青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「出かけ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~凡て 凡て~ ~処 処~ 処女~ ~処置 処置~ ~出 出~ ~出かけ
出かけ~
~出かけた 出かけた~ ~出かける 出かける~ 出され~ ~出し 出し~ ~出した 出した~ ~出す

「出かけ~」 3790, 39ppm, 2957位

▼ 出かけ~ (3120, 82.3%)

241 行った 238 行って 98 行つた 73 いった 63 行きました 50 いって 49 行く 44 行くの 39 行くと 33 来て 32 行ったの 30 いた, 来たの 29 往った 28 ゆきました 23 ゆく 20 行くこと 19 来た, 行ったが 17 いきました, しまった 15 みた, ゆくと 12 來た 10 見ると 9 いくの, いったの, いるの, しまって, ゆくの, 行きます, 行くよう 8 いる, 往つた 7 いったが, しまいました, しまつ, みると, 払へる, 来る, 行くところ, 行くん, 行っては 6 しまったの, 往って, 来たこと, 来たん, 行かなければ, 行く時, 行つても, 見た

5 [11件] いたの, いて, きて, 来たもの, 私は, 行き, 行こう, 行ったこと, 行っても, 見よう, 買物いろ

4 [18件] いくと, いったもの, いました, きたの, ついでに, みたが, みようと, 來る, 居ぬ, 往つた事が, 来たところ, 来ること, 来ると, 行きましたが, 行くので, 行ったん, 行った後, 行つ

3 [46件] いたが, いったので, いったん, いっても, います, いると, いるので, きた, しまうの, まいります, みました, みようか, みる, みれば, やろう, ゆくこと, ゐるの, 來て, 参ります, 居ります, 帰って, 帰りが, 来たので, 来ました, 来ます, 来るから, 行かれたの, 行くです, 行くに, 行く姿, 行く気, 行けば, 行こうと, 行ったと, 行ったところが, 行ったので, 行ったもの, 行ったよ, 行ったり, 行った時, 行つて, 見たが, 見ようか, 見ようと, 買物, 買物を

2 [93件] いくという, いたから, いたので, いたん, いつた, いつたの, いましたが, いらっしゃるの, いるが, いること, いるよう, いるん, いろ, おいでに, おしまいに, お留守, くる, くると, くれ, ごほん, しまう, しまうこと, しまえば, しまったという, しまつて, しまひました, しまふの, ふたたび上, ほうぼう父に, また飲んだ, みたいと, みたくなる, みて, みても, みようという, みること, みるつもり, やうやく, ゆくという, よかった, ゐた, ゐて, ゐる, 一切の, 一周忌の, 下さい, 例の, 夜遅く, 居りました, 居りますが, 山の, 往くの, 暫くする, 来たが, 来たと, 来たという, 来たのに, 来るか, 来るです, 来るの, 来るん, 来る時, 来る訳, 留守, 留守だった, 私と, 米を, 行かない, 行かなかった, 行かなくとも, 行かねば, 行きそこ, 行きその, 行きましたの, 行きまして, 行くから, 行くという, 行くは, 行くはず, 行くもの, 行くやう, 行く人, 行く途中, 行ったばかり, 行ってから, 行つたところが, 行つたのだ, 行つてそこで, 見ちや, 見ましょう, 見ませんか, 間もなくである, 飲む

1 [1235件 抜粋] ВОКСへ, あの二人, あの懐かしい, あひるさんの, いいと, いいよう, いかねば, いきそこで, いき雪, いくからとか, いくところ, いくまえに, いくらお金, いく前, いけば, いそがしくはたらい, いたこと, いたその, いたのよ, いたらかならず, いた中佐, いた時, いた足, いったこと, いったという, いったに, いったのに, いったら, いったン, いった松江, いった道筋, いっては, いつたが, いつて, いつ到着, いない, いましたので, いますおしゃれ, いらした, いらした甲斐, いるうち, いるくせ, いるという, いるらしくいつ, いる皮商人, いろいろやらなけれ, おくれ, おまゐり, おりますの, おるわ, お房, お松に, お通夜を, かしわと, かねて御, きたもの, きたん, きた道筋, きっとくわしく, きます, きますよ, くるくらい, くるだけの, くるもの, くるよ, くる余裕, くれた, くれたそう, くれないか, くれまいかと, くれるの, くれわし, ここにも, この名馬, この附近, ごらんなさい, しかたない, しかも同じ, しまいそう, しまいましたが, しまい雪子, しまうと, しまったから, しまったって, しまったらしかった, しまったん, しまった意味, しまつた, しまふので, しらべましょう見ないと, すぐに, ずいぶん熱心, そうしてそこ, そこでまたどんな, そしてふら, そちらへ, そのぐるり, その帰りみち, その日, その男, その車, それからもうけっして, それっきり他の, それつ, だんだん夜, ちょっと隅, ったもの, つかまえて, どうしよう, どこでも, なおして, ねばりも, ふと通りがかり, まいりました, まじめくさって, また二三杯, まだ戻らず, まめに, まるで一生懸命, みたけれど, みたん, みましょうかね, みませう, みやしたが, みようかなあ, みようとの, みるかい, みるん, みる気, むりにゆすぶりおこしました, もしや自分, やかましく値切り, やっと夜着, やる, やるっ, やれそれ, ゆきしらべて, ゆきましたよ, ゆきプロレタリア作家, ゆきロシア本国, ゆき少し, ゆき熱心, ゆき色とりどり, ゆき都会, ゆくその, ゆくといふ, ゆくよう, ゆくよりも, ゆく勇士, ゆく奥さん, ゆく学者, ゆく手段, ゆく折, ゆく気持, ゆく筈, ゆっくり温泉, よいの, るす, わたしたちの, ゐたので, ゐた旅, ゐます, ゐるうち, ゐる筈, アルバートで, ウメ子も, カフエーを, キエは, ケリッヒ家の, ゴスイズダート, ジカに, ステーションまで, ソースでも, トラム, ドイツ語に, ノーノー一ヵ月休ん, ビリアードの, ピストルを, ポチタ, マキノ輝子の, モスクワに, ユフウツを, ロストフまでの, 一寸校正, 一時間にも, 一月ほど, 一杯ひっかけ, 一杯また, 一浴そして, 一緒に, 万一の, 三千ルーブルもらっ, 三時頃まで, 下されば, 下宿を, 中野秀人氏の, 乘合馬車に, 予約本二冊を, 二三杯呷る, 二人は, 二時間ほど, 二階の, 亥刻, 人に, 今まで, 今尚, 仕ま, 他人と, 仲間に, 会議を, 何でも, 何んとか, 來るらしい, 倫敦横浜間の, 僕たちの, 先方の, 入浴おでんやで, 入浴買物を, 公園の, 其処で, 出ないヤヤコシイ作品, 刈って, 剣劇の, 医師と, 十二時ごろタクシーで, 十時頃かへ, 午後に, 南の, 参りました, 参りましたんで, 参りますから, 友達を, 古本屋漁りを, 右側の, 呉れ給, 問い合わせの, 囲いのな, 地代を, 坂本に, 売溜めを, 夕方帰っ, 外米一升, 夜の, 大きな白, 大学や, 大穴専門に, 太古の, 妻に, 嬌艶な, 宗教の, 家康と, 小ワヤ, 小説を, 尼僧に, 居た九大, 居りません, 居る留守, 山が, 山櫻が, 差当っ, 帝大の, 帰つてゐる, 帰らないこと, 帰り道な, 帰途に, 引越す気, 当時の, 彼を, 彼處の, 往く, 往くと, 往くよう, 往く者, 往こう, 往つた京都大学の, 待って, 必要缺ぐべからざるものを少々, 患者を, 戸口や, 手つだって, 手紙や, 手飼いの, 挨拶を, 捜索の, 探したが, 政府の, 新たに, 施の, 日が, 日本文や, 旧藩士, 明日の, 映画観賞, 時には話し込ん, 晩の, 服屋の, 木を, 本間俊平氏の, 来たか, 来ただ, 来たといふ, 来たにも, 来たものの, 来たよう, 来たんだい, 来た人, 来た時, 来た者, 来た車, 来た連中, 来ないか, 来ましたよ, 来ますので, 来ようかな, 来られ, 来るかな, 来るだらう, 来るとか, 来るので, 来る人, 来女舎, 東野南次が, 林の, 森閑と, 植木屋を, 樹明君から, 正午時分に, 歩き回って, 歩道の, 殺されたとしても, 気焔を, 泥酔し, 泳ぐ川, 消防夫や, 清君と, 湯に, 漸く御室, 灯が, 焼酎と, 焼酎一杯ついでに, 熱い温泉, 爽快な, 猛烈なる, 現場附近の, 町じゅうに, 画報や, 留守で, 留守である, 病気払ひ, 白米を, 盗難の, 目新しい機械, 相手と, 知つてる, 祝うて, 窓の, 米と, 結局この, 繩手新橋の, 考えを, 聴くこと, 胃腸を, 腕いっぱい力だ, 自分は, 色々の, 茅舎林園の, 蜆貝を, 行かう, 行かないやう, 行かなけりや, 行かれました, 行きごっそり, 行きそれとなく, 行きたかった, 行きは, 行きましたので, 行きテナルディエ夫婦, 行きボイラー, 行き両手, 行き今, 行き八幡宮, 行き刺青, 行き大砲, 行き山々谷, 行き広場, 行き日取り, 行き昨年, 行き果たして, 行き止観, 行き落ちて, 行き諌早殿, 行くお, 行くからには, 行くこんな, 行くそして, 行くだけ, 行くつもり, 行くなどという, 行くには, 行くよ, 行くバカ, 行く事, 行く今日, 行く口実, 行く心持, 行く教会, 行く決心, 行く生活, 行く習慣, 行く蓑吉, 行く道理, 行けないと, 行こうかと, 行た, 行ったお雪ちゃん, 行ったくらい, 行ったついで, 行ったところ, 行ったばかりに, 行ったらフジ沢, 行ったら九時, 行ったわけ, 行った事, 行った佐吉, 行った北牟婁, 行った小樽, 行った店, 行った心持, 行った時分, 行った男, 行った私, 行った親方, 行った途中, 行つたくらゐである, 行つただけの, 行つたといふ, 行つたのは, 行つた人だ, 行つた所が, 行つた時には, 行つた隣家とは, 行つてあの, 行つてかう, 行つてこれと, 行つてその, 行つては, 行つてトコトン, 行つて一緒に, 行つて呑気な, 行つて将棋の, 行つて居た, 行つて手伝つてやる, 行つて母屋の, 行つて無理し, 行つて見, 行つて釣つて見ました, 行つて食べた, 行乞九時から, 衣類などを, 見たん, 見ては, 見ますと, 見ようよ, 見るが, 見るん, 見る氣, 見張って, 見路, 訳を, 話したところ, 読んで, 談笑し, 買いました, 買は, 買物もとより, 買物米炭味噌等々, 轟その他数名女の子を, 途中彼女を, 逢うて, 遂に実証, 道に, 酒と, 酔ふ, 銀座で, 銭を, 間もなくあの, 間もなく痛む, 隣村へ, 雪を, 面会する, 頂きたいの, 食べ物を, 飲まうぢ, 飲み外泊, 飲み歩く幸, 飲んだそして, 飲んだ泥酔, 首相チェィンバレン氏の, 駅まで, 髷節を

▼ 出かけたり~ (83, 2.2%)

12 して 10 した 3 するの, するよう 2 すると

1 [53件] いたしました, いたすよう, したが, したこと, したならば, しなければ, しました, しましたが, する, するから, するが, すること, すること以外, するたび, するとき, する働き振り, する時, する気, する青年, そのほか, その一人, それから何, とやかくやし, なさること, または筧, また女, ポーカーを, 何か, 全く以, 処方を, 出来るならと, 夕方から, 夜会に, 家へ, 或る, 戻って, 東京市中は, 森へ, 歌子は, 水の, 泊ったり, 狭い三等船室, 甲州街道を, 病人, 省線で, 縁側に, 聖パンを, 自分の, 色んなこまごま, 芝生で, 若い娘, 若い者, 車を

▼ 出かけては~ (33, 0.9%)

3 いけません

1 [30件] いかがでしょう, いけないという, いた, いられないん, うばう父, お座敷を, それらの, そんな自慢話, どうかと, ひたすら驚異, みたものの, ドーブレクに, 一寸か, 五年前に, 人間を, 勉強した, 古い寺, 地質の, 屡々外, 帰って, 彼女と, 日没に, 来たものの, 柏の, 活動小屋と, 石灯籠の, 石燈籠の, 近頃流行, 険難だ, 雨戸を

▼ 出かけても~ (30, 0.8%)

2 碌々に

1 [28件] いいな, いいね, いけませんから, いった, いや好く, うまるつきり, おばに, かまわないの, かまわなかった, くれないので, しようが, よいな, ヱライ弱く, 何となく労, 労れる, 十時までには, 大丈夫か, 大丈夫だ, 少し前後, 日が, 本読みは, 瀬戸物屋の, 行かねば, 見た, 酔って, 雪子も, 食うもの, 食物も

▼ 出かけ~ (29, 0.8%)

4 なりました 2 なりますか

1 [23件] あの標札, うすら寒かった, お母さんが, お稲荷さん, それを, とどきました, なったって, なったとの, なつた, なりましたでしょうかってね, なりましたの, なり柴又, ゃあならぬ必要が, ゃならんのです, 一丁目迄, 今日は, 会い高田馬場, 吉本が, 家内が, 急いだもん, 磯五は, 言った, 開いて

▼ 出かけてから~ (23, 0.6%)

2 三人が

1 [21件] ことしで, これまで, なにか便り, もうたっぷり二十分, もう三日, もう三日歸, もう五時間, 一週間と, 三日にも, 二三日あとの, 五六分たった, 僕には, 十五分ほど, 十五分も, 十日経ちました, 南の, 大分時間が, 帰って, 私は, 行きあたりばつたりに, 財布を

▼ 出かけその~ (15, 0.4%)

1 [15件] かえりに, くせ戸に, ほかは, もぬけの殻の, 人々は, 儘帰れ, 報告を, 壮大な, 夜は, 夜遅く, 帰途クックへ, 時は, 薪を, 表地裏地買っ, 音を

▼ 出かけそう~ (8, 0.2%)

1 です, なかっこう, な時刻, にした, になった, に思われました, に行きかける, もありません

▼ 出かけやう~ (8, 0.2%)

1 そして安易, といふ意志強壮, としてゐる, と思つたの, と思ふ, と言, へう, 遊んで

▼ 出かけながら~ (7, 0.2%)

1 うれしさうに, かう大きな, オチニオチニ, 口には, 彼は, 相談しよう, 途

▼ 出かけ~ (7, 0.2%)

1 ことありがとう, ときだった, ときで, ときの, 声を, 早い方, 言葉を

▼ 出かけ~ (7, 0.2%)

1 したが, しない, しなかったであろう, しなかつた, しなからうと, するが, 裏の

▼ 出かけよう~ (7, 0.2%)

6 ではない 1 ではありません

▼ 出かけ~ (5, 0.1%)

1 が更け, になつて歸つて, に入っ, は夜, も帰らない

▼ 出かけかえって~ (4, 0.1%)

1 敵の, 来たら黒枠ハガキ, 来ました, 来ると

▼ 出かけそこ~ (4, 0.1%)

1 からぼく, に畠山重忠, の自発性, へ文化

▼ 出かけそれ~ (4, 0.1%)

1 から三日後, がすんで, を売っ, を籠

▼ 出かけての~ (4, 0.1%)

1 帰りで, 帰り途で, 記事と, 鶏の

▼ 出かけ途中~ (4, 0.1%)

1 で何, で例, で松, で気

▼ 出かけちゃ~ (3, 0.1%)

1 どうだ, 朝歸り, 自分で

▼ 出かけでも~ (3, 0.1%)

1 ええだ, しない限り, すると

▼ 出かけにも~ (3, 0.1%)

1 ああ云うとりました, あの位願, あゝ言

▼ 出かけ久しぶり~ (3, 0.1%)

1 でテッちゃん, で心持, に外気

▼ 出かけ帰り~ (3, 0.1%)

1 には喫茶店, には大和, の船

▼ 出かけ~ (3, 0.1%)

1 る時, 乞食の, 小さい時計屋

▼ 出かけ~ (3, 0.1%)

1 をきり, をさせる, を切り

▼ 出かけある~ (2, 0.1%)

1 店の, 街角に

▼ 出かけ~ (2, 0.1%)

1 らくは, 銀様には

▼ 出かけこの~ (2, 0.1%)

1 家を, 研究所に

▼ 出かけこれ~ (2, 0.1%)

1 で間に合わす, も懇

▼ 出かけさえ~ (2, 0.1%)

1 した, すれば

▼ 出かけそうして~ (2, 0.1%)

1 パリへ, 午後の

▼ 出かけそこで~ (2, 0.1%)

1 皆御飯, 紙を

▼ 出かけそして~ (2, 0.1%)

1 今日に, 同年の

▼ 出かけそちら~ (2, 0.1%)

1 で手帖, の書留

▼ 出かけそれで~ (2, 0.1%)

1 元気を, 千両と

▼ 出かけちゃあ~ (2, 0.1%)

2 どうだ

▼ 出かけてばかり~ (2, 0.1%)

1 いらア, いるの

▼ 出かけとうとう~ (2, 0.1%)

1 これほどの, 悲惨な

▼ 出かけ~ (2, 0.1%)

1 え, えと思つて

▼ 出かけまた~ (2, 0.1%)

1 一隊は, 酒を

▼ 出かけやがて~ (2, 0.1%)

1 とどけられたお, 帰ると

▼ 出かけようじ~ (2, 0.1%)

1 やありません, やない

▼ 出かけ一日~ (2, 0.1%)

1 でも家, の用

▼ 出かけ三人~ (2, 0.1%)

1 でЧеловек, 揃って

▼ 出かけ三越~ (2, 0.1%)

1 でド, にゆき

▼ 出かけ中泉眼科~ (2, 0.1%)

2 へ寄り

▼ 出かけ二刀流~ (2, 0.1%)

2 の剣客

▼ 出かけ今年~ (2, 0.1%)

1 の筍, はもう

▼ 出かけ~ (2, 0.1%)

1 も何とか, 御つもり

▼ 出かけ夕方~ (2, 0.1%)

1 になつて帰つて, やっと帰っ

▼ 出かけ大いに~ (2, 0.1%)

1 楽しく過す, 芝居の

▼ 出かけ~ (2, 0.1%)

1 には稲田大炊, は近所

▼ 出かけ新聞~ (2, 0.1%)

1 の批評, を見る

▼ 出かけ早春~ (2, 0.1%)

2 の庭先

▼ 出かけ~ (2, 0.1%)

1 とする, よくやる

▼ 出かけ番頭~ (2, 0.1%)

1 の徳松, を促し

▼ 出かけ~ (2, 0.1%)

1 がいかに, は宿

▼ 出かけ突進~ (2, 0.1%)

2 した

▼ 出かけ老人~ (2, 0.1%)

1 は保養, は自分

▼ 出かけ~ (2, 0.1%)

1 のまにまに, のむくはう

▼ 出かけ郡会長~ (2, 0.1%)

2 をし

▼1* [295件]

出かけあちらこちら歩き回りて, 出かけあの石鹸を, 出かけは, 出かけいよいよ二階へ, 出かけいろいろ見て, 出かけおみやげものを買う, 出かけおもしろき御事に, 出かけぎわに源氏, 出かけぐるぐる歩き, 出かけこちらへお, 出かけつぱりして帰つて, 出かけさうにしましたが, 出かけさてうちに, 出かけさてそこでゆきちがっ, 出かけしかも最後の, 出かけしなに清三, 出かけしばらくはすばらしい, 出かけずいぶん多く魚, 出かけその間に二人きり, 出かけちやどうです, 出かけつつかたわら不安の, 出かけてからがみっともなくて, 出かけてからというものは, 出かけてからの商売も, 出かけてさ関ヶ原この, 出かけてしもたら飛び着くよう, 出かけてと云ったらたかちゃん, 出かけてといふ風に, 出かけてははあと感心する, 出かけてよかつた, 出かけ云う処, 出かけどこかで時, 出かけながらも父の, 出かけなどした, 出かけにくかったこと, 出かけにやならんの, 出かけねエが若い衆位なら, 出かけはりまんのん, 出かけひどい洋食屋で, 出かけひろ子とすれ, 出かけほぼその後援, 出かけほか, 出かけまたもや魔の, 出かけまだ歸つて來ません, 出かけして, 出かけもう今は, 出かけもよりのバス, 出かけわざわざ不便で, 出かけわたしは今日, 出かけ寫した印畫, 出かけウイスキーをのみ, 出かけオリエンタルで, 出かけクニオスエコ同行三越にゆき, 出かけクリストフは教え, 出かけコゼットひとり日の沈んだ, 出かけシェリーの最初, 出かけショパンの夜想曲, 出かけスケートと見せかけ, 出かけステゴザウルスやイグアノドン, 出かけチェホフのあまり, 出かけチャシのある, 出かけチョンマゲを結った, 出かけドイツスウェーデンノルウェイフィンランド及びロシア, 出かけドクトルに上げる, 出かけバスの停留場, 出かけフェージュシカの看病, 出かけブラウン夫人は買い物, 出かけブラ提灯を便り, 出かけペレールへ行く, 出かけマラケー河岸でそれ, 出かけマンが選定, 出かけレビューガールを家, 出かけと晩泊つて今朝歸つた, 出かけ一人にて荒れ果てたる, 出かけ一文もあます, 出かけ一日中山を走り, 出かけ一時四十分の小田原ゆきをめがけ, 出かけ一時間も早かっ, 出かけ一箇月間節度も無く, 出かけ一緡を礼, 出かけ七日目で今日歸, 出かけ七時頃帰るの, 出かけ三年坂の旅籠, 出かけ三時まで居た, 出かけ三時三十分までに会, 出かけ下男の爲吉, 出かけ中学校の傍, 出かけ中将湯に寄つて皆, 出かけ丸の内東口の横, 出かけ久し振りの妹, 出かけ二三人ずつかたまっ, 出かけ二人と太郎, 出かけ二年半の後, 出かけ二時から五時すぎ, 出かけ二階の片隅, 出かけ五厘六厘の客, 出かけは留守, 出かけ今晩か遲くも明日あたり, 出かけ他人の家, 出かけ何事も無く, 出かけ何物をも得る, 出かけ信州の一市十六郡, 出かけ候処星の光, 出かけ候得バ清次郎一人でさ, 出かけから豚, 出かけ八時間もねばっ, 出かけ公園まで行った, 出かけ其処に座る, 出かけ其處からロンドン, 出かけ初生の茄子一つ, 出かけ到頭これほどの, 出かけに書く, 出かけ前後一週間眠ったの, 出かけ務めを果した, 出かけ十二時何分かで戸田, 出かけ十二時頃帰宅したそう, 出かけ十八日にかえる, 出かけ十分にやりつけ, 出かけ十号ぐらいの人物, 出かけ十四日ももしか, 出かけ十時半ごろ帰宅したわけ, 出かけ卅七年秋日露戰役の最中歸朝, 出かけ午後はあの, 出かけ午後四時半頃に帰つて, 出かけはどう, 出かけ夕方から, 出かけ又もや天ぷら銀座西の, 出かけ台所に女中, 出かけ吉屋信子林芙美子もいろいろ, 出かけ四時から八時すぎ, 出かけ四角に通り, 出かけ四谷の綱島眼鏡屋, 出かけと私, 出かけな活動, 出かけ変化も多く, 出かけ夕刻おそくなっ, 出かけ夕飯を七輪, 出かけ多くの人たち, 出かけ夜間は新聞, 出かけ夜風に吹かれ, 出かけ大きな部屋が, 出かけ大毎前のピーコン・コーヒ店, 出かけの人, 出かけの夢, 出かけがこちら, 出かけ存外烈しい排日的空気, 出かけに帰る, 出かけには七十, 出かけ家じゅうに私一人, 出かけ家中は少しホッ, 出かけ家具の入っ, 出かけ寿江もいず, 出かけ小作の家, 出かけ山一つ越えて, 出かけの乗った, 出かけ工事場で彼, 出かけ市街戦の時, 出かけつて, 出かけ帰つて来ると, 出かけ平さんの近所, 出かけ平次は一人, 出かけ広小路敷島パンへそこ, 出かけい欲望, 出かけへ, 出かけ庫裏にて回り話, 出かけの死, 出かけ弟妹たちは駅, 出かけと共に家, 出かけ彼女のところ, 出かけ従弟の倉知紀, 出かけ御飯をたべた, 出かけ徳山と食事, 出かけ意地でも吉野太夫, 出かけ戦争の真似, 出かけ手入れしたの, 出かけ手紙をかき, 出かけ敷居のところ, 出かけ新宿中村屋でボルシチ, 出かけ旅費をせしめる, 出かけによつて, 出かけ日仏へよりひどい, 出かけ日暮れて薄暗く, 出かけ日暮方例の如く, 出かけ日曜の晩, 出かけ日本橋白木屋の前, 出かけ旨く騙して, 出かけすぎたので, 出かけ明日でなければ, 出かけ明日未明に鳥, 出かけ春江の良人河合, 出かけ昨夕食事した家, 出かけ昭和四年にはその, 出かけ昼すぎ頃までかかっ, 出かけ昼間の話, 出かけ昼飯を摂り, 出かけ時間も考えた, 出かけの九時近くやう, 出かけ普茶料理を食べる, 出かけ曳網を三十五尋, 出かけ朝八時四十分で立ちました, 出かけ朝日ビルの本屋, 出かけ朝歸つたとき, 出かけやに行く, 出かけ来月は冷える, 出かけ来月随筆かくこと, 出かけ来週は水曜日, 出かけ林三郎は留守, 出かけ柳原で出, 出かけ案外よいので, 出かけ森永で食事, 出かけと云う, 出かけ正月二十日にはそれ, 出かけ正餐にやっと, 出かけ武松もきちんきちんと, 出かけ歯医者へ行く, 出かけりに, 出かけ歸つたのが夜半過ぎ, 出かけ殆ど醜態の, 出かける一組, 出かけ母屋の方, 出かけのため, 出かけ河野さんの家, 出かけ泊つて今朝早く歸つた, 出かけ活動小屋を覗い, 出かけを見舞, 出かけ湯田中までゆき, 出かけけりや, 出かけ一時間余待つ, 出かけ甘グリを買い, 出かけ用事なの, 出かけ町人里人の弱, 出かけも打て, 出かけ留守は十七, 出かけ留守中であったが, 出かけ留守番は主人, 出かけ盛んに酒, 出かけ目的の死体, 出かけきに, 出かけにし, 出かけ相当満足して, 出かけ眼科へ寄り, 出かけ知人等と食事, 出かけに寄つて, 出かけ神田の丸善, 出かけ神経を疲らせ, 出かけ私伝通院近くの代書人, 出かけを眺め, 出かけ竹葉にゆき, 出かけ笠原さんのお家, 出かけ二回の, 出かけ終日人工の全然, 出かけをひい, 出かけ網野さんのところ, 出かけ縁起でもない, 出かけ美しい連翹と, 出かけ翌年の二月, 出かけ番頭の, 出かけ自分はあと, 出かけ自分そとで待っ, 出かけ自分スエ子うちでグチャズ, 出かけ自分二十分も待たされ, 出かけ致度其御心積ニて先キ, 出かけ色々おかしき談, 出かけ花合戦の日, 出かけ荷役を手つだった, 出かけ菓子を買い, 出かけの上, 出かけを買っ, 出かけの送別会, 出かけ赤坂の名妓, 出かけ近藤さんの奥さん, 出かけ途中三越へまわっ, 出かけ遂にやられた, 出かけ遅く帰って, 出かけを間違え, 出かけくな, 出かけ避姙を教わっ, 出かけを飲み, 出かけ酒楼の階上, 出かけ重傷を負う, 出かけ金剛山では遂に, 出かけ銀座劇場へ入り, 出かけ銀座通りに出, 出かけ鍵屋の方, 出かけ長年の希望, 出かけ阪急迄歩い, 出かけ附近の宿屋, 出かけの降る, 出かけ面白かったいろいろ, 出かけ面白くどっさりとっ, 出かけだけで済す, 出かけ驕奢のかぎり, 出かけ売る女, 出かけ麻雀夜はいかん, 出かけ黄金狂時代を見た