青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「則~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

到着~ 到頭~ 制~ 制度~ 制限~ 刹那~ ~刺戟 刺戟~ ~刻 刻~
則~
~前 前~ ~前後 前後~ 前方~ 前日~ 前者~ 前途~ 剛~ ~剣

「則~」 1516, 16ppm, 6913位

▼ 則~ (547, 36.1%)

10 一なり, 日光を 8 両翼を, 之れ, 之を 6 彼は 5 これを 4 天下の, 彼れ, 我輩は 3 人を, 彼の, 曰く, 然ら

2 [36件] 一日の, 今囘, 以て, 伯が, 佳なる, 侯と, 其歎美す, 内閣は, 利爪深く, 君自ら之, 天に, 学を, 已ま, 市の, 形式上の, 彼が, 心を, 快なら, 是の, 是れなり, 末松男を, 本領の, 松陰の, 此一句に, 民服せん, 現内閣, 短期の, 私は, 自分の, 花は, 茲に, 草に, 行政の, 西園寺侯に, 誰れ, 間に

1 [396件] かかる社会, この世, この二者, この尊王思想, この心理的革命, この智識顕昭, これなり, これに, これ風教に, しかいう, その人, その余流, その揆, その汁, その趣, それである, それでござる, それなり, なしと, なるべく人力, よくならせ, わが取らざる, われらを, アイスクリームと, ハマナスの, ビジテリアンは, メキシコ銀百ドルに, 一の, 一のみ, 一切新たに, 一千萬圓に, 一国の, 一歩の, 万一の, 万別千差, 三月七日の, 不平頑固偏屈の, 世粛已に, 丙戌以前の, 久しくし, 之が, 之に, 乞児巌頭に, 乾霊の, 事克たざる, 事同, 事理自らに, 二人の, 二百輛の, 五たび策を, 五月の, 亡し, 亡國に, 享楽は, 京橋や, 京都の, 人類から, 人類の, 人類は, 今一層, 今度の, 今日の, 伝に, 何ぞその, 何ぞや, 何れの, 何を, 余が, 佳ならず, 偏重の, 僕であった, 僕の, 僕も, 僕を, 儒緩君の, 先き, 先づ, 先に, 党員を, 兵を, 其の人, 其の庭内境静か, 其の庭内境靜, 其の怨, 其の患, 其の未だ, 其の當, 其の至る, 其の辞職, 其の辭職, 其人たるに, 其人は, 其屋敷跡だ, 刀を, 分別を, 分割の, 初代圓生の, 前に, 前を, 前人蓋し, 功利的見地に, 劫を, 勅裁を, 勢分る, 勢力である, 北海道という, 匹似せり, 十五六歳の, 十億人を, 十四謂うべし, 十歩の, 千曳神と, 卑俗として, 南殿の, 友人や, 叛かんと, 叢桂社である, 可なり, 可なる, 可克たずん, 右の, 右を, 司院法を, 同情を, 同胞姉妹なり, 君強く, 君臣たり, 君臣に, 吾が松下村, 吾人の, 吾人は, 呆然自失その, 営業の, 嘗て聞ける, 囚り, 四生の, 国を, 国人も, 国兵暴か, 国民の, 國民の, 地と, 地球が, 堀田閣老彼自身さえも, 壊るる, 壮なり, 変詐す, 多く勝つ, 大に, 大喜衣を, 大河自身が, 大進あり, 天と, 天下に, 天皇と, 太子たる, 太廟, 夫婦の, 夫婦家に, 失多し, 女大学, 女子は, 如何, 如何前便申上げ候通り, 孝行と, 守令顔を, 宝暦九年竹内式部が, 実に精確, 実際の, 家の, 家を, 家庭問題は, 尊王なり, 小石川伝通院前の, 小説家に, 小進, 尚武任侠は, 山に, 山静に, 左の, 巧みである, 已む苟も然, 已む若し, 已む説無く, 帝丘福を, 師旅当に, 幕責を, 平民と, 平民文學と, 平沢組の, 庸愚も, 廻瀾を, 弓箭の, 弥二の, 張飛巡査が, 当今我国の, 彬彬たらん, 彼なり, 彼を, 彼実し, 彼等は, 往返の, 御殿に, 心定まる, 心系急に, 忘る, 忠あらん, 性惡説より, 性慾を, 性能の, 怨を, 恋に, 恋愛なり, 恒産なく, 悪魔を, 意気を, 意氣を通じて, 愚に, 慾が, 我が子, 我も, 我等が, 或人, 所謂三箇の, 攘夷なり, 攘夷は, 政令二途に, 政党を, 政黨を, 救ひ, 敬あらん, 斃れふしぬ, 文明の, 断然策を, 斯老の, 新著百種の, 既に以, 日に, 日露戦争前後二囘に, 日露戰爭前後二囘に, 旧加州侯, 旧約に, 旧自由党, 明夜人定後脚船一隻を, 明夜初更を以て, 昔から, 昭徳院といふ, 是である, 是なり, 是に, 是れ, 時宗秀吉数人のみ, 曰, 曲者生田なるべし, 更に死期無し, 朋友である, 朝を, 朝廷の, 朝廷激し, 木落ち風行く, 本能とは, 村田が, 杖を, 栃木縣の, 楼垣尽く, 樔に, 欧陽公この, 歌よみて曰く, 正当の, 正當, 此人が, 毎事, 気分に, 気平, 氣の, 氣を, 氣上る, 氣既に, 水火刀兵の, 水草蕾黄に, 水野忠邦の, 氷河と, 永く小, 汝は, 河野本, 河野本来の, 淨名, 漸く大, 潮止りと, 無なり, 熱を, 燕王の, 物既に, 特に吾人, 獣や, 生ある, 生殖に対する, 生殺, 男子の, 画に, 疏すべく, 皇后の, 皇孫の, 相州御, 相得る, 相用い, 破り難し, 祖宗に, 神功皇后下は, 神自体よりも, 禁錮乎罰金乎余曰く余は, 禮樂を, 禹域を, 科学でも, 穴に, 窈窕し, 筆し削るべき, 箭の, 篠田が, 精ならず, 純然たる, 素懐を, 美に, 義仲の, 耳の, 肉類の, 肉類や, 能力の, 臣強く, 自から, 自分へ, 自然その, 自由という, 舊自由黨が, 花直ちに, 花開き鳥下る, 英雄である, 草壁皇子尊先づ進み, 蔵る, 蘭軒の, 螺旋循環の, 衆を, 行み, 行親忠家に, 褫い, 襟を, 規則である, 親王兵を, 誕欺怪迂, 読書慾は, 誰と, 論なき, 論難者は, 諸神, 護法水四桶を, 豐公が, 貪慾の, 貴下方夫婦, 貴大臣, 貴重なれ, 賊を, 賢母に, 質実義勇斃れ, 身を, 轉定に, 農耕に, 逆氣生, 逐電する, 速やかに, 進歩党の, 進歩自由両, 進歩自由兩黨の, 進歩黨の, 運命なりと, 過激に, 道君經義を, 道理なれ, 酔ひて, 酷寒酷暑に, 醜行紛々甚だしき, 長老に, 閏年も, 防長の, 陌上の, 険を, 雄弁な, 難し, 雷火である, 靜か, 非なり, 音無き, 骨肉たるも, 體内の, 高附帳, 黨員を, 鼻息で

▼ 則~ (102, 6.7%)

3 もって 2 代表する, 越えない程度, 遵守し

1 [93件] うかがうには, その高弟迦葉, どこまでも, またわれわれ, やぶった者, よんで, ニュートンや, ハッタと, 上洛させ, 与えるであろう, 云い表わす方程式, 仮定する, 作るまでには, 保護し, 刺殺しその, 受取つて二人の, 呼んで, 啓示する, 奉ずるもの, 如何に, 守って, 守らないで, 守りつ, 守り模範的囚人, 守る必要, 守る点, 定むる, 実際に, 実験しよう, 富田病院の, 少なくも質的, 当て是非, 得たの, 恪守し, 意味する, 意味するなり, 把握し, 拵えて, 持ち出すの, 捉へる, 捻出する, 掲げて, 改良し, 教える科学的, 日本語で, 明示した, 材料として, 楯に, 標準と, 正式の, 正確に, 求める事, 活用する, 無視しない, 無視する, 犯して, 理解し, 理解した, 理解し得た, 理解する, 疑うの, 疑う前, 発布し, 発見し, 発見する, 發表し, 發見せる, 知らない世人, 知りて, 知ること淺, 破ること, 称するの, 經驗則として, 総括し, 習うだけでも, 表わすべき数式, 見つけるわけ, 見出すこと, 覺え, 計算し, 記録した, 訪れて, 設定する, 読取る事, 謹守し, 越えざる底, 越えた意識, 越えた置酒高会, 踰え, 述べる字句, 難なく解決, 面詰した, 験しよう

▼ 則~ (100, 6.6%)

6 の顔 4 の鼻 2 では, の唇, 兎唇に, 鼻を

1 [82件] かな, がお, が乱世, が凡庸, が城, が夫人, が鼻, だけでありました, であったこと, ではござりませぬ, といった人々, との間, と北の方, と彼女, と書いた, と見た, と言いたい, に取っ, に告げるべきであり, に告げ知らすべし, に対しても敬愛, に対する忠誠, に忠勤, に示した, のうしろ, の上, の云う, の傷口, の利腕, の前, の名作, の嗣子, の左右, の手, の書状, の本陣近く, の様子, の無事, の生涯, の許, の負傷, の身, の近習, の驚いた, の驚き, は, はかねてから, はしきりに, はそれ, は今度, は六七間向う, は十八歳, は反射的, は和歌狂, は唯, は座頭, は煙, は腹, は若い, は顔, は驚き, もまた, も武州公, より一つ歳下, を不具, を介抱, を兎唇, を口説き落し, を心私, を森, を滅ぼした, を考え, を鼻缺, 以下の, 公その, 公の, 公ふと, 公大に, 公由, 公聞召され, 公近頃の, 夫婦の

▼ 則~ (87, 5.7%)

6 ような 3 もとに 2 存在を, 知人の

1 [74件] こうあん, ことである, こととて, ことに関しても, ごとき, ごときよほど, ひざを, もとへ, やうに, 一端に, 中に, 予想によって, 云い表わしと, 云い表わす言葉, 今回の, 価値と, 入り口に, 全身に, 六男に, 前の, 厳守に, 厳守を, 厳密な, 友達で, 圈内にも, 場合について, 変遷を, 外泊の, 女なり, 字が, 完全な, 定義や, 帰るを, 心に, 恐ろしさ, 意味を, 成立し, 成立する, 支配を, 文であります, 文と, 文法を, 普遍なる, 普遍性とか, 曲線が, 曲線の, 最初の, 条件, 條, 樹立に, 発展の, 目に, 第十三条, 結果, 統一を, 統計的解釈に, 縁談が, 耳から, 耳に, 胸には, 自殺未遂が, 萌芽が, 衝突, 記述でなけれ, 設立エントロピーの, 許す範圍, 身の上を, 近似的な, 返答が, 適用される, 關する, 顔も, 顔を, 養子と

▼ 則~ (55, 3.6%)

4 して 2 支配され, 照らして

1 [47件] あまり信用, お願いします, なって, はまって, よりて, 一通り目を, 不満を, 任じて, 信頼し, 傾いたの, 出て, 到達した, 到達する, 反したる不, 反した信用, 反して, 合わないよう, 合致する, 基けた, 好意を, 存し, 尽きて, 従って, 従ひ, 従ふ, 從つて生く, 從ふ, 從ふなり, 悖ること, 指定した, 支配された, 支配される, 支配されるであろう, 支配せられ, 曰く運動の, 服従し, 来て, 準拠した, 漏るる能, 立ち直る隙, 縋らざるを, 背きしなど, 象どる也, 違いありません, 關する, 附くこと, 順應する

▼ 則~ (52, 3.4%)

2 わかると

1 [50件] あって, あべこべに, あまりに複雑, ある, あるだろうか, いかなるもの, きびしいので, ここにも, その筆頭, どんな人, ないの, はいって, まご, まだ十八, 万難を, 世に, 主家を, 伏在し, 何である, 分からなくな, 判明しない, 可能である, 可能であろう, 啓示される, 変わらない限り, 失踪し, 如何に, 嫌いで, 存在する, 守り山中城, 強いて肩, 応用さるるなり, 成立し, 支配し, 支配する, 普遍的な, 現れる, 現れ出したの, 甚だしくちがっ, 発見され, 監寺の, 知識上の, 突然失踪, 自分を, 設定される, 述べて, 述べ得られるの, 適用される, 電子間の, 食事中の

▼ 則~ (50, 3.3%)

1 [50件] あまり簡単, あらあらしく土, あるには, おずおずと, その唯一, それは, はたして永劫不変, ふつうの, まだ一度, まだ何人, もちろん生物現象中, もはやなんらの, やおら泣きだし, ユスリだ, 一見恐縮した, 不変である, 事実を, 人間の, 人間未生以前から, 何人も, 元来経験的な, 具体的事象の, 吾人の, 宇宙の, 平然と苦笑, 得意そうに, 思わず身ぶるい, 患者の, 支払うこと, 時々外泊, 来たな, 法眼の, 海王星の, 激しく憔悴, 物質界における, 物質科学の, 科学者の, 空気の, 美代子さんだけが, 美代子に, 茫然として, 複雑多様な, 見ないフリ, 踊り上りたい, 近似的の, 週期的に, 進まず退かず, 運送屋を, 道を, 金が

▼ 則~ (25, 1.6%)

3 なって

1 [22件] いえば, いって, いひ二十四歳, して, しヤソ教, するには, するは, その運用, なし左, なりえぬという, むかい合つて静か, よほど違った, らんと, 云ふ, 云ふこ, 同じもの, 名乗る, 孝高の, 物質の, 矛盾した, 膝ヅメ談判に, 論理に従って

▼ 則~ (15, 1.0%)

2 であること

1 [13件] すなわち, なもの, な且つ, な人事, な即ち, な文章, な構成, な言葉, な関連, な順序, に秩序, に順序づけられた, 顧みが

▼ 則という~ (14, 0.9%)

2 ものが, ものの, ものは, 人の 1 いかめしい姓名, ものを, ウスノロ先生が, 婦人科医者が, 意味に, 私大出の

▼ 則天武后~ (14, 0.9%)

2 だの呂后

1 [12件] ですか, などはそれ, に係つた小説, のやう, の寵遇, の延, の時, の時代, をごらん, を淫乱, を討とう, 親しく上東門外

▼ 則ち説い~ (10, 0.7%)

10 て曰く

▼ 則~ (9, 0.6%)

1 が常々, が最後, との間柄, との関係, に関する自伝的描写, のみは自由, の言葉, は彼女, をほとんど

▼ 則~ (9, 0.6%)

6 去私 1 や符堅, 在吾心, 稚彦必害

▼ 則~ (8, 0.5%)

2 何も 1 そのあと, 兄貴の, 全然不明, 無視する, 父親の, 製造し

▼ 則に従って~ (7, 0.5%)

1 いろいろに, つぎの, われわれの, 出て, 分布され, 力に, 行なわれる一つ

▼ 則~ (7, 0.5%)

1 か拝郷五郎左衛門あたり, がわずか, の一族, の取りだした, の手勢, も, もそれ

▼ 則~ (6, 0.4%)

1 単に普通, 天体の, 導いて, 彼は, 規定され, 語根が

▼ 則には~ (6, 0.4%)

1 分けて, 帰宅時間の, 従わないの, 爾今, 誤りは, 通例

▼ 則~ (6, 0.4%)

1 その応用, 事実の, 原理の, 沈淪では, 落体運動の, 論理を

▼ 則~ (6, 0.4%)

1 が亡くなった, はその, は侍, は友人たち, は甲斐, は菊池

▼ 則として~ (5, 0.3%)

1 いわれて, 應用せず, 此に, 独立する, 用うる

▼ 則つた~ (4, 0.3%)

1 にもせよ, もの, もので, ものである

▼ 則によって~ (4, 0.3%)

1 分布される, 支配され, 整然たる系統, 直線落下を

▼ 則~ (4, 0.3%)

1 と一族, にたいする授賞, の二将, の居城

▼ 則~ (3, 0.2%)

1 と察した, よ, 国体の

▼ 則である~ (3, 0.2%)

1 からこの, とする, ように

▼ 則といった~ (3, 0.2%)

3 ような

▼ 則とは~ (3, 0.2%)

1 不可分の, 云うもの, 畢竟

▼ 則みたい~ (3, 0.2%)

1 なことば, なウスノロ, に考へ

▼ 則~ (3, 0.2%)

1 の忠諫, もその, を顧み

▼ 則~ (3, 0.2%)

1 によって放っ, は社会的実践, への

▼ 則~ (3, 0.2%)

1 が好き, は美代子さん, を好い

▼ 則~ (3, 0.2%)

1 一相關焉, 光, 縛三昧掲多離也行也已下怖

▼ 則~ (3, 0.2%)

1 に於, はある, までも近似的

▼ 則義氏~ (3, 0.2%)

1 は廿二年ごろ, は旗本菊池家, は漢学

▼ 則さん~ (2, 0.1%)

1 は紳士, もす

▼ 則ちた~ (2, 0.1%)

2 とひ

▼ 則ち画き~ (2, 0.1%)

1 平ならざれ, 悲めば

▼ 則ち知る~ (2, 0.1%)

1 その近因, 華夷の

▼ 則であり~ (2, 0.1%)

1 征服者であり, 或る

▼ 則です~ (2, 0.1%)

1 からね, でなければ歴史

▼ 則では~ (2, 0.1%)

1 あらうが, あるまいか

▼ 則といふ~ (2, 0.1%)

1 ものは, 篇に

▼ 則とが~ (2, 0.1%)

1 いつと, どこの

▼ 則との~ (2, 0.1%)

1 区別などを, 絶交を

▼ 則とり~ (2, 0.1%)

1 それが, 當時義士が

▼ 則とを~ (2, 0.1%)

1 求めるよう, 特殊な

▼ 則なれ~ (2, 0.1%)

1 ばわが, ば安心

▼ 則または~ (2, 0.1%)

1 事実の, 類似の

▼ 則より~ (2, 0.1%)

1 出づべきものならむ, 出づべけれど

▼ 則~ (2, 0.1%)

1 之ヲ変革シ, 新花

▼ 則チ當面~ (2, 0.1%)

2 ノ現

▼ 則~ (2, 0.1%)

1 能見其旧式, 遠自

▼ 則~ (2, 0.1%)

1 撃, 来格

▼ 則天武后時代~ (2, 0.1%)

1 から睿宗時代, の酷吏

▼ 則~ (2, 0.1%)

1 地頭様より, 見分の

▼ 則~ (2, 0.1%)

1 が同苗弥三郎, が阿波

▼ 則~ (2, 0.1%)

1 なり云々, 常怨猶如画石文云々等

▼ 則曲線~ (2, 0.1%)

1 実に人間, 無則曲線

▼ 則~ (2, 0.1%)

1 骨生, 骨腐

▼ 則自身~ (2, 0.1%)

1 が自然現象, の心

▼ 則螺線~ (2, 0.1%)

1 を大, を描

▼ 則螺線サこれ~ (2, 0.1%)

1 はつまり, は玩弄

▼ 則録翁~ (2, 0.1%)

1 が和算書, などの好意

▼ 則~ (2, 0.1%)

2 のもの

▼ 則鬼神~ (2, 0.1%)

1 之情状著矣, 之有

▼1* [269件]

あり仁恕勤倹稼穡の, 則あるいは論理が, 則かのやうに, 則から推定し, 則これ我が敵, 則へ成り立つ, 則そのものの権化, 則たる物質不滅の, 則だけはそれでも兄貴, 則ちやむ教え得れば教え, 則ち仕え以て, 則ち削り子夏, 則ち問うて曰はく, 則ち変じて神話, 則ち始めて日本, 則ち往きて洗, 則ち忘れ怨を, 則ち怠る怠れば則, 則ち悦ばず悦ばざれば則, 則ち悲しむこと多き, 則ち戦ふ勿れ, 則ち捕へて数十歩, 則ち攻められ易く実, 則ち教えると云う, 則ち期せず招かざるの夢, 則ち止み以て, 則ち死するといふ, 則ち活き水を, 則ち生ぜるもの今に, 則ち生らただに, 則ち画き喜べば則, 則ち異なるも其の, 則ち立ち入りて之, 則ち買いましょうと云う, 則ち起り各情なく, 則ち足れりと蓋し, 則ち髪を乱し, 則つて惡を準用, 則つて木片の火, 則つて柊の枝, 則つて礎石と鉄骨, 則であってそれ, 則でない限り厳密に, 則でも色々の, 則とかさう, 則とかいう連中を, 則とでも名づけら, 則とらせ外国の, 則とるに足るべき, 則どおりにせん, 則のである, 則なしにどうしていったい, 則などというものが, 則などのように, 則などはガスを, 則なども恐ろしく難儀, 則などを無視し, 則なり無精は, 則なる先生が, 則については心理学の, 則にも定むるところじゃ, 則に従う凝集力を, 則に関しては現在の, 則のみ存せる, 則ほか多くの学者, 則らしいものは, 則を以てしようと, 則クーロンの方則, 則チ一生ヲ送, 則チ一葉蕉ル故ニ, 則チ世界大戰中, 則チ二者ノ孰レカヲ決シ得ル國家ハ其, 則チ何ニ在ルナリ, 則チ借家ヲ以テ利得, 則チ内黄白色ニシテ堅ク味甜ク美ナリ或ハ熱湯ニ, 則チ刃ヨリモ利アリ両ナガラ相済フ, 則チ勞働者ト結合シタル勞兵會ノ出現ナラザルベカラズ, 則チ名ヲ呼ビ功用, 則チ外ハ黄皺内ハ潔白ニシテ堅シ, 則チ如何ナル國民モ間接税ノ負, 則チ如来ノ肝心, 則チ婦人ニ老親ヲ負, 則チ山河摂三州, 則チ差別ノ義ナリ, 則チ彼ハ西藏獨立ノ交渉中ニ青海四川, 則チ後生ニ至テ新理, 則チ支那上国ノ人, 則チ文ハ宮ノ御, 則チ日英兩國ガ海上ニ見ユルノ日ナリ, 則チ日露戰爭ノ結論, 則チ曰ク大磯屋曰ク勝松葉曰ク湊屋曰ク林屋曰ク新常磐屋, 則チ朕ノ貧シキナリ, 則チ棒ヨリモ利アリ刺ストキハ則チ刃ヨリモ利アリ両ナガラ相済フ, 則チ棒頭力無シ, 則チ海軍ヲ曰ヒ, 則チ海陸軍ノ共同ニ成ルモノヲ曰ヒ, 則チ熱湯ニ浸シ及ビ熱灰ニ, 則チ生ズ市食ノ菌ニ, 則チ痩セ縮ム放ツトキハ忽チ勃起, 則チ花ハ直チニ上ニ朝ヒ, 則チ花ハ東ニ朝ヒ日ガ天ニ中スレバ則チ花ハ直チニ上ニ朝ヒ, 則チ足ル故ヲ以テ彼, 則チ開ク宜シク, 則チ間ニ遠近ナシ但シ出ヅベキ処ニ遇ヘバ, 則チ阿弥太寺伊藤助太夫方ニ, 則チ陸軍ヲ曰フ其, 則チ雇備契約ニヨル兵士ナリ, 則依ッテ罰スモノ也, 則実トシ, 則ハ國家ノ根本法, 則ハ虚トスと, 則ボイルの方則, 則リ勉メテ現在ニ善源因ヲ施シ, 則抄ス, 則三家之易, 則三氏の兄, 則不正当人言亦人人異, 則不能知二家之別, 則主義にとどまった, 則事魔之罪也, 則云先生以本月朔病歿今已六日, 則無一相關焉, 則人法共に知る, 則今朝上京仕候, 則今般各國, 則たる馬荷物以下, 則令四方俾祭地震神とある, 則以神祝祝之神祝, 則と抜からぬ, 則何心処之亦, 則余部村に六人, 則使汝疑者, 則信手招来少仮思索, 則先生こう答えた, 則山弥望スレバ恰是一団, 則全体の存在, 則八房の八, 則其尋名勝訪故迹問奇石看異, 則其死也何合之有, 則其矢落下して, 則兼久兼貞兼白兼重などもすべて上手, 則よりし, 則即ち平仄律語格律語數律反覆律同韻重, 則即刻御暇, 則原子の実在, 則厳守のこと, 則可苟亦人也則何心処之亦, 則先後聖之, 則を受取, 則君臣之義廢, 則吾儕と汝, 則商均之神又非, 則既爲元質, 則国あたりと白眼ん, 則國家之一瑕也, 則土地の畝號, 則奏効, 則行, 則大兄ニも兼而御同意, 則天人の御供, 則天台比良三上諸峰, 則天地神明の知る, 則天時代の朝廷, 則天武后以上の女傑, 則天武后親ら上東門外に迎えた, 則天無私のちょい, 則天的な客観性, 則天皇の兵, 則天皇后である, 則如來使なるべし, 則あらず義元事, 則嬬人侍女ヲ携, 則は道風, 則寛身之仁也, 則小倉より申立, 則尭舜死則腐骨, 則岩倉具視徳川慶勝松平慶永島津義久山内容堂西郷隆盛大久保利通後藤象二郎福岡孝悌これらの人々, 則之通, 則の魚屋ニ至ル, 則が怒っ, 則徐阿片二万函を焼き, 則在於天, 則なからむと, 則情緒の方則, 則亦従彼, 則の番人共一切十分一請取, 則之, 則拳拳服膺而弗失之矣, 則捨長生殿爲内道塲復毎七日令解念誦僧等持念修行城中城外亦建鎭國念誦道塲, 則の申立, 則整うと云い, 則というお, 則文氏と共に副, 則旦那に従, 則是堯舜禹湯文武周公孔子之道, 則曰ク七軒町曰ク宮永町曰ク片町等ハ倶ニ皆廓外ニシテ旧来, 則書付持参仕候事, 則木鋤なり, 則果して斯の, 則桀紂死則腐骨, 則此両組織の上, 則歸靈魂之徳, 則死二気之霊, 則見麗人, 則民さんと云, 則気聚死則散有, 則流派の型, 則深川仲町には某楼, 則清か正確な判定, 則洲平原千里茫茫古代靺鞨中世金遼故, 則埋則土, 則点一ニ帰スルナク貿貿乎トシテ霧中ニ在リ遂ニ植学, 則無遺壽考, 則茗插花, 則燧人之前, 則玉樹後庭花也載驚異, 則理君が報告, 則之, 則白雲ノ, 則衣高屐兵隊ハ則洋服濶歩シ文人ハ則瓢酒ニシテ逍遥ス, 則の意, 則秀ふたりとも柴田譜代, 則秀不破光治小島若狭守毛受勝介佐久間玄蕃允など万夫不当, 則秀越中富山の佐々成政, 則秀金森五郎八長近原彦次郎房親拝郷五郎左衛門家嘉長九郎左衛門連龍安井左近太夫家清など, 則窓明軒爽対山望田甚瀟灑矣先生有詩次韻賦呈, 則一条に, 則注引周禮, 則紅袖翠鬟ヲ拉シ, 則義母君は滝, 則至道無難趙州和尚の唇皮禅, 則奪惟命, 則良佐固驥, 則花崗岩の諸山, 則茶筅と穢, 則菩提所傳通院寺中昌林院へ埋め, 則蒔絵では白山松哉, 則蓮台野村より被, 則虜自ら平伏せむ, 則螺旋を浅薄, 則過於鼠, 則堯於牆食則覩堯於羹, 則見事じゃ, 則隊頭立候もの, 則賢出会之処, 則造物之始, 則違反者に決して, 則重ねて誓, 則重生捕の, 則重生揃の事, 則録氏を煩わさん, 則録遠藤利貞関口開などという面々, 則の刀, 則長崎ニて一局, 則かに新宮, 則雇以財物如病疾遭害以爲持衰不謹便共殺之, 則雖存猶亡爾, 則靈魂脱離, 則靈魂爲身國活體之主宰而能與外界庶物相交, 則非相續者, 則にも文字, 則頭腦爲之舍, 則之叫啼, 則魂神之不滅, 則魂遊魄降寂, 則魂魄亦随而亡矣, 則魚屋万蔵が家, 則魚屋万蔵方ニ行て高柳, 則過於蠅