青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「八郎~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

全身~ ~全部 全部~ 兩~ ~八 八~ 八つ~ ~八五郎 八幡~ 八月~
八郎~
~公 公~ 公卿~ 公園~ ~六 六~ 六つ~ 六月~ 共~ ~共に

「八郎~」 1021, 10ppm, 10569位

▼ 八郎~ (237, 23.2%)

107 と小太郎 4 の方, の顔 3 の妻, の死骸, はもう, も小太郎

2 [18件] が大声, が微笑, だった, の倅, の声, の脚, は, はこう, はその, は七瀬, は小太郎, は手, は斬死, は箱, は自分, は黙っ, も, を埋め

1 [164件] か, か藤五, がこんな, がやがて, がよろめいた, がよろよろ, が一手柄立て, が一期, が一言, が下, が佇ん, が低い, が低く, が受書, が叫んだ, が呟いた, が声, が小, が小太郎, が左手, が平伏, が庄吉, が座, が式台, が招い, が杉木立, が注意, が片, が玄関, が眉, が眼, が立, が縁側, が苦笑, が裁許掛見習, が赤紙, が静か, が頷いた, しっかりしろ, であるか, でなくなって, とか申す, としては容赦, とに対して月丸, と伝次, と同じ, と正面, と申します, に, にお, にとって益満, にはすぐ, には思えた, には流石, には聞えぬらしく, に不安そう, に多く, に暫く, に追っつける, に連れ出され, の, のあの, のこと, のため, のもぬけの殻, の下, の二人, の冷笑, の凄惨さ, の前, の叫び, の右脇下, の墓, の子, の左右, の手もと, の様子, の正面, の眉, の眼, の腕, の血, の血まみれ, の訴えた, の足, の転がっ, の鋭い, はうつむい, はこれ, はころがった, はさも, はじっと, はそれ, はたちまち, はなお, はふらふら, はむずかしい, はよろめく, は一人, は二人, は人形, は低く, は元気, は刀, は友喜礼, は口早, は呟いた, は在宅, は坐った, は将, は小柄, は左腕, は幻, は床の間, は床柱, は怒り, は慰め, は懐, は手早く, は手箱, は手紙, は最後, は歩きかけた, は浪人, は無言, は畳みかけ, は益満, は眉一つ, は眼, は睨みつけた, は瞳, は立, は立った, は笑った, は綱手, は耳許, は腰, は若者, は血, は覚悟, は話し出そう, は赤い, は起き上っ, は身構え, は返事, は醒め, は静か, は頬, は顔, は鯉口, ひと思い, へ嫁いだ, へ正眼, へ眼, へ追い, も羽織, を埋葬, を眺め, を肩, を草, を見, を見上げ, を討つ, 分ったよ

▼ 八郎~ (175, 17.1%)

3 それを, 自分の 2 云った, 肩を, 黙って

1 [163件] あわてて, おそろしい大蛇, お豊, ここへ, この土地, この旅商人, これに, こんな奇妙, じっと内匠頭, じっと眼, すぐ前, すぐ眉, すっかり聴き惚れ, すでに御館三代鎮守府将軍, ずかずかと, そういう決心, そういう潜行, そう思い遣っ, そう言っ, そのま, その旅商人, その時十歩, その発頭人, その職業, その親しい, それから二言三言, それに, ちょっと風変り, どこか, ぶっきら棒, ぶるぶるした, ぽかんとした, また私, また颯と, まだ帰京, ようやく息, わが故郷羽州最上川, わけの, ウ討たれた, ジリジリと, プラグマテイストを, 一度も, 一應平次を, 一揖し, 一眼見, 一礼した, 七郎に, 万一の, 三百何十本も, 三階から, 不安に, 不審で, 両手を, 丸の内の, 主君の, 亀の, 争うこと, 二十一歳に, 今も, 先を, 兩手を, 其の夜終夜病人, 内匠頭が, 勿論帰っ, 南縁に, 単に稲代, 取ってつけたような, 取つて, 吻と, 呷と, 呻くよう, 呼ばわった, 呼吸を, 四万温泉から, 四十を, 土方歳三を, 声を, 大きく呻い, 大変で, 天井へ, 女房も, 子供が, 家臣に, 小倉の, 小姓組な, 小祿, 小禄ながら, 己の, 平次の, 年少な, 幾たびか, 庭へ, 彼の, 忍び足に, 思うとも, 恐らく作者, 恥ずるが, 息子を, 惡い, 慌て, 憮然と, 戊辰席順に, 手を, 掌中の, 故郷の, 料理人上原全, 日ごろ名勝旧跡, 昂ぶりきっ, 春陽堂を, 松の, 框の, 橘の, 武士が, 武州橘樹郡小机村の, 泣いたの, 流の, 清川村の, 滝に, 熱い茶, 父軍兵衛と共に, 片頬, 物薄い, 番場宿の, 眉を, 真っ先に, 真っ直ぐに, 着いた, 私を, 稚い時, 立って, 紅の, 紋着を, 縁に, 群集を, 考えた, 背に, 背後を, 胸を, 能楽家音曲教師役者などと, 膝を, 自から, 舞台近所の, 苦笑いする, 草鞋の, 藤八お節が, 裏山の, 見廻して, 話しながら, 近頃めっきり白髪, 逃げ目上, 醉つ, 長沼の, 隨分人にも, 雪代の, 静に, 頷いて, 頻りに考え込ん, 顎を, 飛降りて, 馬から, 馬子と, 麻布一の橋で, 黙して

▼ 八郎~ (92, 9.0%)

2 代稽古, 声は, 手は, 拳を, 母方の, 駄洒落が

1 [80件] あの大兵漢, ことを, こんたん, すがた, その化け, は剣法, ように, 一族, 三階の, 三階へ, 両名, 二人清元けいこの, 勤めという, 口や, 古家で, 名を, 喧嘩の, 声が, 外には, 女房の, 妹だ, 妻ふゆは, 存在は, 家に, 家の, 家は, 家宅同村堤防切れ口の, 尽力で, 帰宅が, 建白によって, 建白による, 弔ひで多勢の, 役割は, 後から, 手代と, 技倆その, 故郷の, 方が, 最初の, 末孫で, 槍は, 死骸が, 死骸には, 死骸を, 気構えな, 浪宅を, 烈々たる, 画や, 痩せた背中, 目論見で, 眉にも, 眼には, 眼は, 眼を, 素志が, 聲は, 股へ, 背中を, 胸に, 腕を, 舞台については, 色文という, 菩提寺の, 葬合戦逆, 行衛には, 袴羽織には, 覗込んだ, 言葉は, 話の, 話は, 語を, 説に, 邸を, 部屋で, 闇夜の, 頭を, 顔が, 顔は, 顔を, 顔色が

▼ 八郎~ (63, 6.2%)

2 一人で, 出て, 四万温泉へ, 多少の

1 [55件] あの塔, いけないいけないという, いぶかしげ, いる加藤弥三郎, この時ハタ, すぐ, すぐに, たちまち恭しく, ついその, ついて, ぼんやりした, 乘り込ん, 云い出した, 云った, 云って, 企の, 出生し, 出発しよう, 剥身屋の, 半歳以上も, 呼ばわった, 唐紙の, 問い詰めると, 地酒だ, 声を, 大きく浮き上がっ, 大紙鳶, 太刀を, 女の子と, 家出した, 尖った銀杏, 帰るまで, 心づかいを, 懇意に, 手で, 改札口の, 旗本の, 時々覗き, 死んでしまつたの, 殺されたといふ, 浪士隊の, 画策し, 祖父江出羽守の, 私と, 私に, 立処に, 立合って, 笑いながら, 舞うて, 舞台に, 説いて, 進み出て, 酒に, 階子段下の, 頭で

▼ 八郎~ (52, 5.1%)

4 白狗の 3 彦七とは, 矢田彦七とは 2 云うの, 勘次に, 勘次は, 木下半

1 [34件] ある名刺, いいことし十四, いうかと, いって, おなじだ, きちゃあ, その同志, その門下, 七郎の, 並んで, 云う男, 云う義兄, 人交へも, 伜の, 名が, 呼ぶよう, 大久保権右衛門の, 山下久内とに, 山路将監が, 岡本三河房が, 彦七, 彦七との, 彦七の, 申しますが, 申す者, 矢田彦七とが, 称した, 称ぶところです, 言う侍, 話して, 近藤平八郎の, 連れ立って, 連れ立つて, 連立って

▼ 八郎右衛門~ (23, 2.3%)

1 [23件] がその, が立会, で政府, とあります, というお方, などが狐塚, に譲渡, のふたり, のむす, の両人, の四季庵, の娘, の弟子, の松阪木綿, はさう, はその, はむす, はもうかの, は何, は羽織, は船大工, は頑固, を始め

▼ 八郎~ (22, 2.2%)

2 呼び表向き

1 [20件] とりこに, ゆり起して, よんで, 乗せた馬, 乗せた駕籠, 云う, 取囲んだ, 呼ぶの, 呼べ, 呼出されて, 引きずつ, 扱いながら, 犬死に, 罵つた, 要撃しよう, 覘う, 討たれ悲哀, 討って, 誰が, 送って

▼ 八郎~ (20, 2.0%)

1 [20件] これには, これは, びっくりした, まだ話し, 元は, 共にとん平, 半右衛門, 又自分, 同じ結論, 唸り七郎, 彦七も, 御同様, 思はず丁寧, 思はず固唾, 思わず固唾, 新事実, 百石の, 続いて, 耳を, 附き添って

▼ 八郎兵衞~ (17, 1.7%)

1 [17件] が老, でした, と仲, と掛り人, の死, の死骸, の總領, の老, の養子, はお人好し, はその, は六十八, は消極的, は考, までがゾロゾロ, を始め, を顧みました

▼ 八郎さん~ (16, 1.6%)

2 も大

1 [14件] がかつて, がまた, が言っ, が負ける, であつ, と十九歳, と呼ん, にお願い, に告げた, に逢う, の奥さん, の返事, は, まで

▼ 八郎太殿~ (14, 1.4%)

1 [14件] が不忠者, とに何, ならずとも, に又, の志, の性, の斬死, の血, の話, は, はお, は亡くなられた, は斬死, へ味方

▼ 八郎~ (13, 1.3%)

2 がお

1 [11件] が先ず, が有った, ついて, に後, に手, はこう, はそう, はギリシャ古典, は早く, は欧洲中世紀文学, は言下

▼ 八郎~ (12, 1.2%)

1 [12件] が列席, が来, が這入りたい這入りたい, との関係上, に伴う, の妻君, の居所, は, はその後転々, は正妻, は真面目, は苦学生

▼ 八郎という~ (10, 1.0%)

1 きこりの, のが, 一将だった, 人が, 小学校を, 幼名を, 心ある, 樵夫異, 素っ裸の, 類の

▼ 八郎~ (9, 0.9%)

2 注意され 1 さずけ, すゝめられ, 取っても, 向って, 吹つ込ん, 最も近かっ, 見立てて

▼ 八郎兵衛~ (8, 0.8%)

1 っていうお, とあるべきである, といっ, などの侮蔑, の子ども, の宗教物語, の長女, を伴っ

▼ 八郎殿~ (7, 0.7%)

1 では, とが, と矢田彦七殿, には数々, には日頃, のおり場所, は

▼ 八郎といふ~ (6, 0.6%)

1 かなりの, のは, ニキビの, 人は, 男は, 百姓でございます

▼ 八郎~ (5, 0.5%)

1 から取り戻した, といふ海辺寄り, のお, の妹, を根こそぎ

▼ 八郎~ (5, 0.5%)

1 でお, に滞在, に逗留, の番頭, へ帰りまし

▼ 八郎~ (5, 0.5%)

1 が管理, が通りかかり, とおっしゃり, のお, は一時

▼ 八郎~ (4, 0.4%)

1 七平を, 七郎の, 宇佐美摂津前, 網干の

▼ 八郎左衛門~ (4, 0.4%)

1 だの伊庭軍兵衛, と渡辺九郎左衛門, の住居, 重景

▼ 八郎~ (4, 0.4%)

1 が通り, と仰, のお, も怪しい

▼ 八郎~ (3, 0.3%)

1 とこなども, 宿の, 糸の

▼ 八郎やあ~ (3, 0.3%)

2 三郎やあ 1 と呼ぶ

▼ 八郎五郎~ (3, 0.3%)

1 という物見, はよく, は額

▼ 八郎~ (3, 0.3%)

1 どのお, どの御霊位, の孫

▼ 八郎~ (3, 0.3%)

1 の周辺, の岸, まで来た

▼ 八郎こそ~ (2, 0.2%)

2 奇怪なれ

▼ 八郎その~ (2, 0.2%)

1 ほかの, 人であった

▼ 八郎~ (2, 0.2%)

1 丈の, 揉烏帽子で

▼ 八郎でも~ (2, 0.2%)

1 一たまり, 殺されるの

▼ 八郎と共に~ (2, 0.2%)

1 必ず堂木砦, 浴した

▼ 八郎には~ (2, 0.2%)

1 しかし少し, 不埓

▼ 八郎に対して~ (2, 0.2%)

1 公認する, 命を

▼ 八郎~ (2, 0.2%)

1 の一類, の親衛隊

▼ 八郎ン処~ (2, 0.2%)

1 から此方, にお

▼ 八郎兵衛さん~ (2, 0.2%)

1 とこの, には女

▼ 八郎兵衛どの~ (2, 0.2%)

1 とやらを大急ぎ, につかわす

▼ 八郎兵衛新田~ (2, 0.2%)

1 から十万坪, にいる

▼ 八郎右衛門氏~ (2, 0.2%)

1 の出資, の家

▼ 八郎太夫~ (2, 0.2%)

1 と云う, の家

▼ 八郎~ (2, 0.2%)

1 などは, まっ赤

▼ 八郎早く~ (2, 0.2%)

2 も一刀

▼ 八郎正信~ (2, 0.2%)

1 が帰り, であった

▼ 八郎殺し~ (2, 0.2%)

2 の下手人

▼ 八郎氏向こう~ (2, 0.2%)

1 へ向こう, へ行きましょう

▼ 八郎父子~ (2, 0.2%)

1 と分った, は焼けた

▼ 八郎~ (2, 0.2%)

1 が出かけ, であった

▼ 八郎討死~ (2, 0.2%)

1 です, といふの

▼1* [139件]

八郎お前久能山へ行け, 八郎お爺さんではありません, 八郎から内匠頭を, 八郎ぐらいにはなるだろう, 八郎こともなげに言ふ, 八郎ことも無げに言う, 八郎さまの再来, 八郎さん一調を, 八郎さん夫婦が住ん, 八郎さん私が死ね, 八郎すでにへとへとで, 八郎そこの硯, 八郎そちの気持, 八郎その他を従え, 八郎それ程呑めも, 八郎だけが堅く反対, 八郎だったし皆, 八郎ですよ, 八郎といったような, 八郎とが馳せつけた時, 八郎とともに行くべき処, 八郎とは幾度か, 八郎どのが甚兵衛, 八郎なぞと共に新徴組, 八郎などが飾られるの, 八郎などと一しょに, 八郎などのいること, 八郎なんて振り切つて, 八郎のみでは, 八郎ふと心配そう, 八郎ほか三名を連れた, 八郎やや弛む, 八郎死んで, 八郎デブ愛嬌のある, 八郎ホラブンの返答, 八郎一族を帷幕, 八郎一派の者, 八郎七郎の三人, 八郎に尚, 八郎中之郷東馬それから指無し, 八郎中之郷東馬山路主計らが五, 八郎中村勘右衛門野口勇三郎であったから, 八郎丸馬蹄鍛冶屋の大二郎, 八郎九郎太夫が和田, 八郎事強って申し張っ, 八郎井上又八使之者志母谷金左衛門伊丹長次郎黒鍬之者四人が出張, 八郎以下の人たち, 八郎佐山文随大出喜平青木金次郎西谷田村からは荒井嘉平, 八郎はなんだか, 八郎先生歓迎の席, 八郎光俊と半次郎, 八郎光芳と云, 八郎入道へ今回, 八郎全斎と号, 八郎兵衛吉田三郎兵衛などが盛名, 八郎兵衛紫藤軒と号, 八郎兵衞さまはそり, 八郎兵衞さんが身體, 八郎兵衞夫妻を親切, 八郎兵衞夫婦はなぶり殺し, 八郎なるは, 八郎助太刀を致した, 八郎北国者で剣術, 八郎北國者で劍術, 八郎しと, 八郎右衛門さまと言え, 八郎右衛門はかの女, 八郎右衛門はじめ御老中方, 八郎右衛門始め組合の者, 八郎右衛門方奥勤メ腰元地蔵まゆにて目千両, 八郎平八郎忠勝などの, 八郎はもらった, 八郎塚田幸平これらの儕輩, 八郎大久保権右衛門の三名, 八郎大河原八左衛門辻五郎秋山七左衛門警衛として付い, 八郎太あれや遊女, 八郎太から七瀬を, 八郎太二人にたいする侮蔑, 八郎太斬死の噂, 八郎太様の御, 八郎太殿御両人内密の用, 八郎太父子もこの, 八郎奴何様の科, 八郎媒人里開舅入同日也, 八郎宗重から早馬, 八郎宿とか言, 八郎てこれ, 八郎左岸に, 八郎山路主計川島与七郎等, 八郎山路正国などに命じ, 八郎川又茂七郎櫻山三郎熊谷精一郎林庄七郎渡邊剛藏等と合した, 八郎川島元次郎持斎茂吉原田英三郎等が主として, 八郎左衛門畑与右衛門渡辺九郎左衛門宮本又市などで名目, 八郎左衛門石原太郎左衛門鳥越五郎兵衛河内太郎左衛門等三十四人の勇士, 八郎平賀三郎の人々, 八郎平賀三郎矢田彦七らと共に熊野, 八郎庄内の酒造家, 八郎彦七では参れ, 八郎後ろの方, 八郎得意の漢文, 八郎御曹司為朝だの朝比奈三郎, 八郎徳永石見守の三人, 八郎恥しゅう存ずる, 八郎恩人に頼まれた, 八郎源太義平などの, 八郎打ったぞッ, 八郎持斎茂吉は煽動, 八郎敗けぬ気を, 八郎文弱に流れ, 八郎木村隼人佑重茲, 八郎本間孫四郎の様, 八郎ル, 八郎東馬らに促される, 八郎もあがらない, 八郎柏原忠蔵は未だ, 八郎権現が冬, 八郎横井平四郎長岡良之助等ヲ以テ, 八郎次どのからいつ, 八郎次殿はたしか, 八郎次病気平癒ノ祈願致セシトコロ, 八郎殿一人では, 八郎殿貴公とんだ濡れ衣, 八郎を落とす, 八郎洞谷雄蔵等, 八郎渡辺勘太夫そのほか, 八郎溜息をもらし, 八郎玄祖父儀右衛門の四人, 八郎田原藤太みんなのお力, 八郎矢田彦七と申す, 八郎は雲, 八郎秀頴等は江刺, 八郎維久於若宮大路射三浦, 八郎の, 八郎聞くがいい, 八郎自身であった, 八郎豪勢だな, 八郎の自信, 八郎金子与三郎それに島田虎之助, 八郎門人赤石郡司兵衛が弟子団野