青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「八つ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

全国~ ~全然 全然~ ~全身 全身~ ~全部 全部~ 兩~ ~八 八~
八つ~
~八五郎 八幡~ 八月~ 八郎~ ~公 公~ 公卿~ 公園~ ~六 六~

「八つ~」 1008, 10ppm, 10695位

▼ 八つ~ (287, 28.5%)

5 子供の, 時から 4 目が, 頃の 3 ころから, 声が, 女の, 子が, 子供から, 子供が, 島が, 年に, 時分から, 男の子が

2 [15件] 四つで, 女の子と, 女の子を, 少女, 時に, 時学校から, 男の, 皿に, 目は, 研究所を, 穴は, 箱を, 聲が, 鐘は, 頃から

1 [209件] дом建物の, あどけない頃, いずれも, こどもの, ころには, さずきを, さむさ, そのころ, たまご, とき, ときから, ときに, ながめを, びょうが, ふたりの, ものを, ゴーリキイは, ハンケチか, ペンかという, 丘嶽と, 乳と, 伸子は, 俗地が, 假, 兒が, 入口を, 円いテーブル, 区分である, 区分は, 単語という, 単語は, 危険な, 各室は, 名の, 坊ちゃんか, 大きなカキ, 大字である, 太鼓を, 女の子が, 女の子に, 娘が, 娘と, 子の, 子は, 子供ぐらいは, 子供だ, 子供ような, 子供らしかった, 子供程の, 字には, 室に, 室を, 家では, 寝床枕元近い, 小供, 小児が, 小包に, 小壁, 小娘や, 小学生が, 小径が, 小池に, 少年が, 尾あり, 尾の, 山の, 峯を, 峰々には, 峰が, 峰を, 嶺が, 希伯来文字を, 帽子か, 年だった, 年だつた, 年で, 年には, 年へ, 年まで, 年までは, 年ポルトヴァの, 年初めて, 年沒落した, 幼ない, 強大国が, 影を, 彼を, 怪コウモリの, 恐ろしい罪名, 意味に, 意志と, 抽斗が, 提燈を, 政綱であり, 日附は, 星の, 星天, 春大聖寺町の, 時の, 時ゴーリキイが, 時代から, 時伯父に, 時分からは, 時分に, 時分の, 時分金柑が, 時小学校に, 時私の, 松男君は, 林檎か, 桶が, 梵鐘は, 棚に, 椀茶碗が, 椎茸を, 槽に, 歳に, 池の, 泉十冊代, 泡によって, 洞門を, 渓谷とが, 渠が, 湖その, 湖に, 湖春を, 湯槽には, 演し, 灯の, 烏と, 爆発は, 物を, 犯罪を, 環が, 甥の, 田舎の, 男の子な, 男物の, 異る, 病を, 県は, 眺めを, 眼が, 眼の, 眼玉が, 矛とを, 短篇小説を, 研究所と, 神, 神さまおいらには, 神輿が, 私は, 私を, 穀堆, 穴に, 空間を, 窓には, 窓の, 竜王が, 童女の, 箱は, 縵と, 罪の, 罪名に, 罪名の, 耳を, 職能組合を, 腕白時代から, 自分に, 蜜蝋を, 谷と, 谷にも, 谷間に, 足は, 遊びざかりの, 道, 道が, 道は, 酒おけ, 重な, 金魚は, 金魚池が, 鐘を, 門, 門が, 門を, 雷を, 電子の, 電子を, 頃きんかんが, 頃に, 頃には, 頃は, 頃まで, 頃までは, 頃五所川原の, 頃叔父に, 頃山形市の, 頃慶四郎が, 頃村の, 頭とは, 頭には, 頭を, 頭八つの, 風景を, 飢饉の, 首が, 鹿と, 鼎が

▼ 八つ~ (97, 9.6%)

7 畳んで 6 疊んで 4 なる男の子 3 なって, なれば

2 [12件] ちがいない, なった, なると, なる女, なる妹, なる子供, なる留吉, なる私, わかれて, 疊んだ, 裂いて, 裂けて

1 [50件] すぎぬころ, するぞと, なったくらいの, なったばかりの, なった兄弟二人, なった女の子, なった時, なった時分, なつた, なりそれでも, なります, なりますよ, なり十六, なり昼前, なるの, なるまことに, なるん, なる乞食, なる伜, なる児, なる女の子, なる姉, なる子, なる孫娘, なる常吉, なる弟, なる惣領息子, なる時兩親, なる男, なればね, ふえてるが, われて, ダイヤモンドが, 分けて, 分れて, 分解され, 切った, 切って, 切り刻むなど, 切断した, 引き裂いた, 成る毛筆屋, 打つ, 折りたたんで, 為ようと, 畳んだ一枚, 疊まれ十六に, 砕けて, 見える子, 近い刻限

▼ 八つ~ (33, 3.3%)

2 ある, てかへれ

1 [29件] あけて, あらうか, ありまして, あるの, ある書類入, あろうか, からみあって, この草, した, ちがうと, ふけて, まるで筍, みだれて, 上に, 十も, 寝床が, 居るん, 年が, 年下でしょう, 年増じゃ, 持って, 挽く, 見えました, 貝輪を, 路地裏の, 通りすぎてから, 連ね枯れた樹, 隱した, 飛んで

▼ 八つ~ (30, 3.0%)

11 岳の 3 岳が, 岳山脈の 2 岳の山つづき

1 [11件] 岳, 岳か, 岳から, 岳だ, 岳です, 岳富士の, 岳蓼科の, 嶽で, 嶽に, 嶽保福寺又は, 鳴るの

▼ 八つ~ (29, 2.9%)

6 九つに, 九つの 3 九つで 2 九つ位の

1 [12件] 九つか, 九つかの, 九つくらいの, 九つぐらい, 九つぐらいの, 九つぐらゐですもの, 九つだ, 九つであった, 九つにな, 九つ位だった, 九歳の, 十を

▼ 八つ当り~ (27, 2.7%)

1 [27件] かも知れん, したくなるの, して, しても, だ, だどう, であった, であの, ではなく, となっ, にほか, に呶鳴り, に家族, に源三郎, のお, の不機嫌, の体たらく, の声, の愚論, の気持, の言辞, の論法, はもう, は横暴, をし, をした, をする

▼ 八つ~ (26, 2.6%)

3 をふさぎ

1 [23件] からたつ, からほころびる, からむっちり, から入った, から赤い, が少し, が松, だけの赤い, でも裏, と帶揚, には赤い, に僅か, のあいた, のところ, の匂い, の明いた, の綻び, の赤い, の開いた, ひらひらと, へ白い, もすこし, をむらさき

▼ 八つ~ (21, 2.1%)

3 の時

1 [18件] からレース編, だらう蒼白い, であった, であつ, でしょう, な可愛らしい, になる, に細長く, に薄く, のお, のお嬢さん, のお河童姿, の一人, の女の子, の女の子達, の娘, の少女, は大丈夫

▼ 八つ~ (15, 1.5%)

2 ござりました, 小学校に

1 [11件] あつた, ことし小学校に, しかも触れ込み, 一度裳着, 下の, 小学校六級に, 早生れだった, 東京育ちの, 深川の, 結婚させる, 金の

▼ 八つ~ (15, 1.5%)

1 [15件] がさう, との逢瀬, と栄, と随分, には野州佐野, に継いだ, の古, の花, の角, の許, は全然, もその, を挟ん, を退かせ, を離し

▼ 八つばかりの~ (14, 1.4%)

2 女の子が

1 [12件] いたいけな, 乞食の, 娘が, 子供が, 少年に, 推進機が, 時に, 男の子が, 男児なり, 真黒な, 私と, 髮の

▼ 八つから~ (13, 1.3%)

2 十二三の

1 [11件] お身近く, 十一二の, 十一二迄の, 十三四までの, 十五までが, 十五六ぐらいの, 十五六の, 十五歳までの, 十歳に, 小学校へ, 庭の

▼ 八つ~ (13, 1.3%)

2 六つの

1 [11件] なりに, ほかに, ルリーと, 七つとの, 三つの, 九つや, 五疊の, 六つです, 異議申立が, 続けて, 順に一列

▼ 八つ九つ~ (13, 1.3%)

2 の頃, まではハネ 1 ぐらいの時, と卵, の争い, の可, の小娘, までこんな, まではほとんど, まで往く, 出歩くこの

▼ 八つ~ (11, 1.1%)

2 にし, にする 1 にされ, にしてやった, にしてやる, にしろ, にでもし, にも火焙り, の刑

▼ 八つ化け仙次~ (10, 1.0%)

2 といわれ 1 がやにさがっ, が救っ, が立ち上がった, とずぼし, と称され, にいやがらせ, も江戸, も運

▼ 八つ山下~ (9, 0.9%)

2 の道具立て 1 の景色, の海辺, の茶屋, の茶店, へ差しかかる, へ親孝行, を見

▼ 八つ~ (8, 0.8%)

1 あるらしい, その前, 大賢人, 居るらしい, 年下だろう, 有りましたよ, 空明きに, 若かつ

▼ 八つ当たり~ (8, 0.8%)

2 に当たり散らし 1 でおいでる, にどなり散らしました, に先夜, に当たり散らしました, に爆発, に鳴らし

▼ 八つある~ (7, 0.7%)

1 という論文, ので八人坊主, ばかり, 八つの, 大きな蛇, 怪物が, 星ばかり

▼ 八つ~ (7, 0.7%)

1 告げる回向院, 回った頃, 打つたの, 打てばい, 竪に, 越える, 頭に

▼ 八つ~ (7, 0.7%)

1 だった, に平八郎, の頃, まで, を期し, を過ぎた, 過土井

▼ 八つあたり~ (6, 0.6%)

1 とで紋作, ね可哀そう, のあり, の不平, をする, を始めた

▼ 八つ~ (6, 0.6%)

1 と云つてこれ, の化け物, の芋, ほどは大きく, や蓮根, を撫でまわし

▼ 八つぐらいの~ (5, 0.5%)

1 子どもらが, 子供が, 子供の, 歳から, 男の

▼ 八つ~ (5, 0.5%)

1 の崖, の飲み屋, の高台, へ降りる, まで行く

▼ 八つ年上~ (5, 0.5%)

2 の二十五 1 のこの, の兄さん, の農家

▼ 八つ~ (5, 0.5%)

3 という犬 2 に照りつくる

▼ 八つうごい~ (4, 0.4%)

2 ていました, てゐました

▼ 八つばかり~ (4, 0.4%)

1 でありました, まんまとせしめ, よくベトベトに, 食ふ

▼ 八つまで~ (4, 0.4%)

1 大きなかき, 横浜に, 私は, 罪名を

▼ 八つ~ (4, 0.4%)

2 の紙 1 にし, にする

▼ 八つ~ (4, 0.4%)

2 りを 1 りの, りも

▼ 八つ~ (4, 0.4%)

1 にはどうやら, のわら, の港, の荒籠

▼ 八つ~ (4, 0.4%)

1 から空, にはもう少し, に御, 親しく隣席

▼ 八つぐらいに~ (3, 0.3%)

1 なる孫娘, 見えるちっちゃな, 見えるほど

▼ 八つだった~ (3, 0.3%)

1 って口, と覚え, 私の

▼ 八つにしか~ (3, 0.3%)

2 ならないお前 1 ならぬのに

▼ 八つより~ (3, 0.3%)

3 つのりて

▼ 八つ下り~ (3, 0.3%)

1 などの意, の夕日, の陽

▼ 八つ九つ十~ (3, 0.3%)

21 もほつ

▼ 八つ切り~ (3, 0.3%)

1 くらいのスケッチブック, にした, の料

▼ 八つ~ (3, 0.3%)

1 からの雨, から降りやした, だ

▼ 八つ~ (3, 0.3%)

1 は, をけふ見つる, 越えそ

▼ 八つ~ (3, 0.3%)

1 が上, が違う, を取った

▼ 八つ目鰻~ (3, 0.3%)

1 の目, の腮, や蝶々魚

▼ 八つあっ~ (2, 0.2%)

1 てその, て綱

▼ 八つあつ~ (2, 0.2%)

1 た, たかも

▼ 八つあります~ (2, 0.2%)

1 が川, よ

▼ 八つあれ~ (2, 0.2%)

1 ど, ば沢山

▼ 八つごろ~ (2, 0.2%)

1 のお, ほど寂莫

▼ 八つ~ (2, 0.2%)

1 から明治十五, といったネ

▼ 八つであり~ (2, 0.2%)

2 それが

▼ 八つでした~ (2, 0.2%)

1 が非常, ね

▼ 八つという~ (2, 0.2%)

1 ことに, のが

▼ 八つなれ~ (2, 0.2%)

2 ど身躰

▼ 八つにな~ (2, 0.2%)

1 つてかれ, つて学校へ

▼ 八つにも~ (2, 0.2%)

1 ならない驚き, なると

▼ 八つほど~ (2, 0.2%)

1 若くて, 造り附けに

▼ 八つまでの~ (2, 0.2%)

1 分科に, 間に

▼ 八つまでは~ (2, 0.2%)

1 灘へ, 集めたが

▼ 八つ~ (2, 0.2%)

2 九つの

▼ 八つ三次~ (2, 0.2%)

1 というの, といふの

▼ 八つ~ (2, 0.2%)

1 であった, でそろそろ

▼ 八つ並べた~ (2, 0.2%)

2 とする

▼ 八つ並んだ~ (2, 0.2%)

1 病室の, 窓の

▼ 八つ光線~ (2, 0.2%)

2 のある

▼ 八つ~ (2, 0.2%)

1 から, を過ぎ

▼ 八つ化け~ (2, 0.2%)

2 の仙次さん

▼ 八つ~ (2, 0.2%)

1 に登る, の途中

▼ 八つ平次~ (2, 0.2%)

2 の手

▼ 八つ時ごろ~ (2, 0.2%)

1 でしたさ, にはお小

▼ 八つ柏軒~ (2, 0.2%)

1 と妻俊, は三つ

▼ 八つ~ (2, 0.2%)

2 に並ん

▼ 八つ橋花魁~ (2, 0.2%)

1 のため, を一

▼ 八つ~ (2, 0.2%)

1 になった, に何かと

▼ 八つ違い~ (2, 0.2%)

1 の二十三, の二十四

▼ 八つ~ (2, 0.2%)

1 ひコロンバン, ふ

▼1* [151件]

八つつても, 八つあらはれたる孤村, 八つあり背中には, 八つありしをから籠, 八つありましたよ, 八ついるかもしれねえ, 八つうたば八とせ, 八つ洩らしに, 八つかかんかかんとうち, 八つかなり急な, 八つきりいなかったわ, 八つくちから手を, 八つくらいである, 八つくらいと十一二歳くらいの, 八つくらいまでは何とかゴマカス手, 八つくらいも年が, 八つぐらいなの, 八つぐらいまでの女の子を, 八つぐらゐで子守もその, 八つぐらゐの松本の二人, 八つぐらゐまでの童が淵, 八つぐれえまで夢現, 八つこしらえなければ完成, 八つころほど寂寞, 八つさがりまでやまと, 八つさがりで渓の, 八つさし開く棕櫚, 八つざきの刑, 八つざきにしてもあきたりないあの怪塔王だ, 八つざきにしてもあきたりない悪党でご, 八つざきにしてやるからかくごしろ, 八つしかなかった, 八つずつ銃剣が, 八つそれに載せた, 八つだけおめ, 八つだろうと答える, 八つでございまアす, 八つですが手習い, 八つでも四谷あたりの, 八つといふやうに, 八つとか十六とか, 八つとも数えるが, 八つどきの助炭, 八つのだ, 八つながら鳴り出した時, 八つならべていた, 八つばかりになりけるが, 八つばかりも年上の, 八つふやさなければはく, 八つほどに剪った, 八つほどの穴が, 八つて, 八つもう少し大きな児, 八つもぎ取ってまた, 八つわたせるによりてなんやつ, 八つをわたつて, 八つなら先, 八つ一番上の一つ, 八つ七つのお, 八つ七百人を越, 八つだったから, 八つ下がりの陽ざし, 八つ並べて三, 八つ中りに叩きつけ, 八つ乃夫二つ全安, 八つ九つ九人の姿, 八つ九つ頃はあの, 八つ二間ばかり奥, 八つ余分だな, 八つ入ってい, 八つ入りましたよ, 八つ入れて塩胡椒, 八つ刺した串が, 八つに宿, 八つ割きにでもしなけれ, 八つ割草履をはいた, 八つ化けさんすっぱり気, 八つだらう, 八つ十五か十六, 八つ半いまで言う, 八つ半ごろから降り続けた, 八つ半時より雨, 八つ半時頃すなわち午前三時, 八つ取り出して象, 八つ国五つ蘭軒の女長三十五, 八つでなければ, 八つ塚大杉の森, 八つの方, 八つ女洲十六国十三安五つ, 八つ妾春三十八榛軒未亡人志保六十三であつ, 八つ姉国二十七安十九柏軒の妾春四十六, 八つ学校から帰る, 八つ孫祐六つ女国二十五安十七柏軒の妾春四十四, 八つばかりの, 八つ宿無し野良の犬, 八つ小さい紙袋が, 八つ小路へ差, 八つが八つ, 八つ山下夜の模様, 八つ山下海岸夜明前の体, 八つ山辺りの景色, 八つ峰八つをわたつ, 八つ年下で一人, 八つつた, 八つ当り気味に, 八つ恨みに呪い, 八つ打ってもまだ, 八つ打ったのだ, 八つを屈せね, 八つ撞いたとき庫裏の, 八つ時分から知っ, 八つ時分三味線屋からこと, 八つ時過ぎまで四, 八つの火葬場, 八つ柏軒四十八子鉄三郎九つ女洲十七国十四安六つ, 八つを並べ, 八つ橋栄之丞, 八つ橋楼と云, 八つ橋渡り來る, 八つ橋豆板京洛飴或はかま風呂, 八つ正しく立てられて, 八つ残っている, 八つにまみれ, 八つ点ポチが付い, 八つ琴五つ妾春三十五榛軒未亡人志保六十であつ, 八つ男鉄三郎二つ蘭軒の女長三十八, 八つる事情, 八つ白いのを, 八つだたみ八つ, 八つ積んである, 八つ続けざまに小腰, 八つ良六つ全安, 八つ花形でもなけれ, 八つ若いと思われる, 八つ西洋人参八つ入れて, 八つ橋の, 八つりの, 八つ越えたのちいよいよ, 八つに御, 八つ違ひだつた, 八つ重要美術品に至っ, 八つ四つで, 八つ青ざめて瞬い, 八つ青びれて瞬い, 八つ静かに銀糸, 八つ順二つであつ, 八つ頭小松菜独活蓮根里芋林檎蜜柑の類, 八つさが, 八つ高み八つを越える, 八つ鳴らすとでした, 八つ鹿踊りと呼ばれる