青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「別荘~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

別々~ ~別に 別に~ ~別れ 別れ~ ~別れた 別れた~ 別れる~ 別段~ ~別荘
別荘~
利~ 利害~ ~利用 利用~ ~利益 利益~ ~到る 到る~ ~到底 到底~

「別荘~」 1782, 19ppm, 5962位

▼ 別荘~ (414, 23.2%)

23 方へ 9 ような 5 前の 4 人たちが, 前を, 方に, 裏の, 門に 3 一つも, 中に, 中は, 中へ, 主人は, 人々の, 番人が, 管理を, 門を

2 [24件] お庭, つもりで, どの部屋, ほうに, まえを, まわりを, ドアの, 一つでも, 一室に, 並んで, 主人が, 主人に, 人たちも, 土堤の, 売物が, 多い小, 客と, 庭へ, 庭を, 数が, 方を, 窓は, 部屋に, 食堂で

1 [282件] あたりの, あたりを, あった信州, あとへ, あの春子つう人, あるという, ある写真, ある庭, ある所, ある林, ある美しい, いかにも快適, うしろは, うちも, うら, おも屋, お古らしい, お嬢, お嬢さんに, お茶席, ぐるりを, ことです, ことは, ことを, さびれは, だだっ広い部屋, ちらほらとある, なかへ, ひとだつた, へいに, ほうから, ほうで, ほうの, ほうは, ほうへ, ほうへでも, ほかどんな, まえに, まわりに, みよし屋の, ものぢや, もので, やうな, ようである, わきまで, わき両方から, ゴミ箱から, ストーヴで, テラスを, プランや, 一つで, 一番はずれに, 一部を, 七ツ八ツ風光明媚なる, 上に, 上の山へと, 下に, 下男が, 世話を, 丘に, 中から, 中だろ, 中では, 中でも, 中の, 主とな, 主人である, 主人の, 主人九郎右衛門の, 二軒並ん, 人々, 人々が, 人々と, 人々には, 人々は, 人々を, 人たちにも, 人たちの, 人の, 人達の, 人達は, 令嬢たちも, 価値じゃ, 側で, 側に, 側へ, 側面で, 偵察を, 傍へ, 傍を, 入口には, 入口を, 内を, 内外は, 冬の, 処に, 処置について, 出来はじめから, 刎橋が, 利用価値は, 前さ, 前なんか, 前へ, 前まで, 前庭, 前庭で, 北海の, 古びた冠木門, 古材木, 合鍵を, 名は, 周囲が, 周囲を, 命名を, 四方にあたって, 園の, 土手が, 土手にな, 土手は, 地内に, 坊ちゃ, 坊ちゃんが, 坊ちゃんとしての, 垣根つづきである, 場, 境に, 売りもの, 売れたとき爺, 多い処, 多い水車, 大きな槙, 大分手前で, 大広間から, 大広間には, 大谷石の, 奥に, 奥二階春寒き, 女あるじ, 女中が, 女中の, 女中を, 奴等がか, 如きは, 娘たちの, 客に, 客を, 客室へ, 客附近の, 宴会か, 家主たる, 家政婦パートン夫人です, 容子を, 寂しさ, 小天地を, 居心の, 屋根の, 屋根や, 帰りに, 干物台が, 広間で, 広間に, 庭から, 庭で, 庭ときには, 庭先に, 庭園の, 建て物, 建築は, 往復に, 御厄介, 御茶席, 怪談を, 意味は, 所々に, 所在地が, 所有者とは, 扉を, 押入れに, 持ち主の, 持主は, 掃除が, 散らばった狭い, 数本の, 新築され, 方々の, 方い行っ, 方から, 方が, 方じゃ, 方で, 方です, 方は, 方へでも, 日本間には, 暖炉を, 暖炉棚の, 書斎に, 有るて, 朝, 本当の, 材木積みし, 松原を, 椿事以来梅子は, 構内特に, 様な, 横手に, 正面と, 残飯を, 殺人事件以来行方を, 洋室においてさえも, 片隅を, 犬ボーイの, 玄関へ, 畑の, 留守番といった, 留守番を, 番人山口さん, 監督です, 真似事に, 真似事の, 真白な, 石垣あるいはまた, 石垣に, 石壁に, 石段の, 積み重なりの, 空気が, 窓が, 窓の, 窓を, 管理人から, 絵図造作までも, 背戸へ, 自分の, 芝山へ, 芝生で, 芝生を, 若大将夫婦, 英吉利娘, 華麗厖大などは, 蔭に, 表ドア, 袖垣から, 裏にあたる, 裏を, 裏側まで, 裏口から, 裏口より, 裏手に, 裏手の, 裏木戸の, 裏通りを, 裏門が, 裏門の, 裏門は, 見まわり, 設が, 話を, 軒下にまで, 軒先に, 近くに, 近くまで, 部屋, 部屋や, 金庫を, 門が, 門なども, 門には, 門前に, 門前へ, 間から, 間毎の, 附近を, 隣に, 隣りに, 隣人である, 面白い季節, 高台から, 高台の, 黒い窓, 黒犬に, 黒田先生から

▼ 別荘~ (239, 13.4%)

9 来て 7 行って 5 住んで 3 なって 2 きて, 人が, 帰って, 往って, 暮して, 訪れて

1 [203件] あって, あのお一方, あるところ, あるもの, いた, いたこと, いた人, いって, いないの, いらっしゃいまして, いらっしゃる, いること, いるなどとは, いるの, いるん, いる人たち, お住みだ, お出でに, お求め, かこまれた一軒家, こしらえ上げて, これだけの, ささやかな, して, しばらく落ちつく, じっとし, すごした, するってよ, せよ瓦, その日同人, そんな国宝的, ついたらな, ついた田地, ついた頃, つましく生活, つれて, なつて, なりましたが, のこされました, はいり使い, ひそんだり, ひとりで, ぶらぶらし, やって来た唯一, やって来ました, よく遊び, ゐた未知, ゐるの, ゐる斎木, ダンス, トシは, ドーブレクを, バラバラに, ボーリングの, ロシア好みの, 一人で, 一夏を, 一夜を, 一泊する, 与へようとして, 乗りつけた, 他の, 仮り住ひ, 伊之助さんが, 会し久濶, 住みて, 住み恐らくは, 住むよう, 住む番人夫婦, 住んでる連中, 何日閉じこもっ, 使つてゐました, 供給する, 備えられて, 入た, 入りました, 入るであろう人達, 出入りし, 到着する, 匿まわれ, 十何年も, 参りまして, 召使いとして, 合唱団の, 向ったもの, 向はれ, 呼ばれて, 在った為, 外人の, 夫人の, 奇樹怪石相連なり, 始めて, 姿を, 宿られた時, 将軍を, 居て, 居られる, 居られる母上, 居る, 居る各々, 居る紀伊國屋, 帰り着くと, 引き籠, 引き籠ること, 引止めながら, 引籠つて石集めといふもの, 引退し, 往かう, 往き九月, 往つた, 御祈祷師, 或婦人, 押しかけた時分, 押込めて, 招かれた, 招かれて, 招待され, 招待する, 招待せられ, 拵えたの, 持つて, 日章旗を, 是非来, 暑を, 暮し毎日海水浴場, 来た, 来たの, 来た人たち, 来た奴の, 来た時, 来てからは, 来てる人, 来てる張金田, 来ないよう, 来なかったから, 栗を, 桜狩の, 正月を, 残った次第, 残って, 毎日差し入れが, 毎日詰めきりで, 泊って, 泊つた, 泊る積り, 独り住む, 独居し, 現はれない, 生活する, 病を, 病気静養中の, 百万長者の, 着いたが, 着いたの, 着いて, 着きました, 着くまでの, 着す, 移されて, 移して, 移って, 移つてからも, 移りました, 移ると, 穴籠の, 立て籠って, 立寄り不, 籠つてゐる, 罐詰と, 置けば, 落着いた, 行く, 行く積, 行く積り, 行ったの, 行李が, 試植する, 買われてしも, 賑が, 起き伏しし, 起居し, 起臥しされ, 迎えワグナー, 近づいたとき, 送った, 逗留し, 逗留する, 遊ばすなら手入らず, 遊びに, 過ごした, 達するには, 酔い伏して, 金博士は, 閉じ籠って, 閉じ込められて, 閉ぢ込められ, 間借りを, 間借を, 附物の, 隠居は, 雇われて, 電話新設せられ, 静養し

▼ 別荘~ (173, 9.7%)

7 来て 4 帰って, 行って, 避暑に 3 行くと 2 やって来た, やって来て, 戻って, 泊めて, 着いた時, 秋子さんを, 連れて, 遊びに

1 [135件] いら, お出での, お寄りなさる, お成り, お断りの, お止どまり, お茶の, お見舞い, お送りする, お連れ, くるだけ, ついた, つく, つれて, なんの, はじめて来た, ぶらぶら帰る, まだお, みな避暑に, やって, やってきたこと, やってくる人たち, よって, よばれて, よりつかなん, ホテルへ, 一度だけ, 七尺余りの, 二人が, 休みに, 冬の, 出かけましたが, 出かけること, 出入の, 出向いた曾根在, 出掛けた, 出掛けるが, 参りました, 参りました所, 参りまして, 向いあと, 囲って, 売りに, 夜昼と, 寄ったが, 寄って, 小間使ひ, 帰つて来た, 帰らうと, 廻って, 引越の, 引返したの, 往った, 往って, 往ってて, 往来し, 御隠居, 忍ぶ, 戸締を, 投げトタン屋根, 押し込められて, 押込の, 押込めて, 招待され, 招待された, 招待し, 昨日から, 来たとて, 来てじゃに, 来ましたが, 来る人たち, 来る女たち, 母の, 水を, 泊らなければ, 泊りますと, 泊り四, 海水浴に, 珠太郎は, 疎開させ, 疎開した, 疎開してらつ, 病床を, 療治に, 着いて, 知らぬ人, 私を, 移って, 移り住んで, 突ッ走りました, 立ち去られたそう, 立寄り, 立寄りましょういえ, 置いて, 置きました処, 花の, 花見が, 著いて, 葬式に, 行かせた, 行かれたままその後, 行きあ, 行きました, 行き一時間, 行き卓一, 行く, 行くこと, 行くの, 行くもの, 行く事, 行けと, 行けば, 行った, 行ったきり, 行ったん, 行つた, 行つて夏の, 行らっしゃいました, 赴く途中, 転地する, 辿って, 迷って, 追ひやられ, 送り込まれた, 通う隠れた小径, 通ふと, 遅れる旨, 運んで, 遣って, 避暑かたがた遊びに, 電話を, 馳け, 駈けつけたり, 駈けつけて, 鷹狩の

▼ 別荘~ (157, 8.8%)

12 持って 4 借りて 3 もって, 建てたり, 建てて, 構えて, 見て 2 お建て, すてて, たてて, 借りた, 見に, 離れて

1 [114件] あとに, あらかた買占め, うって, おとづれ朝より, おなごり, お売り, お建てなさい, お持ちです, お訪ね下さった, かこんで, かまえて, かりて, さして, しめて, そのま, その夏お前たち, つくった, つくった時, つくつたり, つくろうか, でたと, とりのけて, どうしても買いたい, どんどん徴用, もったが, もったり, もつて, もつ中橋英太郎, 一つ一つ見過ごし, 一軒借りる, 一軒持つ, 三つも, 二つと, 人に, 今は, 住み移れるよう, 作った, 作らせたが, 作りたい, 借りてる礼, 借りること, 借用し, 出た, 出て, 十も, 叩きました, 売ったぼく, 売つた, 売り払って, 守れ悪い, 家と, 市の, 建てかけたれば, 建てそれぞれ古稀庵, 建てたよく, 建てた人, 建てた大工, 建てましたけれども, 建てるならあの, 建てるの, 建てる世話, 建る, 引ぷるって八方へ, 引挙げた, 思出した, 想い出した, 所有する, 手に, 拵えたり, 持ったの, 持ってるの, 持つまでに, 掃除し, 新築した, 有しはなはだ, 根城に, 構えた物持ち, 構へる, 橋場の, 此春譲っ, 此春譲つて貰つたのだ, 浮彫り, 真似て, 示しながら, 立ち去らうと, 立てたり, 立てはなはだしき, 立て連ら, 立去る時, 管理し, 置くの, 脱出し, 襲ったの, 見るい, 訪ね彼, 訪れたの, 設けるよう, 調査し, 譲られてから, 貫く流れ, 買いたいため, 買いとるや, 買いませんか, 買い漁って, 買うとは, 買うより, 買ったの, 買ってや, 買つ, 買つた人の, 貸して, 開墾したくねえ, 預かって, 飛び出したの

▼ 別荘~ (106, 5.9%)

6 ある 5 あって, あるの 3 あった, あるん 2 あつた, あるから, あるが, 両方に, 売り物に

1 [74件] あちこちに, あってね, あっても, あつて, ありツァー, ありレコオド, あり終戦後, あるけ, あるし, あるそこで, あると, あるとか, あるとの, あるので, ある其の, あろうとは, いくらか住まわれる, いくらで, ええし, おありです, ございます, ございますから, ござりまし, ござるてよ, たしかその, たった五千円, つづく高台, できて, みんな今は, カルーガ関門の, チラホラと, プロレタリア農民の, ラサ府の, ヴィルパリジェスに, 一番大きな, 二三軒あったでしょう, 人力と, 人手に, 今は, 借りて, 其に, 出来た時, 出来てから, 即ち先生, 売れた, 売れたら少し, 夕日を, 大野に, 嵯峨の, 幾年この, 建たないといふ, 建っちまうだなあ, 建って, 建て混んで, 戸締りが, 数棟建つ, 最も適し, 本所大川べりに, 根岸に, 橋場に, 残って, 水に, 沢山ある, 沢山建て, 火事だ, 熊谷さんの, 目的に, 立って, 茶室ご, 見え出した, 近くに, 近づいて, 隠居所と, 露わに見え

▼ 別荘~ (69, 3.9%)

2 此方で, 裏門を, 駅から

1 [63件] あいたまま, あの人達, あるに, お前の, お祖父さんの, きれいに, こちと, この騒動, しんとして, すぐ解った, そういう商取引, そこここに, その敷地, その静か, どこも, どなたの, まことに奇妙, もう伯爵, タダが, ツアルスコエ・セロである, トビアス・プァイフェルの, メストレから, 一銭の, 亮作の, 人に, 人の, 会社が, 伸子が, 何の, 倫敦の, 優に百人, 兵庫の, 円柱の, 出来上ってから, 売れなかったが, 夏住まいに, 夏間だけ, 大変御, 大変立派だ, 寂然と, 小石川の, 平和であった, 慥かえ, 折からの, 星野温泉を, 春子さまの, 朽ち傾いた昔ながら, 東京の, 松風園と, 此方でございます, 気に入った, 泰平郷第, 湾の, 火を, 熱海でも, 玄關にも, 知って, 空屋に, 義妹の, 見るの, 諏訪の, 農家を, 麓村から

▼ 別荘~ (65, 3.6%)

2 菜が

1 [63件] あげ芳郎, あつた, あらう, いっぱいだ, くらしたこと, くらして, ご厄介, とても幸福, ひと冬, ふだんは, ほとんど二十年ぶり, もござりますまい, やったが, ゆつくり寝られる, ピヤノの, 一会催した, 人の, 今では, 会いたいと, 会う約束, 会おうと, 伯爵は, 使って, 偶然私が, 催おさるる, 催される午餐, 催ふ, 分捕った品物, 取つて帰つて, 名所を, 大川端浜町河岸の, 夫人の, 女の, 寝たり, 寝て, 待ち呆け, 従兄弟の, 忽然とし, 恐ろしい惨劇, 悲劇の, 暮して, 暮すこと, 暮す間, 暮らした多少, 暮らすこと, 梅の, 死んで, 殺されたの, 殺されてるよ, 生活し, 私は, 肺病を, 花火を, 荒れ果てた西洋風, 親しい人たち, 親類に, 質素な, 過した最初, 開いた親睦会, 開くこと, 静養し, 静養した, 飾られ日曜日

▼ 別荘~ (54, 3.0%)

9 の老爺 3 の丑松, の老 2 の家, の豊次, は主人

1 [33件] か, が一言, が二円, が折, が残っ, が頤, だな, だよ, としてはこれ以上, にきい, にやる, に丁度, に住まわせる, に置い, のところ, のオバサン, の倅, の傍部屋, の園丁, の夫婦者, の戸田, の戸田夫婦, の百姓, の老人, の老人戸田安吉, の言う, の言つた, の話, の貸し, はアル中, も冬, をし, を予期

▼ 別荘~ (45, 2.5%)

2 の方

1 [43件] がご, ができ, ができた, がとんだ, が少し, であった, での二人, で時には, で白砂青松, といったよう, といつた, とし, としてひらけた, などと異, に, になっ, にはなつ, に出這入りする, に対する地方青年, に成つて, に新築, に疎開, に開放, に関する企画, のニイス, の一つ, の入口, の理想的, の生活, の発展, の道, はない, へでも来た, へと分かれる, へ金口, もまた, よあ, らしい風景, をつかわす, を忍ばせる, を思い浮べた, を拓い, を散歩

▼ 別荘~ (32, 1.8%)

2 どの別荘, 堅く閉され

1 [28件] あった, あり汽車, ある, あると, あれば, ここ数年誰も, これで, ございませず, しんとして, すぐ売り, その隣り, ない, キレイに, 一杯に, 人手に, 別邸も, 売り更に, 少くは, 少なくは, 山林も, 持って, 日に日に形, 景勝閑静な, 田舎らしく, 立てた, 見渡した所, 言いたいからよ, 賑やかに

▼ 別荘~ (32, 1.8%)

9 の家 4 の建物

1 [19件] で大佐, なでこでこ, な建物, な西洋造り, な豪華, な赤瓦, の, のしやれた, の二階家, の住宅, の安普請, の小, の小ぢんまり, の小家, の料理屋, の構え, の洋館, の瀟洒, の館

▼ 別荘~ (30, 1.7%)

1 [30件] いうと, いうに, いうのに, いうよりも, されて, そこに, その隣り, それからこの, ちがって, なって, わかった, 云うの, 云うよりは, 別荘行きを, 土地は, 地元との, 山林と, 山林や, 庭つづき, 思い, 恵那の, 注意したら, 申しても, 畑一つ隔たりて, 病院とが, 知ったら彼, 自家用の, 言いたいの, 言った例, 違うん

▼ 別荘から~ (24, 1.3%)

5 出て

1 [19件] お帰り, お忍びの, こっそりと, こんな音色, まちへ, レコオドが, 三町と, 人が, 出た時, 小さい金髪, 山林名, 左に, 忽ち多勢, 手おしポンプを, 散歩に, 沓掛の, 熱海へ, 萬亀子夫人が, 通ったらといふ

▼ 別荘には~ (23, 1.3%)

1 [23件] おいでに, お留守, ないん, ミチ子さんという, 一点の, 主人って, 何の, 全体誰が, 去年の, 去年までは, 夏に, 大抵子供連れ, 夫人が, 婦人ばかり, 山里らしい, 無論油虫, 留守番の, 留守番は, 留守番を, 番人夫婦が, 相違なかっ, 色々な, 黒田さん一家が

▼ 別荘~ (14, 0.8%)

1 [14件] なぞが, ハイカラな, ホテルが, 住宅が, 土地の, 土地は, 家作が, 山を, 料理屋を, 旅館などが, 日吉の, 病院の, 運びきれない物品, 離宮だった

▼ 別荘らしい~ (13, 0.7%)

2 家の

1 [11件] ものが, ものは, 家が, 家は, 家具の, 庭の, 建物が, 洋風の, 瀟洒たる, 篠垣や, 門構も

▼ 別荘~ (12, 0.7%)

21 かわからない, がこんな, が実際, ということ, とかはいま, と教え, と言う, なと思う, なと思ふ, ね

▼ 別荘~ (9, 0.5%)

2 んだ, んです 1 のであの, のでありました, のでお, のです, のよ

▼ 別荘へは~ (9, 0.5%)

1 この四, もう行かん, ゆうべから, ナオミは, 呼ばないで, 昨日一昨日と, 聞こゆる, 訪問者が, 長男の

▼ 別荘です~ (8, 0.4%)

2 か, ね 1 し締り位, なあいつ, よ, よそこ

▼ 別荘まで~ (8, 0.4%)

1 人に, 十五分かかる, 夏草を, 私は, 行く間, 行ったという, 車を, 送ろう

▼ 別荘生活~ (7, 0.4%)

2 に対する第, に必要 1 のこと, をし, をした

▼ 別荘だった~ (6, 0.3%)

1 とか云う, のです, のを, んです, 大邸宅, 家

▼ 別荘にも~ (6, 0.3%)

2 可なり 1 いろいろある, 乃至は, 行かず薬品中毒, 須磨寺の

▼ 別荘では~ (5, 0.3%)

1 ことにご, 伯爵が, 来客やら, 母は, 豊子が

▼ 別荘という~ (5, 0.3%)

1 のは, のを, ような, 家までは, 山小屋の

▼ 別荘へでも~ (5, 0.3%)

1 来る気, 行くの, 行って, 追いやろう, 追ひやらう

▼ 別荘~ (4, 0.2%)

2 山荘とでも 1 何か, 公園か

▼ 別荘でも~ (4, 0.2%)

1 寺院でもね, 建てて, 建てませう, 構えて

▼ 別荘とは~ (4, 0.2%)

1 その密接, ちがいますよ, 全然その, 受取れない

▼ 別荘なら~ (4, 0.2%)

1 こ, ばともかく, ば桐沢さん, 裏も

▼ 別荘への~ (4, 0.2%)

1 伝言を, 出入自在なれ, 往復を, 訪問を

▼ 別荘地帯~ (4, 0.2%)

1 に無, の真夜中, は八畳じき, は茅ヶ崎

▼ 別荘~ (3, 0.2%)

1 来た事, 行くの, 譲り受ける事

▼ 別荘だけ~ (3, 0.2%)

1 じゃろ, でしたら金殿玉楼, でよかっ

▼ 別荘であり~ (3, 0.2%)

1 また堅城, ボクが, 政庁であった

▼ 別荘などを~ (3, 0.2%)

1 建て, 建て出したもの, 見ても

▼ 別荘にでも~ (3, 0.2%)

1 なりましたか, 招かれて, 来るよう

▼ 別荘へも~ (3, 0.2%)

1 一再ならず, 二三年前の, 昨晩一度

▼ 別荘~ (3, 0.2%)

1 にアトリエ, に道場, は俵叔母上

▼ 別荘~ (3, 0.2%)

1 だら長, も淋しく, を外れかかつた

▼ 別荘~ (3, 0.2%)

1 であるの, の家並, の生垣

▼ 別荘造り~ (3, 0.2%)

1 が専門, のよう, の下宿

▼ 別荘だけは~ (2, 0.1%)

1 わしが, 手を

▼ 別荘って~ (2, 0.1%)

1 んです, 妾宅だ

▼ 別荘づくり~ (2, 0.1%)

1 の庭, は相応

▼ 別荘である~ (2, 0.1%)

1 が人違い, ということ

▼ 別荘での~ (2, 0.1%)

1 不思議な, 晩餐に

▼ 別荘といふ~ (2, 0.1%)

1 のは, のを

▼ 別荘とか~ (2, 0.1%)

1 上野の, 佐分利公使の

▼ 別荘とかに~ (2, 0.1%)

1 なって, 手を

▼ 別荘など~ (2, 0.1%)

1 まだほとんどない, 皆此

▼ 別荘などが~ (2, 0.1%)

1 今日では, 湖畔に

▼ 別荘などは~ (2, 0.1%)

1 大概閉され, 影も

▼ 別荘なり~ (2, 0.1%)

1 此にて, 至当の

▼ 別荘~ (2, 0.1%)

1 ひが, ひの

▼ 別荘~ (2, 0.1%)

2 になった

▼ 別荘番夫婦~ (2, 0.1%)

1 が食堂, を置いた

▼ 別荘行き~ (2, 0.1%)

1 ももう, を毎夜

▼ 別荘~ (2, 0.1%)

1 に執着, も一日

▼1* [124件]

別荘ありといふ, 別荘行てた, 別荘い着いてしもて, 別荘からの帰り路な, 別荘からは離れて, 別荘こしらへて, 別荘こそ熊谷の, 別荘ご存じありませんか, 別荘さもなければ徒に名利, 別荘さ地球の別荘, 別荘そのものはたいした, 別荘その他の証券, 別荘それからもう霞み, 別荘それ自身の風変り, 別荘だけを残して, 別荘だちが二三軒, 別荘だってどこに, 別荘だの煙草屋の, 別荘づらあそこに, 別荘のへ, 別荘であったという, 別荘といった感じだった, 別荘とおらんとこの, 別荘とかいうもので, 別荘とかがあるから, 別荘とかを拵える話, 別荘とが見えます, 別荘としてはその地下室, 別荘とに限られて, 別荘とも百姓家とも, 別荘とやらの話を, 別荘とを持って, 別荘と共に今では, 別荘なぞ借りなくとも, 別荘なぞは倒れて, 別荘などと言いは, 別荘などにあそんで, 別荘などへおこしなされた, 別荘などもそのままに, 別荘ならもつと先, 別荘なら知ってるとも, 別荘なりといえど, 別荘なるものは, 別荘なんか今まで, 別荘なんかは要らないし, 別荘なんかへ行つてやる, 別荘なんぞ何処に, 別荘において陪食した, 別荘にて病の, 別荘にては武男が, 別荘にばかりゐる, 別荘にゃふだんは, 別荘ばかりな所, 別荘びらきをする, 別荘へかへると, 別荘へなど何処に, 別荘へばかり行って, 別荘めいた感じを, 別荘めきていと, 別荘めざして駆け出した, 別荘ト云フ言葉ヲ聞イテドウ思ハレルカ, 別荘モウタ・ボウトの上, 別荘一軒きりつていふん, 別荘三夜荘にいる, 別荘がゴッタ返し, 別荘中上を下, 別荘の津田白亭, 別荘二ヵ月間のお, 別荘人士の自粛, 別荘人種を決して, 別荘代りを目的, 別荘なら電話, 別荘作りの立派, 別荘の識者, 別荘全体の持ち主, 別荘別荘と別荘行き, 別荘の諏訪, 別荘卜云フ言葉ガ悪イノデアル, 別荘即ち現在の, 別荘厩二棟ならびに素晴しき白樺, 別荘地ヴァプリオに泊っ, 別荘地的の光景, 別荘地経営の問題, 別荘好みのお家敷, 別荘妾宅の会宴, 別荘の男, 別荘宮殿がある, 別荘が赤い, 別荘居住者殊に婦人子供, 別荘居残り組の, 別荘山林畑すっかりで, 別荘帰りをお待ち, 別荘の家, 別荘建てたりする, 別荘建てるんです, 別荘式住宅も追, 別荘得たる心地し, 別荘掃除に女中なほ, 別荘控え家のたぐい, 別荘散在赤いの, 別荘暮らしの人たち, 別荘て役, 別荘村疎開生活者のあれこれ, 別荘松灯台を載せた, 別荘松花会といふ跡見, 別荘櫛比の由, 別荘気分はいい, 別荘生活者の夏季随筆, 別荘番号をつけ, 別荘番墓掃除せぬ墓守, 別荘的邸宅多きも, 別荘盗難以来ドーブレクは巴里, 別荘の当然, 別荘のなか, 別荘続出で買い手, 別荘落成祝いは町奉行鳥居甲斐守, 別荘襲撃の当夜, 別荘見えハンケチを, 別荘貸して下さる, 別荘赤く塗った窓, 別荘の方角, 別荘近くを散歩, 別荘附近の人々, 別荘韃靼冬の屋根