青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「制度~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~利益 利益~ ~到る 到る~ ~到底 到底~ ~到着 到着~ 到頭~ 制~
制度~
制限~ 刹那~ ~刺戟 刺戟~ ~刻 刻~ 則~ ~前 前~ ~前後

「制度~」 2634, 28ppm, 4125位

▼ 制度~ (680, 25.8%)

36 下に 9 中に 5 上に, 下においては, 厳重な, 模倣ばかり 4 下において, 不合理, 人間に, 廃止は 3 ために, もとに, ような, ように, 上のみ, 下で, 下では, 改革は, 最後の, 許に

2 [49件] ごく小さな, ただ一つ, ためです, ための, ままで, 上でも, 上には, 下における, 不安定や, 不平者は, 不都合さで, 世の中に, 中で, 代表者から, 内容は, 創意者たり, 創意者として, 勃興と共に, 又政治, 問題に, 問題や, 国だ, 國であります, 変化の, 変革からも, 変革に, 変革以来に, 如きも, 実施は, 崩壊, 弊害の, 復活が, 改革も, 教えるところ, 整改理革一として, 方は, 本質から, 根柢に, 欠陥だ, 欠陥を, 母胎であり, 確立せざる, 穴の, 精神に, 罪である, 罪では, 行は, 起原を, 起源を

1 [471件] あったこと, あつた, あらさ, あらゆる古着, あること, ある点, いちばん大きい, いろんな愚劣, うちの, お蔭で, こけんに, ことである, ことなどは, ことは, ことや, ことを, ことをや, この資本主義社会, ころと, ごときも, ごとき諸種, しかれる階級的, しがらみによって, しがらみ娘, すでに変革, ただの, ためにも, ため歟両様混雑し, どの方面, ないの, ない場合, なお厳重, なお永続, なか, なかつた徳川時代, なくなった後, まだ厳重, ままその, ままもちこされた, もっとも厳格, もとで, やかましい日本, ゆるしを, ようだった, テロリズムの, 一つと, 一として, 一千年を, 一応の, 一般に, 一般的増加と, 上から, 上からは, 上での, 上では, 上にも, 上の, 上や, 下ににおいては, 下にも, 下の, 不備を, 不公正, 不完全あるいは, 不完全から, 不条理な, 不正から, 世界に, 中から, 中での, 中では, 中においてすら, 中には, 中央政府を, 中央集権的悪弊, 中心である, 乱脈な, 事, 事などは, 今の, 今一つの, 今尚, 伝統によって, 余弊で, 余悪に, 余風が, 作り出した最高, 作用は, 価値は, 保守にも, 保護なども, 保護の, 保障される, 信者すな, 偽瞞的, 僕等を, 全廃を, 具体案については, 内部も, 内部的な, 内面的な, 凋落を, 前身であります, 創始したる, 力で, 功少く, 効果も, 勃興, 勃興とは, 勃興に, 勃興につれて, 動揺の, 勢力失墜とを, 千葉監獄に, 反対者が, 反対者に, 反映を, 反革命, 古え, 合理化, 合理性を, 名で, 名を, 名目と, 否定, 否定とを, 否定の, 問題では, 問題に関し, 問題は, 問題以上に, 善悪と, 善悪は, 嘘である, 嚴密なる, 因習という, 固執である, 国でも, 国に, 圧迫と, 基を, 基礎が, 場所, 塩梅手加減で, 墜落と, 壊敗は, 壞敗は, 変へ, 変化が, 変化如何に, 変形を, 変更より, 変移に, 変遷につれて, 変革が, 変革と, 変革の, 変革も, 変革を, 夜が, 大勢力, 奴隷と, 好みなどは, 如き, 妙味であっ, 妙用は, 妨害を, 存する限り, 存在する, 存在を, 存立と, 完備する, 実行が, 実際的結果, 害悪が, 實施は, 寺子屋を, 対立をも, 尚遺つ, 尤も發達, 崩壊が, 崩壊という, 崩壊に, 崩壊を, 工場には, 常として, 幅が, 幽霊を, 庇護によって, 廃止, 廃止された, 廃止と, 廃止によって, 廃止を, 弊だ, 弊と, 弊など, 弊に, 弊害として, 弊害を, 弊悪を, 弛めると共に, 弛緩する, 強制的存在の, 形式を, 影響である, 後に, 後にしか, 得失を, 復活に, 復活税制財務の, 徹底である, 心理的な, 必要は, 必要を, 必要上やむなき, 性質と, 恩沢を, 悪の, 悪結果, 悲しい気風, 悲劇を, 惡いために, 惡政の, 愚劣さに, 成り立つよう, 成功の, 成育とは, 所産である, 打破せられ, 招いた結果, 拠って, 拡充, 拡充を, 拡大統一整順従って, 持ち切れないもの, 排他思想を, 掟が, 採用され, 撤廃乃至, 撤廃二遠隔地からの, 撤廢された, 支持一つにも, 支持者は, 支配者と, 改善, 改善と, 改善によって, 改善を, 改善行政機構の, 改変と共に, 改変に, 改正が, 改正という, 改正や, 改造の, 改造も, 改革, 改革が, 改革だけ, 改革とか, 改革な, 改革に, 改革において, 改革によって, 改革に関する, 改革よりも, 整理, 方から, 方が, 方を, 施設まで, 旗の, 日本では, 昔に, 是非の, 時代, 時代から, 時代で, 時代には, 晩鐘であり, 智脳的な, 暁鐘であった, 最も健全, 最も著しき, 最悪の, 有する欠陥, 有用性を, 期待し, 末期的現象を, 末紀的現象を, 本綱, 本質を, 本質内に, 束縛の, 束縛を, 来るの, 枠に, 根を, 根底を, 根本が, 根本を, 根本的な建て直し, 根本的欠陥は, 根本革新, 根本革新である, 根深さ, 桎梏に, 桎梏も, 模範を, 樹立に, 欠点を, 欠陥が, 欠陥と, 欠陥とかはね, 欠陥とは, 欠陥に, 欠陥によって, 正しさ, 残って, 残忍暴戻を, 残滓から, 残骸以外に, 決して突飛, 沿革といふ, 沿革についての, 沿革を, 法網を, 混沌曚昧たり, 滅亡以前には, 濫用が, 為に, 烈しい日本, 無い封建時代, 無數, 無視では, 燦然たるとに, 爲めのみ, 牢乎たる, 物的形態で, 特権である, 特色に, 特色は, 犠牲と, 犠牲に, 犠牲者達命も, 犧牲である, 瓦解と, 生きて, 生れて, 生んだ一大道徳律, 産物に, 画図が, 當然の, 痛撃腐敗政党の, 発生について, 発表も, 発達した, 発達や, 發祥地にな, 發達せる, 發達の, 目的と, 直接の, 直訳である, 相対性, 真相は, 真髄に, 眼目は, 矛盾に, 矛盾を, 矛盾人間と, 研究に, 破壊, 確立, 確立という, 確立とともに, 確立を, 確立勤労者福利の, 確立農村工業の, 社会における, 社会的停滞と共に, 社会的権威が, 社會であります, 神意に, 移植を, 穽だ, 立ちおくれ, 立て方, 立場は, 端緒を, 簡単さと, 精神, 精神が, 精神としては, 精神は, 組織が, 絆と, 経済社会において, 経済組織の, 経験を, 結合が, 結果である, 統一言い換えれ, 絶滅に, 継続という, 続くかぎり, 維持や, 維持を, 缺陷を, 罪たる, 罪に, 罪悪は, 罪業である, 罪過に関する, 置き土産, 美風であり, 腐敗や, 膝下に, 至理を, 血によって, 行なわれた時代, 行わるる所, 衰亡ならざるべからず, 衰微に, 衰退以上の, 見学に, 規定より, 観劇グループを, 解説紹介を, 訓練が, 設定という, 設立に, 設立につき, 許すべからざる罪過, 誼み, 變遷から, 貴族だ, 貸間業を, 賛成論である, 起源については, 踊場へ, 軍札以外には, 輸入だ, 近代調の, 進化の, 運用に, 運用について, 適正や, 還元では, 重しの, 長い伝統, 闖入によって, 防衛者を, 陥欠, 陰影として, 非人間性, 面から, 面影等は, 革命なし, 革命は, 革新として, 革新を, 音楽会を, 頃, 頃に, 頃の, 頽廃の, 類, 馬鹿げた非, 高等一年

▼ 制度~ (333, 12.6%)

6 維持する 4 採用する, 設けて 3 もって, 廃し, 採用した, 破壊し

2 [15件] して, つくっても, 今日まで, 制定したる, 日本に, 模倣した, 無視し, 確立し, 確立した, 維持せん, 肯定し, 設けたの, 試みようと, 説明し, 非難し

1 [277件] あらためた長与専斎, あるべきもの, くずして, さすの, そのまま厳め, その上, その性質, その考えかた, それ程維持, つくって, つくつたもの, つくり兵, とおして, とったこと, とって, ととのえすたれた官職, とやかくいう, とれば, どういう風, どうしてみた, なくすこと, なして, ぶっ潰せ, もう一ぺん, もっとも容易, もっと根深く, もつこと, もつと, もつ國家, やりとげそれ, よく知っ, わらい間者, ピイタア大帝以前の, 一も, 一掃し, 一新し, 一日でも, 一瞥されたら, 不可なりと, 主張し, 了解する, 享保以前の, 人間の, 他国の, 仮定し, 伴った労働力売買, 作った, 作つて事業の, 作りその, 作る, 作ること, 侮蔑せる, 侵蝕する, 個人主義に, 倒さうと, 傳へ, 全人格的, 内面的に, 初めとして, 利用される, 利用し, 創成せん, 厳密に, 参考する, 参考に, 口を, 各自治体, 吾, 呪詛する, 囘避する, 固執する, 固持し, 執るの, 基に, 堅守し, 墨守し, 壞し, 変えたらよい, 変えて, 変えようなどという, 失うこと, 如何に, 學んだもの, 守つてゐる, 完備し, 完成し, 定めた, 定めたわけ, 定めて, 定めること, 実施する, 実行する, 實行せんと, 寸断する, 尊重し, 導入する, 布いたの, 布きその, 布き日本, 布くよう, 底から, 度外視し, 廃した, 廃しまた, 廃するよう, 廃棄し, 廃止, 廃止し, 廃止せよ, 建設し, 弱め破壊, 強行した, 彦根様の, 彼らにも, 復活した, 復活する, 循奉し, 必要と, 必要なる, 思いきって, 意味する, 憤ると共に, 我我に, 我物として, 我邦に, 打破する, 打破せん, 承くると, 承認し, 承認した, 押しつけるなどとは, 拒否し, 持ち出す人達, 持って, 持つて, 捨てぬ, 掘り返すのみ, 採つて, 採用すれ, 撃破し尽くす, 撤廃し, 撤廃する, 擁護の, 支える力, 支持する, 改むべし, 改めざるべからず理由, 改めたと, 改めたところ, 改めてすべて雇人制度, 改めねば, 改めるに, 改正し, 改良する, 改造する, 改革し, 改革しない, 攻撃し, 攻撃する, 数年間にも, 整えたこと, 整備し, 敷いたが, 數年間にも, 新しく改革, 明かに, 是認し, 是認する, 景慕する, 書くにも, 書くのに, 最も悪, 最も遅く, 最近まで, 有するの至当, 有つ, 望まれる人士, 棄てて, 棄てるべきでは, 極めて放肆, 極度に, 極端に, 模するもの, 樹立しなく, 樹立する, 正しい制度, 死守する, 毀さないやう, 決定しよう, 法律によって, 滅さね, 滅し, 滅すに, 獲得せん, 現実の, 生かして, 生ずるに, 生み出したの, 生むよう, 用うる, 用ゐる, 男が, 発達させ, 盛んに, 相守り正路, 眼の, 知るもの, 研究し, 破って, 破ると共に, 破壊しなけれ, 破壊する, 破壊するだろう, 確保し, 確立する, 移入する, 立てたの, 立てた精神, 立てて, 立て直すこと, 立花子爵に, 約束された, 純化する, 組んで, 統一的に, 絶対至上な, 続けながら, 維持し, 維持したる, 維持しよう, 維持せよ, 置くこと必要, 罵倒する, 考えようとしても, 考へても, 育てた習慣, 自己の, 西洋から, 要望し, 要求する, 見た所, 見ますと, 見ると, 見限って, 見限つて, 規定し, 視に, 設くる, 設けざるのみ, 設けたが, 設けるに, 設ければ, 設けヤソ教, 設け制裁, 設け家族会議, 設け種々, 設置した, 認めた, 語り一面, 調べに, 論じて, 讃美し, 賞讃し, 超越し, 踏襲した, 輸入する, 迅速に, 造ったもの, 造って, 適用し, 適用せざる, 重くみた, 重じ, 顛覆し, 顛覆した, 顧慮せず, 鳴らしたところ

▼ 制度~ (308, 11.7%)

5 行われて 4 あって, 存在する, 行はれ 3 あった, ある, それを, 如何に, 完備し, 發達し

2 [14件] あり外, どうして不朽, 人々を, 人間そのものをも, 併し, 倒れて, 出来て, 変って, 存続する, 完全に, 必要と, 発達し, 緊密に, 資本家から

1 [245件] あったという, あったの, あったり, あっても, あつた, あつて, あやふやだ, あります, あり全, あり幕末期, あるが, あるため, あるため学費, あるならば, あるわけ, いかなる程度, いかに整然たる, いま最も, いわゆる助, うまくゆく, かつて採用, きびしく布かれ, くずれそれ, くずれ半, このまま, これまで, こんなに永続き, させて, すなわち, ずっと今日, そうなっ, そのままの, その最も, たとえどんなに理想的, たとえば配給量, たとえ除去, だらしなくっ, つづきこれ, できた, できたの, できて, どういう風, どんなに厳重, ないから, ないため, ないと, ないという, ないの, なお引続き, なくとも, なくな, のしかかって, はなはだ厳重, ひつくり返ること, ほとんど行なわれ, ますます不都合, まだあった, まだうちたてられなかった, みな消滅する, もはや父, やや複雑, よいもの, わが日本, わりに固定, ギルドに, チャンと, フランス革命まで, 一々客, 一変しない, 一度完全, 一番大, 一般に, 一般的と, 三百年間の, 下流を, 不可抗力だ, 不完全である, 不完全ならびに, 不当である, 不必要, 不自然である, 世界無比に, 世間的にも, 並び存した, 久しく且つ, 之である, 乱れて, 予期通りに, 亡び出した, 亡んで, 人口に, 人民全体に, 人間の, 人間を, 今の, 今日の, 他の, 何よりも, 余りに堅固, 作られたが, 作られて, 作り出されること, 作り出した環境, 俗に, 停滞し, 先に, 其處に, 内からも, 凄惨なる, 凶年には, 出て, 出來, 出来たの, 制定され, 制度として, 動かすこと, 動かぬと, 勤労に, 十分に, 単に経済的管理, 厳しいため, 厳存し, 厳重な, 古い文明国, 合理である, 喧しい家, 固定し, 地に, 変ったと, 変っても, 変るきり, 変わり寺子屋, 多数の, 婚姻の, 嫌い鎖国攘夷, 存した, 存在し, 存続し, 定まって, 定められたにつれて, 尠く, 崩れると, 崩壊し, 崩壞され行く, 工藝の, 巧く, 布かれはじめたから, 廃せられて, 廃止, 廃止され, 廃止された, 廃止される, 廃止せられ, 弛緩し, 強力な, 当地の, 復活し, 徹底する, 忘れられて, 悪いため, 悪いの, 成立した, 成立つて, 我々人間の, 我が國, 扶持の, 招く罪業, 排斥せられね, 採られた, 推奨された, 推奨され来っ, 擡頭し, 改まるとも, 教育上に, 整備した, 敷かれたこと, 施行される, 日本に, 日本社会の, 明らかに, 時に是認, 更にこの, 最も進歩発達, 最上の, 有効に, 望ましいの, 本当に変った, 朽廢し去, 来は, 次第に形づくられ, 次第に破れ, 残って, 残存し, 消えたと, 漢意の, 漸次廃る, 現在の, 理想通りに, 生まれた, 生まれるの, 生れた, 生んだ徳川末期, 産んだ卑屈, 発生しなけれ, 盛んに, 相互一致の, 相當發, 相続く変化, 相續, 破れて, 破壊された, 破壊される, 確立し, 社会に, 社会秩序を, 立法府によって, 終りを, 続くなら正しい, 續いた, 腐敗し, 自由契約として, 芽生えて, 若しもいくら, 血を, 行なわれ貴族政治, 行はれた, 行われること, 西洋に, 西洋方面に, 要る制度, 親を, 設けられて, 設けられ行政, 起った, 農業に, 迫害を, 道徳な, 適当に, 重すぎる, 金貨本位である, 長く継続, 除去され, 階級的に, 随分長く, 頂点に

▼ 制度~ (235, 8.9%)

3 社会の

2 [15件] であるからと, 九州の, 云うまでも, 人間そのものを, 人間によって, 人間を, 古い制度, 必ず人間, 日本の, 本質的に, 現に閣下, 目の, 稍, 親の, 非常に

1 [202件] あり得なかった, あるが, いかなる基礎, いずれも, いつか変形し, いつごろ出, おそらく沖縄, きびしくて, くもの, この時, この本能, この身分空間, これを, すこぶるかたく, すべての, すべて疑いも, そうし, そこの, その儘, その公正, その出発点, その古い, その帰結, その強, その普及, その正反対, それによ, それを, たいがい売子が, ただブルジョアジー, たと, たとへ, どんなにでも, ない, ないこと, ないの, なかった, なくならないの, にわかに改革, のちに, ふるい, まさにこの, まさに一転機, まずない, まだそんなに広大, まだ議会制度, まもなく不可避的必然的, みな人間の, もう事実上存在, もう事實上存在, もちろんずっと現代, もとより悪い, もと泰西, ようやく備, われわれが, ヘーゲル風の, ヨーロッパの, ヨーロッパ人の, ロシア語の, ロンドンで, 一大飛躍を, 一方では, 一朝一夕に, 上方に, 上述の, 下層社会には, 不変な, 世界で, 世界に, 世界の, 中央の, 久高島では, 二年目の, 亡国の, 亡國の, 交通道徳上大変喜ばしい, 人民は, 人間による, 今なお, 今の, 今や世界商業資本主義流入, 今日では, 何らかの本質的結果, 個人の, 全く動かない, 全く固定, 全然誤謬, 初めから, 初め学問の, 利の, 制度としての, 刻々に, 區, 十手も, 古くは, 吾, 問題の, 善良に, 固定し, 土地私有の, 外面は, 大体から, 大体において, 婦人の, 婦人を, 子息の, 存在しなかった, 学問奨励の, 守旧一偏の, 宋以後漸次, 官憲が, 実にこの, 実にゆき届い, 実に寒心, 家中に, 寧ろ人材発見, 尤も當時, 工藝の, 常にその, 常に一時的, 常に相対的, 幕府が, 平和を, 平安朝に, 幾万の, 幾度か, 廃止される, 強力に, 彼に, 彼等の, 彼等を, 後れて, 忌わしい不正, 性急独断偏頗な, 恍惚として, 恐るべきもの, 憲法を, 我国においては, 戦争の, 改めたい, 政治法律教育万般の, 文明にとっては, 文明の, 新制度, 既に一八五〇年, 日本精神を, 是も, 時代の, 時代毎の, 普遍し, 最上かつ, 最近どう, 木刀を, 本国を, 東京地図の, 果してその, 次第に顛覆, 欧州文明から, 止むを, 此懸隔が, 武士階級の, 殆ん, 永い間模範, 永久に, 江戸を, 決して永久, 消費税土地の, 滅びて, 無いが, 無くなりました, 無く唯一日, 無下に, 爾来千二百年間, 特に生産, 独り武士にのみ, 生産者を, 破れて, 社会に, 社会制度や, 社会的基礎を, 立てられ世, 立派な, 第四十九代光仁天皇, 箱根笛吹両, 継続するであろう, 維持され, 自由な, 舜の, 英吉利に, 財産の, 資本主義社会に, 近隣の, 追い追いと, 逆に, 進路を, 遂に朝鮮, 郡県制度か, 間もなく我が, 随分便利, 隨分やかましい, 革命に, 黴毒防止に

▼ 制度~ (182, 6.9%)

7 なって 5 して 3 なつて, 於て, 於ては, 由って

2 [14件] あるの, よる, 不条理な, 他ならない, 伴ふ, 依って, 反対する, 固有な, 奉公しなく, 對し, 對する, 帰する, 通じて, 關する

1 [130件] あきたらない, あこがれ天皇, あって, あるが, いつも付きまとう, かかるもの, からんで, した, したいと, したがわなければ, しようと, すること, するだけの, すると, すれば, せよその, そのよう, その生活, つきて, とり絶対, なってからという, ならおうと, ならされた人々, なり浩平たち, なるつていう, なると, なる前, まず何より先, みること, よりて, よると, よれば, マッ先に, 一転換が, 不備の, 不満足である, 代えて, 代る新, 伴う一つ, 伴う困難, 伴う悪, 依つたの, 依存し, 倣って, 優って, 先行した, 切替る, 北町奉行と, 反対し, 反對, 反抗し, 反抗しよう, 反撥し, 取りかこまれて, 合せずまた, 向って, 基く家, 堕し個人, 外見上の, 大きに感心, 妥協しなけれ, 安住する, 完全無欠で, 実行したる, 射撃を, 就いて, 就き調査研究, 屈従し, 屈服せしめる, 属する人々, 左右され, 帰して, 帰着しなく, 弊害は, 強制された, 当てはまるよう, 従うと, 従属せる, 復しぬ, 応じて, 悩まされて, 愛着を, 感謝しました, 憤慨し, 拘束せられん, 拘泥する, 改まったから, 改まりあるいは, 改めるかの, 改革を, 於ける文明主義, 旗本の, 日本の, 昔から, 普通なる, 束縛される, 束縛せられ, 止まり又, 比考, 永遠の, 深い関係, 狎れて, 現れ後者, 甘従, 由来し, 由来する, 発達した, 移された時, 移って, 絶対万能で, 総べて, 繁雑な, 至つては, 至らしめたい, 若干の, 變革を, 転じた, 較べて, 適したよう, 適するすべて, 還え, 酷似し, 関わる罪, 關係ある重なる, 限らず国民性それ自身, 隷属し, 集中的に, 順応しよう, 飜訳せられ, 首の

▼ 制度~ (90, 3.4%)

6 云ふも 2 両立せず, 秩序とを

1 [80件] いうべきもの, おなじく発展的, これに, したる外国風, そうして小我, その因襲, その方針, その施設, その許, それによって, である, なさんため, なさんと, なし初め, なし財政, なって, なつた, なり人民, なり地上, なり権力, なり面目, なるの, 一定の, 一見狭隘, 不完全な, 両立する, 二つの, 云っても, 云ひ, 仏教乃至, 伝統を, 共に未だ深い, 其の寄生虫共, 升屋の, 印度教との, 合致し, 同様に, 呼ばれるもの, 商品化とさえ, 国民生活の, 型に, 学問と, 家族主義の, 封建的紛乱が, 悪い制度, 慣習が, 憲兵の, 我が封建制度, 方針と, 最近力説され, 検査制度を, 武士の, 比べて, 比較研究の, 民法と, 深く結びつい, 煩雑な, 王政とに, 生活習慣とに, 社会, 社会の, 社会生活の, 祭政一致, 祭政一致である, 称して, 称する根本組織, 美とを, 臨監制度とは, 言ひ, 言わざるべからず, 設備が, 設備と, 調和する, 貧農の, 資本家の, 道徳の, 違って, 関係を, 關係が, 雖も

▼ 制度~ (51, 1.9%)

2 しくみ, 政治の, 法律に対して, 組織とても, 組織を

1 [41件] 事実が, 人間生活での, 使節制度による, 保険制度の, 因習の, 国家組織そのものでは, 家伝的分業法は, 家族主義を, 家族制度の, 年期や, 思想を, 患者の, 政治機構や, 教員などの, 教育の, 文物や, 方法にも, 暴力を, 権力が, 機械の, 機構の, 武士の, 法令の, 法律では, 法律に, 社会通念の, 紙幣流通高の, 組織が, 組織さ, 組織の, 習俗に対する, 習慣が, 習慣には, 老朽した, 臆面も, 規律を, 計算は, 過去の, 階級から, 風俗の, 香り高い

▼ 制度~ (47, 1.8%)

2 死を

1 [45件] ありてたがい, ありましたが, ある, あるまいが, これが, すべての, すべて改革される, たいがい宗易の, ない世の中, なく投資機關, むしろ年々積, やはり唐, ウマくして, 之に, 亦かかる, 亦ブルジョア新聞, 信仰団体の, 全く唐, 到底円滑, 外國貿易の, 奧向きの, 形成せられた, 技術的に, 改革され, 整い財政, 整然と立っ, 正則と, 漸, 無效, 無知無, 独力で, 猫に, 王安石の, 甚だ面白く, 益あ, 社会状態も, 種々の, 至って不完全, 起るが, 近く実現されるであろう, 鎖国制度も, 限定した, 面白くない, 頗る不, 風俗も

▼ 制度という~ (30, 1.1%)

5 ものは 4 ものが 3 ものに 2 ものも, 関係を

1 [14件] ことは, ことばを, ことを, それは, のを, ものの, ものを, 二つの, 政治制度を, 点に対する, 理想によって, 百花の, 語と, 風に

▼ 制度から~ (28, 1.1%)

2 とつた

1 [26件] よき文化, 一歩遠のいた, 出た社会組織上, 出来たもの, 受けた悪名, 君主政治へ, 商工業自由の, 大いなる制約, 如何に, 推して, 来る一種, 来る搾取階級, 殖民政策に, 生ずる疾患, 生れた親分, 申さば賤民であるべき, 発生した, 直接に, 結論される, 脱却し, 脱却し始めた, 解放され, 解放した, 賃銀制度に, 起こったもの, 遁れ得

▼ 制度~ (25, 0.9%)

1 [25件] これを, するという, その華族家, どうにもならないでしょう, どの家, なしに, まづい, チャント物を, 一つよい, 一般に, 今日の, 余計儲かれ, 入って, 出来るだけの, 宿の, 治まって, 流通も, 漁獲物の, 百姓町人僧侶神官誰でも, 社会が, 行かうぢ, 請負配下が, 貧民は, 高等科に, 麹町に

▼ 制度では~ (21, 0.8%)

3 あるが 2 あったけれども

1 [16件] あるまいか, できず国民自身, ない, なかった, なくて, ほとんど家族, むろんそこ, 不可能だ, 国造の, 女は, 完全な, 帖括, 平一郎は, 海外知識の, 相続権は, 結婚の

▼ 制度によって~ (20, 0.8%)

2 人間が

1 [18件] この勤労, これが, その容赦, 今も, 保護され, 個人生活を, 分派され, 割りきれない人間性, 労働の, 動かすこと, 定めるべきであろう, 数学が, 最上の, 確立された, 穀物の, 維持され, 過去幾百年来全然, 醸される害悪

▼ 制度として~ (17, 0.6%)

1 [17件] それを, また人間, 一切の, 一匹なり, 一年志願兵制度が, 侵略せられた, 天子から, 定められて, 市民の, 引分廃止の, 新たに, 望ましいこと, 確立された, 社会規約から, 設けられた天皇, 迫害を, 頻々と

▼ 制度に対する~ (17, 0.6%)

2 復讐であり, 詩人の

1 [13件] その広大, 不信用, 主たる異論, 反対者として, 反対論旨が, 右の, 弱点が, 批判意識の, 時代的な, 最も有力, 極度の, 血液の, 資本主義制度の

▼ 制度である~ (14, 0.5%)

1 [14件] から今般, から封建, から廢止, から郡県政治, かを思, が然, だけに伸子, といわれる, と思われる, と示された, と解釋, のを, 士農工商の, 御生年二十

▼ 制度との~ (14, 0.5%)

2 性質が, 間に 1 くされ縁が, 主客関係を, 外へ, 密着を, 対立を, 根本の, 混線, 結合から, 誘惑に, 非妥協性

▼ 制度には~ (14, 0.5%)

1 [14件] いつでも, かならず附帯, その耕作, まず復活, よくない, 何らの, 勳位が, 実子後継と, 家士に, 弊害は, 意味が, 敵わ, 欠陥が, 無論弊害

▼ 制度文物~ (13, 0.5%)

2 に關, の世の中 1 が悉く, が支那, にひたすら, に及び, に同化, の影響, の異同, を夫, を採用

▼ 制度組織~ (12, 0.5%)

2 の用心深 1 が個人, が必要, が朽廢衰弊, が根底, が社會, の力, はあるべき, は今日, または生れ, も容易

▼ 制度そのもの~ (9, 0.3%)

1 が変化, が少し, が政治的自由主義, でもない, に欠点, の中, の改革, はなか, よりも弊害

▼ 制度に対して~ (9, 0.3%)

1 その本当, どれ程の, ソヴェート特許法の, 何ら論評, 役立たぬもの, 感謝し, 社会主義の, 責任は, 黙って

▼ 制度~ (9, 0.3%)

4 に於ける 1 にいれ, におかれ, に無, の方, よりも資本制度下

▼ 制度とか~ (8, 0.3%)

2 経済機構とかが 1 共和制度とかで, 合法的に, 妾の, 機構とかの, 社会的因習に, 風俗習慣が

▼ 制度を以て~ (8, 0.3%)

2 したるのみ 1 せられわれわれ, 人心の, 人道に, 唯一最高の, 孝悌忠信の, 最高の

▼ 制度~ (8, 0.3%)

1 からは賤民, の位置, の区別, の大, の定律, の持場, の理想, やむをえざるに

▼ 制度より~ (7, 0.3%)

2 発したもの 1 して, 強いられ一つ, 生れたもの, 脱化し来たる, 言語礼習に

▼ 制度~ (7, 0.3%)

1 な固い, な日本画壇, な研究室, になる, に扱う, に束縛, の感情

▼ 制度~ (6, 0.2%)

1 かそんな, からです, か順番制度, といはれる, と思う, と聞い

▼ 制度であった~ (6, 0.2%)

2 のである 1 がその, と言える, のが, はずである

▼ 制度といふ~ (6, 0.2%)

3 やうな 2 ものは 1 ものの

▼ 制度~ (6, 0.2%)

1 以テセント云フモコハ價値ナキ別問題ナリ, 定ムベシ, 日本ニ強ヒタルハ何タル迷妄ゾ, 棄テテ維新革命ノ, 直譯シタル者, 遵奉セザル可カラズトイヘドモ信仰ハ自

▼ 制度乃至~ (6, 0.2%)

4 政治制度は 1 はその, 組織原理の

▼ 制度でも~ (5, 0.2%)

1 あつた, 一国に, 一定の, 案出されるなら, 絶対万能で

▼ 制度とが~ (5, 0.2%)

2 違いまた 1 その補足物, 勢力を, 酵した

▼ 制度としての~ (5, 0.2%)

1 価値こそ, 天皇制よりも, 民主政体を, 貧民法は, 運用の

▼ 制度とは~ (5, 0.2%)

1 各反対, 彼らの, 無限服役を, 言論界統制の, 資本家の

▼ 制度とを~ (5, 0.2%)

1 そのままに, もたらすべきかは, 対立させる, 持って, 比較選択する

▼ 制度なる~ (5, 0.2%)

1 ことを, ものが, ものと, ものに対して, ものを

▼ 制度について~ (5, 0.2%)

1 なにも, 一言する, 云ひたい, 学生は, 疑惑を

▼ 制度により~ (5, 0.2%)

2 政治によって 1 奨励され, 生ずる絶対的, 芳正君は

▼ 制度に関する~ (5, 0.2%)

1 ある理想, 一切の, 新聞紙法改正の, 覚え書き, 論議が

▼ 制度改革~ (5, 0.2%)

2 に関する軍部案 1 などについてすべて徹底的, のこと, を實行

▼ 制度さえ~ (4, 0.2%)

2 人間が 1 あれば, 改めたらそれで

▼ 制度だった~ (4, 0.2%)

2 のである 1 からその, のでひとり後醍醐

▼ 制度であり~ (4, 0.2%)

1 またなにびとといえどもすべていかなる役人, 不得策, 爾雅, 職方氏の

▼ 制度~ (4, 0.2%)

1 のであっ, のです, ので思う, んだ

▼ 制度において~ (4, 0.2%)

1 人口の, 可能でしょう, 唐令から, 特に注目

▼ 制度においては~ (4, 0.2%)

1 それは, 一番低い, 利害の, 農場の

▼ 制度よりも~ (4, 0.2%)

1 より自然的, 単純で, 徹底的に, 指導者の

▼ 制度~ (4, 0.2%)

1 されるなどという, したの, したもの, して

▼ 制度変革~ (4, 0.2%)

2 の影響 1 のあと, を必要

▼ 制度~ (4, 0.2%)

1 の判事, の民法編纂会, を太政官, を置き

▼ 制度および~ (3, 0.1%)

1 機関, 機関が, 機関は

▼ 制度からの~ (3, 0.1%)

1 伝統に, 伝統を, 残存物を

▼ 制度こそ~ (3, 0.1%)

1 お父さんの, 封建制が, 日本の

▼ 制度だの~ (3, 0.1%)

2 永遠の 1 収賄の

▼ 制度です~ (3, 0.1%)

1 か, からたとえ, からね

▼ 制度としては~ (3, 0.1%)

1 何の, 出來, 斎女の

▼ 制度にも~ (3, 0.1%)

1 弊害は, 必ず伴う, 急速の

▼ 制度による~ (3, 0.1%)

1 もので, 新しい実験劇場, 独自の

▼ 制度に対しては~ (3, 0.1%)

1 そのほとんど, 常に一つ, 社会主義が

▼ 制度のみを~ (3, 0.1%)

1 考えて, 考へて, 輸入せなかつた

▼ 制度または~ (3, 0.1%)

1 共産主義を, 少くとも, 方策について

▼ 制度~ (3, 0.1%)

1 に對, の下, を書く

▼ 制度習慣~ (3, 0.1%)

1 また宮廷生活, より来たれる, を維持

▼ 制度~ (2, 0.1%)

1 どっちとも, 封建制度か

▼ 制度からも~ (2, 0.1%)

2 自然と

▼ 制度すなわち~ (2, 0.1%)

1 これなり, 普通に

▼ 制度だけを~ (2, 0.1%)

1 やかましく詮議, 輸入し

▼ 制度であっ~ (2, 0.1%)

1 て幼年, て後

▼ 制度でありまし~ (2, 0.1%)

1 て王朝, て第

▼ 制度としても~ (2, 0.1%)

1 事実上可なりの, 品ものの

▼ 制度とに~ (2, 0.1%)

1 なって, 罪が

▼ 制度と共に~ (2, 0.1%)

1 枯死し, 行方なき

▼ 制度なく~ (2, 0.1%)

1 して, 政教は

▼ 制度など~ (2, 0.1%)

1 こういう物的条件, 研究の

▼ 制度などから~ (2, 0.1%)

1 ちかごろで, 学問は

▼ 制度などに~ (2, 0.1%)

1 就いて, 求めようとは

▼ 制度なども~ (2, 0.1%)

1 かくの, 大きな影響

▼ 制度なら~ (2, 0.1%)

1 ばどの, 私は

▼ 制度なり~ (2, 0.1%)

1 刑法なりに対し, 習慣なり

▼ 制度なりし~ (2, 0.1%)

1 くみなりが, と思惟

▼ 制度にたいする~ (2, 0.1%)

1 言語壅蔽にたいする, 言路壅蔽にたいする

▼ 制度にのみ~ (2, 0.1%)

1 偏った時代, 頼るところ

▼ 制度へと~ (2, 0.1%)

1 変革する, 容易に

▼ 制度への~ (2, 0.1%)

1 復帰と, 愛惜が

▼ 制度ほど~ (2, 0.1%)

1 不権衡, 現実社会の

▼ 制度やら~ (2, 0.1%)

1 その他の, 歴史やらを

▼ 制度其の~ (2, 0.1%)

1 ものが, ものに

▼ 制度内容~ (2, 0.1%)

1 について客観的, の腐りかけ

▼ 制度及び~ (2, 0.1%)

1 放縦な, 流通組織の

▼ 制度政治~ (2, 0.1%)

1 の圧力, 巡狩

▼ 制度文物異日~ (2, 0.1%)

2 必ずまさになるべき

▼ 制度文物風俗等々~ (2, 0.1%)

1 と呼ばれる, に基き

▼ 制度~ (2, 0.1%)

1 組織が, 組織の

▼ 制度時代~ (2, 0.1%)

1 に於, の古い

▼ 制度~ (2, 0.1%)

1 一の, 三に

▼ 制度舊組織~ (2, 0.1%)

1 が衰朽, の傾覆

▼ 制度資本制度~ (2, 0.1%)

1 すなわちこれ, の今

▼ 制度鎖国主義~ (2, 0.1%)

1 が腹, に愛想

▼ 制度風俗~ (2, 0.1%)

1 は絶え, を察すべき

▼1* [187件]

制度ありて此等, 制度ありしを聞かず, 制度あるがため, 制度ぐらい若い男, 制度くみを, 制度すでに廃し, 制度すら一般に, 制度その他の形, 制度それらが彼ら, 制度それ自身が美, 制度たるゆえんに, 制度だけで民を, 制度だけと戦ったらよかっ, 制度だけに六ヶ月を, 制度つまりトラディションの, 制度であったならば決して, 制度であった如く考えようとする, 制度でありましたが其時分, 制度であろうと思う, 制度でないから初学, 制度でなければならぬ, 制度での郡司などに, 制度といったような, 制度とうていわが国に, 制度とかがわがロシア, 制度とかでやって, 制度とかの理想的な, 制度とから切腹を, 制度とにおいては天皇親政の, 制度とについてはもしも開設, 制度とも關係が, 制度ながら兎も, 制度なしに存在, 制度などというものは, 制度などといふくだらないもの, 制度などには今日に, 制度などに対しては第一, 制度などの少しく異なる, 制度などは福羽氏の, 制度などをすべて改変し, 制度なんと云うもの, 制度においてもまた昔, 制度については吾, 制度についても云へる, 制度にては初等小学より, 制度になつて居た, 制度にまつわる例えば姑, 制度によつて割りきれない, 制度によってのみ行われ得るもの, 制度によっても銀行は, 制度に対し憤激した, 制度に対しても単に盲目的, 制度のみに左右され, 制度ばかりを改良し, 制度帰える, 制度ほぼこれを, 制度みた様に, 制度みたいなもの, 制度ものの考えかた, 制度ゆえ案内係は余程, 制度よりは非常に, 制度をかへてみても, 制度をばどうにかし, 制度ナキガ爲ニ著シク國民, 制度ニ感化セラレタル彼等ノ移住, 制度改造ヲナサバ日本, 制度ハ国ノ制度, 制度ハ沈默ハ金ナリヲ信條トシ謙遜ハ美徳ヲ教養セラレタル日本民族ニ, 制度ブルジョアの家族制度, 制度一々数え挙げるまでも, 制度一定せること, 制度上兄弟愛を特に, 制度上自由に解放, 制度上草履制度の無視, 制度に死刑制度, 制度主義の思想, 制度支配之, 制度交易法土木などにいたる, 制度交通の方法一切, 制度今日の経済制度, 制度以前のもの, 制度先生と弟子, 制度全く崩壞し, 制度全体をなく, 制度公定価格の制度, 制度公定価格制度等の下, 制度典禮等が實際如何, 制度編成の, 制度切支丹屋敷の御, 制度制限軍部案のニュース, 制度努力等に対する弾劾, 制度即ち多数の, 制度厳重な干渉制限, 制度又は男尊女卑の, 制度反対論者はただ, 制度取調べのため, 制度取調局を置き, 制度を講じ, 制度否認の, 制度唐以前の制度, 制度賣の, 制度商業上の習慣, 制度営利的企業制度に由っ, 制度基礎的団結のみが箇人, 制度変革以来の助, 制度である, 制度夫婦関係等に一種, 制度学派もあった, 制度学的農本主義によって日本, 制度学者で国粋的範疇, 制度学者たるの尊敬, 制度家庭生活改善の理想, 制度家族生活の風習, 制度崩壊の空気, 制度廃止の英断, 制度強制貯金などが行われ, 制度強化を内容, 制度律令へ進化漸化, 制度変革諸, 制度悉く完璧の, 制度憲法などを研究, 制度抑圧制度は実に, 制度改善の必要, 制度改正案は無慮, 制度改革委員会の上, 制度政治制度の不条理, 制度政治組織の改革, 制度文学法律慣習等凡てこの人文的事業, 制度文物日本民族の気質, 制度施設は他, 制度旧式が新, 制度未だ備わらずして, 制度極めて完成したる, 制度のもの, 制度水産商業紡績工業機械工業鉱山業土木医学歯科体育航空学等がそれぞれ, 制度法令に幾多, 制度特に政治制度を, 制度発行の部数, 制度的カムフラージなく人, 制度的婦人に比べ, 制度的封建を完成, 制度的思想なり, 制度的機械工藝である, 制度監獄の制度, 制度知識賣買制度, 制度破れ爾来武, 制度破壊の張本人, 制度破壊以後滔々として転変推移, 制度確立し來, 制度確立以降の官吏養成所, 制度礼儀ニ一大改革ヲ施スベキヲ主張スル一宗派起リ, 制度社会生活の欠陥, 制度社会的組織を創る, 制度社会組織が完備, 制度社家相続の方法等, 制度社會の状態, 制度祖師の厳規, 制度紀律を建つる, 制度経済のこと, 制度経済的制御機械的不備スターの精神異常, 制度統制の制度, 制度美しい道徳を, 制度耕農手段を基礎, 制度自然に壞, 制度自身の内, 制度良い制度と, 制度著作及び出版, 制度著書の体裁, 制度規律相立候訳にて更に, 制度言語建築等等さえも, 制度調査会に諮問, 制度調査委員会で作った, 制度調査研究の結果, 制度の根柢, 制度組織を, 制度財産の相続, 制度資本制度知識賣買制度, 制度農奴の制度, 制度退職手当に関する制度, 制度道路橋梁公園等の自由使用, 制度選挙制度の改善, 制度都会商工業制度から来る, 制度陸軍財政農業電信郵便統計等の政府, 制度階級制度資本制度知識賣買制度, 制度風俗それがどんなに, 制度風気の凡て, 制度風習に従つた文学芸術