)

1 に一度, に屹度來

▼ 六十年目毎~ (2, 0.0%)

2

▼ 六十幾人~ (2, 0.0%)

1 かの墓, の名

▼ 六十幾日め~ (2, 0.0%)

2 かにゆい

▼ 六十幾番~ (2, 0.0%)

1 といふ, といふ札

▼ 六十度ウニデス本流以南~ (2, 0.0%)

2 の全貌

▼ 六十弗~ (2, 0.0%)

1 この女, で此

▼ 六十日以上~ (2, 0.0%)

2 もまえ

▼ 六十日余り~ (2, 0.0%)

1 で乗りきっ, を床

▼ 六十日餘~ (2, 0.0%)

1 り, りを

▼ 六十有二~ (2, 0.0%)

1 の高, の高齢

▼ 六十有餘年~ (2, 0.0%)

1 からか, の時

▼ 六十本目~ (2, 0.0%)

2 にテエブル

▼ 六十枚燦然~ (2, 0.0%)

1 たる眞, たる真新しい

▼ 六十枚竹筒~ (2, 0.0%)

2 に入れ

▼ 六十歳ごろ~ (2, 0.0%)

1 から益々, までにおくられた

▼ 六十浬~ (2, 0.0%)

1 の彼方, もあります

▼ 六十程~ (2, 0.0%)

1 で衣服, の老婆

▼ 六十箇~ (2, 0.0%)

1 の腐つた, の雪華

▼ 六十篇~ (2, 0.0%)

1 くらいのもの, を納め

▼ 六十米位~ (2, 0.0%)

1 のもの, はある

▼ 六十粒~ (2, 0.0%)

2 与へ

▼ 六十翁~ (2, 0.0%)

1 の斯界, の溝

▼ 六十耗前後~ (2, 0.0%)

1 なるに, にし

▼ 六十萬~ (2, 0.0%)

1 の住民, を要す

▼ 六十藩~ (2, 0.0%)

1 もあつ, を掃蕩

▼ 六十部~ (2, 0.0%)

1 の製本, をもらい受け

▼ 六十里半~ (2, 0.0%)

1 ほどである, 程である

▼ 六十里越~ (2, 0.0%)

1 は最も, をし

▼ 六十銭也~ (2, 0.0%)

1 のカバン, をもっ

▼ 六十間四方~ (2, 0.0%)

1 に掘り埋めた, の坑

▼ 六十隻~ (2, 0.0%)

1 であった, の一艦隊

▼ 六十露里~ (2, 0.0%)

1 ぐらいのもの, ぐらいは平気

▼ 六十馬力~ (2, 0.0%)

1 の大, の駒井独創

▼ 六千ルーブル~ (2, 0.0%)

1 を受け取った, 送って

▼ 六千万人~ (2, 0.0%)

1 ことごとく肉食仲間, の人間一人一人

▼ 六千五百~ (2, 0.0%)

1 も負ける, を数えられ

▼ 六千五百尺~ (2, 0.0%)

1 のところ, の中ヶ岳

▼ 六千余人~ (2, 0.0%)

1 であるの, にのぼった

▼ 六千余騎~ (2, 0.0%)

1 がたてこもり, の兵

▼ 六千俵~ (2, 0.0%)

1 の米, を奪い取った

▼ 六千四百噸~ (2, 0.0%)

1 の巨船, の弦月丸

▼ 六千回~ (2, 0.0%)

1 この記録, も記録

▼ 六千年以前~ (2, 0.0%)

2 から人類生活

▼ 六千年来~ (2, 0.0%)

1 の新, の歴史

▼ 六千本~ (2, 0.0%)

1 の臼, を植へた

▼ 六千枚~ (2, 0.0%)

1 も描いたろう, も撮っ

▼ 六千法~ (2, 0.0%)

1 という大金, に満たない

▼ 六千由旬~ (2, 0.0%)

2 を行きなさる

▼ 六千石浅野様~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ 六千種~ (2, 0.0%)

1 からある, に及ぶ

▼ 六千部~ (2, 0.0%)

1 か七千部, 読み講じき

▼ 六升男爵~ (2, 0.0%)

1 でいらせられる, でいらっしゃいます

▼ 六厘余~ (2, 0.0%)

1 に相当, の割合

▼ 六厘柄~ (2, 0.0%)

1 のテグス三本, の丈夫

▼ 六~ (2, 0.0%)

2 の屏風

▼ 六反歩~ (2, 0.0%)

1 の土地つき家屋, を自作

▼ 六右衞門方~ (2, 0.0%)

1 へ妻子, より吉兵衞方

▼ 六号無線機~ (2, 0.0%)

1 が英米, では新聞通信

▼ 六号雑誌~ (2, 0.0%)

1 にのせ, に出る

▼ 六吋砲~ (2, 0.0%)

1 の十二門, も飴

▼ 六~ (2, 0.0%)

1 州には, 町内だ

▼ 六同じ~ (2, 0.0%)

2 稼業には

▼ 六名それ~ (2, 0.0%)

2 に今日

▼ 六名中江口氏~ (2, 0.0%)

2 は凍傷

▼ 六呎五吋~ (2, 0.0%)

1 である, の筋骨隆々

▼ 六~ (2, 0.0%)

1 の天, の雷将

▼ 六哩位~ (2, 0.0%)

1 のもの, の沖

▼ 六哩四方~ (2, 0.0%)

1 だ, の空間

▼ 六四〇年~ (2, 0.0%)

1 にやつ, に写生

▼ 六四〇磅~ (2, 0.0%)

1 と七二〇磅, と六八〇磅

▼ 六四三年~ (2, 0.0%)

1 にニュウ・イングランド, の間

▼ 六四九年~ (2, 0.0%)

1 にパリー, の革命

▼ 六四二年~ (2, 0.0%)

1 のこと, の一月八日

▼ 六四六結婚~ (2, 0.0%)

2 は三三九

▼ 六四名~ (2, 0.0%)

2 の代議士

▼ 六回位~ (2, 0.0%)

1 ある, で施肥

▼ 六回巻紙~ (2, 0.0%)

2 を出し

▼ 六回打製類~ (2, 0.0%)

1 の條, 及び磨製類考説

▼ 六國春秋~ (2, 0.0%)

1 がある, に西秦

▼ 六圓づゝ~ (2, 0.0%)

1 の金刑, 割いて

▼ 六地獄~ (2, 0.0%)

1 から西方, から西方極楽浄土

▼ 六埋葬~ (2, 0.0%)

2 は六四六

▼ 六~ (2, 0.0%)

1 に手, を将

▼ 六~ (2, 0.0%)

1 とし, の陣形さまざま

▼ 六~ (2, 0.0%)

1 に手伝い, へ出たくねえ

▼ 六夜月~ (2, 0.0%)

1 に照らされ, は誰

▼ 六夜薔薇~ (2, 0.0%)

1 の葉, の香

▼ 六夜薔薇香~ (2, 0.0%)

2 ににほふ

▼ 六大した~ (2, 0.0%)

2 腕の

▼ 六大学~ (2, 0.0%)

1 も甲子園大会, や実業団

▼ 六大店~ (2, 0.0%)

2 の手代風

▼ 六大業十年~ (2, 0.0%)

2 の條

▼ 六大都市転入禁止~ (2, 0.0%)

1 となつ, になつて

▼ 六~ (2, 0.0%)

1 だ, に骨牌

▼ 六女水木~ (2, 0.0%)

1 が生れた, はこの

▼ 六如上人~ (2, 0.0%)

1 に呈す, の

▼ 六娼妓~ (2, 0.0%)

2 あがりの

▼ 六婆さん~ (2, 0.0%)

1 が殺され, だつて

▼ 六~ (2, 0.0%)

1 から吐き捨てる, の縦

▼ 六学年~ (2, 0.0%)

1 において世界年鑑, よりこれ

▼ 六官七十三刻~ (2, 0.0%)

2 と定められ

▼ 六実記~ (2, 0.0%)

1 が出, と称する

▼ 六寸の~ (2, 0.0%)

1 がよい, が懸

▼ 六寸上~ (2, 0.0%)

2 が向う

▼ 六寸往古椿沢~ (2, 0.0%)

2 といふ村

▼ 六寸積~ (2, 0.0%)

1 った庭, って居る

▼ 六対一〇〇~ (2, 0.0%)

1 であった, であり出生

▼ 六~ (2, 0.0%)

1 女郎親が, 意氣な

▼ 六尺くら~ (2, 0.0%)

1 ゐの, ゐも

▼ 六尺三十貫~ (2, 0.0%)

1 の巨漢, の本職

▼ 六尺上~ (2, 0.0%)

1 に釣られ, まで跳びかかっ

▼ 六尺力~ (2, 0.0%)

1 が強かっ, の底

▼ 六尺四面~ (2, 0.0%)

1 の独房, 買取り申す

▼ 六尺天窓~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 六尺有余筋骨隆々~ (2, 0.0%)

2 として手足

▼ 六尺有餘~ (2, 0.0%)

1 の大男, の大男黒羽二重

▼ 六尺袖~ (2, 0.0%)

1 を, をと唄

▼ 六尺褌~ (2, 0.0%)

2 を解く

▼ 六尺褌一つ~ (2, 0.0%)

1 だつたさうですが, で形

▼ 六尺角~ (2, 0.0%)

2 に切出した

▼ 六尺鑿~ (2, 0.0%)

1 の方, を抜き出した

▼ 六尺飛~ (2, 0.0%)

1 退って, 退つて叩頭

▼ 六~ (2, 0.0%)

1 の鳴り, の鳴り男

▼ 六~ (2, 0.0%)

1 で振らう, の其の

▼ 六~ (2, 0.0%)

1 の藩, はライン同盟

▼ 六巻牧之老人~ (2, 0.0%)

2 が眠

▼ 六巻絵~ (2, 0.0%)

2 入かな

▼ 六~ (2, 0.0%)

1 から荒牛, は愚か

▼ 六平方キロ~ (2, 0.0%)

1 といっ, の地域

▼ 六年あたり~ (2, 0.0%)

1 からあの, からの日本

▼ 六年あまり~ (2, 0.0%)

1 もモザンビイク, も生き

▼ 六年ころ~ (2, 0.0%)

1 のこと, までそれ

▼ 六年さき~ (2, 0.0%)

1 にあ, にヤアパンニア

▼ 六年もの間~ (2, 0.0%)

1 そんな肉, ぱったりと

▼ 六年アメリカ~ (2, 0.0%)

1 の黒船, へゆき

▼ 六年シカゴ~ (2, 0.0%)

1 で, に移る

▼ 六年フランス~ (2, 0.0%)

1 に生まれ, の

▼ 六年ベネヴェント~ (2, 0.0%)

2 の戰

▼ 六年ラネツサン氏~ (2, 0.0%)

1 は議会, は議會

▼ 六年一年間~ (2, 0.0%)

1 の書籍出版用紙割当, の社会

▼ 六年七月十四日~ (2, 0.0%)

1 に四十七歳, に老齢

▼ 六年七月末~ (2, 0.0%)

1 にテワンテペク, に太平洋上

▼ 六年三月下旬七日間~ (2, 0.0%)

2 の公演

▼ 六年三月六日~ (2, 0.0%)

1 に神父四人イルマン三人, の午後五時

▼ 六年下半期~ (2, 0.0%)

1 からであった, において割当用紙

▼ 六年予~ (2, 0.0%)

1 大英博物館, 故サー・ウォラストン・フランクス

▼ 六年二十七歳~ (2, 0.0%)

1 で述懐百首, の年

▼ 六年五代目尾上菊五郎~ (2, 0.0%)

2 が死んだ

▼ 六年五月七日~ (2, 0.0%)

1 に五十二歳, に到着

▼ 六年以上~ (2, 0.0%)

1 の年数, 住んで

▼ 六年以下~ (2, 0.0%)

1 であろう, ではなん

▼ 六年以後数回彼~ (2, 0.0%)

2 はメーン州

▼ 六年余~ (2, 0.0%)

1 になれり, の歳月

▼ 六年六月三日~ (2, 0.0%)

1 である, に故国

▼ 六年六月彼~ (2, 0.0%)

1 は弟子, より一つ年上

▼ 六年制~ (2, 0.0%)

1 であってさえ, の国民学校

▼ 六年前久しぶり~ (2, 0.0%)

1 にかれと, に彼

▼ 六年前今~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ 六年前養子~ (2, 0.0%)

1 に迎えた, に迎へた兵三郎

▼ 六年勝久~ (2, 0.0%)

2 が五十七歳

▼ 六年十一月二十三日~ (2, 0.0%)

1 には武蔵, に菅茶山

▼ 六年十一月十一日~ (2, 0.0%)

1 に一子辞安, に生れた

▼ 六年十二月十日~ (2, 0.0%)

1 に家, のこと

▼ 六年十八歳~ (2, 0.0%)

1 のとき, の秋

▼ 六年四月二十九日~ (2, 0.0%)

1 の事, の時事日報

▼ 六年四月十三日~ (2, 0.0%)

1 の記, 同じく野山

▼ 六年四月号~ (2, 0.0%)

1 から銭形平次, にのった

▼ 六年外国~ (2, 0.0%)

1 にでも行っ, に暮し

▼ 六年女王エリサベス~ (2, 0.0%)

2 の時代

▼ 六年就職以来今日~ (2, 0.0%)

2 まで実に

▼ 六年彼三十六歳~ (2, 0.0%)

2 の時

▼ 六年志~ (2, 0.0%)

2 を轉

▼ 六年戌の~ (2, 0.0%)

2 とし

▼ 六年押第二八八号十五~ (2, 0.0%)

2 の布地

▼ 六年春~ (2, 0.0%)

1 であったか, にかけて百合子

▼ 六年正月~ (2, 0.0%)

1 から出発, より承

▼ 六年正月十九日~ (2, 0.0%)

1 に抽斎, の条

▼ 六年歳廿四~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 六年毎~ (2, 0.0%)

1 に角度一度, に調べ直し

▼ 六年満州事変~ (2, 0.0%)

1 が始, の発生以来

▼ 六年生妹~ (2, 0.0%)

1 のミヨ子ちゃん, はミヨ子

▼ 六年級~ (2, 0.0%)

1 である, になりました

▼ 六年良人~ (2, 0.0%)

2 の手

▼ 六年著者シヤーロット誕生當時一家~ (2, 0.0%)

2 はソオントン

▼ 六年許~ (2, 0.0%)

2 り前

▼ 六年説~ (2, 0.0%)

1 とは一長一短, の方

▼ 六年越し~ (2, 0.0%)

1 かねえ, の親友

▼ 六年逢~ (2, 0.0%)

1 はない, はぬ

▼ 六年間土~ (2, 0.0%)

2 の洗礼

▼ 六年間江戸~ (2, 0.0%)

1 にはかつて, には曾

▼ 六度九分~ (2, 0.0%)

1 で平熱, のところ

▼ 六度四分~ (2, 0.0%)

1 あつた, だった

▼ 六度失敗~ (2, 0.0%)

1 し七度目, りましたが

▼ 六度祁山~ (2, 0.0%)

1 に出, へ出た

▼ 六弁形~ (2, 0.0%)

1 の壁灯, の壁燈

▼ 六~ (2, 0.0%)

1 なところ, の戦闘隊

▼ 六~ (2, 0.0%)

1 が十, が十一

▼ 六~ (2, 0.0%)

1 に分けました, に名

▼ 六~ (2, 0.0%)

1 旨大論に, 旨大論や

▼ 六心中~ (2, 0.0%)

1 にある, に近い

▼ 六恐怖~ (2, 0.0%)

2 の極

▼ 六~ (2, 0.0%)

1 の巷, を除いた

▼ 六所明神大宮~ (2, 0.0%)

1 の氷川神社, の氷川神社等

▼ 六所神社~ (2, 0.0%)

1 で義貞, にいた

▼ 六~ (2, 0.0%)

1 へに餘, へもある

▼ 六拾圓~ (2, 0.0%)

1 では日當, は下る

▼ 六接線~ (2, 0.0%)

1 すなわちケージー, の関係

▼ 六教区~ (2, 0.0%)

1 においては三三・九, の報告

▼ 六~ (2, 0.0%)

1 しい, 使うの

▼ 六斎市~ (2, 0.0%)

1 の前, の立ちまする

▼ 六斗三升~ (2, 0.0%)

2 の籾

▼ 六~ (2, 0.0%)

1 ばかりも得べし, を一夫一婦一年

▼ 六新報社~ (2, 0.0%)

1 で待ち合わせてる, のあった

▼ 六新聞~ (2, 0.0%)

1 が, と張り合っ

▼ 六方法師~ (2, 0.0%)

1 の練りぶり, は祇園

▼ 六~ (2, 0.0%)

1 に及ぼす, に對

▼ 六日きょう~ (2, 0.0%)

1 これからすぐ出かけ, と馴れ

▼ 六日ここ~ (2, 0.0%)

1 に過ごしたい, に陣

▼ 六日これ~ (2, 0.0%)

1 にたいして本国政府, は日曜日

▼ 六日のち~ (2, 0.0%)

1 の土曜日, の或

▼ 六日チリ~ (2, 0.0%)

1 のヴァルパライソ市, の地震

▼ 六日パリ~ (2, 0.0%)

1 のオペラ, を西北

▼ 六日ヒロシマ~ (2, 0.0%)

2 の惨劇

▼ 六日一日中鉄路~ (2, 0.0%)

2 のほとり

▼ 六日主上二条~ (2, 0.0%)

2 の御

▼ 六日人間~ (2, 0.0%)

1 の入, の解放

▼ 六日以上~ (2, 0.0%)

1 も便所, を経過

▼ 六日以来~ (2, 0.0%)

1 この空, 行って

▼ 六日前伊藤公暗殺~ (2, 0.0%)

1 の号外, の號外

▼ 六日前店~ (2, 0.0%)

2 を並べ

▼ 六日外出~ (2, 0.0%)

1 したくなかった, したくなかつた

▼ 六日寐起~ (2, 0.0%)

2 する例

▼ 六日平次~ (2, 0.0%)

2 は外

▼ 六日年越し~ (2, 0.0%)

1 という日, の晩

▼ 六日広田外相~ (2, 0.0%)

2 を外務省

▼ 六日旭川一泊小樽一泊~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 六日東京~ (2, 0.0%)

1 において軍隊, を出発

▼ 六日横浜出帆~ (2, 0.0%)

1 の仏国郵船アンドレ, の信濃丸

▼ 六日海岸~ (2, 0.0%)

2 の空気

▼ 六日町~ (2, 0.0%)

1 の今成, の俳友天吉老人

▼ 六日金曜日~ (2, 0.0%)

1 の夕方, の夜

▼ 六日黄昏~ (2, 0.0%)

1 に至っ, 書す

▼ 六旦那~ (2, 0.0%)

1 に掘りだされた, の眼ンクリ玉

▼ 六早田~ (2, 0.0%)

2 を認め

▼ 六~ (2, 0.0%)

1 をこえた, ヲ開花

▼ 六明寺~ (2, 0.0%)

2 の宗朝

▼ 六時ごろアイビキ~ (2, 0.0%)

1 にでかけた, にでた

▼ 六時の~ (2, 0.0%)

1 で行っ, もあつ

▼ 六時サンパウロ~ (2, 0.0%)

2 に着す

▼ 六時七時~ (2, 0.0%)

1 と追, に使

▼ 六時三分三十六秒~ (2, 0.0%)

2 同出現七時一分

▼ 六時中目~ (2, 0.0%)

2 の覚め

▼ 六時二十分頃~ (2, 0.0%)

1 であるその, ということ

▼ 六時五分前~ (2, 0.0%)

1 になっ, をさし

▼ 六時五十五分~ (2, 0.0%)

1 で出, と決定

▼ 六時以前~ (2, 0.0%)

1 にすでに, に終えた

▼ 六時十五分の所~ (2, 0.0%)

2 まで来

▼ 六時十五分前頃~ (2, 0.0%)

1 だったでしょう, でしょう

▼ 六時四十二分~ (2, 0.0%)

1 に着きます, 着戸隠

▼ 六時堂~ (2, 0.0%)

1 の広前, の方

▼ 六時我々~ (2, 0.0%)

1 は四台, は汽船

▼ 六時木名瀬典獄~ (2, 0.0%)

1 の手, は各

▼ 六時柱時計~ (2, 0.0%)

2 の音

▼ 六時間以内~ (2, 0.0%)

1 の行程, はどんな

▼ 六時間分~ (2, 0.0%)

1 である, の給料

▼ 六時頃洗面器~ (2, 0.0%)

2 を裏手

▼ 六曲り~ (2, 0.0%)

1 も七曲り, 十六景と

▼ 六會場~ (2, 0.0%)

1 はここ, はこちら

▼ 六朝仏~ (2, 0.0%)

1 が一番, の趣

▼ 六朝頃~ (2, 0.0%)

1 になる, 迄の古書

▼ 六本それ~ (2, 0.0%)

1 に寄せかけ, はさておき

▼ 六本め~ (2, 0.0%)

2 の枝

▼ 六本テエブル~ (2, 0.0%)

2 のわき

▼ 六本出~ (2, 0.0%)

2 初めてゐた

▼ 六本川面~ (2, 0.0%)

2 へ差

▼ 六本平げた時~ (2, 0.0%)

2 で新潟

▼ 六本手~ (2, 0.0%)

1 に持っ, に持つ

▼ 六本指手~ (2, 0.0%)

2 の小指

▼ 六本目~ (2, 0.0%)

1 のかげ, のところ

▼ 六本足六本~ (2, 0.0%)

1 ある妖怪, の怪物

▼ 六本骨七本骨~ (2, 0.0%)

1 などがあっ, は普通

▼ 六条の~ (2, 0.0%)

1 はづれ, やしき

▼ 六条判官為義~ (2, 0.0%)

1 といいました, の罪

▼ 六条子爵~ (2, 0.0%)

1 がさ, のこと

▼ 六条少尉~ (2, 0.0%)

1 に分れ, は不運

▼ 六条部落~ (2, 0.0%)

1 の如き, の膨脹

▼ 六杯引~ (2, 0.0%)

1 掛けたので, 掛けて

▼ 六杯続け様~ (2, 0.0%)

2 にのんだ

▼ 六枚それ~ (2, 0.0%)

1 もしつとり濡れ, を一枚一枚

▼ 六枚め~ (2, 0.0%)

1 がまた, の左

▼ 六枚他~ (2, 0.0%)

2 はことごとく

▼ 六枚位~ (2, 0.0%)

1 の仕事, は欲し

▼ 六枚其内側~ (2, 0.0%)

2 に吊した

▼ 六枚分~ (2, 0.0%)

1 は文字どおり, 書く

▼ 六枚盆~ (2, 0.0%)

1 にのせ, の隅

▼ 六枚目~ (2, 0.0%)

1 の小判, へかけ

▼ 六枚鼻紙~ (2, 0.0%)

2 に捻る

▼ 六柏軒~ (2, 0.0%)

1 の妾春四十三, の子

▼ 六柔和~ (2, 0.0%)

1 ななんら, な何等

▼ 六横町~ (2, 0.0%)

1 と称, の家

▼ 六樹園大人~ (2, 0.0%)

1 は小伝馬町, を訪れた

▼ 六樹園石川雅望~ (2, 0.0%)

1 がこの, はこのごろ

▼ 六次元~ (2, 0.0%)

1 の夢, もあっ

▼ 六正和~ (2, 0.0%)

1 その居宅, というの

▼ 六武藏~ (2, 0.0%)

2 でも何

▼ 六歩後~ (2, 0.0%)

1 から歩い, へ退っ

▼ 六歩換え~ (2, 0.0%)

1 にはできる, の布令書

▼ 六歩東~ (2, 0.0%)

2 の崖

▼ 六歩舞台袖~ (2, 0.0%)

1 のところ, の所

▼ 六歩闇~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 六歩飛~ (2, 0.0%)

2 退いた曲者

▼ 六歳ぐらゐの時~ (2, 0.0%)

2 やつたな

▼ 六歳の~ (2, 0.0%)

1 もあった, をり

▼ 六歳七歳~ (2, 0.0%)

1 とその, の頃

▼ 六歳二女まつ~ (2, 0.0%)

2 が十四歳

▼ 六歳妹~ (2, 0.0%)

1 のかね, は十三歳

▼ 六歳時分~ (2, 0.0%)

1 から町, までその

▼ 六歳未満~ (2, 0.0%)

1 の少年漂泊者, は四時間労働制

▼ 六歳父~ (2, 0.0%)

1 に従って軍中, の如く

▼ 六殉教者~ (2, 0.0%)

1 のこと, の勇ましい

▼ 六段上~ (2, 0.0%)

1 にもどっ, に近づい

▼ 六段格~ (2, 0.0%)

1 で, の甚八さん

▼ 六~ (2, 0.0%)

1 に当たり, の物品

▼ 六氏先づ~ (2, 0.0%)

2 在りて

▼ 六~ (2, 0.0%)

1 でもいい, に問う

▼ 六江戸~ (2, 0.0%)

2 の大

▼ 六波羅どの~ (2, 0.0%)

1 に媚び, を憚

▼ 六波羅一~ (2, 0.0%)

1 の優男, の剛の者

▼ 六波羅内~ (2, 0.0%)

1 に, の寺院

▼ 六波羅別院~ (2, 0.0%)

1 の板屋びさしにお, の獄屋

▼ 六波羅勤め~ (2, 0.0%)

1 の侍屋敷一軒, も忙しい

▼ 六波羅北~ (2, 0.0%)

1 の探題, の探題邸

▼ 六波羅北殿~ (2, 0.0%)

1 の廂, の方

▼ 六波羅大番~ (2, 0.0%)

1 のさい, の小串三郎則行

▼ 六波羅密牒~ (2, 0.0%)

1 がやすやす, の内容

▼ 六波羅広場~ (2, 0.0%)

1 と七条河原, のうち

▼ 六波羅攻略~ (2, 0.0%)

1 には成功, の大功

▼ 六波羅武者~ (2, 0.0%)

1 の合い言葉, の弓箭千五百

▼ 六波羅牢~ (2, 0.0%)

1 といいまし, へ曳き

▼ 六波羅筋~ (2, 0.0%)

1 の武者, らしき武士

▼ 六波羅評定衆~ (2, 0.0%)

2 の一員

▼ 六波羅軍~ (2, 0.0%)

1 がすでに, にやぶれ

▼ 六~ (2, 0.0%)

1 の方, 越えに

▼ 六海里~ (2, 0.0%)

1 でしか, の海上

▼ 六片箒目見~ (2, 0.0%)

2 ゆる根方

▼ 六~ (2, 0.0%)

1 の端, の間

▼ 六~ (2, 0.0%)

1 ありました, ませり

▼ 六男末吉~ (2, 0.0%)

1 が生れた, の縁談

▼ 六町余り~ (2, 0.0%)

2 押し続けたら線路

▼ 六町歩~ (2, 0.0%)

1 あまりある, と申しまする

▼ 六町行つて川~ (2, 0.0%)

2 はまた

▼ 六町餘~ (2, 0.0%)

1 から作つて, の田

▼ 六番位~ (2, 0.0%)

1 で出た, のところ

▼ 六畳ぐらゐの部屋~ (2, 0.0%)

1 が七つづつ, が四つ

▼ 六畳ふた間~ (2, 0.0%)

1 が仕事部屋, のつづき

▼ 六畳一~ (2, 0.0%)

1 と室, と間

▼ 六畳一つ~ (2, 0.0%)

1 でスケッチ, の集合住宅

▼ 六畳三畳~ (2, 0.0%)

1 で少く, と玄関

▼ 六畳座敷~ (2, 0.0%)

1 が八畳, が六畳

▼ 六畳書斎~ (2, 0.0%)

2 が四畳半

▼ 六畳長火鉢~ (2, 0.0%)

1 にかんかん, の前

▼ 六疊それ~ (2, 0.0%)

1 から茶の間, は三七郎

▼ 六疊二~ (2, 0.0%)

2 た間

▼ 六疊其處~ (2, 0.0%)

1 にはお, には書生兼内弟子

▼ 六疋め~ (2, 0.0%)

2 の鹿

▼ 六発目~ (2, 0.0%)

1 で貴方, には破裂

▼ 六百フラン~ (2, 0.0%)

1 とが室, まづ

▼ 六百フローリン~ (2, 0.0%)

1 の年金, 投げ出して

▼ 六百ページ~ (2, 0.0%)

1 に余る, もある

▼ 六百マイル以上~ (2, 0.0%)

1 の地点, もはなれ

▼ 六百万年~ (2, 0.0%)

1 の後, の間

▼ 六百三人~ (2, 0.0%)

2 を死罪

▼ 六百三十万~ (2, 0.0%)

1 の人口, の民

▼ 六百三十余年~ (2, 0.0%)

2 を歴

▼ 六百二十八年~ (2, 0.0%)

2 に西安

▼ 六百二十米~ (2, 0.0%)

1 に及ん, の大日岳

▼ 六百五十四マイル~ (2, 0.0%)

1 あり, なり

▼ 六百五十年頃~ (2, 0.0%)

1 の出來事, は正しく

▼ 六百五十石~ (2, 0.0%)

1 で旗本, の旗本杉浦中務

▼ 六百人以上~ (2, 0.0%)

1 の助, を容れる

▼ 六百余人~ (2, 0.0%)

1 がいのち, の醜業婦

▼ 六百余坪~ (2, 0.0%)

1 に拡大, を所有

▼ 六百余年前~ (2, 0.0%)

1 であること, の弘安年中

▼ 六百余首~ (2, 0.0%)

1 の新作, もその後半期

▼ 六百倍~ (2, 0.0%)

1 に等しい, 乃至八百倍

▼ 六百八十カロリー~ (2, 0.0%)

2 の潜熱

▼ 六百六十三名~ (2, 0.0%)

1 の中, の有する

▼ 六百六十八年~ (2, 0.0%)

1 に伊太利, まで王位

▼ 六百六十尺~ (2, 0.0%)

1 にも達する, の小山

▼ 六百六十米~ (2, 0.0%)

2 の圏

▼ 六百四十年代~ (2, 0.0%)

1 の事, の浪漫主義

▼ 六百回~ (2, 0.0%)

1 という記録, の地震

▼ 六百岳梓川~ (2, 0.0%)

2 と触

▼ 六百年もの間~ (2, 0.0%)

1 いつも同じ, に名高い

▼ 六百年以上~ (2, 0.0%)

1 にわたる長い, は経っ

▼ 六百年後~ (2, 0.0%)

1 に於, の今日

▼ 六百年昔~ (2, 0.0%)

1 の逆賊, の酒飲み

▼ 六百年祭~ (2, 0.0%)

1 とやらの掲示, のとき

▼ 六百機~ (2, 0.0%)

1 が飛び上った, だ

▼ 六百留~ (2, 0.0%)

1 で医師, を全

▼ 六百目蝋燭~ (2, 0.0%)

2 を惜し

▼ 六百篇~ (2, 0.0%)

2 もある

▼ 六百米余~ (2, 0.0%)

1 これぞ秩父山脈, も低く

▼ 六百軒~ (2, 0.0%)

1 と限られ, のお

▼ 六百部~ (2, 0.0%)

1 の限定版, 刷って

▼ 六百金四百金~ (2, 0.0%)

2 を承奉

▼ 六百頁~ (2, 0.0%)

1 からの長篇, に近い

▼ 六百餘年~ (2, 0.0%)

1 のあ, を經

▼ 六皇子~ (2, 0.0%)

1 の一人, を抱き

▼ 六~ (2, 0.0%)

1 から始まるらしい, から成る

▼ 六~ (2, 0.0%)

1 で最初, にいる

▼ 六眼鼻立ち~ (2, 0.0%)

2 も醜から

▼ 六碗七碗~ (2, 0.0%)

2 を快う

▼ 六社雑誌~ (2, 0.0%)

1 というの, 同人中

▼ 六~ (2, 0.0%)

1 が化け, に雉

▼ 六秒間~ (2, 0.0%)

1 というとんでも, に八平方メートル

▼ 六~ (2, 0.0%)

2 も立

▼ 六種位~ (2, 0.0%)

1 出して, 少しずつ

▼ 六章七章~ (2, 0.0%)

1 の彼, の研究

▼ 六童子~ (2, 0.0%)

1 の姿, を廻っ

▼ 六等以上~ (2, 0.0%)

1 の者, を三つ

▼ 六箇年間~ (2, 0.0%)

1 にはこの, に七倍以上

▼ 六箇敷~ (2, 0.0%)

1 いことは, い何もかも

▼ 六箇月前~ (2, 0.0%)

2 にそれ

▼ 六箇月目~ (2, 0.0%)

1 に仲平, に十九

▼ 六節以下~ (2, 0.0%)

1 について語らん, を読ん

▼ 六粒泡~ (2, 0.0%)

2 を吐きました

▼ 六糎砲~ (2, 0.0%)

1 がこちら, が百三十六門

▼ 六結婚~ (2, 0.0%)

2 は三三九

▼ 六綴音~ (2, 0.0%)

1 との單位, を一句

▼ 六編隊~ (2, 0.0%)

1 にわかち, は地雷弾

▼ 六美しく可愛らしく~ (2, 0.0%)

2

▼ 六聯隊~ (2, 0.0%)

1 と分れ, も通

▼ 六臂如意~ (2, 0.0%)

1 というとおり腕, の意味

▼ 六自慢~ (2, 0.0%)

1 の一つ, の一つ芸

▼ 六自身~ (2, 0.0%)

1 がもう, としては決して

▼ 六~ (2, 0.0%)

1 の言, の言いなり放題

▼ 六~ (2, 0.0%)

1 に而讚岐金刀比羅宮参詣, へ乗船

▼ 六良人~ (2, 0.0%)

1 との再会, も二十六歳

▼ 六花結晶~ (2, 0.0%)

1 はこの, を底面

▼ 六~ (2, 0.0%)

1 までは苅れない, も担

▼ 六菖十菊~ (2, 0.0%)

1 のうらみ, の愚

▼ 六萬人~ (2, 0.0%)

1 に上つた, の大衆

▼ 六萬兩~ (2, 0.0%)

1 かな, 即ち今

▼ 六行一聯~ (2, 0.0%)

2 の六聯

▼ 六行息~ (2, 0.0%)

2 つかずに

▼ 六行文芸時評~ (2, 0.0%)

2 の片すみ

▼ 六行目~ (2, 0.0%)

1 に大正十四年十月四日, のトップ

▼ 六~ (2, 0.0%)

1 ゆづりの, を失い

▼ 六親仁~ (2, 0.0%)

2 がいつも

▼ 六親分さん~ (2, 0.0%)

1 はよく, は若旦那

▼ 六角家~ (2, 0.0%)

1 の弊政, の払奸事件

▼ 六角豆~ (2, 0.0%)

1 の手, も

▼ 六調五八六調六七六調六八六調等~ (2, 0.0%)

2 にて終六言

▼ 六調六七六調六八六調等~ (2, 0.0%)

2 にて終六言

▼ 六調六八六調等~ (2, 0.0%)

2 にて終六言

▼ 六調等~ (2, 0.0%)

2 にて終六言

▼ 六貫五百文~ (2, 0.0%)

1 の比例, ほどになる

▼ 六貫位~ (2, 0.0%)

1 の重荷, はある

▼ 六~ (2, 0.0%)

1 の中, へさ

▼ 六軒向う~ (2, 0.0%)

2 にある

▼ 六軒屋~ (2, 0.0%)

1 そしてこの, と共に九州

▼ 六軒彼方~ (2, 0.0%)

1 の加藤医院, の加藤醫院

▼ 六軒茶屋町~ (2, 0.0%)

2 から永峰町

▼ 六~ (2, 0.0%)

2 の車

▼ 六~ (2, 0.0%)

1 ではなかっ, は一冊

▼ 六迄の~ (2, 0.0%)

1 いずれも, 女の子の

▼ 六~ (2, 0.0%)

1 待ったを, 目だ

▼ 六週間位~ (2, 0.0%)

1 は只, 聴いて

▼ 六~ (2, 0.0%)

1 州屋いい, 州屋好い

▼ 六郡以北~ (2, 0.0%)

1 に至った, の地方

▼ 六郡八十一州~ (2, 0.0%)

1 ならびに荊州, を横

▼ 六部等~ (2, 0.0%)

1 が後世安楽, が後世安樂

▼ 六釈迦像~ (2, 0.0%)

1 もさだめ, を造り得る

▼ 六里以内~ (2, 0.0%)

1 のところ, の邊

▼ 六里北~ (2, 0.0%)

1 は越中, へ踏み込み

▼ 六里南北三里二十七町~ (2, 0.0%)

1 と云つて, のこの

▼ 六里川原湯~ (2, 0.0%)

2 まで濡れ

▼ 六~ (2, 0.0%)

1 の西洋葵, 並んで

▼ 六銭切手~ (2, 0.0%)

2 をはった

▼ 六銭銀貨~ (2, 0.0%)

1 のくら, のくらいの

▼ 六~ (2, 0.0%)

1 がきい, くらいがちょうど

▼ 六錢五厘~ (2, 0.0%)

1 だよ, では

▼ 六~ (2, 0.0%)

1 の軍, の部隊

▼ 六間うしろ~ (2, 0.0%)

1 の断崖, の方

▼ 六間ケシ~ (2, 0.0%)

1 とんだ場所, とんで

▼ 六間二尺~ (2, 0.0%)

2 の竿

▼ 六間五尺~ (2, 0.0%)

1 あって, 但し堀底

▼ 六間井~ (2, 0.0%)

2 より二十八間

▼ 六間井戸~ (2, 0.0%)

2 から二十八間

▼ 六間先方~ (2, 0.0%)

2 へ行つて

▼ 六間前方~ (2, 0.0%)

1 から女児等, から女兒等

▼ 六間向~ (2, 0.0%)

1 ふに, ふへ

▼ 六間後~ (2, 0.0%)

1 から行く, の畔道

▼ 六間真逆しま~ (2, 0.0%)

2 に飛ぶ

▼ 六間突出~ (2, 0.0%)

2 て居る

▼ 六間苔~ (2, 0.0%)

2 と虎耳草

▼ 六間行~ (2, 0.0%)

1 つたところ, 過たえ

▼ 六間路地~ (2, 0.0%)

2 の外

▼ 六阿彌陀~ (2, 0.0%)

1 と間違, 詣の

▼ 六~ (2, 0.0%)

1 ありき, を廻る

▼ 六階七階~ (2, 0.0%)

1 の殺風景, の高い

▼ 六頁許~ (2, 0.0%)

2 りの

▼ 六頭全部~ (2, 0.0%)

1 いる, だ

▼ 六~ (2, 0.0%)

1 の講話, を五幕

▼ 六~ (2, 0.0%)

1 は愁い, も胸

▼ 六~ (2, 0.0%)

1 か何, と草穂

▼ 六風情~ (2, 0.0%)

1 に七万両山分け, に邪魔立て

▼ 六飛ん~ (2, 0.0%)

1 だりはね, だり跳ね

▼ 六駁論~ (2, 0.0%)

1 に応え, に應

▼ 六騎街中~ (2, 0.0%)

2 の一二

▼ 六魂一空~ (2, 0.0%)

2 に帰し

▼1* [7999件]

○○米気温は最高二五度, 六○年の二月, 六、人の話, 六、後の称忠平, 六、発程に先, 六〇〇は解放, 六〇〇〇〇〇人以上の者, 六〇〇〇〇〇磅が獲得, 六〇〇〇キロメートルに当る, 六〇〇〇フラン現金で売渡した, 六〇〇〇人と見積っ, 六〇〇〇以上が国, 六〇〇〇円で買おう, 六〇〇〇四です, 六〇〇〇年と推定, 六〇〇〇年木星は二〇万年, 六〇〇〇度以上の温度, 六〇〇カロリーの潜熱, 六〇〇キロの飛行機, 六〇〇メートル辺から山, 六〇〇レアルス・ヴェロンであったが, 六〇〇万カロリーと申され, 六〇〇万倍の距離, 六〇〇人が砲弾, 六〇〇代は日本, 六〇〇分の一にすぎない, 六〇〇年オランダ船エラスムス号が難破状態, 六〇〇年バンクスを載せ, 六〇〇年パリ版フランシスコ・コルムナのポリフィルス, 六〇〇年九月十五日に徳川家康, 六〇〇年余の昔, 六〇〇年四月豊後に漂着, 六〇〇年天草の乱, 六〇〇年関ヶ原の一戦, 六〇〇幾メートルとかに, 六〇〇番を適当, 六〇〇磅を支払う, 六〇〇米位で気温, 六〇〇英里なり, 六〇そこそこの身長, 六〇アルクトゥルスが四〇〇, 六〇ギニーの価格, 六〇スウェーデンデンマーク両国内, 六〇センチメートルばかり葉, 六〇センチメートル内外で立ち, 六〇トンの小, 六〇マイルの高度, 六〇メートルハルツの如く, 六〇メートル余りとなる, 六〇ワットの電球, 六〇・一五フランにと供給, 六〇・二の割合, 六〇一〇人でした, 六〇一七〇〇から八, 六〇一九が得られる, 六〇一年にプラーグ, 六〇一年二月二十五日の朝, 六〇七で一一年半以上, 六〇七〇八〇という資本, 六〇万の戦争, 六〇万人以上の未亡人, 六〇万円イタリアは八三〇万円, 六〇万円ドイツは八六〇万円, 六〇万巻を算する, 六〇三年八月二十二日の日付, 六〇並びに註參照, 六〇九円である, 六〇九年七月二艘のオランダ船, 六〇九年初版ボエチウスの, 六〇九頁等に梵士, 六〇二〇三後にシュルスヌス愛唱曲集, 六〇二二円八年度が七六, 六〇二年西印度および墨西哥, 六〇五四出生は九八, 六〇五年から京都, 六〇個所ほどの相違点, 六〇倍のあがりで, 六〇僧侶となるべき, 六〇光年を半径, 六〇八年にチャムパ, 六〇六の注射日, 六〇六號の出來, 六〇円のわり, 六〇号を以て抛棄, 六〇名のロシア人, 六〇哩の速度, 六〇四九二となる, 六〇四八二五四一平方当り人口一〇二〇を示し, 六〇四年版ゲスネルの, 六〇封度になる, 六〇年のが最終, 六〇年アラビアのメッカ, 六〇年タガンローグに生まれた, 六〇年ブラジルの大, 六〇年一月二十五日太陰暦正月の二日前, 六〇年九月グエルフィ黨とモンタペルティ, 六〇年九月四日追放されしフィレンツェ, 六〇年代以後のロシア革命史, 六〇年以後もさしたる, 六〇年八月十八日にガリバルディ, 六〇年六十七歳にし, 六〇年六月処女航海を行った, 六〇年十月に日本, 六〇年就任が一九一三年, 六〇年開店のキャフェ・グレコ, 六〇年頃フナロードの始, 六〇日本公使館を訪う, 六〇箇年間の中項, 六〇粁以上の上空, 六〇註及び地, 六〇銭乃至一円三十五銭, 六〇隻を犠牲, 六〇頁にある, 六〇題目であった, 六〇馬牛の名称, 六あたりをもっ, 六あってはいけない, 六あっちこっちをおびえた, 六あにいきょうはけっこう, 六あやうく髪を, 六あり仕切の, 六あるいは四十を, 六あわてずいや何, 六いっかな聴くこと, 六いつかな聽, 六いやこれは, 六七八あ, 六おのれの作品, 六および十七篇に, 六おらおらくくくやしくっ, 六お前もう帰れよ, 六お前篠町から乗合, 六お次まで控えさせました, 六お歌は程ヶ谷生まれ, 六かお十七でしょう, 六かお半が知っ, 六かしくつて薩張解らないやう, 六かしくなつた, 六かしく候へ共, 六かしく成つて多くの困難, 六かしく道理を附け, 六かし相に低く, 六かたまっている, 六かついだら承知しねえ, 六かで沢や, 六かとも思われる, 六かほどの美形, 六かも知れないが, 六かよーう, 六からの抜文の, 六からもお吉, 六か年に亙る, 六か所からも火の手, 六か月前からその, 六か月半他は五か月半, 六か月目にはズンズン匍匐, 六か月間も彼, 六か月間姿を見せなかった, 六か村の戸長ら, 六がけで話, 六くらいにおなり, 六ぐらいでも皆おとなだった, 六ぐらいな腕白の, 六ぐらいにはなって, 六ぐらいまでは祖父の, 六ぐらゐかと思つた, 六ぐれえの小僧っ子, 六え, 六けたまでも詳しく, 六けんの家, 六けんかたまっている, 六こと友雲であった, 六こんな風に, 六ごろの痛々しい, 六さあ張っちょ, 六さいごろになる, 六さらに得意に, 六さんあんたから言われた, 六さんいつこっちへ上っ, 六さんお前なんだってお嬢様, 六さん和助さんを相手, 六さん声が, 六さん大変でがす, 六さん家は人, 六さん極りを云っ, 六さん聲が, 六さん馬鹿なんてお, 六さアまは, 六さ滝さこれだけで, 六しょんがい婆, 六じしんが一生涯, 六つかり禿げ上つた番頭, 六すっかり禿げ上がった番頭, 六すべて十二足あり肉紅, 六すらも顔の, 六ずかしそうに, 六ずかしいですよ, 六ずかしきものを, 六せう寺皆破れく, 六そうの舟, 六そち達も悪あがき, 六そのものの如き, 六それがありゃ, 六そろそろ身を, 六たちまち困って, 六たびめでしたが, 六たび使いに行った, 六たび当選した, 六たび晩にも一碗, 六たび祁山の嶺, 六たび空を搏, 六たび編輯長をその, 六たび音信があった, 六だけでせうな, 六だけにひとしお哀れ, 六だけには一つふ, 六だつたねあの, 六だ過ぎ去つた若い日, 六ゃんはそのどぶ川を, 六ちかく賤ヶ岳まで, 六ちゃんおれたちもキャッキャッ, 六ちゃんとどうなん, 六ちゃん夫婦も呼びましょう, 六ちゃん自身もかれ, 六ちゃん髪結ってやろう, 六ちやん達を育て, 六ちょっと好い男, 六ちよいと來, 六ついでに結ん, 六つうもんは俺, 六つかしいだろう梯子を, 六つかしいようじゃあっし, 六つき天足し, 六つてところぢやない, 六つどきに, 六つぶそれをつまん, 六つまえには, 六つもって行く, 六つやつつける, 六つゆで皆, 六つ折りの奉書紙, 六づかしいんだね, 六づかしきことは, 六づかしくなるばかりです, 六づかしく坐つてゐ, 六てめえお延, 六であったろうがなりふり, 六でありましたからいっそう, 六であるべきはずの, 六であろうと思われた, 六でございました大きな声, 六でございますが, 六でしたがしかし, 六ですつて向う流, 六でなきや用人, 六でなくって夫, 六で御座いますが, 六といふまではかくして過ぎし, 六とおせい第一場, 六とおりの古式, 六とかいふ女白粉燒の, 六とかって呼んだそう, 六とかになるが, 六とく子が三十五, 六ところ剃り落しても, 六としてももう四十六, 六とせそのかみに妙, 六とせ目の年, 六とだけが後へ, 六とてもまたしかり, 六とでもいうほう, 六とまでに数えるとは, 六ともどもついて, 六ともども名人主従を導い, 六ともども待ちうけて, 六ともども御用駕籠をそろえ, 六とやらこの方角, 六とやらも縄を, 六どっちも年頃, 六どんあれは飛んだ, 六どんとこへ泊る, 六どん手を貸し, 六なぜ駕を, 六などというものと, 六などに滅多な, 六などにも負けなかったし, 六などもしょせんそれ, 六なにかの用向き, 六なみの鬱憤, 六ならぬあの三下奴, 六ならやっけえのけ, 六なんの役, 六なんか道具だ, 六なんざお前が散々, 六なんだか酒が, 六にかけ合つて普賢菩薩を, 六にすらも不思議に, 六にたいして腹の, 六にでも呉れて, 六にとっては一番の, 六にばかり向いたので, 六によつて, 六によって逢痴が, 六による戒厳令下の, 六に対しては別段の, 六に対しても子分の, 六に関する件であった, 六知って, 六ねんのと, 六ねんと申すみじかい, 六ねんのおんちぎりで, 六のせゐだと思つたの, 六のちよいと, 六のも一人は, 六はおったか, 六はじめ供の者ども, 六はじッと見, 六はすつかり八五郎を, 六はだらしなく目, 六はにこと面を, 六はべッと, 六はら山, 六はるばる坂東平野から, 六はんに大, 六ばかりを踏みて, 六ばんまでの見はり, 六ば叩きなぐるもん, 六ぱい流しといて, 六ぱいあればロンドンの敵前上陸, 六ぱいお運びになり, 六ぱいさかずきをあげ, 六ぱいの外に荷足, 六ぱいもたべて満腹した, 六ぱい湯をかぶる, 六ひら散つて松葉に, 六ひら散つた梅の, 六ひる六・八でした, 六ぴきこやぎのなくこえか, 六ぴき褌の上, 六ふく計ものみたれ, 六ぷくお鍋の膳, 六へその緒を切っ, 六へでも持ち出すかと, 六へはお前さんに, 六へも事の, 六ぺんお座敷をぶらぶら, 六ぺん神田の古本屋, 六ぺん笑い声をたて, 六んごく, 六まい屏風に, 六まだまだ汝れ, 六まではその相互, 六みたように, 六みんな壁際にい, 六みんな申上げて, 六むろん舞妓の, 六もしくは弦斎一流の, 六もっときつくこすれ, 六もつと若く, 六もとより必死, 六もと七もと立つ柳, 六もの事のよく, 六もの涙香もの等を借り, 六やさがた生れきりょう, 六やにわに浜路に, 六ゆゑ委細承知と請込, 六よいか, 六よりとあるぜ, 六許, 六わが国の政教, 六わしに従い, 六わたすところ三十銭私が, 六をもの珍らし, 六踊る, 六アダ名を活閻婆, 六アルゼンチン首府ブエノスアイレスの実況, 六インチおきに八インチ, 六インチ以下ですが, 六インチ角に削り, 六ウィンチェスタ・ブシェルの一ラスト, 六カット進む, 六カット終了午前七時近し, 六カペイキの耳飾, 六カペーカになります, 六カラットから十カラット前後の, 六カランカランと鳴る, 六カロリーバターが八匁, 六カ一〇カ或ハ二二〇以上アルニ決ッテイル, 六カ国語を自由自在, 六カ年在学すること, 六カ年計画の実施, 六カ年間渦巻中で捲き上げられ, 六カ所回診するうち, 六カ所股が二三カ所, 六カ敷かろう, 六カ月がかりではるばる, 六カ月ぶりのこと, 六カ月もの間上手にもみ消し, 六カ月七十人の八カ月, 六カ月以上一定の地, 六カ月以上七カ年以下の懲役, 六カ月以前にさかのぼる, 六カ月以前小生の家賃, 六カ月以来ある程度までの, 六カ月位だったそう, 六カ月分前払いでなければ, 六カ月定期のお, 六カ月目には字引, 六カ月石川兵蔵は同, 六カ月程度の未熟, 六カ月速成式のこと, 六カ月間入牢すること, 六カ月間奮激さしたのみ, 六カ月間牢にはいる, 六カ月間私の好き自由, 六カ月間陸にあげられ, 六カ町というもの, 六キロ幅三キロに及ん, 六キロ綾部との中間, 六ギリシアの寺院, 六クヲタア以上は消費, 六グルミが二顆, 六グロッシェンしか持っ, 六グロッシェン盜ったん, 六ケ敷ことばかりもいはれなくなるだらう, 六ササギでもキャベツ, 六サンチームの金, 六シアトルへ向かう, 六シムフォニイ田園交響楽というの, 六シリング八ペンスに下落, 六シリング六ペンスであった, 六シルリングの廉価本, 六シンガポールに着す, 六シーズンのあいだ, 六という一句, 六ジニ少シシカ間ガアリマセンデシタ, 六スウかせいで, 六スコットランドの結婚式, 六スペイン人の妄信, 六スラリとし, 六スーきり持ち合わせがない, 六センチメートルもある, 六センチ表紙の背, 六センチ足らずの突起, 六セント半の買物, 六ダカラオレハ隠居ヲシテ早ク死ンダガマシダ, 六ダケガ目的デアル, 六ダブリンの実況, 六ッかしくなるもの, 六ッ今度こそはほんとう, 六ッ伝六ッいいぐあいにつじ番所, 六ッ十手の用意, 六ッ時前頃又高柳, 六ッ雪をかい, 六ツかしやを言, 六ツごろになる, 六ツごろ白地に赤二本引き, 六ツすぎまで少しく, 六ツどころでは, 六ツひつぱたいてくるりと, 六ツェントネルで各, 六ツェントネル平均として協定標準, 六ツカシイコトバカリ云ッテ困ッタカラ, 六ツカシク大心配ヲシテ, 六ツカシク云ウカラ先ズ悴ヲヒドク叱ッテヤッタラ, 六ツケ敷云ふゆゑ何か最初, 六ツバカリ坐つて, 六ツ七ツ八ツにもなれ, 六ツ七ツ十五六二十一二十七三十一四十四が手痛い, 六ツ七ツ召上るだけ, 六ツ七ツ秀吉のまわり, 六ツ七ツ茸を薄, 六ツ下の三十三, 六ツ九ツ八ツと数えまし, 六ツ五ツと下げ, 六ツ位の女の子, 六ツ八ツならば, 六ツ前に並べ, 六ツ半頃庭に盥, 六ツ命を惜しみ, 六ツ四ツ数えて, 六ツ四ツ數へて七ツ八ツ, 六ツ土地のもの, 六ツ息する間, 六ツ敷しいと, 六ツ時後の夜, 六ツ時登城すべし然, 六ツ比に岩窟, 六ツ泊りの七ツ立ち, 六ツ用意して, 六ツ目を左折, 六ツ私は口, 六ツ葵の提灯, 六ツ袂を連ね, 六ツ買つて来たの, 六ツ近くにここ, 六ツ違ひだつたから六十七歳, 六ツ餅をとっ, 六デップリ脂の乗った, 六デハ物足リナイガ訥升ガ揚巻ヲスルト云ウノデソレガドンナニ美シイカト思イ, 六トナラマトルあるいは金星周期, 六トン二本マストのスクーナー型帆船, 六ト意休ト揚巻ノ三枚, 六ドイツの二二・四, 六なる女ハ, 六ニニギの命, 六ノット速力が迅, 六皆脚ニタイツオ穿ク, 六ハコノ時ガ最後デ三十六年ニハ死ンデイル, 六ハワイの実況, 六パイだ, 六パーセント増に対して女子六一パーセント増, 六パーセント減の労働人員, 六ヒヨツトコの國生れ, 六フィート先も見えなくなる, 六フィート周囲六インチに達し, 六フィート四方位の場所, 六フィート幅三フィートで一つ, 六フィート幅八フィートか十フィート, 六フィート横三フィートばかりの大きな, 六フィート止期なしに, 六フィート近くもあっ, 六フランその他少しの, 六フランス紀行の部, 六プロセントくらいになった, 六ベエが言った, 六ベスが二十四, 六ベルリン博物館内の仏像, 六ペエジの長, 六ペエジ以上もある, 六ペンス也のブリキ, 六ペンス銀貨一枚も得ない, 六ページ目に, 六ページ練習題のところ, 六ホワイトハウスの緑蔭, 六ホンコンの美, 六ポンド貰つた, 六マイル私はゆったり, 六マジナイ神水および守り札, 六マニラ行およびその, 六マリアの像, 六マルク目の銀貨, 六りぐらい, 六ミリフィルムを売り出し, 六ミリ天然色映画をとる, 六ミリ映写機の滑らか, 六ミリ級の小型, 六ムサシといったよう, 六メエトルの空中, 六メートル〇七を出し, 六メートルごとに枝道, 六メートル上に不発, 六メートル二五に迫った, 六メートル先きのテーブルのその, 六メートル四の俚称赤谷, 六メートル男體よりも六メートル, 六メートル短波長電波を選んだ, 六多分ソノ時分ニハ行ケル, 六モーニングのよく, 六ヤイ手前どう思う, 六ヤソ教と仏教, 六ヤソ昇天の日, 六ヤード以内のところ, 六リットルでありアリカント, 六リットルピーター大帝の樽, 六リーヴル金貨二枚くらいはかかるでしょう, 六ルーブリ五十カペイキでそれ, 六ルーブリ近くだと, 六ルーブル払ひました, 六レアルス・ヴェロンに過ぎなかった, 六ロンドンの黒煙, 六ローマ法王の歴代, 六見タ時ハ, 六ヲ用ヒ詩ハ白氏ノ祖トスル流ハ措テ論ゼズ, 六しい場合, 六ヵ寺あった, 六ヵ年の間, 六ヵ年前後八ヵ年二十五年の間, 六ヵ月あまりの間, 六ヵ月その間可哀そうに志水幹, 六ヵ月ぶりで来, 六ヵ月以上七年以下の懲役, 六ヵ月位の生活, 六ヵ月位あとのこと, 六ヵ月余りたつうち, 六ヵ月分の家賃, 六ヵ月分以上のまき, 六ヵ月四犯は四十年矢張窃盗, 六ヵ月目に浮き上っ, 六ヵ月苦役を宣告, 六ヵ月足らずしかたっ, 六ヵ村の人々, 六ヵ条にわけ, 六ヵ町という大火, 六ヶ国語を操った, 六ヶ寺から絶交, 六ヶ年在京の諸, 六ヶ年間松年画塾にい, 六ヶ所共同便所が四ヶ所, 六ヶ敷けりや手伝つて, 六ヶ敷げに理窟, 六ヶ敷ことである之, 六ヶ敷さを貼り付け, 六ヶ敷さうに勘定して, 六ヶ敷なつたので, 六ヶ敷ク品ものニ, 六ヶ敷事件の後, 六ヶ敷候に付増夫, 六ヶ敷名の人, 六ヶ敷字音である, 六ヶ敷屋でもない, 六ヶ敷拂ひ殘, 六ヶ敷文句ばかり書い, 六ヶ敷文字を用いた, 六ヶ敷方には違, 六ヶ敷様だな, 六ヶ敷相に動かし, 六ヶ敷経文は案外, 六ヶ敷顏をし, 六ヶ月くらゐの, 六ヶ月ぢやなん, 六ヶ月づつ之を循環崇拝, 六ヶ月五尺二寸四分二十一貫五百匁が歯力, 六ヶ月以上も過ぎます, 六ヶ月位あとのこと, 六ヶ月余りもそれ, 六ヶ月夜が六ヶ月, 六ヶ月期間の借金, 六ヶ月禁錮の宣告, 六ヶ月經つてから彼, 六ヶ月經過した, 六ヶ月罰金百二十圓の處分, 六ヶ月踏堪へさ, 六ヶ月近くまで自分, 六ヶ月速成の語学力, 六ヶ月間びっこを引き私は数週間, 六ヶ月間人間界へ擯出, 六ヶ月間拘置されたの, 六ヶ村八千と言わるる, 六ヶ條を擧げたる, 六・一です, 六・一〇六以下並びに註參照, 六・一一八にダンテ自らキリスト教, 六・一九鑰は天國, 六・一二〇瓩次に私, 六・一二四に出, 六・一二場所はフィラデルフィア, 六・一五一以下に見, 六・一六及び二〇, 六・一分です, 六・一四以下及び二七, 六・一対一である, 六・一自粛一足先に飲ン平, 六・一自粛政府の決意, 六・一自粛馬小屋には裏座敷, 六・七・八のプラン, 六・七・八・九四場をやり, 六・七世紀のシェイクスピア, 六・七五にはウェルギリウス, 六・七五メートルになるであろう, 六・七人の同志, 六・七歳頃からと見れ, 六・七里に当る, 六・三〇九以下に曰く, 六・三・三・四の新, 六・三一であ, 六・三七を引照, 六・三三十日六・四三十一日六であった, 六・三八にいづる, 六・三八キロに当る, 六・三分の一パアセントの増加, 六・三制は全額国庫負担の義務教育, 六・三制予算丸けずりの, 六・中七等と称えた, 六・九に比し, 六・九〇〇瓩も少い, 六・九位でした, 六・九度であって, 六・九米で両, 六・二七番に一八五二年, 六・二三六以下に, 六・二八よりも約, 六・二十七の頃, 六・二四富者の言, 六・八どまりの有様, 六・八八三にいづる, 六・八六に短縮, 六・八六時間ですむ, 六・八午は六・一分, 六・六ツェントネル平均として協定標準, 六・六・四・二という間, 六・六一八二一年には一対一三一・一, 六・六二十五日六・五です, 六・六倍ほど, 六・六八・七〇番でアルサンドロ街, 六・六四以下及び地, 六・四この日, 六・四・二という間, 六・四一・四四・四五・四七・四八等の諸, 六・四三十一日六であった, 六・四九以下同七三, 六・四二ですなわち, 六・四二十四日六・六二十五日六・五です, 六・四半と洗面所, 六・四后から床, 六・四四呎であるのに, 六・団八の膝栗毛, 六・3だが, 六一〇七〇〇である, 六一〇年一月六日にマードレ・デ・デウス号, 六一〇年代には既に, 六一〇年頃出たベロアル・ド・ヴェルヴィル, 六一つ芸の名, 六一オランダ政府の保護金, 六一パーセント増特に造船業, 六一・七に, 六一・三に対して一七・七, 六一・九%までは汽船, 六一一女子一六八三四五七合計三二四八〇六八であった, 六一一年新イスパニヤ, 六一一年七月に自分, 六一一頁になる, 六一七〇はその, 六一七一〇であった, 六一七一八頃までにたたき込んだ, 六一七五五年には一対一〇八, 六一七年時の名, 六一三年氏はオランダ政府, 六一三年江戸でキリシタン, 六一三頁になる, 六一九であること, 六一九二六年即ち大正十五年八月二十三日, 六一二メートルの三角点, 六一二三四と実に, 六一二五一〇四五八である, 六一二億ルーブルでそのうち, 六一二年八月にオランダ, 六一二年彼女が四歳, 六一五名中婦人は一五人, 六一五年第二回, 六一人位そりや譯, 六一僧侶裁判の組織, 六一先生畫になります, 六一党率いて, 六一八キロメートルを下らず, 六一八二一年には一対一三一・一, 六一八人の中, 六一八人既婚女子一六一八人の中, 六一八年商人に扮, 六一八年英国の軍人, 六一八年頃からヤソ会以外, 六一六だけ増加, 六一六頁に盜人, 六一四メートルから一九五一・五メートル, 六一四万五二九二斤の生糸, 六一四四七〇九となり, 六一四年一月二十八日切支丹国禁外国教師追放を発令, 六一年モンタプルチアーノにポデスタ, 六一年ユーゴウはこの, 六一年二月十九日なる農奴解放, 六一年二月四日の条, 六一年五月のある, 六一年五月八日に生れた, 六一年六月にルイス・ダルメイダ, 六一年四月南北戦争が勃発, 六一年彼が四十八歳, 六一年来の内乱, 六一年法王ウルバヌス四世の批准, 六一年農奴解放が行われた, 六一廻り上で川口, 六一流の武士的良心, 六一爺の地処, 六一番と称する, 六一番地であって, 六一番星が六〇, 六一病院に入院, 六一立方粁しか出し, 六一章に出, 六一菩薩俄に元, 六一菩薩裸男を顧み, 六一蒲生郡川守村鐘が嶽, 六一號鵞湖山人なり孰, 六一見しかるべき大家, 六一輩に突, 六一金曜日の旅行, 六一門の名, 六一頁あるから, 六一頁バルフォールの, 六丁中の茶屋, 六丁五号活字二段組でぎっしり, 六丁位の所, 六丁向うの海上, 六丁小屋は尾上町, 六丁小山というところ, 六丁松井田駅なり, 六丁桜並木の蔭, 六丁櫓の夫, 六丁歩るいて, 六丁目七丁目あともみない, 六丁目擬宝珠屋根に桃, 六丁目県立高等女学校内運動場の一隅, 六丁目行きの停留所, 六丁目辺りまで毎日小僧, 六丁目里見氏宅ではあ, 六丁線路を伝っ, 六丁美江寺駅に到る, 六丁荒縄でしばつたの, 六丁釣場へ出かけた, 六丁隔った原っぱ, 六丁離レタ所ニオ誂エ向キノ家屋ガ一軒売リ物ニ出タノデ, 六丁雪の中, 六七〇平方キロで割った, 六七〇平方キロ余りある, 六七さいの少年, 六七すつかり月代, 六七のをもう, 六七りゅうは十八, 六七カット撮ると, 六七カ国語ができ, 六七キロもあろう, 六七スーの金, 六七センチメートル横幅一〇一センチメートル裂片の広, 六七ページ読んだらいや, 六七マイルのむこう, 六七マイル程度のこの, 六七ルーブリだ, 六七ロッド平方の塚, 六七ヵ所に紙旗, 六七ヶ月後に家出, 六七・八両年にわたって二回, 六七一〇七一九の人口, 六七一フィートに出でず, 六七一八一一年には五, 六七一年にムーエット, 六七丁といへり, 六七丁往って終に, 六七丁目にわたった, 六七丁目違つたところ, 六七七〇〇〇という人口, 六七七〇円にのぼっ, 六七七六となるであろう, 六七万で足りましょう, 六七万両ぐらいの償金, 六七丈幅二間ばかりに見, 六七三十がらみという青年紳士, 六七三四フランに高められるであろう, 六七三年までその, 六七世紀どまりになっ, 六七世紀頃にはかなり, 六七両給金八九両地代二十二三両都合百両余を費すべし, 六七九八〇ページ八二からページ八五, 六七二十の頃, 六七二年ニューイングランドの開拓者, 六七二年以後に植え替えられた, 六七五〇万ドルの利息, 六七五磅を用いるであろう, 六七人あっしの首っ玉, 六七人いずれも榻, 六七人そこここに散点, 六七人コンフェットウや紐, 六七人ゾロゾロと這入, 六七人三十五六から五十ぐらゐまでの男女俳優, 六七人人馬か何, 六七人伴の旅人, 六七人位の連中, 六七人力を併せる, 六七人吹溜りのやう, 六七人団隊で東山辺, 六七人小僧をおい, 六七人川田順さんがいちばん年少者, 六七人庭方の小者, 六七人情人がありました, 六七人手に, 六七人手勢を揃え, 六七人明神様の境内, 六七人明神樣の境内, 六七人木戸をくぐりました, 六七人枯木や枯草, 六七人柵につかまっ, 六七人毎晩井筒屋のあたり, 六七人汗まみれになっ, 六七人漕手がいる, 六七人目に来た, 六七人肩を寄せ, 六七人膳を並べ, 六七人芸妓が附い, 六七人若殿様の車, 六七人薬山は十衆, 六七人足場のいい, 六七人路ばたに, 六七人随えた一見, 六七人集つて下落合の誰か, 六七人黄河の方, 六七仏英結婚手続きの相違, 六七以後はなにもかも, 六七体ほどならべ, 六七俵は取れる, 六七個あるあり, 六七僧侶の兵役, 六七億の税, 六七億円もかかる, 六七兩にも相成, 六七八三ノ, 六七八九人の子, 六七八九月に至る, 六七八九条また十条, 六七八年七十九歳で永眠, 六七八日の両, 六七八日あたりまで爆発, 六七八杯は請け合い, 六七八行に於, 六七六年であるから, 六七六年パリ板タヴェルニエーの, 六七六年マドリット板ナワレッテ師の, 六七六年マドリッド板ナヴァレッテの, 六七六年マドリッド版ナヴァワッテの, 六七六年巴里版タヴエルニエーの波斯紀行一卷六一六頁, 六七六年版タヴェルニエーの, 六七册披き見る九月十四日, 六七分の一となった, 六七分の間に行かれる, 六七分以上ハ草木生セサル程, 六七分位の薄様美濃, 六七分方引き上げねば, 六七分目取り餡, 六七分目づつ位なり, 六七分西洋のそれ, 六七前なる人, 六七割の利益, 六七割マデハ軍服ヲ著, 六七十クヲタアに過ぎないであろう, 六七十トンの小さな, 六七十パーセントまでは視力, 六七十フィートばかり登った, 六七十万ずつの人口, 六七十万フランだと, 六七十両は確か, 六七十両請取たこと, 六七十人中には騎馬, 六七十人仏人は五, 六七十人分拵えさせて, 六七十人真昼間の春, 六七十俵の米, 六七十個百には満たない, 六七十倍ぐらいの岩, 六七十兩の金子, 六七十円しきやない, 六七十円掛つた服でそれ, 六七十円白米は一升百七八十円, 六七十冊ばかりの唐本, 六七十台に及べり, 六七十哩北方のカレタ, 六七十國戰國時代には十國内外, 六七十圓づゝも仕送され, 六七十坪でタクサン, 六七十字前後あるいは三百二, 六七十年以上あったらたまらない, 六七十年前英国の思想家, 六七十年後の今, 六七十年目百年目に此那, 六七十度の傾斜地, 六七十文百に足らぬ, 六七十日のうち, 六七十畳舞台を二十畳, 六七十石千石の炭薪, 六七十米も高い, 六七十萬兩あつた, 六七十軒の小村, 六七十部ぐらいは大して, 六七十銭級といふ現在, 六七千キロは飛行, 六七千メートルの上空, 六七千人にも上る, 六七千六百尺の山, 六七千尺の高地, 六七千斤のチーズ, 六七千本の大根, 六七千箇は有る, 六七反の田畑, 六七台待機させ大手町側, 六七合目から上, 六七合目あたりだ, 六七合目以上は無疵, 六七吋ばかりの高, 六七名いずれも袖, 六七名それも創設当初, 六七名來る, 六七名芸妓とともに円陣, 六七四というの, 六七四十三四までがとまりである, 六七四年に書いた, 六七四株を代表, 六七回エーテルを入れ替へる, 六七回目であったこと, 六七子ありと, 六七字となり, 六七実体らしい老, 六七實體らしい老, 六七寸それが怪物, 六七寸内外径三寸ばかりもあり, 六七寸肩幅が広く, 六七寸雲雀の歌, 六七寺院の集金, 六七対一〇〇という, 六七尋の処, 六七尺一丈ばかりの竿, 六七尺丈は一丈余, 六七尺以上で昇降, 六七尺幅の三角形, 六七尺茎甚だ肥大, 六七巡に及んだ, 六七市外の風光, 六七帖置いて, 六七平方キロに及ぶ, 六七年あたりではなかろう, 六七年むかしの夢, 六七年アイルランドのダブリン, 六七年パリ版ゴダールの, 六七年フィンランド飢饉救済の慈善音楽会, 六七年一日一日と引き摺られ, 六七年一月だったと, 六七年以來の研究者, 六七年以後から十年, 六七年以来離婚条件として姦通, 六七年八月に二隻, 六七年八月二十五日に安楽椅子, 六七年八月十二日のタイムス新聞, 六七年前インフレーションがはじまっ, 六七年前丁度十五位の娘, 六七年前千代子とおれ, 六七年前日本にも来た, 六七年前熊本市の市電争議, 六七年前考古學雜誌に於, 六七年前菱山と机, 六七年前銀座裏で食事, 六七年十一月に生れた, 六七年十五年上の晶子さん, 六七年十月十七日となっ, 六七年学生の伎倆, 六七年川や沼, 六七年巣鴨へゆき, 六七年平清盛は太政大臣, 六七年後の話, 六七年御無沙汰をし, 六七年振りだった, 六七年春子さんはフッツリこちら, 六七年来放任主義であまり, 六七年版のチブルス, 六七年版ヨンストンの, 六七年經つうち二人共, 六七年足をむけた, 六七年車に載せられ, 六七年間それが高く, 六七年頃京都の林新助氏, 六七年頃対州の親戚某氏, 六七年頃自分の中学時代, 六七年養ひ置, 六七年黨與を率, 六七度一緒に山, 六七度接吻なら三度, 六七戸の百貨店, 六七斗それも年, 六七旅じたくの, 六七日ごろまでにみなさま, 六七日一緒にいた, 六七日九日と歩き回る, 六七日休息したが, 六七日前から練馬, 六七日川奈で休養, 六七日目になる, 六七日經たなければ, 六七日逗留ヲシタイトイウカラ泊ッテイルウチハ立タレズイロイロト支度ヲシタラ, 六七時代までの目, 六七時分から妾, 六七時間以上は決して, 六七時間平気でガン, 六七時頃三度のうち, 六七月ニ黄花ヲ開ク, 六七月以来自分は絶えず, 六七月号に分, 六七月号所載の, 六七月頃子を産む, 六七本大根が一本二十五銭, 六七本目の同じ, 六七本高雅な配置, 六七条の葉脈, 六七枚お客の間, 六七枚夏のひと, 六七枚帯も二筋, 六七枚帶も二筋, 六七枚秤量皆此銭ヨリ軽シ, 六七株を出し, 六七正二位勲一等伯爵枢密院副議長芳川顕正氏養子なる子爵曾禰安輔氏, 六七歩前に立ち止った, 六七歩右奥へ畳, 六七歳これも手拭, 六七歳以上の小児, 六七歳位の派手, 六七歳位いまでの子供, 六七歳位運転手風の好男子, 六七歳年を重ね, 六七歳時代の紅友禅, 六七歳時分の家, 六七歳村の娘, 六七歳金髪で相当, 六七歳頃から, 六七歳頃非常に悲觀, 六七殿という, 六七氷河は無数, 六七点だ, 六七町いちめんな磯松, 六七町さきまで野武士勢, 六七町潛つて出ました, 六七町西に行く, 六七町谷川のとある, 六七番目に現れた, 六七畳の板の間, 六七畳席を布くべし, 六七疋鼻を揃, 六七百万坪のうち, 六七百人手続きを踏む, 六七百兩づつ入れて, 六七百兩位都合千五百兩餘の身代, 六七百匁程度でそれ, 六七百名に達した, 六七百尺に過ぎず, 六七百尺通路として高き, 六七百戸といった按配, 六七百挺といわるる, 六七百石しかお納め, 六七百里を行き, 六七目の手並, 六七眉の麗, 六七秒の間, 六七秒目であ, 六七箇所あって, 六七箇月住んで, 六七米低いが, 六七精好の緋, 六七組の客, 六七羽さっきからしきりに, 六七羽のんきにブラ, 六七羽一羽の雄, 六七羽山の背, 六七羽餌をついばん, 六七背高く肩, 六七脚の椅子, 六七色が白く, 六七芒は二十一二, 六七萬位の小, 六七葉を生じた, 六七行の大きな, 六七軒八九軒凡そ十軒ほど素見し廻りたる, 六七軒大小あわせて, 六七軒楽屋口うらに, 六七輛は輿造り, 六七辺も駆け, 六七通りはそれぞれ, 六七通讀者からお, 六七里若月氏と共に十七日早朝, 六七里足羽御厨の北, 六七里隔たりたる山中, 六七重八重に剥ぎとられ, 六七錢の儲, 六七間さきへいっ, 六七間それに海賊その他, 六七間りゅうッと風, 六七間二三の段階, 六七間以上離れた遠方, 六七間來たとき, 六七間先にゆく, 六七間向うの桜, 六七間奧行も十間餘土藏, 六七間後なる波打際, 六七間軒を離れる, 六七階の高層建築, 六七首竝べておきませう, 六万ぢかい大, 六万クラウンに当る, 六万ドルの純益, 六万ペセタでお引き受け, 六万ボルトから三十万ボルト, 六万一千五百三十四方マイルにし, 六万一千余と聞い, 六万七千九十六人となった, 六万七千六人の婦人党員, 六万七千四百二十一円信徒の寄付, 六万三千九百石の代官, 六万三千八百十六切小判で四万九千五百両, 六万三千円というの, 六万三千台の番号, 六万三千四百四十七ポンドなり, 六万両みなつかわそうかといった, 六万両みんな八郎兵衛どのにつかわす, 六万九千六百六十七人合計九十万四千四百十二人とある, 六万九千六百四十四人という, 六万九千円ばかりになっ, 六万九千石毛利大膳大夫様でご, 六万二千を小松寺山, 六万二千人の兵力, 六万五千余人が完全, 六万五千円乃至十一万円, 六万五千石三千万円という話, 六万人以上にし, 六万人分であるから, 六万人口三十万以上の大都市, 六万人近くあるので, 六万以上を有し, 六万体の石像, 六万何千トンかあった, 六万余円これにたいして百九十八万余円, 六万余石そこの城主, 六万余級尽く軍資器械, 六万余騎錦旗の兵, 六万倍に拡大, 六万八千余挺土居四千三百余駄の木租, 六万八千六百八十九人ありしと, 六万八千馬力出る, 六万六千三百二十二人居た事, 六万六千八十フラン六サンチームの金, 六万六千六百余坪南北西の三方, 六万六千六百八十八人あり, 六万円借用の証文, 六万千石の主, 六万反の念仏, 六万吉留八の三人, 六万四千七百四十一ポンドすなわちおよそ, 六万四千八百五人だが, 六万四千米ばかりも喰い, 六万堂も気に入った, 六万姉川に来りし, 六万家族であった, 六万屯の戦艦, 六万平方キロの中, 六万年来の暑, 六万斤ばかり鉛銅, 六万有余円になる, 六万歩七万の大軍, 六万点を受け入れた, 六万町以上ある被害区域, 六万留を掛, 六万石実収十五万石という堂々たる, 六万石斗ありしよし, 六万石相馬大膳亮殿の家臣, 六万石相馬様は外様衆, 六万行願といっ, 六万語づゝ喋りはじめ三時間目ぐらゐになつてやうやく彼, 六万語づゝ六年間もたてつ, 六万貫米穀七千石を提供, 六万遍唱へ候事, 六万部も刷つて, 六万里世界中の民, 六万馬力船の全長三百十三メートル, 六丈上方に天険, 六丈何尺というきまりの, 六丈四尺根廻りは二丈八尺, 六丈囲り四, 六三〇〇〇倍に当る, 六三〇七四と推算, 六三〇年に毒殺, 六三〇年二月二日乗船マリベレス島で難船, 六三さんを江戸, 六三ぴんよた者, 六三めは昼, 六三コント教会を訪問, 六三パリの埋葬場, 六三ベルギー政府の保護金, 六三・一二だったの, 六三・七クヲタアとの差額, 六三一であった, 六三一年までは続けられた, 六三一年ローマ板ボルリの, 六三一年瑞典王グスタフス・アドルフスは独逸, 六三七万ルーブリと五ヵ年計画, 六三七号室である, 六三七年九月十九日薩摩の一角, 六三七年二月である, 六三七年千軍万馬を往来, 六三七年太陽暦の十二月六日, 六三七年末に起った, 六三七年長崎の戸町番所, 六三七年長崎郊外の戸町番所, 六三三九七名が男子有権者, 六三三年ゼスス会の巡察使ビエイラはじめ十一名潜入, 六三三年メヂナに死す, 六三三年周防で捕はれ, 六三三年秋であつ, 六三三年穴つるしといふ, 六三三年長崎附近で行き倒れ, 六三三年露顕した, 六三九及び二七・八七七, 六三九年九月二日ポルトガル人追放ポルトガル船来航禁止を云い渡した, 六三二年グチエレスが刑死, 六三二年グチエレス刑死の後, 六三五年アムステルダムにおいてデカルト, 六三五手紙は半紙, 六三亭の主人, 六三人目は主人, 六三代つらぬく筆硯, 六三何として此戀, 六三八年アムステルダム板リンショテンの, 六三八年二月十四日に戦死, 六三八年仙台で捕へられ, 六三公みんな胃袋そのもののよう, 六三六頁になります, 六三制は州によって少し, 六三制は巧く行かないから, 六三制学校の整備, 六三十七三十八それから三十九, 六三十七五十六七十三百七等の諸, 六三十五ミリなどまたは, 六三十日の期, 六三四五七等の種々, 六三四四であること, 六三四年に将軍, 六三四年江戸市中引廻しのうへ, 六三四等の種々, 六三天地に哭き, 六三年ハンガリイにおいてトルコ軍, 六三年フランスのトノン氏, 六三年ロシアはあの, 六三年一月の日記, 六三年九月にはなお, 六三年二十二歳の時, 六三年二月十五日フーベルスブルグの講和成立, 六三年五月に調べられた, 六三年五月下旬ダルメイダが口, 六三年十一月二十四日リンダのランゲナウ, 六三年四月二十七日附堺発のビレラ, 六三年法刑及び懲役, 六三年獨逸ノガット, 六三年頃あれね, 六三年頃ジェネバなるヘルチェン, 六三暇を傳, 六三此金に眼, 六三歳で死んだ, 六三浦を襲った, 六三番松高四番菊地鉄平五番遠山六番安立七番芹沢八番斎藤と極めた, 六三礼拝の度数, 六三邸を立退い, 六三郎派の老女師匠, 六三郎親子のもの, 六三金と打ちこむ, 六三金これも負けず, 六三露顯の曉, 六に相州厚木辺, 六上士族は大抵, 六下りたところで, 六下口の七ツ, 六に局, 六世ごろまでの猛烈, 六世ふたりともいまだ, 六世ロベスピエエルサヴォナロラなぞの肖像, 六世三谷氏系圖では第, 六世信全は桃酔軒, 六世内記方守は系図, 六世小山内朝之助だぞ, 六世弥忠太は番方, 六世暗愚なりと, 六世朝の財政, 六世死刑執行の日, 六世水津氏の信重, 六世皇孫である俊寛, 六世紀ごろウパニシャド製作の時代, 六世紀ケーニヒスブルクの薬学者, 六世紀スコットランドにおける聖女, 六世紀ニッポンで申します, 六世紀フランスの物語作者, 六世紀ロンドンの汚物, 六世紀中葉のリヨン, 六世紀中頃の太平洋, 六世紀以來の遺物, 六世紀以後に建てられた, 六世紀以後ルネサンス後の世界, 六世紀以来今日の経済学, 六世紀以降のイタリー, 六世紀初年の人, 六世紀前に記されず, 六世紀太閤秀吉の愛顧, 六世紀後半に出版, 六世紀文化十七世紀文化それぞれ同じフランス一国内, 六世紀日本の改造統一, 六世紀最後の年, 六世紀末から十七世紀, 六世紀末以来のイングランド, 六世紀末十七世紀ドイツの紛糾混乱殺戮, 六世紀末十七世紀初頭のヨーロッパ, 六世紀的ヒューマニズムだ, 六世紀的表現であります, 六世紀鎗にいたる, 六世紀頃イタリー人がスペイン領マヨリカ島, 六世雪中庵と称した, 六世高等学校の教授, 六丙午年は不思議, 六両ぢやね, 六両一歩二朱焼酎入りの徳利二本, 六両三百石となれ, 六両余である, 六両四分の三千の寝床, 六両国橋見せ物に六足馬絵, 六両版に掲載, 六両秤をつかえ, 六両金ヲ出, 六並みの鑑定, 六个郡之鎮守, 六の妹, 六中会議区七十三小会議区, 六中指を七, 六中枚も有る, 六中肉中背のよく, 六中間層の問題, 六中隊は中隊長代理, 六丸殿御幼少なれば, 六丸込ミな礼ども, 六主人の源兵衞, 六主従四人真柄に馳, 六久枝は二十, 六之進早意, 六未六月廿二日卒, 六九〇二二三となるであろう, 六九・二に対して農村需要品, 六九・五パーセントは九歳, 六九・八パーセント増加した, 六九一一一八二〇年には三〇, 六九一一人とし, 六九一年の十二月三十日, 六九一年八十一歳で永眠, 六九七年豕一疋神の肉, 六九三一と見積られた, 六九三九・六日に当り, 六九中学および大学, 六九九年の五月, 六九二七であって, 六九二年ないし一七五七年, 六九五から一七七一年, 六九五六でありそのうち, 六九人のうち, 六九八六であった, 六九八年でありましたが, 六九八年ブルユウの, 六九八年間康煕帝の勅, 六九六という人口, 六九六八五七でありこれ, 六九六戸死者一〇九一人を生じた, 六九十一なる数, 六九号へ録, 六九四は旧, 六九妻の血統, 六九年アルゼリアのコンスタンチナ市裁判所, 六九年インドの北西部飢饉, 六九年コルレの戰, 六九年シエーナ及びその他, 六九年シベリヤ流刑を宣告, 六九年パリに生れた, 六九年三月八日に瞑目, 六九年三月末惟政の命, 六九年中に百二十七人, 六九年八月五日の夜, 六九年六月と十二月, 六九年創立の, 六九年十二月下旬から七〇年五月上旬, 六九年即位が一九〇〇年, 六九年日本全土にしかれ, 六九年春光麗な一日, 六九年板トザーの, 六九年版バンクロフトの, 六九死亡総数は四, 六九県のうち, 六九英国と大陸, 六九賽銭の掲示, 六九頁ウッドの, 六の内訳, 六干しに, 六事件以前であったから, 六事件以後流言飛語の類, 六事件内閣は組閣, 六事件後のこの, 六事件発生の当時, 六事件直後から二流新聞, 六事情あり, 六二〇・八メートルの裾, 六二〇年メイフラワー号で米国, 六二〇年江戸附近で衰弱, 六二〇年頃には三千人, 六二〇番だ, 六二クヲタア一四四クヲタアとなり, 六二コーヒー耕地日本移民の状態, 六二ページにもその, 六二・〇九銭支払えば, 六二・七キログラムに九〇・七個, 六二・二メートルの三角点, 六二一のシュワイツア夫人, 六二一六円という具合, 六二一年四月の事, 六二一年彼が執政官, 六二一番を叩い, 六二一番俺の札, 六二七一六であり一八二一年, 六二七年一月二十五日に生まれました, 六二三年十一月二十六日管区長フライ・アロンゾ・デ・メンチェダ神父によって修道服, 六二三年家光が将軍, 六二三年江戸芝で火あぶり, 六二三頁に英国, 六二九年長崎附近で捕へられ, 六二九年頃から東北, 六二二年大殉教の年, 六二二年宗教的地位を得る, 六二二年田平で火あぶり, 六二五三三四に過ぎない, 六二五年頃からである, 六二五番地というあたり, 六二倍の大判, 六二倍大の雜誌, 六二僧侶の会議, 六二八でありこれから, 六二八年仏国ラ・ロシェルに立て籠った, 六二六となる, 六二六二七一六であり一八二一年, 六二六年島原で捕はれ, 六二六年島原山中で行き倒れ, 六二六年癩病小屋に潜伏中逮捕, 六二六年長崎で火あぶり, 六二六頁になっ, 六二六頁ウェブストルの大, 六二十一二十七三十一四十四が手痛い, 六二十七二十八二十九の四日間, 六二十七二十八日の三日間, 六二十七二十八歳といよいよ, 六二十七八というよう, 六二十五三十三五十六五十七が悪い, 六二十五三十四四十三五十二六十一は文政己卯, 六二十五日六・五です, 六二十四の二百四十円, 六二十四二十五二十六二十七と, 六二十四時即ち一日, 六二合計一〇七八八二すなわち男子出生, 六二四四制であったが, 六二四年仙台領の下, 六二四年頃からは日本, 六二四部隊の一部千何百名, 六二四部隊杉部隊の浜島茂, 六二対一〇〇であったが, 六二年一月十九日すなわち大王悲境, 六二年七月五日に豊後, 六二年侯が死ん, 六二年八月の生れ, 六二年八月二十二日パリの郊外, 六二年六月八日にサンフランシスコ, 六二年六月英国のバークンヘッド, 六二年度に日本, 六二年頃からは老年, 六二度一七分二〇秒一九度二分四〇秒というよう, 六二朱まけた, 六二頁以下を見よ, 六二%以上であるのに, 六云一とせ江戸にて何, 六五○年にオクスフォールド大学教授, 六五〇〇〇の人口, 六五〇〇〇〇〇と発表, 六五〇キロに位置, 六五〇・〇〇〇弗の収入, 六五〇分の一だけが引きちぎられ, 六五〇名を追放, 六五〇年これを喜び迎え, 六五〇年以前にはそれ, 六五〇年以前五年間にはそれ, 六五〇年頃に生まれ, 六五〇度ないし七五〇度, 六五〇貫増し身長, 六五サントス港およびモンテビデオ港, 六五センチメートルばかり, 六五タンに上っ, 六五パーセントを社会化, 六五パーセント以上八〇パーセントもあがる, 六五パーセント社会化されること, 六五マイル即ち普通, 六五メートルの高, 六五ローマ宗葬式の景況, 六五・〇〇〇弗づつ増額する事, 六五・二〇〇瓩の下男, 六五一であること, 六五一二・三九三四・二〇に見え, 六五七である, 六五七一その中男, 六五七以下にヴェーネレ, 六五七十の二, 六五七年に法王アレキサンドル七世, 六五三の女性, 六五三年二十一歳で学士, 六五二尺の山, 六五二年に一人, 六五五年その職, 六五五年アムステルダムのエルゼヴィエル版, 六五五年前後らしいと, 六五以下に曰く, 六五倍に当る, 六五八メートルからアイゼン, 六五八九二四といったよう, 六五八五の小粒, 六五八年クロムウェルは死んだ, 六五六一九であること, 六五六米で第, 六五千まで数えれ, 六五千二百七十六に三八, 六五四三二一の義, 六五寺院収入の要目, 六五尺六寸五分もあつ, 六五年あたりの新年号, 六五年イタリー一四六六年ギリシヤ一四六八年スイス一四七〇年フランス一四七三年オランダ一四七三年ベルギー一四七三年オーストリヤハンガリー一四七四年スペイン一四七七年イギリス一四八二年デンマーク一四八三年スエーデンノルウエー一四八七年ポルトガル一五三三年ロシヤそして北米合衆國, 六五年ナポリ王國を征服, 六五年ブライト氏はバーミンガム, 六五年ロムバルディアのギベルリニ黨, 六五年三月十七日であったと, 六五年二月三日にフィリッピン, 六五年京都で将軍暗殺, 六五年以後の新鋭船, 六五年再版ド・ロシュフォーの, 六五年十月三十日無事にアカプルコ, 六五年即位が一九一〇年, 六五年執政が一九一四年, 六五年度のポルトガル船, 六五年板シーフィールドの, 六五年頃には既に, 六五歳六男翠暫四歳七男成善二歳の四子二女, 六五流行品の交換, 六五片の花弁, 六五米で小, 六五糎もある, 六とも, 六交響楽も同じ, 六人あとの十一人, 六人いっしょでしたから, 六人いっぺんというわけ, 六人おいでになりました, 六人おせんを野尻宿, 六人がきのどく, 六人ぐみの手品使, 六人ぐらゐの男にうまく, 六人けいじが, 六人ごろんごろん寝, 六人さんいらしって, 六人しきや居ない, 六人しずかに然し, 六人すべてで十九人, 六人せつせと, 六人そつくりで見張り, 六人その他へも広汎, 六人それぞれ抽せん機を前, 六人たき火を三つ, 六人ぢやありません, 六人つきの早, 六人つていふ人数, 六人つまり三組ばかりは夫婦, 六人つめ掛けて, 六人づつ組を作り, 六人づれで向島へ遊び, 六人づれで奥の室, 六人づれ七人づれで此処へやって来, 六人づゝも一団になつ, 六人づゝユテコの役, 六人のりだという, 六人ばらばらと浜, 六人ひとりずつ職員室, 六人ほかに日本, 六人みな銃を手, 六人みんなピストルをにぎっ, 六人むちを鳴らし, 六人ゆうべこっそりこの, 六人インドへ送った, 六人グループを作つて, 六人サロンへ来, 六人シトシトと深夜, 六人スツカラカンになつて, 六人ゾロゾロと前, 六人チョークで白い, 六人テリヤアを一匹, 六人ドカドカと二階, 六人ナイフを抜い, 六人ハチマキをしめて, 六人バラバラッととびだし, 六人ブンなぐったらそれで, 六人ポルトガル人六人であった, 六人マンのとなり, 六人一かたまりに, 六人一つ処にかたまる, 六人一トなだれとなつて下, 六人一並びぐらいの板張り机, 六人一二年生は十二人, 六人一人は歌い, 六人一匹はこうして, 六人一同に山崩れ, 六人一団になっ, 六人一座でさ灯, 六人一手は園山樣, 六人一括げの扶持, 六人一歩あるくに, 六人七つ八つから十三四, 六人七人及び七人半, 六人七八人居ない家, 六人三つの印刷工場, 六人三階正面の奈々子, 六人与力十騎同心二十人がゐる, 六人並おしろい気なしの, 六人中に文平, 六人中官八十四人下官百五十四人総人数二百六十九人, 六人中間三人主從十人に候處只今, 六人中鬚髭の有無, 六人之れを, 六人乗の自動車, 六人乘りの, 六人九州の鹿児島, 六人二メートルくらいはなれ, 六人二人を中, 六人二十三日も十六人, 六人五葉松の背景, 六人京都に往, 六人人が寺, 六人人妻が三人, 六人今度は手, 六人仏壇の前, 六人令嬢やら令夫人, 六人以上は乗れない, 六人以上じゅんまわりに朋輩, 六人伴れ訴人, 六人何れも支那人, 六人何処かで飲ん, 六人何者ぞとすれちがうおり, 六人余りも寄り集っ, 六人佩剣を鳴らし, 六人來りし, 六人信徒が中, 六人八五郎に号令, 六人八人と数, 六人八人十人と見る見る, 六人六方へ分かれ, 六人六様の手紙, 六人共皆目分らない, 六人共皆宮中に留っ, 六人円卓を囲ん, 六人処刑されたらしい, 六人出張して, 六人列を造っ, 六人前淹れたっとく, 六人剣を抜き, 六人劇とダンス, 六人募集に應, 六人医師に引率, 六人十二本の足並, 六人十人と数, 六人十代前の祖先, 六人半ないし七人, 六人半分は女優, 六人半日半夜で大阪, 六人協力して, 六人去年の九月一目, 六人参議院のほう, 六人叔母のお, 六人取り交ぜたブルジョア, 六人口をまかなっ, 六人口三百と算, 六人召仕ひ何れ, 六人召集される, 六人右に左, 六人合計四十二人といふ澤山, 六人同室は猿, 六人同道せい, 六人名のある, 六人向うも五六人, 六人命を賭け, 六人喜作の一家, 六人四五丈高き断崖, 六人四五人づつ横の列, 六人四方より滅多, 六人四畳半には三人, 六人団結して, 六人坊僧一千九百四十七人尼一千九百七十五人あり, 六人声をしそろえ, 六人外に飾り立てられた, 六人夜討ほどの勢ひで, 六人大手を拡げ, 六人大競馬に連れ, 六人太夫三味線弟子等合して, 六人女の子がひとり, 六人女三分の四段ずつ八人, 六人女十六人合計四十二人といふ澤山, 六人妾の寝台, 六人子がいる, 六人子持だ, 六人学校に来られた, 六人學校に來, 六人官庁三人の小, 六人宛交代して, 六人宛置候が澤, 六人宵のうち, 六人家根へ追い上っ, 六人寄つて来て, 六人寄つて立話をし, 六人寄り集って, 六人富士の裾野, 六人小頭七人足軽二百二十四人を率, 六人少年六七人をひきつれ, 六人山伏の姿, 六人左右に忙しく, 六人平士九人徒六人小頭七人足軽二百二十四人を率, 六人平次と八五郎, 六人広間にい, 六人店を通して土間, 六人庫裡に集つて経, 六人庶出六人計十二人, 六人役ですむ, 六人役場の一室, 六人往来にあつまっ, 六人従ふ, 六人從いて, 六人心張棒天秤棒から長押, 六人戦場を遁, 六人手傳ひに, 六人扶持取締りになっ, 六人技手以下測量人夫三百八十人充分なる食糧, 六人持ちの大, 六人掛りで大, 六人揚幕から, 六人教師になっ, 六人斉しくその, 六人料理は三の膳, 六人料理人が若干人, 六人斯うなると, 六人日本人ヤソ会士三人その他日本人信者十七人が京都, 六人望遠鏡を手, 六人木立を捜, 六人木蔭を選ん, 六人案内者二人通弁一人と都合九人, 六人桐油で包んだ, 六人歌につれ, 六人残つた友達が一処, 六人殘つた, 六人殘つた關係者は大, 六人江戸へ向け, 六人泥田に投げ込まれ, 六人浴槽の側, 六人海水浴をし, 六人満載して, 六人溺死す野根浦, 六人滿身の媚, 六人漁に出, 六人漁村の男女, 六人焚火にあたりつ, 六人無事に亜米利加, 六人牀上を占めな, 六人片手の抜身, 六人犬が六七頭, 六人狩り集めて, 六人珠数つなぎになっ, 六人生の悲哀, 六人生存他は病歿, 六人男そいつがみんな, 六人男どもが本当に, 六人男達七八人いづれも, 六人番頭の左太松, 六人白浪といい, 六人皆愚の字, 六人皆無事だ, 六人皆配達に行く, 六人目位の位置, 六人目高を掬っ, 六人相集まり互いに, 六人相前後して, 六人瞳を揃え, 六人石動山のお札, 六人石村の家, 六人神社の裏手, 六人種などに引け, 六人箱を枕, 六人紙旗を青竹, 六人絵巻も六人, 六人網を張っ, 六人総勢十人ぐらゐの子供等がさ, 六人編輯の全員, 六人縁側へ出, 六人罪のない, 六人義太夫を習, 六人胡弓を構え, 六人臥するに, 六人臨時に委嘱, 六人花やかに立ち出, 六人茶袋を手土産, 六人荒物屋の主人, 六人蒲団をしい, 六人藪入り前をここ, 六人血眼になっ, 六人衆上席の内海孫兵衛, 六人行列を作つて, 六人裸になっ, 六人西洋人らしい無造作, 六人親鸞聖人の木像, 六人角を曲る, 六人詰つて居る, 六人譽め四人誹るもの, 六人資本を出し, 六人赤黄紫などの小, 六人足軽十四五人山掘夫四, 六人跡箱二ツ引馬一疋長柄草履取合羽等にて數寄屋橋内町奉行, 六人軍部の手, 六人近衛軽騎兵千百九十七人, 六人通り合せた, 六人連で茶摘, 六人連中を狩り集め, 六人運動場に出, 六人道人を目掛け, 六人違警罪一人迷児十四人と聞く, 六人選抜する, 六人郡山八十八人大聖寺八十三人であります, 六人部女史のはなし, 六人部屋の一隅, 六人部暉峰さん景年さんの塾, 六人部雅楽福羽美静らの平田派, 六人配達に出, 六人野幇間の善吉, 六人釣をし, 六人釣竿を側, 六人銘々思い思いの, 六人銭の音, 六人鏖殺されたこと, 六人闖入し強姦事件, 六人隊を組ん, 六人集つただ, 六人集つて何かおもしろ, 六人集つて芝の丘, 六人集まり居りたる中, 六人集り酒を呑皿小鉢, 六人集全体の感じ, 六人雑談しながら, 六人雪の上, 六人青春の男子六人, 六人非常を警しめ廣庭, 六人頭をそろへ, 六人額をあつめ, 六人飢餓のため, 六人首つ玉, 六人香椎六郎の後ろ, 六人駕籠脇の侍, 六人驅り出して, 六人體へは赤合羽, 六人鬼が島, 六人鵜舟が四艘, 六人鶴嘴を振り上げ, 六帰るか, 六今年は大厄, 六二人は, 六付きたるが, 六の切手, 六仙これが填補, 六代めの孫たち, 六代七代と将軍家, 六代三右衞門はわたくし, 六代亀之助様のお供, 六代人間の九代, 六代仁徳天皇に於かれ, 六代代々扶持せられて, 六代位前に丹波, 六代信虎の子が信玄, 六代孝徳天皇である, 六代孝謙天皇と申し上げ, 六代家宣七代家継九代家重十二代家慶十四代家茂などであっ, 六代家達公と霊廟, 六代将軍最後に増上寺, 六代將軍に用, 六代後の落魄, 六代後醍醐天皇が即位, 六代後醍醐天皇北條九代の執権相摸守高時, 六代御前松並木も打越, 六代政右衛門さんの末子, 六代最後の精気, 六代桃園天皇の御, 六代様徳川家達公がいた, 六代生まれ更らせて, 六代目のは角海老, 六代目びいきといふ者, 六代目みたいに大っぴら, 六代目ハリキってゐない, 六代目三役早替り結局凝っては, 六代目円生君もしば, 六代目団蔵の像, 六代目大統領ジヨン・クインシ・アダムスは国祖, 六代目市川団蔵大阪に死す, 六代目栄三郎と改名, 六代目梅幸丑之助は六代目菊五郎, 六代目的近代カブキの表現, 六代目菊五郎団七にとつて, 六代目菊五郎狂言座第一回, 六代目菊五郎英造は六代目栄三郎, 六代目見に行く, 六代目通詞目付を襲ぐことは出來, 六代目門之助を襲名, 六代西村東清信士は過去帳一本, 六以下蜂須賀衆の人々, 六件広告されて, 六伊部熊蔵そのほかあまた, 六会席を持, 六会席その他において明治年間, 六伯母のお, 六伯父さよ, 六似たもの夫婦という, 六位ぢや貧乏人, 六位上から従五位下, 六位上丹比間人宿禰に従五位下, 六位上佐伯部三国に外従五位下, 六位医学博士正木敬之氏が溺死体, 六位四人は綾, 六位小柄な華奢, 六位級に置かれ, 六体限りとアッサリ, 六をいう, 六何んと言っ, 六何事か, 六何方も申分, 六となっ, 六併せて十二月, 六併合罪事件ハ最モ, 六の赤面恐怖症, 六信仰の複合, 六俵ぐらゐがこの地方では普通, 六俵それをどうして, 六俵下等には十二俵, 六俵二十把入りその代金六両一歩二朱, 六俵巌シャアロック・ホルムズアルセーヌ・ルパンルコックソーンダイクエラリー・クイーン等々の名前, 六あこれからすぐ, 六倉太は四十七, 六倉庫の前, 六個マッチかんづめ一箱風がふきだしたら, 六個三銭であったが, 六個位の, 六個方陣をそなえ, 六個条が, 六個條を連ねられまし, 六個登山ようのピッケル, 六個盆に載せた, 六個経本入男女名取中, 六個縦に四個左右, 六個處を得, 六個許りとる, 六個負傷者三百八名を収容, 六個軍団で攻囲, 六個騎兵中隊を迎え撃たん, 六個黒ビロードの台座, 六倍七倍となり, 六倍七分五厘人口に於い, 六倍九分に増加, 六倍九分弱の多数, 六倍以上になる, 六倍八犬伝の約, 六倍判十六頁の表紙, 六倍弱の高騰, 六倍強となっ, 六倍水道十二倍にする, 六倍興福寺のおよそ, 六倍近くもある, 六僧侶の月給, 六億あまりの人類, 六億フランばかりのもの, 六億一千万円十年には遂に, 六億万円の歳入, 六億万年前の古, 六億二千万ルーブリ稼いだ, 六億人阿羅漢を得, 六億四〇〇〇万年の長き, 六億萬年一六六萬年七六六萬年八六六萬年等となり, 六億貳百萬圓となつて一億七千萬圓, 六元大坂生れと承, 六元正紀大論に甲子, 六兄いのほう, 六兄いがおれに早変わり, 六先生コックと給仕人, 六先生シッカリしてよ, 六先生之に和, 六先生用筆といふ二十銭, 六を一度, 六党出の野育ち, 六党派的野心ありや, 六入ってくる, 六入道逍遥軒をはじめ, 六全判のロール, 六全紙一枚ズリとすれ, 六兩づつは送る, 六八〇〇〇一八一一年には一〇, 六八〇〇〇年死亡は一八六, 六八〇フィートの長大, 六八〇一八二七であるが, 六八〇三であり一八二一年, 六八〇年一人白馬に騎, 六八〇年度の英国, 六八〇目すなわち六一四万五二九二斤, 六八〇磅との差額, 六八その他の偶数, 六八キロもある, 六八・七〇番でアルサンドロ街, 六八一円一二銭となっ, 六八一年ロヨラの歿後百二十六年目, 六八七八六七一八一一年には五, 六八七六という年, 六八七四五七人であること, 六八七年にはドイツ, 六八三四五七合計三二四八〇六八であった, 六八三年に発表, 六八三年ヴェネチア版ヴィンセンツオ・マリヤの, 六八三年ヴェネチア版ヴィンツェンツォ・マリア師の, 六八三年版マリア法師の, 六八九年の権利典章, 六八九年頃によほど, 六八二七女子の数, 六八二五並びに愛好家協会, 六八二年まで再び, 六八二年コンゴに行った, 六八五七でありこれ, 六八五億ルーブルであった, 六八五年の恐ろしい, 六八五年三月二十一日チューリンゲンのアイゼナッハ, 六八五年二月二十三日富裕な理髪兼外科医, 六八五年信仰自由のゆえ, 六八会費徴集の方法, 六八僧侶被選権, 六八八戸あった, 六八八至一六九八年間康煕帝の勅, 六八六年ですから, 六八半という数字, 六八半これは宿場, 六八四カ日は興照寺, 六八四・〇ミリという今, 六八四年ノルウェイのベルゲン, 六八四年パリ板サントスの, 六八四年天武天皇の時代, 六八回東京都宝くじの抽せん, 六八宗教および教育, 六八年とらへられ, 六八年スイス一四七〇年フランス一四七三年オランダ一四七三年ベルギー一四七三年オーストリヤハンガリー一四七四年スペイン一四七七年イギリス一四八二年デンマーク一四八三年スエーデンノルウエー一四八七年ポルトガル一五三三年ロシヤそして北米合衆國, 六八年ターリアコッツォのあたり, 六八年フランス資本主義に後援, 六八年一月十五日にイェス島, 六八年三月の, 六八年三月二十八日ロシアでは最も古く, 六八年三月二十八日中部ロシアのニージュニ・ノヴゴロド市, 六八年他の教区, 六八年八月十三日ボリビア及びチリ, 六八年十二月の初め, 六八年単行書として出版, 六八年四月三十日上海を発し, 六八年応仁の乱, 六八年日本の明治元年, 六八年版の, 六八年版コリングウッドの, 六八年版ジャク・グレヴァン・ド・クレルモンの, 六八年秋の報告, 六八日となっ, 六八桂で変つて, 六八桂三分考へて, 六八桂今までにある, 六八票で藤沢幾之輔当選, 六八結婚旅行の長短, 六八英里をもっ, 六八%で遂行率, 六公おら帰ろうてや, 六公どこでどうして, 六公六でなし, 六公園内の成巽閣, 六公平松の旦那ちの地所, 六公立小学校に職, 六公耳は遠く, 六公鍬はおろし, 六六〇に置く, 六六〇〇〇〇であるとかいう, 六六〇〇〇キロメートルに当る, 六六〇〇〇磅すなわち四, 六六アルゼンチン首府ブエノスアイレスの実況, 六六ツェントネルで各, 六六・七五メートルになるであろう, 六六・六八・七〇番でアルサンドロ街, 六六一のごとき, 六六一年二月四日の条, 六六七年アイルランドのダブリン, 六六三年ハンガリイにおいてトルコ軍, 六六三年五月に調べられた, 六六三年十一月二十四日リンダのランゲナウ, 六六九となるであろう, 六六九六という人口, 六六九号へ録, 六六九死亡総数は四, 六六五年再版ド・ロシュフォーの, 六六人の学生, 六六僧侶の月給, 六六億萬年一六六萬年七六六萬年八六六萬年等となり, 六六八七六という年, 六六八九であった, 六六八年版の, 六六六〇〇〇キロメートルに当る, 六六六ツェントネルで各, 六六六年頃ある独逸人, 六六六方英里を失い, 六六六頁に拠れ, 六六十じばかりの, 六六十年の大昔, 六六四二七六であり年平均増加, 六六四年正月の条, 六六年ごろ駐日公使, 六六年ギベルリニ黨の首領王マンフレディ, 六六年ギリシヤ一四六八年スイス一四七〇年フランス一四七三年オランダ一四七三年ベルギー一四七三年オーストリヤハンガリー一四七四年スペイン一四七七年イギリス一四八二年デンマーク一四八三年スエーデンノルウエー一四八七年ポルトガル一五三三年ロシヤそして北米合衆國, 六六年バーゼルの教授, 六六年フィレンツェの附近, 六六年モスコーの音楽学校, 六六年ロシアへ招かれ, 六六年一七七八年一七八二年及び一七八三年, 六六年一月シヤルルナポリ王國を攻む, 六六年二月十四日に生まれた, 六六年六月頃には内裏, 六六年四月の末, 六六年度の各種報告, 六六年普墺戦争勃発するや, 六六年板アンリ・エチアンヌの, 六六年毎に角度一度, 六六年王位に即, 六六年英国最後のサクソン王ハロルド, 六六年頃ある独逸人, 六六年騷擾市民の間, 六六方英里を失い, 六六日の年, 六六棺車を見, 六六欧州各国の教部省, 六六歩同歩, 六六組北町織物職藪田喜七郎方にてある, 六六萬年七六六萬年八六六萬年等となり, 六六萬年八六六萬年等となり, 六六萬年等となり, 六六行まで背ける, 六六鉢の西洋葵, 六六頁以下に詳論, 六活婦, 六兵衛さん川へ鰹節, 六兵衛さん死だ妻, 六兵衛それに本店, 六兵衛どの哀れと思い買いとり, 六兵衛ひとりで追い詰め, 六兵衛三ツ扇屋の亭主, 六兵衛亀亭等から私, 六兵衛伜源七という書置, 六兵衛差添にて罷り出, 六兵衛店に偽名, 六兵衛店藤助並びに妹, 六兵衛方の店先, 六兵衛杉山三右衛門もっとも業に秀でました, 六兵衛殿といい, 六兵衛毘沙門の紋太, 六兵衛汝が盗人, 六兵衛火急に白木, 六兵衛父子をはじめ, 六兵衞さんへ行, 六兵衞それに本店, 六兵衞店に僞名, 六其方が無けれ, 六其額に巣, 六具とも揃へて是, 六典型的な安, 六典等に現, 六円あまりだつた, 六円うち分をひい, 六円ぐらゐとおつしやつたでせうこれくらゐに, 六円さといも, 六円づつの相違, 六円どまりのもの, 六円なにがしに売った, 六円七十二銭は今日, 六円七十銭で別に, 六円七十銭一ヶ月七十四円七十二銭ということ, 六円七十銭昼夜間用は自家用八円四十銭, 六円三年辛抱すると, 六円也片はじ, 六円二〇銭かでした, 六円二十何銭入りの蟇口, 六円五十銭よれよれの札, 六円五婦人一九七八円であり婦人勤労者, 六円以上三四十円位取るの, 六円位ずつの僧禄, 六円何ぼ三等五円なにがし, 六円余また東京, 六円余り残って, 六円八十銭東京私宅へ郵送, 六円十一銭の不足, 六円十六銭廓の中, 六円半で満員補助, 六円宛其れは, 六円家賃敷金三ツの平屋, 六円幾らしか返し, 六円建築費やその他, 六円泥棒の口, 六円祝儀もまぜる, 六円若干の金, 六円茶代は廃止, 六冊あまりもある, 六冊その後一九一三年までには単行本, 六冊それを繰っ, 六冊オラショ類を書いた, 六冊一晩にやツ, 六冊七冊の三冊, 六冊七輯は更に, 六冊不要なの, 六冊位は大抵, 六冊十五日間かかって, 六冊夜窓鬼談や月耕漫画, 六冊引抱いて, 六冊息もつがず, 六冊手に入れ, 六冊振り落させて, 六冊書棚から抜い, 六冊本で馬琴, 六冊畳の上, 六冊研究書を出し, 六冊英吉利語の本, 六冊読切の馬琴物, 六册英語の本, 六出なるは前, 六分きりないから, 六分ぐらゐの利子で無理, 六分これは定法, 六分すぎに出かけた, 六分そりゃあ女は男, 六分たけは一寸五分位, 六分ってとこらしい, 六分のかもめで京都, 六分のちのこと, 六分のウイスキーに四分のベルモツト, 六分のツバメで岸井, 六分の一三十二分の一混血児と云う, 六分の一以下に下降, 六分の一出生は約, 六分の一埋葬一二分の一というこの, 六分の一後者に一二分の一, 六分の一死亡五〇分の一中項三八分の一, 六分の入り大船の, 六分の利が付く, 六分の割で混ぜ, 六分の勝をこよなき, 六分の句はいつ, 六分の合間があった, 六分の寿命を保ち, 六分の戦車的突進を誇り, 六分の所作ではある, 六分の旧套を守っ, 六分の業物であり両氏, 六分の殘酷な小作, 六分の水分があり, 六分の由昼の, 六分の短縮イヤハヤまるで我々, 六分の秋を染め, 六分の笑を含み, 六分の経費は必要, 六分の輸入關税と同, 六分の間何の物音, 六分キュッと駒, 六分ゲレンの一, 六分ジッとしてゐる, 六分ノ一はいったという, 六分ノ五には何, 六分ローマン主義四分というよう, 六分一ばかりに減じ, 六分一秒からはじまる, 六分一馬さんは六時九分, 六分七分で, 六分七厘にしか当らない, 六分下つて居ると, 六分中肉にて眼鼻大, 六分九厘平均位になっ, 六分二二秒とした, 六分五十七分の附近では湿度, 六分五厘値下げすること, 六分以上殆んど, 六分伊東行きの列車, 六分体量十三貫に足りなかった, 六分何れも無銘, 六分作という惨めさ, 六分使つてゐる, 六分偽造のアイビキ, 六分冊までは定価, 六分函館西部から発火, 六分利付で損, 六分前徹夜である, 六分北緯三十六度九分のところ, 六分午が七度八分, 六分半もある, 六分名古屋駅発帰京の途, 六分周馬四分の力とみ, 六分唐津発十二時半佐賀駅にて高谷寛, 六分四分の混合に平麦, 六分圏にはひっ, 六分女王シャーロット島を遠望, 六分家はすぐ, 六分幅一寸六分あり鎌倉, 六分引を以て給する, 六分換で藩札, 六分搗の握り飯, 六分方色変りがし, 六分時間にし, 六分東経百三十度五分の海上を彷徨, 六分桑港ヲ隔タル海上八百三哩, 六分毬栗頭の筋肉質, 六分無銘ではある, 六分独逸百貨店の同じく, 六分発ハルビンに向う, 六分相州へ四分, 六分着から午前零時三十四分着, 六分私たちはベルン, 六分續いて, 六分脂肪三割余鉱物質一分三厘水分五割二分から成り立っ, 六分脈百十呼吸二十六であった, 六分藤沢九段四分といふところが, 六分計画四分という彼, 六分身長が低い, 六分農の義, 六分通り籾を広げ, 六分間あまりで有力者, 六分間ゆとりをおい, 六分間紹介の辞, 六分隆起して, 六分餘も尚, 六切れ食べても, 六切れ榾火に焼い, 六切七十二切百二十切等の區別, 六切大福餅は一枚五厘, 六切小判で四万九千五百両, 六列展く電柱列, 六列目にかけて見物, 六列車に乗込みました, 六登場といふ, 六初めて加冠し, 六初め円の中, 六判サラサ表紙の橋南堂版, 六判一四〇頁程のもの, 六判二百九十余頁に亙る, 六判函入三三〇頁, 六判截ぐらいに切った, 六判本文五百三十頁その装幀, 六刻かぎりで川筋, 六刻一風呂浴びて, 六刻仕舞いときまっ, 六刻前の時計, 六前後何れも妻, 六前祝に一杯, 六前者は渋木, 六前記金額は専ら, 六前髪を剪, 六割かたこの線, 六割七割までも出し, 六割以上を開墾, 六割六分までが工場労働者, 六割南京米の入った, 六割四分をしめて, 六割増と聞こえ, 六割方とくであるに, 六劃書かれて, 六劇団とは築地座, 六加瀬村幸七の両人, 六助大出来, 六勘由亀親方の五人, 六勝二敗二持碁の成績, 六勝亭と呼べる, 六勝亭あれの主, 六勝家林美作などという常に, 六勝家森三左衛門の手兵, 六勝敏様なども加えられ, 六勝負最中らしい, 六にだし四勺, 六勺あまりは違ふさかいな, 六勺なんぼといふもの, 六勺外米一合の割当, 六勺配給ということ, 六勺醤油五勺白湯五勺葱二本を細長く, 六匁七分づゝだ大けえ, 六匁玉の鉄砲, 六匁玉筒千挺弓百張長柄五百本槍三百本具足二百領其他とある, 六匁銃などを持っ, 六北守将軍仙人となる, 六北極海観光の一行, 六匹あらはれた, 六匹くんさんし, 六匹しずかにとまっ, 六匹みんな買い取るの, 六匹一斉に廊下, 六匹主計頭に土産, 六匹二列だ, 六匹仔を産みました, 六匹何んでも, 六匹入りて口, 六匹函の中, 六匹土間に投出した, 六匹来やがって, 六匹無手の素町人, 六匹犬が十二匹, 六匹産れたピー, 六匹眼に見えた, 六匹門外に集つて, 六匹隠れ蓑や隠れ笠, 六区一帯に当る, 六区域に分っ, 六区奥山上野にも行け, 六区瓢箪池へ真逆様, 六区画の防水壁, 六区界隈の地代, 六区辺は淋しい, 六区高塔下の舞台, 六十あまり二つの老, 六十あまり常人ではない, 六十あまり絹の寝巻, 六十か年頃も分らない, 六十か所の火, 六十か村の余, 六十がらみ五十がらみの人たち, 六十ぐらゐで中背でふと, 六十ぐらゐになつて閑にでもなつ, 六十ぐらゐ大丈夫あります, 六十これに最少四人二分, 六十すぎの爺さん, 六十すぎ麻のよう, 六十そこそこの病死, 六十その他は徒歩, 六十ぢあまり過ぎしは, 六十ぢかい品のよい, 六十とおりの臭気, 六十ほかにマニラ, 六十アル上ト下トノ差ガ少イノガ, 六十カペイカござりますだ, 六十カ所水面を使っ, 六十カ所設置されるそう, 六十カ月の間, 六十キロボルトのあたり, 六十キロ最大風速二十五メートルの勢い, 六十キロ正面約八十キロ, 六十キロ近く裸にする, 六十サイクルで二デシベル, 六十スウも払わされる, 六十ズツもかっ, 六十センチメートルほどの深, 六十センチリットルを超え, 六十セントだった頃, 六十タンガーですから, 六十ニも及候, 六十フィートごとに完全, 六十フィート余と云え, 六十フィート幅が八十八フィート, 六十フィート幅八十八フィート高さ, 六十フロリンで引き受け, 六十ブッシェルの二毛作, 六十マイル短縮される, 六十ミリになっ, 六十メートル毎に一度, 六十ヤードごとに立ってる, 六十ルウブル近い収入, 六十ロッドはなれた, 六十ヵ所説明して, 六十ヶ所に減じた, 六十一エーカー半に及ん, 六十一カペイキと書い, 六十一トンの, 六十一万九千五百石を領する, 六十一万九千五百石尾張名古屋の城主, 六十一二かな, 六十一二眉のやさしい, 六十一二私が二十六, 六十一二赭ら顔の薄, 六十一人三等千百三十八人試運転の平均速度二十六浬三, 六十一六十三六十八七十七十三としわ, 六十一劃であるが, 六十一卷にあらはれ, 六十一号になっ, 六十一名喜右衛門喜太郎と似た, 六十一回にもやはり, 六十一女は五十五以上, 六十一家その禄高五百十七万石余, 六十一尺南七巨厳駢立シ下ニ七石社アリ甲斐丹波山村之ヲ七石山ト称ス, 六十一年十一月二十日わが手, 六十一年女史の三十歳, 六十一年間のこと, 六十一度でございました, 六十一日を要し, 六十一日目に一度, 六十一日目毎の庚申, 六十一枚までゆく, 六十一歳以上及び残疾者, 六十一歳大に大, 六十一歳平三郎は四十二歳, 六十一歳蘭軒は長者, 六十一海の修行場, 六十一町天満組が百九町, 六十一番地の清修館, 六十一篇は, 六十一萬石の御, 六十一頁もある, 六十七セント四分の三であるから, 六十七・五キロと云え, 六十七七律百零三五絶十九七絶三百九十七通計五百八十八首である, 六十七万五千平方キロであ, 六十七万円の欠損額, 六十七人みな上流の紳士令嬢, 六十七人合計九十万四千四百十二人とある, 六十七八墨染の十得, 六十七円を盗, 六十七十八二十の諸区, 六十七十八十九日の頃, 六十七図が納め, 六十七師団に対し連合側, 六十七年ことし八十八歳になられます, 六十七年われ生きて, 六十七年ビスマークの力, 六十七手目をかきこむ, 六十七文であった, 六十七条の解釈, 六十七枚書くの, 六十七歳仁一郎は六十一歳, 六十七歳現職の農務大臣, 六十七歳米庵は三十七歳, 六十七番という由緒, 六十七病の, 六十七石あったのに, 六十七神と人, 六十七篇しか書かれなかった, 六十七米も低い, 六十七項目の内, 六十万ひとりも戦わざる, 六十万トンに増加, 六十万ポンドといわれ, 六十万両を貸, 六十万人以上に達した, 六十万単位で充分, 六十万坪年五万キロの優良ボーキサイト, 六十万坪年五万瓩の優良ボーキサイト, 六十万字の一年, 六十万戦時百万と号す, 六十万点もある, 六十万留までは立派, 六十万石おれがみごと, 六十万石三家尾州の若殿, 六十万石安泰のため, 六十万石寸断の密約, 六十万磅くれるならルイ十六世, 六十三ぢやなかつた, 六十三カペイキで, 六十三カロリー雛鳥のササ身, 六十三フロリンで評価, 六十三メートル八八のあたり, 六十三万両古二朱金八百十二万両, 六十三万六千余人であるの, 六十三万燭で十九浬半, 六十三人中等教育を受けた, 六十三人二等四百六十一人三等千百三十八人試運転の平均速度二十六浬三, 六十三人前イセエビ五皿タコ二十八人前マグロサシミ二十五人前果物五皿シャンペン一本スシ十人前それにサービス料二割, 六十三人目かナ, 六十三代を経る, 六十三代目の法王, 六十三例である, 六十三個目のタマゴ, 六十三八十二でなくては, 六十三六十八七十七十三としわ, 六十三分であつ, 六十三呎ぐらいな, 六十三四ニ達スルマデハ肛門周囲炎ノ手術, 六十三四万フランになっ, 六十三四位の金, 六十三四歳ぐらいの時, 六十三回回を重ねる, 六十三回目の元日, 六十三塚など小さき, 六十三尺なり, 六十三巻氏の歿後, 六十三年ニユウヨオクのハアバア書肆, 六十三年ペテルブルグで生まれた, 六十三年間に小麦, 六十三度です, 六十三座を数, 六十三文軽尻四十文, 六十三日間一堂に籠つて, 六十三昔の忠僕, 六十三春かこれ, 六十三棟僧侶の数七万六千五百六十人, 六十三正説元文生, 六十三歳厳州に在り, 六十三歳文中に見え, 六十三段は殊に, 六十三母は五十九余, 六十三点の中, 六十三番地にちょっとした, 六十三箇の元素, 六十三米余と測られ, 六十三翁ひとり天を楽む, 六十三軒のレコード, 六十上だわ, 六十下の襄楷傳, 六十世帯ぐらいがここ, 六十世紀も前, 六十両位ハいり申候, 六十両損ヲシタガ毎晩毎晩道具屋ノ市ニ出タカラ, 六十両金は幸い手, 六十九あたりの列傳, 六十九キロの由, 六十九マイルずつを急行, 六十九人高松に百二人, 六十九件に比する, 六十九俵までを四十俵, 六十九個平らげた, 六十九倍ある, 六十九冊ぐらいのもの, 六十九卷といふ卷數, 六十九呎だそう, 六十九回の会議, 六十九家の中, 六十九年五月三十日に出された, 六十九年十月アメリカのニューヨーク・ヘラルド新聞, 六十九年彼女は三十三, 六十九年間の日本, 六十九度仰角八十度の方向, 六十九度西経九十度を諾威領, 六十九戸五千三百六十六人を数, 六十九戸六百二十六人はこの, 六十九日目になっ, 六十九枚はわるく, 六十九歳新井白石六十歳細井廣澤五十九歳野呂元丈二十四歳などと年齡順, 六十九歳腰は曲つて, 六十九段と合せ, 六十九番です, 六十九疊も敷けます, 六十九筋の溝渠, 六十九米の小蓮華山, 六十九輛今は則, 六十九連覇と云, 六十九銭ぐらい, 六十九銭五厘になります, 六十九隻が固まっ, 六十九頁を開いた, 六十二ほかに同盟軍, 六十二カペイキ半になる, 六十二サンチームという, 六十二パーセントを占め, 六十二マイルなり, 六十二メートルだ, 六十二ルーブリだったの, 六十二・九九となり, 六十二万石のちから綱, 六十二万石分割について一ノ関, 六十二万石壊滅かと全, 六十二万石安堵の代償, 六十二三一代にこれ, 六十二三両ほどじゃ, 六十二三人だったなあ, 六十二三兩ほどぢ, 六十二三度しかなかっ, 六十二三度夜は五十七八度, 六十二三歳に当る, 六十二人受付の次の間, 六十二人合計四百二十六人になる, 六十二人女が四百八十四人, 六十二代村上天皇は英明, 六十二個の首, 六十二円のお, 六十二号日本女の隣, 六十二哩ほど走つた, 六十二回にも十円, 六十二回六十三回回を重ねる, 六十二大吉を得, 六十二妻は三十三, 六十二姉その, 六十二字となります, 六十二字すべて約千九百字, 六十二尺と註せられ, 六十二年私は日本, 六十二年頃までに少く, 六十二度ここで大宮口, 六十二度昨日は朝来, 六十二才の筈, 六十二搏つ, 六十二斤水磨作りの錫杖, 六十二時間九分で北極経由モスクワ, 六十二枚かぞえるの, 六十二枚それを算, 六十二歳伊奈長次郎の娘, 六十二歳妻つねは五十歳, 六十二歳孫三十九歳であつ, 六十二歳東京の監獄, 六十二歳金兵衛は六十四歳, 六十二沢三十三杏春十二の時, 六十二現世のお, 六十二目おくこと, 六十二相津玄察年三十二布津の太右衛門年六十五, 六十二種の太刀数, 六十二翁は与板, 六十二翁自在の身, 六十二萬五千七百七十六人だといふ, 六十二萬石の大藩, 六十二蘇州劉家河より海, 六十二議会で議会, 六十二軒の内, 六十二部のうち, 六十二銭大根が十九銭, 六十二首旋頭歌六十一首という数, 六十五さいいえ六さい, 六十五エーカーを買入れ, 六十五カロリージャガ芋が十二匁, 六十五キロだそう, 六十五キロ進出するから, 六十五サンチ下部において一メートル九十サンチ, 六十五フランとなった, 六十五万キログラムの重, 六十五万円なり, 六十五万町歩とふくれ上っ, 六十五万石尾張の国, 六十五両を借りた, 六十五人艦長の従者, 六十五以上になる, 六十五何十年来藩政をみ, 六十五六卒業の時, 六十五六歳葉洩れの, 六十五円それと加俸五割, 六十五分にし, 六十五参謀本部を構成, 六十五号室に泊る, 六十五名中五十八名は無事, 六十五回いねむりをしてその間考えたり, 六十五回帝国議会において頭山満氏ほか数氏, 六十五回踵でグル, 六十五封度軌条の上, 六十五尺凌雲岳が七千三十二尺, 六十五尺木の高, 六十五尺鰮鯨座頭鯨背美鯨は五十尺余, 六十五局聴取者約一千万, 六十五年フイレンチエに生れぬ, 六十五年三月九日だと, 六十五年武振熊, 六十五度東経三十二度の附近, 六十五弁阿三十六の時吉水, 六十五戸の家敷, 六十五戸シノロに四十二戸, 六十五文拂ふべき借金, 六十五日すべて記念日たらしめなければ, 六十五日みな凶日となる, 六十五日みな吉と思っ, 六十五日めの夜, 六十五日ハムエッグスがつきもの, 六十五日一日も欠かさず, 六十五日五時餘を以て太陽, 六十五日何の心配, 六十五日出演して, 六十五日分繰り返しそれ, 六十五日分毎日その日, 六十五日客の來, 六十五日己が住居, 六十五日帯い解いて, 六十五日平均して, 六十五日広小路へ売卜, 六十五日手垢で光った, 六十五日投網打の帰途, 六十五日札を手, 六十五日機嫌のいい, 六十五日毎日毎日が大売出し, 六十五日毎日毎晩やつた, 六十五日汽車に乗っ, 六十五日洗濯ばかりし, 六十五日浚つて見たところ, 六十五日無病ですごす, 六十五日皆んな親の命日, 六十五日貰ひが, 六十五日野良着で働く, 六十五日雨の日, 六十五日飯を食, 六十五本なくなる, 六十五本算盤は確か, 六十五枚になつ, 六十五條の末段, 六十五歳二代目が二十五歳, 六十五歳二代目源十郎としての彼, 六十五歳以上の老人, 六十五歳信階は三十三歳, 六十五歳元と豪族, 六十五歳前後の老人, 六十五歳四十七年目になる, 六十五歳家柄ではある, 六十五歳独身の儘死, 六十五歳矢島優善三十四歳の六人, 六十五町を占め, 六十五種蒐めた奴, 六十五箇所に基地, 六十五米日光の中禅寺湖, 六十五組の新, 六十五自分が三十九, 六十五萬人も居るだろう, 六十五連隊は日本, 六十五里をやって来た, 六十五銭これに対して中村屋製品, 六十五間五尺裏行三十間田畑山林共水越石とも持高百七十五石所持有之候得共, 六十五間堂の絶頂, 六十五間川に面する, 六十五雪乃も六十路, 六十五頁にわたる長, 六十五首とられて, 六十五齢実にふしぎ, 六十人いずれも命, 六十人くらゐ下手人, 六十人それが当時, 六十人ひょっとすると, 六十人バカリシテ場ヲ始メタガ, 六十人バカリ出来タカラ名前ヲ持ッテ, 六十人一座にて馳走, 六十人一朝事あった場合, 六十人以上の妾, 六十人以上警察へ引っぱられ, 六十人余ののろく, 六十人余りの女達, 六十人前すぐ炊い, 六十人家族の外, 六十人瑞西人は本国, 六十人痛哭して, 六十人目の理学博士, 六十人稼ぎに来, 六十人萩原街道を走る走る, 六十人許り商人体, 六十人里見太田方は五千三百二十餘人, 六十人静粛に起立, 六十代四人五十代七人四十三十の壮年者, 六十代女は四十前後, 六十代醍醐天皇様の御世, 六十代醍醐帝の皇紀一五九〇年, 六十何両この浪人, 六十何両泥棒の付け届け, 六十何兩この浪人, 六十何名同様予想を絶, 六十何年人生既往を想え, 六十何年前のこと, 六十何年間の血, 六十何度かの試合, 六十何歳団扇を取つ, 六十何版とあった, 六十何番地に在る, 六十何種もある, 六十何篇はみな歌仙, 六十何軒の寄席, 六十何通送ったうち, 六十何錢か這入, 六十余たびなおひからびた, 六十余り七十にもなろう, 六十余万円だが, 六十余万石兵数約一万六千, 六十余体は武士, 六十余名いずれも旧, 六十余名延べ百三十余名といわれ, 六十余哩の間, 六十余官暇あれば, 六十余州すべてを敵, 六十余州ひとにらみに, 六十余州三百諸侯の総, 六十余州平定応仁以降うちつ, 六十余州庶民はもとより, 六十余州往来する魔物, 六十余州政道御意見, 六十余州津々浦々草の根を分け, 六十余州菜の花の上, 六十余巻これを誦す, 六十余年島原の乱, 六十余年横浜の教育界, 六十余度一度も負けた, 六十余度闘技の場, 六十余本の多き, 六十余機の戦闘機, 六十余種の原, 六十余篇の遺作, 六十余行は殆, 六十余負傷者二百余を乗せ, 六十余車扮戯女舞数十百輩満城奔波如湧, 六十余輩を定め, 六十余通の答案, 六十余里の行程, 六十余頁の大, 六十余頁巻頭の, 六十俵取りぐらいの小さい, 六十俵田口儀三郎の養女糸, 六十個片足だけお, 六十元四六仙これが填補, 六十兩御持參と有, 六十兩用箱に有, 六十兩程は固く, 六十兩纒めてやる, 六十兩請取に參, 六十兩隱してあつ, 六十八さいの正月, 六十八カ寺あり, 六十八カ町村に渉, 六十八フィートの処, 六十八七十七十三としわ, 六十八万四千五百十四人なり, 六十八万四千人の勤労者, 六十八中央に最も, 六十八中隊を敷い, 六十八九人が死んだ, 六十八九頁に, 六十八人逐電したもの, 六十八個所を数える, 六十八円であった, 六十八円也とある, 六十八函中層史部は一千五百八十四函, 六十八十までも夫婦, 六十八号の件, 六十八回目の誕生日, 六十八孝孺を得, 六十八孫元協を携, 六十八尋まで這い込んだ, 六十八峰天を刺し, 六十八左様かアハヽヽヽ, 六十八年いまも横浜, 六十八年二月大坂において, 六十八年伝統との苦闘, 六十八年幕府瓦解して, 六十八幽界の神社, 六十八戸死者と行方不明, 六十八時間の間, 六十八枚金銀装横刀一口鏡一面倭文二端白眼鴾毛馬一匹白鵠二翼造顔師一人御贄五十舁, 六十八歳保は二十七歳, 六十八歳戊寅の年, 六十八歳文盲電車にも一人, 六十八歳頃までは政治家, 六十八歳頃以後は政界, 六十八段大根が兵士, 六十八点に達し, 六十八番地へ必ず, 六十八発を的, 六十八種もの動物, 六十八種牛や馬その他家畜動物, 六十八篇に及んだ, 六十八米六の木賊山, 六十八萬圓九萬六千圓六百五十萬圓合せて, 六十八部讀賣が十三部, 六十八銭弱の争奪戦, 六十八音になります, 六十八首である, 六十六カ国に分れ, 六十六七の娘達, 六十六七年前の明治十四, 六十六万六千三百二十二人居た事, 六十六万円をうけとり, 六十六万四千八百五人だが, 六十六万石の高, 六十六三浦を襲った, 六十六両余である, 六十六五千まで数えれ, 六十六人九州の鹿児島, 六十六人参議院のほう, 六十六以上になれ, 六十六件のうち四十件, 六十六件広告されて, 六十六信ね五信, 六十六億から二百五十八億, 六十六兩の借金, 六十六円だ安い, 六十六卷もあつ, 六十六名入院患者は傷痍軍人四十七名, 六十六国共にデウス様, 六十六國の全, 六十六國渡平海北九十五國王道融泰廓土遐畿累葉朝宗不愆于歳, 六十六坪ほかに皮張場五百十一坪, 六十六尺のプロペラ, 六十六尺木の高, 六十六州の藩, 六十六年フランスに生まれ, 六十六年ボオドレエルの狂疾, 六十六年三月末のこと, 六十六年以来諸外国政府, 六十六年四月亞歴山二世がサムマア・ガアデン, 六十六年彼はまた, 六十六年目にもなる, 六十六戸もあった, 六十六所の數, 六十六斤を用, 六十六日のとき, 六十六日巳の刻頃, 六十六本ぢやぞ, 六十六本ビール七十八本お通し六十三人前イセエビ五皿タコ二十八人前マグロサシミ二十五人前果物五皿シャンペン一本スシ十人前それにサービス料二割, 六十六歳家居して, 六十六歳建久九年正月七日別時念仏の間, 六十六歳彼女が五十八歳, 六十六石一斗二合七勺九秒を給せられた, 六十六章まで続い, 六十六箇国総追捕使もしくは征夷大将軍, 六十六箇國に國分寺, 六十六米を最高, 六十六粒の種子, 六十六翁と書い, 六十六議会に於ける, 六十六貫強ですね, 六十六銭それに塩, 六十六間の山, 六十六頁柳田泉氏の解題, 六十六養母沢三十七杏春の瑞英十六, 六十六首の補遺, 六十円このごろになっ, 六十円それぐらいは貰わな, 六十円三十円二十円と区別, 六十円也の買い物, 六十円会計課勤務の男, 六十円位にはなる, 六十円余になった, 六十円余りの金, 六十円日に二円, 六十円見当という類, 六十冊値踏みをしたら, 六十册の完本, 六十分の一が戦死, 六十分の一秒まで利く, 六十分時を過ぎ, 六十前の若い, 六十前後これは持病, 六十前後半白の頭髪, 六十前後思慮も分別, 六十前後長男の若, 六十劫の流転, 六十匁一両に当る, 六十匁位の相場, 六十匁銭六貫五百文の比例, 六十升小通詞一級銀五百三十兩, 六十半白の髪, 六十口より従八位, 六十号位の横物, 六十合火をふらし, 六十名以上はあったろう, 六十名河井徳三郎や高橋金次郎, 六十呎寂寞とした, 六十呎東方に傾斜, 六十呎視線は一階中央大広間, 六十周もし, 六十哩近くもある, 六十四へん倍加すると, 六十四カペイカ也と, 六十四カロリー犢のカツレツ, 六十四キロであった, 六十四シリング以下三四十シリングの男女行員達, 六十四フィート幅三百十五フィートにし, 六十四マイルの逓減, 六十四ランス・ショットであったと, 六十四万となっ, 六十四万億以上の人間, 六十四五呂尚范増, 六十四五日ごろをよし, 六十四五間掘れば, 六十四人大番百六十二人合計四百二十六人になる, 六十四人目だ, 六十四元素等に分れる, 六十四六十四の卦, 六十四匁につき金一両, 六十四区に分て, 六十四名主に少, 六十四回帝國議會の建議委員會, 六十四州からのお上りさん, 六十四帝國議會に提出, 六十四度二倍したもの, 六十四所あり, 六十四才になる, 六十四文二百文に急騰, 六十四文西宮上酒代七十二文伊丹西宮上酒代八十文池田極上酒代百文大極上酒代百十六文, 六十四斤もあっ, 六十四本の中, 六十四条の解釈, 六十四条ソヴェトの選挙権, 六十四枚ばかり, 六十四校を順歴, 六十四榛軒の継室, 六十四歳壬申の年, 六十四歿年に八十三, 六十四段南無身延様, 六十四法諡して, 六十四番地に住, 六十四番歌結三十四番左の, 六十四目にいたる, 六十四箇条ある, 六十四語古語より現代語, 六十四郡の主, 六十四銭南瓜が四十五銭, 六十四面の黄色, 六十四音になった, 六十回めの誕生日, 六十回七十回と来ました, 六十回以上廻れる自信, 六十回時歳末に際して予期, 六十回見合いをした, 六十回記念日について書い, 六十回転一年には勿驚, 六十回限りの事, 六十圓づゝ着物の代, 六十圓日に二圓, 六十圓近くになつ, 六十坊街八百を焼失, 六十坪余りあるの, 六十坪筵張りの見世物, 六十坪足らずの地面, 六十夕焼がそこ, 六十大名は皆参勤交代, 六十大隊砲兵四十七中隊騎兵八十四中隊をもつ, 六十婆あだなんて, 六十婆さんが鎮守様, 六十家あったと, 六十封度ほどの錫, 六十尺位の高, 六十州の人情, 六十左右の婆, 六十巻其他を将, 六十常より従五位, 六十幅の画, 六十年一回の平均, 六十年一日のよう, 六十年二月一日に死にました, 六十年代中頃まではふんだんに, 六十年以来女の紋, 六十年伊豆の鯰, 六十年位の間, 六十年何の時, 六十年余江戸の文化, 六十年來垂れ下つてゐた, 六十年六月二十五日仏国中部の古都ツウル, 六十年前これも英国, 六十年前たるにすぎない, 六十年前シンガポールに寓, 六十年前ベッカリアが与えた, 六十年十月帝甚だ悩む, 六十年十月帝御悩ありて, 六十年国家はこれ, 六十年夢と思え, 六十年天下の珍物, 六十年天保のそれから, 六十年延義という人, 六十年来テュイルリー宮殿の烏, 六十年来使ひ減らして, 六十年死ぬるまで, 六十年生れでこれ, 六十年苦難の生涯, 六十年記念ドイツ劇壇ではシュテルンハイム, 六十年記念祭にあたってソヴェト同盟, 六十年許りで徳宗, 六十年近く今でも村, 六十年間人に見られず犯されず, 六十年間位も何, 六十年間全部揃って, 六十年頃生きて, 六十年餘である, 六十幾だが, 六十幾つ髪が真っ白, 六十幾つ髮が眞白, 六十幾人それは親しく, 六十幾倍が一年, 六十幾円かを給, 六十幾回の試合, 六十幾年の間, 六十幾年間の自分自身, 六十度どこを見まわし, 六十度三十六分の地点に達す, 六十度以上なるを, 六十度以上夜間五十五六度なるを, 六十度以南東経百六十度西経百五十度に挾まる, 六十度余で岩角, 六十度余りも傾き, 六十度前後にし, 六十度南緯二度半ビスマルク諸島の東端, 六十度林野草色青く港上, 六十度西経百五十度に挾まる, 六十度角で人, 六十度辺を上下, 六十度近くに見える, 六十戦隊ハコレヨリ敵艦隊ノユダンニツケイリナルベク早ク所期, 六十戦隊員につげる, 六十戸余旧幕末, 六十手なら六十, 六十才以上の老人, 六十挺弓二十張がある, 六十数円である, 六十数名の戦死者, 六十数年十字架の何たる, 六十数頁の小, 六十斤白苧布三十疋蜜百斤蜜蝋百斤の四色, 六十斤破裂弾がそこ, 六十斤等をもっ, 六十日あまりも降りませぬ, 六十日あまり滞在して, 六十日ブタ箱にたたきこまれ, 六十日一日として我が, 六十日主人の介抱, 六十日以上經つた今日になつて質問, 六十日以上風呂にも入れず, 六十日以下の距離内, 六十日以内に議決, 六十日合理理論の合理, 六十日周期の第, 六十日期限の取払い, 六十日生計の為め, 六十日目毎に幾つ, 六十日程の間私達, 六十日脩学半日の閑, 六十日逢へども可, 六十日過ぎ候えば, 六十日間夏山の青, 六十日限で品物, 六十日頃からようやく, 六十日饒舌り続けに, 六十時間位に用, 六十時間後に棺中, 六十有七歳にし, 六十有余年四民鼓腹して, 六十有余歳の老人, 六十有余頭の大名, 六十有餘の媼, 六十朝しののめ時のつめたいすがすがしい, 六十期生などと名刺, 六十期生山中弦介だ, 六十本之を向島, 六十本半紙にくるん, 六十束そこそこである, 六十条でありアウッスーリエー, 六十杯は少く, 六十枚以上も敷け, 六十枚位送る, 六十株持ってるよ, 六十梃の銃火, 六十機の超, 六十機編隊が北北東, 六十次郎君の歴史観, 六十歩余りも馳, 六十歩往って小さな, 六十歳くらゐ私, 六十歳丁丑の年, 六十歳七十歳にまでなった, 六十歳以下のいわゆる, 六十歳以前の頃, 六十歳前だったかも, 六十歳前後滋幹は四十四五歳, 六十歳妻は此家, 六十歳妻佐野氏お松さんは四十八歳, 六十歳嫡男にし, 六十歳未満は窃盗十五人, 六十歳細井廣澤五十九歳野呂元丈二十四歳などと年齡順, 六十歳近く禿頭の大入道, 六十歳餘りであつ, 六十法の債券, 六十海里の沖, 六十滴許出た, 六十燭光の眩い, 六十瓩以上は充分, 六十町ばかりの平野, 六十町余の田, 六十町歩に過ぎぬ, 六十留妻と子供, 六十番位であつ, 六十畳そこそこくらいのもの, 六十皿之利息相加, 六十目一斤だの百二十目一斤, 六十目桝田屋の井戸, 六十石それもきっちり, 六十石頂戴致しました大野惣兵衞, 六十神か鬼, 六十票ありゃあ当選圏内, 六十程度を刷り上げ, 六十種位の暗号, 六十種剪燈新話, 六十箱は支出, 六十米前後の村, 六十米突ここに長, 六十米許り攀じ登り狭い, 六十粁即ち約, 六十粍あります, 六十糎ほどへだて, 六十組合わせたくらいの, 六十絡みの老爺, 六十編余の詩, 六十老人の持つ, 六十耳順に関係, 六十聯隊に勤務, 六十艘とことごとく, 六十色の白い, 六十荷新調した, 六十萬俵餘の高, 六十萬圓程しかなかつた, 六十號において拜, 六十行位雑報を書く, 六十行位雜報を書く, 六十諸侯の何人, 六十議会解散の日, 六十谷及び同, 六十貫そこそこの足軽小頭, 六十貫づゝも食ひ取るん, 六十貫一人や二人, 六十足らずの上品, 六十軒みんな満州へ移る, 六十輛のライオン戦車, 六十近いが少し, 六十近く新に進出, 六十通ばかりのべつ, 六十通従来通りでよし, 六十通複写されて, 六十過ぎこれは皺だらけ, 六十部づゝ作られた, 六十里七町四十九間半とあり, 六十里上流の前橋附近, 六十里余福建海岸へは二百里, 六十里先へ飛ん, 六十里北の者, 六十里奥の山, 六十里峠はまだ, 六十里程度のところ, 六十里越八十里越のけわしい, 六十里越八十里越あたりの連山, 六十里足らずと思え, 六十金を支払っ, 六十銭それに野菜, 六十銭メートル制の一キロワット昼間用, 六十銭一円と売りあげ, 六十銭一日やっと十銭, 六十銭丈け縮められる, 六十銭籠に乗賃払, 六十銭茶代一円やると, 六十銭靴一足三十円という, 六十錢也の資本, 六十錢出して, 六十間あまりもなだれ, 六十間ごとに付ける, 六十間さきへ行った, 六十間周囲半里, 六十面がせい一杯, 六十音がある, 六十頁草書体交りの, 六十頭牽の馬車, 六十頭羊四百頭余を所有, 六十餘人籠于越後國加地庄願文山之間信實追討之訖, 六十餘册は彼, 六十餘卷を授かつた, 六十餘名會長鈴木正作氏に率, 六十餘年前に雲南地方, 六十餘年間廢墟となつたの, 六十餘日に及びぬ, 六十餘日間四十三萬八千七百餘時間を經, 六十餘棟に及び, 六十餘歳の老, 六十餘艘の小舟, 六十餘里に過ぎざる, 六十首の中, 六十馬力東洋一の大, 六十高等学校卒業までしか生き, 六十鬼灯を棒, 六十點でその, 六千とつもつて, 六千なにがしの給料, 六千ばい入って, 六千エーカーの多き, 六千キロを定時, 六千サハラ沙漠の上空, 六千ドル外国の蒐集家, 六千ドル書記兼医師スチュワード・エルドリッチを四千ドル, 六千パーセント云い直せば, 六千ペセタの小切手ここ, 六千ホグスヘッドの煙草, 六千マイル以上の太平洋, 六千メートル附近であるらしいから, 六千リツトルの空気, 六千ルーブリの金, 六千一百万にし, 六千七百六十一尺南七巨厳駢立シ下ニ七石社アリ甲斐丹波山村之ヲ七石山ト称ス, 六千七百六十坪のうち吹上, 六千七百石從五位朝散太夫小出信濃守藤原英貞殿大目付には上田周防守義隣殿町奉行中山出雲守殿大岡越前守殿公事方勘定奉行駒木根肥後守殿筧播磨守殿御目付杉浦貞右衞門殿浦井權九郎殿出座, 六千七百萬圓餘朝鮮及臺灣等の分, 六千万ポンドに達し, 六千万ルーブリってもの, 六千万円程度であり軍事費, 六千万坪の良田, 六千万民衆との比較, 六千万頓だが, 六千三百二十二人居た事, 六千三百二十八噸甲板の延長五哩, 六千三百人と数えられ, 六千三百円に決定, 六千両二千両の箱, 六千両常盤橋外で車ごと, 六千両箱が四十, 六千九三元五一仙株主準備金から二万元, 六千九百九十九キロを平均時速八百キロ, 六千九百四十四円都合総計三千二百七十四万二千五百四十九円なり, 六千二百万哩の向, 六千二百五十七万一千四百六十一人に比する, 六千二百五十六羽兎百五十九頭ラビツト十三頭であつ, 六千二百六十トンの大船, 六千二百円ばかり御座います, 六千二百石を三郡, 六千五百七十三尺黒岳が六千五百四十九尺, 六千五百七十九人について調べた, 六千五百万円なりと, 六千五百万坪七十鉱区の鉱業権, 六千五百三十二人を有す, 六千五百九十五ポンドと言われ, 六千五百六十人あり, 六千五百六十四石の領主, 六千五百円の恩給, 六千五百名という見込み, 六千五百四十九尺忠別岳が六千四百七十七尺, 六千五百字が完成, 六千五百尺以上の高山, 六千五百尺内外であるけれど, 六千五百石の丹鶴城, 六千人以上に達した, 六千人位に減る, 六千人歳によって多少, 六千何百といふ勝, 六千何百トンのとずっと, 六千余人十三歳までの年, 六千余人牛馬二千余頭を斃, 六千余名の代表者, 六千余噸の大, 六千余坪の寺内, 六千余尺の上信, 六千余級であると, 六千余騎人数多しという, 六千元に至る, 六千兩二千兩の箱, 六千兩常盤橋外で車ごと, 六千八十フラン六サンチームの金, 六千八百メートルと申します, 六千八百メートル余ということ, 六千八百五十七尺石狩岳が六千五百七十三尺, 六千八百人が機械工場, 六千八百億トンの石炭, 六千八百噸の船, 六千八百噸前に言った, 六千八百尺の, 六千六百万ドルに達した, 六千六百万罐の註文, 六千六百三十四万〇五十八ドルになる, 六千六百余両の無尽, 六千六百余坪南北西の三方, 六千六百八万五千余人三十代四十代となりまし, 六千六百八十八人あり, 六千六百六十六人多く死ぬ, 六千六百六十六本の通し矢, 六千六百六十回の回転, 六千六百円よ, 六千六百十メートルすなわち六十里, 六千六百四貫六百四十匁の飲料, 六千六百尺箱根の最高峯, 六千円うち装飾品の実費一軒あたり七十円, 六千円ぐらゐならば親たちもどうにか, 六千円位の報酬, 六千円余り貰って, 六千円月に五百円, 六千円未満ということ, 六千円近くになる, 六千冊が蔵め, 六千册と覺, 六千分の一二十一万六千分の一四十三万二千分の一の大, 六千分の一四十三万二千分の一の大, 六千北鳴は, 六千十九町と云, 六千参百余万円の巨額, 六千哩のかなた, 六千四百トン余にし, 六千四百七十七尺化雲岳が六千三百四十九尺也, 六千四百万ルーブリまで高めた, 六千四百九十八年なり, 六千四百五十万円十一年度以降は約, 六千四百五十四方マイルあり, 六千四百六円七十二銭は今日, 六千四百尺を少し, 六千四百尺昔貴き聖, 六千四百枚余を製, 六千圓ぢかくなつて, 六千圓九萬六千圓で何程, 六千圓六百五十萬圓合せて, 六千圓内外正味の利益, 六千圓此外まだ埼玉縣, 六千大谷の千五百人, 六千姉川に来りし, 六千字なれば, 六千封度すなわち一エーカア, 六千尺以上の高, 六千尺位の高, 六千尺余りの山原, 六千尺弱の霧ヶ峰, 六千尺榛名は五千尺, 六千尾から一万尾, 六千屯布千二百端を引きあて, 六千年後の今日, 六千戸焼失の由, 六千数百人で第, 六千日乾坤を提げ, 六千日愛宕の花見幕, 六千月の歴史, 六千有余名の卒業生, 六千有餘名の卒業生, 六千枚前後で四十五万円, 六千梃の小銃, 六千歳の子供, 六千法貨を支給, 六千燈籠と千本幟, 六千百七円という額, 六千百九十一両という莫大, 六千百二十八人は文字, 六千百五十ポンド十一ペンスてふ, 六千百八十一マイルあり, 六千石ぐらゐなものでその上, 六千石下賜趣右為御祝儀, 六千石近くお取, 六千磅の紙幣束, 六千神その処, 六千票以上を得た, 六千米以上の深, 六千米突の土壁, 六千萬の同胞誰, 六千萬圓に減つて, 六千萬圓乃至一億六七千萬圓あるの, 六千萬圓許りに, 六千萬圓餘となる, 六千通を越え, 六千部止りに過ぎず, 六千里も距, 六千里萬死投荒十二年とある, 六千餘尺甲子温泉は三千尺, 六千馬力という直流モーター, 六千駄位ある, 六千騎で行く行く, 六千騎太田二千騎都合八千騎に過ぎず, 六升一日一斗などという記録, 六升代でも痩腕, 六升余に当たる, 六升台で暮し, 六卒業の時, 六南アフリカの形勢, 六南三北四東五西二とも申しやす, 六博士の, 六印月六斎でいや, 六即ち大村益次郎とか, 六卷第六百六十六頁柳田泉氏の解題, 六がうやまいあわて, 六厘五毛なれば, 六厘六毛の物品, 六厘強となっ, 六厘水分七割八分余から成立っ, 六は五十年輩, 六反ひと帆に張れる, 六古い単衣, 六句みなやり句, 六句ダグラスの, 六句調で変, 六句選の一つ, 六句集孤寒抄出版のため, 六可愛らしいといふだけで何ん, 六台それを見, 六台めの馬車, 六台場第三台場, 六台平均瓦斯エンヂンを作り上げる, 六台引続いて, 六台攻撃機十五台偵察機十二台戦闘機十二台合計四十八機よりなる, 六台玄関の横, 六台目にお, 六台静かに並ん, 六史以下参考の書籍, 六右衛門さん以下うるさい連中, 六右衞門さんの家, 六右衞門一同等御呼出し, 六右衞門久八に向, 六右衞門久八元主人神田三河町伊勢屋五兵衞代金七富澤町甲州屋吉兵衞等なり越前守殿久八, 六右衞門兩人を呼出し, 六右衞門夫婦娘のお, 六右衞門所々を聞合, 六右衞門方同居久八右久八伯父六右衞門久八元主人神田三河町伊勢屋五兵衞代金七富澤町甲州屋吉兵衞等なり越前守殿久八, 六右衞門是はし, 六右衞門殿には不審, 六右衞門申上たる通り二十箇年以前五兵衞方, 六右衞門申立る樣昨日, 六右門の兩人, 六号こちらは中村警部, 六号七号八号の三区域, 六号二十七号二十八号二十九号明治三十七年五月一日八日十五日二十二日二十九日署名一~三は一記者, 六号位いの処, 六号前半の編輯, 六号型マホガニーの額縁, 六号埋立地の荒, 六号室廊下の奥, 六号川崎船の引上げ, 六号感想欄には毎月それ, 六号所載出方名英光の, 六号校正摺来る, 六号活字子の耳, 六号画布大の紙, 六号番屋をズラ, 六号病室にもう, 六号発行の翌日, 六号百三十六号こちらは中村警部, 六号記事はどれ, 六号車は近道, 六号遠山勝男が親子, 六号雑記二三行読んでも, 六号颱風の影響, 六号鵜飼信成氏の説, 六合ほかに罐詰, 六合チャンポンにのんだ, 六合七合と登った, 六合五勺にし, 六合入一行の醉, 六合生得共活婦, 六合計一対三四・五結婚対総人口一対九四, 六合辺にて風雨, 六合間の等高線, 六吋のと, 六吋主砲の, 六吋十二門高角砲四吋八門魚雷発射管は二十一吋四門, 六吋半の射撃用, 六吋幅員は中部横斷面, 六同じく抒情的景物詩, 六名お召抱えになった, 六名がたは, 六名ぐらゐの小人数, 六名これへ出, 六名づつが思ひ思ひ, 六名なんの屈託, 六名ほかに日本人信徒パウロ三木, 六名アメリカ人が三名, 六名コリント台売四名花売二名合計六十九名だったの, 六名ズラッとならん, 六名一九三一年には代議士六一五名中, 六名中ベラン氏の外, 六名中五名が銃, 六名以下である, 六名停学は十名以上, 六名入院患者は傷痍軍人四十七名, 六名出仕ときまっ, 六名団扇をつかっ, 六名大至急派遣するん, 六名天ニ代ッテ懲罰ヲ下, 六名容易ならぬ眼色, 六名後をついて行った, 六名成田のカスバ, 六名所七不思議誰か一々, 六名樣と, 六名毎日新聞の大庭善治, 六名監禁されて, 六名礼を厚う, 六名緊張した顔, 六名被害民総代弁護士新聞記者等五十余名が会合, 六名負傷は将校二名, 六名蹟だの七十二勝, 六名軽傷者数名に及びおる, 六名青年十九名婦人七名少女二名ノ全部三十四名ニテ成立ス, 六の連続, 六呉ヤヨ方母屋奥座敷より発火, 六呎七吋もあっ, 六呎以上着衣はやはり, 六呎以下に沈降, 六呎半より短, 六呎四吋位はあろう, 六呎樹齢はごく, 六呼び出し人と普通, 六和湯を煎じる, 六哩四分ノ一のマラソンコース, 六哩平方にあたる勘定, 六哩近くもある, 六がある, 六問答のこと, 六善悪につき他, 六善神などいう, 六喜望峰の暮煙, 六嘉村礒多三十七, 六噸七の重量, 六囘目であつ, 六四〇〇ある, 六四〇〇〇〇の男子, 六四〇レアルス・ヴェロンであるが, 六四〇年十一月七日大目附井上筑後守から商館破壊, 六四キロメートル程の小河, 六四パーセントから五五パーセント, 六四ブラジル国の視察, 六四ページにその, 六四マイルにする, 六四・七メートルの牧場, 六四一であろう, 六四一二八二五六と増加, 六四七年の生まれ, 六四三〇〇〇となる, 六四三年イスランドのスカルホルト, 六四三年三月十六日大拷問, 六四三票で両派, 六四二の拍子, 六四二七六であり年平均増加, 六四五年四旬斎前第二日曜の早朝, 六四五年蘇我氏は中大兄皇子, 六四以下及び地, 六四億の終戦処理費, 六四八三一七七三年には一, 六四八五等の別, 六四八六三四等の種々, 六四八六等の破, 六四八四結婚は一一二, 六四八年ボノニア板アルドロヴァンズスの, 六四六であり一八一一年, 六四六フィートなり, 六四六一一女子一六八三四五七合計三二四八〇六八であった, 六四六一六だけ増加, 六四分の一である, 六四半の畳敷, 六四半四半水道つきという, 六四四年オランダで出版, 六四四年版のユダヤ美文集一冊, 六四墓地の価, 六四対一〇〇という, 六四年デンマーク戦争には未だなかなか, 六四年パリ大學, 六四年中部フランスの貧しい, 六四年以後には大, 六四年八月半ばにポルトガル船サンタ, 六四年六月十九日に沈められる, 六四年十一月四隻の艦隊, 六四年幸運はバイエルン国王ルードウィッヒ二世, 六四年彼が六十歳, 六四年正月の条, 六四年死せるゲスネル, 六四年法王ピウス二世のこと, 六四年版ピエロッチの, 六四年版一九〇頁にいわく, 六四年版一二六頁に豕能, 六四年生れの女, 六四文明の進歩, 六四枚かいて, 六四英国諸宗の礼拝, 六四調や八五調, 六四郎氏の声, 六四金と打つ, 六回これで七回, 六回たて続けに打たれた, 六回アースキンの受持ち, 六回ミサを行った, 六回一緒に飲食, 六回以上明滅するちらつきには, 六回会の流れ, 六回位一回ごとに三〇万枚, 六回先づ青軒翁が紹介状, 六回公演を最後, 六回分送った, 六回前後のところ, 六回千葉県二三回名古屋一回大阪一回東京に至っ, 六回卒業であるが, 六回大会二ヵ月後のこと, 六回女塾の場面, 六回幸田節三の妾宅, 六回手紙をもらった, 六回水を渉, 六回水薬粉薬取交ぜて, 六回水風呂につかった, 六回競馬はかく, 六回築地明石町の場, 六回美術院試作展に大智氏, 六回興行に過ぎなかった, 六回転落ののち, 六回速記一人一週間の休み, 六回連続の放送, 六回配本に間に合わす, 六回野口英世のそれ, 六回院展の, 六回雷鳴がなった, 六国借款から脱, 六国共にデウス様, 六国十三安五つ, 六国史流の記述, 六国同盟の盟主, 六国教宗の教区, 六國割據の餘風, 六國史を見, 六國渡平海北九十五國王道融泰廓土遐畿累葉朝宗不愆于歳, 六國統一の年, 六國表に注意, 六で鳴っ, 六圓それに藁, 六圓三年辛抱すれば, 六圓也綾の友一斤五圓五十銭也, 六圓男五人女十人の出面賃, 六圓總計千五百圓也, 六團扇の源入墨七箱根傳助小僧, 六地域はおのずと, 六坊きょう先生んとこ, 六坊僧二万八千九百九十一人尼一万四千百八十四人ありしも, 六坊暫らくだったな, 六坊社家の外, 六坊薄情だぜ, 六坐像を木, 六坪くらゐは, 六坪ほかに皮張場五百十一坪, 六坪位はあるでしょう, 六坪位いの地面, 六坪許りを, 六で背中, 六型五号とし, 六型戦闘機を見た, 六埋葬場の門前, 六埠頭に辿りついた, 六基盗難に会い, 六ならね, 六堂恒善との教, 六場法隆寺金堂の場面, 六の心, 六連ねて, 六の前, 六夏期学校において述べし, 六夕上の関ニつき申候, 六多くて二十四, 六多言にて慎み, 六夜あたりでしたろうか, 六夜ごろは月, 六夜さまだと, 六夜その他といふ役割り, 六夜ぢやない, 六夜三十郎の大寺正兵衛, 六夜八月の十五夜, 六夜日記の筆者, 六夜日記どころの騒, 六夜泣きのかた, 六夜目に同じく, 六大きいのも, 六大事命があぶ, 六大冊にいたしました, 六大国がある, 六大学リーグ早稲田法政を3対0, 六大学内の神学部, 六大家の秀歌, 六大工の金蔵, 六大橋に近い, 六大洲は掌位, 六大西洋心の孤島, 六大都市一日七勺昼飯として学校, 六大隊ルーヴルの中庭, 六大隊工兵一大隊騎兵及輜重兵若干それにこの, 六大隊輜重兵輜重輸卒徳永磯吉であります, 六大隊騎兵四十二中隊砲兵六十八中隊を敷い, 六天なんどいふこと, 六天八部の属, 六天坂の下, 六天宮ならざるべからず, 六太夫市の市村六, 六太夫座よりも後, 六太急所を当てられ, 六太郎榎本金八郎大河原八左衛門辻五郎秋山七左衛門警衛として付い, 六太鼓鳴りそこないましたか, 六夫人を訪れ, 六夫婦それに當夜, 六と稱, 六女二男五男を持っ, 六女子学習院へ通っ, 六女寿子を除く, 六女房などをチョイ, 六女柏十一柏軒及妻俊三十六女洲五つ国二つ蘭軒の女長三十二, 六女水木六歳五男専六五歳六男翠暫四歳七男成善二歳の四子二女, 六女洲五つ国二つ蘭軒の女長三十二, 六女竹組瀬川安子と記し, 六女艶子とがいた, 六が五十, 六妻四十女柏五つ柏軒と妻俊, 六妻志保五十女柏十五柏軒並妻俊四十女洲九つ国六つ男鉄三郎一つ蘭軒の女長三十六, 六妻柏三十五子徳十一, 六妻柏二十五子棠助一つ, 六妻益は三十, 六妾春三十一男鉄三郎七つ女洲十五国十二安四つ, 六娘形専門の綺麗, 六婆さがへっ, 六婦人六〇九円である, 六子宗泰にあたえ, 六子平安十二女長十七良十五, 六字づゝ技倆上達の霊符, 六字十四行目もし鎭守府司令長官, 六字塚が雪, 六字母開口合口等のやり方, 六字詰めとすれ, 六字詰め十行が一枚, 六字調ですから, 六孝行な雀, 六学年以上の児童, 六学年地理科において前, 六孫女梅一つ柏軒並妻俊四十一女洲十国七つ柏軒の妾春二十六, 六孫王其人である, 六學年の教場, 六守護霊との問答, 六八つ琴五つ妾春三十五榛軒未亡人志保六十で, 六安十八柏軒の妾春四十五, 六景, 六実は十平次乞食が, 六室二階五室これに西館, 六室当主公爵の書斎, 六せ宥, 六家唱門師と呼ぶ, 六家政大谷平馬吉継, 六家族のうち一三家族, 六家篇があり, 六家詩鈔の初, 六家集本というの, 六富士見の南, 六富田鉄之助西原清東飯田宏作山田吉郎兵衛松村介石の二十名, 六寝巻姿に少し, 六寢卷姿に少し, 六審級ニ拘ラズ終局, 六寸ぐらゐある鮒をとっ, 六寸それは短い, 六寸ヌーボー式を発揮, 六寸七寸の巨大, 六寸七寸尺などという寸法, 六寸三分くらいにかける, 六寸上背のある, 六寸上鈎が四寸程度, 六寸両足に輪相, 六寸中子が一尺以上, 六寸二分これが出征, 六寸二十六貫ぐらいな, 六寸五分厚さ三寸, 六寸五分の地質学者は当惑, 六寸五分小の方, 六寸以内に造る, 六寸何のこと, 六寸余の円き, 六寸僅かに匍匐, 六寸先に茶, 六寸八分南蛮鉄の只一本, 六寸四分の大, 六寸四方の箱, 六寸国長の刀, 六寸壇の灯, 六寸大なるは, 六寸大さ三尺に近い, 六寸宛隙かす, 六寸幅二寸ほどの大き, 六寸幅二尺五六寸の入口, 六寸拔き出して, 六寸柄から拔, 六寸根もとの周囲六十四尺, 六寸潜戸を開け, 六寸胸廓手足之に準じ, 六寸胸板懸て, 六寸西洋人ならポケット, 六寸計りを常, 六寸許也ければ, 六寸足の方, 六寸鉄でヂョキヂョキ, 六寸間隔に七, 六寸餘青貝の柄, 六寸骨太で肉付, 六寸黄生をし, 六が数, 六対一すなわち三六対一〇, 六対一三となり, 六対一五死亡以上に出, 六対一衆よく寡, 六対三〇すなわち一二対一〇, 六対九となり, 六対十の比率, 六寿量品の偈, 六専案の秘法, 六小屋とかいう高い, 六小松原英太郎藤田四郎古沢滋の如き, 六小松原英太郎藤田四郎古澤滋の如き, 六小柄なれば, 六小母さんが, 六小熊彦一などが大, 六小股の切れ, 六小肥りに脂, 六小隊に組織, 六斎石見の, 六少く最近の, 六少年とモダン娘, 六尺あまり横三間余のいちめん, 六尺あまり腰に草木, 六尺うしろへ退り, 六尺がた低い, 六尺ぐらゐしかない梁だから, 六尺ぐらゐの高さ, 六尺これが我世界, 六尺それが奥, 六尺のを冠, 六尺ひとつ壁に凭, 六尺ニ過ズシテ叢生ス房彙モ小ナリソノ中ニ一顆或ハ二三顆アリ形, 六尺フンドシの上, 六尺一つの丸裸体, 六尺一二寸の長身, 六尺一躍すると, 六尺七寸五分の天下一の大, 六尺七寸五分柄をいれる, 六尺七寸以上に映る, 六尺三人掛けは八尺, 六尺三十貫頭もある, 六尺三寸三十八貫江戸の大関, 六尺三寸平方とし, 六尺三間橋がかり三間で平生, 六尺上部には藁繩, 六尺九寸内守谷川辰口で一丈, 六尺九寸幅一丈にも余る, 六尺二寸の躯, 六尺二寸余とも伝, 六尺二寸弘仁期のもの, 六尺五十貫ぐらいに見える, 六尺五寸一分からあった, 六尺五寸体重三十七貫と言う, 六尺五寸体量四十八貫つづいて, 六尺五寸平方であったの, 六尺五寸棹で僅か, 六尺五寸殿にオヨメ入り, 六尺五寸鱗が一枚七寸五分, 六尺五尺四尺ああ遂に, 六尺以上顔の長, 六尺体量四十三貫ありしと, 六尺余り膝長一尺二寸という堂々たる, 六尺余ニ至ル者ナリ其需要ハ彼ト大差ナシト雖ドモ品位彼ニ優レリ, 六尺先で岸, 六尺先きの事はまるで, 六尺入道玄長法師がもろく, 六尺六寸重さ, 六尺其中穴あり人, 六尺前後の大男, 六尺十九貫もありました, 六尺十九貫五百紅顔の少年, 六尺口が一尺余り, 六尺図体が二十七貫, 六尺土蔵の軒下, 六尺塗り柄の穂, 六尺大理石のよう, 六尺巾の土間, 六尺帯を背, 六尺幅三尺八寸高さこれ, 六尺幅二丈八尺と稱, 六尺幅他の二方, 六尺幅六寸ほどの穴, 六尺幅六尺ばかりの大岩, 六尺幅四尺五寸の一種, 六尺幅四尺位で人, 六尺彼処に二尺, 六尺捧をかかえ, 六尺有六寸の巨躯横綱力士, 六尺木の高, 六尺木の葉を綴り, 六尺木綿から手早く, 六尺松の木の腕, 六尺柄皆朱の手槍, 六尺検校のは四尺, 六尺横三尺もあるらしい, 六尺横二尺半厚さ一尺, 六尺横町の貸, 六尺樽一本近くだ, 六尺水の上, 六尺渚を放れ, 六尺町の横町, 六尺登つた所で川, 六尺眞黒に躍り, 六尺眼光は流, 六尺積った雪, 六尺積つた雪を押搖つて狂, 六尺等身と称, 六尺縦三尺それにいろいろ, 六尺縦六尺五寸高さ十尺, 六尺豊か骨格鬼の如く, 六尺豊か鬼とも組, 六尺近の大男, 六尺近く有名なムッツリ屋, 六尺鐘釣から祖母谷林道, 六尺長の高き, 六尺隈暗く枝, 六尺雨戸明けられぬ程, 六尺顔面は赤銅色, 六尺飛びかゝれば飛びかゝれる距離ですが, 六尺餘りの, 六尺駕舁の中, 六ごむ, 六尼坊八百七十六坊僧二万八千九百九十一人尼一万四千百八十四人ありしも, 六尾崎紅葉三十七斎藤緑雨三十八国木田独歩三十八長塚節三十七芥川龍之介三十六嘉村礒多三十七, 六尾眼にし, 六だかで, 六居士の書いた, 六屋敷から円塚山, 六あるヒルデプランチア属, 六属十七種あって, 六層樓上の窓, 六を三方, 六山寅の七古, 六岐阜の城主, 六を小, 六岳槍ヶ岳及び乗鞍岳, 六岳槍ヶ岳乗鞍岳御岳と合せ, 六岳辺から胴, 六峰春の夜, 六峰駢峙した山頂, 六巡回文庫の購入, 六えもん, 六左京は三人侍, 六左眼は失明, 六左衛門どのそれからくみ, 六左衛門楠木将監らのほか, 六左衛門派の師匠, 六左衛門義勝がおなじ陣, 六左衛門義村が二男也, 六左衛門菊三郎の仲買勘蔵, 六左衛門重能と云, 六左衛門長沼駿河守渋谷遠江守伊東前司, 六左衞門等の絃, 六左衞門菅勘兵衞吉田右馬太夫長濱九郎右衞門比惠の原, 六巴里ではもうそろそろ, 六巻一冊でも以上, 六巻三八〇頁に出した, 六巻中新進作家として既出, 六巻九七六頁に犬, 六巻二九五頁へ和漢, 六巻五号に乞食, 六巻五号七三頁を見よ, 六巻八頁に説明, 六巻妓王のあたり, 六巻校正半終る, 六巻梓成る, 六市内外の所見, 六市在の寺院, 六布教の好, 六帖ふた間に八帖, 六帖一と間, 六帖等の書, 六帖西に面し, 六師一たび臨まば, 六師団付の軍人, 六師団司令部附となり, 六師団長中岡中将の命, 六師雷のごとく, 六常陸右門思わず, 六幕カアテン明く, 六幕十二景といふ長い, 六幕十五場の長編, 六幕十六場というそれぞれ, 六幕物を書く, 六幕目の終わり, 六幕目磯部邸玄関の場, 六平が行った, 六平が子供を連れ, 六平ぐるみあの六人, 六平太笠太郎クミ六郎の四人, 六平方里の土地, 六年いずれも満, 六年いや二十年もっとに, 六年お預けの身, 六年きさらぎの初, 六年きみたち千人私はひとり, 六年きりでやめる, 六年ぐらゐは續くか, 六年ここに住ん, 六年こちらの宮家, 六年この世を去り, 六年ころ仮宮の御, 六年ごろイタリー映画に, 六年ごろ山崎覚次郎桑田熊蔵などという人, 六年たちぬ, 六年もの間一つの作品, 六年アラゴンの王位, 六年アルプスのモンブラン, 六年イエーナでナポレオン, 六年イワナイ郡前田村を拓いた, 六年オーストリアの旅行家, 六年カンニングハム大尉の, 六年キリシタン禁制の高札, 六年ギベルリニ黨の首領王マンフレディ, 六年ギリシヤ一四六八年スイス一四七〇年フランス一四七三年オランダ一四七三年ベルギー一四七三年オーストリヤハンガリー一四七四年スペイン一四七七年イギリス一四八二年デンマーク一四八三年スエーデンノルウエー一四八七年ポルトガル一五三三年ロシヤそして北米合衆國, 六年クエレタロ市で開業, 六年クラカウ一揆を起させた, 六年サールディニアに死す, 六年シェークスピアのドイツ訳, 六年シヤルル・ダンジューがプロヴァンス, 六年ソヴェトにいた, 六年ドイツのベルダン攻撃, 六年ド・カストリは永代追放, 六年ニナリヌ又天皇, 六年ニ生ンダ我ガ子ノ督, 六年ハイデルベルヒ大学においてハッ, 六年ハドリアヌス五世の後, 六年バアゼルの出版, 六年バルザック四十七歳の成熟期, 六年バーゼルの教授, 六年パリの, 六年パリ板タヴェルニエーの, 六年ファルケンハインのいわゆる, 六年ファンケルハインがいわゆる, 六年フィリップの長子ルイ死, 六年フィレンツェの附近, 六年フイラデルフイアのアダム・ラメーヂ, 六年フランチェスコ派の長, 六年ヘンメル家から頂戴, 六年ペルリプーチヤチンの來航, 六年ペルリ来朝の時, 六年ボオドレエルの狂疾, 六年マドリット板ナワレッテ師の, 六年マドリッドで出版, 六年マドリッド板ナヴァレッテの, 六年マドリッド版ナヴァワッテの, 六年マラスピーナ家に客, 六年マルセーユにカムボジヤ, 六年モスコーの音楽学校, 六年ヨ医者になる, 六年リマの開祖, 六年ルーズヴェルトとランドン, 六年ロシアへ招かれ, 六年ロシア語で出版, 六年ロングマンズグリーン社発行の初, 六年ロンドン大学が創立, 六年ロンドン版ジェラード・レーの, 六年ヴィクトオル・ユゴオの誕生日, 六年一七七八年一七八二年及び一七八三年, 六年一七六六年一七七八年一七八二年及び一七八三年, 六年一体東京の人間, 六年一号に南日君, 六年一号所載の, 六年一月シヤルルナポリ王國を攻む, 六年一月ジャーナリズムが戦時色, 六年一月一日朝から元気, 六年一月一日間島氏の宅, 六年一月三十日に父, 六年一月三十日父中條精一郎が死去, 六年一月三日ボンベイ港を発し, 六年一月上京した, 六年一月二十一日衆議院が解散, 六年一月二十七日まで手帳, 六年一月二十七日オーストリアのザルツブルク, 六年一月二十二日の地震, 六年一月二十五日ライネル・マリア・リルケはロダン夫妻, 六年一月二十六日ニューヨークのメトロポリタン, 六年一月二十日淡路国洲本に生る, 六年一月二月三月と調子, 六年一月元旦で此日年始, 六年一月北陸吟行の途上, 六年一月十一日王制を廃, 六年一月十六日臨時県会を召集, 六年一月十六日議会みずから五日間の休会, 六年一月十四日閣議決定の発表, 六年一月十日の, 六年一月四日筆者はこの, 六年一月大多和から有, 六年一月末午後二時の太陽, 六年一月発行の夢殿, 六年一月發行の, 六年一月私が大阪南本町, 六年一月號の改造, 六年一月GHQはラジオ民主化, 六年丁未王妃, 六年七十一歳四月二十日出精に付金五百疋, 六年七年は行く, 六年七年暇無み一字, 六年七年頃から茶, 六年七月シューマンが死んだ, 六年七月三十一日七十五歳で没する, 六年七月予腸窒扶斯に罹りたる, 六年七月二十七日波岡城主北畠顕村を伐ち, 六年七月二十五日射殺の判決, 六年七月二十四日から二十七日, 六年七月二日に及ん, 六年七月二日支倉喜平は有罪, 六年七月以來足かけ三年昌造は文字通り東奔西走, 六年七月以後の事, 六年七月十一日夕龍動市クラパム區トレマドク街二十八館主美津田瀧次郎氏を訪, 六年七月十三日白昼江戸川の水, 六年七月十二日宿老の職, 六年七月十五日外務省告示第六〇号, 六年七月同誌の第, 六年七月我西遊を企つる, 六年七月沢庵は五十七歳, 六年万里の風波, 六年三号に書いた, 六年三号沼井君の記文参照, 六年三年三年と並ん, 六年三月七日に三十八歳, 六年三月三十一日迄桑港領事, 六年三月下旬まで未決生活, 六年三月九日始めて, 六年三月九日朝の都下, 六年三月九日非常之節, 六年三月二十一日がその, 六年三月二十七日迄の間, 六年三月二十三日に六十九歳, 六年三月二十五日に夭, 六年三月二十六日午後予審判事裁判所書記の一行, 六年三月二十四日午後五時のあの, 六年三月二十日検事廷と予審廷, 六年三月二十日造営の功, 六年三月二日下院の議場, 六年三月二日弱冠二十六歳にし, 六年三月二隻の船, 六年三月以降に連載, 六年三月佐渡に流され, 六年三月八日浜谷由太郎氏の好誼, 六年三月初旬のこと, 六年三月十八日に広田内閣, 六年三月十六日に学校庭内, 六年三月十日のこと, 六年三月号までが一冊, 六年三月孫の家, 六年三月常陸丸で印度洋, 六年三月廿四日以前と殆, 六年三月末のこと, 六年三月某日前日午後からシト, 六年三月歌舞伎座では福地桜痴, 六年三月私は処女作, 六年三月西上の軍, 六年三月附で地方, 六年三月頃まで, 六年不孝のみ重ね, 六年中ごろまでにも生じた, 六年中村座の六月興行, 六年丹波に美しく, 六年丹精の結果, 六年乙未閏七月十七日歿, 六年乙未の歳正月二十日, 六年九十度は今日, 六年九州島原半島の鯰, 六年九月七日菅笠をかぶり, 六年九月二十二日のこと, 六年九月二十五日ヨワン・シローテは牢輿, 六年九月二十五日東京地方裁判所刑事部で支倉喜平, 六年九月二十四日に八十八, 六年九月五円程度のもの, 六年九月五日以後王国の高貴さ, 六年九月六十六歳で死んだ, 六年九月十一日沖縄の那覇, 六年九月十二日に金, 六年九月十二日以來實行せられたる金, 六年九月十二日法然十八歳の時, 六年九月十二日腸チフスで亡くなった, 六年九月十五日の式, 六年九月十六日より翌, 六年九月四日余は岩礁, 六年九月東京冨山房から開板, 六年九月百済王が任那, 六年九月私は左, 六年九月税制改革案が公表, 六年二ヵ月で中学一年, 六年二ヵ月出生地はサイパン島, 六年二代目を継い, 六年二十一歳のヘンデル, 六年二十二年の編撰, 六年二十五歳で郷里, 六年二十八年の三月, 六年二十八歳の妙齢, 六年二号の雑録欄, 六年二月一日共和制をとる, 六年二月一日東亜連盟中国総会の発会式, 六年二月中旬の事情, 六年二月二十二日の, 六年二月二十六日の事件, 六年二月十三日には蘭軒, 六年二月十九日七十余歳にし, 六年二月十六日弘川寺で世, 六年二月十四日に生まれた, 六年二月太子はリヴァプール, 六年二月孫の家, 六年二月文部省は高等学校令, 六年二月東大寺供養の為, 六年二月深川区古石場荒巻方二階に置い, 六年二月神楽坂署の手, 六年二月筑波山へ登り, 六年二月著者三十二のとき, 六年五十九歳で歿, 六年五十倍の地震計, 六年五千の宗徒, 六年五国条約と云う, 六年五月ごろまで熊本鎮台, 六年五月ごろ福島県石川郡石川町字下泉鎮守の古び, 六年五月バリャドリードに於, 六年五月九日に共和制, 六年五月二十一日にこの, 六年五月二十七日タンガニイカ湖畔のウヂヂ, 六年五月二十三日七十九歳で同, 六年五月二十五日においていよいよ, 六年五月五日に三男, 六年五月十一日午前八時五十分ノルゲ号は静か, 六年五月十二日より二十八年, 六年五月十八日駿河遠江の地震, 六年五月十四日その兄, 六年五月十日の東京朝日新聞, 六年五月十日付都下各新聞, 六年五月戦争目的以外の研究, 六年五月私が御岳黒沢口, 六年五月米國のペルリ提督, 六年亞米利加のペルリ, 六年今年二十二になる, 六年仏蘭西へ旅立っ, 六年仕事らしい仕事, 六年以上勤続の店員, 六年以前一月の手間七円五十銭, 六年以前別た兄九郎右衞門, 六年以前大夫が御, 六年以前夫婦と相成し, 六年以前西洋暦にし, 六年以後一八九九年に至る, 六年以後毎六年目に実施, 六年以来ディーニュの司教職, 六年以来与力三十騎同心百名を付せられ, 六年以来文化の各, 六年以来昂まって, 六年以来東京の或, 六年以来私の状況, 六年以来雑誌の企画申請, 六年以来非常に立体的, 六年位は直に, 六年位先にあの, 六年位前から一部, 六年住馴れて, 六年余り実行して, 六年余廿一歳森氏を娶る, 六年來朝の使者, 六年僕は人, 六年僕らの結婚生活, 六年兄弟同様にし, 六年先生四十歳の時, 六年八十三歳をもって薨, 六年八月一日から評定所, 六年八月二十一日に生れました, 六年八月二十四日に京師, 六年八月五日に出帆, 六年八月八日の夕暮, 六年八月六甲山上の天海菴, 六年八月十九日に豊島町通横町鎌倉横町家主伊右衛門店, 六年八月十二日に配流, 六年八月十五日までお, 六年八月十五日東京都麹町区六番町二十五番地旗田鶴彌印, 六年八月十六日チリの地震, 六年八月十六日チリ中部の地震, 六年八月十六日帰住被差許, 六年八月十日の夜, 六年八月十日熊野に入り, 六年八月十歳で病死, 六年六十で死んだ, 六年六十戸あったの, 六年六月メジューズ号にたいするエークス島民, 六年六月三日米国軍艦は舳艫相銜, 六年六月下旬号に, 六年六月九日米ノ水師提督ペルリ氏ガ吾ガ幕府ナル井戸石見守浦賀奉行戸田伊豆守等ガ衝ニ, 六年六月二十五日お亡くなり, 六年六月二十六日十二分に準備, 六年六月二十四日の, 六年六月二日にイタリア, 六年六月六日東大寺に於, 六年六月十一日であつ, 六年六月十一日付として江戸屋敷, 六年六月十三日の夕, 六年六月十九日の北海道, 六年六月十九日附で全, 六年六月十八日入党したという, 六年六月十日の晩, 六年六月新国劇の明治座興行, 六年六月檜物町の芸妓叶家歌吉とい, 六年六月浅草座開場に当, 六年其使命を果たし, 六年内務省地理局發行の東京近郊, 六年内地は見なかった, 六年再築の時植付, 六年冤枉者支倉喜平宛名は金沢市役所市長殿, 六年冬全国労農党秋田県大会が行われた, 六年冬徳川政府から亜米利加, 六年出版の, 六年出羽國田川郡海岸に現, 六年分平均した標準値, 六年刊行したと, 六年初手の中国入り, 六年初頭までに, 六年前ここの具足師長屋, 六年前ニースのホテル, 六年前ヤスナヤポリヤナに居た, 六年前一年京にゐ, 六年前七月の同誌, 六年前上野の喫茶店, 六年前九州に在る, 六年前九月三十日午後八時から九時, 六年前二十三年秋の洪水, 六年前二年前そして今日, 六年前何處からともなく, 六年前余の十歳前後, 六年前倫敦の王立地学協会, 六年前僕らが初めて, 六年前六本木の庄司, 六年前処女作が文芸推薦, 六年前前夫通武の病没, 六年前四月二十日の, 六年前四歳の頃, 六年前地方の水産試験所, 六年前地球から十万光年, 六年前大枚四百四十ポンドを投げ出し, 六年前家へ大勢, 六年前山陰で一夜同宿会談, 六年前島村氏が神経衰弱, 六年前帰朝者の語る, 六年前当時廿歳であった末, 六年前後から作家活動, 六年前拙者がまだ, 六年前改造社から一冊, 六年前文久元年に江戸, 六年前文政七年に六十八歳, 六年前明治卅五六年のこと, 六年前明治四十三年に三十六歳, 六年前楠木正成の筆, 六年前欧洲大戦の幕, 六年前父の飛行具製作, 六年前田舎の高等小学校, 六年前發表された古, 六年前眞珠太夫のお玉, 六年前箱になった, 六年前腎臟を病み, 六年前自分が不覚, 六年前舞台の下, 六年前裏飛騨の吉城郡坂上村巣, 六年前観桜会とかで足, 六年前貴子が銀座, 六年前里にやつ, 六年前鈴ヶ森の処刑, 六年前鈴ヶ森中お處刑, 六年前銀座の, 六年前雪の降頻る, 六年前震災の前, 六年前非常に雨, 六年前馬道で捨て, 六年創元社, 六年加賀の禅僧巴, 六年北尾政演が描ける, 六年北斎伝出でしが, 六年北朝の貞和元年, 六年北清事件のあ, 六年十一月一日から実施, 六年十一月七百戸全戸に病人, 六年十一月三日帝国ホテルに開かれし, 六年十一月二十一日に福岡, 六年十一月二十七日の出来事, 六年十一月二十七日発のニュース, 六年十一月二十四日に神辺, 六年十一月二十四日七十二歳で歿, 六年十一月二日日向灘から発した, 六年十一月五日という日付, 六年十一月加納に第, 六年十一月十一日慶應義塾にて云々, 六年十一月十五日に五十二歳, 六年十一月十五日千島艦事件が横浜英国領事裁判所, 六年十一月十五日巴里に生れた, 六年十一月四日岩手県小国村の地震, 六年十一月四日歿といふ事, 六年十一月廃止された, 六年十三歳の時, 六年十二月はじめの寒い, 六年十二月七日までの言論界, 六年十二月九日であつ, 六年十二月二十七日に広島, 六年十二月二十三日に抽斎, 六年十二月二十五日東京青山茂吉宅に於, 六年十二月來任壯者を凌ぐ, 六年十二月八日之を記せり, 六年十二月冨山房から出版, 六年十二月十七日にここ, 六年十二月十七日イングランドの地震, 六年十二月十七日午前四時二十分台湾嘉義市附近から発した, 六年十二月十二日没すなわち去年, 六年十二月十六日金曜日の夜, 六年十二月十四日に幻花翁, 六年十二月廿八日梶井君の北川冬彦宛, 六年十二月自分が長崎医学専門学校教授, 六年十二月長崎に赴任, 六年十八年や秋, 六年十月メッツ予備病院に於い, 六年十月中の渇水停電, 六年十月二十七日に新, 六年十月二十八日に五十一歳, 六年十月五日に八十四歳, 六年十月八日の午前十時頃, 六年十月八日露国の満, 六年十月十二日のこと, 六年十月十六日であった, 六年十月国事犯罪人として江戸, 六年十月廿四日の条, 六年十月日本橋区久松町の明治座, 六年十月金子孫次郎から貰い, 六年十月頃戸坂潤岡邦雄等は現代, 六年半を要する, 六年卒業の後, 六年司馬江漢でも研究, 六年吉田内閣当時に学術組織改組準備委員会, 六年同国石和に於, 六年同地で客死, 六年和銅元年始, 六年嘉永三年正月に国学, 六年嘉興の知府, 六年四ヶ月の少年, 六年四十三歳であるべきに, 六年四十二歳に到る, 六年四月アンボイナで歿, 六年四月ピストイアの陷落, 六年四月上旬の事, 六年四月二十三日宣戦の大詔下り, 六年四月二十二日執政官政府が五百人議会, 六年四月二十五日書を象山, 六年四月二十六日チリのヴァルパライソ市, 六年四月二十四日に四十六歳, 六年四月二十四日午後一時四十分ごろ京浜線桜木町ゆき電車が桜木町駅ホーム, 六年四月二十四日東京に達せ, 六年四月二十日水曜日の朝端, 六年四月亞歴山二世がサムマア・ガアデン, 六年四月六日の記, 六年四月六日太平洋に出た, 六年四月初旬に於, 六年四月十一日にその, 六年四月十七日の湊川神社, 六年四月十六日の早朝, 六年四月日本シェイクスピア協会の主催, 六年四月署名の岸田, 六年四月興行の大塩騒動, 六年四月西田幾多郎博士は東京, 六年四月足尾鉱山主古河市兵衛が七十二歳, 六年圓朝二十一歳の作品, 六年土佐の浦戸, 六年型のパリ女, 六年堅田においてこれ, 六年夏に火星探険, 六年夏私は二十六, 六年夏薩摩より京, 六年外国輸出の総計, 六年大佐になつ, 六年大司教メンドーサの紹介, 六年大学四年または五年, 六年大老になっ, 六年大阪の大, 六年天台山菩提樹を分ち, 六年天帝天をし, 六年夫ニーノ死して, 六年奉公してを, 六年奥州行脚に出掛し, 六年女児は体操, 六年婦人参政権を与えた, 六年学問を修めた, 六年安政二年大地震は平均百年, 六年実隆が八十三, 六年対日平和条約が締結, 六年小田原で私, 六年小通詞となり, 六年島原で捕はれ, 六年島原山中で行き倒れ, 六年己丑七月遠州舞坂人, 六年己未の五月, 六年巴里の林商店, 六年巴里版タヴエルニエーの波斯紀行一卷六一六頁, 六年市村羽左衛門と改名, 六年年なしなどと, 六年年つき日ごろかわいかわいと, 六年年六十余に至り, 六年幸徳秋水堺枯川らが創立, 六年庚申までを一蔀完終, 六年度一〇五六六人の学生, 六年度予算編成中の出来事, 六年度国庫より, 六年度日本の社会, 六年度来の対支外交, 六年建築家の妻, 六年建設當時のドイツ陸軍全員, 六年式の型, 六年弘化元年六月には和蘭, 六年当時函陵酒量超倫, 六年彼地に物故, 六年彼女は子供, 六年彼女二十九歳のとき父男爵, 六年後内匠頭の兇変, 六年後半から同, 六年後宗全と勝元, 六年後柏原天皇が宝算六十三, 六年後輩だろうから, 六年忍苦の涙, 六年志願兵として一ヶ年間騎兵, 六年恐慌状態にあった, 六年戊午二月二十一日の吉辰, 六年戦争に於, 六年戦線が太平洋, 六年打過ぎて, 六年押二八八号ノ四, 六年押第二八八号二十八の頭蓋骨, 六年拿破里に斬首, 六年播州の序戦, 六年支那から帰朝, 六年政府の方針, 六年故山を出で, 六年教師として二年間, 六年文化十三年丙子に至つて, 六年新井白石が取り調べる, 六年於茲而以病脚在家未嘗面謁, 六年日米間にあった, 六年日蔭町で七円, 六年日誌を寫す, 六年早々將軍家から土井大炊頭利勝, 六年明治四十四年十一月にこの世, 六年明治大帝最初の特別, 六年春三月難波宮に行幸, 六年春二月大日本根子彦太瓊天皇崩, 六年晉の趙盾, 六年晩秋の一夕私, 六年普国と戦端, 六年普墺戦争勃発するや, 六年暮から改めて, 六年最初の聖譚曲, 六年月日は忘れ, 六年有名な日記作家, 六年本院再築の時植付, 六年村に住ん, 六年来世の中の違った, 六年来正月元旦には姉夫婦, 六年来迹を絶つた, 六年来雪斎は病み, 六年東京から離れ, 六年東京市内にもこんな, 六年東海岸のキリマネ, 六年松山に帰省, 六年板アンリ・エチアンヌの, 六年板ギルの, 六年板クルックの, 六年板コンウェイの, 六年板スペンスの, 六年板デンネットの, 六年板ドシャンプルの, 六年板ライトの, 六年板ワーナーの, 六年板英訳ラツェルの, 六年林中に, 六年某月である, 六年柳生家との間, 六年楳嶺先生の塾, 六年次兄は四年, 六年歌舞伎座で吉右衛門, 六年歐羅巴ハンガリーの都ブタペスト, 六年正月八日の事也, 六年正月六日正五位下翌仁平元年正月六日従四位下, 六年正月十三日には任権大納言, 六年正月萩を発し, 六年此の方懐かしくて, 六年此處に死す, 六年歿年五十九とあり, 六年段々借財が出来た, 六年毎年正月元日に此處, 六年毎日ユアンに接し, 六年比の秋, 六年比米国船が伊豆, 六年氏親が黄金三両, 六年汁粉を口, 六年法王となりし, 六年流行物どころかしろうと, 六年海岸で暮らす, 六年海犬養岡麿が詔, 六年清の乾隆五十九年, 六年漬の梅干, 六年火災に逢う, 六年烈公が阿部伊勢守, 六年熊本に落ちつくべく努めた, 六年熱心な伝道者, 六年片時も忘れる, 六年版アストレイの, 六年版アメリア・モレイの, 六年版ゴルトチッヘルの, 六年版スキートおよびプラグデン, 六年版タヴェルニエーの, 六年版ドラコット女史の, 六年版ホワイトヘッドの南印度村神誌六〇頁, 六年版ワーナーの, 六年王位に即, 六年現在私は銀閣寺, 六年生ぐらゐ下は二年生ぐらゐででもあらうか, 六年生たちがラジオ, 六年生れで綱宗, 六年生児童の家族二万, 六年生浩ちゃんと善ちゃん, 六年生男子組の教室, 六年田村麻呂を征夷大将軍, 六年田舎で懶惰, 六年甲寅の中秋, 六年男子組の当番, 六年癩病小屋に潜伏中逮捕, 六年癸丑の八月, 六年癸丑米国軍艦が江戸近海, 六年発布の, 六年発行の同氏訳, 六年目ぶりで思いがけない, 六年目わたしは執筆, 六年目三港貿易の開始, 六年目毎にはげしい, 六年目頃までは年々, 六年相州浦賀に異国, 六年眼をつぶっ, 六年示寂して, 六年秀吉が聚楽, 六年秋ごろから五十, 六年程度以下だ, 六年窃盗のため, 六年筋違見附を取壊し, 六年精進苦行した, 六年結婚してから, 六年經つてかの女, 六年經つて了ひ私, 六年經つて夫が腦溢血, 六年編纂の目録, 六年羅馬伝教師シロテの来り, 六年美作津山におこった, 六年美濃巨勢村の山雨, 六年習志野の演習, 六年自家の作物, 六年航海を学び始めた, 六年苦行三十五歳にし, 六年英国に滞在, 六年英国最後のサクソン王ハロルド, 六年華嚴宗を始め, 六年葛飾へ移る, 六年蜀山人七十五歳を以て逝く, 六年行脚の旅, 六年西暦七百十八年に瞿摩悉達, 六年親ら罪人を訊問, 六年親友の故, 六年角倉了以が高瀬川, 六年解散させられた, 六年詔曰倭王世子興奕世載忠, 六年読売新聞に連載, 六年諸国に勅, 六年越のベルト, 六年越奉公をした, 六年越州山陰家に豕, 六年足らずで戦前, 六年跡のお祭, 六年輩の男, 六年辛抱した結果, 六年近く兄弟以上の親し, 六年過ぎ私は残骸, 六年那賀郡黒地村の棟附帳, 六年配で山羊髭, 六年酒井重忠が武州川越, 六年酔多道士, 六年金剛智三藏は開, 六年長崎で火あぶり, 六年長野同年日向灘同十八年鳥取, 六年開店の時, 六年開戦に決して, 六年閏七月十三日に歿, 六年閏七月四日に抽斎, 六年閏五月十八日から十月二十七日, 六年間いつの頃, 六年間お婆さんの親切, 六年間ヒマラヤ山と離れなかった, 六年間一切の対局, 六年間一座の横綱, 六年間一緒に暮し, 六年間三人の搾った, 六年間三好三党に襲われ, 六年間予は萬朝報, 六年間人らしい思, 六年間仏蘭西で百姓, 六年間余の間, 六年間作品を発表, 六年間先輩として最も, 六年間只奉公して, 六年間変りがない, 六年間天皇は日向, 六年間孜々として吾巣, 六年間孤閨をまもっ, 六年間宮林藏の調査, 六年間小都会の劇場, 六年間巡礼して, 六年間工夫して, 六年間床についた, 六年間彼は東奔西走席, 六年間彼女は羅馬, 六年間心に掛け, 六年間時計というもの, 六年間樂しい事, 六年間浄火の中, 六年間烟草屋の二階, 六年間生活した土地, 六年間生産に従事, 六年間田地二町二・六段を当然, 六年間田舎に引込み, 六年間発覚しなかったが, 六年間肺病と闘っ, 六年間舅の助手, 六年間花に捧げた, 六年間苗木の生長, 六年間辛苦して, 六年間通い古代英語の書体, 六年陽春の小, 六年霜月二日江戸丸焼けという大火, 六年頃人類の生活, 六年頃刊行されたので, 六年頃官員小僧のにせもの, 六年頃私はまだ, 六年餘の留學, 六年騷擾市民の間, 六年鳩山春子選挙演説を行う, 六年鹽田幸八の發行, 六年黔に至りた, 六幽界の指導者, 六の爺番頭, 六店父の名, 六の塔, 六府県七十市五百余郡のほか, 六度あたりで捕れる, 六度あっちこっちの病院, 六度お年ちゃんが来, 六度くらゐ度々, 六度やつた, 六度オキシフルか昇汞水, 六度パーラーや玉突き場, 六度一五分のところ, 六度七八分ですね, 六度七分の線にまで逐い詰め, 六度七分夕方五時ごろから七度五六分, 六度七度出であ, 六度三分です, 六度乗まわして, 六度九分近く出た少々, 六度五分でようやく, 六度五分位の由, 六度以上も食べ, 六度以上十三度以下の土地, 六度以下の地方, 六度以南の地, 六度位で高原地帯, 六度八九分ある少し, 六度八分きりなかった, 六度八分午後は三十七度五分, 六度六分になった, 六度北緯三三・〇度の地点, 六度医者といや, 六度半東経百二十八度に当ります, 六度厠へ通, 六度台である, 六度回転すると, 六度圏を描い, 六度夜に入り, 六度女中や店, 六度幕を上げ, 六度往ったり, 六度征旗をすすめ, 六度手水場へ行つた, 六度曇天温に過, 六度東経百四十四度にある, 六度東経百四十四度白骨島と思われる, 六度柝木に打ち, 六度母親の手製, 六度汽車の通る, 六度海越えて, 六度独逸で四度, 六度生唾を嚥, 六度産をし, 六度私は恭しく, 六度竹馬を振りまわした, 六度行つた, 六度詰めかえること, 六度足らずです, 六度間を置い, 六度風涼し, 六度首を獲る, 六座がいわゆる大, 六座三千米以上六座総計六十三座を数, 六座総計六十三座を数, 六廉位植字の形式, 六廏越をし, 六弁クレマティスは八弁, 六弁八史の叙目, 六弁長サ四寸許弁ノ本, 六式戦闘機隊は二十四機, 六を持て参れ, 六引く一は, 六弟子にし, 六弟柏軒が二十, 六弥これだけの人間, 六弥又の名を森右門, 六弥夫婦親子三人を乗せた, 六弥真っ向から二人, 六弦琴そのほか, 六の真鍮, 六はみな公民, 六彦一岩藤九小駒, 六役目の儀ゆえ言葉, 六役者が団十郎, 六の病気, 六彼方此方をおびえた, 六後志久遠村の条, 六従鎮西上人依観音, 六得意の一つ芸, 六御用ッ神妙にせ, 六御用ツ神妙にせ, 六の疏, 六忘八の猪太郎, 六忠興も十六歳, 六急ぐな, 六性根を据え, 六怪選の勇ましく, 六と数える, 六ぐらいな時間, 六息切立戻り一伍一什を小夜衣, 六悪疾が七, 六意地張らしい顔, 六意識作用の全体, 六愛用の品, 六感刑事仲間で, 六感官を意味, 六感的飛躍でやつ, 六慶大二四関大一九立大一六東大一三計二九六名, 六成斎が十, 六或は七と, 六戸前もあった, 六戸死者一〇九一人を生じた, 六戸田畑の流没二十一町, 六所さまの御物, 六所明神ここへ来た, 六所明神様でひっかかり, 六所東配殿に木彫り, 六扇窓下にし, 六手それで足りず, 六手前が毀した, 六手紙原稿すべて字のわかり, 六手組七手組の後備, 六手組細野九郎右衛門玉井数馬助岩田市右衛門神田清右衛門外池孫左衛門河井公左衛門五番には七手, 六才ごろであろうか, 六才位会読をする, 六打合ううち思いがけない, 六把籾約七斗二十一貫目, 六抱えもある, 六抱半の木, 六拍子であって, 六拭いておくりゃれ, 六りとも, 六拾三銭などという為替, 六拾五銭残って, 六拾人計り引連れむかひに, 六拾何円しかない, 六拾個であった, 六拾六哩にし, 六拾円也の電報為替, 六拾参円を送り来る, 六拾金ばかり有ります, 六持って来, 六指物職人の勘太, 六挺駕の屋根, 六捉らえて意見, 六でがす, 六探検者の言語不通, 六接穂と台木, 六搏つて俺の脈, 六支払い暮の一〇〇, 六支院二十四坊の隅々, 六海綿, 六政治に対する国民, 六教育の種類, 六散人九々鱗の号, 六数雄蕊も六数, 六数雌蕊の花柱, 六敷いものを, 六敷石七果物屋とかう, 六文これが百, 六文しきや取りません, 六文どもに送られ, 六文メンチは十個, 六文二十文と騰貴, 六文人足二十八文と言った, 六文六文と馬鹿, 六文夫れから, 六文女は三朱, 六文川ニナッタカラ問屋ヘ寄ッテ, 六文店の前, 六文後を慕っ, 六文昼飯四十八文というの, 六文糞くらえだ, 六文腹を立てた, 六文買つて一兩二分と六十八文, 六文足の指, 六斉明天皇五年の処, 六斎殿と私, 六斗づゝ外に小, 六斗入であった, 六斗六升に当たる, 六斗六升余に当たる, 六斗本流とお, 六斗林は筍, 六斗米一斛余を引き, 六料理の腕前, 六斤一人宛で一斤八, 六斤五両ありましたよ, 六方石のあたり, 六方錐の粒, 六方面においてテレビジョン装置, 六旒左に六旒, 六日ぁ遊ばなぃばつまらなぃ, 六日あしたはこの, 六日あたりであったと, 六日あとに, 六日いかがなしけん頭痛, 六日お世話になった, 六日がかりで東京, 六日きのう一日そのマサカズ, 六日きのふのごとし, 六日このごろ熱低くなりたれ, 六日こんど皇子が秀仁親王, 六日ごろ一区切りつきますから, 六日ごろ傷が或は, 六日そこへおい, 六日それを二日, 六日たち七日たちました, 六日ちやうど盂蘭盆, 六日ぢゃ来月二十六日はみなの衆, 六日なほ守のたち, 六日のち海蔵さんは椿, 六日のち非番に当った, 六日ぶり外出買物いろ, 六日めさきの返答, 六日アゾレス群島に来た, 六日ウィッテンベルクに至り, 六日オウク・ヒル町墓地において女中マアサ・ガッツ, 六日ガンたちはクラレルフ川, 六日クリスチアニアのノールウェー女權同盟, 六日コマンドルスキイ沖の合衆国巡洋艦, 六日サンフランシスコに安着, 六日シャン・ゼリゼー川岸通りの大, 六日セエラは父, 六日ダアバンを出帆, 六日ダアバン港を出た, 六日チリ中部の地震, 六日トリビューン紙は二度目, 六日ドイエップ行の急行, 六日ドクタアと私, 六日ニューメキシコでの実験, 六日ニューヨークのメトロポリタン, 六日ニースに着任, 六日ニ帰京シテ七日ノ日曜カラ, 六日ノビルという電報, 六日パレスタインで強風, 六日プラーグ東方地区で墺軍, 六日プロシア国国会においてビスマルク公, 六日ボルシェビキはペトログラード, 六日マタイ六章の十六節, 六日マルセーユ出帆の太洋丸, 六日ラマルク将軍の葬式, 六日ワラタ号は倫敦, 六日一般公開といふことに, 六日丁亥天晴安念法師, 六日丁未天霽弾正大弼仲章朝臣, 六日七年間病床にあった, 六日七日得も寝られず, 六日七日間議会停会の詔勅, 六日三などという類い, 六日三十一歳で死ん, 六日三十信と書きました, 六日上京中深川に於, 六日上洛取り紛れ半ば, 六日上総へまゐり昨夜帰宅, 六日上野山下の伊勢屋幸右衞門, 六日丙午天霽申剋将軍家前大膳大夫広元朝臣, 六日中に何とか, 六日中部ヨーロッパに地震, 六日乗鞍頂上を経, 六日乙丑晴京都の使者, 六日乙未天霽相州武州大官令等参会し御所新造, 六日九里島対岸においてたおれたる, 六日事件を裁判所, 六日事件加代子さん殺しの場合, 六日二人と一人, 六日二代目尾上多賀之丞, 六日二十七日とお, 六日二十八日づけの, 六日二十六日だけは骨休み, 六日五十五歳で父, 六日五十日近くか, 六日五月六日六月十日同二十五日, 六日井上竹次郎死す六十歳, 六日京都に入, 六日京都守護の任, 六日今夜も眠られず, 六日今日もいい, 六日今日五ツ半刻, 六日仏門に帰せられ, 六日仕事をした, 六日仙洞秋十首の歌合, 六日以來數回に亙り, 六日以後に爆発, 六日以後三日間の祭礼, 六日以来三日間というもの, 六日以来旱となっ, 六日以来謙信は只, 六日任右近少将同二年正月五日正五下, 六日伊沢先生及諸子同遊雑谷十介園, 六日位で弛みます, 六日位口養生さえすれ, 六日作とあった, 六日例によって正午近く新聞, 六日侍所の高, 六日倫敦のカックストン会館, 六日先へ立て, 六日先生の六十三, 六日入の鈴木家, 六日八ヶ岳を縦走, 六日八十三歳の高齢, 六日八街原をかへりくる, 六日六十二歳東京の監獄, 六日六晩飲まず食わずでわし, 六日六月十日同二十五日, 六日其交換を了, 六日其處で暮した, 六日出の吉延さん, 六日出帆帰路一隻を失い, 六日出立致し古河, 六日切開手術を行い, 六日判決は言, 六日前つまり十三日でした, 六日前四時目をこすり, 六日前橋地方裁判所の嘱託, 六日前神隠しに遭った, 六日前自分の手もと, 六日助六は相, 六日化学の助教授, 六日北川冬彦君宛の手紙, 六日北米の大西鉄道, 六日北部ルソンカピサヤンにて新聞報道関係者二十三名, 六日医術申合会頭是迄山田玄瑞, 六日十一日十四日とお, 六日十七十八日は休み続きな, 六日十三時間二十分をもって東京, 六日十二人十七日二十八人以上五十四人古今未だこの, 六日十二分に準備, 六日十六日と思わざる, 六日十六日祭禮なり其外三女神, 六日十時三十分からです, 六日千歳座より出火, 六日午の尅, 六日午前一時四十分鳴轟一時, 六日午前七時我々はド, 六日午前三時ごろ多くの生魚, 六日午前三時ごろ横浜桜木町七丁目第十七号鉄道線路踏切, 六日午前九時より堺生, 六日午前九時十五分手術を受け, 六日午前二時ごろ市内大通六丁目県立高等女学校内運動場の一隅, 六日午前二時パルテー駅出立昨夜雇い入れた馬, 六日午前五時に非常, 六日午前五時すぎ小菅刑務所のわき, 六日午前五時三十分梓山発日野春に至り, 六日午前五時二十分六十三年にわたる多彩, 六日午前五時四十分に四人, 六日午前八時ベナレスに着す, 六日午前八時元勲伊藤公の坐乗, 六日午前八時十五分広島市中央部の上空, 六日午前六時を期し, 六日午前十時に芳賀博士, 六日午前十時ストーコオと共にロング, 六日午前十時築地小劇場に劇場員一同, 六日午前四時に雪, 六日午前四時ごろ伊豆半島の北部, 六日午前四時ごろ伊豆半島北部から発した, 六日午後三時南アフリカ喜望峰を解纜, 六日午後三時犬吠埼の灯台, 六日午後三時納棺された, 六日午後予審判事裁判所書記の一行, 六日午後五時わが連合艦隊, 六日午後四時過ぎ俺は今, 六日午後川野委員長対大石佐藤との会見, 六日午後横浜解纜の英国船, 六日午時一時から本, 六日午睡から目, 六日午餐の席, 六日博物館をみる, 六日即今東京府知事職ニ在ル大久保一翁, 六日厄介になりたい, 六日台湾海峡に入る, 六日号までにわたって連載, 六日司令部から, 六日合戦は大津合戦, 六日四ツ半時頃なり, 六日四ツ時頃高柳使ひ来り則彼, 六日四代目中村芝翫死す七十歳, 六日四天王寺の塔, 六日四郎が本丸, 六日国境を越え, 六日堀内組病者診察として愛冠, 六日壊滅するまでの, 六日壬午亥刻雷鳴数声降雹の大, 六日壬戌晴丑刻大地震, 六日夕より雨ふり, 六日夜ふかしが続く, 六日夜九時御殿場富士屋へ着, 六日夜五つ下がりに道灌山裏, 六日夜五ツ半時頃成瀬国助及俗事役壱人来リ, 六日夜十一時頃基ちゃんが門, 六日夜地震同夜半, 六日夜大阪に退き, 六日夜慶喜は回陽丸, 六日夜月の出ずる, 六日夜道友会に於, 六日大坂を発し, 六日大溝渠の鉄, 六日大竹貫一の宅, 六日大西溝の激戰, 六日大連着そこで父, 六日大雨俄に至り, 六日天陰りて, 六日太平洋に出た, 六日好晴をつづけ, 六日妻と共に一旦, 六日妻女山に着いた, 六日姫川を下っ, 六日宮本顕治は東京地方委員会, 六日家康が家臣全員, 六日寅時に発し, 六日寛は王藏, 六日将軍はついに, 六日尊氏は降, 六日就職口を探し, 六日屋戸野入道に付し, 六日山口県川尻御崎の北方十五浬, 六日山羊は一疋, 六日岡崎にはいった, 六日島木赤彦土橋青村二君と共に温泉嶽, 六日崩りたま, 六日崩御あらせられて, 六日巣鴨の獄, 六日左千夫君百穗君と共に雨, 六日巳の刻頃, 六日帰住被差許, 六日帰塲す, 六日常磐津林中死す六十五歳, 六日幕府申次の大井, 六日平和克復の大詔, 六日平壌を攻撃, 六日年七十一歳でこれ, 六日広島表御用有之早々, 六日床を出で, 六日庚子霽終日風烈し連, 六日府下の各, 六日府中刑務所で今野, 六日庵中独坐に堪へかね, 六日庸書檄を作り, 六日延期と云, 六日建保と改元, 六日弘川寺で世, 六日当山説教と貼紙, 六日後伸子と素子, 六日後動坂からまた, 六日後堀河院が崩御, 六日後彼女は再び, 六日御所にい, 六日心持煩はしけれ, 六日憲政本党, 六日戊午天晴将軍家二所の御, 六日戊辰晴将軍家二所より御, 六日戌剋入道遠江守時政, 六日我木曾冠者義仲は白馬金鞍, 六日房の長, 六日手紙書ければ, 六日払暁ペナン港に入る, 六日抜歯日毎に歯科医, 六日拝借御長屋附, 六日捜査のため山, 六日改元建保元年となった, 六日散策の後, 六日新撰組は肥後守, 六日日付のお, 六日日庸されたところ, 六日日曜日線路にそう, 六日日曜日面会いたしました, 六日日本人高田兼吉の家, 六日日本出版文化協会は発展的, 六日早朝フランクフルトを発し, 六日早朝乃木はまた, 六日春雷の猛り荒ぶ, 六日時限原子爆弾が落ち, 六日晝少し前, 六日晝立にし, 六日晴風午時微過雨, 六日暇をとっ, 六日曙近きガデブツシユ, 六日更任右中将建暦元年正月五日正三位同二年十二月十日従二位, 六日月の影, 六日有楽町の家, 六日朝アバディーンを発し, 六日朝九時かねて, 六日朝五ツ時竹島の内, 六日朝京著之処, 六日朝六ッ時前頃又高柳, 六日朝博多を立つ, 六日朝厚木到着の予定, 六日朝四時過遂に, 六日朝四時出頭するやう, 六日朝大町行の電車, 六日朝廷これを嘉納, 六日朝戦場へ向う, 六日朝汽車にて上田, 六日木村旧軍艦奉行, 六日未明にある, 六日未明同志吉田君はやられた, 六日未明怪奇を極めた, 六日本の仏教, 六日本当の暑, 六日村民一同は鎌止め, 六日来の猛烈, 六日東京出立同二十七日無事帰県, 六日東京大学教授に任, 六日東京市中の石切塲, 六日東京府民有志の発企, 六日東京駅発二十七日熱田丸横浜出帆諸先輩, 六日東大寺に於, 六日枝幸丸という, 六日柿内夫人園子より光子, 六日栃木を通り, 六日桑野にて, 六日桜は親木, 六日梅雨を冒し, 六日梅雨晴れの爽やか, 六日森家にては葬儀, 六日樣子を見, 六日横浜にも藪入り, 六日橋本に陣, 六日歌舞伎座に於, 六日正五位下翌仁平元年正月六日従四位下, 六日正保と年号, 六日正月あるいはまた蟹年, 六日正行は和田助氏, 六日正造は議会, 六日正金銀行で課長以上, 六日母の家, 六日母上京する, 六日毎日六時間ばかり何等, 六日比の月, 六日水気の来た, 六日江戸町奉行遠山左衛門尉役宅へ商人, 六日汽車に乘, 六日河竹能進大阪に死す, 六日沼田を出立, 六日法然が語っ, 六日波荒き海上, 六日海城丸に帰り, 六日清元延寿翁死す七十三歳, 六日渡部長七唱の手記, 六日滞在して, 六日滯在して, 六日潮音氏に導かれ, 六日澪標のもと, 六日烏森の湖月, 六日無人の地, 六日熱田に著, 六日片山道明寺附近の会戦, 六日犀川千曲川を抱いた, 六日王立協会にてヴィクトリア女皇, 六日甚兵衛は藩老細川志摩, 六日生年四十八歳で法然, 六日田中は久振り, 六日田中派はすでに, 六日田沼侯は幕命, 六日甲寅晴将軍家御出, 六日甲戌新造の御所, 六日甲斐に殉じ, 六日町五日町浦佐小出堀之内あたりで竿, 六日町方面や上州利根郡, 六日町組の村, 六日留置場の看守, 六日癸巳将軍家広元朝臣の家, 六日癸巳晴坊門黄門去る六月二日仙洞歌合, 六日発行の, 六日発行五十銭で総, 六日登營の刻, 六日百々桜顛宅集園有杜鵑花数株其先人所栽与山室士彦, 六日百穗氏の來状, 六日目四十度五分になつて, 六日目毎に休日, 六日目越前屋の主人治兵衞, 六日目頃に漸く, 六日相見ざる間, 六日県立高女校内に発生, 六日矯風会の矢嶋楫子, 六日祝儀を多く, 六日神戸出帆の亜米利加丸, 六日神田三崎町の改良座, 六日神田青柳にて古書即売会, 六日祭禮なり其外三女神, 六日福山発二十五六日頃入府の予定, 六日秋雨連日さながら梅雨, 六日程大変気をつめた, 六日稿本を下賜, 六日立ふぢ, 六日競争の小屋, 六日競馬の条, 六日管区長フライ・アロンゾ・デ・メンチェダ神父によって修道服, 六日管区長フライ・アロンゾ・メンチエダ神父によつて修道服, 六日米国大統領の承認, 六日米艦本牧に入る, 六日終戦後四十日のこと, 六日經つて勘次は針立, 六日經つて最初に豫定, 六日網走刑務所へ送られる, 六日羽前村山郡新庄領の堺田, 六日老父を送, 六日聖誕日を天長節, 六日能褒野に至る, 六日臨時県会を召集, 六日船はダウンズ, 六日茗荷谷の切支丹坂, 六日菅季治氏を死なせた, 六日葡領アフリカのグランデ・バサーニョ, 六日薄暮私は二, 六日薩摩大隅地大震とあり, 六日藤原宮に遷居, 六日藤堂高虎の砂, 六日行商に出, 六日行政官布告が出た, 六日西岡等四百人は大, 六日西比利亜出征の田中中佐, 六日見舞いの使い, 六日解散した, 六日言語に絶する, 六日誌友小集を開いた, 六日諏訪の霧, 六日謂は, 六日警官三名の護衞, 六日警察署の呼出状, 六日議会は解散, 六日議会みずから五日間の休会, 六日貞に会った, 六日越前鯖江前藩主間部詮勝, 六日越後高田大地震, 六日足痛年月を重, 六日路も奧, 六日軍事委員会は労働者義勇隊, 六日辛丑晴山城大夫判官行村使節として上洛, 六日辛酉是より先出羽国司言, 六日辞表を提出, 六日農鳥へ往復, 六日退院とのこと, 六日逗留しても, 六日造ぎた日終日働いて, 六日遊川と東陽, 六日道を東南, 六日那古野に出, 六日郊外からきた, 六日都へ曳かれた, 六日野上さんの処, 六日金曜曇陰鬱なる空, 六日釣り耽った, 六日鈴木三重吉宛の手紙, 六日鉈とりて, 六日鉱毒地出張十三日帰京した, 六日錢形平次は八五郎以下, 六日鎌倉へ着いた, 六日長崎の森路, 六日開講した, 六日間お迎えにいらっしゃいます, 六日間すべての勤務, 六日間わたしは窓, 六日間一度だつてお湯, 六日間何処に隠れ, 六日間四年生の修学旅行, 六日間夫婦暮しをし, 六日間小説を読ん, 六日間無人の高原, 六日間砲撃して, 六日間職業に勉めし, 六日間臥て居る, 六日間自分を見詰めつ, 六日間行つて居りましたが, 六日間連載された, 六日間野口のケチンボー, 六日阪本四方太中川四明日を同じ, 六日附足下の名, 六日降雨すと, 六日隊歌発表式あり, 六日隊歌發表式あり, 六日静子の母, 六日静養のやむを得ざる, 六日革命の進展, 六日頃そちらへ行つてみたい気, 六日頃入府の予定, 六日頃再版出来のよし, 六日頃手術をし, 六日頃鳥居峠へかかっ, 六日須崎を立っ, 六日頻々と塾長あて, 六日顔を見せない, 六日風清く波穏やか, 六日風浪やまねば, 六日首領のモーナルーダオ, 六日馬籠泊まりの触れ書, 六日馬関へ長, 六日魯西亞使節多吉郎へ面會仕度旨, 六日鳥居峠お野立, 六日鶴見へ行った, 六日黄昏貴家へ参, 六日黎明基次東軍大和口の先鋒水野勝成, 六旧教新教の宗制, 六撮写真, 六早く夫に, 六早大二六慶大二四関大一九立大一六東大一三計二九六名, 六旬不幸にし, 六の傾く, 六星壇に誓う, 六星霜を奪, 六昼夜も燃えつづいた, 六時あな水底より浮びくる, 六時がらみこれがその, 六時ごとにあなた, 六時ごろソーモンの通路, 六時ごろ一すじの川, 六時ごろ一度眼をさまします, 六時ごろ山を下る, 六時ごろ彼は階段, 六時ごろ旅亭に帰り, 六時ごろ朝井刑事は帰っ, 六時ごろ目をさまし, 六時ごろ自動車が来, 六時ごろ裏門から出, 六時ごろ長謙さんが電話, 六時じゅう栄三郎の心, 六時すぎごろであった, 六時すぎつやが来, 六時すぎへとへとになっ, 六時すぎタクシーで日劇, 六時すぎタクシー有楽町アマンドへ, 六時すぎ仕方のない, 六時すぎ先生が来る, 六時すぎ出立道はアスフアルト, 六時すぎ夕五時ごろ群をなし, 六時すぎ家を出, 六時すぎ支部馬の力, 六時すぎ日比谷公会堂へ明治製菓, 六時すぎ浜町の浜のや, 六時すぎ海軍治安隊にしぶしぶ, 六時すぎ牛込警察署の一室, 六時すぎ皆漸く来る, 六時すぎ自分が出, 六時すぎ茶の間今夜はすきや, 六時すぎ頃から来, 六時すべてが正確, 六時ちょっと過ぎには木戸, 六時ぢやない, 六時どっちも三人, 六時の間頃ぱったりと, 六時ウォリック夫人とウォスタア卿, 六時カツキリに電気, 六時カモへ行ったら, 六時カラ庭ノ散歩, 六時シェードのない, 六時ジュネーブに着し, 六時タクシー先生邸へ, 六時デンツーへ寄り, 六時ニハ必ズ起キ出デテ呪文ヲ三度唱ウルコト, 六時ニューグランドで森氏, 六時ニ今夜ハオ暇ヲ戴キマスト云ッテ, 六時ニ行クカラ浄吉モ来ラレタラ来ルヨウニ云ワセル, 六時ニ起キ顔ヲ洗ヒ飯ヲタベ, 六時ハイド・パークの椅子, 六時ブリュッセル市に着す, 六時ベッドにつかまり, 六時ホテルのロビー, 六時ホテ・グリで食事, 六時ミサ八時半から教会, 六時メキシコ国サリナクルスに着岸, 六時モナミで母上, 六時リオ都に帰着, 六時一寸すぎかえりました, 六時一寸前に上っ, 六時七時それから八時, 六時七時の間は西方, 六時三ノ瀬に着い, 六時三分に来, 六時三分の上り列車に乗った, 六時三分松本発信鉄にて七時三分大町着, 六時三分発上り列車の発車間際, 六時三分茅ヶ崎発の汽車, 六時三十七分にプラット, 六時三十五分であった眺望雄大, 六時三十五分ので引っ, 六時三十五分の汽車に乗っ, 六時三十五分劒沢の岩屋出発, 六時三十五分有明駅着少し休む, 六時三十五分赤牛岳へ登る, 六時三十八分という, 六時三十分上野停車場前集合, 六時三十分中ノ谷の露営地出発, 六時三十分我々は横浜, 六時三十分激震と同時に, 六時三十分皆と一緒, 六時三十分針路を真, 六時三田尻の宿, 六時下の渓流, 六時中うつつない机, 六時中お前たちに私, 六時中ひとり胸の中, 六時中フランス語を使っ, 六時中人間のよう, 六時中仕事のこと, 六時中休みっこなく働いて, 六時中何か否定的方面, 六時中作用を人間, 六時中動き分化しつつ, 六時中十四頁目のところ, 六時中君の知力, 六時中心のなか, 六時中怪獣が泣き喚いた, 六時中意識するか, 六時中操觚に没頭, 六時中時間のいつ, 六時中椅子の中, 六時中気をはっ, 六時中焦躁や不安, 六時中生命の危険, 六時中私によびかけ, 六時中身をもがき, 六時中離座敷のお, 六時中霧の霽, 六時中頭の中, 六時九分と仰言った, 六時二俣口の船底山, 六時二十七分発にて小諸, 六時二十五分から三十分, 六時二十五分の終列車が着いた, 六時二十八分に着きます, 六時二十分そこにたどり着き, 六時二十分前に来る, 六時二十分小便に起きた, 六時二十分迎への車, 六時五分に出立, 六時五分本因坊紙をうけとり, 六時五十七分着第, 六時五十五分の汽車で広島, 六時五十五分一の関発平泉へ出発, 六時五十分の電報だつた, 六時五十分三田平小屋七時十五分長次郎出合七時五十分着八時三十五分出発, 六時五十分南方の水平線, 六時五十分発のに十分, 六時五時より七時, 六時京都へ辿りついた, 六時代から映画, 六時以後私が眼, 六時以後終列車までに来なけれ, 六時佐々木ガ庭ノ散歩, 六時何分かに鳥栖, 六時何分上野着円タクで家, 六時先刻より熱発, 六時入江に来る, 六時入浴有楽座, 六時公使館を辞し, 六時六分一馬さんは六時九分, 六時六分偽造のアイビキ, 六時六分着から午前零時三十四分着, 六時兵庫乗鞍へ向っ, 六時冬には夜, 六時出帆の船, 六時出帆定期航路に就く, 六時出発深川町を行乞, 六時出發です, 六時出立九時着行乞三時間, 六時出立川に沿う, 六時出立我ながらサツソウ, 六時出航す, 六時前キヨまでそれ, 六時前後相模線の入谷駅, 六時前頃からカチカチ拍子木, 六時剣ヶ峰へ向う, 六時劒沢の岩屋着, 六時十一分あなた方の幾, 六時十七分着青年団, 六時十三分のでかえった, 六時十三分の急行で着, 六時十九分に四平街, 六時十二時昼食夕食六時すべてが正確, 六時十五分のには間に合う, 六時十五分前に一台, 六時十五分劒沢の夜営地出発, 六時十五分発東北本線上野行に乗りこん, 六時十五分笹谷の絶頂, 六時十五分過ぎだぜ, 六時十五分頃にお, 六時十何分かで帰った, 六時十八分を待っ, 六時十六分私たちはベルン, 六時十分先生が東京, 六時十時と壁上, 六時半ごろ主治医と二人, 六時半ごろ営門を出ました, 六時半ごろ大池と夕食, 六時半ごろ終戦連絡事務局の田川さん, 六時半ごろ罐詰のシチュウ, 六時半すぎ七時近くだったか, 六時半すぎ喜多八へ帰る, 六時半なか川旅館へ宿, 六時半カントンへ着岸, 六時半チキンカツぶりの煮, 六時半テムズ河口に入る, 六時半ハンメルスフェーヘンに着く, 六時半ピーッといふすれ違った, 六時半ベイスフォード駅着の汽車, 六時半一片付きして, 六時半会場は旭座, 六時半先生よりのBW, 六時半前に帰宅, 六時半前後が人海, 六時半南下しつつ, 六時半同港を抜錨, 六時半吸入して, 六時半四人の徒歩組, 六時半夕あかりに雑草, 六時半夕刻四時ということ, 六時半夜暗に入る, 六時半天すでに暗し, 六時半家を出る, 六時半小屋着ときどき霧, 六時半撮影の合間, 六時半新橋駅集合で島村竜三, 六時半楽屋へ戻る, 六時半楽屋入りをする, 六時半火薬爆発によりて生命危篤, 六時半熱海公会堂へ, 六時半病牀眠起, 六時半私たちは散歩, 六時半茶の間へ, 六時半開始が手間どっ, 六時半頃ダッタガ賑カデ景気ガヨサソウナノデ予モツイ若イ者タチノ中, 六時半頃宿を出, 六時半頃恒夫と茂夫, 六時半頃裏口からはいつ, 六時半頃西河内の宿屋, 六時半頃雨傘を手, 六時南関を立っ, 六時号砲三発山に木魂, 六時吉野山のぼり午前十一時吉野駅発, 六時四五十分ごろ帰宅した, 六時四分を指し示し, 六時四十五分よ, 六時四十五分の上りで探険, 六時四十五分グッデン博士と散歩, 六時四十五分釜谷山腹の露営地出発, 六時四十五分頃王はグッデン博士, 六時四十分比その汽車, 六時四十分頃父は二階, 六時四十分頃総督ハドソン・ロオ副総督チェース, 六時地下室でま, 六時坂下下車そして藪下屋, 六時場所はオリエンタルホテル, 六時夏は五時, 六時夕食の膳, 六時多度津へ著船, 六時大絶壁に遇い, 六時奈良に着いた, 六時女のドクトル, 六時姉の家, 六時子供の時間, 六時安田の小川栄一, 六時室堂出発食糧二日分を持ち, 六時宿を出, 六時対局所の小石川もみじ旅館, 六時小便で眼, 六時小屋を出発, 六時少雨来たる, 六時山野を歩き散らし, 六時左舷にアフリカ海岸, 六時市川の驛, 六時市長室に於, 六時帰宅すぐ床, 六時帰宅母上と二人食事, 六時帰舎す, 六時広島の沖合, 六時庭ノ散歩, 六時廿九分烈震後十五日午後一時四十二分まで缺測, 六時廿分に発したる, 六時房州長島の灯台望中, 六時抜錨して, 六時放送室へ入っ, 六時新月を望みたる, 六時服部老と井上, 六時朝日会館へ, 六時朝食を済し, 六時東京会館のビクター, 六時東映本社へ井関, 六時林房雄氏ノ一文, 六時検疫あり七時上陸, 六時楽屋入りマダムを終, 六時樋口と待合せ, 六時欣々として馬, 六時死去いたしましたから, 六時沼津発東京通過其処より, 六時沼津發東京通過其處より, 六時泊槍は雲, 六時湯河原へ, 六時煙雨の間, 六時片貝川の沿岸砂地, 六時田川君を起す, 六時甲板に立出, 六時発の汽車, 六時発車夜行にてスウェーデン, 六時発道標を見, 六時発錨す, 六時發横川行の, 六時監禁中の重臣, 六時石原御門前より川崎屋船, 六時研究所へおい, 六時私は出帆, 六時築地房田中へ三益愛子, 六時細君柏児を伴, 六時絶息の報, 六時船はしずか, 六時船長のジョン, 六時英国ヨークシャー州バルレー村を辞し, 六時草津鉄道で立っ, 六時草津鐵道で立つ, 六時荷持を一人, 六時血紅色の日, 六時豊島昌氏とともに汽車, 六時赤坂まへ, 六時起床けさだけ冷水浴, 六時起床洗顔朝の茶, 六時跡部平山を江戸矢部定謙, 六時近く座へかけつける, 六時近く砧を出, 六時近く迎へ来り, 六時過ぎ宿へ泊る, 六時過ぎ演劇同盟の沢村貞子, 六時過ぎ資生堂の前, 六時過ぎ頃の汽車, 六時道子が待ってる, 六時銀座ナイルで, 六時長崎線に乗換, 六時門司の岔水居, 六時開会を二十分, 六時開始でその, 六時間あっちこっち御覧になった, 六時間あまりを要した, 六時間ぐらゐ寝床にゐます, 六時間ごとに高潮, 六時間づつも讀まれ, 六時間づゝ働いて, 六時間めの手工, 六時間ゆつくり飲んで, 六時間ホームで待つ, 六時間ボンヤリ河原に突っ, 六時間中にもつまらぬ, 六時間二三分五三秒とし, 六時間交代牛乳支給が行われ, 六時間今年始めての, 六時間以下十六歳以下は四時間以下, 六時間休息するの, 六時間位しか眠る, 六時間位ヘデもない, 六時間何分というところ, 六時間余を費し, 六時間余裕あるの, 六時間保存されること, 六時間内外の時間, 六時間前後を要する, 六時間割合にくたびれ, 六時間労働十六歳以下は四時間, 六時間勤務十二時間休息一日に一つ, 六時間午後一時半の自動車, 六時間各室を封鎖, 六時間四時間二時間となつ, 六時間地上の生活, 六時間女子が八時間, 六時間学校に在り, 六時間学生に教授, 六時間安臥させる事, 六時間待飽倦んで, 六時間後陰気に炉, 六時間急に時計, 六時間授業だったの, 六時間月に三十日, 六時間水がなけれ, 六時間湯煮ると, 六時間演説したと, 六時間物も食べず, 六時間相手は色々, 六時間睡眠平均または時に, 六時間職務上には変わり, 六時間行程の登山, 六時間近で夕陽, 六時雨の中, 六時電気協会ビルディングの三階, 六時露営地を出発, 六時頃そこを出立, 六時頃やつと草津着, 六時頃アダリンをのん, 六時頃カラ手ノ冷エ方ガ, 六時頃バスは動き出した, 六時頃ヘコヘコになっ, 六時頃マタ一緒ニ帰ッテ来テ僕ラ家族ト夕食ヲトモニシ九時少シ, 六時頃三人前の正餐, 六時頃上野へ着く, 六時頃下関に着いた, 六時頃伊達とさだ子, 六時頃伊那部に着い, 六時頃僕は夢, 六時頃僕アガリ宿へ帰る, 六時頃先輩の生駒君, 六時頃兵隊は身体中, 六時頃出発しカンバ, 六時頃出発尾根へ登り, 六時頃切符を買っ, 六時頃埼子の母たち, 六時頃夕飯をすまし, 六時頃宿を出発, 六時頃寿引上げかけたら酒, 六時頃小学生の一人, 六時頃峠の上, 六時頃左前胸部, 六時頃年若き男, 六時頃床を出る, 六時頃戸倉の宿, 六時頃斎藤豊吉脚本持って, 六時頃新宿の十字路街, 六時頃新宿駅に著く, 六時頃日の光, 六時頃渡辺橋で釣, 六時頃温泉発大正池附近川原にて道明らか, 六時頃無電で海洋気象通報, 六時頃焼尻島に碇, 六時頃父上が外気, 六時頃目を覚した, 六時頃福岡県早良郡姪の浜一五八六呉ヤヨ方母屋奥座敷より発火, 六時頃秋川邸を辞し, 六時頃築地三丁目の川中, 六時頃聖堂と十五六町, 六時頃茶を入れ, 六時頃解散するという, 六時頃身受けのしろ, 六時頃食堂で和食, 六時頃馬で裏, 六時頃S子さんに頼ん, 六時鵞鳥の見たる, 六時PCL事務所へ, 六晝夜にし, 六景中快晴の富士, 六景図の新, 六景完全に書い, 六景色を詠んだ, 六暫時呆れしが, 六曜占と名づけ, 六曜星が仏滅, 六曲り目というところ, 六曲ハンガリー舞曲二曲円舞曲三曲でこの, 六曲一双つまり十二扇の大, 六曲一双十二枚に描いた, 六曲二双ぐらゐ, 六曲二双の金びょうぶ, 六曲全面を部屋, 六曲半双へ一気に, 六曲屏風一双の, 六曲峠といふ峠, 六曲金屏風が立てかけ, 六書院より戯曲集, 六月頃主人は土産片手, 六月頃国枝氏が名古屋, 六月頃天部村の小, 六月頃私が又, 六服お茶をガブ, 六服喫まん, 六服鉄拐仙人のよう, 六朝仏印度仏ぐらいでは済度, 六朝仏印度仏ぐらゐでは済度されない故, 六朝以後に竄亂, 六朝唐はわずか, 六期間を採り, 六木戸へ大, 六木戸番の三太郎, 六木綿の紋付, 六十月二十七日, 六本あしらつてあるの, 六本あとは桐, 六本お雛様の前, 六本かたまつて, 六本くらゐある松の木, 六本ぐんなりなって手の中, 六本そこらへ落ちた, 六本その他食ったが, 六本ぢやぞ, 六本づつ取り出しては, 六本づつ蔓で編ん, 六本ほかなくそれ, 六本まっ黒にならん, 六本アトがある, 六本タオル二三枚出入りの人たち, 六本バケツの水, 六本バラバラッと打ちこわす, 六本ビール七十八本お通し六十三人前イセエビ五皿タコ二十八人前マグロサシミ二十五人前果物五皿シャンペン一本スシ十人前それにサービス料二割, 六本ブリキの銀笛, 六本一度にこちら, 六本七本目とつづい, 六本下部に十二本, 六本並木の立っ, 六本丸太が浸っ, 六本以上とか齧っ, 六本併んでいる, 六本全身に群青, 六本八本或は十本, 六本其處に投げ, 六本刀をはずし, 六本分の金, 六本右撚りなら右, 六本大小塩梅して, 六本天蓋のよう, 六本太古の石柱, 六本宙にとぶ, 六本小刀で切り倒しました, 六本屹立した樅, 六本引出しの中, 六本当はこの家, 六本後には暖, 六本後ろは栗林, 六本心の臓, 六本扇が欲しい, 六本折つて, 六本拔いて, 六本拾ふとそれ, 六本指先でもみ, 六本指駢指だよ, 六本振りならチース, 六本提出された, 六本教室の窓, 六本新聞紙に包んだ, 六本木の葉に載せ, 六本杉六本都合十二本の大木, 六本松の岡, 六本植ゑられてその下, 六本樹立のある, 六本河原を斜, 六本洗面器の水, 六本流寄つた形が判, 六本潮風にさらされ, 六本無駄にし, 六本煙草を吸つて仕舞, 六本片手に持っ, 六本片方が六本, 六本疎らに立つ, 六本目あたりからはもう, 六本秋は木犀, 六本空にむかい, 六本羽も大方蟲喰, 六本腕といくらでも, 六本茶碗一杯の胡麻醤油, 六本草原に影, 六本行列はし, 六本襟の裏, 六本貝の柱, 六本趾を二つ, 六本車につけ, 六本轉がつて, 六本遠くよりも目, 六本都合十二本の大木, 六本酒を五六合, 六本銚子の並んだ, 六本隅の方, 六第七沈, 六朶園荒井雅重家元仲間の三世清元延寿太夫等, 六から八人, 六束バスケツトから出し, 六束季節によっては菖蒲, 六条あたりから白拍子, 六条さんは一人, 六条は別にピストル, 六条ハ小西両氏及老兄龍等も御, 六条二条などの河原, 六条五井四本二宮の四人, 六条伯爵家に招かれ, 六条全集うんぬんの件, 六条判官は尚, 六条判官源為義の孫, 六条千春の四人, 六条君あれは何, 六条坊門附近は娼家, 六条壮介ひとりとなっ, 六条家組の人, 六条少尉以外の何人, 六条川原で安楽, 六条村民は船入, 六条松原の闇, 六条様参り一所, 六条殿の牛飼宿, 六条派の歌学, 六条流の歌道, 六条清輔が卒, 六条清輔顕昭法橋はことに, 六条為義父子や右馬, 六条皆赤い蛇, 六条貴女の邸, 六条通り迄の間, 六条頭をしきりに, 六条顕輔その子清輔, 六杢兵衛おまち, 六杯お代りをすれ, 六杯その他平均五杯ずつ合計, 六杯ザブリと浴び, 六杯ヅツ引かける所, 六杯応酬をし, 六杯水を八分目, 六杯浅草の神主板垣平馬, 六東大一三計二九六名, 六松めがさっき, 六松一平粂というの, 六松高が一, 六松高菊地鉄平の七人, 六松高菊地鉄平内山の順序, 六板倉刑事課長の審問, 六林佐渡その他の旗本たち, 六林佐渡通勝池田勝三郎信輝佐久間大学森可成, 六林美作などはかえって, 六枚あきらかにこれ, 六枚お釣りになりました, 六枚かたまつて, 六枚かまどの形, 六枚ぐらゐ節毎に二枚づつ相對, 六枚それぢや一, 六枚はつてあつた, 六枚カッフェーの女給さんたち, 六枚ピンで留め, 六枚一時迄に書き上げた, 六枚七枚おお拾, 六枚七枚十枚十二枚時には二十余種, 六枚上手に使い分けまし, 六枚下書きした後, 六枚乱雑に積ん, 六枚八枚のは唯, 六枚分拵へてまた, 六枚十八銭古新聞十六銭, 六枚厨子扉があっ, 六枚地面に横たえ, 六枚外へ此, 六枚小粒で二三兩, 六枚屏風月には蒼き, 六枚屏風表に描いた, 六枚所望されて, 六枚手紙の二三本, 六枚手紙三本書いた, 六枚折屏風があった, 六枚数うるばかり, 六枚方明晰に相違, 六枚書き山本安英の, 六枚板地区に行く, 六枚板赤水とっぽ, 六枚板鉱泉浴をした, 六枚無難に通過, 六枚畳を敷いた, 六枚祭壇のあたり, 六枚紺がすり二枚ちぢみ中形五六枚位, 六枚組のを抜き取つた, 六枚綴の小, 六枚羽根のプロペラ, 六枚肩で二挺立て, 六枚茶色に煤けた, 六枚落かで五番, 六枚蓆の垂れ, 六枚街路の物音, 六枚連作の大津絵, 六枯木を集め, 六柏軒二十六長二十二, 六の神, 六は抽斎, 六の条下, 六あったの, 六株七株すらすらと, 六株山椒の若, 六格内に三十六, 六桁位の数字, 六桁数字は果然, 六桁数字式の日附法, 六桁目は糎, 六も挽け, 六梅林にて, 六條どのの姫君, 六條判官殿如何でか, 六條取消談判の會話記録, 六條左大臣粟田右大臣桃園中納言保光卿は三人, 六條御息所の生, 六條有廣西洞院時慶の兩公卿, 六條胡同の宿舍, 六梯子二竿六繩鎖鉤長い竿, 六梯形の暗い, 六編まねば, 六可成, 六森長七方の二階三疊, 六棺車を見, 六を食し, 六椀井林も二十一, 六椀仙霊に通ず, 六楚人滅六臧文仲謂皐陶庭堅不祀, 六榛軒二十五常三郎二十四柏軒十九長十五, 六榛軒未亡人志保六十一であつ, 六槍いずれも脇腹, 六に描きわけた, 六樹園作酔放逸人画の六冊物, 六樹園六樹園と自分, 六樹園書屋に自分, 六樹園蜀山人京伝京山一九三馬玉山なぞと親交, 六機ヲシテ怪飛行機ヲ追跡セシメタリ, 六機疾風暗黒の夜, 六櫛店を見た, 六櫛諸種の塗り物, 六には二, 六次元空間の可能, 六次出師の雄図, 六次十字軍を起し, 六次郎と申す, 六欧州各国の教部省, 六の圓滿, 六欲煩悩の囚人, 六は志都歌, 六歌以下第二十四歌, 六歐洲二大神話, 六止まり大抵その, 六止り大抵その, 六止草堂花竹幽窓, 六正勝様について一党数十名, 六の通り, 六武芸百般武者にもポルカ, 六歩いて行く, 六歩いそぎ足で歩いたら, 六歩これも二度, 六歩ごとに立ち留まり, 六歩さきの物蔭, 六歩たじたじとうしろへよろけた, 六歩わきへ連れ, 六歩下駄を鳴らしかけます, 六歩丘の方, 六歩九四歩に次ぐ, 六歩二七歩四八銀まで三十八手, 六歩位置を移し, 六歩何か微吟, 六歩傍へ避け, 六歩入口を遠ざかり, 六歩動き廻って, 六歩右へよった, 六歩坂田の九四歩, 六歩塚田すぐ八四歩, 六歩夢中で窪地, 六歩大木の陰, 六歩小走りして, 六歩左の方, 六歩左手に敦盛, 六歩彼の戸口, 六歩手前に手頃, 六歩換の立札, 六歩木村七分考へて, 六歩此方へ走り近づく, 六歩無言で歩いた, 六歩窓側を飛び退つた, 六歩窓際を飛び退つた, 六歩詰めさえすれ, 六歩身を引く, 六歩進行きしが彼方, 六歩邸内を行け, 六歩隔った後, 六歩駒をうしろ, 六歳からだはまことに, 六歳きぬ五十九歳貢五十四歳所謂邪宗門事件なり, 六歳くらゐまでの, 六歳ぐらゐな色の白い, 六歳ぐらゐになつた僕を背負つて, 六歳ぐらゐの乞食の児, 六歳ぐらゐの年配で肩, 六歳ごろ夢二の装飾的画, 六歳それに温柔, 六歳どちらも身体, 六歳どまりの婦人, 六歳われは六十, 六歳ケンブリッジ大学生を求む, 六歳シルバーグレイのレインコート, 六歳ドノバンは十五歳, 六歳ニなり候, 六歳ハヴィエル三十一歳であつ, 六歳マデノ十ヶ年間トシ男女ヲ同, 六歳マデハ可能デアルカラ思イ切ッテシテオ貰イナサイ手術シタ後ノ快感ハ何トモ云エナイ, 六歳ヨリ滿十六歳マデノ十ヶ年間トシ男女ヲ同, 六歳三十に至る, 六歳三番には中納言, 六歳三番目の正, 六歳両親は二十年あまり前, 六歳中學二年生の最後, 六歳之時初號千山萬水樓主人, 六歳二十三歳四十五歳の時, 六歳二女のお, 六歳五男専六五歳六男翠暫四歳七男成善二歳の四子二女, 六歳今打ち落した氏輝, 六歳以上二十歳以下のいわゆる, 六歳以上六十歳まで領内, 六歳以後はその, 六歳但馬国へ赴き, 六歳位横顔の美しい, 六歳佐助二十歳の時, 六歳信政が四歳, 六歳党のちゃんと, 六歳八ヶ月五尺二寸五分体重はただ, 六歳八十次郎は十八歳, 六歳八月は学校, 六歳前後住む込み, 六歳勝太郎に較べ, 六歳十九歳などという年齢, 六歳半の若い, 六歳名寄岩の二十六歳, 六歳外套を着た, 六歳多感の一年間, 六歳女は十四歳, 六歳妻益四十歳子女は榛軒十九, 六歳嫡子棠助五歳次子常三郎四歳の四人, 六歳子女は榛軒十五, 六歳子張は四十八歳, 六歳安三歳五百二歳の時, 六歳家居して, 六歳専六十五歳矢島優善三十四歳の六人, 六歳工兵士官として戦争, 六歳常三郎十五歳柏軒十歳長六歳, 六歳年下の甥, 六歳幸ひの, 六歳建久九年正月七日別時念仏の間, 六歳弟は二十歳, 六歳弟願山は三十二歳, 六歳彼女が五十八歳, 六歳往きは西伯利亜, 六歳新婦は十五歳, 六歳松島半之丞年四十松倉家中医師有家久意年六十二相津玄察年三十二布津の太右衛門年六十五, 六歳榛軒より少き, 六歳次男孫は十五歳, 六歳次郎は十四歳, 六歳正月一日の手さぐり, 六歳母は十七歳, 六歳気骨もあるらしかった, 六歳法諡を釈姓谷響了風, 六歳洋服を着, 六歳炉の前, 六歳父母の付, 六歳物柔和なる體, 六歳男は十八歳, 六歳秀吉は十四歳, 六歳私は三十歳, 六歳美人という, 六歳花のよう, 六歳菅六之丞, 六歳葉洩れの, 六歳薬学専門だという, 六歳輕井澤の私, 六歳遭難の後九年, 六歳鉄砲を取っ, 六歳険高な蒼味, 六歳雪堂は一つ上, 六歳青春一年間の日記, 六歳頭のてっぺん, 六歳馬のひとつ, 六歳髮は合僧, 六死顏はまことに, 六段づゝ出ない事, 六段ぬきの大, 六段下に中央路, 六段佐佐木茂索三段和木清三郎三段池谷信三郎などで時に, 六段八段の石段, 六段八畝という田地, 六段史生六段の類, 六段手にとる, 六段木村義雄と署名, 六段濱尾四郎四段古川緑波五段菅忠雄などといふ所, 六段登つていつたとき, 六段目九段目の五幕, 六段石段を上っ, 六段菊池寛五段廣津和郎七段川崎備寛六段濱尾四郎四段古川緑波五段菅忠雄などといふ所, 六段郡司は六町, 六段階がまだ, 六段階子を残し, 六のあんま, 六比丘を請, 六毛一グラムとは一匁, 六毛三朱と成る, 六毛位の大, 六毛幾らつていふん, 六毛柄とがある, 六毛貝の縦, 六氏方昨二十二日本紙記事, 六氏粉砕さる, 六を使役, 六気圧しかない, 六氣必ずしも規則通り, 六水脈七五服八四至に分類, 六之私, 六汝等の母, 六治安民利を損じ, 六沼沢地の一教区, 六の称, 六泊一週間の旅, 六法法師の動作, 六波一座のレヴィウ歌手, 六波羅がたは今日, 六波羅じゅうの勢, 六波羅一つが北条, 六波羅一劃は大塔, 六波羅一帯は急, 六波羅一廓のことし, 六波羅一掃の後, 六波羅一門が爛漫, 六波羅並木車大路の辻, 六波羅倉奉行の斎藤四郎左衛門利行, 六波羅入りはゆるゆる, 六波羅全軍も今, 六波羅共にそれ, 六波羅兵たちが男, 六波羅割符をしめし, 六波羅勤番の一奉行, 六波羅北御所の仮, 六波羅北苑の木戸, 六波羅北面ひっくるめての, 六波羅向きへは道誉, 六波羅問罪所でひと晩, 六波羅固めの逆茂木, 六波羅地蔵の蒼古, 六波羅失陥の噂, 六波羅奉行所とは称えなかった, 六波羅寄合の武田伊豆, 六波羅密偵の眼, 六波羅密勤行布施心無悋惜, 六波羅密経に詳しく, 六波羅屯所へ曳かれ, 六波羅常備の探題以下, 六波羅平家一色になり, 六波羅平氏がひとり都, 六波羅当局としてはこれら, 六波羅役人の指揮, 六波羅征めの, 六波羅征め関東退治のこの, 六波羅征伐や北条氏討伐, 六波羅御門は牛車, 六波羅捕吏の一群, 六波羅探題以下評定衆引付衆問注所執事侍どころ所司検断所越訴奉行などのおびただしい, 六波羅探題攻めのさい, 六波羅放免組からはとうに, 六波羅政庁の陥落, 六波羅数万の兵, 六波羅早馬の声々, 六波羅時代に掘られた, 六波羅松の松, 六波羅根性とはよく, 六波羅検挙はこう, 六波羅樣をまねび, 六波羅武士どもが郷, 六波羅武士四百余名が枕, 六波羅武者蹄の音, 六波羅殿舎の大, 六波羅池殿西八條の邊, 六波羅泊りもはや, 六波羅滅亡の兆し, 六波羅滅亡後一時京都が混乱, 六波羅滅亡近江番場の惨事, 六波羅牢広場まで持っ, 六波羅状の一つ一つ, 六波羅畑の玉蜀黍, 六波羅番屋まで来, 六波羅発門は午前十時, 六波羅的な武断主義, 六波羅監禁をうけ, 六波羅監視のもと, 六波羅直属もいる, 六波羅相互の陣, 六波羅相手に斬り, 六波羅突入の一番, 六波羅聚落の鼻, 六波羅舟か, 六波羅舟数隻は後ろ, 六波羅落ちをした, 六波羅落人のみな, 六波羅蠅は旅, 六波羅行幸の巻, 六波羅討伐の挙兵, 六波羅評定にふと, 六波羅跡の崩れ垣, 六波羅近くへ来, 六波羅送りか, 六波羅部内の噂, 六波羅配下の彼ら, 六波羅集会があり, 六波羅風は去んでし, 六波羅飛報によれ, 六波羅飛牒などにし, 六波羅騒動じゃ, 六泣かせをお, 六泳ぎといっ, 六洋服の風采堂, 六津浪と山津浪, 六派哲学やギリシア, 六派連合の弾劾上奏案, 六浦琴之丞, 六浪士が, 六浬三である, 六海尻は大工喜助, 六海道筋でよく, 六涙香小史が小説飜譯, 六を示し, 六湾春色を装っ, 六漢道人と号, 六漸く円熟境に, 六潜水艦隊における出来ごと, 六瀬木本雄諸氏の出迎え, 六を突破, 六点位の出来, 六点鐘頃までだ, 六為吉は二十一, 六無形上の文明, 六熊仲の驚いた, 六けたり, 六燭光を取りつけた, 六父吉左衛門それから今, 六に聞いたら, 六爺さんの口一つ, 六爺めきのうは寝込ん, 六爻象皆説龍至説到乾, 六片以上を決して, 六片分も働く, 六片均一店で売っ, 六片店だ, 六片版を十銭位, 六版アンカト五二五頁部厚で重く, 六版三十二頁許の雑誌, 六版三百十二頁に十行, 六版型ではどうも, 六版数頁の週刊新聞紙, 六版時代に今一人画家, 六版組よりはずっと, 六版菊半截版などの無数, 六版菊半裁版などの無数, 六牙象王の味噌漬け, 六物空万はこの, 六牲理三書圖解男女初婚今俗人家女, 六と伐木, 六独りでは身動き, 六独八日三で長期, 六独立守備隊司令官らも相つい, 六獅子舞は寺院, 六りでは, 六王おいで遊ばされました, 六王おいでになりました, 六王セルヴィウス・ツリウス哲学者プラトンやアレキサンダー王, 六王子ヨアヒムが自殺, 六王朝の王ペピ一世, 六だから, 六即ち十四匁, 六と, 六ニハ法門, 六生木を裂, 六の傳七郎, 六に至り, 六田舍には稀, 六田舎には稀, 六田舎者まる出し, 六由旬広八旬, 六甲山からも遥か彼方, 六上げます, 六申やう御入用高, 六男又次郎は京都, 六男子出生の女子出生, 六男正弘は静斎, 六男神の化生, 六町かたわらに江戸, 六町さきの麓, 六町一里位でありませうが, 六町三畝十歩の土地, 六町上の村まで買い, 六町上流の国田, 六町下の橋, 六町不規則な長方形, 六町五反七畝二八歩関係人数四九七八名でこれ, 六町京へ二十二里六丁, 六町位の運動, 六町北のギリメキ, 六町単位であったから, 六町四方の寺地, 六町奥に寺, 六町小屋は尾上町, 六町小山というところ, 六町市街の橋梁巷路, 六町平次は米吉, 六町彌次さん北八と顏, 六町彼といっしょ, 六町往ってちょっとした, 六町木俣川に架せられた, 六町村三重県十二町村となつ, 六町根木名の廐, 六町水谷町紀国橋の辺, 六町距つた処の小さい, 六町間の一角, 六町隔った津田, 六町雪が深く, 六町韋駄天走りに逃げ延び, 六町餘段の耕作段別, 六画目をとった, 六畜位に止まるであろう, 六畜田蚕加増されて, 六か七畝, 六畝十六歩とある, 六略中特別なもの, 六番さんのお, 六番めの門, 六番二十六番に非, 六番勝之助改和吉である, 六番参拝長い橋, 六番右定家の歌, 六番地クールフェーラック様方マリユス・ポンメルシー様へ, 六番地浅田順一です, 六番地谷澤成瀬と申す, 六番地農業呉八代の養子, 六番坑で竪坑, 六番堂十二番順もなく, 六番安立七番芹沢八番斎藤と極めた, 六番手まで繰りだし, 六番町あたりの暗闇, 六番町泉様方にて, 六番目のは十五, 六番粉が売物屋, 六番線のホーム, 六番線プラットホームで一つ, 六番線ホームへ入っ, 六番船の試運転, 六番艦の, 六番通りのコーナー, 六番遍照寺いやな風景, 六番隊までの諸, 六番館おふくろ晩秋赭毛南の風, 六畳あとは踊舞台, 六畳いっぱいに吊られ, 六畳きりで二間南, 六畳ぐらゐの小部屋, 六畳ぐらゐの室があつ, 六畳これを綺麗, 六畳じきの部屋, 六畳そこにはお, 六畳その間には長火鉢, 六畳それに四畳半, 六畳どろどろの部屋, 六畳ひとまに, 六畳ひと間っきりの家, 六畳ふたまに, 六畳一パイの血, 六畳一杯にひろげる, 六畳一間きりの屋内, 六畳一間ぐらしの貧乏, 六畳一間四畳半二間それに湯殿, 六畳一間階下が四畳半, 六畳三ヘッツイ家相構わず, 六畳三畳三畳台所風呂場其に十三四坪, 六畳三畳二畳二階二間四畳六畳家ねじれて, 六畳三畳二畳台所だけの棟割り, 六畳三畳二間つ, 六畳三畳台所とある, 六畳三谷さんなればと, 六畳二室板の間ぶっ通し, 六畳二間きりのじめじめ, 六畳二間四畳一間の離家, 六畳二間続きの南, 六畳二間階下は帆布, 六畳二階が八畳, 六畳伝二郎が四畳半, 六畳八畳の二間, 六畳八畳三畳のその, 六畳八畳十畳といふ三部屋, 六畳六畳が京間, 六畳前に小さな, 六畳十畳の三室, 六畳台所に湯殿, 六畳右手に四畳半, 六畳四半へだって籠城, 六畳四畳半それに台所, 六畳四畳半三畳きりの小さい, 六畳四畳半三畳三間の深川, 六畳四畳半廊下つきの家, 六畳土庇のざしき, 六畳型のごとく, 六畳奥が四畳半, 六畳室のふす, 六畳家ねじれて, 六畳床の間もない, 六畳座敷六畳書斎が四畳半, 六畳敷机の傍, 六畳横山町切っての, 六畳裏の蛇, 六畳裏側が四畳半, 六畳間お勝手が一間半, 六畳間十二円のこの, 六畳間奥が此八畳間, 六畳間茶の間が六畳間, 六畳階子段の上り口, 六疊あとは踊舞臺, 六疊お里さんはお勝手, 六疊づつの部屋, 六疊一室にギッシリ, 六疊一杯に成つて, 六疊一間きりで安物, 六疊三疊二疊といふ小さな, 六疊主人の源左衞門, 六疊四疊二間の家, 六疊型の如く, 六疊室の西向, 六疊敷きの外に向つたところ, 六疊有明がぼんやり, 六疊横山町切つての金物問屋, 六疊母家のお, 六疊程疊も敷い, 六疊縁側近く寢轉がつ, 六疊羽織に包んだ, 六疊萬年床はハネ, 六疊間位に刳り, 六疊間奧が此八疊間, 六疋どまりの群, 六疋位ずつ高い高い, 六疋入つたのを屆, 六疋向うの山の端, 六疋持去られて, 六疋秋味が背中, 六疋野良猫が多い, 六疋阿礼を盛る, 六疋鼠がちょろちょろ, 六痩せた背の, 六癸酉の年春二月下旬, 六発共こめて, 六発君の背中, 六発大空に鳴る, 六発案の大, 六発耳近くから銃弾, 六登録埋葬数は一, 六白布を鉢巻, 六白星だから, 六白酒売新兵衛のち, 六白銀のよう, 六百〇三尺奥穂高の登山小屋, 六百〇三年以来ローマの人々, 六百〇八年英国北部ノ一寒村タル, 六百あまりの人, 六百なにがし, 六百カイリのところ, 六百キロ敵の高度, 六百キロ次は五百, 六百ケンで十両, 六百フィート平方深さ一フィート以上, 六百フロリンを払っ, 六百ベスターというよう, 六百ボルトまであげろ, 六百マイル西方にあり, 六百メガサイクルの振動電流, 六百メートル幅二十五メートル落差五メートルという恐ろしい, 六百ヤードを八十六秒, 六百ルピー位のもの, 六百ヴォルトに下降, 六百一年にはリウベック, 六百七十一円よ, 六百七十九年に擧行, 六百七十余名我ら同僚一同当地市民の会葬, 六百七十六年にし, 六百七十円少し安い, 六百七十四ゲレインである, 六百七十四トンでもし, 六百七十石のところ, 六百七十萬戸を算する, 六百七拾五円なり, 六百七百とさずけ, 六百万イギリス四百万日本四十七万であった, 六百万フロリンを支出, 六百万ペセタからの金, 六百万ペセタバルセローナ銀行頭取の欲しかっ, 六百万ボルトのイオン加速度装置, 六百万ルーブリの工業生産予定, 六百万両これを二百五十年賦, 六百万人これらを合計, 六百万人アメリカ七百万人です, 六百万余になっ, 六百万円以上そして一致, 六百万円献金したという, 六百万冊のうち, 六百万台の間, 六百万回六七十年つづけて, 六百万弗貸さう, 六百万戦死者がある, 六百万有余の失業者, 六百万粒ほど入っ, 六百万罐の註文, 六百万部とす, 六百三十ルピー送って, 六百三十七年に澳門, 六百三十七年仏国にて証明, 六百三十万留を算出, 六百三十九万石に課し, 六百三十二万人は女子, 六百三十五匁ちっと木綿, 六百三十五年から七百八十一年, 六百三十八万七千四百五十八石三斗の力, 六百三十八年に大宗, 六百三十八年唐の長安, 六百三十六両の借金, 六百三十六人内男三百二十五人, 六百三十匁十年目で一尺九寸余八百五十匁, 六百三十四万〇五十八ドルになる, 六百三十四年前のもの, 六百三十年から六百六十八年, 六百三十萬圓を新, 六百両ホド勝ッタ故オレガ, 六百両金ガ出来タカラ家ヲ立テタガ今ハ三十俵三人扶持ダカラ, 六百九十マイルあり, 六百九十一マイルの地点, 六百九十七首後記中に九首, 六百九十万七千六百二十五人で百二十年間僅か, 六百九十二年六月七日西インド諸島の中, 六百九十人上表して, 六百九十余支里の間, 六百九十八の大数, 六百九十円を持参, 六百九十四万とある, 六百九十四人につき一カ寺, 六百九十年から七百十五年, 六百九年後である, 六百九首連歌が九首, 六百二三十万ペセタばかりを所有, 六百二十一米の峰, 六百二十七人の増加, 六百二十万五千トンのうち六一・九%, 六百二十三万六千九百四十四円都合総計三千二百七十四万二千五百四十九円なり, 六百二十三円五十三セントを, 六百二十三年という年紀, 六百二十三年前から専ら, 六百二十二年に對比, 六百二十五メートルの岩木山, 六百二十五両になる, 六百二十五人で百二十年間僅か, 六百二十五年前の人, 六百二十六人はこの, 六百二十六米の天ヶ立, 六百二十四名になっ, 六百二十年七月ぶるうす, 六百二十年前の歴史, 六百二十年日本でいう, 六百二十軒の工場, 六百二室という途方, 六百五十これがオデオン座, 六百五十フランを出なかった, 六百五十一両と少し, 六百五十一人が農村居住者, 六百五十一年の初, 六百五十一首之等がその, 六百五十万ほどだ, 六百五十万以上の人口, 六百五十万円の工費, 六百五十三回則ち閏年, 六百五十三年にその, 六百五十三萬人の老人中, 六百五十九円なり, 六百五十二無格社五万千五百六十六, 六百五十二級この日, 六百五十五円持って, 六百五十五年に派遣, 六百五十人工場倉庫関係約五百五十人, 六百五十位は居るだらう, 六百五十余日の苦心, 六百五十八年にはスタンフォド, 六百五十六呎の高, 六百五十六年に波斯譯, 六百五十円であった, 六百五十名となっ, 六百五十呎人口二千左右の小, 六百五十四万八千九百九十八人第二十二回目弘化三年, 六百五十尺の高い, 六百五十年前に, 六百五十年後の今日, 六百五十弗十仙に相, 六百五十本幾んど, 六百五十柱涙がとめど, 六百五十法一興業期間なら一晩三十法, 六百五十海里余なりという, 六百五十石取りの旗本, 六百五十萬兩斯樣な譯, 六百五十萬圓支出する此金額, 六百五番地に徙, 六百人ニナッタ全クオレガ御陰ダカラ当年ハ十月亥, 六百人氷屋やしるこ屋おでん屋, 六百人池田清左衛門千々岩の五郎左衛門, 六百人許り鬨, 六百人近く存在したと, 六百件余の奉仕, 六百位のものサ, 六百体と半日, 六百何円かの割当て, 六百何十とやらにのぼった, 六百何十人このほか, 六百何十円を納め, 六百何十坪は一坪一円, 六百何十戸を数える, 六百何某であつ, 六百余りも持, 六百余両の無尽, 六百余人大垣藩の千余人, 六百余人高力与左衛門の三百五十人, 六百余名は常陸下野地方, 六百余坪南北西の三方, 六百余巡査隊一万千余人軍艦十四隻海軍兵員およそ二千百余人, 六百余年近時に至り, 六百余年間本州の蝦夷, 六百余枚にわたる, 六百余町歩でなお, 六百余町歩それが幕府全盛, 六百余種あり, 六百余頭もあった, 六百俵金が四百両, 六百個ペケにし, 六百億ドル貧乏になり, 六百元にはね上った, 六百兩出たり, 六百八〇年その新年, 六百八万五千余人三十代四十代となりまし, 六百八十フィート幅八十二フィート一万八千九百十四トンという巨大船, 六百八十七万余人五十代も八十代, 六百八十七年頃から佛國生れ, 六百八十七日弱にてその, 六百八十万斤を産, 六百八十三所の祠, 六百八十三歳なり, 六百八十九人ありしと, 六百八十九番だった筈, 六百八十二島の中, 六百八十余だったと, 六百八十八人あり, 六百八十八年の出版, 六百八十名の連署, 六百八十四マイルあり, 六百八十年に羅馬, 六百八十年八月四日より五日, 六百八十粁距ったところ, 六百八十部くらい残っ, 六百八十隻家の流れ, 六百六十マイルとす, 六百六十ルーブリ稼いだこと, 六百六十一頁もある, 六百六十七人合計九十万四千四百十二人とある, 六百六十七円を盗, 六百六十万トンに増加, 六百六十万石といわれ, 六百六十三年前のこと, 六百六十三首であるが, 六百六十二人につき寺院一棟, 六百六十二年頃までに少く, 六百六十五年から實行, 六百六十五年三月九日だと, 六百六十五米日光の中禅寺湖, 六百六十人なり, 六百六十六といふ数, 六百六十六人多く死ぬ, 六百六十六本の通し矢, 六百六十六頁柳田泉氏の解題, 六百六十円になつ, 六百六十回の回転, 六百六十年ですから, 六百六十餘年の世, 六百六号を注射, 六百円一ヶ月五拾円の予算, 六百円三十貫のもの, 六百円位で先祖, 六百円坂野が払おう, 六百円島田一千四百円ということ, 六百円程度外に賞与, 六百円近くの金, 六百円近く着服したと, 六百函あり, 六百刀を加へた, 六百分の一であること, 六百切にした, 六百匁以上のもの, 六百十カロリーになる, 六百十メートルすなわち六十里, 六百十七人数にし, 六百十七円清潔法施行に依る, 六百十三名の児童, 六百十二万字一時間に千字, 六百十二字の長, 六百十余年前唐の李肇, 六百十四両の余, 六百十四噸の石炭, 六百十年ですからねえ, 六百十年頃であるから, 六百句と限った, 六百台の偵察機, 六百台余の重, 六百号を記念, 六百名毎に一人, 六百哩もアラスカ, 六百囘距離にする, 六百四十一名遺骨二柱と新聞, 六百四十一年にマドリッド, 六百四十七年の大, 六百四十九の文献, 六百四十五年のセクサゲジマ日曜日, 六百四十何円の呵責, 六百四十余人を出した, 六百四十八万九千二十三人の五分の一, 六百四十八匁の食物, 六百四十八名が三十七年中, 六百四十円は光井, 六百四十冊を官, 六百四十匁の飲料, 六百四十噸である, 六百四十四の號舍鱗, 六百四十四人という, 六百四十年にポルトガル, 六百四十幾日というの, 六百四十歳ばかりになる, 六百四十米突の辺, 六百四年頃にはパリ, 六百四貫六百四十匁の飲料, 六百坪一括しては, 六百坪二反歩はなけれ, 六百坪位の庭園, 六百室婢僕五百余人旅客は千人以上差支, 六百寸も遠く, 六百尺七百尺とだ, 六百尺火山の如き, 六百尺箱根の最高峯, 六百尺麓に精進湖, 六百巻の真髄, 六百年ぐらゐ生きて, 六百年二月十七日是日大淵之源潰, 六百年代のマザラン宮殿宝什目録, 六百年以来住んで, 六百年初頭即ち天正, 六百年天高し, 六百年奉祝日で賑, 六百年奉祝演劇といふ与へられた, 六百年式典に参列, 六百年来富ヲ恣ニシ, 六百年祝賀記念大図書館建設運動, 六百年肇国以来の皇謨, 六百年西暦千九百四十年全世界, 六百年記念式に使用, 六百年記念式典に上京, 六百年間の出来事, 六百年間一歩も外, 六百年頌として日本文化中央聯盟, 六百度の猛火, 六百度七百度の鉄, 六百徳本の山々, 六百打詰の木箱, 六百拳をし, 六百挺位の鐵砲, 六百挺米五百俵である, 六百數十金を投じ, 六百文ヅツに有付, 六百文一匁は六十文, 六百文右の通り, 六百文此処らは只今, 六百月間一萬八千二百六十餘日間四十三萬八千七百餘時間を經, 六百有余年前神武天皇大和国御討伐, 六百杯で一円五十銭, 六百枚あまりが百円, 六百枚以下それから商売, 六百枚位でしょう, 六百枚千五百枚という量, 六百枚大判二百三十枚隠して, 六百枚大判二百三十枚隱して, 六百枚耳が七十三対, 六百樽を持ち帰った, 六百機乃ち我れと, 六百歳です, 六百燭光だつた, 六百町歩三万町歩以上のもの, 六百番まで入った, 六百番歌合せにもさ, 六百畳四重が四百畳, 六百疋の中, 六百疋田地はヤク二疋, 六百疋綿六千屯布千二百端を引きあて, 六百目荻生さんは十三貫三百目, 六百石内外大蔵大臣が麦三百六十石, 六百石大沢康哲二千六百石であつ, 六百石寄合旗本無役, 六百石目付役を勤め, 六百石私はその, 六百碼の全校一, 六百社すなわち従前数, 六百篇その他通俗雑誌に寄稿, 六百篇趣く所, 六百米以上三千米以下六座三千米以上六座総計六十三座を数, 六百米附近と思われる, 六百粁東部中部西部などで様子, 六百羽ぐらいは入りみだれ, 六百艘八万人と伝わり, 六百萬圓と計上, 六百萬圓也と胸, 六百萬封度を超, 六百萬石元, 六百車に積ん, 六百軒あまりから集った, 六百近く着服したと, 六百通ちかく集った, 六百連買ふ約束, 六百邦里に及ぶ, 六百部印刷をし, 六百里長江を溯っ, 六百階を散り, 六百頁三巻の大著, 六百頁余もある, 六百頭あまりの豚, 六百餘人が鐵砲二百挺, 六百餘人四面大澤の要害, 六百餘年前神武の御, 六百餘棟田畑の荒された, 六百餘里に過ぎず, 六百騎一団となっ, 六百騎馬けむりを, 六的感覚と今, 六皆漢人の加, 六皇子共に天皇, 六皇子前年近衛帝崩御の後, 六の酒, 六盃半をのみ, 六盤橋を見せ, 六目的又は宣伝小説, 六直筆の一書, 六そろった模範的美人, 六相三公を出し, 六県のが上, 六県六百三十万の民, 六県民謡の旅, 六真一文字に突かかり, 六真名古抒情, 六真相がどうして, 六までナニガシ, 六矢場七という二人, 六矢来の中, 六石一斗とあっ, 六石一斗二合七勺九秒を給せられた, 六石三斗の田地, 六石三斗中田が七枚半山, 六石九十俵に当たる, 六石五斗にしか当たらない, 六石余の収穫, 六石十八石二十石とそこ, 六石古法の三斗五升俵, 六石氏が乞い, 六碼奥へ進む, 六磅五志だと, 六社さまの御, 六社中の論文, 六社二十四万人が一せい, 六社社員二十五万人の日産, 六祖伝の僧宗弼, 六祖像にし, 六祖慧能かつて二僧, 六神意審問会の前後, 六神海の神, 六神田正彦も出席, 六神経質な口やかましい, 六で當選, 六票対百四十三票とわずか, 六票木村半兵衛七十八票という圧倒的, 六福田メリ子なんていう, 六は三十七, 六に分け, 六科目の注意点, 六秒ゆきさんはもの, 六秒位經過した後, 六秒眼を瞑っ, 六秒經つと直線, 六秘史についてもあの, 六の賀筵, 六にならず, 六稜形がクリヴォフ, 六稜柱の壁, 六稜柱形の壁, 六種その他ロシア語スウェーデン語トルコ語等なりという, 六種揃つたもの, 六種支那の怪談一種, 六種細抹にし, 六種震動ともいうべき, 六稲舟女史との関係, 六稲荷と呼ぶ, 六から血, 六がかき曇った, 六立方センチメートルずつのヘリウム, 六立方粁と計算, 六竜王のみ金翅鳥, 六竜神の生活, 六章一章加ったの, 六章二十七節の筆法, 六章二十三節に曰く, 六章二十二節は, 六章二十五節からおしまい, 六章二十八節と馬可伝, 六章二十節以下二十六節まで馬太伝, 六章加入の方, 六章十九節に至れ, 六章四百二十三頌あり重複, 六章有名な山上, 六章末尾の如く地, 六童子いけいら童子うばきや, 六である, 六取翁, 六等々の大き, 六等七等だが, 六等二十余人をやった, 六等十八級にさだめ, 六等品といふ風, 六等属の独身, 六等席九人扶持准皆川元民, 六等席十人扶持御足五人扶持, 六等席天富良碩, 六等星の光り, 六等星位までに過ぎぬ, 六等船客のところ, 六等船客たちはその, 六筋七筋青白く思案, 六筋肉逞しく大兵肥満, 六までは覚え, 六箇国条約の標準, 六箇國に國分寺, 六箇國語で出版, 六箇所何樣容易ならぬこと, 六箇敷いものであるが, 六箇敷い話じゃない, 六箇月休止せねば, 六箇月足らずの短時日, 六箇月間何事も思わず, 六箇月間爲替相場の上る, 六箇条のソヴェト産業発達, 六箇海上には一千三百隻, 六箇處われ名づけて, 六管鎮台の直轄, 六か七箱, 六節以後においてますます, 六篇圖三卷の存, 六篇掲ぐる所の鏡花, 六篇時事論評約五十四篇, 六米ちょッとで今, 六米山群の最高峰火打山, 六米弱である, 六米突は高い, 六粁海面からの高, 六粍底部で七粍, 六粒ためしにたべる, 六粒三十二粒と次々, 六粒位で沢山, 六粒宛召上つて御覽, 六粒宛召上つて御覧なさい, 六粒手の平へ載せ, 六級中等科は六級, 六級高等科は四級, 六細型の美しい, 六細川相模守清氏叛逆の事, 六終り雪が一尺近く積, 六絃琴竪琴に合わせ, 六組北町織物職藪田喜七郎方にてある, 六組飛脚屋仲間や年行事, 六を読み, 六経史漢文選等を読む, 六結城の襲衣, 六經その他の著述, 六綿利八右衛門など一人, 六緊張して, 六総髪の大, 六に並び, 六繊細な手, 六繩鎖鉤長い竿, 六置いてあった, 六置かれ三十人ほどの, 六羅漢像今の嵯峨清涼院仏像等, 六もはいっ, 六群比丘獅虎豹豺羆の脂, 六の話, 六羽どまりでその, 六羽ギャアギャア鳴いて, 六羽プールの中, 六羽兎百五十九頭ラビツト十三頭であつ, 六羽八九羽どれがその, 六羽時雨の中, 六羽椿に四五羽, 六羽水の上へ低く, 六羽白頬の黒頭, 六羽総勢すぐって, 六羽蜂が二種類, 六羽雛に孵, 六羽離れの屋根, 六羽風にふきながされる, 六聖徒殉教図などに描かれ, 六職務に忠実, 六肋骨間を貫き, 六も相当, 六の倉, 六胸椎と第, 六の乘つた, 六へ泌, 六脚つみ重ねて, 六脚詩の大道, 六脚韻を踏んだ, 六脚韻律を踏ん, 六に毛皮, 六腹巻で胴, 六の乗った, 六臂三十六般の形, 六臂三面の神, 六臧文仲謂皐陶庭堅不祀, 六自我得仏来所経諸劫数, 六臺前後して, 六與三郎とは仲, 六元元年, 六舎枕木を並べた, 六航海の話, 六の形, 六船利徳丸へ乗組, 六船王の歌, 六船艙から火, 六艘汽船が二百十艘, 六艘泛んで居る, 六艘舫ってあった, 六艘舷を接し, 六艘青森へ入港, 六はわが, 六十四磐安二十一平三郎九つ孫祐七つ姉国二十六安十八柏軒の, 六の浅黒い, 六色白で長身, 六ヲ以テ名, 六花台までは自動車, 六花弁の白い, 六花撰のその, 六花柳鳴助等, 六花状の結晶, 六花霰になる, 六若くて好い, 六若狭への四, 六を括りつけ, 六茶屋の主人, 六といふレコード, 六荘七荘八荘九荘十荘十一荘十二荘十三といふ, 六荘中一回もプラス無し, 六と号, 六華豊年の兆, 六萬アールに亙つ, 六萬ルーブルの金, 六萬五千石毛利家の城下, 六萬何千兩いづれは, 六萬八千兩邪魔になる, 六萬圓以上の利息, 六萬圓加へて四十八萬圓, 六萬圓宛修繕費が必要, 六萬坪の沖あたり, 六萬年七六六萬年八六六萬年等となり, 六萬年八六六萬年等となり, 六萬年等となり, 六萬臺も押せ, 六萼ニ至ル皆開テ傍ニ, 六葉奈の高島田, 六蔵ともども大野木村の開拓民たち, 六蔵どんや馬丁, 六蔵夫婦もこれ, 六とか六官, 六薄手な四角, 六薬師仏ならびに十二神将, 六の一つ屋, 六藝その他に分ける, 六藝中比較的晩, 六藝傳記などの發展, 六藝諸子に對, 六藝諸子詩賦兵書數術方技斯う云, 六藤代要人等なり先箱二ツ, 六藤六といっ, 六か人, 六號別刷の薄, 六蜂書房より梶井基次郎全集下卷, 六行く行くは兵太郎, 六行以下及び淨, 六行目以下が次, 六行程の豆記事, 六行縦に書い, 六行署名の下, 六行誌せば, 六行読進んだとき, 六街路先に立ち止まり, 六が士卒百五十, 六衛生学はまだ, 六衞方の, 六でしたが, 六装飾と仕入れ, 六結, 六てくれろ, 六見た樣にな, 六見たいな氣, 六見付総ご門, 六見付何の手懸り, 六親分私と世帯, 六親爺が草葉の陰, 六親眷属全部そろって, 六親眷族はみんな貴様たち, 六角のがのっ, 六角トウという, 六角下ル和久屋町という所, 六角京極尼子の諸氏, 六角亭があり, 六角団扇をしこたま, 六角型の噴水, 六角室を見る, 六角家一は江北, 六角家事件にて貧困, 六角家領内の名主, 六角屋根の建物, 六角征伐のごとき, 六角時信小山秀朝江馬越前守三浦ノ介, 六角朝倉浅井がいる, 六角棒を抛り捨て, 六角火鉢と碧色, 六角燈をみとめた, 六角燈籠の上, 六角筒の内面, 六角辺のさる, 六角通りの牢屋, 六角通り方に小さく, 六角錐がついた, 六解ったか, 六言七言などそれぞれ, 六言八言九言の交じる, 六言六蔽とか六官, 六記録が発表, 六であつ, 六許嫁の又, 六及び淨, 六註十一月児厚挙女子第七八註, 六に曰く, 六試合という長期戦, 六です, 六誕生日の記憶, 六調十四行を一つ, 六調十四行詩がこの, 六は正面, 六の第, 六諸侯の一人, 六識明了心にあらざるなり, 六議会復た解散, 六議会開院式も明日, 六議會復た解散, 六譲りのふき, 六谷御岳乗鞍二大火山, 六負けるな負ける, 六負けん氣で, 六貧乏暮しの不平, 六貫どまりに願いたい, 六貫三百六十八文になり, 六貫二百である, 六貫五百おあり, 六貫五百匁ぐらいの体, 六貫以上はつけられない, 六貫俵がたった, 六貫八〇〇目製糸は八斤強, 六貫六八〇目すなわち六一四万五二九二斤, 六貫六百のぼく達, 六貫匁入れて, 六貫四百文するところ, 六貫四百目はわかつ, 六貫四百目蘭書植字判一式右四人名前にて借, 六貫平均出るかも, 六貫強ですね, 六貫止まりの夏きわ, 六貫目掛の筍, 六貫足らずだよ, 六買って来, 六質朴らしい木綿着物, 六贅六ってじゃ, 六足うしろへさがった, 六足四翼あり, 六足国力のある, 六足大地を踏み鳴らし, 六足踊大佐渡が本家, 六足馬絵ける看板, 六足鶴翼の備え, 六跋十八書一記一考一墓誌一雑二となる, 六に取りまし, 六軒すつかり見て, 六軒づつの部落, 六軒づつ組にし, 六軒めの回診, 六軒一昨夜は鎌倉河岸, 六軒二千六十四人が明治四十年, 六軒余は大抵五六十戸, 六軒共大きい家, 六軒堀の川岸, 六軒小料理屋がとびとび, 六軒店屋が三軒, 六軒建築中であ, 六軒往ったところ, 六軒松の根, 六軒泥棒に入られました, 六軒温泉宿が有ります, 六軒目深草という灯, 六軒立場茶屋もござりますが, 六軒美人なきにし, 六軒茅葺家があつ, 六軒藁葺の庇, 六軒行つたところ, 六軒距つたお涌, 六軒通りをへだてた, 六軒造りかけになっ, 六軒麻の暖簾, 六以上飼わず, 六載ならず白鶏白犬これを, 六輌連結だったが, 六輛二十年の末, 六輩浴新恩, 六輪咲揃へる葩, 六輪夕暮の秋, 六輪大型トラックが二輛, 六輪菖蒲が咲, 六輪買つた, 六もあそこ, 六位の, 六近藤方にきめました, 六がれぬ, 六逃れぬところだ, 六間もなく救け来る, 六通そこに書き終え, 六通りがかりの他所, 六通り中でも最も, 六通売物として店先, 六通数ふれば, 六通數ふれば, 六造物主を立つる, 六連炮を取り, 六連発拳銃を持つ, 六連発銃であった, 六週間あくびしながら, 六週間いなかへ旅, 六週間ごとに期限, 六週間ぶりと云っ, 六週間わたしたちよりまえ, 六週間以内にはこの, 六週間前大勢の風紀兵ら, 六週間經てば出發, 六週間計り留りし内, 六進んで水, 六と自称, 六遊びなどに他愛, 六が悪い, 六遍それをきかされました, 六遍卓子を囲ん, 六遍失敗って覚え込む, 六遍娘の家, 六遍棒で打っ, 六遍立て続けに下げた, 六にあたって死, 六道具に身, 六道原漬大根の産地, 六に三面, 六違うんだ, 六れ咲, 六遺愛の鑢, 六遺著ヨリ生ズル収入ハ於菟茉莉杏奴類ニ平等ニ分チ与フ於菟ハ志げ, 六邇邇藝の命, 六邊それをきかされました, 六郎スルヤの連中, 六郎佐野竹之介, 六郎川前市助の二人, 六郎市五郎寒風沢の左太夫, 六郎広木松之助鯉淵要人岡部三十郎斎藤監物佐野竹之助蓮田市五郎稲田重蔵増子金八大関和七郎広岡子之次郎, 六郎康長安藤彦十郎酒井与七郎, 六郎樣始め拙者までも腹, 六郎次といいなずけ, 六郎腹を切つて, 六郎自身前驅, 六郎親忠は来れり, 六郎酒色に酖, 六郎重保で時政, 六郎鎌鑓にて真柄, 六郎長身白皙で鼻, 六郡二十五カ所にわたった, 六郡以外遠く南, 六郡草嶺に大, 六郡越後の内, 六郡都合十二郡一庄で四十二万石, 六部あれほど呼んだ, 六部めはどっち, 六部ッ立ち上がれ, 六部一人は遊び人, 六部一人頭より高く, 六部六部のなり, 六部屋これにガエン, 六部屋目の近, 六部左からぬ, 六部彼れが, 六部朝日が八十七部, 六部殺しと言う, 六部殿の唯今, 六部殿庫裡の方, 六部煙草売り雑多, 六部終戦後数年たってからの, 六部道心わか尼のうれひし, 六部道者と合い, 六部金五郎という大, 六部集を読む, 六部高野詣り道者, 六郷左京は自分, 六郷様の裏門, 六郷辺からは白峰三山, 六酒屋の軒先, 六里あまりを駕籠, 六里ぐらゐの田舍路を長袖, 六里といへり, 六里サン・ポルからアラス, 六里ドライヴしましたが, 六里三時間の航, 六里久万町札所下とみや, 六里二十丁京へ三十六里半, 六里二十町京へ三十六里半, 六里以上も続い, 六里伊尾木橋畔日の出屋で, 六里位しか歩かない, 六里余り来まして, 六里余り無人の地, 六里内外徒歩して, 六里半余の道, 六里半鳴海へ二里半, 六里善導寺或る, 六里四方赤城は十里四方, 六里奥州中村六万石相馬大膳亮殿の家臣, 六里山のよ, 六里山路野道を分, 六里弱の道, 六里日が暮れ, 六里殆んど, 六里汽車でも六里, 六里沖に鋸山, 六里距った新興, 六里距つた城下の士族, 六里身心不調疲労困憊やうやくに, 六里隔った所, 六里隔つた町に嫁, 六里餘也と答, 六重唱も有名, 六重奏曲で美し, 六とか七針, 六鉛色をした, 六とノータイム, 六銖衣薄くし, 六銭おばさんから借り, 六銭それに塩, 六銭はんなけ, 六銭シヨウチユウ四銭そして入浴, 六銭トマトが六十二銭, 六銭七寸が十銭, 六銭下寺町の坂, 六銭也これでやつ, 六銭余です, 六銭余一合が一銭六厘余, 六銭出方に大枚二十銭, 六銭多くか, 六銭廓の中, 六銭当時のタバコ, 六銭捻出して, 六銭熨斗と水引, 六銭空罎七銭合して, 六銭製本代が四五銭, 六銭角砂糖が二十二銭, 六銭酒二合十八銭そして煙草, 六錢二厘五毛である, 六錢八厘六毛三朱と成る, 六錢八厘幾らとか言, 六錢露命をつなぐ, 六鍛え上げたガラガラ声, 六長九郎左衛門高畠孫三郎前田利久同安勝, 六長女が十一, 六長沢の小説, 六門四十七粍速射砲十二門機關砲四門あるです, 六門弟長庵, 六門遁甲が根本, 六間あたりにはきれい, 六間おきに一人, 六間三ツの郭, 六間下手の方, 六間中央左右の長, 六間二た戸前, 六間前途へ離れた, 六間北に離れ, 六間半以上でないと, 六間南に行く, 六間口と資本, 六間右には噴水, 六間向こうへいざなっ, 六間四方ぐらいは背骨, 六間大橋九十六間を粛々と, 六間天井までは一丈三尺, 六間家賃一円五十銭の家, 六間川これなり, 六間幅だ, 六間廊下を面白, 六間後ろの方, 六間手間になっ, 六間東へ下る, 六間構造すこぶる壮大, 六間横九尺深サ五尺四寸, 六間毎に三尺, 六間湖上に浮び出し, 六間無意識にてくてく, 六間竿以上七間などというべら棒, 六間行つた処にある, 六間行處を大岡殿コリヤ, 六間近く店の, 六間通しののれん, 六間通りを一寸, 六間隔った位置, 六間飛退きました, 六閲月我が一身, 六阿弥陀道までのし, 六附加した, 六隊四十二機に命令, 六階丁字形定規が動い, 六階七階あとは終点, 六階七階八階の洗面所, 六階二十階より成る, 六階五階と巡視, 六階位までの瞽官制度, 六階盛にお辞儀, 六隻小四隻に過ぎなかった, 六隻海防艦十隻小巡洋艦八隻, 六隻滝川一益が一隻, 六隻潮風にくるう, 六隻舳艫をふくん, 六雄八将に頭, 六雄蕊一子房があっ, 六雄蕋ナルコト亦ヤナギタデノ如シ, 六集めた一かたまり, 六集鎌倉時代に十集, 六雑賀の二郎以下五人, 六面取りの秋草手, 六面屏風に花, 六面積と辺, 六韜孫子などの兵書, 六音節までの地名, 六頁づゝ引きはがし, 六頁アボットの, 六頁ウェブストルの大, 六頁尾佐竹猛氏伊豆新島の話, 六頁折の抄本, 六頁柳田泉氏の解題, 六頁順々に調べ, 六頃大宮に而早鐘, 六の思切つて出張ツ, 六頬髯の濃い, 六頭ごろごろして, 六頭だての駄賃馬, 六頭つなぎ合わせ変, 六頭モーモーと声, 六頭以外は野牛, 六頭十頭あんまり数, 六頭店先にいた, 六頭斃れた, 六頭明朝用意するやう, 六頭水を渉, 六頭牛を七頭, 六頭牽の馬車, 六頭羊四十頭そのほかパン, 六頭雨降りの時候, 六頭馬首の星, 六頭鰐魚六頭を畜, 六顆前門牌の巻煙草, 六を使う負い, 六その濁音七つ, 六類型が先, 六風化は三なぞ, 六の次, 六飛六八桂三分考へて, 六飛四八金上ル七九馬五七金スグ同, 六飛騨国猿神生贄を止むる, 六食ったことが, 六食事の礼式, 六食二日分の量, 六に大, 六養母沢三十七杏春の瑞英十六, 六首中の一首, 六首赤城山に遊びける, 六首選に入, 六を馭, 六馬立ての馬車, 六馬肉屋的登山法動物愛の応用, 六馬行宮を発せ, 六馬路なんかへ朝, 六馬身の差, 六馬黒馬道馬龍馬猿馬丈馬之助, 六ばかり, 六駛流あれば, 六駢儷體でこの, 六騎ここに落ちのび, 六騎づれの侍たち, 六騎一かたまりの, 六騎大地をうっ, 六騎河べりへ乗り出し, 六騎目にあっ, 六騎轡を並べて, 六と皮, 六の古, 六高地の孤塁, 六高女の校長, 六高松浦君が八高出, 六高等学校に山宮, 六高等學校に轉校, 六だから, 六魄離ると, 六魚七虞八斉九佳十灰と云った, 六を丁寧, 六鱗みな張りて, 六鱗ビクともせぬ, 六鳥黐に手, 六鶴橋難波上六の闇市場, 六麿のアソン, 六黙示図の考察, 六を, 六點二分とある, 六鼓門と呼ん, 六に少々, 六齋日に國中, 六%二千万ならば, 六%以上の利子, 六%甜菜は二〇%, 六~十七世紀のヴァイオリン