青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「児~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

光子~ 光明~ ~光景 光景~ 光秀~ ~光線 光線~ ~兎 兎~ ~児
児~
兒~ 党~ 兜~ 入~ ~入っ 入っ~ ~入った 入った~ ~入り 入り~

「児~」 6816, 68ppm, 1673位

▼ 児~ (1471, 21.6%)

59 ように 35 ような 25 やうに 20 手を 17 顔を 9 やうな 8 ことを, ために 7 お蝶, 名を, 声が, 時から, 泣声が 6 如し, 泣き声が 5 妹が, 泣く声 4 ようだ, 一人が, 啼く声, 方は, 方を, 様に, 母と, 為に

3 [30件] うちに, ことが, ことである, ことは, まこともて, やうだ, 一人は, 上を, 中で, 中でも, 名前を, 平均寿命は, 手に, 方が, 方で, 方へ, 母親は, 癖に, 眼の, 者が, 者は, 腹を, 菰の, 趣味は, 足を, 間に, 隼太, 頭を, 養育を, 魂を

2 [85件] ありかを, あること, お母さんは, ごとく, ためには, ときに, なかでも, なく声, ひとりが, やうだつた, やり羽子, シンボルである, 一人として, 中の, 五六人前後に, 人形を, 入籍, 初声は, 勘弁勘次を, 口から, 口に, 名は, 啼き声, 声と, 声に, 声も, 如くならずんば, 如く信じた, 妹とは, 妹の, 妹を, 始末を, 姿が, 姿も, 姿を, 嫁に, 帋鳶見る, 彼は, 手から, 手は, 教育, 教育の, 数が, 方に, 時の, 末路を, 本性を, 枕もとに, 様な, 死体を, 死骸が, 死骸を, 母親と, 母親も, 泣き声を, 泣くよう, 泣声の, 浦ゆうち出で, 父と, 特権であり, 甘さ, 男だ, 男の, 相手に, 眼, 着物を, 神の, 籍をば, 籠を, 結晶らしい, 腕を, 血を, 襁褓や, 許に, 起ること, 足の, 身に, 通りに, 運命は, 運命を, 頬は, 頭の, 顔の, 魂が, 魂の

1 [941件 抜粋] あぎとふはあき, あとから, あのおっちょこちょい, あやしい戯れ, ありしもの, あるの, いうこ, いとほしけれ, うえでも, うちで, うち長男の, うれしいところ, おしくらだ, おしめが, おりから, おろせし餌, お仲間, お嬢さんです, お母さん, お燕, お約束ごと, お角, お角さん, お話しそれで, かぼそい女, かわいさ, ここだ愛しき, ことだ, ことに, ことサッと, こと君と, ころも, こゑ高く, ごとく呼ばん, ごとく政府, ごとく逃げ出して, ごと泣くなら, さけびが, しそう, すきな, すばらしい天才的感覚, せいだ, そのままの, その甚, たましい, ためだった, ためにだけ, ためにも, ちゃきちゃきという, ときから, とむらい彦, ない家, なが, ぬきあし, のぼせ上った目, ひろ子の, ほうじゃ, ほかに, まことこそ, ままの, まわりに, むすめ, めでたさ, ものなどに対しては, やがて生, やるよう, ようであった, ようね, よくやる, よさ, わりに, われより, アーントネリについては, アーントネリの, カポネが, クリストを, サクラ子を, シューベルトにとっては, タイピストが, ハックルベリが, パンドーラは, ピイピイ泣く, フレッドと, マリーの, ルイ, 一人であった, 一人である, 一人に, 一人も, 一人住まいな, 一団を, 一生も, 丈より, 三十余人の, 三年から, 上から, 上手を, 下が, 下駄を, 不憫さに, 不運を, 与助の, 世話などは, 世話を, 中盆, 主人として, 乞ひ哭く, 乱を, 乳を, 事だ, 事を, 二人組に, 五六人養っ, 亡骸です, 人形で, 人形などを, 人気者で, 人相は, 仕業と, 仲間入りを, 伯爵や, 住みそう, 体は, 体を, 例の, 保護不良少年の, 俺に, 傍に, 傍を, 元気の, 兄が, 児玉法学士も, 入口は, 全部でなく, 全面に, 兵士が, 冠って, 出どころだ, 出尻で, 出産以来私は, 切れ離れの, 利かないには, 前に, 前へ, 前型, 力をも, 勘弁勘次にも, 匂いが, 医学士めすてきな, 十郎は, 卅羽も, 友だちも, 口を, 古く錆びた, 可愛さ, 名と, 名前や, 名折れに, 君子の, 命名と, 命名や, 哄笑みたいな, 唇へ, 啼く, 啼に, 坊やが, 坊やは, 場合などに, 場合は, 声す, 売りに, 外套を, 大きいオキャガリ小坊子, 大勢四方八方より, 大怪我, 天地に, 夭折は, 奥さんにも, 女が, 女は, 奴らが, 好くの, 如き, 如き下司法師, 如き輩, 如くあること, 如くならざれば, 如くなり, 如く政府, 如く泣くも, 如く身, 如しと, 如しとまで, 妹な, 姉さん達の, 始末が, 姿に, 娘が, 娘だつ, 娘との, 娘の, 娘を, 婿さんだ, 嫌がるよう, 子孫の, 子守に, 孔雀に, 存在と, 孫を, 宣揚と, 家の, 家庭を, 寐姿み, 寝息でも, 対手に, 寿命も, 小さい脚, 小娘だ, 小説まったく実に, 少い所で, 尖る頭, 尻でも, 居場処であった, 岡っ, 巣で, 帯に, 帰来及び, 年また, 幸福なぞは, 廉一だけは, 強飯の, 影法師三吉に, 彼女と, 後ろに, 後姿が, 後影は, 徒初より, 徒窘窮し, 御話し, 徴号な, 心に, 心勇ん, 心持が, 快活さの, 思い出話の, 性根を, 悪人め, 悪太郎は, 悲しい運命, 悲しみを, 悲劇に, 愛に, 愛らしい顔, 感じが, 感化事業を, 慣行が, 憧憬は, 成長せし, 我儘放題に, 戦慄すべき, 戯れるよう, 所得に, 手の, 手習いに, 払をば, 押競を, 持ちまえで, 持って, 持てる処, 捨てられて, 揺籃に対しては, 揺籠では, 救済処置が, 文明は, 新しい生命, 方の, 旋毛位に, 明快な, 時々発する, 時代から, 時分には, 智慧敏き, 暗褐色, 有ること, 木とについて, 未来を, 末裔は, 本当の, 李に, 来歴が, 枕頭に, 柩に, 様なすんだ, 様子は, 標本篠崎仁三郎君は, 次郎の, 歌を, 正直さ, 死する何ぞ, 死ぬ時, 死んで, 死骸の, 殉情を, 母だ, 母であり, 母の, 母ポリムネストスの, 母親で, 母親の, 比率は, 毛の, 気分, 気分は, 気勢いは, 気性が, 気持だけが, 気紛れな, 汐干, 沽券に, 泣きさけぶ, 泣き声と, 泣き声は, 泣き声や, 泣く音, 泣声に, 泣声ほど, 洋子を, 洋服や, 洗練透徹した, 浦, 浦大王の, 清らかな澄み切った, 無邪気な, 父だつた, 父に, 父親だけ, 父親と, 特色は, 狙いや, 独占する, 猪吉とが, 甘える如くふみ, 生い立ちであった, 生まるべき, 生まれた環境, 生れたの, 生れたり, 生れる傾向, 生存競争は, 生理が, 生育の, 産湯する, 産湯であった, 田舎住居を, 男が, 男三人女気抜きの, 痕跡, 発熱は, 発育と共に, 白い顔色, 白衣と, 盗心を, 目に, 目は, 相場, 眉間を, 真似は, 眠った間, 眼あけ, 眼に, 眼にも, 瞳を, 矜を, 秀才が, 私にと, 私の, 種夫を, 竈は, 端くれかい, 第一線を, 答えが, 籍を, 籠は, 精神と, 糧大根土を, 紅い頬辺, 純な, 終焉記を, 絵である, 綺倆を, 総ての, 繩を, 罪では, 群が, 群れには, 考案とは, 者百人あまり娘の, 職人なぞに, 肌のさ, 肛門より, 肩組みには, 背から, 背なかに, 背へ, 胸に, 胸知らぬ, 脳天を, 腕の, 腹の, 膝の, 芸に, 若け, 若井氏さらり, 英雄青年レミンカイネンの, 荒々しい運動, 葉が, 蒲団の, 藤作が, 藤作や, 血と, 血や, 血管中に, 行列, 行手に, 行末までも, 袂に, 裸像も, 要求を, 見るもの, 見本です, 親たちの, 親である, 言ったこと, 試練から, 詩に, 認定を, 誓願擁護愛愍の, 誕生に, 誰なる, 讐覚悟しろ, 貴族の, 資格を, 質問と, 赤坊を, 足下に, 足幅に, 跡を, 身の, 身の上も, 身を, 身体には, 轢かれた遺跡, 迷イ児の, 逍遥を, 通訳を, 遊戯に, 運と, 道を, 達夫を, 部屋へ, 里が, 野武士たちと, 鈎にばかり, 鑑定法, 間で, 関係に, 険しい眼, 雅懐を, 青年を, 面よごしだ, 面倒をさえ, 面影は, 面目躍如たる, 音楽家より, 領土に, 頬へ, 頬ツぺたを, 頭は, 頭をも, 頭蓋骨の, 顋にも, 顔に, 顔へ, 顔立ちの, 類を, 風上へも, 風流を, 養育者ヴァルミキ仙来っ, 馬鹿, 骨を, 髪の, 髪の毛も, 鬼嚇し, 魂ひ, 魂百までって, 鳴くよう, 鳶色の, 黒い頭, 黒門町の, 鼻の

▼ 児~ (945, 13.9%)

41 抱いて 17 連れて 9 背負って 8 抱えて, 生んだ 7 かかえて, つれて, 伴れ, 持って 6 して 5 抱へて, 負って 4 もって, 引取って, 抱いたまま, 抱いた若い, 産んだ, 相手に, 見て 3 教育する, 生んで, 産みてよりは, 育てて, 見るよう

2 [50件] あやして, あやしながら, た, つかまえて, どうする, ひきいて, 乗せて, 分娩する, 前に, 励まして, 励ますよう, 包んで, 大事に, 大学校, 失いその, 従えて, 得ずと, 打捨てて, 抱きながら, 抱き上げて, 拾って, 捨てたの, 探しに, 攫って, 望む山, 棄てた場処, 残して, 殺して, 渡して, 無事に, 獲ず, 産む小さい, 産んだとき, 産んでも, 盗む話, 着た支那人, 置き去りに, 背に, 背負ひ, 胸に, 見せに, 見たき心, 見に, 設けて, 負いまして, 負うて, 返さねば, 選ぼうと, 遺して, 養育した

1 [675件 抜粋] あげた, あつめて, あやすと, あやすよう, あやす為, いたはり, いたわるは, いだして, いとしがられまし, うまうま, うんで, おあやし, おそいます, おどせば, おのれが, おびやかした海竜, おぶった上さん, おぶった児供, おぶって, および出し, おらが, おろして, お定, お津賀, お返し下さいませ, かかえた母親, かかえゆさぶって, かかえ捕われて, かわいがって, かわいがられると, かわいそうに, くくりつけたお, ぐっと抱きしめ, ここに, この控所, この部屋, これへ, さがしたが, さしつけても, さしのぞきいくらか, さなき頃, さんざんに, しゃがませ目, すぐに, すてて, せめたが, そこへ, その殺人狂, その背, その鼻, そらら, ぞんざいに, たずねあるいて, だれにでも, ちょう愛し, つかまえに, つかむの, つぎに, つくづく見た, つくること, つつんで, とりあげた時, どうしてなくした, どうして厄介, どうして育て, ながめむとて, ながめるのほか, なくしたとか, なくすという, なだめてから, なだめるよう, なみなみに, ねんねこで, はぐくんで, はじめ一同, はらむ恐ろし, ば抱き, ひきつれて, ひしと抱いた, ひどく可愛がる, ふり返っ, ほとんど死に瀕せしめた, また思い出しました, また返す, まだ年, まとめて, まどひ, まもるため, みのえ, もった家, もつ直次, やたら生産, やったこと, ようやく親, よく伴, よそに, よびて, よろこばせるの, ピツタリと, ヨイヨイたたきながら, 一人ずつ, 一人も, 一人生ませ, 一尺ばかり, 一層幸福, 一着し, 三人連れ, 上へ, 下して, 不具に, 両手で, 両手に, 主に, 乳し, 予想し, 二三人連れ, 二人抱え, 二人生まし, 二組紹介し, 亡くした, 亡くしたですが, 亡った, 仕方なし, 仕込むよう, 他の, 仰向けに, 伴うて, 伴ひ, 伴侶と, 佐世保や, 作って, 作る, 使って, 促した, 俺たちの, 偲ぶ歌, 儲けた, 先立てたこと, 入れて, 再び抱き直し, 出して, 出来したと, 励ました, 動かしたであろう, 動揺って, 十五六人もつれ, 十文字に, 危い, 取り立てて, 取り逃がして, 可愛がっ, 可愛がった, 可愛がって, 叱らぬの, 叱り諭し少く, 叱るとも, 叱れば, 叱咤し, 吾が家, 周囲に, 呪う絵巻物, 呼び出しました, 哺育した, 商家に, 啖った, 喚び入れた, 喚ぶ女, 喫いおわり, 嚥ま, 四人殺した, 坐らせて, 執って, 堕されりゃ沢山, 堕すなどという, 塗つた雨外套為事着長靴水を, 売って, 大変に, 大肌脱, 天才少年に, 失う度, 失ったので, 奉ずる者董彦杲, 始め四人, 娶った, 娶ったという, 嫁に, 嫁入らす, 子供を, 孕むもの, 孕んだ実は, 守り乳, 守り我不在, 宗矩が, 宿に, 寐かしつけ, 寝かして, 岩の, 差置いて, 平らげんと, 幻に, 幾人と, 引きと, 引き取つて, 引き取らそう, 引き連れて, 引つ張り出して, 引卒し, 引取つて自分の, 引立て乾児, 引続い, 得ずだ, 得ずっていう, 得ずという, 思い出す様, 思うさえ, 思うと, 思わせるもの, 急き立てて, 恋い死んで, 悧巧だ, 悩死せしめ, 愛しられそう, 愛撫した, 愛育した, 慕って, 憂鬱より, 懐に, 懐妊し, 戒め汝ら, 戦場に, 托す願わくは, 抑え左, 抑へ, 抱いたま, 抱いたまま健三, 抱いたり, 抱いた夏, 抱いた女, 抱いた樋口大尉, 抱いた背, 抱いても, 抱えたその, 抱えたまま行き倒れ, 抱えた女房, 抱えた近所, 抱え五歳, 抱かし己, 抱きあげて, 抱きかかえるよう, 抱きしめた, 抱きしめ蒲団, 抱きそやして, 抱きて, 抱き下し渋紙, 抱き取り黝, 抱き取ろうと, 抱き家内, 抱き寄せるよう, 抱き寝し, 抱き書斎, 抱き片手, 抱き締めつつ, 抱き足弱, 抱く手, 抱けなかった, 抱へ, 抱へながら, 抱擁へ, 拘引すべし, 拵えて, 拵える位, 拾うこと, 持ち得ない物淋し, 持て左, 指さして, 挙げざるは, 挙げるに, 挙げ七人, 挾んで, 捉えようと, 捉え帰り今一狼, 捕えて, 捕え得将, 捕ろうと, 捜り, 捻るより, 授けられるという, 控えて, 握るが, 揺つて相, 揺りながら, 揺るは, 揺籃に, 放ち遣ること, 放つ, 救いしを, 教育せられん, 教育せり, 斬り伏せこれ, 旅に, 曠野手と, 替り番子に, 木の, 本気に, 杖で, 棄てた, 棄てた始終, 棄てる日, 横すじかいに, 横抱きに, 歩かせて, 残し年取った親父, 残す事, 殺したが, 殺したる事, 殺した時, 殺し食膳, 殺す青年, 母が, 河童頭に, 洗って, 洗ふ, 浴せしめんと, 深海松の, 激しくゆすりあげた, 片袖, 牛乳で, 犬や, 猟り集め, 獄窓の, 獲ること, 率い襲って, 率い農家, 生け捕って, 生ずるもの, 生まず不徳, 生みたいと, 生みました, 生みました二人, 生み棄てて, 生み落した, 生み落したの, 生み飼主, 生む, 生むこれ大河, 生むとさえ, 生むとて, 生むの, 生んだが, 生んだと, 生んだとかいふ, 生んだところ, 生んだの, 生涯再び, 産ましめるため, 産まず人児, 産みおとすと, 産みつづけた, 産みますか, 産み落したるその, 産み落して, 産むから, 産む女, 産んだから, 産んだこと, 産んだの, 産んだよ, 産んだ時, 産室から, 産落しました, 申立てる, 留守居に, 疑ったの, 痛いほど, 発したので, 発見けたり, 皆引張っ, 皆殺しに, 盗み出したが, 盗むので, 盗んでは, 盗んでるつて毎日, 真似て, 真実の, 着たり, 睨みつけ, 知って, 知つ, 知るは, 短夜の, 礼拝した, 禁じて, 私の, 積材の, 窃み来っ, 紐で, 結いつけおんぶ, 結いつけたる紐, 結びつけて, 縊り殺した, 繋って, 置いて, 育つるに, 育てたいと, 育てなくては, 育てるに, 育てるの心配, 育てる訳, 育て上げて, 育て誠実, 背負い五つ六つ, 背負い五歳, 背負い幼, 背負ったお, 背負ったまま, 背負った八歳, 背負った若い, 背負つた十一二の, 背負わせて, 自ら選びたかった, 自分の, 自動車へ, 舞台に, 芹橋さんの, 落す奴, 薄気味悪いほど, 衝き飛ばすよう, 袂へ, 見おろして, 見かえりつつ, 見せると, 見た, 見たよ, 見ながら, 見まもって, 見るが, 見るに, 見るにさえ, 見る度, 見分けること, 見守った, 見守って, 見幼, 見捨てないで, 見殺しには, 覗き込もうと, 親勝手に, 訛ったので, 設けた現在, 設けられた真, 誘って, 誰の, 諭すよう, 負う, 負ったお, 負ったなりに, 負った例, 負った四十, 負った女, 負つて昼飯, 負ぶ, 負わせた三人連れ, 貰って, 買いて, 起こすかも, 起して, 蹴る, 蹴ッ, 身代りに, 軽蔑し, 載せた乳母車, 迎えること, 返して, 遊ばして, 遊ばせて, 道祖神の, 選ばせたとしても, 選み得る, 選んで, 釣るべき器械, 銜えて, 長養した, 降し賜わった記念, 陰気ものに, 隠す神, 雇って, 離れず大, 雪の, 非常に, 須可捨焉乎, 預かってでも, 頼んで, 食おうと, 養い, 養うた例, 養うよう, 養はんこと難し, 養女に, 養育する, 鼎中に

▼ 児~ (660, 9.7%)

7 ある 5 あって, 生れた 4 出て, 出来て, 生まれて, 私の 3 あった, 次の

2 [34件] あったが, ありました, あるん, この虫, これも, ついて, やって来て, 一面に, 二十なら, 二本の, 住んで, 口を, 四歳の, 少かった, 愛づる薄葉鉄の, 手押車を, 持って, 日本に, 来た, 来て, 死にそう, 母の, 泣いて, 生れて, 生れました, 目に, 眼を, 立って, 肩も, 袖を, 走り出て, 遊んで, 金を, 駈けて

1 [553件 抜粋] あったこと, あったなどとは, あったの, あったのみ, あったん, あの中空, あの時, あはれあはれ猫の, あまりに久しく, あやに, あらあ, ありその, あります, ありますか, あります先生, あるという, ある日, ある浅黒い, ある無理, ある程, あんばいが, いいもの, いかに余所, いくらでき, いた, いちばん無遠慮に, いちゃ, いっしょに, いつか家督を, いて, いないと, いました, いる, いること, いわゆる馬鈴薯, えびら, おあり, おとなしい, お兼, お宅さん, お宮参り, お気に入りです, かえってよくなる, かわいいん, がらくたの, くっつくと, くなどに, この片田舎, この花, この街道, これ等の, ござります, ごぞ, さすがに, さびしさうにまた, ざらに, しあわせでいる, しきりに目, したしめば, して, すぐにきんちゃく切り, すやすや睡っ, そのまま生長, その中, その名, その母, そばへ, それだ, それを, そんなに思っ, そんな芸当, たつた一人仲間, たまたま時雲, つながり合った, つめ込むの, つれ去られ, できあがるの, できかけて, できて, できること, でき孫, とても巧, ともすれば熱, どうした, どうしてふみ, どうして狼, どこかに, どんなによくなる, ないから, ないと, なく姉娘, なげた石, なさそう, にわかにハニカン, ぬつと, ひきうけましたから, ひとり上がっ, ひどく弱くて, ひもじく育った, ひょっと頭, ふえ売女, ふっと消え, ふとした拍子, ほしい, ほしいん, まいりましたから, またたわいなく, また不孝, また取ろう, みるみる渋面, みんな痩せ細っ, むこうみずにも, もし二十五, やけに引っ張る, やったの, やっとの, やや大きく, よく啼く, よろめいて, わずかな, ゐて, ゐる, インカの, オジサン電車賃ない, ギャアギャア泣い, チブスである, チャンと, チョロチョロし, パンと, ヒヨロ, ヒーヒー喚き立てる, ピーピー泣い, ベッタリと, 一人ある, 一人い, 一人ござっ, 一人しか, 一人も, 一人やられた, 一人円い, 一人小さい, 一人生まれました, 一人生れる, 一人衝立つてゐた, 一人通る, 一女性の, 一方で, 一番心に, 一番欲し, 一途に, 七転八倒します, 三々五々やつ, 三人あつ, 三人で, 三味線に, 三四人立ち停つ, 三疋より, 三輪車を, 下りて, 世によくある, 並んで, 中学で, 中盆, 中途で, 主であっ, 久保を, 乳母の, 乳飲児を, 事実において, 二三人つれだっ, 二三人の, 二人あった, 二人井戸端で, 二人姪の, 二人指を, 二度ほど, 二疋より, 云った, 五六十人まずは, 井戸の, 交じってること, 人と, 人形で, 人蟒と, 今日は, 今朝樫の, 仕事の, 仕事を, 代る代る彼, 位牌を, 何か, 何の, 何んの, 何度も, 余り可, 余念も, 例によって, 便所に, 俵を, 働くの, 僕の, 儲けられて, 先に, 先立ったこと, 入って, 入ること, 入学以来ズット引続い, 其処から, 其処の, 其女の子の, 冬外套を, 出来た, 出来たの, 出来た時分, 出来ないと, 出来ないまでも, 出来る, 出来るか, 出来るならば, 出来るので, 出来るもう, 列を, 剥製の, 力こめたる, 力めて, 十や, 十四で, 十四五歳に, 叔父に, 受けなければ, 口惜しがっ, 口笛に, 可哀相で, 可愛いとか, 可愛いの, 可愛くて, 可愛そう, 同じ級, 同胞達から, 吠え付き, 味方が, 呼ぶ頃, 哺くまれ, 唄を, 問へば, 啼いて, 喜びました, 嗄れた声, 四つとは, 四肢で, 坐るという, 堕落した, 増大する, 声を, 外すと, 多く集まっ, 夜の, 大きくなったら, 大事なら, 大多数, 太鼓売り, 奥多摩の, 奥様の, 女で, 女として, 好きだった, 好きな, 如何に, 妾の, 宜い, 寒ざらし, 寝かして, 寝ころがって, 寵愛なおざりならず, 将来間違いなく, 小く, 小さくなつ, 小さな幽霊, 小そう, 少しずつ, 尻を, 尾けたり, 居た, 居ないと, 居ましょう, 居ますもの, 居るには, 屡行, 岳とは, 左右から, 左門眼がけて, 帰って, 年長の, 広く行われ, 店の, 店へ, 当日打ち揃っ, 彼に, 御在, 思いがけなくこう, 急に, 怪訝相な, 悪くなっ, 意を, 意地の, 愚なる, 愛して, 憎いん, 成人し, 成長し, 戸の, 手を, 手拭だの, 抜き身を, 押して, 拗ねでも, 指を, 支那米の, 文金高髷の, 新調の, 日の, 日数が, 早く極楽浄土, 時々泣く, 暇に, 暗い靴, 最も栄え, 有ます, 有りますからな, 木の間を, 木立ちを, 本虫, 本院の, 机の, 来る, 柔道三段ぐらいに, 梁から, 梳毛一綛を, 榻の, 横から, 横たわって, 横撲り, 欲しいわねえ, 欲しゅうございます, 此処に, 死んだの, 殖えたばかり, 母や, 母を, 母親に, 気た, 気にか, 気味悪いぶらんこ, 水溜りに, 泣いたので, 泣きだす, 泣きます, 泣き出したの, 泣き立てますので, 泣き続けて, 泣き馬, 泣くこと, 泣く泣く口真似, 泣出した, 流れに, 浜島茂です, 涙を, 淋しく待っ, 濃い化粧, 瀕死の, 火の, 火鉢なんか, 為に, 父さん母さんッて, 父親に, 牛輔を, 牡蠣籠みたいな, 犯人だった, 独あそび, 独楽を, 猫に, 現代に, 甘えるよう, 生まれたであろうという, 生まれたという, 生まれたら妾どうし, 生まれる, 生まれるまで, 生まれるよう, 生れたと, 生れた時, 生れた時分, 生れてから, 生れぬ前, 生れますと, 生れるか, 生れる二年前, 生れる泣声, 生活し, 産まれるや, 産れ, 産れる, 申し合せて, 男として, 男児の, 疵も, 病の, 病中である, 病院い這入っ, 痲疹から, 白い百合, 皆雪, 盆飯を, 直立する, 眠って, 硝子扉に, 確実に, 神奈川県の, 私似である, 稍大きい, 立ち並んで, 立つて, 第一春, 米代と, 糸の, 紅葉の, 素早く拾った, 素足へ, 結婚した, 結局アイルランド総督では, 美しい布, 羨ましい, 耳の, 背後から, 背負って, 胸の, 能, 能く, 脇差しを, 腸を, 膝を, 自慢の, 花束を, 茱萸を, 草むらに, 血相を, 行われて, 裸の, 見たくなると, 見事な, 見物し, 触る梅, 言つた, 許されて, 話題に, 負され, 買って, 贅沢な, 足を, 足袋跣足で, 跣足にな, 跳り出した, 軒下に, 追っかけて, 退きだしたぞ, 途で, 這い出したよう, 遊びに, 遊ぶ手毬, 遊れ, 酔った爺, 酷い叔母, 醒めるの, 鈎を, 鉱毒運動を, 鎌を, 長いもち竿, 雛壇の, 雨露に, 青洟を, 静かな, 頭うち振る, 頭に, 頭にも, 顔でも, 風呂敷包みを, 香入れを, 馬鹿に, 駆けて, 駈けま, 騒ぐかい, 驚いて, 骨壺を, 高く積まれた, 鬨の声を, 鱚を, 黒い洋犬, 黙って, 鼻を, 鼻汁を

▼ 児~ (600, 8.8%)

5 それを 3 女の, 目を

2 [19件] この時, すこしずつ, それから, そんなこと, どうした, 丈夫そうに, 声を, 女でも, 如何に, 始めて, 手に, 死んで, 母親に, 狼狽し, 王の, 眼を, 親分を, 言った, 黙つて

1 [551件 抜粋] ああ, ああいう, あきらめに, あそこへ, あなたと, ある年, あわただしく眼, いかにも幸福そう, いけないというは, いっしょに, いつもこう答えました, いつもよい, いつも黙, いづれも, いないかネ, いよいよ小次郎, いよいよ超, いよいよ逞しく, うち弁慶旅に, うなだれて, おとなしい児, おどろいたよう, おはつどの, おもむろに育っ, お三ちゃん, お前より, お手玉に, お茶, かう言つて, かくして三百六十五日, かくして常に, かくの, かつて米搗, がっこと, きのうの, くろぐろした, こういう訳, こうして家郷千里, こうは, こう云う, ここで, ここを, このお, このまま, この味, この草, この頃, こましゃくれて, これからどうなるだろう, これを, こんなこと, こんな姿, さう, さだめしお父さん, ざらに, しげしげと視, しだいしだいに, じぶくって, すいた, すぐに, すぐもぎ離したら泣き死のう, すぐ乳首, すぐ悪く, すぐ直覚的, すっかり呑ん, すでに生れ, せいぜい四, せがむ, せゐぜ, そう云われる, そないし, そのすがすがしき, そのまま死ん, その刹那, その姉, その度毎, その後で, その愛嬌, その方, その日外, その母, その母親そつくり, その清新, その生存, それでなくっ, それに, それは, それ墨の, そわそわし, そんなに乳, そんな意地汚し, たあいが, たしか銀座, たちまち歩み, だれかと, つとお, てっきり置燈籠, ところ狭し, とても助かるまい, どうし, どうして育つでしょう, どうするだろう, どうせ病気, どれも, ないし, なかなか手数, なかなか賢い, なくたった, なにを, なんだ, なんという, なんにもいわず, にわかに走り出, はじめて天下, ひどい事, ひょいと躍っ, ふざけるだけ, ふたつの, ふつうの, ふろしき振り, ぺたんと尻餅を, ほんとうに, まい子に, ますます喜ん, ますます我がまま, ませて, また向う, また好ん, また格別情愛, また活き, まだ乳房, まだ坐れないらしく, まだ学校, まったくの, まったく何, まぶしさ, みな偉大たり, みんなまるで, むくろ, むずかり出す, めいらずに, もうあの, もうすでに女特有, もう原, もう床, もう死に, もう泣き嗄れ, もう許婚, もどかしくなっ, ものに, やがてばたばたと, やがて呼ばれ, やすら, やっとすこしばかり, やはり咽びつづけ, やはり男, やはり黙っ, やるまいと, よく眠っ, よろけながら, よわかった, わが児, わたくしの, わたしが, わたしも, わつ, われら近代の, われ先にと, われ勝ちと, エアリイオイに, カランコロンと, クリスマスを, ザックバランでも, シッシッ唾を, シンに, タジドが, ハアハアと, ハアハア言っ, ハモニカを, ペガッサスの, マニョンの, メリンスの, ロイドと, 一〇人中二人が, 一つに, 一つ上の, 一人も, 一人前の, 一句に, 一層眼, 一日ずつ, 一日千円の, 一杯食つた切りで, 一歩お膝下を, 丁度この, 丁度今私, 丁度子供, 七つで, 七つに, 七つ八つに, 七日後に, 丈のびぬ, 三郎当歳, 上戸ばかりと, 不幸に, 不気味な, 世界に, 両方の, 両股, 丸出しの, 主家の, 乳房に, 乳房を, 了簡が, 二人とも, 二夜の, 五つだった, 五人七人隊を, 人間よりも, 人間界に, 今や政治上, 今年二つに, 今拵ら, 今日も, 他人に, 他所の, 仮橋普請, 件の, 伊賀の, 位置が, 体を, 何に, 何にも, 何ものかに, 何故に, 作左また, 促して, 個々の, 先生と, 全で, 八つ口の, 円い眼, 冷淡に, 凍え始め劇, 刀の, 到底この, 則ち, 力およばず, 勇敢にも, 動作全く, 北野家の, 十二三に, 十娘だ, 十歳に, 半も, 半七ら, 半歳の, 即ち十一歳, 厚い胎衣, 厭がった, 可愛いには, 同じよう, 向かい合わせに, 吻っと, 咳を, 喇嘛の, 喜べり外に, 喜んで, 嘘が, 器用な, 回教を, 土間の, 地を, 地理的にも, 壮健そうな, 夜他から, 夜半に, 大きい方, 大きい湯壺, 大きなやえ歯, 大よろこび, 大変おとなしい, 大工に, 大食させ, 天の, 天子様の, 天性芸道に, 女の子の, 女の子を, 女子で, 如何しけん, 如何する, 妙に, 姿を, 威張りたがる, 嬉々として, 定斎と, 実は神様, 家々に, 容易く餌, 小さいし, 小さい癖, 小娘の, 少々二の足, 少しも, 尼僧の, 居崩れて, 屍の, 履が, 師匠に, 常にこの, 常にその, 常陸の, 年はるかに, 年十三四なるべし, 幾の, 弱い, 強敵を, 彼が, 彼女に, 心も, 心得たもの, 必ず歯, 怖い顔, 思つたよりも, 恐らく重蔵, 恕し, 息を, 愉快そうに, 愛する夫, 愛らし, 懐に, 成人せり, 成人に, 成育せり, 手を, 承知の, 指さして, 指を, 放りだされて, 故意に, 斯う, 新しい衣, 日本の, 昔に, 星の, 時々彼等, 時どき立ち留まっ, 普通より, 最早兵隊, 未だ, 朱恩寵極まりなし, 机の, 松川に, 果たして生き返った, 棺の, 楽に, 楽天的だ, 正月を, 正直な, 正直者です, 此人で, 死にかかって, 殆ど泣き, 殺さねば, 母なる, 母の, 母親が, 気が, 気味悪そう, 水の上から, 水道の, 河北の, 波が, 泣いた, 泣顔あげ, 流石に, 浅井どの, 淵と, 湯を, 満足に, 満面に, 火の, 焔を, 無事で, 無益に, 無邪気であった, 煎餅を, 父と, 父の, 父親に, 父親の, 牙を, 物覚えが, 特に仕合せ, 特別なる, 独りで, 猶乳, 王を, 生きて, 生くべき, 生まれて, 生まれてから, 生まれ出る, 生みの, 生れて, 生れながらに, 産み落せしか, 男の, 男の子に, 男も, 男親に, 畳の, 疾うに死んだ, 病児で, 病気にな, 痙攣を, 目に, 相手の, 眠つた, 矢張遠い, 短い振分髪, 石の, 石鹸の, 祖先を, 祖母の, 福相が, 私の, 空の, 窓へ, 立つ事, 笑って, 第三回目, 算術を, 節制する, 紙鳶と, 素早く窓, 総じて早熟, 緑便を, 縄目の, 美しく清らか, 美化され, 聞かないよう, 聴かなかった, 育たんもの, 能登半島から, 脇差しを, 自ら意識する, 自分でも, 自分の, 自分を, 自分達の, 自慢した, 色が, 芝居気が, 芸者に, 蒲台府の, 藤蔓に, 虎を, 表を, 裏の, 裸で, 裸足なりに, 見慣れぬ丑松, 親仁より, 角川家の, 訊いた, 詩歌で, 誰だ, 誰に, 誰の, 賢い児, 賢し, 赤いメリンス, 走り寄っ, 走れども, 身に, 軍歌うたひ, 軽かった, 軽蔑される, 辛く一方, 近くに, 途中の, 遂にその, 遂に癒えざるべし, 過ぎゆき, 鉄柵を, 長脇差の, 雲雀と, 電柱や, 電車の, 露台上手へ, 非常な, 頗る慧, 頤を, 頭に, 飢に, 駈け寄って, 黙って, 黙つて笑つて

▼ 児~ (317, 4.7%)

14 なって 9 乳を 6 乳房を 5 して 3 しては, なつて, なろうと, 何か, 化けて, 向って

2 [16件] なった, なつた, なると, 乳ぶ, 似て, 何の, 変って, 手を, 添乳する, 用を, 相違ない, 罹つて, 読まれるの, 逢はれない, 限って, 頬ずりを

1 [233件] あなたは, あらず斯様, ありしよりた, ありては, ある, いいながら, いたしまして, えらいことし, お花, かかって, かからないよう, かかりました, かくされし靴, くらべ, さへも, さる非道, しちやア余り, しろわたし, しろ女, し一方, すぎない, すぎない高, すぎなかった, すぎなかったから, すこし毛, するか, するぜ, するの, するもの, そうする, ただ一つ, ちょうどいい, つかまってる方, つけて, できて, とつて, どれ位母親が, ない一種, なくて, なっただけの, なったでしょ, なったとき, なったばかり, なったり, なっても, ならうか, ならうとして, ならせなければねえ, ならんか, なりかわりまして, なりきって, なりすまして, なりました, なりましたネー, なりますよ, なり格闘者, なり終って, なり親方夫婦, なること, なるという, なる結果, なれ女, なろうか, なろうぞ, なんでこの, のませた婦人, のみ許された幸福, ひとしお不便, ひどく悪性, またいっ, むかって, めぐり会うよう, ものを, やがて追い着い, やって, やらなけりゃいけない, トンと, 一寸尋ねた, 一片, 一片やっと, 三十八九なんて, 下駄を, 与へる, 乳ふくませ, 乳房啣せ, 乳母を, 云うわ, 云わせると, 仕立てあげなければ, 仕立てあげられるの, 似た, 似たという, 似たり, 似たりと, 何が, 何にも, 作られてる者, 倒された, 児を, 共通な, 刃物を, 分けて, 別条はねえ, 刺戟され, 勝利を, 包まれて, 占領され, 厚い毛皮, 双児を, 取って, 取っては, 取入って, 叫ぶ, 名を, 向けながらも, 向ければ, 命ける, 命じるお初, 因果でも, 堅く口外, 声を, 変ずる力, 変装した, 夕方の, 外ならず, 外ならなかつた, 多いのよ, 多い眼, 大金を, 太郎という, 女や, 学問は, 定斎と, 家内を, 幸あれと, 店の, 当てさせる遊戯, 当らぬやう, 当然似ます, 御座候小生に, 心もち藍の, 心を, 怪訝る, 恋ふべき, 恋を, 愛の, 成って, 成りましたね, 手甚く破られ, 担がせ逃げたの, 持って, 暖く, 極めて上手, 死なれて, 死ぬべき何, 気がついた, 気がつくと, 気づいた者, 決して, 泣きながら, 注射する, 注意する, 注意を, 浅瀬を, 淡い魅力, 渡すよう, 湯を, 滋養分を, 灌腸する, 珠やら, 現われたる特徴等, 生れかわること, 生れてるの, 生れ代って, 留守させ, 異ならず, 目を, 相応しいもの, 相違ありません, 着せたのち, 着せて, 示した作, 示す詩, 立ち帰る事, 罹った, 罹って, 育ち行, 育った, 育てたい, 胸を, 腕枕を, 自分で, 至っては, 苛責られ, 見える度強, 見せずほと, 見せたので, 見せながら, 言いつけて, 詫び足りず, 話しかけて, 誘惑された, 語りて, 語るが, 調法が, 贈るを, 身の, 軽蔑される, 近いこと, 通ふ, 逢うこと, 逢って, 遊びの, 違いありません, 違いない, 遺そうかと, 酷いっ, 酷きなりけり, 銚子酒杯取り持たせ, 銭を, 鎌を, 附けて, 霰が, 響くじゃ, 頬摺し, 頭に, 風船玉を, 風邪を, 食わせまた, 馬を, 驚かない訣, 髪を, 鹿

▼ 児~ (211, 3.1%)

6 地頭には 4 女の 3 なって, 一緒に, 云ふ, 雖も

2 [12件] いえども, きめて, すること, であった, 並んで, 云ったの, 云われた程, 朋達と, 来て, 違って, 顔を, 黒猫

1 [165件] あなたが, いうが, いうと, いうならば, いうので, いちばん仲, いっしょに, いって, いつも一緒, いつも自嘲, いふべき此, いわざるを, いわれたな, いわれて, いわれるの, いわれ父, えらい仲, おっしゃるから, おんなじこと, お附合, さへ, されて, して, し養ったので, そうでない, そこには, その側, その遊び相手, だき合って, つけた, なし阿姐, なった, なったの, なったもの, なった主人公, なった事, なった我が, なった落語, ならねば, なりおお, なりそのままずっと, なりて, なり幕府, なり現実, なり終ったので, なり高い, なるし, ふたりきりの, ほこりに, みずから放送した, やなら, ゆるして, わかる浅黒い, リボンを, 一所に, 中以下の, 中耳炎の, 乱交の, 乳の, 乳母を, 二人おいで, 二人ぎりで木曽の, 二人で, 二人放られ, 云いたげである, 云う, 云うの, 云うもの, 云う女, 云う風, 云つてある, 云つては, 云われ満州, 五つの, 交互に, 何か, 何ら変らない, 児重なり, 六歳くらいの, 分っては, 別に違わぬ, 別れるの, 力を, 区別が, 取縋り立, 同じよう, 同一ように, 同夥, 同意義, 同時に死ん, 名けて, 向かい合って, 吹聴した, 呼ばれた, 呼ばれて, 呼ばれる, 呼ぶこと, 呼ぶと, 呼ぶの, 喧嘩は, 喧嘩を, 噛みあう気, 四つの, 地頭に, 大きな人形, 大庭で, 女中との, 姥との, 定ってる, 定りましょう, 将軍家の, 小さい女, 山女と, 岸井の, 師範との, 幸運女とは, 廂合の, 彼を, 後人に, 思いません, 思ひ込むでも, 思われぬよう, 感じの, 戯れながら, 暗色の, 書いたり, 枕を, 横たはる, 段々合っ, 法師との, 浮浪児とは, 添臥の, 潤太郎さんとを, 猪の, 猫の, 生まれ此, 男の, 白人との, 知ったら腰, 知って, 知合いに, 突き衝る, 結婚する, 絣の, 綽名されてる, 肺炎とを, 自らを, 自分の, 舅の, 見えて, 見える, 見える某, 見なすの, 見做, 見立てもし, 親船に, 触れて, 言って, 言は, 言はれる, 言われる, 話を, 遊ぶの, 過した半年間, 高梨との

▼ 児~ (142, 2.1%)

1154 ねえ 3 から, と云っ, と思っ 2 からな, そうで, な, の

1 [105件] お前さん何の, からあなた方, からあれ, からお, からかわいそう, からここ, からそう, からそれ, からで, からねさあ, からね泣く, からめでたい, からもう, からもうちっと, からアツサリ, からホラあすこ, から一人, から二三日, から余程, から八軒家, から可愛い, から同情, から小さな, から悦ん, から時々, から根性, から殺, から泣く, から私, から見た, から解い, か分らぬ, か判りません, が, があいつ, があたし, が三喜, が今, が何, が言ってる, けれど可愛い, こと, そうでございます, つた, つたから, つたのに, つてのは, つて言はれた, で伯母さん, という, ということ, というん, という冷たい, といえる, といっ, といふ医者, といふ女, とかいう噂, とか左様, とする, とそういう, との事, とまた, とまで見られ, とも伝えられ, とわかる, と云う, と信じ, と叫ん, と実, と心得, と思う, と思われたであろう, と早, と書い, と申します, と私, と称し, と自慢, と見た, と言った, なという好奇, なんていった, によって母, ね大きな, のう久しゅう, ものやっぱり, ものを, もの窘められ, よまた, よ斯, わい, わね, わねえ, ッて, ネ, 一旦請合った, 今のう, 余計者だ, 大気な, 好い児, 寐な, 弟の, 構やあ, 浮浪児だ

▼ 児~ (138, 2.0%)

22 あつた 2 ね, 鼈甲猫の

1 [112件] あつたらしい, あのとき, あらうと, あらせられたかの, あんなの, いつもジルノルマン氏, いわゆるメチス, お在, お旗本, お繁, この国, ござりました, ござりまする, ごぜえました, さっぱり音声, しかもずっと, しかも両者, して, せうなんだか, そのうえ顔, そのせい, その人形, その名, その土地, それでいて老成, それを, ちつとも, どっちも, べったり床, まことに可愛, もう障子, わしの, わたしの, アダコ, キリシタンの, ハイネは, ビロードの, ホテル, マニョンに, 一層小さな, 一番近い, 七つに, 三人は, 上が, 両手の, 中学校を, 乳兄弟とでも, 乳姉妹, 五つの, 人なつッこく, 人手に, 人気が, 今も, 今年八歳に, 今迄, 偸られた, 優しい眉, 医者から, 十分人間の, 同じ年輩, 器量よし, 困り切ります駄々, 妙な, 始めて, 娘盛りにな, 実家は, 年や, 年少の, 年齢も, 廿二三歳で, 弟の, 弱って, 後に, 御座りまし, 心霊的読心術の, 忠臣蔵の, 承知の, 暮しに, 服装も, 横着者だった, 毎日羊の, 江戸府内で, 洗礼の, 浜町花屋敷の, 目の, 相州の, 社交性が, 私を, 納まって, 素敵に, 肩が, 育った者, 自分の, 自由主義の, 色が, 色の, 花の, 英雄の, 詳しいこと, 誰は, 警護の, 趣味の, 足らぬ時, 身を, 身長こそは, 近頃有名, 通して, 野面や, 金持や, 阿父さん, 面白い肌合, 鯰ばかり

▼ 児~ (137, 2.0%)

2 あった, ありました, ある, あるが, しみみ摘み, すく, 今は, 多かった

1 [121件] あつた, あのやう, あのよう, あまり変らん, あまり平和, あるから, ある上, あんたには, いい塩梅, いかにもおもしろ, いれば, うろうろ遊ん, かつては, きっとそうでしょう, こうなっ, この人, これには, しかし唯一筋, すぐ見分け, だまる, だまるはず, だまるん, とうにこと切れ, とり立てて, どの児, ばばの, ふる, ぶらんこに, また殺され, みんな同じ, もう行っ, もう駄目, もし若様, もてあまさざるを, やくざな, わずか十ヤード, スヤスヤ寝, テングサの, パンパンも, 七八人持っ, 世間の, 二カ月前までは, 二人三人見える, 亦奇女子, 何かの, 何の, 元気よく, 先生おもい, 其が, 其傍に, 出来る児, 分かたなければ, 北ゆく, 厭か, 同然どうにも, 同然甘えものだ, 呂布に, 大層姉, 大抵同じ, 女である, 実は源作, 少しばかり, 少将の, 尻ッ尾を, 居ります, 居るが, 年よりも, 強健に, 彼の, 往生だ, 心得て, 忘れて, 悲しい声, 懲らして, 或は年, 拝みたかろ, 持って, 指を, 攫われること, 散り来往, 最早どうにかこうにか, 有つ, 有ませう, 来て, 此に, 歩いた, 死亡した, 殺して, 気が, 気がついたらしく口, 汚ない扮装, 江戸ッ児市川宗家エド蔵の, 沢山居ります, 泣いたり, 泣かずば, 泣き出した, 滝あみを, 無い人, 生きて, 生れお, 病には, 真面目な, 眼を, 知って, 知る徐寧, 立派に, 笑顔を, 筒袖は, 続いた, 縄目の, 老も, 育て親, 舌ったる, 裸形の, 遊び楽しむ, 配給なし, 鏖し, 間もなく治癒, 黙るああ, 黙るおら, 黙る浪人組

▼ 児~ (99, 1.5%)

3 がある, のこと, の庭 2 のため, の台所, の揺籃, へつれ

1 [82件] からお前, からの帰り, からはじまる, があり, がいるなら, がない, がなけれ, が建ち, が附属, こせえた, さやって来た, さ来た, さ酒, じゃ時間, そなえつけの, だの, では清潔, でミーチャ, で子供ら, で見た, との結びつき, との関係, にあずけれ, にかかずらわっ, にする, にそういう, になじみ, には人気, にまでひろがっ, のところ, のほう, のアジプロ, のホ育費, の中, の久保, の二十日鼠, の何人, の保母, の入口, の問題, の外庭, の寝台, の小屋, の成り立ち, の方, の施設, の有様, の煉瓦, の生活, の表, はキット一人, は千人, は子供, へあずけ, へあずけさせない, へあずける, へいずれ, へかえる, へは行かなかった, へゆき, へよこさなくなった, へよりそれから, へ出入, へ役所勤め, へ毎日, へ送り迎え, または幼稚園, まで送っ, もこわれた, やクラブ, や子供, や子供公園, や診療施設, をこしらえよう, をごらん, をのぞい, をひらく, をもっ, を出, を設ける, を造る, 見さ

▼ 児たち~ (90, 1.3%)

3 であった, の死骸 2 が自分, は, は口々

1 [78件] がそれ, が一, が其, が再度, が殺された, が狼狽, が筵, が紙帳, が脇差し, が落語協会, が見る, でなければ, ではあるまい, とはすこぶる, とを睨ん, と一緒, と立ち向かっ, と離れ, なの, にそう, に云, に向かっ, に吩咐, のこと, の働き, の前, の反対, の家捜し, の抜いた, の生活, の群, の背後, の血, の長靴, の間, はおそろしく, はざわめく, はどういう, はぽんぽん, はよく, はバンザイ, はワーッ, は一度, は一本, は云え, は今, は今日, は何, は兵助, は困った, は執拗, は声, は左門, は往来, は有, は氏, は決して, は玄徳, は監禁室, は監長, は筆屋, は紙帳, は角右衛門, は詰まらない, へも順々, もそうして, もその間, も米国, をかえりみ, をたすけ, をながめた, を容易, を左右, を引率, を掻き分け, を無視, を相手, を睨み

▼ 児~ (85, 1.2%)

10 の時 2 ではない, のやう, は土, を抱い

1 [67件] かと云う, があった, がある, がなく, が中毒, が二人, が出来, が生れます, が生白い, が産, が積木, が縄, が翫弄, が胎, が読ん, が長, だ, だから, だけに無茶, であった, ですらが, でどんな, では仕方, でもない, でも知ってる, と一緒, と共に一等寝台車, と思っ, ながらも其時, ながら智, に安心, に弄られる, に物, に虐め殺された, のよう, のカタゴト, の一人, の乳母車, の事, の伸伸, の余り, の写真, の手, の方, の時分, の様, の水鉄砲, の泣き声, の生れた, の眠気ざまし, の翫弄, は児供, は夢, は魔子, までが洋装, やおぶわない, らしきに対しては, を乗せ, を伴, を喪, を寝かしつけよう, を戒めた, を残し, を沢山, を産ました, を相手, を見る

▼ 児には~ (53, 0.8%)

1 [53件] あまりにも, ありがち, あり勝ち, いいところ, こうした女, この一事, この吉宗, この渡し船, そのかわり, その実物教育, それが, そを, そんな七面倒臭い, ただその, ただ危, つり合う, できねえという, どうかする, どうして, なお遊ぶべき, なき事, もう五年, もう衣類, 一人も, 二十日正月までの, 何の, 何ぼう嬉しい, 何を, 何処にか, 別の, 又この, 堅く口留, 女の, 如何な, 如此好漢今に, 宵越しを, 意見を, 憚ん, 成し難, 承知が, 旦, 本意なし, 父君に, 特に前生, 癪に, 相違なかっ, 礼儀を, 興の, 良い事, 花にも, 親しみの, 酷い辛抱, 静かな

▼ 児である~ (47, 0.7%)

6 ことを 2 ことは

1 [39件] かその, かといへ, かどう, かのごとき, かのやう, かも知れない, からこの, からだ, から相互, があの, がしかも, がすでに, が否応, が故に, が文学, けれども凡人, ことには, ぞ, ために, ということ, という寂しい, とすれ, とは一目, と共に善良, と思った, と思ひ, と母, と誇り, に反し, のかと, のにかの, のに今日, よりも不幸, 事それが, 人間を, 保雄と, 嬰児と, 証拠とも, 身の程を

▼ 児~ (43, 0.6%)

2 が布乾さる, は霧

1 [39件] がさやけき, がまた, がソレお茶, が寝す, が手, が鳥小屋, とちがっ, と極, にはない, に恋, に障りぬ, に食ません, のこと, のため, の夢, の姿, の栄え, の胸, の衣, の諸手, はあん, はただ, は愛しく, は爆丸, は神妙, も, もはや野衾, もみられる, も疲れ, も皆彼, よ, よ今, よ彼等, を, をあつめ, を促し, を引具し, を扇げ, を棄て

▼ 児ども~ (40, 0.6%)

2 が母, なれば, のあり, はさざめき, 我が姿

1 [30件] がふたたび, が先生, が我々, が政治上, が書い, が泣く, が皆, が窓, が親たち, が親達, すぐに, であった, なぞが一把三銭, にまかせ, に包囲, に頒, の中, の指揮, の画, はどいつも, は逃げ, は頼母, へも云い聞かせた, を呼集め, を斬っ, を追おう, を追って, 尊び敬, 尊び敬いて, 騙しの

▼ 児~ (39, 0.6%)

2 は顔

1 [37件] がいる, がそれとなく, が大地, が自分, が首, だ, であった, に取り巻かれ, に命じ, の中, の健気, の声, の忠誠, の方, の歩行, の沈黙, の耳, の顔, はぐづぐづしてゐた, はぐづぐづしてゐて, はしばらく, はその, はほんとう, は冷やか, は口々, は周囲, は忠次, は相手, は蝙蝠傘, は詳しく, は走り去った, へ出迎えさせ, へ声, もほし, も十蔵, を呼んだ, を幾人

▼ 児でも~ (38, 0.6%)

3 知って 2 あったの

1 [33件] あった, あやす気持ち, ありこの, ありません, あるの, ここへ, こんなに落胆, それが, たしなめるよう, ない, ないこと, ないよ, ないよう, ない癖, なお一片子, シャツぐらゐは着, 亡くして, 出来て, 出発る, 喰うよう, 始めて, 復讐心は, 抱きしめるよう, 新聞の, 東家西家と, 江戸城本丸明け渡しの, 生れたら責任, 生れれば, 町内の, 見まもるよう, 連れ歩くよう, 食つた, 鼻を

▼ 児らしい~ (37, 0.5%)

2 美しさ

1 [35件] そして邪気, ところと, ところなどは, ところは, ところや, のが, のを, ものが, わがままの, 上の空の, 乾児は, 乾児を, 声は, 嬰児を, 所が, 揶揄的の, 敏捷さで, 早い調子, 栗色の, 気前と, 気持で, 甚太郎の, 男が, 男の, 知的な, 蒲柳の, 行儀の, 語調を, 贅を, 返事の, 青年たちが, 青年であった, 顔で, 顔を, 顔付きを

▼ 児として~ (36, 0.5%)

2 生れた, 考えて, 自分を

1 [30件] かえりみないに, ついに十字架, 兄妹たちからも, 北野家に, 大若, 宇宙の, 少年感化院に, 幼少より, 悪僧ばらが, 想像し, 愛撫され, 感じた悲哀, 持って, 生きよ, 生き残るよりは, 生れたといふ, 生れ旅, 眺めて, 硯を, 聞えた松村月渓, 育った私, 育てられたこと, 育てられながら, 育て上げた, 見られ世間一般, 誕生し, 誰でも, 踊りや, 里子に, 銘を

▼ 児という~ (33, 0.5%)

4 のは 3 ものが 2 ものは, 事に

1 [22件] ことに, ことは, ことも, のを, ものに, ような, 一般性の, 不思議な, 人種の, 医師の, 名であった, 奴だ, 字の, 意で, 感じが, 感じに, 烙印を, 精彩に, 者で, 者へ, 説に, 類で

▼ 児~ (33, 0.5%)

6 のである 4 んだ 3 のです 2 のかも, のだ, ので平野君, んです

1 [12件] かわりに, のえ, のか, のかい, のかしら, のさ, のだろう, のでしょう, のでみんな, ので途中, のにこの, もんか

▼ 児~ (31, 0.5%)

3 女の 2 豹の

1 [26件] おはし, すべての, で, なあそん, なあそんな, まだ母, アメリカインディアンと, リキーも, 兄弟と, 兄弟分を, 夜の, 子供に, 孫達に, 小さいの, 御家人ごろの, 息づかし我, 月に, 犬食与, 男の, 硫黄の, 老人たちが, 腕白に, 若い娘, 集団強盗が, 集団強盗の, 鶏を

▼ 児だった~ (28, 0.4%)

2 のだ

1 [26件] かしらそれとも, かも知れない, からです, からね, からねえ, がねえ, が仮り, が大きく, が斯, が死ん, けれどお, ことを, し母, そうです, とかすぐ, と云います, と聞いたら, に違い, ね, のが, ので, のでした, ので何, のにという疑い, 時分からの, 清は

▼ 児~ (26, 0.4%)

2 はも

1 [24件] うろうろいたさず, が肌, が見えぬ, と生涯, と石合戦, なりき, なれや, の, のため, の上, の志, の悲しき, の群, の試験地獄, は, は呼び, は小石, は皆師走, は走り, へ命令, よゆるせ, を, をたがい, を突き動かし

▼ 児であった~ (25, 0.4%)

2 のであろう

1 [23件] か, かない, がたった, がほそい赤い, が五ツ, が此, が紋也, が結局, が近来, ことに, それを, だけ自分, という, ということ, とすれ, と言わなく, などということ, のだ, のであります, のです, ものと, オーた, 太郎は

▼ 児では~ (25, 0.4%)

4 なかった 2 ない, ないかと

1 [17件] あったが, あるが, あるけれども, あるまいか, ございますけれど, ございませぬか, ないか, ないから, ないと, ないの, ないほん, ないよう, なくなった, なくなったの, なく人, 無かった, 白と

▼ 児であり~ (22, 0.3%)

1 [22件] あるところ, ながらいつも, ながらお, ながら去来, もう一人, 不平児であった, 冒険家である, 壮烈児である, 大洞利八の, 宗教的な, 幼時から, 忍耐強い, 悪に対する, 悪漢である, 情痴においては, 正義を, 浮浪児なみに, 町奉行の, 真間の手児奈, 紳士であった, 自信の, 風俗壊乱を

▼ 児です~ (22, 0.3%)

62 もの

1 [14件] か, からさらり, からネ, から一向に, がそれでいて, が先生, が性, しあの, しかしその, って, の, ものころびばてれんの娘です, よわたし, わ

▼ 児さん~ (20, 0.3%)

1 [20件] かなし, が悪い, で, でございますよ, でしたら決して, でしょう, とよびとめ, と云, と同道, に違い, のお, の位置, の話, は, はまだ, は末, は私, ばかし, ばかりでした, を訪ね

▼ 児~ (20, 0.3%)

1 [20件] が御, が芳草萋, たる涙, とはわが, と称する, などには決して, にあらず, に及, のため, のない, の世, の代, の先登, の村, の為, の為め, をし, を愛する, を集め, 去

▼ 児子家~ (19, 0.3%)

2 の女中, の家長

1 [15件] ではこの, では使, では家庭争議, に内密, に出入, に勧誘, に来た, の人, の使, の娘達, の権式, は以後多事多端, へ出入, へ行った, へ電報

▼ 児みたい~ (18, 0.3%)

2 なルンペン

1 [16件] だってそう, であったあの, なえて, なところ, なの, なやつ, な人, な奴, な気焔, な犬, な菓子, な藍子, な風体, にそこ, に手脚, に面白い

▼ 児~ (17, 0.2%)

2 の歌

1 [15件] がすでに, が居つた, が跡どころ, であり思ひきつて天津処女, という娘, という村, といふ様, の奥津城どころ, の宮, は男, まう一つ, やう, やウェルテル, をばまるで, を気取っ

▼ 児~ (16, 0.2%)

1 [16件] え, ちょいとは, またはだれ, 何か, 何かの, 六月児か, 敢えて文明, 昼間見た, 死刑囚でも, 混血児でねえ, 知ら, 硫黄の, 神に, 蝶々かの, 露西亜人ばかりに, 鼠の

▼ 児とは~ (16, 0.2%)

1 [16件] ある点, いいながら, いえ死, いかない小児, これを, ひどく対蹠的, 今後交際せん, 子供が, 思えぬ程, 思われない, 比較にも, 稍長じ, 解らなかつた, 誰か, 違って, 麺麭屋の

▼ 児にも~ (16, 0.2%)

1 [16件] こんな屑, しきれないの, そうさもしい, ひとしかろう, 不安の, 乳を, 仏性あり, 似ぬ淑やかさ, 内証だ, 別条は, 劣って, 取らせて, 時には孤独者, 納得が, 貧困者にも, 風雅心は

▼ 児じゃ~ (13, 0.2%)

2 ないか, ないよ 1 お前様も, しようが, ないそう, ないって, ないの, ないん, ねえか, アありません, ヨイ児じゃ

▼ 児から~ (12, 0.2%)

1 [12件] ゲラゲラ笑われ, ヒントを, 三歳ぐらいまでの, 乳離れ以後それから, 始まって, 少年少女に, 御伽婢子という, 手がかりが, 拾ひ上げられ, 死に瀕, 老婆まで, 苦労し

▼ 児たる~ (12, 0.2%)

1 [12件] に愧ぢざる, を知る, アタワルパは, 上代日本人にとって, 事を, 我は, 智勇弁力の, 横道政治家の, 民衆が, 気質とは, 雲ちゃんを, 風采と

▼ 児ばかり~ (12, 0.2%)

2 であつ 1 であるから, でどうせ, でなく奥, で母, なので, やって, 四五人も, 女といつては, 生んで, 食つてる

▼ 児とが~ (11, 0.2%)

1 [11件] その根本律, 一つに, 人質として, 同じく夜道, 増大する, 座敷の, 掛持を, 来た, 独楽を, 邂逅い, 首を

▼ 児供等~ (11, 0.2%)

2 を安心 1 が大, と約束, には次, にも一層, の前, の顔, は一斉, は父, も今

▼ 児だろう~ (10, 0.1%)

21 かといった人, から逆, が青い, ということ, というの, と思った, などと悪口, に溺れた

▼ 児でした~ (10, 0.1%)

2 からねえ 1 からあなた, から最初, がだ, がちいさい, がね, がひと, が勉強, のに惜しい

▼ 児~ (10, 0.1%)

1 お小遣い, 云ったこと, 何か, 供養の, 割歩を, 向って, 地蔵様に, 所謂慈善を, 目を, 話しかけて

▼ 児~ (10, 0.1%)

1 が三, とは自分, にも, にもおさらばおさらば, に担がせ, のやった, の力, も沢山, を大勢, を殺した

▼ 児じみた~ (9, 0.1%)

2 表情が 1 ところの, 一種の, 少年であった, 感じの, 所が, 日本の, 輪廓の

▼ 児とも~ (9, 0.1%)

1 一ショクタであった, 三人出来, 云い東, 変人とも, 弟子とも, 思われない目鼻立ち, 知れない六歳, 言うにこそ, 賢之

▼ 児らしく~ (9, 0.1%)

1 くっきりした, このビラ, ていい, ザラザラした, 今なお, 吹聴せず, 愛らしく出来, 斯んな, 野性的な

▼ 児~ (9, 0.1%)

1 が布, が布乾さる, が言, しかなし, とさ, と宿, はも, は誰, をまゆ

▼ 児~ (9, 0.1%)

1 が厳父, が驚き, に拠る, に納, の勧め, の手, は却, は多い, 及び知己親族

▼ 児~ (9, 0.1%)

2 の男 1 な魅力, に染まっ, の如き, の教養, の気象, の顔, の顔立

▼ 児なる~ (8, 0.1%)

1 ことあり, ことを, のみ, もなかなか, を口惜し, を知り, ボクランの, 長者の

▼ 児に対する~ (8, 0.1%)

1 ごとき一脈親愛, 弟の, 悪意は, 愛とともに, 深い洞察, 私の, 聖なる義務, 親み

▼ 児まで~ (8, 0.1%)

2 出来して 1 あるから, あるに, 儲けて, 出来て, 声あ, 無意識ながら

▼ 児~ (8, 0.1%)

5 たり 3 たり皆人

▼ 児ちゃん~ (7, 0.1%)

3 のかんこ 1 おやとり, ですからね, ですね, と云っ

▼ 児といふ~ (7, 0.1%)

2 のは 1 もの, ものは, 女が, 女の, 意味に

▼ 児なら~ (7, 0.1%)

1 こんなに言うでしょう, そんなこと, ばお, 今しがた立派な, 毎日通る, 泰子という, 誰でも

▼ 児二人~ (7, 0.1%)

1 が自分, と一緒, に担がせ, はとにかく, まで殺し, もその, を斬り

▼ 児~ (7, 0.1%)

1 が奥津城処, しおも, し思, などもようやく, の社, は処女, や河内大橋

▼ 児であっ~ (6, 0.1%)

1 てこの, てほしい, てファンティーヌ, て何, て母, て為

▼ 児でございます~ (6, 0.1%)

31 からいいえ, がいい, 花の

▼ 児との~ (6, 0.1%)

1 取合せが, 四人連れであった, 愛に, 母親であった, 組も, 間に

▼ 児なり~ (6, 0.1%)

1 か内, であった肴屋, サ彼女芳紀既に, 其中に, 太閤たる, 日本国に

▼ 児より~ (6, 0.1%)

1 お前が, 八十の, 大いなる犬露野, 幾倍可愛い, 此頃妾が, 賢くて

▼ 児~ (6, 0.1%)

1 と見立てた, にした, になった, になる, のしゅう, の面々

▼ 児~ (6, 0.1%)

2 が春, に示すなり 1 のみ, 操っ

▼ 児~ (6, 0.1%)

1 が今, が出来た, が出来ましたで, ですこと, という宛名, としては若

▼ 児~ (6, 0.1%)

2 の眼 1 といった意味, のやう, も匍, を貰

▼ 児すなわち~ (5, 0.1%)

1 エトリに, ホドイモである, 母の, 獣肉を, 餌取で

▼ 児だって~ (5, 0.1%)

1 いうじゃ, 婆さんだって, 御承知, 成るほど, 誰でも

▼ 児などを~ (5, 0.1%)

1 して, 取られた者, 取り扱った者, 多数専属せしめ, 持って

▼ 児なれ~ (5, 0.1%)

1 ども器, ども東京人, ば, ば其しるし, ば我

▼ 児ひとり~ (5, 0.1%)

1 いなかったという, だけを泣かし, は十一, を儲け, を残し

▼ 児ぶり~ (5, 0.1%)

1 であった, になっ, は許すべき, や座敷牢時代, を振舞っ

▼ 児よりも~ (5, 0.1%)

1 人間の, 可愛がっ, 家を, 継子の, 自分が

▼ 児一人~ (5, 0.1%)

1 です, でない, はまだ, もなし, 居さうに

▼ 児小姓~ (5, 0.1%)

1 に上っ, に召し上げられた, に召し出された, に髯, を勤め

▼ 児~ (5, 0.1%)

2 にもアレ先生 1 にふと, にも己ア方, にも思う

▼ 児~ (5, 0.1%)

1 という清水, の二区, 及び同村字浜児水, 及び浜児水, 浴びるを

▼ 児~ (4, 0.1%)

1 末と, 蝶は, 蝶も, 鈴の

▼ 児さえ~ (4, 0.1%)

1 御時宜, 懐きそう, 手もとに, 無くば

▼ 児たり~ (4, 0.1%)

1 し人々, し者, と雖ども, 友たる

▼ 児だけ~ (4, 0.1%)

1 ありて, ある, だった, でそれ

▼ 児だけは~ (4, 0.1%)

1 残りますよ, 母なる, 母親が, 面白いよう

▼ 児だの~ (4, 0.1%)

1 余計者だ, 勉強し, 孤児だ, 救って

▼ 児であろう~ (4, 0.1%)

1 とも大阪生れ, とも妾, と明る, と紫玉

▼ 児とを~ (4, 0.1%)

1 受取って, 海辺の, 置いて, 見かけました

▼ 児と共に~ (4, 0.1%)

1 そこへ, 入院し, 東京を, 歩いて

▼ 児にて~ (4, 0.1%)

1 ある事, おはせし, わかれまつりし身, 露地を

▼ 児~ (4, 0.1%)

21 そんなつもり, と蔑視的

▼ 児~ (4, 0.1%)

1 いでや, なりは, 巴里に, 来れ

▼ 児らし~ (4, 0.1%)

1 あやに, さが, さ女, さ而

▼ 児をも~ (4, 0.1%)

1 もっと厳重, 知って, 跡に, 連れて

▼ 児~ (4, 0.1%)

1 哭ス, 得ズ, 懲罰セント一大呼スレバ汝秩然トシテ其, 携フ者アリ妓ヲ

▼ 児同士~ (4, 0.1%)

1 だけに血, であり其, には特別, の混血児

▼ 児~ (4, 0.1%)

1 がある, とする, のよい, を考証

▼ 児~ (4, 0.1%)

1 に住み, に小, の貧民窟, の赤土

▼ 児~ (4, 0.1%)

1 だ, である, であること, なもの

▼ 児~ (4, 0.1%)

1 が一人, にふさわしかっ, は鼻, を消し

▼ 児~ (4, 0.1%)

2 に結った 1 の子, の子供

▼ 児かも~ (3, 0.0%)

2 知れないん 1 知れないが

▼ 児からも~ (3, 0.0%)

1 そのよう, 引き離されて, 遁れ

▼ 児さま~ (3, 0.0%)

1 がござらっせえた, がござらつせえた, はどこ

▼ 児その~ (3, 0.0%)

1 ほうの, 孫二代三代に, 山姥たるを

▼ 児だったら~ (3, 0.0%)

1 ことである, とこれ, 私は

▼ 児だらう~ (3, 0.0%)

2 ねお前 1 が青い

▼ 児でなく~ (3, 0.0%)

1 てそん, ともあの, 落伍者の

▼ 児といった~ (3, 0.0%)

1 ような, 方が, 風情の

▼ 児とか~ (3, 0.0%)

1 いって, 精神異常者を, 集団という

▼ 児など~ (3, 0.0%)

1 いふ名で, 一人も, 呼ばる

▼ 児などの~ (3, 0.0%)

2 名によつ 1 ことを

▼ 児なんて~ (3, 0.0%)

2 ものは 1 いったっけ

▼ 児にとって~ (3, 0.0%)

1 こういうこと, この上, 力ずくの

▼ 児にとっては~ (3, 0.0%)

1 事多き, 人の, 屋根の

▼ 児にな~ (3, 0.0%)

1 つてし, つても, つて残虐の

▼ 児によって~ (3, 0.0%)

1 支えられて, 繰返さるること, 頼母と

▼ 児のみが~ (3, 0.0%)

1 もつやう, 味わい得る, 食べられるの

▼ 児への~ (3, 0.0%)

1 いたわりと, 切々たる愛, 土産ものとしては

▼ 児までが~ (3, 0.0%)

1 いつし, 別室で, 軽蔑します

▼ 児みた~ (3, 0.0%)

2 ような 1 やうな

▼ 児をば~ (3, 0.0%)

2 捨児の 1 押し隔てつ

▼ 児ヶ淵~ (3, 0.0%)

1 の方, の荒波, を抜け

▼ 児一匹~ (3, 0.0%)

1 では, も出, ゐさうに

▼ 児以外~ (3, 0.0%)

1 に知る, の人, の誰

▼ 児~ (3, 0.0%)

1 から立てられ, ですぜ, を容子探り

▼ 児子兄弟合資会社~ (3, 0.0%)

2 の一員 1 を設立

▼ 児屋命~ (3, 0.0%)

1 が随うた, の後, 或は太玉命

▼ 児屋根~ (3, 0.0%)

2 の命太玉 1 の命

▼ 児屋郷~ (3, 0.0%)

1 の古刹昆陽寺, の昆陽寺, の長い

▼ 児~ (3, 0.0%)

3 ひに

▼ 児扱い~ (3, 0.0%)

1 で親爺, にし, にする

▼ 児~ (3, 0.0%)

1 がいい, であった, もいい

▼ 児殺し~ (3, 0.0%)

1 です, の事件, の事実

▼ 児~ (3, 0.0%)

1 の南岸, の泥水, より更に

▼ 児法師~ (3, 0.0%)

2 の話 1 と云う

▼ 児~ (3, 0.0%)

1 が返っ, で豪傑, の一色

▼ 児飼い~ (3, 0.0%)

1 からの奉公人ふたり, からの恩, から馴染み

▼ 児~ (3, 0.0%)

1 で余り, はぎょうさん, ほどの物

▼ 児ある~ (2, 0.0%)

1 のみ, 女の

▼ 児かと~ (2, 0.0%)

1 思うと, 異き姿

▼ 児こそ~ (2, 0.0%)

1 希ひし, 近江はんごく

▼ 児これ~ (2, 0.0%)

1 より妖術, を愛す

▼ 児さんたち~ (2, 0.0%)

2 でございますね

▼ 児すら~ (2, 0.0%)

1 あるもの, 見も

▼ 児それから~ (2, 0.0%)

1 女の, 男男男女

▼ 児ぞと~ (2, 0.0%)

2 声曇らし

▼ 児だけが~ (2, 0.0%)

1 いた, 袖なし

▼ 児だけを~ (2, 0.0%)

1 子守に, 目がけて

▼ 児だつた~ (2, 0.0%)

1 か知ら, ので前髪

▼ 児~ (2, 0.0%)

1 ゃんのかんこがえいと声が, ゃんはおやとりっち言葉を

▼ 児~ (2, 0.0%)

1 やどうして, やア

▼ 児でない~ (2, 0.0%)

1 多くは, 証跡は

▼ 児でなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばならぬ, ば子供

▼ 児としての~ (2, 0.0%)

1 ほこりを, 条件的相貌の

▼ 児~ (2, 0.0%)

1 ない思, もつれては

▼ 児なぞが~ (2, 0.0%)

1 有った, 血眼に

▼ 児などは~ (2, 0.0%)

1 此雲を, 祓除以外の

▼ 児なども~ (2, 0.0%)

1 みな髪を, もとはと

▼ 児なみ~ (2, 0.0%)

1 にナリフリ, の成績

▼ 児に対して~ (2, 0.0%)

1 愛憐の, 柳眉と

▼ 児に対してだけ~ (2, 0.0%)

1 でいずれ後, 母親だった

▼ 児に関する~ (2, 0.0%)

1 ヒュウムの, 挿話は

▼ 児また~ (2, 0.0%)

1 ついに鬼窟裏, 饑者には

▼ 児までも~ (2, 0.0%)

1 ふり捨てて, 使い夫

▼ 児めいた~ (2, 0.0%)

1 子供が, 少年が

▼ 児よりか~ (2, 0.0%)

1 あんたが, 半年遅れ

▼ 児を以て~ (2, 0.0%)

1 死すること, 自認し

▼ 児~ (2, 0.0%)

1 にはびこる, に蔓

▼ 児主人~ (2, 0.0%)

2 の弟

▼ 児以上~ (2, 0.0%)

1 だったそう, に春琴

▼ 児供たち~ (2, 0.0%)

1 に, も何事

▼ 児供ら~ (2, 0.0%)

1 がつめたい, はかわりがわり呼

▼ 児供達~ (2, 0.0%)

1 はいずれ, も見

▼ 児信長~ (2, 0.0%)

1 はせめて, は遮る

▼ 児~ (2, 0.0%)

2 ハア

▼ 児~ (2, 0.0%)

2 鹿臣

▼ 児~ (2, 0.0%)

1 が此, に

▼ 児夫婦~ (2, 0.0%)

1 は泣き, を傍

▼ 児~ (2, 0.0%)

2 の児

▼ 児~ (2, 0.0%)

1 を呼び, を呼妻

▼ 児~ (2, 0.0%)

2 までが笊

▼ 児~ (2, 0.0%)

1 の功, の平安

▼ 児子一家~ (2, 0.0%)

1 とは余り交際, の面汚し

▼ 児~ (2, 0.0%)

1 なり, を称すれ

▼ 児~ (2, 0.0%)

1 はしづか, を驚かす

▼ 児屋根命~ (2, 0.0%)

1 であったが, は中

▼ 児市場~ (2, 0.0%)

1 の小路, の殺人

▼ 児所子供~ (2, 0.0%)

1 の遊び場, の遊場

▼ 児所設立~ (2, 0.0%)

1 に反対, に賛成

▼ 児~ (2, 0.0%)

1 がカランダガラ, の女たち

▼ 児時代~ (2, 0.0%)

1 に人間, の記憶

▼ 児曹ら~ (2, 0.0%)

2 が手遊

▼ 児欲得~ (2, 0.0%)

2 とあれ

▼ 児気質~ (2, 0.0%)

1 のお, の破壊者

▼ 児煩悩~ (2, 0.0%)

1 であるの, のお父さん

▼ 児獅子~ (2, 0.0%)

1 が牝獅子, というよう

▼ 児病気~ (2, 0.0%)

1 か, になりたれ

▼ 児~ (2, 0.0%)

2 の浦

▼ 児~ (2, 0.0%)

1 かに自ら, のジャン・クリストフ

▼ 児等皆~ (2, 0.0%)

1 がうましうまし, 多少風邪

▼ 児絹坊~ (2, 0.0%)

1 が纏わりつい, はと見れ

▼ 児自然~ (2, 0.0%)

1 と生じおり, の児

▼ 児~ (2, 0.0%)

1 は最も, をしなけれ

▼ 児~ (2, 0.0%)

1 じて, じても

▼1* [530件]

そばする, 児あったがみな早世, 児あらゆる無茶者が, 児あり常に沙門, 児ありて後に, 児いじめをする, 児いずれかに生存, 児ええように, 児おさない時に, 児おしっこしちゃったの, 児かお三どんだ愛ちゃん, 児かたぎの意地, 児かという事を, 児かなと心に, 児かなんぞのように, 児かにきまって, 児からの来信に, 児がかアちゃんか, 児がかはゆさ, 児がっている, 児がめっかるもんか, 児がら松という遊び仲間, 児がネほんた, 児くさい顔立と, 児この材と, 児へ自分, 児さえをも捕えて, 児されてあった, 児さんお前はひとり, 児さん連れの方, 児しかいなかった, 児しかも師団長の, 児やお前様, 児じゃあしようがねえと, 児じゃあがあせんか, 児じゃったからどんなに, 児そっくりの顔付, 児その他でも行末, 児その他大ぜいで, 児それに二十, 児病める, 児たちお待ちなね, 児たち今日はおのずから, 児たらしむるものは其家庭也, 児たらずとせん, 児だかんない, 児だすなあ, 児だちゅうたら, 児だったろうかね, 児だつたらうかね, 児だ泣いて太る, 児だ頼まれても江戸, 児ったらありはしない, 児って面白いわ, 児つて云つたのが聞えた, 児づれで路頭にも迷う, 児てえのは, 児であったればこそと先刻, 児であったろうと想像, 児でありたいと望む, 児であり生きた肉体に, 児であればもとより, 児でございすが, 児でございましたから幼時, 児でさえあれば, 児でさえも花和尚の, 児でしかありません, 児でしょうか, 児でなかつた証拠には, 児でねえかよく, 児とかいうような, 児とかいふ病気で御座います, 児としかみえなかった, 児とだけ呼ぶこと, 児とに同じ名前, 児とばかり踏んで, 児とまでおどろかれた伊那丸, 児どころか実に恐し, 児ども一処に集まりいた, 児ども倭へはやく, 児ども大和へ早く, 児ども女童部は大仏殿, 児ども枯葉をもやし, 児ども野蒜つみに蒜つみ, 児ども香椎の潟, 児なお憾あり, 児ながらいつしか我が, 児ながらも親思いである, 児なぞ気に, 児なぞで鼻の, 児なぞにかかわって, 児なぞは小説などを, 児などがアカノマンマ, 児などでは大きな頭の, 児ならずともだ, 児ならぬはない, 児なら構わないかも知れない, 児なりきと曰つて可, 児なりしかな今日よりぞ, 児なりと知り父, 児なりとか書いて, 児なりとの事なり, 児なりとも我に, 児にあたって叱咤ッて, 児にしかなれないよ, 児にだけ祟るという, 児にだけは感じないで, 児にでもわかる位, 児にと言って, 児にまで浸潤し, 児にまでは広がらなかった, 児にゃ気に入らねえお, 児にや孫に, 児による人口に対する, 児に対しても彼等の, 児に対するを見よ其幸助, 児に迄恁那生活を, 児一つ接吻し, 児のち英人ニコレツ大尉の監督, 児はいちように振り返っ, 児はぜいぜい, 児はというと, 児ばかりが残って, 児ばかりって訣でも, 児ばかりと聞いて, 児ひとりこ, 児ふたりと女, 児ぶった顔つきを, 児むかひ居て散りかかりたる, 児め上背といい, 児もうなおったか, 児もちの若い, 児もち山若か, 児もながらいちばん小さい, 児やったらきっとし, 児やら妻の, 児ゆゑ千たび歎きつ, 児よと言わるるごと, 児よとて笑はれ, 児らしい閃きを宿した, 児らしくするもんだ, 児らしくない気持を, 児らしくふとる一方の, 児ら将に某日, 児ら左門めを討っ, 児ら血色なき顔, 児ら鉄砲担いで, 児ら高らかに歌, 児ろ吾紐解く, 児ろ我紐解く, 児をさえこれほど, 児をしか見なかつた自分, 児をすらむしゃむしゃと, 児をなんか見て, 児アンジョーラ下水道中の逃走, 児オみたいに泣い, 児サマルカンドに拠り, 児サーニのよう, 児セカセカとして云い出した, 児チョビ安の手, 児ドドの発生地, 児ニ問ウ云ウ師ハ薬ヲ採, 児ノメンタヌスをも愚弄, 児パン助に至る, 児フオウストと共に, 児ヘンリイ・フリント君に取扱わせた, 児ペギーがした, 児ヤ母ヲ虐待シテイルモノデアル, 児ルンペンにせよ, 児レミがミリガン夫人, 児ワラワという言葉, 児ワーッとばかり鬨の声, 児ヴァリと領地, 児ヶ淵左靱の険, 児一人目に着きぬ, 児一同お妻, 児一名ハ土栗子新鄭山野, 児一群の奮迅, 児三五箇して, 児三人を抱え, 児三郎年紀十七才名同族を圧し, 児不快不出来に付, 児不良少女やよって, 児両足をピンピン, 児个淵伝説は相手方, 児个淵民譚と結びつき, 児にはまま, 児中文壇に縁, 児中榛軒十歳常三郎九歳柏軒四歳であつ, 児丹念に振, 児久々都比古命, 児堅魚釣鯛釣矜及七日家爾, 児のみ児, 児争打各成群, 児二世さんじゃ, 児二人紙鳶を上げ, 児二十歳に満たざる, 児二桶をもらった, 児二百八十七人を乗せ, 児五人がところ塊, 児はた何, 児今苦悩に逼, 児仲間よりはむしろ, 児伝六でありました, 児伴大次郎白衣の懐手, 児何ぞ実に建文の, 児供げた見得, 児供ごころにあこ, 児供づれの女, 児供同士が集まる, 児供欺しを, 児供許りで無く, 児保彦のこと, 児信実立賢安石良栄を携, 児信重同遊近郊, 児信重儲古銭数枚朝夕翫撫頗有似酒人独酔, 児信雄とはとても, 児倉官児弁倉児など呼ばる, 児倉鼠児倉官児弁倉児など呼ばる, 児入水譚は高野其他大寺, 児全体が夙く, 児八分の一十六分の一三十二分の一混血児と云う, 児六七人を前, 児六人というの, 児共みなせわしそう, 児共われもわれもと力, 児兵衛佐頼朝は二十万, 児冢あたりへ之, 児出来たらまさか姉ちゃん, 児出生に対する比率, 児出門去, 児分の者どもに善人, 児制限の弊風, 児勘弁勘次に葬式彦兵衛, 児勲爵士として好, 児ふ, 児医師の看板, 児十二人と一緒, 児十月出ると, 児十能六芸武芸十八番天文地文人相家相あらゆる知識, 児半分を食った, 児半弓を引っ提げ, 児印東忠介珊瑚王の伜, 児い目盲, 児重同, 児厚挙女子第七八註, 児原田孫七郎が日比通商, 児参謀らを促し, 児参謀官人ら居並び背後, 児及び戦争の, 児反抗児であること, 児収容所の監督者, 児への宮城野, 児同志が一方, 児同様の無邪気さ, 児同然の荒くれ漁師ども, 児名葦屋の菟, 児君それは確か, 児命懸けにて逃げ, 児啼きゆめは, 児啼女哭を免れず, 児善徳無比と因っ, 児四人というの, 児四分の一混血児八分の一十六分の一三十二分の一混血児と云う, 児基督を抱いた, 児に祭り, 児夏侯楙を一つかみ, 児夏季学校へ寄附, 児夏期学校へ寄附募集, 児夜帰太遅戒禁足, 児綿津見の, 児大勢にああ, 児大友少年はえ, 児大変者の風格, 児天下の助五郎, 児太刀川時夫のこと, 児失せたることを, 児奈堂の境内, 児奈廟堂の片, 児奈桜児の伝説, 児奈様の御, 児女子団座の席, 児好い児譲治さんは, 児好きの私, 児如意の宝珠, 児姿をこそいえ, 児娘たちア何であんな, 児子はんあんたは商い下手, 児子千満子と某, 児子政江はパアマネントウェーヴ, 児子方を駆り集め, 児子権右衛門を頭, 児子権右衛門預金元利決算報告書が来, 児子賀来子の著しく, 児学校の宿題, 児学級に編制, 児孫たちの顔, 児孫万代を養, 児孫盾を抱い, 児孫策わが前, 児や子供, 児守さへけふ, 児守子に頼ん, 児守子どもの遊び場, 児安心をし, 児実に万人余に, 児などといっ, 児に啼き哭し, 児寿安老人であった, 児専売のつもり, 児尋昔元歴々, 児小声で打て打て, 児小弁は手, 児少しも惧, 児居滞在夜は紅足馬居泊, 児屋命則以神祝祝之神祝, 児屋根命二十二世の孫, 児屋根命天太玉命などと申す, 児屋根命太玉命天宇受女命石許理度売命玉祖命の五人, 児山吹き曝らす風の風さき, 児左内は裁判官, 児市川宗家エド蔵の勧進帳, 児常三郎に遅, 児幽かに照らされ, 児幾十人となく, 児広い野は, 児に坐し, 児急き込めば, 児弁倉児など呼ばる, 児弘君と小枝子さん, 児之丞, 児張りにうんと, 児後年騎馬の達人, 児従来の殿, 児得ものを振っ, 児必ずしも蛙ならず, 児怡然として懼, 児のもの, 児性肺炎のため, 児怪しくも美しき, 児息せき切って走っ, 児悲しも夕日, 児意気まだ衰えず, 児感化院へ送る, 児は, 児我が有に, 児所さ枕と敷布, 児所共同食堂クラブなどはつきもの, 児所共同食堂無料産院等はドンドン, 児所共同食堂等があり, 児所問題などがどしどし, 児所増設のため, 児所増設食堂の増設, 児所学校革命の家, 児所幼稚園のない, 児所教員がうんと, 児所時代から仕事, 児所生活の雰囲気, 児所病院の数, 児所真赤にすん, 児所虚礼廃止同盟の会合等, 児所設立問題をいよいよ, 児所診療所食堂水のみ所, 児所開きの日, 児手柏の上露, 児抱きて磯辺, 児押しに顔, 児になった, 児持ちである, 児捕われた時一牝狼の, 児捕物から引, 児へ角力見物, 児携手城浦より釣舟遊行, 児摩訶不可思議の時代, 児擁護の結縁, 児放つや青田風, 児救済事業が全く, 児教育の方, 児て吻喙, 児数人が左門, 児文章であつ, 児斎藤緑雨は右, 児斡児桓の両, 児斡児桓両河の三角洲, 児十郎も, 児さえ訪ね, 児族エルカラ閥の誠忠, 児の神, 児早い一番鶏の, 児時夙く此草を愛した, 児曹右の雪ン堂, 児曹大におそれ, 児惜む心さえ, 児から堕ち, 児木村某といふ, 児末代までの恥, 児本来の面目, 児来也ばりの伊賀流妖魔, 児東せんとする, 児東渓村に宿命星, 児根ニ似テ, 児の女流画家, 児梅子の方, 児榛軒厚柏軒重を除く, 児様方は前, 児此子の名前, 児よなと心付きたれ, 児毛之我願心太良比爾撫賜治賜婆許己乎之母安夜爾多, 児に, 児気分を発散, 児気取りで人, 児水干をきせ, 児水駿河志太郡東益津村大字岡当目及び浜当目, 児は吾, 児江戸ッ児の中, 児江戸ッ子まことにその, 児江戸児のない, 児河北より来り, 児浦の内の或, 児海蛇の忠蔵, 児混血児と白人, 児混血児同士の混血児, 児減し児と, 児為秋の成長, 児烏滸の者, 児を虜, 児は答剌豈, 児膝つく, 児片手に提灯, 児物語は必, 児特にアジア人の, 児特有の勇, 児特殊教育を受け, 児狂躁輩である, 児狩りの白い, 児狼群中より捉え来られた, 児猫子の腥, 児是好無, 児に乳, 児はさかん, 児玉子の名, 児玉子聡明なる山本男, 児からは銭三万貫, 児はる, 児瓜葛の親, 児ひほのか, 児生れてから殺した, 児の一ツ身, 児甫めて五歳, 児画家も少く, 児痩形にて十五歳, 児にし, 児白い時は, 児百人中三十の死者, 児的人種が河水, 児的性格から史実, 児的本能的主我的な闘い, 児明かず全身, 児相憐愛し長者, 児相手のこと, 児知らずというやつ, 児砂糖なめて, 児都婆那乎許多食, 児市だった, 児がお, 児かにこれ, 児立去ろうとする, 児とも猫竹, 児竹猫竹毛竹茅竹南竹をその, 児等々にまで及んだ, 児等しあらば, 児等エノスの児等, 児等異口同音に, 児をするりと, 児糟屋助右衛門に首, 児美人の豆本, 児耿紀はうしろ手, 児聞きつけて母呼びたまえり, 児背負高く肩車, 児の条下, 児茶筅である, 児草沢の英雄, 児草莞爾に我と, 児葬式彦兵衛はただ, 児ぬく我, 児藤野さんはキツ, 児蘭子を悪人, 児の舌, 児をまくり, 児裸体の二人, 児製造はかく, 児西東を分かず, 児覚えて居るだろう, 児は世の中次第, 児言世の笑い草たる, 児について日本小説, 児詩人の詩, 児譲治さんはほんとに, 児に死せざる, 児貞子は先生, 児賢友を仰い, 児賤業をいとなめ, 児起して閉口頓首, 児迄が世に出ぬ, 児が, 児達一斉に陣十郎, 児遥かに母, 児邦子をかかえた, 児や子供部, 児鉄火のよう, 児陀羅海低き沙丘, 児にとろり, 児障子を一枚, 児が嘴, 児雲助諸君おらあほんとう, 児露台の上手, 児青年老夫, 児非常を警める, 児頭大の拳, 児風雲児といえ, 児飛んで天, 児の雇人, 児をうり, 児駈け入って来る, 児駿側に在り, 児騙しにも似た, 児髷高島田夜会結などいう, 児も見れ, 児鴨跖草玉簪花地楡沙参野菊秋葵の諸, 児龍若が女