青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「処~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

冷淡~ 冷静~ 凄~ 凄い~ 凝~ 凝視~ 凡そ~ ~凡て 凡て~ ~処
処~
処女~ ~処置 処置~ ~出 出~ ~出かけ 出かけ~ ~出かけた 出かけた~ ~出かける

「処~」 22734, 235ppm, 419位

▼ 処~ (3892, 17.1%)

67 よると 32 あるの, して 31 ある, 来て 25 立って 22 住んで 21 よれば, 於て 17 横たわる, 行って 13 非ず 12 あった, 存する, 置いて 11 寝て 10 あると, 従えば, 来た, 立つて, 行て 9 あり 8 あって, あつた, その特色, 坐って, 帰って, 来ると 7 あったの, あるもの, じっとし, 一人の, 伴れ, 在る, 居たの, 行きました 6 あるが, なつて, 出て, 居て, 居るの, 来たの, 眼を, 腰を, 行くの, 見て 5 いて, いるの, なって, 一人で, 基いて, 居ると, 目を, 至りて, 遊びに, 隠れて

4 [27件] あるだろう, あるので, いる, 何か, 依ると, 依れば, 候, 働いて, 存し, 存在する, 居るん, 彼の, 成立する, 朱の, 横たわって, 現われて, 生えて, 発見される, 登って, 目的の, 私は, 至る, 行くと, 見えて, 見出される, 近づいて, 顔を

3 [53件] あつて, あらず, ありて, ありました, あります, あるという, あるよう, あれば, いた, しようと, それの, なる, なると, ぼんやりし, まだ石城, ゐて, 一匹の, 主と, 人が, 他ならない, 入つて, 出た, 参りました, 在った, 居ながら, 居る, 居るもの, 建てて, 引つか, 手を, 持って, 来ては, 浮いて, 特色を, 真の, 私の, 空間の, 聞きに, 臨んで, 自分の, 自分を, 至って, 落ちついた奈良, 落ちて, 行くまでに, 行われて, 見つけ出した嬉し, 訪ねて, 転がって, 遊んで, 道は, 陣取って, 隠して

2 [185件] あったので, あるお寺, あるか, あるかと, あるから, ある空, いって, いても, いると, いる時, お宮が, かう書いて, このよう, それを, どうして友情, なければ, ふれて, ぼうと, むら, やつて, われを, ゐると, ゐるの, 一つの, 一本の, 上げて, 上って, 並んで, 之に, 二上山を, 二度づゝ其外週り, 二葉亭の, 五体が, 人だかりが, 人間が, 以前は, 仮普請, 仰向, 伴いて, 体を, 何し, 何も, 何を, 何物の, 価値が, 催おされた, 入って, 冷いものに, 出して, 出れば, 初めて山越し像, 到りて, 到達した, 割籠を, 匿れ, 半分石炭に, 即ち労働, 厄介に, 取りついて, 呟いだ, 咲いて, 因れば, 固まって, 在るという, 在るので, 在る吐酒石酸, 坐った, 声を, 変な, 夫, 奉公し, 妙味は, 存す, 存ずる, 家を, 宿を, 寓居を, 就いて, 居た, 居ては, 居るには, 居る人, 展開し, 帰つて来る, 幽に, 座って, 座を, 庫裡様の, 当って, 当つて, 当てて, 影を, 待って, 徹したかの, 応じて, 思想ある, 恋人が, 意味が, 成り立つの, 戻って, 戻つて, 手紙を, 拡がって, 文化という, 於いて, 於ても, 旅行を, 日本の, 昔の, 暮して, 書いた歌, 杉など, 来たこと, 来たもの, 来なければ, 来りて, 来るの, 東京へ, 松の木に, 板を, 架空の, 根を, 棒杭に, 極く, 橋の, 止まって, 此の, 歩いて, 歩くの, 死んで, 残って, 気が, 気の, 水浴を, 沈んで, 温泉が, 火鉢の, 現れて, 現われる, 生活し, 男の, 画家の, 留らず遊歴, 発生する, 発見する, 礫の, 移植す, 穴が, 立ち佇まって, 立った, 繋けて, 置いた, 置くと, 而も, 能く, 至らず坂, 色も, 芝居へ, 茶店が, 落着い, 行かうと, 行かないか, 行きて, 行く事, 行った, 行つた, 見えませんでした, 見ゆ, 見られぬ固有, 誰が, 走つて, 蹲跼み, 転がり込んで, 逃げて, 這入って, 這入つて, 酒を, 重傷者は, 長さ一間, 長居する, 長居は, 限られて, 随って, 集注する, 雪の

1 [2606件 抜粋] あがった小指, あったこと, あった建物, あなたの, あらざる也, あらねば, あらん限り, ありては, あり魔境, あるそれ, ある人家, ある分校, ある彼, ある液, ある道, あろう, いたくない, いつまでも, います, いらしたの, いらつし, いるねえ, いる上, いろっても, うす青き草, うろついて, おしよせられて, おなじ提灯, おられるかと, おるかも, お一人, お出でなさいました, お化粧, お帰り, お汁粉, お置き下さっ, かぎるすこし, かたまって, かれの, くつつい, こうし, こちらから, この妙, この言葉, これを, こんな物, ございます, さしかかりました, しずめ観その間, しちゃ, しばしば蛇, しゃがみ込んで, じっと目, すると, せにゃ, その上, その夜男子, その家, その時代, その門, そんなつまらない, ぞっこんという, だね, ちやんと, ちらちらする, つきました, つまり似, どうかする, なお形, なったので, なら僕, なること, ぬたくって, はおるぞと, ふしぎなる, ぼくうしろに, ぽかんとし, またこの, まだある, みすぼらしいライ麦, もう一艘, やいて, やや開いた, ゆくと, よく出, わが一家, ゐないで, ゐるだけでも, アトから, ウヨウヨ出, ガーンと, コビリつい, タフを, トロッド, バレーフォーと, フィヒテの, ホッカリ, メイも, ワザワザ居る, 一つ衝立が, 一人日本人でない, 一寸這入っ, 一時間も, 一枚戸の, 一種進歩的な, 一羽, 一週間と, 七郎といふ, 三十前後の, 三肢に, 上ると, 下宿し, 不安を, 与へられるもの, 両部を, 中心が, 之を, 乗り込んで, 事務員が, 二十二三の, 五六軒の, 人の, 仇白く, 今夜は, 他ならぬ, 仰ぎ奉りて, 伝へ, 佇んで, 住は, 住み微か, 何かの, 何とも云え, 何事も, 余り行かないよう, 作品の, 供えて, 修身講話を, 倣って, 停留場が, 兄や, 光つて居る, 入り浸って, 入れられて, 全身を, 六道の, 其故郷を, 写した写真, 凝らそうと, 出かけないか, 出たかと, 出づ, 出まする, 出会して, 出席する, 出没する, 切られて, 初めての, 初めて町, 削り花, 力身込で, 勤めて, 十内の, 千里眼者が, 卜居, 却って有る, 去りましたが, 参りましたところが, 友達が, 古本屋が, 右に, 同じ業を, 吏道の, 向つて, 呉の, 和髪とも, 唾を, 善良なる, 回れば, 困った風情, 土を, 在つた浄閑寺, 在るならば, 在る小川, 在る炭層, 在る記憶, 地上の, 坐つて, 埋められても, 堕ちたり, 塊つて了つた様で, 増穂の, 外なら, 多少の, 夥しくあるであろう, 大きな価値, 大な, 大怪我, 大部分, 太陽足袋の, 奥深くいます, 好し, 姑母山と, 媚かしく意気である, 子を, 存外な, 学問上の, 宇賀長者と, 定居, 家の, 宿屋は, 寄りか, 寒き夜, 寝に, 寝るの, 寝泊りし, 将校来る, 導く, 小さい門構, 小さな窓, 小供, 小屋が, 小魚, 少し注意, 就いては, 居たから, 居た時, 居ても, 居らっしゃりはしないかとあるこうあるこうとする馬, 居ります, 居るじゃもの, 居るよりは, 居る奥平, 居る様, 居る駒鳥, 居給, 山つ, 山桐の, 川なり, 差し掛つて, 帯の, 帰ります左様, 帰着し, 常設館が, 幸い無住, 床を, 座った, 建てるという, 廻って, 引き返して, 引越して, 張り込んだまま, 当てられた昔, 当分隠れ, 彳んで, 彼一流の, 彼等の, 往ってる, 待つて, 得られる幸福, 御座候, 御苦労さま婆アさま腹ア空ったろう, 徹した美, 必ず思い思いの, 怒りて, 思いきり悪く, 怪しげなる, 恰も成り立つ, 愉快を, 意気揚々と, 感心した, 懐し気, 成りましたよ, 我れ, 所狭い, 打ちはしやぎ, 投錨した, 押据え, 招かれて, 拳銃の, 持続し, 振り廻, 据ゑて居た, 掛けさせて, 掛って, 掲し, 援兵あり, 支那料理屋なぞ, 散らかつて, 敵手の, 文学, 新しい大名, 新開地では, 日の目も, 日本紀では, 昇って, 映画などを, 晩出の, 暮したいんぢ, 曙光を, 書置が, 木と, 本当に道徳, 村が, 来たよう, 来って, 来るもの, 来る風, 来臨する, 林が, 柴や, 栽える, 梢を, 椅子を, 植物学研究の, 極めて自然, 横たわるそれ, 横たわるよう, 横開け, 欺され, 止まりますと, 歩むの覚悟, 死骸を, 段段を, 毎日海へ, 毛布を, 氷山が, 汚れた羽, 沈着い, 沿うて, 泊りましたが, 注意せね, 洗面所の, 活躍の, 浮き出して, 海老屋の, 涼みに, 渡りを, 満ちて, 滞在した, 漂流し, 潰えんと, 濛々と, 焚火の, 然も, 煙は, 燃えも, 物を, 犯罪が, 独り醜, 獅噛み付い, 王鼎という, 現代の, 生えるが, 生命を, 用いて, 用心する, 画に, 異俗人三十許口, 発展し, 発生した, 発見しよう, 登るべし逐い著く, 白首の, 盃を, 相並ん, 相談の, 眺めたもの, 着いて, 知て, 石塊の, 確乎と, 禅勝房という, 私より, 移した話, 移りそこで, 移転仕, 空洞あり, 突兀として, 窓も, 立たして, 立ち停って, 立ったまま, 立てて, 立寄りまして, 竹田と, 箱の, 米の, 素麪と, 組織は, 綿を, 縄を, 繋がれて, 置かう, 置きたいと, 置ず, 群を, 翻訳の, 聖典を, 聞き取って, 背後向きに, 膝小僧を, 自動車を, 自由は, 至りしも, 至れば, 舟を, 船縁に, 花壇が, 茂つてゐる, 草の, 菖や, 落ちついた, 落ちついて, 落ち付かない, 落付かう, 著しく目立つ, 蔓って, 薔薇の, 蜆を, 蠢いたが, 行かせなかつたぢ, 行きたいと, 行きませう, 行き着いたら早速, 行くこと, 行く気, 行け行けと, 行つたのは, 行つてゐる, 行つて見ない, 行わる, 裂いて, 要らん事, 見て取れる, 見る蔭, 見出される種類, 見受けられたもの, 視覚の, 観察の, 触れて, 試みて, 読書研究又, 貧の, 貼り海音如来, 贈らう, 赤倉へ, 赴任させられた, 起っても, 越前屋と, 跋扈し, 跼蹐んで, 蹲んで, 車の, 転がり込んだ最初, 辿り付いた, 近く石を, 近代の, 返済すべくでかけた, 送りたいと, 這入ったので, 通はんとて, 連中の, 運ばれて, 達した風格, 達せん, 遣れば, 邂逅い, 配列せられ, 野根山と, 針を, 銀座迄, 錯列法を, 長い間廃寺, 長く立つ, 長持ちし, 閉じ込められて, 閑居し, 附けて, 降る雪, 随つて行く, 隠れよけっして, 隠退する, 集まって, 集めて, 集会を, 離れて, 電話で, 青山あり, 非難あり, 預けて, 顕著に, 飛泉懸り, 食客に, 飲んで, 駆けて, 驚く, 高輪の, 鳴らして, 黄昏から, 黶等ある

▼ 処~ (2941, 12.9%)

115 ある 42 あった 36 あって 3224 あるの 18 ない, 之に 17 多い 16 あつた, それにも 14 あつて, 之は, 今日の 12 あるから 11 あります, あると, それが, なければ 10 このよう, ないから, 併し 9 日本の, 此の 8 あるが, なかった, 他方に, 実際は, 私は 7 あるか, それは, 一般に, 出来て, 多かった, 実際には, 或る 6 ありました, ないので, 例の, 私の 5 あれば, ないの, 之を, 今の, 多くの, 日本では, 見える

4 [15件] ありますが, あるので, この場合, この常識, この点, それを, 之が, 事実は, 人々は, 人間の, 先生は, 向に, 夫が, 彼は, 面白い

3 [45件] ありますから, ありますからねえ, あるかも, あるよう, ここで, ここに, このこと, ございまして, ございます, その常識, です此, ないと, なくなって, リッケルトの, 人も, 今では, 今は, 今度は, 先に, 前に, 大きい, 学問の, 実はこの, 少くない, 彼の, 彼等が, 後には, 意外にも, 描いて, 方法と, 最近では, 最近に, 有って, 本当の, 残って, 無いの, 物理学に, 物質は, 眼に, 社会は, 社会科学では, 第一, 第二, 茲に, 見えるの

2 [145件] あったが, あったの, あったもの, あったら御, あったん, あっても, あつたり, あの当麻, ありません, あるかと, あるからね, あること, あるそれ, あるぞ, あるだろう, あるという, あるに, あるね, あるまいかとの, あるめ, あるもの, あるやう, あるよ, あるん, ある時, ある様, あろう, この二つ, この哲学, この存在, この社会秩序, この第, この言葉, この際, この頃, これは, そうである, そう云う, そこに, そのよう, その唯物論, その日, その男, そんなアンドン, どうした, どこに, なくて, なくなったの, まだまだこの, よく考え, カントの, カントは, ヘーゲルに, 一つも, 一切の, 一週間の, 不思議な, 世論は, 世間では, 世間の, 中だるみに, 之によって, 之等の, 事実の, 云うまでも, 今この, 今日では, 何うし, 何か, 何と, 何処に, 偶, 出て, 出来たり, 分って, 利口な, 北支那の, 又この, 又その, 又他方, 又広田対ソ外交, 向の, 問題は, 多いの, 大事な, 大喝采, 大変に, 大衆は, 夫は, 実際問題, 少ないから, 少なくない, 尠く, 山王山で, 幾何学は, 当時本邦の, 彼が, 彼等に, 彼等は, 心持が, 急に, 意識は, 所謂, 支那の, 方法が, 方法は, 日本に, 明いて, 最初に, 有つた, 有るから, 有るの, 此方の, 此本が, 沢山ある, 法然が, 法然は, 泥だらけに, 注意すべき, 海は, 無い, 無いから, 物質の, 現在の, 甚だ多い, 男の, 画いて, 知れて, 石に, 社会科学に, 私には, 科学の, 科学的な, 空間が, 空間は, 突然私, 肝心の, 自分が, 自然科学の, 虚偽は, 見えた, 言葉は, 開いて, 頑迷固陋の, 驚いたこと

1 [1828件 抜粋] ああで, あったかも, あったと, あっちこっちに, あつちや, あと十年つとめれ, あらあ, ありがたい, ありそれ, ありまして, ありませんか, あり後, あり男達, あるかい, あるがなあ, あるぞな, あるってんで, あるとの, あるなら往きたいと, あるまい中, あるらしく秘密, あるんで, ある其の, ある彼処, ある茶の湯, あろうとは, あッて, いかにもアツト・ホーム, いざ上海円卓会議, うすら, おめ, お前さんが, お医者, お恥辱, お留守様, かえって, かかる形相的構造, かくの, こういう, こういう自発的, こうした予審, こうした形, こうした論理学, こうして常識的, こう云っ, こちらに, このお伽噺, このドイツ国産哲学, このメートル法強制施行, この世に, この二三年, この人間, この信頼, この分類方法, この区別, この同じ力関係, この哲学的, この基本的, この学術統制, この実証的, この対立, この幾何学的空間, この形而上学的, この思想拒絶症, この技術, この拡張, この政治家自身, この数, この文献精神, この最奥, この検閲用, この模範的, この歴史的情勢, この物質的生産, この生産力, この真理, この科学的精神, この策謀, この素朴, この自由主義者, この行動主義, この計画, この釜山, この風詩, これと, これ等の, ございますなら嫁, さらにそれ, すでにデカルト, すでに観察, そういう法律的定義, そうし, そう云った, そっくり口, そのイデオロギー自身, その事物それ自身, その場合, その婦, その富豪, その後日本の, その挨拶, その根拠, その淵源, その発表, その素朴実在論, その見透し, それさえが, それでは鑑賞, それに, そーで無い, たちまち信心胸, たまり不愉快, ちょうどいい, では映画, とんと早, どうだろう, どうも毎晩油, ないかと, ないし, ないでも, ないやう, ない仕方, なかなかよかっ, なくなり, なくなるの, なく成つて, ねえから, ひとの, ふらふらと, ほしかつ, まあカチヤ, また現象, まだその, まだ一向この, まア斯, もうきたない, もし系列, やっぱり天台大師, よく書い, よもぎは一度喫, わからず日光, わからなかったもん, わが秀才文部大臣, アカデミズムは, アカデミー外的な, イデオロギー, カント自身は, クリティシズムという, ゲッベルス自身に, ザラザラに, ジャーナリズムと, スター, ソヴェートでは, トリヴィアリズムは, ドイツ哲学に, パクリと, ヒューマニズムを, ファシズムは, フリートリヒ大王下の, フンボルトに, ヘーゲルの, マリイ夫人の, マルクス主義的方法は, リード的常識に, 一つ二つある, 一二個処は, 一代前の, 一定の, 一年と, 一方ジャーナリズム, 一枚開い, 一番安い, 一般相対性理論に, 一転し, 丁度お, 丁度某, 三十二人の, 三年か, 三角に, 上海に, 不動様が, 不確定性, 世の中は, 世間は, 中, 中篇或は, 主人は, 之では, 之まで, 事実が, 事物が, 二つに, 二束三文で, 亡くして, 人の, 人民戦線と, 今その, 今之に, 今回の, 今度出席すべく, 今日あなたが, 今日多くの, 今茂之助, 仕方なし, 他方ジャーナリズムは, 他方文学に, 以前から, 仲人の, 伊賀にも, 佐渡以来全く, 何と拍子, 何れの, 何時までも, 例えば, 例えばブルジョア的大衆化, 例えば舟橋聖一氏, 価値とは, 俺は, 個人は, 僅に, 元来こうした, 元来何れ, 元来範疇は, 先刻此の, 先生の, 入口で, 全く別, 六月月初, 其の両者, 其中に, 其歴史化した, 其贈答の, 内ロース, 凡そ十箇所あ, 出ないで, 出家の, 出来てるの, 分かって, 分らなくなること, 分るって, 分類には, 初代から, 判ると, 別にございません, 制作に, 劇場でなかつたら, 北村君には, 千ちゃん御新造様と, 南仏と, 単純に, 即此荘, 又, 又も, 又之, 又大学アカデミー, 又彼, 又真に, 受動的理解は, 古事記・日本紀などを, 只さえ, 右側に, 向うの, 哲学が, 哲学理論は, 唯物史観が, 啓蒙という, 四月の, 固陋な, 在る, 在るもの, 報道関係なる, 売立に, 外の, 多いと, 多くて, 多少誠実, 大きくな, 大体人間は, 大学の, 大層大きくっ, 大森氏が, 天平勝宝七年にな, 夫にも, 女中を, 如何に勝手, 妙に, 存在が, 存在の, 学問という, 学者達は, 宅の, 宛然の, 実はそれ, 実は云い, 実は少く, 実は科学, 実在それ自身は, 実際そういう, 実際映画, 客観的な, 富五郎ばかり, 対象と, 小学校の, 少々歪曲ん, 少くとも, 少しづゝ, 少しイロハ, 少なくとも二つ, 居心地が, 山出しの, 川が, 已に用いた, 平和に, 平角, 幸に, 府庁にも, 延長の, 弁証法, 当の政友会, 当日私たちの, 形式に, 彫刻の, 彼及び, 往々あっ, 従来, 御原郡, 御本人, 心, 必ずしもそうで, 思想という, 怪文書こそ, 恰もそういう, 恰も哲学, 恰も日本, 悟性乃至, 惣次郎人遣いを, 意識という, 感覚に, 我々の, 我国では, 或日コクラン, 所謂ファッショ, 所謂社会学では, 技術が, 技術家自身は, 拝むと, 改革とさえ, 政府側の, 故人を, 教育と, 数学者の, 敵と, 文化の, 文学が, 文学主義哲学とは, 文献学主義の, 新聞に, 方法, 方法論は, 日本には, 日本的なる, 旧ナウカ社版, 明治初, 時ならぬ, 時間の, 晴れの, 更に女子師範学校, 書斎として, 最も大きい, 最近わが国に, 最近自然科学者側から, 有ったらしかった, 有るので, 朦朧として, 本当なら, 村へ, 東大国史科の, 松林の, 根所の, 案外色々の, 検証という, 業の, 極めて多い, 模写の, 機械論の, 次にアカデミズム, 次に方法概念, 止揚は, 此が, 此九月でした, 此家の, 此方は, 此氷川神社恐らく, 此記事に, 歴史の, 歴史的社会の, 殊の, 残念な, 母様と, 民間に, 気休めや, 決して客観的, 河野氏に, 法橋が, 測定の, 漸, 灰色の, 無いに, 無くて, 無意識こそは, 然うでない, 牛蒡です, 物理的な, 特殊なる, 狂言記に, 王様の, 現代の, 現在我々が, 現実行動性は, 理論乃至, 生じるの, 生憎その, 生憎風が, 生物学に, 産まれたもの, 病の, 白けて, 百合の, 皆火に, 目の下に, 相川氏は, 真理とは, 矛盾とも, 知れてるくらい, 知識の, 硝子箱の, 社会学的には, 社会科学は, 祝詞の, 秀吉は, 科学, 科学に対する, 科学的認識こそ, 稲葉家の, 空間という, 空間直観の, 窓の, 第三, 箱であっ, 素より悪人, 経験から, 編集労働の, 群衆の, 翌日の, 翌朝の, 聞かつせえまし, 脚下に, 自然科学は, 自由主義的論理に, 芸術的といふ, 著書で, 蕃国の, 蜻蛉という, 袋町です, 要するに自然弁証法, 見えると, 見せたさ, 見つかったぞ, 見つかるの, 解せられる, 解りました, 解釈は, 言論上特殊な, 計量幾何学に, 詩人ポルト・リシュの, 認識には, 誤って, 諸民族, 貧農の, 貴様達に, 軍人さんの, 農山漁村に, 近代的封建文化の, 逆に, 連続と, 運動とは, 違うもの, 遠くに, 部分は, 銭イな, 間の, 関東東北と, 隧道でしょう, 雪の, 面白い処, 顕われます, 食べられます, 高さ, 高等学校専門学校に, 黒く焦げ

▼ 処~ (2573, 11.3%)

65 行って 58 来て 47 往って 32 持って 28 連れて 23 出て 19 往った, 来た 18 行くと, 遊びに 17 帰って 15 這入って 12 来ると 11 行くの 10 出た, 行く, 行った 8 私が, 飛んで 7 伴れ, 寄って, 身を, 逃げて 6 嫁に, 手を, 手紙を, 来たの, 此の, 置いて 5 つれて, 戻って, 行て, 駈込んで

4 [16件] 今の, 入って, 出かけて, 出して, 出ると, 尋ねて, 往くと, 手の, 持つて, 来たと, 来ました, 行く事, 行けば, 走って, 遣って, 駈けて

3 [28件] お嫁, まいりまして, やって, やって来て, 出入する, 出掛けた, 参って, 参りまして, 坐った, 坐って, 奉公に, 押しかけて, 挨拶に, 来たな, 来ようと, 来るの, 来るもの, 泊って, 相談に, 私の, 縁付いて, 縁付けたいと, 行つた, 行つたら, 送って, 通って, 隠れて, 顔を

2 [132件] あなたが, いって, いらっしゃい, いらつし, おいで, お出でに, お出でを, お礼に, きたとき, ついて, つるりと垂, とびあがり小さな, どこから, またお, まわって, やって来た, やつて, ガラリと, ポンと, メリケン粉を, 一人で, 一緒に, 主婦は, 人を, 今度は, 仙太郎が, 以前の, 件の, 何し, 何も, 何人が, 例の, 入らしって, 入れて, 入れないと, 出ました, 出るの, 出れば, 出掛けて, 分家の, 前の, 参っては, 参り, 参りますが, 四五句書き抜く, 奉公を, 女中が, 嫁く, 嫁付け, 宜奉, 引張って, 引返すと, 彼の, 往こうと, 戻つて, 手が, 押かけ, 来たから, 来たので, 来たもの, 来たん, 来た時, 来ては, 来ますと, 来ようとは, 来られ何故, 来るよう, 来る人, 案内し, 案内しよう, 棺を, 横に, 母が, 水を, 汽車で, 泊りに, 泡立てた白身, 消えて, 無理に, 玄関から, 玉子の, 登って, 眼を, 私を, 稽古に, 突立って, 立って, 籠って, 縁付けて, 置くと, 膳を, 自分の, 船を, 荷車が, 落ちて, 行かうと, 行きついた, 行きまして, 行くうち, 行くかも, 行くん, 行く約束, 行こうと, 行ったもの, 行ったり, 行ったん, 行つ, 行つて, 行つても, 表の, 見に, 見舞に, 訪ねて, 話しに, 誘惑され, 貴方が, 足を, 転がり込んで, 近付いて, 迷い込んで, 通うの, 通りか, 運んで, 釣るして, 門の, 集って, 電報を, 飲みに, 養子に, 馳け, 駈け寄って, 鳩が

1 [1649件 抜粋] あせもが, あの侍, いい加減な, いつぞや南方氏, いらっしゃいましな, いらっしゃるん, おいでは, おっぱいが, おまけに, おれが, お供を, お出, お出でよ, お出下さいました, お前さんの, お前様が, お呼出し, お嫁入り, お届け, お泊り, お登和, お祖父様, お立寄り, お見え, お通し申す, お遣り, かえった, かさねて, かてて, きたい考え, くつ, ぐいぐい引張っ, こう照つけられ, こして, この団扇, この船, これから奥, ござつて, さっさと行っ, しけ込みます, しゃがんで, すぐおいで, せり上っ, そのお, その匂い, その姉, その絆, その行楽, その骨, ただちょっと, たった御, ちょうどお前さん, ちょっと菓子折, つかつかと, つくだ煮を, どこへなと, なりまた, なんか行つて, はさまっての, ばつかし来, ひとりの, ひょっこりしばらく潜っ, ふわふわと, ほんの唯五六人, まあどうした, まいりブル, また余り, また小児同志, また鳩, めえりました, もう一遍, もって, やって来たと, やって来まして, やらぬ様, やるの, よくやって来る, わざ, カリブ人が, コルンスタッチを, チャブ台の, トタンに, ハンカチを, ヒョイと, フラリと, ペタ, マダムが, 一と, 一層の, 一挺の, 一時間ほど, 一晩泊め, 一道の, 丁度問題, 三人が, 三十恰好の, 三浦兵六力を, 上がったらきっと, 上げられて, 上帝来り立ち留まっ, 下ろうと, 不忍弁天, 世話し, 主は, 乗り込んだ時, 乾草の, 二人で, 二手に, 二時間置く, 五分間置きます, 五種の, 人の, 今まで, 今度煩い, 今朝ほど, 仕立物を, 付入って, 休ましやつ, 伴れ込ん, 住んで, 何とも恐入りました, 何処へも, 何年ぶりか, 作り付けて, 使ひ, 借りに, 偶然邂逅し, 兄の, 先程幸手へ, 入つたの, 入らっしゃっても, 入るには, 入れなければ, 入乱れて, 入門した, 八月の, 其の村, 其方が, 内儀が, 凝まって, 出しゃばって, 出たが, 出た方, 出ますけれども, 出や, 出るんじゃごわせんがな, 出入しない, 出向き候, 出掛ける気, 出這入の, 刎ねました, 別に手紙, 助太刀を, 匐い上ろう, 半七, 卒業生が, 南都のと, 厭でも, 参いる, 参った多く, 参りましたは, 参りますと, 参ると, 参ろうと, 又もや斯ん, 又来, 又百両, 取引に, 台所口から, 吊るして, 同文の, 向いて, 向きましたもの, 呉れるなら貴方, 呼ぶの, 問うて, 四人とも, 固まって, 國と, 土手の, 坐られた, 埋めて, 塚田巡査も, 墜ちて, 夏に, 外れて, 夜中に, 大きな丈三尺, 大瀧の, 天魔来り手伝おう, 奉公が, 奉公する, 奥様は, 女二人一緒に, 女房を, 好き手伝人を, 妾に, 娘を, 媒酌なすった, 嫁す, 子供を, 学校の, 安置し, 実に何とも思いがけない, 宰八の, 容れて, 寄ったか, 寄り懸るよう, 寄れば, 富子さん母上と, 寝たぞ, 寝ないで, 寝る番, 尋行き申候, 小さい武士, 小さな皺, 小刀で, 少し疵, 居たという, 届けて, 屋根裏を, 島田に, 巡査と, 己ア旦那が, 帰ったと, 帰った時, 帰つて下さらない, 帰りたい, 帰ると, 帰るもの, 幇間の, 平生大飯喰い, 幸いじゃ, 幽霊の, 序に, 庭へ, 建てた大寺, 廻診, 引き入れられるよう, 引っこん, 引張つて, 引揚げた, 引越したらばと, 引込み運, 弘まった, 彳んで, 往きたければ, 往きや, 往くが, 往くもの, 往こう, 往診に, 御両親様, 御同行, 御来臨, 御沙汰を, 忍び入ったるは, 忍込ん, 忠一を, 思いがけなく水津氏, 急に, 恰もこの, 惣二郎の, 懸った, 或日志丈, 戸塚の, 戻るとでも, 手毬が, 打ちながら, 投げ出されたやう, 投りこませる, 抛り込んで, 押し上げて, 招待された, 持ちこむ権利, 持て行けと, 持込んで, 捨てるとしては, 掛けて, 掛りました所, 掛合に, 提灯を, 摩文仁さんも, 放火する, 文壇的文学, 料理人に, 新吉が, 旅立たして, 旗奪, 昇って, 星の, 智慧愛想像の, 書生の, 最前ドブに, 朝っ, 朦朧と, 本読みに, 来さっせ, 来たかと, 来たのう, 来たよと, 来たナ, 来た年, 来た理由, 来ないという, 来なすつた, 来ましたよ, 来や, 来るたって, 来るん, 来る事, 来る為, 杯を, 松吉が, 校閲を, 案内する, 棄てましょう, 様子を, 横合から, 樹木に, 止ったという, 此方の, 殺気を, 毎日の, 気がついたよ, 気絶し, 永禪は, 沈めようと, 泊っても, 泣きながら, 注意し, 浄禅寺ヶ淵へ, 浸したまま, 清左衞門が, 渡つて来た, 湯銭の, 溜って, 滞在させよう, 火事だって, 無理遣り, 焼粉が, 爆薬を, 牡蠣を, 独り彼女が, 生け込み, 産んで, 男と, 画報社から, 登らなければ, 白い顔, 盛政の, 直に行っ, 眞葛周玄が, 着いて, 着けたですから, 知らせて, 石ころ道が, 碁を, 移されたので, 移すと, 移らせ番人, 空二を, 突き陥すよう, 突出し, 突然後, 立たれた工合, 立切りに, 立寄るか, 立退いたこと, 箱か, 精進料理を, 細かい毛, 終列車が, 絵を, 縁と, 縁附ける, 縫わしに, 置いたり, 置きたくないから, 置けば, 群を, 聞えても, 肥えて, 胸当に, 腎臓病の, 自分は, 自転車一輛またたきする, 船が, 芝居から, 芸者に, 英男来, 華尾が, 落ちたこと, 落ちる中, 落ッこちた, 薄く輪切, 藁が, 行かう, 行かっしゃる, 行かれたか, 行かれるであらうつまらぬくだらぬ面白く, 行きかけたが, 行きたいと, 行きたいン, 行きなさい, 行きます, 行き十箇あまり, 行くから, 行くなら, 行くに, 行くもの, 行くよりは, 行く日, 行け, 行け飯, 行ったおま, 行ったの, 行っちまうぜ, 行つておや, 行つてそつと, 行つてゐる, 行つて大きな, 行つて来る, 行つて見たい, 行儀の, 袖乞いに, 裏口から, 襦袢様な, 覆盆子, 覗いたが, 親友の, 訂正に, 訪ねるの, 詫に, 話を, 誘つたら, 誰か, 諫言の, 貰われて, 貴女方親子を, 貴様を, 贈る手紙, 走るよう, 越して, 足が, 路之, 踏み込んで, 踏込み一刀に, 身体が, 転げざま, 込上げて, 迎えに, 返事を, 送った文, 送り付けましたあと, 送るん, 透明った, 這入ったから, 這入つて, 這入るん, 通から, 通りました, 通り掛った武家, 通り掛って, 通信を, 週に, 遊びへ, 運び去って, 道は, 道路を, 遙に, 遣られるか, 還ると, 郵便を, 配達すべく, 重盛が, 金字の, 鉤を, 長い棒切れ, 降ったよう, 陥り込んだの, 隠して, 集つてる, 集まって, 電話で, 面白そう, 音羽小三郎の, 頭を, 頼うだお方, 風が, 飛び出して, 飛ぼうと, 飛付いて, 食が, 餌を, 駆け上, 駈け込んで, 駐って, 魂を, 麗

▼ 処~ (2345, 10.3%)

58 ものである 34 一つの 23 ものは 21 ものに 18 ものだ 17 或る 15 ものを 13 ものが 12 もので 11 ものな 10 ように 9 ものであった, 云わば 8 例の 7 あるの, ものの, 人の, 併し 6 ないよう, イデオロギーの, 一種の, 方が 5 もの, ものであり, 人に, 今日の 4 各種の, 夫, 日本の

3 [23件] あるもの, その意味, ない様, ものだった, ものであっ, ものでなけれ, ものと, やうに, ような, 二つの, 人が, 人は, 他の, 哲学の, 城, 女の, 存在である, 存在の, 普遍的な, 東西を, 根本的な, 犬が, 而も

2 [130件] あるは, あるよう, ある事, ある気持, お嬢さんの, お客は, お社, かの, ことだ, ことばかり, この実践, ないの, ない岩石, まねを, ものだろう, ものであります, ものでなく, ものとして, やうな, ようで, イデオロギーである, 一切の, 一定の, 一定形態の, 不変者である, 不愉快な, 世界に, 中でも, 主観の, 事実, 事実である, 事物が, 人間の, 他群の, 何か, 何だか下等, 何物かを, 何等かの, 価値は, 入口に, 否定的契機を, 哲学である, 哲学として, 商品交換である, 問題な, 国語の, 土が, 地名には, 大和魂とも, 夫である, 女達の, 存在という, 学問の, 客観的な, 宿屋に, 対象は, 小さな丸い, 少数に, 平均的な, 店では, 当のもの, 形の, 従ってそれだけ, 性格は, 意で, 意味を, 意識が, 意識の, 所謂, 扉が, 手足が, 技術の, 抽象, 文字は, 方から, 方へ, 方法, 普通一般の, 景色である, 本当の, 本質を, 桑畑は, 棒杭に, 植込を, 概念である, 橋の, 此の, 民衆だ, 決定, 流許に, 物理学の, 物質の, 物質的下部構造に, 特別な, 特色の, 特色を, 状態から, 現象だ, 現象形態を, 生産力が, 町, 痕跡に, 皇軍海陸の, 盛観を, 社会に, 私の, 科学である, 科学に, 空間, 空間が, 空間の, 絵画芸術に, 者で, 者は, 自然の, 自然的存在物, 色男である, 苦労を, 草に, 被覆に, 話では, 諸モメント, 近くに, 近代的に, 連中が, 運動の, 過程それ自身の, 道の, 酒は, 銭湯に

1 [1674件 抜粋] あの陽炎, あらゆる複雑, あるやう, ある二十四孝, ある妹, ある性質, ある欧羅巴人, ある能, あれこれの, お内儀さん, お家主, お母さんは, お祖母様, かかる現実的弁証法, かの全般性, かの形式社会学, かの自由競争, かの非, こうした近代的, このプロパー, この困難, この形式主義, この種族, この解釈学的方法, こんがらがった意味, しかもしゃれ, そういう意味, そうしてそう, そして伝統, そして高々, その名, その構成性, その理論的能力, それな, ただ形, つたの, ないほど, ない天然, ない弾劾, ない独立, ない醜い武雄, は荒神様, ほんの二, みい坊の, もっと軽い, ものそのものである, ものであるらしい, ものという, ものにおいて, ものも, ものを以て, もの甚深甚大なり, もはや具体的, やや尚古的, より具象的, わが国に, イデオロギーに, インテリゲンチャ層の, エンサイクロペディスト的な, キメが, クリティシズムなる, ショウ, ソリシテーション, ツゲガラオ, トリヴィアリズムと, バラバラな, ファシズムの, ファッシズムである, ブルジョア制下の, ブルジョア的社会概念を, プロレタリアの, ホテルの, マチスや, マルクス主義的社会科学の, モアの, リアリスティックな, 一人であった, 一夜の, 一時的な, 一理論である, 一般性を, 一見異, 一関係な, 一面, 丁度そのものは, 上部の, 下女を, 不規則無, 世界直観, 世論である, 中ごろを, 主体的能力としての, 乞食に, 事とは, 事柄そのものが, 二三の, 二宮尊徳翁の, 人, 人々の, 人いわく猴が, 人や, 人的要素であった, 人間世界それ自身が, 今問題, 仕事である, 任意の, 伝来の, 体系な, 何物か, 作品なる, 作用な, 例えば自, 個々の, 個性的, 側に, 僧が, 先天的直観, 光景を, 入り口が, 全体な, 其の意味, 内外の, 内容を, 凡ての, 出入町人は, 分析と, 判断, 制作に, 劇場に, 努力の, 効験あらたかな, 動機が, 包括的で, 区別に, 十三屋と, 卒業生であり, 単なる科学的概念構成, 印象批評の, 印象派風の, 即ちブルジョア的, 即ち意識, 原則, 原因を, 原理的叙述方法だけを, 又大衆, 反真理的, 古き胃袋, 可能態に, 各新聞, 合理的に, 名は, 名物を, 吾, 哲学と, 哲学的手段である, 哲学者達によって, 唯物論の, 唯物論的弁証法の, 問題を, 啓蒙活動のみが, 嚮導原理である, 因果関係, 固定観念と, 国や, 国家そのものの, 国家を, 土の, 土色赤き, 地方地主の, 地続きは, 堂宮は, 境界を, 声明書を, 外の, 多い北海道, 夜明け前の, 大を, 大寺に, 大新聞, 大衆の, 大革命, 天子に, 夫が, 契機に, 女たちは, 好ましくて, 妓楼から, 姉の, 娘たちであろう, 娘を, 子と, 子わらべ, 子供の, 子供を, 存し得べき, 存在それが, 存在を, 学問であった, 学問性の, 学校へ, 宗教である, 定理や, 実景の, 実験, 客観は, 客観的対象な, 家, 家の, 容子だ, 対立物の, 対象, 封建主義へと, 導出された, 小さい珈琲店, 小学教員精神作興大会をば, 小屋の, 少くない, 尾根が, 屋根で, 山は, 山川接する, 山里に, 岩から, 崖と, 川の, 川辺に, 市街とも, 席で, 常識的な, 幸福を, 床屋, 店の, 庭先を, 建物や, 弁証法が, 形式が, 役割に, 往々遊蕩的小説, 従ってブルジョアジー, 従って唯物論, 従って科学的認識, 御客様, 御経衆, 心という, 必然性の, 思惟だけが, 思想傾向, 性格であるであろう, 性質を, 恋愛である, 息子の, 悲しき連関, 意は, 意味に, 意義をば, 意識でしか, 意識物質的に, 成長し, 所謂人間的なる, 所謂小新聞の, 扉を, 手続きである, 批判という, 批評は, 技術に, 技術的乃至, 折衷主義は, 括弧づき, 指導者, 操作を, 政治形態である, 教え得るという, 散髪屋向きの, 数学, 敵を, 文化形象なる, 文化統制上に, 文学方法として, 文学的評論な, 文書を, 文芸学の, 文芸評論だ, 新さん, 新らしき, 新聞, 新聞物, 方法を, 方法概念は, 日劇も, 日本ファッシズムの, 日本型ファッショの, 日本精神か, 旦那の, 早稲の, 昔の, 時事問題な, 時代にまで, 時間表の, 景色凡そ十数個所を, 最も主観的, 最も文化的, 最近の, 有に, 木賃宿へ, 本質, 村はずれに, 条件そのものでは, 条件吾, 板の間と, 根拠を以て, 框だ, 桎梏にまで, 概念だった, 概念とは, 概念を, 構図を, 様々な, 標準である, 機械論, 次第柄に, 武雄さんの, 歴史の, 歴史的, 歴史記述の, 毛を, 民衆乃至, 水の, 水面からずつと, 江戸三の, 河合教授が, 法則, 法則的因果だけ, 洋燈を, 流しや, 浄るりを, 海の, 消極的自由にしか, 漠然とした, 火消壺から, 烟草屋で, 無い人, 無が, 父さまという, 物が, 物体の, 物質的生産技術の, 特殊の, 犬だの, 独占にまで, 独立な, 猟師の, 現下の, 現実的な, 理念である, 理想的な, 理論的克服の, 生活に, 生物に, 生理学の, 生産関係が, 産を, 男女交際会, 画の, 画家は, 病院さして, 発見的原理であっ, 百姓で, 目が, 直接さを, 直観だけ, 直観自身として, 相生病院の, 看板が, 真理性を, 矢張り一つの, 知識, 知識社会的平均人の, 研究劇試演に, 社会そのものの, 社会にだけ, 社会人の, 社会的企画を, 社会科学の, 社寺の, 神的, 神秘主義や, 祭礼に, 科学では, 科学乃至, 科学的批評では, 稲の, 空気は, 空間である, 竜神である, 筆な, 範疇である, 精神上の, 精神的貴族主義な, 純粋小説論を, 紙の, 細かい手紙, 結合体を, 給料なき, 統制だった, 絵画の, 総体的な, 線を, 縁日や, 義作の, 老母らが, 者であっ, 者でございます, 者には, 者や, 聞きあやまりでは, 肉でなけれ, 胡摩は, 膨大な, 自律性を, 自然という, 自然主義的, 自然科学に, 自然科学者の, 自称進歩的な, 花柳界を, 芸術の, 芸術特有の, 若者が, 茅氏の, 茶見世に, 蘆の, 虚偽形態であった, 蝋燭は, 行動主義そのものの, 街頭に, 表現報道の, 要するに吾, 要因でなく, 見える五十年輩, 規定である, 親を, 観念, 観念的な, 観念論は, 角に, 言葉である, 記事であり, 証拠も, 詩五十七章詩家二十九人伊太利亜に, 話題でしか, 認識論上の, 説明でも, 論理な, 論理学は, 論理的範疇の, 諸新聞紙, 警察では, 議員たちの, 貧乏人の, 資本主義の, 質の, 超越である, 足跡あり, 身過, 農村問題が, 近くにさえ, 近代的商品な, 迷惑に, 通路である, 遊興ぢや, 運動では, 過程だけを, 道具太平の, 選択を, 還元性は, 部分的, 都会に, 重みと, 野蛮人であった, 錦絵の, 鎌だ, 長尾榛の木坂姫の, 間数を, 関係であるであろう, 闇な, 隅の, 随身であり, 集団であった, 雑色であり, 電燈の, 青年女子の, 非大衆, 非論理的, 顔を, 食料品店で, 駅で, 騒ぎでなく, 高山深谷に, 魂は, 鳥銃槍刀の

▼ 処~ (2159, 9.5%)

20 あつた 16 私は 1510 お目 7 ここに, それが, 仕方が 6 あらう, このよう, 之は, 何の, 問題は 5 それは, 之を 4 ござります, 一般に, 何を, 哲学の, 第三

3 [27件] こうやっ, これも, さ, せう, それを, 之に, 今は, 今日の, 何う, 何か, 何事も, 併し, 俺は, 働いて, 博士は, 声を, 女を, 待って, 此の, 社会科学と, 私が, 私に, 私の, 第二, 見ると, 話を, 誰か

2 [112件] あつたの, あつて, あらうか, お休みなさい, こうなる, ここから, この, このこと, この二つ, この人間生活, この生産技術, この種, この経験, この自由, この頃, これが, これらの, こんなに悲惨, そこに, その多量, どうした, ね, ぼくは, むかし蜀山人が, もうすぐきっと喧嘩, よく地球儀, 一合の, 一所に, 一時間半も, 不思議な, 中, 之が, 事物の, 五六尺天窓の, 人々は, 今の, 今も, 今度の, 今度は, 今日まで, 他の, 何が, 何も, 別段差支も, 前に, 前にも, 向い合って, 君の, 君は, 堤防に, 変な, 多くの, 夫, 妙な, 姉の, 安政二年の, 尋常に, 左に, 彼が, 彼の, 彼は, 御座ります, 急に, 恰もこの, 意外な, 愚図, 或る, 手を, 新聞の, 昨日馬を, 最後に, 最近の, 様子を, 次は, 殆ん, 水を, 泊らねば, 父の, 物理的空間は, 物質は, 現段階, 瑠璃子に, 生の, 生まれました, 生産力の, 私を, 突然に, 考へて, 考へを, 聞いて, 自分の, 自分は, 芥川氏の, 茶碗を, 覆されたと, 見て, 話が, 話すの, 誰も, 起つて, 身を, 車を, 辛うじてこの世, 逃げやう, 進化論の, 酒を, 降りて, 顔を, 飛んでも, 鳥の, 鴉が, 鴎外に

1 [1712件 抜粋] ああいう, あつたらしくのみならず, あの合理不合理, あひ, ありふれた連関, い, いずれも, いやしくも男, いろいろな, うつぷしてなどゐられよう, おかしな手紙, おしまいに, おやりなさい, お前さんの, お前達の, お嬢様を, お源, お稽古, お見かけ, かかる世界, かのシヨオペンハウエル, ぎょっとする, くるくる廻っ, げす, こういうブルジョア哲学, こういう日本人, こうしたカテゴリー, こうした意識, こうした社会心理, こうした結果, こう云っ, ここで, こちらを, このニュアンス, この不一致, この事件, この代表的, この典型的, この原則, この問題, この対立, この性向, この文法, この本質, この歴史的ロマンティシズム, この産業, この第, この藩士, この論理, この超越, この農村対策, こはだの, これだけの, これ等アジア的叛乱様式に, ござらん, ごそごそ起きたら, さかんに, すぐ火の玉, すべての, そういう主観的, そういう転向, そうであるなら, そこから, そのおかみさん, そのとばしり, その事, その価値, その効, その居城, その影響, その時代自身, その為め, その薨去, その辺, その髪, それから先, それだけの, それにも, それより, た, ただの, だね, ちと大袈裟, ちょっとの, とてもお, どうして居る, どうせ何, どのよう, どれも, なか, なぜ常識的, ぬっと出, ねえ, ね二十枚, はい, はじめは, ひいひいと, ひどい地震, びん長鮪の, ほの暗くちらつい, まいたところ, まず第, また一杯, まアお休みなさい, むかしから, もう伝来, もしこの, ものは, よくお, よく買い物, ゐねむりを, アメリカに, イデオロギー論による, エスペラントの, カチーリ, カント的批判主義が, クルリと, コップへ, コーヒーのみて, ザラザラした, ジャーナリストの, ソフィスト達の, ツイこの, トランクを, バッタリ行きたおれ, ヒューマニズムを, ビールの, ファシズムという, フランス哲学への, プラグマティズムは, ヘーゲルの, マクドゥーガルの, マルクス主義では, マルクス主義的範疇体系だけは, ラジオだ, ランタンの, レトリックの, ヴォルフは, 一つ珍談が, 一人の, 一人ローランに, 一体文化に対して, 一体現在, 一刻も, 一定の, 一度ぱっと明るく広く, 一時間も, 一杯飲ん, 一等良い, 一言する, 一面の, 七日ばかり, 三宝を, 上方に, 不安が, 不見識な, 世界観とは, 世間に, 中学に, 主観と, 事実その, 事物には, 二三羽四五羽烏が, 二十三夜の, 二歩と, 云い残されて, 互ひ, 五十種以上に, 井戸の, 京都には, 人々に, 人を, 人目にか, 人間は, 今あなたが, 今に, 今之こそが, 今吾, 今大切, 今度隅田川両, 今日均衡主義の, 今空間, 今茲, 仔細は, 仕様の, 他方カントの, 以て, 休んで, 会員の, 似て, 何と, 何人も, 余り金持, 使われて, 例えば女子教育家, 俎に, 個体は, 倹約で, 偶然彼女を, 働かねば, 僕には, 元来宗教的範疇体系, 先方に, 光つてゐる, 入学難の, 全体江戸の, 其の持っ, 其家は, 其次が, 其話を, 内ロース, 再び先程, 出会ったね, 出来て, 切り嵌めに, 初めて官営, 別に趣向, 前後しました, 創設する, 勉強には, 北へ, 南京豆の, 博士の, 原博士の, 去年以来この, 又半, 双方から, 取りも, 口惜しい口惜しい口惜しい口惜しい畜生め, 古典という, 可愛がられた, 右翼出版物に, 同じよう, 同伴の, 味噌摺の, 哲学そのものが, 哲学者達は, 唯物論による, 啓蒙は, 嘉吉づれが口を, 土居光知教授に, 在郷軍人でも, 堤防の, 塩の, 声が, 外皮を, 多数が, 夢中で, 大きな植木市, 大して驚く, 大原さんに, 大小二十幾所の, 大河内氏は, 大衆乃至, 夫だけ, 夫を, 女房を, 如何なる事情, 姉さんとでも, 姿が, 媼は, 学術統制の, 実はただこの, 実は来年, 実際この, 実際文部省, 宵から, 家内総出で, 寂しさ, 密と, 寝て, 寮なんぞ, 将棊, 小林氏の, 少しの, 居合せた聖覚法印, 岐路の, 崩壊の, 左も, 左岸に, 已に述べた, 常にすばらしい, 幕, 平均が, 年々する, 幽かに, 幾人もの, 店の, 庭に, 引受けて, 当てに, 当時時を, 形式的である, 彼様な変った, 彼自身に, 往生を, 待つてるん, 後の, 従来の, 御容赦, 御得心, 御機嫌宜しゅう, 徳市に, 必半信半疑の, 思いがけなく行きついた, 思遣にも, 恐しい羽ばたきを, 恰も空間, 悪意に, 意識が, 感じたこと, 懐かしい何, 我々が, 我開国以来世に, 所有主にも, 所謂熟練が, 扉を, 払を, 技術学は, 投身自殺を, 折重なって, 押し合って, 振返って, 探偵にでも, 提唱され, 改葬に, 政治的関心に, 敵手は, 文化の, 文学は, 文芸の, 斬られたる首, 新聞は, 旅客が, 日和ぼつこ, 日本で, 日本主義, 日記を, 旦那様が, 映画に, 昨年の, 時事問題は, 普通の, 景色は, 暫く何, 更にいくつ, 書き収めて, 最古い, 最近新聞や, 有った, 木の, 本人は, 本集後半の, 東大教授美濃部達吉博士は, 柄の, 極りの, 模写説を, 次に構成性, 止めて, 正に狭義国防, 此品を, 此高時殿が, 歴史が, 歴史的部分相互の, 死なれるの, 殆ど最下等, 残念ながら, 殺して, 氏が, 気を, 水へ, 汚れた金, 決して夫, 沢山だ, 泊る分, 泣いてる, 注意すべき, 涯しも, 渋茶を, 滝川教授に, 演説会を, 火から, 炎天を, 無の, 無論概念, 片品川を, 物質が, 特に問題, 狐が, 玉葱か, 現在日本の, 琴の, 甘く調子, 生物学の, 用心深くし, 田辺元, 申上げます, 病人の, 痒がっ, 皿の, 直観なる, 相当の, 看病を, 眼鏡を, 矢野氏自身は, 石原博士には, 磨がないでは, 社会人の, 私も, 私共, 科学の, 科学的精神という, 空間は, 立ちよ, 立てないと, 立留つて振向い, 笠の, 紀貫之が, 累り合った, 組違え, 結局手数損じゃ, 羽根が, 考へられぬ事, 聞くよ, 脚気に, 腰掛けて, 自分を, 自棄じゃ, 自然科学によって, 自由主義者の, 色々な, 花火の, 若い女子, 草を, 荷物を, 菊五郎の, 蒲公英の, 薬用と, 蛇どもの, 蠢いて, 行き渡った教養, 行先は, 行逢うた, 装束を, 見えなくなる, 見るよりも, 見付けたの, 見掛けた彼, 見返った, 観念論的存在論の, 計らず岸田右内, 証人は, 話しては, 話す事, 認識とは, 読んだ事, 読者諸君に, 論理とは, 論者は, 豆腐も, 責は, 買って, 路端に, 躓き倒れたと, 軒下の, 農は, 近所の, 述べた, 追い来る秀吉勢, 通り掛った尼, 逢うの, 逢つた, 連込茶屋でも, 遊廓町で, 道寄を, 道草喰うた, 遣るの, 酒なんか, 釣れる場合, 鉛筆の, 鎮台兵と, 長々しく唱い続けた, 関は, 降り口, 階級対立に, 雑樹一株隔てた, 電気局でも, 静かな, 非業の, 面白いこと, 頻りに代数, 風が, 飛び込もうと, 飲ませようと, 饑渇は, 馬場の, 騒ぎ立てたらそれ, 魔処だ, 鳴った, 黒服鍔広帽の

▼ 処~ (1784, 7.8%)

69 見ると 20 見て 16 通って 14 得て 11 歩いて 10 見れば 7 知って 6 教えて, 買って 5 人に, 持って, 異にし, 私が, 選んで 4 きめて, もって, 両手で, 出て, 知つてゐる, 見せて, 見た, 見つめて, 開けて

3 [17件] ところをと, みると, 一番奥に, 今の, 何度も, 助けて, 廻って, 探して, 書いて, 無理に, 異にする, 知らない, 移らずに, 経て, 聞いて, 超えて, 開いて

2 [83件] いうの, かきて, この于学忠, さがして, じっと見つめ, せっせと歩い, そのお, ちらりと見た, ズット先の, ブスリと, 上, 不意に, 二人で, 何か, 切捨てて, 前に, 勤めて, 占めた寺庭, 占めて, 占める, 占めること, 又, 吹いて, 問わず凡て, 嗅ぎまわって, 学ばねば, 学びて, 定めたらしい, 家の, 尋ねて, 己が, 平気で, 得た, 得たりと, 愛して, 截る, 押えて, 押隠して, 拝し, 指して, 捨てて, 探した, 探り当て, 掣肘する, 握って, 教へて, 斯う, 新吉が, 易え, 火から, 異にした, 眺めて, 知らず, 示して, 示すの, 私の, 考えた, 背後から, 蛙どもは, 行く, 見ず, 見たこと, 見たの, 見たり, 見た事, 見つけて, 見ても, 見るの, 見るよう, 読んで, 走つて, 走るので, 越して, 転々として, 述べて, 這入って, 通りながら, 通り抜けて, 通ると, 過ぎると, 選ぶ, 離れて, 飛んで

1 [1347件 抜粋] あかさない, あがり口, あっと云う, あの始末, い, いきなり丸太ん棒, いふ, いわば縫う, うしろから, うるという, うろつき, おかしいと, おぎなうならば, おとりに, およいで, お云い, お前達の, お呼び立て申し, お咎め, お尋ね下さいません, お悦, お母さまも, お目, お膳, お願, かいて, かえると, かすったか, がつがつし, きけば, ぐいと突貫, ぐるぐる廻る, こうして, ここに, この犬, この辺, ごろごろ廻る, ささぬ, さすりながら, さまよい歩いて, さんざんにぶっちめられたのだ, しっかり引留めた, しました, じいっと見詰め, すかさず受取る, すぐに, するが, ずるずるっと, ずッ, その中, その帯腰, その薬師堂, それと, そッと, たずねたり, たっても, たれやら, ちがえて, ちっとばかり, ちょいちょい知っ, ちょっとも, つい酔っ, つつくよう, とうとう多吉, とぼついた男, どうも薪, どんな容, なして, のそ, はなす其途端, ひっくりかえして, ひッ, ふり売り, ぶつかったの, ほかほかと, また一つ煙管, また述べ重ね, まだはっきりと, みじめな, みつめた顔, めくら縞, もう一つ, もっと出し, やって来ました, ゆらりと漕いだ, よく知らない, よせ集めると, わざとらしく書い, わたって, エンゲルスは, グングンと, ザッと, ジット狙いました, セッセと, チョイト抓む, デヰと, バリ, ピタリと, ポッカアンと, 一々叮嚀, 一々手, 一刀向うづき, 一心になっ, 一所に, 一杯遣らっし, 一眼見た, 三人連れの, 上らっしゃれ, 上海あたりへ, 中島は, 乗切れない, 争うて, 二三軒廻っ, 二尾塩焼きで, 云つ, 云ふ, 亡くなった亭主, 交番の, 今ので, 今日あたりは, 仏教では, 他わが, 仮に離縁, 仲働きの, 伺いに, 何かの, 何だって, 何故驚かせた, 作るの, 例年の, 便っては, 俯向い, 借るつもり, 僻し, 免れよう, 入違い, 其の手, 再び捕えられた, 凝視めて, 出したって, 出初め致しました, 切って, 切り捨てて, 切抜けて, 別に, 利用し, 前刻, 助けたん, 助けられたは, 助けられ斯, 動きたかったから, 十五日も, 半七, 卜うてふ, 占め大局, 厚さ七, 参りました, 又一刀, 取り除いて, 取落して, 召上り, 右往左往する, 吉さんが, 名乗掛け, 味わうには, 唄つて居る, 商う店, 問う, 喜ばざるは, 喜代松に, 囃子に, 図案まで, 固めて, 圧え, 坐禅に, 堂々めぐりしてゐたりするのは考, 変えて, 変へて, 多く嘗めなけれ, 多く尋ね調べた, 夜更に, 夢み四条京極, 大きな鉄, 大体こんな, 大層御, 大門外で, 失はぬ様, 失礼です, 奥へ, 如何し, 娘の, 存ぜんことゆえ御無沙汰, 学生独自の, 安堵せん, 定めず霊場, 宜い, 察して, 尋ねると, 導き出そうと, 少々居, 少し力, 居士が, 崩して, 左へ, 巾著の, 希求する, 干して, 幾度も, 庄太に, 庖丁でこそ, 廊下では, 廻して, 引き出すこと, 引張って, 弱, 強く蹴られ, 彩れ, 往来う, 往来で, 後から, 得さ, 得ざれ, 得たと, 得た穿物, 得ないよう, 得れば, 得才, 御勘弁, 御承諾, 御覧じゃ, 御覧遊ばせ, 御迷惑, 必要と, 思い出した, 思えば, 思案する, 恐れは, 恩に, 意味する, 或は支那人町, 戦友に, 手つだい店, 打ちますとな, 打とうと, 抑えられて, 択ばず宴会, 択びて, 択らね, 押して, 拝借を, 拝見致したい, 拳を, 持ちまして, 指さしして, 指さして, 指した恐ろしく, 指すの, 挽かないと, 捕吏の, 捨てては, 捲き拡げ始めた, 掘り起すそれから, 探しては, 探すため, 探ねて, 掴むの, 描かせた, 描きたるとを, 描き出だして, 提供する, 換えな, 搗交ぜた, 撫でて, 撰る, 攫って, 救うた愛犬, 教へたりなんか, 文献学主義に, 斯様なる, 新吉は, 新聞社の, 旦那様が, 明けて, 是非廻っ, 時流に, 曝しもの, 書きつけますからね, 替えしが, 替えようと, 最も要領, 有って, 木戸口を, 来りし故, 検め見れば, 横ッ腹を, 横目に, 權六が, 正直に, 歩いては, 歩くと, 歩行い, 歯で, 母の, 毎夜鬼に, 比較し, 求むべしと, 求めしが, 求めた心持ち, 求めなるべく, 求め獲た様子, 汽車が, 波, 洞斎兄の, 海石榴市と, 渡って, 滅茶滅茶に, 漕ぎ抜けるわけ, 灯が, 無視し, 焼いて, 照子が, 爪を, 爬かしむるに, 犬に, 独鈷の, 玩弄に, 珍重せられた, 甲乙丙丁の, 画いた画, 画けり, 略せず拾うべき処, 痛くない, 発見され, 発見出来ず, 百姓供高声に, 皆それぞれに, 盗賊も, 看附けたという, 矛盾の, 知て, 知らずと, 知らず東, 知らず遂に, 知らない科学, 知らなかつた, 知らぬ悩み, 知ること, 知る人, 確めよう先刻に, 示し吾太夫, 示すばかり, 私に, 秋山男爵に, 究める志望, 突かれたよう, 突きとめたかの, 突き留めた悦び, 突出の, 突衝い, 立ち去って, 立直って, 糟屋助右衛門来った, 細かく切っ, 経たこの, 絶えずま, 編み物に, 繰りかえすこと, 老婆お, 考へたん, 聞いたもの, 聞かば, 聞きたいなら前, 聞せて, 聯想せしめる, 肉挽器械で, 能, 脱出させた, 自動車で, 自然現象として, 花車は, 若侍, 荒廃させる, 蔵の, 薄汚れた, 衆人折り重なっ, 行くと, 行ったり, 袈裟掛に, 袖形に, 補って, 補わんが, 裾に, 覆は, 見かけ升, 見せたくないからね, 見せびらかし, 見せようつたつて其手, 見せる為, 見せ闘い, 見たが, 見たてて, 見たらどん, 見つけては, 見つむるよう, 見つめながら, 見ないと, 見ますと, 見まわしたので, 見られたの, 見る, 見るに, 見ろッ, 見事に, 見付け出し頻りに, 見其, 見出します, 見出す, 見出すと, 見定めて, 見抜いて, 見渡すこと, 見澄ますと, 見詰めてを, 見込んで, 覓めて, 覘い詰め, 観念し, 言うで, 言えば, 訂正させた, 訊きに, 記念する, 訪ねさして, 訪ねて, 設ける式, 詠もうと, 話すこと, 説いた, 読もう, 誰かに, 誰も, 諸先輩, 謡い直されたと, 警官に, 貴方が, 赤い瓢箪, 走らせあの, 超え人情, 足を, 踏まないよう, 蹌踉蹌踉する, 転ぶが, 辛抱し, 近ごろかの, 逃げ出して, 逆に, 透かして, 這ひ, 通し具象的, 通つた, 通らねば, 通りかかりましたが, 通り奥の院, 通り掛りの, 通るとき狐, 通る迄には, 通行する, 造つた, 逸話や, 遁れた, 違えて, 遣って, 選ぶよう, 選んだ, 遺伝した, 酒井の, 重々恐縮でございます, 鉄棒で, 鋭利な, 鎮め以, 長え, 開けたの, 開ける, 開墾し, 附け入って, 隔つ, 隔てたと, 隠し置い, 離れた, 離散しなけれ, 霜は, 面壁九年無言の, 頭から, 願いますヘエ左様, 風呂にも, 飛上っ, 食べても, 馬の, 高野とか, 鳥の

▼ 処~ (1033, 4.5%)

38 ない 8 ないかと 6 なかった, 少しも 4 ありません, あるが, あるまい, ないと, ないの, 今の 3 どんな処, 日本の, 有りませんか, 馬で

2 [43件] あったけれども, ありますまい, ありませんから, あるまいか, この中洲, そんな独立運動, ないか, ない筈, なかつた, もうみんな畑, 一つも, 一本脚の, 一面の, 下駄を, 乳の, 他には, 何う, 何にも, 俳人で, 分らなかったが, 君の, 墓地である, 多い, 御容赦, 成程, 所謂, 更に分らぬ, 木曾も, 梅林で, 正にこの, 殆ん, 残りなく, 無いか, 無いの, 無いん, 直ちに峨々, 私も, 等しい, 細長い入海, 芸妓の, 見える, 誰も, 路が

1 [853件 抜粋] あいては, あそこだ, あって, あつて, あの小石川, あまりない, ありそう, ありませんどこ, ありませんよ, ありません私, あるじゃあ, ある様, いいと, いくらでも, いけないの, いずれも, いつでも, いつもキョロキョロ, いぶし銀の, いましがた一度, いよいよもっ, いろんな人, うまいもの, うまれた家, おれは, お互いの, お尻, お立, かいてないの, かうした棚, かえって茅屋, きって, きりりとし, ここから, ここであった, この少し, この桑名, この風俗, これに, これ一枚っきり無い, ございませんそれ, さいわい畜生道, さすがに, さよう, すぐきた, すべて男性と, せんじつめれば, そうした山奥, そこから, その女, その性質上, その胸, その辺, それが, そんじょ芸者, たしかに江戸風, ただ黒髪, たったこれ, ちっとも案ずる, ちゃんと極, ちょいと, つくりが, とても人, とても唐詩, とても私共, どうやらあの, どう結尾, どう見, どこへ, どの位, ないお, ないが, ないだろう, ないぢ, ないでしょうか, ないとて, ないので, ないやう, ない事務家的冷静, ない小金, ない訳, なおすと, なかなかいい, なくなって, なくなりそう, なさそう, なし売る, なし独り, ひけ過ぎ, ほぼもっさりと, ほんの場, ほんの拾, まだ少しも, まったく, まっ白い, まるで藍瓶, むかし日本武尊の, むしろ兎, もう火の番, やすものの, やっぱり真暗, やはりいにしえ, やはり扉, よいと, ようない, わかった訳, わからない, わたしに, アイ来た, アフリカ西岸の, エミルにも, ガラ大きな, ザラに, チャント控え, ドウセイ性に, ドンドン直し, ロスコー家正面の, 一つ一つ皆思う, 一を, 一体何処, 一円差上げる, 一寸一息, 一番高い, 一般に, 一部分に, 丁度私, 上から, 上根岸の, 上田の, 不便で困る, 不明, 不朽である, 世間に, 中ってるじゃ, 丸太小屋も, 主人の, 九州西国あたりから, 事の, 事実に, 二白である, 云う迄も, 些ない, 人情本に, 人間の, 今しがた大根畑から, 今でも, 今も, 今日の, 今日までに, 今更事新しく, 今鶯横町とい, 他に, 他日これを, 会話と, 何ういう, 何か, 何である, 何で拵えます, 何と, 何と申します, 何んとか, 何処かと, 何処だ, 何処なんざますえ, 何分にも, 何卒, 余り位置の, 併し, 俄然として, 俊成風である, 倫敦ピカデリイの, 偉い, 傍に, 僅少の, 僕が, 八畳敷ほどの, 其の女, 其俤を, 其所に, 凡才で, 出ません私, 函嶺に, 分らず, 分らぬがといふ, 分りません, 切り抜きて, 初々しい, 別だ, 利剣長槍である, 前へ, 動作を, 北は, 半漁村, 半鐘でも, 南山へ, 単化と, 印西という, 原さんの, 厭な, 去来の, 取得にて, 受けたり, 叙述が, 古代その, 可かった, 右上の, 同じであり得る, 同じよう, 向う山, 吹雪に, 吾妻郡の, 品と, 唯二軒ある, 唯慶應義塾, 啓蒙君主の, 喜見城出現と, 器械, 四十八願を, 四斤砲二十八門十二斤砲二門臼砲三十門であった, 固く柵, 固より, 土地の, 土間に, 地勢が, 坐って, 埋まって, 堅牢に, 場末の, 墓誌に, 変化に, 多いかも, 夜と, 夜一夜辿, 大きいと, 大な, 大の字なり, 大受, 大変遠い, 大抵は, 大抵山, 大抵椅子卓子式, 大概きい, 大江山の, 大連と, 大部分ロマンチツク, 天津風雲の, 夫が, 夫り, 女の, 如何, 如何に, 妙だ, 始終の, 姑らく棄て, 姫自身に, 子房に, 存じて, 孰れ, 実に堪え難い, 実はそち, 実は框, 実を, 実証的精神への, 実際に, 実際の, 宿の, 寒うございます, 小学校の, 少くも, 少ない, 少ないので, 少なくない, 尠から, 尽心の, 尾の, 屍体よりも, 山の幸を, 屹度雨だ, 岩野清子氏と, 川筋だ, 差出しますが, 市ヶ谷停車場の, 市場の, 帰って, 常に現実, 平にお断り, 平安京右京第, 幾ヶ所とも, 幾分尠い, 幾重にもお, 広い雪田, 広く学術界, 広間だつた, 延喜式に, 強そう, 当には, 影法師に, 後で見ます, 後に, 御同様君, 御寛容, 御座いませんし, 御意次第, 心の, 必ずしもブルジョアジー自身, 必ずなんか, 必ず墨黒, 忍耐し, 忘れた, 忠孝の, 怖いよう, 思ふ処, 恐らく此, 恰も之, 情ないまるで, 想像に, 慇懃で, 我ながら, 或は此無限, 或は間違つて, 房総地方あるいは, 所謂絶対的なる, 手伝ふ, 拙者は, 挙げられぬが, 損が, 支那でも, 数へる, 料理の, 斯うし, 新聞紙と, 旅館の, 日本人にも, 日陰に, 旧派の, 明瞭り分りません, 是れ, 時間的な, 晴れ或, 暗いもの, 暗記し, 曇り或, 最も善く, 最も貧しい, 最初私共が, 有り難い処, 木の, 未来派尖鋭の, 本郷で, 東に, 東京の, 東北から, 松並木へ, 林内閣では, 根の, 案外に, 桜ヶ陣と, 梓川と, 極めて無造作, 横浜を, 次の, 正しかった, 歳棚で, 死である, 死滅を, 殊勝だ, 残らず屋根, 比較的最も自由, 気に入る事, 江戸に, 決して一定, 決まりて, 河に, 油断が, 沼の, 浅草から, 浪も, 淡泊な, 渡るまい, 源助あの, 溶けて, 濡れますが, 焚火の, 無いかって, 無いなんて, 無いらしい, 無く多く, 無く雲, 焼いてしも, 熱く凝らし, 爪立足を, 牛込では, 物凄い渦, 特にアカデミック, 狐か, 猶御, 珍しくない, 現代の, 現存する, 理の, 理想の, 生命保険の, 田舎では, 申しますまい私, 申すに, 町でない, 異なるが, 病人の, 白銀の, 皆意銭の, 皆歩い, 目に, 直観空間が, 相当正確, 相違なく, 眼も, 着物に, 矢張此の, 知らず今, 知られて, 石の, 石垣に, 破れ水, 硬くなり, 確と, 福岡で, 私が, 私どもの, 私は, 私等を, 稀である, 稍違つてゐる, 空を, 空間に, 立て込んだり, 細い土手, 絵の, 肉が, 肴屋の, 脳髄では, 自分の, 自己維持に, 自由という, 至極尤, 臼なり, 船の, 色々であろう, 英仏は, 英国の, 茶褐色又は, 葡萄園が, 蓬莱屋, 補いましたし, 要らん, 見つからなかった, 見ないで, 見られませんな, 見上げる様, 視る目, 解って, 言葉を, 記, 詩的感激ロマンチツクな, 認めるが, 誠に済まん, 誰が, 豪勢だ, 貴下に, 貴方の, 赤絵の, 路次から, 軒の, 近年まで, 迚も, 通路の, 連れて, 遂にある, 道である, 違ったらしいが, 酒や, 重々御, 銀錆の, 長谷川町の, 阿母さん, 雑巾で, 雛壇の, 雷門の, 霧の, 非常な, 非常に, 面白い見もの, 音に, 飽, 高天が, 鮒だ, 鴻の, 鷹揚と, 麻紐で, 黒漆の, 黙想を

▼ 処から~ (686, 3.0%)

12 出て 9 見ると 6 来て 5 来たの, 見て 4 来るの, 落ちて 3 お暇, 借りて, 出たもの, 見ても, 見れば, 起つて

2 [33件] それが, である, やさしく訊ねました, 一日無理を, 之を, 今だに, 何となく猿若町, 先に, 右へ, 右手に, 和尚の, 夕飯を, 帰って, 幽に, 心ある, 思ひがけ, 斜めに, 新芽を, 時々は, 来たもの, 水を, 発生した, 発生する, 監督し, 私の, 私は, 言ふ, 貰って, 転じて, 這入って, 降りて, 飛び込みすっかり, 飛び込んで

1 [557件 抜粋] あるもの, いちばん暗い深い, いつの間にかその, いつの間にか人々, おじゃんに, お上へ, お出でに, お前の, お考え下さい, お話しした, お調べ, かなり遠く, かの水掛論, きた実在, ここぞと, ここばかりから, ここへ, ここまで, こっちを, このインテリゲンチャ全体, この光景, この家, この教養, この点, この言葉, これを, こんな情報, こんな連判, さうし, さし当り切支丹を, さすがの, すぐ右, そこここに, そっと入っ, その万引自身, その住居, その力, その必要, その思想, その時代, その混乱, その草, その頃竹町の, だしの, だったん, ちょいと, ちらちらと, ついふら, つい昨年, つれて, であった, でないと, どうしてあの, ながめて, なだれを, のがれようと, のぞき見なんか, のりと詞な, はじめて花道, ばれんは, ひだを, ひとりぎめに, ひょいと出, ぽきぽきと, まあよくねえ, まあ不気味, また山, まだ娑婆気, まだ東京, もう三粁, もう少し先, やってきて, やつて, ゆた, よく見えました, わたしは, ウルフが, クスクスと, サッする, ジャーナリズムの, スッポリと, ツイ遅く, ドサリと, ニジミ出し, 一々見える, 一つの, 一同は, 一寸お宮, 一寸初会に, 一心に種彦, 一睡し, 一般に, 一計を, 一遍も, 七夕の, 三間ばかり, 上が, 下へ, 不愉快な, 不潔物を, 不等辺三角形, 乗た船, 九輪の, 事が, 二三間上手に, 二間ばかりの, 二間梯子を, 井桁も, 京の, 人が, 今は, 今まで, 今も, 今やヒューマニズム, 今更ながら, 今朝貴女信太郎が, 仕入れて, 低い処, 体格と, 何かが, 何と, 何とも申訳, 便りが, 信頼し, 偶然し, 傍に, 元の, 先が, 先祖の, 兎に, 入りしな, 入水致しました, 全局を, 其が, 其の上, 其の楽屋, 其処を, 其地に, 内の, 内証で, 再度掛合, 冷めたい風, 処に, 出して, 出た, 出たといふ, 出たの, 出た呪言, 出た語, 出でたとの, 出る, 出る弱々しい, 出入町人の, 出来た歌, 出発した, 切り落そうと, 切れる訳, 切れ目赤う, 初めて私, 初夢を, 判るよう, 判断する, 利用も, 動かして, 十六や, 半分画面へ, 半町ばかり, 卑近な, 南にあたる, 単に言語情調, 博士の, 卯の花くた, 又後, 反映し, 叔父へ, 取ったの, 取って, 取り落しますよ, 取るの, 取るもの, 口で, 口を以て, 古浄瑠璃, 右に, 右足を, 同様な, 同氏宅を, 向ふ, 吸ひ込まれ, 吹き込む雪雑, 吾, 呪言中の, 呼びに, 呼んで, 問題は, 善言, 四五本目の, 四方へ, 国吉を, 地上の, 地方にも, 垂れ下げた, 場処へと, 壮い, 声を, 夏に, 夏演奏する, 外国まで, 多少複雑, 夜汽車で, 大きな屏風, 大きな鳥, 大した問題, 大浪を, 女の, 妻を, 始まるん, 始めよう, 娘を, 婢が, 婦人雑誌は, 子爵が, 孔雀の, 学生が, 家中捜し, 家主との, 寝間着で, 察して, 対岸の, 尋常一年生の, 導かれる, 小ギボン, 小使も, 小宮山も, 小説や, 少しも, 少し上, 少し離れ, 少し離れた, 屡く, 山城河岸の, 左の, 巳の, 帽子を, 年に, 広く見る, 座敷を, 延び上り小三郎の, 引返しました若林博士, 当然である, 当然導かれる, 彫って, 彼が, 往々科学, 御像, 心にかけて, 怖ぢ, 思いがけないもの, 思いがけない逸物, 急に, 急転直下し, 怪しき金色, 恐らくは神, 息子さんが, 悠っ, 悪い事, 悪事露顕の, 愈河童, 慌しい会話, 戦争を, 所謂只今申す, 手灯を, 批評, 投身しよう, 折々氷屋, 折口其節莚帆を, 抱えられても, 拡がつたもの, 持ち上ったわけ, 持って, 持運ぶし, 指ざし, 指し物に, 振り千切る, 掘り起こされるの, 推して, 換え玉に, 揮下ろした, 支那の, 改めて文学, 政友会の, 政長方で, 救ひ出された, 救を, 数多の, 斜に, 斯う, 新たな, 新吉は, 旗の, 日のみ, 日和下駄の, 日本の, 日頃の, 明らかである, 曲って, 曳き立てられて, 更にさまざま, 書きかけの, 服装から, 望んで, 木の根に, 未だ朱房, 本体である, 村方の, 来たのよ, 来たやう, 来た兵隊, 来た寄留人, 来た必然, 来た手紙, 来た神, 来る, 来ると, 来るので, 来るほか, 来るソフィステライ, 来る予言, 来る現下, 来る眼付, 東に, 松陰伝と, 枕を, 果は, 柳絮という, 框へ, 検べて, 検察官の, 機織唄が, 橡欅, 次第に卑, 次第に念仏, 正面に, 此をも, 此家と, 此方へ, 此話は, 段々に, 段々胸, 段々近, 母が, 母方の, 比喩を, 気を, 水田に, 汁椀を, 汽車で, 河童の, 油画の, 法事の, 法恩寺村の, 法悦の, 法然は, 洪願寺の, 流石の, 深く印象, 湧くよう, 滋養分を, 漬物屋の, 炭を, 炭二俵持っ, 点々ずつ, 為朝一名を, 無敵に, 父は, 片手打に, 片附け, 物を, 特別の, 狙い射ち, 独り窃に, 猪子先生の, 現に一種, 生じた偏見, 生じて, 生れて, 生垣に, 由来する, 由来記の, 男の, 町並では, 発して, 白い衣服, 白い雄, 百ヤードと, 皮粕を, 盗んだその, 相済みません, 相談を, 真実姉妹の, 確証を, 神人の, 神聖な, 移植した, 種彦は, 空虚な, 突ッ込ん, 第一, 等閑な, 糸の, 縦に, 置手紙を, 習慣や, 習慣的に, 考えて, 考へても, 考へると, 聞え初めた, 聞きつけたの, 聞きました, 聞くところ, 脱出しよう, 自分で, 自分の, 自然と, 自身書きながら, 花魁がくよ, 茂之助さんも, 茅が, 茫々と, 華表木を, 落して, 落ちたよう, 落ちるよう, 落っこって, 薄っ, 行くの, 行けやしないでしょう, 袖乞いに, 袖裾が, 被害者の, 西へ, 西行を, 見たら, 見下したと, 見物を, 規則正しい学校, 視て, 覗し, 観れば, 角力取と, 言い習わしたもの, 計画が, 訪れて, 許嫁の, 話声の, 誰かが, 誰れ, 謎の, 貴女を, 貴方の, 赤い滝, 路は, 身体を, 近金, 返事が, 逃げ出した時, 通勤し, 進歩的だ, 逼ひ出したら, 運んで, 遠いが, 遠く眺め, 遠ざかって, 遠目金で, 適用を, 選ばれたという, 還俗し, 郷党に, 野菊と, 鍛練修業を, 長い水道, 長さ十米, 降ろして, 随分と, 離縁状が, 雲雀, 響いて, 響き落ちて, 頼まれて, 頼みが, 顔だけ, 顔を, 顔見, 飛んだって, 駈出して, 鳥が, 鸚鵡返しの, 黒いボックス皮, 鼠が

▼ 処~ (475, 2.1%)

64 ある 15 ない 11 あった, あるが 9 あれば 7 あつた 6 あって 5 あります, あるの, ないから, なかった 4 ございませんから 3 あるし, あるよう, ある様, ございます, ないが, ないと, 方々に, 有之, 見えない

2 [22件] あつたり, あらうに, ありあるいは, ありき, ありました, ありませんから, あると, あるので, あるらしいが, あろうに, ないの, ないので, ないやう, ない昔代, ない身の上, なかつた, なくなって, 中, 何も, 先日の, 知らぬまま, 見える

1 [257件] あいなりますること, あさましい土, あったから, あったと, あったらしいが, あったり, あったろう, あったろうが, あつて不屈, あらざりしに, あらぬ儘, あり, ありある, ありしようじっきり, ありない, ありは, ありましょう, ありましょうけれど, ありますから, ありますが, ありますけれども, ありますね, ありますよ, ありますよう, ありません, ありませんが, ありませんもの, ありまた, あり一方, あり何とも, あり又, あり得ない, あり文法, あり既に, あり炭焼小屋, あり烏, あり由来, あり神, あり禁猟, あり紺青, あり闇, あるかと, あるかも, あるから, あるけれども, あるぜ, あるといふ, あるなり, あるなれば, あるに, あるね, あるべきなり, あるまい, あるらしい, あるん, ある位, ある様子, ある現に, ある静か, ある非常, ある養魚池, あればと, あろう, あろうさ, あろうし, あんまり人聞き, あゝいう, いやでした, おなじ, おもしろい感じ, かなたの, かなりに, きまって, これ有り, これ有るべく, ございますから, ございません, ございませんし, ございません仕様, さだめぬ, すっかりくっつききれた, せいぜい御, それで, だん, どの辺, ないかも, ないからと, ないし, ないだろう, ないで, ないよう, ないらしい, ない事, ない唯, ない実に, ない男, ない程, ない赤裸, なき始末, なき愚論, なく, なくぐっと, なくて, なくどうせ, なくなつた, なくまるで, なく僅か, なく力強家, なく唯, なく廻って, なく悶え, なく方々, なく殊に, なく自分勝手, なく親類, なく請負普請, なく越中, なく迎え, なければ, なし, なしに, なし又, なし漫然たる, ねえ小村, ねえ心細い, ねえ者, のばして, まあ養子, まずない, またその, また一奇観, やと, ヨブを, 一両度訪れた, 一理は, 一軒や, 不断つき合いを, 中部の, 九州に, 交つてゐる, 亦伝統, 何にも, 例は, 写したいと, 出て, 切って, 切張が, 別に, 北九州の, 南北の, 単線で, 原では, 厭だ, 又は己, 取れて, 合わない, 同じ地, 嘘ならぬ, 四を, 四国などに, 四枚の, 多い, 多いやう, 多かつ, 多くある, 多く鳳仙花, 多分解るでせう, 大分あった, 大雨の, 失くなしたし, 女の, 始めて, 客が, 客観描写の, 小石川の, 少くない, 少なくない, 尠なから, 川幅も, 工合の, 幾干, 廃止された, 彼が, 御尤も, 忌だ, 忘れましたが, 性が, 悪いところ, 悪くない, 早く女房, 明らかに, 映して, 曩日に, 有りませんから, 有りませんが, 有る, 有るから, 有るが, 有ること, 有るので, 有ろうから, 有升, 村はずれの, 杜若を, 桂川, 様子も, 正玄, 沢山ある, 浅草だ, 清い処, 漸くに, 無い, 無いには, 無いほど, 無い事, 無い始末, 無い新五郎, 無え誠に, 無かった, 無くって, 無く並び重なっ, 無しに, 無し何処, 無し気の毒, 無理ならず, 狭く並ん, 狸を, 現れた, 田舎の, 痒い処, 知て, 神社仏閣その他霊地と, 祭りは, 私に, 窺われるので, 綺麗です, 聞いたが, 聞く事, 脳髄では, 行く道, 見えた, 見て, 見ゆ, 見廻るよう, 見知りご, 覚えて, 覚えない, 訣らぬ, 遊ばないで, 道理だ, 遠近の, 重左衛門, 長さ, 随分お客, 随分愉快, 隙間なき, 顕に

▼ 処まで~ (351, 1.5%)

31 来ると 26 来て 10 来た 8 行って 5 持って 4 続いて 3 出て, 往くと, 連れて

2 [16件] ふらふらと, ほんのかすか, 一ならびに, 一緒に, 往った, 来かかると, 来たの, 来た時, 来ますと, 歩いて, 気が, 行き着いた, 行き着いて, 行く, 行くと, 見送りに

1 [226件] ある草, いくら歩い, おいで, お伴れ遊ばし, お八重, お出でだ, お聞, きめて, くると, こう斬り下げられました, して, ずらりと乗せた, その水, その自分, その足音, だつたね, ちらつき出す刺戟, つけて, とび上つて, のぼりゆくの, ひき上して, ほか地面は, ほめられるよう, まいりました, やって来た, やって来たの, やって来ますと, やるさ, やると, やれ今, ゆくには, ゆけない労働者, よく聞えた, よく記憶, ゐらしつたの, ガリガリと, ジリジリと, スッポンと, トウトウ行っ, マクリ上げた, 一息に, 一所に, 一跳び, 上げた, 上げたそう, 上げて, 上げなくては, 上り行き, 上んなよ, 二里八丁の, 伸びなければ, 俺の, 入っしゃいまし何, 冠って, 出かけて, 出ては, 刻み目を, 力に, 包んだ, 十五分ばかり, 半ば駆, 参った時, 参りまして, 参りますとね, 参りホッ, 受けて, 吉兵衛老人の, 和尚様を, 垂下って, 堕ちて, 夜着に, 嬉しいこっ, 尋ね到る間, 少しち, 川の, 工夫し, 帰った頃, 帰って, 店口から, 延びて, 廻つてゐた, 廻り路でも, 弁じましたが, 引張り込みやしないよ, 引摺っ, 往きついた, 往こうと, 往って, 御足労賜は, 徹底した, 戻って, 所々に, 手が, 手を, 手前と, 抜き書きを, 押しつめられては, 押して, 押し行くべきであろうか, 持ち廻るの, 捜しまわるよう, 捲き上げて, 探り出されて, 接近し, 接近した, 推し進めたの, 撫で卸して, 教えて, 散らばった, 斯う, 日本政府の, 昨日午ごろ夫婦で, 時勢は, 智力の, 暑中見舞に, 来たところ, 来ちまうん, 来ても, 来ました, 来ますると, 来るの, 枯れ枝や, 様々に, 歩かせベル, 歩くと, 歯の, 気に, 氷みた, 汽車で, 浮かれて, 溯つて, 漕ぎ着けた, 漕付けれ, 火の, 無我夢中で, 略, 発展し, 白拍子と, 真赤に, 知つてるで, 確かな, 私たちが, 私は, 究めようと, 突き抜けて, 突き進んで, 窺はれた, 立ち入って, 素質を, 総て音の, 縫合せ終ります, 考え抜いちまったん, 聞えると, 聞え遂に, 至るが, 船は, 芳一を, 荷物を, 行かずとも, 行かなければ, 行きそこで, 行きついたら父さん, 行きますよ, 行き乍ら, 行き暫く, 行き着きつつ, 行くこと, 行くのに, 行くほか, 行く堕ちる処, 行く激しい, 行く身, 行け, 行こうという, 行ったもの, 行つ, 行つて御覧よ, 袋ご, 襲ふて来ました, 見えますよ, 見た私, 見て, 見越を, 見送ります, 解釈を, 触れて, 話が, 誘い出して, 誘って, 読んで, 議論が, 赤くな, 赤くなっ, 赤くなった, 走って, 踏みこんで, 追い詰めて, 追掛け既に, 送って, 送つて, 送りましょうよ, 逃げて, 逃げ申すかの, 這って, 進むと, 進んだ, 進んで, 運んで, 達し得られない, 重なり合って, 鋭く見透し, 長く長く伸び, 附けて, 降って, 集ります, 露わした, 青白くハッキリ, 非常に, 項垂れたまま, 飛んで, 餅菓子を, 馳せ廻って, 馳せ廻つて, 駆けて, 駆けツ, 高潮した

▼ 処では~ (288, 1.3%)

18 ない 5 ありません, なかった 4 ないの 3 あるまい, ございますが, ないと, なかつた, なくして

2 [13件] ありましたが, ありませんでした, ないか, ないが, ないほどに, ないよう, ない私, なく却って, 別に, 天窓に, 家を, 早くにも, 魏の

1 [215件] あまり見た, ありませんどうして, ありません早く, あり葺屋町, あるまいと, いつ眼鼻, おれには, お奇駒さん, お茶を, お話も, かの山, この標木, この溝川, この軽焼, この都会, これという, これは, ごくごく程度, ございません, ござらぬ誠にどうも, ござるが, さう, さぞ不自由, すべてが, そうである, そうでない, そこらに, そのよう, その下, その月, その道路, それの, それを, そんな心配, た, たった一人去勢術, たとい発明, とうから, とても出来さう, とても泣けない, どうかすれ, どのよう, ないから, ないこういう, ないだろう, ないで, ないでしょう, ないやう, ないフランス, ない一種, ない場処, ない天神様, ない実は, ない斯, ない歴史, ない漸く, なかなか女給, なかなか母, なくそれだけ, なくなって, なくなりました, なくぶらりぶらりと, なくブルジョアジー自身, なく之, なく傷, なく却って益々, なく従って, なく或, なく流動, なく禁圧, なく自動車, なし信州, ねえが, まだ, まだ少し無理, まだ我国, めずらしい女, もうその, もっとお前, やつぱりその必要を, カフェー洋食店にまで, カントの, コンナ必要が, サッサと, サーカスの, シデ, フッセルルの, 一層, 一年に, 一般に, 一間から, 三峰庚申男体なども, 不思議に, 不都合で, 中川に, 中腹部に, 乗物などの, 事物は, 二十五人の, 今に世の中, 代りの, 伊豆駿河の, 何とも仕方, 何の, 何を, 何処でも, 何処にも, 何分自分, 備前物の, 出羽の, 判然せない, 利かないが, 加賀の, 匐って, 十分な, 原始的な, 各個人, 吾国の, 場合が, 声を, 外に, 多少の, 女は, 女性が, 如何に, 妄りに, 始めから, 子守りが, 学問が, 宅地の, 定住労働者は, 容易に, 寒暖計は, 小林だけの, 居士だ, 山人及び, 山手に, 山脈が, 年齢と, 広い平野, 当時何よりも, 彼等の, 御座るが, 御病気, 必ずしもあり得ない, 思いがけぬ遠望, 我国で, 捕虜の, 掃き立てる, 日本料理よりも, 是非とも, 有りません自分, 有りません至って, 柔和しい, 桂帯を, 植物性の, 正月前後に, 此処の, 此女の, 此所の, 此様に, 此芸は, 比較的に, 民譚化を, 決してない, 泣けぬと, 滅多によそ, 無い, 無いけれど, 無かった, 煩いが, 玉子の, 疑問だろう, 直ちに万葉, 真正面に, 石田に, 神道それ自身の, 私も, 稀には, 紫帽子或, 絶えて, 絶対に, 肖しくなって, 自分の, 致しませんへ, 良い若い者, 色が, 茄子を, 草は, 虫が, 蛇に, 表へ, 見られないこと, 見ること, 許されぬ事, 語部の, 誰しも, 誰でもが, 踊も, 近松は, 迷う気遣い, 連続の, 道の, 酒, 随分困ります, 隣組が, 雪が, 電車の, 青草山を, 音と, 額眉耳と, 飛んだ災難, 馬の, 麓から, 2段が

▼ 処~ (257, 1.1%)

85 から, が 4 ということ, と思った 3 からね, っけ, と思っ, ね, わ

2 [13件] からきわどい, からだ, からである, から遠く, から駈出し, がそれ, という, といっ, と思う, と言, な, のが, もの

1 [190件] あすこは, か, かあの, からいや, からお, からずるずる, からその, からそれ, からそン中, からで, からと云, からどうか, からな, からねえ, からまず, からまた, からみじめ, からもう, からもしも, から丁度, から上海, から下され, から二三日遊び, から京, から何, から余程, から全く, から全体お前大金, から冬, から呼びなまし, から団扇太鼓, から塘堤一杯, から大丈夫さ, から好い, から定め, から少し, から帰る, から往, から此, から私, から竿, から親類, から頻繁, か人, がお金, がこれ, がしばらく, がそこ, がその, がただ, がどう, がやはり, が一度, が何, が併, が僕, が君, が如何にも, が山家, が広義, が当時, が往く, が御, が思想問題, が恐らく, が旦那, が更に, が此処, が殆, が猫, が生憎, が田舎者, が私, が紋床, が訣ら, が重, けれどお, けれどもやっぱり, けれども大きい, けれども日本, けれども酒, けれども閑静, けれど凡夫壮, けれど対手, けれど茶, けれど赤い, けれど鳥, さうし, しお前, しお寺, しどんなに, し祖母さん, ぜ, ぜこの, そうだ, そうで, そうです, ぞ, ぞよ, ぢ田畑の, つたかも, つたな, つたのだらう, つた事が, つて好い, つて聞いた, て, でなんにも, で沢山, というよう, という気, といった, といふ話, といへ, とお, とか, とかはて, とこの, とすれ, ととうから, とは思いました, とは自分, とみせや, とも思っ, と二つ, と云, と云い, と云いたてた, と云う, と云っ, と云った, と云ったら, と余, と喜んだ, と坂田, と宜, と思います, と思つて, と思ひ, と思ひます, と昔, と母様, と申します, と示された, と答えた, と考えられ, と聞い, と見られ, と言う, なぞとここ, なといったら, ねえ, ねよく, ね漁, のに, のに大, のを, もう俺達, もな, ものです, ものシルヴァーなら, やつて, よい処, よ土間, よ磯, わね, わねそこで, わね三つ, んだら, アから, アヽハア, ッ, ッて, ツて, ムヽ其の, 一般の, 丁度宜い, 其の人ら, 可いか, 呉さんの, 大臣賞の, 彼処には, 或は豊島刑部左衞門秀鏡, 是が, 暖け, 江戸てえ, 烏を, 私は, 裸体で, 貴様が

▼ 処~ (224, 1.0%)

4 なった, なって, なる, 云ふ, 言ふ 3 いう, した古い, 云えば, 考へて, 見えて

2 [14件] いえば, して, す, なす, なったの, なつて, なると, なれり, 人とによって, 垣一重隔て, 存候, 気休めに, 私の, 考へられて

1 [161件] あって, あること, あるので, ある試験, いうと, いうので, いって, いつたら京都, いひ相応, おなじ, おなじ時, お思いなさる, お燗, きまったもの, し, しいへば, したもの, したり, した看板, しなければ, すること, すると, するなら夫, する信仰, する所謂科学論, する習はし, する考, すれば, その下, その毛並み, その畑, ちがった無益, ちがって, ちがわない生活, なくさま, なしたの, なした点, なったが, なった所謂現時, ならざるを, ならないと, ならないので, ならねば, ならんこと, なりしが, なりしと, なりしは, なりその, なり哀れ, なり学校, なり当時米遊中, なるが, なるの, なる地盤, なれないこと, わざと外浜, 一致した, 三日二夜口も, 三者均しく宜しき, 上がり口との, 与えられた時, 云うべきであろう, 云う他, 云はば, 云ひ, 交互に, 京橋の, 人とに, 人とを, 人の, 人目を, 仕事を, 他の, 仰しゃった, 便所との, 僕の, 出所とを, 又実に, 受け取れずしてかへ, 同じである, 同じほど, 同じよう, 同一な, 同様に, 名を, 呼ぶこと, 場処とは, 夜中まんじりと, 大黒が, 姓名とを, 存ぜられ候間, 定めぬ, 客は, 家人の, 対世間的の, 小さなグルウプ, 小さな看板, 少い処, 居士が, 床の, 御存じで, 心づもりの, 心得て, 思いました, 思うと, 思うに, 思うので, 思つたのである, 思つてそろ, 思はずに, 思ふと, 悪い処, 成りいろいろ, 承っては, 撰びたくなるのはなんとかして広い, 断定すべきである, 明治以来教え込まれ, 時とを, 時代に, 来た日, 東京の, 死んだやう, 殆ど同じ, 毛色もて, 爪先の, 田楽師を, 申しながら, 相手とを, 知らなかったであろう, 短処, 称す, 移民者の, 締加減に, 縁とに, 習慣と, 考えるだろうか, 聞いて, 聞えたる鳥井峠, 聞けば, 薄い処, 見たこと, 見られた臥し処, 見られて, 覚しく薄氷, 観念の, 解して, 解するよう, 言う場処, 言えば, 言っては, 言ふべき, 許りで, 認められて, 説明し, 謂って, 轟氏の, 遁げました, 違った共通, 錦潟で, 隣りに, 霊代と

▼ 処には~ (207, 0.9%)

4 何等の 3 すさまじいと 2 いって, いつて, いつでも, どうしても住む, 二人の, 必ず沢山

1 [188件] あなたの, あるが, いかなる世界, いっこう草木, いないという, いられないと, いる原稿料, いろんな人, おそらくいかなる, お医者様, お見え, きっと有る, きまって石楠, こうした, この間から, これあるまじく, すでに娘, すでに幾羽, そんなに大小, とても長く, ともかくも, どこへでも, どろどろした, ないよう, ならないと, はいらないやう, また止まる, まづ, もつと, やっぱり丈足らず, イオンが, チャント在る, チャント説が, ハラジロ, 一つも, 一二年前まで, 一個も, 一筋も, 丈夫な, 上に, 不平も, 二所ばかり, 人を, 人影が, 人影も, 人間の, 今でも, 今も, 他の, 伏蔵あり, 何だか貝殻, 何の, 何も, 依然としてそういう, 元来混乱などは, 児は, 出会して, 別に御, 即ち又, 即ち文化圏外, 又必ず, 右へ, 君子も, 塩ばかり, 塵くた, 壁画が, 変ったこと, 大根が, 如何なる文化統制, 妥協協定の, 娘たちが, 媒介なる, 安徳天皇の, 安達の, 官軍方の, 寒暖が, 少しまがった, 居らん, 居る, 幾年も, 彦根藩の, 往かれませんが, 必ずあなた, 必ずこの, 必ず伝統, 必ず哲学, 必ず実験, 必ず財産差押, 必らず, 必殿を, 忘れられた田楽能, 恋愛は, 悪霊が, 憎悪は, 日が, 昔おかる, 昨日の, 晴れたる空, 暗い電燈, 曇って, 木材を, 未だ空しく, 来て, 東西屋が, 柳の, 植えて, 歴史的社会は, 母親を, 水を, 水草が, 永久の, 決してない, 漁業と, 濃厚の, 濡れた藁縄, 瀑が, 無いに, 無くってさ, 無闇と, 煙たて, 父が, 狐も, 現実的な, 理論的進展が, 瓦で, 発しないもの, 白い小さい紙布, 白昼こうした, 皆行々子が, 眉目秀麗な, 矢張丈足らずの, 硝子の, 社会的生活大に, 神社が, 神馬に, 笠は, 筵を, 米が, 粗末な, 素晴しい, 細かな, 経済は, 維新前には, 総領女が, 罪人大童松倉の, 置かれませんよ, 置きません直に, 群衆の, 自由に, 落られぬ, 葉巻の, 蒼白い雲, 蔦が, 蚕豆さや豌豆午蒡の, 蜜柑の, 蜜柑や, 行かれないで, 行けない, 衝立の, 見えない, 見切りを, 誰か一人侮蔑か, 誰も, 誰もを, 論証を, 足の, 農業が, 近代都市は, 返咲, 迚も, 迷わずに, 道の, 違いございません, 部将それぞれ守備を, 野生し, 鉄の, 限が, 限らないの, 雨白く, 風刺は, 風黒し, 駒草孤生す, 驚きました, 髪を, 髪毛や, 魚が, 黒い血, Kの

▼ 処~ (93, 0.4%)

13 んだ 9 のだ 7 んです 6 のである 52 のです, のでその, ので早速, ので病気欠席, ので頷, のよ, んだろう, んでございます, ンです

1 [35件] からしめ, かりせば, ざあ細い, のか, のこの, のだろう, ので, のであり, のであろう, のでした, のでそう, のでそこ, のでもう, のでよく, ので俗, ので取れ, ので坐った, ので市当局, ので誰, のに今朝, のに大門通り, のに早く, のよとお, の大きな, もんだ, もんです, んざ今, んざ千年ものだ, んざ桟が, んで, んでしょう, んで今, んで御, んで毎度, ンだ

▼ 処です~ (76, 0.3%)

8764 から, が 3 からね 2 からあんな, がお, がね, もの

1 [36件] かい, かえ, かな, からな, からねそんな, からボオト選手, から丸め込む, から仕方, から何, から唯, から此, から細い, から翼, から耳, から菖蒲, か暗く, がおかまいなけれ, がね少々, が島田, が御堂裏, が近頃, けれどもちょうど, けれども美味しい, ぜ, ってそう, って婆さん, といっ, な, ね君, の, のにその, もの吃驚した, もの小豆洗とも, もの私も, よ広い, 夜は

▼ 処でも~ (74, 0.3%)

4 ない 3 ある, あれば 2 ないかと, 独りで

1 [60件] あったの, あったらもう一度, あって, ありません, あるか, あるかな, あるが, あると, あるという, い, お厭, この流儀の, ございましょうが, しそう, しょんぼりした, そういう気持, ちっと蒲柳, ないから, ない限り, なかった, なければ, ぴかぴか光っ, よくあり, よろしい故郷, 一々皆, 一町の, 一間置き, 三角に, 上等の, 乗る処, 伊沢は, 何を以てでも, 何様, 出来ます, 医者は, 吹いて, 商売が, 外国交際法と, 大変大廻りを, 妙に, 宜しいから, 寝かして, 往々に, 得られない事, 掛け先, 是を, 有用植物の, 歩行き廻ります, 突発する, 纔に, 肺病が, 花は, 荒井様旦那様の, 観客はわ, 説明した, 買物は, 近頃島渡りの, 遣う人, 野菜の, 頼まれりや

▼ 処である~ (72, 0.3%)

6 がその 3 ことが 2 がこれ, が併, ように, 事を

1 [55件] あるいはまた西方諸国, かどう, から, から之, から仙道修行, から冬, から夜, から女, から感懐, から荒廃, から誠に, から辞退, から魚, がある, がこの, がそういう, がそれ, がシービビ, が人間, が何者, が十九世紀, が君, が哲学, が問題, が奥山, が実証, が実際, が彼, が時には, が私, が自然, が西洋, ことに, ことを, さうな, ぞ兎, といひ, とこんな, と云わね, と共に一時的, と思ふ, と思われます, と書い, と考える, と言つたの, にも拘らず, に止まらず, のだらう, のを, 上に, 会津方面の, 彼の, 御府内一目に, 草山に, 酒を

▼ 処にも~ (65, 0.3%)

2 低い処, 劣るもの, 烏森鷺の, 自分の, 落ちて, 霜降の

1 [53件] あったの, ありしなれど, ありました, あるが, あると, あるの, いたこと, いたという, いまいが, おやつ, お目, こんな人, さう, さっき一疋おりました, なって, ほっとり, ほつと, ほと, 一つ坂が, 一本見事な, 一面に, 不安定な, 五六軒温泉宿が, 交換された, 何かの, 例の, 其が, 劣らぬよう, 吾, 団がっ, 女が, 小さい地蔵様, 少しは, 度々古本屋, 後には, 手伝っても, 最近ダンス, 来るだろうと, 橋が, 歌を, 無数の, 煙草売り, 現はれ, 現れて, 痣や, 空名虚誉を, 立って, 薄っすらした, 行って, 趣が, 適応する, 音信が, 頭を

▼ 処じゃ~ (62, 0.3%)

6 アない 4 ありませんか 3 ない, アありません

1 [46件] ありませんゆえ, しんこ細工の, ただもう, たとい何, な, ないか, ないかね, ないから, ないぜ, ないの, ないよ, ないん, ない掌, ない立派, なかった, なんでも, ねえ, ねえか, ねえや, ねえや泣き死に, ねえ炭, わしは, ア, アありやし, アなし, アね, アねえ, ア困ります, ア有りません, 一寸も, 分るもの, 困りますし, 奥さん, 婆も, 小父さんの, 山寺どころで, 是非貴女の, 暗がりで, 有りやせんあの, 無いか, 無いん, 石でも, 羽根の, 誰も, 足四本手四つ顔二つの, 迷うても

▼ 処~ (54, 0.2%)

1 [54件] あらむ, ある, え, おやお出で, お峯, このくらい, こんな結構, さもなければ日本人, それならなおさら, それを, そんな旗, どちらかの, はれば, まはず, もとの, わんぱく, スッカリ見定め, 二ヶ処しか, 人の, 今そこで, 仏の, 仏蘭西は, 但しボンヤリ, 何かで, 全然無言, 兵戈路岐を, 凄じき扉, 却って夜, 善人な, 坂井屋へは, 実は何時の間に, 恃むべ, 想像が, 懐抱を, 或は一人, 或は日本人, 折曲り, 抱いて, 新劇など, 春江月明なから, 最も当らん, 残燐を, 生涯を, 知らぬが, 私の, 簫を, 自分の, 苦労する, 訳者の, 誠にどうもなに, 身体にも, 酒を, 間が, 面白いこと

▼ 処へは~ (50, 0.2%)

1 [50件] いつさい行ツちやア, おいでなさらなかった, ちっともお, ついて, どこへでも, もういらっしゃらない, もう言葉, わりこめないから, ウンと, 一度も, 一里ばかりも, 今里から, 何とも行かれぬ, 何卒相, 其処の, 出ずに, 出ないこと, 如何参る, 岡沙魚という, 己の, 往けない僕, 拙者が, 断然行かぬ, 日々飯菓等の, 最早行く, 来ないから, 来ないこと, 来なえ貴方, 横浜で, 横路でも, 泊りません, 用いまいね, 男の, 置きませぬ只, 芝居でも, 菊園の, 行かない, 行かないから, 行かぬが, 行かれないの, 行きたくないからね, 行くが, 行けないもの, 行って, 詳かに, 近え, 這入れない, 逸作の, 遊び仲間が, 養子に

▼ 処にて~ (46, 0.2%)

2 御目, 漁上げた

1 [42件] あへ, お仕置受けましょう, お目にかかれり是非, かかる看板, がばがばと, どんと絶壁, ホサナ, 不図, 両方の, 他に, 候祇園会も, 其夫が, 出来, 南無妙, 南独逸の, 合戦すべし, 向いよりの, 図らずも, 売り皆同一, 夕飯を, 夜半一箇の, 常磐御前を, 幕と, 平手にて, 思入し, 採りたりしも, 更に両人, 本釣, 次第, 深き思案, 然も, 片足を, 石地蔵の, 粗末にて, 給仕する, 自然に, 蠅取, 衝当るべき, 身を, 鄰家は, 間違を, 雨ふりいでたれ

▼ 処とは~ (37, 0.2%)

9 異って 2 ならなかったの

1 [26件] いえないからな, その孔, どこだろう, ならなかった, 云え個人, 何を, 全く別, 反対に, 同じ点, 場処に, 天下独歩と, 存じながら, 定めて, 必ずクツ, 思はないで, 思わない, 思わないけれども, 正反対側, 残りなく, 無関係に, 知らず一人娘, 知らず宿銭, 絶交です, 要するに範疇, 限って, 限界である

▼ 処より~ (35, 0.2%)

1 [35件] くるの, これを, して, しのびやか, 一そう白白, 他には, 伝播し来りたる, 何, 僕は, 優陀夷が, 前方, 取除かれなば, 四里ばかり, 大分上手の, 嬶天下の, 実在の, 少しく左, 展望すれ, 御覧あそばし, 御覧下され, 手を, 折ふし飛べる, 推察する, 更に進ん, 有徳の, 来て, 来る, 来るか, 来るの, 案じ入りて, 移されん, 立意した, 糸女餌を, 落ついて, 起き来しが

▼ 処なく~ (33, 0.1%)

2 して, 白日の

1 [29件] しかも最, その意, て淋し, 一つの, 働かざる所, 其民俗を, 分析し, 分析統一を, 吐き出す必要, 堅実に, 女湯の, 完了せられ, 実に美, 平気で, 幾度か, 我々後進は, 指摘する, 極めて硬固, 極楽の, 物を, 組み立て残る, 花鳥人物山水の, 苦笑し, 行ひ信じた, 解釈する, 辞する, 霊廟の, 顕われ, 鯉釣に

▼ 処あり~ (32, 0.1%)

2 けむ屹

1 [30件] いざさらば, てかいなで, てかへつて名誉, てその, てやなかなか, て一種佶屈, て其処, て掘おこし, て歩行, て清新, て生, て而, て読み, て都落ち, といふ, となせし, とも凡人, と呟い, や, 不佳処, 予が, 人家僅に, 低能児を, 小虫, 海をも, 禾を, 腹に, 途中も, 遂に円頂黒衣, 黄を

▼ 処なら~ (31, 0.1%)

2 ふちは, んか, ん歟

1 [25件] こうして私, ここの, これから度たび, どこでも, どんな処, ばいざ, ばどこ, ば少し, ば頂上, んが, んしかるに, ん啻に, 中に, 二つで, 今までに, 何処へでも, 僕も, 億劫がって, 心配する, 昼だって, 生命がけ, 着物を, 越後の, 随分面白く, 鼠の

▼ 処~ (30, 0.1%)

2 乙に, 辛気臭い処, 鉄兜ばかりが

1 [24件] ありけん地踏, ありけん地踏韜蹈, まだ耕, 二三軒人家の, 何かの, 余計な, 兎の, 危険な, 天窓で, 小高い山, 思いがけない方向, 思ひがけ, 意義浅く, 手や, 折目の, 服装が, 杜撰な, 標示板の, 筋が, 草原へ, 葉の, 角, 谷間が, 黄いろい処

▼ 処だった~ (27, 0.1%)

2 な, ね, の, ので, のです

1 [17件] からである, から掴まった, が, ぞやあ, という, ということ, ので三谷, ので例えば, ので妙, ので直ぐ, のよ, よ, んだって, んです, 去年汝が, 現に昨年, 行在所で

▼ 処へも~ (25, 0.1%)

2 戻ったの

1 [23件] あったの, よく遊び, 一つの, 一度お, 出て, 出ないで, 出ること, 山本山が, 彼奴の, 往かれねえから, 打ち合せに, 時々遊び, 暑中見舞の, 来て, 行けないから, 行って, 足を, 通ひし, 遊びに, 陣が, 顔を, 飛び散って, 香奠返しの

▼ 処へでも~ (22, 0.1%)

3 来て

1 [19件] いらっしゃれそう, おいでに, お嫁, ぶち込んで, ゆき, ゆくに, 世帯を, 何でも, 出かけて, 可なり高, 聞きに, 行かうか, 行きは, 行きましょう, 行くかと, 行こうそう, 遊びに, 遣るの, 養子に

▼ 処~ (21, 0.1%)

2 受取被

1 [19件] ぞんじぢ, 両親様始め, 主人ヘ, 城に, 報奉, 安全慶賀之, 尤も, 幼児又, 延引廿三日も, 役人御, 役人申され, 愛嬌に, 憫察可被, 様子は, 用心の, 番頭様朝起感心仕, 病臥の, 自分の, 都合如何に

▼ 処として~ (20, 0.1%)

1 [20件] これを, これ戦乱後新興の, その後殆ん, ゐた母, 一切の, 倒れたる大樹, 安全だ, 庠序の, 最初に, 有名である, 望みまた, 理解される, 私は, 考えること, 考案されなけれ, 聞かざるなき, 色の, 表わしたもの, 遥拝する, 陰陽師の

▼ 処にまで~ (20, 0.1%)

1 [20件] かなり深く, このイデオロギー, 作用しなけれ, 到らしめないでは, 及んで, 客観的に, 展開される, 引つぱつて, 弘まつて, 影響し, 拡げて, 拡張されね, 文化統制なる, 来て, 結びつける, 行く事, 行って, 迫って, 達せん, 雪が

▼ 処この~ (19, 0.1%)

3 弊あり 2 度は

1 [14件] 三条を, 人も, 信濃からは, 卓上に, 句の, 国防思想の, 声明自身によって, 拇指に, 日風は, 時の, 時手に, 歎あり, 界隈の, 風紀警察なる

▼ 処~ (18, 0.1%)

3 来て

1 [15件] かえ, そっと忍ん, ねえ, 出入りを, 参り, 婿が, 嫁に, 往って, 持って, 行きてえから, 行くてえ事, 行って, 貴方が, 転がり込んだが, 頭を

▼ 処その~ (18, 0.1%)

1 [18件] ように, 事が, 人が, 何う, 切目へ, 名高い庭園, 妾も, 影は, 影を, 昔は, 温泉の, 直接に, 童児が, 胸間を, 色の, 葡萄牙西班牙和蘭英吉利の, 鳥類の, 鶏の

▼ 処なれ~ (18, 0.1%)

1 [18件] どはや, ども余, ども其の, ども母君, ど光秀, ど初め, ど御, ばこの, ば今, ば女郎花, ば始めて, ば婦人, ば巻帯姿, ば復讐, ば若し, ば負っ, ト心私かに, バ敵を

▼ 処にな~ (17, 0.1%)

2 つて

1 [15件] つてお茶でも, つてそんな, つてど, つて三味線を, つて呼びかけた, つて喋舌る, つて居た, つて気嫌が, つて満足さうな憎々し, つて百合子に, つて私たちを, つて親父さへ, つて遊びを, つて面白い, つて騒い

▼ 処ばかり~ (17, 0.1%)

1 [17件] あった, ありましたしかし, くれろなんぞと, ぐるぐるまわっ, だぜ, だったかも, であったこと, であろう, です, 云っては, 採ったもの, 探したが, 歩いて, 水に, 眺めて, 見て, 遊びに

▼ 処までは~ (17, 0.1%)

1 [17件] これを, まだどの, まだよほどある, もう自動車, 子供の, 平気で, 度々人間, 是非存命で, 最う自動車, 未だ何, 行かない, 行くが, 行つたと, 辛うじて見える, 追求しなかった, 長い道, 非常に

▼ 処なる~ (16, 0.1%)

1 [16件] か時, が, がここ, が乞食僧, が冗漫, が原本, が合戦中, が果然, にいかで, に食, みつと, も宜, やを知らず, や判然, を以て放火, 可し

▼ 処でございます~ (15, 0.1%)

2

1 [13件] え, か, からだ, から出, が舟, な, な境さん, ので, むさくろ, ものうっかり, よ青山, わさあどうぞ, 七つすぎまし

▼ 処に従って~ (15, 0.1%)

2 合理的に

1 [13件] この事実自身, この道, それ相当の, 之を, 人形を, 任意な, 個別的因果の, 判断は, 各々反発力を, 塩硫黄及び, 実は実在, 本文の, 理解する

▼ 処~ (15, 0.1%)

32 のよう 1 が借り, には一, の他, の小説, の態, の様, の猶, の諸君, の郷里, を崇拝

▼ 処であった~ (14, 0.1%)

2 ということ

1 [12件] からその, からで, から机, か分らぬ, がその, し又, ところで, のだ, のでしょう, ので十八歳, ように, 外交成功が

▼ 処において~ (14, 0.1%)

1 [14件] では, より多く, 供養を, 俳句界中第, 切腹いたし, 圧迫的である, 毫も上世, 独り自ら慰むる, 見るべし, 評価され, 貨物の, 雄渾なる, 非常の, 高雅なる

▼ 処ある~ (13, 0.1%)

1 [13件] がごとく, が姑, こと恰も, つもりで, に似, に感服, のは, は蓋し, を人見, を以て此, を期す, 意味の, 流言だ

▼ 処~ (13, 0.1%)

3 やない 2 や, やア 1 やが, や分りません, や山寺処, や無い, や無く, や近頃結構

▼ 処どころ~ (13, 0.1%)

2 に架っ

1 [11件] に四号活字, に垂れ, に子供, に穴, に立ち昇っ, に紫, に虹, へ態と, へ沙俵, 漏れて, 濃鼠

▼ 処だけを~ (12, 0.1%)

1 [12件] とると, よくほごします, ゴロと, 二つに, 取り出して, 抜き萃め, 挙げて, 数字抜きに, 暗くした, 書きつけて, 残して, 見たこれ

▼ 処であり~ (12, 0.1%)

1 [12件] その典型的, その思想上, それは, ながらそれ以上, ながら赤坂, また西方, 又カント自身, 同時にここ, 同時に彼等, 存在論と, 斯様処なら, 而も

▼ 処とを~ (12, 0.1%)

2 超越した 1 その父親, 別に, 区別した, 唱うて, 問わず価値, 存しない, 知らして, 考えて, 越えた普遍, 選ぶ必要

▼ 処女らしく~ (12, 0.1%)

1 [12件] この人, すること, て俺, どこに, 始めて, 手を, 浄らかな, 清浄な, 見せて, 見ゆる事, 隠そうとも, 髪の

▼ 処でない~ (11, 0.0%)

1 [11件] が袖乞, ことは, であらう, というなら, となる, と一言, と思ふ, と美味しく, にし, には相違, ばかりでなく

▼ 処なし~ (11, 0.0%)

2 とせざるなり 1 さう, といえ, と依, と思ひき, また時間, 三世相, 寒気の, 虫の, 飲んだ揚句

▼ 処によ~ (11, 0.0%)

8 つては 1 つてかう, つて唱文とも, つて土人の

▼ 処によって~ (11, 0.0%)

1 [11件] つまりジャーナリズム, リッケルトの, 今日有力な, 出来るだけ, 各固有, 変化する, 平たい嚢, 必然である, 最も教養, 空間直観は, 違った色

▼ 処~ (11, 0.0%)

1 [11件] がやう, が送る, にはまだ, の兄澤田右衞門, の古い, はそれ, はやはり, はセリ, は大変不服, は未だ, も病気こ

▼ 処なき~ (10, 0.0%)

1 に至る, に至れり, は余りに, ものも, 大丈夫である, 涅槃という, 瓦屋根の, 蕩児も, 身なれ, 進歩の

▼ 処よりも~ (10, 0.0%)

2 もっと高い, 遥に 1 友染と, 平尾さんの, 広くした, 悪い裏面, 木の葉の, 石炭が

▼ 処即ち~ (10, 0.0%)

1 この句, 一斤に, 又帝国主義戦争, 大曲の, 層雲峡也, 思想が, 畑下戸, 蛇の目の, 遊戯の, 頬部に

▼ 処女子~ (10, 0.0%)

631 と人

▼ 処~ (10, 0.0%)

1 が紛失, でもやはり, と相, に従ってレントゲン, のうち, の催眠剤, は御, は申す, をさる, を与え

▼ 処~ (10, 0.0%)

2 出来て 1 帰らなければ, 来て, 来るうち, 来ると, 真心を以て, 行かなくては, 行かなければ, 行つて見ろ

▼ 処だけ~ (9, 0.0%)

1 であった, やって, スーッと, 一寸読ん, 土場見世を, 板が, 粉が, 紙を, 陽の

▼ 処だけは~ (9, 0.0%)

1 たとえば行燈, はっきりと, 何処でも, 共通し, 幾らか斟酌, 斑に, 知って, 薄墨で, 親父と

▼ 処であっ~ (9, 0.0%)

2 てその 1 てしかも, てそれ, て今日, て外道, て山, て研究, て自分

▼ 処という~ (9, 0.0%)

1 ことで, ことなく寂しい, 不良少年が, 事で, 希望だった, 文字が, 看板を, 穢ない, 言葉も

▼ 処によっては~ (9, 0.0%)

1 ホーコーとも, 二年三年江戸に, 判らず, 変に, 婆さんだ, 擂木, 民間で, 秋にも, 追剥の

▼ 処ばかりを~ (9, 0.0%)

1 グルグルまわっ, 並べて, 取り集めて, 取集めて, 呉一郎が, 布巾で, 強調し, 撰り抜い, 選り取りした

▼ 処へと~ (9, 0.0%)

1 くっついて, その後ふっつり, 其後ふつ, 廻らして, 引返え, 思へば, 段々引込まざる, 豪華を, 選んで

▼ 処また~ (9, 0.0%)

1 つい数日前, 一段の, 以て, 別種の, 勝生と, 名づけて, 是れ, 町家の, 画壇での

▼ 処までも~ (9, 0.0%)

3 見え出した 1 一ペンに, 段々進ん, 社, 詳しく知らせ, 進み得たと, 酒は

▼ 処番地~ (9, 0.0%)

1 が変, が書いてないだろう, が書き込まれ, とを女主人, なので, は知り, も何, を書い, を書き入れ

▼ 処かと~ (8, 0.0%)

1 いわれた時, 心の, 思った, 想像し, 期待し, 考えて, 言われます, 通行し

▼ 処さえ~ (8, 0.0%)

2 あった, ある 1 あるらしい, あるらしいが, 少なくない, 見定められぬばかりに

▼ 処といふ~ (8, 0.0%)

2 のが, 意味である 1 ことである, 語句を, 離れ屋に, 鳥居嶺は

▼ 処などは~ (8, 0.0%)

1 かれこれ同一, さびしくて, ちっともなかっ, 今時の, 凄い腕, 殊に妙, 腹を, 説経の

▼ 処~ (7, 0.0%)

1 ぬかりなく, 孝は, 持主が, 稲ちゃんが, 角は, 諦めの, 馴染効でございます

▼ 処これ~ (7, 0.0%)

1 が妙, は厭, また世, まで京都堺町, を認めずし, 有り, 有り候

▼ 処~ (7, 0.0%)

2 へ果て 1 でも集っ, へ見定められなく, へ見定められぬ, ような話し, 見さっせいまし己

▼ 処せらるる~ (7, 0.0%)

1 ことと, ことを, というもの, というよう, という事, 位な, 程の

▼ 処でなく~ (7, 0.0%)

1 あっちへ, ずっと西北, ては人, ても可, 世間の, 正に反動的, 海を

▼ 処でなけれ~ (7, 0.0%)

1 ばつまらぬ, ばならず, ばならん, ばめった, ば昌作, ば産, ば神事芸能

▼ 処なども~ (7, 0.0%)

2 善く似 1 この平凡, アラカタ残らず, 子供らしく, 懇篤に, 考へて

▼ 処にか~ (7, 0.0%)

1 ある, よく徳育, 入れて, 向ふ, 在る, 墳墓なる, 目さめ

▼ 処をと~ (7, 0.0%)

1 ぼとぼと一人, 寺の, 思い出した矢先, 思ひ出した矢先, 拾って, 探す, 漁って

▼ 処~ (7, 0.0%)

2 と云っ 1 かさ, がお前様, が何, に障る, の間違い

▼ 処先生~ (7, 0.0%)

2 には昏睡状態, の方 1 という楯, は即座, 頗る名文

▼ 処~ (7, 0.0%)

3 処に 2 処で, 処の

▼ 処からは~ (6, 0.0%)

1 何十年と, 何等の, 余程違つて, 目障りにも, 相変らず, 誰も

▼ 処しか~ (6, 0.0%)

1 しらないん, ないの, 早や, 残って, 無かつ, 産地が

▼ 処でした~ (6, 0.0%)

21 から十一時, が容子, が或, な

▼ 処とて~ (6, 0.0%)

1 ここに, 半さしたる, 古風な, 大寺堂を, 如何様狐, 通行の

▼ 処とに~ (6, 0.0%)

1 よりて, 乏しくない, 応じその, 本箱が, 連れて, 頓着せず

▼ 処とも~ (6, 0.0%)

1 それは, なく畦, 聞きにくうございます, 見られる, 解せられヘンナカ, 謂うべき家

▼ 処にでも~ (6, 0.0%)

1 じっと佇んでる, 使って, 巣を, 絶えず此, 聞こえるの, 起つたこ

▼ 処まだ~ (6, 0.0%)

2 らに 1 何れが, 問題と, 想像を, 要点に

▼ 処~ (6, 0.0%)

2 三国山ト云 1 悉ス, 求メタリケルニあめり, 発足センカマタハモ暫ク逗留センカ未, 視テ

▼ 処~ (6, 0.0%)

1 では大分前, の世, の計算, は田舎紳士, 以不参候よし, 又新らしい

▼ 処~ (6, 0.0%)

1 から止む, だけに味, だろう四枚格子, とて春霞, とはいい, も介

▼ 処~ (6, 0.0%)

1 と認め, なり是, はいかなる, も决, をみせ, を非常

▼ 処あれ~ (5, 0.0%)

1 ども文化初年, ば山, ば近所, までの飛躍, よ

▼ 処しかた~ (5, 0.0%)

1 が如実, が物笑い, でもない, と作品, を眺め

▼ 処じゃあ~ (5, 0.0%)

1 ないかね, ない勉強, 人の, 失礼かい, 年の

▼ 処すなわち~ (5, 0.0%)

1 シロであった, 旧の, 町外ずれは, 遊戯の, 限界と

▼ 処せらるべき~ (5, 0.0%)

2 ものだ 1 ところ武士の, ものなり, 運命を

▼ 処だって~ (5, 0.0%)

2 水野さんそれゃあ大喜びなの 1 だんだんに, 同じだ, 言いますもの

▼ 処だろう~ (5, 0.0%)

1 と思う, と私, チロチロ, 空車の, 虫が

▼ 処でし~ (5, 0.0%)

1 ている, てね, てわっ, てゐる, ゅ

▼ 処で御座います~ (5, 0.0%)

1 から, が, がよほど古く, なあ, ね

▼ 処との~ (5, 0.0%)

1 二つである, 交際など, 混つてゐる, 継ぎ目の, 考へ

▼ 処など~ (5, 0.0%)

1 どうした, のちつ, やや相似, 予て問, 大人さえ

▼ 処なりと~ (5, 0.0%)

1 いふ, す, 宣告したれ, 数回促され, 罵りしに

▼ 処にこそ~ (5, 0.0%)

1 その特色, 影向し, 恰も卓越, 横たわる, 横たわるの

▼ 処にては~ (5, 0.0%)

1 余り之, 唯学校, 無之, 磊落と, 食せず

▼ 処にばかり~ (5, 0.0%)

1 在るかと, 有るの, 棲んで, 気を, 閉ぢこめ

▼ 処により~ (5, 0.0%)

1 そつて, 圃に, 時代によって, 6段で, 7段処により

▼ 処~ (5, 0.0%)

1 と, という得意, といふこんな, ところが, を省み

▼ 処~ (5, 0.0%)

3 住の 1 図も, 時数千人樹を

▼ 処~ (5, 0.0%)

1 これが, 事によつたら, 何時なり, 料理される, 案外少ない

▼ 処女らし~ (5, 0.0%)

2 さが, さ崇拝は 1 さ妻らし

▼ 処嫌わず~ (5, 0.0%)

1 タタキつける, 打創, 昼寝を, 無遠慮, 金蔵を

▼ 処~ (5, 0.0%)

2 かで済むべき, く道 1 して

▼ 処必ず~ (5, 0.0%)

1 又啓蒙, 啓蒙も, 批評が, 日本の, 観念の

▼ 処行き~ (5, 0.0%)

1 であったが, と不断, に出来, の着物, の聞き馴れない

▼ 処あっ~ (4, 0.0%)

1 てこう, て寛永十五年元旦, て洋杖, て貰えない

▼ 処あるらしく~ (4, 0.0%)

1 この茶屋, 一度は, 客なる, 房りした

▼ 処かへ~ (4, 0.0%)

1 つてその, つて他の, つて国貞が, つて真心を

▼ 処かも~ (4, 0.0%)

2 知れない 1 知れぬ, 知れんが

▼ 処からの~ (4, 0.0%)

1 喧嘩だ, 思ひ違ひで, 手紙で, 見解で

▼ 処せまく~ (4, 0.0%)

1 ならべて, 並べて, 乱雑に, 積み上げられた無数

▼ 処それ~ (4, 0.0%)

1 が意外, はほんとう, は面白い, をやる

▼ 処であります~ (4, 0.0%)

1 からその, から決して, が人間, が惜しい

▼ 処でと~ (4, 0.0%)

1 伴なはれ, 思ってか, 言いたいわね, 言ひたい

▼ 処における~ (4, 0.0%)

1 儀礼に, 労働者たとへば, 口誦文が, 壮大なる

▼ 処にだけ~ (4, 0.0%)

1 あり合せ, 使うの, 出る小さな, 虔譲と

▼ 処について~ (4, 0.0%)

1 これを, その有無, 言ふも, 質問を

▼ 処にと~ (4, 0.0%)

1 し又, それも, 弱った声, 約束を

▼ 処へまで~ (4, 0.0%)

1 そんな雑誌, やって来やしません, 往った, 行つてしまつ

▼ 処ほど~ (4, 0.0%)

1 くやしい処, 平たく見える, 謹慎しなけれ, 道は

▼ 処~ (4, 0.0%)

1 て則公論, ひめあすなろう, 入レバ, 帰る

▼ 処~ (4, 0.0%)

1 は座談会, を取り締る, を如何, を理性

▼ 処~ (4, 0.0%)

1 に代わるべき, 処しい友達甲斐, 処しい妻, 大字の

▼ 処其の~ (4, 0.0%)

1 価が, 少し手前, 方天命は, 隅ツ子の

▼ 処~ (4, 0.0%)

1 つて還らざる, 冬忽然と, 十九日御, 夏以来異国の

▼ 処~ (4, 0.0%)

1 なる菱形, にわが, に我心, 部分は

▼ 処~ (4, 0.0%)

4 れが

▼ 処子君~ (4, 0.0%)

1 から話し, などの感化, ゐませんでしたか, を道玄坂

▼ 処少し~ (4, 0.0%)

1 ずつ内容, の貯え, も消えない, 違へ

▼ 処~ (4, 0.0%)

2 を経 1 は四十, 古る池

▼ 処日本~ (4, 0.0%)

1 にては女, には先ず, のそれ, の詞章

▼ 処~ (4, 0.0%)

2 かと寄 1 はなかりき, は悪魔

▼ 処狭き~ (4, 0.0%)

1 までに掛け並べ, までに置き並べたる, まで積まれ, まで置き並べ

▼ 処甚だ~ (4, 0.0%)

1 不体裁にて, 同じからず, 多いの, 心配に

▼ 処~ (4, 0.0%)

1 にもよく, に見, に触るる有ら, も養ひつらめ

▼ 処~ (4, 0.0%)

1 が咲い, でも摘み, にあらず, 空しく落ち

▼ 処~ (4, 0.0%)

1 が薄れ, の如き, より辷, を開い

▼ 処あった~ (3, 0.0%)

1 が私, という, のである

▼ 処あまりに~ (3, 0.0%)

2 不整頓 1 彼の

▼ 処あら~ (3, 0.0%)

1 ばまた, ば一国全体, ば差し置かず承ら

▼ 処ありし~ (3, 0.0%)

1 が書肆, にぞ大, に戸主死亡後

▼ 処からも~ (3, 0.0%)

1 あるいは木の葉, ポストは, 封じられること

▼ 処がら~ (3, 0.0%)

1 である, で気らく, 何となく羽織

▼ 処ここ~ (3, 0.0%)

1 に在り, に横たわる, へ逃げ

▼ 処じゃが~ (3, 0.0%)

1 けれども江戸御府内, や, 今の

▼ 処そう~ (3, 0.0%)

1 いうより, でなくってさえ, やって

▼ 処~ (3, 0.0%)

1 是なる, 相思ふ, 見よや

▼ 処ただ~ (3, 0.0%)

1 の想像, キョトキョトとして, 見る十数艘

▼ 処だけが~ (3, 0.0%)

1 承りたかったの, 承りたかつたの, 黄色く縁

▼ 処だけに~ (3, 0.0%)

1 住居を, 出て, 諸方から

▼ 処だつた~ (3, 0.0%)

1 ので突然, よ, んだ

▼ 処ちょうど~ (3, 0.0%)

1 その寺, 可い, 英語の

▼ 処であろう~ (3, 0.0%)

1 か, が現在何処, と思う

▼ 処でございまし~ (3, 0.0%)

1 てお, てな地図, てね

▼ 処でしょう~ (3, 0.0%)

1 と言った, な, 落着い

▼ 処とか~ (3, 0.0%)

1 また民間, 如何し, 樹木の

▼ 処とが~ (3, 0.0%)

1 あり其処, 之で, 出来て

▼ 処としては~ (3, 0.0%)

1 其処以外には, 四割若しくは, 滑りやすい

▼ 処とても~ (3, 0.0%)

1 なく全く, 私一人の, 私達だけで

▼ 処なぞ~ (3, 0.0%)

1 へ呼ぶ, へ這入り込む, 思わず襟

▼ 処などを~ (3, 0.0%)

1 うまく見付け, 冷かすよう, 択んだやう

▼ 処にても~ (3, 0.0%)

1 差支なかるべけれ, 時々, 潔き手

▼ 処にのみ~ (3, 0.0%)

1 住み慣れて, 横たわる, 起るもの

▼ 処への~ (3, 0.0%)

1 たれ込んだ事, たれ込んで, 探険者の

▼ 処~ (3, 0.0%)

2 んだら 1 づ平凡に

▼ 処もしくは~ (3, 0.0%)

1 深川の, 空隙, 美なる

▼ 処もの~ (3, 0.0%)

1 あわれなまで, の本, らしく見えない

▼ 処ゆえ~ (3, 0.0%)

1 お取次, もう一度魂ごい, 御祭礼

▼ 処よく~ (3, 0.0%)

2 よく闊眼 1 勤むべし

▼ 処~ (3, 0.0%)

1 ては須らく, ても身, ながら初め

▼ 処わが~ (3, 0.0%)

1 望の, 栖家, 郷里に

▼ 処をば~ (3, 0.0%)

1 ドシドシ省略し, 更に何らかの, 清五郎が

▼ 処一人~ (3, 0.0%)

1 の侍無理, の制定, の娘

▼ 処一寸~ (3, 0.0%)

2 一息吐きまし 1 見当らぬ

▼ 処今日~ (3, 0.0%)

1 においても甚しき径庭, は風, より熱

▼ 処以外~ (3, 0.0%)

1 にいつ, に置かれよう, に蒲公英

▼ 処何処~ (3, 0.0%)

1 だか, にも居りません, の監獄

▼ 処~ (3, 0.0%)

1 あの嬉し, から推す, においても人間

▼ 処~ (3, 0.0%)

1 が小指, はもう, は民子

▼ 処即刻願~ (3, 0.0%)

3 之通

▼ 処又は~ (3, 0.0%)

2 無器用な 1 ここに

▼ 処~ (3, 0.0%)

1 は愚僧, も左, 御主君

▼ 処~ (3, 0.0%)

1 にありし, の分室, の書生

▼ 処如何~ (3, 0.0%)

1 とも仕方, にも質素, 御暮し

▼ 処少なく~ (3, 0.0%)

1 ない, ないの, はない

▼ 処~ (3, 0.0%)

1 の改進先生, の行動, の錦

▼ 処~ (3, 0.0%)

1 の趣, の通わぬ, 好く承知

▼ 処~ (3, 0.0%)

1 そういう軽い, 将軍の, 船は

▼ 処~ (3, 0.0%)

1 の光, の当, の当った

▼ 処~ (3, 0.0%)

1 が又, 前洲, 又前段同様

▼ 処~ (3, 0.0%)

1 のある, の文字, も日附

▼ 処~ (3, 0.0%)

1 く上等, く軒, 僅少である

▼ 処此方~ (3, 0.0%)

1 が未だ, は藪畳, へ来

▼ 処無き~ (3, 0.0%)

1 に至り, ま, を

▼ 処無く~ (3, 0.0%)

1 して, 太祖多く, 探した

▼ 処~ (3, 0.0%)

1 の方法, の歌三首, の随所

▼ 処~ (3, 0.0%)

1 処である, 処また, 処を

▼ 処突然~ (3, 0.0%)

2 後より 1 彼方より

▼ 処腹の中~ (3, 0.0%)

2 から 1 じゃお

▼ 処自分~ (3, 0.0%)

2 は何 1 の自家用

▼ 処~ (3, 0.0%)

1 には衣類, のお, の着物

▼ 処誠に~ (3, 0.0%)

1 なんともはや, ひやかしに, 有難う存じました

▼ 処あまり~ (2, 0.0%)

1 の寒気, 雌雄でも

▼ 処あらん~ (2, 0.0%)

1 か, ことを

▼ 処いかにも~ (2, 0.0%)

1 内君が, 好し

▼ 処いよいよ~ (2, 0.0%)

1 俗に, 御壮健奉賀候

▼ 処おまけ~ (2, 0.0%)

2 に意地

▼ 処かねて~ (2, 0.0%)

1 その用意, 局中も

▼ 処がね~ (2, 0.0%)

1 不思議な, 嬢さんが

▼ 処がを~ (2, 0.0%)

1 かしくも, つと言

▼ 処~ (2, 0.0%)

2 ながらそれ

▼ 処きらわず~ (2, 0.0%)

1 こちらを, 恋の

▼ 処こんな~ (2, 0.0%)

1 もので, 社会に

▼ 処さすが~ (2, 0.0%)

1 に日本一, に昔忍

▼ 処しよう~ (2, 0.0%)

1 これも, とする驚くべき

▼ 処する~ (2, 0.0%)

1 にあらず, 所以の

▼ 処せまき~ (2, 0.0%)

1 までにぶちまかれる, まで装い

▼ 処せらるべく~ (2, 0.0%)

1 いま東京監獄の, 今東京監獄

▼ 処せる~ (2, 0.0%)

1 は苛酷, 綱領に

▼ 処そこら~ (2, 0.0%)

1 にある, を視

▼ 処ぞと~ (2, 0.0%)

1 予て知らね, 四辺を

▼ 処ださうでし~ (2, 0.0%)

2 て誰

▼ 処だの~ (2, 0.0%)

1 かように, 上杉先生の

▼ 処ちょい~ (2, 0.0%)

1 とお, と当て

▼ 処でありまし~ (2, 0.0%)

1 てコンドル, て耶教撲滅

▼ 処でが~ (2, 0.0%)

1 したが, すから

▼ 処でございましょう~ (2, 0.0%)

1 か, ね私

▼ 処でしか~ (2, 0.0%)

2 ない

▼ 処としての~ (2, 0.0%)

2 みつを

▼ 処とで~ (2, 0.0%)

1 そんなに単純素朴, 違うから

▼ 処とばかり~ (2, 0.0%)

1 思って, 思ってるし

▼ 処どうも~ (2, 0.0%)

1 お隅様, 動物とは

▼ 処どこ~ (2, 0.0%)

1 でも庚申, で見当

▼ 処ながら~ (2, 0.0%)

1 聞いても, 見て

▼ 処なぞが~ (2, 0.0%)

1 有りそう, 適当です

▼ 処なぞを~ (2, 0.0%)

1 描きたるもの, 楽々歌った

▼ 処などに~ (2, 0.0%)

1 出ると, 用ゐる

▼ 処などの~ (2, 0.0%)

1 動揺, 称への

▼ 処ならね~ (2, 0.0%)

1 ば, ばむしろ

▼ 処なりとて~ (2, 0.0%)

1 人々息も, 労苦を

▼ 処なんか~ (2, 0.0%)

1 棒を, 自由な

▼ 処なんぞ~ (2, 0.0%)

1 何の, 昔が

▼ 処においても~ (2, 0.0%)

1 光り充ち美し, 必ずその

▼ 処にしか~ (2, 0.0%)

1 実を, 暖い

▼ 処につき~ (2, 0.0%)

1 合つて呉れない, 纒って

▼ 処にで~ (2, 0.0%)

2 なしに

▼ 処になんて~ (2, 0.0%)

1 住ひ, 泊りがけで

▼ 処にの~ (2, 0.0%)

1 つて母は, ッしりと

▼ 処に従い~ (2, 0.0%)

1 その機, 風景静物人体その他あらゆる

▼ 処のね~ (2, 0.0%)

1 え者, え風来人間

▼ 処のみ~ (2, 0.0%)

1 ならずその, 遺つて

▼ 処へなんぞ~ (2, 0.0%)

1 申して, 通つてる

▼ 処までしか~ (2, 0.0%)

2 馬を

▼ 処もち~ (2, 0.0%)

1 やうど, やんと

▼ 処やや~ (2, 0.0%)

1 疲れた頭, 細きもの

▼ 処やら~ (2, 0.0%)

1 どんな名前, 卒業の

▼ 処ゆゑ~ (2, 0.0%)

1 まう一度, まう一度魂

▼ 処ゆゑ一昨夜~ (2, 0.0%)

2 も雨上り

▼ 処よりは~ (2, 0.0%)

1 もう少し高い, 早くまことに

▼ 処らしい~ (2, 0.0%)

1 な, んだ

▼ 処わずか~ (2, 0.0%)

1 に二三冊, に石

▼ 処をな~ (2, 0.0%)

2 金満の

▼ 処をの~ (2, 0.0%)

1 しか, そりの

▼ 処をも~ (2, 0.0%)

1 少しよくならし, 覆ふてしまふだらうか

▼ 処を以て~ (2, 0.0%)

1 せんか, 海底の

▼ 処カイザー・ストラーセ~ (2, 0.0%)

2 に来る

▼ 処ドクトル・ウワアヤ・ミッチェル氏~ (2, 0.0%)

2 が七十五歳

▼ 処~ (2, 0.0%)

1 又, 通ッテ居ルソウジャナイカ

▼ 処一つ~ (2, 0.0%)

1 には遊芸師匠, の動機

▼ 処一ケ所~ (2, 0.0%)

2 として一様

▼ 処一ヶ所~ (2, 0.0%)

2 は一人

▼ 処~ (2, 0.0%)

1 け写そう, を見

▼ 処不定~ (2, 0.0%)

2 の身

▼ 処不明~ (2, 0.0%)

1 なるも, のまま

▼ 処~ (2, 0.0%)

1 三日前の, 女とも

▼ 処中心~ (2, 0.0%)

2 を有する

▼ 処~ (2, 0.0%)

1 のよう, を問はず

▼ 処~ (2, 0.0%)

1 に嫌われ, の居ない

▼ 処~ (2, 0.0%)

1 の巌形, の森

▼ 処~ (2, 0.0%)

1 かと思う, に従って種々

▼ 処何ん~ (2, 0.0%)

1 といっ, の影

▼ 処~ (2, 0.0%)

1 の物数奇連中, の銀

▼ 処~ (2, 0.0%)

1 にから, に独逸皇后

▼ 処~ (2, 0.0%)

1 をし, をした

▼ 処充満~ (2, 0.0%)

1 しいるから, して

▼ 処~ (2, 0.0%)

2 の爪跡

▼ 処全く~ (2, 0.0%)

1 経験論的な, 足を

▼ 処其方殿~ (2, 0.0%)

1 多年間, 多年間予

▼ 処~ (2, 0.0%)

1 する如きは, の時機

▼ 処前後左右~ (2, 0.0%)

2 を咲

▼ 処勝負~ (2, 0.0%)

1 じゃ, に石段

▼ 処十日~ (2, 0.0%)

1 ばかりにて牢内, ばかり前

▼ 処南洋~ (2, 0.0%)

2 の或

▼ 処合壁~ (2, 0.0%)

1 に聞える, を驚かす

▼ 処唯今~ (2, 0.0%)

1 にても当, 立寄って

▼ 処問題~ (2, 0.0%)

1 にならぬ, は片づいた

▼ 処~ (2, 0.0%)

2 かりしが

▼ 処大池~ (2, 0.0%)

1 があっ, があつ

▼ 処女らしく女らしく~ (2, 0.0%)

2 慎しや

▼ 処嫌はず~ (2, 0.0%)

1 之を振廻さん, 気取ツ

▼ 処~ (2, 0.0%)

1 のごとき, の如き

▼ 処定めず~ (2, 0.0%)

1 やがて扇橋, 店を

▼ 処実正~ (2, 0.0%)

2 に御座候

▼ 処~ (2, 0.0%)

1 しと, なからず

▼ 処~ (2, 0.0%)

1 という有名, の義

▼ 処幸い~ (2, 0.0%)

1 にもその, 前次様

▼ 処当局~ (2, 0.0%)

1 から早速, の手加減

▼ 処徴験~ (2, 0.0%)

1 によって空間表象, の説

▼ 処悉く~ (2, 0.0%)

1 これ現実に, 銅の

▼ 処悪い~ (2, 0.0%)

1 と言え, 奴が

▼ 処意外~ (2, 0.0%)

1 にも非常, の上首尾

▼ 処~ (2, 0.0%)

1 夜の, 日の

▼ 処戸外~ (2, 0.0%)

1 の猿ヶ馬場, へは水

▼ 処斯様~ (2, 0.0%)

2 な御

▼ 処既に~ (2, 0.0%)

1 合戦の, 奇抜である

▼ 処旦那~ (2, 0.0%)

1 まア聞い, より深く

▼ 処~ (2, 0.0%)

2 猶浅

▼ 処昨日~ (2, 0.0%)

1 より荊妻手足痛, 御家老

▼ 処更に~ (2, 0.0%)

1 在番, 知る者

▼ 処書き~ (2, 0.0%)

1 を教えた, を認めた

▼ 処~ (2, 0.0%)

1 なきなし, 将浮

▼ 処~ (2, 0.0%)

1 之候, 之興味

▼ 処東京~ (2, 0.0%)

1 の低い, はあまり

▼ 処格別~ (2, 0.0%)

1 のお, の御

▼ 処案外~ (2, 0.0%)

1 つまらないのね, の損

▼ 処構わず舞っ~ (2, 0.0%)

2 て見せたくなる

▼ 処~ (2, 0.0%)

1 からよく, から能

▼ 処~ (2, 0.0%)

2 は橋

▼ 処~ (2, 0.0%)

1 はその, は高く

▼ 処正しい~ (2, 0.0%)

1 であらう, 説と

▼ 処殊に~ (2, 0.0%)

1 向合, 君は

▼ 処~ (2, 0.0%)

1 が手引, の薬代どころ

▼ 処法然~ (2, 0.0%)

1 が成る, はやがて

▼ 処清水~ (2, 0.0%)

2 の湧く

▼ 処~ (2, 0.0%)

1 拠用事出来, 霊蔵

▼ 処~ (2, 0.0%)

1 の声, を怖

▼ 処生上~ (2, 0.0%)

1 の主義, の迫害

▼ 処生訓~ (2, 0.0%)

1 として解消, を遵奉

▼ 処~ (2, 0.0%)

1 で外出, と申

▼ 処病気~ (2, 0.0%)

1 と欺き参らん, にかかり

▼ 処~ (2, 0.0%)

1 この歌, 古来の

▼ 処相手~ (2, 0.0%)

1 がまるで, の小

▼ 処筆者~ (2, 0.0%)

1 の風, もこの

▼ 処続き~ (2, 0.0%)

1 で前方, で所どころ

▼ 処~ (2, 0.0%)

1 されても, を受けた

▼ 処置振~ (2, 0.0%)

1 に一驚, の儀

▼ 処翌日~ (2, 0.0%)

2 の六月十二日

▼ 処~ (2, 0.0%)

1 に聞えぬ, に胼胝

▼ 処自然~ (2, 0.0%)

1 が人間, の趣

▼ 処芳幾~ (2, 0.0%)

2 は決して

▼ 処苦しい~ (2, 0.0%)

2 ところ辛い

▼ 処~ (2, 0.0%)

1 て戻りたい, 者悲毛

▼ 処~ (2, 0.0%)

1 図らんや, 料ラン闕下ニ向

▼ 処貴様~ (2, 0.0%)

2 は国体

▼ 処~ (2, 0.0%)

1 の留まる, はたたね

▼ 処~ (2, 0.0%)

1 の妙, の秘訣

▼ 処過去~ (2, 0.0%)

1 の経歴, の経験

▼ 処~ (2, 0.0%)

1 つて見れ, 忻同賞心

▼ 処~ (2, 0.0%)

1 とかいう仕事, 吏以下之者依

▼ 処頗る~ (2, 0.0%)

1 乱雑な, 意気なり

▼ 処黄金~ (2, 0.0%)

1 がみちみち, の多き

▼1* [1140件]

ぁ牛の膝, 処あくまでも娯楽的で, 処あたりでもう, 処あっさりと断られ, 処あはれや一日, 処あらゆるデリーケートな, 処ありければ忽ち, 処ありませんわ, 処あるごとく合点んだ笑い, 処あるべきように, 処あゝ宜い, 処いかなる場合にも, 処いささか懐中に, 処いずれ海が, 処いちじるしくこぼれたるが, 処いっぱいに, 処いつしか時の, 処いづれも尤, 処いと可笑しく候, 処いとめづらかに, 処いまだ定かならずである, 処いまだに頃合の, 処いやまた愛吉, 処うつろに穴, 処おくれちまいましたんです, 処おのずから外部的に, 処おもしろく拝見仕, 処おりていた, 処おれはそれ, 処お上の思し召し, 処お前がたに指, 処お前等ア家のノウ, 処お寺さまのお, 処お祖母さんもこの, 処かいわい誰知らぬ者, 処かえって底の, 処かくのごとき, 処かつ聞く善歳万歳, 処かなと言ひける, 処かなり脚本の, 処かの技術的な, 処かまわず彼等が, 処からこそ生じたもの, 処からでも拾いあげる, 処かれこれして, 処かんとす, 処がかへつて私が, 処がちがふ, 処がのう八蔵殿, 処がら名も知れぬ, 処がら竜の鱗, 処きらはず畝にな, 処きらわず塗り立て掃き立てたと見え, 処きらわず続けさまに, 処くらいあるだろうと, 処ぐらい待遇の, 処ぐらひにでも行つて見ようか, 処げに直顕, 処こう云うお, 処こういう書き方の, 処こうした男女の, 処ここもとに唯一人, 処こたなのである, 処この方たちが当地, 処これから行こうと, 処これ人のよく, 処これ程までに対立, 処ころがり出してなにか, 処ごくつまらない変化, 処さあ盲目が, 処さかりに緋葉, 処さし当り大した問題, 処さそれに臨海亭, 処さだめず伏しまろび, 処さまざまなりしかども, 処さるべき鉄砲の, 処さ坂の上, 処さ旅籠屋へ着, 処さ自分だけ頑張っ, 処ざっとこりゃ一両, 処しかるべき大将と, 処しみじみと本尊, 処じゃから箪笥位は, 処じゃがの何知る, 処じゃったが, 処じゃといつも気軽, 処じゅう荒れ狂って, 処すべて御人数, 処すらある, 処ずっと売切って, 処せくなりぬる, 処せざるは身, 処せぬ事と, 処せらるちょうことで, 処せらるべきであるが既に, 処せらるれば屍, 処せんや, 処そういうのだ, 処そうした自然弁証法を, 処そこに思想, 処そちこち日暮, 処そのものが誤訳, 処その他どうしてなかなか本物, 処その後いよいよ不如意, 処その後宴会があっ, 処その間に一本, 処それから石臼が, 処それ程自然との, 処それ等を不滅, 処それ自身も芸術的, 処それ自身独立な商品, 処そん処は黙想, 処たくさんの墓, 処たちまち濃い萌黄, 処たってもうそろそろ, 処たとえば土蔵の, 処たりといふべし, 処たる大奥の, 処たんぽぽのごと, 処だが槍, 処だけから見ても, 処だけで切上げたが, 処だけも何も, 処ださうですね, 処だったちゅうものだ, 処だったら検事は, 処だったらしいんです, 処だったろうぜ, 処だに何だい, 処だらうと思, 処だんだん御国恩を, 処だ見違えるように, 処ちっともなし, 処ちと稗蒔染みた, 処ちよつと見当, 処ぢゃけれどこの店, 処ぢゃといつも気軽, 処ってありませんわ, 処ってないわけなん, 処つい酔うて, 処つまりどこか, 処つまりませんわ, 処え蒲鉾小屋, 処でありかういふ現象は, 処でありましたよ, 処でありまする行馴れ, 処であるならばその, 処であるべき筈です, 処でございましたからこれ, 処でござったよ, 処でござんすよ, 処でござんせうお医者様, 処でさえあれば, 処ででしゅこの, 処でといふ驚喜した, 処でないらしく考えられるので移民, 処でない掲げて以, 処でねえでね, 処での生活は, 処ではからだが, 処ではとこよが, 処でようございますが玉子, 処で御座いましたが不思議, 処というは二十年前の, 処といつた家をみつけ, 処とかいふ事で, 処とてはありませぬどうぞ, 処とではどういう風, 処とにおいて不易なる, 処とによって変るが, 処とにより一概には, 処とまでは考えられなかったから, 処と共に其極に, 処どうしたはずみ, 処どうしても空家としか, 処どころ椎の木を植えた, 処どころ石南花の真紅, 処どころ空地があっ, 処どころ筆草が生え, 処どころ紙撚でくくっ, 処どころ路が濡れ, 処どころ雨雲の切れた, 処どれも此, 処ないのである, 処なかなかどうも奥が, 処ながらは慕は, 処なく美しくあらはれて, 処なければ自炊, 処なぞはお国がら, 処などが気附かれる, 処などもをり, 処ならず幾重にもよろしくとて, 処ならず残れるよしなれ, 処なら構いませんが, 処なら真似るといふ, 処なら買戻すとする, 処なり故にもし, 処なるべく没交渉の, 処なんかと怪しまれる, 処なんぞは溶けて, 処なんぞへ行くと, 処なんてそんなぶ, 処なんどへお両, 処においては方便を以て, 処にかけて一寸使え, 処にだにしたがは, 処にてか果てさせたまうであろうと, 処にてすらも一たび其祝詞を, 処になど行って, 処になもがあつたり, 処にに漂泊ひ, 処にまでも出かけて, 処にゃしかし気, 処によっても確かであった, 処によりて味に, 処によりては被害の, 処による限り必然的である, 処によるということは, 処に迄化けて, 処に関して付け加えて, 処に関する限り彼が, 処若旦那の, 処のちに矯曇弥, 処のも一つの, 処はと勝重が, 処はの熊に, 処はよかつた, 処ばかしを彷徨いて, 処ばかりに作つた脚絆を, 処ひたすらな文化運動, 処ぴったりと引っ, 処ふさげの藁, 処ふり撒かれて, 処へかぢりつい, 処へぐッと, 処へさえ来れば, 処へだって平気な, 処へてくりて, 処へという思入あり, 処へな半治, 処へよつても, 処ほとんど天井を, 処まず何を, 処またはその方角道筋, 処またもや落ちたるもの有, 処まだ少し残った処, 処までと長吉を, 処までとは言ひませぬ, 処までに行きませんよ, 処まではははと口を, 処までを捨てるの, 処まばらに敷い, 処みあれ其物が, 処みたように, 処もう今にも九ツだろう, 処もござりますがまア下, 処もし裁判権の, 処ものあはれなまで, 処もみゆ勝手元には七輪, 処やがて愚僧二十歳に, 処やって見, 処やはり狂歌全盛の, 処やられたのや, 処やろそれや, 処よし捨て時, 処よりか矢の, 処よりのお方が, 処よりはずつと確つかりし, 処まで切め, 処らしく塩魚を, 処らしくない気が, 処らしゅうございますから, 処るだろうということ, 処るるをも堪へ, 処へ泡立てた, 処ろどころをそろわない, 処ろ殆数個の人, 処わが国に於ける, 処わたしの一生, 処をかあちや, 処をかへて家居も, 処をとの誂へ, 処をにこついて, 処をのみ描けと, 処をはづれた野原などに, 処アツサリした茶色, 処アレバ皆之ヲ神明, 処を上下噛, 処ウ特別のウ割引イ, 処カアルモ確固タル卓見思想ヲ無, 処カ奇功ヲ見ス, 処面白ヨ, 処グランドホテル・ド・ヨコハマに設計, 処実はあんまり, 処シテ或ハ, 処シテ以テ動ヲ観, 処可ク候条, 処スルノ道ヲ知ラザルコト匹婦ヨリモ甚シ, 処セットを買う, 処ソコデ私は横浜, 処テレヴィー式電話によってもその, 処トシテ桜樹ナラザルハ無シ, 処トーキーなどの形, 処ト瞻めても針, 処ナシ自由ノ存スル所, 処ニカ塵埃ヲ惹カン, 処ニテ仁右衛門が出, 処ニ事務所ヲ開始シ公私, 処ニ攅生ス根ハ土瓜児根ニ似テ, 処ニ生キテ逆転セザル妄想ヲ深, 処ニ行合ハセ別ニノゾカザリシモ, 処ニ遇ヘバ即チ土, 処ノバあたりでアンデパンダン的意義, 処ハイカラ男女共が手, 処ハ一筋ニシテフトシ末ニ枝多ク分レ下垂シテフサノ如シ, 処ハ必ズ一人ヲ指サズ我ヨリ先ニ, 処パタラに多, 処フイにした, 処ブツクを繰り返し, 処ベットリと白い, 処マンドルは巴里近郊, 処ヲシゴケバ皮細カニ砕テ離レズ内ニ強キ心アル, 処一二の候補者, 処一円三十銭ばかりで, 処一大淵を成す, 処一定の距離, 処一寸材料がなく, 処一帯はこの, 処一応の理, 処一教を立て, 処一敵なしと, 処一斤を細かく, 処一方ならぬ困窮, 処一昨日出たぎり帰らねえとの, 処一本よこせと, 処一条の素練, 処一条殿御次女の方, 処一杯だつた, 処一法得べきなし, 処一片の木の葉, 処一物に執着, 処一番高大その次, 処一般に人形芝居, 処一葉の紙, 処一葬儀の行列前方, 処一足も歩, 処一面の御, 処丁度其時に, 処七十両だけは安兵衞, 処七十議会の解散, 処万年町さんが来, 処万犬亦実, 処万病を除く, 処丈雨垂がぴか, 処の輪, 処三処ベットリと白い, 処三処穴が開い, 処三処赤煉瓦の軒, 処三十年以上彼を除い, 処三所括り呪言, 処三日の国体明徴, 処三日三夜随れ行き殺して, 処三沢も参り居, 処三百ばかりの墓燈籠, 処三軒の蓄音機店, 処下等動物は毒物, 処不可能であるとも, 処不平なれば, 処不思議なこと, 処不意を食った, 処不穏な個所, 処不行届きだったん, 処両者の懇談, 処にその, 処には寐, 処中国御代官所, 処乙所と尋ね, 処ける砂, 処予て其の用意, 処事件の真相, 処事実重大では, 処事物の説明, 処二つなき専修, 処二三スケッチして, 処二人の考え方, 処二処おりて, 処二十四五の青年, 処云々とある, 処五七日内には出, 処と行, 処亡国論を唱, 処交通遮断なれど, 処京人形と木菟, 処人形町居廻りから使, 処人民一空す, 処人間ならば, 処今夕より帰宅, 処今宵首尾よく本懐, 処今年九月よりの事, 処今度の検挙, 処今日紀の官長, 処今日角右衛門殿差出され候処, 処今昔の感, 処今暁盗人の為, 処今更後人の推賞, 処の前, 処仏師抃躍之余, 処仕事をし, 処仕様があるまい, 処他人の嫉妬, 処代るものなかりし, 処以テノ他御不満ニテ, 処以上に出でる, 処以前は女体, 処仰せて云, 処が済んだ, 処会侯の手, 処住僧達喜びの余り老若七十余人華, 処何とか表面の, 処何とも思ふて, 処何れも当時, 処何時も遊戯の, 処何時頃何者の隠し, 処を歓迎, 処作孟子の母, 処便ちこれ古池, 処信仰の存する, 処信寂房が暫く, 処修理主人真田信濃守応接所警衛仰付けられ修理儀, 処向いた襟足, 処俯仰感慨地理に因り, 処が例, 処俺等聞及んだ昔, 処個処を指摘, 処倒れるな, 処へ共, 処偶然に同じ, 処ならずば, 処偽りならねばお, 処備前橋の方, 処働きの小僧, 処僧俗二人玄関に出, 処僧都が云う, 処優美で品, 処主人勤中の, 処元来風と所持, 処元結で結び, 処充分に有効, 処先夜之御, 処光明照耀日光のごとく, 処入りの大事, 処全身不随の老, 処八百日に及んだ, 処六ヶ年に及び, 処六七畳席を布くべし, 処其人が, 処其冷静にし, 処其動もすれ, 処其場に相成り, 処其方には居り, 処其節正桓公, 処其船くつかへり, 処其許には相, 処其許様にも相, 処内々武藤にも, 処内藤は畜生, 処艶寧富松に, 処ている, 処出るは即, 処出会って丁度, 処判断しかねる, 処に何, 処別々に生じた, 処利き処には, 処到底合理的に, 処の考, 処前件の次第, 処前途の段, 処割合評判が悪く, 処功者な人, 処動く丘と, 処勝手次第と被, 処勿住無仏処, 処十五歳の春, 処十余年前よりまたまた, 処十六世紀のカピタンたち, 処卑怯な臆病, 処即刻願之通勝手次第被仰, 処即高御座に登られ, 処又四郎に疵付候段, 処反発力のみが必然的, 処叔父は甥若, 処取るに足りない, 処受たまはりたしと, 処古来ヨリ父兄ノ為ニ, 処古雅妙いふべからず, 処看青草稠, 処只今までは長, 処只今永野よりの葉書, 処只幻惑の悲音, 処右届之通相違無, 処右慶蔵申立て候処によれ, 処子の, 処同じ漁師の, 処同人へも一部, 処同君もよろこび, 処同士は顔, 処同年破談致す後, 処同氏申さるるよう, 処向山黄村あの人たち, 処は何, 処え秘密金庫, 処否実証され得る筈, 処吸って吸いました, 処命ずる処に従って, 処和卿申して, 処満ちて, 処唐土文王武王の如き, 処唯物論以外には見当らぬ, 処善くあらはれ, 処嗅ぎつけて来るだ, 処四五ヶ所より出火焔立上り, 処四十位にしか見えず, 処四郎兵衛に金, 処団扇はとても, 処困る事には, 処図らず互にいなぎ, 処図らぬ災難で, 処国元の駅頭, 処国芳はしばしば, 処を察する, 処在地大きな野, 処場処によって各, 処にまみれた, 処にかかった, 処の熱き, 処夏目先生は死なれまし, 処夏目漱石氏か小生, 処夕闇の底, 処多きはその, 処多くは相違, 処多ければここ, 処多助の云う, 処多恨のダビデ, 処夜汐に延引, 処夜郎自ら大なり, 処大きによろしいと, 処大久保兄弟に属し, 処大体に於, 処大体イタリア型にぞくする, 処大分詳細に相成, 処大岡山の好意, 処大広間六七十畳舞台を二十畳, 処大弐右門企ノ儀ハ, 処大枚の小判, 処大胆にもお, 処大観にうとい, 処大阪天満女夫池に妻, 処天満橋天神橋難波橋より西, 処天神橋の欄干, 処奇抜なり, 処奔流碧潭両岸, 処奥州の山の上, 処奥方も御, 処女優さんが云う, 処女子たちの白珠, 処女子不幸にし, 処女子胸にもち, 処女学校は普通, 処女性とも言ひたい手法, 処雪とは, 処如何なる人の, 処に波, 処妙心寺へかの, 処妻子眷族つづいては, 処妾宅には案外, 処姉夫人は少し, 処婦人の権力, 処嫌はず無遠慮に突立つて, 処嫌はず高鼾で昼寐, 処嫌わず散らかっている, 処子あたりがその, 処子供とて何時, 処子嵯峨の屋などと共に詩, 処孔明の眦, 処を直し, 処存じの外, 処存在それ自身には関わり, 処孟宗の竹藪, 処完全に文化的自由主義, 処官事繁多にて十枚, 処で胡座, 処定めてこれ, 処定めず観たりしなる, 処定めぬキヤラバンとして, 処実に畏るべく, 処実は今夕偶然銀座通にて, 処実御尤の, 処実証なり松山, 処実証也返済之儀者来辰三月三十日限り元金百両, 処実験的には不可能, 処でしばらく, 処が潰れる, 処家じゅうに罵声, 処寂寞迎春梅影疎, 処寅剋横山馬允時兼波多野三郎横山五郎以下数十人の親昵従類等, 処と目, 処富坂辺に家居, 処寺塔年を追, 処対立と撞着, 処将門喜悦の余り, 処狭峰, 処小さな処で, 処小刀を目八分, 処小判小粒で仕送る, 処小寒入より祁寒, 処小川流れて, 処小林区署山本左一郎氏ニ依頼シ本年五月其花ヲ得, 処小生は不幸病気, 処小説集に名前, 処少い時乱暴で, 処少くはない, 処少佐は計, 処たり君, 処屋敷から通知, 処屑屋先生の今更高慢, 処属征入, 処山河更に威霊, 処山海之利, 処山男まずは入れなさるべく, 処山門前の坂道, 処岩窟へ入る思ひ, 処の頂き, 処嶄岩屹立し玉筍地, 処嶺如領腹背之界也, 処巉巌の水, 処工場のやう, 処之通, 処左袒多かるべき此方, 処巫女や郷巫, 処差別のある, 処差合に付為名代, 処差支えがあっ, 処已に発令済につき, 処の君, 処師匠は加減, 処帯びて来た, 処べったい, 処平吉儀妻常と不和, 処平和なれば, 処平島はすなわち, 処年暦の改まる, 処にも風大分, 処妙の, 処幾度も考え合わせ候え, 処幾曲り, 処広い博多に, 処広田外相が出, 処庭先は惣五郎, 処引き合いに出され, 処引張り回されて薄汚い, 処弱処を描ける, 処病不参, 処当り前ならば, 処当今の形勢彼, 処当家の事, 処当山は申す, 処当時はまだ, 処当時何に寄らず, 処の身, 処役者絵始まりて, 処彼是御詮義, 処彼此観望する間, 処往きの布子, 処に致, 処後でそれが, 処後前草がくれ, 処後家の方, 処従っていつも逆流, 処得られないものと, 処得右衛門大出来, 処得貌に我家, 処御免被仰, 処御座候俵は其元相応, 処御用あって, 処御船を以, 処御苦労に存じます, 処徳川の一門, 処必ずしも正鵠では, 処へたり, 処忠至参殿の上, 処念願にこれ, 処が口惜しく, 処思いも及ばなかった, 処急病で装束, 処性格の教養, 処怨親已作平等心世間不行慾等事, 処怪石巨巌の磊, 処に陥っ, 処恐怖病患者と同じ, 処恟々たる人心, 処息つぎとはいっ, 処恰も異体に, 処悪くすると, 処悪党ならお前様, 処悲めば則, 処情なくも当りませんで, 処想像にまかせ, 処愚僧はとにかく, 処慶蔵事十余年前麹町辺通行の折拾, 処懸命に祭祀, 処成敗というの, 処戦争ばかりで恐怖, 処が開い, 処扉おのづから, 処を尽し, 処手練のシヤター, 処手遊屋の婦, 処棄つて置いた, 処払いぐらいで済む, 処批評も亦, 処技術家の社会的優遇, 処売りの, 処から枯葉, 処折々に見え, 処抜きにし, 処抽象的に云え, 処拙き処において, 処挙家痢疾に付招客, 処揚羽屋とした, 処撥ねた処ぴったり, 処擬人法を用, 処擾乱と破壊, 処政友会は甚だ, 処教導性である, 処散歩に適する, 処から云っ, 処数日それを読ん, 処敵壱人障子の蔭, 処敷居から掛け, 処文化と云う, 処文化的に指導力, 処文壇内閣欄に於, 処文政七申年はしか流行, 処に生えた, 処断言はいたしかねる, 処新樹の緑, 処新緑賞すべし, 処日々来客そのうち, 処日暮の丘, 処日本語は永久自分, 処日蓮上人と呼べる, 処日頃思って, 処旦那様は世間, 処旧観を失っ, 処早いが可, 処早速願之, 処明さんをよしなに, 処明地の下, 処明採りのよう, 処明石の源内武者定明, 処を今, 処の光, 処春光嬉々として空, 処春部梅三郎と申す, 処春風に柳絮, 処昨夜よりの疲労一時, 処昨日手頃の売家二軒有之候由周旋屋, 処昭和十三年八月四日東京刑事地方裁判所検事局ヨリ被告人妻ユリニ対シ右罰金ノ納付方請求有, 処を写し, 処暁冥冥雲影侵窓夢忽醒残雪懸天, 処暗い処へ, 処更めて津軽, 処曹洞派禅院宗仙寺へ御, 処最近警保局の局課長会議, 処月日たつにつれ, 処月明らかなること, 処木立の繁み, 処本人の兼吉, 処本多子爵と予, 処本当に友だちといつては, 処本日午前八時より同時十分, 処本書が占め, 処本葬云々之儀有, 処を持ちたる, 処て見ろ, 処より移り, 処松軒子四五日不快に付, 処枕許が賑, 処林野多くも, 処柄宵の口はかえって, 処の根, 処校長はイッカ, 処案の定明智は, 処桑畠がまじつて, 処棄てます処流す, 処楢重の所業, 処極めて麁鹵に, 処構わず爆弾を, 処標題の付け方, 処横井相答え候には, 処横井閉口いたし候由, 処樹木すら枯れ, 処橋本氏は小, 処正午近き頃, 処此事を聞き, 処此処と尋, 処此古めいた五句, 処此国には昔, 処此度証人等申立により其方, 処此石像より知らない, 処此程本島南岸に別, 処此部屋より燈火, 処此頃英船御国ニ来るよ, 処歴史の形而上学, 処死んだ魚の, 処んど, 処には曇っ, 処段々重くなる, 処比沼のうなゐ, 処は忽ち, 処氏直天道の正, 処気に入不申候, 処気候中和にし, 処水上以来何千年の経験, 処水害のため福住, 処水深一千二百尺の青龍, 処水野錬太郎や秋田清, 処永倉新八郎の刀, 処の顔, 処汽車がぐらぐら, 処沈痛悲哀の調べ, 処河岸船付桟橋より強盗忍び入り候もの, 処法学全集で治安維持法, 処法政騒動の結果, 処波状になった, 処泰勝院殿以来の忠勤, 処津軽地方のみならず, 処にその, 処活動写真の次, 処活版になっ, 処流す処が, 処流れを隔て, 処浅瀬の船底石, 処の波, 処淡紅色茎に糸, 処深く御勘考, 処深刻に又, 処深淵の蒼, 処を巻い, 処温泉が昌つて, 処渾沌として捕捉, 処の沸かない, 処湯屋の前, 処湯殿らしい, 処源河の里, 処溝渠が開き, 処満々と, 処澄ましていた, 処澤田右衞門夫婦は疾, 処無いとは言えぬ, 処無惨にも何者, 処無意識の贅沢, 処無邪気なれども, 処無限である, 処然るに岩弥佐栄兼て, 処煉瓦塀が火, 処熊谷入道がお伴, 処燈火ならざるは, 処の児, 処に深甚, 処は彼女, 処父甚五兵衛兄四郎兵衛両人にて殺, 処片づけたという奇特, 処物産に富む, 処狭いまでに喰い合っ, 処狭く散らかした六畳, 処班らな若い, 処甚ダ御尤, 処甚危険で馬, 処甚藏が絹川べり, 処甚調和を得, 処生まじめの議論, 処生哲学ね, 処生憎材料払底の, 処生法の免許皆伝, 処生術に酷似, 処するが, 処用い処に, 処の家, 処男二人女一人の子, 処畦道に立っ, 処畳数を向う, 処病勢御険悪発熱三十九度五分囈言アラセラレ, 処痘科池田京水と申者, 処痛み出し最早右向, 処発掘されしは, 処発揮せられて, 処発電池に故障, 処白い築地の, 処白瀬戸の小鉢, 処白衣の道者, 処百姓共が大勢, 処な一理論, 処的真理のもつ, 処皆彼れが, 処盆踊をさがし, 処御清穆起居奉賀候, 処直ぐに支度, 処異は, 処相当左翼的記事を, 処をはばかる, 処眼鏡屋の妻君, 処をし, 処知れ討ち取らるる例多し, 処知慧はまだ, 処短い処渦を, 処短命は舟, 処の南大河南岸, 処砂金ならざるなし, 処砲声漸く近く, 処が急, 処の自由, 処神明祭礼の場, 処神社古くより, 処は一派, 処禅師忽ち自殺, 処私兼て聞及居候一事有, 処秋景惨憺として蕭殺, 処秦始皇に体, 処程で筬の, 処種姓形色力勢皆師子に勝る, 処多僧, 処穢多の家, 処が開い, 処の座敷, 処空けておい, 処窪んだどこかの, 処立ったらそれが, 処立派なり, 処竜王も懾伏, 処竹屋の婆さん, 処によって皆, 処築地明石町明石病院の病室, 処篦棒とブッキラ棒, 処な兄哥, 処として物, 処精細的美を解したる, 処精進よ, 処紅梅屋敷といえ, 処素晴らしいドライヴウエイが, 処累々たる瓜, 処細君の水泳, 処細君アカンボ製造中にて随分, 処終つて復始まるところ, 処絵画の批評, 処絶えて御, 処絶無であるから, 処冬彦集六八頁第, 処の源七, 処縦横無尽に花鳥, 処繁った中に, 処繁ってたので昼, 処義元横暴にし, 処六月朔日不思議にも, 処翌年一月伊予紋で大学出, 処翻訳術語に依る, 処の手, 処者その他何かある, 処聞得大君御殿は琉球神道, 処よりはかえって, 処のヨサ, 処能報道頼生已白頭, 処を吸った, 処膏雨桃李花落つるの時, 処自ら御鬢一筋, 処自分一個として別に, 処自由主義哲学というもの, 処自身の計, 処を夢さら, 処船都合に而延引, 処は紅白, 処色沢の悪い, 処色白な容色, 処芸妓街にて亀清楼柳光亭, 処芸術理論の本質的, 処苗七八種をずばり, 処違乱妨申者御座候は, 処若き時から, 処若しくは深川の, 処荒れぬと思ふ, 処荒木方の哨兵, 処荒木町であったか, 処荷物の山, 処莫迦にし, 処付いて, 処落涙禁じ難し, 処落花紅なりし, 処著述家の中, 処蔵元屋は今, 処薬石効無く, 処が吊された, 処ではそんな, 処蘆原より敵, 処虎之助がやらむといふ処, 処虎狼の住む, 処蛾眉の宮人, 処蝶吉が身, 処血気の頃, 処行う処無邪気なれ, 処行き顔で笑, 処行違ひにて, 処衣服を着た, 処裕佐は口, 処西洋まが, 処西洋まがいの建築物, 処見えぬことは, 処見れば, 処見届けて母, 処見物は残らず, 処平左右, 処の紹興蔵音, 処観世清廉が見物, 処角右衞門の分家, 処計りでした, 処り見たいだけど, 処詩想の精細, 処の腰, 処認識論的文化史哲学的文明批評その他その他と云っ, 処を変, 処読みづらくて, 処読者は深く, 処誰方もお, 処調和すべけれど, 処論外とし, 処諸君ハ日数ハ少しおくれ, 処諸君奇講甚面白し, 処諸縁をきらわず, 処謀叛僧文覚が荒行, 処講釈の即ち, 処謡曲の攻撃, 処負けまい気の, 処貴宅御揃, 処貴様みたいな畜生, 処買ったんです, 処赤煉瓦の軒, 処過である, 処越後より山越, 処足掛りになる, 処路地の奥, 処農政行届き民心, 処に伊井蓉峰, 処辺りに何処, 処迄は彼等の, 処近来生らの相, 処追跡し得るに, 処退いて少年, 処途中より逐電, 処通るもんじゃ, 処かにお, 処が来, 処遂に之以上の, 処過日御相談, 処道傍にいつも, 処道端の低い, 処遠き山見る, 処遠慮は入らぬ, 処適事情の三つ, 処適処に光, 処而尊書御, 処の花, 処処は, 処変の, 処重役の為, 処の丘陵, 処野渡のせ, 処野球試合の放送, 処は貸す, 処金ボタン立襟の制服目, 処金之助は膝, 処金持共が贅沢, 処金銀をもっ, 処金銭の多少, 処釜沢の上流, 処銕車走一抹流雲是汽煙, 処銭三百落したよりは今, 処鎌田屋といふの, 処鑑定は違わず, 処長秀戦うべき場所, 処開店の晩, 処がわるく, 処間違ひなく言, 処関はず置き並べて, 処関はず店を拡げ, 処閣下御洞察, 処暗き伊吹, 処は手前, 処陸端連知是大英南海辺, 処の方, 処なく古ぼけた, 処場所に, 処に吹聴, 処隣りへ気, 処才覇気まかり違え, 処雑沓甚し, 処難路を辿り, 処やめたま, 処電灯明満城人動春如湧, 処霜雁月に叫ん, 処はふかし, 処青山百人町の鈴木, 処非常に人間学的, 処面白いことに, 処音楽だと, 処て案内, 処なきなし, 処風雅の種, 処飛ぶ処へ, 処飛仙過ぐ, 処飛石の傍, 処ひ過ぎ, 処食物のこと, 処養天真先生学徳共無比我称泰西第一人, 処を燻, 処馬鹿力の強い, 処怖の, 処驚きましたよ, 処高々ドストエフスキー式現実でしか, 処高い処と, 処高坂昌澄に諫め, 処高山彦九郎が蘇峰先生, 処高所から自分, 処のよう, 処魔窟ならざるなし, 処からず, 処鯨能躍船, 処鳥居際なる一樹, 処鶴松に帰る, 処鹿は来ない, 処黒潮暖流の寄