青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「刹那~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~到る 到る~ ~到底 到底~ ~到着 到着~ 到頭~ 制~ 制度~ 制限~
刹那~
~刺戟 刺戟~ ~刻 刻~ 則~ ~前 前~ ~前後 前後~ 前方~

「刹那~」 1698, 18ppm, 6238位

▼ 刹那~ (456, 26.9%)

8 於て 7 彼は 6 彼の 4 一切を, 持つた執心, 永遠を, 私の, 私は, 自分の 3 お綱, 弦之

2 [23件] あった, して, その人, ひとりでに精神統一, もう数時間前, もう自動車, 信一郎は, 児の, 劇しい, 周囲の, 彼を, 彼女の, 感じた, 果生ずれ, 発せられた弾丸, 發光する, 直ぐ油, 美しい瑠璃子, 胸の, 融合し, 長三郎は, 陳の, 非常な

1 [359件] ああまでの, ああ悪い, あっては, あなやと, ありされど, あるごとく恋, ある佐々伸子, いきなり相手, うしろから, おあい, おこって, おそろしい災難, お三, お前の, かう直感, かく悉く現, かれの, かれは, このまだ, この人, この女, この女優, この自分, すぐに, すぐ切返し, すっかり位置, そこに, その偉大, その当時, その罪悪, その長き, それを, ちょっと譲り合った, である, どうした, どこかへ, どしんといふ, どちらかの, はためく, はっきりした, はっと受けた, ばらばらと, ぱったり動く, ぱっと生きかえった, ひとりの, ひどく嬉しく思ひました, ひらめいたの, ひるが, ふと感じた, ふと眼, ふと私, ふと空井戸, ふと閃, ふり戻しては, ぽつぽつと, まさる嬉し, また山頂, また蘇生つて, また頭, まだ自分, もとの, やつと, よく人生, よく現し, わが全部, わが足, わが過去, わしには, わしの, わたくしの, わたくしは, わたしは, ゴリと, サーッと, ジャックは, スクルージは, スタニスラウスは, スターターを, ゾッと寒く, ドンと, バタバタと, フイと, ベアトリーチェに, ポーッと, レヴェズが, 一大功績を, 一寸と, 一本の, 下から, 不図私, 不思議な, 不意に, 主人の, 二つの, 二人とも, 二人の, 云い知れぬ崇高, 云い知れぬ表現, 人間の, 今にも又, 今まで, 今一度そうした, 今度は, 仙人がも, 似た気取つた緊縮, 何か, 何と, 余と, 使命を, 侍従は, 倒れたい, 僕が, 僕の, 僕は, 充実し, 先刻の, 先生方と, 其面上に, 再びどうん, 出遇, 出遇つた時, 分解する, 切られるであろう, 初めて女, 初めて縹緲, 前の, 力一杯抱き, 努力する, 千段を, 千金を, 南部集五郎は, 又も, 又もや一つ, 又源右衛門, 友禅の, 双方の, 双方は, 受ける全体, 受ける快感, 受ける第六感, 司令部の, 名に, 喰止められ, 地獄相に, 売場の, 多少の, 大刀を, 大喝一声ばか, 大悟する, 天から, 天運の, 女が, 孫悟空は, 定まった距離, 定まる, 実際酒, 寒さ, 對する, 就いて, 就て, 居直り強盗の, 山々の, 岩瀬は, 己を, 市郎の, 市郎は, 帝国主義末期の, 幾多の, 強烈に, 彼にも, 心に, 心の, 必ずおのれ, 忘れて, 忽ち天地, 忽如として, 思うこと, 思つた, 急に, 急行電車か, 怪しい列車, 息絶えた, 悉く鼻, 想像できない, 意識が, 意識し, 感じたが, 感じたと, 感じたところ, 感じられたの, 感じ真先, 或る, 手もとが, 手元へ, 持った執心, 捕虜に, 掛長は, 摩利信乃法師が, 救われたの, 新しい價値, 新一郎は, 新生面を, 於いて, 於いては, 於いても, 於ける此, 於ける精神, 於ける自己表現, 於ける見証, 於てすら, 於ては, 施されたもの, 明確な, 昨日まで, 最も芸術化, 朝子の, 来る, 来る恐怖, 某年, 楊鋒の, 極度の, 櫛まきお, 欲が, 死ぬの, 氏の, 気を, 気遣って, 気遣つ, 決定しよう, 汽車が, 河内房が, 泳ぎ出して, 浪江を, 浮び出す母達, 海に, 消える, 消えるもの, 消える家並み, 消え去って, 消ゆる, 消失する, 深く喰, 深く喰い入った, 湧く悔恨, 湧出でる, 滅すと, 瀧口が, 火, 火刑, 烟の, 熱で, 燃え刹那, 爛熟した, 片手で, 狭間に, 猛烈に, 猫ながら, 猿臂を, 理窟は, 生ずる暗黒状態, 生ずる気, 生を, 當つては, 発した怒り, 発揮し得る, 発火する, 發光し, 發光した, 百年の, 皆薄白い, 真新しい下穿き, 眼底を, 神楽の, 福太郎は, 移る, 空一面が, 突如胎龍, 突然さっき, 突然悪魔, 立って, 竜太郎が, 粉砕しよう, 經驗し得た, 綱は, 緑の, 縮めつつ, 縮めて, 縮め血, 考えた, 肉体の, 肉体も, 肩から, 腰を, 自から, 自分が, 自分は, 若かつ, 茫然自失し, 蒼ざめて蹲くまって, 蔭の, 藤尾の, 虹を, 見えた対機, 見た眼, 見る輪廻, 見下したブロウドウエイ, 覚悟を, 言い知れぬ崇高, 詩人らしい, 謎は, 講師が, 起こるであろう地獄, 起った出来事, 起った昂奮, 起り来る表現, 趙雲は, 足の, 足を, 足掛りの, 躍り出た仲間, 身を, 車は, 辛うじて或, 近寄り始めた, 運命が, 道也は, 達するを, 遠く離れ, 釀み, 鈍い冷たい意識, 銃眼の, 鋭く働いた, 鍛工が, 鏡子は, 閃いたの, 閃いて, 閃めかす, 間髪を, 關係が, 阿Qは, 階段の, 雲が, 電光の, 電話は, 震えかし, 霧の, 非力者宮内の, 額の, 風変わりの, 飛びゆくの, 飛躍する, 馬の, 馬上の, 駄目だ, 駛せ違う, 驚ろい, 高く大きくなり, 鬼の, 鳴り渡りそれ

▼ 刹那~ (293, 17.3%)

6 光景を 4 出来事だった 3 出来ごとだった, 印象が, 間一層, 静謐である

2 [18件] ときの, やうな, 事で, 夫人の, 彼女の, 後に, 意識を, 感じは, 感動に, 生氣, 白い輝かしい顔, 眼の, 私と, 經驗を, 間に, 間も, 陶酔から, 隙を

1 [235件] あとを, あのつんのめされる, あひだ, うちに, お綱, きざみによって, くらむばかり, ことであった, ことに, ことについて, ことは, ことを, しずかさ, そのこと, それとは, ところを, ひそかな, ひやりとした, ひらめきの, まぐれ当りによって, まどはし, ものだ, ものは, やうに, ゆくへ, ようでも, ような, よろこびに, 一元的内容を, 不快さは, 不用意から, 不義の, 中に, 事であった, 事であったろう, 事である, 享楽で, 今村の, 仮死の, 作家の, 健三は, 先に, 光である, 光は, 光景, 光景は, 全人的努力, 内面的要求をのみ, 出来事, 出来事で, 到る処, 到来した, 刹那歎く, 前に, 前余は, 前後の, 勢いに, 印象である, 印象は, 印象を, 叫びたる, 哀楽を, 單なる, 声が, 声は, 変化を, 夢こそ, 夢で御座いましたろう, 夢の, 大衆は, 天の, 女の, 如き放出音, 如く悚然, 妙音を, 姿を, 姿勢で, 姿態を, 嬉しさ, 子供の, 安芸の, 寝間着の, 尊い恐しさ, 屍骸の, 巫覡の, 幸福が, 幸福であり, 当惑に, 影を, 彼の, 待ち切れない卒, 後それが, 後は, 御無念, 微妙き, 微笑だった, 徹底した, 心に, 心の, 心は, 心を, 心持, 心理の, 心理はさも, 心理を以て, 快感に, 快感も, 快楽にも, 快楽の, 念を, 念力に, 思なり, 急, 性命を, 恐怖的心理状態が, 悦びを, 情感ある, 意識に, 意識而かも, 愚かな, 愛と, 感じを, 感に, 感情には, 感情面白い, 感想である, 感想は, 感想はなんて, 感興だけしか, 感興に, 感覚, 感触は, 憂鬱を, 成りゆきで, 我れ, 戸板返しに, 所有者の, 断片的なる, 断面を, 早業であった, 最も厳密, 有様は, 有様を, 楽しみだけが, 構えを, 模様を, 機を, 機微に対して, 歓びは, 母の, 気分, 気分に, 気持と, 気持を, 永遠全と, 涙を, 淫樂, 清々しさ, 満足を, 澹山は, 火花から, 火花の, 為に, 爲めに, 爽やかさな, 物凄い有様, 現在から, 現實世界, 現象である, 瑞々しさ, 痛び, 痛感を, 知覚を, 私から, 積み重, 純粋だけは, 絵画が, 經驗が, 經驗は, 美しい幸福, 美の, 美を, 耀きでも, 耳に, 自己を, 興味ばかりを, 色どりを, 苦しみの, 衝動的な, 表情が, 表情だ, 表情の, 表情を, 裡に, 観念の, 言葉であります, 話だ, 起滅に, 軽はずみが, 運命である, 違いで, 醉に, 錯覚だ, 錯覺で, 錯雑した, 閃き, 間あの, 間この, 間こんな, 間さっき遇った, 間だ, 間だけで, 間で, 間でも, 間ながら, 間一種の, 間伏目に, 間出会った, 間同時に, 間喜に, 間大風の, 間彼等の, 間果して, 間私の, 間老人と, 間衣裳の, 間静けさは, 闇太郎の, 面に, 顔すなわち, 顔であった, 餘光を, 香味に, 驚きは, 驚きも

▼ 刹那~ (59, 3.5%)

2 とむる銘文, 思起す, 捉えて, 通つた気が, 通つた氣が, 長久に

1 [47件] いうの, しきりに望ん, ねらは, ふりすてて, よくぞ, ガブリと, 一気に勝ち, 一番早く, 二人で, 信じること, 充実すべく, 刻一刻に, 反映し, 味う, 如何に, 引き分けて, 思うては, 思うと, 思わすよう, 意識した, 意識する, 捉えたまで, 捕えて, 捕えると, 捕えるの, 支えて, 楽しんで, 永續せしめ, 永遠に, 活動写真の, 浮び出さしめて, 現出した, 破る大, 私の, 絶えず自分, 經過する, 經驗する, 考へて, 考へは, 自覺, 苦悶と, 見たという, 通った気, 遅くした, 飛び違って, 香らせて, 黙会して

▼ 刹那には~ (41, 2.4%)

2 さすがに

1 [39件] この場, こんな風, ごく漠然とした, さすがの, その方, その竿先, それが, それを, ちょっといまいまし, つい正味, どういふ, どんなに覚悟, また二十本位, また現在, また盛りあがつ, もう其の, やはり罪, スタニスラウスが, 両手で, 人間の, 今恐ろしい, 何故か私, 倫理上の, 僕自身も, 千軍万馬の, 味方より, 堕落し, 大野も, 女らしい疑, 彼女は, 彼自身の, 敵と, 歯を, 直ちに此苦, 羊飼の, 芝居の, 誰も, 足取り行儀好く, 麗しい黒髪

▼ 刹那主義~ (35, 2.1%)

1 [35件] が初めて, が当然, が生まれる, こそ危いもの, だ, だが, だ泡沫夢幻, であるやう, ではない, で發揮, といふ時, とは多分, と混同, なぞいう, なる新語, な恋, には確か, に傾く, に於, に於い, に結びつい, のランビキ, の享楽者, の哲理, の最も, の現在主義, の立脚地, の論據, はその, は手段, を主唱, を以つて日本國, を發表, を説い, を説いた

▼ 刹那から~ (34, 2.0%)

2 脚が

1 [32件] こうして雪, すでに蘇っ, だ中, どうにかし, ひえびえと, みなが, もう言いよう, 一切を, 人生の, 人知れず孜々, 倫敦で, 再び怪異, 刹那へ, 可成りな, 好きに, 始まった, 彼女を, 後の, 後は, 手前の, 新子は, 旗岡巡査は, 来た心境, 永遠の, 烈しい貪慾, 異様に, 私は, 職業的な, 自分は, 解つた, 過去も, 黒い嵐雲

▼ 刹那~ (31, 1.8%)

2 な満足

1 [29件] だという, では, で微妙, で末梢的, なもの, な享楽, な官能, な快楽, な断面, な煽情, な考え, な頭, につ, になり, にまた, に不良, に幾分, に彼女, に燃焼, に發光, に行われ, のもの, の嫉妬感, の眠り, の眼, の軽い, や印象的, 且つ連続的, 又は半永久的

▼ 刹那刹那~ (29, 1.7%)

2 がすべて, に果, の気分

1 [23件] が若い, で行く, にぽつぽつ, に云い知れぬ, に悉く, に新生面, に湧出, に烟, に言い知れぬ, に鍛工, のまど, の作家, の到る, の印象, の心, の断片的, の断面, の涙, の運命, を刻一刻, を楽しん, を活動写真, 映した

▼ 刹那~ (27, 1.6%)

2 すべての

1 [25件] あらゆる力, ある, あること, いっそう高い, うちに, うまい, きつと, じっくりと, すぎると, すぐ向, そういう最悪, それだ, 三の, 今年の, 個人精神中で, 彼の, 心に, 必要労働と, 暗示する, 来ると, 来るとは, 美しく充実, 若い生命, 苦しいか, 近づけば

▼ 刹那~ (27, 1.6%)

1 [27件] いかにいきおいこん, いつも移動性, さすがの, そこの, ッと, 争うべからざる驚き, 今しも, 全くありとあらゆる, 唯藝術以外, 固より, 如何に鐵心石腸, 尊敬し, 平気だつた, 幾分不満足, 恐らく歴史的, 恐ろしい気, 本当にそう思った, 来ぬであろうか, 来り, 永劫に, 渠の, 碁を, 私の, 聖武天皇も, 茫然と, 誰の, 電報を

▼ 刹那~ (27, 1.6%)

5 の心 2 の右, の眼, はふと

1 [16件] と共に, のうしろ, の全身, の内心, の出, の心臓, の思想, の神経, の顔いろは, はあっと, は不思議, は全曲, は再び, は恐怖, は押し潰した畳み, は穴

▼ 刹那その~ (15, 0.9%)

2 愛する者

1 [13件] おからだの, 三番目の, 声の, 怪物の, 恐怖が, 機先を, 水煙と, 発射黒い, 真白い着物, 面を, 頭あるいは, 顔を, 馬は

▼ 刹那~ (13, 0.8%)

1 [13件] の心, の手, の気, はいきなり, は何故か, は印度人, は始め, は幻, は急, は悚然, は相手, は紳士, は自分

▼ 刹那~ (10, 0.6%)

1 あった, あるわけ, ないところ, なかなかの, 休んで, 住す, 子供から, 強く弾力, 犯人は, 除去し得ざる

▼ 刹那~ (9, 0.5%)

4 あつた 1 またそう, また同時に, 乙女の, 行く男, 覚めた

▼ 刹那自分~ (8, 0.5%)

1 がいつたい, でも雨蛙, と列ん, の次ぎ, の肩, の裡, はこの, は覚えず

▼ 刹那において~ (6, 0.4%)

1 なんともたとえ, 人生を, 校長と, 直覚した, 過去から, 黒暗暗の

▼ 刹那にも~ (6, 0.4%)

1 その人, なお夢想家, 勿論生, 満足は, 猶神, 苦樂の

▼ 刹那まで~ (6, 0.4%)

1 僕は, 夢にも思っ, 安心し, 水滴の, 準備を, 私の

▼ 刹那それ~ (5, 0.3%)

2 は一層 1 がバンデリエイル, まで帆村, を見

▼ 刹那だけ~ (5, 0.3%)

1 でおそ, で忽然わたくし, 様々の, 煮えたぎったもの, 舞台面上の

▼ 刹那伸子~ (5, 0.3%)

1 はこれ, はそこ, はまた, は今, は我知らず左手

▼ 刹那~ (5, 0.3%)

1 の懐中, はうんざり, は勤め先, は彼, は忘れ

▼ 刹那夫人~ (5, 0.3%)

2 の美しい, の顔 1 の眼

▼ 刹那~ (5, 0.3%)

1 がクルリ, のからだ, の幻, の長い, は皆

▼ 刹那郎女~ (5, 0.3%)

5 の身

▼ 刹那あの~ (4, 0.2%)

1 崖の, 日本橋詰の, 目を, 足場の

▼ 刹那さっと~ (4, 0.2%)

1 左慈は, 手桶で, 玄白斎の, 色を

▼ 刹那でも~ (4, 0.2%)

1 ある, 人類の, 少しの, 忘れた舞

▼ 刹那どう~ (4, 0.2%)

1 したこと, したはずみ, した機みか氷, 浪路の

▼ 刹那ふと~ (4, 0.2%)

1 太く湯気, 思ひがけ, 水面を, 立上った

▼ 刹那また~ (4, 0.2%)

1 しくしくと, しても, 手早く転轍機, 火なす

▼ 刹那より~ (4, 0.2%)

1 すでに死に, 初めてわれ, 彼も, 既に死に

▼ 刹那~ (4, 0.2%)

1 はまるで, はもう少し, は全く, は思はず

▼ 刹那心づく~ (4, 0.2%)

4 者は

▼ 刹那思ひ出し~ (4, 0.2%)

2 て帳臺 1 て帳台, て牀

▼ 刹那既に~ (4, 0.2%)

1 そこからの, 片足を, 秘密の, 身ある

▼ 刹那~ (3, 0.2%)

1 あーと, 尽きぬ幻, 颯と

▼ 刹那この~ (3, 0.2%)

1 たびは, 地上における, 社会主義者は

▼ 刹那~ (3, 0.2%)

1 ので, のであつ, のである

▼ 刹那なる~ (3, 0.2%)

1 にあらずや, に虚, ものが

▼ 刹那ぱっと~ (3, 0.2%)

1 思いあたったの, 眼を, 頭上の

▼ 刹那わが~ (3, 0.2%)

2 目に 1 目が

▼ 刹那わたし~ (3, 0.2%)

2 は男 1 はおまえ

▼ 刹那をも~ (3, 0.2%)

2 空しくせず 1 描き得る作家

▼ 刹那主義的~ (3, 0.2%)

1 な人間, な奇妙, に追

▼ 刹那主義者~ (3, 0.2%)

1 である, に問え, はしばらく

▼ 刹那彼女~ (3, 0.2%)

1 のグラス, の眼, は急

▼ 刹那的燃燒~ (3, 0.2%)

1 が全, の有無, の肉靈合致説

▼ 刹那突如~ (3, 0.2%)

2 とし 1 ルパンは

▼ 刹那~ (3, 0.2%)

1 の早い, へ大きい, を外ずし

▼ 刹那ある~ (2, 0.1%)

1 忌わしい関係, 意地の

▼ 刹那かの~ (2, 0.1%)

1 冬坡の, 驕りたる

▼ 刹那けたたましい~ (2, 0.1%)

1 勘次の, 電話の

▼ 刹那こそ~ (2, 0.1%)

1 真剣に, 知るべくや

▼ 刹那すでに~ (2, 0.1%)

1 帰り居たまう, 涙の

▼ 刹那~ (2, 0.1%)

1 がもう, ね

▼ 刹那では~ (2, 0.1%)

1 あったが, ありましたけれど

▼ 刹那~ (2, 0.1%)

1 いって, 別るる

▼ 刹那という~ (2, 0.1%)

1 ものは, 時に

▼ 刹那とも~ (2, 0.1%)

1 知らず抱きしめの, 言いようの

▼ 刹那にのみ~ (2, 0.1%)

1 仏は, 詠嘆と

▼ 刹那に対する~ (2, 0.1%)

1 悠久動に対する, 態度を

▼ 刹那もう~ (2, 0.1%)

1 これ以上何も, だめと

▼ 刹那もしくは~ (2, 0.1%)

1 幾時間が, 幾時間には

▼ 刹那~ (2, 0.1%)

1 蒼白ん, 蒼白んで

▼ 刹那ウルリーケ~ (2, 0.1%)

1 の全身, の顔

▼ 刹那~ (2, 0.1%)

1 一瞬間ハ呼吸ヲ, 弛ミナク

▼ 刹那一人~ (2, 0.1%)

1 のトルコ人, の人足

▼ 刹那一刹那~ (2, 0.1%)

1 にその, に云い知れぬ

▼ 刹那上体~ (2, 0.1%)

1 を右腕, を少し

▼ 刹那不安~ (2, 0.1%)

2 ないや

▼ 刹那二人~ (2, 0.1%)

1 の手の内, は黄色い

▼ 刹那~ (2, 0.1%)

2 徊踟

▼ 刹那~ (2, 0.1%)

1 かの事故, か難

▼ 刹那偉大~ (2, 0.1%)

2 なる博士

▼ 刹那博士~ (2, 0.1%)

1 の顔, は釦

▼ 刹那同氏~ (2, 0.1%)

2 は不幸

▼ 刹那向う~ (2, 0.1%)

1 から来かかった, の窓ぎわ

▼ 刹那如幻~ (2, 0.1%)

2 の生

▼ 刹那庄吉~ (2, 0.1%)

1 が, は若僧

▼ 刹那弾かれた~ (2, 0.1%)

1 やうに, ように

▼ 刹那忽ち~ (2, 0.1%)

1 このよう, 聞こえる横笛

▼ 刹那~ (2, 0.1%)

1 る荘厳, る莊嚴

▼ 刹那新九郎~ (2, 0.1%)

1 はふと, も運

▼ 刹那池上~ (2, 0.1%)

1 が, の言った

▼ 刹那汽車~ (2, 0.1%)

1 が通る, は

▼ 刹那沈痛~ (2, 0.1%)

1 なる事昼寝, なる事晝寢

▼ 刹那~ (2, 0.1%)

2 の二つ

▼ 刹那美奈子~ (2, 0.1%)

2 は若い

▼ 刹那~ (2, 0.1%)

1 僧は, 帝が

▼ 刹那老人~ (2, 0.1%)

1 の体, はたまらなく憎らしかっ

▼ 刹那~ (2, 0.1%)

1 から火, を向う

▼1* [361件]

刹那あなたの程近, 刹那あるいは殿の, 刹那いつになく, 刹那なりを, 刹那うむと突き出した, 刹那おのずから湧き出たよう, 刹那お前はまた, 刹那かまきりは赤とんぼ, 刹那からの記憶が, 刹那からは忽ち若い, 刹那かれは頭, 刹那がががーん, 刹那くるりと小, 刹那こそはまた如何に, 刹那この世の視野, 刹那さだ子が赤く, 刹那じゃないか, 刹那すこし御手, 刹那すてきない, 刹那すべての姿, 刹那ずいと通って, 刹那せきを切った怒, 刹那そうすること, 刹那そういう不安な, 刹那そっくりそのまま氷に, 刹那たじたじとなっ, 刹那ただならぬ気配が, 刹那たとえようの, 刹那だけでも心からの, 刹那だけに生きて, 刹那だけのことで, 刹那だったと思いまする, 刹那ちらりと庭先を, 刹那であったろうという事, 刹那でありすでに祈念, 刹那ですふと忘れ, 刹那との宙宇に, 刹那とまってしまっ, 刹那とを離れたもの, 刹那どうしてもその作品, 刹那どこか遠い, 刹那どんと背中を, 刹那どんな輝きに, 刹那なかからあいた, 刹那ながらも心の, 刹那ならたとえ自動車, 刹那なりあたかも全, 刹那においても彼は, 刹那にすら稲妻を, 刹那にだって他の, 刹那にぶい音を, 刹那にや忘れはて, 刹那によつて最高だ, 刹那に迄到達する, 刹那ッと, 刹那はかなく枯れぬ連理, 刹那はじめて私も, 刹那はたしてどの階, 刹那ばかり恐ろしい気持, 刹那ばかりは何度経験し, 刹那ぱッと左右, 刹那ひそかに成し得た, 刹那ひとつの正直, 刹那ひょいと徳太郎の, 刹那ひろ子は何故か, 刹那ぴかりと眼を, 刹那ぴくっと開いた, 刹那ふいにその, 刹那ぶすっというよう, 刹那とぼ, 刹那と, 刹那ほど彼女は, 刹那ほんたうに, 刹那ぼくは彼, 刹那ぼんやりして, 刹那またも裂帛の, 刹那またもや意外な, 刹那まだ馬車の, 刹那までしか灼熱の, 刹那までも簡勁に, 刹那みどりは火, 刹那むんと鼻を衝い, 刹那やり損なったと気がついた, 刹那よろめきながら必死, 刹那をはづれてその, 刹那を通じて規矩男の, 刹那アパート生活などを描く, 刹那カテリーナ・リヴォーヴナの胸, 刹那ギョッとした, 刹那ソオルは電話器, 刹那タッタッタッと階段, 刹那チラとその, 刹那ドッと襲いかかる, 刹那ドーンと凄, 刹那ニイチエの言つた, 刹那ニハ七十年来ノ生涯ニ積ミ, 刹那バアンス氏の頭, 刹那ヒュウと手元, 刹那ビシリと肩先, 刹那プラットホームに俄, 刹那ポタリと独楽, 刹那ルパンの手, 刹那ロボットが, 刹那一つの怖, 刹那一切が破, 刹那一匹の蜂, 刹那一本の矢, 刹那一海賊は猛虎, 刹那一発の雷砲, 刹那一郎右衛門の身体, 刹那三人の子供, 刹那三発の銃声, 刹那から見あげた, 刹那下部にぶら下っ, 刹那不平の声, 刹那不思議な表情, 刹那不意の人影, 刹那中条は身慄, 刹那主義デカダニズムであらう, 刹那乳房の上, 刹那二の矢がきた, 刹那二階建の茅葺き, 刹那亡き父親の, 刹那享楽派であり過ぎ, 刹那京一郎は縁, 刹那の生理, 刹那人人は鋒, 刹那人間は気絶, 刹那人馬の音, 刹那まで中, 刹那低いしかも聞き慣れない, 刹那をひるがえす, 刹那何だか急に, 刹那何千坪とあらう, 刹那何者かの太い, 刹那の町人, 刹那に音, 刹那倏忽戸外に凄, 刹那倭文子は名状, 刹那傍らの壁, 刹那充實主義の自分, 刹那全身が一時, 刹那其場に立ち竦んだ, 刹那内儀さんは齒, 刹那かに, 刹那冷気が頬, 刹那凝然とし, 刹那初めて高い空, 刹那のクライマックス, 刹那力任せに刀, 刹那動かすことの, 刹那匕首が閃, 刹那十五分の休みに冷たい, 刹那千鳥波の手, 刹那即ちモーメントの, 刹那ああいい, 刹那又は衝突を, 刹那叔父様は秘か, 刹那から大月玄蕃, 刹那右手の横町, 刹那咽喉の奥, 刹那哲学新自由主義, 刹那四国屋の船, 刹那が落ち, 刹那垂直上昇をやっ, 刹那をひそめた, 刹那にあふるる, 刹那変装して, 刹那多四郎の頬, 刹那海人は, 刹那大略二間背後の方, 刹那天童の手, 刹那太刀は三段, 刹那女史の顔中, 刹那妙機の片手, 刹那姿を見せた, 刹那子爵がふと, 刹那孔雀の全身, 刹那孫堅の姿, 刹那安心した左膳, 刹那宝蔵の扉, 刹那がぐらぐら, 刹那家中がシーン, 刹那小僧は眼, 刹那小太郎の体, 刹那小娘のやう, 刹那少女はいちはやく, 刹那少年は不安, 刹那尖鋭な一声, 刹那をひりたくなり, 刹那帆村の差上げ, 刹那平馬の振りかざし, 刹那若だけに, 刹那にし, 刹那かさなる犯罪, 刹那座敷が森, 刹那彦太郎はどきんと, 刹那彼らの結合, 刹那彼等は水中, 刹那必死に手, 刹那忠相はヒラリ, 刹那忽然として, 刹那忽然座辺のもの, 刹那思いがけなくその顔, 刹那思い出して帳台, 刹那思い当って思わず, 刹那思わず目を, 刹那に屠腹, 刹那を殺し, 刹那悲しみの影, 刹那意識の流れ, 刹那にもよろう, 刹那憐憫の交った, 刹那我影のあまりに, 刹那扉一枚隔てた外側, 刹那投げられた次郎も, 刹那掛声が掛かりました, 刹那揺り動かすに足る, 刹那文学者は失敗つた, 刹那納が, 刹那新吉は足場丸太, 刹那新宿行きの列車, 刹那明珍の甲, 刹那星田代二は真, 刹那映じた風景は, 刹那昭和二十年の戦火, 刹那最後の渾力, 刹那朝子はいつも, 刹那木の根の濡苔, 刹那木立ちを通し, 刹那本庄は救われた, 刹那果して一人飛びかかっ, 刹那梅子の手, 刹那検事と熊城, 刹那検挙されたる, 刹那極めて森閑と, 刹那の波, 刹那歌麿は右, 刹那く血, 刹那の人生, 刹那武蔵に胸, 刹那死ぬ覚悟などは, 刹那殆ど口へ出る, 刹那水島の手, 刹那水木氏は, 刹那沈むように, 刹那沈黙を守った, 刹那泣声がパッタリ, 刹那流れ矢にあたった, 刹那流石に愕, 刹那浪路はたしかに, 刹那海魔の形, 刹那びはてようとしていたのだった, 刹那深い嬉しさとともに, 刹那深淵を彷徨, 刹那清高な詩, 刹那湧きあがった思いと, 刹那湯殿を跳び出し, 刹那潮鳴りも窓硝子, 刹那をつけた, 刹那為替証書を見た, 刹那のよう, 刹那の返る, 刹那は, 刹那物蔭よりむらむら, 刹那猟犬の縄, 刹那甲比丹の三次, 刹那異形な物, 刹那異様な沈黙, 刹那的享楽気分が迎えられ, 刹那的充實を主張, 刹那的写生で活かし, 刹那的強烈を以つて, 刹那的恋を追っ, 刹那的末梢的の快楽, 刹那的満足を追う, 刹那的燃焼の表現, 刹那的燃焼的であれば, 刹那的生存だ, 刹那相手の足もと, 刹那の上, 刹那の闇, 刹那真紅なばら, 刹那と眼, 刹那ににじんだ, 刹那の兵, 刹那砲声が轟然, 刹那砲身も兵, 刹那硝子壜の中, 刹那秀吉の体, 刹那近い闇黒, 刹那の化鳥, 刹那突然青年は, 刹那精しくいえば, 刹那紋也はお, 刹那納屋の中, 刹那絶えず気に, 刹那突撃を, 刹那耳慣れぬ声が, 刹那聞こえて来た, 刹那を開け, 刹那を乾し, 刹那背後から聞こえ, 刹那脊髄の中心, 刹那自動車はガタン, 刹那自家の飼牛, 刹那は酒, 刹那若い男の, 刹那が顫, 刹那藤吉はまた, 刹那が野猪, 刹那戸を, 刹那襲いかかった激情に, 刹那要塞のなか, 刹那ていた, 刹那見ぬ地獄の, 刹那見交した顔は, 刹那覚悟して, 刹那観察よりもまず, 刹那解散の詔勅, 刹那該艦の両, 刹那が投げた, 刹那調所が立, 刹那警視は起てり, 刹那護国寺の本屋, 刹那貢さんは, 刹那走ったと思った, 刹那趙雲のするどい, 刹那足踏み外して, 刹那身体が右, 刹那い喘息, 刹那濶千万にも, 刹那運転手は手際, 刹那かに遠く, 刹那を北, 刹那金色の輝き, 刹那銃声が轟きました, 刹那鋼鉄の様, 刹那はうまく, 刹那は一閃, 刹那鎧通が頸動脈, 刹那門番から近侍, 刹那めくこと, 刹那開塞の信号, 刹那をつん裂い, 刹那信の, 刹那陣十郎は思った, 刹那陳宮の手, 刹那隣室で何だか, 刹那青年の頭, 刹那静かであった, 刹那静まったが権, 刹那をあと, 刹那い戦く二つ, 刹那を切っ, 刹那飽くことを, 刹那駈け寄った春日重蔵が, 刹那高楼の四方, 刹那鬼王丸は哄笑, 刹那の毛, 刹那鼻糞は鼻