青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「全体~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

入れた~ ~入れる 入れる~ ~入口 入口~ 入道~ 入院~ ~全く 全く~ ~全体
全体~
全国~ ~全然 全然~ ~全身 全身~ ~全部 全部~ 兩~ ~八 八~

「全体~」 7420, 74ppm, 1534位

▼ 全体~ (1785, 24.1%)

23 上に 22 感じが 14 中に 12 中で 11 感じは, 調和を 10 ために, 立場 7 うちに, 生活を, 調子が 6 生活が, 生活の 5 ことを, 上より, 印象を, 姿が, 形が, 者の, 調子を, 長さ

4 [16件] 上から, 中の, 力を, 効果から, 印象が, 印象は, 形は, 意味を, 感じに, 様子は, 様子を, 生活に, 空気が, 空気を, 者が, 調子から

3 [33件] なかで, ものだった, もので, 上で, 利益と, 利益を, 力と, 効果を, 名において, 問題だ, 士気を, 大きさ, 姿に, 姿は, 存在において, 学である, 幸福の, 形を, 意味が, 意義を, 数から, 構成が, 様子が, 歴史的運動に, 気分が, 色は, 表情は, 調和と, 調子も, 重心が, 重量を, 雰囲気から, 雰囲気が

2 [107件] うちで, うちの, ことが, ことだ, ための, なかに, ものであり, ものの, トオンが, リズムが, 一つの, 一小, 上品な, 不安を, 中から, 中において, 事情から, 人の, 仕事を, 価値が, 価値は, 傾向から, 傾向が, 傾向を, 六分の五を, 利益, 劇の, 力で, 力に, 動きで, 反抗の, 名で, 名に, 名誉を, 味とか, 問題と, 問題として, 問題にな, 図書館の, 固まりは, 大問題, 姿を, 存在を, 富は, 平和の, 幸福を, 広さ, 形も, 心を, 意味は, 意思を, 意見を, 感覚の, 文化の, 景色が, 有様は, 格好が, 概念として, 構図の, 構想から, 構成に, 構造を, 様子の, 民族生活と, 気分に, 気分を, 活動を, 為に, 球を, 環を, 生活は, 矜り, 空気から, 空間を, 立場に, 精神が, 約一割, 統一が, 総和に, 自然の, 色彩の, 色調に, 落ち着かなさ加減, 表情が, 表現に, 詩を, 詳細な, 調子と, 調子に, 調子の, 調子は, 責任だ, 責任を, 進歩の, 運命に, 配分に, 重さ, 重みを, 間に, 隆線模様による, 雰囲気には, 雰囲気は, 雰囲気を, 電燈が, 電燈を, 面積が, 風貌が

1 [1222件 抜粋] ああした性格, あの, いたみを, うきぼりが, うちにおいて, うち最近まで, お友達, かういふ生活態度, かたまりが, ぎり, ことであった, ことに, ことよりも, しくみが, せりふも, ためにのみ, つかれかた, ところから, なかへ, はたらきにおいてのみ, ほうも, ほぼ三分の一, まとめは, ものだ, もの遊覧客全体の, やぶれとなろう, より一層, よろこびであったらしい, わが身の, アトモスフィアが, アブノルマルの, カリカチュアであった, コケンに, タッチから, デモクラシーに, トーンに, ピントを, ペトルシュカ, リズムで, 一パーセント程度であろう, 一倍半も, 一割ぐらいの, 一物と, 一環として, 一致した, 一般平均より, 一部分として, 三パーセントか, 三分の一で, 三分の二にも, 上へ, 不名誉です, 不安にも, 不幸の, 世の中なら, 世界において, 中には, 中心で, 中心という, 中心を, 丸い輪郭, 主流は, 九〇パーセント, 乳に, 予算を, 事件が, 事情に, 事跡に, 二割と, 五〇パーセントに, 人々と, 人たちが, 人に, 人を, 人口は, 人望を, 人格に, 人気が, 人達が, 人間と, 人間関係の, 今年度に, 今後の, 仕事に, 仕事の, 仕組みは, 代弁者的立場に, 代表者として, 会社で, 体形が, 体重を, 何万分の一にも, 作品の, 作業を, 価値から, 保ちかた, 信用をも, 倍加期間は, 傾斜に, 元気と, 光景が, 光沢が, 八五%を, 共同社会が, 兵数を, 内に, 内容と, 凡庸愚劣卑俗から, 出来事が, 出生の, 刀自と, 分量の, 利害に, 利害を, 利益の, 制度の, 功徳に, 労働者は, 効果が, 効果にも, 効果は, 動きと, 動きとして, 動きをも, 勝利と, 半ば以上すなわち, 半分時によって, 協力が, 印象に, 又は客観的自然, 古びた朱, 合成的効果が, 名と, 名にも, 名簿が, 名誉の, 向きを, 否定である, 周期と, 命題と, 哲学体系の, 問題から, 問題としては, 問題について, 喜憂に, 団結から, 圧力である, 地位の, 地坪から, 坊さんが, 基調や, 場面の, 境遇は, 声でも, 声調から, 変化が, 外形と, 大きな特徴, 大まかさそんな, 大勢という, 大勢は, 大変化, 大火災, 夫でなけれ, 女主人公, 好みに, 姿だ, 姿と, 姿勢から, 姿態に, 嫉妬にも, 学力低下は, 学生の, 守り神としては, 安危に, 安寧幸福に関する, 実情だって, 客観的な, 審査に, 対象を, 尊敬の, 属性を, 布局が, 希望である, 帝室に, 平和的復興と, 平均に, 幸不幸と, 幸福が, 幸福にも, 幻影を, 序曲に, 建設の, 形から, 形式である, 形状境界の, 影が, 後に, 御援助, 微妙な, 心構へと, 心理を, 必然的発展とともに, 志向や, 思いつきが, 思想が, 性情の, 性質を, 恥だ, 恥辱でも, 恰好が, 悲傷を, 意と, 意向は, 意味づけ, 意味として, 意味や, 意図などは, 意志を, 意見として, 意識の, 愚劣蒙昧さに対して, 感じだけが, 感じという, 感じとしては, 感じはなはだ, 感じよりも, 感触によっても, 態度なり, 慶福を, 懐に, 成行が, 或一定点, 戦争相談会を, 戸締りにも, 所持物でも, 手ざわりも, 技術が, 持ち主である, 振動が, 損失と, 支柱を, 改良に, 放射物質を, 政治という, 政治的代表者と, 教うる, 数は, 数倍の, 整理を, 文を, 文化価値創造の, 文化的使命に, 文化運動が, 文明は, 文章が, 断面を, 新しい可能性, 新聞が, 方向として, 方針の, 日常履み, 昂上の, 普遍的幸福と, 景色に, 暗く強い藍, 暮しに, 書きぶり, 月収高の, 有様から, 有機的関係を, 本質と, 条件の, 柱石として, 根本的特色を, 棚卸しと, 構図にも, 構図登場人物の, 構成だけは, 構成も, 構成演出だ, 構造から, 構造と, 構造は, 構造上の, 様子から, 標準を, 権衡を, 機構が, 機能の, 欺かれたるのみ, 正しい人々, 武将たちへ, 歴史の, 歴史を, 歴史内容に, 歴史的運動の, 残雪の, 毛が, 民衆が, 気分がね, 気分には, 気分は, 気持ちが, 気持と, 気配から, 気風の, 気魄に, 水準を, 水面は, 決議と, 注意は, 洋式に, 活動に, 流動感を, 消費する, 満足の, 為にも, 無定見にも, 熊野社の, 物ごしで, 特権の, 特色から, 状態と, 率に, 現実感が, 理想な, 生に, 生乾きの, 生命が, 生命にも, 生命問題に, 生活から, 生活不安を, 生活課題として, 生産物に対し, 生産額に, 留守を, 畳の, 病源を, 発展が, 発展を, 発現に, 百分の六十五に, 直径で, 相が, 相対的食物量を, 相貌に, 眺めの, 眺望を, 眼目に, 知識の, 破壊を, 礼節, 社会の, 社会的大, 社会的現実を, 祝意を, 神事を, 神経は, 福祉の, 秩序を, 種における, 空気と, 空気に, 空気は, 立像が, 立場から, 筆数はと, 筋が, 筋は, 簡単と, 精粋であり, 約半分, 細かい強い震動, 組み立てや, 経費を, 経過の, 結果として, 結構は, 統一に, 統一を, 統一運動を, 絶え間なき, 緊密なる, 総意にまで, 総称であっ, 締め釘が, 縛りつけられて, 繭安価の, 置かれて, 美の, 考は, 考案乃至, 耳朶を, 背景としても, 能力の, 能率が, 自分への, 自由祭祀によ, 舞台的構成について, 色を, 艶を, 若い苦悶, 苦では, 蔑称だ, 行政を, 表情との, 表現と, 表題を, 被害が, 装飾上調和を, 見とおし, 見方から, 見透しを, 見通しは, 規模から, 観察を, 解決を, 触覚とも, 言論自身が, 設計並びに, 評価を, 詩群の, 話しぶりの, 認識に, 説明に, 調和から, 調和では, 調和とやらをは, 調和原理でも, 調子, 調子深く, 議論を, 貧乏を, 責任という, 費用が, 質的な, 趣が, 趣向から, 趣向の, 趣旨を, 足ぶみだけが, 距離を, 軍需や, 輪郭だけが, 輪郭だけを, 輪郭を, 輿論に, 迷惑に, 造りは, 連帯保証によって, 連絡の, 進歩が, 進歩において, 遅れを, 運動と, 運動を, 運命が, 運命の, 運命を, 過去の, 道徳的勢力が, 部分である, 都合を, 配役に, 醜声悪名, 醜悪を, 重みに, 重量が, 金高は, 釣合を, 鑑賞を, 間この, 間数を, 関係に, 関係を, 関心の, 闘争との, 陰鬱な, 集団心理学的意識でも, 雰囲気の, 電灯に, 面汚しに, 面積と, 面積一反六畝十六歩と, 音楽的生活に関する, 頁を, 頭と, 頭数から, 題に, 顔付きは, 顔立を, 顛末を, 風土を, 風潮からと, 風致を, 高さ, 高貴な, 黒っぽさ

▼ 全体~ (1267, 17.1%)

31 一つの 9 非常に 4 一種の, 何か, 斜めに 3 そうな, 勾配を, 急に, 日本の, 汚名を, 私の, 統一的に, 自分の, 花原見た, 黒ずんで

2 [52件] ああ云う, うす桃色, これを, しずかに, して, それを, どこか, ばらばらに, ひとつの, ふるえて, グラグラッと, ブルブルふるへる, ワッと, 一と, 一体に, 一個の, 一度に, 一箇の, 五間ばかり, 出来上がること, 助かるとも, 包まれて, 同一の, 大きな胃病, 妙に, 小学生の, 平らに, 彼の, 彼を, 悪くなる, 持って, 揺れるよう, 果して純粋, 横に, 歴史的に, 毛だらけであり, 氷に, 浅はかな, 焼けて, 煙って, 熱を, 生きて, 癪に, 白一色の, 笑って, 翳って, 自分を, 西洋人程の, 見えて, 見渡される, 頭の, 黒豆の

1 [1081件 抜粋] あいつに, あざやら, あたかも死滅, あって, あの黄, あやしく揺れおののく, ある, ある悪意, あんなに光っ, いかにも汚く黒く, いきなりぶるぶる顫, いつの間にかその, いつわりない農民, いやです, いわば新しい, うまくゆく, おさまるぐらい, おれには, おれ一人, お清, お部屋みたい, かうだと, かつと, がらがらと, きっと崩れ, きりきりきり, ぎらぎらと, くずれて, くっきりなほ子, ぐったり無気力, ぐらつと揺れ動く, ぐるん, こういう風, こころもち, ことの, このつらい, この土地, この男一人, これで, これへ, こわばって, ご領主, さうなん, さながらに, ざわめいて, ざわめき立って, しっかりと, しゅっしゅっと, しんとなる, しーん, すぐれた細工, すこぶるまずい, すっかり違った, すべて祝福と, そういう説明, そうで, そこから, そして人間, そのまま, その仏壇, その後見ちがえる, その手, その気, その理論的機能, その重み, それに由つて運用, それは, それらの, それ自身として, そんな感じ, そんな風, ただ舞いあがる, たちまちとろ火, だいぶ傾斜, だまされたという, だらりと, だんだん広がっ, ちゃんと纏っ, ちょっと変梃, つくり直されなければ, できて, とげとげと, ととのって, どうして皇室, どうもばらばら, どう動き, どこと, どこの, どの家, どんなにほ, なにか, なにか子ども, なまめかしい曲線, なんやこう, にわかに赤み, のしあがって, はり切れさ, ひつくりかへ, ひどい目, ひどくこしらえ, ひどく穢, ひんまがって, びりびりと, ふかき同情, ふざけて, ふらついた, ぶるぶる顫, ほっそりし, ほのかな, ほッ, ぼーっと陰った, まつたく涙, まとめられた文集, まるでちがう, まるで墓塋, みすぼらしく眺められました, みなぎる月光, むきだしに, めいりこむよう, めそめそばかり, もし無抵抗, もつと, ものものしいよう, もの凄い不可解, やかましい話声, やわらかい自然, ゆっくりした, ゆれうごいて, よくなれ, よくよく長い, よく整理, わからねえ話, わけの, われわれと, イブセンの, エルサレム恢復を, オリンピツクの, カレーくさく, ガランと, サギの, ザッハリッヒな, ジュラルミンか, ズーッと, トガキの, バックする, パツと, ピチピチした, ブルジョア社会に, ブン廻シで, プロレタリアの, マリア観音の, ラジオに, 一の, 一人残らず, 一千年前の, 一団と, 一塊の, 一家の, 一斉に, 一日じゅうで, 一時に, 一望の, 一生けんめいに, 一目に, 一色なら, 七五調の, 三分の一の, 不作だ, 不備だらけの, 不安な, 不確, 主人公の, 二人だけを, 五里霧中の, 人では, 人間を, 今にもガラガラ, 今は, 他人に, 仰天した, 会社の, 似て, 低級で, 何となく動揺, 何とは, 何を, 何処か, 余りにせせこましく, 余程古い, 俺みたいに, 倦怠かった, 停滞し, 傑れ, 優秀な, 優雅に, 光沢の, 入るの, 全で, 八紘一宇教という, 公園の, 共鳴りし, 円うに, 円錐形的に, 冷えて, 凋びたように, 凍って, 凛とした, 出来上って, 函数的な, 分りきったこと, 切実沈痛で, 判然と, 別種の, 刷毛の, 力弱い, 動いたや, 動かす事, 動くの, 動揺する, 勢いよく流れ込ん, 十五貫の, 半島の, 協力しなけれ, 南瓜である, 危険から, 厚い埃, 参るの, 反覆出来ない, 受働的に, 叡智にさえ, 口語の, 古物でも, 右編輯部に, 同じよう, 同じ段階, 同情すべき, 名声という, 否さらに, 吹き寄せられたメリンス, 呻吟した, 唸り出した, 唸る生きもの, 囚われかかって, 四角い感じ, 困難に, 国際的接触を, 土蔵造りで, 地獄の, 坊主山です, 城下全体が, 堪えがたいもの, 変化し, 夙くから, 大きいお, 大きな吐息, 大きな波, 大き過ぎ, 大変明かるく, 大後悔, 大海に, 大風の, 失敗に, 奥ゆきない, 妖怪の, 嫌いに, 子らに対する, 安いの, 定って, 実は初め, 客を, 客観的即ち, 寄って, 寝床の, 小さく四角張っ, 小さな物, 少なくともこの, 山の, 山水だ, 崎嶇たる, 崩壊し, 工場に, 己の, 帆柱に, 常に利潤, 常習を, 平和な, 平滑で, 平等に, 幾世紀かの, 建てられるの, 引上げる, 弱々しくまた, 強い圧, 強烈な, 彼ら自身の, 往来に, 得意で, 微かに, 微笑んで, 心を, 快く調和, 思わず動いた, 怨みと, 恢復したら, 恰も一種, 悪夢の, 憤ろしく呪, 憶良の, 或る, 手の, 手堅く緊密, 手形の, 折烏帽子形に, 担わなければ, 挙げて, 描く歴史的運動, 擂鉢形を, 改革されなけれ, 教会に, 敵も, 新しいの, 既に石川五右衛門, 既成乃至, 早熟し, 明らかな, 昔の, 昨日までは, 時日の, 暁の, 暗くなる, 曖昧に, 月光の, 本殿であり, 東京に, 柊の, 柔かくて, 梅の, 植物の, 楽しかった, 次第次第に, 歌に, 死ぬであろう, 殆ん, 民謡風で, 気持よい, 水平線のむ, 汚く埃, 汚穢そのものの, 決して今日, 泥棒猫と, 活き返る, 活気づいて, 流れて, 浮かび出た, 浮ばないよう, 海上に, 海洋に, 涙を, 淡い肉色, 混乱に, 温柔しい, 源氏を, 溺れて, 滴れて, 漆器工業化され, 激昂した, 濛々たる, 灰色に, 無垢な, 無法すぎる, 焦茶色の, 焼けたの, 焼けるよう, 照り返されてるよう, 熱くなった, 燃え上がって, 牢造りな, 物の, 特別な, 狂おしい度外れ, 猛然と爆発, 現実的な, 理窟めきたる, 甚だしく乱れ, 生きてるの, 生き返つて, 生活的に, 男と, 男を, 異様に, 病人の, 痛む, 瘤の, 発覚すまい, 皺だらけで, 目に, 真ツ逆様, 真暗であった, 眼に, 石段の, 石鹸の, 研究全体が, 磁石で, 神体な, 神罰を, 私にとっては, 秤皿に, 穢れる, 空前の, 立ち去るだろうと, 童話の, 笛吹川の, 範疇的な, 精神的に, 納得する, 紛失した, 紫色の, 組織を, 結末に, 緊張する, 緑色で, 罪悪と, 耐震耐火の, 背負って, 胴ぶる, 胸を, 脳髄を, 腐れ爛れたよう, 腺病的で, 自分一人を, 自覚した, 舌の, 船尾の, 花で, 苛ら苛らし, 茶色がかった, 華やぐよう, 落下し, 蒙ること, 蕪雑でも, 薄くたたまれる, 薄暗くなっ, 薄樺, 虐殺され, 衆議院議員の, 表わされて, 衰へ, 見えなかった, 見れば, 見わたせるの, 見渡されますご, 見違えるほど, 言い難く, 説明的で, 調子の, 論外かも, 講義めいた, 谷間谷間に, 負うという, 貧窮の, 質の, 赤かった, 赤字か, 赤茶けた電燈, 足を, 軽々と空中, 輝いて, 連と, 道釈だ, 選挙し, 部分を, 都合よく, 酒場の, 野太く荒削り, 金を, 鉢植えの, 銅で, 鍬一丁の, 長さ二尺, 闊達で, 陰気で, 陰湿な, 集まって, 雪に, 電燈以前の, 霞んで, 青い調子, 青樹の, 青白い光, 青銅で, 非常な, 頭と, 顔や, 香水の, 髑髏の, 高い山々, 高古, 鳴動する, 黄色い, 黒ひと色な

▼ 全体~ (877, 11.8%)

9 一つの, 代表する 6 包んで, 支配し 4 代表し, 占めて, 占領し, 見ること 3 ひっくるめて, 意味する, 把握し, 明かに, 統一し, 統一する, 自分の, 軽蔑し

2 [44件] この生産力, つつむよう, 一貫した, 一貫する, 共有する, 動かすこと, 問題に, 塗って, 塗りつぶさなくては, 塗りつぶして, 対象と, 嵐の, 引きしめて, 引っくるめた, 引揚げる, 得るの, 想像せし, 意識し, 指の, 指摘した, 支配した, 支配する, 整理する, 構成し, 烈しい音, 現わし, 痙攣させ, 発見する, 百で, 監理し, 知って, 統一的に, 繃帯で, 纏めて, 考えて, 自覚する, 蔽うもの, 見た, 見渡すこと, 読んで, 軍隊化する, 野鼠が, 震動した, 頭に

1 [719件 抜粋] あげても, あるいは形相的, いいその, いう, うづむる内容, うるおしてる血液, おおいかくした, おおい二つ, おおうて, おおう敗色, おおって, おし包む, おし進めて, おびやかす大きな, おほ, お守りなさる, かえるとき, かがやかすこと, かすかに, きずつけるもの, きわめて華やか, くるまれたあつい, ぐっしょり濡らし, ぐるりと, この推定, これに, ささげつくしてるその, さわれないくらい, しかめて, して, すこし粟立たせ, すっかり怒らせる, すっかり見, すみずみ, そのまま摂, そのものとして, その内部組織, その戦争, その権力, その真黒, ただ一つ, ただ一本, ただ記憶, つ, つうじて, つくって, つつむほどな, であった, とおして, ともかくも, とらえるため, とりまいて, とれば, どうしても茶色, どっしりと, ながめると, なくする, なしみずから, なすという, にないつつ, ねらってる破壊, のみ込んで, はっきり意識, はね飛, ば大なる, ひいた, ひきずるまでには, ひきたてて, ひっくり返すこと, ひっくり返すだけの, ひっくるめた相互関係, ひっぱって, ひどく突き出す, びりびりふるわせ, ふくらまして, ふたたびはじめ, ぶっ飛ばせ, まかなつて, まっ黒く, まとめて, まとめ得れば, まるで一枚, もっと立派, もっと落ちつい, やまとと, やや斜め, ゆすぶッ, ゆり動かしまったく, ゆるがして, よくし, よく結びつけ, わしの, アンバランスに, ウダールニクに, ギシギシと, ジープで, ソックリそのまま, ソデという, ハッキリと, パッと, ピラミッドたらしめた, ポルトガル王の, 一○号へ, 一に, 一人の, 一人娘の, 一団の, 一度見, 一手に, 一望の, 一目に, 一種の, 一種象徴的に, 一緒に, 一貫し, 一貫せる, 一週します, 一遍に, 三部作ともし, 上に, 不意に, 与えても, 主人と, 予料し, 二つの, 二日ばかりに, 云い表わすこと, 云うよう, 五つに, 五人の, 人造人間に, 代表せしめる, 低級な, 何となく握っ, 作るいわゆる, 作者の, 使用し, 依然として文学, 侮辱し, 侵しその, 俗悪に, 信ずること, 信用しない, 偽って, 傾けうつむけて, 僕は, 先づ観客の, 入鹿, 共有してる, 共鳴箱と, 冒涜する, 冷く, 凜, 分類し, 初めから, 刻り抜いた, 動かして, 動かすため, 動かすだけの, 動かすほどの, 動かす槓杆, 包まれて, 包み込んで, 包み隠して, 包む単純, 包む痩せた透明, 包む青銅, 包んだ苦しい, 包括した, 包括的の, 化粧し, 十字架の, 卑しくした, 博く, 占めてるかと, 占めること, 占める衛生展覧会場, 占領してる, 占領する, 双肩に, 反芻し, 収受する, 取壊して, 叙事的連作歌集として, 口説きすぎる気分, 合成し, 同一比率, 否定し, 否定し去らう, 否定的にしか, 含むそれ自身, 吹き抜けて, 呪った彼, 呼びよせ一人一人, 唆か, 唱へる, 嘲けるよう, 四つの, 回転させる, 回顧し, 圧倒雄視する, 地獄の, 埃の, 外から, 大いに愛し, 大まかに, 大体三つの, 太って, 奪い殺害, 好きであった, 妙に, 委せて, 守備監督し, 完了する, 実に細か, 実現する, 富ましたの, 富ます方, 寒いもの, 対手としても, 対象として, 小きざみに, 少くとも, 少し高め, 尽くしたもの, 展望した, 展望する, 帝国に, 幼稚な, 広く覗うた少数, 座敷へ, 建設し, 廻る事, 引きあげること, 引きしめるよう, 引き締めて, 引くるめ, 引率する, 引締めて, 当時の, 形作って, 形造っ, 征服した, 征服したくなった, 律するやう, 得ると, 急に, 恐ろしがる, 恨むが, 悟った, 悪く見, 悲劇と, 意味し, 愛するん, 愛する執念, 感じる, 感動させる, 憎んでるよう, 憤慨する, 成すと, 戦場に, 戦慄させた, 手に, 手早くめく, 托する, 批評する, 把へる, 把握する, 抒情性でばかり, 抱へる, 押える, 押し包んで, 拾い取り力, 指す以外, 指導する, 指揮し, 挙げても, 捕えて, 排せむ, 推す訣, 推進させる, 推量する, 掩うたような, 掩ひ, 掩ふ, 掴ませない, 描いたの, 描きたいという, 揺って, 揺り動かしながら, 揺り動かし激浪, 改造した, 斜めに, 斥し, 新たに, 日本人が, 明暸に, 明治開花の, 暗く覆, 暗黒の, 曲げても, 更新しない, 書きかえない限り, 書くもの, 最もはげしい, 望見する, 朧気な, 根本から, 案ずれば, 梅で, 極めて不愉快, 極めて明るく明るく, 楽しませようといふ, 概して言え, 構成する, 標準として, 標準に, 正しく伸し, 此十号へ, 殺す恐れ, 殺風景に, 永久に, 求めること, 池の, 没落に, 泥水の, 活気だたせる, 活用しなけれ, 流貫, 海の, 湖水に, 滅ぼそうと, 漕ぎわけて, 濡し, 濡らすこと, 照し, 照らしそして, 照らし出して, 照らすため, 片づけようと, 犠牲に, 狂的に, 現わさん, 理解しよう, 生かし全体, 生かすもの, 生じないと, 生む機縁, 産業, 異様な, 畳の, 発見した, 白墨の, 的確に, 皆様に, 盛りあげるの, 目前に, 目差して, 直線的に, 直覚的に, 相手に, 真理と, 真黒に, 眠り殺すばかりか, 眺めた, 眺め渡す事, 眼と, 睥睨し, 知ってると, 知ること, 知悉する, 破壊し, 神と, 神の, 私娼窟と, 科学教育する, 窒息さし, 窮うに足らない, 端から, 第三, 管理し, 系統的に, 紅くし, 純白なる, 経済的な, 統制する, 統轄し, 綜合した, 綜合する, 総括し考え, 纏めるやう, 罩めて, 美しいもの, 考えること, 考察し, 耕作する, 肯定し, 背負って, 脅迫し, 興奮の, 茶化し皮肉るところ, 著しく形而上学化, 蓋って, 蔽いつくして, 蔽い引き締めて, 蔽い迫って, 蔽うたこの, 蔽うて, 蔽うわけ, 蔽う解決, 虚妄の, 蜻蛉の, 表わすこと, 表現し, 表現しよう, 被いかくす大きな, 被ふた大花, 襲いゆさぶって, 覆い尽して, 覆うて, 覆って, 覆つた雪, 見あげます, 見きはめたつもり, 見せて, 見たいので, 見て取った, 見とおす平静さ, 見ないで, 見はらした美観, 見まわした, 見るか, 見るの, 見れば, 見下した事, 見回して, 見守って, 見廻した, 見渡したとき, 見渡したところ, 見渡した所, 見渡して, 見渡せるだけの, 見通すこと, 見降して, 覗いて, 覗き見る有様, 観察し, 観察すれ, 解釈せん, 言えば, 評価した, 説き尽くせないこと, 説き明かして, 読む内, 読了する, 調べ靴, 諸君全体に, 護るもの, 讚美した, 象徴する, 貫く方面, 貫く著者, 買い入れたの, 貸して, 赫耀たる, 跳ねまわりたがる手, 踏み付けに, 躍動的に, 軋ませぐうっと右, 載せる台, 通じてとは, 通じ黒無地, 通観する, 過去の, 道なら, 達観する, 遥に, 重から, 錯綜した, 鎌首に, 間借りし, 閣下と共に, 隠しては, 隠し得たと, 雀躍させ, 雲斎織で巻き締め, 露わして, 非難された, 面白く印象, 預かつて, 領し, 領した, 風靡し, 食い荒らし他, 食料の, 養うには, 騒がすの, 驚ろかした, 麻縄で

▼ 全体~ (727, 9.8%)

15 於て 6 一種の, 溢れて 5 亙って 4 亘って, 何か 3 向って, 於ては, 流れて, 渡って, 漂って, 漲って, 眼を, 響いて

2 [34件] ひろがって, ひろがるので, わたりて, 一種独特の, 亘っての, 今潮, 働く, 働く意慾, 動いた, 及ぶと, 及ぼして, 吹いて, 妙に, 就いて, 属すべきもの, 影響を, 意識が, 感ぜられた, 活気を, 漲つて, 無数の, 現はれ, 痛みを, 目を, 薄暗く灰色, 行きわたるとは, 責任が, 赤黒く日, 迷惑を, 通じて, 通じての, 通用する, 連る, 関係する

1 [595件 抜粋] あきあきして, あてはめて, あてはめられそして, ある, あるとも, あるの, あれほど, いい表わす会名, いくつも, いくらか腫れぼったく, いじめられること, いたるまで, いちじるしい影響, いつまでも, いやあな赤ちゃけた血が, うかがわれた, うごくなと, うすく水, うす気味が悪いと, おけると, おけるよりも, おしひろげ, おしろいでも, おれは, かかる暗示, かつさらに, かなり濃厚, かぶさって, かぶらしめたり, がっちりと, こけら, このいわゆるカネ, この一篇, この地, この実例, この日, この木, この精神, こもり特に, さう考へてを, さっと冷酷, さほど高, しかるに, して, しみとおって, すやりと, ずきずき痛ん, そして自分自身, その動物, その名, その後しばらく, その流行, その滋養, その痙攣, その領土, その飛報, それを, ただよわせた金五郎, たった一人, だいぶひどく, ちっともホテル, つきて, つたえたいからこそ, つながつて, つなげて, とがった屋根, どことなく漂っ, どの位, ないの, なくなつ, なぜか, なんとなくものうい, はっきり出, はなはだ病的, はりつめて, ひどい好き嫌い, ひどくゆ, ひろがりみんな, ひろがり無理, ひろがり私, ひろがるよう, びまんし, ほとんど幾人, ほのかに, ほんのりと, ぼうッと, ぼんやりと, またがって, まだら, まだ年, まだ新しい, まだ衝撃, まだ類型的, まるで此晩街路, みなぎって, みなぎらして, むくみあがって, むくみが, もう一段階, やや民話ふう, ゆきわたる様, よく似合った, りんごの, わかって, わたったもの, わたって, わたらざる一種, アユツイショウしょう, イヒチオールを, インチメートな, クマクマという, ゲラゲラと, ザッハリッヒな, ショックを, スイッチを, ソワソワと, ドス黒く, ポオの, ムクムクと, 一台の, 一時に, 一時人口の, 一時間早く, 一本の, 一男の, 一種奇妙な, 一貫し, 一週一回の, 与えて, 世の中から, 世を, 中途半端の, 丸っこいの, 丸顔の, 亘つて一応どう, 亘つて統一融合せられ, 亘りて, 亘る問題, 亘る広汎, 亙つて, 亙る変動期, 人少なな, 今では, 今までは, 今常識的, 他の, 付け加えて, 伊香保の, 伝わって, 伸び伸びと, 佐渡は, 体当りで, 何かしら厳粛な, 何だかちょこちょこした, 何だか蜘蛛, 何となく不吉, 何となく気品, 何と深い, 何処と, 余りにも, 信仰が, 充ち渡った, 充分なる, 充満し, 光被すべき, 共通し, 内から, 内在する, 円味が, 凄く幽鬼的, 分ると, 利害を, 刺さって, 刻みこまれて, 剃りおくれた鬚, 前へ, 副詞は, 力が, 力を, 力強いところ, 加うる, 加えられた悪魔, 加わったよう, 効果の, 勝ったん, 勤倹の, 十分親しまれ, 南島の, 厚い布, 厚い白壁造り, 厚紙を, 厭味あれ, 参与し, 及ばぬうち, 及ばねば, 及びすくなくとも, 及ぶ様, 及ぶ統一的世界, 及ぼした差略, 及ぼしはては, 及ぼす効果, 及んだ, 及んだ筈, 反響する, 取っての, 取り乱して, 取り入れつつも, 取り敢えず出, 叙情詩的な, 口の, 同じ浮沈, 向い得る直観, 向かって, 向け直した, 向つて, 命名の, 咲きみだれた中, 四角に, 回転運動を, 国の, 地上の, 地下千尺の, 地名に, 変化が, 夕方や, 外ならないであろう, 大きい刺戟, 大きい差別, 大きな勘違い, 大きな影響, 大きな混乱, 大きな著述, 大きな関係, 大なる, 大不利, 大爆発, 大道露店が, 大震動, 太りたる物, 奉仕すべきである, 女を, 女性に, 好きです, 好ましい結果, 妙な, 実に多く, 実現さるべき, 寄付し, 富山の, 小さい事, 小柄の, 少くなっ, 少し怒り過ぎ, 少し痩せ, 就いての, 就て, 属すること, 属するもの, 嵩ばり過ぎた, 左翼の, 広がってるよう, 廻った, 強い照明, 強き方, 当てはまり得ないよう, 影を, 役立つよう, 彼らには, 彼女の, 微妙に, 恥しさ, 悪い, 感じて, 感化を, 憂暗な, 憤慨し, 成人しきっ, 戯曲の, 戻って, 手を, 投げて, 抱きしめても, 押しひろめた, 押しひろめる事, 拡がった時人達, 拡がつたもの, 拡がり二三日, 拡がる真赤, 拡げざるべからず, 拡張し, 挨拶しました, 推し広げて, 損失を, 政治の, 敵意を, 斥けられこそ, 新しい一粒, 新しい性格, 於けるラジオ, 於ける個々, 於ける又, 於ける増加, 於ける夫, 於ける根本的, 於ける義金, 於ける言論統制, 於ても, 日本では, 明るい朗らか, 明るくて, 明るく踊っ, 映って, 是非知つても, 時代が, 暴動を, 書かれて, 木切れを, 杉が, 材木の, 検閲官又は, 椿という, 極度の, 樣, 権利を, 横溢し, 歌は, 止まって, 此組織が, 段々ひろがっ, 比べて, 気づかせる方法, 気息を通じて, 求めるの, 汗が, 汚点と, 波及するであろう, 注意が, 活ける血, 流るるごとく自由, 流れる熔岩, 海綿海草などを, 浸透し, 淡い朱, 深い影響, 深い靄, 清潔でゆつ, 渉っての, 渉つて行はれた, 渉つて道路を, 渉る, 渡つた事で, 渡る一つ, 渦巻いて, 湿っぽいところ, 満ち充ちて, 満ち満ちた, 溢れさせて, 溢れそう, 溢れるやう, 溢れる女, 漂う幻想, 漲った, 漲るユーモア, 漲る大, 漲る所, 瀰漫し, 烏金でも, 無償で, 煙の, 燃えひろがって, 物凄い影, 物品を, 狂いを, 現れて, 現われて, 甘い人間, 甘味が, 生々した, 生温い春風, 産する, 田舎の, 田舎めい, 男女交際法の, 画の, 異様に, 痛みが, 痴情事件らしく見え, 白幕, 白毛を, 盛んに, 目的なんて, 相当する, 矛盾し, 知れ渡って, 破竹の, 社会主義化してやろう, 禍いの, 禿げ頭, 秋の, 移ったかと, 空間が, 窶れが, 立ちこめて, 笑ひ, 笑みを, 等しいという, 等しく適用, 筋肉質では, 素人を, 紫っぽい, 細い横丁, 細長い胴体, 結びつくの, 統一された, 緑が, 縹渺と, 繃帯が, 美人という, 老人殊に, 脂肪を, 脈搏の, 自己の, 自由主義を, 至つても, 良いよう, 色の, 艶な, 芸術的空気が, 荒寥として, 著しく変った, 蔓延させる, 蔓延する, 蔽ひひろがらう, 虫が, 血の, 行き亘つた要求, 行き亘つて, 行き渡って, 行渡った上品さ, 表情の, 西南地方の, 西洋人の, 見えた, 見せつけられなくては, 見切りを, 親愛を, 言える言葉, 言葉といふ, 訴えて, 訴へ, 調子が, 調子の, 調子を, 貧困と, 資するところ, 轟き渡って, 近代の, 近代的な, 迷惑が, 透きながら, 通じた心持, 通じるという, 通ずる場合, 通ずる脈絡, 通ずる通し番号, 通るよう, 遍満し, 道が, 適用し, 醜くは, 重々しい倦るい悲哀, 重苦しいよう, 銀白色の, 鍬一梃と, 門付け物貰いの, 関わること, 関係づけられ, 関連し, 関連する, 降った雨, 陰険と, 雪が, 雪で, 霜の, 非常に, 響かしながら, 響き渡った, 響き渡る様, 響く快, 頗る朦朧, 頗る過激, 風葬, 食物は, 骨ばった感じ, 高い労賃, 高い金網, 高くあがっ, 鳴り響く生命, 黄色み, 黒つ

▼ 全体として~ (380, 5.1%)

12 見れば 8 見ると 4 一つの, 私は 3 みれば, 日本の, 見ても

2 [14件] これを, それを, はっきりと, 吾, 増減する, 完全な, 完成さるべき, 徳川時代の, 把握する, 表面積が, 見て, 見る時, 逆に, 非常に

1 [315件] あつた, あとから, あの範囲, あの金毛, あまり一致, いかなる学問, いかにも幸福そう, いかにも清らか, いささか賑, うけ入れながら, おかれて, おくれたから, おしすすめて, おそらく合衆国, かくから, かくも, かなり活溌, かんたん, きちんとした, この一篇, この手紙, この政治的性急さ, この義捐金, これは, これほど, さほど醜悪, しずかに, すべての, そいだけ, そういう感情, そういう抒情的方面, そうな, その国, その混沌, その生活, その言葉, その論理, その豊満, その部分, それほど古い, それ自身統制であり, そんなこと, そんな買物, だんだん上, つかみまた, つかむこと, つかむの, つかんで, です, ですか, とりこまれて, とりとめなく感性的, とり入れて, どことなく愛嬌, どの方角, どんな病院, なんとなく単調, なんらの, ぼんやり安全感, まことに立派, まだまだ事始め, まだまだ焼跡, まづ観劇, まとまらねば, まとまりが, まとまりの, まとまりを, みて, やはりこの, やはり区別, やはり場面, やはり次郎, やはり焔, やや高め, ゆる, より以上, より健全, より多く, より大, より富み, より富むであろう, わからせて, われわれの, われわれは, アパートの, アフリカ奥地で, インテリゲンチャ新進作家にとっての, フランスの, 一つに, 一種の, 万葉の, 三倍ちかく, 不利だ, 与えられること, 中国人を, 二〇〇〇〇磅の, 二五が, 云えば, 人口は, 人性の, 今日では, 今日の, 今日当面し, 今残っ, 仮名の, 体力を, 何かを, 何となく科学的, 何も, 何処にも, 作者が, 価の, 信用できない, 偏重される, 健全な, 僕と, 優雅に, 全く浪費, 全体の, 全体的な, 六角形に, 其処に, 其移住以前の, 内容的に, 円滑に, 写生力が, 分解し, 利益よりも, 前進せしめる, 南朝の, 単に児童, 厚い板, 原始的な, 可なり成功, 各人物, 合理的な, 同等に, 回転し, 図式的に, 固定は, 地味な, 型に, 堂々とうねつ, 壮麗な, 変に, 多過ぎる, 夜襲の, 大いに無邪気, 大きな感銘, 大したズリ下り, 大変ひかえ, 大成功, 大衆という, 奏上式な, 女の, 妙に, 存し, 存在する, 学問の, 客観し, 小説の, 小説的約束を, 少しも, 少し猫背, 少なくとも外見上, 少年から, 居睡り, 展開し, 工業国におけるよりも, 工業階級が, 市民社会の, 常に完全無欠, 弁証法的である, 引っくるめ, 強制的貧民維持から, 後者の, 志賀直哉の, 感じて, 感じらるべく, 感銘の, 憂鬱な, 我が商業, 或る, 打撃の, 扱う, 把握し, 把握しよう, 押しすすめる客観的批評, 持って, 支那大陸の, 政治に, 教育の, 文学を通じて, 新しい農村建設, 旅中の, 日本人の, 明るい健康, 明るい華, 明るくなっ, 書き足りないといふ, 最もすぐれ, 最近おのずから, 有益な, 本来希望である, 本来運命である, 極めて興味, 模様を, 正当な, 歪んでも, 歴史的な, 民主主義文学運動が, 民俗芸術と, 決して一筋, 決定的に, 法学教育を, 法学的素養を, 活動し, 流暢な, 淡紅色の, 減少した, 減少しなかった, 湖水から, 父親とは, 牧畜生活の, 狂人を, 狭いながらも, 現れて, 現代的価値と, 現在の, 生を, 生命を, 生気の, 生活が, 生活と, 生産経済の, 生長しよう, 生長する, 異議ありません, 発展し, 白く見える, 直截な, 真面目な, 知ること, 知情意の, 研究が, 社会の, 社会を, 祝詞の, 私が, 私に, 秩序立てられる, 立体樹枝型と, 経験の, 結婚しよう, 統一され, 統一として, 統一の, 緊密の, 総合し, 緑青と, 美しいと, 考えても, 考えること, 考えると, 考へる場合, 考へる時, 考察しなけれ, 考察する, 聖勅に, 自分さえ, 自分の, 自己を, 自己包括的で, 自覚ある, 芸術的の, 荒廃の, 華美で, 虹色に, 西欧の, 見えて, 見たとき, 見た場合, 見るとき, 見事な, 見失うん, 見物は, 見直して, 視るに, 角板の, 言えば, 言へば, 評すれ, 認識する, 読者に, 調子に, 超えて, 超自然界, 超越し, 踊りの, 車輪の, 軟弱な, 進歩し, 遥かに, 酬いられないこと, 鑑賞せよ, 関東以北の, 除外すべき, 階級闘争という, 雄略, 雪の, 需要を, 静物の, 面白いので, 音楽という, 騎兵であり

▼ 全体~ (187, 2.5%)

2 右の, 朝まで, 益々顫

1 [181件] あまり小さい, いうまでも, いかにもでっぷりし, いわゆる, うす桃色, うす青くそして, おどろくべき強壮, かえって精神的, かなり精神, きわめて簡単, ぎいぎい軋っ, このよう, このゼネレーション, この日, この点, この理由, さっそく危惧, じっさい彼, すっかり影, すつかり, すべてを, すべて大小の, そういうもの, そのとき, その各, その種族, その鐘乳石, ただ一日, ただ私たち二人, たちまち新しい, たちまち骸骨, ちっとも明るく, とても髣髴, どうせね, なかなか謙遜, ぬけきって, ひと筆の, ひどく古めかしいのに, ふっくらし, ほんとうは, まったく地上, まるで両足, まるで天, まるで松, もう盛り, もう私, もちろん椅子, もつともつと元気, やはりご, よく見て取れた, より所, イギリスの, エスキモー人の, カアネル・トランズによって, ガス状態に, クリーム色に, ピカピカと, ブランカの, ホップス, ホワイト, 一場の, 一寸面白い, 一種の, 不変に, 世にも騒然たる, 乳色で, 事実を, 交響曲の, 会計院と, 伸, 何らかの形, 何処と, 何処までも, 例の, 依然として朦朧, 僕が, 僕は, 優しかった, 全く吃驚, 全体において, 凄まじい煙, 初めの, 刳り抜き, 前より, 勢いよく茂っ, 勿論別荘, 勿論椅子, 北と, 医者の, 十一エーカーあり, 単純一様に, 堂々たる城廓, 夕顔の, 外面で, 夢遊病の, 大なる, 威厳へ, 完全に, 実際に, 尊王主義と, 小箪笥, 少くとも, 常に部分, 平ったく, 平凡ながら, 引っくり, 弘前に, 影法師を, 彼女よりも, 思ひがけ, 恰も難破船, 悪を, 意味の, 戦争には, 手を, 指顧の, 振り子の, 操り人形の, 教会に対して, 敵味方に, 新様式, 昔と, 暴風に, 曖昧模糊と, 最も小さい, 最初から, 本家である, 校長にも, 根元から, 極度に, 死んだよう, 殆ん, 泥土の, 深い昼寝, 無数の, 無論部分, 燃質に, 物理的な, 現在弛んだ, 現金勘定と, 現金勘定の, 甘く出来た, 甚だしく変色, 異った, 異様に, 痩せて, 眼醒めなかった, 知覚されない, 破竹の, 祭りの, 私の, 空間の, 米騒動の, 結局に, 結局は, 総立ちに, 緑で, 考へ, 艷消しで, 菓物の, 見えず眼, 誤った批判, 読み終ったとき, 講釈する, 貧窮に, 通りから, 通貨の, 連続的だ, 進歩し, 進歩という, 運動と, 遥なる, 部分の, 部分よりも, 野武士の, 金色に, 長い間, 静止である, 領域である, 餓だ, 高地の

▼ 全体から~ (152, 2.0%)

13 見ると 10 見れば 8 いうと 7 見て 5 いえば 4 云って 3 受ける感じ 2 いって, みると, 出る馥郁, 受ける印象, 見ては, 見ても, 言って, 言へば

1 [86件] いったらほんの, いふと, うけた印象, うける感じ, うける清楚, うんと感謝, えらびだされた最高, くる生きてるよう, して, しぼり出した一滴, すっと血の気, すれば, その局面, それだけの, だった, でなく夫, な曲線, みて, 一度に, 不気味な, 不浄を, 乗客乗組員の, 云うと, 云えば, 云つて決して, 云つて特殊と, 云ふ, 享ける, 何ともいえない, 光の, 出発しなけれ, 出発するなら, 切り離され戸棚, 切り離して, 判断し, 判断すれ, 制約される, 力が, 区別されね, 受けたの, 受けた何だか, 受けた印象, 受ける共鳴, 吹き湧き吹き起り吹き上げ吹き下ろすよう, 嗅ぎ出したの, 嘔きたくなる, 変に, 学ぶべきもの, 崇められて, 幾フィートも, 感じられた, 指し示され全体, 放射される, 本質に, 来て, 来る印象, 来る幽, 来る重圧, 湧き立つ重み, 炎が, 牛車六十台の, 理科用電池を, 理解される, 疑はれる事, 疑われること, 発散し, 発見する, 真面目に, 眺めて, 社会的常識によって, 税なども, 考えると, 考えれば, 背かれるという, 脈々として, 自分の, 見たらその, 見たらほんの, 見た社会的実験, 見ての, 見るとき, 観れば, 言えば, 輪郭の, 逼って, 雫を

▼ 全体~ (125, 1.7%)

6 なもの 4 な内容 3 な体系 2 では, な世界形像, な叙述, な発展, な立場

1 [102件] であるかは, であるの, でなくかえって, な, なこと, なそして, なの, なひびきとして, なゆるがないもの, なる問題, なる存在, なわれ, なホールサム, な一貫, な人間存在, な人間的存在, な仕事, な体系そのもの, な作戦, な作用, な信念, な信頼, な公共利益, な前進, な力, な効果, な原因, な向上, な問題, な形式, な意志, な感能さ, な或, な所以, な批判, な把握, な構図, な構想, な構造連関, な正しい, な活動, な混乱, な特徴, な目, な真理, な立派, な経済, な統一, な統一的, な観念, な評価, な赤, な重点, な面目, にそう, にその, にで, にとらえ得る, には増加, には成り立ちません, には桂月氏, には西涼軍, にみ, にも華麗円満, にも部分的, にフリードリッヒ大王, に一挙, に一遍, に乳不足, に二人, に云え, に何, に優劣, に取除かれ, に感ぜられる, に感心, に扱, に批評, に提示, に極めて, に犬, に甚だ, に生かせた, に生命, に組み上げられた, に考え, に考察, に至って, に芸術中心, に華奢, に見, に見まし, に見る, に認めず, に進歩, に酒豪, に高める, の哲学, の売上げ増進策, の意義, の進化, 又は部分的

▼ 全体としての~ (120, 1.6%)

3 調和を 2 完成を, 意味を, 文化の, 生活の, 調和には

1 [107件] この動的均衡, さなぶり, その古調, その結果, はたらきを, ふしなどは, まとまりが, やりかた, より大きな, イオン数が, イデオロギーから, キリスト教の, ヨオロッパの, 一でなけれ, 一系統の, 事実は, 人口が, 人間である, 人間性である, 人類は, 会員意識の, 健全な, 写象は, 前進に, 効果から, 効果が, 効果に, 動きなどを, 動きは, 印象には, 印象は, 可能が, 問題の, 国の, 国軍兵力の, 大きな不幸, 女らしい姿勢, 家庭の, 寺田屋派を, 巧妙な, 常世の国の, 形態において, 影響が, 心構えとでも, 心生活の, 心的生活全体としての, 性格と, 性質は, 意味の, 感じは, 成育の, 戦争は, 抽象的経験という, 指導原理の, 支那文化を, 文化であり, 文学を, 文学的プログラム並に, 料理を, 方策については, 日本の, 日本国民が, 日本民族の, 杖を, 条件の, 森厳たる, 概景を, 構想を, 構成次第などは, 気分に, 気分を以て, 水準の, 点数は, 特徴を, 現実が, 生命の, 生活と, 生活態度の, 研究から, 社会に, 神事には, 私が, 私を, 秩序と, 統一が, 統一を, 線や, 自我が, 色調という, 色調は, 芸術を, 表情が, 覚醒を, 観照は, 説明は, 調子が, 調子で, 近代文明を, 進みが, 運動を, 過程そのものは, 関係をも, 闘争へ, 集合美を, 静けさの, 頭の, 飛躍的な

▼ 全体~ (104, 1.4%)

3 あつた 2 それを, 使用すべき, 示して

1 [95件] あえぎながら, あつて特定, あといくら, いくらに, いやいやを, これが, ずーっと大きい, たった二隻, でも, どれだけの, どれ位の, ひかねば, ひねくれて, ふるえて, ぶつかつて, みすぼらしい小屋, やらなければ, ドコの, ボロ小屋と, 一つの, 一匹を, 七百人も, 七百人位は, 七艘総, 三です, 三万足らずの, 三億円の, 三百八十万冊の, 三竿で, 九メートルばかり, 九人であった, 九十二箇の, 九百五十九人と, 九百坪ばかりさ, 二カ月という, 二千頁から, 二百円あれ, 五十スーの, 五百七十四頁ほど, 人口は, 人家が, 何個村とか, 何字ある, 何段歩位ある, 個人, 僅か七アルペント, 八億なんぼで, 八級あります, 前川を, 十三巻から, 十二間ほどの, 十五人くらゐな, 千何百人か, 同情し, 含味する, 味わうの, 唄った, 四五年は, 基準系に, 大饗宴, 媚びながら, 定めたこと, 小さな電灯, 展開し, 平らに, 幾人かの, 当時の, 彼女は, 怒って, 愛想を, 感じて, 抱へ, 抵抗する, 拍子を, 拍子をと, 揺すぶるけれど, 撰び据える, 書いて, 栄介を, 歯ぎしりを, 浴場を, 漢文の, 点頭いたり, 照れて, 物を, 痛さ, 百歩ある, 目に, 私を, 老いも, 話しあったり, 読んで, 躊躇を, 鈍くしか, 飛び上って

▼ 全体としては~ (96, 1.3%)

2 古代の, 広大なる, 彼女は, 非常に

1 [88件] ある一定, いかにも乱雑, かかる租税, きわめて上首尾, この比率, この量, これを, しだいに熟練, すこしも, すこぶる有力, そういうもの, その前後, その区別, それは, どこか, どこかに, なにかしら, なんだか要領, ひどくちぢれ上がっ, ひどく遠い, まじめに, まだまだ寛濶, まだ帆船, むしろ失敗, もちろん予期, やっつけな, われ, われわれと, パリーが, ブルジョア・イデオローグであり, 人間の, 凍らない湖, 出生総数に対しては, 別段似, 前の, 労働者階級の, 単なる翻訳以上, 古今調と, 句に, 向上の, 堂々と, 夢の, 完全な, 家の, 少い方, 平安朝を通じて, 幾分の, 従来の, 思いのほか速く, 恐ろしく乱雑, 或る, 教訓談である, 数十人あったであろう, 明白に, 極めて急速, 正直に, 死亡率と, 決して低い, 減じないが, 渾然たる, 漢軍の, 無定形に, 理論的で, 生産の, 画像が, 百年, 真実を, 真珠色の, 着々進歩, 神讃めと, 稍軽い, 素晴らしく一致団結, 素焼の, 結局圧迫される, 結局大した, 結局曲がった, 絵画や, 著しく急速, 観ない先, 質素な, 進歩の, 進行的な, 錯乱状態の, 陰イオンの, 陰欝な, 電気の, 音韻は, 食うもの

▼ 全体~ (74, 1.0%)

8 部分との 2 すると, 思惟せる, 比較し, 部分の

1 [58件] あたりの, おしてよまれた, したら一時間, しっくり合いません, して, しようと, すこしも變, すれば, その作家たち, つながって, なるに, まったく有機的, よく調和, エジプトとを, ペロポネソスと, 一緒では, 一致し, 云って, 云っても, 交渉なき, 会堂の, 共同一致の, 匹敵する, 友だちに, 右の, 同じよう, 地区の, 思って, 核心と, 核心とに, 棹立ちの, 無関係な, 神武紀の, 私の, 等しい効果, 箇との, 細部との, 考えられて, 考へると, 蔵の, 街を, 解し湖, 言いますが, 言い紫色, 言うよりも, 言ふ, 言わないまでも, 軍備費との, 通じて, 部分, 部分という, 部分とかいう, 部分とは, 部分とを, 部分に, 離れること, 頭髪とが, 顔とには

▼ 全体主義~ (63, 0.8%)

2 の内容, の哲学

1 [59件] から守る, が今日意味, が良い, たるゆえん, だもの, であるが, でおおう, ではない, ではなくし, とあの, というよう, という合言葉, とかいろいろ, とか全体主義国家, とか東洋永遠, とではよくよく, と呼ん, と軌, などに至る, なる常識通念, なんて言う, にたいする憎しみ, には矛盾, にほんとう, に向けられ, に哲学, に後退, に立ち, に近づい, に関する我等, のかす, のため, の中国, の二, の人間倫理学, の全体主義, の別名, の困惑, の如何なる, の度胆, の性格, の方向, の時代, の最, の犠牲者, の範疇論, の見, の論理, はあたかも, はヒトラー, は国力, は如何なる, への吟味, への心臓, への通路, への道, へ目, へ革新, を奉じ

▼ 全体~ (44, 0.6%)

2 がある, の事, をぐずぐず, をする

1 [36件] ういう, うした, う云う, がそんなに, がどう, がチッペラリー, が何, が始, が始つたん, しに, だってそんな, だってそんなに, てえ間抜, というもの, というん, と云う, と言う, のこと, の御, の様, の病気, の目的, の罰, の部, もない, をぐづぐづしてるんだ, をし, をした, をたずね, を云っ, を妹, を聞こう, を表し, を言っ, を言った, んで染める

▼ 全体~ (41, 0.6%)

3

1 [38件] から来, が無視, だの, であり創造的綜合, であり行為, であるならば, という範疇, としての全体性, とに向けられる, との関係, とを持つ, と切り離され, と外界, においてのみ完全, において歴史的, において輝き始める, にまでつき進ん, にまで高め, に基いた, に欠けた, の原理, の原理自身, の概念, の領域, はその, は対象的, は現実的, は空間直観, も認められなくなる, をいう, をでなく, を云々, を否定, を如何, を有, を活かす, を考えずし, を遺憾

▼ 全体を通じて~ (40, 0.5%)

2 一貫した

1 [38件] あふれる平和, かくの, きわめてわずかしか, この意味, しかり, その価値, その意図, どことなく東洋, どの作品, 一つの, 一晩に, 今までの, 体系的に, 何一つ上等, 全体としての, 力学的取扱いは, 幸福を, 彼カザノヴァなる, 思い合さるる事, 我々が, 戦ふ国民, 日本と, 曖昧の, 最も旧き, 最も特色, 最も高い, 次第に述べられるであろう, 注意事項の, 浸みわ, 然り, 物語的な, 理想主義者として, 私は, 舞台的生命の, 見ると, 言えば, 言へば, 起ったと

▼ 全体では~ (38, 0.5%)

9 ない 3 ないの 2 ないが

1 [24件] あなたは, あまりにも, ありませぬが, すでに二千万, どれほどの, ないか, ないそれ, ないでしょうか, なく, なく一部分, なく又, 一日八斗目方に, 三四千坪に, 三四百人の, 二十二か村の, 余計だらう, 四丁四方の, 四千万人以上の, 四百五十円に, 大した金額, 少くも, 棄てねば, 百数十人に, 百米を

▼ 全体~ (31, 0.4%)

2 この工夫, 同様に

1 [27件] あまりかっきりしない, かえってその, この祭礼, この連邦議員, この鉱毒, それを, 一つの, 之を, 亦その, 冬枯れ, 動揺し, 四囲の, 底から, 庭の, 弓も, 恰も私, 揺らぎながら, 揺りうごくかと, 有するの, 活気を, 海の, 猫に, 罰せられました, 要りませぬ, 見えて, 過去の, 黄色っぽい

▼ 全体に対する~ (28, 0.4%)

2 平均たり

1 [26件] いやな, その釣り合い, ものと, 一つの, 不忠である, 位置関係を, 信望を, 十分な, 厭わしさ, 大脳の, 存在理由の, 実際の, 審判の, 平均を, 弱者の, 彼の, 愛は, 抗議に, 気持でも, 短い序曲, 自然哲学の, 致命傷にさえ, 連関の, 部分でなけれ, 釣り合いも, 関係の

▼ 全体には~ (27, 0.4%)

2 爛熟した

1 [25件] あまりお, いいよう, この野生, これから咲こう, ずたずたに, なんらの, ッてや, 何とはなし, 光も, 実際何かしら, 尊敬する, 少しも, 平静が, 快活さに, 明らかに, 枝の, 棗形だ, 無愛想な, 詩には, 近年まで, 適用せぬ, 鏡岩の, 闊葉樹が, 随分偶然, 面長である

▼ 全体にわたって~ (27, 0.4%)

1 [27件] なお一つ, まとめられたるもの, ナンバンまたは, ヤツが, 一種異様な, 住んで, 作るには, 六十八個所を, 坂である, 彼の, 彼独特の, 念入りに, 拡がって, 樹木は, 物の, 異状が, 眩耀, 石の, 私は, 細緻な, 考えず一部分, 考える事, 自然と, 草取りを, 語句の, 適用さるべきであろう, 食用蛙の

▼ 全体どう~ (25, 0.3%)

5 したん 3 したと, すれば 2 したの

1 [12件] したつうん, したもの, したら一番, したら晴らされると, したわけ, した人, しました, すりゃいい, する気, なるか, 云ふ, 言う訳

▼ 全体この~ (24, 0.3%)

2 話は

1 [22件] ことは, シタフェには, ソースは, 七十七の, 乃公は, 人たちは, 人生一切が, 先どう, 国では, 女性質慓悍で, 子は, 懶げ, 書は, 東京で, 株式の, 橋も, 病院の, 神詠なる, 義勇兵と, 角煮, 言語の, 頃の

▼ 全体との~ (22, 0.3%)

2 連関において, 関係を

1 [18件] いきさつとして, こととして, たたかいの, つり合いの, 対比に, 映りが, 相互に, 相互回入の, 考への, 連関に, 進行の, 釣合上研究家や, 関係が, 関係で, 関係において, 関係の, 関連です, 関連において

▼ 全体に対して~ (22, 0.3%)

2 まるで処女

1 [20件] はたして言う, はなはだしく有害, 一種の, 中心的な, 公平無私であろう, 即ち自然, 又夫, 合目的的な, 大脳が, 有つ, 有機的関係を, 決定的な, 決然と, 沈黙を, 異常に, 行はれた, 負けて, 負わされたもっとも, 通用出来ない, 部分としての

▼ 全体どこ~ (19, 0.3%)

2 へ行く

1 [17件] からあんな, からはじまる, から聞い, が神秘的, でこの, で噛, で見た, で買う, にあった, にある, にいる, にも武家出, の何, の犬神, まで掘っ, まで行く, まで行っ

▼ 全体について~ (19, 0.3%)

2 云えば

1 [17件] ことに台所, これは, またそんな, みても, ハッキリ見, 一言の, 云い得る全部, 最も合理的, 直観せね, 行なう必要, 見る仕方, 言えば, 言えるであろうか, 言つてゐる, 試みて, 話は, 述明する

▼ 全体~ (18, 0.2%)

1 [18件] うつって, かけて, かけての, ひろがった, 一応解傭, 凄まじい浪, 十円寄付する, 及ぼすこと, 向かって, 向って, 外部から, 宮から, 満ち満ちて, 滲みだして, 激しくよろこび, 祖先からの, 行き渡って, 行き渡るまでには

▼ 全体どんな~ (17, 0.2%)

2 事を, 白毛染で

1 [13件] ことに, ものか, もんだろう, わけが, わけで, 了見で, 人かと, 仕事な, 匂いな, 性質の, 男であろう, 話な, 風な

▼ 全体という~ (14, 0.2%)

2 ものを

1 [12件] ふうに, ものが, ものには, ものの, ような, 中に, 合言葉では, 意味に, 範疇が, 言葉が, 言葉に, 言葉の

▼ 全体である~ (13, 0.2%)

3 ように 1 かという, かどう, ことを, ためには, ということ, と信ぜず, と言われる, のを, ような, 外は

▼ 全体において~ (12, 0.2%)

2 主観的なる 1 この発展, これより, さきに, 一と, 不滅なる, 今日の, 初めて剰す, 山岳国である, 微妙な, 部分の

▼ 全体への~ (12, 0.2%)

1 [12件] まじめな, 号令を, 復讐の, 憤懣に, 有機的な, 死亡通知を, 疑ひや, 統合を, 興味を, 関係によって, 関係を, 響きが

▼ 全体~ (12, 0.2%)

1 [12件] なんぞの聞くべき, のよう, のセイ, の家族全体, の考える, はそういう, はシンプル, は家, は平和, は脳, は蔽うべく, は骨格

▼ 全体~ (12, 0.2%)

2 に頼まれた 1 がいる, がお, がそんな, がたべる, に聞いた, に育て, の事, も彼, れだと, 知らぬもの

▼ 全体なら~ (11, 0.1%)

1 [11件] カステラ鍋で, 一度沸騰, 双方とも, 叔母さんは, 外国人でなけれ, 大した気, 沸立っ, 牛乳を, 牛肉屋の, 白胡麻です, 粉と

▼ 全体的一~ (11, 0.1%)

2 が生きる 1 というもの, とはこの, に対する個物的多, に対立, の発展, の過程, の部分, は単に, は抑圧的

▼ 全体その~ (9, 0.1%)

1 人と, 人の, 周囲は, 時分の, 海の, 物に, 笹屋の, 節私が, 鳶色の

▼ 全体にとって~ (9, 0.1%)

1 これまでとは, 全然問題, 又其の, 大きな激動, 幸福だった, 意義が, 支店は, 最も有利, 記憶の

▼ 全体にも~ (9, 0.1%)

1 あるん, かかわりを, 云わば, 古び黒ずんだ, 声音にも, 表情にも, 見られないの, 適用し, 陰翳が

▼ 全体~ (9, 0.1%)

2 の様 1 の四郎治, の場, の後, の戸, の日, の聖書, の鎌

▼ 全体あの~ (8, 0.1%)

1 ばさまなんて, 人と, 仕事は, 方は, 時娘を, 爺は, 車屋の, 餅を

▼ 全体どういう~ (8, 0.1%)

2 訳で 1 のが, 事情で, 土地に, 場処に, 意味な, 爺だろう

▼ 全体何者~ (8, 0.1%)

2 でしたか 1 かね, じゃな, だと, です, なの, を斯

▼ 全体~ (8, 0.1%)

2 は人間 1 が豆腐屋, どうした, のよう, は不自由, は何, は現在何

▼ 全体いつ~ (7, 0.1%)

3 頃から 1 分ったん, 宿へ, 舞台に, 頃に

▼ 全体それ~ (7, 0.1%)

1 に対してどう, に末期, は何, は何と, は毛ぢ, は誰, は鹿

▼ 全体~ (7, 0.1%)

1 といっ, として虚構, と云つて, と思っ, と窺っ, と見るなら, なあロシヤ

▼ 全体にとっては~ (7, 0.1%)

1 それは, ほとんど効果, 不利益な, 分裂, 無意味な, 絶対に, 自殺的行為と

▼ 全体より~ (7, 0.1%)

2 見て, 見れば 1 すれば, 優って, 来る重力

▼ 全体をも~ (7, 0.1%)

1 その境内, その歴史的発展, 嚇か, 殴るの, 毒してたかも, 混乱と, 隠して

▼ 全体を通じての~ (7, 0.1%)

1 わが国哲学界の, エタ頭を, 嘘かも, 構成にも, 氏独特の, 物凄さ, 観測結果な

▼ 全体~ (6, 0.1%)

1 ぢいさま, めえ, 好きな, 屋敷近い, 浦が, 紺が

▼ 全体としても~ (6, 0.1%)

1 いかにも人, つと朗らかさ, また御子左系, 一編, 成員の, 細部としても

▼ 全体とは~ (6, 0.1%)

1 すっかり離された, 別物であり, 少し調子, 彼の, 申しませぬが, 申しませんが

▼ 全体~ (6, 0.1%)

2 のだ 1 のである, んだろう, んです, んどす

▼ 全体なん~ (6, 0.1%)

1 だ, だてん, だよ, ですか, になります, の事

▼ 全体についても~ (6, 0.1%)

2 云へる 1 いえるの, もっともっと興味, 同じ観察, 行なわれて

▼ 全体あなた~ (5, 0.1%)

1 に昨日, に聞こえてる, のお, のよう, は何

▼ 全体お前~ (5, 0.1%)

1 のおっ, の了簡, の父親, は両親, は何

▼ 全体~ (5, 0.1%)

1 が長命, だらうか, にからかう, の身体, は生き

▼ 全体我邦~ (5, 0.1%)

1 で昔誰, には百六十目一斤, に小児用, の家庭, の政治

▼ 全体社会~ (5, 0.1%)

1 だと, の内, の内部, の精神生活, を代表

▼ 全体いくら~ (4, 0.1%)

1 で, で売った, で御, なん

▼ 全体こんな~ (4, 0.1%)

1 いえ, 字ばかり, 町に, 病気の

▼ 全体でも~ (4, 0.1%)

1 あって, ない, ひとタッチずつの, まだ私共

▼ 全体とを~ (4, 0.1%)

1 むきだしに, 比較すれ, 混同し, 運んでる同じ

▼ 全体については~ (4, 0.1%)

1 ほぼ元, また違つた見方, 主義傾向の, 少くとも

▼ 全体にとっての~ (4, 0.1%)

1 問題でなく, 英雄を, 重大な, 金言でも

▼ 全体によって~ (4, 0.1%)

1 いたわられねば, 歓迎された, 立証され, 証し得ること

▼ 全体に関する~ (4, 0.1%)

1 ことな, もので, 痛切な, 私たちの

▼ 全体のす~ (4, 0.1%)

2 がたを 1 がたから, がたが

▼ 全体よりも~ (4, 0.1%)

1 いっそう利己的, ずっと重, もっと価値, 強力であっ

▼ 全体主義哲学~ (4, 0.1%)

2 はその 1 に就い, の認識論

▼ 全体主義国家~ (4, 0.1%)

1 が崩壊, であるか, とかいうこと, の戦争準備

▼ 全体~ (4, 0.1%)

1 の処, の大臣等, の幕府, まで働いた

▼ 全体国家~ (4, 0.1%)

1 かと云う, の模範, の観念, は国家本来

▼ 全体~ (4, 0.1%)

1 との対立, と全体説, など之, は旧く

▼ 全体あんた~ (3, 0.0%)

1 は何処, は昔, を金

▼ 全体~ (3, 0.0%)

2 さまは 1 さん

▼ 全体これ~ (3, 0.0%)

1 は, は本当, は第

▼ 全体であり~ (3, 0.0%)

1 そして, 勝利を, 総合である

▼ 全体でなく~ (3, 0.0%)

1 てはならぬ, とも特別, 個人に

▼ 全体とが~ (3, 0.0%)

1 仲違いを, 冬の, 有する虚偽

▼ 全体どうして~ (3, 0.0%)

1 お前は, 土人に, 実の

▼ 全体なる~ (3, 0.0%)

1 かを想, ものは, 神を

▼ 全体における~ (3, 0.0%)

1 山キの, 巻と, 最大の

▼ 全体にかけて~ (3, 0.0%)

1 すなわち山伏, 一般に, 流動する

▼ 全体についての~ (3, 0.0%)

1 意味を, 意見を, 案を

▼ 全体にわたる~ (3, 0.0%)

1 ことが, 神に対する, 積分として

▼ 全体もしくは~ (3, 0.0%)

1 その人, 全面において, 真相が

▼ 全体主義的~ (3, 0.0%)

1 では, とでも言, な革新気運

▼ 全体人間~ (3, 0.0%)

1 の味方, の技巧, はひどい

▼ 全体何処~ (3, 0.0%)

1 のお, まで行っ, 迄行っ

▼ 全体~ (3, 0.0%)

1 は世人, は単に, は至って

▼ 全体~ (3, 0.0%)

1 の家, の最初, はあなた

▼ 全体~ (3, 0.0%)

1 が男, というもの, のする

▼ 全体~ (3, 0.0%)

1 が知ってる, は貴方, を家老

▼ 全体的価値~ (3, 0.0%)

1 は前述, は飽くまでも, を低め

▼ 全体的真理~ (3, 0.0%)

1 と考えた, の体系, は絶対的

▼ 全体的雰囲気~ (3, 0.0%)

1 としてワイセツ感, に救, に於い

▼ 全体あるいは~ (2, 0.0%)

1 一部を, 男女の

▼ 全体あれ~ (2, 0.0%)

1 はどこ, は請負

▼ 全体いま~ (2, 0.0%)

2 まで人

▼ 全体おれ~ (2, 0.0%)

1 に黙っ, を何と

▼ 全体からの~ (2, 0.0%)

1 暗黙の, 独立を

▼ 全体からは~ (2, 0.0%)

1 ヨーロッパ以外では, 重々しい活気

▼ 全体からも~ (2, 0.0%)

1 うかがえるが, はなはだ不

▼ 全体きみ~ (2, 0.0%)

1 はどこ, はぼく

▼ 全体であった~ (2, 0.0%)

1 から, ので

▼ 全体でない~ (2, 0.0%)

1 ことは, 家を

▼ 全体~ (2, 0.0%)

2 ごさ行ぐのだべ

▼ 全体どうも~ (2, 0.0%)

1 本所という, 近衛様が

▼ 全体どっち~ (2, 0.0%)

1 からおい, が高い

▼ 全体につき~ (2, 0.0%)

1 思索を, 計算し

▼ 全体にとっても~ (2, 0.0%)

1 よろこぶべきだ, 生きようより

▼ 全体にまで~ (2, 0.0%)

1 押し及ぼされるまでには, 複合する

▼ 全体による~ (2, 0.0%)

1 のである, 一般的な

▼ 全体にわ~ (2, 0.0%)

2 たつて

▼ 全体に対しては~ (2, 0.0%)

2 間接に

▼ 全体に対しても~ (2, 0.0%)

1 ひどくうとましい気持, 以前よりは

▼ 全体ひっくるめ~ (2, 0.0%)

1 てです, て文学

▼ 全体ほどの~ (2, 0.0%)

1 大きさ, 容積を

▼ 全体また~ (2, 0.0%)

1 これが, 己が

▼ 全体または~ (2, 0.0%)

1 個々の, 大多数

▼ 全体までが~ (2, 0.0%)

1 そのため何, 大きな虚無

▼ 全体を通して~ (2, 0.0%)

1 見ますと, 起こりは

▼ 全体ガラン~ (2, 0.0%)

2 と広い

▼ 全体世の中~ (2, 0.0%)

1 というの, の人

▼ 全体~ (2, 0.0%)

1 にとけこむ, に高く

▼ 全体主義国~ (2, 0.0%)

1 との対立, の西大陸攻撃

▼ 全体云え~ (2, 0.0%)

1 ば無理, ば老人

▼ 全体今日~ (2, 0.0%)

1 の世界, は何方

▼ 全体何ん~ (2, 0.0%)

1 というの, な特質

▼ 全体何時~ (2, 0.0%)

2 返す気

▼ 全体何時頃~ (2, 0.0%)

2 なん

▼ 全体何物~ (2, 0.0%)

1 だろう, でしょう

▼ 全体~ (2, 0.0%)

1 はどこ, は二人

▼ 全体同じ~ (2, 0.0%)

1 年齢であり, 色に

▼ 全体客観的~ (2, 0.0%)

2 なる歌

▼ 全体~ (2, 0.0%)

1 には狂, を持つ

▼ 全体少し~ (2, 0.0%)

2 も腐ず

▼ 全体平和~ (2, 0.0%)

1 ということ, を破る

▼ 全体~ (2, 0.0%)

1 幼稚で, 廏の

▼ 全体我々~ (2, 0.0%)

1 は何, をなん

▼ 全体我国~ (2, 0.0%)

1 にも古代, の獅子舞

▼ 全体或は~ (2, 0.0%)

1 一部を, 一部分に

▼ 全体日本~ (2, 0.0%)

1 という国, のよう

▼ 全体日本人~ (2, 0.0%)

1 の家, の食物

▼ 全体~ (2, 0.0%)

1 というもの, といふもの

▼ 全体月岡~ (2, 0.0%)

2 へ泊れ

▼ 全体東京辺~ (2, 0.0%)

1 では豚, の豚

▼ 全体権田~ (2, 0.0%)

1 が何, は何

▼ 全体的傾向~ (2, 0.0%)

2 の推移

▼ 全体的内容~ (2, 0.0%)

1 とは独立, の部分的内容

▼ 全体的感銘~ (2, 0.0%)

1 として最後, の深く美しい

▼ 全体的立場~ (2, 0.0%)

1 に立っ, もちつも

▼ 全体的経験~ (2, 0.0%)

1 としてあらわれ, はすべて

▼ 全体的統一~ (2, 0.0%)

1 は諸, を持った

▼ 全体的観察~ (2, 0.0%)

1 によるなら, によれ

▼ 全体~ (2, 0.0%)

1 というもの, と蛇

▼ 全体~ (2, 0.0%)

2 なン

▼ 全体貴女~ (2, 0.0%)

1 が何, は何

▼ 全体貴方~ (2, 0.0%)

1 は人間, は御酒

▼ 全体~ (2, 0.0%)

1 と脳髄, をこめ

▼1* [489件]

全体あいつら生意気でござるよ, 全体あにがどう, 全体あんまり静かすぎる, 全体いくつだ, 全体いつの間にこんなに延びたの, 全体うたと語根, 全体うちのめされたように, 全体より公, 全体おかしな奴だ, 全体おとなしい魚で, 全体おまへの躾, 全体おまえらにこれ, 全体おもしろくもねえ, 全体および各部の, 全体お前さんが逆らっ, 全体お前何だって巡礼, 全体お前俺に三円, 全体お前大金を貰った, 全体お金さんは前, 全体いわばたとえ, 全体かくのごとき, 全体かの仮面は, 全体からいつても, 全体がにこっと, 全体がやはらかい, 全体くたびれが出, 全体くらいの大きさ, 全体こうして酒宴の, 全体こりゃどう言う, 全体これらの父母, 全体こんなにおれの, 全体ういふ, 全体さえ感じ出した, 全体さえも誤って, 全体しんとし, 全体すいている, 全体すこし色が, 全体すなわちテムペラメントその, 全体そうですから, 全体そして足の, 全体そんなつまらぬ事, 全体そんなに大それた, 全体たってゆけなくなり, 全体たっぷりしてる, 全体たる成は, 全体たれのこッ, 全体だけでいい, 全体だったが眼, 全体だって夫に, 全体ちゃきちゃきの深川ッ女, 全体ちょうどこんなだった, 全体つつじは千五百尺以上, 全体つまり石炭商組合から, 全体つめたい石に, 全体でなければならぬ, 全体とかいう観念に, 全体とさえ看做したこの, 全体としてさう感じる, 全体としてとも角直接統帥の, 全体どうかお大切, 全体どことなく薄く白, 全体どの位ゼニが, 全体なぜ今まで, 全体などとても分らない, 全体なにがどう, 全体なら出て来なくっ, 全体なりに掴もうと, 全体なれば元, 全体なんかの中より, 全体なんだいこりや, 全体においては無勝負, 全体においても局部においても, 全体にこそ地方の, 全体にさえ承認を, 全体にたいする御理解, 全体にとつては, 全体にわたっての一通りの, 全体にわたり仏教哲学程朱の, 全体に対し摩擦を, 全体に対しての叙述だ, 全体のみならず人類, 全体のみが思想のみが, 全体のろのろと進行, 全体はいれるものです, 全体はじめて口を, 全体はっきりした白, 全体ひとかたまりの尨大, 全体ひばりというもの, 全体ぼんやりした, 全体まあどのよう, 全体まで思出されず, 全体までも両舌の, 全体まア何ういう, 全体みょうな言葉, 全体みんな学校のお陰, 全体むくんでもいる, 全体むずかしいこの仕事, 全体各州や, 全体やや沈んで, 全体よくない奴, 全体わかちがたく完結, 全体わが邦で, 全体わたしは上役, 全体われわれには理屈, 全体をかへりみても, 全体をけ落して, 全体をば文学者, 全体をへの字形に, 全体をもっての弁証法的開展として, 全体を以て作用出来ず, 全体を通じては雪の, 全体アノ坊主は大変, 全体アヤメにはじつは, 全体インドでは伏蔵, 全体エレベーターのよう, 全体カストリの質, 全体ガタに潟, 全体ガマタ二重ニ見エタ, 全体シナ側の取り扱い方, 全体シラミの巣, 全体ジャンボーになったら, 全体ソリャ何の事, 全体チベットには余程, 全体ツバキとはどういう, 全体デキメタモントイウナラ取リ次ギハスルケンド, 全体トシテ二重ニ見エ, 全体ドアをあけ, 全体ドンなもの, 全体ナオミさんは自分, 全体ナガイモの薯蕷, 全体ハリとは昔, 全体ピヤノなにかはよく, 全体フーカデンなんぞの付合, 全体ボルなの, 全体ミサキという語, 全体メロドラマ的にあつかわれすぎ, 全体ライオン系の獅子頭, 全体ラブつてどんなもの, 全体包ミ又, 全体一年に二度, 全体一日総量を計り出し, 全体一瞬にし, 全体万葉の東歌, 全体三十八間隔の中, 全体三年も四年, 全体三百十字の三分の一, 全体上流社会が嫌い, 全体下等な味, 全体不十分なるもの, 全体不埒な男, 全体の変り, 全体世人が博物家, 全体並びに固定した, 全体中学校へ何, 全体と客体, 全体主義そのものをどんな, 全体主義国側に渡すまい, 全体主義国防国家として強大, 全体主義文化政策に知識人, 全体主義文化論が提唱, 全体主義権力国家主義に堕する, 全体主義理論家のシュパン, 全体主義的ソ連の建設, 全体主義的国防建設が列強, 全体主義的社会哲学を代表, 全体主義的行動をとり, 全体主義的論理で以, 全体主義的議会演説の類, 全体主義社会統制の重要道徳, 全体主義自身は部分主義, 全体乃至部分相互の, 全体之は何である, 全体の事, 全体二十五分ぐらいでゆける, 全体亜米利加などという国, 全体交通ストップ自動車などは一夜, 全体人体の構造, 全体人影一つなかった, 全体人格タイなんかは人格, 全体人民を愚, 全体人生が偉大, 全体今度の亜米利加行, 全体以上のページ, 全体会議の第, 全体ている, 全体体言といふ名称, 全体何だかよく解つてゐない, 全体何で拵えたもの, 全体何事がこの, 全体何人に似, 全体何度同じ事, 全体何用あって, 全体何病でお, 全体たるもの, 全体にし, 全体信濃のその, 全体俺達はウヌ, 全体傾かせながら最後, 全体をカフカ, 全体儒教が分っ, 全体あ何, 全体光線や音響, 全体全部の一大危険, 全体八時で禁出入, 全体共通科目としては哲学, 全体を主, 全体其のお前は, 全体っている, 全体円い皿の, 全体整理を, 全体て見える, 全体分らないんだ, 全体切り離さねばならぬ, 全体刺撃物や香料, 全体にからあの, 全体副詞の語根, 全体勘弁を致す, 全体化観念に対して民衆そのもの, 全体匿名の歌合せ, 全体十七句の五割以上, 全体印刷に手間, 全体印象を何とかはっきり, 全体原理が生命現象, 全体他領域, 全体又はその代表的, 全体友人全体がなん, 全体叔母さん余り慾が深, 全体古い叙事詩は, 全体古風な浄土観, 全体に列挙, 全体合衆国は世界, 全体君等はわし, 全体世界中の, 全体づけられること, 全体命がけで戯曲, 全体和泉屋も和泉屋, 全体哲学も之, 全体哲学者と理学者, 全体その前脚, 全体商人はお前, 全体国全体に及ぶ, 全体国民全体と言います, 全体土間になっ, 全体地面につけ, 全体坊主なんてえ, 全体ふさぎな, 全体を出し, 全体売払つて工事費総額二千九百何十円といふ巍然, 全体変ったのよ, 全体外国に出る, 全体のよう, 全体大人の読む, 全体大切な児童, 全体大原が女, 全体大学に学ぶ, 全体大隈と云う, 全体大食をなさる, 全体天狗のこと, 全体奇態に太り過ぎる, 全体奥平と云う, 全体の姿, 全体子女を監督, 全体学問というもの, 全体から連れ, 全体宛ら糊されし, 全体家々に自, 全体家庭料理とホテル料理, 全体家賃はいくら, 全体対部分という根本的, 全体小柄で丸い, 全体小癪な旅烏, 全体少し何だか工合が, 全体山の上でヴァイオリン, 全体島君はどこ, 全体をき, 全体はこの, 全体已然言と命令言, 全体師匠の云う, 全体年内に江原, 全体でもありますまい, 全体幾つあるかと, 全体幾人で出かけた, 全体幾許置いて, 全体弾正は大詰, 全体当節の新聞, 全体彼奴等に頭, 全体御前は誰だい, 全体御飯はお, 全体懸が, 全体心全体身体全体でぶつ, 全体性具体性を失い, 全体性格の骨子, 全体恭一にせよ, 全体愉快ってえ, 全体意志の類, 全体憲法政治は最も, 全体我共は尽忠報国, 全体手前が宜しく, 全体手品師のよう, 全体技術の学問, 全体投票権そのものは憲法, 全体探偵が此, 全体放任主義と云おう, 全体政治の術, 全体政治家の根本, 全体教師を何と, 全体教育そのものが男子, 全体料理の心得, 全体感覚派といふ, 全体新論や科学衛生論, 全体日ごろから情, 全体日本風の台所, 全体旦那がお, 全体しの, 全体春まつりの一部, 全体普通名詞と固有名詞, 全体く流れ, 全体書斎などを持っ, 全体木曽のお, 全体未成年者でもある, 全体はどう, 全体化粧が, 全体本当のこと, 全体根こそぎ持って, 全体の形, 全体椎の木は甚だ, 全体樺太から帰つて一ヶ月, 全体欧羅巴人が東洋人, 全体歌つてゐるの, 全体此処へ女優, 全体此島は雨, 全体此着物はひどく, 全体此話の主要人物, 全体殿様が武張っ, 全体毎年講中がありまし, 全体水晶の栓, 全体水蛇は尾, 全体水部屋になっ, 全体氷柱に化したる如く, 全体汝たちヘロデの後裔どもめ, 全体江戸の蘭学社会, 全体池坊の立花, 全体汽車で旅行, 全体法住寺へ葬むる筈, 全体泥まみれだった為め番号札, 全体洋服などと称し, 全体浩さんはなぜ, 全体消えてしまう, 全体渡良瀬川沿岸全体でございます, 全体漁夫という者, 全体にかぶれ, 全体濃くてもよかっ, 全体灰色をした, 全体無理だらけなん, 全体父さまが宜, 全体の臓物料理, 全体物事というもの, 全体物忌みの月, 全体物置を早く, 全体特に青年に, 全体を連, 全体狐ッて奴, 全体玉子はどういう, 全体現在のわが, 全体理屈は嫌い, 全体理屈づめにしたる歌には無, 全体理窟づめにしたる歌には無, 全体理窟的の趣向, 全体琉球神道にはこんな, 全体甘味ばかりで, 全体甚寛やかに, 全体生命の自覚, 全体田丸先生などいま, 全体田舎のブリキ屋, 全体男娼を買っ, 全体画一の運動, 全体異状だらけだと, 全体白色水気少ナク, 全体的世界形像と呼ぶ, 全体的企画の中, 全体的労働の一部分, 全体的効果をあげ, 全体的基準をも意味, 全体的基礎はこの, 全体的存在である哲学, 全体的感じが金属的リズム, 全体的方法であるかの, 全体的有が一転, 全体的構図を否認, 全体的特色を持っ, 全体的絶対静止の論理, 全体的総合さらに進ん, 全体的色調と必要, 全体的表現は行為的瞬間, 全体的飽満にあらね, 全体皆椎の木だつた, 全体直さなければなるまい, 全体磯吉は無口, 全体祈ってゐる, 全体祈年祭を二月, 全体神田の豊島町, 全体神経が過敏, 全体私たちビジテリアンというの, 全体私ども儀は尽忠報国, 全体秘結させるもの, 全体あった所, 全体立ち聴きと, 全体立派で丈夫, 全体竜女は婉妍人間婦女, 全体を詰め, 全体箱根でも塩原, 全体米利堅粉は西洋, 全体粂どんを憎む, 全体を構成, 全体紫陽花という名, 全体終止言と連体言, 全体絶大なかなか運ぶべく, 全体綱紀が弛み, 全体の中, 全体であり永遠者, 全体肝腎の御, 全体く緊張, 全体腐つた果物の, 全体腐敗しやすい, 全体を曲げ, 全体膨れて開いた, 全体自然がきらい, 全体自然界にはどこ, 全体至るところから, 全体臼太鼓踊りなるもの, 全体良人が持っ, 全体芋章魚と言う, 全体芸人なんてもなあ公方, 全体芸者になろう, 全体芸術の価値, 全体若い自由を, 全体若浪さんの思い付, 全体茶人の持ってる, 全体薩摩芋より里芋, 全体の壺, 全体の一般, 全体が気, 全体蛇体でござるかな, 全体血液に漬かっ, 全体西洋婦人は食物, 全体西洋料理でも極, 全体見えはしません, 全体見習士官といふもの, 全体が出来上る, 全体認識の確証, 全体課長が悪い, 全体豆腐屋の子, 全体などが死, 全体貰う気が, 全体郎様は, 全体赤い字の, 全体身体全体でぶつ, 全体軍事外交貿易等を含めた, 全体農民がそういう, 全体迎いに行っ, 全体追窮する人, 全体通して傾聴, 全体連体段は所謂分詞法, 全体道楽者でげす, 全体さえのめ, 全体覚せば, 全体醤油の原料, 全体重助さんに云っ, 全体金茶色でうす, 全体金高はどれ, 全体を売る, 全体関係においての敗北, 全体防音装置の上, 全体を含んだ, 全体非常に尊敬, 全体面白く候へども, 全体頬冠りは, 全体から軽蔑, 全体風景に甲乙いずれ, 全体食パンにも英国風, 全体食牛に適した, 全体とした, 全体駄目です, 全体騾馬というの, 全体高真空にひく, 全体髪の毛は先ず, 全体があんまり, 全体の味, 全体,本を書く