青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「前方~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

刹那~ ~刺戟 刺戟~ ~刻 刻~ 則~ ~前 前~ ~前後 前後~
前方~
前日~ 前者~ 前途~ 剛~ ~剣 剣~ 割~ ~割合 割合~ 創作~

「前方~」 1418, 15ppm, 7344位

▼ 前方~ (347, 24.5%)

3 向って, 見えて, 進んで

2 [19件] あって, お進み, つき出して, なげだした, 一つの, 何か, 光が, 出て, 向くこと, 存分に, 差し出されて, 廻つて描き出した, 怪人の, 投げ出して, 押すと, 目を, 腰を, 裸体を, 進行できない

1 [300件] あったの, あり二個, あるすべて, あるの, あるドア, あるピアノ, ある丘, ある敵軍, ある聖母, ある鋼鉄張り, いそぐ, おおぜ, お祭り, かけ広大, かすかに, からめり, きこえます, こんどは, さすと, し, したがって常に, すすむの, すすんだ, それも, たのむぞ, たらした, つきだし広い, つき出した, つき出し光りの, つき出し頬, つけつつ, つんでて, とうとう岩倉会社特有, ながくつづい, なだらかに, なった丘, のびて, のめり出した, のり出させて, のり出して, はこばれて, ぴたりと, ほとんど丁字形, ほほ並行, まっくろな, まはつ, むかつて, むけられて, もう一つ, やつて, わが家が, わが象, ガクリと, テーブルを, ハリッチ市が, ポケットが, ポストが, 一人の, 一人後方に, 一団の, 一大閃光が, 一軒の, 三つ後方に, 上河内聖が, 丘が, 乗り出しそして, 二つは, 二本後ろに, 云う通り, 些とも, 人家の, 任せて, 会釈する, 伸ばされ全身, 伸ばせないもの, 伸びその, 似合の, 何が, 何やら妙, 何やら赤い, 何等かの, 八路軍が, 凝視する, 出したまま躄, 出るまで, 出来る, 出来るか, 分けて, 切り開かれて, 勝利を, 危険が, 危険な, 向うて, 向かって, 向けそこ, 向けた, 向けて, 向け少し, 向け首, 向つて大声, 四人の, 固定させ, 在る山, 壁立し, 夕陽を, 大きな氷柱, 大きな灯, 大なる, 大火柱, 大航空母艦レキシントン, 威嚇を, 宇宙艇らしい, 少し右手, 屈して, 展望する, 展開された, 展開し, 山中湖を, 岡田が, 川が, 川崎船が, 差し交した杉, 差し出した, 差し出し何, 差し出し手, 差し出し空気, 差し出すよう, 差し出たなり, 平和の, 平地, 平地が, 幽かに, 広い草原, 広がって, 延びて, 廻って, 引き下げ顔, 引き出されるの, 引き摺って, 張り獣, 強い角度, 当たれる右側, 当り一個, 影を, 径の, 思わぬ大軍, 意外にも, 扉が, 投げた, 投げ出した, 投げ出しまるで, 投げ出し指, 投出すの, 投影する, 押し進んで, 拡がった美しい, 拡がる芝生, 描かれた樹木, 支那の, 数軒の, 新しい粗末, 明るく展開, 映ること, 暗褐色, 暮れか, 曲げるよう, 月光の, 有って, 期待し, 桜島が, 横わっ, 横わる物凄い, 正面を, 歩いた, 歩き出した, 歩んだ, 水の, 沈没した, 注いだまま, 注いで, 注意した, 注意を, 注目し, 泳いで, 流氷が, 流転し, 海が, 深い霧, 渡らなければ, 滑らせて, 火の, 火炎が, 火竜が, 燈台が, 独り立てる, 独立し, 現れた眼匿, 現わす, 現われると, 生徒の, 甲府の, 痩せこけた足, 発見す, 白く光っ, 白く帯, 目標と, 相対する, 眼も, 眼を, 睨みながら, 瞠く, 瞠って, 瞳を, 破滅を, 私の, 私は, 突き出し唇, 突き出す瞬間, 突き出て, 突出し, 立ちはだかった大将, 立ちはだかって, 立ちふさがる長良川博士, 立ち塞がって, 立ち塞がる海鼠塀, 立つて, 立塞がる, 節子が, 組み合わせて, 結びつけた, 続いて, 罪を, 群がって, 聞えた, 肥大の, 背を, 腰かけた三人, 自分の, 色の, 茶褐色の, 落ちそれから, 薄れ消えるとき, 虹の, 行く重荷, 行って, 街燈が, 裝置されたる, 見えだした, 見えます, 見えるが, 見えるここ, 見えるの, 見えるへの, 見える遠い, 見つけて, 見入つてゐた, 見据えて, 角度を, 解るもの, 言つて置く, 認めねば, 走らせた時, 走りよった, 赴きジュナップ, 足を, 踏み出して, 蹴上げる, 転じた, 迫って, 迫るに従って, 送って, 送電塔が, 透かし見えるところ, 逐ひ, 這い屈んで, 進み行く彼, 進み陸地, 進めた, 進めて, 進めるならば, 進んだり, 進出し, 進出した, 遠く主人, 金州の, 金糸を, 開いて, 開かれて, 陸が, 集中し, 雲か, 霧に, 靡かせる, 顔を, 飛行島が, 駛り去つた, 高からぬ, 鳥海山が, 黒い小さな, 鼠を

▼ 前方~ (296, 20.9%)

4 声は 3 席に, 森の, 空間を

2 [17件] やうな, 人達からは, 危険を, 壁に, 山の, 峰の, 怪しい酒宴, 暗やみの, 森が, 海面を, 空を, 腰かけを, 自分の, 西郷隆盛の, 車が, 車軸までが, 闇を

1 [249件] お世話は, お得意様, くらがりを, この世の中, する事, なった尼さん, わずかな, アナウンスに対して, ガラスに, ガラスを, ゴタゴタした, マストだけ, ランプの, 一つ, 一つところを, 一定の, 一所に, 一段高い, 一点に, 一点を, 一物を, 三御殿の, 三角形は, 下甲板, 世界にも, 丘の, 丘は, 事だ, 二つの, 人々は, 人むれ, 今私達が, 仲間が, 仲間だ, 仲間に, 伝令は, 低地を, 何物を, 來る, 供を, 入って, 兩隅から, 八幡原には, 内に, 切り穴から, 切り穴の, 勝手じゃ, 可成, 右と, 同じ風景, 味方の, 噴泉を, 四号病室は, 土を, 地に, 堅パンを, 堤の, 壁を, 壁面を, 声が, 声の, 夕空に, 外を, 大木に, 奇術も, 子弟を, 室と, 室の, 寺院の, 小高い丘, 山から, 山に, 山腹で, 山麓に, 岩に, 岩の, 岩木川の, 岸へ, 島の, 島を, 嶮は, 川を, 川添いに, 左り, 左一帶を, 左側から, 帆柱の, 帆柱は, 席を, 平らかなひろがり, 平面弁に, 広場では, 広場に, 広縁の, 床に, 床を, 廊下の, 弁護士席では, 心なき, 情で, 憂いは, 或る, 戦闘が, 所を, 所有には, 扉が, 手空の, 指図で, 指圖で, 提供した, 操縦士が, 放送局の, 敵に, 敵の, 敵を, 方から, 方で, 方に, 日々を, 明るく光っ, 景色は, 景色を, 暗闇から, 暗黒を, 望んで, 木立の, 木立を, 本部を, 机に, 杉林へ, 林へ, 柵は, 栄三郎を, 棚の, 森林の, 樹下闇の, 機雷や, 水の, 水平線に, 水平線下に, 水面を, 氷山を, 汽罐車の, 注文どおりな, 注視には, 流義で, 海に, 海を, 海上, 海上へ, 海上忽ち, 海中に, 海底に, 海底原を, 海面が, 海面に, 海面下を, 深い闇, 渚を, 湖も, 溝板の, 瀬戸内海に, 火の手に, 火光を, 灯かげの, 煙の, 物の, 状況を, 獅子の, 男と, 男女の, 町角を, 画中を, 画面が, 畳の, 白壁には, 白樺の木に, 監使榊原飛騨守である, 真青な, 眼力を, 眼界が, 砂丘の, 空が, 空の, 空中を, 窓硝子に, 立ち木へ, 節より, 篠竹が, 籔の, 絶壁の, 線路の, 縁を, 繁った木立, 群衆の, 老人の, 者から, 胸部に, 自業自得だ, 若い役人三人, 草の, 草むらの, 蒸被の, 薄暗い岸, 薄暗い海面, 行く先は, 行為が, 西大寺村の, 親切は, 観覧室には, 評判ばかり, 谷陰に, 谿は, 路上に, 路上には, 車との, 込み合った街路, 迎えるまま, 逃げて, 連嶺が, 道を, 道路上を, 道頓堀の, 遠いごく, 部屋を, 銃声が, 銃声とは, 鋪道が, 闇で, 闇の, 闇は, 闇へと, 闇黒中に, 隅に, 隅は, 隅へ, 隅を, 隊が, 障害物を, 靄の, 領地の, 顔を, 風雨の, 高地へ, 鳥海山も, 黄色くなった, 黒い幕, 黒板に, 黒板の

▼ 前方~ (225, 15.9%)

14 見ると 13 見つめて 5 すかして, 見て 4 歩いて, 睨んで, 見ながら 3 ながめて, 凝視し, 指した, 注視し, 見詰めて

2 [12件] きっと見, まっすぐに, みつめたまま, みつめて, 怖れなかつた, 指さした, 指差した, 指差す, 眺めると, 睥んで, 見まもって, 走って

1 [137件] うつくしく編隊, きっと睨み, きっと高い, きつと, この聴こえない, ごらんなさい, さす, じっとながめ, じっと見据えた, すすんで, すーっと, そうして最初, どうもしよう, ながめながら, ながめれば, ながめ始めた, にらみつけたまま, にらみつづけて, にらみました, にわかに離す, のぞいた, のぞきながら, のぞむと, ふさいで, まわること, みて, みれば, チョコ, チヨコ, 一かたまり, 一の, 下を, 交互警戒し, 仰ぐと, 冴子は, 凝視させる, 凝視する, 南西へ, 受持つ, 向いたまま, 向いて, 呼ぶの, 塞いで, 塞かれて, 塞がれて, 屏風の, 廻って, 往く一際, 急いで, 慥に, 憎んだの, 打ち眺めて, 指さしました, 指差しながら, 指揮する, 探りながら, 探り探り, 探るよう, 明るく照らし, 望みその, 望みて, 桑畑の, 横ぎりそして, 横切ったかと, 殺すこと, 注意し, 注視する, 洋装の, 海と, 眺めそれから, 眺めた, 眺めても, 眺めながら, 眺めようと, 眺めれば, 着物の, 睨みつけた時, 睨みつけながら, 睨みつけるよう, 睨みながら, 睨むよう, 睨めあって, 睨んだ, 睨んだが, 睨んだまま, 瞰んで, 瞶めて, 瞶める, 神月が, 行く火星兵団長丸木, 行く馬橇, 行く駕籠, 見た, 見たら白髪, 見た僕, 見つめた, 見つめたまま, 見つめました, 見つめるの, 見つめ一つ二つ瞬き, 見つめ何, 見つめ如何にも, 見ても, 見ま, 見まもりはじめる, 見やった, 見ること, 見るの, 見る邪魔, 見れば, 見わたしたが, 見凝め, 見守りそして, 見廻して, 見据え, 見据えた, 見据えて, 見据ゑるやうな恰好, 見詰めた, 見詰めたまま, 視つめて, 視つめ階, 視詰めて, 覗こうと, 討たなければ, 語り合って, 責めに, 走つて, 透して, 透し見ると, 這つ, 進んで, 遮る冷たい, 鎖して, 険しい併, 馳って, 鼬鼠が

▼ 前方~ (115, 8.1%)

4 向かって 3 進んで 2 のめって, まがって, 出て, 向けて, 視線を, 進み出て, 飛んで

1 [94件] おいでなさりまし, ぐいと伸ばし, さし延べる, じっとすえ, すすめ依然として, すわった, せり出しその, せり出して, つきとばした, つき出して, つっ立ち横, つんのめらせたもの, でて, のばした, のび出したり, のめりそれ, はずみの, ひっくりかえる態勢, われ先へと, ツツツーと, ドッと, 一人抜け出し, 下目がちに, 仆れ, 伸ばして, 伸びたと, 傾けた, 傾け執拗, 傾げたの, 傾斜し, 六フィート出, 出た, 出るよう, 出陣し, 刻み出た, 動いた, 十餘歩も, 半円を, 向かっても, 向けながら, 向って, 寄掛つて居つ, 差し出し賞品, 差し出すと, 引き寄せる, 引摺る, 往って, 手挟み鉄扇, 投げ出されしたたか, 投げ出す, 押しても, 押しやって, 押し進めた, 持って, 指を, 撥ね上った, 斜に, 斜め上に, 曲げ額, 歩いて, 歩きすぎて, 汽車が, 注がれて, 注ぎながら, 活動を, 渡った, 渡つた, 現われて, 疾走し, 真っ直ぐに, 眼を, 突き出しそれ, 突き出したまま, 突き出して, 行って, 走って, 走りだした, 走るの, 身体が, 逃げのびて, 逃げるの, 進むこと, 進めなくなって, 進めよ, 進めるの, 進んだ, 進んだり, 進んでは, 飛び出し相手, 飛んだの, 駆け出した血気, 驀進した, 驅け, 黒い小舟

▼ 前方から~ (82, 5.8%)

2 一人の, 吹いて, 押寄せるが, 有閑婦人が, 聞えて

1 [72件] あたふた小走り, あるいは一歩, おこった, おちて, かすかに, くる一列車, こう声, こちらへ, こっちへ, こんな出来の, ばたばたと, やってきた, やって来た, キラキラと, 一つの, 一と, 一列の, 一隊の, 不思議な, 世話に, 來る, 光りものが, 刺したと, 刺したの, 刺しに, 助けに, 吹きつける雪, 吹きなびいて, 吹き寄せる風, 吹雪まじり, 大型の, 女児等が, 女兒等が, 孔雀が, 強き南風, 思うとったほど, 怪人丸木が, 意外な, 手に, 押しかえされますから, 新しい土地, 早馬で, 明るく射し, 来た, 来た男, 来た自動車, 来た車, 来る汽船, 歩んで, 漠々と, 独逸の, 猿田飛行士が, 玉井金五郎井上安五郎原田雲井の, 現われるであろう, 疾走し, 眞つ, 知っとりゃ情, 空気の, 突進し, 葬式の, 誰か, 警笛とともに, 讃美歌の, 近づいて, 逆に, 隊を, 青ざめた女, 静かに, 非常な, 飛付いたから, 飛翔し, 驀進し

▼ 前方~ (54, 3.8%)

1 [54件] あの屋根, お仕え申し上げる, この頃どこ, ただ歩, ちっとも心配, ちょッと, どう思ふ, どう身, まだ船, もっとつよい, サルタノフの, ドロンと, ロックリンの, 一番好い, 一面に, 一面の, 二十畳敷程の, 何う, 何か, 何でそんなに騒ぐ, 働きよう, 分からないから, 別れ, 助からない, 助からぬ, 商売に, 墨汁を, 夜の, 大丈夫だろう, 大胆な, 宝の, 川俣さして, 己に, 己を, 年が, 役割を, 心残の, 気でも, 流浪人だ, 海で, 深い溝, 無論闇, 省線電車の, 真相を, 知らねえと, 砂地の, 笑って, 腰掛の, 見透しが, 親切気が, 遼陽攻撃戦の, 長く泊っ, 阿母, 駈落者

▼ 前方には~ (34, 2.4%)

2 何も

1 [32件] この戦隊, とうとう岬, なくて, パルナス群像の, 一点の, 光が, 全部硝子張りの, 前の, 墨黒, 夜気に, 好い踊場, 寂しい野, 尊すぎる, 小庭, 左から, 左膳の, 早くも, 晴れたま, 横木が, 氏と, 河水の, 牧場や, 竹帙形に, 籬が, 自働オルガン, 若々しい希望, 輝かしい野原, 遠く近く, 重量を, 錦絵の, 防堤が, 高麗川の

▼ 前方~ (31, 2.2%)

1 [31件] あんまり気の毒, はっきり見えた, ぱっと明るく, まったく見えない, やるならば, よくは, 中庭を, 件の, 全く見えなく, 名を, 忽然と開け, 拇指と, 攫はれた, 旨くこの, 明るくなった, 暗につつまれ, 歩いて, 歩き出すと, 申し合せ殿様, 皆揃つて銃殺せられた, 真昼の, 知った事ちゃ, 知って, 確かな, 約束を, 見えない, 見えないか, 見えなくて, 見にくいほど, 見透せるし, 青く見えた

▼ 前方~ (25, 1.8%)

2 最う少し

1 [23件] くれなゐ後方, こ, そこに, その男, もう少しお, ゆっくり飲ん, ゆつくり飲ん, よく見える, われわれに, 今目のあたり, 共々難儀, 同様だろう, 喜左衛門かい, 左右も, 後方も, 成長く, 手や, 掛り合, 旧い馴染, 枝や, 死ななけりゃあ, 親御が, 資本家に

▼ 前方~ (23, 1.6%)

1 [23件] おもてなしを, ききとれるコツコツ, くりかえされて, 切れるの, 同じ雑音, 多くの, 居なくなった, 山の, 御妻室, 思へば, 押し返し押し返しこんな, 新発田隊と, 月光を, 朝の, 演ぜられる, 激戦の, 爆発する, 監督ケンの, 突然, 組み多, 結ぶ, 誰の, 銃声が

▼ 前方後圓~ (15, 1.1%)

7 の塚 3 の古墳 1 それから最後, と四角, なの, の形, の立派

▼ 前方~ (10, 0.7%)

1 一緒に, 上下左右に, 兄弟たちの, 同じよう, 同じ幽霊, 左右とに, 後方と, 後方とに, 後方に, 思しい辺

▼ 前方二人~ (5, 0.4%)

1 が実, は乞食, は何, は格別, をふん縛っ

▼ 前方~ (5, 0.4%)

1 一間そこまで, 二百メートルに, 十メートル先です, 百ヤードほどの, 百米突以内に

▼ 前方近距離~ (5, 0.4%)

32 に氷山現

▼ 前方にあたって~ (4, 0.3%)

1 ちらちらと, 一軒の, 烏山の, 鬨の声が

▼ 前方にも~ (4, 0.3%)

1 不似合, 依然として闇, 敵, 欣びを

▼ 前方への~ (3, 0.2%)

1 ひろがりを, 手さぐり足さぐり, 進展の

▼ 前方へは~ (3, 0.2%)

1 気の毒ながら, 煙幕を, 進もうとも

▼ 前方~ (3, 0.2%)

1 かに砂丘, かに見え出した, か向う

▼ 前方~ (2, 0.1%)

1 が始終, つてこの

▼ 前方では~ (2, 0.1%)

1 同じ数, 大砲や

▼ 前方でも~ (2, 0.1%)

1 すぐには, ザクザクと

▼ 前方において~ (2, 0.1%)

1 再び大々的, 行き停り

▼ 前方にばかり~ (2, 0.1%)

2 求めて

▼ 前方へと~ (2, 0.1%)

2 グイと

▼ 前方まで~ (2, 0.1%)

1 ゆるやかな, 附添った

▼ 前方より~ (2, 0.1%)

1 啖う, 来り候

▼ 前方一帯~ (2, 0.1%)

1 に見えた, を埋め

▼ 前方十五六町~ (2, 0.1%)

1 の沖, の波

▼ 前方右手~ (2, 0.1%)

1 の方, の谷間

▼ 前方向き~ (2, 0.1%)

1 にした, になっ

▼ 前方左右~ (2, 0.1%)

1 に並ん, に丸根

▼ 前方数間~ (2, 0.1%)

1 のところ, の手前

▼ 前方百メートル~ (2, 0.1%)

1 ぐらいまでのもの, のところ

▼ 前方百歩~ (2, 0.1%)

2 の所

▼ 前方遥か~ (2, 0.1%)

1 に七秒, に遠く

▼1* [95件]

前方薩摩の, 前方あたりで小, 前方いっぱいに, 前方うまくおらに, 前方出来かい, 前方お嬢様のお, 前方からと上からと, 前方からも一人の, 前方その様子を, 前方それは料簡, 前方ただ正面をひたすら, 前方だけ見て, 前方だけに向って, 前方ともハッキリ分らない, 前方なる河水は, 前方にかけて張って, 前方にだけ迫って, 前方にのみ黒き地, 前方のみを凝視めて, 前方ばかり注意し, 前方ばかりを見はって, 前方右左へ, 前方わずか五百メートルの, 前方シャンヴルリー街と左方シーニュ街, 前方ダンチョンと一緒, 前方ニトツゼン大海魔アラワレ海中ヨリ径一メートルホドノ丸イ頭ヲモタゲ, 前方一哩のところ, 前方一帶が吹雪, 前方一色宮内と申す, 前方一面は広々, 前方三ヤードくらいの所, 前方三十度に赤い, 前方三百メートルぐらい距, 前方並ぶ龕の, 前方中央の席, 前方二十メートルのところ, 前方二十碼程のところ, 前方二尺ほどの所, 前方二百メートルを距, 前方五メートルばかりの海底, 前方五六メートルばかりの処, 前方五千メートルの向う, 前方五百メートルのところ, 前方側面の壁, 前方元気な真木, 前方助けておくれ, 前方北方の青春, 前方十マイルさきの海面, 前方十メートルばかりのところ, 前方十一二歩の所, 前方十七呎以上に突出, 前方十五度ニ黒キ大ナル漂流物アリ, 前方十四五ヤードの距離, 前方十町計りの処, 前方十間位の処, 前方千メートル位のところ, 前方半町ばかりの先, 前方即ち足元上り低き, 前方及び左右には, 前方向けによろよろ, 前方四五尺の点, 前方四分の一マイルとない, 前方大約七十噸ばかりの二本檣, 前方左手には神童, 前方平坦なる園, 前方数十町の先, 前方斜めに直立, 前方書院の縁, 前方木牛頭の上下, 前方東方の華やか, 前方にて囲いたる, 前方の木の下, 前方に胸, 前方此男出でける, 前方んど, 前方水雷室と舵機室, 前方活動俳優の写真, 前方の通ずる, 前方滑石の床, 前方燈明の燈, 前方燈籠の蔭, 前方な此方, 前方真直ぐに見える, 前方を投げたら届く, 前方線路寄りの個処, 前方老いたる者や常々拙者, 前方の高, 前方苦しんだ事も, 前方蒔こうと用意, 前方逗留して, 前方遠くを見凝, 前方遥か彼方に赤, 前方鍬形台の所, 前方附いて居, 前方雜木草莽の中