青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「公~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

全部~ 兩~ ~八 八~ 八つ~ ~八五郎 八幡~ 八月~ 八郎~ ~公
公~
公卿~ 公園~ ~六 六~ 六つ~ 六月~ 共~ ~共に 共に~ 共同~

「公~」 9763, 97ppm, 1137位

▼ 公~ (2137, 21.9%)

24 ために 16 顔を 10 お孫 9 家へ 8 前に, 御代に, 手に 7 ことを, 方が 6 お墨付, ところへ, ような, 方は, 腕を, 血を

5 [11件] おことば, 世に, 供養も, 奴が, 奴は, 孫大, 席で, 御館は, 手を, 時も, 頭を

4 [13件] おゆるし, お心, お胸, 人格に, 前を, 如きは, 妹君郎女の, 小百年前, 御前へ, 御命, 意見を, 爲めに, 碑の

3 [39件] お使い, お志, お目, お耳, お血統, お館, ことです, ことは, ところの, ものと, 事を, 仰せの, 位に, 口から, 名が, 名で, 坊主頭あの, 姿を, 御代と, 御入り, 御子息, 心の, 成王を, 方で, 方に, 時代に, 爲に, 狙撃された, 病は, 知を, 知遇を, 立場に, 耳に, 職務を, 肩を, 許へ, 銅像の, 顔が, 顔は

2 [139件] あとを, いもうと, おおせを, お城, お墓, お怒り, お旨, お為, お血すじ, お首, ことだ, ことと, ご隠居所, すがた, そばへ, ためと, もので, やうな, やうに, ように, 一人が, 上に, 上へ, 世界漫遊は, 世話に, 事が, 事は, 人物を, 伊藤侯に, 住みし處, 佐々木彦三郎は, 体は, 作である, 信任を, 信頼を, 側近くに, 働らきたる, 入閣を, 前で, 前へ, 協賛を, 口眞似すれ, 名に, 名を, 命を, 唱道せる, 問題として, 嚊は, 場所で, 場所では, 場所に, 墓は, 墳墓の, 声が, 声だ, 声を, 外に, 天下が, 奇怪な, 如きも, 妹なれ, 威喝恐れつ, 嫡男にて, 家に, 寵姫の, 席にも, 席上で, 影は, 後を, 御信任, 御出馬, 御墨附, 御意に, 御意を, 御所望, 御招き, 御本意, 御朱印が, 御朱印を, 御機嫌, 御胸中, 御舎弟, 御輔導役伊勢殿, 徳を, 志の, 怒に, 意を, 戒に, 手から, 手が, 才能が, 指導を, 政治生涯は, 政治的生涯は, 政見に, 方へ, 方を, 方法に, 様子を, 機関に, 母は, 母親が, 演技に, 演技を, 父さんは, 理想を, 町名と, 目から, 目白だの, 直臣, 眼に, 祠の, 秩序善良の, 種を, 立場から, 立場を, 置文を, 耳へ, 聞に, 職務に, 肩先を, 自ら起たむこ, 自由手腕に, 苦心を, 著眼の, 行状を, 襟く, 言うこと, 言葉に, 評判が, 話, 議事整理上に, 足は, 跡を, 身の上も, 邸宅を, 頭へ, 顔の, 願望は

1 [1502件 抜粋] あだ名で, あるお寺, いたいけな, え, おかみの, おさ, おしろで, おとしだね, おふくろに, おわすれがた, おんよろこび, おん母君淀の, お世嗣, お住居, お力に, お勝手元, お叱り, お在, お妹君, お家の, お弟君, お心持, お手紙, お歌を, お母さんは, お気に入りで, お白洲, お眼, お納戸組馬廻り, お船, お話と, お跡目, お駕籠, かずかずの, からだは, ぐんぜいが途中で, ことかネ, ことであります, ことについては, ことばに, この話, ごたく, ご名代, ご威武, ご忌日, ご文章, ご機嫌, さしずであり, しょっぴきに, すばやい眼, その御, そりたての, ただ人ならざりし, ため斉彬公の, とうわくなされ, ときに, とこん, なさる事, なりが, は柿, ひとじち, ふところに, ふるまいを, ほうで, ほとりの, もとへ, ものであるなら, ものばかり, やきもち, やつすっかり, やつまた, わすれがたみ, アイリス号は, スゴイ顔を, バカ文章, 一兵まだ, 一族で, 一身は, 三人づれは, 三年忌の, 上杉家の, 不孝を, 不本意, 世の, 世界誰も, 丸と, 主従, 予想に, 事と, 事には, 事実です, 事蹟を, 二人は, 二名花, 二娘を, 云ったよう, 亡霊の, 交通が, 人物に, 仕事から, 仕事を, 仕業であった, 代から, 代理として, 仰せに, 仲の, 任務, 会合には, 会話の, 伯父覚平が父猛, 体を, 余威全く, 作と, 使たる者が, 使者として, 供の, 信仰にも, 値上りで, 偉勲を, 側へ, 側近中の, 傳の, 僕でさえ, 優柔不断を, 兄弟分か, 先なりと, 兩君に, 六家要, 兵車打ち棄て, 写真が, 処置を, 出府人数は, 出馬を, 出鱈目も, 初めから, 別莊, 制度の, 前代の, 劍道指南に, 力を, 加勢を, 助をば, 務めで, 務を, 十一番目の, 半値以下で, 厚情を, 参考人として, 叛逆人でも, 古稀庵と, 台命なれ, 名である, 名前で, 名誉と, 君側に, 呪文を, 命だ, 命によって, 命名し, 和歌と, 商売は, 問題に, 喉首を, 噂も, 団体の, 国家老, 在天の, 地位に, 坐乗せる, 基督教徒と, 場合が, 場面では, 墓あり, 墓を, 墓穴には, 声聞え, 夢が, 大学を, 大欲の, 天下に, 夫人で, 夫人南子は, 夫婦喧嘩とは, 奥方であった, 女婿と, 奴から, 奴どう, 奸策により, 如きでは, 如き偉大, 如き近く, 妹君姫様方の, 姓を, 姿, 威と, 威勢をも, 婦人記者来, 嫡出子である, 嫡男として, 子なり, 子孫万歳である, 存在は, 孫娘であった, 安危または, 官衛や, 実に政治的大要素, 室に, 宮房を, 宴席を, 家だ, 家来だ, 家老大村郷左衛門は, 容貌風采体格等について, 密書には, 寝床を, 寿を, 尊号さえ, 就職にやら, 尼寺という, 居城の, 居間と, 展覧会に, 工業を, 席では, 帰国の, 帳簿に, 幕僚に, 庭の, 廟云々, 建前を, 弔い合戦ここにおいて, 弟親長の, 形見, 役所が, 後から, 後室二位, 後繼者たるべき, 得意や, 御せんぎ, 御りょうけん, 御一行, 御世嗣, 御二男, 御代替り, 御側, 御制法, 御前は, 御名を, 御命令, 御墨付が, 御墨附一封, 御嫡子, 御子左衛門尉忠久公より, 御家來白太夫樣を, 御寝所で, 御屋敷, 御引立, 御意も, 御慈愛, 御手もと近く, 御振舞, 御旗本, 御最期, 御格式, 御殿へ, 御無念, 御盛儀, 御着陣, 御箸, 御者から, 御耳, 御落胤, 御親類, 御謀叛, 御身を, 御逝去, 御遺言, 御願藤氏累代の, 御馬前へ, 忌年も, 忍耐に, 怒りは, 性生活の, 怨霊に, 恩命である, 息子か, 悪い御, 悪戯という, 情夫は, 意見に, 意趣返しは, 愛妾だ, 愛用の, 慈善や, 憾みを, 戯れも, 所有に, 所謂聖人を, 手もとで, 手引きで, 手続きも, 拍子木に, 持って, 挙動が, 推薦が, 政党内閣を, 政黨内閣に, 故地, 断じて与みせざる, 方ぢや, 方へと, 施爲は, 旗持ちだった, 既成政黨に, 早朝の, 時から, 時代から, 時代より, 時局的位置から, 時間なんぞ, 暇を, 書いたもの, 書を, 書斎へ, 書簡を, 最後であった, 會合に, 服制から, 木像それから, 未だ紀州公, 本領の, 李万は, 来る前, 桐油を, 棚下しも, 様な, 権力による, 横ツ腹に, 機会の, 機関で, 機關に, 正しい血筋, 武威幾百世を, 歸朝に, 死後非常な, 残して, 母の, 母親は, 気焔が, 沙汰を, 治世と, 法に, 法廷で, 活動に, 清らかに, 湊川の, 演奏の, 激怒でさえ, 無道と, 爲と, 父君が, 特色は, 猶位, 琴歌によ, 生れたの, 生母から, 生涯と, 生類御, 甥に, 田の, 申請を, 異名, 病牀に, 発起で, 目を, 目通りに, 相撲の, 真似を, 眷顧を, 知に, 知らない小, 知遇や, 矮短な, 研究者は, 碑だ, 祈祷を, 神苑で, 祭と, 科学精神が, 秩序と, 究理し, 立場という, 竜における, 第六, 筋へ, 篇に, 経験した, 結論を, 罪を, 置文などを, 義務をも, 考えが, 聘に, 職業用の, 肖像に, 肝煎りで, 肩書が, 胤で, 胸に, 胸中には, 腕は, 膝下へ, 臣として, 自序といふ, 舞踏会市町村長の, 英斷で, 落し胤だ, 著, 葬式は, 薨去は, 蜂須賀侯から, 血の, 血統さがし, 行動から, 行方不明と, 表石が, 裁判に, 要塞も, 親たちは, 親父が, 観点から, 言う通り, 言動からは, 言葉までが, 言行を, 記せる所也, 記録とも, 許に, 許可を, 詩であった, 詫言であった, 話に, 話ばかり, 語もと像姑より, 諦観は, 識見乃至, 議論として, 谷へ, 負担を, 財産は, 資治通鑑などは, 賞美刀波の, 越中守が, 身の上危し, 身内前田犬千代ッ, 軍学の, 近侍と, 返事は, 退軍, 通行には, 通鑑などを, 運動においては, 達識に, 遺品である, 遺子神戸どのを, 邸である, 邸を, 部下の, 重職に, 野郎そいつを, 野郎め喋舌った, 野郎覚え, 金璽を, 銅像前から, 長所三ツを, 門葉は, 間抜けで, 阿多, 隠居を, 集めて, 雪見の, 非常に, 面を, 面影の, 面目を, 頃などには, 頭の, 題字を, 顔色を, 風貌の, 首が, 首根っこを, 馬上姿の, 馬車は, 駿河台経済戦線に, 體を, 魂に, 魂魄は, 麾下の, 鼻も

▼ 公~ (1380, 14.1%)

10 それを 5 これを, 言つた, 頭を 4 いった, いひました, さう, すぐに, だまって, どうした, どこへ, 口を, 答えた 3 そこに, 伊藤侯に, 固より, 声を, 急に, 目を, 考へました, 言った, 黙って

2 [105件] あわてて, お婆さんから, こう言っ, すりはり峠, そこで, そこでやはりしらじら, その鼻緒, それが, それに, ちよいと, つぶやきました, どうしたい, にこにこし, ほかの, まだ, やめなかった, シロと, バスに, ポケットへ, 一身を, 不吉な, 不意に, 両手で, 久しき以前, 京の, 仰向きに, 伊藤侯と, 伊藤内閣が, 何か, 何でも, 例によって, 侍臣に, 兜の, 其の立案, 内治外交, 再び非, 十六貫も, 口も, 叫んで, 君主的立憲制の, 呻き且つ, 唯だ, 大職冠九代, 妙な, 巡査の, 帝室内閣を, 常に淡, 常公, 当時の, 彼に, 彼女の, 後門, 思ひきつ, 惜福の, 愉快で, 憲法と, 憲法の, 憲法擁護の, 抵抗しなかった, 改めて卜, 政治上の, 政治家たるの, 文部大臣の, 新日本, 日本の, 日本貴族の, 是より, 更に彼等, 曾て, 最も多望, 最も早く, 果して如何なる, 極めて平允端懿, 欣び賞として, 此の, 此意見を以て, 無益の, 狼狽した, 現に貴族院議長, 現代人の, 理想よりも, 眼が, 眼を, 確かに, 私情を, 私服警官に, 答へ, 米友を, 終に大隈伯, 縁台に, 繩を, 能く, 自ら新, 自分が, 華やかな, 親分の, 言いながら, 言いました, 話を, 貴族の, 貴族院に, 足を, 非常に, 頭の, 345の

1 [1082件 抜粋] あがりかまち, あきらめて, あくまでいいはる, あたらしいて, あっしの, あつけ, あやうくこぼれよう, あわてました, あア, いかにも打ちとけ, いきおいよく起き, いきなり母, いくたび, いくらなぐられ, いっこく, いった実際, いつも人, いつも涙ぐん, いつも首席, いねえか, いまだ知らぬ, いやな, うつらうつらと, うまいこと, えらい, おいちど, おけを, おと年万治元年九月に, おもいの, おれに, おんつぁん, お家の, お巡査さん, お手まわり, お爺さんに, お酌, かく叫ん, かさなり合って, かぶせて, からだを, きっと惜しまれる, きに, きよすに, ぎふの, こういっ, こう云っ, ここから, ここには, この名門, この小使部屋, この時, この騒ぎ, これまでの, こんどの, ごく自然, さっきから, さては自分, しばらく口, じっと愚楽, じっと見た, じれだして, すぐ外, すぐ薬嚢, すっかりゲッソリ, すべておごれる, せきとう, そう言っ, そのこと, そのへんじ, そのよう, その下, その包み, その吸いかけ, その夜, その天下放浪中, その孫娘達, その後任期満ち, その日, その時, その権威, その穴, その赤い, その音, それでも笑, それにも, それは, そんなに度々狩, たいそう御, ただに, たちまち喜悦, たまらなくうれしかった, だん, ちくりと刺された, ちょうどその, ちりゃくこそすぐれておられましたけれども武勇にかけては, ていねいに, とつぜんアラシ夫婦, ともかく将曹め, どうし, どうな, どうにもこうにも, どこに, どのくらいの, なかなか長, なにか, なにく, にやにや笑つて, はっと思っ, ひじょうにりこうで林太郎が, ひと思い, ひみつの, びっしょり汗, ふとその, ふり顧, ほおばって, ぼくでは, まいに, ますます驚いた, まず第, またひいひい, またもす, また今, また店, また長州公, まだどうしてもこの, まだ瓦職, まったくの, まんぷくまる, みの, むしろその, むつつり考へ, もうすっかりいい, もう仕方, もう有頂天, もう胸, もう見世物, もう齢七十, もじもじした, もとの, もとより聖人, やがて俺, やっと虎口, やつと, やはり一日, やはり心配そう, やはり田舎, ややあっ, ゆうべも, よこ, よろしいと, わが學, わしにとっても, わずかな, わらって, クビと, クロの, コック部屋の, ゴングが, シャッポの, シロを, ズボン吊を, ッと, ホンの, ボートを, ミュンヘンから, ラジオを, 一つ年上であった, 一人に, 一八一二年に, 一匹でも, 一太の, 一方の, 一時間経っ, 一瞬の, 三桓の, 上に, 上卿季平子を, 下級戯作者の, 不安心にな, 不性, 世帯を, 両手を, 両腕, 久し振, 九州の, 事もなげに, 二人の, 二十三歳であった, 云いすてて, 云った, 亡命の, 人波を, 今この, 今迄にも, 他に, 仰せに従って, 仰向けに, 伊藤侯に対する, 伊那丸どのに, 佐渡と, 何ん, 何処へ, 何處迄も, 余を, 佛王路易十五世の, 俗人である, 僕の, 優しく舊主, 兄さん顔を, 先刻具合が, 先生の, 光一に, 党派政治家として, 公儀お, 六丁の, 六月中旬に, 其の臣下, 内心びくびく, 出発に際し, 前に, 力まかせに, 加藤清正ほどの, 勇んで, 十八文の, 半ば口を, 単に貴族, 厳重な, 去年までは, 又し, 受取って, 古湯帷子, 史実よりも, 吃驚し, 同じやう, 同盟会員を, 名君と, 名附親, 君の, 呂宋兵衛には, 呟きながら, 呻くやう, 唐松の, 唯ある, 唯独り草, 唯色蒼ざめて戦く, 單に, 嘗て一たび蘭方, 四十ちかい, 因果の, 固辭, 坐って, 堀を, 変った, 多数塾生の, 大いに怒っ, 大和柾木坂の, 大変得意に, 大政奉還を, 大隈板垣両, 天下の, 太閤在世中にも, 太陽の, 奇麗に, 奥州に, 女たちの, 好きな, 婿の, 子, 孔子が, 字を, 宋江に, 宝塚へ, 富士春の, 将来いよいよ, 尊い女, 小さい勝負, 小みどり, 小太郎を, 少しも, 少し居場所, 局に, 居やへん, 巡査に, 左内の, 左右を, 市民の, 帰宅って, 常も, 平気な, 年歯疾く, 店員を, 康煕年間崔荘で, 弱りました, 当惑した, 彼一流の, 彼女たちを, 往来の, 待ち焦れ, 後藤福岡等を以て, 得意そうに, 御きしょうはたけくいらっしゃいましたが, 御前の, 御神燈, 復た, 徳川氏中興の, 心底に, 必ずや武鑑, 思って, 思わず叫んだ, 急いで, 怯えたよう, 恋人を, 恐ろしい形相, 息子の, 恵まれた白馬一本, 悶絶した, 惚れ惚れと, 意外にも, 感心者だ, 慶喜公だけの, 我々の, 戦好き無名の, 扉を, 打たれても, 折り箱を, 抜からぬ面, 振りかえって, 振返って, 擯けて, 政事総裁にと, 政治社會の, 散歩にでも, 文科ぢや, 斉彬公の, 新聞記者と, 既に大政, 既成政黨に, 日本一の, 日本第, 昂然と, 昔小学校時代の, 昨日と, 昼の, 晋国の, 景一が, 暗然として, 書斎の, 最前も, 最近数年間に, 月光を, 木かげに, 未だ倒れん, 未だ横濱埋立事件, 本来馬鹿者では, 来なかったか, 東京に, 楚と, 榛名也大隈伯は, 横柄に, 檜垣衆から, 正気に, 正直に, 此方が, 歴史繪圖詠歌に, 殊に頗る遊蕩, 段々お, 母の, 毎日犬達を, 毛利ぜ, 気が, 気違いの, 水雷艇の, 江戸時代の, 河原に, 泣きおののき信行, 泣きながら, 泥土の, 洋館の, 涙ぐんで, 深雪を, 清国分割の, 清國分割の, 満腹の, 源家の, 漢中の, 漸く其處, 無意識ながらも, 無論見ない, 無雑作, 煉瓦の, 煩悩小僧の, 爺でした, 牧の, 物事に, 狹い, 猟を, 獨で, 現に學習院長, 甘んじて, 生で食っ, 田所と, 男ぶりが, 當時の, 白豆姉小路卿は, 監視付きで, 直々言葉を, 直感的に, 相手を, 眞に, 真蒼, 眼玉を, 矢張バケツと, 知り合いの, 砂利穴の, 確か総理を, 社会主義者サン, 神君の, 私に, 突っ刎, 突然ピッタリと, 窓の, 立派に, 笑って, 笑ひ, 紀伊國屋の, 終始一貫任侠, 続けざまに, 美濃高須藩からの, 考えが, 聞いて, 肩の, 胆を, 胸に, 脆く死にゃがった, 腕組みを, 自ら清韓兩國に, 自力では, 自若として, 至っての, 色仕掛で, 花櫛を, 苦手で, 茂公として, 茶の間へ, 茶人である, 荒木の, 蕎麥の, 薄笑ひ, 蘭丸が, 蟄居を, 血相を, 見たばかり, 見るとも, 親らこの, 言われた, 話聲が, 調子を, 諸国を, 警察へ, 豆腐を, 豪い人, 負つて來, 賢者を, 赤くなった, 走つて, 路上でも, 蹌めい, 身体を, 軍艦に, 近い内, 逃げて, 逃げ場を, 逆上し, 連れたまま, 進んで, 遅くまで, 郊外の, 酒間梅を, 金が, 鋭い, 長くない, 閉じられた鉄, 阿部正弘である, 障子を, 隣の, 雌黄の, 電気に, 静かに, 面り, 面食らったふう, 音の, 頭へ, 顔を, 顫える, 風上から, 首を, 馬車の, 驚きは, 鳥打帽の, 黒紋付の

▼ 公~ (930, 9.5%)

42 して 31 した 17 すること 12 するの 11 したの 10 するに 9 せられた 8 したもの 7 された, されたもの, 向って 5 せんと, 仕えて, 關する 4 これを, されてから, 於てをや, 訴へる, 謁し, 關係した

3 [11件] おかせられては, されて, したので, したる, しては, すると, せらる, せられたもの, 惚れてや, 於て, 稟し

2 [45件] いった, お許しを, されたの, しその, したが, したこと, したところ, したり, した人, しても, しなかつた, しました, し以, すべき性質, せし文, せむことを, せられたこと, せられたの, せられること, せられるよう, それを, ゆるされて, よう似, 一杯飲まし, 下賜し, 二度めに, 亘る場合, 会って, 及ばざるは, 奉じ云々, 奉ずるを以て, 奉ずる道, 封ぜら, 弓を, 後を, 従いて, 於ても, 紹介し呉れたりき, 聞いて, 肖たるもの, 致しますの, 見せて, 近付き低, 霊ある, 類するもの

1 [607件 抜粋] あうと, あえる, あてた推挙状, あやまらせた, あらず, いえるよろこびに, いたしません, うそぶく幸福, おかれては, おけるが, おすがり, おっしゃるには, おれは, おわさずや, お仕, お会いあった, お会い遊ばす, お目, お目にかかった時, お目にかかりに, お目通り, お縄, かわりを, かわるがわる勤, きいて, この事, この孟明視等, この羽織, この話, させたいと, させる為, さるるに, されその, されそれら, されたこと, されたつきり, されたアダムス氏, されたウィルソン, された一八六七年, された事, された時, された本, された種々, された綴方教育, された論文, されてる特殊, されるといふ, されるところ, されるまでには, される第, しかけた彼, しこの, したいと, したいとの, したころ, したならば, したほう, したやう, したるもの, したる数篇, したる當時, したる著作物, した一事, した事, した以上, した初め, した功, した国富論, した方, した最初, した最古, した最後, した海浦さん, した私, した種々, した第, した結果, した者, した著書, した頃, した高安月郊氏, しついで, してからの, してやられたの, してを, しないで, しないと, しなかったならば, しなかった草稿, しながら, しなだれかかった, しましたが, しますと, しません, しまた, しゃべろうという, しようと, しようというについて, しようとも, しろこの, しろ紫錦さん, し一九二〇年, し今, し其翌年米國人ジヨセフ・ヘーブン, し士民, し大いに, し得る自分, し戯曲形式, し現に, し記憶術, すべからざるもの, すべかり, すべきもの, すべき事, すべし, するからには, するぞ, するだけは, するつもり, するとて, するにあたって, するのに, するは, するまで, するや, するよう, するを, する丈, する事, する場合, する小, する必要, する懺悔, する日, する爲, する私ども, する程度, する積, する者, する計り, する計画, する訳, する譯本, する道, すれば, せざりしかど, せざりしもの, せざるもの, せざる著作物, せざる都合, せしに, せしめられて, せし宣言書, せずに, せば, せむとするに当り, せらるるに, せられざる事実, せられざれば, せられしもの, せられそれら, せられたが, せられたので, せられたる神話学上, せられた先生, せられた大, せられた横山重氏, せられて, せられないのに, せられなかった, せられなかったが, せられなかつた史実, せられなかつた新, せられるかより, せられると, せられるの, せられ一八七五年, せられ其, せり, せるも, せんかと, そう云われる, そう言え, たいしうらみ, ちすじ, つ, つれられて, ときには, とどまらないという, とりては, なぞらえたところ, なった, なったころ, なったとき, なったらば, なったら単に, なつたら, ならいその, なりますと, なり勝ち, なるまでも, なれば, にっこりし, はなみ, みいだされた, みいだされ二百石十人扶持, むかい, もうしあげて, もっとも近い, ものを, やって, よう似た, よろしゅういう, 一々聞い, 一策を, 三目置かし, 上流中流下流の, 下ったの, 世間に, 主人に, 之を, 争うが, 云々する, 云い聞かせたので, 云ふこ, 云へ, 云わなかった, 人ごこちを, 仇を, 今日こそは, 仏教が, 仕えるお, 仕える教養, 仕える聚楽第, 仕え門弟, 仕立てようと, 代って, 任せろとの, 会い東京, 会うと, 会った, 会つた帰り途だ, 似かようて, 似て, 体を, 何か, 何と, 作られて, 使うよう, 使うるの, 使が, 侍し憲法制定, 依って, 信任された, 傘を, 入用じゃ, 再勤, 処したる措置, 出た敵討ち, 出立の, 別れ給いし妄念, 割前を, 創ま, 助命された, 勤仕しける, 化けて, 印刷に, 参らせさて, 取って, 取調べられた, 受合って, 口に, 召しいだされ候, 召しいだされ御, 召出されめでたく, 可愛がられたばっかり, 叱られたため, 君ここへと, 呈した書類, 告口した, 味方し, 呼びかけました, 呼べるもの, 国家の, 堅く口止め, 多くの, 太閤様が, 夫と, 奉じ以, 奉じ金, 奉ずる, 奉ずること謹慎, 奉ずるところ, 奉ずるの覚悟, 奉ず義, 奉仕する, 奉公, 契つた海女は, 始まつたの, 宛てたる書簡, 封じた, 封ずべし, 封ぜられて, 封ぜられましたが, 将軍宣下が, 尋ねた, 對面する, 小生の, 少し嫌, 尽しうるわし, 屈するの, 届けられた変死者, 属望する, 屬望する, 差し上げて, 差図しました, 弾くこと, 役立つ者ども, 従うが, 従う者, 従った臣下共, 得たもの, 御不慮, 御助力, 御挨拶, 御目通り, 御自慢, 復讐に, 心服し, 忠告したら, 恩も, 恵んで, 悪い事, 情夫が, 惚れてるよ, 成っても, 戰はむ, 戻るん, 所刑せらるる, 打たれまいチビ公, 打ちあけて, 扱ふ, 抗議した, 抱えられすでに, 担がれるよう, 招聘を, 拝謁した, 拾われ今日, 持たして, 振舞わせて, 捧呈した, 採用せられ, 接するの, 握らせて, 支払うよう, 支那人を, 敬礼を, 敵討ちの, 断って, 日本の, 旧君, 早く家督, 明らかに, 是認する, 是非とも, 東京で, 枉げず私徳私権, 歸し, 死去の, 殉ずる公共心, 殉ずる心, 殺される, 比して, 比すれば, 民事を, 気を, 沖縄文化への, 法り, 渡して, 渡しました, 滅ぼされました佐々隆行, 無礼を, 照介し, 物を, 献じ公, 献じ奉ります, 生きた人間, 生害を, 用が, 用ひられました, 用ふる, 申し上げても, 発表された, 発表した, 発表しよう, 発表する, 発表せられず, 目通りする, 直接お, 直言した, 相違ない, 知らさずに, 知られた, 知られぬよう, 知れては, 示す, 礼を, 禍の, 私裁を, 稟した, 答えた辞中, 米借りに, 結びつけて, 結婚する, 罰せられか, 聞かれちゃ, 聞かれるため, 聴かれようと, 背いて, 背くこと, 脊と, 腰を, 自分等の, 至って, 至っては, 至つて大成した, 至つて雍に, 至るまで, 致しまして, 良似た, 芝居がかりで, 芸者を, 行うべき事, 表かたの, 見いだされた忠相, 見いだされて, 見えざるに, 見せた, 見せたら顔, 見るところ, 見倣って, 見出されちょうど, 覚られて, 言いにくい, 言えば, 言っては, 言つた, 許されてる事, 許すところ, 許可された, 訴えました, 訴へたり, 証言し, 話して, 誇つて, 認められた, 認められた形, 認められて, 請わず, 論じても, 謁見し, 謝したい, 謝するの, 謝罪した, 證言し, 貧富を, 貿易を, 質子を, 近いところ, 返して, 追っ立てられつつ, 追われて, 追払, 追放せられた, 逃を, 通いまた, 逢いたいから, 逢ったあと, 逢って, 進言した, 過ちが, 配って, 釈明すべき, 鍛えられて, 關係が, 關係しました, 附し挙げて, 降下し, 限らず若い, 隠まわれてな, 集まった, 非ざる, 面会色々, 頼むこと, 頼んで, 願って, 類し他, 飛びかかるなり, 鳴謝したい, 龍胆寺に

▼ 公~ (731, 7.5%)

4 孔子を, 来て, 近江の 3 そう仰し, 何か, 出て, 後を, 金の

2 [30件] いた, いった, いまは, いらっしゃる, お亡くなり, きいた, ここまで, たずねられた, どこに, ハルピンへ, 世に, 云った, 京都の, 如何なる新, 当に, 志の, 悶死した, 憲法の, 憲法取調の, 新日本建設者の, 朝鮮役の, 死んで, 殺された, 當に, 笑いながら, 答えすると, 自讃, 都へ, 酒と, 首を

1 [644件 抜粋] ああいう, あがった, あすも, あなたと, あるッたけ, ある日近習, あれほどの, あんなにあ, あんなに強い, いい気, いう, いきを, いっしょに, いつぱいおります, いつまでも, いつもま, いつも仰せられる, いないという, いま別の, いやでならない, いる, うしろから, うちへ, うまく二銭, えち, おくがた, おこしなされました, おすまいあそばすこと, おちついて, おつよい, おまえの, おめ, おも, お前南の, お悪い, お手がけ, お気に入りという, お目ざめ, お考え, お袋に, お越しあそばした, お辞儀を, お風呂, かつて吉田松陰先生, かわいくなりました, きいて, きたな, きて, きょうまで, くらやみの, くるの, けげんな, こういうこと, ここへ, このお, このこと, このごろお前だまっ, このカラス, この小, この池, この處置, これである, これまで, これを, こんなそぶり, ござるゆえ, ごふんべつ, ご存生中, さけびました, さぞ喜ん, しきりに鉄砲, すぐその, ずっと上昇, せっかく自分, そういっ, そう云っ, そそのかした建前, そっとニールス, そっと持ち出した, その取計い, その応接, その時プラットフォーム, それから, それに, それほどの, それを, そんな隅, たいへんに, たきつけて, だらりと, ちょっとこれ, ついて, でこぼこの, とって, とつぜん病死, どうした, どうして食っ, どうなる, どうの, どこへ, どんなに喜ばれるであろう, どんな悪戯, どんな様子, なにを, なり上げたもの, なんとも返事, ひどく可愛がっ, ひどく彼, ひょっとこ踊りを, ひろつて, まじって, ますます得意, またお, またたずねられた, またもその, またも牧, またコソコソ, また真個, まだお, まだかと, まだ恭順, まだ若い, まだ跼蹐, まるで怒つ, やおら立ち上っ, やって来て, やっと口, よく自分, わしを, われらの, イエズス教に, ガアタア勲章捧呈の, ガボリオの, キヤツと, キルデーアの, ギャッと, グーグーひる, ドアに, ハルビン駅頭で, ヒョックリ俺の, フラフラ歩き, プロシア国領分に, ペコペコと, 一々お, 一夜忽然と, 一期の, 一番拙く, 一緒に, 一類の, 万余の, 三つに, 三つの, 不き, 不思議にも, 不生産的, 世に出なけれ, 中庭の, 中心じゃ, 二の足三の, 二三人つれ, 云う, 云うこと, 云って, 云ふんで, 云わば, 亡くなられた年, 京都に, 今すぐ, 今日か, 今来, 仕事を, 仰せられる天下, 位に, 何だ, 何と, 何んとしても, 何故この, 何故硝子, 余を, 値上げに, 偉い, 偉くあっ, 傍聴に, 働いて, 儒者を, 優柔不断と, 兄弟真, 先に, 先へ, 先導であった, 先師の, 先師を, 先生に, 入監, 公御, 六年も, 其処まで, 兼光の, 再び現れた, 冬に, 出たらぼく, 分からずに, 刑部に, 初めて清国保全, 到るところ, 創始せられた, 勅使を, 勝千代時分に, 勧めた, 化けて, 北の, 十一代将軍の, 十五に, 卒する, 去り享保三年, 又御, 又斉彬公, 又鬱勃, 古来この, 可愛想, 司馬道場の, 君の, 君臨し, 吠えはじめた, 命の, 和魂漢才と, 品川の, 唸り出して, 喋ったと, 嚆矢な, 四十三年の, 在さば, 在京の, 売りきれるまで, 夏の, 外國で, 夜更け, 夢に, 大よろこび, 大仰に, 大喧嘩, 大患に, 大政奉還の, 大柿より, 大連の, 天下後進を, 夫人と, 奨励された, 好きさうな, 好きで, 好きな, 好つきや, 好まれる食品, 如何なる性格, 委細語っ, 娘さんの, 子供達にからか, 子供達には, 子濯, 安土の, 定親分, 宰相への, 家に, 密畤を, 富士登山を, 射られた狩猟風景, 将軍職に, 将軍職を, 尋ね出して, 小さいとき, 小林の, 小説を, 小谷の, 少しばかり, 少昊, 居なくなると, 居ますよ, 山屋敷の, 山猟に, 川へ, 市内浜町別邸, 希知な, 帰国なさった, 幕府に, 序文を, 店の, 座長に, 弑せられたと, 引っこん, 引張って, 強いるの, 彼に, 彼に対して, 彼体格で, 得たり, 得意らしく, 御たいめん, 御世継, 御出馬, 御同意, 御在世, 御帰国, 御役人, 御心配, 御旗, 御父君, 御箸, 御霊を, 心得たりと, 忍び込んだ地下道, 応対に, 思案に, 急に, 急死し, 悠々と, 悪戯を, 意地を, 意気込んで, 憎かったり, 成王に, 戦死者の, 戦線からの, 戻って, 手品を, 手捕り, 承知し, 投げ出したと, 投石など, 抜剣した, 按察使として, 振りかへ, 捕まったと, 推薦する, 描き貶されて, 撃られた, 擂餌を, 政友会を, 政友會を, 政略の, 故右大将家, 教えた, 教えて, 斉彬公に, 新政府, 既成政党の, 既成政黨の, 日向高鍋城主秋月家より, 昵近の, 時々, 書いて, 曾て, 最初から, 最初の, 朝命を, 朝夕庭先を, 杖を, 来たおう, 来たどう, 来てた, 来やがった, 来るの, 東北地方全体を, 東洋貿易策に, 桃を, 梵鐘を, 森の, 横柄な, 止めたので, 此処に, 此処へ, 武王の, 死なれたという, 死んだ, 殺したわけ, 気魄の, 水を, 水戸にて, 江戸表へ, 没して, 沢山の, 河下へ, 湯呑を, 溜息を, 為くんだ, 父但馬守とともに, 牧の, 特に此, 玄関の, 琴を, 甦って, 甲斐の, 畜生, 病の, 癪に, 発明だ, 盤面の, 盲に, 相変らず, 相撲の, 相棒だ, 眼を, 着いて, 短気であった, 石橋山に, 碁を, 礼を, 神に, 神尾主膳を, 祭られて, 禁裡御, 禁闕に, 秀忠公の, 笠井氏の, 管蔡を, 粒蒔散, 糸を, 紀伊中納言への, 紫錦さんの, 絡み合って, 総督辞任および, 美濃の, 義兵を, 老を, 老中を, 老年な, 聖旨を, 胴着を, 能の, 臣下の, 自分の, 自由と, 自由派の, 自身攻めつぶし, 興深, 芸人らに, 苦い面, 荷を, 葉ちゃんを, 蓋を, 薄っぺらな, 薨去を, 藩の, 藩主越中守会津侯その他わずか, 血を, 行くえ, 行水役の, 行父に, 西洋通で, 親元を, 親分を, 言いました, 言う, 言った, 言った通り, 言非なる, 訊き返すギヤグ, 訊問された, 詔に, 詩文の, 詩集の, 話さずに, 誰を, 謀叛人などと, 議会で, 豊太閤から, 豊家から, 負けたらどう, 走りながら, 足を, 跳んで, 身の, 軽輩若年の, 返答に, 連れこんで, 郊廟の, 都合よく, 醤油賭を, 金子堅太郎末松謙澄など, 銃殺された, 鎮座し, 長吏支配, 関ヶ原合戦の, 阿部伊勢守に, 隠居の, 雑司ヶ谷鬼子母神の, 音頭とりで, 頬っ, 頷いた, 飛び出した, 飛んで, 飛出して, 食い切った証拠, 駆け出して, 駈けて, 駈け上がって, 高天神城, 高松に, 髪までを, 魅惑を, 麻布聯隊に

▼ 公~ (397, 4.1%)

9 して 8 連れて 6 つれて

2 [35件] さしおいて, つけて, ながめました, もって, ハルピンへ, 世の中へ, 中心と, 中心に, 伴れ, 前に, 召しつれて, 味覚の, 弑逆し奉った, 引合に, 探しに, 擁立し, 擒に, 政治家に, 海外に, 目し, 目付けた, 知らざるもの, 知ると, 見て, 見ば, 見る, 見ると, 見るなり, 訪うた時, 訪問したる, 認めて, 調和したる, 迎ふる, 追憶す, 風流讌楽に

1 [304件] いぢめ, うごかし孫権, えち, おしのけわがまま勝手, おだてて, おとも, おどかしつけて, およびする, お伴れ, お守りなすっ, お慕い申し, お迎えに, かこんで, かばったもの, かわいがるよう, かわいそうだ, ぎせいに, ご存じかの, ご存知ありませぬ, さがして, さがしまわった光一, さし措いて, したの, してさ, しゃばの風, そうだいしょう, そっとものかげ, その係り, た, たずねると, たばかりその, たぶらかし奉って, だいて, だきながら, ちょっくら叩, つれ作男, つれ土浦, とおく護送, どなりつけたまま五十両, なぐりつけました, なぐりつけようとして, なげつけて, なだめました, にらんだ, はじめこの, はじめだれも, はじめ一藩の, はじめ御台さま太郎君さま一門のこり, はじめ老中若年寄から, はったとお, はねのけて, ひつぱります, ふみ殺せ, まるめ込んで, むこうへ, めざした, やめて, やろうか, よびとめられ天下, るす, ブラの, 一目見, 三振させよう, 上陸させた, 世に, 両手で, 中心として, 主人に, 主君と, 乘せ, 仇に, 代表する, 以つて現代の, 仰いだ如く, 仲間に, 仲間の, 会長として, 伴って, 佐吉は, 何とか思つて, 何んの, 佛菩薩の, 使いたてる, 例の, 供に, 倹約し始めた, 入れるより, 出したので, 出して, 出迎, 刑事等に, 初め上堂の, 初め會津も, 動かしたもの, 危険きわまる, 友人間に, 取巻く軽輩, 口説くの, 叩き起すと, 召して, 吃驚させた, 合壁に, 名のり女で, 向こうに, 告訴し, 呪咀し, 呼ぶにも, 呼んで, 咋い破つ, 咋ひ破り, 咋破り, 喜んでは, 嘲うが, 変電所へ, 外国方に, 夢に, 夢みるまでに, 失った三万, 失った世上, 失った後, 失って, 失つたのも, 失笑させる, 奉じて, 奴隷に, 始めその他一時朝敵の, 始め会桑藩, 始め味方の, 始め朝倉家の, 威嚇した, 安心の, 実在の, 寝取られたくせ, 将軍家の, 尊び周初, 山に, 岐阜より, 崇拜する, 崇拝する, 差したてよとは, 帰して, 庇ったり, 弑したとき, 弑逆する, 引きずって, 引きつれ祭礼, 引き立て以前, 引っ張って, 引っ張り出して, 引出して, 引留めて, 張ってる地廻り, 彼の, 彼女ならで, 待たせて, 待って, 御嫁, 御覧よ, 御養子, 徳と, 徳川家の, 忘れてるよ, 忠諫された, 怖るる, 恨んで, 患うるの, 慕って, 戮し, 房術の, 手ごめに, 手引に, 投げ込んだ竜, 抱き起すと, 押しのけて, 拘引するなら, 拾い出して, 振って, 振り仰ぎながら, 捉まえ, 捕えようと, 捨て悍馬, 探して, 推稱し, 措いて, 援い, 援けて, 揺り起こして, 揺り起し, 擒として, 故なく, 救い出しに, 敵と, 斬るも, 早口で, 易々として, 暗示する, 暫く婆さん, 有し候, 根元の, 案内しました, 棄てたもの, 横目に, 次の間まで, 歓迎する, 残して, 殷の, 殺した, 殺して, 毒殺した, 水夫食堂へ, 水戸の, 泣かすの, 泣かす時僕, 海底のも, 淫酒を, 渡さぬよう, 無理に, 父と, 狙おうなどとは, 理解する, 生けどりに, 甥と, 用ふと, 田中村の, 疎んずるよう, 病院の, 盟主として, 監獄に, 目がけて, 目附として, 相手なら, 相手に, 相手の, 眺め合った, 督励し, 知つて居る, 知らないの, 知らねえの, 知らねえよう, 知らんケエ, 知行所に, 祀る, 祀れる常磐祠, 祠った, 立てる三公, 籠絡し, 納らる, 経百姓, 縛って, 聖人即ち, 胸の, 自分の, 自滅させ, 苛めた揚句, 苦しめたほどの, 苦しめたるもの, 褒めて, 見ず, 見た人, 見た道庵先生, 見つけた, 見なくな, 見ねえ, 見ろ, 見上げた, 見下ろして, 見送った与助, 親の, 討つ気, 討奪っ, 記念する, 訪うた, 訪ねて, 訪れた, 訪れた時, 訪問した, 語らい会津, 語るの, 説き落すの, 説くこと, 調伏し, 調伏せんに, 謂ふ, 讒者に, 貰って, 贈られ葬, 起して, 輔佐し, 迎える日, 迎え旦, 迫害する, 退け我意, 連れ出しさて, 遠ま, 鉄砲にて, 阿母, 隠居に, 集めて, 離れて, 頭ごなしに, 頼ったの, 首相と, 駆り薩長二藩, 龜澤まで

▼ 公~ (290, 3.0%)

9 一緒に 5 いっしょに 4 蜂との 3 いえば, よばれて, 二人で

2 [21件] いって, かなり前, その犬達, どう約束, シロと, 並んで, 云って, 云ふ, 伯との, 博打を, 同格の, 呼んで, 夫婦約束を, 孔子との, 東京に, 桔梗の, 比べものに, 相接近, 相識り, 西園寺侯とは, 言ふ

1 [221件] あしたの, あたしの, あったか, あって, いうと, いうな, いうので, いえども, いえるは, いっしょなら, いねちゃんとが, いやなにしろ, いや知らない, いわゆる十六代様, いわれた人, いわれるおれ, いわれるの, おしきわかれ, おっしゃって, おんなじよ, おんわかれ, お倉婆, お力を, お喋り坊主の, お園, お爺さんとの, お道婆アさん, お閻魔さま, かつぎあげて, きたひ, きては, ごいっしょ, されて, すれば, その嚊, その妹娘, その権臣季氏, ちからを, つけたらどんな, つけて, なして, なす, なったとき, なったチャーチル, なって, なっては, なにがし侯と, なり一燈園, なり巷, なり筆生, なると, のませ南, ふたりだ, ほかの, よい方, わしとが, キンスキー公とが, クロは, チビ公の, フザケて, ブールボン公とは, ムクとは, ルゥスキイ公から, 一杯やろう, 一杯飲んでる, 三人で, 三代も, 不和に, 不和の, 二人の, 二人門付けを, 云い馴れたよう, 云うの, 云うもの, 云う修験者, 云う知己, 云ったの, 云われましたね, 五郎ざえもんのじょうどのと一手に, 仲たがいを, 仲よくしねえ, 何ぞある, 信行をも, 光一は, 初めて御, 別れた時, 化込ん, 十何年振りかで, 協力し, 友達にな, 取りあげ婆, 古くから, 同じくらい, 同じな, 同じ悪い, 同じ時代, 同じ皇国, 同値じゃ, 同席で, 同意見, 同時に忽ちお, 同様の, 同盟なさる, 同級であった, 同臥した, 同藩, 呼ばれたの, 呼ばれた二十三四, 呼ばれて, 呼びお座敷, 呼び一方, 呼び棄てに, 呼ぶかと, 呼ぶの, 呼ぶ狸界, 呼ぶ聲, 呼んだその, 呼捨てに, 和睦なされ, 問答した, 喬国老とは, 嚊とは, 夏姫との, 多くの, 大蔵大臣に, 大衆と, 大隈伯を, 夫婦げんかか, 夫婦に, 夾谷の, 好く多年, 婚約の, 家の, 寝る気, 岩倉公との, 席を, 常公, 平場押し, 引合わして, 彼との, 彼とは, 往復の, 御いんき, 御嫡子, 御改名, 御簾中本門寺御, 心を, 恋愛関係が, 戦い甚, 戦って, 戰つて負けた, 政党内閣, 政治的の, 政黨内閣, 時代思想との, 暗合する, 村の, 東京の, 枕を, 楚の, 檜垣勢の, 母の, 母は, 比較に, 気軽に, 淀の, 深い縁故, 渾名せられ, 無駄口を, 犬達との, 猫の, 申す, 申せば, 申將軍と, 盛名を, 監禁された, 秀才は, 私との, 私主と, 称し出るも, 称すること, 称す懦弱, 称せられたりと, 稱し奉, 稱せられ, 米は, 紀州公との, 細川家, 結び着々, 結べる一たん, 肴屋の, 背なかを, 色の, 若い嚊, 蚊帳が, 蜂の, 見た, 見当を, 親しかった, 角ばっ, 言えば, 言ったけれども, 言って, 言われて, 誰か, 諡されました, 諸君との, 謂うべし, 豆菊とが, 貴公とさえ, 遊ばなかった, 遊んで, 道ならぬ, 那古屋城の, 醤油賭を, 金華の, 長政公と, 闘は, 隆ん, 雖も, 霊廟の

▼ 公~ (239, 2.4%)

2 どれくらゐ, よりつかなくなったので, シロも, 不思議に, 亦曾, 団栗を, 家康公も, 考えが

1 [223件] あまり暖か, あんな暢気, あんまり承知, いささか国家, いずれも, いずれ江戸, いっしょだった, いっしょに, いないらしい, いま先生を, いよいよ上京, うれしそう, えらい骨, えらい鼻息, おとよ, おどろいた, おほ, お供いたしましょう, お前に, お梅, かなりに, かんにんあそばされ, きまり悪く, げんざい血を, こ, こうしては, こう腹背, ここへ, この際堅田総督, これじゃ, ころがるよう, ごけらいしゅう, さすが不審, さわがない, しゃれ者, すこし持てあまされまし, すっかりまいった, ずいぶん大きく, そう云った, そう信じ, そこの, そのままのめのめと, その一方, その他すべての, その名声, その声, その意, そばから, それと, それなら, それに, それを, そんなこと, そんなつもり, たいそうお, ちっとは, とび乗った, とんだ事, ない智恵, なかなかうまい, はじめて歩く, ひとりで, ふびんだ, まあ詰まらねえ, まことに無謀, またうまい, またこれ, またそういう, またよく, また亡父義朝, また我面, また減らず口, また罰, まったく閉口, みやびたる公卿風の, もうお, もうかなり呼び疲れた, やがてと, やったし, やつて, よく仰っし, よく覚え, よければ, よそながらお, よも仰せられますまい, よんどころなく家督, わしも, わるうご, われわれの, エラクなった, クロと, ドッシリと, ナタアシャも, 一つ御, 一つ骨を, 一度この, 一緒に, 七分までは, 不審気に, 不思議な, 与の, 之を, 事情を, 二目も, 交じって, 亦た, 亦深慮, 京都において, 今は, 今までの, 今日利用され, 仕方が, 仙次も, 仰せに, 仲間に, 低い背丈, 佐吉親分は, 信玄公も, 信玄謙信とは, 俺も, 偉くなった, 兄に, 公なれ, 内実困却され, 出發前, 十一吹, 千吉も, 危い, 及ぶまじきか, 友熊も, 同様の, 君も, 吟味中町内預けに, 呂望も, 唄も, 商務大臣を, 啓ちゃんも, 困ったね, 困って, 堪えかねまして, 大周章, 大安心, 大家の, 大少参事, 大連も, 太刀一尺程, 奨励し, 娘たちには, 子供ながら, 学問が, 実によく光秀様, 実際手, 家には, 常公, 庄吉も, 強いては, 御出府, 御卒去, 御存生, 御承知, 御生害, 御用心, 思し召しつらん, 意久地が, 成長く, 我を, 承知しない, 持てよ, 政治, 故意か, 既に二人, 昼間の, 時としては, 時には, 時に道阿弥, 暫くは, 本能寺で, 林太郎と, 林太郎の, 梨の礫です, 椅子テーブルの, 楚王に, 毬の, 気おくれ, 気の, 江戸城を, 決して許されまい, 没落し, 浅井どの, 消えたっていうじゃ, 満足であろう, 現代の, 甚だこれ, 甚五衛門の, 異人さんを, 皆たっしゃ, 皆殺される, 益休も, 眼前に, 知らねば, 福島の, 笑つた, 群衆に, 義家公も, 翁の, 考えたもん, 聊か国家, 肉体の, 臨席し, 自から, 舷へ, 草相撲の, 藁を, 藤公だ, 誰のよりも, 軈て一太, 近頃は, 錦旗の, 長助も, 随従遊ばされ, 飛び起きて, 高粱酒の, 黙りこくって

▼ 公けに~ (128, 1.3%)

9 して 6 した 5 したの 3 されて, される今日, したもの 2 されたもの, した時, しました, すること, するため, するに, するの, するは, する創作

1 [81件] さも先覚者, されざるは, されたの, された作品, された幾つ, された当時, された矢崎嵯峨の屋, された訳, されては, されると, しずに, したいと, したこと, したもう, した人, した頃, しつつ, しない, しなくては, しようかと, し国王, し現今, し続いて, す, すべきこと, すべきはず, すべき事, すべき性質, する, するつもり, するでも, すると共に, するを, するツモリ, する勇気, する方針, する計画, せずに, そうしたの, それを, とりあげて, なったこと, なったら熊本さん, なれば, わるかった, 一緒に, 交わった, 他人に, 元禄を, 出来ぬ役者, 別の, 反対説の, 在名, 家号を, 悩んで, 或は私, 明示した, 是認せられ, 決められて, 演説した, 熱誠に, 用ひない, 発表しない, 発言すべき, 發布され, 知られて, 知れたら父, 祝福を, 答える責任, 結婚させ, 聞え上, 行われて, 許された気, 評した事, 認めて, 認めないに, 語ること, 論じて, 謝罪の, 軍法会議に, 限られてからは

▼ 公けの~ (79, 0.8%)

2 問題に, 文書には

1 [75件] おごそかな, ことに, ことを, ばあいよりも, もので, ものであり, ものでなけれ, やうな, 事件で, 事実と, 事業を, 仕事から, 仕事を, 任務において, 会合などで, 会議だ, 使節と, 処刑は, 力を以て, 動機に対して, 務めを, 勤めの, 名を, 問題たとえば, 問題についての, 問題を, 報告における, 報告より, 場所に, 場所へ, 場面で, 場面に, 大事にしか, 宝として, 宣伝が, 席で, 席などで, 席へ, 帳簿に, 広場グレーヴの, 役に, 御宴会, 御法通りに, 復讐に, 性質を, 憤りも, 戰ひなくた, 掟なれ, 文書に, 文書の, 新嘗, 最も重々しい, 沙汰に, 理由では, 目的を, 知識から, 罪悪の, 義務が, 義務である, 義務なんか, 職分でも, 自由を, 舞踊手や, 苦情の, 表情に, 観照の, 言葉に, 言葉の, 記録からは, 記録が, 負担に対する, 輸入港に, 過失の, 関心の, 頌めたたえ

▼ 公には~ (79, 0.8%)

1 [79件] あぶれて, あれほどの, いたしませんがネ, いって, いつでも, おつつがも, お聴き入れなく, かねがね黄疸, この官兵衛, この宮, これという, これは, ご健勝, されて, しましたが, ただ一騎樹蔭, ただ今お, できませぬ, とりあつ, どうしても聖人, ひと方ならぬ, むずかしい儀, もっと御, やや脂, よほど黒奴, わかりません, わしの, 一時この, 世継が, 今日高野山で, 何でも, 何と仰せられ, 何の, 信長公でなく, 出家を, 出来なかった, 分らなかった, 前に, 力を, 勿論心から心服, 十年前上海で, 名乗らぬが, 吐かない語気, 嘆じられた, 夙に起き, 夫人の, 夫婦親子の, 妙覚寺に, 幸いにも, 幸蔵主の, 御不興, 御存命, 恋の, 意地でも, 懲りて, 敵わ, 断じて発表, 日ごろも, 日頃から, 早や, 明日も, 是を, 書きませんでしたが, 朝日どのと, 板垣三郎下山五郎この, 極内だ, 生前じかに, 用は, 矢張市郎で, 私自身も, 米友公相当の, 自分で, 自分の, 自害されよう, 藤原氏の, 謁した, 鉄砲と, 関白職そうして, 黒田どのの

▼ 公~ (63, 0.6%)

2 弓を, 御さいえん

1 [59件] あっさり云っ, あてつける気味, いしゅをふくんでいらしったかとぞんじます, いらっしゃるん, おたずね, おとどけある, おとりなし, お客様の, お目にかかって, お眼通り, お譲り, こう云っ, この上, この儀, ごらんに, ささやいた, ざん言いたした, じろ, すがりなんと, そう話しかけ, そのむね, それまでの, たいしては, どうお, よしなに取り次い, よろしくお伝え, 一応陰謀, 下つた, 中傷し, 丹波の, 仔細に, 伺ひ度儀, 出す折, 取りいったらおれ, 取り入って, 対して, 対しても, 尽すつもり, 届け出しも, 建議せられ, 御引続, 心を, 忠義の, 援軍の, 暇乞いを, 此事を, 特にお, 申されますよう, 申し入れよとの, 申上げたら, 直々お目にかかり申したく, 祈願に, 聞こえたの, 自己の, 話しかけました, 誓って, 諌言した, 讒したの, 身を

▼ 公から~ (61, 0.6%)

2 直々に, 頂戴した

1 [57件] いたく叱られた, いろいろと, おことば, お声, お沙汰, お疑い, ことづかって, ご三代, さほどまでに, そっと生活, その黙約, つけとどけ, サン・ジョルジェ勲章を, 一銭受け取る, 上杉家へ, 何か, 出て, 出立なさらなく, 多少の, 如何に, 委細の, 家に, 寄進に, 密かに, 建礼門院様お, 御願い, 思いついて, 恩賞の, 懇篤な, 承つて, 拝領し, 拝領の, 掠奪した, 斉興公から, 曲淵甲州公へ, 桝本が, 永代不易の, 烈しいご, 父小左衞門が, 特に出陣, 特に巌流, 米を, 罪を, 翁に, 聞いた, 聞いて, 聞いても, 藩財整理を, 見れば, 誰々は, 貰った楓, 貴公へ, 貴方へ, 賜うて, 賞められ, 退位を, 馬鹿と

▼ 公という~ (56, 0.6%)

8 のは 4 のが 2 のを, んだ, 男は, 若者が

1 [36件] お方の, お方また, その子, ものこのほど王子に, ものの, やつな, ダックハウンドの, 一箇の, 人形で, 人物が, 人質を, 人間が, 名と, 名に, 名の, 名も, 名家の, 子が, 小僧であった, 小男の, 少年が, 少年は, 弟が, 折助が, 殿様が, 男が, 男と, 知合いの, 者が, 職は, 背の, 若いの, 若い奴, 若い衆に, 遊び人が, 野だいこ

▼ 公~ (47, 0.5%)

2 母君御台所の, 治世に

1 [43件] ひぞう, 一代と, 上洛, 上洛の, 下県に, 世継と, 世継の, 他界あり, 他界の, 兩家御, 六歳の, 刀を, 双生の, 在世のみ, 在世中は, 在世以来敵に, 報恩の, 墨附が, 墨附を, 夫婦を, 嫡男に, 帰国の, 庇護に, 手ずから御, 最期の, 東下の, 母儀へ, 法事の, 涼の, 留守遊ばされ, 直筆なる, 相続と, 着座だ, 自身の, 致仕遊ばされ, 若君達並に, 証文を, 辞職あらん, 逝去の, 運の, 遺訓にも, 部屋住の, 随身と

▼ 公より~ (41, 0.4%)

2 建てられた, 拝領の

1 [37件] お直筆墨付き, お質, かたいせいし, ずんとお, なんとかお使い, 中国へ, 他には, 仰せいだされなが, 伝わる遺文, 信牌を, 兵書を, 冠者の, 勢州の, 十代目に, 十六代目の, 命を, 外に, 好いよう, 年下の, 御加鞭, 御帰家, 心を, 昨日来た, 生前功ある, 藩の, 託せられ爾, 託せられ爾来, 許されける祝, 許されける祝ひ, 謙信公が, 譴責された, 賜った緋縮緬, 退けば, 通商に関する, 連綿と, 遥に, 鷹の

▼ 公閣下閣下~ (40, 0.4%)

6 の内閣 4 にし 2 が星亨氏, と伊藤侯, と同, の内閣時代, の最大謬見, の閣僚, は或は, は政治家, は星亨氏

1 [12件] が属僚, が屬僚, と自由党, と自由黨, は二億五千四百万円, は二億五千四百萬圓, は元, は元来職守, は多, は多数, は議会, は議會

▼ 公~ (40, 0.4%)

2 の三回忌, の死体, は私

1 [34件] がいくら, がいたなら, が八才, が可哀想, が継ぐ, って少年, でした, という一人息子, に誘われる, に違い, のおかげ, のよう, の仕業, の似顔, の右, の将来, の手, の方, の母君, の消息, の部屋, はいつか近所, はすっかり, はもう, は仏, は小鳥, は屋上, は生れる, は見ない, は輝い, らしい少年, をほんとに, を抱い, を生みました

▼ 公にも~ (39, 0.4%)

2 ニヤン子にも

1 [37件] あたれば, いつもお変り, お不審, お茶は, ご用心, しろしめせとばかり, すでに死籍, その事, その儀, ちょっと相談, つつがなく在します, もう一度すゝめ, よく話し, 一つそれ口塞ぎという, 仕え勝頼, 仲間に, 公然許され, 勘太にも, 勧めて, 奥州征伐のみ, 庁政に, 御生前多年, 怯みなく, 明かさず吾等, 杯を, 源家の, 申しわけも, 病閑を, 眼を, 私にも, 結婚は, 繩を, 解せなかったから, 買われて, 逢えないから, 逢わねえ, 長崎行きを

▼ 公~ (37, 0.4%)

83 のと 2 ぞ, よ

1 [22件] からすぐ, からその, から三河屋, から先公, から泰軒, が信玄, つてあてが, つてさ, つて人間だ, といっ, とかお茶, とて吐哺握髮, とはどの, とばっかり思ってた, なぞと, ねチュガ公, のが, のとも, よハッハッ, ナ, 今の, 謙信ある

▼ 公とは~ (36, 0.4%)

1 [36件] いったいどんな, かかるお方, こうして山田, さすがに, そうなっ, そこで, たいへんな, どこで, どんな神様, なんだい馬公とは, まあ仲, ゆくまいか, 下駄で, 仲が, 似ても, 何じゃろう, 何処の, 助けなければ, 助けること, 即ち安, 唐土の, 四尺ばかり, 昨夜逢った, 月に, 正精, 武装し, 段が, 生れて, 生れ代ったよう, 異父同母の, 羅公遠, 言わないで, 調子が, 違う, 酒を, 餓鬼の

▼ 公~ (31, 0.3%)

2 今の, 逝く公

1 [27件] お前の, こっちへ, この筑前, そのほか, それから土州公, なんかじゃ, 一部の, 会津桑名のみが, 何か, 名に, 平公, 彼奴も, 徳川家康公が, 悪臣, 愚連隊たちの, 提灯が, 旧藩主, 木戸侯などの, 木戸侯は, 桂公は, 桂公も, 楽翁公の, 此処へ, 西園寺侯を, 許子の, 越前公や, 雨宮暁などとは

▼ 公羊學~ (29, 0.3%)

9 と云 2 の流行

1 [18件] が盛, だつて, に進み, のまだ, の代表者, の大家, の學説, の惡, の成立, の批評, の發達, の研究, の開拓, は大同小康, を主張, を信奉, を入れる, を唱

▼ 公~ (28, 0.3%)

2 あつた

1 [26件] あのとおり豪邁, げすよ, この坊主, ござります, さ, さへ, しかしその, すらさしも, そのまえ, はなかっ, は下拙, やって, ゲス, 剣の, 地方官会議を, 地方官會議を, 培われた頭, 売ったり, 総勢二十一頭, 藩論を, 買うて, 買った性質, 通用させる, 通用しやしません, 酔っぱらい作家, 鍜え

▼ 公お前~ (26, 0.3%)

1 [26件] あんまり慾, いいこと, お京, がいちばん, この俺, そうして締り, でなくて, にそれ, に五本, ぬからず目附, の手, の方, はあつ, はどうせ, はどうも, は待っ, は正直者, は随分, ひどすぎる, ほどむごい, まで大工, も掏摸, も生意気, らしくも, 何とか言った, 立つ気

▼ 公羊傳~ (26, 0.3%)

3 の中 2 には又

1 [21件] がそれ, が原, といふもの, と殆ど, などには左傳, などにも出, などの解釋, なり左傳, にはこれ, に有名, のみは何休, の三世思想, の基礎, の如き, の舅出, の論, の隱公五年初獻六羽, はいは, も夜, を主として, を讀んだ

▼ 公~ (26, 0.3%)

1 [26件] からの宿村, からの租税夫役等, においてもいよいよ, にはもう, にまで聞えた, に参覲交代復活, に向, に対して自分, に通つた称, のお, のらち, の仔細, の反対, の問責, の屈, の憚り向き, の手, の用務, の疑い, の知人, の首尾, は養子, へのお, へはよい, へ引き渡す, を取

▼ 公閣下我輩~ (24, 0.2%)

4 の見る, は閣下 2 の聞く, の記憶, は多年閣下, は曾, は特に, をし 1 が憲政党内閣, が憲政黨内閣, は閣下頃ろ辞任, は閣下頃ろ辭任

▼ 公~ (23, 0.2%)

3 の日常, の是 2 の主張, は天下

1 [13件] と知る, について同行, にも十分斡旋, の不運, の他, の内一人忙ぎ歸つて大臣, の口, の屋, の用向き, の見る, は皆陣, を討つ, を討てる

▼ 公~ (22, 0.2%)

2 んだ

1 [20件] ことです, の, のだ, のに, のに片, ものに, んざ恐れ入っ, んざ石塔ぐるみ背負ってる, んです, 大事の, 御対面, 意を, 文書だの, 父皇への, 物産陳列所も, 理由を, 美とが, 葬式が, 認証とは, 関係では

▼ 公~ (21, 0.2%)

1 [21件] が, がこれ, が一味, にはひとり, に幕府側, のほか, の北山事件, の妻, の存在, の弟俊季, の父, の背後, の邸, は, はすぐ, はつぶやき出した, は伯耆守長年, は胸, は自失, をはじめ, を知る

▼ 公~ (21, 0.2%)

3 のお

1 [18件] が秩五万, じゃねえ, と和泉屋, などがいい, にいるかったい, にもいろいろ, にもお目にかかり, に一方, のそ, の傍, の御, はまだたった, は大人しく, へお, へお参り, へも供える, を以てする, 御封

▼ 公~ (20, 0.2%)

4 めえ

1 [16件] すこやかに, つ母, ひとりでござった, 久振で, 出向きなされたが, 多喜などが, 多喜の, 小遣を, 尻に, 旗上げの, 早いじゃ, 木像の, 直筆と, 考えに, 自ら認め, 風呂番に

▼ 公生涯~ (19, 0.2%)

2 とは多く, とを問はず, に分界線, に於, に浮沈, の前半期 1 と云, と學者生涯, に邁進, の持続, の方, を知るべき, を終った

▼ 公議輿論~ (19, 0.2%)

3 をもっ 2 とともに順に, にした

1 [12件] すなわち一世, とにあり, なりといわざる, に化, に適すべき, に適せしめ, の一変, の異なる, の相, は何, を政治, を生じ

▼ 公生活~ (17, 0.2%)

2 においても私生活

1 [15件] がある, でつまずい, といえ, と同じ, に基づけ, のため, のみがあつ, の原動力, の数々, の秩序, の組織, はまず, は如何, は迷信的, 第三

▼ 公~ (16, 0.2%)

2 を帯び

1 [14件] が下っ, が当, です, ですが, で取壊される, で開封東京, により, に応じぬ, に楯, に答, の内容, の警固, をおび, をたて

▼ 公学校~ (16, 0.2%)

1 [16件] が瓦, では連合運動会, で不幸, で二年, で学芸会, で能高郡下小, という, と両方, に着く, のグラウンド, の島民教員補, の連合運動会, を参観, を捨てた, を終る, を退却

▼ 公殿~ (16, 0.2%)

5 が少し, を太宰府 4 があ 1 がああ, は氏上

▼ 公~ (15, 0.2%)

1 [15件] うん, こん畜生, だれか, ちよツ, なにし, なんだ, めづらしい, よく来, ハツハ, 何かの, 何れ此兩人の, 松王ち, 紀州公こそ, 釣に, 鳥羽伏見の

▼ 公~ (15, 0.2%)

1 [15件] が気, だが, と連絡, に名乗っ, に結ぶ, に達し, のなす, の内々, の書翰, の軍功, はそれぞれ莫大, はただちに, はタイプ, は荷, を戒められた

▼ 公自序~ (15, 0.2%)

2 の太初元年, の本文

1 [11件] と, などがさうである, に, による, に自身, の元, の司馬遷, の無責任, の記事, は司馬遷, を擧げ

▼ 公~ (15, 0.2%)

1 [15件] が只, と, というドイツ語教師, という人物, とを比べる, と允子, と家庭, のみのもの, の妻, の洩, は今日傍観, は允子, は壮年, は悲歎, を通俗

▼ 公~ (14, 0.1%)

1 [14件] が先ず, なら恐らく, にし, の塚, の娘, の家柄, の提撕, の文化主義, の文明尊重, の欧化政策, の欧化策, もこれ, や騎士, を補佐

▼ 公~ (14, 0.1%)

1 [14件] が云った, が問い返す, が鎌倉, であった, と熱田, にも打明けた, に指された, の後, は何, は供, は思いやった, は答え, は膝, は長い

▼ 公~ (14, 0.1%)

3 の役人

1 [11件] でも見た, で休憩, で食, という分署, としての機能運転, に楊宇霆, に着く, の一隅, の方, の玄関, を捨て

▼ 公~ (14, 0.1%)

3 の御, へ訴 1 には馴, の大事, の屆, の掟, の祿, への御, へ御, を取り

▼ 公~ (14, 0.1%)

1 [14件] がその, といい, どの, の口, の密告, の身, はいう, はその, はそんな, はなお, は気がついた, や公宗, や公宗ら, を振り向い

▼ 公からの~ (13, 0.1%)

1 [13件] お使い, お便りじゃ, お心, お見舞い, 使を, 使者を, 御命, 御沙汰が, 御沙汰は, 戴きもの, 手紙, 書きもの, 直命

▼ 公~ (13, 0.1%)

3 なもの 1 でない身勝手, ならしむべし, なるある, なるもの, にせぬ年来, にせられたの, にせられた頃, に使ふつ, 以外には, 沙汰に

▼ 公じゃ~ (13, 0.1%)

5 ないか 3 ねえか 1 ない, ないの, ねえかと, アある, 行って

▼ 公では~ (13, 0.1%)

2 ない, ないが 1 ありませんか, ござらぬ, さらさらない, ないこと, なかった, なしそう, ねえか, 無く歴, 相手に

▼ 公でも~ (13, 0.1%)

1 [13件] あるまい, この際, なきや, なく一存, 出て, 抱いてるさ, 未だにおれ, 滿足が, 無しあて, 私でも, 豚公でも, 這ひ出せ, 銀的で

▼ 公孔子~ (13, 0.1%)

2 の教

1 [11件] といふは皆依託, に語っ, のもって, の四大聖人, の如き, の徳教, の道, は死し, を云々, を子路, 之道

▼ 公~ (13, 0.1%)

2 でも, 御鬢 1 が何, であつ, というの, とが仲, と共に私塾, などは中, の分, の別荘, もそれから

▼ 公といふ~ (12, 0.1%)

3 のは 1 のが, やうに, 子を, 政治家で, 最年少十八の, 殿様, 聖人の, 色白の, 貴族が

▼ 公とが~ (12, 0.1%)

1 [12件] はじめから, まるで新婚気取り, 一緒に, 何か, 全く行方不明, 協力し, 夕方に, 大声に, 生き残るとは, 相提携, 観音堂の, 豫め示し合わせ

▼ 公~ (12, 0.1%)

2 を嘲り 1 を修理, 但独相有, 君達被, 席, 武威, 疾, 神位なる, 自宮川, 裔而古へ, 錫也哉

▼ 公以来~ (12, 0.1%)

1 [12件] たとえいかなる, のもの, の名, の名族, の客分, の尾張藩主, の弓矢, の御, の忠心義胆, の遺志, の阿波二十五万六千石, 伝わって

▼ 公~ (12, 0.1%)

5 に電車 2 から電車 1 あたりか, の停留場, の所, より乗っ, より約

▼ 公~ (12, 0.1%)

1 [12件] がある, でまっ, においては例, の一同, の一族, の入口, へおい, へ入っ, までまねいた, をはなれ, を出, を出で

▼ 公~ (12, 0.1%)

2 に依り, を借 1 で事, によりこの, により古今, によるもの, に附し, を執る, を憚ら, を採らせられ

▼ 公閣下~ (12, 0.1%)

2 今や我輩, 若し夫 1 世に伝, 世に傳, 凡そ立憲国, 凡そ立憲國, 既に政党内閣, 既に政黨内閣, 看來, 看来れば

▼ 公などは~ (11, 0.1%)

3 古き神秘 2 古き神祕 1 ああし, つまりぼく, もんだい, 僅か二, 自分の, 鎮撫に

▼ 公~ (11, 0.1%)

2 的自由すなわち 1 の思想, の自由, 夫人連名で, 理事田中清次郎同, 的自由に, 的自由の, 的自由もしくは, 的自由国家的自由には, 自由の

▼ 公夫人~ (11, 0.1%)

1 [11件] が公, が専制君主制, が悧発そう, が父君, だのラスティニャク, として美貌, との様々, の役, の後, の考え, やカストリィ公夫人

▼ 公この~ (10, 0.1%)

1 かたここに, かたの, ときの, ところ脅かされつづけで, 丹波の, 人を, 句を, 大難を, 界隈へも, 白昼いささか

▼ 公との~ (10, 0.1%)

1 よしみを, 事蹟を, 奇怪な, 御料簡, 情話らしく扱われ, 相談から, 約束も, 美しくも哀しい, 話でも, 譲り合いと

▼ 公なる~ (10, 0.1%)

1 と私, ものある, ものが, ものとについての, ものに, やいな, イデーによって, 立場から, 道事業に, 題目として

▼ 公~ (10, 0.1%)

1 が六十三歳, すらもその, に至り, の時代永享十一年十八歳, の月忌, の薨去, の跡, は内大臣, は正親町三条, も内大臣

▼ 公だけは~ (9, 0.1%)

1 このカフェ, この癇癖, たしかだ, とうからこの, ほかの, みんなが, 以前から, 相変わらずそんな, 離れられずに

▼ 公任卿~ (9, 0.1%)

2 が朗詠集 1 には斉, の意, はゆゆしく, は中納言左衛門督, は元来学問詩歌, は悦んだ, を破顔

▼ 公~ (9, 0.1%)

2 を襲うた 1 から帰っ, で再び, で再び殆ど, に訪ねた, の露台, の露臺, へ駈け付ける

▼ 公會堂~ (9, 0.1%)

1 での三度目, で三度, で行, で青空, にある, に開かれる, の廣, の白い, をそれ

▼ 公~ (9, 0.1%)

2 の方 1 では夫, と穀梁, の三世, の學者, の專門家, は支那, は經學

▼ 公羊學派~ (9, 0.1%)

4 の人々 1 に屬, の立場, の説く如く, は僞古文, は勿論

▼ 公さん~ (8, 0.1%)

2 の境内, の方 1 か犬共, が市長, なんてあれ, に気取られない

▼ 公だの~ (8, 0.1%)

2 それから学校 1 この野郎, 伊藤公だ, 余だの, 兄孫権だ, 房州だの, 澁六だ

▼ 公とも~ (8, 0.1%)

1 あらうもの, あるべきもの, ある御名, あろうお, よく打ちあわせ, 云は, 口を, 同座の

▼ 公への~ (8, 0.1%)

1 おとり, お執り, 処置じゃ, 土産に, 忠義という, 忠義に, 悪逆をのみが, 目見得の

▼ 公二人~ (8, 0.1%)

1 ともいま, には充分, はまたも, は大地, は慄, は泥亀みたい, は見向き, へたっぷり

▼ 公~ (8, 0.1%)

1 うした, か出来る, か珍しい, があらそわれねえ, するもの, の相談, は措きまし, を愚図

▼ 公~ (8, 0.1%)

2 な客観性 1 あばれ, な規範, に驚かれ, 同じく拝, 禅定門, 禅定門と

▼ 公~ (8, 0.1%)

1 がそれぞれ, が大手, だと, です, として互に, と認めた, と通信, のよう

▼ 公~ (8, 0.1%)

2 と定められた, のため 1 で歌舞伎座, とは故, は頼家, を勤め

▼ 公~ (8, 0.1%)

1 がこの, が参議, が生れた, のこと, の妻, の方, よりも三歳長, 実は実隆

▼ 公~ (8, 0.1%)

1 が一番, の故郷, の方, の骸, はすぐ, は四足動物, は多年, は有頂天

▼ 公給条例~ (8, 0.1%)

2 のこと 1 が英国, なるもの, の趣旨, の通過, はスイス, を制定

▼ 公~ (8, 0.1%)

2 して 1 したに, す, するもの, する未, である, の時代

▼ 公~ (8, 0.1%)

2 であらう 1 たること, の子, の通称, は竹里, 常太綱, 省いて

▼ 公けな~ (7, 0.1%)

1 他人を, 心は, 性質を, 愛を, 生命を, 真理性への, 部分を

▼ 公その~ (7, 0.1%)

1 人と, 名を, 愚を, 愛犬ゲラートを, 時死罪を, 書を, 辺に

▼ 公であった~ (7, 0.1%)

1 がその, が頭, とさ, にしろ, のである, チビ公は, 場合それを

▼ 公です~ (7, 0.1%)

31 からお, から三日四日, ぜ, ね

▼ 公よりも~ (7, 0.1%)

1 おなじおもい, ずっとりこう, もっとはるか, りっぱであった, 大禹, 天下に, 生ける陽虎様

▼ 公~ (7, 0.1%)

1 がその, というの, と共通, はもっとなにか, は云い, もあらわれた, も独身者

▼ 公~ (7, 0.1%)

1 あるを, があるだろう, がない, が乏しい, のない, もなく, を責むるどころか

▼ 公教会~ (7, 0.1%)

2 の復活 1 に訪ね, の公教会月報, の横丁, の神父有向, の門

▼ 公時代~ (7, 0.1%)

1 からの古い, から半蔵父子, である, にそれ, のもの, の戦い, の號

▼ 公~ (7, 0.1%)

1 が符, と云, のこと, の献じた, は早速, は更ら, を崇び

▼ 公おれ~ (6, 0.1%)

1 の前, の躯, の顔, はこの, は今日, は叔父さん

▼ 公なんかに~ (6, 0.1%)

1 かまっちゃ, 呑ませちや勿體, 惚れるもん, 言って, 負けねエよ, 遠慮する

▼ 公のみ~ (6, 0.1%)

2 ならず維新 1 でない, では, 代から, 代まで

▼ 公へは~ (6, 0.1%)

1 こう書い, 使者を, 天盃を, 峡谷の, 御そう談, 誰かが

▼ 公よりは~ (6, 0.1%)

1 かついえ公, そのほんと, 一段力の, 二つも, 信行様の, 早く高瀬

▼ 公冶長~ (6, 0.1%)

1 であっても, と云, と雍也, を以て任, を評し, 第五

▼ 公問題~ (6, 0.1%)

1 と両立, と兩立, は政変, は政變, を処决, を處决

▼ 公~ (6, 0.1%)

2 から申せ, なりとする 1 からいえ, なり

▼ 公~ (6, 0.1%)

1 が伝統, でも猶, の戯言, の東漸, は説い, 遺事

▼ 公~ (6, 0.1%)

1 から二十一世, が目, にも優る, の母, はいっしょ, は住吉

▼ 公暁禅師さま~ (6, 0.1%)

1 にはなん, の事, はその, はそれ, は御, をむりやり

▼ 公~ (6, 0.1%)

1 にては議事, に利, に周旋, に於ける, の席, の席上

▼ 公秘話巻~ (6, 0.1%)

1 之一, 之三, 之二, 之五, 之六, 之四

▼ 公~ (6, 0.1%)

1 が内大臣, と実氏, のきみ, の同胞, の女, の姉

▼ 公~ (6, 0.1%)

1 が襄陽, と云, の無欲, はたとい, はどうして, は役所

▼ 公~ (6, 0.1%)

1 が見た, が見ない, の門弟, はまだ, は御, も懇ろ

▼ 公西華~ (6, 0.1%)

2 が先師 1 がいった, がこたえた, に至っ, の特性づけ

▼ 公閣下今~ (6, 0.1%)

4 の時 1 の政党内閣, の政黨内閣

▼ 公こそ~ (5, 0.1%)

1 おいたわしゅうござります, しかるべしと, その大根, 然べからん, 稀代の

▼ 公これ~ (5, 0.1%)

1 なん, やお, をつるし, を刎首, を御

▼ 公~ (5, 0.1%)

1 一人に, 在世の, 大病の, 自身が, 自身の

▼ 公~ (5, 0.1%)

1 ふ異名, ふ者, エ半, 奴が, 小僧は

▼ 公とか~ (5, 0.1%)

1 トヨちゃんとか, 何とか言う, 後魏, 言って, 言つておくんなさい

▼ 公どう~ (5, 0.1%)

1 かい, したん, だまだ, なさいましたか, 考えても

▼ 公ロン・ウウ~ (5, 0.1%)

2 の嗜眠病的 1 としての僕, のしっぷ, の僕

▼ 公一人~ (5, 0.1%)

1 がある, が売り, だけは火, のほう, 頑として拒否

▼ 公冶長篇~ (5, 0.1%)

21 では, に見え, の何倍

▼ 公~ (5, 0.1%)

1 が阿呆, と海老, は弁護士梅島君, へモーション, を縄張問題

▼ 公夫婦~ (5, 0.1%)

1 お庭, の毎日里, の里, は常, は酒

▼ 公~ (5, 0.1%)

1 といい, という者, はもう, をかり, を仮り

▼ 公學校~ (5, 0.1%)

1 で二年, と兩方, に着く, の島民教員補, を退却

▼ 公将軍~ (5, 0.1%)

1 とやらは奸智, とよばせ, の名, の旗幟, を討ち取っ

▼ 公~ (5, 0.1%)

2 の如き 1 のお, を左京, を浜松

▼ 公羊學者~ (5, 0.1%)

1 と云, に言, は此, は第, は論ずる

▼ 公羊家~ (5, 0.1%)

1 に言, の方, の考, の解釋, の説

▼ 公自ら~ (5, 0.1%)

2 も余, 御やりなさい 1 も自分

▼ 公~ (5, 0.1%)

1 の, の日記, の空館, は其の, へ要請

▼ 公あたり~ (4, 0.0%)

1 の眼, の耳, は恰好, よりも同じ

▼ 公あり~ (4, 0.0%)

1 て徹り行くべし, 後に烈公, 汝の, 海に

▼ 公おまえ~ (4, 0.0%)

1 いくら歯ぎしり, がかき, がよく, この巾着ッ切さん

▼ 公けには~ (4, 0.0%)

2 天下を 1 せぬという, 承認せられなくなったらしい

▼ 公ここ~ (4, 0.0%)

1 でちょっと, はいっ, へおいで, へ出

▼ 公たち~ (4, 0.0%)

1 にはかる, にも小粒, の声, は三日後

▼ 公だけの~ (4, 0.0%)

1 ことは, とくべつの, 事業なる, 値段を

▼ 公って~ (4, 0.0%)

2 奴は 1 おもしろい名, やつは

▼ 公である~ (4, 0.0%)

1 から仕方, から数万, がこれ, とされ

▼ 公として~ (4, 0.0%)

2 避くべからざる 1 彼自身が, 結婚を

▼ 公と共に~ (4, 0.0%)

1 これまでの, して, 大阪へ, 近頃わが

▼ 公どこ~ (4, 0.0%)

1 から来た, でどうして, の誰, へいったら

▼ 公なんか~ (4, 0.0%)

1 きて, なにいっ, ほつとけば, 連れて

▼ 公にとっては~ (4, 0.0%)

1 大痛事, 孫権よりも, 実にその, 臣下からの

▼ 公ふたり~ (4, 0.0%)

1 がすぐ, はあくまで, はちぢみあがった, まで巻き

▼ 公また~ (4, 0.0%)

1 悪戯を, 最明寺時頼公, 東京で, 躍起と

▼ 公みたい~ (4, 0.0%)

1 なでも, な名, になまっ白い, に池

▼ 公伯寮~ (4, 0.0%)

1 が子路, ごときに, の屍, の言

▼ 公~ (4, 0.0%)

1 すなわち百姓, をもっ, をもって耕作, を行使

▼ 公~ (4, 0.0%)

1 あお香代ちやん, につて, はこの, もコツプ

▼ 公~ (4, 0.0%)

1 だへ, に到り, へ出向い, を以て紳士

▼ 公~ (4, 0.0%)

1 だった頃異母兄, に助け起され, の文学顧問, をこわがる

▼ 公学校教育~ (4, 0.0%)

2 を受け 1 には永年, の経験談

▼ 公~ (4, 0.0%)

1 が蒼い, に, の表, をたて

▼ 公~ (4, 0.0%)

1 の御, の御意, は歐文書類, より江戸神田小柳町

▼ 公~ (4, 0.0%)

1 だ, という名前, と二字, のこと

▼ 公沙汰~ (4, 0.0%)

1 にし, にする, になっ, に致せ

▼ 公~ (4, 0.0%)

1 では, に君子, に舜, に記載

▼ 公自身~ (4, 0.0%)

1 が懺悔, の手, も極めて, も痛手

▼ 公~ (4, 0.0%)

1 であった, なり, になっ, にまかせたい

▼ 公證人~ (4, 0.0%)

1 たりしこ, の事務所, の役場, を立て

▼ 公~ (4, 0.0%)

2 のもの 1 の分, の立ち稽古

▼ 公~ (4, 0.0%)

1 から上がる, から逃亡, のところ, の地

▼ 公~ (4, 0.0%)

1 が出, なるが, にし, を作つた

▼ 公いよいよ~ (3, 0.0%)

1 いい気, またネジ, 納まり返って

▼ 公おっかさん~ (3, 0.0%)

1 のいる, のとこ, はどこ

▼ 公こと田中技手補~ (3, 0.0%)

1 が柔かい, である事, は確

▼ 公~ (3, 0.0%)

1 へが, へな, へも後

▼ 公じゃあ~ (3, 0.0%)

1 ないん, ねえが, ねえな

▼ 公すら~ (3, 0.0%)

1 すでにご存知, 含蓄したる, 野心あり

▼ 公それ~ (3, 0.0%)

1 に不肖三位有村, より十六代, を殺し

▼ 公~ (3, 0.0%)

1 あの女, ぴらに, よせったら

▼ 公でした~ (3, 0.0%)

1 からたまりません, から二人, の

▼ 公としては~ (3, 0.0%)

1 これで, それも, 心から歓びあう

▼ 公などが~ (3, 0.0%)

1 人間の, 覇を, 近くを

▼ 公などを~ (3, 0.0%)

1 御覧じろ器用一辺で, 理想と, 迷惑させた

▼ 公なら~ (3, 0.0%)

1 ね, 今夜宵の口に, 片門前

▼ 公にたいして~ (3, 0.0%)

1 いくらか親しみ, いつも親切, お執り

▼ 公にとって~ (3, 0.0%)

1 かわりてんが, ますます不利, 百も

▼ 公に対しても~ (3, 0.0%)

1 その通り, 会津や, 闡明に

▼ 公はじめて~ (3, 0.0%)

2 これを 1 気がついたよう

▼ 公ばかり~ (3, 0.0%)

1 でありません, でなくそれ, では

▼ 公まず~ (3, 0.0%)

1 すすんで, 眠れ, 這入れ

▼ 公まだ~ (3, 0.0%)

1 ふところに, 前途遼遠という, 探してるの

▼ 公まで~ (3, 0.0%)

1 上つた, 共々お, 黙って

▼ 公までが~ (3, 0.0%)

1 しゃしゃり出て, やさしい恋, 左膳に

▼ 公よく~ (3, 0.0%)

1 やって来ただなあ, 聞け手前, 覚えて

▼ 公よりの~ (3, 0.0%)

1 ご用でも, 御上意, 御贈り物

▼ 公を以て~ (3, 0.0%)

2 私を 1 国家の

▼ 公~ (3, 0.0%)

1 て, て奴, とうとうあご

▼ 公以下~ (3, 0.0%)

1 の五卿, の人たち, を祭った

▼ 公~ (3, 0.0%)

1 から百年近く, というの, の一節

▼ 公~ (3, 0.0%)

1 がきまっ, であった場合, で人情

▼ 公侯伯子男~ (3, 0.0%)

1 と雛壇, と順序, の華族さん

▼ 公~ (3, 0.0%)

1 にうどん, はほんとに, は失敬

▼ 公光圀~ (3, 0.0%)

1 が致仕, の世, は元

▼ 公其の~ (3, 0.0%)

2 心事を 1 使者の

▼ 公叔文子~ (3, 0.0%)

1 のこと, の家臣, は文

▼ 公台吉~ (3, 0.0%)

1 の三種, の封爵, の戚族

▼ 公~ (3, 0.0%)

1 に向った, の霊堂, の魯迅

▼ 公学堂~ (3, 0.0%)

1 に日本人, の一つ, の主事

▼ 公~ (3, 0.0%)

2 不陪朝 1 を張る

▼ 公~ (3, 0.0%)

1 なの, の感じ, を出

▼ 公居る~ (3, 0.0%)

1 か, かいッ, かア

▼ 公~ (3, 0.0%)

1 が対決的討論, で吐ざけ, の時務

▼ 公御前~ (3, 0.0%)

1 こうやっ, の返事, は甲野

▼ 公~ (3, 0.0%)

1 のつつみ, も足, を貸し

▼ 公教要理~ (3, 0.0%)

1 のお話, のけいこ, は滑稽

▼ 公斉昭~ (3, 0.0%)

1 といふ当時, の子, の推輓

▼ 公~ (3, 0.0%)

1 が祭っ, の如き, の定めた

▼ 公~ (3, 0.0%)

1 ぬがせて, を着, を解き

▼ 公父子~ (3, 0.0%)

1 へ御, を遠島, を離間

▼ 公~ (3, 0.0%)

1 の巨魁星亨, はまだ, をはたらく

▼ 公~ (3, 0.0%)

1 を費し, を頂戴, を食む

▼ 公羊春秋~ (3, 0.0%)

1 が發達, が盛, に見る如き

▼ 公羊派~ (3, 0.0%)

1 とは正反, に反, に屬

▼ 公聞召~ (3, 0.0%)

1 され其方共, され某, し

▼ 公若し~ (3, 0.0%)

1 我が門, 既成政党に, 既成政黨に

▼ 公薨ずる~ (3, 0.0%)

2 の日 1 二日前に

▼ 公~ (3, 0.0%)

2 のひれ 1 の比礼

▼ 公議政治~ (3, 0.0%)

1 がよく, の何物, の要求

▼ 公貴様~ (3, 0.0%)

1 お倉婆あと相談, に今, は

▼ 公~ (3, 0.0%)

1 にいた, もんだす, 處分の

▼ 公~ (3, 0.0%)

1 となれり, の話, を筆頭

▼ 公~ (3, 0.0%)

1 という名, とに積んだ, へ移した

▼ 公退~ (3, 0.0%)

1 の時, の途次其病床, 後には

▼ 公~ (3, 0.0%)

1 といったよう, は抵抗, は涙顔天

▼ 公頼房~ (3, 0.0%)

1 が水戸城, の用達, は慶長十四年

▼ 公あれ~ (2, 0.0%)

1 はどこ, は母親

▼ 公いつ~ (2, 0.0%)

1 ぱい飮みまし, まで行っ

▼ 公おそれ~ (2, 0.0%)

1 て室, 多いが

▼ 公おら~ (2, 0.0%)

1 なんだか気, 帰ろうてや

▼ 公がね~ (2, 0.0%)

1 あたしに, また我儘

▼ 公けにこそ~ (2, 0.0%)

1 明言しない, 言ふも

▼ 公こいつ~ (2, 0.0%)

1 が負けたら, 名打て

▼ 公さま~ (2, 0.0%)

1 が三条車町, と和泉屋

▼ 公しっかり~ (2, 0.0%)

1 しな, しろいっ

▼ 公じゃの~ (2, 0.0%)

2 大石良雄じゃ

▼ 公~ (2, 0.0%)

1 うまん騎, つかり計画

▼ 公そう~ (2, 0.0%)

1 だろう, だ君

▼ 公そこ~ (2, 0.0%)

1 が問題, んところ

▼ 公その他~ (2, 0.0%)

1 のお歴々, へも推薦

▼ 公そろそろ~ (2, 0.0%)

1 出かけようじゃ, 時節到来で

▼ 公たらん~ (2, 0.0%)

2 と欲

▼ 公たる~ (2, 0.0%)

1 かの天, 董太后も

▼ 公だけ~ (2, 0.0%)

1 あって, いねえん

▼ 公だけが~ (2, 0.0%)

1 すぐに, 来ない

▼ 公だけを~ (2, 0.0%)

1 一人つれ, 残して

▼ 公だしろ~ (2, 0.0%)

2 公だ

▼ 公だって~ (2, 0.0%)

1 嚊を, 犬ころの

▼ 公~ (2, 0.0%)

1 ゃくじんときゝましてあわてゝにんずをたてなおしたと申します, 親分の

▼ 公~ (2, 0.0%)

2 やない

▼ 公てめえ~ (2, 0.0%)

1 にできる, また腕車

▼ 公であり~ (2, 0.0%)

1 僧の, 岩倉公である

▼ 公でない~ (2, 0.0%)

1 旅館に, 里子として

▼ 公でなく~ (2, 0.0%)

1 そっとお目にかかった, ては能わぬ

▼ 公ときたら~ (2, 0.0%)

1 うるさい野郎, 梯子の

▼ 公としての~ (2, 0.0%)

1 彼が, 彼れ

▼ 公とともに~ (2, 0.0%)

1 佐吉の, 急拠海峡

▼ 公とを~ (2, 0.0%)

1 くは, 家の

▼ 公どうも~ (2, 0.0%)

1 はあし, 有難う

▼ 公なき~ (2, 0.0%)

2 後は

▼ 公なぞが~ (2, 0.0%)

1 いくらやきもきし, 訪ねた所

▼ 公などに~ (2, 0.0%)

1 何の, 見付からぬよう

▼ 公などの~ (2, 0.0%)

1 ころよし, 暗殺を

▼ 公なども~ (2, 0.0%)

1 今は, 危く一向

▼ 公なり~ (2, 0.0%)

1 また他, 御幼名

▼ 公なんぞも~ (2, 0.0%)

1 その中, 早く切上げ

▼ 公なんて~ (2, 0.0%)

1 失礼な, 弱いん

▼ 公なんと~ (2, 0.0%)

1 いういけ図々しい, かして

▼ 公について~ (2, 0.0%)

1 わしが, 話されたこと

▼ 公にとっての~ (2, 0.0%)

1 腹心と, 金脈が

▼ 公にゃ~ (2, 0.0%)

1 あちっと, 合わねえので

▼ 公によって~ (2, 0.0%)

1 作られたとも, 基礎を

▼ 公に対して~ (2, 0.0%)

1 不忠に, 先生は

▼ 公に従って~ (2, 0.0%)

1 出陣し, 武功を

▼ 公に関する~ (2, 0.0%)

1 貴重な, 趣味多き

▼ 公はかな~ (2, 0.0%)

2 きり声で

▼ 公はじぶん~ (2, 0.0%)

1 と同じ, のいつも

▼ 公はて~ (2, 0.0%)

1 ぬぐいの, まえの

▼ 公はね~ (2, 0.0%)

1 両国の, 清ちゃんの

▼ 公ふと~ (2, 0.0%)

1 お忘れ, 眼覚め

▼ 公ほどの~ (2, 0.0%)

1 完璧な, 通人なら

▼ 公まるで~ (2, 0.0%)

1 ダニみたいな, 竜宮の

▼ 公もうすつかり~ (2, 0.0%)

1 悄気て, 閉口し

▼ 公~ (2, 0.0%)

1 あまりは, 有難う白い

▼ 公~ (2, 0.0%)

1 御捨テ子, 総説中ニ在

▼ 公ビール~ (2, 0.0%)

2 だよ

▼ 公一代~ (2, 0.0%)

1 の悪, の経営

▼ 公一兄さん~ (2, 0.0%)

1 が殺された, を殺した

▼ 公三田公~ (2, 0.0%)

1 だつて, と呼ん

▼ 公~ (2, 0.0%)

1 のこと, 不諱

▼ 公不思議~ (2, 0.0%)

1 な事, に堪えられねえ

▼ 公~ (2, 0.0%)

1 ではなく, というの

▼ 公乃ち今日伊藤侯~ (2, 0.0%)

2 の未だ

▼ 公乃ち伊藤首相~ (2, 0.0%)

2 に向

▼ 公乃ち已む~ (2, 0.0%)

2 を得ずし

▼ 公~ (2, 0.0%)

1 と申します, は

▼ 公今夜~ (2, 0.0%)

1 はご, は雪

▼ 公今日~ (2, 0.0%)

1 はすこし, は例

▼ 公今晩~ (2, 0.0%)

1 は夜, は痛快

▼ 公以前~ (2, 0.0%)

1 からである, に變化

▼ 公以外~ (2, 0.0%)

1 の同席, の誰一人

▼ 公~ (2, 0.0%)

1 の出家, はいっ

▼ 公会議~ (2, 0.0%)

1 に亜い, は第

▼ 公~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 公~ (2, 0.0%)

1 に嫁い, もまもなく

▼ 公何処~ (2, 0.0%)

1 が好い, へ行った

▼ 公何處~ (2, 0.0%)

2 が好い

▼ 公~ (2, 0.0%)

1 に貯え, へ少量

▼ 公値上げ~ (2, 0.0%)

1 については都留, のこと

▼ 公兄さん~ (2, 0.0%)

1 はね藤尾さん, は学問

▼ 公冶長雍也述而~ (2, 0.0%)

2 子罕

▼ 公~ (2, 0.0%)

1 て来い, で来られぬ

▼ 公刑所~ (2, 0.0%)

1 には十字架, の建物

▼ 公十二年~ (2, 0.0%)

2 の條

▼ 公十五年~ (2, 0.0%)

1 の條, 初税畝

▼ 公即ち~ (2, 0.0%)

1 変電所の, 自ら起き

▼ 公叔戍~ (2, 0.0%)

1 という者, の旧

▼ 公~ (2, 0.0%)

2 からある

▼ 公呰麻呂~ (2, 0.0%)

1 の反, の如き

▼ 公嘗て~ (2, 0.0%)

1 その相続者, 梓に

▼ 公地公民~ (2, 0.0%)

1 とし, と致しました

▼ 公~ (2, 0.0%)

1 で待受けた, より赤坂

▼ 公~ (2, 0.0%)

1 かりしと, にあり

▼ 公大いに~ (2, 0.0%)

1 悔いて, 猟し

▼ 公大丈夫~ (2, 0.0%)

1 か, かえ

▼ 公女公~ (2, 0.0%)

1 に敬礼, は夫

▼ 公如意~ (2, 0.0%)

2 奪顏色

▼ 公存命~ (2, 0.0%)

2 のころ上洛

▼ 公~ (2, 0.0%)

1 ヲ好, 絞の

▼ 公學校教育~ (2, 0.0%)

1 の經驗談, を受け

▼ 公宗堯~ (2, 0.0%)

1 が享保十五年, の世

▼ 公宗翰~ (2, 0.0%)

1 が明和二年, の世

▼ 公~ (2, 0.0%)

2 不狃

▼ 公左右~ (2, 0.0%)

2

▼ 公巫臣~ (2, 0.0%)

1 が漸く, が諫め

▼ 公~ (2, 0.0%)

1 に立つた, に集まった

▼ 公~ (2, 0.0%)

1 のごとき, の家

▼ 公~ (2, 0.0%)

1 であった, という二度目

▼ 公徐輝祖~ (2, 0.0%)

1 をし, 屈せず師

▼ 公御墨付~ (2, 0.0%)

1 が紛失, を渡し

▼ 公御朱印~ (2, 0.0%)

1 と思いき, と思ひき

▼ 公~ (2, 0.0%)

1 の発動, の發動

▼ 公~ (2, 0.0%)

1 のいう, は

▼ 公教會~ (2, 0.0%)

1 の血, の門

▼ 公~ (2, 0.0%)

1 の三桓, の裔

▼ 公早く~ (2, 0.0%)

1 ゆかないと, 起きんか

▼ 公是非~ (2, 0.0%)

1 と関せ, と關

▼ 公~ (2, 0.0%)

1 に王維, をいただい

▼ 公暗殺~ (2, 0.0%)

1 の号外, の號外

▼ 公~ (2, 0.0%)

1 に刺され, の隱

▼ 公書類~ (2, 0.0%)

1 として特別, となす

▼ 公曹操~ (2, 0.0%)

1 のお, の腹心

▼ 公~ (2, 0.0%)

2

▼ 公會議~ (2, 0.0%)

1 に亞, は第

▼ 公~ (2, 0.0%)

1 としてでなく, より墜落ぢ

▼ 公李景隆~ (2, 0.0%)

1 に命じ, をし

▼ 公村高殿~ (2, 0.0%)

1 の伝説地, の土壇

▼ 公来居丸山荘荘園鉅大深邃渓山~ (2, 0.0%)

1 之趣, 之趣為

▼ 公梅宛陵王文恭~ (2, 0.0%)

2 の集

▼ 公様以来~ (2, 0.0%)

1 夙に尊王, 貯えられた黄金

▼ 公~ (2, 0.0%)

1 の下, を渡る

▼ 公~ (2, 0.0%)

1 であるべき新聞, を転じ

▼ 公~ (2, 0.0%)

1 が在る, が無く

▼ 公此間~ (2, 0.0%)

2 に在り

▼ 公歿後~ (2, 0.0%)

1 に立てられた, 仕を

▼ 公治紀~ (2, 0.0%)

1 が家督, が家督相續

▼ 公烈公~ (2, 0.0%)

1 が水戸, のよう

▼ 公熊公~ (2, 0.0%)

1 にし, の徒

▼ 公~ (2, 0.0%)

1 っさん, の戒名

▼ 公~ (2, 0.0%)

2 の祝日

▼ 公~ (2, 0.0%)

1 と号する, と称した

▼ 公~ (2, 0.0%)

2 といい

▼ 公~ (2, 0.0%)

1 は或いは, 之成事

▼ 公~ (2, 0.0%)

1 取引とおい, 無私と

▼ 公直々~ (2, 0.0%)

2 の祈願文

▼ 公~ (2, 0.0%)

1 の頭, は外法

▼ 公~ (2, 0.0%)

1 には清正, は我国

▼ 公~ (2, 0.0%)

1 である, という青年

▼ 公~ (2, 0.0%)

1 に係る, を聞

▼ 公等一派~ (2, 0.0%)

2 を憎む

▼ 公等碌々~ (2, 0.0%)

1 たる其の, の数

▼ 公簿~ (2, 0.0%)

1 に使用, の上

▼ 公~ (2, 0.0%)

1 のほか, を開始

▼ 公~ (2, 0.0%)

1 を受, を受けた

▼ 公署長心得~ (2, 0.0%)

1 の方, は

▼ 公羊學説~ (2, 0.0%)

1 である, を主

▼ 公~ (2, 0.0%)

1 は遠く, をおさえ

▼ 公聞いた~ (2, 0.0%)

1 か, かえ

▼ 公聞き~ (2, 0.0%)

1 て優しき, て甚だ

▼ 公~ (2, 0.0%)

1 く酒, の侍所

▼ 公至誠~ (2, 0.0%)

2 を以て時局

▼ 公~ (2, 0.0%)

1 など尋ねめぐり, に往き

▼ 公若く~ (2, 0.0%)

2 は義公

▼ 公~ (2, 0.0%)

2 短して

▼ 公薨ず~ (2, 0.0%)

2 歳三十九

▼ 公~ (2, 0.0%)

1 という者, などがやッ

▼ 公~ (2, 0.0%)

1 すなわち三江, といっ

▼ 公~ (2, 0.0%)

2 に就く

▼ 公議府~ (2, 0.0%)

1 で論じ, など無用

▼ 公~ (2, 0.0%)

1 と云う, へ這入った

▼ 公賣された~ (2, 0.0%)

1 ことは, ことも

▼ 公~ (2, 0.0%)

1 に与え, は村

▼ 公邊沙汰~ (2, 0.0%)

1 になさるべし, に成さる

▼ 公~ (2, 0.0%)

1 の四女, の女

▼ 公閣下世~ (2, 0.0%)

2 には閣下

▼ 公閣下人生~ (2, 0.0%)

1 の楽事, の樂事

▼ 公閣下今日~ (2, 0.0%)

1 若し政党内閣, 若し政黨内閣

▼ 公閣下伊藤侯~ (2, 0.0%)

1 は今日自由党, は今日自由黨

▼ 公閣下幸福~ (2, 0.0%)

2 なる閣下

▼ 公閣下曾~ (2, 0.0%)

1 て民党, て民黨

▼ 公閣下率直~ (2, 0.0%)

2 にいへ

▼ 公閣下自由党~ (2, 0.0%)

1 が閣下, を惑乱

▼ 公閣下自由黨~ (2, 0.0%)

1 が閣下, を惑亂

▼ 公閣下閣下今日~ (2, 0.0%)

2 の計

▼ 公閣下閣下頃ろ~ (2, 0.0%)

2 某貴族院議員

▼ 公閣下顧~ (2, 0.0%)

2 ふに

▼ 公~ (2, 0.0%)

1 の奥小姓一人, の牧師ハアヂング博士

▼ 公~ (2, 0.0%)

1 っての装置, も

▼ 公領司~ (2, 0.0%)

1 に任命, の職

▼ 公領私領~ (2, 0.0%)

1 のいくつ, の差別

▼1* [968件]

あちらにゐ, 公あて醉拂つちや, 公あの娘は, 公ありがとうよ, 公あるを知, 公あんたなんで, 公あんた様ご存じでえ, 公あーんと, 公いいかげんにしない, 公いかに薄馬鹿の, 公いきり立ってトンカチ, 公いずれ新統治, 公いたか, 公いちだんと大声を, 公いつかの縁談, 公いつ俺が暗闇, 公いまあえら, 公いやあー目出度え, 公いるかな, 公いわしの北公, 公ううP公と, 公うすッ気味の, 公うまい金儲けを, 公えらいこっちゃ, 公おとなしく歩かねえと, 公おなかがすいた, 公おまえここにいた, 公おれ掏摸になる, 公おんぶしなよ, 公おんみずから京極つぶら尾というところ, 公お前お嬢様についておいで, 公お前家の三毛, 公お前良心ないの, 公お前親分へ, 公お嬢様を逃がした, 公お気を着けなすっ, 公お鍋みたいに悪態, 公かいなかはっきり, 公かえおはいり, 公かっと御りっぷく, 公かつて鎌倉山に, 公からもまたなく可愛がられて, 公がらっ八といった, 公さま, 公きょとんとし, 公ぎふのおしろへおこしなされ御祝儀, 公くたびれたかい, 公けから下りた, 公けとすれば, 公けとして醜体, 公けにもシンジャウの, 公けに対しての挑戦と, 公げんこつくわせるぞ, 公ここいらで一杯, 公こそは名国主, 公こっちへ来い, 公ことごとくよろこんじまって, 公この間は痛い, 公こら秋公, 公ごとであるべき食べること, 公さえ前よりは, 公さえも維新の, 公さっき一同があかるみ, 公ざまあ見ろ, 公ざまアみろい, 公勲功の, 公したくをおし, 公しつかりねモスクワ, 公しつかりしろ, 公じゃと云うて, 公じらすなよ, 公すぐ身を, 公すなはち, 公すなわちフーシェという, 公すばやく走りよって, 公ずいずいずっころばしを, 公せっかくあたしが, 公せられて闕所, 公せんだんを, 公そこで見物し, 公そして御当主忠利公, 公その他それといふ, 公その他村の若者たち, 公その後は, 公それから御父君, 公そんな堪忍ぐらい, 公そんなににわかに稼ぎださなくと, 公あ誰, 公ただ今の忠利公, 公たちいまついたか, 公たちまち縁の, 公たち五六人神社の裏手, 公たった一人だ, 公たのむからおまえ, 公たらあたしにね, 公たらぬまでも眞志屋, 公たるべし某は, 公だから一ツ飲って, 公だけしかやらないもの, 公だけじゃないか, 公だったそうである, 公だったらこれほどの, 公だってもそのくらい, 公だまっていろ, 公だめですよ, 公だれもいめ, 公だろうと決め, 公ちっと気を, 公ちょいと身体, 公ちょっと駄々を, 公ってな子供でしょう, 公ついて来い, 公つるぎの恋人, 公てえ半チク野郎, 公てめえほんとうだろうナ, 公てめえゆうべは門違い, 公であってある, 公であったろうことは, 公でございますね, 公でなくって先日, 公とうとう泣き顔を, 公としても先方の, 公とて何れも, 公とてもあれほど, 公とで十二天の, 公とながまさ公と, 公とに送られて, 公とばかり思い込んで, 公とび帰って峰丹波, 公ともにぶそうの, 公どうしたっていう, 公どうして遊ばないん, 公なぞと呼んで, 公など犬は, 公などと船頭は, 公などという大先輩, 公などより田舎者の, 公なにをしてる, 公ならずとも煩悩, 公ならず者をみんな, 公ならぬ一個の, 公ならびに家中衆の, 公ならわかっている, 公なら負けやしねえさ, 公なりとすれば, 公なれば甘え, 公なんかと比べもん, 公なんかとはちっとでき, 公なんかにゃ驚かないよ, 公なんかは巾着切りは, 公なんぞちっとも珍しく, 公なんぞになにが, 公なんぞは大手を, 公なんぞよりはたしかに役者, 公なんどに畑仕事, 公な見える生活の, 公におけるは骨肉の, 公につれてヤミまで, 公にて一驚を, 公にでも知れて, 公にぶッつかれ, 公にまで馬鹿に, 公にや相談しない, 公による不幸な, 公に対し反旗を, 公に対しての淫乱後家の, 公に対する道徳幼穉なれ, 公のくたぶれた着物を, 公のてのひらに白銅, 公はごきげんよく, 公はじめ伊豆守豊後守によろしく, 公はじめ四五人は麦, 公はぞつとすくみました, 公はてぬぐいをさいてはなおをすげてやったことがある, 公はなはだしく御き, 公はにこっと, 公はやくそくどおり柳光一の, 公ばかりじゃ無い亥, 公ばかりになった, 公ひっこんでろッ, 公ひとりが一日, 公ひどかッ, 公びた助その辺, 公びっくりするな, 公びらに甘い, 公へと頼むよう, 公へのてまえで, 公へん滝の野郎, 公べんけい義経相撲とる, 公ほどなお方, 公ほんとうかいそれ, 公ほんとに有難うよ, 公ぼた公と, 公ぽんと降り, 公まあそう怒んな, 公まずたましいを, 公まづ這入れ, 公までの使ニ参り, 公までは行けまいけれども, 公みずから御出馬, 公むざんのありさまにて御帰城, 公なかなか腰, 公めおれを困らす, 公めっきり切れるよう, 公め一人で煎餅, 公め何処へ行っ, 公もう帰へりたく, 公もつれて来, 公もどきに一巻, 公もみけしきをそんぜられ, 公やって来たら長火鉢の, 公やら気の, 公ゆえこの君, 公らしい土性骨は, 公らしく氣儘に, 公ら日本の大学生, 公ら碌々の輩, 公ゐますか, 公をとおぼしめすの, 公をも召連れず, 公をや夢みられしと, 公を通してさらに遡れ, 公とこの, 公イヤおどろいたの, 公ウィリアムもフランス, 公ウイリヤムの英吉利征服, 公オトンに対抗, 公キョトンとした, 公ゴーロアの美妻イゲルナ, 公サビイヌに扮, 公シガレットケースをとりだし, 公ソレこの羽織, 公ダンネベルグアマルティ公領司令官セレナああフライベルヒ, 公デハ有ルマイ, 公トマス・ムーアバイロン卿などは, 公ドイツはモスクワ駐, 公も御, 公ニッコリ微笑を, 公ノロ公と呼ん, 公ハルピンにて暗殺さる, 公ハルピン駅にて暗殺さる, 公ハ何処ニ御座ルカト見レドモ我輩ハ其顔, 公パンパン嬢などが顔, 公ビスマルクがいわゆる, 公フローはまだ, 公プリシュケウィッチ侯などが集った, 公ヘンリイ・グレイが奥方はじめ一統, 公ベルチイエ元帥侍従のモントリオール, 公ホクホクだわよ, 公モ及バザルコト遠シ, 公ヨリ御感状, 公ルイ・シャルルは一七八五年, 公以テ之, 公ン所の父, 公のよう, 公一つ富士春仕込みの怪しげ節, 公一事件の犯人, 公一体どこで, 公一升五合飲むなら二両賭, 公一噌要三郎と記録, 公一心これを手早く, 公一手で築き成した, 公一杯飲め, 公一流のヨタ, 公一父子の海釣り, 公一父子公一の妻由子, 公一片の石, 公七生滅賊の四大字, 公三七のぶた, 公三井でら, 公三代のなが, 公三尺足らずの福助頭, 公三斎公そして御, 公三斎公ただ今の忠利公, 公三斎公以来数々の戦場, 公三民とか云, 公上座に直り, 公上意に忠右衞門, 公斷の, 公不快之由申来, 公不破の彦三どの, 公の公, 公与助の二人, 公与太郎ガラッパチの, 公世時代すなわち長禄二年, 公にその, 公中務大輔家久公とて何れ, 公中川狩猟の時徒兵, 公中江兆民等の親友, 公丹羽五ろざえもんのじょうどのいけだ紀伊守, 公久通に麻布土器町, 公之後自魯外, 公乘成貴年卅六, 公乘陽慶慶年七十餘と記し, 公乘項處と記せる, 公九年に穆姜, 公亀公いいかげんにしない, 公事業の発達, 公二十六則の條, 公二升五合賭で来い, 公二日もああ, 公五世の孫, 公五字あり云, 公を穿たし, 公被虐性的変態性慾者也矣, 公京都へ御, 公亭主のくせ, 公亶父が岐山, 公人間には見こみ, 公干戈を, 公今にお前達ぁひぼしになるよ, 公今のを見た, 公今一本持って, 公今夜どこへ泊る, 公今頃どうしてゐる, 公令郎至おさよどの, 公以ての外驚かせ給, 公以上に富ん, 公以下越後の者共, 公以宝永七年庚寅自下毛移此, 公以後の豪傑, 公以後三百年とのみ言, 公以後二三代の頃, 公以来不敗の名, 公以来代々評定席の上席, 公以来尊王を以て一個, 公以来弓矢の道, 公以来数々の戦場, 公以来有名なる家柄, 公以来東湖先生以下農を以て国本, 公以来歴代の太守, 公以来気の狭い, 公以来独裁制を擁護, 公以来連綿として続いた, 公以降幕府より毎々, 公仮装行列のお供先, 公仰せられけるは一日, 公任せにし, 公任作かどう, 公任卿中納言を辞そう, 公伊勢国司北畠具教で後年柳生但馬守, 公伊尹を氣取つて, 公伊藤侯井上はその, 公伏見へお越し下, 公の一, 公佐太夫樣に端, 公何れも人肉, 公に編輯, 公御次韻御前, 公の濟ん, 公侍臣にかたっ, 公価目録を片, 公侯伯子の誰夫人, 公侯伯子男爵の女性, 公侯大臣も伏し, 公かの御, 公信忠卿のお, 公信長公などが覇, 公え偉, 公偏百計避声誉, 公に一人美人, 公一八七一, 公元叔父良広の子, 公なる義朝, 公先づ眠れ, 公先生いつまで考えこん, 公入国よりもずっと, 公全盛のとき, 公八公のもと, 公八公芝居の仕出し, 公公然とお, 公でなし, 公六十余万石を挙げ, 公六年晉の趙盾, 公六月八日比叡山へ登り, 公六条の家, 公六求之私, 公其様なこと, 公大修院長パッヘンハイム, 公兼僧正の弟子, 公の親玉, 公内侍より以下, 公円済というの, 公冗談ぢやあないぞ, 公冶長述而などに見える, 公冶長雍也の両, 公冶長雍也述而一つ飛んで, 公凡クラがボン州, 公の白堊光裡, 公出番だ, 公出迎えのため便乗, 公分譲地の傍, 公列伝に斉王, 公列傳に臨, 公初めて気が, 公初め真田幸村等の薩摩, 公別室があろう, 公利いたような, 公利家公その他のお歴々, 公前方を指さした, 公が農事, 公力いっぱい走るん, 公公, 公勤王の衷, 公十三年五十五歳の時, 公十五年初税畝の條, 公十八歳の頭蓋骨, 公十四年に秦人, 公升公はそれ, 公公も, 公卒するの時, 公なの, 公去春白井備後守を差下, 公以暇日, 公及その他の諸君, 公及予与先生交最深, 公友公と言っ, 公蘭藤武衛上乗院および, 公という者, 公史記注を擧げ, 公同じ百姓で, 公同音相通ず, 公向きは済みました, 公呉夫人であった, 公呰麿というもの, 公命ニ答ヘント欲ス而シテ余ヤ素ト我宿志ヲ遂ゲレバ則チ足ル, 公和歌の御, 公して, 公商鞅を用, 公問所とか問注所, 公喬国老など本堂, 公四年の梁山崩, 公国替で美作, 公国民の頭越し, 公圧制家人卑屈の組織, 公は, 公圭通称を古作, 公圭通稱は古作, 公を押領, 公地公道に於, 公地横領にあった, 公地法では園, 公城卿は尊き, 公城様さ, 公が廻り過ぎたい, 公墓前十字記とあります, 公墓銘文あり, 公の中, 公じゃない, 公多かり, 公夢みたいだなあ, 公天下之家督, 公太守の陣中, 公太平の余沢, 公太書を貴, 公夫人大司教その他のマンネリズム処世術, 公夷陵に謫, 公私, 公といい, 公女マリアとの関係等, 公女レオノオレの重要牲, 公女公親類の附合, 公女殺しがエテ公, 公好く聞け, 公妃密計陰謀反乱コレラ病すべてそれらの事変, 公な理屈, 公がここ, 公姉川探鯨, 公始め群卿諸大夫, 公威内務省衛生局長後藤新平大蔵省主税局長目賀田種太郎農商務大臣秘書官早川鉄治農事試験場技師坂野初太郎農商務省技師細井岩弥同和田国次郎, 公威前田利鬯子爵等が下, 公威徐庶そのほか, 公威氏が帰途, 公嬰疾辞職而至冬大痊, 公子供を負, 公孔允植の爲, 公ませば, 公存外騒がず, 公学堂等の日本人, 公学校グラウンドに殺到, 公学校三年生の時, 公学校式の角張った, 公学校校長の家族, 公学校蕃産品交易所茶店などが小さな, 公学校視察のため, 公学校長新原重志, 公絞の, 公學校三年生の時, 公學校式の角張つた日本語, 公學校校長の家族, 公學校視察の爲, 公の側室, 公宗と両探題, 公宗らも見え, 公宗七お多喜, 公宗公重を振り向い, 公宗公重らは声, 公宗卿で卿, 公宗自身が建武新政, 公官被官の人々拝領, 公実はおれも, 公か, 公家居の日, 公寛法親王に従って東上, 公審判を受け, 公寿である, 公将軍地公将軍とよばせ, 公休す, 公小角が大峰, 公小谷のとき, 公小首をかしげた, 公少々ムキになって, 公少時幻を能くし, 公過といふもの, 公尚武尚實, 公尻ウさげろって, 公居士と号す, 公山弗擾が費, 公山形の鷹山公等, 公山氏などのところ, 公山田顯義を始め, 公山野子爵閣下より御, 公でカレケ, 公高初暹, 公に達する, 公川上白矢ガ嶽にて五月節句, 公左様なら, 公左衛門五番には七手, 公左衛門尉歳久公中務大輔家久公とて何れ, 公あ又, 公巳刻御参内, 公に出, 公ぬの, 公酔習家池池辺釣女自相, 公平松の旦那ちの地所, 公幼時の胆, 公庁ニ訴ヘ令シテ下吉田, 公庁ピラトの邸, 公床の間に己, 公を砕いた, 公廟碑の終, 公引き窓をあけ, 公弘法大師様の作られた, 公自寛, 公当時南には天草, 公彼方へ行っ, 公往きてこの, 公待ちねえってこと, 公をつけ, 公後れ至り進上した酒, 公徐輝祖曹国公李景隆をし, 公徐輝祖獄に下さるれ, 公御しょうがいとおきゝあそばしてから一と, 公御せいきょのことはかくべつ申し上げませい, 公御前今年幾歳になる, 公御廟所といふの, 公御快然可知, 公御機嫌伺いのため, 公御覧なされ酒, 公御館の地, 公微行の列, 公徳川光圀の別荘, 公徳川時代第一, 公徳川綱重に仕え, 公心中ひそかに思え, 公心配するな, 公必ず誤ま, 公の, 公忠朝臣が精製, 公怒らず駿馬肉を, 公怒り一靴を取り, 公に強く, 公急がねえとゴネ, 公と無条件, 公恐懼流言日とはそれ, 公あらず且つ, 公恩顧の二十余大名六百三十九万石, 公悠々として出, 公悲しい顔を, 公悲鳴を上げ, 公情的にも深める, 公愚楽老人へ御, 公は周公, 公時太夫晏子に, 公に勇, 公戯れにその, 公戻ればいい, 公手前こそ命拾い, 公手前嫉妬じゃあねえか, 公手拭を吉原, 公手紙をよこし, 公手親折梅一枝又作和歌并以賜余, 公承知だろうな, 公と思っ, 公掏摸テ豪勢なもん, 公攘夷の為, 公改めて相談する, 公攻め入りの節, 公を問う, 公政公眇目の平公, 公政権奉還の意義, 公故あつて管内と, 公教会報の歌, 公教会月報を借覧, 公教徒が神聖, 公教的教育に反抗, 公教精神は聖アウグスチヌス, 公のご, 公敬賓及び本校諸君, 公数年以来病気の故, 公敵真人の蛇蝎視, 公新邸が出来た, 公旗本は禄, 公漸凋落, 公日行渉為娯故結末及之, 公旦はんどこへ行かはった, 公旦那が色白, 公旦那衆にタテ, 公蔵弘安鈔本古文孝経孔伝, 公旧築浪華城, 公早朝靴を穿たん, 公昌安公御涼, 公など秘曲, 公是公と呼び棄て, 公昼間からどこ, 公時代以來の古記録, 公景気よく言っ, 公暁園城寺より下著, 公暁宮寺に参籠, 公暁父のかたき, 公暁鶴岳別当職に補, 公曰く政党内閣は暫らく断念, 公曰く政黨内閣は暫らく斷念, 公書する所の, 公書院の発行, 公曹操功高ク徳ハ宏大ニシテ天ヲ極, 公會演説教育ある人間, 公未亡人がはいっ, 公本当にそう思うかい, 公本紀の景炎元年, 公本船へ来い, 公なる天寧山真如寺, 公村大字高殿小学校隣接の伝説地土壇, 公条は年齢も二十, 公条は相続人と定まり, 公条実枝とつたえ, 公条邸の南面, 公やあがった, 公来り十円タカられ, 公東湖ありて, 公東照宮様と代, 公の常磐, 公松平伯を初め, 公松平越中守定信の執政, 公松平龍山公微行の列, 公にもねえ, 公伯の, 公桂内閣の暴政, 公という人物, 公楠公新田公織田公豊臣公近来の諸, 公の後裔, 公樣御封の遠, 公横死の號外, 公機関は腐敗漢, 公止しな覗い, 公の酒, 公此奴をどう, 公武公烈公のよう, 公武田公毛利島津竜造寺そういう奴ばら, 公毎朝缺すこと, 公毒害のこと, 公はたしかに, 公比叡山へ女房共, 公毛利島津竜造寺そういう奴ばら, 公氏宮内大臣秘書官森泰二郎氏に示し, 公氏将軍家の御, 公気取の態度, 公氣取の態度, 公水入らずの差し向い, 公は放生, 公江戸の流行唄, 公沈諸梁は孔子, 公沙穆と呉祐, 公の護匿, 公治保の世, 公泊めてやれ, 公泣きながらその, 公の和琴, 公泰平の豪傑, 公洗濯物をしぼっ, 公流言を聞き, 公浅井朝倉退治の時神祖, 公浅川にやる, 公消えそうじゃ, 公滝坊へん滝豪傑こっちの大, 公滞京中駿河台付近の人々, 公澄法親王の座所, 公烈公以来東湖先生以下農を以て国本, 公疾病, 公無私なるべし即ち, 公無論敵し得べくも, 公父文伯の母季敬姜, 公父祖代々の領地, 公牘さへも書けなかつたら, 公牛若丸の鬼一法眼, 公特にいまだこの理, 公猶未だ老いたりと, 公りであるが, 公王莽の事, 公現したもうたこと, 公瑾不幸ニシテ夭亡ス天人倶ニ傷マザルハ非ズ, 公瑾周府君ノ霊前ニ致シテ曰ウ, 公甚太夫殿此節俄に大病, 公生ける間に, 公生前の居間, 公生活さへ立派, 公生活中に異彩, 公町公と云った, 公町奉行大岡越前守と御, 公留任の希望, 公年考, 公病弱田沼の屋敷, 公病手当の規定, 公病院の畑, 公発憤の動機, 公登壇受戒の為, 公盆持ちの良公, 公盗共が掠めし, 公目マルのマル公, 公目賀田種太郎金子堅太郎なぞいう, 公直ぐに一本, 公相君といふ支那人, 公相当の感情, 公眇目の平公, 公睾丸がちぢみ上っちまった, 公矢国という大将, 公知ってるだろう亡国の, 公尚ほあり, 公礼字は世儀, 公祇園さんへ連れ, 公をし, 公はという, 公中臣, 公祿以斯致死即吾分而已, 公秀吉公東照宮様と代, 公私いずれにもわたる, 公私立大学一般の学術, 公秘蔵の王羲之, 公秘話総目録, 公程度の小さい, 公稲梁を積み, 公積卿などに同じく, 公突拍子もない, 公はせ, 公十五, 公等みずから之を為せ, 公等之を知れ, 公て私し, 公篠田長二を捉, 公の勇, 公が見えない, 公紀州公御兩家, 公紀州潜邸の時, 公紀州頼宣が虫, 公紀烏亭の孔休, 公の義, 公納所なり, 公素頓狂な声, 公細川銀台公の如き, 公終南山の梓樹, 公給事業の一斑, 公給問題の由来, 公とか内大臣實氏, 公続いて儀十等, 公という青年, 公織田公豊臣公近来の諸, 公を犯す, 公署代表各鎮保長, 公羊傳國語晉語呂氏春秋過理篇, 公羊傳宣公十五年初税畝, 公羊傳昭公十二年の條, 公羊傳穀梁傳などにも精通, 公羊傳註三年一換主易居の類, 公羊傳韓詩外傳國語晉語呂氏春秋行論篇などに出, 公羊子曰謂之秦, 公羊穀梁をやる, 公羊穀梁二傳國語晉語などに出, 公羊穀梁二派古文に左氏, 公羊高と云, 公ならざらん, 公羽安藤老蕗, 公羽州最上にあらせられし, 公羽衣のシテ, 公とのみと夫, 公老荘などを祠, 公胸裏之窈糾令, 公を抜かす, 公なの, 公臥龍梅と命名, 公臨終前半月, 公敍及報任少, 公自らお作りになった, 公自ら建てしもの居室, 公自ら手を延ばし, 公自分でも分ってる, 公自慢の髷つぶし, 公至明の道, 公致仕遊ばされ候時, 公がやめた, 公興化の令, 公良いお音信, 公の残り, 公芝居の仕出し, 公花間の文字, 公苦しいのか, 公茂画伯に詳しく, 公草和名フジナまた, 公荊州を得, 公荘一のあり, 公荘夫婦は允男, 公落ちついて, 公董姉小路公知を副使, 公を分け, 公薨去のため中止, 公薨去後の混雑, 公を移し, 公藤介の方, 公藤田の徒, 公藤田らの夢想外, 公の白堊光裡, 公行って来る, 公行闊歩するもの, 公被管の内, 公と齟齬, 公裁縫屋さんへ丁稚, 公で孫, 公製辞相短述一律八絶句瑤韻, 公襲撃の頃, 公西をごらん, 公西洋諸国を漫遊, 公西華君がその, 公見えがくれ, 公見ろよ, 公見ろあったぞ, 公はその, 公覚めて桑田, 公親子はある, 公親類の附合, 公に議せよ, 公討たれたもう, 公も今日, 公評ニ質サンガ為メコヽニ会同シテ州内良民ノ名, 公により, 公試験を受, 公試驗を受, 公詩話と詩話, 公だったから, 公ヲ決定シ彼等ガ日本人ト語ルトキノ彼等, 公を正使, 公か御, 公調四通中二通計三通分, 公を, 公謀反を思召立給, 公謙信公と同格, 公謙信公信長公などが覇, 公謝罪ってしまい, 公證人奧宮某の如き, 公證役場にいる, 公議するという政治, 公議ニ違フ者ハ断然征討ス, 公議人とか公用人, 公議人となり大学本校少博士, 公議人公用人というその, 公議所が近く東京, 公議政治論を採つ, 公豊卿の姫, 公豊臣公近来の諸, 公貞芳院ならびに公子ら, 公を動かす, 公は同じ, 公貴方はなぜそう, 公を擲て, 公賢自身の日記, 公賢近衛三条など上卿たち, 公贔屓が多い, 公起きて見ろ, 公路卿を載せた, 公軍法の御, 公とは異腹, 公の男, 公という発明家, 公輸子の巧, 公輸班と墨, 公と云, 公近来の諸, 公近衛殿へは吸物五種, 公近頃の容態, 公返答に窮, 公追い出していすわる, 公追弔演説會以來の獨, 公追討の刻, 公退して酒, 公退した跡に, 公逃げさらすなよ, 公などだ, 公連それから秦清文, 公連れてさ, 公連公元叔父良広の子, 公連公雅といったよう, 公連秦清文等に協力, 公逸早くコソコソうしろへ, 公遭難の跡, 公遷号は養堂, 公遷通称は千蔵別号, 公酒井宮内大輔の遺徳, 公酒井家はいつ, 公酷いネ許嫁, 公酷刑を用いる, 公重らは声, 公量酒井忠清の夫人, 公金公どうしたっていう, 公金的もっとしっかり抱い, 公銅像建設之地, 公銭湯で汝, 公はおろし, 公長公は居や, 公長屋へ帰らない, 公長知侯にお, 公長知公の御, 公閣下議会は唯, 公閣下議會は唯, 公閣下道路伝ふる所, 公閣下道路傳ふる所, 公閣下閣下内閣組織以來屡, 公閣下閣下内閣組織以来屡, 公に強く, 公陽貨の諸, 公随臣を睥睨, 公隣国筑摩殿と御, 公雅公連それから秦清文, 公雅公連公元叔父良広の子, 公雅公連秦清文等に協力, 公雅大中臣定行などが門, 公雅安房の庄司公連, 公難病災重きは家, 公の如く九日九夜, 公靖その他の人々, 公面白い話を, 公の生れた, 公領事館に訴えられる, 公領司令官セレナああフライベルヒ, 公領荘園の地頭, 公をかい, 公頼むわ, 公と同じく, 公まん人, 公飲みも飲ん, 公をひねった, 公馬鹿とて三十五六, 公騒動であったから, 公驚いたか, 公に強く, 公黄門様は水戸様, 公黒田家のお抱え, 公黨自由黨等を組織, 公や其他, 公齊昭の世, 公P公や彼奴