青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「判~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~列 列~ 列車~ 初~ ~初め 初め~ ~初めて 初めて~ 初夏~ 初期~
判~
~判らない 判らない~ ~判る ~判断 判断~ 判然~ ~別 別~ 別々~ ~別に

「判~」 1621, 18ppm, 6516位

▼ 判~ (385, 23.8%)

16 して 12 を下す 10 するの 9 したの 7 する, すること, すると 5 である, をする 4 するに, すれば 3 がつかない, するならば, する力, の本質, は出, を下し

2 [27件] された, されたならば, されて, した, したかの, したやう, する事, であると, できない, といふの, においては一致, においては表象, にしよう, によつて, によるの, に任す, のつかない, の標準, の眞理, の能力, はつかぬ, もつかなかつた, をし, をもつ, を下し得る, を促し, を其儘自分

1 [227件] いたしてを, いたすでありませうから, からいかなる, から定, がいかに, がし, がついたなら, がつかなかつた, がつかなく, がつかぬ, がつき, がつきません, が六, が可能, が存在, が抱懷, が是, が更に, が正し, が正確, が誤らなかつた, が載つ, が過つ, が附かず, が附かぬ, された一兒童, された内容, されねば, されるもの, される場合, される洋活字, しうること, しうると, しうるやう, しそれ, したから, したその他, したところ, したので, したもの, したり, した如くであるといふ, した爲め, した考, した者, しては, しても, しなければ, しにくい, しようと, し得たつもり, し得ない, し得ない多, し得ら, し得る理由, し機宜, し此, し針路, すべきもの, するかは, するから, するたび毎, するので, するは, するもの, するやう, するより, するよりも, するわけ, する人, する前, する占術者, する或, する最後, する材料, する爲, する能力, せざるを, せしむる, せずには, せよと, せられたりと, せられないで, だけの問題, つきません, であり判斷, であるといふ, であるべき筈, でなくて, ではこの, ではない, ではなく, で向, で定まる, で滿, といはれる, としては擬人觀, となす, との或, とは種々, と一致, と他, と價値判斷, と共に私, と名づけられる, と客觀的測定, にあづかつた, においてのみ見出され得る, においては主語, においては何物, においては諸, において見出され得る, における肯定, にくるしんだ, にし, にでも僕, にはこの, にほかならない, によれ, に任せよう, に使用, に到達, に同意, に困つた, に委せん, に委ね, に從, に於, に於い, に歸着, に自信, に苦しむ, に苦む所, に變易, に達し得ない, に錯覺, に長, のうち, のし, のつかぬ, のつく, のみで, のみであり, のもと, の僞, の價値, の命題, の大, の定め, の對象, の形式, の思想そのもの, の支配, の方, の方法, の標準化, の無限, の現, の發生, の目安, の統計, の老, の記憶, の論理的本質, の變化, はおそらく, はこの, はすべて價値判斷, はすべて言語上, はつきません, はどこ, はをこがまし, は一般的, は下し, は下し得ぬ, は何處, は同, は弱く, は必らずし, は必然的, は思惟, は當つて, は私, は表象, は覺束, は高い, もこの, もさう, もただ, もつきません, も客觀的實在世界, も必ずしも, も無く, よりも世, よりも患者, をあえて, をくだせる, をさせ, をすべき, をなす, をもてる, をものの正しい, を下, を下さるべきである, を下されない, を下した, を下すべきでない, を乞, を亂, を以て國民, を單, を失つた, を差控, を形作る, を想像的, を捨て, を有つて, を構成, を標準化, を求めた, を混亂, を知つた後, を聞かう, を與, を輕, ヲ誤, 及びそれぞれ

▼ 判つて~ (184, 11.4%)

18 ゐた 14 ゐる 7 ゐるの 6 来た 5 ゐるが 4 ゐながら, ゐるぢ, 居るよ 3 しまつ, ゐたが, ゐても, 居たんで, 居る, 居るが, 居るの 2 るぢ, ゐない, ゐるん, ゐれば, をります, 居ります, 居りますが, 居る筈, 来たの, 来たよ

1 [81件] いてすら, いらつし, おられぬの, かへつてゆき子, からのこと, そのま, その法事供養, たまるもの, ないん, はくれないだらう, はどう, はゐた, はゐない, はゐる, は武家, は面白く, みても, も, もそれ, もそれから, もら, も何, も曲者, も見物, ゐたから, ゐたの, ゐて, ゐないの, ゐないので, ゐますから, ゐますとも, ゐませうか, ゐやう, ゐるか, ゐるから, ゐること, ゐるで, ゐると, ゐるならお前, ゐるならどうして, ゐるなら勘六, ゐるなら戻つて, ゐるなら皆んな言つて, ゐるに, ゐるわけぢ, ゐる丈, ゐる事, ゐる後, ゐる積り, 下されるだらうと, 叱ること, 呉れたならば, 呉れるやう, 居さうな, 居たけれども, 居ないと, 居なかつた, 居ます, 居りますから, 居るから, 居るだらうね, 居るぢ, 居ると, 居るなら詳しく, 居るので, 居るやう, 居るわけぢ, 居る安心, 居れば, 来たぜ, 来たのよ, 来たやう, 来たよう, 来たん, 来て, 来る, 生證人, 行きます, 行くやう, 見ても, 見ろいや

▼ 判~ (172, 10.6%)

22 押して 5 捺して 4 おして, ついて, 押すこと, 押せと 3 押したり, 捺した, 捺した證文 2 してたと, する, 取りに, 押すと, 持って, 捺さぬと, 捺したの, 捺します, 捺すの

1 [102件] いい渡されても, いくつ押した, いた, いただいたらさっそく, いただきたいもの, うけ日時, おさせるまでは, おしたよう, おした引受書, おした簾, おして貰, おせって, お借しする, こしらえて, さし出しながら, させ春水, したかも, して, しなさい父, するから, たまはり, ちゃんとよく知っ, ちょろまかして, ついたり, ついた以上, つかされたり, つき二度, つくもん, つけ, つけさあ, つけさも, とるため, ぱたっと証書, ふんだんに振り撒い, もとめた, もらって, れいの, ベタベタと, ペタペタ押した, 二三捺した, 仰いで, 仰ぎきっと, 仰ぎ奉ります, 作ったらどう, 供へる, 借せ, 偽造した, 入れた竹筒, 勤めて, 勸むる逍遙子が, 取って, 取出させて, 同じよう, 同じ胸, 墜し, 待つ態度, 忘れて, 押さして, 押したため, 押したところ, 押した白衣, 押しなさいと, 押すの, 押せつて, 捺い, 捺いてる, 捺かせ, 捺しこれ, 捺したが, 捺した出精簿, 捺した寄進牒, 捺した者, 捺しては, 捺しても, 捺し次に, 捺すから, 捺すそう, 捺すよ, 捺す奴, 捺せ, 捺せと, 捺せサラマンデル, 普通の, 有難いとも, 桝に, 為たる, 爲たるも, 盗んで, 置く危險, 見せて, 見つけたの, 調べてから, 請はれ, 請ふ, 貰うと, 貰うもの, 貰うよう, 貰わねば, 貴方の, 載せら, 頂戴いたします, 願いに

▼ 判つた~ (147, 9.1%)

13 やうな, よ 11 んだ 104 もので, んです 3 ね, やうに, んで 2 か八, でせう, ところで, と見える, ものぢ, やうだ, やうで, やうな判らねえ, よ八, 筈だ

1 [63件] かい彦兵衞, かというよう, かとそれ, からだ, からで, から厚く, から植木屋, から此上, かッ, か人, があと, がお前, がその, が内部, が十七歳, が手, が直ぐ, が肝心, けれども現在どこ, ことが, ことだ, ことぢや, ことで, ことである, ことです, ことは, ぜ, だけだ, だけです, だらう, つもりだ, といふ, といふこと, といふやう, ところに, としても俳優, として林田, とカメラ, と云う, と思ひ込み, と気, と聞く, にち, に違, のであつ, のでせう, のでなまじ, ので思ひき, ので熱心, ので饒速日命, はずだ, ものか, ものの, ものの胸, ものばかり, もんぢや, よし好い, よ是, わけで, んだらう, ンだ, ンだらう, 御主人

▼ 判~ (58, 3.6%)

20 押したよう 10 捺したよう 8 押したやう 5 おしたよう 2 印した如く皆三方, 捺した様

1 [11件] おしたかの, ござります, 押したの, 押したや, 押した以上, 捺したごとくなんら, 捺したやう, 石版図が, 縛られさうに, 買って, 黒白を

▼ 判~ (57, 3.5%)

3 女麗卿の 2 いかさま枡を, 女で, 洋罫紙を, 符という, 符君の

1 [44件] おされた要求書, ことちっとも, ことなども, ことまで, すわった検札, そろつた書状, ついて, ように, ノートブックに, 一味に, 下に, 中から, 事, 二倍よりは, 佛蘭西語の, 列に, 判決次第で, 味が, 哲学の, 壺が, 天一坊の, 女の, 寫眞器を, 席, 押して, 招待状を, 曖昧なる, 本と, 桝を, 洋本を, 生紙に, 真物, 科を, 紙が, 紙幣を, 結果に, 罪に, 罪を, 芥川龍之介案内と, 詞に, 金吹で, 鎌倉下状が, 隱し, 飛脚が

▼ 判~ (49, 3.0%)

12 ている 5 ていた 3 てしまひます, てしまふ 2 てくれたら

1 [24件] たかね, たらしかつ, たらしくす, たらしく例, たんだい, ちや放つ, てい, ていないじ, ていれ, てきた, てくる, てくれ, てくれた, てくれない, てくれる, てくれるだらう, てしまいました, てしまへ, てます, てゆく, てるのよ, てる位なら, のであつ, は必らずし

▼ 判~ (33, 2.0%)

8 捺して 2 おしてある, 押して

1 [21件] あって, ありそれから, ありましたし, ある, あるもの, ある筈, い, いるし, いるので, いるん, なくとも, べたりと捺し, ベタベタと, ベッタリと, 並べて, 付いて, 必要な, 押された, 擴が, 欲しさ, 高くなり

▼ 判つたの~ (31, 1.9%)

5 です 43

1 [19件] かしら, かな, かも知れない, か判らない, か茶色, がある, だ, である, であるが, でございましよう, でした, ですよ, は, はたつた, は大分陽, は彼女, は後, は行方不明, よ富岡さん

▼ 判~ (23, 1.4%)

2 となり, をつとめた

1 [19件] が外, が座, が断定, が碧梧桐, で四方, となった, と戴か, なりといふもの, になれよ, に致し, に運座, のおのおの, の中, の事, の前, の親王, も思わず, を求める, を置く

▼ 判検事~ (22, 1.4%)

3 の一行

1 [19件] あるいは技術家, がきた, が強調, が理詰, とも非常, と一閲, の一団, の方, の臨検, は前, ばかりでなく, も司法主任, も呆れた, も警官, も首, や捜査課, や警察官, を永らく, 及び係り

▼ 判つて來~ (21, 1.3%)

3 たの, るやう 2 た, ました

1 [11件] たこと, たやう, た此, て居る, ましたから, ます, る, るぢ, るの, るよ, るツマリ印度

▼ 判~ (21, 1.3%)

1 [21件] おしてある, お前が, お寺の, ざつと四匁元, 一年以前に, 今頃の, 何時でも, 何等の, 勿論裁判所構成法, 大に, 忽ち船中, 所持し, 手札形とやらの, 押して, 押すな, 持参致しません, 正統を, 渡しませんでした, 私の, 著聞しかった, 要らんかね

▼ 判~ (18, 1.1%)

2 云って

1 [16件] した口調, した心理的, した態度, した方角, して, しなくっちゃ, 云い切ったまま, 云えなかったの, 分らない代り, 呑み込めたよう, 聞こえたの, 聞こえるところ, 聴かされた時, 見えたには, 見えます, 見える中

▼ 判斷力~ (12, 0.7%)

2 と惑 1 が閃, である, ではなく, とする, にとつ, に屬, の勝つた, やその, より生ずる, を以てせ

▼ 判~ (10, 0.6%)

4 で捺した 1 が朱肉, に物, をつい, を出す, を貰っ, 押して

▼ 判つて貰~ (10, 0.6%)

4 へない 1 はなく, ひたい気, ふやう, へると, へるやう, へるんぢ

▼ 判~ (8, 0.5%)

1 かかるであろうと, なったこと, 不平で, 任ぜ, 作ること, 問うたの, 改版し, 鋳き上げて

▼ 判~ (8, 0.5%)

1 させないほど, する, するに, せられる, できない數字, には手掛り, の出來, の利

▼ 判~ (7, 0.4%)

2 捺した 1 あんたの, ここに, ようも, 朱泥も, 附して

▼ 判~ (7, 0.4%)

1 と違つて, などを買い集め, の光次, や足利時代, を専門, を若い, を金銀改役後藤庄三郎

▼ 判~ (6, 0.4%)

2 難し 1 ておる, て一吏, て死籍, て死罪

▼ 判つたら~ (6, 0.4%)

1 どうなる, 下手な, 即座にも, 国展の, 親も, 誂主を

▼ 判~ (6, 0.4%)

1 その大小, に対する礼式, の袋, を出張, を大目附, を預け

▼ 判~ (6, 0.4%)

2 すること, せしむることがある 1 しあたわざるところ, するを

▼ 判~ (6, 0.4%)

31 にも同じ, の一節, の如き

▼ 判っきり~ (5, 0.3%)

1 した身分, した返辞, して, しない, 云って

▼ 判から~ (4, 0.2%)

1 ず勿論, ないわね, なかった, ぬが

▼ 判かる~ (4, 0.2%)

1 ので, のである, やうに, 様でなけれ

▼ 判つてる~ (4, 0.2%)

1 んだ, んです, 筈じ, 筈だ

▼ 判でも~ (4, 0.2%)

1 あったらお, 何でも, 押し取るよう, 捺すん

▼ 判~ (4, 0.2%)

1 なった時, 一緒に, 應用評判とは, 贋金

▼ 判~ (4, 0.2%)

1 がない, が承知, で主, になっ

▼ 判おす~ (3, 0.2%)

2 のん 1 だけと違います

▼ 判かり~ (3, 0.2%)

1 同時に梓, 大いに啓発, 而かも

▼ 判けも~ (3, 0.2%)

1 つかない, つかなかつた, つかぬほど

▼ 判こう~ (3, 0.2%)

3 とする

▼ 判する~ (3, 0.2%)

1 という信仰, のであ, を得ず

▼ 判つた時~ (3, 0.2%)

1 から怪しい, さう, は眼

▼ 判一つ~ (3, 0.2%)

1 で何百何千, をその, を入れる

▼ 判女麗卿~ (3, 0.2%)

2 之柩 1 之棺

▼ 判座帳~ (3, 0.2%)

1 の整理, を出し, を投げ込ん

▼ 判~ (3, 0.2%)

1 には入れ, を出し, を取る

▼ 判~ (3, 0.2%)

1 が貼っ, の畳んだ, へ

▼ 判~ (2, 0.1%)

1 ぬる二人, ぬ冬

▼ 判きり~ (2, 0.1%)

1 しない, せぬ前

▼ 判ける~ (2, 0.1%)

1 こと, 力も

▼ 判この~ (2, 0.1%)

1 かはり, 押してない

▼ 判~ (2, 0.1%)

1 へ押せ, へ捺させ

▼ 判せん~ (2, 0.1%)

1 ことは, や

▼ 判~ (2, 0.1%)

2

▼ 判だけ~ (2, 0.1%)

1 捺して, 捺すと

▼ 判だの~ (2, 0.1%)

1 何だ, 鍵だの

▼ 判でございました~ (2, 0.1%)

2 がその

▼ 判です~ (2, 0.1%)

1 か鍵, な

▼ 判なぞを~ (2, 0.1%)

1 押しさうに, 押しそう

▼ 判など~ (2, 0.1%)

1 乞ふ, 捺しやが

▼ 判などは~ (2, 0.1%)

1 いらん, 幾つでも

▼ 判へて~ (2, 0.1%)

1 ゐる人種, ゐる人間

▼ 判まで~ (2, 0.1%)

1 刷って, 煩わしましては

▼ 判りつこ~ (2, 0.1%)

2 はない

▼ 判~ (2, 0.1%)

1 ないって, なさろう

▼ 判~ (2, 0.1%)

1 と分る, と記憶

▼ 判~ (2, 0.1%)

1 や身付, や金利

▼ 判~ (2, 0.1%)

1 の時, 見届

▼ 判切り~ (2, 0.1%)

1 と映った, 云い切った

▼ 判~ (2, 0.1%)

1 ということ, に依っ

▼ 判斷出來~ (2, 0.1%)

1 ないで, ぬと

▼ 判検事席~ (2, 0.1%)

1 の後ろ, へ上った

▼ 判~ (2, 0.1%)

1 は大阪, を募つ

▼ 判証文~ (2, 0.1%)

1 をとっ, を取

▼ 判~ (2, 0.1%)

2 は五言四句

▼ 判證文~ (2, 0.1%)

2 を取

▼ 判識力~ (2, 0.1%)

1 では先づ百姓様, を要する

▼ 判~ (2, 0.1%)

1 し得る者, に日本精神

▼1* [184件]

あり土形に, 判差紙でもを, 判おしてくれません, 判お待ち下され, 判かりになりましたか, 判かれたる美は, 判かれるものが, 判がんねえ, 判を受ける, 判きたまふら, 判きのう行ったが, 判ぐらいの板であっ, 判難い人間離れ, 判けかぬる二人, 判こがなくちや買へ, 判こまで捺し, 判こ屋の末娘, 判させて, 判し得べきにあらず, 判すら傍聴を, 判すれば事, 判せず迷覚了せざる, 判たしむる力は, 判だけを持参いたしました, 判だったとしても七十七両三分, 判だって捺して, 判難きもの, 判ちぬ世にも恐ろし, 判っきり規定して, 判ついたかて先, 判つかしたりしました, 判つくのん, 判つたくらゐで, 判つたそうだね, 判つたぢや籐椅子, 判つたつて聞いたら彼, 判つたひろ子の婚約者, 判つたようじやない, 判つたらうがこ, 判つたら亡くなつた後は, 判つたら出かけるだあ, 判つたら死んだお前さんの, 判つたろう彼女が, 判つたわよ, 判つた上錢形平次の働き, 判つた事は彼, 判つた云ふな, 判つた人はない, 判つた位のもの, 判つた八今まで搜, 判つた平次私も何, 判つた所は右, 判つた折柄どこともなく, 判つた是れは, 判つた時餘つ程, 判つた樣子でお客さん, 判つた男で飮, 判つた腹心の秘書, 判つた頃もう大丈夫, 判つた顔でベルグソン, 判つてこれもその, 判つてそれは拭, 判つてひとまづ釈放, 判つてるじやない, 判つて一月ほど経過, 判つて助かつた, 判つて床を塞ぎ, 判つて徳之助の家督相續, 判つて楢雄はいきなり, 判つて燒き捨てました, 判つて私は穴, 判つて貰ひたいと思つて, 判では役に, 判とくとこれへ, 判とをもって, 判どころでは, 判むしろ朦朧, 判なぞがどんどん海, 判などがかたこと, 判などの異常に, 判なども要らぬ, 判などをもらわねば, 判にかけそのうえで裁可, 判にて十六万三千八百十六切小判で, 判にても話合の, 判には勝てないよう, 判により申しわたす, 判よく拝見せい, 判より小さいが, 判よりも小さくて, 判なった, 判るるに非ずし, 判を以て蔵宿から, 判の捺さった, 判ゴシック字体の非常, 判サラサ表紙の橋南堂版, 判ズレバ古ヘハ, 判ハ悉ク情理ヲ尽シタルモノト謂ハザル可カラズ, 判拵エサセ蔵宿デ, 判一四〇頁程のもの, 判一式右四人名前にて借, 判丁銀取交ぜて, 判乎記憶には在りません, 判事件の公判, 判二つ折大とし, 判二枚の, 判二百三十七万両正字金九万両合計一四二一万両と推定, 判二百九十余頁に亙る, 判人汚吏およびこの, 判人由兵衞眞ん中には美しい, 判か事務員, 判任史生にせられた, 判任当時は六等属, 判任御用係となッ, 判任御用掛で月給四十円, 判信友の, 判全体がほんの, 判へも通, 判入三三〇頁, 判分教師に教わり教わり, 判切胸に畳み込ん, 判切霜降とは見分けられなかった, 判の上席, 判制度から発生, 判十六頁の表紙, 判南鐐丁銀豆板のたぐい, 判取交ぜ五口の, 判つまり品質, 判合議のうえ, 判吉兵衛が現われた, 判の書簡紙, 判字物が出りゃがった, 判屋奉公したこと, 判山下の一両金, 判并家臣之連判, 判を受けつける, 判の様子, 判し難かっ, 判よく仕, 判ぐらいに切った, 判手續及び公判, 判という者, 判持ってエ, 判摂す顕密を, 判断固より一頭地, 判斷すなは, 判斷固より一頭地, 判斷強固なる意志, 判斷法より見る, 判斷能力のある, 判明らんさ, 判明りした姿, 判明る事です, 判明るもんか, 判に押, 判本文五百三十頁その装幀, 判検事一同とともに教授, 判検事一行の七名, 判検事出張取調べの結果大体次, 判検事特高課員司法主任の連中, 判検事連中の態度, 判檢事及び小田原區裁判所, 判檢事出張し書籍, 判檢事警察署長小林區署長といふ客, 判がくれます, 判百余頁の美しい, 判百餘頁の美しい, 判ならぬを, 判符女麗卿之柩, 判紙展べていきなり, 判者ハ朝野の名士五人, 判者面の南条力, 判へも通, 判ふアカイア, 判あり火形, 判賜はり次第府を立ち, 判を眞, 判釋力を有し, 判金等のあらゆる, 判を鋳造, 判銀朱判銀を鋳造, 判というふう, 判も判別, 判黒印をペタペタ